So-net無料ブログ作成
検索選択

アラバキ2015 1日目 [音楽]

いつも帰ってきたら言ってると思う・・
あーあ。。終わっちゃった・・(´ ノ(ェ)・` )
今年も最高なアラバキ2Daysでした。
IMG_2256.JPG
そして早くも来年のスケジュールが発表になり
またこれを励みに頑張って行けそうです。
なんてったって、次の日休み~!!
後泊しちゃおうかな(*´艸`)
むぷぷぷ♪

ザックリ見たものの感想
セトリなどなど備忘録的に
メモっておきます。

まず、、夜行バスで5:30過ぎに仙台へ。
特に大きな遅れはなかったと思います。
いずぞや、、GW真っ只中の日程だった時
1時間くらい遅れて
ホテルに荷物を預けにも行けず
朝食も取れず
ロッカーに入れて
シャトルバス乗り場へ向かったこともありましたが
あの時以来まだそこまでの遅れはないかも。

で。
いつも行くマックへ向かったのですが
あれ?開いてない。。
どうやらいろいろあって
開店時間7時になっちゃったみたい・・
ってことで
先にホテルへ荷物を預けて
開いてるお店探し。

すると駅前のモスが開いていたので
そちらで朝食。
あんなとこにモスがあったなんて
知らなかったー

そして8時前お友達と待ち合わせてシャトルバス乗り場へ。
1日目はね、ま。並びますよね。。
ってことで30~40分くらい待ちましたか?
でも割とスイスイいった感じでした。
そしてバス出発。(今年はパーフェクトで普通席でした♪)
で、、ここからが長かった・・
街中が渋滞っていうよりも
会場間近の1本道が大渋滞。
去年もその傾向がありましたが
今年はさらに酷かった
おかげで2時間くらい乗ってた??
トップバッターのロットン
ダッシュしないと余裕で間に合わなかったですもん。

でも私的には
朝から見たいものは特になかったので
のんびり玉こんとビールで乾杯。
IMG_2258.JPG
とってもいいお天気で
半袖でも充分いけちゃう気候
最高の幕開けでした。

その後はタワレコブース覗きに行ったり
(その横にカラーゲ屋さんはありました)
IMG_2259.JPG
物販覗きに行ったり
(欲しかったフラカンステッカーなかった。。)
そこでお友達と別れて、、

まずは
11:55 OKAMOTO'S×黒猫チェルシー(鰰)
仲良しの2バンド(事務所が同じなんですね)
どういう風に一緒にやるのかな、、って
思ってたら
普通に2バンド全員がステージに上がって
セッションしてました。
遠かったんで
あまり見えなかったんですが
多分、ドラムは2つだったような。
でもベースは1本(ハマくん)で
黒猫の方の人はKyeをやってました。

で。
やる曲はほぼカバー曲!
全く予想してなかった演出だったので
ビックリでしたが
とっても楽しかったです。
選曲が渋過ぎる!(笑)
おかげで知ってる曲が多く
楽しめました。

<セットリスト>
 1.レモンティー [SHEENA & THE ROKKETS]
 2.トランジスタ・ラジオ [RCサクセション]
 3.異邦人 [久保田早紀]
 4.Let's Dance [David Bowie]
 5.I Shot The Sheriff [Eric Clapton]
 6.JUMP [Van Halen]
 7.リンダリンダ [THE BLUE HEARTS]
 8.大迷惑 [ユニコーン]
 9.Family Song[OKAMOTO'S×黒猫チェルシーで作った曲]

次に向かったのは
12:40 チャラン・ポ・ランタン(津軽)
行くと既に始まっていて
人もいっぱい。

このチャラン・ポ・ランタン
姉妹デュオで
姉がアコーディオン、妹が歌ですが
ライブはさらにホーン隊とドラムと弦バスが加わっての演奏。
しかもみんなかわいい女の子!
衣装もかわいい。

で、オモシロいのがMC。
姉小春さんはかなりの毒舌気味で
「1年目はワークショップ、2年目はゲストでちょい出
3年目にしてやっと出れましたー!!
世の中が、やっと私たちに追い付いてきたよ。
ワークショップで興味あるのかなと思いきや
アンケートに書いてあったの
「かわいかった」って
ライブの感想じゃないし。
かわいい?そんなの知っとるわ!」

シングルがドラマのエンディング曲?に
決まったらしいんですが
「ももちゃん(妹)関係者と
一夜を共にしたのか??」
などなど。

ライブはとってもキュートで
演奏も素敵だし
楽しかったです。

続いて、、そのまま津軽にいてもよかったのですが
(この日はやたら津軽に行ったなぁ、、
 今までほっとんど行ったことないステージだったのに)
小腹がすいたので
カラーゲを買いに。
IMG_2260.JPG
IMG_2268.JPG

カリカリ・サクサクで美味しかったのですが
IMG_2269.JPG
味がしない(薄い)
もっとしょうゆ風味とか
なんだろ、、塩コショウ?
下味がしみ込んでるもんじゃない??
うーん・・。。

あとキュウちゃんおススメという
梅木を飲んでみたんですが
IMG_2270.JPG
・・・赤ワインテイストと言うだけで
他に何入ってるか不明。
さらに言うと、梅の味は全くしなかった。。
これまたなんでしょ、、
よく分からない味で
うーん・・・。。
※キュウちゃんブログに説明が!
 赤ワインの炭酸割りだそうです。
 ネーミングは梅木って人が好んで飲んでたからだそうで
 どうりで梅の味はしない訳だ(笑)

っという若干残念な腹ごしらえ(´+ω+`)

で、再び津軽に戻って
13:45 勝手にしやがれ(津軽)

ここではサウンドチェック中で
なんと!俊美さんが出てきてビックリ!!
そう言えば、、何度か?一緒にライブ
やってましたもんね。
思いがけないサプライズで
俄然楽しみになりました。

勝手にしやがれのライブは
ちゃんと見たことあるのは1回くらいかな~
しかも結構前。
こういうフェスでチラっとだけってのは
あるかもしれないんですが。。

なのでかなり久々
いやぁ、、かっこよかったー
ホーン隊入ると違いますね。
でもってインストのイメージ強かったんですが
半分くらいは武藤さん歌ってた??

そしてネタばれあった
俊美さん登場。
これまた素敵でした。

何て言うか普段はあまり見ないものを
何気なく見に行って
すっごくいい気分になれると
これぞフェスならではの醍醐味!って
うれしさも倍増です(。・∀・。)

ここで
14:20 アラバキラジオ:フラワーカンパニーズを
見に行こうかな、、っと思いつつ
ずみちゃん公開収録の
ゲストが気になりずみちゃんコーナーへ。
IMG_2262.JPG
IMG_2264.JPG
今年はずみちゃん5周年なんだそうで
(そんなに経つのかー。。)
特別に公開収録ってスタイルを
とってるんだどか。

するとSCOOBIE DOメンバーが。
おぉ~
その後佐藤タイジさんも加わり
楽しいトークでした。

スクービーは定期的に昔の歌もライブでやってるって話に
増子さん、、あ、いや、ずみちゃん
すごいねって感心してました。
知り合いのバンド(怒髪天 笑)では
Baが面倒くさいって言って
昔の曲をやらなかったりするらしいです。

お次は
15:00 MAN WITH A MISSION(陸奥)
普段はめったに見れる機会ないので
一応チラリと見に行きましたが
うーん・・別にいいかな。。ってことで
すぐに荒吐ステージへ戻ると
まだフラカン前のジュンスカが始まったばかりで
早過ぎた・・(笑)
このまま見ててもよかったんですが
ふと、ずみちゃんコーナーのゲスト時間だってことを思い出し
再びずみちゃんのところへ。
今回この移動により
裏道から行けることを覚えました♪
って言っても、、シートエリアを突っ切るってだけですけど。
これの方が人少ないし
多分距離的にもショートカットで来てると思います。

で。ずみちゃん。
女将さんのようこさんも加わり
ゲストには既に和田唱くんがいました。
でもまだ座る席があるので
もう少し見ていると
なんと!10-FEETが3人そろって登場!!
おぉ~
全然予想もしてなかったし
10-FEETはライブ見に行けないから
かなりうれしかったです。

トークは、、何話してたっけなぁ。。
キャピタルレディオワンの"アンコール"って書いてある
タオルをお土産にって持って来てて
それについて話してたかも。
単に"キャピタルレディオワン"って
言いたいがために連発して言ってたりして(笑)

あと京都大作戦のサブタイトル
○○な祭!みたいな、、
あれを増子さんが「あのダジャレ誰が決めてるの?」って
いやいや、みんなで意見出し合って
考えてますって(笑)

まだまだ時間があるってことで
お客さんから質問を受け付けるってことでしたが
元々ゲスト誰かはお知らせされてなかったためか
あまり盛り上がってなかったようにも
思ったり。。(笑)
こここそ最後まで見てたかったんですが
次に待ってるライブが本日のほぼ本命と言ってもいい
フラカンだったんで
泣く泣く早めに切り上げることに。。
うぅ・・うまくいかないもんです(;´д`)

でももうちょっと見てても
間に合ったかもな・・
この日は竹安さん側で待機。
圭介さん以外のメンバーは
自分でサウンドチェックに出てきてて
グレートさんがマイクチェックで
「ヘイへーイッ!」って言ったら
お客さんが「イェーイッ!」って返してきちゃって
思わず「え、、そういうんじゃないんだけどな(笑)」って
照れ笑いしてたのが最高に可笑しかったですゞ(≧ε≦o)
なんでしょ。。
その後の竹安さんとかミスター小西とかでは
そこまでなかったんですけど。
今思い出しても
ちょっと笑えるほど絶妙なタイミングでの
返しデシタ。

っということで
16:30 フラワーカンパニーズ with 泉谷しげる(荒吐)
あー・・ACIDMAN見たかった。。
去年もACIDMANとしては久々のアラバキだったのに
何かと被って見れなくて
でも去年は自分的熱も冷めてきてたせいか
さほど残念感はなかったんですが
今年は再び復活してきつつあり
それよりは残念な気持ちです。

さて。
この日のフラカン
泉谷さんと一緒なんですよね。。
結論から言うと
、、、振り回されてかき乱されて終わった・・という
感じでしょうか。。
いや、楽しかったですけど
でも普通のライブがみたかったかなー・・

まずはフラカンだけで
『はぐれ者讃歌』『マイ・スウィート・ソウル』
そして呼び込んで登場のはずが
フライング気味に泉谷さん登場。
「せっかちだなー」って圭介さん。

ここで泉谷さんの曲『なぜ こんな時代に…』
この曲は圭介さんの
普段あまり聞けない低音ボイスを聞けて
不思議な感じでした。

っと思ったら
次の『深夜高速』
オリジナルキーだと高過ぎるからと
泉谷さんのキーの下げてやるという
これまたレアな形で。
さすがに竹安さんのギターソロも
ちょっと変えてましたっけね。
ただ、何て言うか、、
ちょっと曲の雰囲気違い過ぎたかもなぁ・・

やっぱり圭介さん、キー高いんですね。
そんな高いキーは忌野清志郎か小田和正かって。
これはかなりいい褒め言葉?!ですが
その後、本物の男とは思えねぇーって。
そしたら圭介さん「いや、ちゃんと付いてますから!」って。

次に『春夏秋冬』
そして最後はもちろん『真冬の盆踊り』
アッという間でした。。
そうそう。
グレートさん髪の毛サッパリしてました。
よかったー(笑)
あのまま伸ばし続けたらどうしよう。。って
ちょっと思ってたもんで。
でも26周年が始まったし
心も新たに、、って感じでしょうか♪

<セットリスト>
 1.はぐれ者讃歌
 2.マイ・スウィート・ソウル
 3.なぜ こんな時代に…
 4.深夜高速
 5.春夏秋冬
 6.真冬の盆踊り

この辺りから
日が沈んできて
気温も下がり始めてました。
いつものピースマーク
IMG_2267.JPG

夜はライティングされてて
よりきれいに。
IMG_2273.JPG

ちょっと小腹がすいたので
今年初めてのはっと汁を食べてみました。
IMG_2271.JPG
でも売れ行き好調なせいか
具材を入れて煮込んでる最中だったらしく
結構待たされたし
ちょっと具材も少なめだった気が・・
というのも、他の人がツィートで上げてる
写真を見て知ったんですけど。。
でも、美味しかったからいいや。
また次回リベンジしよう(笑)

そしてまたしても荒吐ステージで
18:30 SCOOBIE DO(荒吐)
いやぁ、、これがすっごいよかった!
そのちょうど夕暮れ時の空模様と
曲のキラキラした感じが合ってて
とにかく素敵でした。

だからこそ、
あぁ、、フラカンもオリジナルのライブ
やって欲しかったな・・って
思ってしまったんですよね。

最後まで見て移動したら
既に始まってた。。
19:05 浅井健一(アコースティックセット)(津軽)
音人ライブでベンジーを見てから
今まで以上に
気になる存在になりつつある(笑)
ベンジー。

一人で弾き語ると思いきや
KeyにVnにあとベース?Gt?
あとDrもいた??
すっごい人でベンジーどこ?!状態だったんで
あまりステージの様子も見えなかったんですが
3人か4人編成でやってました。

私がいる間でのMCは「来てくれてありがとう」って
あの独特の訛りのある感じで一言。
結局最後までいられず、、でしたが
ベンジーワールド堪能致しました。
あ、でもまたもう1回
ROMEO's bloodが見たいなー。

