So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとゆるやかに だいぶやわらかに かなり確実に 違ってゆくだろう [音楽]

アラバキ行く前に
ザッと上げていた
タイムスケジュールの記事
アクセス数が1000を超えてて
ビビりました(´+ω+`)

さて2日目 4.28
IMG_0322.JPG
泊まったホテルは
いつもと違ってバス乗り場側。
この方が近くていいじゃん?って思ったんですが
行く前に荷物をロッカーに入れるので
逆に面倒な経路に・・・
やっぱ反対側がいいってことに
落ち着きました(笑)

ちょっとテンションアガったのは
窓から新幹線がよく見えること!
IMG_0309.JPG
IMG_0310.JPG
秋田新幹線見たかったけど、、、
残念ながらそれは通らなかった。。

そして
この日は幾分暖かくなるって話でしたが
朝はまだ寒くて
前の日のトラウマが、、、(笑)
時間は1日目同様
8時頃バス乗り場へ行きましたが
1日目よりも乗れた時間遅かったし
到着も遅かったです。
恐るべし・・黄金週間。

WHITE ASH(鰰)を見るために
風の草原入口から入ろうと思ってたんですが
あまりの寒さに
Theピーズのグッズにある
軍手をいち早く購入したくて
メインゲートから。
よってWHITE ASH(鰰)は断念。。
メインゲートはやっぱり渋滞起こしてました。

軍手は緑・ピンク・青の色があり
迷った挙句緑を購入。
IMG_0320.JPG
かわいい♪
そのほか、ズミちゃんの屋台が展示してありました。
IMG_0313.JPG
IMG_0314.JPG
こちらもグッズが出るほどの人気で
すっかりズミちゃん定着してます。
でも今年は遭遇できなかったなー・・

朝一の玉こんいただき
IMG_0315.JPG
リポチャージして
陸奥へ。
既に川崎中学校ブラスバンド部の演奏が
始まってました。
人もそれなりに多かったですが
王子側の端っこブロック
サイドの柵横が取れました。
これでこの日はTHE BACK HORN終わりまで
居続けること決定。

ってことで
1日目のトップバッターは
怒髪天(陸奥)
いつもの祭囃子でメンバー登場。
王子はあのパンツ、、お気に入りなのかしらね(笑)
シミさん、インストの時より
さらに髭が濃くなってて
カールおじさんみたいでした。
増子さんは黒のシャツ。
「よく来たー!」って櫛の投げ入れして
1曲目は『ホトトギス』から
ライブスタート。
アガるね~♪ヽ(´▽`)/

そして早くも2曲目で
『酒燃料爆進曲』
一気にスイッチ入っちゃったよ。
坂さんの雄たけびは、ひねりなく「アラバキ!」

そして『押忍讃歌』
この立て続けの盛り上がりソング連発
流石です。

「よく来た!よく間に合った!!
特に俺たち(笑)
渋滞しちゃって車動かないの。
一本道だから抜かすに抜かせないしね。
あんなにハイスピードでリーゼントにしたの
初めてだよ。
次は、、、カツラかな。
カツラだったらポンってすぐでしょ。
まぁ、でもね、そしたらこんな風に(頭振る)
できないけど
でも、微妙にズレてこうやって直すから
その時は見てみないフリするように(笑)」

「今日は、いいお天気になってよかったね。
これは、フラカン帰ったからだと思いますけど(笑)
あのー怒髪天初めて見るって人もね
朝早いですから
ちょっと準備運動的にね
体動かしといた方がいいですよ」
っと続いては『オトナノススメ』
増子さん、、フラカン帰ったからとかって
いやいや、圭介さんはいるぞ?って思ったけど
実は他メンバーもいたみたい??ゞ(≧ε≦o)
だって、急きょ決まったスナックエリーのゲストは
フラカンだった模様。
IMG_0317.JPG
全員だったのか、グレートさんと圭介さんだけだったのかは不明ですが・・

で、唯一知らなかった曲
『団地でDAN!RAN!』
でも、すっごく覚えやすい曲だし
サビでタイトル部分歌ってたから
すぐ、この曲だって分かりました。
こういうみんなの歌的なのも作れるなんて
王子の引出ってば、、すごいです。

