So-net無料ブログ作成
検索選択

春を通り越して夏の予定 [たわごと]

とりあえず、、夏の飛行機
私が狙っている便に関しては
まだそんなに急ぐこともなさそうなので
もうしばらく様子見する予定・・

あ、行くとしたら
強行突破の当日入りに心は決めました。
これでもほぼほぼ、、毎年行ってる時間に
行けなくはないのです。
定刻通りに着けば・・
でもってシャトルバスがビックリするほど混んでなければ。。
金額もホテル代を考えれば
まぁ、トントンかな、、ってとこだし。

なんとかこのまま
第一弾の発表辺りまで待てればいいのですが。。
(JALにすれば問題ないんですけどね・・笑)
最悪今年は断念、、って選択肢も
ちょっと頭かすめ始めてます(・ε・`*)

だってー
帰りの便が高過ぎる!!
さわおさんじゃないけど
頭クラクラしちゃうわ。。
あんな金額、久々に見た。
今年はホントどんぴしゃのお盆なのですね。
遠方から来る人泣かせです。。

さて。
この前スーパーでチラっと見かけたポッキー
IMG_2100.JPG
初めて見た!って思い買ってみたのですが
その後結構アチコチで見かけるようになりました。
CMでは見ないけど・・・

何が濃厚なのかって、、話ですが
IMG_2101.JPG
どうやら"カカオが濃い"らしいです。
だから名前も「ポッキーデミタス」って言って
コーヒーで言うデミタスコーヒーのように
全体的に小さいつくりになってます。
考えたなぁ~(´m`)

ぷぷぷ。って笑ってたんですが
これが思った以上に美味しい!!
カカオが濃いっていうのは
言うほど分からないんですが(笑)
ギュってチョコだけじゃなく
ポッキー部分も堅めでしっかりした作りになってて
なかなかなお味でした♪

また今度買ってこよう~

チョコ繋がりで。。
とあるパン屋さんで売ってた
チョコがけラスク。
IMG_2076.JPG
オシャレ~なお店だったので
単に見た目にこういう風になってるのかと
思ったんですが
こうなってることで
手が汚れずに食べられるのね。

実はとっても合理的(笑)

無題。 [たわごと]

1.27 NAOKIさんのボイラールーム
 ゲスト①フラワーカンパニーズ
 ゲスト②山中さわお
いやぁ、、、楽しかった(*´∀`*)
NAOKIさんの声がガラッガラだったのが
何とも言えず可笑しかったというか・・
ちょっと心配にもなりましたが。。

まず、フラカンは
メンバー全員での出演にちょいビックリ(笑)
0127a.jpg0127b.jpg
でも竹安さん、三茶?にあったNAOKIさんのお店に
行ったことあるって。。
てか、そうか・・
お店やってたんだ。

そしてさわおさん
どういう絡みになるのか
かなり気になってなんですが、、
ふむ。シンちゃんとかPeeちゃんとかの繋がりもあって
まぁ、そこそこお知り合いだったようで。
0127c.jpg0127d.jpg

でもって可笑しかったのが
2人してガラケー出していじってたシーン(笑)
0127e.jpg
、、、タブレットの話は一切してませんでしたけど?

フォークソング部は
なんと!
2人登場!!
0127f.jpg0127g.jpg
圭介さんはやっぱり?!の金八繋がりの選曲に
さわおさんはお得意の?!スタンドバイミー(´m`)
でも熱唱するさわおさん、エコーもバッチリかかってて
素敵でした。

あ、で。
この番組名物?!手相占いはさわおさん。
0127h.jpg
かなり良い手相らしく
褒めまくりでした。
そういえば、、かなり昔?
サードクラスのはかまだくんもちょっと手相見れるかなんかで
占ってもらった時も
良かったって言ってましたよね。
あながち外れてないんじゃ??

盛りだくさんの2時間ちょいデシタ♪
フラカンとSAの対バン@名古屋クアトロ
実現するといいなー・・

冬の景色がそれだけで何か好きでさ [たわごと]

主にスタジオなんかに置いてある
フリーマガジン「音楽主義」ってやつに
ongakusyugi68.jpg
『現場マネージャー物語』と云うコーナーがあるようで
そこになんと!怒髪天のMgさんが特集されてると
坂さんからの告知(笑)

気になって配布されてるという所へ見に行ってみましたが、、
もうありませんデシタ(´ ノ(ェ)・‘ )
でもネットにいずれUPされるようなので
待つことにします。 ※サイトはコチラ

代わりに、、、じゃないけど
Rooftopもらってきました。
IMG_2095.JPG
増子さんって、、ホント絵になるなー・・。。

そう、昨年大興奮した
ロフトのイベント特集です(*´∀`*)
IMG_2096.JPG
セトリなんかも載ってます。

この写真とか、、、スゴイ瞬間とらえてて
おぉ~って思っちゃいました。
IMG_2097.JPG

やっぱハイライトは
これ?!
IMG_2099.JPG

SA野音のチケット先行は2/1 23時まで。
ここで申し込むと
メンバー手書き?のスペシャルチケット&当日援軍バンダナプレゼント!
だそうです。
この先行、、、1人8枚までエントリーできるって
・・・すごいっす(笑)

意味はないけどただ全てが真実で [the pillows]

別に毎日チェックしてるわけではないのですが
たまたま昨日見た時
このブログのその日の閲覧数が3000を超えてまして
?!
今まで1000~1500くらいをウロウロする程度だったのが
いきなり倍以上って
変なところにリンク貼られたりしてないかな??って
ちょっとヒヤヒヤしたんですが
うーん。。
そういう訳ではないらしい。。

私も解析とかに詳しい訳じゃないんで
表示されるものを見る程度しかできないんですが
どうやらアーカイブ検索とかで
色んな日にちの記事を読んでくださってたみたいですねぇ・・
しかも15時後半~17時過ぎくらいまでの間で?
その時間帯の閲覧数がスゴイ数になってましたので(;´д`)
敢えて何見てたか、、までは
確認してませんが
何か知りたい情報とかあったんでしょうか・・
なーんて。
どうでもいいってね(笑)
あの、、気にせずどうぞ。
気が向いたらコメントいただけるとうれしいです。

って・・
いやぁ。。
私もよく読み逃げしますが
ちょっとドキっとしちゃいますね。

さて。
そんな1.24は
the pillows moondust tour
@高崎club FLEEZ
でした。
IMG_2092.JPG
IMG_2093.JPG

いよいよ、moondust tour後半戦?(2015年版??笑)
スタートです!
、、、高円寺の追加公演があったので
正確に言うと2回目ですけど・・

この日は番号130番台でして
ステージ低い高崎なので
大して期待はしてなかったんですが
思ったほど見えなくはなかったのと
予想外にバカ騒ぎしない
割と大人しい高崎だったように思います。
なんていうか、、高崎って
ステージ見えないせいか
逆にテンション高く大騒ぎする、、みたいな印象のハコ
だったんですが
ビックリするくらい静かで
押しも普通でちょっと拍子抜けしました(笑)

場所はいつもの淳くん側5列目くらい。
さわおさんとPeeちゃんは顔がなんとか見えるくらい
その代りシンちゃんがスコーンっと人の隙間から
バッチリ見える位置で
淳くんは顔を向けると
そこそこ見える、、みたいな感じでした。
 ※体をさわおさん側に向けてるせいもあって、、(笑)

衣装は、、さわおさん赤(黄色だった?)のプレイリーTに
黒のカーディガン
PeeちゃんはVネックにファーファのアップリケ
シンちゃんは水色のボーリングシャツ
淳くんは黒白のボーリングシャツっぽいやつ
でした。
さわおさんの髪、、だいぶいい感じに伸びてきましたね(笑)
でもなんか若返った感じに見えるのは
やっぱ髪が短いせいですかね・・

セトリはやっぱり変わってませんでした。
2種類くらいある?とか聞いてたんですが
今の所3回行きましたが多分全部同じです。
でも自分自身がだいぶアルバムを聞きこんできてるせいもあって
より楽しめたように思います♪

まずは『Clean Slate Revolution』から
ライブスタート。
イントロちょっと出だしのアレンジって言うか
セッションって言うか、、があって
そこから曲へ行くのがライブらしくってかっこいいです。

そして『Break a time machine!』
この曲は Hey! ってかけ声もかけるところもあるし
アガります。

そこからの『空中レジスター』がまた
いい感じです。

ここで最初のMC。
「あー久しぶりじゃないか!
元気だった?
俺たちは2015年もしぶとく元気!
あ、、ここ、高崎はなぁ・・
ピロウズちびっこだから見え辛いだろう・・(笑)」
って、、モニターに上がってアピール。
いやぁ、、分かってくださってるとは(≧▽≦)
やっぱステージ低いハコって
認識あるんですかね。。
そのせいかこの日は
結構よくモニターに上がってくれました。

「じゃー最後まで
楽しんで、仲良くしよう!」
、、だったかな・・

MC明けは『ノンフィクション』
途中の間奏では、、
「北は北海道から南は沖縄まで
全国周ってツアーしてるけど
楽屋弁当の中でダントツ1位を更新し続けてるのは
ここ高崎、登利平の鶏めしです!」って
出ました~ゞ(≧ε≦o)
いやぁ、、確かに美味しいです。
で、いつもこの話が出るたびに
前に増子さんが言っていた
2種類あって(金額が100円違う)そのどっちを
普段食べているのか、、ってことが
気になっていて・・
いつかいいタイミングで聞きだせないものか、、と
思ってます(笑)

そして『プレイリー・ライダー』
この曲、改めて歌詞を見ると
なんていうかこの25周年のタイミングで出た
アルバムの中に入ってる曲として相応しい歌詞だなー
っとしみじみ。。

続いて『都会のアリス』
イントロのタララタララタララ~って鳴ると
キターッ!!っと一人ニヤけてしまいます♪
間奏中のさわおさんのダンス?も
気持ちあのチビッ子ダンサーっぽい感じになってるように思えて
これまたニヤけてしまいます(笑)

次に『Purple Apple』
相変わらずあの叩かなくていいところの
クラップハンズが綺麗にそろうことはなく
自分もウッカリしてるポン!っと
叩いてしまいそうになりヒヤっとします。

で。
この日は例のPeeちゃんの
ディーンパープルのギターソロの後
さわおさんとPeeちゃんとのツインでの
ギターソロのところ
Peeちゃんと一緒に前に出てモニターに上がってくれて
ギュインギュイン弾いてくれて
カッコよかったです。

終わってからもさわおさん
ディーンパープルの部分を一人もう1回ちょろっと
弾いてみたりして・・

そして鶏めしの話の続き。。
「あの、、いつもはライブ前
6,7割くらいしか食べないんだけど
今日は完食してしまいました。
だけど、、水戸と同じイベンターさんなんだけど
あの日はツアー初日で
これからロック鳴らして行こうとしてる俺たちに
三食おこわ弁当って、、、(笑)
いや、おいしかったんですけどね(笑)
・・・っと、
俺のメッセージが伝わったところで」っと
次の曲『メッセージ』へいくという
粋な?!曲振りゞ(≧ε≦o)

続いて『パトリシア』
このツアーに初めて行ったときにこの曲が鳴って
ワーイ!って喜んだんですが、、
そうか・・Tシャツ作られてましたもんね・・
全然気付いてませんでした(笑)
にしても、この曲やっぱいいですね~
誕生日に"年をとるの もう やめる"って
言うセンスが素敵です。

「次もまたラブソング、聞いてくれ」って紹介があって
『Back seat dog』
この曲は何回も言ってると思いますが
コーラスが楽しくて大好きです。
シンちゃんも歌ってるんですね~
この日はすごくよく見えました。

「誕生日でも、誕生日じゃない日でも
ハッピーバースデー!」からの
『ハッピー・バースデー』
ここからしっとり聞くゾーン突入です。

『アネモネ』
『Song for you』
と、、ちょっと悲しい失恋の気持ちの曲が続きます。
『アネモネ』の時の
ちょっと苦しそうに目を閉じてキーって感じで熱唱する感じ
昔雑誌に載ってた写真のかと変わってないなーとか
そんなこと思いながら聞いていました。
何気にあの横顔が好きだったりします。

そして『ROBOTMAN』
コレがホント極めつけのように
グッと胸にきます。
ジワジワと特に大きなサビの感じもなく
すすむ曲の感じがさらにくるっていうか。

「今年でご存じの通りピロウズは今年
26周年目に入りました~ ←拍手パチパチ
こんなにも長い時間やってると
思い通りにならないようなこともあったりしたけど
でも共に支え合って
一緒に歩んできた道のりは真実で
その真実から生まれた名曲、、、って言っていいのかな
その曲を聞いてくれ」
何度聞いてもジーンとくるなぁ~・・
『ムーンダスト』

歌詞にも歌われてます
 ふざけ合ったり
 支え合ったり
 その全てが真実で
って。
それがあるから余計に
さわおさんのMCにもジーンと来るというか
その気持ちをそのまま歌ってるんだなーって分かります。

そして『ハイブリッド レインボウ』だもん。
でも『ムーンダスト』で
ジーン、、っと聞き入ってしまってるせいか
この曲始まる前に Oh Yeah! って言われても
いつものように思いっきり Yeah!!って返せない感じがあって
気持ちを切り替えるのが大変だったりします(笑)

ここでメンバー紹介。
まずは淳くん。
「いつもはご飯とおかずはいい具合(配分)に
食べていくんですが
この日はそれでもご飯が余ってしまいました。
でもご飯だけでも美味しかったです!
あの、、別に鶏めし食べに来てるわけじゃないけど
これからもまた高崎に来たいと思ってます(笑)」

続いてシンちゃん。
これを聞いてか、、
「あのーさっきから鶏めしの話ばっかりしてますけど
結構こういうのって
地元の人はそう食べてないんじゃないかと思うんですけど、、
例えば、、長野の人がいつも釜飯食べてるとは
限らないですよねー?」←ちょいキレ気味 

思わずさわおさんに「なんでちょっと怒ってるの?(笑)」って
ツッコまれる(´m`)
あと、「新潟の人はへぎそばそんなに食べないって言ってたよね」って
これは助け舟??

「そうそう。新潟の人はへぎそば食べないで
団子ばっか食べてるって」←これには何言ってるのってツッコミ(笑)

「えーっと、、俺クラスになると
ファンレターとかってほぼ全く来ないんですが、、
この前事務所に珍しく手紙が来たと思ったら
なんと、高校の同級生で、
連絡先分からないからとりあえず事務所に送ってみました
・・・って(笑)

なので連絡取って、じゃー競馬でも行く?って
明日会うことになって
そいつ、桜井っていうんですけど、、
っつってもミスチルのじゃないですよ?」
さわお「当たり前だろ!(笑)」
シンちゃん「あとSくんっていう、、」
さわお「なんでそこは隠すんだよ。
桜井とSくんってややこしいな」
シンちゃん「えーっと、、斉藤って言うんですけど
そういえば斉藤どうしてるの?って聞いたら
あぁ、あいつ?あいつ今じゃ髪も歯もなくなってるよって、、
いやぁ、、俺も歯はなくなりかけて
なんとかインプラントでなくならずに済みましたけど
そんなやつらと明日会ってきます!

