So-net無料ブログ作成

ヘルシンキは最高みたい [音楽]

金曜日に有休取ると
当たり前ですが3連休になるわけで
そうすると、土曜日が日曜日のように感じてしまうんですが
まだあと1日あるもんねーっと
かなり得した気分になれることが
改めて判明(笑)

ってことで、
久々に3連チャンライブ。10.15は
髭「すげー2マン」
@下北沢 SHELTER
with:Helsinki Lambda Club
でした。
IMG_4130.JPG

髭ちゃんの対バンライブツアー2組目!
初日の水戸には行けず残念だったんですが
この日の対バンも
ちょっと気になってたバンドだったんで
うれしいです。

で。
日曜日の開催なのに
開演時間が19:30で、なんでー・・って感じでしたが
どうもお昼の時間帯に別のライブがあったようでした。
、、、なら仕方ないのか。
でも土曜日ならまだしも
日曜日遅いのはちょっと辛いです。
(電車とかの問題もね)

番号は130番台で
ガッカリでしたが、この日はSOLD OUTだったようなので
チケ運ない自分としては
取れだけでもありがたい、、ということで。。
中に入ってからも始まるまでに
何度も前に詰めてくださいってアナウンス流れてて
でも始まってみると
それほどギューギューとは感じなかったんですが。

あ、後あれ。
シェルターにロッカーもクロークもない事
知らない人多過ぎなのか?
めっちゃ荷物抱えてる人がたくさんいて
それも混雑の原因なんでは、、と思ったり。
駅前のロッカーまだ余裕あったのにね。

ってことで、入り口側にいたら大変そうだったので
奥で待機。
ここはデッドスペース(ステージ見えない位置)があるので
あまり混まないんですよね。
でもさ、小さいキャパのハコで
ステージ脇のスピーカーでステージ見えないって
もうちょっと造り的に考えてくれてもいいんじゃないのーって
それで詰めろって詰めさせてさ。
っと、正直そういうのがあるので
シェルターあまり好きじゃなかったりもする。。

そんな訳で最初は髭で言うと宮ッTea見えないかも、、、って
そんな位置だったんですが
最終的には押されたり自然と動いてたり、、で
まずまずな視界でした。

先攻のHelsinki Lambda Club
なんで気になってたバンドだったかというと
この前リリースされたの髭ちゃんのアルバムの中に
『ヘルシンキ』って曲があって
そこから、このバンドが自分たちのことを歌ってくれてるって
喜びのツィートかなんかをしてたって
ちょっと話題になってて。

なのでこのツアーでまだゲストが発表されていない頃
絶対対バンするよねって。

単にそれだけの繋がりなのかと思いきや
このバンドのVoさんがめっちゃ髭ファンだったみたいで
もうのっけから、うれしい気持ちを爆発させてました。
そうだったのか、、
そりゃ、うれしかっただろうなー

そしてこのバンド、髭ちゃんの影響を受けてるのか分かりませんが
かなりいいバンドだった!
声は特別好きでも嫌いでもない感じだったんですが
演奏と曲がいい!
特にBaがいい!!
少しぶっ飛び系な感じ(楽器の位置高いし髪ロングでブンブンさせたりするし)
なんですが、私にはかなり好きな感じのベースラインでした。
ベースが目立つ(ちゃんと聞こえてくる)バンドが
好みです♪

MCもいったるぜーてきな息巻く感じもなく
あくまでも我が道を行く的な
自然な感じもよかったし。
思わず物販でCD買ってよかったです!って声かけてこようかと
思ったくらい。
でもすぐに物販に出て来てなくて
この日は終わった時間も遅かったのでやめましたが、
ぜひ、また、機会あったら
ライブ行ってみたいし音源も聞いてみたいなーって
思いました。

備忘録として
髭ちゃんがどれだけ好きか分かるエピソードをいくつか。
・髭ちゃんって呼んでましたが
つい、髭って言っちゃう←普段、そう呼んでる癖が出ちゃう(笑)

・うれしくって「今日はハリキリ坊や?」とか
何かにつけ、「○○坊や」って言っちゃったり。
いい加減、怒られるぞってBaさんから(笑)

・アルバムに入っていた「ヘルシンキ」
ちょっとみんなで歌ってもらっていいですか!って
ヘルシンキはー最高みーたーい~って歌詞をフロアに歌わせる

それくらいでしたかね。
楽しかったです。

あ、Gtさんが女子みたいでしたが
男子ですよね?
で、いくと、Drさんも声高くって
Baはロン毛だし
Vo以外みんな女子要素有な不思議なバンド
でもってそのVoさんは若干須藤さんに似てるというね(笑)

持ち時間40分くらいですかね。
割りとタップリあったように思います。
そして、、転換、これも結構時間かかった・・

やっとこ髭ちゃん!
転換前にかなり押しがあったもんで
まずまずな位置に来れたんですが
この後ライブが盛り上がり過ぎて
すごいモッシュ、、ってほどじゃないけど
でも割りと激しかったです。
荷物持って前で頑張ってた人とか軒並み下がって行ったくらい。

須藤さん登場は縁がカラフルな蛍光色に光る
大きめなメガネ(サングラス?)をかけて。
この日の並びはいわゆる普通のバンド編成と同じく
前衛下手から宮ッTea・須藤さん・斉藤さん
後ろは謙介くん・コテ。

『MR.アメリカ』から始まって、
とにかくノリノリの曲を立て続けに5曲も!
『CLASH! LAOCHU!』ではもちろん
コテが前に出てきて
フロアにダイブ!
遠くまで流されることなく
手前ですぐ戻されてました。。

やっとこ最初のMCで
「どうも、髭でーす」って。
昔よくライブをやっていた下北に
また戻って来れてうれしいとかって
言ってましたっけ。

今回の対バンツアーでは
対バン相手に、自分たちの曲でリクエストがあればって
聞いてるそうで
「Helsinki Lambda Clubのバンドと成りがが分かる
曲だよ」って紹介から
『闇をひとつまみ』
わー♪

ここ最近はあまり聞けてなかったので
嬉しい1曲!
それに続いて『あうん』をやってから
「初日のピロウズにもリクエストを聞いたら
"君のあふれる音"で
明日やるHomecomingsも
今は言えないけどすごく暗い歌で
、、、みんなそんな曲ばっかりで
セットリスト組みづらい!
髭の曲の割合的には少ないんだけどな」って。

そうかー
てか、ピロウズ『君のあふれる音』をリクエストしてたなんて
私かなり好きな曲の一つなので
なんかうれしい。
やっぱ自分がピロウズを好きな理由が分かるっていうか。
ちなみに、、Homecomingsがリクエストした曲は
『サンシャイン』だったみたいです。
あーこれも名曲。

髭ちゃんの曲は
確かに、ノリノリの曲もいいんですが
ミディアムテンポの
アンニュイな雰囲気の曲だと
須藤さんの声がより心地よく聞こえて
いいのかなー、、なんて。

「ここで若いバンドならなんて言うかな
・・・行くぜっ!!次の曲行くぜっ!(キメ顔 笑)とかって
言ったりする??(笑)
でも30代40代なら、、そうだな、踊れる?(だったっけ?)」
からの『黒にそめろ』

はい。
ここからまたしてもハイテンションな曲
続きましたー

『もっとすげーすげー』うれしいー

で。
続いては新曲だよ!って
「みんなはキスしたくない?
俺はキスしたいー」って『KISS KISS MY LIPS』
まさにキスの曲で
しかも、須藤さんってば
間奏で、だっけ?フロアに何度も顔うずめちゃって
何してるんだろ?って思ってたら
どうも、フロアのお客さんに自分にキスさせてたとかって。
いやぁ、、大丈夫か??( ̄▽ ̄;)

曲はとってもかわいくて
楽しい曲で
またしても素敵な新曲ができるって
嬉しかったんですが
須藤さんのこう言っちゃなんですが
若干、かつての(今はどうか知らないんで)峯田みたいで
ちょっと引いてしまいマシタ・・。

この後もひたすら盛り上がる
『ロックンロールと五人の囚人』
そして『S.O.D.A.』で本編終了。
まさかの、誰もがやると思っていた
『ヘルシンキ』をやらなかったというね(笑)
さすがっす!!ゞ(≧ε≦o)

続いてアンコール。
髭ちゃんは来年は15周年だそうで
なので365日、毎日、パーティしてる1年にするって
そっかー
だから1/8から早々にライブがあるんですね!
楽しみだー

365日もライブだとお金が大変だって意味合いを込めてか
「あとはちょっとのお金持ってきてもらえれば、、
俺はお金なんてどうでもいいんだけど
他のみんなが欲しいっていうからさー」って。
相変わらずの須藤節に
斉藤さん「。。。そうな。」って。

あとは、そうだ。
この前終わったすげーすげーツアー
ファイナルのライブ音源が配信スタートされた告知で
「今日ライブを見て、もっと髭ちゃんのライブが見たいよーって
電車の中で地団太踏んじゃう人は
そのままポチってくれれば
すぐに僕らに会える!」←だっけ?
なんかめっちゃかわいく話してて
若干宮ッTeaと斉藤さんが呆れ顔だったのが
笑えましたゞ(≧ε≦o)

そんな話しながら
モニターの上に乗っかって喋ってるんで
手を伸ばせば天井にてが届いちゃうんですが
天井のフカフカなシート?の小さい穴を
見つけちゃってグリグリやってて。
で、それが気に入ったのか
何回もやるんだけど
やり始めはなぜか必ず別の穴になっちゃうみたいで
フッと上見てすぐにまたさっきのグリグリの穴を探してやる、の
くり返しで。。。女子かっ!って仕草でした(笑)

「ヘルシンキラムダクラブは
僕らとは一回り位年が違うんだけど、、、
僕ら15周年だから
こっちからヘルシンキなんてピンッ!だよ
30周年とか言ってるバントからは
俺らなんてピンッ!だけどね。
でも、だからこそ、
ヘルシンキラムダクラブの15周年が
豊かな15周年になることを今から願ってるんだよ」

そんなことを言いながら
ラストは『テキーラ!テキーラ!』

いやぁ、、楽しかったー
熱かったー


<セットリスト>
 01.MR.アメリカ
 02.D.I.Y.H.i.G.E
 03.ボニー&クライド
 04.CLASH! LAOCHU!
 05.ユーは13?14?
 06.闇をひとつまみ
 07.あうん
 08.黒にそめろ
 09.もっとすげーすげー
 10.(新曲)KISS KISS MY LIPS
 11.ロックンロールと五人の囚人
 12.S.O.D.A.

 EN.テキーラ!テキーラ!


nice!(0)  コメント(0) 

ドラゴーン!デラックスー!!6回目♪ヽ(´▽`)/ [音楽]

前日の金沢より
バスに乗って4時間位?
名古屋着。

名古屋はイロイロお昼のチョイスができるのですが
金沢でお肉ガッツリ食べたので
もう少しアッサリいきたいな、、ってことで
この日は天むすにしました♪
ホントはあんかけスパに行こうかとも思ってたんですが・・
ちょっとあれはボリューミーなもんで。。

IMG_4123.JPG
栄に出てる時間があるときは
マツザカヤ地下にあるイートインで食べられるので
うれしいです。
※名古屋駅だとテイクアウトになってしまうので

そして時間潰しにコメダ!
IMG_4124.JPG
栄からダイアモンドホールに向かう途中に
2箇所もコメダがあるので便利です。

一応、短いながらも名古屋満喫(笑)

っということで、
10.14は
フラワーカンパニーズ presents DRAGON DELUXE 2017
@名古屋DIAMOND HALL
with:スキマスイッチ
でした。
IMG_4125.JPG

今回でドラデラも6回目だそうです。
そうかー
ぜひ。10回目はZeppとかでどうですか??
セッション多めで。

今回は6回目にして初の名古屋率100%の出演者陣だとか。
てか、今までそんな出演者に
名古屋を求めてなかったですもんね。

この日もFCのお友達にチケット取ってもらいまして
最前にて楽しめましたー
ここは空調効くのか
結構終始涼しく、、タオル必要ないくらい
そして半袖じゃ寒いくらいな感じでした。

で、で。そうだ。
なんと!SOLD OUT!!
これも初、じゃない?(せっちゃんのときそうだったかな?)
でもホント、全然押しも一切なく
みんなどこで見てたの?って感じでした。
不思議だ・・

まずはフラカンメンバ―全員出てきて
ご挨拶。
ここで、セッションバンド ザライターズの
名前の由来を聞いたんでしたっけ。
なんでも、名古屋では"すのこ"のことを"ざら板"と言うとかで。
ざら板の複数形でザライターズだそうです(笑)

そうだったのかー
いや。今回のグッズのTシャツで
すのこ持ってるのがどうのこうのって
コメントで書いてて
なんですのこなの?って不思議に思ってたんですが
謎が解けました。

そして「じゃーいつもの恒例の掛け声を」って
竹安さんとミスター小西で。
竹安さん「皆さん、ご一緒にご唱和ください!
僕らがドラゴンって言うんで、、」って言った後
心配になったのか
チラッと後ろのバックドロップでタイトル確認して
思わず圭介さんに「お前、もう6回もやってんだから!」って
ツッコまれてました(笑)

気を取り直して
「デラックスーって言ってください」と説明を終わり
「ドラゴン!」「デラックスー!」と
ライブスタートです。

まずはスキマスイッチ。
SEもなんもなく登場でした。

スキマスイッチはNHKの番組観覧で
目当てに見入ったバンドと組み合わせが一緒で
1回だけ見たことありました。
あの時(結構前)キャーキャー黄色い歓声飛んでて
へぇーそんな人気なんだって
驚いた記憶があります。

MCでもダイアモンドホールは13、4年ぶりで
最初のアルバムのライブ以来って言ってたんで
まぁ、、それ以降は
ライブハウスでライブはやってないって事よね(´~`)

Keyの常田さんが1回フラカンの曲をプロデュースしてくれたんで
名古屋出身ってのは知ってましたが
大橋さんもそうだったとは。
っといっても
常田さんは純粋に名古屋市らしいけど
大橋さんは東海市だそうで。
実は名古屋じゃないんだよなとかって
ただ、「でも市外局番名古屋と同じ052なので」って
名古屋だと言い張っててオモシロかったです。

これが、どこ出身?って聞かれて
「名古屋」って答える人と「愛知県、、」って答える人との
差かな、とかって言ってて
神奈川での、神奈川って答える人と横浜って答える人の違いと
同じなのかなーなんて思って聞いてました。

結構、この大橋さんがお喋り好きなようで
ついつい喋り過ぎてしまう感じでした。

サポートのドラマーが
この日は、なのか毎度なのか、トライセラーの吉田さんで
鼻とほっぺが赤くなってたのを見て
大橋さん「どうしたんですか?アンパンマンみたいですよ」って。
そしたら思わず「食べるー?」って
ほっぺ取る仕草をしてて、オモシロすぎました。
でもホントに鼻とほっぺ赤かったし
顔も丸っぽかったので
アンパンマンみたいって表現がかなり的確で
余計にオモシロかったです。

あ、あと
フラカンは年齢的にもバンド歴的にも先輩なんで
よく後輩バンドが言ってるバンド名に兄さんって付けて呼ぶやつ
フラカンはバンド名長いんで、、
なら頭とってフラカン兄さんと言えばいいものの
なぜかカンパニーズ兄さんとかカンパ兄さんとか言ってて
さすがにカンパ兄さんはよくないかって
カンパニーズ兄さんになってましたが。

っと、MCなかなか和ませていただきまして。
でも歌はかなりクオリティ高く
井上陽水の『氷の世界』をカバーしたんですが
ちょっと前にフラカンのフォー爆でも聞いていて
なんていうか、、、
大橋さんの歌のうまさを実感してしまいました・・

曲は結局最後の1曲しかしらなくって
しかもその曲もサビしか知らないから
あ、こんな感じの曲だったんだって。

持ち時間1時間位。
さわやか~なふわ~っとした感じで
楽しめました。

続いて。フラワーカンパニーズ。
セットリストがまさかの(まだアルバムツアー前だから)
新しいアルバムからの曲が多くって
ちょっと驚いたというか。
まだ聞きこんでなくって
あまりノリノリになれなかった・・

1曲目の『人生Roll On』
最後コーラスでメンバーみんな歌うとこ
竹安さんがすっごいコーラス頑張ってて
大きな声をまさに出してますって時に
なんか目が合ったような気がして、、
私、あまり歌を覚えきってなくて
全く歌声に参加してなかっただけに
ちょっと申し訳なく思ってしまいマシタ・・。

『ピースフル』は歌詞が印象的なので
なんとなく頭に残ってて
この日聞けたのはうれしかったです。

スキマスイッチはデビュー前から知ってるそうで
挨拶来てその数年後には
もう一気に売れちゃったとかで
「あーあのアフロ子、あんな売れたんだ、、って思った」って。

紅白出てるだけあって(3年連続紅白出場だとか)
前に対バン?ゲスト?で出させてもらった
スキマのライブの時
音のこだわりとか作り方がすごくて
「勉強になったよなー
だって俺らの知らないコードがいっぱい出てきたもん」って。

「初めてじゃないか?
(ドラデラに)紅白出演アーティストが出るのは」
って言ったすぐ後に
「あ、でも斉藤くんが、、」
「そうか。でも斉藤くんは別枠だから」って
何枠があるんでしょうか(笑)ゞ(≧ε≦o)

アーティストで紅白出ると
そういう風に紅白アーティストって言うように
ローディーさんでも紅白を経験したローディーは
紅白ローディーって言うらしく
グレートさん「いつかはQ太郎にも紅白ローディーになってもらえるよう
うちらが頑張らないと」って言ってました。
そうか、、やっぱ紅白、出たいもんなんですねぇ。

『ロックンロール』挟んで
再び、アルバムからの曲『キャンバス』
この曲は映画の主題歌?挿入歌?になってて
「映画のために書きました!
でも、個人的なことを歌ってます!」
瑛太が出る映画やドラマとタイアップ組むこと
多いですね。

そう言えば、この日はセッティング上
竹安さんがちょっと他の3人から離れてて
、、、だってミスター小西がセンターじゃなく
どっちかって言うと下手寄りにセッティングされてたし。
なので音を確認するためにか
コーラスない時はかなり圭介さん側に寄って行ってて
でもコーラスに気付いて慌ててヒュって飛ぶように帰って行ってたのが
オモシロかったです。
この日は竹安さんコーラス張り切り具合がすごくって(笑)
めっちゃ本気の顔して歌ってました♪

続く『ハイエース』
終わった後の拍手が長くて
「今日は、拍手が長い日だね」って。
確かに。

「ハイエースって車について歌った歌です。
トヨタのね」って
ほぼみんな分かってるって!!って説明をする圭介さん(笑)
「今日も、てか昨日もか。
ハイエースにのって名古屋にやってきました!
・・・CM待ってます~」ってニッコリ。
「来なくても勝手に作りまーす(笑)」
「でもこれだけいたら一人くらいは働いてる人おるやろー」
「下請けでもいいよー」
あはは。
どうでしょうか。。
ハイエースのCMなんてあるっけ??
ウェブ限定とかでもいいじゃない?って思ったりもしました。

メンバー紹介、、名前言っただけですが
その後、
いつものメンバーチェンジなし!ヒット曲なし!
今年で結成28周年!のコール。
から『恋をしましょう』

ラストは『最後にゃなんとかなるだろう』
ライララライララライララライ~って
ちょっと長めにみんなでやりました(*´∀`*)

フラカンもだいたい1時間くらい。
結構サクサクっと終わった印象です。
圭介さんがブログにフラカンの方が疎かになっちゃって反省して
まぁ、言われてみればそんな感じだったかもな・・
なんてね。

<セットリスト>
 01.人生Roll On
 02.ピースフル
 03.消えぞこない
 04.ロックンロール
 05.キャンバス
 06.ハイエース
 07.恋をしましょう
 08.最後にゃなんとかなるだろう

でも!
続く2バンドのセッションザ・ライターズが
楽し過ぎたので許す!!(笑)
なんていうか、、
MCが弾けすぎてて大爆笑の連続。
スキマの大橋さんもおしゃべり好きなんですね。
いつもはツッコまれる側の圭介さんが
ここぞとばかりに、ツッコんでていじりまくってました。

登場したメンバー
みんなあのグッズのTシャツなのに
なぜか圭介さんだけその上に白のジャケットって言うか
礼服?羽織ってて。
でも中も白のTシャツだったんで
ちょっと色合い的にイマイチでして・・
最初なかなか誰もそれに触れないもんで
フロア、ざわざわ(笑)

やっとグレートさんから聞かれて
実は、ザライダーズ、みんなで正装で出ようって話が
チラッとあったそうで
でも結局うやむやになり、、
ただ圭介さんは一人だけでも
最初の提案を貫いた方がいいんじゃないか、ということで
着てきたそうです。
「急に着だすんだもん」とかって
言われてましたっけ??(笑)

