So-net無料ブログ作成
検索選択

明日もまた憎しみ合うなら今日は抱き合って遊ぼう [音楽]


The Birthdayの結成10周年を記念してリリースされる
ベストアルバムの収録曲が発表!
されましたが、、
うーむ。。結構シングル中心ですね(;´д`)
まぁ、ベストアルバムなんで
仕方ないかと思いますが
自分が投票した曲は2曲収録されてました。
オシイッ!(笑)

さて。
そんな7.28は
MANNISH BOYS 3ケツversion(斉藤和義×中村達也)&堀江博久
@Zepp DiverCity
でした。
IMG_2435.JPG

MANNISH BOYSのツアーファイナル!
せっちゃんにしては珍しい?!
でも達也さんだと割とよくある(笑)
18:30開場/19:30開演。
これホント助かります。
おかげで定時退社(ちょっと残業もした!)でも
余裕~で間に合いました。
てか、番号1300番台だったしね。。。(-ω-‘)
今回はFCでの先行はなく
各HPでの先行だったからですかね。
でも横浜はあのキャパ・休日でそこそこな番号だったけど・・

でも当券出てたくらいなので
中はさほど混雑してなく
始まってからも敢えて前には詰めずにいたおかげで
かなりいい感じの視界で見れました。
せっちゃん側なんですが
斜め向かって正面に達也さんが向いてる感じ。
この角度最高!!
せっちゃんもこの日は足元までよく見えたし。
細身のジーンズを折って履いてるの
かわいいですね☆
でもって髪、横浜で見た2ケツの時からすると
切ってたかも。
達也さんは相変わらずな反り込み入りの短髪でした。

まずは2ケツVer.でライブスタート。
セトリ何とか拾ってきましたが
果たしてあってるかどうかはちょっと不明。。
横浜と見比べると
順番結構変わってますが
割りとやってる曲は同じかも?

せっちゃんはアンコールでハット脱いで
Tシャツになったけど
本編中は変化なし。
それに引き替え達也さんは
まずサングラスにハットにシャツで登場
すぐハット脱いで
その後シャツ脱いでタンクトップに
で、次はサングラスをメガネにと
イロイロ変化を(笑)
あ、もちろんアンコールではTシャツに。

そんな達也さんの髪型を見て(おまけにサングラスしてるし)
せっちゃん、、「ますます・・な感じに。。(笑)
そろそろカミングアウトとかしちゃうんじゃない?」とか言って
そう言われとそっち系に見えなくもない。。って
思えてきちゃうから不思議です。

すると達也さんが「和ちゃんもすれば?」って
感じで言うと
せっちゃん「俺は眉がハの時だから
そういう髪型もサングラスも似合わないんだよー」って
言っててかわいかったです(笑)
でも、あーなるほど、、って
納得しちゃったり(´m`)
そこからボソっと「バカにすんなよ」って言って
その曲に行くかと思いきや、、違ったんだっけか。

3ケツVer.になるときに
達也さん1ケツ、せっちゃん2ケツ
「じゃーあんたたちは?」ってフロアに
「酸欠!!」って答えてて「なるほどー」って
感心されてました。
で、その3ケツ、堀江さん登場。
堀江さんもちゃんとあのお揃いのハット
かぶってました(結構すぐ脱いじゃってたけど)
曲は『曲がれない』から。
やっぱ音数増えると楽しいですね。

『Oh Amy』だっけな、、すっご熱い演奏タイムがあったの。
ギターソロもドラムソロもあと堀江さんのキーボード?ソロもあって
すごかったです。

3ケツVer.から発売された新しいTシャツのイラスト
2匹のトラ?がステージ上にもバックドロップであって
それ見てせ「これ何?」た「お稲荷さん」
せ「それなら俺も持ってるよ。暑いから○○で」
た「楽屋にブラジリアンワックスとか置くのやめてくれる?」
せ「あの、、、」って何か説明しようと
したんですが「いいや、やめとく」っと自粛(笑)
でも、た「あれで毛抜くと長く見えるってやつ?
・・・(お客さん)ドン引きしてますけど??(笑)」
せ「なによ。好きなくせに(笑)」
そんなやりとりも。

でも本編のMCそれくらいだったかな・・
MANNISH BOYSの時は結構少な目な印象です。

後半の怒涛の熱い曲連発が
とってもカッコよくって
最高に楽しかったです。
『GO!GO! chery boy!』はやっぱ好きだなー
この時せっちゃんがヒロトをマネして
あの特徴的なジャンプもどきをしたり
でも思ったほど飛べないから
飛んでないけど足の形だけマネしてみたりしてて
それがおかしいやらかわいいやらで
ホント最高でした。

どっかでコール&レスポンスもあって
最後はもちろん、『MANNISH BOYSのテーマ』

そしてアンコール!
せっちゃんは「曲がれない」のブルーのTシャツで
達也さんがさっき話題にも出たお稲荷さん
じゃなくってトラの白Tシャツで
堀江さんが黒Tシャツだったかな。
横浜の時も思いましたが
このTシャツは"和"な感じのロックなテイストだったので
ちょっと心惹かれたのですが
終演後はすっごい人だったので止めました。。

まずは『I am Dandy』
2ケツの時にあのオケの部分
堀江っちいないからみんなで歌ってねーって言われて
パーパパパーって歌いながらやったんですが
堀江さんいてもやっぱりあそこは
パーパパパ―って歌でした(笑)
堀江さんも歌いながらBa弾いてたかも?!

そして「次の曲は達ちゃんから
紹介してもらおうかな」って言うと
「有名なドリームをやります。
MANNIS BOYSの坊やたち行くわよーって」
シーナさんの言い方をマネして言う達也さんの
紹介から『ユー・メイ・ドリーム』
わーヤッタ!
横浜では聞けなかったから。
ちょっと苦しそうな感じもありましたが
素敵でした。

ラストはチリンチリンって「乗ってく~?」って
『あいされたいやつらのひとりごと』

最後端っこ・センター・端っこって
ちゃんと3人であいさつに来てくれて
うれしかったです。

<セットリスト>
 01.Dark is easy
 02.ボンクラゲ
 03.猿の惑星
 04.いとしのジェニー
 05.The time has come
 06.本を捨てるなら雨降りの日に
 07.曲がれない
 08.レモネード
 09.Oh Amy
 10.天使とサボテン
 11.LOVE &LOVE
 12.黒塗りのセダン
 13.GS750
 14.CRAZY NURSE
 15.Mach Venus
 16.GO!GO! chery boy!
 17.MANNISH BOYSのテーマ

 EN.
  I am Dandy
  ユー・メイ・ドリーム
  あいされたいやつらのひとりごと

レジスタントミュージックさあ耳をふさげ くたばっちまえよ [the pillows]

久しぶりに、噛んでもないのに口内炎ができました(;´д`)
別にストレスとかないんだけどな・・

さて。
そんな7.27は
the pillows presents”恋のマシンガンに気をつけろ!”
@新宿LOFT
with:東京カランコロン
でした。
IMG_2432.JPG

約2週間ぶりのライブ!?
こんなにライブない日が続いたの初めてなんじゃ、、ってくらい
いやぁ・・つまんない毎日だったー(笑)
あ、これがストレスだったのかな??
いや、でもできたのライブ後だけど・・(・ε・`*) 。

ピロウズ対バンシリーズの
実は、、ファイナルだったのですね。
そんな風には全く感じてなくて
とりあえず東京だし、、って言う軽い気持ちでいました。
番号は良くも悪くもない
100番台真ん中あたり。
定時ダッシュで向かいギリ間に合いました。
新宿駅地下のロッカー
時間単位ってのもありますが
6時間100円って
最高です。
だって、今や、駅のロッカー400円とかになりつつあるってのに。

中に入ると、、前は4列目辺りまで埋まってたんですが
なぜか端の方に
スーッと1人分のスペースがあり
さり気なく入ることができ
なんとか2列目辺りに行けました。
ジワジワ作戦効いたね(笑)
ただ隣が若干暑苦しい方でして・・(´+ω+`)
あちらも悪気はないんでしょうが
ただ立ってるだけなのになんか肩に重みが、、、
なんなんでしょうね、、ああいう感じ。。
ちょっとキツイです。

5分押しくらいでライブスタート。
まずは東京カランコロン。
もちろん名前知ってるし、
テレビでトークとかライブ映像とか見たことるし
でもちゃんとライブを見るのは初めてです。
出てきていろいろ衝撃!
Vo/Gtのいちろーくん、裸足!(笑)
でもってBaの人、若干動きとか雰囲気栄純みたい(笑)
でもってせんせい、かわいい♪
↑ウィキ見て身長162ってあるけど、、え?そんなにある??(笑)
 すっごい小柄に見えたんですけどそれは周りが背が高いのかな??謎。
あとGtの人も誰かに似てたんだよな・・(忘れてしまった。。)
っと。
ちょっと見た目からしてなんか愉快な感じでした。

そしてライブは、、、
そうですね。。いや、楽しかったです。
なんか音がイロイロ入ってて
ワイワイしてて。
歌もそのいちろーくんとせんせいが一緒に歌ったり
男女のツインVoって結構好きだし
でもやっぱいろんな音が入ってる感じは
ずっとは疲れちゃうのか、、
いわゆる4ピースバンド編成っていうのが
やっぱ好きみたい。

いちろーくんはとっても素直なまっすぐな人で
この日のライブをホントに楽しみにしてたみたいです。
そこで言われて気付いたんですが。
「今日はすごい日です。
なぜなら、ロフトでピロウズが見れる!!」って。
そうか、、確かに、そういう機会
ここ最近じゃあまりなかったかも・・って。
最前とか2列目でもステージめっちゃ近いしね。

あと、ちゃんとお話しできたのはトリビュートに参加して
そのライブを札幌でやった後
改めて東京で飲みにつれて行ってくれた時だったそうで
3時間ほどさわおさんとさしで語り合ったとか。
で、さらに他メンバー2人が加わり
でも時間的にもうお店が開いてなくて
なんと!さわおさんの家に連れて行ってもらい
そこでも3時間くらい飲んだとかで
もうさわおさんが「俺、寝るわ」って言われて
「あ、じゃー帰ります!」ってなるほどだったとか。

ちょうどその時曲作りだとかライブのことだとか
いろいろ思い悩んでた時だったせいもあり
いろんな話を聞いてくれて
すっごくうれしかったんだ、、って話をしてくれたんですが
なぜか本人、全くそんなつもりもないのに
勝手にグッとこみ上げてくるものがあったみたいで
「あれ?ちょっと待ってください・・」って
感極まっちゃって。。
東京カランコロン史上、初くらいの
ライブ中のマジ泣きだったみたいです。
いや、でもね。
何か私もその話をし出した辺りから
何か分からないけどグッとくるものがあって
連られて泣いちゃったってば。
なんだろ・・あの熱く語る姿は
人を惹きつけつモノありますね。

そんなピロウズトークの後はもちろん
トリビュートした『ノンフィクション』を。
あ、、ピロウズとの出会いは
友達が貸してくれた『Smile』のアルバムから
だったとか。

『ノンフィクション』のカバー
CDであまり印象なかったんですが
すっごいアレンジが東京カランコロンらしいっていうか
上手く言えませんが
なんだろあのポップな雰囲気がとても素敵でした。