で、この日のトリ
20:00 うつみようこGO!GO!50バンド(荒吐)

はい。
武藤ウエノも10-FEETもサンボも
あきらめました。。
悲しい(>ω<)
いや、でも
それ以上にうつみようこGO!GO!50バンドのライブ
素晴らしくって
こっち選んどいてよかったーって
思いました。

出演はいつものYOKOLOCO BANDに
ホーン隊が加わり
後はゲストで一緒に歌ったり演奏したりって
感じでした。
そのゲストが豪華!
 Vo.中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)
 Vo.伊丹英子(ソウル・フラワー・ユニオン)
 Vo.奥田民生
 Vo.鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)
 Gt.イマイアキノブ(THE GOLDEN WET FINGERS)
 Vo.TOSHI-LOW(BRAHMAN)
 Vo.真城めぐみ(ヒックスヴィル/ましまろ)
 Vo.オカモトショウ(OKAMOTO'S)
 Vo.RYOJI(POTSHOT)
 Tb.CHUCKY(POTSHOT)
 Tp.MITCHY(POTSHOT)
 Tp.田中和(勝手にしやがれ)
 T.Sax.田浦健(勝手にしやがれ)

ようこさん、真っ赤なワンピに
髪の毛お団子にして
かわいかったです。
真っ赤なワンピを
「年齢的には10歳先を言ってる感じですが、、」とか
言って(笑)

まずゲストなしでYOKOLOCOだけで
1曲やったんだっけか。
あ、ホーン隊は入ってたと思います。

そしてビックリゲストは
奥田民生。
もちろん事前告知ありましたが
私の中で把握してなかったんで
へぇ~って思ってしまいました。
民生さん着てきた服のままの出演と言う
相変わらずゆる~い感じでした。

最年少ゲストオカモトショウくんは
「50歳おめでとうごさいます~」って
ようこさんにハグしてて
ようこさんの方が照れちゃってて
かわいかったです。
周りからは「ようこちゃんにハグできるの
お前くらいしかいないよ?若いってすごいなー」って
言われてました(笑)

イマイさんはようこさんと同じ年だそうです。
髪の毛伸びてて
一部結んだりしてて
さらにやけに唇真っ赤で
男だか女だか分からない感じの雰囲気でした。

間奏でキュウちゃんの方向いてギター弾いてて
ちょっとグッときちゃいました。

でもって酔っぱらっていたのか
最後帰るときにいたずらで
ようこさんのお尻をキュッって触ってて
そこでもようこさん「キャッ」って
乙女な声を発してました。

印象的だったのはTOSHI-LOW
TOSHI-LOWはようこさんぼボイトレ受けてますからねぇ
そのきっかけとなったのは
あの3.11
被災地にいる友達に歌いに来てほしいと言われ
そこで歌ってるときに
もっと本気で歌を歌いたいと思い(今までももちろん本気だったけど)
ようこさんに自分で連絡を取って
習いに行ったって。

その時初めて教えてもらった歌を
ここで歌いたかったのに
最初は却下されたそうで(後でご本人登場もあるし、、)
それを愚痴ったところ
「いいよ、歌って」っとなり
TOSHI-LOWは急きょ2曲歌いました。

その曲がソウルフラワーユニオンの
『満月の夕』
この歌を歌いたいって理由は
これもよく話しているので割愛しますが
実際に歌ってるのを聞くのは、、
どうだろ・・あったかな??
弾き語りしているTOSHI-LOWっていうのも
あまり見たことがなく
ジーンと来るものがあり素晴らしかったです。

そしてもう1曲は
『トンネル抜けて』
歌う前のMCがまたよくって。
あまり覚えてないんですが
俺の育った町からトンネルを抜けると
福島がある。

原発再稼働?ふざけんな。
清志郎が生きてたらなんて言うと思う?

4年経っても今もまだ何も変わっちゃいない。
トンネルの向こうの景色を返せよ。

あ、TOSHI-LOW恒例?!の
毒舌もありまして
「どうでもいいけど、グレートの楽器の側に
自分の?置きっぱなししとくのやめてくれる?」って
?は多分下着のことだと思います
(比喩して言っててよく聞き取れませんでした)
そしてようこさんのことを
愛情をこめて
ジジイって呼んでました。
TOSHI-LOW、いい奴だ。

その後の圭介さんと歌った
『真っ赤な太陽』がホント最高でした。
圭介さんの声が高いせいか
女性とのハモりがピッタリくる。

ここでだったか、、
自分のライブの時は
バタバタで(笑)
まったく告知できなかったから、、って
ここで12/19の武道館の告知を。
まぁ、3/4メンバーいるんだし
いいんじゃないでしょうか~(≧▽≦)

最後は出演者みんな出てきて
もちろんこの歌
シーナ&ロケッツの『レモンティ』

本編終わって
時間も過ぎてたし
アンコールはないだろうな・・って
思ってたんですが
拍手鳴りやまなかったんで
ようこさん1人でてきて
アカペラで1曲(1番だけ?)
ほぼノーマイク状態で歌ってて
素敵でした。

いやぁ、、よかったー
1日目は正直これと言ってお目当ても少なく
のんびりな感じでしたが
それぞれフェスでこその楽しみ方かできて
かえって楽しさというか
うれしさがいっぱいな1日でした。

帰りのバス、、1時間くらい並んだかな・・
寒かった(;´д`)


タイムテーブル(仮) [音楽]

昨日、4.23は
怒髪天のVo増子直純さんの
誕生日でした~
おめでとうございます!!
44マグナムとか言ってた時からもう5年も時は経ち
49歳っすか・・早いなぁ。。。

っということで、、
なんか慌ただしくなってしまいました。
結局定時上がりで家に戻って
諸々準備してもうすぐ出発~
私、爆睡できる自信今からあるよ(笑)
今週ずっと睡眠不足で
先週末も土日とも朝早起きだったし・・

とりあえず、ざっくり決めた
自分的タイムテーブルを。
でも、まだ、全然決めてなくて
見たいもの全部書いた感じのタイムテーブルですが
最近こういう風にしてる方が
その時の気分で決められるので
いいのです(*´ω`)


1日目:4/25(土)
11:00 ROTTENGRAFFTY(荒吐)
11:55 OKAMOTO'S×黒猫チェルシー(鰰)
12:40 チャラン・ポ・ランタン(津軽)
13:30 SPARKS GO GO
13:40 ソウル・フラワー・ユニオン(磐越)
13:45 勝手にしやがれ(津軽)
14:20 アラバキラジオ:フラワーカンパニーズ
14:55 ましまろ(津軽)
15:00 MAN WITH A MISSION(陸奥)
15:00 OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND(磐越)
15:05 キヨサク(東北ライブハウス大作戦)
15:30 eastern youth(鰰)
16:10 Kitty, Daisy & Lewis (from UK)(津軽)
16:20 ACIDMAN(磐越)
16:30 フラワーカンパニーズ with 泉谷しげる(荒吐)
17:30 the day(津軽)
18:30 SCOOBIE DO(荒吐)
19:05 浅井健一(アコースティックセット)(津軽)
19:20 武藤昭平withウエノコウジ(BLUE WINDY STAGE)
19:45 10-FEET(鰰)
20:00 うつみようこGO!GO!50バンド(荒吐)
20:20 サンボマスター(津軽)


2日目:4/26(日)
10:45 髭(荒吐)
11:00 怒髪天(磐越)
11:35 a flood of circle(荒吐)
12:25 THE BOHEMIANS(荒吐)
13:15 SHISHAMO(荒吐)
13:40 坂詰克彦(東北ライブハウス大作戦)
13:55 東京スカパラダイスオーケストラ(磐越)
14:15 noodles(荒吐)
14:40 Spitz(陸奥)
15:05 山口隆(東北ライブハウス大作戦)
15:15 the pillows(荒吐)
15:20 レキシ(磐越)
15:25 アラバキラジオ:THE BACK HORN
16:10 佐々木亮介×イマイアキノブ(東北ライブハウス大作戦)
16:15 Theピーズ(荒吐)
17:05 TOMOVSKY(荒吐)
17:10 武藤昭平withウエノコウジ(BLUE WINDY STAGE)
17:30 クロマニヨンズ(陸奥)
17:45 dip(花笠)
18:20 THE BACK HORN(磐越)
19:15 THE COLLECTORS SUPER TRIBUTE-愛ある世界-(陸奥)


1日目、、夜行で行く必要もなかったかな、、
って感じなんですが
朝早起きしていくのも結構辛いかも?ってことで
当初の予定通り夜行で仙台入り。
なので朝はゆっくり(物販でも並ぼうかな・・)
ホント、14:20のアラバキラジオ ゲスト:フラカンまで
どれも何となーくな感じ・・(笑)
って、それライブじゃないしー( ̄▽ ̄;)

ライブは、、これまたフラカン/ACIDMANまで
ないのよねー。。
16時過ぎだってば。。。
なのになんで被るかねー。。
今のところ、フラカン行くつもりではありますが
直前で変わるかも?!

ベンジー今回はアコースティックなのね。
ROMEO's bloodがかなりよかったんで
期待してたんですけど。
でもベンジー弾き語りも貴重かも。

そして武藤ウエノ
ただ、このステージ調べたら
どうもスモーキングエリアにあるところみたいで
うぅ、、、モクモク煙出てるところでは
見たくないなぁ。。

そしてこの日最大の悲しみは
10-FEETとうつみようこGO!GO!50バンドの被り。。
あぁ・・・・・・・・・・・・・
でもこれは90%の確率でようこさん、、だろうな。
10-FEETはRSRで見る!(気が早過ぎ 笑)


続いて2日目。
2日は結構忙しいと思います。
で。さっそく。
朝っぱから被ってるし・・髭と怒髪天
マイッタ(>ω<)
その後の流れ的に言うと
髭ちゃん@荒吐にいる方がよさそうですが
アラバキの怒髪天を見ないっていうのも
なんかなー。。。って思うと
怒髪天に行っちゃうかな~

その後の荒吐ステージの
何て言うか、、ファン被りまくりラインナップ(笑)
恐らくこの日のここ、人の動き一番少ないでしょ。。
後から行っても前には行けないだろうな。
そんな中、THE BOHEMIANSとSHISHAMOは見たい!

そしてスピッツ!!
ただ、、ここも結構いろいろあって
サンボ山口くんの東北ライブハウス大作戦ステージ
そしてピロウズ
レキシもこの時間か・・
あとラジオゲスト:THE BACK HORN
うーん。。。
いや、まぁ、スピッツをササっと遠くから見て
ピロウズに走りますけど
どれも捨てがたくて悲しい(´;ω;`)

続いてピーズ
亮介くん×イマイさん
うーん、、
アビさん50歳のお祝いライブを見に行けなかったんで
ここはピーズかな。

で、トモフ。
なぜかトモフ、いつもアラバキで見れないこと多い。。
しかもせっかくピーズと続きになってくれてるってのに。
だってー1日目の武藤ウエノ行けなかった
絶対武藤ウエノ行くと思うし
クロマニヨンズも行きたいし
dipもなー・・

続いてTHE BACK HORNは
磐越トリですか。
って喜んでられないのが
その後大トリ陸奥のコレクターズトリビュート
オープニングアクトが一番見たいのに
THE BACK HORN終わってから行って
間に合うのか??って。。
ステージ間遠いですから。
まぁ、最後までガッツリとは見ないと思うので
そこまで前に行こうとは思ってないのですが
でも超後ろの方で
モニター見てる、、って言うのは嫌だし。
うーむ。。

っと。
よくよく見てみたら
ちょこちょこ被ってて
前でガッツリ見ようとしたら
かなり制限されてしまいそうな感じです。
そこがフェスは難しい。。
でもだからイロイロあって楽しいってのもありますが。

今年はお天気良さそうで何よりです。
それではみなさま、会場で!

