So-net無料ブログ作成

嗚呼、遠くまで来たみたいだ次の世界でまた会おう [ACIDMAN(2010年~)]

あと1日夏休みが残っていて
いつにしようか決めかねています。
半休取りたい日はいくつかあるけど
そこからどこか2回っていうと
どれもこの日こそは!ってのがなく
これまた決めかねてしまって。。(;´д`)
どうしたもんか。

さて、そんな7.26は
ACIDMAN LIVE TOUR “新世界”
@日本武道館
でした。
IMG_0522.JPG
新世界ツアーファイナルっす。

チケットは今回のツアーとしては
そこそこよく
ブロックBってのもうれしい
150番台。
なのに、、よりによって
開場時間間違えてて
行った時にはすでに
自分の番号はとっくに呼ばれた後でした。

なんてことだ・・
平日ワンマンで17:30開場なんて
ヒド過ぎない??
っていうか、、
私としては開場時間
事前に何回か確認したつもりでいたんですが
それは他のライブだったか??
ACIDMANへの愛情が減りつつある証拠ですかね( ̄▽ ̄;)

そして中へ入ると
前3、4列くらいまでは
結構詰まってた感じ。
愛情が減りつつあるとか言っても
やっぱり番号通り入れてたら
何列目に行けたかな、、とか
チラっと考えてしまいます。
ただ始まってからも押されることがあまりなく
比較的見やすかったです。
、、、ちょい前にいたボーっと立ってた
デカい兄ちゃん以外は。。(-ω-`)
あいつがなぜか少しずつ移動してて(多分無意識)
そのせいで何回か見えにくくなることがあって
かなりストレスでした。

時間ちょい押しでスタート。
ステージには薄い白い幕が下りてて
始まると同時に
そこに映像が映し出されました。
SEとして使われてる『gen to』なんですが
鳴ってるのはCDかと思ったら
徐々に左右に上がって行く幕の後ろに3人がいて
生で演奏してました。
新しい試み。
そしてそれがすごいよかった!
SE部分の生演奏なんて
聞いたことなかったし
なんていうか、、かっこよかったです。

セトリは名古屋の時の変わらず(多分)
今回会場によって変えた曲ってあったんですかね。
ただ武道館ならではの演出として
バックにでっかいスクリーンがあって
そこにかなりいろんな映像が映し出されました。
もちろん、本人たちのどアップもあり。
あとレーザーもたくさん使ってたし。
今までにないくらいの派手な演出だったように
思います。

ってことで、、1曲目『SUSY』では
タイトルに関連する
素粒子をイメージするかのような映像をバックに。
かなり理系な映像で
ACIDMANじゃないとこういうのは
出てこないよな~、、、なんて思ったり(笑)

「ACIDMAN LIVE TOUR “新世界”ファイナル
日本武道館へようこそ!
今日というこの日、この時間は
この瞬間だけしかないんで
みんなで最高の時間をつくりましょう!!」
みたいなオオキさんのあいさつ。

武道館中がオォーッ!って感じで
盛りがったところでの
『NO.6』は
さすがにテンションあがります。
なんだかこっ恥ずかしい語り部分も
ライブで聞くと
かっこいいんですよね~

そして『swayed』
フロア中、サビとかでジャンプするもんで
なんか武道館の床が少し揺れてる感じに
感じました。
ACIDMANファン・・若いねぇ~(笑)
ホント、見事に、まわりみんなジャンプしてました。

ちょっと聞かせる感じで
『君の正体』『ラストコード』
いつもせっかくのファイナルに
ちょっと声の調子が、、って
心配になってしまうことの多いオオキさんですが(笑)
この日はかなり絶好調だったんでは?
高音部分とかすんごい声出てた気がしました。

『Further ~夜になる前に』のときの
照明がすごくきれいで
(ゆらゆら海のような感じ)
思わず天井を何回も見上げてしまいました。

ここらへんでいっちゃんのMCが
あったっけ?
「武道館、楽しんでますかー?
俺は最高に楽しいです!」って
ちょっとテンション高めに。

「俺の荒ぶるドラム
サトマのうねるベース
オオキの魂込めた歌と
オオキのたまんねぇーギター!
オオキのたまんねぇーギター!!
、、、オオキのたまんねぇーギター!!!
大きな玉ねぎの下?!(笑)」
・・・いっちゃん。。。(-ω-‘)
いや、ギターのくだりだけ
単語が品素だなって思ってたんですよ。
こういうオチとは。。

で、早速サトマやオオキさんから
「一悟、落ち着け」
「ハウス!ハウス!」って
ツッコまれながらも
「ここは武道の聖地ですが、僕たち武道はできません。
でも音楽はメチャクチャ得意なんですよ!
今日のライヴどうか盛り上がって、、
今日のライヴどうか、
今日のライブドウカン盛り上がって帰ってください!」

そんなダジャレれキメた?!後は
『スロウレイン』
人気の曲だけに
イントロ始まった途端に
歓声あがってました。

そしてディズニーのカバー
『Can’t Help Falling In Love』

サトマの鉄琴から始まる
『ALMA』
鉄琴を叩くとき
リズムに合わせて膝を曲げながら叩くんですが
それが何とも言えずかわいい(´m`)
慣れないことだから
緊張してるんですかね??

この時、スクリーンには
無数の星空が映し出されてて
すごくキレイでした。
こういう壮大な感じ
ホント、ACIDMANって似合うよな~
だから3人というバンド編成での最少人数なのに
それを全く感じさせない
それがすごいです。

「今回のアルバムには
坂本龍一さんがピアノで参加してくれた曲があって
、、、今日は来てませんけどね(笑)」
なーんだ。
開演時間が早かったから
思わず演奏しに来てくれたからか?!なんて
ほんの少し期待しちゃってたよ(笑)

「風追い人っていうのは、
風を集めて、色を集めて、
人は誰しもいずれ死んで灰になってしまうけど
それに色を付けて
今度は白く美しい世界へ生まれ変われるように祈りながら
死者の灰を撒く、、そんな曲です。」

まずはインストの『風追い人(前編)』
続けて『風追い人(後編)』
映像はPVのまんま?
あのダンサー達の映像です。
生演奏・大画面で見る、聞くのは
やっぱ迫力あります。
終わりの方の熱い演奏が
素晴らしかったです。

「ありがとう!」
そして『アルケミスト』の話。
アルケミストとは、、錬金術師で、、って
ちょっと話うろ覚えなので
割愛。
実はまだシングルの特典で付いてた
本を読んでなくって
ぜんぜんストーリーを知らないんで
余計に話が分からなかったってのも
あります(汗)
そしてPV撮影で舞台になってる
モロッコに行かせてもらったって。
なので「サハラ砂漠の風を吹かせます」

『アルケミスト』
いい曲。
『風追い人』からの流れのせいもあって
まるで映画を見てるかのような
そんな感じでした。

「武道館に、モロッコが見えました!」
曲終わるなりイッチャンの一言。
「今回のツアー自画自賛するようで嫌なんだけど
ホント、いいツアーだったなー
って、、素敵な映像の後に
余韻に浸る間もなく俺のMCで
結構もう喋っちゃってますけど、、、
(サトマに向かって)
何かない?このツアーのオモシロい話」

サトマ「え?サトマ 俺に聞いてるの?」
一悟「3人しかいないんだから
分かるだろ?指名しないとダメなのかよー」
サトマ「えーっと、、韓国行く時に
空港で俺だけ荷物引っかかって、
この缶なんですか?って。
それ、アロマキャンドルだったんだよ。
ほら、缶に入って、導火線ついてるから(危険物に見えた)」
一悟「おまえはギャルか!全然面白くないよ!」

オオキ「佐藤くんに面白い話を求めちゃダメだよ」
一悟「俺なんてMC常に毎日、考えてんのに、
なんだよ今の話~」
サトマ「、、、うるせぇよ」
一悟「なんでいつもサトマは上から目線なの!?
睨んでも怖くないから。
なんなら今は俺の方がちょっと上に居るんだからな!
外でやってもいいですよ!
ケンカした事ない俺がケンカ吹っかけるよ!」

ニヤニヤしてるサトマ。
すると突然オオキさん
「ケンカをやめてー二人を止めてー」
そこにイッチャン加わり「私のためにー争わないーで、、、」
「あのさ、ケンカするならもっとちゃんとやってよ。
中途半端なんだよ」って
ダメ出しするオオキさん。

今回のライブでは
ライブ後、物販に立つといういっちゃん。
ここ武道館でもやるそうで
オオキさんには「この人数だよ?
止めとけよ。
なんなら激似のお父さんに頼めば?」って
言われると
「それ、言うなよ。
(お父さん)来てんだからさー」

「今年、知ってる方もいると思いますが
事務所を独立しました。
、、、観葉植物とか送ってくれてもいいんですよ?(笑)
一瞬で世界が変わるって
本気で信じているので、FREE STARという
名前にしました。
これから先も、自分たちの音楽を信じて
やり続け行こうと思ってます
そのためにはみんなの力も必要です。
どうぞよろしくお願いします!」
そんな宣言から
『FREE STAR』

この曲はこの先もずっとずっと
大切な1曲になっていくんだろうな。
思えば、、アルバム『LIFE』が出たころ
その前からちょいちょい気になってたACIDMAN
先行でリリースされた『FREE STAR』
この曲を聞いて、一気に目覚めたといってもいい
そんな1曲なので
なんかうれしかったり。

にしても・・
観葉植物なんか送ってきてもいいなんて
言っちゃって
ものすごい数の植物送られてきちゃうんじゃないの??

「武道館!まだまだ盛り上がって行こうぜ!!」
って
言ってたかどうかは不明ですが・・
なんか煽られたような気がします。
そこからの『to live』
私的ハイライトかも。
PVにもなってたアフリカの映像がまた
テンションあがるんですよ。
カッコよすぎる。
そしてサトマのキャップは
ここら辺で落下したらしい。
何回も被りなおしたり
押さえてたりしてたしね(笑)
でも、、結局今回も瞬間は見れませんでした。

そして『カタストロフ』
 明日には 世界は変わるから
このブロックは
どの曲もそんなことを歌ってる曲で
作られた時期が違うのに
こうも共通のメッセージを込めた曲がつくれるとは
こういうメッセージって
生半可だと薄っぺらくなって
何言ってんだか、、ってなってしまいがちですが
ここまで貫かれると
もう太刀打ちできないというか
ある意味カッコいいって思ってしまいます。

とどめは『新世界』
イントロなんかおかしいな、、って思ったら
どうも機材トラブルがあったみたいで
スッと手を上げて曲をストップ。
「こんなんじゃ世界は生まれ変われない!」
そう言って
再スタート。

やっぱファイナルですから。
なんとなくうやむやに終わらせて
何事もなかった顔するよりは
潔くて素敵でした。
これで俄然テンションあがるフロア。
 ウォーゥ ウォーゥ ウォーゥ ウォーォ
ってところ
盛り上がりました~

「アッという間ですが、次で最後です。」
えーって声に
「ホント、アッという間ですね」って
名残惜しそうなオオキさん。

「僕たちはずっと世界の終わりばかり唄っていて。
それしか書けなくて。
自分も、家族も、隣に居る人も、
みんな最期は独りで死ぬんだって。
お金も大事だけど、
それよりもっともっと大事なものがあると思う。
嫌なこと辛いこと
悲しいこと身の周りにいっぱいあるだろうけど、
人はいつか死ぬ、そして世界もいつか終わる。
そう思ったら、
今この瞬間のかけがえのない幸せに気付けるんじゃないか。

世界が終わるということを本気で歌っている。
そんなバンドがいるってことを
記憶の片隅にでも置いておいて欲しい。」

ところどころ、
グッときたのか
声を詰まらせたり
一呼吸おいて自らを落ち着かせたり
しながら語るオオキさん。
汗か涙か分からないけど
ぬぐいながらの熱いメッセージがあって
『白光』

「世界が終わるということを本気で歌っている」
確かに、そういうことを何年もかけて
ずっと歌ってるバンドは
他にいないかもしれないです。
テーマが壮大過ぎて
身近に感じられず
ちょっと遠ざかってしまいがちですが
ふと一人この先の未来とかを考えた時に
ACIDMANの曲を聞きたくなってしまうのも
確かだったりします。

熱唱・熱演して本編終了。
ちょっとヨロヨロと帰って行くオオキさん
全てを出し切った感が伝わってきました。

続いてアンコール。
メンバーグッズのTシャツに着替えて登場。
「アンコールありがとうございます!」
ここで何か喋ってたかどうか
全く記憶にないという(笑)

アンコールはいつもの
『ある証明』『Your Song』のダブル。
でもやっぱ
盛り上がってしまうんですよね~
 You are OK!!
って歌われちゃったら
そりゃーうれしくなるってね。

さてさて。
いつもならここで終わりですが、、、
この日はファイナルですから
やはり続きを期待しちゃいます。
そしてありました!
ダブルアンコール!!

