So-net無料ブログ作成
検索選択

フラカン初UST [たわごと]

先日配信された
フラカンの初UST。
これがめちゃめちゃ画質が良くって
ビックリでした。
さすが、ソニーってこと??(笑)
0828.jpg

そしてトーク内容も
おもしろくって大爆笑しながら見てたんですが
最後の最後ちょっとウトウトしちゃって
気付いたらMVが流れてて終わってしまい
なんともまとまりの悪い気持ちでいたところ
アンコール配信が決まり
続きを見ることが出来ました♪
スッキリした!

かなりおもしろかったので
断片的にメモ。


UST初で
どういうテンションでいけばいいか分からない
テレビとは違うの?という圭介さんに対し
ロイヤルホストで話してる風でいいんだと
諭すメンバー

そこから出会った当初のロイヤルホストの話へ
はじめましてが名古屋市のロイヤルホスト
すげーいいギターってハードル上げてたら
初めてのスタジオ入った時
下手くそだった
ギターのネック折れちゃって
1年ぶりくらいに弾いた
3ヶ月くらい我慢してた圭介さん
24年かけて「夜空の太陽」のようなソロが
弾けるようになった
初めてのバンドがフラカン(除学祭バンド)

昔は南部にかぶれてた
俺の隣の席にいたマーちゃんはまだ・・

ライブの帰り歌舞伎町で
黒人に話しかけられて
××ってやり続ける圭介さん

司会進行役の小西と竹安
あれ?そのキャップ・・
スーサイダル 心意気
好きだったっけ? 全然

SAでカズのお兄さん見つけ
サッカーに興味がないのに走って握手する小西
「ファンです」って

シングルで早いのって
ベルボトムジャック以来・・

ギターソロ長いの久々
最近の若いバンドはギターソロないって

花形はギタリスト
ジャンケンで負けたらベース

ドラムはキャッチャー

ジャケット
俺がこれがいいって言ったんじゃないよ
白パンは汚れが目立つから買い取らなかった

シンちゃん
カラオケで歌が上手い奴は
バンドで歌うと下手
逆にバンドで歌が上手い奴は
カラオケは下手

それは声量の違い
それで何回もおしぼり投げられる圭介さん

クラス委員をやってた小西
学級会で怒らせてた

気抜き好きだぞーって言われ
台本棒読みの竹安

原画、、パズルにして
ライブ始まる前に
みんなで絵にしてから
円陣組んだりするみたいな
コピーして、白黒でイイよ、段ボールに貼って
だれがやるの?そんなの小西君がやってくれるよ
忘れたらその日はライブ出来ない

何かとお客さんに見せてあげたいと思う
竹安さん

クッキーって作ったことある?
あるよ
いや、よくお母さんが、、
お母さんがクッキーなんて作らない
お菓子1回も出てきたことない
水だって出てこないんだから

パンチラ
リーダーの目はいい
画素がデジタルない時から
そのネガ絶対に無くさないから

CMどうやって作るの?

子供画像、、反則だなって
ふきとばしてくれ の ば の
歌い方がかわいいって
説明する竹安さんがかわいい

一人人作品選ぶ
被りなし
メンバーでジャンケンするの久しぶり

竹安&圭介のジャンケン
無言で・・
何か言えよって

この後ゲストが出てきた途端
今までのダラダラムードから一転
してたのが可笑しかったです。

そこからのトーク
長いので割愛(笑)

あ、でも、一つだけ・・
榊監督とのトーク
映画舞台あいさつで、、、グレートさんと竹安さんが
食中毒になってたって話のカミングアウト
実は今までは黙ってた話


また月1くらいのペースで構わないから
USTやって欲しいな~

ちなみに、、この日は始まる前から
圭介さんがビールちょうだいって
ビールを飲んでいたそうです。
だから圭介さん絶好調だったのかな?!(笑)


僕についておいで いいかい?面白いことなど何もないけど [音楽]

夏が終わるね。
って思ったけど、、、今日はクソ暑かった。。
今までちょっと秋の気配を感じていただけに
なんだよー・・・ってくらいの暑さでした。
夏が終わるのは寂しいけど
暑いのはやっぱり嫌いなので
早く涼しい秋になって欲しいです。

さて。
そんな8.29は
須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET 2013 真夏の夜の夢
追加公演
@青山CAY
でした。
IMG_0666.JPG

昨年くらいからですっけ??
HiGEのストーさんのソロプロジェクト。
当初は8.8だけだったんですが
即完だったからと後日追加公演が決定。
チケットは先着販売のみで
発売初日の朝はすっかり忘れてたんですが
夕方でも余裕で買えました。

ただ、、番号は190番台。
キャパ250位ですかね。
前回来た時より悪い番号だと思ってたんですが
中入ってみると
前回より全然前に行けたので
もしかしたらそこそこいい方だったんでしょうか。
時間通りに来れてない人も多かったのかも。

このライブはイス有ライブで
席は自由席。
端っこはどこもすぐに埋まってしまっていて
中に入っちゃえば
かなり前の方も行けたんですが
敢えて段差の2列目あたりにしました。
が・・
前の人が若干体大き目で
バッチリストーさんが見えなくなりそうな感じで
始まる前かなりハラハラしてたんですが
なんとか前のめりで見ると
隙間からよく見えたのでホッとしました。

ここはもともとはカフェバーみたいなところなので
ドリンクだけじゃなく
軽食も販売しています。
前回来たときは何も食べなかったんですが
今回は気になっていた
えびせんとやらを購入してみました。
IMG_0667.JPG
これで500円。
まぁ、、、ふつうですかね。
から揚げもおいしそうでしたが
量が多いのでやめました。
あの半分の良で半分のお値段サイズがあればいいのに。

時間ちょい押しくらいで
客電が消え、メンバー登場。
ちょうどその段差の延長上真横辺りに控室があるみたいで
そこからの登場だったので
間近で見れました♪

まずはストーさん、Keyのゴメスさん
Gtの長岡亮介さんの3名のみ登場。
ストーさんは白の長めのシャツに
チノパンの裾を折ってはいて
靴はデニム地?のスリッポン
そしてベージュのハットでした。
「須藤寿 GATALI ACOUSTIC SET
追加公演!!
8月にして今年最後!!(笑)
まだ分からないけどね。
でもこの先何も決まってないから、、

今日はちょっと最初はこの3人だけで
やろうと思うんだけど、、」って。
そうそう。
初めてみたこの須藤寿 GATALI ACOUSTIC SETのライブは
この3人でしたっけ。

話してる間に
「あの、、俺ちょっと楽屋に大事な忘れ物しちゃったから
ゴメン、、2人でその間よろしく。
なんならゴメス歌ってる?(笑)」っと
かなりなムチャ振り?!じゃないですが
言い放して楽屋へ戻るストーさん。。
「ストー君もまだ歌ってないのに
俺が歌うのも変じゃない」って
ゴメス言いつつ
「えーっと、、」って
何てことはない会話で
間をつなぐ2人。

意外と早く戻ってきたので
気まずい雰囲気にはなりませんでしたが(笑)
大事な忘れ物・・とは
歌詞カード?
曲順表??
何かの書類のようなものでした。

ってことで気を取り直して、、
髭の曲『僕についておいで』から
ライブスタート。
髭でもあまりやらないのにね、、なんて
言ってましたが
ホント、ホント(笑)
久々だったのと、
アコースティックのアレンジがすごくよかったのとで
ワーってテンションアガりました。

続いて『サンシャイン』
こちらはちょっと雰囲気違ってて
慣れるまで「ん?」って感じが
しちゃったんですが・・

「なんか気分良くなってきたから
もう1曲この3人でやろうかな。
なんならずっとこのまま3人でやっちゃっても
いいんだけどさ、、」って。
『虹』
ワーイ!大好きな曲だったので
うれしかったです。
でもこっちも結構アレンジが変わってて
違う曲の感じがしました。

「じゃーここでもう2人呼びます」っと
残りの2人が登場。
Baがケイタイモ、Drが伊藤大地

須藤寿 GATALI ACOUSTIC SETは
アルバムそういえば出してたな・・って
気付いたの、このライブ始まってからでして。。
チケット取ってから時間あったんだから
聞いておけばよかったんですが
出したの最近かと思ったら
昨年の話でした。。(笑)
あれ??
ってことで、昨日借りてきました。
えへへ。
The Great Escape

The Great Escape

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2012/09/26
  • メディア: CD

なので、ライブでは全くの初聞きでして
あんまり覚えてないです~
なんていうか、、髭とはまた違った意味で
ストーさんワールド全開と言うか
何度も自分で言ってましたが
リラックスした雰囲気の曲でした。

そういった雰囲気を醸し出す
演奏陣が素敵でした。
だからこその感じもしました。

そう、ストーさん曰く
今回も席アリですが
一列に並んでてライブが始まっちゃうと
席立ち辛いとか
食べながら聞くのもちょっと、、って
感じになっちゃいがちだけど
もっとリラックして自由な雰囲気に
なって欲しいから
いっそのこと、、丸テーブルで
その周りを俺たちが周っちゃう、、みたいな
ライブがしたい。。とか。

いわゆるディナーショーってことですかね。
「その代り、、コレ(お金のマーク)は
上がるよ。15000円くらい?
でもさ、アッコさんとか松田聖子とか
5万くらいするんでしょ?分かんないけど。
それに比べたら15000なんて。
その代り、、乾いたもんしかでないよ。
ビックリするくらい乾き切ってるから」

「あとさ結婚式の披露宴に行っちゃうとかね。
誰か結婚しないの?
もちろんギャラは、、、折半(笑)」

「俺が6億円当たったら
チケット代は3円でいいよ。」

話し出すと絶好調のストーさん
この日のライブも相当笑わせてもらいました。

ゴメスに曲を書いてってずっと言ってるのに
なかなか曲を書いてくれず
なのに急にライブ前1週間くらい?に
曲書けたって、、、
そんなんで歌詞書けるかよ・・って
思ったんだけど
「書けちゃうんだよ、俺は(笑)
詞を書くのは天才だから。
その代り覚えられないんだよね~・・・」

っという、、新曲
『スーゴメって10回言ってごらん』
サビ?でバックで「スーゴメスーゴメ・・・」って
繰り返して言うんですが
最後曲が終わるときには
「ゴメス!」で終わってるっていう
不思議な曲なんだとか。

1回歌って
「もう1回やらない?次はみんなも
スーゴメって言ってみてよ」って。
「スーゴメスーゴメスーゴメスーゴメ・・・」
「ゴメス!」
うーん。。確かに?!(笑)
そんな大合唱ってほどにはなりませんでしたが
ボソボソと歌声っていうか
唱える声聞こえてきて
おもしろかったです。
で、そう。
確かにっていうか
うまくまとめられた感じがしましたが
「ゴメス」で終わったような
気がします。

その後は
髭の曲を1曲『ダイアリー』
知ってる曲が聞けると
ちょっとホッとする。

そう言えば歌ってる間のストーさんは
ハットを被ったり置いたり
イスに座ったり立ったりと
自由な感じでリラックして歌ってました。

「子供の頃テレビで
パオパオチャンネルって言うのがあって
その中で歌ってた
『チョコレート・ドリーム』って歌が
大好きで、、」という紹介があって
その『チョコレート・ドリーム』を。
ストーさんが歌うと
原曲とはまた違った雰囲気になってましたが
なんとも言えないかわいい曲でした。

夏の話、、、ってことで
髭で行ってきた鎌倉と長崎のライブの話。
鎌倉のライブは去年も行ったことがあるそうですが
あんなに海が側とは思わなくて
水着を持って行ってなかったそうで。
その代り今年はバッチリ持って行って
始まるまでずっと泳いでたとか。

で、お客さんがお酒おごってくれてたそうで。
しかも1杯とか2杯じゃなく
何10杯も、、
「だから俺始まってから
全く記憶ないんだよね。
なんとなーくゆるーい雰囲気だったのだけは
覚えてるんだけど
一番よくないパターンだよね」って。

長崎では雷が近くに落ちたそうで?
ストーさん、途中マイクもってステージから降りて
雨の中歌ってたそうで
『虹』かなんかのとある歌詞の部分で
ピカッ!ズドーン!!って感じで
落ちたらしく
「長崎とかあまり行かないから
どうせならカッコいい俺を見てもらいたいじゃない?
あれ見てた長崎の人は間違いなく
須藤はカッコいいって思ったと思うよ」って

ちょっとストーさんの話だけでは
イマイチ分かり辛かったんですが
いい感じに歌詞の部分と
その時の雷雨の状況がマッチしたって
ことですかね。。

そこからみんなの夏の思い出は??って
話が膨らみまして
ケイタイモが「俺、聞いてあるこうか?」っと
勢いよくマイクもってステージから降りたんですが
思いのほかあまり盛り上がらず・・
結果「ケイタイモは出たがっても
前に出しちゃダメってことが
よく分かったよ。
いや。でも。
あのチャレンジ精神は素晴らしいと
思うよ。うん」ってストーさん。

あとこの流れでだったかは忘れましたが
ストーさんが映画「風立ちぬ」を見た時の話。
隣に座ってた女子が
早々と鼻をすすりだし、、、
それに敏感に気付いてしまったがゆえに
その後はその子の様子ばっかり気になって
全く映画に集中できず
全く泣けなかったとか。

「メガネはずして話すすり出すから
思わずティッシュどうぞ、、って渡した方がいいなかなとか。
でもほら、嫌味になっても悪いし
てか、その隣その子の彼氏いたしね。
って言っても、、(ティッシュ)持ってなかったんだけど。
俺、もう、こう(隣を見ないように目を隠す)してようか
って思ったんだけど
その子も行動がオーバーだから
目に入ってきちゃうのよ。
「感情泥棒」だよ
俺の風が立ちぬ(立たないって意味で)だよ。。」って。

「よくさ、同じ映画2度も3度も見に行くって
どうなの?って思ってたんだけど
、、、昨日見てきました!
泣けた!!俺のかぜ、、立ったね」

いやぁ、、この話大爆笑でした。
ストーさんは結構ナイーブで
周りの状況がすごく気になるタイプなようで
こういうことがあると
集中できなくなっちゃうんだとか。

そこから今年の新曲
『真夏の夜の夢』
「今日のこのライブもみーんな夢の話だよ」って
シェイクスピアの話は知りませんが
「真夏の世の夢」って言葉の響きは
なんか切ない感じの中に
素敵な夢の世界が広がってる感じが浮かんできて
好きです。

「最後は、、、盛り上がって終わりたい?
それともシーンっと静かに終わりたい?
それ次第で
曲順、変えるから」って言うと
「盛り上がって終わりたい」って
声がチラっと聞こえたので
「OK!じゃー先にこの曲」っと
またまた髭の曲『魔法の部屋』

そして最後は『僕はゲリラ』
この曲にはそれぞれのソロパートがある
楽しい曲です。

「ありがとう!!」
タップリの2時間弱で
本編終了。

引き続きアンコールです。
何でそういう流れになったのか、、
ちょっと思い出せないんですが
『つけまつける』のカバー
しかも出だしニルバーナVer.(歌い方が)
おもしろいー♪ヽ(´▽`)/

「女性は大変だよね。
つけましてないと不安になるんでしょ?
いや、俺はしたことないから分からないよ。
でもつけましてなくても
きっとかわいいねって言ってあげられると
思うんだけど。
俺結構、あ、髪型変わったねとか
服かわいいねとか
サラっと気づいて言ってあげられるんだよね。
そういうとこよく褒められます!」

最後は『テキーラ!テキーラ!』
ってことで
「スタンドアッププリーズ!!」っと
みんなスタンディングで。
っていうほど
ノリノリなアレンジではなかったんですが
盛り上がりました。

みんなが立つと目線同じくらいになっちゃうからって
ストーさん
イスの上に立つ始末。。(笑)

「ありがとう!また来年!」って
これで終わりかと思ったら
しばらくアンコールの拍手が続いたため
急きょ?!Wアンコール!!

「勢いで出てきちゃったけど
何やろうか・・
どうしよう?」

皆さん、忙しい方ということで
リハの回数もそうなかったみたいです。
「今日だってリハ20分くらいだよ」って
ホントかどうか・・な情報。
「それでもこうやって出来ちゃうんだよね」、、、って
それが言いたかったのか?!ゞ(≧ε≦o)

宝くじの話題で
「サマージャンボ当たったの?」って
ストー「それ聞く?
今日のチケットが3円じゃないってことは、、、」
それが答みたいです。
それを聞いてゴメスはかなり惜しかったとか。
しかも毎年買う訳でもなく
今回も3枚くらいしか買ってなかったのに。
それに比べストーさんは2万円分くらい買ってたとか?

