So-net無料ブログ作成
検索選択

出張 緊急ナイト(夕方) [音楽]

まだ情報解禁前なので
何が、、っとは書けないけど
今後の発表、、
斉藤和義、横山剣、吉井和哉、吉川晃司
あとは、、モンパチとかBRAHMANとか
まさかユニコーンとか??
個人的にはピロウズとか期待しちゃうけど
えぇー?!って人がきそうな気がします。
早く残りも発表されないかな・・ドキドキです(*´艸`)

さて。
そんな6.23は
出張「緊急ナイト」@club SONIC iwaki
うつみようこ/2人ピーズ(大木温之&佐藤シンイチロウ)
緊急バンド(古市コータロー、鈴木淳、クハラカズユキ)
でした。
IMG_0441.JPG

行ってきたよーいわき!
IMG_0442.JPG
初めて。

この日は実は
怒髪天@甲府のチケットも取っていたんですが
悩んだ挙句
一応行ける日は欠かさず行ってる
緊急ナイトを選びました。
東京から日帰りできることを考えて
うれしい
16時OPEN/17時START
ってのもあって。

スーパーひたちっていう特急が走ってますが
ガタゴトいつもと同じく
鈍行乗り継いで行ってきました。
水戸からさらに常磐線を行ったところなのね、、

朝一に行ってどこか市内回ってみようかなとかも
考えてたんですが
さほどコレと言って見つからなかったので
適当に時間が潰せる程度の時間で
行きました。
なのでせめてお昼はどっか名物とか食べれるところに
行けないかなー、、って思ってたんですが
これまた特に見つからず
駅ビルに入ってるレストランで
すませました。

会場のclub SONIC iwakiは
JRいわき駅から徒歩5分くらいのところ。
IMG_0443.JPG
開場の15分くらい前に行くと
シンちゃん外で必死に携帯でテレビ?
見てました。

この日は前回の緊急ナイトで
チケットを買ったおかげで
番号20番以内♪
端っこでしたがとりあえず最前に
行けました(*´∀`*)
ただ、、コータローさん側だったせいで
キャーキャー言う方々が
ちょっと鬱陶しかった・・

中入ると、後ろのドリンクカウンターで
キュウちゃんスタンバイ。
いつもはライブ後に飲み物もらうんですが
この日は終電ギリってこともあり
先にもらいました。
久々のキュウちゃんからのビール★
むふふ。
いつかのブログにも見切れてた
エルメスのブレスレットがかっこいい!

club SONIC iwaki
キャパは250位だそうで
普通の四角いハコでした。
ステージはわりと高めかも。
サイドに大きなスクリーンまであって
そこでキュウちゃんのブログにも書いてありましたが
「かもめ視線」っていう
空から海や街やを撮影した映像が
ギターサウンドとともに
流れてて
それがなかなかいい感じでした。

SOLD OUTはしてなかったみたいで
混雑も全くなし。
ゆるゆる楽しめました。

時間ピッタリで始まるかと思いきや
、、、てかあのキャパで
なぜに1時間も時間取ってたかは
謎なんですが
さらに5分か10分くらい押して
スタート。。

まずはキュウちゃんから一言。
「出張緊急ナイト、こんなにもたくさん来てくださって
ホント、ありがとうございます!
毎回、協力してくれる先輩方に
助けられながら
こうやって続けることが出来てます。」
みたいな感じでしたかね。

トップバッターは
うつみようこさん!
お洒落なようこさん、、ちゃんと今流行の
ネオンカラーでピンクとイエローの
稲妻型ピアスを左右につけてらっしゃいました。
さりげなく取り入れる辺り
流石です!!

そしてギター1本での弾き語り
これがパワフルで
でもキュートで
素敵です。

ジャニスチョップリンとか
AC/DC、ピストルズなどの洋楽
今日は満月で、さらにスーパームーンだから
ソウルフラワーユニオンの『満月の夕』とか
ボイストレーニングで
すんごい低音の人に
何歌ったらいいですか?って言われ
最近はこれを歌ってるって
五輪真弓さんの『恋人よ』とか。
あとはオリジナルの曲も。

で、五輪真弓さんの『恋人よ』が
もーぉーっっ!!ってほど
素晴らしかったです。
やっぱ歌、上手いんですね~
すごい。

曲の合間にボツボツ話してくれる話
この日は車2台に分かれて
東京からいわきまでやって来たそうなんですが
リズム隊と歌&上もの隊
ようこさんは歌&上もの隊の方で
同席者はコータローさんとハルさんと
Mgの俊平さん。
自分もよくしゃべる方だが
この2人もまー、、よくしゃべるそうで
しかも必ずどこかにモノマネが入るとか。

楽屋ついてからも
延々、モノマネで歌とか歌ってるから
きっと出てくる頃
声枯れてるんじゃないか?って。

そんなこんなで
40分くらい?楽しかったです。

続いて、、2人ピーズ
この発表があったとき
てっきりアビさんとの2人ピーズかと思ってたんですが
シンちゃんとって聞いて
ビックリしたのを覚えてます。
この2人での2人ピーズは
初めてかも?(どっかで見たかな、、笑)
ハルさんベースじゃなく
ギターでした。

シンちゃんピーズのシャツでしたが
ハルさんは怒髪天の
カンバックサーモンの時のTシャツでした。

「人の歌歌うと下手なのバレるからね」って
この日はカバーはなく
ピーズの曲でのセットリスト。
かなり王道の連続でした。
前に歌ったようこさんの「恋人よ」の感想で
「五輪真弓とか本人以上だね、
・・あの枯葉散る具合とか。」って
褒めてるんだかなんなのか(笑)

緊急ナイトへは
ようこさん同様、ほぼ毎度出演のハルさんですが
「今日は三組、偉い人いない!
、、キュウちゃん忘れちゃったんだろうね
声かけるの。
だって偉い人みんな出たい出たいって
もう誰に声かけていいのか。
なので今日はチンピラだけですよ。
あ、先輩(シンちゃん)はチンピラじゃやいですよ」
っと、、いつもは前で言う花田さん枠とか
ミチロウさん枠とかに当たる方がいませんでしたが
それは時間的な問題もあって、、、じゃないのかな?って
思いましたけど(笑)

そしたらシンちゃん「俺もチンピラみたいなもんですよ
。。痛風だし。」
で、最近新発売になった
プリン体ゼロの発泡酒?の話題に。
ハル「今日の佐藤先輩のアロハと同じ色柄で」
シンちゃん「そんなに俺に飲ませたいのか!(笑)」
とりあえず、ビールは1日1本と決めてるそうです。
ハルさんも現在断酒中ですが
もうすぐ2年経つそうで
2年経ったら飲むとか。
この日もラベルの付いてないペットボトルで
飲んでたら
ちょっと疑いの目を気にしてか
「ダカ~ラ!」って言ってました(笑)

王道ソング連発で
大好きな曲がたくさん聞けました~
アビさんのギターがないので
ギターソロの間奏部分は
バッキングのみなんですが
それはそれでまた弾き語りっぽい感じで
よかったです。
でもドラムが入るとやっぱバンド感
強まりますね。
楽しかったです♪

<セットリスト>
 01.ノロマが走っていく
 02.ふぬけた
 03.生きのばし
 04.トロピカル
 05.絵描き
 06.バカのしびれ
 07.実験4号
 08.とどめをハデにくれ
 09.グライダー
 10.3度目のキネマ
 11.でいーね

最後は緊急バンド。
前回、、、確かスカジャンで揃えてきたんでしたっけ?
この日はキュウちゃんの手ぬぐい
新色のピンクが発売になったからか
お揃いでこの手ぬぐいを首に巻いて
登場。
キュウちゃん、DO THE DLのTシャツ、
コータローさんはカナダのリーフが描いてあるTシャツ
淳くんのは何が描いてあるのかよく分からなかった・・

ある程度準備済ませ
コータローさん「今日はどうも」って言おうと
マイクに向かったら
マイクの電源入ってなくって
あらら、、って(笑)

機材調整のためか
なかなか電源が入らなく
手持無沙汰になって
思わずかもめ視線でかかってるギターに合わせ
ギター弾いちゃったり(*´ω`)
にしても、、、脚、長いな~
ハルさんも淳くんも
もちろんようこさんも小さめなので
それに目が慣れてたせいもありますが
背、高ッ!って(笑)

やっとスタンバイ完了し
「じゃー、、キュウから一言。
オーガナイザーとして、、」っとキュウちゃんに。
キュウちゃん「あ、今日はありがとうございます!」っと
簡単に済ませると
「それだけ?拍子抜けだな。。」っと
軽くツッコミ
「えーっと、、この緊急ナイト
やり始めた早い内から
いわきではやりたいねって言ってて
それが割と早く実現できて嬉しいです。」
とのこと。
へぇ~・・そうだったのか。

やる曲、だいぶ耳馴れてきました♪
1曲目はインストです。
何曲かやって
恒例、ゲストコーナー。
まずはハルさん。

その前に、、、
お揃いの手ぬぐい首に巻いてましたが
暑くなったのか、
淳くんもキュウちゃんも取って
それで汗拭いてました。
それを見たコータローさん
「あれ?取ったの?」
淳くん「汗、汗拭かせて下さいよー(笑)」って
コータローさんは
意地でも取らないみたいなこと
言ってましたが
結局その後取っちゃってました(笑)
やっぱ首元に巻くのって
暑いみたいです。。

で、ハルさん。
「彼は、この曲で
本気で紅白目指してるみたいです」って
紹介されてました。
何やるんだろ、、って思ったら
前回もやった『泳げたい焼きくん』でした。
しかも最後アレンジされてて
おじさんがたい焼き食べたら、、、「ウマイ!」って
言って曲終了~
みたいな(笑)
最高!!

