So-net無料ブログ作成
検索選択

後ろは振り返るなよ 前だけを見て行こうぜ [The Birthday(2012年~)]

VAMOS TOKYO!

VAMOS TOKYO!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: TRIPPIN’ ELEPHANT RECORDS
  • 発売日: 2005/10/05
  • メディア: CD

先日のライブのBGMでかかった1曲が
THE MIDWEST VIKINGSっという
チバさんとキュウちゃん他がやってる
覆面バンドと言うのを聞いて
ちょっと調べてみたら
普通にCD安く売っていたので
ポチっとしてしまいました(ゝω・´★)

FC東京の応援歌らしいっす。
オモシロい(笑)
IMG_0409.JPG

で。
明日の仙台行のバス
どーしよー・・って悩んでるうちに
時間切れになったのか??
まだ空席あったはずなのに
予約できなくなっちゃってる、、、チ―( ∀ )―ン
電車で行くか。
途中ローソン寄って。
てか途中下車できるんだっけ??

キミといれば空も飛べるそんな気がしたんだ [音楽]

bloodthirsty butchersのVo/G吉村秀樹さんが
5月27日に急性心不全のため亡くなられたそうです。
享年46歳。
って、、、
仕事中たまたまYahooニュースで見て
目を疑いました。
かなり衝撃。
しばらく上の空だったもんね。

王子と吉祥寺で弾き語りライブやったり
ラッコさんのスライドショーで
酔っぱらいながら面白い話聞かせてくれたり
料理長としてふるまったり
ライブはあまり知りませんでしたが
人としてはとても魅力的な方でした。
心よりご冥福をお祈りします。

さて。
関東地方、例年より10日ほど?早く
梅雨入りだそうで。
5月に梅雨入りって、、、早いよー
でも昨日も今日も
雨には降られてないんですけど♪
そんな5/29は
ずっと好きだったんじゃけぇ
~さすらいの麺カタPerfume FES!!
@Zepp DiverCity
出演:Perfume/斉藤和義
でした。
IMG_0408.JPG

あははPerfumeのライブ
行っちゃったよ。。(*´ω`)
RSRでチラッと見て
どうしてあそこまで人気なのか
正直理解できなかったんですけど(笑)
でも、まぁ、かわいいやね。
本人たち、結構謙虚だし。
やっぱ苦労してきてるだけあるのかもね
なんて思ってしまったり。

っと。
まとめ的感想はまた後で書くとして、、
そう、この日
何気に仕事が忙しくって
定時ダッシュできないかも?
さらには19時開演に間に合わないかも??
っという前日の心配があったんですが
なんとか、開場時間に間に合いました。
しかも呼び出しかなり時間かかってたし。

私はBの600番台だったんですが
Aが1300番くらいまでありましたかね。
なので、、2000番ちょい前辺りで入った感じ。
当然、会場いっぱい。
前に行くつもりは全くなかったので
段差の端の人と人との合間からなんとか見える位置で待機。
それにしても・・・
男率高かった。。
=臭かった(ll'ェ')

そして当然、Perfumeファンだらけで
タオルですら
斉藤和義タオルを出すのを少しためらっちゃうほど。
男に限らず
女の子にも人気なんで
ちょっとビックリでした。

ステージバックには
電光(電飾?)スクリーンが設置されてました。
ああいうの、アリーナクラス以上だけかと思ってましたが
確かに、あのバックの電飾なかったら
寂しいものなりますもんね。
そりゃー大きな会場でやんなきゃ
赤字になるってね、、(笑)

始まる前に何度か影アナがあるんですが
その度に拍手がおこって
場内から名前を叫ぶ声とかたくさん聞こえてきて
その雰囲気の違いにオロオロ。
そして場内暗くなり
まずは斉藤和義から。

この日のメンバーは
Drが小田原豊さん、Ba隅倉さん、Gtフジイさんの4人編成。
ツィッターで豊夢さん、叩くとか書いてたと思ってて
楽しみにしてたんで
出てきた瞬間、あれ??って。。
あと、Gtももう一人いるかと思ってて
今日はフジイさん側だーって思ってたら
これまた出てきて
フジイさんステージ向かって左側で
右側は隅倉さんだけで
あれ??って(´+ω+`)

せっちゃんはチェックのシャツ着てました。
フジイさんは黒っぽいシャツに
黒のハット。

まずは『ずっと好きだった』から
ライブスタート。
で。
いきなり始まる手拍子・・・
これだからアイドルのライブは、、、
なーんてね。
何でも手拍子すれば盛り上がってる風って
その感じが大嫌いです。
でもしばらくして止んだし
その後もあまりそういう雰囲気にはならなかったので
ホッとしました。

そうそう、今回このフェスのタイトルにもなってる
この『ずっと好きだった』
なので最後は歌詞を
 ずっと好きだったんじゃけぇー
に変えて歌ってました。

続いて『Would you join me?』
チラホラ
前の方では手があがってましたが
まぁ、、でも大多数は
ホケ~って感じでした。

そんな中『ささくれ』
『劇的な瞬間』続けて持ってきたのは
なかなか挑戦的かな~なんて
思ったり。

「いぇ~い」
それでもいつも通りのせっちゃんのMC(笑)
「今日は、、野郎率が高いっすね。
そりゃ、、Perfume見に来たんだもんねぇ、、
今日がこのフェスの初日でしょ?
なんか一番最初に出れるの
うれしいですね~
ありがとうございます~
えーっとこの後の方が何するか分かりませんが、、
今日は、一緒に踊っちゃりするかもよ(笑)」

「次の曲は
今一番最新のシングルになるのかな。。
では、、
もう少し、オッサンにお付き合いください~」

『ワンモアタイム』
そして吉野家のCMにも使われてる
『Hello! Everybody!』2曲続けて。
ワーイ♪
新曲ライブで聞けてうれしいです。

「はぁ、、暑いね・・
でもねPerfumeすごいよ~
リハでさ、Tシャツにスウェットとかっていう
わりとラフな格好して踊ってるんだけど
それだけでムラムラきちゃうから(笑)
でも、カシユカちゃんのお母さんと
同い年なんだって。。。

自分としてはさ、、まだ
何て言うの、、
その、、ねぇ(笑)
まだまだそういう対象でも全然OKだと思ってるのに
お母さんと同い年って言聞くと
そうか、、えーっと、、、今日は、、
良い1日だったのかなーとか
聞いちゃったりするのかな?!なんてね(笑)」

「いや。カシユカちゃんじゃなくても
Perfumeの3人誰でもいいんですけどね。
サッサと終わらせるんだけどなぁ~
・・・えーっと、、、曲、いきましょうかね。」
かなりせっちゃん節炸裂で
野郎の多いPerfumeファンにブーイング喰らわないか
ちょいヒヤヒヤしてしまいましたが
どうだったんでしょ。

で、『I Love Me』
カッコよかったな~

そしてブルースハープを取り付けたっと思ったら
少しして「あ、違った。。」って
慌てて取り外すせっちゃん。
しかも次の曲は『歌うたいのバラッド』
あはは。
気を取り直して、、
いやぁ~聞き入っちゃいました。

さっき間違えた
ブルースハープは1曲早かったみたいで
「次でした(笑)」っと取り付けまして
『月光』
これも久々聞けてうれしかったです。
栃木で聞いたのを思い出します。

最後簡単にメンバー紹介。
「ギター フジイケンジ!
じゃ、お願いします」で
『やさしくなりたい』
やっぱこれは外せないのね・・
確かいイントロ始まったら
ちょっと歓声あがったもんな~

「斉藤和義でした~
次はお待ちかね、Perfume!」

ふぅ。
久々の斉藤和義、やっぱよかったです。
それにしても
フジイさんは今期もサポートで入るんですかね。

<セットリスト>
 01.ずっと好きだった
 02.Would you join me?
 03.ささくれ
 04.劇的な瞬間
 05.ワンモアタイム
 06.Hello! Everybody!
 07.I Love Me
 08.歌うたいのバラッド
 09.月光
 10.やさしくなりたい

転換。
当然ですが、ステージ場に楽器はないです。
お立ち台みたいなのが置かれてました。
でも結構、時間かかってました。

いよいよ、Perfume。
それはそれはすんごい盛り上がり。
3人の衣装は
珍しく?!ちょっとフリフリした
かわいい感じの衣装でした。
恒例の「3人そろって、、」生で見れました★

曲は、、、2、3曲
聞いたことある曲だったかも。
あと思ったほどファンは同じ振付をしたりして
踊らないのね。
、、、って、後ろの方だからだったかも?
しれませんが。

そしてMCが
思った以上にかわいい(笑)
バリバリ広島弁で話すもんで
昔住んでた身としては
懐かしくって
あぁ、、そういう風に喋ってたな~って。

Perfume3人は
「もう、斉藤さん、かっこえぇよねー」の連発で
スタッフも女性陣はみんな
メロメロだったという話を
ずっとしてました。
おもしろかったのが
「うちらの服は今日、
ちょっとウエストラインが高めになってて
腰の高さとかちょっとごまかされとるけど
斉藤さんの場合、ここ(胸のあたり)ら辺から
ホンモノの足やったけんね。
だってスタンドマイクの位置、ここ(おでこ)やろ?」
って、興奮気味に話してこと。

さらには
「あの、ベースの人なんて
大御所(の貫録)!
ギターの人も、、こうやけん」って
エアギターでノリノリに弾くマネ。
MCタイムは結構長かったです(笑)

やっぱりPerfumeのイベントだけあって
せっちゃん1時間弱だったのに対し
こちらは1.5時間くらいあった感じ。
本編が終わって帰る前に
「じゃ、、、ちょっと待っててね
ちょっと待っててね」って
言いながら帰って行って
しばし待ち。

ステージ上はフルセットのセッティングの準備を。
またまた
結構待たされました。。
だからか前にいた年配の夫婦
(どっちのファンだったのか謎。。)が
帰ってしまったので
段差の2列目に行けて
一気に視界良好!!
最近、アンコールについている?!(笑)

そしてまずはPerfumeが登場。
珍しく、、チェックのシャツにデニムの
お揃いで。
そう、せっちゃんと言えば、、ってことで
この衣装にしたそうです。
なかなかかわいかったです。

「じゃーお呼びしましょうか」っと
せっちゃん登場。
「今日はありがとうございます!」っと
軽くトーク。
ここで、このフェス出演に至るまでのいきさつを
せっちゃんから。

Perfumeさんからビデオレター届いてますって
事務所で見せてもらったそうで
それが5、6分くらいの
長いビデオレターだったみたいですが
もう、全部見終わる前に「出る!」って
返事してたそうです。
せっちゃん曰く「だって、、断る理由ないでしょ?
出てなくてもきっと見に来てたし、、」って。
もう~
せっちゃんうれしそうでニコニコ
っていうか、デレデレ?!(笑)でした。

「奥田民生から聞いたんだけど、、
ちょっといらうだけやけんのう、って
言ったらうまくいくって。
この、だけやけんのう の のう が
大事って。ホント?」っと
照れつつ。。
でも、あんまり使わない言葉だったみたいで
「あれ?騙された??(笑)」って。

アンコールはコラボレーションってことで
まずはPerfumeの曲から。
せっちゃんが一番好きという曲で
歌詞もいいしオケがすごくかっこよくって
これを生バンドでやったら
また雰囲気は違うだろけど
いいんじゃないかな、、ってことで
『ナチュラルに恋して』を。

コラボなので
せっちゃんとPerfumeの3人との交互に
歌ってました。

そして「まだ歌っとらん曲あるやろー」っとくれば
やっぱそうよね、、、『歩いてかえろう』
みんなで歌ってってことで
スクリーンに歌詞出てきました(笑)
おかげで盛り上がりましたけど。

「どうもありがとうございました~
Perfumeでした!!!」

ふぅ。
かーなーり場違いな気持ちでいっぱいでしたが
でもこういう機会じゃないと
Perfumeのライブ何て見ることないだろうし
いい経験でした(笑)
あ、でもPerfumeのファンの方は
みなさん優しくて
斉藤和義のときも
普通にワーワー盛り上がってくれてました。

個人的には、、、このフェス
一番楽しそうなのはホルモンの時ではないかと
思うのですが。。
ナヲちゃんがどうPerfumeに対抗するのか
見てみたいです。
でもホルモンファン、チケット取れてるのでしょうか??
ヘドバンする人少ないホルモンライブ
ちょっと想像つかないけど・・


まずい。。。(´ ノ(ェ)・` ) [たわごと]

RSRの入浴券情報
6/1(土)10:00より ロッピーにて発売開始
って。。
この日は仙台へ移動のため
その時間はバスの中の予定だよ??
どーしよー・・(>ω<)

15時過ぎでも買えるもんだっけ?
去年どうだったか
すっかり記憶がない。

それとも
まだバス予約してないから
10時にロッピーに行けるような
別の手段で仙台に行くか。
うーむ。

でもって
今後のライブスケジュールを書いてて
気づいたこと。
6月末の木~日、、、4連チャン入ってる?!