続いて久々の『喰うために働いて生きるために唄え!』
みんなで合唱するところ
ちょっと短めでしたが
しっかり聞こえてきました。
かなりたくさん人いたしね。
すっかり人気者になっちゃったなー、、、なんて
しみじみ。

「どう?少しは暖まってきた?
太陽も出てきたしね。
、、これは他のバンドが始まった証拠だから。
毎年、こうなる(寒くなる)って分かってても
つい、1年経つと忘れちゃってね。
でもさ、一年頑張ってこの日が来て
また来年まで頑張ろうって思えるなんて
ホント、いい祭りだ」
なんかその一言がすごーく共感できて
お客さんだけじゃなく
出演者もそう思ってるフェスって
なんか素敵なことだなーって
改めてアラバキの素晴らしさを感じました。

「ここで一つ、お知らせしたいことが。
我々、来年30周年なんですよ。
こう見えて、、、って若くは見えないか(笑)
そこで、2014年1月1月12日祝日前夜
日本武道館公演決定!!」
この時、武道館って言う前にお客さんから言われちゃって
「おい、それはまだ言うなよ。
一番いい所なんだから」って
言ってたのが可笑しかったです。

拍手でお祝いするフロアに
「みんな来てくれないと、困りますよ?
他のバンド仲間もね。
全員名前書きだして、来たら当確の花のように
付けてって、、、公開処刑でも
しようかと思ってますから(笑)」
この話は昨日のフラカンの時にも
言ってましたが
いやぁ、、、さすがに、1年前に言ってて
しかも怒髪天でしょ。
繋がりあるバンドは誰もそこに
予定入れられないでしょう。
ってことは、、、その日はかなりのミュージシャンが
武道館に集まるってことで
それはそれで豪華になりそうです。

「今日はアンセム的にデビュー曲を
やろうと思う。
俺らすごいよ~上京して一週間で事務所潰れたから。」
で、『流れる雲のように』
タイトル聞いたときはピンっとこなかったんですが
曲を聞いて
あー聞いたことある、、
確かに最近ちょこちょこやってくれてますよね。
そうか、これがデビュー曲だったのか。
ちょっと今とは雰囲気違います。
でもこういうお笑い要素ゼロの曲を歌ってる
増子さんを見るのって
ちょっとドキドキしちゃいます。

そこから一気に最新の曲
『ドリームバイキングロック』
このギャップがまたいいです。

ラストは一緒に歌おうぜ!っと
『雪割り桜』
ホントにこの大合唱が
毎回ですが感動的なんですよね~
おぉーってとにかく大声出したくなるし
その後に来るアウトロの熱い演奏が
胸に響きます。

終わると『ニッポンワッショイ』が
SEで流れ始め
王子踊るのか?!って思ったけど
この日は踊りませんでした(笑)
ちょっと踊ろうとしてたのがかわいかった(´m`)
「ありがとー!!」

あーいいスタート切れました。

<セットリスト>
 01.ホトトギス
 02.酒燃料爆進曲
 03.押忍讃歌
 04.オトナノススメ
 05.団地でDAN!RAN!
 06.喰うために働いて生きるために唄え!
 07.流れる雲のように
 08.ドリームバイキングロック
 09.雪割り桜
 退場SE.ニッポンワッショイ

続いてサンボマスター(陸奥
お客さんの入れ替わりは、、まぁ普通にありましたが
居続ける人も多かったです。
そしてサンボは怒髪天以上に人が多かったです。

山口くん「おめぇーらモンパチのために
体力温存してんじゃねーぞ!こらーっ!!」って
相変わらずの煽りっぷり(笑)
それに応えて
お客さんも徐々にヒートアップしていってました。
私のいたところはそんなに押し押しには
なりませんでしたが
センター辺りはかなりすごかったです。

感動したのは
『I Love You & I Need Youふくしま』
出だしを近藤さんとの弾き語りから始まるんですが
この弾き語りがいいんですよね~
ホント、山口くんの声というか
歌い方は味があっていいです。
ジーンときます。
そこから徐々に盛り上がって
バンドサウンドになるところも好き。
思わず涙出てきちゃったもん。