「それね、少しずつ近づけていくんだよ。
いきなりは当たらないよ。
って、コテイスイが言ってた。」
そうそう、その話はよく聞きますね。
300円から3000円、1万円、10万円って
段階踏んで当たるようになるって。
って、、、私は全く買わない人なんで
何とも言えませんが・・
でもうちの両親がそれで10万くらいまで1回いったのかな。
トントントンって。
ただその先はなっかなかだったので
もう最近は買ってないみたいですけど。

で。
そうそう。何やるか、、、
あーだこうだ言って
結局「スーゴメって10回言ってごらんまた
やろうか」って。
出演者陣側が気に言っちゃったようで(笑)
「昨日、メールで
ピンクのパンツ履いてきてねって」
「そう。だって歌詞に
ピンクのパンツがよく似合うってあるのに
履いてなかったら分からないじゃん」って。
ストーさんはそういうとこしっかりしてるそうです。

「1日に3回も同じ曲やるって、、」って
ゴメスは恐縮してる感じでしたけど。
「そこからクールに
「やさしさに包まれたなら」にいくから」ってことで
曲決定。

ストーさんの歌うユーミン
なかなかよかったです。

ただ、、、「なんかこれじゃ終われない。。」って。
どうもしっくりいかなかったようで
もう1曲何かやろうってことになり。。
また『スーゴメって10回言ってごらん』に
なりそうになったんですが
「さすがにそれは、、、」って却下され
なぜか再び
『僕はゲリラ』になりました。

「ホントに?!」って
置いてある扇風機で手を乾かすストーさん
それをツッコむと
「どうなるのか展開が見えなくて
緊張してる。。
そりゃー手も湿りますわ。。。
プロボーラーの気分だよ」って。
なんかストーさんの素が見えた感じがして
オモシロかったです。

「ちゃんとソロ部分も振るからなー」っと
勢いよく2回目『僕はゲリラ』を。
大いに盛り上がりました~

最後はみんなで手を繋いで
カーテンコール風にお辞儀。
「またいつか、やろうよ!
さっき話してたやつとかね」って
ホントに今度はある種企画的なライブを
やってくれそうです。
楽しみです♪


<セットリスト>
 01.僕についておいで
 02.サンシャイン
 03.虹
 04.太陽の季節
 05.楽しい時間旅行
 06.ウィークエンド
 07.スーゴメって10回言ってごらん(×2)
 08.ダイアリー
 09.チョコレート・ドリーム(?)
 10.カーニバル
 11.ハーイ!ゴメス!
 12.真夏の夜の夢
 13.あそびいこう
 14.魔法の部屋
 15.僕はゲリラ

 EN.1
  つけまつける(CPPカバー)
  テキーラ!テキーラ!

 EN.2
  スーゴメって10回言ってごらん
  やさしさに包まれたなら(ユーミンカバー)
  僕はゲリラ


お前は知ってるはずだろ夢を食い散らすモンスターそんなもんいないってこと [音楽]

高速バスが乗り合いバスとなり
規制が厳しくなったせいで
今まで利用していたバスの値段が
めっちゃ上がりました(>ω<)
これでは頑張ってバス使う意味なくなるよー
まぁ、、、終電終わってるから
それを利用せざるを得ないっていう
理由もありますが
なんだか遠征もし辛くなるなぁ。。

さて。
そんな8.25は
斉藤和義 20th Anniversary Live 1993-2013 "20<21"
~これからもヨロチクビ~
@神戸ワールド記念ホール
でした。
IMG_0658.JPG
IMG_0657.JPG

この日はまさに20年前
『僕の見たビートルズはテレビの中』で
デビューした日なのです。
そうとなったら行きたくなってしまい
日曜日だというのに
チケット取ってしまいました。
IMG_0661.JPG

本当は夏休みを利用して
日月泊まりで行く予定だったんですが
いろいろ考えて
飛行機で日曜日のみの日帰りに変更。
これが仇となりました。。
そう、せっちゃんのライブ
ワンマンは長いんだった・・
しかも20周年の記念ライブ
まさにそのアニバーサリーだもん
長いに決まってるじゃんね。
はい。。。
見事に途中で引き上げる羽目に(T ^ T)(T ^ T)(T ^ T)
あぁ。。。。。。

こんなことなら泊まりにしとくんだった。
気になってその後のライブがどうだったか調べたところ
かーなーり特別なライブだったようで
ホント凹みます。
とりあえず、、いたところまで
簡単に書くことに。
本当は悲しいので
書くのやめようかとも思ったんですけど
せっかく行ってきたので思い出に。

朝7:30の飛行機でまずは関空へ。
いや、直で神戸でもよかったんですが
安い便が終わってたので。
で、関空から船で神戸空港まで行く便があるんですよ。
ちょっと舟に乗りたくなってね♪
基本、乗り物何でも好きです(´m`)
IMG_0653.JPG

ただ、、、この日は関西地区
かなりの暴風雨予報でして
案の定海は荒波。
決行するんじゃ?!ってハラハラしたくらいです。
なので海からの景色を
思ったほど楽しめませんでした。
でも楽しかったけどー
IMG_0652.JPG

そして雨が降ってなかったら
三宮まで出てみようかとも思ってたんですが
この辺りが一番の豪雨で
警報出ちゃってるくらい。
そんな中動き周る気力何てなく
神戸空港をウロウロ。
IMG_0655.JPGIMG_0654.JPG
かわいいー♪

が、、、小さな空港なので
あっちゅー間にそんなの終わってしまい
ベンチでウトウト。

お昼近くに会場のある駅へ。
この駅が、、、、なーんもない。
マジでなーんもない。
あるのはホテルと展示会場のみ。
コンビニだって24時間営業じゃないし
土日は休みらしい。
はぁ。。

ここでもホテルのロビーでウトウト。
ただ、、奇跡的に
私が外を歩かないといけない時間帯は
雨が止んでまして
警報まで出るこの雨降り予報の日に
傘を1回もささずに済みました(笑)

お昼はホテルのレストランで
豪華に?!カレー(笑)
IMG_0659.JPG
いや、だってこのカレー2000円っす!
ボリュームもあっておいしかったですけど
ちょい高過ぎだって。

14時物販に並ぶ。
思ったほど混雑なく
こちらもあっちゅー間に
終わってしまうという。
ま、ま。2日目ですから?!

グッズって言っても
ガチャガチャのみ。
IMG_0660.JPG
3回と決めて臨んだところ
 1回目・・缶バッチ  最初は何でもいいよね(笑)
 2回目・・KSスタンプ  いいね、いいね。スタンプ欲しかったし♪
 3回目・・KSスタンプ  え?!また??(汗)
そりゃないぜ、、っと
4回目にチャレンジ
しかも台変えて。
 4回目・・KSスタンプ  なんで、また??

っと、、、なぜかKSスタンプ3連チャンという。
いや、確かにスタンプ一番欲しかったけど
3種類あってなんで同じのばっか。
ステッカー欲しかったのに
1個も出ないって。

悲しくなりながらカプセルあけてたら
前にいたお姉さんが
「あ、KSいいな!」って言うもんで
「あ、交換しましょうか?私同じの出ちゃったんで、、」って
ホントはステッカーとかに交換してもらえたら
うれしかったのに
そのお姉さん、スタンプはスタンプで交換って
思ってたのか
一生懸命持ってた中から(めっちゃやってた!)
ドクロスタンプを取り出し
「これでいいですか?」って。
もちろん、それもうれしかったので
快く交換成立!
ワーイ!
ちょっと気分晴れました(笑)
IMG_0664.JPG

が、、、ステッカー諦め切れず
でもまた同じの出たらイヤだし、、、
RSRのガチャガチャみたいに
交換とかってみんなしないのかな??
っと、、しばらくそのカプセルあけるところで
ウロウロしてたんですが
どうやら皆さん、そういう考えはなさそうで
交換はしてもらえませんでした。。
仕方ない、さいたまでチャレンジするか。

そんなこんなで時間潰すも
まだ15時前。
会場まで1.5時間以上もある。
この頃はもう雨はどこへやらの天気になっていたの
会場の周りをすこしブラブラしてみました。
でも・・・・ホント何もない。

どうでもいいけど
こういうコンサート会場作るなら
併設でショッピングモールとか作ってよね。
時間つぶし出来ないの
ホント困るんですけどー。。
って愚痴も言いたくなるほど
何もなかったです。
IMG_0662.JPG

ただホテルのロビーが
自由にいていいよって雰囲気だったので
(助かったー)
そこでボケ~と座ってました。

時間になり会場へ。
この日はなんと!アリーナ6列目だったのです♪
むふふ。
ま、、超~端っこですけど。
でもうれしいよー(*´艸`)

となりの2人連れの女が
若干イラっとする人だった以外
視界も良かったし
最高でした。

時間ちょい押しでライブスタート。
そういえば、、ライブ始まるまでの影アナで
くそまじめにライブタイトルを言うのが
何とも言えず可笑しかったです(笑)
で、、ライブ
客電消えると
バラバラと演奏陣が登場。
そこへバックのスクリーンに
ジャジャジャーーンっと祝!20周年って感じの
イラスト映像が流れ(多分なんかのパロディ)
それに気を取られてると
いつの間にかせっちゃんがステージにいて(笑)
『ずっと好きだった』からライブスタート。

おぉ~
いいね。
なんか自分たちに向けられてる感じがして。

衣装は、、黒のラメ入りV字カットソーに
フロント紺?黒?、バックグレー地に白の水玉の
ジレってやつに
黒パンだったかな。
やけに真っ黒って思った記憶があるんで・・
そして髪の毛も随分黒に戻ってました。
懐かし~(笑)

サビで「ヘイ!神戸!!」って言われて
あ、そうか、今神戸にいるんだった
改めて実感・・

そう言えば、、この時ギタークリスタルだった?
その後も結構な頻度で
色んなギターにチェンジしてました。
っと言いつつ
基本はあの黒のアコギと
金っぽいギブソンでしたけど。

続いて『Hey! Mr.Angryman』
『Are you ready?』
古い曲きたら
分かんないな・・って心配だったんですが
ここまでよく知ってる曲で
ホッと一息。
『Are you ready?』の最後は
いったん終わったかのように見せて
まだ続くの繰り返しを何度か。
途中からそのブレイクに「ふーぅっ!」って
合いの手入るパターン。

「いぇ~い!」MCタイムです。
「雨上がったんでしょ?」
ウンウンっと頷くフロア
「幸先良いぞー!!」ってうれしそうに。
「今回のツアーは3回しかないし
20周年だっていうのもあってか
昨日アンケート読んでたら
結構皆さん、全国各地から来てくれてたようで、、
ありがとうございます。

なので、あれもこれもって言ってたら
昨日、、まぁ、指つっちゃったりあったんだけど
3時間半だったかな?(笑)
だから恐らく皆さん、
そう若くはない方も多いと見受けられるんで
ずっと立ってなくていいんですよ。
適当に座って、、、
長丁場なんで
隣の人が立ってるからって自分も立たなきゃって
しなくていいですから。」
ホントにその通りに
前の人とか結構座ったり立ったり
してました。

「古い曲もやるとか言って
次は新曲なんですけど、、」って
『カーラジオ』に『ワンモアタイム』と
ここ最近の中では一番新しい
シングルから2曲。

にしてもー
せっちゃん、ここ最近シングル出すタイミング
早過ぎ。
しかもほぼタイアップ。
さすがっすね~
シングルは基本買わないんで
なんとかCSで流れるので
チェックしてます。

『カーラジオ』はJ-WAVE?かなんかの
ラジオ関連のタイアップ曲。
PVがアニメーション取り入れたものなんですが
それがバックに流れてました。
ラジオっていいぜって感じの曲。

そして『ワンモアタイム』は
コナンの主題歌。
このコナンって名前が出てこなくて
「えーっと、、、」って言ってたら
お客さんから助け舟があって
「そうそう。もう少しであのメガネのガキって
言っちゃうとこだった(笑)」って。

『愛に来て』
『俺たちのロックンロール』
に続いて
「じゃーまさにこの20年前の今日
発売した曲を」っと
『僕の見たビートルズはTVの中』

これはねー
なんか感慨深かったです。
そんなファン歴長いわけでもないし
もう何が何でもせっちゃんってほど
ファンなわけでもないんですが
なんていうか、20年前の今日なんだって思うと
そして20年たった今、生で聞けてるんだって
思うと
ジーンと来るものがありました。
あと、曲によっては
映像が流れるんですが
この時の映像がまたよかった。
レトロな雰囲気があって
日本の移りゆく様子なんかを感じました。

「ここからは懐かしの曲シリーズで
ゆっくりした曲が続きます」
みたいなことを言って
まずは『進め なまけもの』
ヤッタ!
この曲大好き。
これが聞けただけでも
神戸まで行った甲斐あるって思えるほど。

そして『空に星が綺麗』
これもいいよね~
で『郷愁』
いやぁ~私意外と曲知ってるじゃんって
思ってたら・・

次からちょっと分からない曲が2曲
『老人の歌』
『無意識と意識の間で』
この2曲はかなりスローテンポな曲で
おまけに知らないせいもあり
ちょいウトウトしそうな勢いデシタ・・

でも『月の向こう側』で
持ち直した!(笑)

極めつけは『歌うたいのバラッド』
あー、、、よかった。
うっとりしちゃいました。

今回、フルメンバーでのライブってこともあり
(サポートGt×2&Key)
いつもツアー周るごとに色んなアレンジをして
CDとは違って演奏することが多いけど
せっかくなのでCDに忠実にやってみようって
いうのが裏テーマにあったそうで。
なのでそうそう、結構何度も聞いてる
『歌うたいのバラッド』
オリジナルの形で聞いたのは
初めてかも?!ってくらい
わーCDと同じだーって思ってしまいました。

長く続いたんで
休憩タイム~、、、、じゃなくって
MCタイム!
「ここ(会場)は今回初めてなんですけど
そっち(客席)はどうか知らないけど
ステージ上はすごく音の聞こえがよくって
やりやすいところですね。
なので今日は実力以上のものが出せてると思います!(笑)」

「そう言えば、、来週ついに
あまちゃん、、、処女を失うかもしれないんでしょ??
見てますか?
俺も別に毎日見てたわけじゃないんだけど
お盆の時期に、ダイジェスト版で
全部見せますって朝からずっとやってて
、、、、ずっと見てました(笑)
そしたらついに!
・・・俺がやりたかったぜ。。」
すると客席から「じぇじぇじぇ」って声がかかったようで
「お前がじぇじぇじぇだ。このタイミング」とか
言ってました。

「あの、、、ここでまだ半分もいってないですから
大丈夫ですか??(笑)」
・・・ってこの時点で2時間は経過してたと
思います。。

そんな後半戦?!は
『何処へ行こう』から

そして『砂漠に赤い花』
『BAD TIME BLUES』
ちょっとマイナー調な曲が続きます。

せっちゃんが辻村さんを指さし
あのイントロが。
『やさしくなりたい』
やっぱこれは盛り上がりますね。

「じゃーツアーを一緒に周ってる
一流のミュージシャン?の方々を
紹介します」っと
メンバー紹介。
まずは辻村さん。
「どうも」って感じで会釈しかしなかったので
「あれ?何か一言喋んないんですか?」って。
何言ってたっけな・・
20周年おめでとうって言うのと
来てくれてありがとうみたいなのを
言ってましたっけ。

久しぶりなエマーソンさん。
エマーソンさん
キーボードだけじゃなく
タムとかも叩いてました。

豊夢さんは「俺と誕生日が1日違いで髪型が同じ」って
紹介してました。
そうなんだー、、って私ブログネタにしてたと思う(笑)

隅倉さんは最近はトータス松本さんでも
やってるそうで
ライブが被るとき、、どっちにするんだ?って
迫るんだとか(笑)
トータスさんはせっちゃんやらないで自分の方に来たとき
一応「悪いなぁ、、、」って言ってくれてるそうです。