なるべく連チャンでライブは入れないようにしているのですが
まかさの久々4連チャン。。
あー
でも、どれも行きたいライブなので
仕方ないけど・・(;´д`)

立て続けにあちゃーってことあると
ちょっと凹みます。
さらには
明日、定時ダッシュできるのか?
はたまた6/7は19時に間に合うのか??
そんな心配事まで出てきちゃって
気が気じゃないです。

そんな中
うれしいお知らせ♪
 The Birthday デビュー7周年記念日に
 LIQUIDROOM 9周年イベント出演決定! 
 対バンはdip !!
おぉ~*:.。☆..。.(´∀`人)
てか、The Birthday のデビューって、、2006年8/23だったのか。

先日、北海道のみでOAした怒髪天ドキュメント
全国放送が決定☆
6/5(水)26:25~ 総合テレビ
わーい♪ヽ(´▽`)/

少しは元気になった。
・・単純です(笑)

1+1の答え100でも10,000にでも奇跡くらい軽く起こせる気がしてる [怒髪天(2010年~)]

4/17からスタートした
大宮エリーさんMCのTBS音楽バラエティ
「アーティスト」
ついついゲスト情報がないと
見逃してしまうのですが
初回の斉藤和義と第2回?森山直太朗
で確か第4回?フラカン
第3回、5回はどなただったんでしょ・・
前回(6回)は1時間スペシャルで
ハナレグミと一青窈だったみたいですが
当然、、見忘れました(´+ω+`)
水曜日の24:28~ね。
毎週で予約入れとこうかな。

さて。
そんな5.25は
DOHATSUTEN三十路まえ"夢街道四人五脚"
@岐阜CLUB ROOTS
でした。
IMG_0401.JPG

岐阜CLUB ROOTSここ数回足を運んでいますが
全部The Birthdayだったので
他アーティストで行くのは初です。
名古屋から近いとはいえ
結構ギリギリなので
前日夜から行っておくか迷うところですが
この日も朝からの出発で。
遅れることなく名古屋へ着きましたが
やっぱりお昼とかバタバタだったし
ロッカー!
どこもいっぱいでした。
たまたま通りかかった時に
荷物を出す人と遭遇し
無事確保できましたが
今後はやっぱり前日から行くか
いい感じに2Dayにして泊まりで行くか
考えた方がいいかも?!ですね。

ただ会場付近で時間をつぶせるスポットを発見し
、、、これは前回たまたま一緒に会場まで行った人に
教えてもらったところですが
トイレもあるし
のんびりできるし
いい感じです♪
・・・ただのホームセンターですが(≧▽≦)ゞ

番号は150番台。
せめて2桁欲しかった・・
500位のキャパらしいので
前の方と言えば前の方ですが
岐阜でしょー
って思ってたら
この日はSOLD OUTで
ちょっとビックリでした(笑)
IMG_0402.JPG

中へ入ると
当然3列目付近まで人でいっぱい。
さっきも書いたように
The Birthdayでしか来たことないので
ステージ向かって左側にしか行ったことなく
この日は初めて右側へ行ってみたところ
なんと。
ステージの端っこあたり
ゆるい段差(スロープ状)があるんですね。
ホントにわずかではありますが
これはちょっとうれしい。
あと、思ってた以上に
ステージが高かったです。

SOLD OUTでしたが
端の方はキツイ押しとかはなく
適度に人と触れ合う程度で
快適に見れました。
ただ・・
背の高い男性陣がポツポツいて
時々視界を遮られてしまい
その度にちょっとずつ移動しなくちゃならなくて
それが少しストレスでしたが。。

初日同様
『威風怒道~愛と栄光のテーマ~』が鳴り
メンバー登場。
王子、もうストールは巻いてなかったです(笑)
増子さんは白シャツだったっけな。
シミさんの髪の毛がレインボーみたいになってました。
あれは、、どうしたいのかね?!

増子さん、怒髪天のフラッグをまとって登場。
広げて掲げ
1曲目『独立!俺キングダム』から
ライブスタート。
イントロ始まってすぐに
クシの投げ入れ。
結構近くに飛んできたんですが
頭上通り越して
GETならず。。
いつかは取ってみたいです。

『独立!俺キングダム』
この日は坂さんもそこそこ見える位置だったので
オイッ!って掛け声のところ
見たかったんですが
王子と被ることが多く
ちょっと見えなかった・・
でも1曲目からフロアの一体感
ハンパなかったです。

続いて『ホトトギス』
「歌おうぜ!!」っと増子さん。
ステージ上のテンションも
高かった~

そして『男、走る!』
あ、セトリはアンコール以外
変わりなし。
まだ4回目だからですかね。
今後続けていくうちに
ちょいちょい入れ替わったりするのかしら??
ギターソロでセンターに行っていた王子
増子さんが景気よくブワッと吹いた水が
後ろからかかってしまい
ちょっとビックリして
「うわっっ(笑)」って顔してたのが
かわいかったです。

「よく来た!岐阜、久しぶり!!
以前来たときはみんなTHE BAWDIESに夢中だったから。
 ※2009年Little Wing SHOW
俺ら出てっても
ん??って感じでね。
でもその中に(ファンが)いたんだね。
言っとくけどね、
いずれTHE BAWDIESもこう(オッサン)なるから
もはやボウ(THE BAWDIES)だか
D(怒髪天)だか分からない!」

「それにしても岐阜、、
昨日着いてビックリした。
今何年だっけ?ってくらい
ザ・昭和な女の子
何処に眉毛置いてきたの?ってくらい細い(薄い)眉に
豹柄のスウェット
ここ(腰骨)まで落としてはいてたよ。
靴はもちろん、クロックスね(笑)
いや、キライじゃないよ
俺らの10代はみんなそうだった」

ってことで、、「あの子にも
こういう時代は、、あったのかなー
なかったかなー」って
『神様は小学生』
初日はちょっとMC控えめだった気がしますが
この日はかなり絶好調でした(笑)
なので
ちょっとどこでどう話してたか
記憶曖昧です。。
適当に入れ込んでますので
あしからず(*´ω`)

歌いながら歌詞に合わせてジェスチャーするのも
この日はかなりタップリやってたように
思います。
例の子羊ちゃんのところも
私的にかなり大満足の出来でした(笑)

そしてこの日も王子のコーラス
非常によく聞こえました。
もしかしたら
このツアーからコーラスの音量も
少し大きめにしたのかもしれない??
でも王子のコーラス
好きなんですよね~
あの一生懸命な感じが素敵です♪

そんな感じで
『社会人ファイター』
『あたし、SUPERツラい・・・』
最高に楽しかったです。

「あー楽しい。
今日で、、4本目だっけ?
あと・・24本ありますけど(笑)
でも今日は4本目にして最高のライブだ。
ライブは自分たちだけが楽しくても嫌だし
お客さんを楽しませるためにっていうのもなんかね
両方が楽しくなきゃ嫌なんだ
今日はまさにそれ。
ありがとう!」
この増子さんの両方が楽しくなきゃって言葉
そうそう
怒髪天はメンバーがホント楽しそうにやって
それ見るとこっちまで
自然と笑顔になってしまうっていうか
嫌なこと吹き飛んでしまいます。

「いつもアルバム作るとき
候補の曲を何曲か作って
そこから選んでいくんだけど
今回のアルバムはね
過去最高にたくさんの曲の中から選らんだんじゃないかな。
またミュージックリーダーの友康がね
ハードル高いんだ。
これはこうして欲しいっていうのがね。」
ここで王子
「え?なんかリーダーがあるの?」
ミュージックリーダーってのが
気になった模様。
増子さん「いや、シミはお酒リーダーでしょ。
俺はお喋りリーダー(笑)
坂さんは、、尿酸値リーダー
略して尿酸、、ただのおしっこだから(笑)」

で、納得したみたいで(笑)
「ライブで楽しめる曲を中心にね」
「そう。今回は
みんなが参加して歌ってくれて
やっと曲が完成する。
未完成のまま出してるから
ここにいるみんなは、、
もうアルバム買ってると思うけど(笑)
買ってなかったら
帰りにそこ(物販)で買って帰って
もうね、1番聞いたら
すぐに2番一緒に歌えるという
非常に分かりやすいつくりになってますから」

「岐阜と言えば、、鵜飼ね。
ニュースでやってましたよ。
喉のやわらかいところ押して
飲みこんだ魚ゲロゲロゲロって出せてね。
俺ら、鵜じゃないけど
たまにそういう音して出したりしてますけどね(笑)」

「あのね、、リハでやったんで
予想はついてたけど
・・・・暑い!(笑)
(照明が近いんですかね。。)
なので今、無駄に長く喋ってるのは、、
ここからもっと暑くなることが予想される
曲たちが続く、、、
えーっと・・怒髪天ブートキャンプ
ダイエット道場
目標減量、、、3キロ!!」

そうでした(笑)
ってことでまずは『オトナノススメ』
心なしか、、テンポゆっくり目だったような気が
しないでもない(笑)
でも増子さん、前に乗り出してきてくれたし
王子もギターソロで
ぐいぐい出てきてくれたし
押しはきつくなくても
かなり汗かきました。

『団地でDAN!RAN!』
まさに、1回聞いたら
次は一緒に参加できる曲。
ライブ以外の音源まだ聞いたことないですもん。。

そして『喰うために働いて 生きるために歌え!』
クラップハンズだけで
みんなで歌うところ
バッチリ歌声聞こえました。
500位のキャパが
やっぱ一番まとまりがあって
いいなーって思います。
1000超えちゃうと
それはそれで盛り上がりますが
なんか一体感ってのは
そんなに感じられないです。

そういえば
シミさんは岐阜城に行ってきたみたいです。
ただ、かなり山の上にあるみたいで
増子さんも誘われたみたいですが
「だって遠いでしょ。
悟空で言ったら幻の城の域だから」って
断ったみたいです。
シミさんいわく「そんなでもなかったよ。」って。
天気も良く眺めが素晴らしかったとのこと。

そして「坂さんは行ったの?
飲みにだけ呼び出された?
飲んじゃったんだ。
ま、その前の日も飲んでますけどね」

そんな坂さんの帽子に
糸くずがずっと付いてたみたいで
増子さんが取ってあげると
フロアから フゥ~って声が
「猫だって毛づくろいしてあげるでしょ
人に迷惑かけちゃいけないから」

あと、どういう流れでか忘れましたが
年齢の話になって
「なぜか友康だけ若く見られるんだよ。
吉川さんにも
増子くんとこ、、ギターだけ若いんでしょ?って
いや、同い年です!みんな同じで
吉川さんの1こ下ですって。
でも坂さんはどんな大御所からも年上に見られて
初めて会うとみんな敬語だから(笑)」
そんな王子は
「成長してないだけですよ・・」って謙遜。
逆に年下のシミさんは
なぜか同い年でしょ?って上に微妙にサバ読んだり。

王子はその後もフロアから「かわいい!」って
声かけられると
苦笑い?照れ笑いしつつ「46ですから、、」って。
なんでしょ、、増子さんが兄ぃキャラだからか
王子は若く見えちゃうんでしょうかね。

坂さんの見せ場コーナー
もう後にも先にも1回しかないと思うから
まばたき禁止!みんな目見開いて見ておくように
っと言われた(笑)
『WAZAN』
初日は坂さん全く見えなかった位置でしたが
この日はしっかり見てきました~
でも坂さんだけじゃなく
王子もシミさんも
この曲は見せ場コーナーありますね。
かっこいいです。

ちょっと歌詞が危なげだった
『82.2』
何度見ても
王子のギターが不思議。
あれ、、エフェクターでなんかしてますかね。

『砂の上の楼閣Part2』でしっとりしたところで
『ド真ん中節』へ、、という流れなんですが
この日はブレイクの時に
「シミさん、大好き!」って大きな声が。。
思わずシミさん
お尻フリフリして応えてしまったので
ちょこっとMCタイムに。

増子さんが
「なんだよ、、いいなー
ちょっと対抗して本気だしてやろうかな」
それに対しシミさんが
「増子ちゃん、カッコいい!」って
冗談言ってしまい
「ぶっ殺したくなるほど
イラってくるとき何度かあるけど
まさに、今、その時だね(笑)」

ふと王子を見るとチューニングしてて
トークにはノータッチ。。
「ゆっくりやっていいんですよ~」

「じゃー次は、俺たちにとって
大切な歌。
全てを注ぎ込んで歌うから」
っと本気モードになって
『ド真ん中節』へ。
さっきまでの笑いあってた雰囲気とは違い
ガッツリ歌い上げてました。

 歩けど 歩けど
 見えない明日の光
の部分、最初フロアにマイク向けて
フロアだけで歌ってたのが
感動的でした。

そして
『ドリーム・バイキング・ロック』
なんか横浜の時
セットリストの流れがイマイチ
ちぐはぐな感じがしたんですが
この日はこの流れがすごくよかったように感じました。
『ド真ん中節』でじっくり聞きこんで
パ―ッと弾けてみんなで歌いまくる
最高です。

続いてもみんなで歌う『濁声交響曲』
ホント、今回のツアーは
始めから終わりまで
ずーっとアンコール状態。
それくらいずっと最高潮に
盛り上がってる感じがします。

「いやぁ、、
昔からね、興奮するとスイッチ入っちゃって
異常なくらいヒャッフー!って感じで
興奮しちゃうのよ。
よくそれで子供の頃弟泣かして怒らてた
直!って(笑)
イヤな兄貴だったんだよな、、
シミは弟だからそういうの分かるんじゃないの?」
この「直!」って言われてたってのが
なんともかわいくて(笑)

ここから兄弟話。
王子は双子の弟で
そっくりの双子の兄がいて、ギターも上手い
あともう一人弟がいて
「友康の兄弟はね、みんな立派なんだよ。
俺んちの弟は、まぁ、ググっていただければ
分かると思いますが、、、(笑)
それに10離れた妹がいて
妹はね、結婚もして子供もいて
まっとうに暮らしてますけど」
こんな話に王子は
「そんな兄弟の話は、、、」って
照れてたら
増子さん「いや、大事だよ。家族紹介(笑)」

シミさんは兄がいて
昔は相当やらかした兄だったとか?!
「でも、もう、大人になって普通になったよ」って。
坂さんは弟と妹がいるとか?

