So-net無料ブログ作成

あたためてたってきっと何も生まれない奇跡が起こる事がちょっと怖いだけなんだ [音楽]

この前、、、iPhoneを新しくしたんですが
そのときもちろん、画面保護のため
そこそこお値段張る強化ガラスって言うんですか?
それを買って貼りまして。
よしよしと大事に使っていたのに。
なのにー
1回落としたら端っこ割れた。。
まだ1ヶ月も経ってないってのに(>ω<)

あ、割れたのは強化ガラスの方ですけど。
やっぱガラスって言うだけあって
落とすと割れるんですね。
でも以前のiPhoneは保護シールを貼ってて
それは何回落としても(結構バターン!って落としたりもしてた)
割れないし、そのシールちょっと傷ついたかなー程度で
済んでいたので
今回の割れたのを見ると結構ショックで。

高いお金出してガラスにするよりは
実はシールの方がいいのか?なんて思ったりもして。
あーあ。
割れたの見ると悲しくなるから
早く新しいの買いに行こうっと。。ちっ。

さて。
そんな10.23は
シュリスペイロフ
ニューアルバム「あまりかぜ」リリース記念ツアー
『極楽のあまりかぜ』
@新宿 red cloth
でした。
IMG_3406.JPG

まだまだって思ってたライブが
どんどん終わって行って
月日の経つのが早いなーってのを実感しています・・

何気にシュリスのワンマンっていうのに行くのは
初めてなのかもしれない?
宮本くん弾語りワンマンの方が
行き慣れてる(笑)

チケットローチケで一桁で取れて
ワーイ!って喜んでたら
HP予約をした人から入場だったみたいで
あらら・・。
でも中入ると最前空いてて
ヤッターってそこにしたんですが
始まってすぐに、、あれ?宮本くんの声全然聞こえないぞ、、って。
紅布は前の方には行かない方がよかったり??
私の聴力低下が原因か?
いずれにしても
正直最前じゃなく3列目くらいの方が
見やすく聞きやく良かったのかなーっとちと後悔。。(-ω-`)
メモメモ。

SOLD OUTはしてなかったようですが
全体的にいい感じに人で埋まってたように思います。
ま、全く押しはなかったですけど。
でも宮本くんも人が多くてビックリしちゃって
最初のMCでどこ見て喋っていいんだか、、って
アタフタしちゃってました(笑)

セットリストは、、チラッとあげてくれてた人のを拾うと
アルバムリリースツアーとは言え
アルバムからの曲を全部はやってない感じ、、ですかね。
でも過去のアルバムから数曲ずつ持ってきたりして
新旧入り混じった感じの選曲だったようです。

まだタイトルと曲があまり一致してなくって
そのあげてくれたセトリと
持ってる音源とでもう1回聞き直してみて
あれ?こんな曲やったっけ?とか
あれ?これやらなかったっけ・・って
もはや記憶曖昧、、という状態。

なので、、、曲の感想とかMCとか
順不同で思いつくままに書いちゃいます。

今回はなんといっても
澁谷くんのギターが、、、スゴカッター
目の前で見てたってせいもありますが
いやぁ、、、すごいっす。
そして頑張って弾いてるって感じじゃなく
いま思いつくままに弾いてますってくらい
なんて言うか、、自然な感じで
そりゃ、ギター弾くの楽しいだろうなって。

でもって野口くんのベースの音
結構大きめに聞こえてくる気がしました。
ベース側にいないのにすっごく耳に届くって言うか
ああいう太い音好きです。

ブチョーは、、常にポワンって顔して
叩いていて
大変そうとか楽しそうとか全く顔に出さなくて
ちょっと疲れてるのかなーって
思っちゃう感じでした。
現にアンコール前に出てきたら
ハァ、、疲れたってボソって言ってたし。
でもあれは体力的にって言うか
精神的に緊張とか間違えちゃいけないとか
そういう気疲れだったのかな、、とか思ったり。

宮本くんはさすが場数踏んでるだけあって
余裕がある感じに見えました。
MC、オモシロいこと言おうとしてないのに
オモシロいって一番最高な感じ。
野口くんイジリとブチョーいじめ(笑)

曲では、、、
大好きな『レコード』をやってくれて
うれしかったです
やっぱいい曲だー

あと弾き語りでいろいろ聞き慣れてたせいか
バンドサウンドだとやっぱ迫力あって
シュリスのほんわかムードとは違って
ロックバンドなんだなーっていうのを
改めて感じさせてくれるというか。
もっとバンドでのライブ、、やって欲しいです。
ワンマン大変なら2マンでいいから
増えないかなーって。

今も多分たくさんライブやってるんだと思うんですが
なんせ、、バンド数多くて
その対バンあまり知らないバンドばっかで
平日で、、ってなると
ちょっとなかなか足運べないんですよねぇ(´+ω+`)

MCでは
その最初のMCの時に
たくさん人がいてどうしようって
宮本くんなぜか柱の方見て喋ってるもんで
思わず澁谷くんも野口くんも
ズリズリってステージ後方に下がって行っちゃって
お客さんはそんな二人を注目したりして
クスクス(´m`)
で、宮本くん一人で黙々としゃべってる感じに。
そしたら野口くん「今、、気づいてなかったと思うけど
3人とお客さん対1人ってなってたよ」って。

そんな野口くんに反撃する宮本くん。
「野口はヘイ!Siriヘイ!Siri明日は○時に起こしてとか
ってSiriにばっか話しかけてて。
ツアー出ると俺らがタバコ吸う組で一緒の部屋になるんだけど
いつだったか夜目が覚めたら
ヘイ!Siri、ヘイ!Siriって寝言にまで言っててさ、、(笑)」って
ちょっと恥ずかしい話を暴露。

「それ、嘘だね、俺とSiri相性いいから
2回も呼びかけたりしないもん」なんて言ってましたけど。

そして次にブチョーイジリするため
澁谷くんにブチョーのオモシロ話ないの?って
ブチョーと澁谷くんはタバコ吸わない組で
同じ部屋なんだそうです。
「いつだった俺先に帰って寝てたら
ブチョーが2時くらいに帰ってきて
そしたらドバドバドバーッってお風呂入れ出して
ベットがお風呂と近くてうるせーって
目が覚めたんだけど起きたって分かったら気を遣うだろうと思って
寝た振りしてたんだけど、、
で、今度風呂から出たらビール取り出してプシュッ開けて
グビグビグビーって。
ブチョーってのど越し(の音)すごいんだよ。
それで終わりかと思ったら、またプシュッって開けだして
いい加減にしろーって(思ってた)」

「でもこの話名古屋のMCでしたらさ
ブチョー優しいから気を遣ってくれて
その日は部屋の外でプシュッって缶空けてたみたいでさ(笑)」

「あーそれ、俺見た。
ブチョーの後ついていったら
なぜか部屋の外にビール置いてあってさ
プシュッって(開けてた)」

っと、、、ここまで言いたい放題言われたブチョーからは
一言も反論がなく
なんか言うことないの?って聞かれたら
「お前らが話す隙を与えないんだろー」って。

もう一つ、仙台への移動のフェリーにて
この時はブージーと一緒だったのかな?
でもお互い人見知りバンドで
全然話とかしなかったらしく
「野口なんて人見知りなんてもんじゃなく
失礼にあたるくらい喋らないからね」って。
あー、、、なんとなく想像できてしまいます(笑)

そんなこんなで長時間乗ってたフェリー
することなくて暇だったようで
「いつもはさ、俺のことなんてことごとく無視する野口が
珍しくカーテンをシャーシャーって(開けたり閉めたり)やってきて
暇じゃない?って。ついにSiriにも相手にされなくなったかって(笑)」
野口くん「船の上は電波ないからね、」
宮本くん「Siriも相手にしてくれないんだ」
ってこの件、大爆笑でした。
やっぱSiriに話しかけてるのは
本当らしいっすゞ(≧ε≦o)

そうそう。
嬉しいお知らせもありましたー
なんと!
サポートで6年もやってきてるという澁谷くんが
正式メンバーとして加入することになったそうです。
「シュリスペイロフの澁谷くんです!」って
嬉しそうに紹介してました。
そっかー
てかさ、なんで今までサポートって立場だったんだろう、、って
ちょっと疑問にも思ってましたけど。
めでたいです。

そんな後にやった曲2曲が
割りと暗めの曲で、、、
でも宮本くん的には
一番澁谷くんらしいギターが聞ける曲かなって思った
選曲だったみたいです。

澁谷くんはすごーく大人しそうに見えますが
結構MCとか喋るし
本当のことバンバン話しちゃうし(暴露)
なかなかオモシロい方です。
宮本くんも「メール楽しいの澁谷くんだけだよー」って。
絵文字とかいっぱい使ってくれるみたいで
「野口なんて丸(。)すら付けないからね」って。

そんな野口くんとは
一緒に住んでる?澁谷くん。
いつだったか熱出したときにコンビニでお惣菜とかかってきてくれて
なかなか長男気質のところがあるとか。

っと。
宮本くん的には
あまり喋らないようにしようとしてるみたいですが
ついつい喋り出すと止まらないみたいで
何度も「ゴメンねー」って謝ってました。

アンコールでは
最初に登場したブチョーが
しっかり物販の宣伝を。
あまりかぜくんというイラストが描いてあるTシャツやら
巾着袋やら何やら。
全部買っても3500円!とかって言ってましたっけ。

なかなか出てこない他メンバー。
でもブチョー
ちゃんと宮本くんが終わったらすぐ飲みたいって言ってたって
ビールをカウンターの人に注文したり
野口くんにはコーラを頼んであげたりと
やっぱ優しいんですね~

1曲やって次に行く前に
「あー働きたくない~」って言ったはいいけど
ちょっと曲へ行き辛くなって
苦笑いでなんとか曲へ繋げた
『働きたくない』が可笑しかったです(笑)

そしてダブルアンコールでは
本編MCであまり反論できなかったブチョーに
じゃー歌ってもらおうかって
ムチャ振り(笑)
やっぱりいじめてる( ̄▽ ̄;)
「タイトルは?」って聞かれ
「え?タイトル?、、、東京ありがとう」だったっけ?
伴奏は次の曲のさわりみたいな感じでしたが
歌詞を即興で考えながら歌ってて
オモシロかったです。
からの『行灯行列』で終了~

演奏迫力ありましたー

ファイナル化と思ってたんですが、、
ファイナルは札幌でした。。
そうですよねー

ってことで今年は後はカウントダウンで、、かな。
来年はもっといろいろライブ行きたいですね~
もっとやってください!


<セットリスト>
 01.かじられている
 02.穴
 03.夢うつつ
 04.朝ごはん
 05.ルール
 06.レコード
 07.まともになれない
 08.下着と日々
 09.あまりかぜ
 10.ダイバー
 11.ディファ
 12.消失点
 13.ピアノ
 14.カノン

 EN1.
  空中庭園
  働きたくない

 EN2.行灯行列


雲を追いかけてたら笑いがこみ上げてきた 何とでもなるもんだよ [音楽]

昨年あたりから
ちょっと帽子づいていまして。
今年は流行にのって
ベレー帽を買ってしまった・・。
が、、いまいち被り方がうまくいかず
あらららら、、な感じ(ll'ェ')
鏡見て研究します。

さて。
そんな10.22は
フラワーカンパニーズpresents「DRAGON DELUXE 2016」
@名古屋DIAMOND HALL
with:サニーデイ・サービス/東京カランコロン
でしたー
IMG_3404.JPG

今年で5回目だそうです。
そしてうれしいことに皆勤賞!
だって土曜日にやってくれるんだもん。
行かない理由がない。

ただ、、昨年も、でしたが
対バンが開催当初に比べ
おぉ~って雄たけび上げちゃう感じではなく(スミマセン。。)
ほぼフラカン目当てで行ってる感じ。
でも不思議なのが
これ、昨年もそうだったんですが
終わるとなんか期待以上にいいライブだったなーって
やっぱそれなりに一緒にやりたいって思ってる方々とのライブってことで
そういういい方向へ進んでいく雰囲気になるんでしょうか。

今年は多分名古屋、今までにないくらい行ってる気がして。
バスだと出発早すぎて
うーん、、って思ってしまうことが多く
安ければそれでも我慢しますが
確か土曜出発ってこともあってか
思ったほど安くなかったので
この日は電車で行くことに。

鈍行乗り継いでももちろん行けるんですが
お昼を車内で食べたちゃいたいなーっと思い
静岡からぷらっとこだまを利用。
これでも鈍行乗り継ぐのと比べて+1500円位なんで
ま、いいかな、と。

あとその車内でのお昼
久々に「シウマイ弁当」を食べたかったのですよ。
よく話題になるね(笑)
いや、まぁ、別に普段買って帰ってもいいんですけど
さすがに駅弁家で食べるのはねぇ・・
ってこともあり、いいじゃん!って
なのにー
横浜通らなかったせいもありますが
売切れてて買えなかったー(>ω<)(>ω<)(>ω<)
意味ないじゃん!

