So-net無料ブログ作成

埃まみれのハイエースに乗って今日もどこかの町へと走る [音楽]

あれ?なんか急に涼しい日が続いてますが。。
でもやっぱこれくらいが過ごしやすくていいね。
まぁ、ビール飲みたいっ!とか
アイス食べたいっ!って気持ちは
ちょっと薄まりますが。。
(って思ってた次の日はしっかり暑かった・・。)

さて。
そんな7.26は
ハイエース兄弟、2台で80万km
@新代田FEVER
Live:フラワーカンパニーズ/THE NEATBEATS
でした。
IMG_3799.JPG

久々のフラカンとニートビーツとの対バン。
平日でしたが
ニートビーツのライブは普段あまり行けないことが多いので
こういう機会は逃したくないと思い
張り切って有休取って行ってきましたー
一応月1回は有休を取ることに自分でしていて
まだ7月は消化していなかったので♪

チケットは店頭とプレイガイドと両方あり
てっきり店頭が先に入場かと思ってたんですが
並列入場でした。
よかった、、、実は有休取れるかどうかって
チケット取る時点では分からなくて
せっかくいい番号取っても休めなかったら意味ないなって
店頭に買いに行ってなかったんですよね。
ただプレイガイドでは発売日頑張って取ったおかげで
なかなかいい番号が取れまして。
なので並列入場はちょっとうれしかったです。

って言っても、、トータル的に50番以内な感じのため
中入ると2列目くらいまでは詰まってる感じ。
そしてグレートさん側行こうと思ったけど
苦手なタイプの人が目に付いたので
竹安さん側に。

が、、こっちにももっと苦手な人がいた。
その人多分横浜でも後ろにいたような記憶。
なんかすっごいグイグイ押してくるんですよね。
いや、別にそういう感じのライブなら
押し押しでもいいんですけど
どっちかというとフラカンって
あまり人と人とはくっつかなくてもいい感じじゃないですか。
前なんて結構余裕ある感じだし。
なのに私の後ろだけ密着って、、それだけでイラッとするっていうか。
もうちょっと全体的な雰囲気を察して欲しいなー・・
なんてね。

時間10分くらい押してスタート。
先行はニートビーツから。

いやぁ、、予想通り
いや、予想以上に笑わせてもらいましたー
楽しかったー*:.。☆..。.(´∀`人)
後で圭介さんも言ってましたが
今日はいつもにも増してよく喋ってたって。
ホントによくあれだけ次から次へと
しかもオモシロい話が出てくるなーって。
そしてまたPANさんだけじゃなく
合いの手の大ちゃんとか土佐さんもオモシロいんですよね。
最強だわ。

登場と同時に、普通は軽く挨拶して(しないバンドもいるけど)
すぐ曲行きますが
ニートビーツの場合
「はい!さて、、」って喋ろうとしますから(笑)
すかさず「喋んのかいー」ってツッコミ。
PANさん「喋るよー」って堂々と。
でもこの日は「ま、じゃ、ちょっと曲やってからにしましょうかね」って
最初は3曲くらい立て続けに曲へ。

で、終わるや否や
「さー喋るでー」って嬉しそうに。

次から次に出てきてたので
適当に思い出す限り書き出す形にて記録しておきます。

やっぱフラカンと対バンってことでフラカン話に花が咲きますよね。
まず、今回のイベントの"ハイエース兄弟、2台で80万km"について
これは今乗ってる機材車兼メンバー車のハイエースが
フラカンとニート同時納車だったからだそうで
で、同時に乗り始め、ほぼ同じくらいの走行距離じゃないかってことで
こういうタイトル付けたそうですが
「2台で80万kmって言ってますけど、、80万km行ってなかった、、
79万kmやったわ。」
「まぁ、プレ80万kmってことでね。」
「また80万kmいったらやりますか」って。
あはは。

そしてその納車の話
グレートさんがすぐに見積もり取ってきてくれて
でも関西人のPANさんとしては
「これ、もっと引いてもらえるやろ」って
とあるトヨペットに行き、さらにまた別のトヨタにも行き
「あっちじゃ、あー言ってるけど、、どうなん?」って。
「最終的に1台50万ずつ位値引きしてもらったわ。
後で、あの人(担当の人)ごっつい怒られましたーって(笑)」
流石っす!

そんな納車したばかりの頃
たまたま?高速で一緒になり
ミスコニが嬉しそうにガーってスピードあげて追い越そうとするから
PANさんも負けじとガーってスピードあげて
言ってみれば競争みたいな感じになったそうですが
ふと、バックミラー見たら「あれ、パトカーじゃね?」と気付いたPANさん。
ツーッ、、っと速度を落としたところ
「コニタン嬉しそうにイェーイ!!って抜かして行きおって
それと同時に後ろからウーって。
それまでのコニタン(嬉しそうな顔)その後のコニタン(ションボリ顔)
結局おれ勝ったからね(笑)
もうこれを超えるフラカンのオモシロい話ないわってくらい」
この話、マジで最高でした(≧▽≦)

そこからミスコニオモシロ話へ。
SAでお昼を食べた時。
先に土佐さんがモツ煮込み定食を注文
その後にミスコニがサバ定食を注文
なのに、モツ煮込み定食が出てくると
なぜかそれを食べてしまったミスコニ。
土佐さんが待っても待っても出てこないのでおかしいなーって
ふと見たら、ポツンとサバ定食が残ってて
これ誰?って聞いたら
ミスコニ「あ、それ俺だ」って
「どうやったら肉と魚間違えんねん!!」

他にも、とあるライブの打上げで
急にミスコニがPANさんに「真鍋、ちょっといいかな」って来るから
何、バンド止めるとか言い出すんかなって
止めてもらった困るって思って「何?」って話を聞いてみると
「明日のPAどこする?って、、
そんなん明日決めればええやろ!なんで今なん?」
いやぁ、、やっぱミスコニ最高!!(笑)

この日は2マン先行ってこともあってか
ある程度喋ったらタイムキーパーいるのか
「あ、そろそろ時間だそうです、、」って
きっちり打ち切って曲へ行ってました。

ニートビーツ、いまだ音源一つも持ってないんですが
ライブも十分楽しめます。
知ってる(聞き慣れた)曲も多いし。
でもって、前も書いたかも?ですが
Vo全員がとるんですね。

土佐さんがギター弾きながらPANさん側にやってきたり
前にグイグイ出て行ったりしてて
ただ、後でPANさんが暴露してたのが
「お前、ギターソロでもないのに
前出ていく勇気がスゴイ」って。

あと、そんなに動き回るくせに
シールドが短くって
「ピーンって張ってるのが気になるねん!」と
言われてました。
しかもある時、ピーンと張って前出て行ってて
挙句の果てに戻るときステージから落ちた?とか?

ここでも「さっき行って分かりました。
届かないってこと。
でも、取ったらどこへでも行けるんですけどね」って
それ、当たり前やん!(笑)
「そんなん音出ーへんやろー
それやったらどこへでも行けるわ。
ファミマでも行って来れるで。
ファミチキでも買ってくるんか」
大ちゃん「俺、辛いやつがいいー」
土佐さん「なんでお使いせにゃあかんの」

そんなシールドの話で
グレートさんのシールドがめっちゃ長くて
Q太郎さんはじめ、ローディーさんが
そのシールドを調節してくれてて
で、とあるライブの時に土佐さんがそれをやらせてもらったそうですが
下手くそすぎて
「前さん弾いてるのに時々グイってなってからな」
※土佐さんのさばくシールドのせいで
 楽器がそっちに引っ張られてしまってる状態

「その後ろでなぜか俺のおとんが写真を撮ってるというね。
そして後ろでおかんが犬連れて来とるねん。
うちのおかん、前さんのファンやから
へー今日この曲やるんだ、、って
楽屋にセトリのチェックまでにしに来よって。」

「前さんいいわ~私と同い年くらいかしら~」って
このPANさんのお母さんの話何度も言ってるけど
何度聞いても笑える
「恋心の目で見るな!」って
オモシロ過ぎだって。

PANさんはいっつも自分側の盛り上がりが少ないことを
「なんで俺の方来るんねん」って言うんですが
この日はさらに「そりゃ対角線上に見た方が見やすいの分かってる」って
あはは。。それ8割ある(´m`)
よくご存知で。
こういう鋭い分析も
あのオモシロトークにつながってるんだなーって
改めて思ったり。

いやいや。
PANさん側に来たかったから
いるんですってば。
もうグイグイ目見てきて
こっちが恥ずかしくなるくらい。
私なんてそんなライブの回数行ってない訳で
もちろん覚えられてなんかないはずなのに
覚えられてる?って感じ違いしちゃうくらいです(笑)

あまり笑ってないお客さんには
声出さないと、病気になるよってのはよく言ってましたが
新ネタ?!(笑)「何?今日、バイオリズム低い日?」って
こうなって、、の波の底辺の位置を示して
ここら辺なんかなーって、、
大笑いでした。

あと素晴らし~って思ったのが
この日は水曜日だったんですが
「もう水曜乗りきったら後は週末やろ?」って。
「だって、もうあと木曜、金曜だけやん。
嫌なの月曜、火曜だけやろ」
って、そうかーって。
何気に私も木曜日は大好きで
だってあと1日頑張ればーって思えるから。
でもそうか、水曜終われば次は木曜で
そしたらあと金曜日だけじゃんって思えば
水曜の夜はもう週末なのか、、って(笑)

ハイエース話題でもう少し。
同時納車の兄弟ハイエースですが
「でもフラカンのハイエースは
なんかあちこちボコボコにぶつけたみたいで
こんな小さくなってたで、、」
「それタントやろ」
「そう、タントになってた。黄色ナンバー」
「って、それ車種変わってるから」

PANさん「次、機材車買う時はクラウドファウンディングしようかな」
大ちゃん「って、何目的募集するん?」
PANさん「そんなん、みんな乗せて帰ってやるって
乗って帰りたいやろ?」
大ちゃん「ええなーそしたら俺も欲しい車あるから
それしようかなー」
PANさん「お前はタントでええやろ」
いいわー
PANさん運転で送迎って、ちょっとやってもらいたいかも♪
もれなくノンストップのオモシロトーク付とか?!ゞ(≧ε≦o)

車の話でだったか、、
この日はやけにPANさんが『深夜高速』のイントロギターを弾いてて
でもあのイントロきたら絶対最後はマイナーコードやろ?って
とっても切ない曲になっちゃってて
で、この話は何度か聞いたことあるんですが
それに対抗?して『阪神高速』って曲作ってるって話。
歌詞が最高で
 空いててよかった~空いててよかった~
 心斎橋行くならどこそこで降りがちだけど
 どこそこの方が近いんだけどねー
みたいな
土佐さん「何のメッセージ性もない歌詞」って。

宣伝的な話では、、
20周年のニートビーツ
クアトロでのツアーと
クロマニヨンズとの対バンライブの話。
ちゃんとチケット確保して持ってきたって
なぜかセカンドバックから出す仕草のPANさんが
オモシロかったー
ペロって舐めて数えたり
あ、雨降ってきたーってそのセカンドバックを頭の上に載せて
歩く真似→ちょっとタクシー呼んで(MK呼んでーってね)

あとは映画の話。
「初めて黒のタンクトップ着たわー
、、ウエノコウジかっ!って」って。
えー、、PANさんDJやってた時タンクトップ着てなかったっけ??
それに対し「白は?着てへんの?」って聞かれると
「それ着たらおにぎり持たなあかんやろ?」って
例のモノマネも。

最後は振り向きざまにキメポーズして
きゃーって言われると
「今日はみんな抱いたる!代田だけにな」って言うと
なぜかそれを大ちゃんが
「今、代田と抱くをかけて、、」って説明しだしちゃって
「そんなんみんなもう分かってるから」って
大ちゃんかわい過ぎ(笑)

っと、たーっぷりの1時間超え(多分オーバーしたんじゃ??笑)
最高でした。
曲ももちろん、楽しかったけど
もうこれでもかーって位笑わせてもらいました。
帰りざまにPANさん「次は圭くんが
どんな面白い話をしてくれるんだろうね~」って
帰って行ってました(笑)
あ、でも一番信頼できるバンド、フラワーカンパニーズとも
言っていて
いい関係なんだなーって。

さてさてここでセットチェンジ。
そうこういう小さいハコは全取っ替えなんですね。
何て言うか、、転換って言ったら
ガーってドラムセットが台で動いてくるの
期待しちゃうから。。

19:10スタート
20:20終了
転換
20:45頃フラカンスタート、、って感じでしたかね。
※ちなみに、ライブ終了22時前後デシタ♪

そうそう。
数日前のオフィシャルの写真で
あれ?って思ってたんですが、、
竹安さんの首元。
どう見てもあのスカーフチックなのが不自然で。
絶対ムチウチかなんかのコルセットっていうんですかね、を
隠してる風にしか見えなくて。
でも特にそれに触れることもなく、、、
だけど調べたところによると
やっぱ何かしら首を痛めてしまってるようで
(巻いた初日はちゃんと説明があったらしい)
お大事にどうぞ。

圭介さん、パジャマみたいなダボットしたシャツ。
かわいいっちゃーかわいいけど、、な(笑)
ミスコニは赤のつなぎ。
グレートさんはヒッコリー?デニムだったかな?の
オーバーオールでした。

今年の夏はこれスタートって決めてるのかな?
『最高の夏』からライブスタート。
でもこの曲スタートはなんかテンション上がるんで
うれしいです。

そのテンションのまま『消えぞこない』
とても2曲目とは思えない
盛り上がり。

そしてこの日のレア曲
『波の下』
曲はなんとなーく聞いたことあったんですが
タイトルとか全く把握しておらず。
かなり久々の曲だったみたいです。

ここで最初のMCだったかな。
圭介さんが「今日は自分をしっかり持ってやるだけだ」って
言ってただけあって
MCほぼなし。
メンバー紹介も名前だけだったし。

あ、あとここ新代田FEVERでやるのは
初めてなんだとか。
意外!

ニートビーツとは付き合いも長いし
対バンも数えきれないほどやってる仲だそうで
定番の"黒いジャンパー 裏地は赤のチェックだ!"は
もう何回聞いたか分からないくらいだって。
ただ、そのライブごとにバージョンが違うから
いろんなタイプのあの曲を聞いてきてるって。
そうか、、でも確かに
この日はちょっと短いVer.だなー、、とは
思ったりもしてたんですけど。

で、圭介さんがPANさんのことを
「おしゃべりリーゼント」って言ってて
「もう全部根こそぎ喋っちゃうから
終わった後はペンペン草すら残ってない!」って(笑)
でも実は楽屋で先に予習?
全部あれはいつだったかとかいろいろ確認してるそうで
「でももう聞かれたの全部話してたな」って。

この日のレア曲その2は
『青い春』
これはすぐに分かったし
何度かライブで聞いたことありましたが
カッコイイんだなー
惚れ惚れしながら聞いてました。

「この日のために作ったって言ってもいい」って
なぜか2回も繰り返して言っちゃってた
『ハイエース』
ニートビーツの『ハイエース』って曲も
聞きたいって
圭介さんが作詞し出して
タイトルを「白いハイエース」って言うと
グレートさん「あいつらのはシルバーだからな」
圭介さん「じゃー、、シルバーのハイエース、裏地は?」
グレートさん「う、裏地!?うーん、、茶色かベージュじゃないの?」
って、、何で裏地?!ゞ(≧ε≦o)

『ハイエース』
歌詞をじっくり聞くと
フラカンのそのまんまを書いていて
ファンであればあるほど
なんかグッとくるところありますね。

そこからの『俺たちハタチ族』
『三十三年寝太郎BOP』の連チャンで
またしても大盛り上がり!

メンバー紹介
グレートさんからはアルバムリリースの話が
あったっけ?

あと、ニートビーツメンバー(おもにPANさん)出演の
映画の話とか。
グレートさんがコメントを書いたそうですが
依頼されるときにPANさんから
「厳しいこと書かないでね~」ってメールが来たそうで
「あいつでもかわいいとこあるんだ」って思ったとか。
一応、演技ではフラカンの方が先輩?!

グレートさん的には
土佐さんの演技が
演技と言うか、
普段街で会ったりした時に「あー前さん!」って
話しかけられるのと同じくらい
普通っぽい演技がすごかったって。

ちょうどその時バーカウンターの中に土佐さんいたようで
Q太郎さんがチカーって懐中電灯照らしてましたが
気付きましたかね??

あ、で。
そのPANさんのことをずっと年上だと思ってたって話。
「あれだけ態度デカいの、
某ブラフマンのVoとアイツ位だろ?」って。
確かに、、PANさんと圭介さん(フラカンメンバー)だったら
PANさん同い年か年上に間違いなく見える!(笑)

いつもの
メンバーチェンジなし!
ヒット曲なし!
今年で結成27年(だっけ?)
4人そろって、、、フラワーカンパニーズ!!
っとあって
『マイ・スイート・ソウル』

そして ライララライララライラララ~っと
イントロみんなで歌って
『最後にゃなんとかなるだろう』
いやぁ、、楽しかったー

そしてアンコールは
もちろん、ニートビーツメンバー登場っす!

出てきたPANさん、デカっ!!
やっぱフラカンメンバー小さいのね。。(笑)
っていうことは、ニートのPANさん以外のメンバーも
実はまぁまぁ大きいってことか??
PANさん普段着だと
よりロッカーな感じが増してカッコいいです。

圭介さんとPANさんが交互に話すんですが
PANさんマイクを持ってなくって(マイクスタンドにはあったのに)
なぜか圭介さんのマイクを使って
終いには奪っちゃって(笑)
でもそのマイク、特製(自前)なので
普通のマイクよりちょっと大きめだったようで
PANさん「このマイク、デカいな!
これは圭くんが小さいからって訳じゃないんやな」って
言ってたのが最高に可笑しかったです。

で、その話題は
さっきも言ってた
圭介さんがPANさんを年上かと思ってたという話。
これ、なんで年下か分かったかっていうと
ニートのレコーディングに
圭介さんがハモニカ?で参加した時
最初はめっちゃ敬語で
「あ、ハイ。じゃーこういう風にしたらいいですかねー」って
言ってたのに
PANさんがいない時にたまたま自分の話になり
そこで年を知ったらしく
戻って来たら圭介さんが「年下かよ!!」って
言ったって。

あとPANさんから
圭介さんと家が近所だった時代に
車で道を通ってたら
犬を連れて歩いてた圭介さんを見かけて
窓開けて「おいっ!」って声かけたら
うわぁっっ・・・って、めっちゃビビってたって。
それ聞いて圭介さん
大笑いしながら「話、盛ってる」って(笑)

そんなこんなありまして、、
じゃー最後に踊れるか~の
『真冬の盆踊り』

始める前にずっと気になってた
竹安さんに首に巻いてるやつについて
PANさん、「どしたん、なんかこぼしちゃうのかな?離乳食??」って
ツッコみ。
ここで説明してくれるかと思ったんですが・・
時間なかったですかね。

途中で(って言っても終わりの方ですが)
ヨサホイヨサホイ って言ってるところに
ヨサホホイホーイ って変わるところ
あれをPANさん言いたかったって
急に自分のペースで言いだすもんで
圭介さんがこうでこうでこう入るって説明してあげたんですが
「あー、、めんどくさいなっ!」って
でも一応、教え通り入り
あとこの日はヨサホイをトサホイとかって言ったりして
みんなで大盛り上がり。

そして最後。
もちろん、圭介さんのジャンプ!で〆!!かと思いきや
なぜか何回やっても締まらず
最後の最後ミスコニが登場で
圭介さんがやるより前にジャンプして
〆!!

