So-net無料ブログ作成
検索選択

諦めて失うことで見つけたその奥の夢 思い出を越えて辿り着けるまで [音楽]

不二家のホームパイも好きだけど
やっぱ私はこっちなのよね~。
IMG_1349.JPG

さて。
そんな5.29は
10-FEET TOUR 2014@Zepp Tokyo
でした。
IMG_1350.JPG

チケットは2000番台。。
一番最初のHP先行で取ってこれなんだから
ホント、すごいよね~
でも、10-FEETのライブは
ほぼほぼ時間通りに入る人少ないので
この番号でも余裕~で
いつものタクマ側
しかも2列目に行けてしまった。。
あ、でもZeppなんですんごい端っこでしたけど。

でもいいのです。
下手に真ん中近くに行ってしまうと
ダイバーで疲れちゃうから(;´д`)
今回の場所はたま~にしかダイバーが転がってこなくて
なのに視界良好だし
ギター弾きに近くまできたりしてくれたりと
なかなかいい感じでした。

開場が10~15分押したせいか
スタートも10分くらい押して始まりました。
コーイチが髪の毛切ってて
ちょっと男前になってました(笑)
あとナオキも川崎の時の小堺さんから
だいぶ伸びて?いい感じに(笑)
タクマは最近前髪厚めにしてるのか
ちょっと最初モサっとしてました。
あ、ナオキは大好きという黒&赤の上下で
ちょっと笑ってしまいました。

セトリはちょいちょい違う曲が入ってて
それに合わせてか
順番も変わってましたが
1曲目は同じ『風』から。

続く『RIVER』の歌詞替えるところは"隅田川"
あーそう言われると
東京なんだなーっと実感。
にしても、もう初っ端なの2曲なのに
もう終盤みたいな盛り上がりです。

そして『チャイニーズヒーロー』
この曲はあまり馴染みがなくって
何の曲かなー、、って思ってしまいました。
あんなに通勤中とか聞いてるけど
まだあまり知らない曲とかもあるのか、、って。
・・・シャッフルで聞いてるからですかね(*´ω`)

『hammer ska』『JUNGLES』と続き
この『JUNGLES』の〆「オゥッ!」ってやるとこと
アラバキの時みたいに
「あれ?今、ちょっと合ってなかったんちゃう?」って。
「コーイチやってなかったやろ?」
「あー俺、ちょっと忘れとったな」
「じゃーもう1回確認してみる?」ってことで
最後のドラムがドコドコやるとこら辺から
再スタート。
すると、、ジャンジャンジャンジャンってリズム合わせて
「ハイ ハイ ハイハイハイ!
それ俺らの好きなレギュラー?やんけ!」ってオチゞ(≧ε≦o)
進化したねぇ~(笑)

ここで最初のMCだったんですが、、
もうどこでどういう話してたか
すっかり記憶にないので
最後にまとめて箇条書しときます・・
ただ、この日のMCは
最高にオモシロかったです!
文章で伝えきれないのがオシイくらいに
いっぱい笑わせていただきました♪

そして改めて、、
やっぱドラムはイジられ役
多いんだなーって(笑)
正式メンバーだなんて
一度も思ったことないとか
サポートメンバー扱いも多いね。

ってことで、次。
「今日、学校とか会社とかウソついて
サボってきたヤツおるやろー」って
『MONKEY』
結構人気の曲みたいで
始まるとワーって感じの人が
多かった気がします。
レアなのかな??
私は結構ライブで聞く確率高いような
気がしないでもないですが、、

『Mr.bullshi』から『SHOES』の流れが
いいね~
タクマもスカのステップぽく
踊りながら歌ってましたが
ホント、踊りたくなります。

『SKANKIN'CHOKE BANGER』は
テンポの取り方が難しい・・
コロコロ変わるし。
こういうの10-FEETの曲らいしなーって
なんとなく思ってしまいます。

「今日だけは自由やぞー」って声から
『Freedom』
「飛べー」って言われて飛びたくなるけど
ギューギューで飛べない。。

「もうすぐ夏がくる、、、」って言いながら
『DAVE ROAD』
 太ってええよ
って聞こえる歌詞が素敵(笑)

そして『2%』は、、泣けるんだよね~

 ようやった!お前は強いわい
 もう我慢せんでも許されるわい

って、ちょっとつらいことがあった時に
たまたまシャッフルでこの曲が流れてきたことがあって
ここの歌詞が耳に飛び込んできたの
すっごく覚えてます。

で、、 笑いながら泣いたらええわい
たまには顔出すんやで! のとこ
たまには遊ぼうぜ! って歌ってなかったっけ??
違ったかな・・

この後のところ、、フロアに歌わせてたっけ?
うーむ・・かなりイロイロうろ覚えです。
まぁ、あれだけ汗だくになって
ワーワーやってたら
そうなるってね。。

『Loody』の
大失態を全てもみ消したい ってとこの
タクマの右手のジェスチャーが
なんかかわいかったです。

この曲の会いたい人っていうのは
おじいちゃんのことらしいです。
すっごいおじいちゃん子だったのに
子供の頃おじいちゃんの財布から
よくお金をもらってたって。
でも謝ろうとしてもなかなか謝れなくて
せっかくお母さんから
きっかけもらったりしてたのに、、
結局謝れないまま死んじゃって
でも全部バレてたみたいで
その謝ろうとしてもなかなか謝れないでいることも
バレてたみたいで
今はお墓の前でいつも謝ってるって。

そんな話から『求め合う日々』って
なんか泣けるじゃない。
サビの歌詞がよりグッと沁みてきます。

そしてここでだっけな、、落し物返却タイム。
なんか靴が落ちてるってフロアから言われ
「放ってみー」って
ステージに投げさせて
「これ、誰の?」って
あともうメガネじゃなくなってる、メガネとか。
帰す時はもちろん(笑)
タクマがフロアに向かって投げます。
無事、持ち主に帰ったようで
「いいヤツばっかじゃん!」って。

で唐突に「ライブは好きかー」って
ウォーって応えるフロアに
「俺の方がお前らより好きやー」って
そこからオフマイクでいろいろ問いかけてて。
するとフロアの後ろから
「聞こえねェーよ」って声。
あーだこーだ言うフロアに
「お前の声もよく聞こえないしー」と反論(笑)
  ↑聞こえてるじゃんゞ(≧ε≦o)

微妙な空気感になったところで
「あーもう、、
こっからどう次の曲に行けばいいのか・・」
そう言いながら
なぜか『スタンドバイミー』やり出すタクマ。
それに合わせて
ナオキもコーイチも演奏。
最初の歌詞だけ歌ったら
そこから替歌。
 次の曲への繋ぎ方が分からない
って内容の歌で
唐突に考えたにしては
かなりよく出来てました。

最後は ハイハイハイハイ って
フロア煽って
手拍子とか掛け声とかさせて
「今の、なんかサンボマスターみたいやったな。
煽っといて客より先に自分たちの方がテンション上がる
最高や。また対バンやりたいなー」って
そこから『back to the sunset』へ。
すごい~
いい流れでした♪

「勇気だせ!行動しろ!
もってた夢、今更って思うかもしれないけど
ないよりええやろ。
発言と行動で世の中変わる」
そんな内容の言葉から
『蜃気楼』って
毎度毎度、この曲の前には
タクマの熱い想いみたいなのを話してから
歌うんだけど
この日のは今まで以上に
グッときちゃいました。

ラストは『goes on』で終了。

続いてアンコール。
最初にコーイチが出てきたんだっけな。
しかもドラムセットには行かなくて
前に出てきて
「そんなに俺の歌が聞きたいか?」って
わーゞ(≧ε≦o)

「今日は最高のバックバンド連れてきたんで
紹介します」っと
タクマがベースでナオキがギターという
担当シャッフルの編成(笑)
しかもこの2人は
超やる気なし、、って体で
ドラム台に座りながら。

「もういい加減、お前らも覚えただろ?」って
いきなり出だしからフロアに。
何の曲だ?って思ったら『TRUE LOVE』(笑)
マイクを口に持っては行くけど
すぐにフロアに向けて
サビ前までは完全フロア任せのコーイチ。
これが超オモシロくって。

やっとサビで歌い出し
あと不思議な手フリも付けて。
いやぁ~最高でした。

ここでタクマが
「今日は平日なのにコーイチのために
みんな集まってくれてどうもありがとう。
コーイチは適当そうに見えるけど
実際ホントに適当で、、」って
コーイチとの思い出回想トーク(笑)

ピリピリしたムードになったときも
和やかにさせてくれるって良い話もあったり。

笑えたのは
お兄ちゃんの貯金箱から毎日500円玉を盗んでて
もうかなり減ってしまった辺りで
バレてぼっこぼこにされてました。って話。
コーイチボソボソっと
「ソレ、言うなや」ってツッコミ入れてましたけど。

そして結成当時の話で
京都のびっくりドンキーに呼びだして
こんな曲やってるねんって
聞かせた時の曲をやります。
古すぎて知らない人も多いと思うけど
そういう時は周りを見て
適当に合わせてくれればいいです。ってフリで
『LIFE LIFE LIFE』
これはかなりレア曲だったんでは?

続いて『super stomper』では
なんと!MWAMのトーキョータナカ乱入!
後で知りましたが、、
この日は国立でライブだったそうで
それ終わりで駆けつけてくれたそうです。
あまり一緒に歌ってるって感じなかったけど
オオカミさんがステージ左右に動き回ってるってだけで
存在感ありました。

あ、、被り物の口の部分
ライブ用のは
あんなに口開いてるんですね。。
そりゃそうよね(笑)
特に絡みのトークとかもなく
あっさり終わり。
でもフロアの盛り上がりったら
そりゃすごかったです。
そうか、、やっぱ人気あるんだなーって
思いました。

「1年に1度しか咲かない花
俺たちはあと何回見れるかな」って
『チェリーブロッサム』
これもちょっと自分的に
ジーンと来る思い出あるんで
聞くたびにその時のこと
思い出しちゃいます。

「ありがとうございました!」
これで終わりかな、、って思ったんですが
この日は
Wアンコールがありました♪

『BE NOTHING』から
『Do you like 10-FEET?』
ワーイ!
この曲ライブで聞いたの、、初めてじゃない?
音源では聞いたことあって
まさに「Do you like 10-FEET?」って
そんな曲あるんだーって印象に残ってた曲なんで
なんかうれしいです。

しかも「こんなもんじゃないだろー」って
再び『Do you like 10-FEET?』×2(笑)
計3回も歌ってくれました。

最後は恒例
イロイロ投げちゃうタイム。
そしてタクマから
「お前ら!今日だけやないぞ!
このテンションのままで頑張れよ!
わかったか!頑張れよ!!」って。


MC覚書・・・
痴漢防止のMCからの流れで
「今日ここにあるおっぱいは俺とナオキのもんやけど
コーイチは何する?」って聞かれ
「そりゃ。ち●こうやろー
いくつ竿あると思ってるねん」
ナオキ「竿言うな!」

「ち●このかわいい言い方って何?
知ってる人教えてください。」

「おっぱい触らせて言うからダメやねん。
ちょっと見せてって言うんや」byコーイチ

この日もなぜかコーイチの引退セレモニー
思いっ切りエコー聞かせてのトーク。
でもなんか無理があって
思わずタクマ「無理やったら無理って言って。
そしたら手伝うし、、」っと助け舟。
すると「じゃー、、無理です」
「え?ここで?!」

