So-net無料ブログ作成
検索選択

大晦日ですから [たわごと]

とりあえず、1年の締めくくりとして。
IMG_0981.JPG

今年1年いろいろありましたが
いつもと同様に素敵な1年でもありました。

そしていつもと同様に
お馴染みのカウントダウンで年を越して
新年を迎えることになりそうです。

皆様、1年間ダラダラなブログにお付き合いいただき
ありがとうございました。
来年も懲りずに続けますので
どうぞよろしくお願いいたします。

ってことで、
良いお年を!

ハッピーバースデー正真正銘たったひとつだけプレゼントはもう受け取ってるんだ [年間ライブ記録一覧]

今年もこの季節になりました(。・∀・。)ゝ
毎回カウントするのが結構大変で
今年はちょっと工夫して
一覧を保存する際に
メモ書きとして
バンドごとに日付を記入していく方法にしたところ
非常に数えやすかった♪
来年もこれでいこう~

ってことで早速。

◆Live
01/06(日)THE BACK HORN KYO-MEIツアー~リヴスコール~@日本武道館
01/12(土)HYPER SOUND 30th Anniversary「50CLUB」@新木場スタジオコースト
01/13(日)フラワーカンパニーズ「シリーズ人間の爆発」@高崎club FREEZ
 with:SCOOBIE DO
01/14(月祝)怒髪天 三十路まえ"蛇の道はHEAVY TOUR 2013"@SHIBUYA AX
01/18(金)LIVE the SPEEDSTAR 20th DAY1@Zepp DiverCity Tokyo 
 出演:AA=/ORANGE RANGE/SHEENA&THE ROKKETS/THE BACK HORN
01/23(水)フラワーカンパニーズ premium live “ビューティフルドリーマー”@渋谷WWW
01/25(金)Hand In Hand Vol.4@SHIBUYA AX Nothing's Carved In Stone/[Champagne]
01/27(日)怒髪天 三十路まえ"蛇の道はHEAVY TOUR 2013"@福岡DRUM LOGOS
02/03(日)フラワーカンパニーズワンマンツアーハッピーエンド2012-2013
 @水戸LIGHTHOUSE
02/11(月祝)RUDE GALLERY 13th ANNIVERSARY PARTY BLACK RUDE NIGHT
 @恵比寿LIQUIDROOM The Birthday/MO'SOME TONEBENDER/a flood of circle
02/17(日)10-FEET "thread" TOUR 2012-2013@川崎CLUB CITTA'
03/08(金)ゆべしス ワンマンライブ「あの日~僕らの鼓動を確かめる~」
 @代官山「晴れたら空に豆まいて」
03/15(金)New Audiogram ver.6.1@渋谷O-EAST 
 出演:THE BACK HORN/OGRE YOU ASSHOLE
03/17(日)フラワーカンパニーズハッピーエンド2012-2013@静岡sunash
03/19(火)TOKYO NIGHT SHOW@赤坂BLITZ The Birthday/Theピーズ/occupy
03/23(土)THE GOLDEN WET FINGERS TOUR 2013 @盛岡Club change WAVE
03/27(水)緊急ナイト@紅布
03/30(土)山中さわお Buzzy Roars Tour@高円寺HIGH
04/03(水)うつみようこ&YOKOLOCO BAND@吉祥寺PlanetK
04/06(土)風とロック東京 LIVE福島 CARAVAN日本@日比谷野外大音楽堂
04/07(日)山中さわお Buzzy Roars Tour@渋谷 CLUB QUATTRO
04/14(日)岡峰光舟ベースクリニック ベース@秋葉原クラブグッドマン
04/15(月)THE GOLDEN WET FINGERS TOUR 2013@恵比寿LIQUIDROOM
04/21(日)フラワーカンパニーズ ハッピーエンド2012-2013@日比谷野外大音楽堂
05/02(木)The Birthday&MANNISH BOYS presents WEEKEND LOVERS'13
 @Zepp Tokyo
05/11(土)髭2013「QUEENS, DANKE SCHÖN PAPA!」TOUR
 @宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
05/12(日)The Birthday&MANNISH BOYS presents WEEKEND LOVERS'13
 @岡山CRAZYMAMA KINGDOM
05/19(日)DOHATSUTEN三十路まえ"夢街道四人五脚"@横浜BAY HALL
05/20(月)The Birthday&MANNISH BOYS presents WEEKEND LOVERS'13
 @新木場スタジオコースト
05/25(土)DOHATSUTEN三十路まえ"夢街道四人五脚"@岐阜CLUB ROOTS
05/29(水)ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!
 @Zepp DiverCity 出演:Perfume/斉藤和義
06/01(土)髭2013「QUEENS, DANKE SCHÖN PAPA!」TOUR
 @仙台CLUB JUNK BOX
06/02(日)山中さわお Buzzy Roars Tour@渋谷O-EAST
06/09(日)春日組魂2013 supproted by レコメンダー@TOKYODOME CITY HALL
 サンボマスター/THE BACK HORN
06/15(土)ACIDMAN LIVE TOUR “新世界”@Zepp Nagoya
06/22(土)髭2013「QUEENS, DANKE SCHÖN PAPA!」TOUR@渋谷AX
06/23(日)出張「緊急ナイト」@club SONIC iwaki
06/27(木)緊急ナイト@新宿レッドクロス
06/28(金)"QUATTRO QUARTER" QUATTRO BURNING@渋谷CLUB QUATTRO 
 出演:The Birthday/Ken Yokoyama
06/29(土)フラワーカンパニーズもういちどハッピーエンド
 @HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
06/30(日)フラワーカンパニーズもういちどハッピーエンド
 @HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
07/07(日)フラワーカンパニーズもういちどハッピーエンドをもういちど
 @郡山Hip Shot Japan with:音速ライン
07/15(月祝) "QUATTRO QUARTER" QUATTRO BURNING
 @渋谷CLUB QUATTRO 出演:MO'SOME TONEBENDER/Theピーズ
07/21(日)DOHATSUTEN三十路まえ"夢街道四人五脚"@高崎Club FLEEZ
07/26(金)ACIDMAN LIVE TOUR “新世界”@日本武道館
08/08(木)GG13@Zepp Tokyo
 出演:Dragon Ash/10-FEET/MONGOL800 OA:MY FIRST STORY
08/10(土)フラワーカンパニーズpresents"人間の爆発"@石巻BLUE RESISTANCE
 with:SCOOBIE DO
08/13(火)the HIATUS TOUR@Zepp Tokyo
08/20(火)@WWW 2013.1.23 Premium Live "Beautiful Dreamer"
 プレミアム上映会@TOHOシネマズ渋谷
08/23(金)LIQUIDROOM 9th ANNIVERSARY presents
 "UNDER THE INFLUENCE"The Birthday×dip @恵比寿LIQUIDROOM
08/25(日)斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 “20<21”
 ~これからもヨロチクビ~ @神戸ワールド記念ホール
08/29(木)須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET 2013 真夏の夜の夢 【追加公演】
 @CAY(スパイラルB1F)
09/01(日)斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 “20<21”
 ~これからもヨロチクビ~@さいたまスーパーアリーナ
09/05(木)JFL 20TH ANNIVERSARY LIVE FOR THE NEXT
 @Zepp DiverCity TOKYO 出演:斉藤和義/レキシ
09/16(月祝)The Birthday Black Doctor Fight Again 12 Nights TOUR
 @CLUB CITTA’ Kawasaki
09/21(土)フラワーカンパニーズpresents"DRAGON DELUXE 2013"
 @名古屋DIAMOND HALL with:Theピーズ、クリープハイプ
09/24(火)CHEMICAL BUMP SHOW!!@高円寺HIGH
 出演:さわお&真也/シュリスペイロフ/gold sounds
09/26(木)SSTV Live with you 斉藤和義@キネマ倶楽部
09/28(土)The Birthday Black Doctor Fight Again 12 Nights TOUR
 @なんばHatch
09/29(日)男どアホウ サンボマスター@新木場STUDIO COAST
 with:10-FEET
10/02(水)THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー
 ~アナザーワールドエクスプレス~@横浜BLITZ
10/06(日)The Birthday Black Doctor Fight Again 12 Nights TOUR
 @長野CLUB JUNK BOX
10/09(水)怒髪天 三十路(ミソジ)まえ "七色の虹をかける野郎ども" @横浜BLITZ
 with:東京スカパラダイスオーケストラ
10/12(土)The Birthday Black Doctor Fight Again 12 Nights TOUR
 @新木場STUDIO COAST
10/19(土)Theピーズ 2013The年男逹(48)の秋 @川崎CLUB CITTA'
10/27(日)斉藤和義 LIVE TOUR 2013-2014 "斉藤&和義"
 @サンシティ越谷市民ホール
10/30(水)NACK5 × BMG “Quarter Party”@渋谷O-EAST
10/31(木)THE BACK HORN KYO-MEIワンマンツアー
 ~アナザーワールドエクスプレス~@Zepp Tokyo
11/03(日)斉藤和義 LIVE TOUR 2013-2014 "斉藤&和義"
 @名古屋国際会議場センチュリーホール
11/10(日)DOHATSUTEN三十路まえ"七色の虹をかける野郎ども"@仙台Rensa
 with:THE BACK HORN
11/16(土)the pillows TOUR 2013 “LOSTMAN GO TO CITY”@渋谷AX
11/29(金)SKULLMANIA Vol.7@新木場STUDIO COAST
 Live:the HIATUS/10-FEET/グッドモーニングアメリカ/TOTALFAT and more
12/06(金)The Birthday Quattro×Quattro Tour'13@広島 CLUB QUATTRO
12/11(水)斉藤和義 LIVE TOUR 2013-2014 "斉藤&和義"
 @ベイシア文化ホール大ホール
12/13(金)The Birthday Quattro×Quattro Tour'13@渋谷 CLUB QUATTRO
12/14(土)the pillows TOUR 2013 “LOSTMAN GO TO CITY”@Zepp Tokyo
12/23(月祝)THE BACK HORN マニアックヘブン Vol.7 @新木場STUDIO COAST
12/27(金)緊急ナイト@新宿レッドクロス
12/31(火)the pillows presents "COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2013→2014"
 @shibuya duo MUSIC EXCHANGE

◆Fes
04/27(土)28(日)ARABAKI ROCK FEST.13@エコ キャンプみちのく
07/27(土)28(日)FUJI ROCK FES.13@新潟県湯沢町苗場スキー場
08/16(金)17(土)RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO
@石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ


トータル 79本
フェス 3回(計6Days)

バンド別内訳※重複あり/フェス含まず
 the pillows  8本 *ソロ含む
 The Birthday  22本 *各ソロ含む
 THE BACK HORN 11本
 怒髪天 8本
 フラワーカンパニーズ 11本
 斉藤和義  11本 *MB含む
 髭  8本 *ソロ含む
 Theピーズ  8本 *ソロ含む
 10-FEET 4本
 ACIDMAN 2本


