So-net無料ブログ作成

美味しそうなお店 [食べ物]

もう随分前の話ですが
たまたま見ていたなんかの番組で
原材料の一番最初に「カカオマス」って書いてないチョコレートは
本当のチョコと言えないみたいなことを言ってるのが聞こえてきて
その時たまたま食べてたチョコを見たら「砂糖」が最初に書いてあって
とある高カカオなチョコを見たら確かに「カカオマス」って最初に書いてあって
なるほど~って妙に納得して。

それ以降かな、、
なるべくチョコレートは「カカオマス」が最初に書いてあるものを
食べるようにしようって思うようになったのは。

で。
なぜか最近やけにそういう高カカオなチョコがどんどん発売されてきて。
嬉しい限りです(*´艸`)

そして食べ比べてみるも
うーん、、あまり分からん(笑)
IMG_3546.JPG
なんとなーくですが、、青の方が好き?かなー(多分)

食べ物話に無理やり入れ込んでみましたが(笑)
話変わって
今日初めて行ってみた美容院のお姉さんに
恵比寿の美味しいお店教えてもらい
忘れないようにメモ。

チャイニーズダイニング方哉
麻婆豆腐が絶品らしい。
調べたら担担麺も有名とか?
担担麺好きには気になるお店♪
ランチもあるとか。
ちなみに金曜日は深夜まで営業してるようです。

クロスロードベーカリー
昨年10月にオープン
イートインもあり←パン屋と言うより、カフェっぽい?
シナモンロールが有名とか。
朝8時からやってるからモーニングにも使える!
恵比寿の周りでライブ前に時間潰せるお店探してたんで
今度行ってみようっと。

っと。
勤務先が恵比寿になるまで
恵比寿って何があるんだ?って感じでしたが
仕事定時に上がった時とかに、周り少しブラブラしたりとかしてみて
恵比寿って楽しいかも!って思うようになりました。
落ち着いた雰囲気がまたいい感じで
もうちょっとイロイロ歩いて発見してみたいなーと思いました。


夢から覚めた二匹の天使 雨でもフラすか [音楽]

今週中頃、インフルエンザか?ってくらいの
突発的な熱でダウンしてました。
幸いインフルではなかったようで
クスリも何も飲まずして1日で熱は下がったんですが
その後の咳に(実は咳は前からあったんですが)
ちょっと苦しんでます。(でも今はだいぶおさまってきた)
ダウンすると何事もなく過ごしている
健康な日々がいかに素晴らしいことか
思い知らされますね。

さて。
そんな1.27は
MANNISH BOYS“麗しのフラスカ”TOUR 2016-2017
@Zepp Tokyo
でしたー
IMG_3549.JPG

って、そう、いやぁ、、行けないかと思った(笑)
てか行っては来ましたが
後ろの端っこの方で
大人しく見てました。。
ま。ダウンした時に有休使っちゃったから
この日は休めなかったし
番号もビックリするくらい悪い番号だったんで
全然いいんですけど
今回のマニッシュのツアー
結局初日行ったっきり
ファイナルだったし
初日もストレスたまる位置だったから
ちょっと残念です(´;ω;`)

体調万全じゃなかったんで
もう行かなくてもいいか、、っとも思ったりしたんですけど
後半からサックスの青木ケイタさんが加わってるって話を耳にしており
それはなんとしても行かねば!って気持ちがあって
頑張って行ってきました。
絶対ホーン入るとカッコよくなるって思ってましたが
いや、ホントにカッコよかったです~♪

せっちゃんも青木さんばりに
髪型リーゼントっぽく整えちゃって
なかなか様になってました。
そして堀江さん!赤いベレー帽がかわいかったです(*´艸`)
達也さんがあまり見えなくて非常に残念だったんですが
この日は珍しく?!タンクトップにならず
ずーっとスーツのままでした。
後半着替えてくるわ~ってシャツになってましたが。
(あ、もしやカメラ入ってたからか??)

青木さんは前半ずっと参加して
後半は最後だけだったかな。

MCは少な目でしたが
せっちゃん、ずっと当日まで
Zeppじゃなくてダイバーシティーの方でやるのかと思ってたって。
「なんでこんな近くに2つも作ったんでしょうね」って
ボソボソ2人で言い合ってたのが
オモシロかったです(笑)

あと、、叫んでくる男子に
達也さん「うるせー!てめー、この野郎!ぶっ殺すぞ!!」
せっちゃん「(笑)殺さないで上げて」
達也さん「よかったね。首の皮1枚繋がったな」
から『1.2.3.4』

終わったら「さっきは、、、殺すぞとか言ってゴメンね。
愛!愛だよ!"殺す"の次は愛だよ!」
から『LOVE&LOVE』っと
達也節炸裂。

『CRAZY NURSE』の前には
堀江っちのベースが見どころの!みたいな
紹介してたっけ。
堀江さんフワフワしてて
とてもチャーミングでした。
癒される。

曲の感想は、、
うーん。。一言でまとめられないんですが
バッチリなセットリストで。
それが前半はアルバムの曲順のまんまってのがまたすごくって。
青木さん入ってワーって盛り上がる曲が続いた後は
3人でドップリと聞かせ
キュートな曲でテンション上げて
アッパーな曲で煽ってきて
最後再び青木さんも入って大盛り上がり。
だからほんと本編2時間くらいあったんですが
(ダラダラMCもないのに!笑)
アッという間でした。

アンコールは皆さんTシャツに着替えて登場。
せっちゃん、そして最後は達也さんもトランペットを吹く
『麗しのフラスカ』『My Dear FLASKA』
達也さんがドラム以外の楽器って
なんか変な感じしますが
カッコよかったです。

そしてダブルアンコール!
ここでだっけ、、この日の模様がCSでOAされるって告知があったのは。
そう、カメラがいっぱい入ってたんで
DVDになるのかな~っと思ったりもして。
でもマニッシュはDVDはまだリリースされたことないか。。
いやぁ、、今回のツアーはすっごくよかったから
DVDになってくれないかな~っと
思ったりもしています。

最後は青木さんも参加で
ワイワイと『ざまみふぁそらしど』
コール&レスポンスなんかもあって
楽しかったです(参加してないけど・・)
堀江さんに続き青木さんも毎回参加メンバーになればいいのに。
何なんでしょ
ホーン入ると一気にゴージャスな感じがして
テンション上がるのは。

っと。
ほぼメモ的なことしが書いてませんが
ま、近々OAされるということで
詳細はそちらで。
IMG_3550.JPG

マニッシュ、夏までにあと1回くらいイベントとかでもいいから
リベンジでちゃんと見たいな・・。
アラバキ出ないかな~

--------------------------------------------------------------------------
 あ、アラバキという単語が出たところで
 やんわり募集★
 4人券の1名分が余ってます。リストバンドで届きます。
 (手数料込11,149円 郵送の場合は別途手数料)
 届き次第郵送または手渡しと言うことになりますが
 ご希望の方いましたらご連絡ください。
----------------------------------------------------------------------------

<セットリスト>
 01.Jungle Hurricane
 02.グッグッギャラッグッグ
 03.Honey
 04.レモン
 05.曲がれない
 06.Only You
 07.レモネード
 08.真っ赤なバレリーナ
 09.天使とサボテン
 10.DIRTY BUNNY
 11.1.2.3.4
 12.LOVE&LOVE
 13.ダンゴムシ
 14.うんこメーカー
 15.CRAZY NURSE
 16.GO!GO!Cherry Boy!
 17.Mach Venus
 18.MANNISH BOYSのテーマ

 EN1.
  麗しのフラスカ
  My Dear FLASKA

 EN2.
  ざまみふぁそらしど


たった一つから生まれたこの美しき世界で最期のその時に伝える言葉を探しているけど [ACIDMAN(2010年~)]

前々からちょっとズキっと痛い時があった奥歯
意を決して歯医者に行ったけど
結局そこは虫歯でもなんでもなく
緊急を要さなければ治療する必要もなく、、な程度だったんですが
まぁ、言われると思ってましたが
それよりも歯垢が、、、ってことで
そっちのお手入れをされることになりまして、、
あと4回くらいは通わないといけないみたいです。

まぁ、歯槽膿漏から糖尿病とかいろいろな成人病に
つながるケースとかあるみたいですし
お手入れは必要とは思ってましたんで
いいんですけど。
歯医者、、高いっすね(´+ω+`)
今年はライブ控えめに、、って節約してるのに
結果お金は飛んで行くという状況。
悲しいです。

さて。
そんな1.21は
ACIDMAN 20th Anniversary
Fans'Best Selection Album"Your Song"
リリース記念プレミアムワンマンライブ
@Zepp Tokyo
でしたー
IMG_3547.JPG

久々のACIDMAN。
なんでしょ、数年前からちょっと遠ざかり始めていて
でもやっぱライブ行くといいわ~ってなって帰ってくるのくり返しで
細々と行ければ行くみたいな感じになってきてはいます。

そして今年は結成20周年ってことで
昨年後半くらいから?いろいろ企画が発表されていますが
・・・てかさ、言わせてもらいますが
5年前にデビュー10周年ということで
(結成は15周年)割りと盛大にお祝いした訳ですよ。
すっごいベスト盤もリリースして。
しかもその時そこまで周年にこだわってないだとか言ってたのに
5年後にしてまた結成20周年のお祝いって。
正直、え?また??って思ってしまったのは
私が愛情が薄いせいですか??(笑)
周年盛大に祝うなら、基準は結成かビューか
どっちかにしてくれ、、って思いました・・(ll'ェ')
またいい具合に5年差があるってのがね。。

まぁ、結成はバンド自体お祝いしたい気分で
デビューはレコード会社がお祝いムードにしたいってこと
なんでしょうかね。分からんでもないけど。

っと。
悪態突きましたが・・(笑)

そう、その20周年を祝って
ファン投票によるベストアルバムをリリース。
そしてそれを記念したプレミアムライブを開催。
しかもこのライブはこの日限り!
チケット先行はもちろん、そのアルバム購入者で
さらに確かモバイル会員のみだったはず?

いやぁ、、もうベストアルバムいらねー、、って気分でしたけど
そのライブ行きたさに(やっぱ行きたいんじゃん 笑)
CD買いましたってば。
買ったきり、iTunesに落としてもないです。
そして、なんと!
チケット取れたーってだけじゃなく
この日の整理番号夢の2桁!!
いやぁ、、うれしー♪ヽ(´▽`)/
あはは。
遠ざかり始めてたとか言ってたくせに、、スミマセン。。

東京でやった2マンライブは
ビックリするくらいの悪い番号だったんで
報われた気分です。

Zeppで50番台って頑張れば最前行けそうな番号だったんですが
入場でもぎりで並んだ側のお姉さんがトロイ人で
そこでかなり抜かされ、、
さらに中入ってからまだ封鎖されてる方の入り口側に行ってしまい
タイムロス。。
ってことで残念ながら最前には潜り込めなかったんですが
大木さん前の2列目にて待機。
しかも周りの環境とってもよくって
すごく快適に見れました。
そうだった、ACIDMANのファンって
すっごいお行儀いい方ばかりだったってのを
思い出しました。

開場ちょい押しだったせいもあり
開演もちょい押し。
まだかまだかと思ってる時に
スーっと暗転して
静かにいつものSE。
実は暗転前に後ろから一気に押されて(扉閉められたのかな?)
既に押し押しな状態で待機してたので
あまり始まったーって感じがなかったのが残念です。。
あの急に暗転してワーってなる感じがいいのに。

あのSEは毎度気分高まりますね。
特にクラップハンズが始まった瞬間と
メンバー出てきてスタンバイの中
クラップハンズがビシっと終わる瞬間とか。

暗いステージ上、何から始まるかドキドキの中
鳴り始めたのは、、『今、透明か』
おぉ~いい!かなりグッとくる始まりでした。
照明は時折青っぽい光をいれながらも
ずっと暗いままで、、
いつになったら明るくなるんだ?って思ってた瞬間
最後の最後の辺りでグワッーっと明るくなって
それが曲調にバッチリ合っていてかなり感動的でした。
Zeppとか大きな会場って
照明の技術もすごいから、感動も倍増です。

「ACIDMAN 20th Anniversary
プレミアムライブへようこそ!」だったかな、、
「今日という日しかない、1日のライブ、最後まで楽しんでいきましょう」
みたいな↑これはほぼテキトー、、ことを発して
続いてはアッパーに『風、冴ゆる』

