So-net無料ブログ作成

一瞬で忘れろ長い目で見りゃカスみたいな問題!どうだい?問題外!振り返れば後悔も財産だろ! [音楽]

11月が終わります。
ここ最近ではありえない
1ヶ月にライブ4回という
少なさで
もう、かなり禁断症状出てきてます。
でも12月も言うほど多くないんだけど・・(;´д`)

そんな11.29は
ピロウズ一夜限りの復活ライブFC先行結果発表でした!
結果は・・・・
落選かよ(-ω-`)
クソー

最近めっきりFC限定とかハズレまくってるから
そろそろ来るんじゃないか?って
期待してたんですが
結局は運ってことか。
でもさ、今どきいろんなことがPCでできる時代で
一応それなにり管理してるんだったら
そこら辺いい感じにみんなにまんべんなくいきわたるよう
配慮してくれてもいいんじゃないか?って
チラっと思ったりもするんですよね。
っと。
愚痴ってしまいました。。
気を取り直して
HP先行、他一般でやれるだけはやってみようと思います。
ガンバレ!自分!!

で、11.29は
SKULLMANIA Vol.7
@新木場STUDIO COAST
Live:the HIATUS/10-FEET/グッドモーニングアメリカ/TOTALFAT and more
でした。
IMG_0834.JPG

平日なのに16:30開場17:30開演って
普通に仕事してから行ったんじゃ
まず間に合わない時間設定。
前に取ろうと思ってた半休(代休)を
この日に変更して
張り切って開場時間に間に合うよう
行ってきました♪
IMG_0835.JPG

でもなぜか私は半休を取るときに限って
いろいろ仕事でトラブルというか
キッチリ13時に上がれないという
事実。。
悲しい。
でもなんとか15時前に帰ることができ
ホッとしました。

13時に上がったらこの日からOPENの
MUJI CAFEに行こうか
もしくはタワーカフェに行こうかって
思ってたのに
これはお預け。
会社近くでお昼とって
渋谷をブラブラして時間潰して
会場へ。

番号1000番台だったので
開場時間過ぎての到着でもよかったんですが
間に合ってしまいました。。
でもさすが時間通りに来れない人も多かったのか
なかはガラガラで
普通に前の方も行けたんですが
タイムテーブルで
先にあまり馴染みないバンド2バンド来るって分かってたので
この日は後ろで大人見。
skullmania_vol7.jpeg

中段にあるバルコニーみたいなところの最前が空いてたので
そこで待機。
ここ、、その後も全然混雑しなくて
しかもステージもそんなに遠くないし
よく見えるし
快適でした。
でも、、、ちょっと大人しすぎるかな( ̄▽ ̄;)
1階で大暴れしてるのがちょこっと羨ましく
思ったりもしつつ。

開演待ってると
VTRでイベントのグッズの紹介とか
出演者の紹介とか流れてきて
そうこうしてると
レイザーラモンによる前説と
あと何とかっていうお笑いによる前説があり
退屈しなかったです。

その後も
転換中
そのお笑い枠による短いライブや漫才なんかもあって
待ってる時間がアッという間に感じました。
これはなかなかいいね。

トップバッターはTOTALFAT。
単独でのライブは見たことないかも?
いつぞやのJAPAN JAMでNorthern19と一緒にやってるのを
見たことはあったけど。
でもモンスターロックとか音流とかで
結構ゲストで来てたりするので
なぜかそこそこ知ってたりもする、、曲以外(笑)

で。ライブですが、、、
よかった!
なんか変な固定観念というか
こういうバンドの人たちって
全部英詞のイメージがあったんですが
日本語歌詞で歌ってるんですね、、、
次のグッドモーニングアメリカもそうでしたが
なのでそれだけで私はかなりいいかもーって
思ってしまいます(笑)

早い時間でのライブだったので
「皆さん、お仕事とか学校、大丈夫ですか?
今日は半休いただきます~って来たんですかね?」って
言ってて
まさに!って可笑しかったです。
この方々、社会人経験してるのかしら?
じゃないと半休とか知らなくない?

それにしても
MC熱かったな~
聞いてるこっちが恥ずかしくなっちゃうくらい
なんか熱く語ってて
若いわ~って思ってしまいました。
いや、いい意味でね。

1曲何の曲だっけかで
TAKUMAが飛び入りで参加してました。

続いてグッドモーニングアメリカ。
コチラはホントにライブ初めて。
てかメンバーもたなしん意外
どんな人かも知らなかった・・

そしてそのたなしんですが、、
いきなり始まる前に
2階のガラス張りの部屋がある前のバルコニー柵の上から登場。
ここでHGに対抗?!して
あーちーちーあーちーってアカペラで歌いながら
ステージまで下りていくという演出でした。
オモシロかったです。
そのテンションとは全く正反対?!の
落ち着いた他メンバーとの差が
なんか不思議でした。
でもたなしんも楽器持てば
真面目な雰囲気で弾いてましたけど。

そしてライブ
こっちもよかったです。
調べてみたら、、、最初は英詞だったみたいですね。
"開いてく、届けてく"ってのがバンドコンセプトで
みんなに届くような音楽をこれからもやっていきたいって
こっちも熱いMCでした。

どちらもまた機会があったら
ライブ見てみたいと思いました。

さてさて。
いよいよ後半
1階の混雑具合もハンパなくなってきました。
続いては待ってました!
10-FEET。
そうそう、入場するときにお目当てのバンド聞かれました。
個人的にはあまり聞かれるの好きじゃないです。
もちろん、お目当てがあって行く・行かない決めるけど
来ちゃえばどれがお目当てだからって
別にどうでもいいとじゃん?って思ってしまいます。

いつものSEでメンバー登場。
イントロアレンジの演奏あってからの
『JUNGLES』スタート。
アガりますね~この曲は。
でもセトリはあまり物珍しい感じではなかったです。
今年のイベント・フェス仕様っていうか
でもライブ自体そう何回も行けないので
それでもまだ今は満足できちゃうかな。

『RIVER』の歌詞は"隅田川"

『シガードック』前のMCは
いつもちょっとウルっときちゃいます。
今イロイロ仕事でムカっとくることや
腑に落ちないこととか多いせいかも。
それでもライブに行く楽しみがあるから
頑張れるんだなーって
改めて思わされるっていうか。

『その向こうへ』前だっけか、、
前のでちょっと人が倒れた?か何かがあったみたいで
もう少しで曲いくって直前に
「大丈夫か?」ってTAKUMA。
すぐにそれに対応して
照明がパッとついたのがすごかったです。
でも結局大丈夫だったようで
「何もなかったか、、じゃーこのままいきます」って
キレイに曲へ流れて行ったのも
流石でした。

最後は『goes on』
なぜか曲前に全員座らせたり
途中で全員後ろ向かせてジャンプさせたり
よく分からないけど
何か楽しかったです(笑)

アッという間に終わってしまいました~
もっと10-FEEのライブにはホント行きたいんですけど。。
なかなか行けそうなのがないんです(´;ω;`)

チケット検索してたら
渋谷クアトロでの
Northern19との対バンライブのチケットが
まだ発売中じゃん!
っと思ったら、、その日は他のライブが入ってた。
クソー。。。
じゃなかったら
ソッコーチケット取ってたのに。
クアトロだよ?
悲しい。

<セットリスト>
 01.JUNGLES
 02.VIBES BY VIBES
 03.1sec.
 04.Freedom
 05.RIVER
 06.シガードッグ
 07.その向こうへ
 08.goes on