で。。何が言いたかったっかっていうと、、
俺クラスになるとファンレターが来ないよって
ことです」
さわお「そうだね、もう位が高過ぎて
目の前に白いベール1枚あるくらいだもんね」
フロアから「送るよー!」って声に
シンちゃん「いや、いらないです。
来なくて助かってます!」
シンちゃん、、オモシロい(笑)

そしてPeeちゃん
「あけましておめでとうございます。
って言っても、、2本目なんですけどね。
えー、、私クラスになりますと
札幌住民でしたが、、味噌ラーメンはほとんど食べないです。
ストロングな醤油ラーメンを食べます(笑)

ちょっとお聞きしたいんですが
草津ってこちらの県?
草津温泉、よさそうでしたよ(笑)」って
さわおさん誘うPeeちゃんゞ(≧ε≦o)

「嫌だよ。行かないよ。
25年もやって散々裸も見せあって来ただろう」って
言いつつも
「ただ、行きたくはないけど
MCのネタとして
行ってきたって言う事実は欲しい(笑)」
って・・
さわおさんってば。。
でも、その気持ち
何となーく分かる気がします。
私もたまに、ブログのネタとして
それに似たような感じのこと、思ったりしますもん。。

「温泉で思い出したけど、、
昔まだ全国を車で周ったりしてた頃
シンちゃんが一生のお願いだからって
寄るコースじゃないSAにある温泉に行ったことがあって
あれは、、まだ鹿島さんの頃かな(って淳くんを見る)

一生のお願いで行きたいって言いだしたくせに
あいつ(シンちゃん)入ったかと思うと
5分くらいしてすぐ上がっちゃってさ」
ウンウン頷いてるPeeちゃん。
シンちゃん「湯あたりしちゃって、、(笑)
入りたがりのすぐのぼせちゃうタイプなんです・・」

「そう言えば俺たちはまだ
シンちゃんに対して一生のお願い、、聞いてもらってないな」
って言うと
「どうしても、、って言うなら
明日一緒に連れてってあげてもいいですよ?(笑)」
「何言ってんだよ!酔っぱらってんのか?(笑)」
・・・プリン体ゼロ!の缶はお持ちでしたけど(*´ω`)

ここで再びPeeちゃんの温泉話に戻り
「草津温泉、昨日たまたま見てたら。。
良さそうなお湯でしたよ」みたいなこと言いだして
さわおさん「昨日タマタマ(イントネーション変えて)
見たわけじゃないよな?」
Peeちゃん「何言ってるんですか!」
さわお「何って下ネタですよ(笑)ははは(笑)
もうシリアスな曲終わったから何言っても大丈夫!」
えぇー・・
高円寺の時も、、でしたが
ぶっちゃけ過ぎじゃないですか??

まぁ、照れ隠しに?!
『About A Rock’n’Roll Band』の弾き出しの頭
ギターで弾いてワーってみんながなるやつ
あれ2回やって笑ってました。
ってことで『About A Rock’n’Roll Band』
ここから一気に盛り上がりますよー

『Ideal affection』
もう盛り上がり過ぎて
ヤンヤヤヤーとか言うところと
オイッ!って言うところとが
ゴチャゴチャになって何がなんやら・・(笑)
でも最後の amor!ってとこだけ
合わせておきました(≧▽≦)
楽しい~

そこからの『モールタウン プリズナー』が
これまたテンション上がり過ぎちゃって。
イントロ鳴った途端の
フロアの盛り上がり具合が
ハンパなかったです。

ラストはこれまたうれしい
『LITTLE BUSTERS』
途中「サンキューバスターズ!!」って
言ってくれるのもまたうれしい限りです。

ってことで怒涛のラストで
本編終了。
続いてアンコール。
出てくるなり
「アンコールしたこと後悔させてやる!」っと
ハンドマイクでスタンバイのさわおさん(笑)

はい。
あの曲が始まります。
『TOY DOLL』
左寄りと右寄りと
位置を変えて1番・2番でセクシーキメポーズっていうか
お客さん相手に顔を近づけてきたりという
ドキドキなことをやってくれるのですが
私のいた側では
そんなに過激なことしてなかったように思います。
反対側ではウワーっと顔を近づけて行ってたように
見えましたが・・どうだったんでしょう。。
ただ誰にしようかな~みたいな感じで
目を見開いてキョロキョロする仕草が
まるで動物が獲物を探すみたいな目つきになってて
なんか鋭いんですが可笑しかったです(笑)

終わると照れながら
「これ、全国でやるのかな・・(笑)」って言ってて
やっぱ恥ずかしんですかね。
それともちょっともう飽きてきた??
もしかしたら後半
例えば東京2回目とか3回目とかでは
違う曲になっちゃったりね。
でも一応目玉?!ちゃー目玉的演出だから
やり通しますかね・・

「じゃーもう1曲!」
っと『ターミナル・ヘブンズ・ロック』
今度はPeeちゃんのギターが
電飾付のフライングVに。
この時はさっきの『TOY DOLL』の押しで
前があまり見えなくなっちゃって
ステージほぼ見えてませんでした・・

「楽しかったかい?
俺は楽しかったよ!
またこれからあちこちツアー周って
ホテルでいつものように
みんなにまた楽しんでもらえるような曲を書くよ!
だからまた遊びに来て」
なんかこう、、ファンのためにって
気持ちが表れてるのが
なんか妙にうれしくなります。

追い出しの曲
フロアのテンション
異様に高かったなー・・・(=^・^=)

続いてダブルアンコール。
もちろん皆さん、ビール片手に。
ビールはサッポロ!
これって、、ピロウズ側が用意してるんですかね。。
っというのも
ライブハウスで出るドリンクは
一番搾りなんですよ・・

さわおさん、ビールの缶開ける時
思いっ切りマイクに近づけてシュパッって
いい音させて開けてました。

今回のセトリ
流れ的にスゴイ悩んだそうで
でもどうしても静かに聞いちゃう曲と
バカバカしい曲でワーって盛り上がる曲との差が
ハッキリしちゃう流れになってしまってるって話で
「アネモネからズンズン胸に来て
ROBOTMANでこれ以上ないくらい暗い気持ちにさせられて
そしたらムーンダストで感動的なこと言っても
ワーって拍手もまばらで、、
あのーあそこはもっとワーってなっていいんですよ?(笑)
ピロウズって結構そういう2面制を持ってるバンドで
また、そのそう言うのが特別大好きな人達が来てるんでしょ?
おもしろいよな~(笑)
だから後半の盛り上がり方が異様なんだよね」って。
あははは。。
こちらの取るリアクション
バレてましたか・・って感じですかね・・( ∀ )

そして「あの、、ここでどうでもいいんだけど
意外って話があって、、」と切り出したのが
なんと!「俺、最近、
ようやくタブレットを持ちました!」って。
この時のフロアも含め
メンバーみんなの驚きようったら。

っというのも
ガラケー使い続けて15年くらい?
(ガラケーは相当使いこなせるそうです 笑)
料金がいつも1.1万くらいで高すぎるって言われ
料金見直しなどの相談をしに行きたいと思ってても
ドコモショップとかっていつ行っても
30、40分待ちとかで心が折れそうになり
「いつでもVIP対応してくれないと嫌だから」byさわお
でも確定申告とかもあって
やっぱりそれは高いって言われたので
意を決してやっと行くことにしたそうで。

するとなんでも
4000円くらい安く押さえられた上に
タブレットを追加で付けられると言われたそうで。

でもさわおさん自身
そういうのに全く疎く
工事とか何か特別に追加したりとかしなきゃいけないかと思ってて
面倒くさいからいらないって言ってたそうで
でも請求書とかそのまま1枚でできるみたいだし
特に何かしないといけないってわけでもないみたいだったから
じゃぁ、、っと付けてもらうことにしたって。

「向こう(ドコモの店員)は俺の出来なさ具合の
レベルを知らないから
何何が出来ますとか
エクセルとか見れるって言うんだけど、、
全然わからなくって、、

でもタブレット持つことにしたって言って
一番喜んだのは新井ちゃんで。
やったー!ってガッツポーズしてたからね(笑)
いや、だってさ、
(PCとかそういうの)持ってないくせに
いちいちチェックしたがりだから
今まではバイク便でDVDとかを送ってもらって
チェックしてたんだよ。
でもこれでデータでもらえるようになるから
事務所的には俺に持ってもらいたかったんじゃない?」

で。
最近は試しにyou tubeを見たりしてるそうで
これをテレビの画面で見れるようにしたいって思い
でも自分ではできなかったから
新井さんに全部設定とかやり方とか教えてもらって
やってもらってる状態だそうで
「ホントに原始人並みだから
あの、、打ったりするの(キーボード操作?)とかも
よく分からねーしさー
なんか押したら消えちゃうしよー
あれ?あれ?って
 ↑その時の手つきが
  猫が画面エイエイってやっていじってるみたいで
  かわいかった(笑)
そしたら俺、2箇所同時に押しちゃったみたいで
スクショっていうの?スクリーンショット
どうでもいい画面スクショしちゃったりして、、」って

今は夜な夜な
人のPVを見るのが楽しみな毎日だそうです(笑)
PVはボヘミアンズとかシュリスのをよく見てるそうですが
「そしたらその脇に関連動画っていうの?が出てきてさ
俺の昔のベロンベロンに酔っぱらって受けてる
インタビューとか出てきたりして
そんな自分を見て喜んだりしちゃって(笑)

あと酔っぱらいながら見てるせいか
何見てたかって全然覚えてなくて。
こないだ朝起きたら
The Birthdayの『くそったれの世界』見てたみたいで
俺も好きだななー、、、って(笑)」

「ようやく俺んちにも未来がきたよ」ってうれしそうに
報告してるさわおさん。
未来がきた、、、いい表現ですね(笑)

するとPeeちゃん
「珍しくエロにはいってないんですか?」って。
さわおさん「今は新井ちゃんに全部やってもらってるから
変な履歴残ってたら
Mgに全部バレるってのも嫌じゃないか。
それにホントに全然分からないから
変なところ押したら
高額な請求されんじゃないかって、、
あれ、you tubeからエロっていけるの?」
「×!」って指でクロスさせるPeeちゃん。

フロアから「ツィッターやって!」って声には
「え?それって別に携帯でもできるよね?」って言うと
「そっち(タブレットとか)の方がやりやすい!」って声。
「ツィッターか、、
それって、俺にメールとか送られてきちゃうやつだろ?
やだよ!
なんでお前らとつながってないといけないんだよ
そこはちゃんと線引いて別でいたいんだよ
それに俺には敵が多いこと知ってんだ
すぐに大騒ぎして嫌になって
止めちゃうことになるんだって(笑)」

「あとは、、淳にマンガの見方を
教えてもらわないとな」
お風呂で見たいそうで
「何か完全防水だって言うけど
そんなの絶対信じられなくてさ、、
だってさ、、イヤホンの穴とかから入ってきそうじゃない?」

淳くんも「水に濡れると
画面にタッチした時の感度が悪くなるから
ジップロックとかに入れた方が
いいって言うよね」って。
あー、、でも防水ってどこまでホントか
疑わしく思う気持ちは
同じです。

などなど
いやぁ、、この話、盛り上がったな~(笑)
チバさんもiPad持ってるみたいですし
時代は変わりましたね(笑)

「もうお酒も飲んだし、満足だよ。
歌わないで帰っちゃいたい気分だ」って
さわおさん。

ラストはこれまた大好きな
『RUNNERS HIGH』
ふふふ。
この曲(このアルバム)で初めてピロウズを知って
ライブに行くようになり
ずーっと聞きたいって思ってて
初めて聞いたのがここ、高崎だったのを
思い出しました。
しかもアンコール終わって
ロッカーから荷物出してたら
突如出てきて
慌てて荷物持って中に入ったというね。
あのロッカーの横に普段は〆切ってる出入り口があって
当時は終演後は開放してくれてて
そこから急いで入ってったのを
よく覚えてます。

もう全くの予定外だったから(当時ENは必ずじゃなかった記憶が・・)
さわおさんもサングラスかけた状態で歌っててさ。
でも念願の『RUNNERS HIGH』で
感動しまくりでした。
あれ、何のツアーの時だったんでしょ・・
その記憶はないです(笑)

っと、
時が経ち、またこの場所で
最後のアンコールの曲でこの曲が聞けたのが
何とも言えない気持ちでした。

「ありがとう!!」

いいライブでした。
衝撃告白?!も聞けたしね(笑)
いやぁ、、これでピロウズオフィシャルアカウントで
時折つぶやいてくれたりしたら
オモシロんですけどー(*´∀`*)

<セットリスト>
 01.Clean Slate Revolution
 02.Break a time machine!
 03.空中レジスター
 04.ノンフィクション
 05.プレイリー・ライダー
 06.都会のアリス
 07.Purple Apple
 08.メッセージ
 09.パトリシア
 10.Back seat dog
 11.ハッピー・バースデー
 12.アネモネ
 13.Song for you
 14.ROBOTMAN
 15.ムーンダスト
 16.ハイブリッド レインボウ
 17.About A Rock’n’Roll Band
 18.Ideal affection
 19.モールタウン プリズナー
 20.LITTLE BUSTERS

 EN1.
  TOY DOLL
  ターミナル・ヘブンズ・ロック

 EN2.
  RUNNERS HIGH


パンクロック!パンクロック!パンクロック! [音楽]

来週、早くも3/29~10/24分の
航空券予約が始まります。
やっと年明けたってのに
もう夏休みの予定を立てなきゃいけないとは。。(>ω<)

今年は仕事の関係で
結構厳しいスケジュールのRSR
なら行くの止めちゃおうか、、って頭をかすめつつ
でも去年のRSRを考えると
私的勝手な推測で
今年はなんかすごいことになりそうな予感がしてて
(全く何の根拠もないですが、、笑)
どうしても今年行くのを止めるっていう選択肢は
選びたくない気持ち。

ならば、、
超強行突破で
当日入り→オールナイト後そのまま空港→帰宅という
一番混んでる日程往復で
行ってやろうか、、、っとも考え中。。
幸い?!新千歳空港に温泉できたし♪
あー・・悩ましい。

さて。そんな1.21は
Ken Yokoyama The Rags To Riches Tour V
with:10-FEET
@豊洲PIT
でした。
IMG_2088.JPG

豊洲PIT
私てっきり臨時的にある、なんていうか、、
幕張メッセ的な(メッセは臨時じゃないけど。。)
多目的施設なのかと思っていたのですが
新しくライブハウスができたんですね。。

もちろんお初です。
場所は、、、有楽町線豊洲駅から徒歩12分ほどか
ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩2分ほどか。
有楽町線豊洲駅からの経路は
まさに、ゆりかもめの線路下を歩くみたいな感じで
多少ゆりかもめの方がやっぱり早く着きますが
それもどっこいどっこいな感じのようにも思います。

でもって会場は、、、
超頑丈なライブハウスってイメージはなく
なんか掘ってた小屋みたいな作りに見えて仕方ない(笑)
新しいのでキレイでしたけど。。
キャパは3000ちょいらしい。
ロッカーは外にも中にもあり
割と充実はしてました。
ただ小さくて通路狭いですが・・

ステージがあるフロアは、、
正方形に近いちょっと横長な感じ?
でもって3段くらいの段さになってるのかな。
それぞれのフロア広く取ってあるので
段差だから動けない、、って
感じはしなかったです(実際はそこまで動きはなかったですが)
サイドのバーとか
しっかりマットみたいなのでくるんであって
そこら辺はさすが!でした★
でもあまり音がよくなかったように感じました。。

ってことでトータル的に
うーん。。
正直あまり好きになれそうにないハコでした(・ε・`*) 。。
なんだかんだ言ってもZeppクラスのハコでは
Zepp Tokyoが一番と思ってます。
いろいろな面から言っても。

この日のライブ
Kenさんのライブも見てみたいと思ってたし
それに10-FEETとの2マンだったら
何が何でも行く!って思って
私、モバイル会員になってまでチケット取りましたから(笑)
でもこの日のチケットは
割と譲りますの嵐だったとか??( ̄▽ ̄;)
しかも番号的にいいのか悪いのか分からない
整理番号の前のアルファベットS600番台
だけど開場時間には間に合わないという。。

着いたのは開演15分前くらいかな。
一番心配してたロッカーも
ちょっと混雑していた程度で無事入れられたし
中入って見ても
この手のライブは
開演時間直前にならないと入らない人も多いだけあって
ギューギューでもなかったし
よかったー

これで平日ライブ
現時点で残すところ
2月、3月に1回ずつのあと2回。
いやぁ、、なんとか乗り切れてよかった(笑)
もうホント、毎回朝からドキドキしっぱなしでさ。
だからホントに今後は
極力減らしていこうと思ってます。
こんなハラハラは嫌だ・・

その分、土日は行くよー(笑)
3月なんて
仙台→北海道→大阪と毎週のように遠征予定になってて
これはこれで、大丈夫か??
なんて思ってますが、、(´~`;)
仙台誰か行きません??