帰り際、キュウちゃんのモヒカン見て
「あれ?いつもよりバリバリ?」って
触らせてもらってました。
確かに、、短くなったからか?
いつもよりハードに固まったました。

さらに帰り際
歌詞に出てきたエビを食べて何ちゃらってとこに対し
「海老はアレルギーだから食べません」って
言って帰ったり、、
ハルさん、年々デリケートになってるみたいで
海老を揚げた油で揚げたものも
ダメだそうです。
食べ物のアレルギーは
大変よね・・

続いてはようこさん。
ようこさんはハルさんと同い年
でコータローさんの1コ下
ってことは
コータローさんとシンちゃんは同い年
へぇーへぇー(笑)
まぁ、それはいいとして。。
ようこさんは2曲歌ってくれました。
1曲はやっぱり前やった『JUMP』
あと1曲は、、、なんだったっけ・・
聞いたことあった曲だったと思うんですが
ちょっと忘れちゃいました。

この日のコータローさんのギターは
ゴールデンウイークに買ったという
新しいギターで
しかも、弾くのはこの日のリハが初!だったとか。
「リハでウソ―ッッ!!って
言ってたもんね。
まぁ、俺クラスになるとさ、、(笑)」
あはは・・
流石です。

「でもいい音鳴るんだよ~
例えば、、80年代の音出してみようか」って
シャラランってムーディーな音を。
おぉ~ってフロアから声が上がると
「なんでこういうのを弾いたかって言うと
今から淳がね、そういう歌を歌うからで、、、」っと
さりげなく前フリ。
淳くんVoの曲はジュリーのカバー?
キュウちゃんのコーラスも入り
素敵な曲でした。
淳くんも普通に歌、ウマイ。

続いて
「大好きな曲なのに
どうしても歌詞が覚えられない曲って
あるじゃない?」
そう言いながらカンペを取り出すコータローさん。
曲が始まったけど
ちょっと、ストップ、、、って言って
一時中断。
どうも遠くて見え辛かったのか
マイクスタンドにガムテでペタリ。
「大好きな曲だからバッチリな状態で
聞いてほしいんだよ!」って。
そのこだわり、、いいですね(*´ω`)

「ありがとう!楽しいよ」っと
大満足気。
「とにかく今日ホント楽しくって
来るときもみんなで車2台で集まってね
何て言うの、、、遠足みたいな気分?」
これに対し淳くんが
「コータローさん、高速でカウンタック見つけたら
俺に電話してきて
これからカウンタック抜くから、、って」
「だってさー
スーパーカー世代の俺としては
すごい憧れがあるわけよ。
なのにさー乗ってたのがツルっ禿のおっさんでさー
なんでかね、、、
淳、お前、買え!」
ホント、コータローさん
楽しそうでした。

なので思わず
「ありがとう!
。。。。今日は、、いわきに泊まって帰ります!」
?!(笑)
みんな大爆笑。
キュウちゃん「なんで、そんな
今日の行程連絡してるの??」って。
コータロー「いや、、何か気の利いた言葉でもって
思ったんだけど
思いつかなくってさ、つい・・(笑)
でもさ、ホント、こんなにたくさん
集まってくれるなんてね。
最初は赤字覚悟でね、行こうって
言ってたんだよな。。
いい人だろ?」
淳くん「自分で言わなきゃね(笑)」
コータロー「、、、そうか(笑)
いやぁ、、今日は酒がまわりそうだなー
って、もう飲んでるけどね」
絶好調でしょ?(笑)

他にも
お昼に行った食堂で
ご飯が見たことないような
てんこ盛りだったそうで
「ようこがこんなに食べれないって言うから
半分くらい取ってやったんだけど
俺、それと同じくらい
残しちゃったから(笑)
、、、全く、男気見せてない」
「リハ1:30からって言ってたのに
頼んだもの出てきたの1:50だったから」
「生姜焼き5つって言ったら
お店の人、い、五つですかっ?!って
ビックリしてたからなー」
などなど
話し出すと止まらない皆さんでした。

そんな楽しいMCをやってすぐでも
バリバリにカッコよく
演奏キメてくれちゃうんだから
素敵です。
コータローさんももちろんかっこよくって
目の前で堪能させてもらえたんですが
時折キュウちゃんが隠れてしまうのが
ちょこっと残念デシタ・・(T ^ T)
でもステージ向かって右側から見るのは
The Birthdayの時はあまり(てか、ほとんど)ないので
なかなか貴重です。

最後の曲をやって
「ありがとう!また会おう!
、、アンコールで」って言って引っ込んで
ホントにすぐ出てきました(笑)
そして時間ギリ20時前に終了。
いわき発上野行の特急最終が20:18でしたので
なんとか時間通りに終了です。
最後はドラムのヘッドにサインを入れたやつ
2枚も!投げ入れてくれてました。

私はもう少し早い
19:54発だと鈍行乗継で帰れるので
ダッシュで飛び出て
無事、帰れました。
特急乗ってもよかったんですけどね・・

いわきらしいもの食べれなかったので
銘菓を購入。
IMG_0444.JPG
IMG_0446.JPG
美味しかったです☆

出張 緊急ナイト
のんびりしてて楽しかったです。
またやりたいって言ってたんで
きっとまた、やってくれると思います。

僕等は年中サマータイム現実的だぜ [音楽]

え、、、先日書きましたように
6/22が斉藤和義さんの誕生日でした。
そしてその翌日がなんと
せっちゃんのライブでもよくDrを叩いてる
玉田豊夢さんの誕生日だったようです。
すごい!1日違い!
でもって、豊夢さん、今年で38歳だそうです。
見えなーい!!
もっと若いかと思ってました。

さて。
そんな6.22は
髭2013「QUEENS, DANKE SCHÖN PAPA!」TOUR
@渋谷AX
でした。
IMG_0439.JPG

髭ちゃんツアー、セミファイナル!
・・・なぜか東京がファイナルじゃないってね(笑)
それはライブ中のMCでもストーさん自ら言ってましたけど
なんでだ??
ファイナルは今週末、大阪で、だそうです。

ま。
それは別に良いとして
そう、私的にはこのツアー最終日ですよ。
今回は久々によく行ったな~。。
今回も番号、40番台で
ウハウハです(´m`)

最前は無理かな、、って思って中へ入ると
やっぱり無理で
2列目辺りにいたんですが
ラッキーなことに
前にいた人が後ろに行ってしまい
めでたく最前へIN♪
今回はアイゴン側です。

場内はステージに2つ、フロアにも2つだっけ?
ミラーボールが回ってました。

ちょい押しくらいだったか
場内が暗くなって
SEは、、、鳴ってなかった(と思う 笑)中
メンバーがゾロゾロと登場。
途中、コテイスイがフィリポにおんぶしてもらって
リンって呼び鈴をならし
「ベルボーイ!ヘルプミー!!」っと叫んで
『ベルボーイ!ヘルプミー!』から
ライブスタート。

ストーさん、、またしても
グレーのスウェットっぽい
パンツ。。
Tシャツはお洒落なのに。
そのTシャツに
赤系チェックのシャツ羽織ってました。
コテイスイは角のついた
キラキラ入りの黒の帽子かぶってました。
斉藤さんはピンク色のシャツ(黒の柄入り)
宮っTeaはなんか不思議な形のパンツでした。
っと、、髭ちゃんのメンバーは
衣装もかなり個性派揃いです(笑)

『ベルボーイ!ヘルプミー!』は
フィリポのタンバリン叩きながらの
一生懸命ダンスが見もの。
ステージの前の方までガンガン出てきて
煽ってきます。

続いて『とても愉快なテオドアの世界』
このスタート
アガります。

そして久々『Acoustic』
宮ッTeaこの曲に限らずですが
この日はかなり前に出てくる率が高かったです。
 このメッセージ聞こえるかい?
フロアで大合唱。

「どうも!髭です!!
ツアーセミファイナル。
でも、どう?既に最高のスメルしかしないよね」って
ストーさん。
「自分たちが住んでる東京なのに
ファイナルじゃないってね」って
これにはみんなツッコんでたはず。
「なんで?」って。

会場によっては
最高じゃないスメルがするときもあるそうで
そんな時は客席とステージの間に
硝子の板ができて
ストーさんの冷や汗の水中を
泳いでるんだとか(笑)

『寄生虫×ベイビー×ゴー!』も
何気に久しぶりだったかも。
でもってうれしかったのが
『サマータイム・ブルース』
これはホントに久しぶりです。
ちょっとアレンジがより夏な感じで
いい感じにゆる~くなってました。

『黒にそめろ』
『ギルティーは罪な奴』で
これでもかー!って盛り上がり
「気付けば、、10年やってるんですよ。
知らない間に。
今までグルーブってよく分からなかったんだけど
今日みたいなのが
グルーブって言うんじゃないの?」って。
そうそう。
ホント、いい空気流れて気がします。

「今日は何曜日?
土曜日か、、、
でも、考えてみてよ。
明日の朝になれば、、、
サンデーモーニングになるんじゃないの??」
って『サンデー・モーニング』

『ボーナス・トラック』では
最後の アッアッアア アッアッアッアアって
ところで「みんなの歌声を聞かせてよ」って
フロアとストーさんとの掛け合い。
「さすがやっぱり、
俺がみんなのことを好きなわけだ!」
って満足そうに。

前日まで雨降りが続いてて
何気にこの日も雨予報だったんですが
見事に上がりまして。
、、、って話をしてたんですが
フロアのリアクションがイマイチで
「え?みんないるよね?
今、俺、一人で喋ってるかと思った。
いや。一人で喋ってるんだけど
あまりに静かすぎて、、、」って。

ストーさん的には
ライブの日は雨でも晴れでも
構わないそうですが
私たちが来るのに
足元が汚れるのは悪いなぁ、、っと
思ってるんだとか(どこまでホントか分かりませんが、、笑)

「でも、今日、朝起きて
カーテンを開けたら、、、」
で、『青空』
かなり強引に青空に持っていこうとしてたんで
これはもしや・・って思いましたが
予想通りの流れでした(笑)

どっかで、、
「まだパーティーは始まったばかりだけど・・
メンバー紹介しとく?」っと。
謙介くんは普通に「ありがとうございます!」って
一言だけでした。
それにしても、、
謙介くんのドラム、好きです。
何て言うか、、すんごい力強い感じがします。
叩いてるとき
ワーって叫びながら叩いてたりして
その勢いが伝わってきます。

アイゴンは、、、何気に最近
斉藤さんと仲良しだそうで
二人で飲みに行ったり
洋楽のライブに行ったりするんだとか。
でもって謙介くんとは
20歳くらい年が離れてて
「親子って言ってもいいくらいだよね。
そんな息子をバックに
頑張ります~」と。

宮っTeaは、、何か言ってたっけ??
「ヤバいくらい楽しい!最高です!」
とか言ってた??

