So-net無料ブログ作成

まったく僕らしくない静かに近づく気配確かに感じる世界それを僕は待ってた [音楽]

前に、今年のフジロックとスヌーピーのコラボTが
かわいくて欲しいーって書きましたが
ついに!
RSRともコラボをしてくれましてー(*´艸`)
RSR2016snoopy.JPG
かわいい!!

でも。。
今年はもしかしたらもしかしたら
行かない可能性が高くなってきたんですよねぇ・・。
ちょーっとラインナップ、今までと毛色が違いすぎてて
スケジュール的(仕事)にも金銭的にも
結構ムリして行く状況であり
にしては、ちょっと厳しいかなぁ・・と。
6/11には飛行機を予約しなくては行けなくて
それまでに次なる進展があるといいんですけど。

さて。
そんな5.27は
HiGE UNIT2016MayJunJul「Desperado」
@代官山UNIT
でしたー
IMG_3068.JPG

この日から3ヶ月連続UNITである
髭ちゃんライブイベントの1回目!
IMG_3067.JPG
髭ちゃんワンマンDAYです。

久しぶりだなぁ・・
ワンマン。
いつ以来だろう、、って調べたら
昨年11月にやったCLUB JASON以来でした。
でもこれはアコースティックだったから
普通のライブは、、っと
あ、意外とすぐの同じ11月のねむらないツアー以来。
そうか、、去年髭ちゃん10周年だったから
企画もののライブとかアルバムリリースしてツアーとか
いろいろしてたんでした。。(笑)

でも2016年度は初!髭!!
UNITは会社から歩いて行けるし
さらにうれしい18:15開場ってことで
通常勤務で開場時間に間に合いました。
この日の番号は60番台。
でも中に入ってロッカーに荷物入れたり
グッズ見たりしてたので
ステージのあるフロアに降りた時は
センター辺りは既にけっこうな人だかり。

うーん、、っと迷ったんですが
結局端の最前にしてしまいました。
スピーカーで謙介くん見えない位置だったのが
残念。。
でも髭メンバーはみんなすごくよく見えたので
我慢我慢。

ただですね、、、何て言うのか
近くにいた方々のノリ方が
何て言えばいいんでしょ・・
なんか違うんですよ、自分と。
うーん、、、分からないですがなんか一昔前のクラブっぽい?
いや、まともに行ったことないんで
その感じも正直想像でしかないんですが
なんかそんな感じの人で
若干、えぇ・・・、、って感じをモヤモヤと感じながらいました。
まぁ、最近の曲、そういうザ・ロック!って雰囲気じゃない曲が多いんで
そういうノリの方多いのは仕方ないのかなー、、って思いつつ。

そして髭ちゃんライブ、やっぱ開演押しますねぇ。。
この日も10分くらい?押してました。

須藤さん・コテ以外のメンバーが登場し
スタンバイしてるところに
コテが「デビルスオッドアイ5/26発売!」だっけ?
と手書きでポスターの裏紙みたいなのに書いたものを持って
須藤さんと登場。
ステージの前に出てきて
軽~く宣伝?!(笑)

そう、この日は、一応
このタワレコ限定シングル「DEVIL'S ODD EYE」リリースの
レコ発ライブでもあったんですね(´m`)

で。演奏が始まると
ワウワウワワワ~ってコーラスが始まり
須藤さんも「ワウワウワワワ~ SAY!」ってフロア煽ってきて
あまり声が出てないと
「今日はこのままずっとこれでもいいんだよ」とか言って
さらに煽ってきて
盛り上がってきたところで
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2』へ。
斉藤さん、初っ端から終始ご機嫌でニコニコしてました。

そこから畳みかけるように
次々と曲へ。
しかもどれも代表曲と言っていいくらいの
人気曲続き。

ガーっと盛り上がる曲の合間に
ちょいちょい入る
ミディアムテンポの曲がまた
ジーンとくるものがあっていい流れでした。

『MR.アメリカ』ではコテ
フロアにダイブ!
割りと人と人との間に隙間があったりしてたから
支えるの大丈夫かな、、って端から見ててヒヤっとしたんですが
なんとか、支えてステージに戻してました。

MCは全体的にあまりなくって新曲のC/W『笑ってない』やる前も
特に何も言わずサラッとやっちゃってました。

あ、でも『王様のその後』の前には曲説明あったんですが
須藤さん、楽器を変えなくちゃいけなかったのを
忘れたまま
曲の話をし始めちゃって・・
ライブでいろいろリアレンジしてやってた曲で
そしたら盛り上がっちゃって
レコーディングではさらに変わっちゃったそうで。
「歌詞歌えるのかな、、」とか言っちゃって。

さぁ、曲行くぞってところで
ローディさんに促され「あ、俺、楽器も間違えてるし、、」って
アタフタしたら
マイクスタンドに当たったからか
ゴーン、、ってお寺の鐘のような音がしたら
斉藤さん「あーこういう音俺大好き」って。

なんでもこういう音だけで
夜中ずっと踊ってるとか。

アタフタしてたけど、曲はバッチリ!
そこからの『ロックンロールと五人の囚人』への流れ
すごくよかったです。

久しぶりの『青空』も感動したし
「行けるところまで行こう」って
『ダーティーな世界』も久しぶりでよかったです。
この曲はラストの方にある間奏で
宮ッTeaが前に出てきて
バシバシ弾きまくるんですが
この日は斉藤さんも須藤さんも並んで前に出てきてて
おぉ~って感じでした。
あ、、決してそろって(そろえて)出た~って感じではなく
たまたまって感じですけど(笑)

そしてそして
この日のメイン!『DEVIL'S ODD EYE』
この曲の前かな、、、
レコ発ライブと言う大事な日なのに
コテが遅刻したって話があったのは。
しかも、遅れてきたうえに
ちょろちょろしてて須藤さん的にはイラッとしてたらしい。

で、ポスター書き出したけど
全然オモシロ味のない(笑)もので
それなのに「宣伝は大事ですよ」ってもっともらしい顔で言うコテに
須藤さん「コテだけには言われたくないよ、、」って
バッサリ。

『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』前
イントロで何が来るか
だいたいわかってきた辺りに盛り上がるフロアに対し
「アーユーレディー?」
「アーユーレディー? イェーイ! ってこと?」って
言っててなんかかわいかったです。

さらに おねだり上手のドロシーのポーズって
両手で頬を覆う仕草もまた(ノ∀\*)

ラストは『虹』
いやぁ、、駆け抜けたーって感じの
本編でした。

続いてアンコール。
今度は一転。
『闇をひとつまみ』でしっとりと。
フロアもそんなにギューギューじゃなかったから
ゆったり聞くことが出来て最高でした。

そして宮ッTeaが機材を操作する曲
『ing』
この曲は断然ライブで聞いた方が楽しい曲。

今度7月にもタワレコ限定シングルが
リリースされますが
、、、こちらはフォーキーな曲らしい。
それとは別に
アルバムも制作中だそうで
それが出来たらまたツアーに周りたいって。
わーい♪
楽しみにしてます。

てか、また1か月後。
今度は対バンライブですが
楽しみです。
セトリ、ガラッと変えて来てくれるといいんですが。
次は謙介くん見える場所に行こう・・・。


<セットリスト>
 01.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
 02.ブラッディ・マリー、気をつけろ!
 03.ネバーランド・クルージング
 04.サンデー・モーニング
 05.ボニー&クライド
 06.MR.アメリカ
 07.テーマ・フロム・ダリア
 08.笑ってない
 09.ドーナツに死す
 10.黒にそめろ
 11.青空
 12.王様のその後
 13.ロックンロールと五人の囚人
 14.ダーティーな世界
 15.DEVIL'S ODD EYE
 16.溺れる猿が藁をもつかむ
 17.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 18.虹

 EN.
  闇をひとつまみ
  ing

風の吹く街に響くよギター [音楽]

有休を申し出ようと思いつつ
でも単なる休養的な有休(帰るの遅くて朝辛いから)だと
まぁ、、頑張ればいいかって気にもなってきて
未だ申し出おらず、、
早くしないと前日になっちゃうよーって
迷う毎日。

でもって、こんなポッキー発見!
IMG_3066.JPG
デミタスといいこのサイズ、持ち運びやすくて好きです。
・・・この写真じゃ大きさ比較できないか。。(笑)
お値段的にはかなり割高ですけど・・(-ω-`)

さて。
そんな5.22は
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016“風の果てまで”
@日本武道館
でした。
IMG_3062.JPG

そう、本当はTHE BACK HORNの新潟の後
そのまま仙台という2Daysを予定していたのですが
まさかまさかの追加公演@武道館が
この2日間ということで
いやぁ。。。
とりあえず1日は行きたいよなー・・って悩んだ結果
THE BACK HORNは新潟に行って日帰りで戻り
せっちゃん武道館は2日目のに行くという選択。

結果、これ、正解だった模様(笑)
というのも、、THE BACK HORNは新潟の方が
仙台より番号よかったし
武道館も1日目はSODL OUTだったみたいで
恐らく1日目だったら
席そんなに良くなかったんじゃないかなー、って。

そう。
この日の席は、、このツアーで一番列数前の方の
5列目!!
やったー!ってガッツポーズしたいところですが
位置が。
端っこ過ぎたのよ。
いや、事前にそうだろうと予想していってたので
やっぱな。。っ程度のガッカリ具合ですみましたが。

でも端っこ過ぎたってだけならまだしも
カメラ入ってたせいなのか
カメラ避けになるモニター?のせいで
堀江さん全く見えず・・
さらにせっかくでっかいスクリーンサイドにあるんですが
ステージ見つつスクリーンっていう位置にあるやつ
これまた天井からのスピーカーのせいで見えず・・
なのでスクリーン見るならステージ見ないみたいな感じ。
いやぁ、、それはちょっとねぇ。。

てな具合で
せっかく前だってのに
あまりうれしくない環境でした。。
ちっ。
でもいいライブだったから良しとします。

えーっと、、恒例ツアートラック
撮影大会(笑)
IMG_3059.JPG
この日はいいお天気でして。
日差しがまぶしかったです。

そうそう、お花は
フラカン・怒髪天と並んで置いてあって
思わずパチリ。
IMG_3063.JPG
(2日目だからちょっとクタってますね・・)

で。
思ったんですけど、、、
The Birthdayって
あまりお花出さないですよね・・
あまり見かけたことないなーって。

この日はどうやらフジイさんが来てたようですが
えー・・
一応関係者席チラッと見たりしたんですが
全く分からなかった。。
さらに民生さん、吉井さんとかも来てたとか。
うーん・・・まぁ、オッサン並んでるなーとは
思いましたけど( ̄▽ ̄;)
あの誰かがフジイさんで民生で吉井和哉だったとは。

この長かったツアー
私的ファイナルです。
約半年毎月コンスタントに行ってただけに
なんか終わっちゃうのか、、って思うと
淋しいです。

1曲目の『あこがれ』ではあまり照明も明るくなくて
ベールに包まれた雰囲気の中の演奏って感じで
そこから『ワンダーランド』に移った時に
パッーっと明るくなって
せっちゃんも「いぇーい東京!」って言ってくれて
始まったーって感じに。

そのテンションからサビの
Oh-OhOh!ってとこは
もちろん、一緒に歌ってしまいます。
その時のフロアにカモンって絶妙なタイミングで
煽ってくれるのが最高です。

「いぇーい。どうも~」っとご挨拶。
黄色い歓声もいっぱい。
だって私のいた席の周り
ほぼ9割は女性だった感じです。

そして照明が暑いって話。
確かに、、スクリーンでUPになった時
ちらっちらっと見る感じでは
初っ端から汗滴ってました。。
なので、、
「だから今日はメンバー全員ノーパンでやってまーす」って(笑う)

そこからのバンドメンバーの紹介にて
Baの寛くんに「あ、ち○ぽ出てるよ」
「ベースです・・」って会話。
後でもう1回出てきますが
これ、このツアー既に61本目だそうですが
52回位やってるらしいですゞ(≧ε≦o)

それ以外はこのメンバー紹介では
メンバーいじりなくサラッと。
というか、この日は全体的にMC少な目だった気がします。
やっぱカメラ入ってるからですかね・・

各メンバー紹介されてソロを披露して
「じゃー最後まで楽しませてもらいます~」っと
『君の顔が好きだ』へ。
ここはカメラ入ってても
ラストは下ネタ満載の歌詞デシタ♪

このツアー、ステージセットがとても素敵で
『Player』の時に
明るかった空がだんだん日が暮れて
最後は星空に変わって行くのが
曲の雰囲気にすごく合っててすごくよかったです。

弾き語りコーナーでは
「えーっと、、、」って座っていいですよって
言おうとしたせっちゃんですが
「あ、、もう座ってますね(笑)
そうですよね、この年になると椅子は大事よね。
皆さん若い人ばかりじゃない感じですから」って。

そしていつもはここで割と長めのMCタイムになるんですが
「えーーーー、、、あーーーううーー」って
何とか話を考えようとしてましたが
結局、特に何も思い浮かばないパターン。。(笑)

武道館は特別で
ステージ上からの眺めは何回やっても最高なんだそうです。
お客さんお顔もすごくよく遠くまで見えるとかで
「あーあの子ち○び透けてるなー」って
思いながら見てる、、とか。

その日の気分で曲を決めて
弾き語るというコーナー
この日の1曲は、、なんと・・
『劇的な瞬間』
あら。
いや、カッコよかったしいい曲だし
いいんですけど、まさか最後の最後
しかも一番直近で聞いたこの曲で被るとは。。
ってことは、、全会場違うって訳ではなかったってことですね。
そうか、、

いや、でも。ホント
最後のギターは圧巻でした。
終わった後大きな拍手が続き、なかなか鳴りやまず、、なくらい。
なのでせっちゃんが被ってた帽子
ちょっと上げてどうも、って感じでお辞儀してくれました。
私が見てきた中では
本編中に、
そうやって帽子を表立って帽子を取ってくれたのは
初めてでしたー
なんかうれしい(*´艸`)

続いては『恋』
で、結局『小さな約束』は、、
やってくれてたのでしょうか・・
私、多分、聞けてないと思います。

バンドメンバー出てきて
その後の『青い光』では
せっちゃんがユンフォニームを披露してくれるんですが
その吹く姿
アコギを後ろにダランっと下げたままの状態で吹いてて
何とも言えずカッコよかったです。

この曲ではギターは弾いてないので
おろせばいいのに、、って思いつつ
次の曲への繋がりとかがあるんでしょうかね。。

『Summer days』
もうすっかりお馴染みの
君に届け!ってとこでフロアを指さしてポーズキメるやつ。
この日はスタンド席の方まで向いて
四方に指さしてキャーキャー声上がってました。

そして大好きな
『アバリヤーリヤ』
バンドメンバーも「アバリヤーリヤ~」って
せっちゃんに続いて歌ってます。
そして「ち○びはいやー」も恥ずかしがりながらも
真壁くんとか歌っててかわいかったです(笑)

で。
この曲の武道館SPとしては
なんと!
曲の途中で
メンバーみんながセンターに集まり
縦1列に並んで
まずは千手観音ばりに手を動かす踊り?を披露★
そしてそこからその手を回しつつ
チューチュートレイン風に。
なかなかの出来でした。

ラストはちょっとずつ縦から横1列に移動して終了~
堀江さんがかなり真剣に(あえて無表情)でやってて
可笑しかったです。

大いに盛り上がって
続いては
『さよならキャディラック』
この曲も大好き!
この曲は堀江さんもGtで
Gtソロまで披露しちゃう曲。
かなりノリノリでしたー♪ヽ(´▽`)/

でもこの曲の歌詞
 あれこれ悩んであーだこーだどーた決めた曲順も
 バラバラバラバラ売り
ってところを聞いて
私はDLで曲を買ったりはしないけど
でも聞くのはほぼ全曲シャッフルで
曲順通りに聞く機会減ったなぁ・・、、、って。
ちょっと罪悪感にかられます。

『傷口』は寛くんのベースソロ見せ場あり!
そして『やさしくなりたい』は
真壁くんのギターイントロ見せ場あり!と
ここもツアーが進んでいく中で
変化していった所、、かなー。

『歩いて帰ろう』
そう、せっちゃんがステージ両サイドまで来てくれる曲。
もう端っこだったので
待ってましたーって感じでしたが、、
最初の方だったので
結構アッという間・・でした。

で。
『何処へ行こう』は豊夢くんのドラムソロ
見せ場あり!、、ですかね。
皆さんホント、かっこよかったです。

最後は『時が経てば』
この曲もライブで成長していった曲じゃないかと
思います。
せっちゃんの歌い方もなんか変わってったように思います。
CDで聞くとなんか重い歌に聞こえますが
ライブで聞くと何て言うか
応援歌と言うか
重い感じはあまりしないです。

最後の最後で がんばれ もうちょっとの辛抱だよ って
歌ってくれるのを聞くと
なんかジーンと来て泣きそうになります。

本編終了。

続いてアンコール。
『Endless』の間奏部分のKeyが
いいんですよねー
かわいい。

ここで、、ドラマの主題歌になってるという新曲を披露。
そのドラマを紹介するのに、、、
不倫がテーマのドラマということで
「主役はベッ○ー!
あと元○枝さん、そして乙○さんとの
三角関係です~」って( ̄▽ ̄;)
大爆笑でしたけど、、
もちろん、「ツィッターとかに書かないでくださいよ
ほんと、怒られるんで、、、」って。
そりゃーそうだろうな・・

その新曲『マディウォーター』
うーん、、そのドラマのテーマの
ドロドロな感じを表現した曲になってるなーって
感じはしました。
でも1回聞いただけで(今回で2回聞いたけど)
すぐにいい!って思える曲ではなかったです・・

