So-net無料ブログ作成
検索選択

小さくたって聞こえるさ 声 [年間ライブ記録一覧]

暮れの元気なご挨拶~♪
じゃないですが、、今年もまたやってきました。
今年はやけに余裕こいてこの日を迎えているのは
年賀状を全く手がけていないからでしょうか・・。
もう出さないで終わらせるかもしれない・・チ―( ∀ )―ン
年明けて考えます。
出してくれてる皆さん、スミマセン。

っということで2016年度ライブ総括行ってみよっ!

◆Live
01/10(日)RUDE GALLERY 15th BLACK RUDE NIGHT VOL.3 @恵比寿LIQUIDROOM live:The Birthday/SHERBETS
01/13(水)KOENJI HIGH 8th Anniversary@高円寺 HIGH Live:the pillows
01/23(土)The Birthday BLOOD AND LOVE CIRCUS TOUR 2015-2016@水戸LIGHT HOUSE
01/24(日)The Birthday BLOOD AND LOVE CIRCUS TOUR 2015-2016@川崎CLUB CITTA’
01/30(土)KAZUYOSHI SAITO “風の果てまで”@静岡市民文化会館 大ホール
02/07(日)Theピーズ2016新春シリーズいらしゃいよろしくさるモンキー♪♪♪@渋谷CLUB QUATTRO
02/11(水祝)The Birthday BLOOD AND LOVE CIRCUS TOUR 2015-2016@新潟LOTS
02/14(日)宮本の周辺Vol.3@cafe&bar LIVRE
02/20(土)The Birthday BLOOD AND LOVE CIRCUS TOUR 2015-2016@サッポロファクトリーホール
02/21(日)KAZUYOSHI SAITO “風の果てまで”@よこすか芸術劇場
02/23(火)10-FEET TOUR 2016@川崎CLUB CITTA’
02/25(木)THE BACK HORN KYO-MEI~運命開歌~@HEAVEN’S ROCK KUMAGAYA VJ-1
03/05(土)KAZUYOSHI SAITO “風の果てまで”@府中の森芸術劇場
03/09(水)The Birthday BLOOD AND LOVE CIRCUS TOUR 2015-2016@Zepp DiverCity
03/10(木)The Birthday BLOOD AND LOVE CIRCUS TOUR 2015-2016@Zepp DiverCity
03/12(土)フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」@横浜BAYSIS
03/13(日)フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」@横浜BAYSIS
03/14(月)J-WAVE"TOKYO REAL-EYES"「SHISHAMO NO TSU-MAN」@恵比寿LIQUIDROOM SHISHAMO/the pillows
03/20(日)KAZUYOSHI SAITO“風の果てまで”@ベイシア文化ホール 大ホール
03/21(月祝)音流大演会2016@恵比寿 LIQUIDROOM
03/28(月)ウエノコウジ生誕祭2016@京都磔磔
04/02(土)フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」@水戸LIGHTHOUSE
04/03(日)AFOC 10th Anniversary “THE BLUE TOUR -青く塗れ!-”@水戸LIGHT HOUSE
04/09(土)THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー~運命開歌~@名古屋DIAMOND HALL
04/10(日)The Golden Wet Fingers TOUR 2016『CHAOS SURVIVE INVADER』@横浜BAYHALL
04/17(日)SA TOUR「START ALL OVER AGAIN,NOW!2016」@キネマ倶楽部
04/23(土)interFM897×ぴあ presents STAND ALONE Vol.1 @クラブeX 山中さわお、ホリエアツシ
04/24(日)ACIDMAN LIVE Extra Show “Second line & Acoustic & Rock”@NHKホール
05/04(水祝)KAZUYOSHI SAITO“風の果てまで”@アクトシティ浜松大ホール
05/05(木祝)宮下俊平生誕40周年記念@新代田fever
05/07(土)怒髪天ジャパニーズ中年隊~YOU、50プラス1本やっちゃいなよ~@松本 ALECX
05/08(日)the pillows STROLL AND ROLL TOUR@長野 CLUB JUNK BOX
05/15(日)the pillows STROLL AND ROLL TOUR@赤坂 BLITZ
05/21(土)THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー~運命開歌~@新潟LOTS
05/22(日)KAZUYOSHI SAITO“風の果てまで”@日本武道館
05/26(木)HiGE UNIT2016MayJunJul 「Desperado」@代官山UNIT
05/28(土)怒髪天ジャパニーズ中年隊~YOU、50プラス1本やっちゃいなよ~@富山 MAIRO
05/29(日)the pillows STROLL AND ROLL TOUR@新潟 LOTS
06/04(土)the pillows STROLL AND ROLL TOUR@渋谷 TSUTAYA O-EAST
06/05(日)フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」@高崎CLUB FLEEZ
06/12(日)THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー~運命開歌~@新木場STUDIO COAST
06/17(金)緊急ナイト@新宿紅布 Gust:ヤマジカズヒデ(dip)
06/20(月)ROLL OVER Sixty~還暦フィーバー@渋谷CLUB QUATTRO
06/22(水)銀河遊牧会2016@shibuya duo MUSIC EXCHANGE
06/24(金)The Golden Wet Fingers『CHAOS SURVIVE INVADER』@恵比寿LIQUID ROOM
06/25(土)The Golden Wet Fingers『CHAOS SURVIVE INVADER』@恵比寿LIQUID ROOM
06/28(火)the pillows STROLL AND ROLL TOUR@浜松窓枠
06/30(木)HiGE UNIT2016MayJunJul 「with」@代官山UNIT with:D.A.N.
07/02(土)フラワーカンパニーズ47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」@恵比寿LIQUID ROOM
07/03(日)フラワーカンパニーズ47都道府県ワンマンツアー「夢のおかわり2016」@恵比寿LIQUID ROOM
07/13(水)The Birthday Quattro×Quattro Tour’16@渋谷CLUB QUATTRO
07/16(土)怒髪天ジャパニーズ中年隊~YOU、50プラス1本やっちゃいなよ~@Zepp DiverCity TOKYO
07/17(日)百々和宏ソロツアー「スカイ イズ ブルー」@名古屋sunset BLUE
07/18(月祝)the pillows STROLL AND ROLL TOUR@名古屋 DIAMOND HALL
07/22(金)the pillows STROLL AND ROLL TOUR@Zepp Tokyo
07/28(木)宮本の周辺Vol.4@明大前Cafe&Bar LIVRE
07/29(金)百々和宏とテープエコーズ@Zher the ZOO YOYOGI
07/31(日)HiGE UNIT2016MayJunJul 「with」@代官山UNIT with:夜の本気ダンス
08/06(土)夏のビバヤング! 4DAYS@下北沢CLUB Que Drop's/Theピーズ/山本久土+クハラカズユキ
08/14(日)たとえば ボクが 踊ったら、♯001@服部緑地野外音楽堂 The Birthday × SPECIAL OTHERS
08/17(水)HOTSTUFF presents TUMBLING DICE 6@TSUTAYA O-EAST Live:ザ・クロマニヨンズ/THE BACK HORN/サンボマスター
08/20(土)中京イズバーニング2016"坂詰克彦生誕祭"@名古屋CLUB UPSET act:怒髪天/TELEZUME./坂詰克彦/昇り坂
08/21(日)中京イズバーニング2016"東海ピーハツGIG"@名古屋CLUB UPSET 怒髪天/SA
08/24(水)LIQUIDROOM 12th ANNIVERSARY@恵比寿LIQUID ROOM The Birthday×THA BLUE HERB
08/27(土)Theピーズ 2016残暑シリーズ @京都 磔磔
08/29(月)red cloth 13th ANNIVERSARY@新宿 red cloth Live:Casablanca/THE BOHEMIANS
08/30(火)須藤寿 GATALI ACOUSTIC BAND SET@青山CAY
09/01(木)うつみようこ 対 ヤマジカズヒデ@代々木Zher the ZOO
09/07(水)SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY「LIVE CRUX NITE」Live:a flood of circle/WHITE ASH
09/11(日)noodles 25th Anniversary “Delicious night”@三軒茶屋 HEAVEN’S DOOR with:the pillows
09/17(土)VINTAGE ROCK Summer Trail 2016」@赤坂BLITZ Live:GLIM SPANKY/THE BACK HORN/シナリオアート
09/22(木祝)髭 YAYAYAYAYA TOUR@横浜Club Lizard
09/23(金)STAND ALONE Vol.2 @クラブeX 大木伸夫(ACIDMAN)×TAKUMA(10-FEET)
09/25(日)PANIC!PANIC!AND TRUE!TRUE!TRUE! WAKE UP!WAKE UP!IN HAPPY ZOO!@横浜 bay hall
09/27(火)Ready Steady Go!@名古屋DIAMOND HALL
10/01(土)A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2016@新代田FEVER with:Bentham
10/10(月祝)TOKYO NIGHT SHOW 7th@赤坂BLITZ act:PUFFY/The Birthday
10/13(木)武蔵野Jamboree@吉祥寺ROCK JOINT GB 藤井一彦/武藤昭平withウエノコウジ
10/14(金)SA presents BIG TOP@恵比寿LIQUIDROOM act:SA/The Birthday
10/15(土)A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2016@横浜FAD with:CIVILIAN(ex Lyu:Lyu)
10/16(日)髭 YAYAYAYAYA TOUR@HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
10/20(木)激突!ハードボイルドな男達@渋谷CLUB QUATTRO act:SCOOBIE DO/The Birthday
10/22(土)フラワーカンパニーズpresents「DRAGON DELUXE 2016」@名古屋DIAMOND HALL
10/23(日)シュリスペイロフ『極楽のあまりかぜ』@新宿 red cloth
10/30(日)百々和宏とテープエコーズ<ゾンビになって生き返るTOUR>@名古屋Tokuzo
11/03(木祝)MANNISH BOYS2016-2017TOUR@@横浜 Bay Hall
11/06(日)SA LOVE'N'ROLL TOUR@水戸LIGHT HOUSE
11/13(日)The Birthday『シャム猫の絶叫』TOUR2016@仙台PIT
11/16(水)ACIDMAN 20th Anniversary LIVE@Zepp Tokyo
11/18(金)THE BACK HORN「KYO-MEIホールツアー」~月影のシンフォニー~@福岡国際会議場メインホール
11/19(土)SA LOVE'N'ROLL TOUR@静岡UMBER with:the NEATBEATS
11/20(日)髭 YAYAYAYAYA TOUR@渋谷CLUB QUATTRO
11/22(火)大パルコ人③ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」@池袋サンシャイン劇場
11/23(水祝)A FLOOD OF CIRCUS 2016@渋谷TSUTAYA O-EAST
11/25(金)The Birthday『シャム猫の絶叫』TOUR2016@高松MONSTER
11/26(土)the pillows presents “About A Rock'n'roll Band@札幌 PENNY LAN24
12/04(日)The Birthday『シャム猫の絶叫』TOUR2016 @豊洲PIT
12/08(木)THE BACK HORN「KYO-MEIホールツアー」~月影のシンフォニー~@中野サンプラザ
12/15(木)僕らのシークレットシェルター1日目@新代田crossing 出演:宮本英一/上野啓示
12/18(日)NAGANO CLUB JUNK BOX 17th Anniversary”テキーラテキーラとファニーバニー”@長野 CLUB JUNK BOX
12/23(金祝)THE BACK HORN マニアックヘブンVol.10@東京キネマ倶楽部
12/24(土)銀河遊牧会2016~マニアックヘブンSP~@東京キネマ倶楽部
12/25(日)歌声酒場もも ~イエスと有江の聖誕祭~@Zher the ZOO YOYOGI
12/27(火)武藤昭平 生誕祭2016@渋谷THE GUINGUETTE by MOJA
12/31(土)the pillows presents "COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2016→2017"@渋谷TSUTAYA O-EAST


◆フェス
04/29(金祝)30(土)ARABAKI ROCK FEST.16@エコ キャンプみちのく
07/30(土) オハラ☆ブレイク’16 DAY1

 
Live:  105本
フェス: 2回(計3Days)


バンド別内訳※重複あり/フェス含まず
 the pillows   17本 *ソロ含む
 The Birthday  24本 *ソロ含む 
 怒髪天 7本
 THE BACK HORN  11本  
 フラワーカンパニーズ 7本
 斉藤和義   7本  *MB含む
 Theピーズ  4本
 髭  8本


今年からカウント始めました(笑)
場所別内訳
 都内(神奈川含む) 70本
 その他関東圏    8本
 県外       27本


あれ。。昨年から一気にまた本数増えてました(笑)
そりゃ、お金キツくなるってね( ̄▽ ̄;)
来年は昨年くらいの70本(月6本平均)位に戻そうと
現時点ではかなり抑えておりますが
どうなることやら・・。

あと遠征について、、その他関東圏が思ってたとおり
めっきり減ってる気がします。
都内で行けるなら関東圏無理して行かなくても、、って感じで
行くなら土日で遠征って感じにしてました。
遠征はお金かかりますが
その分やっぱ楽しいです。
これ来年も月1回は遠征したいなー・・っと。

フェス、、RSRに行ってないから
今年はフェスを満喫した記憶が薄っすらとしか・・
オハラブレイクはかなりゆる~い雰囲気で
オトナの休日満喫できました。
チバさんがミッシェルの曲をやったというのを
あまり把握できないまま終わったのだけが残念ですが
客席にフラ~っと出てきてたとこ目撃できたし
ハルさんもすぐ側で見てたりしてドキドキしちゃったし
楽しい思い出です。

バンド内訳、今年は怒髪天が秋から増子さんの舞台のため
ライブがなくなってしまったので
本数減ってる、、って思ってましたが
意外と昨年とあまり変わらず、、で
あれ?って感じです。

あとThe Birthdayは対バンが多く、しかもほぼ都内だったので
ついつい行き過ぎてしまった感あり。。
ただキュウちゃん単独のやチバさんのGWFとかも含まれてるので
純粋にThe Birthdayのみの本数ではないんですが。


振り返っての感想。

The Birthday BLOOD AND LOVE CIRCUS TOURでは
みんなでたくさん合唱したり
チバさんがやけにご機嫌でニコニコしてるライブが多かったりと
なんて言うか、、
新しいThe Birthdayを見た気がしたんですが
その後の『シャム猫の絶叫』TOURでは
やっぱ今まで通りガツンとロックで
不動のカッコよさを見せつけらました。

フラカン、武道館大成功後のお礼参りツアー
結局スケジュール合わなくてあまり本数行けなかったのが残念です。
せっかくの47都道府県ツアーだったのに。
来年はもう少しフラカン行きたいな。

その反面、髭ちゃんが今年は8月から毎月1回ライブがありまして
実によかった!
来年のアルバムリリースに伴うツアーが待ち遠しいです。

今年は百々さん並びに武藤ウエノのライブにも
ちょこちょこ行けたのがよかったです。
基本てきにはバンドスタイルが好きですが
宮本くんソロも含め
百々ソロ、武藤ウエノはなんか好き。
人が好きなのかな。
武藤ウエノ&藤井一彦さんの対バンとか最高でした。
でもって、、ウエノさんの生誕祭@京都磔磔って
土日かと思ってましたが
平日に行ってたんですね、、よし、来年も頑張って計画立ててみよ。

afoc、SAと新しく扉を開いたバンドもありました。
でもなんていうか、、THE BACK HORNとかフラカンとかの時のように
ガッツリのめり込んで行けるくらいに
なれない自分がいて。。
もう今の状態で飽和状態なのかな、、なんて思ったり。
いや、でも、細々とでもいいので
afoc、SAはライブに行き続けたいと思っています。

せっちゃん今回のツアーではKeyの堀江さんが途中で一時離脱してたため
いろんな方のVerでライブ見れたのは貴重な経験でした♪
MBが全然いけないのが悲しい・・
アルバムは今までの出中で一番好きなので余計に悲しい・・

THE BACK HORNはアルバムリリースのツアー
やってた印象があまりなく(笑)
でもFCイベントを2回もやってくれて
そのせいかそんなにライブ行ってないって印象ないのが
不思議です。
でもやっぱり対バンでのライブにあまり行かなくなったなーって
感じですかね。

シュリスは澁谷くんが正式メンバーとなる
記念すべき年!
もっともっとバンド編成でのライブが増えるといいなーと。

怒髪天は増子さん早く戻って来てーって
舞台を見ながら思ってました。
夏の中京イズバーニングでSAとやった対バン
久しぶりの汗だく楽しかったです。

そしてthe pillows、
STROLL AND ROLL TOUR楽しかったなー
ピロウズはツアースケジュールをとても考えてくれているのか
東京3回いい感じのスパンで周ってくれるのがうれしいです。
有江さんがサポートで定着してくれて
ホントよかったなーって思いました。
それから対バンライブ。
この対バンライブも行きたい対バン相手が行ける場所や日程で
上手く入ってくれて
悔しい思いせずに済みました。
The Birthdayと髭とはもう毎年やって欲しいくらい。
欲を言うなら、The Birthdayともアンコールとかで絡んで欲しいなー。。

っと言った感じでしょうか。
じっくり思い返し始めるとあれもこれもってなってしまうので
パッと見思いつたことのみ書いてみました。
、、、ライブっていうより
バンドについての感想になってしまった・・(;´д`)

来年はとりあえず、控えめで、、を目標に
楽しみたいと思います(笑)

老いぼれても心は子供の頃のまま 追いかけてる事をあきらめるな [音楽]

面倒くさくて使ってなかった
アワアワミルクを作るやつ。
電池変えたらものすごい勢いで泡立って
久しぶりにやったら美味しくて
またここ最近ブームに。
ただ、、ついついミルクを作り過ぎてしまい
カップに注ぐの一苦労。。
カフェのカップみたいなやつ
買おうかな~なんて思ったり。