「そうやって成長してきました、、」
みたいな話があって
『ロック・バンド・ア・ゴーゴー』
いい曲だよね~
 鳴きのギター
 それグッとくるね
ってとこで弾く王子のギターが
色っぽいんだ。
歌ってるときの増子さんのうれしそうな顔が
また素敵です。

そして『情熱のストレート』
この日のこの曲、熱かった~
タップリ歌わせてもらいました。

最後は『愛の出番だ!』
CDで聞いたときは
そんなにピンとこなかったんですが
ライブで聞くと
伝わってくるものがあります。
最後歌い終わって
あのフラッグをまとい
怒髪天って文字をバッと見せて帰って行くのが
かっこいいです。

「ありがとうございます!」
熱い演奏が終わり帰ってくメンバー。
本編終了。

続いてアンコール。
この日は一人一人のMCはなかったです。
「まさか、、情熱のストレートで
グッとくるとは・・
みんないい顔し過ぎ
いい顔選手権あったら間違いなく
最優秀賞だよ」
そうか、、だからこの日の
『情熱のストレート』
増子さん歌ってないところ
多かったんですね。

「こうやってみんなが来てくれるおかげで
こんど、来年1月12日に
武道館ライブ!」
ワーっと拍手で沸くフロア。
「30年やってて、最初で最後の
ご褒美ですよ。」

「でも岐阜、SOLD OUTって
今頃内ガラガラじゃないの?」って言うと
シミさん「岐阜を馬鹿にすんな!」
さらに「俺ら何回でも岐阜にくるから
みんなも1回くらい東京(武道館)に来てよ
東京すげーぞ」
で、「岐阜を馬鹿にすんな!」って(笑)

「そんな俺ら言っても、東京の人じゃないし
馬鹿にできる出身地じゃないけど、、
東京出てきてビックリしたもんな
山手線一駅ごとに札幌並みの街があるんだから」
王子「俺、札幌出てきてもビックリしたもん」
増子さん「俺はは札幌だけど
それでもビックリしたよ」

「じゃ、、、せっかく春に来たので
滅多にやらない知らない人も多いと思うけど
思い出のある曲」という紹介で
『青嵐-アオアラシ-』
おぉ~確かに、、久しぶりです。
私、これで五月の雨だったらどうしよう、、かと
思ったんですが
違う曲でホッとしました(笑)

 あの時 言えなかった ありがとう
これが言いたかったのかな。。
なんて思うとグッときます。

最後はもちろん
『歩きつづけるかぎり』
王子も長く前の方に出てきて
弾いてくれてました。

終わるといつもの
ニッポンワッショイが流れ始めるんで
感動~って気持ちに浸ってる暇ないんですが(笑)
その曲に合わせ
メンバー全員手を繋いで何度もお辞儀を。
「ありがとう!武道館で待ってるから!」

あーいいライブでした。
初日には初日でしか味わえない
何とも言えない感じがありますが
(特に今回は)
本数重ねると
よりいい方向へ進んで行っていて
フロアとの一体感が増し
感動する度合いは増してくると思います。

またすぐ次、行きたくなります。
でも・・
もう7月のほぼラストに近い分まで
ないよー。。(´ ノ(ェ)・` )
うぅ、、

そうそう。
アンケートなんて
前からあったっけ?
IMG_0406.JPG
玉づめさんがでかでかと。
IMG_0405.JPG
今回は帰りの電車の時間があったので
急いで帰ってきてしまいましたが
特にどの回って感じのものではないので
今度行ったとき
出してこようかな。

<セットリスト>
 SE:威風怒道~愛と栄光のテーマ~
 01.独立!俺キングダム
 02.ホトトギス
 03.男、走る!
 04.神様は小学生
 05.社会人ファイター
 06.あたし、SUPERツラい・・・
 07.オトナノススメ
 08.団地でDAN!RAN!
 09.喰うために働いて 生きるために歌え!
 10.WAZAN
 11.82.2
 12.砂の上の楼閣Part2
 13.ド真ん中節
 14.ドリーム・バイキング・ロック
 15.濁声交響曲
 16.ロック・バンド・ア・ゴーゴー
 17.情熱のストレート
 18.愛の出番だ!

 EN.
  青嵐-アオアラシ-
  歩きつづけるかぎり

急げ急げバンドマン 走れ走れテープエコーズ [音楽]

ソイジョイからピーナッツ登場!
で、これがウマイ!!
トマトもそうですが
あまり甘くないタイプです。
ピーナツバターを連想して食べると
ちょっと、んん?!って思ってしまうかも?ですが
私はかなり好きな味でした。

さて。
そんな5.23は
急きょ決まった
百々和宏とテープエコーズの
渋谷タワレコインストアライブ&サイン会に
行ってきました♪
IMG_0399.JPG

最近、ちょこっと百々さん熱が
上がってきてる私(笑)
無料でライブが見られるなら
言っちゃいますとも(´m`)
しかもスタート20時って
うれしい時間設定。

でもこういう日に限って
仕事、早く終わってしまったりもして・・
でもタワレコでブラブラしてればいいか、、っと
向かったら
ちょうどリハやってて
ラッキー★
お客さんもチラホラいたんで
私もその場で観覧しました。

音のバランスを気にして
百々さん「ピアニカちゃんと聞こえてる?」って
フロアに、、しかも私目の前にいたもんで
なんとなーく話しかけられてる風な感じで
ビックリしちゃいました。
ウンウンって頷いておきました。

リハが終わると
「じゃぁ、、、楽しい買い物を・・」っと
いったん引き揚げ。
そこからお客さんドドっと前に押し寄せ
でもあまり最前行くのもなんなんで、、
2列目辺りで待機しました。
それでもかなり間近なんですけど。
始まる直前には結構な人数集まってました。

まずは百々さんだけ登場し、
1曲弾き語り。
リハではえんじっぽいTシャツでしたが
本番ではグッズの手書きの猫ちゃんTシャツ白に
着替えてました。
なんだろ、、ソロだとかわいい声で
ボソボソって歌いますよね。
って、言うほどモーサムの時のことも
知らないんですが
なんかちょっと歌い方違うなー、、なんて。

そして「では、、テープエコーズの皆さんを
呼びたいと思います。。」って
左右アチコチから
鳴り物ならしつつ登場。
メンバーの皆さんは
猫ちゃんの黒Tとか
アルバムのジャケットの猫ちゃんTとかを
着てました。

1曲目はティラノサウルレックスの『デボラ』
終わると
「本日は、、今日は急にお呼びたてしまして、スミマセンね。
一曲目からカバー曲をやるっていう(笑)」

「それにしてもすごい人。
テープエコーズ史上最大じゃない?
やっぱ無料だと?!(笑)
でもお金取るライブも、、すごいよね?」

やった曲は
順不同で
 天気雨
 お酒にまつわるエトセトラ
 すきにして
 なんだか愉快なぼくたちは
って感じですかね。(曖昧っす・・)
今回のアルバム以外からも
やってたのかな・・
(だとしたら、、分からないです 笑)

1曲すごくテンポ早く演奏しちゃったみたいで
「あれ?なんか、、巻いてる。。」って。
なので「メンバー紹介とかしとく?」って。
ドラムとパーカッションと2人に分かれてるみたいで
ドラムの人は間違えるとすぐ笑うから
「彼が笑ってたら、間違えたと思ってください」とのこと。

告知として
今後のツアーの話。
明日(24日)から3連チャンでライブだそうで
「明日は6時集合だよ。」
「じゃ、、今日の飲みはナシだね・・」

今着てるTシャツとかの物販の話では
一番安い、透けてるタオル(笑)は
500円。
「グッズの売行きで、その日の打上げのメニューが決まるんで
みなさん、よろしくお願いします~」

そしてチケットの売れ行きについて
売れてないんですかね。。
「今売れてる枚数言っちゃう?
でもこれ、、館内放送で流れてる?
あ、、このフロアだけ
じゃークラシックコーナーとかには
流れないんだ」って
確認しつつも結局枚数までは
言わなかったです。

でも、ファイナルのクラブクアトロのライブについて
「なんかさ、クアトロって敷居が高いっていうか
ステージも高いしね。
俺らには今日くらいの高さ25センチくらいですかね
これくらいの高さがちょうどよくって
どっちかというと、、飲み屋でやる
流しみたいな、そんな感じでやりたくて
だから、クアトロの敷居の高さをなくしたくて、
今、打ち合わせで
フロアに屋台だせますか?って聞いたりしてるからね。」
さらに、、カラオケセット(もちろんテープVer.笑)も
置くみたいで
「あの、、来る人カラオケ練習してきてよね」って。
フードもいっぱいだすから
お腹ペコペコで来て欲しいとか。

なに、なに?!
すごーく行きたいのですが
残念ながらその日はほかのライブが入っていて
行けないんですよね、、、(´ ノ(ェ)・` )
うぅ・・残念。
でもぜったい楽しそう。
持ってるチケット売れたら行っちゃおうかな
なんてチラっと思ったりもして。

そんなこんなで
30分弱くらいでライブは終了。
ちょっと歌声の音量(PA関係)が
小さ目だったのが残念でしたが
満足です。

そして
この日はリリースされたCDジャケットを持っていけば
サインを書いてくれるという。
もちろん、その場で買いました~
いや、前から買おうがどおうしようか
迷ってたこともあって
サイン書いていただけるのなら
迷わず買いますって(笑)

さらにサインのみならず
猫ちゃんのイラストまで。
IMG_0400.JPG
すごーい!
だって、、かなりの人数でしたよ?
でも百々さん、猫書くの早い(*´ω`)
握手もしてもらえて
うれしいです。
何も話すことないんで
お願いします、ありがとうございます
だけしか言えなかったんですけど。
カッコよかったです。

CDはまだ聞いてないので
何とも言えないんですが
今後要チェックな存在です。
思わずモーサムとピーズの対バンのチケット
取っちゃいましたから。

HPで公開してるPVがまたよくってね。


WEEKEND LOVERS 愛ならここにある [The Birthday(2012年~)]

本日、5/24は
THE BACK HORNのDr.松田晋二さんの
誕生日です!
いつまでもその訛りあるトークを続けて欲しいです(笑)
おめでとうございます♪ヽ(´▽`)/

で。何気に今週末から
ほぼ毎週、、微妙な距離の遠征続きです(笑)
岐阜→仙台→休み(東京)
 →名古屋→いわき→宇都宮
  →郡山→休み(東京)→高崎
えへへ。
でも楽しみ♪

さて。
そんな5.20は
The Birthday&MANNISH BOYS presents
WEEKEND LOVERS'13
@新木場スタジオコースト
でした。
IMG_0395.JPG

5/2(正確に言うと4/30)から
始まった週末の恋人たちツアーも
ついにファイナル。
どんなツアーでも
ファイナルってなんか寂しい気持ちになります。

いつもは偶然的に
ライブがある日
なぜか定時に上がれる雰囲気があった
ここ最近ですが
この日ばっかは
残業確定な感じの匂いがしたので
残っていた代休の半分を
無理やり使わせてもらいました。
よかったー

でも1日雨降りで
湿気で髪の毛ウネウネしちゃって
気分的には
ちょいブルーでしたが・・(-c_,-` )
これから梅雨とか
その後の真夏日とか
だんだんうんざりする季節の到来です。
もう会社にTシャツ着ていけなくなっちゃったし
いいことないよ。

番号は今回はかろうじてAでしたが
ほぼAのケツの方の800番台(Aは1000番くらいまでだった模様)
でも完売してないだけあってか
中は比較的混んでなくって
いつものハルキ側3列目辺りで待機。
最前は見事に背の低めの女子集団で
比較的視界良好でした。
さらに暗転して押されて
2列目に行けたので
なかなかいい感じの場所に。

かかっていたBGMがいきなり音量がでかくなり
ん?チバさんの声??って思ったら
 ※THE MIDWEST VIKINGSの「You'll Never Walk Alone」らしい
岡山ではなかった前説ですが
なんとなんと
この日は期待していた
せっちゃん&ユウちゃんコンビが登場!
しかも、、、二人ともおそろいの
サッカーユニフォーム姿で
せっちゃんなんて、よくサッカー選手が頭にしてる
ゴムみたいなのつけてました。
パッと見、ああいう選手、いそう~な
雰囲気が可笑しかったです(笑)

出てくるなりチバさん
そのBGMでかかってた曲のさわりを
歌ってくれました。
そして「ヴェルディサポの人いたらゴメンね」って言って
ちょっとコント風で
せっちゃんがオモシロイ名前の
外国のサッカー選手の名前を読み上げて
それに対してチバさんが
その選手の特徴とか今現在の状況について
答えるってパターン。
 ○○ってのは?
 あぁ、それはね、、この前胸でゴール決めたんだよ。
 え?巨乳なの?
 あぁ、そうだね。
とかって。