何度も夢でキミの肩にまたがって走ってた夜が明けるまで [音楽]

今週末はアラバキ!
ウッカリ忘れそうだったバス往復券も
買いました!
ざっくりと準備も完了。
明日の夜には出発です。
早い・・
以前はもう何日も前から
あれやこれやと準備してたのに
いつぞやから
前日にならないと何もしないという
余裕っぷり(笑)
すっかり手慣れたもんですわ( ´_ゝ`)

さて。
そんな4.18と4.19は
音楽と人LIVE 2015
ローリング・サンダー・レビュー
@新木場STUDIO COAST
でした~
IMG_2226.JPG

前にも書きました通り、、
1日目はフラカン野音と被っていて
途中までの参加でしたが
それでもガッツリ2日間
楽しませていただきました。

改めて「音楽と人」という雑誌の素晴らしさ
それを作っている金光さんのお人柄などなどを
感じた2日間でした。

まず、、、
そう、そんな偉そうなこと書いて
私、チケットは買わなかったんですよね。。
そんなこと言うなら
真っ先にチケット購入しろって話ですけど
さすがに1日で7500円はキツかった。。(>ω<)
で。
やはりそういう人多かったのか
チケット売れ行き芳しくなく
ご招待が回ってきて
ラッキーにも2日間とも行って来れた口です。
スミマセン・・

会場には出演者からの展示物なんかも
飾られていて
ピロウズからは『雨上がりに見た幻』で使ったという
飛行船の模型に
IMG_2227.JPG
IMG_2228.JPG
トリビュートアルバム「ROCK AND SYMPATHY」の
ジャケットにいるバスターくんのぬいぐるみが展示。
IMG_2231.JPG

怒髪天は増子さんがいつも投げる櫛に
IMG_2233.JPG
雑誌で連載してるコーナーに使われてる
増子さんが描くイラスト
IMG_2229.JPGIMG_2242.JPG

THE BACK HORNからは
USTで公約してた通り
将司のマイクと
IMG_2237.JPG
これは言ってなかったけど
マツのシンバル。
IMG_2250.JPG
※ともにサイン入りでプレゼントになってた

他コレクターズ加藤さんに衣装とか
これも加藤さんの連載コーナーにある
コータローさんが描くイラストとか
AFOC佐々木亮介くんのノートとか
TOSHI-LOWの警備員衣装?とか。

そしてフードにベンジーこと
浅井健一さん直伝?!のカレー屋さん
HAMMER HEAD CURRYが出店!
IMG_2234.JPG

どれも空いてるからこそ
ストレスなく味わうことができました。
カレー美味しかったー
IMG_2235.JPG

さてさて。
ライブタイムテーブルはこんな感じ。
IMG_2225.JPG

まずOAに続いてトップバッター
THE COLLECTORS。
こういう日はコータローさん
だいたい正装・・スーツなんですよね。
で。加藤さんの衣装が
なんかACIDMANのアルバムに使われてる
イラストの感じと似ていて
なんか笑えました(笑)

曲は結構知ってる曲多めでしたが
数曲は知らない曲だったな・・
にしてもやっぱり加藤さんの歌声は素敵で
コレクターズの演奏も素敵で
長く愛されるバンドだからこその
貫録を感じました。

MCもおもしろく
「大きなコーストを見て
やっぱりスピッツは偉大だったなと、、
そして楽屋の弁当を見ても
コータロくんがかき揚げ半分残してるのを見ると
やっぱりスピッツは偉大だなと(笑)」
つまり、、スピッツに呼ばれて出たイベントの弁当は
高級で美味しかった、、って(笑)
するとフォローするかのように
コータローさん「あ、それはさ
やっぱライブ前だから
胃がもたれちゃったら困るからさ、、」って。
それに対し加藤さん
「じゃー終わったら食べる??
んな訳ねーだろ?!」って。
苦笑いのコータローさんでしたゞ(≧ε≦o)

あと、この日の加藤さん
USTでも言ってたように
髭を剃ってないお姿で
「まぁ、ご覧の通り、ある一定の規定枚数以上に
届かなかったってことで、、」と
ある意味罰ゲーム的な髭であることを告白(笑)
でも新木場駅でイタリア人に間違えられたりして
それも悪くないな、、と思ったりしたそうです。
次の日はコレクターズのワンマンがあるそうで
その時には剃っていくって言うと
コータローさん
「え?剃っちゃうの?俺、いいと思うよ。
なんかさ、ジョンの隣にいるみたいで・・」って。
どうやら結果、、ワンマンにも髭のお姿だった
みたいですね(笑)

そうそう
コレクターズはBaのオリさん
突然の脱退で
ビックリしてまして
新しい方でのライブは
初めて?2回目?
まぁ、あまり覚えてませんが
改めて聞いて
うーん・・・やっぱなんか違う、、気がします。
そこまで音とかよく分からないとは言え
やっぱオリさんの方がよかったなーって
何か感じてしまったのは気のせい??

でも久々のコレクターズのライブ
楽しかったです。
アラバキが楽しみになりました♪

続いて、、
テントステージへ行ってDrop's。
ちゃんとライブ見るのは2回目くらいですかね。
ずーっと機会さえあれば
ライブ見たかったのですが
なかなか見れなくて。
初めて見たのは何かのOAでチョロと出てきたとき。
あの中野ミホちゃんのかわいい顔から出てくる
渋めの声が何とも言えず
衝撃を受けたのを覚えています。

いやぁ、、いい!
中野ミホだけ飛びぬけてるのかと思いきや
Gtの人もかなりいい感じだったし
Keyも独特な雰囲気醸し出してたし
ガールズバンドは無条件で応援したくなるんですが
今までにない、かなり渋め路線を貫いてて
かなりよかったです。
もっとライブ見てみたいです。

ただ、、、やっぱかわいいからか
親衛隊ノリのファンがいてちょっと興ざめしたとこも
ありました・・(´~`;)

お次は、、
9mmの卓郎くん、THE BACK HORNの将司
そしてAFOCの亮介くんの3人による
弾き語り。

意外な組み合わせで
どういう感じになるのかな、、って思ってたんですが
3人でやったのは1曲だけで
あとは個々にやる曲、2人ずつでやる曲って
感じでした。

まず、卓郎くんと亮介くんとで出てきて
THE BACK HORNの『コバルトブルー』を。
そう、2人でやるときは
いない人の曲をやるというスタイル。
ちょい先輩の将司を
ボスキャラにしてトークしてました。
そんなボスなんて
今日初めて呼びましたけど、、って言いつつ(笑)

後から出てきた将司は
始まるまで結構緊張してたとか、、
そして亮介くんと
札幌で場末のスナック探しをした話を。
結局そんなスナックは見つからず
いわゆるキャバクラみたいなところに
行く羽目に・・

しかも何やってる人?ってお姉さんに聞かれ
将司は美容師って答えたのに
亮介くんはミュージシャンって
言っちゃって、、、

あとは20時間飲み続けた後に
金光さん呼び出してさらに飲み続けた、とか
特のオチもないトークでしたが
亮介くんのギターの調子が悪く
「もう少しMCでつないでてください」って
言われると
上手に映画のDVDがリリースされてるってことを言い
「え?宣伝?」ってツッコまれてました(笑)

そんな2人に対し
卓郎くんはMCかなり上手で
自然な流れでうまく話を盛り上げ
次へ繋いで行ってて
へぇ~って感じでした。

ギターの腕前では
亮介くんがズバ抜けてたように思います。
コーラスも上手だったし。
まぁ、、他2人は
個性的なギタリストいますしね(笑)
そう、そう
この日はTHE BACK HORNのライブもあったので
9mmの曲をやってた時だったかな、、
栄純が途中出てきて
ギターソロだけ弾いて引っ込むという
サプライズもありました。

最後は3人で『日曜日よりの使者』を歌って
終了~

ゆったり楽しめてよかったです。

<セットリスト>
 01.コバルトブルー(卓郎/亮介) 
 02.he Revolutionary(卓郎) 
 03.Human License(卓郎/将司) 
 04.何処へ行く(将司) 
 05.Black Market Blues(将司/亮介) 
 06.I LOVE YOU(亮介)
 07.日曜日よりの使者(3人)

そして武藤昭平withウエノコウジ
この日の一番のお楽しみ。
なのに、、、
すごーい人で(あ、テントステージなので、、)
ほぼ見えなかった。。
座って演奏するしね。。

でもMCも楽しかったし
ライブも楽しかったし
見れてよかったです。

今日かな、、アルバムをリリースして
そのインストアイベントが
GWにあるので
行ってみようと思います。
アルバム買ったら
サイン会に参加できるんだよな・・
どうしよ。。

おもしろMCは
そのちけっと売上UPを目標にやったUST
その時の出演者たちが飲んだ酒代
そっちの方が高かったんじゃない?って。

この日出演している
怒髪天の増子さん
先週(4/11?)もここコーストで
イベントに出演したそうで
一緒に出ていたSiMについて
「俺ら世代、Simと言えば、、
(しむ)らけんだろ?」って言ってたそうで
大爆笑でした。

そんな怒髪天の酒コンピアルバムの
コーラスに参加してきたという
お二人。
ウエノさんは中国地方代表で
武藤さんは九州代表
で、何何で酒が飲めるぞって
そのご当地グルメで替歌してるそうなんですが
ウエノさん「汁なし担担麺ってなに?
俺、広島出身だけど
知らないんだよね、、
何でも増子さん、その汁なし担担麺の
宣伝大使?とかやっちゃってるみたいで」

武藤さんも「とんこつラーメンで酒飲めるぞって
歌ったけど、、とんこつラーメンで
酒は飲めないよね?」って

ただし、、「今言ったことは
増子さんには言わないように
増子さんは俺たちにとってはすごく怖い人ですから」と。

さらに、、、坂さんについて。
昔、坂さんソロのHPがあったんですか?
ちょっとそこらへんあまりよく
聞き取れなかったんですが
そのHPにいくと
坂さんが書いた歌の歌詞が
見れるようになってたそうで
一番目にウエノさんが好きな
「うどん」って曲の歌詞が出てたとのこと、

で、その歌詞
 うどん なぜうまい
って、、「そんな歌詞書ける??(笑)」
そんな坂さん「何が好き?って聞くと
おにぎりって言ってた、、」って。
この話、ウエノさんがしたら
ホントおもしろかったです。

その他、、
50も過ぎた加藤さん
「加藤さんは何が楽しいですかって
聞いたらさ、、少し沈黙になって
生きてることが楽しいって、、
そんなこと言える??」とか。

途中、ウエノさんがチューニングしようとしたら
そのチューニングが壊れてて
楽屋から他のをスタッフに持って来てもらってる間
ずっとMCしてて
「このままずっと話してるっていうのでも
いいんじゃない?
どうせ俺らの曲なんて
誰も知らないんだし、、
あっち(もう一つのステージ)でも
トークショーやってんだから、、、」って
ホント、お喋り止まりませんでした。
最高!!

でも歌もバッチリキメてくれて
武藤さんのギターでドラムソロをやるやつも
短めながら披露してくれました。

アラバキでは2Daysともに出演が決まってて
(でもそこ、スモーキングエリアなんだよな。。)
1日くらいは見れたらいいなー、、って
思ってます。

っと。
1日目はここで終了。
今回トークショー、、、も捨てがたかったんですが
ライブを取りました。

そして野音へGO!!


続いて2日目。
IMG_2248.JPG
この日は入ってすぐにステージへ向かい待機。
向かって右側の端っこ最前へ行けたので
しばらくそこでずっと見てました。
なんとーなくな感じですが
1日目よりも
人、少なかった印象。。
あ、でも最初の時間は、、ですが。

まずはOAのシュリスペイロフ。
まさかの出演決定で
うれしいです。

この日のシュリスはサポートの澁谷くんがいない
3ピース編成。
このスタイルで見るのは初めてかも。。

1曲目の『下着と日々』(だっけか、、)以外は
知らない曲と今度出るアルバムからの曲でした。
15分ほど、4曲くらいで
MCもほぼなし状態で終了。。
ま、ま、OAですからね・・
でもやっぱ宮本くんの声
いいなー
あと、あの、着いて来いぜー的な
息がってる感じもなく
マイペースな雰囲気も好きです。

あ、謎だったのは
なんで野口くんはあんな面接行くみたいな
スーツにネクタイだったのか、、
ホントにあのあと面接だったり??(笑)

ホントはこの後お昼かねて
ブラブラ(するとこもないんですが、、笑)
しようかな・・って思ってたりもしたんですが
せっかくの最前に行けたので
(って言っても、後ろはスカスカなんですけど 笑)
そのまま次も見ちゃいました。

KNOCK OUT MONKEY
多分、、どこでだったか思い出せないんですが
どっかで1回見たことあるような・・
いわゆる、今時な
アゲアゲな感じのロックバンド。
意外だったのは歌詞が日本語だったってことくらいで
あとは予想通りな感じ。

まぁ、悪くもないけど
とくにおぉ~って感じもなく、、、
メンバーがかなりノリノリに前にガンガン出てきて
やってくれるのが
逆に申し訳なくなったりも、、、(笑)

そしてこちらはちょっと楽しみにしてた
ベンジーのバンドROMEO's blood
メンバーはベンジーと小林祐介(THE NOVEMBERS)
MASUO(BACK DROP BOMB)の3人組で
ベンジーと小林さんとで
GtとBaを交代でやるスタイル。
(っつても、ベンジーBaは少なかったけど)

ベンジーと言えば、、花柄のシャツを
セクシーに胸元開けて着るって感じが
印象的ですが
この日はビシっと皮ジャンキメてて
、、、でもあれ、裸に皮ジャンなのかな??
   ま、それはいいか(笑)
そのイメージ通りに
このバンドはハードな感じがして
すっごいかっこよかったです。

ときどきギター弾きながら
足をクネって感じにやる仕草が
何とも言えずかわいくて(笑)
あ、あと、革ジャンの裏地は
ニートビーツの曲にあるように
ちゃんと赤のチェックで
ギターを弾く右手側の袖口を折ってるのも
なんかキュンとしてしまったり(笑)

1曲弾くごとに、、じゃないですが
でもほぼそれくらいの頻度で
ピックをポーンってフロアに
投げてくれるんですよね~

MCはほぼなしで
「新木場ベイビー」とか「新木場エンジェル」とか
呼びかけては「サンキュ」とか
「今日は来てくれてありがとう」とか
言う感じでした。
私はベンジーのほんのり入る
名古屋の方言が好きだったりします。
インタビューとかで話してると
めっちゃ訛ってるんですよね~(笑)
フラカンと対談とかして欲しい(´m`)

ちょっと新たな発見!
いいもの見たーって感じでした。

ここでいったん離脱。。
でもやっぱ他、見るものなかった・・
2日は1日目に比べ
もう一つのトークショーとかやるステージでの
ライブがほぼ興味ないものだったもんで、、
それがちょっと残念でした(´ ノ(ェ)・` )