さて。
そんな12.27は
武藤昭平 生誕祭2016
@渋谷THE GUINGUETTE by MOJA
でした。
IMG_3503.JPG

25日といい、生誕祭づいてるね。
てかさ、12月生まれのアーティスト
多いですよね。
確か、、10月も多いと思う。
あと8月?
ってことは何か、、偶数月に多いのかな?!
あ、ちなみに武藤さん本当の誕生日は
12.28だそうです。
生誕祭はなぜか前日開催(笑)

去年はいい感じに日曜日にやってくれて
この日も前日だったっけ?
張り切ってチケット取ったいい番号で
いい感じの前の方の席で見れたんですが
この日は仕事終わりで
しかも結構残業長引いて
なんとか開演ちょい前に到着できた感じで
座れないよなぁ、、、って思ってたんですが
意外と席は割りと空いてました。
、、、多分、、奥まって座るなら立ってた方がいいって人も
いるからかと思われます。

で。空いてる席に座ったんですが
確かに、立って見た方がよかったかも・・・。
な感じで若干見辛くて残念でした(´;ω;`)
始まってすぐは隣がいなかったんで
横にはみ出る感じで見ていい感じに見れてたのに
ちょっとしたら横が来ちゃって
でもその人の横は空いてるんだから
私がはみ出る感じにしてたらちょっと横に寄ってくれてもいいものなのに
まったくそうしてくれる気配無く
気の利かないヤツだなーって感じでした。。
これならその人来る前に
隣に座っとけばよかった、、っと
軽く後悔したくらい。
なんだろうな―何か見にくかったです。

武藤ウエノ、、曲名全く分かりません~
曲はだいぶ覚えてきてるんですが
なんせ最新アルバムだけ持ってないから。。
毎回言ってますけど
いつか物販で買ってサインもらうんだって思ってて
でもいつも時間気にして変えちゃうってパターンね。。
武藤ウエノはライブ長い上
翌日仕事ってことが多くって┐(´~`;)┌
セトリも上がってこないし、、、
なので感想のみになります。

この日は武藤さん誕生日ってことで
ウエノさん、トークの度に
今日は武藤さんの日だから
いいよ、何でも許す!って言ってて
オモシロかったです。
しかも、この日は初っ端の"武藤さんの"って言う時に
"武藤しゃんの"って言っちゃったもんで
この後はもう何かにつけて
これで通してました(笑)

毎度3時間超えのライブをしてしまう武藤ウエノライブですが
目標は3時間を切ることだそうです。
「時々カラオケボックスとかで
ライブ部分の練習をすることがあるんだけど
それだと1時間ちょっとで終わるんだよね~
なんで3時間になっちゃうんだろうねぇ。。。」って。
あはは。
それはトークと休憩のせいでしょう(笑)

年末と言うことで2016年振り返ってみて
「いろんなところでライブやりましたね~」って。
居酒屋みたいなところでやった時には
靴履いちゃいけなくて
靴下でライブやったそうで
それはかなり思い出に残ってるみたいでした。

昨年も言っていた
売れたいねって話で
2人組だからってなぜかゆずを引き合いに出すんですが(笑)
「だってあいつら、たった2人でドームやってんだよ。」
「でもMステで髪の毛薄い方と会ったけど
すっごいいいやつだったよ」
「え?だって名前知らないんだもん。顔のいいやつと髪の毛薄いやつでしょ」
で。
ドームは野球をやるって目的で借りるなら
営利目的(つまりライブとか)で借りるより
全然安く借りられるそうで
「じゃーみんなで野球やろう。
そして盛り上がっちゃったから歌でも歌います~みたいなていで
マウンドに集まってライブやって、、、
そしたら俺らもドームアーティストですよ(笑)」って。
オモシロ過ぎ。

だけど、そっち系(どっち系だって 笑)は無理かもしれないって
思い出したのか
ちょっと演歌チックな曲をやった後
「次は有線大賞ねらいますか、、」って言ってて
ウエノさんは相当、売れたい願望強いみたいです(´m`)

1時間ちょいやって休憩挟んでからは
やはりこちら、ケーキ登場!!
武藤ウエノは結構写真撮ったりするのOKなこと多く
たまにいいのかな~って思いつつ
ライブ中に写真とかムービーとか撮ってる人いて
驚きます。
なもんで、このケーキとの記念撮影は
自らポーズキメてくれてシャッターチャンス!

ウエノさんも控えめながら
一緒にポーズキメてくれていい感じで撮れました♪
IMG_3506.JPGIMG_3508.JPG
オモシロかったのが
なかなかロウソク吹き消さなくって
ウエノさんに「それ、早く吹き消してくださいよ」って
言われて慌てて吹き消すも
なかなか消えなくて、、って。

あともっとオモシロいのが
ここでプレゼント渡すのかなーって思ってたんですが
(去年はあったので)
今年はなにもなく、普通に曲にいっちゃったんで
今年はプレゼントないんだって思ってたら
どうやら、渡すのを忘れてたみたいで(笑)
後日ツイッターに写真上がってて
笑っちゃいましたゞ(≧ε≦o)

そうそう、武藤さん生誕祭に続いては
3月にあるウエノさん生誕祭。
こちらはいろいろな企画満載で毎年やってますが
ことしもまたまた船での飲み放題ライブだそうです。
さらには京都・磔磔でも!
あー、、、こっちは行きたい!!って思ったんですが
今年は平日なんですねぇ。。
うぅ。
3月末の平日はかなり厳しいところありますが
1日だけの有休でどうにかならないもんか
ちょっと考えます。。

その話をした後
曲行って、次のトークで
「あ、、ゴメン、さっきの話はここでやるべきだったね。
今日は武藤さんの日だってのに
俺の話で出しゃばっちゃって、、
さっき曲やりながらさっきする話じゃなかったなーって
ずっと申し訳なく思ってたんですよね」って
ウエノさん。

そんなこと言ってたら
急にバチンッって武藤さんのギターの弦切れちゃって。
ビックリしたー
急きょ、その場で弦の張り替えタイム。

と、ここで、、、「一人武藤の時は
どんなふうにやってるの?
あーじゃー今から、俺喋んないから
どんな感じでやってるのかやってみてよ」ってウエノさん。
武藤さん慌てるでもなく「すいませんねー」って
その後は黙々と弦張り替えてて「・・・・・」
その様子を見てたウエノさん
「ゴメン。もういいわ。その沈黙、俺には耐えられない」って
結局、トークはウエノさん担当でいくってことで
落ち着きました(笑)

ウエノさん曰く
武藤さん1人だったら
説法とかの有難い話とかしてくれるのかと思ってたって。

あの最新アルバムのジャケ写撮影秘話。
あれはどうしても伊豆の黒い砂漠で撮りたいって要望を出して
実現した現場だったそうで。
そこでギター、ベースのハードケースを片手に歩いてるってシーンを
撮ることになったそうですが
撮影の日が、ものすごく風が強くて寒い日だったようで
スーツのジャケット1枚だと寒いし
空のハードケースは風で煽られるし
あと武藤さん、ハットにガムテ貼って止めてるにもかかわらず
飛んで行っちゃいそうになるから
ずっと手で押さえてないといけないしって
とにかく大変な状況でなんとか奇跡的に撮れた1枚だったとのこと。

さらには、海でも撮りましょうってカメラマンさんから言われ
向かったところ
普段は穏やかな海らしいんですが
この日はまさに日本海かっ?ってくらい
白波立っちゃうほどの荒れた様子だったそうです。

いやぁ、、あのジャケット写真
すっごいカッコよくて好きなんですが
そんな過酷な状況だったとは。
確かに、よーく見てみると
ウエノさんの髪すっごい後ろになびいてるし
武藤さんも若干、ギターケースもう片方の手で
押さえようとしてる感じかもーって(笑)
かなり遠くからのショットなので
分かり辛くはなっていますが、、

そうそう、
ウエノさん、最近博多弁にハマってるそうで。
なんだけ、、誰かのライブに出た時に
地元博多のその方が「つやーに!」って言ってたのが
最高によかったようで
事あるごとにそれを言おうとしてるんだけど
なかなかあの感じが出せないって。

そろそろ新しいアルバム作らないと、、ってことで
この前ようやく今後について話すことができたようで
来年、再来年くらいまでには
新しいアルバム出したいと思います、、とのことです。
楽しみにしてます~

Gt/Voの武藤さん
本職はDrなので、時折ギターをドラムに見立てて
間奏で叩きまくるときがあるんですが
「武藤さん、終わりにしたいときは笑顔でお願いします」って
武藤さんの笑顔が出たら終わりの合図って言うルール(笑)
武藤さん的には笑顔にして合図送ってるつもりが
「武藤さん、それ笑ってるの?」って
終わりにさせないウエノさん。
さらには、ワザとそっぽ向いたりしちゃうウエノさん。
「どっかジャイアンなとこ、出ちゃうんだよな~」と
ウエノさんボソリ(笑)
最高の組み合わせです。

ダブルアンコールで
呼び出された武藤さんが
タッタッタッターって走ってはしゃいで出てきたのが
可笑しくてかわいかったです。

武藤さんを立てようと思っても
なぜかいじってしまうウエノさんも
かわいいっす。

っということで、全くまとまりのない
ツラツラ思い出したことを書き連ねた文章になってしまいましたが、、
最後の方にウエノさんが
「生きていれば、来年も再来年もこうして会えるから。
みんな、言葉は悪いけど、、生きながらえようよ。」って
言ってたのがグッときました。

今年のお土産は
武藤さんが描いた?自画像ポストカード
IMG_3510.JPG
しかも!裏面が年間カレンダー
IMG_3511.JPG
そう、こういうのが欲しかったんですよ~
分かってらっしゃる(笑)
でも、、、もう作っちゃったからなー・・
ぜひこのタイプのポストカード年末年始に各バンドさん作って欲しもんです。


思い出したこと。
武藤さん、来年は打上げで帰ることを覚えたい
いっつも最後まで残ってベロベロになっちゃうらしい?
いつだったか、ウエノさんより先に帰ってたことがあって
珍しいって思ったら
なんてことはない、他の店にいたって。
武藤さん曰く、別の店に用があって、、って(笑)

年齢的に老眼が、、って話。
武藤さんは近眼だから
裸眼で近くは結構見えるらしい。
ウエノさんは相当近く見るのキツイって。
でも御年80歳の加山さんが
老眼で見えないってやってるの見たことないって。

売れたい話の続き。
ゆずじゃなくて、Eザエルにするかって
武藤さん歌って、俺もう楽器とかいいから
武藤さんの後ろで踊るわって。
4代目木曜日の武藤ウエノ←水曜日のカンパネラから
木曜日しかライブやりません!

ウエノさんは3月で武藤さんは12月で
学年は違うけど同い年。
そして今年は年男とのことですが
12/28生まれの武藤さんに
「やっと実年齢が年男になったのに
たった3日でそれが終わるって言うのも、、悲しいね」ってウエノさん。
そうか、、それ言われるまで気づかなかったけど
12月生まれの方はそういう点ではかわいそう、、、って。


お酒が人生のほろ苦さを教えてくれるのです お酒が愛と誠を叩き込んでくれるのです [音楽]

2016年のお勤めも終わりましたー
今年から来年にかけては
祝日事情が喜ばしくなくて(ll'ェ')
年末年始のカレンダーも
まさに、、、って感じです。
って事で短い冬休みスタートです。

さて、
そんな12.25は
歌声酒場もも ~イエスと有江の聖誕祭~
百々和宏とテープエコーズ -oneman-
@Zher the ZOO YOYOGI
でしたー
IMG_3492.JPG

そう、もともとはマニアックヘブンに行く気満々で
チケットも結構後になって買ったので
番号あまりよくなく・・。
中入るともう椅子埋まっちゃったか?っ感じだったんですが
かろうじて、一つ空いてる席を見つけまして
何とか座って見れました。
よかったー

この日はイベント名にもなっていますが
有江さんのお誕生日だったこともあり
全面的に有江推し(笑)
IMG_3494.JPG
いつもはツアー名や曲名にちなんだ
ドリンクの名前になるんですが
これも全て有江さん。

私は"有江ブラック"という
ワインをコーラで割ったものらしいのですが
IMG_3496.JPG
なかなか美味しかったです。

今回は、何度かテープエコーズライブに行ったせいか
セトリをなんとか覚えることができたー
テープエコーズは間に休憩が入るので
半分ずつメモれるからいいですね。
ちょこっと最初の方が記憶が曖昧だったんですが
セトリ上げてる人もいて
答え合わせ出来ました♪

メンバー登場。
見汐ちゃんのカラフルなセーターがかわいかったです。
この日の見汐ちゃん、なんかノリノリで
かわいかったなー★

『唐変木ブギウギ』でノリノリにライブスタート。
確か、、Drの足立さんがサックス吹いてたっけか?
なんかクリスマス!って感じに
華々しくスタートした感じでした。

そしてここでじゃー乾杯しますかって。
この日は何度も言ってますように
有江さん生誕祭でして、、一言言ってもらったんでしたっけね。
「47歳、あちこちカサカサです。
潤いを与えられるライブをしていきたいです」って。
そうか、、有江さんはさわおさんの1個下で
キュウちゃんとかフラカンとかと同い年なんだ。
ふむふむ。
(百々さんとは3個違いって前に言ってた)

『クラクラ』は見汐ちゃんコーラスが素敵な曲。
シャーベッツのなかの福士さんもそうですが
楽器いろいろできて
コーラスもバッチリな女性がバンドの中に一人いると
ライブは華やかで楽しくなるんだなーって。
いや、だからいいって訳じゃないんですけど。
なんかいいなーって。

『ピンチヒッター』の時?
曲が終わると百々さんが
「今日はなんかオシャレな音鳴らしてるじゃない?」って
有江さんに。
有江さん正直者だから
「えーっと、、今日はあまりにも辛くて
フラットレスを持って来てないので・・・」っと
エフェクターで音を作ってるって暴露。
百々さんも「そんなことまでバラさんでいいのに(笑)」って。
あはは。
有江さん曰くジューシーな音だそうです。

そして「じゃーもう1曲そのオシャレな音を~」って
『好きにして』
おぉ~まさに!な。
この曲はうっとりしちゃう曲。

続いて久しぶりにカバーをってやった曲
あまり知らなかったのですが
調べたらLou Reedカバーで
でも多分英詞でそのまま歌ってたんじゃなくって
オリジナルに歌詞替えて歌ってたかも?
なかなかインパクトある歌詞でした。

ここでだったかもっと前だったか
ちょっと記憶曖昧なんですが「なんか、今日はいいね。
音がクリスマスっぽい。
やっぱ音に出るんですね~」ってももさん。
確かに、、そのクリスマスっぽいって言うのはちょっと
分からなかったんですが
なんかいつもより音に一体感があるって言うか
(分かった風な口聞いてますけどー。。笑)
なんか良い!って感じはしました。

「じゃー厳かな曲を
テープエコーズツアーで一番厳かな曲」
って『ライフイズブルー』だったかなー??

ここで一部終了~
え?もう??って感じ。
だって、、まだ1時間経ってなかったしね。
なんとなーくですがMC少なめだった気がしないでもないです。

続いての第二部!
ここは恒例のサブステージから。
メンバー客席割って後ろへ移動。
見汐ちゃんはギターじゃなくってピアニカです。

ここでなんと!
ザーザーズーからプレゼント!!って
樽酒が!!
、、、って言ってましたが
実はカウントダウン用に取り寄せてた樽酒が
たまたまこの日届いてたようで
でもせっかくなんで開けちゃっていいよってことに
なったみたいです。

っということでー
なんと!
鏡割りです(≧▽≦)
百々さん「初めての二人の共同作業」とか言っちゃって
しかも、「皆さん、シャッターチャンスですよ」とか言うんで
撮っていいの??って思いつつ
パチリさせてもらいましたー
わーい!
IMG_3497.JPGIMG_3498.JPG
遠かったんでボケボケですが
なかなかいい感じの雰囲気で撮れました。
だれかがムービーで撮ってたの(しかもかなり鮮明)
アップしてたんで"いいね"で保存しておきました♪

この樽酒、みんなに振る舞ってくれるのかと思いきや
「この後1杯300円で売りますので~」って。
金取るんかい!!って思いましたが
お祝いごとなので久々日本酒いただきました~
「花の舞」
皆さん感想で言ってましたが
かなり飲みやすく美味しかったです。
ちゃんと樽の香りも移ってて。

「なんかね、楽屋戻った時に見汐ちゃんが
今日のお客さんは、、かわいい人が多いって。
あとベレー帽率が高いって言ってて」って
言いながら会場を見渡す。
「あ、いた、あそこにも」って
ざっと見渡した時点で4ベレー帽(笑)
「おしゃれなの?(ウンウンって感じのリアクション)買おうっと」
って百々さんゞ(≧ε≦o)
笑えましたー
いや、でも、私はこの日はベレー帽じゃなかったんですが
今年はベレー大人気なのは確かです・・。

樽酒も美味しくいただき、ここにピッタリの曲って
『お酒にまつわるエトセトラ』
見汐ちゃんのピアニカが光ります。

さらに光る曲!『SICK JITTA』
楽しいー

最後、皆さんにも手拍子で参加してもらいますよっ
『スーパッパ』
これやるとそのやった県の性質がでるって
毎回笑い話になるんですが、、
今年は「広島はすごい盛り上がってよかったよねー
その点、大阪バラバラだった」って。
ちなみに、、私の行った名古屋は
なんだっけ、、ブランキーとかの出身地ってこともあってか
ビートが早くてどうのって言ってたんですが
ちょっと忘れました。

さて。東京は?!
どうだって感想は言ってなかったですが
まずまずなできだったんじゃないでしょうか。
足付けるとちょっと時折分からなくなっちゃいがちなんですが
手拍子だけだとバッチリ叩けるようになりました(*´ω`)