「あの、、、本来、アンコールって言うのは
用意してきちゃいけないんだろうけど
どうしてもやりたい曲があって、
映像も用意して入念に準備してきました(笑)」
あはは・・
やっぱりね。
もうないかな、、って思ったりもしましたが
ここは外せないんでしょうかね。

「昔から来てくれてる人は
ご存じのとおり、、
重たくて暗いけど
未来の事、命の事をあらわした曲です」
みたいな説明があって
『廻る、巡る、その核へ』
もう、、、すっかり聞き慣れて
むしろ心地よくなってきた?!
いや、この曲
最近の曲ならまだしも
「equal」の頃にできた曲で
あの当時からこういう世界観があったって
ホントすごいなーって
思います。

そして今回は初の試み
演奏最後の方で
ブワ~ッっと舞い降った
白い紙吹雪
これが超~きれいでした。
雪みたい。

その余韻に浸りながら
最後アウトロの『to gen』を
生演奏。
そしてバックにはエンドロールが流れ
finで〆。

いやぁ~、、、たっぷりの2.5時間くらい?
ドップリとACIDMANの世界に浸らせてもらいました。
ツアータイトル通り
どこか新しい世界へのスタートを切った
そんなライブでした。

今後は、、、
独立して自分たちで頑張っていこうとしてる
その行動を見守りつつ
控えめに応援して行こうかな・・なんて。
いや、また突然スイッチ入っちゃうかもしれないし。

紙吹雪もらってきちゃった♪
IMG_0558.JPG

そしてツアートラックのバック。
何気にここもカッコいい。
IMG_0524.JPG
再度の画像は名古屋でパチリしたので
省略。


<セットリスト>
 SE:gen to
 01.SUSY
 02.NO.6
 03.swayed
 04.君の正体
 05.ラストコード
 06.Further ~夜になる前に
 07.スロウレイン
 08.Can’t Help Falling In Love
 09.ALMA
 10.風追い人(前編)
 11.風追い人(後編)
 12.アルケミスト
 13.FREE STAR
 14.to live
 15.カタストロフ
 16.新世界
 17.白光

 EN.1
  ある証明
  Your Song

 EN.2
 廻る、巡る、その核へ
 ~to gen

同じ想いを抱えてるなら一緒にどうだ歌ってみないか [怒髪天(2010年~)]

すっかり忘れてましたが・・・
7.18はthe pillowsサポートBa
鈴木淳さんの誕生日でした~
淳くんは私の中では永遠の36歳なのですが、、、なぜか。。(笑)
もう45歳になられたそうで。。
おめでとうございます*:.。☆..。.(´∀`人)
ポッドキャストしっかりアシスタントに昇格?!して
今後も楽しい放送楽しみにしてます。

で。
ここで年齢関係おさらい。
さわおさんと淳くんは同い年で
チバさんも同い年で
キュウちゃんは1個下。
でも大学の学年は同じで(違う??)
キュウちゃん1浪だから
、、、淳くん2浪??
ま。
別にどうでもいいことですけどね。

さて。
そんな7.21は
怒髪天 DOHATSUTEN三十路まえ
"夢街道四人五脚"
@高崎Club FLEEZ
でした。
IMG_0518.JPG

5月に行ったきり、、、
ホントは間にもう1回行くつもりで
いろいろ探してはいたんですが
なかなかいい具合に行けそうな場所が見つからず。。
5月に行ったのが
遥か昔のことに感じます。

そして7月後半に入ったってことで
青春18きっぷの出番です♪
毎年なんだかんだと使うことができ
うれしい限りです。
でも関東圏の日帰りライブに使うことが出来たのは
珍しいかも?!
ちょこっとお得な気分(´m`)

そしてそして。
今回は高崎でどうしても買いたいものが。
ジャン!
IMG_0516.JPG
登利平の鶏めし弁当。
いつぞやのピロウズのライブで
高崎の楽屋弁当が美味しくて、、って
話をしていて
次に高崎来る機会があったら
買って帰ろうって思ってました。

お店は駅ビル含めあちこちにあって
高崎では有名みたいです。
いわゆる、、、横浜で言うシュウマイ弁当みたいな?
で。一つ困ったことが。
この鶏めし、、、松と竹があるんですよ。
どっちだろー・・
だって、どうせ買うなら同じやつにしたいじゃん。
うーん、、、っと迷った挙句
オーソドックスな竹にしました。
確かめる術はないのですが、、
恥を忍んでメール送ってみるか?!(笑)

中身はこんな感じ。
IMG_0517.JPG
まさに、鶏めし(笑)
そして、お味はというと・・
美味しかったです!
量も小ぶりでペロリといただけちゃうほど。
お値段も竹680円。
松も780円なんでどちらも
お手頃価格♪

買って帰る、、、とか言いながら
始まる前に駅のホームのベンチで
食べてしまいました。
この日は涼しくて
風も吹いてていい感じでした。

お腹も満足したところで
ライブですが、、、
この日の番号は140番台。。
うー・・
高崎はステージが低いことで有名なハコなんで
できれば2桁番号欲しかった(T ^ T)
でも中に入ると
思ったほど混雑はしてなくて
王子側4、5列目辺りですか?
で待機。
たまたま周りは背の低めな女子だったので
そこそこよく見えました。

この日の高崎、、SOLD OUTこそしてなかったみたいですが
かなり人入ってて
始まった途端、すごい押し。
その後もギューギューっとまでいかないにしても
久しぶりに汗だくになったかも、、ってくらい
人と密着してました。

『威風怒道~愛と栄光のテーマ~』で
メンバー登場。
シミさんの髪がー、、、
何て言うの?白髪?にてっぺんちょこっと濃いピンク
刈上げた根本は黒っという
不思議な髪の毛になってました。
あ、でも、今思い出しましたが
モジャモジャの髭はサッパリしてましたね。
メンバー上半身くらいしか見えなかったので
王子のパンツがどうだったか、、確認できず。
増子さんのシャツは黒だったっけ?

「よく来たーっ!」で
『独立!俺キングダム』から
ライブスタート。
高崎、熱い!
それは今に始まった事じゃないですが
もう拳あげまくり
歌歌いまくりの
初っ端から最好調なくらいの盛り上がりでした。

続いて『ホトトギス』
ここではみなさん、ジャンプジャンプ。
いや、、そんなペース配分考えようよ?(笑)

そして『男、走る!』
ホント、息つく間もなく
早くもビール飲みたい・・なテンションに。

「よく来たーっ!高崎!!
すげぇーな。おい。」っと
人の入り具合に驚く増子さん。
そう言えば、早くも王子がブログを更新してくれてましたが
初めての高崎でのライブは
お客さんが2人だったって。
そこから思えば、、、そりゃ感慨深いだろうなぁ。
この日は王子がものすごく
いつもに増してニコニコで
前にもガンガン出てきてくれるし
弾きながら
歌いながら
客席の一人一人に最高の頷く感じで
見渡してくれて
そりゃーもーこっちまで照れちゃうのなんのって。

「昨日は、我々、仙台にいたんですけど。
お祭りのイベント?でね。
トークショーみたいのにも出させてもらって。
じいさん、ばあさん。。アイス食ってんの。
これくらいの距離で相手にされないってのは
結構、、思うことあるよね(笑)
一応はさ、バンド休止時代
穴あき包丁の実演販売とか
リングアナとかやってて
シャベリには自信あるんでしょ、、なんてね。
言われてる側で、、アイス食って
時には何か他の物取に行ったりとかされちゃって(笑)
でも、今日は、全員受け入れてくれる人みたいだな。
うれしいよ。
非常にやりやすいっ!」っと増子さん。

『神様は小学生』は
増子さんのジェスチャーが楽しい曲。
でも、、、この日は正直
シミさんはほっとんっど見えず
増子さんもあまり見えませんでした。。
台に上がってくれるんですが
逆に近過ぎちゃって、、っていうか。
なんとか、、大好きな 小羊ちゃんのところは
見れました★

セトリ、あまり変わってなかったですが
この曲は私が参加指した中で
このツアー初かも、、の『労働CALLING』
ウンガラガッタの振付で
フロア中すごいことになってました。

このブロックはかなり休みなしのぶっ通し。
『あたし、SUPERツラい・・・』
シュッシューワ シュッシュワ
ってところ、みんなが手をパッパッってやりながら歌うのを見て
終始笑顔の王子がかわいかったです。
最後は例のビールのキメ台詞っぽく
「あたし、SUPERツラい・・・」って増子さん(笑)

坂さんのバスドラが鳴り続け
『オトナノススメ』なんですが
何か、、入りがつまずいた感じ?
いつの間にかバンバンに入ってました。

汗だく、汗だくのまま
『団地でDAN!RAN!』
この曲はライブでしか聞いたことないんですが
すっかり覚えてしまってます。
明日、やっとCD発売してくれるんで
うれしいです。

とどめは『喰うために働いて 生きるために歌え!』
いやぁ、、長かった。
結構ノリのいい曲ばっかだし。
2番の替え歌部分、一時期オリジナルに戻ってましたが
この日は再び替え歌Ver.で。

「坂さん、ちゃんとやってくれないと」って
増子さん。
やっぱり、例の『オトナノススメ』の入り
半拍ズレてたみたいです。
でも坂さん「あれ?おかしいな・・」って
納得がいかない様子。
「仮にも、ドラムのプロなんですから」っと
増子さんから厳しくお叱りを(笑)

この前のライブでは
自分でカウント取って
いきなり「あ!」って曲止めちゃったみたいで
「何で止めたの?」って聞いても
「なんでか分からない、、」って
言ったそうです。
「ホント、恐ろしいわ。
お願いしますよ」

ここで前にも話してましたが
ドラムマガジンで坂さんがインタビューされ
書かれた記事について
「お人柄がよく表れたドラムで、、」って
専門雑誌なのにテクについて一切触れないって。
「流石、素人に仕分けされただけありますね(笑)」っと。
私は見逃してしまいましたが、、、
ドラムの達人
出演者の人に負けちゃったんですよね。
で、坂さん「てへへへ。。」って
苦笑い。

「次は、坂さん。
やればできるところ、見せないと」
で『WAZAN』
ここはバッチリ、カッコよくキメてました。
ただ・・
増子さんがちょっと息使いを間違えたみたいで
一部ちゃんと歌えなくなってしまって
ちょっとバツが悪そうに・・(笑)

私が個人的に
ドキドキしてしまう『82.2』は
何事もなく終わりました(笑)

『砂の上の楼閣Part2』
王子のギターソロにうっとり。

少しブレイク挟み、、
『ド真ん中節』
シミさん、、、キメの所
ちょっと間違えちゃってた??

そして「歌おうぜ!」っと
『ドリーム・バイキング・ロック』
コーラスの箇所気にせず
ガンガン前に出てくる王子。
最高に盛り上がりました。

で、、ここら辺でしたっけ?
どうも終わりごろから
王子のギターが鳴らなくなってしまった模様。。
「いやぁ、、今日は最高だ!
間違えちゃったり
音でなくなったりしちゃってるけど
これがライブでしょ?
そして俺らだけじゃ上手くいかないところを
みんなに助けてもらって
何て言うの?お互いがお互いを、、、援助する?!
(←それ言うなら助け合うでしょ 笑)」

「でもギターないとな、、
俺ら成立しないから(笑)
じゃー坂さん、何かオモシロいこと
ほら!」って増子さんにムチャ振り。

シミさん、ベース弾きだして
合わせる坂さん。
・・が、、、メロディーラインないと
キツイ(笑)
やっぱベースとドラムはリズム隊なんだなって
改めて思いました。

しばしアレコレ調整し
何とか音が出たようで
王子もシミさんと坂さんのセッションに
合わせだし、、、、
「どこで終わっていいの?
終わりが分からない~」って増子さん(笑)
なんとか坂さんが終わりの合図を出して
セッション終了。
わーい♪
こういうハプニングは
お得な気分です(*´艸`)

気を取り直して、、、『濁声交響曲』
そんなことがあったからか
ホント盛り上がりました。
もはや、、、ステージ見えないのも
さほど気にならないテンション。
これが高崎のテンションだよな~
。。なんて。
でもこの感じが好きで
ステージ低くて見えにくいハコでも
なぜか行きたくなってしまうのです。

「今日は、マジで、
今まで25本?ツアーやってきて
今日が一番最高!!
ドラム間違えたり
ギターの音出なくなったり、、」
って言うと王子
スミマセン・・・ってぺこり。

増子さん「でもこれは友康のせいじゃないから
機材が悪い!」
王子「いや、でも、俺もいっぱい間違えちゃって、、」
増子さん「え?そうなのー??」
王子「いやー間違えるよーっ!!(笑)」
思わず叫んじゃうと
増子さん「そんな、友康までオモシロに
行っちゃって、、
一人くらいはまともでいてくれないと。」
あはは~
やっぱ、王子はオモシロ路線には敢えて
いかせないようにしてるんですね(笑)