その後はステージ向かって左側へ移動。
やっぱなんかこっち側の方が落ち着きます。
結局、2日目は
1回もテントステージとか行きませんでした。
ホントはgo!go!vanillas見ようかな~とも
思ってたんですが
意外と後半になるにつれ
人も多くなってきて
せっかく最前に入れるなら、、と思ってしまって。。

ってことで、続いてはa flood of circle
最近、、せっかく正式加入したGtの人が
抜けちゃったんですよね・・
確か10周年でしたっけ、、、
アニバーサリーでさぁ、行くぞ!って矢先に。
で、事務所も確か移籍?したかで
なんかそれでも進んでいくことが大事って
精神で進み続けてる姿が素敵で
最近ちょっと応援したい気持ちです。

多くは語りませんでしたが
音人は唯一本音を話せる音楽雑誌だって
言ってました。
そう、確か先月号か今月号?に
そのメンバー脱退とこれからについての記事が載ってて
結構ジーンときながら立ち読みしたの
覚えてます。

今のサポートGtの人とライブやるのは
今回で2回目だそうです。
なんかハーフっぽい顔立ちの人でした。

ライブ、すっごいよかったー
何かだいぶ知ってる曲が増えたのか
(なんだかんだと何回か見てるおかげ??)
楽しめました。

Baのヒサヨ姉さんのキリっとしたステップ
っていうんですかね、、
それが妙にカッコよくって。
時々ニコって笑ってくれたりとかして
素敵でした。

亮介くんはハンドマイクで歌う曲で
客席へ入り込んで歌ったりして
お客さん少ないながらも
盛り上がってました。

今度クアトロで自主企画の
イベント(ライブ)をやるそうで
対バンライブなんだとか。
ちょっと興味あったり♪
新曲もよかったです。

いよいよ残すところ
2つ!
まずはBRAHMAN。

BRAHMANのライブかなり久々です。
最近ではMCが楽しみで、、、って思ってたんですが
どうやらまたここ最近では
MC封印してるみたいで。。
この日も終わり近くまでほぼノンストップ。

途中からステージ降りて
恒例のお客さんに支えられながら、、、の
ライブになったんですが
さすがにこの日は
支える人数少ないせいか
結局フロアに降りた状態だったっけか。
それでも周りに集まった人に
ハイタッチとかしてくれたりしてて
あれはある意味レアだったんじゃないでしょうか。
いつもなら近づきたくても近づけない、、みたいな
状態が多いから。

そして再びステージの方まで戻り
(これはお客さんに運んでもらってた 笑)
バーに乗っかった状態でMC.

「5時間前まで沖縄にいて、
美味しい料理もきれいな風景も、、、
堪能できるわけねーだろ。
こんななんだ、、主婦の友みたいな
名前の雑誌のイベントのせいで(戻ってこさせられて、、)

最近はユルく見られるから
MCやらないでいたけど
昨日の石垣島で
豪華なホテルの前に立派なステージ立てたのに
客がポツンポツンしかいないみたいで
この大惨事を、どうにかしてくれって言われ

そして今日はメンツいいし、
言っても東京だし大丈夫だろうと来たけど、
体感的には石垣島より少ないよ、、

でも客は楽しむしかないし
バンドを冷静に見れる機会そうないから
ある意味レアなんじゃないの?
あーこのバンドは客入ってないと
こういうライブするのか、、
客を乗せてるんじゃなくて
客に乗せられてるんだな、、とか

こんな広い会場でベンジー貸切とかできないでしょ?
さわお貸切とかそうそうないよ。

俺らにとっては
客が少ないのはバンド始めた当時は当たり前で
一人でも二人でもいれば
ライブはできる。

それにしても
チケット代高すぎるわ!
俺らのライブ来たらTシャツ2枚買える

震災間もない頃支援物資を被災地に運んだりしてた
ミュージシャンがそこまでする必要あるかって
いろんな雑誌の取材で言われたよ。
そんな時金光は
俺らなんのリリースもないのに
事務所に来て
何にも言わないでそのことについてインタビューして
そのまんま記事にした

雑誌の仕組み分かるだろ?
高い広告料払って表紙になるんだよ
だけどそんなの関係なく
あいつは俺を人として見てくれたんだ。
そんなあいつにありがとうを返したくて
今日ライブやってます。

でもまぁ、会社にとっちゃ今日のライブは
大きな負債かかえることになっただろう
何百万と借金だよ。
だけど音楽と人は
今までも過去に何回も親会社がつぶれ
雑誌を止めなくちゃいけない危機にあったけど
止めることなく何度も乗り越えて雑誌続けてきたから
きっとこんなことじゃ止めないんじゃないの

だからまた来年もやれ
半額でやれ
そしてドリンクにベンジーのカレーつけろ
カレーはドリンクだ

さっきベンジーに
カレー美味しかったよって言いに行ったら
裸で座ってた(笑)
おぅ!って言われけど、、、

変わらない日常
変わらない世界
本日晴天の・・・

TOSHI-LOWのMC
感動したー
金光さんの事務所に来て、、って件から
ツツツ、、、って涙ながれきちゃったもん。
もうライブ終わって
ソッコー思い出しながらメモって
帰りそれを何度も見て
何度も感動してました。

いやぁ、、よかった・・
ライブも静と動がいい感じで入り混じってて
TOSHI-LOW、時々うつみようこさんにボイトレ受けて
本気で歌も頑張ってるって
言ってただけあって
伝わってくるものがありました。

ピロウズの前だから、、とかじゃなく
ちゃんとしっかり見れてよかったです。
そして帰り際のお辞儀の美しいこと。
さすが、武道やってるだけありますね。
礼を重んじてる感じがしました。

さて。
いよいよお待ちかねthe pillows。
チラリと後ろ見た感じ
ギューギューにはなってなかったですが
最初に比べたら
ぜんぜん人が集まってました。

テントステージの終わりを待ってからの
スタートだったのか
5~10分くらい押してスタート。

Peeちゃん黒白ボーダーの
ニットっぽいやつ
シンちゃんは、、、なんだった??
さわおさんは黒と白の
ダイヤ柄のテロンとしたシャツ(過去にもよく来てた)
そして、そう、この日は
鹿島さんばBaで
鹿島さんはチェックのシャツにデニムの裾を折って履くという
かわいらしい格好でした。
意外と小柄なのにビックリ。

そして1曲目は『White Ash』
おぉ~
なんと!
イントロ鳴った瞬間
一気にテンション上がりました~
そして鹿島さんのBa
淳くんとはやっぱり全然違いますね。
音の作り方っていうのか
響き方って言うのか
もう素人が聞いても分かりました。

続いて『Midnight Down』
この日はかなりレアなセトリで
それもそのはず
後でMCでも言ってましたが
鹿島さんと一緒に作った曲を中心に
やってるって。

私は鹿島さんの頃のピロウズを
リアルタイムでは知りませんが
ちょうど鹿島さんが辞めて16年って言ってて
私は今年で数えたら14年目で
ちょうど入れ替わりな感じだったようです。
で、アルバムとしては
「RUNNERS HIGH」のレコーディングまでだったようで
まさにそのアルバムで好きになった私としては
思い出深い曲が多く感慨深かったです。

「久しぶりじゃないか!
なんだなんだ、聞いてた話と違うぞ。
音楽と人、音楽で溢れてるけど
人は溢れてないって聞いてたんだけど、、
結構集まってるじゃないか!(笑)

でも、、ブラフマンで暴れてた人達は
もう帰っちゃったのかな?」
 ↑この言い方がかわいかったゞ(≧ε≦o)
数名まだいるよって声が聞こえて
「あぁ、いる?よかった(笑)」

そして鹿島さんを軽く紹介すると
ワーッと盛大に拍手。
「ピロウズの過去を知らない人にとっては
なんのこっちゃ分からないと思うけど
今日のBaはもう何年振りですか?
16年?16年ぶりに昔弾いてもらっていた
鹿島さんをお迎えしてやっています!
なので、選曲も鹿島さんと一緒にやってた頃の
曲を中心に・・・
そうか、、あの時の娘さんが
もう高校生で
バンドとかやってるって」

鹿島さん「そう、ドラムをね、、」
さわお「ゲスの乙女、、がお好きだそうで」
鹿島さん「おかげで、最近の音楽情事には
ちょっと詳しかったりしてます(笑)」
さわお「今回家で練習してて
普段やってるソウルとかの曲とは
あれ?違うぞって察してか
そんな速い曲やれるの?って
言われたって(笑)」
鹿島さん「大丈夫だよ、昔やってたんだからって
言ってたんですけど、、」

そんなこんなありまして、、
「じゃー最後まで楽しい夜にしよう!
Hello,Welcome to Bubbletown'sHappy Zoo "instant show!!"」
ってことで
『Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo(instant show)』
続いて『Blues Drive Monster』
『インスタントミュージック』
もう、ホント、来てよかったーって
心の底から思ってました。

「今日はAFOCくらいに会場に来て
楽屋からグルって周ると2階席に行けるんで
そこでちょっとライブを見てたりして
TOSHI-LOWが言わなくていいことMCで言ったりしてなー
でもちょっと感動しながら聞いてて

でさ、よく街中で声かけられると
隙を見せるとサインしてくれとか
一緒に写真撮ってくれとか言われるから
そうさせないためにも
声かけられたらバッと自分から手を出して
握手だけして
素早いんだけど
好感度下げないよう終わるようにやってて(笑)

で、2階で見てたらトントンってされたんで
危うく手を差し出そうとしたら
あのートイレこっちですか?って
いやぁ、、、危なかったー
あっちからしてみたら
トイレどこって聞いてるだけなのに
握手してきたりしたら
完全に変な人だもんなー

そんなもんだから
向こうは全然悪くないのに
俺、若干キレ気味で
あー知らないって(笑)」

続いて『ONE LIFE』
あーやっぱこの頃の曲は
何て言うか、、心に沁みる曲が多いです。
今の曲も大好きですが
でもやっぱりこの頃の曲だからこその
良さがあるように思います。

そしてここ最近では久しぶりな
『Funny Bunn』
サビはフロアに歌わせることはしなかったけど
最後の歌詞は 僕らはそれができる に
替えて歌ってました。

「真鍋くん、なんかある?
音楽と人について」
するとPeeちゃん
「金光さんとはもう随分長い付き合いですが
昔住んでた家が近所だったんです。
バスで会ったりしてね。
仕事場で会う人とバスで会うっていうのは
不思議な感じでしたよ。」

さわおさん、ギターを一人で弾いて
ワーって歓声待ってたようにも感じましたが
ちょっと声が出なかったな・・
『About A Rock'n'Roll Band』
さっきあの頃の曲は、、って
書きましたが
この曲聞いたら聞いたで
やっぱこれも名曲だーって
鹿島さんが弾く『About A Rock'n'Roll Band』
新鮮でした。

「連れてってやる!この世の果てまで!!」
『この世の果てまで』
この曲だったか定かじゃないですが
さわおさんと鹿島さんとが
向き合って弾き合うシーンとかもあって
おぉ~って思ってしまいました。

ラストは『ハイブリッド・レインボウ』
最高でした~
「サンキュウベリーマッチ!!」

アンコールの拍手。
しばらくすると、、、
メンバー登場。
そしてさわおさん
「なんかさー分かんないけど
なぜか袖口でTOSHI-LOWが今日のチケット代7500円だから
アンコールくらいらやっていただかないとって
言ってて、、、
あーもー立場、分かんなくなってる(笑)」

あははは。
素晴らしいっ!TOSHI-LOW(笑)

「シンちゃんも何か喋っとく?」
ってことでシンちゃん
「えーっと、、音楽と人は
別のもう一つのバンドでもお世話になってまして
今回こうやって呼んでいただき
大変うれしく思います。
そしてみなさんあまり知らないと思いますが
編集長の金光さんというのは
小栗旬みたいなのを思い浮かべていただければ、、
っというのは冗談ですが
でもTOSHI-LOWは主婦の友とか言ってましたけど
いい雑誌なんで、ぜひこれからもよろしくお願いします!」
みたいな感じ・・

で。
小栗旬、、あ、でも。
よくよく見てみたら
ほんのりパーツパーツは
似てなくもなくもない??(笑)
っていうか、USTやってたし
私の中ではかなり顔出ししてる編集長さんって
印象ですけど・・

「じゃーもう1曲だけ
ロックンロールを!!」←って言ってたっけ??
ここで鹿島さんに
「まだあとアラバキありますけど
どうでしたか?」って聞いたんだっけか・・
そしたら鹿島さん「頑張ります~」って
むふふ。
ちょいちょいおや?って箇所も
ありましたしね(´m`)

最後は「12345678」ってカウント取って
『No Surrender』
すっごい久しぶりな感じ。
あー楽しかったー
最後帰る時にさわおさん
フロアの方向いて手上げてくれて
うれしかったです♪

引き続き、まぁ、もう、さすがにないよな・・
っと思いつつ拍手を続けてると
今度はさわおさん・金光さん・TOSHI-LOWという順番で
金光さんが2人に挟まれて連れて来られる感じで
登場。

そして「えーっと、、
チケット高くてすみませんでしたっ!!」って。
すかさずTOSHI-LOWが「なんであんな高くしたの?」って
言うと「え?公開処刑?」っと苦笑い。
TOSHI-LOW「よく見てみなよ!
金持ちそうな顔してるヤツなんて
いないでしょ?」
・・・反論はできないが。。(笑)