第二部終了~
最終部へ。
「有江くんのカッコイイベースカモン!」みたいな煽りで
イントロのベースから始まる『高架下の幽霊』
有江さんのベースは太くて安定した音で
ホントいいですよね~
ああいう音大好き。

話題のノーベル賞話
「すごいよね~先約があるって授賞式キャンセルするんだから。
あれきっと誰かと飲む約束があったんでしょうね。」
そこからその方の曲によく似てるって言われる曲があって、、って。
まぁ、これはカバーって言うか
オマージュっていうか、、な曲らしいんですけど。

ただ音源出すには著作権関連面倒だと思うから
止めといた方がいいって言われてて
音源にはしてなかったそうですが
「なんか、つい先日、誰だっけあの元ブルーハーツだった人の、、、」
※ましまろのようです
「シングルのC/Wにカバー入れててさ。
なんだ~行けるんじゃんって。
来年辺り出しますか」って
『鼻血ピュー』
そうだったのかー
どうりで、音源持ってない訳だ。

そしてビックリ足立さん。
「さっき楽屋で足立くんが
もう今日は、日本酒飲んだからテンポとかビートとか
どうなるか責任持てません!って言ってたよ」
「それってドラム放棄ってことですよね??」
「理由が日本酒飲んだからって、、(笑)」って
大笑いの百々さんと有江さん。
そしたら足立さん「あの、、トイレ行っていいですか?」って
もうオモシロ過ぎです。

ここで時間つなぎに
今話題の?!福岡の先輩、Aさんについて。
「お茶出すってね、、」
「茶目っ気が、、、」
「チャゲっ毛??」
「チャゲは毛ないから」
などなど毒タップリに(笑)
意外と早く戻ってきてた足立さんにも気づかず
繰り広げられてましたゞ(≧ε≦o)

あとなんだっけ、、
「さっき楽屋にニコニコで店長さんが
フランクフルト(フードで売ってるやつ)を
有江のフランクフルトって名前変えたら
スゴイ売れ行きで!!って言いに来たよ」
「実際の大きさはどうなの?
あのフランクフルトくらいある?」
「まぁ、、そうですね」
「それ、なかなか(の大きさ)じゃない?
え?戦闘態勢ではってこと?」
「いや、通常・・・
あのー昔から私、なかなかの大きさって言われてました(笑)」
この一連のトークにニヤニヤしてた見汐ちゃん
「ここは触れない方がいいですね。。。」って
百々さんに言われててオモシロかったです。

気を取り直して『Good Dreams』
いい曲だー
無いとは思いますが、、
もしテープエコーズとピロウズが対バンすることになったら
この曲をお互いでやって欲しいなーって。

『中央沿線午前四時』は途中に聞こえてくるカラオケの音楽、、、ってことで
その日ならではの1曲が挟み込まれるんですが
この日はやっぱそうだよね、、って
山下達郎さんの『クリスマス・イブ』
百々さんのちょい熱唱気味で歌う『クリスマス・イブ』
レアだー!!
さらには足立さんのサックスとかも入っちゃって
クリスマスムード満点。

っと思ったら、、、「クリスマスってこんなもんじゃないだろ?」って
一転!
ラフィンの『 聖者が街にやってくる』へ。
ノリノリなパンクへ変更!
見汐ちゃんのステップ踏む足がかわいかったー
最高!

〆は『ロックンロールハート(イズネバーダイ)』
さらに『ロックンロールハート』で終了。

続いてアンコール。
最初に出てきた百々さんが
「今日は有江くんん日だから、、
俺はセンターから格下げです・・」って
ベースの位置へ。
ウソー

仕込みでっぽいコートにマフラー巻いて登場の有江さん。
なんと!そのさっき毒吐いてたA先輩の曲
『YAH YAH YAH』
しかも合間合間でネタ仕込んできてるし・・
(小道具持参 笑)
ちょっとブラック過ぎますので
詳細は割愛しますが
オモシロかったです。
有江さん、歌うまかったです。

で、ケーキ出てきて
ハッピーバースデー!!!

百々さんが「この46から47の一年間、すごい飛躍的
だったんじゃないですか」って聞いたら
有江さん「もう何も起こらないかと思ってましたー」って
いや、ホント、予想もしないことだったなじゃいですかね。
だって昔から接点あったって訳じゃないし。
フジイさんみたいにサポートをアレコレ積極的にやってたって感じも
しないし。
いや、でも、ホント、
ちゃんと来るべきところに適した人がちゃんと現れるように
なってるんだなーって
なんかしみじみ思ってしまいました。

百々さんが「お願いだから、俺がこの日スケジュール空いてる?って
聞いた日は全部空いてるようにお願いします!」

「You are FRIEND!!」って言ってから
『ともをまつ』へって流れ
かなりよかったです。
この日は特に合間のダンス
ご一緒に~的なのはなかったです・・

いやぁ、、楽しかったー
第一部アッという間な感じから
第二部、第三部と内容濃くって
気付けば、、結構時間経ってました。。

ダブルアンコールの拍手が続いたんですが
百々さん(有江さんも出てきたっけ??)だけ出てきて
「えーっと、、今日はこれで終わりです~」っと
ご挨拶だけ。
「また来年やりますのでー」って
ぜひぜひ!テープエコーズライブツアーやって欲しいです。

<セットリスト>
 01.唐変木ブギウギ
 02.アドワナダイ
 03.ポテトフォーピープル
 04.クラクラ
 05.ピンチヒッター
 06.好きにして
 07.ワイルドサイドを歩け(Lou Reedカバー)
 08.ライフイズブルー
  ~鏡割り
 09.お酒にまつわるエトセトラ
 10.SICK JITTA
 11.スーパッパ

 12.高架下の幽霊
 13.鼻血ピュー
 14.Good Dreams
 15.中央沿線午前四時
 16.ロックンロールハート(イズネバーダイ)
 17.ロックンロールハート

 EN.
  YAH YAH YAH
  ともをまつ

会場でもらった、、福岡版のフリーペーパー
IMG_3499.JPG

中の写真が、え?チバさん?!って思わせる風貌で
って、、そう思うのは私だけですか・・??
IMG_3500.JPG

あとこれはオマケ。
おっ!ピロウズ!って持って帰ったものの、、
IMG_3501.JPG
中には全く関連記事は載っておらず
ただ表紙になってるだけでした。。
なんでー??
あ、唯一これか?って思ったのは
カウントダウンライブの紹介。
IMG_3502.JPG
これで表紙になっちゃうなんて。
ある意味スゴイ(笑)


THE BACK HORN FCイベント 銀河遊牧会2016~マニアックヘブンSP~ [THE BACK HORN(2012年~)]

クリスマス~な3連休2日目は
銀河遊牧会2016~マニアックヘブンSP~
@東京キネマ倶楽部
でしたー
IMG_3486.JPG

6月に初めてのそういうFCイベントをやって
まだ半年っていうのに
早速も2回目開催って
FC会員にとってはうれしい限り~
でもやはりキャパ的なところから
ハズレてしまった方もいたようで
もし記録されているとしたら
次は私はハズレるかもな・・。

その前にマニアックヘブンのもう一つのお楽しみ
ギャラリーが
今回はライブとは異なる日程となっており
見れるのはこの日のみというね。
IMG_3481.JPG
それもそのはず
客席部分に展示されていました。
日程2日に分かれるのって
行く側としても
ちょっと大変と言うか、、、
でもそれ以上に
ライブ終わりで展示して
さらにはすぐに撤収→FCイベントの準備って
スタッフかなり大変だったのでは??と思うと
文句も言えないですね・・
ありがとうございます。

まぁ、、いろいろな点からして
恐らくここでまたもう1回っていうのは
無いような気がします(笑)
雰囲気はいいので残念ですが、、
もしくは
ライブだけのスタイルにするなら別ですが。。

あ、でも。
こんな機会でもないと
会場内の裏側とか入れないし
そういう意味では楽しかったです。
キネマ倶楽部の2階席も初めて足を踏み入れられたし!

ギャラリーは特に新しい企画はなく
今まで同様
メンバーの手掛けた作品、ライブ写真などの展示
Tシャツなどの展示
パネルの展示
去年からかな?始まったスタンプとかでした。

そうそう、栄純作の漫画にメンバーがアフレコした
ムービーはリピートで会場内にずっと流されてて
見てる間中何回も聞こえてきて
なんかオモシロかったです。

展示は中に入ってから順次流れで見ていく感じなので
前後の状況によって
ゆっくりになる所とさっさと行かないといけない所とあり
自分のペースで行かないところが
やっぱちょっと見辛かったです。

パネルとの写真撮影は
1か所のみ。
しかもイロイロ障害物ある遠いところで・・
あまり上手くパチリできませんでした。。
IMG_3483.JPG
IMG_3482.JPG

スタンプはバッチリ!
ただ、、そうだった事前に見本UPされてて
金色スタンプだったから
黒とか色のある紙の方が映えるのに
白い紙持って行ってて、、
シマッタ。。と。
しっかりカードみたいなの準備されてる方とかいて
すばらしい~って思いました。
IMG_3488.JPG
その後もう1回チャレンジでマニガチャ回しましたが
今回は。。。マツ。
被らなかったけいいか、、、っと思ったんですが
やっぱ諦めきれず
ツィッターで交換希望を出し
なんとか、交換してもらえました♪
ってことで将司のがお嫁に~さよなら。
IMG_3485.JPG

いやぁ、、光舟のは
機材の感じ見るの好きな私としては
かなりうれしいデザイン。
IMG_3489.JPG
しかも光舟のアンプってカッコいいから余計にうれしいです。
むふふ。

その後混んでる上野で時間をつぶし。。。
やっとこ、遊牧会へ。
そう、準備の関係で
土曜日だってのに
19時開場/19:30スタートと言うね。
遠方からの人は結構大変だったんじゃないですかね。。

ライブ同様
やっぱ番号悪くって。
だってアルファベットBだったし。
なんで通しになってないのか謎ですけど。。
後で入ると立見かも、、っ的なことが書いてあったので
ハラハラしましたが
何とか一番後ろでしたが座れました。
・・・この日もやっぱ2階席は満席でした。

この日のメンバー登場は
あの上の段のところからではなく
普通にSEもない状態でステージの横から出て来ました。
、、、あそこからも上がれるんですね(笑)

並びはステージ向かって左から
光舟、栄純、将司、マツ。
栄純のスウェットが不思議な柄で
あれは、、何が書いてあったのだろうか・・(笑)
将司はチェックのシャツ(ちょっとバスローブ風)好きですよね。

最初は少し立ちトーク。
ここ、キネマ倶楽部、鶯谷について。
マツが1日目のライブの後
渋谷方面に行くのに電車を使ったそうですが
「ここからだとどっちが近いか微妙な位置なんだよね~」って言ってて
いや、確かに―って思いました。
でもかろうじて池袋・新宿方面周って行く方が
渋谷には近いとのこと。
その時に駒込って駅名が出てきて
「懐かしい。あの昔スタジオに使ってたところ!」って
少し盛り上がってました。

さらには栄純が「鶯谷は
、、、風俗店が多いん土地なんですか?」って光舟に聞くもんで
光舟「なんで俺に聞くの?」
栄純「いや、距離的に(近かったから)、、」
光舟「それなら山田も同じだろうが」っと。
それ聞いて、栄純からちょっと遠ざかる将司(笑)
光舟的には
そういう系に詳しいと思われて聞かれたというのが
納得いかないみたいで可笑しかったです(´m`)ププ。

そんなこんなありまして、、
皆さんでとりあえず記念撮影しましょう~っと
カメラマン塁さんによる撮影。

2階席の庇で1階席の後ろが影にならないよう
いろいろ配慮してくれて
パチリ。
前回は帰りがけにプリントアウトしたものをもらったんですが
今回はデータがアップされてるところにアクセスして
自分で保存なり焼くなりしてって形に。
そっちの方がいいんだか、なんだか。
ま、データの方が好きな時に見れるしアップもできるし
いいのかな。
前回は全くと言っていいほど写ってませんでしたが(2階席だったので・・)
今回はなんとなーく認識できる感じに写っててうれしいです♪

着席して今度はクリスマスの思い出話。
光舟の家がなかなか手が込んでて
「うちはさ、その時期になると
夜、お父さんが急にサンタに電話をし出して
どの辺おる?おーじゃー今から迎えに行くわーって
で、出て行った後しばらくしたらサンタがやってきて
プレゼントとかくれて。
その後サンタが帰ったら
お父さんが戻ってきて、あれ?来たか?
なんか見当たらなくて会えなかったとか言って。」って。
すごくないっすか??

ただオモシロいのは
「お父さんもノリノリだったんだろうね。
サンタと記念撮影とかしてる写真が残ってて。
それ今になってみたら
髭とか綿で作ってあったりして(笑)」
父である形跡残してるって言うねゞ(≧ε≦o)

将司は「えー、、なにしてなかな、、
でも、普通にケーキとか食ったりしてたよね?」って
2階見上げて言うから
マツが「誰に聞いてるの?」って言ったら
どうやら2階席に親が来てたらしいです。
あ、栄純ママも一緒に。
このお2方はいつも熱心ですね(笑)

栄純のところは「サンタ(父)が酔っぱらっててさ
サンタの友達とか連れて帰ってきたりして
なんだろ、、焼き鳥とかくれたよ」と。

司会に徹してたマツは
特に語ってなかったです。

あと2学期も終わり、、、な時期ってこともあり
成績表の話もちょこっと。
大人になって成績表もらうこともなく
懐かしいのか
「成績表とか欲しいよねー」って。
ミュージシャンとしての評価っていうんですかね
愛嬌とか社交性とかアドリブ度とか、、
お互いにあーだこーだ言い合ってて
楽しそうでした。

そしてここでこの日の企画第一弾!
TBH検定!!
最近流行ってるんですか??
私はやったことないんですが
色んなアーティストの検定。

IMG_3490.JPG
入口でもらった冊子に問題が書いてあって
それを時間内に各自解き、採点するという形。
正解数に応じて
栄純デザインのステッカーが帰りにもらえるとのこと。
なるほど。今回ステッカーがあったから
写真はデータになったのかもな。

そのステッカーが例の銀河遊牧民のデザインの
銀河さんとラクダさん?になってて
初級だと赤ちゃん
中級だと成人っぽくて
上級だとメカ化してるって感じで
なかなかオモシロいものでした。

鉛筆もその冊子についていたんですが
「皆さん、ありますか?」って聞いた時に
何名かないって言ってる人がいて
スタッフが手渡しに行くんですが
最前列にいた人のところになかなか手渡されなかったのを見て
将司が自分のを「ハイ」って渡してあげたりして
優しい~って歓声上がってました。

揃ったところで、スタート!っとなり
みんながやってる最中、メンバーは少し語ってたりしたんだけど
じゃー俺たちもやってみる?ってなり
みんなで黙々と挑戦。

制限時間5分だっけ?
最初解き終わらないんじゃないかって焦りましたが
無事、終了~
そして答え合わせ。 

答え合わせは順番に解説やら感想付で正解を言っていってくれて
へぇーって話とかも聞けました。
将司がなかなかの正解率だったみたいです。

この中でベスト盤に入ってない曲は?ってやつ
光舟が「俺はこういうの、年号で覚えてるから自信ある!」って
言ってたやつを
思いっ切り間違えてたみたいで大爆笑でした。

へぇーって話では
将司はお寿司はウニで始まりウニで〆るとか。
ただ昔はお金なかったから
なかなか食べられなかったらしいですが・・

あと「甦る陽」の裏ジャケにある山はいくつかって問題で
マツ「山と言えばやっぱ3つでしょう、見た目的に」
でもってそれを描いた当時、事務所の社長さんに
「お前大丈夫か?」って心配されたらしいです。
本人的には何が?って感じだったみたいですが(笑)

このアー写はどのシングル?って問題で出てきた写真
メンバー的にはなかなかイケてる方じゃないかっていう1枚だったみたいですが
それ以外のアー写もいろいろ出してくれて
だいたいは栄純の映りがオカシイって話題になり
オモシロかったです。
アー写は時代が感じられてオモシロいね。
でもってほぼほぼ将司が全面に出てるパターンなんですね。

THE BACK HORNの歌詞によく出てくる漢字一文字シリーズ。
マツが例をドンドン上げて行って
みんな好きだよねーって
特にマツが好きみたいで
色んな曲に登場してるとのこと。
確かに。

全12問中、、、私は半分の6問正解で中級でした。
2問はどっちかなーって迷って間違ってしまったので
上手くいけば8問正解だったかも?ですが
それでも結局は中級だったので良しとします。
IMG_3491.JPG

ここで、最後にスペシャル版として
正解するとメンバーサイン入りのプレゼントがもらえる問題を3問!
プレゼントは将司のマイク、栄純のギターケース、光舟のベースケースと
将司以外はいずれも若干難有なものでしたが
THE BACK HORNってステンシルしてあって
かっこよかったです。
マツのスティックはないのーって。。

問題はなかなか難しいものでしたが
実は私、1問目、すぐに分かったんですが
まさかそれ答じゃないよね・・って思って
挙手しなくって。
手上げとけばよかったかなーって
ちょい後悔。

その問題は昔、雑誌に連載してたという
とあるシチュエーション?にあった漢字を
マツが考えるというコーナー。
その漢字は何て読むでしょうかって問題で"言朝"
正解は・・・「おはよう」

まさかの正解で
マツと思考回路同じか?!ってゞ(≧ε≦o)
山は3つだろうってのも同じだったし・・

でも分かった人も多く
プレゼントもらえるのはジャンケンで勝った人だったので
ま、手上げててもジャンケンで負けてただろうな、、ってことで
気にしてません。
ここでの正解者へのプレゼントは栄純のギターケース。

2問目は逆回転イントロクイズ
スタッフがどうしてもこれをやって欲しいって言った問題だそうで。
逆回転なのでイントロって言うか
アウトロを当てるってことになるそうです。

で、、、これが全く分からず。
分かった時点で挙手だったので
なかなか先へ曲が進まず。
でもって正解者もなかなか出ず・・
最後なんとか正解者出て終わりましたけど。
これ、とある部分まで聞いて
挙手させる方がよかったんじゃないかなー・・なんて。

答えは『幾千光年の孤独』
これは最後キュイーンって感じの音が鳴ってるの特徴的だそうで
それを覚えてたらかなり分かりやすかったかも、、って。
でもってここでのプレゼントは
光舟のベースケース。
そんな光舟はすぐ分かったとか。
流石っす!