タップリの50分くらいのステージ
楽しかったです。

そしてステージ転換。
続いてはピロウズ!
暗転してさーメンバー出てくるよって時に
なぜか私の前の人が急にしゃがみ込んでしまって。。
え?なんだ??
最初はすぐに立ち上がったんで
なんかモノ落としたのか
足元気になっただけなのかと思ってたら
またもう1回しゃがみ込むので
大丈夫ですか?って聞いても特に何もない感じで
うーん、、メンバー出てきてそろそろ始まるし、、って状況で
とりあえず押されないように気をつけてたら
結局その人後ろに下がっちゃっいました。
気分悪くなったんでしょうかね・・
でも、正直、カランコロンの時
私全く押してなかったし
さほど暑くもなかったし
ちょっと謎ではありますが
でも私にとってはかなりの棚ボタ状態でして、、
なんと!最前に行けてしまったのです!!
いやぁ、、ステージ近いよ!
久々ドキドキしちゃいました(笑)

さわおさん、髭ちゃんの時にも来てた
ピンクのボーリングシャツ。
鹿島さんはチェックのシャツに半パン。
格好が一番若い!(笑)
シンちゃんは青のアロハっぽいシャツ
すっかり髪白髪交じりになってしまいマシタ・・
サングラスはかけたままですが
たまーに汗拭いてるときに取ってて
目が見れた日はラッキーって思ってしまいます(笑)
Peeちゃんは色の濃いVネックだったかなー・・

まずは『White Ash』からライブスタート!
やっぱこの曲カッコいい!!
この曲からピロウズファンになる
WHITE ASHのファンとか結構いそうな気が
しないでもない♪

続いて
バッチリ長いタイトルコールして始まりました
『Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo』
シンちゃんの雄たけび?叫び?
カッコイイ!

「あー久しぶりじゃないか!」
ここで最初のMC。
小さい会場だと結構客席真っ暗ってことが多いのか
「あの、、もうもう少しお客さんの顔見えるように
してもらえますか?」って。
ラジオでかな?話してましたが、、、
リアクションが見えないと不安になるそうですね。
なんとなく分かる気はします。
でも見えすぎるのも嫌だから
ほんのり照らされたところで「あーこれくらいで。
それ以上はNO!!(笑)」っと
注文細かいロックスター(´m`)

「出てくれた東京カランコロンに拍手を!
いやぁ、、さっきいちろーくんが感極まって話してくれてたけど、、
俺全く覚えてない!(笑)
でも結果良かったってことで、よかったじゃないか!
あのねーきっとねー、、知らず知らずに
みんなも知ってる人の好良さってのが
出ちゃったのかな?(笑)」

「じゃーそんないちろーくんが大好きな曲」
それは、、『カーニバル』
わー(*´艸`)
久しぶり、、でもないかも?ですが
なんかうれしい。
この曲は個人的にちょっと思い出の曲でして
これをライブでやってくれると
無条件でうれしくなるのです。
鹿島さんのベース
バンドスコアに載ってるのとは全然違ってました。
流石です。

そして『Blues Drive Monster』
『インスタントミュージック』
今回の対バン
The Birthdayと髭ちゃんの東京にだけ行きましたが
その2つは割りとセトリが似てたんですが
この日は見事にイロイロ違ってました。
『インスタントミュージック』は
この時代にこそ聞くとなんかニヤリとしてしまう曲です。
ホント、親指下に向けて
クタバッチマエって言いたくなります。

「この前SSTVで佐野さんのアルバムリリース記念の
特番をやるっていうんで
俺がインタビュアとして対談させてもらったって話
もう結構知ってる人も多いと思うんだけど、、
っていうか、番組見た人いる?
あぁ、、そう。
じゃー分かってると思うけど、、、
俺の髪型、なぜか和田アキ子だったよなーぁ・・・・
危うくあの鐘を鳴らしに行きそうになったよ。。

今回は佐野さんの方から
二人でちゃんと対等に話したいって言ってくれて
ああいう形になってるんだけど
でもその部分(そう言ってる部分)はカットされてるから
俺一人でやたらと喋ってるように映ってしまってて
だからきっと俺のことを知らない佐野さんファンからしてみたら
誰だあのアッコ、、ってきっと怒りを買ってるんじゃないかと。。

佐野さんは俺にとってはもう神みたいな存在なんだよ。
会ったのはまだ6回目くらいで
って言っても、空港とかですれ違ったのも1回って
カウントしてるくらい
それくらい神みたいな存在ってことなんだけど(笑)
だから全然、距離が縮まってなくて、、

佐野さんからしてみればピロウズってバンドは知ってても
Voに自分のファンがいるバンドくらいにしか思ってないと思ってたら
ちゃんとバンドとして認識しててくれて
武道館成功したのを自分のことのようにうれしかったとか
活動休止をしたってのも知ってて
ピロウズはすごくいいバンドなんだからもうこの先は
休止とか解散とかしないでねとか言ってくれてね、、
それにA4の紙に自分の好きな曲についての感想を
2枚半くらいにまとめてたのをくれたりして

SSTVのスタッフに
全編引きの画でいいからノーカットでくれって言ってあるから
もう毎日それ見て
そしたらどんな辛いことでも全部乗り越えられる気がする」

いやぁ、、この日も熱く語ってくれました(笑)
ホントにうれしかったんですね。
途中あまりに長々と語り続けるから
Peeちゃんを気にしたさわおさん
「ゴメンね、、長いよね・・
なんか話まとまらずに話し始めちゃって・・」って
謝ったりして。

かと思えば「まぁ、俺にとって佐野さんが神のように
キミたちにとっての神は
俺なんだろうけど?!」なんて言って
「ヒュー神様ー!」って大笑いされると
「神はこんな風に笑われねぇーけどな。。
あの鐘鳴らすぞ!この野郎!!」っと
あいかわらずのさわお節も炸裂でしたがゞ(≧ε≦o)

「えー、、次の曲は
そんな佐野さんが、ぜひカバーしたいと言ってくれた曲!」
それは、、、『liKe a lovesong(back to back)』
へぇ~
この日は『カーニバル』といい
リクエスト曲がうれしい曲で
ラッキーでした。

続いて『Midnight Down』
なんかこの日はやけにグッときました。
歌詞がね、、胸に響いてきます。

「そう言えば、、一つ思い出したわ」って
その全く記憶にないと言っていた
いちろーくんとの飲みの話
「東京カランコロンはデビューして5年?
Zepp DiverCityでワンマン成功させ
この前も中野サンプラザでツアーファイナルやって
まぁ、言ったら超順調じゃないですか、、
俺達なんて、15年でやっとAXですよ
そんな俺に、この先どうしたらいですか?って
聞いてきやがって
、、、そんなの知らんわ!!(笑)
AXは、、1500弱くらいか?サンプラザは3000くらいだろ?
倍以上あるじゃねーか。
そんなの知らねーよなー(笑)←ってPeeちゃんに同意求める
って答えたのを思い出した」
あはは。。

そして「そんないちろーくんとせんせい
なぜか楽屋でずっと 住み慣れた~って歌ってたよ。」
あ、それ、音流(CSの番組だったかな??)に
ゲストだかなんかで出た時にも歌ってくれたかもー
なんかジワジワ流行ってるって言って様な気が。
するとPeeちゃん
「それはあれはドリームって曲らしいですよ」と。
さわお「あれ?アッコはスルーだったけど
吉になったら急に入ってくるね~(笑)」って。
このやりとり可笑しかったです(´m`)

そして「今日は恋のマシンガンに気をつけろ!
もちろん、この曲やりますよ!
鹿島さんもいるしね」ってことで
『恋のスパイに気をつけろ!』
ですよねー
、、、って私、すっかりこの曲予習していくの
忘れてて・・・
ちょっと盛り上がり切れなかったけど
サビは覚えてたんでよかったです(笑)
にしても、鹿島さんのベース
素敵でした~
本領発揮!って感じでした。

続いて『Movement』に『ONE LIFE』
『ONE LIFE』よかったなー
さわおさんの熱唱っぷりがジーンと沁みました~

「今日のBaは鹿島達也!!」
っとメンバー紹介。

「久しぶり!、、、でもないか??(笑)
・・・あれ?もっと喋った方がいい?
『ONE LIFE』いい曲だね」
思わずさわおさん「鹿島さんがやった曲ですよ!」
鹿島さん「そうか。。」
っとここからこの日のセトリで誰がBaだったか話。
この日はかなり鹿島さんBaの曲が多かったようです。
それがうれしかったみたい(笑)
何かの曲は仁さんって言ってたな。

この先も淳くんの1曲挟んで
鹿島・鹿島と続くっと
軽くネタばらしなんかも(笑)

続いてシンちゃん。
シンちゃんは夜中にシンクロを見てたって話。
採点基準が分からないうえに、小数点第4位くらいまで出して
日本は結局ロシアに負けて銅メダルだったそうですが
「あれかなりすごいことやってますよ。
股間をバッって開いてさ、、、←コレ言いたかっただけ??(笑)
もう俺からしてみたらみんな100点でいいんじゃない?って。

でさ、その後今度は男女ペアとか始まって
男も股間をバッって開いてさ、、、
それ見たらどんなにすごいことやってても
もう全部0点ですよね。。」

でもさわおさん的には女性でも
あの不自然ずぎる笑顔は0点だそうです(笑)
で、シンちゃんの話の終わり
なんだったかよく覚えてません。。

続いてPeeちゃん
Peeちゃんはシンちゃんがお酒飲んで酔っ払って記憶なくすのを
今まで信じられないって軽く軽蔑してたそうですが
「この前カランコロンの?くんと2人で飲んだんですが
全く覚えてないです・・
でも楽しかったことだけ覚えてます!
なのでまた行こうねって約束しました。
ドリームに目をつける東京カランコロン、流石です!
ドリームに負けないように頑張ります!」

ここでだっけか、、
ギューギューにくっついてるフロアを見て
「なんかすごいな
みんな、金払って見ず知らずの人とくっついて、、」って
言ってたの。
いや、ホント、満員電車とか
すっごい嫌なのにね。
ライブハウスって不思議って
たまーにフッと我に返る瞬間は
あります(笑)

さて、ラストスパートですかね。
その淳くんBaの『ターミナル・ヘブンズ・ロック』
コーラスを鹿島さんもやってて
かわいかったです♪

そして『THE KILLING FIELD』に
『NAKED SHUFFLE』
ドン!ドン!って連発できました~
Ba鹿島さんならではの選曲でした。

「ありがとう!」
本編終了。

続いてアンコール。
最初シンちゃん以外のメンバーが順に出てきて
スタンバイ始めてるときに
トボトボっとシンちゃんが横切って行ったんで
「あれ?どっかの知らないおじいちゃんが、、」って
さわおさんが言ってて
笑っちゃいました(笑)

この対バンツアーを振り返り
「今日はそのファイナル!」みたいなことも
言ってましたっけ・・
そう、それで、そうか・・って
思い直したというか。

そんなアンコール、まずは
『About A Rock'n'Roll Band』
そして「連れてってやる!この世の果てまで!!」っと
タイトルコールして『この世の果てまで』
いやぁ、、実によかった。
最後ギター高く掲げてた時
やたらお腹見えてました(笑)

「ありがとう!楽しかったかな?
俺は楽しかったよ。今年の夏。
今は忙しくて曲12曲?くらいしかできない・・
でもまた仕上げて聞かせにくるよ!
いちろーくんはあまりお酒飲めないけど
今夜は飲ませてみるかな、、(笑)」

で。
最後は蹴るとき
あ、、って何か言おうとして
みんなが、ん?ってなると
いやなんでもないって感じで
ゴメンって謝りながら帰ってったさわおさん。
あれきっともうアンコールはないよって
言おうとして
でもわざわざ言うこともないか、、って
思い直したのかな?って思ったりもしたけど・・
でもちょっとウルっときてたった説もある?