さわおさんも「まぁ、、ね。。今回のは
それぞれ、お互いが譲らなかった結果
こうなっちゃった、、って感じでしょ?
コレクターズのマンスリーとか
BRAHMANも沖縄に行ってたりして、、
まぁ、さっきTOSHI-LOWくんも言ってたけど
俺らは30人もいれば楽しくやれるから
客が少なくても関係ないけど、、、」

でも、「来年もやります!
2Daysかどうかは分からないけど、、」
さらには「チケット代はお客さんお顔を見て
決めますっ!」って。( ̄▽ ̄;)

するとTOSHI-LOW「ロッキンに被せてやっちゃえば?
どうせベンジーとか出れないから
殴っちゃったからねー(笑)
あ、俺はあっち出るよ、地元だし・・」
そう言ってる横で
さわおさんがなんとなーく
「俺もロッキンは出れない(出ない)よ」って
言いたそうでしたが
TOSHI-LOWが敢えて振らなかったんで
特に何も言わず
ちょっとニヤニヤしてる感じでした(笑)

「ありがとうございました~」
最後は3人で手を繋ぎ
カーテンコールのようにお礼を。

いやぁ、、最高でした。
次回は絶対にチケット代支払って
行きたいと思います。
IMG_2252.JPG

音楽と人という雑誌
 "聴くという行為を除けば、
 リスナーのきっかけになるのは、
 やっぱりその人に対する興味だから。
 その興味を沸かせられるような原稿と写真を作る"
そうやって作られてる雑誌。
そう、まさに、それだと思うんです。
五万といるバンドから
CD買ってライブに行きたいって思うになる
決め手はやっぱやってる人の人間性が
好きか嫌いかに尽きると思います。
そこを引き出してくれる雑誌だから
ついつい買ってしまうんだろうな・・


<セットリスト>
 01.White Ash
 02.Midnight Down
 03.Hello,Welcome to Bubbletown's Happy Zoo(instant show)
 04.Blues Drive Monster
 05.インスタントミュージック
 06.ONE LIFE
 07.Funny Bunny
 08.About A Rock'n'Roll Band
 09.この世の果てまで
 10.ハイブリッド・レインボウ

 EN.No Surrender


いつだったか、、
「心に武器を持って待ち伏せばかりだった」
「あんなに苦しかった悪夢が嘘みたいだ」
そんな見出しを挟みながらピロウズのインタビューか
ライブレポかが音楽と人に載ってたと思うんですが
自分が持ってるやつを探しても見つけ出せず・・
ご存知の方いましたら何年何月号か教えてください。

僕は思うんだ言葉にならなかった歌の方がきっと本当の歌だって [音楽]

この週末、まさに音楽に溢れた2日間!
あー幸せだったー
土日とも朝早くて、少々寝不足気味ではありますが
いや、でも、大好きなもののためなら
頑張れるもんです。

ってことで
4.18は
フラワーカンパニーズワンマンツアー
「Stayin’ Alive」
@日比谷野外大音楽堂
でした~
IMG_2244.JPG
IMG_2243.JPG

っと、その前に、ご招待いただきました
音楽と人ライブにも顔を出してきたのですが
それについては2日目の分と合わせて
次回書きたいと思います。

そう、はしごしたんです。
ホントは物販並ぼうと思ってたんですが
そっちは諦めました。。
どうしても欲しい!って訳でもなかったし
武道館へ向けてのグッズは
この後でも買える機会あるかな・・って思って。
ただ、もし買えそうだったら、、って
ちょぴっと期待したんですが
ライブ前・終演後はやっぱりすごい行列で断念。。

野音に着いたのは17時過ぎ。
この日もFCのお友達に取ってもらったチケで
(お友達は来ないのに。。)
Aの3列目という
スペシャルな席をいただきまして♪
いやぁ、、照れちゃうよ。
ガッツリ堪能致しました(´m`)

お天気かなり心配してたんですが
すごぶる快晴!
風もあって夜は割りと寒かったんですが
でも雨全く降らずで
ホントよかったです。
メンバーも口々にその話してて(笑)
思うんですが、、怒髪天にしろフラカンにしろ
雨バンドが4月に野音やっちゃダメよね(笑)
せめて雨降っても寒くない
夏にやって欲しいっす。。
ビール片手に楽しんでみたい!(笑)

5分くらい押してかな、、
いつものSEでメンバー登場。
竹安さんは濃いデニムのシャツに黒のパンツ
ミスター小西は赤のつなぎ(中に黄色のTシャツ着てたみたい)
そしてグレートさん!ベージュっぽいオーバーオールに
な、な、なんと!ピンクの羽飾り!!
えーっと、、寒かったから羽織ったそうです(笑)
そして最後に登場、圭介さんは
シャツなんですが、一瞬ボーダーのセーター着てるの?って
感じのデザインのシャツ。

「野音!晴れたぞー」みたいな雄たけびあって
まずは1曲目『はぐれ者讃歌』
ワーイ!
1発目この曲ってこと多いですが
テンション上がります。

そして2曲目がなんと!
『永遠の田舎者』
きゃー
久しぶり!!
あの左右パッパッって空を掴む感じの仕草
大好きです。
周りは濃いファンが多かったのか
同じ動きしてる人たくさんいて
笑えました(≧▽≦)
でも、気持ちは分かる(笑)

ここからはアルバムの曲
『Short hopes』に
『地下室』

そう、今回、野音でライブなので
何か特別な感じがするのですが
一応アルバム「Stayin'Alive」のツアーなんですよね。
しかも私的に
このアルバムツアーとしては初なので
初めてライブで聞く曲も多く
新鮮な感じがしました。

ここで最初のMC。
もちろん、この話題。
「晴れたぞー!!昨日夜作った
てるてる坊主、無駄じゃなかった」
しかもそのてるてる坊主はエコなんだそうで
鼻をかんだティッシュで作られてて
今日朝行くときにまたその周りの紙で
鼻をかんできたんだとか。

「今年はお天気、全く心配なかったから
昨日はほんとよく寝れたよ」ってグレートさん。
そう、今まで何度か野音でワンマンやってますが
毎回お天気はヒヤヒヤもんで
一番最悪だった去年は
ウン十年ぶりの寒波が4月に到来で
「俺、忘れもしないよ、、みんな誰一人として
ダウンのチャックを下げようとしなかった。。
しかも何か顔が、早く終わって。。って言ってるようで
アンコールとか出てきても
アンコールやるの?って感じで。。。」って圭介さん。
あははは・・・
いやぁ、、私この日のライブの前に
その2年前の野音のDVDを見たんですが
そう。息白かったからね。

でもそうは言っても
この日も結構気温的にはそこまで高くなく
半袖では寒い感じ。
だからグレートさん
「羽織りものしてきた」って
そのピンクの羽飾りのことを(笑)
圭介さんも「それって羽織るものなんだ、、」って。

そしたらグレート!って声がたくさんかかると
思わず「まだ俺の名前が聞こえてこないぞ?」って
拗ねる圭介さん(笑)
ホント、オモシロいです~
そしたら「圭介ー」って声も
たくさんかかって
うれしそうでした。

そんなMC明けは
せっちゃんとコラボした
『この世は好物だらけだぜ』
出だしイントロが鳴って
「ウッ!」って叫ぶところが好きです。
いつかせっちゃんと一緒に歌うところを
見れるのでしょうか・・
そろそろ○万ボルトの開催も
期待してます♪

続いて『切符』
ハッハッハッハッ・・・は2回し、、だったかな。

ここでメンバーアカペラでコーラスの確認。
そこから『死に際のメロディー』へ。
急にやり出したから
ビックリしちゃいましたが
この曲はハモりのコーラスが
タップリの曲なんですね。
なんか不思議な感じです。
CDで聞いてるとあまり感じられないのですが
コーラス素敵でした。

そして『LOVE ME DO』
おぉ~
これ、ライブの前にシャッフルで聞いてて
久しぶりに聞きたいなーなんて
ぼんやり思ってただけに
なんかうれしい1曲。
もう圭介さんのあちこち動き回るのが
すごくって。

歌い終わってから、、
その『LOVE ME DO』の曲について。
今回のツアーではこの曲を時々やってるそうです。
もう15年も前の古い曲で
一応シングルを切った曲だったそうですが、、

で。
「今日はアルバム「Stayin’ Alive」のツアーだけども
25周年記念があと少しで終わるってことで
その25周年記念のファイナルのライブでもあるんだよね」って。
そう言ってから「25年かぁ、、、」って
ボソリとつぶやいた後
「あははは」って急に笑い出す圭介さん。
みんな「え?」ってキョトンとしてると
「いやぁ、、なんかちょっとイロイロ振り返っちゃったら
可笑しくなっちゃって、、」ってちょっと照れ笑い(笑)

するとグレートさん「振り返るのはなんでだろう~って
歌っとからな、、」って真似して歌うと
圭介さん「え?それ今の俺のマネしたの?
俺そんな風に歌ってる?もっとちゃんと歌ってるだろ?」って
ちょっと怒った口調で言ってて
いやいや、、、そんな鼻歌ですから、、気味に
笑うグレートさん。
こういうやりとり
フラカンならではです(笑)

「ここで、カバー曲をね。」って
キリンのビールCMに使われてる曲を。
「あのー、、あれ名前出てないから
分からないと思うけど
あのーあれ、俺歌ってます。
演奏はメンバーじゃないですけど
歌は歌ってます。
で、今日は、あのーその曲を
演奏メンバーでやろうと思います!」

これを聞いててグレートさん
「あのー、、って昔からMCで
あのーって言うの、多かったよな?」
これ、なんで唐突に言い出したんだっけな・・
そう言われてからの圭介さん
別に狙ってる訳じゃないんだろうけど何度となく
あのー、、が出て来ちゃって
可笑しかったです。
でも他のメンバーもよく言ってるよなって
いい訳?!してました。

あと、これも急に言い出したんですが
圭介さん最近奥歯を抜いたそうで・・
しかもまだ縫った糸?を抜いてない状態だとか。
それが思った以上に痛かったようで
「あのね、、「い」行が痛い
"き"とか"し"とか、、
だから今日は、「い」の時だけバカになります
"い"きててよかった "い"きててよかった」
なんだーネタかーゞ(≧ε≦o)
まだ今度糸抜いた後、さらにもう何本か抜くって
言ってて、、心配しちゃいました。

あ、いや、歯をそんなにたくさん抜くっていうのは
ちょっと心配なんですが
痛いのはそこまで深刻じゃないようで
ホッとしました。

そんな訳で、
RCのカバー曲『すべてはALRIGHT(YA BABY)』
やったー
これ、この前のスタジオライブを生放送してくれた番組で
聞きましたが
ライブで聞けるとは思ってなかったので
うれしかったです。
原曲をあまり知りませんが
フラカンがやっても全く違和感ない
仕上がりでした。

続いて『感じてくれ』
圭介さんのアカペラのイントロが
野音の暮れかかった空に響いて
すてきでした。

そこからの『深夜高速』
時間帯的にホントいい感じで
じっくり聞き入りました。
ただ、さっきの"い"だけバカになるってのが
頭をかすめちゃって
ちょっと笑いそうになったりもしましたが・・(笑)
ワンマンでやるときは
最後の竹安さんのギターが
すごーく長ーく引っ張ってラスト〆てるような感じがして
なぜかいつもニヤっとしてしまいます(笑)
圭介さんの最後の 生きてて よかっ、、、、たっの
「た」も年月を経て
すごく溜めて歌ってるようにも思うし。

で。
この曲についても
もうどれくらい歌い続けてるのか、、って
話があったんですが・・
『LOVE ME DO』同様15年前って言うと
そんなに前じゃないってグレートさんにツッコまれてしまい
(10年位前だそうです)
じゃーまぁ、10年前として
年間100本ライブをやってると仮定して
ほぼ毎回演奏しているから
「10+100で、、、110回
あれ?そんなにやってないか、、」って圭介さん。
え?なんで足すの??って
野音中がポカンとなり
「あれ?違うか、、え?かけるの?」って
イマイチ計算の仕方を理解してない圭介さんでした。

で、グレートさん
「一回どの曲が何年頃に作られた曲なのか
調べ直してみようっか、、
いつも間違えとるから。
ただでさえ、お前計算弱いんだから」って言うと
圭介さん「お前って言うなー
淋しいだろう
プライベートではまだ圭くんって
呼んでくれてるのに
いや、お前って言ってもいいけど
言うなら今後はお前っていうからって
前持って言っといてくれないと
こっちも心の準備が、、、」
ホントこの2人は仲が良いというか・・
いい関係です(笑)

話反れましたが、、
とにかく、この曲は
とてつもない回数演奏してきてるそうですが
「この曲はね、何回歌っても
歌ってる時の気持ちが全然変わらないんだよね。
でももう歌いすぎちゃってるから
お客さんがいないと気持ちが入らない
テレビでもよく歌うけど
アレもダメだよ。
リハなんて全然ダメ」

ここで再び「いや、テレビは目の前にいなくても
テレビを見てくれてる人に伝わるように
歌っとるだろ」ってグレートさんフォロー(笑)
「あぁ、まぁ、そうだね。
そう、テレビは画面の向こうのお客さんを
思い浮かべて歌ってますよ。
てかさ、リハが一番ダメだって言ってた話
それは言わなくてもいい情報だったよね(笑)」