ただ、セトリはやっぱりフェス仕様なのか
新曲(シングル)が加わるだけで
他はほっとんど毎回同じ。
なのでアルバム一つも聞いたことない私でも
全部聞いたことある曲で
いいんだけど
何か物足りなさを感じてしまいます。
やっぱワンマン行かないと
ホントの良さは分からないのかなー、、なんて。

<セットリスト>
 01.世界を変えさせておくれよ
 02.そのぬくもりに用がある
 03.I Love You & I Need Youふくしま
 04.ロックンロールイズノッドデッド
 05.あの鐘をならすのはあなた
 06.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
 07.できっこないをやらなくちゃ

次にTHE BACK HORN(陸奥)
セッティング中にメンバーも出てきて
サウンドチェックを。
先に岡峰さんが出てきて楽器を弾いてるとき
栄純も出てきて
思わずお客さんに向かって
ピース!!するとワーって沸く場内。
で、「??」って顔を上げる岡峰さん。
これが栄純、帰るときもそうしてて(今度はバイバイ~って)
なんか笑えました。

セッティング終わり、ジングルが鳴るまでの少しの待ち時間
思わず待ちきれないフロアから
自然と沸き起こる拍手。
これが何とも言えずよかったです。
自分も待ち遠しかったし
その気持ちが少しでも袖で待ってるメンバーに
伝わったかなー、、なんて。

そしてジングルが鳴り
ツアー以外で使われるいつものSE。
もうこの時点でフロアのテンションMAX。
岡峰さんは前日のツィッターでつぶやいてた通り
塁さんのブラントのTシャツ着てました。
松田さんは、、白っぽいTシャツだっけ?
栄純はグレーっぽかったっけ?
あまり覚えてない。。
山田さんは黒か紺のシャツでした。

そして楽器隊で少しセッションした後
始まったのは『コバルトブルー』
えー!?
これまたビックリの1曲目からこの曲って。。
でも、ものすごくいい出だしだったように思います。

続いては『シンフォニア』
これもアガります。
ダイバーも結構出てました。

「改めまして、THE BACK HORNです!」
ここで松田さんのMC。
「我々THE BACK HORNはアラバキは皆勤賞でして
今年もお呼ばれしまして
こうして出ることができてうれしいです。
ありがとうございます!!
まだ2日目始まってちょっとですが
この後、最後の最後
音が鳴り終わるまで楽しんで
音楽に浸って欲しいと思います。」

MC明けは『生命線』から。
こういう選曲をするのが
THE BACK HORNの魅力です。

不意に「仙台の桜キレイですね」って松田さん。
ん??
桜、、どこに咲いてるんだ??ってちょっと
?マークでしたが
『桜雪』が始まり
あぁ、、そういうことかって(笑)

ここでだったか、、山田さんが
「また、、、会いたいね」って
ボソリ。
でも残念なことに
風が強くて他のステージでやってた
ポリシックスのとっても陽気な歌が流れて聞こえてきて
ちょっとクスクスとしてしまうフロア。。
本人たちも少し気が散ってしまったのか
それ以上の言葉はなかったです。
なぜか、シリアスなムードの時に
真逆の曲が聞こえてきちゃってて
別にポリシックスが悪いわけじゃないけど
ちょっと台無しでした。

そして少しつなぎのアレンジがあって
『世界中に花束を』
この曲は毎回最後にやってるんで
ここの辺りで来るのは
ちょっと珍しい展開でした。

ラストの
 またここに帰るから
って部分の歌詞を
 またここ、アラバキロックフェスティバルに帰るから
って替えて歌ったのが
感動的でした。

「アラバキ!いい感じです!!
いい感じになってきました!!」
そんな松田さんの言葉があって
ここからラストスパート。
栄純も思わず「イェーイッ!!」って
両手上げて雄たけび上げちゃうほど。

まずは『戦う君よ』
もちろん、サビの歌詞はフロアにマイクを向けて。
めっちゃ興奮するところなのに
カメラマンが目の前に立っちゃって
幻滅。。。。(ll'ェ')
仕方ないとはいえ、客の視界塞いで撮るのって
どうなの??ってちょっと思ってしまいます。

