So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

僕ら何も言わないけれど同じことを感じてるって知ってる [the pillows]

いよいよ今週末はアラバキ!!

今年は全く以て
自分的タイムテーブルを書き出したりしておらず、、
というのも、何ていうか
最初からこう!って決めてその通りに動くよりも
なんとなーくその時の気分でふら~っと
気になったところへ行ってみるってのが
いいなーって
ここ最近思うようになったりして。

ただ、あーこれ行きたかったのに、、、って
ウッカリ忘れてガッカリしないように
とりあえずゆるーく
コレとコレはこの日のこの時間にここのステージって
予習はして行こうとは思っていますが(笑)

さて。そんな4.23は
GC GRAND FESTIVAL 2017
@EX THEATER ROPPONGI
Live:the pillows/怒髪天 and more
でしたー
IMG_3623.JPG

これまたここ最近は
あまり2Daysライブが続かないように
したいなーってこともあり
最初はあまりノリ気じゃなかったんですが
(長丁場のイベントだし・・)
ピロウズと怒髪天という最強2組が出るのと
増子さんのお誕生日当日ってのとで
張り切って行く事に♪

いや、まぁ。
平日極力入れないようにしてしまうと
土日の数は限られてて
その内1日しか行かないってのは
行きたいライブがたくさんある状況では
結構厳しい条件になり
結局ほぼ毎週土日2Daysライブって結果になってるような
気がしないでもないです・・・( ̄▽ ̄;)
特に6月?!

六本木EXシアター、、、数回しか行ったことないハコ
IMG_3619.JPG
ロッカーがネックだった印象ですが
開場前に入れられるロッカーが設置されていました。

この日は200番台。
もう少しいい番号来るかな~、、、って思ってただけに
ガッカリだったんですが
そもそもチケットの売れ行き悪かったようで
(ご招待やっぱ出てたらしい。。)
そんな押されもせず
比較的快適に見れました。

まずはトップバッター
O.Aの500,000,000YEN(そのまんま5億円と読む)
あのスカボロの京子ちゃんがVoのバンド。
なんでも2017年1月にに結成
ライブもこの日で3回目とかって言ってたっけか?

スカボロよりもズシンと重みのあるサウンドで
よりロックな感じのするバンドでした。

京子ちゃんは相変わらずいい声で
パンチある歌声を聞かせてくれました。

MCで次なるライブの告知と共に
その告知フライヤーに手書きでバンド名を書いたって
さらにはその中に5枚だけ
特別なVer.のものがあり
それを物販に持って行くと
Tシャツプレゼントって。

とりあえずフライヤーの手描きってのは分かりましたが
IMG_3622.JPG
特別Ver.ではなかった。。
誰かTシャツもらえた方(もらいに行った方)
いるんでしょうかね。

続いてこちらは全く以て初めての
vivid undress。
一応Keyが入った5ピースバンドでしたが
若干Gt/Voの方がアイドルチックな方でして
なんとなーくファンの方のノリも
そんな感じがして
雰囲気違うかなーって印象でした。

ただ、場の空気を盛り上げてくれたのは
そのKeyの方でして
あれはワザとなのか素なのか
オネエキャラでして
それがオモシロくて
ちょっと楽しかったです。

あとこちらもBaもGtもDrもだったかな?
とにかく皆さんそこそこなイケメン揃いで
完全ビジュアルでそろえたなって感じでした。
自主レーベル立ち上げるそうです。

さあ、いよいよ待ちに待った
残り2バンド!
で、ここで最前占めてた
そのvivid undressのファンの方々が
ごそっと下がってくれまして
なんと!最前行けちゃいましたー
ちょっとスペース狭く居心地悪い感じもしたんですが
なんとかその場にとどまり最後まで見れました。

そうそう。
この日はいつもの有江さん側ではなく
王子側、Peeちゃん側でして
王子真ん前で堪能できました♪

っということで、続いては怒髪天。
王子の誕生日ライブ以来、、かな。
それが増子さん誕生日って
なかなかの偶然。

いつものSEでメンバー登場。
シミさんはTheピーズのTシャツでした。

まずは『GREAT NUMBER』から
熱くスタート。
『天誅コア』『酒燃料爆進曲』と
盛り上がる曲が続きます。

坂さんの雄たけび、、何だったんだ??
増子さんも「えっ?」って顔してました。

「はい、よく来たーっ!!」

「今回のイベント、趣旨を聞いてね。
俺らたちでよかったんですか
こんなチンピラ。
最初の曲なんてソーラン節みたいなもんですからね」って。

いや、確かに。。
なんでこういうイベントに怒髪天だけでなく
ピロウズまでも出演なんだ?って
正直不思議に思っていたんですが
その答えはピロウズの時のMCで。
なるほどーって。

で。
増子さんにフロアからおめでとう~って声が聞こえると
ニヤッと笑って頷いてて←嬉しそうでした(*´艸`)
「私、本日誕生日を迎えまして。51歳ですよ。
まさか50過ぎてね
こんなことやってるとは思ってなかったなー
もっと落ち着いてるかと思ってたんだが、、」とのこと。

そして「そんな我々の先輩にTheピーズって言うね」って
シミさんに近寄り「Tシャツ着てるか?
ヒドイ先輩がいまして。
言っても、アル中に筋肉におじいちゃんですからね。
あ、おじいちゃんは後で出てきますけど、、」って
この説明ホント大爆笑で
ACIDMANのことを"ハットにキャップにニット帽"って
表現されてたのと同じくらい
何ていうか、、とっても的確な表現で笑えました。
ただ、、言うなら今ハルさんはノンアルコールですけどね。
なので元アル中かな。

「そんなTheピーズが今度6/9に日本武道館でライブをやるという!」
大きな拍手~
「全力で応援するために
1曲カバーをやります!」←この辺り曖昧。。

ってことで『グライダー』
ホントこの曲いい曲ですよね~
ただなー
やっぱこれは残念ながらハルさんが歌ってこそなんだなー。
王子のギターは熱くて素敵なんですが。

ただここからの
『杉並浮浪雲』『はじまりのブーツ』の流れが最高で
とくにこの4月に聞く『はじまりのブーツ』は
ちょっと泣きそうになるくらいグッときました。

「ありがとう!やっぱライブはいいねー」

なんでしみじみ今言うんだろう~って
なんか???って感じだったのは
「あのー自分で言うのもなんですけど
なんかサプライズとかないんですか??」って。
あぁー(笑)ゞ(≧ε≦o)

「MC最後のブロックになっちゃいましたよ?
若干ソワソワしながら袖とか見てたんですけど、、
ホントにないんですか??
あーそうですか。。

あのー知らないと思うけど
今日は皆さん
帰りに財布置いて帰るシステムになってますから」って。
あはは。
まぁ、、サプライズはないとは思ってましたが
まさか増子さんが自分でそういうこと言うとも思わず
オモシロかったです。

「まぁ、もう祝ってもらう年でもないですけど」って言いつつ
「でもまだまだ祝われてもうれしい年ですよ」とも言ってました。

そして「今日は主催者の方からね
ライブ前に差し入れで
あの、、ピザをいただきまして
(そういえばピザハットのチラシ入ってた)
さらにサイドディッシュまで。
でもそんなライブ前に油っこいものねー(食べられない)、、って
言ってたら、俺意外の3人
バクバク食ってんの!」

ここで王子が「美味しかったよ」ってニッコリ(笑)

「俺のも一切れくらい残しとかんかい!って
そっちの方がサプライズだわ!」って。
きっと増子さんも食べたかったんでしょうね・・

「世の中生きてると、辛いことばかりでしょ。
いいことなんてそんなにない。
でもこの一言があれば何でも乗り切れるって
そんな曲」みたいな紹介があり
新曲『赤ら月』

そうだったーオフィシャルサイトで
MVだけは見てきてましたが
曲の存在をすっかり忘れてて。
元気になれる1曲でした。
きっと今後ライブで成長していくんでしょう。
楽しみです♪

ラストは「歌おうぜー!!」って
『セイノワ』
これも、グッときましたー

そうそう。
この日は王子が(ピザ食べたから?!笑)かなりご機嫌で
いつも以上にニコニコでした。
そして最後に投げてくれるピックが
ちゃんとジャンプすれば手に届きそうなくらい
フワ~っと近くに飛んできて
、、、、って、取れませんでしたけどー。。
なんかうれしかったです。