もう何食べよ、、ってテンションガタ落ちで
静岡ということで
マグロ丼にしました。
美味しかったけどー
あーあ。
これはいつかまたリベンジせねば。

その後は名古屋でブラブラ。
そして時間になり会場へ。
この日はとってもいい番号で
最前へ行けました♪
チケットありがとうございました(*´∀`*)

始まる前にメンバー全員出てきてご挨拶。
今年で5回目開催って話。
東京カランコロンはライブで見てスゴイ!って思って
出演をオファーしたとか。
ベースが見もの、、だそうです。
あとサニーデイはもう昔からの付き合いで
リハ見て泣いたってグレートさん。

あと、先に言っとくけど、、って圭介さん。
顔の左側が少し赤くなってるって
これはインプラントの手術?をしたからで
数日すれば腫れは弾くので
気にしないでくださいって。

そしてマイク持ってるのが圭介さんとグレートさんだけで
東京カランコロンのツインボーカルって言うのを
圭介さんがデュエット?とか言っちゃって
竹安さんが「ツインボーカル」って言おうとした時に
マイクを向けてあげたんですが
まぁ、、やるよね、ちょっと意地悪して
顔にグイグイ押し付けるやつ(笑)
数年後には50を迎えるというのに
そういう仲の良さいいですよね~(´m`)

恒例のイベントのタイトルコール
これは竹安さんとミスコニの担当らしく
じゃーいきますよ、、って
竹安さんが言うのかと思ったら
言い出さないので
「あれ?堅ちゃん(カンちゃんって言ってた 笑)言うんじゃないの?」って
ミスコニ。
ちょっと打合せ不足だったようで
今年はミスコニが言うってことにしてたみたいです。

気を取り直して
ドラゴーン! デラックス!!
開催です♪ヽ(´▽`)/

トップバッターは東京カランコロン。
確かに、、ベース、色々な面で変わっててオモシロかったです。
でも、私ライブ見るの3回目くらいなんですが
過去2回はそこまでオモシロさ発揮してなかったと思うんですけど
やっぱ先に言われちゃってたんで
パワーアップしたんですかね(笑)

若さと熱さでキラキラ度MAX!!
そして楽しそうに皆さん歌って演奏してて
こっちまでニコニコしちゃいます。
やっぱ楽しそうな感じが伝わってくるのって
いいもんだなーって。

MCでは特にフラカンとの繋がりについてとかは
話してなかったんで
ホントにフラカン側がいいなーって思って
オファーしたって感じでしょうか。

最後帰るときに
なんかモゾモゾしてるなーって思ったら
いちろーくんが「ドラゴーン?」って
フロアにちょっと弱弱しく声かけて(笑)
フロア元気に「デラーックス!!」って返してあげると
嬉しそうだったのがオモシロかったです。

短かったわけじゃないのに
意外とアッという間でした。
知ってる曲もちょこっとあって楽しかったです。

続いて。
サニーデイ・サービス。
こちらは、、曽我部さん以外全くメンバーとか知らず
って思ってたら
サポートで高野さんいてビックリ!
でもって転換中スタッフかと思ってたら
いつの間にかメンバーたちが個々に準備してて
いったん引っ込むことなく
そのままライブスタートで
またまたビックリ!でした(笑)

グレートさんがリハで泣きそうになったって言ってましたが
確かに、、グッと引き込まれる曲多かったです。
歌詞とか曲の感じとか。
全然曲知らないのに
ただただ聞き入ってしまう感じ。
長く残ってるってこういうことなんだなーって
改めて思いました。
素晴らしかった!

MCはさほどなく
呼んでくれてありがとうございますっていうのと
最近アルバムを出したことの宣伝くらいでしたかね。
フラカンとは付き合い長いようなので
何か昔のオモシロ話とかしてくれるのかなーって
ちょっと楽しみにしてたんですけど
あまりMCはしないタイプなのでしょうか。

こちらも結構アッという間に終わってしまいマシタ。
いい音楽を聞かせてもらえました♪

そして最後はお待ちかね、フラワーカンパニーズ。

いつものSEでメンバー登場。
竹安さん、ミスター小西までは今まで通り。
で、グレートさんでてきて
わぁーユニオンジャック柄だーって驚き。
インパクト大でした(´m`)
そして楽器隊スタンバイして最後に登場圭介さん
こちらは何やらマントみたいなの羽織って登場で
どうしたー??って驚き。
しかも中にはチラチラいつものシャツ見えてるし(笑)

そんな感じでスタート
なんと!『冬のにおい』
きゃー♪(´∀`人)
1曲目からちょっとレアな感じがして
テンション上がりましたー
って、、、何気に夏以来フラカンライブ行ってないから
何来てもレア感満載に感じるのかもしれないのですが・・

で。
最後の方にあるサビの部分
もう1回しあるの忘れてたのか勘違いしてたのか
歌いそびれて苦笑いしてました(笑)

続いて『消えぞこない』
いい流れで大盛り上がり。

そしてもういきなり新曲!
『すべての若さなき野郎ども』
なんか、、あまり覚えてないですが
なかなか盛り上がりそうな曲だったと思います。

ここで圭介さんのマントについてツッコミ。
どうしたーって。
なんとなくな気分だったみたいですが
そのマントは移動でフェリーに乗る前に
お弁当を買いに行ったイオンで買ったとか。

暑かったのと(だって毛布みたいな素材だったし 笑)
その重みでどんどん後ろに引っ張られ
首締まりそうだったって。
なのでここでマント姿終了~
「暑い、、」ってそれ汗拭いたりして
Q太郎さんに渡したら
Q太郎さん汚いものつまむみたいに日本の指でつまんで
引き下げてました。

改めて、、先に出てくれたバンドに
感謝の拍手!
「久々に前が良すぎて出たくないって思っちゃった」って。
そう思うのって年に何回かしかないそうです。

ってことで、せっかくなので、、と
まずは東京カランコロンから
いちろーくんとせんせいがゲストに登場。
なんと!せんせい、さっき引き下げたマント身に着けて出てきてて
えぇー汗拭いてたのに?!って
圭介さんも「大丈夫?思いっ切り汗拭いたりしてたけど、、」って
言ってましたが
どうやらその現場は見てなかったみたいですね。。

あといちろーくんには
「俺と結婚したらもれなく、すずきいちろーになれるよ」って。
あははーゞ(≧ε≦o)
でもバッサリ「それ、、なる必要ありますかね」っ言われちゃってました。

私も謎だった、なんでせんせいと言われてるのか。
どうやら持ち上げてもらうためらしい。
昔は圭介さんがスタッフとかから
せんせいって呼ばれてたらしく
まったく同じような理由だったとか・・

そんな2人を迎えてやるのは『ラララで続け!』
おぉ~
うれしいー
でもってなんていうか、、ピッタリな選曲だったように思います。
早口でちょっと歌うの大変そうでしたが
すっごいよかったです。

2人が帰った後に
何曲か候補を渡して
でも中でもこの曲を選んで欲しいって思いつつも
早口で難しいから無理かなーって思ってたら
選んでくれたって。
「もうこの曲をやるときには毎回出てもらわないと!」
なんて言っちゃってました。

続いては曽我部さん。
古くからのお知り合いということもあってか
MC弾んでまして
まず、、その竹安さんと
なぜかいつの間にかミスター小西の下にも
敷かれるようになった絨毯について。
2人がスゴイって言うよりは
敷いてもらってないグレートさんと圭介さんがかわいそう、、って
思っちゃったって。

圭介さん曰く「俺たちはプロモーションとか
働かせまくってるのに
あの二人は何もしないくせに絨毯まで敷いてもらって、、」って
扱いの差を訴えててオモシロかったです。
しかも、何で敷いてるのか、、って
豪華さを出すためだって思ってて
「いや、あれ、敷くとね、吸音の役割もあって
いいんですよ」って曽我部さん。
さすがプロデューサー!!(笑)
本気で「そうなのー」ってビックリしてる圭介さんでした。

あとはさっき身に着けてたマントについて。
「あれは、、中が普通のシャツだったのがよくなかったね。」
「何着ればよかったの?」
「黒のTシャツとかね」
「えーそれ、出る前に言ってよー」って。

一緒にやる曲は、、
そうか、、曽我部さんは
アラバキでフラカンがセッションやった時にも
出てたんでしたっけね。
その時にやった曲が素晴らしかったからって
今回もその曲『孤高の英雄』を。
そう、すっごいよかったの覚えてます。

で、この日は前回は「頑張れ圭介」だったけど
「今日は頑張れ恵一って言ってもいい?」ってグレートさんから。
圭介さんが拗ねなければなんて言ってて
圭介さんも「そんなことじゃ拗ねないよー」って言ってましたけど
えー聞かれなかったら拗ねそうだけどな、、、なんて
チラッと思ったり(笑)

っということで『孤高の英雄』
最初に圭介さんが歌って
その後曽我部さんだったんですが
あー、、声量の違いが・・
やっぱ曽我部さん歌上手いんだ。
素敵でしたー
そして、"頑張れ恵一!"って叫びましたよー
なんかちょっと照れる(笑)

一緒に出てくれた人たちと一緒にやるのって
アンコールで、、って思ってたんですが
本編でしたかね。
素敵なセッションでした。

から、、、あまり間挟まず
『発熱の男』へ。
名古屋ダイアモンドホール!!って雄たけび上げて
ワーって歓声上がってから
「喝采を浴びてる~」って歌って
もう1回ワーって歓声。
なんていうんでしょ、、わずかな差なんですが
うまく歓声あげるきっかけ作ってて
流石~って思っちゃいました。

『孤高の英雄』の後の『発熱の男』、、感動しました。
グッときちゃう。

そしてさらに『虹の雨あがり』でしょー
どうしたーって。
これはホントに久しぶりの選曲だったと思います。
震災が起こった後に歌った時
そういう意図せず書いた曲なのに
なにか意味ある歌詞に聞こえてきて不思議だって言ってたのを
すごくよく覚えてて。
もしかしたら鳥取で大きな地震が起きたこともあって
取り入れたのかなーとか思ったりして。

ここでメンバー紹介。
ただ、、この日は全体的にMC少なめだったなーって思ったんですが
メンバー紹介でも一言ずつはなかったです。。

グレートさんの紹介で
来年、名古屋での人間の爆発ライブが決定してることを発表。
ゲストはまだ言えないけど
スゴイ人呼んでるからって
バンド?あれバンドじゃないか?
俺言ったら怒られちゃうな、、って
ピピピピっと頭をフル回転して予測するに(笑)
、、、MANNISHBOYSだったりしてーって
期待しちゃってますが
名古屋クアトロでせっちゃんきたら
ヤバいですかね。

ここではそれだけだったんですが
ライブ終了後
発表されてたのが
クアトロツアーとして(なのに渋谷はないんだけどー・・)
人間の爆発を開催
名古屋以外の2会場は
なんと!The Birthdayがゲストって
なですとー(≧▽≦)
望んでた対バン来たぁーっっ!!
これはなんとしてでも行かねば!!
なんかこの発表ですっかりドラゴンデラックスの感想
吹っ飛んじゃいました・・・。

あ、あとこのドラゴンデラックス
いずれはデラックス版として
フェスっぽいのをやりたいって。
まだどこでやるとか、いつやるとか
具体的には決まってないそうですが
いつか、実現させるって。
その時はドラゴンデラックスデラックスになるか
デラドラゴンデラックスってなるか、、、(笑)

名古屋を盛り上げるべく始まった
このドラゴンデラックスですが
最近は名古屋がオモシロくないって言われてるとかって。
というのも、、、
主要都市でアンケートすると
他の都市に住んでる人たちは
みんな自分たちの都市が1位だって言うそうですが
名古屋人は名古屋を3位って言うらしく、、

っと、それ聞いて圭介さん火が付いちゃって
奥ゆかしくていいじゃない!って。
しかも名古屋は観光地でもなんでもないのに
勝手に観光地化されて、勝手におもしろくないって言われて
逆に被害者だとかって熱弁。
熱くなり過ぎたので「楽屋でやるか、、」っと
上手くグレートさんにお終いにされてました。
あ、、曽我部さんとのトークの時も
なんかの話の流れで
「これ、兵庫さんに怒られるやつだ」って言ってて
笑っちゃいましたゞ(≧ε≦o)

4人そろってフラワーカンパニーズ!!
から『三十三年寝太郎BOP』
そして『NUDE CORE ROCK'N'ROOL』

最後は定番なノリノリの曲
『終わらないツアー』で終了~
いやぁーよかったー

そしてアンコール。
結構すぐ出てきた!
みんなTシャツ着てます。
で、圭介さん、汗だくなのに長袖に重ねてて。。
「最近、半袖で着ることないよね?」って言われ
「あ、もしかしてスミ入れた?とか
もしくはリストカットの後あるとかって?
まぁ、(リストカット後)あるけどさ」って
サラッと言ってて、、あるんかい!