そして最後は2003年くらいの雑誌のインタビューにて
栄純はこの時なんて答えたか。
内容的には、最後に読者に向けて一言ってことで
順番に答えていくとき
栄純の前のマツがたくさん喋ってしまい
全部言われて言うことなくなった状況にて
言った一言だそうで
ただこれ、言った本人も他メンバーも記憶なかったので
正解聞いても、へぇー、、って感じだったんですが。

なのでさすがに正解者なし。
ってことでプレゼントもらえる人は
この日の整理番号を一つ言ってその番号の人に、、ってことへ。
プレゼントが将司のマイクだったので
将司が選んだ番号に。

ここで番号がどこまであったか知ったんですが
Aは200番までで
Bは240番台くらいまであった感じです。
なんでBの方が多いんだ(・ε・`*) ...
ま。いいけど。

将司が選んだ番号は
A型の10/8生まれってことで A108だったんですが
なんと!この番号の方、来てなかったみたいで。
(いたけど手上げなかっただけかもしれませんが・・)
なので次点、B108番で無事終わりました。
あ、ちなみに
栄純が言った一言は
インタビュアーさんに対し「その上着カッコいいですね」って。
読者への一言なのにインタビュアさんに向けて言っちゃったんだって
みんなにツッコまれてました(笑)

検定にクイズ参加型だし
イロイロ面白い情報とかも聞けて楽しかったです。

続いて企画第二弾、こちらは1回目にもやりましたが
栄純の描いた漫画へのアフレコ。
栄純が手際よく台詞の割り振りを決めてて
さらには録るときもハイ、ハイってキューを出してて
かわいったらありゃしない(笑)

そしてコレの特徴は1発録り。
間違ってもそのまま進みますから!って。
マニアックヘブンで流してるのもそうなんですかね。
だからオモシロいのかも。

今回の描き下ろし(笑)は"アー写"というタイトルで
内容的にはスタイリストさんあるあるみたいなやつ。
スタイリストさんに言われると
え?そうかなってなんでも受け入れちゃうところあるよねーって。
ちなみに、あくまでも登場人物はフィクションで
ただ、似てる人には一応許可取ったそうです。
そのスタイリストさん役を将司がやったので
将司のセリフ部分が異様に多かったです。

あと、なんでも栄純は
このマンガでメンバーへのストレス発散してるらしいって(笑)
内容ネタバレになるかも?ですが
今は一番将司に言いたいことがあるのかな?
俺は俺って文字
もしくはマツ?
フル●ンに象って、、
あと光舟は俺はいいけど名付けてくれた親に謝れって
ツッコまれてました。

バッチリ収録できましたので
またいずれ公開されるでしょう♪

最後の企画はお悩み相談
事前にお悩みを募集していて
そこからいくつか選んで答えていくというもの。

オモシロかったのは
"お悩み"を"おやなみ"って2回も言っちゃうマツ。
さすがに2回目はツッコミ入り
その前の日に思わず言っちゃった"銀歯遊牧民"ってのも出てきて
大笑い。
ただ、これ、いい訳として
"銀河"と"電波"が混じっちゃったようで
それ聞くと、あーなるほど~って。

こちらは書き出すと長くなりそうなので
ザックリ端折って。
お悩みと回答は以下。

●就活に背中を押してくれる選曲
 将司『花びら』 息抜きにいいじゃないか
 光舟『ファイティングマンブルース』 社会人っぽい
 栄純?『魂のアリバイ』 ←これ何でだっけ?
 マツ『レクイエム』面接前にいいんじゃないか、扉開いていく感じで。

●救いようのない映画でおススメを教えて
 何て答えてたかあまり映画興味ないので
 記憶なし・・。
 てか、なんで救いようのない映画を知りたいのか
 不思議なんですけど・・

●90分おきに目が覚めてしまう。いい対処法ないですか
 これ、栄純がかなり医学的というのか
 しっかりとした情報をもとに答えてて
 栄純も不眠症??って思っちゃいました。
 あと将司も結構眠れない性質らしく
 ある時間に太陽を浴びるといいみたいなことがあるらしく
 それを実行したりしてるそうです。

●職場でのジェネレーションギャップ対処法
 オモシロかったのが
 光舟が「俺はマツが何言ってるか分からない時があるよね。
 要するに、の中に要するにが何回も出てきて
 で、要するになんなの?って」って言ってて
 想像できるーって思っちゃいました。

 あと最近はなんでも、何かあったら○○ハラスメントにされるから
 下手に言えないよねー、、っと。
 なので、言い方とかにもよるのかも。
 で、「今このタイミングで、光舟に俺(栄純)の事もっと知りたいから
 飲みに行かない?って言われたら
 え?今更?ちょっと大丈夫かな、、って思って行っちゃうかもね」って。

そしてそして〆はミニライブ(アコースティック編成)
まずは『海岸線』
栄純のギターソロよかったです。

続いてはクリスマスってことで
THE BACK HORNの曲で唯一"クリスマス"って歌詞が入ってる曲って
すぐにどの曲か思い浮かびましたが
まさか唯一だったとは。
しかも唯一なのに、ベタ幸せな曲じゃないとこが
THE BACK HORNらしい気がしました。

最後『サイレン』のアレンジが
原曲とはかなり違う雰囲気になってて
これはこれで素敵でした。

これを聞いてふと、ACIDMANがキュレータの
タワレコイベント、テーマがアコースティックなんですが
ちょっと行っちゃおうかなって思ったり。
だってTHE BACK HORN、、呼ばれるよね??
ツアースケジュール入ってなかったし。

ホントミニライブで3曲だけでしたが
トークイベントだと思ってたので
ライブは予想してなかっただけに
3曲でもヤッター!って感じでした。
そうか、、だからか
将司はトーク中もずっと水じゃなくて
持参のポットに入った飲み物飲んでたのかな、、って。

<セットリスト>
 1.海岸線
 2.羽根~夜空を越えて~
 3.サイレン

っということで
2時間超えるなかなかタップリなイベント。
楽しかったです。
またやりたいって言ってたので
きっと近いうちにまた企画してくれると思います。
今度は、、会場どこがいいですかね・・
前回のduoは柱が邪魔で(´+ω+`)
座りでそこそこキャパ入って、、ってとこ
なかなか難しい?!

ああ僕等ただ通り過ぎてた夢中な時には気付かないものがる [THE BACK HORN(2012年~)]

今年も残すところ1週間。
っていうのに、、なんかコートもマフラーもいらないじゃん?みたいな
拍子抜けの気候に
まったくもって年末感を感じないのですが・・
でも札幌では積雪90cmとか言ってるし
同じ国内でもこうも違うのか、、と
驚いております。※12/24現在

さて。
そんな12.23は
THE BACK HORN マニアックヘブンVol.10
@東京キネマ倶楽部
でした。
IMG_3476.JPG
IMG_3475.JPG

年末恒例マニアックヘブン
今年で11回目(初回がVol.0だったとか?)
私が行くようになってからは
東京での開催はずっと新木場スタジオコーストだったんですが
今年はお初のキネマ倶楽部。
やっぱキャパ小さいですよね、、ってことで
ライブは2Days開催でも
チケットかなりの激戦だったようで
私も何とか1日だけ確保できましたが
もう1日は駄目でした・・。

っということで初日のみ参戦!
2日目は心置きなく有江さん生誕祭へ行ってきます(笑)←今日!

チケット番号悪くって。。
マニアックヘブンでいいの来たことないわ。
恐らくFC先行としては末番だった模様。
呼び出しもすっごい時間かかって
この日は割りと暖かい日だったからよかったけど
それでも冬の日にしては薄着で待機だったので
いやぁ、、入るまで辛かったです。

ただ、、中入ると
思ったほどギューギューじゃなくって
意外とユルユルでした。
もしかして、、建物上、人数制限厳しくて
割りと余裕をもった人数しか入れてないのかも?って
思ったり。
ってことで、かなり快適な感じで見れました。

あと、、キネマ倶楽部
何回か来たことありますが
ステージこんな高くて近かったっけ??って。
JCBホールとか武道館とか
そんな感じの円筒状の会場のせいか
後ろの方でもステージとの距離が短く感じて
とっても見やすかったです。

時間は、、入りに押してたと思うんで
始まったのも押してたのかな~
時計見てないですけど、、
暗転してライブスタート。
この日仕様のSEが流れます。
これがまたいい感じで。
なんでしょ、、ディズニーランドとかのアトラクションとかで
鳴りそうな雰囲気。

ワクワク感高まったところへ
例の、段上がったところにある、金の幕が下りてるステージのところから
メンバー登場。
それだけでもなんかゴージャスな感じがして
おぉ~って感じになります(笑)

皆さんの衣装はいたっていつも通り。
そう言えば、、最近は将司の白シャツ率が上がった気が。
この日も白シャツで
栄純・光舟が黒っぽいシャツ。
マツは白系のTシャツでした。
マツの髪型もようやくいい感じになってきた気がします(スミマセン 笑)

セットリスト
いやぁ、、マニアックでしたー
ここ数年はそうは言ってもさ、、的な感じで
あとなんでしょ、企画的なものも多かったせいもあって
あれれ・・って感じがしてたんですが
今年は、バッチリ、初心に帰ってじゃないけど
マニアックな内容だったように思います。

だってーいきなり『マテリア』からスタートですから。
おぉ~ってなりますわ。
あと、、もうほとんど
イントロで何が来たか分からない。。(笑)
周りの方々は結構な率で
おぉーって言ったりしてたんで
いやぁ、、皆さん、相当な信者なんだなって。

ただ一応、全曲、知ってる曲で
歌いだしてから、おぉ~っとはなったんですが
でもタイトルはね、、浮かんでこないねぇ・・┐(´~`;)┌
帰ってからどの曲だっけ、、って探すも
タイトルから曲浮かんでこなくって
いかに普段シャッフルで適当に聞いてるか、、ってことですよね。
これは今後はTHE BACK HORNに限らずどのバンドも、、なんですが
もう少しアルバム、そしてタイトルまでも
意識して聞くようにしたいなーって
最近特に思ったりしています。

続いて『ラフレシア』
『赤い靴』と
1曲目の『マテリア』もそうですが
暗がりに赤い照明ってイメージの曲が続きます。

ここでマツから最初のMC。
初めての会場について
「キネマ倶楽部、雰囲気が
まさにマニアックヘブンやるための会場って言っても
過言ではないと思いませんか!!」って
いや、でもホント雰囲気はすっごい
THE BACK HORNに合ってる気がしました。
でもって今年はたまたま
クリスマスと繋がっての3連休という日程での開催になり
「そんな大切な日をTHE BACK HORNのために割いていただき
ありがとうございます」って。
そして「最高な1日にしましょう!」

からの『ミスターワールド』
将司の歌詞に合わせた体の動きが
エロくって。

『アポトーシス』は初めてライブで聞いたかも?
最後の不思議な音の声を聞いて
この曲は、もしや、ってタイトルが浮かんできました(笑)
あそこは将司がやってたんですねぇ。。

続いての『人間』『ディナー』は
たまーに登場するラインナップ。

そしてそして『白い日記帳』
これ、普段のライブでやったのを
聞いたことあったかどうか覚えてないんですが
いつぞやのマニアックヘブンの音源が特典でくっついてきた中に入ってる1曲で
それを聞いたときに、いつか聞きたいなーって思ってたんで
ちょっとうれしかったです。
なんかこう、、ちょっと歌謡曲チックなのが
THE BACK HORNらしい曲でもあって
結構好きだったりします。

『怪しき雲ゆき』はマニアックヘブンでは
逆にすっかりお馴染みな感じがする曲。
怪しき雲ゆき~の後のオゥッ!って発生がテンション上がります。

でもってイントロちょっとアレンジがありましたか?
『リムジンドライブ』
古い曲の荒々しい感じ、いいですよね~
最近の将司はホントに歌がうまくなって(って言い方も偉そうですが、、)
聞き比べると昔の荒々しい感じが
懐かしくなったりもします。

「いやぁ、、マニアックですね~」ってマツ
おもむろに地上がり一言。
なんか他人事みたいに言っててオモシロかったです(笑)

「どうですか!皆さん!!」って言うも
前3人、なかなか話し出さないもんで
ちょっとアタフタするマツ。
で、将司が急に寝言の話言い正したんでしたっけ?
ここから割と長いMCタイム。

なんか覚えてないんだけど
自分で言った寝言で目が覚めたって話
しかもその一言が「みちみちにしてください」だったそうで
「なんだろね?」って。

シチュエーションで覚えてるのは
ご飯をよそってたらしく、きっとなんかして欲しかったんだろうけど
なんだよ、みちみちって!って
自分でも謎が解けないままみたいです。

そこからいつだったかの「I like PASTA」発言。
これは仙台でのライブの時に栄純とお昼を食べに行って
スピードラーニングの話したらしく
それが影響されてか、、その日の夜そんな寝言を発したとか。
光舟「そんなパスタ好きだっけ?」
将司「いや、、そうでもないんだけど、、」

将司「パスタと言えば、マツが好きだよね」って
言いたかったらしいのですが
「マスタ!」っと言ってしまい大爆笑ゞ(≧ε≦o)
マツとパスタが混じったようです。
いやぁ、オモシロかったー

で、そうそう。
マツはパスタ好きだそうで
「銀河遊牧民のブログに本格的なレシピを載せてますよ!」って
こちらも言おうとして、、、
「銀歯!」ってなり
えぇーっ!!!
こっちの方がさらに可笑しかったー
銀歯ってって。

改めて、、「銀河遊牧民のブログに本格的なレシピを載せてますよ!
ジャコのパスタとか、、」って言うも
光舟に「それ、本格的か?」ってツッコまれる始末。
なのでマツ「まぁ、、男が手軽に作る料理ですよ」っと。
そうだったのか、、まだ1回も見たことないかも( ̄▽ ̄;)

そして
マツ「レシピと言えば、、」から
マニアックドリンクの話へ。
これ、電子チケットのSPでメッセージが配信されていたようですが
全く見て行ってなくって
会場で知ったんですが、、、
今年はアルコール担当とソフトドリンク担当が交代したそうです。
「10回もやってればね、」

なのでいつもはアルコール担当だった
光舟と将司がソフトドリンクになり
ソフトドリンク担当だったマツと栄純がアルコールに。

早速飲んだお客さんに感想聞くと
光舟のは「不味いー」と反応。
それに対し光舟「だろうね。味見してねーから」っと。
最近は勘で配合して放置だそうです。
そもそもドクターペッパー自体あまり好まれる味じゃないものに
さらに苦味のコーヒー、そして逆に甘みとしてカルピスを。
そのカルピスのことを「ミスターワールドってタイトルに合わせ
精●っぽいの入れとけーって」言ってて
会場、ザワついてました(笑)

マニアック=万人受けしないということで
不味いドリンク考案を任務としていた?!将司が
意外と美味しいという反応に対し
「悔しいな」ってボソっと言ってて可笑しかったです。
※充実野菜+コーラ

逆に栄純はかなり味見をして配合考えたようで
「実はリハの前にやってて
すごい酔っぱらったまま行った日があったんだよね」って
暴露してて栄純らしいわ~って。
※ビールにカシス、カルピス

今回アルコール班はどちらも評判よろしかったようで
その反応を聞いてまたまた光舟
「どうせ甘けりゃ、いいんだろ?女子供は!!」って
言い放ってて
マツが「女子供って、、、
(男性も結構いるって意味で)そうでもないですよ」
さらに
「THE BACK HORNのさらにマニアックな曲を好んでくれる
大切なお客さんなんですから。
誇りに思っています!!」とフォローしてて
流石リーダー!!って思いました(笑)
そんなマツはあまりコメントしてませんでしたが
配合はウーロン茶+ピーチリキュール+レモンコンクだそうで。

私はまだこの時点で飲んでなかったのと
これまた電子チケットだと既に公開されていたという
レシピも知らないままで注文したので
勢いでマツのにしたんですが
IMG_3478.JPG
、、、味薄~っ。。。
アルコールの気配全くなかったです。
不味くはなかったけど
さほど美味しくもなく・・
確かにウーロン茶とピーチの味はしました。
でも後でレシピ見て
栄純のにしとけばよかったーって。
っつっても、、カシスビール普通にありますけどね(笑)
なので今回あまりマニアックドリンク
楽しめずに残念デシタ。。(´;ω;`)

今年のドリンクメニュー
IMG_3477.JPG

話反れましたー
MC明けは
これかなりレアと思う
『花びら』
こういう爽やかな曲、そもそもあまりないですし。
でもこの曲はキュンとするいい曲です。

からの『新世界』
いやぁ、、グッときました。
さらに『春よ、来い』ですから
泣きそうな流れです。
でも改めて思ったのは
やっぱユーミンの曲はすごいなって。

続いて『浮世の波』
私はこういう感じの曲が結構好きなのかもなと。
あとなんだっけ
なんかの曲で栄純が真っ直ぐ前見てコーラスしてて
ドキドキしちゃったのがあったんですが、、
何の曲だったか忘れてしまいました。

基本的に栄純コーラスが大好きで
でもあまり歌わないし
(最近は増えた気はする)
歌う時は結構下向いてたり
髪の毛で目が隠れてたりするんですが
この日のその曲はバッチリ前見て目が見えて
おぉ~って思ったのだけ覚えてます。

シングルになってないと
なかなかアルバムの中の曲ってやらなくなるんですね、、って
感じたのが『ラピスラズリ』
THE BACK HORNはセトリかなり変えて来てくれる方ですが
それでも組み込んでるのはシングルカットされた曲が多いのかもな。。と。
もっとアルバムの曲も
ぐいぐい入れてくれたらいいのにーって。

「今日は本当にどうもありがとー
来年もTHE BACK HORNをどうぞよろしく~」的な
〆の挨拶があって
ラストの曲かと思った『蛍』
へぇーへぇーってちょっと違和感感じてたんですが・・

やっぱ最後じゃなかったー(笑)
が、ドラムが鳴る中
やけにイントロ入るまで長いなーって
栄純もなぜかoioiとかやって客席煽り出すし、、って思ったら
どうやらギタートラブルだった模様・・
どうにか将司が山カングッズの宣伝だとか
またまた来年もよろしくみたいなMCで繋いでたんですが
その間に復活しなくって
敢無く曲ストップ。。

マツが「長いこと何回もライブやってきてますけど
こういうトラブル起きるのは
なぜかマニアックヘブンの時なんですよねー」って。
確か、前回は
カバーのイントロで別の曲やっちゃって
弾き直したとか?←あったかもー?!(笑)

「みんなの湿気がこっちにも伝わってきてます!」って
言ってる将司のジェスチャーが(笑)
あちこち(脇とか下の方とかからシュッシュって)から出てるでしょって。

なんとか復活して
「どうもありがとー!!」から
『上海協奏曲』
キターッ!!これでこそ(≧▽≦)
トラブルもあったせいか
大盛り上がりでした。

本編終了~
そんなにギューギューじゃなかったのに
結構汗だく。

そしてアンコール。
まずは最初に登場した将司が思った通り
ドラムセットに座り、、、
続いて栄純と光舟が
位置交代でスタンバイ。
最後に登場、マツはもちろんセンター!!

