So-net無料ブログ作成
検索選択

浮足立った未来に不満でも目を覚ましていたい [the pillows]

暑いぃぃっっーーー。。
ついに昨日、クーラー解禁しちゃいましたって。
さすがに部屋の温度32度とか見ちゃうと
ヤバいかも?!って思っちゃいまして。
ひゅ~っと快適。
この味しめちゃうとクセになるから
気をつけないと(笑)
って、、既に本日クーラーガンガン入っております。。。

さて。
そんな7.26は
the pillows 25th Anniversary
NEVER ENDING STORY "ROCK AND SYMPATHY TOUR"
@Zepp DiverCity
with:髭
でした。
IMG_1476.JPG
IMG_1478.JPG

6月より始まってきたこの対バンツアーも
ついにファイナル!
そして一番楽しみにしてた髭ちゃんとの対バン!!
待ってたよー(*´∀`*)

初めて髭ちゃんを見たのは
ピロウズのケミカルバンプショーで
BRAHMANと対バンした時(2005年)。
当時あまり対バンってのに興味ない時期で
ピロウズもワンマンしか行ったことなくって
でもちょっと冒険してみようかな~って思って
その時発表されてたこの3マンのライブ
私的にはBRAHMAN知ってるから行ってみようって感じだったのに
(髭ちゃんほぼノーマークだった、、)
さわおさん的には髭ちゃん推しで
ビックリしたという記憶。

でもその後ワッツインだかでJIROちゃんが
髭ちゃんのPeanuts Foreverをおススメしてて
それを試に聞いてジワジワ好きになっていく
って感じでしょうかね。。
今でもあのアルバムは名盤だと思ってます♪
懐かしくなって過去のレポを遡ってみたら
2007年にやってるケミバン(3月)にも
髭ちゃん出てましたが
まだあまりファンではない感じに書いていた(笑)
なのに11月のワンマンには行ってた(≧▽≦)ゞ

ってことで、この対バンは
かなり楽しみだったのです。
が、、チケ、700番台真ん中あたりって・・
いい番号欲しかったよー。。
中に入ると2、3列目くらいまで端っこもいっぱいでしたが
なんとかギリギリ
淳くん側の3列目くらいで待機。
Zepp DiverCityはほぼZepp Tokyoと同じような作りですが
若干横幅が狭いような気がします。
でも・・やっぱステージ遠かった。
何て言うか、端っこ感ハンパなかった(>ω<)
バックドロップ、全部見えなかったし。

5分くらい押しでライブスタート。
普通客電消えても、なんとなく薄っすらと明るいもんなんですが
この日はホントに真っ暗になっちゃって
ちょっとビックリしました。
なのでもう少しセンター寄りの方へ
ちょこっとだけ攻めようかなって思ってたのも断念。
ま。結果的に視界良好
押しもなく快適だったので
よかったですけど。

まずは髭ちゃん。
1曲目は『黒にそめろ』から。
期待を裏切らない安定の1曲。

そして『ボーナス・トラック』
この曲は最新アルバムの曲ですが
こういうイベントの時にも
よくやってますね。
ゲーム音楽みたいな感じがして
楽しい曲。
斉藤さんがやけにテンション高くて
楽しそうでした。
何度かワーって目が合った、、、気がします♪

次に『ボニー&クライド』
今回のセトリ、
定番で攻めてきた印象です。

「こんにちはー髭です。
えーっと今日はGLAY25周年
おめでとうございます~」
?!
ネタかと思ったら
「あ、、違った・・ピロウズだ。
さっきJIROさんと会ったから
頭の中GLAYってなちゃって
本気で間違えちゃった・・
ウィットな冗談とかそんなんじゃ全然ないです(笑)」
ってストーさん。
えぇー・・??
大爆笑でしたが
まさかの間違い(まだネタだと思ってるけど。。)に
ビックリです。

「じゃーハリキっとく??」っと
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2』
よかった、、
この時まだ1(てか最初に出た方)の方の
テンションじゃなかっただけに
え、、って思ってたんで(笑)
ワウワウワワ~のコーラスを
斉藤さん歌いだして
カモン!って感じでフロアに合図だしてました。
2は1に比べると
ちょっとキュンとくる曲です。

そして『虹』
いいね~この流れ。
ストーさんはハンドマイクで歌うので
ステージ前方までよく出てきてました。
「サンキュー」って
両手を上げて空を見上げる感じに

「どうでしょうか~
さっきのストーの言い間違えは
回復されてるでしょうか??(笑)」

「ピロウズ、、ちゃんと言うなら
ピロウズさんにはいつもお世話になってて
とくにさわおさんには
一からいろんなことを教えてもらって
感謝してます。
今日もこのツアー最終日のフロントアクトに呼んでもらえて
ホントうれしいです。
この後多分、袖の辺りでしたり顔でライブ見るんだろうけど
全国周ってきてどう変わってきたか
見るのが楽しみです!」
ストーさんらしいMC(笑)
後で淳くんからツッコミ入ってたのが
可笑しかったですゞ(≧ε≦o)
 ※淳くんのMC参照

「今回後ろにもあるけど
ロック&シンパシーってトリビュートアルバム
それに僕等も参加させてもらえて、、
その曲を歌ってもいいですか?
あの、、途中でコーラの缶とか
(頭にガツンって)飛んでこないように
一生懸命歌います!」

『ストレンジカメレオン』
髭カバーのこの曲
ストーさんの声にすごく馴染んでて
すごくいいです。
後半スネアをバックに歌いだす辺りが
新しい感じがして素敵です。
ゴメスのコーラスが効いてました。
いやぁ~
生で聞くと余計によかったです。

「ありがとうございます
ピロウズ、今年で25周年ってことですが
僕たちも実は10周年でして、、
秋から全国ツアーが始まるんですけど
ピロウズはもう
アルバムのレコーディング終わってるってことなんで
また来年とか一緒にやらせてもらえる機会があれば
いいなーって思ってます。」

「じゃーもう1回ハリキっとく?」って
ここからラストスパート!
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』
フフッフー!って
髭ちゃんワンマンの時みたいに
ジャンプしなかったけど
でも盛り上がりました。

そしてもちろん、この曲
なんかこの曲やる前に
「みんなが好きなバンドは?」って
ストーさんが何度かフロアに聞いていて
何て答えたらいいのか
??ってなってたんですが
最後「ピロウズ!」って言ってた?でも
『ロックンロールと五人の囚人』が始まって
、、、結局繋がりがどういう意味だったのか
謎のままでした・・

ラストは『テキーラ!テキーラ!』
恒例コール&レスポンスありました。
そういえば、この時もストーさん
ハンドマイクだったので
バーからフロアに少しだけ入り込んでました。

「ありがとうございました!
またみんなの前で演奏できたらと
思ってます。」
やっぱ髭ちゃん、最高です!
今日は2マンなので
1バンドちょっと長めなのかな、、なんて
期待もしてたんですが
持ち時間はいつもと変わりませんでした。。

<セットリスト>
 01.黒にそめろ
 02.ボーナス・トラック
 03.ボニー&クライド
 04.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
 05.虹
 06.ストレンジカメレオン
 07.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 08.ロックンロールと五人の囚人
 09.テキーラ!テキーラ!

セットチェンジ終えて
お次はピロウズ!

いつものSEでメンバー登場。
登場してからモニターに乗って
ウサ耳やるの、久しぶりに見たかも?
衣装は、、シンちゃんがこのツアーの
バックドロップにもなってるやつのTシャツ
Peeちゃんと淳くんは仙台と同じ
ぷくぷくバスターくんのTシャツに
レッドツェッペリンT
そしてさわおさんは黒白半分のボウリングシャツ?

「アウェイ!」っと雄たけびあげて
『Dance with God』から
ライブスタート。
セトリは仙台と変わらず、、でした。

続いて『ROCK'N ROLL SINNERS』
サビの All the peaple of the earth want to R&R
ってところの
R&Rってとこでさわおさんが拳を上げるジェスチャー
いつもやってますが
あれが好きです。
そしてもちろん、What do you want? は
フロアに。

「あー久しぶりじゃないか!
みんな、元気そうだな(笑)」
フロアからさわおさん、元気?って声が聞こえると
「元気だよ、今日はGLAYの25周年だからな。」って。
大爆笑のフロア。
「あいつはいつも悪い・・
今回、若手とツアー周ってきたけど
やっぱ髭ちゃんは別格だな。
逆に言うとキラキラ感はない。
もはや若手じゃないんだな。
アイツもこっち(おじさん)側なんだよ」

「みんなからチヤホヤされる楽しいツアーも
今日で終わってしまう。。
明日から普通のおじさんに戻ります・・
さぁ、、今夜は、燃え尽きるぞ!」

『カーニバル』イントロは
何回聞いても
ゾクゾクします。

そして『Last Dinosaur』でしょ。
この流れ最高です。
この曲の歌詞は聞けば聞くほど
胸に沁みてくるものがあって
その時の気分によっては
泣きそうになることがあります。

続いて『RUSH』
で、歌い始めであれ?って
そう、私一緒に口ずさんでいたんで
それとさわおさんが歌ってるのと違ったから
すぐに気付きました。
しばらくモゴモゴってなって
「もう1回」ってジェスチャーで曲ストップ。

「ダメだ、、思い出せなかった・・」
恥ずかしそうに顔を隠すさわおさん。
歌詞、忘れちゃったみたいです。
しかもしばらく「あれ?なんだっけ??」って
最後にはフロアに「最後に笑ったのあと何だっけ?」って
聞いちゃって
フロアから何度も「記憶!」って言ってるのに
「え?何?」「え?」って
そしてやっと「きおく、、あ!記憶ね」
グラグラグラっと項垂れるさわおさん(笑)

「リハーサルでは何事もなく歌ってたのにね。。
ふふふ~んってしばらくごまかそうと思ったけど
無理だったわ。。
あー、、しかも出てこなかった単語が記憶って、、、(笑)
もう、、ショックから立ち直れません・・・」
大丈夫ーって声。
「(笑)俺、こんなに甘やかされていいのか?!
明日から普通のおじさんに戻るつもりが
既に普通のおじさんに戻ってたという、、」

そして水を飲み、タオルで汗拭いて
気を取り直し
「えー今日はGLAYの25周年ライブに来てくれてありがとう!」
から再度『RUSH』
今度は無事、歌い終えました~(笑)

「あー、、絶対後で
ストーくんにおちょくられるんだろうなぁ・・
それにしても、ストーくん
ちょっとサンキーサンキュー言いすぎだろ。」
?みたいだって言ってましたが
良く聞き取れず・・
調べたとこによると、、
パンサーって人のこと言ってたんですかね。。
ほんと、さわおさんお笑い好きですね。

「今年でピロウズは結成25周年を迎え
僕たちにシンパシーを感じてくれてるキミたちが感動する、
それにふさわしい曲を作ったんだが
ちょっとそっちはシングルにするのは止めて
もう少し軽いっていうか
でもよく考えてみたら
すごくロックを始めた頃の気持ちを出してる
曲が出来た、、それを聞いてくれ!」←かなり曖昧。。

『About A Rock'n Roll Band』
曲紹介があって、
少し間をおいて歌いだす感じが
緊張感あってドキドキしちゃいました。
916までもう少し、、ですね。

そして『I Know You』
 だって嘘みたいなことも
 キミなら叶えそうだぜ
ってところで指さししてもらいたくって
いつもドキドキしちゃう(笑)
この日はたくさんフロアを指さししてたように
思います。
あと、ギターで撃つようなやつ
あれも自分の方向かれると
ワーってうれしくなります♪

そこから『FUNNY BUNNY』
サビはもちろんフロアに。
そしてさわおさん、遠くまで聞こえるようにって
口元に手を当てて「ありがとう!」って
叫んでくれました。
かろうじて、私の所でも声が聞こえて
うれしかったです。

最近は 僕らはそれができる って
歌詞に変えて歌ってますが
コーラスのPeeちゃんも
当たり前ですが
そうやって歌ってるんですね。
この日初めてそれに気づきました(笑)

ここでメンバー紹介。
まずは淳くん。
「よろしくお願いします!
さっき須藤くんのMCで
この後のピロウズのライブが最終日でどれだけすごいものになってるか
楽しみですって、、言い方はすごく丁寧でしたけど
でも結構上からな感じで言ってたのを聞いて
そのプレッシャーに押し潰されそうです(笑)

最終日って寂しい気もしますが
宮川くんからもウコンをしこたま飲んで
打上げに備えますってメールもいただいたんで
最後まで精一杯頑張りたいと思います!」

次にシンちゃん。
「紹介されちゃいました。。今日はニコニコ生放送
ニコ生?ニコ動?って言うんでしたっけ?でも
放送されているので(そういうの知ってんだ、ってさわおさんのつっこみ)
個人情報の観点から言って
ドラムのほにゃにゃらら(ごまかす感じ)で言って欲しかったんですけど
もしくはドラムも鈴木淳ですとか。。。
でも紹介されてしまいました。
そうです、私が佐藤シンイチロウです!」
「それ言いたかっただけだろう」ってさわおさん。
で、「お前、なんつー髪型してんだよ」
そう、シンちゃん、勢いよく髪をゴシゴシ拭いてたせいで
逆立っちゃってて(笑)

髪を整えて「年齢はシャレにならない領域に入ってるので
今日からは非公式にお願いします!
クレジットカードの番号は、、3432~
危なーい!!スラスラ言ってしまうところでした。
「大して入ってないだろう、、」
「最後まで若々しくいきたいと思います」

「出てくるときから
まったく若々しくなかったけどね、、」

最後にPeeちゃん。
「こんなメンバーとここまでツアーを周ってきて
今日がファイナルです。
このツアーでは多くの人から刺激を受けて
イロイロ情報交換したり、新たな知識を得たりしました。
そして若い人のエキスのせいかお肌がツルツルになって
ここ東京に戻ってまいりました!
今回周ってて思ったのは
どうも最近のバンドはBaに華があるバンドが多いなーって
思ったりしたんですが
今日はそうではなくちょっと安心しました。
最後までよろしくお願いします」

淳くん「なんか言い返すスキを与えられず、、」
さわお「悪口だけ言われて終わったな」

「OK~じゃー3番目の目を、、開かせてやる!」
『サードアイ』
すっかり3番目の目って言葉
定着してきました(´m`)

ラストスパート
『ハイブリッド レインボウ』
今日のこの曲も
熱いものを感じました。

その熱量を保ったまま
『No Substance』
イントロの焦らす感じって言うんですかね
あそこが何とも言えずカッコよくって
加速しだすと
一気にテンション上がります。

最後は『Poison Rock'n roll』
さわおさん、淳くん側の端っこに来て
ギターをグイグイフロアに向けて
弾いてました。
最後ホントにギターを客席に突きだしてくれるんですね~
とうてい届く距離じゃなかったんですが
目の前でああされたら
キャーってなっちゃいます。
あーカッコいい!
「サンキューベリーマッチ!!」
本編終了。

続いてアンコール。
「アンコールサンキュ!
俺たちの人生には、ロックンロールは必要不可欠だった。
そして、うーん、、なくてもいいけど
あったらこんな素晴らしいんだっていうシンパシー
ロック&シンパシー
俺たちは25年かけて
両方を手にできたと思ってる。
シンパシーを感じてくれた皆さんに感謝します。
本当にどうもありがとう。」

「じゃー、、行こうか?」だっけ
連れってってやる?
うーん、、何か言ってたと思うんですが
忘れた。。
(プレミアム会員じゃないからEN放送見れず、、
 見た方教えて下さい★)

そう言って『インスタントミュージック』へ。
これがグッとくるんですよね~
イントロ鳴った瞬間
ブワーってこみ上げてくるものが
ありました。

そしてもう1曲
『Ready steady Go!』
ワーイワーイ。
最高です。

「ありがとう!楽しかったか?(笑)
えーっと、まずは最初に出てくれた髭ちゃん
サンキュ!
ストレンジカメレオン、、よかったな~
あげてもいい!