にしても「楽しかったよ今年の夏」って
そうか、、夏フェス出ないもんなー
あれ?9月までライブない??
あ、その間にベース決めようって事ですかね。
そうだよね。固定のサポートいた方が
絶対いいですもんね。
The Birthdayでいうフジイさんみたいな
雰囲気的にも性格的にもうまくハマる人
見つかるといいなぁ・・

合間で書きそびれましたが
何かの曲で鹿島さんとさわおさんが向き合って弾いたり
Peeちゃんと向き合って弾いたり
アラバキの時よりはなんか馴染んで弾いてたように感じました。


<セットリスト>
 01.White Ash
 02.Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo(instant show)
 03.カーニバル
 04.Blues Drive Monster
 05.インスタントミュージック
 06.liKe a lovesong(back to back)
 07.Midnight Down
 08.恋のスパイに気をつけろ!
 09.Movement
 10.ONE LIFE
 11.ターミナル・ヘブンズ・ロック
 12.THE KILLING FIELD
 13.NAKED SHUFFLE

 EN.
  About A Rock'n'Roll Band
  この世の果てまで


これ見て頭に叩き込む(。・∀・。)ゝ [たわごと]

持ってるテントはこれではないんですが
これとほぼ同じような形なので
これを何度も見てコツを覚えて行こうと思います。


なんか作り方として間違ってはいなかったと
過去の様子を思い出してみて思うのですが
こうすると実は難なくできるのでは?って
思う箇所がいくつもあり
勉強になります♪

次はマジで畳み方のコツを
探そうかな。
いつもホント結露で濡れてるのに手こずって
結構最後ドタバタになってしまうので・・

どうでもいいこと [たわごと]

ライブない日が2週間以上続く日々
そのうちの1週間が過ぎました。
そんなこんなで
全く更新されていなかったので
どうでもいいことツラツラと。

1.ポイントに踊らされてる・・
飛行機を取るとき、私はANAのマイルをためているので
ほぼANAでしか買わないのですが
でも安いに越したことはない、、っと
他の航空会社(格安以外 笑)もチェックしたりします。

で。
ANAと共同運航してる他会社の便って
ANAで取るよりそっちで取った方が安い場合がある。
同じ便なのに。
500円とかの差なら別に気にも留めないんですが
2000円も違うと
さすがに、えぇ?ってなります。

なら、それ予約すればいいのに
ここでポイント(マイル)を気にしてしまい
どうしよう。。っと悩んでしまう自分。
そして悩んでる間にその安い方は満席になってしまうってね。

だからなるべくそういうポイントカードとか
極力作らないようにしてるんですが
作ったら最後、
とことんそこでしか買わなく(買えなく)なってしまいます。
こういう人がいるから、どの企業もポイントカードだなんだって
作るんですよね・・分かってます。。(-ω-‘)

2.何気なく買ってみたら美味しかった!
台風で電車が遅れるかも、、って日
頑張って朝早めの電車で行ったんですが
全く以て問題なく
早く着きすぎて困った日。

コンビニでプラプラ時間つぶし
流石に何も買わないのもな、ってことで
小腹が空いたとき用のおやつを。
yaki.jpg
まぁ、あの有名なブラックサンダーチョコの
夏なので焼いちゃいましたVer. です。
溶けない~ってやつね(笑)

ブラックサンダーはとっても美味しいので
これも問題なく美味しいとは思っていましたが
予想を上回る美味しさ(≧▽≦)
一口タイプなのも食べやすくGoodです。
また買おうっと。

3.ふむふむ。
現在、ライジングまで1ヶ月をとうに切っている!!
今年はあれ?あれ?って感じにラインナップ発表がすすんでいき
ついに最終発表・・・
うーむ。。残念。大本命さん現れず、、でしたが
予想外の大トリにちょっとテンション上がってます♪
てか2日目の夜から大トリにかけて
寝る時間ないんじゃない??って並びに
いつ休みを取るか、、、それも含めて自分的タイムテーブル
しばらく考えます。

で。
ライジングと言えば!テント!!
1年に1回だから設営のポイントとかコツとか
なかなか覚えられず、、
何気なく調べてて
一つ勉強しました~(笑)

テントの下に敷く、ブルーシートは
テントより大きくしてはダメ!
テント.jpg
雨が降った時など土からの水分などを避けるために敷いてるのに
テントからはみ出てしまったら
雨を受けてしまうことになり
結果テントを水浸しにしてしまうそうです。

ま、ちょっと考えたら当たり前のことなのかもしれないのですが
実は昨年はブルーシートはみ出して敷いてました・・
(靴置き場にいいじゃん!とか言って 笑)
あれ、ダメだったのですね・・(>ω<)

今年はこれでバッチリです♪
行くまでにもう少し勉強しておこうと思います。
畳み方の方が難しかったりするんだよな・・

SAコムレイズ RISE TO ACTION! [音楽]

ここんとこずっと涼しい雨が降りが続いていた東京
なんと金曜日辺りからお天気良くなりまして
待ってたこの日、絶好の野音日和となりましたー!
ちょっとビックリした。
このグッドタイミングな展開に。
だって台風3つも接近してて
どうなることやら、、って思ってたもんで。

ってことで7.11は
SA BRING IT ON FINAL<結>
@日比谷野外音楽堂
でしたー。
IMG_2411.JPG
IMG_2412.JPG

SAとの出会いは、、、何年前かな
新宿ロフトでThe Birthdayと対バンした時に
初めて見たのが最初です。
なので正直、歴あまり長くありません。
しかもその後もライブ数えるほどしか見たことないし
ワンマンは今回が初だったくらいです。

でもその初めてライブを見た時の衝撃って言うか
その瞬間にまた見たいなって思えるバンドとの出会いって
そう数ないと思うんですよね。
その一つがSAだったって感じでしょうか。

だから何かにつけて
一応チェックはしてたし
NAOKIさんに至っては
ボイラールームとか結構見てて
結構知ってる気になってたし(笑)

いやぁ、、だから野音が発表された時は
やっとワンマンに行ける!って
ホント心待ちにしてました。
そこへ怒髪天がその応援隊長買って出たって知らせは
ホントうれしかったです。

そう、確かロフトの次に見たSAのライブって
名古屋でやったSAが主催のイベントに
怒髪天が呼ばれてたやつなんですよね。

グッズ記念に何か買おうかな、、って軽い気持ちで会場行ったら
もうビックリするくらい長蛇の列で・・
ビビってアッサリ退散(笑)
その後開場後、終演後
もう常にすごい人だったので
結局何も買いませんでした。
にしても、、SAのTシャツ率高かったなー・・

この日は最速先行で取ったチケットだったので
特別にバンダナがもらえました。
でもって当然席もいい席なんですが、、
下調べした時に
恐縮してしまうほどいい席だと思ってた席
いや、確かに前だしいい席だったんですが
端っこ過ぎまして、、
しかも思わぬスピーカーの柱?っていうんですかね
が邪魔して
Drのショウヘイさん全く見えなかった。。。(´+ω+`)
正面のモニターっていうか
フラッグも全く見えずで
なんでもここにはENの時にメッセージが流れたとかって話で
いやぁ、、知らなんだ・・って。
IMG_2416.JPG
常にこんな視界・・

えー、、ここから悪態つきますが
なので、これなら前じゃなくても
もうちょっと後ろの方で全ステージ見える位置の方がよかったよ・・って。
てかさ、ステージセッティングの際に
あの柱の位置もう少し考えて欲しかったよね。
もしくはあそこに柱置くなら
あそこの座席は空き席にするとかさ。
仮にDrがサポートメンバーっていうんならまだしも
正式メンバーだったら
全員見える席で見たいじゃん。
ライブハウスで見切れる位置自分で自ら行くのとは訳違って
指定されたらそこから動けないんだから。
後から座席開放して作った席とかって言うわけでもなく
最速先行の席としては
かなりハズレ席だったように思いました。
期待して行ってしまっただけに
席着いたときのガッカリ感ったら。。
っと、、ライブはホント最高のライブだったんで
愚痴りたくはなかったんですが
一応、思いのたけを綴っておきました。

っと。
悪態はこれで終了。
話戻して、、、
ステージ上にはファンの総称コムレイズから送られた
応援旗(援軍旗と言うらしい)が垂れ下がってて
ファンと一緒に作り上げてるって感じが溢れてて
素敵でした。
IMG_2415.JPG

さらに待ってる間のSEは
後でMCでTAISEIさんも言ってましたが
自分たちをこれまで応援してくれるバンドの曲が
次々に流れてて
これまた仲間と一緒にここまでやって来たって気持ちが感じられ
なんかジーンときました。

で、最後の最後に流れたのが、、、
そう、怒髪天の『情熱のストレート』
これはもしかして、、
この前六本木で怒髪天がライブやった時
BGMがずっとSAで、
最後の最後に『青春に捧ぐ part2』をフルで流しきって
ライブスタートしたって言うのに対する
感謝の気持ちだったのかな、、って。

そしてついに開演!
あのシャーンシャーンシャーンっていう
ちょっと暴走族っぽい(笑)感じのSEが流れてくると
ウォーーッ!!って雄たけびが会場中に。
あの待ってました感、よかったなー。

その大歓声の中、メンバー登場。
TAISEIさんはブルーのジャケットでした。
NAOKIさん側だったせいもあり
NAOKIさんのスパイキーヘアーの根っこ部分まで
見えちゃってニヤニヤしてました♪
KENさんは終始ニコニコだった気がします。
先ほど書いたように
ショウヘイさんはあまり見えず・・・
この日のライブ、なんと!撮影されていたんで
DVDになるのかなー
っていうことで、そちらを楽しみに待ちたいと思います。

さて。
ここからライブの様子を書いて行きたいのですが、、
何分、曲をまだあまりよく覚えてないのと
この日は暑い野音
ビール飲みながら見るぜってのを
最初から決めてまして、、、
さらには興奮もあって正直あまり記憶が・・

ってことで、、サラッと感想と覚えてる限りのMCの様子だけを
書く感じにしたいと思います。

まずは1曲目『RISE TO ACTION』から
スタートしたんですが
なんと!最初のイントロで
金テープの特攻が!!
これ、実は始まる前に見つけてたんですよね(笑)
IMG_2417.JPG
あ、くるな・・って
でもまさか出だしで飛ぶとは思いませんで
ビックリしちゃいました。

華々しくスタート。
一気にテンションMAXです。

この日野音に着いてから「スゴイ」と「最高だ」しか
言ってないというNAOKIさん(笑)
「ホントにいい景色です!ありがとう!!」
そしてステー上の応援旗を紹介しながら
全国から集まってくれたコムレイズ
どっから来たー?って
やっぱ関東勢が断トツでしたが
日本各地から来てました。