怒髪天ワンマンはまだ先ですが
あと今年は怒髪天アラバキには出ませんが
ズミちゃん来るっぽいし
楽しみに待ちたいと思います。

<セットリスト>
 01.GREAT NUMBER
 02.天誅コア
 03.酒燃料爆進曲
 04.グライダー(Theピーズ カバー)
 05.杉並浮浪雲
 06.はじまりのブーツ
 07.赤ら月
 08.セイノワ

続いてラストthe pillows。
なんでしょ、、転換が結構素早かったからですかね
余り長丁場な感じがしませんでした。

いつものMCでメンバー登場。
まずは『Advice』で一気に盛り上がり。
続いて『I think I can』
まぁ、、この前のインストアでやった曲が多かった
・・ですかね。

「あー久しぶりじゃないかっ!」っと最初のMC。

「28年目にしてやっとギロッポンですよ(笑)
ギロッポンで、、
ウズピロの
、、、イブラ?どうですか。
ねーちゃんピー」
この"ちゃんピー"って最高に笑えました。

そしたらPeeちゃん「わんばんこ。
、、って、これは違うか」って。
皆さん、オモシロ過ぎます。

そして「今日来て知ったんけど
増子さん誕生日だったんだね・・
やべーよやべーよ。
帰りに財布置いて帰るシステム知らないで
結構金持ってきちゃったよ」っと。
さわおさん!!
大尊敬する増子さんでも誕生日までは覚えてないんでしょうか。
にしても、、結構金持ってきたって
いくら持って来てたのか聞きたかった(笑)

「じゃー短い間だけど
最後まで楽しい時間にしよう」だったかな。

MC明けは久しぶりな感じの
『New Animal』
なんか有江さんが出だし入りにくそうな感じで
必死にシンちゃん見ながらやってたのが
印象的です。

続いて『Last Dinosaur』
『王様になれ』

ステージ周りの音が小さかったようで
何度かスタッフ呼んで指示出してたので
さわおさん「ライブ終わりの打ち上げの相談をね」って。

そしてポールが来日を控えてたからか
ビートルズの『The Fool On The Hill』って曲が大好きで
(ポールが作った曲とのこと)
邦題は「丘の上の愚か者」というそうですが
その曲の雰囲気を真似して作った?←かなり曖昧。。。
曲を、、と
まさか全く予想してなかった『Fool on the planet』

おぉ~!!
うれしいー
しかもさわおさん、調子よかったのか
すっごい声出てて
すっごいよかったです。

それからの『Swanky Street』の流れも最高でした。

で。
最初に疑問を持っていた
このイベントに何で出演することになったのか、、について
どうやら今回のイベントは主催者さんとお知り合いだったようで
ピロウズのライブにもよく遊びに来てくれる方なんだとか。
なるほどー

そういう関係で
ライブ前にフォトセッション?があるから
増子さんと一緒に出てくれないかと言われ
てっきりその主催者の方とワーってトークしてるところを
写真に撮ってもらうくらいの軽い気持ちで行った所
角を曲がると、、、
各バンドのVoだけ
バーン!ってレッドカーペットが敷いてあって
田原総一郎さんに野田聖子さんといった
偉い方々が勢揃いだったようで
しかもデンマーク大使館の方もいらっしゃったとかで
「慌ててサングラスバーン!
増子さんも帽子バーンって取り・脱ぎ棄てて
スイマセン!って」
なったそうです。
どんなトークしたんでしょ・・(笑)

アルバムリリースの話は、、、したんだっけか。
こちらもインストアでやった
『パーフェクト・アイディア』
ハンドマイクです!
そう、もう既に前のMCの時からハンドマイクだったんでした。

相変わらず 猫だと思っていたら~のところの
さわおさんのジェスチャーがかわいいっす。
私、今から、この猫だと思ってたらトラに育ったってイラストの
Tシャツ出るのを楽しみにしてるんですけどー
さわおさん描かないかな~って。

続いて『About A Rock'n'Roll Band』
そして『LITTLE BUSTERS』
なんかこういうあまりホームなイメージない
イベントでやるのはちょっと意外?!

ラストは『Locomotion, more! more!』で
熱く盛り上がって終了!

曲が短いからか、、ピロウズの曲数が
怒髪天と比べると・・・!?

続いてアンコール。
出てくるなり、、だったかな。
そのデンマーク大使館の方を立ててか
カールスバーグ(デンマークのビールらしい)飲みたいなーって。
でもなかなか出てくる気配なかったので
「曲の途中でもいいですよ!」なんて言ったりして。

とりあえず1曲。
『Funny Bunny』
サビはもちろんみんなで大合唱。
すっかりこの曲、イベントでもなんでも
サビはみんなで歌うの定着しました。
さわおさんの生声での「ありがとう!」ってのも
この日はバッチリ聞こえました。

まだ届かないビールに
「ビール受付中!」って言ってみるも
出てこないので
次の曲行くの渋ってギャイン!ギャイン!ギャイン!!って
ギターでおねだり風に弾いたりしてたのが
可笑しくてかわいかったです。

そしたらやっと新井ちゃんが慌ててとりあえず1本持って来て
栓がなかなか素早く開けられないもんで
メンバー分のは有江さんが栓開けてあげてました。

「デンマーク最高!」ってご機嫌なさわおさん。

で。その緑の瓶を見て
そうだ。開場して入るときに、
そのビールカップに注いでるコーナーを見ました。
そういうことだったのか。
、、、あれはドリンク交換だったんでしょうか。

ラストは『ハイブリッドレインボウ』という
こちらはなかなかイベントっぽく
久しぶりな雰囲気で終了。

怒髪天とピロウズなんて最高な組み合わせでのイベント
なかなかないので
とっても楽しかったです。

が、、、その協賛のせいでなのか
終演後のドリンク交換で
ビール売り切れましたって(´+ω+`)
えぇー・・・。
別に生じゃなくても缶でもいいのにって気分だったのに
しかもその最初ならカールスバーグと交換してたんだとしたら
なお更飲んでみたかった。。
それだけが残念デシタ。

<セットリスト>
 01.Advice
 02.I think I can
 03.New Animal
 04.Last Dinosaur
 05.王様になれ
 06.Fool on the planet
 07.Swanky Street
 08.パーフェクト・アイディア
 09.About A Rock'n'Roll Band
 10.LITTLE BUSTERS
 11.Locomotion, more! more!

 EN.
  Funny Bunny
  ハイブリッドレインボウ


言葉にならないから歌があるんだろ 何か吐き出したいから孤独があるんだろ [音楽]

THE COLLECTORSのTheピーズ30周年へのコメントで
コータローさんが"一般発売までが勝負"
一般発売の時点で「欲しい人はみんな買ってる」って言ってたけど
だから最近のチケット販売はやったら先行先行ってあるのか、、って。

こちらとしては昔一般発売で電話にかじりついてたことを思うと
先行で、エントリーさえしてれば
まぁ、抽選とはいえ
チケット取れるのは有難いことだと思ってますが。

が。
その先行で全くかすりもしないと
そりゃー一般発売の枚数もっと残しといてくれーって
思ってしまうのも確かで。

The Birthdayの横浜、岐阜
結局今年は取れませんでした。。。。。。。(>ω<)(>ω<)(>ω<)
今年の取れなさぶりは半端なかった気が。
なんのためのシリアル番号入りのCD先行だったのかって。
あんなにエントリー期間短かったのに。

そんな4.22は
フラカン28号SPECIAL
@日比谷野外大音楽堂
でしたー
IMG_3613.JPG
IMG_3614.JPG

正直行く前はテンションガタ落ちの状態で
とても待ちに待った野音だーって気分じゃなかったんですが
でも終わってみると
ライブ超最高でした♪
ライブ中何度もいい気分になったし。
ただ、、、お天気がね。
まさかの雨、しかも東京だけだったとか。
・・・地元の方じゃ降らなかったって
   電車で1時間もかからない距離っすよ?
ま。それについては追々書いていくとして(笑)

フラカン、この前のThe Birthdayとの対バン以来で
ワンマンはかなり久しぶりな気が。
ここ最近スケジュールが合わず、、で
なかなか行けてなくて
ホントこの日のライブはとても楽しみにしていました。

そしてうれしいことに席がBの1列目!!
近いし見やすいしの
最高な環境で見ることができました。
いつもチケットありがとうございます(≧▽≦)