あー、、でも今日は恥ずかしかったなー
しかも思い出せなかった歌詞が記憶って、、

さっき真鍋くんも言ってたけど
あの演奏はどうやってるんだろ?とか
あの機材は何使ってんだろ?
なんならその機材ごと盗みたいって
そんな風に思わせてくれるツアーだった

えーっと9月にシングルが出て
その後のアルバムも実はもう出来上がっている!
きっと気に入ってくれると思うよ。

ありがとう!!それでは美味しいビールをいただきます!!」

もちろん、最後ですから
まだまだお客さん帰ろうとしません。
しばらくして
メンバー登場。

「えーっと、、、今日は
まさかの自分で書いた歌詞を
お客さんに教えてもらうという
大失態を犯したので
・・・もう1曲歌います」
あはは。
ナイス言い訳(笑)

曲は『TRIP DANCER』

いやぁ、、、よかった。
最後の最後
なんとなくですが
さわおさんと目が合った気がしました。
それがうれしかったです。
もちろん、完全自己満足の世界ですけどー

さーて。
ニコ生でもう1回感動を味わうかな♪
 

<セットリスト>
 01.Dance with God
 02.ROCK'N ROLL SINNERS
 03.カーニバル
 04.Last Dinosaur
 05.RUSH
 06.About A Rock'n Roll Band
 07.I Know You
 08.FUNNY BUNNY
 09.サードアイ
 10.ハイブリッド レインボウ
 11.No Substance
 12.Poison Rock'n roll

 EN.
  インスタントミュージック
  Ready steady Go!

 EN2.
  TRIP DANCER


We Are Waiting For RISING SUN [たわごと]

今日からFUJI ROCK FES'が始まりました。
いよいよ本格的な夏フェスシーズンの到来!って感じです。

で、この動画。
RSRの歴代クロージングアーティストをまとめたものらしいです。


いいね~
テンション上がってきました!!

グッズも会場受け取りで1つだけ購入。
goods_img_36.jpg
迷っていたTシャツはやめて
ポストカードを。
今年は記念切手も売られて、会場から手紙が出せるそうです。
確か、、フジロックでもやってた。(あれは企業が、、だけど)

昔、まだメールとかが盛んじゃなかった頃
旅先で必ずハガキ買って自分宛に手紙出してたの思い出しました。
消印が思い出になるんですよね~

会場内で使えるカート(荷物運ぶための)を
購入しないと、、って思いつつ
去年中古を安く手に入れて
帰る日にぶっ壊れたトラウマから
なかなか決断に至れません。。

持ってるスーツケースで行くか
大きな荷物方から提げるか
・・・うーん。。(-c_,-` )

ファイナル行けてよかった。 [音楽]

近頃ったら
ゲリラ豪雨?あり過ぎで
まともに洗濯ができません(>ω<)
しかも今うちのマンション
外壁改修工事入っちゃってるので
平日昼間はあまり外に干したくないし・・
あーもー
あまり溜まると干す場所なくって
困るんですけどー・・・・

あ!
THE BACK HORN Baの岡峰光舟さんが
7/21にご結婚されたとの報告が♪
おめでとうございます!!
数年前に噂で聞いていた方ですね。
ちふれのCMにTHE BACK HORNの曲が使われたのって
たまたまの偶然?
それとも箭内さんの仕業??(笑)

さて。
そんな7.23は
the HIATUS Keeper Of The Flame Tour 2014
@新木場STUDIO COAST
でした。
IMG_1473.JPG

前回、、、5月だっけ?Zeppで見た時は
自分的に何やらもやもやした気持ちのまま
あまり盛り上がれずに終わってしまって
今回も正直あまり曲も聞いてないまま
この日が来ちゃったんで
どうだろうか、、って心配してたんですが
始まってみると
なんか5月の時とは違って
すーっとその世界に引き込まれていって
楽しめました♪

この日は400番台近く。
にしてもthe HIATUSの客は集まりがいいねぇ~
中入るとかなり人でいっぱいな感じ。
あまり前過ぎるのもな、、ってことで
ウエノさん側の端っこの辺りで待機。
すっごい斜めからの角度になりますが
いい感じにステージが見えました。
あ、、ただ柏倉さんだけほっとんど見えず、、
でしたが。。

10分くらい押しましたっけ?
ライブスタート。
センター寄りは始まる前から押しが来てましたが
私がいた位置はほとんど押しもなく
いい感じでした。

曲はあまり覚えてないのですが
セトリを見る感じでは
入れ替えはあってもやってる曲自体は
同じだった模様。
でも流れ的に、今回の方が
感覚的に、、ですけど
よかったと思います。

そしてMCがすっごいよかった!
いつもならクスリとしちゃうような
オカシイこと一切言わず
曲の流れに沿ったいい感じのMCでした。
テレビ(SSTVらしい)入ってたからですかね(笑)

まず数曲やった後の最初のMC
「Keeper Of The Flame Tourファイナルへようこそ!
千葉LOOKから始まった41本の俺たちの旅も
一旦ここで終わる。
もうすぐ梅雨も明ける、、明けた?
明日から、また新しい季節が来る。
今日は夏の到来を、めいっぱいお祝いしようぜ!」
ちょっと言い回しが
TOSHI-LOWみたいで
ニヤっとしちゃったんですが
もう初っ端から
どうしたーってゞ(≧ε≦o)

そして「このツアーが始まるときにウエノさんが
41本もライヴやりゃあ絶対変わるからって。
変わった後に夏フェスに出るのが楽しみだって言ってて。
俺は最初、そんな41本のライヴぐらいで
俺みたいなくそ虫?みてぇーなヤツでも
変わるんだったら、それに越したことはねぇーやって
思ってたけど、、、変わった!」
このMCはジーンときたな。
で、なんでか分からないけど
5月の時と比べて
スーッと入っていけたのも
実はそういう理由だったのかも?なんて
思ったりしてね。

細美さんは終始全身から楽しさを表してて
「こんな楽しいことが明日からなくなるのかと思うと
さびしいけど
、、、まだ(今日のライブは)半分ある、楽しもう」って。

途中靴がフロアに落ちてたって言うんで
返してあげようとステージに投げてもらったけど
結局持ち主現れず・・。

あと、何かの曲の時に
2回ほどステージ下に降りてたんですが
・・あれはなんでだろ??
でもセンター辺りはかなりのカオス状態だったようで
マサさんも水のペットボトルを投げてあげたりしてたんで
気分悪い人でもいたんですかね。

今回のツアーはほぼワンマンでしたが
そのうちの数本は4バンドがゲストとして出演してて
そのバンドの紹介を。
 気仙沼の高校を卒業したthe Nice Frankfurt
 大阪の俺らの仲間のバンド・Xmas Eileen
 必死こいて福島で闘ってる
   福島サイコビリー重鎮・内郷げんこつ会
 RACCOさん率いる岡山のIdol Punch
 ・・RACCOさん、この日は見に来てたみたい。

「鉄砲でも何でもなくて、タマも何も出ない音楽で、
この世界に対してケンカ売っていこうっていうのにさ、
同じ塹壕に入ってる連中が頼りないのだけは
耐えられんと思ったけど、、
最高の仲間に恵まれた、いいツアーでした。
ありがとうございました」

「この曲を作った時は
どっかに消えてしまいたいって思ったけど
どこにも行く必要がなくなりました。
どうもありがとう」とフロアに対してお礼を言って
『Lone Train Running』へ。
サビではフロアも一緒になって
大合唱へ。
いい顔して歌ってました。

歌うで思い出しましたが
新しいアルバムでは
ギターを弾かないで歌う歌も多くて
すっかりハンドマイク姿も
見慣れました。

最後の方かな?(アンコールでだっけ?)
メンバーに
「あ、、今日、最後に
何か言っておくこととかある?」って聞いたけど
特に言い出す人いなくって
すると「ないって
それは言いたくないとか言いたいとかじゃなく
俺たちは常に同じところにいるから」
って・・
なんか、、カッコいいよね~(´m`)

そんなこんなで
『Burn To Shine』『Insomnia』
『紺碧の夜に』っと
畳み掛けるように続いた曲で
ホント感動したまま本編終了。

続いてアンコール。
「あと2曲だけやらせて!」って
PAさんかな?に言い
「今回のツアーでは
ハイエースを買ってツアー周ろうって思ったけど
そしたらザ・ハイエースってなって
オモシロいんじゃないかって。
でもハイエースはすんげぇ中古でもくそ高いんで
キャラバンを買いました。
13,630km全国走って、新木場に帰ってきました!

うちのバンドはスタッフ多い方だけど
楽器も多いから、
搬入からメンバーみんなで手分けして運んで
車を運転して。
そしたら「すごい大変そうですね」
「疲れませんか」「体調大丈夫ですか」
「喉大丈夫ですか」すげえいろいろ言われたけど、
最終日絶対これ言ってやろうって思ってて
・・・楽勝だ!こんなの!!(笑)」
細美さんらしい(笑)

「このツアーで日本全国回ってきて、
いろんな土地の連中に出会って、
いろんなものをいただきました。
落ち着いたら感謝の気持ちを手紙にしたような
アルバムを作るよ」って
これにはグッときたわ~

そんなMC明けに
『ベテルギウスの灯』とかやられたら
盛り上がらない訳がない。

途中マサさんが
反対側まで来てくれたりして
うれしかったです★

アンコールも終わるも
もちろん、拍手鳴りやまないフロア。
少しして再びメンバー登場。
「このTシャツ、初日の千葉LOOKから2公演を除いて
ずっと着てて、、
お風呂場で洗ったんだけど乾かなかった1日と
あまりに臭くてどうしても洗いたくなった1日

ファッションに関して何の関心も持たなくなったのと
タグ見たらゴーストってあって
なんか願掛けみたいでいいかなって
今日が終わったらゴミ箱行きかと思ってたんだけど
楽しかったんで
追加公演やりたくなって
1回だけやることにした。

、、、、12/22 日本武道館!!」
えぇー!!
ついに!?
もうこの時のフロアの驚きようったら。
私ですら、声出しちゃったもん(笑)
でも大歓声って言うよりは
キョトン・・って一瞬沈黙になって様な気がします。

「それまでは着ないで
その時またこれを着る!」

ラストは『Shimmer』
歌い終わって拍手を受ける細美さん
いい顔してグルッとフロアを見渡してました。

あとウエノさんがいい兄貴キャラ全開で
これまた終始いい笑顔してました。

っと。
曲の感想一切ないですが、、、
でもいいライブでした。
武道館かぁ・・
どうなんでしょ。
特別な感じにはしないのかなーって思いますが。


<セットリスト>
 01.Roller Coaster Ride Memories
 02.Thirst
 03.Deerhounds
 04.Storm Racers
 05.Something Ever After
 06.Horse Riding
 07.Superblock
 08.Silver Birch
 09.The Flare
 10.Monkeys
 11.Unhurt
 12.Tales Of Sorrow Street
 13.Sunset Off The Coastline
 14.Lone Train Running
 15.Burn To Shine
 16.Insomnia
 17.紺碧の夜に

 EN1.
  ベテルギウスの灯
  Waiting For The Sun

 EN2.
  Shimmer


 ※いい感じにレポ上がってたんでコチラを参照ください♪


とんでもない歌が鳴り響く予感がする [The Birthday(2012年~)]

学生たちが夏休みに入ったようで
朝の電車が若干空いていて
うれしいです。
お盆時期のガラガラ具合がまた
いいんだよな~
なんてね。

さて。
そんな7.21は
The Birthday COME TOGETHER TOUR 2014
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_1470.JPG

はい。
仙台から夜行帰り明けでございます。
ふぅ。。
この日は使ったことないバスで
帰ってきたんですが
、、、、トイレ休憩がなかった(´+ω+`)
まぁ、確かに、車内にトイレありましたけど
できればSAのトイレに行きたいじゃん。
しかもそれ聞かされたの
乗ってからだからね。
幸い、もろもろすませて乗車したんで
何事もなく終わりましたけど。
イスの具合もイマイチだったし
あのバス、夜行で使うのは止めよう。

ってことで
普段は爆睡できる私も
なんかイマイチ寝た心地しないまま帰宅。
このままではThe Birthdayのライブにひびく、、っと思い
帰ってから3時間ほど仮眠取りました。

この日は、、、
なかなかチケット取れなかったんだよねぇ・・
東京でのワンマンはホント取り辛くなりました。
数年前は水戸とかでもライブやってて
普通にチケット取れたのに。
なもんでB500番台
Aが900番ちょいまであって
その後2階席が入ってからの入場。
さすがに1500人近くが入ってから入ると
場内はそこそこ埋まってる感。
でもいつものハルキ側2、3列目くらいにいけました。
超~端っこですけど。。
Zepp、嫌いじゃないんですが
やっぱ小さいハコ帰りで行くと
あの端っこ感は悲しいものがありますね。
特にThe Birthdayは
センターにキュっと固まったセッティングなので
余計に。

10分押しくらいでライブスタート。
思ったほど押されず
視界も良好。
途中前の人がどんどん下がってきて
挟まれた状態になりそうでしたが
でも全体的に快適でした。
全く見えないかもな、、って思ってた
キュウちゃんもギリ
ちょいちょい見えたし。

この日のメンバー
キュウちゃんが白シャツ
ハルキは黒とグレーの細身のストライプシャツ
フジイさんは黒シャツ
そしてチバさんはお馴染み
黒のタックが入った例のシャツ(笑)
どうやら全編あれだったようです。
確かに、、黒色が少し色落ちしてた感
あったような?

