So-net無料ブログ作成
検索選択

地球は回ってるよ理由なんて気にするな 小さな夢がひとつあればいいよな [音楽]

6月にどこか
どうしてもThe Birthdayのライブに行きたくて
でもどんなに考えても
どこへも行けそうになく(日程的にもチケット事情的にも)
ただその中で唯一行けそうだったのが
新潟だったのですが(日曜でチケットもまだ有)
こちらもどうしても諦められない他のライブがあり
ホントにどうにかできないものか
かなりあれこれ考えましたが
結局The Birthdayをあきらめました(T ^ T)
後半たくさん行くしね。

ってことで
そのどうしても諦められない他のライブってのが
6.4 浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS
GINGER SHAKER TOUR 2017
@渋谷WWWX
でしたー
IMG_3691.JPG

何で聞いたんだっけ??
先行シングルとして出てた『MESSENGER BOY』って曲
これがめちゃめちゃカッコよくって
もっと聞きたいって思って
その後に出たアルバムを
久々新譜の時に借りてきて←買ってないんかい!(笑)
これはライブ行きたい!って思った時に
ちょうどまだチケットの先行期間中で
試しにエントリーしてみたら
取れてしまった、、という訳で。

うれしいことにアラバキにも出演してくれて
予行練習もできたし(´m`)

渋谷のWWWXはWWWのあるビルの上の階に新しく出来た
ライブハウスで
キャパはWWWよりも多く700位って書いてありましたが
実際入ってみるとそんなに入る?!ってくらい
あまり大きくなく
ただ柱も段差も何もない
ホントただのハコって感じで(造りはとってもオシャレ★)
ステージもそこそこ高さあるし
なかなか見やすいハコでした。

チケット先行で取れたって言っても
一番最後の先行だったので
500番台。
おそらくケツもいいとこな番号だったと思いますが
ベンジーファン、なかなかオトナな方々ばかりの様で
半分くらいは開場時間にはいなかった模様。
なので中入るとガラガラでした。。
(もちろん、SOLD OUTだったのに)

あまり詳しくもないし、、って
後ろの方にいたんですが
うーん。。場所選択誤った・・
というのも、始まる前に結構ギューギューになっちゃって
背の高い男性も多く
結局前に立たれちゃうと見えねー、、って状態になり
ある程度前だと
ライブ中少しは動きがあるから
自分で見やすい位置に動けたりもしたんでしょうが
後ろだと全く動きがなく、、、
ずーっとその後から前にやってきた兄ちゃんに
視界遮られたままデシタ。。くそー。
でも時折すっごい見えるーって状態もそこそこあったので
まぁ、よしとしよう。

セトリを探したんですが
まったく出て来なくって。。
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLSとして音源出してるのは
アルバムとシングル1枚ずつなので
どうもそれらの曲だけじゃなく
BJCの曲やJUDEの曲?なんかもあったらしい。
おそらくワーってすんごい沸いてたのは
そういう曲だったんだろうなー、、と。

って書いたところで日付変わり、、
再度探してみたら
上がってました!

ってことで細かく調べたら
かなりその浅井健一関連の他バンドの曲も
織り込んでのセトリだったみたいです。
何気に私はPONTIACSが気になった♪
アルバム1枚しか出てないみたいだし
借りてみようかな~

MCはほぼなく
何曲かやった後に
「今日は来てくれてありがとう」って。
そう、浅井さんってば
必ずすっごくありがとうって気持ち込めて
あいさつしてくれるのがフェスでもなんでも
印象的です。

フロアから「会いたかったー」って声がすると
ちょっと間をいて
「・・・俺も、会いたかったよ」って。
このちょっと訛りのある感じで言われるの
いいっすね(笑)

あとは『GINGER SHAKER』って曲(新曲?)の前に
「次はGINGER SHAKERをやるよ。
、、、すっごいメロウな曲なんだけどね」って
言ったくらいかな。
あまり覚えてないんですが
確かに他に比べてゆっくりとした
優しい感じの曲でした。
いい曲だったなぁ。