いよいよラストはthe HIATUS。
ステージ上のセッティングが
大がかりな感じでした。

細美さんの髪型が、、、
なんて言うか下の方だけ赤?
なんかちょっと変な感じでした。
マサさんは真っ青。

まだいつだっけか?にリリースした
シングルは買ってないんですよね~
なんかあまりピンとこなくって。
今回のライブも全体的に言うと
わりとゆっくりした曲が多かったイメージです。

でも細美さんやけにうれしそうに演奏してました。
「イヤァー!」とか雄たけびもあげてたし。

あと、、『Waiting For The Sun』だっけか?
ハンドマイクで歌ったの。
ちょっと意外な感じでビックリでした。

MCは、、
TOSHI-LOWとの東北弾き語りツアーでの話で
「俺は美人は嫌なヤツが多いって自論があって
?(ライブハウスの名前)の時に
今日のお客さんはみんな優しくていい人が
多そうだよねって(笑)
で、今日も、なんかいい人な感じがするよ。」って。

あとはスカルマニアのお店
ここにいるみんなが行ったらきっとお店繁盛すると思うから
行ってあげてって。
そう、ちょうど行き方のVTRが始まる前に流れてたんですが
その行き方と同じような言い方で
説明してたのが可笑しかったです。
渋谷駅からずっと直進して
ちょっと曲がってちょっと行ったところ、、。

ラストの『Insomnia』から『紺碧の夜に』の流れは
圧巻でした。
そしてアンコールの『ペテルギウスの灯』
最初の頃の方が好きだな~

<セットリスト>
 01.The Flare
 02.Monkeys
 03.Storm Racers
 04.Deerhounds
 05.Bittersweet
 06.Superblock
 07.Horse Riding
 08.Shimmer
 09.Waiting For The Sun
 10.Insomnia
 11.紺碧の夜に

 EN.ペテルギウスの灯

最後はそのスカルマニア代表の人が出てきて
早くも来年の話を。
あと残ってるメンバーもステージ上に上がって
〆の「フォー!」をやって
終わり。
なぜかNAOKIに一言を振られ
「はよ帰れっ!」って(笑)

終了は、、、21時過ぎくらいだったかな。
長丁場のライブだったと思うんですが
合間にお笑いが入ったりVTRが入ったりしてくれたおかげで
全然長く感じなかったし
ギューギューな環境でもなかったので
全く疲れずに終わりました。

来年は11/24 新木場スタジオコースト
だそうです。
一応、、要チェックですかね(笑)


ラジオ すてきなあなたに⑧ [The Birthday(2012年~)]

この日はバッチリスタンバイして聞いて
メモもしっかり取りました♪

な、な、なんと!
番組始まって以来の
ゲストがって。
誰?誰?ってドキドキしてたら
これまたビックリの
ハルキがゲストって!!

いやぁ~メモるのも張り切っちゃいました(笑)

チバくんやキュウちゃんとラジオに出たことはあるけど
この組み合わせないよね。
実は一番望んでた組み合わせですって
うれしそうなフジイさん。

演奏はレモンのイントロで
ハルキも「お手伝いします」って一緒に。
いいね~ベースとギターのみの演奏って
なんか新鮮。
1463367_551226531637825_193923612_n.jpg

弾き終わってフジイさん「んんっ!」って唸ってて
あーよくツィッターでみんなが言ってたのはこれかって(笑)
ハルキも連られてボソっと唸ってたのが
可笑しかったです(´m`)

早くも番組はエンディング
「来週も来てくれる?」に対し
「いいとも!」

そしてラストの「ほいじゃの~」
こちらもハルキも一緒に。
フジイさんに比べ声めっちゃ低い(笑)

いやぁ~
ほのぼのしててよかったわ~


で。
この回は欲しいわ~って願ってたら
ちゃんとUPしてくださいました♪ヽ(´▽`)/


ありがとうございます!
来週もゲストらしいので、ぜひともよろしくお願いいたします。


<追記>
フジイ(F) 何と今日はこの番組に初めてゲストが来てくれました!
ハルキ(H) The Birthday Baヒライハルキです
F いらっしゃい!
H どーも
F キュウちゃんチバくんとはラジオやったことあるけど
ハルキくんとは初めてなんで
H ね。この組み合わせ、ないっすよね
F 僕は一番望んでた組み合わせ 
H (笑)
F 楽しくやりましょ
H お邪魔します。

F 今日はThe Birthdayが12/4に「LEMON」がリリースされるんで
その曲のエピソードなんかを言って行こうかなっと
H はいはいはい
F なんかある?
H エピソード、、いっつも聞かれるけど何かあります?
F PVで能野監督、、うちの社長が初メガホンをとったっつうか
H 頑張ってましたね
F やりかったことは白と黒の若かりし頃の自分と現在の自分を出したいって
H そうでしたね
F 若かりし頃ってのが再現できてるのか、、
H (笑)まぁまぁそこは、、
F 見て思ったんだけど、、
H 見終わった時のみんなの反応がすごいよかった
F すごいよかったね
H お前調子に乗んなよって言われてましたよ
F キュウちゃんが社長にでしょ?暴言吐いてたよね。
H お前ホント調子に乗んなよ!って
F 社長にそんなこと言うなんて、、ビックリしたわ
H オモシロかった

F 今日はちょっと前に「LEMON」のイントロをこの番組で弾いたんで
ソロの所を弾こうかなと思って、、ハルキくんちょっと
H えぇ、お手伝いします

F ん! H ん。

F フジイ 今日は初のゲストThe Birthdayヒライハルキくんが来てくれました
H どうもでした
F 来週も来てくれる?
H いいとも!
F じゃ、来週はバージンヌード~紹介します
H 普通に流してる、、、
F それでは素敵な1週間をお過ごしください。ほいじゃーのう
H ほいじゃのー


横山健 -疾風勁草編 [音楽]

ついに!見つけた!!
IMG_0833.JPG
一つ先の駅にあるスーパーで。
やった~(*´∀`*)

でも・・
今日食べてみたんですが
その初めて食べたときほどの
感動がなかったっというか・・・。。
あれ?!(笑)
ま、ま。
2パック食べ切ってみて
また買いに行くかは決めればいいやね(;´д`)

さて。そんな昨日は
横山健 -疾風勁草編を見てきました。
IMG_0827.JPG

前売り券買おうと思ってたんですが
上映時間がなかなか発表されず
行けるかどうか分からなかったので買わずにいたら
公開始まってしまって
前売り買えなかった。。(-ω-‘)
IMG_0830.JPG
あの前売りチケット
ピクチャーチケットでかっこよかったのに。

で。
映画ですが、、


うーん、、何て言ったらいいんでしょ。
私は健さんの大ファンとかじゃないし
ハイスタもリアルタイムで知らないし
だからなのか
すごくフラットな気持ちで見れたっていうか。
そして健さんって人について
深く知ることができたって言うか。
思ってたよりずっと色んなこと考えてたし
ちゃんとした大人なんだなって(笑)

あと作りとして
ドキュメントっていうよりは
延々健さんが語ってるだけなので
インタビュー記事を読んでる感覚?
だから映画を見たって感じは全くなかったです。
2時間アッという間ではあったけど
じーっと座ってないといけないのは
結構後半辛かった(笑)

やっぱり音楽だけを続けていくこと
バンド活動を続けていくことって
中途半端な気持ちでは
できないんだなってのを
改めて知ったようにも思います。
でもそこまでがむしゃらに
これで一生やっていくんだって思えるのって
なんか羨ましいな、、っとも
思いました。

CDほっとんど聞いたことないんで
ワンマン行くほどではないんですが
でもライブはまた行ってみたいので
この前The Birthdayと対バンしたみたいなの
やってくれたらいいなー。
なんてね★
てか、、CD借りてこよう。