休憩がてら、最後のメンバー紹介では
再び寛くんと「ち○ぽ見えてるよ」「ベースです、、」って
会話をしてました(笑)

その流れで、、豊夢くんには「ち○ぽで叩くの?」
「、、、スティックです」って。

さらに堀江さんには「ほりえっちの
ち○ぽは、、ゼブラ柄なの??」って
これ、、本編で堀江さんが来てたジャケットの
襟の部分かな?裏地かな?が
ゼブラ柄だったんですよね。
それを受けてのトーク。

堀江さん苦笑しながら「やめてくださいよー」だっけ
かなり照れてました。
堀江さんは下ネタ苦手なんですかね。。
いや、女子批判してるくらいだから
嫌いじゃないと思うんですが、、(´m`)

そしてラストの真壁くん。
ここまでち○ぽネタでいじられてきてるので
何かを察してか(笑)
真壁くん、楽器をさりげなーく後ろに隠し、、何食わぬ顔(笑)
でもちょっとわざとらしいかなって
再び楽器をソロ~っと前に戻し、、、
そしたらせっちゃん「あ、真壁くんのGt、チ○ビ付いてる!」って。

あははー
そう来たか。
それを真壁くんが触ると、せっちゃん「あぁーあー」って
声上げちゃって(笑)
まったくもう・・・って感じでした。

何のタイミングだっけ、、、
「ちょっと聞いてみたかったんだけど、、
東京でやってるからって
別にみんな東京の人じゃないんでしょ?」って。
客席から出身県?住んでるところかな?を叫ぶ声がちらほら。

「あーそう、へー。そうですよね、、
東京ってそういうところですよね・・
なーんだみんな田舎もんじゃん
そんな俺も
栃木出身だからー、、、」って
ちょっと語尾訛り入れて喋ってたりして
えーせっちゃん、実は、普段は訛ってるの??ってくらい
違和感なくて笑えましたゞ(≧ε≦o)

最後の
『ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー』の
ラストを
思いっ切りブルージーに歌い上げて
〆をそれぞれメンバーにソロを披露してもらい
トリは堀江さんで〆
そして再び、歌に戻って
終了~という
長い長い1曲で終わり。

「ありがとうーまたねん」って
スクリーンにも出てる言葉を言って
帰って行きました。

あれ、、何の曲の後だっけ、、、
投げキッスとかしてくれて
きゃーってなったのは。

いやぁ、、終わっちゃったよー。。
この模様は、、7月にフジテレビNEXTにてOAされるようで
ってことは、、まぁ、当たり前ですが
DVDになるんだと思うんですが
今フジテレビNEXT契約してないから
DVDまで待とうかな~っと思いつつ
(6月はアラバキで1ヶ月加入するし)
でもそのOAの日は斉藤和義DAYとし
過去のOA番組も放送してくれるらしいので、、
うぅ・・しょうがない、2か月契約しますかな。


<セットリスト>
 01.あこがれ
 02.ワンダーランド
 03.君の顔が好きだ
 04.攻めていこーぜ!
 05.ウサギとカメ
 06.夢の果てまで
 07.Player  
 08.劇的な瞬間(弾き語り)
 09.恋(弾き語り)
 10.シンデレラ
 11.青い光
 12.Summer days
 13.アバリヤーリヤ
 14.さよならキャディラック
 15.傷口
 16.やさしくなりたい
 17.歩いて帰ろう
 18.何処へ行こう
 19.時が経てば

 EN.
  Endless
  マディウォーター(新曲)
  ずっと好きだった
  ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー


拳を振り上げて心を解き放て 始まりはいつだってここからさ [THE BACK HORN(2012年~)]

今年フジロック、20周年なんだそうで。
スヌーピーとのコラボTがかわいくて
でも基本行ってないライブやフェスのTシャツは
買わないって決めてるんで
ならフジロック行こうかなーとか思ったりもしたんですが
The Birthday出る日(なぜかいつも金曜日、、)
ピロウズのファイナルの日デシタ・・チ―( ∀ )―ン
仕事的に休めそうだけど、、ダメじゃん。
ちっ。

さて。そんな5.21は
THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー~運命開歌~
@新潟LOTS
でしたー
IMG_3051.JPG

そうそう。
フジロックも新潟なんですねって思ってたら
MCでもその話が出て思わずウンウンと頷いてました(笑)

今年は新潟しょっちゅう行ってるなー、、
日帰りできるじゃんって思って張り切って取ってたと思うんですが
よくよく調べたら
新幹線最終で
最寄駅まで帰る電車も最終で
結構帰宅時間遅くなるんで
もうたぶん日曜の新潟は今後は躊躇しちゃうだろうなーって。

行きのバスも朝早く
朝ごはんはバスの中で、、って感じになるんですが
新宿バスタに合わせてできたエキナカのお店
いろいろあって楽しみーって思ってたのに
開店時間8時からばかりで
バスの出発時間それより前で、、、ダメじゃん。。

近いようでやっぱ遠いんだと
最近改めて実感・・・
越後湯沢からが遠い気がする。

14時頃今回は駅まで行かず古町で下車。
というのも、お昼にトンカツ太郎に行くためです♪
ここ、昼の営業が14:30まででして、、
これでも結構ギリ。
でも14:30までに入れば注文OKらしく
全然余裕~でした。
やっぱ美味かったー(≧▽≦)

そして萬代橋をてくてく歩いて
(お天気いいから気持ちいいー)
ロッツのある方へ。
にしても、新潟、、行くとこないんですよねぇ・・
会場近くにタリーズが入ってるツタヤができたんで
そこで時間つぶし。
、、って。ここ、この日は席空いてたからよかったけど
前は見事に満席で、、そうなった時
結構ツライ。
寒い時期だとなお更。。

IMG_3053.JPG
この日の番号は80番台。
むふ。
何気に新潟は番号いいことがそこそこあるハコ♪
ACIDMANでも2番とかあったし
来週のピロウズも久々の一桁だし!!

なのに、、中入ると思った以上に混雑してました。
あれれ。。
前回、光舟側に行ったので
この日は栄純側に。
最近THE BACK HORNはどっち側って決めずに左右行ってます。

ロッツ、ステージ高くて見やすし
結構ステージと最前の距離も近いし
今回もまずまずな環境だったんですが
なんか、、、前の人が不思議なノリの人で
しかも髪の毛一つに結んでくれてるのはいいけど
その毛束がばさばさ当たってくるのが暑くって
、、、毛量多い人だった・・。
なんかそれがイラッとして
ところどころ集中できなかったのが残念です。。
難しいですね。。周りとの関係って。
まぁ、自分も他人に
何だよコイツって思われてるかもしれないんで
人のことギャーギャーとは言えないですけど。。

時間になりライブスタート。
このツアー、今回で3回目にしてようやく
曲とかにも自分自身が慣れてきて(笑)
自分のペースで楽しむことができた気がします。
あはは。
もう終わり間近だってのに。

SEはしっかり聞かせる感じだからなのか
暗転しても押しは来なくて
あれ?って思ってたら
メンバー出てきた辺りでドドっと押されてました・・
その後も激し曲になるとグイグイくるんですが
ゆっくりした曲になると
スーッと引いてじっくり聞く環境があって
なかなかそういう点では
見やすかったです。

セトリは、、アルバム以外の曲は候補がいくつかあって
それをいろいろ組み合わせる感じのようで
この日も前に行ってた2回とも全然違うものになってて
やっぱ裏切らないよなーって
思いました。

光舟が髪が随分伸びて
パーマもゆるめになってて
いい感じでした。
やっぱ何度も言ってますが、、光舟はロングがいいっす。

『暗闇でダンスを』の オオオー ってとこは
すっかりフロアからの歌声で。
将司のマイクをフロアに向ける手が
何とも言えず素敵でした。

『ダストデビル』『戦う君よ』の連チャンで
だいたい汗だくになります。
THE BACK HORNのライブは
ホント、今でも汗だくになるなぁ・・

マツのMC、マイクに手をかける姿に
なんかクククッって思ってしまいましたゞ(≧ε≦o)
説明難しいんですが、、、
横に長くなってる柄に手をダランとかけてて、、
でもすぐに、まっすぐ立ってましたけど。

2年ぶりだそうです、新潟ワンマン。
そして今回のツアーは
アルバムタイトルでは花になってるところが
歌になってる「運命開歌」で
みんなで一緒に歌っていけたら、、って思いが
こめられてる、、とかって
言ってましたかね。

盛り上がって行きましょうーから
『その先へ』
この曲、最近すごく好きな1曲。
出だしの歌詞からしてカッコいい。

なんだっけなー、、、栄純
結構曲終わった後、マイク通さず
ワーッ!!って叫んでること多くて
それがまたなんていうかグッとくるって言うか
伝わってくるものがありました。
なのにコーラスの時は
すっごい真面目な顔してていねいに歌ってて
そのギャップがまたいい。
ってのを、、最近栄純側に行ってなるほどって思い
左右問わず行くことになった経緯です(笑)

『胡散』の時なんか
わーってギターソロで前に出てきて
コーラスで慌ててマイクに戻るってのもまた
かわいかったです。

アルバムの曲だけじゃなく過去の曲をやる枠では
この日は『赤目の路上』
この頃をリアルタイムでは聞いてなかったので知らないんですが
歯を食いしばって生きてきた感じが伝わる1曲。
だからか、励まされるっていうか、、

からの、、『カラビンカ』
おぉ~
そう、この曲は栄純の舞?が見られます。
で、可笑しかったのがそういう狂ったような栄純のはずなのに
ちゃんと将司が楽器を構えて準備できてるか、、を確認してから
栄純、楽器を下すという
ちゃんと曲に支障をきたさないようには
心配りしてるようでした(笑)

このとき、反対側の光舟がこちら側に来てくれて
最前バーに足かけて(多分)ベースをフロアに向けてガシガシ弾いてくれて
個人的にはヤッター!って気分でした♪
栄純、この時はセンター辺りで舞っていたから(*´ω`)

あと栄純が楽器を下した後
引き継いでGtを弾いてる将司ですが
普通に栄純が弾いてるギターのフレーズを
弾けるですねぇ~
増子さんくらいなのかな、、Voでホントに純粋なVoってのは。
加藤さんだって圭介さんだって
曲作ってるんだから、、Gt弾けるの当たり前なんですけどね、、
なんかGt/VoじゃなくVoの人が
時々Gt構えて歌うと、へぇーちゃんと弾けるんだって
思ってしまいます(笑)

栄純、ドラムセットのバスドラの上に楽器置いて
それを抱え込むようにして弾いたりしてました。(栄純のブログ参照)
でも今回の『カラビンカ』思ったほど長くなかった気がします・・
なので逆に、あれ?もう終わり?って思っちゃったくらい。

そういえば、、曲曲を繋ぐアレンジ
THE BACK HORNは毎回趣向を凝らしてるように感じるのですが
今回も、前回聞いたものとはさらに違う
でもってさらに凝ってるっていうのかな、、な感じになってて
一瞬、聞いたことない曲始まるのかと思ってしまったこと
何回かありました。

その一つが
『シュプレヒコールの片隅で』
でも雰囲気がそれっぽかったので
もしや、、って思いましたが・・

出だしと途中にある将司の語りがいいですよね。
そして最後の合唱部分。
この時の栄純の顔がまたよかったなー
でも私、歌詞を完全に覚えてなかったから
熱く歌うことできなくって
なんとなーく目が合った気がしたんですが
あ、、歌ってなくてごめんなさい・・な気分に
なってしまいマシタ・・(´+ω+`)

そして『悪人』
将司の わかってる ってとこ
黄色い歓声ではなく、なんでしょ、、痺れる感じを
漂わせてて流石でした。

ここでみんなでのトークタイム。
マツがいい感じです、新潟!ありがとう!みたいに
お礼を言った後しばらく沈黙・・・
おそらく、メンバー誰からか話し始めてくれるのを待ってた風で
思わず失笑がゞ(≧ε≦o)

で、光舟「分かってる、分かってるよ」って
口火を切り、、、
「地味な話していい?」だっけ、、
テレビ(NHKの大河)の話を。←好きですね~(笑)
「真田丸見てる?」
栄純が「俺見てるんだけど、、録画してまだ6話位で、、」って言ったら
「それまだずいぶん初期だな」って、、
見てるって(言える)口には入らないそうです(笑)

で、景虎様?とか謙信とか
優しい人が多いって。
「いいこと言うんだけど自分では決められないのな」って。
ホント、こういう話してる時
嬉しそうな光舟。

そこから新潟につなげようということで
「名城100めぐりのラストがなんと、春日山だったんだよね」って。
、、、新潟市と言うよりは上越市なんだそうですが
ただ、ホント、そうだって知らないと
何も残ってないからただの山みたいだそうで
結構辛いラストだったみたいです。

で。将司が「あれ?何年かけて周ったんだっけ?3年?」って聞くと
光舟「6年!」
将司「6年!?」←驚いた顔がまたよかった(笑)

その100城全部回ったって人は日本にどれくらいいるかっていうと
500人くらいだそうで
光舟は結構いるって表現してましたが
いや、、日本の人口全部のうちの500人って、、レアじゃないんですかね・・
思わず「100城回ったことある人!」って
いいともみたいにに聞いてみたけど、、、
まぁ、いないっすよね。。

飲み屋で飲んでて隣の人が実はそうで
「あーえーそうなんすか」って会話して盛り上がって
でも歴史の話はお互いの解釈の違いがあって
バトルになりやすいから
電話番号は聞かないくらいの仲、、がいいんだとか。
で、またフラっと立ち寄ったら
また飲み屋で再開する、、くらいな感じ。
奥が深いっす(笑)

そしてマツがその6年という月日が
いかに長いかを表現したかったようで
思わず「そりゃ大統領も変わるよな」って言っちゃって
一瞬みんな、??? ってなったんですが
「さすが、ワールドワイドは違うねーって」
でもマツ
「あぁ、、ワールドカップって言えば良かったって
失敗したー」って後悔してました。
オモシロ過ぎ。

その点、栄純はその6年でメンバーも変わってなく
同じように今もやってるなーって
すごく小さい範囲のことしか考えてなかったって言ってたのも
可笑しかったです。

そしてなぜか栄純
「あー、、新潟なぁ、、、
そう言えば昔の彼女と来たことあるなーって」って
言いだしまして。
「どういうチョイスで(新潟に)なったの?」って聞かれると
栄純「え?それ、詳しく話した方がいい?」
マツ「いや、詳しく入らない、、、」
栄純「あの・・専門学生の時に、、、」って言いかけた辺りで
将司「あぁ、、あいつな」ってボソリと言って
栄純、照れ笑いしてそこでこの話終了・・
なんで来ることになったかの経緯は結局語らず終いでしたが
ちょっと聞きたかったなー・・なんて。

『コンクリートに咲いた花』から
『冬のミルク』の流れ大好きです。
でもって『冬のミルク』やるときの栄純がまた
いい顔してて。
コーラスじゃないところでも歌詞を口ずさんだりしてて
なんかそういうのいいなーって。
この曲に限らず
結構歌ってました。

『美しい名前』の前も
何が始まるんだろ、、って言うような
アレンジがあったかと。
光舟のベースの音をすごく音色を変えて
不思議な感じでした。

いやぁ、、この曲はホント
聞き入ってしまいます。
でもって、お客さんもすっごく分かる人が多かったのか
曲が終わった後
ちゃんと余韻を味わってからの拍手と歓声で
なんかすごくよかったです。

ここで再び、、トークタイム(笑)
マツのそろ~っと立ち上がって話し始める姿が
毎回なんか可笑しくて・・

新潟と福島は隣県なのに
来るのにはすごくハードルが高いって思い出が、、と。
なんでも横に広い福島
新潟へ行くにはまず猪苗代湖があり
さらには会津磐梯山を超えなくてはならず
これが冬だと雪深くて大変
そして新潟に入ったら入ったでここも雪深く
なので近くて遠い存在なんだとか。

で、ここでフジロックも新潟なんだよねーって。
でも新潟市からは遠いらしい。
いや、でも、帰りに
新潟から越後湯沢行くまでの時間のかかりようを知ったら
確かに、、って思ってしまいました。
山、恐るべしです。

でも新潟発のバンドもイロイロ出てきてるって話へ。
そのバンド名がかなりユニークで、、、(My Hair is Bad)
光舟「スゴイ名前だよね、、」って言うと
栄純「きっと隠語でカッコいい意味あったりすんだよ」
将司「官能的な臭いもするよね、、」
などなど盛り上がり。。

マツ「THE BACK HORNはホント、今更ですけど
どうなんですかね、、
これがまたバランスがとりにくいって
デザイナーの人からも散々言われてて・・」っと。
英語の単語が3つで
その一つ一つも文字数的に同じ感じだから
2行にしても3行にしても
うーん、、、、って感じになるらしい。

おかしかったのが光舟かな
「また、BACKもHORNも大した単語じゃないしね、、」って
いうのが最高でした。

カタカタにした時に「ザ」はいるのか?とか
改めて確認し合ったりしちゃって。
「最初の、こんばんは~ってときは言ってるの?」って聞くと
将司「え?そんな裏話、、しちゃう?」とか言いながら
「こんばんは、THE BACK HORNです、、
こんばんは、BACK HORNです、、こんばんは、、
あー言ってるな、言ってるかな」って
何度もブツブツ「こんばんは、THE BACK HORNです」を
繰り返してる将司、、かわいいーゞ(≧ε≦o)

今後は「ザ」言っていこうぜーって。
きっちりしたバンドに。
afocの亮介は「ア」って必ず強調して言ってるけどね、って
例に挙げてて、むふふ。思ったり。

あと、、これは前後してるかも?ですが
マツがこれからも
みんなと「汗を交じり合いながら」
やっていきましょうみないなことを言ったら
栄純が「なんか"汗の交じり合い"っていいな」って言いだして
「次の何かの曲でパクってたらゴメン」って。
でもまだ文字になってないから
著作権は(マツ)にはないよな、、って。

その"汗の交じり合い"についての解釈を
光舟がちょっといじった後に
ちゃんと上手く表現してるのを聞いて
栄純「うまいよなー光舟のそういうとこ」って言うと
光舟「お前はいつも分からないふりしてるだけだろ
何にも知りませんボクみたいな、、」っとツッコミ
栄純「俺をいじってるときの光舟は生き生きしてるよなー」
この会話、、半分うろ覚えなんで
詳しく書けないんですが
でもとにかく最高でした。

あと、2年前も言ったと思うけど、、って
新潟と言えば、、の話を将司から。
おにぎりを15個食べたら名前を木札かなんかで書いて
飾ってくれるってお店
で、、そのお店の名前を思い出せず
なんだっけ?ってフロアに聞くも
フロア、、「・・・」
「あれ?あまり興味なさそう?」

、、、これ、確か、
モンスターロックでやってたやつじゃないかなーと。
でもチラリと調べたら
今はそれ、やってないみたいです。

で、その15完食っていうの、栄純が達成してるそうです。
へぇーすごい!