フィリポも
ちょっと忘れてしまいました・・

で、コテイスイ。
何やらまじめなMCで
ストーさんにツッコまれてて
可笑しかったです。
結構話、まじめなことしか言わないんだとか?
あれ・・そんなキャラだったっけ??(笑)

最後の斉藤さん。
これと言って言葉が思いつかず
「〇〇、ありがとね」って
各メンバーにお礼を言ってくパターン。。
そして「すごくプライベートなことだけど
今日、大切な友達が来ています。
須藤寿!」って
ストーさんの事を紹介。
不意打ちだったみたいでストーさんも
「わー、、初めて、自分で自己紹介しなかった!
人に紹介されるのって
こんなにうれしいんだね」って
ホントにうれしそうでした。

『MR.アメリカ』では
コテイスイが星条旗柄のヘルメットをかぶるんですが
この日のコテイスイの衣装
赤いTシャツに緑のパンツだったもんで
「クリスマスカラーにそのヘルメットっていう
その色の組み合わせ、、ないよね・・」って。
確かに、、すんごい派手派手マンに
なってました(笑)

さらに、、実はこの曲でコテイスイには
フロアにダイブしたらっていう案があるそうで
今まで1回も飛んでなくて
唯一、名古屋で初めて飛んだとか。
それ聞いてフロアから大拍手がおきたんですが
あまりうれしそうじゃないコテイスイの顔に
「もう、飛ぶ気ないでしょ?
ロケットみたいにポン!って行ってよ」って
煽るストーさん。

「俺はヘルメット被ってるから
大丈夫だけど、、、
お客さんがね」
「大丈夫、みんな支えてるから。
でもお客さんがバッって真っ二つに分かれたら
、、、康一くん、、怪我するよね(笑)」

そんなやり取りありましたが
コテイスイ、飛びました!
その後しばらーく流されてて
ステージ上では演奏しながら
大爆笑。
無事生還した後も
スタッフさんに肩車されて
下を練り歩いたりしてました。

そんな大爆笑&大盛り上がりの後に聞く
『アルペジア』は
ジーンと沁みます。

そしてラストスパート!
『髭よさらば』では
またハイジ柄の旗が出ててきて
フィリポが一生懸命振ってました。

『ロックンロールと五人の囚人』は
いう間でもなく、、、
最高です。

コーラスが楽しい
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョークⅡ』
照明がキラキラしてて
素敵でした。

ラストは
『ダンケシェーン・オブリガード』
コテイスイとフィリポの振付が
楽しい。
でもって、この日は渋谷AXってことで
 ダンケシェーン!
の部分を
 渋谷! 渋谷!の
替歌に(笑)

最高に盛り上がって本編終了。
引き続き、、アンコール。
まずはフィリポが出てきて
「アンコールありがとうございまーす」って。

「「QUEENS, DANKE SCHÖN PAPA!」の
アルバムツアーなんだけど
もうやりたい曲がたくさんありすぎちゃって
そしたら本編からアルバムの曲なのに
漏れちゃう曲が出ちゃってね、、
なのでアンコールでやります」って
『ツァラトゥストラ』を。

が、、1番サビまで行ったあたりで
曲、ストップ・・
「ダメだ、、歌詞、全く思い出せない!」って
ストーさん。
「じゃーこれは、メドレーいっちゃう?」っと
斉藤さんの提案で
ひとまず、この曲は置いといて
違う曲へ。

ビールを片手に
手を思いっきり上げたんで
中身がブワッって吹き出ちゃって
でも何気にそれ、きれいでしたけど
「お酒の歌は好きかい?」って
『テキーラ!テキーラ!』

メドレーって言うから
1番くらいまでのたくさんの曲を
次々やるのかと思ったんですが
そうではなかったです。。

続いて「言いたいことは、、
みなさん、良い旅を!」っと
『それではみなさん良い旅を!』へ。
ここでも終わりの方、歌詞危なかったです。

「サンキュー!ありがとう!!」

もちろん、ダブルアンコール
期待しちゃいます。
割とすぐに戻ってきまして
「置いてきた忘れ物を
取り戻してきたよ!」っと
再び『ツァラトゥストラ』を。

1番無事終わり
2番、、、で。再びの悪夢?!(笑)
さすがに今回はストーさんもショックだったのか
倒れるわ、土下座するわ・・・ちょっと落ち込んでた??
途中少しフィリポが助けてあげたりしてたんですが、、、
曲は止まることなく
無理やり?!最後までやり通しました。

「、、、こんなこともあるよね?
何が言いたいかって、、
みんなも間違えてもいいんだよ(笑)
ちゃんと反省すれば。。」
なんて言いながらも
「アルバムの曲なんだけどね。。」っと
ボソリ・・

もう1回やってくれるかな?って
思ったんですが
流石にそれは辛かったみたいで
「虹を見に行かない?」っと
代わりに『虹』をやって
ライブ終了。

いやぁ、、最高に楽しかったです。
ハプニングがあったから、、とかじゃなく
この日はホントにいい空気が流れてたと思います。
そして
何て言うか、、
結構小さいハコで見たいとか思うこともありますが
大きいハコでは
大きいハコなりの良さってのがあって
それがこの日は存分に発揮されてたように感じました。

あーツアー終わっちゃうのが
寂しいです。
今年は夏フェス、、出ないんだっけ。。
RSR出て欲しいなぁ・・


<セットリスト>
 01.ベルボーイ!ヘルプミー!
 02.とても愉快なテオドアの世界
 03.Acoustic
 04.ホワイトノイズ(TOKYO)
 05.寄生虫×ベイビー×ゴー!
 06.スローリーな地獄
 07.キングスバリー・マンクス
 08.サマータイム・ブルース
 09.黒にそめろ!
 10.ギルティーは罪な奴
 11.サンデー・モーニング
 12.なんとなくベストフレンド
 13.ボーナス・トラック
 14.青空
 15.ヒサシ.カリメロ
 16.MR.アメリカ
 17.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 18.アルペジア
 19.髭よさらば
 20.ロックンロールと五人の囚人
 21.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョークⅡ
 22.ダンケシェーン・オブリガード

 EN1.
  ツァラトゥストラ(途中まで)
  テキーラ!テキーラ!
  それではみなさん良い旅を!

 EN2.
  ツァラトゥストラ
  虹


今週のアレコレ [たわごと]

今、新発売ってCMやってる
ハーゲンダッツのアイス
ha-genndattu.jpg
三茶で新商品に関するアンケートって
食べさせてもらったやつだ!

ちょうどお腹空いてたから
アンケート引き受けたはいいけど
これがえらい大変で。。
まず最初に1本食べて
その後何分くらいだろ・・
かなりあれこれ質問に答えさせられて。
確か試作品は
アイス部分、バニラだった気が??(違ったかな・・)

あれいつだったっけ。。
いつ新発売するんだろーって
最初の頃は思ってましたが
そのうちすっかり忘れてしまって
でも無事、商品化されたのね。
なんかちょっとうれしいです(笑)

さて。
すっかりWOWOWのやり方にはまってしまってるのか、、
解約の電話をし損ね続けてます。。
せっかく契約してるので
布袋さんのライブ生中継なんぞを
録画してみました♪
IMG_0437.JPG

そうそう見れる機会もないしね。
あと、写真では分かり辛いかも?ですが
キーボード奥野さんだしね。
IMG_0438.JPG
あ、ベースは井上さんでした。

ザ・ロック!って感じのライブなのかと思いきや
意外にゆったりとしたライブでした。
衣装チェンジも数回やってたし。

今度夏にやるGLAYの函館ライブも
生中継するみたいだし
ブランキーの映画もOAするみたい?だし
もうちょっと契約しとくか。。(笑)

久々に音楽誌以外の雑誌を買いました。。
578913.jpg
旅行きたい~
毎日ボーっとフラフラ
1ヶ月とか旅して過ごしたい。
なんて言いながら
実際ボーっとする毎日が続くと
何かセカセカ動き回りたくなるんですけどね。
結局、貧乏暇なしな性です(*´ω`)

中に名古屋メシ特集が。
IMG_0436.JPG
オシイ・・
あと1週間早ければ
間違いなく行ったんですけど。
次回のお楽しみにしておきます♪

今年のフジロック
もう出演者は出そろったのでしょうか。
3日間は予算的に厳しいけど
どこか1日ならなんとかなるかなー・・って
思いつつ
行くなら怒髪天が出る日って思ったけど
この日はACIDMANの武道館の日デシタ。。(T ^ T)

っとなると
残るは土曜日。
ヘッドライナービョークだし
MANNISH BOYS出るし。
これでThe Birthday出てくれたら
絶対行っちゃう!って思ったら
・・・3日目にTHE GOLDEN WET FINGERSで
出るのね。。( ̄▽ ̄;)
なら、The Birthdayでの出演はないか?
でも1日目のWHITE STAGE and moreになってるし
中村達也さんもMANNISH BOYSと2つ出るし
ちょっと可能あるかも??

いやぁ、、1日目にThe Birthday出たら
ACIDMANの武道館考えちゃうかもなー
、、、って。。
まだ有休ないから休む手は夏休みしかないんですが
既に夏休み取ろうと思ってる日
全部決まっちゃってるしなー。。
うーむ・・

ただ今年からフジロックのコミュでの
チケットやり取りは禁止になってて
安く手に入れば、、ってことが
出来なさそうな感じ?
皆さん、どこでやり取りしてるんだ??
某オクにも
そう出品されてないし。
これまた、うーむ・・

そうそう。
昨日6/20はそのThe BirthdayのBa
ヒライハルキさんの誕生日でした~
聞くところによると
やっと?!30歳だそうで。
若いのぉー・・
目の前に素敵な先輩がいる訳で
素敵な歳の取り方をしてほしいです。
おめでとうございます!!

で。
本日は、、、斉藤和義さんの
誕生日です。
ってー
違うよー!!
明日なのに、NEXUSの今日の誕生日の所に
名前書いてある。。

そんな本日、DONUT Vol.4の内容が発表されました。
donut4.jpg
アラバキのBIG BEAT CARNIVAL A GO GO特集!
&WEEKEND LOVERSのツアーに
池畑さん・大江さん・百々さんによる対談
だそうです。
スゴイ!!
VOL.3だけ買ってないけど
VOL.4買うなら全部揃えとくか??(笑)

今日、世界は生まれ変わる [ACIDMAN(2010年~)]

梅雨空の東京です。
ムシムシ・ジトジトいや~な気分です。

斉藤和義の秋から来年にかけての
ロングツアーの日程が発表されました。
、、、ってことは
FCでチケット先行が始まるんですが
先過ぎるよー(´+ω+`)
迷う以前に
さっぱり実感わかない。。
とりあえずーで
申し込むにはチケット代高いしー
どれくらいの確率で取れるのかも
よく分からないし。
むむむむむ・・・

さて。
そんな6.15は
ACIDMAN LIVE TOUR “新世界”
@Zepp Nagoya
でした。
IMG_0433.JPG

東京の初日、行けなかったので
私的にはツアー初日です。
今週はみっちりACIDMAN聞きまくってました~
あはは。
正直、、その前まで
ほっとんど聞いてなくって
気分的にもあんまりノッてなかったんですが。
ちょこっと思い出してきた感じ?!

いつもの通り、朝高速バスで名古屋へ。
バスにはなんか雰囲気違うギャル?っぽい人が多くて
なんだろ、、って思ったら
この日名古屋ではエグ~兄さんにワンオクなどが
ライブだったようで
。。。確かに!な方々でした(笑)

渋滞もなく名古屋入り。
着いたときは雨は降ってなかったんですが
その後ドンドン雨足強くなって
結局カフェでお昼したっきり
ウロウロもせず会場へ。

にしても。。
グッズ長蛇の列でビックリです。
でもちゃんとツアートラックの所は
空けて並んでくれて
バッチリ、パチリできました♪
IMG_0432.JPG

番号は200番台。
中に入るとオオキさん側最前端っこが
かろじて1人入れるくらい空いてたので
その辺りで待機。
始まってもそう押し押しにならず
快適に見れました。

いつも通り、、アルバム1曲目のインスト
『gen to』がSE。
後半の盛り上がってくるあたりで
メンバー登場。
いっちゃん・・ツアーTの黒(だっけ?)
サトマ・・ツアーTの白にキャップ
オオキさん・・ダンガリーシャツ
っと、皆さん、見事に
グッズを着用されてました(笑)

SEが静かに終わると
沸き起こる拍手。
それに応え、サトマがニコって笑って
フロアに向かって手を上げたのが
何とも言えず素敵でした。
端っこで対極にいたせいか
オオキさん側を向くサトマが
ものすごくよく見えました♪

まずは1曲目、これもいつも通り
アルバム2曲目『SUSY』からライブスタート。
今回この曲、わりとゆっくりした曲だったんで
違うの来るのかな・・って
思ってたりもしたんですが、、
最後の Wow Oh oh oh~
ってコーラスをサトマ・いっちゃんとやっていました。
1曲目だし、、フロアも加わるべきか、、っと
探ってる間に終わっちゃった感じ。
ちょっと大人しめのフロアだった気がします。
武道館では、、みんな歌うのかなー・・

「ありがとう!
ACIDMAN 新世界ツアーへようこそ!」って
早々にオオキさんから。
これは意外!
「たった1日しかない、1回しかない
この瞬間を思う存分楽しんでってください!!」
だっけ、、
そんなようなことで〆て
次は『No.6』

赤いサイレンランプみたいに
照明がぐるんぐるん周って
より曲の妖しい感じを表現してました。
この曲は何と言っても、、、
あのポエトリーリーディング!
曲が激しすぎて
ちょっと聞き取り辛かったんですが
思わずニヤニヤしちゃいました(笑)
カッコいい!