ってことで、アンコールは
これまたマニアックヘブンでは恒例になってきました
楽器交代にてマツVoスタイル。

光舟がピックでギター弾く図ってのも
なかなかレア。
なんかピックの持ち方が
ちょっとたどたどしくってプププって感じでした(笑)
一方、栄純は、、指弾きでしたか?
そちらはあまり見えなくて。。

1曲終わり
「今年も歌わせていただきました!」とうれしそうに。
さらに「今年は、初!2曲も!!」ってことで
もう1曲。
『天気予報』

コレのギターって結構特徴的なんですが
それを光舟がちゃんと弾いてて
思った以上に上手かった気がします。
流石っす!
曲が終わり、元に戻るとき
栄純がGOOD!ってやっててかわいかったです。

ラストは『さらば、あの日』
感動的な〆になりました。

最後ありがとう~って手を振って行くメンバー
あの一段上がった金色の幕の前に並んで立ってると
アイドルのコンサートかって感じで
なんか可笑しかったです(´m`)

っということでマニアックヘブン
終わっちゃいましたー
今年はなかなか満足なセットリストでした。
2日目は、、少しは変えてくるのでしょうか。気になる。

さらには来年の対バンツアーのお知らせをもらい
おぉ~っとテンション上がって帰りました。
IMG_3479.JPG
マニガチャは1回だけ
将司のが出ました☆光舟のが欲しかったー(デザイン的に)

・・・にしても、、対バンツアーって
ここ最近流行ってんのかしらー??
うれしいけど♪

<セットリスト>
 01.マテリア
 02.ラフレシア
 03.赤い靴
 04.ミスターワールド
 05.アポトーシス
 06.人間
 07.ディナー
 08.白い日記帳
 09.怪しき雲ゆき
 10.リムジンドライブ
 11.花びら
 12.新世界
 13.春よ、来い(カバー)
 14.浮世の波
 15.ラピスラズリ
 16.蛍
 17.上海協奏曲

 EN.
  母さんの唄
  天気予報
  さらば、あの日


歩み寄るべきだなんて思わないだろ?探してる物は僕らの中で騒いでる [the pillows]

捨てちゃえって思ってた
もう使うこともないだろう
楽器の機材を試しに買い取りセンターへ持って行ったら
思ったよりも高値で売れて
ちょっとラッキー♪ってうれしくなりました。

さて。
そんな12.18は
NAGANO CLUB JUNK BOX 17th Anniversary
"テキーラテキーラとファニーバニー"
@長野 CLUB JUNK BOX
the pillows/髭
でした。
IMG_3470.JPG

2016年度最後の遠征!
今年も、、ってか、今年は特にか?
結構遠征したと思います。
集計はまた年末にでも。

長野はあまり行く機会がないですが
意外と関東からは近いのです。
仙台より近いのよね。(当たり前か・・。)
長野新幹線(今や北陸新幹線)のおかげで日帰りもできちゃうし
昔からバスも結構安く出てたりして。
なので行きはもちろんバス。
帰りは新幹線で日帰りでもよかったんですが
業務的にも大忙し期間終わったしってことで
翌日有休を取って
宿泊→昼便バス移動で帰ってきました。
結果、往復+宿代で8000円ちょい♪
ヤッター!

泊まること最初から決めてれば
もう1本早い便とかでもよかったのかな、、
取ってたバスが14時過ぎに長野着だったため
着いてお昼食べてお土産買ってたら
アッという間に時間になってしまいマシタ。
でもって翌日もバスの出発10時頃だし、、
ってことで結局長野らしい街並み一切歩いてません(笑)
あはは。。
ま。もう善光寺にも行ったことあるし、、いっか。

おそば本当はちゃんと調べて
ここぞ!って所に行きたかったんですが
それもあまり時間ないことが分かり
駅ビルで済ませてしまいました。
IMG_3469.JPG
まぁ、普通においしかったからいいけど。
でも前に食べに行ったところ、また行きたかったんだよなー・・。
またいつか機会があれば。

この日はピロウズプレゼンツの企画ではなかったので
チケットはFC先行はなし。
ってことで、、あまりいい番号ではなかった(´;ω;`)
長野のJUNK BOXは高崎FREEZ、千葉LOOKと並ぶ
私の中では見えにくい印象のハコの一つ。
70番台でもやっぱりステージ見にくかったー
ステージ自体はとても広そうなので
そんな低くないイメージなんですが
やっぱ低いんですかね。
前方に行ったことないから
あまり感じが分からないんですけど。

そうそう。
髭ちゃんライブだったせいか
やっぱ開場10分押し。
始まったのも同じく10分押しくらいでした(笑)

暗転していろいろ押され
常に背の高い兄ちゃんそばで
辛かったです。
でも、まぁ、見えないだろうなって思って行ってるせいもあってか
比較的見えた方かなって感想だったりもして
不思議なもんです。

まずが髭ちゃんから。
1曲目は『黒にそめろ』で一気にアゲてスタート!
私も髭ちゃんT持ってないんで人の事言えないですが
パッと見た感じあきらかにピロウズTが多く
大丈夫かな・・ってちょっとだけハラハラしてたんですが
バッチリ盛り上がってました。
よかったー

続いて『それではみなさん良い旅を』
いいよねーこの曲大好きです。

ここでだったか、、須藤さん
「どうも!髭です!みんな元気?」って
イェーイ!って声が返ってくると
「俺はもっと元気!」って
これ、もしや、何気にさわおさんがよく言ってるやつを
真似したんじゃないか?って思ったりもしたけど
須藤さんもよく言ってるか?

そして次の曲のイントロを弾いたんですが
それがあまりに弾けてなかったのか
「さすがにこれはダメだな、、」ボソボソ言いながらやり直して
『GOO』へ、、←だったと思うんですが定かじゃない。。
さらにはその後の歌もちょっと飛ばしてましたっけ(笑)
何事もなかったかのようにしてましたけど。

新曲はやっぱりアッパーな
『クラッシュラオチュー』
コテさん前で煽りまくり。

須藤さんハンドマイクで
『笑ってない』
『DEVIL'S ODD EYE』

『笑ってない』なんて、普段オーオーオー~ってとこで
拳なんてあげたことなかったのに
なんか須藤さんが「ヘイ、カモン!」みたいに言ってくるんで
思わず手上げちゃってました。

例の鬼のお面付けて
「東京から鬼が来たよ!」って『溺れる猿が藁をもつかむ』
その前にもキラキラメガネっていうんですかね
あの、、聖闘士星矢?チックな
あれも装着したりして
何気に小道具使いまわしてて、意外と物持ちいいんじゃん。ってゞ(≧ε≦o)

ここでもう?!
『ロックンロールと五人の囚人』
ここまでほとんどMCなくって
突っ走ってました。

で。ようやく。
「長野 CLUB JUNK BOX
17周年っという区切りのいいんだか悪いんだかの年に
呼んでくれてありがとうございます!
最低でも5年単位かと思ってたけど、、、
17周年があるってことは18周年もあるよね」

「まぁ、何周年だっていいんだよ、みんなに会えればね。
言うなら、ピロウズとじゃなくたってよかったんだから。
、、って言うと
まるでピロウズとやりたくないみたいに聞こえるかもしれないけど
今日を誰よりも楽しみにしてたよ。」

「ほんと呼んでくれてうれしいよ
じゃーあと2曲やって帰ります
さよなら!」
って言うもんで、え?!って顔のフロアに
「対バンってそういうもんでしょ。
俺もえ?って思ったよ
やっと1ターム終わったかなってってくらいな感じで。」

っと、話し出したと思ったら
須藤節炸裂で
もうオモシロいのなんの。
須藤さんのテンションの高さが伝わりました。
「さよなら!」ってとこなんて
宮ッTea大笑いしてましたから。

ラスト2曲か、、って早いよ・・って感じでしたが
でもその後の2曲がわりと長くて
まずは『王様のその後』

そうそう、最後の方でいきなり須藤さんギター置いたから
あ、そうか。って。
またコテさんとドラム交代して
コテさんが前に出て来て
フロアにもっと前に前にって人を集めて
フロアにダイブ!
雪崩来たらどうしよ、、って踏ん張ってましたが
なかなか屈強男子そろってたのか
とても上手にステージに戻してあげてました。
意外と呆気なく戻されたんで(笑)
2回もダイブしてました。

3回目も試みようとしてたけど
結局様子見て終わらせた感じです。

ラストはもちろん。
『テキーラ!テキーラ!』

「今夜はピロウズとの忘年会だから。
長野の街に繰り出して、きっとピロウズに奢ってもらえるはずだ。
と言うことはつまり俺の財布の中には
お金がタンマリ溜まっているというわけだ。
だから、どうだろう?
もしみんなに会ったら、みんなにお酒を1杯奢ってあげようと思うんだけど。
テキーラなんてどう?

ただ、、盛り上がり過ぎて
2次会とかに行っちゃって
今度は俺がお金を出すことになったら
その時はみんなが俺にお酒をおごってくれないかな。
だって、友達ってそういうもんでしょ?
お酒はお金持ってる方がおごる!!」

「あと、、"Are you ready?"の後は
2拍待ってから言うってのはどう?
2拍って分かるかな?ウンウンって(見本見せる須藤さん 笑)
やってみるよ。"Are you ready?"」
ちょっとバラつきが・・
「今、どんな感じかなって様子見て遅れたでしょ?
そこから後ろの方、みんな。
俺は誰も置いてかない
行くときはみんな一緒だよ。
もう1回!"Are you ready?"」
いい感じ返ってくると
「すばらしい!」

ただ、、何だっけ、、
なんかを言ってそれもリアクションちょっと待っちゃったら
それは"Are you ready?"じゃないから
そういう時はすぐに返してくれないとって
「察してよ。結構(リアクション遅いと?)傷つくんだよ」って
難しいなぁ・・( ̄▽ ̄;)

っと、そんな大笑いの前フリあって
『テキーラ!テキーラ!』
最高でした。

アッという間の感じでしたが
またすぐ戻ってくるよって
来年ツアーありますしね。
いい髭ちゃん納めのライブになりました。

<セットリスト>
 01.黒にそめろ
 02.それではみなさん良い旅を
 03.GOO
 04.クラッシュラオチュー
 05.笑ってない
 06.DEVIL'S ODD EYE
 07.溺れる猿が藁をもつかむ
 08.ロックンロールと五人の囚人
 09.王様のその後
 10.テキーラ!テキーラ!

いやぁ、、汗だく。
ここでビール飲みたいくらい。
ちょこっと動きありましたが
全体的には押し押しな感じ変わらず。
背の高い兄ちゃんも変わらず・・。
続いてthe pillows。

グワーってテンションだったから
メンバー登場してきて1曲目始まった辺りまで
あまり記憶がハッキリしてないのですが・・
1曲目は『Dance with God』でスタート。
なんとなーく今ふと思ったのは
この曲はさわおさんの歌い方が
須藤さんの声の感じに似てるなー、、なんて。

続いて『ビスケットハンマー』
実はいつもこの曲は
どこで拳を上げるか、、ってアタフタしちゃって
上げずじまいなことが多いのですが
この日は自分のテンションと
周りのノリノリな感じに煽られ
バッチリ拳上げられましたー♪なんかうれしい。

ここでだったかな。
もう1曲やってからだったかな。。。
「久しぶりじゃないか!」
そして「長野 CLUB JUNK BOX17周年、おめでとうございます!」
とさわおさんの挨拶。
「いやぁ、、髭、いいなー
やっぱみんなバカだなー」
って、え?!(笑)
褒め言葉がそれってゞ(≧ε≦o)

「斉藤くんだけがまともなのかと思って見てたら
あいつずっとニヤニヤしてたしなー」って
ハイ、、それはそうです。

「今回先に俺たちに声がかかって
誰か一緒にやりたい人います?って聞かれたから
、、、髭ちゃん連れてきた、えらいだろ?」ってニヤリ。
もう私の周り、私を含めウンウンて首を大きく縦に振ってました。
またこの対バン見れるなんてホントうれしいです。
毎年やって欲しいくらい。

「じゃー最後まで、楽しい夜にしよう!」←って言ってたかどうか不明(笑)

『バビロン天使の詩』はなんであんなに
ジャンプ!ジャンプ!しちゃいたくなる曲なんでしょうね。
そして『I know you』イントロ、モニターに上がって
クラップハンズをしてくるさわおさん。
バビロンの後に続くと
この曲もノリノリになってしまいます。

タイトル曲きましたー
『Funny Bunny』
サビの大合唱すごくよかったです。
さわおさんの「ありがとうっ!」って声もよく聞こえました。

で。
チューニングタイム。
相変わらずシーンとするフロアに
「何か話しかけたらさわおが切れるっていうのは
、、デマですよ(笑)」
ここでさわおさーん!って声がチラホラ。
嬉しそうに手とか振っちゃって(笑)
「誰が聞いても、そりゃー怒るよねってことを言われたときに
みんなが思ってた以上に怒っちゃったってだけであって、、
前に名前を呼び捨てにしたら切れるとかって
そんな俺、狂犬病で捕まえられますよ」
このネタ、最近よく使うけど
やっぱ名前呼ばれたいのかな。
てか、チューニング中にワーってなって欲しいんだろうな。
怒髪天とかThe Birthdayとかみたいに。
なんかザワザワしてるっていうか。

チューニング終わり
先日配信リリースされた新曲について。
「困難なことに全力に立ち向かって乗り越えていくってことが
今まで長いことテーマだったりもしたんだけど
最近では曲作りの気分もちょっと変わってきて
世の中には努力してもどうにもならないことってあるじゃない。
例えば、、シンイチロウの白髪とか?
、、ってこれは努力で何とかなるがな!!←一人乗りツッコミ(笑)
まぁ、、そういうことを
えーっと、、受け入れながらいかに楽しく生きていくか
みたいなね。。」
って、、最後はザックリとまとめちゃって
「なんか今すごい真面目な話しになっちゃって
真面目な話してたら恥ずかしくなっちゃって(笑)」って。

正直タイトルの感じと
曲の感じがなんとなくつながらない感じもしてて
不思議だったんですが
昨日のラジオでちょこっと話してたのを聞いて
なるほど~って少し納得できました。
あと、、まだこの曲のタイトルを発表してなかった頃
いろいろ打上げの話を持ち出して
そういう曲です、、って言ってたの
あれもなんとなーくそういう感じっていうの
分かる気がする、、かも。(*´ω`)

ってことで『王様になれ』
途中のベースライン
おぉ~って思ってたんですが
さわおさんもラジオですごくよかったって話してて
ちょっとうれしかったです。

そしてそして
そこからの『Fool on the planet』と
『TRIP DANCER』
いやぁ、、これきけただけでも
来た甲斐あったよって感じ。
すっごいよかったです。
思わずFool~は泣きそうになりましたもん。
私の中ではリアルタイムでのスタートの曲だったりするから
ちょっと思い入れあったりします。

『TRIP DANCER』はイントロ
最初何が始まるか分からなくって
こんな始まり方でしたっけ??
でもその後のタイトルコールで
おぉ~って。

が、、有江さんのベースの調子が
急に悪くなちゃったみたいで
もしかしてイントロは有江さん待ちで
いつもより長めだったとか??(違うか。)

聞いてる側としては
曲ストップしちゃうかなって
結構ハラハラしちゃって
でもああいう時毎回思うんですが
演奏してる側はいたって平静を装ってて
さわおさんもチラッと見つつも
何事も起きてないかのような顔で歌い続けてて
すごいなーって。

なんとかBメロっていうんですか、、
辺りで復活して音鳴りだしました。
終わってから「何、Bメロまで弾かないって言う
新しい試み企てちゃった??」って
有江さん「はい、、」ってちょっと申し訳なさそうに。
さわおさん「いや、よかったよ
なんならもう、次からBメロまで弾いちゃダメだ!」とか
言っちゃって。
優しいっすね。