その流れだったか忘れたけど
天国の人と話が出来てるって感じの
タクマとコーイチとの会話。
「お前、元気なん?」
「おぉ、楽しくやっとるよ」
しかもコーイチいなくてもドラムマシーンで
バンドも問題ないって。
お前より正確に叩いてくれて
やりやすいとか
〆はじゃーまたな。お盆の頃とかは
戻ってこいよ。
じゃーライブあるから、、って。

この日一番のグッときたMC
「ライブの楽しみ方は人それぞれやから。
顔とか蹴られたり、
肘とかぶつかってきたりするし
上から人降ってきたりするやろ
でもな、その人を睨みつけるのか
ぎこちない笑顔でハイタッチするのかで
帰り道の顔が違ったものになる。
みんな、風呂上がりみたいな顔で帰ろうな!」
うぅっ・・
気持ちを大きく、笑顔を忘れず
すぐイラっと来ちゃうこの頃を
反省させられました。。


汗だくでビールもらって時計見たら
22時ちょい前。。
あら。。2.5時間くらいのライブだったってことか。
そんなに長く感じなかったんですが
結構やってたんですねぇ。

にしても、、ワンマンいいわ~
最高でした。


<セットリスト>
 01.風
 02.RIVER(隅田川)
 03.チャイニーズヒーロー
 04.hammer ska
 05.JUNGLES
 06.MONKEY
 07.focus
 08.Mr.bullshit
 09.SHOES
 10.SKANKIN'CHOKE BANGER
 11.Freedom
 12.STONE COLD BREAK
 13.DAVE ROAD
 14.2%
 15.Loody
 16.求め合う日々
 17.back to the sunset
 18.VIBES BY VIBES
 19.蜃気楼
 20.淋しさに火をくべ
 21.シガードッグ
 22.その向こうへ
 23.1sec.
 24.goes on

 EN1.
  LIFE LIFE LIFE
  super stomper feat.トーキョータナカ
  チェリーブロッサム

 EN2.
  BE NOTHING
  Do you like 10-FEET?(×3)


☆ネットで拾ったセトリ画像☆
0529zepp.jpg
ナオキの足元のやつだと思うのですが
所々書いてある「白上」って何の意味なんでしょ・・
楽器交換のことかな??うーん。。

モヤモヤしながら見ちゃったけど・・・ [音楽]

6/18にリリースされる
斉藤和義DVD「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2013-2014
“斉藤&和義” at 日本武道館 2014.2.16」の
初回限定盤特典詳細が発表!
な、なんと!!
せっちゃんとチバさんとでやった
『恋のサングラス』@大阪城ホールの
映像が入るって*:.。☆..。.(´∀`人)
ワーイ。

さて。
そんな5.26は
the HIATUS Keeper Of The Flame Tour 2014
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_1347.JPG

久しぶりのthe HIATUS。
最近じゃフェスとかでも
なかなか自分のタイムテーブルと
合わなくて行けなかったから・・
それになんて言うか、、
1stから2nd・・・っとアルバム出すごとに
なんか自分の好みの感じからは
かけ離れてきてる気がして
なんとなーく心も離れてきちゃってて
なので、正直なところ
別に行けなくてもいいかなーって
思ってたとこもあったりして。

でも今回、チケットのHP先行エントリーが
1人1公演のみしかできなくて
おかげでいつになく
エントリーしたところは無事チケット確保できました。
こういう対策をしっかりやってくれるのは
ホントありがたいことです。
転売防止対策としても
チケットは公演の2週間くらい前にしか届かない
郵送のみだし。

で。
まぁ、そんなゆる~い気持ちで臨んだのですが
前にもチラッと書きましたが
そんな番号よくなくてもいいチケットに限って
いい番号だったりして、、って
そう、それがこのチケットだったのです。
Zeppで300番以内って。。(笑)
最近じゃ滅多に来ない番号だよ。

ホントは開演ちょい前くらいに着く感じで行こうって思ってたのに
なんかせっかくなので
バッチリ開場に間に合う時間に行っちゃいましたって。
the HIATUSでこんなに早くに入れるなんて
初めてかも??
やっぱり中はいい感じに人がまばらで
ウエノさん側端っこの方
2列目に行けました♪

ここからが長かった・・(-ω-`)
時間ちょい押してたかな。
始まるちょっと前に
大きな押しがきましたが
比較的そのままの位置をキープ。
ちょうど私のちょっと数人分中へ(センター寄り)
入った辺りくらいから
ギューギュー押し押し
ダイバーもちょいちょいな激しめゾーン
だったみたいです。

メンバー登場。
いやぁ、、、周りのテンションの高さと
自分の気持ちとの温度差を
かなり感じました。。
ちょっと後ろ下がろうかな、、って思ったくらい
居心地悪かった。。
特に最前の子
ホント、大好きなんだねぇ、、ってくらい
もうノリノリで
MCでもすべてにウンウン深く頷いてて。
ホント、すいません。。って

ま。
色んなノリ方あるよねって
開き直ってアッサリした気持ちで参加しました。

新しいアルバムからの曲
何回か聞いていってましたが
当然あまり馴染みなく
過去のアルバムからの曲多めじゃんって
印象でしたが
セトリ見てみたら
ちゃんと新しいアルバムから
1曲を除いては全部やってました(笑)
そりゃそうだってねぇ・・( ´_ゝ`)

なんか違う!って感じたのは
そうか、、細美さん、あまりギターを弾いてなかった。
鍵盤っていうか、、機材をいじりながらとか
あとはハンドマイクとか。
だからガンガンステージの前まで出てきてました。

全体の感想として
いや、よかったです。
やっぱ、細美さんの声、好きなんだな~
あのバリバリネイティブな英語も。
あと、細美さんの気持ち的に
病んでる感がなかった気がしました。
それはきっとTOSHI-LOWとの友情が深まったからですかね。
なのでプラスのオーラが伝わってくるっていうか
そういう雰囲気がよかったです。

今一歩入り込めなかったのは
私の気持ちの問題かも。
もう少しthe HIATUSに寄り添った心で
ライブには行った方がいいですね。。
か、もう少し後ろでもっとマッタリ見るか。

今回東京のライブとしては初日だったんですが
「東京が一番声(歓声)でかいかも、、、
地方ってほら、あまり行けないから
待ってましたー感強かったりして
そういう声が伝わってくるの分かるんだけど」って。
いやいや。
東京、そりゃライブの回数多いですが
行く人も多いから競争率高いんですって、、って。
あ、でも、意外と東京の人って
そういう感情の高ぶり
あまり出したりしないから
そういう意味では
東京が声でかいっていうのは
珍しかったのかもしれないです。

そして
「今日久しぶりに話した人がいて
やっとさいたまアリーナで2Days
普通にできるようになりましたってうれしそうに話してて。
そうか、、よかったなーって
心の底からおめでとうって思うと同時に
あー色んな人がいるんだなって
俺にとっては
昔ウィーザーのライブをここで見てから
ここが今でも、そしてこれからも
一番やりたい最大の大きさのハコだぜ」

昔、このZeppの近辺の会社で働いてたことがあるって話は
聞いたことありましたが
「いつもこのそばを通るたびに
いつかここでライブやろうって
本気で思おうか、やめとこうかって
だって、ほら、やるって決めて出来なかったら
負けになるじゃん
まぁ、こうして今、やれてるんで
結果勝ったんだけど」って。
あーこういう考え方
細美さんらしいなーって。

『Horse Riding』は
革命の歌なんですね・・
そう、the HIATUSに寄り添い切れない理由として
歌詞が英詞ってのが一つ。。
いや、歌詞カード見ろって話ですけど
でもさ
すっごい心こめて
想いをこめて
身振り手振りで熱く歌ってくれるのを見ても
なんて歌ってるか分からなかったら
あぁ~って心の底から
感動はできないんだよね。。

『Tales Of Sorrow Street 』は
娼婦のところに行ってはお金出して、、
っていう男の歌らしいのですが
女性の声が欲しくて
ラコスバーでカラオケで熱唱してるところに
入ってきた女の子にお願いして歌ってもらったって
その方がライブにも来てくれて
一緒に歌ってました。

この娼婦と男の関係
「でも俺とお前らの関係も
ちょっと似てるような感じがして
俺は死ぬのは絶対ステージの上って思ってて
だからこうやってライブやれてるときは
いつ死んでもいいって思ってて
もうそろそろかなーって思った時に
お前らの顔がちらつくんだよ。
顔も名前も知らないのに
たくさんの顔を思い出して、、、」

最近のライブでは
「また会おう」って言えなくなったって。
あの3.11以降
明日が来ることが当たり前って思えなくなって
あの日はマサさんに車で家の近くまで送ってもらったそうですが
車から降りて「じゃあな」って言ったときに
今までの「じゃあな」じゃないことに気付いて
もしかしたらこの「じゃあな」は
最後の「じゃあな」になるかもしれないって
だったら
次会えなくなっても後悔しないように
ちゃんと本気で「じゃあな」って言うようにしなきゃって。
だからライブでも「また会いましょう」じゃなく
「また会えたら会おう」って。
だから次出来なかったとしても悔いのないように
とにかく力を出し切るようにしてるとか。

つい、
ツアーやるとはしゃぎ過ぎて
そうするとすぐ声でなくなるから
ライブやっては次のライブまでは安静の毎日で
でもそれがすっげーたのしくて
(東京の前の)奈良が終わってからは
もうずっと今日の日のことを考えてたそうです。
で、意外だったのが
本を買って読んでるって話。
へぇ~
本とか読むだ・・って(笑)

そしてこの日は
「今日は友達が来てて
今まで本当の友達っているのかなってずっと思ってたけど
やっと本当の友達と呼べる人が出来て
ここでできるってことよりも
その友達が見に来てくれるってことの方がうれしい」と。
で、それ誰だろー、、、って思ってたら
アンコールでその友達を紹介してくれまして。

TOSHI-LOWでした★
あはは。
てか、ちょっとうれしい!
でもってまたこのTOSHI-LOWが
いいMCするんだ。

the HIATUSに対し
自分と細美のコンビは
LOWAITUS(ローエイタス)だってゞ(≧ε≦o)

「このライブ、2600円で
こいつがツアー始めるとき
まず最初に安っい車買って
それで周るの見てるから」

「震災があって周りに人に偽善者とか売名とか
ミュージシャンがそんなことしなくてもいいじゃないとか
イロイロ散々言われた。
そんな中、一番最初に物資どこに届ければいい?って
電話してきたのがコイツだった」

「あ、the HIATUSのライブ
ここZepp Tokyoでやるのは今日が最後だから。
今年の年末は有明コロシアムで
戦わせます!」
、、、細美さん、TOSHI-LOWと体鍛えてるそうで
年末はM伏と投網の距離で競うそうです(笑)
っと、感動させといて笑わせる
流石TOSHI-LOWっす。

3.11の話に対して
「ただ悔しかっただけだけどね」って
照れ隠しの細美さん。

そうそう。
今、ステロイド剤を飲んでるから酔えない
味が変に感じるって話をしたとき
フロアのリアクションが
ふぅ~ん。。。って感じの雰囲気になって
「ふぅ~んって言うの初めて聞いた
あともう1回聞きたいのは「ぎゃふん」ね」って
話をしてたのを受けて
登場してすぐにTOSHI-LOW「ぎゃふん」って言ってて
これも、流石!って思いました。