今年は絶対本数減ったと思っていたんで
予想通りでした。(昨年84本/3回)
でも思ったより少なくはなかった・・かな?(笑)
これでも平日ライブは極力避けたし(特に遠征とか)
バンド数の多いイベントとかも
めっきり行かなくなった。
その分土日の遠征が増えたかも。
そのおかげで行きたかったライブハウスや土地に
今年は結構行けた気がします。

各バンド別に言うと
30周年プレの怒髪天が意外と少なかったってね。
予定してたの何本かやめたのがあったせいでしょうか。
でもってピロウズはお休みしてたので仕方ないとして
その代りに?!じゃないですが
The Birthdayの本数が断トツでした。
これはチバさんのGWFとか
キュウちゃんのソロワークなども含めてるので
純粋にThe Birthdayだけではないんですが
にしても断トツでした。
そしてせっちゃんも昨年の本数数えてないんで
比較できないですが
おそらく本数ぐーんと増えたと思います。
ってことは、、、
今年一番会った人ってフジイさんだったってことか(笑)


今年の総括として
・うれしい対バンライブが多かったような?
 例えば、、フラカンとスクービー/The BirthdayとdipやKEN YOKOYAMA
 サンボとTHE BACK HORNや10-FEETなど
 やっぱ大好きなバンドの対バンはうれしさ倍増です。
・さっきも書きましたが行きたかったライブハウスに行けました。
 福岡DRUM LOGOS、岡山CRAZYMAMA KINGDOM←念願のラコスバーガー
 石巻BLUE RESISTANCEなど
・盛岡とかいわきとか広島とか、普段はなかなか足のばせない地域にも
 今年は結構行けのもうれしい思い出です。
・WEEKEND LOVERSのファイナルでは、最後の最後まさかの最前に行けて
 そこで聞いたあのWLのテーマソング?は感動モノでした。
 ステージ上も楽しそうだったし、フロアもわぁ~って雰囲気いっぱいで
 ホント最高な時間でした。
・出張緊急ナイト、、もう少しゆっくりしてきたかったけど
 ギリ終電で帰れる時間設定にしてくれたのは助かりました。
 2人ピーズがシンちゃんとの2人だったとはね♪
・20周年記念ライブのせっちゃん、、神戸は残念でしたが
 さいたまでガッツリ楽しませてもらいました。
 そして12月にまさかのセンター2列目!
 もーないよね、そんな奇跡!!(笑)でもまたあって欲しい。
・怒髪天の対バンツアー、、スカパラがあの曲を一緒に!って
 なんて豪華すぎるんだ
 そしてTHE BACK HORNとのライブはホントに両バンドとも素晴らしかった。
 あれこそ、対バンマジックみたいな、そんな感じでした。
・そんなTHE BACK HORN、、マニヘブでやっと聞けた『扉』、
 あとこれは別のライブで、ですが『ピンクソーダ』
 「何処へ行く」を全曲そのまま披露なんて、、当時を知らないファンにとっては
 うれしい企画でした。
・行けないと思ったクアトロクアトロツアーの渋谷
 前では見れなかったけどやっぱクアトロはいいハコだと思いました。
 そしてこのツアーで『KAMINARI TODAY』がまた聞けたのは感動でした。
 でももうあんなにチケットで苦労するのはイヤだよー・・
・そして何と言ってもピロウズのツアーファイナル
 さわおさんの一言。泣けるよな~感動しました。
 来年が楽しみです。
フェスでは
・フジロックでのオールナイト、、イスは必需品ね。
・RSRでピロウズの復活!待ってました~
 でも思ったほど久しぶり感がなかったのは何ででしょ??


っと、ザッと思いつく限りの一言を。
一覧見るだけではあまり思い出せないライブなどもありますが
レポを遡って読んだりすると「
あーそうそう。って
なのでつたない文章でも記しておくことって大切だなーって
思ったりしています。
時々書いてて
何でこんなに必死になって書いてるだろ?って
思ったりすることもあったりするんですけど( ´_ゝ`)

来年も今年くらいのペースで
行けたらいいなーっと思ってますが
どうでしょ。
どうか被りだけはやめてー・・


ラジオ すてきなあなたに⑬ [The Birthday(2012年~)]

年内ラストの放送。
なんだかんだと、聞けててうれしいです。


The Birthdayの1年ふりかえり
4月にアラバキがあって、マニッシュとのWLツアー、
秋にBlack Doctorツアーで初福山凱旋ライブ、
そして12月にクアトロツアー
その合間にずっとレコーディングしてました。
和義さんは夏に20周年ライブがあって、Zeppツアー、
そして62本のツアーが始まってて
ずっと後半ライブやってた感じですかね。
って・・・・せっちゃんのZeppツアーって??
あのラジオのやつかな。。


そんな中、専門学生時代のクラスメイトで
まこちゃんという
ヒューマンロストのBA/VO

4年前に再会して
けんちゃんギター弾いてよって言われてて
その時は忙しくてできなかったんだけど
やっと落ち着いてできるって頃には
病状が悪くなってて
6/26だったか、、クアトロライブ前日?にレコーディングしたんですけど
確かその夜だったかな、、に亡くなってしまって。
寂しかったですね、、
完成したのを聞いて欲しかったなって

今日はそのレコーディングに参加した
ヒューマンロストの『心のアリカ』のイントロを
弾きます。

『心のアリカ』が入ってる
アルバム「book4」もリリースされてますので
聞いてみてください。

それでは素敵な新年をお迎えください
良いお年を
ほいじゃーのう


とりあえず、10回目! [音楽]

冬休み~(*´∀`*)
今年はカレンダー配列?よろしく
見事に9連休★★★
すごーい。
こんな長い休みもう何年も取ったことないよ。
年明け仕事行きたくなくなっちゃうだろうな・・
って思ってたら
1/5は出勤になってしまい8連休。。
それでも長いよ。
それに休日出勤したら代休取れるんで
むしろよかったかも。

さて。
そんな12/27は
2013年ライブ納め!※カウントダウンは除く
緊急ナイト@新宿レッドクロス
出演:緊急バンド(古市コータロー/鈴木淳/クハラカズユキ)
   うつみようこ/大木温之/佐々木亮介(a flood of circle)
でした。
IMG_0976.JPG
IMG_0947.JPG

10回目だそうです。
とりあえず、、どーしても行けない日を除いては
全部参加してます♪
続く限りこのライブは行こうと思ってます。
こうだからって理由はないんですが
なんかそう思ってます。

で、この日は久々2桁の整理番号で
70番台。
ムフフ♪って喜んでたのに
仕事納めで定時終了後簡単な納め会みたいなのがあって
17時ダッシュできないってー・・
でも「今日は17時ダッシュしたかったのにー」って
前々から愚痴ってたら
17:30過ぎには帰れることになって
無事、開場時間に間に合いました。
ホッ。

中に入ると、、、3列目まで埋まってる感じ。
しかも2列目のいい感じの位置に
どデカい男が・・
でもコータローさん側からだと
キュウちゃん見えにくくなっちゃうんで
その辺りで待機。
視界良好とまではいきませんでしたが
ま、そこそこ見えたのでいいか。

この日は2013年最後だし
キュウちゃんにビール注いでもらいに行こうかなっとも
思ってたんですが
場所確保してから行くの気が引けるんで
やめました。

5分押しくらいでスタート。
トップバッターはハルさん。
「楽屋に今誰もいないんだよ(笑)
みんな飲み行っちゃって。
寂しいからちょっと早く出て来ちゃったよ」って
ハルさん。
ハルさん、、珍しく黒?ネイビー?の無地の長Tに
いつものカーキのカーゴパンツ。
髪の毛伸びてきててちょっと
天パ?っぽくモシャっとしてました。

ハルさんのフリで
キュウちゃんからの一言
「緊急ナイトこれで10回目だそうです。
今日のゲストは佐々木君。初の20代ゲストです(笑)
年末の金曜日ということで
タクシーが捕まえにくい状況であります。
皆さん、帰りの足の事も頭に入れつつ
たくさん飲んで楽しんでってください」
てな感じだっけかな。
この日は珍しく
チラチラっとお顔が見えました。
いつもバーカウンターの方見ても
全く見えないこと多いんで・・

ハルさんのライブは
 新曲←緊急ナイトの歌っぽい歌詞でした
 生きのばし
 実験4~
 原田真二てぃんずぶるーす
 ヒッピー
 通り過ぎる夏
 風の夜
 世紀末の~
 Hey君
 CantBuyMeLove
な感じ。(ブログより拝借)

ピーズの曲弾き語りは
ピーズの時と全然雰囲気変わって
でも何気に私は
そのハルさんの弾き語りVer.も好きです。
『生きのばし』とか
よけいグッときちゃいます。
今回『ヒッピー』うれしかったな~
あと『Hey君に何をあげよう』の
最後の転調していくところとか
かなりカッコよかったです。

「マッチでーす。」って言った後
「昔はトシちゃんぽかったでーす」って大ウケ。
そして原田真二のカバーへ。
「この曲コードがおかしい」って
さらに再びその箇所を弾き語り。
しかも歌詞は他の人が書いたそうで
「デビュー曲で既に人に歌詞を書いてもらうって
出てきた当時からあいつ売れるぜって
思われてたってことでしょ。
なんかね、広島の人は歌詞を他人に書かせるんだよね」って
よく分からない自論で〆てて
可笑しかったです。
誰ことの言ってたんでしょ(笑)

この日のハルさんはいつも以上に
オモシロくって
来てた長T
「普段こんなの着ないんだけど、、
なんかすごい上あがっちゃって
苦しいーの!
後ろ前じゃないよな?」
って、首びろーんって引っ張って確認。
でも「見えねぇー!!」

緊急バンドはリハが一番輝いてるらしく
かなりキレキレで
みんなにそのリハの風景を見てもらいたいって。
「誰がもうかってるかって
近所の飲み屋だだよ」って
言ってて大爆笑でした。

そんな中
歌ってる途中に居酒屋組が戻ってきたのが
見えたらしく
「ちょっと、、チューニングメーターを
借りようと思ってたのに
誰もいないから借りれなかったんだよ、、
貸してー」って
いったん楽屋へ引っ込み
佐々木君から借りるも
「あれ?これ、どうやってやるの」って
佐々木君登場し横でアレコレ指導(笑)
その時のハルさん
「はい。」「これは?あ、はい」って
その素振りがかわいいのなんの。

使いやすかったようで
「これ、いい。」とご満悦。
「アビさんの黄色でプラスチックみたいだから
、、、ってこれもプラスチックだろうけど」
そう、単に黒いだけで
材質的にはプラスチックでした(笑)

そのチューニング後1曲やって
「チューニング合うってすごいな(笑)
なんか今までのがもったいなかったなー」って。
いや、それ、確かに!
その前が可笑しかったとは思わなかったんですが
チューニング後の音は
確かにキレイでした(笑)