その読み上げる名前
若干やらしい風な単語が入ってたり
あきらかに読みにくそうな名前だったり
それをたどたどしく言うせっちゃんと
かなり通な感じで答えるチバさんとの対比が
オモシロかったです。
私も全くサッカーとか興味ないので
出てくる名前全く分かりませんでした。

かなり続いたのち
「今日はそんなこと言いに来たんじゃないでしょ!」
「ついに、最終日だよ。」
っとWEEKEND LOVERSのことに触れたのも束の間
また違う方に話ズレちゃって
チバさん「今度一緒に野球やろうよ!」って
せっちゃん「え?野球?(この流れだと)サッカーじゃないの?」
チバさん「野球はさ、飲みながらできるじゃん。
サッカーは飲みながらやると死んじゃうから」
せっちゃん「あぁ、、なるほどね。
でも普段、野球とかやるの?」
チバさん「いや、やんないね(笑)」

かなりまとまりない話が続いて
「最初はHeavenstamp!」
「いいね。」
「最後まで楽しんでって。」
っと、〆る感じ。
すると
せっちゃん「ということで、、(今日のコンビは)せっちゃん」
チバさん「(ボソボソっと)ユウちゃん・・でした。
だって、言えって言うから。
あ、今何時?」
フロア 18:45!
チバさん「18:45だよ!」
フロア 全員集合!!
チバさん 「(笑)」

いやぁ、、もう前説だけでも
充分楽しませていただきました~
カメラ入ってて
7月にOAされるみたいですが
ぜひとも、前説も入れて欲しいです。

ってことで、名古屋とここ東京ファイナルは
OAにHeavenstampという
マシータが加入したバンドのライブが
ありました。
全く予備知識なく
てっきりマシータが新しくバンド組んだのかと思ってたら
どうもそうでもないらしく
さらに、Voが女性の方で
ビックリしました。

バンドについては、、
うーん。。
特に感想ナシ(笑)
こういうの聞くと
ホント、人に受け入れられることって
難しいんだなーって
思います。

OAってすぐ終わっちゃうイメージでしたが
わりとしっかりやってたと思います。
あれ?まだ続くの?って
ちょっと思っちゃったくらい。

そしていよいよ
待ちに待った本編。
っと、、ここでなんとまたまたMCさん(笑)
今度は達也さんと堀江さんコンビ。
「今夜は楽しみ尽くすぜ!あほんだら!!」っと
達也さん節炸裂のMC。
途中で「あ、紹介しとらんかったね」っと
堀江さんについて。
確かに、、何度も見てたり
堀江さんを知ってたら何とも思わないけど
知らなくて、初めて見た人だったら
誰、あの人?って思いますね(笑)

「次はThe Birthday!!」
そう紹介され
いつものSEが鳴ると
一気に興奮するフロア。
大歓声の中
キュウちゃん、黒いVネック
フジイさん、黒シャツにハット
ハルキ、濃い色のダンガリーシャツ
そしてチバさんボルドーっぽい色のシャツで
タンバリン鳴らしながら登場。

しばらくマイクに近づけながら
タンバリン鳴らしてから
ギターの準備。
で。
なんと。
いきなり最初から
チバさんの例のギター爪弾きから。
そして
今日はどっちかなー・・・って思いつつも
2人とも余裕な顔してたんで
ん?これはもしや、、って思ったら
やっぱり
フロアに「カモン!」の合図。
久々に歌いました~
 電話 さがした あの娘に聞かなくちゃ
 俺さ 今 どこ
「今日はーWL最終日!!」

ってことで
いきなり1曲目『涙がこぼれそう』から
スタートです。
そりゃーアガるって。

続いて『Buddy』
やっぱ幕開けはこの曲じゃなくっちゃ。
 パーティがまた始まる
この部分の前に
チバさんが煽ってくれるのが
何とも言えずうれしいです。

ここでチバさんサングラスはずしたっけ、、
もう1曲後だったっけ・・
ちょっと記憶曖昧ですが
次は『2秒』
キュウちゃんの姿
この日はとこどろころ
隠れて見えないこともあったんですが
すっごくニコニコ
楽しそうに叩いてたのが
印象的でした。

曲終わりで
バスドラが鳴り続け
チバさん、タンバリンをハルキに託し
『カレンダーガール』
久々、タンバリン鳴らすハルキ。
そして終わるとベース弾きながら
歌詞を口ずさんでました。

続いて、、
『あの娘のスーツケース』
久しぶり~
っと言いたいところですが
岡山で聞いたしね♪
若干、、セトリ似てたかも?です。
で。
この日の替え歌部分
東京で歌ってるのに珍しく
 でも飛田給は好き
でした。
サッカーネタですね(´m`)

そして
『SATURDAY NIGHT KILLER KISS』
うわーこれは予想外(笑)
だって・・
月曜日だし。
でもWEEKEND LOVERSとしては
月曜日も週末ってことでしょうか。

あまりやらない曲だけど
2月に聞いていたんで
ちょっと久しぶりな
『狂っちゃいないぜ』
The BirthdayのB面の曲(って言い方古いか、、笑)って
アルバムには入らないせいか
ライブでもあんまりやってくれないですが
結構好きな曲多かったりします。。
『いとしのヤンキーガール』
また聞きたいなぁ。

で。
ここでだったかは全く覚えてませんが
フロアから
そのシャツ似合ってる!だか
かっこいい!だかの声がかかると
チバさん「、、、当たりめーだろ。
オーダーメイド!」って(笑)
こういう返し好きです♪

続いて『ALRIGHT』
そう。
これもB面の曲。
以前はシングルなんて買わないし
借りなかったから
ライブではよく聞くのに
音源持ってなくて、、、って時が
ありました。

「えーっと、、今日はスペシャルゲストが。
堀江博久。ホリヒロ!」
やった!
噂では後攻でやった時
堀江さんが参加してたって聞いてて
いいなーって思ってました。
でも今回も先攻だったから
もうそれを見れるのは叶わないかと思ってたら
やっぱファイナルだからですかね。

曲はもちろん『Red Eye』
堀江さん、イスに座りながらも
そのままジャンプしたりして弾いてて
素敵でした。
そして4人だけでやっても
ジャジーな雰囲気満載なのに
キーボードが入ると
さらに雰囲気増して
ますます素敵でした~
恒例それぞれのソロパートもあり
楽しかったです。

 朝飯はレッドアイに限るね
 コショウは荒めで多めにいれてくれよ!
 レッドアイ プリーズ!!
そう叫び終わると同時くらいに
堀江さんステージ脇へ、、、
チバさんそれに気づいてなくて
「堀江、、」って呼んで
いないのに気付き「あれ?随分早いな(笑)」っと。

とうとう終盤。
『READY STEADY GO』
フロアの盛り上がり最高潮。
最後の叫びはもちろん2回し。

これで終わりかと思ったら
「OK~新木場ボーイズ!」っと
なんと『ローリン』
おぉ~
そりゃー盛り上がるって。
コール&レスポンスまであって
本編最後かアンコールかと思うほどの
盛り上がりでした。

終わりのサビ辺りかな
ハルキがステージ前へ出てきました。
わーい♪
結構長い時間。
チバさんもステージ前に出て
マイクフロアに向けたりしてるし
キュウちゃんも叫んでるし
もう、、どこ見ていいやら状態(笑)
贅沢過ぎる。

「サンキュ!
次は、、、ママママママーママ~」って
1回スルーして(笑)
「マママママニッシュボーイズ!!」
あー最高でした。

<セットリスト>
 01.涙がこぼれそう
 02.Buddy
 03.2秒
 04.カレンダーガール
 05.あの娘のスーツケース
 06.SATURDAY NIGHT KILLER KISS
 07.狂っちゃいないぜ
 08.ALRIGHT
 09.Red Eye
 10.READY STEADY GO
 11.ローリン

続いてMANNISH BOYS
でもその前に、、、またまたMCさん!
I LOVE(ハート)宮島って書かれたTシャツを着た
キュウちゃん!
そうそう、広島ではフジイさんと一緒にやったって。
その名も宮島んズ。
でも方向性の違いで解散して
今後は宮島んでやっていこうと思いますって。

おかしかったのが
やってる間に誰かが助っ人で出てくる予定?!
だったみたいですが
「今日は、、誰も出てこない感じですかね・・」って
確かに袖ではいろんな人が笑いながら覗いてて
キュウちゃんが袖を覗きこむと
慌てて去っていく姿が何度か見られました。

「WEEKEND LOVERS
泣いても笑っても今日で最後です。
ぜひ、来年もやりたいと思ってるので
みなさん、、今流行のツィッターとかで
たくさんつぶやいちゃってください。
その一つ一つが
今後へ繋がるかもしれないんでね」
ここまで出演者側が
やりたいって言ってるんだったら
きっとやってくれるでしょ☆

そんなこんなでMANNISH BOYS!
SEとともに、壁に大きなフラッグ登場。
そしてせっちゃんと達也さん
いつものおそろいのボーリングシャツ着て登場。

まずは『MANNISH BOYSのテーマ』で
スタート。
だいぶ曲たちにも馴染みが出てきて
思いっきり叫んでこれました(≧▽≦)ゞ

続いて『CRAZY NURSE』
この曲は最後まで
リズムがつかみ切れなかった。。

そして『Mach Venus』
この曲は達也さんも合いの手で
叫ぶところがあるんですが
マイクの位置がイマイチ気に入ってなかったのか
途中で倒しちゃったり
バタバタしてました。
最後には叩き終わってマイク手持ちで
 アーユーHappy??
って。
カッコよかったです。
やっぱ、達也さんばっか見てしまいました。
せっちゃんは結構
目をつむって弾いてるからね。

早くもタンクトップの達也さん。
あ、いつも白でしたが
この日は黒が見れました★
ドコドコ バスドラが鳴り続け
ウキキキキ~って
『猿の惑星』
ライブVer.でウキキキ部分が
長かったような気がします。

ここで最初のMC。
「ついに前説にチバくんを引っ張り出してやったぜ
えへへへへ(笑)」って
せっちゃんうれしそうに。
「楽屋でさ、今まで見たことないような
チバくんの顔見ちゃったよ。
もう、笑ってるのか泣いているのか
怒っているのか、喜んでいるのか、、、」
衣装については
「あれを着ろって言われたんでね。」
「(チバさんのモノマネで)
前説のこと、つぶやくんじゃねぇーぞ。
やるっきゃないだろう」←やっぱ似てた(笑)

そしてまたまたさっきの
サッカー選手の名前の連呼。
せっちゃんが好きそうな単語が入った
名前がありまして・・
達也さんも「テレビ入っとんだから
それはマズイだろ~
今、白鳥の湖って言いました~(笑)」って
ごまかしてくれたり。

「ピーチクパーチク喋ってんじゃねーよ
ぶっ殺すぞ。
かかってこい!あほんだら!
4人だろうがなんだろうが
まとめて面倒見てやる!」
岡山では弱気でしたが
この日は強気な達也さん。
でもすぐに
「ウソでーす!大ファンです!!(笑)」

「あっちは4人もいるけど
こっちだって仲間くら呼べるんだぜ!」って言うと
せっちゃんに「呼べるけど、、、
ここじゃないよ?」って
小声で(笑)

とりあえずまだ二人で(笑)
『Dark is easy』
イントロのせっちゃんのギターが
かっこいい。

そして「次の曲は、、
MANNISH BOYSのできるきっかけになる曲です」って
紹介があって
『黒塗りのセダン』
The Birthdayといいこちらといい
やっぱ岡山とセトリ
似てました。

ここでようやく
堀江さんの登場。
The Birthdayの時はちょっとボサボサだった髪
今度はゆるめのリーゼント風に
整えての登場です。

まずは『天使とサボテン』
この曲はベースで参加。
このベースは、、、ウエノさんのベースらしいです。
前日のthe HIATUSのDVD先行視聴のUSTで
ウエノさんから「ベース返せ」って
ツッコまれてました。

続いて『DIRTY BUNNY』
この曲の時でしたっけ、、
バックの壁に大きな影を映し出す演出。
これがかっこいいんですよね~
しかもこれ、最前に照明持ったスタッフがいて
それで実際に光を当てて映し出してました。
知らなかったー

『Oh Amy』は
CD以上に達也さんの合いの手っていうんですかね
がたくさん入ってました。
ライブならでは。

続いて、、堀江さんのキーボード
何やら聞いたことある曲
なんだっけ。。。って思ってたら
"What a wonderful world"で
それに合わせ
手を取って踊り出すせっちゃんと達也さん。
たどたどしターンとか
オモシロ過ぎるんですけどゞ(≧ε≦o)

そこから『LOVE&LOVE』へ
この流れ最高でした。
キラキラしてて素敵でした。

「いぇーい」
っていうせっちゃんのいつものも
ありました。
「はぁ、、暑い。。」って言うと
達也さん「バースデイの後は
いつも暑いんだよね」
せっちゃん「ね。」
このやりとりがかわいかったです(笑)

「このツアーも、、まぁ、、飲みましたよ~
いつも最後はチバくんとキュウちゃん」
このトーク
MANNISH BOYSプレゼンツのライブ時
とにかく2人が飲んで
いつも最後までいるって話がありましたが
今回は達也さんは参加出来てなかったみたいです。
「今回も前回以上に、わたくし、猛獣使いと
かしてました(笑)」

「そんな、The Birthdayに
尊敬の念を表して、、、」
な、な、なんと!
あのフレーズをせっちゃんが!!
これがね、、、超上手でした。
やっぱせっちゃん、ギター上手いんだなーって
かなり実感してしまったほどです。