歌ってーって声も上がってましたが
結局歌は歌わずトークだけで帰っていきました。

「どう思われようと
自分で納得のいくライブが出来た」って
うれしそうだったのがよかったです。

あと私的に
本編最後の『紺碧の夜に』で
ワーってなってたら
なんかニコーって笑ったウエノさんと
めっちゃ目が合った気がしまして♪
しかもベースで銃みたいに打つような仕草を
バーンっとやってくれてまして♪♪
あ、、後ろの方の人に向かってかもしれないけどー・・
でもそれが最高にうれしかったです(笑)

っと。
曲のタイトルほとんど覚えてないので
1曲1曲流れで書けなく
ほぼMCの羅列のみになってしまいましたが、、、
・・・それすらも
かなりうろ覚えです・・
細美さんMCで
ツィッターでMC上げるやつがいて
そういうやつに限って
違げーんだよ!って言いたくなるくらい
ニュアンスとか違うんだよって言ってましたが
まさに、その程度のものです。。あしからず(>ω<)

次、実はファイナルのチケットも取れてまして
今回、もういいかな・・って思ったら
行くの止めようかな~っとも思ってたんですが
いや、行ってこようと思います。
もっと曲覚えて行こう。
なんていうか、、
もう少し楽しんでみたいっていうか。
このおいてけぼり喰った感をリベンジしたいです(笑)
できるかなー・・


<セットリスト>
 01.Roller Coaster Ride Memories
 02.Deerhounds
 03.Storm Racers
 04.Something Ever After
 05.Horse Riding
 06.Superblock
 07.Silver Birch
 08.The Flare
 09.Monkeys
 10.Tales Of Sorrow Street
 11.Lone Train Running
 12.Thirst
 13.Unhurt
 14.Sunset Off The Coastline
 15.Burn To Shine
 16.Insomnia
 17.紺碧の夜に

 EN1.
  ぺテルギウスの灯
  Waiting For The Sun
 
 EN2.
  Shimmer

じっくり寝かしていこうぜ答えを急ぐなすぐ [音楽]

今年のRSR
ちょっと心配になってきた。。
アラバキの1日目といい
なんていうか、、
今年はいつも期待以上のラインナップを出してくれるフェスに
ちょっと裏切られる年なのかな(;´д`)
ま。
もう飛行機の手配
支払いまで含めて完了してるんで
行きますけど。
お願いしますよ☆

さて。
そんな5.25は
フラワーカンパニーズ
フラカン結成25周年ワンマンツアー「4人で100才」
@千葉LOOK
でした~
IMG_1345.JPG

いつもチケット取ってくれるお友達は行けないのに
めっちゃいい番号のチケをいただいちゃいまして。。
ホント、いつもありがとうございます!!
おかげ様で
最前行けました~♪
千葉LOOKで最前なんて
超うれしい。
ここはステージが低いことで有名ですが
どんぐらい低いか確認してみたら
膝までの高さの半分しかなかった・・
でもお立ち台がちゃんと各所に用意してあって
ほぼ圭介さんそこに上って歌ってました(笑)

えーっと、、
前回行った水戸もいい番号だったんですが
その時も確か竹安さん側だったんですよね。
で。
今回も空いていたのは竹安さん側で
あれ?グレートさん側の方が人気なのか、、、
怒髪天で言う(私的にですよ)
あれ?シミさん側の方が人気なのか、、
ってパターンですかね。

時間になりメンバー登場。
グレートさんはデニムのオーバーオール。
竹安さんとミスター小西は
黒シャツ
最近ミスター小西はつなぎ着なくなったんですかね・・
圭介さんは黒と白の水玉で
色んな大きさの水玉の柄のシャツ。

まずは1曲目『どっち坊主大会』から
ライブスタート!
わー
なんかこの曲スタートって
かなりテンション上がります。
最初に言っておきますが、、
この日のセトリすごかった~
途中MCでグレートさんも言ってましたが
千葉LOOK仕様だったそうです。
そう、っだって水戸の時と全然セトリ違ってて
ビックリしたもん。
さらに
『深夜高速』も『真冬の盆踊り』もやりませんでした。
ホントビックリです。

続いて『赤点ブギ』
『NUDE CORE ROCK'N'ROLL』っと
休む暇なく続きます。
一気に熱くなりました。
激しい押しとかはなかったんですが
でも水戸に比べたら
やっぱちょっとギューギューでした。

そして『むきだしの赤い俺』
おぉ~
これはかなりレア。
CDで聞くのはあまり好きじゃないんですけど
ライブだと雰囲気といい
歌や演奏の迫力といい
ひきこまれます。

「ありがとう~」っと最初のMC。
この辺りは千葉の中でも
かなりディープな雰囲気(いかがわしいって)の地域で(笑)
「いやぁ、、この曲合うと思ってたんだよな~」って。
でもかなり久しぶりにやったせいか
1番と2番の歌詞
逆に歌ってしまったらしいです。

さらにばらすと・・・
昨日のさいたまでも
4曲目の曲で歌詞を間違えたとか?
グレートさんにツッコまれてました。
すると圭介さん
「いや、間違えたんじゃない
(この曲が)好きという想いが強すぎた結果
自然の流れでそうなったんだ」って
言い訳?!(笑)

そして置いてあったMAXコーヒーをグビグビ。
「千葉だけにコンビニで売ってたのを見つけて
買った来た!」って。
確かMAXコーヒー、、圭介さん大好きなんでしたっけ?
(前にブログで書いてたような。。)
でも全国区で販売しなくなって
今は千葉と茨城?だけでの販売のようです。
「甘いっ!」って。
ただ、前もそうやってMCの時に飲んで
あまくて気持ち悪くなったことがあったことを
グレートさんに言われてましたが
「いや、でも、糖分を取らないとね」って。

「暑いね。
今日も最高気温28度くらいだったんでしょ?
でもプラス4ってあったから
32度くらいあったんじゃないの?」って
ここまで聞いて
若干フロア辺りザワザワ。
はい。圭介さん、あのプラス4っていうの
前日比だってことを知らなかったようで
だいたいこれくらいって言うための
表現だと思っていたようです。
「え?そうだったの??」って
かなり本気でビックリしてました。
オモシロずぎるゞ(≧ε≦o)

そんな話をしてる最中に
竹安さんはいつものように
ギターの運指を確認していたようなんですが
いつになく楽しそうにやっていたようで
「何、練習してんだよ。
しかも本番中でもそんなノリノリで弾いてることないのに」って。
ウソ―見逃した。。
圭介さんのオモシロ話に惹きつけられてました・・
グレートさん曰く
ステップ踏んでたって。
気付かれて恥ずかしかったのか
照れ笑いの竹安さんが
またオモシロかったです。

そんな大爆笑のMC明けは
『煮込んでロック』
うれしい!
会場に行くまでの電車の中で聞いてて
あーこの曲最近やってないなー、やって欲しいな~って
思ってたんですよね。
むふふ♪

ここからは久々な曲シリーズ
『どろぼう』
『丑三つのライダー』
『センチメンタルエンジン』

『丑三つのライダー』は何気に好きな曲。
『センチメンタルエンジン』では
サビに行く前の間奏っていうの?
そこで圭介さんがジャンプジャンプしてるのが
かわいかったです。

どういう流れだったか
ちょっと忘れたんですが、、
圭介さんがワイヤレスマイクを買ったって
うれしそうに。
かなり高性能らしく
マイクの有線ならコードが出てる部分に
手で覆ったり離したりしながら
「こうやっても全く音が途切れない!!
安いマイクだったら
こうやるとワワワワワって途切れるんだよ!」って
自慢げ。

フロア「へぇ~」って感じのリアクションになると
「ウソに決まっとるがや!」って
グレートさん。
どうやらデマ情報らしいです。
あまりにフロアが信じ切ってる感じだったらか
すぐに正解を言ってくれたとのこと。

でも高性能ってのはホントらしく
「このまま今日、家につくまで実況中継してもいいよ。
みんなが最後までここにいてくれるんだったらね。
それくらい出来ちゃうくらいのマイク。
だって20万!それ、買い値だからね。
売り値は37万!もう、、、叩いて叩いて、、、
オトナになって一番高い買い物じゃないかな」

竹安さん「俺のギター40万・・」って
ボソリ。
「ギターとかはね、高いから。
でも、その高いってのに騙されて
本当にそれだけの金額の音が出てるかどうかは
分からないだろ?」

「じゃー一緒に行こうか!
天国の向こうまで、、、そんな曲はなかった!(笑)」
いやぁ、、ビックリした。
何を言い出すのかと思ったら。
グレートさんにも「何、今日、ウソばっか言ってんだよ」って。
「思わずラストヘブンって言いそうになって
あ、それはミッシェルの・・
俺たちの曲にはなかった、、って(笑)」
いやぁ、、圭介さん
MCも絶好調だったな~
水戸の時、ちょっとMC少な目かなーって
思ってたんですけど。

気を取り直して、、、
『SHAKE MY LIFE』
全然天国の何チャラって曲じゃないし。。
そんなイメージの曲でもないし
どうつなげた方のか謎(笑)
でもこの曲はかなり久々でうれしいです。

そして『なれのはて』に続いて
『青い春』
おぉ~
語りの部分もゾクゾクしますが
演奏部分もカッコいいんですよね~
うっとり聞き入っちゃいました。

次に『元少年の歌』
ちょいちょい目の前のお立ち台に
圭介さんとかたまーに竹安さんとかも来てくれて
目の前過ぎてドキドキしちゃいます。

千葉に来るときに錦糸町でJRに乗り換えるんですが
目の前にスカイツリーが見えるんですよね。
その後に聞く『東京タワー』は
なんかグッとくるものがありました。

「今日は千葉ルック仕様のセットリストで
ツアーの中でも今日が初めての曲が多い」って。
しかも『センチメンタルエンジン』は
前も千葉に来たときにやった曲で
こことあともう1か所(どこだか忘れた)くらいでしか
やらない曲になってるって。

久しぶりな曲だと
やりながら「あーこうだったな」って
思い出す事とかがあって
やってて楽しいって。
グレートさん的には
●Daysって連チャンで
アルバムごとのライブをやりたいそうです。

ワーって歓声上がるフロアに
「ワーとか言って、、どうせみんな来ないだろ?
もう25年もやってると
だいたいそう言うこと分かってくる」って
捻くれる圭介さん。
「アルバムごとだったら
ハタチでいこうの日は客が少ない、、とか
そういうの分かるから嫌だな」
「ハタチでいこうって、、ちゃんとアルバムの名前くらい
正しく言えよ」
「フェイクで行こうと
俺たちハタチ族と交っちゃった(笑)」

大爆笑しながら竹安さんに
今までありがとう的なコメントを言って
メンバー紹介へ。。。
苦笑いしながら「なんか、、これでお疲れ様みたいな
感じですけど、、
えーっと、、千葉LOOKは好きなハコなんで
また来たいと思います。
あまりこの近辺とかしか
街の様子を知らないしね・・
上のモノレールも乗ってみたいし、、」
って言うと
またまた圭介さん「え?上、モノレール走ってるの?
どこまで行くの?羽田?」
あはは。。
って、私もどこまで走ってるかは知りませんが・・