話反れました・・
ってことでライブはもちろん
先攻10-FEET。
時間は、、ちょい押してたかなー
いつものSEでメンバー出てきて
あれ?髪黒い??

いや、ツィッターでよく写真UPしてくれてるので
久々に見たってわけではないと思うんですが
やけに髪が黒くなったように感じたのは
しかも3人とも
気のせいでしょうかね・・

セトリは、、
Kenさんのツアーに同行してるってのを意識してか
カバーが多かったです。
『Stay Gold』は絶対やると思ってましたが
それ以外にも3曲(1曲はハイスタ)も
やってくれて
それこそ私の逆で
10-FEETあまり知らないけど、、って
人達もそこだけは(笑)
盛り上がってました。

10-FEETの曲は、、、
まぁ、だいたいお馴染みの曲シリーズ
・・かな(*´ω`)

でも「10-FEETはちょっと苦手って思ってる人たちに
ライブ終わってから
やっぱり10-FEETはちょっと苦手って思われるように
頑張ります!」とか
「次のKenさんのライブのために
体力温存しておこうと思ってる人
10-FEETは大人見でもええぞー」とか
相変わらずちょっとオモシロを加えたMCで笑わせて
「俺らも楽しませてもらいます!」っと
いつも以上に気合入ったライブでした。

で。『River』の途中で
「次の所バッチリ歌える自信あるヤツおる?」って
お客さんの中から一人選んで
ステージにあげて
歌わせる、、っていうサプライズ?!が
ありました。
よくRIZEがやってるけどね。
10-FEETで見たのは初めてです。
でもって、自信満々に上がった男子
。。。。言うほど上手じゃなかった・・(・ε・`*) 。。
っというのも
なんか全然演奏聞かずに一人突っ走ってなかった??
必死にバックの演奏合わせようとしてくれてて
オイオイって思っちゃいました。

『蜃気楼』前かな、、
ここじゃだいたいTAKUMAが何かワーって
叫んで一言二言言うのが恒例なんですが
この日は「笑顔が引きつるのは
心が優しいからや」みたいなこと言ってて
ちょっとジーンときました。

一気に突っ走ってた感じがして
アッという間に終わった感じでしたが
曲数、、結構やってたんですね・・
久々10-FEET
やっぱり楽しかったです♪

<セットリスト>
 01.JUNGLES
 02.focus
 03.Everybody's Fighting(Ken Yokoyama)
 04.River(隅田川)
 05.2%
 06.Don't Make Me Pissed Off
    Fuckin' Son Of A (Ken Yokoyama)
 07.START TODAY(Hi-STANDARD)
 08.1sec.
 09.VIBES BY VIBES
 10.蜃気楼
 11.gose on
 12.Stay Gold(Hi-STANDARD)
 13.その向こうへ


続いて、、Ken Bandですが・・
転換終わって出てきたのは3人組のWANIMA
「Ken Yokoyamaがトイレ行ってる間に、
2、3曲やっていいってー! 
初めましての人はこんにちは、ゲスの極み乙女。です」
っと飛び入り!

いや、実は昨日かな?
いや当日だったかな
なんかアップされてたツィートに
WANIMAの人が写ってたんで
あれ?今日って3マンだっけ??って
思ってしまってたほどで、、
なのであまりビックリはしませんでしたが
こういう出方とは、、、オモシロいです(´m`)

WANIMA、、ライブで見るのはもちろん初めて。
音流ゲストに出てた時に
チラリとだけ見て存在は知ってました。
熊本出身だそうで。
曲、、、日本語だったっけ??
良くも悪くもなく
正直あまり覚えてないデス。。
でもすっごい前の方は盛り上がってました。
あ、、そうそう
10-FEET終わりで後ろの方に下がったため
私のいたあたりでは
ほぼ静か~な雰囲気でした(笑)

で、曲やってる最中にKenさんや
他バンドメンバーがやってきて
バトンタッチ、、っという流れ。

久々のKen Band。
てか、正直曲数曲しか知らないし
CDも聞いたことないんですが・・
でもライブは見たいなーって
常々思ってるんですよね。。
BRAHMANとかあとなんだろ、、サンボもそうかな
ライブで見るだけでいいってバンド
あります。

この日のKenさんのライブ
何て言うか、、スペシャル感満載で
さらに上手く言えないんですが
大人だなーっていうか
押しつけがましくなく自分の意志・考えを
好き勝手に言いまくってて
いやぁ、、素敵でした。

スペシャル感満載っていうのは、、
このツアー終わったら
しばらくライブはないからって
Kenさんだけで弾き語り、、ってコーナーがあり
「何聞きたい?」って客からリクエスト募って
何曲が弾き語ってくれました。

ビックリだったのが
これは別にリクエストに答えたわけじゃないんですが
SIONのカバーで『がんばれがんばれ』って曲。
「いきなり日本語で歌ってビックリしないでね(笑)」って
歌う前に言ってましたが
そう、日本語歌詞で
もっと言うならわりとバラードの静かな曲で
ちょっとうっとり聞き入っちゃったって・・
ただ残念だったのが
この弾き語りコーナー
座って弾き語るもんで
まったくと言っていいほど
お姿、見えませんでした・・・(>ω<)

「CD売れなくなってるとか言うけど
俺たちにとってはこうしてライブに来てくれることが
一番うれしい」って言ってて
「どういう風にしなきゃいけないとか
何しちゃいけないとか
そんなのなく楽しめるのがライブハウスのいいところだろ?
だからみんなの好きなように楽しんでくれればいいよ。
ライヴ・ハウスには、怪我、置き引きや痴漢、
チケットの転売とかいろんな問題があるけど、
俺たちバンドはもちろん、
みんなが暗黙の了解でルールを作る文化だと思ってる」
って言ってたのが感動的でした。

そう、暗黙の了解
この言葉をいつも胸に
ライブハウスでは行動してるつもりです。
最近ホント、マナーというか
その暗黙の了解が通じない人達が
増えてきてるようにも感じて
なんとなく悲しい気持ちになったりしますが
いや、自分はどうだ?って
振り返ることで
心を静めています(;´д`)

新曲って言って披露してくれた曲が
超~いい曲で。
しかもその曲に行く前
自分の髪がだいぶ長くなってることについて述べるKenさん。
なんでも、、、May J.に憧れてるとか?!(笑)
↑もちろん冗談だと思いますが、、
「その流れで行くと絶対あの曲来ると思うでしょ?
いや、オリジナルです!」って言うのが
可笑しくてゞ(≧ε≦o)

MCもタップリ
弾き語りでも予定より多分長めにやってくれたり
WANIMAの飛び入りもあったし、、で
どうやら時間随分押してしまってたようですが
「今回のライブ、俺らの方が若干持ち時間多くもらってるけど
でも俺は10-FEETがOAでメインが俺らなんて
全く思ってないよ。
対等だと思ってるから。」って
アンコールも対等に
10-FEETもやるというスタイル。
あ、、っつっても
本編終了~って感じでいったん引っ込んだわけでは
ないんですが、、(´m`)

8公演ずっと一緒に周ってきたという
10-FEETについて
すっごく楽しくて
大阪過ぎたあたりから
終わっちゃうこと思うと寂しく思っちゃった、、って。
でもKenさん
たいていリハもやらずに10-FEET本番ちょい前?くらいに
スタジオ入りして
ライブ後もちょっとくだらない話して
30分くらいしたら帰っちゃうそうで
だけど10-FEETのこと
よく知れたツアーだったって。
「ああ見えてあいつら、俺らより
背負ってるもの大きいからさ」って
何の流れでどういう内容で言ってたのか
ほぼ覚えてないんですが
なんかその一言だけ覚えてて
その後に「ああ見えて、、なんて言っちゃった(笑)
だって、全然ロックスターに見えないんだもん~」って
Kenさん、やっぱ素敵です。

出てきた10-FEET
楽器は確かそのままKen Bandのを使ってたと思うので
なんとNAOKIがステージ向かって右手にいるという
いつもとは違うセッティングで。

何やるのかな、、って思ったら
グリーン・デイのカバーで『Basket Case』でした。
これで終わりと思ったところで
3人真ん中に集まって
いきなりハイスタの『TURNING BACK』を
ワーッと演奏して終わり!(笑)
さすがです!!

そしてKenさん再び出てくると
「脇で軽くお説教されてました~」って
どうも時間、22時完全終了?なんでしょうかね。
でも何とかお願いしてあと1曲だけ!って
最後はお馴染み『Believer』
しかもVoはみんなにゆだねるとかって
マイクをフロアに投げ入れて
順に歌ってけって。

後半、後ろでゆっくり見てたので
汗はほっとんどかきませんでしたが
でも楽しかったです。
また機会があったら行きたいです。
IMG_2089.JPG

あ、で。
今年もピザオブデス主催「SATANIC CARNIVAL」開催決定!
とのことで
去年はライブが連チャンだったり
他と被ったりとで
行けなかったんで
お、今年は!?って思ったんですが
なんとー・・
今年も、絶対にいけない日程でした(´ ノ(ェ)・` )
くぅ・・まだモバイル会員だというのに
残念。
どのタイミングで会員やめようか
WOWOWの時みたいに
ズルズルそのまま状態の現状です(笑)

お台場で強風は結構ツライ・・・(>ω<) [音楽]

お年玉年賀ハガキの当選は
今年もゼロ。。
以前は記念切手なら1枚は当たってたと思うのですが
最近もっぱら当たらなくなったなぁ・・
まぁ、出す数ももらう数も
めっきり減ってるってせいも
ありますが・・

さて。
そんな1.17は
FACTORY観覧収録
出演:メレンゲ、中田裕二、WHITE ASH、
フラワーカンパニーズ
でした。
IMG_2084.JPG

久々のFACTORY。
聞いたところによると
いったん番組終了してたんですねぇ。。
で、今回は復活して2回目だったとか。

収録方法とか
ライブの流れとか
大きくは変わってなかったんですが
お客さんを集める際の控室って言うんですかね
あれが格段に小さくなってしまい
(ほぼ荷物置くためだけの部屋)
全員が入るのは無理って規模だったため
集合して始まるちょい前までずーっと外で待機。
説明もここ。

屋根もあるんで
雨降っても問題なし、、な場所でしたが
この日風が強くてすっごい寒く
1時間以上立ちっぱで待たせられるのは
非常に辛かったです。

出順はメレンゲ・中田裕二・WHITE ASH、フラカン

ってことでまずはメレンゲ。
ライブ見るの初めてかも。
ほんわかした感じのVoさんで
曲もさわやかな感じの曲が多かったです。

なんとなーくですが
フジファブの総くんを思い出してしまう感じ(笑)
放送時にはもう終わってるそうですが
今度Zeppで初ワンマンなんだとか。
へぇ・・そんな大きな会場で
ワンマンやっちゃうくらいなのか。。
なんてね(*´ω`)

続いて、、中田裕二さん。
今はソロで活動されてて
バックバンドどうなるのかな、、なんて
思ってたら
ホントに一人での弾き語り形式で
座っての演奏でした。

でもって、中田裕二、、イイ男やね~(笑)
このセッティング中にトイレに行ってしまい
割と後ろの方で見たんですが
それでもちょっとうっとりしちゃうくらいの感じ。

終わった後由美ちゃんも
「あれはズルい!」って
なんでも、、あの顔でギターぽろんって弾い
て歌われたら、、
ここにいる男子の大半はズルい!って思ったでしょ?って。
なので「今日はハンカチ噛んで帰りましょ」って
言っててオモシロかったです。

そんな素敵な中田さん、その顔に似合わず?!
MCが結構オモシロかったです。
あんなにペラペラしゃべる人とは・・
リハの集合が早く
終わって本番まですごく時間があったそうで
一人で観覧者乗るわけにもいかず
かと言って外ウロウロするのも
寒いから嫌だし
ってことで「結局ずっと部屋にいたんですけどね、、
でも僕、ホントに無趣味で、、こういう時に、、」まで
言いかけて「あ。こんなに喋ってて大丈夫なのかな?」って
言い出し、「じゃー曲いきましょうか。」
当然フロア えー・・ ってなるじゃないですか
そしたら「オチを言わない斬新的なトークも
いいんじゃないですかね(笑)」って。
。。。で、結局部屋で何してたのか??
謎で終わってしまいマシタ( ̄▽ ̄;)

あと、色っぽい感じの曲で
カメラマンさんが中田さんの目の前
舐めるように撮ってて
歌い終わった後「歌手人生長いけど初めての経験でした」って
照れ笑いしてました。

ほぼバラード曲中心で
まぁ、もともとアコギの弾き語りですし
ゆっくり座りながら聞きたい感じでしたが
楽しめました。

続いて、、WHITE ASH
今回フラカンに次いで楽しみにしてたバンド。
噂にだけ聞いてましたが
ライブをちゃんと見るのは
多分初めてと思います。

Ba、女の子ってのは知ってましたが
結構ぽっちゃり目さんでもって
ヒサヨさんみたいにアクティブに動きまくって
弾く方なんですねぇ~

そして曲は、、
何て言うか、、もう、洋楽聞いてる気分?
音がなんて言うか、、洋楽っぽい感じというか。
言うなら、カッコいい!(笑)
あの出で立ちで出てくる音じゃない
、、、ってのが何とも不思議な感じゞ(≧ε≦o)

本人達、以前までずっとCDジャケットに
自分たちの写真を一切使ってなかったって
言ってたのが分かる気がしました。
見た目で判断されたら
間違いなく損しちゃうタイプだわ・・
って、、かなり失礼発言ですが
いや、その反面
音は素晴らしいと褒めてますよ(笑)

東京モード学園のCMに使われてた曲
ずっとカッコいいなーって思ってて
この曲は日本語なんですねぇ
やっぱ日本語がいいよー

あ、この日は
WHITE ASH的に初ライブだったみたいです。
また機会があったらライブ見てみたいです。

そしてやっとお待ちかね
フラワーカンパニーズ。

バンド紹介の際に由美ちゃんが
フラカン好きだって言ったら
え?ってフロアに驚かれてしまい
「え?いやいや。
そこ、驚くところじゃないでしょ
共感してくださいよ(笑)」って。
だって、、フラカン聞くなんてイメージないですもん。。

いつものSEで登場したメンバー。
グレートさんもう
裸にオーバーオールは止めちゃったんですかね・・
テレビ的に?
この日もシャツにピタっとしたデニムでした。

まずは『はぐれ者讃歌』からスタート。
ワーイ!
2日前にトリビュートパーティで
カバーされたものを聞いていたとはいえ
やっぱなんだかんだ言っても
フラカンが歌う方がいいに決まってます。

フラカンファンそこそこいたとは思いますが
ちょっと手の上がり具合とか
歌声だとかやっぱ少なめで
寂しかったです。

続いて『ロックンロール』
もう全力で動き回る圭介さん。
終わると「はぁ、、」ってため息ついて
「もう疲れちゃった・・」って(笑)

「初めて見る人も多いと思いますので、、」と
バンド紹介。
「今年で結成25周年!」って言った後に
「もう26年目に入ってるけどね?」
そうですよね、、今度の4月になったら26年ですよね。。
他のバンドって結構25年目が来たら
その後は特に何事もなかったように
なるのに
フラカンはその1年間まるまるお祝いムード満載なんで
ちょっと時々分からなくなってしまいます(笑)

そしてお決まりの、、
「25年間メンバーチェンジなし、
活動休止もなし、ヒット曲も一切なく、、」と続き
これからも「メンバーチェンジもしないで
活動休止もせず、、ヒット曲も一切出すことなく
続けていきたいと思います~」って。。
いやいや。
ヒット曲は出るかもよ~?!(笑)
なんてね。

あと「収録でカメラ入ってるけど
そんなの関係なく
カメラ目線一切しないでいきますから!」って。
ただ「俺はカメラ目線しないけど
後ろでバリバリカメラ目線してるやつがいるんだよ」って
ミスター小西について。
そう言われてミスター小西、
立ち上がってピースキメてました(笑)

まぁ、そんなこと言ってる圭介さんも
その前にバッチリカメラに向かって
ポーズ取ってうたってましたけどね(笑)
その後だって
カメラに向かって歌ってることもあったし。

1.21にリリースされるアルバムから
この日は3曲も披露!
OA時には既に発売されてますしね。
ってことでまずは『short hopes』
トリビュートパーティの時には
まだなんとなくつかみ切れないでいた曲ですが
何回か聞いてきて
だいぶ飲み込めてきました。
いい曲です!