王子「でも、そんなところも
お互いがお互いをね、助け合って
ホント、これぞバンドだなって」
増子「ホント、こんな俺たちですけど
今度、ついに!武道館が!!
高崎、近いよね。
今日事務所に集まって車で来たんだけど
ウトウトして首痛いな、、って思ったら
もう着いてた。
だから、武道館も、、すぐ来れるでしょ。
前日は復活を発表した
エレカシみたいなんで
それ見て、2日間楽しむといいじゃない?(笑)

そして、何回も高崎でライブやってますけど
今日、初めて、楽屋の弁当
あの、、、鶏めし?松でした~
蓋開けてビックリした。
あれ?肉、二種類入ってる!って。
続けてくると、いいことあるんだな~って」

噂の鶏めしの話!
この日食べて臨んだ甲斐あって
その松だの竹だのの話も分かり
うれしかったです。
そうか、、怒髪天は今までは竹だったのね。
これは次回は松を食べねば(笑)

「じゃ、あれ、やってくれますか?」っと
坂さんに言うも
坂さん「・・・?」っとしばし沈黙あり
あわてて曲へ、、、(この訳はアンコールで 笑)
『ロック・バンド・ア・ゴーゴー』は
いい曲だよね~
これを聞くと、次は男に生まれて
ミュージシャン夢見るのもいいかも
なんて気になってしまいます。

そしてなぜか最後
「ロックバンド?」「最高!」
だっけか、、、なんかみんなで叫びました。
流れがよく分からなくて
つられて言っただけなんですが・・・(*´ω`)

ラストスパート
『情熱のストレート』は
今までにないくらい
なんかグッとくる演奏でした。
ところどころ増子さんがフロアにマイクを向けて
王子のコーラスとともに
みんなで歌うっていうのが
なんかたまらなくよかったです。

最後は『愛の出番だ!』
この曲はライブで聞く方が
何十倍もいいです。
何気に、、、CDで歌詞を見ないで
(タイトルも覚えてない頃)聞いてて
 愛の で パンダ
って聞こえて
なんでパンダ??って思った時期もあったりして(笑)

最後の
 夜空の星の 一つ一つが
 俺とお前の 点と点が 繋がって 星座になるだろう
ってところがいいんですよね~
アウトロは増子さん
大きなバックドロップを肩にかけ
掲げた後一足先に退場。

この演出もカッコいい。
演奏隊が熱く演奏し終えて
本編終了。

続いて、、アンコール。
最後に出てきた増子さん
「今日は最高だった。
さっきまでは、、でも、、残念なお知らせが。。
坂さんが間違えてたって言ってたところ
俺が入るの間違えたんだって(笑)
楽屋戻るなり、3人から、
いや、マネージャーも含め4人から
増子さんですよ?と。。

ダメだよ!なんでも人のせいにしたら!!(笑)
何でも坂さんが悪いんじゃないんだから。
、、、坂さん。。申し訳ない・・」
これに対し坂さん「いやいやいや、、、(笑)」って
ぜんぜん笑ってて
こういうところが坂さんをメンバーに入れようって
思った理由だったりするのかな、、って。

「罰が当たったんだね。。
人のせいにしたから。
息使いが分からなくなったの(笑)」
これは、、『WAZAN』での歌について。
さらに「そんなことしてたから
最近の流行、、ワッショイ!って言ったら
すぐにワッショイ!って言い返すってルール
だからお客さんにも
ワッショイ!って言ったら
ワッショイ!って返してくださいねって
言うの、、忘れてた(笑)」

そう、なので『ロック・バンド・ア・ゴーゴー』の前
増子さんが坂さんに
お願いしますって言ったのに
キョトンとしてたのは
ワッショイ!の説明がなく
言えなしな、、、って戸惑ってたから
何ではないかと思います。

そんなもんで、この後わっしょいの嵐(笑)
オモシロいんですが・・
なんか一時期NCISでも
わっしょい!って言うのやってて
それを思い出してしまうんで
なんかちょい言い辛いです。。

アンコール1曲目は
『酒燃料爆新曲』
このツアーでは久々。
やり過ぎてるから敢えて封印してるのかと
思ってました。
坂さんの雄たけびはもちろん「ワッショイ!」

ラストは『歩きつづけるかぎり』
この曲はイントロ聞くだけで
グッときます。
なんか増子さんも泣きそうなくらい
顔くしゃくしゃにして歌ってました。
そして最後の最後
フロアにダイブ!
これがいい感じでした。
きれいに背中からダイブして
くるりと周ってステージに戻って行って
残念ながら遠くて届きませんでしたけど・・

「ありがとう!!」
メンバー皆さん前に出てきて
前の方でハイタッチ!
あと少しで王子に届きそうでしたが
ギリギリでダメでした。。
くぅーっ。。

「またすぐ、来るから。
まずは武道館で、待ってる!!」

楽しかったー
夏フェス前の
"夢街道四人五脚"ツアー
私的には最終日
いいライブでした。
やっぱ高崎、、いいね。

そしてうれしかったのは
王子が早くもブログを更新してくれたこと。
その中にある
「今夜はギブ&テイク!」
ここで使う言葉じゃないだろう、、っていう
フロアからの声に
最初はツッコんでましたが
なんか「ギブ&テイク!」でもいいか、、みたいになって
ワッショイ!並みに使ってました(笑)


<セットリスト>
 SE:威風怒道~愛と栄光のテーマ~
 01.独立!俺キングダム 
 02.ホトトギス
 03.男、走る!
 04.神様は小学生
 05.労働CALLING
 06.あたし、SUPERツラい・・・
 07.オトナノススメ
 08.団地でDAN!RAN!
 09.喰うために働いて 生きるために歌え!
 10.WAZAN
 11.82.2
 12.砂の上の楼閣Part2
 13.ド真ん中節
 14.ドリーム・バイキング・ロック
 15.濁声交響曲
 16.ロック・バンド・ア・ゴーゴー
 17.情熱のストレート
 18.愛の出番だ!

 EN.
  酒燃料爆新曲
  歩きつづけるかぎり

RSRタイムスケジュール発表! [音楽]

やっと!
RSRのタイムテーブルが発表されました*:.。☆..。.(´∀`人)
いやぁ・・。。
悪くはない、が、微妙にちょいちょい被ってて
うーん、、、どうだろう。。

ってことで、早速!
最大限の自分なりタイムスケジュールを
立ててみることに♪

まず1日目8/16
15:00 怒髪天RSR 石狩Special(SUN STAGE)
15:30 OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND(RED STAR FIELD)
17:00 The HIATUS(SUN STAGE)
17:10 グループ魂(EARTH TENT)
18:40 the pillows(EARTH TENT)
18:50 奥田民生(RED STAR FIELD)
19:00 10-FEET(SUN STAGE)
19:40 CharaxYusuke KobayashixKenKen(RAINBOW SHANGRI-LA)
21:00 仲井戸“CHABO”麗市 Friday Night Session(SUN STAGE)
22:00 インディーズ電力(BOHEMIAN GARDEN)
22:00 Nothing’s Carved In Stone(RED STAR FIELD)
22:00 THE COLLECTORS(defgarage)
00:00 EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX(RED STAR FIELD)
01:00 Mountain Mocha Kilimanjaro(RAINBOW SHANGRI-LA)
01:20 サンフジンズ(RED STAR FIELD)

スタートは怒髪天!
ってことは、、今年はテント設営
遅れられないですね( ´_ゝ`)
そして、、見れたら見たかったOAU
多分見れないな。。残念。

で、早くも・・ここが最大の残念な被り
ピロウズと10-FEET。。。。。
そりゃないぜ?的な。
いや、ここは120%間違いなくピロウズの行きますし
なんならthe HIATUSやめて
グループ魂からEARTHに行っておくか?ってなくらいですけど
アラバキ来なかったし
京都大作戦も行かなかったし
やっとフェスで10-FEET見れると思ったのに。
ピロウズ終わりでダッシュして
(EARTHとSUNはまだなんとか行ける距離なので)
ギリ1、2曲見れるかな~ってとこでしょうか。

奥田民生はOAUと同じく
見れるなら見たかった・・

Charaはねぇ、、ちょっと遠いし
屋内ステージだし
ま、気が向いたら・・くらいです。

この後すこし暇になるので
ここで夕食ですかね。
1日目のSUNトリはチャボさんっすか。。
かなりの予想外。
私はてっきり10-FEETがトリかな?っとか
思ってたもんで。

夜の時間帯
22時が見事に各ステージ、スタート同じって(笑)
客がどう割れるか?!
ここはコレクターズに行く予定ですが
何気にインディーズ電力も気になってはいます。
でもなー・・
ボヘミアン遠いし。

FOR CAMPERS枠
EGO-WRAPPIN他は体力的に余裕があれば。

※追記
深夜のサンフジンズ!
これ、民生さんの新バンドだったようです。
情報、ありがとうございます!
ってことで、、上に、体力的に余裕があれば・・なんて
弱気発言書きましたが、頑張って最後まで起きてるぞ(笑)


そして2日目8/17
12:30 KEMURI(SUN STAGE)
12:30 UGUISS feat. MISATO(RED STAR FIELD)
14:10 レキシ(RED STAR FIELD)
14:30 MISIA(SUN STAGE)
16:00 ストレイテナー(EARTH TENT)
16:30 東京スカパラダイスオーケストラ(SUN STAGE)
17:30 岩崎愛(BOHEMIAN GARDEN)
17:40 サンボマスター(SUN STAGE)
18:00 後藤正文(BOHEMIAN GARDEN)
18:30 小田和正(SUN STAGE)
19:20 真心ブラザーズ(EARTH TENT)
21:00 マキシマムザホルモン(SUN STAGE)
22:40 The Birthday(EARTH TENT)
22:30 くるり(SUN STAGE)
00:20 獄門島一家(EARTH TENT)
00:30 ソウルフラワーユニオン(defgarage)
01:40 SCOOBIE DO(SUN STAGE)
02:00 中村達也SESSION(RED STAR FIELD)
04:00 MONGOL800(SUN STAGE)

KEMURIからスタート!って思ってたら
なんと!渡辺美里が出るんですね~
これ見るまで全く頭になかったです。
ちょっとこれはこっち行っとくかなー・・

そしてMISIAは見とかないと。
別に最初からじゃなくてもいいんで
レキシ見つつ戻ってくるか?

サンボとゴッチも迷いますが
サンボのセトリはやっぱり期待できないので
これは頑張ってボヘミアンまで行きますか。

でも終わってそこから小田和正に間に合うか??
意外と持ち時間短い予定になってるし。。
ここはちょっと考えちゃうかもな。
ゴッチの弾き語りも捨てがたいですが
小田和正なんて
この先もう見る機会もそうないだろうし。
貴重な体験よね。

The Birthdayは安定の位置で
一安心。
ホルモンがなければ
ひとつ前から行ってたと思いますが
ここは外せないので
ホルモン終わりでダッシュします!