お天気、、週間天気予報を確認していた時点では
いい感じに晴れ時々曇りみたいだったのに
(確かに金曜日に雨マークはあった)
気付いたらいつの間にか曇り時々雨みたいになってて
しかもピンポイントで18時前後のみ雨みたいな?
とは言え、、一時的なにわか雨だろうと予測。

そして案の定、開場時間辺りからパラパラと降り始め
開演前には結構な雨降り。
その後一時あれ?止むかなー・・って時もあったんですが
最後まで雨降りっぱなしという結果。
なんとなーくなんですが、、MCし出すと雨強まってた気が(笑)
いやぁ、、しっかり雨対策して行ってて
ホントよかった。

野音は、、この後MCでも触れてましたが
2年ぶり何だそうです。
そうか、、前回の野音は
音人イベントの1日目とバッチリ重なり
私はしごしたんだっけか。。
でもあの日は汗ばむくらいのいいお天気だったんだけどなー・・
何だかんだとフラカン野音定番になってるなーって思ってたら
どうもコンスタントに2年おきくらいにやってるそうです。

5分くらい押してのライブスタート。
竹安さんブルーのシャツにグレーのジレを重ねて
ビシッと決まったスタイル。
ミスター小西のつなぎがなんかワッペン?とか付いてて
オシャレ度増してたような。
圭介さんはお馴染みチェックのシャツなんですが
あれ、、前に対し後ろの丈がやけに長いの
ああいう形で売ってるシャツなのか
前だけ丈詰めてもらってるのか、、謎なやつ。
そしてそしてグレートさん、オレンジのオーバーオール。
見た瞬間、寒そう~・・って思ってしまったほど
やっぱ野外の寒空で見ると
寒々しく感じてしまいます。風邪引かれないといいんですけど。

「どうもーフラワーカンパニーズでーす!!」
からの1曲目がなんと!
『真冬の盆踊り』という
ビックリなスタート。
でも1曲目がこれって、最後の最後のクタクタな時にやるより
いいかも、なんて思ってしまったり。

途中のヨサホイヨサホイやるところで
圭介さん「続けて~」「(歌うの)止めないでー」
さらには「雨とか言わないでー
予報と違うじゃないか~!!」叫んでて
オモシロかったです。

でもいつもは煽って「聞こえねぇー」「届かなねぇー」って
言うところ「届いてる~」って言ってたのは
優しいなーって。

続いて『脳内百景』
そういえばこの日は
いわゆるザ・定番みたいな曲
少なかった気がします。
その代り、おぉ~って思う選曲が多く
流石フラカンって感じでした。

初っ端は盛り上がる曲多めで
『三十三年寝太郎BOP』
でも一番この時雨強かった感じで
手を上げのが結構大変デシタ。。(´+ω+`)

続いてワウワウワウって感じで遠吠えをして始まったのは
『Mr.LOVE DOG』
イントロでクルクル回ってる圭介さん
パンクな感じがしました。

どこだっけ、、、初っ端から圭介さん
スライディングしてたんですよね。
一瞬、こけたのかとびっくりしちゃったんですが・・

ここで最初のMC。
「フラワーカンパニーズでーす!」の後は
「こんなことってある??」って
あはは。
まさかの始まりと同時に振り出すというね。
「これはあれですか、帰るときには雨止んでるって
パターンですか、、」って。
もう。そうなれば最高に笑い話でしたが
帰るときもまだ降ってました。。

グレートさん、2年ぶりの野音
そしてなんだかんだとコンスタントにやれてることに
「みんなが来てくれないと出来ないからね」って
お礼を言ってくれて
あいにくの雨になっちゃったけど
最後まで楽しんでいきましょう~と。

MC明けは『チェスト』『夜空の太陽』
そして新曲『すべての若さなき野郎ども』
あまり聞きこんで行ってなかったけど
いい曲だなー。

続いてはなかなかレア曲『感じてくれ』
聞かせるね~
こちらはライブ初聞き?!『口笛放浪記』
いやぁ、、本番数日前のツィートで
セトリがなかなかいいってつぶやいてましたが
ホント、フラカン、セトリは裏切らないですね。

一時、あれ?止みそうかなって時もあったんですが
一向ににやまない雨に
圭介さん「雨?降ってます?俺には見えないけど、、」とか言ったりして。
しきりにグレートさんが申し訳なさそうにしてて。

でも、、裸にオーバーオールのグレートさんこそ
寒くないのかしら、、って
そっちの方が申し訳ない感じで。
ただ本人的には着たくて着てるし
さらには寒さ対策として
自分が持ってる中で一番暖かそうな生地のものを
持ってきたそうですが・・
「こんな雨降るならビニルのオーバーオールにすれば
よかったな」って。

それを聞いた圭介さんが
「雨カッパのオーバーオール作れば?」って。
この"雨カッパのオーバーオール"
頭の中で描いていたものが
圭介さんとグレートさんとで違ったようで
最終的にはカッパにオーバーオールを描けばいいんだって結論。
誰かイラストで上げてくれないかな(笑)

ここでだったっけか。。
コンスタントに野音をやってきて
野音が似合うって言ってるけど
実はそう思ってるのは俺たちだけじゃないか?
お客さんは本当は見たいとは思ってないのかもしれない、、って言い出し
つには、来年以降も野音やって欲しいと思う人って
挙手させるというね(笑)
いや、、さすがに此処で手を上げない訳には、、ねぇ( ̄▽ ̄;)
あ、いえ、野音のフラカン
いいと思ってるし、もちろんあれば行きます!けど
やっぱ雨よりは晴れた中でのびのび見たいのは本音ですけど。

続いては新曲『あまくない』
最初ライブ会場限定で先行販売してたCD
今はCD屋さんじゃなくって
各地のライブハウスで販売してて
"ライブハウスに行こう!"ってことらしい。
なかなかいい企画だな~って。

『日々のあぶく』はラストがグッとくる曲。
これもあまりやってくれないからうれしかったです。

そして『靴下』
この曲の思い出は、、確かO-EASTで
フラカンのイベント?にスピッツがゲストとして出た時。
草野さんがフラカンの曲で好きな曲って
カバーしてくれたんじゃなかったけなー・・
カバーしてなかったかも?ですが
好きな曲って言ってて
でもその時私はこの曲の音源持ってなかったもんで
原曲分からずなままその話を聞いてて
後々音源そろえた時に
あーこの曲ってすぐ思ってしまう1曲になりました。
雰囲気的には、スピッツが歌っても違和感ない曲な感じがします。

「ありがとう。靴下って曲でした」
で、この曲が20年くらい前に
シングルとしてリリースされた時の話を。

「これから売り出そうって時のシングルのタイトルが
「靴下」じゃーダメだよな~
だってC/W「どろぼう」だからね。
よく許したよな・・
だって下着泥棒だからね」って。
あはは靴下(下着)どろうぼってことでだそうで(笑)
なるほど。

あといい曲だって言ってる割に
余りやらない理由に
グレートさんが「鈴木くんがノリ気じゃないって
思っとったから、、」って言うと
「そんなことないよ」って反論。
ただ「(竹安さんの)ギターソロは半分にして欲しい、、かな。
だって手持無沙汰なんだもん」と。
やっぱあまりノリ気じゃないんじゃん(´m`)

「いや、あそこは俺は短くしたくないんだよなー
じゃー鈴木くん、お茶とお菓子用意しとくから
一旦楽屋戻って、、、、」ってグレートさん。

そしたら竹安さんが「じゃー例の得意なステップとか
踏んでてくれたらいいんじゃない」とか言っちゃったら
圭介さん「えーそんなことしていいの?
さっきみたいなスライダーとかやっちゃうよ。
あーでもなー
その時は何も言わないけど
午前2時回った辺りの打ち上げで
あの時なんで、圭くん、あんなことするの!って
上司が帰った後のサラリーマンみたいに
いや、俺が上司って訳じゃないけど
愚痴を言うかもしれないからなー
俺は打上げに参加しないけど
ちょいちょいうわさは聞いてます」
グレートさん「サラリーマン竹安って言われてるから」
って暴露話。
ちょっと竹安さんがしまったーって顔してて
オモシロかったですゞ(≧ε≦o)

にしても、、"サラリーマン竹安"
そんな愚痴ったりするんだ(笑)
遭遇してみたいです。

続いても10年位の曲?って言ってやったのは
『大人の子守唄』
えー、、そうか、、この曲もうそんな経つんだ。
リアルタイムで買った最初のアルバムに入ってた1曲。
ってことは私のフラカン歴の気付けばそんなに経つんだ。