ここでだったか、、忘れましたが
この日はイロイロライブが重なってて
「音楽と人イベントがあってね、、」って
あっち行ってきてここきた人とかいるの?って
聞かれましたが、、、
手を挙げる人少なくて
あげられなかった・・。

なんでも増子さんはUSTで約束していた
ライブ中に電話でつなぐってやつ
実行してくれていたようです。
さすがっす!!
私もチラリと期待していたのですが
フラカン側が携帯持って出て来てなかったから・・
その後着信履歴を見たグレートさんの反応を
知りたいです(*´ω`)

続いて『祭壇』
この曲は結構暗めの曲なんですが
なんでしょ、、ライブで聞くと
そこまで暗い気持ちにならずに
聞くことが出来ました。

そして『未明のサンバ』『夜明け』
私、勝手に『未来のサンバ』は
すごく『夜明け』と世界観が似てるなって
思ってて
そしたら続けて『夜明け』がきたので
ちょっとビックリしました。
まさに2部作みたいな感じ。

『夜明け』はいつものように
最後メンバーが中心向いて演奏を続けるんですが
圭介さんがバッと後ろを向いて弾き始め
竹安さん、グレートさんとかなり時間をかけて
徐々に向き合っていくっていう
その光景の効果もあるのかもしれませんが
かなりグッときちゃいました。

演奏が終わった後の拍手の長さが
その感動を物語っていたようにも
思います。

ここでメンバー紹介。
まずは竹安さんから。
「今日はありがとう」って声に
キャーって感じの声援も。

そして「ホントお天気でよかったよね
そんな浮ついてるつもりなかったんだけど
いつもの自分らしからず
思わずギター持って出てくるの忘れちゃって(笑)
でも電車乗る前に気付いたから
ダメージも小さくてよかったけど(笑)
それだけいつもと違う気持ちだったみたいです」って
竹安さん!!ゞ(≧ε≦o)

ただここで可笑しかったのが
「いや、いつもと違うって言うけど
結構よくやるよね?」ってツッコミ。
難聴を理由に「え?」って
耳に手を当てて聞こうとする竹安さんに
同じようにマネして「ねー」って
言ってる圭介さんがかわいかったです。
竹安さんは会場を間違えたり
リハにギター忘れて来りした経験
あるそうですが、本人曰く
ライブに楽器を忘れそうになったのは
初めてだったとか?!(笑)

続いてミスター小西。
ミスター小西も「こんばんは」って
いい声でご挨拶。
「もう暗くなってきてあまりみんなの顔が
見えませんが、、、
でも野音から見る景色は大好きで
空が見えて気持ちがいいです。
すぐ自分に酔っちゃうタイプなんで
きっとそんな顔で叩いてる顔が
みんなからは見えると思います、、」

ここでも圭介さんのツッコミ
「暗くなってきて顔が見えない、、って言ってるのに
空は見えるんだ(笑)」
圭介さん、子供かっ(笑)
こちらもあまり本人には聞こえてなかったようで
スルーされてました。

そしてリーダー、グレートさん。
最初何話してたっけな・・
6/25に追加公演@千葉LOOKの告知があったな。
そして武道館の話をしたところで
お客さんがグッズで販売してたタオルを
掲げたりしてたんで
「そう、みんなちゃんと宣伝してくれよなー」って。
でも「これフェスとかで見たら
あ、フラカン武道館、、やったんだ・・って思わるかな?
ちょっとデザインミスだったなぁ、、、」

すると圭介さんが「じゃー日にちのところ
赤く塗ればいいんじゃない?12/19を強調して。
ちゃんとフェスとかでかかげんだぞ。
10-FEETに変えんじゃねーぞ
だってフェスとかだと
みんな10-FEETのタオルかかげてるじゃん」って。
・・・そうですかね??(笑)

「いやぁ、、きっとね武道館終わったら
みんなも達成感感じられると思うよ。
もちろん、いいライブはするけど
そうじゃないところで
自分たちがフラカンを武道館に連れて行ったぞ!ってね
よろしく頼みますよ」

ここで最近恒例になってる
スクービー形式で
活動休止・メンバーチェンジなし! ジャン!
ヒット曲もなし! ジャンジャン!
愛され続けて25年! ジャンジャンジャン!!
4人そろってフラワーカンパニーズ!!
って。
ちょっとカッコ良すぎて逆に照れる(笑)

ここからはラストスパート
まずは『チェスト』
イントロからジャンプが何とも言えず
最高です。

そして『脳内百景』
楽しい~

『星に見離された男』
オーエス オーエス エスオーエス!
って上手くやれるかかなりドキドキでした(笑)

ラストは『マイ・スウィート・ソウル』
アップテンポなのにクルクル踊りまくる
圭介さん。
最後すっごい汗だくのメンバーでした。
「ありがとう!!」

本編終了。
続いてアンコール。
みなさんそれぞれTシャツに着替えて登場。
圭介さんは野音限定Tをシャツに重ねただけでした。
竹安さんは自分描いたイラストのTシャツ。
グレートさんはStayin’ AliveツアーTの緑だったかな。
ミスター小西は中に着てた
黄色のTシャツ、
さっきアルバムのジャケット見て思い出しました
これ、フロリダって書いてあるやつだったような??(笑)

「結成25年で、東京出てきて20年
あと数年で東京での暮らしの方が
長くなるんですよね。
そしたらさ、もうどこの人?って言われた時に
東京って言ってもいいよな?」って圭介さん。
「いや、そこは名古屋でいいじゃない?」と言う
グレートさんに
頑なに、いや、東京だろう?って
なんでも年数で決まるらしい。
っと、計算に弱いくせに
やたら年数にこだわる圭介さん
「今物件探してるからつい、年数気になっちゃうんだよね
築何年ってさ、、(笑)」
あははは。。。(≧▽≦)

そんなやり取りしてたら
横から竹安さん
「ねー寒いから早く曲やろう」って。
ちょっとボソって言ってたので
私はよく聞き取れなかったんですが
どうやら"やろまい"って方言で言ったらしいです。

そう、だから圭介さんが
「おーさてはお前、名古屋人だな」って
言ったんですね。
なんでそんなこと言うんだ?って
謎だったんで
理由が分かりました。

寒かったのは、今まで竹安さん
シャツ着てたのに
アンコールで半袖になっちゃってたから(笑)
そんな竹安さんに
圭介さん「昔はそんなTシャツピチピチじゃなかっただろー
ブクブク太りやがってー」
竹安さん「成長してるんだよ」
グレートさん「なんだよ、そのおっさんみたいな会話
いや、まぁ、おっさんなんだけど。。」
圭介さんの竹安さんいじり
何気に好きです(´m`)

ってことで
アンコール1曲目は
そんな上京してきた気持ちを歌った
『東京の朝』
こういう気持ち、上京という経験がない身としては
あまり感じられない感情です。
ましてや故郷を想う、、みたいな感覚もないし
だからちょっとうらやましくも思います。

そして『ロックンロール』
『Nude Core Rock'n'roll』
で盛り上がって終了~

ダブルアンコールはないかな、、、って
思ったりもしてたんですが
誰も帰ろうとしないんで
引き続き拍手を続けていると
ありましたー

そして、この日は最初にも言ってたように
25周年のファイナルってことで
高崎でもらったダルマに
もう片方の目を入れるという儀式を。
ここに至るまでの各ライブ会場では
小さな丸を書き続けていたようで
やっと一つの目にできるって。

その時用意されてたペンが細かったのか
「いっつも思ってんだけど
ペン細すぎるんだよー」って
文句を言う圭介さん。
「俺、100均で買ってきたから
それ持って来ようか、、」って
言ってる間に
スタッフが他のペンを出してきて
無事解決(笑)

そして「じゃー目を入れてもいいですかー!」
~いいとも~
「今やらなくていつやるのー??」
~今でしょー~
って、、特に狙ってた感じもないのに
なぜか有名なギャグ?ネタ?連発で大爆笑でした。

塗ってくうちに「黒目は大きい方がかわいい」って
白目ほぼなし状態に塗りまくって
うーん・・・若干気持ち悪かったです。。
IMG_2246.JPG

無事、儀式も終わりまして。。。
最後はもちろんあの曲の
東京Verを。

日比谷 下北 吉祥寺
新宿 恵比寿 そして九段下
三茶 駒込 小川町
四谷 梅島 馬喰横山

馬喰横山以外、全部ゆかりのある地名だそうです。
一つづつ説明してくれたんですが
忘れた・・
どっかが昔事務所があったところとか
言ってて、へぇーって思ったんですけど、、
駒込だったかな??
四ッ谷・梅島は昔よくやってたライブハウスが
あったところだったはず。

何度か練習があり
「間違えたっていいんだよ
間違えることは全然恥ずかしくない!
恥ずかしいのは声を出さないでいること」
そして他のメンバーにも
「コーラスちゃんと歌えよ!」って言っていて
竹安さん珍しく「歌う!歌う!」って
テンション高く(笑)

そして始まりました
『ファンキーバイブレーション』
そんな竹安さんの声が
バッチリ拾われてて
ちょっと可笑しかったです。
っと言うのも、、途中、圭介さん
マイクを客席に向けたりして
オフマイクで歌ってたから。

あとこの曲の間奏で圭介さんのダンス
手をくるくる回してシュって延ばした先が竹安さんの顔間近で
ソロ弾いてた竹安さんが一瞬ウワッってビックリしてた顔が
何とも言えずかわいかったです。

楽しかったー
地名歌うのは結構難しかったですが
楽しかったです。

最後にもう1曲
『さよならBABY』
時間ギリギリだったようで
いつもは何回か繰り返されるサビの部分
この日は1回だけでした。

「ありがとう!!これからもよろしくー」っと
ライブ終了。

いやぁ、、ヨサホイなかったよ?
ビックリ。

にしてもやっぱりフラカン最高です。
IMG_2245.JPG
武道館成功させたいな~
すてきな光景を見たいです。


<セットリスト>
 01.はぐれ者讃歌
 02.永遠の田舎者
 03.Short hopes
 04.地下室
 05.この世は好物だらけだぜ
 06.切符
 07.死に際のメロディー
 08.LOVE ME DO
 09.すべてはALRIGHT(YA BABY)(RCカバー)
 10.感じてくれ
 11.深夜高速
 12.祭壇
 13.未明のサンバ
 14.夜明け
 15.チェスト
 16.脳内百景
 17.星に見離された男
 18.マイ・スウィート・ソウル

 EN1.
  東京の朝
  ロックンロール
  Nude Core Rock'n'roll

 EN2.
  ファンキーバイブレーション(東京編)
  さよならBABY

もしどなたかいらっしゃれば・・<再掲載> [たわごと]

<再掲載>あと2枚あります!

更新して気付いた。。
1週間まるまる更新してなかった(笑)

えーっと、、、

 the pillows presents”Ready Steady Go!”
IMG_2213.JPG
  日時:2015年6月2日(火)
  会場:Shibuya TSUTAYA O-EAST
  時間:open 18:15 / start 19:00
  With:The Birthday
  Ticket:前売¥4,500(税込) +手数料

届くのはライブの2週間ほど前なのでまだ番号などは分かりませんが
最初の先行で取れたものです。

もしご入用の方いましたら
希望枚数・連絡先などを書いてコメントください。
※今、コメント受付をここの記事だけ
 『承認されるまで表示されない』に設定変更してあります
 メアド等書いていただいてもコメント表示されませんので
 ご安心ください

キャンセル・転売されない方
よろしくお願いします!


おいしーな3連発(*´ω`) [食べ物]

その1.ピーナツせんべい
IMG_2223.JPG
私、ピーナツバターとかピーナツチョコとか
何気にピーナツの入ったお菓子、好きなのよね。

で。これは、、
よくあるちょっと甘めのおせんべいに
ピーナツが入ってるものなんですが、、
絶妙な硬さと分厚さとで食べごたえ充分
食べたーって満足感得られるのがかなり気に入ってます。
ピーナツの名産地千葉県にあるお店のものです。
(画像クリックでお店のサイトへ飛べます)

その2.マーケットオートースト
IMG_2221.JPG
チョコブラウニーで有名なマーケットオーシリーズの一つ。
これはビスケットというかサブレというかクッキーというか
そんな感じのもの。

で。何がいいかって
全粒粉なのかよく分かりませんが
ダイジェスティブビスケットみたいなやつなんですよね。
ピーナツ同様
全粒粉系のものが大好きなんで
これも一発で気に入りました。

パッケージ的にアメリカっぽいのに
韓国ってのがね。。
ビックリです(笑)

最後はおまけ?!
その3.きなこ玉
IMG_2222.JPG
これも私の大好きなきなこのお菓子。
まぁ、、どこのでも美味しいんだろうけど
全く期待せず買って
思った以上に美味しかったもので。

何て言うんでしょ・・
甘過ぎず、きなこの味もしっかりするってのが
ポイントでしょうか。。

そして。
本日24時からのM-ON「サキドリ」にて
inkow.jpg
The Birthday『I KNOW』のMVがOAされます~
ヨウツベちゃんではShort Ver.がUPされてますが
こちらはフルなんで楽しみです♪


わーい♪ヽ(´▽`)/ な3連発★★★ [たわごと]

やっとお天気になりました~
寒いだけなら許せますが、、、雨まで降ると
一気にテンション下がります。
今日はいい感じの気候で
それだけでいい気分です。

で。
そんな中、わーい!っと小躍りしたくなるような出来事♪

その1.
今年もこの季節がやって来た!
mintchoko.jpg
っつっても、、、別に夏恒例とかじゃなく
去年だっけか?販売されたやつが
今年も発売決定!って言った方が正しいのかも??(笑)

ジャイアントコーンが大好きでチョコミント好きには
たまらん一品!