えぇ、、って顔の圭介さんに
「だって、コニタン、赤着てて目立つから、、」って。
コントの様でしたゞ(≧ε≦o)

次は100万㎞でやるか、だって(*´∀`*)
ぜひ、続けて欲しいです♪


<セットリスト>
 01.最高の夏
 02.消えぞこない
 03.波の下
 04.すべての若さなき野郎ども
 05.あまくない
 06.ロックンロール
 07.青い春
 08.ハイエース
 09.俺たちハタチ族
 10.三十三年寝太郎BOP
 11.マイ・スイート・ソウル
 12.最後にゃなんとかなるだろう

 EN.真冬の盆踊り with:THE NEATBEATS


夢うつつ手懐けて自由自在気分次第 脳内細胞の支配下で王様になれ [the pillows]

学生たちは夏休みですか・・
私の今行ってる会社は始業時間が遅めなので
普段は電車が空いていていいのですが
こういう時期は若干、いつもより混んでて
かつ、浮かれてる人が増えてる?!感がして
朝からイラっとした気分になったり、ならなかったり・・

さて。
そんな7.22は
the pillows NOOK IN THE BRAIN TOUR
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_3797.JPG

ツアーファイナル!

終わっちゃうのか、、
でも今回は、
終わる前から次のツアーのお知らせが
発表されたりしてるんで
なんていうか、終わる気がしないって言うか
不思議な感じです。

この日はチケット番号
600番台。
でもZeppとかの大箱だと1000番くらいでも
さほど心配してないって言うか
もう逆に言うとここまで来ると何番でも同じって言うか・・

で、やっぱ入ってみたら
いつもの位置に行けたし
押しもなかったし
そりゃ、ステージ横に見る感じで
センター遠いよ・・
(有江さんですら遠い)って感じですが
それでも視界遮るもの無く(背低い人多かった♪)
快適に過ごせました。

これ、大事ですね。
近いか遠いかより、視界遮るものあるかないかの方が
私的には重要なのかもな。

この日はやっぱり
カメラいっぱい入ってて
DVD化されるようです。
てか、この日のカメラの台数
いつもよりすっごく多く感じたのですが、、気のせい?
まずシンちゃん前に固定のカメラ
あとステージ上もシンちゃんをサイドからとらえるカメラマンに
Peeちゃんたち前衛を横からとらえるカメラマン
この2人がしかも若い女性のかわいい方で(笑)
あとは前から2人
それから後ろからクレーン?みたいなのもあったし。
なんか個人専用みたいなアングルで見れる特典が
付いたりするのかしら??

セトリは結局通して変わらず(EN以外)
って書いておきながら
あれ?過去のを見返してみて
『Blues Drive Monster』が入ってないことに気付きまして。
っというのも、横着して変化ない時は過去のをコピペしてるんですが
いつから『Blues Drive Monster』って加わったんだ??
、、、ちょっと分からないんですが
とりあえず初日以外追加しておいた。。( ̄▽ ̄;)

そしてアルバムの中の曲1曲だけかと思ってたんですが
こちらも勘違いで2曲
『shi looks like new-born baby』『pulse』は
ついにセトリに入ることなく終わってしまいましたが、、
これは何か理由があるんですかね。
なんかそういうの珍しいなーなんて思ったりしたんですが。
(どっかで語ってた??)
まぁ、、ちょっと雰囲気的静かな曲なので
盛り込みにくかったのかなーっと思いつつ。
またいつか聞けることを楽しみにしています。

ってことで、曲に関する感想は簡単に書くとして。

あ、で、メンバー衣装は
さわおさん、CAMPのTシャツ
あれ、首元影かと思ったら黒のTシャツ重ねてる??
なんか不思議な感じでした。
PeeちゃんはVネックのTシャツ
シンちゃんはブルーのバックプリントカワイイシャツ
有江さんは珍しく?Tシャツにシャツを重ねてました。

この日はファイナルで会場も大きいってこともあってか
暗転してSE鳴ってる時の拍手、すごかったし
メンバーが入ってきたときの歓声もすごかったです。
なので1曲目の『Envy』
どんどんボルテージ上がって行く感じが伝わってきて
最後の最後はいつになく声張りあげて歌って感じがしました。

からの『Hang a vulture!』で
一気にテンションUP!!!
私もここから拳上げ上げモードに(笑)突入。
『I think I can』のサビは
ステージとフロア一体となって
歌ってた感じでした。

ここで最初の挨拶でしたっけ??
さわおさんが急に「イェーイ!!」って拳上げて叫びだすもんで
ビックリしつつもつられて
イェーイ!ってノリノリのフロア。
「おいおい、今日はなんかいいんじゃないの?」って
ご機嫌なさわおさん。
「思った以上に俺、元気だろ?」って言いながら
もう1回「イェーイ!!」って拳上げて叫んでて
笑っちゃいました(笑)

「今日は NOOK IN THE BRAIN TOURのクライマックス!
今夜もいい曲いっぱいやっちゃうよ!
最後まで楽しい夜にしよう。よろしくね!」
って言ってたっけなー・・
でも"クライマックス"って言ってたのだけはハッキリ覚えてて
ちょっと初めてな感じだったので
おぉ~って思ってしまいました。

『MY FOOT』では 僕はまだ見てる~ のところで
胸をトントンやる仕草を
見ることができ感無量です。

『New Animal』はこの日は何ていうか
すっごいドラムの入りが分かりやすかったー
ここだーっていつもハラハラしちゃうポイント
すぐ分かったもん。
なんでだろ。
この曲はなんか2番からの盛り上がる感じが好きです。

大きい会場は照明はきれいなので
『Last Holiday』のようなバラード曲は
ウットリ聞けます。

ドラムが入ると手拍子が沸き起こるフロア。
正直何でもかんでも手拍子ってあまり好きじゃないんですが
(ちょっとこの日はそういう節があった感じ・・)
『POISON ROCK'N'ROLL』の前は、、しちゃいますね~(*´ω`)

チューニングしてるとたくさんの名前を呼ぶ声に

「ホントに売れちゃうかもしれない」
「プロ目指そうかな~」って
そこで「CD買うよ!」ってフロアからの掛け声はオモシロかったです。
さわおさんも「マジか?」って(笑)

でも名前呼ぶ声
野太い男の声ばっかだったんで
「あれ?女性もいるよね?」って
すると女性陣の声も聞こえてきて
ご満悦な様子「DVDでは女性の声だけ使います!」
だそうですゞ(≧ε≦o)

そんなこんなしてるもんで
さっきしっかりやってたのに
「あれ?俺、チューニングしたっけ?」って再チェック。
「大丈夫、狂ってなかった。狂ってるのは俺だけか(笑)」って。

そしてPeeちゃんに
「始める前に楽屋で、今日はさくさくテンポ良く進めるって
言ってたじゃない?
、、、あれ、嘘だったわ、、」って。
大爆笑のPeeちゃん。
確かに、Peeちゃん、かなり前からもうスタンバイOKな様子で
ジーッと待ってました。

っということでお次は
『インスタント ミュージック』
イントロのさわおさんのジャンプもバッチリ★
ここから間にタイトルコールはありましたが
ノンストップでしたかね。
なのでなんていうかあっという間に過ぎてった感じ。
でもすっごい短いって感覚はなくって。
アンコールで「思った以上に時間まだ早くて」って
言われたときに
あれ?そうだったのか、、って気付かされたくらい。

『ジェラニエ』は息継ぎが苦しいって言ってましたが
そんな感じを感じさせない見事な歌いっぷり。
最後の伸ばすところとかすごかったです。
ジーン。。

そんな余韻に浸ってるところに
またしてもフロアから名前を呼ぶ声。
絶対拾ってもらいたくって言ってるだろって見え見えなのは
正直ウザくて嫌いです。。
って思ってたら
さわおさん「ジェラニエの余韻とかないのかい」って。
ナイス!!

大人だなーって思ったのはそのすぐ後に
「終わったらすぐタバコ吸うタイプだな、、」ってボソリ。
上手く話笑いに持って行ってましたが
、、、これって、あれの後の話??( ̄▽ ̄;)
ニヤリとした感じでPeeちゃんと握手←なんで??(笑)
「あー、、あれだな、男のファンが増えるとこうなるのかな」って。

ここでだったか、、
「あーこんな48歳になってるとは思わなかった・・
信じてもらえないかもしれないけど
昔、ストレンジカメレオンを作ったのは僕です(笑)」

ハンドマイクになると
おぉ~って歓声が。
「えー、、さっきやったジェラニエは
アルバムの中の曲でも
きっとみんな好きな曲なんじゃないかと思う。
あの曲は、すごく愛情込めて
歌詞も曲も作ることができた曲で
だが、次にやる曲は、、、愛情なんて1ミリもこもってなーいっ!!
愛情はないが、楽しくて盛り上がる曲。
やってて楽しいことに意味がある曲
カミングス――――ン!!」
 ※かなり内容適当・・。

このMC若干皆さん聞き慣れてきたところもあってか
ちょっと出だしまでの盛り上がりが欠けて
入りにくそうだったように感じたのは私だけでしょうか、、┐(´~`;)┌

いや、でも、曲はもちろん
盛り上がりました!『Coooming Sooon』
それの続く『パーフェクト・アイディア』
出だし静ちゃんのバキュンってやるポーズとか
GLAYの踊り?の真似っ子のやつとか
いろんなパクリ振付入っててオモシロかったし
一生懸命ギターソロ弾くPeeちゃんの後ろで
一人チューチュートレインもどきやっちゃうさわおさんも
オモシロかったし。
あとかぼちゃの馬車揺らすクライジー の後の
フリフリダンスもなんか笑っちゃいました。

この先ちょいちょいハンドマイクの曲1曲は入りそう。
その代りそう言えばインストの曲
やらなくなったなー・・
個人的にはあまりインストの曲は好きじゃないので
いいんですけど。

ここでメンバー紹介。
まずは有江さんから。
歓声もいっぱいで嬉しそうにご挨拶。
前もチラッと言ってましたが
お台場にあまり来ないせいか
2つあるZeppのどっちへ行けばいい
完全に迷いそうだったって話。
「今日は事務所の車に連れて来てもらったので
よかったんですが、、
一人だったらきっとガンダムに吸い寄せられて
もう一つの方へ行っちゃってたでしょうね、、
あ、でも今はガンダム改修中で
いないみたいなんで、、、そうしたらなお更ですね(笑)」
まとまり悪い終わり方に
さわおさんに「どうした」ってツッコまれ
「緊張してるみたいです、、」って。
あはは。

続いてシンちゃん。
シンちゃんは有江さんの影響で
このツアー各地でよくラーメンを食べたって話で
「だた俺の場合、和歌山で喜多方ラーメン食べたり
○○で□□ラーメン食べたりと
特にその土地に関係ないラーメンを食べることが多くて、、
まさに、ツアーの醍醐味ですね」って言って
みんな??って
さわおさん「なに、ひょっとして調子悪いの??」ゞ(≧ε≦o)

シンちゃん、負けじと
「あのー驚いたのが、札幌に行くたびに行ってたラーメン屋が
茨城の牛久のラーメンで、、俺の地元じゃん!って。
・・・
「あのーだから、何が言いたかったかと言うとー
ツアー楽しかったなってことですよ。
またすぐにツアーに行きたいってことですよ」って。
あはは・・無理やりまとめたなー(笑)
って、さわおさんもツッコんでました。

ここでだったか、後のアンコールの
思い出しで言ってたのか不明なんですが
シンちゃんが「いやね、後半のライブで
有江くんのMCがずっと絶好調だったのに
今日が全然ダメで、、」と
まさかのダメ出し?!
そしたらさわおさん「お前が言えねーだろ!(笑)」

最後はPeeちゃん。
こちらはいつものように爽やかに
「今日は来てくれてどうもありがとう!」って。
「このツアー、毎回とっても楽しくて
そのせいなのか、とっても短くて
アッという間に時間が過ぎたった・・
アッという間に終わっちゃった・・」

さわおさん「あの、、黙っていようかと思ったんだけど
我慢できなくなった。
今、、もしかして一番大事なところで噛みました?」
そう!
いや、私も最初、ワザとそういう語尾にして言ったのかなって
思ったんですが
その後言い直しをしたことで
あ、、もしかして、さっきのは・・って。

Peeちゃん無言でニヤリ。
さわおさん「そんなピロウズです。
よろしくお願いします」
 ↑この後どっかでPeeちゃんも言ってたんだけど、、
  もしかしてその前にさわおさんがどっかで言って
  ここはPeeちゃんだったかも?うーん、、記憶が。。(´+ω+`)

気を取り直して?!(笑)
「じゃー真鍋くん、ここでいつものあれ
言ってもらいましょうか
よくライブでやる、その土地の地名を言うと
みんながワーって盛り上がるアレを」

ってことでPeeちゃん「お台場ーっっ!!
盛り上がって行くぞー!!」っと
かけ声はバッチリ(´m`)

からの『BE WILD』はもちろん
盛り上がりますよね~
なんでも、、レスリングの登坂絵莉ちゃん
ライブ見に来てたようで。

ギターを持って前に出てきて
オラオラと少し弾いた後
ゆっくり振り向き有江さんを指さして始まったのは
、、、『Sleepy Head』
これがカッコいいんだなー
すっかり有江さん色になってきたこの曲。
ぶっとい音、最高です。

そしてラスト
『Where do I go?』『Advice』ときて
本編終了。

「サンキュウ
サンキュウベリーマッチ
アイライクユー
アイライクバスターズ」
だったかな、、って叫んで終わるさわおさん
グッときました。

続いて、、アンコール。
「アンコールサンキュウ!」

「今夜も最高に楽しいライブだった。
そんなキミたちにプロポーズをしてやる!」
・・正直頭の言葉、記憶なし。
なんとなーくで書いてしまってますが、、なんて言ってたっけ?

いや、でもこのタイトルコールは
ピロウズファンにとってはキュンキュンなタイトルコールで
その他大勢で言われてると分かっていても
イェーイ!ってなってしまいます(笑)
っということで『プロポーズ』

ラストは『Funny Bunny』
サビの大合唱、めっちゃ良く響き渡って
とってもよかったです。
さわおさんはいつものように「ありがと!」だっけかを
オフマイクで言ってくれてて
さすがにそれは聞き取れる距離ではなかったんですが
その言ってる姿を見て
うれしくなるのです。

そしてその時にの有江さんのニコニコの顔も
素敵でした。

皆さん捌けた後にさわおさん1人残って
「楽しかったかな?
今回のツアーは前回のツアーと同様に
ホントに楽しくて気分がよくて
新曲もたくさん作ったよ」

「もう知ってる人もいるかもしれないけど
次のツアーが決まってる」って
例のアルバム「Please Mr.Lostman」「LITTLE BUSTERS」
再現ツアーの話。

ワーって沸くフロアに
「あれ?やっぱ今日は俺、人気だな」って言った後に
「ひょっとして俺のこと好きなんじゃねーの??」
ひょえーっっ。。(ノ∀\*)
しかも当たり前ですが
ワーキャーなるもんで
もう1回「ひょっとして俺のこと好きなんじゃねーの??」って
2回目はなんか高校生が照れながら言う風で
さらにキュンキュンでしたー(笑)

「俺達はとっても不思議な関係だと思う
見渡せば、顔を覚えてる人もいるけど
、、、でも友達ではない。

だって名前も知らなければ連絡先も知らないし
一緒に飲みに行ったりもしない。

でもきっと特別な何かで繋がってるんだろうな
そしてそれは
ライブに来ないヤツらには、一生理解できないことだ」

「このたった2時間くらいの時間が
俺にとってはもちろんだけど
キミたちにとっても
かけがえのない時間になってくれてたら
うれしいよ」

すごい歓声と拍手に
おぉ~って言いながら
こみ上げてくるものちょっと我慢してる感じ?←気のせい??

で、
「ひょっとして俺のこと好きなんじゃねーの??」って
言い切ってちゃんと笑いを取って〆る。
最高!

そして最後
「テレビでは流れてこない音楽をやってるピロウズ
もしかしたら見つけ出すのに時間がかかったかもしれない
それでも五感を使って見つけてくれて
好きになってくれて
理解してくれた

・・・何が言いたかったかって言うと、、
ありがとう!」

うぅ。。。
感動じゃ。゚・(PД`q )・゚。

「次のツアーがもう決まってるから
また遊びに来てくれよ」って言ってたっけ??

そんなに何て言うかしんみりした雰囲気になった訳でもなく
突然のMCになんか頭ボーっとしてしまいましたが
今思い返すと
なんてうれしいことを言ってくれたんだ!って
脳内再生繰り返してます。
、、、、で、言ってた順番とかかなり曖昧です。
違ってたらスミマセン。

ダブルアンコール待つ間の拍手
みんな生き生きしてましたね(笑)

ってことで、ダブルアンコール。
皆さんビール片手に。
特に集まってカンパーイってするでもなく
でもなぜかフロアに向けてカンパーイって見せて
グビグビと。

ただ、ビールの缶が冷たかったようで
Peeちゃんはかわいくタオルでくるんで飲んでて
(結構いつもそうやってる気が)
さわおさんそれ見て
「うぅ、、それ、なんか嫌だけど
・・そうしたくなる」って
結局タオルで巻はしなかったけど
何とか触らないようにして頑張ってました。

「なんかね、、思ったより時間、早かったみたいで」って
ワーってなるフロアに
「だからって曲増やしたりなんかしませんよっ!!
このままダラダラ喋るだけですから」

で、「どうでしたか?終わっちゃいますよ」って
Peeちゃんに聞いたら
「終わっちゃいますね、、俺達の関係も終わっちゃうのね」って
えぇー?!(笑)
さわおさんも「いきなり出してきたなー
それに関してはせいせいするわ!」って。
え?Peeちゃんってそうなの??(笑)

「あのー、、今ここステージ上だから
こんな水滴ポタポタ落ちてても何も気にしてないんだけど
あと、歌詞でさ
なんていうの、物を例えて書いたりするじゃない
例えば、、MY FOOTで
雨も水たまりも気にしないぜ とかって
本来の俺なら、メチャメチャ気にするわっ!って。
ちょっと雨降っただけで
すぐコンビニで傘買うからね。
だからビニル傘が増えすぎて困るんだよなー、、、、」
なんとー(≧▽≦)

名古屋での打ち上げの時
日本酒を飲んでだそうですが
その日本酒の注ぎ方の一つして、、
升の中にグラスが入ってて
並々とグラスに注ぎ溢れさせるってやつ
「あれが嫌でね、、、」と。

シンちゃんが「あれは先に升のを飲んでから
グラスのを飲むんでしょ」って言った所
さわおさん「だってグラスの底には日本酒ついたままで
ベトベトするじゃない?」
シンちゃん「あぁ、、そういうことは気にしないんで・・」
って、さわおさん的には
その日本酒ということは糖分含んでてちょっとベトベトする
そのグラスを持たないといけないことに抵抗あるみたい?

「しかもあの店、飲み放題だったんだよ。
サービスでってそれやる意味ある?」

ビショビショから思いだしたのか
鹿児島で大雨の中どうしても行きたいラーメン屋に行った話。
ふだんペラペラのローファーを履いてるため
ちょっとでも雨降ったりしたら
すぐ屈に浸みてくるそうで
「分かるかな、、踵で歩く感じ(笑)」って
ヒョコヒョコやってくれたの、大笑いでした。

で、その大雨の中行ってしまったせいで
置いとけば乾くってレベルじゃなかったので
ドライヤーで乾かそうとしたそうで
ただ、そうすると何時間かかるんだ?ってレベルだったため
わざわざ固定させて
置いておけばずっと温風が当たるように設置。
「でも根が真面目だから
もしかして火事になったら大変だって、、
周りに濡れたティッシュでくるんで、、、
って、これ、どうでもいい話だったな、、」って
オチないことに気付いたのか
ちょっと苦笑い(笑)

「可笑しかったのがさ、、
俺ら移動中はメンバーだけで電車に乗ることが多いんだけど
どっかの駅でさ、シンちゃんが
ハイボールの缶を自動改札機にポンって置いて
切符を通してまた缶を取って行ってるのを
女性の駅員さんに見られてて笑われてたの。
シンちゃん「こぼれたら大変だし、置かないと切符出せなかったから」
さわおさん「それ、こぼすともったいないって思ってたからでしょ?」
シンちゃん「いや、それもありますけどー
街を汚しちゃいけないって気持ちもありましたよ(笑)」
さわおさん「同じバンドやってるけど、、ああなったらおしまいだよなーって
いつも思うんだよなぁ。。。(笑)」

有江さんにも「どうだった?」って聞くと
「楽しかったですねー
終わっちゃうのが寂しいです」って言ったら
「でもまた次、決まってるし」って言われた時の
ウキウキってした感じの表情がかわいかったです。

あまりに話のネタ出て来なくて
「もうないなら曲行くか、、」って。

「信じられないと思うけど、俺達は毎年1つずつ年を取ってる。
でもライブの本数は変わってない。
当然ながら、体は疲れるよ。
朝起きてリハに向かわないと行けないって思うと
行きたくないなとか面倒くさいなって
二日酔いの時とかは特にね
、、7割くらいの確率で二日酔いなんですが(笑)

リハは飽き飽きしてるんだけど
でも俺はしっかりやりたい正確で
モニターの聞こえ方とか外の音の鳴りとか

でも不思議なんだけど
SEのサロンミュージックの『KELLY'S DUCK』が鳴って
ステージに出てワーって拍手で迎えられて
1曲目のイントロをジャーンって鳴らした瞬間
なにか分からないけど、4人で大きな塊になったように感じて
それが何かわかるか?
、、、それがロックンロールだよ!!」

前に宇都宮で聞いたとき
猛烈にジーンときた言葉。
この日はその時よりもより丁寧に
詳しく話してくれたせいもあって
ちょっと大人しめの始まりになってしまいましたが
名言ですな。

『Locomotion, more! more!』
言うまでもなく盛り上がりました。
熱い!