くるり、獄門島一家
こちらは余裕があれば~
他に見るもんないんで(笑)
ご飯食べながら見てもいいかも。
って、、この辺りSUNとEARTHの行ったり来たりだ。。

スクービーが初!?SUN!!
これは行っとかないとー
って思ったら
きょう最終発表の中村達也SESSIONと
被ってる。。
うー・・

今年の大トリは
予想通りのモンパチでした。
でもなんだかほんわかして楽しそう。


ってな感じでしょうか。
ここ最近の傾向として
RSRはわりとのんびりなタイムスケジュールに
なってます。
(転換時間が長い)
なのに、、、他ステージと被らせてるって
これがちょっと納得いかないとこです。
いい具合に被せないようにしてくれたら
いいのに。

ま。予定は未定なんで
どうなるかは分かりません。
当日発表になったりする
小さいステージとかでのミニライブとか
何やらとかあるだろうしね。
とにかく、、雨だけは降らないで~

今夜のギター御機嫌はどうかな [音楽]

夏休みの申請完了!
今年は久々に、RSR後泊して帰れます*:.。☆..。.(´∀`人)
わーい♪
でも通常はそういう場合
夜ギリギリまで遊んで帰れる時間をチョイスするんですが
なんかその後の仕事のことを考えて
お昼に帰れる時間にしてしまった。。
年取ったなぁ。。(笑)

さて。
そんな7.15は
Shibuya CLUB QUATTRO 25th Anniversary
"QUATTRO QUARTER"~モーレツロックンロール教室
@渋谷CLUB QUATTRO
出演:MO'SOME TONEBENDER/Theピーズ
でした。
IMG_0511.JPG

クアトロ25周年のイベントの一つ。
ちょうどこれ、発表された時
私的、百々さんブームピークだった?!(笑)せいか
即、チケットエントリー致しました。
いや、まぁ、ちょうど3連休空いてたしね。

チケット番号200番台中ごろで
ハルさん側2、3列目辺りゲット。
柱のおかげで押しもさほどなく
視界良好
快適に見れました。

今回、、先攻は年の功?!
モーサムから。
モーサムは、、、2回目です。
ちゃんとライブ見るの。
前回結構楽しかったので
ちょっと楽しみにしてたんですが
今回は、、、うーん。。。
いや、悪くはなかったよ。
武井さんの電飾ダンスおもしろかったし。
でも・・ライブはもういいかな。
今回みたいな片方大好きでっていう
対バンだったらいいと思いますが
そうじゃなかったら
遠慮しちゃうかも。

百々さん、、ソロはあんなにのんびりした歌歌うのに
こっちはかなり絶叫系というか
激しいのね。
何曲かいいね~って曲はありましたけど。

前回もそうでしたが
ベースの武井さんがオモシロい方で。
この日は「祭」っと書かれた
赤いでっかいうちわ?を持って
煽ってました。
でもってサポートのGtの方が
私にはどうしてもミニ布袋さんに見えてしまって(笑)
あの不思議なギターを使ってるせいでしょうか。

だいたい1時間くらいの持ち時間だったと思うんですが
わりとサクサクいって
50分くらいで終わってしまいましたかね。
わりとお客さんは激しめで
前の方は押し押しでした。

続いてTheピーズ。
転換は全とっかえなんで
ちょっと時間かかります。

なにもSEなしでメンバーゾロゾロ?
ダラダラ??(笑)登場。
アビさん、久々に茶色のTシャツ!
そしてハンチング。
でもって髪切ってサッパリ!!
かなり若返ったように見えました(*´艸`)
シンちゃんは例のブルーのアロハ。
そしてやっぱビール断ちしてるからか(1日1杯までOK?)
お腹まわりスッとしてた感じ。
ハルさんはいつもの怒髪天のTシャツ。
こちらは髪切ったんだか伸びたんだかな
感じでした。
、、、サイドは切ってる感じだったんですが
トップ辺りフワっとしてるっていうかー。。
クセっ毛さんのせいですかね。

1曲目は
『日本酒を飲んでいる』から
ライブスタート。
こんな曲から始まるなんて!
この日のセトリは
結構珍しい曲が多かった気がします。

すっかり酒断ちしてるハルさん
(1年経ったみたい!)
歌い終わった後に
「日本酒を飲んでいない
ぬけがらで、、よくない」とか
言ってて可笑しかったです。

この日は3連休最終日ですから
やっぱりありました♪
『3連休』
なんか3連休のたびに
この曲を思い出してしまいます。
このダラダラした感じの曲が
いかにも3連休~って感じがします。

でもって毎日暑いからですかね
『グッタリしたいぜ』

そして「クアトロ25周年!
おめでとうございます。
あの、、、モーサムすっごいよかった。
でもアッという間に終わっちゃったけど
別に俺ら先輩風吹かせて
早く終われって言ったんじゃないよ(笑)
えーっと、、
巻き気味で始まったけど
普通通りに
ゆっくりやらせてもらいます」っと。
そう、、やっぱモーサム
ちょっと巻いてしまったみたいです。

『実験4号』
聞くたびに
何て言うか、、決意表明みたいな
そんな胸の内を思ってしまって
グッとくる曲です。

やたらと「クアトロピカル」って
ハルさんが気に入って言ってました(笑)
『トロピカル』

そしてこれまた夏っぽい選曲の
『線香花火大会』
ライブでは初聞きかも。

ジャーン!ってアビさんのギターが
鳴ってる中
「いいの?」って入りを確認して
『3度目のキネマ』

そういえば、、何かの曲で
ハルさんピック落としちゃったみたいで
指で弾きつつポッケからピック探すも
なかったみたいで
下から拾ってなんとか事なきを得てましたが
、、、確かに
ハルさんの指弾きみたことないかも?

毎日暑くていきなり夏だみたいな話とともに
「あの、、、とにかく雷が怖くてね」って
ハルさん。
最近ゲリラ豪雨とともに付きものなのが
雷ですもんね。
先日北区では雷落ちて亡くなった方もいらっしゃったし
「どっかで雷鳴るたびに
今日は野音、誰やってるのかなーって
思わず調べちゃうからね(笑)」って。
ハルさん、オモシざわついてましたロ過ぎゞ(≧ε≦o)
心配するんじゃなく
思わずニヤリとしてしまうそうです。

そこからメンバー紹介へ突入。
アビさんって紹介された時
「ハルの滑舌が悪いからよー
雷が髪の毛髪の毛って聞こえて、、
髪の毛が怖いって言ってるのかと思ったよ」って
ハンチング脱ぎながら話すもんで
短い髪の毛見えて
フロア、ザワついてました(笑)
ハルさん曰く、、
永ちゃんか北島サブちゃんか、、な
髪型だそうです。

「俺はよー、夏が大嫌いで。
夏がない国へ行きたいとは思わないけど
夏が嫌いだ。
冬は何とかなる
夏は何とかならない
下手したら死んじゃうよ
(太陽見上げて)あちぃーって、、、」
現場仕事お疲れ様です!
でも私も夏が大嫌いです。
でも確かに、、、夏がない国に行きたいとは
思わないかも。

この後、アビさん、ハンチングを
時々被ったりするんですが
ちゃんと手鏡持参で
被った姿を確認してました。
おぉ~
なかなかのお洒落さんなのですね(笑)

続いてシンちゃん。
なぜか、、、シンちゃん
ピーズのビジュアル担当になってました。
なぜなら、、、
「髪の長さじゃ負けませんっ!」
あはは~なるほど!
そして「短く髪が切れなくなりました」
やはり皆さん、髪に対しては
気を使ってらっしゃるんですね。。

この日はかなり照明落とし気味で
おかげでステージ上はそう暑くなかったみたいで
アビさん「なんでモーサムメンバーは
あんなに汗かいてたんだ?」なんて言ってましたが
ハルさん
「モーサムと同じくらいの照明に
してもらうか?(笑)
まぁ、、明るいのは若者にまかせてね
年寄りはこれくらいがちょうどいいい」って。
確かにー
言われてみたら照明、、ほっとんど色ついてなかったかも。
でもピーズのライブは
いつもそんな感じなので
あまり気になりませんでした(笑)

『底なし』も
いい曲。
この日はハルさんに被って
ちょっとシンちゃんが見えにくかったのが
残念デシタ・・
でもハルさん歌わない時は
横にずれることが多く
そうすると見えたのでよかったです。

そしてうれしい『やっとハッピー』
歌詞がかわいいのなんの。
何気にピーズの曲は
ストレートなラブソングも
多いように思います。
ストレートなんだけど
いちゃいちゃしてないって言うか。
上手く説明できないんですが
きゅんとしちゃいます。

『とどめをハデにくれ』
最後の
 最低だ 最低だ 最高だ
これがオリジナルなのかと思ってたんですが
これは歌詞替えて歌ってたんですね。。
ってことをちょっと前に知って
ジーンと来てます。

これで終わりかと思うくらい
盛り上がったので
「もうちょっとやりますよ」って。
ここで、、じゃなかったですが
アビさん
子供から「アビさーん」みたいに
呼ばれてて
同じようなテンションで
答えるアビさんが
かわいかったです(笑)

「クアトロは25周年
俺らは26周年。
、、、年上だ」

「48だからもう一回りしたら60だな」
で、この日発表された
秋ツアーのタイトル(笑)
ハルさん・アビさんは年男だったんですね。
シンちゃんは去年年男。
とてもそんな歳には見えないです☆

ラストブロックでも
レア曲!
『月面の主』
これまたライブ初聞き!
でもって持ってないって思ってたら
持ってた!
普段あまりピーズの曲は聞かないからなぁ・・
ライブ終わって
余韻に浸るときに
あーこの曲も持ってたのか、、って
いつもこのパターンです(;´д`)

ドァーッって勢いがあって
なんかバックで轟音みたいに鳴ってる感じがして
カッコいい『真空管』
アビさん、この日もグイグイ前に出て
弾きまくってました。

ラストは『生きのばし』
いいね~これラストって
なんか頑張んなきゃって気持ちになれます。
「ありがとう~」

ホントにタップリの1時間強。
短い曲が多いとはいえ
曲数的にもワンマン並みですもんね。
そういうところがピーズは
うれしいです。

そしてアンコール。
「俺ら、最後だからね。
あと1曲やらさしてもらいますよ」って
最後は『みじかい夏は終わっただよ』
いやぁ~
最後の最後まで
なかなかレアな曲続きでした。

ここんとこ一人ピーズやら
二人ピーズやらを聞く機会が多くて
久しぶりな感じの
3人そろったピーズのライブだったせいもあり
すっごく楽しかったです。
秋はチッタ!
これは行きたいな~♪

<セットリスト>
 01.日本酒を飲んでいる
 02.どこへも帰らない
 03.焼きめし
 04.3連休
 05.グッタリしたいぜ
 06.実験4号
 07.トロピカル
 08.線香花火大会
 09.3度目のキネマ
 10.底なし
 11.やっとハッピー
 12.でいーね
 13.とどめをハデにくれ
 14.月面の主
 15.真空管
 16.生きのばし

 EN.
  みじかい夏は終わっただよ


最近のお気に入り [ビリビリ]

こう毎日暑いと
ついつい、家で缶ビール(発泡酒)をあけてしまう日が
増えてしまいます。。(*´ω`)

さて。
最近のお気に入りを3つ。
その1.カカオが多いチョコレート
IMG_0508.JPG
今に始まったことじゃないですが
チョコは昔から大好きです。
チョコだけよりはナッツ類とか
パフとか入った方が好きだったりもしますが
最近気に入ってるのは
いわゆる本物のチョコっていうか。
カカオ含有率が高いもの。
これ、甘くないです。
初めて食べたときはまさに「なんじゃこりゃー」って感じで
ビックリしたんですけど
食べ続けてると癖になるというか
逆に普通のチョコが
甘ったるく感じてしまったりもして。

でもちょっとお高いんですよね・・
海外のいいやつだったりすると
平気で500円超で。
でもちょっと開拓してみたい気もしないでもない。

その2.もずく酢をスープに入れる
IMG_0507.JPG
見た目わるいですけどー。。(≧▽≦)ゞ

市販のもずく酢をなんでもいいんで
即席スープの中に入れるのが
私の中で流行りです(笑)
たまにラー油とか入れたりして。

もずく酢そのもので食べるのも好きなんですが
ちょっと酢が甘すぎる感じもして
それがスープに入れることで緩和されるというか。
おススメです。

その3.ボールペンでイラスト
ボールペンでかんたん!プチかわいいイラストが描ける本 (コツがわかる本)

ボールペンでかんたん!プチかわいいイラストが描ける本 (コツがわかる本)

  • 作者: カモ
  • 出版社/メーカー: メイツ出版
  • 発売日: 2011/11
  • メディア: 単行本

ボールペンでかんたん!まねするだけで四季のプチかわイラストが描ける本 (コツがわかる本!)

ボールペンでかんたん!まねするだけで四季のプチかわイラストが描ける本 (コツがわかる本!)