そしてこの野音が決まった時
正直メンバーみんな、「決まってもうた・・」って
感想だったとか。
その後ツアーに出た時に
各地でTAISEIさんが「俺たちを男にしてくれ!」って
ずっと言って回り
それでもチケット売れ行き悪かったら
最悪でっち上げ「実はNAOKIの体調悪く
これが最後のライブになるかもしれない」とか
「実はこの後解散決まってます」とか
そんなデマを流そうかとかも本気で作戦会議された、、とか?!(笑)
「だって、それだけ(野音を)埋めたいって思ったんだもん!」っと
TAISEIさん。この言い方がかわいかった(*´艸`)
でもふたを開けてみれば、、、
一般席完売!
立ち見も出るほどで
ホントにうれしそうでした。
てか、すごいです!ジワジワ売れてったって感じですかね。
1回試しにのぞいたときはまだCの前の方の席残ってましたから。

何曲目かな、、でTAISEIさん
ジャケット脱いでジレっていうんですか?(王子風 笑)
ベストとノースリーブシャツ姿に。
その後さらにそのベストも脱いでノースリーブだけになってました。
途中何かの曲で
大怒髪展の時にもやってくれてた
ジャケットを着てまた脱ぐっていうパフォーマンス。
あ、この時のジャケットはさっきのブルーのとは違って
赤い丈もちょっと短めのやつ。
なんでもこれ、今回のツアーでやってたそうで
17回?やり通したそうです。
ただ途中心折れそうになった時もあったとか(笑)

「ずっと雨だった東京、
今日はこんなに青空だぜ!
俺達、持ってるなー!!
お前らも持ってるよなー!!」から始まった
『サマー ホリデイズ スカイ』
ホント、持ってると思う。

『俺は俺』で最後に そうだろう? って
歌詞って言うか、叫ぶところが続くんですが
そこでTAISEIさんがNAOKIさんに向かって
「そうだろ?」って言ってたのが
なんか素敵でした。

「ロックンロールに人生狂わされた
40代、NAOKIに至っては50になってもまだ
ロックンロールって言ってる俺達だけど
まだまだ青春は終わっちゃいねーんだ」
みたいな話からの『青春に捧ぐ part2』

『CALL YOUR NUMBER』では
途中長いドラムソロ。
そして「ショウヘイがまだまだやりたいって言うんですけど
やっていいですかー?」って
ドラムソロ引き続き。
そしたら「次はKENちゃんでしょー」って
ベースソロへ。
その後「まだこの曲終わってないんだよねー
俺にもギターソロ弾かせろやー」ってNAOKIさんへ。
ライブならではの長いVER. でした。

どの曲だったかな、、
TAISEIさんが初めて作った曲というのも
やってくれました。

「14歳でロックに衝撃を受けバンドを始め
19歳で東京に出てきて
でもその後バンドがバラバラになった時
もうダメのなのかな、俺のバンド人生終わりなのかなって
思った時に13年前、今のこのメンバーに出会って
まだやれるって思った
ホントにこのメンバーに出会えてよかったと思う
ありがとう。」
って後ろ向いてメンバーにお礼を言うTAISEIさん。
辛くなったり、もうダメかなって思う時に
この歌を思い出して少しでも背中押すことが出来たら
みたいな話からの『雄たけび』
ジーンときちゃった。

「俺達でっかい事務所も付いてません。
ドーンっと宣伝してくれるレコード会社もない。
頭下げて地道にコツコツとやってきて
ここまでやって来れました。
助けてくれたのは
たくさんのバンド仲間たちと
全国のコムレイズのみんなだけだった。
だから今度は俺たちの番。
なんかあったらいつでもドアを叩いて欲しい。
いつでも味方になってやるから」
そんなMCからの『YOUR DOOR』

MC中何度かグッと来て
言葉を詰まらせるTAISEIさん。
「ガツガツとかっこいい姿を見せたかったけど
ダメだったね。。」ってボソリと。
そんな時にNAOKIさんが何事もなく間を繋ないで話し出したりして
でもそんなNAOKIさんもグッときちゃったりして。
いい場面でした。

NAOKIさんはかつてラフィンノーズとして
野音に立ってたことがありますが
何回目かの野音で事故が起き、、、
それ以後、毎年その日になるとこっそり野音に来てるそうです。
「管理のおじちゃんには悪いけど、、
塀とか乗り越えてここに座って空を見上げてね、、
そしていつかここに戻って来れたらいいなって
ずっと思ってた」って。

意外とTAISEIさんがおしゃべり好き?!だったという一幕(笑)
MCしてると客席から愛ある野次で
「早く曲行けやー!」って。
すると「曲いってもいいんだけどさー
曲やるとどんどん先に進んじゃって終わっちゃうんだよー。
まだもっとここにいたいんだよねー
だからもうちょっと喋っていい?」
もう、TAISEIさん、キラキラの笑顔で
かわいかったです♪

普段は小さ目なハコでライブをやることが多く
そうするとお客さんがどんどん話しかけてくれて
(Kenさんみたいなのかな、、)
それとのやり取りも楽しいみたいなんですが
「ここ野音じゃ、そうもいかないかもしれないけど
どんどん話しかけてよ~」って。
その究極の一言が
「ホームパーティ 野音にようこそ!」だっけ?
そういう雰囲気でやろうとしていたライブ。
ファンもメンバーもスタッフも(端の席だったから袖の様子がよく見えた 笑)
みんな終始笑顔だったような気がします。
そしてTAISEIさんからも
「みんないい顔してるよ」っとニッコリ。

「あのーご存じの通り、
今日はあそこに(ステージ向かって右の後方辺り)
偉そうなカメラがおります。」
「そう、だからみんなも撮られてるってこと!
後で見て恥ずかしくないように
拳上げて大声で歌おうぜー」

それに応えて大盛り上がりのお客さんでしたが、、
どっかの曲でクラップハンズを煽られまして。。
「えーッと最近はSAのファン、随分若い子が増えたって
言われてますけど、、
でもやっぱりね、昔からのファンが多く
あのーお年を召した?!(笑)
だからクラップハンズの手の位置が、、、低いんだよね(笑)
俺がやって欲しいのはこう(高く上げた位置)!」っと
ダメ出しもありましたけど・・

さらに、、歌声をもっと聞かせてくれー的な感じで
やり取りもあり、、
「声が小さい!」「オォーッ!!」
「はい。出ました。体育会系(笑)」

何度となく湧き起こるSAコール。
それをうれしそうに聞き入るメンバー。
さらに大きくなるSAコール。
野音中に響き渡ってジーンと来る瞬間でした。

「今回の野音、大成功になって
結果的に勝ったってことになるんだろうけど
でもまだまだここで終わりだなんて思ってなくて
人生なんて勝ち負けじゃないのは分かってるけど
でも勝つか負けるかだったら
勝ちに行こうぜ!」みたいなことを言ってたの
カッコよかったです。

本編最後、、どの曲辺りからかな・・
もう怒涛の盛り上がりソング連発で
それはそれは最高でした。
そしてもちろんラストは『RALLY-HO!』
いやぁ~楽しかったー
・・・ちょっとピロウズの応援メッセージでの
やり取りを思い出してニヤけちゃったりしたんですが(笑)

アンコールは2回!
1回目はなかなか出てこなかった印象ですが
2回目はすぐ出てきてくれた感じ。
あと絶対アンコールは2回あるって、、だって
最後の最後まであの曲やってなかったから(笑)
TAISEIさんは同じでしたが
他メンバーは1回目と2回目とTシャツ変えてた、、?

で。1回目のアンコールの時
オーオーオオー~って
曲の出だしにみんなが歌う歌声が自然とわき起こり
するとTAISEIさん意外のメンバーが出てきてスタンバイし
その歌声に合わせてイントロが。
その後TAISEIさんが出てきて
その歌声を聞き入り、マイクを客席に向けて、、、
『(GOOD BYE)SHINING FIELDS』へ。
夜空に鳴り響く歌声、素敵でした。

「もう少し曲やっていいですか?」って
2曲。

続いて2回目のアンコールで
待ってました!?恒例の「隣のヤツと肩組めや!」ってやつ(笑)
『GO BARMY KIDS』
実はそういうのちょっと苦手だったりして
しかもこの日は隣決まってる訳で、、
でも男女知り合いで来られてる集団の方だったせいか
優しい人で難なく肩を組んでワイワイできました。
ホッ。
しかもその人いい人で
最後後ろがいなくなったのかな、、
自分が後ろに下がって
もっと真ん中どうぞってやってくれて。
おかげでショウヘイさんの叩く姿を見れました♪

でもってこの曲もSAと言えば!な1曲
『DELIGHT』
この曲のイントロが鳴った時に
なんと!2回目の特攻
金じゃなくって銀でもない
カラフルなテープが飛びました~
キレイだったー
で、それに気を取られてたせいか
全く持って気づかなかったんですが、、
さらに今まで真ん中にかかっていた大きいフラッグが落ちて
サンキューコムレイズってのが出てきたそうです。
IMG_2419.JPG
(そこにコムレイズからのメッセージが映像で流れたとか)
そうじゃなくてもこの曲
テンション上がったしすっごい感動でした。

そしてラストはじっくり聞かせる
『THE SHOW MUST GO ON』
演奏終わった後にKENさんとNAOKIさんが
ガッチリ握手してたのが素敵でした。
その後メンバー全員が前に出てきて一礼。

タップリの2.5時間のライブ
大満足のライブでした。

<セットリスト>
 01.RISE TO ACTION
 02.STANDING4
 03.サマー ホリデイズ スカイ
 04.KIDS IGNITE
 05.俺は俺
 06.runnin' BUMPY WAY
 07.青春に捧ぐ part2
 08.CLIMBER'S SONG
 09.CALL YOUR NUMBER
 10.BELIEVE IN MAGIC
 11.さらば夜明けのSkyline
 12.雄叫び
 13.MARCH of HEROES
 14.YOUR DOOR
 15.Don't Denny,Give It A Try
 16.Get Up!Warriors
 17.あったけぇうるせぇR&Rバンド
 18.SA
 19.RALLY-HO!

 EN1.
  (GOOD BYE)SHINING FIELDS
  Youth On Your Feet
  SONG FOR THE LOSER

 EN2.
  GO BARMY KIDS
  DELIGHT
  THE SHOW MUST GO ON

プレゼントのバンダナと最初の金テープ
IMG_2420.JPG

コースターのプレゼントもありました♪
そしてうれしいお知らせ!
感謝祭!!(≧▽≦)
IMG_2421.JPG

この日は最速先行で取ったチケットで
特別にハガキサイズのメモリアルチケットと題したものが。
IMG_2422.JPG
このイラストはTAISEIさんが描いたそうです。

裏はカッコいい写真!
IMG_2423.JPG
ジャケットの写真とかもそうですが
この方々、ホント、絵になるわ~★

お花ものすごーくいっぱい届いてました。
IMG_2413.JPG

IMG_2414.JPG
分かり辛いけど、、ハートの形になってた!