続く『Swayed』は
セカンドラインVer.ですかね。
久しぶりの曲でしたが
新しい曲のように聞こえちゃいました。

次に『君の正体』
最近よく使ってる
ループというエフェクター
あれを使ってイントロのギターを鳴らしつつ
さらに何かもう一つやって演奏してた気が。
今回特にそういう足元の操作が多くて
CDの音源をより忠実に再現しようとしてるんだろうけど
なんかライブではそこまでしなくても
いいのになー・・ってちょっと思ってしまったり。

いっちゃんのドラムが鳴る中
ちょこっとクラップハンズを煽ってきて
『ラストコード』
この曲はアコギで弾いてたかな。
まったりした曲が続きます。
サトマのキャップも
なかなか落ちません(´m`)
それにしても
オオキさんよく声出てた~(笑)
張り上げる曲が多いのに
ブワ―って前に突き出る感じがすごくしました。

『Further~夜になる前に~』
この曲だっけ、、
サトマにスポットライト当たって
ベース弾いてたの。
そして曲の途中、、フッとブレイクあって
ドラムが入って曲が始まるの。
前からそうでしたが
なかなか難しい曲をやってるなーって。

「Zepp Ngoyaのみなさん、、」(って言ってたか不明、、)って
いっちゃんがマイクもって話そうとしたら
スイッチ入ってなくて
ボソボソ。。
フロアから笑いが、、、
「スイッチ入ってなかった
だけだろうがー」とか言い訳しつつ
「えー、、改めまして
Zepp Ngoyaのみなさん、、楽しんでますかー!!
お足元が悪い中
お越しいただき、ありがとうございます。
インディーズの頃からライブをやってますが
東京と大阪以外で初めてライブをやったのが
ここ、名古屋の、、ハートランドってとこで
しかも対バンがあのELLEだったというね。
その後もお客さん10人とかの時代もあり
今や、このZeppがSOLD OUTという。
ホントにありがとうございます!」

どうやら一悟さん、この日は今まで以上に
緊張してたようで
結構いろいろ噛みまくり
言い間違えたりしてて
「一悟、今日、どうしたの?」って
サトマに言われちゃうほど(笑)
何かと思えば、、、
「名古屋、あいちてるー(愛知てる)って
言うのをずっと朝から
名古屋特有のモーニングを食べながら
2時間考えた末に
やっと思いついて準備してたからだそうです。

愛知=あいちてるくらい
普通すぐに思いつくよな、、って
鋭い?!ツッコミがオオキさんから入りましたが
それ以上に
名古屋のフロアが
あまりいっちゃんのこういうダジャレ?に
反応薄く
「あの、、もう少し優しくしてあげても。。」って
フォローも入ったくらいでした。

「このツアーも4本終わり、、
ホームシック!
家に帰りたい!!」

「ツアーファイナルは懲りずに4回目の
武道館です。
東京来るついでとかにぜひ、遊びに来てください」

などなどあり、、『スロウレイン』
あぁ、、やっぱホッとする。
雨降ってたから余計にこの選曲は
うれしかったです。

続いて『Can't help fall in love』
これはレア?
ディズニーのカバー曲。
前にやるときは
滅多にやらない曲なんだけど、、って
前フリあったような記憶があります。

そして
オオキさん一人による
『ALMA』のイントロが始まると
なんと!サトマが鉄琴を叩き始めました~
リズムに合わせて
膝をちょいちょい曲げながら叩く姿が
かわいい(笑)

1番はそれで演奏
2番から普通に戻る
そんな新しいアレンジで『ALMA』
壮大でした。
なんかアンコール見てるみたいな感じ。
ゆっくりホールとかで
座って見たくなったりもして。
「ありがとう!」
思わず拍手も長くしちゃいます。
ホント、息してなかったんじゃ?ってくらい
聞き入っちゃってました。

「今回、僕の一番尊敬するミュージシャンの
坂本龍一さんにピアノを弾いてもらった
『風追い人』って曲が
インストと歌入りとで2曲あるんですが、、
この風追い人っていうのは
かつて『彩』って曲の中に出てくる主人公で
ずっとその人が何処へ行って
何を求めていたのかって
続きを書きたいって思ってて、、」

そんな曲についての説明があって
『風追い人』を前編・後編続けて。
頭の中にいろんな映像が浮かんできました。
これもゆっくり座って聞きたい曲。
ってか、、
やっぱ今回のアルバムは
そういう曲が多いんで
無理にライブハウスでやらずに
ホールツアーみたいな感じでも
よかったんじゃないかなー、、なんて
チラっと思ってしまいました。

教授に弾いてもらったという
ピアノの部分をどうしていたかは
ちょっと分からなかったんですが
あまり音が足りないって感じがしなかったんで
何かで足してたんですかね。
武道館では、、まさかの競演とか
あったりしてー
、、、って。。それはないか。
オケ入れるとかってのとは
また次元が違うよね、、
でもあったらスゴイな~。

そこからの『アルケミスト』への
流れがすごくよかったです。
バックに大きく映るシルエットも
素敵でした。

聞いてるこっちは
あんまり汗かいてなかったんですが
オオキさんは
背中びっしょりになってて
(長袖シャツ着てるせいもある?!笑)
「暑いな、、こんなシャツなんて
作るんじゃなかったな、、」って
ボソリ。

「楽しんでますか!
名古屋、最高です。
ライブやっぱいいですね。
さっき家に帰りたいなんて言ったけど
訂正します!ずっとやってたい!!」
って、いっちゃん。

そう言えば、、
さっきフロアからのリアクションが厳しかったとき
「メンタール!!」って唱えて
心を強くする?!おまじないをしてて
それをちょいちょい
オオキさんに言われて
その度に「メンタール!」って
叫んでました。
うーん、、、
さほどオモシロくはなかったけど。。( ̄▽ ̄;)

あと、、「上品であれ!」
これはいっちゃん、ぽろぽろ食べてるものを
こぼしたりして
身なりが汚いから
オオキさんに「上品であれ!」って
注意され
金沢では公道で言わされたとか?

「こんな風に、仲良くやってますが、、
我々、事務所を独立しまして、、」
っと個人事務所になった話をチラリ。
こういうことをライブで言うのか、、って
ちょっとビックリしたんですが
「夢を見て名前を
「FREE STAR」にしました!」
っと。
曲フリととらえておきましょうか(笑)

「エグ~でもなく、ワンオク~でもなく
我々を選んでくれてありがとうございます。
これからも自分達に正直に
まっすぐ音楽をやり続けていきます」みたいな
ことを言ってました。
これでZeppクラスだけじゃないハコでも
ライブやってみたり
イベントにもバンバン出てくれたり
なるといいんですけど、、、
そこじゃないよね。。
きっとそこ変えたくて独立したんじゃないよね・・

『FREE STAR』
出だしサビから始まるアレンジで
(だったと思う。。)
ここまでずーっとしっとりしてた分
やっとはしゃげる曲になった―っていう
喜びで
楽しかったです。
でもいつもはサイドに来てくれる
間奏部分、、、センターに行っちゃって
残念。(T ^ T)

そして『to live』
ヤッター
カッコいい!!
この曲はアガりますね。
気にしてたサトマのキャップ
気付いたら落ちてました・・(ll'ェ')
くそー。。
久々の今日は瞬間を見ようと思ってたのに
一人興奮してしまってました。。

「もっと、もっと!」
オオキさんが来いって手振りで
煽ってきます。
まずは『カタストロフ』
そして『新世界』
 WOW WOW WOW WOW
ってところは
正直、ちょっとどうかと思うんですが
でも盛り上がる曲はいいやね。

「ありがとう!
次で、ラストです!」
フロア、、盛り上がり過ぎてか
ラストですには反応してなかったのが
可笑しかったです(笑)

「我々も、この地球も、いずれは終わってしまいます。
だからこそ、この一瞬一瞬を大切に、、」
後半、、もう少し語ってたけど
ちょっと思い出せないのでカット。
ラストは『白光』
3人で鳴らしてるとは思えない
スケール感は流石でした。
「ありがとう!ACIDMANでした」

本編終了。
2時間弱くらい。
1曲が長いからか
ゆっくりした曲が多かったからか
かなりタップリやってた感じがしました。

そしてアンコール。
皆さん、、新たなグッズTにお着替え。
いっちゃんピンクのやつ
サトマ、ミルク?、、、じゃなくって(笑)
水のやつね。
遅れて最後に出てきたオオキさんは黒のやつ。

最初サトマといっちゃんだけで
サトマが「気抜くなって言ったろー」って
いっちゃんに。
すると「気、抜いてねーよ。
どこがだよ」
サトマ「顔、風呂上りみたいな顔してよー」
このツッコミ、最高ゞ(≧ε≦o)
確かに、すべて出し切ったような
サッパリした顔してました(笑)

オオキさんも真似して
「気抜くなって言ったろー」って
ギターの準備してたんですが
ストラップがねじれてたみたいで
自分で直そうとしつつも上手くできないでいると
ローディーさんが
後ろから直してくれて
「あ、ありがとうございます。。
ちょっと恥ずかしい・・」って
照れ笑い。

あと、、いっちゃんが
ライブ終了後に物販に立つって話。
しかもグッズ売れ残ると
自腹で買い取らないといけないみたいで
なのに行ける!ってスタッフが
増量してしまったそうで、、、
「みんな、買えよ!」って言ってました。

「アンコール、ありがとうございます。
ホント、いつも皆さんから
たくさんのパワーと勇気をもらってます。
一悟くんも言ってましたけど
最終日の武道館
もしよかったら遊びに来て下さい」

そんな一言があって
「じゃーもう少し、行くぞー」みたいな
煽りがあって
サトマが高く人差し指を上げてます
そうくればもちろん、、、
『ある証明』
oioiコールもすごかったな~
オオキさん、端っこにもきてくれたし
満足です♪

ラストはお馴染み『Your Song』
やっぱ盛り上がるよね~
定番と分かっていつつも
やっぱうれしくなります。

「ありがとう!!」
終わり際、ステージギリギリまで出てきて
前の人とタッチするオオキさん。
私がいた位置は端っこ過ぎて
届かなかったけど
届く距離だったら
間違いなくしてくれたっぽい感じがして
ちょっとドキドキしてしまいました。

「次はナゴヤドーム目指して、、」
なんて言ってましたけど
冗談ですよね??