「最近はノーマルで(Tシャツ1枚で)着る時代は終わったよ
ちょい足ししないと」だそうです。
何気に竹安さんもジレ重ねてました(笑)

と言うか、、
圭介さん、腕が短くて半袖が似合わないかなって
思うようになったそうです。

「じゃーもう1曲だけ歌って帰ります~」
『さよならBABY』

アンコールまで含めても
えー、、もう終わり?!って感じで
でも時計見たら3時間は経過してて
なんでしょ、、今までで一番短く感じた
ドラゴンデラックスでした。

最終新幹線間に合わないかと思って
久々夜行にしたんですが
意外と間に合う感じでした。
うーん、、、やっぱ今年は短めだったのかなー・・
来年からは新幹線で帰ることにしても大丈夫かなー・・

いや、でもやっぱドラゴンデラックス
楽しかったです。
「また来年もよろしく!」って言ってたんで
来年の話しちゃいますが
素敵なゲスト、期待してます。
THE BACK HORNとかどうですか(´m`)


<セットリスト>
 01.冬のにおい
 02.消えぞこない
 03.すべての若さなき野郎ども(新曲)
 04.ラララで続け!with:いちろー、せんせい
 05.孤高の英雄with:曽我部恵一
 06.発熱の男
 07.虹の雨あがり
 08.三十三年寝太郎BOP
 09NUDE CORE ROCK'N'ROOL
 10.終わらないツアー

 EN.サヨナラBABY


お前のハートをまっすぐ撃ち抜いて街ごと吹っ飛ばす [The Birthday(2012年~)]

10/23まで恵比寿LIQUIDROOM 2F KATAで開かれてる
石井麻木さんの写真展へ行ってきました。
IMG_3399.JPG
ライブがない日にリキッドルーム行くの初めてかも。
IMG_3400.JPG
モノクロの写真はいろいろ想像させられて
いいですね。
IMG_3401.JPG
カラーももちろんいいけど
モノクロを見た後だと
目に飛び込んでくるものが強すぎて
落ち着かない感じがします。
不思議。

さて。
そんな10.20は
CHAMP RECORDS 10周年記念~クアトロマンスリーシリーズ
『激突!ハードボイルドな男達』
@渋谷CLUB QUATTRO
act:SCOOBIE DO/The Birthday
でしたー
10202.jpg

The Birthdayの対バンシリーズ
ラスト!!
、、って思ってるんだけど
キュウちゃんのブログ見るかぎりでは
来年かなーまた何かお知らせありそうな感じ??
なんならThe Birthdayホストでどうですか(*´ω`)
あとはフラカンとの対バン見てみたいです♪

ここ最近は18時過ぎてからの開場時間が多かったけど
この日は久々初心に戻った感じの(笑)
18時開場。
結構ヒヤヒヤしましたが
なんとか開場時間に間に合いました。
ホッ。

チケット、先にスクービーの方で
対バン相手発表されない状態で発売されていたので
発表されてからだと取れないかも・・・って
ヒヤヒヤしてたんですが
無事保険をかけなくても取れまして
さらに番号300番台って
あれ?結構いいじゃん?
てっきり700番台くらいの末番が来ると思ってたもんで・・( ´_ゝ`)

でも中入ると前の方は結構人が密集。
たいていクアトロは柱前を狙いますが
なんとなーく柱の辺りは大混雑しちゃいそうだったので
またまたフジイさん側にしました。
前に背の高い人がいたんですが
この人は始まったら前に攻めていくだろうと気にせずにいました。
それはアタリだったんですが
その人出はない、周りの環境悪すぎて・・

なんでしょ、、もう今まで数々のライブ見てきましたが
これが史上最悪って思っちゃうほど女に遭遇してしまいました。
前に行きたいがために人を後ろからグイグイ押してきて
さらには人の足の間に足ツッコんできてガシガシ当ててくる
だって肩とか掴んできてたし
足も避けてようとしても離れないし。
もう我慢できなくなって前に行かせたら
今度は後ろからの押しとかで押されたり
手が頭に当たったりしたら
止めてよ!って言わんばかりにエルボとか体当たりで攻撃。
はぁーーーっ???って感じ。
そのせいで前半かなり嫌~な気分でライブに集中できなかったんですが
そいつからなんとか離れて行ったら
これがビックリするくらい見やすくなって
(あ、、その後も一難あったんですけどそれは、ま。いいや。笑)
そこからは楽しめました♪

あんなやついつかダイバーの洗礼にでもあって
痛い目に合えばいいんだ、、なんてことまで思っちゃったくらい。
なんなら顔しっかり覚えてきたから
自分が絵描くの得意だったら似顔絵描いて拡散したいくらい。
恐らくフジイさん側にいる人みたいです。
思い返せば、、リキッドの時も
いや、無理だからってくらいキューキューの中
やったら押しのけて前行こうとする人いたんですよね・・
どいてって感じで体掴んでくるから
何事?!ってビックリしたの覚えてます。
多分同一人物だよ。


いるんだね、、自分さえよければそれでいいって人。
そんなんでライブ楽しめちゃうって
その精神が理解できない。

あーあ。。
またしても愚痴ってしまいマシタ。。。。
やっぱ年とったのかね(-ω-`)
心を広く持たなければ。

気を取り直して。
この日はチバさん、いつもの黒タックシャツに
Tシャツ重ねる、、PUFFYの時と同じ感じ。
他3名はいつもと同じ。

そしてセトリはー、、、やはり大きくは変わってなかったです。
でも全編を通して
一応全部セトリは変わってる感じです。

『I KNOW』始まりは
イントロが何くるのかなーってワクワク感高まらせてくれて
テンション上がります。

そして『ROCK YOUR ANIMAL』
最後の"ROCK YOUR ANIMAL"って歌う前にためるやつ
最近恒例になってきました。
こうやってライブで曲が進化していくんだなって感じです。

ここでキュウちゃんから
「The Birthdayです~
激突!ハードボイルドな男達ですか、、」って
一言。

フロアからハードボイルド!って声がかかると
「自分はハードボイルドとはほど遠いですけど、、」
そしたらフジイさんのハットがハードボイルド!みたいな声が聞こえ
リアクション待ったんですが
ここはガン無視でした(笑)

そしたらチバさん「ハードボイルドってあれだぞ、
硬めにゆでたってことだぞ」って。
一瞬、ポカンとしつつも
おぉ~って歓声(笑)
卵好きなのかな・・

で、『涙がこぼれそう』のギターへといったんですが
案の定、イントロから歌い始めちゃうフロア。
チバさんニヤってしながら違うって感じでクビ軽く左右に動かして
で、本チャンのところで「カモーン」ってオフマイクで叫んで
もう一回歌わせて
2回ともガッツリ歌うフロアに対し
ニコーって笑ってました。

俺さ 今 どこ
「今日はスクービードゥと一緒にクアトロ!」

そうそう。
サビの 涙がこぼれそう ってとこ
フジイさんも歌ってて
フジイさんも歌詞口ずさんだりするんだーって。
あ、でも、もしかしたら
一応コーラスだったりするんでしょうか・・(笑)

『なぜか今日は』の前は
チバさんがギターを高く掲げるのが好きです。

さてさてここで、、、またしてもジャジーな音色が。
えーどっちーってドキドキ。
そして始まったイントロ、、、『Red Eye』でした。
そうですよね、、スクービーとなら
こっちの方が雰囲気に合ってる気がします。

ピロウズとの対バンの時は
ちょっとキュウちゃんのドラムソロが
あれ?って感じだったんですが
この日はバッチリタップリ叩きまくってましたー
そう、フジイさん側にいる方が
断然キュウちゃんよく見えるんですねぇ・・・。

あとで新保さんが上げてくれたライブ写真
チバさんがフロアにペタリ座り込んで
歌ってる姿、、えーこんな瞬間あったっけ??って
でもこの時結構後ろの方になってたから
見えてなかったということもある。。。ってことで
納得しておきます。

曲終わりドラムが鳴り続け
フロアからもクラップハンズがおこり
『カレンダーガール』へ。
間奏のギターソロでフジイさん前に出てきて
カッコよかったなー

少し間があって
シーンとしたところへ
オーオオオーオー オーオオオーオー
『MOTHER』
チバさんのアカペラがあって
イントロ入った後に
カモン!って感じでみんなで合唱。
これもまたいい感じで
チバさんもニヤリ。

さらに、間にあるところでは
フロアだけに歌わせるやつを。
チバさん、マイクから離れて
ステージ前に出てきてカモンって煽り。
フロアもそれに応えて大合唱バッチリで
「オーイェイ!」だっけかうれしそうでした。

バッチリ盛り上がったところへ
なんと!「ローリンベイベー!!」って
チバさんハンドマイクになってるし。
これにはフロアもギャーって感じで一気にグチャグチャ。
久々ローリン、そりゃ上がりますわ。

のっけから 脳天から爪先 ってとこ歌わずに
マイクで頭コンコン→足指したりして。
ステージ前の方に出てきて歌ってるので
最前バー超えてくるんじゃないかって思っちゃうくらいな
勢いでした。

そして恒例のコール&レスポンス前では
「いくよー!」って
オーオオー オーオオー 
イヤーヤーヤー イヤーヤーヤー
からご当地じゃないけど、、、
ハードボイルド! ハードボイルド!
スクービードゥ! スクービードゥ!

まだ前半だってのに
ワンマンアンコールかってくらいの汗だく押し押しな状態でした。

いやぁ、、、対バンライブ締めくくりにはふさわしい
いい終わり方だった気がします。
最高でした♪

<セットリスト>
 01.I KNOW
 02.FULLBODYのBLOOD
 03.ROCK YOUR ANIMAL
 04.涙がこぼれそう
 05.なぜか今日は
 06.Red Eye
 07.カレンダーガール
 08.MOTHER
 09.ローリン

続いて、、SCOOBIE DO。
この日も割と前後入れ替わりありました。
てかさ、、スクービーの時は前の方でも
そんなギューギューじゃなかったんですが
それって、、帰っちゃった人がいるってことですかね。
それとも後ろの方が逆に混雑してたとか??
私はそんなに後ろには下がらず
端っこの方にいたんですが
いや、、それでもやっぱダンスナンバー多いスクービーですから
手上げたりせずにいると
若干居心地悪かったです・・
後ろの人とかすっごい踊りまくってた。。

スクービーメンバー衣装はシュウくんは白、他3名はボルドー?
で、お揃いの3人はネクタイがみんな種類が違うんですね~
モビーは蝶ネクタイ
リーダーは普通のネクタイ
ジョーくんはリボン
オシャレ~

スクービーのライブはかなり久々。
そして久しぶりに聞いて
いやぁ、、演奏ハンパなくウマすぎ!!
素敵でした。

そして演奏しながら魅せてくれて
ちょいちょい演技っていうんですかね、、振り?みたいなのが入ったり。
ジョーくんの不思議なステップ
そしてほのかに微笑みながら弾いてるあの感じ
いいですね~
リーダーもウットリしながら奏でてて
シュウくんは何度投げキッスをしてただろうか、、って。
それもまた楽しくて素敵でした。

今回マンスリー企画で対バンをしていて
2回目の今日、The Birthdayとやれたことに対し
なんかロックンロールバンドって認めてもらえた気がして
うれしいって。

「The Birthdayを観てて思ったけど、
バンドはいいな。
中でも最高なのはロックンロールバンドだ。
あの人らも、もう何年もやってんだろ?
そんなムキにならなくてもいいのに
あんな爆音鳴らしてさ。
で、その爆音で何を歌ってるかっていうと、愛を叫んでるんだ!」
 ※とあるツィートいただいちゃいました。。

「我々結成してからは21年目ですけど
まだ初期だと思ってます。
まだまだいきますよ。」

「あ、今日誕生日の人いる?
みんなそう思ってると思うけど
The Birthdayのライブの日に誕生日っていいよね」

いやぁ、、シュウくんのMC
いろいろよかった!!
そう、The Birthdayのライブの日に誕生日
いいですよねー
私、実は1回あるんですよねーむふふ♪
あ、今年はニアミスでもって行けない日でしたけど。。

この後のライブの告知もいろいろしてくれて
リキッドルームでやるという
アニバーサリーのライブ?っていうのは
告知しておきながらもうチケットはSOLD OUTしてるらしく
それを「でも、、あれだろ。
最近は、、なんだ、急に行けなくなったから
譲りますとかあるんだろ?そういうので手に入れてくれたらいいや」って
さすがレーベルオーナーいろいろご存じで(´m`)

あとは札幌でのライブの日は
ジョーくんの誕生日ライブだそうで
ジョーくんは後から加入したから
今年で15年目なんだそうで
「札幌って言ってもちょっと遠いじゃないか?
俺達は理由はなんであれ美味しい酒が飲めれば
それでいいんで、みんなもお祝いしに来てくれよ」

そして極めつけは
「無理強いはしない、そういうのはキライだから
だけど絶対に来てくれよな!」って
来た甲斐あるだけのライブは絶対するから
みたいなことも言ってて
単によろしくーって言うだけじゃない
熱い思いを感じました。

最後まだまだ行けるだろーって
フロアどんどんヒートアップ
まさにダンスホールな感じでした。
何曲か知ってる曲もあって
楽しかったです。

本編終了~

続いてアンコール。

皆さん、Tシャツ姿だったっけ?
そしてどういう紹介だったか忘れたんですが
The Birthdayの曲をやりますって。
タイトルは言わずいきなり演奏が始まり
何の曲か最初全然わからなくって
でも徐々に原曲のイントロの和音の感じが聞こえてきて
あれ?って思った瞬間に歌が始まり
『SOMBREROSE』!?って分かって
おぉ~って感じでした。

全く以て意外な選曲。
だって、本家でさえあのツアー後ほぼやってない曲だし
最新アルバムの曲だし
さらに言うと、ホントにアレンジがすっかり変わってて
ビックリでした。
シュウくんの歌のうまさを見せつけられたような。
でもってライブバンドの実力を見せつけられたような。
さすがだわ。

「俺らなりのファンキーVer.」って言ってたんだっけ。
いや、まさに。
素敵でしたー

ってことでやっぱセッションはないよねって
思ってたら
「じゃーここでスペシャルなゲストを」って言い出し
なにー?!?!って。

チバさん登場。
すっかり着替えて
オレンジ色系のTシャツに革ジャン
黒のツバ大きめなハットにさグラス姿。
ビール片手に出てくるなり「楽しんでる?」だっけ?
緊張しながらも嬉しそうなスクービーメンバー。
チバさんもニコニコでした。

で、歌った歌は、、、
これまたビックリな山下達郎カバーの
『RIDE ON TIME』
なんでもこれはスクービーがカバーして音源出してて
それをチバさんが気に入って
よく自分がやるDJなんかでもかけてる1曲何だとか。
へぇーへぇー。
これは一緒に歌うって言うか
主にコーラスで参加って感じでした。

で、まぁ。
これで終わりって思うじゃないですか。
なのに。
チバさんニコニコし「まだやるよー」って。
『悪い夢』これはスクービーの曲ですか?
今度はVoをシュウくんと交互にとって
さらにはブルースハープも交互&一緒に。
シュウくんとのブルースハープ共演も素敵でしたー

曲の途中でチバさん「スクービードゥ!」って雄たけび上げるんで
シュウくんも「チバユウスケ!The Birthday!!」って。
最後キメのジャンプはなんか別の方向いてて
やってなかったですが(笑)
うれしそうに帰って行きました。

その後スクービーメンバーは前に並んで
手を上げて一礼。

いやぁ、、アンコールすごかったー
始まりの嫌~な気分全部吹っ飛びました。
最高!