  • 作者: カモ
  • 出版社/メーカー: メイツ出版
  • 発売日: 2012/11
  • メディア: 単行本

絵心、、、まったくないです。
でも絵が描けたらいいなーってのは
常々思ってて
ちょちょってイラスト描ける人尊敬してます。

最近仕事でちょっとそういう機会が重なって
ちょっと描いてみたら
なかなか楽しくて、絵もまんざらでもなかったりして
(完全自己満足ですけど 笑)
本でも買って暇なときに練習してみようかなー。。って
思ったりして♪

っと、今日は3つ一気に
久々カテゴリー"ビリビリ"で書いてみました★

歴は10年以上ですが、、、果たして・・。。 [the pillows]

Rude Galleryからハガキが届いた!
IMG_0495.JPG
なんで??
いつ住所書いたりしたっけ。。
お店で購入したこといはないんだけど。
写真展で記帳?的なのはしたけど
あれは住所までは書いてなかったよな。。
うーむ。。
内容は、、サマーセールのDMでしたが。
IMG_0496.JPG

さて。
前回のさわおさんのポッドキャストで
ライブに来るお客さんの顔って
覚えてるものなのか?って質問に
「覚えてるよ」って。

20年選手だと
名前も知ってたり
なんなら別のライブとかで見かけたら
話しかけちゃったりする

10年選手だと今ポンポンポンポンって
顔思い浮かべられる

5年選手だと
今思い浮かべられなくても
ライブで顔見たら
あっ!って思い出せる。

おぉ~(*´艸`)
そうなのか~。。
自分はどこのランク何だろうか、、って
チラっと思ってしまったりもしましたが
ちょっと覚えられてるのって
うれしいようで
恥ずかしいような気分です。。
悪いことできないよねー(笑)

でも仮に覚えられてたとしたら
街中で話しかけた時に
あぁーって言ってもらえたりするんですかね。
私はどうしても勇気がでなくて
一人だとスルーしてしまうことが多いんですが
それって、、ポッドキャストでも話してましたが
めちゃめちゃファンなのに
ステージ以外には全く興味ない人もいる
、、、の部類になってしまって
いや、いや、そうじゃないのよーって
言いたくなってしまったり。

幸い?!
まだ街中ですれ違ったことがないんですが
この話を聞いて
ちょっと話しかけてみる勇気は
沸いてきそうです。

てか、
やっぱり出待ちとかして
手紙とか渡してほしいんですかね。
そういうのって逆に迷惑なんじゃないかって
遠慮しちゃったりするんですが・・
難しいですなぁ(笑)

僕はまだ見てる進む爪先を [たわごと]

遅ればせながら
昨日7.10は
The BirthdayのVo/Gt チバユウスケさんの
誕生日でした~
おめでとうございます!!*:.。☆..。.(´∀`人)
今年は夏フェス
出まくってるThe Birthday
今年は私の中で一番ライブに行く回数が
多くなってそうな予感です。

そしてチバさんの誕生日翌日7.11は
むふふ♪
このブログ開設丸7周年!!の日デシタ。
いやぁ~徐々に更新回数減りながらも
なんとか続けてこれてます。

一応、毎年恒例にしているので
自己満足的な記録を。。

  記事数 1,789
  nice   791
  総閲覧数  2,739,880

 
ちなみに1年前は、、
  記事数 1,618
  nice   769
  総閲覧数 2,196,555


っということは
1年で書いた記事数 171
1か月平均 約14
やはり去年より確実に減ってます。
でもって1日平均訪問者数 約1489人
おぉ~これは、、、ほぼ昨年と同数。
そうですか・・ちょっと(てか、かなり?)うれしいです。

今年はもう少し更新数増やしたいと思いつつ
なかなかネタがね(・ε・`*) ...


そして今日来てたさわおさんのメルマガ
 
 ‘結果が成功したから良いじゃーん’はダメだ。

  プライドを持って、
  納得して自分らしく一歩一歩前進して
  目標に辿り着かなきゃそこに感動は無いんだよ。

この言葉にジーンとしました。
強くならなきゃ。
今年もいろんな想いを胸に
頑張ります♪

子供の頃食べ残した夢のかけら今も食べてる [音楽]

7月に入るまで
クーラー全くつけようとも思わなかったのに
この土日の暑さったら・・
昨日、7/8 
2013年度最初のクーラー入りました~

でもって、この前は朝いいお天気だったから
ご機嫌で洗濯物干して行ったのに
どうやらゲリラ雷雨にやられたらしい。。
帰ってみたら
びしょ濡れで
もう1回洗って干す羽目に、、チ―( ∀ )―ン
朝のあの時間を返して。。

そんな7.7は七夕!
でもあるけど
フラワーカンパニーズ
もういちどハッピーエンドをもういちど
@郡山Hip Shot Japan
with:音速ライン
でした。
IMG_0488.JPG

先週に引き続きの
フラカンです。
当初、、ゲストありの段階でチケットエントリーがあって
なんかフラカンにしては
ゲスト後日発表って珍しいなって思い
もしかして大物?!とか思っちゃって(笑)
日曜で郡山だけど
チケット取ってしまったんですよね。。

そしたら30番台と言う
そこそこいい番号がきたもんで
後にゲスト音速ラインって発表されましたが
とりあえず行くことに。(とりあえずって、、)

いや、誰に出て欲しかったとか
別に音速ラインに不満がとか
あったわけではないんですが
でも日曜の郡山で
しかもまだ青春18きっぷも使える時期じゃないのに
よっぽどなライブじゃないと
なかなか決断しにくいとこ
ありますよね・・
最初から発表されてたら
もしかしたら行かなかったかな、、って
チケット取った後も
ちょっと思ってたし。
(やっぱ音速ラインに不満?!笑)

行きは頑張って鈍行乗継。
すっかりこのルートは
慣れっ子になってしまったよ。
お昼過ぎに到着。
ただ・・
郡山の食事はいつも困ってしまって、、、
結局ウスイのアフタヌーンティールームへ。
都内じゃ結構待たされることが多いここも
待ち時間ゼロでのんびりできるのが
結構気に入ってます★

そしてここで開場まで時間潰すつもりが
思ったより早く
暇になってしまったので
また駅に戻って
タワレコ辺りをブラブラ。
そしたらなんと!
楽器屋さんで
Peeちゃんモデルのピック発見!
IMG_0490.JPG
売ってるんでしたっけ??
コータローさんピックは知ってたんですが。。
ってことで、両方お買い上げ♪
ワーイ!
ま。使わないけどね。

開場時間ちょい前には
安定の雨降り(笑)
その前から降ったり止んだりを繰り返してましたが
その降ったり止んだりの
降ったりの方にちゃんとなるってのが
流石はフラカンだと思います(´m`)

今回、、、音速ライン発表の前に
音速ライン側では解禁前の情報公開が
あったんでしょうかね。
前の方にいた人たち
フラカンだけじゃなく
音速ラインのファンの方もたくさんいたんで・・
しかもかなり濃い。。
言い方悪いですが
結構人気あるんですね(笑)
始まる前、熱く語るファンの方同士の会話に
若干驚きました。

場所は、、グレートさん側2、3列目辺りをゲット。
ちょっと視界遮られたりもありましたが
そこそこ視界良好でした。

時間ちょい押しでライブスタート。
まずは音速ラインから。
暗転すると、、押しがありました。
これもちょっとビックリ!
なんかゆる~い音楽なのかと思ってたんで。
そしたら、結構ノリノリなロックも多かったです。
Baの人が煽る煽る。

音速ラインはバンド形式では
風ロックの東京で見たのが初めてで
でも正直あんまり記憶なくて
メンバー4人で出てきて
あれ?4人バンドだったっけ??って。
GtとDrはサポートで
メンバーは思ってた通りの
Gt/VoとBaの2人組でした。

その4人ですが、、
そろってフラカンTシャツ着てくれてました。
優しいのぉ~♪
しかも着心地がいいから
今後ずっとこれかも。とか
アー写これで撮るかもとかまで。

MC楽しかったです。
Gt/Voの藤井くんは郡山に住んでるそうで
「つるはドラックの話、、しとく?
プライベートで会っても話しかけないでください。
話しかけてきたら対応するけど、、
でも話しかけないでください。
話しかけてきたら対応するけど、、」って
なぜか念押し?!(笑)

あと、、フェスのようなハットをがぶってたんですが
「酔っぱらって、、自分で切っちゃいました(笑)」
つまり、、髪型オカシイってことらしいです。
見せて―ってフロアから声がかかりましたが
「嫌だ」って頑なに。
てっぺん辺り、河童みたいになってるそうです。

そしてこの日初披露の曲が2曲。
一つは今度シングルになるという曲の
バンドでの演奏は初めてだそうです。
あとはホントに新曲で
「この先どこに行こうとしてるの?って
心配されちゃうかもしれないけど、、
でもサビ、すぐ覚えられると思うんで
歌えそうになったら参加して」って。
しかもその曲やる前
「ビール飲みたくなったな」って
楽屋からもってきてもらって(発泡酒でしたけど)
グビっと飲んでから。

その歌えそうなサビ
 ビール (オイッ!)ビール (オイッ!)
 飲めば飲むほど強くなる
確かに、、
他の曲の感じと比べると
この先どこへ行っちゃうの?って
思ってしまいそうな
オモシロソングでしたゞ(≧ε≦o)

タップリ1時間
思った以上にビールの歌が盛り上がったからって
当初の予定を変更して
2回もやったりして(ワンステージで同じ曲2回って・・笑)
楽しかったです。

お客さん入れ替わるかなーって思ったんですが
ほっとんど入れ替わりなしで
続いてフラカン。
楽器全とっかえで
転換に結構時間かかりました。

いつものSEでメンバー登場。
この日も竹安さん黒シャツ
ミスター小西も黒のつなぎだったっけ?
グレートさんデニムのつなぎ
そして圭介さん、珍しく白シャツでした。
(ちょっと刺繍っぽい柄あったかも?)

まずは『煮込でロック』から
ライブスタート。
対バンのせいでしょうか。
なんかテンション高かった気がします(笑)
でも私も、待ち遠しさ倍増か?!
一気にアガった気もします♪

続いて『なれのはて』
この曲はCDで聞くとゆっくりした感じなのに
ライブだと結構アップテンポになって
弾んだ感じの曲になります。

盛り上がる『恋をしましょう』
もちろん最後は
 We Love 郡山!!
って。

郡山は2年半ぶりだそうで。
しかもその時も来たのはワンマンじゃなく
イベント(ゴーイングの)だったとか。
これに対して圭介さん
「福島は、、、OUT LINEといわきCLUB SONICと
3箇所でやってるからね。どれも全部
行きたいんだよ」って言うと
「いきなり言い訳からか?」って
グレートさんにツッコまれてました(笑)

さらに、、音速ラインの
例のビールの歌について
圭介「すごい盛り上がってたよね。
楽屋でも盛り上がってたんだよ。
ビール ノーッ!って(×のジェスチャー付)」
グレート「ノー?」
圭介「いや、俺、ビール飲めないから」
グレート「郡山Hip Shot Japanとかけて、、(笑)」

音速のみんながフラカンTシャツで
やってくれたことについて、、、
「あれ、、俺がTシャツ上げたんだけど
着てね!って言っちゃったんだよ。
それを今日ライブで着てねって
思われちゃったかなー・・って
なんかプレッシャー与えちゃったみたいで
申し訳なかったな。。」っと
恐縮してるグレートさん
優しいなぁ~

セトリは、、、これはレア!っていうのは
特になかったです。
被りなし2Days後だから
仕方ないか。
ってことで『はぐれ者讃歌』
でもこの曲は何回聞いても
うれしいんですよね。
イントロ聞くだけでワーって思っちゃいます。

続いて『切符』
お決まりの?!ハッハッハッ~は
2回し。
何気にサビ行くまでの不安定なリズムの部分は
ドラムがかっこいい。
ミスター小西も暑かったらしく
途中から髪の長い部分だけを結んでて
かっこよくなってました。
イマドキな髪型ですよね~(´m`)

『SO LIFE』は
ギターソロの音色がキラキラしてて
いいんですよ。
徐々に盛り上がって行く最後の方も
ゾクゾクして好きです。
そうそう、竹安さんの
サーキュレーター見えました(笑)
白いやつで
この日も髪の毛サーっとなびいてて
流石にこの日は
圭介さんにも「お前、すごい髪、なびいてるな~」って
ツッコまれて若干照れてました。

そしてこの日も聞けました!
新曲の『アンテな』
大分覚えてきた♪
てか、、早くシングルいわゆるA面って言われる方の
曲を聞きたいです。

「今日は、、七夕か。
、、、って・・もう、すっかり大人だから
今更願い事とかいいのかな?(笑)」っと
圭介さん。
するとグレートさん
「俺、昨日、デパートで、、
今時デパート何て言わんか?」
「いや、言うでしょ。デパ地下ってんだから。」
「そうか、、そこに笹があって
短冊書いてこようって思ったんだけど
見えた短冊に、、、この愛が永遠に続きますように。って
書いてあったの見て、、止めた。
だって、俺、そこに
フラカンがもっとカッコよくなりますようにって
書いて写メ撮ってブログにあげようって思っとったから
さすがに、この愛が~の横には書けんわ」って。

ここからしばし、願い事についての談義。。
ちょっと長いので一部割愛して
圭介さんがもし短冊に願いをかくなら
「みんなの願いがかないますように」だそうです。
ここだけ聞くと
かなり ひゅ~っ って感じですが
なんかよくよく聞くといろいろ変わってて
(ひねくれてるっていうか?笑)
結果グレートさんに
「お前は神様にはなれないな」っと
言われてました、、、

そんなこんなで
早く曲行こうっと促され
『ロックンロール』
ここから聞かせる曲のブロック。
『ビューティフルドリーマー』
『心の氷』『エンドロール』と
続きます。

『心の氷』から『エンドロール』への
流れがよかったです。
ジーっと聞き入ってしまう。
宇都宮では視界が悪く
あまり集中して聞き入れなかった分
今回はホントよかったです。
やっぱVoの声って重要だなーって。
どんなに曲がよくても
歌声が好きじゃなかったら
そこまでいいとは思わないですもん。
圭介さんの歌声は
力いっぱい歌ってるっていうパワーもあるけど
人を惹きつける魅力があると思います。