そこからドラムが鳴り続け、、『FREE STAR』へ。
この日はなんとなくですが
途切れなくドラムで続けて次の曲へっていうのが
多かった気がします。
この曲は最初の間奏で大木さんが向かって右端へ煽りに来て
次の間奏ではセンターに煽りに行くってのが
割りと定番で
この日ももちろんそうだったんですが
センターから戻ってきたときに
「ありがとう」ってなんか気持ちを噛みしめながら言ってたのが
すっごいグッときました。

ここで最初のMC(多分)。
「改めまして、ACIDMANです。
、、、パンパンですね。ありがとうございます!」
出てきたときからでしたが
フロアを見渡す時の目が
すっごく嬉しそうな感じだったので
きっとそっちから見る景色はすごいんだろうな~って
のが伝ってきてました。

「今年唯一のワンマンライブでね」って
え?そうなのー←知らなかった。。
「今年は20周年で昨年からずっと2マンライブをやっていて
今年もそのつもりでいたんですが
たまたまZeppが空いたって言うんで、じゃーやるかって。
そしたらチケット即日完売で、、
これだったら武道館とかでやった方がよかったんじゃないって
でも、、武道館はたまたま空いてなかったから、、、(笑)」

「今日はみんなの投票で決まったベストアルバム「Your Song」
リリース記念ライブなので、あの20曲全部やります!
さっきも言ったように、ライブをやるつもりなかったんで
気にしてなかったんだけど、
いざライブをやるとなってふたを開けてみたら
、、バラードが多かった。。
なので今日はバラード多めで、たっぷり、どっぷりと(笑)
だけど選んだのは自分たちだからな!」

って、、いや、確かにリリース記念プレミアムライブって言うんで
あのアルバムに収録されている曲を中心に
セトリ組まれるとは思ってましたが
まさか全曲やってくれるとは思ってなかったし
あと最初に書いたように買ったっきり、、、の状態だったので
何が入ってるかも把握してなくって
20曲もあったのかーって(笑)
ただ、、把握してなかった故に、何が来るのか分からない状態だったので
よりドキドキ感、ワクワク感があり楽しめた気がします。

にしても、、ホントにバラード多めで
あれだけバラード多かったら
席有ホールとかでやった方がよかったんじゃ、、、なんて
思ったりもしました。
、、、ホントにたまたま空いてたから、なのかなー・・
それが東京でヨカッター。。

「じゃー最後までよろしくです」

『リピート』『式日』『migration 1064』
ここら辺はちょいちょい
やったりしててあまりレア感感じなかったんですが
続いての『静かなる嘘と調和』に『酸化空』
これは待ってましたーな感じ。
初めてなのかはこれまで聞いてきた曲について
あまり記憶が曖昧なので分からないんですが
多分、初めてライブで聞いたんだと思います。
大木さんの足元を操作しながら歌う姿を
ジーっと見てました。
サトマが結構それを見ながら
合わせるように弾いてるのも印象的でした。

「今のはまだインディーズの頃に出したアルバムの曲で、、」って
当時はメジャーに中指立てたけど
実際はすごくいい人たちで自由に今までやらせてくれて
レコード会社は移籍したことないんだけど
なんか名前がコロコロ変わってるって話。
そうか、、EMIは今はユニバーサルに吸収されたんだって
ちょっとビックリって言うか。

そしてその『酸化空』の歌詞にもある
生物が海から陸地へ上がり
そこで生きていこうと決めたって
そういうことを歌った歌みたいな説明から
次の『stay on land』へ。

今回ファン投票で選ばれた曲を
ライブのセットリストとして
上手く流れを作って曲順決めてて
1曲目のワーってなる感じとか
中盤のじっくり聞かせる感じとか
そして今みたいに曲の繋がりを感じさせてくれるところとか
これからやってくる終盤、アッパーから壮大なスケール感へ盛り上がる感じとか
流石だなーって。
ちゃんと物語のように出来上がってて
でもそれはきっと曲全てにおいて
一つの共通した核みたいなものがあるから
そう感じるのかな、、って思ったりもして。
改めてACIDMANの曲のすごさを感じました。

『イコール』から『赤橙』への繋ぎも
今までない感じで新鮮でした。

そして『アルケミスト』への流れもよかったなー
この曲がもともと好きってのもありますが
なんかほんわかした気分になれました。
ただこの曲の間奏部分
多分ループを使って演奏する箇所の機材がうまく作動しなかったのか
何度か大木さんが袖にいるローディさんに合図を送っていたのが
ちょっと気になりました。

ここでいっちゃんMCコーナー。
そう、ここまですべてMC大木さんで
あれ?今日はいっちゃん喋りなしなのかな?って
思ったりもしてたんですが(笑)
ちゃんとありました。

が、、これがかなりグダグダで
いきなり出だしから噛み噛み。
プレミアムライブを言えなかったんだっけか。
そしてファン投票で選ばれた曲
皆さんの投票した曲は入ってましたか?って
これが思ったほどいなかったことにビックリしてて
「まぁ、、100曲以上ありますからね、、
あれ?もしかして投票してない人が多い?」って聞くも
それもあまり手上がってなくて
「あれれれ、、、」って困惑気味?!(笑)

ここで、モバイル会員は3票投票できたんですよ!って
ツッコミが大木さんから入り
なんとモバイルサイトの宣伝へゞ(≧ε≦o)
会場来るまでの車のなかでレクチャーされてたようです。
なかなか上手くやっていたと思うんですが
「金額は最後に言うって話だったのに
最初っから言っちゃったね」ってダメ出し。

でもって何か言おうとするんですが
「いやぁ、、楽しいですねぇ」って何もない感じで
その間、何度か大木さんがマイク前に立つも
何も言いださなくての繰り返し。
そしたらいっちゃん「マイク前に(大木さんが)立つと
何か喋るのかと思っちゃうから・・
喋らないなら立たないでくれますか」って。
大木さん「あー、、スイマセンねぇ」って感じで後ろへ。
いっちゃん「あー、、、(社長に?)大きな口叩いちゃったなー」って。

で、大木さんがサトマに振ったんだっけ。
サトマが何かいっちゃんに言うと
「あれ?ずっといた?」
サトマ「いるよ、最初から」
いっちゃん「影薄いから全然気付かなったわ」に対し
サトマ、急に手を上げて「居るよーっ!」って。
突然のそのリアクションに
ビックリしちゃいました。
サトマ、そんなことするんだって(笑)
いやぁ、、、サトマファンはキュンキュンだったでしょうね(*´艸`)

そしたらいっちゃんが
「20年経ってサトマもやっとみんなの前で
そういう話できるようになったんだ」ってちょい上から発言。
「昔はカッコつけたいから話さないって
あと、カッコつけてる時はたいてい鼻ちょんちょんやってるよねー」
サトマ、確かに、鼻いじりならが
「よく見てるなー(笑)」っとボソボソ(笑)
いやぁ、、この辺りのトーク
なかなかレアでよかったです。

大木さん「カッコつけたいからクックバッドの株買ったの?」っと
いきなりの暴露話!
「昔はサトマ、大木、金じゃないんだよ。
CDやチケットはファンのみんながバイトして買ってくれたものなんだからって
言ってたくせに、株やってるって
お前が一番金金じゃねーかよって(笑)」
あとSBの株も持ってるとか、、、ってこともボソボソと。

苦笑いのサトマでしたが
最後に「、、それ言うかな~」って。
大木さん「俺に任せとけ、絶対に誰も言わないから」って
いや、株の話はモンスターロックで既に暴露されてたんで
知ってましたが
何処の銘柄か、、までは知らなかったんで
へぇーって感じでした(笑)

途中MCでいっちゃんが何度も
「さっき大木も言ってたけど、、」ってフレーズを使うもんで
大木さんが「俺の言ってたことパクるの止めろよな」って
インタビューでもよくパクってるそうで
そのいい訳だったか、、に
いっちゃんは今まで友達が少なく
自分の気持ちをうまく伝えることができないって。
※結構いろいろ交錯してて記憶曖昧ですが、、

でもその後、大木さんのトークで
「さっき一悟くんも言ってたけど」って言いだし
さらにまたいっちゃんも「さっき大木も言ってたけど、、
大木さん「さっき一悟くんも言ってたけど」って
無限ループ状態(笑)
結局は上手く笑い話に持って行く辺り最高です。

そして「こんなおかしな3人組ですが
これからもよろしくお願いします」
っと締め括ったところで次の曲の話。
いやぁ、、改めてバンドってやっぱ人と人の集まりなんだなって
この組み合わせだからこそここまでこれたっていうの
あるんだろうなーって。
それはACIDMANに限らずどのバンドにしても、、ですが
長く続いてるバンドにはそれなりの
言葉では語れない何かが存在してるんだと思いました。
なんかそういうの、いいですね。
特に男子はそういうの強いんじゃないかなって。

次の曲はアコギを持っていて
昔はアコースティックに魅力を感じていなかったけども
一度やってみてジャンルは関係ないって思えた
結局は気持ちを伝えたい、想いを伝えていってことで
人はいずれ誰しも死んでしまう
だからこそ今を大切に生きていくことで
この世界は変えられるって
それを気付かせてくれた曲が『季節の灯』だったそうです。
(なんかいろいろ記憶が薄っすらで端折ってしまってますが・・)
これまたへぇーって感じでした。
この日はいろいろへぇーって話が多かった気がします。

続いて『最期の景色』
雰囲気的にはこれでラストって感じでもいいくらいの
高揚した感じだったんですが
そこから『and world』へいったとき
あーこれで最後かーそうだよな~って。

私がACIDMANを知ったのはアルバム「green chord」からだったので
「and world」の曲はリアルタイムで聞いてなくて
でもこの曲はすごく長い曲でもあるし
アッパーな曲でもないし
この先ライブで聞くことはないんだろうなって
それが5年前のアンソロジーライブで念願叶って
聞くことが出来てたみたいなんですが
あまり記憶に残ってなく、、、(笑)
またこうして初めて聞くかのような気持ちで
ライブで聞けてうれしかったです。

いよいよラストだろうと思ったけど
曲終わってもまだ楽器降ろす風でもなく、、
語り始める大木さん。
いやぁ、、この日は久々に
長いなーってちょっと思ってしまった本編デシタ( ´_ゝ`)

「兄貴の影響でギターを手にした時
スゴイ武器を手にしたって思って。
そしてモテたいという気持ちでバントを始めて、、

去年までは20年って長いなーって思ってたけど、
今年に入ってからはたった20年?
宇宙は138億年ですよ。 引くわー!って。
でも今は宇宙だってたった138億年じゃん? 引くわー!って(笑)」

「バラードが多いのは
星が好きで、、
星見ながらじゃパンクは流れてこないでしょう?(笑)」
って言ってて
星空を見ながら曲を作ってるんでしょうかね。
The Birthdayの曲にも星って歌詞が結構出てきてて
確かにそういう曲はキュンとする曲が多いなーって思ったりして。

「信じられないと思うけど
この宇宙のは
砂を全部かき集めたくらいの星があるって
そんな星を見ながらよもよもしてます」

って、笑いも取りながら話してたのに
「ここまでやって来れたのは
本当に皆さんの存在です」って
そういった後に後ろ向いてちょっと顔を押さえて涙こらえる仕草。
その前から何度か、あれ?泣いてる?って感じの時
あった気はしましたが・・

あと、まぁ、大木さんに限らず
色んな方々がファンに対してお礼を言うことって
あると思うんですが
大木さんって、もう随分前から
ファンのみんながライブでワーって歓声を上げてくれる
それを聞くたびにホッとして
お客さんがいるからここまでやって来れてるみたいなことを
言い続けてる人で
だからこそ、ラジオとかライブとかの出待ちの対応が
ビックリするほど素晴らしくて
そういう人だからこそ
なんて言うかその一言を信じることができるっていうか。
その後の涙が余計グッとくるというか。

「まだまだこの先もやりたいと思ってる事
たくさんあるんで、これからもずっと
よろしくお願いします!」
いや、ホントに、私が好きになってるバンドは
みんな辞めない宣言してくれてうれしい限りです。
マジで頼みますわ、、って感じです。

「Zepp東京!まだまだいけるかー」
からの『ある証明』
あのイントロ鳴るとグワーってテンション上がりますね。
しかもここまで結構大人しく見てましたし(笑)

