So-net無料ブログ作成
検索選択

いろいろ始まるんだよ そう そこからいろいろ始まるんだよ [音楽]

なんとか、DVDレコーダーのハード容量
アラバキOAに間に合わせることができました。
で。
一つ今後について
そろそろブルーレイに変えようかな・・
って思い立ち
家電屋さんでいろいろ物色。

話しかけてくれた店員さんに最近のブルーレイ事情を
薄っすらと聞く。
いやぁ、、いまやディスクに落とす必要のないくらい
ハードに貯めておけるんですねぇ。。
でもって仮にそのハードの容量がいっぱいになったとしても
ハード増量ができるとか。
なるほど。。
その方が見るのも楽だし
保存も楽でスペース取りませんしね。

そんな話聞いたらますます欲しくなり
でもそしたらテレビも
同じメーカーにした方がよくない?とか思い出し
うーん。。予算が・・チ―( ∀ )―ン
しばし考えます。
でもメーカー、私は断然アクオス推しだったのですが
いまやもう、、、ねぇ。。
ってとこでどこにするか、も、悩みの一つです。

さて。
そんな6.25は
The Golden Wet Fingers TOUR 2016
『CHAOS SURVIVE INVADER』
@恵比寿LIQUID ROOM
IMG_3129.JPG
※この日もなーんも紙なかったー

ついに!ファイナルー
この日はさすが土曜日のファイナルってことで
私の番号も600番台・・・
でもって会場着いたときの人の集まり具合も
前日とは打って変わっての混雑ぶり。
ま、ま、そうですよね。。

でも中入ると意外と混み混みではなく
結局1日目とほぼほぼ同じくらいな位置に行けました。
しかも1日目よりも見た感じも周りの環境もよかった!
なので最高に楽しめました。

この日のメンバー
達也さんとイマイさんは1日目と同じ感じの恰好でしたが
チバさんが、、黒のガウン
まぁ、これは別に珍しくはない
で、その中
出てきたときは暗かったので首にストールみたいなの
まいてるのかな~って思ったんですが
ではなく、、すんごい派手なTシャツの色とデザインでした。
ビックリしたー
ハットはいつもの。

出てくるなりすごい歓声に
ニヤっとしながら「ハローベイビーズ!」
これでもうフロア、ウォーッ!!!って感じでした。
この日は1日目あまりに曲を覚えてなかっのを反省し
もう一度かなり聞きこんでいったおかげで
あ、あの曲だ!って分かることができましたー
やっぱ知ってる方が断然楽しめる♪

1曲目は達也さん1人だけで登場し
ドラムを叩きながら叫んで歌い始める『鉄風船』から
達也さんはこういう朗読風なの
好きなんでしょうか。
MANNISH BOYSの時でも
こういうのやってたなーって。
あと今回のアルバム「CHAOS SURVIVE INVADER」の曲も
こういう朗読風なのが多いのが印象的です。

そして不思議な叫び声だけの曲
『ユリマカ』
これでも演奏カッコイイと曲になっちゃうんだみたいな。
ドラムホントかっこいい。
このときだったか、、、例の電飾サングラス付けたの。←次の曲だった??
急に後ろ向いてゴソゴソしだすから、何かと思ったら(笑)
で。終わるとこの日がファイナルだから
達也さんとイマイさんはフロアに投げてました。
チバさんは、、、大事に?!アンプの上に戻してました。

続いて『ZEKKO』
チバさんのバイオレンス的な語りが聞ける曲。
からの INVADER SURVIVE! SURVIVE CHAOS! って
そうか、、この曲はこのアルバム
このツアーのタイトル曲だったんですね。
今知った(笑)

イマイさんVoの『レオ』では
かなりノリノリで
歌詞に色をいろいろ言っていくところがあるんですが
なぜかこの日は 青赤 ってのを繰り返してて
チバさんも笑ってました。
・・どうやら応援してるサッカーチームのカラーだったかららしい?

ここで最初のMCタイム
別名謎かけタイム?!(笑)
てかその前に、早々にガウンを脱ぐチバさん。
そしたらその派手なTシャツがドーンとあらわれ
バックプリント見たら「イギーポップ」って。
なるほど~
そりゃ見せなきゃ、だわ(´m`)
でもそのカラフルな色と黒のハットの雰囲気があってて
素敵でした。
、、、にしても派手だったー

師匠~って声がかかると
チバさん「今のはきてたんじゃないのーねぇ?
師匠っぽかったよねー」って
ご機嫌にフロアに問いかけてました。
いや、ホント、この日はフロアの盛り上がりがすごかったので
メンバーもご満悦の様子が伺え
さらに輪をかけて盛り上がって行った感じで
とってもよかったです。

ってことで、、早速、と行きたいところ
イマイさん、ちょっとチューニング中で
なかなか話し出さないでいると
早くーみたいなフロアからの声。
「ちょっと待って、チューニングしてんだから」
で、思い出しました。
前日は謎かけ散々盛り上がったあとすぐに曲行こうとしたら
「ちょっと待って、チューニング」ってイマイさん。
そしたらチバさんが「チューニングしてからやれよ!」って
ツッコまれちゃって
「いや、チューニングしてたんだけど
謎かけやってる間に狂っちゃって、、」って
言ってたんでした(笑)

気を取り直して・・
「えーっと、、東京とかけまして
結構便利そうだけど辛いことも多いです、、とときます。
そのこころは、区(苦)が多いです」
すばらしいー
その後ボソっと「大阪の方が多いと思うけど・・」って。

もっとーって声にチバさんまで
「まだあるんじゃないのー今日で最後だよ
全部吐き出しちゃいなよ」って。
この後はなかったですが
いや、ホント。この日はかなり冴えてました。

もうあまりにこの謎かけを
みんな期待しちゃってるので
達也さんまでもが「イマイくんと俺たちとどっちが大事なんだよ
音楽コーナーとイマイくんコーナーになってきちゃってる」って。
チバさん「コーナーって言ってるのはお前じゃん」
達也さん「あぁ、そうか・・」
いやいや、
あくまでも謎かけはおまけですって。

『死の塔の外伝』これはまた違う雰囲気でチバさんが語る曲。
いやところでさぁ毒を盛って毒を制す
ってとこはゾクゾクします。

『ネオクーデター』は達也さん
あの激しドラムを叩きながら
歌ったり叫んだりしてるのがスゴイです。

そして出だしに
達也さんのメンバー紹介風なヤツが入る『GYERRILLA DAY』
何言ってるかははっきりわからないんですが
多分、、、GWF イマイアキノブ チバユウスケ
そして俺とお前たち
って感じのことを言ってるんじゃないかなー、、と。
そので"俺とお前たち"ってのはがなんかグッときます。

ここでももう1回
イマイさんの謎かけあったんでしたっけ。。
フロアからのヤンヤヤンヤが多くって。
どっかで達也さんも
曲行こうとしたら声がかかっちゃうから
「あのー、、、番組進めさせてもらっていいですか」って
言ったりして。

「東京、、、あの別に東京は関係ないけど
チバくんの好きなサッカーチームもある東京」
って言ったら
チバさんピクってなって
「余計なこと言ったらぶっ殺すぞ!てめー」って
オフマイクで叫んでて(笑)
続けてイマイさん「ものすごーく気の弱いゴールキーパーとかけて
どこにでもいるお嫁んさんとときます
そのこころは、、シュート(姑)が怖いです」
うまーい!!

フロア大歓声になのに対し
チバさん、少し沈黙して
「あーお義母さんってこと??」
このタイムラグ笑えます。
でも世の中的には「しゅうと(舅)」って
義理のお父さんのことを思い浮かべることが多いですが
意味合いとしては姑つまりお義母さんでも間違いではないみたいです。

そしてチバさん「お義母さんってこと?」って聞いた後にすぐ
「お母さん大事にしろよ、お前ら!
絶対だぞー!!」って。
急にこんなこと言うから若干、ビックリでした。
『MOTHER』って曲も作ってるくらいだし?!ですかね・・

そんな雰囲気で
「じゃーツイストを踊ってください(笑)」からの
『CHICKS』
え?これツイストの曲なんですか??
でも1日目にこの曲やらなかったから
絶対この日はやってくれると思ってたんで
うれしかったです。
いい曲だー
最後の 好きなとこ どこにでも 行っちまえ って歌詞の後に
達也さんが「だって」って言うのがツボです(≧▽≦)

歌が始まるまでの演奏で
合間に oi! ってかけ声が入るといい感じになる『Zui★Zui』
この日はすぐに声が入って大盛り上がり。

最後の方で曲に合わせて
イマイさんが 俺がなにをしたっていうのかい って言うのに対し
達也さん「逮捕!」
その後もどっかで現行犯逮捕しちゃうぞ
自分不法所持者って。
イマイさんを"自分不法所持者"って
なかなか的を得てるなー、、なんて(笑)

この日はビールも早々に1本空け
缶をフロアに投げ
2本目も飲み切ってたかな・・
でもってブレイクの度にタバコに火をつけ、、っと
かなりリラックス?!した中やってた感じで
とてもご機嫌なチバさんでしたが
フロアから「吸い過ぎー 何本吸ってるのー」って聞かれて
答えはしなかったけど
多分灰皿確認しに行ってて可笑しかったです。
でも言うなら、、毎回、1本丸々は吸い切ってないから
吹かして2、3回くらいでしょ、、。
なのでトータル的に1本いくかいかないか位なんではと
思ったり。

あと、さっき達也さんが
番組進めて~、、って言った時と同じ声の主と思われる
甲高い、少し聞く分にはかわいい感じ
でもずっと聞かされてると徐々にウザくなる声が
ギャーギャーなんか言いまくってたもんで
チバさん「うっるせーんだよ、お前ら」
って一喝。
思わず心の中で拍手してた人
たくさんいたんでは・・
いや、マジで。
声かけるのはいいと思う、メンバーも喜んでたし。
でもあそこまでいくと行きすじゃ??

なのにチバさん
「でも結構好きよ」ってボソッとニッコリ。
だけど私が思うに
彼女たちは恐らく、、達也さんのファンっぽかったんで
そこはちょっと達也さんに気を使ったのかな、、なんてね。
じゃないと腹の虫がおさまらねー(-"-)

いや、でも。
チバさんのツンデレ見れて
ちょっと得した気分?!(って思うことにする。)

そしてチバさん
次の曲をスタンバイ。
って意気揚揚とマラカス片手に
スタンバってたら
なんでか達也さんとイマイさんが
ゴチャゴチャ言いながら
曲へ行こうとせず、、、
たまりかねたチバさん「早くやれよ!」

すると、、「あれやらないの?」って一言に
ん??
あ!
「俺が間違ってましたー」って苦笑い。
そしてマラカス置いて曲へ。。。
いやぁ、、可笑しかったー
達也さんとイマイさんのやり取りもおもしろかったし
絶対にチバさんに曲間違ってるよって敢えて言わない辺りも
可笑しかったですゞ(≧ε≦o)

ってことで、、急きょ追加したんでしょうか
カバー曲で『Sweet Jane』
※拾いもんのため合ってるかは分かりません。。
 ルーリードの曲らしいです。
 これが噂の!(笑)

そしてそして
次が、、そのマラカスの曲!
なんと!『Teddy Boy』
きゃー(*´艸`)
まさかやるとはーって私の中では予想外だったので
うれしかったです。
、、、、でも今思うと、、横浜でもやってたかも・・
いやいや。
でもすっごいよかったです。

次の曲だったかなー
前日はクラップハンズ~って軽く煽られましたが
この日はちょっとした合図で
自然とクラップハンズが始まったから
達也さんに「ナイスキャッチ~」って曲に合わせて言われて
なんかそういうのうれしかったですー

多分『CRAZY BONB』のイントロだったかと・・
この曲はいろんな感じがごちゃごちゃどよめいてて
不思議な曲です。

イマイさんのアンプの上に
かわいいぬいぐるみみたいな置物が置いてあって
よく分からないけどそれをある曲で
殴ったりして使ってるんですが
それがチャッピーって言う名前なのか
イマイさんがチャッピーって言われてて
チバさん急に
「前から聞こうと思ってたんだけど、、
なんでこいつ(イマイさん)がチャッピーなの?」って。

イマイさん俺?こいつ(ぬいぐるみ)?って指差すと
達也さんが「イマイくんだよ。そいつ(ぬいぐるみ)は係長」
イマイさん「あ、これ(ぬいぐるみ)は係長なんだ、、初めて知った」
よく分からないけど、、そのぬいぐるみ
かわいかったなー

で。なぜチャッピーかって
それは「前々回(のツアー?)がき●ちがいばばあで
前回がなんだっけ、ポケモンだっけ?」って。
そしたらチバさん「それここで言う?
曲行きにくくなっちゃったじゃん(笑)」
ってことで、、結局なぜかは言わず終い。。
ポケモンは覚えてないけど
き●ちがいばばあってのはなんとなーく記憶があるかも。。
何かは覚えてないんですが・・

ってことで、、行きにくくなるって言ってたのが
分かった気がする・・
次は『だったら俺はエイリアンの方が好きだよ』
ふざけたタイトルですが
歌詞がなんて言うか、、これ本心を書き綴ったって言われたら
感動しちゃうなーって内容の曲。
でもそこはあえて言わないで欲しいかなーって気持ちもあったりも。。

『ミギトヒダリトシロトアカ』
これはまさにタイトル通りに進んでいく曲(笑)
長い曲なんですが
歌詞聞いてると結構楽しい。
オナジアホナラ オドラニャソンソン
ってあるくらい
なんかふざけてる曲(笑)

そこからのー『トリオ・デ・ハラペーニョ』は
最高に楽しいです。

そしてチャッピー係長登場の
『SAVAGE』
いや、登場って言っても最初だけで
すぐに投げ捨てられちゃってますけど・・
達也さんの激しいドラムでテンション上がります。
最終的に LOVE! って言うのが
カッコいいんです。

「ありがとー」

本編終了。
そう言えば、、この日のチバさん
すぐピック投げてたから
本編中、ピックホルダーにあったやつ全部なくなって
追加してもらってました。

続いて、アンコール。
ここではもうチバさん
イギーポップのTシャツじゃなく
GWFって書いてある達也さんがやってるブランド?GAVIAL
限定販売のTシャツに着替えてました。
イマイさんもそこの別のデザインのやつ。
イマイさんの着てるやつの方が
カッコいいなーって思ってて
でもチラシ見たら金額ハンパなく高くてビックリしました(笑)

この日のアンコール1曲目は
1日目と変わって
『TO WALK』から。
今回のアルバムの中で唯一いわゆる曲っぽい曲(笑)
すごくいい曲です。
メインVoがイマイさんなので
ハモりで歌うチバさんが聞けるのもうれしい1曲。

ここで「終わらないでー」って声に←例のさっきの声と同じだったけどね・・
「まだ終わるなんて言ってないがやー」って達也さん。
なんだかんだと相手にしてくれるから
話しかけちゃうんだろうな・・
って思うんですけど、、優しいですね。

で、次にチバさんハンドマイクの
『Oh Yeah!それが答えだ』を。
あーこの流れの方がよりいいと思います。
Oh Yeah!~の方がサビをフロアも一緒に歌えて
盛り上がるし。

そしてその盛り上がりは予想以上にすごくって
チバさん、センターに身を乗り出して
マイクをフロアっていうか、、最前にいる人たちに
順に向けて歌わせたり
最終的にはマイク投げちゃったりして。
あとラストも長いブルースハープ。

最後の盛り上がりで
多分、歌詞では"お前"って言ってるところ
この日は"お前ら"って言ってた、、ような。
そして「OH YEAH!って言ってれば何とかなるさ」って
いやぁ、、なんかHappyな雰囲気が出まくってて
ほっこりしちゃいました。
チバさんいつになくめっちゃ笑顔だったし。
最高でした。

続いてダブルアンコール。
「イマイアキノブ歌いますー」って
カバー曲。
これは何度か聞いたことあった曲。
どうやらこれがイギーポップの曲らしいです。
『Wild One』

この日のリキッドルームは
オールナイトイベントがこの後控えてたみたいで
イマイさんが「今日は夜ここで、、、、石野卓球があるみたいですよ」って。
そしたら達也さん「イマイくんは終わってもここにいるそうです
一晩中、卓球やればいいじゃん」
「現行犯で捕まるよ」
で、なぜかここからムショでの食事の話。
イマイさん「あそこは飯が出るからいいんだよ」
達也さん「カレーが出たよ」
チバさん「えーああいうところって普通、炊き込みご飯じゃないの?」
イマイさん「朝昼晩食パン5枚ってときあったよ」
てか、、チバさんの「炊き込みご飯じゃないの?」って質問が
なんで??って思ってしまい可笑しかったです。
てか、そうなの??