後はコータローさんは個人で送ってたし、
怒髪天の裏に見えるチャーミーさんとポンさんは
ラフィン時代のメンバー。
もちろんスクビーからも10/4は俺達みたいなこと書いてあったっけ。

そして私は前の方の席だったから
ほっとんど見かけなかったんですが、、、
後方席はバンドマンでいっぱいだったとか。

いやぁ、、良い夜でした。
フラカン武道館もこんな夜になるといいな。

そうか、セブンイレブンの日だったんだ(笑) [たわごと]

2006年の7月から始めたこのブログ
本日、7/11で丸9年です~
ってことは、、来年10年なのか・・
頑張ってるなー自分(笑)

いや、ホント、最近はめっきり
細々と言った感じになってしまいました
それでもなんとか続けてることに
ビックリです。

とりあえず恒例の自己満足的記録を。

 記事数 2,126
 nice 814
 総閲覧数 3,945,819(11時時点)


そしてこちらも恒例、、昨年の記録
 記事数 1,973
 nice  806 
 総閲覧数 3,439,199(7/12 15時時点)

っということは、、1年で書いた記事数 153
1か月平均 12~13
うーん、、昨年15だったようなので
やっぱ減ってますな。。

でもって1日平均訪問者数 約1,407人
こちらも減少。
まぁ、、書いてないんだから当たりまですけど。

恐らくこれからも数はこんな感じで
減り続けるかとは思いますが
なんとか頑張って続けて行こうと思います。
箇条書きメモ程度とかでもいいのかも。
なんてすぐ安易な方へ
行こうとしてしまいますけど(;´д`)

あ、、そういえば。
この過去の記録を見るのに遡ってて
7/10のチバさん誕生日について
日付が同じでうれしいって
昨年も書いてました(笑)
あはははは。


最終のバス停から次の夜明けまで誰が神様でもいいさ [the pillows]

本当は過ぎちゃったけど・・・
本日7.10は
The BirthdayのGt/Voチバユウスケさんの
誕生日です!!
何気に日にちが同じってだけで
なぜかうれしい(笑)
おめでとうございます~

先日、渋谷のタワレコ屋上に
ビアガーデンがOPENするってツィートあったけど


ちょっと涼し過ぎて
ビアガーデンで乾杯!って気分には
なりませんね・・(´+ω+`)
でも1回は行ってみたい!

さて。
そんな7.8は
髭 presents"ファニーバニー!とテキーラ!テキーラ!"
@渋谷 CLUB QUATTRO
with:the pillows
でした。
IMG_2409.JPG

こちらも6月に行われたThe Birthdayとの対バン同様
楽しみにしていたライブ。
ですが、、仕事の関係上
通常勤務で定時ダッシュで駆けつけました。
今回なぜか開場が18:15となっていて
おかげで開場時間に間に合いました~フゥ。
でもハラハラしました。
でもってこの木・金はかなりの残業Dayでした。。
そして行きたかったシュリスは、、、もちろん行けませんでした(>ω<)

番号はほぼ400番な300番台。
今回は一応、髭プレゼンツなんで(なぜ一応なのかは後で 笑)
ピロウズ側でのFC先行はなく
各HPからの先行だけでした。
そのせいか最初の先行でハズレてしまう方も
いたそうです。
だけど結果的にそこまで争奪戦には
なってなかったような気がします。

中入ると柱の辺りまで結構埋まってましたが
何とか柱前に入り込めました♪

暗転して一気に前に行くかな、、って思ったんですが
それはなく
なんとなくジワーって感じで押しがきて
なんかあまりいい感じの位置に進めなかった・・
終始なんていうか
いろんな人と戦ってたような気がします(笑)
ま、そこそこ視界は良かったんで
いいんですが。

先攻はピロウズから。
さわおさん、ピンクのボーリングシャツだよ!って
衝撃を受けたせいか(笑)
他のメンバーがどんな服だったか
正直記憶がない・・・チ―( ∀ )―ン
でもってこの日のサポートBaは
CURTISSのBaよーへい君こと神原洋平さんだそうで
全くもって知らない人だと思っていたら
顔見て、あれ?紅布のスタッフさん??って。
(正解らしい)
へぇーへぇーやっぱライブハウスで働く方って
やっぱバンド組んでる方が多いんですね。
なかなかのイケメンさんで
とても落ち着いた雰囲気で弾いてました。

まずは1曲目
「Good Morning Good News!!」っとタイトルコールあって
『Good Morning Good News』
ふむふむ。
セトリ、同じなのと変わったのと
ちょいちょい入り混じってました。

続いて『WAITING AT THE BUSSTOP』
なんていうか、、今までそこまでその
演奏する人によって曲の感じが変わるとか
意識したことなかったんですが
ここ最近はBaが毎回違うせいか
あーやっぱ変わるんだね、、って
実感させられるというか。
そりゃ当たり前のことなんですが
ここまでハッキリ実感させられたことって
なかったから。。

改めてバンドとして同じメンバーでやっていくことの
大切さを知りました。
ソロの人がほぼ固定のメンバーに演奏をお願いする理由も
分かった気がします。

ピロウズも早く落ち着くといいのにな・・
なんてぼんやり思いながら聞いてました。

「久しぶりじゃないか!」←って、言ってたっけ??(・ε・`*)
「今日はピロウズと髭ちゃんが大好物という、
ちょっと頭がアレな方たちが集まって、、(笑)」

「須藤はねぇ、、後輩のくせに
なんていうか・・
あいつはラジオとかで俺と飲みに行くと長いだの
ずっと連れ回すからどうのって言ってるらしいけど
あのね、言っとくけど
あいつが先に今日はとことん飲みましょう!って言うんだよ。
そのくせ夜中の2時くらいなってきたら
宮川くんとかもうこんな状態(体グラングランに揺れてる)に
なっちゃって、あのー無理しなくてもいいよ、、って言うと
そしたらそうですか、、って。
まだそれはいいよ。
須藤、あいつは自分からとことん飲みましょうって
言ってきたくせに、じゃ、お先に失礼しますっ!って
何事もなかったように帰ろうしてさ。
だから、俺から何にも強要してるわけじゃなく
自分から言ってるんだよ」

この話、、、オモシロかったなー(´m`)

そんなこんなで
髭ちゃんファンの心も掴んだところで?!(笑)
『Walkin' on the spiral』
『Give me up!』
盛り上がる曲が続くので
フロアどんどん前に前に押し押しな感じ。

あと、最初のMCからだったかな、、
さわおさんが客席にも照明を、、って言うもんで
結構カーッと明るくなることが多く
いやぁ・・照明当たると暑いのね。。
久々汗だくライブでした。

『Skeleton Liar』は
なんか私、イントロからはすぐに何の曲か
分からないでいます。。
この曲聞くまで前回思っていた
決意表明的な感情忘れてましたが
この曲聞いてフッと頭過っちゃいました。
あ。でも。
以前ほどそういう感じは
あまり感じられなかった気がします。

曲が終わってチューニングしてると
いつものようにフロア、シーン・・・
すると「人気ないな・・(笑)」
「おじさん、張り切ってピンクのシャツ着てるのに。
(襟元の刺繍?指して)おじさんが着るのに
おじさんがボーリングしてるの付いてる(笑)」

さらには、、
タオルで汗ゴシゴシ拭くと
「オカシイな・・新品のはずのタオルが臭い。
おじさんの臭いがする(笑)
、、、それなら俺か?!」

「あのー須藤があんなに今日はとことんまでって
言うくせにすぐ帰るのか聞いたらさ
だって、深い時間になると
自分のバンド側についての色々なことを
真面目に話しだして眠くなるって、、、
全然話聞いてないってことだよなー

そのくせあいつ、今日も性懲りもなしに
今日はとことん飲みましょう~なんて言っきやがって。
絶対今日も最後まで残ってるの、ピロウズの関係者だけだよねー」
ってPeeちゃんに同意を求めると
ウンウンって頷くPeeちゃん。
「今日の飲みの状況によっては
今度の名古屋でのこと考えることになるな」

そう言ってまた
「暑いなー」ってめっちゃ顔とか
シャツの中に手入れて体拭いたりしてました。
でもってその後はお決まりの?!(笑)
髪を整える仕草で「カッコいー」って
言われてニヤリ顔ゞ(≧ε≦o)

お次は『バビロン 天使の詩』
この曲はみんなジャンプしたくなる曲なんですね。
すごかったー
そして『Ritalin202』
『I know you』
すっかりクラップハンズから始まるの
定番になりました。

「今日のベースは、、
CURTISSのBaよーへい君!!」
「演奏させてもらえて光栄です」
「あのーこう見えて、まだ25歳ですから」
「そうなんです。1989年生まれだから
ピロウズと同い年、、
真鍋さんに苦労しきたんだねって言われました(笑)
そんなに苦労してないんですけどね。。。」
言うほど老けてたようには見えませんでしたが
でも25歳って言うほどピチピチもしてなかったかも(笑)

ここでシンちゃん「今日髭とやるなら
よーへいがいいんじゃない?ってね」
そう、この方、モジャモジャって訳じゃないけど
髭を生やしてました。(オシャレ程度ですよ 笑)
さわお「いや、これ何回も言うけど、、
別に髭のメンバーは誰も髭生やしてないけどね。」
言われて、あーホントだ・・って(笑)

で、さっきも書きましたが
某ライブハウスでローディ?もやってるって言ってて
あーやっぱりそうだったのか、、って
分かったのでした。

シンちゃんからもそしてよーへいくんからも
お話しあったので
Peeちゃんに「何かお言葉いただけますか?」っと
さわおさん。
すると「あのーライブ前に彼を観察してたんですが
ほら、この前やってくれた小堀くんは
異常なまでに緊張してたから
そしたら彼は全く余裕ぶっこいてましたよ(笑)」
それ聞いてよーへいくん
思いっ切り首振って「緊張してますよー」
Peeちゃん「ウソつけー」

そんなやり取り聞いて
さわおさん「あの、、最近の真鍋くんは
俺らは知ってるブラックな面が表に出てきたけど
キャラ的に大丈夫?嘘つけとか言っちゃって、、」っと
逆に心配しちゃったりして。
Peeちゃん「スミマセン。。(笑)」
そうかーPeeちゃん、実は毒舌家なのかー(≧▽≦)

「えーっと、、、次は須藤くんからのリクエスト
スケアクロウ!」
そう言って『スケアクロウ』
おぉ~
うれしい選曲!