いつ行こうかな☆ [たわごと]

まだまだって思ってたけど
結構終わり迫ってきてる?!
IMG_0823.JPG
1月明けてから
5日までだったとは
ウッカリしてました。。

土日は混んでると思うと
平日に行きたいと思うのですが
休み取ってまではなー・・って。
17時ダッシュできそうな日に行ってきますか。

って。。
そこまでスヌーピーLOVEって訳ではないけれど
やっぱスヌーピーは好きです。

タワレコのウィンターセール
スヌーピーとコラボしててショップの袋とか
オンラインの段ボールとか
スヌーピーVer.になるとか。
22.jpg
もーこれ欲しさに
つい買ってしまいそうだわ(笑)
11/22~だそうです♪

何かと思えば(笑)(*´艸`) [the pillows]

newspi.jpg

最近はネット情報が早くって
いろんなことがニュースになりますね(笑)


復活 第一期ピロウズ チケットは
やはりFC先行お一人様1枚でした。
よかった。
これで2枚とかされて落選した日にゃー
FCへクレームメール出さなきゃいけなかったかもしれない( ´_ゝ`)

これの発表があってから
シャッフルで第一期の頃の曲がかかっても
飛ばさないで聞くようにしてます(笑)
曲はいいのよ、でも音が小さいのと
さわおさんの声が若すぎるのとで・・・
ってことは
今のさわおさんが歌えば
かなりグッとくるってことかしら?!
あー
チケット無事とれますように(>ω<)

ラジオ すてきなあなたに⑦ [The Birthday(2012年~)]

先週の反省を生かし?!
この日は早々にスタンバイ。
、、、っつても
この日はピロウズのライブでAXにいて
グッズの先行販売に並んでいたのですが。。。

あろうことか16時スタートで
始まった途端にグッズ販売も始まっちゃって
(少しタイムラグがあるせいで、、)
ちょっとバタバタしちゃいましたが
無事!初!リアルタイムで聞けました~
IMG_0816.jpg
ワーイ♪ヽ(´▽`)/
いいね、いいね。
ギターの音めっちゃよかった。

たださっきも書いた通り
グッズに並んでいたため
所々話を聞きもらしてて
うぅ・・文章にできないかも??って思ってたら
この日はラジオUPされておりました。



リクエストしたら弾いてくれるそうで
リクエストしてみたいんですが
コレ!って浮かんで来いない。。
ベースのフレーズならあれこれ浮かんでくるんですけど
やっぱギターあんまり聞いてないとみた(笑)


<追記>
こんにちは。
福山出身The Birthdayギタリストのフジイケンジです。
今日はラジオネームヒロハピさん、ゆみうしさんから
The Birthday「SとR」にまつわる質問とリクエストをいただきました。

ヒロハピさんからは先日のなんばハッチのライブではレスポールではなく
ジャズマスターを弾いていましたが
フジイさんはギターをどのように使い分けているのでしょうか?
レスポールは半バッカー、半バッキングのピックアップで
ジャズマスターはシングルなんですけど
半バッキングはノイズも少なく音も太くてドスの利いた感じの音がするんですけど
ジャズマスターはそれに比べたら細いんですけど
すごいエッジのあるジャキーンとした感じの音で
最初はThe Birthdayはレスポールでやってたんですけど
「Red Eye」とかちょっとああいう色気のある曲はジャズマスターでやってて
ちなみにこの「SとR」はレコーディングはジャズマスターだったんですけど
「アウトロ―」とかもジャズマスターだったし
できればレコーディングで使ったギターで再現したいなっていうのがあるんですけど
The Birthdayだとそうもいかないんで
ライブ中そんなにギターチェンジも何本もできないから
どっちか1本をメインにしつつって言う感じでやろうかなって思ってるんですけど
今回はジャズマスターを使ったんですけど
このジャズマスター62年製オリジナルブラックのジャズマスターなんですけど
これは僕は見たことないですね
ウィルコのニルスクラインが使ってるくらいかな、、スゴイレアなんですけど
僕はジャズマスターが大好きで
ジャズマスターだったら何本あってもいいなってそんな感じです。

ゆみうしさんからはギターソロの2小節目辺りのチョーキングが好き過ぎるので
そこを弾いてください
まぁ、ちょっとまるまるソロを弾いてみます

そんな感じです。

今日は「SとR」を弾いてみたんですけど
こんな感じのリクエストなどどしどし待ってます。
それでは素敵な1週間をお過ごしください。
ほじゃーのう。

信じてるだけさ約束なんてない感じるままに こうやって前向いてすぐFUN FUN FUN OK! [the pillows]

本当は怒髪天2Dayの予定だった
11.16は
the pillows TOUR 2013 “LOSTMAN GO TO CITY”
@渋谷AX
でした。
IMG_0815.JPG

そりゃーピロウズのツアー初日
場所は東京となると
名古屋に行ってる場合じゃないってね。
ただこれ、対バンBRAHMANだったから
迷いもしなかったけど
THE BACK HORNだったら
どうしてたかなー・・
なんて。

でもって翌11.17は
行こうと思えば行けましたが
対バン9mmだったので
こちらも呆気なくパスしました。
ただこっちに関しては
ここがBRAHMANだったら
頑張って行ってたかもな。

とにもかくにも
the pillows TOUR 2013 “LOSTMAN GO TO CITY”
@渋谷AX
ツアー初日!だったのです。

ピロウズにしては珍しく
17時開場/18時開演というパターン。
かつては土日だろうが何だろうが
18時開場/19時開演だったのに
どうしたんだろう・・
別にいいんですが
今後は開場/開演時間をしっかりチェックしとかないと
ダメってことですね(笑)

今回はグッズがかなり豊作でして。
張り切って先行販売に並びました~
Tシャツ迷いに迷い
黒のZOOとFUN FUN~を購入。
だってーFUN FUN~はこのブログのタイトルにもなってる曲で
そりゃー買わないと、、でしょ。
ただコチラ、ちょいデザイン的には
うーん。。。って気持ちもあったんですが
てか、シンちゃんイラストZOOの方が
欲しかった気持ちもあったんですが
いや、ま、そこはこのFUN FUN~Tシャツを購入。

そしてビーズね。
ブレスレットを普段毎日付けてる身としては
うれしいアイテムでして
でも、、ちょっとやっぱ
オモチャっぽさはぬぐえない出来ではありましたが
(お値段からしてもね、、笑)
こちらも両方購入。

そしてそして買うつもりのなかった
ルービックキューブ
6面全部のデザイン見ちゃったら
いやぁ~買わずにはいられなかった・・

ってことで合計12,000円也!!
初めてだよ、、グッズで1万超えたの。。
バスター様に貢がせていただきました( ̄▽ ̄;)

この日のチケットは
600番台でも後半・・
AXなのにZeppのチケットよりも番号悪いって
なんだかなー、、、って感じです。
中へ入るとやっぱそこそこ前は埋まってて
いっちゃん端のギリ柵の台がある辺りへ。
この台に乗ると5㎝くらい?高くなれるので
なんか得した気分になれます(笑)
でも開演近くに前に詰めろとスタッフに言われ
前に進んだら台じゃないところになってしまった。。。
けど、3列目くらいまで行けたかな?
視界はそこそこよく見れたのでよかったです。

ほぼオンタイムでライブスタート。
いつものSE鳴るとさらに押されて
かなりのギューギューになったんですが
少しずつそれも解消されて行って
最終的にはあまり人と触れ合うことなく
見れました。
一応SOLD OUTってことでしたが
あまり
そこまでギューギューじゃなかったのが
不思議です。