光舟「多分詳細はDVDになった時に出てるから
お買い求めください」って上手く営業トークにつなげてて
最高でした。

「俺たちもバンド始めて18年で
人生の半分以上をバックホーンとして送ってることに
なるんだけど
昔はカッコつけたいっていう恥ずかしさからか
ちゃんと面と向かってありがとうって言えなかったし
言いたいとも思ってなかったけど、
今はもう何回でも言いたくて、、
、、、今までありがとうってのも変だよなぁ・・(笑)
・・・いつもありがとう!これからもよろしくー

おこがましくも
音楽でみんなを勇気つけられたらって思ってる
お前ら負けんなよ
俺達はこれからもずっと歌ってるから
時には思い出してみてよ」

そんな言葉からの『tonight』が
泣けましたー
って、、涙は出てないけど
何て言うか、、いやぁ・・よかったなー
そんな素直な気持ちを吐露することなんて
恐らくここ最近までなかったなじゃないかと思うんですが
なんでしょうか、、今すごくいろんな面において
いい感じって事でしょうか。

あ。
でも。
一つ言うと、、、
その前の話で「ザ」付けていこうぜーって
盛り上がってたのに
しかも「こんばんは、THE BACK HORNです」って言ってるって
言ってたのに
すっかり、このトーク中には
「ザ」は言ってなかったっす・・
ってことは、、、自己紹介的に名乗るときは
「ザ」を付けるけど
話の流れ出てくる一単語としては
付けないって感じなんですかね(´m`)

これが終わると、、あとはラストスパートな曲続き。
将司も「まだまだ盛り上がって行くぞー」って
煽ってました。
『魂のアリバイ』『シンフォニア』『刃』
ダイバーもセンター辺りじゃゴロゴロと。
あと私のいた位置でも
後ろからの押しがスゴカッタです・・

「ありがとうー」
ラストは『カナリア』
こういう曲、ホントに合うなーって

本編終了。
一瞬、光舟が楽器置いた後
え?こっち来るよ、、って思ったら
・・・ロッツの楽屋口はステージ向かって右(栄純側)
なんでした(笑)
すっかり忘れててドキっとしたってば。

続いてアンコール。
「2月から始まったこのツアーも残
すこと、、あと5本、今日入れて6本と
残りの数を数えてると淋しいんですが、、、
今日のこの日の思いもファイナルの新木場へ持って行きたいと
思います!!」

そんなマツの熱いお言葉から曲へ行こうと
栄純、エフェクター踏んで準備したら
何やら ビーッ って変な音。
いや、気にしなきゃ気にしないでも済みそうなくらい
と、言えばそれくらいという
ちょいビミョウな大きさではありましたが
でも確実に音は鳴ってて、、
ちょっと将司が敏感になってましたかね
「これはちょっと悔いが残りそうだから、、」って
しばしストップ。

栄純もローディさんと
あれ?なんでだ?って感じでチェックして
「今まで普通だったのに、急にだよ
ライブだねー」とか言っちゃって
で、結局原因不明、、ってことで
「えーっとちょっと違う音でやります~」って
多分、エフェクターを踏まないのかつまみを変えたのか
なんとか曲へ、、、

って、『風船』でしたー
そりゃ、きっちりやりたいよね~
このツアー
アンコールの1曲目は
こういうバラードが多いです。

そこから
「もう少し盛り上がって行くぞー」的に
『涙がこぼれたら』
おぉ~
久しぶりな感じ!
この曲もやたらとテンション上がる曲です。

そしてラストはもちろん
『コバルトブルー』
熱かったーーー

「ありがとうー
また絶対会おうなー
生きてまた会おう!」

いいライブでした。
私的、次は残すところ、、、新木場のファイナル
ここでは全曲やってくれる、、んですよね。
『記憶列車』だけ
まだ聞いたことないです。
他の会場ではやってるんでしょうかね。


<セットリスト>
 01.暗闇でダンスを
 02.ダストデビル
 03.戦う君よ
 04.その先へ
 05.胡散
 06.赤目の路上
 07.カラビンカ
 08.シュプレヒコールの片隅で
 09.悪人
 10.コンクリートに咲いた花
 11.冬のミルク
 12.美しい名前
 13.tonight
 14.魂のアリバイ
 15.シンフォニア
 16.刃
 17.カナリア

 EN.
  風船
  涙がこぼれたら
  コバルトブルー

帰り道、月が綺麗だと
嬉しさ倍増♪
IMG_3055.JPG

何の役にも立たないと決めつけられた宝物待っていてくれたキミに見せよう [the pillows]

いや、ほんと。
毎週末出掛けてます。
今週は都内近郊で
移動が楽です。
でも遠征もキライじゃなく
てか、むしろ好きな方です(笑)

さて。
そんな5.15は
the pillows STROLL AND ROLL TOUR
@赤坂 BLITZ
でしたー
IMG_3050.JPG

ツアー東京での1本目!
で。
ふとスケジュール見て思った。
ちゃんと毎月東京でライブあるのね。
さすがです~
こういうスケジュール最高です♪
って、それにもの足りず他も行ったりするんですが
でも私の中でのベストは2週間に1本な間隔かな。
か、10日に1本か。

この日はグッズを買いに行きたくて
早めに赤坂へ。
そしたらACTシアターの方でお芝居もあったみたいで
(そっちは1日2公演らしい)
それが終わったタイミングで会場近辺に行ったら
見慣れないお嬢様ないでたちの方々多数。
すっごい高いヒール履いてたりして(ピンヒールではない)
そっちに目釘づけでした(笑)

駅のロッカーはそんなこんなで
空きが少なく焦りました。
でも会場のロッカーも事前開放してくれるみたいで
この日は16:45までOKでした。
毎回なんですかね、、私の記憶では
以前は開放してくれてましたが
ここ最近では事前開放なかったと思ったんですけど。
開けてくれるにはこしたことないんで
今後もそうして欲しいです。

今回グッズはTシャツ
いいんだけど、オシイ・・って感じが多く( ̄▽ ̄;)
何と言ってもサイズね、、、
なんでレディースサイズ取り入れたかね。しかも全部に。
正直、襟ぐり深めで袖短めは嫌いです。
だからと言ってデカいのも嫌いで
普通にXSを作って欲しいです。

なもんで・・かなり迷いに迷って
、、、買わない選択肢ももちろんありましたが
とりあえず、ピロウズのグッズでは買ったことのない
Vネックを買ってみました。
Vネックもちょい抵抗あったんですけど
デザイン的にはこれが一番おっ!って思ったものだったので。

今回のチケット番号は、、、600番台。。
まぁ、これくらいのキャパなら
大体そんなもんしか来ないよねぇ。。
そして中は、、、思ったほどの混雑はなし。
あの待機の場所のままな感じだなら
けっこういい感じだったのに
暗転してちょっと前に詰めたのにつられて
一緒に前に行っちゃったら
目の前背の高い兄ちゃんだらけになっちゃって・・
うっそー・・って感じ。
その後ほぼほぼ動かなくなっちゃったし。。
でもなんとか少しずつ体勢直していって
最終的にPeeちゃんはあまり見えませんでしたが
他3人はなんとか見えるようになりました。
長野といい、ちょっと最近、環境についてない。。(-ω-`)

セトリは長野と変化なし。
他の会場の様子を見てないので分かりませんが
今回セトリパターンはどうなんですかね。

まずは『デブリ』からライブスタート。
燃えつきたいんだ って熱唱する声がたまらんね。
決してSではないが
声はキツそうに張って歌ってる声、好きです(笑)
喉に浮き出る血管とかね(笑)

そして『ロックンロールと太陽』
この曲、、いつもCDを聞くと
必ず最後この曲だけが頭をぐるぐるして
口ずさんでることが多い曲。
なんででしょ、、

そして、今回はバッチリラストの有江さんの
ベースソロ風な演奏、見れましたー
あ、でも、そうだ
初っ端から有江さん楽器の調子が悪かったのか
ちょっと調整とかしてもらってましたっけね。。
バリバリってすっごい音しちゃって
さわおさんから「何か隠し事してない?」って
言われてました。

で、お馴染み『ROCK'N'ROLL SINNERS』
やっぱこの曲はテンション上がります。

ここで最初のMC。
ちょっと聞こえにくかったんですが
なんか「赤坂ブリッツがよく似合うピロウズです!」とかって
言ってましたか?
その後「久しぶりじゃないか!」って。

「アルバムを作ってる時からライブでやるのを楽しみにしてたよ」

元気ですかーって大声で叫んできたフロアの声には応えず・・
なのに少しして「みんな元気だったかな?」って
聞くもんで、、思わず笑っちゃいました。

で。ここでだったか、、
「そういえば、、登場のSE
だいたい手拍子がどんどん早くなって
最後ドラムが入るところでつじつま合わせるって感じなんだけど
今日はジャストだったな!何てリズム感がいいんだ(笑)」って
言ってくれてましたが、、
いまいち自分ではよく分からず・・
そんなにジャストでしたかね??(笑)

「じゃー最後まで、楽しく、仲良く、よろしくね」

『Wake up! dodo』の始まる前の
あのシャキーンって音
あれどこから鳴ってるんだろうって
思わずステージ上キョロキョロしちゃいます(笑)
ああいう効果音
ピロウズはあまり使わないイメージなので
最初はちょっと驚いたりもしました。

そして『空中レジスター』は何処で拳を上げるかな、、って
周りの様子をついつい伺ってしまい
自分は上げ損ねる、、というパターン。。
この曲、好きなんですが
そういう点では難しい曲です。
でも最近は上げない、、という楽しみ方も覚えました♪

で、『ターミナル・ヘブンズ・ロック』
これはガッツリ上げちゃう。
コーラス部分だろうとさわおさん部分だろうと
全部上げっぱなし(笑)
最初と最後の「ロック!」に合わせて拳上げるのが
気持ちいいです。

少し間をおいて
ザンッ!って感じで楽器を縦に構えるフロント陣。
きましたー『Calvero』
このイントロの有江さんのベースの音が
最高に素敵でした。
太くて柔らかい音。これぞベースって感じ。
でも有江さん、まだ弾き辛いぃーっって顔して
弾いてましたけど(笑)

終わるとやっぱり盛り上がったフロアに
「今日一番の盛り上がりじゃない?」って(笑)
なんでしょうかね、、あの無表情であのスゴ技を
やってのける姿に
わーってなってしまうんでしょうかね(*´艸`)

ここで、、始まってすぐ位に
シンちゃんに対し「レモンティー」って叫んだ人がいて
それについてシンちゃんから。
「あの、、さっきのレモンティーって言うのは
昨日下北沢のCLUB Queって所で
俺が歌ったって話、、メンバーには内緒なんです。
そしてあそこのキャパとここのキャパとでは
全然違うわけで、、一部の人にしかわからないこと言うのは
辞めていただけますかー」って。

そしたらさわおさん「ちょっと聞きたいから歌ってよ」って。
PeeちゃんGtで伴奏弾き出すし。
するとシンちゃん、めっちゃ熱唱してました(笑)
可笑しかったのが、ここ絶対キメるでしょ、、って箇所の前で
歌うの止めちゃって・・
え?おしまい??って感じ。
さわおさんにもツッコまれてましたが
「疲れちゃった、、」ってゞ(≧ε≦o)
それくらいの熱唱ぶりだったってことですけど(笑)
得しちゃいました♪

「シーナ&ロケッツはシンイチロウごときが歌っても
カッコいんだな。
、、、35年前位かな、そんなシーナ&ロケッツを教えてくれたのも
ラジオからだった!」
からの『レディオテレグラフィー』
おぉ~
上手く曲紹介につなげて、、これには拍手!!

この曲の、、合いの手的なコーラス部分って
一緒に歌っていいものか・・
まだみんな遠慮してるのか
あまり一緒になって歌ったりはしてない感じですが、、
どうなんでしょ。
って、私もまだ歌詞とか覚えてないから
歌えず、、でしたけど。
次までには覚えて行こうかなー・・

ここからは「じゃーラブなソングを」と
まずは『Subtropical Fantasy』
いやぁ、、ここからかなり熱唱というか
じっくり聞かせるゾーン突入ですが
ホント聞き入ってました。
照明もまたきれいだったし。

『オレンジ・フィルム・ガーデン』では
なんていうか、、のけぞった感じで
下からジトーって舐めるように(笑)
フロアを見渡しながら歌ってて
ちょっと目が合いそうになるとドキッとしてしまいます。。
今日のラジオの話によると
バッチリ見えてるらしく、、ホントかな・・って
ますますそんなこと言われたら目反らしちゃうなぁ。。

からの『Kim deal』の流れが
改めて、、いい!
前回も思ったんですが
それ以上にこの曲をやってくれたことへの喜び的なものが大きくて
ワーって舞い上がってましたが
今回は、あーこの2曲の流れ、なんかいいわーって
ジーンとしてました。

ここでは特にMCはなく
ちょっと間をおく程度だったと思うんですが、、、
続いて『エリオットの悲劇』
ライブで曲を聞いて改めてじっくり解放の曲紹介を読んだりすると
より書いてあることが飲み込めるというか、、
で、この曲の「目が覚めるとサボテンになってた」って話
なるほど~って(笑)

『ブラゴダルノスト』は寂しげな感じが
沁みる曲。
こういう曲のGtソロはたまりません。

そして『カッコーの巣の下で』
この流れも大好きなところ。

汗拭いたり、お水飲んだりした後に
楽器置くさわおさん。
オォーって歓声上がってました。

で、イントロが始まると
ハンドマイクでモニタ上がったりしながら
「この歌何かわかる?」って
イェーイって拍手のフロアに「優秀だな!」
そしてイントロ一瞬止まって、、、
「14年ぶりのCome On,Ghost!!」
この始まり方はテンション上がります。

続いて、クラップハンズ煽ってきたりして
『I RIOT』
この日はあまり"寝返りたいヤツは手を上げろ"ってところで
手を上げる感じをあまりしてなかったなー・・
2番始まったくらいかな、、には
私のいた端の方まで来てくれて
ワーイ!ってなりました♪ヽ(´▽`)/

歌い終わると
「ハンドマイクって、歌ってない時どうすればいいんだろうね・・」
っとボソリ。
えーでもそんな手持無沙汰な感じは
感じられなかったですけどねぇ・・

「加藤さんだったらまぁ、参考になりそうな返事が返ってきそうだけど
間違っても増子さんとかに聞いたら。。
こんな感じとか(ってすっごい歌舞伎の睨みみたいな顔したり)
あと今だったら絶対こう(って耳に髪かけてやるヤツ←そんなこと増子さんしてたっけ?)
みたいなのやっときゃ間違いないとか教えられそうだよね(笑)」
で、最後は「今度パンダに聞いてみようー」って。
きっと不思議なダンスやハイジャンプとか
教えられるんじゃ?って思ったり・・(´m`)

「それでもカッコいいー」って声に
「みんな俺を甘やかしすぎだろう」って。

ここでメンバー紹介。
まずは有江さん。
赤坂BLITZEにお客さんとしては数回来たことあるそうですが
出演は初めてだったそうで
通用口が分からず、、迷いに迷った結果
ついに新井さんに迎えに来てもらうことに・・
時間的に既にお客さんもチラホラいたから
「あいつ迷って焦ってるよ・・って見られてたんじゃ・・」と。
なので「今後長いツアーそういうこともあるかと思うんで
その時はあっちだと思いますよって一声かけていただけると
うれしいで」とのこと(笑)

続いてシンちゃん。
アラバキの楽屋とステージとの移動についての話
、、なんですが説明しないといけない内容が
あれこれあり過ぎてなのか
なんかたどたどしいって言うか、説明難しくアタフタしちゃったので
とうとうさわおさんに「お前、どうした、話下手か?」
ってツッコまれる始末・・(笑)

で、「えーっと、、ちょっと落ち着いて聞いてください」
って言うと
前3人、ドラム台に座って聞くことに。

まとめると、、
荒吐ステージ裏にある楽屋からステージ脇にある前室まで
普通は車とかで移動するんだけど
ドラムはセッティングとかあるから
他のメンバーよりも先に移動しないといけなくて
で、シンちゃんは歩いて移動したそうで
そしたらお客さんからライブ行きます!って声をかけられるんだけど
何人もの人が、みんな自分の真正面から歩いてくる人ばかりで
改めて確認したら、逆方向に歩いていたと、、(笑)

「あの声かけてくれた人は(自分が反対方向に歩いて行ってるのを見て)
なんて思ってたんだろうね、、」って
そしたら「まさか出る本人が間違えるとは思ってないだろうから
何か事情があってそっちに行ってるのかって思ってたんじゃ?」って。
確かに・・
にしても、、そんな間違いについて「老いだな・・・」っと。

あと、"荒吐"ステージを"アラバキ"って言ってて
それ"アラハバキ"じゃないの?って言われると
シンちゃん曰く、、(フェスの名前が)アラバキだから
アラバキステージかと思ってたって。
それ聞いて「珍しい考え方の人だな、、」みたいなこと言ってましたが
実は私もずーっと長年、アラバキステージだと思ってました・・( ̄▽ ̄;)
そう、フェスはアラバキだけど、ステージ名はアラハバキなんですよね。。
あはは、

そしてPEEちゃんは
「えー、、私クラスになると、BLITZでのライブは
何回もやったことありますが
久しぶりに来たせいか、、今日は迷ってしまって
ついに三浦くんに聞いてしまいました・・(笑)」と。
Peeちゃん!!(笑)
「そういえば来るの遅かったよねー」って言われると
「、、、迷ってました(笑)」と。
こちらに対してもさわおさん、「老いだな」ってゞ(≧ε≦o)

そしたらPeeちゃん
「それすらもロックな話だろう~」って。
上手い!!
で、そこから『About A Rock'n'Roll Band』へ。
もう~なんなの、このうますぎる流れは(笑)
確かそのイントロ弾いてさわおさん
Peeちゃんがライブの最後にやってる
クマさんに楽器を渡す仕草を真似てましたっけ・・(笑)
もう1回改めて弾いて、、曲へ。

ここからは盛り上がる曲の連続なので
ホント楽しい。

『LITTLE BUSTERS』で大合唱!
そして『Strpll and roll』で
イェーオイェーオ と ランランラララン で
楽しく合いの手!
有江さん、ホント、楽しそうに歌ってますね。
もう何度目があったことか。
ありがとうございます。

ラスト!さわおさんの雄たけびがカッコいい
『Locomotion,more!more!』
カモン!54321の間も慣れて
今回はバッチリ!