ただ、、その後も
ローディーのクマさんとかもう一人の方とかも出てきて
機材やらアンプやらチェックしたりして。
「何?また何か企ててるの?」って
冗談言ったりしてたんですが
なかなか始まらないのを察してか
「じゃービール飲んでいい?」って。
「なんか、Fool on the planet終わったら
もういっかって」ってことで
みんなにも飲む?って聞いて
「宮川!楽屋の冷蔵庫に
アサヒ~か何か入ってたと思うからそれ持って来て」と
皆さんビール飲みつつ休憩タイム。
※シンちゃんには「飲む?」じゃなくて「もう持ってるよね?」ってゞ(≧ε≦o)

パシリのごとく腰低くビール持って配る宮ッTea。
なぜかリンゴまで持ってきちゃって。
さわおさんも「なんだよ」って言いつつ
食べてるし。
しかも「これ、美味いなー」ってうれしそうだし。
オモシロ過ぎ。

ここでいろいろ話してくれまして。

まず、、この髭ちゃんとの対バン
名古屋で(髭プレゼンツの)ファニーバニーとテキーラテキーラ
そして渋谷でその逆をやって
今回は3回目。
その名古屋の時の打ち上げで
さわおさんのいたテーブルの周りだけで
ちょっと流行った下ネタで、、
下ネタを言うことをギターを練習するって言い換えるって
ことをしてたら
最後打ち上げ終わって、じゃーまたねーって別れ際
斉藤さんがPeeちゃんに向かって「じゃーギターを練習してくださいね!」って
言っちゃったらしく。
それを聞いて、こともあろうに後輩が何てことを、、って
マネージャーが慌てちゃって
いやいやそうじゃなくって、、って大騒ぎになったとか。
最高!!(≧▽≦)ゞ

そういう下ネタの話を懐かしそうに
「おっさんでもあんなことで大笑いするんだな」って
言ってたのがなんかよかったです。

あと、暑いなーって頭ゴシゴシ拭きながら
カーディガン脱いだりして
「俺もかなり汗かきだけど
髭の須藤も、、あいつもたいがいじゃないか。
まぁ、、汗の量は努力の差だと思ってるだけど(笑)」
チラッとPeeちゃん見てた??(´m`)
「で、困るのがさー
なかなか汗引かないから、服、なかなか着替えられなくて←分かる!!
私服がびちょびちょになっちゃうからね。
さっきもさ、楽屋戻ってきて須藤くんが汗拭いてる横で
斉藤くんとっくに着替えて、さらにマフラーまで巻いてたからね。
マフラーはないだろう(笑)」
斉藤さん汗かかないのは
髭のライブの時も宮ッTeaが言ってましたね。
ギタリストは基本涼しい顔してる人多い気がします。
フジイさんとかフジイさんとかフジイさんとか、、、(笑)

あとはこの前出たライブDVDの特典話。
"ベロンベロン相談室"
「あれ、編集されるの見るまで
俺、どんな相談受けてたか全く覚えてなかったからな。
なぜか宮川くんに意味もなく怒っててさ。
じゃー言わせてもらいますけどーって(笑)」

そしてさわおさんがやってるラジオの話。
今度(つまり昨日の回)
ピーズのハルさんと
シンちゃんもピーズとしてゲスト出演するって。
「これはねーぜひ、聞いて欲しい。
オモシロいから。
俺なんてお腹よじれるくらい笑って
暑くてカーディガン脱いじゃったから」と。
当初、オモシロいから聞いて欲しいって
言ってるだけなのかと思ってたんですが
そう言いつつも実は、例の重大発表があるから
聞いて欲しいって言うのも
あったのかも、、、って放送を聞いて思ったり。
だってあそこまで力説して聞いて欲しいって言ってるの
ちょっと珍しいな~って思ってたんですよね。

そんなこんなでようやく音も出るようになったようで。
あ、、その前に
とある1曲のためだけのエフェクターがトラぶってるって聞いて
「じゃーその1曲やらなかったらいいんじゃない?」って
サラッと言ってて
フロアとしては、えー1曲減らすの??って感じの顔してたの気付いたのか
「あれ?聞こえてました??」って言ってたのも
オモシロかったです(笑)

っと、なんとか復活し再開。
「じゃーベースの有江嘉典です!」っとメンバー紹介へ。
有江さん恐縮しまくって
「お待たせしましたー」って。
動揺してるのか「長野の皆さん」って言うのを
「名古屋の皆さん」って言っちゃって
さらにアタフタ。
「落ち着けー」ってさわおさん。
あとツィートにも名古屋って書いてたらしい??
合わせてお詫びしつつ
宜しくお願いしますと。

それ聞いて続いてのシンちゃんが
「それは、、長野のMCあるあるに
長野を名古屋って間違えちゃうって書いてあったのを
見ちゃったからですね」って
なんでも、そういうのが楽屋に書いてあるらしい。
へぇー
さわおさん「えーじゃー気になるのは
名古屋にはその逆が、書いてあるのかってことだよね」
シンちゃん「じゃー書きましょう!俺たちで!!」
あはは。
だけど確かに長野を名古屋と言い間違えたりするけど
名古屋を長野とは言わないかも・・
なんでだろ。
口に出して言う頻度の違い??

それはそうと。
さっき髭の時にコテさんが急に前に出された件
「あれって急に山中が俺とドラム変われってやってきて
俺が前に出されるってことですよね。
俺そんなこと急にされたら
ただただ呆然と立ち尽くすだけだと思うんで
改めてすごいなーって思いましたー」と。
シンちゃんが真面目に褒めるなんてー(笑)
ただですね、、あれ、今回が初じゃないし
コテさん普段から前に出てくるし、、ってことで
そんなに真面目に褒めちゃうほどのことじゃないような気もするんだけどなー、、なんて
チョピっと思ったりしたりなかもしてー(コテさん、スマヌ 笑)

最後Peeちゃん
Peeちゃんも今日はこんなにもありがと!って言った時だっけ?
なんか勢い余って噛んじゃって
「私、いま、噛みましたけど、、」って
自ら言うほど(笑)
もうみんな異様にテンション高くって
なんか楽し過ぎます。

「行きの新幹線でアジア系のうるさい観光客がたくさんいて
そういう人たちに占領されてたらどうしょうと思ったけど
こんなロック好きがたくさん集まってくれてうれしいです。
この冬の時期の長野、好きなんですよね~」って。

メンバー紹介明けは
やはりこれ、『About A Rock'n'Roll Band』
出だしのギターが終わるとワーって歓声。
この日はその後、手拍子が起きなかったのが
私的にはうれしい。
なんでも4打ちになると手拍子する感じ
正直好きじゃないんで・・。

テンション上がったまま
「連れてってやる!この世の果てまで!!」って
言ったと思うんですが
なんか「連れてってくれ!」って
聞こえてしまったのは気のせいですか?(・ε・`?)

でもって
もうーってくらいの熱さで
『Locomotion,more!more!』
この曲のさわおさんはかなり攻撃的で
カッコイイっす。
ただなんか、、この時最後だしーって感じで
後ろから無理矢理ねじ込んで入ってくる人がいて
いや、まぁ、気持ちは分かるけど
それなら端っこじゃなく真ん中行けよ!って。
せっかくのいい気分がちょいイラッとさせられました。。

そしてこれで終わりかと思ってたんですが
まだありましたー
『White Ash』
この曲、改めて、カッコいい曲だなーって
まさにWhite AshのライブのSEで聞いてて思いました。

この曲だったか
その前のLocomotion~の時だったか
さわおさん、こっちの方来てギターガーってフロアに突きだしてくれて
届かなかったけど
ワーイってなりました(*´∀`*)

「ありがとう!!」
本編終了。

髭ちゃん終わりも暑かったけど
ピロウズ終わりももっと暑かったです。

そしてアンコール。
「アンコールサンキュッ!
飲んでやると楽しいなー」とご機嫌なさわおさん。

そして「じゃーマイクちょっと右にずらしちゃおうかな~」って
真ん中にあったマイクスタンド
自ら持って移動させ、、、
え?もしかしてー?!って思ってたら
いきなり始まった『ダーティーな世界』のイントロ。
うそーぉ!全く以て予想外。
髭ちゃんがストレンジカメレオンやらなかったのは
えー意外。。って思ったけど
まさかセッションやるとは。

「髭、須藤!」って感じで紹介され
須藤さんがすっかり私服なのか
黒のスウェットに下はデニムだった?で登場。
まずは須藤さんVoで。
歌ってる間、来い来いって手招きしたら
宮ッTeaとコテが来てくれました。

合間の間奏で「大好きな長野!
ナビゲーターは須藤寿と山中さわお!」って言って
続いてはさわおさんがVo。

最後、須藤さん
フロアにダイブしてたっけ??

大盛り上がりの中、髭メンバーは退場。
そしてもう1曲はピロウズだけで
『Advice』
正直あまり記憶なし・・
スゴカッターはず(笑)

「ありがとう!楽しかったよ」
いつもイロイロ語って帰って行く感じですが
この日は割りとサラッと帰ってた気がします。

北海道ではダブルアンコールはありませんって
ソッコ―帰されたんですが
この日はしばし粘ってみると
割りとすぐに再び登場。
ヤッター!

「次、長野来るの5月で、まだ先だからなー」って
さわおさん。
優しい。。流石です。
ラストは『POISON ROCK'N'ROLL』にて
終了。

いやぁ、、楽しかったです~
かなり見えにくく
久々の押し押しで汗だくなライブでしたが
やっぱこれくらいのキャパで
ワーワー盛り上がるのいいなーって。

<セットリスト>
 01.Dance with God
 02.ビスケットハンマー
 03.バビロン天使の詩
 04.I know you
 05.Funny Bunny
 06.王様になれ
 07.Fool on the planet
 08.TRIP DANCER
 09.About A Rock'n'Roll Band
 10.この世の果てまで
 11.Locomotion,more!more!
 12.White Ash

 EN1.
  ダーティーな世界(髭カバーwith須藤&宮ッTea&コテ)
  Advice

 EN2.
  POISON ROCK'N'ROLL


おまけ♪
えのき、、キノコ有名なのは知ってましたが
まさかそんなに?!
IMG_3472.JPG
普通になめらかで美味しいヨーグルトでした。

大好きアルクマちゃん☆
IMG_3473.JPG
でも立体になってる物は、、イマイチなんですよね~
このイラストがかわいい。


秘密基地 [音楽]

念願のブルーレイレコーダがやってきた!
、、、っつっても。
まだDVDレコーダに録画してたものをダビングしきれてなくて
いまだ使用はお預け状態なのですが。。
にしてもDVDレコーダ購入から何年たった??
その間にかなりかなり進化して
とっても小さいサイズになったのですね。。
ビックリっす。

さて。
そんな12.15は
僕らのシークレットシェルター1日目
@新代田crossing
出演:宮本英一/上野啓示
に行ってきましたー
IMG_3468.JPG

これは啓示くんの企画した弾き語りイベント。
かみなりぐもも啓示くんソロも
あまり行ったことなかったんですが
宮本くんと対バンならいいかも!ってことで
張り切ってチケット予約して行ってきました。

新代田crossingはFEVERとは駅挟んで反対側方向に進んで行った
あの大通り沿いにあるお店で
ライブハウスって言うよりは
バーみたいなお店に
ステージ(歌える場所)があるって感じのところ。
ちょうど宮本くんが弾き語りワンマンを
今では割と定期的にやってる明大前にあるお店の感じ。

ただ、、そこよりもはるかに
なんて言うか、、内装に凝ってて
素敵なところでした。
こういうところはドリンクが美味しいから
いいですね。
しかもここはドリンク代500円だったし♪

チケットはメール予約なんですが
そこでは整理番号はなく
当日の並んだ順で入場。
私は開場ギリギリな感じで行ったので
中入ると既に椅子は埋まりかけてる、、って感じでした。
なんとか端っこで座って見れてよかったー
ずっと立ってた人、、疲れなかったかな。

そうそう、ここはまぁ、さっきも書きましたが
ライブハウスではないので
当然控室もなく。。
中入るとステージ横に作られてた物販スペース?に
既にお2人座って待機してました。
その後しばらくしてそっちの方見たら
なんと!YOKOちゃんとさわおさんもいて
ビックリ!
自分がトイレ行ってる間に来てたみたいです。

時間になりお2人ステージへ。
で。え?トークイベントだっけ?ってくらい
結構長めのお2人でのトークタイム(笑)
イベント名にもある"秘密基地"についてトーク。
男だったらみんな好きだよね~って。
宮本くんのイメージする秘密基地は
スタンドバイミーとかに出てきそうな雰囲気のものらしかったんですが
啓示くんのイメージする秘密基地が
ものすごくて。
オモシロかったです(´m`)
※宮本くんがライブ後につぶやいていた
 鳥に乗って、、、ってやつはこのトークからきてます(笑)

あ、あと、えーって思ったのが
啓示くんの方が年下らしく
宮本くんのことを「宮本さん」って呼んでるのが
意外でした。
なんて言うか、、、同世代でタメ口同士のなのかと
思ってたもんで。
そうは言っても2つくらい??

そんなこんなで
まずは宮本くんから。

前日ポッドキャストの収録で
収録後はいつもさわおさんに
美味しいものをごちそうになってるそうで。
ただ、昨日は収録が始まったのが
いつもだったら終わってる時間からだったから
当然終わった時間が遅くて
今から飲みに行くと終電間に合わないよ、、ってくらいな
時間だったみたいですが
別にいいや!って気持ちになって
飲みにつれて行ってもらったそうです。

明け方になって帰ったとこと
なんと、、、家の鍵をなくしてしまってたそうで
飲んでた飲み屋に電話するも
結局落ちてなくて・・・
どうしよう。。っと思ってたら
たまたまお風呂場の窓が空いてたそうで
なんとかそこから家には入れたとか。

が、、、「でも今日鍵閉めて来てないんだよね・・
だから心配で。早く家に帰らないと。
あと10分くらいやったら帰ります!」って。
えぇー!?
それは、、、管理会社や大家さんに連絡して
すぐに鍵交換とかしてもらえばよかったのにー。

もうすぐ年末と言うことで
今年を振り返り、、
今年はaikoに春に聞きたい曲の中の1曲に
『朝ごはん』を選んでもらえたり
橋本環奈にアルバムを気に入ってもらえたりと
うれしいことが多かった年とのこと。
「いつか会えないかなーって思ってます」って言った所で
来てたさわおさんから
「絶対無理だな」って野次?!(笑)
「あのー、、、握手券とか買って・・」ってボソって言うと
「あーそういうことなら話は別だな」って
さわおさんのチャチャ入れ
絶妙なタイミングで笑えました。

あと、なんだっけ
ブチョーから
今度親戚の結婚式でハワイに行ってくるって
業務連絡用のライン?メール?で連絡が来て
いつもだったら返事をしない野口くんが
「それ、関係なくね?」って返信。
さらにしばらく経ってからも
「やっぱそれ、関係なくね?」って返信があって
それにブチョーがどうリアクションするか
今後の動きに期待とか言ってて
相変わらずブチョーいじりは続いてるようでした(笑)

セットリスト、、1曲タイトルすぐ出てこないんですが
久々と言うか
今までの弾き語りでも聞いたことなかったかも?っていう
すごいバラードの曲をやってくれてて
それがまたなんて言うか、あの会場の雰囲気に合ってて
うっとり聞き入ってました。

カバーも2曲ほど。
1曲は前もやってた湯川汐音さんの曲。
あともう1曲は
そのaikoが他に選んでた
春に聞きたい曲のかなの曲(誰だったか忘れたー)
それを短く端折って
アレンジした感じで。
自分じゃ書かないような歌詞だから
恥ずかしいって。
なかなか宮本くんワールドに上手にしてたなーって
原曲知らないだけに
そう思ってしまいました。

お馴染み「働きたくないよねー」って話の後に歌う
『働きたくない』
もはやネタ?!(笑)

ラストはレコーディングをした時に
個々がいろいろちゃんと演奏してるんだってことが
初めて分かって
思わずやりながら泣きそうになってたって言う『レコード』を。
結構なこの曲はライブでやってくれること多いですが
これにそんなエピソードがあったとは。

1曲やってはちょこちょこっと話
また曲やって話、、って
宮本くん、実はお話好きなんだなと
今更ながら思ってしまいました。
なのであまり曲やってないような気が
しないでもない、、50分間でした。
楽しかったー

続いては啓示くん。
啓示くん、リハは座ってたけど
立ってやりますって。
割りと背、高いんですね。
テロンとしたVネックのカットソーの
首元がデローンって伸びちゃって
若干セクシーな感じでした。
でもって、、なんかハルキに見えてしまうのは私だけですか・・
髪型と言い目の小ささ(細さ?)といい、、
せっちゃん→ハルキ→啓示くん絶対繋がってると思う。

かみなりぐももほっとんど曲知らないし
ライブも言うほど見たことないんで
啓示くんの歌声って
そうか、こんな感じだったのかーって。
なんでしょギターもそうですが
上手いと思います!