最後はフジイさん。
みんなも言ってたからか
「20周年おめでとうございます!」って言ったら
「なんかちょうだい」ってせっちゃん。
つい「あるよ」って
「うそ!?そのギター??」
「いや、このギターはダメだけど(笑)
でも(プレゼントは)あるよ」って
アンコール手渡すのかなって
思ったんですが
どうもそうじゃなかく
打上げの時に差し上げたそうで
ツィッター情報では
20年物のワインだったそうです。
フジイさん、、、それはここで言わない方が
良かったんじゃないの??って
チラリと思ったりもしましたが
それを言っちゃうのは
フジイさんらしいんでしょうかね(笑)

〆は「以上スピッツでお送りしてます」
なんでいつも違うバンド名を言うんでしょ(´m`)

「神戸~」
雄たけびあげてからは
『Hello! Everybody!』
サビが来るまで分からなかったけど・・
(だって音源持ってないんだもーん)
吉野家のCM曲。
そうだ、そうだ、そうでした。

そして『ロケット』
『ベリーベリーストロング』で
本編終了~

いやぁ、、、マジ長い。
もうそろそろリミット来そうな8時過ぎだったもん。

アンコール1回くらいギリ見れるかなって
思ってたんですが
ここで映像流れ始めまして、、、
20周年の歴史的な
高校野球のテーマソングの
オルゴール調をBGMに。

若かりし頃のせっちゃん
細すぎてお世辞にもカッコいいとは
言いにくいかなー。。
それでフォーク歌ってたら
そりゃ人気でないわな。
で、何年だったかな
ある年を境に髪型が今の感じになって
急にカッコよくなっていきました。

それが終わり
続いては会場のお客さんからの
お祝いメッセージ。
そしてせっちゃんのお友達関連からの
お祝いメッセージ。
クロマニヨンズと
長沢まさみと
奥田民生。
お客さん含め
みんな最後はあの〆セリフ
"これからもヨロチクビー"ゞ(≧ε≦o)

この長沢まさみが
長い長い。。
自分の出演してる映画の主題歌を
歌ってもらってるせいもあって
映画の宣伝もちゃっかりしちゃって。

奥田民生が始まった辺りで
タイムリミット。
うぅ・・アンコールチラリとも見れずに
帰る羽目になるとは。

でも飛行機だから飛び乗るって訳にもいかないし
ちょっとだけ待てば全部見れるとかじゃなく
どこまでいても結局は途中で帰らないといけないんで
さっさと帰りました。

ここからは拾った情報。
アンコール最初は弾き語りだそうで
しかも後方のステージでの演奏だったとか。
なぬ!そんなサプライズがあるのか。

そして『月光』を演奏して
ステージを降りかけてから
やっぱりギターくれとスタッフに合図してから
「気分が良いのでもう一曲やります」って
1曲おまけで『彼女は言った』を演奏。
いいなー・・・

再び前のステージに戻り
バンド編成での演奏。
『歩いて帰ろう』では
天井からたくさんの風船が落ちてくる。
あーだから
風船持ってる人いたんだ。
ガチャガチャの商品にそんなのあったっけ?って
思ってたんですが、、、
これまた持って帰りたかったよー

これで本来は終了ですが、、、
な、な、なんと!
そのあとの熱烈なアンコールによって
急遽Wアンコールに突入。
曲を用意してないので何をやるか相談してた。
何曲か候補が出たけどみんなウロ覚えらしい。
で、どうせウロ覚えだったらカバーしない?と言いながら
じゃあカバーって何なのよ?
ガッツだぜ(笑)って流れで始まり、1番終わると罪な奴へ、
これも合図しながら1番終わると社会生活へ。
っとなっていったらしい。

すげー
やっぱアニバーサリーだな~
それ見込んで
神戸まで見に行ってたはずなんですけど
なんで途中で帰ってくるはめになってしまったか。。
これは悔いても悔やみきれない思いです。

でも唯一の救いは
まだ埼玉が残ってるってこと。
ふぅ・・
もう初めて見るかのように
満喫してきたいと思います。

そして誓ったよ。
遠征での帰りはギリの時間では取らない。
せっかく行くんだから
楽しんでこないともったいないじゃん。
いい教訓になりました(っと、、強がっておこう。。)


<セットリスト>
 01.ずっと好きだった
 02.Hey! Mr.Angryman
 03.Are you ready?
 04.カーラジオ
 05.ワンモアタイム
 06.愛に来て
 07.俺たちのロックンロール
 08.僕の見たビートルズはTVの中
 09.進め なまけもの
 10.空に星が綺麗
 11.郷愁
 12.老人の歌
 13.無意識と意識の間で
 14.月の向こう側
 15.歌うたいのバラッド
 16.何処へ行こう
 17.砂漠に赤い花
 18.BAD TIME BLUES
 19.やさしくなりたい
 20.Hello! Everybody!
 21.ロケット
 22.ベリーベリーストロング

 EN1.
  やわらかな日(弾語り)
  アゲハ(弾語り)
  月光(弾語り)
  彼女は言った(弾語り)

  君の顔が好きだ
  Always
  月影
  歩いて帰ろう

 EN2.
  ガッツだぜ~罪な奴~社会生活不適合者


空港にて。。
寂しくビール飲みました(-c_,-` )
IMG_0663.JPG

真実はどこかと聞かれたらこう言うぜ 闇広がる前の数秒のあの気分 [The Birthday(2012年~)]

先日の深夜
NACK5 × BMG “Quarter Party”の
先行をラジオでやるからとのお知らせを聞き
25時ウトウトしながら聞いてました。
時々フッと寝てたりして
焦りましたが
無事、チケット確保しました!!
わーい♪

電話での申し込みなんですが
色んな説明が長い長い。。
あれで電話代稼いで
手数料として売り上げてるんですよね。

さて。
そんな8.23は
LIQUIDROOM 9th ANNIVERSARY presents
"UNDER THE INFLUENCE"The Birthday×dip
@恵比寿LIQUIDROOM
でした。
IMG_0648.JPG

dipはヤマジさんのバンドなんですが
機会があれば行きたいと思ってたバンド
それがThe Birthdayと対バンだなんて
最高な組み合わせです。

チケット倍率高いかな・・って思って
色んな方に協力してもらい取ったはいいけど
取れ過ぎちゃって(笑)
なんとか譲り手見つかったからよかったけど
その後もかなりいい番号のチケットが出回ってて
なんだかなー。。って感じでした。

そんな訳で
番号は300番台かなりの後半。
中に入ると2,3列目まではうまってる感じでしたが
フジイさん側の最前端っこが一人分空いてまして
いつもはハルキ側に行くんですが
この日はここで待機。
最前って言っても
ちょっと斜めになってるところなので
ステージの方を向くと
2列目くらいな感じ?
後で気づいたんですが
dipはスリーマンで
ヤマジさんがこっち側だったんで
結果的にラッキーでした(*´艸`)

ほぼオンタイムにライブスタート
押しはほとんどありませんでした。
曲は全く知らないんですが
最近発売されたアルバムを視聴したところ
買おうかって思ったほどよかったので
楽しみにしてました。

案の定、1曲目から
カッコいい!!
なんていうか、、ギターの音が素敵過ぎる。
正直歌声はうーん。。。って感じなんですが
曲がかっこいいんですよ。
インストは苦手でも
dipに関しては
ぜんぜんありです。

1曲目が終わると
「ゴメン、ちょっと壊れた」っと
機材トラブル発生?!
でもいじってたらその原因が分かったみたいで
「壊れてなかった。
えーっと、できればもう1回最初から
やりたいぐらいなんだけど
時間もないんで、2曲目からいきます」っと
ライブ再開。

その後MCはほっとんどなく
黙々と曲をやっていくって感じ。
時々小さいメモ紙みたいなのを
マイクスタンドにクリップで付けてましたが
あれは、、、カンペ??

「じゃーチバくんがやってくれた曲」
そうそう、トリビュートアルバムに
参加してましたね
『FASTER, FASTER』
視聴だけした覚えはありますが
どんなんだったかは
あまり覚えてません・・

いやぁ~よかった。
qybを見た時もよかった!って思えたし
ヤマジさんのギターが
好きなんだと思います。
アルバム買おうかな。

<セットリスト>
 01.HASTY
 02.TELVET
 03.CYAN
 04.SATURNINE
 05.13階段への荒野
 06.OFF THE SUN
 07.Siamese Fins
 08.FASTER, FASTER
 09.FLY BY WIRE
 10.SLUDGE

続いてThe Birthday。
なぜか転換中に幕が下りてました。
しかも一部穴が開いてた箇所があったんですが
わざわざそこを修復してたし。
別に転換風景見られてもいいじゃん?
それともご本人登場とか
してたんですかね。。

SEが鳴り幕が開くと
一気に押しが・・
自分の位置を保つのに精いっぱいだし
横のバーにグイグイ横っ腹押されるし
ちょっと辛かったです。
でも・・近いっ!
4人編成になると
ちょっと横幅が広がるせいか
私のいた端っこ目の前付近に
フジイさんのマイクが!!
ちょっとテンション上がりました♪

キュウちゃんだけ出てきて
スタンバイしドラムを叩きだす。
ちなみにこの日のキュウちゃんは
白シャツ。

そのドラムに合わせ
ハルキ、フジイさんの登場。
ハルキは何柄ってんだ?
グレー字に細かいダイヤで四角を作った感じの柄の
七分袖シャツとデニム
藤井さんはお決まりの黒上下&黒ハット。
ハルキは細身のシャツを着ると
一段と細いのが目立ちます。
フジイさんは目の前なので
普段はあまり気づかない
リストバンドとかまで目がいっちゃいました(笑)
赤いのしてました。(年期入ってた 笑)
そして最後、マラカス振りながら
チバさん登場。
チバさんはツバメ柄の黒シャツ。

軽くアレンジっぽいのがあって
『泥棒サンタ天国』
この曲はいつもイントロだけは何の曲か分からなくって
この日も思わず「新曲??」とか
昔の曲でレア曲??って思ってしまいました。

2曲目は『Buddy』
これもなんか出だしがいつもと違って
聞こえたのは気のせいでしょうか?
 パーティがまた始まる!
RSRでは叫べなかったので
思う存分叫んできました~
やっぱこれがなくっちゃ始まらん♪ヽ(´▽`)/

そしてそして
こちらは最近ではなかなか久しぶりの
『MEXICO EAGLE MUSTARD』
フジイさんギターソロになると
前にグイグイ出てくるので
うれしいです。
何やらつぶやいてるようにも見えてましたが
近くで見るとそうでもなく
何か口が勝手に動いてるって感じでした。
で、時折照れ笑いみたいにニコってしてくれるのが
なんか素敵でした~

ここでチバさんかけてたサングラスをはずし、
キュウちゃん「ハッピーバースデー!The Birthday!!
リキッドルーム9周年
おめでとうございます!
The Birthday6周年おめでとうございます!!」
するとフロアから「7周年!」って声。
「え?7周年?マジで?あれ・・」って。
ちょっとザワつくフロアに
チバさんがオフマイクで
「なんで間違えんだよ」みたいにボソボソ。
キュウちゃんもオフマイクで
「なんか微妙な空気になっちゃってるよ。
あぁ、、そうなの?みたいな」って
確かに、、何周年って
本人たちが間違えるのって
どうなの?って思ってしまいますが
それはThe Birthdayらしいっちゃーらしいですかね(笑)

気を取り直して、、、
『YUYAKE』
これもあまり聞かない曲なので
思わず新曲に思えてしまった・・
だってー
最近レコーディングしてるとか聞いてたし
結構何も言わず
いきなり新曲をライブでやっちゃうこと多かったし
思わず期待してしまうんですって。
最近はいきなりライブで、、ってのは
減ったかも?

『爪痕』
ハルキ側にいるとベースの音がすごくよく聞こえますが
フジイさん側にいると
ちょっと聞こえにくかったです。
この曲はベースラインが好きなので
ちょっと残念。
っというか、この日はなんか
外音スピーカーの調子が
悪かったように思います。

そう言えばハルキはなんか
いつもにも増して
荒々しかったような気がしました。
何て言うか
弾いてるときの気迫っていうんですかね
激しい弾きっぷりのように思いました。

『なぜか今日は』
イントロはフジイさんのギターの爪弾きから。
これRSRでもやってて
何の曲だろうーって思いながら聞いてました。
最近はこういうアレンジなんでしょうか。
そこからいつものイントロになる辺り
チバさんがギターを高く掲げるのが
カッコいい。
一緒に拳を上げてしまいます。

その後は恒例
フジイさん・ハルキが前に出てくる曲。
モニター脇の前に出てくれるので
ホントに目の前!
ちょっとドキドキしてしまいました。
戻ってからキュウちゃんの方を向いて弾いていたときに
キュウちゃんが何やらニヤニヤしてたんで
もしかして何かミスってたんですかね??
フジイさんのライブ後のツィッターにも
いろいろやらかしたとか書いてたし・・
真相は謎ですが
この日はキュウちゃんも非常によく見えて
最高でした。
やっぱフジイさん側の方が
いいのかな。。

でもって、1番Aメロ
出だしから歌詞あやふやなチバさん。
なんとか持ち直そうとしても
結局持ち直せず苦笑い(笑)
その後からはバッチリでした。

続いて『Red Eye』
なんとなく、、この日のハルキのソロは
かなりカッコよかった!
タタタタンってなるところがすごくキレイでした。
(かなりマニアック 笑)
チバさんの「スィンギング~!!」があって
キュウちゃんのソロ。
いつもは頭だけとかしか見えないけど
叩く姿バッチリ見れました。

チバさんとフジイさんの掛け合い
フジイさん側にいると
チバさんの顔が見えるので
またいつもと違って新鮮です。
何気にハルキも内側を向いて弾くことが多く
顔の表情がよく見えました。
、、、やっぱフジイさん側の方が
いいのかな。。(笑)

そして『涙がこぼれそう』
ハルキが人差し指でつつつつ・・・・っと
マイクスタンドを自分の向きにしてるのが
毎度のことですがかわいい♪

もちろんアカペラ部分は
みんなで合唱。

 俺さ 今 どこ?
 今は、恵比寿リキッドルーム!!