ラストは『地獄のエルドラド』
曲の途中にある Oh~Oh~ ってとこで
あ、これ1日目もラストにやった曲だーって
思い出しました。
これまた、何とも言い難い、、ライブで聞いてこそな曲、、かな。

そのOh~Oh~ってとこで
みんなで両手挙げてゆらやらやって
まるでフラカンのヨサホイみたいな感じでした。
、、、あそこまで楽しげな感じではないですけど

最後の〆で
チバさん「アイラビュー!」

いやぁ、、ホントいいライブでした。
金土の2Daysっていいかも!なんて(笑)
ファイナル大いに盛り上がる気がします。
お客さんも来やすいだろうし。
その分、1日目の金曜日がガクンと減るとは思いますが、、。

っと、それはいいとして
今回ツアーは結局最初の方とラストしか行けなかったんですが
あきらかにパワーが違って
ツアーで成長するってこういうことなんだなーって
やっぱライブは生き物だーって
そんなことを感じることができました。


<セットリスト>※拾い物です・・
 鉄風船
 ユリマカ
 ZEKKO 
 レオ
 死の塔の外伝
 ネオクーデター
 GYERRILLA DAY
 CHICKS
 Zui★Zui
 Sweet Jane(ルーリード)
 Teddy Boy
 CRAZY BONB 
 だったら俺はエイリアンの方が好きだよ
 ミギトヒダリトシロトアカ
 トリオ・デ・ハラペーニョ
 SAVAGE

 EN1.
  TO WALK
  Oh Yeah!それが答えだ

 EN2.
  Wild One(イギーポップ)
 地獄のエルドラド


泣いてもいいし 笑ってもいいし 無口でOK かまわねーよ [音楽]

朝、何組かの親子が
恐らく保育園に子供を連れて行くのを見るんですが
昨日見たそのうちの1組の親子は
お父さんと子供2人で
2人とも歩けるくらいの年齢で
そのうちの1人(弟かな?下の子)が
くまモンリュックを背負ってまして
体とほぼ同じくらいの大きさのくまモンが
背中にくっついてる後ろ姿
これだけでもかわいいのに
さらにその子が早くーって言われて小走りするたびに
くまモンの足がひょこひょこ動いて
足裏の肉球が見えるんですよ
いやぁ、、もう今思い出すだけでも笑っちゃうんですが
かわいかったー

参考まで。
sim.jpg

さて。
そんな6.24は
The Golden Wet Fingers TOUR 2016
『CHAOS SURVIVE INVADER』
@恵比寿LIQUID ROOM
でした。
IMG_3127.JPG
※なーんもライブの内容書いた紙なかった(´;ω;`)
4月から始まっていたGWFツアー
いよいよファイナル2Daysのうちの1日目。

GWFは毎度ながらオトナなライブのせいか
開場/開演が18:30/19:30なんですよね~
でも今回はリキッドルームなんで
18時開場でも余裕~だったんですけど。

で、2Daysあるうちの平日の1日目だから
チケット売れ行きもあまりよくなく、、
中入ってしばらく大丈夫かな・・ってくらい
スカスカでした。

私もチケット200番台で
イマイさん側2列目辺りに行けました。
が、、最前にいた斜め前のヤツ
そこそこ背も高いのに
なぜか最前のバーの下の段に足かけて乗っかってみるの。
もちろんずっとじゃなくて
ワーって盛り上がった勢いで、、なんですが
いや、でも、それ反則でしょ。
後ろの人のこと考えろって話ですよ。
それにイラつきながらも
まずまずな環境だったんで
良しとします。

ホント最近、こういうイラつく人
目につく。
歳のせいでしょうか・・(-ω-`)

時間になりまずは達也さんだけ出てきて
ドラム叩き始めライブスタート。
しばらーくしてから
イマイさん、ビール持ったチバさん登場。
達也さんは黒シャツ
イマイさんはいつもの大きめな豹柄ガウン
チバさんはイマイさんより柄が派手な
豹柄ガウンに黒ハット。
そうそう、この日もイマイさん
髪の毛後ろに小さくお団子2つ作ってて
(残りの毛は下してた)
かわいかったです。
なんか白髪交じりでも歳を感じさせないのは
顔の作りが外人みたいだからか??
いいなー・・

4月ぶりってことで、、、かなり久しぶりだったため
曲結構忘れてた・・
今週は通勤時、結構聞いてたんですけどねぇ。
なのであれ?こんな曲あったっけ??って
どれも初めて聞く感じでした(笑)
でも過去のアルバムからの曲は
やっぱ馴染みがあるのか
あー聞き覚えある曲キターって
ホッとして。

いや、でも、改めてアルバム聞き直すと
あ、これやっぱアルバムの曲だったか、、っと。
でもなんでしょ
アレンジって言うか
アルバム通りにやってないものあったりして
さらにはライブを重ねてきた分
いろいろ変わってきてるところもあるのかなーっていうのもあり
4月の時よりパワーアップした感じがしました。

何曲か終わって
チバさん「元気だった?」って
ボソリと低めの声で。
言い方が優しくてちょっとキュンとしてしまったよ・・

そうそう、チバさんって
今回あまりメインで歌う曲がないせいか
ギター弾くのを楽しんでいて
すっごいイマイさんのギターを見ながら弾いてたのが
印象的です。
あれコード確認してるのかな?
手元をジーって見てる感じです。

そんなイマイさん
右手の人差し指
テーピングして待てましたが、、

MCは最近はすっかり恒例の(笑)
イマイさんなぞかけ。
今回もチバさんが途中うれしそうに
「やってきましたよ
お待ちかねのが、師匠!」って言ってて
可笑しかったです。

イマイさん、「とりあえずビール飲ませて。
負けてないけど、かんぱーい!」
達也さん「1本いただきました!」

ここでは3つ披露。
まずは「東京の夏の夜とかけまして・・・
あ、違うな。もう1回←めずらしい!
えーっと、、東京は浅草の夏の夜とかけまして
チバユウスケと説く
そのこころは、、
クーラーもいいんだけど扇子(センス)もいいよ」

チバさん、自分の名前言われた時は
ん!って顔してその後のイマイさんの言葉をウンウンって感じで
よく聞いてたんですが
言い終わった後はイマイチ意味が分かってなかったようで
ん??って感じで
で、ちょっとしてから
「あっ、クーラーと団扇ってこと??」って。
このタイムラグ可笑しかったなーゞ(≧ε≦o)

そして達也さんがこのタイミングで
汗だくのシャツからTシャツに着替えたんだっけか、、
それ見て「こんなホットな日に脱いじゃった中村達也、、の裸とかけて
それは見ない方が良かろう、と説きます。
そのこころは
悶々として眠れません」

ん??
達也さんドラムをジャンジャンって叩きながら
「10点!10点!10点!10点!2点!3点!」

「もういいよ。」
って言われて
「最近ウケなくなってきた。
でも俺はウケない方がいいんだよね。
ウケないと不安(ファン)になる」

この日はちょっと大人しめだったのか
なんかの曲で
達也さん「今日はおきないねー」って
そしたらイマイさんが「Why dont't you クラップハンズ?」
そこで慌ててクラップハンズ。

でも曲の合間にメンバーを呼ぶ声はやった多くて
一番可笑しかったのが
女の人のかわい目な声で
「たーつーやーさぁーーーん」って声に
「なんですかー」「仕事中ですよー」って
コッソリ答えてたのが最高にかわいくておかしかったです。
達也さんのそういうとこ
いいなーって思います。

ハラペーニョはやっぱいいなー
てか
イマイさんももちろん達也さんも
それなりに歌上手いし
聞いてて楽しいし
すごいなーって思うんですが
やっぱチバさんが歌った時の
安心感って言うか、、、
それはやっぱり長年Voとしてやってきてる人の歌声は違うなって
怒髪天で王子が歌ってもシミさんが歌っても
坂さんが歌っても、、、?(笑)
それはそれでいいんだけど
やっぱり増子さんが歌ってた時に
あー戻ってきたーって感じがすごくする感じ
なんでしょうか、、それって。

なのでチバさんメインで歌ってる曲
聞き慣れてるせいもあるかも?ですが
ワーってテンション上がります。

途中イマイさんもチバさんも
タバコふかしてたら、、
達也さん「俺も吸おうかなー」って
そしたらチバさん「アイコス吸えば?」
達也さん「アイコスってなに??」
チバさん「合ってるよね??」

どうやら電子タバコみたいです。
煙も灰も出ない。

アンコールでだったか本編でだったか忘れましたが
イマイさんが「明日もあるからね」って言ったら
チバさん「今日で終わりだー」って
イマイさん「俺は明日来るよ」
チバさん「明日はバイト入ってんだよ」
フロアから 何のバイトー?
チバさん「金融屋だよ金融屋(笑)」
あはは・・
そしたら達也さん「飲ますと忘れるよー(笑)」
確かにー(≧▽≦)

その
アンコールでは
『Oh Yeah』でチバさんハンドマイク。
ってことは演奏はGtとDrのみ。
すごーい!
ハンドマイクでチバさん
Oh Yeah!ってとこフロアに歌うように煽る煽る。
それに応えてフロアからたくさんの声
それ見てチバさんニッコリ。
最後こっちの方見てニカって笑ってもらったような
気がするんですけどー*:.。☆..。.(´∀`人)

ダブルアンコール
前に帰っちゃう人もチラホラ結構いましたが
しばらく待ってると、、ありましたー
しかもチバさん、ガウン脱いできてた。
そう、アンコールでもハットは脱いできてて
頭振って髪バサバサさせてたんでした。
あとやっぱ暑いのか
ハンドマイクをいいことに
肩まで脱いだりしてて。

なので、ダブルではすっかり半袖Tシャツ姿。
腕細いー
角度的に見たら
細過ぎです。。

イマイさんは最近ちょっとお腹ポッコリが
気になりますが(笑)
でもスタイル的には細くて
イマイさんぐらいな感じがセクシーさもあり
いいなーって。
・・・何の話だって( ̄▽ ̄;)

最後の1曲もライブVerな感じで
盛り上がって終了~
・・・何だったか記憶にない(笑)

チバさん「ありがとう。またね」って
言ってくれましたが
そこは、「また明日ね」って言って欲しかったー・・

1日目だからか、、、気のせいかマイナーな?
てか、新しいアルバムの曲?メインな
印象でしたが
(単に自分が覚えてなかった曲が多かった、、だけ。)
演奏がカッコよくって
終始ワーってなってました。
途中イマイさんとチバさん
向き合って弾いて
最後の盛り上がりで
2人してどんどん体制低くなって
最後は座り込んで弾いてた曲とかもあったりして。

そしてさっきも書きましたが
ホント今回のライブはチバさんあまりメインで歌わないのも
ある意味ポイント。
なんだっけー
すっごい低い声で歌ってたの。
あとイマイさんメインでチバさんハモりってのもあり
私的には結構それ、好きだったり。

今日はいよいよファイナル
どう変化するか、、楽しみです。

タネもしかけけもありませんそれではまた明日。 [THE BACK HORN(2012年~)]

思った以上に平日1日おきのライブ
キツイです(笑)
いや、楽しみいっぱいで幸せなのですが
その余韻に浸る暇なく
仕事・・・そしてまた次なるライブ、、っと
気持ちが追いつきません(´~`;)
まだ半分しか過ぎてないんですが、、
でも仕事のピーク時期が過ぎ
ちょっと平和な業務時間なので
まだ助かってます(笑)

さて。
そんな6.22は
銀河遊牧会2016
@shibuya duo MUSIC EXCHANGE
でした。
IMG_3122.JPG

銀河遊牧会とは、、、
銀河遊牧民の会で
銀河遊牧民とは
THE BACK HORNのFC名称です。
ってことはつまり
THE BACK HORN FCイベントです。
なんでも初なんだとか。
FC発足してから結構長いと思うんですが
そうなんですね~

ライブではなくイベント。
当初の予定は
FC会員限定サイト内でやっている
コーナーの公開版、
栄純が書いた漫画にメンバー自らアテレコする
マニアックヘブンではお馴染みのやつの公開収録
そしてお悩み相談って聞かされていました。

会場は整理番号順入場の自由席で
一部立ち見ってことだったんですが
中入るとスタッフが入っていった順に席を割り当てていて
え?ここじゃないとダメなの??って
かなり詰め詰めに丸椅子が並んでて
しかも番号そんなに良くなかったから後ろの方だし
あと一番えーって思った理由は
2列後ろが段差の上の椅子だったのに
そこに行けないってこと。

でもで待機しているとき
中は自由席で1階と2階がありますって言われてたので
聞いてみたら2階席なら自由に言っていいと言われたので
2階席にしました。

でもその後、場内整理している声を聞いている限り
自由に座らせてた感じだったので
どうやら最初の方だけだったみたいです。
いや、だったらそう言う風に最初から言っててくれたらいいのに。
てか、それなら席指定ってことにすればいいのにとか
ちょっと初っ端イラっとさせられました。
まぁ、、スタッフさんは席取とかさせないで
公平に順番に前から座ってもらおうって気持ちもあったんでしょうが。

duoの2階席、こんな機会でもないと
入れないですからね♪
椅子は丸椅子とは違って
ソファみたいな肘掛まであるゆったりな椅子で
座り心地抜群!
が、、duoは柱が4本もあって
それがかなりステージを邪魔して
あと段差もないし
結局ステージは思ったほど見えませんでした・・
2階席で立ち見にでもよかったのかな、、とか後で思ったり。
ま。いいや。

時間になりメンバー登場。
出だしの挨拶でこの「銀河遊牧会」って名前が怪しいとか
FCの会報送られてくる封筒の色、、ヤバいよねとか
そこから光舟が「今日はセミナー行ってくるって言ってきた?」って
言ってたのが最高に可笑しかったです。
でも確かに、、知らない人が聞いたら
宇宙について話し合う会なのかって思いそうですよねゞ(≧ε≦o)

そんなこんなあり、、「じゃーここで写真撮ります」って
マツから。
みんな、え?いきなり??って感じでザワついてると
「なんで今?って思ってるかもしれませんが
でもほら、帰るときにね、もらえると・・・うれしいでしょ?」って
おぉ~なるほどー
全然予想もしてないことにかなりビックリそして
きゃーうれしいーってテンション上がりました。

でも、、、
これ絶対入ってないだろ・・ってカメラのレンズの角度。
いただいた写真チェックしましたが
はい。。2階席一応席の上にある照明
薄っすらつけてくれてましたが
全く以て効果なし??暗くて見えてません・・。
でもとりあえず、この辺だったかなーって感じで
思っておくことにします。

そしていよいよ本編。一つ目のコーナー
電波遊牧民公開収録(お題に対する事前アンケートのTOP3予想)
お題は、、「見た目が嫌で食わず嫌いな食べ物」
私はもうサッパリFC会員限定サイト
覗いてないんですが(笑)
まだこのコーナー続いてたんですね・・
普段はGooランキングのTOP3を予想するコーナらしいのですが
今回はFC会員が投稿した結果を予想するというもの。

いや、、いろいろ考えたんですが
見た目嫌なものはまぁ思いつくとしても
別にどれも食わず嫌いじゃないしなーって
思うと投稿できませんでした・・

将司は粒粒なもの、ダメみたいです。
光舟はしらす丼がダメって言ってて
えーなんでーって思ったら
それは将司が粒粒嫌なのと似てて
しらすと目が合ったときに辛いって。
いやぁ、、そんな風に食べ物見たことなかったわ。。

あとあーそう言えばそうねっていうのは
ピータン。
確かに色はすっごいグロテスクかも。
でも私、ピータン大好きなんですよねぇ。
久しぶりにその名前聞いて食べたくなっちゃいました(笑)
でもってしゃこ。
これも久しく食べてなかったから
全く浮かんでも来なかったですが
確かに見た目ダンゴムシっぽくて嫌かも。

結果は、、、これはFCサイトにUPされるんでしたっけね。
Gooの集計結果とまずまず近い感じの
FC会員結果でした。

続いては
栄純書き下ろし漫画の公開アテレコ(客席参加型)
入口でその栄純描き下ろし漫画をいただいていまして。
また、内容が、、ってかイラストが・・・( ̄▽ ̄;)
本当はスクリーンに映った漫画を見ながらやって行く予定だったみたいですが
映像がうまく作動せず
結局もらった漫画を見ながらの作業になりました。

メンバーもその場で漫画をもらい
栄純が読みながらここは将司、ここはマツね
ここは光舟って台詞を割り当てて行きます。
マツがやたらと台詞っていうよりは
擬音語みたいな箇所ばっかり割り当てられてて可笑しかったです。

で、パチパチパチって拍手の箇所があって
そこをお客さんねって。
ちゃんとキューとカットの合図をしてくれるんですが
その合図がめっちゃおもしろくて
大爆笑でした。(実際録るときは笑いをかみ殺して 笑)

1回読み合わせをして
いざ本番!
これがなかなか緊張して(笑)
でもって思った以上に楽しくて
終わった時のなんて言うか、、、一体感?達成感?
いやぁ~なかなかよかったです。
こちらはDVD会報だっけ?か何かに入るらしい。
出来上がりが楽しみです(´m`)

ダラダラ進んでるようで
意外と時間経ってるようで
駆け足で3つ目のコーナーお悩み相談!
こちらも事前にお悩み募集してましたが、、
やっぱり何も応募できず・・

会場に来てたら手を上げてくれてもいいし
上げたくなかったらスルーしてもいいし
ってことでしたが
3、4つのお悩みにこたえてた中
1つ以外は全部手上げてたな。
すごい。

普段のお悩み相談コーナーは
1つの悩みに何時間もアレコレ話してるとか。
仲いいんですね~(笑)
いや、もうしかしてこうじゃね?って
いろいろ想像が膨らんでいくみたいです。
好きそうですよね、、そういうの。

今回はサクサクパターンってことで
マツ仕切ではい、じゃー次って感じで
進んでいってました。

お悩みはこちら(多分)
 ①兄が自分のツィートに全部「いいね」をつける
  その心境は何だと思うか?

 ②23歳なのにアラサーに見られてしまう
  実際どう見えますか?

 ③やらないといけないことがいっぱいある時の
  対処法について

 ④結婚式披露宴での入場のときにTHE BACK HORNの曲を流したい
  何がおススメか
   ↑これ、同じ内容のものが2組もいたらしい

①はその兄がちょうどメンバーと同い年くらいなので、、ってことで
聞いてきたようですが
光舟は実際妹がいるけど
ギリギリ携帯の番号知ってるかくらいの関係性みたいで
自分としては信じられないって。

栄純が最近母親にFCを見られてるようで
家の中の顔と外の顔って違うから
何て言うかそう言うのって恥ずかしいよねって。

でも結論として、、仲良いってことでいいんじゃない?に
落ち着いたんでしたっけね。

②については
その実際に見てどう思いますかって言える
強いハートの持ち主、すごいよねって言ってるのが
なんか可笑しかったです。
栄純とか繊細ですからねぇ・・

そういう落ち着いてるところからも
年寄り上に見えてしまうんじゃないかって。
あとは食べ物とか、、って話で
「マシュマロとか食べてたらいいじゃない?」って
どうやら将司の中ではマシュマロ食べるのは20代の若い女性と
インプットされているようです。
 ※パンケーキは30代も食べるって(笑)

栄純もどっちかと言うと年齢より上に見られることが多かったみたいですが
最近はやっと見た目に年齢が追いついたそうで
あまりそう言うことがなくなってきたとか。
若いころから髭が「うかんむり」で
それで年上に見られてたって。

逆に将司は23歳くらいのときでも18、19歳に見られてたそうで
男は若く見られるのは馬鹿にされてるみたいで
すごく嫌だったって。

③については
例えば、、って例が引っ越しの片付けについてがあって
引っ越し片付けあるある話
アルバム見出した止まらないとかマンガ読み始めちゃうとか
そこから派生してやらないといけないことがあるときに
部屋片付けちゃうとかね、、って。

で、その流れで
マツのCDケースの中にはほぼ中身が入ってないに対し
光舟はきれいにアルファベット順に並んでて
さらには各アルファベットの切れ目には
追加が出来るように少し隙間を空けているくらい
整理されてるって。
栄純曰く、上に積むようになったらおしまいって
マツ「なんで?」
栄純「だって取出せねーじゃん」
マツ「取れるよ」ってスコーンってダルマ落としみたいにやる仕草(笑)

あと栄純は同時に色んなことをやって行けるタイプ
曲作りも色んな曲を同時進行で作ってるって

④についてはじゃー順に言っていく?ってなり
マツ・・未来
栄純・・レクイエム
将司・・世界中に花束を←サビ前のタカタカタカ~から
光舟・・ガーデン

この話の時にメンバーそれぞれ
タイトル言うとすぐに歌詞とか言い出して
やっぱ覚えてるんだなーって
感心してしまったというか。

てか、どの曲も歌詞がHappy~っていうよりは
切ない歌詞のものが多く
『レクイエム』は「鋼鉄の雨が降る 血の海でとか、いいの?」とか
『ガーデン』は「永遠の愛なんて欲しくないって
出だしから言ってるけど?」とか。
歌詞を考えちゃったら
どれもピッタリなのないじゃんーって。