「ハッロー!」
大歓声のフロアに一言あって
フジイさんのギターが妖しく鳴ります。
1曲目はもちろん『LOVE GOD HAND』
そしてハルキのベース!
センター寄りの前に飛び出していって
弾いてました。

 愛の帝王!
コーラスにあわせて拳がたくさん。
でもって早速もダイバーもたくさん。
この日はやけにダイバー多かった・・

続いて『Buddy』
やっぱ、これがないと幕は開かないよね。
ってんで文句なしに盛り上がります。

 天使みたいに見えるぜ気のせいか
ってところ
前からもよくやってましたが
チバさん、天使みたいにバタバタ羽をバタつかせる仕草
この日はすごく大きくやってました。

そして『アイノメイロアイノネイロ』
この曲だっけ、、
前3人ユニゾンで弾いたりするの。
なんかライブ見てるときは
おぉ~って思うのに
1晩経つとすっかり忘れちゃうのね・・(>ω<)
ま、それだけ興奮しっぱなしだった
ってことで。

キュウちゃん
「三連休最終日にご来場ありがとうございます。」
ここでチバさん、サングラスはずしたような。

やっとチバさんの目が見えて聞いた(笑)
『ROKA』が
何とも言えないほどキラキラしてたように思いました。

そして『星の首飾り』
新潟でもそうでしたが
2回目のサビっていうんですかね
そこをフロアに歌わせようと煽ってくるんですが
チバさん、、ここで痛恨のミス!
ギターコード間違えちゃって(笑)
思わず苦笑い・・
こっちもそれについつられちゃって
メロディーライン思い出せなくなっちゃって
歌えなかった。。

笑いながらガイドを歌ってくれるチバさん
 つないだ 夜空を
って、、終わっちゃった。。
残念。
どうやら「FU●K OFF」って言ってたらしい?
気持ちは分かる(笑)

気を取り直して?!
『KIMAGURE KING』
この日はやっと! オゥ!ってできた(´m`)
しかも、そこ、チバさんもフロアに煽ってて
今までそこまでしてなかったように思うんですが
やっぱ前半戦ファイナルだからでしょうかね。
燃えました~★

興奮冷めやらぬ、、、なフロア
なんかすごい叫んでる声が聞こえ
チバさん、マイクに向かったんで
何か言うのかな、、って思ったけど
「・・・」
結局何も言わず、でも笑ってました。
その後少しして「スゴイね、
心の底から叫んでるでしょう?」って。

そして『STAR MAN』
曲に入る前かな、、
何かチバさんが言ってたと思うんですが
あまりよく聞き取れませんでした。
(英語だと思う?)
そしてこの曲、イントロからAメロあたり?
キュウちゃんがマラカスを振ってます。
隙間からチラチラとその姿が見えました♪

でもって間奏のチバさんのブルースハープ。
淡々と弾くハルキのベース
色っぽいフジイさんのギター
そして最後はどんどん加速していく感じ。
Red Eyeに続く
セッション系の曲になっていくのかな。

続いて『KNIFE』
この曲は出だし、チバさんがマラカスを
振ってます。
ベースとギターの絡み具合が
大好きな曲。
優しい感じもするけど
歌詞はすごくメッセージ性が強いように思います。
歌い終わると「サンキュウ」って。
なんかそれがうれしかったです。

そしてフジイさんのキーンっとしたギターの音が鳴り
『LEMON』
後半の盛り上がっていく演奏部分が
最高。
歌のない部分も聞かせどころってのが
やっぱ素晴らしいなって思います。
歌詞の余韻に浸っちゃうっていうの。

聞かせる3曲
タップリ堪能させてもらいました。
ただ・・この日はチバさん
やけに喉ケアするやつ
シュッシュしてました。
あまりそういうのやってるの見たことなかったんで
よっぽどなのかなー、、なんて
思ったり。
思ったほど喉の調子が悪いようには
思わなかっただけに
意外でした。

チューニングタイム。
さっきとは打って変わって?!静かなフロアに
思わずキュウちゃん「おっ!(あっ!だったかも)」って
いきなり言うもんで
何?何?って思ったら
「こんなに大勢の人が集まってるとは
思えないほどの静けさですね。」って。

するとフロア
ギャーギャー名前呼ぶ声などなど。
「あ、だからといって無理やりにはいらいないです」
それでも何か叫んだ人に
「だから、それは無理やり!」

そして「ロックンロール!!」って叫ぶ声に
チバさん「待ってたよ(笑)」とニヤリ。
そこから『VIRGIN NUDE BEAT PARTY』
おぉ~
そういうこと!?(≧▽≦)

今回この曲を何回か聞けて
うれしい限りです。
サビの Oh yeah! Nude Beat Party! の
Oh yeah!の部分でチバさんは顔の横でパパンって
クラップハンズするんですよね。
なるほど、、あそこでクラップハンズ
して欲しいんだなって思いつつも
拳上げちゃう(笑)
あの、チバさんの顔の横でクラップハンズするの
軽やかで好きです。

続いて『JOIN』
結局この前半戦
古い曲聞けたのはこの曲だけでした。

で『なぜか今日は』
ハルキ今度は端っこ側の前に。
ちょっとだけ近かった。

そして大好きな『SAKURA』
あっという間に終わってしまうのが
なんか寂しいです。

でもってこれも
やっぱり大好きな『PIERROT』
アガります!
とにかく、もぉーっっ、、、ってほど
カッコいい!
これを叩いてるキュウちゃんを
正面から見たいわ。

なもんで、 Oh yeah! ってとこ
めちゃめちゃ笑顔になってしまいます。
最高です。

そこから続く『情熱のブルーズ』の流れも
大好き。

 愛をテーマに歌ってる
 ど真ん中しかないんだ
って、、ちょっとクサイ?!歌詞すらも
カッコよく思えてしまいます。

ちょっと一呼吸おいて
『星に願いを』
フジイさんだけのギターに合わせて
歌う所がなんかジーンときます。
改めて、
フジイさんはギタリストだなーって
しみじみ思ってしまう瞬間というか・・

でも最後の方はチバさんが
メインで弾いてるんですかね。
それを弾きながら
 ラーララララー って
歌ってるのがいい感じでした。

そして来ました!
『くそったれの世界』
出だしの歌い出しでガツンとやられます。
でもってこの日はハルキとキュウちゃんが歌うコーラス部分を
一緒に歌ってって感じで
チバさん手で煽ってました。
その時の雰囲気で
躊躇ってしまうこともあるんですが
そうやられたら
やる気満々で一緒に歌ってしまいマシタ~♪

特に最近感じますが
サビの部分は熱かったです。
フロアをグルーって見渡しながら
うれしそうに歌ってたようにも感じました。

その余韻を残しながら
『COME TOGETHER』
出だしのギターだけの所でキュウちゃん
両手広げてポーズしてました。

そしてドラムが入ってから歌い出しまでの間で
 パッパッパッパッラッパパッパ 
ってフロアにも煽ってきてて
初めてそこから拳上げて歌っちゃったよ。
そんなフロア見てご機嫌なチバさん。
この日は笑顔が多かった印象です。

いやぁ、、でも、この曲はホント最高です。
ステージとフロアの一体感を
もろ感じられて
幸せな気分になります。

ラストもう1回繰り返す長いVer.で
フロアだけの歌声も少しだけ聞いてくれて
本編終了。
「サンキュ!ありがと!またね!!」

続いてアンコール。
キュウちゃんKILL YOU T
フジイさんAngel T
ハルキとチバさんは着替えず。
てか、、フジイさんがAngel Tっていうのが
なんか笑っちゃいました(笑)

「アンコールありがとうございます!」って
キュウちゃんが言った後に
チバさんも「サンキュウ」って。
そして長いアレンジ?
最初全然何の曲か分からなくて
一瞬、新曲?!ってドキドキしちゃったほど。
でもやっぱりもしかして、、って思ってた
『PISTOL』

この曲だっけ、、フジイさんがハルキの方向いて
ハルキもフジイさん側向いて
最後はチバさんもキュウちゃんの方向いて
4人で向き合う感じでカウント合わせて弾き終わった曲。
他の曲かもしれないんですが
そうやって終わった曲があって
それがすっごいカッコよかったです。

そしてチバさん
アアアアアア~って
喉の調子を確かめるように。
何度か発声しながら
ギターを弾き始め
『涙がこぼれそう』へ。
最近、この曲へ行く前のギターソロ部分が
長いような気がします。

カモン~っと歌い出しはフロアへ。
 俺さ 今 どこ?
 今日はZepp Tokyoの古い方!
最初「Zepp Tokyo」だけかと思って
普通じゃんって思った瞬間に
「古い方」ってきたもんで
笑ってしまいました。

そして、やっぱフジイさんのギターソロ
変わってました~
職人だなぁ・・素敵です。

「サンキュー!」

BGM一瞬かかってましたが
拍手が鳴りやまないので
ありました~Wアンコール!!

キュウちゃんが出てきて
ドコドコドコってドラムを叩き始め
他、メンバーも登場。
ハルキがGet HIGH Tに着替えてました。
相変わらず色、白いです。。

ラストは『READY STEADY GO』
もう、この上ないくらいの盛り上がり。
最後ですし
かなり暴れてた模様です。
ハルキも笑顔で弾いてました。
演奏しながら笑顔のハルキって
初めてみたかも。

「サンキュー アミーゴ!!」

「サンキュウ!次は渋公かな」

キュウちゃん座ったままスティック投げて
帰りがけ、センターでダイブ!!
スタッフに釣られるように引き上げられる姿がかわいい(笑)
Tシャツ投げ入れて、またまたダイブ!
また引上げらて
もーっ!!!って感じでズボンを上げて
投げキッスして
両手でバイバイってしながら帰っていきました。
なんかやり切ったーって感じが伝わってきたし
なんかそうだとしたらうれしいなーって
思いました。

あー終わっちゃった。。
IMG_1471.JPG
っつっても、前半戦ですけど・・

たまに今日のチバさんは笑顔が多かったとか
言ってる方がいたりして
でも、そうだっけ?って思ったりすることもあったりして
いや、笑ってることは何回かあったけど
多かったっけ??てね。
でも、この日はホント、笑顔が多かった!(*´艸`)
いいライブだった。


<セットリスト>
 01.LOVE GOD HAND
 02.Buddy
 03.アイノメイロアイノネイロ
 04.ROKA
 05.星の首飾り
 06.KIMAGURE KING
 07.STAR MAN
 08.KNIFE
 09.LEMON
 10.VIRGIN NUDE BEAT PARTY
 11.JOIN
 12.なぜか今日は
 13.SAKURA
 14.PIERROT
 15.情熱のブルーズ
 16.星に願いを
 17.くそったれの世界
 18.COME TOGETHER

 EN1.
  PISTOL
  涙がこぼれそう

 EN2.
  READY STEADY GO

レジスタントミュージック さあ耳をふさげ くたばっちまえよ [the pillows]

いよいよ夏がきた~(笑)←梅雨も明けたし!
って。
はい、コレの季節が来ました。
IMG_1469.JPG
今年は2回分は他の方にお譲りして(決定済)
3回分の利用になりそうです。
が、、まだ1回分どう使うか迷い中でして・・
もしかしたら2回分のみの利用になってしまうかも??

さて。
そんな7.20は
the pillows 25th Anniversary
NEVER ENDING STORY "ROCK AND SYMPATHY TOUR"
@仙台 Rensa
with:Scars Borough/a flood of circle
でした。
IMG_1468.JPG

まさかの2週連チャン
日曜日の仙台。
そして、安定の雨・・・

行きは上に書きました青春18きっぷにて
乗り継いで行ってきました。
もう郡山まではほぼルートを覚えてるっていうね。
誤算は宇都宮から黒磯行きに乗り換えるのに
乗車位置を間違えてて
走って乗らないといけなかった点。。
前に乗り過ぎちゃいけないって思ってて
後ろに乗ってたのに
そこまで後ろでもいけなかった・・
メモメモ(笑)

ここ最近のゲリラ的
局部的豪雨が心配だったのですが
難なく仙台に到着できました。
ふぅ。

そしてお昼・時間つぶしは
今回はテキトー。。(;´д`)
だって、、夏休みだからか
3連休だからか
なんか人が多くて
ここ行けたら、、って思ってたお店が激混みだったので
もうテンション下がって
空いてて入りやすそうなお店ですませマシタ。。

時間になり会場へ。
この日は久々ピロウズで2桁っす!!
むふふ。
でも・・
当券出てたせいもあってか
先週の怒髪天同様に
柱前のサイドが仕切られてて、、、
中に入った時は前方2列目くらいまでほぼ埋まってました。
あのスペース空いてないのは
端っこ狙いの自分としては
辛い。。

そしていつもは淳くん側に行くのですが
この日は最前に背の高い人が2人連なってまして、、
Peeちゃん側にて待機。
ちょっと最前にもスペースがある
いい感じの位置に行けた♪って思ってたら
なんか隣の2人連れが
確信犯的に最前割り込みを目論んでまして
もうね、、待ってる間の態度からして
割りこまれる側じゃないのになんかイライラ。。
ああいう人、いるんですね・・

いや、いいんですよ。
ライブハウスなんですから自由で。
でもさ、最低限のルールってあるじゃない。
何年も前に細美さんが書いてた
暗黙の了解ってやつ。(←なぜかいつもこれを思い出してしまう)
割り込もうって思ってても
せめて客電消えてから押された勢いで、、くらいな装いにしとけば
誰も文句言わないのに
ああも最初からグイグイプレッシャーかけてたら
逆に引くわ。
で。最終的にめっちゃいい位置当たり前の顔して入り込んでて
しかも2人とも!
いやぁ、、、隣の人かわいそう。
後ろから殴っておきたかったけど
届かなかったので断念・・
マジそいつら自分の視界に入ってくるだけで
気分悪かったです。

っと、、
いかん。いかん。
最近こういう愚痴ばっか言ってる気がします。
(歳取ったのかな・・)
言いたかないけど
ぶちまけないとストレスたまるんで
聞き流しておいてください。。。

気持ちを切り替えて、、、
最初はどっちかな・・って思ってたら
トップバッターは
a flood of circleから。

a flood of circle・・
ライブは何回か見たことあります。
ちょうどBaのヒサヨさんが正式メンバーに加入した時のライブを
見たのをよく覚えてます。
その時はとくに
良くも悪くも思わなかったんですが
その後もう1回何かで見た時は
Voの佐々木亮介くんが
チバさんの影響受けまくってるなーみたいな印象(笑)
でもやっぱ好きでも嫌いでもなかったかな。

で。
この日のMCでもよく言ってましたが
キュウちゃんのやってる緊急ナイトの弾き語りゲストに
亮介くんが出た時も見てて
これは、なかなかいいじゃんって思ったような記憶。

そしてこの日のライブ
超よかったー(*´∀`*)
何て言うんでしょ、、曲調が分かりやすくなった?
うーん。。聞きやすい曲を
敢えて選んできたのかもしれないんですが
すごく楽しかったです。
歌詞が伝わってきた!

