So-net無料ブログ作成
検索選択

キミの人生一発逆転そうまだ僕が必要なのさ [音楽]

7月になりました!
何気にこの週末、3連チャンでライブを入れていたことに気付く。
これ、月が変わってるとなんか連続な気がしない
ある意味これもライブあるある?!
・・・じゃないか( ̄▽ ̄;)

さて。
そんな7.1は
百々和宏ソロツアー“ハルノハクチ”
@吉祥寺Bar Days
でした。
momo_flyer-212x300.jpg

うれしいことにここ最近は百々ソロ(テープエコーズも含め)
ちょいちょいやってくれるて。
モーサムは全く持って聞かないんですが
百々ソロは大好きです。
なんだろうねー・・
ま、言うほどモーサムを聞いてないので
何とも言えませんが。

ただ、、武藤ウエノ同様
ライブハウスっていうよりライブもできるバーっていうか
居酒屋?飲み屋さん?ってところでのライブが多く
(これも武藤ウエノ同様、
 本人たちが飲みながらやりたいからと思われる)
チケットがなかったり、メールで予約ってことが多いため
そうなると入場は来たもん順なんですね。
まぁ、それは頑張って早く行けばいいので
いいっちゃーいいんですが
どれくらい早く行けばいいかって
さじ加減が分からないというか。。
そこまで前じゃなくてもいいし、、って気持ちもあって。

で、この日はちょっと余裕こいて
かなりギリギリな時間に行ったら
もうほぼ最後もいいとこ、、な順番で(まぁ、あの時間なら仕方ない)
そしたらあろうことか、イスがなく。。
立ちっぱでした(´+ω+`)
いや、後ろの方でも別に良いって思ってましたが
まさか立ちっぱになるとは予想してなくって
・・・次からはもうちょい早く行こう。。

ただ、立ってると結構視界遮られないのか
見晴らしよく
向こうからも目線が同じくらいになるのか
(あちらは座ってますが、距離があるため)
なんかやたら見られてる感勝手に感じてしまい
ちょっとドキドキでした(笑)

IMG_3741.JPG
吉祥寺Bar Daysはちょいちょい他アーティスト
(特にイマイさん!)でも名前を聞いていた
吉祥寺にある、まさにそのライブが出来るバーなのですが
、、、にしても吉祥寺、そういうとこ多いなー
私が知ってるだけでもこれで3か所目。流石!
縦長で大通りに面してて駅からも近い、オシャレなお店でした。
、、、この大通り沿い初めて歩いたんですが
オモシロそうな通りで、またゆっくり吉祥寺散策したい!って
思っちゃいました♪
IMG_3742.JPG

人数的には50名入るか入らないか
(イスは30席強な感じ)な大きさで
ドリンク代700円は高っ!って感じつつも
カップ大き目だったし、ビールもハートランドだったしで
よかったんですが
ただ、大通りに面してるところがガラス張りなんですよね。
で、信号目の前で
ステージはその大通りを背にしてるもんで
やってる側は何も感じずできるんだと思いますが
客側からは外歩く人が丸見えで
音は漏れてないんですかね、、でもやっぱ中を見ていく人は多く
(なにやってんだ??って感じで)
それが気になってちょっと集中できなかった・・
あそこブラインドとかしてくれたらいいのに、、
なんて思ってしまいマシタ。

あと、、てっきりフードもあるのかと思って
お腹空き気味で行ったら
カレーと乾き物しかなく、、、そちらもガッカリ。
スタッフの方がとっても明るく良い方そうで
きっと常連さんとかになると
楽しく一人でも飲みに行けそう~な雰囲気がありました。
そういう常連なんですーってお店作りたい(*´ω`)

この日のスペシャルドリンク
IMG_3743.JPG
結局どっちも飲まず。。

開場/開演まで1時間もありまして
でもイスもないし
結構始まるまでに疲れた・・
そして10分押しくらいで始まったんですが
百々さん、やっぱり近所で飲んでたらしく
普通にその目の前の信号渡って会場入り(笑)
そのままライブスタートって感じでした。

あ、で、既にここで
一応サプライズ?ゲストの有江さんもご一緒してまして
「後で出てきます~」って紹介されてました。
有江さん、いや、もしかして来るかな~って思ってたりもしましたが
でもツアー中日だし、、(前日宇都宮、翌日仙台)
ないかなーって予想だったのに。
ホント、仲良しなんですね。

ということで前半1時間くらいは百々さんソロ
トイレ休憩挟み後半は有江さんと一緒にアンコールまで。
トータル3時間ちょいの長丁場ライブでした。

今回のこのソロライブは“ハルノハクチ”と題して
全国周ってたようで
ここ東京はファイナルだった、、って
この日知りました(ツアーで周ってたのは知ってた)
なのであちこち周ってきて
その度に飲み歩いてたため
「正直、今ね、飲み過ぎで胃が痛い」って。
ライブ中もかなり飲むし
きっと打上げもあって
さらに移動日と称して飲み歩く日まで作ってたって言うんだから
そりゃね。。