そして『虹の雨上がり』
震災直後の緊急ナイトで
フラカンがアコースティック編成で出た時にやってて、
このタイミングでやるにはなんてピッタリな曲なんだろうって
泣きそうになった曲です。
今でも辛い時とかに思い出して
頑張ろうって思える曲。いい曲だ。

で、、私も思ってたこと。
圭介さん、歌い終わると
「雨は上がったよーって、、嘘つきだー」って
言ってて笑えました(≧▽≦)
そう、雨、いったん止むかなーって感じになったのに
またどんどん降り出しちゃってて
もはやもう止むかもなんて期待はしなかくなったよね・・。

ここでメンバー紹介。
まずは竹安さん。
「晴れてくれるようにブルーのシャツを着てきたんだけど、、」って。
・・・ただ、、その上にグレーのジレを着てたからなーって
思ってたら
どうも同じような発想の人がツィッターでつぶやいてて
可笑しかったです(´m`)

「こんなことならねー最初からずっと雨って
言っといてくれてたらよかったんだけど。。」って
ボソって言ってたのが竹安さんらしかったです。
でもホント、確かにー・・
かなり直前までお天気大丈夫!って天気予報でしたからね。

で。終わりかと思いきや急に「いつもはやらないのに
柄にもなく野音何回やってるのかとか調べたんだけど
始まってすぐにグレートに言われちゃったでしょ
だから、、あー言われちゃったーってのが
ずっと頭の片隅にあって・・・なんか集中できなかったってよ」
って、、竹安さん!!(笑)
グレートさんも「そんなー悪い悪い。」って謝りつつ
「普段やらないことをやっちゃダメなんだよ
武道館の時もそうだったじゃん」って。
 ↑なんだったっけ??

でもポッケからメモしてきた紙を取り出し
この年は大寒波が来た日だったとか
何だかんだと説明してて
満足気でした(*´艸`)
オモシロかったのが
その2年前の野音の年、実は年末に武道館もやった年で
「強気のブッキングだったよね」って。
ただ野音やるって決まった次点では
まだ武道館やるとは決まってなかったから
結果そうなっただけだったようですが。

続いてミスター小西。
これがビックリなソロコーナーで
いきなりドラム叩き出し
照明がキラキラしてる中
「こんばんは」「今日は来てくれてありがとう」などと
叩いては一言(かなりカッコつけた声で 笑)という
ワンマンショーを繰り広げてて
どうしたぁーっっ!!って感じでした。

どうやらここ最近の定番らしく
しかも福岡や札幌では歌まで歌いだしちゃったようで
さすがにそれは禁止したって。

ここでもオモシロかったのは
ミスター小西的にはかなり滑舌よく言葉を言えたって
満足してたようですが
グレートさんや圭介さんから
何言ってるが全然聞こえないって言われちゃってて。
しかも、カッコつけるならドラムもちゃんとやれてって
ダメ出しまでされて。。
いやぁ、、まぁ、確かに
ドラムは若干ドタドタドタって感じで
たどたどしさはありましたが
なかなか印象に残るソロコーナーだったと思います。
今後どうなって行くんでしょうか。。
坂さんみたいに一人コーナー設けてもらえたりして?!(笑)

からのグレートさんだから
なんかグレートさんやりにくそう(笑)
グレートさんはリーダーらしく
夏にはアルバムをリリース予定ってことと
なんと!まだどこも発表されていない
しかもメンバーもその場で初めて聞かされたという
東京でのワンマンのスケジュールを発表!!
8/25 リキッドルーム だそうです。
ヤッター!

にしても、、ここ何年間か(セルフでやり出してから?)
ずっとライブの日程はグレートさんがブッキングして
はい、いつライブねってお知らせする形だそうで
自分は自分で決めてるから
何か予定が入ってたらこの日は避けようとかできるけど
他メンバーはライブの日を発表しても
誰もこの日ダメとか絶対に言わないそうで
えらいよなーって。

そしたら圭介さん「いや、だって。。他に予定ないし、、」ってボソリ。
さらに「いや、リーダーが一番大変ですよ
俺らが寝てる時にずっと一人でブッキングして
お金の計算して
毎年俺らに給料払ってくれてるんだから、、」って
え?年俸制??
毎月、、の言い間違いですかね。

っということで、この日もいつもの
今年で結成28年!
メンバーチェンジなし!
活動休止なし!
ヒット曲なし!
4人そろってフラワーカンパニーズ!!
からの曲は、、、『最後にゃなんとかなるだろう』

実は、、この曲の存在を忘れてて
(その今絶賛発売中のシングルの中に入ってる)
一瞬タイトルコールした時
圭介さん噛んじゃったのかと思って
ニヤッと笑ってしまったんですが
こういうタイトルだったのね( ̄▽ ̄;)

ヤング!ヤング!って『ホップステップヤング』が
最高に楽しかったです。

そして『終わらないツアー』
ラストは『消えぞこない』って
もう畳みかけるような怒涛の盛り上がりソングで
最高でした。
しかも本編ラストが『消えぞこない』ってのが
なんていうか、、28年誕生日イブのライブとしては
素晴らしい選択だな、と。

「どうもありがとう~」

続いてアンコール。
ここでは皆さん、ピーズの武道館応援加担Tシャツを。
まずは特にそれには触れず、、
アルバムリリースの話があったことから
新曲を披露!しかもまだ1回もライブでやってないという
ホントに新曲!!
『ハイエース』

ツアーを一緒に周ってる車
ハイエースの事を歌った歌。
曲調が途中で変わるのが
より歌詞の内容を表現してて
なかなかグッとくる曲でした。

ただ、、割りと聞かせる感じの
ミディアムの曲だったので(しかも新曲だし)
こちらはただただ、聞き入ってる感じ。
で、圭介さん「新曲なんてやっちゃってごめんねー
こんな雨降ってる予定じゃなかったから
、、、出来るとすぐにやりっちゃうんだよねぇ」って。

そしてこれはここでだったか忘れましたが
「寒い中最後までホントありがとう。
あと50年はいけるな」って言ってて
え?50年後98歳じゃない??って
恐らく圭介さん以外みんな
え?って思ってたと思うんですが
その空気を察してか
「50年後って、、、98?!
あーそれは無理だー盛り過ぎた。
じゃー30年にして
で、、30年だと俺いくつだ?」って言ってて
ホント計算苦手なのね、、って(笑)

「俺らの大先輩にピーズってバンドがいるんですが、、
6/9の武道館、みんなで行きましょう!
彼らも相当雨が多いけど、、、
武道館は屋根付いてるから(笑)」

っということで
Theピーズのカバー『とどめをハデにくれ』
圭介さんのブルースハープが
原曲では入ってないけど
全く違和感なく
とっても曲の雰囲気に合っていて
素敵です。

ハルさんが書く詞は
やっぱりハルさんが歌わないと
なんか変な感じがしちゃうんですが
なんとなーく、、圭介さんは合ってる気がします。
なんだろ、、選曲もあるのかな。

ラストは『TEENAGE DREAM』で
盛り上がって終了。
確か、、圭介さん、これでもかーって感じで
スライディングしてましたっけ??