ただ、2曲くらい歌ったあとすぐ脱いでました。
「暑いわ、、」って。
元々脱ぐ気満々で、中のTシャツ白だったのかな
なんてね。

アンプの上に置いたら
すぐにQ太郎さんが来てくれて持って帰ったんですが
「大事に扱ってよ、ちゃんと仕立てたやつなんだから」
圭介さんが言ってるそばから
Q太郎さん、サイズ、キツキツなの知ってて
着てみたりしててゞ(≧ε≦o)

さて。
まずは「新曲つくりましたー」って
『ザ・ライターズのテーマ』
これはまさに、ザライターズの事を歌っていて
名古屋じゃ、すのことのことをざら板って言うんだぜ とか
三重じゃ○○ 滋賀だと○○とかって
延々すのこの方言について歌ってたり
信長とか家康とかが出て来たりと
なかなかオモシロい曲でした。

あ、家康と信長で思い出しましたが
来週からROLL ON 48ツアーが始まるって話をした時に
名古屋祭もそれくらいか?って
あまりリアクションないフロアに
俺らの時は名古屋祭の日は学校が休みだったから
こんなに覚えてるんだって。
(今はもう休みじゃないそうです)
名古屋祭自体どんなのかよく分からないのですが
家康や信長に扮した方がパレードでもするんですかね
「だれが今年は信長やるのか」とか「家康は誰だ」とかって
盛り上がるそうですが
「まぁ、こういうのはお金持ちの家の誰かがなるんで
俺ら貧乏人には関係ない話なんですけどね」って。
言ってたので。

カバー曲やりまーすって説明の時に
「外国人の曲」って圭介さん(笑)
いや、間違ってないけどさ。

古い洋楽だそうですが
CMにも使われてたりと有名な曲で、、って
『Have You Seen The Rain-雨を見たかい-』
確かに!聞いたことありました。

「みんな知ってた?」
「車のCMとかにも使われてましたよね」
「え?トヨタだよなー?
これで日産とかだったら・・」
結局誰も真相は知らなかったんでその場は終わりましたが
その、まさかの日産のCMソング(セレナ)だったみたいです( ̄▽ ̄;)
でも、10年以上前だし。。
確かに、この話してる時に
若干、常田さんが、あ、、日産だったかも・・・って
ボソって言ってたように聞こえたんですよね。
でもそこは流石、空気を読む男!あまり大きくは広げず
飲み混んでましたけど。。
あはは。

大橋さんは天才枠だって
圭介さん曰く、
何かは分からないけど、きっと特別何かがあるんだろうね
それは今は何かはまだか分からないし
もしかしたら何もないのかもしれない
みないなことを言うと
「それ、絶対に(圭介さん)死ぬ前に教えて欲しいわー
大橋、それは・・・(バタッ)なんてならないでくださいよ」
「えー、俺、死ぬとき最後お前のことなんて考えてないよ
もっと考えるべき大切な人いっぱいいるんだから」と言いつつ
ランク的には上から3番目だって。
喜ぶ大橋さんに「まぁ、ゲスト扱い?」って。

でも大橋さん、天才だって話は
スピッツの草野さんとかとも
話してたことあるそうです。

いや、でも、確かに、歌声とかすごかったー
歌上手い!
色んな曲を全部自分の歌にしてた感じです。
人の曲をカラオケにならないで歌えるって
やっぱ天才なんですかね。

その他MCでオモシロかったのは
常田さんと圭介さん
常田さんの相談に乗ってあげるのに
「2人とも飲めないくせに、居酒屋いっちゃんたんだよ
俺らファミレスでもよかったのに
なんか、じゃー1杯おごってやるよって雰囲気で
行きつけの和民(笑)」

大橋さんに本気で褒められたら
ホントに?ってうれしそうに照れる圭介さん
「この世で一番怖いの、大橋の笑顔だから」
などなど。

Voは自分の声が頼りで
その日のコンディションはその日にならないと分からない点では
他の楽器隊に比べたらリスク多いみたいな話で
大橋さんが「喉をカポってハズして
ポ○デントみたいなやつに漬けておくと
チャージみたく回復できちゃう、、みたいなのできたらいいのにって
いつも思ってるんですよ」
「そしたら俺ら15日Daysとか行けちゃいますよ!」

圭介「15Daysだろ?」って鋭いツッコミ(笑)
バカがバレるからーって言われてましたが
、、、そうなの?(≧▽≦)

ただ、その大橋さんのカポって喉が外れて云々って話
「そんなことなら、そもそもずっと
調子が悪くならない喉でいいんじゃないの?」って

お互いその考えはなかった、、って言ってましたが
Voは確かに、自分の声が命なだけに
精神面的にも大変な面多いんだろうな、、と
思います。

スキマの曲を一緒に歌うのに
圭介さんとやったら絶対カッコいいだろうな、って
選曲した1曲が『ソングライアー』
ブルースハープがいい味出してて
確かに、私の持つスキマスイッチの曲っぽくない
カッコいい感じの曲でした。

続いて今度はフラカンの曲を。
こちらはやはり、、、『深夜高速』
でも、今まで数々のアーティストとこの曲
コラボしてやってきてるの聞いてますが
今回ほど、
あぁーいいわ~って思ったのなかったかも?ってくらい
メチャメチャよかったです。
ハモりとか最高でした。

そしてカバー曲で
常田さんの鍵盤が効いていた
『ファイト』
歌の持つ力も大きいかもですが
こちらもまたスゴカッタです。
歌力っていうか
歌声に説得力があるってすごいことですね。
もうただただみんな聞き入ってました。

最後にメンバー紹介しますかって
一言ずつトークは、、あったっけか??
でも名前を紹介するのに
○○ざら板とかざら板○○とかって言ったりして
最初の竹安さんが
たまたま"ざらいたけやす"でいけたもんで
頑張ってましたが
途中、かなり苦しいもんがあって・・
ただ、最後。大橋さんを"ざらいたくや!"って
ここまで持って行くために、頑張ったって、圭介さん(笑)

「もう、アンコールしません!」って
ラストは『真冬の盆踊り』
スキマファンのお客さんに簡単に説明するために
腕をあげてユラユラさせる動きなので
「明日、腕が細くなってるからー!」とか言ってました。
そして最後ということもあり
スキマサポートメンバーもステージに呼び込み、、
みんなでワイワイ。
吉田さんオモシロかったー

曲の合間で、、
途中話題になった大橋さんのフェイクを
圭介さんと交互にやって対決する
フェイクタイムをするってことになったんですが
どうも、大橋さんと圭介さん他フラカンメンバーとの
認識の違いというか、、
大橋さんは、自分がフェイクさせてもらえる時間って思ってたようで
じゃーって言われたらめっちゃ長い
これでもかーってフェイクを披露しまして
当然、それでは対決できないので
圭介さんが ヘイヘイヘイへーイヘイ! で逃げ、、
いや、だから、って説明するも
今度はお客さんとコール&レスポンスみたいにすると思ってしまい
フロアにはい!って促したり。。。
だからー!!って。

やっと理解できてフェイク対決。
その後は、もちろん、お客さんとコール&レスポンス
長いのもありましたが
なんとか、乗りきり「上手い!」って
お褒めの言葉もらいました♪

そこから再びヨサホイに戻って
大盛り上がりで終了~

じゃーせっかくだから、と
皆さん前に出てきて手を繋ぎ一礼ってことになったんですが
なぜか吉田さん・ミスター小西・あとスキマのBaの人かな?のとこだけ
恋人繋ぎしててゞ(≧ε≦o)
えぇー?!って。
でも最終的にはおもしろがってみんなその繋ぎ方でありがとー!!って。

エンディングの音楽が
なぜか東京音頭?
でもって陽気に歌いながら帰る大橋さん
その歌声もかなり様になってました。

ってことで、
長丁場になると予想はしてましたが
その通りの3時間ライブでした。

打上げの様子とか
帰りの道中(SAに立ち寄ったところとか)の様子とか
ツィートで上がってるの見る限り
ホント、メンバー自身もめっちゃ楽しんでて
これまでにない盛り上がりのドラデラだった感じです。

これは恐らく、またきっとこの組み合わせで何かやるだろうな。

<セットリスト>
 01.ザ・ライターズのテーマ
 02.フィクション(スキマスイッチ)
 03.Have You Seen The Rain-雨を見たかい-(CCRカバー)
 04.ソングライアー(スキマスイッチ)
 05.深夜高速(フラカン)
 06.ファイト(中島みゆきカバー)
 07.真冬の盆踊り(フラカン)


帰りもしっかり、名古屋満喫?!(笑)
IMG_4126.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

何がなんでも今を生きてる それだけでいい いいじゃないか [音楽]

すっかり半袖シーズン終わってしまった・・
って、そりゃ当たり前か。
だって学生の時10月になったら衣替えで長袖になってて
あぢぃーよー、、って思うことなく着て行ってたもんな。

さて。
そんな10.6は
フラワーカンパニーズ フォークの爆発2017
~座って演奏するスタイルです~
@東京キネマ倶楽部
でした。
IMG_4108.JPG

フォー爆会場、当初はDUOだったり
その後マウントレーニアになったり
あとチッタの時もあったっけ、、
今回はお初のキネマ倶楽部。
確かに雰囲気はバッチリ!
が、、こちら元々はライブハウス仕様のため
席が指定席にはなってなく
遅く行ったらまさかの立ち見になってしまいました(T ^ T)
うぅ、、、
チケットSOLD OUTしてたらしいので
仕方ないにしても
次回はもうちょっと大きめ会場で
みんな座れるところにしてー、、っと
思いました。
中野サンプラザとかいいじゃん?←デカすぎる??

登場はやはり、2階にあるバルコニーステージから。
メンバー衣装は普段と変わらず
ただ、さすがにグレートさん、裸にオーバーオールではなく(笑)
Tシャツにデニムでしたが
そのTシャツがやけにアロハ~な感じで
後でMCでも衣装について語ってましたが
本当はもっと雰囲気に合ったサイケな感じのシャツとかに
しようかなっとも思ってたそうで
でもいざ着てみると
「やっぱ髪がないとさ、、俺的になんか違うってなっちゃうんだよね」って
・・・(;´д`)
なので以前ミスコニがジャケット撮影の時に着てたというTシャツ
もらってたのが出てきて
捨てる前にもう1回着ておこうか、、、って
それになったとか。

そんなミスコニは
本編から物販のTシャツを着てて
普通はアンコールで着るよね?って
本編から来てるのあんまり見たことないよって
さすがミスター小西って
褒めて?!ました(笑)

1曲目は『フラカンいざ行かん』
これって毎回歌詞変わってるっけ?
今どんな歌詞だったかって言われても思い出せないんですが
最近のことを歌ってたような記憶が薄っすらと・・。

からの『父さん、ケッタを貸してくれん?』って。
普段ライブじゃあまりやらない1曲。
今回改めて思ったのが
アコースティックでやるに当たり
ちゃんとアコースティック編成にアレンジし直してて
へぇーへぇーって
感動しっぱなしでした。

キネマ倶楽部、フラカンでは初とのことで
話には聞いてていつかはやってみたいって思ってたそうで
今回アコースティック編成でやるには
ピッタリだと思い選んだとかで。
他にも今回のフォー爆は
各地の会場、お寺とか神社とか
いわゆるライブハウスって言うところじゃないのが多く
お初な場所が多かったとかで
メンバー自身も楽しみだったそうです。
そう、神社とかお寺とか、、でライブ
行ってみたいなーって思います。

で、圭介さん
鶯谷で降りたのは東京に20年近く住んでて
初めてに近いくらいだそうで
「もっとさわやかなイメージだと思ってたけど、、」って言うので
なんで??って思ったら
「だって、うぐいすだからさー」ってゞ(≧ε≦o)
さすがだ。

でもホテル街っていうか歓楽街って言うか、、なイメージで
ビックリしたそうです。
あはは。

初っ端からトーク盛り上がっちゃって
圭介さんの、広島ライブの後、仙台へのキャンペーンがあり
一人新幹線で東京に戻った時の話。

自分で席取って乗ったそうで
トイレに近いから通路側、奥に二人いると大変だから2人席の方
で、乗ったら既に隣の人が座っていて
しかも肘をはみ出させて寝てたとか。

そこで、、このはみ出てる肘をどうにかさせたく
「だって、完全に俺の領域はみでてるんだから」
ただ、圭介さんはリクライニングですら
ジワリ、ジワリと時間をかけて
気付かれないように下げていくタイプだそうで(笑)
なので今回もジワリ、ジワリと肘を押して行って
そしたら途中で寝ててもフッと起きるタイミングがあり
そしたら、あ、スイマセンってどかしてくれるんだけど
寝ちゃうとまた同じスタイルになっちゃうとか。
で、またジワリジワリと追いやり、、、

そこでふと考えてしまったのが
「これこそが、世界で言う戦争の始まりなんではないか、と。
自分の領域に入り込んでても
まぁ、いいじゃないかって許せる気持ちがあると
世界も戦争にはならない」
そこで、もう肘はいいや、って。
「ただね、その代りテーブルどーんっと開いて
お茶からサンドイッチ、IPodとか持ってるもの全部乗っけて
寝てやったよ。
そしたらそいつ、名古屋辺りで降りたけどね」
圭介さん、、それも戦争始まると思う( ̄▽ ̄;)

いやぁ、、オモシロかったー
ちゃんとオチあってよかった(笑)
しかも、その男性
Gジャンを肩から羽織ってたそうで
「言ってみれば、生の肘が当たるわけよ、
そんなの嫌じゃん!」って
、、、まぁ、気持ちは分かる。

『ヒコーキ雲』グレートさんとミスター小西との
コーラスが素敵でした。
そして『旅待ち』イントロの竹安さんギター
そう、今回改めて
竹安さんのギターの素敵さを実感しました。
いろいろグッとくるギターソロありました。

『夏を生きる』からですかね
今回の新しいアルバムからの『キャンバス』
そして『初恋』と
このセットリストの中での
スィートソングコーナー(笑)

MCでも言ってましたが
『初恋』のグレートさんのハモりが
よかった!!
こんな48にもなってスィートソング歌うとは思わなかったって
照れたのか緊張したーって。

でも、フラカンのいいところは
パンクな歌、ロックな歌、応援歌みたいな歌
そしてこの甘い歌
いい具合でバランスよくあるところかなって。
どれも偏り過ぎてると
ちょっと疲れてくるというか、、
そしてどのタイプの曲も
いい感じに圭介さんの声がマッチしちゃうってのがね。

フォー爆は普段のライブではほぼやらない
カバー曲を何曲かやってくれるのですが
まずはルパン三世のED曲?
全然知らない曲だったんですが
チラッと調べたら奥田民生が歌ってたの??

そしてグレートさんも歌いました!!
しかもこちらも全然知らない曲だったんですが
フラカンの曲だったようで
『ユレテミヨウカ』
なんで知らないかと言うと、、、シングルのC/Wにしか
入ってないんだそうです。
納得。

この曲を作った当初はリリースが頻繁にあり
圭介さんも、歌詞に苦しんでいて
じゃーグレート1曲やってみるか?って言われて
作った曲だとか。
どうせだったらブルージーな感じにしたくって、、って。
そう、ベースラインが映える感じの曲でした。

廃盤になったアルバム再発の時
ボーナストラックに入れる話も出てたそうですが
時間の関係で入れられず、、
「でも、俺、この曲好きなんだよね」ってグレートさんが言うと
圭介さんも「俺も好きだよ、、下から・・8番目くらい」
って、、それって好きって言うのか??ゞ(≧ε≦o)
でも「俺はまーちゃんの歌う声が好き」って
グレートさんのことやたら褒めてたのが
オモシロかったです(笑)

続いてのカバー曲は
このフォー爆では毎回、清志郎さん・もしくはRCの曲を
カバーしてるそうで
今回はRCの『Oh!Baby!』
圭介さん的に、1番好きな曲と言ってもいいくらい
好きな曲だそうです。
「ラブソングなのにこんなに哀しいラブソングってある?
清志郎さんの声って哀しい感じがする声だよね
それにすごくあってて」って言ってて
あー、、それは確かに感じるところあるなーって。

からの『哀愁生活』
、、、別にそういう流れで前のMCがあった訳じゃないと思いますが
ジーンときちゃいました。

「今回のツアーはみんな歌おうって。
全員がVoできるバンドっていいじゃん?」
ということでさっきはグレートさん。
次に歌うのが
、、足を引っ張ってる?!のが自分だって言う竹安さん。
自ら「まだ見習い」って。

「しかもそれ(みんな歌おうっていうの)言われたのが
割りと最近でさ、、どうしようって
焦ったんだけど」
・・・リハの回数が少なかったそうです

「先日、(元)コレクターズのDrの阿部さんに
セッションのイベントに呼んでもらった時に
歌ってた曲がいいなーって思って、、」っと
その曲『Free Painting』
てか、阿部さん、歌うんですねー
それも聞いてみたい!って思ってしまいましたが
なかなか素敵な曲でした。

竹安さんは声が低い上に音域がちょっと狭いのが
原因でしょうか。
いい声なんですけどね~
「すぐ(音程)いっぱいいっぱいになっちゃう」って。
楽器は持って生まれた才能に左右されるそうですが
歌声は努力次第でいかようにもなるそうなので
今後に期待してます!!

圭介さんの音程を
「ここら辺じゃない?」ってキーをあげて
コード弾いてあげてたのが
なんかよかったなー
でもそれは逆に高過ぎて
「そこは高過ぎだよ、、サビで1オクターブ下がっちゃうパターン。
カラオケとかでさ、あるじゃん」って
この話がオモシロかった(´m`)
で、B'sのイントネーションの話になったんだっけか?
最近の若者のイントネーションの影響なんじゃないの?って

『夢から覚めないうちに』は
私もしかしてライブで初めて聞いたかな?
こういうのもフォー爆ならでは。
アコースティックだと圭介さんの声が
よりしっかり聞こえてくる感じがして
歌詞が胸に響きます。

続くカバーの
『氷の世界』への流れがよかったです。

で。
この曲が静かに終わると
スーッと席を立つミスター小西。
ん?
次ドラムがない曲なのかな??って一瞬だけ思ったけど
でもすぐにもしや、、って思ってたら(笑)
正解!

イントロ鳴って
フロアからいきなり飛び出してきた
さっきまでの衣装に燕尾服羽織って
黄色の大きな蝶ネクタイ付けたミスコニ。
あと例のバルコニーステージに
手書きのショボイ(笑)幕?が出てて
ひらがなで「おくせんまん」って。

っということで、ミスコニVoコーナーは
『2億4千万の瞳』
いやぁ、、すごいパフォーマンス。
フロア練り歩く、練り歩く。

私たまたま、通路のある所に立ってたこともあり
2回も目の前まで来てくれて
しかも2回目はミスコニ自らハイタッチをしてくれまして。
、、、1回目はギリのところで
時間切れなのか去って行ってしまったんですよね・・
手は出してなかったんだけど。
っと思ったら、2回目はタッチしてくれて
ミスコニ、優しい♪

ポッケからバラの造花出して
後ろから見るかぎりでは
男子にあげてなかった??

そして途中からステージに上がろうとするも
結構高いのか
めっちゃカッコ悪い姿でよじ登っちゃって。

もちろん、バルコニーにも上がって
ポーズ決めまくり(笑)
詳細はオフィシャルツィッターにバッチリ写真が!

最高でした~
毎度ミスコニのこのソロパフォーマンス
クオリティが上がっていくって
メンバーからも大絶賛。
いつも予想上をいく仕上がりだそうで。

今回はジョインアライブで郷さんを見て
ミスターあれやってよ!って話になったそうで。
ただ最初の頃は普通の恰好でやってたようですが
何かそれでは雰囲気出ないなってことで
スタッフにジャケット買って来てもらったところ
「何を間違ったか、、モーニングなんだよねー」って。
ミスコニ曰く
さらにそれにはワイシャツに蝶ネクタイが縫い付けてあったそうですが
これは違うってわざわざ取ってきたって。
でも、燕尾服。。。オシイ!

フロア練り歩きに大貢献した
ワイヤレスマイクは
圭介さん私物だとかで
レンタル料を請求してました(笑)

あと、褒めてたグレートさんですが
「なんか小西は何やってもイラッとするんだよなー
でも笑いっていうのはムカつくのと紙一重なんだって
まっちゃんが言ってたのを聞いて
やっぱ小西ってすごいんだなーって思ったんだよね」って。
・・結成わずかで2位になったにゃんごすたーの話?