Peeちゃんはやっぱりあの黒のZOOのTシャツ。
クマのイラストがめっちゃ似合いますな(笑)
淳くんはFUN FUN~T
シンちゃんはやはり自作のZOOのTシャツ
そしてさわおさんだけ私服のポロシャツ?(襟ついてたっけ?)
でした。
Peeちゃん以外が白系のTしゃつだったので
やけに爽やかな感じでした(笑)

「アゥ、イェイ!」っと雄たけびを上げ
1曲目はなんと『White Ash』
なんとー!!
そして何より次が『NO SELF CONTROL』という
アルバムと同じ順番になってるってのが
かなりグッときました。

というのも、この2曲って
アルバムでも間にスペース挟まず
すぐに始まってるので
すっごくなんていうか続いてる2曲っていう印象が強くて
それを再現してるのかなーって思うと
なんかうれしくなります。

そんな懐かしの曲でテンション上がったとこで
『ROCK'N'ROLL SINNERS』
 What do you want? 
のところはもちろんフロアで。

「あー久しぶりじゃないか?」
そう言ってチューニングし出すと
「さわおさん元気?」って声が。
「俺は元気ありまくりだよ(笑)」
さらにメンバーの名前を呼ぶ声もたくさん。
「やっぱピロウズ、人気だな~(笑)
ソロの時とは大違い。
じゃー最後まで、よろしく!」

最初の挨拶はサラッと。
「Hello, Welcome to Bubbletown's Happy Zoo!!」っと
タイトルコールをして
『Hello, Welcome to Bubbletown's Happy Zoo』
ワーイ!
でもこれはTシャツになってたので
やるって分かってたから
ビックリはしなかったです。
雄たけびはシンちゃん。

続いて『Mr.Droopy』
なんか久しぶり?
パーパパパパーパーパパーのコーラス聞いて
あ、この曲か・・って思いだした感じ。

やっと聞けた『都会のアリス』
まだPV見てないんですけどー・・

「えーっと、このツアーは
“LOSTMAN GO TO CITY”ってことで
普段のアルバムツアーとかではあまりやらない曲なんかを
いろいろやってるんだが、、
次にやる曲は
もう何年もやってない久しぶりの曲で
Thank you, my twilightに入ってる
ウィノナ!」
そうか、、『ウィノナ』
そんなに久しぶり~って感じもしなかったのですが
それはとにかく曲がたくさんあって
もうどれが久しぶりの曲なのか
把握し切れてないからなんでしょうね。。

続く『Last Holiday』
これも多分PIED PIPERのアルバムツアーで
やったっ切りだと思います。
なんか懐かしいんだけど
何の曲だっけ、、って
最後までタイトルが思い出せなかった曲。
すごい昔の曲かと思ったら
「PIED PIPER」最近じゃん!という。

そして『RUSH』
イントロのドラムが好き。
てか、最近、やっぱシンちゃんのドラムって
すごいなーって改めて思います。
ポッドキャストで
さわおさんがソリッドでタイトなドラムって
シンちゃん以外にいないって
言ってたのが頭に残ってたせいもありますが
シンちゃんのドラムカッコいいです。

にしても。
こうやって新旧織り交ぜてやられると
いろんなことを思い出します。
この曲は「HAPPY BIVOUAC」に入ってる曲で
このアルバムは中古屋さんで買ったんですよね。
たまたま立ち寄ったお店にあって
ちょうどその頃ピロウズを聞き始めてた時期だったので
ワーイ!って大喜びして買ったのを
覚えてます。
調べてみたら、実はリリースされて
まだ数か月しか経ってなかった時期で
ちょっとビックリです。

「来年25周年を記念して
トリビュートアルバムが出るの、、知ってる?」
ワーって拍手が起きると
「もてちゃって困るな~(笑)」って。
「次は新曲をやります。
ABOUT A ROCK'N'ROLL BANDっていう曲で
ロックバンドについての曲です」

新曲っていうから、、『ハッピーバースデー』のことかと
思ってたんですが
ホントに新曲でした。
まんまサビにABOUT A ROCK'N'ROLL BANDって歌詞が出てきてて
なんでしょ、、イントロ歌い出しの部分は
ちょこっとコレクターズの曲に似てる気がしました。
でも躍動感があるっていうか
カッコいい曲でした。

「次はこの曲!」
『Fun Fun Fun OK!』
ついにキターッ!!(笑)
私の記憶はあまりアテにはならないので
違ってるかも?ですが
おそらく、、、このブログにこのタイトルを付けてから
この曲はライブで聞いてないと思います。
なのでこれぞ、待ってたぞー!!って感じです。

正直地味?な曲なので
あまり人気もないんだろうし
ライブでやって欲しい曲ってリクエスト募っても
上位には上がってこないんだろうけど
聞くとすんごい歌詞いいんですよね。
、、、って
私もTシャツになってて
ライブでやるんだって知ってから
改めて聞きなおしてみて
そう感じたってとこなんですけど
我ながら良いタイトルを付けたなって
感心しちゃったくらい(笑)

そこから『Skin heaven』っていう流れも
なかなか良かったです。
この曲も結構なレア度だと思います。

そして「Crazy Sunshine!!」っと
タイトルコールをして
『Crazy Sunshine』
いいね~
この曲はタイトルコールが好きって
いつかさわおさん言ってただけあって
熱の入りようが伝わってきます(´m`)

そのためか?!曲終わって
フゥ、、、って水飲みながらドラム台に座っちゃう
さわおさん。
「疲れちゃったよ、、」って。
ちょっとー!!

気を取り直して準備をし
フッと見ると
Peeちゃんがまだギターを拭いたりして
準備の途中。。
ジーッとPeeちゃんを見て
「OKですか?」って感じの目くばせ。
そしてシンちゃんを見て
「OKですか?」っと頷いて
『ハッピー・バースデー』
Peeちゃんのギターの音が
すごくきれいに感じます。

そして『クオーター莫逆の友』
何度か言ってると思いますが
これのコーラスを淳くんがやってるってのが
なんかグッとくるんですよね。
そうそう
なんかこの日の淳くんはやけに笑顔で演奏してるときが
多かった気がします。
久々のツアーで楽しかったのかな?
でも時折ニコってされると
こっちまでうれしくなります。

しっとりから
『Wake Up, Frenzy!』
サラッとやってのけてたけど
これもかなりの久しぶりの曲じゃないっすか?
最後に決めセリフ?!の 
 Wake Up, Frenzy! Wake Up!
もありました。

「じゃーここで、メンバーから一言ずつ
もらおうかな」ってことで
まずは淳くんから。

最近はさわおさんが名前を呼ばず
自分で自己紹介してから始める形式に。
「Baの鈴木淳です!
AXでのワンマンは久しぶりで、、2年くらいぶり?
そう思ったらもう閉鎖されるってね、、
あの、、今日、AX来るまで
iPod聞きながら携帯いじって歩いてたら
車に引かれそうになりました!
ホントにね、ここ(腕の当たり)らへんを
シュッって車が、、
よく携帯いじって歩くと、、って言われてますが
ホントに危ないです!
皆さんも気を付けてください!!」

続いてシンちゃん。
「お久しぶりです、Drの佐藤シンイチロウです。
久しぶりじゃないか!(笑)」
あははーゞ(≧ε≦o)
さわおさんみたいな言い方ではなかったですが
ちょっと可笑しかったです。
さわおさん「なんか軽くイラっとくるんだよな」なんて。