メンバー帰って行くときのにこやかな顔が
素敵でした~
とくにPeeちゃん♪

トリプルアンコールは
ファイナルならでは。
特にMCもなく
始まった『ハイブリッド レインボウ』
やっぱそうですよね。

最高でした。
今回は遠征もしないツアーとなりましたが
毎度のことながら
ピロウズは土日にいい感じのスパンで東京のライブを入れてくれるので
ホントありがたいです。

次のツアー、、こちらは残念ながら
土日の関東はなく。。
いまからどうするか、、頭悩ましてます。


<セットリスト>
 01.Envy
 02.Hang a vulture!
 03.I think I can
 04.MY FOOT
 05.New Animal
 06.Last Holiday
 07.POISON ROCK'N'ROLL
 08.インスタント ミュージック
 09.Ride on shooting star
 10.王様になれ
 11.Blues Drive Monster
 12.どこにもない世界
 13.GOOD DREAMS
 14.ジェラニエ
 15.Coooming Sooon
 16.パーフェクト・アイディア
 17.BE WILD
 18.Sleepy Head
 19.Where do I go?
 20.Advice

 EN1.
  プロポーズ
  Funny Bunny

 EN2.
  Locomotion, more! more!

 EN3.
  ハイブリッド レインボウ


今回、珍しく、家に帰ってからできるからと
ライブ行った時は毎回ちゃんとアンケート送ってみた☆
IMG_3798.JPG

どういう風に回収されて
メンバーの手に届くのだろうか・・・
毎回回収されてるのかな?



始まりは何だっけ奴の歌か俺の咳か 忘れたね記憶喪失 毎日FRESHで最高 [The Birthday(2012年~)]

ふぅ、、やっと最終章(笑)
そしてジワリジワリときてた筋肉痛も
ようやく治りかけ( ´_ゝ`)

さて。
そんな7.17は
The Birthday TOUR 2017"NOMAD"
@酒田MUSIC FACTORY
でした。
IMG_3785.JPG

こういう小さいハコは地方でもないと味わえないんで
とっても貴重です。
キャパ250位でしょうか。
全然ステージの様子とか下調べなしで行ったんですが
低くて見辛いハコだった・・
ただホントにハコ!って感じで
いわゆるライブハウスってこうだったよな、、って
感じがしました(根拠はないけど 笑)
IMG_3786.JPG

チケット番号160番台でしたが
間抜けてる人も結構いたのか
中入ると思ったほど人人人ーって感じじゃなかったです。
で、今回は絶対にハルキ側って決めてたし
どっちもさほど見た感じ変わりなかったので
端の方で待機。

後から後から
人がどんどん入ってくるのか
スタッフがやたらと前に詰めさせて
もう始まる前からギューギュー。

で。
確かに入るときにいた、子供2人連れた家族。
端の壁際とは言え
まさか最前にいるとは。。(番号30~50番以内だった気がする)
結局始まってものすごい押しで
お父さんが必死でその子たちを囲って防御してる感じで
私の腕に背中がずっと当たってました。
目の前スピーカーだったし
きっと何も見えてなかったんじゃないかなー、、って。
それなら後ろ行けばいいのに。
子供たちもよく我慢してたなーって。

ただですね、私的には
予想外にもメンバーみんなほぼほぼ見えまして♪
キュウちゃんはちょいちょい隠れてしまうことありましたが
左右首を傾ければ見えることもあり
あと反対側のフジイさんも
ステージ横幅あまりないせいもあってか
結構近い!って感じで
ハルキはバッチリ。
チバさんもちょうど人の肩の隙間からいい感じで見えて。
押し押しでしたが嫌な人もいなくて
比較的快適でした。

ただし、、、熱かったです。
違う、この場合は暑かったです、が適当か?!( ̄▽ ̄;)
キュウちゃんもブログで書いてましたが
私も絶対終わった後絞れたと思うほど
汗かいたー
ただでさえ、汗かきってのもありますが
ライブ中も汗ポタポタ垂れてたし。
タオルも、もう吸いとらないってほどドボドボだったし。
狭くてギューギューだけじゃなく
空調の効きが良くなかったんだと思います。
そういう点からも
ちょっと2回目はないかなー、、、。
同じ山形なら、山形市にあるハコの方が見やすかった思い出。

そしてライブは、、セトリがまた変わってました!
怒髪天と言い、どうしたー(笑)
The Birthdayはここ最近では
あまりセトリ変えない印象だったんですが
今回のセトリを探すのに各地検索してみたところ
ホントに各地でかなり変わってる感じです。
ただ、この日のセトリが落ちてない(´+ω+`)
なのでやった曲はだいたい合ってると思うのですが
順番は曖昧です・・

この日も『24時』始まり。
衣装はキュウちゃん黒シャツ?
ハルキも黒シャツにデニム
フジイさんが最初ジャケット着てたと思うんですが
気付いたらTシャツになってて(白!)
あのTシャツかわいいなー、、後半戦からのグッズになるかなー♪
チバさんも黒シャツにストールでしたが
こちらも途中でストール取ってました。
いや、ステージ上も暑かったってことですね。

頭の4曲くらいは変わらず。
『あの娘のスーツケース』の替歌は
だだ茶豆は好き。
かつては歓楽街的な街の名前を言う印象でしたが
郡山といい、最近は食べ物が多いのかな??(笑)

そして最初のMCの時に
キュウちゃんが酒田はお初ですって。
で、「酒田ではいじることを"ちょす"って言うんですよね?
実は、北見でもそう言うんで、ちょっと親近感わいてます」

「あとオランダせんべいは言うほど美味しくないよね(笑)
あれは、、有名な亀田製菓のうす焼きと
ほぼ同じですよね、、、あ、今、ちょけてますよ」
あはは。
確かに、オランダせんべい、私も初めて食べた時は
あれ?って思ってしまったんですが
つい、お土産に買ってしまってまして、、
IMG_3793.JPG
でも久々に食べたら
そのあれ?って思ってたのとは違い
思いのほか美味しかったです(笑)

パッケージが可愛くて♪
IMG_3796.JPG

で、フロアあちこちから「ちょす!」「ちょーす!!」とかって
声がするもんで(元気な男子が多かった)
チバさん「期待すんなよ」っとピシャリ!

曲の感想で言うと
このツアーやっとハルキ前に来れまして
あーやっぱベースの音はいいなぁ~、と。

って言っておきながら
そうだ『夜明け前』の間奏のギターを
フジイさんとチバさんとで
追っかけっこで弾いてる箇所があって
あそこが何気に好きだったりします。

この日も聞けた『星に願いを』
そしてもう聞けないかと思った『リトル・リル』を
再び聞けてヤッター!
キュウちゃんのドラム捌き素敵でした♪

そして『星の首飾り』
サビはもちろんフロアも一緒に加わって
大合唱!

『VINCENT SAID』かな
あの難しい感じの各パートの演奏
ハルキのベース弾きっぷりを堪能してた、、と
思うんですが
何やらこの曲終わりでハルキ前ローディが集まり
ザワザワと。
急にハルキも「佐々木さん、ライン切って!」って
叫んでるし。
、、、、って最初誰が言ったか分からなかったんですが
ハルキが言ってたらしい。

私も合間合間のブレイクは汗拭いたりと
自分的にも大変(笑)だったので
あまり気にしてなかったんですが
チバさんが「えーっと、、ベースが、トラぶってます」って。
あ、、そうだったのか。。
そう言われてハルキの方見ると
確かにあれやこれや機材・アンプいじり
さらにはローディー田中くんが
別の楽器準備したりしてました。

チバさん「なのでー、、、ここで、一句!!」
って、何言いだすのかと思ったら(笑)
しかもそう言っておいて
はい、フジケン!ってフジイさん指名してて。
フジイさんもまさか自分にくるって思ってなかったのか
いやいや、無理無理って顔で拒否(笑)
チバさんにどうぞって顔してました。

で、チバさん「山形の、酒と女は、、うまいなー」
・・・って、食べたことあるんかい?女ゞ(≧ε≦o)
キュウちゃん「お粗末!」って間髪入れずにツッコむと
チバさんも「全く(笑)」って笑ってました。
でもキュウちゃん「なかなかできないよ、
チバから一句引き出すの」って。
いや、ホント。貴重です。

結局フジケンも言う羽目になり
「、、、おしんのように、耐え凌ぐ、山形美人」
おぉ~
でもやっぱりキュウちゃん「お粗末!」

無言でチバさんキュウちゃんの方バッて振り向き
キュウちゃんは「市民プールでは、変なおじさんに、見られがち」
って、全く山形関係ない
しかももはや一句でもない(笑)
でも、どうも市民プールで泳いできたようで
「まだ水泳は帽子被ってるからいいんだけど
脱いだ時とかの子供からのすごい好奇の目がね、、(笑)」

「いつだったか、移動のときに
幼稚園児の遠足のバスと遭遇しんですよ
そしたら窓から、あ!鳥や、鳥や!!って
あのー大阪だったんですけど、、(笑)」
その話にチバさんも大笑い。
いやぁ、、最高っす。

こういうトークタイムはトラブル時ならではで
ラッキーなんて思ってしまいましたが
ハルキは必死ですよね・・

結構時間たったんですが
まだ治らず、、な感じで
チラチラ様子を見つつチバさん
なんとなーくな感じでブルースハープを吹き始めると
それにフジケンもギターを合わせ
キュウちゃんも軽く叩いたりして
おぉ~即興セッション!キャーって思ってたところに
ハルキも復活したのか
何事もなかったようにその音に入ってきて
そしたらチバさんさり気なく「OK?」って感じで確認をし
自然の流れで次の曲へ。

っていうのが、ハルキのベースから入る
『LOVE SHOT』っていう
この素敵さったら。
カッコよかったー
そりゃ盛り上がりますわ。

途中にあるコール&レスポンスのところも
何度もフロアにマイク向けて
オーオオオーオー!って。
一瞬誰かを見てニコッってチバさん笑った気がするんですが
なんとなーく自分の方向だったんで
ドキッとしてしまいました。
、、、でも100%目が合ってない感じがしたので
残念ながら自分ではない・・(;´д`)

1曲終わり
ハルキ楽器のチューニングとかしてると
フロアから「ガンバレー」だっけ
「負けるなー」かな?なんか声が聞こえてきて
そしたらチューニングしながら
クイっと顔あげて「負ける気しねーよ」(と言ってたらしい?)
ってニヤリ顔。
私は何て言ったかは聞き取れなかったんですが
(「○○~よ」って言ったのだけ聞こえた)
そのニヤリ顔はバッチリ見れて。
おぉ~って。

続く『夢とバッハとカフェインと』は
バッチリ素敵なベースを弾いてました。
で、
あまり意識してなかったんですが
そうか、楽器交換したんですね。
昔使ってた白のやつになってた、、とか。
見えてるようで実はあまり見えてなかった・・(笑)

このツアーでうれしい1曲
『プレスファクトリー』
キュウちゃん楽しそうに歌ってました。

『バーテンダー』の
 仔猫ちゃん 今度会ったらBANG! って歌詞もそうですが
『GHOST MONKEY』の
 その日のラッキーナンバーを言う
って歌詞も何気に好きなフレーズ

『1977』始まった時
ハルキのマイクがまだそっぽ向いてたんで
あれ、、さっきトラぶったし
コーラスしないのかな、、ってガッカリしてたら
近くなってクイってマイクの向き変えて
バッチリ、コーラスしてるとこ見れましたー
やっと。

そこから『月の上のイライザ』へすぐに入る流れ
いいですね。
それまでの雰囲気をガラッと変える
チバさんのアカペラが最高です。

この曲も好きな歌詞があって
 海の水はなぜ塩辛いのとかって ってとこ
でもこれ最後の方に出てくるので
いつも待ち遠しくしてるんですが
やっときたーって思ったら、その一つ前の歌詞
 そこには真実それしかなかった
って途中まで歌いかけちゃって
慌ててなんとか持ち直して、ちょっと照れ笑いしてました。
チバさんって、間違えるとバレバレなのがかわいいっす(笑)

確かにこの日はさっきも書きましたが
ホント熱くって
チバさんストール取るだけじゃなく
水を首にかけたり
あと途中で水空っぽになっちゃたりして。
だってあのフジイさんが
半袖Tシャツになってたくらいですから。
よっぽどだったんだと思います。

ラストは『抱きしめたい』
この3曲の連チャンは
感動モノです。

「サンキュウ。」

本編終了。

で。
あろうことか、私、ここで初めて?!
離脱してしまいました。。。。(>ω<)

いやぁ、、よくバラードになると倒れる人出るって
あの気持ち分かりました。
ギューギューでワーってなってると
さほど気にならないんですが
スーっと隙間で来て
少し冷静な環境になると
なんていうか、あれ?大丈夫かなとかって
考えちゃったりして。
それまで全然平気だったのに。
急激に来る。

しかも目の前で水飲まれると
あぁ、、飲みたいって気持ちが強くなっちゃって
そしたらもう駄目です。
脱水症状からくる貧血気味、、な感じ?
もしかしたら頑張れば我慢できたかも?なんですが
この日は結構出てくるまで時間かかってて
いや、このままだとマズイかも・・っと思い
フラフラと後ろに下がりました。

そして急いでドリンクカウンターへ。
そしたらあろうことか、水売り切れって。。
なんでもよかったんですが
とりあえず甘みの無いものが欲しくってウーロン茶を。
ったら、これが出てくるの遅くって。
オイッ!!(-ω-`)

待ってる間にどんどん具合悪くなってきちゃって
(本気で吐くかと思ったくらい)
耐え切れずカウンターから離れた壁にもたれてたら
スタッフの人がそのドリンクを持って来てくれました。
あの人見たことあるなー、、って思ってたんですが
やっぱGIPの人か。
その後フロアの入り口辺りで立ってた時も
後ろであおいでくれてたような、、
ありがとうございました。

アンコール出てきたとき何かチバさんが喋ってたようなんですが
(フロア、ワーって笑い声も)
外だったんで聞き取れず。。
検索してみたら

 チバ「一番搾りのさー、乾杯シリーズ知ってる?
    あれ、当たり外れがあるんだけど、
    山形は当たりだよ(ニヤリ)!」
 最前センターの客「みんなの愛情がはいってる!!」
 チバ、ツボにはまり、うつ向きながら肩を震わせ笑う。
 チバ「お前、おもしろいな。」

へぇーへぇー。
でもすっごいそう言ってたり、笑ってたりしてたの
想像できる!

アンコール1曲目は久々な感じの『なぜか今日は』
最初は頑張って中に戻っていっちゃん後ろにいたんですが
やっぱ辛くなって外で音漏れ聞いてました。
にしても、、、いっちゃん後ろ
姿全く見えないんですねぇ。。

続いて『涙がこぼれそう』
俺さ 今 どこ は
「今日はーお前らと一緒に酒田だぁっ!」だっけ?
これは外でもはっきり聞こえました。

そして、これで終わり、、って思っちゃって
だって、ワラワラ人いっぱい出てきたし。
帰っちゃったんですよ。
そしたら、そうだ、
ダブルアンコールあるんだった、、って
実は東京戻ってきてから
あれ?酒田は暑かったからアンコール1回だったのかな?って
そこで気付くというね。。

もちろん、ダブルアンコールあったようで
あぁー・・・・・・・・・・・
帰るときには結構復活してたから
ダブルアンコール待ってたら
中で聞けたよ、、、って。

ま。
曲は『くそったれの世界』だったみたいなので
まだ諦めは付いたけど。
でもやっぱり悔しい。

っという、今回前半戦の私的最終日だっただけに
とっても残念な終わり方をしてしまったのですが
が、
ここで帰ったからあのミラクルがあったと思えば
もうすべて吹っ飛びます。

むふ。
予想だにしなかったことで
さっきまでダウンしかけてたこと
すっかり忘れちゃうくらい(笑)
っと、これは自分の心にとどめておきます。

チバさんがMCで言ってた
"山形に乾杯"
ちゃんとライブ行く前に買ってたんだな~
IMG_3790.JPG
そう言われたから、、じゃないけど
確かに美味しい(笑)
いや、さほどビールの味分かりませんが
どこだったか、、、
うーん、、いまいちだなって思ったの
あったのは確か。

<セットリスト>
 01.24時
 02.夜明け前
 03.狂っちゃいないぜ
 04.バーテンダー
 05.ROCK'N'ROLL GIRL
 06.あの娘のスーツケース
 07.木枯らし6号
 08.星に願いを
 09.リトル・リル
 10.DEVOLA
 11.星の首飾り
 12.VINCENT SAID
 13.LOVE SHOT
 14.夢とバッハとカフェインと
 15.プレスファクトリー
 16.GHOST MONKEY
 17.1977
 18.月の上のイライザ
 19.抱きしめたい

 EN1.
  なぜか今日は 
  涙がこぼれそう

 EN2.
  くそったれの世界


おまけ♪
キュウちゃんがブログでも書いてた
山居倉庫、私も行きましたー
IMG_3784.JPG
ちょっとした物産館、、ですかね。
IMG_3780.JPG
地元のお菓子とか売ってました。
IMG_3782.JPG
その裏手にケヤキ並木があって
素晴らしい景色でした。
IMG_3776.JPG

酒田は、、港町?
IMG_3773.JPG
海の方にも行きたかった・・

っということで、お昼は、一応、海のものを。
IMG_3781.JPG

あと獅子舞が有名なの?
駅前にドドンと!
IMG_3772.JPG
さらにその物産館になぜか子供獅子舞まで(笑)
IMG_3774.JPG
ガードレールって言うのか、、にもいたし
IMG_3771.JPG

あ、で、その見事な汗かきっぷり。
IMG_3789.JPG
分かるかなー、、ポッケに入れた
しかもちょっとしたコインケースに入ってたにもかかわらず
この濡れっぷり。

離脱の思い出に・・(笑)
IMG_3791.JPG
ドリンクカップ(もちろん、捨ててきました)と
ホテルにあったカワイイコーヒーセット。


だから俺達 NO MUSIC,NO LIFE. [怒髪天(2010年~)]

梅雨が明けたそうで。
って、、雨続くなー、、って思うこともなく
梅雨入りし
その後も、梅雨だからさ・・なんて思うこともない日々が続き
まだ梅雨なんだっけ?って思ってた矢先に
やっぱ明けましたかって。

ただ、そう言ってられるのは
たまたま私が住んでいる地域がそうだったってだけであり
各地では大変な水害がおきたりとしていることを思うと
心が痛みます。
どうにもこうにもいい塩梅に
という感じにはいかないんでしょうかね。

さて。
そんな7.16は
3連チャンライブ2日目
怒髪天 GOLD N'SILVER TOUR 2017
"きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳"
@仙台Rensa
でした。
IMG_3766.JPG