ただ出だしちょっと歌詞飛んじゃうさわおさん。
ストップするかな、、て思わせる感じでしたが
すぐになんとか持ち直し続行。
本人からそれについてはノーコメントでしたが、、、

続いて『Movement』
何気にこの流れ、よかったなー
てか、やっぱ『Movement』いい曲。
なんかあんまりシングルっぽい雰囲気がないんですが
(あまり積極的にプロ百々―所にやってなかったイメージ・・)
いやぁ、いいわ。

そしてやはりこれですよね、、の
『Funny Bunny』
1番サビはもちろん、フロアに。
みんなが合唱するのをフロアを見渡しながら聞いてくれる姿が
何とも言えず好きです。
そして最後はオフマイクで「サンキュッ!」って。

「最近では、あまりイベントとかで
自分たちが先にやることって
少なくなってきてるから、、。
(先にやるって)分かってたんだけど普通に2日前まで
アンコール有のセットリストでリハやっててね。

アンコールでさっきの『Funny Bunny』をやろうとしてたから
シンちゃんがタイトルについてるくらいだから
この曲やらないとマズイでしょ?って
26年間やってきて初めて良いこと言った!(笑)」

「知り合いが今日来たいって連絡きて
今日は先だよ!先だよ!ってメールしたら
みんな知ってた!
知らなかったのは出演する俺達だけだったという」

なんでもMgさんとかもアンコール有のセットリストで
リハしてても何の疑問も持たなかったとか(笑)

でも確かに、私も髭ちゃんプレゼンツって
分かってても
そうか、ピロウズ先なんだって
なんか始まるまであまり実感がなかったです。

そして『About a rock'n' roll band』の出だしを
いつものようにノリノリで弾き始めたんですが、、
あれ・・なんか迫力が。。。
すると「音、小っちゃかった(笑)」っと
笑いながら弾き直し(´m`)

気を取り直してイントロを弾き
フロアからイェーイッ!!っと歓声をもらって
『About a rock'n' roll band』

「I wanna be サリバン!!」から
『サリバンになりたい』

イントロでワーッと拳を上げると
それに応えてギターを掲げてくれるのがうれしい
『サード アイ』
例のベースとPeeちゃんがユニゾンで弾くところ
やっぱり今回も向き合って弾いてました。

ラストは
『ハイブリッド レインボウ』

タップリの1時間。
やっぱ2マンの対バンは満足感がいっぱいです。
帰るときにマイクに向かて
軽く手でフリとか付けながら
髭ちゃんの『ダーティーな世界』をチョロっと
口ずさんでました。

あ、、そう言えば。
さわおさん、左手にバングルしてた。
珍しいなー・・なんて。


<セットリスト>
 01.Good Morning Good News
 02.WAITING AT THE BUSSTOP
 03.Walkin' on the spiral
 04.Give me up!
 05.Skeleton Liar
 06.バビロン 天使の詩
 07.Ritalin202
 08.I know you
 09.スケアクロウ
 10.Movement
 11.Funny Bunny
 12.About a rock'n' roll band 
 13.サリバンになりたい
 14.サード アイ
 15.ハイブリッド レインボウ


少し後ろにがる人もいましたが
ほぼ最前は動かず・・・
なんとなーくですが
前は髭ちゃんファンの方が多かった感じです。
ってことでお次は髭ちゃん。

いつものSEで須藤さん以外のメンバーが登場。
スタンバイした辺りで
須藤さん登場。
いつもどーんっと大きなイラストが
描かれたTシャツ着てることが多いイメージですが
この日は真っ白のVネック
下はいつもの感じでゆるいスカートみたいな
黒いパンツ。
サングラスしてポーズ取ってたんですが
頭に付けようとして落っことしちゃってました。

最初はまだ音源出てない新曲から。
ウネウネした感じの髭ちゃんらしい1曲。

そこから一気にテンション上がる
『黒にそめろ』
もぉぉっ・・・・すっごい押しでした。
いや、盛り上がる気持ちは分かる。

そして以前発表していた曲を
リアレンジした『王様のその後』
オリジナルよりさらにアッパーな感じに仕上がってて
またまた大盛り上がり。

「どうも!髭です!
今日はこんなにもたくさんお集まりいただき
ありがとうございます!!」

「今日のイベントは髭プレゼンツ!
ファニーバニーとテキーラ!テキーラ!
そして来週、名古屋かな、、はそれがテレコになって
ピロウズプレゼンツ テキーラ!テキーラ!とファニーバニー
全部さわおさんが考えてくれました!!(笑)
俺達何にもしてない!」
・・・っということで、"一応"でした(*´ω`)

「さわおさんはもうね、自分で言うのもなんだけど、、
俺のことが大好きなわけ(笑)
だからあの曲やってくれってリクエストが多くって。
なら、さわおさん、俺の好きな曲もやってくれますか?って
スケアクロウ。
なのに、間違えてんの!!(笑)
なんだよ!
いや、でもホントあの曲俺大好きなの。
出会わせてくれてありがとう~って。」

いやぁ、、言っちゃったゞ(≧ε≦o)
間違えたこと
さわおさん的には全く触れずに終わったのに。
これ、多分、後々何回かネタにするんだろうな・・須藤さん(笑)

でも髭ちゃんだけこういう風に2ステージやってくれて
しかも1回は髭プレゼンツでやろうって言ってくれるんだから
ホントに大好きななんだろうなーって。

続いての曲は、、、
トリビュート盤でもカバーした曲
『ストレンジカメレオン』を
やる前に、散々さわおさんが間違えた話をしたもんで
「自分も間違えちゃったりしてね(笑)」っと
ペロっと言ってましたが
この曲はバッチリでした♪

いやぁ、、髭カバーのこの曲も
なんかいいんですよね~
強いて言うなら
最後ドラムに合わせてもう1回最初から歌う部分
あそこもう少し短くして終わってもいいんじゃないかなー・・
なんてね。

そう言えば須藤さん、もう尋常じゃないくらい
汗だくでした。
髪からも腕からも汗ポタポタ落ちてて。
チバさんも結構そういうこと多いけど
何気にステージ上でのそういう姿
好きだったりします(*´艸`)

続いて『ボニー&クライド』
髭ちゃんっていわゆる定番という
盛り上がる曲がたくさんあるような気がします。
たまにそういう曲オンリーで
フェスとかイベントとかやったりすると
確かに盛り上がって楽しんだけど
ちょっと物足りなかったりしちゃうんですよね・・
でもこの日は『ストレンジカメレオン』を
再び聞けただけで
満足です☆

そして「ちょっとゆっくりた曲を、、」みたいな
前フリあって『闇をひとつまみ』
『スケアクロウ』をリクエストしたって言うの
ちょっと意外な感じもしたんですが
でも今、こういう曲を好んで作ったりしてるところを見ると
そういう気分なのかもしれない、、なんて
思ったりしました。

ドラムがドンドン鳴る中
「みんな、張り切ってる??」
パート2とどっちが来るのか、、
ドキドキしましたが、、この日は
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』
でした~
みんなジャンプしてた!

ちょっと思ったのが、、、
やっぱ後攻の方が有利なのかな・・って
なんとなく、、髭ちゃんの方が
盛り上がりすごかった気がして。
もちろん、曲の感じとかもあるし
一概には言えないのですが
正直私も髭ちゃんの方がテンション上がりました。

そして『溺れる猿は藁をもつかむ』
『ロックンロールと五人の囚人』だもん。
ノンストップです。

あ。で。
ここで須藤さん、、予言当たっちゃいましたね( ´_ゝ`)
出だし大きく歌詞飛んじゃってました。
なので恐らくこちらは
打上げでさわおさんに
ツッコまれたんじゃないでしょうか?!(笑)

「次はテキーラ!テキーラ!
これ、俺たちの曲って知ってる??」ってフロアに。
もちろん!って感じのリアクションが返ってきたんで
「よし。次の曲は大丈夫そうだな」っと
嬉しそうに。

『テキーラ!テキーラ!』
こちらはハンドマイクなのであちこちに動き回って歌ってました。
頭の方、宮ッTea側で
投げキッスをフロアにしたところ
キャーって言われてて
宮ッTeaが密かに笑ってました。

「悲しいけど、次で最後の曲です!」
そう言われると某番組じゃないけど(笑)
えーっっって反応。
「俺も同じ!次の曲はi・n・g!イング!
音楽はこれからも続いていく!!」
ちょっと記憶曖昧ですが、、、そんな感じの曲紹介から
『ing』
こちらも何度かライブで聞いてますが
音源的にはまだ出してない曲です。
宮ッTeaがベース弾かないで
機材を操る曲(マニュピレータって言うんですっけ??違ったか??)

「ありがとう~」

本編終了。

続いてアンコール。
割りと早めに出てきた感じ。
「アンコールどうもありがとう。
ありがとうついでに言わせてもらうと、、」っと
この日発表になった13日の金曜日にやってる
恒例企画"CLUB JASON"の告知。

そしてさらに「秋にアルバムが出ます!」っと
これはうれしい発表♪
(ま、ラジオで言ってましたけどね 笑)
「アルバム出して全国各地に周るツアーをやって
みんなに会いに来行きます!!」

「今日もあちこちから来てくれたと思うんだけど
次回名古屋も来れそうな人は遊びに来てください」

最後はコテさんフロアにダイブで
『ギルティーは罪な奴』
人が密着してたおかげで
あまり危険にさらされることなく
浮遊されてました(笑)

「どうもありがとう~
ピロウズにもう一度大きな拍手を!
そして来てくれたみんなにも大きな拍手を!

今日はこの後、きっと深い時間まで
打ちあがると思うんだけど
僕は沢緒さんの後ろに周って
背後からビールかけてやろうと思ってます!
その後ぴゅーっと
アッと言う間にいなくなるから(笑)」

ふふふ。
どうなったんでしょうかね(*´ω`)
今度の髭ちゃんラジオは
生放送の回なのでどんな話が暴露されるか
期待しておこうと思います。


<セットリスト>
 01.新曲
 02.黒にそめろ
 03.王様のその後
 04.ストレンジ カメレオン
 05.ボニー&クライド
 06.闇をひとつまみ
 07.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 08.溺れる猿は藁をもつかむ
 09.ロックンロールと五人の囚人
 10.テキーラ!テキーラ!
 11.ing

 EN.ギルティーは罪な奴


っということで、、
発表されてからずっと楽しみにしていた対バンライブ
終わってしまったー
一つ思ったのは、、ラジオでピロウズと対バンの話出てましたが
結局決めたのはピロウズ側だったね。。と(笑)
次回は髭主導(ラジオ局でもいいけど)で
ピロウズとの対バン企画
実現して欲しいです!