そして『刃』
いいね、いいね~
この時、今年のアラバキで初めて
ちょっと汗かいたかも(笑)
それくらい盛り上がりました。

ラストは『サイレン』
終わりごろ、山田さん、
なぜかポールによじ登って歌ってました。
そしてそれに対抗して
栄純も登り始めて(笑)
それだけメンバーも興奮してたんですかね。

「ありがとう!!」
岡峰さんも弾き切って
楽器を床に置きっぱで帰ってたのかな?
音が鳴りっぱなしだったので
帰り際に松田さんがちゃんと戻して音を止めて
帰って行きました。
さすがリーダー!(笑)

にしても。
この日のTHE BACK HORNのステージは
熱かったです。
いわゆるフェスらしい盛り上がりで
それがメンバーにも伝わったのか
一体感があった気がします。

<セットリスト>
 01.コバルトブルー
 02.シンフォニア
 03.生命線
 04.桜雪
 05.世界中に花束を
 06.戦う君よ
 07.刃
 08.サイレン

さてさて。
お腹も空いたし、喉も乾いたし
トイレも行きたいし、、、
なんですが
次は鰰まで移動しなくては行けなくて
なのに道が大混雑で
結局今年のアラバキ
まともな食事はとれませんでした。。
(でもビールは2日間ともちゃんと飲んだ!笑)

次は山中さわお(鰰)
急いで行ったので
そうギリギリではなく
さらに淳くん側サイドのブロック最前に
お友達がいてそこに入れてもらえました♪
わーい(。・∀・。)
最終的にも、やはりソロだからか
ピロウズほどの混雑はなかったです。

SEはなく
ジングルが終わると
ゾロゾロとメンバー登場。
衣装は、、楠部さんGジャンだった?
サングラスしてて、結局ずっとしたまんまでした。
淳君は、、、
山倉くんはいつものポロシャツじゃ
なかったような?
さわおさんはインディアン風のカーディガン
白地に赤い線が入ってたので
中も赤のTシャツっぽかったです。

出てくるなり、さわおさん
「あ、イヤモニ付け忘れてた。。」って。
そして「久しぶりじゃないか!
こんなに集まってくれてうれしいよ。
でも今から暗い曲やるんどけれどね」
そう言って『Music Creature』から
『たとえばぼくが死んだら』へ。

そして『Answer』
確かに、、
おぉ~!って盛り上がれる曲調ではなく
しみじみ聞き入ってました。

「俺は今日、仙台に来たんだけど
淳は昨日から来て、、フィーバーしたんだろ?
声ガッサガサで
コーラス出来てないんじゃないの?」っと
ツッコまれる淳くん。
「いやぁ、、大丈夫ですよ。
コーラスちゃんとやってますよ~」

「今日はMJQ見て
大澤よしゆき?ん?大澤誉志幸さんか、、見て
その後コレクターズ見に来て
加藤さんの衣装が一番派手だった。
加藤さんはいつも
俺の想像をはるかに超えるんだよ」

そんなMCから『Slide in tomorrow!』
『Permanent black sheep』
ここからちょっとノリのいい曲になったので
チラホラ拳も上がり始めます。

「この後、、GTR祭り
にも出るんだが、、ああやって書かれるとさ
ギタリストの一人みたいだけど
俺のこれ(ギター)はネックレスみたいなものだから。
俺はVo枠ですよ?
でも、誰もが喜ぶ、
フェスで聞きたいって思う曲をやるから。
よかったら見に来てよ」
えー、、そんなこと言われたら。。。
かなり気になる。
でもって、そこのタイムテーブル的に
かなり候補あって
どーしよー・・って思ってたんですが
もう、この一言で
GTR祭り行きになるかな、、って感じでした。

『All memories』
『HEVEN'S PINHOLE』
この流れはグッとくるものがあります。
さわおさんが「もっと夕暮れかと思ってたんだけど
意外と明るいんだよな、、」って
始まる前につぶやいていましたが
確かに、陽が落ちかけた夕暮れ時に聞くと
もっと感動的だったかもー、、なんて
思ったりもして。
いや、そうじゃなくても
なんかジーンときました。

そしてクラップハンズも大分慣れてきた
『Mallory』
やっぱこの曲大好きです。
かわいい。

曲が終わるとさわおさん以外
静かに楽器を置いてステージから退場。
え?
さわおさん一人残って
弾き語り。

アラバキは何の規制もない
音楽を楽しめるフェスで
みんなは拳を上げて
音楽を楽しんでる
みたいな歌詞の歌を歌い
そこから『Funny Bunny』へ。
これが、もう・・・・最高でした。