 雨曝しの水芭蕉が 伝えていたのは一つの証明
ってとこでここ最近はずっと"一つ"って手を上げるようになってきてて
それがフロアもみんなそうしてて(最初はフロアだった気もする)
それがまた一体感があっていいです。
さらに言うと、、
その後の

 その花は確かに此処に在った
って時に大木さんが"ここ"って指差してのもよかったし

 手を伸ばした
ってとこでもうみんなが手を広げて上げてたのも
素晴らしかったです。

そして、長い間奏の前
大木さんが「叫ぶぞー」って言って
イェーーーーイッ!!って雄たけび上げてるのを
一緒になってやってたら
その辺りでサトマのキャップがブーンしていたようで
もしや、ここで飛ばすために
ずっとそれまで押さえて押さえて落とさないようにしてたのか?って
思ってしまうほどのグッとタイミングな落下だったように
思いました(実際見てないから分からないんですが、、笑)

そうそう、雄叫びで思い出しましたが
大木さん頭の雄たけび前にoioiやってるのを
マイクから外れて煽りに来たんですが
その雄たけび言わないといけないのに気付いたのか
慌てて戻ってる感じのところがあって可笑しかったです(´m`)

いやぁ、、上がりましたー
そんな最高潮の雰囲気のところへなんと!
「培養スマッシュゴー!!」だっけ?
タイトルコールあって『培養スマッシュパーティー』へ
キタ―っ!!
しかも、私全く持って気づかなかったんですが
この曲で銀テープ舞ったとか。
帰りにフロアに落ちてるのを見て
あれ?銀テープなんて舞ってたの??って知ったくらいですから。
ちょっと残念。。
映像で見たいっす・・(´;ω;`)

まぁ、、この曲は(これはしっかり覚えてる)
例のアンソロジーライブで
まさに念願叶って(ずっとやって欲しいってアンケートに書き続けてた)
初聞きできちゃってたんで
その時ほどの感動~は流石になかったんですが
20曲に入ってるとは把握してなかったんで
おぉ~って驚きもあってうれしいかったです。
この曲はもっと頻繁にライブでやって欲しい1曲です。

ちょっと一息ついて
『OVER』
そろそろ終盤ですかね。
ある証明前のMCで涙ぐんでたんで
ここでは大丈夫と全く心配してませんでしたが
大木さん、この曲が入ってるアルバムツアーの初日でしたか
で、泣いて歌えなかったときのことを
この曲聞くとどうしても思いだしてしまいます。
その辺りですかね、、、大木さんも涙もろくなったなーって
思うようになったのは(笑)

で、全く以て予想してなかったのが
なんと!サビのところでストリングスがバックに登場!!
自分含め、周りみんな
えぇーってちょっと声上げてたくらい。
スゴイ!!
まさにプレミアムでした。

そしてそのままストリングス参加で
『世界が終わる夜』
こちらは私が思わず初めてMVを見て
ほろりと泣いてしまった1曲。
正直この辺りが一番私的ACIDMAN熱冷めてきてた頃で
いや、、まだまだ離れられないかもなって
気持ちになった1曲でもあります。

あ、、今思い出しましたが
昔から聞いてくれてる人
最近好きになってくれた人
そして実は今はあまり好きじゃない人もいると思いますがって
MCで話してて
あーいろんなことをこの人は見透かしてるんだなって
思ったり。

「次で最後の曲です」って言うと
少しだけフロアから「えー」って声。
大木さん「いや、流石にこれでえーはないだろう」って。
あはは。確かに。。(´~`)

最後はもちろん、ファン投票で1位になった曲。
「愛の歌、星空の歌、僕達みんなの歌」って紹介から
『ALMA』
いや、ホント、名曲です。

「ありがとう!」
全てを出し切ったそんな表情で帰って行くメンバー
ホントに素晴らしいライブでした。

続いてアンコール。
メンバーそれぞれグッズのTシャツに着替えて登場。
大木さんがこのプレミアムライブ限定の黒T
いっちゃんがフォト
サトマがなんだっけ、、ちょっと派手な奴(笑)
サトマは本編でもグッズのTシャツだったっけ?

「長丁場、狭い中本当にどうもありがとう。
あの、、、焼肉でカルビ思いっ切り食って帰った後に
家に帰ってまでもまた、カルビ焼は食いたくないでしょ?
、、、次もまたカルビなんだよねー」って
こういうことをサラッと言えちゃう感じ
いいですね~

もうアルバムの曲は20曲やり切ってるんだけど
さらに今度リリースする新曲をやってくれるとのこと。
そんな話をしてる途中
確かに、照明明るいなーって思ってたら
大木さん「ちょっと明るいな、、目がシャバダバしちゃう」って。
よもよもとかシャバダバとか
なんか流行ってるんですか??(・ε・`*) ...

その新曲は大好きだったお婆ちゃんが亡くなったことで
書いた曲らしく
正確に言うと意思疎通が出来なくなって
もう自分だって分かってもらえないんだなーって
分かった時の気持ちらしいんですが
自分の大切な人が亡くなって
もし死後の世界があるとしたら
「幸せだった?」って聞いてみたいって
そして「幸せだった」言ってもらいたい。

最近は歳のせいでかなり涙腺がもろく
(、、、って言っててあー分かってたってちょっとニヤリとしました 笑)
昔は男は泣かない方がカッコいいって
いや、それは今でも思ってるけど
この曲は泣かないで歌いたい。
それはみんなに泣いてもらいたいからって。

っと、まとめた辺りで
ストリングス隊が再び入ってきて、、曲へ行くかと思ってたら
サトマが急にひょこひょこ大木さんの元へ寄ってきて
手を振って何やら合図。

そこで「あのーこの曲は
初めて、小林武史さんにプロデュースしてもらった曲で、、」って。
もしや、その話をし忘れてたんでしょうか?
こういう流れ珍しくてちょっと驚きました。
小林武史さんはテレビで見るパブリックイメージとは全く違う
とっても素晴らしい人って語ってましたが
確かに、え?小林武史プロデュース?!って
かなりビックリしたのは事実です。。

曲は、うーん、、まだ何とも感想言い難いですかね・・
私個人としては愛だの何だのって感じがもろ全面に出てきてる曲は
あまり好みではないもんで。。
GLAYから離れて行ったのも
結局はそういう方向へ進んで行った辺りがきっかけだったし。
だからACIDMANもそういう方向へ行っちゃうのかなーって
ちょっとここ最近感じたりもして寂しい気持ちにもなってきてるのも
否めないです。

さらにもう1曲!やってもいいですかって
『最後の星』
いや、ホントにカルビカルビ、さらにカルビでした(笑)
でもって"さいご"シリーズ多過ぎて、、、
あれ?これまた別の曲だったかって
スミマセン。。やっぱり私、把握し切れてなかったようです。

曲紹介の時にMVの話もあり
「アー写が遠くなってるって話題になってるけど(笑)←知ってたゞ(≧ε≦o)
あそこに行ったらね、ああなるって。
景色を全部収めたいって、、
そっちも見てもらえたら嬉しいです」と。

そして本当にラスト!
「最後はアルバムタイトルにもなってるのに
20位の選曲に入らなかった曲!」
『Your Song』
これはもちろん、やりますよねー
てか、そうか、、20位以内入らなかったのか、、意外。

この日の『Your Song』は
いろんな想いが感じられて
グッときました。

いやぁ、、、、長かったー(笑)
3時間くらいですか。
でもいいライブでした。
ホントにプレミアム。
映像撮ってたから、、何かで映像化されるかしら?
てかMC含め、もう1回見てみたいです。

そうそう。
大木さんは前からかどうかは不明ですが
イヤモニガッツリしてて
あとサトマもイヤモニするんだーって
ちょっと驚いて。
しかもその機材が入ってるのかなーってミニポーチを
後ろのウエストに付けてて
あとぴょーんってキャップから
コードみたいなのがはみ出たりして
なんかイロイロかわいかったです(笑)

そして最後の『Your Song』ラストの方で
なんとなーく目が合って
ニカーって笑ってくれてたような気が勝手にして
うれしかったです♪


<セットリスト>
 01.今、透明か
 02.風、冴ゆる
 03.FREE STAR
 04.リピート
 05.式日
 06.migration 1064
 07.静かなる嘘と調和
 08.酸化空
 09.stay on land
 10.イコール
 11.赤橙
 12.アルケミスト
 13.季節の灯
 14.最期の景色
 15.and world
 16.ある証明
 17.培養スマッシュパーティー
 18.OVER
 19.世界が終わる夜
 20.ALMA

 EN.
  愛を両手に(新曲)
  最後の星
  Your Song


レッツ・ブーズ・イット レッツ・ブーズ・イット 飲み明かそう [音楽]

早くも来週半ばくらいに
3月の春休み期間以降から10月だっけまでの
航空券早割(特割)チケット販売だそうで。
ってことはですよ
夏のRSRどうする?って考えないといけないってことで。
えぇーーっ。。。
まだアラバキですら交通手段やらいつから行くかとかやら
決まってないってのに。。
世の中先走り過ぎですってば(´+ω+`)
お得に行きたいけど
さすがに半年以上先のことを
既に決めるってのは、、、キツイなぁ・・

さて。
そんな1.15は
New Year Happy Time !! 代々木1丁目酒場
@Zher the ZOO YOYOGI
出演:武藤昭平withウエノコウジ/ひとりTOMOVSKY
でしたー
IMG_3544.JPG

最近、やけにザーザズーに行ってる気がする。。
でもってこの先も行く予定あるし。

今年第3シーズンに突入した
武藤ウエノのツアー
もう2017年入ってすでに4本目のライブだそうで
すごーい!
東京はワンマンではなく
ザーザズーの企画もの2マン。

日曜日ですがお休みの日だし
お相手トモフってので
張り切って行ってきましたー
IMG_3545.JPG
って、、トモフは言うほどライブ行ったことないんですが・・。
しかもひとりトモフ。

てっきり椅子有かと思ってたら
スタンディングで
ちょっと焦りました。。
すっごいいい番号だったんで
最前余裕~だったんですが
あま前過ぎるのもな、、って遠慮してたら
ちょっと見えにくい位置になってしまって
ちょい後悔。

先攻はトモフから。
2分前くらいにステージに上がって
準備して
いつものごとく、携帯で時間チェック!して
きっかしにライブスタート。

この日はそれぞれ1時間持ち時間だったようで
おかげでたっぷり楽しめました。

代々木はいつも寒々しいなかやってるからって
(確かに、結構空調効いてて
 フロアも場所によっては寒いんですよね・・)
物販のSHAAAA!!!パーカーとやらを着ていたトモフ。
でもやってるうちに暑くなってきたようで
「脱ぐ!」って。
そしたら中のTシャツもそのパーカーと同じイラストの
SHAAAA!!!Tシャツで
「SHAAAA!!!オンSHAAAA!!!」って得意げ(笑)

オモシロかったのが
その着てたやつ実は物販用の見本だったみたいで
ステージ上から「返しといて」ってお客さんに(笑)
(フロアの後ろが物販コーナーだったので)

さらに「これはSサイズだよ。
でもSサイズは売れないからもう作らないことにしたから
作ってない~なのでこの世に1つしかないSサイズ!
最近の女子はオーバーサイズで着るのがいいんでしょ
なんだよ、オーバーサイズって。
、、、でも分かるよ、女の子はおっぱいあるから
ちょっと大きめの方がいいんだよね。」

って言った傍から
「なんだよ、貧乳の方がいいんだぞ。
男か女か分からないくらいの方がモテんだよ!
、、、、ウソです」
って相変わらずのトモフ節。

いや、でも、そのパーカー
かわいかったんで
買おうかな~って思ったんですが
ライブ後物販にトモフも
あと武藤ウエノコーナーにはお2人もいて
すごい混雑してたんで
止めました。。

あ、パーカーは4000円だそうです。
物販のパーカー系にしては
なかなかお手頃?!相場かなぁ??