YO-KINGと一緒にやった
O.P.KINGの曲もやってくれたんですが
YO-KINGは自分の名字を言うと
怒られる?んだそうで
でも悪気はなく
ポロっと言っちゃって
「あ、言っちゃった」って。
それから
途中「シンちゃん来てる?って
あ、来てないのか」って
毎度のシンちゃん確認(笑)
その時いたかいないか見えなかったんで
分かりませんが
最後にはいました。
なぜか黄色のタオルを頭に
ねじりハチマキ風に巻いてました。
・・・相当酔ってる感じだったし(笑)

『CantBuyMeLove』は
ポールの曲?
ハルさんの英詩の歌ってのも
かなり貴重です。
途中のギターソロはバーカウンターから
店長のイカリさんが弾いてたらしい。

携帯で時間確認するのはお決まりですが
この日は「スマホ」って言って
フロアから「スマホに変えたの?」って
驚きの声が上がる中
いつもの携帯で確認して
「5分押して始まったからあと5分できるな」って
ニヤリとしてました。

いやぁ、、ハルさん
やっぱ最高です。

転換中だっけかに
次回のお知らせがキュウちゃんから。
3/26 ゲストは百々さんとか。
おぉ~
行きたい!!
ちょっと
仕事の日程的に厳しそうですが
ガンバロー♪

続いてうつみようこさん。
ようこちゃん、上と下とにお団子
(ってほどじゃないけど)してて
髪型かわいかったし歌は
着てたテロンとした生地のワンピも
かわいかったです。

ようこちゃんだいたいカバー曲でしたか。
年末は演歌が似合うと
石川さゆりの『津軽海峡冬景色』
今年が20周年だからということで
久々に一緒に参加させてもらったという
ソウルフラワーユニオンの
『満月の夕』
藤恵子さんの『夢は夜ひらく』などなど。

チューニングしながら
ハルさんの後はやりにくいから嫌だって。
次から私1番にしてーと、キュウちゃんに。
それについての返事はなかったんですが
楽屋からひょこっと
「なんで俺の後は嫌なの?」ってハルさん。
その言い方がすっごくかわいくてキュンってしちゃいました。
顔は見えなかったですが
なんかしょんぼりしてるなじゃい?って言い方で。
「あとで説明してあげるから」って
結局こちらにはどういう理由か分からなかったけど、、、
なんでなんでしょ・・

で、その出番が2番目ってことで
始まる前に一緒にみんなで飲みに行ったそうで
ゲストの佐々木くん、緊急ナイト始まって以来の初の20代で
「高校生の頃ソウルフラワーユニオン聞いてました」って
言われて「・・・・・」って思い
40代と20代
肌の色がこうも違うのかと見てたそうです。

なんやかんやで
1週間近く歌いっぱなしだそうで
しかも明日(今日の事)は8人ほど
ボイストレーニングがあるそうで
そろそろ声が出なくなってしまうんじゃないかと
思ってますが、、、
なんて言ってましたが
いやいや。
かなりの音量でした。
ハルさんの後だと
余計に大きさの違いを感じてしまいます。

YOKOLOCOライブも
たまに行ってみたいので
またパケランやってくれないかなーっと
思ってます。
もしくはプラネットKyuとかね。

続いて、、、
ゲストの/佐々木亮介くん。

「どこの馬の骨ともわからないヤツが、、って
思ってる人も多いと思いますが」と
自己紹介。
a flood of circleのライブは2回くらいかな
見たことあります。
でもその時見た印象と
ちょっと違いました。
顔、、、あんな顔だったっけ??
なんか目がかわいかった(笑)
そのかわいさを隠すために
あんな前髪なのか??

そしてギター上手い!
ハルさんと比べてはダメですが
(本業Baだから)
全然なってる音が違うっていうか。
歌い方は
正直好みではないですが
歌も上手でした。

歌ってた曲がカバーなのか
自分の歌なのか
よく分かりませんでしたが
かなり渋いセンスだったように思います。
それこそソウルフラワーユニオンを
高校生の頃に聞いてたってのもそうですが
ピーズも大好きとか
清志郎さんのことも詳しそうだったし。

今回はコータローさんと知り合いで
それが縁で今回声をかけていただいたとのこと。
「最初にクハラさんからメールが来て
でも迷惑メールかと思ったんですよ。
知らないアドレスからだったんで
でも件名にクハラカズユキですってあって
背筋伸びましたね」って。

で、「そこに今回のライブが
どういう内容なのか書いてあるんですけど
ピーズのハルさんは泳げたい焼きくんを歌ったって
書いてあって、、忘年会?って思いましたが・・」
とのこと。
あの選曲はハルさんならではですよね。

「前回はTOSHI-LOWさんが出て
ずっと喋っててすごい押したって
聞いてたんで
あまり喋らないようにしようって思ってたんですけど
、、、ダメですね。
楽しいとつい、喋っちゃう(笑)」って
確かに、1曲終わることに
その曲についてとか交えつつ
いろいろ喋ってました。
でも話上手いかも。
興味深いことを喋ってくれるから
へぇ~って聞き入ってしまいました。

「今年はうれしいことが2つ、、あ、、3つ
ありました」って話。
1つはうろ覚えなんですが
東北ライブハウス大作戦のイベント?
ソーラー武道館、そしてこれに出れたこと
2つ目はようこさんの歌う満月の夕を
ステージ脇で聞けたこと
そして3つ目は
ハルさんにあったの今日で3回目なんだけど
それを覚えてくれてたこととか。

ハルさんに初めて会った時
持ってたカバンから霧島黒が出てきて
ペットボトルの水半分くらい飲んだ中に入れて
割って飲んでて本物だって思ったって話が
可笑しかったです。

最後にビリージョエルのピアノマンって曲
これはピアノで歌うのが最高だと思うけど
ピアノは弾けないので
ギターで歌うように自分で歌詞つけて
ビリージョエルに送り許可をもらった
でもビリーがケチだなって思ったのは
5000枚限定にされたんで
今はもう売ってないと思うけど、、ってやった
『ブルースマン』

途中から身を乗り出して
マイクけり倒しマイクなしで歌いだし
最後はギターも決してって
完全生音でやり切って
すごかったです。
見せ方を知ってるね。

あ、それまではずっと座ってやってて
言い訳としては
みんな座ってやるんだとばかり思ってて・・って。
一番若いのに何座ってやってんだよって
感じですよね、、ってことで
最後は立って歌ってました。

なかなか楽しかったです。

最後は緊急バンド。
この日の衣装は白シャツ!!

1曲目の曲はいつもの
インストのカッコいい曲。
いい加減覚えてきた!

そしてホントは続きで行く予定だったようですが
コータローさんのチューニングが狂っちゃったようで
急きょ一時停止。
で、「淳!」っていきなり話すように振る。
でも淳くん「え?」って言ったっきり
何にも喋らなかったな・・

「ホントになにも喋んないの?」って
ツッコまれつつも
喋らないので
コータローさん「いやね、
冬はチューニング狂うんだよね。
これ、ホントなんですよ
乾燥と冷えと冷気(クーラーの)で」って。

コータローさんが歌って
淳くんが歌って、、
そしたら袖で聞いてたハルさん
「上手いね~
もう次も歌ったら?」とか言ってて。
っというのも、、次はハルさんVoで参加だったので。

いや、でもホント
淳くん普通に歌上手かったです。
曲は前に歌ったのと
違う歌だったような。
なので歌詞のカンペをモニターに貼ってたみたいなんですが
最前の人がずっとそこに手をかけてて
かなりヒヤヒヤしてたそうです。
でも「よかったー3曲目で
手離してくれて」って。

ハルさんは「カンペ書いても
隠されるなら
自分で持って歌うよー」って。
そして「年末であれ(紅白)も近いということで」って
ちあきなおみの『喝采』を。
話し方が永ちゃん風だったので
てっきり永ちゃんの歌うたうのかと思ったら(笑)
しかも歌ってる間の振付(ってほどじゃないんですが)が
アイドル風な手フリをしてて
かわいくて。

去り際は「じゃ、4日後に。
今日は練習」って
もーどこまでオカシイのゞ(≧ε≦o)
その後もちょいちょい袖から顔出してて
ようこちゃんが歌ってるときの
コータローさんの
くわえタバコからの灰を灰皿に受けたり
勝手にコーラスで参加したりと
ホントおもしろかったです。

次にようこちゃん。
ようこちゃんはいつも洋楽カバー。
そしてマイクスタンドとかについてる
キラキラの飾りつけについて
「これ見覚えあるんですけどー」って。
そう、先日の3連休
京都の磔磔で使ってたやつだったようで
コータローさんから持って帰ってって指令があったようです。

その後は再び3人で演奏。
時折淳くん
「今日は、俺たち、いい!」って何回か言ってて(笑)
前々回?かなり飲み過ぎで演奏し
伝説の?!コータローさん両手ブラブラ奏法たるものが
できてしまったことを反省して
この日はお酒控えてみたんでしょうかね(笑)
その時の話をしてて
コータローさん「あの日は気持ちよかったんだろうね
ギターだけだと
適当に逃げるんだけど
あの日は歌詞もあって、ついこう・・」って
両手を広げるジェスチャー。
「でもね、あの時は流石に俺も反省して
あの後、もう酒やめるって言ってたからね(笑)」って。

そしてゲスト佐々木くんを招いての曲。
その前に佐々木くん話を少し。
「かっこいいよねー
ビール飲むのもなんかかっこいいんだよ。
なんかさ、俺らが飲むと
お疲れ~っておっさん風なんだけど
隙間風気にしちゃうね
たまたまドアのそばにいて
団体客とか入ってきちゃうと
自動ドアと勘違いして
最後の人がドアを閉めずに行くことが多くて
そうすると開きっぱなしで風入ってくるから
閉めろって言うと、ハイってね。
いや、俺にもそんな時代あったよ。
俺はシンナー買いに行ったから。
いいじゃない、ドア閉めてりゃいいんだから。
俺なんてシンナー買った帰りに魚屋でビールも
もらって来ないといけないんだから
セットだったから
大変だったよ、、」ってコータローさん。

そして佐々木くんが登場するも
「ちょっと俺の話していい?」ってまだコータローさん。
「最近胸のこの辺り(ボタン開けた胸元)が
かゆくてさ。
近所に皮膚科があって
その先生好きだからちょっとでもかゆくなると
すぐ病院行くんだけど
ホントは薬だけもらって帰ればいいんだけど
先生もちょっとおいでって
体を見たがるんだよ。
でも冬はさいろいろ着てるから
脱ぐの面倒だし嫌だったんだけど
まぁ、脱いで見せたら
その先生が俺の体を見て
古市さん、若いころ体焼過ぎだよ、、って(笑)」