続いてミスター小西
ミスター小西はこのツアー中
その土地の方言を調べて
その言葉で一言言うようにしてるんだって
ここ、千葉の方言"うんならがす"だっけ?
張り切ってやるみたいな意味らしいです。
あまりピンって来てる人は少なかったんですが
「ちゃんと調べようって言う気持ちが
偉いよね」ってグレートさんに褒められてました。

そしてグレートさん。
グレートさんも千葉LOOKは大好きなハコって。
でも圭介さんは昔何かのPVを千葉の海岸で撮った際
すげーヤンキーに絡まれて
その思い出が残ってるから
千葉=荒れてるみたいなイメージらしいです。
「そういうことはよく覚えてるな」って
言われちゃってました(笑)

リキッドルーム2Daysでも
ちょっと珍しい曲の2日間にしたいと思ってるから
来てね~っとのこと。
やっぱ2Daysだから
大きくは被りなしの2日間ってことで
期待していいんでしょうかね♪

「4人合わせてフラワーカンパニーズ!」っと
雄たけび上げて『フェイクでいこう』
ここでこの曲、珍しいです~

そして『夜空の太陽』『チェスト』
ラストはもちろん『YES,FUTURE』
怒涛の3連発!
おまけ?!『三百六十五歩のマーチ』で
本編終了。

続いてアンコール。
ミスター小西と竹安さんだけ
ツアーのTシャツに着替えて登場。
竹安さんは珍しく白いTシャツで
おろしたて、、とのこと。
なんかあまり気ない白Tに
自分でも照れ気味の竹安さん、圭介さんが
思わず「フェミ男みたいだな」とか言っちゃったもんで
無言でギター、ギュインとか鳴らしたら
「ほら、怒っちゃった。。
最近すぐギターで会話するなから。
楽屋でもギターで会話してるから」って。

あ、ちなみに
グレートさんと圭介さんが着替えてこなかった理由は
グレートさんは持ってくるのを忘れたそう。
圭介さんは洗ってくるのを忘れたそうで
ファブリーズとかしてみたけど
ちょっと汗臭かったから
やめたって。

で。
今フラカンのブログで
グレートさん、圭介さんが書いている
アメリカンサックの話ですが、、
なぜこういう話になったのかと言うと
千葉LOOKのステージが低くて
台に乗らないとまったく後ろの人は見えてないよねって
でもコレクターズの加藤さんだったら
台の上乗らなくても見える
台の上乗ったら天井の上から声聞こえてきちゃうって。

そう言いながら
そんなに身長差あるか?
あ、、でも俺の上に30㎝定規乗せたくらいだから
そうだよな。。って
そして、圭介「あれ?今どきの小学生は
30㎝定規なんて持って行かないの?
俺らの時代は必ずランドセルの片方には30㎝定規、
もう片方にはそろばんがあってね」
グレート「縦笛(リコーダー)のこともあったよね」
圭介「あ、でもリコーダーは吹いて帰るから、、
中学一緒だっただろ?」

・・・ランドセルって言ってるのに
中学一緒だっただろ?って言っちゃう圭介さん・・
「ランドセルは小学生だろ!」っと
グレートさんのツッコミ
もちろん入りましたって(笑)

そこからグレートさんと圭介さんが通っていた中学では
例のアメリカンサックを持ってたって話になり
そのアメリカンサックには
メキシカンサックってのもあって
グレートさんはそっちだったって。(ネタかと思った 笑)
でも誰もどういうものか分からず
ポカン・・っとしていたので
ブログにあげてくれたんだと思います。

それに対し竹安さん
「でも、それ、そこの学区だけだったんじゃない?
俺はね、、隣の学区だったけど
それじゃなかったもん。」と。
「じゃーどんなのだったんだよ?」って聞かれると
「あの、白い、斜めがけにする、、、」って言うと
「あー金八に出てくるやつみたいなの?
あれだ、その白いところに
ZOKKONとかマジックで書くやつだ」とかって。
竹安さんが書いてたかどうか不明ですが(笑)

もうナップサック以外思いつかない圭介さん
「えーじゃー普通は何持って通ってるの?
まったく想像がつかない。
俺に教えて。どういう手段でもいいから」って。
そのどういう手段でもいいってのに
あーだこー説明しながら確認していて
「それはもういいよ。
俺はこんなことを言いに来たんじゃない!
ロックンロールをしに来たんだ!!」
って流れで
『ロックンロール』へ。
ホント、この日はMC大爆笑の連続だったなー(´m`)

続いて『はぐれ者讃歌』に
『俺たちハタチ族』っと
アンコールもまだまだ盛り上がる選曲で
終了。

まだまだ終わらない~♪
ダブルアンコールです!
うれしい『終わらないツアー』
きゃ~
竹安さん目の前でこの曲聞けるなんて
なんかうれしさ倍増です。
大好きな歌詞の所では
圭介さんがお立ち台に来てくれるし
かなり贅沢な『終わらないツアー』だったようで
ニヤニヤしちゃいました。

ラストは『恋をしましょう』
もうアゲアゲのセトリっす。
いやぁ、、最高でした。

「ありがとう!!また会いましょう~」って
最後は圭介さん
自慢のワイヤレスマイクを
持ったまま楽屋へ。
それ見てQ太郎さん爆笑してました。

次は、、、リキッドの2Daysか。
少し開きますが
楽しみに待ってたいと思います。

<セットリスト>
 01.どっち坊主大会
 02.赤点ブギ
 03.NUDE CORE ROCK'N'ROLL
 04.むきだしの赤い俺
 05.煮込んでロック
 06.どろぼう
 07.丑三つのライダー
 08.センチメンタルエンジン
 09.SHAKE MY LIFE
 10.なれのはて
 11.青い春
 12.元少年の歌
 13.東京タワー
 14.フェイクでいこう
 15.夜空の太陽
 16.チェスト
 17.YES,FUTURE
 18.三百六十五歩のマーチ

 EN1.
  ロックンロール
  はぐれ者讃歌
  俺たちハタチ族

 EN2.
  終わらないツアー
  恋をしましょ

そうそう。
千葉LOOKはドリンク代
アルコールは500円、ソフトドリンクは300円(だっけ?)っと
かなり良心的価格なんですが
そのアルコール、、ビールがなんと!
 ラガー
 バドワイザー
 黒ラベル
 スーパードライ
っと、4種類から選べるという
これまたかなり素敵な対応でして(*´∀`*)

ライブのハコで黒ラベルって、、、
あまりないような気がする。
IMG_1346.JPG
久しぶりに飲んだかも。

まったく繋がりのない3ネタ・・・ [たわごと]

キュウちゃん主催?って言うの??
定期的にやってる緊急ナイト
なんて言うか、、
自分なりのできることの一つとして
行ける日程であれば
とにかく行こうって思ってるライブの一つで
今のところ RSRの前乗りの日
出張で東京にいなかった日 
の2回を除いては
無事チケットも確保できて参加できています。

が、、、この度
3度目の参加できない日が。。。(>ω<)
くぅ・・・
他のライブと被ってしまいました。
ただ、場合によっては緊急ナイトに行くかも・・って
ゲストの方の発表をハラハラしながら待っていたのですが
とりあえず、、今回はパスという決断に至りました。

あはは。
ちょっとホッとしてます(笑)
あ、でも、その・・
あまりよく知らない方だった
って言う意味でね。

さて。
先日、セブン限定ジャイアントコーンに
念願の!チョコミントが発売って事を
書きましたが
この度ハーゲンダッツからも
期間限定でチョコミント(ショコラミント)が
発売されるようです♪
syokoramint.jpg

へぇ~
まだ発売されてなかったんですね。
てか、最近あのカップシリーズ
色んな味出過ぎ。。(-ω-`)
あそこまで出てくると
正直もうどうでもよくなります。
(って、別に逐一追って
食べてたわけではないんですけど 笑)

てか、今、ハーゲンダッツのショップって
まだあるんですっけ??
ハーゲンダッツの出会いと言えば、、
忘れもしない中学1年の時
学校帰りに友達と食べに行ったなー
トッピングを選べて
そんな注文したことなかったから
すんごいドキドキしながら買ったの
ホントよく覚えてます(笑)

あと、なんか駅で新商品発売記念だかで
無料券もらって
なんかすっごいゴージャスなの。
でもボリュームあり過ぎて
食べ終わった後若干気持ち悪くなったことも(笑)

いやぁ~
でもハーゲンダッツ、、、美味しいよね。
にしてもチョコミントって
今流行ってる??(´m`)
発売は7/28。
ちょっと楽しみです。

で。
今日は達也さんがドラマに出るって言うので
またまた久々連ドラ見ちゃったよ~
0515_01.jpg
なかなかオモシロいドラマでした。

もしかして達也さんが髪の毛黒くして
ちょっと知的な雰囲気にしてたのって
このドラマの撮影のためだったんでしょうか。。
またハチャメチャな雰囲気の髪の毛に
して欲しいなー、、、っと
密かに思ってます★

でもって来週はGGTVにThe Birthdayが出演!
ggtv0527.jpg
ワーイ。
GGTV大好き。
以前のようにガレージ支配人ジョージって役柄じゃなく
普通にスタジオ前の前室でトークっていうシンプルさも
またいいです。

M-ONでジョージのレギュラー2本も!って思ってたら
その一つ「旅とロック」は
6/24の放送で終わってしまうみたいです。
やっぱロケに行くのは大変だったんでしょうかね・・
行ったことない地方のライブハウスの様子や
その周りの観光地とか紹介してくれたり
ライブのリハーサル風景見せてくれたりと
番組内容としては
結構好きだったんですけど。。


買っちゃうシリーズ♪ [買い物]

先週末くらいから咳が出て
なかなか治らないんですけど。。(-ω-`)
あまりコンコンしてると
いい顔されないんで
暑いけどマスクの日々。。
くぅー・・・
咳は疲れる。

さて。
タイトル記事へ(笑)
そりゃ、買っちゃうよね~
IMG_1336.JPG
フローリングを傷つけないために
イスとかの足に被せておくカバー。

付けるとこんな感じ。
IMG_1338.JPG
ぷぷぷ。
かわいい。

そして
思わず、買ってしまった。。
IMG_1337.JPG

まさかチバさんから油揚げって
出るとは思わなかったよゞ(≧ε≦o)
しかも、油揚げトーク
みんなで盛り上がってたし。。

でも分かる!
安いけど美味しいんですよね~
母親が作ってくれた
油揚げだけを煮込んだやつ
大好きでよく食べてたなー
カロリー高いとか
気にしないでもいい年の頃(笑)

で、うれしい!買えました!!
IMG_1340.JPG
ジャイアントコーンが大好きなのですが
この度セブンイレブン限定で
IMG_1342.JPG
チョコミントが発売!
チョコミントも大好きな私
待ってました~って感じです。

IMG_1343.JPG
コーンがサクサクで美味しかったです。

ただ、、買うのにかなり苦労しました。
だって、、アイスが溶けないで帰れる範囲に
セブンイレブンがないんですよ。。
どうしよう・・っと考えた結果
 まずスーパーでアイスを買う
  ↓
 ドライアイスをもらう
  ↓
 セブンイレブンで購入
  ↓
 ダッシュで帰宅

おかげで?!
冷凍庫はアイスでいっぱい(笑)

でも、今日発売だったのかな?
その買ったところのセブンイレブン
残り2個でした。
思わず2個買おうかとも思ったんですが
横でお兄さんがジーって見てる視線を感じてしまったので
1個にしときました(´m`)

最後に、、
いやぁ、、買いたくなっちゃう・・
Bn_60ecIUAA6zak.jpg
FRAPBOISと[Alexandros]のコラボグッズらしいです。

FRAPBOISってブランド
昨年末だったかな、、に偶然出会って
最近ではなかなかお気に入りでして
しかもネコのデザイン、かわいいし。

でも、、これ。
バスターくんでできないですかねー
ねーねー。
バスターくんのiPhoneケース
出来ないかなー、、っと
日々願う毎日です♪


あ。
おまけ(笑)
これは、、買う??(ll'ェ')
72sg_F.jpg

完全出落ちだから
ネタばれ厳禁って言われてましたが
・・・リリースするんですね。
でも、こんな演歌歌手
いそうだからスゴイ(笑)

無題。 [たわごと]

radiko満喫中~(笑)
fm802.jpg
今日は玉田豊夢さん特集でした。
FM802が普通に聞けるような日がくるとはね。
素晴らしい!