あとドラムの人が好み(笑)
軽やかななのにゴリゴリきてて
素敵でした。

「先輩のライブのトップバッターなんで
会場あっためて次へ繋げよう、、、なんて思い
全くありませんから!」っと
いつもの強気発言でフロア煽る煽る。
「ピロウズも俺たちみたいな暑苦しいヤツ呼んできてって
思う方もいらっしゃるかもしれませんが
ロックンロールが好き、ピロウズが好き
貴方たちと同士ですから!!」
なんでも、、1989年に結成したピロウズですが
亮介くんは1986年生まれなんだそうです。
スゴイねー(笑)

「ブルースがここに連れて来てくれました~」の
紹介から3曲目くらいかな
早々にカバー曲『Blues Drive Monster』をやってくれました。
これを引き金に
知ってても知らなくても
どんどん行こうぜ的な空気がフロアに流れて
結果大盛り上がりになったので
いいセトリだったんじゃないかなーって思います。

そしてこのカバーした
『Blues Drive Monster』
いいね~
ドラムがシンちゃんのと全然違う!ってのが
まず最初の印象。
どっちがどうって訳じゃなく
あ、こうも変わるんだってなんか
すごく思いました。

ピロウズとの出会いについて
今回までに何度か会ったことはあるそうですが
素面の状態のメンバーに会ったのは
今日が初めて、、とか?(笑)

去年のRSRでステージ裏に畳が2畳ほど敷いてあって
そこに雀卓があり
菩薩様のように寝そべっていたのが
シンちゃんだったって。
一応挨拶したけど
きっと覚えてないだろうな~って思ってたら
今日あったら覚えてくれたみたいで、、って
(でも覚えてなかったみたい 笑)

淳くんには
緊急ナイトの時に緊急バンド演奏で
歌わせてもらった時に
ライブ前「亮介行くぞ」って言われ
ぶっ飛ばされるのかと思ったら
飲みにつれて行かれた、、という。

そしてとある音楽編集長の結婚パーティでは
4人とも赤ら顔でいて、、、

「そして今日も来るなり
キミたちはお酒を飲めるのか、、と聞かれまして(笑)
ライブもその後もとても楽しみです!」って。
オモシロいゞ(≧ε≦o)
亮介くん、そういう付き合い上手そうだから
いいんじゃないでしょうか~

そうそう、RSRのステージの話をする前に
「今日このピロウズとの出会いを
点で終わらせるつもりもないし
これもずっと続けていきたいと思ってることで、、」って
ちょっと躊躇いつつも
"東北ライブハウス大作戦"のタオルを掲げてました。
その東北を周ってた時に作った曲ですって
やってくれた曲
あまり覚えてないけど
いい曲だったなー。

っと。
滑り出しからいい気分
帰りがけの亮介くんの笑顔がよかった。
a flood of circle
また機会があったらライブに行きたいです~
あ。
メンバー紹介がまた特徴的で
オモシロかったです。
いや、いたって普通に
順番に名前を言って紹介していくだけなんですが
紹介される人にスポットライト当たって
亮介くんが名前言ったら
ドンドンドンって手拍子するんですよね。
でもなんかオモシロかったです。

あともう一つ余談。
ヒサヨさん、、網タイツというか
もっと目の粗いタイツで
ノースリーブの短いワンピ?で
不思議なステップで動きまくりで
弾いていました。
イクノちゃんといい
次のスカボロマーチといい
Ba女子は
クールビューティーな女性が多いですな。

続いてScars Borough
スカボロさんはメンバー自らセッティングに来て
そのままライブへ、、の流れ。
で、驚いたのが
マーチが!サングラスしてない!!
ずっとあのサングラスの中はどうなの??って
気になってただけに
おぉ~って思ってしまいました。
ま。そこそこ想像通りというか
あまり違和感なく
素敵な方でした♪

どうやらここ最近はサングラスなしみたいですね。
帰りにもらったフライヤーのアー写?
(ライブのお知らせ書いてあったやつ)にも
サングラスなしの顔で写ってらっしゃいましたので。

スカボロ、、曲全然知らない曲になってた。。
当たり前だってね。
高橋くんが参加して
最初に出したアルバムしか知らないんだもーん。
でもそれに比べたら
なんでしょ、、なんか随分雰囲気変わった気がします。
音も力強くなったように思うし
歌ってる内容に想いっていうか
込められてるものが大きくなってるように感じました。
バンドとしての絆っていうんでしょうか
そういうのがグッと強まってきてるんでしょうかね。

京子ちゃんはパワフルに歌う中にも
キュートな雰囲気があって
いいと思います。
そこに加わる男っぽいサウンドがまた
ロックっぽさを増してて
だから女の子Voなのに
キャピキャピ感を感じないんでしょうか。
そう、マーチのBaは男前です。
グイっと体反らせて弾く姿とか
カッコよかった~★

『エネルギヤ』私は京子ちゃんが歌うの
何気に好きです。
この曲って何か女の子が歌うと
逆にキミが男の子に思えてしまう曲で
妙にキュンと来るというか。
でもさわおさんも言うように
なかなか歌い辛い曲のようで
歌い終わった後
「あーもー、、、さわおさんに歌って欲しかった」って
ボソリと言ってました。

まだ2回しか話したことないんですが、、って
さわおさんとの初対面エピソード。
プレデターズで先に知り合いになってた高橋くんから
聞いてたさわおさんについて
「敬語とか使えないの、マジでダメだから」って
とにかく怖い人っていうイメージが先行してたようで
実は最初は会いたくなかったって。
さわおさんもさわおさんで
高橋くんから「うちのVo、敬語とか全く使えない
ホント常識のないヤツで、、」みたいな話をしてたようで
いつかのライブにさわおさんが見に来てくれて
打上げの席で「あ、どうも、、」って
挨拶することになった際
お互い「あ、あれ?」って
イメージと違うぞってキョトンっとなったそうです。

で。
よくよく考えたら、あれ(印象悪く言ってたの)は
「高橋の嫉妬なんではないか、、」と。
大爆笑の高橋くん。

そうそう。
この話、ちょっとニュアンス違ってたけど
さわおさんも話してましたね。
高橋くんの嫉妬だったっていうのは
初耳でしたけど(≧▽≦)

スカボロも楽しかったです。

さて。
お待ちかね、ラストはthe pillows!

いつものSEでメンバー登場。
シンちゃん、セッティングの時には
アロハ(中白T)にビーサンでしたが
ステージ衣装は黒のTシャツでした(ツアーTじゃないよね?)
淳くんはレッドツェッペリンT
PeeちゃんはツアーTのバスターくんがもこもこのやつ。
これ、欲しかったんだけど・・
高いし1枚他の買っちゃったし、、でも
人が着てるの見ると
いいなーって思ってしまう。。
そしてさわおさんは
赤いシャツでした。
靴は、、キャメルの皮靴(紐靴)

そしてまずは『Dance with God』から
ライブスタート。
6/25の初日に行ってから
他の日のレポとか一切見てないから
正直前回何やってたか全然覚えてなかったんで(笑)
全てが新鮮でした(´m`)
いかん、、、
最近通勤時
ほっとんどピロウズを聞かなくなってきてる。。

そして『ROCK'N ROLL SINNERS』
Peeちゃん前ってのも
これまた新鮮で
ギターギュインギュイン弾く姿もですが
コーラスしてるところを真正面から見るのも
初めてに近いくらいなので
ドキドキしちゃいました。
結構目が合った感、、ありますね♪
目が合うとウンって頷いてくれる感じがまた
うれしいですね♪♪

あとシンちゃん
サングラスしてるんですが
なんか顔がこっち向いてるような気がしちゃって(笑)
目なんて見えないのに
こっちにもドキドキしちゃってましたゞ(≧ε≦o)

「久しぶりじゃないか!
元気だった?」っと最初の挨拶。
「俺らは元気!
このツアーは後輩からチヤホヤされ過ぎて
うれしいです。」と言いつつ
「さっきも後ろからフルで見てたんだけど
2バンドの若さに心折れそうになりました、、」
みたいなことも言ってました。

あとすっごい暑かったみたいで
シャンプーした後みたいに
タオルでゴシゴシ髪を拭くさわおさん。
シンちゃんもサングラスしてるのに
はずしてタオルで顔拭いてたし。
「亮介くん、皮ジャン着てたよね?
考えられないー」って。
そうそう、亮介くんはいつだって
ライブは皮ジャンらしいですよ。

「じゃー最後まで楽しい夜にしよう。
よろしくね!」

MC明けは『カーニバル』
そして『Last Dinosaur』
どの曲だったか、、
さわおさん、モニターに上ったんだけど
ズルって滑りそうになって
焦ってました。

そう、Peeちゃん側に来ると
このモニターに上った側になるので
テンション上がります。
近い~って(*´∀`*)

そして『RUSH』
いいよね~この曲。
『Last Dinosaur』と続けて聞くと
なんか余計にグッとくるものがありました。
自分の中にある
いろんな思いと重ね合わせてしまいます。

チューニングタイム。
フロア、、、シーン・・・
「あれ?高橋くんに怖い人って言われた?」
あはは。
でも、そう言われても
フロア、シーンってしてたのは
流石!仙台!!(笑)
東京だったら間違いなく
ギャーギャー言い出す人いたな。

「あの、、嫌われてるんじゃないかって思うことって
時々あると思うんだけど、、」
ちょっとどういう流れだったか忘れたんですが
突然さわおさん。
「昨日福島のライブからスカボロメンバーが着いて
マーチと本郷さんとそして高橋くんと
4人で飲みに行ってさ
で、トイレに入ったら夏帆ちゃんのポスターが貼ってあって
おぉ~って、、うれしいじゃないか
そしたらどういう訳か
スカボロとAFOCの写真しか貼ってなかったんだよね
今年でピロウズ結成25周年なんですが
、、まだまだ頑張らないとって思いました~(笑)」

そしてこの2バンドの話。
京子ちゃんの歌う『エネルギヤ』について
「いいよね~」って。
「この曲は自分で作っておきながら
すごく苦手意識のある曲で
ピロウズにしては細かく音程が動いていて
息継ぎもし辛いし、、
そしたらリハやってた京子ちゃんがさ
あーもー歌いにくいっ!
さわおさん、歌って!!って。
いや、、それ、どう考えても可笑しいじゃないか。
スカボロ演奏してるときに
俺出てって歌うの。」

「亮介くんの歌う『Blues Drive Monster』も
2番の歌いまわしが自分とはちょっと違ってて
でも、もう、聞きすぎちゃってるから
自分で歌ってても
そっちにつられそうになっちゃうことがあってさ。
カバーのコピーみたいな可笑しなことに・・
バンプの『ハイブリッドレインボウ』は
今となっては完全そうなったけど
あーこの世の果てまでもそうかな、、、」

「次の曲はロックに出会った時の気持ちを
書いた曲」
みたいな紹介があって
『About A Rock'n Roll Band』
歌い出しからゾクゾクしちゃう曲。
早く音源でも聞きたいし
歌詞カードを見ながらじっくり聞きたいです。

そして『I Know You』
この日のこの曲は
なんかヤバかった!
今まで以上に熱いものを感じました。

で『FUNNY BUNNY』でしょ。
まさにハイライト!って感じでした。
もちろん、1番サビはみんなで大合唱。
そしてさわおさん、オフマイクで「ありがとっ!」
かすかに声、聞こえました。

今日届いたメルマガに
この曲と『ハイブリッドレインボウ』
特別なものだったと思ってるって書いてあったのを見て
うれしかったです。
だって、そう言われてそう感じたんじゃなくて
ホントにそう思ってたから。
上手く言えないんですが
熱くこみ上げてくるものを感じる時って
ありますよね。
まさにそんな感じでした。

「あの、、『FUNNY BUNNY』歌ってて思ったんだけど、、
高橋くんって、エルレでも(トリビュートに)参加してるし
今回のも参加してるんだよね。
今回もまた『FUNNY BUNNY』って言われたら
どうしようかって思ったけど、、
それしか好きじゃないのかってなー(笑)」

そしてメンバー紹介
まずは淳くん。
AFOCのライブの時に亮介くんも話してましたが
緊急ナイトでの出会いについて。
ライブ前に飲みにつれて行って(withコータローさん)
入口側の席だったため
客が出入りするたびにちゃんと閉めない人とかもいて
隙間風がぴゅーぴゅー入ってきたりして
それをコータローさんが気にするから
亮介くんがその度に
サッと立って閉めに行ってて
「こいつはできるヤツだなって思いました」って。