はい。
郡山⇒仙台と北上です。
今回次の酒田(山形)といい感じにバス移動の日々で
帰りは一気に飛行機で東京でしたが
それでも特割で取ったもんで
往復の交通費トータル2万したかしないか位だったんじゃないかな。
素晴らしい~♪

まぁ、そんな感じなんで
ほぼ、観光っぽいことは全くしてません。
しかも、仙台着いたら雨だったし。。(;´д`)

こういう時でしか食べられない
クリーム大福を購入。
IMG_3770.JPG
ホテルで食べましたー

お昼は久々に牛タンでも?って思ったりもしたんですが
もうどこもかしこもすごい行列で。。
(駅に来たのが間違いだったか、、)
あまりにお腹もすいてきたんで
適当なお店で済ませました。
が、、かなり美味しかったので満足(笑)

この日は怒髪天にしてはまずまずな番号で
140番台。
が、、チケットあまり売れてなかったのか
柱前のサイドがふさがれてまして
端っこの部分が少なく
中入ると結構な人!って感じでした。
王子側、5列目くらいかなー・・
でも視界宜しく快適でした。

レンサのスタッフはとってもしっかりしてて
エレベーターで上に上がらせるときも
ちゃんと最初に出れる人が手前に来るように
入れてくれるんですよね。
そういうに、大事です。

開場/開演1時間もあり
絶対30分でよかっただろ?ってくらい
待ったー、、、て感覚。

時間になりライブスタート。
王子この日もタッグの入った白シャツだったんですが
(ジレはもう着てなかった 笑)
それが、またまた王子のらしさ倍増してて
素敵でした★
シミさんは姫キュンとのコラボT(これも白だったっけ?)
増子さんも私にとっては久々に見た白シャツで
前衛陣みんな白で夏!って雰囲気満載でした。

そして、セトリがまたまた結構変わってまして。
怒髪天、スゴイ!!
昔の曲をあれこれ変えてきてくれてて
最高でした。

よく来た~って櫛を投げ入れ
スタートは『歩きつづけるかぎり』
この曲始まりは
毎度思うのですが、テンション上がります。

からの『独立!俺キングダム』
『酒燃料爆進曲』と休む間もなく続くと
もう、、汗だく。

坂さん雄たけびは"杜の都ー"
増子さん「?!」って顔してました(笑)

さて。
ここから先、、、既に記憶が薄っすらと・・・
どこで何喋ってたかとか
どこでMCだったかすら思い出せない。。( ̄▽ ̄;)
なので、適当にMCパートと
曲の感想などをツラツラ箇条書き風に書きとどめることに。
全くの順不同です。

バス移動とかで書けばいいんだろうけど
乗り物乗っちゃうとすぐ寝ちゃうのよね。。
なんでだろね(笑)
あとスマホの大きさの画面では
書きにくいよねぇ・・
タブレット欲しいなー、、って思いつつ。


増子さんも須藤さん同様?!(笑)
毎度割りと行ってますが今回も
「仙台はやりやすい!」って褒めてくれまして。
なんか探ってる感がないからいいそうです。
・・それはアラバキがあるからでしょうか。
って、そうとは一言も言ってなかったんですが。

なので、楽しくて
「ずっと喋ってたいよね」って。
ただ「でも左右、特こっちから(って王子のこと 笑)の
次の曲行くよってスタンバイの圧がすごくてね。
コード押さえていつでもいけるように準備してるでしょ」って。
そしたら王子「そんなことないよ、どうぞどうぞ」ってニコニコ。
それ聞いて「えーっ」って嬉しそうな増子さん(笑)
増子さんって坂さんには厳しい反面
王子には甘いというかデレデレというか(笑)
オモシロいです。

「幸い、喉が強く生まれてきたようでね」って
この2週間、1日おきライブで、2日連チャンこの日で2回目だそうで。
それでもこんなに歌って喋ってる。
オモシロかったのが
「でも言ってもね、ライブ以外では(俺)寡黙だから」って
しれーっと言うと
みんな、え?って空気。

そこで「機材車の中では静かだよな?」って王子に確認すると
「あ、でもね。そう。
増子ちゃん、後ろにいつも座ってるんだけど
居るか居ないか分からないくらいで
あれ?乗ってる?って見るとたいてい寝てるんですよね(笑)」
あははー
増子さん「もう寝てるか喋ってるか、、ってね(笑)」
だそうです。納得。

「みんなの気になるニュースは何かな
もうイロイロあり過ぎて、、、」って
今話題の芸能ネタ。
私は知らなかったんですが
大宮エリーのシール??
増子さん「早速メールして、あれでTシャツ作って」って
そしたら「知らないから作れない。
あれは全く事実無根の話なので
MCでそれだけは強く言っておいてくれって言われたよ」

あと、7/15が音楽の日だったんでしょうか。
某テレビ局でやっていた音楽番組を
郡山入りした夜に見てたそうで
「ゾッとしたね。
あれが音楽だったら、
俺らのやってたのは何だったのかな?って」

「ここにいる人たちだけが世の中だったら
あの24時間?やってる番組ずっと俺らだけですよ
まぁ、フラカン、コレクターズ、ピーズくらいには
1曲くらいずつ出さしてやってもいいかなー
俺ら優しいから(笑)」って。

その音楽番組見てないし
どんな人が出てたかも知らないから
何とも言えないんですけど・・
ホント、地上波は見なくなったなー。。
CSでもあまりおもしろい番組やってくれなくなって
スカパーもいまや加入チャンネル
スペシャだけにしちゃったもんなー。

いまやプロモーションはラジオが主流なんでしょうか。
ラジコで各地のラジオ聞けるようになったおかげもあり
テレビよりラジオの方で情報得るように
なった気がします。

今回のツアーは
アルバムのツアーじゃないから
いろいろ過去の曲を取り交ぜたセットリストになってますが
「いい歌歌ってるんだけどなー、、
世間がそれに気付いてないのか
毎回曲作るたびにヤバいなーヤバいのできたー
って言ってるよな?」みたいなこと増子さんが言ってて
王子もウンウンって頷いてたんですが
「ヤバい」って表現にちょっと笑ってたのがかわいかったです。
「ヤバいって、、」ってボソボソ独り言のように言ってました。

「そりゃ、カッコよく生まれたかったですよ」みたいな話の流れから
「まぁね、この30年、ずっと見た目だけでやってきたけど、、」って
ボソっという増子さんに
イェーイ!!ってフロアから歓声
増子さん「バカにしてるな(笑)
世間的にはかっこよくないんだよ」って言うと
えーって声に
「ここにいる人たちは気が狂ってますから
言ってみれば病棟みたいなもんだから」って。
いや、でも増子さんはカッコいい部類じゃないですかね。
オシャレだし。

ただ、まぁ、俺達は角煮なんだよ。
なんとかミルフィーユが食べたいって人に
これが美味いからっ!って角煮出されても
そりゃ、結構です、、ってなるだろ?
っと、増子さんらしい的確な例え。

『星に願いを』の曲の最後に
ギターの弦をピック?指?でピンッてはじいて
キラーンって雰囲気を出すやつを
王子、嬉しそうにやってて
あそこはこだわりなんだろうか、、、って
微笑ましく思いました。

今回もカバーはうれしい『絶体絶命』
王子も増子さんと一緒に一部Voを取ってるんですが
"はっきりかたをつけてよ"って交互に歌う箇所
増子さんが最初間違えて歌っちゃってて
後に続く王子どうするかなーって思ったら
ビシッと正しく歌って
その後増子さんもそれに合わせて歌ってました。

『ゆきてかへらず』
『トーキョー・ロンリー・サムライマン』は
ホント、名曲。
王子はいつもニコニコ演奏してくれるんですが
この曲は笑いながら聞けないなー、、、って。
なんとなく。
増子さんの表情にグッときます。

全力で歌い続けるから
合間のMCタイムではなかなか曲へ行こうとしてなくて
「暑いからまだまだ曲行きませんよ」って
坂さんにコメント求めたら
急に振られたもんで
坂さん「ありがとうございます。まだまだライブは続くよ」って
正直いらないコメント(by増子さん曰く)で
「銃社会なら撃ち抜かれてますよ」って。

なんだっけ、、
長く続けられるのは仲良いからねーって
なんでそういう話題になったのか
思い出せないんですが
そう言ったら
ウンウンってメンバーの同意の様子が感じられなかったのか
増子さん「え?俺の勘違い??」って
そしたら王子「いや、仲良いですよ
だって機材車の中では手繋いでますから」って
これまた大きな冗談こいたなーって(笑)
さすがにこれには増子さんも
「いや、俺後ろの席にいるのにおかしいだろ
車内でスクラム組んで移動してるのかって話ですよ」ってツッコみ。
流石っす!!ゞ(≧ε≦o)

「見る限りみんな俺らに近い
だって、ポルシェとか乗ってきてないだろ?
三連休終わった明後日からは地獄の日々が待ってるんだろ?
でも俺達には音楽がある!
音楽があれば乗り越えて行ける」みたいな話から
『NO MUSIC,NO LIFE.』で
久々だったもんでキャー!!って感じでした。
これ聞けただけれも仙台行った甲斐あったーって。
それくらいうれしい1曲。

音楽のない人生なんて
お前らのいない仙台みたい
来る意味ないぜって
替歌も聞けたし
王子のブルブルブルッーってのも見れたし。

そうそうなんとなく、ですが
この日はシミさんと王子がよく向かい合ったり
並んだりしながら弾いてた気がしました。
ステージ大きいから
動きやすいんでしょうかね。

『愛のおとしまえ』のギターがスゴイ!
指がすごい勢いで動いてて
でも弾くの大変なのか弾き終わった後の
やり切ったーってうれしそうな顔が
またよかったです。

本編ラスト『赤ら月』は
フロアも含めみんな笑顔でサビとか歌ってて
なんていうか、ほんと
ビールが美味けりゃオーライ!って気分になれました。

そしてアンコール
なんと、シミさんと坂さんお揃いのTシャツで
手繋いでスキップで登場!
ってことは、増子さんと王子も?!
って期待したんですが
残念ながら王子一人で
その後最後に増子さん。
王子はグッズのTシャツでしたが
ノースリーブはもうやめたのかな?(笑)

増子さん、もう疲れたよってヘロヘロと登場。
「でもねー楽屋戻ってヘトヘトなところに
モニタでみんながアンコールしてくれるの見たら
グッとくるよね」
そうか、入りだけじゃなく、そんなシーンも
見てくれたりしてるのか・・(ジーン。。)
「どうよ?友康」って聞いたら
王子「いいですよね~」
思わず増子さん「それ、村田?監督のモノマネ??」って
王子は全くそんな気なかったみたいですが
坂さん大笑い。
野球ネタ??
戸惑う王子(笑)

「ホントにありがとう!」
そう言いながら手を振ってくれるんですが
王子、久々に見た(*´艸`)
皇室一家みたいに手を顔の横でフリフリ。
かわいい(笑)

「上司はたいていイヤなやつ
俺らもバイトしなくてよくなったのは40過ぎてからだからね。
近くにいれば少しずつ意地悪してね
嫌な上司に。
でも東京に住んでるから、こう見えて?(だっけ?)
東京でも安いとこに住んでるけどね ←って、中央沿線人気スポットだけどね?
だから歌でパワーを
夏を乗り切るのに大切なもの
水分・塩分これは自分たちでなんとかしろ
最後の一つ、兄貴分、それを今から
ほら、焼印のごとく注入してやる!」

からの『セバ・ナ・セバーナ』は
ホント元気もらえて
最高です。

「ありがとう!!」って
本編でもピック投げてましたが
アンコールで投げたピックが
自分のすぐ後ろの方に落下。
誰かが取ろうとしたんですがはじいちゃって
足元に来たから思わず足でグッて踏んだのに
その足両手で押しのけて猛烈に奪ってくる女がいて
争うのもバカらしいから諦めたよ。。

あとちょっとで手に入りそうだったのに
でもその女も、スミマセンとか言ってくれれば
こっちもいえいえどうぞって気持ちになれるのに
目すら見ずに知らん顔。
あれはムカァーッ。。。。ってなりますね。
私的にはあんな形でゲットしても
いい気分にはなれないような気がしますけど。
なんとなくですが、ああいうのって来るべき時には
ちゃんと舞い込んでくるっって信じてるから。

その後も王子のピック珍しく?何枚もばらまいてました。
そういえば増子さんも始まってすぐに
ネクタイ?とか投げてたかも。
帰るときに「今日は最高で嬉しくなって
いろんなもの投げちゃったよ(笑)次からどうしよう・・」って
苦笑いしてた増子さん。

「この先抜かれるのが難しいほど最高だった!」って。
ワーイ!♪ヽ(´▽`)/

『セバ・ナ・セバーナ』最後の方だったかな、、
「健康診断行って休肝日作れよ!」って。
「生きてまた会おう!」

いやぁ、、最高でしたー
そしてこの日はゆっくりできるので
坂さんのダブルアンコールソロ待ち♪
なんとなーくですが、、、
出てくるの早くなってる気が・・
みんな知らずに帰っちゃったりするからですかね。

気持ちよく歌ってるところ
1番終わりかな?で、曲が消え、急に暗転
え?ドッキリでも??って思ってたら
なんと!アカペラで『青葉城恋唄』
そして「2年B組ー!!」の声に
フロアから 仙八先生!ってのと金八先生!っての声がごちゃ混ぜに。
私も頭では分かってたのに
つい「金八先生」って言いそうになってて・・

「ありがとうございます。でも仙八先生ですよ
2年B組ですからね」って
坂さんからのダメ出し?!(笑)
にしても、坂さん、
歌詞を思いっきりスマホで見てて
「いやぁ、、3年前から仕込んでてよかった!」とかって
言ってました(笑)

このツアーホントどの会場でも
終わった後の感動が大きくて。
もう次行くの
残すはファイナルのみという、、、。

あまりに寂しいので夏の名古屋に行くことにしてしまいましたー♪
楽しみ増えた(≧▽≦)

<セットリスト>
 01.歩きつづけるかぎり
 02.独立!俺キングダム
 03.酒燃料爆進曲
 04.俺ころし
 05.労働CALLING
 06.GREAT NUMBER
 07.男は胸に…
 08.ゆきてかへらず
 09.ひともしごろ
 10.星に願いを
 11.己DANCE
 12.絶体絶命
 13.トーキョー・ロンリー・サムライマン
 14.NO MUSIC,NO LIFE.
 15.濁声交響曲
 16.セイノワ
 17.愛のおとしまえ
 18.赤ら月

 EN.
  情熱のストレート
  セバ・ナ・セバーナ


東北限定!
そう、東北のホップは美味しいんです★
IMG_3769.JPG

牛タンも食べとかなきゃ?!(笑)
IMG_3768.JPG


Hey R'N'R GIRL! そこから飛び出せ!この世は広くて得体が知れないんだ! [The Birthday(2012年~)]

3連休、3連チャンのライブが終わってしまい
遠征先から会社へ直行
抜け殻のような体で
眠気と戦いながらなんとか仕事を終えました。
こういうときめっちゃ忙しいと
アッという間に過ぎて逆にいいのに
ポツポツ暇だったりすると
もう、耐え切れない眠気がやってきて
いやぁ。。辛かった( ̄▽ ̄;)

さて。
そんな7.15は
The Birthday TOUR 2017"NOMAD"
@郡山Hip Shot Japan
でした。
IMG_3760.JPG

ほんとはさ、3連チャンは止めておこうって思ってて
一応こちらは保険的な感じで取ってたんですが
チケット他全く取れずで
ならば!と行ってきたわけです。

しかも、いっちゃん最初の先行だっつーのに
キャパ500位のハコで
400番台後半に近いとこって
なんだそれ?って感じで。
もう何も見えない覚悟で行ったんですが
思いのほか見えたし
スペースあったしで
よかったです。

ああいう時は変に前行くより
後ろの方が良かったりもするんですかね。
段差あるハコだったりすると
段差前、ようするに下の段の後ろの方。
Hip Shotはまぁまぁステージ高いしね。

で。
初日の横浜でフジイさん側に行ったんで
この日はハルキ側に行こうと思ってたんですが
Hip Shotは先にドリンク渡されるもんで
どうしてもサイドにあるカウンターにそれを置きに行きたくて
・・・ってことでこの日もフジイさん側にて。

ハルキはところどころしか見えず、、
キュウちゃんなんて
ジャンプしてもとさかすら見えず・・(T ^ T)
その代りフジイさん・チバさんはよく見えたー♪
ので、良しとする。

開場/開演30分でしたが
10分くらい押してたかな。
暗転してメンバー登場。
で、初日はチバさん来てないのに演奏始まってたんですが
この日は最後は最後ですが
そこまで遅くなく普通な感じで登場して
1曲目『24時』へ。

私てっきり、ずっとこれで始まってた気がしてましたが
ブログ見返してみて
あれ?って。
初日は『VINCENT SAID』からだった・・
そうか、だからイントロ長くて
チバさんがあとから出てきてたんですね。
ふむふむ。

自分が行った初日以降ここまで
他の会場のセトリを見ていないので
いつからどう変化したのか分からないのですが
セトリ、結構順番も含め変わってました。
って言っても、
まぁ、初日と2回目以降がガラッと変わるのは
いつもの事な感じはしますが
実はその後行った酒田でも
曲が変わってたので
今回のツアーはいくつかパターンがあったんでしょうかね。
嬉しい限りです。
ってことで、横浜で聞けて喜んでた
あの曲たちは再び聞くことが出来ず
・・・それはちょっと残念。。

でも『24時』から『夜明け前』と
序章があって
『狂っちゃいないぜ』で一気に弾けて
『バーテンダー』で踊りまくるっていう
流れはすっごく良かったです。

テンション上がったところに
『ROCK'N'ROLL GIRL』の陽気なイントロ。
リズムに合わせて oi!! って拳上がってて
あー1か月半も経てば
曲もお客さんに馴染んでくるんだなーって
ある意味急激な変化を感じるところが何回もあって
なんかグッと来てました。

ここで最初のMCだったかな。
キュウちゃん「あまりお久しぶりでもないんですよね、、郡山。
結構ちょくちょく来てますよね」って
そうか、行かなかったけど
確かCLUB9でなんかイベントとかにも参加してましたっけ?