続いてダブルアンコール、、、そりゃありますよね。
今度はこの野音ワンマンでのみ販売の
記念Tシャツに着替えて。

ただ圭介さんは着ないで手に持って出てきたんで
グレートさん、圭介さんが最近太ったって話を2月にしてたんですが
そのせいで白いTシャツは太って見えるから
気にして着てないのかと思ったらしく←女子か!(笑)
でも本人曰く
下に着てるシャツが(スライディングのせいで)濡れてて
重ねるとTシャツが濡れちゃうから、、って。

圭介さん、、そんなに太ったようには見えないんですが
まだ元の(痩せてた当時の)体重には
戻ってないんですかねぇ・・(;´д`)

4/23がまさにバンド結成の記念日で
この日はその前日、つまりイブとなるということで
「やっぱこのバンド結成日にライブやるのはいいね
お互いがどんな感じなのか
改めて確認し合える」って。
来年以降も4/23前後には大きなライブを
やってくれそうな感じ。
さらには野音でも毎年とまではいかないですが
2年おきくらいにはコンスタントにやって行こうって。

野音では恒例、、なのかな?
『東京タワー』が沁みました。

そしてラストは『ロックンロール』
最後何度もスライディングして
さらにはくつを客席に投げ
最終的には靴下までも脱いで
終了~

「ありがとう!!」

で、圭介さん
「あのーくつ、、
それ履いて帰るから返してー」って(笑)

いつもならトリプルアンコールとか待ってしまいそうですが
野音だし(音出し制限時間があるため)
雨も止まず、寒かったし、、で
この日はこれにて終了。

正直、雨の思い出が強いんですが
でもライブが待ち遠しかった期待を上回る
素敵なライブでした。

そしてー
帰りにステッカー配ってました♪
しかも新保さん!!
IMG_3615.JPG


<セットリスト>
 01.真冬の盆踊り
 02.三十三年寝太郎BOP
 03.Mr.LOVE DOG
 04.チェスト
 05.夜空の太陽
 06.すべての若さなき野郎ども
 07.感じてくれ
 08.口笛放浪記
 09.あまくない
 10.日々のあぶく
 11.靴下
 12.大人の子守唄
 13.虹の雨上がり
 14.最後にゃなんとかなるだろう
 15.ホップステップヤング
 16.終わらないツアー
 17.消えぞこない

 EN1.
  ハイエース(新曲)
  とどめをハデにくれ(Theピーズ カバー)
  TEENAGE DREAM

 EN2.
  東京タワー
  ロックンロール


そうそう。明けて翌日の記念日には
ツィッターに風船飛んでた♪
20170423.JPG



知識の角度変える思考回路の旅そこから始まるぜ [the pillows]

せっかく桜がいい感じに咲き始めているという週末
なぜに雨で、さらにこんなに寒いんだ・・(>ω<)
お散歩する気にもなれない。

そんな4.9は
the pillows「NOOK IN THE BRAIN」発売記念
プレミアインストアライブ
@TOWER RECORDS渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
でしたー
IMG_3607.JPG

インストアライブは前回もやったっけっか??
抽選、しかも応募はがきは全国のタワレコでもOKということで
今回かなり倍率高そうだったんですが
なんとか無事当選することができました。
しかもうれしい整理番号2桁!!

ただビックリしたのが
インストアライブでは初めての
IDチェックがあって
しかも顔写真付きのIDじゃないとダメって。
持ってない人とかいるんじゃない?って思ったりもしたんですが
まぁ、、マイナンバーとか住基ネットとか
最近は顔写真付きのもの作成できますから
何らかのものを持っとけよって話でしょうか。
マイナンバーのも住基ネットのもどっちも作ってない私としては
つくづく運転免許持っててよかったーって
思いました。

IDチェック、ちゃんと名簿見てチェックしてたなー
顔まで見られたかどうかは別として。

30~40番くらいで2列目に行けました。
ドリンク交換、昔は開演前しかダメだったんで
急いでペットボトルの水に交換しましたが
最近は終わってからでもOKだった模様。
ま。すんごい長蛇の列になってたんで
最初に交換しといてよかったとは思いましたが
いろはすに500円払ったのか、、と思うと
若干ムッと思ったり。せめてボルビックとかにしてー・・
というか缶ビールも用意してよ、、って←求め過ぎ?

5分10分押しましたか。
いよいよライブスタート。
最初ほとんど押しなかったんですが
曲が始まってから盛り上がるタイミングで
グイッと押しがきましたが
会場内の空調が効きすぎてて
結局上着脱がなくても汗だくにはなりませんでした。
あと最前にいい感じに隙間が空いててくれて
かなり見やすかったです。
久しぶりにあんな間近で見た気がします。

まずは『王様になれ』から。
この曲はこれまでのライブでもすでにお馴染みなので
一気にノリノリな気分に。

あ。
そうそう。
この日はリリース時の1週間位かな、、にやっていた
タワレコカフェとのコラボで
さわおさん考案のドリンク"山中サワー"が復活していて
yamanakasawa-.JPG
実はそれをライブ前に飲んだので
ほんのちょっぴりほろ酔い~だったせいもあったのかも♪
IMG_3605.JPG
缶バッチの顔が何気にカワイイ(´m`)

この日のレシートは
普通に「テイクアウトドリンク」としか記載されていませんでしたが
リリース時に買った時は(って、実は前も飲みに来ていたというね 笑)
ちゃんと「山中サワー」と記載されてたんですよね(´m`)
IMG_3595.JPG

っと、話それました。
続いてはこれまたテンション上がる曲!
『Hang a Vulture!』
この日シンちゃんのドラム叩く手元というか
姿がバッチリ見える位置だったせいか
いつも以上にシンちゃんを見ていたんですが
何ていうか、、カッコいいんですよね~
姿勢よくバシッとしてて。

いやぁ、、おじいさんとか酔っ払いとか言われてますけど
あれだけバッチリ叩けるなら
普段はどういうお姿でも何も言えないんだろうな~って
改めて思ってしまいました(笑)

「ヘイヘイヘイ!
どうですか、お金払わないでライブ見る気分は(笑)」っと
インストアライブでは恒例の
さわおさんのお言葉ゞ(≧ε≦o)

「最近はお客さんにもレコード会社にもCD屋にも
いい顔しないとCD売れない時代ですから」って。
そうか・・・
やっぱそうなのかー・・

いないとは思うけど、、って感じで
「お金出してまでは来ないけど
今日たまたま当たったから初めてライブ来てみたって人
いるの?」って聞いたら
ハイ!って声。
「おぉ~勇気あるなー(笑)
あのーあれですか、、やっぱお金払ってまでは
見たいとは思ないですか」みたいなことを聞いてたら
どうやらその人は今回がたまたま初めてのライブだったってだけで
次のツアーのチケットは購入されたとか。
、、、って、それじゃー質問された意味と違うじゃん!!
ま。いいんですけど。

「じゃー短い時間だけど
最後まで、楽しく、よろしくね」

っと、続いてはアルバム曲ではない
『カーニバル』に『Last Dinosaur』
おぉ~
『カーニバルはちょっと意外な選曲でした。

さわお「あのー、、真鍋くん。
人と人との付き合いには
エチケットとマナーは大切ですよね。」
Pee「もちろんです!」
さわお「あの、、あなた今、"この上に乗らないでください"って
書いてある上に乗って弾いてませんでしたか??」
そう、確か、、『Last Dinosaur』のギターソロですかね
あれ?Peeちゃんいない??って思ったら
かなり前の方に飛び出していて
で、実は自分の前にもそういうお立ち台みたいなのがあったんですが
その上にはさわおさんも言っていた"この上に乗らないでください"って
貼紙がドーン!ってあったんで
あれ?あっち側はいいのか?って思ってたんですよね。。
やっぱあっち側も同じ貼紙してあったんですね(笑)

Peeちゃん苦笑い気味で
「いや、始まる前に、確認したら
あのーまぁ、、いいですよ・・って言われたんで。。」と。
あはは、
OK!ではないけどダメ!!って訳でもない、、みたいな
感じだったんでしょうか。
さわお「そうか、40過ぎたバンドはいいんだな。
若手はダメだ!じゃー俺も乗っちゃおうかな~」
来て来てーって
恐らく私の周りにいた人は思ったに違いない(笑)
だってかなり目の前になりますからね♪

そんなトークの後
頭でも言ってた「NOOKしてますかー」
「NOOKがあれば何でもできる!」って
なんかよく分からないですが
確かラジオとかで言ってましたっけ
NOOKって言葉の響きが使いたくて今回アルバム名にしたってだけあって
NOOKを連発してました。
確かに、、かわいい響きではありますが・・

そして楽器置いて
ひゅーって歓声に照れたのか
暑いな~ってカーディガンを脱いだけど
そのまままた切るという仕草。
・・・SAのTAISEIさんがよくやるやつ(笑)
一瞬、伝授してもらったのかと思ったけけど
さわおさんも前からやってたかもな。

そうです!お次はハンドマイクの曲
『パーフェクト・アイディア』
ヤッター!
ハンドマイクの曲がうれしいというか
この曲聞けたのがうれしかったです。
楽しい曲。
"猫だと思っていたら日に日に虎に育った"ってとこが大好きです。
さわおさん、猫(耳)と虎の(ガォーッ)ポーズしてました。
Tシャツになったらうれしいなーなんて思ってたり★

で。
さっきの予告通り、
しっかり例の"乗らないでください"の台の上に乗ってくれまして(笑)
めっちゃ近くで見れました(*´艸`)
いい感じの雰囲気で
誰かハイタッチしてもらってて、それがまたいい感じでした。