続いてシンちゃん。
「さっきも言ってましたが
亮介に初めて会ったのはその緊急ナイトで、、って
言おうと思ってたら、、
それよりも前のRSRで会ってたという」
さわおさん「覚えてないでしょ?
あの日は史上最悪にダメダメなライブだったんだから!
自分のライブを覚えてないんだからさ」
シンちゃん「自分の演奏全く覚えてない、、、
そんな私が他のことを覚えてるわけがない!
でも、、もしかしてだけど、、
亮介が嘘言ってるんじゃない?って」

ここでだっけ?
私はちょっと元ネタ知らないんですが
「もしかしてだけど~」って
お笑いのやつのマネをさせたんですが
ちゃんと考えて来てなかったせいか
かなりグダグダになっちゃってた、、って。
「ただ、確かにあの時、畳があって
雀卓はあったなって覚えてるので
嘘ではなかったと思います」

「あとですね、
ライブ中にサングラスするようになったのはー、、」
さわお「え?長いなー」
シンちゃん「今日は何時までってないんでしょ?
実はマーチの影響だったんですけど、、
なのにアイツ、今日サングラスしてなかったんだよ!(笑)」
えー?!そうなの??(ネタですよね)
するとさわおさん
「もしかしてだけど(サングラスすると)カッコ悪いんだって
気付いちゃったんじゃない?」ってツッコミ。
「これからもサングラスし続けますけどね」
。。。私は途中からでもいいから
外してほしいけどなぁ・・

最後はPeeちゃん。
「今日は地方公演ファイナルです。
それが仙台でよかった!」
うぅっ。。なんかそう言われるの
うれしいです♪
「今回あちこち周って来て思ったのは、、、
最近のバンドはベースに花があるバンドが多いなって」

するとさわおさん淳くんを見て
「あぁ、、それは勝てないな、、」
淳くん「頑張ります!」
さわおさん「ヒサヨちゃんのシュッとした
腕とかなぁ、、
史織ちゃんみたいにできるか?」って
2人でキャピキャピってステップ踏んで見せる。
「お前が勝てるのは黒さだけだな」
「そうだよね、、ってうるせーっ!!」
ガッツポーズしながら
「(大笑)ま、そうだよな、
そこはうるせーになるよな(笑)」

「3番目の目を開いて、、」って
曲フリで『サードアイ』

そして『ハイブリッド レインボウ』
ステージ上みんなが
熱く演奏してたのが
印象的です。

 きっとまだ
 限界なんてこんなもんじゃない
 こんなんじゃない

そのメッセージがジーンと胸に響きました。

ちょっと一息ついて
例のイントロが、、
フロアからも歓声が上がってきます
『No Substance』
カッコいい~
O-EASTでカバーを聞いてただけに
ピロウズでも聞けるとうれしさ倍増です。

間髪入れずにドラムが鳴って
『Poison Rock'n roll』
最後いったん終わりかけて
アウトロ再びのVer.
ライブならではの演奏。

「サンキューベリーマッチ!!」

本編終了。
Peeちゃんのクマさんへギターを返すところも
バッチリ見れました。
Peeちゃん、ピックを割と近くに投げてくれたんですが
はい、、もちろん、かすりもせず。。
確か最前の柵前に落ちちゃってました(その後行方知らず)

引き続きアンコール。
シンちゃんだけ着替えて来たっけ?
Peeちゃんは首にタオルを巻いて。
仙台はステージ向かって右(Peeちゃん側)が
出入り口になるんですが
いつもとは逆の右側で
グータッチしてくれるのかな?って
ちょっと期待してたんですが
この日はグータッチはなし。
さわおさんって、Peeちゃん側の領域には
入ってこないなー、、なんてね。
気のせいか。

「アンコールサンキュ!
ロックンロールは俺たちにとって
必要不可欠だった。
そしてなくてもいいけど
あるとこんなに素敵なんだっていう
シンパシー
ロック&シンパシー
その両方を俺たちは25年かけて手に入れた。
シンパシーを感じ取ってくれたみんなに感謝をこめて」

曲は『インスタントミュージック』
おぉ~なるほど~
感動するわ。

これで終わりかと思ったら
なんと!『Ready steady Go!』
ワーイ!
最高の盛り上がりでした。
なんとなーくだけど
ちょこっとさわおさんにジーっと見られた気分。
ま、私もなんだかんだ言って
10年(一応、、以上)選手なわけで
ポッドキャストで言っていた
顔見たら思い出す、、くらいのランク
であってくれたら
うれしいなーなんてチラっと思ったり。

最後は淳くん側でしたが
さわおさん、ギターを客席に向けて
グイグイ弾いてました。
でもPeeちゃんもかなり前に出てきて
グイグイ弾いてくれました。
またしてもピックは届かず・・

「ありがとう!楽しかったよ。
あー、、Scars Boroughサンキュ!
a flood of circle(一度aを言わないで言っちゃって
言い直すさわおさん 礼儀正しいね 笑)
サンキュ!!

9月にシングルが出るんだが、
でもその後に出るアルバムももう完成してる!
またその曲たちを連れてライブに来るから
そしたらまた一緒に遊ぼうぜ」

はぁ・・
いいライブだった。
先週の怒髪天に続き
いいライブ続きの仙台です。

残すはフィナルのみ、、か。
早いなー・・


<セットリスト>
 01.Dance with God
 02.ROCK'N ROLL SINNERS
 03.カーニバル
 04.Last Dinosaur
 05.RUSH
 06.About A Rock'n Roll Band
 07.I Know You
 08.FUNNY BUNNY
 09.サードアイ
 10.ハイブリッド レインボウ
 11.No Substance
 12.Poison Rock'n roll

 EN.
  インスタントミュージック
  Ready steady Go!



RSR2014 仮スケジュール 718時点 [音楽]

あと1ヶ月もすれば~♪
RSRです(*´∀`*)
が、、、今年は・・アラバキに引き続き
なんだかなぁ。。って感じのラインナップで
若干テンション低めっす。

飛行機やら何やら押さえてしまってるので
やっぱ行かない、、って予定変更できないのが
辛いところですが
でも。
やはりアラバキ同様
ラインナップがどうであれ
RSRに行くことが楽しみでもあるので
そこは思う存分楽しんで来ようと思います。

ってことで
早速、発表されましたタイムテーブルにて
自分的タイムテーブル作りました♪
現時点で見たいもの全部上げてあるので
被りまくりの状態です。


まずは、、、

【1日目】
15:00 レキシ(SUN STAGE)
15:00 SHISHAMO(defgarage)
16:40 カーネーションLOVES森高千里(RED STAR FIELD)
17:00 UNICORN(SUN STAGE)
17:30 武藤昭平withウエノコウジ(RED STAR CAFE)
17:50 くもゆき(BOHEMIAN GARDEN)
18:20 ストレイテナー(RED STAR FIELD)
18:40 木村カエラ(EARTHTENT)
20:10 フラワーカンパニーズ(EARTHTENT)
21:40 The Birthday(RED STAR FIELD)
23:40 FRIDAY NIGHT SESSION~ ROCK'N'ROLL CIRCUS ~(EARTHTENT)
00:30 TAKUMA(10-FEET)(RED STAR CAFE)

FRIDAY NIGHT SESSION:
OKAMOTO'S&斎藤有太(Key)
吾妻光良 / 奥田民生 / 仲井戸"CHABO"麗市 / 中村達也
TAXMAN(THE BAWDIES) / 延原達治(THE PRIVATES)
甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)/ 真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)
チバユウスケ(The Birthday)/ クハラカズユキ(The Birthday)
鮎川誠(シーナ&ロケッツ)/ SHEENA(シーナ&ロケッツ)


トップバッター、、いいね!レキシ!!
でも何気にSHISHAMOも気になってたんだよな。。
まだまだ若手のガールズバンドですが
何かでチラッとライブ映像を見た時に
ちょっといいなーって思ったんで。。
でも、、レキシはアラバキでもちゃんと見れなかったんで
レキシに行くかな。

そして森高千里!
これは見ておきたい。
でもカーネーションは全然知らないので
オモシロくなかったらUNICORN行っちゃうかもー。。

あ、でも次の武藤昭平withウエノコウジは
絶対見たいので
そのままREDにいるかな。
普段からずっと機会さえあれば行きたいと思ってた
武藤昭平withウエノコウジ
やっとライブ見れます~楽しみ。

くもゆきはチャットモンチーのあっこちゃんが
やってる別ユニット。
BOHEMIAN GARDENなんで多分無理だと思いますが
一応頭の片隅にでも・・

テナーとカエラちゃん被りか。。
うーむ。

そしてフラカン!
前でガッツリ見たいです。
今年のRSRラインナップ
第一弾発表で唯一喜んだメンツです。
ホント、これなかったら
かなりショックだったと思うよ(笑)

そしてそしてThe Birthday!
これはダッシュで移動せねば。
ホントはひとつ前から行っておきたいくらいですが
フラカンは外せないので
我慢。。
REDは比較的遠くからでも見やすいステージだから
無理に前に行かなくてもいいか、、
なーんて行っておきながら
多分攻めるとは思いますけど。。

深夜帯は
FRIDAY NIGHT SESSION
OKAMOTO'Sがホストなんですかね。
イロイOKAMOTO'からしてみたら
大先輩方が出るって形になると思うんですが
曲は何やるんでしょ??

だけど、、何気にこれ
TAKUMAと被ってるんですよ・・
このTAKUMAの出演も
最後の最後で発表されて
しかも今年は10-FEET出ないって言ってただけに
うれしい発表だったのですが
うぅーーーっ。。(>ω<)
REDとEARTHはそこまで遠くないとは言え
どのタイミングで移動するか
悩むだろうなぁ。
ヒロトとマーシーと
チバさんとキュウちゃんと達也さん
見れますように。


続いて

【2日目】
11:30 爆弾ジョニー(O.A)(SUN STAGE)
12:30 エレファントカシマシ(SUN STAGE)
13:10 ゲスの極み乙女。(EARTHTENT)
14:30 氣志團(SUN STAGE)
15:50 Gotch(BOHEMIAN GARDEN)
15:50 サンフジンズ(RED STAR FIELD)
17:00 LIFE IS GROOVE(BOHEMIAN GARDEN)
18:10 うつみようこ&YOKOLOCO BAND(BOHEMIAN GARDEN)
18:30 東京スカパラダイスオーケストラ(SUN STAGE)
19:10 the pillows(EARTHTENT)
19:20 フラワーカンパニーズ(アコースティックセット)(BOHEMIAN GARDEN)
19:20 HUSKING BEE(defgarage)
21:00 eastern youth(defgarage)
21:00 ONE OK ROCK(SUN STAGE)
21:30 UA(RED STAR FIELD)
23:00 Dragon Ash(SUN STAGE)
23:50 山下達郎(RED STAR FIELD)
01:20 ROTTENGRAFFTY(EARTHTENT)
02:10 PSYCHEDELIC FOUNDATION(RED STAR FIELD)
03:00 アルカラ(EARTHTENT)
03:30 フィッシュマンズ(SUN STAGE)

LIFE IS GROOVE:KenKen・ムッシュかまやつ・山岸竜之介 feat. 金子マリ
PSYCHEDELIC FOUNDATION:GOMA・SPEEDER-X(中村達也+KenKen)and more...


OAに爆弾ジョニー
去年は本ステージでの出演ではなかっただけに
出世しましたな(笑)

そして2日目トップバッターに
エレカシ!
こちらもアラバキでは見てなかったので
うれしいです♪

そしてゲスの極み乙女。
こちらは行けたら、、ぐらいな感じで。
ちょっと1度聞くと癖になる曲が多いバンド。

で。氣志團、、出るんだ!って
ここで知るという(笑)
そうか、、、まぁ、これも
行けたら、、、ぐらいな感じですかね。

Gotchは行きたい!
Gotchのソロアルバム、、なかなかいいんですよ。
買ってないけど思わず買おうかって
思ったくらい。
アジカンはあまり興味ないんですが
Gotchは好きです。

次に、、LIFE IS GROOVE
YOKOLOCOと
Gotchに続いてBOHEMIANでいいんですが、、
SUNでスカパラ
うーん、、、キヨサクもTAKUMAもGotchも
ボーカリストは全部いるけど?!
でもバンドでのfeatだから飛び入りは
ないかなぁ~って
気にはなってます。

そしてその後のピロウズ@EARTHのことを考えると
SUN方面に戻ってきておきたい気も・・

このピロウズ、、フラカンのアコースティックセットと
丸被り(´+ω+`)
せっかく2Days出る!って大喜びしたのにー
1日目見れるからいいけど
こっちも何かに被ってたら
ホント愚痴が止まらないところでした。。
この時間帯は一番いい時間帯だからか
あちこちで被ってます。。

多分これ終わりで
花火・・かな?

そして、、、
eastern youthも捨てがたいのですが
一度ライブを見ておきたいONE OK ROCK
人気なんだろうなぁ~
遠くからチラ見でいいか。

続いてもDragon Ashも捨てがたいが
やっぱここは山下達郎!
竹内まりやも出てくれたら言うことなし!!

ROTTENGRAFFTYは元気があれば、、、(笑)
多分山下達郎終わりで時間が空くので
休憩しちゃうと思うんですよねぇ・・
だけど絶対ここにはTAKUMA
出ると思うんですよねぇ。

PSYCHEDELIC FOUNDATION
今年も達也さん、イロイロ出るな~
ま、どれか見れたら。。

最後はフィッシュマンズ。
悪くはない、、が、、正直あまり知らないんで
心の底から大喜びはできなかった・・
ただスカパラの茂木欣一がいるってことで
ちょっと楽しみかも。


っと。
ザッとこんな感じでおります。
見たい!って思う人少ない割に
なぜか被り多いっていう
悲しいパターン(;´д`)
ゆっくり楽しみます。


あ。
カスタネットちゃんがRSRとコラボ!
b01.jpg

だけど、、、高いー・・・(>ω<)
うーどうしよう。

未だ夢は覚めず胸焦がしやがる [怒髪天(2010年~)]

梅雨明けはまだかいな。。
もう今日はクソが付くくらい
暑かった。。。
嫌な季節がやって来た(-c_,-` )
半袖Tシャツ1枚で歩ける季節ってことは
うれしいんですけど
でも暑いのはキライなんです・・
夏フェスも好きですけど
だけど暑いのは嫌だぁー。。
日々葛藤です(笑)

さて。
そんな7.13は
怒髪天、おかげさまで30周年。
47都道府県勝手にお礼参りツアー
"いやぁ、なんも、おかえしだって。"
@仙台 Rensa
でした。
IMG_1462.JPG

水戸(5/31)以来の怒髪天ライブ!
そして久々仙台Rensa。
日曜日に仙台に行くと
仕事の都合上、帰り新幹線にしないといけなくなるので
ここ最近はなかなか行けず終いでしたが
今回はよく調べてみると
早時間に出発して4:30新宿着というバスがあることが分かり
張り切って往復バスで行ってきました!