ここでメンバー紹介、、した?
何の流れでだったか、、
竹安さんが譜面台の譜面を見て
すぐに自分のギターの手元を見ようとすると
ピントがすぐに合わないのか、、
どの弦押さえてるのかも分からなくなったりするって
話してて。
「来年は遠近両用かな」って。

それ聞いてグレートさんが
確実に目には年々老いが来てるって
でも「俺メガネ駄目なんだわ、、」って
似合わないらしい。

で。
「いや、それも慣れだと思うよ。
これからはさ、新しいことにもチャレンジしていこうよ!」って
圭介さんが言いだし
グレートさんはメガネ
圭介さんは革ジャン
竹安さんは、、声張っていこう、元気よく!はきはきと!って
いろいろでてくる出てきてて大笑い。
その反面、ミスコニ、、、何が苦手だ?
てか、すべて苦手って言ってもいいくらいだしって
言われ放題。
最後は勉強頑張れって言われ
大学受験だそうでゞ(≧ε≦o)

結局笑いに持って行ってましたが
でも、この歳で敢えて、新しいことにもチャレンジするって考え
いいですよね。
ちょっと前にコータローさんが
これからはやりたいと思ってることは
やっていくことにしたって話と通じるものがある。

あ、圭介さんの革ジャンっていうのは、、
ジャケット撮影とかで時々スタイリストさんが付くときがあり
グレートさんとミスコニはたいてい
何着ても似合うそうで。
反面、圭介さんと竹安さんは何着てもダメだそうで。。
前々から圭介さんは革ジャンを着たいって
何度も持って来てもらったりしてるそうですが
どうもよし!って感じにならなず
未だ、着れていないそうです。
「だってさ、俺がなんか言う前に
スタイリストさんが、あぁ、、って言うんだぜ。
そしたら俺も、あ、今回はちょっといいかもって思ってても
やっぱダメっすよねーって言うしかないじゃん?」って。

ライララ ライララ ライララライ~を
みんなで大合唱して始まった
『最後にゃなんとかなるだろう』
アコースティックでも
楽しく盛り上がりました。

ラストはちょっと雰囲気違って
なんとなく少し明るい感じになってた?
『この胸の中だけ』

ここ、記憶曖昧なんですが
この曲終わりで
少し演奏が始まったんで
何か曲に行くのかなーって
でも歌ではなく、圭介さんが「今日はどうもありがとう」
「アルバムROLL ON48、新しいレーベルを立ち上げました!
自分たちだけでやっていこうって決めましたー
まだまだ売れるつもりです!
Mステ出るぞー、、、あ、決まってないですけどね」とかって
話だして。

一通り話終わった後
一人、帰って行ってしまって。
あれれ??って。

そしたらグレートさんが
「圭介にまた会いたいかー」って。
「圭介ー!圭介ー!圭介ー!」って圭介コール(笑)
そしたら、バックの体勢で圭介さん戻ってきて
あ、、、これは・・
ウルフルズの『いい女』の真似(笑)
ちゃんと、チラッと「いいー女ー」って歌ってましたし(´m`)

でも結局、歌わず演奏だけで終わってしまったんですけど。
「どうもありがとー」って。
始まった時に、立ち見もいるし、
タッタと終わらせます~って言いつつ、、
本編だけで2時間過ぎてましたー・・

続いてアンコール。
はい、さっきミスコニいじってましたが、、
皆さん物販のTシャツに着替えて。
あ、ミスコニはそのまんま(笑)

確かちょうどその日だったか数日前だったか
予定されていたエンケンさんイベントが
体調不良により中止の発表があったのを受けて
エールを込めて急きょ1曲
『不滅の男』

私は全然エンケンさんの曲って知らないんですが、、
私のイメージするエンケンさんらしい
曲でした。

ここで、リコーダーのお話があったんですが
へ?ツィッターでそんなつぶやきしてましたか??
全然知らなんだ。。
結構みんな持って来てました。
ホントに100均で売ってるんですか??
それとももっとする金額でもみんな買って用意したんでしょうか。
だとしたら、かなりのフラカン愛!!

『Good Morning This New World』
1回だけ練習って
全然どの音吹けばいいとかの話はなくって
でもみんな結構ちゃんと吹いてて
すげー!!
すごい良い響きでした。
いいなー私も吹きたかったよー
(吹けるかどうかは別として、、笑)

竹安さんのマンドリンギター?
いい音でした。

アルバム「ROLL ON48」のライブは
東京では来年3月のファイナルまでないけど
他にも東京はいろいろあるからって
この日発表になったニワトリフェスに
年末のカウントダウンライブの告知。

そのニワトリフェスは今年が酉年ってことで
酉年のアーティストをゲストに呼んで
ワンマンライブをするとのことですが
「次の酉年はもう俺ら60だってよ、、
想像つかないよ」って。
でも「竹安はそのまんま髪真っ白になってるくらいで
あまり変わらないんじゃない?」ってグレートさんが言うと
圭介さん「おばさんになってるかもね」って。
ちょっと想像できそうで笑っちゃいましたが
そうか、、次の酉年はメンバー60才って
結構衝撃的かも。

ラスト!『夕焼け』
圭介さんとかグレートさん
ずっと座ってるとお尻が痛くなるって
立ち上がっての演奏。

歌いましょう 笑いましょう って
ヘイ!っと盛り上がり
最後の ラーラーラーラララーラー~まで
楽しく一緒に歌えました♪

結構時間経っていたので、、
ダブルはないかも?って思いつつ。。。

でもありました!さすが!!
「もう1曲だけ歌いまーす」って
『いい事ありそう』

おぉ~これもフォー爆ならではな1曲って感じ。
メンバー全員がVoになる曲。
竹安さん前に圭介さんが
「声張って!元気よく!」って言ってたのが
オモシロかったです。
竹安さんもちょっと意識して歌ってた感じ?!(´m`)

ってことで、、2時間30分超えのライブ
いやぁ、、立ち見は疲れたわ。。
って、通常こういうスタイルじゃなかったら
立って見ること当たり前なんですけど
なんででしょうかね、、あまり動かず立ちっぱってのが
疲れるんでしょうかね。。

でもグレートさん、
さっき曲で立ち上がったのは
お尻が痛かっただけじゃなく
立って見た景色がどういうもんかも確かめたくて、、って
さすがリーダー!
なんとなくイメージついて、エレキスタイルでのライブも
行けそうだなって。
ぜひ、ぜひ。普通のワンマンをキネマ倶楽部でもやって欲しいです。


<セットリスト>
 01.フラカンいざ行かん
 02.父さん、ケッタを貸してくれん?
 03.ヒコーキ雲
 04.旅待ち
 05.夏を生きる
 06.キャンバス 
 07.初恋
 08.ルパン三世ED
 09.ユレテミヨウカ Vo.グレートマエカワ
 10.Oh!Baby!(RCサクセション)
 11.哀愁生活
 12.Free Painting(qps) Vo.竹安堅一
 13.夢から覚めないうちに
 14.氷の世界(井上陽水)
 15.2億4千万の瞳(郷ひろみ)Vo.ミスター小西
 16.最後にゃなんとかなるだろう
 17.この胸の中だけ

 EN1.
  不滅の男(遠藤賢司)
  Good Morning This New World
  夕焼け

 EN2.
  いい事ありそう


nice!(0)  コメント(0) 

血の気たっぷり右によって、優柔不断の左向き [音楽]

ついに9月!
お誕生月がやってきましたー
毎年言ってると思うですが
お誕生月になると
いろいろ特典が受けられるメールやら何やらが届いて
チョピッとだけうれしくなります(*´艸`)

でも。。
今年はこれと言って行きたいライブがなく
(去年もだったっけ?)
残念です。

さて。
そんな9.3は
百々ヤマ穴キュウ summertime Blues Tour 2017
@代々木Zher the ZOO
でした。
IMG_3980.JPG

そう、いつだったっけ?
ヤマジVS○○ってシリーズの第二弾で登場した
百々さん。
この時はリズム隊が穴井さんとキュウちゃん固定で
あまりに楽しかったようで
もうこのままツアー出たいくらいって
百々さんが言ったりして
見てる側としても
ぜひぜひ!って思ってたら
なんと実現してしまったって言う
素敵な4人組。

バンド名どうするってもう既にその時言ってて
で、誰かがふと言い出した
全員の名前を取った"百々ヤマ穴キュウ"
これでいいじゃんって。
すっかり定着しちゃったし
いや、ホントこれでいいじゃんって思う
ネーミング。
バンド名なんてきっとそういう感じで決めるのかななんて
思ったりもして。
・・・もちろん、作戦会議されることもあるかとは思いますが
最終的には、、、?!(笑)

しかも今回は単発ではなく
東阪福ですが
ツアーに出ちゃうって。
※名古屋ではなく福岡なのは
恐らく(てか100%)百々&穴井さん地元だからかと思われます(笑)
嬉しいことに東京だけ日曜日の開催で
張り切って行ってきましたー♪

前回は最前入り込めたんですが
今回は2列目。
で。またしても穴井さん側。
そしたら、そう、キュウちゃんがちょいちょい
穴井さんで被っちゃうのよね(;´д`)
でも穴井さん割と動いたりしてたし
なのであれくらいの見え加減でよかったのかな。
あまり見え過ぎちゃうと
逆に緊張しちゃうから(笑)

あと百々さんは前回こっち側に来てたような気がしたんですが
今回はセンターと、向かって右手側でした。

いや、でも穴井さんのベース最高!
あの太っい音、素敵過ぎる。
そして運指は全くと言っていいほど
小指使ってなくって(だって左手にピンキーリングしてたし)
さすが男の人だなー・・って。
それから結構速弾きでもダウンオンリーで攻めてること多くって
それも含めて素敵!って思ってしまいマシタ(*´艸`)

百々ヤマ穴キュウ
4人でずっとやるんではなく
まず百々&穴井&キュウ
そしてヤマジ&穴井&キュウ
その後百々&ヤマジ
そして最後は百々ヤマ穴キュウ全員でというラインナップ。

どれもホント最高でした。
でもいかんせん、、、カバー曲多く
曲名ほぼ分からず。。
ただ、前回より聞きやすい曲多かった印象。
なんていうか、、よりロックな曲?
ノリやすい曲が多かったかなーって。
ヤマジさんがセトリ上げてくれるだろうって待ってたんですが
・・・そうか。
ツアーに出るんだから終わるまで上げてくれないですよね。。
ってことで
終わって上がってたら追記することにします。。

パート1.百々穴キュウ
百々さんはいつ見ても惚れ惚れするスタイルで
お尻キュってしまってて
でも腕とか割りとムキっとしてて
ザ・男子!って体型がめっちゃ好みです(笑)
白Tが似合うんだ。
この日は黒デニムにマーチン。
最近白マーチン多かったのに
この日はたまたま私も履いて行ってた
マーチンオリジナルのチェリーブラウン(で合ってる?笑)で
わ♪同じ!ってちょっとうれしかったです。

キュウちゃんは何か赤と黒が不思議な切り返しになってる
Tシャツでした。
穴井さんは黒?紺?の無地の
でもなんかシックな感じのTシャツ。
履いてたスリッポンのスニーカーがお洒落。
あとサングラスがクリスタルな感じで
これまたオシャレでした。

2曲目にして弦を切ってしまったという百々さん。
確か、、最初にやった時も
初っ端から弦切って
楽屋に戻ってませんでしたっけ??

「ギターマガジン
世界を代表するギタリスト第49位にランクインするヤマジさん
貸してくれるかなぁ。。。」ってボソッと言ってたら
楽屋からスタッフが持って来てくれて
貸してもらってました。

で、ジャランって弾いたら第一声
「いい音じゃん!」って。
なんでも、年代とか生産地とか?
「(自分のギターと)同じようなギターなのよ!」って。
でも確かに
良い悪いは分からないんですが
好き嫌いで言うなら
さっきまで聞いてた百々さんのギターの音より
ヤマジさんのギターの音の方が好きな音でした。
どういう音かって言うのは
ちょっと話のネタもあるんで後で書きます(笑)

そのギターで2曲ほどやって
最後の曲だっけか?で再び百々ギター戻ってきてました。

途中百々さんが
「リハ中に穴井さんから告白されてさ、、」って。
何かと思ったら
穴井さん「今日の出演者
みんな名前に"かず"が付くじゃん?
(百々)和宏、(クハラ)カズユキ、(ヤマジ)カズヒデ
だから、俺も、、カズつけようかって。」
百々「で、なんでしたっけ?」
穴井さん「、、和吉(笑)」※ホントは仁吉

もう、あの出で立ちで"和吉"って言うんで
なんかかわいくって
、、、○○吉ってだけでかわいい感じしちゃいますし
百々さんもホントは大先輩だから
普段呼び捨てなんて出来ないって言いながら
和吉ならいいかって思ったのか
「じゃ、和吉!」って呼び捨てにしたりして。
その後、フロアからも何度となく
和吉コール起きてました(笑)

ってことで百々穴キュウ終了。
続いてはパート2.ヤマ穴キュウなんですが
セッティングのためステージ上に残された穴キュウ。
どうしたらいいものか、、って
キュウちゃんが愉快なドラム叩き始めたら
穴井さんもちょっと加わったりして
ワーイって盛り上がり始めたところに
やっぱセッティングで
サウンドチェックもあるようで
「それでころじゃないみたいですね・・」って
途中から静かにしてました(笑)

でも転換10分もないくらい?
すぐに終わってヤマ穴キュウスタート!

さっきも書きましたが
やっぱヤマジさんのギターの音色
素敵でしたー
なんだろうね。
さすがこだわりのサウンド!って感じ(笑)
※そんな音の事分からないんで、適当言ってます( ̄▽ ̄;)

MCは特になかったんですが
あ、始める時だったかな?
ヤマジさんまでも穴井さんに
「和吉、OK?」って聞いてて
オモシロかったです。

百々さんは割りと1曲1曲パツンと切って
一呼吸おいて次の曲って感じが多かったんですが
、、、当然そこで拍手できる
ヤマジさんは、どこが切れ目か分からない感じで
すぐに次の曲に行くので
拍手のタイミングが難しい、、、というか
拍手ほぼしてなかった感じ。
きっと、そういうのが好みなんだろうね。

こちらも4、5曲やって終わり。
そしたら穴キュウコンビが退席しまして
代わりに百々さん登場。
セッティングはさっき一緒にやってたんでなし。
で、すぐにパート3.百々ヤマ。

このパートが一番MC多かったかな。
百々さんはやっぱおしゃべり好きらしい(笑)

曲始める前に
「じゃー忘れないうちに仕事」ってヤマジさん。
何かと思ったら
持って来たノート見ながら
ライブの告知するヤマジさん(笑)かわいい。

しかも、最初にモーサムのライブの告知してあげてて
百々さん「そうだ!」って。
「あの、、チケットまだ一般発売前だけど
事務所から売って来いって、どれくらいだろうね。。
あれが1万円だったら100万くらいあるんじゃないかって枚数
持たされたんで、、後で買ってください~」とのこと。

モーサムのライブは1年ぶりだそうで
百々さん「えー、、その間、あのベースの人とは
1回しか会ってません!」って
え?それがたこ焼きパーティー??
なんか、メンバーでたこ焼きパーティーやったって
なんかで行ってなかったっけ??
百々ソロのときかな?ツィッターだった?
・・・かなりうろ覚えですが。(そもそもそんな話なかったかも?笑)

その後ヤマジさんの告知で
シェルターのライブと
池袋でやるライブについて。
「(池袋は)toddleとやります」って言ったら
百々「あ、俺、この前やったよ」
ヤマジ「ひさ子とヤッタの?」
百々「、、やった、、、、って
え?、、そういう意味のヤッタじゃないよ(笑)」って
すぐに気付いて笑ってました。
私もなぜかそういう意味合いに聞こえて ←あはは・・
ニヤリとしてしまってましたゞ(≧ε≦o)

その後も
百々「そう言えば、さっきヤマジさんのギター借りたけど
音太かったねー」って言ったら
ヤマジ「、、、太かった?(笑)」って。
え?ヤマジさんてば、実は下ネタ好き??(笑)
百々「どうしてもセクシャルな意味に、、(笑)」
ヤマジ「まだ続いてる・・?」
いやぁ、、オモシロかったー下ネタ(≧▽≦)ゞ

あ、で、そう。
さっき書かなかったヤマジさんのギターの音
そう、太い音でした。
百々さんのギターはどっちかというと
ちょっとキンキンした感じ?

でもせっかく百々さん褒めたのに
ヤマジさんの下ネタでかき消され
ギターの深い話にはなりませんでした。

百々「昔は怖くて、とてもこんな風には
話しかけられなかったけどねー
、、、ホントはダジャレ好きな・・・」って。

2人でやった弾き語りは
ノリノリの曲って言うよりは
聞かせる曲が多めで
めちゃめちゃ素敵でした。

百々さんが主に歌う曲だったかな?で
ヤマジさんがブルースハープ吹く曲があったんですが
「今回はちゃんと買ってきたから」って
真新しいケース、わざわざパチンって開けて閉める音まで聞かせて
取り出したブルースハープ
「前回は百々の借りて吹いたからね、、」
「(借りて吹くって)ヤバいよね・・」って。

あと百々さんとヤマジさん、2人で交互に歌う曲もあって
それ、歌い出しがヤマジさんで
ヤマジさんの声は例のごとく低音ボイスで
百々さんはどちらかと言うと高い歌声だから
どうなるかと思いきや
それに合わせてか百々さんも低めの歌声で
それがまたよかったです。
ああいう歌声もできるんだ、っていうかさ。

で。
聞いてるうちに
この二人の弾き語りいいじゃーんって思ってたら
なんと!
「2人でもちょっとまたやっていこうか、って
言ってるんだよね」って百々さん。
ヤッター!ぜひぜひ!!(*´∀`*)

でも2人だけでやってたら
5時間位延々とやっちゃいそうだって。
百々さんずっとお酒飲んで
ヤマジさんずっとタバコ吸って、、、
いやぁ、、、なら
イス有会場でオールナイトってのはどうですかねー
21時とか22時とか遅めのスタートで。
お知らせ楽しみにしてます♪

そしてそして早くも最終章
4人そろって、百々ヤマ穴キュウ。
で、この時出てきたお2人さん
衣装替えをしてまして。
キュウちゃんはよく見る、ネイビーの無地のTシャツ。
そして穴井さん!
ミッキーの顔が大きくプリントされたTシャツに
ダンガリーシャツ。
これが何とも言えずキュートでして。
周りの人たちも「かわいいー」って
一気に穴井さん人気出た感じでした(´m`)

4人でやるとき
メインVoは百々さんのようで
並びもセンターが百々さんでした。

で。
この時だったか
さっきの百々ヤマの時だったか
ちょっと忘れたんですが
ついにこの百々ヤマ穴キュウが
ツアーに出るって話があって。
大阪と福岡。

「ただ、、私と穴井さんの地元福岡のチケットがねぇ、、」って
百々さんが言うと
ヤマジさん「何?故郷に追われるように出てきた?(笑)」って
そのツッコミが絶妙なタイミングと口調で
いやぁ、、最高~ゞ(≧ε≦o)

百々さんも「そりゃね、話し始めれば
福岡の悪口なんていくらでも出てくるけど
でも言ったら最近はすぐに、ほら、ツィッターとかで
みんな書くでしょ。そしたらすぐにバレるから。
、、、なので、福岡のいい話してたよーってことで
よろしく」って。

「じゃーみんなの好きな
福岡の大先輩の曲」って言ってやったのが
ルースターズの曲だったっけ?
で、その曲に出てきた歌詞

 血の気たっぷり右によって、優柔不断の左向き

これに反応してしまいまして。
そう、先日奈良さんの展示で見て気に入って買った絵のタイトルが
「気持ちちょっぴり右によって、優柔不断の左向き」
これはもしや、奈良さん、ルースターズから取ったのかな、、とか。
・・・どっちが先か不明ですが。。
なんか自分の感性間違ってなかったってちょっとうれしくなりました。
早速、曲名調べたら『LET'S ROCK』って曲でした。
いやぁ、、いい曲だったー
 ※これ、アンコールでやったかも?もう記憶アヤフヤすぎる・・(;´д`)

そこから百々さんソロの
『ロックンロールハート(イズネバダイ)』が
よかった。
テープエコーズでやるのとはまた感じが違うって言うか
より力強いって言うか
まったく寄せてないって言うか。
あの4人でやったら、、なアレンジになってて。
でもってヤマジさんのギターの音色が
ホントよかったです。
もう1回聞きたい。
てか、多分、前もやった気がします。
、、、あえて(今は)見返さない(笑)

ラスト1曲やったか、これで終わりだったか
。。。。うーん。。記憶なし。

とりあえず、本編終了。
百々さんがメンバーを紹介してました。
最後、百々さんをヤマジさんが紹介してたっけ?