やっぱこういう対バンはいいです。
もっとやって欲しいです。


それはキュートでナイスおまけにピュアでポップ [音楽]

さてさて。
怒涛のライブ4連チャンラスト!
10.16は
髭 YAYAYAYAYA TOUR
@HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
でした。
IMG_3397.JPG

そう、今年は何気に髭ちゃんを
月1でコンスタントに見てるな、、って印象。
いいね。こういうの。

この日は70番台で
開場後に2階のロッカー(200円なのね!)に入れたのに
余裕で2列目行けちゃうくらい
結構ユルユルな感じでした。
いや見た感じはそれなりに埋まってたと思うんですが
全く押されなかったし
人とぶつかることなく見れました。
まぁ、、前日水戸もあったしね
ちょいアクセス悪い関東2Daysは
キツイかもね(´+ω+`)

なのに開場/開演まで45分も取ってあって
あれ絶対30分で充分すぎるだろうー。。
待ち時間の長かったこと。
さらに開演押さなかったっけか??
髭ちゃんは結構な確率で
開演押すからな。

ライブスタート。
須藤さん黒のダボっとしたパンツじゃなく
チェックのパンツで
かわいかったです。
ガラパンって人が履いてるの見るとかわいなーって思うんですが
なかなか自分ではチャレンジできないんですよねぇ。
ヒッコリーのパンツ欲しいんですけど。

セトリは、、あまり変わってなかったみたいです。
でも月1ライブだと
そこまで覚えてないんで
充分楽しめました♪

てかこの日も斉藤さんのギターの音色の美しさに
やられてました。
いやぁ、、すごい。

そうそう、そんな斉藤さん
この日はやけにテンション高くって
見てて笑っちゃうくらい。
自分でも言ってたし
須藤さんにもツッコまれてたし
オモシロかったです(笑)

今回のツアーのセトリ
いい感じに新旧交じってていいんですよね~

出だしの2曲『DESPERADO』『スターマイン』は
新曲だし
ガツンと盛り上がる曲でもないし、、っていうので
この2曲が終わった後に
須藤さんがMCをしたら
若干リアクションいまいちで
「うん。分かるよ、この距離感。」って
ちょい苦笑い気味?!

「でも5曲終わってこのままでいられるかな??」って
始まった3曲
『ブラッティ・マリー、気をつけろ!』に
『それではみなさん良い旅を!』
そして新曲の『クラッシュ・ラオチュウ』と
これは盛り上がらない訳がないって曲たちで
フロアのテンションUP!!
おかげで「よかった、取り戻せて
さすがにあのままだったら俺もまいるよ」って(笑)

ここからは新曲連発。
今アルバムリリースに向けて曲作りを進めてるんだとか。
「次はトマトって曲なんだけど
、、、どんな気持ちで書いたんだろ、、思い出せない(笑)」
って、こういうMC須藤さんっぽい。
この曲はかなりかわいくてキュートな曲です。
でもなんでトマトって曲名何だろ・・って
謎な感じもしないでもないです。
歌詞カード見たら、あーってなるんでしょうか。

その次は『ヘルシンキ』
「ヘルシンキはスウェーデンの首都かと思ったら
フィンランドだったというね
でも、ほら寒いところって言う点では同じでしょ
そんな想いを書いた曲です」って
にこやかに話をするんですが
ちょっと??って感否めません。。

「今日はワンマンだから
何やってもよくて
なんなら座禅とか黙祷とか、、、いややらないけど
あ、でも座禅ならできそうだよね。
あの、だから、、普段やらない曲をやってみようと思います。
、、、、普段やらない曲、緊張するよね」
って『キングスバリー・マンクス』
普段やらない曲!って心躍りましたが
始まってから
あれ、、前回聞いた曲だった・・って。
まぁ、仕方ないのか。
にしても一応レア曲枠なのに
しっかりオフィシャルインスタで
動画上げちゃってて。。いいのかい?( ̄▽ ̄;)
あ、ってことは次は変えてくるとか??

『溺れる猿が藁をもつかむ』の後だったか
コテが何やら分からない歌を歌いだしちゃって。
でもぶっちゃけコテのこういう風にやるやつは
たいてい決め打ちだそうで
この日も始まる前に「今日は僕歌わせてもらいますから」って
宣言してたそうです(笑)
「そういうの結構マジメだよね」って
言われてました。

そして急に斉藤さんが「元気?」って
言い出して
何事?!って思ってたら
今度は須藤さんがしっとりしたギターを弾き始めちゃって
斉藤さん「オンボーカル、須藤寿!!」から
『闇をひとつまみ』へ。

いきなり過ぎる不思議な展開に戸惑いましたが
いやぁ、、この曲も斉藤さんのギター
素敵でした~
曲も素敵だし聞き入っちゃいました。

からの『ing』もよかったな。
宮ッTeaがベース弾かないのも←この曲だったよね??
すっかり慣れました。

そしたら斉藤さん
またしても急に、「いい!今のホントいい曲だわ」って
言い出して
須藤さんに「自分で言っちゃう?」ってツッコまれても
全く気にしないで
「だっていい曲だもん」って
でもふと「ゴメンね、、なんか高ぶっちゃって・・・」って
我に返ってましたけど。
斉藤さん、オモシロいです。

「埼玉最高だね」って
なぜなら移動で首が痛くならないから最高だそうです(笑)
「首痛くなっても
まぁ、みんなに会えるならいいかなーって思ってたけど
みんなにも会えて首も痛くならないのが一番いい」って
いや、そりゃそうだろゞ(≧ε≦o)

「いつかツアーでさいたま7days
とかあったらそういうことたから」

「最後はもちろん、さいたまスーパーアリーナで!」なんて言いだすから
え?!って思ってたら
「、、、控え室だからね
どうする?アリーナでスポーツとかやってて
音小さい音しか出せない日だったら
小さくアコースティックとかやるんでしょ(笑)」って
いやぁ、、控室って発想には大笑いでした。

ここからはラストスパート!
『DEVIL'S ODD EYE』は最後の演奏がハンパない。

『黒にそめろ』から『王様のその後』への流れが
なんかいい感じ。

そして前回も言ってましたが
「みんなとお酒を飲む機会があったら
みんなにお酒を1杯奢るよ。
テキーラなんてどうかな?」って
『テキーラ!テキーラ!』

曲始まる前かな「are you ready?」って煽ったら
イェーイってフロアから。
でもどのタイミングで言っていいかまちまちで
バラバラっとなっちゃったから
須藤さん「それ、2拍おいてからの方がいいんじゃないかな?」って。
試しにやってみたら
「ほらね!やっぱり2拍おいてからの方がいいよね」って
歌の途中でのコール&レスポンスも
「are you ready?」ウンウン「イェーイ!」ってやってて
なんか可笑しかったです。

ラストは『イノセント』
これがねーなんかいいのよねー
〆って感じがすっごくして。
謙介くんとかもコーラスで歌ってたりして。

横浜ではあまりワーって手が上がったり
一緒に歌ったりな感じがなかったんですが
この日は結構手が上がったりしてて
それもあってか、なんかすごくよかったです。

本編終了~

続いてアンコール。
須藤さん、出来てきた謙介くんを「サトケン!」って紹介したり。

そしてなぜかあった
コテの鬼のお面(豆まき用の 笑)被ったりして。
自分でこういうのホント似合っちゃうんだよなーって。

てかなんで今の時期に
鬼のお面なんかあるんだって言われつつ
「物持ちいいよねー」とか言われて
褒められてるんだか何なのか
コテさん「季節感!」ってまた訳分かんない単語発し
でも斉藤さん「いいね、季節感って
アルバムの真ん中くらいに
そんな曲あったら面白い」とか言っちゃって(笑)

そして須藤さん。
「最高だね。きっとみんなに会いたいから
曲を書いてるんだよ」って
そんなお面を付けたまんま。
どうやら素で言うの恥ずかしかったみたいです。
「だから男子は不器用!って言われちゃうんだよ。
いつかみんなで器用になろう
そしてたんまりお金を稼ごう」
って、、お金欲しいんだやっぱりって感じで
笑っちゃいました(*´ω`)

斉藤さんが曲行くの待ってると
「俺はいつでもOKだよ!」
「よし、コテ!年上だけど命令しちゃう
コテ、行け!」って
鬼のお面付けたまんまGOサイン出すもんで
斉藤さん「言ったな、どうなるか見とけよ」って
始まったんですが
案の定、、、イントロから歌い出し辺りでストップ。

マイクに歯がガツンって当たった状態で
「無理!こんなんなった!」って
もう大爆笑。
その時の須藤さんの顔ったら、、、
「ガチャピンみたいにしか見えない」って
斉藤さんボソッと言ってました(笑)

気を取り直して、、、『MR.アメリカ』
コテ、行け!って言われてたので
フロアに飛び込んでくるのかな、、って思ったんですが
さすがにちょっと人少なめだったんで
それはなし。
でもこの曲は盛り上がりますね。

そしてラストは『ギルティは罪な奴』
いやぁー最高でしたー

須藤さん
「大袈裟かもしれないけど
生まれてきて今日が一番いいライブだったよ。」って
言っててまた始まった、、、って雰囲気のフロア。
でも「生まれてきて今日が一番いいライブだったよ。
って明日お袋にメールする」って言ってて
またまた大爆笑でした。


<セットリスト>
 01.DESPERADO
 02.スターマイン
 03.ブラッティ・マリー、気をつけろ!
 04.それではみなさん良い旅を!
 05.クラッシュ・ラオチュウ(新曲)
 06.トマト(新曲)
 07.ヘルシンキ(新曲)
 08.キングスバリー・マンクス
 09.笑ってない
 10.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 11.溺れる猿が藁をもつかむ
 12.闇をひとつまみ
 13.ing
 14.DEVIL'S ODD EYE
 15.黒にそめろ
 16.王様のその後
 17.テキーラ!テキーラ!
 18.イノセント

 EN.
  MR.アメリカ
  ギルティは罪な奴



アンタのせいでかわったよ止まってなんていられねえ 目を開けてみる夢をアンタが見せたんだ [音楽]

ラジコで全国のラジオがネットで
しかもかなりクリアに聞けるだけでもうれしいのに
1週間なら聞き直せるなんて言う
これまたすごいサービスが始まりました!