お昼過ぎに仙台着。
お昼は、、、
うーん・・どうしよ。。って思っていたところ
以前、何度も訪れていた仙台の方のブログで
行きたいな~って思ってたお店を思い出し
行ってみることに。

ほそやのサンド。
ハンバーガーが有名なお店らしいです。
お店の前通ったら
お客さん誰もいなくて
入り辛かったんですが
でも他に行くとこなかったし、、ってことで
勇気をだしてIN!

でもその後ゾクゾクをお客さん入って来たんで
間違ってはなかった(笑)

食べだのはシンプルに
ハンバーガーとフレンチフライポテト。
IMG_1461.JPG
あれこれ挟まずハンバーグと玉ねぎのみ。
ポテトなんてまさにジャガイモ揚げて作りましたーって感じで
どちらもシンプルなお味で美味しかったです。

そして、、、
そのお店を探してるときに
たまたま通りかかったお店
ここもそのブログの方が紹介してた
クッキー屋さんで
以前行こうと思ってた時には
時間がなくて行けなかったのを
その瞬間に思い出して
立ち寄ってみました。

けんとクッキー
IMG_1464.JPG
クッキーは全部で60種類くらいあるそうです。
お店に並んでるのはそのうちの何十種類か?
それでも悩みに悩んで
ピーナッツとパンプキンをチョイス。
IMG_1465.JPG
1枚のボリュームのあるクッキーですが
甘すぎず素朴な感じで飽きのこない
これがまた美味しかった!
また行って他の種類も食べたいです。

いやぁ、、今回はいい時間を過ごせました(笑)

そしてカフェで時間をつぶし
会場へ。

東京は雨降りではなかったんですが
仙台はしっかり雨降りデシタ・・(>ω<)
なのに外に整列させられて
ちょいテンション下がる。。

この日の番号は120番台。
良くもなく、悪くもなく・・的な。
SOLD OUTしてなかったこともあり
前方の柱まわり塞がれてました。
あそこが一番人来なくて
そこそこ見やすくていい場所なのにー・・
でも王子側端っこ3列目くらいの位置で
最終的にはいい感じに見えたので
よかったです。

ちょい押しくらいでライブスタート。
シミさん、、クリーム色ってくらいの金髪で
髪伸びてて、おろしたままでした。
いまは髪を休めてる時・・なんでしょうか。
服は黒系Tシャツに黒の短パン。
坂さんはいつもの黒シャツなんですが
ボタンラインとか袖まわり?
ちょっと覚えてないんですが
部分的に黒地に白の小さい水玉模様になってました。
そして王子!
一瞬、短パン履いてるの?!って目を疑ったほど
膝のあたりに白字に黒のバッテンがついてる
これまた何とも言い難い、、、デニムでした。
上はシンプルに白いシャツ。
髪の毛だいぶ伸びちゃってましたね。
増子さんは赤いシャツ。

「よく来たーっ!」っと
櫛を投げ入れて
1曲目『己DANCE』から
久しぶりの怒髪天ライブでしたが
曲に慣れてきたこともあって
クラップハンズとか
すぐに入れました。

そして早くも
『酒燃料爆進曲』
フロアのテンションも
一気に最高潮!!
坂さんの雄たけびは"伊達さん"
だったらしい。。
私には何て言ってるかよく聞こえませんでした。

「歌おうぜ!」っと
『ホトトギス』
王子がこの日も笑顔炸裂で
もぉーっっ・・ってほど
微笑んでいただきました。
きゅんきゅんしますね(ノ∀\*)
とくに歌いながらのところは
ホント勘違い起こしそうなほど(笑)

「改めまして、
よく来たー!仙台!!
えー、、この度、怒髪天結成30周年
1月に武道館公演を無事終えることが出来ました」
みたいな報告の挨拶を。
するとフロアから拍手、拍手、拍手。
思わず増子さん
「あぁ、、ダメだー
大きいハコはダメだな。。
まだ3曲しか歌ってないのに」って
早くもウルウルきちゃったようです(笑)

アラバキの話するかな、、って思ったんですが
そこには触れず
「仙台はジャンクボックスで
箸にも棒にも引っかからないときから
着実に引き寄せてくれてたからなぁ~
某どっかの県なんて
全くスルーされてるところもありましたからね」って。
最初の頃は
新潟と仙台はフェリー乗るためだけに
訪れる場所だったらしく
「ここでライブやれたらいいのに」って
ずっと思ってたって。

そんな思い出話もあってから
『明日への扉』
このツアーでよく聞くようになってから
この曲、ホントいい曲だなーって。
盛り上がるし。

続いて『チャレンジボーイ』
チャレチャレの経緯を聞いたので
頑張って例のフリ、やってきましたよ(笑)
サビとかホントカッコいいんだけどな・・

でもって『ロクでナシ』
"ロッケンロー"って何度か叫ぶところ
前はシミさんが言ってように思ってんたんですが
この日は王子→シミさん→坂さんって
順番に言ってました。
最初が王子だっただけに
「え?!」って
ビックリしちゃいました。

ここでだっけか、、
仙台には3日前?から来てて
なぜか今日だけ雨って。
「分かってますよ、、、」

でもって、この日は仙台でいろんなライブが
あったんですかね?
「お面被ってる人じゃないですよ」って
最初誰のことか分からなかったんですが
FACTがライブだったみたい?

そして坂さんとシミさんの朝食話。
「泊まってるホテルに朝食が付いてなかったから
今日は付いてないね、、って言ってたら
なんと他のホテルに朝食だけ食いに行ってきたって。
それ、いいの?大丈夫?」って増子さん。
坂さん「えぇ。大丈夫です。
事前に電話して確認しましたから」
どうやら同じチェーンのホテルだったらしいです。
あ、、でもホテルによっては
普通に朝食だけ食べに来られるようになってるところ
ありますよね。

「この日は奇跡がおきた!」っとシミさん
「坂さんにおごってもらった!」っとうれしそうに。
でも増子さんは
「1000円やるって言われても
行かねぇーな。逆に1000円やるから
寝かせてくれてって」
それに対しシミさん「じゃー誘えばよかったな。
もう1000円もらえたかもー」
増子「中学生じゃねぇーんだから
1000円ちょうだい!1000円ちょうだい!って」

王子も朝はギリギリまで寝ていたい派らしく
「バイキングやってる時間に
起きられないですよね、、」
増子「6時か7時からだっけ?」
王子「9時くらいで終わっちゃうんでしょ?」
増子「熟睡タイムだよなー」

えー、、、
増子さんは確かに朝ごはんは食べない派って感じしますが
王子は規則正しい生活してそうで
朝ごはんはきっちり食べる派なのかと思ってました。
意外(笑)

さらに。
「今ツアー周ってるけど
他のバンド仲間とかもツアーで周ってたりしてさ。
前に四国行ったとき
The Birthdayもちょうど周ってたらしくて。
だからチバにメールしてさ
何やってんの?って
朝とか何時に起きるの?って聞いたら
え?結構早いよ(一応濁声で 笑)って
まさかバイキングとか食ってないよな?って聞いたら
食べるよだって!
どうする?サングラスして朝ごはん食ってたら。
(ホテルの)部屋着にサングラスとかさ」って

あはは~
まさかここでチバさん話出るとは思いませんでした~(´m`)
でも、そう、チバさんって
普段から割と早起きなんだそうです。
前にTVに出てた時に言ってました。
正確に言うと、、目が覚めちゃって
もう1回寝れればいいんだけど
寝れないんだそうです。

っと、、話反れました。
楽しいMC明けは
『不惑 in LIFE』
カッコよかったー
王子のギター、最近特にすげぇーって
思ってしまいます。

そして『押忍讃歌』に続いて
『江戸をKILLⅡ』
やった!これは初聞き。
ただ音源持ってないんで(CD買ってないから、、)
ちょっとポカンとしちゃったけど
いい曲でした。

この『江戸をKILLⅡ』再録についてトーク。
「この曲は、、19年前だっけ?」
何回も聞いてるけど
すぐ忘れちゃう、、」って増子さん。
王子も「えーっと、、、95年だから・・
?あ、、19年か」
それくらいに出したアルバムに入ってる曲だそうですが
今は廃盤になってるし
某事情で再発できないそうで
仕方ないので再録したとのことです。

当時を振り返って、、、、
まだR&Eなんて浸透してなくって
さらには格好もすごい格好でライブやってて
「あれは曲がどうの、、じゃなくて
格好の問題だったのかもね。」
「どうかしてた」
「ものすごい玄関狭い家作っちゃった、、みたいなさ」って
みんな口々に(笑)

とにかく増子さんの格好はすごかったようで
シミさんは「いつも言ってたじゃん。
普段着の方がカッコいいって」
増子さん「当時はさ、ステージ上では
普段切れないような服を着てやるんだってね。
でもそのうち、ステージ上で着てたのを
普段でも着るようになっちゃってさ(笑)
坂さんなんてふんどし一丁とかの時代も
あったよなー
今よりも体格よかったし
それでふんどし一丁にスティックもって
対バン相手が怖がっちゃって(笑)
友康も、今や乳首透け透けになっちゃってるけど」

ここで、王子
「え?!」ってびっくりしたように
慌てて
シャツをパタパタさせる。
いやいや、、、もう遅いですって(笑)
「東北ではずっとそうだよね?」って言われると
「ポケットがついてるとさ
2重になってるからまだいいんだけど、、」って
言い訳?!(笑)
むふふ♪堪能させていただきましたよんゞ(≧ε≦o)

さらに、髪の毛も「宇宙戦艦ヤマトみたいな
横剃り込み入れてこんなに上立たせてる時とか
あったよな。」
っとしみじみ。
「若かったよな、、」って

そして
どういう流れだったか忘れましたが、、
ここRensaという名前の由来を
連鎖街ってところか取ってるって話。
でもフロアのリアクションイマイチだったので
「え?ウソ??」
この情報、王子情報だったらしく
王子も焦っててかわいかったです。
どうやら間違ってはなかったようですが
知ってる人が少なかったようです(笑)

『オレとオマエ』
CDで聞くよりライブで聞くと
グッとくる曲。
とにかく王子の笑顔がいいんだ。
そして増子さんの「俺とオマエたち!」って
言ってくれるのがうれしいです。

『地獄で会おうゼ!』
『友として』
まだまだ当分吉村さんのことを思い出しながら
聞いちゃいます。
でもそれでいいんだと思います。

この流れで『ド真ん中節』
これが最高に熱かったです。
みんな白熱してました。

ヨロヨロと増子さんはいったん退場。
そして王子が呼吸を整え
『夢と知らずに』
歌う前に髪を思いっきりゴシゴシ拭いて
チューニングも念入りに
そしてドリンクもゴクゴク飲んでて
緊張してるのかなー、、なんて。
歌も素敵ですが
ギターソロもうっとりです。
歌い終わった後に
フゥ~って大きく息を吐くのがまたいいんですよね~

「なんか、、今日はみんな調子いいみたい。
友康さんの素敵な歌声の後に
濁声ですいません。(いやいやって王子やってた)
俺も歌わせてもらいます!」ってシミさん。
『ちょいと一杯のブルース』
こういう味のある歌を歌えるのも
才能だと思います。

間奏でヒュルヒュルヒュルって笛を吹くところがあるんですが
王子が楽しんでいつもより長く吹いてたら
シミさんに「長すぎだよ、、」って
ボソリと言われてました。
そんなシミさんも坂さんに
「着いたー」って言うところだっけ?
前に出てこいとか言いながらも
前に出てきた途端に曲に戻っちゃって
慌てて坂さん戻る羽目になったり
ライブを重ねるごとに
楽しんじゃってますね♪

歌い終わると
増子さん戻ってきて
「酒の歌ばっか!
もう既に2曲もやった!
そしてもう1曲!!」っと
『ヘベレ・ケレレ・ヨー』を。

この時だったけな、、、
王子が前の柵に乗り出す感じで
前に出てきたんですが
ちょっと滑っちゃって
おっとっと、、、ってなっちゃって
ギター弾きながら
口パクで「あぶないよー」って言いながら
戻ってました。

本編中のヘベレ~はなかなか珍しく
最高の盛り上がりでした。
ただ、サビ歌いながら手フリをするんですが
どうもヨサホイ調になってしまうんですけどー?(笑)
それで合ってるっけ??(≧▽≦)

ここからはラストスパート
『団地でDAN!RAN!』
史上最高の盛り上がり!ってくらい
なんかよかったです。
ギューギューじゃないのに
なんか隙間なく手がたくさん上がってる感じで
とにかく上手く言えないけど
いい感じでした。

そして『歩きつづけるかぎり』
サビ歌いながら王子がガッツポーズみたいに
拳を上げるところが好き。
グッときます。

最後は『プレイヤーⅠ』
泣ける~
てか、ウルっときました。
人生をゲームに例えてて
明るい感じなんですが
でも、、なんかしみじみ自分の人生とかに
置き換えちゃうと
共感でき過ぎて泣けてきちゃいます。
「ありがとう!!」

本編終了。

アンコールはまずは坂さん!
シングルをリリースした後だからか
今まで以上にこのコーナーパワーアップしてて
歌い出しは「京都にいるときゃ~」って
カバー?から。

そして口上みたいに坂さんが紙を見ながら
読み上げること2回(笑)

この歌詞のベースは
小樽にある小さなバーで
友達と昔ずっと好きだった彼女のことについて
思い出話をしてる、、ってところらしいです(確か・・)

実は私、リリース記念インストアイベントに
行ったんですよね~
その時に詳しく話してくれてまして
へぇ~ちゃんと設定あるんだって
思ったのを覚えてます(笑)

さらに、、なんと!
デイリーでオリコン9位だったらしく
年末紅白狙うべく
再びのランキング返り咲きを狙ってるとか(笑)
なので、お土産にCD買って帰ってくださいって。
"お土産に"ってのがオモシロいです。

プロマイドも3枚投げ入れてたし
最後はキラキラテープ投げ入れてたし
演出凝ってました(笑)

続いてWアンコール。
一人一人からの一言は、、
あったっけ?
あ、シミさんの日本地図のTシャツ
赤い部分が随分増えてました。

「仙台は最高だよな。
飯はうまいし、、、」ってところから
シミさんが普段は海鞘食べられないのに
仙台の海鞘は食べられたって話。
東京で食べる海鞘は「シャンプーの味がする」って。
増子さんはそんなシャンプーの味がする海鞘も
好きみたいです(笑)

最後は『オトナノススメ』
増子さんが「みんな、前、来い!
せっかく来たんだから、前に来い!」って
煽ってくるもんで
これもすごかったです。

王子、2回目のコーラス放棄して
前に出てギターバンバン弾いちゃってました(笑)
あ、でもコーラスを気にして
マイクの方を向いてフーウーウーアーって
歌ってましたけど(´m`)

ラスト〆を
引っ張って引っ張って引っ張って、、、
でもやらないもんで、
てっきりサスパズレ行くのかと思ったら
「じゃー最後は1本〆だ!」って

「明日から、俺たちと
俺たちの周りの人と、ここに来てた人だけ
何やっても上手くいく!」って言って
ポン!
すると増子さん思いっきりフロアにダイブ!
ヨロヨロしながらも戻ると
もう1回軽くダイブ!!
「最高だ!ホントに最高!!ありがとう!!!」

そう言いながら各メンバー
ステージ前で乗り出して
みんなとタッチ!
増子さんにはタッチしてもらえた!