初聞きの『地下室』は
朗読っぽい感じの歌い出しから
ロックな感じのサビに行く曲。
明るい曲調じゃないですが
ライブでは熱く盛り上がりそうな気がします。

そしてこちらも初聞き
『マイ・スウィート・ソウル』は一転して
楽しくワイワイ踊れそうな曲。

3曲色んな色がある感じで
ますますリリースが待ち遠しくなりました。

何の曲だっけな、、、
マイクスタンド使って歌ってた時に
圭介さん、脚をドンドン開脚してって
おそらく圭介さん、かなり体柔らかいと思われます。

歌い終わってからか
「そろそろ時間が、、」って
赤坂の時もそうでしたが
やたら時間を気にするなぁ、、って思ったら
グレートさんもそう思ったらしく
「今年はやけに時間を気にするんだね」って。
すると圭介さん
「我々に残された時間も、
もう残り少なくなってきてるんだから。
いつ死ぬか分からないんだぞ!
明日死ぬかもしれないし
今日の帰りに死ぬかも、、」っと
ヒートアップしだしちゃったんで
「分かった!
それ聞いて安心した!いつもと同じだ」って。

ここで前回のFACTORYに出た時の話を。
出たのは4年前ほどらしいのですが、、
「前に出た時ははしゃぎすぎちゃって靭帯切っちゃってね・・
って言っても一本くらいですけどね」と言いつつ
1本でもお怪我だってグレートさんに言われる。
「その後松葉杖になったりして大変だったんで
なので今日はあまりはしゃぎすぎないように
しっかり屈伸してきました!って
アキレスけん伸ばしてる圭介さん。
すかさずグレートさんに
「今はアキレスけん思いっきりのばしてますけど、、」って
さりげなくフォローされてました(´m`)

で、ここでだっけ、、
「そんなVo鈴木圭介」ってグレートさんに
先に紹介されちゃって
でもそのすぐ後に圭介さんによるメンバー紹介になって
竹安さん・ミスター小西・グレートさんと
言ったあと「もう1回呼んどこうか、、、」って
もう1回圭介さんを紹介。
この流れで「4人そろってフラワーカンパニーズ!」って。

『脳内百景』にラストは『チェスト』で
終了~
アッという間でしたが
新曲3曲も聞けちゃったし(初聞き2曲♪)
楽しかったです。

で。
この公開収録
ライブさながらアンコールもあるのが定番。
少し待ってるとメンバー登場。
ここで、、
「えーっと、、なんかね
時間巻いちゃってるみたいで・・
なのでもう1曲やりたいと思います!」と。
あはは。
あんなに時間気にして
大慌て?!でやっちゃったからでしょうか。

いや、確かに
始まる前の説明では
終了時間は20時前後になる予定って
言ってたのに
この時点でまだ19時前で。。
早いじゃん!って思ってたんですが
巻いてたとは。

アンコールの曲用のセッティングだったようで
「ちょっと、ハーモニカを、、」って
準備に少し時間がかかるということで
「えーっと、、、みなさんで
ご歓談しててください」と圭介さん(笑)
ポカンとするフロアに
「そんないきなり
見ず知らずの人と話せないだろう
あ、ちなみにお友達同士てきてる人どれくらいおるん?」
グレートさんが聞いたら
予想外に?!(笑)結構手が上がって、、
「あ、、結構おるんだ。みんなお友達多いんだね」って。

準備整い、、
曲は『恋をしましょう』
ワーイ!
盛り上がりました~

そして最後はもちろん、『真冬の盆踊り』
これ始める前かな
「じゃーラストまだまだ盛り上がって行けますかー」
みたいな煽りがあって
「でも限界まで行っちゃうと
汗かいてその後汗引くと寒くなるから
その限界手前のギリギリのところまでで盛り上がって行こう」って
なんとも圭介さんらしい発言(≧▽≦)
これには最後〆の挨拶で出てきた由美ちゃんや
谷中さんが「なかなか斬新な発言でしたよね」って
ツッコんでました(笑)

とりあえず、、最後はお初な人も含め
そこそこワイワイ盛り上がって
ヨサホイしてました♪

終了は、、、それでも19時台だったかな。
前はもっとダラダラ長いよーって印象でしたが
なんとなく今回は転換も早く
もしかしたら持ち時間短くなったのかも?ですが
割とサクサク進んで行ったように思いました。
が、、やっぱ14時前に集合して
19時過ぎに解散
それまでずーっと立ちっぱなしは
結構疲れましたが(ll'ェ')

放送は2月下旬らしいです。
(放送日言ってたけど聞き取れなかった・・)
番組HPはコチラ

<セットリスト>
 01.はぐれ者讃歌
 02.ロックンロール
 03.short hopes
 04.地下室
 05.マイ・スウィート・ソウル
 06.脳内百景
 07.チェスト

 EN.
  恋をしましょう
  真冬の盆踊り

あ、、そう言えば
その中に入るまで寒空の下で待機してたら
なんと瞬間的に(多分数分くらい)
雨がパラパラ降ってきました。
恐るべし、、フラカン。。( ̄▽ ̄;)

ロックンロールはずっと続いていく [音楽]

わーい!
NAOKI(SA)さんの"BARボイラールーム"ゲストに
フラカンとさわおさん!?
B7cj56cCcAAQNKA.jpg
珍しい組み合わせの2組だなぁ。。って思ったけど
あ、、でもこれ
別に一緒に出る訳じゃなく
ゲスト出演はそれぞれ別々なんでした。

フラカンはこの前かかってこん會に加入してたのを見てたので
ビックリしませんでしたが
さわおさんがNAOKIさんとどう絡むのか
なんかドキドキでもってワクワクです♪

オフィシャルに一応リンク貼ってありましたが
それよりはこっちの方がいいんじゃないか、、って
思ったりしてるのですが。。
もしオフィシャルのリンクで当日見れなかったら
こちらからどうぞ⇒ Crick

さて。
そんな1.15は
フラカン25周年記念トリビュートparty
『WE LOVE FC MORE THAN EVER』
@赤坂BLITZ
出演:フラワーカンパニーズ/奥野真哉/うつみようこ
   増子直純(怒髪天)/真心ブラザーズ/山田将司(THE BACK HORN)
   コヤマシュウ(SCOOBIE DO)/新山詩織/牧達弥(go!go!vanillas)
   ハルカトミユキ/柴田隆浩(忘れらんねえよ)
でした~
IMG_2083.JPG

トリビュート盤リリースに加え
それを再現しちゃうライブをやっちゃうなんて。
しかもすごいのが
トリビュート盤はだいたいバンド単位で行うから
当然演奏はそのバンドがやってます(当たり前ですが、、)
でもこのライブは
出演はVoのみなんで
演奏はなんとフラカンがやるのです。

ってことはよ、、
オリジナルじゃなく
トリビュート盤でのアレンジで
本人たちが演奏してしまうって
すご過ぎないか??

いつもフラカンライブは
FCに入ってるお友達にチケットを取ってもらっていて
この日も100番台中間くらいの番号でしたが
定時退社で向かったので
開場時間にはガッツリ間に合わず・・
でも18:30過ぎに会場着いたんですが
まだまだ中はガラ~ンとしてました(笑)

さらにこの日は
見事にこの日のみの雨で
その雨もただ事じゃないくらいの降りっぷりで
そうか、、、フラカンだけじゃなく
増子さんもハルさんも
さらに加えるなら山田さんもいたか、、って。
・・・THE BACK HORNにおいては
山田さんが雨男かどうかは定かじゃないんですが
結構な確率でこのバンドも雨降ります。。
あとENで更なる事実が!!(笑)
でも遅れて着いた分
雨、それほど降ってなくて
もっと言うなら私、この日、結局傘ささずに済みましたもん♪
むふふ。

まぁ、そんなこんなで
平日ライブ
着くまでとってもドキドキっていうか
ハラハラするのですが
この日も無事、いい感じで見ることが出来ました。
こなってくると
意外と行けるじゃん☆って
図に乗ってしまいそうです(≧▽≦)ゞ

久しぶりの赤坂BLITZ。
ステージでかいね~
広いっていうのか
あぁ、こんなにデカかったっけ??って。
そして綺麗でいいですね。

この日はそういう訳で
割と後ろの方でしたので
端ではなくそこそこセンターくらいに行ってみました。
端にデカい兄ちゃん多かった、、ってのもありますが。
暗転してからも
一切押されることなく
非常にいい感じの眺めでした。
ただ、奥野さんのみ
覗き込まないと見れない感じでしたが・・

いつものSEでメンバー登場。
なんとこの日はメンバースーツ姿で!
そしてサポートに奥野さんとうつみようこさん。
まずは『日々のあぶく』から。
うれしい(´∀`人)
この曲あまりライブでやってくれない気がしてます。
あの最後わーって盛り上がっていくところが
何とも言えずゾクゾクして大好きです。

そして『ビューティフルドリーマー』
いいね~
なぜこの2曲をまずやったのか
私、理由聞かなくても
なんとなーく分かりました。

答えは正解!
『日々のあぶく』はKey奥野さんがいるから
そして『ビューティフルドリーマー』は
コーラスようこさんがいるから。
なくてももちろん素敵ですが
入るとぐーんっと素敵さが増します。
いやぁ~よかったー。

さて、ここからはゲストコーナー。
もう次から次へとたくさん出てくるため
圭介さんも何やら忙しなく
いつも以上に大慌てな様子でした。

まずはトップバッター
忘れらんねえよの柴田。
柴田と言えば、、北海道でしたっけ、、で
対バンしたときに
勢い余って圭介さんとキス(かなりディープだったらしい。。)し
その写真をツィッターで圭介さんが上げてましたが
本人たちとしては
とても美しい写真と思って上げたようなのですが
周りからは大不評だったと(笑)

まぁ、、、仮に男女だったら
かなり熱々な様子が伝わってきそうな感じの
キスシーンでしたから
それが男同士となると
ちょっとキモっ・・って感じてしまうのは
分からないでもないかも??(;´д`)

そんな柴田が歌うのは
フラカン初期の作品『ホップ ステップ ヤング』
トリビュート盤ではもちろん
圭介さんは歌ってないのですが
今回のライブでは
1番・2番で歌うパート分担したり
圭介さんがコーラスしたりといった感じで
参加してました。

この曲、圭介さん自身も「キーが高い」って
辛そうにしてましたが
さらにラストはそこからまた転調してキーが上がり
血管切れそうなくらい2人で熱唱してて盛り上がりました。

帰り際かな、、柴田が来てた
ド派手なデザインのトレーナー?に気付き
「それ、どうしたの?(笑)」って。
そしたら「ちょっと奇天烈な感じをだそうと思って、、」と。
そんなやり取りもオモシロかったです。

続いてはこれまた若手
go!go!vanillasの牧達弥くん。
go!go!vanillasは、、、名前しか知らなくって
この方はもちろんVoさんですが
もともとフラカンを教えてくれたのは
Vaの方みたいで
(地元)大分でフラカンのライブを見て
バンドやろうって決めて
現在に至る、、らしいです。
だから本人、先に自分がフラカンと共演しちゃって
悔しがってるって。
しかもこの日どこかに来てるって。
、、、つぶやいてましたね(*´∀`*)

そのベースの方は「けいすけ」って名前らしく
そのことをまだ知らない時期に
楽屋で「けいすけ!」って呼ばれるたびにビクっ!って
してたって、圭介さん。
でもライブ終わりかな、、「圭介さん」って
下の名前で呼んでくれたのが
すごくうれしかったと。
なんとも心温まるエピソード。

そんな牧くんが歌うのは
『脳内百景』
牧くんはパッと見、
ベースボールべアの小出くんに似てるな~って。
とてもスマートな雰囲気の方で
そんな雰囲気での熱い『脳内百景』
圭介さんが歌う感じとはまた違った感じで
素敵でした。

お次は、、、こちらはお馴染み
SCOOBIE DOのコヤマシュウ。
いつもの白いスーツで登場。
コヤマシュウ曰く、、、「スーツで来たら
一人浮いちゃうかな~って思ったけど
(フラカンメンバーがスーツだったから)
上手く馴染んでよかった!」って。
しかも、、、フラカンのスーツは黒だったもんで
「今はオセロになった気分です」って(笑)

コヤマシュウのお決まりのセリフ
「君がここに来るまでに必要だった
TIME&MONEY&SOULに感謝します!」
これを圭介さん、、なぜか「TIME&MONEY」しか
言えなくて(3つは覚えられないのか?!笑)
でもって、よりによってその2つで
何度も「&SOUL!SOULが一番大事じゃん!!」って
みんなにツッコまれて
しかも最後には「TIME IS MONEY」に変わってたし。。
さすが、圭介さん(笑)

そんなコヤマシュウが歌うのは
『恋をしましょう』
これはかなりアレンジ変わってたように思います。
途中圭介さんとコヤマシュウとで
ブルースハープバトルもあって
最高でした。
やる前にコヤマシュウがピーってすっごい高い音鳴らしたら
「何その音、どうやって出すの?」って圭介さん。
楽器見せ合って「ここ」って
教えてもらいながら吹いてみると
何とか音が出てお互いうれしそうな場面も。

あと途中
 ほら傘なんか捨ててこうぜ フラカン居るとこ雨が降る
って歌詞を替えて歌っちゃう辺り
最高でした。

投げキッスも炸裂(笑)
グレートさん曰く
「さすが、20年もやってると(スクービー今年は20周年!)
(投げキッス投げるまでの)タメが違うよね」って。
いやぁ、、さすがはスクービー。
なんかイロイロ安心しますね。

「今回一番大変だった曲」というのは
「違う畑からきた、、、」←決して田舎って意味じゃないって(笑)
それ言うと「ジャンル分けするのか」とか
グレートさんにツッコまれ
「あぁ、、そんなつもり全くないよ」って
もう呼び込むまで長い、長い(笑)

登場したのはヒップホップを歌う田我流。
歌ったのは『発熱の男』
途中にそのヒップホップ特有の?
フリースタイルラップみたいなのが入ってて
またガラリと感じが変わった曲に
仕上がってました。

ここで圭介さん、そのフリースタイルラップに
挑戦してみたいって
で、お手本見せてもらいつつ
一緒にやっていくって言ってたんですが
結局田我流さんの勢いに圧倒されてか
「ワーオ」とか「イェイ」とかばっかの
ラップって言うか合いの手打ってるだけの感じになっちゃって
もう大爆笑でした。

「25周年、僕手伝いますんで
一緒にラップ曲書いてみんなに披露しましょう!」って。
ちょこっとその田我流さんのラップに合わせ
楽器陣は即興で曲やってましたしね。
もう一部出来上がった!って。
きっといつか本当にやりそうです。

さて。
ここから女性陣です。
かわいくて若い女性陣登場に
もう、みなさんデレデレで(笑)

まずはハルカトミユキ
KeyとGt/Voのデュオです。
「ハルカです」「ミユキです」って自己紹介する2人に続いて
「圭介です」って一緒にやる圭介さんが
かわいかったです。