「サンキュウべりーマッチ!ありがとう!!」

本編終了。

続いてアンコール。
「アンコール、サンキュウッ!」
そしてこれからやる曲についてのお話。

まだ行ったことがない土地があったのか、と
そこへ行くことができた喜びで
テンション上がって1番だけだけどすぐに曲が出来て
それを次の日のライブでやって
でもちゃんと仕上げたいなって思い
というのも、ツアーが楽しくて
いい思い出だったって感じに仕上げたくて。

なんか話し方がしんみりというか
思い出しながらゆっくり話すので
しんみりした雰囲気になってしまってて、、
なのでさわおさん「しんみりした感じになってるけど
曲はすごく楽しくて、、スカなんかが似合う曲なんで」って。

『エターナルトレジャー』
始まるとイントロでクラップハンズ求めてましたっけ?
松本で聞いて、いい曲っていうのだけは
覚えてましたが
今回2回目に聞いて、、また違った印象。
でも楽しかったって思いはすごくヒシヒシと伝わってくる
確かに、ファンにとってもうれしい気持ちになれる曲だなーと思います。

ラストは『Ready Steady Go!』
ワーッと弾けて終了~

「楽しかったかな。
これからまたあちこち周ってきて、、
気分がよくなって、きっとホテルとかでいつものように
新曲作っちゃうんだろうな~(笑)←若干ドヤ顔
みんなの大好物の新曲をまた持って来るから
そしたらまた遊ぼうぜ!」

そして「カーディガン着てるから暑いよ。」
そう、楽器のストラップのあとが
くっきり汗で浮き出るくらい、暑そうでした。
「でもオシャレはやせ我慢だから(笑)」って・・・
あはは。素晴らしい!!(≧▽≦)

久しぶり?でもない?に、、うさ耳して帰ってました。
PEEちゃんは親指立ててGOOD!って感じ
皆さんニコニコで帰って行かれて
こちらもうれしい限りです。

追い出しの曲中も
フロア一致団結じゃないけど、、ガッツリ手拍子。
すっかり恒例ですね。

そしてダブルアンコール。
さわおさん、カーディンガンさすがに脱いできてました(笑)
そして黒ラベル持参。
登場して、集まって、カンパーイって。
そしたらシンちゃん自ら背中の星見せてましたが
今回は特に拾ってくれてなかったな・・(笑)

ここで急にさわおさんがPeeちゃんに
「あのー真鍋くんは女性と男性どっちが好きなの?」って。
何を聞くのかと思ったら(笑)
Peeちゃん「もちろん、女性ですよ」
さわおさん「でもさ、いつもライブ前に
裸の太った男性の写真を眺めてるよねー」
あはは。
やっぱりこの話題でしたか。

Peeちゃん、思わず声ちょっと裏返って(笑)
「スポーツでしょー」って。
さわおさんいわく、、その眺めている方々と言うのが
まだ髷すら結ってないかなりマニアックな若手力士の写真なんだとか。
さらに写真だとバストアップで、上半身は裸だから
下半身も何も履いてないんじゃないかって思わせちゃうんだとか。
なので「長年の経緯で気持ちの変化とかあったのかと、、と思ってさ」って
確認したそうです(笑)
あ、ちなみに、その写真が眺められるのは
とある相撲アプリをDLしたからなんだとか。
ホント、大好きなんですね~

極めつけは「お前、今日のTシャツ何て書いてある?」
「DESIRE!!」 ※意味・・情熱
「ま、そんな俺もEROだけど」

いやぁ、、大笑いさせていただきました。
そして続いては、、、
「シンちゃんはQueではフィーバーしたの?」って聞くと
シンちゃん「まぁ、私だけですけど」って言うので
さわおさん「淋しい・・・」って。
いや、私も、同じこと思った・・
しかもシンちゃん、汗拭いたか何かで
髪の毛逆立っちゃってすごいことになってて
「お前なんて髪してんだよ。ズラずれちゃったみたいな、、」とか
言われてました(笑)

でもそのQueの前の日は宇都宮で
ということは、3連チャンなシンちゃん。
すると「私クラスになると、
もうどこに楽屋があるかなど全て把握しているので
(楽屋は2階らしい)みんなはさっき捌けた時も
上に上がってましたけど、、私はそこにいまして、、
会場入りしたときも(楽屋には行かず)
そのまますぐにサウンドチェックをして
その後に楽屋へ上がると。
そしたら、ライブ後に飲もうとコンビニで買った黒霧島を
そのままステージに忘れちゃって!」っと
横にあったコンビニ袋を見せるシンちゃん。

ただ、、「忘れたのに楽屋で気付いたんですけど
でもMCのネタで使おうってそのままにしてたら
(ローディーの)岡田くんが持ってきちゃってさ。
結局自分でもう1回持って降りる羽目になったんですけどね、、」って
小ネタがネタじゃなく偽装的なものになってしまったって。

Peeちゃん「省エネだね」
シンちゃん「そうですよ」
さわおさん「ロックバンドとは思えない会話だなだー
省エネだね、そうですよって、、
ロックバンドは全力でやってとかないんですか・・
とは言え、まぁ、言い方変えると、、ペース配分をね、、
これからツアーも長いし、、」
さわおさん、何だかんだと言っフォローしてあげてて
優しいです(笑)
あ、でもレモンティーは全力で歌ったそうです(笑)

「さ、客が引いてきたところで、、、曲やるか」
って言った時のPEEちゃんのタオルをサッと取って
準備に取り掛かるまでの素早さったら
ちょっと可笑しかったです。

最後は『No Surrendes』

ライブはきっちり2時間。
本編は90分。
短いようで、でも物足りなさは全く感じず。
いい流れのライブです。
・・・とある遠征。
帰りの時間心配してましたが2時間で終わるなら
大丈夫そう、、ってホッとしました。


<セットリスト>
 01.デブリ
 02.ロックンロールと太陽
 03.ROCK'N'ROLL SINNERS
 04.Wake up! dodo
 05.空中レジスター
 06.ターミナル・ヘブンズ・ロック
 07.Calvero
 08.レディオテレグラフィー
 09.Subtropical Fantasy
 10.オレンジ・フィルム・ガーデン
 11.Kim deal
 12.エリオットの悲劇
 13.ブラゴダルノスト
 14.カッコーの巣の下で
 15.Come On,Ghost
 16.I RIOT
 17.About A Rock'n'Roll Band
 18.LITTLE BUSTERS
 19.Stroll and roll
 20.Locomotion,more!more!

 EN1.
  エターナルトレジャー
  Ready Steady Go!

 EN2.
  No Surrendes


EVERYBODY NEEDS SOMEBODY [音楽]

6月にアラバキのOAが2Days分トータル10時間!であるため
それまでにハードの容量を空けなければ、、、っと
重い腰を上げ・・
とりあえず録画一覧だけは作った!(笑)
dvd2015.JPG

後はこれをどれとどれを組み合わせて1枚にするか決めて
(これが結構厄介。。)
その後はひたすらダビングするのみ。

はぁ。。いいかげん、Blu-rayレコーダーに変えたい気もしつつ
でも昔、Blu-rayレコーダーではDVDが再生できないから
今持ってるDVDが見れなくなる!?って言われて
えーそれは嫌だなぁ・・って思ったりもして
でも最近ではどうやら
たいていのモデルでDVDやCDの再生機能が搭載されてるらしく
・・なんで昔、そんなこと言われてたかと言うと
"ブルーレイディスクの規格において、DVDやCDの再生機能は必須ではない"
からだと思われます・・
どうしたもんか、と考え中です。

さて。
そんな5.14は
PUFFY 20th Anniversary
PUFFY TOURISTS社で行く PUFFYTOURS EPISODE 0
@豊洲PIT
でしたー
IMG_3039.JPG
IMG_3038.JPG

これは全く行く予定もなかったライブなんですが
数日前にご招待のお誘いを受けまして
PUFFYは曲結構好きだし
(多くのロックミュージシャンが提供したりしてるし、、)
20周年記念ライブなら楽しめそうだし行ってみようかな~って
お誘い受ける前にちょろっと思ってたりもしてたんで
ぜひぜひ!っと行ってきたわけです。

母親の誕生日祝いで
ちょっとお高いお弁当を夕食に食べるとかっていう
計画もあったようですが、、そちらはキャンセル。
すまぬ。
IMG_3048.JPG

PUFFYのライブ、、、ワンマンはもちろん初めてで
その他でもイベントでちょっと見たことはありますが
ガッツリPUFFYファンがいるってライブを見るのは
初めて、、かも。
全体的に女性が多めな感じでしたが
男性もそれなりに多く
でもってやっぱ年齢層は高め(笑)
同世代多めでホッとしました(´m`)
そりゃ、、20周年ですもんね。
IMG_3036.JPG
こういう、ファンからのお花
自分もいつか誰かでやってみたい。

IMG_3040.JPG
そりゃ、来るよね~
この日は私もキャンディストリッパーのTシャツだったし。

席は前方が席有で
後方がスタンディング
さらにその後ろにファミリーシートとして
スタンディングなんですが子連れ専用ゾーンがありました。
で。
主にそのスタンディングの人のみが
整理番号順で入って行く形なんだと思うのですが
やったら呼び出しに時間がかかってて
1時間開場から開演まであって
あのキャパでギリギリ50分くらいかかったの
初めてです。

なんであんなに時間かかってるのか、、
別にスタッフの手際が悪いとかでもなさそうだったし
謎でした。

とはいえ、あまりガッついてた訳でもないので
中入ってからもトイレ行ったり
スタンプ押したり
IMG_3046.JPG
いっぱいカメラ入ってて、、DVDになるのか?って思ったんですが
WOWOWでOAですか、、くぅ。。WOWOWか・・(-c_,-` )

写真撮ったりして開演前に中へ。。
IMG_3044.JPG

やはり結構な混雑ぶり。。
で。その混雑な中に
なんと!GLAYのTAKUROが普通に立ってたー(笑)
あ、もちろん、、周り数名のスタッフいましたけど
いや、でも、ビックリした。
そう、豊洲PITは2階席がなくって
関係者席ゾーンって普通に一般席の中に作るしかないみたいで
この日はたくさんいらしてたせいもあり
結構な関係者陣が普通に交じっていたようです。
私はTAKUROしか見つけられなかったけど・・

開演15分くらい押してましたかね、、
その開演前にライブについてのご案内があるんですが
今回のツアーが
"PUFFY TOURISTS社で行く PUFFYTOURS"って
タイトルが付けられているように
アナウンスは飛行機の機内アナウンス風に。
そうそう席もファーストクラス(席有)
ビジネスクラス(スタンディング)って
名付けられてました。
IMG_3041.JPG

そしていよいよライブスタート!
しかーし、、、ステージまったく見えん。。(ll'ェ')
あれ?豊洲PITってそんな見えにくいハコでしたっけ・・
ちょっと前に移動してみたんですが
かろうじて亜美ちゃんがたまーに見える程度
うーん、、ストレスたまる。。
で、結局もう1回下がってみたら
そっちの方がまぁ、まだ見えるかってことで
そこで落ち着きましたが
うーん、、なんなんでしょう。
混雑してないから始まっても詰めたりしないせいもありますが
すっごい見えにくかった。
ま。その後ところどころ巨大スクリーン(さすがPUFFY!)に
映像映し出してくれたんでよかったです。

ライブは、、後で言われたんで知ったんですが
どうやらこの20周年を記念したアルバム
「非脱力派宣言」の曲順だったそうです。
しかも全曲!!
あ、もちろん、途中何曲かは1番だけとか
一部だけって感じでメドレーっぽくなってるところもありましたが
おかげで20周年をまるまる体感できることが出来ました。
20th ANNIVERSARY BEST ALBUM 非脱力派宣言 (通常盤)

20th ANNIVERSARY BEST ALBUM 非脱力派宣言 (通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2016/04/06
  • メディア: CD


そして、最初は気づかなかったんですが
いや、ゲストで出るってことは知ってましたが
なんと!民生さんが頭からギターでしれ~っといたようで
何曲目かでスクリーンにチラッと映し出されて
あれ?って気付いて
おぉ~ってなりました。
その後MCでちゃんと紹介してましたが
そのすぐあとに、じゃー帰りますって帰っちゃって
(どうやら本当のゲストとして出るのはアンコールだったみたいです)
民生節炸裂で可笑しかったです。
にしても、「すごいよね、あのオーラを消す感じ」って
まさにそんな感じでした(笑)

PUFFYの曲、、それこそデビューしたての頃は
売れに売れてたんで
だいたい今でも歌えちゃうくらい知ってて
でもその後あまり聞き慣れない曲が続き、、、
「ここからディスク2になります」って言われた後の曲は
また、あー知ってるってなって
っというのも、、多分そこら辺から
いわゆるロックミュージシャン陣からの曲提供が続いたんではないかなーって
15周年のアルバム以降数枚は、私、なぜか持ってますもん。(※レンタル)

そのなかでも『誰かが』は1曲フルで演奏してくれたのは
うれしかったです。
すっごいよかったー
やっぱいい曲だな。

『秘密のギミーキャット~うふふ 本当よ~』が
かわいい曲で映像に目を奪われてたら
不意にワーってとこで銀テープ噴射!!
ビックリしたー
思わずワーって手、上げちゃったし(笑)
なんでしょ、、人間、上から何か降ってきたら
反射神経的に手を上げてしまうのだろうか、、
自分で自分がなんか可笑しかったです。

テープにはメッセージ。
IMG_3045.JPG
手書きになってるのが嬉しいです。

「辞めたいと思ったわけじゃないけど
20年もやるなんて思ってなかったし
それより、辞め時が分からなかった」

でも「10年くらい経った辺りから
1番大変なのは続けることだって分かってきた」って。

いや、ホント、何においても
この両方の感想はまさにそうだよなーって思えることで
なんかしみじみ実感してしまいました。

ラストにやった曲『涙を探して』って
聞いたことない曲で
さらに言うとあまりPUFFYらしくない感じもして
ちょっと不思議な感じがしたんですが
どうやら、、これは初音源化されたもので
(新曲ってことですかね、、)
さらに、なんと!フラカンが曲提供したものとのこと。
えー知らなかったー
てか、だからお花届いてたんですね。。
何でフラカンから??って実は疑問に思ってました( ̄▽ ̄;)
IMG_3043.JPG

ライブ後に配信されてたニュースに書いてありましたが、、、
「PUFFYっぽいものよりフラカンが歌っても違和感がないもの」
として作成されたようで
どうりでPUFFYっぽさを感じなかったんだなーと。

続いてアンコール。
ここで次なる20周年企画が発表されたんでしたっけ。。
今年1年はずっと20周年でやって行くので、ってことで
秋からのホールツアーのお知らせ。

さらには12/4にTOKYO DOME CITY HALLにて
20周年記念イヤーを締めくくるスペシャルライブ
PUFFY 20th THE FINAL「PAPAPAPA PARTY 2016」を開催!!
しかも、それは単なるワンマンライブではなく
PUFFYの2人が20年のあらゆるコネを駆使して(笑)
ゲストブッキング中という
ちょっとしたフェス?みたいなものになる予定だとかで。

ホールツアーはまぁ、おいといて
(自分の誕生日に1本入ってて、おっ!って思いましたが 笑)
そのファイナルはちょっと気になりますな♪

アンコールの曲1曲目は、、
実はベストアルバムに入ってて
まだやってない曲があるという、、、
それはテレビ番組「久保みねヒャダのこじらせナイト」とのコラボ曲で
『抱きたきゃ抱けばEじゃNIGHT☆』

オファーした訳ではなく
勝手に作って送りつけてきた(笑)曲みたいですが
作ってくれたことはとてもうれしいという1曲のようです。
ただ、、途中に合いの手的に
フロアにも声を出してほしい箇所があるそうですが
その単語がちょっと照れてしまうような言葉でして、、
ファミリーできてるお客さんも多くなったPUFFY
さすがにここはまずいかな、、って日は
別の単語に替えてやったって日もあったそうです(笑)