そしてあっという間に終わる
『Where do I go?』2分切るなんて。。

ラストはジワジワ盛り上がりのイントロで
『Advice』
上がりますね~

「サンキュウベリーマッチ!!」
本編終了。

続いてアンコール。
「あの、、インストアライブって言うのは
だいたい30分くらいだから ←やっぱそうなんですね。
30分だったらだいたい7曲かなって。
そしたら1曲が短すぎて、、(笑)
終わってみたら25分くらいだったから
・・・アンコールを1曲増やすことにしました!」って。
ワーイ(≧▽≦)

いや、MCも割とあった感じだったので
そんな短っ!って感じはしなかったんですが
(ライブ久しぶりだから感覚鈍ってる??笑)
嬉しいお言葉。
そういうとこ、優しいですよね~

ただ、その1曲が短いことについて
「曲に合うアレンジをしたら、たまたまそうなっただけでね」って
Peeちゃんに同意を求め
「好きな女の子に似合う服を選んだら
たまたまスカートが短くなった、、みたいな、ね。
似合うんだから仕方ない!それ以外に意図はない!」って
よく分からない例えをゞ(≧ε≦o)

てか、そう。
今回のアルバム全てにおいて短い曲が多くて
アルバムのトータル時間30数分って見てビックリしましたもん。
通勤時間に聞くと2回し位聞けちゃうくらい。
ライブは、、トータル時間が短くなるんでしょうか。
それともそこはちゃんと他の曲多めにやってくれるんでしょうか。
MC長め、、になったり?!(笑)

「で、こういう無料のライブは
昔からずっと来てくれている根っからのファンと
さっきは手を上げてなかったけど
まぁ、無料だし当たったから行くかって人とが
入り混じってると俺はふんでいる。
昔から来てくれている人にとっては
もうその曲いいよ、、って曲でも
初めて来たんだったらあの曲聞いてみたかったなーって曲だったりするだろうし。
ということで、今回は、
初めて来た人に媚を売ることにしましたー(笑)」って
『Funny Bunny』

いやいや。
それだったら根っからのファンでもワーイってなりますって。
でも、その初めての人に媚を売ったという選択は
正しいと思います。
だって根っからのファンは
この日何の曲やってもファンのままでいることは確実でも
初めて試しに来てみたって人は
もしかしたらこの日やった曲によっては
それで今後を左右するかもしれないですもんねぇ。

サビの大合唱はいつもながら
なんかジーンとした光景でした。
シンちゃんがなんかうれしそうな感じでフロアを見渡してたような気がして
それがまたジーンとしました。
さわおさんオフマイクで「ありがとう!」

最後は軽やかにギターソロを弾いて
『About A Rock'n'Roll Band』

「この先5、6、7月と全国ツアーで周るから
みんなの街の近くに来たときには遊びに来てよ。
現在新曲を練習中です(笑)」

いやぁ、、いいライブでしたー
なんかガツガツし過ぎてない雰囲気の中
でも拳もガッツリ上がって盛り上がってたし。
ツアースタートまでまだ1ヶ月ありますが
楽しみです♪

<セットリスト>
 01.王様になれ
 02.Hang a Vulture!
 03.カーニバル
 04.Last Dinosaur
 05.パーフェクト・アイディア
 06.Where do I go?
 07.Advice

 EN.
  Funny Bunny
  About A Rock'n'Roll Band


黒いジャンパー 裏地は赤のチェックだ! [The Birthday(2012年~)]

4月から新しい環境になり
通勤電車の時間帯が変わったんですが
まだいい感じの乗る場所が見つからず
行きも帰りもイラッとしながら通ってます。
何なんでしょ、あのスマホのために
ある位置キープを強行する人。
あと混んでるんだから仕方ないじゃんって思う状況で
ちょっとでもぶつかると露骨に押し返してくる人。

あー、、このまま行くと愚痴が止まらなくなりそうなので
ここで止めときます。

さて。
そんな4.5は
The Neatbeats 20th Anniversary
"Two-Man Special"RHYTHM AND BEAT SHOW
@東京キネマ倶楽部
with:The Birthday
でしたー
IMG_3601.JPG

3月私にしてはかなり珍しく
1ヶ月に3回しかライブがなかった上に
その最後が確か3/16だったから
約半月ぶりのライブ。
こんなに空いたの初めてじゃない??
・・・おかげで次の日は若干アチコチ痛い。。(ll'ェ')
待ってたよー

平日は極力入れないようにしていたんですが
このライブは外せない!っと
なんとか定時ダッシュさせてもらい(それは割りとすんなりでホッ。)
番号遅いせいもありますが
奇跡的に開場時間に間にいましたー

はい。。
番号300番台と言えど、ほぼ400番な感じ。
キネマ倶楽部ってキャパいくつだ??
開場/開演 30分しかなく
え?大丈夫??って思ってたら
やっぱ15分くらい押してました。
そりゃそうだ。
だってエレベータでしか上がれないんだから
いくら呼び出しスピーディにやっても
限度があるってね。

あ、待ってる時にハルさんと大塚やよいさんを見つけました♪
どうやら遊びに来てたみたいです。
関係者で入場するのに待ってたようで
そうか、、これもエレベーターでしか上がれないためですね。
ハルさん、ああやって普通にしてると
全くもって紛れてしまって
あまり気づかれてない雰囲気でした。

中に入ると、、、半分くらいまで埋まってる感じでしたが
あまりギューギューにはなってなくて
さらに言うと、始まってからも
あまりギューギュー押し押しにはならず
ステージも高いせいか
かなり快適な環境で見れました★
いやぁ、、キネマ倶楽部最高!!(笑)
雰囲気あるし、音も良く感じるし
何より、見やすい!

あの例の2階の広場っていうかバルコニー?
から登場するのかな?ってドキドキしてたんですが
普通にステージ脇からの登場でした。。。
残念(´+ω+`)

っということで
最初はThe Birthday。
ハルキのデニムシャツの胸元の飾りっていうんですかね、、が
唇っぽい感じで
ちょっとなんかなー・・って。
フジイさんはローリングストーンの古着っぽいTシャツに
黒ジャケットで
そのTシャツがやけに似合ってて素敵でした。
チバさんは最近の定番
ストールを首に巻いて。
この日は多分、取らずに終わった気が。
キュウちゃんはいつもと変わらず。

そうそう、この日は私、ハルキ側が出入り口に近いので
フジイさん側にしたんですが
やっぱフジイさん側の方がキュウちゃんがよく見えますね。
うーむ、、今後行く位置ちょっと考えてしまうな・・

ご機嫌に指揮者風に腕を振りながら出てきたチバさん
マイクに向かって「ハロー!」って
もうそれだけで大歓声。

そして始まったのは、、、
イントロいろいろアレンジ重ねられてる
『I KNOW』
この曲はいきなりドーンって始まらないので
何が来るのかちょっとワクワクしながら待ってられるのが
いいです。
だいたいある程度のところで、おっ!って気付くんですが
どうあの曲の始まりにつながって行くのか
毎度新鮮で飽きないです。

続いて久々、、かな?
『ROCK YOUR ANIMAL』
ワーイ!
もうすっかり合いの手はフロアに。
チバさんもしっかり応えてくれるフロアに
ニヤっとうれしそう。
フジイさんのギターソロの攻めの感じがまた
こっちに来た甲斐あってうれしいです。

そしてそして、
もう?って感じの『カレンダーガール』
続く『LOVE GOD HAND』ではハルキの飛び出しありました。

ここでキュウちゃんから
「The Birthdayです」って。
「ニートビーツとは付き合い長いですよ」
そしたらフロアから エー だか ワー だか
歓声上がると「エーって言うのは
(言ってないんだから)まだ早いです。
あのー2004年の1年間、ニートビーツで叩いてました。
ニートビーツ史上、暗黒時代って言われてるみたいですけど」

えー!
いや、叩いてたのは知ってましたが
その暗黒時代って言うのは初めて聞いて
それはキュウちゃんが叩いてたからそう言われてるって
言う意味で言ったのかと思ったら
後でニートビーツの時に話してましたが
どうやらその時期がそうだったようで、、
いろいろあった時期のようです。
※"ニートビーツ 2004"で検索しちゃダメって(笑)

そしてここでチバさん、サングラス外すかなって
思ったら
この日はまだ外さず。
えーこのままずっとかけてたりして・・って
思ったりもしたんですが
2曲あとかな、、に外してました。
忘れてたのかなー(笑)