シンちゃん「えーっと、今日はこのHAPPY ZOO Tシャツを描いた
言い訳をしてもいいですか?
ある日スタジオに行ったときに、山中くんに別室に呼ばれまして
いきなりブタを描けと言われ、、」
さわお「ブタを描け!ブタ野郎!って言ったんだよな(笑)」
シンちゃん「え?ブタですか?
わたくし豚串、、あのー居酒屋でわたくし豚串って注文すると
店員さんがニッコリ笑って持って来てくれます(笑)」
さわお「何言ってんだよ。この人もう49歳ですよ?」

シンちゃん「それで、ブタを描きました。
そしたら次は猿を描けと。
猿は人生でも2回か3回くらいしか描いたことなく、、
そしたら今度はコウモリを描けと。」
さわお「コウモリを描け!コウモリ野郎!って」
シンちゃん「どっちつかずの人をコウモリ野郎って
言うんですよね。
別の言い方をすると日和見主義の事で
まさに、私の事でございます!(笑)
さすがにコウモリは1回も描いたことがなく
とりあえず描きましたが
その後も次から次に描かされ
知らない間にTシャツにされてたという。

あの、、もし私が奈良(美智)さんのような
世界的に有名な絵描きだったら裁判ものですよ?
勝手にTシャツにされるという。
ですが、私は世界的に有名な絵描きではなかったので
何事もなくすんでます」
さわお「あの可笑しかったのが、
トラ描いてって描かせたら
トラってほら、ボーダー(横縞)じゃん?
あれを縦縞で描いたからね。
ウリボウみたいになっちゃってさ」

いやぁ~
可笑しかった~
シンちゃん最高!
そのシンちゃんの力作を買いたかったんですが
我慢しました。。
メモパッドとかにしてくれたら
よかったのに
正方形で100枚くらいドンってあって
1枚に一つの動物が隅とか真ん中とかに描いてあるの。
かわいいと思うんだけど?

最後はPeeちゃん。
「Gtの真鍋吉明です。
私は居酒屋でモヒートも一つと注文します。
それを言いたいがために
モヒートを飲んでます」
するとすかさずシンちゃん
「ウソつけ!モヒート飲んでるとこ
見たことないぞ!」
Peeちゃん「それがあるんだな~」
さわお「どうでもいいよ。よくそんなネタ
ステージで自信満々に言えるよな(笑)恐ろしいわ」

気を取り直して?!
「えーっと私は今日、AXに着いてから
AXの写真を撮りました。
今日は今日でしかないライブになります。
最後まで楽しんでってください」
最後はPeeちゃんらしく
カッコよく〆ましたが
その前のくだりったら、、、意外な一言でした(笑)

この流れでいくと
さわおさんの一言はないのかなー、、、って
やっぱりなく
ギターを掻き鳴らした後
淳くんを指さし
ってことは、、
『Sleepy Head』
はい!待ってました~!!
この曲は盛り上がりますね。

その盛り上がりのまま
『モールタウン プリズナー』

そして『POISON ROCK'N'ROLL』
確かこの曲でしたっけ、、
最後の方
さわおさん淳くん側に来てくれて
ギターをグワングワン弾いて
最後フロアにギターを向けてくれたの。
あまりそういうのってやらないから
うれしかったです。

ラストは『Ready Steady Go!』
この4曲で一気に汗だくになった感じ。
いやぁ~よかった。
まさにラストスパートでした。
「サンキューベリーマッチ!!」
高くギターを掲げて
ライブ終了。

続いてアンコールです。
しばらくしてメンバー登場。
グータッチはなくフロアを指さす感じで
行っちゃいました。
「アンコールサンキュ!」
そう言った後「あれ?何の曲やるんだっけ?」って
Peeちゃんに確認。
耳元でゴニョゴニョやって
「今。冗談を言いました(笑)」

「連れてってやるよ!この世の果てまで!!」
『この世の果てまで』
これはライブではすっかり定番の曲で
人気もあるし
シングルみたいなイメージありますが
実はシングルカットされなかった曲。
私は「Smile」のリリースの時に
タワレコでやったインストアライブに行ったんですが
その時に延々この曲のPVが流れてました。
だから余計にシングルのイメージがあったんですが
どうもこの辺りの時期、、売上と予算の関係で?!
シングルにはしてくれなかったみたいなこと
言ってたような気がします。
この曲聞くと
どうしてもそのタワレコで見た
PVが流れてた時の様子を
思い出してしまいます。

続いて
『Blues Drive Monster』
アンコールの曲は
ピロウズの世の中に対する音楽への気持ち
みたいなのをぶつけてるような気がしました。
「ありがとう!楽しかったよ」

追い出しの曲は
さっきの新曲『ABOUT A ROCK'N'ROLL BAND』
もうレコーディングも終わってるんじゃんね。
リリースはいつなんでしょ。
いつもは拍手でやんややんやなるけど
さすがにこの曲は
誰もがしっかり聞きたいって思ってらからか
割とじっくり聞いてる感じのフロアでした。

終わるとまた大きな拍手が。
そしてメンバー登場。
今度はさわおさん、左側でグータッチ。
私は遠くて届きそうもなかったので
手は伸ばさなかったけど
終わると「ありがとう!」って
遠くまで見て叫んでくれました。

「10年前の曲をやると
その10年前に作った時の事とかイロイロ蘇ってきて、、
歴史に頼るのは好きじゃないけど
でも過去に起こったことも一つの音楽として
残ってくれるなら
その歴史も無意味なものじゃないなって」
ちょっと前後あまり覚えてないんで
そんな感じの事を話して
『ハイブリッドレインボウ』へ。

この曲はライブの〆であるけど
なんかスタートラインにも感じられる曲。
これから始まる何かに向けて
限界はこんなもんじゃないって
元気つけられる曲。
最後の最後照明が虹色っぽく
カラフルになってたのが
素敵でした。

「ありがとう。
Zeepまで頑張るよ。また遊ぼうぜ!」
最後はフロアを振り返らず
歩いていきました。

いやぁ~いいライブでした。
MCちょっと少な目でしたが
早速もさわおメールが届き
とにかくよかったって感想言ってたし。

で。
気分よくお友達と打上げで盛り上がり
わたくし豚串は言えませんでしたが(笑)
モヒートも一つは
しっかり注文しておきました(*´∀`*)
少々飲み過ぎで若干頭痛いです。。


<セットリスト>
 01.White Ash
 02.NO SELF CONTROL
 03.ROCK'N'ROLL SINNERS
 04.Hello, Welcome to Bubbletown's Happy Zoo
 05.Mr.Droopy
 06.都会のアリス
 07.ウィノナ
 08.Last Holiday
 09.RUSH
 10.ABOUT A ROCK'N'ROLL BAND(新曲)
 11.Fun Fun Fun OK!
 12.Skin heaven
 13.Crazy Sunshine
 14.ハッピー・バースデー
 15.クオーター莫逆の友
 16.Wake Up, Frenzy!
 17.Sleepy Head
 18.モールタウン プリズナー
 19.POISON ROCK'N'ROLL
 20.Ready Steady Go!

 EN1.
  この世の果てまで
  Blues Drive Monster

 EN2.
  ハイブリッド レインボウ


帰りにもらったフライヤー
IMG_0822.JPG
行けるかなー
チケット取れますように!!