2分弱のアッという間の曲でしたが
楽しい曲でした。

そしてラストは民生さん再び登場!
「(出番が)頭とラストで、、暇だったー」なんて
感想言ってましたけど(笑)

その「初めてPUFFYでレコーディングした曲」
である『とくするからだ』を。
記憶がお互い曖昧なのか、、
ツアーファイナルになって「これでしたよね?」って
改めて確認して
「そうだったかなー」とか言ってて
可笑しかったですゞ(≧ε≦o)

っと、、気付は2時間30分くらい。
スペシャルなライブでした。
※素敵なレポは兵庫さんが書いてくれるみたいなので(笑)
 待つとします。。


オモシロMC覚書
・由美ちゃんはこのファイナルのために1週間お酒を絶ってきたそうで
 亜美ちゃん「大丈夫?ぷるぷる震えてこない??」

・亜美ちゃんは特にこれと言って、、
 申し込んでたヨガも結局2回?3回?しかいってないらしく
 しかもそのうちの1回は亜美ちゃんと一緒に行ったとか。
 しかもそれ、代金引き落とされてなくて・・
 「何、貧乏なの?」って言われて「いや、小金はある」って。
 カードの期限が切れてたそうです。。

・どうやらPUFFYは雨バンドらしく、、
 10周年の野音も雨、15周年の野音も雨、、
 今年20周年、野外も考えたけど、来るお客さんも歳を重ねていることを考えると
 屋根付きにしておいた方が、、、と今回は屋内
 で、結果、、いい天気。。
 「正直、朝起きて、晴れたの見ると、チッって思いましたよ」

・20周年についてイロイロ周りからお祝いされるから
 なんとなくその気になってきてるけど
 そんなこと言われなかったらいたって普通の日々ですよ、と。
 「スーパー行って、夕飯作って、、って」って言う亜美ちゃんに
 そんな所帯じみたこと言わないでって言われ
 「あ、そうだった。そんなとこ行かない。
  だってお手伝いさん50人いるから。お屋敷に住んでるんですよ」って
 慌てて言い直す亜美ちゃん(笑)
 それに対し、由美ちゃんは「私は文化住宅に住んでます、、、って
 文化住宅なんて知らないか・・・」って。

・1番だけとかしかやってない曲もあり、、
 「フルで聞きたくなった方は、、お出口出たところに
  CD販売中です」って上手に宣伝。
 ついてに、汗かいちゃったって人にはタオルも販売中ですとか
 いろいろ上手に宣伝してました。

・12/4の東京ドームシティでのライブ告知の映像
 場所はーって移った映像がなんと東京ドーム
 フロア、、「えぇーーーっ!!」って歓声
 で、その後どんどん映像が引いていってちょこんと脇に写った
 東京ドームシティ、ココって←書いてあって
 「ああ・・」って納得のフロア。
 「想像通りのリアクションだったよねー」って大ウケのお二人でした。
 いや、あれ、マジ、ビックリした(笑)

松本メモ。 [たわごと]

まぁ、観光ってほどいろいろ見て周った訳ではないのですが
着いた日のお昼と
翌日長野へ移動するまでの午前中
少し街を散策。

松本にはその前回来たときに
松本城へは行ったことがあって
でも何て言うか、、、
思ったほど大きくないなぁ・・って感想だったもんで
天守閣にも登らなかったし
今回も特にもう1回行こうとは
思ってなかったんですけど。

でもシミさんがすっごい嬉しそうに話してたから
思わず足のばしてしまいました(笑)
IMG_3022.JPG
あ、でも、やっぱり見たのは周りからだけ。
今回は前回とは逆に
裏をぐるりと周ってきました。
IMG_3021.JPG
白鳥がいた!
IMG_3020.JPG

そして見えますかね、、、
遠くの山にうっすらと雪が残ってるの
IMG_3023.JPG
この日はモヤってたのか
天気はすごくいいんですが
その遠くに見える山々が
絵画のように薄っすら浮かんで見える感じで。
すっごくキレイでした。

ホテルにあった散策用の地図
なかなかよくって。
へぇー松本市内ってこんなにイロイロ見て周れるんだーって。

まつもと100てんプロジェクトなるものをやっていて
 個店の魅力を店主自らが高め、
 松本の魅力的な場所・空間・市の文化的な施設・店を回遊する
 「歩きたいまち、また来たい松本」を提案する
 新まつもと物語の新しい活動
、、、らしいです(笑)

って言っても、、結局その地図に載ってるお店に
行ってみようーとか
「はしごチケット」って言って
そのまつもと100てんプロジェクトのお店でもらったチケットを
また別のお店に持って行くと
特典(サービス)が受けられるってチケットらしいのですが
を使ってみたり、、とかはしなかったんですけど
でもやっぱ、歩いてみようかなって
気にさせてくれたのは
なんか得した気分です。

着いた日に行ってみたのは
松本城に行くまでの川沿いに広がっている商店街
なわて通り。
IMG_3012.JPG
とてもレトロな雰囲気のお店が立ち並ぶ通り。
カエルがキャラクターらしく
いたるところでカエルの何かが売ってました。
IMG_3011.JPG

お昼はそこの通りにある SWEETというパン屋さんのカフェ。
ちょっと軽井沢とかにありそうな感じのお店(笑)
フレンチトーストが有名らしいのですが
お腹空いてたのでデザート系ではなく
サンドウィッチを。
SWEET.JPG
写メ撮らなかったんで、、お店のHPより拝借。
具がタップリで
思った以上にお腹いっぱいになりました。

あと、そこの通りをちょっと奥へ行ったところにある
小松パン。
ここはザ・昭和なパン屋って感じのお店で
値段も良心的だし
それなのに一つ一つのパンがすごくボリューミー。

ここは牛乳パンという牛乳クリームがはさまったパンが
有名らしく
翌日の朝食用のパンにと思い
もちろんそれ目当てで行ったんですが
売切れてて買えませんデシタ・・(;´д`)

翌日早朝に頑張って行こうかなっとも思ったりもしたんですが
日曜日は定休日で、、、
次回行く機会があれば
またチャレンジしたいです。

そして翌日は
ライブハウスもあった、大きな通りをまっすぐ歩いて行くと、、
松本市美術館。
いや、行こうと思った訳ではなく(笑)
歩いてたら自然と着いた、、ってだけですが
ちょうど松本市生まれの芸術家 草間彌生展をやってるらしく
IMG_3019.JPG
どどんっと外にもオブジェがあったので
IMG_3015.JPG
IMG_3018.JPG
ちょっとだけ立ち寄り。

自販機まで!
IMG_3017.JPG

で。
さっきも書きました、松本城まで頑張って歩いて
そこら辺でタイムリミット。。
結構駅から松本城まで距離あるのよね・・

お土産には松本城の天守石垣サブレ
IMG_3035.JPG
冷やすと美味しい♪

駅に戻りトマトジュース。
IMG_3024.JPG
信州はリンゴの他にトマトも採れるらしい。
でもこれ、有塩だった。。。(´+ω+`)
トマトジュースは無塩が好き。

いやぁ、、思った以上に楽しかったです。
長野は善光寺くらいしか行くとこないって感じですが
。。。って、知らないだけかも?
松本はイロイロ歩いて周れるスポットがあるようで
ぜひともまた行ってみたいです。

あ、長野の自販機は
アルクマくん
IMG_3027.JPG
かわいいー
IMG_3029.JPG


仲間と出会って居場所が出来た今気ままなリズムで踊り続けたいな [the pillows]

前日の松本から移動しての
5.8は
待ちに待ってたピロウズのツアー!
the pillows STROLL AND ROLL TOUR
@長野 CLUB JUNK BOX
でしたー
IMG_3032.JPG

松本から長野へは在来線で1時間位。
途中「姨捨」ってスイッチバックする駅を通るんですが←なかなか珍しい!今時!
その操作が完了するまでの間
何の気なく外を眺めてたら
スゴイ絶景で、、
後で調べたらどうやらこのホームから見下ろす善光寺平は
日本三大車窓の1つとして知られてるんだとか。
(しかも、川中島の戦いの場だって)
どうりで☆
もう1回通りたい(笑)

そんなこんなでお昼過ぎに長野着。
 ※お昼までの松本での観光(ってほどじゃないけど、、)は後日別記
行く先はもちろん、、、蕎麦屋で
この日は前日ちょこっと調べて探した
鴨南蛮蕎麦が有名な"小菅亭"へ。

熱かったので夏限定の冷やしにしてみたんですが
いやぁ、、美味しかったです~
IMG_3028.JPG

でもお客さんあまりいなくて
店内すごく広いのに
ガラガラで
なんでかなぁ、、、って思ってたら
どうやらお昼の部は私が入った後は終了していた模様。
出る時、看板「準備中」になってました(笑)
セーフ!!

そして駅に戻り
コーヒー飲みつつ休憩。
IMG_3030.JPG
 ※MARUYAMA COFFEは軽井沢が本店らしい。
  なかなか美味しかったけど、、お値段もそれなり・・(;´д`)

そうそう。
この長野駅、ライブでシンちゃんもMCで話してましたが
前回来たときとは打って変わって
ものすごーく素敵な駅ビルになっていて
ビックリしちゃいました。
IMG_3025.JPG

休憩スペースもタップリ
IMG_3031.JPG

仙台といい、、また遊びに行きたくなってしまいます。
ただ1点、長野駅なぜかICカード使用不可でして
せっかくチャージして準備万端だったのに
意味なし!
恐らくそのうちシステム整うかと思いますが
それだけが不満でした。

時間になり会場へ。
IMG_3033.JPG
この日はギリギリ2桁(松本もそうだったな 笑)
長野のJUNK BOXはステージ低く見にくいハコなんで
ギリギリ2桁みたいな番号ではいい環境望めないかな・・って
覚悟してましたが
思ったほど悪くなく
数回行った今までで一番見やすかった、、かも?

ちょい押し?でライブスタート。
シンちゃんはアラバキの時も来てた
黒のボーリングシャツ。カッコいいい!
Peeちゃんは白地に英語がドドンッ!って書いてある
Vネックだったっけ?のTシャツ。
さわおさんは音流大演会の時にも着てた
一瞬EROって見えちゃう(笑)Tシャツに
黄色のカーディガン。
PeeちゃんのTシャツとさわおさんのTシャツ
なんとなーく似てる気がします。
有江さんは不思議なデザインが描いてあるTシャツだったかな。

もちろん、1曲目は『デブリ』からスタート!
のっけからサビで熱唱するさわおさん。
熱いものを感じました。

そして『ロックンロールと太陽』
まだこの曲のときどうだったとかってとこまで
あまり覚えきれてないのですが
この曲は間奏のギターソロと終わりの有江さんの動きのあるベースに
注目したい曲ですね。
次回覚えてたらチェックしようと思います(笑)

続いて『ROCK'N'ROLL SINNERS』
イントロのドラム聞くとテンション上がります。
そして、 What do you want? はもちろんフロアに。

「あー久しぶりじゃないか!」
ワーって大歓声のフロア。
「アルバムを作っていた時から
早くライブをしたいって思ってたから
この日がずっと待ち遠しかったよ」って。
なんともうれしいお言葉。
「じゃー最後まで、仲良く楽しんでいこう」
だったかな?

そう言った後、耳に手を当てて
何か聞こえるよって感じの仕草。
打ち込みと言うか、、あの扉がシャキーンって
開く?音が聞こえて『Wake up! dodo』
何となくここから本編スタートってそんな気分。

次に『空中レジスター』
『ターミナル・ヘブンズ・ロック』と
ピロウズはアルバムの曲がだいたい10曲くらいだから
アルバム以外の曲もそれと同じくらいやってくれるので
うれしいです。

そして急に楽器を縦に構える
フロント3人。
はい、きましたー『Calvero』
これは、なかなかレアなんでは??
有江さん、楽器がGtに比べ長いってせいもありますが
かなり弾き辛そう(笑)
さわおさん、特にPeeちゃんの無表情でやってる姿は
スゴイの一言です。

思いのほか盛り上がったので
「カルベロが予想外に人気でうれしいね」って。
いやぁ、、あの縦にして弾いてるの見たら
ワーって興奮しちゃいますって。
でも「有江くんは訳分かんないよね(笑)」
有江さん「コピーして行ったらいきなりリハで
あーこの曲は、こうやって弾きますって言われまして、、」って。
きっとツアーが終わるころには
無表情で、、もしくはオモシロ顔?!(笑)で弾く
有江さんが見られそうな予感(´m`)

「俺たちの青春時代に、インターネットはなかった
だからロックンロールを知るのは
ラジオからだったんだ」
そんな言葉から『レディオテレグラフィー』
そうだよなー
昔は毎週やってたラジオのベストテンみたいなやつで
曲をカセットに録音して聞いてたなー
初登場だと全部かけてくれるんですよ。
あとその録音したカセットを何回も巻き戻して聞いて
歌詞を書き写したりして。
懐かしい。

ここからはちょっとジーンとくる
ラブソング続き。
まずは『Subtropical Fantasy』
実は、、この曲が一番印象が薄かった曲・・
あれ?こんな曲アルバムに入ってたっけ?って
思わず思ってしまったくらい。。(笑)
でもライブで歌詞をじっくり聞いて
誰かにこんな風に思われてたらいいなーとか
思ってしまったり・・(ノ∀\*)ははは。

そこからの『オレンジ・フィルム・ガーデン』
つい1ヶ月ほど前、いや2か月か、、に聞いた
SHISYAMOちゃんがカバーしたVer.のを
思い出してしまいました。
あれ、すっごくよかったから
もしやそこから感化されたのかなーとか・・

そして『Kim deal』
久しぶりすぎて、サビのコーラスの英語
忘れてしまってて
一緒に歌いたいのにゴモゴモさせながら
誤魔化してました(笑)
また聞き直して覚えて行こうっと。

本編でMCって、、あまりなかったんですよね。。
ちょこちょこっと
曲紹介っぽい感じで一言話すくらい。
でもって、曲と曲の合間のチューニング中も
シーンっとして静か。
で、さわおさん、自分で「さわおさーん」とか
呼んだりして。
それでフロアも「さわおーん」とか
「Peeちゃーん」とか呼ぶ声もチラホラ聞こえてきて。
毎度、ピロウズのライブのこのシーンとした感じは
クスリとしてしまいます(*´ω`)
でも変にワーワー言う声がかかるより
私は好きですけどねぇ・・
でもやっぱりワーって歓声上がって欲しいのかな・・

『エリオットの悲劇』はタイトルがいいですよねー
CDとかレコードで言うジャケ買いならぬ
タイトル買いしたくなる感じ(笑)

続く『ブラゴダルノスト』
ホリエくんと2人でやったライブで、、だったか
この曲はさわおさんが育った小樽市銭函の海のイメージで
作った曲って言ってたように思うのですが、、
それを聞いてから
この曲を聞くと頭にあの銭函の海の感じが
浮かんできます。
あの淋しげな感じがまさに曲の感じにピッタリで。
でもFCの会報に書いてる曲紹介には
そういうことは書いてなかったんですが、、、

そして『カッコーの巣の下で』
6/8拍子の曲ってテンポ自体は速く感じないですが
グッとくるものがあり
この曲も聞いて行くうちにどんどん盛り上がる曲に
なってきてる気がします。

さわおさん、楽器を置いてハンドマイクに。
イントロがループして鳴っていて
モニターに上がって身を乗り出しながら
「何の曲やるか分かる?」って
イェーイ!!って感じで歓声上がると
「優秀~(笑)」ってニコニコ。
「14年前の曲!」そうです、『Come On,Ghost』

おぉ~ってか、私、すぐに何かは
タイトルまでは浮かんでこなかったんですが
あー聞いたことあるよーっとは思ってて。
でも14年前の曲って聞いて
え?そんな古いの?って思ったすぐに
歌が始まり、え?この曲、そんな前になるの??って
なんかイロイロ驚きの連続でした。
にしても、この曲までハンドマイクでやることも
ビックリでした。

でも、、アルバム「Thank you, my twilight」って
2002年リリースだから、、
そうかーもう14年も前になるのかー。。。
はぁ。
時が経つのは早いですね(笑)

そしてこちらはハンドマイクでやるって聞いてた
『I RIOT』
カッコイイ!
歌詞に合わせ 手を上げろ! ってとこで
手を上げてるさわおさん。
きっとそのうちみんな上げるようになりますね。
The Birthdayの『LOVE SHOT』でチバさんが
さらばチドリアシ狼よ ってとこで
手を上げるように(*´艸`)

でもって、さらにさらに、その上げた手を
最前の人とかとハイタッチみたいな感じで
パンパンってやってて。
いいなー

Gt/Voの人がたまーにやるハンドマイクは
なんか初々しいっていうか
見慣れないせいかドキドキしちゃうってのもあって
テンションあがりますね。

「あー思いの外『Come On,Ghost』を知ってる人がいて
うれしいよ!(笑)
あの曲はね、、は14年ぶりくらいかな、、
Thank you, my twilightツアーの途中で
心折れてやるのやめちゃて以来。
あの当時はまだ今みたいにイヤモニを使ってなくて
そうすると低い音がうまく聞こえなくて
ちゃんと音が取れなかったんだよ
、、、あれ?今ももしかして取れてない??」

へぇーへぇーそうなのか・・
そんなにもやってない曲だったなんて。
私は当時はまだピロウズのライブは
1回のツアーで1本とかしか行ってなかった時代で
過去のブログを見たら
ツアーファイナルにしか行ってなかったようなので
ってことは、、この曲は聞けてなかったってことか、、、
じゃー初めてライブで聞いたってことですね。
うれしい!!(笑)