続いてアンコール。
「もう歌うの疲れたよね」って
百々さんとヤマジさん。
「どうする?」
「きっと音鳴りだしたら、ウズウズして出てくるんじゃないの」って
その前に
どうするってキュウちゃん見たりしてたから
え?キュウちゃん、歌うの??って思ったりもしたんですが(笑)
、、、穴井さんVoの曲あったし。

出てくるんじゃないの、、で
あ、これは・・・(ゝω・´★)と。

そして演奏始まって
予感的中!イマイさん登場!!

髪の毛めっちゃ伸びてて
もはや仙人のようでした。←これは結構前からそう
が、
何て言うか、下半身って言うのか
体はロックンロールな体型で
足とか細いんですよね。
なんていうか、顔だけしか見えてないと
髪が長いせいか丸っこく見えるんで
年と共に太ったのか、、って思ってたりもしたんですが
全然そんなことなかったです。

でもって顔色に出ないから分からなかったんですが
相当、酔っぱらっていたご様子(笑)
いや、歌とかはバッチリ
キュウちゃんもブログに書いてましたが
外タレごとく
みんなを一気に盛り上げて歌もバッチリ歌われてましたが
終わって帰るとき
楽屋口が分からなくなっちゃって
DJブースの方に行こうとしてて
前にいた人たちが、あっちあっちって(笑)

しかも、いつ終わりか分からなかったようで
百々さん曰く
「延々このままEとAのコード弾き続けるのかと思った」って(笑)

「そんなイマイさん
福岡に遊びに来るってよ。
すごいね。
でも福岡なんて飛行機ですぐだから
皆さんも一緒にどうですか?」って。
いやぁ、、そりゃ行けるもんなら
行きたいっすーって。

その後「あー、、イマイさん来るのかー、、」って
あの酔っ払い具合でどう絡むか、、って
ちょっと頭抱えた感じで言ってたのが可笑しかったです。
もちろん、すぐに「いや、でも楽しくなると思うよ」って。

最後に1曲歌って終了~
それが『LET'S ROCK』だったような気もしてる、、

そしてダブルアンコールまであったっけ
とにかく最後はノリノリの曲連発で
最高に盛り上がって終了

「いつかまた!」って言ってたんで
きっとまたやってくれそう。
てか、やって欲しいです!

そうそう
穴井さんは9/7までは和吉だそうで
でもってカズFourとも言ってて
じゃーそれバンド名にしますかとか言ってましたが
いやぁ、、百々ヤマ穴キュウでいいと思います♪

ライブ終わり、物販に百々さん出てきて
スタッフ曰く、チケット売ってます!ってことでしたが
でも私が見た時は
いるだけで全然売り子はしてなってなかったけど・・?
で、百々さんツィートしてましたが
そう、ガイチさんが張り切ってチケット売ってました。
(キュウちゃんの手ぬぐいと一緒に)
良い方だ。

ふと、百々さんからチケット買えるなら、、って
チラリと見たけど
そのライブ、11/25で・・・
ダメだよ、それは。

ということで
百々ヤマ穴キュウ最高でしたー
福岡、チケット売れてないって言うんで
本気で飛行機とか調べてみたんですが
さすがにこの時期ですと
もう往復で5万弱はかかる感じで
それは無理ですわ・・・。チ―( ∀ )―ン
残念。

フライヤー入ってた!!
IMG_3982.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

眩しい春はしゃいだ夏ボクらは魔法の中にいる いたいけな秋白い冬ボクらが歩いた物語 [音楽]

4泊5日の旅、2~3日目については
また後日書くとして。

8.20は
WILD BUNCH FEST. 2017 Day2
@山口きらら博記念公園
に行ってきました!
IMG_3927.JPG

今年の(も)RSRは
私的にあまり心惹かれる感じではなかったので
早々に行くのをやめていて
でも夏フェス1つは行きたいなーって気持ちもちょっとあって。
昨年いってすっごいよかったオハラブレイクか
一度は行ってみたい地元のBAY CAMPかって
思ってたんですが
今回この青春18きっぷでの旅を計画し
こちらも一度は行ってみたかったワイルドバンチ
運よくThe Birthdayとせっちゃんが同じ日
+スカパラ、ユニコーンも!ってこともあって
参加を決定!

が、、その時既に1日券の先行販売終了してまして
臨んだ一般発売も即完売。
えぇー、、、行けないの??ってガッカリしてたんですが
なんと!
岩盤で売ってるとの情報を手に入れ
池袋まで走りましたよ。
なんとか手に入ってホッ。

フェスなんて前日までチケット余裕で買えるって
イメージなんですが
ワイルドバンチは要注意なんですね。
メモメモ。

会場へは車かバスかってところなんですが
シャトルバスが各地から出ていて
さて、どこから乗る??って。
一番の最寄駅である新山口に
ホテルがあまりないことは知っていたので
なら広島か岩国かってところで考えてたんですが
広島はホテルが高い。。
っという消去法にて岩国から行く事に。

広島からは参加者も大勢いたみたいですが
岩国からはバスも1台だけでおさまる
こじんまりとした人数でした。
ただこれ、帰る時思ったのが
1台しかないと全員が揃うまで待たされるんですよね。
複数台あると早く集まった人で1台埋まれば
すぐ出発してくれますが・・
ってことで、なかなか人数そろわなくって
結局タイムリミットのギリギリまで待たされたのだけは
ちょっとなぁ、、って思ってしまったり。

道中は特に渋滞もなく(多分)
開場する前に会場に到着してました。
リストバンド交換もスムーズにできたし。
IMG_3929.JPG
ただ、、、暑かったー・・
朝9時過ぎの時点で日差しカンカン照り。
日焼けするのだけはイヤだーって思ったので
もうーひたすら日焼け止め塗りまくってました(笑)

あ、でも
一ついいなーって思ったのは
海風が気持ちいい!
なんでしょ、ベタベタすることもなく
いい風が吹いていて
なので日影だととても心地いいんですが
その日陰があまりないっていうね。

会場内にいろいろ休憩スポットつくってくれてましたが
今度はドーンって日影が出来る何かを設置してくれたら
最高だと思います!
、、、なんてね。

っということで、とにかく着いてから
すぐにビール!!っとフードコーナーへ。
ビール600円で、高っ!って思ったんですが
カップが結構大きかったんで
許す!(≧▽≦)
IMG_3930.JPG

続いてステージの場所を確認するために
会場内ぐるり散策。
真ん中に海と繋がってる海辺スペースがあるためか
あんまり動線よろしくない・・
道も狭かったりして。
片側一方通行にしたら
片方は丘みたいなところ登らなきゃいけなかったり、、で。
だからキャパ制限してるんだな、、って。

ただ、会場内周った感想は、
話には聞いてましたが
確かに、ロケーション最高でしたー(*´∀`*)
もう何枚写真撮ったことか(笑)
IMG_3935.JPG
お天気良くて海があって、、って
それだけでどこをとってもいい景色でした。

この写真のてっぺんまで登ってみた!
IMG_3950.JPG

景色がこちら♪
IMG_3945.JPG
海もキレイ~
IMG_3944.JPG

そしてこの日のタイムテーブルはコチラ。
IMG_3961.JPG

正直前半はあまりこれと言って心惹かれるメンツなく。。
ひとまず夜の本気ダンスを見てからは
あまりの暑さに
屋根のある多目的ドームへ移動し
少し休憩。
IMG_3940.JPG

のはずが、、ここ、屋根はあるので
日差しは免れても
クーラー聞いてる訳じゃないと思うんで
結構暑い。。
風入って来ないし。
もしかしたら外の方が涼しかったかも??

こういったドーム含め
元々この会場にある室内施設も普通に利用可な感じだったんで
トイレは混んではいたけど
仮設じゃなくきれいなのを使えました。
それもよかった点。

歴代出演者??のサイン色紙も飾ってあった!
IMG_3942.JPG

いろいろタイムテーブル考えた結果
ここでちゃんと腹ごしらえしとかないと
後半食べる時間ないかもな、、ってことで
お昼ご飯を買いに再びフードエリアへ。
このフードエリアが
言うなら会場内の端の方1か所だけしかなく
結構キツイ。。
構造的にしかたないのかも?ですが
うーん、、、ならもうちょっと真ん中の位置に作って欲しかったかなー

とにかく空いてるとこってことで
あまり選ばずありがちなざんぎ&ポテト(笑)
IMG_3947.JPG

こちら座って食べながらSHISYAMOちゃん!
メインステージはモニターもあるので
うれしい♪

SHISYAMOちゃん、今年は出まくりだなー・・
MCでも言ってたし
オフィシャルのツィッターでも言ってましたが
会場内いろいろ見て周ったそうで
何かそういうとこ
本人たちも満喫してる感じがして
いいなーって。

やっぱりタオルの曲やってました。
あの持ってない方は物販コーナーまでって件が
大好きです(笑)

これが終わると
いよいよ本腰いれないと?!(≧▽≦)ゞ

まずは斉藤和義。
このメインステージは左右に2つステージが並んでいるので
IMG_3949.JPG
片方やってる間に
もう片方で待機していられるのがいいですね。
端っこでしたが最前ゲットできましたー♪

実はこのラインナップが決まった時
ほんの~りフジイさんがギターだったり♪
なんて期待してたんですが
直前リハの写真UPされてるの見て
違うんだな、、、って。。
前回のツアーのメンツ
Gt真壁くんにBa山口寛雄さん、そしてDr豊夢さんでした。

せっちゃん、くるぶし丈よりもうちょっと短い感じの
黒のパンツに
中も黒?そして白い長めのシャツを羽織ったスタイル。
ネイビーのサングラスしてたっけ?
夏~って雰囲気満載スタイルでした。

1曲目は『ずっと好きだった』からスタート。
『マディーウォーター』は
なんでしょ、あまり印象が薄い曲なんですけど。。

「いぇーい」ってゆるーく手を振って
みんなに笑われるも
特にMCもなく。。
「暑っいっすね、、、」くらいでしたっけ。

続いては新曲『I'm a dreamer』
配信限定の曲はほぼDLしたりしません。。
てか、せっちゃんはシングルもういいかなー、、なんて
最近思ってきたりもして。
だってほぼほぼ次のアルバムに入れてくれるしね。

そして意外な1曲は『あこがれ』
へぇー。

ここでメンバー紹介だったっけか。
最後に自分を岡村靖幸でーすって言った後
山口ベイベーって
投げキッスとかしたりして(*´艸`)
ただ、これ、今年の夏フェスでは各地でやってた模様。。
たまたま検索したらいろいろ書いてあった(笑)
あはは。

からのドラムが入って始まった曲
なんと!『いたいけな秋』
おぉ~
これこそ意外過ぎる曲!!
もしやBoseさん出て来り?!なんて思ったりもしたんですが
さすがにそれはなく、、
途中のパートは寛雄さんが歌ってました。
彼は何でもできるんだなぁ・・
わーい!
この曲聞けただけでも来た甲斐あった!!的な
嬉しいレア曲でした。

最後は
ステージ左右に動いてぎたーで煽ってからの
『歩いて帰ろう』
もちろん、サビ、お客さんにガッツリ歌わせてました♪

アッという間でしたが
せっちゃん、ライブ、やっぱバンド編成がいいな。
あれ?今って製作期間ですっけ??
早く次なるお知らせ聞きたいです。

そうそう。
せっちゃん大サービスでピック何枚も投げてて
それが結構ぴゅーって飛んで行ってました。

<セットリスト>
 01.ずっと好きだった
 02.マディウォーター
 03.I'm a dreamer
 04.あこがれ
 05.いたいけな秋
 06.歩いて帰ろう

お次はお隣で東京スカパラダイスオーケストラ!
ただ、、その後The Birthdayのために
ステージ移動があるので
移動しやすい位置にて待機。。

今回私的メインは
斉藤和義、スカパラ、The Birthday、ユニコーンだったんですが
あろうことか、、このユニコーンがThe Birthdayと被ってしまいまして・・
うぅ。。。
しかもThe Birthdayだけステージ違うって言うね。
なんでだー(T ^ T)
そうじゃなかったら被ることもなく
全部見れたのに。

スカパラ、やっぱ楽しかったです。
カッコイイ!
谷中さん熱いし(笑)
、、、前日モンバス?だったからか
声枯れてた??

で、2曲くらいやってからかな
スカパラはちゃんと呼ばれて出るのは今年が初めてなので
(昨年?はユニコーンの代打で出演)
メンバー紹介させてください!って
えーこんな大人数いるのに
フェスでもメンバー紹介するんだ・・って
ちょっとビックリしてたら
全員終わった後に
最後にもう一人、Vo奥田民生!!って言って
もう、全く予想外だったもんで
えぇーっ!!!!って。

いやぁ、、ユニコーン見れないって悲しんでたところに
登場の奥田民生で
一気にテンション上がりました。
奥田さん、終わると
「じゃー隣に移動します!」って(笑)
そうか、代打出演のお礼ってことだったんでしょうかね。
いやぁ、、でもいいもん見れたー

で。
もちろん、チラリとチバさんはー?って
思っちゃいましたが
さすがにそれはなかったです。。
いつか、いつか、
チバさんとやるの見たいんですけど。

その後、谷中さんが歌うKEN YOKOYAMAとのコラボ曲も
グッとくるものありました。
枯れてる声もまたいい味出してた。

確か、最後の曲です、、だっけか
よくやるお馴染みの曲をバックに聞きながら
移動。。
スカパラも最高でした。

<セットリスト>※拾い物
 SE:Samurai Dreamers
 01.Paradise Has No Border
 02.ダウビー
 03.美しく燃える森
 04.スキャラバン
 05.道なき道、反骨の。
 06.Routine Melodies Reprise
 07.ペドラーズ
 08.All Good

大急ぎでThe Birthdayのやるステージへ移動。
ただ、なんとなく
そんなに混んでないと予想してまして
というのも、その裏がユニコーンっていうのと
その次がSuchmosにWANIMAにラッドと
強敵がメインステージで続くもんで
しかも会場ウロウロしてる時
The BirthdayのTシャツ姿の人ほぼ見なかったし・・
IMG_3928.JPG

案の定、ステージ前は1列目
センター辺りが2列目くらいでしたか
人が待機してる程度でした。
なのでこちらも端っこですが
うれしい最前ゲットできましたー
ワーイ♪

しかもセッティング的に
キュウちゃんもそこそこ見える感じで
なかなかよかったです。

残念だったのは
隣にいた集団の一人が
もちろん、The Birthdayファンってのは見て分かる感じでしたが
ライブ中、何回も写メを撮ってて。
しかも仲間は誰も注意しないっていうね。
ああいうの見ると萎えますな。。
一人でいて撮ってるならまだしも
自分の知り合いがそういうことしてたら
ちょっとその人とは仲良くなりたくないなー、、って
思ってしまうけどな。

ただ、その撮ってた人
その後、他のアーティストで見かけた時も
写メ撮ってたから
あぁ、そういう人か・・って。
ますます仲良くはなれないタイプだと思いました。

時間は17時
日も傾き始めて
運良くお客さん側からしたら背中に陽が当たる感じで
やっと日焼け気にしなくていいかなーっと
ちょっとホッとしたんですが
やる側としては
まさに太陽の方を向いてやるわけで
相当暑かったと思われます。。
チバさん、サングラスして出てきて
結局サングラス取らなかったし(笑)
 ↑もしや、、って思ってたらホントにそうだった(笑)

まずはチバさん以外3人が登場し
割りとすぐに演奏を始め
ちょっとしてチバさん登場
1曲目は『24時』からでした。

そう言えばチバさん、柄のロングシャツにストール巻いてて
ただ1、2曲歌ってストールは取っちゃってたな。
そしてフジイさんは、登場の時に
片手を高く上げて勢いよく出てきてて
なんか、、地元だぜ的な張り切り感が感じられました(´m`)
でもってハルキは
もぉっ、、ってくらいシャツの胸元開けてまして。
前屈みになったらおへそ見てちゃうんじゃ?くらいな勢いで
ドキドキでした(笑)

続いてはチバさんとフジイさん向き合って
ちょっと長めの入りから入った
『I KNOW』
ジワジワと、あ、もしかしてこれは?って
曲が見えてくる感じがいいですね。
早く早くって思いながらイントロ鳴った時の
キターッ!!感もまたいい(笑)
この曲のベースは動きが結構キツイのか
ハルキ、途中かなり辛そうな顔してました。
暑かったんだろうね、、って。

そしてお次は『なぜか今日は』
フジイさん勢いよく前に出てきてイントロ。
ハルキも出てきてたっけな??

「The Birthdayでーす!」とキュウちゃんご挨拶。
チラッと見えたんですが
その時、手を上げて挨拶してて
珍しいなーなんて☆
にしてもキュウちゃん
自分でブログとかでも言って(書いて)ますが
相当焼けてました(笑)

「野外フェスは晴れたら9割成功と思ってまして
・・・大成功なんじゃないですかね?(笑)
自然のスポットライトを浴びております。
気持ちいい!!短い間ですがお付き合いよろしく~」

って言った後
「ただ、ホントに短くて、もう後半戦です(笑)」って言ったら
チバさん「それ、言っちゃダメじゃん」ってニヤリ。
そんなチバさん
途中水飲むついでに
首元に水かけたりしてました。
髪から汗ポタポタ落ちてたし。
こちらも暑かったんだろうね、、
な、中、
フジイさんはやっぱ涼しい顔してたっけなー・・
ハットかぶってたし。

後半戦はバスドラ、ドンドンと始まる
『カレンダーガール』
時々しかキュウちゃんの顔は見えなかったんですが
・・・ハルキと被るのよね。。
見えた時は楽しそうに歌ってました。

そしてチバさんがちょっとステージウロウロして
ん?って思ってたら
前に出てきてアカペラで
 とんでもない歌が 鳴り響く予感がする って
おぉ~
フェスでもアカペラで歌っちゃいますか!!
で、そこからはお客さんも一緒に大合唱。
割りと小さ目のステージだったせいもあって
バッチリ大合唱鳴り響いてました。

っということでお次は
『くそったれの世界』
ダイバーも出てたっけ?
あとこれはダメなことだけど
水がパーッとまかれて
かろうじてステージまで届いてなかったんで
よかったですが
ちょっとヒヤリとしちゃいました。

サビの I LOVE YOUは最強って
キュウちゃんめっちゃ大声で叫んでました。
そうだ、前半戦のツアー自分的最後の公演で
聞き漏らしてたので
ちょっとうれしかったり♪

ラストは『抱きしめたい』
まぁ、、珍しい曲は入ってなかったですが
これぞThe Birthdayってのを見せつけてくれた
選曲と演奏で最高でした。
野外で聞くとまた違った雰囲気味わえて
やっぱフェスもいいもんだ、と。

「サンキュウ。ありがとう」
だっけか。

キュウちゃんぐるっとお客さん側に周って帰ってくれて
スティックを最初の端で1本
なのでもしやもう1本こっちに飛んでくる?!って
期待したんですが
センターに投げてしまい、、残念。

で。実はこのステージではトリだったもんで
もしやアンコールあるのでは?って
みんな期待して手拍子鳴りやまなかったんですが
スタッフさん、即行、撤収作業。。
ちっ。

<セットリスト>
 01.24時
 02.I KNOW
 03.なぜか今日は
 04.カレンダーガール
 05.くそったれの世界
 06.抱きしめたい

いやぁ、、押し押しにはなってないけど
やっぱ暑かったー(笑)
ってことで、この日2杯目のビール。
途中飲みたくなったこと何回もありましたが
The Birthday終わったら、、と我慢してました。
ウマいっ(≧▽≦)

さて。
次どうしよう・・
最初はメインステージに行って
WANIMAを見ようかなと思ってたんですが
タイムテーブルを確認して
おっ!トータス松本出るんだ!!ってことに気付き
慌ててそちらへ。

このトータスが出るステージは
海に浮かぶ島みたいなステージで
しかも1日に1組だけしか出ないという不思議なステージ。
IMG_3936.JPG
これがこのちょうど夕暮れ時にはピッタリで
素敵でした~

始まると砂浜にいた人は立ち上がって見てたようで
「そんな立って見るようなものじゃないで。
座ってくれた方がこっちもやりやすいんやけど、、」って
っというのも
ホントにトータス一人だけの
弾語りセットでのライブだったので。

いやぁ、、ライブ、最高でした。
浜辺に向かうところが芝生の傾斜になってるので
そこに座ってみることができ
かなりゆったりとした気分でライブ堪能できました。
素晴らし過ぎる!!
IMG_3951.JPG

WANIMAの音もバンバン聞こえる中
自分で「やばいな、負けるな松本!」とかって言いながらやってて
かわいかったです(笑)

人で、、じゃなく距離で
顔とか全く見えない感じではありましたが
いやいや。それでもよかった。

また来年!って帰って行ってたんで
ぜひぜひ!って思ってしまいました。

<セットリスト>※拾い物
 01.バンザイ~好きでよかった~
 02.笑えれば
 03.ワンダフル・ワールド
 04.チークタイム
 05.涙をとどけて
 06.明星
 07.いい女
 08.僕がついてる
 09.バカヤロ―