あとマツと光舟は歌詞の前に
どうしてもリズムの感じでイメージしてしまうって
リズム隊ならではの意見でした。

さて。
ここまでが公開(お知らせ)されていた内容で
ここからサプライズな企画が。
なんと、その寄せられたお悩みの一つに
、、、、ここで何度も"お悩み"って言葉が出てきたときに
マツがどうしても"おやな、、"って言っちゃってて
リハの時は栄純のことを"すなかみさん"って言っちゃってたそうで(笑)
「もう、お 付けなくていいんじゃない? 悩みに」って
開き直ってて可笑しかったです。

で、その悩みに応えるんじゃなく
曲をプレゼントしちゃおうと。
しかも、曲はできてるけどバンドアレンジはまだで
その曲を作って行く過程をお見せしようとのこと。

いやぁ、、これ、最高によかった。
やっぱ曲って
どうやって作っていく(できていく)んだろう、、っていうの
ずっと不思議だったので。

今回、詞は先にマツが書いて
それに将司が曲を付けてきて
将司以外はこの日初めてその将司の弾き語り状態の曲を聞いて
バンドアレンジをしていくというもの。

お題となったお悩みは
3年半付き合ってきた彼女を
会社の別の男性に取られてしまい
別れてしまった。
彼女も別に自分のことを嫌いになった訳ではなく
色んな要因が重なってそのもう一人の方に心が傾いてしまったそうで
自分としてはまだ彼女のことが好きなのに
一時的な気の迷いで
またすぐ戻ってきてくれるんじゃないかって気持ちもありつつ、、
みたいな内容。
これまた切ないテーマですなぁ・・・

そして初披露された曲。
曲も良かったけど歌詞がまた良かった。
すごくそのお悩みの内容を表現してて。

ここからアレンジタイム。
この時光舟が柱に隠れて全く見えず・・
栄純もチラチラ。
将司とマツはずーっとバッチリ見えてました。

まずはコード教えてって栄純
コードはEm、、、やっぱり切ない(笑)
そこから各小節ごとのコードを順に口頭で。
そのコードを確認がてら1回合わせる
歌詞は2番まであるけど合わせたのは1番だけ。
そこからどう2番につなげるかの相談
Gtソロの場所の確認とか
栄純にここハモってって言ったり
イントロどうするとか
〆はどうするとか

栄純がめっちゃ曲作りモードになってて
クリエイターの顔してたのが
すごかったです。
あと将司は自分の作った曲だから
こういう感じでって言うイメージをリードして伝えつつも
メンバーにお任せしてる感じも
メンバー内の信頼感を感じられて素敵でした。

そしてフルコーラスで1回練習。
栄純のGtソロがすごかったー
マツがどうも食い気味に入るって箇所を
掴みきれてないようで
あれ?って。
再度確認。
ちょいちょい直しを入れて
そしていよいよ本番。

そうそう、タイトルは2つあって
聞いてもらってからみんなに決めてもらおうって
「泣かないで」と「夏の残像」
確かに歌詞に 泣かないで~ ってのがあったんですが
いや、ちょっとそう言う感じじゃないなーって
「夏の残像」に拍手したら
断然そっちの方が多く決定。

曲を知らずに歌詞を書いたマツ
「ここ1文字削って」とか将司から直しが入ったようで
「どんな感じか分かればじゃーこっちの言葉にしようかって
できるけど、、全く分からない状態で
1文字削って、とか言われてもねー」って。
前日?だっけ、マツと将司1時間半も2人で
あーだこーだ手直ししてたそうです。

いやぁ~素晴らしかったー
マツはやっぱり食い気味箇所
間違えたようで「あーもう1回やりてー」って。
とても悔しそうでしたが
これはこれで終了。

もちろん本来はもっといろいろ練って
細かくやって行くんだと思いますが
ほんの少し、普段は見られない中の様子って言うのかなを
見られてよかったし
何より、曲作りの過程ってのを
少しだけでも知ることが出来てうれしかったです。
楽しそうでした。
でもってやっぱプロだなーって感じもしました。

じゃーあともう少し曲やります。
ってアコースティックって訳ではないんですが
(使ってる楽器エレキだから)
ちょっと弾き語り風にアレンジ変えた感じで
(メンバー座って演奏してるし)
まずは『ガーデン』
さっき話題になった曲だけに
歌詞しっかり聞いちゃいました♪

そして最初何か分からなかった『ピンクソーダ』
これ、かなりアレンジ変わってて
途中まで何の曲か思い出せませんでした。

そしてそしてラストに
将司が白い小さなアコーディオン持って
なんと!『番茶に梅干』
すっごいこれよかったー
アコーディオンが合いますね。

秋からのストリングスを交えてのライブツアー
これに向けていろいろチャレンジ中とのことです。

っということで
予定より時間オーバーしてしまったようですが
とても楽しいイベントでした。
IMG_3124.JPG

何て言うかな、、、ライブのセトリでも
THE BACK HORNは裏切らないというか
ファン想いなところがありますが
今回のこのイベントも
単にFC会員のみでやったっていうのではなく
FC会員だけのイベントだからこその
企画を用意してくれていて
流石だな~って思いました。


広い宇宙 愛ある世界 [音楽]

今年の夏は北海道へ行きません(´;ω;`)
ってことで頑張って取った株主優待券
どうしよう・・。

軽~く募集。
ANA 株主優待券 使用期限11/30まで 2枚
RSR2日通し券 先行特典パスケース付 1枚
必要な方いましたらご連絡をば。
金額諸々ご相談させてください。
※バラでも可

さて。
そんな6.20は
そうだ!The Birthday Ba.ハルキの誕生日でしたー
おぉ~
でも、まだ33歳って
若いなー
The Birthday加入時は22、23歳だったってのも
驚きですけど。
おめでとうございます。
そろそろThe Birthday不足でございます。
早くライブが見たいです。

あ、で、6.20は
ROLL OVER Sixty~還暦フィーバー
@渋谷CLUB QUATTRO
THE BAND:古市コータロー/ウエノコウジ/クハラカズユキ/山本健太
VOCAL:片寄明人/加藤ひさし/TOSHI-LOW/畠山美由紀/真城めぐみ/百々和宏
でした。
IMG_3120.JPG

6月生まれの人多いのかしらね。
SAのNAOKIさんもせっちゃんも6月だし
あとなんでも今日はミッフィちゃんの誕生日らしいし(笑)

そう、この日はクアトロの店長
現・オペレーションチーフ(略してオペチ)
高橋さんの還暦お祝いイベント初日だったようです。
※誕生日は6/22らしい

クアトロと長い付き合いのある方々が出演して
店長をお祝いするというライブ。
IMG_3121.JPG
バンドメンバーにGT.コータローさん、Ba.ウエノさん
Dr.キュウちゃん、そしてKeyの加山さんバンドを一緒にやってるという
山本健太さんという豪華な顔ぶれ。
ここ見ただけで行く!ってなってました(≧▽≦)
そしてVo陣に百々さんやTOSHI-LOW、加藤さんなどなど。

で、このライブ
直前に知ったんですが
開場が18:45!開演19:30と
なんと社会人に優しい~♪
おかげで余裕で開場時間に間に合いました。
番号は150番台。
チケットあまり売れてなかったみたいで、、、
私は柱の辺りにいたので
あまり中央あたりの様子は見えなかったんですが
恐らくさほど混雑はしてなかった模様。
おかげで超快適に見れました。
キュウちゃんウエノさん見放題!!(*´艸`)

ステージ上向かって右脇には
椅子とミニテーブル(照明付き)
さらにはお酒がたくさん入った冷蔵庫まで(これもまた光ってる!)
紹介された高橋店長が座って
お酒飲みながらご観覧ってスタイルでした。

この高橋店長すごく見た目も優しそう~な(でも頭スキンヘッド 笑)
でもってすんごい体が丈夫そうなデカいおじさんで
とても還暦とは思えない迫力ある方でした(笑)
何か話しかけられてそれに答える時に
すぐマイク忘れてオフマイクで喋っちゃってて
「店長、マイク!」って言われてて可笑しかったです。
あー愛されキャラだなーって感じが溢れてました。

この日のライブはとってもMCが多くって
コータローさんとウエノさんは加山さんでも一緒にライブやってるし
それ以前からも仲が良いらしいので
MCがホント可笑しくて最高でした。
というのも、
Vo陣がand moreになってたけど
結局増えたのはTOSHI-LOWのところで急きょ参加になった
うつみようこさんだけだったので
恐らく、、もっと呼びたかったけど・・な感じだったんでしょうか。
「今日は喋ってないとすぐ終わっちゃうから」って
結構ダラダラ
途中からはお酒も入り煙草も吸いつつ、、、な
リラックスムードでのライブになってました。

この日お初だったのは
片寄明人さん。
お名前だけは知ってましたが
この人がまたオモシロい!!
そして歌が上手い!!

真城さんとはかつて一緒にバンドを組んでいたようですが
音楽性の相違で解散
その後そのバンドメンバー(6人)が3人ずつで別バンド結成していて
真城さんと片寄さんは異なるバンドだったので
「この二人共演NGかと思ってたよ」ってコータローさん。

実際は一緒にお酒飲んだりしてるそうです。
で、この真城さんと一緒に組んでバンドの
解散の日の話をしてくれたんですが
これが最高で
解散ライブが終わって、打ち上げが終わって?
帰りタクシーが一緒だったそうで
その中で「解散したくない!」って言ってた真城さん。
途中で「じゃーここで降ります」って途中下車し
バーンってドア閉めてトコトコ歩き
なんとラーメン屋に入ってったって。

真城さん曰く、、降ろしてもらったところが
たまたま好きなラーメン屋さんの近くだったからって。

さらに、、とあるリハ?だっけ
まだ出会って間もないころだっけ?
ちょっとここら辺うろ覚えですが、、
千鳥模様のソックスを履いてた真城さんに対し
片寄さん「手裏剣模様のソックスなんてあるんだー」って
言っちゃったって。

もう大爆笑させていただきましたゞ(≧ε≦o)
真城さん素敵な方です。
TOSHI-LOWの時以外は
ずっとコーラスで参加されてました。
何気に小さいころはそういうコーラス隊に憧れてた。

百々さんは飲んでなければいい男なのに
飲んだら雑巾以下って
ウエノさんが話す百々さん話。
あまりにそれを方々で言ってるせいか
ついには飲み屋のおばさんとかからも
そんなこと言われるようになっちゃったようで
「やめてもらえますか?」って。

そうそう、百々さん
てかモーサムって事なのか、、
上京してきた当初はクアトロ所属のバンドとして採用されたらしいです。
そんなのあったんですね~
だから高橋店長との付き合いも長いようで
クアトロついて、まずバーカン行ったら
何も言わなくてもお酒が出てくる、、とか
ライブハウスのドリンクチケット10枚くらい
もらって帰れるだとか。

百々さんの1曲は
新曲でまだリリースされてない曲って
やってくれたんですが
どうやら今度のソロのアルバムに入る曲のようです。
すっごいよかった!
アルバムリリース楽しみです。

ここからデンジャラスゾーンと言っていた(笑)
コーナーに出てきたのは
宮古からバカンス楽しむ間もなく帰って来させられた
TOSHI-LOW。
ウエノさんが声をかけたらしく
「メンバーはみんな今頃BBQ楽しんでるんだぜ。
俺だってピチピチのビキニのお姉ちゃんと楽しくやりたかったのに
なんでこんなツルツルの還暦おやじと、、、
こんな日にライブをやることにした店長と
参加の声かけたウエノコウジは地獄へ落ちろって思ってる」って
言ってたのが可笑しかったです。

あと楽屋のモニターで見てたら
高橋店長が親指にしか見えないって
そこからキュウちゃんも親指派(の髪)だよねって。
でもキュウちゃんは体小さいから「指違うけどね」って
キュウちゃん自分で小指立ててぴくぴくさせてて
かわいかったです。
ウエノさんも「俺、キュウちゃんのことは
19位から知ってるんですよ。同じ大学だったから。
でも当時はもうちょっと額狭かったと思うんだよな~」とか
言っちゃって。。
コータローさんも「俺と会う時はハット禁止令出してる」って。
〆は「いい髪型に出会ったよな」ってTOSHI-LOW。
あはは。

でもそんなこと言ってても
歌は最高で
曲振りも最高で
「ステージにもう立てなくなった人
ステージを離れないといけなくなった人を
ずっと見てきてると思うから
この歌が沁みると思う」って選曲した『新宿心中』
そしてようこさんを招いての『満月の夕』
最高でした。

ラストはキュウちゃんもウエノさんも
演奏面でハラハラの加藤さん。
なんでもリハでは
曲終わった後にクルッ!って振り向いて
「これが本当の歌だよ!!」って
言ったって。

加藤さん、ユニオンジャックのパーカー着てて
ジャケットじゃなくラフなスタイルでも
派手派手のモッズスタイルで流石デシタ(´m`)

コレクターズとクアトロと言えば
マンスリー企画がありますが
昔事務所がつぶれてお金がピンチになったとき
クアトロなんて半年先まで
スケジュール埋まってるような状態だっただろうに
そこをなんとかライブが出来るように入れてくれたり
チケット代も会場取り分もあるのに
バンド取り分を多めにくれたりと
助けてくれた人なんだそうです。

やっぱみんなから愛されるライブハウス
そこの店長さんって
売上や儲け以前に、バンドのためにって気持ちがある人が
多いなーって。
だからこそ長年続けてやっていけるんだろうなって
改めて思いました。

1曲歌う前に
急にオペチのブルースやろうか?と
即興で歌い出し
 ノーシャンプー!
 ノーリンス!
 ノーヘアドライアー!
ってしかもコール&レスポンスまで。
さすがの店長も「ノーシャンプー」ってとこでは
苦笑いしてました(笑)

最後の1曲ってなった時に
「あーなんかトイレ行きたくなっちゃったなー」って
加藤さんが「じゃー行ってきてよ
我慢してる人前で歌いたくないよー」って
最後の1曲を前にトイレに行くという
ホントお茶目な方です。
この日最高に可笑しかった一言は
コータローさんに向かって
「コータロー、ギター弾けるんだな」って
当たり前じゃん!!
「30年これでなんとかやってますよ(笑)」って
言ってたコータローさんでしたゞ(≧ε≦o)

トイレ行ってる間にも
「ああいう人って
ホントシャンプーどうしてるんだろう?」って
談義が(笑)

そんなこんなで本編終了。
続いて、、アンコールは
とりあえず高橋店長とバンドメンバーだけで登場。
ここはインストで1曲。
これがまたカッコよかったー

そうそう、Keyの山本健太さん。
まだ30代でお1人だけ若く
でもすごく音楽的センスがある方のようで
コードとか聞いたらなんでも教えてくれる
頼もしい方なんだそうです。
たしかに、とっても上手でした。

そして、、あれ?って何待ち??ってちょっとアタフタしましたが
オールメンバー呼び入れ
高橋店長へバースデーケーキプレゼント。
これがでっかいケーキでした。

最後はもちろん、皆さんで
『愛ある世界』
キュウちゃん、ブログにも書いてましたが
クリック聞きながらやってました。
別に打ち込み鳴らしてた訳じゃなかったと思うんですが、、、
リズムキープのためですかね。
あとウエノさんもかなり苦戦してるように
見えました。
コレクターズの曲は難しいんですかね・・

加藤さんがジャンプしたら〆って
言ってたんで
(1曲目はそれで〆やり直したから 笑)
高橋店長に〆のジャンプを促すと
なんと!ガッツポーズでジャンプするという
ホント、オモシロいよー
みんな大爆笑でした。

そして退場シーン。
キュウちゃんが高橋店長に叩いてたスティックを手渡し
高橋店長一言ご挨拶し
フロアのみんなは
そのスティックを投げてくれることを待ってたと思うんですが
店長、、そのまま大事にスティック握りしめて
帰っちゃった・・・( ̄▽ ̄;)
あれれ。。
絶対それ、ツッコまれてると思うんですが、、、
事後報告ないっすねぇ(笑)

っと歌も演奏もそしてトークも
最高に素敵で楽しいライブでした。
時間は、、、2時間ちょい位ですかね。
いや、大満足です。


<セットリスト>
 01.夜空の星(古市コータロー)
 02.バイバイブルース(真城めぐみ)
 03.GASS ROOTS(片寄明人)
 04.Not Fade Away(片寄明人)
 05.(You Are)More Than Paradise(畠山美由紀)
 06.歌で逢いましょう(畠山美由紀)
 07.My Generation(百々和宏)
 08.ロックンロールハートイズネバーダイ(百々和宏)
 09.Heartbreaker(古市コータロー)
 10.新宿心中(TOSHI-LOW)
 11.満月の夕(TOSHI-LOW&うつみようこ)
 12.ウォータールー・サンセット(加藤ひさし)
 13.Stay Cool Stay Hip Stay Young(加藤ひさし)

 EN.
  ブラック・サンド・ビーチ
  ~Happy Birthday~
  愛ある世界(ALL)



◎備忘録
・アンコールで、、TOSHI-LOWが
 武道館でやればいいのにーって加藤さんに言って
 「お前、いい後輩だなー
 俺が言い忘れたことを、、、って」
 武道館の告知。
 さらに「おれもしものために
 2階の一部買い占めたから。
 多分そのと也のブロックはさわおが買うと思うよ。
 その隣は増子さんかな」って

 武道館よりもでかい会場でやってるじゃんって
 言われてたけど、、それは大きさじゃなくて
 一番武道館が似合うバンドはコレクターズだって言ってたTOSHI-LOW
 なんだかんだ言って大好きなんだろうなーって。

・高橋店長は下の名前「あつし」だっけ?
 「あっちゃん」じゃんって。
 「あっちゃん」と言えば、店長かロティカかって。
 恋チュンのダンスの時、
 「占ってよ」ってシーン2回しかないのに
 怒髪・坂さんと店長とロティカあっちゃんと
 3パターン撮って、、結果ロティカあっちゃんが落選するという。

 あ、で、これ
 みんな参加したけど逃げたやつもいるって
 その一人はキュウちゃんだったとか(笑)

・最初顔が分からず、、渋谷、心斎橋どこのクアトロに行っても
 スキンヘッドのデカいおっさんがいたんで
 パルコはそう言う系の人にお金払ってんだ、、って思ってたって
 T曰く「かたぎの人には見えないでしょう~」って

・バックドロップの渋い写真。
 コータローさんが撮ったようです。
 居酒屋で酒が旨い!って瞬間だそうですが
 「あの顔は還暦にならないと出せない顔だよな~」
 ちなみに、、 隣にはウエノさんがすんごい笑顔で映ってるそうです。
 ※写真は百々さんツィート参照