でも、、、家の近くにセブンないんだよね。。(・ε・`*)

その2.
当たりました!!
rsr041819.jpg
ぐふふ。
チケット売れ行き悪いということで
急きょUSTやってご招待プレゼントを実施してくれました
音楽と人イベント。

2Daysあるんですが、、、
1日はこっちで申し込んで
もう1日はイープラスでも来てたご招待で申し込んでみたところ
両日ともに当たってしまった・・

あははは。。。
チケットご購入された方、スミマセン。。(´~`;)
1日目は途中までしかいられませんが、、
念願の武藤ウエノが見れる!!
コータローさんソロまでいられたら
もっとよかったんですが、、そこは仕方ないっす。。

そして2日目は
うれしいピロウズライブ。
Baは鹿島さんというレアVer.
あれ?私もしや、鹿島さん初めて??
楽しみです~
ベンジーカレーも食べられたら食べたいなぁ・・
あ、シュリスもうれしい!

その3.
初・ツィート?!
newtui.jpg
でも、これ、自撮りじゃーないっすよね??ゞ(≧ε≦o)
てか、ボヘ・アカでのツィートですけど。。
にしてもさわおさん、初・ツィートって告白しちゃう辺り
かわいいなぁ~(笑)

ボヘミアンズのDVDねぇ、、
買おうかな~なんて思いつつ
うーん。。って思ってて
でもそんなこと言われちゃうと
気になってしまいます。
(ある意味、宣伝上手??笑)
AUTUMN ROYAL BUM TOUR 2014 ~僕の復活~ 2014.11.03 at TOKYO KINEMA CLUB [DVD]

AUTUMN ROYAL BUM TOUR 2014 ~僕の復活~ 2014.11.03 at TOKYO KINEMA CLUB [DVD]

  • 出版社/メーカー: ダイキサウンド
  • メディア: DVD


最後におまけ!
今さっきキターッッ
The Birthdayからのメルマガ。
来ると思ってたんですよね~
ホントは昨日来ると思ってた。

で。
キュウちゃんがブログで書いてた"今日の一言"
  「洗濯物がスカッと乾くという事は、
  日々の暮らしの中で感じるささやかな喜びのかなりの部分を占める。」
分かる~!!!


情報解禁! [The Birthday(2012年~)]

ついに!
5.13にリリースされる
The Birthday、結成10周年!
アニバーサリーイヤーの幕開けとなる2ヶ月連続シングル第1弾『I KNOW』が
TFM SCHOOL OF LOCKで解禁!

久しぶりに聞いたよ・・SCHOOL OF LOCK。。
とーやま校長の熱いチバ愛トーク
ちょっとオモシロかった(笑)
曲は、、、ギターとドラムがカッコいい!
感じは何て言えばいいんでしょ、、
The Birthdayらしいようで、ちょっとまた新し感じなようで
うーん。。まだ正直よく分からないです。

そして24時にMV(Short Ver.)が公開♪

これまたなんて言うか、、
やっぱ今までにない感じ、、なんでしょうかね。


そしてそして!
秋にやると言われていた
武道館公演の日程が発表!

9月15日(火)

おぉ、、、、
平日か。。( ´_ゝ`)

でも、なんとか、忙しい日ではなさそうなんで
連休前で休みにくいかもしれないけど
午後半休くらいないけそうかな。

いやぁ、、
日程早く知りたかったから
よかったです。
後は他と被らなきゃ言うことないんですけど
916がねぇ・・(笑)

その次の週シルバーウィークと言われている
5連休やってくるから
あまり休みたくないんですけど。

これからじゃんじゃん
プロモーションとか
この先のお知らせとか
ありますかね。

5月かなり暇ーなんで
何か入ってくれないかな~。。っと
思ってますが、、今からじゃないか。

僕らは生きた確かに生きた 明日の空を共に見上げて [ACIDMAN(2010年~)]

アラバキのタイムテーブル
まずまずな感じ、、とは言え
やっぱりあきらめないといけなバンドもあり
どうしよう・・っと
いろいろ思い悩んでおります。

さて。
そんな4.11は
ACIDMAN LIVE TOUR “有と無”
@なんばHatch
でした。
IMG_2220.JPG

あはは。
ACIDMAN熱冷めてきてるって言ってる割に
結構遠出の遠征をしております(笑)
だって、そこしか土日でいけそうなのないんだもん。。

でもってこの日は当初の予定では
全く行くつもりではありませんでした。
でも初日の東京行ったっきり
間1回も行かないし
ファイナルも行かないし、、で
なんか初日の東京が思ってた以上にすごくよかったんで
もう1回終わりの方に行きたくなってしまいまして
チケット譲ってもらって
2Daysあるうちの1日だけ行ってくることにしました。
ただ、この"2Daysあるうちの1日だけ"で我慢できるのは
やっぱ熱冷めてきてる証拠でもあるんですが(笑)
いや、でも、
結論言いますと
また復活しつつあるかも?な予感?!です(笑)

ちょうど1か月前にも行ってきた大阪。
行程はその時とほぼ一緒。
せっかくなので1泊して京都観光でも、、って
思ってましたが
やっぱりホテルが高くって・・(>ω<)
なのでまたしても行きはこだま
帰りは夜行バスなんですが
なんと!本日4/12
大阪のアメリカ村ビレッジバンガードで
SAのインストアイベントがあるって!!
0412.jpg
うそぉー・・
知った時既にバスのキャンセル料かかる時期に入ってまして
泣く泣くあきらめましたが
そうじゃなかったら
絶対に大阪泊にしてたな。あーあ。。

で、前回京都に立ち寄っても
さほど遊びに行く時間なかったんで
今回は普通に新大阪まで。
大阪に来たらコレ!甲賀流のたこ焼きを。
IMG_2218.JPG
雨降ってたり寒かったりしたらやめようって
思ってましたが
なんとか大丈夫な気候でよかったです。
久々のたこ焼き美味しかったー(≧▽≦)
そうそう、三角公園まで歩く途中
WANIMAのメンバーが機材下してるところに遭遇しました♪
なんかちょっとそういうのうれしい。

そしてその後はなんばへ向かって
ぶらぶら。
あの辺りってごちゃごちゃしてて
ボーっとしてると道に迷って
ここはどこ?って感じになっちゃうので
なんか緊張しちゃいます。
まだ未体験の堂島ロールを食べに行こうとも
考えてたんですが
カフェの場所、見つけられなかった・・
なもんで他、どこに行くともなく
途中運よくお友達と遭遇できたので
立ち話で時間潰しました~

この日の番号は500番台。
それでも大木さん側3列目くらいの
かなり見やすい位置に行けました。
結構な時期までチケット残ってましたが
この日は一応SOLD OUTしたようです。

5分くらい押しでライブスタート。
静かにSE『有と無』が流れる中
メンバーの登場。
大木さん、白シャツに中も白と言う
夏!なイメージ。
でもハットは茶色の冬っぽい感じのものでした。
で、もうすっかりブーツイン卒業されてますが
デニムも割と細身のもので
裾を折って履いてました。
大木さん見ると
痩せてるっていいなーって思ってしまいます。

この日はあまりサトマが見えなかったんですが
サトマはグッズのTシャツ着てました。
この日も早々にキャップ落ちてたようですが
その落ちる前にちょっとキャップを押さえるような仕草をしてて
なんかニヤっとしちゃいました(笑)
にしても、、サトマのあの満面の笑みは
最高ですね。

いっちゃんは、、、キャメルっぽい無地のTシャツだっけか。
胸にポッケついてたような。
いっちゃんはよく見えたし
私やっぱ結構ドラム見るの好きなようで
割りといっちゃんのことは見てるんですが
あまりどんなの着てたか、、って
なぜか覚えてないんですよね(笑)

SEからそのまま『永遠の底』へ。
これはやっぱり流れ的に切り離せないですよね。
SEから続くイントロダクション的な感じ。
そして最初はずっと目を閉じてたり
あと開いても視線を動かさずに歌ってた大木さん
 どうか最後まで 生きていて 生きていて
って歌詞のところで
ぐるーっとフロア全体を見渡して歌ってたのが
なんかジーンときちゃいました。

続いて「いくぞ!大阪ーっ!!」ってサトマが叫んで
『風、冴ゆる』
そうだったー(≧▽≦)
初日の東京でコレ聞いたときは
ビックリたまげたんでした(笑)
にしてもこのイントロ、アガります~
押しもグッときましたが
でもやっぱ最近はあまり押し押しで汗だくな感じ
少なくなりました。

ここで最初のMCだっけか。
「改めまして、ACIDMANです」って
ご挨拶。
フロアからワーって歓声が大きくって
しばらくウンウンって頷いてたのが
印象的でした。
グッと来てるのかなーって感じ。

ここで話してたのかどうか忘れましたが
ハッチは12年ぶりくらいで
というのも今Zepp Nambaは改修工事をしてて
(この日が完成予定?)
そのためいつもはZeppでやってたけど
今回はハッチになったって。
へぇーそうだったのか。
でも私はハッチでやってくれてうれしいです~
出来ればこのままハッチにして欲しいくらい。
あ、、でも2Daysは困るけど。。(・ε・`*)

二度とは戻ってこない
今日という日の1分1秒を最高な時間と
思い出せるよう
みんなで作り上げていきましょう!
みたいな言葉から
大木さんがサトマを指さして
始まった曲は
『star rain』

これ、サトマのぶっといベース音から
始まる曲。
かっこいいです~

続いて「みんな、手を挙げろ!」って
言ってたっけ?
何か未来を掴みとれとか言ってたように
思うのですが、、うーん。。記憶アヤフヤ。。
そんな前フリのあった『EVERLIGHT』
この曲は大好きな曲です。
私の中での
ACIDMANと言えば、、な曲の感じ。

続く『アイソトープ』もそう。
大木さんの声がいいんだろうなー

そして『your soul』
イントロとかすっごいギターが難しそうで
思わず手元とかジーッと見ちゃいます。
でもってこの曲のラスト
ジャンって終わった後にシャラン~って感じで
もう一音あるの、あれが今までのACIDMANには
ない感じがして
何て言うか、洒落てるというか
なんか大人になったなーなんて
思ってしまったり(笑)

『FREE STAR』は初日では『赤橙』やった位置
そう、今回セトリは大きな変化はないみたいですが
ここの1曲が会場によって
変わってる模様。
私のACIDMAN熱はこの曲から始まったと言っても
過言ではない思い出の1曲で
さらにうれしかったのは
独立した時
事務所の名前を"FREE STAR"にしたこと
上手く言えないんですが
この曲を聞いたときから
いい曲だーって思って衝撃を覚え
それがACIDMANにとっても大切な曲だったんだって
思うとなんかうれしいというか。

そしてやってきました!
って言っても、、私は曲が始まるまで
全くこのことは忘れてたんですけど、、、
そう、サトマのタオル回しです(笑)
いや、サトマのアンプに
タオルが綺麗に広げて敷かれてるなーって
よくThe Birthdayが上じゃないけど
(デザインを敢えて見せる感じに飾ってる)
やってることがあるけど
ACIDMANにしては珍しいなーって思ってたんです。
そしたらあの曲の転換っていうんですかね、、で
後ろ振り返ってタオルを手にしたサトマ
そうだ、、これ、タオル回してたわ。。って
思い出しましたゞ(≧ε≦o)

での初日はかなり微妙~な空気のタオル回しも
この日はいい風吹いてる~くらい
みなさんブンブン一緒に参加してました。
私は、、、ちょっと出遅れてしまったので
止めときました。。
あ、でも、回すの2回もあったね・・

曲が終わり、、、大木さん
「え、、、いつもここで
今回のツアーでは
皆さんに謝らないといけないことがあります。。」って。

歌の感じとか
今まで大切にしてきた?!バンドのイメージとか
俺たちはロックバンドだからって
テレビの出演とか極力断って
保ってきた硬派なイメージとかあるのに
"サトマにタオルを回させていいのか!?"