中に展示されてました。
IMG_0820.JPG

そして
開演が18時からになったおかげで?!
大阪から新幹線で帰って来れるんだってー
マジー??
行きたくなってきた。。


最後に。。
PeeちゃんのMCにも出てきましたが
私も入る前にAXの写真撮ってました。
IMG_0817.JPG
閉鎖されちゃうの・・さびしいです。
AXは今まで赤坂BLITZでやってたのが
赤坂BLITZが休館?しちゃって
ペナルティライフツアーからAXでやるようになったということで
なんかすごく覚えてます。
15周年もAXだったし。

当初はドリンク代を取らないハコでした(笑)
ま、それはいいとして
キャパ的にも
立地条件的にも
もちろん中の感じからしても大好きなハコだったのに。
今のところ予定が入ってないんで
これで最後かも?しれないんですが
あともう1回は見に来たいな~・・


出る!その2 [the pillows]

今日はいよいよ!待ちに待った
ピロウズのツアー初日。

昨日までにたまってたポッドキャストも
全部聞いた!(笑)

そしたら今日になって何やらHPでちょこちょこ更新が・・
25周年でトリビュート第2弾!
pt.jpg

でも第1弾とは打って変わって?!の
若手一色(笑)

そしてそして驚きの
第一期ピロウズが一夜限りの復活って。
すごーい!
でもこれってやる曲も第一期の曲中心ってことよね?
あぁ、、そこら辺の曲ってあまり聞いてないから
(シャッフルでかかってもすぐ飛ばしちゃう・・)
やっと生で聞けたーみたいな感動はないのかも?

日曜日の新宿ロフトか。。
どうなんでしょ。
クアトロくらいにしてくれたらよかったけど
やっぱりそこらへんも第一期の感じに
したかったんでしょうかね。

これから続々と来年25周年の企画が発表になるんでしょうか。
楽しみです♪

出る! [the pillows]

来年2月に発売予定ですって。
sawao_cyclone_b_w_1.jpg


お値段、思った以上に安いかも。
さすがは、キッズたちもリアルに手に取れる楽器と
言ってるだけありますね。
sawao_cyclone_b_w_2.jpg
笑えるのが稲妻ステッカーまで付いてきて
さわおさんが使ってるのと同じように
ポジションマークに使えるってこと。
すごーい(笑)
詳細はコチラから♪


おまけ。
rockinchiba.jpg
だって。
髪、ボサボサ(´m`)
あ。今日のM‐ONで『LEMON』のMV
OAです!
1時間後!

道標のないさまよえる旅人たちは心を燃やし道を照らしまたまた夢を見る [怒髪天(2010年~)]

さぶい。。
最高気温13度ってどうなの??
例年では。
そろそろお布団衣替えしないと
ダメかしらね。

そんな11.10は
DOHATSUTEN三十路まえ"七色の虹をかける野郎ども"
@仙台Rensa
with:THE BACK HORN
でした。
IMG_0809.JPG

久々仙台!
っというのも、、Zepp Sendaiがなくなってから
あまり土日などにライブがなくなってしまって
地域的にはとても行きやすいのですが
行く回数がめっきり減ってしまいました(T ^ T)

そんな中、この怒髪天の対バンシリーズ
何よりも一番うれしかったのが
このTHE BACK HORNとの対バンです。
チケット取っててよかった~★

行きは高速バスで14時前に仙台入り。
雨がかなり心配されましたが
なんとかかろうじて免れました。
ロッカー確保して
お昼ご飯。

久々仙台ってこともあって
久々牛タンにしました。
お初かしら?!な牛タンシチュー
IMG_0807.JPG
美味しかったです。
でも牛タンもう少し入っててほしかったかも?!(笑)
IMG_0808.JPG

そして三越でお茶。
写メ撮らなかったけど
飲んだカフェオレは
コーヒーと牛乳の分量をお好みにしてくれるようで
その場でコーヒーと牛乳を入れてくれるシステム。
お上品なお味で
美味しゅうございました。

この日の番号は160番台。
RENSAとしてはそういい方ではないけど
今まで確保した怒髪天のチケットの中では
かなりいい方でした。

さて。
こういう対バンの時悩むのは
どっちへ行くか(笑)
だって
THE BACK HORNでは岡峰さん側(Ba)行くし
怒髪天では王子側(GT)だし・・
でも
やっぱここは王子よね。
それは怒髪天>THE BACK HORNだし
王子>岡峰
なんですわ。

ってことで、迷わず王子側へ。
入口と逆側ってこともあり
柱前2列目を確保。
かなり端っこでしたが
押しもなく前も背が低めの人多く
とても快適でした。

時間5分押しくらいでライブスタート。
この日は帰り新幹線での日帰りだったので
ちょっと押しでもヒヤヒヤしちゃいます・・
まずはTHE BACK HORNから。
ツアーではない時は
いつも同じSEでメンバー登場。
怒髪天ファンの方が手拍子のタイミング(早さ)が
分からなかったらしく
すんごい高速で最初叩いてて
可笑しかったです。

岡峰さん黒のTシャツに紺のパンツ。
今の髪の毛の長さ中途半端ですが
髪型としては好きなんですよね~
早くもっと長くなってほしい♪
松田さんは白のTシャツだったっけ?
栄純も白地に線でイラストが全面に描かれてるTシャツ
髪も髭も伸びたなぁ・・
でもあのサラサラ加減はうらやましい。
山田さんは多分10/31の時と同じ
不思議な雰囲気の七分袖Tシャツ。

「こんばんは。THE BACK HORNです」
っといつもの挨拶で
『野生の太陽』からライブスタート。
このしっとり始まる感じ
まるで嵐の前に静けさって感じで
THE BACK HORNっぽいなーって思います。

思った通り、続いては
『声』
そして『罠』っと
もう、私の大好きな曲が連チャンできて
一気にテション上がりました。

でもって滅多にない栄純側
栄純がかわいいんだ。
時折前に出てきてめっちゃ笑顔で
こっち見るんですよ。
そしてギター弾かないときは
ガシガシ手拍子。
あれは好きになるね(笑)

「改めまして、THE BACK HORNです。」と
松田さんのMC。
「仙台には1か月ぶりですかね?
また来れて
そして怒髪天とのライブでうれしいです!
怒髪天との思いではですね、、」
っと言ったあたりで
フロアからクスクス笑い声が。

「え?何で笑いが?」って聞くと
訛ってるとかって声が返ってきて
「訛ってるとかって、仙台の人に言われたくないよー
仙台はなんでか、、福島より北なのに
福島ほど訛ってないんですよねー
なんかその都会ぶってるところが
ちょっと福島からしてみるとどうなのーって、、」って
これは栄純が言ったんでしたっけね。
確かに!
仙台って訛ってるイメージないかも。
それを言うなら
茨城だって
関東地方なのに
訛ってるイメージかなりあるけど?!(笑)

気を取り直して松田さん
「デビュー前に前座で出させてもらったライブが
上手くいかなくて
終わった後どんよりしてたら
ライブに出てない増子さんが打上げにやって来て
何暗くなってんだよ!
お前らすごいよかったよ。
とにかく打ち上げはパーッと明るく
楽しめ!!って励ましてくれて
それ以来、一緒にライブやらせてもらったり
俺らの企画に出てもらったり
アニキって言うよりは
なんて言うか、、、先生のような存在ですかね。」

このエピソードは
何回か聞いたことあるけど
本人たちからしてみれば
そういう人と一緒のステージに立てるって
うれしい事なんだろうなーって
思ってしまいます。

MC明けは『風船』
ライブで初聞きではないけれど
なかなかレアな1曲。

そして『空、星、海の夜』
いやぁ~いいわ。
この流れ最高でした。
うっとり聞いていたのですが
そんな曲の時でも
裸足の栄純は
エフェクターのスイッチを
ピコピコ親指で操るもんで
スイッチ押すまで待機してる足の親指が
たまらなく可笑しかったです。

「一緒に歌って欲しい」とは
さすがにこの日は言わなかったけど。。
たくさん拳上がってました
『バトルイマ』

「いやぁ~最高ですね!」
ここでも松田さんのMCだったと思うのですが
・・・何話してたっけ??
全く思い出せず。
もしかしたら怒髪天との思い出を
ここで言ってたのかもしれない。