曲は、、、カウントダウンでもやってた曲
多めだったかな~
真夏もやってたし脳もやってたし。

そしてひとりトモフ
ギター弾きつつバスドラドンドンだけじゃなく
なんと!カラオケが!!
ホントにカラオケで
ちゃんとコーラスまで入ってました。
ハンドマイクで歌えちゃうからって
ステージから降りてフロア練り歩き(笑)
お客さんとハイタッチとかしちゃって
自由過ぎる。

続いては「新曲断片」って
ホントに次の新曲になるであろう
断片部分をチラッとやってくれるコーナー。
ただ、、カンペ用のメモを楽屋に置いて来ちゃったみたいで
一つやった後
うーん、、、って思い出せない感じ。
「楽屋に行ったらメモあるんだけど。。
あそこはほら、狂犬が2匹いるからさ、、、」ってゞ(≧ε≦o)

そうそう、重大告知!って
3/1のコレクターズ武道館
6/9のTheピーズ武道館って
ちゃんと宣伝もしてあげつつ
なんと!ってバンドトモフもワンマンが!!
5/27 @渋谷O-WEST!!

めっちゃピーズ武道館前の日程。。
「これ嫌がらせのように入れたわけじゃなくて
こっちの方がもう1年くらい前から決まってたんだよ。
そしたらピーズの武道館入っちゃってさ
どーすんのーって。
まぁ、ハルの壮行会みたいになるんじゃないかな。
みんなで応援しに来て。
きっとハル、真っ青だよ
、、、、って、いや、そんなことはないと思うけど
きっと面倒くさいと思ってるだろうなって」
ハルさんがトモフのこと話すのもなんかいいなーって思うんですが
トモフがハルさんのこと話すのも
やっぱ、なんかいいですね。
双子の不思議な関係、、っていうのを
なんか感じちゃいます。

ハルさんは一世一代の大博打!って言ってるようですが
「でもそんなこと言って
やっちゃえば、よしまた来月ろうとか
もう明日でもまたやれるとかって
言い出しそうだけどね」って。

新曲断片は思い出せなかったようで
「やっぱ取りに行ってくるわ。
もしかしたら(狂犬)留守かもしれないしね」って。
で、戻ってきたら
「イテテテテ、、、腕噛まれたー」なんて(笑)
いやぁ、、トモフかわい過ぎます。

最初にやった新曲断片「夕べサボった罰」
そしてカンペ見てやったのは
・・なんだったっけ。。
なんかすごい楽しいタイトルだったような記憶があるんですが
、、、思い出せない(´;ω;`)

で、せっかくだからって
その狂犬と一緒にセッションやるって。
「ウエノくんは背高いけど年下なんだよ」って。
そう、確かに年齢知ってるから
トモフの方が年上って分かってはいましたが
いやぁ、、見えないー
3つも年上なんて。(正確には2つ半くらいか)

さらに「あいつらただ飲んで適当にやってるのかと思ったら
すっごい練習してくれてさ。
もういいよって言いたくなるくらい。
さっきもyoutubeとかで音源聞いて練習してくれて」
そんな風に紹介された武藤ウエノ。
武藤さんはあまり面識ないようで
ほとんど会話してなかったんですが
ウエノさん
「トモさん、当日曲言ってくる割りに
すっごい難しいんですけど。。」って。

なんでも「コードこの辺押さえて、テンポこれくらいね」って
そんな教え方だったんだとか。

「自由でいいですね。
さっきカラオケやってませんでした?」って聞くと
「自由じゃない!あれは全て計算され尽くしてるんだよ。
お客さんの位置とか全部頭に入っていて
歩く場所とかお客さんとのハイタッチの角度も
1ミリ単位で決まってるの。
だから俺、誰ともぶつかってないから」
なんて言ってましたけど。。
結構フロアに置いてある小さいテーブルに
激突しそうになってたけどね・・( ̄▽ ̄;)

ってことで、セッションは
やはりこの曲!『我に返るスキマ埋めろ』
武藤さんのドラムにウエノさんのベース
いやぁ、、すっごいよかったー
「人気出ちゃうよ、俺達」って。
ぜひぜひ、まだどこかでやって欲しいです~

「もう俺的にはこれで終わりでもいいと思うんだけど」って。
でもまだ残り時間20分くらい?あるようで
あとは惰性で、、、って。

セッションの後に一人弾き語りだと
薄っぺらいからって
必殺技!またまたセッション!って
何かと思ったら
30歳?の頃の自分と時空を超えてのセッションって
ドラム叩いてる映像に合わせて
弾語りするってやつ。
スゴイ!!
かなりキメの箇所とかもあったんですが
バッチリ合っててなかなかオモシロかったです。

最後は早めに終わるのが粋ってもんだよなんて言いつつ
思い付きで童謡とか弾き語ってたら
楽しくなっちゃって次から次へ。
ハタと気づいて携帯見たら
「過ぎてたーっ!!」
さっさと終了~
いやぁ、、トモフ、最高にオモシロかったです。

そうだ、7時のカウントダウンとかもやったんですが
これまた過ぎちゃってて
でもどうしてもやりたかったみたいで
いいか、、ってちょい過ぎでやったりして。

でもウエノさんが自由でいいですよねって言ってた時に
「俺だって誰かに道を決めて欲しいよ。
自由だとその代り自分で何でも決めない行けないから
結構大変なんだよ」ってボソって言ってて
それは確かに、、って思っちゃいました。
誰かの敷いたレールの上を走ってる方が楽だって。

続いて武藤ウエノ。
転換15分くらいでサクサクっと登場。

こちらは出てきてまずはトーク(笑)
実は前日も昼の部のワンマンをやっていて
3時間30分やったって。
ただ、今回は対バンだし
トモフは先輩で待たせる訳には行かないから
時間厳守でいきますよと。

でも2曲やっては喋り、、みたいな感じで
1時間で5曲くらいで終わりそう、、とかって
冗談にならないくらいトーク弾んでました。

まずは武藤さんの飲みの話。
ウエノさんは飲んだ次の日はたいてい調子悪いそうで
「今も調子悪いもん」って。
確かに、、この日はあまりお酒進んでなかったです(笑)
武藤さんはすぐに復活するそうで
打上げ最後までいて、さらに家の近所で
仕上げて、もうすぐ次の日から飲めるって。

この流れで言ってた話じゃなかったと思うんですが
武藤さんとウエノさん
家が近所で結構な頻度で
プライベートでも飲んでるそうで
打上げでも一緒に飲んで
どんだけ仲いいんだって感じですよねって。

で、武藤さん行きつけのお店の前を
とある日、ウエノさん家族が通った時
「まさかいないよね、、」って小窓覗いて見たら
ちょうど武藤さんだけ見えて
まだ夜の7時なのに既に夜中の1時くらいの酔いっぷりのジェスチャー
(すごい身振り手振りだそう)で誰かに熱く語ってる姿が見えて
大爆笑したって。
「子供にパパの武藤さんのモノマネは嘘じゃなかったんだねって
言われましたから」って。
いやぁ、、最高っす。

そしてさっきのトモフとのセッションの話
一緒に何かやりましょうって
でも当日まで曲は知らされず、、
そして言われたのオリジナルで
でもそういう場合、普通は3コード位なのに
難しいコードで「押さえてるのここら辺ね」って言われるけど
「トモさんのチューニングちょっと変わってるから
普通に手元見ても思ってるコードじゃなかったりするんですよ・・」って。

だけどウエノさんにとってはトモフもハルさんも
ロックスター的存在だって。
そして未だ、下北臭が消えない。(それがいいって)
「昔、スッゴイ酔っぱらったハルさんがさ
自転車の前輪と後輪の間にスポって挟まって寝てて
そんなとこで寝ちゃダメですよーって言ったら
ハルさん、でもこんな俺を見たいんだろ?って
言われた」って。

でもハルさんはもう随分前にお酒を飲まなくなって
さらには最近は武道館をひかえてか
「前に会ったら、なんか最近走ってるとかって言ってたよ」って
えぇーってどよめくフロアに
「そんなこと言っちゃダメだなのかな・・
でも早く肩の荷を、、じゃないけどさ
楽にしてあげたい
終わったら、、また(飲んでた頃の生活に)戻ってきてくれるかな」

ちなみに、、スカパラの谷中さんも
最近お酒を止めたとか。
「もう一生分飲んだ」って。

ロックスター的存在の中には
ピロウズのシンちゃんの話も出てきたんですが
「シンちゃんだけおじいちゃんになっちゃったけどね、、
もしこの見た目でダメって言われるなら
バンド界初の定年退職だって言ってたよ」って。

っと、、、曲について全然書いてないんですが・・・(笑)
思い出せるのトークばっかで。。
あ、「ワーチングマチルダ」では
恒例のラララ~を歌うところ
「今日のお客さん、みんなすっごいよかった。
でも一つだけ、、、楽屋のトモさんの口がラじゃなかったから、、
もう1回!!」って
そこでトモフが楽屋から登場し
なんと!ドラムで参加!!

ちょい残念だったのが
ウエノさんに隠れて
トモフの叩く姿、全く見えなかったっすんよね(;´д`)
ウエノさんが何度も
ドラム上手いよね~って褒めまくってました。

その後も決めてなかった感じですが
トモフそのまま居続けて
ドラムで参加してました。
ホント、即興に強いですよね~

最後の曲がサルーだったかな。
スペイン語で乾杯を意味する言葉。
ウエノさんが「スペイン人って誰がいる?」って
武藤さんに聞くと「ガウディとか?」って
え?
そんな感じでいいの??って
結局武藤さん、ダリとかピカソって
歴史上の人しか知らなかったというオチ(笑)

あと、、、何の曲だっけか。
あのウエノさんが「1234」って
カウントするヤツ。
あれでちょっとブームになってたという
渋谷系の「1234」も特別やってくれたんですが
これがもう最高に可笑しくて。
いわゆる、渋谷系、オシャレ~な雰囲気で
ロックバンドとは対照的な感じ?
「腹から声出せや!」ってね、、って。
まさにそんな感じの「1234」でした(≧▽≦)

からの、、、カジくんの話。
短パンと言えばカジくん。
そこからウエノさん、夏は短パン履くけど
さすがにカジくん丈(膝上)は厳しいって。
やっぱバミューダとかがいいって
もうそのバミューダって名称出てくるところ
でもって、それ分かる自分も含め
昭和だよね~。。。(笑)あはは。

アンコールは再びトモフも参加で
なんと!『君といつまでも』
例の台詞はトモフ、ウエノさん、武藤さんで3回し。
それぞれがカッコよく!?それぞれらしく語ってました。

本当はこの後は武藤ウエノだけでやる予定みたいですが
トモフが「俺でもできる簡単なヤツ?」って
急遽参加で洋楽カバー
クラッシュの『I Fought the Law』
楽しかったー

ウエノさん、来年もまたここでトモフと一緒に
新年会やりたいですねって。
ぜひぜひ、恒例にして欲しいー
でも、、、席有がいいなー・・


備忘録メモ♪
「いいよね、大木兄弟」っていうウエノさんに
トモフ「入れてあげようか?大木ウエノコウジ」

ウエノさん曰く、今年はやけに武藤さんの笑顔がいいって。
でも相変わらずブロンズ像みたいな顔色だけど。。

首から楽器(ブルースハープとかね)を下げるやつ
ウエノさんは"長淵"って呼んでるらしい(笑)
それを大阪で忘れてきて、、
仕方ないから買うか、、って探しても
最近の楽器屋にはおいてないのか売ってない。
さて困った、、って思ったらお客さんから差し入れされたとか。
この日晴れてそれを使う曲出来ますよ、、って
何の曲だったっけ。

寒いの苦手なウエノさん
「あと2か月ほどしたら俺たちのもん
耐え忍びましょう」


目を閉じていたってすべてが見えた風をかき分けてJust,runners high! [the pillows]

今月、なんでか分からないけど
やけに忙しくって。
深夜残業3日もやっちゃったってば。
平日の終電ギリギリも久々に体験したし。
混んでるし遅れるし、、終電ギリギリまで働くのはよくないな。
メモメモ(笑)

で。
そんな1.13は
KOENJI HIGH 9th Anniversary
@高円寺HIGH
the pillows <FC限定>
IMG_3543.JPG

もう9周年なんですね。
何回か行けなかった年もあったと思うんですが
でもまずまずな当選率で今年も参加できました。

ただ、、いつもこのチケット
自力で取れるのは喜ばないといけないんですが
毎度番号悪くって(最初の頃はかなりよかった遠い記憶。。)
この日も200番台で
ま、どうせ仕事でギリギリになるかもしれないから、、って
思ってたら
やっぱりギリギリで
しかも開演間に合わないんじゃ?!ってくらいで
かなり焦りましたが
なんとか。

駅のロッカーチェックはしてなかったけど
会場のロッカー
1つくらい空いてるかな、、って思ってたんですが
甘かったね。
こちらもちゃんと荷物まとめる用意はしてたんで
問題なかったんですが
その貴重品が入ってない大きめな荷物を
どっかに置いといて、、って
置く場所すらなかったのは予想外で
ずっと足元に置きながらの参加でした。
周りの皆さん、ご迷惑おかけしてたら謝ります。。

だけど始まって前の奥にすすんだおかげで
視界はそこそこよく
思った以上に快適に見れました。
高円寺HIGH、ステージ高いのがうれしい♪
ドリンクはものすごーく遅いけど。。(ll'ェ')

着いてすぐ始まった感じで
さらに先にも書いてましたが
荷物のこととかでオロオロしてて
頭はなんかあまりライブに集中できなかったけど、、
今思うと、初っ端から
『Ready Steady Go!』始まりって
なんかすごい!