そして金曜日
実は神戸に出張中で
行こうと思えば行けた大阪のラジオ観覧。
0516.jpg
サテライトスタジオのように
ガラス越しじゃなく
生だったのかー・・・
あー。。
でも行けてたとしても
時間ギリギリだったから
見えなかっただろうし、、って思うことに
しときます。

途中まででしたが
ラジオ聞けたしね。
これもradikoおかげ、、って
神戸にいたんだったら
エリアフリー関係なかったけど(笑)

そしてこれまた行こうと思えば
行けた大阪味園ユニバース
キュウちゃんにハルキ
あとフジイさんもツィートで
口をそろえて
いい会場だったって。

そう。
会場が元キャバレーだったという
いわゆるこっちで言う
東京キネマ倶楽部みたいな感じのハコ。
そりゃ、The Birthdayの雰囲気に
合いそうですよね~
写真見て
あーいいなーって思ってしまいました。

ただ、、16時OPEN/STARTで
私、行けたとしても17時くらいになりそうで
もしThe Birthday最初だったら
見れないかもしれないし、、
あとやっぱ対バン多くて
しかもあまり知らない方々で、、
ってやめちゃったんですが。。
これ、16時OPEN/STARTってDJが入ってるからであって
恐らくライブは普通に17時くらいから、、だったのかな?って
後から思ったり。

そうそう。
そのキュウちゃんのブログに書いてあった
俊美さんの本
461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

  • 作者: 渡辺 俊美
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2014/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

私もこれ本屋で立ち読みして
ウルウル泣いてしまいましたって。
で。
買おう!って思いつつ
あ、でもタワレコでも買えるかなって
(ポイントに縛られる女 笑)
その時は買わずに店を出て
そしたらタワレコにないのね。。
オンラインでも扱ってないみたいだし。

その後タワレコはあきらめて
他の本屋とかでも見てみるんですが
なかなかお目にかかれない。。。
やっぱあの時買っておくべきだったか、、
(近所の本屋じゃなかったからもう行けない・・)

っと。
何やら後悔ばかりの内容になってます(;´д`)

楽しい気分に戻します。
その味園ユニバースでライブの日について書かれた
キュウちゃんのブログの写真のチバさんに
爆笑しました。
てか、キュウちゃんのコメントに爆笑か?(笑)
写り込み2連発は笑えます。ゞ(≧ε≦o)
あれはたまたま??

え、、どうしよう。。 [The Birthday(2012年~)]

夏フェスラインナップが
あちこちでイロイロ発表されていってますが
『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2014』
今年は8/29~31までの3Days開催なんですねぇ。。
で。
The Birthdayが出るとのことで
でもそれくらいじゃーねぇ。。
って思ってたら
せっちゃんも出演が決定!
しかも同じ日ー♪ヽ(´▽`)/

他にもクロマニヨンズとかウルフルズとか
なかなかいいじゃん、この日。

え。。どうしよ。

てか。
その前の週は山口でのフェスに出るし
となると、その前の週にある
RSRへの出演は、、、あるのでしょうか。
3週連続フェス出演とかって
どうなんだろう。
翌週からツアー後半戦始まるし?
うーん。。(-c_,-` )

Rhythm & Drums magazine (リズム アンド ドラムマガジン) 2014年 06月号 [雑誌]

Rhythm & Drums magazine (リズム アンド ドラムマガジン) 2014年 06月号 [雑誌]

  • 作者: リズム&ドラム・マガジン編集部
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2014/05/13
  • メディア: 雑誌

■特集:円熟する“リズムとメロディ”のハーモニー
“Rock Band Groove”の流儀 
featuring
 クハラカズユキ×チバユウスケ[The Birthday]
 真太郎×TAKUYA∞[UVERworld]
 坂詰克彦×増子直純[怒髪天]
 松田晋二×岡峰光舟[THE BACK HORN]
 shuji×ka-yu[DAMIJAW、Janne Da Arc]

って。
かなりお気に入りのバンドの方々のインタビューが!
立ち読みチラっとしてきたけど
なかなかいい感じで・・欲しいけどー
こういう雑誌、高いんだよねぇ。。(>ω<)
置き場所考えると
極力買わないって決めてるし。

あー、、悩ましい。

転がる岩石になって諦めを蹴散らして進むんだ [THE BACK HORN(2012年~)]

渋谷のタワレコ行ったら
こんなのありました♪
IMG_1328.JPG
なにかやるのかなー??(*´∀`*)

さて。5.11は
THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー
~暁のファンファーレ~
@HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
でした。
IMG_1324.JPG

前日の怒髪天@郡山で、、、
郡山から東京へ帰ってくる場合
どうしても帰りは新幹線を使わないと間に合わないのですが
次の日が宇都宮となると
郡山泊をして鈍行で途中下車と言う形を取った方が
新幹線で帰ってまた来るより
チョコット安上がり?となるのです。
なにより時間もかからない★
こういう遠征日程は
なんか得した気分になれてうれしいです(笑)

ただ、、郡山も宇都宮も
なんて言うか・・時間つぶしスポットがなく。。。
ホテルチェックアウトギリギリに出発し
宇都宮へ到着後は
お昼をゆっくり食べて
後は駅の待合スペースで
ダラダラ過ごすという
時間かからなくてうれしいって書いておきながら
かなり時間の無駄使いをしてしまいました(ll'ェ')
そこ、課題よね。。
行きたくなるお店見つけなきゃ★

この日の番号は150番くらい。
うーん。。宇都宮はステージがあまり高くないし
どっちかと言うと縦長だし
中に入ると既に人でいっぱいで
またしても見えにくそうな環境で待機。。
ただ、、始まってすぐに押されて壁際に流され
いい具合に端っこに入れ
壁にもたれて見ることができたので
思ったほど見えにくくなくよかったです。

この日のメンバー衣装は、、
栄純、ベージュ地に茶色?で文字と言うかなんか
いっぱい書いてあるTシャツ
松田さんは紺のTシャツだっけ?
岡峰さんは風とロックの公開取材の時にも着てた
原爆ドームの長T
そうそう、数日前に玄関で転んで顔強打したって
言ってた顔、、ちょっと頬の辺りが
赤く腫れてた感じはしましたが
思ったほど大事にはなってなくて
ホッとしました。
そして山田さんは黒地に黒のストライプのシャツ
といった感じでした。

セトリは初日の恵比寿と
チョコットだけ変化ありました。
恵比寿で聞けなかったアルバムの中の曲を
やってくれたし。

1曲目は変わらず『月光』から。
イントロ鳴って
ちょっとセリフっぽい歌詞から始まるんですが
その声が聞こえたと途端
「きゃー」って黄色い声が聞こえました。
。。山田さんってば、やっぱSマップで言う
キム●ク的存在なんですね(笑)

そして『シェイク』
フロアもステージ上も
一気に暴れ出す感じの雰囲気が
あーライブ始まったーって気持ちになれて
テンション上がります。

そして『涙がこぼれたら』
この流れ、最高です。
曲に行くまでのアレンジで
ジワジワさせられるのもまたいいです。
いやぁ、、宇都宮のテンション
ハンパなかった。。

『コワレモノ』は
ライブで聞いていくたびに
なんて言うか、、進化していく曲だなって
思います。
初めて聞いたときの衝撃が大きかったですが
なんか今ではすっかり
THE BACK HORNらしい曲になってきたというか。
あと時々フッと思い出すと
頭の中でループされちゃう
中毒性がある曲です(笑)

ここで最初のMCかな。
松田さんから「宇都宮は3年半ぶりです。
もっと早く来ないとって思ってたんですけどね、、」って。
そうか、、だから私は
THE BACK HORNで宇都宮は初めてだったんだね。
「天井低くて酸素の奪い合いになると思いますが
みんな音楽好きなんでしょ?
最後まで思いっきり楽しんでいきましょう!」

からの、、『罠』
ワーイ!
今回アルバム以外の曲
何気に渡しの大好物曲ばっかだわ♪

そしてきました!『タソカゲ』
でも後で気づきましたが
この曲をやってくれた代わりに
あの山田さんのカッコいい(笑)クラップハンズの曲
『幻日』がなかったです。。(´;ω;`)
でも『タソカゲ』も好きだからいいや。
栄純コーラスもあるし。

ただ次の『舞姫』への流れとしては
『幻日』の方が
いいかなー・・なんて。

そして「次の歌はみんなで一緒に歌って欲しい
歌ってくれーっ!」っと山田さんの煽りがあって
『ブランクページ』
そうだった。。
アルバム「暁のファンファーレ」
初日の恵比寿の後
何回か結構聞き直してはいたのですが
歌詞までしっかり確認するの
忘れてマシタ。。。(;´д`)
次はちゃんと歌えるように頑張ります(笑)

『甦る陽』へ
その前の『フライングページ』での
みんなの大合唱がうれしいのか
やけにご機嫌な感じに
聞こえます(笑)

フッと一息ついて
『飛行機雲』
あーいい曲。
目の前に真っ青な空が浮かびます。

続いて『ホログラフ』
このときかな、、
松田さんドラム叩きながら
めっちゃ歌口ずさんでました。

「いい感じです。宇都宮!
今日は、地元の人はどれくらいいるんですか?
あぁ、、結構居ますね。
いいよね、宇都宮。
あの、、福島と栃木の県境の高校だったから
よく宇都宮には来てたんですよ。
もちろん、お金ないんで鈍行で
そしたらよく寝過ごして、、小山だっけ?
そこまで行ってまた戻ってきたりして(笑)」
っと松田さん。

すると栄純だっけ?「ドラム教室通ってたんでしょ?」って。
「あぁ、、あの、、そう。
ドラム教室ね。すごくかわいい子がいて
その子に会いに来る方が目的になっちゃったりしてね。。」
なーんて。
この日は珍しく松田さんの
こういうプライベート話に花が咲きました。

そして恒例、、お昼ご飯トーク。
岡峰さんと栄純の前に
「将司が店入って行くとこ見たよ」って。
すると山田さん「あぁ、、(見られちゃった・・)」
みたいなリアクション。
将司「結構渋い店入ってたでしょ?」
岡峰「何食べた?山かけいった?」
将司「いや、、サバ味噌定食」
栄純・岡峰「あぁ、、そっちいったか。」

「正嗣は行かなかったの?」って声には
「餃子はね、多分スタッフが
買って来てくれるだろうって思って
・・あえてはずしました!」とのこと(笑)

で、その岡峰さん・栄純はと言うと
「あ、オレらはもちろん、カレー。
ふじ?っていう、、」
でもフロアのリアクションなし。。
「あのね、、もうだいたい分かって来た
たいてい地元のお店入っても
多くの人は「あぁ、、」って反応すんだよね」
あはは。。
でもカレーって、、前にグレートさんも言ってなかったっけ?
宇都宮来たらつい入っちゃうってお店。
今度調べてみよう。

「今日は、、母の日だっけ?
いいの?こんなところにいて(笑)」
「母の日って何の花あげるの?」
―カーネーション!―
「カーネーションってどんな花だっけ?」
「なんだっていいんだよ、気持ちだよ!」

松田さんのアルバムリリースについての
まとめの話があって
『バトルイマ』
この曲もみんなが一つになって
グァーッ!っといける曲ですね。

『コバルトブルー』『戦う君よ』の
2連発で
もうフロアぐちゃぐちゃ。
追い返されるのにダイバーもちらほら
出てました。

そして
「今日ライブやって
みんなからたくさんパワーもらってる
素敵な夜をありがとう」
この日な何度か"素敵な夜をありがとう"って
言ってました。
「いつ死ぬか分からないし
今を精一杯生きていこうぜ
次に会う時まで達者で!」
みたいなことを山田さんが言って
『ビリーバーズ』

ホント、山田さん
最近はたくさん想いを伝えてくれるようになりました。
また結構グッとくること
言うんですよね~・・

最後は『シンメトリー』で
本編終了~

続いてアンコール。
岡峰さんだけツアーのTシャツに
着替えてきてました。
まぁ、、岡峰さん長Tで
結構汗だくになってましたもん。
ライトで長Tの袖から透ける腕が
何とも言えずセクシーでした♪

「アンコールどうもありがとう~」
音楽を聞いて豊かな心でこれからも、、
みたいなこと言ってましたっけ。。
そしてアンコール1曲目は
『サナギ』

「もう一暴れしときますかっ!」っと
『ブラックホールバースデイ』
いいね~
この時、フッと覗き込んできた
岡峰さんと
一瞬、目が合った気分★

岡峰さん、フロアの遠い奥の方は
すっごくよく見てたんですが
端っこにはなかなか見てくれないなーって
思ってただけに
ちょっとドキっとしてしまいました。

最後は『シンフォニア』
この曲の最後の最後
何とビックリ!
岡峰さんスピーカーによじ登って
降ってくるかと思ったくらいな勢いで
下に向かって楽器を差し出してくれてました。
いやぁ~すごかった(≧▽≦)

「ありがとう!!」

あーもう最高!
郡山でちょっとモヤモヤした気分だっただけに
なんかそれを吹き飛ばしてくれたかのような
最高のライブでした。
おかげでもう汗だくびちょびちょ。
ビールが美味しかった♪

<セットリスト>
 01.月光
 02.シェイク
 03.涙がこぼれたら
 04.コワレモノ
 05.罠
 06.タソカゲ
 07.舞姫
 08.ブランクページ
 09.甦る陽
 10.飛行機雲
 11.ホログラフ
 12.バトルイマ
 13.コバルトブルー
 14.戦う君よ
 15.ビリーバーズ
 16.シンメトリー

 EN.
  サナギ
  ブラックホールバースデイ
  シンフォニア

ゲームオーバーじゃなかった!オトナになるコトは [怒髪天(2010年~)]

傘を持って行った日には降らなくて
指定時間前に帰ってきた日には
なかなか配達に来なくて
そんなにいい番号来なくてもいいのにって
思ってるチケットはなぜかいい番号で
・・世の中そんなもんよね(-ω-`)

さて。
そんな5.10は
怒髪天、おかげさまで30周年。
47都道府県勝手にお礼参りツアー
"いやぁ、なんも、おかえしだって。"
@郡山 Hip Shot Japan
でした。
IMG_1321.JPG

怒髪天の47都道府県ライブツアー
私的初日♪
関東近県はなんか平日の
しかも日程的にちょっとなぁ。。って日が多かったので
ちょっと遠いんですが
土曜日だったので張り切って行ってきました。

もちろん、行きは鈍行乗継です。
そしたら宇都宮の先で
電車が強風のため運転見合わせになっちゃって
えぇー・・って思ってたのも束の間
特に何のアナウンスもないまま
普通に運転再開して
その時電車の外にいたもので
まんまと置いてかれました。。

なに、それー(ll'ェ')
普通電光掲示板に「運転見合わせ」ってずっと表示されてて
その後しばらくして動き出す時は
もっとみんなに伝わるようにアナウンスするでしょ?
扉閉まりますのベルも鳴ってなかったんじゃない??
山手線みたいに1台ごとの間隔が短いなら
1台乗り過ごしてもたいしたことないけど
30分以上待たされる電車なら
なおさらそうして欲しかったし。。。

かなり納得いかない状況だったんですが
電車が動き出してくれたし
まだ時間間に合う時間だったしで
ま。大人しく次の電車で行きました。
いやぁ、、マジ、あの時はビックリしたって(笑)

っと、すったもんだありましたが
無事郡山入り。
ホテルで少し休憩してから
会場へ。

この日の番号は150番台。
でも中に入ると、、、5列目くらいまで
人でいっぱい。
しかも背高い人多い。。
とりあえず王子側端の方で待機。

5分押しくらいでライブスタート。
っと同時に押されて
なんかすごい居心地の悪いところに流されたので
ちょっと下がったはいいけど
なんて言うか、、色々イライラする環境でした。。
電車と言いついてない(´ ノ(ェ)・` )

この日のメンバー衣装は
王子は黒のファスナーいっぱいのシャツ
シミさんは県の名前で日本地図になってるイラストのTシャツ
特別に作ってもらったんでしょうかね。
制覇した県は赤く塗ってました。
スゴイ!
坂さんはいつもの黒上下
増子さんは白地に赤文字のシャツだっけ?

「ハイ。よく来たー」っと
クシ投げから始まって『己DANCE』から。

2曲目に『酒燃料爆進曲』って
一気にテンションUP!
坂さんの雄たけびは「ゆべし!」

そして「一緒に歌おうぜー」っと
『濁声交響曲』
楽しい~(≧▽≦)
でもって王子がこの上もなく
楽しそうで。
最近の王子はホント表情が豊かっていうか
以前よりもニコニコなことが多くて
こっちまでうれしくなります。

ここで最初のMCだっけ?
福島のホーム感ハンパないって。
確かに、、すっごい一体感っていうのか
塊になって盛り上がってる感じは
すごくしました。

この前の日(5/9)は
新潟でライブだったんですが
そこは増子さんの親戚がいるようで
知り合いが数名来てくれたとのこと。
でも福島はそういう血のつながりはないけど
心のつながりがある県
だから心の故郷だって。
いやぁ、、福島県民だったら
感動的な言葉ですね。

そしてこの日の増子さん、
まだ朝からゆべししか食べてないって(笑)
けしの実が歯に詰まるんだけど
「美味いんだよな~」って。
ホントMCすべてが
福島への愛情タップリの日でした。

『明日への扉』
『チャレンジボーイ』に続いて
『ロクでナシ』
怒涛のように盛り上がる曲が続きます。

MC、、どこでどういうのだったか
かなり記憶曖昧なので
適当に並べてあります。。

今年の風とロックイベントは
"野球"ってことで
野球できるか?話。
なんと、王子は小学生の頃やってたそうです。
守備はファースト。
そう、あのファーストだけが持つ
ミットがかっこいいなーって思ってたそうで
うれしそうに話してました。

坂さんはこれまたビックリ?!(笑)
中学生3年間は野球部だったとか。
 ※高校は放送部(聞かれてないけど言ってた 笑)
でも「ライパチ(ライトの8番バッター)」だったそうで
冗談で言ったのが本当で大ウケの増子さんでした。
シミさんはバスケ部だったのか
あまり野球は得意ではない感じ。
でもって増子さんは、、、
「あんな細い棒にあんなちいさい球を当てるなんて
ありえん!」ってことで
やっぱり苦手(出来ない)とのこと。
でも「俺は監督だからって」って
開き直ってました(笑)

あと、王子がこの日はあまり
シャツのボタンを開けてなかったのを見て
「今日は閉めてるね」って。
「最近の友康はボタンいらないくらいだもんな」
すると王子「服によって角度がね」って
どうやら自分なりのこだわりの開き具合が
あるそうです。
Tシャツ類もほとんどVネックだそうで
・・・首元開いてるのが好きなんですかね(´m`)

どうでもいいけど
坂さん、裸になっても
靴下、腕時計とブーツは絶対に身につけてるとか。
わざわざ裸になるためにブーツとか一旦脱いでから
もう一度履くって。
これも坂さんなりのこだわり?!(笑)

『江戸をKILL』初めて聞いたかも。
音源持ってないし。。
これが次リリースされるベスト盤?に
入るようです。

そして『GREAT NUMBER』は
やっぱかっこいいですね~
この曲の時真っ赤な照明になることが多く
それがまたカッコよさを増してる気がします。

「働け~」って『労働CALLING』
フロアぐちゃぐちゃ。
私も結構アチコチ流されまくりました。。

「箭内さん今日は仕事で、、
モギリが本職ではないですからね、
一応メールはしてみましたけど」と増子さん。
そうそう。震災後しばらく
よく箭内さん、チケットもぎりのお手伝い
やってました。

『オレとオマエ』をやるときの王子は
ホントにうれしそう。

そして『地獄で会おうゼ!』
『友として』この2曲は
やっぱりセットなんですね。
そこからの『サムライブルー』
あーグッときました。

歌い終わると袖に消える増子さん。
ってことは、、、、
はい!待ってました~
『夢と知らずに』
久しぶり~王子Voの曲です。
歌い終わると緊張溶けてか
「フゥーッ」って大きく息吐いてました。

次に坂さんから紹介があって
シミさんVoの『ちょいと一杯のブルース』

シミさんは歌は絶対歌いたくないって
言ってそうですが、
30年に一回だからって歌うことになったそうです。
「そしたらまた酒の歌作りやがって、、」って
って増子さん(笑)
いやぁ、、シミさんらしい曲で素敵でした。

今年は武道館をやって
みんなから次は?もう死ぬんじゃない?
だから先を急いでるンじゃ?とまで言われたりするそうですが
今回のこのお礼参りツアーは
もともと30周年でやりたいって思ってた企画で
そこのたまたま武道館公演が先に入って
いい感じでお礼参りツアーにつながったそうです。

そして武道館の次に目指すもの、、、
「ワールドツアーか?!」って。
たまに海外のフェスとかからもオファーがかかったり
また吉祥寺で洋服屋やってる友達から
店でガンガン怒髪天かけてたら
イタリア人が飛び込んできて
「これなんだ?」「怒髪天ってバンド」
「このCDくれ!」「やらない。あそこのCD屋で買え」
ってうちの店では何も買わないのに
CD急いで買に行ったって話を聞いたりするから
ワールドツアーもちょっとやってみたいって気も
するとか。

でも、、「誰もパスポート持ってないだよな?(笑)
友康だけタイだっけ?行ったことあるのは」
王子「そう、、でもパスポート
どっか行っちゃったんですよね、、、」って。
えぇー・・王子。。。(*´ω`)
増子さんにもツッコまれてましたが
「それって、結構大変なことじゃない?」
ワールドツアーって言っても
「グアムとハワイと韓国だけでいい」って。

「いやぁ、、でもこれくらいの大きさが
ちょうどいいよな。
みんなの顔よく見えるし」って
言いながら「見えてるかー」って手を振る増子さん。
その横でやっぱりかわいく手をフリフリする
王子(笑)

ラストスパートは『オトナノススメ』
そして「みんなで歌おうぜー」っと
『団地でDAN!RAN!』
その勢いったら、、すごかったー
その勢いのまま『歩きつづけるかぎり』
この曲の時だっけ、、
増子さん、モニターの上に上がって歌ってたら
途中ズリって滑り落ちちゃって。
でもみんなが支えてまた上に上がってきたとき
以前のZeppのナウシカ状態のような
雰囲気になってました。

ラストは『プレイヤーⅠ』
この曲人生をゲームに例えた
コミカルな歌なんですが
でも歌詞全部がウン、ウンって頷ける内容で
沁みるんですよね~

「ありがとう!!!」っと
本編終了。

続いてアンコール。
しばらくすると
なんと白シャツにキラキラした感じのベストを着て
襟立ててハットを被った坂さんが
マイクもって登場。
そしてカラオケバックに熱唱!!(笑)
どうやら新曲らしいです
『今夜も始まっているだろう』

もう歌ってる間中
大爆笑のフロアでした。

続いて、、、王子・シミさん
そして何事もなかったかのように?!
ベストとハットを脱いで(襟は立ってた 笑)
坂さん登場。

メンバーから一言ずつ。
シミさんは「こんなにたくさん集まってくれてありがとうー
このTシャツも少しずつ色が付いてきたよー
うれしい顔を見るのはうれしい」って。

続いて王子
いつもの両手を上げて「ありがとうございまーす!」って
そして「実は、、武道館公演の前に年末箭内さんのラジオ?に
電話で出演させてもらった時に
一つ約束をして、、えーっと、、、
武道館で赤べこのモノ真似するって
・・・実はちゃんとやったんですよ。
あの、、オトナノススメの所で
で、終わった後に箭内さんにやりましたよーって言ったら、
ゴメン全然見てなかったって(笑)
多分DVDにも映ってたと思うんで
見てみてください~」
全然知らなかった―今度チェックしてみます!

さらに「今年は世界を視野に
ガンガンやっていくんで、、
まずは47都道府県お礼参りツアー
頑張ります」だったかな。

最後は坂さん。
「満員御礼感謝感激ありがとうございます!」
みたいな感じでした。

そして増子さん出てきて
「坂さんの、歌あんなに最後まで盛り上がったの初めてだよ。
福島の人はやさしいね。
たいていは1番は盛り上がるのよ。
ワーってね。でも2番くらいで
ザワザワしだして
3番になるとみんな飽きちゃって、、
え?フルコーラスかよって」

そしてこの曲ですが
王子「テイチクだから演歌のアレンジ大御所の人に
ちゃんと作ってもらって、、」
増子さん「こういうムード歌謡の曲って
最近少ないから喜んでくれてね
でも、、ライブに呼べないなー。。
聞かせられないよ・・
まだ先長いからもう少し上手くなるかな?(笑)
完全出落ちだから内緒でお願いします」とのこと。
、、、、スミマセン。書いちゃいました。

「じゃー最後はお祭り騒ぎで
もう1曲いっとくかー」っとくれば
もちろん『サスパズレ』
最初の寸止めの時
王子が増子さんの方にギター弾きながら
飛び出して行ってて
「友康、今日は珍しく来たね(笑)
ちょっとビックリした」って。
王子も「なんか思わず、、、」って
うれしそう。

もう何ギターだったか忘れちゃいましたが
 今日は帰らないといけない
 レコーディングが、、白盤今年中に出さないと
 意味分かんなくなるから・・大豊行きたかったー 
 
 とろ軟骨 うまいんだよなー 冷凍で持って来い

 今気になるニュース・・ルパンの実写版
 さらには今度は宝塚で、、とっつぁん役はどうなるの?
そんな感じの内容だったかと。。

最後は「みんなしゃがめー」って
みんなでジャンプして終了。

帰り際はメンバーそれぞれ客席に乗り出して
みんなとハイタッチ会。
うれしいやね。
なんとなくかすったような、かすらなかったような。。
でしたけど。

いやぁ、、熱いライブでした。
でも一つ感じたのは
お礼参りツアーってだけあって
なんていうか地元色が強いライブでした。
あまりに福島、福島って言われると
なんか他県から来てスミマセン。。。って
気持ちになってしまうというか・・
こういう時東京に住んでると
なんか悲しいものがありますね。
東京でもそういう感じになるんでしょうか、、
気にし過ぎですかね(;´д`)


<セットリスト>
 01.己DANCE
 02.酒燃料爆進曲
 03.濁声交響曲
 04.明日への扉
 05.チャレンジボーイ
 06.ロクでナシ
 07.江戸をKILL
 08.GREAT NUMBER
 09.労働CALLING
 10.オレとオマエ
 11.地獄で会おうゼ!
 12.友として
 13.サムライブルー
 14.夢と知らずに
 15.ちょいと一杯のブルース
 16.オトナノススメ
 17.団地でDAN!RAN!
 18.歩きつづけるかぎり
 19.プレイヤーⅠ

 EN1. 今夜も始まっているだろう

 EN2. サスパズレ

福島来たら
私も、必ず買っちゃう★
IMG_1323.JPG
福島のコンビニでは1パックから買えるのが
うれしいです。

つかめそうでつかめない星の中に小さな歌見つけたよ [音楽]

10-FEETのチケットって
いつも最初のHP先行で取っても
すんごく悪い番号しか来ないんで
別に驚きはしないんですが
でも今回は流石にビックリした!(笑)

Zeepなんですが、2200番っ代って・・・
それって一般・他イベンター先行含め
500枚以下ってことっすか??
いやぁ。。。
まぁ、チケット取れるだけでも
ありがたく思わないといけないけど
すごいねぇー(ll'ェ')

さて。
そんな5.8は
ThAnX! AX! Clim-AX!@SHIBUYA-AX
出演:THE COLLECTORS/Theピーズ/フラワーカンパニーズ
でした。
IMG_1319.JPG

あーーー。。。
ついに!私的最終日が来てしまいました。
ハルさん流に言うと
AXお別れ会。
ホント、そうだ。

AXで初めて見たのは
2004.3.7 the pillows PENALTY LIFE Tour
それまで東京の最終日って
赤坂BLITZ(改装前の)でやってたんですが
それが閉鎖になってしまい
AXに移ってきたった感じでした。
感想は、、、デカい!(横に広い感じ?)
あと当時はドリンク代なしでよかった(笑)
その後はホントたくさん
ピロウズのライブはAXでありました。
15周年もAXだったし。
さわおさんのバースデーライブってのも
あったかも。
過去のライブ記録見てると
たくさんAXでピロウズのライブを見てます。

だからですかね
本当の最終日5.31はピロウズが出演。
トリだろうから
本当の意味でのラストを飾るわけです。
行きたかったけど、、
他のライブと被ってしまったので
泣く泣くあきらめました。
どっかの特典映像とかに入んないかなー。。
M-ONとかで中継してくれたらいいのに。

ピロウズ以外で思い出に残ってると言うと、、
もちろん怒髪天の大雪ライブだったりとか
The Birthdayとベンジー率いるSHERBETSとの対バン
GGのイベントの数々。
 ACIDMANとエレカシとか
 ACIDMANとThe Birthdayとか
 THE BACK HORNと10-FEETとか。
そして何と言っても
フラカンのミスター小西の復活ライブ。

大き過ぎず、でも小さくもなく
ステージ高いし
ロッカーもたくさんあるし
渋谷で行きやすいし
待機場所が野外ってこと以外は
ホント文句なしの会場だったと思います。
なくなってしまうのが
ホント悲しいです(T ^ T)
どこか別の場所に(渋谷近辺で)
同じようなハコが出来て欲しいです。

今回、もともとチケットは取ってなかったんですが
やっぱり行こうって思い
譲りますトピでチケットを譲ってもらいました。
(完売はしてなかったけど)
140番台でしたが
入場の仕方が
 ~100番まで
 A1~
 101~450番まで
 2階席
 451~
って感じで、、何、そのAって??って
感じだったんですが
トータル的に300番くらいな感じ?で入っても
全然中ゆるゆるで
ハルさん側端の方2、3列目くらいには行けました。

気になる出演順ですが、、
うれしいことに一番望んでた順番で
コレクターズ→Theピーズ→フラカン
でした♪
ワーイ♪ヽ(´▽`)/
キャリア的にコレクターズ最後かなー。。って
思ってたりもしたんですが
どうもサッサと終わって
サッサと帰りたかったらしく(笑)
加藤さんとコータローさんとがやってる
ポッドキャスト上で
順番決めてたらしいです。
さすが、先輩っ!

ってことで
トップバッター、、コレクターズ。
久しぶり~
コータローさんは緊急ナイトで
ちょいちょい見てるので
久しぶり感はなかったんですが
加藤さんはホント久しぶりに見た!
相変わらずの
派手派手衣装は健在でした(≧▽≦)

そしてオリさんが脱退してから
ベースはどうなるの??って思ってたんですが
固定ではないらしいですが
サポート入れてやってくようです。
淳くんも今度のツアーでは
何か所かで弾くみたいで
どんな雰囲気になるのか
ちょっと気になります。

最初は『ミリオンクロスロード』から。
いやぁ、、やっぱ歌も演奏も
さすがですね。
加藤さんが「一番服の値段が高いバンドが
最初に出ちゃった」って言うだけあって
高級感オーラはハンパなかったっす。

2曲目はおじゃる丸のエンディングにもなってるという
『Da!Da!!Da!!!』
知らなかったです~
加藤さん曰く、おじゃる丸に髪型が似てるから
オファーがきたって(笑)
でも歌詞が教育上あまりよくない歌詞を
書いてしまったけど
でもそれがロックだろ?
粉雪が降っては泣き、、桜が舞っては泣き、、
巷には優しい歌が多過ぎるって。

この日は3バンドとも
かなり年齢層の高いバンドってこともあってか
「今日は“加齢臭ナイト”っていう
サブタイトルらしいけどさ、
ちょっとみんな(前に乗り出して)いい匂いだろ?
国語的に言うと、三行目までもうウットリだね」
あはは。
加藤さんのMCもやっぱ最高ですゞ(≧ε≦o)

「今日のお客さんは
いつもより若い!未婚の人が結構いそう。
そんなキミたちへ送ります」
みたいなこと言って
ゆっくりした歌い上げる感じの曲。
もう随分と聞いてないせいもあってか
知らない曲もありました。

「最高だ!
今日なんとなく、、板橋のヤンキーたちが
自分の車にそう書いていた理由が
やっと分かった気がする。
奴らはこう書いてた、、最強!!
でも、、最っていう字が難しかったんだろうね、、
グチャグチャって消して"さい強"って
書いてたよ」

加藤さん「俺たちコレクターズっていいます。
覚えて帰ってください。お電話しません」
コータローさん「一番大事な事をまた忘れてるよ」
加藤さん「え?」
コ―タローさん「AXありがとう!」

最後は『世界を止めて』
名曲だわ~
この曲聞いたら
そりゃ、うっとりしちゃいますってね。

続いて、、Theピーズ。
セッティング途中からメンバー出てきて
そのまま本番へ、、という
いつものスタイル。
でも始まる直前
ハルさんが消えて、、
トイレか?って噂してたんですが(笑)
戻ってくるなり「着替えてきたぜー」って
あれ?その前どんなTシャツだったっけ??