これが終わると
残すはトリのRADWIMPSのみ!
もちろん、WANIMAからの流れもあり
行った時には
ものすごーい人・人・人。
まぁ、下に降りる気もなかったんでいいんですが
その周りもすごくって。
ただいい感じにステージとスクリーン見える位置に行けて
豆粒くらいでしたが
何とか見ることが出来ました。

てか、、
私、ほっとんど曲知らないもんで
みなさんイントロ鳴るとワーって歓声上がるんですが
一人ポカーンとして
曲聞いても
うーん、、知らないな。。って状態デシタ(笑)

ただ、まぁ、もう、
そうそうは見られる機会もないだろうし
そしてどんな感じでライブやるのかも見てみたかったんで。
MC割とよく喋ってたし
結構お客さん煽ったりするんですね。

夜になって暗いということもあり
照明?ビーム?がすごくって。
やり過ぎじゃね?ってくらい
光線ビンビンでした( ̄▽ ̄;)

こちらはもちろん、アンコールあり。
割りとタップリ目なライブでした。

〆くくりはやっぱ花火!
IMG_3955.JPG

っということで
初ワイルドバンチ!
楽しかったー
ロケーションいいって素晴らしいことなんだなって。
IMG_3952.JPG
また機会があれば行ってみたいです。


nice!(0)  コメント(0) 

ブーツでサソリ蹴散らして獣道でティーブレイク [音楽]

夏休み前半はお昼前に起きてダラダラし
買い物行ってブラブラし
そして夜更かししてまた次の日お昼前に起きる、、の
くり返しでのんびり?!(笑)過ごしてましたが
後半は一転!
朝6時前に起きてそのまま出発!みたいな日々の連続で
4泊5日の旅をしてきました。

いやぁ、、楽しかったー
、、、って言っても
ほぼほぼ移動時間だったような気がしないでもないんですが。
でも電車乗るの好きなんですよね。
初めて見る景色だったりすると
(実際は何回か同じルート行ってるので初めてではないんですが)
乗り物乗るとすぐに寝ちゃう私でも
窓の外をずっとボーっと眺めてられます。
・・・もちろん、寝る時は寝る(笑)

さて。
そんな旅の初日、8.17は
Casablanca Break an image tour
@名古屋 CLUB UPSET
でした。
IMG_3859.JPG

はい。
ゆべしスライブ同様
暇だーって言ってたところにやってきた
嬉しいお知らせ。
東京ももちろんあったんですが
そのゆべしスと被っていたこともあり
ならば、、と名古屋まで行く事に。
(なんなら全通できる日程だったよね 笑)

もともと豊田市美術館でやっている
奈良美智さんの展示を見に行きたくて
開催期間中に名古屋にはゆっくり行きたたいなーと
思っていたし。
夏は青春18きっぷという強い見方がありますし♪

で、青春18きっぷ使うなら
5回分あるわけで
もうちょっと立ち寄りしますか?って考えてた時に
8/20に山口であるフェス、ワイルドバンチに
The Birthdayとせっちゃんが出ることが決まり
じゃーそこまで長期旅行しちゃいますか、、と。
だって、せっかく長期休みがあるんだから
そういう時にしかできないことしてみたいなーって。
4泊5日なんて、海外旅行並みじゃん?!(´m`)

で。
Casablancaライブですが
アラバキで見た以来ですかね。
早くも2枚目のアルバムリリースって
スゴイっす。

が、、販売は通販かライブ会場限定なので
(札幌だけタワレコで売ってるけど)
とうぜん、ライブ前には聞けない。
なのでほぼ、初めて聞く曲の印象。
1枚目のアルバムも普段あまり聞いたりしてなかったんで
正直、どれが1枚目でどれが今回のか
分からなかったんですが
でも、今回のアルバム、すごくよかった気がします!
私好みの雰囲気だった!!
なのでライブ、しかも初ワンマン・初ツアーとのことでしたが
すっごくよかったです。

えーっと、、曲の感想は書けないので。。
MCのみの覚書(笑)
※順不同

そうそう。
2枚アルバム出してるとは言え
1枚に入ってる曲数が少ないので
全曲やってもトータル時間短くなってしまうようで
(なのでカバー曲3曲追加)
MCをかなり頑張ってタップリやってくれてたような気がしました。
YOKOちゃんが一生懸命、話のきっかけをつくってて
かわいかったです。

でもって、さわおさん4曲くらいやった辺りで
なんだか楽しくなってきたって
早くもビール飲み始めて。
このステージで3本開けてましたっけ??
NOOKツアー同様、
イェーイ!って拳上げるのお気に入りの様で
初っ端からそれやって
え?カサブランカってそんなテンションだったっけ?って
こっちが逆に戸惑っちゃったくらいでした(笑)

客の入りは、、2/3位な感じですかね。
押しもせずゆったり見れました。
さわおさん前で
ハコ小さいから距離近くて
ドキドキしちゃうくらい。

お盆明けの平日にこんなにも集まってくれて
ありがとうって言ってました。

YOKOちゃんが
ツアー出発の日、集合場所へ電車で行った時
一瞬、あ、パスポート忘れた!ってヒヤっとしたそうですが
違う違う、名古屋だったって。
そこから海外行くのにパスポート忘れたことありますか?って

そしたら楠部さんが「ある!」って言ったんで
えー!って話を聞いてみると
どうも勘違いで、
普段身分証明として使いたいときに忘れたことある
みたいな感じのことを言ってたので
そうじゃなくってーって。
恐らくあそこにいたみんなが思ってたと思います。
どう考えてもそういう風には間違えないだろう、、って流れだったんで(笑)
楠部さんオモシロい。

さわおさんは絶対にないって言い切ると
YOKOちゃんも忘れものとかもしないタイプだよねって。
そしたらさわおさん
「そうだね、なんならパスポート額に縫い付けてるから」って。
おでこを手のひらでピターッって。

YOKOちゃんもどちらかといえばそうで
でも女の子って
隙がある方がかわいげがあっていいって言うじゃないって言うと
さわおさん「いや、そんなことない。
俺はパスポート額に縫い付けてる方が、、タイプかな」って。
あはは。
この日はこの後何度かこの
パスポートを額に縫い付ける、、、が出てきてて
オモシロかったです(笑)

YOKOちゃんは自分では隙がなくしっかりしてる
忘れ物もほとんどしないタイプで
当然周りからもそう思われてると思ってたようですが
さわおさんが「でも一般的な印象は
どちらかというと隙がある感じじゃない?
だって、さっきリハ終わって
じゃー三々五々適当に、っていうのを三々九度って言ったからね。
それ結婚式のじゃん?」
YOKOちゃん「それと隙があるとはちょっと違わない?」
さわおさん「、、じゃー単にバカってことか(笑)」
YOKOちゃんもオモシロい(笑)

今回のアルバムのジャケットについて
別にストーリーがあるわけじゃないんだけど
1枚目と並べてみるとなとなくそうなってる感じで。
1枚目がYOKOちゃんを守ってるみたいな感じだったところから
今回は、なんか決別みたいな感じになってて、、

というのも、イメージは古いアメリカ映画みたいな
コラージュと混じった感じにしたく
でも時間も限られてて
あれこれやってくうちに結果そうなったそうですが
見た感じ2人がYOKOちゃんに解雇させられた風にも見え
楠部さんはトランクだからまだいいけど
さわおさんは花1輪しか持ってなくて
「花1本持って行くってヤバいだろー」って。

あと衣装について
楠部さんが用意したシャツにハットの組み合わせが
トイストーリーのウッディそっくりだったそうで(ジャケ参照 笑)
しかも部屋で待ってる時
ソファに座ってる姿がまさに映画のワンシーンにあるような
ウッディの姿だったとか。
あまりに2人からウッディ、ウッディ言われるからか
この日はもうハットにしないでベレー帽になってて
ウッディ感薄れてましたが。
確かに、ジャケ見ると
ウッディだわ~って(笑)

でも楠部さんはそのキャラクター自体あまり知らないようで
、、、だからそういう格好になったと思うんですが
「有名なんですか?」って。
そしたらさわおさん「おそらく楠部慎也よりは知られてるだろうね」って。
可笑しかったー(≧▽≦)

っということで、次なる3枚目のアルバムのジャケットでは
この先、どうなってるか
「もしかしたらメンバー変わってるかもしれないよな!」とかって。
いやいや。
それならせめて、増やしてあげて。
3枚目のみの参加とかでもいいから。

続いて、、キャパ的に
どれくらいの人数の前でやったことあるかって。
さわおさんはワンマンでは武道館が最高で
そうじゃなかったらRSRのSUNステとかなら何万?くらい?
でもそのうちの2000人くらいはちゃと見てる人でも
残りはただいるだけみたいなかんじだからな、、って。
あ、あと、武道館はみんな膝に人を乗せたりしてるから
総勢5万だったけどね、、なんてことも言ってました(笑)

なんでこれを聞いたかというと
やりにくかったライブについての話をしたかったみたいで。
YOKOちゃん的には大きいのは別に緊張しないで
むしろ小さすぎる方がやりにくい気がするって。
昔行った海外公演で
すっごい小さい場所で
ライブハウスって言うかバー?にライブできる一角があるみたいな会場で
お客さんが壁側にチラホラいるって感じで
自分たちのことも恐らく誰も知らないだろうし、、
そんな中MCをしたらあまりよく聞こえなかったみたいで
「ワッツ??」ってすっごい怖い聞き返しされて、、って。
YOKOちゃん「心折れる・・」って。

それ聞いたさわおさん
思い出したって、apバンクフェスの思い出を。
決してディスってるとかじゃなく
ホントにあの時はやりにくかったって。
その次の日?浜松でワンマンがあったそうですが
そのライブはとてもよかったって。
その時、「ライブは(客の)数じゃないんだな、、」と
実感したとか。

インタビューの話で名盤とはって聞かれて答える取材があったとかで
何曲いいって思う曲があると名盤なんだろうね、とか
2人にとって名盤って何?って。

そしたらさわおさんがすかさず
ついこないだリリースしたnoodlesの最新作をあげてて
さすがー(*´艸`)

ホントにホントは何?って聞くと
楠部さんはビートルズの初期のやつ
YOKOちゃんはゾンビーズ
さわおさんはサイモン & ガーファンクル
邦楽だと佐野さんのなんとかって言ったあと
あ、佐野さんは全部名盤だ!とか。

「カサブランカでもそういう名盤って言われるの残したいね」って
YOKOちゃんがうまくまとめると
さわおさん「結構いい線いってるんじゃないのー
こんな平日の中途半端なお盆明け?に
こんなに来てくれるんだから!!」って。

そうそう。
この名古屋のライブは前乗りで名古屋入りしたそうですが
実はその日はシンちゃんの誕生日だってことを
たまたま、3人で飲んでた時に気付いたので
「28年間1回もやったことのない、おめでとうメールを
分っかりやすいゴテゴテな絵文字とかで
ハッピーバースデー!!って書いて
その下の方に気持ち悪いだろ?って送って見たら
あいつ、すぐ返事送ってきやがって
気持ち悪い、気持ち悪いって(笑)

でもすぐに、あ、ツアー中か。って気づいたみたいで
酉年だからかニワトリがへへってなってる
絵文字?みたいなスタンプつけてきてさ。

でも俺ももう終わりにしたかったから
バイバイーみたいに猫が手を振ってるやつ送ったら
もう返事こなかったけどね。」

えーそんなシンちゃん、今年で53歳になられたそうで
さわおさん曰く、ゴミ野郎と覚えてくださいって、、ヒドイ。。

出会ったのがシンちゃん22歳でさわおさんは18のとき。
もう30年近く。
親子通り越して祖父と孫みたいな感じ
まさかおじいちゃんとバンドやると思わなかったって(笑)
そしたらYOKOちゃんが
「えーでもあんまり変わってないよね?」ってポロっと言っちゃって
みんな、え??って
いや、おそらくYOKOちゃんとしては
なんだろ、、性格とか雰囲気とか?そういう内面的なことを
言いたかったんじゃないかと思うんですが
風貌は大きく変わってるので
さわおさんも「何を見てそう言ってんの!!」って
で、最初に言ってた隙があるとかないとかの話で
やっぱYOKOちゃん隙があるって。

ここからピロウズがもうすぐ(2年後)
30周年を迎えるって話になり、、
ただこの2019年9月16日が
ちょうど敬老の日になって3連休の祝日なんだとか。
となるとなかなかハコが取れない。
「2Daysやるところに貸したがるんだよ、、」って。
へぇーへぇー。

「じゃー916じゃなく近くの917とか918とかにするとしても
3連休明けの平日なんて休みにくいだろ?
じゃーもう数日あいた方がいいかとか、、、
って、なんでこんな裏事情の話してんの(笑)」
いやぁ、、いい話聞けた!

さらに
「でも30周年は大きいことやるって計画してるから
その時はまたよろしくね」だっけ。
むふ♪
さらにいい話聞けましたー
でも平日はちょっと厳しいなー・・
できればその3連休でお願いします。

てか、私、なら、2Daysやればいいじゃん!って思ってしまい
誰かそう言うかな?って思ったりしたんですが
意外と皆さん大人しかったみたいです。

持ち歌以外にはカバー曲
YOKOちゃんのピクシーズに
さわおさんのボヘミアンズに
楠部さんのビートルズ、、っと順に次の人を紹介して
やってくれました。
YOKOちゃんのピクシーズも雰囲気あってて素敵だったし
さわおさんのボヘミアンズもさすが!な選曲だったし
楠部さんの歌声もよかったです。

さわおさんメインでのVoは
カバー曲以外だと1曲だけだったっけ?
歌い終わると
ここぞって時だけ歌えばいのって気持ちいいね、、だっけ。
ご機嫌でした。
確かに、その曲、めっちゃ声張って歌ってました。

本編はそんな感じでしたかね。
で。
アンコール。

物販の宣伝。
で、なんと!東京ではできなかったけど
この日から楠部さんが物販に立つって♪ヽ(´▽`)/
ただし、すぐに飲みに行きたいからって
「握手はいいか、サインも、、、まぁ、いいかな。
でも写真は時間かかるからダメだ。
ちゃっちゃと買って終わり!みたいなのが、、、
タイプかな(笑)」っと。

しかもそのあと
もっと言うとお金だけ置いてく人が
タイプかなとか言って。
なんだそれ(笑)

その物販に立つってやつ
YOKOちゃんとさわおさんはできない、、となると
残るは楠部さんしかいない訳で、、
サインのコンプリートは自力でなんとかしてくれって。

「前にThe Birthdayと対バンしたとき
駅でサインくださいって
なぜかThe BirthdayのCD出されて、、
いや、それは、、って言っても
他にないんです・・って。
でもなんかあるでしょ、携帯の裏とかは?って言ったら
The Birthdayのステッカーが貼ってあって
じゃー俺のサインいらないでしょって言うんだけど
でもしてくれっていうから
チバくんのサインしてある横に俺のサインしたけど、、、」って。
あはは。それオモシロ過ぎゞ(≧ε≦o)
でもちゃんとしてくれるさわおさん、優しいですね。
てか、してくれるんですね。
いつか遭遇したいと思いつつ
まだ1回もないな。
、、、かつての水戸はおいといて。

残る1曲を披露して
YOKOちゃん「もう、やる曲ありません~」みたいなこと言って
ライブ終了。

あっさり終わるかと思ってたけど
予想以上のMCタップリで
楽しいライブでした。

あ、、入れどころなかったのでここに書いておきますが
なんだっけ、YOKOちゃんがやるモノマネ話。
まさかの真似をしないというモノマネ。
「こんばんは。森進一です!」って
YOKOちゃんのまんまでやってくれました(笑)

そしてそして
はい!楠部さんのサイン、もらえましたー*:.。☆..。.(´∀`人)
IMG_3862.JPG
しかも、一人一人ちゃんちトークしてくれて。
私なんて何喋っていいか分からず
かなり沈黙続いてしまったんですが
最後ふと思い出した"天むす"話をしてみまして
ちゃんと今回も食べたとか。
美味しいですよね~って。
また食べに来ます~って言ってたんだっけ?
なのでよろしくお願いしますーって
すっかり、私、名古屋人かのごとく
受け答えしてしまいました(笑)

その後は名古屋のお友達と軽く1杯!
辛い麻婆豆腐最高!!
IMG_3860.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

珍味の夕べ [音楽]

いやぁ、、11日間もあった夏休み
もう終わってしまったよ・・。
まぁ、仕事ある日も
気付けばアッという間に1週間って感じてるくらいだから
そりゃ、休暇ともなれば
アッという間よね。

久しぶりに4泊5日の旅をしてきました。
出発前に書き終えて行きたかったんですが・・
記憶既に薄っすらら。

っということで8.16は
ゆべしス SHIBUYA TOUR 2017
~尖りすぎた善と悪のすき間から~
@LOFT9 Shibuya
でした。
IMG_3845.JPG

ゆべしスツアーのファイナル!
渋谷のLOFT9はそう言えばそんなんできたって
言ってたなー、、くらいな認識だったんですが
まさかO-EASTからあんな近くにあったなんて。
IMG_3849.JPG

トークイベント用のロフトの中では
一番好きかも。
割りと広めなので椅子もいい椅子だったし♪

あとこの日ももちろん
特別メニューのみそおにぎりあったんですが
IMG_3850.JPG
握る人が違うと大きさも違う!
代官山に比べると結構大きなおにぎりのように見えたんですけど。
、、、ってこの日は私食べなかったんで
人の食べてるのをチラ見るした感じの印象です。
でも味噌汁はなかったかも。

この日のお二人の衣装の設定は
"渋谷に浮気相手と遊びに着たら、、"
はい。
その1日目の設定の続きで
その時のデートの相手ではない
もう一人の好きな人と渋谷で遊ぶ(デート)するなら
だそうです。
高橋優、オモシロい設定考えたな( ´_ゝ`)

マツはちょと軽めに
グレーの細身なダメージジーンズに
上はダボッとしたスウェットっぽい感じのやつ。

箭内さん実はパジャマで
って言っても、
全然よれよれとかしてない、めっちゃちゃんとした
ぱりっとした感じの布地で作られたジャケットとパンツ
(パジャマでジャケットって言うのも変ですが 笑)
インナーは清志郎さんの写真がプリントされてるTシャツ
箭内さんの中ではフォーマルはセットアップって決めてるみたいです。
1日目も形は違えど、セットアップだったし。

箭内さんのがパジャマと聞いて
マツが
この辺りはホテル街だからですか
もしかして持込み派?とか言ってて
まぁ、ホテル街っていう繋がりはいいにしても
持込み派って何よって
箭内さん大笑いしてました。
マツ、オモシロいっすゞ(≧ε≦o)

1曲目は代官山と同様『JU』って新曲で
2回聞いてちょっと頭に残りました!
 ~♪ ウィーアーゆべしス ウィーアーゆべしス! ってやつ
ラップっぽいっていうのは
記憶間違ってなかったみたい(笑)

その後は割りと曲、変えたりしてくれてて
そうか、、ゆべしス、そんな持ち歌あったかって。

吉高さんとのカレー屋さんでバッタリの件は
どうやらあちらも2人連れだったようで
で、思わずこの後どこかに・・って
思ってしまったみったいです。

なんかのトークの流れで
箭内さんが急に
あれ?ここであれだっけ?とか言い出して
何かと思ったら
マツと箭内さんとで
福島弁でやる寸劇?!(笑)タイムだったみたいで。
これが最高に可笑しくて
お腹痛かったです。

一応設定は、もう時間だから帰るわって言う箭内さんに
じゃーこれ手土産にっていろいろあげようとするマツ
で、最初は気遣うなって断るんだけど
いいから持ってけーって言うもんで
そう?じゃぁー、、ってもらい始め
さらにはこれ飲めだのこれ食べてけだの勧められ
最終的には、もう泊まっていくわ、っていう
田舎ではありがちなパターンだとか。

最初に勧めた手土産が
婆ちゃんの仏壇に供えてあったすいか
これはマツが前日田舎に帰ってたからで、
えぇー?って思ったんですが
ホントはお客さんからの差し入れだそうです。
しかもENでお客さんに振る舞ってくれた!