この日はひねりなし、、デシタ。

盛り上がり最高潮で
『さよなら最終兵器』
ウォーって中で聞くと
この曲のサビでガンガン一緒に歌ってしまいます。
ハルキも口ずさんでたように見えました。
1回だけある さよなら 最終兵器 の
コーラス
キュウちゃんの声がよく聞こえました。

「READY STEADY GO~」っとタイトルコールあっての
『READY STEADY GO』
これがラストはすっかり定番。
だけどホント盛り上がります。
最後のサビは「ワンモワ!」で
2回し。
メンバーみんなも叫んでいるんで
テンションもMAX!!
ハルキの低めの声もよく聞こえました。

「サンキュ!」
本編終了。
続いてアンコール。

しばらくして、、キュウちゃんグッズのROCK~Tに
ハイネケン片手に登場。
タバコふかしながらのハルキ
あとフジイさんは着替えなし
最後に登場チバさんは
女の子のデザインのチャコールグレーのTシャツで
登場。

もちろん「ローリンベイベー!!」で
『ローリン』
途中コール&レスポンス有。
特にご当地単語はなく
 オーオーオ
 イェイイェイイェイ
とかでした。

最後の方の
 ローリンベイベ イッツオーライ
って繰り返すところ
フッとドラムだけになって
フロアだけで合唱
しばらく歌ってメンバー加わるという演出
これ、別に今回が初めてだったわけじゃないんですが
今回やけに始まりも終わりもピタっと息があってて
すごくいい感じでした。

その後はハルキ・フジイさんは
ステージ前に前進。
ハルキの様子は分かりませんが
フジイさんはかなり長くそこで弾いててくれました。

最後のドラムで〆ってところ
この日はすごく長めだった気がします。
盛大なドラムソロで終了。

曲が終わって
もう終わりかと思ったら
チバさん「あの、、えーっと・・
今日はもう1曲やっていいかな。
また1人、俺たちの仲間に娘が生まれたんで、、、」
おぉ~
そんな訳でもう1曲『オリーブ』を。
歌詞に胸が打たれます。

静かに終わり
「ありがとう!またね!!」
うれしそうに帰って行きました。
フジイさんもチバさんも
帰り際にピックを投げてくれたので
近い方向ではあったのですが
かすりもしませんでした・・
キュウちゃんのスティックは
反対サイドで投げてしまってました。。

<セットリスト>
 01.泥棒サンタ天国
 02.Buddy
 03.MEXICO EAGLE MUSTARD
 04.YUYAKE
 05.爪痕
 06.なぜか今日は
 07.Red Eye
 08.涙がこぼれそう
 09.さよなら最終兵器
 10.READY STEADY GO

 EN.
  ローリン
  オリーブ

RSR後すぐのライブでしたが
前半部分にセトリが違ってて
大満足です。
久々フジイさん側ってのも
よかったのかも。
たまにはこっち側に来てみるのもいいのかも。
でもなぜかフジイさん側って
ガッツリ系が多く
押しとかが激しいんですよね・・
それがちと辛い。

あと欲を言うなら・・
この日がデビュー日?なら
デビュー曲の『stupid』やって欲しかったなー
最近とんとご無沙汰だし。


大人なエレガントなライブ [音楽]

早くも次なる緊急ナイトが決定。
ゲスト枠がなんと!TOSHI-LOW
なのにこの日は仕事の関係で
行けない日・・・チ―( ∀ )―ン
悲しい。
TOSIH-LOWの話すキュウちゃん話とか
コータローさん話とか
聞きたかった。。

さて、そんな8.20
RSR帰り翌日
夏休み明け仕事初日(笑)
「@WWW 2013.1.23 Premium Live "Beautiful Dreamer"」
プレミアム上映会
@TOHOシネマズ渋谷
でした。
IMG_0646.JPG

読んでごとく
フラカン史上初の
ストリングスやらキーボードやら
ゲストをたくさん呼んでやったライブ映像の
上映会です。

このライブCDは既に発売になってますが
DVDは発売予定ではなかったんですね。
スペシャで30分に凝縮されたものは見ていましたが
フルでは見てないし
メンバーの舞台挨拶あるっというので
行ってきました。

ぴあの先行で取ったからか
最前列端っこ。。
ライブなら大喜びですが
映画できれば後ろの真ん中あたりが
一番見やすいじゃないですか。。
ま。
舞台挨拶のこと考えたら
最前もうれしいのですが
でもさー・・・

時間になり司会進行役の方が出てきて
フラカンメンバーを呼び込み。
圭介さん麦わら被って子供みたい(笑)
グレートさんも短パンでリラックスモード。
竹安さんは無地の紺のVネックにデニムと
いつもの普段着の感じ。
ミスター小西はロックTにデニム。

この映画の見所とか
今度発売される新曲について
質問に答える形式。
グレートさんは圭介さん越しのミスコニの顔が
一番面白くて好きなんだそうですが
この日はドラムセットの位置の関係で
そういうシーンがあまりなく残念だそうです。

そんなミスター小西は
始まる前に服を着替えたとか。
どんなお洒落なものに着替えるのかと思ったら
最初着ていたTシャツとほとんど変わらない
また同じようなTシャツだったって。
「今日は暑くて汗かいたから、、」って
ミスコニ。
「さすが。ミスター。
だいたい知り合って2年くらい経つと
分かる人は小西がスゴイって
分かるんだよ。」って。

とにかくよく喋ってたライブで
特にグレートさんがよく喋ってたようで
人間、緊張するとよく喋るんだって
力説してて可笑しかったです。
でもそのMC部分は結構カットされてしまってるとか。。

新曲については
売上枚数より、その週のオリコンチャートの方が
気になるという圭介さん。
10万枚売れてもチャートが30位だったら
ガッカリするけど
3万枚しか売れてなくても
1位とか2位だったら
すごくうれしいって。
、、、うーむ。。圭介さんらしい(笑)

話変わって
この日19:30開演なのに
なんと19時ここの映画館の下集合だったらしく
19:10開場ってことは
普通にお客さんいるよな?って
案の定、早く着いてしまって
しばらく外で待ってたらしいんですが
フラカンT着た人とかもいて
でも誰にも気づかれなかったって。
「俺、オーラ消すの得意だから」って
圭介さん。
そうそう、私も19時くらいに会場着いたんですが
しばらくしてからメンバーが
ゾロゾロ通り過ぎたの見ました。
そういう理由からだったんですね。

最後に一言ずつ。。
どアップに耐えられるかどうか心配だけど、、って
圭介さん。
竹安さんは「普段とは違うエレガントなライブになってるんで
楽しんでってください」
このエレガントって言葉
最初のその時のライブについて話す時も
言ってました。
あとは、、、、ちょっと忘れてしまった。。

っと、ざっくり10分くらい?
舞台挨拶終了。
圭介さん、わざわざお茶のペットボトル持って来てたのに
そう時間もかからず終わってしまい
必要なかったじゃん?って感じ?!(笑)

さて。映画について。
非常によかったです。
いや、このライブ自体ホントよかったんですよね。
ライブCDもすっごくよかったし。
で、また振り返って見てみて
いやぁ~いいわーって。

ただ。
さっきも書いたように
最前列でして
画面も思った以上にデカくて
かなり頭の位置下げて見てたんですが
それでも酔いそうになるくらいの
大画面でした。

アンケートでDVDになったら買うかって質問
一応買うに○付けときました♪
それより、、、20周年の野音の映像
あれは何でフルで発売にならなかったのか
未だに謎です(笑)

RSR2013 2日目② [音楽]

雨上がってからは場内ブラブラ~
IMG_0610.JPG
IMG_0612.JPG
昨年あたりから
こういったイルミネーション?が増えました。
歴代RSRのロゴ。
それだけでアガります!

そして少し早めにSUN STAGEへ。
21:00 マキシマムザホルモン(SUN STAGE)
でも。
The Birthdayに向かうため
後ろの方で待機。
待ち始めた時はあまり人多くなかったんですが
始まる時間になるにつれ
どんどん
どんどん人が増えてって
最終的には
私のいたかなり後ろの方までも
人人人でいっぱいでした。
やっぱホルモン、、すごいね~
アルバムも3週連続?1位だしね。

さぁ、始まるかな
っと思ったら
恒例の花火の打ち上げです。
すっかりフェスで見る花火が定番になってきました。
でも高い建物とかなく
視界を遮らないので
見やすいし
海と違って蒸し暑くないし
快適に楽しめます。

ドンドンドンっと
最後乱れ打ちがあり
終わると同時に
ホルモンスタート!!
ゴォーッッって地鳴りのような歓声が
湧き上がります。

そうそう。ナヲちゃん、髪
ストレートにしたのよね。
かわいい。
姿はほっとんど見えない位置だったので
スクリーンをチラ見。

そしてまずは『恋のメガラバ』から。
すごい!これからスタートって。
一気にあの人人人たちが
踊るわ、ヘドバンするわで
かなりカオス状態(笑)

途中のMCでさっきの花火の数は
ナヲちゃんが小田さんに抱かれた回数だそうで
このことを言ってもいいかって
小田さんに確認したら
「いいよ」って親指突き上げてたって。

数ある夏フェスの中でも
RSRは特別な感じがするフェスで
そのフェスで、この花火タイム後の枠を
任せられたっていうのは
うれしいことだって。
そうだよね~ここって、、前で言うなら永ちゃんとか
ミスチルとか林檎ちゃんの枠だったよね。

多分、全部聞いてダッシュで向かえば
充分間に合ったと思うんですが
初日のグループ魂のトラウマが残ってて
『恋のスウィート糞メリケン』辺りで
離脱。

あー『ぶっ生き返す』とか
新曲の『恋のスペルマ』とか
聞きたかったよー
久々のホルモンだったのに。
ちょいちょい
痛い被りしてます・・(T ^ T)

<セットリスト>
 01.恋のメガラバ
 02.maximum the hormone
 03.便所サンダルダンス
 04.「F」
 05.恋のスウィート糞メリケン
 06.Mr.ブギータンブリンマン
 07.シミ
 08.my girl
 09.ロックンロール・チェンソー
 10.ぶっ生き返す
 11.恋のスペルマ


で、向かった先は
ERATH TENT
ここは、、、、UNISON SQUARE GARDENでした。
ホルモンに負けないくらい
盛り上がってましたが
私と同じような考えの人がわんさかいて
適当にノッてる風な人が
あちこちにいました。
ま。仕方ない・・

ユニゾンは嫌いじゃないんで
ここはちょっと好きなのよ風で
ノッてみました(笑)
ジワジワ前進してって
終わると同時に前に行ったんですが
サイドの最前は取れませんでした。
でも比較的見やすい2列目ゲット!

ただ、、そばにいた図体デカい男が
時々体重かけてよっかかってきて
ウザかったです。
危うくそいつ、友達を側に入れようとしてて
ムカっとしましたが
友達が他で見るって言ってくれたんで
良かったです。
ナイス友達(笑)

転換中、、、、前の2,3列目だけ
ギュっとなってて
後ろはガラガラ~って感じで
ちょっと笑えました。

22:40 The Birthday(EARTH TENT)
時間になりいつものSEが鳴り始めると
ギュ―っと押しがきました。
なんとか背伸びして視界を保ってました。
おかげでキュウちゃんまでもしっかり見えました~

フジイさんはいつもの黒上下に黒ハット
キュウちゃんは黒のV字カットソーに白シャツ
ハルキはデニムのつなぎ
チバさんはダークな赤いシャツ。

割れんばかりの歓声に
「ハッロー!」って一言。
そしてギターを弾き始め
『涙がこぼれそう』から
ライブスタート。
これまた、、そう来たか・・的な
1曲目。
最初からフロアに歌わせるなんて。

俺さ 今 どこ?
に対しては「今は石狩鍋!」って。
あはは。
怒髪天見てたのかな??

続いて『SATURDAY NIGHT KILLER KISS』
そうか、この日は土曜日デシタ。
ここの感想部分だったっけなー
ハルキがいきなり前に出てきたの。
意外なところだったので
ビックリしちゃました。

この日は『Buddy』がなかったので
チバさんはサングラス
はずすタイミングがなかったのか
しばらくつけっぱなし。
思わず最後までつけてるのかな、、って
思ってしまったほどです。

あと、、、どっかでキュウちゃんが
シャツを脱いじゃってカットソーになってるって
思った次に見た時には
そのカット―ソーまで脱いで
上半身裸で叩いてて
おぉ~っ!ってこれまたビックリしてしまいました。
最後のアンコールで帰りがけとかに
脱いじゃうシーンは何度も見たことありましたが
演奏中に脱いじゃうの
ここ最近ではなかったもんで。
でもそれだけ熱く盛り上がってたのかなーって
思うとうれしくなったり♪

『ROKA』のサビの盛り上がり
ハンパなかったです。
セトリは定番でしたが
あの光景はかなりグッときました。

ここでブレイク?
MCは全くなしで
キュウちゃんが「The Birthdayです。
よろしくお願いします~」って言っただけ
でした。
チバさん、、、喋んなかったな。。

ここでサングラスはずして
『ホロスコープ』だったと思います。
次だったかな?

少しクールダウンで『爪痕』
これだけちょっと久しぶりな感じ。
夏も終わるしな、、なんて思いながら聞いてたら
ハルキの日記に子供の頃の夏の思い出が書いてあって
そうか、、あの時そんなこと考えてたんだーって
しみじみ思い出しニヤけてました(笑)

フジイさんがギターを弾き始め
チバさんも加わり軽くセッションみたいな感じになってから
『なぜか今日は』
イントロ前にチバさん、ギターを高く掲げ
それと合わせて拳を上げるのが
好きです。
なんか一体感を感じてうれしくなります。
もちろん、ここでもハルキは
前に出てきてました。
帰り際口を大きく開けてワーって
叫びながら。

この日はやらないかと思ったけど
やっぱりありました『Red Eye』
ハルキソロの前には「1、2、1、2、3、4!」って
カウント取ってから。
キュウちゃんの前には「スィンギング!」って
雄たけびあげて。
チバさんとフジイさんの
ブルースハープとギターの吹き・弾きあいは
やっぱオォーッ!!って歓声が沸きます。

チューニング中。。
「サンドウィッチの具は何が好きですか?」って
言ってるヤツがいて
無視するかなって思ったんですが
チバさん「聞こえねぇー」っとバッサリ(笑)
いいね。
こういう返し。

そして『さよなら最終兵器』
この曲も相当盛り上がります。
照明の明るい感じと
フロアの熱い感じとが
ホント最高で
ライブってこうだよなって
思える光景でした。

ラストは「READY STEADY GO~」って
軽いタイトルコールをして
『READY STEADY GO』
あのタイトルコール聞いてからの
イントロが
アガるんですよね~
oioi拳も上がります。

最後の雄たけびコーラスは
ステージ上皆さんで。
「ワンモア!」
っと2回し。

「サンキュ!ありがと。またね。」

最高でした~
あまりベストアクトとかって
決める方じゃないけど
RSR 2013ベストアクトって
思ってしまったほど。
曲はさほど珍しいわけじゃなかったんですが
とにかくステージとフロアとの一体感が
ハンパなくすごくて
すごく楽しかったです。

やっぱEARTH TENT最高だな。
今年はテント系の音がすごく良かった気がします。
ってか、テントだからこそ??なのかな。
ってさっきから何回も書いてますが・・(笑)

おかげでせっかく着替えてから臨んだのに
一気にTシャツもパンツもびっちょり。。
これなら濡れてままきて
終わってから着替えればよかったかも・・(-ω-`)
とにかく最高のライブでした。

<セットリスト>
 01.涙がこぼれそう
 02.SATURDAY NIGHT KILLER KISS
 03.ROKA
 04.ホロスコープ
 05.爪痕
 06.なぜか今日は
 07.Red Eye
 08.さよなら最終兵器
 09.READY STEADY GO


しばし、、、汗を引かせるために
会場内をブラブラ散歩。
IMG_0629.JPG
IMG_0630.JPG
会場の外ですが
こんなのもできてました。
イルミネーションは青やら白やら色が変わります。

そしてしばしテントで休憩。
この休憩が大事なんです。
RSRはほかのフェスに比べると
結構転換時間がたっぷりとってあるように思います。
各ステージ間が広いから
次への移動のためだとも思いますが
何気に、休息を取るためなのかもとも
思ってます。

もっとあっちにこっちにって
行きたい気持ちもありつつ
この合間があるおかげで
少し横になれたりできるので
体力温存できるというか。


00:20 獄門島一家(EARTH TENT)
なんだ、このバンドは?って思いますが
Vo.アヴちゃん(女王蜂)、Gt.浮雲、Ba.kenken、Dr.中村達也
からなるバンドです。
ちょっと興味本位で見にってきました。

女王蜂のライブはテレビで見る程度だったので
アヴちゃんのことは軽く知ってる程度でしたが
なかなかですね。
性別不明っす(笑)
そして演奏陣の豪華なこと。
なのでライブはかなりかっこよかったです。
今度ワンマンをやるそうで
でもライブって名前じゃなく「会合」って言うそうで。
この先どうなっていくのか
ちょっと楽しみです。


続いて
02:00 THE GOLDEN WET FINGERS(RED STAR FIELD)
これは当初"中村達也SESSION"として発表されてましたが
達也さんがメンバー全員いるんなら、、って
このバンドのライブになったものです。
うれしいんですが
実は 01:40 SCOOBIE DO(SUN STAGE)と
被ってまして・・
スクービー初のSUN STAGEなので
見ておきたい気持ちもありつつ
こっちもこっちで
そう定期的にはライブやらないしな、、ってことで
こちらを優先させてしまいました。

早めに行ったので
イマイさん側の端の方最前が空いてました。
とりあえず柵にもたれながら
ウトウト。
ステージ上では達也さんが
楽器の調整をされてました。
あれ、、達也さん2ステージ連続か。
てかこの2日間で何ステージ出てるんだろ??
さすがRSR皆勤賞の方です。
ご本人のサウンドチェックはお楽しみの一つでもあるので
ふだんならジーっと見てるところなんですが
ちょっと睡魔に勝てず
ウトウトしてました。。

時間になりメンバー登場。
いつもの豹柄コートのイマイさんに
黒のコートにハットをかぶったチバさん
黒タンクトップにキャスケット被ったの達也さん。

赤い照明の下
『BABY HONEY BEE』からライブスタート。
このちょっと脱力したムードが
3人らしい雰囲気。

その後は、、あまり曲名一致してないんで
詳しく書けないのですが、、
「イマイアキノブが歌います!」って
Iggy Popのカバーで『Real Wild Child』を
やってくれたり
そんなイマイさん、ステージ前に
ガンガン出てきてくれてました。
チバさんがいきなり
「丑三つ時だね、、あ、後ろになんか見える!」って
言い出したり(笑)
『KILL AFTER KISS』の前に
チバさん、指で鉄砲のマネして
バーン!って打ってから
曲に入ったり
ファンもThe Birthdayの時みたいに
ガツガツしてなくて
大人な雰囲気で
のんびり楽しめました。

最後は『トリオ・デ・ハラぺーニョ』
この曲は楽しい曲なので
盛り上がりました。

引き続き、、アンコール。
マラカス持ったチバさん
ってことは、、『Teddy Boy』
ワーイ!
これ本編でやらなかったから
あれ?やらないんだ・・って
思ってたんです。
ENだったとは。

そしてもう1曲『Oh Yeah!』
サビの部分、みんなで Oh Yeah! って
拳上げて歌うと
嬉しそうにしてました。

FUJIで見納めかと思ったんですが
RSRでも再び見ることが出来て
よかったです。
でも不定期にもまだ活動は続けていくのかな?
またライブ見たいです。

<セットリスト>※一部順番曖昧・・
 01.BABY HONEY BEE
 02.世界中
 03.BC1000
 04.BLACK SHOT SEXY BLUE
 05.Civilators
 06.砂の時間
 07.CHICKS
 08.Real Wild Child(Iggy Pop)
 09.KILL AFTER KISS
 10.しまっとけ
 11.トリオ・デ・ハラぺーニョ

 EN.
  Teddy Boy
  Oh Yeah!