ここでメンバー紹介。
まずは有江さん。
「あのー私、長野が蕎麦が有名ってここに来て初めて気付きまして、、
実はここに今日来る前、東京で蕎麦食べてきちゃって(笑)
なので恐らく、蕎麦が有名な長野で食べず
東京戻ってまたどうでもいい蕎麦食べるんでしょうね」っと。
有江さん、麺類好きなんですかねゞ(≧ε≦o)

続いてシンちゃん
「この前長野来たのは、、多分1年前?2年前?
山中の誕生日にやった時以来になるかと思うんですけど
あれからそのわずか1、2年のうちに長野駅の変わりようったら
これは北陸新幹線開通に便乗して、、なんですかねー
自分とは全く関係ないですけど、うれしいです(笑)
えーっと、、また有江くんに
蕎麦食べさせないといけないから、また来ます!」
そうそう。
てか、そうか、さわおさんの誕生日の日に長野でライブやったのって
もう2年前(正確に言うと1年半くらい?)になるのか、、
いやぁ、、またしても
月日が経つのは早いっすねぇ・・

あ、話、反れましたが
そう、長野駅の変わりようったら。
いや、でもとっても素敵になっていて
ホント私も関係ないですけど嬉しいです♪

にしてもシンちゃん、
有江さんに蕎麦食べさせないといけないからって
なんか自分が有江さんの立場だったら
キュンとしちゃいそうな一言でした(*´艸`)

あとこれもここで言ったんだっけ、、
「今度トモフバンドで長野来るみたいだけど
そのチラシの名前が
大木温之(トモフスキー)、大木知之(Theピーズ)ってなってましたよ。」って。
これですね・・
IMG_3034.JPG

で、さわおさん
「名前の間違いは、俺に関して言うと
もうしょっちゅうで、、山中わさおって、、
でも俺は、あまり気にしてなくって
間違えられてもスルーするんだけど
なぜかスタッフとか周りがザワザワ気にしてるけど、、
でもそれって、知ってる人が聞いたら
あー間違えてるなーって思うかもしれない程度で
知らない人には分からないし
その間違えてるって痛い思いするの間違えた人だから
多分、大木兄弟も間違えてても怒らないと思うよ」

にしても、、
なんで"温之"⇒"トモフスキー"にしたんだろうね、、って。

そしてPeeちゃん。
「今日はこのツアー始まって、、2回目で
なんだか我々、初々しいですね」って。
いやいや、見てる側のお客さんも
まだノリ方つかみきれず、、、お互い初々しです(*´ω`)

「私は昨日長野に来たんですけど
いつもは長野に行くって言うと一大イベントのように
あそこ行って何食べてって予定立てるんですが
もう今回は何もしてません。
それくらい(長野に来ることが)当たり前のことになってきてます。
これからもよろしくです」
Peeちゃんが「ここ行こう」って調べたりしたところ
何処だろう、、って気になった人
たくさんいたと思います(笑)
美味しかった蕎麦屋さんとか教えて欲しいー

さわおさんからの一言は特になく、、
無言でギターを弾き始め、、、
スッと止めて、歓声はここだぜって感じで顔キリっとさせ
フロアからの歓声を待って、、、
『About A Rock'n'Roll Band』
でも少し始めたくらいで
「えーっと、、スミマセン。。」って
曲ストップ。イヤモニから音が聞こえなかったらしく
耳をトントンって合図して
再び、、、ニヤッとしてギターのイントロ。
さっきよりも大きな歓声と共に始まりました(笑)

そして「カモン!リトルバスターズ!!」
この2曲の流れ、テンション上がります♪
『LITTLE BUSTERS』

ここまで来たらあとはラストスパート!!
『Stroll and roll』
合いの手的なコーラスが楽しいです。
でもまだ完全に歌詞とか覚えてなくって
私 さあ行こう ってとこ 最高! って言ってるのかと思って
得意げに「最高!」って歌ってました(笑)
楽しい曲です。

これでラストかと思ったら、、
そうだ、まだガツンと盛り上がる曲が残ってました。
『Locomotion,more!more!』
これぞ、エンドロール的な〆の1曲。

カモン! 5・4・3・2・1! ってとこの
ちょっとした間がちょっと難しい。。
(何回かあったからそのうち慣れましたが、、)

っと
一緒に参加できる曲が続いて最高に楽しい気分で
本編終了。
話には聞いてましたが、、、だいたい1時間30分くらい。
意外と短め。

続いてアンコール
最近はグッズのTシャツ、着なくなっちゃいましたね。
いい感じに売れてるんでしょうか・・(笑)

アンコールでは、、会場限定でリリースしてる
シングルについて。
この曲は前回のツアーで初めて宮崎に行った時に
作ったそうで、
というのも、こんなにも日本全国周ってるのに
まだ行ったことない場所があったのか、、っていう驚きと
そこへ行けたことへの喜びで
1曲作ってしまった、それくらいうれしかったっていう
新曲をやってくれました。
『エターナルトレジャー』

歌詞がホントに、まさに、そういう内容になってて
なんかジーンときました。
まだそのCD買えてなくて
今は薄らとしか覚えてないんですが
いい曲だったなーって。

ラストは『Ready Steady Go!』
ワーイ!
楽しいー

「楽しかったな。
今回のアルバムは分かりやすいロックンロールな曲が多いから
ライブでも楽しめるんじゃないかな
これから各地を周って、
そしてもちろん、
みんなの大好物な新曲を作って、そしたらまた来るから
一緒に遊んでくれよ!
じゃーね!」

さわおさん、ホントうれしそうでした。

追い出しの曲は『Stroll and roll』
だったかな。

そしてダブルアンコール。
皆さん黒ラベル片手に。
で、出てくるなりその缶に書いてある☆を
シンちゃんのボーリングシャツのバックプリントにある星と並べて
三ツ星!みたいにして乾杯~って。

で、衣装の話へ。
アー写でもMV撮影とかでも
だいたいはさわおさんが、マネージャーと相談して
通販で(笑)買うらしいです。

シンちゃんはドラムだからあまり客席から見えないこともあり
ボウリングシャツとかがいいなって
いつもそういうのを選んでるそうですが
今回のは○○ってとこのボウリングシャツで18000円
なのにPeeちゃんのTシャツは500円!
まさかの送料込みで500円ってね、、
商売成り立つのかな(笑)」

って、Peeちゃん、モデルばりに
腰に手を当ててポーズ決めてましたゞ(≧ε≦o)

「(値段は)どっちかと言うと逆の方がいいんだけど(笑)
俺のもそんな高くなくて、、多分、3000円も
いってないんじゃないかな」

「でさ、そういう風にピロウズでは
何て言うの、、年取ったバイカーみたいな
(カッコイイ)イメージで選んでやってるのに
アラバキのTheピーズのとき
唐揚げ屋の黄色いTシャツなんか着ちゃってよー」
って言うと
有江さんも「絶望的に似合わないやつ」って(笑)

さわおさん「ああいうのはさ、
よっぽどオシャレな人じゃないと似合わないんだよ。
もしくは髭ちゃんの康一くん(コテイスイ)とかみたいにね
ブッとんだやつとか、、、」

「かと思えば、、アラバキはあの日すっごく寒かったんだよね
だからハルくんは革ジャン羽織ってて
かたや、黄色いTシャツだろ?
民生さんがこの気候なら服装何がいいかって
見に来てて、参考にならないって(笑)」
あはは。

でも、私、シンちゃんの黄色いTシャツ姿
あまり覚えてなくて・・
その"絶望的に似合わない"感じがイマイチ共感できずにいて
ちと残念です・・(・ε・`*) 。。
ステージ脇ではみんなザワついてたそうです(笑)

最後は『No Surrendes』
生き延びて また会おう!!

っということで、、2時間弱くらい
ライブ終了~
ここでは何か言いそうな感じも残しつつ
何も言わずに帰って行きました。


<セットリスト>
 01.デブリ
 02.ロックンロールと太陽
 03.ROCK'N'ROLL SINNERS
 04.Wake up! dodo
 05.空中レジスター
 06.ターミナル・ヘブンズ・ロック
 07.Calvero
 08.レディオテレグラフィー
 09.Subtropical Fantasy
 10.オレンジ・フィルム・ガーデン
 11.Kim deal
 12.エリオットの悲劇
 13.ブラゴダルノスト
 14.カッコーの巣の下で
 15.Come On,Ghost
 16.I RIOT
 17.About A Rock'n'Roll Band
 18.LITTLE BUSTERS
 19.Strpll and roll
 20.Locomotion,more!more!

 EN1.
  エターナルトレジャー
  Ready Steady Go!

 EN2.
  No Surrendes


いやぁ~素敵な2Daysでした。
で。
この日は新幹線で帰ってきたのですが
メンバーも泊まりではなかったようで
新幹線同じでしたー
、、、ってそりゃそうよね。だって私が乗った便かその次か、、しか
選択しない訳で。。

さらに待合室にさわおさんが座ってて
でもいるなんて思ってなかったから
横を通るときに「わっ」って気付いて
変にぺこぺこしちゃったら
なんかさわおさんもペコリってしてくれたように見えたので
マズイ、、何か言わなきゃ、、って
とっさに出た一言「お疲れ様です・・」
あちゃぁ・・・・
じゃなく、「ライブ最高でした~」くらいなんで
出て来なかったかね、、っと自己嫌悪(´+ω+`)
さわおさんも「おぅ」っとボソリと言ってたかなぁ・・
なもんで握手すらしてもらうのも躊躇い
そのまま通り過ぎてしまいました。
オシイ。

あ、で、ホームの喫煙コーナーには
Peeちゃんとシンちゃんがいたかな。
有江さんもいたのかな??

そして号車は全く違ったようで
それっきり、、でした。

っと。
ちょいほろ苦な思い出もできてしまいましたが、、、
(いつかリベンジしたいけど・・)
これからのツアー楽しみです♪


一寸先が暗闇だろうが蹴破りゃ朝日も顔を出す 西へ東へ南に北にゆくぜ兄弟怒髪天 [怒髪天(2010年~)]

あーあ。
GW終わっちゃいました・・
次の3連休は7月の海の日までないって
別に連休じゃなくてもいいですけど
祝日がそこまでないっていうのは
ちょっと悲しいです(・ε・`*) 。。

そんな5.7は
怒髪天ジャパニーズ中年隊
~YOU、50プラス1本やっちゃいなよ~
@松本 ALECX
でした。
IMG_3013.JPG

私的、怒髪天ツアー初日!
51本も全国ツアーやってくれるってのに
なかなか日程的に合う日がなく。。
このままでは7月のファイナルまで行けないーって
思っていたところ
ピロウズのツアーが発表されて
あれ?これだったら連チャンで行ける?って
今回土日でそういうスケジュールになってる日が多く
これはもしや、、(お互い)便乗作戦なのか??って(笑)

実際私も
片方だけなら遠征するのもなぁ・・ってところも
両方行けるならいいかも!って
すっかり乗せられて?!おります( ̄▽ ̄;)

松本でのライブは、、
数年前?のTHE BACK HORN以来ですかね。
行きはバスで松本も長野も行けるんですが
帰りが松本だとちょっとアクセス悪く・・。
でもそれは街全体的にそうなのか
THE BACK HORNの時もそうでしたが
今回も開演時間が早い!

会場はそのTHE BACK HORNの時とは違うところでしたが
どちらも同じ位のキャパのように思います。(250前後?)
今回は後で行くことを決めたので
FC先行ではなく
HP先行で取ったんですが
うーん、、、思ったほど番号悪くなく(ギリ2桁!)
FCでいい番号全然来ないので
むしろこっちの方がいい番号来るじゃない?って思っちゃりして
なんだかなぁ・・って感じでした(ll'ェ')

でもまぁ、小さいハコだったので
中入るとかなりいっぱいなイメージ。
とは言え、SOLD OUTはしてなかったようなので
ビックリするほどギューギューとかにはならなかったです。
ただ・・・終始ストレスたまる環境だったなぁ。。
何て言うか、、男性率高い?
なので結構周り背が高い人多くって。。
その上県民性なのか
穏やかな人多く
無理に押してきたりはしないもんで
そしたらこっちもグイグイ攻めたりできないし
あーもうちょっと寄ってくれると見やすくなりそうなのになー・・って
そんなことが続いてました。。

時間になりいつものSEでメンバー登場。
増子さんのシャツ、、昔のアルファベットのフォントに戻った??
あの丸字じゃないやつだったような。
シミさんの髪が金髪でツンツンモヒカン!!
でもシミさん坊主とかすっごい似合うから
すっごいカッコよかったです♪

「よく来たーっ」って櫛、、投げたっけ??(笑)
全く見えませんデシタ・・
そこからまずはアルバムと同じく
1曲目『天誅コア』からスタート!
カッコイイ!!

硬派な曲から一転?!
続いては『無敗伝説』
出だしからみんなで大合唱。
王子がいい顔して歌ってましたー
最近の王子はホント、シミさん張りにニコニコですね。
もう目が合ったんじゃないかってドキドキです。

そして早くも!『酒燃料爆進曲』
いやぁ、、ハコの空調のせいと言うか
多分、照明のせいかと思うんですが
既に熱い・・
てかずっと熱かった・・
メンバーも「熱い。。」って
結構堪えて感じでした(笑)
あ、坂さんの雄たけびは「行くぜ!松本ー」で
増子さんとかにちょっと「えぇー?!っ」て顔されてました。

ここら辺で最初のMC、、だったかな。
「いや、ほんと、よく来たね。
今日は電車で来て駅から歩いてきたけど
こんなに人いなかったぞ!みんなここ来ちゃったのか??」って。
あはは。
でも、確かに、こういう地方に来ると
あれ?今日、土曜(もしくは日曜)だよな?って
なのにお昼間の時間帯とかに
全然道に人がいなくって
結構ビックリします。

そして長野市には毎年のように行ってますが
松本でのワンマンは10年位ぶりなんだとか。
増子さん「そうか、俺がまだ40代、いや、30代の頃だったかもな」って。
思った以上にすごい盛り上がりで
「やりやすい!」って喜んでました(。・∀・。)

『明日への扉』はすっかりお馴染みの曲。
なのでイントロ聞くだけで
体が反応してノリノリになります。

『鰯ヘッドBOP』も楽しい曲。
今回のアルバム(ここ最近のって言う方が正しいですかね)は
みんながワーって歌ったり声出したりできる曲が
多くて楽しいです。

"カモンカモンドリーム"ってとこの
王子の歌い方が(手つきも)がかわいかったです。

「みんなで歌おうぜー」っと
『ドリーム・バイキング・ロック』
いやぁ、、ホント、楽しい。

増子さんも「ホント、楽しい!
やっぱライブはいいね」ってしみじみ言ってたし
なんてったって、「今日はこのツアー最高かもしれん」とか
言ってくれたりして
うれしかったです。

ここでだったかな、、、
松本についてのトーク。
坂さんに「松本と言えば、、なんですか」って聞いたら
「そうですね、、松本・・ちえこですかね」って。
増子さん「え?伊代じゃなくて?古っ!!」
そして「松本ちえこなんて言っても誰も、、」って
言いかけたとこでフロアを見渡し
「あぁ、、いるな、知ってる人。」って言ってました。
私はちょっと知らなかったけどー(笑)

シミさんは「松本城よかったよー」って言ってて
さらに「48になって最初に行った城が松本城なんだよ」って
うれしそうに。
「どんだけ城マニアだよ。でも、そうか、城マニアだもんな。
だって(松本に)着くなり、松本城に行かせてくれって。
髪はどうすんだよって聞いたら
それは後!って。まぁ、、そんな髪じゃ行けないもんな」

どうやらお客さんも松本城に行ったりする人いたようで
「天守閣登ったら7、8人位出会っちゃって(笑)
後でライブ行きますとか声かけられちゃったよ」って。
そんなことがあったもんで
オフィシャルのブログに
"ライブはもちろん、お城にも一緒に行きましよー!"なんて
書いてくれたりして
いいなー城で出会いたいなー(≧▽≦)

各地を楽しんでるシミさんに
「いいよなーそういうツアーならではの楽しみ方ができるのは。
奥野に松本には昭和テイストの喫茶店があるって聞いたけど
あいつの情報はだいたいあやふやで
店の名前すら分からないんだから
見るからにここら辺、そういう昭和テイストの喫茶店とか
たくさんありそうじゃない?どこだって話だよな」

そう、確かに、、そういう喫茶店、結構ありましたが
私、思うに、このライブハウスの横にあった
珈琲美学アベってお店じゃないかと思ったりもしたんですが、、

王子もそういう喫茶店
各地でよく行くそうで「気になるね」って言ってました。

このツアー
確か、、、タワレコでやった
リリース記念のインストアイベントでも
すごく昔の曲とかもやったりするって言ってただけあって
ホントに新旧入り混じったセットリストになってて
さらにうれしいことに
私の大好きな「武蔵野犬式」からたくさんやってくれてて
最高でした。

増子さん「昔の曲も今の曲と通じるものがあったりして、
まぁ、作ってる人が同じだから当たり前なんだけど」
そんな感じのことを言ってて
まさに、ここからの曲の流れが
新旧交互で、なるほど~ってくらい
同じようなテーマの曲が並んでて
いやぁ、、素晴らしいって思いました。

『全人類肯定曲』はかなり久しぶりに聞いたなー
OK~ってとこの振付って言うか、、、が
あれ?どうやってたっけ??って(笑)
曲の終わりにしてようやく、そうだそうだ
こうだったって思い出した感じでした。

そして、『NINKYO-BEAT』『69893』『吠-HOEROU-郎』
この流れ、ヤバかったー
増子さん、役者か!ってくらいカッコよくって。
『NINKYO-BEAT』でキッて空を睨んで
お控えなすってーみたいなキメポーズ
あと、途中、王子と背中あわせになってやったりして
そして『69893』のセリフのところ
とどめは『吠-HOEROU-郎』でしょ
いや、ホントにカッコよかったです。
所作っていうのか、立ち居振る舞いが
もう、ゾクゾクしちゃいました。

多分、もう1回松本の話をしてたと思うんですが、、
それとも最初の時に全部話してたんだっけか・・
ちょい記憶アヤフヤです。。
とりあえず分けて書いてます。

この辺りは空気がきれいで
精密機械とかの組み立てに向いてるって。
なるほど。
で、王子が「今日は使ってないけど
ギター工場があるんですよね」って。
増子さん「ここでそのギター使ってたら
ちょっとイヤラシイよなー
あえてこの日は使わないってとこが友康らしいよなー」って。

ここで再び坂さんに
「で、松本はどう?」って聞くと
坂さん「えーっと、、そうですね、精密機械を・・・」
増子さん「何同じこと言ってんだよ。
そうそう、知ってる?
坂さんは別名、俺の人間ICレコーダーだから。」
これ、笑えました(笑)

さらに城についてシミさんに
もっと詳しく教えてよって感じで
そしたら「最近はああいうお城にはたいて
鎧着てる人がいて、、
一緒に写真撮りたかったけど時間なくて撮れなかった」って。
そこから鎧話(笑)
増子さん「鎧、いいよねー俺欲しいもん。普段使いにしたい。
それ着てバイクとか乗りたいよね」
・・って、普段使いって、、(笑)

すっごい角とか突き出てたり
あと髭みたいな仮面?とか欲しいそうです。
あれはかぶき者だから派手なものほど威嚇していいんだとか?
「友康はギターが頭から突き出てるのかな?」って
それ、いくらなんでも
ちょっと頭おかし過ぎるでしょ、、ゞ(≧ε≦o)

ひとしきり盛り上がって
曲行きますか、、って。
で、『焼け木杭に火をつけろ!』について
一度はファンになったけど去って行った
そういう人だけを集めたライブ、1回やるかな、、とか言ってました(笑)

そしてそしてー『207』
おぉ~
超レア。
王子のギターソロすごかったです。

ツアー前から何度か聞いていた
『せかいをてきに…』
此処にいるお前と俺たちだけで ってところを
すっごく力込めてフロア指差して歌ってくれる増子さん。
グッときます。

『雪割り桜』『セイノワ』と
一つになれる曲が続き
いよいよラスト!