怒髪天との対バンは何回もあるけど
仙台では初めてだとか。
そう、忘れもしない
松山サロンキティに見に行ったの
怒髪天とTHE BACK HORNの対バンだったはず。

〆に「怒髪天好きな人も
THE BACK HORN好きな人も
最後まで思いっ切り楽しんでいきましょう!!」って
煽ってたと思います。

煽って来たからには、、、
『コバルトブルー』
ですよね~
イントロのアレンジが最近長めになって
来るかな?来るかな?って
待ってる感じもまたドキドキ感高まります。

ここから熱かった~
続いて『シンフォニア』でしょ
で、『刃』
ワンマンライブにいるかのような
錯覚をおこしそうなほど
盛り上がりました。

途中栄純と岡峰さんの位置が入れ替わり
オーオーオーオーオーの
コーラスするところまで
そのまんまでした。
反対側にいたのに
岡峰さん近くで見れてうれしかったです~

これで終わりかな?って思ったんですが
まだ次の楽器スタンバイしてて、、、
その準備のとき
フロアから名前を呼ぶ声がたくさんかかり
誰かが「マツぅー」って
うめくように呼ぶと
思わず山田さん「行くぅー(笑)」って
ニヤリ・・
すかさず岡峰さん「どこに?」って
茶化すと
拾わなくていいからって感じで
手で振り払う仕草をし
苦笑いしてました。
山田さん、、、
下ネタ好きなんですよね(´m`)

「ありがとう。また、会いましょう。
THE BACK HORNでした」
〆の挨拶をして
『世界中に花束を』
時折サビでフロアが歌ってくれてるのが見えると
うれしそうな山田さんが印象的でした。

「ありがとう!!」
栄純、オフマイクでウォー!!って
叫んでました。
岡峰さんも持ってたタオル
フロアに投げてた?

いやぁ~
いいライブでした。
セトリもいい感じだったし
なんて言うか、やっぱいいな、THE BACK HORN。
マニアックヘブンが
より楽しみになりました。

<セットリスト>
 01.野生の太陽
 02.声
 03.罠
 04.風船
 05.空、星、海の夜
 06.バトルイマ
 07.コバルトブルー
 08.シンフォニア
 09.刃
 10.世界中に花束を

タップリ1時間。
やっぱこれくらいあると
充分堪能できます。

転換後はお待ちかね、怒髪天。
『威風怒道~愛と栄光のテーマ~』のSEで
メンバー登場。
シミさん、、今は髪の毛休める期間なのでしょうか。
キャップ被ってました。
服はTシャツに短パンだっけな。
王子のパンツのおNEW Ver.に
さらなる奇抜な?!デザインがあるって聞いてたんですが
この日は見たことのある
でもやっぱり
チャックがボタンになってて目立ってる
パンツでした。
上は普通に黒シャツだったかと思います。
坂さんはいつもと同じ上下黒。
増子さんは白地に赤字のシャツでした。

「ハイ!よく来たーっ!!」っと櫛の投げ入れをして
『独立!俺キングダム』
セトリはちょこちょこっと
横浜とは違ってましたが
最初の方は同じ。

『欠けたパーツの唄』のときの
oioiコールとか
サビでの拳あげる感じとか
2曲目にして最高潮なくらいの
盛り上がりでした。

そして『ホトトギス』
もう息つく間もないくらい。
楽しい!
ただこの3曲辺り
かなりシミさんミスってて
どうしたーって思ってしまいました。
てか、増子さんに後で怒られないかな~とか
変な心配しちゃったよ・・

「はい。よく来た!
あの、、雨、今日はギリギリ大丈夫だったかな?(笑)
ねぇ。
もう毎度毎度、ホテルでカーテン開けるたびに
はぁ、、、って。」
どうやら、ライブの度に
雨やら風やら嵐やら
はたまた雪やら
お天気には悩まされてるようです。
だって、、横浜も
ギリギリライブの時間には止みましたが
台風接近してたしね(笑)

「それにしても、THE BACK HORNかっこいい
ヤバいね。
札幌でもポリシックスのハヤシが
(THE BACK HORNは)同い年くらいだけど
あっちは将司がいるから叶わないって。
山ピーか?はたまた、俳優の三上博に似てるとか
ねぇ。
こっちは山下清似ならいますけど(笑)
THE BACK HORNとは、、、
もう一回り位違うか?
もちろん俺たちの方が年下ですけど
若さだけが取柄で、、、」

この日の増子さん
かーなーり舌好調!!で
もう大爆笑の連続でした。
「カッコよさじゃかなわないから
楽しさで勝負」みたいな振りで
『N・C・T』
いいね~

そして『俺様バカ一代』
この曲、横浜でもやってたと思ったら
やってなかった・・
確かにあまりやらない曲ではあるけど
なんかどっかで最近聞いてた覚えがあるんですけどね。。
途中の三三七拍子の手拍子がまた燃える(笑)
そこからの オーオーオー ってコーラスも
また燃えます。

さすがにダンサーズは来ませんでしたが
『どっかんマーチ』
なのでダンスは踊らなかったんですが
それっぽくドッカン・ドッカンってやってたら
王子がニコ~って微笑んでくれました。
きゃー(ノ∀\*)
思い込みで何でもいいっす!
完全に目が合ったと信じ込んでおきます(笑)

いや、もっと自己満世界に突入すると
THE BACK HORNはの時も
栄純とも山田さんとも岡峰さんとも
目が合ったと思ってます。
あの位置、超~よかった。
なんだろ、、そんなに私、はしゃいでたかしら?!ってくらい
ニコ~って顔で見てくれてた気がしてます。
うれしすぎる。
、、、っと・・これはハイハイ・・( ̄▽ ̄;)
っと読み流しておいてください(笑)

「楽しいね。」っと増子さん。
「あのー、、THE BACK HORNとはね
10年前くらいかね?」っと王子に聞くと
「もうちょっと前だね、、13年くらいかな?」
増子「、、、いやそれ、10年くらいでも
よくない?だいたい13年って
普通だいたい10年って言うでしょ?」っと
軽くツッコミ、、、(笑)
え?って顔の王子が可笑しいゞ(≧ε≦o)

「マツも言ってたけど
新宿のロフトでライブやった後すんごい凹んでて
そのライブ、俺の弟の出てたライブで
打上げ行ったら
あいつら今より全然暗くて、もっと訛ってて
あのーCDが全然売れないんですけどー(訛りで)って
張り切って100枚持ってきたのに
2枚しか売れなかったって。
そんなのねー
俺らなんてRSRで、300人の前でやった時
やっべーこれ、CD足りないんじゃない?って
全然足りてたっていうね。
そういうこと(客の人数=CD売れる)じゃないからね。
それだけ売れてたら
今頃雨降らせない機械買ってるってね(笑)」

王子も「昔は家が近かったりして
ライブやって打上げやって
また家の近所で朝まで飲んだりしてね。」
へぇーへぇー
いいな~。

「あとTHE BACK HORNは
新曲がカッコいい!
カッコいいんだけど、どっか変でしょ?
狙ってカッコよくしよう!なんて思ってない感じ
それがいい
なんて言いながら、、
俺たちは全部カッコいいって思って
作ってますけど(笑)」

大笑いさせておいて
『杉並浮浪雲』
グッときます。

グッときた後は
『濁声交響曲』で一気に明るく・楽しく。
どこだっけなー
王子がステージの前の方まで出てきてくれて
そしたら帰るときに
足スベリそうになって
驚いた顔してたのが
またかわいかったです。
あと、すんごい汗かいてて
顔をブンブンするもんで
汗が飛び散ってました。
王子、最近、動きが激しくなってる気がします。