宮本くんがかなりトークしてたのを受けてか
「(僕は)1曲ごとにはしゃべりません」って
3曲くらい続けて曲やってたので
やっぱ啓示くんの方がたくさん曲やってた印象。
実際はどうだったんでしょうか。

緊張してる感じが伝わってきてたのか
さわおさんから「ウィスキー飲め!」って
小瓶が周ってきて
その後はことあるごとに啓示くん、ウィスキー!って
指示がありました。

宮本くんが鍵を落とした話からだったか
啓示くんはお財布を落としたそうで
しかも普段はあまりお金入ってないのに
その日に限っておろしたお金や
ライブのギャラとかも入ってて
相当ショックだったとか。

「いくら入ってたのー」ってさわおさんの声(笑)
「えーっと、、7万くらいです」
「あーそれはキツイな」

でも今年、おみくじを2回引く機会があったそうで
「2回とも大吉だったんですよ。
なくしモノ見つかる、、、とかって書いてあったけど
やっぱああいうのは当てにならないんだって
分かりました・・」って。
ただ、、大吉2回引くと効果なくなるって
言われてるらしいですけど。。

トークのピークは
YOKOちゃんと弾き語りをやった時に
思わず、さわおさんとアルフィーはどっちが年上なんですかって
聞いちゃったって話
さらにはポッドキャストでも話題になったみたいで
「だって見た感じ分からなくないですか?」みたいなことを
ポロっと言っちゃったら
「もう、早くライブ終われ。話がある!」って
さわおさんから猛反撃食らうという場面ゞ(≧ε≦o)

フォローしようとすればするほど
どっちかと言うと
さわおさんにとってはフォローになってない感じになっちゃって
啓示くんもどうしよーってアタフタ。
いやぁ、、かわいそうでしたが
オモシロかったです。
打上げはどうだったんでしょうかね。

アンコールでやろうと思ったけど、、って
ラストに宮本くんとセッション。
このイベント用に曲を書き下ろしたそうで
今後歌い継いでいきたいそうです。
2人で交互にハモる感じになってて
素敵な曲でした。

その曲をやる前に
再び二人でトークタイムが少しあったんですが
鍵をなくした宮本くんも
実は今年、おみくじで2回大吉を引いたとか。
そうか、、おみくじで2回大吉引いちゃうとダメなんですね。
メモメモ(笑)

鍵とかなくしちゃうとその後大変だから
いっそのこと暗証番号とかで開いちゃうようなやつになったら
よくないですか?って言った所
あまり共感を得られない雰囲気にのフロアに
「そうか、、皆さんは落としたりしない方々なんですね、、、」って。
いや、、実は私は鍵も財布も無くしたことある人です~。。
あ、でも財布ななくしたって言うか掏られたんですけど。
しかも財布、私もたまたまお金おろしたばっかの日だったりして
かなりショックでした。。
もう随分昔のことでも
今でもあのアチャー・・って気持ち思い出しちゃいます。

本編終了。
アンコールないのかと思ったけど
やっぱありました。
最後は啓示くんだけで1曲。
確か、、、来年への想いみたいな曲って言ってたっけ、、
なかなかいい選曲だったように思います。
終わるとさわおさんからの攻撃が待ってるからか
「あー、、終わりたくない」って
ギターのアウトロ長く弾いたりしてて
オモシロかったです(笑)

とってもゆったりしたほんわかしたライブ
今後もまた機会があったら行ってみたいです♪


DIY?! [たわごと]

10月にiPhone6sに変え
契約コースも若干変わり
よくCMでやってる
メガほーだいだかなんだかっていう
通信量気にせずどうぞってやつになったので
余裕こいてアクセスしまくってたら
先月あと1日ちょい残した辺りで
上限超えましたので
速度制限させていただきます、、とのお知らせ。

えー??
聞いてないよ?
てかさ、通信量気にしないで大丈夫なくらい
余裕なんじゃないの?
てか、私今までとなんら変わらない感じでしか使ってなかったはずで
iPhone5のときは今の半分位で持ちこたえてたのに
なんで?なんで?って。

速度制限なんて初めてなもんで
どんなもんか分からなかったんですが
いやぁ、、、、、ヒドイ。
超ーーーぉ遅い。
地図なんてまったく表示されないし。
1日だけで済んだんで
なんとか持ちこたえましたが
もう二度となりたくない。

ってことで今月は
家に帰ったらとにかくWiFi。
そして外ではラインを繋がない。
無駄にアクセスしない
ってことを徹底したら
あと6日を残した時点で
まだ半分以上のこってる状態。
ホッ。

なんだよ、この気にしよう。
今までの方が全然気にしてなかったよ。
もしや、画質が良くなる分
iPhone6sの方が通信量たくさん使うのかな??
とりあえず、これからも安全なWiFi接続できる環境の時は
繋いでおこうと思います。

さて。
今年も残すところあと18日だって!?
って、今日のニュースで言ってました。
早いー・・・。

そこで探すのは来年のカレンダー。
いつぞやから、、手帳でもスマホのカレンダーでもなく
とにかく1枚の年間カレンダーが使いやすいということに気付き
毎年良いの売ってないか探すのですが、、、
ないのです。
こういうやつ。
IMG_3463.JPG
これは12枚のカレンダーについてた1枚。
こういう形ではたまに見かけますが
この1枚のために
12枚ついてるカレンダー買うのもなー・・って。

そこで。
売ってないのならば、、作ってしまえ!
つまり、
鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギスですよ←違うか?(笑)
IMG_3466.JPG

IMG_3467.JPG
お気に入りのシャムネコの絶叫ツアーのフライヤーを裏地に(*´艸`)
なかなかうまくいった。

そんなこんなを今日やろうって思っていたからか
いつの間にアラバキラインナップやら
ピロウズ来年度のツアーやらが発表されてて
ビックリでした。
ツアー、、5月からか・・まだまだ先だし
それまではまだ対バンのライブがあるのかな??
ドキドキ。

大丈夫だって心配ないよって声かけあってこう 君のおかげ生きてるのは だから [THE BACK HORN(2012年~)]

Imperial Records presents YOKA ROCK FESTIVAL '17
行きたい!って思って交通手段とかホテルとか調べてみたけど
いやぁ、、春休みシーズンの3連休
高過ぎますって(ll'ェ')
巷に言われている格安航空会社使っても往復3万はするし
どうせ行くなら
熊本でやるHAPPY JACK 2017にも行きたいじゃん?っとなると
ホテルも2泊だと1万じゃ収まらないし。。
九州遠いよ、、って諦めようと思っても
なかなか諦めつかず
日々安く行く方法はないか模索中です・・。

さて。
そんな12.8は
THE BACK HORN「KYO-MEIホールツアー」~月影のシンフォニー~
@中野サンプラザ
でした。
IMG_3461.JPG

THE BACK HORNのホールツアー
ファイナルです。
前にも書きましたが
この日は業務上開演に間に合わないかもしれない、、っと
福岡公演に先に行ってきていたのですが
なんてことはなく
バッチリ間に合いました(笑)

福岡の席がかなりよかったのに対し
こちらはSOLD OUTしてるだけあって
1階席のかなり後ろ。。
なのでメンバーの表情とかはさっぱりでしたが
ホールならではの音の良さを感じることができ
ま、よかったということにしよう。。
・・・でもやっぱギュ―ッと前で見る方が好き。
あ、あと。
隣がいない(来なかったみたい)上に端っこ席だったので
のびのび見れましたー♪
愚痴言うと、、2列前の2人が背高くて視界ちょい悪でしたけど・・

この日は12月の平日ってことで気を使ってくれたのか
19:15スタートで
ちょい残業までしてこれて助かりました。

セトリは当たり前ですが
福岡と同じ。
福岡終わった後、サッパリ記憶に残ってなかった頭の登場SE
今もどんな感じだったかって書けるほどは覚えてなんですが(笑)
かなりいい曲だーって思ったのは記憶に残ってます。。(*´ω`)

1曲目はフルメンバーで『トロイメライ』
この曲歌う時の将司のマイクスタンドに手を添えながら歌う姿が
美しいこと。
ロックバンドっていうよりは
オーケストラバックに歌う歌手みたいな佇まい。

そこからの『サニー』『声』と
一転してロックバンドになるんですが
どうも私はその切り替わりに時間がかかってしまうのか
なかなか最初はテンションあがらず
拳上げるのがなんかこっ恥ずかしい感じでした。

で。
将司、ちょっと声の調子わるかったですかね。
なんとなーく辛そうというか
声が枯れてる感じがしました。

「中野サンプラザへようこそー」だっけ。
マツのMC。
ホールツアーファイナル、やっと東京へ戻ってきました
最高な時間を作りましょうみたいな感じで曲へ。

『閉ざされた世界』はこのツアーで
ホント久しぶりに演奏されたんじゃないかなーって曲。
シングルなのに。

続く『雨』←多分これは4人だけでやったと思うんですが、、違うかも?
ストリングス加わって『ジョーカー』『カラス』
この3連発はスゴカッター
このストリングスのアレンジがホントに見事で
うまく曲と馴染みつつ
新しい印象を与えてて
単にストリングス入れてますってだけじゃない感じなのが
ホント特別感あってよかったです。

『悪人』って正直CDで聞いたりした時は
どうしたーって感じがしちゃったのですが
ライブで聞くとなんて言うか
すごいストーリー性があるって言うか
短いミュージカルでも見てるかのような感覚になる
不思議な曲。
それもこれも将司の表現力豊かな歌い方
それを支える演奏陣の演奏力によるものなのかな、、って
思ったりもして。

「いい感じですよ、皆さん」だっけ。
ここでマツが中野について語ろうとしたんですが
あまり内容の無い薄っぺらい感じになっちゃったもんで
将司が思わず「何もないんじゃん?」ってツッコんだりして(笑)
メンバー中野はあまり来ないみたい。
昔は中央沿線に住んでて、西荻?のスタジオとかでやってたらしいが
中野は、、降りなかったとか。

そしたらたまりかねた栄純が
「俺の話になるんだけど、、」って
自ら髪切って色もメッシュ入れてる話を。
「自分的にはかなりいい感じって思って気に入ってるんだけど
でも、、(グッズで売ってる)パンフの写真と
違い過ぎてるって苦情が来ないか
結構それがいま気がかりだったりするんだけど、、」って。
栄純かわいい(笑)

光舟「え?それ、パンフの方がカッコいいってこと?
大丈夫、今の方がカッコいいから!」
栄純「くぅ。。。優しいー
ホント、優しいバンドだよ!」

いやぁ、、この件オモシロかったなー
楽屋では一切そう言ったこと言ったりしないくせに
なぜかステージ上で褒め合うメンバー、、らしい(笑)

光舟「にしても、自分で言うなんてな」
栄純「いや、、たまりかねて、、」←マツのMCに対して?!(笑)
光舟「もうちょっと待ってたら、言ってやったのに。
にしても、あれ、(髪切った時に)スタッフから
ラルクアンシエルのテツさんみたいですねって言われてたよな」

あと栄純的にはかなり久しぶりに髭を剃ったようで
、、、そうか、なんか今まで違うように見えるのは
髪型と言うより、髭の影響かもしれないって
この話を聞いて思いました(笑)
電気シェーバーの話をし出したんですが
よく剃れるやつはそれなりに値段が高い、、、などなど。
ただ会場内、女性客多く
「あまり共感得られてない感じ?」って苦笑い。
ちなみに将司はもう何年も同じシェーバーを使ってるとか。

あと何だっけ、、マツの話が
着地点見えなくなって
「どうしよっか、、、」って。
で、「じゃーとりあえず座ろう」
「着地点だけに着席」って光舟。
え?ダジャレっすか??( ̄▽ ̄;)

その後も中野サンプラザはロックの聖地って
福島でも「豪華アーティストがライブやってる」って話が
伝わってきてて話をすると
光舟「俺、○○見に来たことあるわ。
受験に託けて、駆けつけて?!」って言ったりして。
、、、福島でも「豪華アーティストがライブやってる」って話には
栄純の「随分ザックリとしてるなー」ってツッコミも
可笑しかったです。

っと、、この日のMC
なんかいろいろオモシロいようで
いろいろグダグダ過ぎで
どうしたーって感じでした。
カメラ入ってたから何らかの形で映像化されるじゃないかと思うのですが
いいのか、これで・・って思ったりもしました。。

じゃー、、そろそろ。ってことで
マツ「席あるからって油断はさせませんよ、、」だっけ
多分「油断してちゃダメですよ」って
言いたかんじゃないかなーって思ったんですが
若干、意味不明になっててオモシロかったです。
そして将司が起立~的な合図を。
・・・ついに、そうするようになったか(笑)

この『パッパラ』が
いい感じに雰囲気あるようにアレンジされてて
素敵です。
でも、、、あの真ん中あたりにある
演奏が静かになったところで歌うやつ
声をオクターブ下にして歌ってるんですが
あれはそうじゃない方がいいなーって。
なんか声出ないから下げたの?って思ってしまう感じで
ちょっと残念でした。

そして『白夜』
これ、私の福岡の記憶では
ストリングス入ってたと思ったんですが、、、
入ってなかった。
っと言うのも
きっと 気の迷い~ってところ
オリジナルでは栄純のギターとかけあう感じでやってますが
それをストリングスとやってた気がしてて・・
なんかそれがすごくいい感じだったんで
この日も楽しみにしてたんですが、、、
記憶違いだったようです。。あはは。


続く『美しい名前』
これは間違いなくストリングス参加。
そして何と言ってもオリジナルでは光舟が弾く
あの印象的なフレーズ
あれをいろんなVer.で登場させてるのが
すっごく素敵でした。
最初はストリングスのピッチカートだけ
その後光舟も加わって
光舟だけの時もあったっけ?
ストリングスの弓で弾くやつもあったはず。
っと、いやぁ、、これもう1回聞きたいです。
この時はストリングスのばっか見てしまってました。

からの『コオロギのバイオリン』
結局音源持ってない曲。。
歌詞集買おうと思って買ってなくて
B面集も音源ほぼほぼあるからいっか、って買ってなくて。
なのでこういうライブでしか聞いてない曲で
あれ?こんなきょくだったっけ、、って。
ただただ長くて暗い曲ってイメージありましたが
今聞くと
多少聞き慣れてきてるせいもあるのかも?ですが
あまり長さを感じなくて
しかも結構いい曲じゃん?って。

ここで再びMCタイム。
今回はすぐに座らせてました(笑)

今年は結成18年目とのこと。
その18年間、最初の頃は斜めからの世界観を歌ったりして、、って
音楽について語りたかったらしいが
話が続かず
つい「将司なんてスキンヘッドにしたこともありましたしね」って
容姿の話を。
これはマズイとすぐに思ったのか
「いや、容姿についての話はもう止めましょう」言ったんですが
「そうそう、スキンヘッドにした時期ありましたね。」
なぜか将司がその話を広げる方向に。

ジョリジョリて髭剃りで剃ってったら
自分の頭がすごく尖がってることに気付いて
恥ずかしくなってずっとニット帽被ってとか。
で、栄純に見せてみろって言われ見せたら
「カッケーよ!」って。
「カッコイイって言ってくれたのは栄純だけでした」

さらに、銀髪にしたこともあったそうで
「銀髪にしたときは光舟だけがカッコイイといってくれました」

「優しいバンドです」
この日は将司のMCが冴えてました(笑)

あとなんだっけ、、カープ優勝話を振ったけど
もうカープの話はいいよ、、ってなって
そこから流行語の話へ。
それもどちらかと言うとみんなが使ってたっていうよりは
カープ優勝から派生して大賞に繋がった感じで
「なんかスイマセン、、、って思っちゃうよね」って。
現に栄純は知らなかったそうで
「いや、これから使ってくよ。
でも、そういうのもいいんじゃない?ここから広まって行くってのもね」って。

その流れで女子高生がよく使う言葉について
マンジ(卍)を略して「ま」だけ書くらしいって
光舟が言うと
マツ「えーそれ松田の"ま"だと思っちゃうよー」
栄純「それ自意識強くね?」
マツ「にしても、、なんでも略して、、あと2文字くらい言おうよ、、」
光舟?「あ、だってTHE BACK HORNをバクホンとかって言ったりするんでしょ?」

ここで、マツが
「あー、、それは、、ちょっとねー俺が原因じゃないかって」って
いうようなことを言うと
さっきの流れから
栄純「またー何その自意識の強さ、スゴイね」

ただ、この話が最高におもしろくて。
というのも、昔まだあまりPCが普及してな方時代
BBSがあり(懐かしいー笑)
そこの自分がカキコミをするときに
バックホーンの小さいッと横伸ばしーが打てなくて(笑)
バクホンって書いてたことがあったそうで
まだ調べてないから正しいかどうかは分からないけど
そんな気が最近してるんだとか。

光舟「いつだったかバンド名略しやがってって
怒ってたことあったけど、、、」
マツ「自分で蒔いた種でした、、」
栄純「さすがだね、わーって撒いて
その後結局自分で全部買い取るって言うね」
将司「矛盾はマツのいいところですから」
ホントかどうかはちゃんと調べますってゞ(≧ε≦o)

「じゃー後半戦もまだまだいくぞー」って煽りから
まずは『シンメトリー』
サビのところで歌えって感じで合図してくるんですが
サビが英語でして
かなりテキトー英語で歌ってしまってるというね(;´д`)

ここから熱いよー
ジャーンって感じでストリングス入って
『戦う君よ』
これは渋公ですっごい衝撃受けたアレンジの曲。
またやってくれてうれしいです。

でもってここでもってくるかー!?の
『ブラックホールバースデイ』
テンション上がります。

とどめは『シンフォニア』
この3曲連チャンは
かなり燃えました。

ラストの曲に行く前に将司から
「マツも言ってたけど
18年もやってると、若い頃の訳分からない感情で作った曲とかもあって
でもそういった曲たちも全部まとめて背負って
、、、背負ってって言い方はよくないな
・・・持って、、これからも、、

18年間の辛さや悲しさ
そんなの無い方がいいに決まってるけど
でも、それと共に生きてくって腹くくってるから
そしてこれからもみんなを楽しませたい
いい音楽を届けたいって
だから体が続く限りはずっと続けていこうと思っているので
これからもTHE BACK HORNをどうぞよろしく。」