「人生いろいろあるけど
俺たちには音楽が、ロックンロールがある」って
そんな感じの話があり『歌劇派人生』
この曲の時、増子さん
宝塚みたいなシャンシャンするブーケっていうんですかね
そういうの持ってて
それを振る姿が可愛かったです(笑)

そして、例のインストアイベントでも言ってた
この曲でMV撮ってたら
絶対木の陰からひょこって顔だして、、みたいなシーンになってたって言う箇所
CD聞いてるだけでは
イマイチそのイメージが沸いてこなかったんですが
ライブでこの日見て、ここかーって。

そう、歌詞の中の「もちろん!」ってとこ
王子がもうめちゃんこかわいい顔してピック持った手を上げて
まさにその感じで言うもんで、、
やっぱ王子、かわいいっす(ノ∀\*)

いやぁ、、、最高でした。

続いてアンコール。
坂さん、王子、シミさんの順だったかな
一言ずつもあった、、かも・・(既に記憶が、、笑)

最後に出てきた増子さん
「さっきカッコいいとか言ってくれたけど、
楽屋戻って鏡見たら川合俊一みたいに前髪垂れ下がってって
ちゃんと言ってくれよ」ってちょっと恥ずかしそうに。
でもフロアからは
「それでもカッコいい!」って言われて
「はははは、、」って照れてました。

ラストは一歩ずつ前に進んでいこうって
『歩きつづけるかぎり』
始める前に、みんなの顔がちゃんと見えるように
フロアを明るく照らしてくれって
そして、もっと前に来いって
歌ってる時も身を乗り出して
手を差し出してくれたりして
うれしかったです。

ただ、、この時私の目の前に
背の高い兄ちゃん陣取られてしまい、、
結構圧迫されて
ほとんど前見えずすっごい残念。。(´;ω;`)

「ありがとう!」
「最後に一つ約束!生きてまた会おう!!」

いやぁ、、よかった。
いいライブでした。
増子さんもこれ位の人数がちょうどいい
しっかり手渡されてる感じがすごくするって。
しかもこのツアー1番の出来って言ってくれました。

そんな増子さん、
本編のどっかの曲の後
全力出し切り過ぎてヘロヘロになり
王子のギターソロできっと前に出て来たいだろうって
立ち位置譲ろうとしたけど
動けなかったって謝る増子さんに
全然気にしてないよって笑う王子
こういう関係、素敵ですね。

この後、予定してるのはファイナルを除くと
1回しかなく、、、
うーん・・6月に1回行きたいって気持ちが
フツフツと。
でもなー、、、行けそうな水戸も静岡も平日で
土日だと空いてるのは高知か高松
厳しい。。
か、郡山行くか、、、
もうチョイ考えます。

<セットリスト>
 01.天誅コア
 02.無敗伝説
 03.酒燃料爆進曲
 04.明日への扉
 05.鰯ヘッドBOP
 06.ドリーム・バイキング・ロック
 07.ソーシャル・スペクター・ブルーズ
 08.社会人ファイター
 09.可燃モノ
 10.全人類肯定曲
 11.NINKYO-BEAT
 12.69893
 13.吠-HOEROU-郎
 14.焼け木杭に火をつけろ!
 15.207
 16.せかいをてきに…
 17.雪割り桜
 18.セイノワ
 19.歌劇派人生

 EN.歩きつづけるかぎり

何かまたつくろう場所は残ったぜ 君と最悪の人生を消したい [音楽]

GW後半戦最終日
5.5は
宮下俊平生誕40周年記念
@新代田fever
に行ってきました。
IMG_3009.JPG

俊平さん、、私の中の認識では
TheピーズのMgさんで
baseの方。
これ、不思議なんですが、、、
Theピーズはバッドミュージックじゃーないのね。

そんな俊平さん、40歳のお誕生日イベント。
最近こういうスタッフさん絡みのイベントとか
増えてきたなー・・
それだけアーティストと一心同体ってことなのかなー

チケ発売段階では出演者は明かされていなかったんですが
ま、ピーズのMgってことでピーズは出るよなっと
なかなかワンマンに都合が合わなくて行けないことが多いので
ただそれだけでチケットを購入したところ
なんとなんと
後で発表された出演者が
予想を上回る豪華さ(*´艸`)
私にとってはかなりうれしいイベントとなりました。

新代田fever、、、最近はめっきり行ってなくて
イメージとしてはかなり小さいハコって感じでしたが
チケットSOLD OUTしてないせいもあってか
あまりギューギューの大混雑にはなりませんでした。
よかったー・・
初めて行った時の印象、、すっごいギューギューだったから。

私は50番台での入場。
でも既に2列目くらいまでズラっと人が埋まってて
3列目くらいの端の方で待機。
ふと後ろを振り返ったら
俊平さんが台の上に設置されている
王様椅子の上に
スーツ着てアフロのズラ被って座ってました。
その後も終始そこに座ってライブを見てた模様。

ちょい押しくらいでライブスタート。
まずは「音楽と人」編集長金光さんが出てきて
(ドリンクカウンター横のDJブース?)
司会進行とのご挨拶。
でも2回くらい登場した後はもう出てこなかったけど・・

開催にあたってbaseの社長
能野さんから一言。
俊平さんとの出会いは
専修大学に通ってたという俊平さん
 ※アイスホッケーのスポーツ推薦だったとか?
クマさんの弟子ってことで紹介されて
その後オモシロいヤツだからって自分のところで面倒見ることになって
進路をどうする(何の方面の仕事をやるか・・ローディ、Mgなど)って
あれこれ迷い、結局大学は留年して8年通って
今に至る、、、って感じ?

大学卒業する前に
自分の大学にミッシェルが学園祭で出ることになり
仕事で行ったって
ちょっとオモシロエピソードなんかも。

あ、で、baseに入る前は
ステーキハウスなんかでもバイトしてて
そこからなぜかオカマなんかもやったりして
最終的にはシンちゃんが一番親身になって
面倒見てくれて今があるとか?

そしてトップバッターは、、、DOSE!!
って登場したVoが
あれ?なんか変??
で、歌い始めてやっぱ変!!

なんとーVoはDOSEのMgさんである
清水さんがGtも弾く振りだけして
歌ってたというサプライズ?!
でもカツラで顔が隠れすぎてて
あまりバレてなくって
ちょっと失敗気味??(笑)

その後はご本人登場し
改めてDOSEのライブを。

全体的に、、ですが
やはりピーズファンが多かったのか
DOSEの時なんてちょっとかわいそうになるくらい
アウェイな雰囲気でした。

3曲ほど歌って終了。

続いて、、、ステージ上の転換では
うつみようこ&山本久士&クハラカズユキのトリオが準備中。
そしてステージ脇では
再び金光さんとはシンちゃんが登場。

以前はピロウズの機材車の運転なんかも
してくれてたことがあるというお話。
その時、渋滞にはまって
出口付近で後ろからゴツンってぶつけられたとき
俊平さん、何が起きたか把握し切れてなくて
「何ですか、今の、地震ですか?!」って言ったって(笑)

クマさんの弟子としてやってきたのに
誰一人としてローディーへの道を勧めなかったって感じの話の時に
「ドラムソロの前に機材の不具合を直してもらおうとしたら
あいつでてくるときに転んじゃってさ。
それでお客さん盛り上がっちゃって
俺はそれ(転んだこと)知らないから
自分のドラムソロで盛り上がってるのかと思ってよかったーって
後でビデオ見たら俺じゃないジャン!?って。
ま、そんなのもあって(ローディーには)向いてねーなって
思ってたけどね」

そんなこんなで
うつみようこ&山本久士&クハラカズユキ ライブ
この3人、すっごいよかったー
久土さんとキュウちゃんと言えば
MJQでお馴染みですが
どうも私、MJQはちょっと苦手な方なんですよね・・
久土さんが苦手かと思ってたんですが
どうやらそうではなかったらしい。
歌とかすっごい味があって素敵でした。
またようこさんとのハモりとか最高で。

まずはその久土さんメインVoで
『UFO』をやったんですが
すっごいゆっくりなテンポで
ちょっとゲテ物系みたいな歌い方にアレンジされてて
ここでのキュウちゃんのドラムがまたカッコいいんだ。

そして「俊平にラブソングをささげます」ってことで
そんな感じの曲を3曲。
『トンネル抜けて』は前にTOSHI-LOWがカバーして
聞き覚えがあったのでより楽しめました。

パンクっぽくよりアップテンポに仕上がった『恋をしようよ』も
すっごい盛り上がりました。

ラストは『満月の夕』
主にようこさんがVoでしたが
時々久土さんもハモりで入ってて
素敵でした。

今度5/30に代官山でライブを予定しているらしく
キュウちゃんしっかり宣伝してました。
行きたいなー・・

<セットリスト>
 1.UFO
 2.トンネル抜けて
 3.恋をしようよ
 4.満月の夕

壁面を利用してプロジェクターで
俊平さんのいろんな写真や
不思議なMVとか
あと30代最後のバンジー密着などなど
画像や映像なども流されていてました。

中には、、まぁ、あるとは思ってましたが
このイベントに出れなかった(自分たちのライブと重なって)
怒髪天メンバーや
イマイさんとチバさんからの
おめでとうコメントVTRもありました。

イマイさんからの俊平さん思い出話で
ロッソで郡山?に行った時
ライブ中にチバさんが(カンペの)歌詞を持って来てもらいたくて
「か・し」「か・し」って口パクで合図したところ
その日がちょうどバレンタインデーだったらしく
チバさんお菓子食べたくなったみたいです、、って
絶対そんなことないはずなのに
ステージ上にチョコ持ってきたって。
いやぁ、、大爆笑でした(笑)

清水さんからの俊平さんへの手紙を読むコーナーもあって
それは感動ものなのか
ちょっとたどたどしくて
さらにちょっと心こもってない感もあったりとで
なぜかクスクス笑いがおきてりしてました。

続いてのライブはjajouka
唯一これだけよく分からなかった・・
調べたところによると元ザ・日本脳炎ってバンドらしいです。

明かされてなかったand moreの一人として
まちゃまちゃも来てました。
「生まれてくれてありがとう!」とか
「俊平さんありがとう」って
宗教団体みたいにみんなで唱えたりしました。

あ、あと、そのオカマをやってた頃の
お友達なのか、、、
そんな感じの方もいらしてて
1曲披露してました。
・・・あとでカミングアウトしてましたが(笑)
そのうちの一人は金光さんが女装して出てたんだとか!
どうりで、1名はとてもきれいで歌も上手かったんですが
1名はうーん。。。って感じの方で
そうか、あれが金光さんだったのかゞ(≧ε≦o)

そしてお待ちかね、the pillows
この日のBaは小堀くんです。

そういえばさわおさん、キュウちゃん達がやってる辺りで
ステージ袖に現れて
時々ステージを見てました。
その時は昔のnoodlesのボーダーTシャツでしたが
本番衣装は赤黒?のボーダーポロになってました。

シンちゃんは後でもう1回出てきた
ピーズの時と
それから金光さんとトークで出てきたときは
サングラスなしでした。
ピロウズの時だけサングラスなんですかね。

「俊平、おめでとう~」から始まった1曲目は
やはりこれ、『Another Morning』
誰かの誕生日とか記念日とかに聞くと
こっちまでその曲プレゼントしてもらった気分になって
うれしくなります。

続いて『WAITING AT THE BUSSTOP』
ちょっと大人しめだったフロアも
これで一気にテンションUP!!

「あー俊平とはもう20年位の付き合いになるのかな、、
そうか、、40かぁ。。。」って
俺たちも年取るよなみたいな感じ(笑)
「忘れもしない思い出があって
あれは下北のCLUB Queでライブやった時
ここはこういう風に最前に柵があるけど
あそこは柵がないから
前の人がワッて押し寄せたりすると
モニターや機材が押されてしまったりすることがあるんだよ。

で、俊平に直してもらおうと思って
でもこっちも歌いながらだから
(アイコンコンタクトで)俊平、直してって感じで
訴えてたら
俊平、どうしていいか分かんなかったんだろうね
マイクスタンドに引っかかってるコードを
ペロンって直しただけで(笑)
もう、俺、それが可笑しくて笑っちゃってさ
もういい、分かったって」

続いては『I know you』
いつもお客さんに向かって
 だって嘘みたいなことも
 キミなら叶えそうだぜ ってとこで
指差しをしてますが
この日はもちろん、俊平さんに向かって。

さらに続く『Funny Bunny』
サビを歌わせることもなく
さらにここ最近では 僕らは それができる って歌ってるところ
久しぶりにオリジナルの キミなら それができる って
これも俊平さんに向かって歌ってました。

そんな感じでさわおさん、時折俊平さんのいる方向を見て
歌ってたりして
とても優しいまなざしでした。

俊平さんに向かっては
「俊平、居心地悪いだろ?
どうしていいか分からないもんな」って。
ライブ中に振り返ってみたりできないんで
どんな表情で俊平さんがライブを見ていたか、、
でもライブをやってる皆さんニコニコしながら(ニヤニヤしながら?!笑)
俊平さんの方を見たりしてたんで
きっといい顔してたんだろうな~なんて。

そう言えば始まってすぐに
「俺達今日はメジャー感あるなー」って言ってたんですが
あれはどういう意味だったんだろう・・

ここでメンバーから一言ずつ。
小堀くんはサラッと「サポートって形ですが
お祝いのライブに参加できてうれしいです!」

シンちゃんは「前に京都で
ホテル?(打上会場の話だっけ?)の場所が分からなくなったから
どこ?って聞いたら"よんじょうとりまる(四条烏丸)"って(笑)
オシイ!俊平、1本横棒多いよって(笑)
分かったからいいけど、、」
※正解は"しじょうからすま"
結局、1文字しか合ってないという(笑)
この話、最高!
でも確かに、読み方難しいですよね・・

さらにPeeちゃんは
「さっきまちゃまちゃが俊平はステージ袖で
ゆらゆら揺れて笑ってるって言ってましたけど
昔?って方のGtを手伝ってライブに出たとき
フッと見たらあいつ袖でユラユラしてるどころか
寝てたましたよ。」

さわおさん曰く「そうそう、あいつ?って病気かってくらい
よく寝てるよな。
前にピロウズの機材車運転してた時も
俺、助手席痛んだけど車
何か落ちたもの拾おうとして屈んだまま寝そうになってさ
俊平ーっっ!!って」

そんな俊平さん話に花が咲きましたが、、
さわおさん「これまでの話、誰も一つもいいこと言ってないのに
こんなにみんなに好かれるってね、、どういうことだろうね」
Peeちゃん「それはきっと可愛げがあるんだろうね、俊平には」
さわおさん「、、俺に一番足りないことだな(笑)」
そう言ってタオルで顔やら髪やら拭いた後に
お決まりの?!髪を整えるジェスチャーを
おすまし顔でやってました(笑)

『About A Rock'n'Roll Band』
イントロ弾き始めのギターは
止まった後ちょっと歓声がパラパラと
しかも尻上がりになったので
改めて弾いたりして。
でも2回目もそれほどワーットはならなかったんですけど・・
この日は全体的にやっぱりピーズ以外は
大人しめな印象でした。

ラストはここ最近では久々な
『Ready Steady Go!』
ワーイ!
楽しかったー

小堀くんもニコニコ楽しそうで
前ほど緊張感は感じられず
何回かさわおさんと向き合って弾いたりしてました。

<セットリスト>
 1.Another Morning
 2.WAITING AT THE BUSSTOP
 3.I know you
 4.Funny Bunny
 5.About A Rock'n'Roll Band
 6.Ready Steady Go!