そろそろ空が明るくなりつつあります。
もうだって、、3:00過ぎ。
あれ?THE GOLDEN WET FINGERS
結構長くやってくれてたんだ。。
途中ちょっと眠くなりかけて
あーもったいないよーって思いながら見てたました(笑)

少しテントで仮眠取って
04:00 MONGOL800(SUN STAGE)始まりと同時に会場へGO!

『小さな恋の歌』に
間に合ってよかった!
これはやっぱり盛り上がります。
みんなが歌ってました。

それにしても
今年はモンパチがフェスのトリを飾るの
多いです。
15周年でしたっけ??
自分たちのイベントも沖縄でありますし
お祝いムード満載です。

空が明るくなってきてて
日の出は?日の出は?って
気にしてはいたんですが
結局、、、日の出です!っていう日の出は見れず
気付いたら夜は明けていました。。
残念。
IMG_0633.JPG

アンコールで
実はこの日、ドラムの方がお誕生日だったようで
お祝いしていいですか?っと。
サプライズでキヨサクとGtの人と
ハッピーバースデーを。
さらにホルモンナヲちゃんが
ケーキを持って登場。
ただあまり段取りを決めてなかったようで
その場でろうそく付けて吹き消したり
その後のケーキどうしよーって
直に下に置いて帰っちゃったりと
かなりのグダグダっぷりでした。

でもそのほのぼのとしたというか
何が起きても慌てず
なんとかなるさーみたいなゆる~い雰囲気が
モンパチの魅力でもあり
見てて癒されました。

<セットリスト>
※拾い物のため、どこからENか不明。

 don't worry be happy
 party 
 小さな恋の歌
 神様
 矛盾の上に咲く花
 琉球愛歌
 face to face
 あなたに
 happy birthday
 Love song 
 夢叶う
 Rise&Shine


ってことで、2日間にわたるRSR2013
これにて終了!!!
IMG_0631.JPG
お疲れ様でした。

で。
ここからテントの片づけ。
雨降らないといいね、、なんて話してる側から
ポツリポツリ・・・
マージーデーぇ。。。(;´д`)

昨年は夜露に泣かされ
今年は雨に泣かされるのか、、っと
思いましたが
思いのほか雨はすぐに止んでくれて
なんとか難なく片づけ終わりました。

荷物の配送、バス乗車も
スムーズに終わり
札幌駅着。
8時頃でしたか?
早いよ・・
ホテルのチェックインは13時だよ。

ここで思ったのが
会場は12時までいられるので
最後のバンドが終わった後、仮眠をとって
10時くらいから片づけて帰るってパターンも
ありではないか?
ま、今年はどれくらいスムーズに片づけられるか分からなかったし
雨も降りだしちゃったりで
気が急いてたってこともあり
そんな考えには至りませんでしたが
そういうのも一つの手かなと。

とりあえず待合席でボーっとして
朝ごはんをカフェで取って
また待合席でボーっとして
お店ブラブラして
なんとか13時チェックインまで時間潰しました。

そしてホテル!
行く途中にRSR関係者が宿泊してると思われる
ホテルの前を通り
YO-KINGらしき人を見ました。
あとバスの中にキセルの辻村さんは見えた!

お風呂に入り、荷物の整理をして
しばし休憩。
そしてこの日は増子さんやさわおさんも
利用してたという音楽スタジオを経営してる方の
喫茶店ミルクに行ってきました。
IMG_0637.JPG

前にも行ったことありますが
その時とほとんど変わってない
お店の雰囲気。
美味しいコーヒーとチーズトースト
IMG_0636.JPG
チーズトーストが予想以上にボリュームあって
ビックリでした(笑)
IMG_0635.JPG

音楽スタジオは最近新しくなったそうです。
お店のマスターがお時間あるときは
いろいろ興味深いお話をしてくれるそうなんですが
この日は忙しいのか
お店を出たり入ったりでバタバタ
帰り際に少し奥さんと
RSRに行ってきたって話だけして
帰りました。

そしたら奥さんのツィッターで。
milk.jpg
うれしいです。

その後は札幌を少しフラフラして
ホテルへ。
19時過ぎには寝てたかな・・

翌日は12時の飛行機。
早めに空港に行きお土産を購入。
会社用
IMG_0647.JPG
自分用
IMG_0643.JPG
IMG_0644.JPG
IMG_0645.JPG

にしても、、、、すごい人でした~
荷物預けるのもあんなに行列ができるとは。
飛行機も満席だったし
恐るべし夏休みだわ。。

16時前に自宅へ。

今年は出演者発表の第一弾・第二弾あたりで
既にお腹いっぱい状態のラインナップ
ただその後はあれ?あれ?って感じだったんですけど・・(笑)
何よりピロウズの復活がRSRで見れるってのいうのが
うれしかったです。
、、、当初はここが一番最初かと思ってたのが
結局は一番最後だったっという
RSRしか行けなかった身としてはちょい悔しかったです。

ただお天気がイマイチで
雨もそうだし、なんか北海道らしいカラっとした空気もなく
なんとなくジメジメしてました。
でも直前に購入した雨具が役に立ってよかった?!( ̄▽ ̄;)

ライブはEARTH TENTのライブが
やけのいいものが多かった感想。
一体感ハンパなかったです。
でもこれって、、、野外の醍醐味がない??(笑)

美里さん・MISIA・グループ魂
普段見れないライブも見てみるとそれなりにいいものでした。
音楽にジャンルは関係ない、、なんてね。
特にMISIAは野外だからこその壮大な感じがあって
より良かったようにも思いました。

総じて、、RSRやっぱ楽しいです。
アラバキ同様、フェスそのものが楽しいんだと思います。
そこに大好きなバンドが来るんだから
そりゃー楽しくないわけがない。

ってことで
IMG_0642.JPG
また来年!


RSR2013 2日目① [音楽]

テント泊。
暑いかな、、って思ってたんですが
せっかく持って行ってたので
パーカー着たり
フリースのひざ掛けみたいなのを足にかけたりしつつ
寝袋で寝ました。

5時頃目が覚めると
雨音が・・
おまけに雷ゴロゴロ・・
このままひどくなっていったらどーしよーとか
ちょっと不安になりましたが
その後は降ったり止んだり。

今年のお風呂は
石狩温泉 番屋の湯
お風呂自体は広くて
ジャグジーもあったし
露天風呂も寝転ぶお風呂もあり
お湯は茶褐色の温泉湯で
非常によかったのですが
何するのも順番待ち状態で
往復バスは立ちっぱだし
それがちょっとガッカリでした。。

ただ。
朝早く起きて会場内をウロウロすると
いいことも。
それは、、、
大人気メニュー
いちごけずりのお店が
あまり並んでない事!!(笑)
今年はメロンけずりなるものも販売してまして
せっかくなので
そっちをチョイス。
IMG_0617.JPG
だって、、お値段かわらないのでー。

メロンタップリで美味しかったです。
IMG_0618.JPG
イチゴも食べたかったんですが
今年はやめときました。

その後はREDへ行く途中にあるコーナーで
コーヒーを。
IMG_0620.JPG
ここだけを見ると
RSRじゃないみたい。
IMG_0619.JPG
今年はこういう空間がわりと多く
ちょっとフジロックっぽかったです。

まだまだ2日目トップバッターまで
時間があったのですが
テント内暑くって。。
外をウロウロしてると
雨降ってきちゃって
うぅっ・・・
ってことで2日目はずっと
雨が降ったり止んだり
なのに蒸し暑いっという
あまりいい感じの天気ではなかったです。

さて。
2日目トップバッター
最初はもちろんKEMURIって思ってたんですが
渡辺美里さんが出るUGUISSって言うバンドと
被ってることが分かり
12:30 UGUISS feat. MISATO(RED STAR FIELD)
をチョイス!
だってーもう二度と見れないかもしれないからね。

懐かしい~
UGUISSってバンド自体は知らないんですが
渡辺美里は
なんていうか、、思春期の頃はよく聞いていました。
特別好きとかじゃなく
普通に音楽番組とかで流れてたんだっけな。
CDとか借りて持ってたかも。

UGUISSって佐橋さんのバンドだったんですね。。
ってか、佐橋さんの髪の毛が
やけに白髪交じりになっちゃってて
メンバー紹介されるまで
分かりませんでした。

曲は、、
『恋したっていいじゃない』とか
『10years』とか
あと何と言っても
美里さんの代表曲『My Revolution』とか。
知ってる曲が多くて
楽しかったです。
『My Revolution』が生で聞ける日がくるとはね。
この曲が主題歌のドラマ
見てたよ~
あー懐かしい。
いいもの見れました。


続いて、、雨がこの時は止んで
晴れ間が見えてたんで
お昼ご飯を。
北海道と言えば、、、ジンギスカン!
IMG_0623.JPG
ちょっとパサパサしてたんですが
これ、これ、この味!って感じで
うれしくなりました。


そして
14:30 MISIA(SUN STAGE)
実はMISIAは初めてじゃないです。
GLAYが出たライブって言うか
大きなイベント?っていうかを
見に行ったときに出てたので
そこでライブは見たことあります。
とにかく小柄な人なのに
めっちゃ声量があって歌がとにかくうまい!
そして話す時の声がかわいい。
って印象。

あれからもう何年も経ってますが
全然変わってませんでした。
MISIAはバックコーラス隊2人だか3人だかを引き連れ
演奏陣もかなりの人数で
すごく豪華なステージでした。
さすが!

曲はだいたい知ってる曲で
ただただうっとり聞き入る感じの曲から
少し体を動かしてノレる曲もありました。
ただ、、途中からすんごく眠くなっちゃって、、
半分ウトウトしながら聞いてました(笑)


次にテナーかスカパラか。
最近テナー全然見てなかったけど
スカパラは今度怒髪天とのツアーで見れるし
ってことで
16:00 ストレイテナー(EARTH TENT)
つまんなかったら
途中からスカパラ行けばいいかなっとも
思いまして。

が。
このテナーがかなりよかった。
てか、EARTH TENTが
いいのかな。
やっぱ外で広すぎると
音が広がり過ぎてダメなのかな。
とにかく音がギュッと詰まってて
ぶっとくて
かっこよかったです。

適当に聞けばいいやって思って
後ろにいたため
姿はほっとんど見えない状態だったんですけど。
ひなっち、、頭金髪にしたんですね。。

『Melodic Storm』はイントロから
アガります。
これだけ拳ガンガンあげちゃった。

<セットリスト>
 01.MAGIC WORDS
 02.Discography
 03.SAD AND ~
 04.シンデレラソング
 05.KILLER TUNE
 06.イノセント
 07.シンクロ
 08.From Noon ~
 09.BERSERKER TUNE
 10.Melodic Storm
 11.YES,SIR

ってことで、、スカパラには行かなかったんですが
恒例ゲストコーナーで
伊藤ふみおさんと細美さんが出たとか。
伊藤ふみおさんはまぁ、何回も見たことあるからいいとして
細美さんのはTVでしか見たことなかったから
ちょっと見たかった気も。
でもこれでチバさんとか出たとか聞いたら
発狂しちゃうかもしれなかったので
なくてよかったです(笑)


行くか行かないか迷ったけど
1回も行かないままになるのも嫌だったので
http://blog.with2.net/partner/so-net/頑張ってボヘミアンへGO!
17:30 岩崎愛(BOHEMIAN GARDEN)
18:00 後藤正文(BOHEMIAN GARDEN)

ボヘミアンはまたちょっとつくりが変わってました。
にしても、、遠い。
到着して腰を下ろしツィッター見た瞬間
なぬ?!
っというのも、、8/17に日付が変わった瞬間に
EZOIST 本日降臨
っという画像がUPされてまして
BRzHEF9CMAIhze4.jpg
でもどこで何時にやるとも一切書かれてなく
ステージ上の空も限られてたし
暇さえあれば
いろんな情報を探してたんですが
ついに
「RED STAR CAFEに掲示してあるので
各自確認のこと」
って。

まーじーでぇーっっ。。。。
やっとボヘミアンに着いたのに。
もう今更戻って
またここまでは来れないよ・・
ってことで
お友達に確認を託しました。

すると、、、しばらくして
18:30~ @東北ライブハウス大作戦ステージ
とのこと。
げげげ、、、小田和正と丸被り?!
しかもゴッチ見てから行ったんでは
間に合っても
人でいっぱいで見れない可能性も、、、

泣く泣く
始まる寸前に退散。。
ならボヘミアンまで来なきゃよかった。
とにかく急ぎ足で
東北ライブハウス大作戦ステージあるRED方面へ
戻りました。
IMG_0624.JPG

18:30 EZOIST(東北ライブハウス大作戦ステージ)
着いた時には3~5列目辺りまで埋まってました。
なんとか端っこの3列目辺りへ。
ステージが低いので
座ってみるとのこと。
それはいいとして
ただここからどんどん雨が強くなってきまして
恐らくこの2日目で一番雨降ってた時間帯かと
思われます。
さすが雨バンド2つ揃ってるだけあります(笑)
IMG_0626.JPG

時間になり増子さんを先頭に
王子、PEEちゃん、キュウちゃん
エマーソンさん、そしてJIROちゃんの登場。
みなさん例の白いつなぎに黒ゴム長
PEEちゃんの胸のボタン開放っぷりがすごくて
セクシーさ満点。
JIROちゃんは終始サングラス着用。
頭にタオル巻いて
ゴム長はいててても
かわいかったです♪
増子さんは既にかなりの酔っ払い気味。

5年前?にスタートしたEZOIST
その後後輩に引き継いでいきたかったらしいけど
なかなか継いでくれる後輩が現れず、、、
サカナクション辺りなんて
連絡しても変じなかったとか?!(笑)
仕方ないので現れるまで
我々がやり続けるっと
今年再びの登場となったとか。

いやいや、、引き継ぐなんて言わないで
やり続けて欲しいもんです。

「じゃ、俺?俺か。」って
増子さん『北の酒場』からスタート。
そう、このEZOISTは
北海道出身のバンドマンってだけじゃなく
北海道出身の方の曲をやるっていう
しばりも、、、あったんだっけ??
前はサザンとかU2とかもやってたけどー。。
今年はそうしたんですかね。

続いては王子!
『ワインレッドの心』
おぉ~せくすぃーっ!!
ギターはPEEちゃんがいるせいか
歌ってるときはほっとんど弾いてませんでした。
にしてもPEEちゃんのギター
色っぽかった~

一仕事終わった増子さん。
早速スタッフから焼酎を渡され
飲みつつ
屋根から落ちる雨をコップに入れて
水割りを作るとか言い出したり
かなりの暴走っぷりで
熱唱してる王子を横に
爆笑ダンスを踊ったり
かなりの暴走っぷりでした(´m`)

そしてなんとキュウちゃんVo!
ワーイ♪
でも前の人が腰浮かせて見出しちゃって
あまり姿が見えなかった。。
曲は『メモリーグラス』
みなさん、なるほどねって選曲で
おもしろかったです。