っと言っても
一応録音できるソフトで予約できてるので
今でもリアルタイムじゃなくても聞けて入るのですが
でもそれにはPC立ち上げとかないといけないし(スタンバイでOK)
何時間もある番組で何時に出るかとか分からなかったら
ずっと録っとかないといけないし
ってこと考えると
好きな時間に好きな部分だけ聞きなおせるって
素晴らしいです。

さて。
そんな10.15は
A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2016
@横浜FAD
with:CIVILIAN(ex Lyu:Lyu)
でしたー
IMG_3395.JPG

10/1にあったツアー初日は
突発的に行ってきて
荷物もあったんで後ろで見てましたが
この日はもともとチケット取ってて
ガッツリ盛り上がる気満々で臨みました。
入口かわいいー
IMG_3396.JPG
っつっても
番号はさほど良くも悪くもない感じの
真ん中ら辺だったんですが、、、

横浜FADは何度か行ったことあって
でも中の感じとか全然覚えてなくて
端に一段昇る段差があったんですね・・
知らなかったー
でも当然こちらは満席でして
その横辺りで待機。
前からは、、5列目くらいな感じですかね。
ぎりぎりあの最前柵の支える台っていうんですか
あれに乗れるか乗れないか辺り。
あれ乗れると数センチほどかもしれないですが
ちょぴっと高くなれるんで
いいんですよね・・

ギューギューってほどじゃなかったですが
でも適度に押し押しで
時折ダイバーとかもいて
結構視界悪かった・・
一時全くステージ上の人見えない時とかもあって
さすがにそれはテンション下がりました。
思わず下向いちゃうくらいな。

まずは対バン相手
CIVILIANから。

3ピースバンドで
立ち位置が横並びでした(アディモリみたいな)。

何曲か聞いて
誰かに似てる、、、って思い出せなかったんですが
ふと誰かのツィートで書いてあるのを見て
そう!って思い出したのが
真空ホロウみたいな感じでした。
いやぁ、、やっぱ同じこと思ってる人いたって
ちょっとうれしくなりました。

なんて言うか、、歌の世界観って言うんですかね。
ちょっと私には重いかな・・って。
でも歌声とかすごくきれいだし
とても3ピースとは思えない
音の厚みって言うのか演奏力って言うのか
繊細な感じなんだけど力強い感じでした。

どうやらDrの方が長い付き合い
(特にナベちゃんと)らしく
出会ったころはまだナベちゃんとか高校生だったって。
その頃から2人(ナベちゃんと亮介くん)は
ロックンローラーって感じで
カッターナイフのように
風切って歩いててカッコいい佇まいだったとか。

今までちゃんと対バンしたことなくて
ずっと機会があれば、、って思ってて
今回誘ってくれたことが
とてもうれしいって。

今度メジャーデビューするそうです。
へぇーへぇー。
まだまだ知らないバンドはいるもんですなー

続いてafoc。

セッティングでナベちゃん出てきて
マイクチェックとかまでやってたんですが
ハーハーッって声出したら
エンジニアの人から「最高!」って声が返ってきてて
オモシロしかったです。

そしてライブスタート!
セトリは、、大きくは変わってなかった感じです。
私自身今回はかなり予習して臨んだ分
ガッツリ盛り上がることができたんで
よかったです。

『Quiz Show』から『GO』の流れが
最高によくて
テンション上がりました。

あと今回はちゃんと『BLUE』前のMCも
曲にちなんだ話から持って行ってたし。
結構いいこと言っててジーンときたんですけど・・

MCはもうCIVILIANのDrの人の話で持ち切り(笑)
とにかくナベちゃんがうれしそうで
楽屋でのイチャイチャぶりがこれまでにないくらいだったって
亮介くんからもヒサヨさんからも暴露されてて
思わずナベちゃん「話す隙を与えろ!」って
訴えるくらいゞ(≧ε≦o)

というのも
焚火好きのナベちゃん
(しかも奥地に車で行って焚火して帰ってくるのが好きらしい)
メンバーからもMgですらも
焚火に行こうって誘っても即行断られるのに
それに付き合ってくれる数少ない先輩とくれば
そりゃーうれしいでしょうって。
〆に「ばーか、ばーか」って言ってて
これ、、宮本くんも言ってたけど
何かのギャグ??(流行ってるんでしょうか・・)

そして"カッターナイフ"と名付けてもらえたのが
相当気に入ったらしく
「今日のライブは別名ッターナイフの会だな」って。

お返しに何かいいあだ名を付けてあげたいってなり
何がいいだろう、、って
そのDrさんがどんな人かってのを話し出したんですが
ナベちゃん「飲み会であの人お酒飲めないのに車で来てくれて
酔っ払った友達を家まで送ってくれるだよ!」って。
それに反応したヒサヨさん
「めっちゃ天使やん!だってそれって
酔っぱらった人の介抱してくれるってことでしょ?」
ってことでこの日の打ち上げでぜひ、仲良くなりたいと
目を光らせてました(笑)

そして、、、でもそれって
言い方古いけど「アッシー君」だよね?って
結局アッシー君になっちゃってました( ̄▽ ̄;)

いやぁ、、おもしろかったなー
お酒飲めないって聞いて
亮介くん「あんな番長顔なのに」ってツッコミも最高でした(笑)
確かにーって。

あとなんだっけ、、最初はDrじゃなくって
Voだったとかってのも
えぇーって感じでしたし。
いろいろエピソード持ってそうで
話が尽きない感じもまた
仲良しな感じが伝わってきてよかったです。

今回のツアー"A FLOOD OF CIRCUS"について
地域密着型のフェスとかイベントはたくさんあるけど
自分たちにはそれが出来ないから
なら代わりに自分たちがいろいろ転がって行ってやろうと思ってって
そう、なんか私自身も転勤族で
正直故郷ってどこだ?って感覚があって
なんか地元っていうのにコンプレックス持ってたんで
こういう風に言ってくれるのがすごくうれしいです。

もう呼びたいバンドたくさんあって
なので今回が第1回でこの先もずっと続けて行きたいって。
そんな話から
そのファイナル11/23にシングル出します!って
バッチリ告知してから
その新曲『FLYER'S WALTZ』へ。
初聞きより
入ってきて俄然よかった感じ。

ここから先は
ノリノリな曲連発!
なんだっけ、、『Sweet Home Battle Field』で
客席に出てくるのは恒例だと思うんですが
この日はあともう1曲
何か忘れちゃいましたが、、でも
ちょこっと出てきてました。

ラスト『ベストライド』で熱く本編終了~

続いてアンコール。
アンコール出るまでの短い時間でも
ナベちゃんやっぱりイチャイチャしてたって(笑)

1曲目は曲知らなかったんですが
どうやらCIVILIANのカバーをやった模様。
いや、かなりカッコよかったです。

ヒサヨさんのツィート情報によると
音下げてやったみたいで
そう、、確かにあのCIVILIANのVoさん
声高かったもんなーって。。

もう1曲は『Dancing Zombiez』
これは文句なしに盛り上がるー

いやぁー楽しかったですー
予習して行った甲斐があった(笑)
次はそのファイナル!
よくよく考えたらその数日後にピロウズとの対バンなんだな。。
あはは。

12月のブルーノートでのライブ
ゲストとかも予定してるって、、、
えー・・
、、うーん大阪頑張って行くか?
チケット云々より交通手段がな。。

<セットリスト>
 01.フェルディナングリフォンサーカス
 02.スカイウォーカー
 03.ロックンロールバンド
 04.Quiz Show
 05.GO
 06.Sweet Home Battle Field
 07.BLUE
 08.Boy
 09.コインランドリーブルース
 10.FLYER'S WALTZ(新曲)
 11.Blood Red Shoes
 12.KIDS
 13.シーガル
 14.ベストライド

 EN.
  Bake no kawa(CIVILIAN)
  Dancing Zombiez


そうさもう帰れない男達が立っている [The Birthday(2012年~)]

4連チャン2日目は
SA presents BIG TOP"デッドヒート・イン・エビス'16"
@恵比寿LIQUIDROOM
act:SA/The Birthday
IMG_3393.JPG

まだまだあるって思ってた
The Birthdayの対バンシリーズ(お呼ばれ)も
これ終わるとあと1本・・。
ピロウズ→PUFFY→SAと
もうどれも行きたい組み合わせで
そして行けちゃう日程と場所で
ホントよかったーってつくづく思うそんな1本。
ラストのスクービーもうれしい組み合わせ。幸せすぎる。

SAは特に昨年あたりから行きたい熱が加速してきてたバンドなんで
BIG TOPをThe Birthdayとやってくれるなんて
うれしいです♪
IMG_3394.JPG

暴れる系なので有休でも取ろうかとも思ったんですが
18:30開場だし
恵比寿だしってので
通常勤務で参加。
最近開場時間ちょい遅めっての
多くなってきてうれしい限りっす。

チケットは最初にSAのライブで先行販売があったようで
(それがAだったのかな?)
Aが150番程くらいまで。
私は発表後の最初の抽選で取ったんですが
B300番台。。
この日はSAがあるので久々フジイさん側へ。
なぜかリキッドではフジイさん側で見ること
多い気がする。

SAとThe Birthdayとはファンが被らないのか
先に前にいたのはほぼThe Birthdayファン。
で、終わるとゴッソリ前後入れ替わってました・・
さすがパンクバンドのファンは
最初から前で待機とかなく気持ちいい。

ってことで、、押しはすごかったですが
視界良好。
しかもキュウちゃんすっごいよく見えました。
フジイさん側だからってのもありましたが
もう一つ理由が(答えは後で)。

ただ、、なんでしょ、ペットボトルを
ぶら下げてる人
しかもやたらジャンプとかするもんで
そしたらブンブンなるじゃないですか
それが私の●間に当たるのよね・・
気持ち悪いとかそういうのじゃなく
痛いんです。
止めて欲しいわ~
ペットボトルはぶら下げるなら前にしろ。
もしくはジャンプするな。
なんで周りの人のこと考えないんだろ。
被害にあったことないから分からないんだろうか・・
でもそれは周りが気を付けてあげているからであって、、、
ある意味かわいそうな人だ。

っと。
またしても愚痴ってしまいマシタ・・(-ω-`)
スミマセン。

いつものSEでメンバー登場。
チバさんはまた出てくるなり
楽しそうにSEに合わせて
指揮してました。

そして1曲目、、なんと!
『6つ数えて火をつけろ』
わー
1曲くらいレアな選曲をって
言ってたら
実現しちゃってうれし過ぎます。
キュウちゃんのドラムがよく見える上に
この選曲、カッコよかったー

この後は
まぁ、、ある程度の曲数からの
組み合わせって感じはありましたが
でも、まぁ、10/10からはそこそこ変えてきてました。

『I KNOW』から『FULLBODYのBLOOD』への流れは鉄板。
どっちもイントロ長ーくとって
ワクワク感高まらせます。
フジイさん側で見るとまた新鮮。
フジイさんと向き合ってる時のチバさんとか見れるし。

その後キュウちゃんから一言
「The Birthdayです~デッドヒートしにきましたー」って。
そして「いつもはドラム台に乗らないんですけどね。
、、、高い所から失礼します」って。
そうか、だからいつも以上によく見えたんですね。

でもてっきり転換スピーディーにさせるためかと
思ってたんですが
コロコロ台ごと移動じゃなく
手作業でドラムセット交換してました。。
じゃーなんで台に乗ってたんだ?って思ったら
そうかSAはSHOHEIさんがいつも台の上に乗ってるのかも?
ってことにしておきます(笑)

そしてこの日も『Red Eye』かなって
フジイさんのギターの繋ぎだったんですが
なんとなく、これ違うなって分かりました。
この日はハルキ、すぐにOKって感じのサインを
出してた気がします。

で、正解!
『Love Shot』
チバさん軽やかなステップで楽しそうでした。
からの『Shan Shan』
やっぱこれはセットがいいですね。

ここでだったか、、、
チバさんが急にボソッと
「楽屋じゃ、病気の話で盛り上がってます」って。
あはは。
よくこの年代のバンド同士だと
話してる内容は健康食品のことばっかって
よく聞きますけど(笑)

『くそったれの世界』
この日もサビの I LOVE YOUは最強 って
フロアに。
でもって、そう、フジイさんも歌ってたー
なんかいつも以上にマイクに向かってるところ
見れた気がします。
目、カァッって見開いて歌うんですよね~
凛々しかったです。

そしてそして『なぜか今日は』で飛び出してくるとき
わざわざ端の細いところに出てきてくれて
ワーイ!って感じでした。
フジイさんはギターソロのところとかで
よく前に出てきてくれますが
そこではないさらに端に来てくれたのが
端の方で見てた身としては
うれしかったです。

ラストは『声』
ギターの弾いてるフレーズの関係で
最後しかコーラスに参加できないって
前に話してたと思うんですが
この日はさっきも書きましたが
結構最初のサビの方からコーラス参加してた気がします。
練習したんですかね・・
流石です♪

「ありがとう。またね。次はSA!!」

なんかアッという間に感じたんですが
なかなか熱いライブでした。
やっぱ対バン相手に影響されるのかなーなんて
思ったり。

<セットリスト>
 01.6つ数えて火をつけろ
 02.LOVE GOD HAND
 03.I KNOW
 04.FULLBODYのBLOOD
 05.Love Shot
 06.Shan Shan
 07.くそったれの世界
 08.なぜか今日は
 09.声

続いてSA。
ゴッソリ前いなくなって
滑り込めば真ん中のブロックの
かなり前の方に行ける感じでしたが
ちょっとまだ真ん中に行く勇気なく
さらに端の方スピーカー前へ移動。
そしたら最前があいたので
そこへIN!
かなり端っこ感ありましたが
これくらいがちょうどいいかな。

隣にいた人
(彼氏と来てる)背の小さい女子かと思ったら
話の内容聞いてたら
どうも子供だった模様。
ってことは連れは彼氏じゃなくお父さん?しかも男の子かも?
いずれにしても
子供みたいだったんでなるべくぶつからないように気を付けました。

いつものあの登場の音が鳴り出すと
SAコール始まり
会場すごい一体感。
なんて言うの、、あのやってない方が逆に居づらいって感じ。
幸い逆隣にいた方がそこまで激しい方じゃなかったので
なんとなーくな感じで
その人に合わせてやってました(*´ω`)

この日は昔から
(ミッシェル時代にもツアーで一緒にやったことがあるって)
今までバンドを続けている朋友との対バンってこともあってか
懐かしい曲をやりますって選曲があったんで
ちょいちょい分からないのもありましたが
だいぶ振りって言うのか
拳を上げたり手を叩いたりなタイミングつかめてきて
盛り上がれました♪

8月に怒髪天とやった時は
増子さんが散々タイセイさんをいじって
MCしてましたが
The BirthdayはMCほっとんどないんで
逆にタイセイさんがチバさんをいじって
MC全然しなかったって話をしてて
オモシロかったです。
「1回もSAの名を(ライブ中に)出してくれないかと思ったけど
最後の最後で、"次はSA!"って言ってくれて
よかったよね(笑)」って。

しかも「改めましてSAです」って言うのも
「ちょっとThe Birthday風にキメて言ってみました~」とか
チバさんのモノマネ風しちゃうし。
せっちゃんといい、、チバさんは意外といじられキャラですな(´m`)

ナオキさんが過去にThe Birthday(その前のミッシェル含め)との
対バンの話をチラッとした時に
やっぱミッシェル以後は
私が初めてSAを見たロフトでの対バンが最初だったみたいで
今回それ以後こうやってBIG TOPって自分たちのイベントで
対バンできてうれしいって。

タイセイさんもやってる曲や雰囲気とか
真逆な感じだけど
でも共にロックと心中してると言う点では
同士だって。
SAの当時の?キャッチコピーは
"あきらめることをあきらめました!"だったとか?