その話をすると
佐々木くん、
「それは次にやる曲の
前フリですか?
まさに、、"勝手にしやがれ"ですよね(笑)」
っと、そう、一緒にやった曲は
『勝手にしやがれ』でした。

ワーイ!
この曲は誰が歌っても
好きだな~
前の方では アーアーアーアー ってとこで
手を左右にゆらゆらさせてて
それ見て喜んでました。

そしてさらにもう1曲。
「実は、さっき、あえて一言も触れてなかったんですよね」って
淳くんに。
?!って思ったら
なんと「ピロウズのトリビュートに参加します!」って。
そうだー♪ヽ(´▽`)/
「本人前に勇気ある、俺!」って
言ってましたが
『Blues Drive Monster』を。

ワーイ!ワーイ!
一足お先に♪って言うより
キュウちゃんが叩くピロウズが聞けたことに感動!!
前回のトリビュートでピーズのシンちゃん代役で叩いてますが
でもこういう機会滅多にないので
うれしいです。

そしてなかなかかっこよかった!
いや、これは歌がやっぱいいからですね。
もうこれ聞きながら
あーカウントダウンは
ピロウズに行くしかないなって
心決まりましたから。

最後はコータローさんが「大好き!」って
言う曲を熱唱して終了。
なぜか淳くんに自分のピックを投げさせる
コータローさんでした(笑)

どこだったか、、
またしてもチューニング中に
「淳!喋って」って淳くんにふっといて
淳くんが喋ろうとマイクに向かった瞬間に
「キュウ!」って言い出すコータローさん。
しかも手元見てて全くそっちの方見てないのに
絶妙のタイミングで
これはホント大爆笑でした。

アンコールは3人だけで1曲?
そしてさらに拍手は続くので
「やります!」って
ダブルアンコール。
今度は出演者全員呼び込んで『アナーキーインザU.K.』の
日本語歌詞Ver.

あー楽しかった♪
「今日はいい!」って言うだけあって
なんかホント楽しかったです。

今回は10回目になるってことで
年内にどうしても10回目をやりたくて
急きょ決まったそうです。
「やっぱ10回だよ、、」ってコータローさんもしみじみ。
そしてもう(このライブの)説明とかいいか、、
とにかくもういいって言われるまでやるんで
来てくださいって言ってました。
ゲストさわおさんは出ないのかな。。

そういえば、、1年前のこの辺りでも
緊急ナイトやってたそうで
その時のゲストは花田さん。
その時始まる10分前くらいまで
戻ってこなかったっていう
これまた伝説があった、、って話も
出てました。

ってことで。
これにて2013年度のライブ全部終了~
あとはカウントダウンライブを残すのみ。
明日か明後日には
総括しないとね~(。・∀・。)

ぼやき。。 [たわごと]

気づけば、明日で仕事納めで
2013年もあと5日で
なのに未だ、大晦日のチケットを確保してないなんてー
そしてどっちもチケット完売って・・
でもって譲りますが思ったほど出てこないって・・
悠長にかまえ過ぎてたわ(・ε・`*) ...

どうしよ。
久しぶりに(約10年ぶりくらい??)
家でゆっくり年越すか。
それとも当てもなく青春18きっぷで
旅をするか。
いやぁ、、、家で過ごすのはやっぱさびしいし
電車は帰省客ラッシュで大変だろうし
どっちもイヤだなぁ。


幕張行きははなから考えてなかったんですが
マニアックヘブンに行って
あーTHE BACK HORNの年越し見たいなーって
だって、この先そんな機会ないかもしれないじゃん。
でもこのチケットは
詐欺も出まくるほどの人気チケットで
ふら~っとは行けないのよね(´+ω+`)
あーーぁ。。

あと。
元旦10時に渋谷にいたいのですが
どうするかってのも迷いどころです。

なぜなら、、タワレコに行きたいのです。
otoshidama%20RR_2.jpg
こんな表紙見せたら
争奪戦になっちゃうじゃんねー。。
特別号だからまた冊数少ないんでしょうか。

一番いいのは
オールナイトでライブ見て
適当に時間潰して10時まで待つ。
いやぁ、、、、でもオールナイトでライブ見ても
せいぜい5時か6時くらいにしかならないか。
だったら電車あるうちに帰って
朝頑張って起きていく方がいいか。

となると、ピロウズの方がいいのかなー
フラカンだと最寄駅まで行く路線の終電が
キツそうなんですよねぇ。。。
先日のSA NAOKIさんのボイラールームにゲスト出演した時に
武道館まで各々ゆっくり過ごすって言ってたから
サプライズはなさそうな感じだし。
だったら今回はフラカンって言うのも悪くないかなーとか思っちゃうし。
あぁーもぉーそもそもどうするか決めかねてたから
こんなことになったんだよなぁ。

っと。
未だうじうじしている私です。
ただ、いずれにしても
チケットは他人様次第なので
手に入りそうなものに行くことになりそうです。


僕は僕である為に何を犠牲にした?喜びで見失ってく影 [THE BACK HORN(2012年~)]

メリークリスマス~
IMG_0949.JPG
いただきき物ですが♪
かわいい(*´艸`)

さて。
そんな12.23は
THE BACK HORN
マニアックヘブン Vol.7
@新木場STUDIO COAST
でした。
IMG_0965.JPG

2年ぶり、8回目の開催(初回が0だったため)
今年は私が行き出して初の祝日開催でした。
そのためか、、、かなりチケット激戦だったみたい。
なので整理番号800番に限りなく近い
700番台・・・

ギャラリーなどの展示には
新しく等身大パネルなんかが登場。
IMG_0967.JPG
恥ずかしく一緒にパチリはしませんでしたけど( ´_ゝ`)
IMG_0968.JPG

栄純が描いた漫画に声を入れたやつの一つは
完全下ネタ狙いで
最後の最後吹いちゃってるのが
逆に可笑しかったです。
あれ、録り直しなしの1発勝負なんですかね(笑)

手形の模型は
思った以上に松田さんの手が大きなとか
山田さんの手は小さいなとか
おもしろかったです。
出来ればあれ、触れるようになってたら
みんなとりあえず握手して
より盛り上がれたんじゃないかなー、、とか
思っちゃったんですけど
壊れやすいものなんでしょうか。

原画やTシャツ展示は
毎年ちょこっとずつ変わってますが
さほど大きな変化もないので
結構サラと見て終わり。
レコーディングの進行表っていうんですかね
あれ、どこのバンドもやってるんだなーって。
そこに必ず出前が書いてあるのも
オモシロかったです。

あと、新しく出来たのは
メンバーが描いたイラストなどの
キーホールダーが入ったガチャガチャ。
IMG_0969.JPG
とりあえず2回分だけと決めてやったんですが
狙ったやつは取れず。。
IMG_0973.JPG
IMG_0974.JPG
私が行ったときはガラガラで
余裕で何回でもできそうな勢いでしたが
こちらもソッコー完売してしまったとか。
ま。
せめて回数制限設けておく必要があったかもね。。


そして恒例メンバー考案ドリンク。
IMG_0970.JPG
ソフトドリンクは考えてなかったんで
迷うは
山田さんか岡峰さんかなんですが
毎年岡峰ドリンクの方が美味しいということから(笑)
「シリウス」を。
IMG_0971.JPG
お味はというと、、
うーん・・ちょっと苦味が??
今年は事前公開っていうんですかね
がなかったので
何が入ってるか全く分からないまま
飲み干しました。
後から聞いたところによると
山田さんのも美味しかったらしい(笑)
 ※詳しくは本編MCを

っと。
余裕みて行ったせいか
かなり早い時間に終了してしまい
でも新木場ってブラブラ時間潰せるところがなく
交通費かけて
豊洲に行ってしまいました(-ω-`)
新木場の閑散としたのとは打って変わって
豊洲の混雑ぶりったら。。
お昼食べるのも一苦労でしたが
難なく時間は潰せたので
よかったです。

そしていよいよライブ!
さっきも書いた通り
番号ガッカリだったので
珍しく長袖重ねちゃったってば。。
でも結果汗かいて
やっぱライブは半袖だよねって
思ったんですが
新木場の寒空で待つの
想像するだけで辛かったんだもん・・

でも割とサクサク呼び出してくれたので
そんなに凍えるほど寒くならずに中へ入れました。
栄純側でもよかったんですが
入口側はやっぱりギリギリで混雑するので
岡峰さん側へ。
端の方5列目くらいですかね。
いい感じの所で待機。
でも始まった途端押され
結果流され
ウザいデブにイラっとさせられ
結局結構下がった位置でゆっくり見ることに。

最近めっきり押し押しで見るのが
辛くなりました。
汗だくになるのは全く問題ないんですが
なんて言うか
自分のノリと合わないテンションで
必要以上に押されるのがキツくて。
それだったら無理して前に行くより
下がった位置でゆっくり見れる方が
イイかな、、、って感じです。

SE、、、この日のために作ったという
オリジナルだそうですが
既にどんなだったか
あまり覚えてない(笑)
でもワクワクしてくる
いい感じだったと思います。
それ聞いて「始まる!始まる!!」って
テンション上がっていったの
覚えてるので。

いやぁ、、ホント
この日のライブ
すっごく楽しみにしてました。
だって、10曲?投票による選曲とのことだったし
やっぱ普段のライブで聞けない曲だらけってことで
ファンにはたまらないですよ。
なのでこの3連休の前2日は
ずーっとTHE BACK HORN聞いてました。
マニアックヘブンのDVDもバッチリ見てきたし。

登場したメンバー
栄純は不思議な柄のTシャツ
岡峰さんは紺の七分袖Tシャツ
髪切ってサッパリ
松田さんは白地のTシャツ
そして山田さんは白シャツでした。
あーあ、、せっかく髪伸ばしてるのかと思ってた
岡峰さん切ってしまいました。。
、、、ってツィッターで画像見て知ってたんで
大きなショックはなかったですけど。
ちっ。
髪切ると途端に若返るから不思議です(笑)

そして期待する1曲目。
何気に私の投票した3曲はコレ。
マニアックヘブン投票.jpg
そう、、『扉』で始まるのを楽しみにしてました。
「産声チェインソー」で聞いて以来
あーこれ聞きたいって
ずっと思っていたので。。
「産声チェインソー」で聞いて以来って
私のTHE BACK HORNの歴史のなかで
最初に借りたアルバムはコレと
「THE BACK HORN」ですので
ホントに聞き始めて初期のころから
思い続けてたってことなんですよ。
っと、熱く語ってしまいましたが
なので今回ホント楽しみにしてたんです。

で、気になる1曲は、、、
もうーーーっっ
これはイントロ聞いた瞬間に分かりました~
はい!
『扉』です!!
やった♪ヽ(´▽`)/

『扉』をやってくれたってだけでもうれしいのに
望み通りの1曲目に持って来てくれたのも
ホントうれしかったです。
もうこれ聞けただけで
すっかり満足です(笑)
栄純のギターソロ&コーラスも素敵でした。
栄純のコーラス好きです♪
ただこの日、山田さんちょっと喉の調子悪かったんですかね、、
結構高音辛そうでした。