そう、『涙がこぼれそう』カバーです。
で、出だしの部分
これまた、な、な、なんと
堀江さんご指名に(笑)
堀江さんの歌声聞けちゃった(ノ∀\*)
ちょっと声高かったかな。

 俺さ 今 どこ
に対しての返しは、、何だったっけ??
何も言ってなかったっけ??
ちょっと忘れちゃいましたが
1番だけ
3人でのカバー
達也さんのドラム
やっぱ違うねぇ~

いよいよ大詰め
『あいされたいやつらのひとりごと』
この曲はライブで聞く方が楽しいです。
勢いがあっていいっていうか、、
そしてラストはもちろん
『MANNISH BOYSのテーマ』で
終了~

最後に投げたせっちゃんのピックが
飛ばなくてステージ上に落下。。
あ・・欲しい!って
あれを見てた人は誰もが思ったと思うんですが
アンコール始まる前には
消えてました。
スタッフが片付けちゃったんでしょうかね。
オシイ。。

続いてアンコール。
ここでミラクルが!
前にいた2人が帰ってしまい
自然な流れで最前に行けてしまいました。
ワーイ、ワーイ♪
まさかの最前。
しかも最後の最後で。
これはかなりうれしかったです。

そしてせっちゃんと達也さんの登場。
せっちゃんは着替えてこなかったけど
達也さん、白いタンクトップになってました。
「みんなの歌の時間ですよ」っと
まずは『ざまみふぁそらしど』
途中、フロアだけに歌わせるところとかもありました。
でもあまり覚えてる人は少なかったの
ちょっと声が小さかった気が・・

曲が終わり
「みなさん、お待ちかねの
デンジャータイム(笑)
呼んじゃいますか?」って言って
The BirthdayのSEで同じみの
The Crestの『Sixteen Candles』を
演奏しだしました。
これにはビックリ!
しかも上手い!
でも途中から歌詞が分からなくなり
ホニャラララ~でごまかすせっちゃん。
かわいかったです(笑)

「じゃー呼んじゃいましょう~」
っと、The Birthdayのメンバーと堀江さんを
一人ずつ呼び込み。
フジイさんはピンクのバースデイT
ハルキは私服でベレー風の帽子かぶってました。
キュウちゃんは白のWL T
堀江さんは着替えてなかったかな。
最後チバさんは
やっぱりルードとのコラボの誕生日T赤黒Ver.に
キャップを反対向きにかぶって。
黒ラベルを2本持って来てて
1本はせっちゃんにあげてました。

ステージ上並びは
前列 フジイさん・せっちゃん・チバさん
達也さん・キュウちゃん。
後ろに堀江さんとハルキ。
でもってこの日はキュウちゃんも
ドラムのフルセットだったので
ツインドラム状態。

メンバー勢ぞろいすると
フジイさん始まりで
『MANNISH BOYSのテーマ』から。
 ママママニッシュボーイズ!
って言うところ
 ババババースデイ!
って言ったりして。
あと、広島とどこかでDJをしてくれてたらしい
今はいないけど村上淳!
って言ったりもして。

そしてチバさんから「今日は、、千秋楽!
って当ってる??(笑)
そう、この一ヶ月弱の間に作った曲をやります」っと
全員で新曲を披露。
この曲がすんごくよかった。
途中、一人一人のソロパートがあって
アドリブなんですかね
じゃー次はこの人って感じで
指名されてって
演奏していく流れ。
達也さんは叩きながら歌って言うのか
叫びっていうのか
カッコよくキメてたもんで
キュウちゃんも
何か言おうとしてたけど
結局ワーって言うくらいで終わってしまって
照れ笑いしてました。

最後に
これはいつものセッションでやってた
 WEEKLND LOVERS!
っていうやつを。
達也さんとキュウちゃんのツインドラム
タイプが真逆な感じがするんで
合わせるの大変だったんじゃないかなー・・
なんてね。
真横からしっかり眺められました。

いやぁ~最高でした。
眺めも最高でしたが
豪華なセッション
これだけでも充分満足できちゃうくらい
素晴らしかったです。

毎度バスドラのヘッドっていうんですかね
サイン入りのやつ
あれを投げ入れてましたが
この日はとことんサッカー繋がりなのか?!
サッカーボールにサインを入れて
チバさんが蹴り入れるという。
でも・・
一つは蹴り損ねて
前の方で落下。。。(笑)

「ありがとう!
また、来年!!」
ぜひぜひ、またやって欲しいです。

<セットリスト>
 01.MANNISH BOYSのテーマ
 02.CRAZY NURSE
 03.Mach Venus
 04.猿の惑星
 05.Dark is easy
 06.黒塗りのセダン
 07.天使とサボテン
 08.DIRTY BUNNY
 09.Oh Amy
 10.LOVE&LOVE
 11.涙がこぼれそう(The Birthdayカバー)
 12.あいされたいやつらのひとりごと
 13.MANNISH BOYSのテーマ

 EN.
  ざまみふぁそらしど
  セッション


そして
帰り際には
The Birthdayの秋からのツアーが
発表!!
IMG_0396.JPG
このやり方、、ニクイね~( ´_ゝ`)
でも不思議な周り方で
本数も少ないし
珍しく関東の本数多いし
土日も多いし。
チケットどうなることか
早くもハラハラですが
、、、まだメルマガ来てないよね??


誰かが決めた常識に世界を狭められるのはゴメンさ [怒髪天(2010年~)]

5/16~
ユニカビジョンにてthe pillowsを大特集
ということですが
全く意識せずに歩いていて
たまたま遭遇できました♪
しかも、、ちょうど『トライアル』で
おそらくラストの曲だった模様。
ちょっとうれしい♪ヽ(´▽`)/

そんな5.19は
怒髪天 三十路まえ夢街道四人五脚
@横浜BAY HALL
でした。
IMG_0392.JPG

怒髪天の武道館への道ツアー
第3弾、、かな。
始まりました!!
ちょっと意外な?!ベイホールから。
久しぶりに
元町をぶらぶらして
ランチを元町ユニオンで。
IMG_0391.JPG
、、、またハンバーガー(笑)

番号はさほど良くなく
500番台中盤。
Aが600番台までしかなかったから
またしてもFCチケットケツの方だったみたいです。
なんてかねぇ・・
怒髪天のFCでいい番号きたことない(ll'ェ')

でも王子側めっちゃ端っこですが
2、3列目くらいにはいけました。
ただ残念なことに
坂さんが全くと言っていいほど
見えなかったです。。
ま。
この日は本編中に坂さんコーナーなかったし
増子さんにもあまりいじられてなかったし
良しとしよう。。(言い聞かせてる 笑)

SE:威風怒道~愛と栄光のテーマ~で
メンバー登場。
王子、、ボルドーっぽいシャツに
首には薄い紫のストールを。
シミさんはたまずめさんTシャツに
ハンパ丈パンツ
髪の毛、、白っぽい感じで
サイドは刈上げてて
髭だけ黒く結構伸びてた。
坂さんはチラっとしか見てないですが
いつもと同じ黒上下。
そして最後に登場増子さんは
白地に赤文字のシャツでした。
いつもはバックに掲げてるフラッグを
肩から羽織って登場。

そのSE終わりで1曲目
『独立!俺キングダム』
いいね~
アルバムと同じ流れでスタート。
そう、坂さん見えなくて残念ポイント・・
この曲の合いの手 オイ! が
見れなかったこと。。(T ^ T)
インストではチラホラのフロアからの合いの手も
この日はバッチリみんな オイ! って
手上がってました。
私も無事、ついていけました~(笑)

そして「よく来たー!」で
『ホトトギス』
テンション、既にMAX。
端っこだったので押しはそうなかったですが
それでも熱気すごかったです。

続いて『男、走る!』
飛ばすなー
ステージ上もテンション上がってるの
伝わってくる感じ。
でもってここまでの3曲
全部みんなで歌う系な曲で
まだはじまったばっかなのに
既に終盤か?!ってくらいの
一体感でした。

ここでだったかな。
ちょっと確かではないですが
クシの投げ入れを。
そうそう、今日はないのかな?って
思ってたら
後でMCでバラしてましたが
投げ入れるの忘れてたそうです(´m`)
そして『神様は小学生』
この曲に限らずですが
今回のアルバム「ドリームバイキングス」の曲って
ふだん増子さんがMCとかインタビューとかで
話してたことが
そのまま曲になってる曲が多い気がします。

 そんなに多く求めてないし
 人並みあれば贅沢言わない
 こんな健気な子羊なのに
 狼どもに震え暮らしてる
ってところが
なんともかわいくて
きゅんきゅんしちゃいます。

「はい!よく来たー!!」
多分この辺りでMC。
「まさかの、本日夜9時からの雨予報
3時間繰り上がって6時から雨って、、、
もういいよ。
もういいよ。天気予報は(笑)
でもここは大丈夫、屋根あるから。
隣では格闘技やってるみたいだけど
こっちも似たような
一種、別の意味での格闘技が
繰り広げられてますけど。」

「でもね、やっと今日、完成できる。
みんなが一緒に歌ってくれてできあがりだから。
それにしても大変ですよ。
なんせ人前で演奏するの
初めての曲ばっかりだからね。
ねぇ、友康」
ってなぜか初っ端から
王子にふる増子さん。

いきなりだったので
ちょっと戸惑う王子(笑)
「あぁ、、うん。。えーっと・・
そうですね、、
初日っていつも緊張感でガチガチなんですけど
今日はいい感じで楽しんでやれてます!」って
いつもの身振り手振りで話すと
それを斜め後ろで見ながら真似する増子さんがおかしくて
フロアちょっとクスクスしてたんですが
ん?って顔しつつ
それには気付かず一生懸命な王子が
王子らしくてかわいかったです。

さらに、、「友康、その首に巻いてるの暑くないの?」
暑い~って感じでジェスチャーしつつ
「もうちょっと我慢する」って(笑)
「まぁ、カメラ入ってるしね」
確かに、、その後何曲かやって
汗拭いた後に
気付いたらはずしてました。
増子さんもリーゼントの崩れを気にしてましたが
言うほど乱れてなかったように
思いました。

MC明けは
懐かしい『社会人ファイター』
もしかしたらライブで聞くのは、、初?!
増子さんのセリフみたいなシーンで
増子さんにスポットライトが当たる感じが
なかなかよかったです。

次に『あたし、SUPERツラい・・・』
タイトル見ると
どんな曲だ??って想像つかないですが
楽しい明るい曲です。
プチ演技的なフリをしながら歌う
増子さんを見ながら聞くと
さらに楽しいです。

「いやぁ、、いいね。
ライブは最高だね。
続けてきてホントよかった」
などしみじみ言う増子さん。
「横浜のライブでこんなにも人が入るなんてな。
隣では格闘技
あとちょっと行ったところでは
フェスみたいなのもやってんだろ?
奥田民生さんとか、なぜかレキシもいて
大丈夫か?
池ちゃん大スベリすんじゃないかって
むしろ隣の方がよかったんじゃ・・
頭だけは強そうだよね(笑)」
その横浜のフェスはGREEN ROOMっていう
イベントだったみたいで
確かにラインナップみたら
テレビによく出てる方々ばかりでした。

「昔は(横浜でやったとき)客ゼロでな
対バンの客もほとんどいなくて。
でも中華食べたくて定期的に入れてた。
フカヒレ初めて食べるってさ。
これフカヒレ?春雨じゃね?とか言って。
でも、、980円でフカヒレは入ってないよな」

「会場までも、駅からね
微妙に距離あるでしょ?
でもそれは、みんなザッと見る感じ
男女問わず年齢的に歩いた方がいい世代でしょ?
ジョギングよりはウォーキング世代でしょ?
友康を始めとしてね。
だって友康もジョギングしたら足くじいたって」
王子「(笑)、、、そう。
あの、、、いきなり走るとね、危ないですよ」

「外は外は雨降って気温下がって
体温めないといけないから
みんな体動かす曲いってみよう!」
で、、『オトナノススメ』(笑)
そんなMCがあったからか
なんかいつも以上にバンバンが激しかった気がします。

続いて『団地でDAN!RAN!』
そう。
この歌、、前回の風とロックの時に初めて聞いて
あー・・知らない曲だって思ったの
またここで思い出しました。
でもすっごく分かりやすい曲で
知らなくてもすぐにノレる曲です。

そして『喰うために働いて 生きるために歌え!』
新曲続き中で聞くと
なんかホッとできる曲。
それはやる側も同じみたいで
「昔の曲は安心してやれるね。」って
そう言えば
この日は久々
2番、、オリジナルで歌ってました。

さて。
ここからは坂さんに
頑張ってもらわないといけないコーナーらしく
・・・ドラムが
「ねぇ、坂さん」って話しかけても
「?」って
心ここにあらずな坂さんの反応が
おもしろかったです。
おまけに「ありがとうございます」って言うから
「ここ、お礼言うところじゃないでしょ?」っと
増子さんにツッコまれてました。

まずは『WAZAN』
この曲はいきなり出だしから
坂さんコーナー炸裂な曲。
今回の、坂さんが見えなくて残念ポイント
その2・・(;´д`)
次しっかり見てこようと思います。
その後の王子のギター、シミさんのベースも
すごかったです。
あ、、増子さんは残念ながら
歌詞一瞬飛ばしちゃってましたけど・・

続く『82.2』
この曲は王子のギターとコーラスに
注目。
あれ弾きながらあのコーラスをするなんて
凄すぎます。

『砂の上の楼閣Part2』
この曲も王子のギターソロが
素敵。
この日はすごく端っこにいたせいか
王子の立ち姿がバッチリ見えて
改めてギターすごいわ~って
まじまじと眺めていました。
さらにコーラスの声も
いつも以上に聞こえ
やっぱ王子のコーラス好きだなーって
うっとりしてました(ノ∀\*)

少しブレイク挟んで
『ド真ん中節』
ズドーンっと伝わってきました。

そしてみんなで合唱できる曲
『ドリーム・バイキング・ロック』
『濁声交響曲』と続きます。
これでもかーっていう
フロアとステージ上との一体感が
最高でした。

「むしろ新曲の方が
間違えないってね。
これ、ツアー初日あるある(笑)
でもね、俺の歌に1番も2番もないんだ
全部伝えたいことなんだから」

「(武道館に向けてのツアーの中で)
一番長いツアー、、28本
ここから全国に1人残らず武道館に来てもらわないと。
そのために俺たちが白い手袋はめて
選挙戦さながらの全国行脚をしていくから。
どうぞよろしくお願いしますってね。
さすがに今から言っとけば
8ヶ月も前なんだから予定入れられないでしょ?
仕事は先に入ったもん順!
って、、哀川翔さんも言ってたよ(笑)」

「でもね、武道館
想像以上にチケット売れてるみたい。
ホント、うれしい!ありがとう!!
よくインタビューとかで
将来どうしたい、、って
あ、将来はもう聞かれないか。
既に今が将来だからね(笑)
だから、、今後どうしていきたいかって
余生を聞かれてるみたいだけど
だけどこれしかないよ、
みんな健康で楽しく音楽やれたら
じいさんみたいなこと言ってるけど
でもみんな、みんなってのは俺たちメンバーと
スタッフと、そしてここにきてるみんな
その誰一人欠けることなく」

「この曲は、、横浜にも似合う曲
なんじゃないかなー」っと
『ロック・バンド・ア・ゴーゴー』
ジーンときちゃう曲。
何て言うか、、
あーバンドをやるってこういう感じなんだって
なんかこういう気持ち
味わってみたかったなーって
思ってしまいます。

そして『情熱のストレート』
文句なく盛り上がります。
途中、王子がステージの前の方まで出てきて
ガンガン弾いてくれたのが
うれしかったです。

ラストはもちろん
『愛の出番だ!』
一つ一つの歌詞を
大事に心こめて歌ってる感じが
伝わってきました。
アウトロで
増子さん、登場の時のフラッグを
再び肩にかけ
大きく広げて掲げ
一足先に退場。

1時間30分くらい?
本編終了。
時間で言うと短かったんですが
濃密な時間だったのか
あまり短っ・・っとは
感じなかったのが不思議。

引き続きアンコール。
まずは坂さんから一言。
、、、忘れてしまいました。。チ―( ∀ )―ン
でもいつも言う
上は北から、下は南まで
ってのは言ってなかったと思います。

続いてシミさん
エフェクターで音を変えて
オモシロい音になったベースを鳴らしてると
出てきた増子さんに
「子供じゃないんだから」ってツッこまれつつ
「だっておもしろいんだよ(笑)
こんなのを駆使しながらやっています
ってことで、ミスしたことは内緒に!」って
言ってたんですが、、どこミスしたか
気づかなかったです。

最後王子は「これからツアー回って
大きくなって帰ってきます!」って
言ってたっけ?
いつものように大きな身振り手振り
しながら。
でもってまたしても増子さんに
そのジェスチャー真似されてました。

そんな増子さんは
「愛の出番だ、やっとできた。
ライブで早くやりたかった曲だった。
前はね。愛がどうのって歌いたくなかったけど
この年にしてやっと
もっと大きなものだったって気づいたから」

「今日が雨でよかったね
そうじゃなかったら
また次やれるの何年か先だったかもよ」って
『五月の雨』
おぉ~
いや、雨じゃなくても
やる予定の曲だったとは思いますが
シチュエーションがあってると
ちょっとうれしくなります。

ラストは
『歩きつづけるかぎり』
終わった瞬間に
ニッポンワッショイが鳴り始め
思わず踊ろうとしちゃう
王子がかわいかったです(笑)
でも全力出し切ってフラフラの増子さん
そんな踊る感じもなく
どうしよう、、ってちょっとオロオロしてるところもあり
可笑しかったです。

やっと立ち上がり
「初日からこんなんだったら
この先どうなるか、、
最高のスタートが切れた
ありがとう!!
ここから、全国周ってくるから。
行ってきまーす!!」
メンバー全員で手を繋ぎ
3回くらいお礼をして
退場。

あーやっぱ、いいね。
でも
いつもはあまり感じないんですが
この日は珍しく
初日っぽい雰囲気満載のライブでした。

買おうと思ってたTシャツ
まさかのサイズ切れ。。
さらに
雨なんか降ってないじゃん?って思ったら
家の最寄駅着いたら
ザーっと降っていて
流石・・って思いました。
だからホントに、、18時過ぎは降ってたのかもね。


<セットリスト>
 SE:威風怒道~愛と栄光のテーマ~
 01.独立!俺キングダム
 02.ホトトギス
 03.男、走る!
 04.神様は小学生
 05.社会人ファイター
 06.あたし、SUPERツラい・・・
 07.オトナノススメ
 08.団地でDAN!RAN!
 09.喰うために働いて 生きるために歌え!
 10.WAZAN
 11.82.2
 12.砂の上の楼閣Part2
 13.ド真ん中節
 14.ドリーム・バイキング・ロック
 15.濁声交響曲
 16.ロック・バンド・ア・ゴーゴー
 17.情熱のストレート
 18.愛の出番だ!

 EN.
  五月の雨
  歩きつづけるかぎり

岡山プチ旅行記★ [たわごと]

そんなこんなで
岡山プチ旅行記。

特割で安く行くために朝一の飛行機で。。
そのため岡山には9時過ぎには到着してました。
とりあえず、、、駅ビルウロウロしてたら
見つけてしまった
チチヤス牛乳!かわいい!!
IMG_0362.JPG

お土産のきびだんご
非常に魅かれたのですが
昔よくおじいちゃんが買ってきてくれてたやつ
どこのお店のだったか思い出せず
、、、もうずいぶん前の事だから
きっとパッケージ変わってるだろうし
コレ!っていう決め手がなかったので
今回は断念。

駅前には桃太郎一向。
IMG_0363.JPG
大通りの途中途中にも
単体でキジとかサルとかがいたり
マンホールはもちろん桃太郎一向だったりと
ホント、桃太郎の街なんですね(笑)

ひとまず、ホテルに荷物を置き
会場の下見を。
到着したときちょうど機材の荷降ろしが
終わった後だったみたいで
機材のトラックが止まってたり
例の裏口にスタッフさんがタバコ吸ってたり
してました。

で。
ちょっと早いけどお昼にラコスバーガーへ。
っと・・12時前に着くと
んん??閉まってる??
IMG_0364.JPG

実は、、前日諸事情により急きょお店がお休みしてて
いやぁ~1日違ってよかったーって
思ってんですが
まさかのこの日も休み??
これにはかなり凹みました。
だって岡山行く理由の一つ
ラコスバーガーを食べるっことだったし。
しかも他の案全く考えてなかったし
この日は暑くて思考能力ゼロだったし。

仕方ないのでお昼食べてから観光する予定を
先に観光することに変更。
にしても、、何度途中でやめようかと思ったことか。
ホント、暑くて。
日差しも強かったし。
まさか日傘いるなんて思わなかったので
持ってきてなくて。
でも、、、今後は夏の遠征には日傘必要かも。
勉強になりました( ´_ゝ`)

でもホテルはまだチェックインできないし
適当なカフェも見当たらず
頑張ってとりあえず、、、後楽園へ。
IMG_0387.JPG

キジ、、じゃなく
鶴がいました。
IMG_0365.JPG
ビックリ!

後楽園は日本三名園の一つで
岡山藩主池田綱政が命じて作らせた庭園だそうです。
IMG_0368.JPG
って、、実は岡山に後楽園があるの
知りませんでしたー(笑)
すんごいデカくて
歩くの若干うんざりだったりして。。(;´д`)
IMG_0367.JPG
お腹も空いてきてたし・・

でも合間から見える岡山城に
ちょっと元気もらいました。
IMG_0370.JPG
黒くてかっこいい!

後楽園から月見橋を通って岡山城へ行けます。
月見橋って素敵な名前の割に
鉄筋の橋で
何の情緒もなかったけど
IMG_0376.JPG
旅とロックでジョージが乗ってた(笑)
スワン号があって
それはなかなかよかったです。
IMG_0373.JPG

これが全景。
中には入りませんでした。
IMG_0375.JPG

ここで、、13時過ぎでしたか。
もしかしたら行ったのが早かっただけなのかも?!って
再度ラコスバーガーへ行ってみたら
正解!!
開いてました~
IMG_0379.JPG
うれしい♪ヽ(´▽`)/

しかも。
席もラス1(笑)
しかも、、、実はライブ後に行けばいいかなとか
思ってたりもしてたんですが
この日のツィートで閉店時間前に完売御礼だったようで
ライブ後だったら
またしても閉店してました。
ちょこちょこラッキー♪

かーなーり、、、何を注文するか迷いましたが
オーソドックスに
ラコスバーガーにしました。
IMG_0377.JPG
噂で聞いてた通り
フェスで食べるより
パンがフワフワで美味しかったです。
ポテト付にしちゃいましたが
単品にしてチーズチリポテトだっけか、、
それにしてもよかったかなー・・って
思ったりも。

いやぁ~満足。
てかまた行きたい!
バーのマッチももらいました。
IMG_0388.JPG
あ、、THEラブ人間でしたっけ?の
Voさんが来てました。
ライブあったのかな??

他、岡山名物??
パン屋キムラヤのバナナクリームコッペ。
IMG_0384.JPG

終わり!(笑)
あまりそれっぽいもの
見つけられませんデシタ・・

そしてホテルにチェックイン後は
疲れ果てて一休み。
翌朝は早々に新幹線で帰京。。
でも午前休だったので
ランチにタワレコカフェに行ってきました★
IMG_0386.JPG
むふふ。
タコスライス。
残すはスィーツか。

っと、、思ったほど写真も撮ってなかった。。
やっぱ暑いとダメっす。
岡山はのんびりした街でした。
路面電車も走ってて
ちょっと四国っぽさがあったような気が
しないでもないです。


みんな何処へ消えたんだ?それともただのかくれんぼなの? [The Birthday(2012年~)]

「ピロウズじゃなくプレデターズでもなく、
さわおソロまでライブに来ちゃう
オルタナティブ・エリート(…って軽く悪口?)
の皆さんに、冗談で
「日本ストレンジカメレオン協会・会員」の
ステッカーを作りました。
、、、とのこと(笑)
ys20130512_2.jpg
うれしいやね~

そしてポッドキャストも第1回目が配信されてました。
待ってたよー(*´艸`)
でも、まだメールは送ってないんですが
何かオモシロトークの話題につながるネタ
探して送りたいと思います♪

さて。
そんな5.12は
The Birthday&MANNISH BOYS presents
WEEKEND LOVERS'13
@岡山CRAZYMAMA KINGDOM
でした。
IMG_0382.JPG

初!ライブでの岡山上陸!!(笑)
当初、東京でのライブが初日しかなかったため
どうしても、もう1回行きたくて
唯一行けそうな日程だったのが
ここ岡山だったってことで
思い切って行ってきました。
でもその後東京での追加公演が決まったんですが・・
チケット余裕かと思ってたら
やっぱ同じような考えの人多かったみたいで
一般発売、即完でビビりました。

なので私のチケット番号も
がっかりな300番台中盤。。
うー・・
頑張って遠征するときは
いい番号であって欲しいのに
ここ岡山CRAZYMAMA KINGDOMのキャパは
600~700くらいらしいので
まぁ、、半分くらいな感じでしょうか。
IMG_0383.JPG

岡山でのプチ観光は
後で別で書くとして、、
街中にあるため
会場前に人が溜まるの厳禁みたいで
整列は近所の公園で。
スタッフさんの対応がしっかりしてて
とても気持ちよく入場できました。
しかも。
この公園の向かいに会場の裏口があるんですが
そこにスタッフさんとか
たまにメンバーとかがタバコを吸いに出てきてて
遠目だったんで確かではないですが
フジイさん・チバさんは
いたと思います。

中へ入ると、、、
縦長で3段くらい段差がある感じですかね。
思ってたよりステージは低くなく
しかも結構奥行きのあるステージでした。
いつものハルキ側
3,4列目あたりまで行けましたが
結構待ってるときから混み混みでした。
始まる前に押しが何度か来て
久々にライブ中大汗かいた。。

この日の先攻はThe Birthday。
そして残念なことに
前説はナシ・・(T ^ T)

SEが鳴るとさらに押しが来たんですが
そのおかげでそこそこ見やすい位置に行けました。
が。。。
隣にいたお団子の女子
こいつがとんでもない奴で
何て言うか、、歯止めがきかない
ある意味病的な感じで
グイグイ人を押しのけようとしてくるんですよ。
いや、無理だから、、、って
普通分かったらあきらめるじゃないですか。
それが出来ないみたいで
チラって顔見た感じ
ちょっと怖いくらい必死に押しのけようとしてて
私は隣だったので
横から押されるだけだったんですが
前の人は肩を掴まれどかされようとしてて
なんかかわいそうでした。
最終的にはその人、せっちゃんのファンだったみたいで
あきらめて後ろに下がってました。
なんなの、あれ。

若干、それで最初は気が散ってしまいましたが
その被害を受けた方が後ろに下がってからは
そいつも満足したようで
ちょっとおとなしくなってましたが
でもちょいちょい、視界が遮られると
必死にそれを妨害しようとしてて
。。。ホント、呆れました。

それは忘れるとして。
フジイさんとキュウちゃんは黒シャツ
ハルキはダンガリーっぽいシャツ
チバさんもダンガリーっというか
デニムっぽいシャツでした。

まずは1曲目『BUDDY』から
ライブスタート。
 パーティーがまた始まる!
で、フロア一気に最高潮です。

続いて『2秒』
キュウちゃんのドラム
よく見えてうれしい*:.。☆..。.(´∀`人)
この曲はドラムの見せ場があるので
最高でした。

ここでチバさん、サングラス外してましたかね。
そして『愛でぬりつぶせ』
やっぱこの曲、大好き。
晴天のフジロックで歌ってるステージ
テレビでしか見てないけど
その光景を思い出してしまいます。

「WEEKEND LOVERSへようこそ!」
ってキュウちゃんから。
そして久々な感じ?の
『あの娘のスーツケース』
最初の方で歌詞をモゴモゴ歌っちゃって
チバさん、誤魔化しつつ
ちょっと照れ笑いしてました。

あと聞くときは東京で聞くことが多かったのか
歌詞をオリジナルで歌うことが多かったけど
この日は
 でも ファジアーノは好き
って。
これは岡山のJリーグチームの名称。
ホント、チバさん、サッカー好きですね(笑)

ここでだったか、、定かじゃないですが
チバさん「ファジアーノって
キジからきてるんだって!
知ってた?」
へぇ~って感じのリアクションのフロアに
「そうなんだって(笑)」っと
満足気(笑)

かなりセトリを変えてきても
『bitch lovely』は外してないところをみると
やっぱりなんかこの
WEEKEND LOVERSのテーマソング的な感じがしたのは
間違いじゃなかったのかな・・なんて
うれしくなったり。
途中の歌詞
これは確か、東京でもそう歌ってた気がしますが
 おまえ等のところへって
歌詞を替えて歌ってました。

その最後の方テンポが速くなって
盛り上がる感じで
気分もアガったところで
続く『STRIPPER』が
さらに気分をアゲてくれます。

そして
これまたここでだったか、、は
定かじゃないんですが
センター辺りで離脱される人がいたようで
ちょっとフロアがガヤガヤしてると
チバさん「ベチャベチャ喋ってんじゃねぇーよ」っと
一言。
ま・・確かに
普段のThe Birthdayのライブと比べると
曲と曲の合間
ちょっと騒がしいような気が
しないでもないんで
それが気になるんですかね。。。
東京でもお喋りについて
一言言ってましたし。

後攻だと堀江さんが参加してくれるみたいですが
この日は先攻だったので
それはなく・・・
『RED EYE』
キュウちゃんのドラムソロの前は
「1、2、3、4!!」って
カウント取ってから。

『涙がこぼれそう』
この日はフジイさん!
ヤッタ♪ヽ(´▽`)/
どうやら、、見てる感じだと
順番っていうよりは
その日どっちになるか、、チバさん次第っぽかったです。
例のチバさんのつま弾くのが終わった後
少し間があって
、、、じゃーフジイさんって感じで指されたフジイさん
あぁ、、って顔してたから。
指名されなかったハルキは
少しニヤってしてたようにも見えました(笑)

でも念願かなってのフジイさんの歌声。
いい声だったし
普通に上手でした。
ま。サポートでギター弾いてるとき
コーラスも一緒にやったりしてますもんね。

 俺さ 今 どこ
に対しては
 今は、、桃太郎と一緒!!
って。
これは、ウケたゞ(≧ε≦o)

ラストスパート
『Ready Steady Go』
ステージ上でメンバーみんなが歌ってるのが
何度見てもうれしくなります。

そして『Nude Rider』
最高過ぎます。
この日はフジイさんDayでした(笑)
 岡山ありがとー!
 We are バババババースデイー
って言ってました。

終わった後
「サンキュー。次はもももも桃太郎じゃなくって
マママママニッシュボーイ!!!」って
チバさんまで。
すっかりこの言い方
定番になって来てる気がします。

あー押し押しで
汗もいっぱいかいたし
喉もカラカラになったけど
やっぱライブはこうがいいな・・なんて
思ったりもしました。

<セットリスト>
 01.BUDDY
 02.2秒
 03.愛でぬりつぶせ
 04.あの娘のスーツケース
 05.bitch lovely
 06.STRIPPER
 07.RED EYE
 08.涙がこぼれそう
 09.Ready Steady Go
 10.Nude Rider

セットチェンジ後、、MANNISH BOYS
もちろん、、フラッグは上がりません。
衣装は同じ
おそろい(色違い?)のボーリングシャツで。
達也さん、この日も1曲やって
即効タンクトップになってましたが。

やっぱセトリは不明です。
どうも落ちてないんですよね・・
そして自分でも
なんとか思い出してみようとするのですが
順番までハッキリとは思い出せない。。
持ち歌の数は少ないから
すぐに分かってももいいもんなんですけどー。。
なので順番適当です。

スタートはもちろん『MANNISH BOYSのテーマ』から
この曲が発端ですよね。。
 マママママニッシュボーイ!
って言うようになったのは(笑)

そして2曲目も変わらずの
『CRAZY NURSE』
とにかくテンポが速い曲なのと
俺は知ってるんだぜーってとこが印象的な曲。

で。
この日は意外と早くに
『猿の惑星』をやってしまってたような
気がします。

「いぇ~い」ってせっちゃん。
「初!岡山、MANNSH BOYS!」
そうか。
そしてやたらと「暑い~」「ふぅ、、」って
早々に疲れたモードのお二人(笑)
それだけ出だしからのエンジンが
急加速だったことを物語ってます。

あと、人がものすごかったからか
「あの、、後ろの人は達ちゃんの顔は
見えてるんですかね?」ってせっちゃん。
見えなーい!って声に
「ほら、達ちゃん、ちょっと立ってあげて」って
すると達也さん自ら
キコキコって巻かれると上に上がってく風に
イスの上に乗っかってくれる
達也さん。
優しい!

斜めから見てた私は
ちょうど達也さんと向き合う感じで
なんか勝手に照れてました(笑)
ジーッとどこ見ながら叩いてるのかなーって
見てたんですが
宙を睨んでるって言うか
そんな感じの目線でした。

「次の曲は、達ちゃんに
ちょっと今度叩いてよってお願いして
一緒にスタジオ入ってジャムってて
できた曲で
言ってみれば、、マニッシュボーイズの
できたきっかけの曲だったりもする曲で、、」
っと曲紹介があり
何だ?って思ったら『黒塗りのセダン』でした。
ワーイ!
せっちゃんの曲を
この2人でやってくれるのが
なんかうれしいです。

『Dark is easy』までは
赤いとがった感じのギターで
この『黒塗りのセダン』では
黒のアコギを弾いてたっけな。

『Mach Venus』
激しく叩いて歌ったりもして
熱くなったのか
達也さん、立ち上がって
「上に行くと酸素が、、(笑)」って
しばしスーハ―したり。
せっちゃんも
「暑いね。。
あの・・暑くてもう無理って女子いたら前へ
ち○びのピンク色に自信がある人だけ
来てください」って。
思わず達也さん「おぉーマジック持って来てー」

そんな下のネタも飛び出して
ダラダラお喋りしてたので
達也さん「こんなん言うてたら
チバくんにピーチクパーチク?だっけ?
あ、ペチャクチャ?喋ってじゃねぇーよって
怒られんぞ」と。
せっちゃんも「そうだ。そうだ。」とか言うと
達也さん「言ってねぇーよ(チバさんのモノマネ風)」
それが結構似てたので
フロア盛り上がると
達也さん「ウケちゃダメだよ!
後ろにいるんだから
後で怒られてボコボコにされるよ。
あっちは4人もいんだからさー
俺ら負けちゃうって。
しかも4人のうち1人はモヒカン族だぞー」
せっちゃん「うちの息子はキュウちゃんのこと
シマウマのお兄ちゃんって呼んでるよ(笑)」
達也さん「なんと・・恐れ知らずな」
やっぱ、、、あの「べちゃべちゃ喋ってるんじゃねぇーよ」
発言は楽屋でも話題だったんでしょうか(笑)
すっかりネタにされてて
笑えました。

寂しいので「仲間を呼ぼう」っと
紹介されたのが堀江さん。
この日は堀江さんとは、、、っと
簡単に紹介もしてました。
まずは1曲
ファーストシングルの『天使とサボテン』
マイナー調の曲ですが
なんか頭の中でループしちゃう曲です。

『DIRTY BUNNY』の
達也さんが朗読する部分の
 メガトンパンチ
が、聞くたびに可笑しくなっちゃうんですが・・
曲が終わると
「僕にもひまわりをおくれ」って言う
達也さん。

『7』はなく
『Oh Amy』←堀江さんと一緒だったかは
ちょっと定かじゃないっす。。
あの『7』の時の巨大シルエット
かっこいいのになー・・
それと声を変えてるのも
オモシロくって
ライブで聞くのは好きな曲だったので
この日はやらなくて
ちょっと残念でした。

どっかでコール&レスポンスも
やったんですが
何の曲でだったか・・・
せっちゃん発信で
いつものゆる~い感じで
 いぇーい!
とか
 ババババースデイ
とか言ってました。
達也さんに「ナイスキャッチボール!」って
言ってもらえて
ヤッターって思ったり。

「乗ってく??」
乗ってく!って沸くフロアに
「じゃーみんなで乗ってこう!!」っと
『あいされたいやつらのひとりごと』
これもライブで聞く方が
断然楽しい。

ラストもこれで〆くくります。
『MANNISH BOYSのテーマ』
1曲目の時より
 ママママニッシュボーイ!
って煽ってくるのが
大きい感じがします。

「ありがとー!!」
本編終了。
続いてアンコール。
達也さんと堀江さんは
MANNISH BOYSのTシャツでしたが
せっちゃんはThe BirthdayのTシャツ着て
ビール持ってました。
黒ラベル、、、だっけ?!(笑)

せっちゃんと達也さんが準備してると
足組んだスタイルで
弾き始める堀江さんが
すごくかっこよかったです。

で。せっちゃん、、バンジョー?
弾きつつ「みんなの歌の時間です!」っと
『ざまみふぁそらしど』
動物の鳴き声部分をフロアに煽ってきてました。
ちょっとうろ覚えでしたが
何とか参加できました♪

そして曲が終わると、、、
「じゃー、、呼んじゃう?
バースデイ呼んじゃう?
バースデイに会いたいか!」って。
会いたい!!って盛り上がると
まずはキュウちゃんから呼び込まれ
例のプレゼントを投げ込みました。
キュウちゃんACDCのTシャツでした。

続いてハルキ、フジイさん
そう。
この日は後攻で既に自分の出番終わってたので
出てくるメンバー
私服っぽい服装での登場でした。
ハルキは黒白のチェックっぽいシャツに
黒のベレーみたいな形の帽子を被って。
フジイさんはからし色みたいなシャツに
ハット被ってました。

最後のチバさんは
あのルードとのコラボ
誕生日Tシャツ黒赤のやつにキャップを後ろ向きに被って。
そしてビールを持って来てて
せっちゃんに1本あげてたました。
スタンバイしつつ
チバさん、ビール飲み切ったのか
始まる前にその飲み終わった缶を潰してフロアに
投げ入れてました。

この日の並びは
ステージ向かって左から
フジイさん・せっちゃん・チバさん
達也さん・キュウちゃん
奥に堀江さんとハルキでした。

最初はインストなのか
曲だけ。
なんとなくですが
あのマックのCM曲だったやつっぽかったように
思いました。
途切れることなく別の曲になり
最後は WEEKEND LOVERS~ってかけ声がはいるやつへ。

途中、チバさん
「今日は、、日曜日でよかったね
でも日曜日って週の頭だったり国によって違うらしいから
岡山では日曜日は週末だ!」って。
さらには
 週末だけの恋人
 週末だけ愛してみる?
とかも言ってったっけな・・
演奏の音が大きくて
ちょっと聞き取りにくかったです。

そして「この2つでまた来年もやるか?」
イェーイ!ってフロア
「あ、言っちゃった(笑)
スタッフのみなさん、よろしく~」って。
ワーイ!
これ、決定??
今度はホントに週末開催とかで
お願いします(´m`)

「また来年会おうぜー」みたいな一言もあって
終了。
楽しかったよー
ついに、、残すはファイナルか。
せっちゃん・ゆうちゃんの前説
実現されるのか?!
で、先攻はどっちか。。
最後全員でセッションあるんで
どっちが先でもかまわないですけど。

<セットリスト>※順不同、かなり曖昧。。
 MANNISH BOYSのテーマ
 CRAZY NURSE
 猿の惑星
 Dark is easy 
 黒塗りのセダン
 Mach Venus
 天使とサボテン
 DIRTY BUNNY
 Oh Amy
 LOVE & LOVE
 あいされたいやつらのひとりごと
 MANNISH BOYSのテーマ