あとは金山の納豆
これはホントに美味しいらしく
マツのレギュラーラジオの提供がグリコなので
お世話になってるからと
差し入れで送ったりしてるそうなのですが
1回マツのお母さんが直で送ったそうで
グリコなのにロッテの(爽の)段ボールで送っちゃったらしく
ケンカ売ってます?って
やんわり強い口調でメールがマツのところに来たとか。

ラジオは編成会議でいつ打ち切るか、、って話が上がるから
それを何とかよろしくお願いしますと繋ぐために(笑)
今年も送ったみたいで
今年はちゃんと言ってあったからか
普通の段ボールで大丈夫だったけど
逆に今年は森永じゃないの?ってツッコまれたってゞ(≧ε≦o)
グリコもオモシロい。

じゃーこれもらいもんなんだけど、、って
菓子箱のような包みを渡すと
これ、1回開けてねーか?って
折り目が2つ付いてるの目ざとく見つけて
確かに紙包みは開けたけど、封は開けてねーからって。
これ、まさに田舎あるあるみたいで。
でも私もおばあちゃん家行った時
よくそうやって色んなもの持って帰らされてたの思い出して
あるある~って懐かしくなっちゃいました。

その後はドクダミ茶だのメンチカツだの
食べて飲んで。

箭内さんももらいっぱなしなので
じゃー、ちょっと待ってて、、って何持って来るかと思ったら
ティッシュに包んだお金。
あはは。
こういうのもおばあちゃん、帰り際によくくれてた。
私の場合、新幹線ホームで見送られてたんですが
ゴソゴソってくれるのはいいんだけど
封筒とかないから
なんかの紙に包んであったり
もしくはむき出しだったり。

でもマツ、包みの中身が1000円って分かると
1000円じゃ何も買えねーからって。
断る理由がそれってのもオモシロかったですが
でも確かにって(笑)

このいろんなものを取りに行くのが
ホントにステージ脇で
じゃぁ、ちょっと待っててって
いったん引っ込んで取ってくるもんで
次は何?何?ってもうワクワクでした。
いやぁ、、最高でした。

この日ももちろん、お土産にゆべし。
そしたらマツが「今食べるもよし
帰りに電車の中で食べるもよし」って言ったので
箭内さんが、電車の中ってのはおかしいんじゃない?って言うと
マツの中では女子は公衆の面前で
何か食べてる傾向があるって
「小袋に入った、あれ何ビスケットみたいなの?
ポリポリポリポリって」って
それをやってくれた仕草がかわいかったです。

スクリーンを利用して
今までにマツが出演した箭内さん演出のCMを
一挙公開!ってことで見せてくれました。
チーザシリーズ4編が最高でした。
あと、、ローリングストーンズバー?
あれにはコータローさんとか加藤さんまでも出てて
(その他ミュージシャンもたくさん)
そんなCMあったっけ?って。

メトロのCMでは
杏さんが座ってるホームのベンチの
背中合わせに座ってるカップル役で
相手方の女性に
マツが考えてきたどういう間柄かっていう設定
(付き合ってどれくらいかとか、デートは何回目位かとか)を話してると
その女性もノリノリで設定作りに加わってくれたようで
なのにその相談中に箭内さんにもう始めるよって言われて
結局設定途中で撮影になってしまったとか。
って、、出来上がり作品、あまり写ってなかったですが・・(笑)

そんな感じでCMトークが思いのほか盛り上がり
「トークショーみたいな感じになってきた
これからライブに戻れるかな」って

なので、アンコールで出てきたとき
「スイマセン。。1曲やり忘れてました・・」って。
1日目、例のマツのトラックが重かったっていう
福島の語り。
この日はちょっと雰囲気変えたトラックで披露。

そういえば、アンコールは2人ともグッズのTシャツだったんですが
1日目にも着たものだったみたいで
箭内さんが「マツ、これ、1回洗ったの?」って。
なんでも、あまりにシワシワだったようで
思わず衣文かけにかけてあげたって。

マツ曰く、この日のTシャツは
1日目着た後はバックに入れて
そのまま福島行って
そのまま持って来たそうで
だからシワシワだったのかな、、って。

でも「マツはけっこう、Tシャツとか
シワシワなこと多いよね」って。

語りのあと、1曲やるか
もう2曲やるか
で、どの曲やるか
いろいろ迷う2人。
こういう時Pがいれば、、って。
結構そういうのはPが指示する場合があるとかって。
へぇ・・・
ただ、この日はホントに高橋優来てなかったみたいです。

結局、2曲やってくれました。
1曲はモンパチのキヨサクとかとやってる
THE HUMAN BEATSのカバー『Two Shot』で
箭内さんギター弾くの初めてって。
でも全然ちゃんと弾いてました。

つぎはまた4年半後?なんて言いつつ
もう少し早くにやりたいし
1日目にポロっと言った
オールナイトゆべしスも実現できれば、、、とかって。

芋煮会には出るのかと思ってたんですが
(実行委員長、副実行委員長)
どうやら出ないらしい。
特別枠はないって(笑)

盛りだくさんなツアー2Days
楽しかったです。


<セットリスト>
 01.JU
 02.hotline
 03.インターネット家族
 04.テレビが消えた日に
 05.生まれ変わりたくない
 06.早合点
 07.楽しい時間
 08.思ったよりよかった
  ~CM鑑賞・寸劇~
 09.calendar
 10.想像力
 11.my creative

 EN.
 (語り)あなたの思う福島はどんな福島ですか?
  タイムマシン
  two shot


nice!(0)  コメント(0) 

アイム リアルタイム 中毒 [音楽]

休みはアッという間に過ぎていく。

何もなかった3連休(山の日+土日)
おさるのジョージ展やってるって知って行ってみたけど
IMG_3834.JPG
入場料1000円は出せないと思い
物販だけ物色。
「ひとまねこざる」シリーズいっぱい出てるんですね。
記憶にあるのはまさにその「ひとまねこざる」だけなんですけど
大好きだったなー。。最近のアニメ化されたイラストより
絵本のイラストの方が好きです。
IMG_3833.JPG

とある日、横浜行くといつも以上の人出にビックリ。
なんと!
ポケモン大行進があったみたい。
どうりで子供だけじゃなく大人までもが
例のポケモンの被り物してた訳だ・・。
大行進、つられて写真撮っちゃったけど。
IMG_3836.JPG
IMG_3837.JPG
まぁ、大群でいると確かにかわいいね(笑)

でもって、思わぬプレゼントが到着!
送り主見て、もしかしてアンケートのプレゼント当たった??って
ドキドキしちゃったけど
送ったことすら忘れてた
2作連動のプレゼントでした(´m`)
IMG_3835.JPG
500名様!
まぁ、全プレ的な感じだったとしても
とりあえず当選!ってことでうれしい♪

ミニタオルは普段使ってる派なんですが
こういう非売品関係は使わない派なもんで
どうしよう、、、これ使う?
うぅ。。
今後物販で売ってくれないかなー

ってな感じで過ぎていきました。

さて。
そんな8.14は
ゆべしス SHIBUYA TOUR2017
8/14@代官山 晴れたら空に豆まいて
~映る、涙の鏡に胸の声~
@代官山・晴れたら空に豆まいて
でした。
IMG_3838.JPG

まさに、4年半ぶりとかって言ってましたっけ??
ワンマンライブやってくれるとは。
しかもツアー。
IMG_3840.JPG
、、、ツアーといってもこの日が初日で
その翌々日(つまり明日)がファイナルという
2Daysのツアーなんですけど(笑)
夏休み暇過ぎるーって思ってたところに飛び込んできた
嬉しいニュースだったので
張り切ってチケ取って行ってきました。

一応1日目は完売したみたいですが
即完ではなかったみたいです。
MCで漏らしてました
初動(売り上げ)はよかったけどそっから伸び悩んだって。

この日は50番台。←まさに初動はこれくらいだったとか(笑)
割りと前の方、端っこ空いてたんで
番号の割に見やすい位置ゲット。
ただこういうのにありがちですけど
割りと窮屈な環境なので
逆に立ってた方が楽なんじゃ?って感じでした。
背もたれないし
お尻痛くなるし
ドリンク下に置いてるから体固まっちゃうし・・

IMG_3841.JPG
特別フードとして出ていた
マツの実家の味噌をつかったという
おにぎりも無事買えました。
IMG_3842.JPG
ほんのり温かくってほんわかしてて美味しかったです。
あれ、ただ味噌塗るだけでいいの??
美味しいなー。
申し訳なさ程度のお味噌汁までついてて
小腹空いてたんで助かりました。

待ってる間の箭内さんセレクションのBGMは
懐かしいヒットソング集で楽しかったです。
それが終わると暗転し
急にラジオのOA部分の放送?がスタート。
マツの声がマツっぽく聞こえなかったのは気のせい??

からの2人がステージに登場。
で、いきなり曲始めたんだっけ?
新曲の『JU』
ラップっぽいスタイルの曲で
ちょっとビックリでした(笑)

マツは一応ドラマーなんで
カホンに座ってるんですが
正直、あまり叩いてはなかったかなー
それよりシンバルをエイッ!って最後鳴らしてる方が
印象に残ってます。
ゆべしスでは歌に専念ってとこでしょうか。

この後はほぼほぼ喋って歌、喋って喋って歌って感じで
トータル11曲+ENなのに
2時間超えって
武藤ウエノのライブを思い出しちゃいました(≧▽≦)

っということで
ここからはMC中心に順不同で書きます~

ゆべしスのプロデューサーは高橋優
曲作りとかいろんな相談にのってもらってる
でもなんでも褒めてくれて
1曲聞いて「いいね」2曲目聞いて「最高!」って
勇気付けられてるって

実はこの日の衣装についても相談してて。
ラインで長々設定を送ってきたとか。
それが「好きな子とデートに行くときに着ていく服」
ただし、黒以外で。

その結果マツは「美術館に行く」デートだそうで
・・・今気になる子は吉高由里子だとか★
無地の白Tに黒パン
普段は履けない裾のダボッとしたやつ
でも私服に黒T以外持ってなかったから
今日目黒で買ってきたって
ホントどこにでもありそうな無地の白Tだと思ってたら
よくよく見たら裾のあたりがちょっとお洒落になってた。

マツ特有の?!
その衣装の設定にはその先まであって(笑)
箭内さんに「美術館はどこ?」って聞かれて
「上野といきたいとこだけど、、、
やっぱ国立かな~もしくは渋く根津とか
和の感じを味わって、、」とか言ってて
意外と美術館に詳しいんだ、、と思った瞬間。

箭内さんは「花火に行く」
こちらの相手はガッキー☆
夏祭りにいるテキヤのオジサンが着るみたいな
あれなんて言うの?作務衣?甚平??で
不良っぽい感じを出しつつも
柄は猫でかわいい。
いや、ほんと、あの生地かわいかったー
黒地にグレー?白?の猫柄。

マツの妄想癖は昔からだそうで
タワレコのポスターNO MUSIC NO LIFEで
THE BACK HORNと小島聖ちゃんとで撮った時
箭内さん的にはもうその2組の組み合わせがオモシロいっていうだけで
終わってたんだけど
マツの中ではどうしてこの組み合わせかって
設定が出来てて
「バンドのファンで追っかけてた女の子
実は栄純のことが好きなんだけど好きって言えない」みたいなのを
細かく考えてるのを聞いて
箭内さんがオモシロいヤツだって思ったとか。

そんな妄想癖から生まれた曲が
「思ったよりよかった」
これは箭内さんの事務所で打ち合わせをした後
箭内さんが美味しいカレー屋さんがあるからって
マツを連れて行ったときに
たまたま吉高さんと会い、、
その時マツは吉高さんとは気づかず素っ気なくしてたら
箭内さんが「CMで共演したことあるんだから
そんなよそよそしくしてたらダメだよ」みたいなことを言ってきて
改めて、あ、吉高さんだって気付いたとか。

でも急すぎて何て挨拶していいか分からず
「俺、思わずバンド名も言わず
番台の松田ですって言っちゃったんですから」って。
※吉高さんと共演したCMでのマツの役柄が番台さんだったことから

その後ホントはどっかご一緒できればー的な
淡い期待も抱いてたそうですが
あっちに他に予定があったのか
その場でお別れ。
なのにマツがしばらくお店出たところの外苑西通り?
ガードレールに腰かけて
あの時の挨拶はあれでよかったのかって
延々話してたとかで。

「9月の終わり
ちょっと肌寒かったですよね」
「正直俺、寒かったもん」って
ちょっと早く帰りたいなって思ってたという箭内さん。
から生まれた曲が
まさにそのまんまの歌詞で
しかも、マツが思いが強すぎなのか
しばらくあっためすぎちゃって(箭内談)
歌詞ができなかったとかって。

タイトルにもありますが
『思ったよりよかった』っていうのは
ライブに来てもらって、終わって感想言ってくれるときに
そう言って欲しい一言だとか。
へぇ~(笑)

40、50になるおじさんが2人
高校の文化祭に出る学生みたいなことしてて
いいんだろうか、、、って練習してて思ったって
ホント、かわいいっす(笑)

にしても、箭内さんは街中などで
いろんな人と偶然会う率が半端ない件
新幹線のトイレで、出てこないなーって順番待ちしてて
出てきたのが西田さんだったときは
お互い抱き合った、、とか。

成城石井の春雨サラダは
格別に美味しいって。
、、、そうだった?今度食べてみよーっと。

リハは池尻大橋のサウンドノアでやってる。
初台と言いノアはプロ仕様なのか?
下北でやってたことあったけど
誰とも出会わなかったけどなー・・・。

マツははひふへほが苦手
「フェス」とか「ファイナル」とかちゃんと言えない。
空気出ちゃうって。

あと濁音言わない(言えない?)。
それは、福島は濁音多いから
濁音付けると訛ってるって思われるって思っちゃうからとか?
「ACIDMAN」を「アシットマン」って言ってるって
そうなの??(笑)

"音程の垣根を越えて"って
箭内さんに名言って言われてたけど
マツはそういうキャッチフレーズ考え出すの得意。
でも時々心にもない単語をただ繋ぎ合わせて言ってるだけの時もあって
箭内さんは上手く拾って
上手く突っ込みいれてくれてるから
マツのオモシロさ引き出されてる気がする

この日もぽろっと「これを機に」って
確かに私もこれを機になんだ?って思った場面で
そしたら案の定、箭内さんに「これを機にってなんだよ。
何があるだよ。また心にもないこと言ったな」って
ツッコまれてて
最高に笑えました。

そんな箭内さん、以前よりめっちゃギター上手くなってました。
この長い月日でそれなりに練習してたのかなーって。
一方、マツは・・
ちょっと音程が。(;´д`)

2、3回、箭内さん我慢しきれなくて
「ちょっと違い過ぎない?」って
やり直しさせてて。
ゴメン、これやり通してもよかったんだけどって
止めたことを自分のせいにしてたりもして
いや、確かに、音源知らないこちらとしては
何が合ってて何が違ってるかなんて
言われないと分からない訳で。
でも箭内さん的に我慢できなかったって。
笑い堪えてたりしてて。

箭内さんはマツの14歳上
、、、、には見えない!
猪苗代湖ズは8割が俊美さんファン
2割がマツで
最下位争いを箭内さんと山口くんでやってるって
で、実はその箭内&山口が辰年?マツと俊美さんが午年という
一回り違う同士のコンビなんだとか
それもすごいね

ゆべしスじゃリリースしないから
作曲とか似てるって言われるの怖くないって
なるほど、、リリースしないって
そういう意味もあるのか(笑)

東北あるある
近所のおじさんとか親戚のおじさんに
あれこれ言われる
いつまでやってんだ、もうあきらめなって
でも上手くいくと、やっぱそうだと思ってたんだ
で、最後は必ず
お前のオシメ替えたの俺だからなって

マツはミスチルとかスキマスイッチ?とかみたいな
ゆっくりした曲を作れないのは
諦めてるからだろって
言われてるとか?

年末年始の東京は俺の東京って気にさせてくれる
いつもは東京に支配されてる感じだけど

ゆべらー?はかなりの珍味好き?!
どうせ風とロックは来るんでしょって
、、、スミマセン。行きません。
箭内さん、今日来てくれてる人みんな顔知ってるんじゃないかなって
言ってくれてたけど・・

究極のゆべしスライブはオールナイトじゃないですかって
いつかやりそうです。
いや、いいんですけど。
会場によるかな。。
ゆっくりできるスペースがあるとこならいいなー、、なんて。

MCで突然始まる福島弁の寸劇
一瞬、マツが、うちの子がって言いだすから
ビックリしたけど
あれ?これ、どういう設定?って。
一応マツの中では
自分はマツのおじさん(もしくは父親?)の体で話してた風。
・・箭内さんとこの漬物は辛いらしい。

曲紹介をするのに
頭に必ず「じゃーゆべしスで、、」って言うもんで
箭内さんが「ラジオじゃないんだから
ゆべしスで、、はいらないんじゃない?」って。
確かにー。

最後の方、やたら進行上手になってて
ラジオに染まってしまった
ダメだダメだって。

吉高さん好きなマツですが
以前、長沢まさみに「マツ!」って背中叩かれたことあり
大喜びしてたって話から
尊敬する方とかに不意に言われて嬉しい一言はたくさんあるって。
例えば達也さんにライブすげーよかったよとか
吉井さんに英語まで訛ってるんだねって言われたこととか

"語り"は箭内さんが今年?3/12の新聞に掲載した文章
3/11は静かに過ごしたいかなって思って
3/12に出したとか。
目で読むのと耳で聞くのとは
感じ方が違うんだろうな。
目では理解しながら自分のペースで進んで行くけど
耳では自分で進むスピードは決められないから
必死で何て言ってるか聞こうとしてて
逆にその気がなかったら素通りになるし。
改めて耳で・目で両方で味わうことが大切だって。
だからCDには歌詞カードが付いてるんだって
今書きながら思ったりして。

あとこのマツと箭内さんの語り
一人が言ったことを繰り返して言うやつ
全くじゃなく
時々言葉を変えて言うのがまたいいなって。
アドリブなのか決めてあるのか分からないけど
あ、そこ、そうきたかって。

どれだっけ、、マツが作ったトラックがちょっと重かったって
言ってた曲。
この日の新曲で、これを経て明日のライブでどうなるか、、って。
でもそんな風には感じなかったけど。
でもトラックによって歌詞の聞こえ方もきっと変わるんだろうなー。

本編ラスト『タイムマシン』からの3曲は
シングルって言ってるそうで
、、、って出してもないのに(笑)って言ってたのが
オモシロかったです。
しかもラストの曲は
仮タイトル「ジョンレノン」って言ってたそうで
聞いたらわかるからって
ホント、出だしからして、そんな感じの曲でした!