続いて『8月の秘密』
ここから先、、、曲は知ってるのに
タイトル何だっけー・・・ってのが続きます。
皆さん、ギターとかドラムとか
イントロちょろっと流れただけで
「わぁ~」って歓声上がってて
すげぇーって思ってしまいました。

で。この曲で
突如山田さん歌詞飛んだのか
「アレ?」って顔して止まっちゃって
フロアにマイク向けてみんなに歌ってもらうという。
でもその歌詞もアヤフヤで
違う部分歌ってた模様・・
だからか、、
いつまでも戻って来れず
かなり長い部分フロアだけで歌ってました。
多分、向こうは向こうで
え?それだっけ?って感じで
???だったんだと思います。
ま、お互い様ってことで(笑)

そして『ザクロ』
そう、この曲、DVDを見てて
唯一知らなかった曲
またしてもやるとは。
調べたところ『風船』のC/Wなんだとか。
そうか・・
で、この曲だったか?
早々に山田さんが
岡峰さん側に来てくれたのは。

ぐわぁーっと盛り上がって
続く『赤眼の路上』
これは、、結構最近
やってくれたような気もするんで
あまり「おぉー」って感じは
しなかったです。
でも歌詞はいいんですよね~
なんて言うか
世の中に反発して
熱く熱唱する感じがTHE BACK HORNらしいなって
思います。

ここで最初のMCでしたっけ。
「マニアックヘブンVOL.7新木場
盛り上がってますか!!」っと松田さんから。
毎年やってるわけじゃないけど
今年で8回目の開催
簡単に歴史を、、と
初めてやったリキッドルーム
その後大阪でやったり、
2箇所テーマを決めて全く違う曲順でやったり
名古屋でもやったし
前回初めて東北でもやったと。

本当は握手したり、ハグしたり、
一人持ち時間2分とかでがっつり話したいけど、
そんなことはできない。
だけど、この一年の締めくくり辺りで
ファンへの感謝の気持ちを込めて
やってるとのこと。

今回初めて等身大パネルとか作ってみたんだけど、、、
あれはグッズとか並んで待ってる間
少しでも暇つぶし的に
パシャって撮って楽しんでもらえればって思ったけど
意外とあっちメインとかになってたって(笑)

どうでしたか?
きっと寒いと思うんだよね、、
でも俺たち分かんねーから
毎晩毎晩・・
あ、毎年毎年か、あれこれ考えながら
ギャラリーとかねやってるんですけど。。

このクリスマス前の、クリスマスイブ前の
忙しい時期に皆さん来ていただいて、、

っと。
いつになくたくさん
このマニアックヘブンに対する思いを話してくれた松田さん。
毎年が毎晩になったり
クリスマスイブ前って言い直したり
そういうのが松田さんっぽくて
クスリとしちゃいましたが
いやいや、その思いだけで十分ですって。
最後に
「最後まで楽しんでいって
今年最後のいい思い出になってくれれば」って
〆くくってたのが
流石でした。

ちょっとジーンとした後に
『カラス』ですか・・
山田さんのエロティックな歌い方が
たまりませんなぁ。
でも私はどっちかというと
こっちはあまり好きじゃないんですけど・・

って思った後に
『リムジンドライブ』
!!
これ、、、前回?その前かな?のマニアックヘブンで
やったよね?
でもこの曲は大好きだから許す(笑)
初聞きの時は
興奮したな~

そしてこれまたキターッ
『ひょうひょうと』
きゃ~
超うれしい!!
こちらも初ではないんですが
リクエストしてた曲だったので
うれしいです。
って言いながら
少し経つまで
その曲だって気づかなかったんですけどーゞ(≧ε≦o)

次に『一つの光』
これは最近の曲だったとは。
ホント、シャッフルで聞くようになってからは
全然いつの曲かとか
タイトル何かとか
見なくなってしまって
それはあまりよくないとは思いつつ
流してしまってます。

「この前発売されたカバー曲を」との紹介で
『悲しみの果て』
わー
そうだ、マニアックヘブンでは
カバー曲も恒例だったの
忘れてました。
そしてこの曲を生で聞けるとは。
これも超うれしかったです。
エレカシの中でも大好きな曲だったので余計に。

だから山田さん白シャツだったのかな
なんて思ったり(笑)
少しだけ視聴で聞いてましたが
フルで聞くとまた違いますね。
でもって、やっぱエレカシの曲は
難しいんだな、、って感想。
いや、悪いと下手とかじゃなく
なんて言うか、、、
歌の感じとかすっごくTHE BACK HORNにピッタリだって
思ってたんですが
そこまでハマってなかったな、、って
ちょっと思ってしまって。
多分、、、自分の中でオリジナルの印象が
強すぎるんだと思います。
今後歌っていくうちに
もっと味が出てよくなっていくことに期待です(笑)

ここからちょっと聞かせる曲シリーズ?!
『夕暮れ』
この曲は大阪でやった
ホールライブを思い出します。
あの時この曲の歌詞の話が出ててね。

そして『枝』
この曲も大好きです。
でも熱唱するところ
キツそうでした・・
そう思うと、今回の選曲は
かなり山田さんへの負担の大きい曲が
多かったのかもしれないですね。
ライブでそうやらないっていうのは
もちろん流れ上の事もあるかとは思いますが
誰かの負担が大きいって理由の場合も
あると思うんで・・
リクエスト形式にしちゃうと
その点が辛いところのように思います。

そこから『奇跡』への流れは
なんかグッときました。
でもこの曲こそ
え?マニアック??って
思っちゃう1曲でしたが、、、

ここでメンバーMC。
松田さんが喋ろうと立ち上がったところ
栄純が話し出して
松田さんが座るという流れ。

その第一声「マニヘブはエモいね」
その後の笑顔がたまらん。
「最初マツがこういうのやりたいって言った時
俺、スゲー反対してブーブー言ったの
覚えてんだよな、、」って。

あ、その前にフロアから
「ベルト大丈夫?」って声かけられて
岡峰さん「ベルト何かあったの?」
栄純「最近、ライブ中にベルトが勝手に取れちゃうことが
多いみたいで、、、」って
ベルトをちゃんと確認しながら
前回の続きを話す栄純。
その素直さがかわいいです(´m`)
岡峰「あぁ、そうなんだ。
で、お前、大丈夫?」
栄純「やめてくれる、、その根本的なやつは・・」

で、話戻って
「1年を振り返る集大成的なやつなんて
今が大事とばかり言ってる俺へのあてつけか!って。
でも、確かにさっきマツも言ってたけど
俺はみんなが好き!っとはやっぱ言えねぇーから
こうやってその感謝の気持ちを伝えられる場っていうか
それに俺らがこの1年間順調だったって
お客さんからしても確認の場っていうか
今はこれなくして年は越せないくらいの存在になったなーって、、」

「そのまんま雑誌に載せられるよね」っと岡峰さん。
すると栄純「あれ?今日は珍しく俺を褒めてるけど、、」
岡峰「いや、俺はいつだって褒めてるよ。
お前のギター以外はね」
あはは。。
そんな岡峰さん
「なんか緊張感あるよね。
こんなに曲やればやるほど
お互い緊張感が増すライブってないよいね」って。
確かに・・
何やるんだろーってドキドキなのと
多分、メンバーにとっては
久しぶりの曲多過ぎで
ドキドキなのと・・

そしてドリンク話にいったんだっけ?
岡峰「ツィッターで見てたら
俺の方がマズイって言ってる人たくさんいてさ、、
あのさ、甘い=美味い、苦い=不味いっていうのは
やめようよ(笑)」って。
将司「何か逆マニアックみたいな」
岡峰「もうマニアックの使い方が分かんなくなってる」

突如出てきた松田さんの
ポシェット発言。←なんでか思い出せない、、
今時ポシェットなんて
言わないよー(≧▽≦)
そこから昔ベトナム?に行くときに
ポシェット一つで現れたという
栄純話。
しかもパジャマに。
逆に怪しまれ引っかかったとか。
で、英語分からないから
「No,I have」って答えたとか。
この件はホント大爆笑でした。

「グッズでずっと俺はテレカを作りたいって
言ってんだけど、、」っと岡峰さん。
もうマニヘブ開催当初から言ってるらしいです。
でも今のご時世、テレカ作るのすごく費用がかかるとか。。
「ほら、公衆電話最近もう見ないじゃん」
岡峰さんが公衆電話って言ったことに
フロア騒めくと
「ん?」っと何で笑いが起きてるか分からない松田さんに
栄純「こうしゅう(光舟)電話に反応してるんだと思うよ(笑)」
松田「ああ、そういうことね(サラリと)」
岡峰「(松田さんの反応に対して)そういうのが一番グサッとくるからね」

今回MC楽しかったです。
なんかネタごとにしか思い出せなくて
流れがメチャメチャなんですが・・

「まだまだ盛り上がって行きますよ!」
との煽りから
『青空』
ここかららラストスパート。
レア曲だと
どうしても激しい曲は少なくなりがちですが
この曲は盛り上がります。

そして『警鐘』
いいね~
初めて聞いたときは
あの言葉数の多さにビックリしましたが
今ではすっかり聞き慣れて
違和感感じなくなりました。
むしろたまに聞きたくなる1曲です。

でもってうれしい『共鳴』
いや、この曲、何気に投票するときの
最後の1曲『虹の彼方へ』と迷った曲です。
でも『共鳴』って
何回もライブで聞いてるし
そんなにマニアックでもないかなーって
思って『虹の彼方へ』にしたので
この曲をやってくれたのは
かなりうれしかったです。

これでラストかな、、って思ったんですが
帰る感じではないメンバー。
ふっと一息つきながら
山田さん「共鳴、、、」っとボソリ。
でもノープランだったようで
「いや、その先何も考えてなかった・・」
するとフロアから「頑張って!」の声。
思わず「いや、頑張ってとかあまり言わなくて
大丈夫ですよ。充分頑張ってっから」っと
苦笑い。
やっぱり"頑張って"って声かけは
よくないってね。

「共鳴っていい言葉だよな。
1人で生きていこうって思っても
やっぱりそれはできないし
でもあまりに馴れ馴れしいのも
人の嫌な所ばっか見えちゃうしな
、、、何が言いたいかって言うと
今日は来てくれてありがとう!(笑)」
最後のまとめは
唐突すぎるとしても
その前の部分は
なんか「分かる、、」って
思っちゃいました。
だから人間関係って難しいし
でも大切なんだし、、って。
そういうのがTHE BACK HORNの曲は
もろに出てる曲だから
いいんだろうな。

「最後に。
投票で1位になった曲です」
えー、、、なんだろ?って
サッパリわからなかったんですが
演奏始まって
そうか・・
『コオロギのバイオリン』だって。
ただ、私の中では
この曲はまだ持ってない音源なので
頭になかったせいもあり
すぐにピンとこなかったのかも。

でも、確かに
この曲はリリース(発表)した当初
数回しかライブでやってないような気がします。
1曲が長いしね。
久しぶりに聞きましたが
前ほど長いな~って印象はなかったです。
あと、演奏がすごーく熱くって
ジーッと聞き入ってました。
こういうのライブ中に1回くらいあるのは
それはそれでいいかもって
最近は思えるようになってきました。
以前は演奏部分が長いの
あまり好きじゃなかったんですが、、

「ありがとう!」
深々とお辞儀する岡峰さん
笑顔の山田さん、両手を振りながらうれしそうな栄純
そしてキリッとした顔の松田さんと
皆さん、やり切った感たっぷりの顔で退場。
なんかこういうの見ると
こっちまでうれしくなります。

すぐにアンコール。
少しして
メンバー登場。
着替えは、、なかったです。
あのマニアックTシャツは
誰も着ないんだね(笑)
あ、でも今回のデザインは
なかなかかわいかったです。
黒字に金とかじゃなかったら
ちょっと欲しいかも、、って
思ったりもしました。
もしくはステッカーデザインとか?