ラストはもちろん、Theピーズなんですが
何やらセッティングのマイクの数が、、、
2本多い。
ん??って思ってたら

サプライズ!
N'夙川BOYSのマーヤとリンダが登場!!
ビックリしたー
「持ち時間10分!!」って。

まだ2人で1回しかスタジオに入ったことないとのとですが
せっかくなので出来立ての新曲やりますって。
でも一部分だけしかできてないんですかね、、
曲って言うか、、とあるモチーフと言うか、、な
不思議な感じの曲でした(笑)

にしても、リンダ、かわいかったです♪

その2人が引っ込む間もなく
ハルさんが出てきて
さっきマーヤとリンダが歌った新曲とやらを
その場でギターで弾き語り始めちゃって
2人もどこで切り上げていいか戸惑う感じでした(笑)

そしてハルさん、永ちゃんのモノマネ風で
じゃー1曲プレゼントって
永ちゃん曲の弾き語りカバー『アイ・ラヴ・ユー.OK』
そうか、だからギター持ってたんですね。
で、途中から
シンちゃん・アビさんも出てきて
曲に参加。

さらに永ちゃんモノマネは続き
バンドメンバー連れて来たって
ベースのウエノさんを紹介。
そう、この日はTheピーズ&ウエノコウジという
スペシャルVer.でした。
そう、ウエノさんどういうスタイルで出るのか
謎だったんですよね。

ハルさん楽器持たないで歌えるのがうれしいらしく
すっごいテンションで
歌ってる間の間奏部分とかに
いきなり腕立てしたりでんぐり返ししたり
フロアにも軽くダイブとかしたり
やりたい放題でした(笑)

ウエノさんは、、
いつもお酒飲みながらのライブが多いですが
シンちゃんもアビさんもだっけ?飲みださないから
自分もいつから飲んでいいのか分からず
結局、「素面でステージ立ってます!」って(笑)
なんとなーく緊張してる感じ?でした。

あ、楽器はハルさんのベースで
ハルさんが「俺の楽器もコウジ君が持つと
子供のおもちゃを大人がチェックするかのように
小っちゃく見える」って。
、、にしてもハルさん飛ばしてたなー
どうした?大丈夫か?って言われちゃうくらいゞ(≧ε≦o)

4人でやった曲は『どっかにいこー』
これは、、、さわおさんがよくピーズのカバーでやってくれる曲。
オリジナルがやっと聞けたよー
うれしい。
でもってやっぱ最高。
ウットリ聞いちゃいました。

続いてウエノさんがやりたいって言った曲だそうで
『実験4号』
これまたうれしい(≧▽≦)
ジーンときます。

ラストは『ニューマシン』で
ガンガン盛り上がり。
ハルさんフロアを煽って「出禁になっちゃえ」って(笑)

いやぁ、、4人Ver.のピーズ
よかったです。
ハルさんもなんか4人だとモテてる感じがするって。
「これからもコウジくん暇だったら
弾いてもらおうかな」とか言ったりして。

ここでウエノさんは終わり。
そして3人に戻って
(あーベース重い、腰痛いとか言ってました 笑)
まずは、、『Happy Birthday』を
ロック風に。
ここにケーキが登場。
「おめでとー!!」っと盛大にお祝いして
『好きなコはできた』

ラストは俊平さん
後ろからお客さんかき分けステージに上がり
俊平さんVoで『デブチャージ』
フロアに2回くらいダイブとかしちゃって
大盛り上がりで終了。

そして「皆さん、でてきてくださいよー」って感じで
ステージ上に出演者がゾロゾロと。
「これからは仕事で返して行きます」って。
3時間30分くらいですかね
全然長く感じなくあっという間に終わってしまったー

<セットリスト>
 1.アイ・ラヴ・ユー.OK(矢沢永吉カバー)
 2.どっかにいこー
 3.実験4号
 4.ニューマシン
   ~ハッピーバースデートゥーユー(俊平さんにケーキ贈呈)
 5.好きなコはできた
 6.デブジャージ(Vo俊平さん)

楽しいライブでした。
ありがとうございました。
改めまして、おめでとうごさいます!
IMG_3010.JPG


明日の行く先を僕等は考えるそれより誰よりも今夜を楽しもう [音楽]

GW後半戦
5.3は新宿のBEAMSでやってる
浅井健一さんの個展 『FRED & SUSAN』へ行ってみました。
IMG_2994.JPG
改装された新宿のBEAMSの一角にある展示スペースに
「FRED & SUSAN」という作品集の中の原画が展示されていました。
特に入場料取るわけでもなく
お店に立ち寄ったついでにフラっと見れる感じになっていて
その他関連書籍やグッズも販売されていました。

原画は色鉛筆みたいなので色付けされていて
とっても素敵でした。
その他ギターやステッカーが貼られた家具?みたいなもの
展示されてて浅井健一ワールドが展開されていました。

一つグッズでおっ!って思ったものがあって
店員さんに「それ本日入荷したばかりなんですよ」って
言われグラグラと誘惑に負けそうになったんですが
お値段がかなりお高かったので
グッと我慢。。
猫ちゃんとギターのモチーフが付いたキーホルダーみたいなやつ。
カッコよくてかわいくて今思っても買えばよかったかなーとか
思ったりしてるんですが・・
Sexy Stones Recordsさんの商品は造りもしっかりしてると
言ってましたが、、、いやぁ、、1万円近かったんでね(´+ω+`)

その代り、、じゃないですが
ポスターサイズのフライヤーを
もらってきました。
IMG_2995.JPG
写真じゃ大きさ分かり辛いですが、、
これA2サイズくらいあります。

期間は6/7までなので
また機会があれば覗きに行ってみようかな~っと
思います。

そして5.4は
KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016“風の果てまで”
@アクトシティ浜松 大ホール
でしたー
IMG_3004.JPG

4月は行けなかったせっちゃんのツアー
いよいよ終盤らしくこの日は55本目/67本中とのこと。
私もこれが終わったらラストの武道館のみとなります。
まだまだって思ってたのに、、

今回のツアーではビックリ!な素敵な席は来なかったんですが
でもほぼほぼ平均してそれなりの席で
(げー悪いよーってのが一つもなかった)
そんな中でもこの日は今までで一番前の方で10列目。
しかもほぼほぼど真ん中!
そこまで大きくないホールでの10列目は
かなり近くて
結構これでもドキドキな感じでした。

セトリは変わってないので、、
ラストの武道館で最後の感想を書くとして
今回もサラッと済ませたいと思います。

その前に、、浜松は
IMG_3002.JPG
何度か来たことありますが今回は少し始まるまで時間が合ったので
お昼のお店をどこがいいかな~って調べて行ったんですが
さすがはGW!!
さらにこのGW中浜松ではお祭りが開催されてるということもあり
すごい人人人。。。。
結果、行こうと思ってたお店は1時間30分待ちと言われ
アッサリ撃沈(-c_,-` )
ショッピングエリアにあるフードコートの
スガキヤで質素に済ませました。。
IMG_2997.JPG
クソー・・
いつかリベンジしてやる、「さわやか」のげんこつハンバーグ。

お祭りは結構大規模で
そこらじゅうに若者がお祭りスタイルになっていました。
IMG_2999.JPG
IMG_3001.JPG

そんなこんなでせっちゃん、ライブ。
IMG_3003.JPG
かなり出だしからテンション高いお客さん。
手拍子率ハンパなし。。
でも正直これに馴染めない私・・
なんか田舎クサイっていうか
演歌じゃないなんだからって思ってしまうんですけど。
なので絶対に一緒になって叩いたりしない
頑固者のデス(-ω-`)
※もちろん、ここはーって時は叩きます

最近は最初のメンバー紹介で
「じゃ、○○でお届けします~」ってウソのバンド名は
言わなくなったんですかね、、(笑)

弾き語りコーナーになって
なかなか座らないお客さんに
「えーっと、、座っていただいていいんですよ。。
同世代が多いと思いますので椅子の有難味を
実感する方も多いんじゃないかと、、」って。
せっちゃん自身も、そうだそうです(笑)

ここでやっと最初のMC。
さっきも書きましたが今回が55/67ということですが
不思議なことに今でも毎回
新鮮な気持ちでライブがやれてるそうです。
すごいなー・・・もう7ヶ月ですか、始まって。

そして浜松について。
この日はお祭りやっていたので
「浜松のお祭りはどういうの?」って聞くと
フロアから「凧あげる!」って声。
「え?凧あげるの??へぇー、、、あぁ、、そうですか。
お祭りだから何でもアリってことで
この日は男がパンツにウナギ入れてどっちだ?っていう
そういうのは、、、ないんですね、、(笑)」って
なんだ、それゞ(≧ε≦o)

せっちゃんは昨日のうちに浜松入りし
さくっとウナギ食べに行ってホテルに帰ったそうですが
やはりウナギのおかげか
ムラムラとなり、、2回ほど抜いときましたっと。

若い!って声に
「そうなんですよね、、今年で50になるんですけど
自分でも50になってまでそんなことしてるとは思ってもなくって・・
でもきっとみんなやってるんでしょ
俺のオヤジも50の時って言うと自分が中2くらいで
絶対やってたよ
だってエロ本隠してある場所知ってたもん。

あの、、ネクタイピンの入ってる引出しを全部引き出した奥にね
洋物の白やら黒やらのお姉ちゃんたちがね
親子二代でお世話になりました(笑)

でも実はオヤジがこんなの見てちゃだめだって
オヤジにだまって裏の林に捨て行ったんだよね
(オヤジは)もう死んじゃったけど
きっと死ぬまであれは何処に行ったのかなって
きっと謎だったと思ってたと思うんですけど・・(笑)
それがよかったのか悪かったのか、、、」
この話、可笑しかったなー
音さんのエロ本の隠し場所と
自分もそうですが父親も洋物が好きだったって話は
前に聞いたことあったんですが
その続きというか、、捨てに入った話は初めてで
なんか微笑ましいエピソードです(笑)

ここの弾き語りコーナーの前はせっちゃん一人ですが
イロイロ話してくれる時間で
でも本編のMC、結局これくらいだったかなー

弾き語りの曲は
「そう言えば今回この曲やってなかったなー」って1曲で
『劇的な瞬間』
タイトル言わずにギターをゆっくり弾き始めて
歌い始めて、、おぉーって感じでした。
最後の盛り上がるギターは圧巻!!

あの弾き語りコーナーいいわ~
シングル買わないつもりだったので全然チェックしてなかったんですが、、、
今度リリースされる新曲、詳細調べてみたら
自分が行ったライブの弾き語りコーナーの音源が入るらしく、、、
さらに初回盤にはもう数曲も付いてくるって
上手いなぁ・・・欲しくなるじゃんね。。

『青い光』ではせっちゃんがユーフォニュウム?
小さいトランペットみたいなのを吹いて
ギターは弾かず、、なアレンジに。
ギターを後ろに下げてたんで
いつか弾きはじめるのかって思ってたんですが
結局それは次の曲をスムーズに始めるための準備だったようで
この曲ではまるまるギターは弾いていませんでした。
あそこで金管入るの、いいですね。

あとこれもこの曲でしたかね、、、
真壁くんはギターを弓で弾いたりしてて
曲が狂った雰囲気なのですごくマッチして素敵でした。

そこから一気に雰囲気が転換する
『Summer days』では
堀江さんがバンジョー?みたいなの弾くので
前に出てくるんですが
もう、すっごい楽しそうにニコーって笑ってやってて
こっちまでテンション高くなってしまいます。

『アバリヤーリヤ』の不思議な振付のところでは
真壁くんやBaの寛くんもかけ声をしてるんですが
せっちゃんがオモシロがって言う「チ○ビはーいやー」ってのは
なぜか言ってなかったり・・。
毎回あの時に
もっともっと!って感じで手で煽ってくる仕草が
可愛くて(笑)

それにしてもここからラストへ向かう
盛り上がりがすごくって
改めて、、今回のツアーのセットリスト
この流れと言うか、構成が素晴らしいと思いました。
ある種映画とかミュージカルでも見てるかのような。

歌詞が映像に映し出される
『歩いて帰ろう』はすっかりお客さんに歌わせる部分増え
せっちゃん、ステージの右に左に動き回ります。
この日は最前の人にハイタッチとかしてた!
(あ、でもお客さんの方が低いからロータッチか?笑)

『何処へ行こう』も前回位から
イントロのタララタララタララ~ってとこが
パワーアップしてて
それがまた曲が始まった時にワーって感じになる役割もしてたりして
そうやって曲は育って行くんだな、、って感じ。

ラストの『時が経てば』
この日は絶望的な雰囲気よりも
世の中に対する怒りみたいなものが感じられるくらい
やけに力入って歌ってたように思いました。

本編終了。
続いて、、アンコール
「楽しんでますかーっ」って言った後すぐ
お客さんが何か答える間もなく
「楽しんでるみたいですね。」って言ってくれたのが
なんかうれしかったです。
「浜松めちゃめちゃノリがいいぜ!」って。
いや、ホント確かに、、
曲のサビなどで手上げてる人多かったし
でもステージ上にもその雰囲気伝わってるのは
うれしいですね♪

『Endless』の後
「えーと、新曲やります!
「不機嫌な果実」っていうイヤラシイドラマの主題歌になってます」
っと、、『マディウォーター』
不機嫌な果実、、、誰が出てるんでしょ・・
新曲はそのイヤラシイ雰囲気のある仕上がりで
うーん、、まだいい曲!っとまでは
あまり思えない感じデシタ。。(笑)

ここから長いMCタイム。
ここではメンバーも一緒なので
ほぼ、せっちゃんによりメンバーいじりの時間です(笑)

寛くんはすっかりいじられ役(前で言うフジイさんポジション 笑)
「初体験いつ?」とかまで聞かれて
また素直に応えてて(どこまでホントか分からないですが)
「中1です」って、、
「へぇ、、あ、それは、、
あまり深くは聞かない方がいい感じのですね」って

せっちゃん曰く、
ベーシストは低音でずっと振動が脳に伝わってるから
たいていオカシイぶっ飛んだ人が多いって
でも・・別に中1からベースやってた訳じゃないですよね。。
ってことは、、
やっぱ普通の恋愛ではないってことですかね。。(笑)

さらに独身なんだそうですが
優しいから腕枕を腕にあざできるくらい
ずっとしててあげるそうだけど
でも本心は早く帰ってくれないかなーって思ってるって
優しいんだか酷いんだかな情報( ̄▽ ̄;)

浜松の女性とは一緒に餃子食べたって思い出はあるけど
それ以外はあまり覚えてないそうです。
そう、私も調べて知ったけど、浜松って餃子有名なんですねぇ・・
せっちゃん、「栃木の宿敵」って言ってました。

続いての豊夢くんにも
そのまま腕枕の話題で、、
豊夢くんも腕枕はずっとしてても苦じゃないし
早く帰って欲しいとかも思わないって
それに対しせっちゃん「まぁ、腕、(ドラマーだから)
太くて強いからねぇ、、」

そしてよく話題に上がってる
同じ専門学校で、20年以上の付き合いで
さらに同じ女を取り合った話されてました。
ホント、せっちゃん、Sだよなー・・

次に堀江さん。
堀江さんと言えば、、、
各地の女性の悪口を言うってことになってますが、、
浜松の女性の悪口は言ってなかったですが
昔、うなぎパイたくさん食べさせられたって。
「きっとムラムラさせたかったんでしょうね・・」って。
せっちゃんも「うなぎパイはあのネーミングで8割売ってるよね、
あれなかったらブルボン辺りで出してそうだもんね」って。
なるほど。

あ、あと、静岡と浜松は仲悪いから
浜松で静岡の話しちゃダメって
へぇーそうなんですか。
まぁ、どっちもそこそこ栄えてるますからね。
でも浜松って静岡って言うより
名古屋寄りなイメージで
県で言うと、そうか、静岡なんだって
意外と驚く感じです。

昔、一時期山梨に住んでたというせっちゃん
やはり静岡の人は山梨なんてー、、、って上から見てるとこあるって
なんせ、山梨に比べ
新幹線通ってるし富士山キレイに見えるし
お茶やらうなぎやら日本人に好きなもの名産にあるし、、って。

最後に真壁くん
うーん、、なんだっけ、、特にツッコまれてなかったなー
静岡に知り合いとかいないって。

新曲あったので
いつもアンコールにやってる2曲
1曲減るのかな、、って思いきや
いつも通りにやってくれて
しかも『ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー』の
最後のソロコーナーもしっかりあって
、、前回よりきっちりまとまっててすごくなってた!
本編終わり時計見たら19:20だったんですが
アンコール終わったの20:30って、、、
すごくない?

っと、もうあと残り1本しか見に行けないのが淋しいくらい
今回も楽しいライブでした。

帰りは新幹線にて。
IMG_3006.JPG
IMG_3005.JPG
お土産もたくさん。
IMG_3008.JPG

思わず音楽の街ってことで買ってしまった、、、
IMG_3007.JPG
超ミニながら、ちゃんと1オクターブ吹けるすぐれもの。
久しぶりに吹いたんですが、、、
意外とハモニカ、苦しい・・

<セットリスト>
 01.あこがれ
 02.ワンダーランド
 03.君の顔が好きだ
 04.攻めていこーぜ!
 05.ウサギとカメ
 06.夢の果てまで
 07.Player  
 08.劇的な瞬間(弾き語り)
 09.恋(弾き語り)
 10.シンデレラ
 11.青い光
 12.Summer days
 13.アバリヤーリヤ
 14.さよならキャディラック
 15.傷口
 16.やさしくなりたい
 17.歩いて帰ろう
 18.何処へ行こう
 19.時が経てば

 EN.
  Endless
  マディウォーター(新曲)
  ずっと好きだった
  ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー