So-net無料ブログ作成
検索選択

笑われたってどしゃぶりだって胸は張ったまま [音楽]

明日、もし行けたら、、、ですが
the pillowsが出る学祭前夜祭ライブに
行ってこようと思うのですが
明日はハロウィンですよ。。
でもって学祭前夜祭なんて言ったら
お祭り騒ぎなわけで(気分的には)
絶対仮装とかしちゃってる人
たくさんいますよね??
普通の恰好(しかも会社仕様の・・)してたら
逆に浮く??見たいな状態にならないか
勝手にヒヤヒヤしております。。

さて。
そんな10.29は
MANNISH BOYS
GO! GO! MANNISH BOYS!!! 2014ワンマンツアー!!!
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_1882.JPG

9月末から始まったMANNISH BOYSの
初ワンマンツアーファイナルっす!
あの時は最後の先行か?ってくらいな感じで
チケット取ったので
もうケツのケツの方の番号でしたが
この日はFCで取ったチケットだったため
300番台で中へ。
いっちゃん端なら最前も空いてたゼ♪の感じでした。
さすがZepp!
でもここはちょっと頑張って
ちょっと中ほどの2列目で待機。
周りは見事にいい感じの年齢の女性ばっかでした(笑)

赤坂ではほぼ人と触れ合うことなく
押しもほぼなく終わりましたが
前の方だとそこそこ押しもあり
人とも終始触れ合う状態で
思った以上に汗かきました。。
でも視界ほぼほぼ良好で
楽しめました♪

1ヶ月ツアー周ってきて
セトリが変わってたのかどうか、、
初日のセトリ見つけてないので
分かりませんが
登場の仕方は同じでした。

暗転して堀江さんとせっちゃんが先に入ってきて
せっちゃんがドラムセットに。
そして少ししてから
黒い傘を持ってノートを手にした達也さんが登場。

衣装はブルー系の豹柄チックな柄の
ボンテージスーツにハット。
ハットは思ってた通り
3人とも色違いで
さらに言うと堀江さんだけつばが丸い形の
ハットでした。

1曲目『本を捨てるなら雨降りの日に』
朗読してる達也さんも
途中からベースを持って演奏。
遠巻きに見てた時は
バリバリ弾いてるのかと思ってたんですが
そこまでバリバリは弾いてなくて
ジャーン ジャーン って感じに
掻き鳴らしてる感じでした。

曲が終わると
ホッとしたのか
達也さんオモシロポーズとったりして
またそれに合わせてせっちゃんも真似したりして
かわいかったです。

そして気合入れて
『GS750』
『GO! GO! Cherry Boy!』
この2曲大好き!
特に『GO! GO! Cherry Boy!』は
楽しい曲です。
キャンペーンでラジオによく出てた時
必ずこの2曲が流れて
なのでこの曲についてコメントがあるんですが
"クロマニヨンズをパクった曲"なんだそうです。
当初はあまりそう言われても
そうかなぁ・・・って思ってたんですが
聞けば聞いていくほど
ホント、そうだー!って思っちゃって。
また歌い方とか多分ですが
そこも真似たりしてるんですかね
ますますソックリに聞こえてきます。
いつかヒロトに歌ってもらいたい(笑)

続く『いとしのジェニー』
『ボンクラゲ』は
2人だけでの演奏、、、でしたか??
私のいた位置から
ちょうど堀江さんが隠れちゃってて
正直あまり姿が見れず
残念だったのですが
この曲は音の感じからも
2人でやってたように思うのですが、、、
違うかも。。
 ※どうやら『ボンクラゲ』『カーニヴァル』が
  2人だけの演奏だったみたい・・某レポ参照

そうそう。そのレポ見て思い出しました。
『カーニヴァル』の時
"ByeBye!死の商人"って歌詞に合わせ
手を振って中指立てるって仕草をしながら
ステージ動き回って
お客さんを煽りまくってました。
カッコよかったな~

今回MC少なかったです。。
最初も達也さんとせっちゃん、そして堀江さんの
紹介をするだけだったし。
途中でも「もうツアー終わっちゃいますよ、、」って
せっちゃんが言ったら
達也さんが「えーん」って泣きまねする
みたいなやりとりくらい。

『I am Dandy』の前に
せっちゃんが「一つ聞きたいんだけど、、」って
達也さん「何ですか?部長」
せっちゃん「Are you Dandy?」
達也さん「Of course, I am Dandy!」
この曲はオケ?かながあって
打ち込みの音源を流しながらでの演奏でした。

『CRAZY NURSE』始まる前かな
せっちゃんがギターで
パトカー?のサイレンみたいな音を再現してて
それをステージ前に出てきて
右から左へ移動してったように(トラップ現象)
音だけじゃなく向きも表現してた時の顔が
何とも言えずかわいかったです(笑)

そして「We will win!って言ってます!!」って
軽くレクチャーしてから
『週末のファンファーレ』
さすが前の方は皆さんノリノリですね。
楽しかったです。

最後は『MANNISH BOYSのテーマ』で
バックにフラッグがむくむく上がってきて
盛り上がって終了。

続いてアンコール。
みなさん汗だくで
グッズのTシャツに着替えて登場。
せっちゃんと達也さんは水色のVネックのやつ
堀江さんは白のどくろのやつ。
で。
この日もせっちゃん髪の毛結わいての
登場でした。
髪、、、伸ばしてるんですかね・・
でもあれくらいの長さで
結構整えられてるようにも思うので
ハット被る上での
考えられた長さなのでしょうか??
謎(笑)

「ありがとうね~こんなにたくさん」って
手をフリフリしながら。
そしてまずが『Dark is easy』

続いて『SWEET LITTLE MOON CHILD』
曲の途中で各パートソロが入るんですが
せっちゃんが
「もういっちょ!」
「はい、もういっちょ!」って
ムチャ振りして何回しもさせてて
堀江さんが最後困っちゃってました。
せっちゃん、、相変わらずSっ気発揮で
可笑しかったです。

一息ついて
またしても「終わっちゃいますよ。。」
「えーん」みたいなことあって
せっちゃん「初のワンマンツアーでしたけど
楽しかったです~
ツアーは終わっちゃうけど
来年また達っつぁんの50歳のね
アニバーサリーでまた、、
50歳はいろいろやるんでしょ?」って。

達也さん「うん。。そうだね。
50になったらタトゥ全部消すんだ(笑)
MANNISH BOYSだけじゃなくて
こっちも振り向いてくださーい」
これに対しせっちゃん「じゃー俺は
50になったら全部いれてやろうかな。
こっちアンパンマンで、こっちトッキュウジャー(笑)」
あはは。

ラストは「みんなが歌う時間だよ」って
言おうとして
「みんなの時間、、あれ??」って
しどろもどろになるせっちゃん。
改めて言い直して
『ざまみふぁそらしど』

歌の歌詞の中で
この日初の下ネタも
ちょろっと言ってました~ゞ(≧ε≦o)

最後はセンターに集まって一礼。
残ってたピックも全部投げてくれて
達也さんのスティックも
なぜかせっちゃんが投げ入れてました。
ただ1本めっちゃ端っこに飛んじゃったようで
堀江さんが笑ってました(笑)
で、堀江さん捌けた後
せっちゃんと達也さん抱き合ってた?
堀江さんに気を取られてたら
そのシーン見逃して最後しか見れず
ちょい、悔しいっす。。

初日は勉強不足で
曲あまり把握せずに行ってしまったんですが
この日はそこそこ聞きこんで行ったので
楽しめました~
あとやっぱ前だと熱気が違いますからね。
そう言うのも含めて
たのしかったです。


<セットリスト>
 01.本を捨てるなら雨降りの日に
 02.GS750
 03.GO! GO! Cherry Boy!
 04.いとしのジェニー
 05.ボンクラゲ
 06.カーニヴァル
 07.天使とサボテン
 08.The time has come
 09.Oh Amy
 10.DIRTY BUNNY
 11.LOVE&LOVE
 12.I am Dandy
 13.CRAZY NURSE
 14.Mach Venus
 15.週末のファンファーレ
 16.MANNISH BOYSのテーマ

 EN.
  Dark is easy
  SWEET LITTLE MOON CHILD
  ざまみふぁそらしど


あ、、カメラ入ってたんで
DVDになるのかな・・って思ってたんですが
どうやらCSでOAされるようです!
むふふ♪ 詳細はコチラ
まだ先だけどー・・

今日の夕食 [食べ物]

麻婆豆腐作りました♪

が、、、
もはや、、、麻婆豆腐じゃない。。。(ll'ェ')

IMG_1880.JPG

いや、確かに豆腐以外にも
ナスとピーマンも入れたよ。
それはあえて、、です。
が、豆腐が全部粉々になってしまった。。

麻婆豆腐に入れる豆腐って
絹ごしじゃないの??
てっきりそうと思い込んで
絹ごし買ってきてしまったら
作り方には木綿豆腐と書いてあって
。。。。(´+ω+`)

で。
まぁ、いいか。
っと作った結果がこうでした。
あはは。
やっぱ木綿豆腐がいいのかもね。
勉強になりました~(笑)

もう二度と戻らない日々を俺たちは走り続ける [音楽]

10.26は行ってきました!
TOWER RECORDS 35th Anniversary Bowline 2014
curated by 10-FEET & TOWER RECORDS
@さいたまスーパーアリーナ
10-FEET/ACIDMAN/[Alexandros]/エレファントカシマシ
氣志團/サンボマスター/FIRE BALL/locofrank
IMG_1870.JPG

このBowlineシリーズ3回目?
キュレーターという
指南役っていうんですかね。。
それが10-FEETってことで
行ってきたわけですが、、
他メンツもなかなか豪華で
一応"ボーダレス"ってテーマで
色んなジャンルのバンドを呼んだとは言ってましたが
あまりビックリするほどのボーダレス感は
なかったかな・・って(笑)

でもってこのチケットが
最初なかなか取れなくて
でも最終的にはかなり余りまくってたようで
(表向きは完売だったみたいですが・・)
なんとなーく煽られて
騙された気がしないでもない気持ちです。。

ってことで、、アリーナBブロックでの参加でした。
IMG_1878.JPG
でも・・行ってみたら
思ったほど遠くなかったし
椅子に座れないのかな、、って思ってたけど
ちゃんと休憩スペースとして
スタンド席の一部を開放しくれてて
そこからの眺めも悪くなかったし
IMG_1873.JPG
結構よかったです。
それに後ろから見てる限り
Aブロックはかなり人が多くて
大変そうな感じでした。
激しい系のバンドが多かった分
Bブロックでちょっとのんびり見れてよかったと
思ってます。

まず、、開場10時で開演11:30
グッズ先行(オフィシャルのみ)9時
ってことだったんですが
タイムテーブル的に
[Alexadros]から見れればいいかな、、って思ってて
グッズもさほど力入れて絶対買うぞ!って気持ちもなく
買えたら見てみようかな~くらいで
11時前くらいに着く感じで行きました。

当然、中にはすぐに入れたんですが
グッズ売り場がものすごーい大行列で。。
とくに10-FEETのグッズなんて
一目見て一気に嫌になるくらいの大行列。
いやぁ、、そこまでして買わなくていいや。。って
ソッコーあきらめ(笑)

なもんで想定外に早い時間(locofrankに間に合う時間)で
特にすることもないし
よし!飲むぞ!っと
初っ端からビール!!
IMG_1874.JPG
今回協賛でBudweiserが入ってて
当然売られてるビールはBudweiserなんですが
生じゃないんです。。。。
缶ビールをカップに開けたもの。
これで500円取るって、、、ひどくないですか??
ライブハウスのドリンク代じゃないんだからさ・・

あ、そうそう。
入口でタオルもらいました。
IMG_1872.JPG
今回ロッカー使わないつもりで
最少荷物で向かってたので
え、、いらないんですけどー・・って
思いつつもらってしまい
うーん。。。っと悩みましたが
その場で使いました。
なんか周りの人結構使ってたんで。
グッズを一切買わなかった分
その持って来てたタオルを入れるスペースが残ってて
よかったです(笑)

この日までタワレコ渋谷店に置かれてた
10-FEETの写真パネル
お店でパチリするのちょっと勇気いったんで
この日撮ってくればいいや、、って
思ってたのに
これまたすんごい人で。。
しかも一緒に撮れるよって感じのものだったので
みんな横に並んでポーズとってパチリするんですよね。
、、、そりゃそうだよね。。
でも私はパネルだけパチリできればいいんで
ちょっとその列に並ぶの躊躇っちゃって
結局パチリならず(-ω-`)
あぁ。。こんなことなら
お店で勇気だしてパチリしておけばよかった。。
もう終わっちゃったら店頭に飾られないよね・・
くそー。。

その他復興プロジェクト的なブースもたくさん出てて
一通り見て回ったんですが
タワレコブースがどこにあったか分からず、、
そこの展示物を見て来れなかったのが
心残りです。。(´+ω+`)
この日までに何回かアップされていた
動画の中に出てくる
チャリティ缶バッチのデザイン画とか
サイン入りTシャツとかがあったらしく。

っと、そうこうしてるうちに
11:30になる感じ。
IMG_1871.JPG
最初はその休憩エリアにて座って見ました。

【locofrank】
それこそ10-FEETとは仲良しのバンドなんで
名前は知ってたし
スペシャとかでちょいちょい見たことありましたが
ちゃんと音楽聞いたり
ライブ見たりするのは初めてかも。

まぁ、、普通・・かな。
癖もなくシンプルな
ロック(パンク?)バンドって印象です。
話によると、、
前日広島でそこから夜通し車で移動してきて
この日は朝8時くらいに会場入で
リハやったとか。。
素晴らしい!

「ライヴハウス代表としてきました!
10-FEETがなんでおれらを一発目にしたかわかる?
初めっから飛ばせってこと!」って言ってただけあって
フロアは結構盛り上がってました。

だいたい持ち時間40分前後で
転換30分って感じでしょうか。
ほぼタイムテーブル通り
オンタイムで進んで行きました。

最後の曲辺りで一旦席をはずし
再び場内ウロウロ。
お昼ご飯何か食べよう~って思ってたんですが
これと言って見つからず
しかも結構そこそこ並ばないとけない感じだったので
持って来てたカロリーメイトで終了。。
こういうとき
やっぱ頼りになるのはカロリーメイトっすね(笑)

なもんで、、、次はアリーナへ降りてみることに。
まだそんなに混雑してなくて
ゆるゆる見れました。

【FIRE BALL】
コチラはホントこういう機会じゃないと見れないだろうな、、という
レゲエバンド?
何て言うか、、何から何まで初めてづくしで
へぇーへぇーって感じで見ちゃいましたが
思ってた以上に楽しかったです!

全部レコードチャカチャカやって演奏するのかと思ってたら
(RIP SLYMEみたいな)
ちゃんとバンドメンバーいるんですね。
でもって歌ってたら「あー、、もう1回!」とか言って
やり直したり
「はい、終わり~」ってアッという間に終わっちゃったり。
なんか展開早くて飽きなかったです。

でもって、そうそう。
Voが4人もいる!
ハモってる?ってわけでもなく
でもそれぞれのソロパートがあって
あれ、なんか不思議な感覚です。

MCも楽しくて歌も聞きやすかったし
ちょっと毛嫌いしてたけど
少しだけ考え変わりました。

で。
このアリーナ、、人が目の前に立たないと
すごーく見やすいんですが
ひとたび立たれてしまうと
一気にステージ見えなくなるんですよね。
なんていうか、、ステージ低いのかな?
それとも遠いからか??
FIRE BALLのとき、
このBブロックでいう最前ちょい後ろにいて
思った以上にステージ遠くなくて
いいじゃん!って思ってたんですが
終わり頃現れた男集団によって視界が遮られ
テンション下がりました。。

なので、、
今度はブロック内の後ろ辺り端っこで見てみることに。
柵に荷物かけられるし。
ここならそんなに混雑はしないだろう・・と。

【[Alexadros]】
久々のアレキさん。
チケットがもう少し取れやすかったら
もう少しライブにも行ってただろうけど
なんかすっかりその気がなくなってしまって
こういう機会でしか見なくなってしまってますが
曲はそこそこ好きです。

セトリは新曲含みつつ
でもほぼほぼ定番曲の並びだったんじゃないかと。
だけど『Forever Young』が聞けて
うれしかったです。

途中BaのヒロがMCで
ヤングコーンの話をしたんですが
全くオチのない話で
それを洋平くんにツッコまれると
「いや、オレにしては上出来だった」って満足してて
可笑しかったです。

あと曲によっては
洋平くんがハンドマイクで歌う曲があって
その時はステージ端から端まで
バッチリ動き回って歌ってて
なかなかの大物感漂ってました。

で。
そうそう。
近々、またこのさいたまスーパーアリーナで
ワンマンする日が来るって予告をしてました。

<セットリスト>
 1.Starrrrrrr
 2.Waitress, Waitress!
 3.Cat 2
 4.Forever Young
 5.Run Away
 6.Kick&Spin
 7.Adventure

ここで。。
またしても場所移動。
後ろに下がってもやっぱ前に人立たれると
見え辛く・・(・ε・`*)
今度は柵のくぼみのすぐ後ろ辺りへ行ってみました。
くぼみの柵最前が取れれば一番いいんですが
さすがにここは既に人がおりまして・・
これが大正解!で。
かなり視界良好!!

【氣志團】
RSRに次ぐ2回目の氣志團。
まさか1年で2回も氣志團見るとは思ってなかった・・(笑)
季節は秋ってこともあり
黒の学ランでした。
(RSRの時は夏仕様の白だったはず、、)

そしてこの日もMC最高でした。
まだ氣志團ってやってるの?って
よく聞かれるそうですが
「ほそぼそとやってます!
でも続けていればいいことあるよって
言いたい!」って
例の『喧嘩上等』が月9の主題歌になった話を。

だけど月9が終わり
すっかり曲も流れなくなってしまい
「でももう1回日の目を見たい!
みなさん、ぜひ、年末の忘年会で
がんがん歌って欲しいと思います!!」って。

だた初紅白?の時全裸になって以降
NHK出禁になったそうで
「モンゴル800のフェスにNHK密着だった時
氣志團全カットでした。
その後泉谷しげるさんのライブ密着でも
氣志團全カットでした。」って
映像すら出してもらえない状況らしい・・
ビックリ!(笑)
なので「NHKはもう諦めてます。(つまり紅白)」
ってことは、、レコ大狙ってんですかね・・

そしてRSRでもやってましたが
にゃーってダンス?振付?のレクチャーを。
いや、、でもこの踊り
ホント見てて惚れ惚れしちゃほど
みなさんキレキレダンスで素敵なんですよ。
あれ完璧に覚えて忘年会とかでやったら
楽しそう~って、思っちゃうほど。

そこから『One Night Carnival』へ続いたので
もう盛り上がり最高潮でした。
流石はこの曲
みんな簡易的ですが
振付真似してましたね(笑)

そして日本語版?『MY WAY』歌った後
「ゴメン!みんな知らない歌うたって。
ここからはみんなが知ってる歌やろう!」って
演奏陣も楽器置いてマイクを持ち
なんと!『Choo Choo TRAIN』を。
あのクルクル回る振付とか完璧に真似してて
これまた最高!

「やべー超気持ちイイ! これがヒット曲か。
え?時間?関係ぇーねーよ!
もっとやるよ!!」って次なる曲
『Rising Sun』が流れだしちょこっと歌いだしたところで
スタッフ登場。
強制終了・・・

あれ・・これってRSRの時にもやった。。
あれはてっきり飛行機の時間があって
持ち時間より早く終わらせるための策だったのかと
思ってたんですが
もしやこれは持ちネタなのか??
初めて見た人は
「え?これで終わり??」って
まぁ、、あの時の私の感想と同じこと言ってましたけど
はい。。終わりでした。

姿見えなくなった後も
声だけで例の号泣公務員のマネっぽく
「縁もゆかりもない埼玉で、一花咲かせたいんです!」とか
「音楽で世の中変えたいんです!」とか言ってて
いやぁ、、でもオモシロかったです。
フェスで見るくらいならいいかもね。
なにしろ踊りが楽しいんで
見てて楽しいです。

<セットリスト>
 1.Baby Baby Baby
 2.鉄のハート
 3.愛 羅 武 勇
 4.喧嘩上等
 5.One Night Carnival
 6.MY WAY
 7.Choo Choo TRAIN
 8.Rising Sun ※強制終了

とっても見やすい場所だったので
引き続きここで。

【ACIDMAN】
いつものSEでメンバー登場。
例のクラップハンズもちゃんとされてて
ちょっとホッとしました(笑)
だって・・
10-FEETファンがほぼほぼ8割くらいなわけで、、
あまりACIDMANとか興味ないとか多そうかな・・なんて
思ったりしたんですが
考えすぎだったようです(笑)

出てきてスタンバイするなり
大木さん「今日という日はもう二度ときません。
最高の1日になるよう
最高のライブを楽しみましょう!」みたいなことを言って
なんと1曲目!『造花が笑う』っすよ?!
わーい!!♪ヽ(´▽`)/
テンション上がったー
先日あったワンマンでは聞けなかった曲だけに
うれしかったです。
サトマのキャップはこの曲のどっかで
落下してたと思います。

ただ、、ここから先は
そのワンマンでもやった曲デシタ・・
まぁ、、そりゃそうよね。
でも何て言うか、、すっごい勢いがあって
なかなかいいライブだったと思います。

次が『アイソトープ』
ギターでチャチャチャチャチャチャン oioioioi!! が
あった後だったか、、
サトマが「お前ら、こんなんじゃねぇーだろー!!」って
oioi煽りまくってて
あれ、、やっぱサトマ
叫ぶ人になったのか、、って(笑)
叫んだのはココだけだったかと思いますが
その後もことあることに
oioi煽ってました。

「改めましてACIDMANです。」っと
自己紹介。
10-FEETにもタワレコにもデビュー当時から
ずっとお世話になってるって。
そして「じゃーそのデビュー当時からやってる曲を、、」っと
『赤橙』
この流れよかったなー。。

その後は『Stay in my hand』
『新世界』っとアゲアゲの曲を連発し
極めつけはもちろん『ある証明』
なんだかんだ言ってもこの曲が来ると
血が騒ぐじゃないけど
テンション上がりますね。
体が自然と動いちゃいます。

「ロックバラードは好きですか?」
ふふふ。
やっぱそう言う流れで来ましたか。
絶対最後に新曲やるなって思ってましたが
まさかそんな一言があるとは(´m`)

告知情報としては
アルバムリリースの話をして
そこにも入ってる1曲ってことで
紹介してました。
いずれみんな死んでしまうけど
でも死んで生まれ変ると思えば
死後の世界があると思えば希望がもてるって。
先にワンマンでもこの内容の話を聞いてて
さらにより理解できたというか
うろ覚えになってた部分を穴埋めできたというか
そんな感じでした。

「大切な人を想いながら聞いてください」と
『世界が終わる夜』
流石でした~
またあの大きな会場で聞くと
壮大さがより増すので
いやぁ~聞き入ってしまいました。

<セットリスト>
 SE:最後の国
 1.造花が笑う
 2.アイソトープ
 3.赤橙
 4.Stay in my hand
 5.新世界
 6.ある証明
 7.世界が終わる夜

ここで、、、トリの10-FEETにそなえ
いったん離脱。
トイレ休憩です。
ホントはこのまま居続けちゃおうかな・・っとも
思ってたんですが
ここは無理をせず。。

そして再び戻ってみたら
なんと!
柵の最前の人は入れ替わってましたけど
その後ろの
さっきと同じような場所がまだ空いてまして☆
ラッキー(*´∀`*)

【エレファントカシマシ】
エレカシは、、まぁ、フェスにもよく出てくれるんで
そんなにレアな感じは少ないですが
でも普段イベントとかではあまり見れないので
貴重といえば貴重です。
このためだけに来たんだろうな~ってファンの方も
ちょいちょい見かけました。

SEはなく登場。
なんか大物感あってカッコよかったです。
最初は割と最近の曲ですかね、、を演奏。
『Destiny』の紹介で
「生きてる!って曲です、、、って
どれもそうなんですけどー。。」って言うのが
おもしろくて。
他にもどこかで「みんな!いい顔してるぜー
見えないけど、、」とか
ホント宮本さんのウソつけない性格って言うんですかね
なんかそういうのが表れてて
オモシロかったです。

そして「俺たちにしてはまぁ知られてる曲です」
みたいな紹介から『悲しみの果て』へ。
いやいや、知られてるも何も!
これがまた素敵でした。
何て言うのかな、、どの曲もそうなんですが
声が無理のない伸びやかさっていうのか
でもすっごい太い声で歌ってるのに
無理にがなり出してるって感じもなく
だから余計に響いてくるって言うか
とにかく素敵でした。

次の『デーデ』って曲は
金があればいいって感じの歌詞が続く曲なんですが
最後の最後 金があればいい って歌ったあと
死んじゃうけどね~ なんて付け加えてて
吹きだしちゃいました。

曲によっては宮本さん
ハンドマイクで歌うんですが
これまたステージをあちこちに動き回ってて
スタッフさんがマイクのコードを
伸ばしたり、整えたりするの
大変そうでした。

そして10-FEETもカバーした
『今宵の月のように』
これはだからやってくれたのか
どうかは分かりませんが
この曲紹介でも「唯一の(ヒットソング?)、、、」って
言いかけて「そんなに自分たちのこと
下げて言わなくてもいいか。。
あのー素敵な曲があるんで、、」みたいに言ってました。

流石にこの曲は
その10-FEETのがカバーしたってこともあってか
フロア大盛り上がりでした。
この曲も大好きです。
10-FEETのカバーもそれなりに味があって
よかったですが
やっぱ宮本さんにはかなわないな、、って。

『ガストロンジャー』これは必ずと言っていいほど
見るたびにやってる気がします。
でもこの日は割とあっさりと終わったような感じです。

その後は『俺たちの明日』
『ファイティングマン』っと
持ち時間タップリ
その代りMCはちょっと少な目?で
ガッツリやってくれました。
これぞ長年続けてきたバンド!っていう貫録を
存分に見せつけてくれた感じがして
最高でした。

<セットリスト>
 1.ズレてる方がいい
 2.Destiny
 3.悲しみの果て
 4.デーデ
 5.化ケモノ青年
 6.今宵の月のように
 7.ガストロンジャー
 8.俺たちの明日
 9.ファイティングマン

ここで奇跡が?!(笑)
なんと!狙ってた柵の最前が
空いたのです!!
まーじーでぇー・・
このタイミングでここ取れるとは。
でも行ってみて思ったのは
くぼみの横幅が結構短いのです。
となると、、その両サイドのゾーンには
当然人が入っていて
ステージが思った以上に見えにくい。。(-ω-`)
むしろ下がってた方が見やすかったかも??

いや、でも。
くぼみの直線状は3ピースならVo/Gtの立つ位置なので
この際左側は我慢しよう・・
あとはジワジワ右方向へすり寄る?!(笑)
・・・関係ないけど
   この日の出演バンド
   半分は3ピースバンドだったんですよね。
   なんか珍しい~って思っちゃいました。

【サンボマスター】
いつものSEでメンバー登場。
山口くん、ストーンズのベロのマークのTシャツ。
なんか攻めてる感じがしてよかったです♪

いつも以上に山口くんの
まくしたてるMC炸裂で
この日も初っ端から
タワレコのこと、BOWLINEのこと
そして10-FEETのことをワーっと言って
最後の最後「10-FEETで許せないのは
TAKUMA君が僕より数段ハンサムなことです!」って。
あはははゞ(≧ε≦o)
ここから「ハンサム禁止!ハンサム禁止!」って
もうこの日は何かにつけて
この後ずっとこのコール連発(笑)
最高でした。

サンボのライブ、、
ここ最近はあまり見れてなかったせいもあってか
その間に新曲が結構出てたみたいで
そのあたりの曲を織り交ぜつつやってくれたので
楽しかったです。

それにしても、、、山口くんのMCすごいなー。
考えてきてたとしても
あの早口で
ほぼ噛まずに
ほぼ言い間違えたりせずに
詰まったりせずに
叫び続けられるって
流石だと思います。

「俺たちにとって
あなたたちがロックンロールだから」
みたいなこと言ってたのが
なんかグッときました。

あと、こんなに激しかったっか??ってくらい
お客さん激しい!
山口くんが何度も「セキュリティー!」って
叫んでたりして
ダイバーも続出でした。

サンボがトリ前だった理由が
よく分かりました。
そう思うと、、今回のタイムテーブルは
かなりいい感じの流れになってたと思います。

<セットリスト>
 1.ミラクルをキミとおこしたいんです
 2.世界をかえさせておくれよ
 3.愛してる愛して欲しい
 4.光のロック
 5.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
 6.でっきこないを やらなくちゃ
 7.ロックンロール イズ ノットデッド

そしてラストはこのまま
この位置で。
この時はほぼ周り誰も動かなかったと思います。

【10-FEET】
待ってました!!
時間になり、暗転すると
今までBowlineのロゴマークのフラッグだったのが
スルっと落ちて
10-FEETとBowlineのコラボのフラッグに。
おぉ~
やっぱキュレータは扱い違うんですね♪

いつものSEでメンバー登場。
その時のフロアの
"10-FEET"って書かれたタオル掲げる数の多いこと。

そして1曲目から『RIVER』
おぉ~
そりゃテンションMAXになるってね。
替歌のところは"荒川"でした。

「やっとこの日が来たな!
めっちゃ楽しい~最後までブッ飛ばして行くぞー!!
色んな人がおるさかいな、ケンカせんで。
落し物は届けてやってな」っと
一言ありまして
『VIBES BY VIBES』

「今日という日をどういう日にしたいか
分かりやすい態度で見せてみー!!」っと
『super stomper』

「叫べるか?大きな声で叫んで見ろ!」っと
『JUNGLES』

いやぁ、、いいね~
10-FEETも言ってみれば
ほぼほぼフェスとかイベントとかでやる曲って
同じだったりするんですが
でもなんでですかね、、全く飽きないのは。
まだその域に達するまで
ライブに行けてないのかもしれないです。

『STONE COLD BREAK』イントロやって
「何か足りないよな?
何が足りないのかな?」って言ってたら
FIRE BALLのメンバー登場!
そうそう。feat.でやってくれたんでしたね。
ってことでこの曲は
FIRE BALLと一緒に。
こういうのが見れるのは
ライブならではで
うれしいです。

続いて、、ギター弾きながら
長めのMCだったのですが、、、
記憶がスコーンと消えてます・・(ll'ェ')
うーん。。
でも皆さん口々に感動したって言ってて
だけどどんなこと言ってたか
書いてくれてる人いないんですよねぇ・・
なもんで、思い出せない。。
ま、そんなMCから『蜃気楼』
大好きな曲。

そして『1sec.』
『その向こうへ』と続き
私のいたところはほぼ巻き込まれることなかったですが
後ろやその横辺りでは
大きなサークルが出来て
すごいことになってみたいです。

「楽しいことはすぐ終わってしまうな、、」って
ヨウツベで映像見てたら
その横にさらにそれに関連した映像がどんどん出てきて
あれ見てたら1時間なんてアッという間やなって
そう、それまさに前の日に体験してて
思わず笑っちゃいました。

「まだまだ行けるかー!!」っとラストは
『goes on』
恒例のこの曲終わり
大盛り上がりで本編終了~

っと思ってたんですが、、、
3人センターに集まり何やらゴニョゴニョ。
「えーっと、、言われんでもアンコールやります!」
っといったん引き下がることなく
そのままアンコールへ突入。
時間・・押してたんでしょうかね(笑)

フロアとしては一応形だけでも、、っと
拍手つづけてたんですが
「そんなん(拍手)やらんでもやりますから!」っと。
あはは。

そしてTAKUMAが
「今日はこんなにたくさん
俺のマイミ(クのみんな、ありがとう)、、」って
言ってる途中でポン!っと銀テープ飛び出す。
え??
フロアもビックリでしたが
本人たちもビックリしたようで
「なんで今なん?」って。

KOUISHIなんて
「とりあえずそれしまっとこ。」とか言ってて。
「もうダメなん?せっかく曲で使おう思ってたのに」
「仕方ないな、、曲ではなしで普通にやろう。」
など口々に。
TAKUMAは「曲中ならまだしもMC中の
しかもこれからボケ言おうと思ってた
真っ最中に・・」って苦笑い。

「まぁ、ビックリしたってことで
良しとしておこう。。
俺らもビックリしたわ。」

ここで気持ち切り替えて
本日の出演者の話。
ここで先に書きましたが、、
locofrankが前日広島から夜通し移動で
朝一ライブをしてくれたことを言ってました。

あとは[Alexandros]に関しては
NAOKIの今日の目標は
[Alexandros]と仲良くなるコトだったらしく
「年下と知ってこれからは強気で行くぞー」って
うれしそうでした。

サンボについては
山口くんの言いたい放題のMCで
本日連発してた"ハンサム禁止"
「前に学祭で一緒だった時
始まっていきなり大学辞めろ!って
大学の学祭やのに、、
お客さんもなんかとまどいながらも
勢いに負けて大学辞めろ!って拳上げてたけど(笑)
その後俺お疲れ様でしたーって
挨拶言ったらメンバー3人で揉めてる最中で
なんか、お前(山口くん)大学出てるくせに
そんな勝手なこと言うんじゃねーよって言われてて、、」

そんな話してたら
急に?KOUICHIが「マグロ!」って言いだして
いっちゃんが出てきて
2人でコール&レスポンス??
「マグロ!」「マグロ!」
「鰤」「鰤」
「タラ!」「は~い♪」
っというオチ(笑)
少しだけウケてました。

そして「チューニングするから
KOUICHIちょっと繋いどいて」ってことで
恒例のKOUICHIワンマンショー!!
「エコー効き目でお願いします!」っとリクエストもしつつ
ドラム叩きながら
まずは『Choo Choo TRAIN』

続いて『TRUE LOVE』
合間合間に「はい!みなさんもご一緒に!」って
そして歌い終わると
「ドラム叩きながらでも結構歌えるんやな(笑)」
今後はこのスタイルになるかも?!(≧▽≦)

そして何も説明なしに
エレカシのカバー曲『今宵の月のように』
わー♪
まさか両方のこの曲を聞けるとは。
うれしいです。

「残りあと2曲です!」っと
まずは『2%』

そしてラストはもちろん『CHERRY BLOSSOM』
ドラムが鳴っていきなり歌が始まりますが
そこでなんと
あの銀テープがちゃんと飛び出しました!
しかもさっきより全然盛大に!
もうないって思いきってただけに
出てきたーってことと
その綺麗さにただただ感動!!
遠くから見るとこんなに綺麗なんだなーなんて。。

この上ない盛り上がりでした。
最後前から後ろにだっけか、、
タオルでウェーブとかしたんだっけ・・

長丁場で結構疲れましたが
思ってた以上に快適で
楽しかったです。
IMG_1875.JPG

IMG_1877.JPG

<セットリスト>
 1.RIVER
 2.VIBES BY VIBES
 3.super stomper
 4.JUNGLES
 5.STONE COLD BREAK feat. FIRE BALL
 6.蜃気楼
 7.1sec.
 8.その向こうへ
 9.goes on

 EN.
 (Choo Choo TRAIN/TRUE LOVE)
  今宵の月のように
  2%
  CHERRY BLOSSOM


で。
帰りの電車で、、、
水戸ライトハウス25周年を祝って
数々の豪華ライブが発表されてますが
なんと!この度!
怒髪天と10-FEETの対バンが発表されまして、、、
もぉーーー・・・
ライブよかった~って余韻に浸ることなく
一気に頭の中は
そのライブのチケットをいかにして手に入れるか、、で
一杯になってしまったってば。

てか、その翌日が
チケットまだ取ってないけど行きたいなーって思ってた
髭ちゃんのワンマンなのよね。
どっちも平日・・
ってことはどっちもは無理じゃん。。
うぅ・・・

でもって怒髪天と10-FEETの対バン
チケットは店頭かe+のみの販売なのよね。
幸い店頭販売の日、スケジュール空いてるけど
交通費往復4000円くらいかかる訳で
かなり悩みます。
いかに安く行けないか、、っと
アレコレ調べてはいますが
うーん。。。どうやっても4000円近くはかかるっぽい。
はぁ。。。
誰か茨城(水戸)に住んでる友達、、いなかったっけか(´+ω+`)


さあもう一度だけ旅を始めよう [ACIDMAN(2010年~)]

引出整理してたらできました。
IMG_1865.JPG
 諭吉は左上が現在の。違い分かる??(笑)
懐かしい?!(笑)
私、昔から何気にこういう(どういう??)の
集めるタイプでして・・
聖徳太子の1万円と伊藤博文、そして500円札も
実家のアルバムに保存してある、、はず( ̄▽ ̄;)
ぺりぺりぺりって
糊の面に乗っけるタイプのアルバムだから
きっと糊でくっついちゃって
もう使えないかな。。。

でもこれは気が済んだから使っちゃおうっと。
思わぬおこずかいが舞い込んで
ちょっとうれしいです(笑)
でもお店で支払うのは
ちょい勇気いるんで、、、
何かの振込みとかで使おうと思ってます。

さて。
そんな10.23は
ACIDMAN New Single『世界が終わる夜』発売記念
ワンマンライブ
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_1863.JPG

久々、ACIDMANのワンマン!
てかACIDMANのライブ自体
久々かも。。
ここ最近すっかり熱が冷めて来てましてね・・(;´д`)
シングル買わなくなっちゃったし。

ただ今回のこのワンマンは
ACIDMANとしては初めての
シングルリリース記念ライブで
しかもここ東京でのみの開催という
若干スペシャル(プレミアムって言ってたっけ)なライブで
チケットはシングル購入者が一番先に買えるという形だったため
買いましたよ、、シングル。
でも激戦になることなく
恐らくその先行でエントリーした人は全員取れたっぽい感じで
若干拍子抜け(笑)
その証拠に
Aが2700番台まで出てたみたい(笑)

が、しかし!
欲がないといいチケットが取れる
っというのは嘘ではないのか?!
今回の番号170番台という
なかなかな番号でして。
いやぁ、、、今度からThe Birthdayとか
the pillowsのチケット
全く興味ない人に取ってもらおうかしら??とか
思っちゃったり(*´ω`)

っというのは冗談で、、、
やっぱどうせ行くなら見やすい場所でみたいですもん
うれしかったです♪

っというわけで、、
端っこでしたが
無事、大木さん側最前いけました~(´∀`人)
むふふ。
いい眺めだった☆
そして端のせいかもしれないんですが
始まった後もさほど押しが来るわけでもなく
終始快適でした。

ちょい押しくらいかな
ライブスタート。
SEは『最後の国』
徐々に高まってく音楽に
もう周りが今か今かと
クラックハンズするのを待ってる感じが
なんかよかったです。

そしてそのクラップハンズをし出して
少ししたくらいに
メンバー登場。
出てくるなりサトマが
クラップハンズを一緒にしてました。

大木さん、帽子はベージュの秋物ハットでしたが
白いシャツを七分くらいに腕まくりして
ちょっとダボっとした色が薄めのデニムにブーツという格好は
なんていうか、、夏の少年みたいな雰囲気で
かわいかったです。
サトマはグッズのTシャツでしたか?
浅めのキャップにナイキのスニーカー。
いっちゃんはイエローに近いベージュのTシャツに
下もベージュベースのカモフラっぽい柄の短パンで
ちょっとラクダみたくて笑っちゃいました(笑)
にしても、、いっちゃん、痩せましたね。
ちょい前にCSのテレビに出てきたときに
わー痩せたーって思ってたんですが、、

そして気になる1曲目は、、、
『風、冴ゆる』
おぉ~
この始まり、、珍しくないですか??
フロアのテンション一気に最高潮でした。
で、
サトマのキャップはこの曲で
早々に落下してまして
気付いたときにはもう落ちた後デシタ。。
やっぱ浅めだったから・・(笑)

続いて『波、白く』
イントロ始まって激しくなる前辺りで
サトマ「行くぞー!東京!」
あれ?サトマって
こうやって叫ぶ人でしたっけ??
ちょいビックリしてしまいました。
この曲は大木さんがピックを口にくわえて
指弾きするところがあるのが見ものです♪

次に『スロウレイン』
以前はあまりやってなかったように思うこの曲も
ここ最近は割と聞く回数が
多くなったなーなんて思ったり。
人気曲だけあってホント名曲です。

ここで最初のMCでしたっけ。
「Zepp Tokyoへようこそ!」って。
そして「やっぱワンマンいいねー」と
うれしそうに。
あはは。。
久々のワンマン
それまで今年は夏フェスもそうですが
結構イベントに数多く出てるなーって印象で
そこでは何気にアウェイ感感じてたんでしょうか・・(笑)

ここでこういったシングルリリース記念のライブは
今回が初めてだって話。
「初めての試みなのに
こんなにもたくさん集まってくれて
ありがとうございます」って。

そして「今日ここにはいろんな人が来てると思います。
落ち込んでる人、元気な人、嫌なことをいっぱい抱えてる人
一人で来た人、恋人と来た人、友達と来た人、家族と来た人、、
でも、ライヴっていうのは、
みんながひとつになれる場所で
なるべく、悲しみとか、そういうものを全部乗り越えて、
明日が見えるような、輝く星に手を伸ばすような、
永遠にその光がが続くような
ライヴにしたいなと思いますので
最後までよろしく!」
・・・半分某レポサイトからパクった(笑)
   覚えきれないって・・

「そんな希望の光について歌った曲」
みたいな曲紹介から
『EVERLIGHT』

これは今年の新曲1発目ですね。
あまり聞きこんでなかったせいもあって
ちょっとノリ切れない部分がありましたが
でもACIDMANらしいっていうか
バーッと目の前に明るい光が輝くような曲で
素敵でした。

どこかの曲から、、、
時々曲によって
バックに映像が映し出されて
これまたACIDMANらしい
映像と曲との調和を醸し出していて
流石~って感じでした。

ここからそういう爽やかな曲が続きます。
『アイソトープ』
一瞬音程がつかみ切れず
何の曲か分からなかったなぁ・・
なんか不思議な感じでした。

そして『RIVER』
確か、、、つなぎのアレンジがあったっけか。。
これまた大木さんが途中指弾きするんで
ピックを口にくわえる場面があるんですが
さらにきゃっ♪ってなったのは(笑)
なんか歌いだすギリギリまで
ピックが口にくっついちゃってて
取りながら歌ってたこと!
上手く文章説明しきれないんですが
見ててかなりハラハラしちゃっいました。

続いて、、、ドラムが鳴り続いて
『FREESTAR』
この曲はライブでどんどん盛り上がる曲に
成長していった曲だなーって印象の曲。

次に『赤燈』
この曲聞くたびに
ここまでデビュー曲が一番の代表曲ってバンド
他にいるかな?って思っちゃいます。
ホント、最初からクオリティ高かったんだなーって
つくづく思います。

「言葉がなくても
頭の中に浮かぶイメージから気持ちが変わってきたり
さっきの曲でもあったけど
たった1秒でも世界が変えられるし
気持ちが変わる、、
そんな素晴らしいものが音楽だと思っています。
・・・インストゥルメンタルは好きですか?」

そこから『slow view』
インストの曲ですね。
私自身あまりインストの曲は好きじゃないんですが、、
ACIDMANはかなり好きみたいですよねぇ・・

その世界観が続いたまま
『Spaced out』
これもかなり、何て言うか・・
難しい曲になってたように感じました。

終わると「かなりディープだったね」って大木さん。
そうそう。まさにそんな感じ!(笑)

今回のライブのリリース記念になっている
シングル「世界が終わる夜」について
大木さん「今までCDなんて買わなくていいから
ライブに来い!って言ってたけど
このCDが売れない時代
さらに疲弊していくレコード会社を見てたら
流石に、、、あの、、CD買ってください!(笑)」

するとサトマ「そんなこと言うの初めてじゃない?
CD買ってなんて、、」って。
大木さんもそう言われて
「あーそうかも。そうだね、、」って。
それ聞いてなんて言うか
この人たちはホントに売上とかセールスとか
気にしないでやって来た人だったんだなって
改めて思ったというか・・
上手く説明できないんですが
サトマがポロっと言ったその一言が
妙に確信もてるというか
ちょっとジーンときちゃいました。

そしてここからはまたまた某レポサイトから
いただいちゃいますが、、
私が覚えてる内容は
自分は(歌詞の中で)よく世界を終わらせてるけど
世界が終わって欲しいなんてこと
全く思ってなくて
昔からそのことがずっと怖くて、、
ただ、いずれ自分たちは絶対に死んでしまうし
世界も終わってしまうと思う
でもその時に隣で好きな人が笑ってくれてたら
それだけでいいんじゃないかって思って作った曲だと。
そして大切な人を想いならが聞いてくださいって。

引用・・
 「僕はよく、世界を終わらせるなあと思うんですよ、
 歌詞の中で。
 もちろん、世界が終わってほしいなんて、
 1mmも思ってないです。
 だけど、君も、僕らも、必ず死んでしまう。
 そして、世界も必ず終わるんです。
 そういうことが、ずっと昔から怖くて、悲しくて、
 不安で、寂しくて、ずっと眠れない時もあって。
 愛しい人と死に別れたり、
 震災以降いろんな悲しみも生まれて、
 何がいちばん希望が持てるのかな?とか考えるんですけど・・・
 まずひとつ、自分の価値観の中で、
 きっと世界は生まれ変わるんじゃないかなと思っていて。
 そうすれば、別れた人ともまたどこかで
 会えるんじゃないかなって。

 でもやっぱり、今生きている以上、
 必ずその終わりは来るわけで。
 その時に、隣にいる人だったり、家族だったり、
 仲間だったり、友達だったりが笑ってくれれば、
 それだけで救われるような気がして。
 大災害の時でも、手を握り合って、
 笑っていられたらなと思って、この曲を作りました。
 大切な人を、みなさんも思い浮かべて聴いてください」

そしてプレミアムライブと言うこともあり
シングルでも演奏に参加している
ストリングス隊が登場!
この1曲のためだけに呼ぶって
まさにプレミアム!!
この完全Ver.で『世界が終わる夜』

ただただ聞き入っちゃいました。
でも私、大木さんが泣きながら歌うんじゃないかって
それだけが気になってしまって(笑)
だってMVの撮影で
自然と涙が出ちゃったって
なので勝手にハラハラしてました。
終わりの方少し、ん??って思う感じもありましたが
なんとか無事歌い切ってて
ホッとしました~(笑)

いやぁ、、すごいスケール感の曲です。
ストリングス隊に拍手を送った後は
『ALMA』
この流れ最高!

この曲かどうかは覚えてないんですが
色んな曲で
演奏しながらループ録ったり
機材を駆使して演奏してて
そういうのがあるから3人なのに
3人とは思えない演奏なんだな、、って
改めて思いました。
ホント、すごいです。
なんていうか・・まさに芸術ですね。

そしてここで
恒例?!いっちゃんのMCタイム!(笑)
「ある程度想像はしてたんですけど、
ここまで神聖な雰囲気になるとは思ってなくて、
すごくしゃべりづらいです!(笑)。」って。
あははは。。。

で、その『世界が終わる夜』のMV撮影で行った
アイスランドの話へ、、
キュウキュウのスケジュールで
かなり弾丸ツアーだったそうなんですが
「アイスランドよかったよねぇ」って言うと
シーン・・
大木さんも「もう終わりかと思った。。ビックリした(笑)」って。

いっちゃん的に、自分のMCタイムでは
大木さんの喉を休める時間って認識があるらしく
「あ、、(大木は)休んでてください
(サトマに)お前だよ!なんか言えよ!」って。
するとサトマ「話かけんじゃねぇーよ!」
いっちゃん「なんだよー俺たち同級生だろ?」
サトマ「ついでに言うとライブ中も
こっち見ないでくれます?」
いっちゃん「それはお前がこっち見てるからだろー
それがアイコンタクトじゃねぇーのかよ!」

気を取り直して?!
アイスランドで買わされたという
鳥の着ぐるみっぽい帽子を被りながら話をし
「今回のアイスランドで俺が一番発した言葉は
すげぇ!でも最高!でもメシが美味い!でもなく
コケェ!でしたー」って。
鳥の鳴き声もあるんですが
「実際にアイスランドには
苔がいっぱいありましてね、、ふかふかの・・」っと
苔と掛けてたみたいなんですが、、
フロアのリアクションイマイチ。。

大木さん「もう少しウケると思ったよね、、」
なんでもリハでも同じセリフで2回も練習してたようで
リハの方がまだ調子よかったんじゃないかって。
ここサトマのいっちゃんイジリ炸裂で
「別にリハも調子よくなかったけど?」って言うと
いっちゃん「お前、バカウケだったじゃねぇーかよ!」
サトマ「全然ウケてないんですけどー」
この言い方が最高でした。

そして次の曲への曲振りも
いっちゃんがコケェ!のテンションで言ったんですが
コレがなんて言ってるか全然伝わらなくて・・
いやぁ。。今回のスベリ具合はひどかった(笑)

えーっと、、曲は『type-A』でした。
なんと!
うれしい!!
でもイントロ聞いても
いっちゃんの言ってた曲名
理解できなかったんですけどー(笑)

ここからラストスパート
『stay in my hand』
これこそ、ほっとんど聞いてなくて
テンション上がり切れず
ちょい残念。。

でも『新世界』はよかった!
そこからの『ある証明』は
あーこれこれキターって感じの盛り上がりで
最高でした。
演奏も熱かったです。

「ありがとう!ACIDMANでした!」
本編終了。

続いてアンコール。
みなさんグッズのTシャツに着替えて登場。
「アンコールありがとうございます。」
そして「楽しかったねぇ。。。」としみじみ。
サトマかな「俺は楽しかったよ
思ったよりアッという間で、、」って
言ってるのがまたかわいくて。
そして大木さん「みなさんはどうでした?」っと
フロアから大きな拍手が鳴り続けると
「伝わるねぇ~ありがとう!
ホント皆さんのおかげで
こうやってライブを楽しくやらせてもらえてます。
ほんとにありがとう」って。

ここで、、11月に出るアルバムの話。
「あんまり自分のアルバムのこと褒めたくないけど
すげぇーいいのができちゃいましたよ!」って。
そして今回のライブはプレミアムだから
大切なお知らせがあるとのこと。
かなりもったいぶってるくせに
「えーっと、、まずは一悟くんがやめるってことと、、、」って
かなりサラッと(笑)
いっちゃんこれには「なんだよ、
サラッと言うね、、てか、辞めないし!」
フロアからも「お疲れ様ー」とか声聞こえてきてて
「止めないって。てか、引き止めろよ!」って反論(´m`)

「えーっと、、そのうち夢は叶うとして
アルバムリリースとくれば、、ツアーですよ!
ホントは今日の9時から発表なんだけど
一足先に発表したいと思います。
いつからだと思う?」
こういうフロアとのやり取りも
なんか新鮮な感じがしました。
ツアーは2月からで初日はここZepp Tokyoで
2/6からだそうです。

さらに!発表はまだあって
このツアー海外にも行き
最後は5回目の日本武道館!!とのこと。
そしてモバイル会員向けに
明日(10/24)からチケット先行があるって。
ここまで言ってくれるの
そうないです(笑)

そして新しいアルバムから1曲
初披露ということで『EDEN』を。
初披露っていいですね♪
今となってはあまり覚えてないんですが
スポーツ番組のエンディングとかで流れそうな映像が浮かぶ
感動的な曲だったように思います。(うろ覚え・・笑)

そこから『アルケミスト』
いい感じでドラムが鳴り続いて
イントロへ、、って感じだったんですが
急に大木さんが左手を「イテテ、、」って
曲ストップ。
「爪に、弦がグイって(喰い込んで)、、」って。
でも血は出てなかったようで
再スタート。

アクシデントありましたが
そんなこと気にならないくらい
熱い演奏でした。
あーこの曲、、好きです。
普段あまりACIDMANの曲を聞くことが少なくなってきてただけに
久々に聞いて
いいわ~って思いました。

最後は盛り上がって終わるぞー!っと
『your song』
そう来なくっちゃ!
この曲ラストってすっかり定番に。

「ありがとう!また会いましょう!
ACIDMANでした!!」

ダブルアンコールの拍手のしばらく鳴ってましたが
ライブはこれで終了~。。
楽しかったです(*´∀`*)

でも気持ち的に
やっぱりどこか俯瞰で見てしまってる自分がいます。
曲を聞けばいい曲だって思うし
ライブに行けば楽しいって思うけど
前ほど熱くは盛り上がらないっていうか。
ま。
ゆるゆる応援していこうと思います♪


<セットリスト>
 SE:最後の国
 01.風、冴ゆる
 02.波、白く
 03.スロウレイン
 04.EVERLIGHT
 05.アイソトープ
 06.RIVER
 07.FREESTAR
 08.赤燈
 09.slow view
 10.Spaced out
 11.世界が終わる夜
 12.ALMA
 13.type-A
 14.stay in my hand
 15.新世界
 16.ある証明

 EN.
  EDEN(新曲)
  アルケミスト
  your song

 ※引用したレポサイト


ロックバンドはやめらんないとまんない [怒髪天(2010年~)]

the pillows presents
 COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2014→2015が
今年も決まりました!
って、、、これ、最初に情報きたの
ぴあのお気に入り登録からで
その後出演が決まってる怒髪天からのメルマガで
・・・主催者であるピロウズさん
またしても後から発表という。。(ll'ェ')

まぁ、毎度のことですが
とりあえず、今年もまた年越し&年明け
楽しく過ごせそうです♪

さて。
そんな10.20は
怒髪天 ドハツの日特別公演 
怒髪天スーパーライブ
~秋の大感謝祭 "30(サンジュー)ベリーマッチ"~
@中野サンプラザ
でした。
IMG_1858.JPG

そう、10/20はいつぞやから
ドハツの日になったそうです(笑)
語呂合わせですね。
IMG_1859.JPG
そして今年は30周年ってこともあり
スーパーライブ!!って形で
ライブが行われることになったみたいです。

お礼参りツアーの新宿LOFTでも
とにかくすごいから絶対来た方がいいよって
増子さんが何度も言ってたこのライブ
それ以外何がすごいのか全く情報なしの状態で
当日を迎えたわけですが、、、
はい。
確かにすごかったです!
予想外ってわけではないですが
かと言って、予想通りってわけでもなく
なんていうか、、ゴージャスでした。

平日、しかも月曜日ってね。
1日違えば日曜日だったのに
でもドハツの日ですから
日をずらすわけにはいかないもんで
つくづく開催場所が東京でよかったー・・って
思いました。
来てたお客さんが話してたの聞こえてきたけど
結構各地から来てたみたいです。
愛されてますね♪

場所は中野サンプラザ。
いつだったか、、、新春公演でやった以来ですかね。
ピーズでも1回やりましたが
それが怒髪天より先だったか後だったか
今は思い出せないんですが
とにかく私自身3回目、、かな。

席は15列目のほぼほぼセンター
ちょい王子より。
中入ってみて
思った以上に会場デカくて
そうか、、渋谷公会堂より大きいのかな??って
印象です。
表示してあった定員が2222名ってのに
ちょっと笑っちゃいましたけど( ´_ゝ`)

で、この席
超見やすかった!
ブロックの端っこだったせいもありますが
思ったほど遠くなかったし
前の人も背低かったし ←これ、結構重要!
何より王子のマイクスタンドまで一直線!って
感じの位置でして☆
むふふ。
脚広げてマイクスタンドに向かってる王子の姿を
思う存分堪能できました(*´艸`)

ステージには緞帳が下りてて
開演と同時に緞帳がゆっくり上がっていき
そこにメンバー板付きでスタンバイ。
なのでいつものSEがなく
その代り
『威風怒道~愛と栄光のテーマ~』が
神々しく演奏されてスタートでした。
メンバーは怒髪天+Gtカトウタロウ+Key奥野真哉。
素敵でした~
やっぱキーボード入ると
違いますね。
ホーン隊もそうですが
ゴージャスさが一気に増します。

メンバー衣装は後でMCでも言ってましたが
黒白で統一。
増子さんが白地に赤い文字のシャツ
坂さんと王子が黒シャツ
、、、、私のいた位置からは言われるまで気づきませんでしたが
王子は黒シャツに黒のジレを着てたようです
シミさんはグッズでも売られてる天狗T(ベース白)に
怒マーク付きの半パン
そしてカトウタロウと奥野さんも黒でした。

「よく来た~」っと櫛の投げ入れがあって
『威風怒道~』から続けて
『独立!俺キングダム』へ。
もう、一気に最高潮な気分でした。

タロウちゃんは全編で参加してましたが
奥野さんは曲によって出たり入ったり。
ただ、気づくとあれ?いない。
気付くとあれ?いるって感じで
いつ出たり入ったりしてるか
ほぼ気付きませんでした(笑)

続いての『欠けたパーツの唄』は
多分、奥野さんいなかったと思います。
ここであ、奥野さん出たり入ったりなんだ・・って
気付いたんで。

久々のこの曲。
グッとくると同時に
テンション上がります。
何て言うか、、落ち込んだ時に
怒髪天に歌って欲しい曲のベスト5に入るんじゃないかな。
元気出ます。

そしてこちらも割とレアな
『愛の嵐~風速2004メートル~』
AXで氣志團によってカバーされるまで
あまりライブで聞いたことなかった曲の印象です。
なもんで、、
なぜかこの曲聞くと
氣志團思い出しちゃうんですよね・・(笑)

ここで最初のMCでしたっけね。
この日は曲が次から次に演奏されていって
MC少なめな感じでした。
話し出すと長くなったりするんですが
もともとMCの箇所って決められてる回数が
少なかったように思います。
でも、どこでMCだったか、、は
もう覚えてないという・・(´+ω+`)
なので結構テキトーに入れ込んで書いてますので
あしからず。

「はい!よく来た!!
こんな平日、月曜日、そしてまさかの雨にね。
雨の月曜なんて最悪ですよ」
いやぁ、、ホント。
一気に行きたくなくなりますってね。

「でもね、10.20でドハツの日でしょ。
日ずらすわけにいかないから。
プラス1でもマイナス1でも可笑しいでしょ。
最初ね、平日、月曜、雨
大丈夫?って言ってたんですけど
あ、、雨はその時は分からねーか(笑)
ただ平日、仕事関係ない人ばっかり
だったみたいね(笑)流石ですね」
ははははは。。
でも席有ライブだったせいもあってか
結構スーツ姿の男性来てました。

「今年、おかげさまで無事
武道館ライブが大成功でできまして、、
ありがとうございます」っと
深々とみなさんお礼。
「武道館ではとにかく4人だけで演奏したかったから
でもCDの音源を忠実に再現してみたいってのもあってさ。
この規模のステージだからこそ
できることをね。
さらにスーパーライブですよ!
まぁ、薄々分かってた人もいたとは思いますが、、」っと
言った辺りで
ホーン隊の方が登場。
そう、この日はタロウちゃんと奥野さん以外に
なんと!ホーン隊も参加だったのです。
あ、、ただ、勝手にメンバーかと思ったんですが
YOKAN&お茶の間ホーンズという方々でした。

っということで、、
「1月の武道館と今日のこのライブとで
セットみたいなもの!」と言うことらしいです。
なるほど~
武道館でゴージャスにやるのではなく
そこでは4人だけで演奏するっていう
なんていうか、、
バンドメンバーとの絆を大事にする気持ちっていうんですかね
そのこだわりが素敵って思いました。

毎年やって!みたいな声が上がったんですかね、、
流れがよく分からないんですが
増子さん「来年はないな、、
やるとしたら、、、10年後かな」とか言ってて
ただ「坂さんが元気ならね。
坂さんと言う名の
ドラムマシーンになってるかもしれない」とか言いだして。
終いにはシミさん「追悼公演かもよ!」って。
えぇ・・そんな。。
みなさん元気に、またぜひやってください♪

何て言うか最近
ホールでのライブもいいもんだな・・って
思うこともあって。
この前のThe Birthdayの渋公とか
今回のこの怒髪天のライブとか
ここでしかできない形っていうか
この規模でやる意味っていうのが分かるライブは
それはそれでいいもんだな、、って。
たまにはじっくり、しっかり
いい音で聞いてみたいっていうのもあったりして。

ここでシミさんから
気になってるから早めに聞いておきたいと
グッズで売られてる天狗Tシャツについて。
「これ、いいの??」って。
デザイン的なことを言ってるのかな・・って思ったら
どうやらこのデザインは某エロ雑誌からのパクリ?みたいで。
しかもバックは若かりし頃の
怒髪天メンバー写真だし
「前は来てる人が恥ずかしいけど
後ろは俺たちが恥ずかしい」って。
「でもこれ着てたら痴漢には合わないかもな」とのことです。

ホーン隊を迎えては
『男、走る!』
そう、これ!
リリースした頃やってた以降
ほっとんどやらなくなったなー、、って
思ってたんです。
あー久々に聞けてよかったです。
そうか、この曲、ホーンが入ってたんですね。。

続いて『あたし、SUPERツラい…』
『地獄で会おうゼ!』
これらはホーン隊なしでも
全然違和感なく聞けますが
入ることでまたグッと魅力が増す曲に仕上がってました。

そしてギター2本の魅力を見せつけた
『蒼き旅烏』に
『あえて荒野をゆく君へ』
タロウちゃんはかなりギターを曲によって変えてて
ギタリストだなー、、なんて
しみじみ見てました。

「いやぁ~やっぱいいね。
普段もちゃんと歌ってますけど
でもよりちゃんと音楽やってるって感じがするな」って
増子さん。
「イベントとかだと時間があまりないから
じっくり聞かせられる曲はあまりできなくて
どうしてもそれだけしか知らない人だと
ただのオモシロおじさんだと思われて
終わってしまうんですが、、
いや、ただのオモシロおじさんなんですけどね、ほぼ(笑)」
この話はよくワンマンライブで言ってますね。
でももうそろそろ怒髪天も
イベントやフェスとかでも
聞かせる曲入れてもいいんじゃないかなー、、なんて
思ったりします。

そして今回ギターサポートの
タロウちゃんについて
王子が「普段はソロとバッキングなど
何回も音重ねて録ってるんですよ、、、」っと
説明。
でも増子さん「それ、みんな分かってると思うけど?」って
軽いツッコミ(笑)
普段のライブで全部は再現できないから、、みたいなこと言うと
「いくら友康でも2人分はギター弾けないよ」
っということで「一番信頼のおけるタロウに任せました」っと王子。
タロウ「照れるな~(笑)」

そんな仲良しの王子とタロウちゃんですが
この日は危うくおそろいの衣装になる所だったそうで。
この日のライブレポが各サイトに上がってますが
そこに載ってる写真見ると
デニム(ボトムのパンツ)お揃い??ってくらい
そっくりなの履いてますね(笑)
これには増子さん「いくら一緒に住んでるからってねー」って
ホント最近増子さん
王子にもバンバン、ツッコミ入れるようになってきて
一人クスクスしちゃってます(´m`)

ここで王子の着てるジレについて。
増子さん「その友康が着てるジレね、
ベストじゃないんでしょ?」って
以前ベストとか言って王子から「ジレって言うんだけど、、」って
反論があった?!からか
やっと覚えた"ジレ"って単語
この日はこれでもかーってくらい
連発しててもう可笑しいのなんの(笑)

この日そのジレを着ようと思って探したところ
見つからなかったそうで
で、、王子「坂さんが今ライブでソロを歌ってるんですよ。
これ言っちゃって大丈夫だよね?」
増子「もう残すところ1本だし大丈夫じゃないですか」
王子「それでそのベスト、、あ、ジレね(笑)
貸してあげてたの、、もう随分前の話だったから
忘れちゃってて」っと
王子までもベストって言いそうになって
慌ててジレねって言ってたのがツボでした(笑)
そんな言い間違いに
増子「坂さん着るとチョッキだよね」

で、坂さんですが・・
借りてたのも忘れてたのか
増子さんに「それ、借りパクですよ。」って言われると
「借りパク大好きです♪」って
しかも若干小さな声で(笑)

で、まぁ、無事見つかり返してもらうことになったそうですが
王子「ただね、、汗沁みついて
それを自然乾燥とかで乾かして返ってきたら
嫌だなーって思ってたけど
ちゃんとクリーニングされてたんでよかったです(笑)」って
あははは。
王子そう言いながらジレの匂いをクンクンしてたのが
かわいかったです。

増子「それは大人として常識でしょ。
で、坂さん、結局ベストは買ったの?」
坂「あ、えーっと、、ちょうどそれっぽい
礼服のベストがあったので・・・」
増子「礼服って、、
自分とこのライブで礼服着ないでくれる?」

あと、その王子から借りてたジレですが
「最初ね、前もきっちり閉めるものだおと思ってたもんで、、
だからもしかしたらちょっと伸びちゃってるかも・・」っと
坂さん。
どうやら閉めたらパツンパツンで
下手すらボタン、ポン!って飛んじゃう勢いだったとか。
いやぁ~大爆笑でした。

そんなこんなありまして、、
『プレイヤーⅠ』
これぞ!まさにシンセ入った曲なので
いやぁ~超素敵でした。
奥野さんってば、、すごいんですね。。って
何て言うか改めて思ってしまいました。

続いて『DO RORO DERODERO ON DO RORO』
ただこれは流石に琵琶奏者の方はお呼びできなかったようで
タロウちゃんがギターで弾いてました。
いやぁ~うれしい!この曲大好きなんです。
あの何とも言えない妖艶であり怪しい感じが素敵です。
アーアーアーってコーラスも
タロウちゃんだったな。

そして『己DANCE』
『GREAT NUMBER』
この流れがまさに漢!って雰囲気炸裂で
カッコよかったです。

『GREAT NUMBER』はこの曲がリリースされた頃に
「グレートな曲
だからなー」って増子さんがよく言ってましたが
ホントに名曲だと思います。
盛り上がるしカッコいいし
イントロ鳴るだけで
キターッッ!!ってゾクゾクしちゃいます。

この日はちょっとしたブレイクの時に
メンバーの名前を呼ぶ人も多く
ちょっとイラっとする掛け声もあって
特に暗転してシーンとしてるとき
次の曲はシリアスな曲だと
その間っていうんでしょうか
それも含めて曲なのに
そこでそんなこと言うんだ、、って声が上がって
ちょっと残念な気分になっちゃいました。

メンバーもあまり拾ったりはしてなかったですが
ただ子供が兄ぃ~って呼んだ時は
さすがに増子さん
ニコって返してあげてたように見えました。

『枯レ葉ノ音』の王子のギター
すごかったです。

そして『そのともしびをてがかりに』
この曲も
最近じゃ全然演奏されなくなっちゃって
でもこの曲聞くと必ず
初めてに近いくらいにライブで披露された時に
思わずうるうる来ちゃった日のことを
思い出しちゃいます。
ホントあの時は歌詞にグッときちゃって
励まされました。

続いて『雪割り桜』
お礼参りツアーではやってなかっただけに
お久しぶりな感じ。
大合唱はいいもんです。

奥野さんが曲によって
出たり入ったりするのを見て増子さん
「(出たり入ったり)悪いね。
でもキーボードある曲とない曲あるし
奥野の都合で曲順決められないから」って。
すると奥野さん「もうね、出たり入ったり多過ぎて
髪の毛5回もセッティングしちゃいましたよ。
戻ってもすることなくて・・」
あはは。
髪型に気を遣う奥野さん(笑)

さらに、奥野「後みんなのカバンの中見たりね(笑)」
増子「それは、止めなさい。
坂さんのだけにしときなさい」
奥野さんもオモシロい人なので
さすがのトークです☆

次の曲はその奥野さんの腕前が存分に発揮される曲らしく
「次の曲は、、、武道館でもやったけど
やっぱキーボードないと寂しいなって思ったよな。」って。
普段ライブでやるときも
常に頭の中でキーボードが鳴ってるそうです。
そしてそれをレコーディングした時の話が、、
どうもレコーディングは
増子さん来る前に録り終わってたそうで
「後で聞いたら怒髪天メンバーの
誰よりも前に出てるよね、キーボード。
一番最初に入って最後まで弾いてるしね!」
この一言で
何の曲か分かりました(笑)
「誰にも相手にされなくなったら
(怒髪天に)入れてやるよ!」

そして「まだまだ喋ってたいけど、、、
今日はメンバーだけじゃないから、、
あ、でもこの二人もよくしゃべるからなー」

そんなこんなで次の曲へ、、、
もっと奥野さんとのオモシロトーク
聞きたかったです・・

で、その、奥野さんから入り
奥野さんで終わる曲とは・・
『ロックバンド・ア・ゴーゴー』
ワーイ!
この曲もホント大好き!
確かに、、キーボードあった方が
断然楽しい曲ですよね。
 ブルーカラーロック
 ホワイトカラーロック
コーラスもバッチリできました♪

そして『喰うために働いて 生きるために唄え!』
『団地でDAN!RAN!』
最高に盛り上がる曲。
今回スウィング隊の方々が最高で
曲に合わせて楽器吹かないときは
ダンシングしてるんですよ。
しかも4人かな、、みんなで合わせてやってて
素敵でした。

で、それに気付いた王子が
途中ちょこっと一緒に
ギターを使って真似して踊ったりしてて
あと袖のスタッフさんも踊ったりして
最高でした。

それを見ながらずっと疑問の思ってたことがあって・・・
トランペットかな、、を吹いてた金髪の人
あの人は女性?男性?
何かどっちにも見えて
さらに妙に楽しそうにやってて
やけに目がいってしまいました。
帰ってからツィッターとかで見てたら
どうやらあの方がYOKANさんみたいでした。
で、、男性でしたね(笑)

そしてラスト!
終わりたくない!ずっとやってたいけど
そうしたら俺たちだけじゃなく
みんなも死んでしまう、、、って
明日からまた元気に現実に戻れるように
パーンって勢い付けて行けるように
思いっ切り糸引いてやるって
『セバ・ナ・セバーナ』

待ってました~
この曲も最近は
BGMで最後流れるだけになっちゃってて
ライブで聞きたいのよーって
ずっと思ってました。
こんなゴージャスVer.で聞けるとは。
もうこの上ないくらい
最高に楽しかったです。

本編終了。
続いてアンコール。
しばらくしてメンバー登場。
掛け声かかりますが
そこには応えず静かにスタンバイ。
そして「新曲やります」っと一言。

もう昨夜情報解禁になりましたが
箭内さんが撮ったMVの曲。
今度のアルバムに入る1曲を初披露。
『ひともしごろ』
そして演奏始まると
後ろの黒幕があがって
怒髪天のいつものフラッグ
その前にストリングスの方々。
そして演奏と共に大きなミラーボール。

これまた豪華な形で
新曲初披露。
ストリングス入ってる時点で
予想は付きましたが
じっくり聞き入る曲でした。
歌詞がまたグッとくる歌詞だったような。
またMV見て
リリースまでじっくり聞きたいと思います。


その流れで
『歩きつづけるかぎり』
これは泣けた~
いろんなこと頑張ろうって気持ちに
なんかなっちゃいます。

そしてラストは
盛大にフルメンバーで
『オトナノススメ』
なんだかんだ言っても
やっぱ オトナは最高! ですね。
増子さん「ありがとう!
最高だ!バンドやっててよかった!!」って。

ホント豪華なスーパーライブ
最高でした。


<セットリスト>
 01.威風怒道~愛と栄光のテーマ~
 02.独立!俺キングダム
 03.欠けたパーツの唄
 04.愛の嵐~風速2004メートル~
 05.男、走る!
 06.あたし、SUPERツラい…
 07.地獄で会おうゼ!
 08.蒼き旅烏
 09.あえて荒野をゆく君へ
 10.プレイヤーⅠ
 11.DO RORO DERODERO ON DO RORO
 12.己DANCE
 13.GREAT NUMBER
 14.枯レ葉ノ音
 15.そのともしびをてがかりに
 16.雪割り桜
 17.ロックバンド・ア・ゴーゴー
 18.喰うために働いて 生きるために唄え!
 19.団地でDAN!RAN!
 20.セバ・ナ・セバーナ

 EN.
  ひともしごろ(新曲)
  歩きつづけるかぎり
  オトナノススメ

 ※各種WEBのレポ・・ ②
  特に写真がたくさんで素敵(*´∀`*)
 ※『ひともしごろ』MVについて・・風とロックブログより


離れた場所でもそばに感じてるよミュージック [音楽]

キュウちゃん、車内での眠気さましなのか
よっぽど時間持て余してたのか
"kyu式ツイッター"って
ブログの連続更新(笑)
私もいつだったか、、
似たようなことやったことあります。。
なんていうか、、
ツィッターでつぶやくのには
ちょっと抵抗あったりするけど
なんかこう意味もなく
何てことない事ぶつぶつ言いたくなっちゃうとき
たまにあります。

さて。
そんな10.18は
髭『素敵な闇』TOUR
@宇都宮ヘブンズロック
でした。
IMG_1854.JPG

先日より始まった
髭ちゃん10周年企画の一つなのか??
通称"闇ツアー"♪
3本目です。

今回は各メンバーいろんな闇企画を実施してくれてまして
宮っTeaは10年分のライブ映像をまとめたトレイラー公開
斉藤さんは過去のデッドスットクTシャツを
タイダイ染めしてリメイク
コテさんは開場後、開演までの場内DJ
そして須藤さんは10周年記念ブック「素敵な闇」持参の方に
ライブ終了後サイン&握手をしてくれる
という。
IMG_1857.JPG

今回番号は100番すぐくらいだったんですが
100番までは1人ずつのお呼び出しでした(笑)
その後は5番刻みで呼ばれ中へ。
またその後はまた10番刻みとかになったんでしょうかね・・

中に入ると
はい。
さっき書きました通り
コテさん後ろでDJをされてまして
音楽ガンガンかかっていました。
特に周り取り巻くとかは全くなく(笑)
いたって自然な感じでした。
音楽はなかなか聞きやすい楽しい選曲でした。

そこそこ人は入っていて
斉藤さん側へ。
あまり押し押しにはならず
まぁまぁ見やすい環境ではありましたが
でもここのハコはそもそも
あまり見やすいステージの高さではないので
まぁ、こんなもんかな・・って感じです。

5分か10分押しくらいでライブスタート。
いつ、どういうタイミングで、どうやって
コテさんが楽屋に戻ったか分かりません(笑)

SEに合わせてメンバー登場。
並びはセンタードラムに謙介くんで
向かって右にコテさん
左にゴメス
前は左から斉藤さん・須藤さん・宮っTea
この並びは今後もそうなんですかね。。
なんかまだちょっと慣れないです(笑)

押し来るかな、、、って思ったんですが
全く動かず!?
あら・・そうですか。。
髭ちゃんいつからそんなオトナしくなったんでしょ。。
ちょっと意外です。

でも1曲目『セメタリー』だったんで
まぁ、、そうか・・って感じですかね。
この曲はかなりゆっくりした曲ですから。
この10周年記念ブック「素敵な闇」に付いている
最近の新曲の内の1曲です。

で。
ここからのセトリ、、、全く分かりません!
探したんですが
落ちてないんですよね・・・
で、なんとか自分でも思い出してみたりしたんですが
曲名はあげられても
順番が全く分からない(´+ω+`)
うー。。。。

ってことで、
適当な感想&覚えてる限りのMC羅列で
すませたいと思います。

最初に言っておくと、、、
すごーくいいライブでした~
最初オトナしいじゃん、、って感じで始まったんですが
その後メンバーの
グイグイ引っ張って煽って行く感じもあって
どんどん盛り上がっていきまして
メンバーもご機嫌になっていって
いい感じの、あれくらいのキャパならではの
一体感っていうのか、、があったように思います。
ちょっと近くに酔っ払い女子2人組がいて
前後左右大きく動き回るんで
若干イラっとしたんですけど。

須藤さんは
曲によってはギター弾かない曲もあって
その時はもちろんですが
ギター弾きながらでも
ガンガン前に出てきて煽ってきてて
時にはお客さんに支えられながら
前に乗り出して歌ったり弾いたりしてました。

最初のMCかな、、で。
「宇都宮!久しぶりです!
髭です!!」って挨拶した後に
「ごめんね~来るたびに形が違ってて。。」って
言ってたのが可笑しかったです。
確かに、、私が前回宇都宮で髭を見た時は
アイゴンさんもいたし
謙介くんもサポートで入ってた7人体制の時でした。

なので、ここでゴメスを紹介。
「みんな、ちりちり頭はは好きかな?」って。
ゴメス、、背も小さいし
顔も子供みたいだし
かわいいですよね。
でも楽器の腕前は素晴らしく
須藤さんも「すごいんだよ、ゴメスの鍵盤。
ビートルズとか弾きだしちゃうと
もういきなりそこが
午前中の歯医者さんの待合室みたいな感じになっちゃって。
でもね、それゴメスに言うと嫌がるんだよ。
止めて、、そんな風に聞こえるの?って」
あはは。。
でもなんとなく、"午前中の歯医者さんの待合室みたいな感じ"って
イメージ分かります。
それだけ優雅な感じでスラスラ奏でちゃうってことですよね。。

そして謙介くんは、、
「来たことあるか」「あります!」なんてやり取りもありましたが
サポートメンバーってことで
軽く挨拶。

「髭、こうしてみると6人で大所帯に見えるけど
実際のメンバーは4人ですから
一気に2/3に減っちゃうから」って。
そうか、、そうやって聞くと
なんかちょっと寂しく感じます。
でも「アイゴンもフィリポも
ここにはいないけど、きっと遠いどこかで
きっとライブのこと気にしててくれてるよ、、多分」
とか言っちゃって(笑)

新曲をやってくれたんですが、、
まだ半熟なできなんだとか。
歌詞の内容は
ネバーランド ピーターパン ミュージックがテーマ?
かわいい、そして楽しい曲でした。
仕上がりが楽しみです。

「今日家に帰って、寝るよね
そして次の日目覚めた時の歌だよ」って紹介から
『サンデーモーニング』
この曲ってメロディー明るいから
何気なく聞いてると明るい曲に聞こえるんですが
よく歌詞聞くと
結構ジーンと来るとこと歌ってて
 僕ならば上手くやってるよ
 いつもの低空飛行で
 やっと見つけた宝石達
って歌詞で"宝石達"のところで
フロアを指さして歌ってくれてて
うれしかったです。

途中で髭のメンバー紹介みたいなのがあり
まずは宮っTea
「紙も伸び、肌も荒れちゃって、、、
色々ありますわ・・・」って。
そう、最近の宮っTeaさん
肌荒れハンパないですねぇ・・(;´д`)
でも!
「10年経ってやっとマイクスタンドが立ちました!
これからはバリバリ?歌って行こうと思います」って
うれしそうに(笑)
今までスペースの問題もあったと思いますが
マイクスタンドなくてね、、
MCの時とかよく須藤さんに
「マイク通して喋れ」って言われてましたっけ(笑)
この日はあまり宮っTea見えなかったんですが
結構コーラスしてたと思います♪

その後コテさんに行こうとして、、、
何やら不思議キャラ炸裂のコテさん
話長くなりそうなので先に斉藤さんへ(笑)
フロアが徐々に盛り上がってきてるのを見て
「さっき何の曲だが忘れたけど、
バ―ッってお客さんが前に来て
その時にビールかな?持って盛り上がってるのが見えて
そういうの、いいよね」って。
ふふふ。
斉藤さんって優しいですよね。