これについては
何度もスタッフ会議を重ね話し合いをしてきたそうで
そんなチャライことやっていいのか、、って。
「でも結果、俺はよかったと思ってます(笑)
だから今から言っておきます。
明日も、回しますっ!!」

いやぁ、、この話の件
なかなか本題を言い出さないのに
前置きだけで可笑しくて可笑しくて。
言い方がまたバカ丁寧なのも
オモシロかったです。
そして大木さん「若旦那の気持ちが分かりました!」って。
やっぱみんなで回してる光景っていうのは
ステージ上から見ると圧巻なんでしょうかね。
武道館でも当然回すから来る人はよろしく、とも
言ってました。(思い出作りだそうです 笑)

「さて。ここからは俺たちの本領発揮です。
(チャライのはおしまいって意味で)
インストゥルメンタルはお好きですか?!」から
『en』
あまりインスト得意じゃないんですが
この曲はカッコいいし
なんか動きがあって
聞いて飽きないからいいです。
まず出だし、ギターで弾いた音を録って
それに音を重ねながら(ハモって)弾いたりするところもあり
さらにはサトマ主導でクラップハンズもあり
途中ギターをアコギに変えるし
なんていうか、、こっちまで緊張感漂う曲だったりします(笑)

次の『ハレルヤ』は
その『en』の世界観が引き続き、、って感じの曲で
これもその場で録った音をループさせて
それに合わせながらやってて
最近そういう演奏の仕方増えたなーって。
これはACIDMANに限らず、、なんですが。
打ち込みを使わない新たな手段なんですかね。
よく分からないけど。
その場で弾いたもの合わせるから
よりライブ感あるし。

続いて『2145年(有と無Ver.)』
コレはサトマがベースを弾かないアレンジになった曲。
原曲をもっと近未来的な雰囲気にした感じでしょうか。
そしてプリズム色って言うのかな
クルクル回る照明が
すっごくキレイでした。
最近の照明も進化してるのか
色だけじゃなく照らされる形とか
その1色だけじゃない色とかあって
すっごくきれいです。

「今の2145年って曲で
その年になればロボットも心を持つような時代に
なるじゃないかって想像して書いた曲です。
俺たちは未来とか宇宙とかについて考えるのが好きで
それは同時に自分たちの死についても考えることで

もし、この世の中に大きないん石が落ちてきて
それを避ける手立てはなくて
この世の中が終わっていくしかないと分かった時に
人はどういう風な終わり方をするのか、
今のように争ったままなのか
お互いに助け合っていくようになるのか、、

そんなことを子供のころからずっと考えてて
いつもテレビなんかで緊急速報って流れるたびに
もしかして、いん石が、、って
そんな風に考える毎日でした」

どうせ終わってしまうなら
美しくみんなで助け合っていきたい
そんな想いを歌った歌
『世界が終わる夜』
大木さんのそういう想いについて
共感できるかどうかは置いといて
世界観として
ずーっと変わらず貫き通してるからこそ
ブレてない感じっていうのは
素敵だと思います。

聞き入ってる空気感ハンパない感じの中
いっちゃんのMCタイム(笑)
でも今回のMCタイム
なかなかよかったです~
久々の大阪だったからか
すごくフロアに対しフレンドリーっていうか
初日の東京にはない雰囲気でした。

まずはいっちゃんが大木さんをベタ褒め。
ホントいい曲書きますよね~
おかげで俺は食いっぱぐれずに37年
生きて来られてますとか言って
これ、オチはないのか??って思ってたら
「そんな大木でも
ツアー2日目の高松への移動中
財布を落としたんですよ!」って。
それをバカにしてた?!いっちゃん
罰が当たったのかこの大阪への移動前に
財布を落としたそうで。

で。
ここでもやっぱり差がでてしまったようで
大木さんは財布を落としてるのに全く動じず
冷静にカード会社に電話したり
さらには「焼肉食べに行こうか!って。
財布落としてるのにですよ?
それに比べ俺のパニック具合ときたら、、、」

でも結果的に
いっちゃんの財布も、大木さんの財布も
見つかったようで
いっちゃんのはすぐに見つけてもらってたにもかかわらず
しばらく泳がされてたようで
そのテンパり具合がすごかったって。
カード会社に止めた方がいいんじゃない?って言ってるのに
車見てくるから鍵かしてって
でも車壊しそうな勢いだったから
やっぱり鍵返してって言うと
新幹線のチケット渡してくるし、、って。
「えー、、この模様はムービーに撮ってあって
ACIDMANモバイルにそのうちUPされると思うんで
ぜひ、入ってください」って
え?宣伝??(笑)

そして「じゃー久しぶりのなんばハッチ
いつものあれ、やってよ」って
コレは大木さんのムチャ振りだったのか
「え?いつもの?そんなのあったっけ??」って
どぎまぎしながらいっちゃん
「なんばハッチ!」って"8"を表す一発芸?!
ウケがビミョウ~だったので
思わずサトマ「それ、ハッチの8を
表現したの?」ってバカにするようなツッコミ。
「笑いにシビアな大阪の人なんだから
もしかして俺をフォローして
説明してくれようとしてるんだったら
ノーサンキュー!」っと
いつものいっちゃんvsサトマバトル(笑)
こっちの方がウケてた(笑)
しかも大木さん大笑いしてたし。

サトマ「俺に絡むんじゃねーよ」
一悟「こっち向いて喋るんじゃなくて
客席の方見て喋れよ。
不特定多数の人に喋るの苦手なんだから」
サトマ「うるせーな。
あっち向いて喋ると緊張すんだよ」
一悟「あ、今回初めてお前を褒めるとしたら
今日は自分に正直になったところ!」
サトマ「俺に絡むんじゃねーよ」
一悟「そんなんでアジテートとかよくやってるよな」
oioiってフリのマネ
サトマ「・・・(苦笑)」
大木「それは、、いいんじゃない?(笑)」
このやり取り、最高でした。
てか、サトマ、、そうだったのか(笑)
いや、確かにいつもサトマって
いっちゃんの方向いて喋るなーって
思ってたんですよね。

大木「こんなこと言ってますけどね
ホントは仲イイんですよ。
打上げでもずっとこんな調子でじゃれ合ってますから」
そう言われて笑い合ういっちゃんとサトマ。
そう、サトマなんだかんだ言っても
めっちゃ笑顔でいっちゃんの方見ながら
ノリノリでベース弾いてますもん。
にしても、、大木さんの「それは、、いいんじゃない?(笑)」って
助け舟的な一言もキュンときましたって。
同級生バンドのこういう感じ
いいですよね~

「そろそろ〆て」って
言われ「えー私、今回のアルバムで
久々に曲を作りました~」っという紹介から
『黄昏の街』
そうでした。
いっちゃんもいい曲書くよね~

さあ、ラストスパートですかね。
「大阪!まだまだ盛り上がっていくぞー」って
サトマが煽ったんでしたっけ。←アンコールでだったっけか?
今回のツアーはこんな風にサトマのアジテートっぷりが
さらにパワーアップしてるように思います。
そこからの『Stay in my hand』は
実に楽しかったー
なんかステージと一体になれた感じがしましたもん。

『FREAK OUT』『ある証明』
歌詞によっては時々叫ぶように歌う大木さん。
これもグッとくるものがあります。
特に『ある証明』で「叫ぶぞー」って一緒に
イェー――――ッッ!!って叫んだのは
最高でした。

息切らせながら
「早いもんで、、次で最後です。」
フロアからはえぇーっ。。って声も
「早いよね、、楽しかったもんなー
あの、、明日もあるんで、、
今日は明日にちょっと体力取っておこうかなーって
思ってたんですけど、
・・・使い切っちゃったなぁ。。。(笑)」
って、この言い方がかわいかった♪

ここで最後の曲について。
これは『世界が終わる夜』の時の話と
重複しちゃうところもあるんですが
世界が終わっていくときに
またあっちの世界で会っても
お互い仲良くいられるように
オカルトみたいな話かもしれないけど
そうすればきっとこの世の中は
もっと美しいものになるんじゃないかと。

そんな話の中で一つすごく感動したのは
「人はいずれ死んでしまいます。
大好きな人も大嫌いな人も
でも俺は嫌いな人なんていないんです。
平和で豊かな国に生まれたけど、
実は死はすぐ隣にあって
そしたら人を嫌いになってる時間がもったいない」って。
そうか、、
最近はいじめが問題になってますが
まさにそう、
そんなことして自分の時間を無駄に使ってるのは
もったいない、バカらしいってことに気付けば
いじめもなくなるんじゃないかな、、
なんか当たり前のことなんですが
そんなことにフッと気づかされた瞬間でした。

嫌なことがあっても目をそむけず
噛み砕いてお腹の中にため込んで
その後は笑えばいいって
鏡を見て無理にでも笑うだけでも
変わってくるって。

ここら辺の話
言い方や話すテンションとかは違うけど
TAKUMAのよくする話とかとも通じるところがあるなー、、なんて
薄っすら思いながら聞いてました。
臭いこと言ってる
理想論じゃんとか
思っちゃったりもするんですが
でもホントは誰しも心の底で
なんとなくそんなこと思ってたりするんだろうな。
だからそれを面と向かって言われて
フッとその思いに気付かされて
ジーンときちゃうって言うか。。

そんなMCの後に聞いた
『最期の景色』
話してた内容のまんまの歌詞が出てきて
思わず泣きそうになっちゃいました。
 「いつかまた会えるよね また会えるよね」
 手を振る君が遠くに消えて
 そんな景色の最期がいいな
 
 だから そう笑って 最期は笑って
 最期の声で愛を語るよ
 想像を超えるあの世界で待つよ

「ありがとう!ACIDMANでした!」
歌いながら泣いてたようにも見えましたが
あれは、、汗ですよね。
歌声とか全然涙ぐんでなかったし。。

続いてアンコール。
メンバーグッズのTシャツに着替えて。
で、大木さん、半袖になったわけですが
色白~っっ。。
前にいた女子も「色白いねー」って
つぶやいてたから
思ったの私だけじゃないはず(笑)

「アンコールありがとうございます。
1分1秒同じ時間を一緒に過ごせて幸せでした。
まだまだ行けるよな!大阪!
大阪には素敵な名前の場所があるよね!」
そんなフリからの『新世界』
おぉ~・・そうだった。
なんだっけ??って必死にタイトル考えちゃいました(笑)

この曲、ウォーゥウォーゥウォーゥウォ って
叫ぶところあるんですが
そこ、サトマとかいっちゃんのコーラスの他に
フロアに叫ぶの任せるかのように
マイクから離れてた大木さん。
そうやって曲は進化していくんだなーって
思ったり。

「あともう1曲!」
ラストはもちろん『Your Song』

いやぁ、、最高だったなー
何回も端っこまで来て
oioi煽りに来てくれたんですが
何度かそのときに
「ありがとう!」って言いながら
oioi煽ってたのがよかったです。
そんなこと言われるとうれしくなる。

あと、時々
足をバタバタさせて(足踏みっていうんですかね、、)
歌ってたのがなんか可笑しかったです(笑)

っと。
思い切って大阪まで来てよかった!
やっぱりツアーはさ
最初と最後(後半戦って意味で)
見ないとダメですね。

まだまだACIDMANは音楽を続けていく
みたいなこと
どっかで言ってたような・・
ホント私の好きなバンドたちは
辞めない宣言をしてくれるバンドばっかで
うれしい限りです。

ライブ後は、、、
また先月同様
Zepp Namba側の銭湯へ。
やっぱいいお湯でした~
帰りながらビール飲みたかったけど
さすがに夜の街を缶ビール飲みながら歩くのは
マズイかな・・っと思って
自粛しました。。

バスではフジイさんのラジオ聞きつつ。。
この日フーアーユーコーナーの
黒木渚さんについての話で
(1曲ギターで参加したことあるとのことで)
黒木さんからのギターのリクエストで
"エモっぽく"って言われたのに対し
「エモってなんじゃろ?」って思い調べたって話。
この"エモってなんじゃろ?"この言い方がかわいくて(ノ∀\*)
最高でした~

そしてその後は
すっかり熟睡しまくってたのか
途中何度かフッと意識戻りましたが
「まもなく新宿です」って言われるまで
全然起きなかった。。
最初はなかなか寝れなかったんですけどね。。

ただ、体制崩さず寝てたせいか
非常に体バキバキです。。
でも何かいい遠征でした(*´∀`*)


<セットリスト>
 SE:有と無
 01.永遠の底
 02.風、冴ゆる
 03.star rain
 04.EVERLIGHT
 05.アイソトープ
 06.your soul
 07.FREE STAR
 08.EDEN
 09.en
 10.ハレルヤ
 11.2145年(有と無Ver.)
 12.世界が終わる夜
 13.黄昏の街
 14.Stay in my hand
 15.FREAK OUT
 16.ある証明
 17.最期の景色

 EN.
  新世界
  Your Song


え?そうなの?? [たわごと]

”4/19 新木場 studio coastと4/26 ARABAKIは
16年振りにベーシスト鹿島達也さんを迎えてのライブとなります!”

あら。
淳くん不参加??
何か意外・・

ってことは、、昔の曲満載の
セットリストになるってことでしょうか。

4/19なぁ。。。
あれからラインナップ増えたんだっけ??
あまりに行けない前日が良すぎて
どうしても重い腰をあげられません。。
チケット代も結構するし・・
少し前の金光さんのインタビューによると
チケットの売れ行きあまりよろしくないようで。。。
私も大好きな音人イベントだから
行きたいとは思ってましたが・・

いや、だって。
4/18フラカンの野音だもん。
被せるの酷過ぎるでしょ。
って思ってたら
この前のフラカンUSTで
増子さん含めみんなでその話題してて
ちょっと笑えましたゞ(≧ε≦o)
そして、電話するって、増子さん(笑)
ちょっと楽しみ増えましたー♪

そんなフラカン。
今日、ラジオでの
限定25組だっけ?かをご招待しての生ライブ
0404tfm.jpg
音源聞いてビックリしましたが、、、
アコースティックじゃなかったんですね。
私、自分で勝手に
アコースティックと思ってました(笑)

スタジオでやってるとは思えない
なかなかの盛り上がりと
白熱したライブ
素晴らしかったです。

セットリストはコチラ

そうか、、キリンビール繋がりか?!(´m`)
CMソングをフラカンの演奏で初披露の
『すべてはALRIGHT(YA BABY)』(RCのカバー)
これがラジオからとは言え
生で聞けて何よりでした。

そして!
あと数時間後、、アラバキのタイムテーブル発表!!
あードキドキ。。