その後のボソッと言ってた
「ホントいつもありがとね~」が
すごく優しかったです。

ラストはそんな思いも込められた『with you』
光舟のベースラインはやっぱいいわ。

本編終了。
曲数多い訳でもないんですが
2時間くらいの時間過ぎてて
MCそんな長かったかな??(笑)

続いてアンコール。
2016年はイロイロライブもやれて
その合間を縫って楽曲も作っているそうで
2年後の20周年に向けてこれからもどんどん突き進んでいきたい
みたいな話があり、、、
『言葉にできなくて』
いやぁ、、やっぱこの曲、慣れないです(笑)
なんかちょっとアイドルチックな感じがして
あはは。。って感じになってしまう。

そこから『コバルトブルー』
この曲は外せないですね。

最後はフルメンバー呼び込んで
『刃』
これも例のなんて言うの、、間奏部分
まずはストリングスチームでやって
その後いつものように栄純と光舟がやってって
なんか競演!って感じのアレンジで熱かったです♪

「ありがとー」
「Key 曽我純一! ストリングス美女集団!
そしてTHE BACK HORN!!そしてお客さーん!!!」

遠かったけど、、、熱さは充分伝わるライブでした。
年内はあとはマニアックヘブン。
結局、、、ライブに関しては2日ある内の初日しか取れませんでしたが
そしてかなり番号も末番でしたが
今回なかなかチケット争奪戦みたいなので
行けるだけ、いっか。
楽しみです♪


MC備忘録。
何処のタイミングだったか
この日は宝くじを買うと当たる確率が高い何とかって言う日だったみたいで
栄純が「買いましたよ」って。
そしたら光舟が当たったらスタジオ作って!って。
「スタジオか、、、いいね」とか言いつつ
「でも当たっても何も言わないかもなー」
で、急に金ジャラジャラ付けてくるんでしょ?って。

この日のMC、光舟が「今日、やべーな」って
でもこういうのもいいけどね。って


<セットリスト>
 01.トロイメライ
 02.サニー
 03.声
 04.閉ざされた世界
 05.雨
 06.ジョーカー
 07.カラス
 08.悪人
 09.パッパラ
 10.白夜
 11.美しい名前
 12.コオロギのバイオリン
 13.シンメトリー
 14.戦う君よ
 15.ブラックホールバースデイ
 16.シンフォニア
 17.with you

 EN.
  言葉にできなくて
  コバルトブルー
  刃


答なんて知らないで果てていこうぜBABY  [The Birthday(2012年~)]

2017年まであと1ヶ月足らず。
っともなれば来年のライブスケジュールもちょいちょい出だして
チケット先行なんかも始まり出して。
でもどうもよし!って感じで決断できないのは
私的メインの予定が発表されていないからでしょうか・・
うぅ。。もどかしい(´;ω;`)
でも先走って取っちゃって
あー被った、、、ってなるもの嫌だし。

さて。
そんな12.4は
The Birthday『シャム猫の絶叫』TOUR2016
@豊洲PIT
でした。
IMG_3460.JPG

あー…終わっちゃったよー。。
全12本だもんね、そりゃアッという間よね。

豊洲PITは4回目?
そうか、、そんな行ってるか、私。
でもって何気に相性良い?
この日もこのツアーの中でも一番番号良く
2桁前半!
が、、、The Birthdayの関東圏のチケットは
某イベンターの有料会員チケが出てることも多く
そのチケットが一番最初に入場したりするので
この日も覚悟して行ったのですが
なんと!某イベンター券なかったのです。
ってことは、、純粋にその番号通りで入場。
ヤッター
高松での悔しさが晴らされたよ。

Zeppみたいに牛歩で進ませてはくれなかったのですが
なんとか最前に行けました。
ただ、、残念だったのは
キュウちゃんが全くと言っていいほど見えなかった。
でもキュウちゃん見えるためには
フジイさん側に行くか
もっとセンター寄りに行くかしかなく
それはどっちも避けたい感じだったので
仕方ないか。。

いやぁ、、でも、ウットリ堪能させていただきましたー(≧▽≦)

セトリは全編通して変化はなかった模様。
私も前回書きましたが
今回はなかなかいい流れのセトリだと思ってて
そしたらフジイさんのラジオでも
今回のツアーはみんな曲順について
やって行く中で変更した方がいいって話が出なくて
きっとこれがベストってみんな思ってたんでしょうね、、って話してて
なんか同じ気持ちでうれしかったです♪

そうか、、The Birthdayのツアー
だいたい初日の後
曲順や曲が変わることが多いのは
あれは1回やってみて
やっぱりこうした方が、、、っていう話しが出るからなんだなー、、って。
ただ、まぁ、欲を言えば
1曲くらいその日ならではな1曲があると
よりうれしいんですけどー・・って(笑)

時間になりライブスタート。
そんなにギューギューにはなりませんでしたが
曲によっては後ろからの圧があったりもして
今頃(翌日の話)になって若干
筋肉痛だったりします。。(今はもう治った)
でも豊洲の最前バーの高さやマットの厚み感
かなりよくて快適でしたー

メンバー衣装
おおむね変更なし。黒シャツ黒パンツ(ハルキはデニムか)
で、フジイさん
確か仙台で半袖白シャツにビックリしたと思うんですが
この日はジャケット着用で
これまたおぉ~って感じでした。
ハットはなし。
あのジャケットポッケにパイピングしててかわいい。
多分前にチバさんが着てて
内緒で撮影?の時に借りたら
あげるって言われたやつじゃないかなーって。

スーっと息吸って
キュウちゃんのカウントがかすかに聞こえる中
始まる『ディグゼロ』
あの何発かあるジャーンジャンッ!ってやつが
すっごい緊張します。
ハルキのベースが続いて入ると
なんかフゥ~ってなります(笑)

からの『I KNOW』がいいんですよね~
やっと始まったーってテンション上がる。

『FULLBODYのBLOOD』は
あの間奏部分、3人がユニゾンになっていくところが
アルバムリリースツアーから時を経て
どんどん加速してる感じがします。
盛り上がりハンパない。

ここで最初のMC。
キュウちゃん「The Birthdayです。
最近なにかと話題の豊洲へようこそ。
、、、ここは元は海なんでしょ?」
リアクション薄いフロア
「豊洲に住んでる人とかいないんですか?」
あまりいなかった模様・・(笑)

チバさん、サングラスここで取るんですが
そう言えば。
前にいると、サングラスかけてても
照明の加減で
中の目が見えてることもあって。
なんかちょっとうれしかったり(*´ω`)

あと、この日は最初ピックをフロアに投げてくれたんですが
その後はステージ後ろに投げるようになっちゃいました。
結構な枚数投げてたのにな・・。

『星の首飾り』の最後の方にある
フロアに歌わせるやつ
なかなかいい感じに声が聞こえたようで
ニヤッと嬉しそうでした。
前にいるとバックに広がる風景って
当たり前ですがイマイチ分からなくて
でも終演後にFBに上がってた後方からの写真見て
わーこれはいい景色だわ、、って。
そこから合唱聞こえてきたら
そりゃ、ニヤってなりますってね。

新曲『夢とバッハとカフェインと』
どうもまだ オエオエオー ってとこで
拳を上げるタイミングを逃してしまう。。
なんとか最後の盛り上がるところで上げられました。

イントロのハルキのベース
注目しちゃいますね。
ハルキ、何の曲だったかなー
構えてる時に
右手からポタポタ汗落ちてて
セクシーでした。
チバさんと言い、ライブ中
髪とか手とか腕とかから
汗が落ちるのってなんか素敵です☆

『気が知れない』は空気が張り詰める中
誰もがただただ聞きってた感じでした。
これぞライブでないと味わえない感じ。

で、間髪入れずに始まる
『STRIPPER』
あ、でもこの日は拍手する間
少しあったっけか?

終わるとあちこちからたくさんの歓声。
そしてメンバーの名前を呼ぶ声もたくさん。
その中になぜかフジイさんに対し
フジケン!フジケン!って
歓声って言うよりは
怒鳴って呼ぶ声みたいな感じで呼ぶ人がいて(絶対ワザと)
フジイさんはガン無視続けてたんですが
キュウちゃんが
「フジケン、なんかケンカ売られてるみたいだよ」って
ちょっと笑いに変えてくれて。

そこにチバさん
「あんま調子にのってると、そこら辺に埋めるぞ、コラァ!」
あははー
ナイスフォロー♪
静かに「そうだ、そうだ」って感じで
後で頷くフジイさんが可愛かったです。

にしても、こうやってトゲトゲすることなく
うまく場を静めるなんて
流石です。

気を取り直して
『LUCCA』(だった?)
この曲やるときのメンバーは
みんな楽しそうです。
特にチバさん(笑)

ギターソロ前「フジイケンジ!」て言ったのかと思ってたんですが
どうやら「フジイサンタ!」って言ったらしい??←って書いてる人がいたけど?
やっぱチバさんクリスマス好きなんですかね~(´m`)

『ひかり』から『LEMON』の流れが最高。
これで当分『ひかり』が聞けなくなるのか、、って思うと
寂しいです。

そして前も書いたかも?ですが
『LEMON』のあの印象的なギターのリフ?は
チバさんとフジイさんで弾く箇所がそれぞれあって
それが合わさってできてるって
今回弾いてる手元が見えて初めて知りました。
わーって。
てっきり一人で弾いてるのかと思ってたもんで・・(;´д`)

ここからの盛り上がりって言うか
うわ~って気分になれる感じが
ホント最高で
まずは『愛でぬりつぶせ』
どうしてもこの曲聞くと
アベさんがなくなった年にあったフジロック
晴れたグリーンで「親友に捧げます」って言って
やった時のことを思い出してしまいます。
見に行ってた訳じゃないんですが・・
だから 未来はどれも~ の歌詞のところが
いつもグッと来てしまうのです。

続く『誰かが』
これはやっぱりあのPUFFYとの対バンが
大きなキッカケだったんですかね。
たくさん手が上がって
最後のコーラスとかも声が聞こえてくるせいか
これまた嬉しそうなチバさんが
印象的です。

ここでだったか、、、(その前でだったかな?)
急にチバさんが
「久しぶりの東京、、」って言い出し
「よぉっ!」って(笑)
挨拶っすか??ゞ(≧ε≦o)
そして「なんか変わったよね、東京の街」
え?どこのことだろ??って思ってたら「・・・冬になってた」
あー。。
この12本ツアーに出て帰ってきたら、、ってことですかね。
でもこの日は実は
とても暖かい日だったんですけどね(笑)

「オーイェイ」雄たけび上げてから
『BABY YOU CAN』
例の 俺たちはまだ 何もしてねぇーよ ってとこ
フロアが先に歌ったら、、、
チバさん「やるぞ!」だっけ?
えーそれまでの「そろそろひっくり返すか」みたいな一言
楽しみにしてたのに
あまりに短くて拍子抜けデシタ・・

でも、そういう気分なんですかね。
なので私は来年が楽しみでならないです。
ツアー終わったばかりなのに
もうレコーディングのプリプロとかって
キュウちゃんのブログでも言ってたし。
アルバムまたリリースされますかね♪

『OUTLAWⅡ』のサビは
すっかり掛け合いで歌う感じになってきました。
こうやって参加できる箇所が増えるのって
うれしいです。

ハルキが飛び出てくる
『PARTY PEOPLE』
ちゃんと左右共にでてきてくれました。
むふふ。
豊洲PITの最前って
あの大きさの会場にしては
ステージと割と近くって
ドキドキしちゃいました(*´艸`)

アッという間、、本編ラスト『ハレルヤ』
出だしは仙台で聞いたのと変わらず
あのコーエンのハレルヤから。
チバさんの弾き語りなんですが
優しい歌声が響いて素敵でした。

初めて聞くと、歌詞でそうかなって分かるけど
一瞬何が始まるか分からないあのドキドキする感じ。
でもイントロが鳴って
あぁーってとってもしっくりくる感じ。
静かな雰囲気から始まって行って
最後熱い演奏と熱唱になって行くあの感じ
とにかく拳上げてoioiする曲じゃないけど
熱い気持ちになります。
「サンキュウ」

続いてアンコール。
最初に出てきたキュウちゃんまでもが
例のオレンジTシャツ!(笑)
あ、、でもこの日はチバさん、オレンジ着てなかったんだった。
フジイさんはもう一つの派手な方のTシャツ。
チバさん・ハルキは着替えなし。

そしてチバさんビール片手に出てきて
飲みながら「ここビール何売ってるの?」って
銘柄チェック?!
アサヒ!って言うと、ふうんって無言の不敵な笑み(笑)
手にしてたのはキリンだったので・・・

スタンバイし
チバさん、ギター構えたままステージ前に。
フロアからワーっ歓声がおこり
どんどん大きくなって行っちゃう。
ハルキやフジイさん「あーぁ、、」って感じで
笑っちゃったりして。

そしたらチバさんが「シーッ」って静めて
とんでもない音が ってマイクなしのアカペラで歌い始め
カモン!って合図。
そこからフロアも一緒に 鳴り響く予感がする って続けて、、、
ワンフレーズ大合唱!

チバさんの生声聞こえましたー
感動的。
その後の大合唱もよかったです。

さらにさらに、最後の最後のサビ
お前のそのくそったれの世界 ってとこ
チバさん、ギター弾くの止めて
手で お前のその(フロアを指さし)
くそったれの世界(片腕に片手の拳をドンって当てて
腕まげてクソッタレって表現)←説明ムズイ・・(笑)
ってやってて
いやぁ、、なんかよかったー
ああいうの、テンション上がります。

ラストは『声』
あの大きな会場いっぱいに
たくさんの手が上がってたとしたら
それはそれはすごい光景なんだろうな、、って
それを眺めるメンバーの眼差しを見て
想像してました。

マイクにガッツリ向かって
結構大きな声で歌うハルキと
それとは対照的に
マイクに向かってんだか向かってないんだかの感じで歌うフジイさんが
何とも言えずクスリとしちゃいます(´m`)
でもちゃんと最初から歌ってるのをこの日も確認でき
うれしくなったり。

「サンキュウ。ありがとう。」

キュウちゃんズズズズっと最前の人たちと
ハイタッチしてやってきて
もうチョイで私の辺り、、ってとこで
スクっと立って
両手挙げて帰って行っちゃいました。。
くー・・・っ。。
いつも終わりの方の端は
やってくれないことが多いっす。

続いてダブルアンコール。
今度はフジイさんまでも
ビール嬉しそうに持って登場。

あとチバさん、ハルキも
ラスト3公演で販売された猫のTシャツに着替えて。
このツアーTシャツがガッカリ過ぎて
買えなかったんですが(笑)
最後の最後で
待っててよかったー的な感じのものが出てきて
よかったです。
私的にはもう少しポスターチックな感じが
よりよかったんですけど。。
バックプリントがかわいいから許す(笑)

キュウちゃん
「豊洲ピットいいですね。毎月やりたいくらい
、、、って、そうは問屋が卸さないって?」って。
ブログにも書いてありましたが
相当気に入った模様。
もうZeppじゃやらなくなるかな?
あ、でも、私もそこまで嫌いなハコではないです。
今回、開場前トイレも開放してくれてたし。

チバさんは、、2本目なのかな?
またしてもビール持っていて
さらには歌いますよって直前で
ガーっと
顔上に向けて一気に飲み干し
缶をアンプの上に置こうとして
ちょっと潰してそのままステージ後ろにポーンっと。
えーって感じのフロアの空気を感じたのか
「危ねーだろ?気ーつかってんだよ」っとボソボソ。
この"危ない"っていうのは
倒れたりして床に落ちると(演奏中すべったりして)危ないなのか
フロアに投げると人が押し寄せたりして危ないなのか
・・・不明ですが
気をつかってるって言葉が出てきたのが
なんか可笑しかったです。

またまたギター構えて前に出てきて
(最近多いな。うれしいけど)
イントロを弾き
カモーンっと合図
『涙がこぼれそう』
ちゃんとこのイントロ待って歌えるようになったフロアに
ご満悦な様子でした♪

俺さ、今 どこ?
「今は、お前らと、豊洲ピット!!」
何度か聞いてるこの"お前らと"ってやつに
やっぱニンマリしちゃいます。

大盛り上がりで終了~
ハルキも最後はピック投げてました。
「サンキュウ。ありがとう!またね」

で。
ハルキ、バイバイって感じで帰って行った後
チバさん・フジイさんと続いたんですが
そのとき何を思ったか
チバさんがハルキのマイク下に落ちてるピックを拾って
フロアにホイって。
それ真似してか、フジイさんまで。
こんなことするなんてー
てか、チバさんがフロアに捨てまくってたピックを
投げておくれーって感じです。。

キュウちゃんは
恒例、Tシャツを脱いでフロアに。
オフィシャルFBに華麗に飛んでくTシャツの
いい瞬間押さえた写真UPされてました~
20161204.jpg
そしたらさらにベルトまでも取ろうとして
冗談ですって顔で帰って行きました。

いやぁ、、いいライブでした。
今回思ったのが
結構、チバさんはフジイさんと向き合ってギター弾いてるなって。
なんか以前よりも増して、、って感じです。
気付いてなかっただけか??

あーあ。
私的には2016年The Birthday納めでしたか。。
今年はクリスマスに年末にと
フェスに出演されるようで
攻めてますな~
やっぱり来年の予定が楽しみです♪


<セットリスト>
 01.ディグゼロ
 02.I KNOW
 03.FULLBODYのBLOOD
 04.グロリア
 05.ホロスコープ
 06.星の首飾り
 07.夢とバッハとカフェインと
 08.気が知れない
 09.STRIPPER
 10.LUCCA
 11.ひかり
 12.LEMON
 13.愛でぬりつぶせ
 14.誰かが
 15.BABY YOU CAN
 16.OUTLAWⅡ
 17.PARTY PEOPLE
 18.ハレルヤ

 EN1.
  くそったれの世界
  声

 EN2.
  涙がこぼれそう