さてさて。
雨足強くなりつつも
まだまだ続きます。
私も時折敷いてたビニルに水が流れ込んできたりして
お尻びちょびちょ状態になりつつも
グッと我慢です。。

「まさかこの人が出てくれるとは思わなかった!」
ってさわおさんを紹介。
出てくるなり「ずっとメンバーでしょう!」って
そうだよねー
一瞬、え?って思ったけど
増子さんなりのボケだったんですね(笑)

「北海道出身で
今までなぜか誰も触れてこなかった
JUDY AND MAY!YUKIちゃん!!」
ってことで、JAMの『BLUE TEARS』
歌詞を前に座ってる人に持たせつつ
熱唱。
いいね~
まさかのJAMを歌ってくれるとは思いませんでした。
大好きだっただけにうれしかったです。

そして「あともう1曲。
北海道が生んだロックバンドと言えば、、
怒髪天!
どの曲も全部素晴らしい。
その中でも、この曲を歌いたかった!」
なんだろーって思ったら
『雪割り桜』でした。
そうか、、、きっと怒髪天のライブを見に来て
フロアとステージで大合唱してる光景が
きっとよかったんだろうな・・
なんて。

もちろん、増子さん含めみんなで大合唱です。
増子さん、胸に手を何度も当てて
さわおさんの歌を聞き入ってました。
あと、王子がPEEちゃんの弾いてる
ギターソロとかを
うれしそうに眺めてたのが
印象的でした。

そんな楽しい雰囲気とは裏腹に
雨は強くなる一方で
出演者陣もちょっと気にしてくれてて。
「ちゃっちゃとやりますね。
えーっと、、メンバー紹介!」
王子から順に増子さんから紹介し
一言、、、言ってくれてたっけ??あれ?
お辞儀だけだったかな。。

JIROちゃんのところで
もちろん「きゃ~」な雰囲気ありまして
普通に呼ばないでチャンジロって呼んでました。
さらにマイクスタンドにささってるピックを
投げようとして
「これ、俺が投げたら価値なくなるってね。
でも投げたら殺人事件起こるかもしれないから
俺が某アレに出品しとこー」って。
結局さわおさんが
数枚前の人にハイって渡してたんだっけな。

そして「えーっと、、あと
恒例の、サインしたやつね。
2枚あるから。
それから、、、もうね、あれもこれも
やることいっぱいなのよ。
えーっと、、、サインボール
これは、北海道の期待の星?
爆弾ジョニーから投げてもらおうか。」

で、最後の歌を歌いながら
その間投げてもらおうとしてたと思うんですが
結構天然?!な爆弾ジョニーのメンバー
渡されるや否や
投げ出しちゃって。
「おいおい、ちょっと、空気読めや!」っと
言われておりました(笑)
そりゃだれが見てもそう思うってゞ(≧ε≦o)

改めまして、、、
最後の曲はもちろん『長い夜』
サインボールは何個くらいあったんでしょ、、
全くかすりもしませんでした。
ドラムヘッドも
同じようなところに2つ飛んで行ってたし。

ま、それはいいとして
増子さん、雨降ってる中
マイクもって客の間にズンズン入って行ってました。。
それにさわおさんも引き連れようと
引っ張ってておかしかったです。。
さすがにさわおさんは
ちょ、ちょ、待ってくれ、、、的に
ステージギリギリの辺りで
踏みとどまってましたが
最後の最後
ちょっとだけ突入してくれてました。

「ありがとう!
残りのRSRも楽しめよ!
そして、また、来年!!」

いやぁ、最高。
でも、なぜに本ステージに
組み込んでくれてなかったのか。
来年あるとしたら
今度はちゃんとタイムテーブルに
入れてて欲しいです。

にしても、すっかり人気者になった
EZOISTですが
自分的自慢は
初回のEZOISTを見てるってこと。
自分が初めて行ったRSRの年に
スタートしたため
まだ認知度低かったからね。
来年は爆弾ジョニー、、何らかの形で
加わるだろうな~
そしたらかなり爆走したステージになりそう・・(笑)

<セットリスト>
 01.北の酒場(vo.増子さん)
 02.ワインレッドの心(友康さん)
 03.メモリーグラス(キュウちゃん)
 04.EZOの曲(増子さん)
 05.BLUE TEARS(さわおさん)
 06.雪割桜(さわおさん)
 07.長い夜(増子さん、さわおさん)
※拾ったセトリ、、、4曲目の『EZOの曲』って
何だっけ??記憶にないんですけど。。

ってことで、、
見事に小田和正に被りまして
、、、、小田和正時間短かったみたいだし
全くと言っていいほど
見れませんでした。
せめて、姿だけとか
かすかに音だけとか
来てたんだよーってことを
感じたかったです。

で。
雨具を着てましたが
見事にずぶ濡れになりましたので
いったんテントへ避難。
でも帰ってる間に
おもしろいくらい雨上がってってたような
記憶ですけど。


ここで
19:20 真心ブラザーズ(EARTH TENT)
見ようと思ってたんですが
着替えやら荷物の整理やらで
時間ギリギリになってしまったので
諦めました。

ってことは、、、
21:00 マキシマムザホルモン(SUN STAGE)
まで時間空き。
テントでしばし休憩~


※②に続く。


RSR2013 1日目 [音楽]

今年も、夏のお楽しみが終わってしまいました。
いつぞやから
夏RSRに行くために
1年間お金を貯めるようになり
そんな訳で1年間ずっと楽しみにしている状態なので
なんていうか、、
ちょっと脱力感です。
、、、って
もう1週間経つけど(笑)

っつても。。
お楽しみはまだまだこの先もあるんで
いつまでも感傷に浸ってられません。
早速ですが
頑張って覚えてる限りのことを
書き連ねていきたいと思います。
・・・今年は時間かかったー。。チ―( ∀ )―ン
年々記憶力は低下しますね。

まず、、、前泊。
仕事を済ませ22時過ぎ札幌入り。
昨年の反省?!を生かし
今年はキャリーケースではなく
キャリーカートに荷物を括り付けた状態。
っというのも
RSRの会場は砂地&芝生なので
タイヤがしっかりしたものじゃないと
コロコロ転がらないし
タイヤもすぐダメになってしまうんですね。
で、某オクで安く手に入れたカートで臨んだんですが
結局これも最終日帰る途中に
タイヤがもげるという事態に陥りました(´+ω+`)
うーむ。。。またしても来年の課題が(笑)

で、そのカートのため
階段の上り下りが大変!
とにかくエレベーター&エスカレーターを探し
少々遠回りも我慢の状態。
トータル的に考えて、、
荷物は送ってしまうのが一番ではないか?!
なんてね。

あ、羽田空港では
奥田民生さん見ました♪
普通に一人でダラ~っと座ってスマホいじってました。
あれは完全にオーラ消してるね(笑)
それ以外は会場内でも外でも
らしき人には遭遇せず・・・残念。

そしてRSR1日目の8/16(金)
心配していたお天気
まずまずいい感じ。
心配なので荷物はしっかりビニルでくるんでましたけど。
バス乗り場の混雑状況も思ったほどでもなく
バズも無事座って会場へ向かえたんですが
道路が若干渋滞気味だったような?
なのでバスに長い時間乗ってた感じです。
10:30頃ですか?会場着。
そう、だからもうすでにOPENしてました。

入場門への列が結構ありましたが
それも適度に進んでいたので
あまり待たされた感なく会場へIN。
IMG_0616.JPG
手分けして荷物受取部隊と
テント場所確保部隊へ。
開場して1時間くらいでしたが
各ブロックの端っこはほぼ埋まってました。
でも、割と分かりやすいいい感じの場所をGET。
荷物も時間かからず受け取れて
こちらもスムーズに落ち合えました。

さぁ。テント設営です!
1年ぶりのテント設営。
もっと言うと昨年より人手-(マイナス)1人・・
しかも途中ポツポツ雨降ってきたりして、、、
が。しかし!
勘を取り戻すと早いのか?!
大体の様子をつかんでからは
あっという間に完成♪
IMG_0604.JPG
飾りつけも済ませ
ひと段落(。・∀・。)
IMG_0602.JPG

お疲れ様の乾杯!!
IMG_0605.JPG
IMG_0606.JPG
これが上手いんだ。
テント、、、もともと中古の古いやつを
かなり安く手に入れたもので
そのせいか、、、中のコーティング部分っていうんですかね
あれがボロボロ剥がれ落ち続けてて
結構。。汚くなってました。
まぁ、、我慢できないほどではないんですが
この先の事を考えたら
そろそろ次を考えた方がいいかも?
なんて思ったりもしました。
・・・気が早いっつーの(笑)

トップバッター怒髪天まで少し時間があったので
場内ブラブラし
お昼ご飯を。
今年もいろんなお店が出展してて
迷いますが
いざ買うとなると
なかなか決めかねてしまう。。

お友達おすすめのハンバーガー屋さんで。
IMG_0609.JPG
そして早くも2杯目、、モヒート。
実はモヒート初だったのですが
美味しいです!!
病みつきになりそう★
ハンバーガーは、、、肉の部位が悪く
脂身が多いところだったのが残念。。

しばらく休憩して
さぁ。いよいよRSR2013スタートです!


15:00 怒髪天RSR 石狩鍋Special(SUN STAGE)
王子側2列目辺りIN。
時間になり、主催者のWESSの方からご挨拶
鮭の稚魚が鮭になって帰ってきてくれました?
みたいな感じで紹介。

SEはなく、
『ニッポンワッショイ』が鳴り始め
白ふんどし隊と共に
各メンバー登場。
今回は 石狩S鍋pecialPってことで
カトウタロウに奥野さん、
勝手にしやがれのホーン隊
うつみさん、ブージーユキちゃんが参加。
最後に増子さん、歌いながら登場。
シミさんの髪が、、、金でモヒカンみたいに
縦にツンツン。すげぇー(笑)
増子さんは白地に赤い字のシャツだったっけな。
王子・坂さんはいつもと変わらない感じ。

基本『ニッポンワッショイ』は
演奏陣することないので
歌が終わるまで手持無沙汰なのか
王子、時々、例の踊りを軽く踊ってて
かわいかったです。

「RSR2013!よく来たぁーっっ!!」
っと、雄たけびあり、恒例のクシの投げ入れもあり
初っ端から『酒燃料爆新曲』。
おぉ~
これは祭り感満載です。
坂さんの雄たけびは「はじまるよ!」でした。
ナイス(´m`)

ふんどし隊はいつ捌けたのか
覚えてないんですが、、、
続いては『オトナノススメ』
まだ3曲目だってのに
もう中盤くらいの勢いで
みんなバンバン踊る踊る。

「はい、よく来たっ!
雨も、ギリギリ降ってない!!(笑)
もうね、昨日からすごく心配だった。
いつも以上に何回も天気予報見ちゃったよ」って
増子さん。
でもね、、始まる前にちゃんと一雨ありましたから(笑)

「今年は石狩鍋SPってことで
色んな具材、用意してるから。
まずは、、、」って
今ステージ上にいる方々のご紹介。
そんな方々がいてこその
『情熱のストレート』
『喰うために働いて 生きるために唄え!』
ホーン隊が入ると
すんごい豪華で
かっこいいんです。

そういえば、、
『喰うために働いて 生きるために唄え!』
TV放送考えてか?!
歌詞がいつもの替え歌じゃなく
オリジナルVer.だったような気が。

『あたし、SUPERツラい…』
この選曲は意外でした。
でも、、夏フェス=お酒ってことですかね。
最後の「あたし、SUPERツラい…」のキメ台詞
やっぱ何度聞いても可笑しいです。

ここでゲスト陣いったん捌ける。
そしてメンバーだけになり
来年の武道館の告知。
告知って言うか、、、地元北海道での報告?
その30年前の
デビュー曲・・・なのに
なかなか渋い曲(大人っぽい曲 笑)
『流れる雲のように』

これを4人だけでやる演出が
流石って思いました。
そこから『歩きつづけるかぎり』
この流れ、、何気にワンマンでもやってたんで
初めてじゃないんですが
やっぱグッときます。

「さぁて、ここからはクリープハイプダッシュ禁止!
次なる、具材は、、、
ボリュームはあるけど栄養はなさそう?」
そんな紹介で
レキシの池ちゃん登場(笑)
そして池ちゃんが出てきたということは、、
『恋のレキシカン・ロック』
ワーイ!
この曲はやっぱ池ちゃんいないと成立しないんで
普段のライブじゃ滅多に聞けない曲だから
うれしいです。

ラップの部分、、
タオル回しながらやろうとしたんですが
手と口のバランスが難しかったようで
曲が終わってから
「やっぱあの人たち、スゴイわ」って。
敢えて名前は伏せてたのに
増子さん「湘南の何とかさん?」って

あとコーラスの王子の声
超低音ボイスに
思わずニヤニヤしてしまいました。
だって普段と全然違う声なんだもん。

続いて、、次なる具材を呼び込むのに
なんて説明してたかちょっと忘れちゃったんですが
池ちゃんが来たならこの人でしょ
とかって言ってましたっけ?
昨年コラボでCD出してるんで
その話絡めつつ。
まさかこの日スクービーが出てくるとは思わなかったので
かなりビックリしました。

ってことで、、まずはコヤマシュウと
リーダーのお二人で登場。
「増子さん、僕ら、明日、RSRで
初めてのSUN STAGEなんですよ」って
案の定(笑)
「予行練習だね」って増子さん。
いやぁ、、これ、怒髪天だから
成立したことじゃないかな
なんて思ってしまいました。
やるのはもちろん
『夕焼けのメロディー』

そしてそのまま『真夏のキリギリス』
いいね~
夏満載の選曲。

そして最後は
な、な、なんと!
モビーにナカイケジョーまで出てきて
何やら白い手袋はめ出し
『め組のひと』
しかもダンス完璧?!(笑)

いやぁ、、最後カバー曲って
どうなの??なんて思いつつも
この組み合わせの演奏では
滅多に聞けないだけに
レアなもの見せていただきました
最高なスタートでした。

<セットリスト>
 01.ニッポンワッショイ
 02.酒燃料爆新曲
 03.オトナノススメ
 04.情熱のストレート
 05.喰うために働いて 生きるために唄え!
 06.あたし、SUPERツラい…
 07.流れる雲のように
 08.歩きつづけるかぎり
 09.恋のレキシカン・ロック
 10.夕焼けのメロディー
 11.真夏のキリギリス
 12.め組のひと


この後、、ここSUN SUTAGEはThe HIATUSなんですが
転換時間タップリあるので
いったん離脱。
そしてRSR恒例ガチャガチャへ行ってみました。
いつも、ついついやり過ぎてしまうんですが
ひとまず10回までと決めて
チャレンジ!
今回は、、あまりコレといって
目ぼしいのが出てこなかったんですが
ピロウズは自分でGET♪
レア度高いものとしては
公式エンブレム
そして人気度高そうな
BBBとRIZE
そんなもん。。(´;ω;`)

ここから交換交渉(笑)
でも信じられないほどスムーズに
欲しいものとの交換が成立しまして
(1つはお友達がくれました!ありがとう!!)
奇跡的に10回で終了~!!!
スゴイ。

戦利品はこちら。
IMG_0641.JPG
欲を言えば、、RSRロゴ関係欲しかったですけど
あれは相当レア度高いんで
欲は出しませんでした。

そんなこんなしてると、、
17:00 the HIATUS(SUN STAGE)
17:10 グループ魂(EARTH TENT)
の時間に。
次のピロウズの事もあったし
どっちかと言うとEARTHの方に向かっていたし
グループ魂もちょっと見てみたかったしで
こちらへ。


17:10 グループ魂(EARTH TENT)へ。
が。。。
始まる前にすごい人だったため
入場規制が・・
マジで?!
テント関係はこれが怖いです。
やっぱある程度知名度高いと
人が集まるのね。。

このままずっと入れなかったらどうしよ。。って
不安に思ったりもしたんですが
なんとか、始まると同時に押しがあり
中へ入れました。
でもステージなーんも見えん。。
あと漫才チックなこともしてるんですが
あまりよく聞こえないし。

聞いたことある曲以外は
あまり楽しめませんでした。。
こんなことならthe HIATUS行っておけばよかったかなっとも
思ったりもしましたが
いや、the HIATUS途中まで見てから来たんじゃ
きっと中に入れなかっただろうから
ま、いいでしょう。