栄純がパタパタって走って入ってくるのを
後ろから岡峰さんが真似してたのが
かわいかったです。

「アンコールありがとう~」
ここで何か語ったっけ?
先に松田さんのMCがあったか
1曲歌ってからか
ちょっと定かじゃないんですが、、

松田さん「今年は武道館から始まって
東北でツアーもやったし
新曲リリースして
またツアーやって
今年15周年で16周年に突入してるんですけど
ととても充実した1年だったな、、と思います」って。

それ聞いて
武道館は今年の話だったんだ・・って
なんかすごく昔の感じがして
やっぱ1年アッという間と言いつつも
長い1年だったな、、って
思っちゃいました。

山田さんから
「新曲をやります」と
いきなり言われ
え?『バトルイマ』じゃないよね?って
思っちゃったんですが
ホントにホントの新曲でした。
しかも
かーなーり今までにない曲調。
1回聞いた限りでは
若干微妙?!(笑)
慣れてきたらみんなで大合唱しちゃうのかな??
ただ栄純とずっとハモって歌ってのは
コーラス好きの私としては
うれしいです♪

続いて、、ゆっくりしたイントロから始まり
途端に盛り上がる『上海狂騒曲』
早くなった辺りからの
みんなの突っ込み具合がすごかったです。

 せえので駆け抜けろ 
 燃え上がる摩天楼
 脳天貫いた悲しみの果て

 その手を伸ばすなら
 死んでも離さない
 人生悪かねえ
 良くもねえけど、、

って
かなりタップリフロアに歌わせる山田さん(笑)
これはフロアを信じ切ってくれてるからこそですよね。
、、、って・・
私、結構歌詞うろ覚えで
ちょい悲しかったです(´;ω;`)
ってことで、
ちょっと書き出してみました。
次回はちゃんと歌えるようにしとこう。。

「ありがとう!THE BACK HORNでした。
また会いましょう!」
、、、また来年って言ったかも?
〆の山田さんの挨拶あって
『さらば、あの日』
おぉ~
いいね、この終わり方。
最後の ウァーウァーアー?って
叫んで歌うとろ
みんなが拳あげてワーってなってて
その一体感みたいなのが
すごくグッときました。

「ありがとうー!!」
本編帰りのときと同じく
みんないい顔してました。
岡峰さん、自分のアンプの上を見て
パッ飲んでないお水をつかみ
フロアへ。
いつものことではあるんですが
この日はなんかそのつかんで投げる時の感じが
優しい雰囲気で
いい感じでした。

まだギャラリーの展示とかもあるし
ないよな・・って思いつつ
Wアンコールの拍手。
でもすぐにスタッフに打ち切られ
終了。
ま。ま。そうですよね。。

いやぁ~満足。
振り返って見ると
思ったほどマニアックではなかったかも?ですが
私としては
リクエストがかなり通ったので
大満足です。

で、
これが投票結果。
IMG_0972.JPG
えー、、『ひょうひょうと』は
2位だったのか。
あはは。
私はかなり標準的なファンなのかもしれない。


<セットリスト>
 01.扉
 02.8月の秘密
 03.ザクロ
 04.赤眼の路上
 05.カラス
 06.リムジンドライブ
 07.ひょうひょうと
 08.一つの光
 09.悲しみの果て(カバー)
 10.夕暮れ
 11.枝
 12.奇跡
 13.青空
 14.警鐘
 15.共鳴
 16.コオロギのバイオリン

 EN.
  こわれもの(新曲)
  上海狂騒曲
  さらば、あの日


ラジオ すてきなあなたに⑫ [The Birthday(2012年~)]

先週?
過去の音源が削除されてると知って
最近ちょっとずつ文字に起こしたりしだしたんですが、、、
結構大変(-ω-`)
喋るスピードで文字を打てればいいんですが
ミスもするし
当然ついてけないし。。

とりあえず
聞きながらメモった回については
それを載せることにします。

ってことで、、12/21は、、
メール紹介
お兄さん 藤井一彦さんについてのお便り
ケンジさんから見て二人の特徴、違いなどを教えてください
とのことで、、

「兄は長男っぽい感じで、自ら道を切り開いていく
典型的なバンドマン
今も一つのバンドをずっと貫いててカッコいいなと思います
僕は20歳くらいでバンドでデビューして
当時は兄弟だって思われるのが嫌で、、
弟だから劣等感ってのがあって
兄の方がちょっと早くデビューしてたこともあり
二番煎じって思われるのがシャクで・・
だから名前を藤井じゃなく富士山の富士にしたり
その後普通に戻し
今はカタカナで、、
何がしたいんだ?って感じですけど(笑)」

「あと自分は
ギャラがあれば何でもやるスタンスで
いい意味でも悪い意味でも
どうとらえていただいても構わないんですけど
昔、企業の新年会の余興でギター弾いたこともあって
そのトリがいっこく堂で
いっこく堂の前座をやったという」

「今日はクリスマスも近いということで
The Grooversの『12月だけのクリスチャン』の
イントロを弾いてみたいと思います」

ん。

素敵なクリスマスを!ほいじゃーのう。


ってことでした。
そうか、、やっぱり兄弟で活躍してると
それなりに思うところはあるんですね。
にしても、、、
ギャラがあれば何でもやるタイプって
うーん。。
今後もサポートは続けるということか・・


音源見つけたは見つけたんですが
限定公開だったので
アップはやめときます。
またいつもの方のが見つかったら載せようかな。


わーい٩(⑅´◡` )۶٩( ´◡`⑅)۶ᵋᵎᵌ 再び♪ [たわごと]

今日、朝、虹が出てました!
IMG_0957.JPG

しかもー
きれいにアーチで!!
IMG_0956.JPG

すごい*:.。☆..。.(´∀`人)
こんなにきれいなアーチで虹見れたの
久しぶりです。

しかもしかも
普段通りの出勤時間じゃなくて
健康診断でたまたま早く家出てたから見れたってこともあり
なんか余計にうれしくなりました。

なので
健康診断後、のお昼ご飯は
大好きなMUJI CAFEにて
奮発して4品セットを。
IMG_0959.JPG
いつもは3品せっとなんですけどね。
むふふ♪
MUJI CAFEのこのセット大好き。

そしてやっとパチリできた★
渋谷駅の怒髪天ポスター
IMG_0953.JPG

でもって
家に帰ったら全プレ届いてました。
IMG_0962.JPG
もう、、応募したことすら忘れてたわ(笑)
アルバム「斉藤」と「和義」2枚同時購入者向けの
全プレ、、、だったっけか??

確か応募の時点では
何が当たるか決まってなかったんじゃなかったっけ??
時期としては
年末のご挨拶シーズンで
そういう感じでもらった気分で
ちょっとうれしかったり(笑)

中身はホントにそんな感じのタオルです。
IMG_0963.JPG

おまけ。
新宿にあるJRビル前には
こんなイルミネーションが。
IMG_0961.JPG
山の手50周年記念みたいです。

あ!
明日から3連休!!
わーい(´m`)

わーい٩(⑅´◡` )۶٩( ´◡`⑅)۶ᵋᵎᵌ [たわごと]

その1.
タワレコとスヌーピーのコラボ♪
タワーカフェで食べました。
IMG_0952.JPG
今ならコースターももらえます。
そしてグッズも買っちゃった(´m`)
IMG_0950.JPG
おかげで念願の!ショップ袋もらえました~
ホント、最近店舗で買わなくなったからな。。

その2.
極悪新年会のチケ取れた!
コータローさんとウエノさんとのトークイベント?
コータローさんのつぶやきであるって知ってたんですが
チケット発売日を把握してなくて
気づいた時には既に時遅し。。。チ―( ∀ )―ン

でも流れた分の再発が本日と知り
会社のトイレでGETしましたわよ。

しかも、、、整理番号超いいんだけどー?!
アルファベットってみんなナシなんでしょうか。。

その3.
風とロック無事GET★
131213_gekkan%2011_H1.jpg
昼休みに電車乗って新宿まで行ってきたよ。
夜は会社の忘年会で
遅くなるんで、、、

新宿の勝手が分からず
最初見つからなくてドキドキしちゃいましたが
無事もらえました。

次回は100号
それは年明けてから4月ごろらしい。
どんなスペシャルな号になるんでしょうか。
楽しみです。


明日が今日になって ハッピーバースデー [the pillows]

やっぱりシンちゃん
下北に行ったんですね(*´艸`)
流石です!
いつぞやの、、怒髪天@野音と
コレクターズ@渋谷
被っちゃったときも
シンちゃんがかけもちだったな。

勝手に20周年をお祝いしてやった
コピーバンドのライブ@紅布
ちょうど三浦でやるイベントと重なって
その時もシンちゃんは
メッセージを店長さんに託してくれてた。

一番いろんなこと面倒くさそうにしそうなシンちゃんが
実は一番マメだったりね(笑)

さて。
そんな12.14は
the pillows TOUR 2013 “LOSTMAN GO TO CITY”
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_0943.JPG

あ、日曜日発売の
一夜限りの~、、、一般は
見事に撃沈。
空売りだったんじゃないかね?
なーんてね。
諦めてHiGEちゃんオールナイトでも行くか。
でもオールナイト
心の底から楽しめなくなってきたお年頃っす(笑)

それはいいとして。
ピロウズのレア曲満載?!ツアー
ファイナルです。
まさかの午前中、休日出勤だったんですが
普段着OKだったのでよかったです。
迷ったTシャツは
やっぱ、、、コレ。
funok.jpg

なんかTシャツのサイズ(大きさ?)が変わったのか
XLでも大きくなってて
ちょっとガッカリ・・
パツンパツンも嫌ですが
大きい過ぎるのもなんかね、、( ´_ゝ`)