・真城さん、ケンタッキーそんなに食べてない
 会うなりケン、、って言った瞬間に
 食い気味で「食べてないよ!」って否定してきたとか

・加藤さんを加藤って呼び捨てにする真城さん
 本人いる前では加藤さんって言ってるって
 でも確かに、、、いないところでは
 加藤に修学旅行のお土産渡したって
 呼び捨てしてたー(笑)

・お酒解禁後、、
 時間あれば店長隣の冷蔵庫にお酒取に行くメンバー。
 ウエノさん、もらった後に缶空けて
 キュウちゃんに「飲む?」ってあげてた。

・百々さんは歌うまえから飲んで
 あっという間に2本目。
 早いなーって

・畠山さんは時間があるときはPばっかり聞いてるそうで
 逆に言うとそれ以外していないほど。
 だいたい1話につき100回くらいリピートして聞いてるって。

・その畠山さんの曲で1曲、ウエノさん座ってアコベ弾いてた
 そしたら胸元開いてるシャツで
 座って少し前かがみになると中が見えちゃって
 セクシー(笑)

・真ん中あたりで歌ったコータローさんVoの曲
 みんVo陣はセンターで歌うんで
 俺もそこで歌っていい?って
 でもそうするとGtのエフェクター踏めなくなるから、
 スタッフに合図だして手で押してもらうという遠隔操作(笑)
 たまにセンターで歌うと気持ちいいもんだとご満悦


5年3ヶ月、20回目でした。 [音楽]

珍しく土日どこも行く予定がない週。
が、ここからこの後の平日
1日おきでライブです・・
分散してくれないかね、、
平日は入れないようにはしてるんですが
いや、これはどうしても。。。って
チケット取っちゃって
カレンダーに印付けて
あれ?連チャンじゃん!?って
あとでビックリするパターン(-c_,-` )

そんな6.17は
緊急ナイト
@新宿紅布
緊急バンド(古市コータロー/鈴木淳/クハラカズユキ)
うつみようこ/大木温之/ヤマジカズヒデ(dip)
でした。
IMG_3118.JPG

本来は、もう給与計算も
データ銀行送信も終わってるので
定時であがれる予定だったのですが
今月は賞与があった。。
チケット取った時はまったく頭になかった。。

ってことで、、、
行けるか行けないかかなりハラハラさせられましたが
なんとか1時間遅れで行けましたー
いや、これでも頑張った方で
行けなくなると半ば覚悟してたんで
よかったです。

着いたらハルさん『異国の扉』を熱唱してました。
ヤマジさんに間に合えば良しとしていたので
ハルさんもちょこっとだけ聞けてよかったー

あ、その前に
入口着いたら
チケットもぎりの横にコータローさん座ってて
(一瞬、目合ったよ・・)
紅布のスタッフの人かな誰かと話し込んでて
ビックリしちゃいました。

中はSOLD OUTしてなかっただけに
わりとゆとりあって
遅れてでも入って行ける状態でした。
助かった・・

「あと1分!じゃなかった、、、1曲歌って
終わりまーす」と
『サイナラ』で終了~
BGMに流れ始めた歌詞に合わせて
踊りながら帰って行ってて
かわいかったです。

そしてこの日のゲスト
ヤマジさん!
セッティング中にカウンターにいたキュウちゃんから
一言。
「あのー今回20回目ということで
謝っておきたいことがありまして、、、」と。
そう、この緊急ナイト
この日で20回目の開催だったようです。
そうか、、そんなになりましたか、
一応行ける回はなるべく行くようにしてるイベントだけに
ちょっと感慨深いです♪

あ、で、キュウちゃんの懺悔とは
昔まだミッシェルデビューして間もないくらいの頃?
デビュー前って言ってたかな??←時期はうろ覚え
その当時からシンちゃんやハルさんがやってる
草野球チームに混ぜてもらってるそうですが
その当時はシンちゃんもハルさんも
既にスター的存在で
女子からもキャーキャー言われてたそうで
で、野球をやるとなると
ファンの子がお弁当を作って持って来てくれてたんだとか。
しかも今日は運動会ですか??ってくらい
すごい豪華なお弁当を。

「で、それを真っ先に食べていたのは俺たちです~」って。
あはは。
やりそうなだけに笑えましたゞ(≧ε≦o)
「当時は携帯もネットもない時代だったのに
すごいですよね、、」って。

そんなこんなしてたら
準備整い、ヤマジさんスタート。

「じゃーCDお願いしまーす」って
流れる音に合わせ
ヤマジさんもギターを弾きつつ
まずはコレクターズのカバーで『世界を止めて』
そうそう、これ、前にツィートで
コータローさんがヤマジさんのこのVer.がすごくいいって
コメントしてて
ヨウツベあげてくれたんでした。
生で聞けてうれしかったです。

ヤマジさんソロは
かなり久しぶりって言ってましたが
キュウちゃんブログによると
こういう完全なるソロ出演は初めてって書いてあって
なかなか貴重な体験。

弾き語りといってもアコギで弾き語るんではなく
エレキでさらにエフェクターを駆使して音を重ね
さすがはギタリストとしても活躍してる人って感じの
素敵な音色でした。

「大木とは予備校が一緒で、、」って
ハルさんのことを「大木」って呼んでたのが
新鮮です。
でもその場にいたハルさんが何やら話してて
どうやら予備校が一緒だったのは
トモフの方だけだったらしい。
ハルさんは現役合格したんだとか。
あれ、、ヤマジさんももしや早稲田??

さらに「淳とは高校が一緒で、、
俺が3年時に、、」って言うと
「俺が入学した時はもう卒業してました!」って
これまたフロアから淳くんの声(笑)
「あれ?そうだっけ、、」って
そりゃ年齢考えたらそうですよね(笑)
「でも時代は違えど、、同じ体育教師に殴られたんだよね。
楽器持って歩いてるだけで何だお前はって。
、、、そんな時代ですよ・・」

そして「淳の曲はないんで、、」って
イマイさんの曲『風のゆくえ』
この曲、歌詞がイマイさんっぽくてすごく印象的で
聞き覚えがあったのでうれしかったです。
ヤマジさんが歌っても違和感なかったです。

続いては自分でも言ってましたが
リズムがすごく似ている2曲。
多分こういう感じの曲が好きなんだろうなーって。

いやぁ~よかったです。
ぜひとも近いうちにqybもやって欲しいです。
2マンくらいがいいかなー

そして緊急バンド。
いつもは衣装を揃えてくる緊急バンドですが
この日は淳くんとキュウちゃんは黒のボーリングシャツでしたが
コータローさんだけ黒のTシャツのみでした。
そのTシャツの袖がちょっと短めだったせいもあり
腕のムキってした筋肉がよく見えて
何とも言えずセクシーでした。
さすがは鍛えてる方!って感じの腕(*´艸`)

この日もコータローさん
絶好調でかなりご機嫌。
途中手とか降っちゃったりして。
「今日はオトナな気分なんだよね~」って
いつもは違うんですかって淳くんが聞くと
緊急バンドに関しては
いつもは子供みたいな感じでいるそうです。
うーん、、この日のオトナな感じとの違いは
ちょっと分からなかった・・。

ここ最近お酒を飲み過ぎてるそうで
そうすると半分くらい記憶がなく
次の日も二日酔いとかで半日くらい使い物にならなかったりすると
もっと時間を大切にしないとな、、って思いつつも
やっぱり飲んじゃってる自分も嫌いじゃないって言ってて
「分からないかなーみんなまだ若いもんなー」って
淳くんも「俺もまだその気持ちは分からないです!!」って
言ってて可笑しかったです。

曲はいつものお馴染みのって曲じゃないものも
多かった気がします。
淳くんのVoの曲も初めて聞いた曲だったし。

出演者Voで参加部分は
まずはハルさんから。
ここで何でそう言う話になったか忘れましたが
シ○ナーの話になって
コータロー「シ○ナーくらいみんなやってるでしょ?」って
淳「そんなことここで言っちゃうんですが、、」
コータロー「大丈夫だよ、口が堅い人の集まりだから」って
言ってたのが最高に笑っちゃいました。

でもってハルさんが意外と?!詳しくて
シ○ナーの名称をアレコレ言ってて
ちょっとビックリしました。

そんなハルさんが歌ったのは
「キーが高いんだよっ!」って言いながらの
『太陽がくれた季節/青い三角定規』
懐メロ感ハンパなく、よかったです~

続いてヤマジさん。
登場の前にコータローさんがヤマジさんについて
「ヤマジくんはすごくタバコが好きでね
1日に90本吸ってる」ってとこで「えぇーっ!」って声
「いや、推定ね(笑)」
これ、大爆笑でした(≧▽≦)

「俺あまりギタリストとか気にしないんだけど
ヤマジくんだけは昔から気にしててね、、
って俺が言うと嘘っぽいんだよね(笑)」
淳「そうですね・・」
「昨日もリハやった後に打上げ行って
ギターの話を、、、しなかったね~」
淳「ビックリした―聞こえなかったな~って思ってて、、」
「あのね、ギタリスト同士でギターの話するようじゃダメなんだよ
遠くから見ててそうか、って探らないと」
淳「・・・勉強になります!」

さらに話は続きそのリハの打上げ後の話へ。
「酔っぱらったんだでタクシーで帰ったんだけど
運転手さんが史上最高に暗い人で、、
そこ右にって言うと(小声でうつむいた感じで)はい。
次を左、、っていうとまた(小声でうつむいた感じで)はい。
あまりに暗すぎちゃって俺、一発で素面に戻ったもん。」
「ほんとですかー??」
「ほんと、ほんと。
でも家帰って仕事しようとしたけどそれはできなかったけどねー」
淳くんとコータローさんのこういう掛け合い
オモシロいです。

そんな前フリあって、、
ヤマジさん登場。
「で、何本吸ってるの?」って
そりゃー聞きますよね。
「いや、90本は吸ってないです。」
「でもいつも2箱は持ってるじゃん。60本?」
「、、55本くらいかな、、」って
いや、これは3箱超えしてるな、、(笑)

「ヤマジくんは初回の頃に1回出てもらったことあるんだよね。」って
そうそう、あの時は確か
加藤さんと一緒で、Gtで参加みたいな感じだったかと。
「あの時はヤングマン弾いてもらって
でもその翌年だっけ、フジロックでもヤングマン弾いてて、、」
「ヤングマンづいちゃって・・」
ってヒロトさんって甲本ヒロト??
あと加藤さんの時ヤングマンなんて弾いてたっけ??
いろいろ?な感じでしたが、、、
 ※前回出演時について(2011/11/29)
   緊急バンドの一員として出てたようで
   この回はソロゲストなしでした。
   で、やっぱアンコールにみんなでヤングマンやってた(笑)

ヤマジさんの1曲目はジュリーのカバー
『時の過ぎゆくままに』
わージュリーなんて歌うのかーって
驚きつつ(笑)
でもなかなかよかったです。

そしたら次に「じゃー(ヤマジくん)らしい曲を」って言ってたので
やっぱこれは"らしくない曲"だったみたいです(笑)
その"らしい曲"は確かにー、、な曲でした。

「じゃー次で最後」ってなり
あれーようこさんは??って思ってたら
紹介もなくようこさん登場。
よかったー
曲はプリンスの「purple rain」
熱唱・熱演、素晴らしかったです。

続いてアンコール
出てくるなり、、コータローさんが
さっきのプリンスの「purple rain」はお遊びでカバーとかしてて
ちゃんとやったのは今回初めてだったようで
「キーが半音(1音だっけ?)違ってたわ」って。

淳くん曰く
なんでもコータローさんの
このプリンスの「purple rain」モノマネが最高に可笑しいとのこと
そんなこと聞かされたら
「やってー」っと声がかかり
コータローさんがさわりだけやってくれたんですが、、、
出だしの英語歌詞
まともに歌えるわけがなく
そこをゴニョゴニョゴニョってでたらめ英語でそれっぽく歌い切ってて
確かに大爆笑でした。

「これやると最前とかにいるおじさんとか
もう立てなくなるくらいウケちゃってね」って。

キュウちゃん「昨日リハの帰りに
コータローさん我慢してるのかなーって言いだすから
なになに?って聞いたら
モノマネの話教えてもらって
俺それ聞いたことなかったから・・」って

ラストにもう1曲歌って終わり
だったんだっけなー・・
すべてあのプリンスの「purple rain」モノマネに
持ってかれた感。。( ̄▽ ̄;)

いやいや。
にしても途中参加ではありましたが
楽しいライブでした。
次回は9/14で
それ聞いたときにハルさんが
「永ちゃん誕生日!」って言ってたとか。
そうなのかー

キュウちゃんブログによると
そろそろゲスト2巡目突入か?とかあったので
ぜひーフラカンを再び!
もしくは圭介さんソロとか(&竹安Gt参加でも)
若い人っとなると、、誰がいるかなー
あ、中野ミホちゃんとか。
あ、イマイさんまだ出てないよー
などなど、今後のゲストも楽しみです。


<オモシロMC覚書>
この日は金曜日ってことで
花金~って感じのフロアに対し
「俺達土日に仕事が多いから、、金曜日ってうれしくないよな?
(今でも)花金って今も言うの?
言わねーか、、俺だって言わねーよ」

「今日なんでキュウの手ぬぐいなんだ、、」って言いながら
キュウちゃんがチャリティで販売している
手ぬぐいで汗を拭くコータローさん。
「タオル忘れたんだった・・」
そうか、、もしや衣装のボーリングシャツも
忘れた・・とか??

帰り際になぜか「Zip!」って言いながら
ハートマークして帰る
どうしたーって感じでした(笑)

刻め刻めここで確かに俺たち生きていると [THE BACK HORN(2012年~)]

7-9月で取っていいという夏休み
自分が休む日を書きこむ予定表が貼られ
いよいよそういうシーズンかと。

さて。
今年は、どうなることやら。
って、、毎年連続で取りはしないんで
そこはいつも通りとは思いますが・・

っと、そんな6.12は
THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー~運命開歌~
@新木場STUDIO COAST
でした。
IMG_3113.JPG

2月末から始まったツアーもついにファイナルです。
今回はファイナル含め4か所参加。
いつもにしては少な目だったかな・・
でもだいたい月1ペース
これくらいが程よく待ち遠しい感あっていいのかなって
思ったりもしてます。

この日は番号500番台。
うーん、、ビミョウ。。
そしていつもファイナルってSOLD OUTしてましたっけね
この日は気付いたらSOLD OUTしていたようで
かなり譲ってくださいが出てたように思いました。
そんなもんで
会場内もいつも以上に何て言うか、、熱気にあふれてました。

ってことで、、、コーストは奥に行った方が空いてるので
光舟側に行こうと思ったんですが
パッと見ちょっと背の高い人が多かった感じだったので
とりあえず栄純側にて待機。

コーストスタッフ気を利かしてか
早々と待機列作らせて
呼び出しもめっちゃ早くって
なもんで入ってから始まるまでの時間が長いこと。。
いやぁ、、久々、暇だーっって感じで
待ってました。

そしたら始まる前から前に詰めろって声が2回もかかり
結構ギューギューな感じで時間になり暗転。
そしたらそれでもまだ押しが来て
初っ端かなりカオス状態でした。
勢いに任せて押し入ってくる男子に
なんかすごいジャイアンなやつに
思いっ切り人の頭に手を乗せてくる背の低い女子とかね。
もうイライラしっぱなし。。

なので徐々に後ろに下がって行ったものの
それでもしばらくはイライラな環境で
あーあ。。って感じでした。
やっぱ光舟側の方がよかったかな、、とか思ったりね。
いや、でも、どこも同じだったんだろうな
なんかホントこの日はお客さんのテンション
ハンパなかった感じがします。

さて。
気を取り直してライブですが
熱かったー
何て言うか、ステージと客席が同じ気持ちで
パワーを出し合ってる感じと言うか
うわぁーってなってるフロアを見て
嬉しそうにしてるメンバーの顔が印象的で
もう、ホント
イライラな環境を吹っ飛ばすくらい
最高でした。

セトリはいつもはファイナルだと
アルバムの曲は全部やってくれるって印象でしたが
この日は全部じゃなかったし
あと結局『記憶列車』は聞けず終いでした。
どこかの会場ではやったんでしょうかね。

『暗闇でダンスを』でスタート。
初っ端のWOWOWってとこでフロアに煽ってきたもんで
それに応えてフロアもすごい盛り上がり。
続く『ダストデビル』「新木場ーっ!」って雄たけびがあり
さらに弾けた感じでしたが
この辺り、私、場所模索で集中できず・・。
からの『戦う君よ』サビの大合唱は熱かったです。

で、『その先へ』くらいでようやく
ライブの雰囲気に入り込めました。
やっぱこの曲、いいわ~
 始まりはいつだって ここからさ
ってところがグッときます。

あれ。
この辺りで1回マツのMCあったっけ・・
音楽で熱く幸せな時間を
運命開歌、花が歌って字になってるツアーということで
みんなで歌って踊って
楽しい夜を過ごして参りましょう~って。

『胡散』は曲の感じも構成も
これぞTHE BACK HORN!って感じがします。
逆にこういうのをカッコよくやれるのは
彼らだからこそ、とも思います。

そして『赤目の路上』は将司の声が
ちょっと苦しそうでしたが
それがまた歌の雰囲気をより表現していて
グッとくるものがありました。

続いて、、栄純が不思議なダンスを得意げに踊って(笑)
・・って言っても手振りだけだけど(´m`)
『コワレモノ』
途中、Ba→Gt(ファンキーギタリストって 笑)→Drの順で
短めのソロと共にメンバー紹介があって
「コール&レスポンスやっていいすかー」と栄純コーナー(笑)
神様だらけのー スナックー 
「練習ね」って1回やるといい感じで返ってきて
「完成してるわー」ってご満悦な栄純。
でも「もう1回練習やらせて」ってやった後に
4回コール&レスポンス。
「いいんじゃない。だいぶいいよー」

そこから2番へ。
新宿辺りで~の歌詞は新木場辺りで~に替えて。
でもってその後すぐに 神様だらけの ってくるから
4回やったコール&レスポンスを超える
最高に大きな声で スナックー!!
こういう一体感いいですね。

少し暗いステージのまま
つなぎのアレンジ。
聞いたことない感じだったなー

そして『シュプレヒコールの片隅で』
この曲は将司はエレキ持参で。
この曲、結構裏でマツのドラムが6/8のリズムを刻んで
小刻みに動いてました。
最後の大合唱ぽくなるところ
栄純の歌ってる顔がいい顔してて
一緒に歌ってないと申し訳なく感じてしまうほど・・
スミマセン、、コブシは上げてたんですが
歌詞は口ずさめなかった(;´д`)

続いて『悪人』
有罪 有罪 有罪 ってところの将司の手の動き
カッコよかったです。
でもってキャーってなる 分かってる、、ってとこ
ここ男子もおぉ~って感じで歓声上げてて
なんかクスリとしちゃいました。
そうか、、男子でもそういう気持ちになるのか、、って(笑)
この曲は一種物語を見てるかのような曲で
最後の最後で救われた気持ちになるのが
心地いいというか、、。

栄純「ありがとうー」
マツ「新木場コースト最高です!どうもありがとう!」
ここからトークタイム。

2月から始まり4か月にわたって周ってきたツアー
ここ新木場でのファイナルで大きな花が開花するんじゃないかと
待ち遠しかったけど
「これ、八分?かなりい感じに咲いてるじゃないですか!」
ホントは満開って言いたいところだけど
そう言うと後散るだけになっちゃうから、、
敢えて、「八分咲き」と。

そしたら「八分咲きっていいな、、」って栄純。
味がある、つぼみもキレイって
頑張ってトーク繋げてました。
でももう無理ーってなったのか「ね、岡ちゃん」って
光舟に助け舟を・・

光舟「東京が一番話すことないんだよね・・
だって家から来てるし」
将司「渋谷に集合してきたからね」
から、、、光舟「さっき新木場ーって言ってたけど
東京って言った方がいいなじゃね?」って。
(新木場出身の人ってそんなにいないでしょって。)
でもイロイロ叫んでみて、、
結局「新木場」に落ち着いたけどゞ(≧ε≦o)
・・・言いだしっぺの光舟が「やっぱ新木場か」って。
その後も新木場コーストってのもあるなとか
じゃー新木場スタジオコーストって言うとか?って言ってて
「いつまでやってんの、、って空気にならないのが
いいよね。優しいね」って言ってましたが
いや、、いつまで続くんだ・・って思ってましたけどねぇ。。( ̄▽ ̄;)

そしてマツがこのアルバムについて
THE BACK HORNと言うバンドが歌ってきた歌について
などなど熱く語り
これからも末永く「運命開花」を
聞いて欲しいっと〆。

後半戦は穏やかな曲『君を守る』から。
これはちょっと聞くの久しぶりです。
イマイチ歌詞の中の登場人物の関係が
理解できない部分があるんですが、、、

次に『冬のミルク』
あ、、この流れは
『コンクリートに咲いた花』からの方が
ジーンと来るものがあったかも。

Gtソロで前に出て弾く栄純が
とても頼もしくカッコよかったです。
CDとは違うGtソロだった!