メンバー紹介。
竹安さんは宇都宮の時泊まって帰れたのが
うれしかったのか
郡山も今度はゆっくり来たいって。
「日本酒も美味しいね」って。
打上げでゆっくり飲んで帰りたいみたいです(笑)

ミスター小西は
「音速ラインかっこよかったですよね?」
ってあまりリアクションなかったので
なんとなく目が合った感じになり
ウンウンと頷いておいたら
「ウンウンって頷いてる人もいて
なので、かなり力入ってます!」っと
いつものように
低い声でボソボソと話してたら
「何言ってるか分かんねぇーよ!」って
圭介さんだかにツッコまれ
「これで終わります」っと
最後は早口で(笑)終わってしまいました。
 ※ミスコニが早口なときはムキになってるときだそうです

そしてグレートさん。
10月から始まる「上京20才まえ」ツアーの話で
実はこの日、ここで情報解禁になった
福島での追加公演を発表!
おぉ~
でも、、、福島OUT LINEなのね・・
盛岡先なら行ったかも?!なのに。
しかも福島OUT LINEは見にくいハコって話してるのを
帰りがけに聞いちゃって。
なんか躊躇ってしまいます。
もうちょっと考えようっと。

余談:ツアーの名称、、、ちょっと怒髪天のと
三十路前ってのと被ってるって。
(世代が同じだから多分
出所は、、キャロルだろう?とのこと)
あと、今回のツアーもういちどハッピーエンドをもういちど
以前はチェストツアーで春チェストだなんだって
繰り返し使ってたことも持ち出し
今度帰ってきたチェストツアーとか
やるかもしんないってゞ(≧ε≦o)

「4人そろってフラワーカンパニーズ」の後は
『脳内百景』
ここからはラストスパート
『チェスト!』
あのイントロのジャンプ
やっぱりみんなやりたいらしく?!(笑)
お客さんも真似してジャンプする人が
増えてきた気がする!
私も、あれ、一緒に飛びたいんですよね~(。・∀・。)ゝ

そして『YES FUTURE』で本編終了。
この日はあんまり前にドッと
押されたりはしなかったです。

アンコールは、、、
圭介さん以外、音速ラインにお礼をこめて
音速ラインのピンク色のTシャツを着て登場。
竹安さん曰く「初めてピンク、、、
サーモンピンクって言うの?着たよ」って
照れ笑い。
圭介さんにも「この辺(腕辺り)が
ハムみたいで美味しそう」って
突かれてました(笑)
ピンク、、、そうでしたっけ?
フラカンのグッズのTシャツで
ピンクっぽいのあったと思うんですが
あれは着て出てきたこと
なかったか。。
確かにおぉ~って感じはありましたが
似合ってなくもなかったです☆

「もう10年くらいずっと歌ってる曲
こうなったら、死ぬまで歌い続けるぞ
なんなら墓場まで持っていくぞ」って感じの
曲紹介があって『深夜高速』
なんていうか
ずっと歌い続けるって覚悟の思いが込められてて
力強くよかったです。

「まだ終わんねーぞー!!
なんならずーっとやっててもいいんだぞー!!」
若干キャラ変わってる?!(笑)
とにかく、延々やり続けられるかー的な
煽りがありつつ『真冬の盆踊り』を。
確かに、、ちょっといつもより
間が長かったかも。
間奏部分は最近恒例の
パンクVer.
ヨサホイヨサホイな感じなのに
バリバリな演奏がまたカッコいいです。

「ありがとう!!」
いやぁ~ギューギューに押されたりなかったのに
ジワ~っと汗かくライブでした。
でも前で見えれたし
宇都宮でのリベンジ?!的な感じで
満足です(笑)

フラカン、別に姿見えなくてもね、、
なんて思ったりもしてましたが
やっぱ前で見たいんだなーって。

帰りはなぜか北海道フェア?!(笑)
ゆべしも忘れずに。
IMG_0489.JPG


<セットリスト>
 01.煮込でロック
 02.なれのはて
 03.恋をしましょう
 04.はぐれ者讃歌
 05.切符
 06.SO LIFE
 07.アンテな
 08.ロックンロール
 09.ビューティフルドリーマー
 10.心の氷
 11.エンドロール
 12.脳内百景
 13.チェスト!
 14.YES FUTURE

 EN.
  深夜高速
  真冬の盆踊り



ずっと探してる初めて鳴らしたギターの響きを [音楽]

関東地方梅雨明けだって。
まぁ、、今年はそこそこ梅雨っぽかった
かな??
いずれにしても一気に真夏日。
蒸し暑いー(´+ω+`)

PARCOでフジロックとRSRの
合同プレイベントが開催されて
な、な、なんと!
いちごけずりが特別サイズで500円で販売★
IMG_0485.JPG
もちろん、食べてきました~
だって・・会場ではビックリするくらいの
長蛇の列ですからね。

IMG_0486.JPG
でもって特別サイズで
タップリってのもうれしいじゃないの。
満足。

もらい損ねてた今年のうちわももえたしー。
ワーイ♪
IMG_0487.JPG

さて。そんな6.30は
フラワーカンパニーズ
もういちどハッピーエンド
@HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
2日目!
IMG_0463.JPG
2days最終日!!(って 笑)
でした。

ホテルをチェックアウト後
打上げで行けなかった
餃子屋さん みんみん へ。
IMG_0457.JPG
11:30開店なので
11時過ぎに待ち合わせて行ったら
もう既に長蛇の列でした。
流石は餃子の街?!
IMG_0456.JPG

待つこと、、1時間。
その後もビックリするほどではないですが
列は途絶えることなく
絶えずお客さんが来てました。

その待ってる間に、、、
フラカンご一行様を目撃!
っつっても、、圭介さんは不明。
(詳細はMCで 笑)
グレートさんは再び戻ってきて
長蛇の列を再確認してまた行っちゃったり
竹安さん一人なぜか
足早に反対方向に歩いていったり
(持ってたトートがフラカングッズだった?)
これはぜひとも、お昼事情をMCで聞きたい、、っと
ウズウズしてました(笑)

そしてやっと、私たちの番。
中は思ったより窮屈じゃなく
クーラーもガンガン効いてて
快適でした。
前に行った正嗣はかなり狭くて
確かクーラー効いてなかった記憶です。

メニューは 
焼き・水・揚げの3種。
一皿6個入り。
もちろん、全種類頼みました♪
IMG_0458.JPGIMG_0460.JPGIMG_0461.JPG
ビールも!っといきたかったんですが
真昼間&ライブ前だったので
やめときました。
たれは醤油(だし?)と酢とラー油を
お好きにブレンドして作ります。
IMG_0462.JPG

お味は、、、、
焼きがやっぱ最高!
続いて水。最下位は揚げ。
っというのも、皮に味が付いてないんで
揚げてしまうと
イマイチ物足りなさを感じてしまうというか
油っぽさが浮き立ってしまうというか。
中の具がわりとあっさりしてたので
余計にそう感じたのかもしれないです。

いやぁ~満足!
美味しかったです。

その後は少しブラブラして
ゆっくりくつろげそうなカフェで
時間つぶし。。
ニュースカフェという
地元の新聞社がやってるカフェらしいです。
ここ、、、前来た時から存在は知ってたんですが
中に入ったのは初めてで
予備校の自習室みたいな雰囲気で
いくらでもいていい解放感が
最高でした。
コーヒーも豆から挽いてつくってるのか
味が濃くて美味しかったし。
これで宇都宮での時間つぶしの場所が
見つかりました(笑)

この日も番号は1日目とほぼ同じ。
やっぱり途中から同じ番号がゾロゾロいる感じで
中へ入ると1日目以上に大混雑。
ただ1日目と違う点は
始まってもさほど動きがなかった。。。(´;ω;`)
なのでかなり視界悪かったです。
ミスター小西ほっとんど見えなかった。

この日のメンバー
竹安さんはやっぱり黒っぽいシャツでした。
その代りミスター小西は赤のつなぎに。
圭介さんは深緑色のシャツ
グレートさんは白黒迷彩のオーバーオール。

まずは『It's Only Roc'kyun'Roll』から
ライブスタート。
押しはなくとも
盛り上がり、すごかったです。
これぞ、宇都宮って感じ?
やっぱ1日目はちょっと
大人しかったんですかね。

続いて『なれのはて』
ちょっと圭介さん、声が枯れてる感じがしました。
後半、辛そうなときとかあったし。

『永遠の田舎者』
この曲はホント、元気でます。
サビに行く前の
圭介さんの左右に動く動きが好きです。
途中、サビをフロアに歌わせてたっけ?

そして『SO LIFE』
2日目はかなり新旧織り交ぜた
セットリスト。
結論から言うと
2日目の方が好きでした。
やっぱり古い曲多めの方が
いいのかな。
アルバムツアーって思って行くと
そうは感じないんですが・・(笑)

「今日は暑いぞ!。」って。
そう、昨日は酸素ボンベまで用意して
暑さ対策に臨んでたんですが
思ったほど暑くなかったみたいでゞ(≧ε≦o)
なので、ステージ上の空調を切ってもらってた
そうです。
耐えきれなくなったら入れてもらうって。
「でも、ライブはこうでなくっちゃね。
シャツの色が深緑になるくらいまで
汗かいちゃうかもよ」っと。

でも、ライブはこうでなくっちゃっていうの
分かる気はします。
タオルがびしょびしょになるくらい
汗かいたライブの後って
なんかすごく清々しい気持ちになりますもん。
客席も若干暑いように感じたんですが
「あ、客席は入ってますから」って。

大好きな『はぐれ者賛歌』に
『空想無宿』
楽しい!

ここで、昨日言ってた
ルール違反だけど
被ってしまう1曲
それは新曲の『アンテな』でした。
グレートさん曰く
「まだ音源出てないしね。
たくさん聞いてもらいたいから」って。
これは、、誰もが仕方ないでしょ、、って
思ったんじゃないですかね。
てか、これこそ、1日目はアンコールでやれば
よかったんじゃ?って
思ったりもしたんですが。
でも2回聞けてよかったです。
リリースが待ち遠しい。

続いて『トラッシュ』
狭いながらもジャンプジャンプ。

「今日、お昼、餃子食べに行ったんだろ?」
おっと!待ってました!(笑)
この話、聞きたかったんです♪ヽ(´▽`)/
するとグレートさん
「いや、、餃子は食べに行ってない」って
圭介んさん的には予想外の返答に
「食べに行ってないっとなると
ちょっとこの先の話に支障がでるんだけど・・
あの、、、餃子を食べたってことで
話進めると
俺はお昼、フォーを食べに行ったんですよ。
ベトナム料理の。
ベトナム人がやってるお店で
すごい、美味しかった。
俺が聞いたんじゃないよ。
後から入ってきた家族連れのお父さんが
聞いてたの。
お宅、ベトナム人?って
すげぇよな、、面と向かって
お宅、ベトナム人って
普通聞けないだろう(笑)

まぁ、それはいいとして、
そう。宇都宮と言えば餃子って
そんなの言われ始めたのいつだ?
そんな宇都宮に来た
99.9%の人がやるようなことはしない
だから今後も俺は
宇都宮に来たら
フォーを食べに行くよ」

ってことで、、やっぱあのご一行様に
圭介さんはいなかったんですね。
さらに他メンバーはというと
結局3人バラバラで食べに行ったそうで
詳細はメンバー紹介の所で。

やたらと鼻をきつくかむ圭介さんですが
「ボーカルが鼻炎って終わってるよね、、」って
そんな中、鼻声代表?!って圭介さんが思ってるのか
「布袋さんは鼻炎でしょ」って。
そうですか?
まぁ、、ちょっと詰まった声?って表現が
あってるのか分かりませんが
そういう特徴ある声ではありますが。。。
そしたら「もしくは鼻の穴(奥の)が小さいか」って
また不思議な意見を。
思わずなんで鼻の穴??って思ったら
頭蓋骨でいう酸素を吸いこむ穴(孔?)のことを
言ってたみたいで
かなりウケました。

エアコン切ってる影響はかなりあったみたいで
すっかりシャツの色が変わってきてる
圭介さん。
そういえば竹安さんは1日目にも続いて
前にサーキュレーターが置いてあるのか
髪がそよそよ常になびいていました。
なので一人涼しい顔して弾いてました。

ダラダラ続くMC明けは
『ロックンロール』から。
そしてここからはじっくり聞かせるブロックで
まずは『深夜高速』
そうそう、1日目のオーラスでこれがきたとき
意外に感じたんですが
2日目にもやるためにはアンコールでやるしかないっていう
事情を考えての事だったのかな、、って
今になって思いました。

次は最近の曲ですが
なかなかレアな『心の氷』
これもあまりやらない『246』
やっぱり
あの震災の事
そして震災後にやってたライブの事なんかを
思い出します。

続いて『エンドロール』
1日目は圭介さんの姿が
思うように見えなくて
かなりキョロキョロ動きながら
落ち着きなく見たんですが
この日は比較的落ち着いて見れました。
長い曲なのに
全く長さを感じさせません。