この日の番号は300番台。
AXが散々だったので
せめてZeppでは、、っと思ってたんですが
うーん・・微妙~(笑)
悪くはないけど
別によくもない。

で、結果
まぁ、いつもの淳くん側2列目辺りに行けましたが
この日はいつもと違って
最前にノッポさんが連なってまして、、
しかも斜めから見る
ちょうどさわおさん辺りにいるという。
なのでホントはもう少しセンター寄りに行けたのに
それだとバッチリ被ってしまうため
泣く泣く
端の端の方へ。
でも激しい押しもなく
快適な環境で見れたんで
よかったです。

10分押しくらいでライブスタート。
最初だけドッと押しが来ましたが
徐々にスペースできていきました。

お馴染みSEでメンバー登場。
淳くんがバスターくんパーツどどん!のTシャツ
だった他は
AXと同じでしたかね。

大歓声の中
さわおさん「アウェイ!」っと雄たけび上げて
『White Ash』からライブスタート。
アンコール以外セトリの変更なし。
これは、、他もそうなんですかね?
今回は初日とファイナルしか行かないから
AX後も一切他のライブレポ
見てないんですよね。。

にしても、この『White Ash』
カッコいい~
すっごく短い曲なのに
物足りなさを全然感じないのは
上手く説明できないけど
これが一番いい長さなんだろうね。

そこからすぐに入る
アルバム通りの流れの
『NO SELF CONTROL』
これがホントいい。
『White Ash』の後はこれ以外考えられないもん。
たまにシャッフルで聞いてて
『White Ash』が流れるんですが
当然シャッフルだから次は
『NO SELF CONTROL』じゃない曲が流れることが多く
でも頭の中で次の曲が流れるまでの空白の間
『NO SELF CONTROL』のイントロ(歌詞)が
脳内再生されています(笑)

続いて
『ROCK'N'ROLL SINNERS』
アウトロで
淳くんと向き合って弾くさわおさん。
この日はこの曲の他にも何回かその場面がありました。

「あ、、久しぶりじゃないか!
元気だったかい?」
フロアから「さわおさん元気?」って声に
「俺は元気ありまくりだよ
さっきも始まる前に楽屋で腕立て伏せ200万回?やったし
今日はずっと爪先立ちで浮いてるから」って。
そう言いながら「あ、、もう駄目だ・・」って
フラフラ。
「じゃ 最後まで楽しんでって」

「Hello, Welcome to Bubbletown's Happy Zoo!
instant show!!」
タイトルコールあってから
『Hello, Welcome to Bubbletown's Happy Zoo
(instant show)』
シンちゃんの アー―――ッッ! って雄たけび
聞けました~。
そういえば最近はシンちゃん
ライブ中ずーっとサングラスです。
なんで?
なんかちょっと寂しいです。

続いて『Mr.Droopy』
この曲では何回かフロアに向かって
指差しする所がありますが
なんとなーく、、1回自分の方にしてもらえたような
気がします♪
あくまでも自己満(笑)
でもあまりに突然で
しかも全く期待してない時だったので
特別「ヤッタ!」ってリアクション
出来ませんでした。。

そして『都会のアリス』
印象的なあのイントロが始まると
な、な、なんと!
あのチビッ子ダンサーちゃん2人が登場。
これにはビックリです。
でもって恰好がアリスとトランプマンってのもあってか
かわいいのなんの。
特にアリスの女の子がかわいいかった~(*´艸`)
これには目が釘付けでした。
ダンスももちろん上手でした。
ブラボー!!

なもんで
あのシンちゃんの雄たけび部分と
ドラムの見せ場
ウッカリ見過ごしてしまった。。チ―( ∀ )―ン

さわおさんとか淳くんも
演奏しながら
ちょっと優しい顔でそのダンサーちゃんたちを
チラっと見てたりしてました。
いやぁ~思いがけないサプライズです。

終わると「ダンサーの〇〇ちゃんと
○○くんに大きな拍手を!」っと。
「いやぁ、、すごいでしょ。
あの子たちはEザエル兄さんところの
ダンサーさんで。
PVでも何テイク録っても全然乱れず
すごい持久力だよね。
俺あの男の子と殴り合いのけんかやったら
負けそうだもん(笑)」って。

「このツアーでは
あまりライブでやってない隠れた名曲なんかも
やったりしてるんだが、、
次の曲は恐らくツアーのライブ以降
ほっとんどやってない曲なんじゃないかな」って
紹介で『ウィノナ』
なんか、確かに久しぶりの曲なんですが
そんなに、あーやってなかったよね~って
しみじみ思うほどではなかったです。
なんか逆にそんなにやってなかったんだ、、って
意外に思ってしまったというか。
何ででしょ・・

そして『Last Holiday』
しっとり歌い上げる姿に
グッときます。
髪型が昔のストレートに戻ってるせいもあってか
なんか昔の印象とタブってしまって
余計にグッときます。

次にイントロのドラムが素敵な
『RUSH』
最後の最後 今 キミを連れ出したい の
後に来る イェイ で
一緒に拳を上げるのが
何気にうれしい。

「えーっと、、次は新曲をやるよ。
きっと今聞いて
帰るころには
サビってこんな感じだったよねって
歌えるくらいの。
あの、、他にもイロイロ作ってるんだけど
今日やるのは一番ライトなものを。
来年の25周年に向けて
ザ・アニバーサリーって感じの曲もあるんだけどさ」

「タイトルは
ABOUT A ROCK'N'ROLL BAND
ロックンロールバンドについて」

『ABOUT A ROCK'N'ROLL BAND』
そう言われて
AXで聞いたのを思い出そうとしたんですが
始まるまで思い出せなかった・・・・(*´ω`)
でも始まったらすぐに
そうだ!そんな曲だった!って
すぐに思い出せました。

ロックに目覚めて
今が一番楽しい!そんな初期衝動っていうのかな
そういう清々しい?気持ちを感じられる1曲。

「次はこの曲を!」って紹介で
Peeちゃんがギターを弾いて
「Fun Fun Fun OK!」ってタイトルコールで
『Fun Fun Fun OK!』
なんか、、ちょっとドキってしちゃいました。
まるで自分の名前
生で呼んでもらえたような気分♪

続いて『Skin heaven』
この曲はちょっと気だるい感じで歌ってるのが
印象的。

『Crazy Sunshine』が終わった辺りかな
さわおさん
汗拭きながらドラム台に座ってました。
中盤で疲れが来るお年頃なんでしょうか・・(笑)

「25周年を記念して
トリビュートアルバムが出るのは、、知ってるかな?
15周年の時にもトリビュートは出てるんだけど
それはかなり特殊なもので
言ってみれば俺が15周年のプレゼントをくれくれと
お願いしてやってもらったものなので、、、
まぁ、いわば友情の証みたいなもんだったけど
でも今回のはいわゆる世間一般的な
トリビュートアルバムらしく
リスペクトされてやってもらってる。
もう何曲か届いていて
聞いてるんだけどどれもいい!
確実に言えるのは、、、全部オリジナルより
素晴らしい!(笑)
もう俺これからこのトリビュートアルバムの
コピーバンドになろうかと思うくらい。」

へぇーへぇー
そうなのか。。
実は私、唯一アルバムで(初期を除)持ってないの
そのトリビュートアルバムだったりして
なので今回のも買わなくていいかなー、、なんて
思ってたりしたんですがそんなこと言われたら
ちょっと気になっちゃいますねぇ・・

「ジャケットも夏帆ちゃんにやってもらって。
これもちゃんとピロウズを好きって
思ってくれてる人にやって欲しくて
たまたまお願いしたら
快く引き受けてくれまして、、

ジャケットだけじゃなくて中用にも
何パターンか写真を撮ったんで
俺も撮影にちょっと顔を出したんだけど
あの表紙にもいる
大きなバスターくんのぬいぐるみがあるじゃないか
あれを夏帆ちゃんが抱っこしてて
俺はそのバスターくんを抱っこして
間接的に抱いてきました(笑)
いいぞ、間接の間接抱きしても」って
Peeちゃんの方へ行くさわおさん。
小学生かっ(笑)
にしても夏帆ちゃん
ピロウズ好きってインタビューか何かで
言ってたんですかね。
知らなかったです。

「そしてトリビュートと言えば
ブッチャーズのトリビュートに参加して、、
ようちゃんは亡くなって
一番聞いてもらいたい人に聞いてもらえないのは残念だけど
おれは2回も聞くことが出来て
その後輩からのシンパシーや思い?を
感じることが出来てる」
そんな言葉から『ハッピー・バースデー』
これ、かなりグッときました。
思わず涙出ちゃったもん。

今まで例えばミッシェルのアベさんとか
亡くなったって聞いても
正直あまりリアルタイムで知らなかったりして
そこまで想いってのはなかったりしたんですが
吉村さんに限っては
ライブも見たことあるし
イベントでも見てるし
ちょっとだけ近い感じの方だっただけに
亡くなった衝撃は今までで一番大きかったです。
なのでそんな話されたら
泣いちゃいますって。

『クオーター莫逆の友』
この曲はずーっと裏でPeeちゃんが
コーラスしてました。
私はメロディラインよりも
上とか下のハモりパートの方が何気に好きで
ついついそっちの方に耳を向けてしまいます(笑)
そして最後のところだけ
淳くんが歌うという
まさにピロウズは3人だけど
4人でピロウズなんだって言ってる感じです。

ジーンと余韻に浸ってるところに
『Wake Up, Frenzy!』
私にしてみれば
この曲の方が『ウィノナ』より
ずっと「あー久しぶり」な感じがしてしまいます。
この曲もシンちゃんのドラム見せ場が
ありますね♪

「じゃーメンバーから一言ずつもらおうかな」

まずは淳くん。
「今回のツアーは
なぜか食べ過ぎが止まらないツアーでして、、
広島でベルトの穴が4つ目から3つ目に変わり
大阪でTシャツのサイズが
SサイズからMサイズに変わりました。
このままではヤバいと思い
昨日体重計に乗ったら
AXの時と同じ!
ギリギリ間に合いました!!」
淳くんのブログを読んでたら
ホントすごい食欲で大丈夫~って思ってたんですが
なんとか維持はできたようで(笑)
よかったです。
やっぱバンドマンは太ってちゃダメですって。

続いてシンちゃん。
「お久しぶりですね。
Zeep Tokyoはピロウズがお休みしてたんで
1年半ぶりくらいですか?」
その言い方が棒読みチックで
思わずさわおさん
「何だよ、その台本でも読んでるかのような、、」って
ツッコミ!
いや、まさにそんな感じでした(笑)
 ※シンちゃんの言葉はちょっと違ったかも?