「久しぶりじゃないか!」って
最初のMCで
いっぱい歓声が来ると
「なんだ、なんだ、急に人気でた!」ってうれしそう。
ここまで来るのに長かったけど
やっと人気出てきたって。

さらにFCの人たちばかりのライブってことで
「こんなオッサン達のことが好きで好きでたまらない
人たちばかりなんだろ?」って
やっぱりうれしそう。
「じゃー最後まで仲良く、よろしくね!」

高円寺HIGH9周年を祝って
『Another Morning』
弾語りから始まるVer.はグッときますね。

久々な感じの『インスタントミュージック』が
うれしかったです。

そして『Winning Come Back!』の中にある
 Busters しゃがんだって
って歌詞のところ
"Busters"をすっごく力入れて
ウンって頷きながら歌ってた感じがして
うれしかったです。

「おめでとうと言えば、、、シンちゃん
6/9は何の日ですか」って。
シンちゃん「6/9は、、、ロックの日!」って
ベタな解答(笑)
すぐに「いえ、あのーなんか開場中のBGMでも
ずっとかけてくれてたみたいですが、、ピーズ武道館よろしくお願いします!」
だったっけな。

カウントダウンの時も言ってましたが
旬じゃないそれぞれのバンド両方共で
武道館やるってすごいよなーって。
「でも楽しみだな!」って。

そして次の曲行こうとして
Peeちゃんの方見たら
当のPeeちゃん、背中向けてて
で、視線に気づいたのか
ハッと気付いて振り返り、どうぞって素振りしたんだけど
「いやいや、次の曲始めお前からだろ!」って。
この時のPeeちゃん
涼しい顔しながらちょっと慌てた感じで
照れ笑いしててかわいかったです(笑)

ってことで『王様になれ』
確かにPeeちゃんギターバリバリな曲でしたゞ(≧ε≦o)

からの『LAST DINOSAUR』が
なんかよかったです。

全体的に、、MCは少な目だったんですかね。。
どっかでボソリと
「今日のセットリストはいいだろ」って
ニヤリと。
超久しぶり!なレア曲はなかったですが
アッパーな曲を中心に
見事に人気な曲を連続って感じでした。

さらに!
「まだ一度もやったことのない新曲を!」って
『どこにもない世界』
こちらはわりとミディアムなテンポの曲でした。

そして『Fool on the planet』
この流れが最高によくって
グッときながら聞いてました。

続く『TRIP DANCER』
この曲を聞くたびに
まだライブに行き始めの頃
曲のタイトルが分からなくって
この曲の歌詞の一部を覚えて帰って
歌詞カード見ながらどの曲だ?って
探してたのを思い出します。
懐かしいよ。

「Fool on the planet終わったし
もう飲んでいっか?」って
最近、本編から飲みだすようになってきてる・・(笑)
さわおさんはビールじゃなくって
シンちゃんが持って来てた?ハイボール。
Peeちゃんはクラシックでお願いしますって
サッポロクラシックビール!
いいなー

皆さん乾杯~ってやったときに
「お疲れ~」って言っちゃって
「お疲れーじゃねーよ!」って。

ここでメンバー紹介。
まずは有江さん。
カウントダウン後、Queに行ってからそのまま?
実家の福岡に帰ったそうですが
毎年流れで引いてるおみくじ
これまで数年、毎年大吉だったのに←スゴイ!
今年は大吉じゃなかったって
「気にしているつもりはなかったんですが、、、」って言いつつ
大吉じゃなかったことにショックを隠し切れないようで
「相当気にしてたみたいです」って。

おみくじは諸説ありますが
悪いのを引いてしまった場合
神のご加護を願うということで木に巻いて帰ると言われてる事から
しっかり木に巻いてきたそうです。

続いてシンちゃん。
ここ、高円寺HIGHの2階にはVIPルームってところがあるって話
そのVIPルームの発音がオモシロくって
さわおさんにも「"ップ"がデカいな(笑)」って
ツッコまれるほどゞ(≧ε≦o)

で、普段そんなVIPルームみたいな所に入れることもないので
いつもここに来たときは行ってるそうで
「でも9年も経てば、、ソファとかもボロボロになってきて、、
全くVIP感がありません」って。
でも誰もいなかったので「横になってVIPにくつろいできました」
だったかな、、噛み噛みになってて
さわおさん「(内容よりも)言えてないのが気になる、、」って。
そしたらシンちゃん「40、50(ごんじゅ)みたいにね」
さわお「50をこんじゅって言うな!」
シンちゃん「みなさんのピロウズファン歴も9周年くらいですか」
さわお「もはやどうツッコんでいいかも分からん、、」
確かに、、最後の方は私もよく分からなかった・・。

最後はPeeちゃん。
「今年もどうぞよろしく。
今年のピロウズはとてもいいですよ」って。
そして「そんなピロウズにいる私ですが
新年早々、やらかしてしまいまして。。」
なんでもライブ前にお金をおろそうとしたところ
カードがエラーになってしまい
「でも私クラスですとカード何枚も持ってますから
別のカードを入れてみたところ
これもダメで、、、」
結局どのカードも使えなかったらしく
どうしたもんか、、と。

窓口の方に見てもらったら
「高圧な磁気に当てませんでしたか?」って
で。はたと気づいたのは
「そうでした、私、財布をアンプの上に置いてたんでした」って。
なんでもアンプは磁気を発してる?ので
そういったものを上に置いたらダメなんだそうです。
へぇ・・

「もう、お金おろせなかったら
どうしようか、、って。
山中に迎えに来てって言わないと行けないかと思いました」って。
Peeちゃん、かわいい(笑)
でもそんなさわおさん
「俺はカードを保護するために
アルミホイルに巻いて財布に入れてる人間だからな!」って言ってて
えぇー?!って
サラッと流してましたが
絶対フロア中の人、え?カード類をアルミホイルでまいてる?って
思ってたはずゞ(≧ε≦o)

最後に「今年のピロウズは
最高にカッコいいアルバムとツアーを約束します」
みたいなことを言って〆。

それを受けて、、さわおさん
「これからも俺たちから逃れられないだろう?」って
『モールタウン プリズナー』
歌詞を聞いてて、そういうことかーって。
なんか嬉しくなりました。
 慌てたってもう手遅れなんだよ
 逃げるなんて出来るはずないだろう 

この日は「連れてってやる!」での
『この世の果てまで』
最後は最後らしく
『ハイブリッド レインボウ』
『No Surrender』で終了。

続いてアンコール。
久々にグータッチしてていいなー
届かない距離にいる時に限って
グータッチがあったりする、、気がする(;´д`)

本編でも言ってたんですが
この日はFC限定ライブってこともあって
気合入ってて?!
「気合の入れ方間違えてファンデーション厚めにしております」って。
で、やっぱ特別だから?!
「『No Surrender』で1番を3回も歌ってやったよ!(笑)
やっぱ、1番だろ?!」って。
あははー

そう、これ、私もアレ?って思いましたー。
しかも、2番の時にコーラスのPeeちゃんが
え?ってちょっと戸惑ってた顔してたのも見て。

チバさんは歌詞間違えると
間違えましたーって顔しちゃうけど
さわおさんはいたって冷静に歌ってて
でもちゃんと後で暴露しちゃうあたり
素直だなーっと思いました。
チバさんは敢えてそこ触れないですもんね。
ま、どっちにしてもバレてるから同じですかね(笑)

「あーアンコールサンキュウ!」
クラップハンズ始まり、、
大好きな『RUNNERS HIGH』
ヤッター!
2017年もいい年になる気がした瞬間♪

ラストは『White Ash』
今聞くと解散?活動休止だっけ?を
思い浮かべちゃいますが、、、
ここ最近これやる回数多くなったなー・・
もしやそういう話、聞いてたのかな、、とか
思ったり。

アンコール終わり特に話もなく
サラッと退場。
追い出し曲として「王様になれ」が流れてて
ま、皆さんダブルアンコール待ちで待機してたんですが
あと少しで終わり、、って辺りで
急に音が止まって
え?って思った瞬間に
警報機鳴りだし。。。
ビックリ!

なかなか鳴りやまないんで
さわおさんだけ出てきて
どうした?ってPAさんとかと目で会話?
何か言おうとしてたけど
マイクトントンってやって
使えないんだよ、、って顔で何も言わず帰っちゃった。

その後鳴りやむも時々鳴ったりの繰り返し。
再び出てきたさわおさん
マイク使えないから
マイクなしで聞こえる楽器、、ってことでか
なんと!ドラムセットに座って
ちょこっと披露~
おぉ~
超レアなもの見れたー
まぁ、、上手くはなかったですけど(笑)
お遊び程度にちゃんと叩けてました。

そして今度はギターを鳴らしてみると
意外と聞こえる!ってことで
インストでギター披露。
調べたらさわおソロの『Birthday』だったとか?
聞き直してみたら
そうだったかもー。。
皆さん、よく御存じで。。( ´_ゝ`)

引き続き今度は
『Funny Bunny』を弾き始め
アカペラで歌。←マイクなしでも結構聞こえました
少しフロアも聞き入ってましたが
サビ前辺りからフロアも一緒に歌い始め
大合唱!
オモシロかったのがギターソロになったところを
さわおさんが歌で歌ってたの。
何度か袖を覗いて
他メンバー来ないの?って感じで。

少ししてメンバー登場。
Peeちゃんに入りを耳打ちし
最後は全員で。
引き続きみんなで大合唱で歌い終わり
さわおさん「ありがとう!」って
すっごい大きな声で言ってくれて
しっかり聞こえました。

Mgの新井さんがiPHONE構えてたんで
あーこのシーン動画で撮っててくれないかなーって思ったんですが
写真だったみたいです。。残念。

マイクはやっぱりダメみたいで
多くは語らず、、、
「ありがとう!今年もよろしくねー バイバーイ」って
手をフリフリ終了。

私的にはもうこれで満足で
終わりだと思ってたんですが
フロア、結構粘ってまだ拍手続いてて
ピロウズファンはこういうとこ、長いですよね。。
もう終わりでいいじゃんって。

案の定、新井さん出てきて
「復旧する目途が立たないんで
今日はこれで終わりです。」って
とても丁重に挨拶する新井さんに逆に申し訳なく思ったり。

なんでしょ、、気心知れる、、じゃないですが
FC会員限定のライブってことで
ちょっとリラックス?してる感じのするこのライブ
今年はハプニング有でしたが
またそれもいい思い出になりました。
とにかくすごいアルバムってあれだけ言ってくれてるアルバムが待ち遠しいのと
既に発表されてるツアーも楽しみです。

あれ、今年9周年ってことは
来年10周年で
もしや土曜日?!
これはチケットますます取り辛くなりそうで
怖いっす。。(´+ω+`)


<セットリスト>
 01.Ready Steady Go!
 02.空中レジスター
 03.ROCK'N'NROLL SINNERS
 04.Another Morning
 05.Waiting At The Busstop
 06.インスタントミュージック
 07.Winning Come Back!
 08.王様になれ
 09.LAST DINOSAUR
 10.Crazy Sunshine
 11.Advice
 12.どこにもない世界(新曲)
 13.Fool on the planet
 14.TRIP DANCER
 15.サードアイ
 16.モールタウン プリズナー
 17.この世の果てまで
 18.ハイブリッド レインボウ
 19.No Surrender

 EN1.
  RUNNERS HIGH
  White Ash

 EN2.
  Funny Bunny


泣けんならいいさ血吐くまで どうにかなるさそれまで生きろ生きのびろ [音楽]

さぁ、カウントダウンではない
2017年度ライブ始め
いやぁ、、悩んだね~。。。
急いでチケット取ってなかったもんで
さて、どうしようって。

afocの鬼殺しナイトか
Theピーズのリキッドか。
いや、最初は鬼殺しナイトに行こうって
思ってたんですが
そんな中、ピーズが武道館やるって発表になり
そんな2017年1発目はやっぱピーズじゃないか?って
思うようになり
諸々悩みに悩んだ結果
1.9はコチラに行ってきましたー

Theピーズ2017新春シリーズ
@恵比寿LIQUIDROOM
IMG_3540.JPG

はい。
やはり30周年の武道館盛り上げるべく
ライブ始めキメてきました♪
IMG_3541.JPG
これじゃ大きさ分からないね・・

IMG_3542.JPG
って、これ、2枚あったんですね!