SAは何度もこの日の対バン
The Birthdayと一緒にできてうれしいって
お礼言ってて
さらには来てくれたお客さんにも
ありがとうって言ってくれて
うれしくなっちゃいますね。
一つおもしろかったのが
SAのファンのことはコムレイズって愛称があるんで
「来てくれたコムレイズ!」って言えるんですが
続いてhe Birthdayのファンを何て呼んでいいか
一瞬、間があいて
タイセイさん「The Birthdayのお友達!」って言ってました(笑)

チバさんが喋った
楽屋での病気話で盛り上がってる話
タイセイさんは49歳、ナオキさんは51歳
チバさんたちだって同じように年齢重ねてますからね、、
そりゃー病気の話で盛り上がりますわ、、って。
ナオキ「これ言っちゃいけないんだろうけど
(チバさん?)あんまり目が見えないらしいよ」
タイセイ「俺も老眼でよく見えない(笑)」
っていう暴露話が最高でした(≧▽≦)

ラストに「一足お先にThe Birthdayは美味しい酒飲んでるみたいですが」って
やったお酒の歌?がいい曲だったなー
いろいろ音源は借りて来たり買ったりで持ってるんですが
この曲は持ってなかった・・

長い時間に感じたんですが
意外と持ち時間が同じでしたかね?
本編終了

そしてアンコール。
ちゃんとジャケットも含め着替えてくるタイセイさん。
さすがです!

ここで来週?リリースされる
メジャーデビュー最初の降り地鳴りアルバムについての告知。
、、、、本編で話してたようにも思うんですが・・
記憶曖昧のため
拾ってきたセトリに倣って書いてます・・

っとくれば、、新曲披露しちゃいますってね。
ラジオで1回聞いていたので
そうそうこんな感じだったーって感じでしたが
楽しい曲でした。

そして最後はやっぱりやりますよね~
「隣の人と肩組めや~」ってやつ。
私的には若干苦手なんですが・・隣の方がいい人だったのと
さらに隣の子供には「やる?」って聞いたら「ウン」って言うので
軽く肩組んで盛り上がってきました。

いやぁ、、熱いライブでしたー
金光さんがツィートしてましたが
やっぱSA会場を一つにする力持ってると思います。
すごかった。

そうだ、テイチク繋がりなのか
SAのローディーっていうんですかね、、にノリさんがいて
ノリさん袖で見てたんですが
終始ニコニコしてて
怒髪天の時と雰囲気ちがいました(笑)
でもホント知らず知らずにニコニコになっちゃうライブでした。

カメラが入ってて
また何かの特典映像とかでライブの映像が付くのかなって思ってたら
なんと!バズリズムの取材だったみたいで
11月にOAされるとか。
テイチク売り込むね~

<セットリスト>※拾い物
 01.youth on your feet
 02.get up!warriors
 03.merry star
 04.runnin'BUMPY WAY
 05.call your number
 06.破滅型ダンディ
 07.さらば夜明けのskyline
 08.song for the loser
 09.start all over again
 10.naughty boys-meet us there-

 EN.
  ピーハツグンバツWACKY NIGHT
  go barmy kids


ロキラーの取材は来てたのかい?(笑)って2組のライブ [音楽]

平日ライブはあまり入れない
連チャンでライブはあまり入れないって
何度も言い聞かせてるのに
ライブはなぜか重なるときは重なってしまうという謎。。
で。
またしても入れてしまいました、、4連チャン。
平日2日+土日。
まぁ、、先に平日2日の後、土日だから
何とな乗り切れるでしょう、、という
今ちょうど真ん中で残り1日
うん、なんとかいけそう(笑)

そんな10.13は
武蔵野Jamboree
@吉祥寺ROCK JOINT GB
藤井一彦/武藤昭平withウエノコウジ
でしたー
IMG_3392.JPG

むふふ。
最高な2組のライブ
ラジオでサラッとやるって話があって
あわててチケットのこと調べたら
ちょうどその日からだったかな、、店頭販売始まってて
わざわざ吉祥寺まで買いに行きましたってば。

吉祥寺GB、初めてのハコでしたが
超キレイ!
ステージも大きめで高さもあるし
この日はイス有でしたがスタンディングでも見やすそうです。
いいな。また行きたい。
、、、、ドリンク代600円だったけど(´+ω+`)

チケット張り切って取ったおかげで
端ながらも前の方の見やすい席GET♪
でも完売じゃなかったのかな、、私の周りポツポツ空き席あって
それもあってゆったりと見やすく快適でした。
ただ、、こういうところはなぜかフロアで喫煙OKなんすよね。
年齢層高めのせいか
スパーっと吹かす女性も多く
それだけが苦痛・・
ミュージシャンが吸ってるのは
当たり前って感じがあるのか何とも思わないんですが
一般人が吸ってるのはイラッと来る。
なんででしょ・・
ステージで吸われても煙や臭いの被害が直でこないからですかね。

この日はそう、大人なライブなので
19時OPEN/19:30STARTという、社会人に優しい時間設定。
その分帰るの遅くなりますが、、、(実際かなり遅くなった・・)
でもやっぱこういう時間設定助かります。

先攻は武藤ウエノから。

ライブでCD買ってサインもらうんだって思って
未だ最新アルバム買ってなくって
なのにいつも時間気になって物販並んだりしないもんで
いつ買えるんだ?って感じなんですけど
でも曲は知ってる曲も多く
てか武藤ウエノは知らなくても楽しめるんで
曲勉強していこうとか
そういうのは気にしてないです・・
(一応過去のアルバムは借りてきて音源持ってる。)

出てくるときに武藤さんはビール1本でしたが
ウエノさん、6缶ケースごと持って出てきて
それで乾杯!って。
ファンからの差し入れですかね
カープ優勝仕様の缶だったみたいです。
なるほど。
で、「今日はご存じの通り
もうカープの話しかしませんよ」ってゞ(≧ε≦o)

1曲目歌いだすまでに
野球話で盛り上がっちゃってました。
「曲やっときますか、、今日はトークショーじゃないんでね」って
しかも「いつもしていた時計が壊れまして、、、」って
時間管理役のウエノさん
この日は時計なしというかなり危険な状態で
ライブスタートです。

1曲目2曲目かの『キリンの首』サビの歌詞を
忘れたかのか全編"キリンの首"って歌って済ませてたみたいで
そう、なぜか曲の途中でウエノさんが
笑ったんですよ
私、ウエノさんがミスったかで照れ隠しで笑ったのかと思ったんですが
どうやら武藤さんのそれを聞いて思わず笑ってしまったようです。
「キリンの首だけで歌い切るなんて
武藤さんじゃないと出来ませんよ」って
当の武藤さんはケロッと「そうですかね、、」って
何事もなかったかのような顔(笑)
最高の組み合わせのお2人です。

活躍した野球選手の話から
例えばミュージシャンで例えると、、、ってなって
男前(二枚目)でギターも上手くてって、
天は二物を与えるんですかね、、って。
その例に福山雅治を上げてて
へぇーウエノさんでも福山をカッコいいって思うんだ・・って
思ってたら
後で「いや、正直そんなに思ってなくて
でも時代に合わせて今時風に言うと、、って思って
福山さんって言ったんだけど
自分にとって二枚目って言うのは、、菅原文太とか
中条きよしとか?」って言ってて
ちょっとホッとしました~(笑)

武藤さんが天は二物を与えるとして
あとはもう見えないところ
ってことできっとワキガだな、、ってそれ何回も言ってたのが
可笑しかったですゞ(≧ε≦o)
どうしても非の打ちどころのない完璧なる人は許せないらしい??(笑)

完全売れ線狙って作ったという(笑)
『AM5:00』
この曲のポイントはサビの歌詞なのに
その重要な歌詞を噛んで?歌詞飛んで?歌えなかった武藤さん。
曲が終わって「この曲はサビが"慰謝料だなんて~"ってのが
いいところなのに・・・
もう1回そこからやるから」ってウエノさん。
武藤さんのためにサビ部分やり直し。

合間に曲挟んでるのに
なぜかまた二枚目男子の話が戻ってきて
そこから派生して
「じゃー、、、絶世の美女って誰ですか?」って話。
武藤さんは関根恵子、、今は高橋恵子さんに変わってますが、、とか
桂木文さんとかって
うーん・・分からん。
で、その関根恵子さんの若い頃の画像をネットで見てたら
吉高由里子に似てて、、、
誰?って言うウエノさんに
CMでやってる「銀行に行く、行けない。行く、行けなくても大丈夫!」っていうのを
やってくれちゃう武藤さんかわいい(*´艸`)
それでも分かってくれなかったけど・・←TV見ないんですかね・・
っと、話戻って
そう、その吉高由里子に似てるなーって思うから
じゃー俺は吉高由里子が好きなのかなーとかって。。

でもってその関根恵子、桂木文さんときて
その後は河合その子って言っててビックリしました。
しかも写真集とか持ってたって。
私もその子ちゃん好きでしたね~
その子ちゃんもウエノさん分かってなかった・・
ウエノさんのおニャン子で好きだったのは
満里奈ちゃんだったそうです。
、、、って満里奈ちゃんも好きだったーって
好みが共感できて何気にうれしい瞬間でした(´m`)

あ、ウエノさんの好きだった昔のアイドルは
伊代ちゃんとか
あと誰だったっけ・・

で、そんな中やはりキョンキョン出現により
キョンキョンは最強だという話。
「顔こんなだもんね」って
手で丸作って見せるウエノさん。
たまに飲み屋さんにいて見かけたりするそうですが
未だにカワイイって。
いや、ホント
キョンキョンはいい年の取り方をしてて
あこがれます。
でもその顔の小さいキョンキョンのさらに上行くのが
前田のあっちゃんだどか。
そうなんだ・・

ライブ途中、ちょいちょい
その時間開催されていた試合結果を確認するウエノさん。
もうすっかり気分は日本シリーズ行って優勝する気で話してて
「優勝したら32年ぶりだってよ?」って
そうだ、実は私その32年前はちょうど広島に住んでて
近所のスーパーの街頭テレビで
みんな大騒ぎしてたの
ぼんやり子供ながらに覚えてます。
そうか、あれ以来なんだって思うと
それはかなり月日流れてるわーって実感。。
そりゃ興奮しますね。

リーグ優勝も次また25年後ってなったら
果たして生きているか
生きてたとしても応援に行けるかって思うと、、って
心配するウエノさん。
でも楽屋で一彦さんが「25年経つ間に医学の進歩で
スゴイことになってるかもしれないから
きっと大丈夫」って言ってたって。

ただ、、、仮に優勝して日本シリーズで戦うことになっても
きっとチケット買えないよねって・・
だけど武藤さん、ソフトバンクのお偉方に知り合いがいるそうで
カープ対ソフトバンクの試合だったら
その人にお願いすれば
チケット1枚くらいなんとかなるかと思ってて
「そしたら白い中に一人真っ赤なユニフォーム来て
応援しますよ」ってウエノさん。
オモシロ過ぎる(≧▽≦)

さ来年で50歳というお2人
(学年は1つ違いだけど生まれ年は同じなので)
その50歳を祝って
武道館とは言わないけど、、野音満杯にしたいね、、って。
「上野の。上野にも野音あるの知ってる?」
酒の臭いしかしない人ばっかりを集めた
「泥酔ロックフェス」ってのをやりたいそうです。

いやいや。ぜひ!日比谷の野音で
ライブやって欲しい~
PANさんとか奥野さんとか呼んでトークショーと二本立てとかにすれば
埋まりそうだけど?
あ、でもワンマンで満杯にしたいって言ってたっけ・・

「レコード作りましょうよ」
ぜひ~
次のリリースのタイミングは
リアルタイムで購入したいと思います。
前作はインストアだけ行って
アルバム買わなかったからな・・

あ、で。
その先にも書きましたが
ウエノさんの時計が壊れて時間管理が出来なかったため
「今何時?」って聞いたときには
用意していたセトリあとまだ4曲も残ってるのに
すでに時間オーバーって時間で
「ゴメン、あと2曲やらせて!」って

カープをお祝いしての曲"サルー"ってやるやつと
あと『ワルチング・マチルダ』だっけ?
駆け足でやって終了~
たっぷりの1時間超え。楽しかったです。

続いて、、藤井一彦さん。
こちらのソロライブは2回目、、かな。
緊急ナイトのゲストも含めると3回目。
一彦さん、声がいいんですよね~
お話もおもしろいし。

で、この日もガッツリ熱く歌って話して?、、を予定してしてたようですが
武藤ウエノがカープの話全部話しちゃうから
予定変更、歌のみ熱くやって帰りますって。
「登場の音楽あるのに話から始まるのオカシイでしょ?」って。
あはは。
一彦さんもカープファンだそうです。