そしてここでも繋ぎのアレンジ(栄純Gt)があり
『美しい名前』
イントロ鳴った瞬間に歓声が上がるのが
なんかいいですね。
スタンドマイクで歌う将司の姿が
なんともいえず美しく素敵でした。
絵になる人ですよねぇ。

「ありがとうございます!新木場!」って
そう、だいたいこういう静かな曲の後に
MCタイムになるんですよね・・

マツが「形の無い何かにみんなが向かっていってる
感じが素晴らしい」って力説してましたが
うーむ・・難しかった。。(´+ω+`)

「どうでもいい話していいかな」って前フリあって
将司「運命開花のタイトルにかけて
イカのお菓子作ろうって話あったよね」
そしたらマツ「あれ?それ、言っちゃうの?
ずっとバンドで墓場まで持って行こうって会議で言ってた話」
栄純「言っちゃいましょう!」

将司「よっちゃんイカとコラボして
うんめえイカイカ(うんめぃ(い)かいか)
ってお菓子作ろうかー、ノベルティ作ろうかーって
、、、あれ、なんでダメになったんだっけ・・」
光舟「食品は止めようって、、」
栄純「それが一番デカかったよな・・」
光舟「イロイロ責任負いたくないし」
栄純「そんな冗談のためにねぇ、、」

将司「でも完全なナイスなネーミングだよね」
光舟「いや、俺、正直そんなに響いてなかったよ」
将司「えーまじでー、、、」
光舟「あのーこれ、イカイカって言い出したの山田さんなんです。
マツ「そう、言い出したのも山田さん
そして盛り上がってたのも山田さんだけで、、」
将司「え?俺だけ?一人盛り上がってたパターン?」
光舟「、、ファイナルに言うのも悪いけど」
将司「一人で盛り上がってしかも一人でこんな公言までしちゃって・・(笑)
一人で盛り上がり続けてたって・・」っと照れ?苦?笑いの将司。
「でもいつか夢をかなえましょう
、、、いや、分からないけどマニアックヘブンとかでねぇ・・
分かんないけど、楽しみにしててね(笑)」
って、マニアックヘブンまで話言っちゃって
慌てて「いや、まだやるかどうか分かりませんけどね」っと
一応。。(´m`)
いや、、この一連のトーク
可笑しかったなー。
その後ちゃんとマツがマニアックヘブンの説明してあげてて
優しいなーと思いました。
でもこれ、将司が言ってたってのが大きいかもです、、が。(≧▽≦)

そんな大笑いな話題から
今回のツアーを振り返って
「35本、35か所でやってきて
地方地方で待っててくれてることを改めて感じて
自分たちの音楽ってのは
マツも言ってたけど
暗闇に差す一筋の光みたいな存在でありたいって思ってて
でもそれって
触れられたくない傷口に触れて
もがき苦しんでるのを分かち合って
それで一緒に頑張って行こうぜなんて
おこがましいんじゃないかって思ったりもしたけど
でもこうやってライブでやってきて
感じて、声を聴いて
自分たちのやってたことに誇りを持ちつつ
このままでいいって言うか
自分たちのやってきたことは間違ってなかったんだなってことを
改めて感じたツアーでした。」

わーって拍手がおき
曲へ行くきっかけが掴めずにいたところに
栄純が
「ライブは1本1本だけど
バンドは一つのバンドが続いてやっているから
1本目の熱気を次の2本目へ持って行って
2本目をまた次の3本目へ、、って
そうやって熱気を繋いで行って
言ってみれば聖火リレーみたいになって
そして今日こうやって無事持って来れてよかったです!」っと
ナイスコメント。

そこへ将司がアコギを弾きながら
『tonight』へ。
いやぁ、、これ、感動したー
こういうMCの後の曲がまたこの曲だったてのもありますが
これぞファイナルなそんな感じがしました。

ここからラストスパート
「まだまだ行こうぜー」っと
『魂のアリバイ』
oioiコールすごかったです~

そして『シンフォニア』『刃』
「新木場~」煽りもガッツリありました。
ダイバーも結構転がってました。
『刃』ラストの オーオーオーオーオー は
圧巻だったなー
グッとくるものがありました。

一呼吸おいて
「最高の時間どうもありがとう!!
ホント、最高だぞ。
今日のことは忘れんじゃねーぞ。
俺は忘れねーぞ。
ツアーは今日で終わるけど
まだまだ、もっともっといい音楽作って
もっともっといいライブをして
みんなと一緒にこの時代を
生きてる実感を音楽を通じて感じたいなって思います。
これからもTHE BACK HORNをどうぞよろしく」

「また会おうぜ!
また生きて会おうぜ!!」

ラストはもちろん『カナリア』
MCがちゃんと次の曲へ繋がってるんだって
こうして後で振り返ると
改めて感じます。

最後ジャーンって延ばしたりするんじゃなく
バシッて終わり。
「どうもありがとう」
いやぁ、、熱かったー

続いてアンコール
「アンコールありがとうございまーす」

そしてマツ「ここで、ついに、
皆さんとの運命が開花したことを
ここに宣言します!」ってカッコよくキメたかったようですが
最後の方でゴニョゴニョって?んでしまい、、、
「あぁ・・・・。。。。」っと
さすがにこれはマツも
こんな2700人を前に、、って悔しがってました。

で、フロアから「もう1回!もう1回!」コール(笑)
気を取り直し、、、
今度はゆっくり
さっきよりも言葉足しながら
「ここで、皆さんと俺達との運命が開花したことを
ここに宣言します!」
決まりましたー♪ヽ(´▽`)/
ヨカッタヨカッタ(笑)

で。
ここでシングルリリースとホールツアーの発表が。
ストリングスを交えてのライブになるようです。
ツアーは本数少なめだし
まだ先ですが楽しみです。

アンコール1曲目は『舞い上がれ』
そうだった。
このツアーアンコール1曲目はこういう聞かせる曲だったこと
これ聞いて思い出しました。
いい曲です。
色んなすてきなMCを聞いた後だけに
この曲は沁みるものがありました。

が、、ここからは一転
最後のパワー爆発!っとばかりに
『罠』『コバルトブルー』
もう汗拭いても拭いても追いつかないくらい
久々に汗かきまくりました。

「ありがとうー」
帰って行くメンバーの顔が嬉しそうで
こっちまでうれしい気持ちになりました。
あ、、ラスト2曲のどこかで
岡峰さん、栄純側に来たっけなー
違ったかなー・・。

チラホラ変える人もいましたが
私はいや、ダブルあるでしょ・・って
信じ切って拍手してました。

もちろん、ダブルアンコールあったんですが
出てくるなり「まさかのダブルアンコール!」って
言ってて、、
あれ?いつもなかったっけ?
ピロウズとかThe Birthdayとか当たり前のように
ダブルあるんで
そのつもりでいましたが
THE BACK HORNはあまりなかったのかも・・
でもさすがはファイナル!ダブルアンコールあってよかったです♪

じゃーもう1曲、、っと『無限の荒野』
もうランナーズハイ状態なテンション(*´∀`*)
盛り上がりまくって終了~

最高でしたー
MCでも言ってたけど
ホント熱気がどんどん膨らんでいって
最後ファイナルにやってきたって感じのライブで
お客さんもそれに応えていい盛り上がりだったし
だからこそさらに盛り上がったライブになったし
これだからライブは楽しいって改めて思える
そんなライブでした。

で。そう。
この模様はこの日ニコ生で生中継してくれてまして。
ホントは覚えてることを書くのがモットーなんですが
今回はもう1回見ながら書いてみました。
一言一言ちゃんと書き留めておきたいって思うほど
いいライブだったので。
DVDにならないのかな・・

ただ、、アンコール部分はプレミアム会員だけしか見れず
、、、だと思いましたけど。
ってことでアンコール部分は
薄れかけてる記憶の元に書いてるため
かなり手薄になっております・・(´+ω+`)
ははは。。

<セットリスト>
 01.暗闇でダンスを
 02.ダストデビル
 03.戦う君よ
 04.その先へ
 05.胡散
 06.赤目の路上
 07.コワレモノ
 08.シュプレヒコールの片隅で
 09.悪人
 10.君を守る
 11.冬のミルク
 12.美しい名前
 13.tonight
 14.魂のアリバイ
 15.シンフォニア
 16.刃
 17.カナリア

 EN1.
  舞い上がれ
  罠
  コバルトブルー

 EN2.
  無限の荒野


とにかくでっかい声を張り上げて行こうか [音楽]

DVDレコーダーに録画しているデータを
DVDにダビングしようと
重い腰を上げ
やっと組み合わせとかも決めて
あとはひたすら焼くのみ、、っと
ディスクを買いに行ったならば
持ってるハードと相性のいいTDKが
メディア生産から撤退したという
ショッキングな事実を・・。。

どうりでお店に並んでない訳だ(´+ω+`)
でも今年の始めか去年の終わりくらいに
1回買ったような気がしてて
あーその時もっと買っておけばよかった、、と
軽く後悔。

さて。
どうしたもんか、、、しばし考えます。

そんな6.5は
フラワーカンパニーズ 47都道府県ワンマンツアー
「夢のおかわり2016」
@高崎CLUB FLEEZ
でした。
IMG_3108.JPG
フラカンワンマン久しぶり!

そして高崎へ来たからには、、と
お昼は鳥めし。
IMG_3107.JPG
ここは定食も美味しくてボリュームも満点で
ほんといいお店です。
そしてお食事するとドリンク券がもらえて
もらって食事してもまたもらえるため
通い続けるとずっとドリンクタダで飲めるというサイクル。

ただね、、、正直鳥めしに
コーヒーとか紅茶、ましてやソフトドリンクなんて
いらないっちゃーいらないけどね。。(笑)
ま、食後のコーヒーってくらいなら
いいか。

この日は雨が降るといわれたのに
見事に晴れて
しかも蒸し暑い日で
開場までの時間つぶしに
ちょっと通りをブラブラ。

その通り一帯、小さなカフェというか
喫茶店というかが並んでいて
えーこんなにお店あったんだ、、って(笑)
比較的大きめの入りやすそうな感じのところへIN。
そこはどうやら大学の学生が運営するコミュニティカフェで
お値段も安めの設定で
場所も広々としてて休憩にはもってこいな場所でした。
IMG_3109.JPG
ただ、、コーヒー苦かった。。(;´д`)

時間になり会場へ。
IMG_3110.JPG
この日は60番台にて。
中は、まずまずな埋まり具合。
竹安さん側にて待機。
高崎はステージ低くて見えにくいハコですが
まぁ、まぁ視界良かったです。
押しもあまりなかったし。

メンバー登場。
竹安さんは宣言通り(笑)
シャツにジレ。
圭介さんが黒と白の大きめなギンガムチェックのシャツで
かわいかったです。

1曲目久々の『ロックンロール・スターダスト』から。
このツアーは武道館満員御礼の
お礼参りツアーで
主にアルバム「夢のおかわり」からですが
それ以外の曲が全く予想もつかない
いろいろなセットリストになっていて
楽しいです。

2曲目『NUDE CORE ROCK'N'ROLL』で
テンション即効上がりました。

『この世は好物だらけだぜ』の最後で
圭介さんマイクをガブリと食べちゃって。
「顎外れるかと思った」って(笑)
グレートさんに「なんで飲み込んだの?」って聞かれると
圭介「吸い込まれたんだよね」
グレート「いや、お前が吸い込んだんでしょ?」

圭介さん、絶好調で
ステージと柵の間にあるお立ち台みたいなのが
繋がってて
左右に自由に移動できるもんで
何度もそこに出てきて
左右に乗り出してくれてました。

「この全国47都道府県周ってますけど
高崎は、、28本目!
ビミョウ~とか言わないでくださいよ。
28ってことは残り20本切ったんだから

あと28と言う数字は強い数字。
我々にとっては鉄人28号(それしかないけど)
あとは、、きっと誰か有名な選手の背番号だったりするでしょう」って。
でも確か横浜で5本?
水戸でもやっと二桁行くか行かないかくらいだったんで
随分制覇してきたなーって印象です。
でもまだ半分チョイ、、なんですけどね。

「高崎は一年ぶりです。
前回は25周年でだるまもらって目を入れたよね。
今日は持って来るの忘れたけど、、、
もう片方に目を入れなきゃ」
で、圭介さん「あのもう片方の目は
どういうタイミングで入れるもんなの??」って
、、成功祈願とかで片目を入れて
それが成就した時にもう片方に目を入れる、、んじゃ
なかったですっけ??
25周年でもらったなら、25周年が終わったとき
まぁ、つまり高崎に限って言うならこの1年後の今
まさにこのタイミングで入れるのがいいんでは、、、ってことで
グレートさん帰ってから目を入れて
グレートインスタで上げてくれるって
言ってたんですが・・
まだ上がってないっすよね??
楽しみに待ってまーす♪

続いて『It's Only Rock'kyun'Roll』
拾ったセトリ見て、、
この日はやたらと"ロックンロール"と名が付く
タイトルの曲が多かった(笑)

『人生GOES ON』はアルバムで聞くより
ものすごくテンポ早く感じるのですが
時々ちょっと笑っちゃうくらい早く感じる時が
あったりします。

で、で、これなんだっけーって1曲
『涙よりはやく走れ』
いやぁ、、うれしかったです(*´艸`)
でもサビの終わりって言うのか、、の部分
きっと音程高いからなのか
オクターブ下げて歌ってましたか?

「涙より早く走れ聞いてもらいましたー
20年前の曲!!」って言ってましたが
実は、、17、8年前の曲だそうです。
何度か訂正してたそうですが
それでもずっと圭介さん20年前って言うから
もういいや、、ってそのままにしてたというグレートさん。
四捨五入したら20年だし
あまり数年のこと言ったら細かいって思われるからって。

ただ、、今回、その20年前のチケットを持って
入り待ちしてくれてた人の話をした時に
時系列的に20年だとあれ?って感じになったから
敢えて、訂正したんでしょうか。

そう、その入り待ちの方の話、、ロックアイドル並みにたくさんいたんだとか。
圭介さん「なんだっけ、、出待ち!」って言ってて
「入り待ちな」って訂正されてました(笑)
その20年前のチケット、色あせた感じとかが
時間の流れを感じさせるって。
「だからと言って、昔のチケット探さなくてもいいですー」←(笑)

20年前と言えば、、ミスター小西がビジュアルだった時代だそうで
あれがあったから
フラカン解散せずにすんだのかもって。
あの話するとワッと盛り上がるそうです。

圭介さん的にもアイドル時代全盛期だそうで
「俺だってメイクしてたもん。
しかもファンデーション、100均とかの安いやつじゃなくて
シュウウエムラ5000円位するやつ
俺の肌に一番合う色くださいって。
目も片方ずつ色変えて塗って
頬をピンクにしてさ、、今原宿辺りで流行ってる
、、リュウチェルくんだっけ?合ってる?そういうののさきがけだったからね。
あとコンシェルジュ??(←コンシーラー笑)
シミとか消すやつ、、コンシェルジュは忍び込むやつか、、(笑)
ぬったりしてさ、、
タクシー乗ったら後ろからついてくるから
俺タクシーの運転手さんに、後ろ巻いてください
とか言ってたんだよ。」

『唇』はフラカンのライブでは珍しく
熱い曲じゃないバラード。
ちょっとうっとり聞いちゃう曲。

そこから『青い吐息のように』
『東京ルー・リード』と続くのがまた
いい感じです。
『青い吐息のように』は配信限定なので
早くCDとかで音源出ないかなー・・っと待っております。
PUFFYちゃんに提供した曲のセルフカバーとかと一緒に1枚
どうですかね(*´艸`)

そして『夢の列車』
竹安さんのギターソロが長々続く曲。
アコギの音色が素敵です。
ピキンって感じの硬い音色なんだけど
アコギならではの柔らかさもあって。

この『夢の列車』は25年前の曲だそうで
「それより前の曲はないか?」って言うと
『ダイヤモンド』って曲が26、27年前の曲だそうです。
圭介さん的には今はあまりおススメしたい気分じゃない1曲
みたいですが「マイ・ブルー・ヘヴン」ってアルバムに入ってますって。
「なんかおススメしてるみたいな言い方になったけど、、」ってのが
笑えました(´m`)

ここでメンバー紹介
まずは竹安さん。
改めて、、武道館のお礼を。
そしてこの会場の入り口前に貼ってあるポスター
あれはどうやら歴代武道館経験バンドのポスターが
並んでいるとのことで
感慨深そうでした。