楽しそうな曲で ルルルル~ ってとこは
みんな恥ずかしそうに小さく歌ってくれればいいから
あと、手拍子とか入らないです
俺もちゃんとギター弾けなくなっちゃうからって
箭内さんのそういう注文の仕方、いいなーって。
でもホントこの曲(タイトル分からん)楽しそうな曲で
しかも結構まとも(笑)な曲で
こういう曲も作れるんだって思ったり。

通常曲作りは1番を箭内さんが書いて
そのあとマツに渡してマツが続きを書いてくるみたいな。
作曲は、、箭内さんなのかな?
でもマツも曲作れるしなぁ。

前回のワンマンライブは後半ゲストすごくって
ワンマンの感じが薄まっちゃってたから
前座みたいな、、(マツ曰く、ロング前座)
なのでこの日は誰も出ない!って宣言してて。
なのに、最後の最後
「さっき俺のギターチューニングに来てたの
高橋優だから。
ついでに言うと、最初にPCのスタートボタン押しに来てたのもね」って
え?!
いや、その人、確かにそのPCのボタン押した後
イス持って来て
私の近くの最前端っこに座ったもんで
てっきり機材関係で必要なスタッフかと思ってたら
高橋優だったとは!
髪型が落ち着いてた(サッパリしてた)んで
全然気付きませんデシタ
、、、って後ろ姿じゃ気付かないってね。
で、香水付けてたな。

ENで、箭内さんとマツのラインのやり取りを見せてくれまして。
スタンプばっかで会話してるって。
「だいぶ金使ったな」

っということで。
まったく流れ通りに書ける訳もなく
ツラツラと思いだしたまま書いてしまいましたが
また明日、どんな感じになるのか楽しみです。
キャパがここより1.5倍ほど広いそうで
少しはゆったりできるといいなーって
思ってます。

あ、曲数意外と少ないなーって思ったんですが
箭内さん的にはこれくらいがちょうどいいって
実は他の人のライブとか長いなって思ってしまうこともあり
でもそう思っちゃう自分も嫌だそうで
あと何曲だろ、、とか。
「だからフェスとか大好き。短いから」って
あはは。。
でもえ?もう終わり??くらいな感じなのが
実はいいのかも、、ですね。

お土産はゆべし。
IMG_3843.JPG
わーい♪

<セットリスト>
 01.JU
 02.今夜こそ
 03.わざとでしょ ずるいよいつも
 04.生まれ変わりたくない
 05.東京
 語り:あなたの思う福島はどんな福島ですか?
 06.確かめるんだ
 07.思ったよりよかった
 08.タイムマシン
 09.calendar
 10.会えた
 11.my creative(仮タイトル:ジョンレノン)

 EN.早合点


nice!(0)  コメント(0) 

過ぎ去る季節と過ぎゆく青春と痩せていく未来と変われない自分と [音楽]

さて。
名古屋での怒髪天ライブ後
そのまま青春18きっぷを使って亀山市へ。
結構淋しい電車でビックリした・・。
ライバル路線が勝ってしまってるせいですかね・・
本数も少なくて思った以上に時間かかってしまいマシタ。
疲れた。。

そして翌日は遠征では初三重県!
IMG_3807.JPG
ICカードが使えませんデシタ(´+ω+`)
っということで、伊勢市へ。
はい、伊勢神宮へお参りです。
三重県ってお米とれるっけ??
窓からの風景こういうのが続いてました。
IMG_3808.JPG

IMG_3809.JPG
が、、、クソ暑くって
しかも伊勢神宮って外宮と内宮とに分かれてて
さらに言うと
その外宮と内宮がめっちゃ離れてて
そう簡単にお参りできないみたいで。

結局暑さに負けて
あと時間もあまりなかったこともあり
外宮の参拝のみで終了。。
IMG_3811.JPG

赤福のお店。
IMG_3812.JPG

ここから外宮へ
IMG_3813.JPG
手を清めます。
IMG_3814.JPG
IMG_3817.JPG
そびえたつ木々は素晴らしかったー
IMG_3818.JPG
正宮
IMG_3820.JPG
暑過ぎて、この休憩所が有難かった・・
IMG_3823.JPG

その後は会場最寄駅にあるショッピングセンターで
涼んでました(笑)
一応、、お昼は
ご当地メニューっぽいものを。
IMG_3824.JPG

っということで、8.6は
フラワーカンパニーズ
フラカン28号 松阪振替公演(4/9)
@松阪M'AXA
でしたー
IMG_3826.JPG

そうそう。
この振替公演のこと
横浜のライブのMCで話してたのを聞いて知るという
いや、その話聞いて
あーそういえば、そんなことあったなーって
思い出したって言った方が正しいかな。

で、いろいろ調べてみたら
行けるじゃん!ってことになり。
松阪M'AXAも1回は行ってみたいなーって思ってたし
なにしろフラカンライブに行きたかったってのが
大きな理由です。

その時点でまだチケットは残っていたので
一般で買ってもよかったんですが
せっかく行くなら、、っと
これまた4/9のチケット持ってる人から
譲ってもらえないかなー、、って思ってたんですけど
まぁ、普通行けなくなったらチケット払い戻しちゃうから
そうそうは出てこないですよね。
諦めかけてた、結構ギリギリの時期に
ラッキーなことに譲ってくれる方を見つけまして
むふ♪
60番台で行けましたー

この松阪M'AXA
いやぁ、、いいとこだった!
IMG_3825.JPG
いや、場所的には
思ってた以上に名古屋から遠くって
この日は17時開演だったんで日帰りできましたが
そうじゃなかったらちょっと厳しいかも?な感じで
しかも駅から遠いし
(イメージとしては岐阜のROOTSっぽい)
でもハコの雰囲気が最高!

ステージも割と高いし
段差みたいな感じのも多めだし。
ただ、、圭介さんもブログに書いてましたが
衝撃的に(笑)暑かった。。
外が暑いってのもあるかも?なんですが
エアコンMAXでもちっとも冷気来ない。。
それだけがね。

雰囲気的に
The Birthdayをあそこで見たいなーって思ったんですが
The Birthdayだとギューギューになっちゃうから
かなりキツイかもね。。
でも、もし機会があればいつか行きたいです。

開演遅れてたっけ?
始まってもそう押されることもなく
終始自分のスペース保てて
快適でした。
ああいう感じで見れるのが一番いいなー。。
疲れないし嫌な思いもしないし。

そうだ!竹安さんの首
心配してたんですが
もうあの首のスカーフは取れてました。
でも痩せた??やつれた??
とあるCMじゃないけど
もうちょっと太ってた方がいいんだけどなー・・なんてね。

ミスコニはつなぎの首元のボタンをはずして
胸元はだけちゃうから
中に黒のインナーを着てるんですね。
この日は特に暑かったので
はだけまくってました(笑)

グレートさんはデニムのオーバーオールだったっけ?
で、楽器がいつものじゃなく
なんかかわいいミントブルーのやつでした。
前の日オハラブレイクだったから??
関係ないよね。

そして圭介さんは、、またパジャマみたいな大き目なシャツ。
でもこの前のとはデザイン違ったような気がしますが・・
、、、インスタ見たらチェックのシャツでした。

出てくるなり
「なんか、色々ごめんなさーい!!」って
ライブスタート(笑)
『チェスト』『NUDE CORE ROCK'N'TOLL』『消えぞこない』と
もうノリノリの曲3連チャン!!
気合入ってたのか
若干テンション高めな気がしたんですけど。
(全てにおいて 笑)

そしてこの前のニートビーツとの対バンで久々に聞いた
『波の下』をこの日も。
まだ曲に慣れてなくて
なんか拳上げるとこついて行けなかったけど
いい曲だー。

実はこの日は振替公演だから
当初やる曲をそのままやったりするのかなー、、っとも
思ったりしたんですけど
真相は分かりませんが
なんとなくそうではなく、この日のセットリストって
感じがしました。

「えー今日は、もともと4/9に行われるはずのライブが
メンバーの事情により
あのイで始まってザで終わるね
ライブが出来なくなってしまい今日に延期なったということで
あの時はどうもすいませんでしたー」って
誰とも言わず
さらにインフルエンザとも言わず(笑)
「なので今日はその倍返し!
もし出来なかったら分割で!
あと10回は来てくれたら
まちがいなくお返しできるはずなんで!!」と。

「にしても、、暑い。。
これでエアコンMAXですからね。
昨日の猪苗代湖?オハラブレイクのほうが涼しかったなー」
って。
一応避暑地ですしね。
グレートさんも「なんか夏祭りみたいだよね」って
言うもんで
そうか~、確かに!
みんなが曲と曲の合間に汗わぁーって拭いたり
はぁ、、、ってやってるのが
とても室内でのライブとは思えない光景だったそうです(笑)

思わず「4月にやってればな、、」って言うも
圭介さん「俺はでもこの暑さの方が好きだよ」って。
グレートさん「今日は後ろにスペースもあるし
皆さん、無理しないように
気分悪くなったらすぐに言ってくださいー」って。

続いて『脳内百景』ワーイ!
ナチュラルハイじゃないけど
暑さでフロアもテンション高くなってるのか
良い盛り上がり♪

『人生GOES ON』は絶対CDよりライブの方が
はるかにテンポが速いんじゃないかと
聞くたびに思ってしまうのですが・・(´m`)

そして『すべての若さなき野郎ども』
『あまくない』
この2曲は楽しいノリノリの曲ではないけれど
ジーンと胸に響く素敵な曲です。
なんていうか、、フラカンの曲って
すごくいい意味で泥臭いんだけど
暑苦しくないサラッと聞ける
でも胸に響く
それぞれの要素の絶妙な加減が素晴らしく
だからいいんだよなーって。

松阪=松阪牛だからなのか
急に圭介さんが(どういう流れでその話になったか覚えてない・・)
子供の頃はそうそう牛肉(ステーキ)などは
食べさせてもらえなかったから
誕生日に何が欲しいか聞かれた時
「ビフテキが食いてぇー」って言って
家族みんなで"あさくま"に食べに行って
、、、家に車がなかったから電車と徒歩で結構時間かけて行ったとか
ステーキを食べたって話。

「ステーキうめぇ!」って。
弟の純也も「おらもうめぇ!」お父さん・お母さんも「ホントにうめぇ!」って
言ったとか。
、、、、ってこんなこと言ってたら
弟からそんな風には言ってないって
怒られるんだよなー・・なんてボソボソ。

そのあさくまってステーキ屋さんは
どうやら東海地区で有名なお店なんですかね、、
この松阪まで来る道中で見かけて
そんなことあったなーって思い出し懐かしくなったとか。

で。
そのあさくまのCM
○○のあさくま~♪って歌があるそうですが
その○○の部分がよく聞き取れなくて
圭介さんは、ほら!あさくま、もしくは、おらっ!あさくま
何て言ってるかライブ終わるまで調べといてください~って
これ、前来た時も俺言ったかな??って(笑)
でも何回聞いても忘れちゃうそうで。

そこからだったか、
いつから松阪牛を「まつさかうし」って言うようになったんだ?って。
え?そうなんですか??
最近では秋田県とかも「あきたいぬ」とかって
言うそうで、、
「もうさ、いぬって言ってる時点でよわそうだよな・・」って。

前日のオハラブレイクでの話。
自分たちは朝早くに終わって、
その後チャボさんたちがやって来て
この前夏木マリさん?とのライブでちゃんと紹介してもらえたから
この日は挨拶しに行ったとかって。

「俺ら明日のライブのために
もう移動なんですよ」みたいなこと言ったら
チャボさん「どこ行くの?」
圭介さん「松阪です」
チャボさん「頑張ってるね~
(マクサの)店長によろしく言っといて!って
言われたんで、、俺、ちゃんと言いましたよ~(笑)」って。

「まぁ、なんてことない会話なんだけど
なんて言うか、チャボさんとこういう普通の話ができたってことが
俺にとってはすごいことで。
あっちから近づいてきてくれたって言うかさ。
どっちかって言うとチャボさんてすごくシャイな人ってイメージがあって
昔、RCだった頃とか
ライブの時サングラスしてたけど
そのサングラスをさらに黒のマジックで塗ってたって
言われてたりして、、チャボ伝説
こういうことがあるから、何て言うか、、
長く続けてきてよかったなって思うよね」って。

そして竹安さんに「お前、行ったか?挨拶」
ニヤ~って笑うだけの竹安さん。
「行ってないだろう。
チャボさんと話すってことは
キースリチャーズと話すようなことだよ
キースは英語話せないと話しできないけど
チャボさんは日本語でいけるんだから」
この例えに竹安さんも「そうか、、」って。

ちなみに、グレートさんは物販で荷物持ってて
チャボさんを見かけたけど
追いかけて行けなかった?とか??

あと、事実上、この日が
ツアー「フラカン28号」のファイナルということで
バックに飾ってあるフラッグを
「これいる人とかいるのかな?
最近はツアーごとにこういうの作るようになって
たまって行くんだよな、、
いる人いる?」って聞くと結構手が上がって
「あ、、いるんだ」って。
それ見て圭介さん「じゃーメルカリ、メルカリ。
まぁ、某オークションでもいいけど。
まずはどれくらい値段吊り上るか(笑)」
「そういう商売やったことないから分からんわ、、」ってグレートさん。
ま、どうするか考えとくそうです。

すっごい前にも
ピロウズでそういうの、FCプレゼントであったなー
ターミナルヘブンズロックとかの頃だっけ?
何回かあったかも。
The Birthdayはあの下に敷いてる絨毯プレゼントとか(笑)
やっぱ事務所側は保管に困るんですねぇ。。
一応応募してみたけど
まぁ、当たることはなく・・
実際当たったら当たったで
困るっちゃー困るんでしょうけど
でもちょっと欲しい!って思っちゃいますよね(笑)

っと、暑さでなかなか曲行こうとしない圭介さん。
グレートさんにツッコまれ
「じゃー、、やる?」って( ̄▽ ̄;)

フロア、確かに暑かったんですが
ときどきスーッと涼しくなったりもして。
あと何と言っても
人と人とがくっ付いてない状態だったので
そこまで大変ではなかったです。

『ロックンロール』に続いて
私、イントロで別の曲を想像していた、、。
『吐きたくなるほど愛されたい』
どっちもグッとくる曲なんで
気持ち的にはキターって感想でしたが
まだまだ勉強が足りない・・

そしてうれしい『青い春』
この2曲の連チャン、最高でした。

「昨日はオハラブレイクで
猪苗代湖から車で移動してきたんだけど
6時間くらいかな。
でももう慣れ過ぎちゃってて
6時間とか8時間は俺らにとっては
意外と短いって感じちゃうんだよね。
今日なん時間?8時間?あー短いじゃんって。」

「運転してくれるスタッフは運送業者の人で
俺らは運ばれて、ライブをするから
バスガイドみたいなもんか」って
え?荷物じゃなくって?って思ってしまったんですが
これにはグレートさんも
バスガイドはバスの中で披露するからちょっと違うって
ツッコみ入れたら
じゃー、、○○か、って
何て言ってたちょっと忘れちゃったですが。

「最近家借りたりするときに書く職業欄
小さく音楽家って書いたり自由業って書いたりしてんだけど」
「あれ?書くようにしたの?」
「まぁ、頑なに抵抗しててもね・・」
※何て書いていいか決めかねて今までは空欄にしてたとか。
「でも、この頃は運送業でもいいんじゃないかって。
だって自由業って言ったって
2年先までスケジュール決まってるんだぜ
全然フリーダムじゃないよ!」

あと何の流れだったか、、、
「このメンバーの中では俺が一番世の中的な平均値だろ?
学力、体力、身長、体重含め!」って
これは・・・笑っていいとこだよね?ゞ(≧ε≦o)

なんでこんな話するのかな、、って思ってたら
次の曲が『ハイエース』でした。
ただもうちょっとまとまりのある内容だったと思うんですが
前後の繋がりが思い出せず・・
うぅ。。

今ネットにUPされてるインタビュー記事を読むと
さらにこの曲に込められてる思い
そしてバンドにかける思いみたいなのものを知ることが出来て
改めてフラカン、素晴らしい!って思っちゃいました。

ここでメンバー紹介。
まずは竹安さん。
そしたらいきなり竹安さん。
ボソッと「すてーきなあさくま」だよね。って
さっきの圭介さんが謎と言っていた
CMの歌の頭の部分を歌い出しちゃって。

圭介さんも「え?」って聞きかえすと
「すてーきなあさくま」
おもしろがって「え?もう1回!」って
竹安さんも何回もやってくれて。

竹安さん論としては、、
「ステーキのあさくま」もしくは「素敵なあさくま」
これ、わざとハッキリ歌ってないんだよねって。
圭介さん的には
字数が多過ぎて語呂が合わないって納得いってない様子でしたが
グレートさんは「あーそうかも」って
なんとなく思い出してきた感じ。

結局トーク内容これだけで
「じゃー最後まで楽しんでってください」って。

続くミスコニも
「俺はね、、ウィ、あさくまって思ってたけど、、
何語か分からないけど、、
ウィ、ムッシュ!みたいなウィね。」と。

小西家でも誕生日はあさくまだったそうで
「あ、でも俺は、ハンバーグを食べてたんだけど」
グレートさん「そうだ、小西は未だに一番好きな食べ物は
お母さんが作るハンバーグだってんだから」
ミスコニ「でも最近はお母さんも作ってくれなくなってさ。
ハンバーグ作ってよって言ったら
もうそんな歳じゃないわいよーって言われて、、」と
残念そうでした。
ミスコニ、かわいい。
コニタンって言われる所以が分かった気がしました(笑)

「それにしても暑いですね、、」って
確かにミスコニの叩く姿見てたら体力使うよなーって
水も500mlじゃなく1リットルかな?の大きいペットボトルで
ゴクゴク飲んでて。
ザ・ドラマー!って感じでした。

そしてグレートさん。
アルバムリリースが9月で、そのツアーが始まり
でもってアコースティックライブのフォークの爆発もあり
合間にイベントとかも入ってて
絶え間なくライブが続くとのことで
「ツアーの途切れ方を知らなくて、ずっとライブやってる。
それに1ヶ月も休んだら
ライブのやり方忘れる人がいるから、、それも怖くって・・」って
それって圭介さんのこと??ミスコニ?!

増子さんも言ってましたが
今は夏フェスシーズンで
一般的ににはあまりライブやツアーをやらない時期だけど
この8月こそ、ツアーをやりたいんだって。
いいね、いいね。
いや、フェスも楽しいけど
やっぱり普通にライブがいいよ。
夏はライブがないから
じゃ、、フェスでも行きますかって思ってしまう訳で
普通にライブがあれば
頑張ってフェスに行く必要もないし・・
なんてね。

恒例の
メンバーチェンジなし!
活動休止なし!っていう
ジャン!ジャン!ジャン!!ってやつをやって
4人そろってフラワーカンパニーズ!からの
『俺達ハタチ族』!!

ここからは毎度ヒートアップで
『三十三年寝太郎BOP』『マイ・スウィート・ソウル』
そしてラストは『最後にゃなんとかなるだろう』
本編終了~
暑かったー・・・

そしてアンコール。
さすがにみんなTシャツに着替えて。
圭介さんがTシャツオンリーって珍しい!
グレートさんにも言われると
本人曰く、手が短いからか、宇宙人みたいだからTシャツが似合わないって
・・・そうかな??
でも半袖なので腕がバッチリ見えて
ちょっとムチムチっとしてました(´m`)

なんかMCしてましたっけ。
あ、そうそう。
アンコールでTシャツに皆さん着替えてきたときに
暑いからって話で
グレートさんは逆にTシャツ着ることで
さっきより暑くなっちゃってるって。
で、圭介さんが暑いと次は脱ぐしかなくって
でもグレートさんみたいに裸見せるの慣れてないから
出来ないってブツブツ言ってたのがオモシロかったです。

1曲目は予想外の『東京タワー』
そしてまだやってなかったかー・・の『終わらないツアー』
アガるわー♪

そしてそしてやっぱりこれですね。
『真冬の盆踊り』
最後の方、ヨサホイヨサホイヨサホイのホイって
1回多くヨサホイ言っちゃう圭介さん
そうじゃないバートの演奏に変わって
一瞬、ハッとしてました。
私もつられて手上げちゃってた・・(笑)

「ありがとうー」
またまた汗だくでアンコール終了。

フラカンは期待して待っちゃいます、ダブルアンコール。
1回しかなかったこと
ここ最近ワンマンではないんじゃないですかね。

そしてメンバー登場。
ダブルアンコール1曲目は
『最高の夏』
そうそう。
これ本編の1曲目でやらなかったので
そのせいもあって振替公演ならではのセトリでやるのかな?って
思ってしまってたのですが。。。

曲が終わって「最高の夏でしたー」って
曲紹介だったとしても、なんかいい言葉だなーって♪

そしてもう1曲!
とくれば、、『サヨナラBABY』
ラストのラーララララーラーラー~って
終わった後に
ミスコニが立ち上がって「まだ歌いたい人ー?!」って
バリバリ仕込まれた感ある問いかけをフロアにして
そりゃもちろん、お客さんは
ハーイ!って言う訳ですが
そのやりとりに苦笑い気味の他のメンバーが
また可笑しくて(笑)
ほのぼのとした雰囲気でラーララララーラーラー~♪を。

ララララーって最後のアウトロ的なところで
圭介さんが
もうインフルとかかからないように
栄養あるもの食べて、お菓子あまり食べない!
健康管理気をつける!
みたいなこと宣言してました。
定期検査なのか、、まだ大腸検査するみたい。

っということで2時間ちょい。
ライブ終了~
17時スタートってこともあってか
終わって外出てもまだ明るかったのが印象的でした。
IMG_3828.JPG

いやぁ、、、いいライブだったー
いつになく圭介さんの声
絶好調だった気がします。

そして、、名古屋に戻ってきまして
そのJ-ズのライブ終わりの大群がいて
お見送りって言うんですかね
駅に列をなして待ってるんですよ。
警備員とかもすっごいいて。
初めて見た、ああいうの。
ホーム上がっても警備員みたいなスタッフがいたんで
もしや同じ新幹線??ってちょっとドキドキしたんですが
そうではなかった模様。
かなり前から警備員待機してるんだなー・・って。
てか、逆に大騒動になっちゃわないのかな?
なんて思ったりもして。

そういうのと、夏休みなのとで
席は満席。
当初は終わって戻ってきてから指定席にすればいいやって
思ってたんですが
ちょっと調べてみた時に軒並み満席になってたので
焦って何とか空きが出たとこで先に指定席予約しといてヨカッター。
もう2本くらい早いのにも乗れる時間でしたが
大混雑でとてもとても、変更できる状況じゃなかった。

百々さん流に言う、居酒屋新幹線(笑)は
一応名古屋っぽいモノでお疲れ様でした。
IMG_3830.JPG

お土産も、かろうじて買えた
松阪牛の佃煮。
IMG_3831.JPG

あ!The Birthday後半戦Ver.のフライヤーもらえました(*´∀`*)
IMG_3832.JPG
ドクロマークじゃなくアー写?なの。
例のアナログ盤買うともらえるって言うポスターのやつ。
ちょっとうれしい。