結論から言いますと
すっごいよかったです。
なんでしょ、、、もう武道館っていうのが
チラついてるせいもあるのかもしれないんですが
なんかいろいろ想いが伝わってきて
何度もウルッとしちゃいました。

番号500番台という
かなり最後の方での入場だったんですが
SOLD OUTしてないせいもあって
なかは割りとゆるっとしていて
前の方にも行けたし
視界も良好だったし
快適でした。
やっぱリキッド、見やすいね。

この日は17:15開場/18時スタートだったんですが
どうも事前にHPで告知していたのが
18:30スタートって書いてたようで。
、、、って、そっちを知らなかったので
え?そうなの??って感じでしたが。。
ハルさんがそれを気にしちゃって
なっかなか始まらないなーって思ってたら
10分押しくらいでハルさんだけ出てきて
なんと!前座ってことで一人ピ弾き語りを少しやってくれました。

それだけでも
なんかかなり得した気分♪
ヤッタ!

まずはカバーで『木綿のハンカチーフ』
1番歌い終わって
ワーって盛り上がるフロアに
「そんな盛り上がることないですよ。
これ、悲しい歌ですから、、」って(笑)
ライブスタート遅らせてるのに
盛り上がってくれるフロアをまた気遣っちゃって
優しいったら。

で、また2番から歌い始めるという
笑いも忘れず(´m`)

せっかくなんで、、って感じで
前日発表になった武道館公演について
何やら想いって言うか
そこに至るまでの経緯?みたいなのを話そうとしてくれたんですが
どうもそれについて話そうとすると
なぜか泣けてきちゃうみたいで
この日もちょこっと頑張ってみたんですが
「あぁー・・・ダメだー」って。
なんかそんな姿見たら
こっちまでつられて泣きそうになる感じ。

照れ隠しにか
別人物"ハルくん"って体でやってました。

本編ではもともとやろうと思ってなかった曲って
ピーズの『このままでいよう』
途中からちょこちょこっと
アビさんもステージには出てこなかったんですが
ギターで参加。

オモシロかったのが
曲の入りでハルさんが
「1、2、3」ってカウントするんですが
「誰に言ってんだ?一人だってば」って
ツッコミ入れたりして。

18:30まであと数分って辺りで
そろそろ始まりますよって
なんとか場を繋いで
やっとこ本編。

ベースに持ち替えたハルさん
「やっぱベースがいいなー」って
ホッとした感じでした。

いやぁ、、
私にとっては全くのサプライズで
うれしい棚ボタでした(*´艸`)

まずは『ドロ舟』から始まり
2曲目の『ノロマが走っていく』で
ちょっとウルッと来てしまいました。
なんかその初っ端の
ダメだーって泣きそうなハルさん見ちゃったせいか
この日はこういう系の曲の歌詞が
妙に沁みちゃって。
ライブ始めこれ選んでヨカッターって
しみじみ思いながら見てました。

曲タップリってこともあってか
MCは少な目だったかな。
なんかちょこちょこと
武道館目線で
もっとこうしなきゃダメだなみたいな
もはやライブ全てがリハみたいな感じでブツブツ言ってました。

その一つが
リキッドクラスでのステージも
前日の千葉ルックに比べたら大きくて
普段やってるリハスタも小さいらしく
「大きいと自分の動きがどうすればいいか
分からなくなるなー」って。
動いたはいいけど
次の詩とかコーラスとかに間に合うようにマイクに戻るタイミングとか
動けない(移動できない)中でどう動きを取るかとか
なかなか課題はあるようで
「今度鏡張りの部屋で練習しないとなだ」って。
ハルさんって適当に行き当たりばったりでやる雰囲気に見えて
実はすっごいストイックに
いろいろ考えてやる人だよなーって。

「もう最終的にはコレか」って
例のC-C-Bみたいなマイク。
そしたらシンちゃんが昔付けてやったことあるって。
でも歌わないところで
なんか雑音が聞こえてきて
何かと思ったら
自分の鼻息だったみたいで
それがうるさくてすぐに使うの止めたとか。
なんか想像つくから可笑しかったです(笑)

『映画』とか『眠る前に一発』とか
まだ知らない曲もちょいちょいありました。
だいたい音源持ってるはずなんですが
数枚持ってない古いアルバムがあって
そこにしか入ってない曲は
未だ分からず、、です。。
武道館までにはそろえるか、、っと思いつつ
正直ピーズはあまり移動中とかに聞いたりしないしなー・・って。
ライブは好きなんですけどね。。

武道館、武道館って
浮かれてる3人らしいですが
「もしかしたらチケット売れなさすぎて中止!ってことも
あり得るからね。
でも、武道館やれるって言わせてもらっただけでも
俺はいい思い出だよ」って。
いやいや。
ピーズは通のファンが多いから(業界人のファンも多いし)
即完じゃないにしても
絶対に完売する気がしてます。

いよいよ3月に迫ってきている
コレクターズを応援する思いも込めて
『サイナラ』だったかな、、、の前とか間とかに
コレクターズの『世界を止めて』を挟み込んだりして。
「コレクターズの曲は難しいからね。
散りばめて散らす
ホンモノ聞きたいって思わせる」戦法らしいです。

私的には
ハルさん歌う『世界を止めて』がちょこっとでも聞けて
これまたワーイ!って感じでした。

途中、まだバンドでも合わせていない新曲を
またまたハルくん登場でやってくれたりして。
その内ちゃんとバンドでやって
音源にしますって。

『温霧島』もその流れで弾き語りっぽく。
途中からアビさん・シンちゃんも加わりましたが
ここでアビさんのコーラス間違ってるんじゃないの?って。
でもアビさん的には
「それはぬれぎぬだよ。なんでこんな大勢の前で
言われなきゃなんないの」って逆ギレ(笑)
ただ、、「証拠は残ってるから」って。
そう、小さいやつでしたが
カメラで撮影してました。
また会場限定DVDとか出るのかな。
でもこの日のライブだったらもう1回見てみたいかもー

『オナニー禁止令』やってくれた時には
もしや、さわおさん来てる?!って
思ったり。
でもヨウツベ動画で言ってた
俺が言ってもキマらない歌詞、、気付かなかったー・・。

この日のハルさん
あれ?指で弾いてる、珍しい~って思ったら
実はピック落としちゃって拾ってもらったり
あとはなんでもないとこでつまずいたとかって
ボソって言ったり
かわいかったです。

『真空管』で終わりかと思ったら
ラストは『生きのばし』
やっぱそうよね。
そして最後に「生きのびろー」って
自分たち含め、武道館までみんな生き延びて
みんな来てって。
最後の最後までジーンとする本編でした。

2時間!
数撃ちゃ当たる的に
たくさん曲やるようにしたそうですが
あまり当たってもいないようだから
「もうちょっと選別しないとな、、」って。
あはは。。

アンコールでは
登場したハルさんが奇妙な走り方で
ステージ何往復もしてて
「矢沢走り練習しないと」って。
えぇー?!
案の定アビさんから「クレーム来るよ」って。
そしたらハルさん
「来ないよ。永ちゃんはものすごく心が広い人なんだから」って
とどめは「俺はいいけど、矢沢がねって言われるよ」
アビさんの一言で全部持って行ってました(笑)

メンバー紹介した際シンちゃんが
「新成人の皆さんおめでとうございます!」って言った後
「そんな若者はこのライブには来ないか、、、」ってことで
「新成人のお子さんをお持ちの方、おめでとうございます」って。
流石っす!!ゞ(≧ε≦o)

大好きな『日が暮れても彼女と歩いてた』
やってくれましたー♪ヽ(´▽`)/ 最高~
もうイントロで分かるようになったし♪
・・・自慢するようなことではないが。
特徴的だしね・・。

もうタップリやったし
これで終わりかな、、って思ったら
アンコール終わり
ハルさんだけステージに残ってて
「あのー。。。ここはさ、楽屋がすっごく遠いんですよ。
だからアンコールの前は
楽屋には戻らず
たいていは袖で待機でね。
でも前に道路走ってて隙間風ぴゅーって
すっごい寒いから、、、もうこのまま始めます」って
ダブルアンコール!!

からの、、、『グライダー』だったかな。
この日のこの曲
ホント、感動的でした。

『Telしてこい』では
最近はチケット買うの電話じゃないけどね。って
え?それでこの曲選んだんですかね。。

っと、
ホントにタップリの(まぁ、毎回ですけど)ライブ。
武道館への想いが
いろいろ伝わるいいライブでした。

<セットリスト>
~前座~ 一人ピ
 木綿のハンカチーフ
 このままでいよう
 東の窓

 01.ドロ舟
 02.ノロマが走っていく
 03.とどめをハデにくれ
 04.ブラボー
 05.底なし
 06.絵描き
 07.3度目のキネマ
 08.3連休
 09.サイナラ
 10.映画
 11.デブ・チャージ
 12.眠る前に一発
 13.脱線
 14.体にやさしいパンク
 15.実験4号
 16.いいコになんかなるなよ
 17.氷屋(弾語り)
 18.温霧島
 19.肉のうた
 20.バカになったのに
 21.トロピカル
 22.オナニー禁止令
 23.異国の扉
 24.焼めし
 25.真空管
 26.生きのばし

 EN1.
  でいーね
  刺激的な日々
  日が暮れても彼女と歩いてた
  まったくたのしいぜGOGO
  脳ミソ

 EN2.
  グライダー
  じゃますんなボケ(何様ランド)
  Yeah
  Telしてこい

アンコールの中の曲順はちと曖昧。。
Telしてこいが最後だったっけ?って
もはや記憶なし・・



年末年始2016-2017 [たわごと]

前にも書きましたが、、今年(昨年)の年末年始のお休みは
土日祝日合わせて6日間。
その内、土日祝日が3日ですから
正味3日間の休暇と言う訳で。
いや、長期休暇よりも単発がいいのよね~って言ってはいますが
あまりにも少なすぎる気がしないでもない。
しかも開けて明日からの業務が、かなり面倒なのが目に見えてるだけに
現実逃避したい現在です(-c_,-` )

ってことで楽しかった日々を振り返って
しばし現実逃避しようと思います。

年末、ギリギリでヒカリエでやってる
GOOD ROCKS!の写真展に行ってきました。
IMG_3513.JPG
IMG_3514.JPG

やっぱ
モノクロの写真って、、いいですね~
さわおさん・須藤さんのいい雰囲気の写真もありました。

IMG_3515.JPG
最終日だったからか
多分、、カメラマンさん?が在廊されていて
さらに、LEGO BIG MORLのメンバーが来てたようで
パッと見、、っぽい人いるな~っとは思ってましたが
中に入ってくるまで気づきませんでした(笑)

最近多い、ブルーナ展。
っというか、グッズが売ってるスペース?
横浜のロフトに期間限定で開催って聞いて
横浜のロフトってどこだ??ってしばし考えてしまいましたが
そごうの中にありました。

ブルーナの中ではあまり見ない、パンダのイラストを見つけてしまい
つい、購入!
かわいいー
IMG_3512.JPG
後ろに写ってる小さいぽち袋も
(これはあまり小さくない、どっちかって言うと封筒ですけど 笑)
お金とか渡す時にいいかもーって
つい買ってしまう。
今はお年玉入れて渡したぽち袋の残り含め
いろいろ素敵なのそろってますので
近々返金させていただく方々、受け取ってください~♪

そして、この6日間はほぼ毎日飲んでました!
こちらはイオン系のスーパー限定発売と言う
沖縄のオリオンビールのフレーバービール?
IMG_3516.JPG
アセローラ!
わざわざ買いに行った!!
美味しかったけど、リピートするほどでもない、、かなー(笑)

続いて。。ついにリメイクしてしまったー
IMG_3518.JPG
バスターくんのデニムポーチ初代版。
なかなか使い道なくってどうしようかって思ってたやつ。

かねてからスマホを6sにしたら
ちょっと大きいもんでライブ中ポッケから飛んでいってしまいそうで
ヒヤヒヤしてて。
ミニポーチとやらをThe Birthdayのグッズで買ったけど
やっぱどうも肩から何か提げてライブ見るの好きじゃなくて。。

でも希望のものは売ってないので
ならば作ってしまえ!第二弾(大袈裟 笑)
スマホピッタリサイズにしたものに入れ
ポッケに入れたら、紐をカラナビで止める。
IMG_3517.JPG
これで万が一ポッケから飛んで行ったしても
カラナビでキャッチされるので
ライブ中も無駄に心配をしなくても良いと言う訳です(笑)
適当にやったので、思ってたよりもサイズ小さくなってしまい
入らなかったらどうしよー。。って焦りましたが
なんとか。
相当なピッタリサイズでした(笑)

年越しそばは
リクエストした鴨南蛮そば。
IMG_3519.JPG
なんですが、、、、
私はあまり長ねぎが好きじゃなくって
それを知ってる家族が私にはネギなしにしてくれたのはいいんですが
えー鴨肉以外何もなしっすかー?!って。
ならネギも食べたよ、、(ll'ェ')
いや、わざわざ抜いてくれたってことで
文句は言いませんでしたけど
せめて何か野菜入れたいよね、、って横の付け合わせで我慢しました。

新年!
おせちいいとこどり!
IMG_3523.JPG
見てくれ悪いですが、お雑煮はぶりです。
関東は、、、鶏肉らしいけど
関西系の我が家はいつもぶりだったなー。

ブルーナに続き
こちらもよくやってるスヌーピー展
IMG_3527.JPG
もうこれでもかー、、、、ってくらい
いろんなグッズ売ってましたが
結局何も買わず。
1枚大好きなイラストの写真コーナーがあったので
パチリしてきました。
IMG_3529.JPG

で。
財布の紐硬かったけど
なんか買いたいなーって時に
やっぱパンダ見つけると買っちゃうんですよね~
IMG_3532.JPG
バーバパパと手ぬぐい屋さん"かまわぬ"とのコラボ商品らしい。
モジャがパンダになってるの。
もうかわい過ぎる(≧▽≦)
何を入れるかは、、、これから考えます(笑)

あと最近会社ではよくフレーバーティーを飲んでます。
明日からの仕事をガンバロウ!ってことで
ずっと探してたショコラティを。
IMG_3533.JPG
ここの紅茶すっごい色んな種類があって
あーこれも飲んでみたいって思うのいくつかあるんですが
若干箱のデザインが恥ずかしかったりもして。。
あ、、画像上はカットされていますが
この上に何やらこそばゆい文言が書いてるんですよ。。

あと、こういうティーパックとかの方が
ペットボトルとかパックの飲み物買うより安上がりでしょ、、って
思ってるんですが
ティーパック1つ70円近くしたら
それは大して変わらないか?って( ̄▽ ̄;)
ちょっとお高かった・・。
ま、お正月ってことで(笑)

最後に。
やっと昨年秋ごろからとりかかっていた
DVDレコーダーのハードに録画されていたものを
ディスクに落とし終わりました。
これでやっとブルーレイに移行できます。
このDVDレコーダーはデータ消去して破棄してしまうので
ちょいちょい残ってる映像を見て懐かしんだりして。
昔はコピーワンスとかなかったから
DVDに落としてもデータが残ってるんですよね。

で、なんと言ってもエルレね。
この時はまさか活動休止になるとは思ってなかったなーって。
IMG_3524.JPG
自分でも、俺たちは終わらないからって言ってたのにね。
IMG_3525.JPG
やっぱ今聞いてもいいっすね。
IMG_3526.JPG


慌てたってもう手遅れなんだよ逃げるなんて出来ないはずだろう [the pillows]

今年も(昨年も?)こちらで年末・年明けを迎えました。
the pillows presents"COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2016→2017"
@渋谷TSUTAYA O-EAST
the pillows/TOMOVSKY/noodles/
THE BOHEMIANS/BUGY CRAXONE/シュリスペイロフ/POP CHOCOLAT
IMG_3520.JPG
IMG_3521.JPG

今回は怒髪天が京都で年越しということで
トモフがゲスト出演。
それだけの理由じゃないと思いますが
チケット売れ行き芳しくなかったようで。。
私も20番台のチケットで
周りのお友達もみんな2桁番台で
あはは、、、って感じでした。

いや、正直私も今年は別のに行こうかって
チラッと思ってしまったし
でも、ま、今年はO-EASTってこともあって
とりあえず浮気はせずにおりましたところ
チケット売れ行き悪かったなんて言われちゃうとね
やはりそうか、、って。思っちゃいますってね。

ただ、、20番台で入ったんですが
結構前の方は埋まってまして
かなり端の方の最前でスタンバイ。
でもって隣の人がやけにこっち向きに向く方でして
いや、まぁ、ね、端なんでステージ向きになると
そうなるとはいえさ、別に知り合いでもない人なのに
そんな間横向きなるかねってくらいで。
しかもちょいちょいぶつかってくるし(ガラガラなのに)
なのでちょっとそれが終始イラッとさせられましたが
それ以外は押しもなく、かなり快適に見られました。

開場/開演まで45分とはいえ
長かったー。。
しかもなんか開演5分ほど押してたし。
ってことでいつものようにレーベルオーナーさわおさんが
静かに登場しご挨拶。

「なんだ、なんだ(笑)大晦日だって言うのに
実家にも帰らず!
家でテレビ見る訳でもなく!
こんなところに集まってくる、、この社会不適合者が!」って。
あはは。
これ毎度言ってますが"実家にも帰らず"っていうのは
新しい文言かも?!で笑っちゃいました。

ただ、そう言った後に「でも、そんなみんなが頼りです(笑)」と。
「今年もまた楽しくロックンロールで年を越そう」的なまとめで
ライブへ、、、
あ、そう言えば、そんなご挨拶中
まだ堅いフロアに「あれ?まだみんなはそんなに飲んでないのかな?
おれはもう昼間っからかなり飲んでてね、、、
いい気分だよ!」っとご機嫌でした。

トップバッターはいつもの通り
BUGY CRAXONE。
このカウントダウンでのみでしかライブを見ないバンド、、ですが
2017年は結成20周年だそうで
え?そんなにやってたの??ってちょっとビックリしてしまいました。
この前初めてワンマンSOLD OUTしたって
嬉しそうに話してました。
今度クアトロでワンマンだそうです。

BUGY CRAXONEはほんと曲いいし
ライブたのしくて素敵なバンドだと思います。
ぜひぜひこれからも元気いっぱいで頑張って欲しいです。

続いてPOP CHOCOLAT。
なんと!3ピースになってました。
あれ?昨年も3ピースでしたっけ?
でもあのBaのちひろちゃんって言ってましたっけ?が
なかなかいい感じのベースを奏でてくれるおかげもあって
だいぶ以前よりも聞きやすくなってきてる気がしました。

続いてシュリスペイロフ。
セッティングで宮本くんの機材の調子が悪いのか
ちょっとアタフタ。
セーターっぽいのを着てたせいもあってか
始まってすぐにもう汗かいてて
ちょっと可笑しかったです(笑)

シュリスは宮本くんソロは割りと行ってるので
曲自体はかなり覚えてきているのですが
バンドサウンドで聞くと
おぉ~って思ってしまうところも多く
あーやっぱもっとバンドでのライブ
行きたいなー、、と。
ツーマン位の企画をもっと増やしてくれるといいんですけどね。。(;´д`)

キッカケ忘れてしまったんですが
みんなも働きたくないよねーって
恒例の?!例の曲の前のMCが(笑)
でもこの日はそれがさらにパワーアップ?!してて
なんか~働きたくない~♪って歌にしちゃったりして
そして「その思いを俺にぶつけくれたら
全部受け取って
来年(2017年)からは毎日ゴロゴロして過ごすから
あとで預金口座の番号上げとくんで
毎日100円ずつくらい振込んでくれたら
結構暮らせるんじゃないか」なんて言ったりして。

若干メンバー苦笑いでしたが、、、
そこからの『働きたくない』
もはやこの曲振りはネタとなってますかね。。

ラストはやはり『カノン』
いやぁ、、澁谷くんのギターの音色が
この曲に限らずですが
素晴らしかったです。
あと野口くんも結構動くベースライン弾いてるんですねぇ~

で。
なぜか毎回シュリスはもう終わり??ってくらい
アッという間でして、、
2017年はもっともっとライブ行きたいです。

<セットリスト>
 1.夢うつつ
 2.かじられている
 3.君と僕
 4.働きたくない
 5.カノン

そしてお次はTHE BOHEMIANS。
セッティング中の星川君のセーター?が
紫っぽい感じのラメ入りのもので
えーなんかホストっぽいなー。。でも本番は着替えてくるかなーって思ってたら
それで本番も登場して
若干、マジか。。って思ってしまいました(笑)

その反面、ぱんだくんのファッションセンスの高いこと。
ジャケットにダボッとしたパンツを合わせてるんですが
中にINしてたTシャツが
さわおとわさおの写真のヤツだったり
サスペンダーしてたりと
はずしつつキメてる辺り、かなりお洒落さんでした。

この時点でかなり押してるとのこと。
なのであまり喋ってられないんだけども、、っと言いつつ
話してくれたこと
「みんながピロウズのCDやライブのチケット
さらには物販?グッズを買ってくれるおかげで
バッドミュージック潤っちゃったみたいで
俺達端くれのバンドがぬくぬくと
ロックンロール大好きってライブやっていられるんだ
さわおさんが言うとなんか厭らしいから
バッドミュージック代表して俺からお礼を言わせてもらうぜ」って
いやぁ、、そうなんですか?!
でもそうだとしたらなんかうれしいです(笑)

あとは
「ここにいる皆さんは
音楽雑誌やメディアに好きな音楽教えてもらわなくても
自分たちで見つけることができる方々」とも言ってて
まぁ、、ちょっと御幣あるかもしれないけど
・・・モノによっては音楽雑誌にピロウズとか登場してる訳だし
でも、意味合い的にはそのこれがおススメって言われようが言われまいが
好きなものを好きになるってことであって
ほんの少しでもそういう感覚を持つことが出来てるのかなーって思うと
ちょっとうれしかったり。

最後に今日だからやるって言ってた『no substance』
やってやるんだから思いっきり盛り上がってくださいよってことなので
ここぞとばかりに拳上げときました。
なんかカバーでラストって、、って思いがちですが
そういう意味合いならいいなーって。
そういうことサラっと言えちゃうあたり
カッコいいバンドです。

続いて、、noodles。
YOKOちゃん、今年は髪型ちょっと決まってなかったなー(笑)
でもここ数年のブームなのか
デニムにTシャツINするスタイル。
スリムな体型じゃないと
出来なッすよねぇ・・・

曲は新曲なんだろうなって曲も加わりつつ
恒例の曲もありつつなセットリスト。
~ミルクをたっぷりこぼして、、みたいな歌詞の曲が
すっごいセクシーな感じで
今までにない曲の感じでもあって
でもカッコよくって素敵でした。

そうそう、途中でアユミちゃんのスネアの皮っていうんですかね
が割れちゃったみたいで
でも次の曲でササっとチェンジしてて
何事もなく過ぎてましたが
そんなことあるんですね・・
確かにアユミちゃんがスタッフに伝えた後に
ローディさんアタフタしてるなーって思ってたんですが。

オモシロMCは
「控室に、今日の各バンドのセットリストが貼ってあるんだけど
それ見てたらみんなにno substanceやるの?って聞かれて
なんでだろうって思ったら、私たちのところの6曲目に
no substanceって書いてありました(笑)
やらないですけどね。
あ、でも、分からないけどね」って。

で、6曲目だったんですかね
YOKOちゃんが「じゃーno substance!」って。
まぁ、やりませんでしたが
ここでイントロだけでもちょこっとやってくれたら
かなりおぉ~ってなったのになーって。

そしてTOMOVSKY。
ぱんだくんも言ってましたが
全体的に押してる状態の様で、、
セッティングからいったん戻らずにそのままライブへ。
「ノリノリな曲用意してきた」って
2曲目くらいからステージから降りてフロアに乗り出したりして。
ハルさんにまさか2曲目から行くとは、、って
ツッコまれてましたが
トモフ曰く、あとできっとさわおくんもフロアにダイブするだろうから
それの予行練習って。
「さわおく、、泳ぐよ~」って言ってて
オモシロかったです(´m`)

はかまだくんがツィッターで呟いていた通り
この日はさわおさんがゲストとして
セッションに参加ってことで紹介されたんですが
当の本人、うっかり?2階席にいたようで
なかなか出て来なくって
トモフが「あれ?来ないの?」ってちょっとビックリしてました。

前回(って言っても1年前)はライブの10分前にオファーしたけど
今回は1ヶ月も前にお願いしてたから
きっと素晴らしい出来になってるはずって煽るトモフ。
さわおさんはギターとしての着地点は変わってないけど
俺の心の落ち着き具合が違ってるって。
それ聞いて「確かに、今日は既に目がトロンとしてて
全く緊張してる感じしないよね」って。

1曲目は『SKIP』
途中から歌まで歌わせようと
トモフが歌詞を読み上げて歌ってもらおうとしてて
そしたら途中から「知ってます!」って(笑)
トモフの歌詞の読み上げ
ウマいです~(≧▽≦)

で。最初のギター入りのところは
バッチリで
素敵な音色~って聞いてたんですが
その後くらいかな、、
あれ?音出てる??って
どうもギターの音の出が悪くなったようで
曲終わって次の曲行く前に
ローディー出てきて確認とかして
しばし時間取っちゃって
でもさわおさん気にして「大丈夫。雰囲気で乗り切るから」って
先に進めようとするんですが
トモフが「いいよ、待つよ」って。

とりあえずちょっと音小さいけど
なんとか復活して曲スタート。
『真夏』って曲。
新しいアルバムに入ってる曲の様で
初めて聞いたんですが
真冬でもお布団の中は36.5℃で真夏 みたいなことを歌ってて
なるほど~って思いながら聞いてました。
まさにトモフワールドな歌詞だなーって。

で、次の準備でもう帰らなきゃいけないんだけどーって
「じゃー1番だけ」って
歌に付き合ってもらったんですが
結局最後まで歌ってました。

その時にトモフが
ステージ際に座ったりすると
さわおさんも真似して座ったり
っと思ったら
そこにトモフがやってきて
2人ならんで座って歌ったり、、っと。

そうそう。途中でフロアにダイブしようとした時の話で
ここのスタッフは優秀だからか
行こうとするとバッて後ろ掴まれて
行かないように引き止めてくれるんだけど
あれ何もしないでくれたらもっと行けるんだけどねって
言ったら
さわおさん「いや、あっちの方はガラ悪そうで
刺されそうだから引き止めてもらってる方がいいよ」って
確かに、、ぱんだくんが行こうとしてたときも
すんごい勢いでスタッフぱんだくんのパンツを掴んでて
横から見てたらちょっと笑いそうになったくらいでした。

ガラが悪そう、、っていうか、、
人があまり集まってないようにも思えて
変に行って落ちちゃっても危ないしなーって
思ったりもしましたが・・どうなんでしょう。

って、結局さわおさんは
フロアにダイブなんぞしませんでしたけどね。

ってことで、今回もまた
トモフペース満載で大笑いの楽しいライブでした。
はかまだくんがさわおさんにここですよ~って
ギターソロ入りの合図をしてる仕草がまた
かわいかったです。

<セットリスト>
 1.脳
 2.不在
 3.今日に与えよ
 4.さしだせ
 5.SKIP with:山中さわお
 6.真夏 with:山中さわお
 7.我に返るスキマを埋めろ with:山中さわお

ここで恒例、、時間調整のPVの映像。
押してただけあってか
紅白中継もなかったし
PVも一通り各バンド流れた後は
もう2曲くらいかな違う曲で流れて終わりくらいでした。
いつもは何周目?ってくらい
同じ曲流れるときあるのにね(笑)

ってことでお待ちかねthe pillows!

あ、そうそう。
カウントダウンのクラッカーですが
今回は入口で渡されました。
いい案!
なんで今までそうじゃなかったんでしょ・・
なのでピロウズ前に配るって手間もなかったです。
でも自分で好きなものは選べなくなりました。。

いつものSEでメンバー登場。
曲は、、、今思うと
カウントダウンまでの曲は毎年ほぼほぼ変わらず、、って感じですね。
勢いあって、割りと手短で終わる曲?!(笑)
テンション高いフロアに「元気じゃないか!」って
ご機嫌なさわおさん。
「俺は元気かどうかは分からないけど
すごく気分はいい!」ってうれしそうでした。

『Advice』『Blues Drive Monster』と
2曲終わった後にシンちゃんが
何やら言ってて
どうやらさわおさんがけっこう酔っぱらってるから
もし時間過ぎそうな感じの時は
止めてねって言ってたようで
でも「俺のところから時計が見えない」って。

ちょっと動かしてみるも
変わらず・・
「あと7分。まだ大丈夫!」って
『Ride on shooting star』

そして「あと4分!いっちゃえ!!」って
『WINNING COME BACK!』
っと。バタバタとギリギリの58分頃。

ここで「じゃーカウントダウンなんで
お暇な方は皆さんステージへ、、、」って。
最初に登場したぱんだくんが
白に金の3本線のジャージ上下着てて
流石っす!って思いました。

「今年は、はかまだくんに11月にまとまったお金が入るって
占いで言われたんだけど、、全く入ってこなかったね~」って。

あとここで言ってたか定かじゃないんですが
「今年は信じてもらえないと思うけど
すごく心穏やかな年だったから
来年はもっとスパイシーにいこうかな」とも。

そんなこんなで10秒前に。
10、9、8、7、6、5、4、3、2、1
Happy New Year!
Happy New Year!
Happy New Year!

「2017 カモン!リトルバスターズ!!」
今年も始まりましたー
そして今年もまた『LITTLE BUSTEES』にて
幕が開けました。

この曲では出演者陣みんなステージにいて
ワイワイやってました。
トモフが持ってた大きなクラッカーを
ラッパみたいにして吹いたりしてかわいかったです。
ハルさんは『LITTLE BUSTEES』結構歌ってたなー
宮本くんとぱんだくんだっけ、、が
PEEちゃんのマイクのとこで一緒に歌ってたり。

「2017年、今年もよろしくねー」っと
出演者陣、捌けまして
『Stroll and roll』
この流れ、なんかご機嫌な雰囲気があって
よかったです。

そしてここでメンバー紹介でしたっけ。
有江さんの扇風機にクラッカーのテープが絡まって
カラカラ言うのを
ササっとコンセント抜いて止めた瞬間に
「有江嘉典!」って紹介されてたのが
ちょっとプププって感じでした。

有江さん「昨年は忙しくさせてもらった1年だったんですが
今年もどうぞよろしく」って感じかな。
そしたらさわおおさんが「有江くんの、ほら
ものすごくゆっくりペースで活動しているバンドなんだけ?」
「あ、VOLA & THE ORIENTAL MACHINE」
「あれのライブがもうすぐあるんだっけ?」
「えーっと、、そうですね、1/9に、、」って言うと
「あ、ピーズと一緒なのか」
あぁ。。。
ってことで「そしたら、それはお客さんにゆだねます。。」って。

で。続くシンちゃんが
「これでどっち行くかでお客さんが
俺と有江くんとのどっちに優しいか、、が分かりますね」って。
そんなシンちゃん今年はまた有江さんのツィッターに
たくさん登場しようと思う、、みたいなことを言ってました。
、、、早速移動の様子がUPされてましたけどゞ(≧ε≦o)

さわおさんがシンちゃんに
「今年は、2度目の武道館が、、、、」って。
「いやね、The Birthdayみたいに売れてるバンドが
何回もやるって言うんじゃなくて
どっちかって言うと、どっちもあまり知られていないバンドでさ
2回もっていうのはね。。。やるな、お前」
シンちゃん「俺なんて無力ですよ!」
さわおさんn「大丈夫か、、いんらんBabyとかオナニー禁止令とか
マスカキザルとか、、で武道館ですよ。
あー駄目だ。アンダーグラウンドすぎるっ!!」
シンちゃん「くれぐれもよろしくお願いします!!」

最後PEEちゃんは
今度発売されるアルバムが
手前みそながらももうバカ売れしちゃうんじゃないのってくらいの
良い出来だそうで
いや、売れなくても多くの人に届いてくれる1枚になると
信じてますって。
「ま、前半はピーズの武道館が気になるとは思うけど
その後は我々のツアーもありますし
よろしくお願いします」

「11月頃にね、Mgから
カウントダウンのチケットが売れてませんよって言われて
なんだよじゃーもう来年からやめるかって思ったけど
やっぱやらないとダメだな
じゃー今年も来てくれたみんなが楽しく過ごせますようにって
気持ちを込めて、、」って『モールタウン プリズナー』
だったんですが
あれ、この曲ってそういう曲なんですか??
ちょっと、ん?って思ってしまったんですが。

でもってやっぱ「連れってってくれ!」って言ってました
『この世の果てまで』

『Funny Bunny』の"僕らは"同様
変わったんでしょうか。
主導権はキミってことですかね。
なんかうれしいです(*´艸`)

最後は『Locomotion,more!more!』
『White Ash』と
ここ最近では定番のアゲ曲で終了。

続いてアンコール。
YOKOちゃんのノーサブ発言受けてか
「noodlesでno substanceとか
White Ashって、、似合わないよな~(笑)
YOKOちゃんがWhite Ash!って叫んでるの
想像できないわー」って言ってて
確かにーってオモシロかったです。

アンコールは『Funny Bunny』
大合唱終わりでの「ありがとう!」って
何とか声聞こえました。
そして『No Surrender』
"生き延びてまた会おう!"
大盛り上がりで終了~

で。
これで終わりかと思ってたんですが
何やら拍手鳴りやまず
ステージ上も片づけに来ないし
あれ?もしや、、、って思ってたら
ありました!ダブルアンコール!

登場の途中で床に落ちてたクラッカーのキラキラを
首に巻いたりして
「光るクラゲみたいなだ。
ボヘの星川と同じくらいオカシイよな」ってボソって言ってて
あーやっぱあのラメ入りセーター
オカシイって思ってたんだーって
ちょっとホッとしました(笑)

このダブルアンコール、想定外だったようで
「さっきので終わりのつもりだったから、、、
なんか一気に疲れたわ」って。

ここでもピーズの武道館の話になり
「もう言っちゃっていいかな、、」って
解禁前の情報を。

ピロウズのヨウツベチャンネル。。。あったんだ(笑)
にて、ピーズの曲をいろんな人とセッションして
弾き語るコーナーをやるそうで
第1回目は既に収録済で
PEEちゃんとやってるそうです。

さわお「かなりいい出来だったよね」
PEE「1発OKでしたからね」と。
ただ、好きな曲・やりたい曲と自分が歌える曲は違うので
どうしてもやれる曲が限られちゃうそうで
さわおさん「俺がいんらんBabyみたいなのできない」って
言ってました。

っと、、ワンマンのダブルアンコールのように
ダラダラ喋ってたので
「あ、こんなのんびりしてていいんじゃなかった」って
そしてメンバー集まり選曲会議(笑)
有江さんに曲伝えるのに
さわおさん、口の動きで分かっちゃわないようになのか
なんとなく口をあまり動かさない感じで言ってたように感じました。

ってことで、急遽の1曲は『Ready Steady Go!』
ワーイ!
楽しかったです。

「2017年もよろしくね~」って
なんかいつもよりも何度も言ってたように感じたのは
気のせいでしょうか。

いやぁ、、浮気しようとしててスミマセン!(笑)
そしてやっぱやらないとダメだなって再び火を付けさせてしまったのに
来年は既に浮気しようとしていてスミマセン。。。
まだ分からないですけどね。

とにもかくにも、こうして楽しく年越し
そして新年を迎えられました。
またライブ三昧の1年にしたいと思います。
IMG_3522.JPG

<セットリスト>
 01.Advice
 02.Blues Drive Monster
 03.Ride on shooting star
 04.WINNING COME BACK!
  ~カウントダウン~
 05.LITTLE BUSTEES
 06.Stroll and roll
 07.モールタウン プリズナー
 08.この世の果てまで
 09.Locomotion,more!more!
 10.White Ash

 EN1.
  Funny Bunny
  No Surrender

 EN2.
  Ready Steady Go!