その後もイロイロ喋ろうと
でも時間も気になるしって
バタバタ舞い上がってる圭介さんに
Gt/Voのハルカさんが「曲紹介してもいいですか」って
仕切る場面も(笑)
自分が本当に辛かったときに
救ってくれた1曲だという『感情七号線』
これがねぇ、、、、もう、素晴らしくって。
本人たちが先行してライブで披露したって映像を
オフィシャルにアップしてくれてたのを見た時
泣いちゃったもんね。
この日も若干泣きそうになっちゃったし。

歌い終わった後「いいね。もう曲あげよう!」って
グレートさんも言っちゃうくらい。
圭介さんは「もらってくれるなら
いつでもあげるよ」って
そういうのは気にしないご様子。

ハルカさんは圭介さんに負けないくらい
負け犬キャラらしく
2人で話をすると
すごく盛り上がるんだとか。
圭介さん曰く「いつも細かいことを気にしている。
心はいつも晴れない感じ。常に曇ってる。ロンドンみたい」
そう言うとカッコよく聞こえる(笑)

あとクリープハイプの世界観(笑)
想像つくので笑えます(´m`)
あ、、そういえばこの日は世界観は来てなかったですね・・
ちょい残念。
クリープハイプがカバーしてた
『吐きたくなるほど愛されたたい』
すっごいよかったから聞きたかったんですが・・

次にまだ18歳という(今年で19歳)
新山詩織さん。
名古屋のイベントで既に聞いていましたが
これがまた上手いんですよ。
声がちょっとハスキーっぽいのが
色っぽくも素敵です。

彼女を向かい入れるときのフラカンメンバーの
緊張っぷりったら。
「俺、この日で一番緊張しとるもん」というぐれーとさんに
「俺も」「俺も」「俺も!」って
圭介さん、竹安さん、ミスター小西と
続いて言っていく場面が何とも言えず
可笑しかったです。
特にミスター小西は
自分がカウントを出すから余計に緊張してるとか。

この日はお父さんも会場に来てたようで
ショックだったのが
メンバーよりお父さんの方が若かったという。。  
  圭介さんが「ガビーン」ってきたった言ってて
  もう、その「ガビーン」で年齢分かっちゃうって。。ゞ(≧ε≦o)
そのお父さん、昔、奥野さんが在籍してたバンドの
ファンだったということで
奥野さんに話しかけたという新山さん。
「俺の事知ってるの?」って嬉しそうな奥野さん
「お父さんが?のファンで、、、」って言われ
ちょいガッカリ?!(笑)
「あ、、お父さん・・」
でも自分のことを知っててくれたって言うのが
うれしかったらしく
「その後妙にカッコつけるようになったもんなー
急に無口になって髪型気にしたりサングラス掛け直したり、、」

曲は『深夜高速』
会場中が聞き入っていました。
歌い終わって帰った後に
「やっぱ女の人が歌うとガランと雰囲気変わるね
この歌もあげよう。歌ってもらおう」って
グレートさんが言うと
「いいですよ。シングル切ってくれるなら」って
妙にリアルな話をする圭介さんに
大爆笑でした。

ここで再びフラカンメンバーだけになり
今度リリースされるアルバムから1曲。
『short hopes』
そうそう。このアルバムのジャケット写真にて
圭介さんがちょっとソフトめのリーゼントヘアになっていて
何気にこのツアーでは
リーゼントで出てくるんじゃないか?って
噂されてたらしい(そうなんだー笑)のですが
圭介さん、リーゼントにはしないそうです、、
てか、まぁ、やんわりできない事情が、、、なんて
言ってて笑えました(≧▽≦)

で、この『short hopes』
まだなんか感じがつかみ切れず
感想言えないです。。
初聞きで「すごいいい!」という感じには
ならなかったんですよねぇ・・
でもわりとアッパーな感じの曲で
ライブでは盛り上がっていきそうな曲のように思います。

ここで再び
ずっと演奏に参加してくれてる
奥野さんとようこさんの紹介をして
今度はそのようこさんがVoとして登場。

圭介さんはようこさんのボイトレを受けてるようで
ようこさんに「わしの先生としての成果が
あんたの今日にかかってんねんで!」って
発破かけられてました。
そんなようこさんの『真赤な太陽』
マイクいらないかな、、なんて言ってただけあって
かなりの声量で
素敵に歌い上げてくれました。
コーラスで入る圭介さんの声も素敵でした。

あ、そういえば。
ライブ始まって数曲歌った後
スーツのジャケットを脱ぎ
(手に取ってウロウロしてたら
ようこさんにハイハイって持って行ってもらい 笑)
その時だったか
しばらくしてからだったか、、
締めてたネクタイをはずして、、
いつもネクタイを結ぶと下の方が長くなっちゃうから
この日は下を切っちゃったって言ってて
それを何を思ったかこの曲の前くらいかなに
再び結び直し始め「ほらね」って。

この時はきっとわざとだろうけど
明らかに上の長さが短くなってて
(「お前のサジ加減しだいだろうに」って
グレートさんに言われてましたけど・・確かに!って思った)
で、そのまま下を切っちゃったもんで
もうありえないくらい短すぎる
へんてこりんなネクタイになっちゃって。。
1曲歌った後
グレートさんに「取ろうか、、」って言われ
「リーダーが可笑しいって言うなら
間違いない!」って言って再び取るという
ネクタイ騒動(笑)
可笑しかったなーゞ(≧ε≦o)

黒シャツに白のしかもちょっとテカっとした
サテン生地っぽいネクタイだったもんで
ミッシェルのオヤジ(コピー)バンドみたいだって
「チバケイスケに変えたら?」とか言われ
本人、そんなこと言ったら本家に怒られるとか
焦ってましたが
「いや、オヤジ(コピー)バンドだからね」って
念を押され
「あぁ、オヤジバンドか、、」って
ちょっとホッとしてる様子がまた可笑しくて
にしても、、
あれは何であのタイミングで
ネクタイを再び締めたのか謎(笑)
でもって「リーダーの言う通りに
ここまで歩いてきて間違いなかった」って
サラリと言ってのけるのも
ちょっとジーンときました。

で。
そんな話してる時だっけ、、
違ったかもしれないけど
割り込んで次のゲストである
真心ブラザーズが
「長い!長いよー!!」って
入ってきました。

「まだ?の件から話、する気??」って
YO-KING。
桜井さんも「楽屋でみんなでモニター見ながら
圭介の悪口ばっか言ってたよ(笑)」って
でも圭介さん真に受けちゃって
「え?悪口?それすっごい凹むなぁ・・」って。
するとYO-KINGがフォローして
「悪口って言うか、ダメ出し大会みたいなのね。
あの"TIME IS MONEY"って言うの、2回言ったでしょ
あれはいらなかったなーとか」
それ聞いてちょっとホッとする圭介さん。
さらには竹安さんに
「あれ?竹安、太った?」とか
ズゲズゲ聞いちゃったり。

真心もフラカンと同じ25周年で
昨年も一緒にライブやったりしてましたし。
仲良しのバンドらしく
毒吐くYO-KINGのMCも盛り上がりました。
あ、竹安さん
太ったかなぁ・・うーん。。
まぁ、言われてみればなんとなく?な程度ですかね。

今回のトリビュートパーティは
そのトリビュート盤だけじゃなく
その前に出していた『深夜高速』ばっかりを
カバーしてもらったやつに出演してくれてた
アーティストも出演ということもあり
真心に関してはその括りでしたが
もう『深夜高速』は歌っちゃっているので、、ってことで
曲はこの日のためだけの1曲ということで
『元少年の歌』を。

YO-KINGが歌うと
割とサラッとした感じになり
軽やかな雰囲気でした。
でもってツインギターでの演奏は
やっぱなんて言うか、、
厚みが出るって言うんでしょうか←テキトー発言(笑)
いやぁ、、よかったです。

「続いては、、本物の兄弟です~」なんて
説明もあり、、はい。大木兄弟。
ハルさんだけしかいないと
ハルさんのはっちゃけぶりがスゴイって思いますが
トモフが加わると
やっぱトモフの方がスゴイっす。。

この日、紫色のパーカーを着ていたトモフ。
「あれ?着替えたの?」って聞くと
「さっきリハで偶然ハルとペアルックになっちゃったんで、、」って。
なんでも「双子は一緒に住んでると差別化を図ろうと
違う服を着るんだけど
離れて暮らしてると、偶然同じものを着たりするような
現象が起こるんだって」って"双子マジック"!

ハルさんは
ようこさんのタイツの左右柄違い(色違い)なのを見て
「ようこさん、そのストッキングは
どうなってるんですか?」って聞いちゃって
「詳しくはあっちにいる
奥野先輩に聞いてください、同級生!」って
言われてました(笑)
そうそう、ハルさんはようこさんのことを
同い年なのに「ようこさん」って呼ぶって
言ってました。

歌う曲は『煮込んでロック』
トリビュート盤のもワイワイしてて素敵ですが
この日はさらにワイワイして
途中奥野さんがサックスで参加してきて
圭介さんとブルースハープ競演もあったりと
楽しかったです。

最高だったのは
最後の最後トモフがずっと手にしてた
小さい鍋(煮込んでにかけてた?)
ポーンっと傾けたら
そこからカラフルな紙テープがポーンっと
飛び出す仕掛け。
綺麗に飛び出して素敵でした。

これは完全なサプライズだったようで
全然知らなかった、、って
フラカンメンバーも
ビックリ&大喜びでした。

はしゃぎ過ぎたハルさん
「コンタクト途中で見失った、、」って
探そうか?って言われてましたが
「きっと目の裏っ側に言っちゃったんだと思うんで」って
そのまま帰っちゃいましたが
いやぁ、、すごいっすわ。

さぁ、いよいよ曲も終盤。
残すところあと2人!で出てきたのは
THE BACK HORN 山田さん。
さすがに真心ブラザーズ→大木兄弟→増子さんという流れは
オヤジ続きなってしまう、、っていうので
間に組み込まれたらしいのですが
いや、仮にそうじゃないにして
大トリ山田さんってのもね、、(笑)

そんなTHE BACK HORNとは
まだTHE BACK HORNがデビューして間もないくらいからの
付き合いだそうで
当時、山田さんはスキンヘッドが伸び始めたくらいの髪の毛で
裸足だったし
さらには目つきも悪く
目が合えば何でもガン飛ばすくらいの勢いがあり
「あの頃はスミマセンでした、、」って。

でもグレートさんは「生まれ変わったら
将司の顔になりたい」ってアンケートとかに書いたり
インタビューとかで答えてるらしく
憧れの顔なんだとか(笑)

あとはリハかな、、1曲歌っただけで
もうすごい汗かいちゃってね
「やっぱ若いと代謝いいんだな~」って
圭介さんが言うと
「いや、俺も、若いって言っても
もう35ですよ、、」って
恐縮する山田さん(笑)
それ聞いて「あーもう、35になったのか、、」って
親戚のおじさん風に答える圭介さんが
おもしろかったです。

山田さんもようこさんのボイトレに通ってるらしく
「二日酔いでも歌える方法」なんぞを伝授してもらったそうで
「歌えるようになったやろ?」って聞かれると
「はい!」って答えつつ
「あ、でもライブの前の日は飲まないんですけど、、」って
ボソリと言ってました。

歌うのは『はぐれ者讃歌』
THE BACK HORNのライブさながら
モニターに足かけて熱唱する山田さん。
それに合わせて歌う圭介さん。
熱かったです~

歌い終わって山田さん帰った後に
グレートさん「あの、歌ってる姿がまた
いいんだよね~」って
後ろから、最高の角度で歌ってる姿を見ることが出来たって
うれしそうでした(笑)

そしてとうとうラスト
増子さん登場!
「いやぁ、、随分待ったよ。
出番随分後なのに、早くから来ちゃって
まだですよ、、ってみんなに言われ
警備員さん?にも増子さん、まだまだですよって
言われちゃったし、、」って。

その間、ずっと楽屋でモニタ―見てたそうで
 ようこさんの歌は本家を越えてる
  ライブとは関係ないけど坂さんもソロだすに辺り
  ようこさんのボイトレ自費で通ったって話も有
  教わって2回目くらいまでは効果あった感じだったけど
  行かなくなったらすぐに戻っちゃった、、とか(笑)
 『深夜高速』は若い子が歌うと売れそう
 今のところ、圭介より小さい人(身長)出て来てない
 あとフリが全部昭和、、ジュリー入っちゃってる
  go!go!vanillasの牧くんとか、ちゃんと合わしてた
  今時の若い子はあの振付はやらん、、って
 フリーラップ、、、できないことはやっちゃダメ
 大木兄弟、見てるこっちが一番ハラハラする。
 まっすぐ立ってられない←呑んでないのに
などなど、舌好調でダメ出し?というか
ツッコミ??を繰り広げ
「なんかね、巻いちゃってるみたいよ?」って
まだまだ喋ってようとする増子さん(笑)

奥野さんに「さっきラッパ吹いてたね」って言うと
「ラッパじゃないです」
「じゃーなんて言うの」
「テナーサックス(巻き舌というか受け顎的な言い方で)」
「しゃくれてるだけなじゃいか!」
奥野さん、最高!

増子さんが歌うのは
怒髪天といえば、、ツアー!ってことで
『終わらないツアー』
いいね~
増子節でのこの曲もなかなかでした。

増子さんを送りだし
さらには奥野さん、ようこさんも送り出し
なんとなーくこのままラストで帰る、、って
雰囲気にならず
「あれ?帰りづらくなっちゃったな・・」って

なのでこのままアンコールに行こうかとかって
話にもなりましたが
それもなんなんで
やっぱり最後は4人で1曲!ってまとまり
急きょ、特別に
『ロックンロール』を。

ふふふ。
こういうちょっとしたツメの甘さっていうか
だらけちゃう感じのあたり
フラカンっぽくて好きです(笑)
でもそのおかげで1曲多く聞けて
ラッキー♪でした。

「どうもありがとう!!」

本編終了。
時間、思ったほど遅くはなく
21時くらいでしたか?

続いてアンコール。
最後は出てくれたみんな出てきて
1曲やりましょう~って感じで
(想定内 笑)
『真冬の盆踊り』!!って曲振りをしたところ
なんと両サイドからドラム台が出てきて
キュウちゃん&サンコンJr.が登場!!
これは全く持って想定外!で
ビックリしました。

さらには出演者じゃないバンドの方々
例えば、、シンちゃんとか(←だから雨!笑)
モビーとかまで出てきて
みんなでヨサホイ・ヨサホイ。
この時のシンちゃんが
もうすっごい酔っ払い状態で
出てきてすぐにステージ際に出て行ったら
落っこちちゃった?って感じになったり。

曲の合間に各ドラムソロがあって
私がいた側がキュウちゃんだったので
思いっ切り見れて最高でした。
その時シンちゃんも叩けばなんて流れになったんですが
思いっ切り両手で「×!」ってやって(笑)
代わりに、、じゃないですが
モビーはちょこっと叩いてくれて。

山田さんは恥ずかしがってか
ヨサホイの踊りはせずに
手叩いてるだけだったなー・・
増子さんはキュウちゃんのドラム台の側にずっといて
盛り上げてました。

そんなこんなで大盛り上がりで
ライブ終了~
いやぁ、、楽しかったです。

フラカンライブ、まだまだ今年も続きます。
IMG_2082.JPG
そしていよいよ来週(というか、今週か)に
アルバムがリリース!
春には野音もあるし
楽しみです(*´∀`*)


<セットリスト>
 01.日々のあぶく
 02.ビューティフルドリーマー
 03.ホップ ステップ ヤング w/柴田隆浩(忘れらんねえよ)
 04.脳内百景 w/牧達弥(go!go!vanillas)
 05.恋をしましょう w/コヤマシュウ(SCOOBIE DO)
 06.発熱の男 w/田我流
 07.感情七号線 w/ハルカトミユキ
 08.深夜高速 w/新山詩織
 09.short hopes
 10.真赤な太陽 w/うつみようこ
 11.元少年の歌 w/真心ブラザーズ
 12.煮込んでロック w/トモフスキー&大木温之(Theピーズ)
 13.はぐれ者讃歌 w/山田将司(THE BACK HORN)
 14.終わらないツアー w/増子直純(怒髪天)
 15.ロックンロール

 EN.真冬の盆踊り
   w/サンコンJr.(ウルフルズ)/クハラカズユキ(The Birthday)
    &オールキャスト


夢に触る瞬間の今は一秒前と祈るのさ 疑わないで [the pillows]

この前の日・月祝とやってた
2夜連続ドラマ
思わず録画しちゃったけど
今週かなり忙しいんだった・・
(ライブが1日おき・・)
見る暇ないー
てか、今年は平日にライブ入れないようにする
、、と言っていた1月が
一番平日にライブ入ってるというね( ̄▽ ̄;)
いや、でも、この先はほぼ入ってないから!(笑)

さて。
そんな1.13は
KOENJI HIGH 7th ANNIVERSARY
the pillows moondust tour <追加公演>
@高円寺 HIGH
でした。
IMG_2081.JPG

そう、7年前のこの日に
ここ高円寺HIGHはOPENしたんですね。
で、そのこけら落としを飾ったのが
ピロウズだったと。

それからほぼ毎年?かどうかは分かりませんが
結構この辺りでライブやってますよね。
そしてこれがFC限定ライブというね。

1年目は運よくチケ取れたのですが
確かそこから先はサッパリ、、だったような気が。
そもそもFC限定とか
ほっとんど取れなくて。
紅布なんて当たった試ないし。

なのに今年は
一人2枚までエントリーしていいなんて
えぇー?!今まで散々1枚でも当たってなかったのに
2枚なんてしたら、、、って
ダメ元でエントリーしてみたんですが
ラッキーなことに
当たってしまいました♪
むふ。
欲なしでいくと良いとよく言われますが
あながちウソじゃない気はします(笑)

まぁ、番号はサッパリ。。な番号でしたが
もともと仕事で開場時間に間に合わないかもしれない
ってのもあったので
むしろよかったのかも。

でも、間に合ってしまいまして
(結構ドタバタでしたけど・・)
寒空で20分くらい待たされました。。
高円寺HIGHは番号呼び出し
かなり遅いですからね。

でもって中入ると
当たり前ですがなかなか奥に行けないほどな感じで
でも暗転してSE流れ出すと
おそらく下のフロア半分位の厚み(ステージ方向へ)に
なったんじゃ?!ってくらい
前に詰まりまして
難なく淳くん側前の方へ移動できました。
そしてその後もほぼ押されることなく
快適でした。
汗一滴もかかなかったし、、、
そう、ここ、空調きき過ぎなのか
いつも寒いの思い出しました(;´д`)

さわおさんはいつものあのグッズのTシャツのイエローに
黒?のカーディガン
髪、だいぶ伸びてきてましたが
でもまだ短め~かな(笑)
PeeちゃんはピーナッツおじさんのアップリケVネック
シンちゃんはカーキのシャツ
淳くんは黒に白ライン入った
ボーリング?シャツっぽいやつでした。

セトリは、、落ちてないので
正しくは不明なのですが
覚えてる限りで見てみた感じ
長野の時のEN以外は同じ??かな。。
そう、KOENJI HIGH 7th ANNIVERSARYと冠付いて
さらにFC限定なんて
レア感満載ではありますが
あくまでもthe pillows moondust tour <追加公演>
ということで
セトリはほぼその流れでした。

でも私的に長野以来2回目でしたので
まだまだ新鮮な感じがしました。
最近アルバムもあまり聞いてなくて
曲自体も忘れてたりしてたし・・・(*´ω`)

この先(1/24~)またツアーに行き出して
曲について書いていくと思うし
今回セトリ落ちてなくて不確かだしってことで
今日はMC中心に書こうと思います。

今回のツアー、、本編中にあまりMCを入れないんですよね。
この日はメンバー紹介すらなかったし。
淳くん喋ってないんじゃない??
でもさわおさんが割とよく喋ってた感じはしました。

まず『ノンフィクション』の間のブレイクでは
「7年前の今日、ここ、高円寺HIGHで
ライブをしたのは事実です!」だっけ?
そう、それ言われて
思い出したんですよ。
しかも、もう7年も前の話か、、って
ちょっと恐ろしく感じましたけど。。

その後の最初のMCで
「今日はCDやライブだけじゃ物足りない
猛者どもが集まってるんでしょ?
金持ちだなー
セレブバスターズだ
俺なんか人のFCなんて絶対入らない(笑)

じゃー楽しんでって!
最後までよろしく!」

『Purple Apple』ではお馴染み
ディーンパープルの名曲を間に挟んで。
終わった後もさわおさんが
何気なく弾きはじめたら
シンちゃんとか淳くんもノリだして
ギュインギュイン演奏しちゃって
「中学校の学園祭か(笑)」って。

あ、そうそう。
この曲はみんなでクラップハンズするところがあって
前回私もうっかり叩かないところパチンって
やっちゃって焦りましたが
今回はバッチリキメられまして。
でもやっぱり叩かないところパチンって
やっちゃう人いて
やっぱそこでさわおさん
ニヤって笑うんですよね。。
あー猛者どもって言ってもらって
FC限定ライブだったし
ここは「流石だな!」って
褒めてもらいたかったのになー。。
なんてね。

何かの曲で顔にくっついた髪の毛を
必死に取り払いながら歌ってて
その後のチューニング最中に
「今日はオシャレしようとワックスつけたら
髪がよく抜ける
っというか、、落ちていく髪がくっつく。
オシャレしてさ。」
なんて言いながら髪を可笑しな感じに
形付ける(もみあげを長くする感じ?)
「こうしたら真鍋くんだから」って言うと
照れてなのか、、、後ろ向いてるPeeちゃん。
なんか可笑しかったです(´m`)

で。ふと思い出してか
シンちゃんの方振り向いて
「シンちゃんの髪の毛、、どうすることにしたの?」
シンちゃん「今のところ、放置!
なんかね、今は白髪風にそめる染子←初めて聞いたよ(笑)
みたいなのもあるみたいなんだけど、、
それすらも面倒くさい
なら黒に染めろって話じゃん。
前に黒く染めた翌日ライブがあって
入り待ちしてた男の子たちが
俺を見た瞬間に黒っ!って言ってたからね」
さわお「(笑)顔がどっちかって言うと
白髪の方が似合うような顔だから
違和感あったんじゃない?」
シンちゃん「我もそう思う、、」
さわお「我も?!(笑)ああ、そう。
でも今はいい感じだよ。
ほら、みんなシンちゃんに異性を求めてないから(笑)
坂本教授みたいになるのを楽しみにしてるよ」

そう、この日のシンちゃん
白髪交じりって言うか
もしかしたら照明のせいかもしれないんですが
茶髪っぽさが増してて
なかなかいい感じでした。

「(高円寺HIGHができて)7年か、、
7年と言えば、、あれですよ。
小学生に上がる前ママ!ママ!って言ってた男の子が
中学生に上がり、
エロ本のおっぱいとか見出す時期ですよ」っと
うれしそうに言うさわおさんに
あまり同意がない他メンバー&フロア(笑)

「え?違うの?俺だけ?
あれなんだったけなぁ、、、
小学校3、4年くらいの時に
時代劇みたいなやつに時々やらしいシーン出てくるんだよ。
それが見たくて全然時代劇とか好きじゃないのに
喜んで見ててさ。
もう、親にバレバレだよな(笑)
あれ、なんだっけな。。。円月殺法!って
分からない?」ってPeeちゃんに聞くと
「眠狂四郎?」
「そうだ!それだ
おっぱいポロリの流れをやって
「それがパトリシアだから」って言うと
えぇー・・・ってブーイングのフロア。
いやぁ。。それはちょっと名曲台無しですって(ll'ェ')
「あれ?今日は何言っても許されるって訳では
ないんですね(笑)」

気を取り直して
「Peeちゃん、7年前って
なんかある?」って聞くと
「7周年おめでとうございます!」って
言ってすぐに「7年前っていうのは
ちょっと置いといて、、」
さわお「え?置いとくの?!」
Pee「私、子供の頃に父親と初めて映画館へ
連れて行ってもらって
大きなスクリーンで興奮したんですが
どんな映画だったかは全く覚えてないのに
ただ一つ覚えてるのは
男の人のセリフで
"女、一汗かかないか"って
おやじ、、いったいどんな映画に
息子を連れて行ったんだ??って(笑)」

「いいな~使いてー
って、、もう俺には
そんなに時間残されてないんだった。。」

いやぁ、、
ここら辺の件、ホント、大爆笑のMCでした。
多分、本編中だったと思うのですが
ぜんぜんMCしてるじゃん!って(笑)

ただ、「あ、、次からシリアスパートだった、、」って
ちょっとシマッタって思うさわおさん?!(笑)
いや、でも、しっかり
そのシリアスパートの曲を歌い上げてくれました。
「誕生日じゃない日も、ハッピーバースデー」って
曲振り、素敵だなぁ♪

「えー、、ご存じの通り
俺たちthe pillows、今年で結成26年目を
向かえました。
こうしてずっと続けてこられた
まぎれもない、真実の唄を聞いてくれ」
 ↑結構アヤフヤ。。
でもそんな感じの曲フリで
『ムーンダスト』
コレがホントジーンときちゃうんですよね。
この曲はとってもゆっくり演奏されてて
ライブではもっとテンポ上がるのかなって
思ったりもしたんですが
そこはゆっくり
さわおさんがたっぷり熱唱できるように
敢えてそうしてるのかなーって
思いました。

その後にくる『ハイブリッドレインボウ』がまた
ヤバい。。
この流れが最高過ぎます。

この後、、さわおさん
眠狂四郎の円月殺法と
Peeちゃんが言ってた「一汗かかぬか?」が
かなり気に入ってしまったようで
何度もそれ言って、やって
「一汗かかぬか?」で
『About A Rock’n’Roll Band』
始めませんでしたっけ??

本編最後
『LITTLE BUSTERS』で
もう最高にいい気分で終了。
久々に 同じドアをノックしたい で
さわおさんが右手でノックするジェスチャー
してくれたし。
なんかあれ、グッときちゃうんです。

で。
淳くん、さわおさんが先に捌けて
Peeちゃん、シンちゃんって帰って行こうとしたところ
にこやかに笑ってたPeeちゃんが
急にバタリと視界から消え、、、、
なんと!さわおさんのギターのなにかに
躓いてこけてしまったようで。

えぇーあまりに急のことで
ビックリ。
でも何事もなく立ち上がり
さわおさんのギターも倒れちゃったみたいで
持ち上げて丁寧にスタンドにおき
シンちゃんに手を貸してもらい
仲良く帰って行きました。

続いてアンコール。
先ほど、さわおさんのギターを倒してしまったからか
先に出てきたさわおさんの前を
ササササーっと足早に通り過ぎるPeeちゃん。
この仕草が最高に可笑しくて。
こけたこと(ギター倒したこと)言ってないんですかね??
思わずフロアからクスクス笑いが起きてました。
でもさわおさん、特に気にする様子もなく
ニヤリとした顔でハンドマイクの準備。

お待ちかねの?!『TOY DOLL』
そして
赤坂でも登場したらしいのですが
私的初!のPeeちゃんの
電飾フライングV!!
すごーい*:.。☆..。.(´∀`人)
もう、さわおさんの色っぽい動きよりも
目がいっちゃいましたって。

あ、あと
この日はわりとよく
前の方の様子も見えて
どんなかんじでお客さんなでなでしてるのかな~って
思ってみてたんですが
触ってるようで触ってなかったり?
あれはたまたま見たのが
男子だったからか??
いやぁ、、あれ、目の前来られたら
どうリアクションすればいいか
正直困りますね。。(ノ∀\*)

歌い終わると
「あー眠狂四郎のコスプレで
やりたかったー」って
まだ言ってる(笑)

で、「あれでしょ?
帰りにみんな眠狂四郎って検索して帰るんでしょ←図星!(笑)
じわじわ気になってきた?
円月殺法!(笑)
じゃー"一汗かかぬか"、、って
当分流行るな(笑)
ここにいる人たちだけの間でだけど。
他の人に言っても
何言ってるの??ってなると思うけど、、」
あはは。
一番気に入ってるのは
さわおさんだと思うんですけどーゞ(≧ε≦o)

ラスト『ターミナル・ヘブンズ・ロック』で
バッチリ"ロック!"キメて終了。

「今日は楽しかったかな?
俺は楽しかったよ。
えーっと、、今のツアー中
俺はまたいつものように曲を作るだろう
実はもう1曲既にいい歌ができてる
仕事早い!(笑)
だから、また遊びに来て!じゃーね」

さわおさん、ご機嫌でした。

そして追い出しの曲が流れ、、、
ダブルアンコールの拍手。

ここで登場のみなさん、
ビール片手に。
さわおさんもグビグビ。
一息ついてまたグビグビ。
「あのー、言っとくけどなかなか始めないよ」って。
「今年の目標はリラックスだから」
そんなこんなで
まずがお正月の話、、だっけか。

「あのーいつも新年は
4日から事務所のスタジオ空いてるから
たいていはそこに入って
なんとなく曲作ったりしてるんだが
今年はなぜか張り切ってるバースデイ先生(←だっけ?)が
ガッツリ押さえてて
入れなかったんで、、、
ボヘミアンズのみんなと温泉旅行に行ったんだよ。
実家帰るヤツとかいたから
全員じゃなかったんだけど、、」って
メンバー言ってくれたんですが
平田ぱんだが入ってなかったのがビックリでした。

まぁ、それはいいとして、、、
「でも急に決まったから
もう29日とかだったかな、、
しかも、まぁ、いろいろ諸事情で
公衆温泉には入れないもので、、、(笑)
部屋に温泉が付いてる宿じゃないといけなくて

そしたら空いてる宿がさ
クラックラしちゃうような金額の宿ばっかで
でも、そういうのにしちゃうと
何かにつけて俺に感謝しろ感出しちゃいそうでさ(笑)
だから、まぁ、なんとか
そこそこ普通の値段の宿を見つけたんだけど
そのせいかお風呂すげー小っさくて(笑)
男4人でギューギューになりながら入ってさ。

あと本間がさ(キーボードの人)
お風呂入ってる写真撮りたいって
でも撮ってくれる人なんていないから
セルフタイマーでやるんだけど
あいつももうカウント始まってるよって言うのに
のんびりやってて
え?そうですか?って戻ってくるから
あっ(戻りかけのポーズ)って
しかもほら、全裸だから
見えちゃいけないところまで写ってる写真ばっかで」

さらに2日目は
シュリスペイロフメンバーと
横浜中華街に行ったそうで。
しかもその前に東京タワーにも行ってきたって。
今時東京タワーってのが
いいだろ?って(笑)

「でさーそこそこいい感じの個室を予約して
いろいろ食べたんだけど
宮本が昨日かな?ライブでその時の話を
したんだって?
そしたらあの緑のがすごく美味しかった
なんだっけ、、あ、豆苗!って
おい!俺結構いろいろ食わせたよ?
フカヒレスープとかさ、なのになんで豆苗だよ。
いや、豆苗も美味しかったけどさ」って。
宮本くん、最高っす!!(≧▽≦)

そんなこんなでチューニングしつつ
しばしシーンとしてて
さ、曲いこうってタイミングでシンちゃん
「あ、昨日さ、、」
「え?今?今まで結構
暇な時間あったよ??」
シンちゃん「(笑)今、思い出したもんで、、
あのー本間と草野球やったんだけど
温泉の話、一言も言ってなかったよ。
だから感謝してないと思うけど?(笑)」
「いや、感謝はしなくてもいいけど
いい思い出として残ってくれたら、、、
まぁ、言っても暇な俺を相手する
接待温泉ですよ」

するとPeeちゃん
「温泉、、いいですね。」とボソリ。
「一緒に行きますか?」ってさわおさんに。
きゃーPeeちゃんてば☆
さらに「一汗かかぬか」なんて言っちゃって。
大笑い?照れ笑い?のさわおさん。
でも「それって、別に普通だよね?」

「えーっと、、、
今日はムーンダストツアー追加公演ということで
普段と変わらない流れでやって来たけど
アンコールくらいはせっかくだし
このツアーではこの日以外ではやらない曲を
やろうかな。
今日来てる人たちの間くらいでしか盛り上がらない曲を」
って話があって
まずは『THE KILLING FIELD』
おぉ~
そうきましたか。

そして『NAKED SHUFFLE』
もうこの時代の曲は今後はあまりやらなくなるんでしょうかね。

私は昨年、その二期の曲だけのライブがあったりしたんで
普段は全く聞いてなかった曲たちを
改めて聞きなおした口ですが
それなりにいい曲多いじゃん!って思ったし
Queで聞いたときにホントにカッコいいと思ったんで
ぜひとも、セルフカバーじゃないけど
今の歌声と演奏で録り直した音源
欲しいな~って思います。

「ありがとう!!」
最後はサラっと皆さん退場。
「今日はやりやすかった~
全然汗かかなかったよ」って。
いつも汗だくで疲れたって言ってますしね。
やっぱ高円寺HIGH、寒いんだよ。。
ライブはちょっとくらい熱い方が
いいんだけどな・・

ってことで
ドリンク交換でもらったビールは飲まずに
お家に持ち帰りました。
、、、帰ってから冷えてるビール飲んだけど(*´∀`*)


<セットリスト> 
  拾ってきてはいないけど、、もしやEN2以外長野と一緒?
  ってことで、それを貼ってます・・
 01.Clean Slate Revolution
 02.Break a time machine!
 03.空中レジスター
 04.ノンフィクション
 05.プレイリー・ライダー
 06.都会のアリス
 07.Purple Apple
 08.メッセージ
 09.パトリシア
 10.Back seat dog
 11.ハッピー・バースデー
 12.アネモネ
 13.Song for you
 14.ROBOTMAN
 15.ムーンダスト
 16.ハイブリッド レインボウ
 17.About A Rock’n’Roll Band
 18.Ideal affection
 19.モールタウン プリズナー
 20.LITTLE BUSTERS

 EN1.
  TOY DOLL
  ターミナル・ヘブンズ・ロック

 EN2.
  THE KILLING FIELD
  NAKED SHUFFLE  

だって俺の神様はレコードの中踊ってる [音楽]

iPhoneのiOS
今現在最新版は8.12らしいのですが
私のは7が出始めて以来更新してなくて
未だ6.14くらいかな・・

で。
そろそろ更新しようかな、、って思いつつも
なんかやっぱり不具合のつぶやき見ていると
このままでもいいかな、、という気持ちになって
結局思いとどまっております。。(ll'ェ')

ただ、アプリとか
そろそろ6には対応してないものとか
更新できるのは7以上のみとかになってきているため
やっぱり更新した方がいいのかな、、っと
日々迷い続けております。
うーん。。この三連休中には更新しようかと
思っていたのに。。

さて。
そんな1.11は
歌声酒場もも7杯目~お年玉リサイタル@代々木編~
@Zher the Zoo YOYOGI
でした。
IMG_2077.JPG

やっと行けたー
念願の"歌声酒場もも"
7杯目って言ってるだけに
多分、7回目なのでしょう。。
まだ1回もワンマン行ったことなくって
てか、私、ライブ見たの
アルバムリリースのインストアだけかな??
あ、アラバキで見たか?
ってくらいの感じなのですが
ずっと行ってみたのかったのです。
でも平日とか他のライブと被ることが多くってね。

今回はチケット発売日
何とか店頭にチケット買いに行くことができ
20番台。
ま、後ろの方でゆっくりと、、なんて思ってたのですが
入ってみると前方にイスが2列ほど並んでて
ギリ前の席がちょこっと空いてたので
そちらをキープ。
後ろどころか
端っこですが最前で見れちゃいました♪

B7DZA7YCUAESGMX.jpg
"歌声酒場"と銘打ってるだけに
ドリンク以外にも
焼き鳥とかおでんとかのフードも販売。
美味しそうな匂いを醸し出していましたが
焼き鳥になぜかエビが入ってたり
おでんも決められた4点で
定番だからでしょうが卵が入ってたりと
ちょい苦手要素が盛り込まれていたので
止めました。。

開場・開演があのキャパで1時間も取ってあるのは
おそらく飲んで・食べて待っててね、、ってこと
なんでしょうが。。
スミマセン。。チャージのドリンクのみで終わらせました。
が、暇つぶし用に?!
この百々和宏とテープエコーズのメンバーが
年末忘年会と称し行ったカラオケ大会の様子を
流してくれていて(カメラ入るコト前提)
思う存分楽しめました。
このことについてはまた後ほど、、MCでも
説明してくれてたので、その時に。

時間ちょい押しでメンバー
Gt/Vo百々和宏さんそして
Ba有江嘉典さん、Gt見汐麻衣さん、Drあだち麗三郎さんの
テープエコーズメンバー登場。
曲はアルバムからの曲に加え
カバー?なのかな、、あまり聞き慣れない曲なんかもいくつか
あったように思います。

で。まずは1曲やって
「あの、、いきなり業務連絡ですけど、、
ホントは2曲やって乾杯って言ってんだけど
喉乾いちゃったから
ここでやっちゃっていいですか、、、
ってことで、、ビールを・・・」っと百々さん(笑)

よかった。。
先にビール交換しといて(笑)
最前にいてなんもなしってのもなんかね・・(;´д`)

スタッフがガラスのグラスに入ったビールを持って来ると
「あ、、グラスか、、、」って
有江さんに「何がよかったの?」って聞かれると
「ジョッキだと思って、、、」
グラスだとすぐなくなっちゃうかららしいです。。
ビックリした、、缶ビールとかの方が
いいのかと思っちゃいました。
あ、でも、、ステージ上で
紙とかプラじゃないコップで出たのを見たのは
ちょっと初めてかな・・
紅布もたまにグラス(ここは小さめジョッキ)で
でるか。

あ、話し戻して・・
さらに「これプレミアムモルツって書いてあるけど
中は端麗でしょ?」なんて言い出し
でもすぐに「あ、、違う。
利益率悪いけど美味しいお酒を飲んでもらいたいって
店長さんの心意気でここはビールなんだった」
あはは。。
これで端麗だったら
ちょっと言わないでーみたいな感じに
なっちゃってなかったか??なんてね(笑)

そしてみんなで「かんぱーい!」
ってやりましたが、、
「ここで今年の抱負とか言うんだろうけど
実はこれで今年は最後だからねぇ。。。
良いお年を!また来年!(笑)」
そう、私、よく把握してなかったのですが
どうやらこのテープエコーズ含め
百々さんのソロワーク、今年は少しお休みするそうで
(本業が忙しい??)
今のところ、今年の活動はこれで最後なんだそうです。
そうか、、ならなおさら、来ておいてよかったー♪

続いての曲だったかな、、
終わった辺りに「この曲いつもライブの終盤にやってるんですけど、、
酔っぱらってない時にやると
すっごい演奏のクオリティ高い!って思っちゃった。
歌詞もちゃんと歌えたし、、」って。
なんでも、ステージ上でたくさん飲みながらやってると
最後の方は酔いが回ってきちゃって
上手く歌えなくなったり
演奏もおぼつかなくなっちゃったりすることも
あるんだとか。

新年1発目に福岡でやったお店かな?
では、ステー上にお酒を持って来るとき
なぜかお盆持参で持って来て
ビールだけじゃなくテキーラとかの洋酒も出してくるそうで
目の前にお客さんいると
ちょっとそれは飲めません、、とは言い辛く
ついつい飲み干す羽目になってしまい
「あの、普段、饒舌な有江くんがですよ、
ライブ終盤、チラって横見らら
直立不動のまま目つむって寝てましたから!」って。

有江さんも「いや、あの時Gtやってくれてた
美和子さん(見汐さん不在だったため)が
そういうお酒は苦手だからって
俺が彼女の分も飲んでて
都合上の2倍の計算で飲んでましたから、、」って。

っと、、ライブはもちろんですが
MCもおもしろくって。

で。その開演までに流していた
忘年会のカラオケ大会の様子について。。
Gtの見汐さんのハジけっぷりがすごくって
ライブで見てる限りでは
ふわっとして大人しそうな感じの人だっただけに
あれ?あんなにワイワイやるんだって
そしたら案の定百々さんに
「今までアンニュイな感じでいたみたいですけど
もう無理ですよ。本性バレましたから」って。
見汐さんは、もう酔っぱらいすぎて
ほとんど覚えてないそうで
恥ずかしそうに笑ってました(笑)

あの様子は、もともとここで流そうと思って
「今日カメラ入りますからね」って
事前に言ってあったらしいのにもかかわらず
「見汐さん、普段もういろんなことが
溜まり溜まってたらしく
いろんな膿をね出しまくって
結構使えない部分多くって。

で、俺、年末に福岡帰りながら
その映像チェックしてたんですけど
31日に見汐さんからメール来て
やっぱり不安だからあの映像チェックさせてくれって。
なので後でPC繋げるところに行ったら
送りますね、、って。

で、まぁ、あれくらいならいいか、、ってOKもらい
そして今日ですよ。
開場した後急に見汐さんソワソワしだして
お客さんの様子チラ見とかしに行ったりして
で、言った一言
"なんかお客さん映像あまり見てないみたい"って
どっちやねん!見てもらいたいんかい!!(笑)」

いやぁ、この話の件
ホントおもしろかったです。
見汐さん曰く、、あのカラオケ大会は
結構がんばったようで、、それならそれで
ちゃんと見てもらえないとやっぱりさびしいそうで。
見汐さん、かわいい方です(*´艸`)
その後何回かある休憩タイムにも続きを流してくれたんですが
時間が経つごとに
見汐さんの酔っ払いっぷりが増してて
ろれつが回らなくなってる感じが伝わってきて
おもしろかったです。

有江さんも「俺、最初は終電で帰ろうと思って
マフラー巻いてたけど
終盤、もう取ってるからね。
(見汐さんに)タクシーで帰ればいいやん!って
くどかれ(引き止め)られましたから」って。

5、6曲やった後に「じゃーここで休憩」
お酒タイムトイレタイムかねて
何度か休憩時間を取ってくれました。

第二部はなんと!
後ろにあるサブステージから。
そうか、、ここザーザズーはサブステージなるものが
あるんでしたね。。
もうかなりここへ来るのも久しぶりで
すっかり忘れてました。
後ろなので最前から一転、一番後ろ、、、になるんですが
なんと皆さん(お客)座ってくれて
これまたとっても見晴らしよく
見れました。

ここでもやっぱり話題は見汐さんのハジけっぷりで
「もういいよ、本性ばらしても」って言われると
「イェーイッ!!」って両手を上げる見汐さん
かわいかったです(笑)

この第二部は宣伝タイムだそうで
例えば、、物販の宣伝だとか
この日で言うとちょっとおでんの売れ行き悪かったんですかね、、
の、宣伝だとかを一生懸命してました。
Tシャツに関しては
新しいのを作った後に
今年活動しないって決まったようで
だからここで売れないともう売る機会がないそうで
百々さんも直々に着て宣伝してました。
「もし在庫余ったら帰りに代ゼミ生みんなに
出口で配って帰ることになる」とか言っちゃって(笑)

さらに、物販でガチャガチャ(最近はガチャって言うの??)を
やっていて、通常は缶バッチなのですが
なかにアタリがあり、それは百々さん私物や
サイン色紙、使用済ピックなどがもらえるもので
福岡の時は30個くらいしか作らず
アタリもその場でスタッフから手渡しで
さらに一人3回までってやったら
最初に並んでた10人で終了しちゃって
かなりクレーム来たとか。。

で、今回は一人1回(並び直しOK)
アタリが出た人はライブ中に
贈呈式にて渡すってことにしたとのことで
この第二部のステージ上で
その贈呈式が行われました。

百々さんが順に15位から呼び出して言って
手渡ししてました。
賞品の中身は、、
15~11位まではおもに百々さんがお正月に書いたという
書初め(これがなかなかうまい!)にピック
10~4位までは本とかCDとかに
テープエコーズメンバーも加わったサイン色紙
3~1位はその両方が合わさった感じのもの
って感じでした。

全部中身見せてくれるので
当たってない人にも楽しめました。

一応、当たった人には
名前とどこから来たのか、、ってのを聞いてたんですが
途中から見汐さんがそのインタビュアー役をやりはじめ
これがなかなか上手で「なに、そういうのやったことあるの?」って
聞かれると「あぁ、、あの、昔、やってたことあって、、」って。
なんかラジオとかの公開収録っぽい感じで
楽しかったです。

そしたら「こういう感じでデパートの屋上とかでやる感じ
いいかもね。お客さんとも身近でさ。
身の丈に合ってるかも。」って。
なので、一応活動は未定ですが
もしかしたらそういうポッとどこかに出没とかあるかも?!

続いて第三部。。
かなり濃い(ディープ?!な)映像が流れてる最中に
メンバー登場し
「この後に曲に行きにくいなぁ、、」ってボソリ。

そして不意に百々さん「あの、、もう、席、
取っ払っちゃいますか?」って。
多分、さっきのぎゅっと詰まった感じが
よかったんですかね。
なのでみんなでイスを一斉に出口の方へ流しお片付け。

その間、間を持たせるためか
「今日リハの時にコレクターズのコータローさんという
昭和の最後のイイ男の一人が来てくれまして、、
ライブには来れないけど、、って
?ってシャンパンをね持って来てくれて。」って。
そう、それ、入り口に飾ってあったのは
見つけていたのですが
ただ私あのサインコータローさんのだって
すぐに気付けませんデシタ。。。(´~`;)
2015111.jpg
言われて見て、あ、ホントだ・・って。

そんなこんなで無事片づけまして
ライブ再開。
「じゃーもう1回乾杯しますか」って
でも乾杯の音頭の前に
活動休止とは、、の話をし出したら
すっかり忘れちゃったようで
かんぱーい!はなかったです(笑)
他のメンバーも手にグラス持ってたんですが
静かに一口飲んで床においてました。
みなさん、やさしい(笑)

あ、で、そうそう。
百々さん的に、"活動休止"っていうの
キライらしくって
「どうせ復活しないんだったら解散って言えよ」って
思いだそうで
でもこのテープエコーズに関しては
なんていうか、、一時的なお休みだそうで
でも次もし復活(てか活動再開?)することになった場合
同じメンバーかどうかは不明だとか?!

なんだっけ、、ムキムキのドラムに
髭の濃いギターに寡黙なベースがいいって。
、、、つまり全部今と真逆ゞ(≧ε≦o)
有江さんが「寡黙か、、、
あー・・うーん。。。どうかな~
1年あれば何とかなるかな~・・・」とか
言ってたのが可笑しかったです(笑)
有江さんってなんでしょ
ああいう人いるといろいろ楽しいだろうな~って
思います。
ホッとできるって言うか、安心できる存在ですね。

ここでは普段あまりやらないけど
せっかくだから、、って
フロアにいるみんなでコーラスやって
大合唱したり。
この日はレコーディング機材入れときゃよかった
って思えるほど
演奏もすごく最高な出来だったようで
うれしそうでした。

何曲かやった後
「えーっと、、ホントはアンコールなんですけど
面倒くさいからこのまま引き続き
アンコールって体でやります!」って。
でもすごーく百々さんさっきからトイレを我慢してるようで
「次の曲のイントロはいくらでも伸ばせるから、、
2人(有江さんと見汐さん)で適当に話繋いで
始めちゃってて」って。
そうそう。乾杯の時からかな
トイレ行きたいって言ってましたもんね(笑)

百々さん消えた後、、
「どうしましょ・・」って寂しそうな見汐さん。
有江さんに「寂しい?」って聞かれると
「いえいえ、全然」って。
ただ有江さん的にこれで活動いったん終わりっていうのが
寂しい?って聞いたつもりだったらしく
ちょっとお互いでアワアワした感じになってました。
ホント、この日は見汐さんいろいろ
持って行っててオモシロかったです(*´ω`)

でも有江さんだったかな
「テープエコーズだけで活動しても
いいんじゃない?」って。
見汐さんも「そうですねぇ。言っても2人Vo
取れますしね」って。
そう、私はよく知らないんですが
Drのあだちさんと見汐さんは
他ではメインでVoとかやってるみたいです。
「じゃーデパートの屋上から、、(笑)」

そんなトークの後
じゃー曲行きますか、、ってなり
「ももさんに軽快なダンス踊りながら
入って来てもらいましょう!」って曲スタート。
少しした辺りで
すぐ百々さん登場になったんですが
クルクルって後ろ向きに周りながら入ろうとして
自分のアンプにぶつかり
持ってたお酒少しこぼしつつの感じになってしまいました。。

「ダンス上手く踊れなくてスミマセン・・」
そんなこと言いながら1曲。

ここでいったん終了だったっけ。。
で、ダブルアンコールの拍手をしてたところ
登場したんですが
なぜか見汐さんがBaに。
百々さんもサイドGtに。
?!って思ってたら
なんでもロンドン在住のお友達?が来てるとか
で、どうしても1曲歌わせろ、、と言ってるって。

しかも、ここからは本番っていうか
年明けて?(年末だっけ?)のリハ入って
ここの部分しか練習してないくらい
力の入り方が違うパートらしく。
っということで
ダブルアンコールはお楽しみカバー曲コーナーでした。

まず登場したのは
有江さんで布袋さんのカバー『スリル』
しかも、これは他のメンバー誰にも
教えてなかったらしいのですが
手作りの布袋モデルギターまで用意してました。

続いて見汐さんVoでブルーハーツの
『ラブレター』

そしてあだちさんは
イエモンの『太陽が燃えている』
この時のドラムは有江さん。

そして最後。
再び百々さんがセンターに戻ってきて
あだちさんはサックスで
っとくれば、、、

で、この時恐らく選曲の経緯を話そうと
「あだちくん、何歳?」って聞くと
「え?今年?去年?」って
可笑しなこと聞くな、、、って思ったら
なんと!この1.11が誕生日だったようで
「今日、32歳になりました!」って衝撃告白(笑)
でも、あだちさん曰く、、「メールしましたよ」って。
どうも百々さんはじめ
他のメンバーもすっかり忘れてしまっていたようです。

あ、で。
最後の百々さんカバーは
チェッカーズの『涙のリクエスト』
サックスソロ、盛り上がりました~

曲終わってからも
各ソロあってサックスソロへ行く流れで
もう1回演奏あり
さらに大盛り上がり。

いやぁ、、タップリの4時間弱(休憩込)
楽しいライブでした。
モーサムはほぼ聞かないのですが
なんか百々さんソロは好きなんですよね~
あのほわ~っとした雰囲気が素敵です。
ほわ~っというか、ほろ酔い加減、、ですかね(笑)

今年はこの後予定がないという
とってもさびしい状況ですが
また復活のお知らせを心待ちにしています♪


<セットリスト>
 01.唐変木ブギウギ
 02.中央沿線午前4時
 03.ポテトフォーピープル
 04.すきにして
 05.箱舟
 06.ロックンロールハート(イズヒアトゥステイ)
 07.なんだか愉快なぼくたちは
 08.クラクラ
 09.天気雨
 10.お酒にまつわるエトセトラ
 11.バターのようだね
 12.ワイルドサイドを歩け
 13.鼻血ピュー(Like a Rolling Stone)
 14.ロックンロールハート
 15.ともをまつ

 EN.
  スリル (有江)
  ラブレター (見汐)
  太陽が燃えている (あだち)
  涙のリクエスト (百々)


思い出しMC
●フジロック苗場食堂音楽隊?で
 井上さんに注意されたこと
 あの穏やかな井上さんがそこまで言うとは、、本気なんだって
 洋楽のパクリ、、、じゃなくって
 すっごく似ちゃう曲、、あるよね~ってやつ。
 その説明をするのに鮎川さんの例を出そうとしたら
 「それはダメだ!」ってマジで注意されたって。
  
●打上げでなぜか"おっぺん化粧品"の話になり
 語尾に"おっぺん"をつけるって決まりでの会話が
 予想以上に大盛り上がり

●あだちさんの「からだのワークショップ」?というのを
 やってらっしゃるそうですが、、
 どうしてもセクシャルな話に思えてしまう・・という百々さん

●『ケラケラ』コーラスは女性
 でもなぜか歌いたがらない女性陣。。

●百々さんが着ていたTシャツ
momo_2015newgoods_menu.jpg
 泥酔して灰になった状態の写真を使ったものらしいのですが
 お店はHEATWEVEの渡辺圭一さんがやってる
 博多にあるお店Bassicとのこと。

俺の願いとお前の祈りは結局一緒だってそう思う [音楽]

お正月休みも終わり
仕事が始まってから1週間
長かったー・・・(´+ω+`)
毎日いろいろ慌ただしかったはずなのに。

でもまた3連休~が待ってると思うと
ちょっとガンバロウって気持ち沸いてきます(笑)

そんな1.8は
中村達也『9 Souls -Anniversary of Drums Beast-』
@恵比寿LIQUIDROOM
LIVE:THE GOLDEN WET FINGERS
でした。
IMG_2072.JPG

2015年ライブ始めに次ぐ
達也さんの50歳アニバーサリー企画のライブ。
いやぁ、、18:30開場で場所恵比寿って
最高!!!(笑)
職場が恵比寿なんでね。

でもこういう日に限って
すんなり定時で上がれちゃうのよ。。
この日は30分くらい残業して帰ってきても
よかったくらいなのに。

この日の番号は500番台という
これまたゆっくり行っても大丈夫な番号で。
なのに
こういう日に限って
開場時間にバッチリ間に合っちゃうのよ。。(笑)

開場時間に間に合わない人
多かったのか
そんな番号で入った割に
中は適当にガラガラで
普通に前にも行けちゃいそうでしたが
この日も脇の段差辺りでゆっくり見ることに。

まずまずな視界環境でしたが
一つ残念だったのは
あ、イマイさん側にいたのですが
イマイさんの立ち位置に
バッチリ達也さんが被ってしまって
さらにその後ろの照明が
カーッっと光ると
達也さんが反射して見えない。。
てか、眩しすぎる、照明。。

ただ、私の予想では
あまりイマイさん歌わないし
結構アチコチ動き回るって思ってたから
まぁ、被っちゃってもそう支障はないかな
って思ってたのですが
なんか今回、やけにイマイさん歌ってて
何ならコーラスとかもタップリで
マイクスタンドの位置から
あまり動かなくって
結構見えてない時間多かったっす。。チ―( ∀ )―ン

あ、でも、時折なんて言うの
こう、、、体の位置を傾けたり
少しずれていたりで
まーったく見えない、、ってわけではなかったので
よかったです。
その代り、、もうチバさんはバッチリすぎるくらい
見えました。

そりゃそうよね。
3ピースだと歌わない時は
結構な確率で
イマイさん側に向いてるわけで。
イマイさんが今回結構歌ってるってことは
チバさん歌わないことも
そこそこ多くって。
っという感じでした。

時間ちょい押しでライブスタート。
THE GOLDEN ~って感じの歌詞が出てくる
SEにて登場。
The BirthdayのSEもHappy Birthday~って
バンド名出てくるSEで
そういうのこだわってるのかしら??(´m`)

衣装はイマイさん、チバさんは
今までのこのバンドでやる時の感じと変わらず
イマイさんは豹柄コート
チバさんはつばの大きい帽子付の
全身黒ずくめ
そして達也さんは、、、
この日は黒シャツ(上着?)に
黒のタンクトップでした。
数曲やって
すぐに上着は脱いでましたが、、

久々のTHE GOLDEN WET FINGERS
でも新曲?カバー曲?
よく分かりませんが
アルバムに入ってない曲も
結構やってたように思います。

そして毎回このベースレスな演奏なのに
低音が聞こえてくるという
不思議な感じ。
これはイマイさんのギターの音で
イマイさんが時折ギターソロに変わった時に
あ、やっぱりそうだったんだ、、って
もろに感じました。
私はベースの低音好きなので
一般的にベースレスってどうなの??って
思ってしまうのですが
でもTHE GOLDEN WET FINGERSを聞いてると
これもアリだなーって思えてきてしまいます。

で、今回改めて気付いたのは
ギターソロって言うか
そういうリフ?っていうのは
チバさんとイマイさんで
交互に弾いてたりするんだなー、、って。
The Birthdayではあまりそういうソロを弾かないチバさんの
ギターソロが聞けるって言う意味でも
THE GOLDEN WET FINGERSは
なかなか貴重だと思います。

そして達也さんのドラム。
ロザリオスの時とはまた感じが違って
セッションって言う感じはあまりなく
やっぱ曲をやってるっていう
ドラムのように感じます。

最初全然MCとかなく
このままぶっ通すのかな、、、って思ってたところ
なんだっけ・・
フロアからなんか徴発されたんですかね?
私のいたところでは全く聞こえなかったんですが
(どうやら死ねって言ったらしい?)
急に達也さんが
「おい、こら、待て。
こっち上がって来いや!
相手してやる」って。

でもその後すぐに曲にいって
何事もなかったように進んだし
その後かなり楽しいMCっていうか
3人の談笑っていうかがたくさんあって
今思えば
チバさんもたくさん喋ってたなーって
印象です(笑)
ただ、なんかこの日はそう言う嫌な声掛けが
ちょいちょいあって
イラっとしました。

たくさん喋ってくれてたチバさんの時にも
(どうやら同じ人だったの??)
イマイさんの機材トラブル?かなにかで
ちょっと次の曲へ行けない感じなのに気づいて
いきなり「今年はどうする?」って言いだして
みんなキョトン?ってなってたら
「なんかさ、あれだよね、
あの、、さかいめが、、」って
それでも全く何のことを言いたいのか
分からない状態の時に
フロアから「ツアーでしょ?」って声が聞こえたもんで
チバさん「・・・もういいや」って
それで終了。。。(ll'ェ')

ちょっとー
貴重なチバさんのトークだったのにー
しかも何か言いたそうだったの
サッパリ何のこと変わらないままでさー
チバさんも「なんだよ、、アレ。腰、、、
人の腰折りやがって」って。
 ※正しくは人の話の腰を折る、、ですが(笑)

もう、あそこにいるみんなが
言ったヤツ、死ね!って思ってたに違いない。
結局何言いたかったか
すっごい謎でモヤモヤしたままになっちゃってさ。
でも達也さんが
スティックで「ポキッ!」って
笑わせてくれたのが
せめてもの救いだったかも。。

前後しますが最高に笑えて
楽しかったのは
最初にイマイさんが「この中に一人?
50歳がいます!」って言いだしたんだっけな。。
そしたらチバさんが「みんな50にはなるけど
達也くん(って呼んでた?)
まさか自分が50になるとは思ってなかったでしょ?」って。

チバ「(3人の中で)俺が一番若い。
普段じゃそうないよ(笑)」
確かにゞ(≧ε≦o)

チバ「池中玄太!」 フロアから「80キロ!」
チバ「あ、、あれ、80キロなんだ。
俺、50キロだと思ってた(笑)」
達也「優しいところあるじゃん!
ユウちゃん~(笑)」フロア ヒュ~!!
チバ「(笑)ユウちゃんって呼ぶのは
俺の実家の隣のおばちゃんだけだから。
。。。。これ、前説じゃないよね?(笑)」
達也「ユウちゃんたっちゃん?
そういえば初めてだったね。
ウィークエンドラバーズまで取っておこうと思ったのに(笑)」

むふふ♪
またやってくれるのかしら??
それとも今度大阪と名古屋でやる
マニッシュとのツーマンの時の話??
いずれにしてもWLに前説は確定になったんですね。
次回が楽しみです(*´∀`*)

イマイさんに対しては
「イマイくんが帰ってきた!」って
達也さん何度も言ってて
しかも「クレイジーシルバーヘア!(だっけ?)
キチガイおばちゃん!!」って。
おばちゃんって・・ゞ(≧ε≦o)
確かに髪型、ボブが伸びて
若干おばちゃん(女性)っぽく見えるけどさ・・

そんなイマイさんが
地下鉄で悪夢を見たんだってって
前フリからの曲とかもありました。

新年ですから
チバさん、ぼそっと「新春!」
だけ言って終わる、、ってこともあり(笑)
相変わらず謎の多いMCというか
一言が多かったです。

セトリ、、全く覚えてないけど
「危ないもの持ってないよね?
そういうのしまっといてよー」からの『しまっとけ』
この前フリ、なんかかわいかった。
あと大好きな『トリオ・デ・ハラペーニョ』
『Chicks』が聞けてうれしかったです。

タップリ1時間30分の本編。
続いてアンコール、、
達也さん、上半身裸に
首にグルグルタオル巻いて登場。
みなさん、ビールをゴクゴク。

そしてチバさん「3人合わせたら今年で147歳だって!」
ってことは、、
イマイさんも今年で50歳なんだ。
達也さん「磯野一家より多いんじゃない?」
チバさん「でも心はずっと4歳のままなんだよ。」
達也さん「オッパイ!」って叫んで
マイクをチュッチュって吸うマネ(笑)

私のいた位置からは見えなかったんですが
イマイさんが片方の胸を出したらしい。
で、「200円!」
達也さん「時代にしては高いなー、、返す!」
なんてやり取りも。

曲は2曲か3曲
しかも1曲は新曲(カバー?)だったような、、を
やってくれました。

その途中で、、だかに
メンバー紹介で達也さんが
イマイさん、チバさんと呼び
最後は「中村たっちゃん~」って
自分のことを紹介。
間に合わなかったのを悔しそうに
「あ、、言おうと思ってたんだよ、、」って。
それはチバさん、優しい!
池中玄太の発言が何でやさしとこあるじゃん、、なのかは
ちょっと分からなかったんですが・・

もうこれで終わりかな、、、って思いつつも
拍手つづけてたら
またまた登場!
むふ♪ダブルアンコール!

そしたらチバさん「俺たち
働くおっさんたちだからさー」って。
いやぁ、、ホント、この日のチバさん
饒舌でしたわ~(*´艸`)
ここでの達也さんは
グッズのグレーのTシャツで登場。
最初に来てた上着は
ずっと腰に巻いてた?

曲は多分あの曲だろうな、、っていう
『KILL AFTER KISS』を。

最後は『Oh Yeah!それが答えだ』
しかもチバさん、ハンドマイクで。
おぉ~
マニッシュ編成(笑)
でもって一番?!キメたかった
"UFO!"って叫ぶ前の歌詞を飛ばしちゃって
苦笑い(笑)

でも最後にうま~く「中村達也、50歳!」
そこから ~それがUFO! って
歌い直してました。
それはそれで、なかなか素敵でした。

この曲はチバさんもサビを煽ってたせいもあり
かなり盛り上がって
いい感じの盛り上がり具合で終了。

達也さん帰るときに
「ありがとうーまた遊びに来てねー
バイビー!!」って走って帰っていきました。
かわいい(*´∀`*)

いやぁ、、、今年ツアーも決まってるだけあって
なかなか前回から進化してて
楽しかったです。
しかもタップリの2時間のステージ。
大満足でした。
ツアーやるってことは、、
アルバムリリースあるんですかね??
IMG_2074.JPG

あ、にしてもこの日のチバさん
ピック大判振舞いでした(笑)
あったやつ全部投げちゃってたんじゃない??
しかも結構後ろまでぴゅーって上手に飛んでました☆