もちろん最初のサビはフロアに。
しかもさわおさんモニターに上がって
地声で歌ってて
終わると「サンキュッ!」って地声が聞こえて
さらにラスト
 君ならそれができる
ってところを
 俺たちならそれができる
って歌詞を替えて歌って
マジ、泣けました。

なんだ、なんだ、、
今年のアラバキは歌詞を替えて歌うの課題だったの?
って思っちゃうほど
どのバンドも1曲歌詞を替えて歌ってます。
しかもどれもグッとくる。

「楽しかったよ。ありがとう」
うぅ。。
メンバー紹介なかったのは
ちょっと寂しい気もしましたが
ソロワークですからね
ま。仕方ないのか・・
にしても、思った以上に素敵なステージでした。

<セットリスト>
 01.Music Creature
 02.たとえばぼくが死んだら (cover/森田童子)
 03.Answer
 04.Slide in tomorrow!
 05.Permanent black sheep
 06.All memories
 07.HEVEN'S PINHOLE
 08.Mallory
 09.Funny Bunny

そして
1曲でもいいからーっと
加山雄三(陸奥)へ。
そういう人たくさんいたようで(笑)
陸奥ステージ人いっぱいでした。。
でも奥へ入って行くと
割と空いてて
よく見えました。

加山雄三も見たかったけど
それ以上にバックバンドのメンツがまた豪華で。
勝手にしやがれ見れなかったけど
ここで武藤さん見れてうれしかったです。
ウエノさんは、、、今年はいっぱい見たな(笑)

加山雄三の曲、結構聞き覚えのある曲で
楽しかったし
やっぱ歌、うまいのね~
あれで76歳?!見えないです。

『君といつまでも』が聞けただけで
満足です(笑)
さらに『サライ』まで。
拾ったセトリによると
14曲もやったみたいです。

さてさて。
次が悩み所の
○Theピーズ(荒吐)
○緊急バンド(東北ライブハウス大作戦)
でも、、東北ライブハウス大作戦のステージ
すっごく小さくて
近くで見れそうだったので
緊急バンド(東北ライブハウス大作戦)へ。
ピーズ少し見てからの移動でもよかったんですが
落ち着かないので
ゆっくり向かいました。

着くとメンバー全員でリハやってました。
歌とかも軽く歌ったりして
お客さんも拍手とかして
するとコータローさん
「リハですから(笑)」って。
早めに行っててよかったです♪

時間になり、改めてメンバー登場。
キュウちゃんとコータローさんは
東北ライブハウス大作戦のTシャツ着てました。
そうそう。
私もラバーブレス?って言うんだっけを
買って身に着けてたんですが
IMG_0318.JPG
どうも、、途中どこかで落っことしてしまったようで
無くしてしまいました。。悲しい(T ^ T)

リハの間、お客さんは座って待ってて
本番始まっても座ってたら
キュウちゃんが「今日はシーティングスタイルなんですね。
いや、別にどっちでもいいんですよ」って言うもんで
皆さん立ち上がって見ることになりました。
座ってた方が視界よかったんですが・・
ま。そこそこ見えたのでいいか。
キュウちゃんと
やたらと目が合った気がしてます(笑)
、、、はい。勝手な思い込みなのでスルーしてください。

「緊急バンドです。
我々、普段は新宿の紅布ってところで
ライブやってます。」みたいな説明を
キュウちゃんとコータローさんから。
「いつも小さいハコでやってるんで
今日は史上最も多い人前でやる
ライブなんじゃないの??」って。
後ろ振り返って見たら
確かにたくさん人が集まってました。
中に久土さんもいて
時々野次飛ばしてました(笑)

まずは1曲インストの曲。
ちょっと聞き覚えのある曲。
かっこいいです。

そしてコータローさんVoで1曲。
でも歌い始めた途端、強風吹き荒れ
譜面がバサっと落ちる。。
で、「ちょっと、待って・・」って
曲ストップ。
「だってさーはじまってすぐに
こうよ?」って譜面バサをジェスチャーで(笑)
「ちょっと、持ってて」って
前の人に譜面を持たせて再開。