ダブルアンコール待つ間もなく
そしていつもあるエンドロールも特になく
終了。。

ふぅ、、、久々のACIDMAN。
何て言うか、、大人なライブのように
感じました。
良いか悪いか
それは好きか嫌いかだと思いますが
今の自分は正直、それは求めてないのかも。
どうだろ、、って探りながら聞いてたから
余計にそう感じてしまったのかもしれないんですが
それを跳ね飛ばすほどの
弾けた気分にもなれなかったしね。

いや、決してキライになったわけじゃないし
ライブには行きたいと思うんですが
なんかちょっとモヤモヤしたものは
まだ残ってるかな、、て感じです。
武道館の前にもう1回
小さ目の会場で行ければー、、って
探してみたけど
厳しかったデス(´;ω;`)
海外2回もあるんだもん・・

いっちゃんの物販立つ姿は
残念ながら見れませんでした。
ま、、いっか。。(笑)

<セットリスト>
 SE:gen to
 01.SUSY
 02.No.6
 03.Swayed
 04.君の正体
 05.ラストコード
 06.Further~夜になる前に~
 07.スロウレイン
 08.Can't help fall in love
 09.ALMA
 10.風追い人(前編)
 11.風追い人(後編)
 12.アルケミスト
 13.FREE STAR
 14.to live
 15.カタストロフ
 16.新世界
 17.白光

 EN.
  ある証明
  Your Song

ミラクルをキミとおこしたいんです [THE BACK HORN(2012年~)]

昨日も書きましたが
ロックな日の6.9は
春日組魂2013 supproted by レコメンダー
@TOKYODOME CITY HALL
サンボマスター/THE BACK HORN
でした。
IMG_0430.JPG

IMG_0429.JPG

待ってたよー
こういう対バンライブ!!
今年は何気に
うれしい2マンライブがたくさんあるかも♪

番号は300番にほど近い200番台後半。
サンボの山口くん側ってのもちょっと気になったのですが
いつも通り
岡峰さん側の端っこ2列目辺りへ。
周り見事に女子ばっか(笑)
おかげで視界も良好。
っと喜んでいたら
隣に後から来た背の高い男子を入れ込む人がいて
ちょっとイラっと。。
さらにその後最前に入るスペースなんてないのに
友達入れ込む女子。
もちろん、、、THE BACK HORNファン。

あの風とロックの時の
嫌~な思い出がよみがえります。
確かに、スタンディングライブなので
どこでどう入ってこようと
自由なんですが
その自由の中にも暗黙の了解=ルール
ってものがあるでしょうに。
いくらバンドがよくって
音楽も大好きでも
そのファンの雰囲気が悪かったら
もうライブ行くの辞めよう、、って思ってしまうって。
あの時は流石に
ちょっともう限界かなって
思っちゃったよ。

っと、、話反れましたが
時間ちょい押しで
まずはサンボマスターから
ライブスタート。

近ちゃん、、髪の毛がすんごい伸びてて
ビックリしました(笑)

山口くんはいつものように
ロックの日にこんなんでいいんですか?
あんたがたはこんなもんですか?
って、煽りまくりのMC。

そして曲は、、
やっぱフェスとあんまり変わらないんですね。。
今回初めてこういう2マンでのサンボのライブで
少しは聞き慣れない(アルバムの曲とか?)を
やってくれるのかなーって
楽しみにしていたんですが
やっぱそれはワンマンに行かないと
ダメなんですかね。

なんかそういうのが
どうなのかなー・・って
思ってしまうところもあって
未だその先の一歩が踏み出せないでいるんですが。

でも楽しかったです。
やっぱ山口くんの歌声
いいわ~
ギターも上手いし。
また機会があったら
ライブに行きたいです。

<セットリスト>
 01.青春狂想曲
 02.ミラクルをキミとおこしたいんです
 03.恋する季節
 04.世界をかえさせておくれよ
 05.ロックンロールイズノットデッド
 06.光のロック
 07.あの鐘を鳴らすのはあなた
 08.そのぬくもりに用がある
 09.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
 10.できっこないを やらなくちゃ


続いてTHE BACK HORN
そうそう。
ローディーさん
またしても田中くん(笑)でした♪
大ちゃんって人から田中くんにチェンジしたんでしょうか。
それとも大ちゃんがダメだったら
田中くんなんでしょうか。
いずれにしても私は田中くん贔屓なので(笑)
わっ★ってちょっとうれしくなりました(´m`)

いつものSEでメンバー登場。
松田さん白の薄手の生地のTシャツ
ちょっと前髪切り過ぎた?(笑)
栄純の上はちょっと記憶にないんですが
下が黒のちょい丈短めなパンツでした。
髪が、、ボサボサ(笑)
岡峰さん水色の半そでシャツ(珍しい!)
こちらも髪の毛きれいなボブのワンレン(っぽい感じ)
だいぶパーマ部分がなくなってきてて
きれいにそろってました。
ここから、、どうするんでしょ・・
そして山田さんは黒のTシャツに紺のパンツ
(逆だったっけ?)で
こちらも髪、ちょっと伸び気味でした。
山田さんは絶対短めの方が
男前度上がるのになぁ・・

っと、、久々?のTHE BACK HORNさん
結構皆さん、いい感じにゆる~っぽい雰囲気でした。
「こんばんは。THE BACK HORNです」っと
いつもの挨拶をして
1曲目はなんと!
『レクイエム』
おぉ~
もうここからして攻めてる感じのセトリ。
THE BACK HORNの魅力は
やっぱこのセトリにあると
ホント毎回ライブに行くたびに(特にイベント)
思います。

だって2曲目『ピンクソーダ』だし。
あのスピードスターのイベントで
「何処へ行く」全曲演奏した日以来
2回目の『ピンクソーダ』
また聞けるとは思ってなかったです。
うれしいです。

『レクイエム』では
栄純のコーラスも聞けました。
なんかこの日は栄純のコーラス
多かった気がします。

そして『罠』
キター!!
ド頭3曲立て続けに
大好きな曲が続いて
私的にテンションMAX!!♪ヽ(´▽`)/ でした。
でも、、、なんとなーくなんですが
『罠』若干ピッチ狂ってた??
なんかいつものゾクゾクする感じじゃなかったのが
なんか残念でした。。

「JCBホール!!
改めましてTHE BACK HORNです!!」
案の定?!会場名を旧名で言う松田さん(笑)
「まさにロックの日に
こうやってライブができること
とてもうれしく思います。」みたいな感じで
音楽を感じでいきましょう的な。

MC明け『生命線』
ただここで私、iPhoneから音楽が流れ出すという
失態をしていまい
ちょっと動揺してました(笑)
恥ずかしー・・
岡峰さんの三連譜は
相変わらず素敵でした~

続いては久々の『海岸線』
松田さんのせわしなく動き回る
ドラムがまたいいんですよね~

そして
ちょっと準備に時間かかってる?って
思ってたら
なんと、山田さんがハモニカを!
ってことは、、、『ヘッドフォンチルドレン』
おぉ~
なんという。
松田さんのコーラス
岡峰さんの口笛
もう見どころ満載で
最高でした。

「TOKYODOME CITY HALL!
JCBホール!!ありがとうございます!!」
なぜか正しい名前を言って
その後、旧の名前を言う松田さん。。
思わず岡峰さんとかも
え?って驚いてたのが可笑しかったです。

「いやぁ、、音楽っていいですね。
ライブっていいですね。
今日は専門学校の主催ということで
その卒業生でもある先輩から一つ
言わせてもらえるとすると
音楽の学校が習うところじゃなくて
見つけるところですよ。
自分もうそうでしたが
今後音楽をずっとやって行こうと思える
そういう仲間を見つけて
これからも音楽に携わっていってください。」
 ※最後の方曖昧。。

なかなかいいこと言うな~って
ここでは拍手が起きてました。
「まだまだ盛り上がっていけますか!」
っとの煽りがあって
『シンフォニア』
山田さんも「イェーイ!!」っと
身を乗り出して何回も煽ってました。

続いては鉄板の2曲
『コバルトブルー』
『戦う君よ』
これは鉄板でも
やっぱアガります~
サビ、マイクをフロアに向けて歌わせたところ
今までで一番よく聞こえたかも。

最後は『世界中に花束を』
 世界中に 花束を
の部分でステージ上がカーっと明るくなる感じが
何とも言えずグッときます。

「ありがとう!!」
岡峰さんがいつも以上に
深々と頭を下げて帰って行ったのが
ちょっと印象的でした。

引き続きアンコール。
割とすぐに出てきたかも?
「ミラクルをキミと起こしたいんだよ、、
自分信じることなんて難しいけど
今日、ここにいるみんなは
音楽を信じてるんだろう?
それだけで世界を変えられることだって
あるかもしんねーんだよっ!!」
っと、山田さん
サンボの曲タイトルにのっとった?!MC。
で、その後に
「、、、的な熱いMC(笑)」
って照れてました。
やっぱ山田さんのMCは
なんかいいね。

フロア中、熱くなったところで
『上海ラプソディー』
そうきたか。
やっぱこの日のセトリ最高です。
そりゃー盛り上がるって。
岡峰さんが反対側にいったからか
山田さんが珍しく
端っこの方まできてくれました。
時折、サビの部分マイクをフロアに向けて
歌えって煽ってきたりして。

「また、会いましょう
THE BACK HORNでした」
そして松田さんのドラム。
フロアからはクラップハンズ。
ちょっと長めのイントロがあって
「1、2、1、2、3、4!!」
みんなでカウント取って『無限の荒野』へ。
この時フロアの尋常ないほどの盛り上がりに
岡峰さんニコニコしてました。

そしてこの曲でも左右の入れ替わりが。
今度は栄純が
楽しげに更新するように
ギター弾きながらきました。
最初シールドが届かなくて
途中までだったんですが
その後調整してもらったのか
もう少し先の端まで来てました。
そしたら山田さんも再びこちらへ
間奏部分だったから
マイクスタンドを鷲摑みするかのように掴み
上に掲げてました。

コーラスで戻ってきた岡峰さん。
マイクが反対向いてたので
体の向きを変えて歌ってたら
スタッフさんがマイク直しに来て
マイクの位置がちょっとずつな変わって行ったんですが
それに合わせて体の向きを変えて
マイクから離れず歌う岡峰さんが
最高にかわいかったです。

そこへ栄純も加わわり
岡峰さんと栄純が一つのマイクで
歌う光景。
よかった~

最後の最後は
岡峰さんのベースを
フロアに少し投げ出してくれたりもして
そのまま床に置き
また深々と何度もお辞儀して
帰って行きました。

栄純も山田さんも遠くを見て
何度も手を振りながら退場。
最後の松田さんもうれしそうに手を振って
帰って行きました。

いやぁ、、
良いライブだった。
さすが、ロックの日でした♪

<セットリスト>
 01.レクイエム
 02.ピンクソーダ
 03.罠
 04.生命線
 05.海岸線
 06.ヘッドフォンチルドレン
 07.シンフォニア
 08.コバルトブルー
 09.戦う君よ
 10.世界中に花束を

 EN.
  上海ラプソディー
  無限の荒野


☆★今日はロックの日★☆ [たわごと]

本日、6/9はロックの日!