「お休みしてたからって訳ではないですが
ついに私の衣装のジーパンが
以前はユニクロだったんですが
guに成り下がってしまいました。。980円。
そして着替えの私服もguになりつつあります。
値段じゃなくて
あの独特のごわっとした感じが気に入って
着ているのです」
って言うと
さわおさん「何、遠回しに悪口言ってんだよ(笑)」
シンちゃん「2つ合わせても
2000円でお釣りがくるという、、
上のTシャツは高級感あふれてるので
つり合いが悪いくならないか
心配してたんですが
大丈夫みたいです。
そんなこと言わなきゃ分からないのね。」
さわお「誰もドラマーの下半身なんて
見てねぇーよ」
シンちゃん「安い服を着ているけど、
安いライブはやるつもりないんで
最後まで楽しんでいってください」

ホント、言わなきゃ分かんないのにー。
増子さんも黒のパンツはユニクロって言ってたな。。
ハルさんもユニクロって言ってたっけ?
バンドマンの衣装はユニクロ多いな(笑)
汗だくになるし
何度も洗濯してるとすぐダメになるし
お値段も安く
シンプルで使いやすいんでしょうかね。

そしてPeeちゃん。
「久しぶりのツアーで
今日、こうして、最後の灯を無事迎えられて
本当にうれしいです。
結構この歳になると
そう簡単にできることでもなかったりするので、、
危ない時期もありましたが
みんなで一致団結して(さわおさん、オーって拳あげる)
頑張って、、、っていうのはウソですが
ここに努力してきました。
でも、ホントに
こうして今日ここに立ててることがうれしいです。
ありがとう!」

「オイ!せっかく同感して
一致団結で拳上げたのに、、、
ウソって
俺のこの上げた手に謝って欲しいわ。
恥ずかしいわ!」っと
ソッコー、さわおさん。
いや、気持ちは分かります。
私も「え?ウソ??」って思わずツッコミそうに
なっちゃいましたもん(笑)

それは置いといて、、
最近のPeeちゃんのMCで
「ありがとう」ってよく言ってくれますが
この言い方が優しくてホントうれしくなります。

ここでさわおさん
何か言ってたか、、、ちょっと記憶ないんですが
淳くんの方を指さし
『Sleepy Head』
この曲もカッコいいよね~
轟音のベースが特にカッコいい。

この曲だっけ
歌のない演奏部分
シンちゃんのドラム台に上がって
シンバル叩いてたの。
なんかそれが
あんまりやらないことで
おぉ~って思っちゃったんですよね。

最後は一度終わったと見せかけて
再度始まるという
こういう形
盛り上がります。

でもって最後さわおさん
こっち側のステージギリの所まで来て
ギターをフロアに向けてくれたんだっけ?
うーん。。
記憶が・・(´+ω+`)
なんか最初にいた位置より
さらに端っこまできてくれて
そのおかげですごくギターに近くなって
思わずワーって手を開いて伸ばしてみたんですが
さすがに届かなかった・・
でもうれしかったです。

その盛り上がりのまま
『モールタウン プリズナー』

そしてラストスパート
『POISON ROCK'N'ROLL』
イントロをみんなでクラップハンズしたり
ラストにアウトロ的なものがついたりと
ライブと共に進化してきた曲。
あのアウトロの首(体?)を振って弾く演奏シーン
思わず一緒に振りたくなっちゃいます。

これで終わってもいいくらいの盛り上がりなんですが
最後はやっぱり『Ready Steady Go!』
一緒に叫べるってやっぱ楽しいです♪
「サンキューベリーマッチ!」

シンちゃんドラム台でペコリと挨拶。
Peeちゃんのピースはここ最近では恒例。
淳くんも手振りつつ。
そしてさわおさん
チラっとフロアの方向いて
指差しつつ退場。
端っこにいると
こういうの、うれしいです。

アンコールの事かく前にちょっとだけ。
いつものことですが、、、
チューニング中のフロアの様子。
結構シーンってなっちゃうこと多くって
でも中にはそんな中で
名前を呼んで声援する人。

ワーってライブで盛り上がった直後
シーンってなっちゃって
思わず「あれ?みんな帰っちゃったの?」
そこからワーって声援飛ぶ。
すると「あ、接待声援はいらないから」って。
これ、かなりオモシロかったです。

でもやっぱりシーンってなっちゃうこと
多くって。。
てか、、やっぱさわおさん
チューニング遅い(笑)
長いっていうのか、、
まだ?って何度か思ったもん。。

で、「今日は、、
思いっ切り盛り上げようとしてる人と
何があっても喋らないと決めてる人とが
いるのかな?」って言って
喋ろうとしたところ
口を押えて「ダメダメ」って
仕草をするのがまたオモシロかったです。

「まぁな、、たとえばオレが
コレクターズのライブに行って、
客席にいて『加藤さーん』って
言わないよなー。ずーっと黙ってるなー」
そう。
それなんです。
別に声援しないって思ってるわけじゃないけど
でもなかなかあの場で声かけるのって
かなり勇気いると思うんですよね・・

なのに、、、頑張れって2回か3回か
同じ人かどうかは分かりませんが言ってる人がいて
・・・なんで空気読めないんだろ
1回スルーされた時点で気付けよ
って思うんですけど。
特に「頑張れ」はダメでしょ。
あのオトナな対応のできる増子さんだって
頑張れって言われて
「いや、充分頑張ってるつもりなんですけどね、、
そう見えないのかな」って
やんわり嫌悪感出してるってのに。

っと、、
ちょっと合間に書くタイミングなかったんで
ここで書いちゃいました。

で、、アンコール。
スタスタスタっと
この日はグータッチはなし。
後ろ向きでやたらとイヤモニの調整を。
その間、ワーキャー
やたらと声がかかってたんですが
クルリと前を向き
チューニング始めたら
なぜかフロア、シーンって。。

「なんで俺が背中向けてるときは元気で
前向くと静かになるんだよ」って。
すぐさま、歓声大(笑)
「なんか頭来るな、、」
あはは。

「あー、、アンコールサンキュ!
じゃーもう少しだけ
遊んでやるよ」
セリフは以前と同じですが
言い方が違ってて
なんて言うか、、やわらかい?言い方でした。

1曲目は『Blues Drive Monster』
中学生や高校生の頃に
この曲を聞いてたら
きっともっと勇気もらえてただろうなって
思う曲。
毎日が辛い若者たちは
この曲を聞いたらといいのに
って思います。

そして『Waiting At The Busstop』
イントロや間奏からAメロに入るときに
さわおさんが右足をキックするんですが
それが、もーぉっっ、大好き(ノ∀\*)
カッコ良すぎ。
でもって最後はCDでは味わえない
長ーく続く I still want you が
テンション上がります。

「楽しかったかな?
俺は楽しかったよ!
来年はアニバーサリーで
今までにない企画をいろいろ発表出来ると思う
、、、金ためて待ってろよ(笑)」
溜めて何言うのかと思ったら
脅しだー(笑)
でも発表が待ち遠しいです。
カウントダウンライブとかで
何か大きな発表ありますかね??

帰って行くとき
シンちゃんまたまたペコリとお辞儀。
今までもやってたんだろうけど
何気に見逃してました。。かわいい♪
Peeちゃんはピースマーク
淳くんは両手を振って。
そして最後のさわおさん
今度も人差し指をフロアに向けながら、、
でも今度は
なんかチラっと目が合った気がする。
きっとあそこにいた人みんな思ってるだろうけど
でもそんな感じがしました。

追い出しの曲は
新曲の『ABOUT A ROCK'N'ROLL BAND』
もう音源として出来上がってるんで
リリースも間近ですかね。

終わった辺りで、、、
メンバー登場。
Wアンコールです。
またしてもグータッチはなし。
ま、あったとしても
どうせ届かない距離だったんで
むしろなくてよかったとか思っちゃったんですが
近い距離にいた人は
残念だっただろうな・・

「昔の曲をやると
当時の気持ちや思いを思い出す。
歴史に頼りたくはないけれど
歩んできた道のりが無意味だったとも思ってなくて
その時の感情が
音となって形となって伝わると信じてる」
かーなり、、、曖昧。。
でもAXで語ってたこと
今の、今までやり続けてきたことに対する
想いっていうんですかね。
こうして脚光を浴びるようになって
そうじゃなかった時代の曲をやる
その気持ちっていうのか。

そんなMCに続く
『ハイブリッドレインボウ』
出だしに Can you Feel? って
いつもフロアに向けられるけど
まさにそれなんだと思います。

「サンキューベリーマッチ!!」

大歓声の中、さわおさん以外のメンバーは
帰っちゃって1人
「もう45歳になっちゃったよ。
ピロウズを20歳の時に始めたから
25年もやってるんだけど
その間で楽しいこともあった
でもその反面、辛い選択をしないといけないこともあった
それはロックンロールに
美しさと誇りを与えるための選択で
そして今また楽しくなった」

ここでフロアから大歓声&拍手。
長い拍手に思わずさわおさんも
グッときたのか
なんか泣いてる感じ。
顔が赤くなってました。
タオルでゴシゴシ頭から顔にかけて拭いて
でも拍手が鳴りやまなくって
何度も深呼吸をするっていうか
言いかけようとするんだけど
グッとくる感情を押さえられないような?

そして深く息を吸って
「誰にお礼を言ったらいいか分からないから
キミたちに言うよ
・・・ありがとう」
そう静かに言って
スタスタと帰って行きました。

いやぁ、、、感動ーーーっ。
20周年の武道館の時のMCを
思い出しちゃったよ。

そこからしばらくフロア
拍手鳴りやまず、、ですよ。
もうないなとは思いつつ
でもあともう1回歌が聞きたいとも思ったり
でもやっぱりその後はなかったです。
そりゃそうよね。

いいライブでした。
復活ライブって感じは
正直なかったです。
シンちゃんのMCで1年半ぶりとか言われても
え?そんなに空いてたんだ、、って
改めて知らされるというか。

こうして新旧織り交ぜた曲を聞いて
聞いてる側としても
いろんな想いがこみ上げてきました。
来年は25周年。
あの武道館から5年も経ったとは、、
まだDVD見てないってのに(笑)
年末にでも見ようかな。


<セットリスト>
 01.White Ash
 02.NO SELF CONTROL
 03.ROCK'N'ROLL SINNERS
 04.Hello, Welcome to Bubbletown's Happy Zoo
 05.Mr.Droopy
 06.都会のアリス
 07.ウィノナ
 08.Last Holiday
 09.RUSH
 10.ABOUT A ROCK'N'ROLL BAND(新曲)
 11.Fun Fun Fun OK!
 12.Skin heaven
 13.Crazy Sunshine
 14.ハッピー・バースデー
 15.クオーター莫逆の友
 16.Wake Up, Frenzy!
 17.Sleepy Head
 18.モールタウン プリズナー
 19.POISON ROCK'N'ROLL
 20.Ready Steady Go!

 EN1.
  Blues Drive Monster
  Waiting At The Busstop

 EN2.
  ハイブリッド レインボウ