帰る時ホント涙をこらえて
「最後に一つだけ約束しよう。
次会う時まで、必ず生きてろよ!」って。

ホントに
最高のライブでした。
どんどん最高具合が更新されていきます、このツアー。
次は・・・どうしよ。
東京までないっけ?
あ、札幌フリーライブがあるか。
高崎、行けなくなったの悲しいけど
これは仕方ない。
とにかく、仙台、いいライブでした。

で。
久々の夜行バス。しかも22:30発!
消灯は24時くらいまで待ってくれるのかと思いきや
高速入ったらやっぱり消灯でして
23時頃電気消されました。。
普段そんな時間に寝ないし、、私にしてはなかなか寝付き悪かったです。。

帰宅後準備して出勤。
キツイかなーって思ったんですが
意外とまだ大丈夫でした(笑)
でも、、やっぱ新幹線で帰りたい・・


<セットリスト>
 01.己DANCE
 02.酒燃料爆進曲
 03.ホトトギス
 04.明日への扉
 05.チャレンジボーイ
 06.ロクでナシ
 07.不惑 in LIFE
 08.押忍讃歌
 09.江戸をKILLⅡ
 10.オレとオマエ
 11.地獄で会おうゼ!
 12.友として
 13.ド真ん中節
 14.夢と知らずに
 15.ちょいと一杯のブルース
 16.ヘベレ・ケレレ・ヨー
 17.団地でDAN!RAN!
 18.歩きつづけるかぎり
 19.プレイヤーⅠ

 EN1. 今夜も始まっているだろう

 EN2. オトナススメ


遅ればせながら、、、 [たわごと]

1日遅れ(日付変わったから2日か、、)に
なってしまいましたが・・
7.11はこのブログの開設記念日でした~♪

かれこれ、、、何年だ?8年?!
そして9年目に突入という。
そうですか・・
最近はすっかり更新滞りがちですが
まだこうして続けられてることに
自分でもビックリです。
学生時代、日記など到底続かない性質でしたので・・

段々簡素化していきそうな気もしないでもない
ライブレポも
10年目!を祝えるまで
とりあえずもう少し頑張ろうかな。。(笑)
ホント、最近覚えてられなくて・・
でもツィッターとかに助けられたりしてます(≧▽≦)ゞ

えーっと。。
毎年書いていたので
自己満足的な記録を。。

  記事数 1,973
  nice  806 
  総閲覧数 3,439,199(7/12 15時時点)


ちなみに1年前は、、
  記事数 1,789
  nice   791
  総閲覧数  2,739,880

ってことで
1年で書いた記事数 184
1か月平均 約15
お!去年より1つ増えた(笑)

でもって1日平均訪問者数 約1,915人
こちらも増えてますねぇ~
ずーっとまえに書いたライブハウスキャパ一覧みたいな記事が
人気のようです。
でも、全く更新してないから
情報としては古いんですけど、、、

とにもかくにも
ありがとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

顔上げて様にならないファイティングポーズでも今明日に手を伸ばせ [THE BACK HORN(2012年~)]

昨日(って、、もう一昨日になってしまった・・)、7.10は
The BirthdayのVo/Gtチバユウスケさんの
誕生日でした~
おめでとうございます!
何気に日にちだけ一緒っていうのが
うれしかったりします(*´艸`)

さて。
そんな7.10は
THE BACK HORN
KYO-MEIワンマンツアー~暁のファンファーレ~
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_1458.JPG
ツアーファイナル!!!

張り切って半休もらって臨みました。
お台場で時間潰すのあまり好きではないんですが
台風が心配だったので
早めにお台場へ。
でもダイバーシティの方は
イロイロお店があるし
ソファーコーナーも多いし
まぁまぁいいかも。

最後はやっぱりスタバで時間つぶし・・・
で。
これってもしかして、、
IMG_1456.JPG
よく話に聞く
スタバ店員さんが書いてくれるっていう
メッセージとかイラストとか
そういう類ですか??

実は今までそういうの
書いてもらったことなくて。。
ちょっとうれしいかも♪

時間になり開場。
この日は400番台前半でした。
平日って言うこともあってか
すぐに中に入れました。
そして場内もそんなに混んでない感じ。
いつもの岡峰さん側端っこ3列目くらいで待機。
SOLD OUTしてないせもあって
そんなにギューギューにならずにすみました。

ちょい押しでライブスタート。
押された勢いで2列目に行けたけど
なんかグイグイ押してくる人がいたので
後ろに下がりました。
その方がスペースにゆとりあって
全然快適でした。

この日は岡峰さんだけ紺色の七分袖っぽい
すこしダボっとしたデザインのカットソーで
後の3人は黒。
栄純と松田さんがTシャツで
山田さんはシャツでした。
あとでMCで触れてましたが
栄純のTシャツのイラストが
妙にかわいかった(笑)

ファイナルってこともあってか
SE鳴り出してメンバー出てきてから
歓声がすごかったです。
「こんばんは。THE BACK HORNです」と
挨拶あってから
1曲目はもちろん『月光』

歌い出しの 旅を始めよう っていうのが
色っぽいんですよね~

そして『シェイク』
THE BACK HORNのライブはここ最近
1曲目が序章のような感じで
2曲目から幕が開けるのが多く
これもまさにそんな感じ。

コーラス部分をみんなで唄えるのもいいですね。
山田さんの来いっ!って感じで
フロアに歌うところを合図してくれるの
なんかいいんですよね~

でもって何気にこのツアー
栄純コーラスが多かった気が。。
時々暴れてギター弾いてて
コーラス近くになると
ちゃんとマイクに戻っていく栄純が
かわいかったです。

続いて『涙がこぼれたら』
イントロ鳴った瞬間にフロアから歓声とジャンプがおこる曲。
ステージ上でも
栄純や岡峰さんもよくジャンプしてました。
「東京~!!!」って
時折、山田さんも雄たけびを上げます。

ここで最初のMCだっけ・・
なんかいつもより早いな。って
印象だったのですが
後で分かったのは
この日はファイナルってこともあり
他の日より曲数が多かったんですね。

「5月から始まったこの暁のファンファーレツアー
ついにファイナルですよ!」って
松田さんテンション高く。
そうか、、言われて改めて思いましたが
スタート5月だったんですね、、
なんか遠い日のようで
ついこないだだったような感じもして
早かったんだか
長かったんだか
よく分からない感覚でした。

「来てくれた皆さんに
ファンファーレが鳴り響くように
最後まで盛り上がってまいりましょう!」

『タソカゲ』はこのツアー中
毎度流行ってなかった曲のようです。

そして少しつなぎのアレンジがあって
栄純がフロアをoioi煽ってきて
『コワレモノ』
この曲はライブで成長していった曲って
感じがします。
リリース前に聞いたときは
?!ってとにかくビックリしましたが
今ではすっかりTHE BACK HORNの曲になってて
いい感じに浸透してるように思います。

でもって『白夜』
ワーイ♪
私はアルバム「パルス」が
聞きだした頃のアルバムだったりするので
このアルバムの曲は
何か思い出深いものあります。

そして『エンドレスイマジン』
山田さんのブルースハープ!
ツアー始まってから
なかなか聞けなくて
ブルースハープが入ってるから
ライブではやらないんじゃないか?なんて
言ってたりもしたんですが・・

ホント、山田さんはオールマイティですな。
人前で吹くのは多分あまり慣れてないせいもあってか
ちょっとぎこちない感じもしましたが
カッコよかったです。
吹き終わってポッケに入れちゃう辺りも(笑)

そして『舞姫』
最後のアウトロの疾走感が
カッコいいです。

オォーっと大歓声のフロア。
「ありがとう!
今日はよく来たな!!
みんなからスゴイパワーもらってる
みんなの声も聞かせてくれ!
歌ってくれるか?」
オォー
「歌ってくれるかーー??」
山田さんの雄たけび受けて
『ブランクページ』

とりあえず
何度か歌詞見ながら覚えて行ったせいもあり
無事、アワアワせず歌えました~(笑)
フロア見ながらうれしそうなメンバーの顔見たら
こっちまでうれしくなります。

続いて『甦る陽』
当時のCDを聞くと
歌い方(声)が全然違っていて
改めて山田さんの歌の上達ぶりに
気付かされます。
のびやかに歌えるようになったな・・
なんて、、上から発言ですけど(笑)

そして『飛行機雲』
爽やかなミディアムテンポの曲なんですが
松田さんのドラムが結構動いてまして
何気に見どころです(´m`)

その悲しみも喜びも共にあるさ
ってところ辺り
岡峰さんが思いっきり大きな口で
歌ってたのが印象的でした。

続く『ホログラフ』
これは何と言っても
栄純ギターソロですよね♪
でも髪の毛顔にガッツリかぶっちゃって
気持ちよさそうに弾く顔が
見れませんでした・・

少し静かになったフロア。
不意に岡峰さん
「髪、喰った・・」ってボソリ。
水を手に取り「(ほっぺを指さして)この辺にある、、
流した方がいいよね。
、、どうでもいいけど。。(笑)」

すると栄純「え?今、何て言ったの?
顎がはずれた?」
大爆笑のフロア。
岡峰「髪、喰ったって。
(栄純も)気をつけた方がいいよ、
髪長いから」
栄純「あぁ、、髪ね。そうだね(笑)」
岡峰「やっぱ東京戻ってくると標準語になるよね
~じゃん?って(笑)
この前が郡山だったから余計に、、
ボーリング・焼肉のお店が栄純の同級生でさ
しばらく何喋ってるか分からなかったから」

栄純「マツもさ、、同じ福島なのに
意味分かんねぇーとか言い出してて」
いつもは喋りだし松田さんからで
この日は松田さん話し出すタイミング逃してるなーって
思ってたんですが
やっと喋るときが!(笑)
「いや、あれは分かんなかった
ほら、(一緒に過ごしてきた)時間とか空気感とかさ
違うじゃない・・」
栄純「え?時間帯?」
岡峰「もう、噛みあってないから(笑)」
大笑いの山田さん。

ここら辺だっけ?
フロアで気分悪くなった人がいたようで
「あ、そこ大丈夫?
俺たちがMCするとこうなるんだよな、、
みんなも気をつけろよ」って
栄純。
これに対し「優しいな。おばあちゃんみたいだな。」って
言ってたのがツボでした。

そしてしばらく訛りについてトーク。
山田さんは唯一の関東圏出身ってことで
岡峰「山田はいつでも東京に来ようと思えば
来れたんだろ?」って
「そう、、だね。竹下通りとか・・
俺は(茨城)県南だから
ホントは訛ってないんですよ・・」
えーって顔の栄純(笑)
「いや、ホントに。
だから専門行って戻ってきたときに
すげー訛ってらしく
お前、どこ行ってきたんだよ!
東京行ってたんじゃないのか?って
よく言われた」
この話、最高!!ゞ(≧ε≦o)
でも全然訛ってなかった・・ってのは
ちょっと嘘だそうです(笑)

将司「マツは、、よくインディーズの頃
地方でライブするときに
東京から来ました
THE BACK HORNです(訛って)って
よく言ってましたよね(笑)」
照れ笑いの松田さん
「いや、でも俺、地元のライブハウスに戻ると
最近はすっかり訛りが少なくなってきて
寂しいなって言われたりするんですよ」
するとフロアから「いやいやいや」って
ジェスチャー
栄純「いやいやいや、、って言われてるよ。
こんなうれしい、いやいやいやって
ないんじゃないの?」

岡峰「どうでもいいけど、、
ファイナルでする話じゃないよね(笑)」
栄純「でも、楽しいよ。
どういうのがファイナルっぽい?」
岡峰「(栄純のTシャツ見て)ファイナルっぽいの
着てるねぇ(笑)
まさかのROCK FESTIVALって書いてある」
そう、私も栄純のTシャツの絵柄
気になってました(笑)
かわいい小人ちゃんみたいなイラスト。
英語の文字までは見えなかったんですが
さらに「I want to my music」みたいなことも
書いてあるとか。
そう言われて栄純
そのイラストのポーズをしてくれました。

ヒュー!!
フロアから歓声上がると
「キタ。東京のノリ軽いよ。
昔よく言ってたよな。
東京のノリは軽いって」

「東京はバンドの故郷ですから。」
そう言ってから
今回のアルバム「暁のファンファーレ」について
説明。
前の訛りの話が
あまりにオモシロくて
ここ、あまり覚えてないという・・( ̄▽ ̄;)

でもメンバーの出身地がどうであれ
東京に出てきて
そこでバンドを結成したっていう意味で
東京をバンドの故郷って言ってくれたのは
東京に住んでる者からしたら
なんかうれしかったです。

「まだまだ熱くなっていこうぜ!」
ラストスパート。
ここからがすごいんです。
まずは『バトルイマ』
もちろん、フロア大合唱。

そして『コバルトブルー』
『戦う君よ』っと
定番曲ですが
盛り上がりは最高潮。

とどめは『ビリーバーズ』
ゴリゴリのアッパーな感じが
とにかく最高です。
そして 手を伸ばせ って歌詞で
高く伸ばした山田さんの手
これが最高にしびれました。

どこかで岡峰さんのベースの音が
出なくなるトラブル。
そう。
シールドがワイヤレスっていうんですか
あの、、、直でアンプに差し込まなくてもいいタイプ。
前からそうでしたっけ?
それが途中故障しちゃったのか
慌ててシールド差し込むのに
切り替えてました。

「ありがとう~
俺たちの歌がみんなの力に
、、、力なんておこがましいけど
少しでも嫌なこと忘れられたり
気分が少しでも晴れてくれたらいいなって。
俺たちはみんなからすごいパワーもらって
今こうしてここにいることが出来てます。
また、会いましょう。
THE BACK HORNでした」

山田さんの一言に
ジーンときながら
ラストは『シンメトリー』
イントロ歌いだし後の オォオー って部分
マイクから遠ざかって歌ってました。
あそこが結構好きだったりする♪

「ありがとう!!」
本編終了。
深々と頭下げて帰る岡峰さん。
松田さんもうれしそうな顔してました。

続いてアンコール。
なぜか栄純
電話のようなジェスチャーしながら出てきてましたが
あれは何かの合図なの??