昔、先輩が69って数字は
あれがああしてる様子みたいだから
どうのこうの、、、って言ってましたが(笑)
、、、ご想像にお任せします。。( ∀ )
読んでごとく、、やっぱりロックの日ですよ♪

タワレコでもらったサマソニの特集ガイド?
日本人アーティスト紹介に
ないと思ってたのに
載ってました!
IMG_0421.JPG
こういう位置づけにいるのね、、って思うと
なんか感慨深いです(嬉泣)

でもって、噂の?!ワンオクも!(笑)
 ※さわおさんポッドキャスト参照
しかも扱いデカイ!!
私も、あそこまで言うほどじゃ、、って
思ってましたが、
やっぱ人気すごいのですね。。

今年はサマソニもいいのですが
フジロックも捨てがたいのよね。。
お土産、、いいよね~
IMG_0423.JPG
、、、、ってそっちかい?!(笑)
いや、でも
フジロックのいいところは
音楽以外もお楽しみがたくさんあること。
ピロウズは、、、出ないのかな~
ピロウズがどこか出るって決まったら
本格的に考えるんだけど。。

そして
今月の音人はいいっ!!
奇跡の2ショット(だけじゃないけど)写真が満載♪
IMG_tohito.jpg
最近は置く場所がないので
雑誌をあまり買わないようにしてるんですが
これは即、購入決定!
アラバキレポは読んで納得。
そうか、、だからアラバキが好きなんだって。

っと、、ロック色満載?!でお届けしました。
で。
梅雨はどこへいった??(笑)

ありふれた夢を見てる [the pillows]

いやぁ・・・今週はマジで忙しかった(´+ω+`)
結局ACIDMANのツアー初日行けなかったし。。
早めに決断してチケット譲っといて
よかったです。
わりと譲りますがたくさん出てたので
見つからないかなー・・っと思い
値段下げて出したらすぐに決まって
ちょっとホッとしました(笑)
ま。番号1800番台だったから(一応メルマガ会員先行。。)
別に惜しくはないんですけどね。
でも東京にいて東京のライブに行けないってのは
なんか悲しいですね。

でもって今週はいろんなチケット先行の
発表がありまして
こちらもなんとか
欲しいチケットは手に入った感じ?
一部諦めたのもありますが、、
ご協力してくださった皆さん
ありがとうございます!
そして今後も引き続きよろしくお願いいたします♪

さて。
そんな6.2は
山中さわお Buzzy Roars Tour
@渋谷O-EAST
でした。
IMG_0416.JPG
ツアーファイナル!
IMG_0417.JPG

結局、、東京の3公演しか行かなかったな。
だって・・
ほっとんどと言っていいほど
譲りますが出ない!
これは結構驚きました。
それだけチケット取った人は
ほぼ100%行く気満々だったってことでしょ。
何て言うか、、さわおさんの愛され度を
実感しました。

この日の番号は、、、300に限りなく近い
200番台後半。。
初日にO-EASTのチケットが気絶しそうなくらい
売れ行きが悪いっていってたから
どんなにいい番号がくるのか楽しみにしてたのに
何だよ・・・って思ったのを覚えてます。
そして案の定、、、Aのチケットは320番くらいまでしか
出てなかった模様。。
最近、ケツ番になる率高い・・(-c_,-` )
悲しいもんですよ、、「はい、Aの方全員どうぞ~」って
言われるの。

でも中は思ったほど混雑はしてなくて
(淳くん側はやっぱり混んでましたが)
山倉くん側の端っこ2列目で待機。
前の人がちょっと背が高く
さわおさんに被りそうな位置だったので
始まって押しが少し来た時に
敢えて後ろに下がって斜め向いてみるところに
移りました。
おかげで楠部さんもよく見える
視界良好な位置に行けました。

ファイナルにYOKOちゃんに生歌で、、、って
希望を語ってたSEですが
実現はせず、、ミラーボールだけ回ってました。
さわおさんは茶色のツアーT
東京で見た3回とも多分このTシャツだったと思います。
たまたま自分が1枚買うならコレって
選んだ1枚と同じだったので
ちょぴっとうれしい♪
髪の毛がストレートに近づいてて
いい感じになってました。
山倉くんは例のポロシャツ(笑)
淳くんは新しく加わったグッズのポロシャツに
なぜかチェックのシャツを羽織ってました。
寒かった??(笑)
そして楠部さんはウエスタンちっくな?
白に黒のデザインのシャツ。
これがね、、、イマイチだったー・・(笑)
どうせなら白シャツの方が何倍もかっこよかったんでは?
なんて余計なお世話ですが
思ってしまいました。。(ゴメン・・)

1曲目はもちろん
『RED BAT』から。
ファイナルだけあって
盛り上がり、違います★

『Vacant House』終わりで
「久しぶりじゃないか!」と
いつものあいさつ。
「みんな元気?俺は、めちゃくちゃ元気!
(フロアを眺めて)おぉ~人間どもが集まってるな(笑)
当初はね、、スタッフが気絶しそうなくらい
売行きが悪くって
危うくマネキン500体くらい買っておこうかと思ったけど
よかったよ。
じゃー今夜も最後まで楽しんでって!」

そう、どれくらいのスカスカなのか
ちょっと心配してたんですが
思ったほどではなかったです。
でも端っこ少し制限されてたし
押し押しにならなかったところを見ると
完売には届かない売れ行きだったんですかね・・

セトリは大きくは変わってなかったです。
そして1曲が短めなので
サクサク進みます。
『The Devil's Pub』
『The Beautiful Lip』
『Absurd Song』
全部アルバム「退屈な男」からの曲でした。

「いやぁ、、暑いなぁ・・」っと
汗をゴシゴシ拭くさわおさん。
今回のツアーでは
割とこの汗のかきっぷりについての
話題が多いですが、、、
さわおさん、そんなに汗っかきには
見えないですが。。
チバさんとかキュウちゃんとかの方が
尋常じゃない汗のかきっぷりだと
思います。
腕から汗ポタポタ垂れてるしね。

「せっかくの髪型が、、、」って言うと
フロアから「かっこいいー」って声。
「うすうす気づいてた(笑)」って言って
タオルを頭に巻くスタイル。
淳くんもビックリしたのか
「(そんな頭)初めて見たよ?(笑)」って
確かにー帽子とかほっとんど被んないですもんね。
「いや、生え際まだ平気ってこと
アピールしとこうかなって(笑)」
「淳さん、かっこいー」ってフロアから聞こえると
「ギリギリですよ」
淳くんのサラっと言ってのける
あの言い方がなんか好きです。
上手く表現できないんですが
なんかいいです。

さらに「ステッカーありがとう!」って言うのが
何て言ってるか聞こえなかったみたいで
「ん?」「何?」
「エアー聞き取りにくいんだよね。ステッカー??」
「あぁ、、・・それは後で言う段取りだろ
ちょっとは進行考えろよ~
こっちにもあんだよ。
そんなこと言うから曲間シーンってなるんだよね(笑)」
ま、ま。
そこがさわおさんのいい所でもあるし
私自身あまり拾って欲しさに
目立っちゃうような発言する人は
好きじゃなかったりもするんで
逆にこういってくれる方が
うれしかったりもします。
にしても、、、フロアの声をエアーって言うんですね。
業界用語だ(笑)

「なかなか曲、いかないだろ(笑)
チューニング終わってるけど
もう1回しちゃおうっと」って。
・・・子供かっ?!(笑)
「俺、霊感とかって全くないんだけど、、
(淳くんにむかって)ある?」
淳「ないね」
「この前すごい恐怖体験をしたんだよ。
深夜の下北、周りには誰もいないのに
肩をとんとんってされて
振り返っても誰もいなくて
ふと肩を見たら、、、鳥の糞が。。。。
怖いだろー」
淳「怖い、、、くねぇーよっ!!」
「これ、前もあるの。
頭をとんとんとか、、年に1回くらい。ない?」
ちょっとビミョ~なリアクションのフロア。
「曲、いきますか、、」
よっぽど暑かったんですかね(笑)

『Slide in tomorrow!』
サビに入る前のドラムが好き。
そしてもちろん
 敵がいるなら戦うぜ!
ここは拳上げちゃうでしょ。

そこからの『Desert me』は
盛り上がります。

楠部さんのカウントから入る
『Permanent black sheep』
イントロちょっと始まったところで
ストップかけるさわおさん。
「今日は収録が入ってるから
完璧にしたいんだ」って
いったん沈めてから
再び。
確かに、、、ギターの音(多分エフェクターかけ忘れた?)が
違ったように思います。

「うちの母親が69歳になった時に
今年から母さん、ロックで行くからって宣言してから
ロックを好きになって
ライブにも来てくれるようになったんだけど
珍しく今年は友達を連れてくるって。
母はずっと看護師をやってたんで
医療関係の友達だと思うんだけど
そして終わってから楽屋に挨拶に来てくれて
でさ、うちの母さん今年74歳なんだけど
よくそういう年代の人って10歳若返りましたとかって
言ったりするじゃない
なのにその友達50歳若返りましたって、、、
そんな、アンチエージングミュージックを奏でられる
山中さわお・・・なのにバンドのドラムが
倍速で老けてってるって。。
オカシイじゃないか(笑)」

「その後、メールが来たんだけど
今日のライブは素晴らしかったです。
でもあの汗の量に対し
あの水分補給の量は少ないと思います、、ってさ。」

「前のアルバムを出したときには
「Rehabilitation」が一番好きです。
私のリハビリになってます・・・って何の?!って
一人ノリツッコミしててさ。」
淳くん「高度だねぇ~(笑)」
「そんな、うちの母親のリハビリになってる曲を」
で『Rehabilitation』
さわおさんのお母さんの話は
時々出てくるのですが
今回もまた笑わせていただきました~(笑)

『Irritations』は
さわおさんがソロギター弾いてましたっけ?
かなりテキトー発言ですが(笑)
ほぼソロは山倉くんが弾いてますが
たまにさわおさんも弾いてました。
にしても、、山倉くん
黙々と、、っというのか
淡々とっていうのか
サラリと弾いててすごかったです。
時折フロア見てニカって笑ってたのがかわいかったです。

『Youth Club(Two members)』がなくなって
『siver moonlight』
『Youth Club(Two members)』は大好きな曲の1つだったので
なくなったのはちと残念・・
でもCDではあっこちゃんが歌ってるコーラスの部分で
一人だけで歌うところを楠部さんが歌ってて
それが聞けたのはよかったです。

すこしブレイクあって
『Music Creature』から
『たとえばぼくが死んだら』
そして『Answer』へと続く
このブロックは感動します。
最高の流れだと思います。
『Answer』はライブは後半になるにつれ
『この世の果てまで』みたいに
曲が熱くなっていってる気がします。