そして『東京タワー』
宇都宮に来る途中に
電車からスカイツリーが見える箇所があって。
この曲ができた頃とは
また違った意味で
曲自体の淋しさっていうか
孤独さっていうか、、を感じさせる曲
のように思いました。

ここでメンバー紹介。
まずは竹安さん。
「昨日は宇都宮に泊まりで
ものすごい大きな餃子を食べさせてもらって。
でも大きいと大味かと思うけど
とっても美味しかったです」とのこと。
タバコと比較して写メ撮ったとか(笑)

そしてお昼の話ですが、、
「僕はね、、稲庭うどんを。
餃子も食べたかったんだけど
打上げで美味しいの食べたからね。」っと
宇都宮に来たらよく行ってる
ライブハウス側のうどん屋さんに行ってきたそうです。

すると圭介んさん
「フォーは米からできるんだよ、
うどんは何からできてる?
うどん粉か?(←小麦粉だよね。。)分かんないけど
どっちがカロリ―低い?」
すると「フォーもね、、いいよね。
三茶のフォーのお店も美味しいし。
そのベトナムフォーの店にも
行こうと思ったんだよね。」っと竹安さん。
「もう帰った後の話かよ。
三茶解散か?」っとツッコミもありつつ
鉢合わせしなくてよかったって。

「俺たち、他のバンドに比べたら
そりゃ、仲いいかもしれないですけど
SAとかの食事も
基本バラバラですよ?
そんな、普段ずっと一緒にいるのに、、、

ただね。。仮に俺が先にいて
後から竹安が入ってきて鉢合わせした時に
やぁ!って前に来られても困るし
かといって、無視されて他行かれるのも
なんか悲しいし、
ただ前いい?って聞かれて
嫌とも言えないし、、、」
などウダウダ言う圭介さんに
「。。。どうしたらいいんでしょう?」って
苦笑いの竹安さんが
最高にかわいかったです(笑)
結果「お前は、鉢合わせしちゃいけないんだ!」
あはは。。

ミスター小西は
「(打ち上げでガッツリ食べたからか
なぜかさっぱりしたものが食べたくて
でも結局、カツカレーうどん食べました」
って・・・
さっぱりでなぜカツカレーうどんか。
しかもなか卯だそうで
「小西、流石だわ」って
みんなに言われてました。

グレートさん黒カレー
大福が日本一おいしいってお店があって
その近くのお店だそうです。
その大福はいつも食べるんだけど
その日は食べなかったそうです。
その前にソフトクリームを食べてたからって
、、、食事の前にアイスかよ?って
ツッコミは、、誰もしなかったな。。

っと、、これで謎がとけました。
ここまで詳しくお話ししてくれるとは
思っても見ませんでしたが
おもしろかったです。
圭介さんが言ってたベトナムフォーのお店は
いつもガランっとしてるお店のイメージでしたが
そこへ一人で入って行く勇気が
すごいなーって。
あとグレートさんが言ってた
大福が日本一ってかいてあるお店も
なんとなく見覚えがあります。
次回はちょっと大福、チャレンジしてみようかな。

続いて、、(メンバー紹介の続き 笑)
ミスター小西
「宇都宮に2日間滞在して
おいしいものが食べれてうれしいです。
宇都宮は食べ物がおいしいですね!」
かなりバッチリなコメントのようでしたが
「宇都宮は食べ物がおいしいですねって、、
なか卯に行くような人に言われたくないよな」っと
圭介さん。
かなりするどい(笑)
グレートさんも「ミスコニ食べ物はワイルドなのに
言ってることはマイルドよな」って。
でもなか卯のカツカレーうどんは
ホントに美味しかったようで
おススメしてました。
当分、なか卯見たら
ミスター小西を思い出しそうです(´m`)

そしてグレートさん。
「来年は25周年だから
またきっと宇都宮に来ると思うけど
どうして欲しい?
例えば、、25時間ライブとか
オールナイトとか、、、
合間に竹安ギターソロコーナーとか
小西のトークコーナーとか」
えー!?
そんなビックイベント企画中なんですかね。
オールナイトとかいいですね。
最初2時間は普通にライブで
その後、休憩挟んで
そこからは出入り自由で
それこそ合間合間にコーナーあって。
またラスト、第二部のライブを
始発までやって終了~とか。
なんてね。

盛り上がる客席に対し
「自分の行動範囲かなり話ちゃったからなー
もうベトナム料理屋にしか行けなくなったじゃん。」っと
苦笑いの圭介さんでした。

「4人揃ってフラワーカンパニーズ!」の後は
『脳内百景』
『恋をしましょう』
これは鉄板。
でもこれが最高に楽しい。

そして「ミスタ~ムーンラ~イト♪」の声から
『Mr.LOVE DOG』
ラストは『YES,FUTURE』
で、この曲になると
なぜか毎回みんな前にツッコむという
現象がありまして
この日もこれでドドドっと前にツッコむことができまして
晴れて?!2、3列目辺りに行けました。
眺め最高!
てか、かなり前の方ゆとりあったし。
押しがないとこれだから
イヤですね。
後ろばっか窮屈で辛い思いをしなくちゃならなくて。
かと言って
無理に前に行こうとしたら
すごい顔で睨まれたりして・・
だった前に詰めてよーって
思ってしまうのですが。。。

っと、愚痴ってしまいましたが
本編最後にして
テンションかなり上がったまま
終了。

引き続きアンコール。
そこへ登場した
グレートさんとミスター小西
な、な、なんと!
I Love宇都宮のTシャツ!!
グレートさんが黒でミスコニが白。
しかもグレートさんは下短パンで
「沖縄か、、」って圭介さんに
笑われてました。

「昨日、店長さんに言われて
メンバー全員ではさすがに、、って。
俺だけでいいかなって思ってたら
小西が俺も着たいって言ってくれたから」って。
ニヤニヤ笑いながら圭介さん
「それで宇都宮の街は歩けないでしょ」って言うと
「いや、これで帰ろうと思ってる」って
グレートさん。
オフィシャルの日記を見る限り
ホントに有言実行されたようですが、、、
SAではどうしたんでしょうか(笑)

ここで、、よく来てると思われます(水戸にもいた?)
子供のファンさんからの手紙紹介。
「僕は6歳で危ないので(だったかは曖昧・・)
お母さんに後ろで見なさいって言われ
後ろで見ました。
なので圭介さんの頭の先しか見えませんでした。」って
「頭の先って、、顔も見えてないのか(笑)」

それはメンバー用にもらった手紙で
さらに圭介さん個人にもらった手紙には
「僕は俺たちハタチ族が大好きで
やって欲しいってずっと言ってるのに
なかなかやってくれないのは40代だからですか?」って
「そんなことないぞー!
まだまだやってるぞー!!」
ってことで、
この日のアンコールは『俺たちハタチ族』
子供のお手紙は
正直で?!心が和みますね。
後ろで見てたお子さんも
大満足だったんじゃないでしょうか。

ここでだったか忘れましたが
新曲の話。
「シングル買ってよー
シングルは買わない人が多いって聞くけど
お金も使わないと
アベノミクスは成り立たないんだから!」って。
うーむ。。
まぁ、そうは言われてもね・・
やっぱシングルって買わない人
多いんですね。
私もたいていは買わない口ですが。。

さぁ、ラストスパート
まずは『ロックンロール・スターダスト』
ちょっと久しぶり?
手拍子とかジャンプとか
アンコールだと余計に盛り上がります。
ラストは『終わらないツアー』
ヤッター!
この曲は最高!
歌詞も曲も全部いいです。

「ありがとう!!」
前にいたせいもありますが
テンションMAXでした。

そしてダブルアンコール。
「大陸もかけた(汗で)
これが今日の俺の全てだから
あとは心の中の気持ちを
みんなで歌ってくれ!」
ってことで『さよならBABY』
これはラスト恒例。
みんなで歌う ラーラーラーララーラーラで
幸せな気分に。

なぜか曲に行く前に
高見山の丸八羽毛2倍2倍の物まねを
してたんですが
繋がりが思い出せず。。。
そんなCM古くて知ってる人いないよ的な
ツッコミをグレートさんがしてましたが
CM自体は思い出せないのですが
2倍2倍のセリフは知ってます(笑)

なんか、もう1回アンコールやった気分だったんですが
セトリを探したときに
どうも2回だったみたいなんで、、、(・ε・`*) ...

ってことで、被りなしの2Days
終了。
やっぱ、いいね。
こういう企画、
他のバンドでもぜひともやって欲しいんですけどー
なかなかないんですよね。
やっぱやる側としては
大変なんですかね。

でもって、、
忘れがちですが
今回のこのライブ
「一応今日は、もう"いちどハッピーエンド"の
ツアーファイナルだよ。」って(笑)
圭介さん「え?ってまだあるじゃん?」っと
恐らく、、明日7/7@郡山のことを
行ったと思われますが
「あれは、"もういちどハッピーエンドをもういちど"
だから、、」ってグレートさんに言われたものの
「あぁ、、そう。」って
対して興味なさそうだったのが
可笑しかったです。
ま、、、確かに、何てライブでもいいです
ってのも本音だったりもします(笑)


<セットリスト>
 01.It's Only Roc'kyun'Roll
 02.なれのはて
 03.永遠の田舎者
 04.エンドロール
 05.東京タワー
 06.はぐれ者賛歌
 07.空想無宿
 08.アンテな
 09.トラッシュ
 10.ロックンロール
 11.深夜高速
 12.心の氷
 13.246
 14.エンドロール
 15.東京タワー
 16.脳内百景
 17.恋をしましょう
 18.Mr.LOVE DOG
 19.YES,FUTURE

 EN1.
  俺たちハタチ族
  ロックンロール・スターダスト
  終わらないツアー

 EN2.
 さよならBABY


月夜に立ち尽くす孤高の英雄 寂しきカリスマ [音楽]

FUJI ROCKのメンツ、、出そろいました。
ついでにタイムテーブルも発表。
うーん、、、
行きたいのだけれど
どうしても行きたい日は他のライブが被ってて
それを止めてまで行こうとは思わない。
っとなると残り2日のどっちかなんですが
そっちは何が何でもーってほどでもない。
じゃーやめとけって話なんですが
でも行きたいんだよね~・・・
FUJI ROCKに行きたいんです。
悩む。
チケット代安く出ないかな・・

さて。
そんな6.29は
フラワーカンパニーズ
もういちどハッピーエンド
@HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
でした。
IMG_0453.JPG

フラカン恒例の被りなしの2Days
初・宇都宮。
IMG_0454.JPG
そして祝!SOLD OUT!!!
そうか、、やっぱ宇都宮での2Daysは初だったんですね。
っというもの、
今回はお泊りしました。
全然通った方が金銭的には安いのですが
あの片道4時間弱?の往復を
2回繰り返すのは流石に気が遠くなりそうだったし
餃子で打上げしたかったし
っということで。
で、前はどうだったんだっけな。って思ってて。

チケットはB60番台。
で、Aは100番くらいまであってからBなんですが
これが曲者?!でして
途中くらいから同じ番号がわんさかいる仕組みで
5番区切りで呼んでるのに
入ってく人10人以上入るって感じで。
なので中へ入ると当然、もう満杯状態。
久々、なーんも見えん・・状態味わいました(笑)

それでも始まってからちょい押しがあったので
もう少し前に行け
そこそこ頑張れば見える位置に行けたんですが
なぜか前に連なる山脈
そしてなぜか近所に酒臭い人(誰かは特定出来ず、、)
そしてそして、隣の人かなりの横揺れで
ぶつかってき過ぎ。。。
なのでなーんか集中できませんでした(T ^ T)

っと、愚痴はそれくらいにして
10分押しくらいでライブスタート。
竹安さん黒の長袖シャツ←前にサーキュレーターあったのか
やけに髪がなびいてました(笑)
ミスター小西も黒のつなぎ
グレートさんはデニムのオーバーオール
圭介さんは紺地に刺繍で水玉?のシャツでした。

まずは1曲目『煮込んでロック』から。
いいね。アガるね。

そして『どっち坊主大会』
うれしい!この曲大好きです。

そして『人生GOSE ON』
あれ、、やけに最近のアルバムからばっかじゃないか??
って思ったけど
まぁ、、ツアータイトル"もういちどハッピーエンド"だから
ハッピーエンドツアーの延長
もしくは追加公演的な扱いってことで考えると
別にいいのか・・なんて。
(何がいいのか? 笑)

でも次『フェイクでいこう』
これはかなり久しぶり。
思い出すまで時間かかりました(笑)