立て続けに新曲リリースしたんで
ちょっと忘れ気味になってる
『夢とバッハとカフェインと』
で、なんとなくこの曲だからまだサングラス外さずにいたのかな、、っとも
思ったり。

そしてきました!『SAKURA』
いや、この曲は絶対この日やるって思ってました。
だってフジイさんのラジオでも
この前かけてたし。
まさにさくら日和な日に聞けて最高でした。

いつもどっちーってなるイントロ
この日はやはり雰囲気あるし、、、ってことで
『Red Eye』でした。
うん、でもそっちでよかった。
久々だったし
フジイさんとチバさんのギターとブルースハープの弾き(吹き)合いも
なんか新しい感じだったし
キュウちゃんのドラムソロバッチリ見えたし。

ここでだったかな、、、
キュウちゃんが「いいですよねーキネマ倶楽部って
雰囲気がすごく合ってる
ニートビーツにも、The Birthdayにも」って。
そしたら
チバさんが「そうだよ」って言うもんで
てっきり、それに反応したのかと思ったら
「クハラくんは、ニートビーツだったんだよ」って。
え?そっち?!(笑)
「ギャラが安いから辞めたんでしょ」なんて
ウソかホントかの暴露話を。
キュウちゃんも笑いながら「シーッ!」って言ってるしゞ(≧ε≦o)

というか、チバさんがキュウちゃんのことを
"クハラくんは"って言ったのにも
ちょっとドキリとしてしまいました。
珍しーって。

私の中で今一番好きな曲『抱きしめたい』
何ていうか、チバさんの胸の内の叫びを聞いてる感じがして
切ないというか染み入るというか。
なんかギューって手を握りしめて聞いちゃいます。

必ずセットでくるC/Wの『木枯らし6号』
こちらはちょっと軽快な感じがするので
さっきの切ない気分を少し晴らしてくれるから
ホント立て続けで感動する曲です。

でもって何気に私は
イントロのフジイさんのギターフレーズの後に
チバさんが三連をガシガシ弾いてるのが好きだったりします(´m`)

どちらの曲もどちらかと言うと拳を上げて、、な雰囲気じゃなく
ただただ聞きってる感じですが
その内また変わってくるかなー

あーよかったーってしみじみしてると
急にチバさん、あっ!って感じで
「なんでこれ、春一番とかにしなかったんだろうね」って。
※特典DVDのライナーノーツで急にボソって思い出して言う感じ(笑)
いやぁ、、言われるまで気づかなかったよ・・
でも季節的に、確かに。。って思ってしまったのも確かですが
ただそれは曲作ってた時期がそういう時期だったんじゃ、、って。
チバさんって、ホント最近特に
なんか自由だなーって思います。

でもって特にその先話広げるでもなく
ふら~っとステージの前に出てきて
キッと とんでもない歌が~ って叫びだす。
この切り替わりがスゴイです。
歌い始めてフロアに手で煽って
フロアも一緒になって歌いだす。
なんか感動的な瞬間。

ここ最近の流れでは I LOVE YOUは最強 ってとこを
フロアに歌わせる
最後の"最強"はキュウちゃんが思いっきり叫ぶ
ってパターン。
フジイさんやハルキも
時折歌ってるのを見ると
なんかグッときます。

ワーッと盛り上がって熱い雰囲気の中
チバさんが一人でギターを弾き始めます。
これも最近の流れとして
一人で弾くイントロが結構長い。
でもってオフマイクでフロアに煽るんですが
この日は「カモーン!」じゃなくって
「せーの!」って合図してて
なんかかわいかったです(笑)

電話探した、、って歌いだすフロアに
うれしそう。
俺さ 今 どこ
「今は 鶯谷でザ・ニートビーツと、、一緒です」
って、これ絶対みんな
へ?って思った瞬間だったと思う(≧▽≦)
いつもは 一緒だっ!! とかってガツンって言うのに
なぜにこの日は最後
です・・って(笑)

もう1曲あるかなーって思ったんですが
これで終了。
「サンキュウ。」

そして「次は、ザニートビーツ!」って
チバさんの発音する"ニートビーツ"ってイントネーション
なんかちょっと違う気が。
B'zって言うの、2種類あるようなうちの一つみたいな感じ。

フジイさんが投げたピック
近くの人が拾ったみたいで。
いいなー。
そしてこの日は久しぶりにチバさんも最後投げて帰ってました。
途中投げた1枚はステージ奥に向かって投げてたんですが。

あとキュウちゃんのスティック
私が後ろの方にいる時は
たいてい私のいない側へ投げてしまう気がしてならない。

あー久々汗かいたー
セトリ
ほぼほぼ変わらず、、な中にも
ちょいちょいこの日に合った曲を入れ込んでくれてて
よかったです。

<セットリスト>
 01.I KNOW
 02.ROCK YOUR ANIMAL
 03.カレンダーガール
 04.LOVE GOD HAND
 05.夢とバッハとカフェインと
 06.SAKURA
 07.Red Eye
 08.抱きしめたい
 09.木枯らし6号
 10.くそったれの世界
 11.涙がこぼれそう


続いてThe Neatbeats。
こちらは、、予想通りあの2階のバルコニーから
嬉しそうに登場。
その登場前に急にステージ上モクモクスモークが立ち込めて。
えー焚き過ぎだろうってくらい(笑)
だから登場したメンバー
コントみたいにそのスモーク払いながらスタンバイしてて
PANさんなんて「みんな、見えてるかーっ!」なんて言っちゃって
最初から大笑いでした。

で。
歌い始める前に
そりゃ話すよねゞ(≧ε≦o)
「チバくんはかっこえーわー」って。
「ギター置くだけでキャ~って。
俺もやみようか」って楽器降ろそうとして降ろさず、、
すかさず土佐さん「降ろさへんのかーい!」ってツッコミ。
最高やね。

そして会場いっぱいの人を見て
「20年やってきて、俺らも人気でなたー」って。
違う違うってここでも横でツッコミ。
「The Birthdayのおかげや!The Birthdayに大きな拍手を!!」
からの「じゃーいってみよう!」

ニートビーツのライブはワンマンは行ったことないんですが
ちょいちょい対バン絡みで見たことはあって
PANさんも途中MCで言ってましたが
はい、MC目当てで行ってます(笑)

いや、でも曲もすっごくテンポがあって
次々途切れなく、次の曲に移って行って
踊れる曲が多く楽しいです。
そしてVoを全員が取るんですよね。
何気に私はそういうの、あまり好きじゃないんですが
なぜかニートビーツだと許せるというか
それが逆にいいというか。
・・・不思議です。

ニートビーツ的には
MCも1曲だそうで
ワンマンだと8割MCだそうで
でもこの日は対バンなのでその2割くらいの時間になってるって。
回数も少なめで
途中のMCで「どうする!あと2回やでMCタイム。
しかもこれ入れて!!」なんて言ってました。
確かに、、この日は
いや、それでも普通のバンドよりは喋ってたかも?ですが
ニートビーツ的にはサクサクと少な目だった気がします。

「いや俺もな、横浜辺りに生まれてたら
今頃はチバくんみたいな感じだったと思うよ。
それが関西に生まれてしもうたから仕方ないねん。」って
言った後に
チバさんの真似をして「ハロー!」って言ってみるも
なぜか大笑いのフロア。
そして「キティ!」って続けちゃうPANさん。
「こんなこと言っちゃうからね(笑)」と
自分でも理由は分かってる模様。
根っからの関西人ってことでしょうか(それだけじゃないとは思いますが 笑)

私はPANさんがThe Birthdayに加入したかったこと話を
してくるかなー、、、って思ってたんですが
その話はなく
代わりに?!(笑)
チバさんからギターをもらったって話(これも聞いたことある)

ただその前後にまだ続きがあって
「チバくんギターちょうだい。たくさん持ってるんやから
1本くらいええやん!」って言ったら
「いいよ」って「かっこえぇ~やん!!」(笑)
ただ、その後大ゲンカしたそうで
しかもその理由が
チバさんが「真鍋、ちゃんとしろよ」ってド突いてくるから
PANさんも「ちゃんとしてるよ」って突きかえし
「ちゃんとしろよ」「ちゃんとしてるよ」のやり合いになり
徐々にエスカレートしてあわや取っ組み合い!?って