「じゃー、、メンバー紹介」って言ったら
微妙な拍手しかおこらなくて
「何だよ、、拍手も間も微妙だな(笑)」って
いや、、確かにこれはツッコまれても
仕方ない拍手でした(笑)
気を取り直して?!
「メンバー紹介、Gt.gold sounds山倉勇太」
今度は大きな拍手(笑)
「今回のツアーでずっとBGMで流してもらってて
MCでもCDの宣伝をさせてもらってたんですが
おかげさまで272枚のCDが売れました。
ありがとうございます。
でも、最後は欲を言って、、300枚売りたいと思いますので
帰りにでも、ぜひ買って行ってくれたらうれしいです。
あとこの後はgold soundsに戻ります。
ライブもたくさんやりますので、遊びに来てくれたら
うれしいです」

300枚いったんですかね~
あんなMCされたら
600円(だっけ?)なら買おうかって思った人
多かったんじゃないですかね。
でもBGMで聞き慣れていたせいもあるかもしれないですが
なかなかいい曲でした。
今後も頑張っていって欲しいです。

続いて「Dr.楠部真也!」
「えー、、今回のツアーでは
ほぼ毎回、さわおさんのお弁当のごはんをいただいてます。
さわおさんのお母さんの話を聞いて思い出したんですが
この前大阪でライブをやった時に
うちのおかんと姉が遊びに来て、楽屋にも挨拶に来たんですが
さわおさんが「ごはんいつもたくさん食べるんですよ」って
言ったせいか帰ってからメールが来て
「あんた!さわおさんにご飯のお礼、
ちゃんと言っときなさいよ!!」って。
え?ご飯のお礼、、って
まずそれなんだって思ったのを思い出しました。
ご存じな方も多いかと思いますが
淳さんのブログでも白米王子と名付けていただきまして(笑)
今後ピロウズのライブで俺を見かけても
あ、白米だ!とは言わないでください。
楠部真也です(笑)
では、この後も最後まで楽しんで行ってください」

わーい!
楠部さんの長いMC聞けました~
東京ではほぼあいさつ程度しかしてなくて
各地方ではちょいちょいオモシロ話してたのを
噂で聞いてたんで
うらやましいなー・・って思ってたんですよ。
そうそう。大阪の方なので
何気にトークおもしろいんですよね。
にしても、、あの細さで
米を大量に食べるとは、、、
まさに痩せの大食いってやつですね。。

最後は「Ba.お馴染み鈴木淳!」
「日々の日常で、、今日はツイてるなって思う瞬間って
たまにあるじゃないですか
例えば、、茶柱が立つとかね。
(じいさんか、、ってツッコまれてた 笑)
信号につかまらずに目的地まで行けたとかさ。
先日、電車に乗った時に
目の前に外人のカップルがいて
腕に入れ墨をしてたんだけど
吊革を握った時にクイって袖があがって
その入れ墨が全部見えたんですよ。
そしたら漢字で「大吉」って書いてあって
思わずいいもん見た~って(笑)」

「ホントに?」って驚くさわおさん
「日本語を知らないから
どんな意味があるとか分からないんだろうけど
きっと左右対称ってのがクールなんだろうね。
だから小吉でも中吉でもよかったんだよ。
だけど、、大吉!って。
あとね、昔、足に大学芋って入れてる人見たことあるよ(笑)」

最後はさわおさん。
「最初で最後かもしれない
この山中さわおのソロライブに来てくれた
エリートバスターズに
ささやかな贈り物を作りました。」っと
例のストレンジカメレオン協会のステッカーを手に。
「5000枚作ったんだけど
後半驚異的な動員数の伸びで
5000枚超えてしまって
追加でもう500枚(だっけ?)作ったよ。
帰りにもらってって!」
むふふ。
ついにもらえました~
IMG_0419.JPG
高円寺とクアトロの分と
合わせて3枚。
どこに貼ろうかな(´m`)

『All memories』
この曲のせつない感じが
さわおさんらしくて大好きな1曲。
いつもは淳くん側で見ることが多いピロウズですが
そろツアーは全部山倉くん側で見て
反対側の角度から見るさわおさんを
堪能しました♪

『HEVEN'S PINHOLE』で
声を張り上げて歌うときのさわおさんの顔が
結構好きだったりします。
あ、この曲に限らず、、なんですが
ずーっと前
初めてZeppでピロウズがライブをやった時
音人に載ってた写真の顔
あれがホント好きでね。
ふと、この日あの顔を思い出してしまいました。

さぁ、もうライブも終盤。
クラップハンズが楽しい『Mallory』
一番大好きな曲、、かな。
ラブソングなんだけど
上手くいってるんじゃなくって
大好きな女の子を隠れながら応援してるって
そんな世界観が素敵です。

ラストは
『Buzzy Roars』で終了。
「サンキュ!」

続いてアンコール。
淳くん、、白いTシャツに着替えてきてました。
やっぱ暑かったんじゃ??(笑)
さわおさんは左側でグータッチ。
「アンコール、サンキュ!
今日でこのツアーも終わりで、
一週間くらいボケーっとしたら
その後ピロウズでレコーディングするから、
どうなるかわからないけどやってみるよ。
秋頃シングル出るから! 今日はありがとう!」

そんなこと言われて
ワーって盛り上がった状態での
『DAWN SPPECH』
気分が高ぶってしまって
 ナーナーナーナーナナーナー
って歌うのがやけに楽しかったです。

1曲だけサラッとやって終わり。
当然、、次も期待しちゃいますってね。

追い出しの曲が1曲終わってから
今度はさわおさんのみ登場。
スタンバイして歌い始めたのは
『Fool on the planet』
高円寺の時を思い出しつつ
あそこはどうするのかな、、ってちょっとドキドキ
してましたが
普通に歌ってました。

 あのころの夢から 片手を放すけど
 誰の事も もう責めたりしないって
 今 覚悟決めたんだ
この歌詞にジーンと来てしまって
思わずウルウル。。
日々辛いこともあるけど
こういった歌を思い出すと
頑張んなきゃって思えて
少しずつだけど強くなれていった気がしてます。

「サンキュ!」
ここではとくに語らなかったっけな。

ファイナルなので、、最後は全員で出てくるかな~っと
思ったりもしたんですが
トリプルもさわおさん一人で登場。
さっきとはちょっと違って
「歌いますよ、やりますよ~」なんてことを
ボソボソ言いつつ(笑)

「広島9?人、郡山7?人、
チケットの売れ行きの悪さに不穏な空気もあったけど
でも始まれば楽しかったよ。
来てくれたエリートバスターズ達、5512人!
ありがとう!!」
そしておもむろに弾き語りを。
 俺のギターは白黒ギター
 白黒つけたい俺にぴったりなのさー♪
みたいな。

 惰性よりも音楽を
 宗教よりも音楽を
 ただ音楽をやりたいだけなのさ
そんな歌詞から
『Funny Bunny』へ。

1番サビはもちろんフロアへ。
大合唱がよく聞こえました。
歌い終わるとマイク通さず「ありがとっ!」
かろうじて聞こえました。
グッときた~
そこからはウルウルしながら聞き入りました。

アラバキでもそうでしたが
 好きな場所へ行こう 
 キミなら それが出来る
のキミを「僕ら」に替えてうたってくれて
ますます感動~

「ありがとう!
次はもちろん、ピロウズで会おう!!」

うぅっ。。感動しました~
そして翌日だっけな
早速もピロウズのライブのうれしい発表。
予想通りの紅布でFC限定・・
あと梅田のクアトロ。
こっちの方が当たりそうだけど
平日の大阪はなぁ。。
しかも、おっさんツアー
せっちゃんのさいたまと被ってるしー・・
でもいいや。
おっさんツアー、今のところ怒髪天の発表ないし。
(いつもそうだっけ??)
名古屋でのピロウズライブは相性悪いから
あまり行きたくないし
、、、100%つよがりです・・

まずは秋のシングルと
このソロツアーのDVD発売を楽しみに
待ちますかね。


<セットリスト>
 01.RED BAT
 02.Vacant House
 03.The Devil's Pub
 04.The Beautiful Lip
 05.Absurd Song
 06.Slide in tomorrow!
 07.Desert me
 08.Permanent black sheep
 09.Rehabilitation
 10.Irritations
 11.siver moonlight
 12.Music Creature
 13.たとえばぼくが死んだら (cover/森田童子)
 14.Answer
 15.All memories
 16.HEVEN'S PINHOLE
 17.Mallory
 18.Buzzy Roars

 EN1.
  DAWN SPPECH

 EN2.
  Fool on the planet (さわお弾き語り)

 EN3.
  弾き語りの歌~Funny Bunny


摩訶不思議な冒険と忘れられぬ体験を [音楽]

今週、忙しさMAX!!(´;ω;`)
明日も開演時間に間に合わなさそうなので
チケット譲っちゃいました・・
ま。
番号すんごい悪かったし
気分的にあんまりノッてないってのも
正直なところだったので
あんまり凹んではいないんですけど。

今月号の風とロック
超~いい写真!
130531_gekkanH1.jpg
雨が降ってたことがよく分かる。
増子さんって、絵になりますね。

さて。
そんな6.1は
髭2013「QUEENS, DANKE SCHON PAPA!」TOUR
@仙台CLUB JUNK BOX
でした。
IMG_0412.JPG

そう。で。
昼便の高速バスの予約をし損ねてしまい
、、、迷っていたせいもありますが
リッチに新幹線で仙台入り。
いいね~新幹線。
12時前に出ても14時前に着いちゃう。
バスはさらにその前後1時間以上必要っすからね。

おかげで10時にロッピーに走れまして
無事、希望のお風呂券GET。
これでRSRの宿泊はテントに決定。
楽しみです。

・・・ってことで
バス券余ってます(笑)
10月までの期限で東京⇔仙台
1枚3500円(3枚まで対応可能 笑)
必要な方、ご連絡ください。

仙台に着いてお友達と合流し
まずはランチ。
仙台在住の方で
素敵なお店をたくさん紹介してるブログを参考に
かおり食堂へ行ってきました。
オーソドックスなハンバーグ定食。
IMG_0411.JPG
みそ汁にご飯っていうのが
何とも言えないです。
洋食屋さん風でありつつ
家庭の味って感じもあって
とても美味しかったです。
スィーツも美味しいらしいので
今度はお茶しに来たいです。

そして適当に時間をつぶし
会場へ。
IMG_0413.JPG
この日、この仙台CLUB JUNK BOXへ来たかったのは
もう一つ理由があって
震災の時にTHE BACK HORNメンバーがそれぞれ
福島・茨城・ここ仙台・あと岩手だっけ?に
絵を進呈したんですよね。
それをパチリしたかったのですが
見つけられませんでした。
もう引っ込めちゃったのかな。。(´ ノ(ェ)・` )
ちょっと残念。

この日はチケット10番台後半。
髭ちゃんのチケットは今のところ
先行が先着なので
いい番号続きでうれしいです♪
仙台CLUB JUNK BOX、、2回目ですかね。
あまり中の様子覚えてなかったんですが
思ってたより狭かった。
それに対し、ステージはわりと広かったんですが
会場自体は縦長なので
最前は行けず
斉藤さん側端っこ2列目辺りへ。