そこから「前回来たのは2/8で
その次の日に武道館にそのポスターの写真を撮りに
行ったんだなーって、、、」と。
すると圭介さんが「あれ?次の日ライブじゃなかった?」
「いや、それは少し空いてからだよ」
「そうだっけ、、、」

「あの日はものすごい寒い日で、、気温6度!」
なのにグレートさん
裸にオーバーオールなもんで
「通りすがりのお年寄りとかあらまーとか言われたりして」
「外人さんとかも多くてね、、OH!とかクレイジーとか
指差されてたりしてさ、、」
でもってあのジャンプしている写真
「あれはもう寒くて苦肉の策でジャンプしとった」とのことです。
圭介さん曰く「あんな美味しそうな鳥肌初めて見た」って(笑)

などなど話割り込んじゃったので
「ごめん、喋ってるときに、、」って竹安さんに話を戻したんですが
そのあと「そうなんですよね、、」って話終わっちゃったんで
「え?それだけ?ならもっと盛り上げてもよかったな」って。

続いてのミスター小西は
先ほどの、、ミスター小西ビジュアル時代の話に。
当時は髪を伸ばしてみたかった時期だそうで
「後ろでポニーテールって言うのかな?
結んだり、、」って言うと
「違うよ!」ってソッコーつっこみ(笑)
でも「コニーテールだな」とか言ってゞ(≧ε≦o)
「髪をかき上げてみたり、、そういう気持ち悪いことを
やってみたい時期だったんですよね、、、
今でも検索したら出てくるのかな・・
俺としては消して欲しいんですけど、、」
「いや、その言い方は見て欲しいって言い方だな」

「でも俺たちもなんで何も言わなかったんだろうな」
「似合ってるとは思ってなかったけど
別に悪いとも思ってなかったもんな」
それこそ、長く続いた秘訣なのかもしれないですね(*´ω`)

そしてグレートさんは、、、
「さっき楽器替えたのは、、、」って
そう、『はぐれ者讃歌』の時に
急に圭介さんが歌うの止めて(演奏は続いてる)
グレートさんに何やら耳打ちしてて
なんだろ??って思ってたんですよね。

その後すぐかな、、、楽器を替えてて。
で、それはたまにあることらしいんですが
低音が鳴り過ぎて
ギターとチューニング合ってないように聞こえるときが
あるみたいで、、

で、この楽器の方が(安い楽器だから?)そういうことが減少されるそうで
「この楽器は初めてベースを弾いた楽器
これで全編通してやるのは今日が初めてだわ」って。
TOKAIハードパンチャーだっけ?
元々はお兄さんの楽器を借りたままになってるそうで
でも武道館でも使ってあげたらお兄さんがすごく喜んでたとか。

「群馬へは今度New Acoustic Campで来ます」って言うと
圭介さん「あれ群馬?広い~」って。
そこから「俺、草津温泉が群馬だって
この前初めて知ったもん。てっきり関西の方かと
思ってた」
そう、滋賀県に草津市って言うのがあって
実は私も草津って言うと滋賀県の方を思い出して
ゴッチャになってしまいます。
が、、、これかなりマイナーな方で
私は滋賀県生まれなんで
まぁ、そう思ってもおかしくはないですが
圭介さんは何処で知ったのだろうか・・。

するとグレートさんから
「温泉の中で草津温泉が人気1位って
ヒルナンデスかな?テレビでやっとったよ」って聞くと
「えー1位??2位は何?3位は?」って
やたらと黒姫・登別・湯布院の名を上げてて
どうやら自分たちが実際行ったことのある温泉だったみたいですゞ(≧ε≦o)
そしてどうしても草津温泉が1位ってのを
信じたくないみたいで
ホントに?えー??ってかなり食いついててオモシロかったです。

フラカンは一時期ツアーの帰りに
わざわざ温泉に立ち寄って帰ってたくらい
温泉にハマってた時期があったようで
でも、草津温泉は行ったことないらしく
「それってロックンロール好きだけど
ビートルズ聞いたことないって言ってるようなものなんじゃ?」って。
早速行かないと!って
「今日立ち寄れる?ここからどれくらいかかるの?」っと
フロアに。
そしたら3時間くらいだっけ、、、
結構かかるみたいで
「3時間も乗ってたら東京着いちゃうよ、、
てか3時間乗ってもまだ同じ県内なんだ、、」
ってことでこの日の立ち寄りは
断念したみたいです(笑)

メンバーチェンジなし!
活動休止なし!
ヒット曲なし!←だっけ?
4人そろってフラワーカンパニーズ!!
これからもよろしくー
永遠によろしくーって
『星に見離された男』

「永遠によろしくー」って
なんかいいな♪

『終わらないツアー』では
初めて鳴らしたギターの響きを ってところを
1回 ベースの響きを って歌詞替えて歌ってて
グッときました。

あと、この時だっけか、、
あまりにハッスルし過ぎてか
あれ、圭介さん消えた??って思ったら
どうやらフロアにダイブする形で倒れちゃったみたいです。
曲終わって「ゴメン、、」って
謝ってました。

ラストは『三十三年寝太郎BOP』で終了~
間奏の手をバタバタさせるダンス?
やってなかったなー・・残念。

続いて、、アンコール!
『good morning this new world』の
コーラスの説明。
もう何回もやってるから
もはややりたくないという圭介さん。
でも今日が初めての人もいるだろうってグレートさん。
それぞれ"らしい"発言です(笑)
で、説明してたら
目の前にお子さんがいたようで、、
「~ねーお嬢ちゃーん、おはよう~」とか
即興のメロディ付けて歌いだしたりして。

圭介「だって眠そうにしてたから。
ごめんねー知らない曲ばっかでねー今度ミスチル練習してくるからねー」
グレート「なんでミスチル??」
圭介「だってミスチル嫌いな人いないだろう。
もしくはそれかスピッツ、もしくはドリカム
あ、でも歌詞はスピッツとかの方が分かりやすいかもな
ミスチルはちょっと大人向けだから」
などなど( ̄▽ ̄;)

そうそう。
私が会場来たときに
お子さん(っつっても、、小学生くらいだったかな)2人と
両親っていう家族連れ見かけましたが、、
そんな前の方に行ける番号持ってたのか・・

そして『good morning this new world』で使う
笛、、密かに楽しみにしてたんですけど
やっぱイロイロ無理で諦めたんですかね。。

圭介さん「ツアーもあちこち周り思い出が、、」まで言って
出来てますって言うのかと思いきや
「出来ては消え、、、最近は新しい記憶が全然残らない
古い思い出は忘れたくても忘れられない」
「たとえば?」
「昔好きだった人とか?」ゞ(≧ε≦o)

あとはシワとか脂肪とかって。
武道館前は竹安さんがヤバかったらしく
直前ですごいダイエットしてましたが
今は圭介さんがヤバいらしく(ブログにも書いてましたけど・・)
家にいる時はワンダーコアに座ってるらしいです。

それを聞いたグレートさん
「そうかな?まぁ、、ちょっと厚みが出たかもね」って言うと
「あのね、、こういうこと言う俺たちの仲間の一人を知ってるんだけど
でも敢えて言わせてもらうと、、これは筋肉もあるんだって!」

ま、、それは置いといて・・
その新し記憶も覚えていられるように
記憶装置を開発してくれないと困りますよ、、って
なぜか小保方さんの名前。
俺は彼女を信じてる
あるよ、~細胞は。

そこから派生して
知事についても
あそこまでいろんな人が責めちゃだめだよって
しかもリハスタが知事の自宅?と近所たしく
今すごい数の報道陣がいたり
また領収書切ってる食べ物屋さんとか全部分かっちゃうそうです。
「そんなに高い店でもないんだよなー」とか。

いやぁ、、この日もトーク
イロイロ喋りましたね~(笑)

『ロックンロール』から途切れず
ジャンプ!につながるイントロの「チェスト』で
終了~

でもってダブルアンコール。
ここではあまりMCはなかったかなー・・
スタンバイして
なんと!『深夜高速』
おぉ~
ここでこの曲きましたか。
でもこの位置のこの曲、なかなかよかったです。

でもラストはやっぱコレっすよね。
『真冬の盆踊り』

ヨサホイヨサホイコールのとき
さっきのお嬢ちゃんに
「もう少しで終わるからね~」って言ってて
子供に優しい圭介さんでした。

っということで、、終了~
久々のフラカン最高に楽しかったです。
7月の2Daysが待ち遠しい♪

チャリティーグッズ買いました。
IMG_3111.JPG
金額的にまぁ妥当ではありますが
思ったより小さかった(笑)
でもかわいい★


<セットリスト>
 01.ロックンロール・スターダスト
 02.NUDE CORE ROCK'N'ROLL
 03.消えぞこない
 04.この世は好物だらけだぜ
 05.It's Only Rock'kyun'Roll
 06.人生GOES ON
 07.はぐれ者讃歌
 08.涙よりはやく走れ
 09.無敵の人
 10.唇
 11.青い吐息のように
 12.東京ルー・リード
 13.夢の列車
 14.星に見離された男
 15.マイ・スウィート・ソウル
 16.終わらないツアー
 17.三十三年寝太郎BOP

 EN1.
  good morning this new world 
  ロックンロール
  チェスト

 EN2.
  深夜高速
  真冬の盆踊り


ブレーメンとハーメルンの門外不出のメロディ答えを俺は知ってる不屈のロックンロールさ [the pillows]

関東地方、梅雨入りしたって。
って、、そんなに連日雨降ってたかしら??って感じで
いまいちピンとこないんですけど
まぁ、毎年散々雨降って梅雨入りした途端降らなくなるんで
それを踏まえての早めの発表だったのかな、、なんて
思ったり(´m`)

さて。
そんな6.4は
the pillows STROLL AND ROLL TOUR
@渋谷 TSUTAYA O-EAST
でした。
IMG_3105.JPG
早くも、東京での2回目のライブ!

この日はOグループって言うんですか、、
WESTもDuoもライブをやっていて
あの一帯すんごい人でした。。

ギリギリに会場に行ったら
待機場所の中に入るスキマなくって
呼び出し始まってるのに動く気配もなく
順番までにちゃんと入口にたどり着けるか若干焦りました。

この日の番号は200番台真ん中辺り、、、っと
悪くはないけど良くもなくな感じ。
そして中入ると
まさしくそんな感じで
有江さん側端っこの端っこで待機。
でも押し一切なく
前も比較的背の小さい方多く
かなり快適な環境でした。

この日はさわおさん、私が見た限りでは初めての
紫っぽいピンクのカーディガン。
そしてシンちゃんも初めての白系のボーリングシャツ
有江さんはいつもインパクトあるTシャツ着てますが
この日も黒地に白でドドンっと
Fender(かな?)って書いてあるTシャツでした。
Peeちゃんは例の送料込500円のTシャツ(笑)
そうそう、髪切ったのかかなり頭小さくなってました。
王子といい、、ギタリストは頭マッチ棒みたいな方
多いのかしらね♪(嘘・・)

この日も『デブリ』から
熱くスタート!
3曲終わり
「久しぶりじゃないか」って
言う時のニヤって顔がたまらんです(*´艸`)

「みんな元気?俺たちはメチャクチャ元気だよ。
今日なら嫌いなネギと玉ねぎも食べられそうなくらい」
って言った後すぐに
「それは嘘だな。あれは毒だ!
ネギと玉ねぎ食ってる女の子も嫌い」
何てことをー(笑)
まぁ、私もネギはキライですけど・・
(が、食べられないほどではない、、煮た白ネギ以外なら)

「あー、、今回のアルバムは
曲を作ってる時から早くライブでやりたいって思ってた
 ↑ここら辺、毎回ちょこっとずつ表現変えてますが
 もう1回内容聞いちゃったら、変化した言葉が覚えられない・・
 やっぱ初めて聞く情報って言うのはインパクトあるんだなーって。
じゃー最後まで、仲良く、楽しく、よろしくね!」
何でしょ、、最近この「仲良く」ってのを
すごく強調して言ってるのは
お互い(客同士じゃなくて、さわおさんとお客さんって意味)
ケンカしないようにってことなのかな・・

『Wake up! dodo』のイントロは
おぉ~って盛り上がりますね。

そして盛り上がる、、と言えば
『Calvero』
有江さんもだいぶ慣れてきた感じ。
でも絶対、あれ、楽器を腰の位置
もしくは太ももの上とかに乗せた方が
弾きやすいと思うんですけど。。
確か淳くんは太ももの上に置いてたような記憶が
薄っすらとよみがえってきたんですが、、、違いますかね。

終わると「Calvero人気あるな~」
「宴会芸だからな。ストレイテナーとかは
絶対やらない!(笑)」
あはは。

「言っても信じてもらえないと思うけど、、
俺たちも昔は若くて、青春時代があったんだ。
、、、まぁ、若干1名は、そんな時代なかったみたいだけど」
って言ったら「シンちゃーん」って声。
「いや。別に誰とは言ってないよ?(笑)
そんな時代にはインターネットなんてなかったし
ロックや音楽を教えてくれたのは
ラジオからだった。
そんなラジオに敬意を表して歌いたい!
レディオテレグラフィー聞いてくれ!」

もともとはそのラジオ局主催のイベント用にって
作った曲ですが
でもこんな素敵な前フリあったら
ラジオに携わって音楽を伝えてる人たちは
ジーンと来るものあるんだろうな~って。

でもネットで聞けるようになったとは言え
ラジオは廃れてないところをみると
やっぱりラジオならではの魅力って
まだまだあるんだろうなって思います。

「じゃーロマンティックなラブソング
3曲もやっちゃおうかな」

この日の『オレンジ・フィルム・ガーデン』
曲終わりは「ヘイ!」ではなく
とぼけた感じで「サンキュウ~」だっけ。

そして、次に
さわおさんの弾き語りで
 遊園地のうたかたのライトに~
って歌い始めて
なんと!『ウィノナ』
歌い出しアレンジが違ったせいもあって
あれ?これ何だっけ
『Kim Deal』の歌詞ってこれだったっけ??って
なかなか何の曲やってるか理解できませんでした(笑)

『Kim Deal』もそうですが
なかなか切ないラブソングですね・・

少しブレイクあって
『ブラゴダルノスト』
Peeちゃんのギターソロが
素敵です。
だいぶそういうところまで
じっくり味わえるようになってきました。

そして『カッコーの巣の下で』
この2曲の連チャン、ほんといいです。
ジーンとしながら聞いちゃいました。

曲が終わると
さわおさん「さっき、誰か倒れたの?
なんか『ブラゴダルノスト』でものすごい拳上げてる人がいるって
思ってたら、、助けを呼んでたんだね。。
で、もうその人はどこかへ運ばれたのかな?
あぁ、そう。
で、キミたちは、、『ブラゴダルノスト』聞けなかった
チッ。って感じ?(笑)」って。
全然知りませんでした・・
でも静かな曲になると人が倒れるって
ライブあるあるですよね。。
私のいた位置は全くもって人と人とが触れ合わないくらい
ゆとりありましたが
真ん中あたりは結構押し押しだったんでしょうか・・

ここで、、
いつもアンコールでやってる新曲の説明を。
曲順変えたんだーって。
「興奮して曲を作って
次の日みんなで合わせて、まだ1番しかできてなかったんだけど
ライブでやったりしてね。
改めて聞いてみて、いい曲出来たなーって」と
まで言って
一瞬ちょい沈黙・・
そして「あ、、で。。ほら、
俺っていい曲しか書かないじゃない?」って
何かいい方間違えちゃったみたいな言い方になっちゃってて
さわおさんも言いながら笑っちゃってて
可笑しかったですゞ(≧ε≦o)

あ、ってフロアも思い出したかのように
ワーって拍手とかしちゃって。

「新曲だと歌詞聞きたいとかあると思うけど
この曲は楽し見ながら聞いて欲しい」って
、、やっぱ新潟での解釈、まちがってなかったです。

っということで『エターナルトレジャー』
演奏部分はみんなでクラップハンズ!
さわおさんもかわいくステップとか踏んじゃったりして
そう、でもあのタンタンタタタンってリズムのせいか
みんなで行進してる映像が頭に浮かんでくるんですけど・・
楽しい曲です♪

続いて、、、楽器を置いて
ドラムに合わせながら「この曲何かわかる?」
「14年ぶりにやるCome On,Ghost!!」

ステージ右左と動きながら歌ってるさわおさん。
~一騎打ちのドライブ ってとこで
Peeちゃんに指差してニヤってしてたの
あれ、なんで??