そうだ。
今回の2組はともに広島FMのロキラーでラジオコーナーを持っていて
その話、武藤ウエノの時にもしてましたが
30分番組でコーナー時間は10分だそうで
そこで1曲かけるから正味トークの時間は5分程度。
武藤さんたちはウエノさんの車の中で収録してるみたいで
20分くらい話して編集してもらってるそうです。
残り15分分くらいの未公開トーク
それ、いつか特集とかで聞きたいです・・
でもって一彦さんもやっぱりトーク時間足りないみたいで
「いつもはエンディングに次週は~って件があるんだけど
それ言うのも勿体ないんで、、ついに先週は言うの止めました!」って(笑)
ロキラー1時間番組になるといいですね・・

ウエノさんがリハで聞いた
本家よりギター上手いんじゃない?っていう
とある超有名な方(賞取った!)の
カバー曲
いやぁ、、ホント惚れ惚れするギターでした。
そう言えばライブ中も
ウエノさん何回も一彦さんのギターのうまさを
口にしてました。

武藤ウエノは座ってやるスタイルですが
一彦さんは立っての弾き語り。
アコギでも熱く弾いてらっしゃいました。

こちらもタップリの1時間位だったんで
本編終わった時点で既に22時というね。

そしてアンコールはもちろん、2組のセッション!
で、ステージ上にはドラムがー
※最初からずっと置いてあったんで
 もしや、、って思ってました♪
はい、武藤さんドラムを披露。
これでバンド組めちゃうじゃん。

1曲目始まって
ん?って顔のウエノさん。
思わず演奏止めて「武藤さん、頭合ってないから」って。
始める前から言ってましたけど
「武藤さん、お酔いになってる」って(笑)

1曲目は武藤さんVo
2曲目は一彦さんVo
じゃー最後は、、、、ウエノさんってなりそうですが
ウエノさん曰く「俺、カラオケでも下手って言われるからね。
皆さんにお聞かせするのは失礼にあたる」って。
そうなのか・・

なので最後も一彦さんだったかな?
目の前でガシガシ弾く一彦さんに
ウエノさん「ホントうまいね。
よくそんな手が動くよね~」って。
一彦さん「口は動くのに」
ウエノさん「そう、口は動くけど手は動かなかったー、、」って(笑)

福山出身の一彦さんと
ちょこっと広島弁でトーク。
上手く書けないけど、あのイントネーション懐かしいなー
吉祥寺いいところだけどちょっと遠いって。
ウエノさん(武藤さんも?)武蔵小山に住んでるみたいで
「ワシらにとっては同じ武蔵でもちと遠いわ」って。

あと「福山は広島?
限りなく岡山に近いよね」って
福山を広島と認めてないのか
小バカにするウエノさん
「会うたびに言うんですよね~」と。

ってことで22:30ころ終了~
終わって荷物まとめて後ろ下がったら
もう物販にウエノさんいてビックリした。
恐らくあの後、そこにはフルメンバー出てきたと思われます。
こういうのいいですよね~
って、、、ビビって買いに行けないけど。。

あー楽しかったー
また是非やって欲しい。


夜には星空を眺めていようコーヒーにチョコレート少し入れて [The Birthday(2012年~)]

やっと、なんとか、機種変成功!
最新のにはせず一つ前の。
それでもちょこちょこっとまだ慣れないところあって
ああ・・・(;´д`)って。
でもって思ったほど充電の持ちはよくなくって
そういうもんか、、って思ったり。
だけど画面大きくなって
厚みも薄くなって
なんか手に取ってはニヤニヤもしたり(笑)
すぐ慣れちゃうんでしょうけど。

さて。
そんな10.10は
LEEGENT CO., LTD Presents TOKYO NIGHT SHOW 7th
@赤坂BLITZ
act:PUFFY/The Birthday
でした。
IMG_3391.JPG

久しぶりに本来の日に体育の日!
なんかうれしいです。

そしてThe BirthdayとPUFFYとの対バン
やってもおかしくないとは思うけど
さすがに2マンってのはそうそうはないのか?って組み合わせ
そんな普段曲とか聞かないけど
でもライブ行けるなら行きたいって思っちゃうPUFFYとってことで
もちろん張り切ってチケット取りました♪

私的には保険も取れちゃうくらいでしたが
一応完売。
そこそこ譲ってーとかも出てたかな~・・

ただ番号は全くサッパリで良くも悪くもない
600番台。。(>ω<)
とは言え、ほぼ周りThe Birthdayファンって感じでしたが
ハルキ側3~5列目辺り?
始まって押されてさらに真ん中寄りとかに
行けちゃいましたかね。
珍しく比較的背の低い女子ばかりで
見やすかったんですが
だからこそのモシャモシャ髪が顔に当たるという
久々の洗礼を受けマシタ。。

思うに、恐らく私、気持ち背が高めなんでしょうね。
だからもろに口元にその髪が当たって
非常に不愉快というね。
でもその方々も髪結べるほどの長さじゃないんで
どうしようもないんですけど。

先攻はPUFFY。
ハルキ側ってことは由美ちゃん側になるんですが
私的には亜美ちゃん派でして(笑)
それがほんのチョピット残念でした。
いや、亜美ちゃんも来てくれたんで満足です。
そう、ちょうどお立ち台がある前くらいだったんで
たま~にそこに乗ってくれると
超近い!!
超かわいかったっす(ノ∀\*)

暗転して、、何やら小芝居風な会話が流れてくる
なんだなんだって思ってたら
あれ、ああいう曲でした。
そうそう。途中まで聞いて、思い出しました。
『妖怪PUFFY』
先にバンドメンバー出てきてスタンバイし
その会話が終わって曲になった辺りで
亜美由美登場!って演出。

そして『サーキットの娘』
10年に一度は踊ってるんですよっていう
最新の踊る曲『パフィピポ山』
に続いて『愛のしるし』と
そう、いい感じに新しい曲と昔の人気曲を織り交ぜつつのセットリストで
非常に楽しめましたー

本人たちも「まさか対バンさせてもらえる日がくるなんてね」って
とっても恐縮しまくりで
「初めて見る人ばっかりと思いますけど、、」って
謙遜してました。
そういうもんですかね・・
PUFFY、、、それなりにフェスも出るし
いろいろバンドと対バンとかしてるんじゃないのかなー
って思ってたんですけど。

the pillowsがカバーした『海へと』を
やってくれたのがうれしかったです~
密かにやらないかなーって思ってました。
欲を言えば『サヨナラサマー』とかも
聞きたかったです。

そして選曲はゆみちゃんの独断と偏見で
決められたそうで(笑)
文句があったら由美ちゃんまでとのことでした。
ツィッターが炎上すればいいって
そしたら由美ちゃんも汚い言葉で返してやるって(笑)

懐かしい曲ってやってくれた『ブギウギNo.5』
うんうん、なんとなーく聞いたことある曲でした。

フジイさんとはフジイさんがThe Birthdayに加入する前から
アメリカツアーに参加してもらったりしてて
お付き合いがあるそうで、、、って
これはフジイさんのラジオでも話してたな。

1か月の同棲より1回の海外旅行って言うように?!
いろいろなことが分かってしまう海外ツアー
「でもあまり変なクセなかったんだよね、、」って(´m`)

一つ暴露話として、、
フジイさんを呼ぶときは
「ケンジー(甘ったるい声)」って呼んでるそうで
今でこそなんかよそよそしい感じになってしまったけど
思わず最初は遠慮して「フジイさん」って呼んでたし(笑)
昔はフジイさんも「ケンジー」って言うと
甘い声で「亜美ちゃん」「由美ちゃん」って
呼んでくれてた、、、って。

なので「みんなも後で呼んでみ。"ケンジー"って。←鼻にかけて呼ぶ感じ
そしてガン無視されればいいんだ(笑)
でもきっと心では"おっ!"って思ってくれてるはずだから
あ、、でもあまり言うとチバさんに怒られるかも・・」
なんて言ってましたけど。

それにしてもフジイさん
せっちゃんといい
いじられキャラですねゞ(≧ε≦o)

そんなアメリカツアーでの曲も
やってくれました。

そしてそして
このチバさんからの曲提供の話も
もちろんありました。

チバさんに限らず数々のロックミュージシャンから
曲を提供してもらってますが
毎回毎回みなさん、自分で歌って曲を送ってくれるそうで
それがすごくよくって、、
さらにはその後セルフカバーとか出された日には、、、
なので亜美ちゃん「総理大臣になって
セルフカバー禁止令を出したいと思います!」って。

ってことで、チバさんからの曲
『君とオートバイ』
やった!
こっちはどちらかと言うとあまりやらない感じだったので
聞けるとは思ってなくて
うれしかったです。
この曲もキュンとする曲でいいですよね~
聞きながらチバさんの声を脳内再生して聞いちゃってました(笑)
違和感なし!

最後は盛りあがる『渚にまつわるエトセトラ』に
『アジアの純真』
いやぁ、、いまだデビュー曲が一番人気って
ある意味スゴイです。

あーかわいかったー
曲もほぼほぼ知ってたし
楽しめました♪

<セットリスト>
 01.妖怪PUFFY
 02.サーキットの娘
 03.パフィピポ山
 04.愛のしるし
 05.海へと
 06.ブギウギNo.5
 07.これが私の生きる道
 08.HiHi
 09.君とオートバイ
 10.赤いブランコ
 11.渚にまつわるエトセトラ
 12.アジアの純真


続いて、、The Birthday。
前後の入れ替わりほぼなし。
さらに後ろからかなりの押し有。。
で、先にも書きましたがなぜかセンター方面へ押されて流され
いつもよりかなり内側で見てた感じで
キュウちゃんが思った以上によく見えましたー

セトリは、、曲順変えてますが
やる曲はこの対バンライブでのセトリは固定されてるようで
珍しい1曲とかってのはなかったです。。
でもこの日はかなり順番がへぇーって感じで
意表を突かれた感じでした。

だって、、いきなり1曲目から『くそったれの世界』ですもん。
わーって歓声上がってる中
いきなり始まるチバさんのアカペラ。
いやぁ、、かっこよかった!
でもって、まだ1曲目だってのに
世界中に叫べよ I LOVE YOUは最強 ってとこ
フロアに歌わせてたし。
初っ端から最高潮な感じでした。

リリースされた当初より
何度も何度も聞ていくにつれて
今の方が断然好きな『I KNOW』
なんなんでしょうね・・この中毒性のある感じは。

『FULLBODYのBLOOD』は私の中では
ライブが始まるーって気持ちになる曲で
『Buddy』か『FULLBODYのBLOOD』かってなくらい。

そして『Rock Your Animal』
キュウちゃんホントコーラスするときの顔が
楽しそうで素敵です♪

ここでやっと最初のMC。
キュウちゃん「三連休の最終日
、、、だからって特に意味はないんですが・・
お越しいただきありがとうございます」
みたいな感じ。

で、、フロアから例の
「ケンジ」コール(笑)
そりゃ、呼ぶよな(´m`)
最初は由美ちゃんが言ってたように
ガン無視してましたが、、
そこはフジイさん。
耐え切れなくなってニヤリと笑っちゃってました。
しかも、若干、照明もぼんやりスポット当てたりして。

そしてチバさんの一言「終わったー?」
いやぁ、、最高でした(笑)

続いてはチバさんのギターから始まる
『涙がこぼれそう』
最近はフライングで歌いださないように
歌い始めを合図してくれます。

俺さ 今 どこ?
「今はー、、赤坂でPUFFYと一緒!」って
特にヒネリなし。

そういえば、、名古屋ではなかった
『Mother』
みんなにコーラス煽るのは
間奏のところだけになってしまったけど
でもバッチリ返ってきて
うれしそうなチバさん。

でもってその瞬間に袖で見ていたローディーの田中くんが
ニヤって顔してたのが逆に可笑しくって。
やっぱチバさん喜んでるよーって
思ってたのかなーとか思ったして(*´艸`)

続いてフジイさんが一人ギタを鳴らし始め
あれ、これ、もしや『Red Eye』につながる感じ??な
感じのところで
スタンバイしてるフジイさんに
「ちょっと待ってね」って合図しながら
腕まくりするハルキ
ますます『Red Eye』のあのイントロ始まるんだよーって
思ってたら、、
なんと!『Love Shot』のあのゴリゴリなベースが。
おぉ~

そうか、、ハルキのあの腕まくりは
気合の腕まくりだったんですかね(笑)
『Red Eye』よりはこっちの方が断然好きなので
ヤッター!ってなりました。

ただ、この日はチバさん
あまりグイグイ前に乗り出す感じじゃなかったし
バン!ってとこも両手じゃなく
控えめな感じでした。

そこからドラム続いて
『カレンダーガール』へ。
で。
あれ?なんか歌詞違う??同じこと2回歌っちゃってました?
そう言えば『Mother』でも
フラミンゴのところちょっと飛ばしちゃってたし・・

っと思ってたら
歌い終わって「誰も間違ってないよな?」って。
え??
「この世の中に正しいことなんてないんだよ」
あはは。。
そう言い切られると、ごもっともです~な顔のフロア。

そして
『なぜか今日は』
ボヤっとしてたらハルキが飛び出てきて
そうだったーって。
ちょっと戻るとき
名古屋の一件があったのでヒヤリとしちゃいました。

ラストは『READY STEADY GO』
これがあったからやけに名古屋と似てるセトリって
思ってしまいましたが
並べてみると
そこまで同じではなかった感じです。

「サンキュウ!」
本編終了。

続いてアンコール。
ハルキとキュウちゃんがTシャツに着替えてきてました。
チバさんはビール持ってたっけ。

「えーっと、、あのー・・」って
恐らくあそこにいたみんなは
何言いだすか分かってたと思うんですが
なかなか言い出さないチバさん(笑)