で。コテさん。
餃子の話が出てきて
須藤さんと斉藤さんは食べに行ったけど
コテさんは食べてないそうで
須藤さんが「だって興味なさそうだったじゃない?」って言うと
「いや、DJの準備があったから、、」って。
ここで須藤さんが客入れの時のDJの様子の話を。
「楽屋でね、後ろにカメラあるのかな?
お客さんが入ってくる様子が
見れるんですよ。
それ見てたら、コテDJやってるのに
誰もコテの方見てなかったよね(笑)」って。
するとコテさん
「いや、でも、皆さん、
音楽分かってらっしゃる方ばかりだから
耳で聞いてたんですよ!」って。

そんな話しながら前に出て来ちゃって
、、、次の曲の流れでもあったんですが
いつもの拡声器で話すもんで
「何言ってるか聞こえないから
ちゃんとマイクで話してよ」って。
ここからコール&レスポンスへいくんですが
コテさんのコールに合わせてコールするのみになっちゃって
須藤さん「ちょっと、、
ストーさんにちゃんとできないなら俺やるよ」って
しまいには謙介くんのこと
健太郎とか言って、、、もはや名前間違えてるし、、
この日はコテさんに
大爆笑の連続でした。

須藤さんは須藤さんで
どこでだったか、、
お客さんにビールのおねだり。
しかも本気でおねだりだったようで
俺しつこいよって。
そしたら少ししてビールが回ってきて
ホントにもらってホントに飲んでライブしてました。
相当気分がよかったんでしょうか(´m`)

そんなもんで
ちょっと酔いが回ったのか
MCで10年前とかの昔の話とかし出して
でもすぐにハッと我に返って
「何言ってたんだろ、、俺急にウルっときちゃって
危ない、危ない。。」って。

これはアンコールで出てきたときもちょこっとそういう話があって
その時は
「3バンド位の対バンでもお客さん数十人くらいしかいなくて
しかもそういうお客さん少ない時って
みんな壁際に寄るのね、ドーナツみたいに
薄っい皮のドーナツみたいに真ん中開いちゃって、、、」
くらいまで話して
「あれ・・今度は着地点分かんなくなっちゃった・・」って。
結局どちらとも
何の話かはよく分からないまま終わってしまいましたが
でもなんとなく
昔の頃は想像もできなかった
うれしい状況に今いるってことが言いたかったのかなー、、、
なんてね。
だとしたら、なんかうれしいですね。

相変わらずの
お世辞トークもありまして
3本やって来た中で宇都宮が一番だよ!って
さらには
宇都宮が世界の街の中
村も合わせてもいいよ
その中でどこよりも一番好き!っと。
お世辞にとらえて欲しくないんだけど、、って
いや・・ここまで言われtら
逆にそう思わざるを得ないというか・・・
まぁ、それがまたいいんですけどね(笑)

本編最後は『闇をひとつまみ』
今年作った曲で始まり
今年作った曲で終わる
なんかそういうこだわりっていうのかな、、
それが感じられてグッときました。
髭のこういうミディアムテンポな曲
大好きです。

アンコールでは1曲コテがドラム。
どの曲だったか、、、
あまり記憶がないんですが・・・
『王様はロバのいうとおり』その後、、って曲?!(笑)
王様~の曲をさらにアップテンポにして
歌詞も若干変えてる感じの曲だったっけな・・

あと2曲くらいやって
なぜかコテがダイブ(って言ってもゆっくりでしたが)してきて
客席の一番後ろまで流され
再びステージまで戻されるという。
これはヒヤヒヤしました・・
だって落っことしたら大変じゃないですか。
あまりギューギューじゃないから
隙間あるし。。
でもなんとかみんなで頑張って支えて
(私も返るとき多分素肌の背中触ってた・・笑)
無事ステージまで戻しました。

そして須藤さんが
「最後まだ一度もやってないことろうか?」って
客席バックに写真!!
ワーイ♪
ただ、、このタイミングでいた場所
なぜか前に背の高い兄ちゃんたちたくさん。。で
頑張って手を伸ばしてピースしてましたが
写ってないなー・・・(T ^ T)
1018utsu.jpg

っと。
2時間15分くらいかな
思った以上に長めのライブで
(本編が2時間弱あった!)
セトリもいい感じの流れて
最高に楽しかったです。

そして、お待ちかね!
須藤さんのサイン&握手会。
どこでどうやるのか、、全く説明とかなく
ドリンクもらって上に上がると
そこには既に列が。。
どうやら物販やっていた場所でやる模様。
なので慌てて列に並び待機。

っというのも、、
結構終電が気になってまして。。
ここを逃すと来年のリキッドまでライブ行かないし
リキッドだと人数的に大変そうだし
なもんで
ここで何としてももらって帰りたかったんです。

少し待ってると割とすぐに須藤さん出てきてくれました。
「ありがとう!ありがとう!」って
そして立ったままサイン会。
しかも握手だけじゃなくハグまで!
サインしてもらうページは
好きなページでいいみたいですが
何気にこの本、白いページが少ないんですよね・・
余白ページ黒で。。
(持ってたペンは黒だったから)

なんとか白いページ探して
本を差し出すと
ス「ありがとう!楽しかった?」って第一声。
私「楽しかったです!」
ス「どこに住んでるの?」
私「あ、、住んでるのは東京なんですけど・・」
ス「そうか、東京なんだ」
私「でも、昨日は行けなかったから今日がツアー初めてで。。。」
ス「楽しかった?」
私「はい!もう最高に楽しかったです!!」
ス「ありがとう。」
私「次はまた来年まで行けないんですけど、、、」
ス「そっか、じゃーその時までに
またグッといいライブ出来るくらいに、、」みたいなこと言ってたっけ・・
私「はい!楽しみにしてます!!」
ス「ありがとう。帰り気をつけて!」って。
あーしあわせ。
須藤さん優しすぎ。
こんなにも会話できるとは思ってなかっただけに
だただたドキドキしてました(笑)
IMG_1855.JPG

で。
この日はさらに!
お隣に斉藤さんまで!!
コチラもサイン書いてくれる感じだったので
列に並びお願いしちゃいました。
斉藤さんは
人によってペン色使い分けてて、、
私はオレンジ☆
IMG_1856.JPG

何話していいか分からかず本を渡して無言でいると
斉藤さんから
「こここういうスペースあっていいよね、、」って。
優しい人だー(≧▽≦)
おかげで何とか会話できました。。
「斉藤さんまでサイン書いてもらえるなんて!」って言ったら
「いやいや今日はすごく気分がいいから」って。
ホントこの人、優しい人です。
確か、、数年前アラバキでのサイン会の時も
斉藤さんと一番落ち着いて会話できてたなーって
今でもよく覚えてます。

っと。
なんとか無事終電にも余裕で間に合う形で
サイン書いてもらえました~
あ、、この際お友達に荷物取って来てもらったり
飲みかけのビール持ってもらったりと
お手数おかけしちゃいまして・・・
スミマセンでした。
そして、ありがとうございました!

帰りの電車で
久しぶりにバギクラ聞いちゃいました♪
何でもこの日は生放送だったみたいで
いい日に聞いた(笑)

それで一つ思い出したんですが、、
(バギクラとは全く関係ない話・・笑)
須藤さんと宮っTea、、かな・・が
さわおさんとGLAYの東北ライブに行ったときのこと。
あれ、ツィッターでも写真上がってましたが
車で行ってて
てっきり髭側が車で行くから
そこに同行したのかな、、って思ってたら
車で行くって言いだしてたのは
さわおさん側だったようです。
須藤さんに「東中野に集合ね」ってメール来て
何で東北行くのに東中野なんだ??って
最初はまさか車で行くとは思ってなかったとか(笑)
そんな話をちょっと前の須藤さんのラジオで
話してました☆

っと、、話反れましたが・・
あーいいライブでした。
来年までにもう1回行っておきたい!
でも・・・
次行けそうな場所、、、全部平日なんですよね。。
12/19@水戸
これに行けないか、、、ちょっと諸々考えてみます(笑)

あ、その前に多摩美の学祭がありました♪
フリーライブだそうですが、、
入場制限とかないんですかね。
いまいち情報が出てなくて
ソワソワしてます。


<セットリスト> ※順不同
 セメタリー
 ブラッティ・マリー、気をつけえろ
 ハリキリ坊やのブリティッシュジョーク2
 新曲
 サンデー・モーニング
 ギルティーは罪な奴
 せってん
 マヌケなクインテット
 ミスター・タンブリマン
 テキーラ!テキーラ!
 ハリキリ坊やのブリティッシュジョーク
 ボニー&クライド
 MR.アメリカ
 なんて素敵ないびつ
 黒にそめろ
 虹
 三日月
 それではみなさん良い旅を!
 闇をひとつまみ
 王様はロバのいうとおり その後?
 ロックンロールと五人の囚人

届いたー(≧▽≦) [買い物]

本日2回目の投稿。
どうも同じ中に書くには、、、って思ってしまって。。

たのんでいた商品が届きました。
IMG_1850.JPG
A2サイズ(左)とB3サイズ(右)とのクリアファイルです。

何に使うのかと言うと、、、
じゃん!
IMG_1851.JPG
これを入れるためです。

買ったはいいけど
ずーっと袋に入れたままぶら下げて放置していて
いい加減どうしよう、、、っと思ってまして。
で、最近タワレコなんかでよくツィートされてる
ポスターファイル。
いいなーって。
何気に丸まって放置してあるポスターもいっぱありまして。
ただ、、、高いんですよ。

で。
アマゾンで検索してみたところ、、、
サイズがもう少し小さいヤツだと
1000円台で買えるじゃん!ってことが発覚し、、、
ポチってしまった・・という訳です。

えっと、、入れたかったやつはA2サイズで入ります。
ちなみにタワレコのポスターファイルはB2です。
で、黒いやつはB3でタワレコの半分の大きさです。
何気にこのサイズのポスターもちょいちょいあって
今度ピロウズのアルバムについてくるやつはA3だから
これに入れちゃうこともできます(A3<B3)

ただ家にあるポスターを入れてみて分かったのは
やっぱタワレコで売ってるB2サイズのものが一番多かった、、っという事実(笑)
このサイズはアマゾンでも同じくらいの値段がするので
うーん・・・っと迷っている次第でありますが
当初の目的に関してはバッチリだったので
とりあえず、よしとします(笑)

こんな感じ♪
IMG_1852.JPGIMG_1853.JPG

いいね~(*´∀`*)

ただ・・リングノートみたいに
このページ開いて置いておく、、、ってことは
できないんですけど。
ま。暇なときに広げて楽しみます(笑)

今日は会社休みます [ドラマ]

いやぁ、、久々、、ドラマ見ちゃった☆
タイトルにもしました・・「今日は会社休みます

ふと、電車の中づり広告でこのタイトルが見えて
あ、綾瀬はるかだ!って思って
え?玉木宏も出るんだー♪って(笑)
何よりタイトル、いいですよね~
社会人になって随分立ちますが
「今日は会社休みます」なんて有休以外で言ったことあるの
多分5本の指で足りるくらいじゃないかと思います。
言ってみたいわ~(笑)

基本、原作ありきのドラマって
あまり好きじゃなかったりもするんですが
オモシロかったー(*´艸`)

ちょっとキュンキュンきちゃうのは
やっぱ少女マンガ?だからですかね。
明日ママが~に続き
日テレ、やるなー。
過去毎日のようにドラマ見てた頃は
ほぼフジテレビでしか見てなかったけど。。

・・・ただ、あたま15分くらい見逃してしまったので
2話目に行く前に再放送してくれないか
密かに願い中です。。

ニットキャップ被った アルパチーノが見える [The Birthday(2012年~)]

先日の名古屋遠征で、、、
うっかり聞き逃してしまったフジイさんのラジオ。
バスの出発が24:30だったってこともあって
ちょうどバス乗りこむ前の
若干バタバタした時間帯だったからですね。。(´+ω+`)

でもオフィシャルの番組ツィート見てたら
何やら気になるコメント上がってて
えぇ・・・・聞きたかった。。。

で。
探しました。
昔まだ5分番組だったころ
よくUPしてくださってた方の某サイトを。
そしたら、なんと!
まだ今の形になってもちょいちょいUPしてくださってるのですねぇ~♪
ありがたやーーー(*´ω`)

ってことで、コチラ☆


そして聞いてみたところ
知らなかった事実が!!(笑)
って、、これは別にツィートで上がってた
気になるコメントとは全く関係ないんですけどね。

郡山で知り合いの方に「NIGHT LINEやってください」って
言われたそうで。
いやぁ~それ、まさに私も思ってます!!って
心の中で叫んでいたら
なんでも、昔の曲でどれやるかってのは
ほぼチバさん・キュウちゃんのかかってるそうで
フジイさんの意見は取り入れられないとのこと。
「僕はほぼ受け身ですよ、、」って
しかも『NIGHT LINE』は好きだしやりたいくらいだって。
そうなの~?

今回の渋谷公会堂でのライブで
久しぶりに『プレスファクトリー』をやったのも
フジイさん自身はずっと前からやりたいって言ってたけど
全然取り入れられず
今回はMgさんの「ホールでこの曲をぜひ、、」って一声があったから
やることになったとか。

いやぁ。。。。
ちょい、思い違いしてました。。
てっきりフジイさんが他にもサポートを色々やられてて
その影響が多少あるのかな、、って思っちゃってました・・
申し訳ないっす。。(;´д`)

『NIGHT LINE』聞きたいんですよね~
って、、何気に私
The Birthday初武道館でのライブで聞いてるんですけどね。。
ただ全く覚えてないのです・・
当時はそこまで曲把握してなかった時期だもんで。
この前久しぶりに映像見て
あれ、この曲やってたんだ、、って改めて知るという事実。
あぁ・・・・悲しい・・(´~`;)
ぜひまたいつか、お願いします。

とりあえず一つ言えるのは 年をとるってのは ふてぶてしくてカッコイイ!! [音楽]

またしても週(連休)明け台風、、、大丈夫ですかね??
休みの日に直撃も悲しいけど
ハッキリお休みと宣言されてない状態での
スゴイ暴風雨の中
出掛けて行かなきゃいけない状況っていうのも
結構ツライもんです・・
休んじゃえーって思えない性でもありますが、、、(-ω-‘)

さて。
そんな10.11は
フラワーカンパニーズ presents DRAGON DELUXE 2014
@名古屋DIAMOND HALL
with:斉藤和義/新山詩織
でした。
IMG_1848.JPG

今年で3回目!開催!!
これ、開催されるきっかけって
10-FEETが主催している京都大作戦に
出させてもらったことだったらしいです。
前からそう言う地元で何かっていう想いはあったそうですが
京都大作戦に出たことでより
やってやる!って気持ちが強くなったとか。
なんかそういう話聞くと
なんかうれしい♪
そしてうれしいことに
今のところ全参加!!(*´艸`)
それもなんかうれしい♪♪

なんてったって、毎年
フラカンと縁のあるアーティストが出演してるせいもあり
とにかくラインナップにハズレなし!
ってことで今年は誰かな~っと
楽しみにしていたところ
ビックリ!斉藤和義!!って。
いやぁ~過去最大(までは行かないか、、笑)
興奮しましたって。

そしてチケット、、、
毎回FCに入ってるお友達に取ってもらっていて
これまたほぼ毎回
番号良いのです☆
今年も素晴らしい良番で
思う存分楽しめました~
ありがとうございました。
また、よろしくお願いいたします。(*´∀`*)

えーっと、、、まず。
名古屋往復はもちろん、バス移動。
昼便で行けて
帰りはしっかり打ち上げまでしても
5時台に新宿着って、、
そう思うと名古屋、近いですよね(笑)
お金に余裕があれば
新幹線でも帰って来れること
最近判明しまして(遅いってね。。)
そういう身分に早くなりたいもんです(ll'ェ')