「次がさ、淳が歌う曲なんだけど
今日はできないって、、」
えー、、ってフロア。
すると「え?やっちゃう??」
「やっちゃえよ。お前、ロックで
声が出ないとか言うんじゃないよ~」ってことで
予定変更?!で淳くんVoで1曲。
確かに、ちょっと声ガラガラでしたが
でも全然、聞ける声でした。
キュウちゃんのコーラスもあったし。

ここからはゲストの登場。
まずはようこさん!
ようこさんは前の緊急ナイトでも歌ってた
例のメジャーな曲(笑)
「この後GTR祭りがあるんで、、って
俺も出るんだけど」
そんな訳で駆け足で歌って
ソッコー帰って行きました。
だからか「ちょっとテンポ早かったね」って。

続いてはミチロウさん。
おぉ~
これまた、、MJQ見れなかったもんで
少しだけでも見れてラッキーです。
ミチロウさんは 
吐き気がするほど―ロマンチックだぜーって曲。
途中久土さん乱入で
凄いことになってました。

「少しでも忘れないために
続けていくってことが目標で
こんな感じでやってます。
もしよければ、今度いわきにも行くんで
遊びに来てください」って
告知もしてましたっけ。

最後は3人で1曲。
アッという間でしたが
かなり近くで見れてうれしかったです。
帰るとき、コータローさんが
照明に頭ぶつけてて
コノヤローって照明に向かて拳あげてて
笑えました。

いよいよアラバキも終盤。
 ○the HIATUS(磐越)
 ○RESPECT FOR忌野清志郎(荒吐)
 ○GTR祭2013(鰰)
っと、、候補がありましたが
さっきのさわおさんの一声で(笑)
迷わずGTR祭2013(鰰)へ。

<HOUSE BAND>
 Gt&Vo佐藤タイジ(Theatre Brook)
 Gt&Vo藤井一彦(THE GROOVERS)
 Keyエマーソン北村(Theatre Brook)
 Ba中條卓(Theatre Brook)
 Dr亀井亨(GRAPEVINE)/阿部耕作(THE COLLECTORS)
 Vo&Choうつみようこ/福原美穂/Leyona

<SESSION GUEST>
 田中和将(GRAPEVINE)/山中さわお(the pillows)
 古市コータロー(THE COLLECTORS)/生形真一(NCIS)

前半はHOUSE BANDの方々での演奏。
フジイさん兄の藤井一彦さんは
とってもスマートで
またそこそこMCもする愉快な方でした。
コレクターズの阿部さん=Qちゃん
なぜかピンクのスウェット上下でした(笑)
コーラスに福原美穂とかいてビックリ。
コーラスのお三方それぞれがソロでの1曲もあったり。

そして後半にゲストを招いての演奏で
トップバッターで
さわおさんと生方さんの登場。
さわおさん、、半袖のピンクのポロシャツという
気合入りまくり?!の衣装でした。

出てくるなりさわおさん「タイジくんを
ずっと同い年だと思ってタメ口聞いてたんですけど
微妙に年上だって最近分かって、、、」って。
でも佐藤タイジは
モニター?が微妙にハウってることの方が
気になっちゃってて
そんなにそれについて取り上げてくれなかったです。

あとは生方さん
ちゃんと話したのは今回が初?だったようで
生方さんがすごく緊張してたとか。

突然、藤井兄さんの
「俺ね、エルレのMarry Meって曲
すごく好きなんですよ」発言に
さわおさんも「あーMarry Me、俺も好き」って
ステージ上で褒め殺し大会?!(笑)

で。やっとスタンバイ整って
「えーっと、、ギタリストとして
忘れちゃいけないのが
アベフトシ!」そう言って
ミッシェル・ガン・エレファントの『世界の終わり』を。
おぉ~
そう来たか―、、、これは全く予想してない展開。
そりゃ、誰もがフェスで聞きたいって思う曲って
宣言できますよね。
いやぁ~聞きに来ててホントよかったです。