おまけ♪
なるほど~こういう出し方もあるのね(笑)
IMG_2410.JPG


愛しいとか寂しいとか帰ってから襲ってくる [音楽]

わーもう7月だ!
夏だー、、って。
でも今年はちょっと冷夏ですか??
今だけかな。。

さて。
そんな7.5は
シュリスペイロフ「その周辺」発売記念
『そちらの周辺ツアー』
@新潟 GOLDENPIGS BLACK STAGE
with:山中さわお
でした。
IMG_2406.JPG

久々新潟。
しかも新潟って、、The Birthdayで来るイメージが強くって
ピロウズで来たことあったっけ??って思ったけど
そう、(ライブハウスでの)最初の新潟はピロウズでした(笑)
例の奇跡的番号ばっかきたツアーね。

行きはバスで新潟へ。
お昼はみかづきのイタリアン。
今回は違う味にチャレンジしてみて
"シーフードカレー"
IMG_2404.JPG
美味しかったです。
いつもポテトとドリンクが付いたセットにするんですが
このポテトが塩っ辛いんですよね。
美味しいんだけど喉乾くの。
あれはドリンク買わせる戦略か??( ̄▽ ̄;)

その後周辺プラプラして
萬代橋を渡って会場周辺へ。
はい。
今回は久々のロッツじゃない方の会場。
ここ、その以前ピロウズで初めて新潟来たときのハコと
同じなんですが
名前が変わったんですね。
しかもピロウズの時は
多分、別の階のキャパ大きい方だったかな?と。

下調べでロッカー開場前に入れられるって
書いてあったんですが
この日は開場後しか入れさせてもらえず
でももしかしてそうかも?ってのもあって
荷物を小さくして行ったんで
ロッカー使わずいけました。

番号はうれしい10番台。
ギリ最前行けたんですが、、
シュリスの時野口くんがほっとんど見えなかったー・・
ぐぅー。。(;´д`)
あまり混雑もしてなかったし
あれなら最前じゃなくもうちょっと中寄りの2列目とかでも
よかったかな、、って思ったんですが
ちょっとみんなお仲間って感じの集団が陣取ってて
あまり近寄りたくなかったから
端っこに逃げちゃいました。

あと入口で「お目当てはどちらですか?」って聞かれ
いや、両方っすよって思い「両方」って言ったら
「どっちかと言ったら?」ってさらに聞かれたので
思わず「さわおさん」って言っちゃったけど
あそこは「シュリスペイロフ」って
言った方がよかったよな・・って
中に入ってから後悔しちゃいました。

あれ、いつも思うんですが
一つに決めないとダメなんですかね・・
でも一つに決められないときも
あるじゃないですか。。
両方とかOKのハコもありますが、、

5分押しくらいでライブスタート。
まずはさわおさんから。
さわおさんのグッズTシャツ
かわいかったです。
買おうかなーってかなり迷いましたが
グッと我慢しました。
だってまだ開けてないTシャツとか数枚あるくらいなんで・・
ほんと、仕事にTシャツ着て行ける会社に勤めたい。

そう、で、さわおさん、そのかわいいグッズのTシャツに
グレーのカーディガン、黒のパンツに黒の革靴と
今までではあまり見たことないづくしの恰好でした。
まず、、黒パンって、、あまりなくない?
それから黒の革靴も意外!
カーディガンにはピンバッチがついてて
かわいかったです。
ああいうワンポイントで付けるの、いいですね。
真似してみようっと♪
髪の毛も落ち着いててカッコよかったし
なにより、肌がピチピチしてました(笑)
46のおっさんとは思えない!ゞ(≧ε≦o)

手には噂に聞いてた茶色の小瓶(笑)
Mgさんが用意してくれてたお水は一切飲まずに終わりました。

弾き語りとは言え
出てくるなりモニターとかに乗っかって
「ヘイヘイヘイ!」って煽ったりして
のっけからシーンって言う感じの空気を
いい感じに打ち破ってくれました。

まずはピロウズの曲
『Limp tomorrow』からスタート。
弾き語りってホント丸裸で歌もギターも聞こえてきちゃって
でも改めて、やっぱ上手いんだなーってのを
実感するのも弾き語りです。

「前回の新潟でのライブのときに
またちょくちょく新潟でライブ来ようかなって
言ってたのが実現しました!」みたいなご挨拶から。
前半は1曲終わるごとに
ちょこちょこっとMC挟んできてて
これがまたオモシロ過ぎて。

まずは前日入りした日のお寿司屋さん話。
あ、その前にその名古屋からの待ち合わせ場所の話が
あったんでしたっけ・・
通常ホテルの前に新井さんが車を寄せてくれて
そこに集まって荷物を積むって流れなんだそうですが
この日はホテルの前に停めにくかったらしく
少し離れたところに停めてますと
メールがきたそうで
その目印が「人妻ヘルス前で待ってます」

「いや、確かにありましたよ。
人妻ヘルス、、でもそれよりもはるかに目立つ
焼肉屋の看板があったんだよ!
だったら焼肉屋でいいだろうに!!
これちょっとしたセクハラじゃない?
嫌だよ、、シュリスペイロフと
人妻ヘルス前で待ち合わせなんて・・
あぁ、、もう、女Mgも40過ぎるとこう変わってしまうのかね・・
。。。って、、後で怒られるかな??(笑)」
流石っす!新井さん!!ゞ(≧ε≦o)

で。お寿司屋さん。
行ったってのは宮本くんのツィートで知ってましたが
「まさかのお寿司屋さんをはしごするとこになってね、、」って。
詳細は後で話すけど、、ってことで
ここでは「あのーすしざんまいとかのいわゆるチェーン店とかって
すごい進歩してて
あのしょう油をピュッって出すやつ分かるかな、、
普通はこう注ぐ感じで小皿に出して
チョンって付けて食べると思うんだけど
ごはんとバラバラになっちゃたりとか
軍艦巻きだと難しかったりするじゃないか。
でも、、格式あるお寿司屋さんでも
あのタイプのしょう油さしにすればいいと思うんだけど、、
だから思った以上にしょう油出過ぎちゃったりして
それもったいないから
今日は残ったしょう油かき集めて水で薄めて飲んでます~
なので塩分高めで頑張りますー」だって。
これ、茶色の小瓶の言い訳?!(笑)

続いてピーズの中でも
大好きな曲という
『どっかにいこー』
これ、シンちゃん50歳の時もやってくれた曲。
その時はオリジナルであまり聞いてなくって
ピンとこなかったんですが
その後音源聞き直してたんで
今回は前より馴染みがあって
よかったです。

改めて、、『巴里の女性マリー』に
ちょっと空気感似てるな、、なんて。
あれはピロウズの曲をピーズがカバーして
でもさわおさん以上にハルさんが歌うのが
妙にマッチしてる感じがしてて
実はピーズカバーVer.の方が好きだったりするんですが
これもさわおさんが歌ってても
頭の中でハルさんの声に脳内再生されちゃうほど
ハルさんのイメージが強い1曲のように感じました。

「えーっと、、俺はみんなに比べたら
誰よりもNO!と言える日本人代表だと思うんだが、、
そんな中でもYESしか言えない2人の先輩がいて、、(笑)
ご存じの通り、怒髪天の増子さんと
コレクターズの加藤さんなんだけど。

次の曲はそのコレクターズの曲をやろうと思って。
アラバキでもやったんだけど
その時は加藤さんの若いころのキーの高さを舐めてて(笑)
原曲でやってたんだけど
いや、やっぱキツイな、、キー下げてもらおうかなって
思った時にはもうちょっと本番ギリギリすぎて
ベースのウエノくんは俺よりも先輩なんで
さすがに今から変えて欲しいとは言えず
あの時はメタルバンド並みに高い声で歌ったんだけど(笑)
今日はキーを下げてベストな状態で
歌ってみようと思う」

ってことで『夢見る君と僕』
アラバキの時そんな苦しそうに歌ってたとは
もう興奮しすぎてあまり覚えてないっす・・
弾き語りのこの曲、よかったです。

「下の階では今日はビジュアル系がライブ
やってるみたいだね。
IMG_2405.JPG
これですね(笑)
みんな迷ったでしょ?似てるから(笑)
きっと次出てくるシュリスの宮本が
ものすごいポーズ決めてくれると思うよ。
でもビジュアル系にしてはちょーっと化粧薄いかなー(笑)」
そう。そう。
開場時間が違ったんで全然混雑せずに済みましたが
すっごいメルヘンな服装来た女子たちが
いっぱいいました。

次の曲はふくろうずのカバー曲で
もはや好きすぎて自分の曲のように
馴染んでるという『ユアソング』
あまりオリジナルを知らないと
カバー曲だって言われないと
分からないくらいです。

さて。
お待ちかね?!そのお寿司屋さん話の続きです。
最初に行ったお店は「ひろしです」ってところだったそうで
もうその店の名前からして
ちょっと気になってたそうですが
でも味は決して悪くなったとか。
ただ、、トイレ行ったときに
その入り口に"行っトイレ 戻っトイレ"←だったっけ?
って書いてあって
「あーもう、ここにいちゃマズイ、すぐに出ねば、、」って
思ったんだとか。

さらに隣に座ってたおじいさん?が
連れにこの店の案内をしてたそうですが
その連れがよく分かってなかったみたいで
半ばケンカ腰になってて
その時言い放った一言が「この百姓がっ!」って

「、、、きっと、彼は武士だったんだろうね。
だって百姓にそんなこと言えるのは
士農工商で言えば武士しかいないから。
いやぁ、、それはマズイでしょ。
俺なんてすぐ相手にイラっとさせちゃって
すぐに斬られちゃうタイプだもん。
危ない危ない。。(笑)」

そんなこんなで、そのお店は退散し
今度はちゃんとした(笑)
それなりのお店でお寿司を堪能したそうです。

ここからはさわおソロの曲。
「あの、、次の曲は手拍子をして欲しいところがあるんだが、、
分かってますよね?俺のバックには
武士が、、(笑)ちゃんとしてないと斬捨てご免で
バッサリと・・(笑)」
っという曲は、、『Mallory』
あはは。
ちょっと久々に聞いたから
ちゃんとできるかハラハラしてしまいました。
ふぅ・・
そんな脅しもあって?!(笑)
手拍子バッチリ。
さわおさんもニンマリしてました(´m`)

続いて『All memories』
『Answer』
首筋にまで汗かいて
熱唱する姿が素敵でした。
あ、でも本人曰く、、「塩分取り過ぎだからか
すごい汗かくなー」って(笑)

「じゃーピロウズの曲もやっとこうかな」って
言ってやったのは『Sweet Baggy Days』
なんか出だしの感じが違ったから
なかなか何の曲か分かりませんでした。
ちょっと切ない気分になった・・
最後の熱唱とかジーンと来るものがありました。

「最後は、カバー曲なんだけど
すごく楽しく終われる曲なんで」みたいなことを言って
これもシンちゃん50歳の時にやってくれてましたが
YO-KINGの『Hey!みんな元気かい?』

歌ってる途中に「みんな元気かー!」って
叫んでて
なんかそれがちょぴっとだけ
圭介さんみたいで可笑しかったです(笑)

「じゃー次はデリシャスレーベル期待のビジュアル系バンド
きっと宮本がすごいポーズキメてくれると思うから
最後まで楽しんでって!」

いやぁ、、よかった!
さわおさん、曲終わるたびに
足でポンって〆の感じを出してるのが
楽しそうで。
弾き語りなのにいつものライブみたいに
ロック感満載でした。
持ち時間もタップリ50分くらいあったし。

今度大阪で弾き語りワンマンがあるみたいで
しかもそれAFOCとの対バンの次の日で
いやぁ、、いいなー・・って
一瞬心揺らぎましたが
これ見てさらに心揺らぎましたが
我慢しときます。

あ、しかもそれ、その前の週か後の週かは
武藤ウエノなんですよね。
それ一緒の対バンだったら
間違いなく行ったのに・・(T ^ T)

<セットリスト>
 01.Limp tomorrow
 02.どっかにいこー/The ピーズ
 03.夢見る君と僕/THE COLLECTORS
 04.ユアソング/ふくろうず
 05.Mallory
 06.All memories
 07.Answer
 08.Sweet Baggy Days
 09.Hey!みんな元気かい?/YO-KING

続いてはシュリスペイロフ。
SEがアルバムに入ってる1曲『その周辺』を使っていて
あーなるほど~うまいなーって。
この曲はどうやってライブでやるんだろう・・って
謎だったんですが
そういう使い方があるか。。って。
しかも確か最後ちゃんと「新潟」「その周辺」って
替えてあった、、よね??