全体的に曲はガツンとしたロックンロールで
激しめの曲が多かったです。
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLSの曲自体も
そういうテイストだし。

『何あせってんの』とか
『Fried Bird』とか
『マス釣り』とか
CDで聞くのとは違ってやっぱライブで聞くと
カッコよかったです。

『GALAXY HEAD MEETING』はPONTIACSの曲らしいんですが
なんか聞き覚えのある楽しい曲でした。

メンバー紹介で浅井さんが
Baの憲太郎さんとDrのひとみさんを紹介した後
憲太郎さんが浅井さんを紹介すると
敬礼みたいなポーズを取っててかわいかったです。

アンコールで出てきたときに
浅井さん「オモシロい話しようと思ったんだけど、、、
思いつかんかった
新幹線の話はもうしたしな、、」
で、、憲太郎さんに「何か話してよ」ってムチャ振り(笑)

これ、アンコールでは恒例なんですかね。
というのも、つい先日早くもリリースされた
浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLSのライブDVD
予習かねて(笑)見たんですが
そのときもオモシロい話するって
浅井さんが長々と喋ってて。
そういうシーン見たことなかったから
へぇーって思ってたんですけど。

で。その憲太郎さん
いきなり振られたもんで
えー、、って顔しつつも
5/21にお台場でやったフェスの打ち上げの話を。

もうみんなベロベロに酔っぱらってるのに
ドラムセットがある飲み屋?に行っちゃって
ベロベロなのに
今作ってる新曲のあそこのここがどうのって
言い始めて
あーこれは長くなるなって察して
前向いたまま後ずさりして帰りました~って。

浅井さんも思い出したのか
笑いながら「そうだよ、気付いたら憲太郎いなかったもん」って。
「憲太郎、話ウマイな。
前向いたまま後ずさりね」って言いながらそれ真似てくれたのが
なんともかわいくてオモシロかったです。

そして待ってましたーの『Messenger Boy』は
アンコールでやるとは。
最高!

そしてCDで聞くと静か目な曲なのに
これぞライブで化ける曲『細い杖』

ブランキーの『SALINGER』は
アラバキでもやったはず。

そして最後は『Finish Field』
これがなんか映画のエンディングロールが流れてくるかの感じで
いいんですよね~

「ありがとう、バイバイ。
また次、絶対、どこかで会おうね!
その時までみんな、元気で!」
って、、、なんかジーンとくる。

ぴゅーって相変わらず浅井さん、ピック投げるの上手い(笑)

ダブルアンコール求めましたが
結局ありませんでした。
きっちり90分。。
アッという間。

新曲作ってるって話をしてたので
まだ続くんだーってうれしかったです。
あれこれイロイロやってるし
なんとなく単発的に組んだバンドかと思ってたんで
もうしばらくはないのかと。。

って、、今更ながら
浅井健一の魅力に気付き始めてる気がする・・(*´ω`)


<セットリスト>
 01.新曲
 02.朝の4時
 03.FIXER(浅井健一)
 04.DERRINGER(BJC)
 05.何あせってんの
 06.Cold Finger Girl(PONTIACS)
 07.American Blitz Kids
 08.MORRIS SACRAMENT(浅井健一)
 09.Fried Bird
 10.GINGER SHAKER
 11.フルサト
 12.マス釣り
 13.GALAXY HEAD MEETING(PONTIACS)
 14.ピンストライプ
 15.DICK DEE(JUDE)
 16.SKUNK(BJC)
 17.新曲
 18.危険すぎる(浅井健一)
 19.DEVIL(JUDE)
 
 EN.
  Messenger Boy
  細い杖
  SALINGER(BJC)
  Finish Field


むふふ♪
フライヤーもらえたんだなー(*´艸`)
IMG_3692.JPG

他の曲やってるけど
アルバムの中の曲でやってないのもあるんですね。。
 Cosmic Wonder Bowler
 LA
 魔術師
『LA』は聞きたかったのに・・