「フラワーカンパニーズです!!」
っと、ここで最初の挨拶。
圭介さん、酸素ボンベを吸いながら。。( ̄▽ ̄;)
「ここは数あるライブハウスの中でも
ベスト5に入るくらいの
暑いハコなんだよ!だから不測の事態に備えて、、」っと
うれしそうに。
グレートさんに「ベスト3くらいにしといた方が
いいんじゃないか?」って
言われてましたけど。

「みんなも、必要になったらちゃんと合図して。
ただ手を上げてるだけじゃ
盛り上がってるのと間違えちゃうから
、、、そうだな。こうやって(指を第二関節で曲げた形)
助けて~みたいな。
でも(吸って)大丈夫になったら
ちゃんと戻してね。一つしかないから」
こういうとこ、圭介さんらしいですね。
しかも、グレートさんが適当に戻したら
「これは、ここに置いてほしんだよな~
見た目的にもね」とか言っちゃって。
可笑しかったです。
、、、後ろからは全く見えてなかったんですけど・・

『切符』『ビューティフルドリーマー』と続き
「新曲やります!」っと『アンテな』
これは今度8月末にリリースされるシングルの
C/Wだそうです。
この曲がかなりよかった!
これぞフラカンって感じのロックンロールでした。
最近ちょっとミディアムな曲が続いてただけに
うれしかったです。

『ひとつだけ』は
ハッピーエンドツアーでも
あまりやらなかった曲?
こうやって書いてて
タイトル見て曲が思い出せなかったです。。

そして圭介さんのブルースハープから始まる
『孤高の英雄』
これがね、、いいんですよね。
あのブルースハープが
哀愁そそるというか・・
夕日に佇む後ろ姿が思い浮かぶもん。
でもって語りの部分の最後
 がんばれ!圭介!
ってところ、フッとフロアにマイクを向けて
みんなで言うことに。
なんか、これ、よかった!
言えた自分もうれしかったし。

そしたら曲が終わるなりグレートさんに
「がんんばれ圭介って、言わせたな」って。
「昔は歌ってくれる人がいなかったから
自分で歌ってたけど
歌ってくれる人がいるうちは
歌ってもらう」って。
この話も、、なんかジーンときますね。

さて。
今回宇都宮で2Daysなんですが
フラカン史上だけじゃなくても
宇都宮自体で2Daysするバンドって、、
何気に初なんじゃないかって。
スゴイ!
そして今回宇都宮2Daysにしたのは
前回来た時にすごく盛り上がって
じゃー次回は2Daysだな、、って言ったってことも
あるみたいですが
何より、、「店長さんと飲みたかったのよ」って。
どうも店長さん、新しくなったそうで
宇都宮は東京から普通に通えちゃうため
泊まりにでもしない限り
ゆっくり飲むことができないそうです。
今後について、
特に来年25周年ってこともあり
どうしていくか、、ってことを
話したかったとのこと。

へぇーへぇー。
にしても、、私も2Dayだからこそ泊まりにしたし
やっぱりライブ後宇都宮のお友達と
ゆっくり飲みたかったし
同じだなーってなんかニヤニヤしながら
この話を聞いていました(*´ω`)

「なんかさ、寝違えちゃってね」っと
圭介さん。
ここからは恒例?!ウダウダ話です(笑)
「年々、寝るときの向きが変わってきてるんだよ」
昔は普通に仰向けに寝てたのが
30代は横向き、40代になってからはうつ伏せになって
でも向くのは体だけだから
寝違えると首が回らなくなるとか。

グレートさんはほぼ
ベットの上に布団も被らず
全裸かパン一だそうです。
でも風邪とかほっとんど引かず
なので「俺の健康法マネしてみたら?」って。

野外でやったとき
裸にオーバーオールのグレートさん
終わったころには
腕が真っ黒になってたことがあったとか。
圭介「蠅だっけ?」
グレート「蠅じゃないよ、、」
圭介「じゃーなんだ?」
グレート「・・小バエかな。。」
圭介「小バエが腕にいっぱいついちゃってね(笑)」

ホテルのベットの上の布団を
全くはがさないというグレートさんに対し
「俺は、ホテルに着いた途端に
あれを全部めくるところから始めるから」って
圭介さん。

そんな話してる横で
竹安さんが咳をしたもんで
「わーイヤな咳してるよ・・」って
圭介さん、竹安さんのおでこに手を当てる
「、、、冷たかった。。
とてもほ乳類とは思えない
陸ガメに触ったかと思ったよ」って。
「昔は機械でできてるんじゃないかって
言われとったからな。」って
グレートさんまで。

あと、、なんかやたらと圭介さんが
子供の頃はどうって話をしてて
あまりに終わりそうにないんで
グレートさんが
「そろそろ曲いったら?」って。
そこで圭介さん
「じゃーみんなも
そういう時代があったって歌」って
『元少年の歌』へいったので
思わず、なるほど~って思ったんですが
ちょっと何の話題だったか思い出せず・・
うー・・(´+ω+`)

ここからは少し、ミディアムな曲続き。
まずは『旅待ち』
そして『感情七号線』『また明日』
うーん、、やっぱ新しいアルバムの曲多し
ですね。
いや、いいんです。
いいんですけど
なんか被りなしの2Daysって聞くと
すんごいマニアックな曲を
バンバンやってくれそうなイメージなもんで。
それはそういう趣旨での被りなしの2Days
の時だったのかもしれないです。

〆は『この胸の中だけ』
このブロック、、これはこれで
かなりいい感じでした。
フラカンってホント、いい曲多いです。
ホント、圭介んさんすごいなーって
思ってしまいます。
何て言うんですかね、、、胸にキュンとくるっていうか
ジーンってくるっていうか。

そしてメンバー紹介。
まずは竹安さん。

「今日は、宇都宮に泊まって帰れるんで
うれしいです」みたいなこと
言ってましたっけ?
で、、「前の店長さんの時に、
店長さんの家に泊めてもらったりしたこともあって。
でさ、よく、いや。うち汚いんでって
社交辞令で言ったりするけど
そこ、ホントに汚くてさ。。
何て言うか、、、ほこりっぽいっていうか、、
あれ?圭くん来たっけ?」
、、、このさりげなくいつもの呼び方になってる
竹安さんにキュンと来たよ(笑)(ノ∀\*)

どうも圭介さんは
1回泊めてもらって
やっぱり埃っぽかったから
2度目は無理って思い、行ってないそうです(笑)
「しかも6畳くらいの部屋に
大の大人5人くらいが
雑魚寝だし、、、今じゃ絶対に無理だよな」
あまりにひどく言い過ぎたと思ったのか
「でも漫画がたくさんあってね」って
フォロー?!もしてました。

打上げ話も
普段は圭介さん、すぐに帰っちゃうことが多いそうですが
たまに参加することもあって
近々で言えば、、神戸?の後に参加したそうで
ずーっと喋ってたそうです。
「あんなに楽しければツアーも楽しいよね」っと
ボソリ。。
でも一足お先に部屋で見てる
探偵ナイトスクープもそれはそれで
楽しいそうです。

あと何のきっかけだったか
竹安さんのシャツが黒で
バックも黒幕で
全然目立たないって話も、、、
このトークもオモシロかったんですが
なんか忘れてしまってます・・
悔しい。。

続いてミスター小西
「こんばんは。」っと相変わらず
うっとり低音ボイス♪
やっぱり泊まって帰れることがうれしいって
言ってました。
あと、何気にミスター小西もつなぎが黒で
「服のチョイス、間違えました。
後ろの人、見えてますか?」って。
最後の方、ちょっと早口になってて
「あ、今、ちょっとムキになってるよ。
コニタン、ムキになると早口になるからなぁ~」って
こういう何気ないクセとかを
知り尽くしてるのって
長年ずっとやって来てるバンドならではな感じで
ほのぼのしてしまいます。

そしてグレートさん。
「被りなし2daysだけど、、今回はルールーに違反して
1曲だけ被らせてもらう。。
これはホント、申し訳ないけど
どうしてもはずせない1曲だから。
何の曲かは明日来たら分かるから。
明日来ない人は、、
どうしようか。ここに電話してもらう?」
いやいや、、今の時代ネットですぐに分かりますからーって
ツッコんだ人多いんでは?(笑)

そのルール違反ってことに対し
「あれ?グレノミクス、それでいいんですか?」っと
ちょっと得意げな圭介さん。
すかさずグレートさんに
「(グレノミクスって)いい言葉
思いついただろ?って顔??」って
ツッコまれてました。

「今、新曲の撮影とかしててね。
楽しいですよ。大変だけど」っとグレートさん。
でも圭介さんは苦手らしい。
「何が苦手って
もっとこうして、、って言ってる
カメラマンの人が一番カッコいいってね。」
グレートさん「そう。そうなのよ。
昔、フラカンを昔発掘してくれた人も
一番かっこよくてミュージシャンぽかったもんな」

1回にパシャパシャパシャっと
連写して撮影されるそうですが
竹安さん「はい、ギターの人、
表情堅いですねーって。
連写した写真、顔全然変わってないの(笑)
全部同じ。
意味ないじゃん」

ここでだったか定かじゃないですが、、
竹安さん、昔はYO-KINGに間違えられ
しかも「大ファンです!」って声かけられたことが
あったとか。
そしてそんな頃?!
フラカンファンの中でも
ミスコニと竹安さんが
どっちがどっちだか分からなくなる人が多かったらしく
ミスコニに「ギターよかったです」とか
声かけてくる人も
いたとか。
最初は訂正してたらしいですが
そのうち面倒くさくなってか
「ありがとう」って握手してあげてたって。

圭介さんは初めて野音でライブやるとき
地下鉄出口からどう行っていいか分からず
地図を見ていた
しかもフラカンのTシャツを着ていた男子に
「どうやって行くの?」って
若干上から口調で話しかけたのに
その人は全く気付かず
無反応で「あぁ、ここをこう行って、、、」って
淡々と説明されて終わったとか。
教えてくれた代わりに
なんなら握手とかしましょうか?くらいな感じで
声かけたのに
あまりに無反応だったので
心の中では
「俺、あなたの来てるTシャツのバンドの
Voなんですけどねー」って
思ってたとか。

似たようなことでは
ミスコニは
ワンマンやる会場の警備員に
「関係者以外は、、、」って
止められた経験あり。。

でも竹安さんは
意外とそういった経験はないとか。

メンバー紹介、、かなり長いMCでした。
そして「4人そろってフラワーカンパニーズ!」の
雄たけびの後は、、
これは珍しい!『真冬の盆踊り』
えーここで来るとは。
本編のしかも途中ってこともあってか
わりとあっさり終わった印象。
間奏部分は
最近恒例のパンクVer.

ここからはラストスパートで
『NUDE CORE ROCK'N'ROLL』
『チェスト』
ラストは『アイムオールライト』
で本編終了。

引き続き、アンコール。
このアンコール1曲目も意外な選曲で
『エンドロール』
あ、、でも2日目行って思ったのは
被りなしのルール、、本編は。。だからね。
そうか。って(笑)
詳しくは2日目レポ参照(;´д`)

このとき、、前の山脈で
圭介さん全く見えず・・状態になりそうだったので
かなりキョロキョロ首動かして頑張りました。。

しっとりの後は
『捨鉢野郎のお通りだ』
これはレアですね。
多分、この日1番のレア曲だったと思います。
ラストは『馬鹿の最高』
ヤッター!この曲も大好き!
「ありがとう!!」

まだまだ期待しちゃう?!
ダブルアンコール。
これまたビックリの
『深夜高速』
しかもこれ1曲のみ。
最後が華々しく終わる『深夜高速』って
ちょっと珍しいかも?

アンコールの時のMCを全く覚えてないのですが
特に喋らず
サクサクいったんだっけか??
もしかしたら撮影の話は
ここでしてたのかも。
ま。いっか。

いやぁ、、いいね。
また明日もあるって思えるライブ
連チャンはイヤとかいいながら
こういう趣旨(もとから2日間来てもらおうという)
でのライブはやっぱうれしいです。

そして、念願の餃子打上げ!
っといきたかったんですが・・
餃子専門店さん、居酒屋ではないので
夜は遅くまで営業してないそうです。
なーんだ。。(´ ノ(ェ)・` )
なので普通の居酒屋で
乾杯しました。
気付けば1時近くになっててビックリ!(笑)
1日目お疲れ様でした。

<セットリスト>
 01.煮込んでロック
 02.どっち坊主大会
 03.人生GOSE ON
 04.フェイクでいこう
 05.切符
 06.ビューティフルドリーマー
 07.アンテな
 08.ひとつだけ
 09.孤高の英雄
 10.元少年の歌
 11.旅待ち
 12.感情七号線
 13.また明日
 14.この胸の中だけ
 15.真冬の盆踊り
 16.NUDE CORE ROCK'N'ROLL
 17.チェスト
 18.アイムオールライト

 EN.1
  エンドロール
  捨鉢野郎のお通りだ
  馬鹿の最高
 
 EN2.
  深夜高速