ライブ終わり「次は、、お待ちかね3人組の
ダチョウ倶楽部!
・・・じゃなくって、the pillows!!」って
紹介してくれてました(笑)
その声と同時に前進!!
無事、PEEちゃん側、割と端っこですが
最前に行けました。
ホッ。


18:40 the pillows(EARTH TENT)
待ちに待ったピロウズです。
場内が暗くなると大きな歓声と拍手が。
いつものSEでメンバー登場
さわおさん、、茶色に白のポロシャツ。
シンちゃんはグッズのTシャツ。
PEEちゃんと淳くんは私服T?
そうえいば、、PEEちゃんのギター
新しいのになってました。
あまり見ない色合い。

「アゥイェイッ!!」っと雄たけびをあげ
「連れってってやる!この世の果てまで!!」の
タイトルコールで
『この世の果てまで』から
ライブスタート。
活動を休止してたって感覚はあまりないんですが
改めて目の前で演奏してるのを見て
あー久々の光景だなー。。なんて
しみじみ。

続いて『サードアイ』
ふむふむ。
やっぱフェスですから
王道路線も必要よね(笑)

一気に盛り上がったところで
『アナザーモーニング』
歌い出しさわおさんの弾き語りから
始まってたっけ??
なんか覚えてるようで覚えてない・・
でもこの曲を選曲したことは
ある意味
新たな出発の日って想いがあるのかなー
なんて思って
ジーンと来てしまいました。

ここで最初のMC?
「久しぶりじゃないかっ!
元気だったか?
俺たち元気!」
するとフロアから「RSRお帰りなさい!」
的な声がかかり
ちょっとニヤっとするさわおさん。
「じゃー最後まで楽しい夜にしよう!」

続いては『バビロン天使の詩』
ブッ込みますね~
この曲は何年か前のRSRでもやってたの
なんかやたら覚えてる曲。
その時なんかギューギューで
みんなが束になってジャンプしてた思い出があります。
この日も
束になるほどではなかったですが
ジャンプジャンプで
盛り上がりました。

そしてここで
『LITTLE BUSTERS』
おぉ~
イントロ弾いてPEEちゃんだったか
ギターを高々と掲げたのが
なんか印象的でした。
もちろん、フロア中大合唱&ジャンプ!
この曲で一気に
あー戻ってきたんだなーって
実感しました。

チューニング中、、
フロアから「シンちゃん
お誕生日おめでとう!」って声。
ワーっと拍手が起きると
「あの、、この前朝起きたら
顔に傷があって
なんでこんな頃に、、ってよく見たら
シワでした、、」って。
するとさわおさん
「それは48歳になった時に
言って欲しかったなぁ、、」って。
確かに(笑)
ちなみにシンちゃん、今年で49歳です。

「今年の9/16で結成24年になります」
っと言うと大きな拍手。
でもさわおさん的に
24って中途半端な数なので
別に特にそういう拍手を求めてたわけじゃなかったようで
ちょっとキョトンとして
「それは、、来年へのプレお祝い的な?(笑)
その9/16に新曲「ハッピー・バースデー」が
出て、11月からかな、ツアーをまわり
ここ札幌にもくるんで、その時はよろしく!
じゃー、その曲を今からやります」

実は、、初聞きではないんです。
前の日にスペシャでPV見ちゃって。
録画してたから
見ていくのやめてライブで初聞きにするか
迷ったんですが
誘惑に勝てなかった・・
でもライブで聞くのはもちろん初めて。
ちょっと切ない感じの曲です。

そこからの『ONE LIFE』が
何か感動的でした。
それまでワーって盛り上がってたフロアも
ジーッと聞き入る感じ。

そしてお待ちかねの
『Funny Bunny』
フェスとかイベントなんかでは
すっかりお決まりの1曲。
もちろんさびはみんなで歌います。
終わるとオフマイクで「ありがとう!」
会場が広から
口に手を当てて叫んでくれてたのが
うれしかったです。
しっかり聞こえました♪

ここでまたチューニングタイムだったっけ?
とにかくあまりMCがなかったんですよね。
いつもはRSRの話とか
自分の実家が側だって話あるのに
この日はあまりMCらしきMCが
なかったかと思います。

ただ、フロアから
「今日はかっこい!」って感じの声が聞こえたら
「それ、おかしくないか?
今日はって、、今日もだろ?(笑)
確かに、今日は
コレクターズが出るから
いつもより気合い入れて
こんな(ポロシャツ)来てるけど
って、、加藤さんに言っても
どこが?って言われんだろうけどな。

今日は加藤さん、どんな服で登場するかなー
前のアラバキの時は
ユニオンジャックの燕尾服だったからね。
あんなの他に誰が着れるんだよ(笑)」
なるほど~
だからいつもの変わった古着のTシャツじゃなく
ポロシャツだったんですね。
でも・・色合い的に
私はあまりカッコいいとは思わなかったんですけど。。
髪の毛は以前のストレートにすっかり戻って来てて
かっこよくなってました(*´艸`)

そんなこんながあって
『トライアル』
この曲を聞くと
休止前から休止の発表辺りの事を
ジワジワっと思い出しますね。

そこから『ハイブリッドレインボウ』への
繋がりがよかった。
もう果てて駄目かもしれないって思ったとしても
でもまだそこはゴールじゃないって
信じてるって。
なんか気にし過ぎかもしれませんが
全てが決意表明的な
なんかメッセージが込められてるような気がしてならなくて
1曲1曲いろんなことを考えながら
聞いてました。

これで終わりかなって思ったら
まだ楽器を下さないので
おっ、まだある?
っとやってきたのは『LAST DINOSAUR』
ね。
やっぱ選曲した意味分かる。

そして最後は『Advice』
この流れがサマソニのセトリを見てたんで
なんとなく予測はつきました。
言っても最後はロックに終わる
カッコいいです。

「ありがと!
明日もきっとウロウロしてると思うから」
っと、うれしそうに帰って行きました。

いやぁ~よかった。
EARTH TENTってこともあり
ライブハウスな空気もあったせいか
ギュッと一体感が生まれてて
照明もきれいだったし
とにかく大好きなRSRで
復活のライブが見れたことが
なによりうれしかったです。
最高のライブでした。

<セットリスト>
 01.この世の果てまで
 02.サードアイ
 03.アナザーモーニング
 04.バビロン天使の詩
 05.LITTLE BUSTERS
 06.ハッピー・バースデー
 07.ONE LIFE
 08.Funny Bunny
 09.トライアル
 10.ハイブリッドレインボウ
 11.LAST DINOSAUR
 12.Advice


さてさて。
ここで、SUN STAGEへ一気にダッシュ!
19:00 10-FEET(SUN STAGE)
そう言えばチューニング中にも
風の流れでSUNでやってる曲が聞こえてきて
さわおさんも「誰かのライブが聞こえるな、、
誰だろ?」って
「10-FEET」って教えてあげても
「ふうん」って感じで
あまり知らない感じでした。

ってことで、、そう。
今回のRSR一番悲しい被りは
ピロウズと10-FEETとの被り。
でも先にピロウズが終わるし
ステージもダッシュできない距離でもないんで
頑張って走りました~

走りながら聞こえてきたのが
『シガードッグ』で
なんかピロウズのライブへの思いに浸ってたせいか
風に吹かれながら聞く『シガードッグ』は
やけにセンチな気分になりました(笑)

SUN STAGEは人でいっぱいでしたが
間をぬって前へ突き進んでいくと
結構苦なく前に行けました。
そして辿り着いた辺りで
大好きな『蜃気楼』
ワーイ♪

そして「俺たちはライブが好きです。
音楽はココじゃなくても鳴らせるけど
この一瞬という時間は
ここでしか味わえないから」みたいなことを
言ってたような?
そこからの『その向こうへ』

『1sec.』やって『goes on』でラスト
っという
この前のGGとあまり変わらないセトリでしたが
なんか満足。
意外と見れたからかな。

<セットリスト>
 01.JUNGLES
 02.STONE COLD BREAK
 03.VIBES BY VIBES
 04.super stomper
 05.4REST
 06.Freedom
 07.RIVER
 08.シガードッグ
 09.蜃気楼
 10.その向こうへ
 11.1sec.
 12.goes on


ここでやっとお疲れビール(笑)
もう、、喉カラカラだったので
最高に美味しかったです。
で。
タワレコブース覗いたら、、
BRwD_CtCEAAcfK6.jpg
まさかのサイン色紙プレゼントって!
昔はライブ会場では必ずあったけど・・

でも気分はほろ酔いで
グッズコーナーで
10-FEETのTシャツかってもうた(ヾ(´・ω・`)

続いては
21:00 仲井戸“CHABO”麗市 Friday Night Session(SUN STAGE)
の予定だったので
しばしテントで休憩してからSUNへ。

チャボさん・達也さん・KenKen・蔦谷さんらで組んでるバンド
the dayっていうのは
昨年、ここRSRで結成されたようで
今年はもっと間口を広げて聞いてもらえるようにと
こういうセッションの形でのライブになったとか。
なんで前半はthe dayのライブ。

アラバキでたまたま見たthe dayが
かなりカッコよかったので
また聞けてうれしいです。
そして演奏陣入れ替わって
ゲストVoの登場。

まずは怒髪天の増子さんから。
「俺の新しい友達」って紹介されてました。
出てきた増子さん
ルードのアロハに靴はビーサン(笑)
完全夏の恰好でした。
歌ったのはRCサクセションの歌で
『いい事ばかりはありゃしない』
増子さん、、、先輩バンドにゲストだからか
素面のままでした。

続いて奥田民生。
こちらは真逆でチャボさんに
「酒臭い!」って言われました。
曲は『ドカドカうるさいR&Rバンド』
奥田民生の声は
やっぱいいね~

そしてCharさん。
このとき、再びthe dayのメンバーが
出てきてたような気もするんですが
ちょっと記憶曖昧デス。。
Charさん、ピンクのハット被って
タバコくわえての登場だったんですが
かっこいい~♪

そんな感じでゲストとのセッションが終わり
時計見たら22時過ぎてたんで
ここでdefgarageへ移動。


22:00 THE COLLECTORS(defgarage)
場内結構な盛り上がり。
でも前には余裕で進めました。
『恋はヒートウェーブ』の辺りで到着。
加藤さん、、アラバキ同様
ユニオンジャックの燕尾服でした♪
アラバキでは見れなかったので
噂の?!その服が見れて
ニヤニヤしちゃいました(笑)
、、、、っと思ってたら、どうやら違ってたらしい。
    ユニオンジャックのジャケットだったとのことです。
コータローさんは、、、タンガリーシャツっぽかったっけ?

そして『夢見る君と僕』
いいね~
もうとんとご無沙汰な
コレクターズですが
久しぶりに聞くと
やっぱ歌上手いし演奏最高だし
素敵です。

コータローさんが
「ちょっと・・テンポ落とします」って
片言日本語のような言い方で言って
『僕は恐竜』

でもゆっくりした曲はこれだけで
すぐに『TOUGH』『GROOVE GROBE』と
盛り上がる曲続き。
最近のアルバムは聞いてなかったんですが
幸い、私が到着してからは
知らない曲はなかったので
よかったです。

コレクターズはMCも楽しくて
PV撮影の話で
歌ってるのにギター演奏部分をずーっと映されると
傷つくだとか
反対にVo→Gt→Ba→Drって
律儀に順番に撮っていくカメラマンとかいて
せっかくのギターソロなのに
Voが映されてるときとかあるとか
それ聞いた加藤さん
じゃーEザエル張りに踊らないといけないの?
普通Voは踊れない人多いけど、、俺は踊れるぜ!
とか。

で、この日最高のMCと言えば、、
「どうよ?初めて見た人
ボーカルはB'z以上
ギターは布袋以上
喋りは怒髪天以上
人数だって4人だからブラ―以上だぜ」
これに尽きるでしょう~ゞ(≧ε≦o)
流石ですね。

ラストは『世界を止めて』
よかった~
名曲なうえにもう何もかもが素晴らしい。
うっとり聞き入ってしまいました。
「ありがとうー!!」

メンバー退場後も拍手は続き、、
なんと!アンコール!!
「フェスでアンコールなんて
普通ある??
俺らも最高だけど
キミたちも最高だよ!」
そして『僕の時間機械』
大いに盛り上がって終了しました。

あーかなりよかった。
なんか、、やっぱテント系の方が
いいのかな。。
ってそれじゃ野外の意味ないじゃんね(笑)
でもステージとフロア一体感があって
いいライブでした。

あ、そう言えば、、アンコール終わって
少ししたらさわおさんと淳くんが
前から勢いよく帰ってきたのが見えました。
どうやら最後の曲で最前にツッコんだらしい(笑)

<セットリスト>
 01.NICK! NICK! NICK!
 02.Million Cross Roads Rock
 03.プロポーズソング
 04.恋はヒートウェーブ
 05.夢見る君と僕
 06.僕は恐竜
 07.TOUGH
 08.GROOVE GROBE
 09.世界を止めて

 EN.僕の時間機械


ここでテント組以外の方は
バスの時間・地下鉄の時間があるので
お帰りです。
ちょっと小腹がすいたので
何か食べようかな、、、とアチコチをブラブラしたんですが
これといってそそられるものがなかったので
花畑牧場のチーズ入メンチカツを一つと
サンクスのコーヒーを。
そう、最近のフェスは
コーヒーとかスィーツとかも
普通に売られるようになってきてるんですね。

そしてRAINBOW SHANGRI-LAステージ辺りまで行って
しばし休憩。
この辺りもまたちょっと雰囲気違った
空間ができてました。
IMG_0613.JPG
IMG_0615.JPG

00:00 EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX(RED STAR FIELD)
ちょっとポツポツきそうだったので
上着を取りに帰り
途中からチラ見。
なので姿はあまり見えませんでしたが
演奏や歌声はバッチリ。
REDの雰囲気に合ってて
素敵でした。


01:20 サンフジンズ(RED STAR FIELD)
噂の?!(笑)
奥田民生とくるりの岸田さんらのバンド。
 サンフジンズはね
 お医者さんじゃないんだよ
 でも病気を治せるかも
みたいなテーマソングがあって
始めと終わりに歌ってました。
衣装はもちろん、、、白衣です(笑)

オリジナル曲は少ないらしく
途中からは自分たちの曲や人の曲をカバーしたり
してました。
でも近々CDとかリリースしちゃうかも?とか。

最後もうそろそろ終わりだなってあたりで
眠さの限界になり
聞きながら帰りました。

この辺りで雨がポツポツ。。
テント戻って寝始めたころ
結構降り始めてました。

ってことで1日目終了。


おまけ♪
札幌のコンビニには北海道ならではのお菓子が!
IMG_0600.JPG

8.13 Zepp Tokyo 1日目 [音楽]

ついに!明日、北の大地へ向けて出発~
なのにー、まだ何も準備してないー
さらに明日は普通の出勤じゃなく
ちょっと外での勤務で
朝も早い。。
で、こんなレポ書いてる。。( ´_ゝ`)
寝坊しないようにしなくては。

そんな8.13は
the HIATUS Horse Riding Tour 2013
@Zepp Tokyo
でした。
IMG_0598.JPG

一応、、シングルリリースツアーのようですが
IMG_0599.JPG
シングル買ってもないし
聞いてもないし・・
な、状態でしたが
アラバキではライブ見れなかったし
久々のthe HIATUS。
今回チケットのエントリーが
確か1公演のみの制限がかかってたおかげで
無事、1枚確保できました。

番号も悪くなく600番ちょい前。
とりあえずウエノさん側
2列目の端っこに行けたのですが
少しして最前に後から入ってきた女が
背が高く視界が遮られてしまったため
始まってから後ろに下がりました。
ま、多少の押しやら何やらありましたが
そこそこよく見えました。
にしても。。
あの女さえ入ってこなければ
かなりいい位置だったのに(-ω-`)
後から割り込んできただけに
かなりイラつきます。

時間ちょい押しで客電が消え
特にSEなくメンバー登場、、でしたっけ?
細美さん、髪の毛後ろの下の方だけ赤くしてて
なんか変な髪形でした(笑)
マサさんはブルー。
ウエノさんは相変わらず細い脚でしたが
ダメージジーンズじゃなかったので
生足は垣間見れませんデシタ(・ε・`*) ...