「えーっと、、PUFFYとツーマンなんて
めったにやらせてもらえないから、、
あの曲を一緒にやろうと思います」
おぉ~っと沸くフロア。

「じゃー、、、PUFFYのお2人~」って呼んでた??(笑)

チバさんとフジイさんの間に由美ちゃん・亜美ちゃんの順で。
亜美ちゃんがオフマイクで何度も
ケンジーとかって言ってて
照れ笑いのフジイさん(笑)

それに混じって
フロアから「PUFFY~」って呼ぶ声とかも聞こえて
チバさん「PUFFYって呼ばれることあるの?オモシロいねー」って
いやいや、これはこの日限りだろう・・
由美ちゃんも「いや、ないですよ。だから今日はいろいろ新鮮で」って。

「じゃーフジケンよろしく~」からのギターイントロ。
曲はもちろん!『誰かが』
ヤッター

いや、PUFFYの時にあれだけちばさんからの曲提供の話しといて
これやらなかったんで
絶対アンコールにやるって思ってました。
でも歌はPUFFYがメインで
チバさんはコーラス程度でした。
チバさんが歌うこの曲も聞いてみたかったなー・・

でもいい曲だ。

あっさり終了。
さすがに、The Birthdayが歌うアンコールもーって
気持ちが多かったのか
ダブルアンコール待つ人ほとんどでしたが
残念ながらこれで終わり。

楽しかったです♪
まだまだ、対バンシリーズ続きます。
SAと、、、セッションはあるのか??
なさそう。。


<セットリスト>
 01.くそったれの世界
 02.I KNOW
 03.FULLBODYのBLOOD
 04.Rock Your Animal
 05.涙がこぼれそう
 06.Mother
 07.Love Shot
 08.カレンダーガール
 09.なぜか今日は
 10.READY STEADY GO

 EN.誰かが with:PUFFY


いかれてると言って笑い飛ばしてくれ 血も涙もあるから今を生きる意味を 不確かな世界で確かめてみたいんだ [音楽]

そろそろiPhone機種変を、、って言いながら
iPhone機種変するの初めてなんですが
店舗行く前に事前準備とか必要なのか??って
調べ出したら
iPhone5から7への変更は
SIMカードが異なるからどうのこうのって
ちょっと嫌~なカキコミ見つけたりしたんですけど・・
どうなんでしょ(;´д`)
てか、、6sでいいやって思ったのに
6sは在庫ない店多くって。
いろいろ迷い中です。

さて。
そんな10.1は
A FLOOD OF CIRCUS大巡業 2016
@新代田FEVER
with:Bentham
でした。
IMG_3390.JPG

もともと行こうかどうしようか、、って迷っていて
でもその時まだまだ先の予定が分からず
結局チケット取っていなかったんですが
最終的にポカっと2週間くらい空きそうだったので
チケット譲ってもらって行ってきました♪
フラッドの対バンツアー初日です。
IMG_3389.JPG

番号気にしてなくて
お値段安く出してた方に譲ってもらったんですが
よく分からないけど
結果すっごいいい番号のチケットで
恐縮です。。

でもってfever、、事前クロークあるの知ってましたが
開場後だったら中のロッカーもあるんで
そっちでいいやって思ってたら
なんと、、中のロッカーまでもクロークと同じ500円で、、、
えぇー・・
クローク500円で高いからやめてたのに。。
なんかそれでロッカー預けるの癪だから←ケチ(-_-)
結局荷物預けずすませました・・

で、、さっきも書いたようにすっごい早くに中に入れたんで
全然前にも行けたんですが
荷物もあったし
まだやっぱあまり曲とか覚えきれてないしで
一番後ろで待機。

が、、これ、ちょっと失敗しました・・(´+ω+`)
というのも、、こういう狭いハコで
割りと激しめなライブだと
静かに立って見てたい人と
暴れる人との境界が出きて
だんだんその静かに立ってたい人が下がってきちゃうんですよね・・
でもこっちは一番後ろで下がられてもそれ以上行けない訳で。。
ってことで
最後の方かなりギューギューなうえ
背高い兄ちゃん連なって見えないし、、、
アンコールで別に位置に避けたら
なんと見やすいこと!
いろいろ勉強になりました(笑)

さて。この日の対バンはBentham。
1曲だけかな、、ヨウツベ聞いてみたら
結構よかったんでちょい楽しみにしてました。

いわゆる普通の4人編成のバンドです。
なかなかポップで聞きやすかったです。

Voの人かな?はかなり昔から亮介くんとは知り合いだそうで
バンド界では一番のフラッドファンだって言ってました。

で、とある曲で
フラッドの曲をパクってるんじゃないか?!って
疑惑が浮上しているって話から
似てるか似てないか確かめてもらいましょう!って
その疑惑の曲『TONIGHT』ってタイトルコールしておきながら
やったのはなんと、、『The Beautiful Monkeys』(笑)

なんでも、コード進行が同じように進んでいくところがあって
それで似てる感じに聞こえるとか?って説明の後
ちゃんと『TONIGHT』に戻ってました。

これ、オモシロいですね。
他のバンドでも
あの曲とあの曲似てるよなーって
やっぱあるわけで、、、
今回片方しか知らないんで
あまりピンとこなかったんですが
両方の曲を知ってる時に
他でも聞いてみたいわーって
思ってしまいました。

今度リキッドルームだっけか?
バンド史上最大キャパでのワンマンがあるそうです。

割りと長く感じたんですが、、
40分くらいの持ち時間にて終了。

続いてはa flood of circle。

この前ロフト行った時も思ったんですが、、
やっぱベストアルバムリリースツアーは
ベストからの選曲中心だったわけで
それ聞きこんで行ってれば
まずまずな感じでしたが
今回は特に何かのリリースツアーではないため
割りと幅広く色んな曲が盛り込まれてるせいか
ちょっとまだついていけない部分があったり。
一応アルバムは借りてきて
聞いてはいるんですけどね・・

ってことで曲とかに関しては
あまり書けませんー
まだ曲とタイトルも一致してないしー

でも1曲目聞いたとき
あ、あれかも?って
そうそうタイトルに"サーカス"ってあって
これやりそう、、って
思ってたんですよ♪
『フェルディナン・グリフォン・サーカス』

『Quiz Show』やる前は
ロフトの時も言ってた
「次は何の曲でしょうー??」って
これ、借りてきたアルバムには入ってなくって
調べたら、、シングルのC/Wだった模様。
うーむ・・

Benthamの時も話してましたが
Voの人は昔使っていたスタジオのバイト君だったようです。
まだ当時はバンドすら組んでいなくて。
で、しばらくしてバンド始めたって聞いて
すごくビックリして、、
そのバンドが今のBenthamだそうですが
Baの人は後から加入なんですかね?
Baの人とそのBenthamを渋谷のラママに見に行ったことがあるって。
っと、、かなり昔からの仲である
エピソードなんかも披露。
昔から知り合いってこともあって
プライベートを知り過ぎてるから
なんかライブを一緒にやると照れるとか、、
そういうの、何か分かる気がします。

で、「これマジなんも打ち合わせしてないから!」って
『TONIGHT』をカバー。
こちらは似てるとか似てないとかの話はしてなかったですが
途中に原曲(って言い方も変ですけど 笑)
『The Beautiful Monkeys』を少し盛り込んだりしつつ。

「中津川ソーラー武道館っていうイベントがあったんだけど
ソーラー武道館言ってるだけあって
神様が付いてて、毎年絶対に晴れるのね。
今年もヤバいってくらいい天気で
このまま行ったら死ぬかもって思ったけど
それを超えるくらい今日も暑くてヤバいです!
ま、それで死ねるなら本望ですけど」
なんて話もありましたが
前の方はかなり暑かったようで
ヒサヨさんもツィッターで久々にツケマ取れたって(笑)

確かに、、後ろにいても
ジワーって汗かいてきて
いい感じにライブ後ビール美味しかったですもん。

亮介くんもテンションあがってか
何度も「今日最高!あんたら本当に最高!」って
嬉しそうに言ってました。

「まだ誰も俺たちのことを知らなかった当初から
激プッシュしてくれたのが
シェルターの店長西村さんで、、あとイマイさんね(笑)←だから仲いいのか?
その西村さんがやってるのがここFEVERで←そうだったんだー
だからここで対バンツアーの初日をやれることがうれしい」

今回のこのツアータイトル
"A FLOOD OF CIRCUS"ですが、、
ロフトでもチラッと話してましたけど
昔からよく間違えられてる名前で
さらにはブッチャーズの吉村さんには
最後までA FLOOD OF CIRCUSと間違えて覚えられてしまったそうで
でも間違えられたことより
間違えても覚えてくれたことの方がうれしかったそうで
ずっとこの"A FLOOD OF CIRCUS"って名前が頭に残ってたって。

で、今回この対バンツアーをやるに辺り
色んな街を巡業していくサーカス団みたいに
自分たちが周って行くって言う意味合いからも
ピッタリじゃないかって思って
この名前にしたそうです。

「風船膨らましてみたり、運動会にかかってそうなBGMかけてみたり
あと地味~に革ジャンに鋲打ってみたりと、、
 ↑そう、これ、あれ?こんな鋲あったっけ?って
  思ってましたが、、やはり今回からだったんですね!
それだけ気合入ってます!!」

「FEVERって大好きなんだよねー
だってFEVER!だよ?
、、、ちょっと絶対言っちゃ行けないMC言っていいですか?
恥ずかしいんだけど、、、
FEVER!しようぜ!!(笑)」

からの『Sweet Home Battle Field』でしたか?
タンバリン片手に
途中フロアに入って行ったのって。
半分くらいまで突き進んできてて
スゴカッタです。

その次にやったのが
バラードで『コインランドリー・ブルース』
これはなんとなく覚えてた曲。
こういう曲も間に挟めるのすごくいいなーって思います。

ロンドンレコーディングの話から
『BLUE』って曲をライブDVDの特典に入れた話をしたところで
「ここでその曲やると思うでしょ?
バカヤロー(笑)やりません!
はい、ここで発表していいですか!
11/23に新曲リリースします!!
今からその曲やります」

っと、いきなりの告知から新曲披露(笑)
『FLAYER'S WALTZ』
タイトル通りワルツっぽい要素が入った
不思議な曲だった印象。

ここからは割りとそのベストアルバムに入ってた曲シリーズ。
よくライブでもやってる曲なので
きっと定番曲なんでしょうかね。
でもすっごいカッコイイし盛り上がるので
何度聞いてもワーってなります。

ツアーファイナルは、たくさんのバンドを呼んでの
まさにA FLOOD OF CIRCUSなイベントになりますが
「本当はもっとたくさん呼びたいバンドあるんだけど
全部呼んでたら3日間くらいかかっちゃいそうで、、
まぁ、3日間やってもいいんだけど。。(笑)」って。

ちょっとうろ覚えですが
今後もこうやって各地でこういうのをやって行こうと思うとかって
言ってたような。
で、何でかって言うと
「それがオモシロいって思っちゃってるから。
とにかく腹の底から笑いたい
今まで生きてきて、30年生きてきて
笑えないことの方が多い世の中だから」って
サラッと言ってのけてましたが
かなりそこには
上手く言えないんですが
今まで味わってきた様々なことが
並大抵なことじゃなかったんだなーって
感じてしまうものがありました。

本編最後に『BLUE』を演奏したのが
なんかグッときました。
ホントこの曲、キラキラしてて
いい曲なんですよね~

続いてアンコール。
、、あれ?アンコールで新しく決まったライブの発表したんだっけ?
12月に東京と大阪のビルボードジャパンでライブ。
こちらはちょっとおめかしして
大人なライブを予定してるとか。

そして年末カウントダウンは
恒例?なのかな??
シェルターにて。
決まってるのは1つ若いバンドと一人のおじさんって言ってましたかね・・
が出演するとか。

「来年も引くぐらいいろいろあるんで
着いてきてください」

ってことで
『世界は君のもの』
これ、、、インディーズの曲なんですね。
なので音源持ってなかったです。

ラストは「まだ暴れたりない太陽の子供達に捧げる!」って
『KIDS』
最後みんなでジャンプしよう!って
ジャンプして終了~

いやぁ、、なかなか濃いライブでした。
ワンマンじゃないから時間的には短いんだろうけど
ヒサヨさんも言ってた通り
ギュッと凝縮されたないようだったように思います。

で、2Daysあった新代田FEVERでのライブ
2日目は行かなかったんですが
この日は亮介くんのお誕生日だったようで。
、、、MCで30年生きてきてって言ってたのは
数時間?!のフライング発言だった模様ゞ(≧ε≦o)
アンコールにケーキ登場だったそうです。
そうか、、。。

とりあえず、、、次の横浜では
あまり番号良くないんですが
暴れる準備していきたいと思います♪


<セットリスト>
 01.フェルディナン・グリフォン・サーカス
 02.スカイウォーカー
 03.ロックンロールバンド
 04.Quiz Show
 05.TONIGHT (Benthamカバー)→The Beautiful Monkeys
 06.Sweet Home Battle Field
 07.コインランドリー・ブルース
 08.FLAYER'S WALTZ
 09.Blood Red Shoes
 10.Dancing Zombiez
 11.シーガル
 12.ベストライド
 13.Diamond Rocks
 14.BLUE

 EN.
  世界は君のもの
  KIDS