出てきたメンバー
宮本くん、出てくるなりヒムロック?のポーズ??
みたいなのを一発キメてからスタンバイ(笑)
先輩にあれだけ言われたら
やらざるを得ない、、、か(≧▽≦)
しゃがんで顔隠したポーズだったんで
ちょっと分かり辛かったけど最高でした。

そんな宮本くんはチェックのシャツに中はグッズのTシャツ
野口くんは仕事帰りとか前とかじゃなくても
あの、、スーツのようなパンツに
革靴なんですね。。
山倉くん、髪モシャモシャしてて
相変わらずニコニコギター弾いててかわいかったです。
ブチョーは、、何着てたっけなー・・(;´д`)

最初に4人前に出てきて一礼して始めてました。
その時の野口くんの一礼が
腕を左右に広げてご挨拶って感じで
それが紳士っぽくって素敵でした♪
髪切ってから男前度が上がった気がします(笑)

1曲目から『空中庭園』と
アルバムリード曲からのスタート。
この曲ホントいい曲です。

そして『下着と日々』と
この流れよかった!
お気に入りの曲続きでテンション上がりました。

続いて『空白に向かっていくよ』
そう、最近ようやく昔のアルバムをレンタルしてきて
この曲、結構ライブで聞いたことあったんですが
音源でも聞けるようになりました。
私の中での
昔のシュリスと言えば、、な感じの世界観の曲。
何て言うか、、ちょっと独特なリズム感というか
ちょっと難しい感じと言うか。

で。
最初に書いたように
この日は位置のせいで
野口くんがほっとんど見えない状態でして、、、
野口くんあまり動き回らないし
前にも出てこないんで・・

ただ、この曲ではコーラスがありまして
やっと姿見えたーって感じでした。

シュリス、新潟は初ライブだったそうです。
でも「さっきコンビに言ったら
信号の向かい側に3人くらいの人がいて
ライブ楽しみにしてますって
こんな俺にしては珍しく
ハイ!って一人ずつとハイタッチみたいに
ポンポンポンってやったりして、、、
なんか歓迎されてるなーって思ったら
うれしくなりました」っと宮本くん。

ホントうれしかったみたいで
「新潟、いいなー」「今日はいいライブだなー」って
何度もしみじみつぶやいてました。
新潟人ではないですが
なんかそんなこと言われると
うれしくなります(*´艸`)

続いての曲は『働きたくない』
初めて弾き語りでこの曲のタイトル聞いたときは
笑っちゃったけど・・
でも宮本くんが歌うからよりリアリティ増す曲のようにも感じます(笑)

そして『朝ごはん』
この何なんでしょう、、前作の曲と今回のアルバムの曲との流れが
妙にマッチしてる感じ。
和みます。

次の『ルール』はちょっとアップテンポなイントロだったので
鳴った瞬間から手拍子が自然とはじまり
思わず宮本くん、ギター弾きながら
「おっ」ってうれしそうな顔(*´ω`)
曲終わった後も
「なんか、、いいですね。
さっき手拍子やってくれて、、、
あ。手拍子なんて最近じゃ言わないのか?
あの・・クラップ??(笑)」って
いやいや、クラップって言うなら
クラップハンズまで言った方が、、って思う私も
古いのか??(・ε・`*) 。。

そんな感じでお気に入りになってくれた新潟
実は山倉くんの実家は新潟だそうで。
いつもはホテルに泊まるとき
宮本&野口、ブチョー&山倉というペアだそうですが
「山倉くん、ブチョーのことキライになって
この日は実家に帰って泊まりました」って(笑)
そういうと山倉くんが「違います、違います」って
思いっ切り手を振っててかわいかったです。
山倉くん、楽しそうにギター弾くので
なんか自然と微笑みたくなります♪
髪ホワホワだし。
マスコットキャラだな、あれは。

そのホテルのペアの話の時に
宮本くんがブチョーと一緒の部屋なんて
絶対に嫌だみたいなことを言ったら
ブチョーも「俺も宮本と一緒の部屋は嫌だよ。
だってヒドイいびき、寝言、歯ぎしり、、、」っと反論。
すると宮本くん「ブチョーだっていびきかいてるじゃん」
ブチョー「そうだけどさーお前みたいにひどくない、、って
思ってるよ・・・」

ある時ブチョーと宮本くんが一緒の部屋だった時
すっごいその日は暑かったらしく
夜中にフッと目が覚めてしまった宮本くん。
チラッとブチョーを見たら、、
「なんかさー武士が膝まついてるような恰好して寝てんだよ!」
ブチョー「それが一番涼しい格好だったんだよ」
いやぁ、、オモシロい。

で。
このツアーこの日でさわおさんとはお別れの
ここ新潟ですが、、
「今日はもう終わったら帰らないといけないんですよ・・
打上げもないし。。」っと寂しそう。
昨日食べたお寿司屋さんは本当に美味しかったらしく(2軒目 笑)
「中トロ、、食べたことあります?(笑)
いや、俺もさ、経験したことはあったんだよ。
でもあれは想像を超える美味しさだったね
あーホント、美味しかったなー」っと思い出しながらしみじみ。
野口くんも「美味しかったねー」
宮本くん「今日も食べたいくらいだよ(笑)」

「俺はあのー、、さわおさんとポッドキャストとかやらしてもらって
前よりはね、さわおさんと打ち解けて話せるようになってきたんだけど
こいつら(野口・ブチョー)がねー、、、
まぁー喋んないんすよ(笑)」
やはり緊張するらしいです。
でも野口くん曰く「いや、そりゃ、緊張するよ。
でもさわおさんだけじゃなく、俺、あんまり人と喋らないじゃん。
他に見たことある?喋ってるの・・・」
え・・そんなに人見知りさん??(笑)

ブチョーもトークが続かないらしく
「そりゃー緊張するよー・・」
宮本くん「ほらね、今も緊張するよね、、で
終わっちゃってるでしょ」って。
なんか黙っちゃってる2人の姿が
想像できちゃうのでちょっと可笑しかったです(´m`)

でも野口くんもブチョーも
さわおさんと話すの緊張するって聞いて
なんていうか、、ホッとしたというか
あーやっぱそうなんだなーって
親近感沸きました(笑)

『夜の公園』はまた違う顔の
でもシュリスならではな感じの1曲。
低音がビンビン響いててカッコいい曲です。

続く『さよなら宇宙』でも
野口くんのコーラスあったっけ??
いやぁ、、ホント、この日は姿見えずで
残念デシタ・・

「いつもさわおさんが、大好きだって言ってくれる曲があるんですけど
あまりライブではやったことなくて、、
でも今日はそれをやりたいと思います!」
その曲は、、『レコード』です。
ヤッタ!
そう、確か、、高円寺でやった時だっけ?
さわおさんがカバーして歌ってくれてたと思うんですが
その時はまだこの曲知らなくって
でもこの前レンタルで借りてきて
だいぶ聞き慣れた曲になってたんで
うれしいです。
いやぁ、、いい曲です。

ラストは『エンドロール』
そして『カノン』

終わりの3曲はただただジーッと
聞きってしまいました。
「ありがとうございまーす!」
本編終了。

続いてアンコール。
真っ先にブチョーが物販のTシャツに着替えて登場。
自分のドラムセットの席には行かず
センターでMC。

宮本くんデザインと言うTシャツの宣伝。
「Tシャツは全部自分たちで作ってるので
売れれば売れるほど、俺達が潤うという
仕組みになっています」みたいな感じで
上手にテンポよくトークしてました(笑)
バックプリントかほら!かわいいんですよーとか言ったりして。

が、、一通り話終わっても他メンバー出て来なくって
(わざと 笑)「出てこないんだよなー
いっつもだよ。おーい、早くで手来いよ」って
ブツブツ。

ようやく他メンバー登場。
「今更ですけど、、メンバー紹介しとこうかな」っと
宮本くんから各メンバーを紹介。
まずは野口くんからで「さっきプリンあげたら
すごい喜んでた」って。
野口くん「おいしかったよ」っとニッコリ。
あのルックスで甘いもの好きなのか?!(笑)

続いて山倉くん。
あれ、ここでその実家に帰った話してたんだっけか。。
でブチョーが話割って入ってきたもんで
「ちょっと、まだ紹介してないんだから
入ってこないで!」って言われたような??

そんなブチョーですが、、
野口くんに「でもさっきの(グッズの宣伝)よかったよ」って
さり気なく褒められ「え?ホント?」って
うれしそう(笑)
でもそのすぐ後に「でもドラムは全然ダメだったけどね」っと
バッサリ。。
「なんでそう、その倍以上傷つくこというかね、、」って。
この3人の関係性、、オモシロいですね(≧▽≦)

アンコールまずは『スターレット』から。
そうそう、この曲、まだやってませんでした。
まだかな、まだかなって待ってたほど大好きな曲。
なのに、、出だし途中まで歌って「あっ!」って
曲ストップ。。
気を取り直して、、もう1回。
最初聞いたときは何処間違えてた??って
分からなかったんですが
歌い直しを聞いたときに
あ、、って分かりました。

続いて『行灯行列』
ラストの曲は結構定番な選曲なんでしょうか。
ライブでよく聞く曲でした。

「どうもありがとうございました~」
最後も前に出てきて一礼とかするのかな、、って
思ってたんですが
ササっと帰っちゃいました。

ないかな、、って思いつつ
皆さん拍手続いてるんで待ってたところ
宮本くん一人が登場。
今回のアルバムについて、、さわおさんプロデュースという形で
デリシャスレーベルから出してもらって
今回学んだこと(さわおさんから教えてもらったこと)は
曲との向き合い方について
だから楽しめてアルバムを作れたそうで
今もよく自分でも聞いてるって。

ツアーにも一緒に周ってもらえて
「ホント、かっこいいですよね~
また機会があったら、、一緒に周って欲しいなー」って。

そして「もし、もう1回アンコールはがきたら
一人でこの曲を歌おうって思ってた」という
『すべて』と言う曲を。
この曲もいい曲だったー
でも音源持ってなかった・・

っということで2.5時間くらいかな。
思ったよりタップリ
というか想像通りゆったりとしたライブで(笑)
楽しかったです。

今回野口くん見切れてたんで
リベンジかねて下北のワンマン行きたいけど・・
うぅ、、、仕事がなー。。
明日ライブで早く帰らないといけないとなると
木金は残業になりそうな予感大・・ってとこで
チケット買っとくには危険すぎるんですよね(>ω<)
なんで金曜日にするんだー

お土産に柿の種!
って思ってたんですが
駅のお土産屋さんもう閉まっちゃってて
売店で買ったんで
あまりいいもの買えなかった。
でもサラダホープのカレー味を見つけ
ちょっとうれしい★
IMG_2408.JPG
カレー味には目がない(笑)

新幹線ではもちろん、新潟のビール。
IMG_2407.JPG

<セットリスト>※名古屋のを拾っただけなので不確か。。
 SE:その周辺
 01.空中庭園
 02.下着と日々
 03.空白に向かっていくよ
 04.働きたくない
 05.朝ごはん
 06.ルール
 07.夜の公園
 08.さよなら宇宙
 09.レコード
 10.エンドロール
 11.カノン

 EN1.
  スターレット
  行灯行列

 EN2.
  すべて(宮本)