大歓声の中、まずは1曲目
『The Flare』から
いいね~なんか、始まったーって感じが
ビシビシと伝わってくる勢いのある曲。

そして『Monkeys』
そりゃー盛り上がるって。

『The Ivy』はテンポ的に
激しい曲ではないですが
演奏側の熱量がすごくって
おぉ~って聞き入ってしまいます。
今回からKeyが一葉さんに変わったんですが
場所がドラムセットの真横?くらいな感じで
私のいた位置からは
全く見えませんでした。。
そんなKeyが大活躍な曲。

そして『My Own Worst Enemy』
この曲だっけな
ギターあんまり弾かず
スタンドマイクに手をかけて
歌ったりしてたの。

ここで最初のMCだっけ?
いきなりマイクのある定位置を離れ
ステージの前の方まで出てきて
「あ、会いたかったぜ!お前らっ!!」っと
オフマイクで叫ぶ細美さん(笑)
あのもー我慢できないって感じの
勢いに笑ってしまいましたが
でも、うれしいよね。
そういう風に言ってくれるの。
この日はよっぽど楽しかったのか
何かといっちゃー
前に出てきて
オフマイクで喋ってました。
そして前にいたおかげで
その声がよく聞こえたのが
うれしかったです。

「この日をめちゃめちゃ楽しみにしてました。
こんなにすげーたくさん
来てくれてホント、ありがとう!!
もう楽しすぎて
まともにギターが弾けない、、、」

「おれさ、この側に
なんだっけ、、電車走ってるじゃん?
その先にある東京テレポートで働いてたんだよ。
ネクタイしめて、スーツ着て。
そしていつもZeppの脇を電車が通って
クソーッ!俺もいつかあそこでライブやってやるぞって
いっつも思ってたの。
それから、、3年くらいかな
やっとこのステージに立てて。
だからこのステージに立つと
いつもその時のことを思い出して
うれしくなるんっだよね。」
へぇ~
バンドやりながら普通にサラリーマンやってたんだ。
なんか意外な過去が知れました。
すごい世間知らずなのかと思ってたんですが(失礼・・)
海外でも働いてるし
結構普通の生活もしてたんですね。。(笑)

「まぁ、他のメンバーにもそれぞれ
Zeppの思い出あるんだろうけど、、、
兄さん(ウエノさん)に聞きたいけど
ぜってー話してくれねぇよなー」
って言ったら
ウエノさん、細美さんの側に来てに耳打ち。
「え?・・・あ、兄さん、
おれがそう思ってた時に
既にここでライブやってたって」
ヒュー~ってフロア
「でもそれから今でもずっと
立ち続けてられるなんてね」

「最近は野外フェスとかでライブやること多かったけど
あれはあれでいいんだけど
やっぱワンマンは違うよな
。。。。俺さ、いつも考えまとまってないのに話し始めるから
いっつも入りはいいんだけど
〆がうまくないんだよね、、」
って、その後も何かいろいろ
話してたんですが
言い出しっぱなしって感じで
「・・・だから何って感じだよね(笑)」って。
でも止めどなく出ちゃう話に
その時の興奮っぷりを感じました。

「このメンバーに出会えたこともホントうれしいし
今日、こうしてが来てくれたみんなとも
出会えたこともうれしい
だって、ちょっと違えば出会わなかったかもしれないんじゃん?
それに。。
なんかさ、、最近みんなの顔がなんか優しいんだよ、
それもうれしい」
あ、、ちょっとグッときた。

そうか
the HIATUS始めたころって
どうしたってエルレと比べられちゃって
当然、エルレの方が・・とか
言われちゃうこと多かったと思うし
表向きはナニクソーってこと言ってたとしても
心の中で打たれちゃうこともあったんだろうな。

でもようやく
the HIATUSとして認められつつあって
ライブに来るお客さんの顔つきも
変わってきたのかも。
私は何気に細美さんに対する
ウエノさんの顔つきが
優しくなったような気がしました。
なんていうか、、、ホントいい兄さんって雰囲気。
だからバンド内でも
よりいい関係が築けてるのかなー
・・・なんてね。

そんな優しい言葉に続いては
優しい曲シリーズ
『Deerhounds』
『Bittersweet/Hatching Mayflies』
『Superblock』
そう言えば、、なんかすごい細美さん
歌上手くなってたように思いました。
いや、前が下手だったって訳じゃないんですが
以前よりずっと表現力が増したというか。

上手く言えないんですが
山田さんと同じような感じ。
伝えたいって気持ちがより強くなってるのかなー
って思ったり。

ここで新曲。
『Horse Riding』
ちょっと軽やかな感じの
曲だったような。

そして『Shimmer』
マサさんとのハモりきれいでした。

ギターチェンジするのに
イヤモニが引っかかって
ジタバタする細美さん。。
最終的にスタッフに手伝ってもらって
なんとかスタンバイOKに。
「こんなことも一人でできないヤツですよ、、
あ、でも、今の感じ、、
3Dのエロビデオ見るのに買った
メガネつけて、スタートさせて
うおぉーイヤホンつけるの忘れてたーって
慌てる感じと似てたわ(笑)」

「今日はホント最高だわ~
例えば、おれがすげぇーじいさまになって
まだ縁側文化ってのが残ってて
庭先でギターなんか弾いてさ
あー昔バンドやってたなーって
『Shimmer』なんて曲があったなーって
そん時、今日のさっきの光景を思い出すわ
夕陽みたいなさ」

なんだろうねぇ。。
この日はやけにうれしい言葉を
連発してくれちゃって。
でも途中で口挟むフロアの女子に向かって
「ウッセー、ブス!!」っていう
暴言も炸裂してましたけど。

「なんか男がスゲー多いのが俺はうれしい。
女に好かれる男ってのは
イケメンだと道は早いだろうけど
男に好かれる男ってのは、、、」
何て言ってか忘れてしまった。。
多分、顔じゃなくて中身だ的なことを
言ってたような気が
しないでもないけど
ホント、、覚えてないのでカット(汗)

「ローリングストーンズだったかな
あれ?他の雑誌だったっけ?
ちょっと忘れたけど、、いっぱい出てるから
TOSHI-LOWのインタビューが載ってて
以前ロックバンドってのは
はみんなで仲良くって言うのが
すげーカッコ悪かったけど
今は向かうべき敵がハッキリ分かって
それに対して立ち向かってるから
みんなで力を合わせるのが楽しい(だっけ?)って
書いてあって
、、、かっけーよな~

俺、いつもは東北ライブハウス大作戦のやつ
2つ付けてるんだけど
この前大阪に置いてきた
?って人に預けて、知り合いに広めろって
だからみんなもどんどん広めて行ってくれ!」

この日、マサさん
ダイバーシティの方へ行ってしまったようで
そこで警備員さんに止められたそうです。
「普通に入ろうとしたらさ
スミマセン!って言われたから
the HIATUSけど何か?くらいな勢いでいたら
今日、MUSEですから!the HIATUSはZeppです!!って」
あはは~笑える。
「でも、the HIATUSってのは分かってもらえたんだ」と
細美さん。
「そうね」
「よかったじゃん。
ま、こんなマサは何気にクレーマーで
天下一品の店の人に
てめぇ、天下一品なめとんのか!って
だって、その店の店員さんにだよ?(笑)」
「、、そうやって世直しやってこうって
事ですよ」

イントロ幻想的な
『The Tower and The Snake』に続いて
またまた新曲
『Don't Follow The Crow』
こっちはサビにタイトルの歌詞連発の
ちょっとカッコいい系?な感じだったっけ??

「まだまだ助けが必要な人がたくさんいます」
そんな感じの一言とともに
『Insomnia』
この曲も
イントロ聞くだけで
なんかテンション、アガります。
そして SAVE ME って
かすれ気味の声で熱唱するところが
好きです。
フロアもここら辺から
再びぐちゃぐちゃ気味になってきました。

で、『ペテルギウスの灯』
サビに行く前に
「行こうぜ!」みたいにマイク向けて煽るもんで
フロアで大合唱。

続く『紺碧の夜に』も同じく。
でもホント、この2曲は
いい曲だよね~

そして細美さん一人歌いの
『Souls』
今回この曲
マサさんがあまりハモってなかったです。

ここでMC挟んでたかどうかは
定かじゃないんですが
あ、、ついでに言うと
各MCの箇所も
その順番だったかどうかは
結構曖昧です。。
なんとなーくそうだったかなー・・で
書いてますのであしからず。

「まだまだあと20年くらいは
元気でやってくはずだから
俺はバカだから
やりたいことやって
言いたいこと言って生きてくだろうけど
お前らに恥ずかしいって思う生き方は
絶対にしないから!」

「ネットでアレコレ意見言うと
一斉に反論されたりするけどさ
俺はやってねーから分かんねーけど
大多数の意見が正しいとは限らないぜ
どうせここに来るような奴らなんだから
それだけでマイノリティだろ?」

『Silver Birch』
イントロ鳴り始めたら
結構肩車族が出現してました。
でもこの曲は
そういうのが似合う曲かもね。

そして「ラスト!!」
これも、、新曲ですかね。
『Waiting For The Sun』
あまり覚えてないんですが
そんなに激しい感じの曲では
なかったような・・
ラスト知らない曲で
ちょい残念(>ω<)

1時間30分くらいかな
本編終了。
引き続きアンコール。

しばらくして細美さんだけ登場。
「アンコールありがとう!」
スタンバイしてると
英語で声がかかり、、、、
英語で答える細美さん。
本編中にもそんな場面がありましたが
その時は
細美さんが日本語で言ってるのに対し
英語で返してきてたようで
「絶対日本語分かるでしょ?」って
ツッコんでました。

今回のは結構長く続いちゃって
分かんないって感じでフロアが言うと
笑って「、、だよな。。」
そしたら「アイムファイン!」って
これは中1レベルの英語を叫んだ人がいて
「ミートゥー!!」って
大笑いして返事をし
英語トーク終了。
これまで何話してたか
訳してくれてもよかったのに。

「メンバーを紹介します!」
っと、順にメンバーを呼び入れ。
ウエノさんのあいさつの仕方が
両手を横に大きく広げて
その後深々と一礼、、これがうっとりしちゃうんですよね~

「今日のライブ
ホント、早かったよなー」って
細美さんが言うと
マサさん「ねー」って。
なんかこの返事が
楽屋トークの雰囲気っぽくて
かわいかったです(´m`)

フロアから「もっとー」とか
「最初から(またやってー)」とか
声がかかると
「分かった。
今年中にアルバム作る。
そしてまたツアーやって
そしたらもっと長いライブやるから
だから絶対また会おうぜ」って。
おぉ~これはうれしい約束。

ここでマサさん、ろっ骨が3本折れてるって話を。
ロッキンの時に折ったらしいです。
そのうちの1本は
粉砕してて
とあるバンドのメンバーの
「ここら辺痛いんだよね」って話をしてるときに
「えーウソ―どこどこ?」って
バキバキされて
それで折れたとか?!

確かに、、肩辺りにサポーター?っぽいのを
付けてましたが
全然痛そうな様子を魅せずに演奏してたんで
ビックリです。
「男は誰しも痛みを抱えながら
生きて行かないといけないんだ、、
俺だってイロイロ治り切ってねぇ・・」

何やら意味深?!な発言の後
『Twisted Maple Trees』
熱い演奏でした。
アンコールで聞くこの曲は
なんかいいですね。
ライブ本編の余韻に浸れるというか、、

そしてラストはやっぱり
『On You Way Home』
みんなで歌ってライブ終了。
満足げに帰っていくメンバー。

ダブルアンコールあるかなーって
しばらく粘ったんですが
スタッフが片付け始めて
終了。

2時間弱のライブ。
ホント、アッという間でした。
でもいいライブでした。
とにかく楽しそうで
伝わってくるものがたくさんありました。

アルバム、、、ホントにリリースされるかな~(笑)
その前にシングルを買うか、買わないか。。
うーむ。

<セットリスト>
 01.The Flare
 02.Monkeys
 03.The Ivy
 04.My Own Worst Enemy
 05.Deerhounds
 06.Bittersweet/Hatching Mayflies
 07.Superblock
 08.Horse Riding
 09.Shimmer
 10.The Tower and The Snake
 11.Don't Follow The Crow
 12.Insomnia
 13.ペテルギウスの灯
 14.紺碧の夜に
 15.Souls
 16.Silver Birch
 17.Waiting For The Sun

 EN.
  Twisted Maple Trees
  On You Way Home

石巻⇒東京 [たわごと]

えーっと、、、
現時点での今週末の天気予報
見事に金~日にかけて
傘マークです。。チ―( ∀ )―ン
tenki.jpg
あれ??(笑)
ま、ま、
信頼度低いんで
あと数日でひっくり返りますかね?
もちろん、いい方に・・

さて。
超~簡単に、、ですが
石巻旅行記。
、、、、って言うほどではないですが。
レポとくっつけるには
多過ぎたので
切り離しました。

翌日8.11、、帰るのみなんですが
この日気仙沼で怒髪天がフリーライブのイベントに出るって。
距離的には割と近いんで
見て帰って来れないか?って
でも・・
この辺りはやはり交通の便がまだよくなくて
行けても家まで帰ってくるのが厳しそうだったので
諦めました。

さらに、、この日サマソニでしてね。
いや、サマソニには行くつもりはなかったんですが
後日、チケットなくても見れるところに
東北ライブハウス大作戦がらみの
イベントっていうんですかね
をやってるって。
それ、ピロウズが出るステージがある側で
運良ければ音漏れ聞けるんじゃないか?
音漏れだけで行くのは何か気が引けるけど
見るものあって行くのはいいかも?とか
欲が出ちゃって。

誰が出演するかは
当日の15時頃発表とのこと。
で、、時間調べたら
朝一で帰ってくれば
16時頃幕張に着ける!
あれ・・ピロウズのライブには間に合わないか、、
ってことでこちらも半分諦めモード(笑)
でも半分はメンツによっては
行ってもいいかも、、とか思ってて。

で。
石巻を割と朝早くに出発することにしました。
でも何処も寄らないで一直線で帰ってくるのも
なんかさびしかったので
観光名所と言われてる
松島海岸へ立ち寄り。
IMG_0587.JPG
ここへ行くには
仙石線という途中まだ復興されてない区間を走ってる
代行バスに乗って行くことなり
それもいい経験かもっていうのもありまして。

バスから見る街並みは
確かに何もない風景が多く広がってましたが
それは震災の影響なのか
もともとそういう畑?田んぼ?地帯だったのか
ってのはちょっと分かりませんでした。

そして松島ですが
IMG_0589.JPG
ケチって遊覧船に乗らなかったので
あまり観光名所って雰囲気は味わえなかった。。
島、、ってこれ??
IMG_0591.JPG

さらに仙台へ向かう電車が
朝起きた人身事故の影響で
かなり遅れてて
40分くらい足止め喰らってしまい
なんかバタバタするの面倒になって
幕張行は断念。
、、、結局、後々発表されたメンツ的に
行かなくてもいいかって思ったんで
それはよかったんですが
だったらもっと石巻の街を観光してから
帰ってくればよかったって
ちょっと後悔しました。

なので、、リベンジに
またもう1回行こう!
フラカンもまた来年!とか言ってたし(笑)
今度はホント、大船渡まで足のばしてみたいな、、

仙台からは
乗換え少な目で
しかもほぼ始発続きで座れたもんで
ほぼ爆睡気味で帰ってきました。
乗り物に乗ると
自然と眠くなるというこの現象・・
なので本とか絶対に読めないです(*´ω`)
そしてあんなに寝てるのに
家に帰ってからもソッコー寝れるという。
不思議。

話それました。
ここからは食べ物特集。
東北に行くと買うパン
白石パン。
IMG_0584.JPG
黒糖パンにピーナツクリームという
私的最強組み合わせ(笑)

仙台銘菓・萩の月。
ばら売りで買えた!
郡山のゆべしも好きですが
このタイプのゆべしも好きです。
IMG_0594.JPG

そしてやっぱり買に行ってしまう喜久福。
IMG_0592.JPG

東京に着いたのは、、、19時頃。
思ったより早く帰って来れたので
タワレコでやってる
GOOD ROCKSの写真展へ。
IMG_0593.JPG
スペースハチ、、、やっと行けた!

家に帰ると不在届。
でも、、依頼主欄見て笑いました。
IMG_0596.JPG
いや、確かにチケットはそうだけどさー(笑)
実際ホントに送って来てくれてたら
うれしいですけど♪

夏の恒例
青春18きっぷ。
IMG_0595.JPG
今年もいい思い出できました。