そしたすぐにみんな止めに入ってきたそうですが
「止められてるのはチバくんだけで
俺は誰も止めへんねん。
お、俺も誰か止めて・・・って。
そしたら向こうの方の席でキュウちゃんがニヤって笑っててな。
ほんま腹立つわーあの男」

そして次の日チバさんが出るライブ(当時はROSSO?)があるっていうから
ケンカした次の日で気まずかったけど
行くか、、、って。
でもPANさん的には昨日の決着をつけてやるくらいな勢いで
(普段持たないセカンドバック持って大き目の別に乗って行ったとか?!笑)
(小雨振ってたからそのセカンドバックで雨避けて
帰りにMKタクシー呼んどいてやーって 笑)
行ったのに
会うなりチバさん「ギター持って来たよ」って
、、、「かっこえぇ~やん!!」

この日の対バンも
なんとなーくな軽い感じで
「俺ら20周年やし、、対バンなんて
やってくれない??」って言ってみたら
「いいよ」って即答だったそうで
返事早っ!って逆にビックリしたとか。

対バンするにあたり、ファン(恐らくThe Birthdayの)から
「チバさんの話が聞けると思うと楽しみです!って(言われ)
俺らバンド!歌も歌ってる!!」

「でもキュウちゃんも言ってたけど2004年に手伝ってもらって
暗黒時代って言ってましたけど、、、
まぁね、イロイロあった時期でね
あのー絶対に検索しちゃダメよ。
ニートビーツ、2004なんてね」

「キュウちゃん、The Birthdayではあんなカッコつけてますけど
ホントはもっとオモシロいやつでね。
あいつMCやってるとき常に楽器いじってますけど ←確かに!ゞ(≧ε≦o)
あんなん、(ネジ?)なんも緩んでないのに
むしろいったん緩めてもう1回締めてますからね
・・・なんて、そんなネタもいっぱい持ってますよ(笑)」
などなど
次から次へと出てくる、出てくる。
いやぁ、、、もう腹筋痛くなるくらい大笑いでした。

恒例、前に後ろに右に左に、、の曲前では
楽しそうな照明にして!って
で、その時上見上げたら
3階席でチバさんビール飲みながら見てるの見えて
ちょっとテンション上がりました。
PANさん、何度か上見てたから
きっとあ、見てるって分かってたと思います。
やけにチバさんやキュウちゃん話に熱く語ってたのはそのせいか??

そんなこんなあっての
前に後ろに右に左に、、なんかいつも以上に
みんな参加してた気がします(≧▽≦)
大きな塊がドーって動いてたましたもん。
上から見た光景はどうだったんだろう、、って
チラッと思ったり。

で。
ビックリだったのが
もう最高にキレキレのビートを刻んでいた
Drのモンちゃんがなんと!左足骨折していたということ。
いつ骨折したとかは言ってなかったんですが
ツアーの?合間に骨折したみたいで
PANさんに「発表はしないんですか?」って聞いてきたそうで
「え?発表?なんの?だってライブやるんでしょ?
(モンちゃん「やります!」)
じゃー発表なんてしないよ」って。

ここまで特に公表せずにいたそうですが
モンちゃん「今日言わなかったらそのまま隠し通して終わったのに
なんで、今、言うんですか?」って。
確かにー
でもこれがPANさん的愛情、って言うか
やり方でしょう。

「骨折しててもこれくらいは叩ける」とのことです。
なんでも気合いで乗り切れるんだとか。
いやぁ、、、でも最後の方はホント
歩くの辛そうだったんで
ここで無理したことが影響しないことを祈ります。
お大事にどうぞ。

そして今年は20周年ということで
「20年やっても誰も禿げてない
他のバンドはみんな帽子被ってる!」って
フラワー何とかカンパニーズとかニューほにゃららロティカ
ってほぼ言っちゃってる誤魔化し方で例をあげたりして
でもそんなニートビーツも
「3年後、いや来年だって分からないよ・・
ここら辺(眉毛の辺り)からリーゼント生えてるかもしれへんで」って。

そんな20周年を記念して
ライブ盤?の2枚組アルバムがリリースされてるとか。
しかもかなりお値段お買い得みたいで
値段言うの、焦らす焦らす。
挙句の果てに一番大事なところオフマイクで
フニャフニャって言ったりして。
ホント笑いに持って行くセンス、スゴイっす。
2808円だっけ?
その端数8円は「当社が負担します!」って。

さらに「今日お金持ってなーいって人も
大丈夫です!
28回払いで承ります。
ただね、28回ライブ来ないともらえないよ。
今日はケースだけ渡す」
すかさず、"ディアゴスティーニ~!"の土佐さんの声(笑)

「今日初めて見た人もたくさんいるだろうけど
大丈夫です!
だいたいどの曲も同じ!(笑)
すぐノレる!!
20年やってることはほとんど変わってへん
新しい事ほとんどやってない」のに
「でもMCはちょいちょい新しいネタ仕込んでるよー」ってゞ(≧ε≦o)

声出してない人は
だいたいみんな病気になってるから
声出して行こう!って
コール&レスポンスコーナー

コール&レスポンスは訳すと「ああ言えばこう言う」
これ前も聞いたっけな。
その話しながらの
PANさんと土佐さんとのやりとりがまたオモシロくって。

ライブも終盤。
もうこれは初めて見た時から印象に残ってる
黒いジャンパー 裏地は!赤のチェックだ って曲。
そのコール&レスポンスのコーナーじゃないけど
声出して行こう!って
レクチャーしてる最中
わーって歓声上がるんで
フッと見たら、なんと!例の2階のバルコニーに
チバさんがビール持って立ってるという。

もうあまりにみんなそっち向いて
ワー、キャーするもんで
「はい、そこー!今からそこは指定席!
みんな自分の席に戻ってー!!」って言うも
そんなのに応じる訳もなく・・
で、PANさん
ならば、、と、そっちに走って行って
チバさんと並んでキメポーズ(笑)
大歓声を味わっていました(´m`)

はい。
ここでチバさんも加わっての 黒いジャンパー
やったー!
対バンならではのセッション!!
チバさんはブルースハープで参加。
PANさんのつぶやきによると
ノーリハーサルの飛び入り参加だったようです。
へぇーへぇー。

例の決まり文句の後のイェーイイェーイってとこを
さり気なく歌ったりしてたんで
途中 黒いジャンパー 裏地は?って
PANさんチバさんに振ったんですが
一瞬、キョトン・・って顔して
「・・・」
そのまま曲は進んでしまい、、、
PANさん大笑い。
チバさん、後で「あー、、、」って顔してましたけど(笑)

後で言ってましたが
「チバくん、何で言ってくれへんのか聞いたら
裏地は、、の後が覚えられないって。」
あはは。
チバさんらしいお答え。

いやぁ、、楽しかったー
この曲で終わったんだっけか。
じゃーねって感じで帰ってくチバさん
ご機嫌でした。

続いてアンコール。
割りとすぐ出てくるのがニートビーツ(笑)

ここでまたキュウちゃんに叩いてもらった経緯というか
当時の話をしてくれたんですが、
これがまたいい話で。

ニートビーツのドラムが抜けて
どうしよう、ってなった時に
「もうキュウちゃんしか浮かんでこーへんかった。
キュウちゃん、やろうよって。
モヒカン寝ちゃってるよ、もう1回立たせて
やろうって。」(モヒカン立てる仕草のPANさんがまたオモシロいんですが)
そう、その当時はキュウちゃんも
ミッシェルが終わってた時期だったそうで。

「そしたらチバくんが
3年後に俺はキュウとまた新しい事やるから
それまで貸してやるよって。
、、、、かっこえぇーやん!
これ、映画できるよ
俺思わす会員証出そうかと思ったよ
Tポイント付く?って」

っと、最後の部分は冗談かと思いますが
いや、ホント、チバさん、かっこえー!!
そんなこともあったんだって。

最後に1曲サクっとやって終了。

あー楽しかったー
MCはもちろんライブも最高でした。
また機会があったら行ってみたいって
今後のライブスケジュール見たんですが・・
この先行けそうなのなかった。
てか、来週くらいからかな、スペインツアーなんですね。
すげー。。
音源とか全く持っていないんで
20周年ってことだし、ちょっとCD聞いてみようかな。
例のリリースされたやつとか。

キュウちゃんブログにも
またやりたいって書いてあって
味園ユニバースでどうですかって、、行ったことないけど
行ってみたいって思ってたんで
ぜひぜひ、やって欲しいです!



2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