<セットリスト>
 01.チェスト
 02.NUDE CORE ROCK'N'TOLL
 03.消えぞこない
 04.波の下
 05.脳内百景
 06.人生GOES ON
 07.すべての若さなき野郎ども
 08.あまくない
 09.ロックンロール
 10.吐きたくなるほど愛されたい
 11.青い春
 12.ハイエース
 13.俺達ハタチ族
 14.三十三年寝太郎BOP
 15.マイ・スウィート・ソウル
 16.最後にゃなんとかなるだろう

 EN1.
  東京タワー
  終わらないツアー
  真冬の盆踊り

 EN2.
  最高の夏
  サヨナラBABY


nice!(0)  コメント(2) 

埃まみれのハイエースに乗って今日もどこかの町へと走る [音楽]

あれ?なんか急に涼しい日が続いてますが。。
でもやっぱこれくらいが過ごしやすくていいね。
まぁ、ビール飲みたいっ!とか
アイス食べたいっ!って気持ちは
ちょっと薄まりますが。。
(って思ってた次の日はしっかり暑かった・・。)

さて。
そんな7.26は
ハイエース兄弟、2台で80万km
@新代田FEVER
Live:フラワーカンパニーズ/THE NEATBEATS
でした。
IMG_3799.JPG

久々のフラカンとニートビーツとの対バン。
平日でしたが
ニートビーツのライブは普段あまり行けないことが多いので
こういう機会は逃したくないと思い
張り切って有休取って行ってきましたー
一応月1回は有休を取ることに自分でしていて
まだ7月は消化していなかったので♪

チケットは店頭とプレイガイドと両方あり
てっきり店頭が先に入場かと思ってたんですが
並列入場でした。
よかった、、、実は有休取れるかどうかって
チケット取る時点では分からなくて
せっかくいい番号取っても休めなかったら意味ないなって
店頭に買いに行ってなかったんですよね。
ただプレイガイドでは発売日頑張って取ったおかげで
なかなかいい番号が取れまして。
なので並列入場はちょっとうれしかったです。

って言っても、、トータル的に50番以内な感じのため
中入ると2列目くらいまでは詰まってる感じ。
そしてグレートさん側行こうと思ったけど
苦手なタイプの人が目に付いたので
竹安さん側に。

が、、こっちにももっと苦手な人がいた。
その人多分横浜でも後ろにいたような記憶。
なんかすっごいグイグイ押してくるんですよね。
いや、別にそういう感じのライブなら
押し押しでもいいんですけど
どっちかというとフラカンって
あまり人と人とはくっつかなくてもいい感じじゃないですか。
前なんて結構余裕ある感じだし。
なのに私の後ろだけ密着って、、それだけでイラッとするっていうか。
もうちょっと全体的な雰囲気を察して欲しいなー・・
なんてね。

時間10分くらい押してスタート。
先行はニートビーツから。

いやぁ、、予想通り
いや、予想以上に笑わせてもらいましたー
楽しかったー*:.。☆..。.(´∀`人)
後で圭介さんも言ってましたが
今日はいつもにも増してよく喋ってたって。
ホントによくあれだけ次から次へと
しかもオモシロい話が出てくるなーって。
そしてまたPANさんだけじゃなく
合いの手の大ちゃんとか土佐さんもオモシロいんですよね。
最強だわ。

登場と同時に、普通は軽く挨拶して(しないバンドもいるけど)
すぐ曲行きますが
ニートビーツの場合
「はい!さて、、」って喋ろうとしますから(笑)
すかさず「喋んのかいー」ってツッコミ。
PANさん「喋るよー」って堂々と。
でもこの日は「ま、じゃ、ちょっと曲やってからにしましょうかね」って
最初は3曲くらい立て続けに曲へ。

で、終わるや否や
「さー喋るでー」って嬉しそうに。

次から次に出てきてたので
適当に思い出す限り書き出す形にて記録しておきます。

やっぱフラカンと対バンってことでフラカン話に花が咲きますよね。
まず、今回のイベントの"ハイエース兄弟、2台で80万km"について
これは今乗ってる機材車兼メンバー車のハイエースが
フラカンとニート同時納車だったからだそうで
で、同時に乗り始め、ほぼ同じくらいの走行距離じゃないかってことで
こういうタイトル付けたそうですが
「2台で80万kmって言ってますけど、、80万km行ってなかった、、
79万kmやったわ。」
「まぁ、プレ80万kmってことでね。」
「また80万kmいったらやりますか」って。
あはは。

そしてその納車の話
グレートさんがすぐに見積もり取ってきてくれて
でも関西人のPANさんとしては
「これ、もっと引いてもらえるやろ」って
とあるトヨペットに行き、さらにまた別のトヨタにも行き
「あっちじゃ、あー言ってるけど、、どうなん?」って。
「最終的に1台50万ずつ位値引きしてもらったわ。
後で、あの人(担当の人)ごっつい怒られましたーって(笑)」
流石っす!

そんな納車したばかりの頃
たまたま?高速で一緒になり
ミスコニが嬉しそうにガーってスピードあげて追い越そうとするから
PANさんも負けじとガーってスピードあげて
言ってみれば競争みたいな感じになったそうですが
ふと、バックミラー見たら「あれ、パトカーじゃね?」と気付いたPANさん。
ツーッ、、っと速度を落としたところ
「コニタン嬉しそうにイェーイ!!って抜かして行きおって
それと同時に後ろからウーって。
それまでのコニタン(嬉しそうな顔)その後のコニタン(ションボリ顔)
結局おれ勝ったからね(笑)
もうこれを超えるフラカンのオモシロい話ないわってくらい」
この話、マジで最高でした(≧▽≦)

そこからミスコニオモシロ話へ。
SAでお昼を食べた時。
先に土佐さんがモツ煮込み定食を注文
その後にミスコニがサバ定食を注文
なのに、モツ煮込み定食が出てくると
なぜかそれを食べてしまったミスコニ。
土佐さんが待っても待っても出てこないのでおかしいなーって
ふと見たら、ポツンとサバ定食が残ってて
これ誰?って聞いたら
ミスコニ「あ、それ俺だ」って
「どうやったら肉と魚間違えんねん!!」

他にも、とあるライブの打上げで
急にミスコニがPANさんに「真鍋、ちょっといいかな」って来るから
何、バンド止めるとか言い出すんかなって
止めてもらった困るって思って「何?」って話を聞いてみると
「明日のPAどこする?って、、
そんなん明日決めればええやろ!なんで今なん?」
いやぁ、、やっぱミスコニ最高!!(笑)

この日は2マン先行ってこともあってか
ある程度喋ったらタイムキーパーいるのか
「あ、そろそろ時間だそうです、、」って
きっちり打ち切って曲へ行ってました。

ニートビーツ、いまだ音源一つも持ってないんですが
ライブも十分楽しめます。
知ってる(聞き慣れた)曲も多いし。
でもって、前も書いたかも?ですが
Vo全員がとるんですね。

土佐さんがギター弾きながらPANさん側にやってきたり
前にグイグイ出て行ったりしてて
ただ、後でPANさんが暴露してたのが
「お前、ギターソロでもないのに
前出ていく勇気がスゴイ」って。

あと、そんなに動き回るくせに
シールドが短くって
「ピーンって張ってるのが気になるねん!」と
言われてました。
しかもある時、ピーンと張って前出て行ってて
挙句の果てに戻るときステージから落ちた?とか?

ここでも「さっき行って分かりました。
届かないってこと。
でも、取ったらどこへでも行けるんですけどね」って
それ、当たり前やん!(笑)
「そんなん音出ーへんやろー
それやったらどこへでも行けるわ。
ファミマでも行って来れるで。
ファミチキでも買ってくるんか」
大ちゃん「俺、辛いやつがいいー」
土佐さん「なんでお使いせにゃあかんの」

そんなシールドの話で
グレートさんのシールドがめっちゃ長くて
Q太郎さんはじめ、ローディーさんが
そのシールドを調節してくれてて
で、とあるライブの時に土佐さんがそれをやらせてもらったそうですが
下手くそすぎて
「前さん弾いてるのに時々グイってなってからな」
※土佐さんのさばくシールドのせいで
 楽器がそっちに引っ張られてしまってる状態

「その後ろでなぜか俺のおとんが写真を撮ってるというね。
そして後ろでおかんが犬連れて来とるねん。
うちのおかん、前さんのファンやから
へー今日この曲やるんだ、、って
楽屋にセトリのチェックまでにしに来よって。」

「前さんいいわ~私と同い年くらいかしら~」って
このPANさんのお母さんの話何度も言ってるけど
何度聞いても笑える
「恋心の目で見るな!」って
オモシロ過ぎだって。

PANさんはいっつも自分側の盛り上がりが少ないことを
「なんで俺の方来るんねん」って言うんですが
この日はさらに「そりゃ対角線上に見た方が見やすいの分かってる」って
あはは。。それ8割ある(´m`)
よくご存知で。
こういう鋭い分析も
あのオモシロトークにつながってるんだなーって
改めて思ったり。

いやいや。
PANさん側に来たかったから
いるんですってば。
もうグイグイ目見てきて
こっちが恥ずかしくなるくらい。
私なんてそんなライブの回数行ってない訳で
もちろん覚えられてなんかないはずなのに
覚えられてる?って感じ違いしちゃうくらいです(笑)

あまり笑ってないお客さんには
声出さないと、病気になるよってのはよく言ってましたが
新ネタ?!(笑)「何?今日、バイオリズム低い日?」って
こうなって、、の波の底辺の位置を示して
ここら辺なんかなーって、、
大笑いでした。

あと素晴らし~って思ったのが
この日は水曜日だったんですが
「もう水曜乗りきったら後は週末やろ?」って。
「だって、もうあと木曜、金曜だけやん。
嫌なの月曜、火曜だけやろ」
って、そうかーって。
何気に私も木曜日は大好きで
だってあと1日頑張ればーって思えるから。
でもそうか、水曜終われば次は木曜で
そしたらあと金曜日だけじゃんって思えば
水曜の夜はもう週末なのか、、って(笑)

ハイエース話題でもう少し。
同時納車の兄弟ハイエースですが
「でもフラカンのハイエースは
なんかあちこちボコボコにぶつけたみたいで
こんな小さくなってたで、、」
「それタントやろ」
「そう、タントになってた。黄色ナンバー」
「って、それ車種変わってるから」

PANさん「次、機材車買う時はクラウドファウンディングしようかな」
大ちゃん「って、何目的募集するん?」
PANさん「そんなん、みんな乗せて帰ってやるって
乗って帰りたいやろ?」
大ちゃん「ええなーそしたら俺も欲しい車あるから
それしようかなー」
PANさん「お前はタントでええやろ」
いいわー
PANさん運転で送迎って、ちょっとやってもらいたいかも♪
もれなくノンストップのオモシロトーク付とか?!ゞ(≧ε≦o)

車の話でだったか、、
この日はやけにPANさんが『深夜高速』のイントロギターを弾いてて
でもあのイントロきたら絶対最後はマイナーコードやろ?って
とっても切ない曲になっちゃってて
で、この話は何度か聞いたことあるんですが
それに対抗?して『阪神高速』って曲作ってるって話。
歌詞が最高で
 空いててよかった~空いててよかった~
 心斎橋行くならどこそこで降りがちだけど
 どこそこの方が近いんだけどねー
みたいな
土佐さん「何のメッセージ性もない歌詞」って。

宣伝的な話では、、
20周年のニートビーツ
クアトロでのツアーと
クロマニヨンズとの対バンライブの話。
ちゃんとチケット確保して持ってきたって
なぜかセカンドバックから出す仕草のPANさんが
オモシロかったー
ペロって舐めて数えたり
あ、雨降ってきたーってそのセカンドバックを頭の上に載せて
歩く真似→ちょっとタクシー呼んで(MK呼んでーってね)

あとは映画の話。
「初めて黒のタンクトップ着たわー
、、ウエノコウジかっ!って」って。
えー、、PANさんDJやってた時タンクトップ着てなかったっけ??
それに対し「白は?着てへんの?」って聞かれると
「それ着たらおにぎり持たなあかんやろ?」って
例のモノマネも。

最後は振り向きざまにキメポーズして
きゃーって言われると
「今日はみんな抱いたる!代田だけにな」って言うと
なぜかそれを大ちゃんが
「今、代田と抱くをかけて、、」って説明しだしちゃって
「そんなんみんなもう分かってるから」って
大ちゃんかわい過ぎ(笑)

っと、たーっぷりの1時間超え(多分オーバーしたんじゃ??笑)
最高でした。
曲ももちろん、楽しかったけど
もうこれでもかーって位笑わせてもらいました。
帰りざまにPANさん「次は圭くんが
どんな面白い話をしてくれるんだろうね~」って
帰って行ってました(笑)
あ、でも一番信頼できるバンド、フラワーカンパニーズとも
言っていて
いい関係なんだなーって。

さてさてここでセットチェンジ。
そうこういう小さいハコは全取っ替えなんですね。
何て言うか、、転換って言ったら
ガーってドラムセットが台で動いてくるの
期待しちゃうから。。

19:10スタート
20:20終了
転換
20:45頃フラカンスタート、、って感じでしたかね。
※ちなみに、ライブ終了22時前後デシタ♪

そうそう。
数日前のオフィシャルの写真で
あれ?って思ってたんですが、、
竹安さんの首元。
どう見てもあのスカーフチックなのが不自然で。
絶対ムチウチかなんかのコルセットっていうんですかね、を
隠してる風にしか見えなくて。
でも特にそれに触れることもなく、、、
だけど調べたところによると
やっぱ何かしら首を痛めてしまってるようで
(巻いた初日はちゃんと説明があったらしい)
お大事にどうぞ。

圭介さん、パジャマみたいなダボットしたシャツ。
かわいいっちゃーかわいいけど、、な(笑)
ミスコニは赤のつなぎ。
グレートさんはヒッコリー?デニムだったかな?の
オーバーオールでした。

今年の夏はこれスタートって決めてるのかな?
『最高の夏』からライブスタート。
でもこの曲スタートはなんかテンション上がるんで
うれしいです。

そのテンションのまま『消えぞこない』
とても2曲目とは思えない
盛り上がり。

そしてこの日のレア曲
『波の下』
曲はなんとなーく聞いたことあったんですが
タイトルとか全く把握しておらず。
かなり久々の曲だったみたいです。

ここで最初のMCだったかな。
圭介さんが「今日は自分をしっかり持ってやるだけだ」って
言ってただけあって
MCほぼなし。
メンバー紹介も名前だけだったし。

あ、あとここ新代田FEVERでやるのは
初めてなんだとか。
意外!

ニートビーツとは付き合いも長いし
対バンも数えきれないほどやってる仲だそうで
定番の"黒いジャンパー 裏地は赤のチェックだ!"は
もう何回聞いたか分からないくらいだって。
ただ、そのライブごとにバージョンが違うから
いろんなタイプのあの曲を聞いてきてるって。
そうか、、でも確かに
この日はちょっと短いVer.だなー、、とは
思ったりもしてたんですけど。

で、圭介さんがPANさんのことを
「おしゃべりリーゼント」って言ってて
「もう全部根こそぎ喋っちゃうから
終わった後はペンペン草すら残ってない!」って(笑)
でも実は楽屋で先に予習?
全部あれはいつだったかとかいろいろ確認してるそうで
「でももう聞かれたの全部話してたな」って。

この日のレア曲その2は
『青い春』
これはすぐに分かったし
何度かライブで聞いたことありましたが
カッコイイんだなー
惚れ惚れしながら聞いてました。

「この日のために作ったって言ってもいい」って
なぜか2回も繰り返して言っちゃってた
『ハイエース』
ニートビーツの『ハイエース』って曲も
聞きたいって
圭介さんが作詞し出して
タイトルを「白いハイエース」って言うと
グレートさん「あいつらのはシルバーだからな」
圭介さん「じゃー、、シルバーのハイエース、裏地は?」
グレートさん「う、裏地!?うーん、、茶色かベージュじゃないの?」
って、、何で裏地?!ゞ(≧ε≦o)

『ハイエース』
歌詞をじっくり聞くと
フラカンのそのまんまを書いていて
ファンであればあるほど
なんかグッとくるところありますね。

そこからの『俺たちハタチ族』
『三十三年寝太郎BOP』の連チャンで
またしても大盛り上がり!

メンバー紹介
グレートさんからはアルバムリリースの話が
あったっけ?

あと、ニートビーツメンバー(おもにPANさん)出演の
映画の話とか。
グレートさんがコメントを書いたそうですが
依頼されるときにPANさんから
「厳しいこと書かないでね~」ってメールが来たそうで
「あいつでもかわいいとこあるんだ」って思ったとか。
一応、演技ではフラカンの方が先輩?!

グレートさん的には
土佐さんの演技が
演技と言うか、
普段街で会ったりした時に「あー前さん!」って
話しかけられるのと同じくらい
普通っぽい演技がすごかったって。

ちょうどその時バーカウンターの中に土佐さんいたようで
Q太郎さんがチカーって懐中電灯照らしてましたが
気付きましたかね??

あ、で。
そのPANさんのことをずっと年上だと思ってたって話。
「あれだけ態度デカいの、
某ブラフマンのVoとアイツ位だろ?」って。
確かに、、PANさんと圭介さん(フラカンメンバー)だったら
PANさん同い年か年上に間違いなく見える!(笑)

いつもの
メンバーチェンジなし!
ヒット曲なし!
今年で結成27年(だっけ?)
4人そろって、、、フラワーカンパニーズ!!
っとあって
『マイ・スイート・ソウル』

そして ライララライララライラララ~っと
イントロみんなで歌って
『最後にゃなんとかなるだろう』
いやぁ、、楽しかったー

そしてアンコールは
もちろん、ニートビーツメンバー登場っす!

出てきたPANさん、デカっ!!
やっぱフラカンメンバー小さいのね。。(笑)
っていうことは、ニートのPANさん以外のメンバーも
実はまぁまぁ大きいってことか??
PANさん普段着だと
よりロッカーな感じが増してカッコいいです。

圭介さんとPANさんが交互に話すんですが
PANさんマイクを持ってなくって(マイクスタンドにはあったのに)
なぜか圭介さんのマイクを使って
終いには奪っちゃって(笑)
でもそのマイク、特製(自前)なので
普通のマイクよりちょっと大きめだったようで
PANさん「このマイク、デカいな!
これは圭くんが小さいからって訳じゃないんやな」って
言ってたのが最高に可笑しかったです。

で、その話題は
さっきも言ってた
圭介さんがPANさんを年上かと思ってたという話。
これ、なんで年下か分かったかっていうと
ニートのレコーディングに
圭介さんがハモニカ?で参加した時
最初はめっちゃ敬語で
「あ、ハイ。じゃーこういう風にしたらいいですかねー」って
言ってたのに
PANさんがいない時にたまたま自分の話になり
そこで年を知ったらしく
戻って来たら圭介さんが「年下かよ!!」って
言ったって。

あとPANさんから
圭介さんと家が近所だった時代に
車で道を通ってたら
犬を連れて歩いてた圭介さんを見かけて
窓開けて「おいっ!」って声かけたら
うわぁっっ・・・って、めっちゃビビってたって。
それ聞いて圭介さん
大笑いしながら「話、盛ってる」って(笑)

そんなこんなありまして、、
じゃー最後に踊れるか~の
『真冬の盆踊り』

始める前にずっと気になってた
竹安さんに首に巻いてるやつについて
PANさん、「どしたん、なんかこぼしちゃうのかな?離乳食??」って
ツッコみ。
ここで説明してくれるかと思ったんですが・・
時間なかったですかね。

途中で(って言っても終わりの方ですが)
ヨサホイヨサホイ って言ってるところに
ヨサホホイホーイ って変わるところ
あれをPANさん言いたかったって
急に自分のペースで言いだすもんで
圭介さんがこうでこうでこう入るって説明してあげたんですが
「あー、、めんどくさいなっ!」って
でも一応、教え通り入り
あとこの日はヨサホイをトサホイとかって言ったりして
みんなで大盛り上がり。

そして最後。
もちろん、圭介さんのジャンプ!で〆!!かと思いきや
なぜか何回やっても締まらず
最後の最後ミスコニが登場で
圭介さんがやるより前にジャンプして
〆!!

えぇ、、って顔の圭介さんに
「だって、コニタン、赤着てて目立つから、、」って。
コントの様でしたゞ(≧ε≦o)

次は100万㎞でやるか、だって(*´∀`*)
ぜひ、続けて欲しいです♪


<セットリスト>
 01.最高の夏
 02.消えぞこない
 03.波の下
 04.すべての若さなき野郎ども
 05.あまくない
 06.ロックンロール
 07.青い春
 08.ハイエース
 09.俺たちハタチ族
 10.三十三年寝太郎BOP
 11.マイ・スイート・ソウル
 12.最後にゃなんとかなるだろう

 EN.真冬の盆踊り with:THE NEATBEATS