10分押しくらいでライブスタート。
SEが鳴って
なかなか出てこないな・・って思ってたら
なんと!
後ろからコテイスイとフィリポが登場(笑)
私の真横を通って
ステージへ。
そして「仙台のホテルに着きました!
ベルボーイ!
ベルボーイがいないぞー
ベルボーイ!
ベルボーイ!ヘルプミー!!」って
呼び鈴チンチン鳴らしながら叫んでると
他メンバーも出てきて
1曲目『ベルボーイ!ヘルプミー!』から。

なかなか凝った演出で(´m`)
セトリも初日と比べると
順番もアルバム以外からの曲も
結構変わってました。

宇都宮でヨレヨレのスウェットだったストーさん
この日は花柄のレギンスっぽいパンツで
ちょっとお洒落風だったので
ホッとしました(笑)
斉藤さんがモノトーンの色合いとはいえ
幾何学柄のカットソーに水玉のシャツを重ねてて
インパクトありましたが
あの細さのせいか
そこまで暑苦しくはなかったです。
そう言えば、、宮ッTeaも赤と黒の水玉シャツで
一瞬揃えてるのかと思ったり(笑)

2曲目以降のセトリですが・・
ちょっと拾えてないので
適当です。
拾えたら修正しますが
とりあえず、自己流で(笑)

多分、、『スローリーな地獄』
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』
と、ノリノリの曲が続いたので
一気にフロア最高潮。
押しはキツくはなかったんですが
その分、自由に動けちゃうので
ジャンプとかして
暑くてすぐ汗だくになりました。
ストーさんもすごい汗で
お水もかなり飲んでた感じ。

『とても愉快なテオドアの世界』は
みんなのコーラスが楽しい曲。

「仙台、最高だね。
間違いなく、今日、仙台で
ここが一番熱い場所だよね。」っと
ストーさんらしいMC(笑)
その後も何回も仙台最高って
言ってました。
でもホント、初日に比べたら
全然熱く盛り上がってた気がします。

『ホワイトノイズ』は
最後へ向かっていく高揚感が
ライブならではな曲。
JUNK BOXはステージと最前の間に
ちょっとスペースがあるんで
柵に足かけて前に飛び出てくるってことは
あまりなかったんですが
よくモニターの上に登って
天井に手が届きそうな感じで歌ってました。

『溺れる猿が藁をもつかむ』では
コテイスイが拡声器持って前へ。
もはや、、何歌ってる(言ってる)か
あまり聞き取れない状態ですが
それ持って歌うってことで
盛り上がってる感じ(笑)

「今日は、天気も良くって気持ちがよかったから
定禅寺通り?まで歩いてきたよ。
でっかいこけし見てきた」って
ストーさん。
でっかいこけし、、なんてあるのか。
でも確かにこの日はとても気持ちのいい天気でした。

思わずフィリポも
「仙台最高です!
飯がウマイ!気候がいい!」
するとストーさん「それ、天気がよかっただけでしょ?」って
ツッコミも。

ここから再びアルバムの曲が続きます。
『キングスバリー・マンクス』や
『アルペジア』のような
髭ちゃんのミディアムテンポの曲は
きゅんとくる曲が多いです。

『地獄』は朗読っぽい歌詞なので
赤い表紙の本(ノート)を持ちながら。

『髭よさらば』では
もちろん、フィリポが前に出て。
このツアー、メインドラムは謙介くんなので
フィリポが前に出て来る機会多いです。
あと、自分の立ち位置でも
何気にかわいいポーズと言うか
踊りを踊ったりしてます。

ここでだったかは曖昧ですが
メンバーから一言ずつ。
アイゴンさんはカメラマンの方のプロデュースをしてて
今度仙台で写真展を開くとか。
あと、仙台と言えば、、、の仙八先生の話。
これは金八に対抗して
仙台だから仙八先生にしてシリーズ化を期待したんだけど
思うほど人気が出なかったから
1回で終わっちゃったとか。

・・・そうだったのか。
仙八先生はたまたま
再放送だったのかリアルタイムだったのかは覚えてませんが
見てた覚えがあります。
その主題歌、、『青葉城恋歌』
これをストーさんが知らなかったから
3倍速くらいの速さで
歌ってくれて
サビの終わり あの人は もう いない
ってところをフロアに歌わせると
みんな声をそろえて歌えたんで
ストーさんが「すごいね(笑)」って
感心してました。

斉藤さんのとき
意味もなく「なんばしよっと」って
博多弁で言うもんで
「え?それ、なんで今言ったの??」って
言われてました。
ツッコまれた通り
特に意味はなかったみたい(´m`)

ストーさんは
「仙台最高。もう毎日仙台でいいくらい
ツアーずっと仙台っていうの、、どう?」って言うと
フィリポ「それ、仙台ツアーやんけ!」
このノリ・ツッコミ?!
何回か続けてて「いつまでやるの?」って
フィリポが飽きかけてました。

「仙台に住むのいいよね。
想像してよ、窓を開けたら、、青空が!」
で『青空』へ。
宇都宮の時も感じたんですが
MCから曲へつなげるの、、今回多いな・・って。

今回、『青空』やったからかな
『テネシーガール』やりませんでした。
あと、、『フラッシュバック』も?
でも久々に聞けた『青空』うれしかったです。

「ライブやるたびに小道具が増えるコテイスイ。
でも楽器は増えてない(笑)」
コテイスイ見ると、星条旗柄のヘルメット被って
黒い大きめサングラスを着用してました。
「前出てこないの?」って聞かれると
「暗くて足元危ないんで、、」って(笑)
で、星条旗柄と言えば、、
『MR.アメリカ』
ワーイ♪

続いて『ヒサシ.カリメロ』
これは久しぶりかも。
どんどん盛り上がります。

極めつけは『ロックンロールと五人の囚人』
あ、、そういえば。
どこかでうストーさんが
「楽しいことはすぐ終わっちゃうよね。。」って
「いや。でもまだ終わらないよ。
てか、まだ始まってもないし。
だって僕がプロデュースしてるんだから
全てお見通しなんだよ。
まだ1曲も始まってない」って言ってたのが
おかしかったです。
このストーさんのテキトー発言というのか
どこまで本気か分からない発言
ハイハイ。。って呆れちゃうときもありますが
慣れてくるとオモシロく感じちゃいます。

でもライブは終盤。
〆は『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2』
このコーラスが楽しい。
そしてフィリポが前に出てきてるからか
スタッフが後ろでハイジが書いてある旗を
フリフリしてたのもナイスでした(笑)

そして『ダンケシェーン』
これ、、宇都宮の時より
長いVer.になってた気がします。
しかも途中ストーさんが
フィリポに耳打ちして
最前にいる方に名前を聞いたんですかね
ダンケシェーンに合わせて ミキキーって
替歌にして歌ったりもしたんですが
あまり上手くいかなくて
すぐ終了(笑)

「ありがとう!」
っと本編終了。

続いてアンコール。
「アンコールありがとうごさいます!」って
開けてないビール片手にフィリポ。
後から出てきたストーさんも
ビール持ってたんですが
なぜか急にフィリポの持ってきたビールを
思いっきり振って缶を開け
中身を噴出させるいたずら・・
ストーさん曰く「今、思いっきり
いたずらしくなっちゃって」って。
いきなりそんなことされて
少し正気に戻れないフィリポ。
「俺、なんか優勝したっけ?
ありがとう!(笑)」って。

さらに過去には
もっとひどいことされたことあるそうで(笑)
ライブ中にポカリをまるまる1本
頭からかけられた、、とか。
というのも、暑そうにしてて
水かと思ってかけちゃったんだとか。
「でもどうせ普段からベトベトしてんだから
いいんじゃないの?」って言うと
「そうやって俺の事汚いって話するの
やめてくれる?
全国ツアーなんだから」と
少し怒るフィリポ(笑いながら)。

「でも前の打ち上げの時、コテイスイも宮川君も
本気で嫌がってたよ」って斉藤さんから
コテイスイ「だって、、口からいろんなもん
ポロポロ、ぽろぽろ、、汚物が、、」って。
宮っTeaも「じゃーこの、、マイクスタンド
こう(角度を変える)してもらえます?
弾きながら動くのに邪魔なんだよね」って
それとは関係ないことでダメ出し。
「あぁ、、すみません。
これでいいっすか?」って逆切れ?!(笑)
っと、、仲良しトークで盛り上がってました。

どういう流れだったか忘れましたが
アンコールでやる1曲目について
フィリポにベストテン風に
前説してよ、、って。
ムチャ振りに「えー。。。」ってとまどうも
「じゃぁ、、」ってやろうとするフィリポ。
最初は「あ、やっぱいいや」とか言ってたんですが
やる気を見せるフィリポに
「じゃーフィリポが言い終わるまで
イントロ続けて、、」ってことでまとまり
いざ曲スタート。

最近は散歩に凝ってるという
Voのストーさん。
今日は公園まで歩いて行ったそうです。
それでは歌ってもらいましょう。
『ツァラトゥストラ』
っと、、何気に無難に
しかも手短に終わらせてて
イントロ普通でOKでした(笑)
。。。前説はだいたいな感じです。

最後は『それではみなさん良い旅を』
『テキーラ!テキーラ!』
定番のラストで終了。

熱かった~
久々にタオルびちょびちょになるくらい
汗かきました。
でも最高に楽しかったです。

髭ちゃんはレコード会社移籍してから
(したよね??)
ちょっと心配してたところがあったんですが
、、、ドラム増やしちゃったりしてるし。。
でもなんとなく
大丈夫そうかな、、なんて。



<セットリスト> ※順不同
 ベルボーイ!ヘルプミー!
 スローリーな地獄
 ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 とても愉快なテオドアの世界
 ホワイトノイズ
 髭は赤、ベートーヴェンは黒
 溺れる猿が藁をもつかむ
 ブラッディ・マリー、気をつけろ!
 キングスバリー・マンクス
 アルペジア
 地獄
 ボーナス・トラック
 髭よさらば
 なんとなくベストフレンド
 青空
 サンデー・モーニング
 MR.アメリカ
 ヒサシ.カリメロ
 ロックンロールと五人の囚人
 ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
 ダンケシェーン

 EN.
  ツァラトゥストラ
  それではみなさん良い旅を
  テキーラ!テキーラ!


打上げは、仙台と言えば!
いつもは利休ばっか行ってましたが
そこよりきっと美味しいから★とおススメの
閣というところへ。
IMG_0414.JPG
確かに~
牛タン肉厚!!
トマトサラダも美味しかったです。
IMG_0415.JPG

その後はバスの時間までワインバーみたいなお店で
休憩。
ここも、、なかなかくつろげる雰囲気で
美味しかったです。

最高だったんですが、、、
帰りのバスで隣になった方のいびきが気になり
思ったほど寝れなかったのが
かなりガッカリ。。(;´д`)

髭ちゃんツアー
残すはセミファイナルの渋谷AX♪