「じゃーTheピーズ始めまーす」って
やり出した曲『ピクニック』
わー
これ、怒髪天のイベントで
SHIONとピーズが出た時に
やってた時以来??
出だしだけなのかなって思ったんですが
結局フルで歌ってて
さらに途中ステージを左から右へ
ようこさんと加藤さんが不思議なダンスをしながら
シレー~っと通り過ぎて行って
笑えました。

動物の鳴き声をするところ
最後 オリさんも~ いねぇーって
いうのが何気にツボでした(´m`)

続いて新曲『シャッター通り』
そして『生きのばし』

AXはピーズ20周年を盛大にやらせてもらったのが
何よりの思い出というハルさん。
あとはピロウズをよく見に来てたって。
「これ、話し出すと長くなっちゃうんだけど
ハイブリッドレインボウで
みんなが拳を上げるようになってきた頃から
来てた」って。
なんとなーく言ってること伝わった。
そう、前は今ほど『ハイブリットレインボウ』が
ピロウズの代表曲って扱いでは
なかったような気がします。
もちろん、ライブの最後の方にやる曲で
熱い曲であったけど。
それだけ長いこと
AXでピロウズを見てきたってことを
言いたかったんだろうね。

あと、田舎者の自分としては
渋谷の人混みが苦手で
原宿から来て
裏口から入っていくことの方が
多かったとのこと。
だから渋谷AXって言うよりは
代々木公園AXって印象が強いみたいです。

そんなMC明けにやってくれた曲。
『日が暮れても彼女と歩いてた』
これが、もーめちゃくちゃよかったです。
なんて言うか、、想いが込められてた。
グッと来ました。
そしてこの曲を最期のAXで聞けて
ホントうれしいです。
この曲だったっけ、、最後照明が
オレンジの夕陽みたいな感じなって
思わずその照明見上げて
ハルさんがうれしそうに笑ってたの。

そして『3度目のキネマ』
この流れもよかったです。

渋谷AX、、こんなにも音よかったっけ?ってくらい
なんかアビさんのギターの音とか
すんごいキラキラしてました。
そしてシンちゃんのドラム
やっぱいいね~
ピーズの曲だと
ピロウズに比べ
ちょっと男っぽいロックって雰囲気があるから
よりガツンとしたドラムのように
感じます。

「AX、、何度目だっけ?
何回目だ?」ってハルさん何度か言ってて
思わず「これ男女の仲だったら
怒られるだろうな(笑)」ってボソリ。
あまりフロアのリアクションなかったですが
私は大爆笑してしまいました(テヘ。)
アビさん「数えられてても怖いけど、、」

MCは割と少な目でしたかね。
思ったより曲をたくさんやってくれました。
軽くメンバー紹介はあったかな。
シンちゃん、50前!って紹介があると
「あと3ヶ月でーす」って言ってました(笑)
あ、あと「楽屋が楽しい」って言ってました。
そして「アビさんのギターから始まる曲!」って
前フリあって『底なし』

お茶?しょうが汁?
ちょっと色のついたいつも飲んでるドリンクを飲みつつ
「今ちょっと酒やめてるんでね、、」って
黒霧島ならぬ『温霧島』
これも新曲。
いつリリースされるのかな~(*´ω`)

そして大好きな『とどめをハデにくれ』
盛り上がる『ドロ舟』
最後は『真空管』
おぉ~
この曲はとにかく演奏がカッコいい。
ぐわーってなる感じが
最後AXへのはなむけのように感じで
ウルっときちゃいました。

あーいいライブでした。
ハルさんブログに自分でも書いてましたが
過呼吸なくらい思い切りやったって
ホントなんかいつも以上に
熱いものを感じるライブでした。

ちょっとシンちゃん50前のライブ
どこも行く予定ないんですが
無理して6/15の横浜行こうかな~。。。
なんてチラっと思ったのですが
・・・チケット完売デシタ(-ω-`)
ちぇ。

<セットリスト>
 01.ピクニック
 02.シャッター通り
 03.生きのばし
 04.日が暮れても彼女と歩いてた
 05.3度目のキネマ
 06.底なし
 07.温霧島
 08.とどめをハデにくれ
 09.ドロ舟
 10.真空管

最後はフラワーカンパニーズ
ミスター小西が青だっけ?赤だっけ?
つなぎを着てて
久しぶりな感じがしました。
水戸のワンマンではTシャツにデニムだったんで・・
竹安さんは黒っぽいシャツ
グレートさんは白のオーバーオール
最後に出てきた圭介さんは
白と紺かな?
チェックのちょっと大き目のシャツでした。
なんだか圭介さん
髪が伸びたからか?
やけにかわいらしくなったような(笑)

まずは1曲目『はぐれ者讃歌』から。
きゃー
ホントに大好きな曲で
一気にテンション上がりました♪

そしてマイクスタンドを持ちながら
両足を大きく開いて
ポーズをとる圭介さん。
ハイ、予想通り『夜空の太陽』
でもその後そのマイクスタンド
アチコチ持って行きながら
最終的には
片づけて欲しかったらしく
ステージの前の脇の方に放置して
行っちゃいました。
笑いながらQ太郎さんが片づけてて
なんか可笑しかったです。

『ロックンロール』では
イントロみんなにクラップハンズを
求める感じでスタート。
それにしてもこの日の圭介さん
大きなステージを存分に使って
クルックル動き回ってました。

ここで最初のMC。
「今日のこの順番、おかしいでしょ?
年齢的にも45歳ですけど、、
一番年下ですからね。
いつもだったら後輩からももうそんなに
話しかけられなくなっちゃって
、、、恐れ多いって(笑)
でも今日は着いたときからペコペコ
ペコペコ楽屋周ってね。
なんか新鮮だったなぁ~
俺ら今年で結成25周年ですけど
、、、さらに上をいく先輩たちですから、、」

あと、身長差についても。
どんどん背が低くなって行ってるって。
昔加藤さんと並んで雑誌の表紙に載る時
カメラマンさんが圭介さんに
もうちょっと前に、もうちょっと前にって
どんどん自分だけ前にされて
結果ものすご〜く距離離れて撮られたようで
あれはかなりショックだったって。
「表紙は同じ背の高さにしなくても
別にいいだろうー!」って。

そしてやっぱり加藤さんのスーツ話。
「加藤さんのスーツ
アレ袖で見てて何かに似てるな~って
思ってたんだけど・・」ってグレートさん。
圭介さんも「俺も思った!」
で、2人の答えは
グレートさんが「昔家にあった
電気炊飯ジャーの柄」
圭介さんは「カーテン」
カーテンはなんとなく分かるけど、、
電気炊飯ジャーって。
いや、でも気持ちは分かります。
そういうレトロな感じのフルーツ柄っていうんですかね
そんな生地だったんで。

「次の曲は、、何回かここでも
やったかな。
久しぶりの曲やります」って
『真っ赤な太陽』
わーこれも最高!
照明が薄暗い中真っ赤になった中で熱唱。
竹安さんのギターソロもカッコよかった~
ジーンときました。

今回改めて思ったのは
コレクターズにしても
ピーズにしても
そしてフラカンも
みんなバシっと決まったギターソロが
入ってるってこと。

前にフラカンのUSTでも言ってたんですが
最近の若い人たちが作る曲には
あまりギターソロが入ってないって
その時はあまりピンとこなかったんですが
この日はなんとなく
その言ってたことが分かったというか。。

この日は名ギタリストぞろいってこともあって
三者三様にギターの音色が違ってて
どれもバリバリにカッコよかったです。

ここでもメンバー紹介を軽く。
一言ずつはなかったかも。
圭介さんが本気でなんでAXってなくなるの?って聞いてて
グレートさんが「オリンピックのためでしょ?」って言うのを
「え?そうなの??」ってビックリして
「オリンピックか、、なら仕方ないか・・」って。
どうも知らなかったようです。
だって、「この後また同じような建物(ライブハウス)が
できたりしてな」って言ってましたから(笑)

「4人そろってフラワーカンパニーズ!」って
雄たけびの後は『恋をしましょう』
ラストカッコよくキメて
ポーズをとった圭介さん
(片手を高く上にあげてる)
そこからすぐに次の曲へ行く予定が
ぼんやりしてた竹安さん
「ちょっと、次忘れてるでしょ?」って
圭介さんのツッコミがあって
「あぁ、、」っと『チェスト』へ。
ポーズキメたまま恥ずかしそうな
圭介さんでした(笑)

そうそう。
25周年企画でグレートさんに
着て欲しいオーバーオールのデザインを
募集中との告知もありました。
でも来年はエアオーバーオールになる予定?!で
今密かにストラップの位置を下げて練習してるとか。
(注)楽器でアソコを隠して弾く、、ってこと?!(笑)

最後はさよならAXってことで
『さよならBABY』
いいね~
ラーラーラーララーラーラ~の
大合唱が素敵でした。
なんか思いっ切り思い出に浸れたよ。

「ありがとうございました!」
って本編終了。
もちろん待ってます!アンコール。

しばらくしてメンバー登場。
そして「分かってると思うけどー」って
『真冬の盆踊り』
ですよね~(*´∀`*)

ヨサホイヨサホイ
踊ってるときにピーズメンバー
そしてよこうさん。
後はマチャマチャ、そしてなんと百々さん!乱入。
百々さん皮ジャン着てベレー帽っぽいう帽子かぶって
やっぱ男前でした★

ヨサホイヨサホイ、ハルさんに近づいた圭介さん
「何かいい匂い!」ってテンション高く。
柔軟剤の匂いみたいですが、
圭介さんの大好きな匂いだったようです。
いい匂いのするハルさん
なんかかわいいですd(´∀`*)

ヨサホイヨサホイ長くやってると
シンちゃん「あの、、ここ、22時過ぎると
延長料金かかるんで・・」って(笑)
この時の時間21:45くらいで
「あと15分ある!じゃー帰り支度しながら
ヨサホイヨサホイやればいいんだよ。
はい、上着来てー
カバン持ってー
終わったら即帰れるように!」って。

ヨサホイヨサホイ ヨサホイのホイ!
ウェーッッ!!
ってことで
さよならAX祭り大盛り上がりで終わりました。

<セットリスト>
 01.はぐれ者賛歌
 02.夜空の太陽
 03.ロックンロール
 04.真っ赤な太陽
 05.恋をしましょう
 06.チェスト
 07.さよならBABY

 EN.真冬の盆踊り


さよならAX。
IMG_1320.JPG

ちょこっと後ろ姿写ってて
うれしい♪
BnJ31PpCAAABmtu.jpg