 EN.
  ざまみふぁそらしど
  みんなでセッション


意味なんて最初からないけど意味を探す旅でもいいよ [音楽]

先日配布スタートした
月刊タワーレコード 怒髪店の
坂さん伝説がオモシロ過ぎる。
知ってる話も多いですが
坂さんとシミさんのコメントが書いてあって
それがホントおもしろくってゞ(≧ε≦o)
あと再現してる写真も。
外で読んでて吹き出しそうになるのを
こらえるのが辛かったです。

さて。
そんな5.11は
髭2013「QUEENS, DANKE SCHON PAPA!」TOUR
@宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
でした。
IMG_0360.JPG

髭ちゃんライブ久しぶり~
3月末にリリースした
アルバム「QUEENS, DANKE SCHON PAPA!」の
リリースツアーです。
IMG_0361.JPG

番号は
髭ちゃんのライブのチケット先行は
だいたい先着順が多いので
頑張ったおかげで10番台♪
ギリ右端の最前GETです。
ただ、、私
ストーさん側がいいなーと思っていて・・
でもストーさんって右じゃなく左端だったなー
って思ってステージ見たら
ストーさんマイクが(花が目印)センターにありまして。
なーんだ、ならいいやっと
なりました(笑)
ステージの大きさの関係か
センターに戻ったのか分かりませんが
この日は左サイドに斉藤さん
右サイドにアイゴンさんでした。

ちなみに、、このアルバム制作頃から
髭ちゃんはメンバー一人増員してます(サポート)
しかもDr.!?
これについては少々?!メンバ―内で
議論もあったみたいですが
フィリポがパーカッション他を担当して
その新しく加入した踊ってばかりの国の佐藤謙介くんと
コテイスイがDr.を叩いていました。
でもって主に叩いてたのは謙介くんでした。

この日はSOLD OUTしてなくて
さらに、、テーブル出てた。。
何気に髭ちゃんはこの先どうなるのか
若干心配であったりもするのですが
とりあえず自分たちのやりたいことをやりたいように
楽しんでる感じはしたし
ある程度の固定ファンはついてるみたいだったので
安心しました(笑)

SEは、、、あったっけ?
なんかあった気もしますが、、、ちょっと覚えてません。。
メンバー登場。
斉藤さんの服が、、派手でした。
その反面?!ストーさんのボトムスがスウェット。。
たまにあるんで驚きはしないですが
間近でみると
かなりヨレヨレしてて
ちょっとそれはどうなの??って
思ってしまったり(;´д`)
あ、宮ッTeaの薬指には光るものが☆

まずは『ホワイトノイズ』からスタート。
恰好はスウェットで
気合入ってない風のストーさんでしたが
歌い始めると一気にオーラ出してました。
ただただ ホワイトノイズ って
歌い続けるだけの曲なんですが
カッコよかったです。

そして『とても愉快なテオドアの世界』
この曲でかなり目立って聞こえる
低音のコーラス
斉藤さん・フィリポ・アイゴンの3名が
やっていました。
フィリポは自分の音を取るために
片耳押さえてやってました。

「ベルボーイ!ヘルプミー!」
って雄たけびあって始まった
『ベルボーイ!ヘルプミー!』
今回久々の髭ちゃんライブが楽しみで
アルバム結構聞いていったので
ふむふむと楽しめました。

ここで最初のMCだっけか?
「こんばんは!髭です!!
宇都宮久しぶり。
もう、、どれくらいぶり?
いつも宇都宮のこと考えてたよ」
っと
ストーさんらしい挨拶(笑)
「初日にここ宇都宮から始められて
最高だよ。
初日ってことは、、分かってるよね?
この先がどうなるか
ここにかかってるんだから。
みんな、よろしく頼みますよ、ホントに」
などなどありつつ。

今度は懐かしい曲で
『髭は赤、ベートーヴェンは黒』
『溺れる猿が藁をもつかむ』
を2連発。
なんとなくですが
こうして並べて聞くと
ちょっと曲の雰囲気と言うか
感じって言うか
変わったかなー、、、なんて
チラッと思ったりもしました。
どっちがいいとか悪いとかじゃなく。

続いて『アルペジア』
この曲、いい曲なんですよね~
こういう歌うたう
ストーさんの歌声。。しびれます。

今回フィリポがドラムを叩かず
打ち込みの操作とか
他のパーカッション系とか
コーラスとかをやっていて
例えば『フラッシュバック』とか
次の『地獄』とか
CD通りの音で再現できちゃうのは
メンバーが増えたおかげでしょうか。
そのフィリポのやってるときのダンスとか
ポーズとかがかわいかったです。

そうそう『地獄』は
歌って言うよりは朗読部分があるため
本みたいなのに書かれたものを
見ながらやってました。

MCのタイミング、、あまり覚えてないので
適当なところで入れてます。。
「こんばんは!髭です!」
って、、始まってMCになるたびに言ってたもんで
「今日、何回目かのこんばんはです」って
言ってたのが可笑しかったです。

そして宇都宮について
「またそれかよ?って思うかもしれないけど
餃子でしょ?
だって、、それ以外にある?」
フロアから「レモン牛乳」
ストー「レモン牛乳??ってものがあるの?
それ、どういうの?」
フロア「甘い!」
ストー「・・・そりゃ、、甘いだろうね。
それくらい想像つくよ」

するとフィリポから
「あのね、いちご牛乳ってあるじゃん?
それのレモン風味って感じ」
ストー「レモン風味って、、
そもそもいちご牛乳もいちごじゃないからね」
フィリポ「きっと好きだよ
俺が好きな飴とかたいてい好きじゃん」
ストー「それはどこに行けば手に入るの?
コンビニとかで売ってるの見たことないよ」
フィリポ「俺ね、ここでもらったよ。」
ストー「え?物(ブツ)はここにあるの?
・・・ないって。。思いっきり×ってされたよ」
ちょっとこのやりとりは
オモシロかったです。
意外とストーさん、、、世の中に詳しくない模様。
イロイロ博学なイメージあったんですけど。

『スローリーな地獄』だったか
皆さんかなり激しく動き回って演奏してました。
そこから『ドーナツに死す』へ行ったので
かなり盛り上がりました。

そして
『ネアンデルタールPunks Fuck Off!』
始まった途端、歌詞が飛んだ模様のストーさん。
思わず演奏止めちゃって
「ちょっと待って、、最初の歌詞が
全く出てこない・・
なんだっけ?」って必死に思い出そうとしてると
フィリポが耳打ち。
でもそれ、2番の歌詞だったみたいで
「いや、、それ俺がさっき歌った
2番なんだよ
なんだっけ?1番の出だし」
するとフロアから助け舟「やばい遊び!」
「おぉ~!!」

で。
復活(笑)
 やばい遊び ゲームなのに
 種もしかけもない
でもこの先はスラスラと歌ってたので
ホント、フッと歌詞が飛んじゃう事って
あるんですね~

『ボーナス・トラック』は
かわいくて楽しい曲。

「最高だよ!宇都宮!!」っと
テンション高いストーさん。
ギターを弾かないで歌う時は
何度もモニターの上に乗ったり
最前のバーに足をかけたりして
歌ってました。
だからフロアのお客さんとも
手を掴みながら身を乗り出すこともあって
私もラッキーなことに
何度か手を握ってもらえました♪

「ライブじゃないとき
みんなで一緒に飲みに行こう!」
わーって沸くフロア。
でも「その帰りの歌だよ」って
『テネシーガール』へ
あ、、曲振りだったのね(笑)
この曲はいわゆるバラードの曲。
オモシロ楽しい曲が多い髭ちゃんですが
こういうバラードも
なかなかいいです。

あと、、
「今日は何曜日だっけ?
土曜日?ってことは、、日曜日の前の日?」
何言ってるんだ??って思ってたけど
もしかしたらそう言ってから
『サンデーモーニング』へいったかも。
そう思うと、、、
ちゃんと曲振りしてたんだなー・・って
後から思ったり。
今回、そういうの多かった気がします。

狭いステージ上みんなが動くから
ぶつかることが多く
これも初日っぽい、何回かやっていくうちに
それぞれの気配とか
動くタイミングとかがつかめてくるから
ささっっと交わせるようになってくるって。
「なぜかアイゴンさんとよく
ぶつかりそうになってましたよね?」って
ストーさん。
すると「今回のツアーは
傷ついていこうと思ってるから
心も体も」ってアイゴン。
え?心も??

ここからビーズのフォーメーションがどうのって話になって
斉藤さんが「それじゃあT〇K松本みたい」
って言ったらアイゴンが「マッツ?」って聞き返すもんで
「いやいや、T〇K松本ですよ。
マッツだったらマッツ タクモトになっちゃう」って。
ストーさんはそもそもT〇K松本って
呼ばれてることを知らなかったみたいで
意味が分からず
話が通じてなかった模様。。

アイゴンさんはいろんな雑学に詳しいようで
T〇K松本のマーシャルのアンプには
よく見るとT〇K松本って書いてあるって言って
初めて「あぁ、、T〇K松本って
呼ばれてるの?」って理解してました。。

ビーズの話題はまだ続いてて
斉藤さんの恰好がちょい派手で
ビーズっぽいって言われ
ストーさんに
じゃー稲葉さん真似して半ズボンはかないと、、って。
ストーさん的には全然それは有みたいで
思いっきり小学生とかがはいてそうな長さの(短さの)
半ズボンにハイソックスはくわ、、って。
そして「それで旅とか行っちゃう?」って
盛り上がったところで
『それではみなさん良い旅を』へ。

ここからはラストスパート
定番『ロックンロールと五人の囚人』
この曲ははずせないです。
謙介くん、ちょっとドラムの入りをミスったようで
宮ッTeaとだったか?顔を見合わせて笑ってました。

そしてフィリポが前に出てきて
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2』
、、、他にも前に出てきて歌ってたような
気がするんですが・・何だっけなー。。
この曲はまさに
フィリポの曲と言われてる
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』の
続編の曲のようですが
1とはちょっと雰囲気違って
かわいい雰囲気の曲になってます。
 ワーワーワーワワ
ってコーラスが楽しいです。

そしてラストは
『ダンケシェーン』
この曲はDL版?にだけ入ってて
CDアルバムでは
最後の曲が終わった後にショートVer.が入ってるという曲。
まさに最後にふさわしく
 ダンケシェーン!
を連発する曲。

「ありがとう!!」
アッという間でしたがざっくり1.5時間くらい?
本編終了。

続いて、、アンコール。
なんと!みなさんレモン牛乳片手に。
まぁ、、あれだけMCで言ってたら
そりゃースタッフも買いに走るってね(笑)
そしてストーさんの飲んだ感想
「まさに、、いちご牛乳の
レモン風味だわ」って。
そして飲みかけを最前の子に渡し
「あげるよ。もう、充分味わったから」って。
あはは・・
やっぱ味はお気に召さなかったみたいゞ(≧ε≦o)
私も1回買ったことありますが
1回で充分って思っちゃいました(笑)

フィリポから一言ってふられ
「初日来ていただきありがとうございます!」って
言おうとしたところ
初日をしょじつって言ってしまい
ソッコーツッコまれてました。
最近のフィリポはそういう酷い言い間違いが
多いそうです。

その時だったか。。
ストーさんにフィリポが着てるTシャツについて
「その青いのフィリポじゃないよね?
酔ってるときの」って言われ
一人大爆笑のフィリポ。
何気にイラストはピカソの名画みたいです。
知らなかった―・・
その青い人はかなりクネ~ってなってて
両手をフラ~って上げてる感じになってて
確かに、、酔った人風には見えました(笑)

アンコール1曲目は
『ツァラトゥストラ』
そうか、、これがまだ残ってたか。
今回のアルバムは曲数が多いのかな?
アルバム以外の曲がすごく少なかった印象です。

そしてこれもライブではかなり定番の
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』
初代の方が
そりゃー盛り上がります。

で、『テキーラ!テキーラ!』
いやぁ~そりゃー盛り上がるって。
ギューギューじゃないにしても
そこそこ汗かきました。

ふぅ・・
やっぱ髭ちゃん楽しいです。
フィリポがドラム叩かないのはちょっと残念ですが。。
AXとかステージが大きいところだと
ドラム3台とか並べて
ドドーンっとやって欲しいです。


<セットリスト>
 01.ホワイトノイズ
 02.とても愉快なテオドアの世界
 03.ベルボーイ!ヘルプミー!
 04.髭は赤、ベートーヴェンは黒
 05.溺れる猿が藁をもつかむ
 06.アルペジア
 07.キングスバリー・マンクス
 08.フラッシュバック
 09.地獄
 10.スローリーな地獄
 11.ドーナツに死す
 12.ネアンデルタールPunks Fuck Off!
 13.ボーナス・トラック
 14.テネシーガール
 15.サンデー・モーニング
 16.それではみなさん良い旅を
 17.ロックンロールと五人の囚人
 18.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク2
 19.ダンケシェーン

 EN.
  ツァラトゥストラ
  ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
  テキーラ!テキーラ!


なぜかライブ終わり、、
お友達と話してたら
アラバキのTシャツ来てたからか
「アラバキ行ったんですか?」って
声をかけられ、、ちょい立ち話。
地元宇都宮の方みたいでした。
にしても・・・アラバキネタで声かけられるとは
予想外でした(笑)