っと、話反れました・・
行きは3連休の影響か
うーん、、、まぁ、だいたい土曜日朝は
東名高速混むんですよね。。
案の定、約1時間遅れで名古屋着。
そしてコチラも毎度のこと
ロッカーさがし。
名古屋駅、結構ロッカーの数あるんですが
お昼すぎてしまうとほぼ埋まってしまってます。
名古屋って、、、そんなに観光地でもないように思うのですが
やっぱ大きな都市だからでしょうか
ロッカー探しは結構大変です。。

で。
今回、お昼ご飯に行きたいお店がありまして
栄駅でロッカー探してみたところ
コチラは多少余裕があって
無事確保。
ふぅ。。
そういうことから考えても
名古屋は1泊して帰るのがいいのかも??
青春18きっぷ使えたら
安いホテル+1回分で
ほぼトントンって感じのような気もします。
(最近夜行バスも高いから、、、涙)

そして、その行きたかったお昼とは
はい!あんかけスパです☆
かつて1回食べに行ってから
結構ハマりまして。。
名古屋駅から電車乗らないといけないので
Zeppに行くときはちょっと躊躇ってしまいますが
今回はダイヤモンドホールで
栄駅から歩いて行けちゃうし
何気にダイホ最寄の新栄駅まで乗るより
40円電車代安く済むって点からも
なかなかいい感じです(笑)

IMG_1847.JPG
今回はピリ辛ペペロンにしてみました。
基本的にあんかけの味は
どれも同じなんですかね・・
2回食べてみてそう思いました。
まだイロイロ具材のメニューがあるので
また行ってみたいです。

そしてお友達と待ち合わせ
ロッカーに荷物を入れて会場へ。
名古屋着→ロッカーさがし→お昼→ロッカー→会場へ で
トータル約2時間半
結構バタバタでした。

しばし待って開場。
20番台で中へ。
グレートさん側も最前空いてましたが
若干端っこ過ぎることもあり
慌てて竹安さん側へ。
コチラも端と言えば端ですが
ちょいセンター寄りでしたので
ここで待機。
いい場所取れました♪
ダイヤモンドホールは思ってたよりステージ低めで
それもあってかステージまでの距離が近くて
ちょっとドキドキしてしまいます。

時間になり、、フラカンメンバーが
このイベントTを着て登場。
グレートさんとミスター小西がブルー
竹安さんがグレー
圭介さんが中に長袖重ねてネイビーでした。
今回のこのイベントT
すごくかわいくて欲しいな~って思ってたんですが
最近Tシャツ増えすぎてるのと
ライブ終了後はすごーい混雑していたので
我慢しました。
もしまだ残りがあって並ばず買えそうなときがあれば(笑)
考えようかな・・っと思ってますが、、、
もう完売しちゃったかな。。

最初はグレートさんと圭介さんがトークしてたんですが
「じゃー昨年に引き続き
ここからは竹安と小西に、、、」って
仕切りバトンタッチ。
ちょっと苦笑い気味の2人(笑)
で、いきなり竹安さんが
「じゃーもう、行きますか?!」って
「えーもう?フリートーク、フリートーク」って
間を持たせる指示。
そこで着ていたTシャツの話とかありつつ
「では、参りましょう!ドラゴン!」
「デラックス!!」
「今回は1回で済んでよかった。
去年3回くらいやらされたもんな(笑)」って
グレートさんのツッコミ(笑)
、、そうでしたっけ??
でも、その掛け合いやるのに
何やら手間取ってた記憶はあります(´m`)

さて。トップバッターは
新山詩織さん。
今度発売されるフラカントリビュートに参加してる方です。
若い女の子っていう前知識だけしかなかったんですが
出てくるなりの自己紹介で
なんと!今年の春高校を卒業したばかりの18歳だそうです。
若い~~~っっ。。
そしてまた、かわいいのなんの。
すっごく初々しくって
話し方も丁寧な言葉できちんとしてて
とても好感度のある方でした。

そのかわいさの反面
声は意外と低音のちょいハスキーボイスで
色っぽかったです。
でもすごく好みの声質で
いい感じでした。

自己紹介以後はMCとか曲紹介とかも挟まず
4曲くらいですかね、、弾き語りで続けてました。
冒頭でも見てわかると思うけど
すごく緊張してますって言ってたように
1曲途中歌詞が飛んじゃったようで
ハラハラしちゃう場面などもありました。

そしてデビュー曲の『ゆれるユレル』という曲を
やりますというMC。
ここで「おこがましいのですが、、
フラワーカンパニーズさんに
演奏していただけるということで
お呼びしたいと思います」って
メンバー(圭介さん以外)呼び込み。
わぁー

そう、まぁ、確かにバックには
恐らくフラカン演奏陣のだろうな、、っていう
セットが既にあったんですが
本人が弾き語りってこともあり
せっちゃんももしかしたら弾き語りでくるのかもしれないし
だから既にセッティングしてあるのかな、、
ぐらいに思ってたんですが
そうか、フラカンメンバーバックってパターンもあったか。
予想外のうれしいサプライズ?!に
テンション上がりました。

並んだ姿を見て、、
「お父さんみたいだよね(笑)」って
グレートさん。
・・・まさに!(笑)
「いや、この顔からこういうかわいい顔は
生まれてこないことぐらい分かってるけど
お父さん違うよね」って
ちゃんと補足まで。

ちょっと残念だったのは
演奏の音が大き過ぎなのか
スピーカーの位置のせいなのか
歌声が聞き取りにくかったです。

そして1曲終わり、、、
フラカントリビュートの話があり
それを記念したライブ(1月にあるやつ)にも
参加させてもらうことになり
「今日は一足先に皆さんにお聞かせしたいと思います」と。
しかも、、これまたフラカンメンバーの演奏で。

この時だったか、、
トリビュートで歌ってる『深夜高速』との
出会いの話をしてくれたんですが
父親とテレビを見ていたときに
テレビでやってるこの曲を聞いて
衝撃を受け
もっと10代を大切に生きないとって
思ったそうです。
その時中学生くらいだったとか・・
それ聞いてメンバー「中学生か、、」みたいな顔で
驚いてたのが可笑しかったです(笑)

あと、竹安さんが
「かなりレアだよね、
テレビに出てる自分たちを見て知る、、っていうのは・・」って。
まぁ、、確かに?!(笑)

そしてこの曲はギターを持たずに
ハンドマイクで歌ってました。
これがね、、、実によかった!
トリビュートアルバム紹介ページで
少し視聴できるんで
そこで聞いたときから、いい!って思ってましたが
生で聞くとさらによかったです。
この歌の世界と歌声がすごくあってて
ウルってきちゃいました。

そんなこんなで40分弱くらい?
ステージ終了。
いやぁ~かわいかった(笑)

ここに圭介さんが登場して
「深夜高速、ボーカルが変わると
いい歌だなって思った」って(笑)

さらに『ゆれるユレル』の演奏については
「皆さんの演奏がユレユレに揺れてましたよ!」って。
これは、、ダメ出しってことですかね( ̄▽ ̄;)
グレートさんも緊張してたって
言ってましたっけ・・

続いては、、お待ちかね
せっちゃんこと斉藤和義さん。
なんと今回はフラカンがバックバンドを務めるとのこと。
ウソーーー!!
いや、確かに、一番頭のトークで
「今年は俺たち、頑張るよ!」みたいなこと
言ってたんで
もしや、、って思ってたんですが
まさか自分達出番前に全曲演奏はねぇ、、って。
それがまさかの全曲演奏&圭介さんコーラスって
超豪華!!

そしてせっちゃん登場。
グッズのTシャツ、、グレーを着ての登場。
あたまは薄い茶色のハット被って
下は黒の細身のデニムに
黒の革ひも靴でした。

で、出てくるなり
「えーっと、、今年の春高校を卒業して、、(笑)」って
あははは~
すかさず圭介さんに「定時制ね
何か資格取り直したりしてるんでしょ?」って
ツッコまれてました。

しばしトークタイム。
話題はもちろん詩織ちゃん(笑)
『深夜高速』の演奏について
「自分たちでやる時より張り切ってたよね?」って
せっちゃんから。
すると竹安さん、圭介さんを指さして
「あの曲やると、けっこう後半バテてくるんだけど
詩織ちゃんの場合、(若いから)グイグイくるから
(上り調子のジェスチャー付)」ってうれしそうに。
せっちゃん「そうやっていいとこ見せて
やらせてもらおうと思ってるんでしょ?」
グレートさん「それは、ダメ!(笑)
今回、斉藤くんに出てもらうってなった時に
一番心配だったのは
下ネタは抑えられるかな、、って
それだけは止めてくださいって言ってたのに、、
俺らにはいいけど、詩織ちゃんに対しては。。」

すると圭介さん
「俺はいつでも空いてます!
下手なブスよりは斉藤くんの方がよっぽどいい」とか
言っちゃって。
下手なブスって、、、っていう会場の雰囲気を察してか
「下手なブスってもしかしたら
美人かもしれないからねブスが下手なんだから」
いろいろ言ってましたが、、、
「じゃー曲やりますか。。」っと

あ、、どっかのタイミングで
いきなりせっちゃんが竹安さんに
「さっき(フラカンの)会報読んでたんだけど
竹安カイワレ大根育ててるんだって?」って。
すると竹安さん「何で知ってるの」ってビックリ顔で
でも「そう、、あれ2回収穫できるんですよ」って
うれしそうに(笑)
せっちゃん「伸び過ぎたらダメなの?」
竹安「そうそう、硬くなっちゃっうから」
そんな会話に圭介さん
「2回収穫って、、そんなたいした量じゃないじゃん」
ってツッコミ入れたりもしてました。
それにしてもカイワレ大根育ててるって
竹安さんかわいいです(≧▽≦)
確かにあれ、根っこのスポンジ水につけてると
芽が伸びてくるんで
やったことありますが、、、

まずは『やさしくなりたい』
例の聞き覚えのある出だしを竹安さんが。
むふふ。
でもこれやっぱ難しいんでしょうかね
微妙にテンポ感っていうか
なんかちょっとオシイ!って感じでした。
そう思うとフジイさんとか
もちろんせっちゃん自身が自ら演奏するときありますが
何て言うか、バンドとしての一体感っていうのは
そう簡単には作られないってのを
改めて感じました。

続いて繋ぎのアレンジがあって
『ずっと好きだった』
いいね、いいね。
圭介さんのコーラスもいい感じです。
竹安さんのギターソロも
新鮮でした。

次に、、
せっちゃん、白いアコギに持ち替えると
「いいですね、白いアコギ!」
すると「あの、、今年春、高校を卒業して・・」って
またまた詩織ちゃんネタ(笑)
ここでも「定時制ね」ってツッコミゞ(≧ε≦o)
さらに「(年齢的に)アコギってよりは
フォークギターっぽいけどね」なんてことも。

で、圭介さんの詩織ちゃん情報。
玉ねぎがキライで抹茶のお菓子が好きって。
もちろん某ウィキ調べ、、らしいですが
得意げに言うもんで
グレートさんが「そういうの先に言っといてくれなと
なんだよ、いつも情報少ないくせに
こういう時だけ。。
そしたら楽屋に抹茶のお菓子とか入れたりねー
できたのに」って。
圭介さんも「あぁ、、そうか・・」っと
ちょっと反省気味。
圭介さんとしては
当日得意げに言おうと
黙ってたところもあって
まんまとその企み?!ツッコまれてました(笑)

さらに続き「好きなミュージシャン
チバくんとかくるりとかっあって、、斉藤和義もありましたよ!」って。
せっちゃん「へぇー、そうですか。。」
圭介さん「あれ?フラカンないじゃん!って
でさ、あれ自分で書き足せるじゃん?
書いちゃおうかって思ったんだけど
カタカナに変換できなかったからやめた」って(笑)
せっちゃん「でも、、俺とチバ君って、、
(タイプ)同じかなぁ?・・・俺あんなに悪くないよ・・」
圭介さん「それについては俺の口からコメントし辛いけど、、」
せっちゃん、ことごとくチバさん=極悪堂って
イメージ植え付けようとしてるんでしょうか(´m`)

そして次の曲は圭介さんが歌うとの話。
「昔の歌なんですけど、、すごく好きな曲で」って
言うから
たまたま前日、フラカン和義の300万ボルト
SSTVでOAしたやつを見てて
『僕が見たビートルズはTVの中』を
圭介さんが歌ってたのを思い出し
それをやるのかと思ったら
『空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~』ってタイトルが出てきて
わぁ!って。

これ、歌う前だったか
歌った後だったか忘れたんですが
この曲のタイトル『空に星が綺麗』の後の
サブタイトル"悲しい吉祥寺"が
今はもう消えちゃってるって話。
この曲はチャルメラ?のCMに起用されてたようで
当初は吉祥寺に住んでたこともあり
『悲しい吉祥寺』ってタイトルだったのを
チャルメラ側から"悲しき"って、、っと
NG出されたようです。
でもせっちゃんも若い当時で
「絶対ヤダ!」ってタイトル変更拒んでたら
ならサブタイトルに、、、ってなったそうですが
今となっては『空に星が綺麗』ってタイトルも
いいなって思うようになり
取っちゃったとのこと。
「オトナの意見も聞いとくもんだなーって
思った(笑)」って。

へぇ~そんな裏話があったとは。
なかなか貴重なお話聞けて
うれしいです♪

っということで、圭介さんメインVoで
『空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~』
なんですが、、
出だしみなさん入りバラバラなってしまい
え?!って感じでスタート(笑)
なんとかストップなくすぐに体制整えてましたが
かなりヒヤっとしました。
せっちゃんもちょい苦笑い(´m`)

圭介さんが歌うせっちゃんの歌
それこそ前日見てた300番ボルトのときの
『僕の見た~』もそうですが
なんかいいんですよね~
声質が曲の雰囲気に合ってるんでしょうか。。
あのフォークな感じがやっぱいいのかな。
素敵でした。

続いては、、
フラカンと一緒にレコーディングした曲。
そう、そう。
フラカンを好きになって
その後きっかけは分からないけど
せっちゃんも好きになって
でもしばらくその一緒にレコーディングした曲があったとは
全然知らなかった1曲。
何かのタイミングでその曲があるって知って
慌てて持ってるアルバム探して聞きなおしたんですが
いやぁ、、何回か聞いてたけど
コーラス部分圭介さん?とは
気付きませんでした・・・( ´_ゝ`)
しかもウィキったら(笑)
アルバムに入ってる曲の演奏も
フラカンがやってるとか。
へぇーへぇー。

で、当時のレコーディングの時の思い出話。
所々聞き取れなかったんですが
2人で一つのマイクを使ってやろうかってなり
マイクの位置を合わせようとしたんだけど
ご存じの通り背の高さに差があり過ぎ、、、(笑)
その中間を取った高さでやったとか。

今回もちょっとマイク入れ替わって見て、、って
お互いが位置を交換してマイクの高さの違いを
見せてくれたんですが、、
圭介さんがせっちゃんのマイクのところに行くと
頭の上にマイクがあり
せっちゃんが圭介んさんのマイクのところに行くと
胸の辺りくらいですかね、、に
マイクがあり
改めてビックリ!という。

あと、せっちゃんが
「あの、、普段のライブの時は
そうじゃないんだろうけど
レコーディングでは圭介、手をこうして
(前でかわいく重ねる感じ)歌ってるんだよね」って。
しかも「今日も(さっきの『空には星が綺麗』のとき)
ちょっとそうなってたよ」って言うと
全く自分では自覚してなかったようで
「うそ!」って驚きの様子。
さらにそれショックだったようで
「ウワー、、、直さないと。
もっと広げていかないといけないのに
今度そうなってたら教えて!」って
結構動揺してました(笑)

この後のフラカンのライブの時も
その手がそうなってないか気にしてて
もしそうなってるのに気付いたら
竹安さんが背中ポンポンって叩いて
教えてあげる、、なんて話にも出てきて
可笑しかったです(笑)

せっちゃんって、結構そういう人の特徴っていうか
あまり気づかれにくいところをよく気づきますよね。
確か数年前、アラバキの宵祭で
フラカン和義(何百万ボルトだ?)やったとき
竹安さんのコーラスの仕方をツッコんでた時
いやぁ~、、まさに!って大笑いしちゃったことあって。

そんなこんなで『あの高い場所へ』
よかったー
コーラスやっぱ素敵でした。
こんな機会ないと
こういう形でのこの曲は聞けない訳で
すごく貴重なセッションでした。
うれしい!