で、私はドップリハマるキッカケになったのも
ここ郡山でのライブ以降だったもんなー・・
そういう意味では
郡山で見るThe Birthdayはちょっと特別なものだったりします。

『あの娘のスーツケース』
歌詞替えるところは でもままどーるは好き
思わずお土産に買おうかと思っちゃったけど
私はままどーるよりゆべしの方が好きなのよね・・
ってことで
やっぱこっちを買っちゃったよ。
(バラ売りなかったし)
IMG_3762.JPG

アルバムに入ってないんで
つい聞き漏らしがちな
『木枯らし6号』
何回見ても、聞いても
あのイントロとか間奏とかにある
チバさんの3連刻むギターが好きです。
またフジイさんと向き合って弾いたりしてるのとか見ると
余計にオォ~って。

キューンとなったところにきた
『星に願いを』は
さらにキューンとした気持ちに。
この曲ガツンと歌から始まるし
全く予想してなかったんで
始まった時はビックリしました。

歌声もそうですが
ギターもベースもドラムも
胸に突き刺さってくる感じ。

続いて『ジェリーの夢』
The Birthdayも絶対間にこういうバラードを入れて
じっくり聞かせる時間があります。
こういう曲はやっぱライブで聞くと
迫力が違うし
いろんな音の重なりがより鮮明に聞けるので
うれしいです。

未だにイントロでこれなんだっけーって
思ってしまうのが
『DEVOLA』
なんでだろ・・
すっごいカッコいいに。
でも歌が始まると、あ、あれだ!って
すぐ気づくんですが。

盛り上がったフロアさらに拍車がかかったのは
チバさんが「こおりやっま~っ!!」って
叫んでから始まった久々の『Nude Rider』
ここら辺からかな
フロアがすっごいグチャグチャな盛り上がりになったのは。
ダイバーも、、いたかも。
あ、あと、水巻いてくる人とかね。

もちろん!
"Why don't you slip away babies?"は
フジイさん!!
バリバリ日本語英語がフジイさんらしくていいです♪
あと、以前よりも
大声で叫んでたのも成長したなぁ~(笑)
なんてねゞ(≧ε≦o)
こっちが照れちゃうって。

ここでだったか(違うと思うけど)
どこで言ったか忘れたんですが
やったらとフジケンコールが多かったので
チバさんから無言で促されたの察したのか?
フジイさん「おらおら~」
えぇーっ!キャラ変??(笑)
「よく来たなー」だって。
でもフジイさん岡山とか広島以外で喋ること
あんまりないんで
キャーって感じでした。

からの『VINCENT SAID』へは
どういう流れだったっけなー・・
照明が暗くて赤い感じで
いい雰囲気出してました。

ここでチバさん、ハンドマイクに。
ハンドマイクの曲最近多くなったから
何が来るのかドキドキ。
この日は『Red Eye』
多分、、イントロまた変わった??
そしてキュウちゃんのドラムソロ前
チバさんが嬉しそうにフロア向いて「1、2、3、4!」って
カウントするのがかわいくてね(笑)
こっちまでテンション高くカウントしちゃいますって。
で、何とか一瞬でも、、ってジャンプしてみたけど
さっきも書きましたが
頭の毛すら見えませんデシタ・・(´+ω+`)

チバさんとフジイさんとの掛け合いは
チバさんが吹く音に
フジイさんがギターをちゃんと寄せつつ
でもちょっと変えるみたいな
フジイさんのレパートリーの多さが流石~な
ギターでした。

からの『プレスファクトリー』
いいね~
サビはもちろん 従業員はみんなファンキー!
ちゃんとフロアにも照明が付いて
ワーイ!って感じでした。

ギターソロ
CDのをなんとなく覚えちゃってると
もう全然変わってしまってますが
これはこれでまた素敵な曲に生まれ変わった気がします。
再録とかして欲しいなー

『夢とバッハとカフェインと』
この曲もその時のフロアの雰囲気次第で
拳がたくさん上がるときと
上がらない時があって
この日は、もちろん、ガンガン上がってました。
どっちでもいける感じがまたいいなーって。
なので演奏もいつもより力強かった気がしました。

で。ここでフジイさん間髪入れずに
イントロギタ入って『GHOST MONKEY』
だった、、、かなー・・
うろ覚えなんで違ってるかも?ですが。
この曲もこんなに盛り上がる曲だったっけ?って
思ってしまったくらい
盛り上がってました。

ラストスパート!
『1977』
ガイチさんの日記でどっかから
コーラスにハルキも加わったって書いてあって。
そう、確かに初日は歌ってなくて
あれーって思ってたんですが。
でもこの日も歌ってる姿、、見えなかったー・・
なのでフジイさんが歌ってるのをバッチリ見てきました♪

間にある、初めてルージュの味を~ってとこの溜め
CDよりも長めで
キュウちゃんがカウントして入る感じ。
溜めてる間
フロアからは歓声上がってました。
なので最後のサビの盛り上がり
すごかったです。

そしてチバさんのアカペラから始まる
『月の上のイライザ』
月の 上の イライザ って
歌い始めると
一気にシーンとなってみんな聞き入ってました。
ちょっと緊張感走ります。
演奏が入ると
今度は優しい空気が広まっていって
なんていうか、、星空が見えてくる感じがします。
私の中ではイライザはなぜか人魚のイメージなんですけど
実際はどうなんですかね・・(*´ω`)

ラストは『抱きしめたい』
そうか、、やっぱこの2曲が続く流れ
いいですね。
初日は『月の上のイライザ』の後何曲かあって
なんとなーく違和感感じてたんで・・

ただ、その印象が強かったのか
まだ続くって感じがしちゃって
「ありがとう」って言われて
あれ?終わり??って思ってしまったりも
したんですけど・・
(って、初日も『抱きしめたい』で終わりだったのに。。
そっちの印象は薄かったらしい?笑)

続いてアンコール。
キュウちゃん以外は着替えなし。
キュウちゃんのTシャツ黒っぽかったのだけは
見えたんですが、どれ着てたのかは不明。

チバさん「今日は何曜日?」とくれば
『SATURDAY NIGHT KILLER KISS』
もう土曜日にやらない日はないんじゃないかってくらい。
でもって、土曜以外には
やることはないんじゃないかってくらい
すっかり定番になりました(笑)
・・・どうしても土日のライブに行くことが多いので
必然的に聞く機会が多い気がする(´m`)

チバさんステージの前に出てきて
ギターを弾きながら
「カモーン!」
電話さがした あの娘に聞かなくちゃ~
って『涙がこぼれそう』
この時だったかな、、ニコーって笑って
みんなが歌う歌声聞いて「いいね~」って
言ったの。

俺さ 今 どこ は
「今日はお前らと、郡山Hip Shot Japan!!」
むふふ。
最近、"お前らと"とかって言ってくれるのが
うれしいです♪

言うまでもなく盛り上がって
終了~
キュウちゃん、何か投げてたか
手渡してたか、、

フロア動かず、、ダブルアンコールあったっけ??
と、思いながら待ってると
ありましたー

ここではハルキが横浜でも来てた
例の白のTシャツ。
フジイさんもTシャツになってたかなー??(記憶なし、、)
チバさんはそのままだったと思います(こちらも自信なし、、)
「アンコールサンキュウ」からの
 とんでもない歌が鳴り響く予感がする
ってチバさんアカペラで。
そしてフロアもそこから後を続き
みんなで合唱。

『くそったれの世界』
熱い~
サビの I LOVE YOU は最強 ってとこ
フロアにも煽るし
キュウちゃんも叫ぶし
おぉ~っ!!ってなります。

いやぁ、、久しぶりだっただけに
そして見えないと思ってたのに意外と見えたってこともあって
かなりウキウキな気分で終わりました♪


<セットリスト>
 01.24時
 02.夜明け前
 03.狂っちゃいないぜ
 04.バーテンダー
 05.ROCK'N'ROLL GIRL
 06.あの娘のスーツケース
 07.木枯らし6号
 08.星に願いを
 09.ジェリーの夢
 10.DEVOLA
 11.Nude Rider
 12.VINCENT SAID
 13.Red Eye
 14.プレスファクトリー
 15.夢とバッハとカフェインと
 16.GHOST MONKEY
 17.1977
 18.月の上のイライザ
 19.抱きしめたい

 EN1.
  SATURDAY NIGHT KILLER KISS 
  涙がこぼれそう

 EN2.
  くそったれの世界


こんなのやるんだ!
、、でもこの日行けない日だった・・(´+ω+`)
IMG_3763.JPG

大気圏のアパートから紙ひこうき飛ばしてみたんだ七つの海を越えろ [たわごと]

だいたい夏休みの計画は立てました♪
が、まだどうしようーって悩んでる箇所があり
最近思い切りが悪くなったなぁー・・と。
石橋叩きすぎだって。
増子さんの教えじゃないけれど
迷ったら"ヤヴァイ”方へ行けって言葉を思い出し
よし!っと思った数秒後には、でもなぁ。。って、さ。

さて。
そんな本日7.11は
The Birthday Gt/Vo チバさんのお誕生日翌日!
、、、じゃなくって(笑)
いや、それも、おめでとうございましたー(≧▽≦)
自分の誕生日と日にちが同じってだけで
なんか毎年うれしくなります★

で。
その翌日7.11は
このブログを開設して今年で11年目を迎えました。
そうか、昨年10周年だったんですね。
ここ数年はあまり頻繁に記事をアップしてないせいもあって
かなり他人事のような存在になってしまってますが
一応、自分にノルマを課し
(いや、ただ書くっていうだけのことですが)
ライブレポだけは細々とUPし続けております。

そしてこちらももういいかと思いつつも
恒例なので一応記録として。


 記事数 2,336
 nice 834
 総閲覧数 4,623,216(21:50時点)


昨年との比較
 記事数 2,236
 nice 820
 総閲覧数 4,347,838(21:00時点)


なので、
 1年で書いた記事数 100 ※1か月平均 約8 
  ・・・ちなみに昨年は110

 1日平均訪問者数 約754人

なるほど~
ほぼライブレポのみになると
行ってる本数変わらなければ書く数も変わらなくなるって訳ですね。
ただ、訪問者数は確実に減ってる。

でもさ。今やブログなんて
私もほぼ他人のブログを見に行かなくなってるんで
そりゃ減って当然だと思います。
それでも見に来てくれてコメント書いてくださる方がいて
ありがたいことです。
ありがとうございます。
0711a.JPG

くり返しにはなりますが
今後も、続けられる限りはライブレポ中心にツラツラと
で、年々、愚痴が多くなるとは思いますが(笑)
書いていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしゅう(*´∀`*)
気が向いたらコメントもよろしくどうぞー★☆
0711b.JPG


ひとつが終わりひとつ始まるように そのたび歌を歌う [音楽]

一気に熱くなり
扇風機がないもんで
たまりかねてエアコンの送風とか使ったりしてますが
これって電気代どうなんでしょうね・・
大して変わらないなら
ことしはこれでいいか、、なんて思ったりしてますが。。

さて。
そんな7.8は
髭(HiGE)すげーツアー
@恵比寿LIQUIDROOM
でした。
IMG_3754.JPG

髭ちゃんアルバム「すげーすげー」リリースツアー
ついにファイナルです!
アッという間だったー・・
思えば、、急遽行く!って決めて
ぷれツアーに行ったのが5月の終わりで
あ、でも、まぁ、2か月も経ってないんだから
そりゃアッという間か(笑)

この日は珍しくチケ番よろしく
20番台!
髭ちゃんライブ、チケット取るのは大変じゃないんですが
それでも東京のチケット
たいしておぉ~って番号こないんですよねぇ。。
小さいハコだったりするとなおさら。
なので発券した時はちょっと番号二度見しちゃうくらい
ビックリしてしまいました(笑)

そしてー
リキッドルームですから♪
もちろん最前ゲット!(間5~10名位はいなかったかも?)
でも、なんか近過ぎてソワソワしちゃい
なんとなく思ったのが
視界良好な2~5列目辺り
ちょっと人に埋もれつつな環境で見るのが
いろいろな面でストレスフリーで最高なのかも、って。
あくまでも視界良好ってのが条件なんで
そんな上手くはいかないですが
最前はバーの高さとか合わないと結構腕とか疲れるし。
ステージ高いと視線頭上超えてる感あって
なんか寂しく思ったりしちゃうし・・
なんて、贅沢な愚痴を言ってしまいマシタ(*´ω`)
すみません。
間近で見れてうれしかったです。

10分くらい押してライブスタート。
この日はニコ生中継入ってるとは言え
皆さん、いつも通りの恰好で
特に須藤さんなんて、相変わらずのジャージで
しかもところどころ穴空いたりしてて(笑)
なんとなーく(たまたまかも?ですが)
コテのTシャツが新品で、もしや?なんて
思ったりもして(´m`)
謙介くんはちゃんと?!髭のツアーグッズTを着用。
素晴らしい!!

セトリは仙台と変わらず、、でしたが
いやぁ、、スゴイ盛り上がりでした。

1曲目の『もっとすげーすげー』では
まったく押しがなく
そういうもんなのかなーって。
続く『D.I.Y.H.i.G.E』のサビで須藤さんカモン!って煽りまくって
徐々にフロア温まった行ったのか
『ドーナツに死す』から『それではみなさん良い旅を!』になった時には
一気に押しがきまして。
そこからはoioiな感じでした。
須藤さんも気づいたら汗だくになってたし。
でもってTシャツの首を切ってるせいか
片方の肩が出てセクシーだったし(ノ∀\*)

コテさん登場『CLASH! LAOCHU!』は
最前バーに足かけてただけだったので
大きな会場だからかなーって思ってたら
次の『ユーは13?14』ではフロアにダイブ!
あまり遠くまでは流されずに
すぐに戻ってきてました。

『なんとなくベストフレンド』のイントロで
須藤さんがなんて言ってるのか分からなかったやつ
あれ、「ゾンビ!」って言ってたんですね。
各人の演奏が光ってる1曲。
ドラムもベースもホントカッコいい見せ場があって
ライブで聞くのが最高な1曲です。

「ホントのこと言うと、会いたかったです!!」
「このツアーみんなに会うために今日まで生きてきたのかも。
そんな大事な大事なみんなに贈りたい曲です」
からの『寄生虫×ベイビー×ゴー!』
え?って一瞬、思ったけど
そうだった、この曲の歌詞に
寄生虫 会えて嬉しいぜ って
あるんでした。
こういう表現、髭ちゃんワールドって感じがします。
歌詞に合わせて振りをする須藤さんがまたかわいかったです。

この曲では途中、コール&レスポンスもあって
大盛り上がり。
続く『溺れる猿が藁をもつかむ』も言うまでもなく
大盛り上がり。
コテさんが素敵なカラフルな電飾を持って煽りに来てました。
あれ、ホントきれいだったなー(笑)
ニコ生見たらまたダイブもしてた。

「こんにちは、髭でーす!
今日はすげーすげーツアーのファイナル。
ファイナルをここ東京で迎えられてホントうれしいです。
他の土地のライブに来てくれた人には申し訳ないんだけど
今日が一番最高な予感がしてます。
ニコ生見てる皆さん、ごめんね!今日が一番良さそうだよ。」
ってお決まりのお言葉♪

「今回のアルバム、すげーすげーは
すごく短いアルバムになってしまって、、
だから須藤が、髭が、額面通りに受け取って
すげーすげーの曲しかやらなかったとしたら
30分で帰らないといけなくなるから
、、、水増ししてる訳
みんなは気づいてなかったと思うんだけど
ここまで9曲やって、まだ3曲しか見せてないから。
これがキャリアのなす業っていうか
なんか知ってる曲ばっかしてるなーくらいにしか
思ってなかったんじゃないの?」

「じゃーここからは純度100%のすげーすげーを」って
『TOMATO』から。
この曲の出だし、須藤さんの弾き語りしてるのを
バッチリ堪能できて最高でした♪
コテさんのタンバリンもいい味出してるんだなー

『U4』『スターマイン』も『TOMATO』同様に
ちょっとほっこりするかわいい曲。
で。
謙介くん、まぁ、これに限らず全般的になんですが
もう、楽しそうに歌いまくってるんですよね~
こっちまでニコニコしちゃいます。
いやぁ、、純度100%のすげーすげーの曲連チャン
よかったー

「改めまして、髭です!」

そしたら斉藤さんがニコニコな顔で
「いらっしゃい」って2回ほど。
そのあと何か続くのかと思ったけど
それしか言わなくて。

そんな中、フロアから ピーチ! って声に
「それは浸透してきたってことかな?
うれしいよ、初めてあだ名が出来た」

「それにしても、斉藤くんが
いらっしゃいしか言わないからビックリしたよ(笑)
何かMCしてくれるのかとも思ったのに。」
で、斉藤さん、頑張ってもう1回「いらっしゃい」って
何か続けようとしたんですが
「よく来た・・・」で詰まってしまい
須藤「何も出てこなそうだから、次、行こうか(笑)
そういうの(察知するの)俺、長けてるから
ここは掘っても何も広がらないって」って。
あはは。
斉藤さん、ごもっとも!って感じで何も言わず(笑)

「ヘルシンキは好き?俺は行ったことないんだけどね」
って言ってたっけ??から始まった
『へルシンキ』
歌詞がホントにヘルシンキへの妄想っていうか
そういう内容になってる感じで
楽しい曲。

そして須藤さんやけに右に左にと
煽ってくるなーって思ったら
『ロックンロールと五人の囚人』
そうだった!
続けて『黒にそめろ』とくれば
もうホント鉄板の盛り上がる曲2連チャン!

ここでMCあった??
※ニコ生中継、『ロックンロール~』以降は
 プレミアム会員のみとなってしまい、、(T ^ T)
 せめて本編全部くらいは見せて欲しかった 

『S.O.D.A.』は歌詞の世界に合わせてか
照明がクリームソーダ見たく黄緑色なんですが
ネオンのようでよりアッパーでカオスな感じが
曲を盛り立ててました。
合間のコーラス、宮ッTeaもやってて
そうかー、って。
あんまない感じがするんですけど。

続く『テーマ・フロム・ダリア』
そして次の『DEVIL'S ODD EYE』までの流れは
さっきまでの雰囲気とはまたちょっと違って
これはこれでまた髭ちゃんらしくって
改めていろんな面を持ってるバンドだなって。

そう言えば『DEVIL'S ODD EYE』の前
須藤さん、サングラス持って袖に行っちゃって
あれ?この曲インストだったけ??って
一瞬思っちゃったんですが
歌入る前にバッチリ、サングラスキメて戻ってきてました。
鏡チェック、、、じゃないっすよね??
っと、それはいいとして
覚醒する曲、今までの中で一番その世界に入り込めたかも。
熱かったです。

っと、息つく間もなく
謙介くん次の曲に向けてドラム。
でもここから須藤さんの長~い煽りというかのMCが入るわけで
それ分かってのドラム入り。
叩きながらローディさんに水飲ませてもらったり
汗拭いてもらったりしてて
それもまた見どころ、、なのか??(笑)

このツアーで?スキルアップしたと言う須藤さん
「ついにギターもベースも捨てて
ドラムだけで歌えるようになってしまった。
どういうことか分かる?」って
アカペラで次にやる曲を少し。
フロアと歌い合ったりもして。
でももし次のライブ、髭が3人だけになってたら
それは僕の奢りだよって。
そうならないことを祈ります・・( ̄▽ ̄;)

そんな中、須藤さん「誰か俺にビールを
ご馳走してくれる人はいないの?地方ではいたよ」なんて。
いや、まぁ、確かに
仙台ではバッチリ缶ビール差し出されましたが、、

そしたらフロアの遠くの方で
飲みかけのビールを見せた人がいたようで
「それでいいよ。それを一口俺にくれ!」って。
プラカップに入ったビールが周ってくると
一口どころか一気に飲み干してカップを投げ捨てる。
、、、宮ッTeaが拾ってました・・

「今、お客さんからビールをもらったのは
友達だからだよ。友達じゃなかったらもらったりしないよ。
だから今度俺がビール飲んでるのを見たら
俺から奪っていいよ。だって友達だろ?」

「ただ、、、謙介が長げーよって思うだけだよ(笑)」

「今度、俺にテキーラを1杯ご馳走してくれよ。
俺も今度みんなにテキーラをご馳走するから。
今日のところはこの曲で許してもらわいないと」

曲へ行く前
「Are You Ready??」「Yeah!」ってなるところ
ちょっとバラバラだったもんで
例の、前にもちょっと浸透させようとしてた
2拍おいてからやるやつ再び(笑)
このやり取り、久々でオモシロかったです。

そんなこんなでやっとこ(笑)
『テキーラ!テキーラ!』
ちょっと歌詞すっ飛ばしてましたっけ。
あと、フロアに飛び出して行って
お客さんたちとガッツリ手を繋いで歌ってました。

「やっぱり今日は最高だったね」

フロアからのありがとうに
少し間をおいて
「ありがとうを言うのは俺の方じゃないかな?」って
「すげーすげーはとても短いアルバムで
ライブもアッという間で、、
次で最後の曲です」って言うと
・・まぁ、あがりますよね
エーって声。

そしたら「俺だって同じ気持ちだよ。
同じ気持ちを共有できてよかったです。
俺だって心の中でエーって言ってるよ
Tシャツを引き裂いちゃうくらい←って言いたかったの、言えずにモゴモゴ
                 してたのがかわいかった
今、お父さんお母さんに会ったら
あんた何の仕事してるのって言われちゃうね
でも俺は言うよ、みんなの前で歌を歌ってます」って
って言ってたのがなんかジーンときました。
いや、でもホント、須藤さんも汗よくかきますね。
あと仙台ではあんなに汗だくった斉藤さん
この日はあまり汗かいてなかったです。

「最後の曲は、あうんって曲で
その想いは、、裏腹です、、」って言ったんだっけ
なんか、ん??って思ってしまったら
斉藤さんとかコテとかも同じ表情してて
笑っちゃいました(´m`)

でもあのMCの後に『あうん』というのが
須藤さんの中では一つの繋がりなのかな、、って。
仙台で手攣っちゃったこと思い出しちゃいましたが
この日はバッチリでした。

「どうもありがとう」
本編終了。
続いてアンコール。

少し時間おいてみなさんビール片手に登場。
そして斉藤さんが
「拍手をありがとう」って
なんか新しい表現だなー・・(笑)
で、リキッドルームは床も踊りやすいようになってて
お世話になってますって。
だから帰るときにみんなも床に手を置いて
確認してみてって。

須藤さん「アンコールどうもありがとう。
昔の曲をやるのもいいけど、、これからの曲をやるってのはどうかな
俺達の来年を見て欲しくて
タイトルは、"A FACT OF LIFE"って言う曲で
意味は、、分かんない(笑)
俺クラスになるとそれでもいいかって」

あと、「すげーすげーツアーは終わっちゃうけど
次はすげー対バンツアーが決まってて
これ、どういうことか分かる?
まだすげーツアーは続くってこと!」って言ったのは
本編でだったっけ??