そして『NO MUSIC, NO LIFE.』
きゃ~
これは久しぶり!
この曲聞くとホント楽しくなります。
名曲だわ~
王子のブルブルブルってやつも
久しぶりに見れたし。
増子さんの替え歌部分ももちろんありました。

激しく動き回ってたから思い出したのか
「それにしても、、
栄純すごいよね。」って。
シミさんが真似してピョンピョンジャンプ。
「ずっとこれでしょ?」と増子さんが言うと
シミさん、「疲れた、、、、」って感じで
座り込む仕草。
「そう、普通こうなるよね。
さすが、原始人だよな~
前に、土砂降りの日に高架下で弾き語りしてたからね。」

すると王子が
「ずっと前にさ、雪の日に
メガネ曇らせてギター背負ってウホウホ歩いてくる人がいて
誰かなーって思ったら栄純だったの。
で、栄純~って声かけたんだけど
メガネ曇って見えないらしく
そのままウホウホ行っちゃったんだよね」って。
「もはや栄純は栄純でしかない」

そして
「こんな我々もデビューして来年で30周年。
やっと武道館ですよ!
って、、あっち(THE BACK HORNは)は
2回もやってますけど、、(笑)
言ってもね
仙台から東京まで1本だから
近い、近い。
電車調べたり苦手な人には
大変便利なツアーもありますから!
あの、、旅行とかね
電車の乗継とか調べたりするの
あれ好きな人もいるけど
俺、大嫌い!
なぜかって、だいたい間違えるんだよね。
まだ北海道にいた頃にさ
何もかも嫌になって
ちょっと1人になりたくて眉全部剃って旅に出たのに
こういう時に限って話しかけられるんだよね
死んだ息子に似てるとか言ってさ
どういう部分が?(眉ないのに)
そういう時どう答えたらいいのか、、、
そん時に、八戸に近い名前のところで電車に乗り遅れちゃってさ。
無駄に1泊、、、」

「今回のツアーは、昔の曲もやってみようってね」
ここから先は王子にMC振ると
「あの、、、リリースツアーじゃないから
昔の曲もできてすごくうれしいです」
みたいなことを言うと
増子さん「真面目だね?
マツのMCみたいに。
マツ、えらいよな~ちゃんと立ち上がって話すでしょ。
うちの御大とは大違い。
ねぇ、、、坂詰さん。
あなただけですよ、ずっと座ってるのは。

1回珍しく立ち上がってね、叩いてて
おぉ~今日はノッてるなーって思ったら
単にイスが折れたから仕方なしにだったってねぇ?
だって、昔引っ越した時に
坂さんに家のカーテン付けてもらおうとして
じゃーこれにでも登って、、って
木の折りたたみ椅子出したら
バキバキって
ただの木屑になりました・・」

「その30年の間で1回だけね
活動を休止してた時があって
まさかもうバンドなんてやらないって思ってたんだけど
シミがね、どうしても、、って
あるとき飲んでたらちょっと話があるって
呼び出されてね」
シミさん「そうだね、、やっぱり
ちゃんと残しておきたいって思う曲があったし、、
次の曲はもう1回やろうって思わせてくれた曲で」
増子さん「っていうのを、このツアーで
初めて知ったんだけど、、(笑)
友康にとっては(どの曲も)長男(古い)次男(新しい)関係なく・・
(思い入れは一緒でしょ?って言いたかったんだと思いますが、、)」
ってとこで
いきなり王子「俺、次男!」
増子さん「「いや、そういう話じゃなくて・・(笑)」
あはは、コレ、最高にウケました。
話の流れからして
ここで自分が長男か次男か聞かれてない事は
分かるだろー
いやぁ~王子、ホント天然です(笑)
さすがの増子さんもちょっと苦笑い気味でした。

で。
「えーっと、、だから、、まぁ。いいか
その、そのシミをその気にさせた
活動休止前の曲です。」で
『あえて荒野をゆく君へ』
もー
ここ、ホントは感動的シーンのはずでしたが
王子の「俺、次男!」発言で
ちょっと爆笑の渦に巻き込まれてしまってました。
にしても・・
シミさんをその気にさせた曲だったなんて
知りませんでした。

こからはラストスパート!
『オトナノススメ』
王子のバンバン張り切り具合が最高!

『歩きつづけるかぎり』で
ちょっと感動~

とどめは『雪割り桜』で
最高に感動~
そう、横浜はこの曲なかったから
ちょっと残念だったのですが
やっぱこの曲、みんなで歌いたいです。
最後の最後は増子さん先に捌けて
演奏陣だけで熱く弾き切って終了。
王子、アンコール前なのに
ピック投げてた!

ここでもやっぱりきっちり1時間。
ちょっと時間ドキドキ。。
そしてアンコール。
増子さん以外の3人が出てきて
一言ずつ。

シミさんは
「俺は誰よりもTHE BACK HORNは大好きなんだぞー
カラオケで歌うんだからなー」って
フロアから歌ってーって声がかかると
「いや、ここではちょっと恥ずかしい、、」って
モジモジ後ろ向いちゃって
かわいかったです(笑)
でも芋煮会で『コバルトブルー』歌ってたっけ?

王子は「楽しかったです」みたいな
簡単な一言だったかな?
ちょっとあまり記憶にない・・(-ω-`)

そして坂さん
「あれ?僕も言います?」ってブツブツ言いながら
「じゃー」って松田さんの真似して立ち上がって
マイクを取ろうとしたら
「あ、これ、取れないの?」って
結局マイクスタンドを口元に持って来て
「どうも。怒髪天です。
ありがとうございます。また会いましょう!」って。
マイクスタンドのままってのが
坂さん、さすがって思いました(笑)

そして増子さんが出てきて
「ホントにどうもありがとう!
THE BACK HORNと、
今日来てくれたお客さんと
我々だけに
幸せが来るように(笑)」
『喰うために働いて 生きるために唄え!』
THE BACK HORN出てくるかな~って思ったんですが
それはなかった・・

曲が終わると
ニッポンワッショイが鳴る中
メンバー前に出て手を繋いで一礼。
この間、王子が軽~く
ニッポンワッショイの踊りを踊ってて
やっぱ王子、真面目~って
可笑しかったです。

もう1回アンコールあったら
後ろ下がりながら見ないとダメかなーって
ドキドキしてたんですが
Wアンコールはなし。
ライブ終了~

はぁ~
もう両方とも最高に楽しかったです。

<セットリスト>
 SE:威風怒道~愛と栄光のテーマ~
 01.独立!俺キングダム
 02.欠けたパーツの唄
 03.ホトトギス
 04.N・C・T
 05.俺様バカ一代
 06.どっかんマーチ
 07.杉並浮浪雲
 08.濁声交響曲
 09.NO MUSIC, NO LIFE.
 10.あえて荒野をゆく君へ
 11.オトナノススメ
 12.歩きつづけるかぎり
 13.雪割り桜

 EN.喰うために働いて 生きるために唄え!

ドリンク交換もわりとすんなり終わり
ビール飲みながら駅へ。。
入ってきたときに玉詰さんがいたんで
帰りに写メ撮りたかったんですが
どうやらライブ始まったら
楽屋方面へ移動されてしまったようです・・残念。
proxy.jpg
 ※山田さんツィートより拝借♪

いい気分で新幹線は
ヱビスでプチ打上げ★
IMG_0812.JPG
新幹線、早いね~
普段夜行バス乗る時間位に家に着いちゃったからね。

IMG_0811.JPG