で。
あれ、、いつもはもう1曲ハンドマイクの曲があるのに
この日はこれで終わり。。
ちょっとこの時は謎でした。

メンバー紹介
まずは有江さん。
「どうもー」って挨拶したら
待ってましたーとばかりに長い熱い拍手!
これぞみんなが有江さんを必要としてる気持ちの表れですよね。
なんかグッときます。

赤坂でも話をしてた、、、会場の通用口が分からず
迷ってしまったって話。
渋谷は何回も来たことあるし大丈夫だろう、、って思ってたのに
やっぱり迷ってしまい
でも何とか辿り着いたはいいけど
楽屋が何階か分からず
エレベーター全部押してここだって階で降り
そしたら今度は楽屋の場所が分からず、、、って
恐らく次のZeppも迷うと思いますので、、って。

有江さん、結構そういうとこしっかりしてそうなのに
ちょっと意外です(笑)

でもさわおさん「ここはね、知ってても
分かり辛いよ、、」って。
まぁ、まず坂の途中に建ってる時点で
入ったところによっては階が違ったりしますからね。

「今日はワンマンだからいいけど
イベントとかだと
知らないバンドの所を突っ切っていかないと
いけない時とかあって気まずいんだよねー」っと。

ここでだったか、、、
珍しくさわおさんのトーク。
今日はタクシーで会場まで着たそうですが
そのタクシーの運ちゃんが
イロイロ聞いてくる人だったみたいで
でも自分について誰かってのは聞いて来ないから
さわおさんも敢えて答えずにいたそうで
でもサングラスしてるし
こんなライブハウスの前で降りるし、、で
絶対に「誰かっぽい人」って思ってるはずだって言う話。

次にシンちゃん。
「えー俺クラスになると、、入口も楽屋の位置も
バッチリ把握していて
ここの楽屋も階段使わないといけないから
もう何度も階段上り下りするの面倒なんで
開演の10分も前から下に降りてスタンバイしてたんですけど
Mgからメンバー写真撮りますよって言われて
えーって思ったけど
写真撮るんじゃー仕方ないかって、、チッって
↑最近、シンちゃんメインになってるから(笑)
楽屋に上がることになったんですけど
俺、怒髪天のTシャツ着てきたんですけど
Mgに、今日それ着て出るんですか?って言われて、、、
着替えるの忘れてたみたいで(笑)
えー、、それもこれもみんな
ここに集まってくれてるみんなに
一刻も早く会いたかったからだー」
シンちゃん、最高!!(≧▽≦)

でも「、、、さっき階段上がるの面倒だって言ってたじゃん」
バレバレでした(笑)

最後はPeeちゃん。
って紹介した時にさわおさん「、、、髪切ったのね、、」って
ボソッと言っててかわいかったです。

Peeちゃんはいつも楽しい!最高です!って
言ってくれて
なんか来てる自分たちを嬉しい気持ちにさせてくれるんですが
この日は特に
「東京はホームに帰ってきたように感じます」って
言ってくれて。
そう、やっぱさ、、地方に遠征とか行くと
なんか地元ならではのトークをしてくれて
いいなーって思う訳ですよ。
でも東京じゃそんなトークまずない訳で・・
なのでたまーにでもこういうことボソって言ってくれると
うれしくなります(*´ω`)

で、「それは置いといて、、、」って
Peeちゃん、このセリフ好きですよね(笑)
そしてまたまた「私クラスになるとですね、、、」って始まって
なのに「ここ来るのに通用口があるなんて
初めて知りました!誰も教えてくれなかった、、
いつも正面突っ切って入って来てました」と。
Peeちゃん!!(笑)

ただ、、「今日は正面の入り口、スゴイ人で
このまま行くとすごい騒ぎになるんじゃないかって
、、、嘘ですけど
普通に突破して係りの人に
こちらですって案内されました」

ラスト大盛り上がりの4曲!
『LITTLE BUSTERS』始まる前に
楽器を掲げてくれるとき
パンダシール見れるのがうれしいです。

そして『Locomotion,more!more!』での
さわおさんのジャンプやら何やら暴れっぷり
最高です。

「サンキューベリーマッチ!!ありがとう!!」

本編終了。
1曲結局少なかったな。。。なんて思いつつ。。。

アンコールではまずさわおさんだけ登場。
「さっき鏡見たら
すごいかわいい髪型になってたじゃないか、、
俺のかわいさがにじみ出てしまった・・」って言いながら
かわいいポーズいろいろ取ってみたりして。
そう、以前からパーマかけてたのはしってましたが
この日は何て言うか・・前髪多め・長めでおりてるのに
それ以外はくるんくるんしちゃってて
ガールズっぽい髪型になってた気がします(*´艸`)

そして「札幌にキャンペーンで行った時に
上田さんのラジオに出て
その後一緒に飲んで、、、
盛り上がって東京のライブ出てくださいよーって言ったら
いいよーって言ってくれたんで
紹介します、上田健司!!」

おぉ~ビックリサプライズ♪ヽ(´▽`)/
ここで他のメンバーも一緒に登場。
上田さん「どうも!こんにちはー」かな、、挨拶して
「じゃ!」って帰ろうとしたりして(笑)

「あの時は相当飲んだよねー」って言うと
「ほとんど何にも覚えてないですけど、、、」

「えー、、どうせ出てもらうなら
弾いてもらった曲をっと思って。
あのー赤坂見に来てた人は
あれ?曲順違うって思った人もいたと思うんだけど、、、」って
そうだったのかー
謎が解けました。
でもって、確かにアンコール前に
有江さんのアンプを動かしたりしてたんで
誰かゲスト来るのかな、、ってほんのり思ったりもしてましたが
上田さんがいらっしゃるとは
全く以て予想外でした。

っということで、、『エリオットの悲劇』
わーい♪
この日は有江さんのベースの時から
ベースよく聞こえるなーって思ってたんですが
上田さんのベースも
とても心地よく聞こえました。

上田さんの最近の近況として、、
ゆずのツアーに周ってるそうで
バンドメンバーでは最年長だそうです。
なので「何か言うとその一言が重くなるから
あまり言わないようにしてる」って。
そしたらさわおさんん
「それ、見た目の問題もあるんじゃないですか?」とか言ったり
で、上田さん「なんで、かわいい顔してるじゃない
あと、今日はかわいい服着てきた」と。
あと、最近はホントに丸くなったのよって(笑)

ちなみに、、アリーナツアーのゆずもやりつつ
スターリンとかもやってるそうで
「日本一振り幅広いベーシストです」だそうです。

さわお「今では俺がイロイロかみつく
切れキャラになってるけど
昔は上田さんの方がすごくて、、、」
不思議なもんで、一人切れてる人がいると
宥める人が出てくるんだそうです。
黙ってるシンちゃんに「何か言えよ」
シンちゃん「バンド内に切れる人は一人でいいってことですよ」

スタンバイしてる上田さんに
さわおさんチューニングしながら
「あ、俺、死ぬほどチューニング遅いですから、、」って
アタフタってたら
上田さん話し出して
「有江があんなに喋ってるなんてビックリした。
いや、もともと喋る人だって知ってたけど
ピロウズであんなに喋るのとは、、」

「あとシンちゃんちゃんと自分でアレンジ考えてるんだね。
てっきり山中が全部決めて
その通りに叩いてるのかと思ってたよ、
タンタンタタタンがいいかなとか言って、、(笑)」
この辺りの話、相当笑いました。

で、曲紹介が
「そのシンちゃんが一生懸命ドラム考えた曲」とかって
言われてました。
『I RIOT』
むふふ。
イントロのドラムのところは
みんなでクラップハンズできるし
シンちゃん、最高です(≧▽≦)

そうそう。
やっと覚えていられた。
この曲の 最終兵器はブルースドライブモンスター のところで
さわおさん、Peeちゃんの肩に手をかけて
カッコよくポーズ。
あそこはカメラマンなら
絶好のシャッターチャンスです♪
写真欲しいー

「昔からずっとこうなりたいって言ってた」からの
『サリバンになりたい』
ラストの終わり方が
オリジナルとは違って、バシっと終わって
ビックリしたんですがすっごいかっこよかったです。

「上田さんに言もう一度大きな拍手を!」
最後拍手でお見送り。

さわおさん、一人残り
「今日は特別な1日になったんじゃないかな
俺たちも今日は、っていつもか、、美味しいお酒が飲めそうだ」

「えーっといつも宣言してる通り
ツアー先のホテルで次々曲を作り
実はもう来週には1曲デモ録ることになってる
なんてせっかちなんだピロウズは(笑)
またみんなで大きな声出して騒げるような曲作ってくるから
また会いにきてよ。じゃーねー」
へぇーへぇー
新曲、楽しみです。

大興奮の中追い出しの曲
フロアの拍手もひときわ大きかった気がしました★

そしてダブルアンコール
毎度ですが、、皆さんビール持参で乾杯。
さわおさん「カーディガン脱ぐとすごい涼しい」って
もうカーディガンなしでやっても
いいんじゃないの、、なんて
思ったりもしますけど(笑)

ふとPeeちゃんに「真鍋くんのTシャツはいくらだっけ?」
Peeちゃん「500円!」っとサラッと言ってのけ
モデルばりのポージングゞ(≧ε≦o)

「まさかの、送料込ってね。」
「コスパいいっ!」
「値段で選んでないよ、いいデザインだと思ったから
買ったんであって、、
あ、でも安心して、次の衣装は13000円(だっけ?)のやつ
買ったから。そして胸には、、PLAYBOYって書いてある!」
すると「NICE」って感じで親指立ててました。
「で、なに、そのタオルマフラー風もツッコミ待ちなの?」
「そうですよ」って
最近のPeeちゃんなんか弾けてます(笑)

ふぅ、、、っと一息ついたところで
急にさわおさん
「みなさん、、迷惑メールはどうですか?」って。

「いらないって言ってるのに俺に4億円払いたいって
もうあまりにしつこいから
負けた気になるから嫌だったけど
PCから受け取らないって設定にすれば大丈夫だって聞いて
でもそしたら事務所からの連絡とかも
受け取れなくなると、それは困るから
特定のこれだけは受け取れるって設定にして、、
でもそういうのに疎いから
正しく設定されてるか試してみたら
一つ迷惑メール受け取るにしてて、、、」

「一つスゴイムカついたのが
お金にお困りじゃないですか、、って
お前のそのメールにお困りなんだよ!!って」

そんな話しをしてたら
なぜかPeeちゃんがさわおさんに近づいて来てて
さわお「何近寄ってきてんだよ!
マイクで話してるんだから聞こえるだろう」
Pee「いや、興味津々で、、」
さわお「興味津々って、、、
まさかお前じゃないか、メール送ってきてるの」
Peeちゃんオモシロい。

「単純なアドレスじゃないのにね」って言ったら
「今は単純なんだよ、sawao@~?」

「有江くんはアドレス乗っ取られたんだっけ?」
って、、そうそう。
ツィッターでつぶやいてましたね。
なんでもいろんな人にどんどんメールを送ってしまうやつ
だったようで
Peeちゃんのところにも被害のメールが来たそうです。
「ホーキン博士についてかいてある英文がきたよ」って。
でも怪しいと思い開かなかったそうです。

有江さん「メールが届いたっていうの知らなくて
その翌日にPeeさんに会ったんですけど
有江くんホーキン博士に興味あるの?って言われて、、、
ホント、スミマセン!!」

〆にさわおさん「でもほんとに4億くれるのかなー(笑)」
ってボソリ。
かわいい(笑)

話はさらに続き、、、
「あ、そうだ、今日の弁当食べて何か気付いた?」
ちなみにPeeちゃんはお弁当食べてないそうです。
有江さんが「さわおって書いてありました?」って言ったんでしたっけ
「そう、ついに俺も反応してしまうようになったか、、」って
なんでも食中毒予防シートの
ワサオーロってやつ
この文字が連発して並んでると
なぜか"サワオ"って書いてあるように見えてしまうそうです。

Peeちゃんにも「まなべが一文字入れ替わって
まべなって書いてあったら、自分の名前書いてあるみたいに
思うよね?」って同意を求めてました。

そこから今年もわさおにも会いに行こうかなーって
「有江くんも来る?」って聞くと
「行くならついて行きます!」って張り切って言うと
「あ、こいつらは来ないよ?よろしく言っといてーって言うだけだから」

「あと、こっちはわさおに会えるってウキウキだけど
あっちにしてみたらさわおに会えるって気は全くなく
1年に1度来る知らないおっさんだからね
この前なんて雨降ってて出たくなかったのを飼い主母さんが無理やり
ほら、さわおさん来てくれたんだから!ってグイグイやるんだけど
もう嫌ですーって感じでキーってなってて
いや、いいですからって言うのに、、、
ほら!って無理やり出そうとしちゃってね、、」

するとシンちゃん「有江にわさおに会ったらよろしく言っといてって
言ったらワンって言っとけばいいですか?って(笑)」
有江さんってばゞ(≧ε≦o)

いやぁ、、この日のトークも
たくさん笑わせていただきました。
楽し過ぎる。

ラストもまたまたスペシャルで『Poison Rock’n’roll』
でもって最後のアウトロで
ガシガシ弾くところ
さわおさん、端っこに来てくれて
ギターぐいーってフロアに向けて弾いてくれました。
やったー
それでも遠かったですが
うれしかったです。

「全国ツアーで周ってくるよ!」

で、帰る時
なぜかかわいさアピールで(笑)
髪きゅきゅって整えて
頬に手あてて顔かしげてすまし顔ポーズとかしたりして
なんだんだ、、(笑)
いや、かわいかったです。

まぁ、2回目の東京なんで
多少セトリ変えてくるとは思ってましたが、、、
予想を上回るスペシャルVer.でビックリでした。

次の東京は、、いよいよファイナル。
またまたのスペシャルを期待して待ってます♪


<セットリスト>
 01.デブリ
 02.ロックンロールと太陽
 03.ROCK'N'ROLL SINNERS
 04.Wake up! dodo
 05.空中レジスター
 06.ターミナル・ヘブンズ・ロック
 07.Calvero
 08.レディオテレグラフィー
 09.Subtropical Fantasy
 10.オレンジ・フィルム・ガーデン
 11.ウィノナ
 12.ブラゴダルノスト
 13.カッコーの巣の下で
 14.エターナルトレジャー
 15.Come On,Ghost
 16.About A Rock'n'Roll Band
 17.LITTLE BUSTERS
 18.Stroll and roll
 19.Locomotion,more!more!

 EN1.
  エリオットの悲劇
  I RIOT 
  サリバンになりたい

 EN2.
  Poison Rock’n’roll


富山備忘録。 [たわごと]

富山へは飛行機で行きました。
一番安い便が取れたからなのかどうかは
あまり覚えてないのですが、、、11時過ぎに富山空港着。
が、、、飛行機出発遅れて
多分15分以上遅れて着いたと思います。
でも駅へ向かうバスは飛行機の到着時刻に合わせてくれるので
着いて10分もしないうちにバス出発。
富山駅までは30分くらい。

そして荷物を預け、向かった先は
環水公園。
IMG_3069.JPG

駅からは歩いて15分くらいかな。
あの先にあるスタバへ。
IMG_3070.JPG

っというのも、、キュウちゃんがブログに書いてたんですが
ここのスタバは世界一美しいって言われてるとかなんとか、、
IMG_3076.JPG
まぁ、、、いい感じの立地にありますしね。

久しぶりにフラペチーノ食べた♪
IMG_3073.JPG

席からの景色はこんな感じ。
IMG_3074.JPG

IMG_3075.JPG
あ、、でも後でもう1回調べたら
美しいのは夕日が沈んでいく時間帯らしいです(笑)

IMG_3078.JPG

IMG_3079.JPG
この日はこの敷地内なのかな?のホール?で
小田さんライブがあったらしく
IMG_3081.JPG
それっぽい年代の方々がたくさんいました。
増子さん、、MCのネタで話すかなーって
思ったりもしたんですが、、ありませんデシタ。

富山駅は金沢新幹線開通に伴い
駅がすごーくきれいになってて
お土産屋さんが充実してて
ぐるぐるすんごい時間ウロウロしてしまいました。
お土産屋さん大好き(*´∀`*)

で。
自分用お土産ばっか購入。
缶欲しさに、、、ほうじ茶
IMG_3104.JPG

そして箸!
IMG_3101.JPG
先っちょ、、、パンダです。
IMG_3102.JPG
かわいー

ただこれ、富山って言うよりは
金沢土産っぽい。。
あはは。

富山グルメ、、、ライブで言ってた"ぼてやん"は
今度行く機会があればチャレンジしようかな~
結局この日はお昼スタバだったし
夜もコンビニで済ませたので
ご当地グルメにはありつけず、、、
コンビニで見つけた海産物つまみ(笑)
IMG_3085.JPG

久しぶりに買った、、ご当地コーヒー牛乳。
IMG_3086.JPG

翌日は新潟へ移動。
JRはだけでは行けないんですかねぇ・・
検索して出てきたのは
とやま鉄道で直江津まで行ってそこからJRで
長岡→新潟というコース。
IMG_3091.JPG
9:30過ぎに富山出発で
合間合間の乗換えに30分くらい待ちがあって
新潟到着16時ちょい前。

本数が少ないため
選択の余地ほぼなし。

出発までの時間、ライブで王子が話してた
総曲輪の商店街に行ってみたくって
朝ちょっと早起きして行ってきました。

途中、富山城なんかも。
IMG_3087.JPG
この天守閣は復元だそうで
こういう復元された天守閣のなかでも
さきがけ的になったものらしい。
IMG_3088.JPG

で、、総曲輪の商店街
IMG_3090.JPG
あれれ、、入口の感じ
私の予想してた感じのと違ーう(>ω<)
でもどうやらもう1つ先って言うんですかね、、
へ行った所にある入口は
まさにMVの雰囲気の入り口らしい。(ネット情報)
次機会があれば、、、。

モールはそれっぽい・・かな。
IMG_3089.JPG

その後は市電?
広島で言うちんちん電車
が街中を走ってて、、、って
以前来たとき走ってたっけ??って
全く記憶になくて
今回到着した時に電車を見て
ビックリしたくらいです(笑)
そう、その電車で富山駅まで。

お昼を長い道中の電車の中で、、っと思い
ます寿司購入。

このます寿司、、いろーんなお店から出てて
それぞれちょっとずつそのお店ならではの特徴に違いがあるようで
もうイロイロ調べまくって
よし、これだーって思ったやつは
朝でまだ入荷してなくて、、、
ないなんて選択肢考えてなかったもんで
あぁ、、もうどれでもいいやーって
薄っすら記憶にあったお店のものを購入。

IMG_3095.JPG
普通は丸い円形の型に
1段、2段という感じで押し寿司になっていますが
こちらは「はんぶんこ」ってやつで
1段の1/2サイズのものです。

で、、いつ食べるか
さすがに向かい合う感じの席の電車は食べ辛いなーって
そしたら乗る電車一つを除き
全部そういうタイプで、、、
その唯一違った食べるにはあそこだったな、、時は
まだ時間的に早かったので食べないでいたら
ズルズル食べ損ねてしまいそうな時間に。

なのでもういいやーって
電車待つ時間に
ホームの端の方にある椅子に座って食べました。
いやぁ、、ます寿司は外で食べるには不向きっすねぇ・・(´+ω+`)
IMG_3096.JPG
こんな小ぶりながら
ちゃんと本格的で
しっかり笹?に包まれてるし
1/2サイズまんまで
自分でカットして食べるタイプ。

でも、美味しかったですー
食べ比べしてみたい。

あとはつい、美味しそうで買ってしまった
どら焼き。
IMG_3100.JPG
富山は、金沢もそうですが
美味しそうな和菓子がいろいろある気がします。
これは新潟からの帰りの新幹線で食べました★

そうそう。
その電車からの車窓で
これまたキュウちゃんのブログにあった
"新潟から富山に向かう北陸道途中、トンネル抜けたら左手に工場群"
ってやつ、ありましたー
私は電車からなので眺め、見える角度とかは多少違うにしても
かなりすごかった。
わーって写メ撮らなきゃーって思ってるうちに
通り過ぎてしまったため写真はないんですが。

ネットに落ちてないか探してみたんですが
これだ!って角度からの眺め見つからず・・
もう1回見てみたい。 

富山って、、金沢に押されがちなイメージですが
何気にまだもう少しじっくり巡ってみたいなーって
思いました。楽しかった(≧▽≦)


最終兵器はブルースドライブモンスター潰されたくないヤツはこっちへ来い! [the pillows]

前日富山、そして翌日
5.29は
the pillows STROLL AND ROLL TOUR
@新潟 LOTS
でした。
IMG_3097.JPG
何気に2週連続の新潟(笑)

富山→新潟へはバスも出ているのですが
それだと朝7時くらいに出発しないといけないので
電車移動に。
鈍行乗り継いで、、、6時間30分?!
いや、道中いろいろ楽しかったのでいいんですけど
結構な道のりデシタ。。( ̄▽ ̄;)
こちらも全部まとめて、、後日書く予定。

記憶薄れないうちに(もう既にリミット!?笑)
ライブについて。

この日はホントに久々のチケット一桁!!!
来ない人もいたため、実質5番以内で入れました。
なのに新潟、番号呼び出し10番単位ってねぇ・・
そりゃないぜ。
ま。
その前にしっかり番号順に並んでたんで
いいですけど。