「アンコールありがとうございます。
とにかく、今がいちばん最高の状態で
これからもずっと音楽を鳴らし続けていきますんで
末永くよろしくお願いします」みたいな挨拶。

っと、ここで告知情報。
まずはこのライブがDVDになること。
これは、、入った時にカメラありましたんで
分かってました。

さらに、、12月に恒例
マニアックヘブンが開催決定!!
ワーイ♪ヽ(´▽`)/
IMG_1460.JPG
でも・・思いっきり平日っすよ。。

「それでは、ここからまた
ファンファーレを鳴らしていきましょう!」
アンコール1曲目は
『サナギ』

そして、、何やら怪しげな音が鳴っていて
でもてっきり『上海~』かと思ってたんです。
だけどもマイクスタンド用意してたし
岡峰マイクもセットされたし
え、、もしや・・っと思ったら
はい!「幻日』でした~
ワーイワーイ♪
またこれ聞けるなんてうれしいです。

そうか、、『上海~』だと
禁止用語入っちゃってるから?!(笑)
ただ、何て言うんでしょ
初日にリキッドで聞いた
あの妖艶な雰囲気って言うんですかね
ってのはなくなってるように感じたのは
気のせいでしょうか・・

いやいや、でも山田さんの
あの顔の横でパパン!って叩く姿は
何とも言えず
かっこいいです(*´艸`)

チッチキ チッチキ
ドラムが鳴り続けていて
ラストは『無限の荒野』
ウォッホーイ!!
前3人は右へ左へと動き回ってくれました~
最高!!

そしてそして
さすがはファイナル!
Wアンコールありました。
『シンフォニア』
そうか、、これ、、まだやってなかったか(笑)

最後の最後
岡峰さんベースをフロアに渡しちゃって
すごいことになってました。
でも最後は「返してよ」って笑顔でジェスチャー

ということで
ファイナル終了~
郡山→東京ファイナルという
いい流れで見たせいか
なんかすっごい満足感です。

次のTHE BACK HORNのライブ
決まってないんだよな・・
RSRは出ないのかなー。。
で。
風とロック芋煮会の1日目に決まって
よく考えてみたら次の日、私郡山じゃん?って
ことに気付き
行くか行かないか迷い中です(笑)

<セットリスト>
 01.月光
 02.シェイク
 03.涙がこぼれたら
 04.タソカゲ
 05.コワレモノ
 06.白夜
 07.エンドレスイマジン
 08.舞姫
 09.ブランクページ
 10.甦る陽
 11.飛行機雲
 12.ホログラフ
 13.バトルイマ
 14.コバルトブルー
 15.戦う君よ
 16.ビリーバーズ
 17.シンメトリー

 EN1.
  サナギ
  幻日
  無限の荒野

 EN2.
  シンフォニア

もう一度顔を上げ 旅人よ振り向くな [THE BACK HORN(2012年~)]

せっちゃんライブハウスツアーFC先行
東京見事に両日とも落選(>ω<)
まぁ、、取れる気はしてなかったけど
せめてどっちかだけでも当選して欲しかった・・
一か八かの名古屋のみ取れました。
1人1つしか当たらないようになってるのかな、、って思ったら
2Daysの両日とも当選してる人もいて
そういう訳ではないのか、、っと
ちょっと凹んでます。

さて。
そんな7.6は
THE BACK HORN
KYO-MEIワンマンツアー~暁のファンファーレ~
@郡山Hip Shot Japan
でした
IMG_1453.JPG

前日新潟にいまして
そこからバスでの移動。
何気に新潟⇔郡山って近いのよね。
あと、バスの時刻表見てて思ったのが
新潟⇔山形って言う移動ルートもあるらしい。
メモメモ(笑)

ただ、、郡山に着くバスの時間
11時頃に着くものしかいいのがなくって
郡山に着いてから開場時間まで
時間潰すのが辛かったーーー(;´д`)
おまけにこの日の郡山も
新潟同様カンカン照りで暑いし。。

今年風とロック芋煮会が開かれる開成山野球場っていうのが
郡山駅から頑張って歩いて行けそうな距離だったので
ちょっと見に行ってみようかな~って思ってたんですが
暑さに負けて断念。。

ならば電車で、、ってことで須賀川に行ってみたのです。
ここだと電車で2駅(240円)で
そんなに時間もかからないようだったので、、
なぜに須賀川か?!っていうと
栄純故郷ですよ♪
って、、、、いや、それだけじゃなく
歌の歌詞に出てくる釈迦堂川っていうのが流れてて
そこをちょっと見に行きたくなってね。
なんだ、この、ゆかりの土地めぐりってば(笑)

ここは花火大会とかもあって
きっといい感じの川なんじゃないかな、、って
期待を持って行ったのですが
まず駅前・・見事になんもなーい。。
でもって川へ向かう道
ちょっと1本間違えて歩いちゃってたみたいで
川沿いの道を進んでみると
どんどん寂しそうな道になっちゃって
人っ子一人歩いてない
昼間だってのになんか物騒?!な感じで
仕方ないのでソッコー引き返してしまいました。

滞在時間30分もない?!(笑)
このまま電車で帰ればよかったんですが
たまたま駅に着いたらバスがやってきて
「郡山駅行」だったもんで
あ!バスの方が楽しいかも?!なーんて思って
飛び乗ってしまったのです。

これが間違ってた・・・
運賃が、、、どんどん跳ね上がっていくタイプで
いや、多少は上がっていくとは思ってましたけど
まさかこんなに?!ってくらい高くって
最終的に郡山駅まで乗って
運賃:700円!!!(´+ω+`)
電車の倍以上っすよ?!
乗ってる時間も長くて
いい時間つぶしにはなったけどさ・・
いやぁ、、田舎のバス恐るべし。

そのショックでかくって
アフタヌーンティーでゆるゆるランチでも、、って
思ってたの
止めましたって。
中華料理屋で単品のみ!
IMG_1452.JPG

その後もショッピングセンターのベンチとかで
ダラダラ時間潰しました。
はぁ・・
せっかく安く遠征移動できたのに
こういうのは何かちょっと
時間を無駄にしてしまった気分で
悲しいです。

今後のためにも
郡山でいい時間の潰し方、、考えなくては。

そしてようやく開場。
この日は140番台。
まずまずと思ってましたが
中に入ると前の方がもう人がいっぱい。。

で。
うわさに聞いていた
ステージ向かって左側に
もたれかかって座るタイプのバーがあるって。
それを思い出して
そこへ行ってみると
ありました~
そしてまだスペースあったので
そこへIN。

その後もどんどん混んできて
始まるまでに何度も
前に詰めてくださいって言われてたんで
きっと前の方はかなりギューギューだったと思います。

時間になり暗転。
そのバーの足を乗せるところに乗っかると
超見晴らしよくって(当たり前ですが)
ワーイ!って思ったんですが
壁にもたれるか
バーに足をあてて支えるかなどしないと
立ってられない感じで
ちょっと体制維持に疲れるのと
あまりに見晴らし良すぎて
逆に居心地悪いっていうか・・

うーん、、
人にもまれてる状態のの方が
よかったかな。。なんて思ったり。
なので時々降りて見たりしてました。
アンコールでは完全に降りて
下で飛び跳ねてました。
意外と後ろでも
変に中途半端に前でギューギューになるよりは
見えることは見えるのね。

そしてこの日のライブ、、セミファイナルだったとは。
全然そんなこと考えずにチケット取ってたので
MCで言われて、そうか、、って(笑)
そして松田さん・栄純2人の故郷ってこともあり
(これも、だからって気にしてなかった、、)
それはそれは熱いライブでした。
思いがけない訳有?!で
いい日に行ったなぁ~なんて(´m`)

ウェルカムな雰囲気に
栄純、途中ステージ降りちゃうの?って
思っちゃったくらい
前に出て
お客さんの中にのめり込んでました。

セトリは大きく変化せず。
『ひょうひょうと』『舞姫』と
アルバム以外の曲は
私の好きな曲多めでうれしい限り。
というか、今回のツアー
いつ行ってもうれしい選曲でした。

でもって初日以降聞けてなかった
『幻日』がやっともう1回聞けたー♪
やっぱカッコいい!
初日よりも山田さんのクラップハンズする時の顔が
うれしそうで
ニコニコしてたのが印象的でした。

メンバー全員で話すMCコーナーでは、、
松田さんが
「郡山でセミファイナルのライブを
できたことがうれしい」って言うと
フロアから「おかえりー」って感じの声がかかり
栄純が「ただいまー」って答えたもんで
さらに「おぉー」ってなって
「え?これ、俺のコーナー?!」とか言って
かわいかったです。

松田さんは郡山にこんな素敵な場所
(ライブハウス)があるなんて
住んでた頃は知らなかったって。
でも栄純は時々ここでやったこともあったそうで
「おにぎり投げてたんでしょ?」って
ツッコまれると
「それは、、東京に来てからな」って。

さらにビックリなことに
岡峰さん、、最近はすっかり
福島弁を話せるようになってきたみたいで
フロアからワーって煽られたんですが(話してコール)
「あ、、ここは標準語でお話ししても
よろしいでしょうか?」っと言って
「前にさ、東京で友達と2人で酒飲んでたら
そこの店員さんがパーって走ってきて
お客さん!福島の方なんですか!
俺もそうなんです!!って(笑)
いやいやいや・・って」
スゴイ!ゞ(≧ε≦o)

その話を聞いて
松田さん「福島の人、駆け寄ってくる率高いからね。」
岡峰さん「砂漠でオアシス見つけたかのような?(笑)」
松田さん「普段は隠してるから。
俺だって東京に出てきたときは
隠すのに必死だったからね。
絶対に公衆の場で喋らないの」
この日はいつになく
松田さんもみんなとのトークに
嬉しそうに参加してるように思いました。

『コバルトブルー』から最後への流れは
もぉーーーっってほど
盛り上がってました。
普段中間あたりの辺にいることがあまりないので
あんなにモッシュしてるんだ、、って。

最後に山田さん。
いきなりフロアに向かって手を伸ばして
フッと笑い
「みんなから力をいっぱいもらってる。
これで俺たちは生きていける」みたいなことを言ってて
相変わらずグッとくること言うな~って
思いました。

そして本編終わって帰るとき
岡峰さんのさり気なくバイバイ風に手を上げたのが
何とも言えずキュンときちゃいました。

続いてアンコール。
出てきた松田さん
髪の毛片方にビューンって逆立ってて
(多分タオルでゴシゴシ拭いたと思われる)
アルバムについてだか
これからについてだか
、、結構真面目なこと言ってたのに
ちょっと笑いそうでした(笑)

どこでだったか、、
「もう郡山に来すぎちゃって
あまり久しぶり感がないって」
このライブの前はムックとの対バン
後なんだっけ。。。
なんかここ最近立て続けに郡山でライブしてたらしいです。

っということで
いやぁ、、アットホーム感満載な
ほんわかした熱いライブでした。
やっぱ、、下で押し押しで見てればよかったかなー・・

帰りは、やっぱ買っちゃう
ゆべし。
IMG_1454.JPG

そしてお得割引で買えた新幹線で帰ったのですが
この新幹線、、、各駅停車だった・・チ―( ∀ )―ン

そしてスマホに変えてから
ずっと使っていたミッフィちゃんのスマホケース
すっごいお気に入りだったのに
どうやら落としてきたらしい。。
思い当たるのは
新幹線をホームで
始発だったので扉開くまで座って待ってて、
開いたからってスマホいじりながら乗車した時。。
あー、、、、なんで忘れ物ないか
確認しなかったんだろ・・
乗ってから出発まで時間あっただけに
悔しいです。

なんかせっかくいいライブ見てきたのに
帰りながら凹んだよ(-c_,-` )
はぁ。。

気を取り直して!
明日はとうとうツアーファイナル。
張り切って半休取ってるんで
思う存分暴れてこようと思います♪


<セットリスト>
 01.月光
 02.シェイク
 03.涙がこぼれたら
 04.コワレモノ
 05.ひょうひょうと
 06.幻日
 07.舞姫
 08.ブランクページ
 09.甦る陽
 10.飛行機雲
 11.ホログラフ
 12.バトルイマ
 13.コバルトブルー
 14.戦う君よ
 15.ビリーバーズ
 16.シンメトリー

 EN.
  サナギ
  上海狂想曲
  シンフォニア