新曲、すっごく楽しげな曲でよかったです。
これもアルバム?
あ、また何部作かのシングルとかかな。

最後は『電波にのって』で
ギターソロのところで「紹介します、ギタリスト斉藤祐樹!」
って紹介してました。
エンディングのみんなの演奏、すごかったです。

ダブルアンコール、あるかなーって
最後結構待ってたんですが
ありませんデシタ。。

いやぁ、、今回は少ない本数ながらも
IMG_3756.JPG
久々たくさん参加して
ホントいいライブでした。
次もまた決まってるってうれしいです。

<セットリスト>
 01.もっとすげーすげー
 02.D.I.Y.H.i.G.E
 03.ドーナツに死す
 04.それではみなさん良い旅を!
 05.CLASH! LAOCHU!
 06.ユーは13?14?
 07.なんとなくベストフレンド
 08.寄生虫×ベイビー×ゴー!
 09.溺れる猿が藁をもつかむ
 10.TOMATO
 11.U4
 12.スターマイン
 13.へルシンキ
 14.ロックンロールと五人の囚人
 15.黒にそめろ
 16.S.O.D.A.
 17.テーマ・フロム・ダリア
 18.DEVIL'S ODD EYE
 19.テキーラ!テキーラ!
 20.あうん

 EN.
  A FACT OF LIFE(新曲)
  電波にのって


あ、で、その対バンツアーのお知らせ
帰りにもらったんですが・・
IMG_3758.JPG
対バン相手は伏字になってまして。
でも文字数から少し予想ができるんですが、、
私的(あと検索してみたのも含め)予想
よりによって、行けない10/13が
一番見たいピロウズじゃないか?!って。
仙ちゃぷも絡んでそうだし
うぅ、、、どうしよ。。

 10/13@水戸    the pillows 
 10/15@シェルター Helsinki Lambda Club
 10/16@シェルター 11文字 ここだけサッパリ分からない・・
              希望も込めてチャラン・ポ・ランタンとか?!(ないね 笑)
 11/09@磔磔    OGRE YOU ASSHOLE
 11/12@FEVER   6文字  D.A.N.? 
              ないと思うけどTheピーズも文字数合ってるんだよね
 11/29@JANUS   夜の本気ダンス/フルカワユタカって説



レッツゴー!ベスト オブ サマー 一発、真夏にOK [音楽]

夏のバーゲン始まりました。
、、、って言っても
何買う訳でもないし
別に楽しみにしてた訳でもないんですが
でもやっぱお店行くとついつい覗いちゃいますよねぇ。。
なんかないかな?って(笑)

で、今西武&そごうでやってる夏市のちらし。
あのクマがかわいくて(*´艸`)
そしたらそのポストカードプレゼント企画やってて。
IMG_3752.JPG
もちろん、もらいに行きました!
ヤッター

何気にこのJRのポスターも欲しいと
ずっと前から思ってたりもする。。
poster_05.jpg

さて。
そんな7.2は
フラワーカンパニーズ『フラカン28号』
@F.A.D YOKOHAMA
でした。
IMG_3747.JPG

久々のフラカンワンマン!
何だかんだと都合がうまく合わず
4月の野音から行きそびれてしまっていましたが
ようやく行ってこれました。
そしてうれしい横浜!
東京も神奈川も大差ないと思っていても
やっぱ神奈川県民、地元でやってくれるのはうれしいです。
しかも、ここFADでやるのは初めてだそうです。
確かに、、今までBAYSISだったんで
あれ?っとは思ってましたが。
お初なハコの時に参加できるのも
なんでか分からないけどなんかうれしい(*´∀`*)

キャパ的にはどっちもさほど変わらない?
ステージはFADの方が低い、、かな~

この日もFCに入ってるお友達にチケット取ってもらいまして
20番台での入場。
ステージサイドのスピーカー前なら最前も空いてたんですが
もうちょっと中に入った竹安さん側2列目辺りで待機。
この日はSOLD OUTだったそうで
と言っても、思ったほど押し押しにはなりませんでしたが
ステージからの眺めはパンパンだったようで
皆さんうれしそうでした。

ちょい押しでライブスタート。
圭介さん、水玉の大きめシャツ。
でも手上げるとデニムを腰で履いてるせいか
トランクスが見えて、
そっちはブルーのストライプでかわいかったです(笑)
竹安さんジレはまだ続行中。
恐らく夏仕様の素材?
ミスター小西は赤のつなぎ
中に黒いTシャツ?着てるんですね
照明が当たった影だと思ってた・・
胸はだけるからかしら??
グレートさんはデニムのオーバーオール

いきなり1曲目が『最高の夏』からで
一気にテンションUP!!!
そう、この日は急激に暑くなった日で
まさにピッタリな1曲目でした。

ただ、、音、デカい(´+ω+`)
あまり耳が痛いって感じ
私はないんで、耳栓とか全く必要ないんですが
さすがに、あのデカさには
耳、ヤバいかも・・・って思ってしまったくらい。
最後の方ビリビリ音割れてたし。
専門的なことは分かりませんが
ちょーっと外音、作りよくなかったんじゃないかなー・・って。

続いて『NUDE CORE ROCK'N'TOLL』
とても始まってすぐとは思えないくらいの
熱い盛り上がり。
久々ってこともあってか
やっぱフラカンいいわーって。

まだまだ突っ走ります
『マイ・スウィート・ソウル』に
『チェスト』
汗拭く間もなく。
いやぁ、、一気に汗だくでした。

ここで最初のMCだったか?
圭介さんが大きな声で
「横浜、FAD!」って叫んだんですが
ちょっとフロアが一瞬沈黙になったので
「・・・?あれ?違った??」って
不安になる圭介さん(笑)
「いいんだよなー。」

で、FADは初めてだって言ってて
そうなのかーって。
「初めてなのにこんなに歓迎されちゃって
いいんですかー」って。

「ツアー、フラカン28号もあと残すとこ
今日入れないで2回!今日入れると3回!」

「今日は気合入ってます!
何の繋がりもないけど大好きな横浜!←なんだそれ(笑)
シュウマイ弁当も食べて
口の中臭いぞー」
ってMCも飛ばし気味ゞ(≧ε≦o)

オモシロかったのが
中華街近いし、、って流れで
竹安さんはリハ後、その中華街にあるスーパーに
食材買いに行ったって話。
「袋からネギ見えんじゃないかって感じで
小走りで帰ってきて
おばさんだったよな。昭和のおばさん。」
グレートさんまでもが
「まさに俺ら世代でいうおばさんな風貌だった」って。
ここでは竹安さん無言(笑)

そう、で、このフラカン28号のツアー
当初の予定では奄美がファイナルで
ここ横浜はセミファイナルだったんですが
松阪でのライブを圭介さんのインフルエンザで
延期になってしまったようで
それを入れてあと2回ってことだそうです。
その振替公演の件については
「今は言わないでー」って言ってました。
あはは。

とは言え、ここ横浜はセミファイナルって気持ちでいるから
「じゃーメチャクチャに盛り上がっていきましょう!」
だっけか?
それ言った後に「あ、メチャクチャって言うのは、、」って
説明しだしてりして。
圭介さん節炸裂でした。

久々の『パンクはうまく踊れない』が
うれしかったです。
アルバム「脳内百景」はホント名曲揃い。
最初に「世田谷夜明け前」を借りて
その次に聞いたのがこのアルバムで
一気に好きになったもんなー・・

『無敵の人』に続いて
『すべての若さなき野郎ども』
アルバムツアーではないので
新旧色んな曲があって
ホントうれしいです。
フラカンは年中ライブをやっているので
すっかりそれが当たり前に感じてしまいますが
他のバンドのライブに行くと
改めて、フラカンライブのセトリのすごさを実感します。

「今日は都議会選挙でした。
、、、って横浜の人には関係ないけど」
からの「今、自○党が荒れてておもしろくなってる」って。
あー政治の話しちゃう?って
ちょっとドギマギしちゃったんですが
危ない方向には行かず、、

首相秋葉原応援演説、まさかの帰れコールに
「俺も行きたかったー」とか
例の話題になってる女議員さんの罵詈雑言話
「このハゲー!!!」だけは言っちゃいけない
なぜなら、ハゲは自分ではどうにもできないことだからだって
「俺が守ってやるからな」ってグレートさんに
「まー君が許しても俺が許さない
いろいろやったよ、トントンしたりしてさ」って
その言い方がおかしくって(≧▽≦)
極め付けが「頼りになるだろ、無敵の男鈴木圭介~」って
グレートさん。

あ、あと「横浜に鈴木けいすけっていたよね?」って
知らなんだ・・。

MC前にも収録された曲やってましたが
次にやるのがタイトル曲ということで
ここでライブハウス限定で売ってる
最近リリースのシングルについて。
「じゃーその あまくない をやりまーす」
ブルースハープが効いてる曲。

そして野音でもやってくれましたっけ
『日々のあぶく』
いやぁ、、最高でした。
この曲の最後のたたみかけるように歌っていくところに
グッときちゃいます。
あと間奏のギターソロもね
泣きそうになる。
竹安さんのギターソロは結構渋めの音色が多い気がします。
キンキンしてない感じ。
それがいいんですよね~

「次の曲も、、横浜でやるのは久しぶりかな」
って紹介から『環状七号線』
だってー横浜でのライブ自体が久しぶりですからねぇ・・
この2曲連チャン、最高でした。

そしてこれは本当に新曲。
次のアルバムに入るって言ってましたっけ。
『ハイエース』
初聞きじゃなかったですが
改めてじっくり聞いて
早く歌詞カード見たい!って思いました。

ここでメンバー紹介。
まずは竹安さん。
「FADの意味はflower and dragonなんだってね。
IMG_3746.JPG
フラワーは、俺達フラワーカンパニーズで
ドラゴンは、ドラゴンファンでしょ。
、、って、何かと縁がある名前なのに
今までは残念なことに、、」って言うと
「何か終わりみたいな言い方だな」ってツッコみ(笑)
「いや、これからね。末永くお願いします」

で、さっきネタばらし?!もあった
「近くのスーパーも安かったしね、、」って言うと
圭介さん「何買ったの?」
竹安さん「えーっと、クコの実とか、、松の実とか」
圭介さん「なに、ナウシカみたいだなって」
どうもイメージではそのまま食べるナッツと
思ってる??

「あと、近くの豪華な神社みたいなの
あれ、でも、入るのに500円とかいるみたいで、、」
横浜関帝廟のことですかね。
私も実は行ったことないんですが
本殿に入るのは500円かかるみたいです。
周り見るだけは無料で見れると思います。
圭介さん「入らなかったの?」
竹安さん「外からお願いしといた」と
竹安さんらしい(笑)
なんでも、賽銭として500円自主的に出すのはいいけど
500円って決められちゃうとなんだかなーって
思ってしまう、、とか?
って言ってたのはグレートさんだっけか?

続いてミスター小西。
「横浜はライブでしか来る機会がないんですが
来るたびにいい所だなーって思って
休みの日に来たいって思うのに
ついつい、、
なんか横浜には憧れがあるんですよね。
あと横須賀とか、、
不良っぽいイメージがさ、まだ不良に憧れてるのかな(笑)」って言うと
圭介さんかな「こんな不良品ないぞ」って。

で、グレートさんから
じゃーその不良な雰囲気で一発ドラムソロでも、、って
煽りがあり
「思いっ切り不良の顔して叩いていいですか!」って
ドラムソロ(*´艸`)
かっこいいー
でもなぜか途中サンバみたいになってて
案の定圭介さんにツッコまれてました(笑)

あと、ホントにめちゃめちゃ不良の顔付で叩いてたようなんですが
残念ながら客席からはあまり見えず、、
その代りステージ上ではよく見えてて
グレートさん曰く「ホントはやらせたくなかったんだけど
今日はQ太郎がいなくて
以前お世話になってた人に久しぶりに手伝ってもらってて
その人にも今のフラカン、
今の小西の成長っぷりを見せたくて。。。」って。

そうか、なんかいつもと違うって思ってたの
Q太郎さんがいなかったからか。
なんかフラカン以外でもQ太郎さん見ることが増えてきたのと
フラカンライブが久々で
フラカン=Q太郎さんっていうのすっかり抜けてました・・

でもこの日手伝ってたローディさんも
終始うれしそうにステージ見てたんで
そういうこなとなのか、、って妙に納得してしまったり。
ミスター小西ソロも大笑いで見てました(´m`)

そしてグレートさん。
9月に出るアルバムの話、、でしたっけ?
あとそのリリース前に単発ライブをリキッドでやる話。
「ライブタイトルが“走れ!ハイエース野郎”だから
当然さっきやったハイエースはやるけども
他にも、アルバムから新曲、やる?よね?」って圭介さんに。

「あぁ、そうですか」ってしぶしぶな返事に
「あ、やっぱ歌詞とか覚えるの、大変?」
「いや、そうじゃないんだけど」
「リリース前にはまだ出したくない?
鈴木くん割と出来たものはすぐ出したがるタイプだから、、」って言ったら
「何言ってるの!俺はメチャメチャ出し惜しみするタイプだよ」
から、好きなもは最初に食べちゃうか、最後まで取っておくかの話へ。
結局、グレートさんも圭介さんも
好きなものは取っておくタイプだったんですが、、

ラーメンのチャーシューって言った時に
鈴木と一緒にラーメン食べたの高校の時のスガキヤくらいじゃないって。
そしたらあの頃のチャーシューの重みは今とは違うだろーってって
力説しててオモシロかったー(≧▽≦)

新曲をすぐやることについて圭介さん
それは作ってる側のエゴじゃないかってことを
すごく気にするそうで
お客さん的には昔の曲をやっぱり聞きたいんじゃないかと
「俺だって新曲作ったらそれが一番やりたいんだよ。
だって俺、今ハイエースが一番大好きだもん」って。
いい言葉だ。
作り手が新曲が一番大好きっていいことですよね。
そして圭介さんのそういう想いが
それに賛同しているメンバーの気持ちが
フラカンのセトリが素晴らしい理由の一つなのかもって
思いました。

ってことで、やるかやらないか、、は未定の様ですが
「リクエスト今日も終わったら物販いるんで
言ってください」って。
あー・・行きたかったよー
でも8月の平日はもう休めないので
グッと我慢です(T ^ T)

28年もやってると
自分たちの曲でも忘れたりしてることも多く
「あ、こんな曲あったんだって
竹安なんて8割は忘れてるから。
これどんな曲だったっけ?歌詞なんだっけ?コード何だっけ?って」
竹安さん「曲とタイトルがね、、一致しなくなっちゃうんだよね」

活動休止なし!
メンバーチェンジなし!
ヒット曲なし!
(順番あいまい。。)のいつものコールから
4人そろってフラワーカンパニーズ!
これからも永遠によろしくーだっけ?
からの『俺たちハタチ族』
ここで後ろから押し寄せてくる人たくさん。
あのとある曲で
急にワーって押し寄せてくる感覚
正直私には分からないんだよねぇ・・。

そして『三十三年寝太郎BOP』で
さらに盛り上がり
なんだっけ、、ちょっと焦らして
手拍子させたんだっけか。
で、来ましたー『ホップ ステップ ヤング』

あれ?曲行く前にこの話だったか
途中の間奏でこの話だったか
記憶曖昧ですが
圭介さんが今話題の連勝記録更新中(って、この日敗れたんだっけね)
将棋の藤井四段や
引退を余儀なくされたひふみん名人の話をし始め
「俺達は天才にはなれない
でもやり続けることはできる
キングカズだってピッチに立ち続けてる
だから俺達も死ぬ直前までライブをやり続けたいと思う」って
※ピッチをあそこなんだっけ、、フィールド?って
 言ってたのには笑っちゃいましたけど。

なんか笑い話になるのかと思って
ケラケラしながら聞いてたんですが
すっごくグッとくることを言ってて
それからの『ホップ ステップ ヤング』だったのが
またすっごくよかったです。

最後は『最後にゃなんとかなるだろう』
うん。そうだ。
楽しく行こう!
そんな気持ちで本編終了~

続いてアンコール。
汗だくでしたが誰も着替えて来てなかった、、かも。

ここでグレートさんが
「ここFAD横浜、今日初めて出たのに
なんと、ラブハウスのフリーペーパーっていうのかな
それの表紙飾ってます!
そうそうフラカン表紙なんてないよ」って
そうか、、。
IMG_3750.JPG

しかもインタビューまで載ってた!
IMG_3751.JPG

「まぁ、きっとみんなの心の表紙もしくは1ページ目は
俺らでいてくれてるかもしれないけど、、」って言うと
圭介さん「分かんないよー
1番なんかじゃないんじゃいのー」って
またまたネガティブ発言( ̄▽ ̄;)
グレートさん「そうかな、、じゃー誰が1番だと思う?」
圭介さん「ん、、、、まぁ、ラッドですって人は
きっといないと思うよ(笑)」
グレートさん「Theピーズとか、怒髪天とか
コレクターズとかかな、年齢的にも」

その後もバックナンバーとかじゃないでしょって言いつつ
圭介さん「「あ、でもあの人たちも
悲しい歌歌ってるからあるかもよ」って。
で、「俺達あったことあるんだよな」と
ちょい自慢げ。
「そういう時だけ自慢げな口調になるよなー」
「いい人たちだったよ、、ってえらそうだけど」
でも聞くところによると
ただ挨拶しただけらしかったですけど(笑)

「もう少しやれますか~」って
『脳内百景』
アンコールでこの曲ってなかなか珍しい感じ。
前に本編で『真冬の盆踊り』があったみたいな。
そういう意味でフラカンもいろいろ曲順
工夫してるんだなーって。

そして『消えぞこない』
ラストは「もう1曲踊れますかー」で『真冬の盆踊り』
最近はもう前みたいに
間奏部分、すんごい長くなったりしないんで
助かってます(笑)

あ、あと、終わりごろに圭介さんが
フロアからのヨサホイヨサホイに対し
「聞こえねー」「届かねー」って言ってたやつ
あれは「聞こえてるけどー」とか「届いてるけどー」に変わったのは
何か言われたりしたんでしょうか。
それともまた圭介さん、何か気になっちゃったのかなぁ。
でも今の方が
ちょっとうれしかったりする。

「どうもありがとー」

そしてそして、ダブルアンコールありました。
フラカンはダブルアンコール
定番でしたっけね。

「ピーズの武道館は終わったけど
まだまだやりまーす」からの
Theピーズのカバー『とどめをはでにくれ』
この先もうあまり聞けなくなるだろうから
ここでまた聞けたのはうれしかったです。
圭介さんの歌声は
違和感なく聞けるな。
なんだろ、、ちょっと投げやりな感じで歌う人の方が
合ってるのかな・・なんて。
奥田民生とかYO-KINGとか。
ここらへん、系統似てませんか??