今度の音人のコーナーでも紹介してるそうですが
札幌の五坪って店(ホントに五坪くらいの店らしい?)が
かなり素晴らしかったって。
なんと、厚岸産の生ガキが1つ105円って。
じゃー2つって頼むとなぜか店員さんが3つ持って来てくれたそうで
え?って言うと、一つはサービスですって。
何も付けずに食べてもらいたくて、、って。
ここらじゃ400~500円はするくらいの美味しさだったとか。

その後にも、
大阪に住んでる幼馴染が教えてくれたという
北浜にあるひらやまっていう立ち飲み屋さん
ここはスマホにメールを送ってもらったらしく
探しながらの紹介で
食べ物の写メとか撮ってきてたんですかね
この○○とか見せたいわ~って(笑)

いいお店っていうのは、
店員さんの動きがカッコ良くて
無駄のないチャキチャキした動きで
見てすぐわかるんだとか。
で、この人大将かな?って思ってた人と話してたら
実はそうじゃなく、
しかもまだ入って4週間だって言われて
ビックリしたって。
さらに、名古屋でその話したら、
たまたまそのお店知ってるってお客さんがいて
どうやら大将は、モヒカンらしいって情報に
スゴく和風な大衆居酒屋って感じのところだったのに、って
さらにビックリで
今度大将がいるときにまた行かないとって
言ってました。

曲は、私もだいぶ聞き覚えてきたようで
カバー曲で聞いたことないの以外は
だいたい分かってより楽しかったです。
バンドでの編成を1人で弾き語りになるので
他の人のパートを百々さんがやる訳で
色々アレンジ工夫されてるのを感じました。
あと、この日はやけに曲タイトルを言ってる感じがしましたが
いつもそうだったっけ??

1時間ほどやって、トイレ休憩。
続いてここからは2次会ですからーって
有江さんの登場。
有江さん、登場するときのポーズが
かわいかった♪

歌う前にか、1曲歌ってからだったかな?
最近、ピロウズの時のMCの時間が段々長くなってきてるって
ダメ出し?!を食らったって話。
(いや、ダメ出しじゃないけど、実際メンバーから言われたとか)
しかも最初に笑い取っちゃうから
シンちゃんから言うことないって愚痴?文句?言われるとか
百々さん「だから最近、酒量が増えてるんじゃないの?」って(笑)

にしても、百々さん、ピロウズのMC状況詳しくって
メンバー紹介の順番とかまでちゃんと説明してて
有江さんからよくお聞きになってるってのが
伺えて面白かったです。

今やすっかりピロウズサポートとして定着されましたが
それが正式に決まる前に百々さんからも
あと髭の宮ッTeaや、かの上ケンさんからも後押しがあったらしく
上ケンさんだっけ?、かは
会うごとに"俺のおかげだぞ"って言われるとかで
近年稀に見る腰の低さで過ごしてるって。

っと、百々さんにも「あれ?溜まってる??」って
ツッコみあるくらい
有江さん、話し出すと次から次に
オモシロトーク出てくる出てくる(笑)
基本、いろんなこと気付いちゃって
あれこれオモシロくツッコめちゃう方なんでしょうね。

曲は、、
百々さんだけの弾き語りももちろん素敵なんですが
やっぱベースの入るとより素敵で
本当最高でした。
百々さんにも「指、動くね~」って
有江さんも「意志と反してね」とか言って。
ホントおもしろい。

恒例の中央線の歌で間にカバーを挟むやつは
予想通りTheピーズの武道館の話を持ってきて
そのままピーズの曲行くのかと思いきや
なんか打ち上げの話でバクチクの話にいったので
あれ?バクチクの曲になっちゃう??って感じでしたが
曲は『バカになったのに』でした。

で、その打ち上げですが
新宿のロフトに移動してやったそうで
スゴイ数のミュージシャンで溢れてたとか。
そこで百々さん、とある人から
バクチクのベースの人を紹介されたそうですが
初対面なのにベロベロで
中学の頃の話?を延々聞いてもらってたみたいで
しかも昔バクチク嫌いだったんですよねー
でも付き合ってた彼女がバクチク好きで
グループ交際みたいな感じでみんなでカラオケ行ったときに
勝手に曲を入れてたみたいで、
嫌だったんだけどバンドやってるとか言ってたしで
歌う羽目になったって。
そんな話をちゃんと聞いてくれて
「きっと、(そんな話聞くの)嫌だっただろうなぁ・・・
でも、すごくいい人なんですよねぇ、、」って。
なんでもバクチクメンバーはみんなそんな感じで
いい人らしい。

ピーズの曲ちょこっと歌った後は
もう1曲なんか洋楽?挟んでましたっけね。

そういえば、始まってすぐに
新しく作った有江さんピックをもらったって言ってて
早速この日使って、弾きやすいって褒めてました。
モーサムだとすぐ割れちゃうから1
回のライブで5、6枚は消費するそうですが
弾き語りだと全然すり減らないから
「これまで1枚しか使ってないよ」って。

ひなっちにもこの前もらったそうで
「ベーシスト、みんな作るよね」って。
そのうち、店頭でも買えるようになるそうです。

『スーパッパ』ではもちろん、手拍子参加があり
最初百々さんさんの説明というか見本が分かり辛く、、
なのにすぐ曲いっちゃって
アタフタした感じになっちゃいましたが
後半は有江さんベースに合わせてなんとか着いていけました。
判定は、、「まあまあかな」でした。