でもって、ロッツはロッカー入ってからですが
多くはクロークをやってくれて
今回も当然そうだろうと会場へ行ってみると
クロークはやらないってチ―( ∀ )―ン
いやぁ、、またまたそりゃないぜ。。
しかも今回は泊まり明けなので
通常よりも荷物多めだったし
番号良いから入ってからロッカーなんて絶対に避けたかったし
で、慌てて駅へ戻ることに。

でも戻り始めた時点で開場まで30分ちょいしかなく
歩きながらこれ間に合わないかも・・って思い始め
どうしよう、、やっぱ会場に戻るか、など迷ってたところ
そうだ、バスセンターならロッカーあるかもっと思い付き
立ち寄ってみたところビンゴ!
しかも300円ロッカーに空きがあり
無事、荷物を預けることが出来ました。
ホッ。

さらに、ヒヤッとしたことが
ロッツはドリンク代取らないことが多いのに
なんと、この日はドリンク代がいるって。
(チケットにも書いてあった、、、←見てない 笑)
いや、まぁ、これも
いつもドリンク代は持って行ってるので
大丈夫でしたが
一瞬、荷物預けた時に入らないかなーって
思ったりもしてたので
あの時おいて来なくてよかったー、、、って。

っと、そんなこんなでトイレも済ませ
会場に再び戻ったの
開場時間の5分前くらい、、でしたかね。
ふぅ。。
ハラハラすること多過ぎて
入るまでのその5分ほどは少しグッタリでした(笑)

でも、実質5番以内で入れたおかげで
場所は選びたい放題で一気にテンションUP!!
センターも空いてて、え、どうしよ・・って
少しウロウロしてみましたが
結局、さわおさんと有江さんの間くらいな位置で待機。
ステージ近い~(*´艸`)

時間になりライブスタート。
暗転した時に押しがあり、
やっぱセンター辺りは違うねぇ、、って思いましたが
その後は徐々に押しも弱まり
比較的快適な環境でした。

新潟はロックの街!ってだけあって
さわおさんもメルマガに書いてましたが
フロアのテンション高い!!
いつも以上にガンガン拳上げちゃってました(≧▽≦)

メンバー衣装は
PeeちゃんがDESIREのTシャツ
シンちゃんは黒のボウリングシャツ
さわおさんはいつものEROT(笑)に黄色のカーディガン
で、ボトムは黒デニム!
今まで下までよく見えてなかったんで
やっと全身見えた~って感じでした♪
有江さんも前に見たことある多分外タレのバンドのTシャツ。

1曲目『デブリ』からスタート。
さわおさんの歌い方も何て言うんでしょ、、ロックな感じで歌ってて
テンション上がります!
で。
セトリは、、変わらないんですねぇ・・
AパターンとかBパターンとか
もうないのかな。。

『ロックンロールと太陽』は
よく聞くといろんな音がかなり動いていて
おぉ~ってなります。
最後のシャララン~って柔らかい音で終わるのがまた
いい感じです。

そして『ROCK'N'ROLL SINNERS』は
煽ってもらえるから余計に
フロア、待ってました!とばかりに
Waht do you want? 

「あー、、久しぶりじゃないか。みんな元気?」
イェーイ!!っといいリアクションに交じって
「さわおさーん」って大きな呼ぶ声。
聞かれる間もなく「俺はめっちゃくちゃ元気!」って
ナイスタイミング(笑)

「新潟が生んだロックスター山中さわおが
故郷に帰ってまりました!!」って真っ赤なウソ。
照れたのか「言い慣れないこと言うと変な汗が出るな・・(笑)」
タオルでもう1回ゴシゴシ拭いて
照れ隠しに「久しぶりじゃないか」って
もう1回言ってたような。
そしたら「待ってたー」って声。
「待ってた?そうかい。
"待ってた"っていい言葉だなー、、、待たれたい♪」

「今回のアルバムは
出来た時から早く大きな音で歌いたい、演奏したいって思ってたから
このツアーがすごく待ち遠しかったよ。
じゃー、、最後まで仲良く、楽しく、よろしくね!」

シャキーンって音を耳を澄まして聞く感じで
『Wake up! dodo』
さわおさんが曲や歌詞に合わせて
ファイティングポーズって言うのかガッツポーズと言うのか、、を
するの、カッコいいです。
この曲でも Wake up!Wake up!Wake up! の所で
1発キメてました。

『空中レジスター』
『ターミナル・ヘブンズ・ロック』と続いて
『Calvero』
有江さんはやっぱり弾くの辛そうですが
音はこの上なく最高です。
あの太くて柔らかい音、あれこそベースの音~って
思っちゃいます。

そしてPeeとさわおさんの無表情での弾きっぷりも最高です。
ジャン!って音と共に
楽器を定位置に戻すところがカッコよくって
みんなオォ~って歓声あげちゃうんですよね。
「多分、ここが今日のピークだな」って(笑)

「信じてもらえないかもしれないけど
こんな俺たちにも若い頃はあった
写真見るかぎりシンちゃんは変わってないけど
2才くらいから白髪だったから
そんな時代にはインターネットなんてなくて
ロックを教えてくれたのはラジオだった
そんなラジオに敬意を込めて、レディオテレグラフィー聞いてくれ!」

この日はあの合いの手的なコーラス
フロアでもたくさん拳を上げて歌ってた感じ。
ここはそのうちフロア担当になりそうな予感♪

そして 心の扉 こじ開けられたのさ ってとこで
胸をトントンってするさわおさん。
あの仕草にグッときます。

「じゃー、、ロマンティックなラブソングを」と
『Subtropical Fantasy』
『オレンジ・フィルム・ガーデン』
『Kim deal』

そうそう。
『オレンジ・フィルム・ガーデン』
曲のラストの方で
ギターに合わせ、ゆっくりモニタを上り
最後にフロアに向かって「ヘイッ!」って。
なんかプププって笑ってしまいます(´m`)

続く『エリオットの悲劇』からの3曲は
じっくり聞かせるパート。
『ブラゴダルノスト』の演奏が
すごくキラキラしてて素敵でした。
うっとり聞き入ってしまいます。

ハイライトともいえる
『カッコーの巣の下で』
初めて聞いたときはあまりない感じの曲に
ちょっと違和感感じたりもしたんですが
もう今ではすっかりこれぞ!っと思える
熱い1曲になってる気がします。

そして楽器を置いてハンドマイクのさわおさん。
おぉ~って声にニヤッとしながら
イントロのドラムに合わせ「この曲何かわかる?」
この日はいつもほどワーってならなかったので
「優秀!」ってお言葉はいただけなかったんですが、、
「14年ぶりにやる『Come On,Ghost』!!」

続いて、、、クラップハンズを煽りつつ
『I RIOT』
来ましたよー*:.。☆..。.(´∀`人)
まずは自分のいた側と反対側へ、、、
最前の柵に足をかけて身を乗り出したんですが
ちょっとヨロけてしまったのか
「ゴメン、、待って・・」って
歌のないところで謝ってました。
状況がよく見えなかったんで
何が起きてたか、、分からず・・。

あ、でもこの時
珍しくPeeちゃんがこっちまで来てくれてたんでした♪
むふ(*´艸`)

そして今度は私のいた方へ。
足をかけてきたのは自分のいたところのちょっと先でしたが
おかげで触れるくらい近くに体があって
ドキドキしちゃいました(あ、もちろん、触れられませんって)

寝返りたいヤツは手を上げろ!では
バッチリ手を上げていたせいもあって
パン!ってタッチしてもらえましたーワーイ!!
あの、手を上げろ!ってやった後に
さわおさん腕を耳につけたまま手を曲げるのが
かわいいです。

ここでメンバー紹介。
まずは有江さん。

有江さんにとってはワンマンで初めてライブやったのが
ここ、新潟だったそうです。
そう去年のロストマンツアー、初日新潟でしたもんね。
その時はすごく覚える曲もたくさんで緊張してて
MCもあって、、普段そんなにお客さんの前で話すこともないからか
相当声が小さかったようで
「後で音声さんに声小さいって注意されちゃいました(笑)」って。
あはは
「でも今では、回を重ねてやってきて楽しんでやれてます!」と。
話終わった後
かなり長い間熱い拍手が続いていました。
やはりバスターズにとって
有江さんが定着してくれたってのは大きなことだったんだなーって
改めて思いました。

続いてシンちゃん。
「今日はロビーに14時集合だったんですけど
それまでは部屋でBSが見れたんで見てたんですよ。
でも集合の前に何かを買いにコンビニに行く用事があったはずなのに
思い出せず、、
でも買うって言ったら、、たいてい競馬新聞くらいで
それももう馬券も買ったしいいかって。
そしたらふと、そうだ、大好きなサラダホープが
コンビニで売ってるのを見つけたから
後で買おうと思ってたんだって。
そしたらなんと、差し入れでいただきまして
さすが第二の故郷、新潟の皆さん、分かってらっしゃる!!」

これに合わせてかPeeちゃんは
「私、このツアーであれ?ベルトがゆるいぞ、と←痩せたそうです
そこでそうだ、お菓子を食べようと。
普段滅多にお菓子を食べないけど
太るためにはお菓子だ、と思い
サラダホープを買って食べました!!」って。
えぇー
てか、サラダホープじゃ太らんでしょ・・。

で。
さわおさん「新潟出身のピロウズです!(笑)」
いやぁ、、最高でしたゞ(≧ε≦o)

ここからはもう楽しいしかない曲。
『About A Rock'n'Roll Band』
この曲でも胸をトントンしてました。

次に『LITTLE BUSTERS』
同じドアをノックしたい って
ノックするときとしない時がありますが
この日はしてくれましたー
うれしい。
でも歌ってる姿見てて、絶対するって思ったから
余計にうれしかったです。

で。この曲の最後だったかな、、
イヤモニの元のやつ(ベルトに付けてるやつ?)が
外れちゃったか何かで
それをスタッフに直してもらってたため
〆をキメられなかったからか
曲終わったすぐ後にもう一回
ジャカジャカ~って始めて
メンバーもそれにすぐに合わせて演奏して
ジャン!って〆てました(´m`)

『Stroll and roll』は
いろいろ参加できるところがあって
最高に楽しいです。
有江さん、ホント、いい顔して歌って演奏してて
こっちまで幸せな気持ちになれます。
この曲ラストでもいいくらいの盛り上がり。

そこからさらにアゲていく
『Locomotion,more!more!』
こっちは楽しい~って感じより
アッパーなカッコイイ曲。

「サンキューベリーマッチ!!」
本編終了~

続いてアンコール
出てくるなり、「もうクタクタですよ、、」って。
そして会場限定シングルの話。
27年もバンドやってライブもあちこち行ってるのに
まだ行ったことない場所があったのか、、って
そこへ行けたことへの喜びと興奮から作った曲
合わせてみたらすごくいい曲で
「だってほら、俺っていい曲しか書かないから」
さり気なーく天才ロックスターっぷりをブッ込んできて
でもさり気なさ過ぎてか(笑)
最初パラパラっとしか拍手おきなかったら
「もっと(拍手)していいんだよ
俺っていい曲しか作れないからなー」ってもう1回言って
盛大に拍手(笑)

そんな興味津々な話されたら
歌詞ついつい聞き入っちゃう人多いようで(私もそうだった)
じっくり歌を聞き入っちゃダメって。
何度も「聞いちゃダメだよ?
楽しむのはいいんだけど、、聞いちゃだめだよ?
分かってる??」って言ってて
イマイチ ?? って感じだったんですが
手拍子とかやってってワーって盛り上がって欲しかった、、って
ことでいいんですかね。。

ってことで『エターナルトレジャー』
そう、すごく楽しい曲だし
なんかさわおさんが曲が出来た経緯を話してたくれたことが
そのまんま歌詞になってるのがすごく伝わってくる
素敵な曲です。

で。
手拍子、、なんですが
ついパンパンパンパンって叩いてしまいがちですが
ここは誰かもつぶやいてた
パンパンパパパン ってのが
合う気がしました♪

あ、でも、なんかCDで聞くのと
ライブで聞くのと感じが違って聞こえるのは
入ってる音の違いですかね・・
CDの方が当たり前ですがいろんな音が聞こえてくる気がします。
でもって
一番最初にライブで聞いて
その印象がすごく残ってるせいか
ライブで聞く音の方が好きだったりします。

ラストは『Ready Steady Go!』

「あー楽しかったかな。」

汗だくのカーディガンを脱ぎたそうにしながら
「この年になって
人前でこんなに汗かくことなんて他にないよなー」って言ってて
、、、確かに始まってすぐ、すごい汗かいてたし
ブレイク中はゴシゴシものすごい勢いで髪の毛の汗とか
拭いてました。

「でもかっこいー」とか言われ
「最近みんな俺たちに優し過ぎて、、甘やかされてるよなー(笑)」

「よくツアー周ってホテルで曲作ってるって言ってるじゃないか。
もうさっそく曲が出来たよ。
ライブハウスに着いて音を確かめるためにやるリハで
みんなで合わせたりして、録音もした。
また楽しいロックンロールな曲作って持ってくるから
そしたらまた遊ぼうぜ!」

そうそう、汗で思い出しましたが
何度か汗でへばりついて上の方にいっちゃったバングルを
キュッキュって戻したりしてた
汗拭いて磨いたりしてました。

それから可笑しかったのが
うろ覚えなんですが、、
アンプの上にも水かタオルかを置いて
戻ろうとしたら、何かが一緒にくっついてきちゃって
「なんか犬の散歩みたいになっちゃった、、、」って言ってて
いや、ほんと、まさに!な様子で
可笑しかったけど、かわいかったです。

追い出しの曲が終わりダブルアンコール。
ここからはくつろぎタイムですね(笑)
シンちゃんはブルーの缶のプリン体ゼロ
さわおさんと有江さんは黒ラベル
そしてPeeちゃんは、新潟と言えばーの
風味爽快ニシテのビールでした。

そんなシンちゃんに「別に青がすごく好きとかじゃ
ないですよね?」なんてからかっちゃって(´m`)
「プリン体とかピロリ菌とか
なんでかわいい名前にするんですかね、、
もっとなんだろ、、濁音多めの言葉にすればいいのに」

さわおさんの最近の早朝の楽しみについて
「朝4時ごろ、体がプリン体取りたいなーってなって←まだからかってる(笑)
コンビニに行くんだけど、、
ある日、電線に何かいるって。
でも最近お年頃的に目の調子も良くないうえに
おれのガラケーで写メ撮ってもぜんぜんよく映らなくて
分からない、、

いたち?にしては体が細いし、、
で前に兄貴が東京でハクビシンを見たって言ってたのを思い出して
調べてみたら、まさに、それで。
あいつらの習性として夜行性で家の軒下などに住み
電線などを伝って移動するっていうんだけど、、
俺のセレブリティマンションには(笑)
軒下なんてないし、、何とかして写メ撮りたいなーって

ちょうど進む方向が俺の行く24時間やってるスーパーの方で
駐車場みたいなところでずっとカメラ向けてたら
その裏にマンションがあって
ちょうど3階くらいを映してる角度でさ
朝の4時くらいに黒のジャージ来たおっさんが
そんなことしてたらねー、、、
スーパーの店員も怪しげな顔で見出したりするから、、、
俺すぐ職質されるんだよなー・・」

ハクビシン!
名前から想像すると鳥みたいな感じですが
見た目はまさにイタチの細いのとかフェレット?みたいで
けっこうかわいい。
こんなの街中で見たら、確かに写メ撮りたくなります。

そこからPeeちゃん
「私、兄と銭湯に行った時に」って言いだすと
さわおさん「まだ風呂なしに住んでるの?」って
ナイスツッコミ!!(≧▽≦)

北海道での話みたいですが
「兄の着替えてるところ撮ったことありますよ。
そしたら、銭湯で写メとかダメって、、、」
さわお「当たり前だろ!!」←確かにー
Pee「だって、立派なんだもん・・」←何を言い出すかと思ったら、、
有江「力士だけじゃないんですね・・(笑)」←鋭い!
しかもその写メを
妹にも送ったとか言ってて、、

さわおさん「こんな変態と俺はバンド
27年もやってたのか、、」なんて。
「まさか、、両刀か??」
これにはキッパリ「女性の方が好き」って
言ってましたが、、
「そういう人(両刀)は二倍楽しめるんだろうね、、」とか言ってて
さわお「有江くんだけだよ」
有江「ノーマルですから」
Pee「私だってノーマルっすよっ!」
さわお「なら、それ証明するのに今度嫁の下着撮って送ってこい!!」
え??( ̄▽ ̄;)

いやぁ、、珍しくこの日は下ネタに走ったなーって。
ピロウズって、、怒髪天もそうですが
あまりそっちの話に走ることないだけに
ビックリでした。

そしたらちゃんとメルマガでもそれに触れてて
笑っちゃいました。

Peeちゃん、さわおさんに
「一緒に銭湯行く?」って誘ってて
ホント大爆笑でした。
呆れちゃったのか
この話の途中で
フゥ、、ってため息ついて思わず
「久しぶりじゃないか、みんな元気?」なんて言いだしたりして
この日はトータル3回位言ってたと思います。

いやぁ、、楽しかったー

あ、ラストは『No Surrendes』で終了。
曲の記憶よりMCの記憶の方が鮮明な
ダブルアンコールデシタ(=^・^=)

そんな楽しいライブの後はビール飲みたいんで
ドリンク代取られて逆にうれしい、、というか。
IMG_3098.JPG
押し押しじゃなかったですが
美味しくビール飲めました。


<セットリスト>
 01.デブリ
 02.ロックンロールと太陽
 03.ROCK'N'ROLL SINNERS
 04.Wake up! dodo
 05.空中レジスター
 06.ターミナル・ヘブンズ・ロック
 07.Calvero
 08.レディオテレグラフィー
 09.Subtropical Fantasy
 10.オレンジ・フィルム・ガーデン
 11.Kim deal
 12.エリオットの悲劇
 13.ブラゴダルノスト
 14.カッコーの巣の下で
 15.Come On,Ghost
 16.I RIOT
 17.About A Rock'n'Roll Band
 18.LITTLE BUSTERS
 19.Stroll and roll
 20.Locomotion,more!more!

 EN1.
  エターナルトレジャー
  Ready Steady Go!

 EN2.
  No Surrendes


帰りは最終の新幹線。
新井さんがやっと東京帰れるーってつぶやいてたんで
あれ、、またしても新幹線同じ?っと
ちょっとソワソワ(金沢での苦い思い出・・)したんですが
この日は遠巻きにPeeちゃんがファンの方から声かけられて
サインして握手してていねいに対応してる姿を見ただけでした。
Peeちゃんだけそういうシーンで見かけたことなかったんで
これでコンプリート!

私も、これ、飲みましたー
IMG_3099.JPG