ラストは「終わらないツアー」
いいね~
で、ビックリしたのが
圭介さん、急にフロアに降りてきちゃって。
最初ステージとバーの間を歩くだけかと思いきや
ホントにフロア後ろの方まで練り歩いちゃって。
でもダイブじゃないとこが
圭介さんらしいかも(笑)

ただ、そうはいっても、スゴイ人に囲まれちゃって
私のいた位置からは
まったくどこにいたのか見えませんデシタ。。
しかも最後の方なかなかステージに戻って来れなくって
「ステージに帰らせてくれー」って
叫んでましたゞ(≧ε≦o)

いやぁ、、最高でしたー

帰る時、圭介さん「どうもありがとー」って言った後
「ごめんねー大丈夫だったよねー?」って。
フロアに降りて行ったこと
ちょっと気にしてたみたいです。


<セットリスト>
 01.最高の夏
 02.NUDE CORE ROCK'N'TOLL
 03.マイ・スウィート・ソウル
 04.チェスト
 05.切符
 06.パンクはうまく踊れない
 07.無敵の人
 08.すべての若さなき野郎ども
 09.あまくない
 10.ビューティフルドリーマー
 11.日々のあぶく
 12.環状七号線
 13.ハイエース
 14.俺たちハタチ族
 15.三十三年寝太郎BOP
 16.ホップ ステップ ヤング
 17.最後にゃなんとかなるだろう
 
 EN.1
  脳内百景
  消えぞこない
  真冬の盆踊り

 EN2.
  とどめをハデにくれ(Theピーズカバー)
  終わらないツアー


一つ思い出せないのが
汗一つかかず暑くないって言い張る圭介さん。
でも(汗で)キラキラしてるよってグレートさんに言われると
「ツヤだよ、ツヤ!」って言ってたの
何の話で、、だっけ??

キミの人生一発逆転そうまだ僕が必要なのさ [音楽]

7月になりました!
何気にこの週末、3連チャンでライブを入れていたことに気付く。
これ、月が変わってるとなんか連続な気がしない
ある意味これもライブあるある?!
・・・じゃないか( ̄▽ ̄;)

さて。
そんな7.1は
百々和宏ソロツアー“ハルノハクチ”
@吉祥寺Bar Days
でした。
momo_flyer-212x300.jpg

うれしいことにここ最近は百々ソロ(テープエコーズも含め)
ちょいちょいやってくれるて。
モーサムは全く持って聞かないんですが
百々ソロは大好きです。
なんだろうねー・・
ま、言うほどモーサムを聞いてないので
何とも言えませんが。

ただ、、武藤ウエノ同様
ライブハウスっていうよりライブもできるバーっていうか
居酒屋?飲み屋さん?ってところでのライブが多く
(これも武藤ウエノ同様、
 本人たちが飲みながらやりたいからと思われる)
チケットがなかったり、メールで予約ってことが多いため
そうなると入場は来たもん順なんですね。
まぁ、それは頑張って早く行けばいいので
いいっちゃーいいんですが
どれくらい早く行けばいいかって
さじ加減が分からないというか。。
そこまで前じゃなくてもいいし、、って気持ちもあって。

で、この日はちょっと余裕こいて
かなりギリギリな時間に行ったら
もうほぼ最後もいいとこ、、な順番で(まぁ、あの時間なら仕方ない)
そしたらあろうことか、イスがなく。。
立ちっぱでした(´+ω+`)
いや、後ろの方でも別に良いって思ってましたが
まさか立ちっぱになるとは予想してなくって
・・・次からはもうちょい早く行こう。。

ただ、立ってると結構視界遮られないのか
見晴らしよく
向こうからも目線が同じくらいになるのか
(あちらは座ってますが、距離があるため)
なんかやたら見られてる感勝手に感じてしまい
ちょっとドキドキでした(笑)

IMG_3741.JPG
吉祥寺Bar Daysはちょいちょい他アーティスト
(特にイマイさん!)でも名前を聞いていた
吉祥寺にある、まさにそのライブが出来るバーなのですが
、、、にしても吉祥寺、そういうとこ多いなー
私が知ってるだけでもこれで3か所目。流石!
縦長で大通りに面してて駅からも近い、オシャレなお店でした。
、、、この大通り沿い初めて歩いたんですが
オモシロそうな通りで、またゆっくり吉祥寺散策したい!って
思っちゃいました♪
IMG_3742.JPG

人数的には50名入るか入らないか
(イスは30席強な感じ)な大きさで
ドリンク代700円は高っ!って感じつつも
カップ大き目だったし、ビールもハートランドだったしで
よかったんですが
ただ、大通りに面してるところがガラス張りなんですよね。
で、信号目の前で
ステージはその大通りを背にしてるもんで
やってる側は何も感じずできるんだと思いますが
客側からは外歩く人が丸見えで
音は漏れてないんですかね、、でもやっぱ中を見ていく人は多く
(なにやってんだ??って感じで)
それが気になってちょっと集中できなかった・・
あそこブラインドとかしてくれたらいいのに、、
なんて思ってしまいマシタ。

あと、、てっきりフードもあるのかと思って
お腹空き気味で行ったら
カレーと乾き物しかなく、、、そちらもガッカリ。
スタッフの方がとっても明るく良い方そうで
きっと常連さんとかになると
楽しく一人でも飲みに行けそう~な雰囲気がありました。
そういう常連なんですーってお店作りたい(*´ω`)

この日のスペシャルドリンク
IMG_3743.JPG
結局どっちも飲まず。。

開場/開演まで1時間もありまして
でもイスもないし
結構始まるまでに疲れた・・
そして10分押しくらいで始まったんですが
百々さん、やっぱり近所で飲んでたらしく
普通にその目の前の信号渡って会場入り(笑)
そのままライブスタートって感じでした。

あ、で、既にここで
一応サプライズ?ゲストの有江さんもご一緒してまして
「後で出てきます~」って紹介されてました。
有江さん、いや、もしかして来るかな~って思ってたりもしましたが
でもツアー中日だし、、(前日宇都宮、翌日仙台)
ないかなーって予想だったのに。
ホント、仲良しなんですね。

ということで前半1時間くらいは百々さんソロ
トイレ休憩挟み後半は有江さんと一緒にアンコールまで。
トータル3時間ちょいの長丁場ライブでした。

今回のこのソロライブは“ハルノハクチ”と題して
全国周ってたようで
ここ東京はファイナルだった、、って
この日知りました(ツアーで周ってたのは知ってた)
なのであちこち周ってきて
その度に飲み歩いてたため
「正直、今ね、飲み過ぎで胃が痛い」って。
ライブ中もかなり飲むし
きっと打上げもあって
さらに移動日と称して飲み歩く日まで作ってたって言うんだから
そりゃね。。

今度の音人のコーナーでも紹介してるそうですが
札幌の五坪って店(ホントに五坪くらいの店らしい?)が
かなり素晴らしかったって。
なんと、厚岸産の生ガキが1つ105円って。
じゃー2つって頼むとなぜか店員さんが3つ持って来てくれたそうで
え?って言うと、一つはサービスですって。
何も付けずに食べてもらいたくて、、って。
ここらじゃ400~500円はするくらいの美味しさだったとか。

その後にも、
大阪に住んでる幼馴染が教えてくれたという
北浜にあるひらやまっていう立ち飲み屋さん
ここはスマホにメールを送ってもらったらしく
探しながらの紹介で
食べ物の写メとか撮ってきてたんですかね
この○○とか見せたいわ~って(笑)

いいお店っていうのは、
店員さんの動きがカッコ良くて
無駄のないチャキチャキした動きで
見てすぐわかるんだとか。
で、この人大将かな?って思ってた人と話してたら
実はそうじゃなく、
しかもまだ入って4週間だって言われて
ビックリしたって。
さらに、名古屋でその話したら、
たまたまそのお店知ってるってお客さんがいて
どうやら大将は、モヒカンらしいって情報に
スゴく和風な大衆居酒屋って感じのところだったのに、って
さらにビックリで
今度大将がいるときにまた行かないとって
言ってました。

曲は、私もだいぶ聞き覚えてきたようで
カバー曲で聞いたことないの以外は
だいたい分かってより楽しかったです。
バンドでの編成を1人で弾き語りになるので
他の人のパートを百々さんがやる訳で
色々アレンジ工夫されてるのを感じました。
あと、この日はやけに曲タイトルを言ってる感じがしましたが
いつもそうだったっけ??

1時間ほどやって、トイレ休憩。
続いてここからは2次会ですからーって
有江さんの登場。
有江さん、登場するときのポーズが
かわいかった♪

歌う前にか、1曲歌ってからだったかな?
最近、ピロウズの時のMCの時間が段々長くなってきてるって
ダメ出し?!を食らったって話。
(いや、ダメ出しじゃないけど、実際メンバーから言われたとか)
しかも最初に笑い取っちゃうから
シンちゃんから言うことないって愚痴?文句?言われるとか
百々さん「だから最近、酒量が増えてるんじゃないの?」って(笑)

にしても、百々さん、ピロウズのMC状況詳しくって
メンバー紹介の順番とかまでちゃんと説明してて
有江さんからよくお聞きになってるってのが
伺えて面白かったです。

今やすっかりピロウズサポートとして定着されましたが
それが正式に決まる前に百々さんからも
あと髭の宮ッTeaや、かの上ケンさんからも後押しがあったらしく
上ケンさんだっけ?、かは
会うごとに"俺のおかげだぞ"って言われるとかで
近年稀に見る腰の低さで過ごしてるって。

っと、百々さんにも「あれ?溜まってる??」って
ツッコみあるくらい
有江さん、話し出すと次から次に
オモシロトーク出てくる出てくる(笑)
基本、いろんなこと気付いちゃって
あれこれオモシロくツッコめちゃう方なんでしょうね。

曲は、、
百々さんだけの弾き語りももちろん素敵なんですが
やっぱベースの入るとより素敵で
本当最高でした。
百々さんにも「指、動くね~」って
有江さんも「意志と反してね」とか言って。
ホントおもしろい。

恒例の中央線の歌で間にカバーを挟むやつは
予想通りTheピーズの武道館の話を持ってきて
そのままピーズの曲行くのかと思いきや
なんか打ち上げの話でバクチクの話にいったので
あれ?バクチクの曲になっちゃう??って感じでしたが
曲は『バカになったのに』でした。

で、その打ち上げですが
新宿のロフトに移動してやったそうで
スゴイ数のミュージシャンで溢れてたとか。
そこで百々さん、とある人から
バクチクのベースの人を紹介されたそうですが
初対面なのにベロベロで
中学の頃の話?を延々聞いてもらってたみたいで
しかも昔バクチク嫌いだったんですよねー
でも付き合ってた彼女がバクチク好きで
グループ交際みたいな感じでみんなでカラオケ行ったときに
勝手に曲を入れてたみたいで、
嫌だったんだけどバンドやってるとか言ってたしで
歌う羽目になったって。
そんな話をちゃんと聞いてくれて
「きっと、(そんな話聞くの)嫌だっただろうなぁ・・・
でも、すごくいい人なんですよねぇ、、」って。
なんでもバクチクメンバーはみんなそんな感じで
いい人らしい。

ピーズの曲ちょこっと歌った後は
もう1曲なんか洋楽?挟んでましたっけね。

そういえば、始まってすぐに
新しく作った有江さんピックをもらったって言ってて
早速この日使って、弾きやすいって褒めてました。
モーサムだとすぐ割れちゃうから1
回のライブで5、6枚は消費するそうですが
弾き語りだと全然すり減らないから
「これまで1枚しか使ってないよ」って。

ひなっちにもこの前もらったそうで
「ベーシスト、みんな作るよね」って。
そのうち、店頭でも買えるようになるそうです。

『スーパッパ』ではもちろん、手拍子参加があり
最初百々さんさんの説明というか見本が分かり辛く、、
なのにすぐ曲いっちゃって
アタフタした感じになっちゃいましたが
後半は有江さんベースに合わせてなんとか着いていけました。
判定は、、「まあまあかな」でした。

そうそう。
今度テープエコーズの企画で対バンライブがあるって話。
自主的に対バン呼んでやるのは初めてだとかで。
これが決まったきっかけというのが
前のワンマンやった時にたまたまtoddleのベースの人が
ライブハウスの前を通りかかって
気になって中入ったら俺だったって感じで。

で、一緒に何かやりたいね、って話になり
じゃー、、ってことで決まったそうです。
2回目以降もいろいろ考えてるみたいですが
「なんにしても1回目が成功しないとねぇ、、」って。

ビックリしたのが
この日入り口でそのライブのフライヤーっていうんですかね、
を配ってくれてたんですが
それ、実は百々さんの自宅プリンターでせっせと作ったものらしく
「それで今日俺、1時間遅れたから」って(笑)
そうだったのかー
IMG_3744.JPG
確かに、色薄いな~、、っていうか
ホント自作だよなって手作り感満載なものでしたけど。
百々さん手作りということなら
捨てなくてもよかったー(笑)って。

「もし100回目とかでさ、武道館とかでやったら、
俺ずっとプリンター、、、」なんて言ってると
有江さん「印刷頼みましょうよ」
・・確かに。
ペラの紙なら結構安いよー
インクジェットのインク代の方が高かったりする。

そしてそのイベントタイトルが"夜のお供"ってこともあり
それを言うのに
「なんだっけ、うなぎパイの包みに書いてある
夜のお菓子?大人のオモチャ?」とか言ったりして。
すぐには思い出せなかったけど
決して"夜のオモチャ"ではないゞ(≧ε≦o)
※正解は"夜のお菓子"

あと思い出したように「あーそうだ、、営業トークしなきゃ」って
7/7の下北である日暮愛葉さんとの対バンについて。
でも、、せっかくの営業トークでしたが
調べたら7/7じゃーなかった。。7/8でした。

愛葉さんはすっごい勝気で負けん気の強い
ロックな姉ちゃんらしく。
百々さんさん曰く、とっぽいねーちゃんらしく
昔、「私のこと知ってんの?」くらいの勢いで聞いてくるから
「知ってるよーひぐれさんでしょ」って言ったら
「ひぐらしだ」って、すっごい怒られたそうです。
酒の席で何度ももめたこともあるとか。
もう二度と会うかーみたいな感じで
グラスとかガッシャーン!って帰って行くのに
また次会うと「百々かっこいー」ってケロッと言って来たりするとか。

決まってすぐにツィッターで
"よろしくね"みたいな書き込み見かけたから
そのツィッターに対し「何か一緒にやる?」って返信したのに
「あれ以来何も言ってこないよ」って。
「俺はこの日はとことんいじり倒そうって思ってるから
きっと楽しいライブなると思うよ」って。
風知空知にも行ってみたかったんで
日程合えば行きたいかもー!って思ったんですが
7/8はダメでした。。残念(T ^ T)

ラストはもちろん『ロックンロールハート(イズネバーダイ)』
最後のアウトロ?っていうのか
演奏のになるところが熱かったー

「どうもありがとう~」って本編終了、
時間、22時ちょい前くらい?

そのまま薄っすらアンコール的な拍手が続いたものの
お2人席立たないですから。
そのまま拍手フェードアウトして。。
この間、何喋ってたっけなー

「(時間22時過ぎてるのを見て)
トイレ休憩長すぎだよね。
今度やる時はオマルを、、、あのアヒルのやつ
置いといたらいいんじゃない」って言ったりして。
いやぁ、、さすがにそれは。。
トイレ一つなんですかね。
お店の人も向かいのファミマもどうぞ~って言ってたり。

「じゃーサクッとやりますか
、、別にアンコールと誰からも言われてないけど・・」って
言ってましたが
一応、少しはあったんですけどね、、って心の中で。

ラストはうれしい『悪女』
バリバリアレンジ変えて。
あの熱唱っぷり、すごいなー。

という訳で。
19時スタートで、間2回トイレ休憩あったけど22時過ぎ終了。
その間ずっと立ちっぱ。
さすがに疲れましたが
でも不思議とそんな長時間って感じは全くせず
楽しいライブでした。

夜のお供、初回行きたかったんですが
この日はどうしても。。。(´+ω+`)
なので第二回目以降に期待したいと思います。


<やったと思う曲>※セトリ見つからず。。自力であげてみましたが
 アドワナダイ
 天気雨
 すきにして
 ピンチヒッター
 SICK JITTA
 なんだか愉快なぼくたちは
 お酒にまつわるエトセトラ
 クラクラ
 ポテトフォーピープル
 箱船

 高架下の幽霊
 Sad Vacation(Johnny Thundersカバー)
 鼻血びゅー
 スーパッパ
 中央沿線午前四時 ~バカになったのに
 Good Dreams(ザ・ルースターズカバー)
 ロックンロールハート(イズネバーダイ)

 悪女(中島みゆきカバー)


レジスタントミュージック さあ耳をふさげ くたばっちまえよ [the pillows]

昨年、おんぼろ扇風機を処分したので
今年は新しく購入せねば、、なんですが
扇風機って結構高いのね。。
あとさ、使わない時期しまうのに困るって言うか
場所を取るって言うか
ならば冬も使えるタイプのものにするか、、って
例の有名なダ○○○羽根なしってやつにしてみようかと
チラリと検索してみたら
めっちゃ高いっ!!!
あと、口コミ情報によると電気代もかかる?
う、、、それはどっちもダメじゃん(-c_,-` )

今のところ何とか自然風&手動(団扇 笑)でしのいでおりますが
そろそろ厳しくなってきたかも。。
いっそのことエアコンだけで過ごすかってのも
手かとは思いつつ。

さて。
そんな6.30は
the pillows NOOK IN THE BRAIN TOUR
@宇都宮 HEAVEN’S ROCK VJ-2
でした。
IMG_3739.JPG

久々平日のライブ。
しかも都内じゃなくちょい遠出。
番号悪かったら行くの止めるかって思ってたりもしたんですが
こういう時に限って
いい番号来る、兵庫さん的に言うなら
ライブあるある?!(笑)

なので月末、1/4年度末の割とバタバタ忙しい時期でしたが
早退して行ってまいりました。
前日、前々日、忙しくって
行けなくなるかもーってハラハラしてたんですが
なんとか仕事片付き
難なく早退もでき、バッチリ開場時間に間に合いました。ホッ。

ただ平日の宇都宮って
実は行ったことなかったようで
帰り時間も割と急がないと?!な感じで
18時前着→21:30過ぎ出発という滞在時間3.5時間という
非常に短い宇都宮滞在でした(笑)
鈍行往復だから移動時間の方が長い( ̄▽ ̄;)

そう、その番号は久々にやってきた!10番台でして
なんとかギリ、有江さん側端の方最前ゲットできました♪
始まってから後ろの太っちょ女子がグイグイ入ってきて
その厚みにやられかけられましたが
なんとか、視界良好
さほど押しもなく快適な環境で過ごせました。

一つ愚痴るなら、、
どうでもいいけど、あのノリ方嫌いなんだよねー・・
私的にはロックに思えない。
ま。ノリ方に正解も不正解もないから別にいいんですけど。
気になるっちゃー気になる。目に入ると余計にね。
目立とうとしてるからああなのか??
はい。
もう止めます。

気を取り直して、、
今回良い感じのスパンでライブ参加できてて
毎回行くのが新鮮な感じです。
やっぱこれくらいなのがいいのかも。
セトリ、本編は変わりなし。
でもダブルアンコールが毎回変わってて
おぉ~って。
たった1曲でもその日ならではな気分を味わえるなんて。

衣装は、さわおさんがカーディガン+Tシャツじゃなく
ポロシャツになってました。
そのポロシャツがめっちゃかわいくって。
にしても、さわおさんはポロシャツの方が似合うな。
カーディガンが定番みたいにご自身では言ってましたが
私としてはポロシャツのイメージも強いかも。
なんか、、ACIDMANのことをハット・キャップ・ニット帽って
言ったりするけど
ピロウズもポロシャツ・Vネック・ボーリングシャツって
言っても分かっちゃうんじゃないか??なんて
この日メンバー目の前でまじまじと見て
思っちゃいました(´m`)

暗転してSE流れた時、いつもならすっごい大歓声になって
拍手もバンバンって感じになるんですが
この日はちょっと一瞬シーンとなって
慌てて拍手始まる、、見たいな感じで。
なんでも栃木の人(宇都宮の人?)はシャイな人が多いって
そうか、、確かに私の知ってる宇都宮の方もシャイな人だし
せっちゃんも、大騒ぎする感じじゃないですもんね。
高崎とは真逆か(笑)