その流れで『社会生活不適合者』
テンション上がってきました!
みんなで"社会生活不適合者"って叫ぶところ
フラカンメンバーもしっかりコーラスしてました。

そして例の定番のイントロをせっちゃんがギターで
チャッチャッチャーン! イェーイ!! を
煽ってきます。
何度かやってフロアからレスポンス返ってきて
盛り上がってきたところで
『歩いて帰ろう』

イントロギター部分では
せっちゃんがステージ前に出てきてくれて
残念ながら反対側だったんですが
前の人たち大興奮&後ろから大きな押し!
まぁ、、ね。
気持ちは分かりますよ・・

可笑しかったのが
せっちゃん、元の位置に戻ろうとしたとき
モニターか何かに足取られ
おっとっとってなり
その後少しして演奏してる時も
後ろのアンプ?ギタースタンドかな?に
足ひっかけて、またおっとっと、、って
続けて躓いてました。

この曲は圭介さんと交互かな
ボーカル取りながら。
でも音程分からなくなっちゃったのか
(多分、いつもとキーの高さ違った?)
2番の真ん中あたりの歌詞
歌おうとして歌えなかったところがありました。
後半、コーラスに回ってましたが。。

最後の方はフロアにも歌を煽ってくれて
楽しく歌えました~

曲終わりでドラムが鳴り続け、、、
ギターも伴奏続いてます。
ふと気づくとあれ?グレートさんがいないな、、、って思ってたら
せっちゃん「今日は外国から
ビックなアーティストが駆けつけてくれました!」
みたいな説明があり
なんと!「ミックジャガーです!!」って
登場したのは、ベロのマークのTシャツ着て
カツラ被ったグレートさん(笑)

勢いよく飛び出してきて
ステージ右に左に動き回りながら
完全な日本語でご挨拶。
完全アドリブなんで
結構ドタバタ的な(笑)
そして楽器を持って
『Hello! Everybody!』へ。
ミックの盛り上げもあってか(笑)
サビのコーラスも大盛り上がり。
最高でした。

いやぁ、、次から次へ
ビックリの連続で
せっちゃんのライブだけでも満足なのに
フラカン全編出演だったし
レア曲聞けちゃったし
さらにあんな間近でせっちゃん見れることそうないだろうしで
もう大満足です。
もっと見たかったー
また、ぜひともフラカン和義○万ボルト
(もういくつになったっけ、、、)
やって欲しいです。

そうそう。
せっちゃん、自分のライブの時は
結構ピックを投げてくれますが
今回はお呼ばれだったからか
あまりピック投げてくれませんでした。
1回ステージ奥に投げ捨ててたし。。
アンコールの時は
ポッケに閉まっちゃってた・・
前にいたから
取れたかもしれないのにー、、って。
ちょっとそれだけが残念デシタ。

<セットリスト>
 01.やさしくなりたい
 02.ずっと好きだった
 03.空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~(Vo.圭介)
 04.あの高い場所へ
 05.社会生活不適合者
 06.歩いて帰ろう
 07.Hello! Everybody!

帰り際
ミック「次はフラカン出るよ!」って(笑)

ってことで、ラストはもちろん
フラワーカンパニーズ。

いつものSEでメンバー登場。
それまでイベントT着てたメンバーですが
ここでは正装?!(笑)に着替えてまして
圭介さんは黒(紺?)と白のギンガムチェックっぽいのが
何パターンかでデザインされてるシャツ。
竹安さんは白地に紺の水玉が刺繍になってる?シャツ
そしてミスター小西は黒かなのつなぎ
で、グレートさん
この25周年企画でいろんなオーバーオール作ってますが
今回も新作!
ドラゴンズユニフォーム風オーバーオールに
野球帽という
ド派手なオーバーオールでした。
すげぇーインパクト!(笑)
始まる前でしたっけ、、
「リーリーリーリー」「打ったー」みたいに
野球の真似を圭介さんとやってましたゞ(≧ε≦o)

「フラワーカンパニーズです!
DRAGON DELUXE3回目!!行きますかーっ!!」っと
雄たけび上げて
まずは『チェスト』から
ライブスタート!
出だしのジャンプ、やっぱいいなー
あれ大好き。
もう、それまでの興奮っぷりから
テンション上がってるので
一気に最高潮に。

圭介さんもノリノリなのか
なんとなく、、ですが
いつもよりガンガン前に飛び出して
踊りまくってたように思います。
自分の前にできた時は
わー近い!って思っちゃったほど。

続いて『NUDE CORE ROCK'N ROLL』
いいねー
やっぱフラカンいいねー
楽しすぎます。
あまりにニコニコしながら踊ってたのか
ミスター小西と目が合ったような気がした瞬間
ニコーって笑ってくれて
さらにテンション上がりました(*´艸`)

ここでMCしたっけ?
もう少し後だっけ・・・
うーん。。ちょっと記憶曖昧ですが、、
とりあえずMCについて。

先ほど終わりにできてた
ミック物まねの裏話として、、
当初は全くやる予定ではなかったようです。
ただせっちゃんと1回リハ入った時に
せっちゃんから「今回余興はないの?」って
聞かれ、、、
ないって応えたのにミックやっよって
リクエストがあったとか?

しかも、これには昔にも逸話(笑)があるようで
当時同じ事務所の先輩後輩時代
その時のせっちゃんのMgさんから
「斉藤くんの大阪厚生年金ホールでのワンマンで
前座?でやってよって言われたことあって。
いやいやいやい、、今日みたいなフラカン主催とかなら
まだいいけど
ワンマンなんかでやっても
誰?コイツ??ってことになるだけだろうからって
丁重にお断りしましたけど、、」って。

そういうこともあって、今回このリクエストに
応えた?!ってことらしいです(笑)

それに続いてグレートさんのオーバーオールについて。
「ついにここまで来たか、、」って
やや引き気味??の圭介さん。
グレートさん的にはお気に入りなようで
今度のドラゴンズ戦には
これで行こうと思ってるってほど。
ただ、冬になったら冬仕様で
オーバーオール止めようかな(10月は衣替えから)っとも
思ってたそうですが
これを着るならこの機会しかないっと思い
決断したそうです。
そして「今日初めてフラカン見た人もいると思うんで
言っとくけど、、俺は今日に限らず
いつでも裸にオーバーオールです!」って。
まぁね、それ、言っとかないとね(笑)

続いて『モンキー』
あーこれはなんか名古屋で聞くと
グッとくるというか、、
うれしい選曲でした。

そして『切符』
もちろん、最後は何回か「ワンモア!」繰り返すVer.

今回3回目のドラゴンデラックスということで、、
「うれしい。3年目ですよ」って圭介さんが言うと
グレートさん「そこは2年だけどな、、」という
ツッコミ。←圭介さんは計算が苦手(笑)
「今年はフラカン結成25年なんですけど
20で結成して25で東京行って
今年で45歳たから何年だ、、、??(笑)」っと
またまた計算苦手っぷり発揮(笑)
「とにかく、、来年で
名古屋に住んでた時より
東京での暮らしがの方が長くなる、、
でも、俺が死んだら天白川?に骨を流すよう
弟に言ってある
もし仮に、俺より先に弟が死んだら
俺が弟の骨を天白川に流すことにするって、、
(↑これは今決めたみたいですが、、、)」
っと、名古屋愛について
語ってたんですが
「やめよ、、俺が死んだら、、とか
そういう話するのは・・」っと
自粛。

で、せっちゃんの話になったんだっけ。。
どういうタイミングか忘れちゃったんですが
フラカンメンバーがせっちゃんのことを
"斉藤くん"って呼んでることについて
「(年下なのに)斉藤くんって言うのもなぁ、、
でも初めて呼んだのが斉藤くんだったから
今更斉藤さんに戻すのなんか距離置いたみたいで嫌だし
かと言って、せっちゃんっていうのもなー
馴れ馴れしいっていうか、、
まぁ、斉藤くんでいいか。
ジャニーズ形式ってことで
東山君みたいなね(笑)
コイツ年下のくせに、、とか
思われてたらどうしよう
、、でも思うような人じゃないけど」

圭介さんらしい悩みの種ですね(笑)
でも、最後の"コイツ年下のくせに、、とか
思われてたらどうしよう
、、でも思うような人じゃないけど"って言うのが
何とも言えずジーンときちゃいました。
やっぱそういうお人柄ってのもあって
みんなから愛されるキャラなんでしょうね。

『NO MERCY』は
かなり久しぶりな曲で
私もしかしたらライブで聞くのは初めてかも??
ちょっとサビにくるまで
何の曲か分かりませんでした。

そして『ビューティフルドリーマー』に続いて
この日のハイライト!と言ってもいい
『吐きたくなるほど愛されたい』
うれしいー
超~よかった。
出だしの歌い出し聞こえた瞬間
ゾクゾクってしちゃいました。
歌詞に合わせてジェスチャしながら歌ってるのを見て
最後の方泣きそうになりました。
最高です。

ここで「俺の友達を紹介しまーす」、、って
メンバー紹介。
ちょっとビックリしちゃいました。
またゲスト来るのかって(笑)

まずは竹安さんから。
その時の紹介の仕方が
「今日はシャツ被っちゃって、、、」って
言い出すと止まらなくなったのか
圭介さん「楽屋でハンガーに掛けてあったの見て
嫌な予感してたんだよなー・・
でも斉藤くんが着るかもしれないじゃん」って。
すると竹安さん
ボソボソと「聞けばいいじゃん、、」
圭介さん「そういう服の打ち合わせするのも何かなー、、」
で、、竹安さんの一言なく
終わっちゃいまして・・・あれ??(笑)

ただ、この紹介の前にも
圭介さん、竹安さんとシャツの色味っていうんですかね
パッした見た目が被ってることを話題にしてて
その時は竹安さん
「統一感あっていいんじゃない?」って言ってて
グレートさんのオーバーオールを指さし
「チカチカ目に入って気が散るんだもん」って
言ってました(笑)

次にミスター小西。
竹安さん一言なかったからなのか
分かりませんが
この日は名前を紹介するごとに
ギターで色づけしてあげてました。

ミスター小西はいつも通りクールにお礼を言いつつ
「今まで(バックで演奏があり)緊張してたけど
やっと心の底から楽しいって思えました」みたいなこと
言ってちょっと笑われてました。
もちろん圭介さんかな
「じゃー今までは楽しくなかったのか!」って
ツッコミ有です(≧▽≦)

今回は自分たちの曲じゃない曲も
演奏しないといけないってこともあり
「(竹安さんも)ずっと楽屋でテケテケテケテケ
あの曲ばっか練習してたもんなー」って
圭介さん暴露。
テケテケテケテケ、、って音程全然違ってましたけど・・
やっぱあれ、難しかったんだなー、、って
改めて思いました。

そしてグレートさん
今年25周年ってことで
色んな企画やってた話で、、
今周ってる対バンライブ
さらに初めて全国周ってみた
フォークの爆発
なんとこのどちらも名古屋でのライブはなかったって。。
えー、、そうだったんですね。。
なので「でも大丈夫!
来年は今年以上に一杯名古屋でライブやるから」って。
まだ言えないみたいですが
まだまだお楽しみ企画は練ってるみたいです。
楽しみです♪

「4人そろってフラワーカンパニーズ!!」
から『煮込んでロック』
そして『恋をしましょう』
ラストは『アイムオールライト』
この『アイムオールライト』
超よかった!
なんか3曲の流れがよかったのか
すごい一体感感じました。
また圭介さんとグレートさんとの
ラインダンスって言うの、、足上げね。
あれがすごくって。
圭介さんもハモニカ吹きながら連続足上げって
スゴイです!
高さも上がってるしー。

最高の盛り上がりでライブ終了~
続いてアンコール!

何やらステージ上
セッティングいっぱいです。
ってことで、、まずはフラカンメンバー出て来まして
最後はみなさんで。。っと
お二人のゲストをお呼びだし。

まずは詩織ちゃん!
先ほどの衣装から着替えて
イベントTシャツ紺だっけ?着てました。
続いてせっちゃん。
こちらは私服なんでしょうか
ネイビーっぽい感じのVネックのTシャツ。

並びがグレート・詩織ちゃん・せっちゃんだったもんで
グレートさんから詩織ちゃんへいく
進化の過程が大きすぎるって(笑)

そしてさきほどのせっちゃんとの
下ネタ話題についてのお詫び(笑)
せっちゃんも「ちゃんとさっき袖で
謝っときましたから」って。
なんでも「この歳で嫌われるの
特に若い子から嫌われるのは辛い」って
圭介さんも激しく同意してて
特に圭介さん、ここでもさっきのウィキ情報持ち出して
「玉ねぎ苦手なんでしょ?
牛丼とかは?あ、避けて食べるんだ。
それほど嫌いなんだねー
抹茶味が好きなんでしょ?
キットカット抹茶味!ねー」って
もうデレデレ状態で終いには
「好きです!」って告白までしちゃってゞ(≧ε≦o)
ホント可笑しかったです。

あと何と言っても、、「肌ぴちぴちだよ」っと
せっちゃんとも話盛り上がって
改めて、、若い女の子好きなんだなー、、なんてね(笑)

そうそう、牛丼ネタでは
せっちゃんの曲が吉野家のCMに使われてたこともあって
「牛丼と言えば、、、(斉藤くん)ねぇ。
この日に向けて俺、3日連続牛丼(吉野家)でしたから」って
得意げ?!に話してました(笑)

さて。
ラストは、、、せっちゃんがギター持ってたんで
何の曲やるんだろー??って思ってたら
「もう秋ですが、、夏の曲を!」って
やっぱり恒例の『真冬の盆踊り』でした。
せっちゃん、、、多分楽器なしだと
手持無沙汰になっちゃうから
ギター有にしたのかなー・・なんてね(´m`)

1番は圭介さんが歌って
なんと2番はせっちゃんが歌いました!
わー
キーの高さが辛そうでしたが
あのヒーッってキツそうな顔しながら歌うせっちゃんの顔
何気に好きだったりします♪

ヨサホイコール
詩織ちゃんにもやってもらったり、、
これがまた素敵にロックで。
いい感じでした。

そして極めつけはせっちゃんと竹安さん
途中からグレートさんも加わった
ギターバトル。
きゃーきゃー!!
圭介さんもどこで〆に入ろうか
何度もオロオロしちゃうほど。

ヨサホイダンスせっちゃんやりたくないのもあって
ギター弾くことにしたのかとも思ってたんですが
ギター下げながらも両手で
ヨサホイヨサホイ踊ってて
いい具合に気が抜けた感じがまた素敵でした。

大団円で終了~
あー楽しかったー
過去2回、どれも楽しかったですが
今回はさらに上をいく楽しさで
もう最高でした。

「またこれからもよろしく!」
なんてお言葉もありまして
幕を閉じました。

<セットリスト>
 01.チェスト
 02.NUDE CORE ROCK'N ROLL
 03.モンキー
 04.切符
 05.NO MERCY
 06.ビューティフルドリーマー
 07.吐きたくなるほど愛されたい
 08.煮込んでロック
 09.恋をしましょう
 10.アイムオールライト

 EN.真冬の盆踊り(全員)


帰りはお友達と打上げしまして
夜行バスにて帰宅。。
興奮しすぎてたのか、、、いつもよりあまり寝つきがよくなく。。
本日じっとひきこもり。。
ホントはとあるライブのご招待メールが来てたんで
行こうかな~とか思ってたんですけど。。


で。
ライブ圭介さんの日記に上がってた
打上げ終了後の写真。。
1011.jpg
いいんですか??こんな顔(笑)
OKもらってますって書いてますけど・・・
いいわ~
この突き抜けた感。