そうそう。
今度テープエコーズの企画で対バンライブがあるって話。
自主的に対バン呼んでやるのは初めてだとかで。
これが決まったきっかけというのが
前のワンマンやった時にたまたまtoddleのベースの人が
ライブハウスの前を通りかかって
気になって中入ったら俺だったって感じで。

で、一緒に何かやりたいね、って話になり
じゃー、、ってことで決まったそうです。
2回目以降もいろいろ考えてるみたいですが
「なんにしても1回目が成功しないとねぇ、、」って。

ビックリしたのが
この日入り口でそのライブのフライヤーっていうんですかね、
を配ってくれてたんですが
それ、実は百々さんの自宅プリンターでせっせと作ったものらしく
「それで今日俺、1時間遅れたから」って(笑)
そうだったのかー
IMG_3744.JPG
確かに、色薄いな~、、っていうか
ホント自作だよなって手作り感満載なものでしたけど。
百々さん手作りということなら
捨てなくてもよかったー(笑)って。

「もし100回目とかでさ、武道館とかでやったら、
俺ずっとプリンター、、、」なんて言ってると
有江さん「印刷頼みましょうよ」
・・確かに。
ペラの紙なら結構安いよー
インクジェットのインク代の方が高かったりする。

そしてそのイベントタイトルが"夜のお供"ってこともあり
それを言うのに
「なんだっけ、うなぎパイの包みに書いてある
夜のお菓子?大人のオモチャ?」とか言ったりして。
すぐには思い出せなかったけど
決して"夜のオモチャ"ではないゞ(≧ε≦o)
※正解は"夜のお菓子"

あと思い出したように「あーそうだ、、営業トークしなきゃ」って
7/7の下北である日暮愛葉さんとの対バンについて。
でも、、せっかくの営業トークでしたが
調べたら7/7じゃーなかった。。7/8でした。

愛葉さんはすっごい勝気で負けん気の強い
ロックな姉ちゃんらしく。
百々さんさん曰く、とっぽいねーちゃんらしく
昔、「私のこと知ってんの?」くらいの勢いで聞いてくるから
「知ってるよーひぐれさんでしょ」って言ったら
「ひぐらしだ」って、すっごい怒られたそうです。
酒の席で何度ももめたこともあるとか。
もう二度と会うかーみたいな感じで
グラスとかガッシャーン!って帰って行くのに
また次会うと「百々かっこいー」ってケロッと言って来たりするとか。

決まってすぐにツィッターで
"よろしくね"みたいな書き込み見かけたから
そのツィッターに対し「何か一緒にやる?」って返信したのに
「あれ以来何も言ってこないよ」って。
「俺はこの日はとことんいじり倒そうって思ってるから
きっと楽しいライブなると思うよ」って。
風知空知にも行ってみたかったんで
日程合えば行きたいかもー!って思ったんですが
7/8はダメでした。。残念(T ^ T)

ラストはもちろん『ロックンロールハート(イズネバーダイ)』
最後のアウトロ?っていうのか
演奏のになるところが熱かったー

「どうもありがとう~」って本編終了、
時間、22時ちょい前くらい?

そのまま薄っすらアンコール的な拍手が続いたものの
お2人席立たないですから。
そのまま拍手フェードアウトして。。
この間、何喋ってたっけなー

「(時間22時過ぎてるのを見て)
トイレ休憩長すぎだよね。
今度やる時はオマルを、、、あのアヒルのやつ
置いといたらいいんじゃない」って言ったりして。
いやぁ、、さすがにそれは。。
トイレ一つなんですかね。
お店の人も向かいのファミマもどうぞ~って言ってたり。

「じゃーサクッとやりますか
、、別にアンコールと誰からも言われてないけど・・」って
言ってましたが
一応、少しはあったんですけどね、、って心の中で。

ラストはうれしい『悪女』
バリバリアレンジ変えて。
あの熱唱っぷり、すごいなー。

という訳で。
19時スタートで、間2回トイレ休憩あったけど22時過ぎ終了。
その間ずっと立ちっぱ。
さすがに疲れましたが
でも不思議とそんな長時間って感じは全くせず
楽しいライブでした。

夜のお供、初回行きたかったんですが
この日はどうしても。。。(´+ω+`)
なので第二回目以降に期待したいと思います。


<やったと思う曲>※セトリ見つからず。。自力であげてみましたが
 アドワナダイ
 天気雨
 すきにして
 ピンチヒッター
 SICK JITTA
 なんだか愉快なぼくたちは
 お酒にまつわるエトセトラ
 クラクラ
 ポテトフォーピープル
 箱船

 高架下の幽霊
 Sad Vacation(Johnny Thundersカバー)
 鼻血びゅー
 スーパッパ
 中央沿線午前四時 ~バカになったのに
 Good Dreams(ザ・ルースターズカバー)
 ロックンロールハート(イズネバーダイ)

 悪女(中島みゆきカバー)