『Envy』は未だに、拳を上げるタイミングを逃してしまう。。
ただ最後の最後すっごく熱く歌い上げるさわおさんを見て
次はここであげようか、って思ったほど
なんか一気にボルテージ上がってる感じが感じられました。
それについて、ダブルアンコールで語ってて
そういうことなのか、って納得。

からの『Hang a vulture!』で
私的にはグイっとテンション上がるタイミング。
この日はステージが低いせいか
ステージに2つ置いてあった台とか
モニターの上とかによく上がってくれたりして
でも最前ってそういう時、真上過ぎちゃって
ちょっと残念というかね、、
だからなんかやたらとシンちゃんと目が合ってた
(正確にはシンちゃんサングラスだからどこ見てるか分からないんですが)
気がします(笑)

『I think I can』が終わり、、最初のMCだっけ?
「イェーイ!!」のあと、何か叫ぼうとしたら
なんか咽ちゃって
慌てて水飲んで落ち着かせて
「イェーイ!!」からやり直し。
大笑いになってましたが
なんとなーく、、さわおさんのどの調子よくなかったのかな?とか。
というか、話す時の声が鼻声に聞こえてまして。
その後何度か別の理由で楽屋にも戻ってたし。
まぁ、大事ではないんだとは思いますが
なんとなくふとそう思ってしまいマシタ。単に気のせいかもしれないです。

Peeちゃんに「ちょっと、やってみて。
気持ちいいぞ。
この、ハゲぇーーーーっっ!!って」
あはは。
例のニュースネタ。
でも確かに、あれだけ大声で言いたいこと発散してたら
気持ちよくって病み付きになるんだろうな、って
思います。

「久しぶりじゃないか!
なんか今日はSE後の拍手が
ちょっと小さくてちょっと不安になったぞ(笑)」って
やっぱ、感じましたか。。

「今日はNOOK IN THE BRAINのアルバムの曲はもちろん
それ以外にもみんなが聞きたいなって思う曲たちも
やるから、最後まで、楽しく、仲良くしようぜ~」

この日の『MY FOOT』は
サビのところで胸をトントンってやる仕草
2回ほどやってくれてて
ワーイ!って。
そうそう。
有江さんってば、ほぼ全曲
結構歌詞口ずさんでるんですね~
ホント音楽が好きなんだなーって
弾いてる姿を見ると感じます。
素敵な方です。

そんな有江さんが入りのタイミングを
緊張しながら構えてたのが印象的な
『New Animal』は
もうハラハラしなくなったなー(笑)
多分、有江さんがハラハラした顔してなかったからかも。

『Last Holiday』『POISON ROCK'N'ROLL』が終わって
チューニング、水飲みのとき
おもむろに腰屈めてアンプの後ろをごそごそするから
何かと思ったら
手にはレモン牛乳!
なんと!!ゞ(≧ε≦o)

チューって飲んで「濃厚だな~」
で、最前の人に「いる?」って感じで笑顔で差し出すと
その人、うれしそうに受け取ろうとしたところ
ヒョイって交わして「調子に乗るな!」って。
えぇー・・かわいそう。。
でもその後も結構何回か飲んでたんで
美味しいかったのかな??
私は飲んだことないし
飲んでみたいとも思わないですけど・・
甘い牛乳はキライなんです。
トラウマ的な感じなんで喰わず嫌いかも?ですけど。

「次の曲は、、1998年の曲で
佐野元春さんにも褒められた?曲です。」って言う紹介から
『インスタント ミュージック』
そうなのか、、
佐野さん、また今年はアルバム出したりと
精力的に動いてらっしゃるから
お会いになったりされたんでしょうかね~

短い曲でサクサク終わってしまう
『Ride on shooting star』
そのノリで結構ノリノリになれちゃう
『王様になれ』

ここでだったかな、、
「あの、、、今日楽屋来たら、差し入れで
苺が置いてあったんですね。
あのー今から一瞬、苺、食べに行ってきていいかな?」
そう言い放って楽屋へ。
しばらーく戻って来なくって
でもそしたらホントにプラカップに苺入ったやつ手に
戻ってきて。←冷え冷えだった
パクパク食べてました。
Peeちゃんにもあげ、有江さんにもあげ
シンちゃんには、、上げようとしてすぐに引っ込めて
ウンウンってシンちゃん頷いてたんで
ホントにいらなかった??

おいしい?って問いには
「メチャメチャ美味いやんけ~!!」って。

あと可笑しかったのが
食べ終わった後の苺のヘタ
さわおさん、スタッフにハイって手渡してて
袖に遠いPeeちゃん、私のヘタもーって
アピールしてて
さわおさん気付かず?で有江さんが受け取ってあげてました。
そのPeeちゃんの動きが可愛かった(笑)

「ライブ中に苺食べるのって最高だな!」だっけ?
なんか叫んでました。

「次は、新曲!」
喉もうるおい、バッチリな歌声で
『どこにもない世界』

このブロックはジーンと聞き入る曲が次ぐ来ます。
『GOOD DREAMS』も
どうも最初のサビで拳上げる気にはならないんで
そのまま終わってしまうんですが
最後のところ熱唱してて
つい、最後の最後はとっさにあげてしまった。。

続く『ジェラニエ』へのつなぎのアレンジが
なんか素敵。
そしてサビを苦しそうに歌ってるさわおさんも
素敵です。※決してSではないです・・。

ここで、、ギターを置くんですが
まぁ、いつもならワァーとかヒュゥーとか歓声起きるんで
次の話に入りやすいところ
この日は後ろはあまり見えてなかった、、かも?なのか
あまり歓声起きず、、
なのでなんとなーく言いにくそうに
「えーっと、、、」って言ってたのが
ちょっと申し訳なく感じてしまいました。。

そう、みんなは今回のアルバムの中では
『ジェラニエ』は好きだと思うって話。
「あの曲は好きなメロディーに夢や希望をもった歌詞を
乗せることが出来てとっても愛情のある曲に仕上がった。
でも次にやる曲は愛情は全くなーい!
愛情はないが、楽しさはある!!」だっけ?

そこでワーッと盛り上がって
『Coooming Sooon』
これはもう、、右に左にと
前に出る出る!
しかも、柵に足かけて
フロアに支えてもらいながら乗り出して歌うほど。
ギュって手を繋いでもらえてた人
幸せだっただろうな~
見る限り、離さないっ!って感じで繋いでた感じ。

あと、、Peeちゃんのギターソロで
急にさわおさん苺食べ出し
さらにはPeeちゃんにも食べさせ、、(ヘタまで食べてた)
ついでにレモン牛乳まで飲ませようとさせてて
さすがにそれは拒んでましたけど(笑)

続く『パーフェクト・アイディア』も
同様に乗り出して来てくれまして。
終わると「はしゃぎ過ぎたー」って。

ここでメンバー紹介。
まずは有江さん。
福岡で両親が見に来てくれた話について。
前回の福岡でのライブの時
ツィッターでラーメンばっか食べてることが
親戚経由で親に伝わったらしく
その後すぐに野菜が送られてきたとか。
ただスケジュールの関係で
送られてきたものを冷蔵庫にいれたまま遠征になってしまい
結局食べられず終いだったとか。

で、今回のツアーでは
前回よりは大分セーブしてるそうで
なのにさわおさんが、親がライブを見に来てくれた日のMCで
「ラーメンばっか食べてる」って話をしちゃったもんで
しかも今回のツアー、なぜか親はスケジュールを把握してるらしく
遠征から帰ってきた日に野菜が届いたって。
さわおさん「親ってそういうもんだよな」ゞ(≧ε≦o)
なので野菜もしっかり食べてとても健康ですって(笑)

続いてシンちゃん。
今日は宇都宮で野球があるのに
ピロウズのライブに来てくれてありがとうございますって
、、、そうだったの??
「あ、でも、もう始まるときに既に4回戦までいってたから
今から行っても間に合いませんよ。
なので諦めて、ライブを見ていってください」と。
宇都宮の球場、どこなんでしょう。

そしてPeeちゃん。
すっかり恒例、今日は来てくれてどうもありがとう!!って。
あまり知らなかったけど
栃木はいろんな名産があるんですねって。
イチゴを始め、かりまん?
あと海ないのにフグのひれ酒とか。
って言いつつまだ食べてないんですけど、、
終わってから食べるの楽しみにしてますとのこと。

で、そのフグのひれ酒を言った時に
「後で有江くんとシンちゃんと飲みたいと思います」って
さわおさん以外の名前をあげて言ったもんで
さわおさんが「え?何、何?それ」って
Peeちゃん「え?だって飲まないでしょ?」って言ったら
さわお「そしたらシンちゃんだって飲まないんじゃないの?」
シンちゃん「焼酎に入れて飲んでみようかな~って」
さわお「え?フグのひれ酒って日本酒じゃないの?」
シンちゃん「本当は日本酒ですよ」
さわお「ふーん、、」っとなんか納得いかないようす。
そこでPeeちゃん「じゃー持って行って仙台で二人で飲むかっ!」って
なぐさめてみたものの
さわお「なんかそこはかとない疎外感を感じたなー」って。

気を取り直して?!
「じゃーここで、このツアー恒例の例のやつを
やってもらいましょうか。
ピロウズではほぼやらない、地名を言って客がワーって言うあれを」って
毎回思うんですが
ワーって言ってもらうの強要してますよね?(笑)
Peeちゃんから
「宇都宮ー!!いくぞーー!!」の雄たけび。
ちょっと声裏返り気味で
笑いそうになっちゃいましたけど。
バッチリ決めていただいて
『BE WILD』

イントロ、ジワリジワリと始まって
有江さんから入る『Sleepy Head』
太っといベースの音、カッコいい!!

あー、、、何の曲だっけー
1曲はPeeちゃん側で
もう1曲は有江さん側で
さわおさん、台の上に上がって身を乗り出してきて
でもVoがあるからマイクの向き変えて歌うってやつ
有江さん側でやった時は
ピック持ってなかったのか?
ピッって有江さんのピックをピックホルダーから引っこ抜いて
弾いてました。
アレはちょっと、おぉ~って感じでした♪

ラストは『Where do I go?』『Advice』で
盛り上がって本編終了~

続いてアンコール。
頭なんて言ってたか記憶ないんですが
「そんなキミたちにプロポーズしてやる!!」って
むふふ♪なタイトルコールからの
『プロポーズ』
この曲が入ったアルバムツアーでは
最後の キミにプロポーズを ってとこで
目が合ったらうれしいなーとか思いながら聞いてたなーって。
それが今や
みんなにプロポーズしてやるって言ってくれるんだから
うれしい限りです。

『Funny Bunny』の大合唱終わりは
ちょっと間をおいてから「ありがとう!」って
叫んでくれるのが
さわおさんの優しさを感じます。
ちゃんと伝えたいって気持ちの表れかなって。

「楽しかったかな?」
ツアー中各地を周って曲を作るのは恒例で
既に新曲は3曲くらい作ってるそうで
「1曲は全然いつとか出す予定もないのに
昨日レコーディングしたよ!」って。

「でもMY FOOTやNew Animal、GOOD DREAMSとか
昔の曲もやってて心地よくて
ただ、今はああいう曲は自発的には書けないと思うけど
それを歌ってる時はその当時のことが甦ってきたりして、、
まぁ、、後輩になめられたくないから
新曲は書きますよ~(笑)書きますけど
28年のキャリアあるバンドで、30周年も届きそうな時期に来た
曲がたくさんあるから
それにスポットライトを当てたライブも実は考えてるんだ」
ワーイ!
なんかだいぶ具体的になってきてる感じの表現で
ワクワクしちゃいます。

「そしたらまた遊びに来てくれ
長い付き合いなんだからよー」って
笑いながら帰って行きました。
なんかその言い方がすっごいよかった。
仲間って思ってくれてる感じがして(*´艸`)

追い出しの曲かかりつつダブルアンコール待ちます。
実はここでタイムリミットまで30分くらいで
割りとハラハラな感じ。。
だって、、最後がMC一番長いしー・・・

登場のメンバー
さわおさん、なんか赤い細長い瓶持って。
どうやら苺のカクテルらしい。
他メンバーはピール(シンちゃんはハイボールだった)

そのカクテル飲んで
「あっまー・・・」って。
一瞬、原液で薄めて飲むタイプなんじゃ??って思ったりもしたんですが。。
苺を使ったものってことで
体に良い雰囲気がするのせいか
「ライブ終わってすぐにビールなんて飲むの、良くないよ!!」なんて
言ったりして(笑)

Peeちゃんだっけ「なんか栃木はカクテルの街なんだってよ」って。
カクテルの街、、、ってどういう意味か謎だったようで
さわお「何、すごい腕のいいバーテンダーいるとか?」
そしたらフロアから「お店がいっぱいある!」って。
カクテル屋さん?っていうかバー?が
たくさんあるんだとか。

ゴクゴクカクテル飲んでるさわおさんに
「美味しいの?」って聞くと
さわおさん「俺、口説かれてるのかな?」って。
 ※若干、ここの記憶、曖昧っす。。

長いことツアーに出てて、ここ数日久しぶりに休みだったそうですが
その時の出来事について聞き出そうとするさわおさん。
さわおさん自身は
「普段は、いつものさわおサングラスじゃない
もうちょっとチャーミングな
メタルのフレームのかわいいサングラスに(笑)
黒のジャージ着て
近所のスーパーにサクランボ買いに行ったんだが、、」って
サクランボ買いに行ったのは本当らしい(´m`)

「そしたら、5歳くらいかな?自転車乗った男の子が
ちゃんとヘルメットみたいなの被ってさ
俺の事ジーッと見てるから
ん?って顔すると、カッケー!!って(笑)
いやぁ、、あの瞬間、俺は何かが終わったって感じたね。」って。
この話、オモシロかったー

で、Peeちゃんに「何かないの?」って
Peeちゃん「特に、、、ないですね~」
さわお「嫁にキャーとか言われないの?
久しぶりに合ったらカッケーっとか(笑)」
Pee「・・言われないねぇ。。」
さわお「そうか、、もう言われないんだ。
俺、結婚に甘い妄想抱き過ぎ??」
さわおさんって、Peeちゃんの奥さんを話題にするの
好きですよね・・

続いて「シンちゃんは?」って聞くと
シンちゃん「「あの、、昨日、歯の手術をしまして・・・」
何で歯の手術が必要だったのか
聞いてたんですがシンちゃん、結局それについては答えず
歯茎をゴリゴリやってどうのこうの、、って処置の話だけ。
「それ、拷問じゃねーかよ」ってさわおさん。

シンちゃん「手術って言われて、
何だかんだと言って結構チキンだから
今度にしてくれないかなーって思ってて
腫れたりしないんですかって聞いたら
なんかありますか?って言うから
明日ライブです!(GOO!の手)って言ったんだけど
、、、まぁ、大丈夫でしょうって。
だからちょっと顔が腫れてるかもしないんですけど・・」
さわお「いつも腫れてるみたいだからどれが正解が分かんねーよ!」
シンちゃん「いつもは、お酒で浮腫んでるんですよ」
さわお「知ってるよ!」

Peeちゃん「お酒飲んでいいの?」
シンちゃん「もう昔からお世話になってる歯医者さんだからー、、」
Peeちゃん「それは関係ないでしょー(笑)」←確かにゞ(≧ε≦o)
さわお「いいんだよ。それって飲んだら痛みが増して感じるって事でしょ?
罪と罰はセットで、ちゃんと罪を自分が受けてるからいいんだよ」
・・・妙に説得力ある言葉でしたが。。。
Peeちゃん「アンタたちはーっ!!」って呆れてて
もうこのやりとり、楽屋トークっぽくて
またまた大笑いさせてもらいました。

少し沈黙。。
「他には?」「何かなかった?」
「会話途切れても曲に何回きませんよ!!」

そして再びさっきの"カッケー!"トークに戻って
「やっぱさ、ガチで言われたうれしいもんなの?」ってPEEちゃんに。
PEEちゃん「そりゃーうれしいですよ」と。
さわお「だってさ。久しぶりに見たらカッケー!とか
言ってあげた方がいいらしいよ」ってフロア見渡して言うも
「、、、みんな独身か。。
結構、結婚しててもおかしくなさそうな年齢だけど、、独身ですか」
あはは。。。
シンちゃん「あれでしょ。結婚できないんじゃなくて
結婚はしないって、人達ですよ」って
それ、フォローしてくれてたんでしょうか??(笑)
そういうことにしておこう(´m`)

そしてさっきも言ってた
ツアーの合間にやったレコーディング
曲はすごく可笑しな曲らしい。
可笑しいってどういうことだ??
「やってー」って声が聞こえたんですが
「物事には順序があるからな」って。

フリクリの曲はもう画がついたものが出来上がったそうで
「さっき楽屋で見たんだけど、、見た?」って他のメンバーに聞くと
首を振るPeeちゃん。
「そうか、俺、誰にも教えてないからな~」って。
確か、なんかのDVD映像チェックも
他メンバー出来たことすら知らなかった、、って話を
テレビ収録中に話してたことあったな~(笑)
そういうメンバーだからこそうまく行ってるってことかも
しれないですね。

「ツアー中にレコーディングって
どんだけ音楽好きなんだってね」って言うさわおさんに
シンちゃん「俺は、、野球の方が好きですね、、」とボソリ。
「あのーさっきの試合、楽屋戻ったら終わってました。
あ、俺はベイスターズのファンなんですけど
3-1?で巨人に勝ちました。
宇都宮だと、、巨人ファンの方が多いんですかね」
選手名言って勝てると思ってなかったけど、、って
野球話盛り上がってました(笑)

「じゃーやるか、、」って。
「ライブの前は必ず1時間前?からリハーサルがあって
あの曲でやると音を作りやすいしっていうルーチンワーク的なもんで
ただね、正直、リハーサルはお客さんもいないし
飽きてきてる。
でもやらないといけないことなんだ。

肉体的にツアーも続くと見ての通り疲れてきてる。
でも不思議なんだけど
SEが鳴ってワーって拍手で迎えられて
1曲目のイントロを鳴らした瞬間
ガツンとなにか分からないけど、4人で大きな塊になったように感じて
それが何かわかるか?
ロックンロールだよ!!」からの
『Locomotion, more! more!』カッケー!!

最後の最後まで燃えました。
いやぁ、、よかったー

メンバーみんな帰って行くときの姿が
いい顔してて。
いいライブだったと勝ってに信じ込んでます。

っと、時間は、、あれだけダラダラトークしてても
意外と30分で終わってるもんなんですね。
ピッタリ21時で
急いでドリンク交換、ダッシュで駅に向かい(バス)
無事トイレにも行けて電車にIN。

えーっと、、ドリンク交換したビールもあったんですが
やっぱ買っちゃいました。。
IMG_3740.JPG
遠征行くとこういうことできるからうれしいです。

おまけ。
行きに食べたベーグル。
IMG_3738.JPG
なんと"チョコミント"
色がえっ。。って思ってしまいますがチョコミントはやっぱこの色なのかねぇ・・
味はほのか~にミント味。
あと、後味っていうんですかね、、スーッとして美味しかったです。


<セットリスト>
 01.Envy
 02.Hang a vulture!
 03.I think I can
 04.MY FOOT
 05.New Animal
 06.Last Holiday
 07.POISON ROCK'N'ROLL
 08.インスタント ミュージック
 09.Ride on shooting star
 10.王様になれ
 11.Blues Drive Monster
 12.どこにもない世界
 13.GOOD DREAMS
 14.ジェラニエ
 15.Coooming Sooon
 16.パーフェクト・アイディア
 17.BE WILD
 18.Sleepy Head
 19.Where do I go?
 20.Advice

 EN1.
  プロポーズ
  Funny Bunny

 EN2.
  Locomotion, more! more!


備忘録メモ:
 バスに乗らずに帰ったお友達も
 どうやら同じ電車に乗れたとのこと。
 まぁ、、バス乗るまで数分待ったし、割りとバス停の数多く
 結構各駅的に止まったし、信号もあったしね。
 ってことで、頑張って早歩きすればさほどバスと変わらない、、、って感じ?
 でもバス代150円なんで
 そんなに惜しくはないかも。