生方さんのギターもすんごくカッコよかったし
さわおさんの歌い方も
チバさんの歌い方をいい感じで真似てて
雰囲気よく出てて最高でした。

終わってから佐藤タイジが
「まさかミッシェルの曲をカバーする日か来るとはね。
時代は変わったね」って。
真意はよく分からないですが
多分、、、今までのこういうセッションで
2000年代に解散したバンドの曲をやることって
そうなかったんだと思います。
多くは60年代、70年代とかの
古い曲だったと思うんで。
それがついにそういうバンドをも
カバーする日が来たんだってことが
言いたかったのかな、、って。

にしても。
さわおさんがこういうのに出ること自体
ちょっとビックリしたんですが
そこでの選曲が
ミッシェルだったっていうのは
なんかうれしかったです。

その後、田中和将さん
そしてコータローさんと続き
・・・コータローさんも歌ったっけ??
ギターだけだったか?あまり覚えてないけど
1曲だけじゃなく最後までいたような気がします。
キースのTシャツ着てたんだっけな。
ひときわ背が高くて脚長いのが目立ってました。
で、藤井兄がキースに似てきてるって話、してました。
最後はお馴染みタイジさんの
『ありったけの愛』で終了。

そしてカーテンコールみたいに
出演者全員出てきて
みんなで手を繋いで一礼。
コータローさんのお腹見えました(笑)
そういば、、さわおさんは
自分の出番が終わって袖で見てるときも
半袖のままでした。
興奮してたんでしょうか?

ついにー
ラスト。
MONGOL800&ARABAKI PROJECT ga presents
What a Wonderful World 陸奥with琉球(陸奥)

<GUEST>
 奥田民生 
 加藤登紀子 
 SPECIAL OTHERS 
 BEGIN 
 ORANGE RANGE 
 山口隆(サンボマスター) 
 細美武士(the HIATUS) 

急ぎ足で行ったんですが
既に始まってました。
・・・っつっても、多分、
モンパチのみの演奏部分だったと思います。
そして、ここでもミラクルおきまして
なんとなんと、最初に全部見たいゲストが登場してくれて
心置きなく、途中で帰ることができました(笑)

帰るのに近い方はすっごい人でごった返してて
ステージ何も見えないし
立ってるだけでも辛そうな感じ。
で、頑張って奥の方まで進んで行ったら
(進むのも一苦労なほど人いっぱいでしたが、、)
なんとか見える位置に。
にしてもー
やっぱすごい人でした。
やっぱ人気あるんですね。

モンパチはあんまり知らないですが
でもキヨサクの歌声は好きです。
声がいい。
あの歌い方とか雰囲気とか
沖縄ならではのゆったりした感じがあって
いいです。

あまり曲知らないんで
ゲストコーナーの部分のみ書くと、、
まずは奥田民生から。
キヨサクが「こういう(セッションとか)慣れてないんで
不慣れな点とかあるかもしれないんですけどー」って言うと
「俺は、こういうのばっか。
ここも何回も出たよ」って。
確かにー(笑)
曲はモンパチの『あなたに』と
民生さんの『イージュー☆ライダー』
民生さんお声もどっちかというと
気の抜けた感があるんで
雰囲気ピッタリでした。
やっぱ歌上手いね。
人の歌を歌いこなしてるのを聞くと
改めてそう思います。

続いてはオレンジレンジ。
「沖縄のEザエルです」って言ってたのが
可笑しかったです。
実は、、一緒にやるのは初めてなんだとか。
1枚目のアルバムの1曲目に入ってるという
『DON'T WORRY BE HAPPY』を。
そしてキヨサクが「俺の作った新曲」って
『上海ハニー』を(笑)
知ってる曲だったので
楽しかったです。

そして細美さん。
「神様がこれを歌えってくれた曲なんだと思う」って
だからずっと歌い継いでいって欲しい名曲っと
紹介していた『小さな恋の歌』
ホントに大好きみたいで
対バン?した時に
なぜかモンパチに1回のステージで
3回も歌わせたとか(酔ってたらしい、、)
あと「さっき自分のステージで
持ってる最大の声で歌ってくれって言ったんだけど
それを更新するくらいの声で
歌ってよ」って。
途中「聞こえねーぞ!」って声も飛び出し(笑)
大盛り上がりでした。

次にサンボの山口くん。
こちらはサンボの曲で
『世界を変えさせておくれよ』

っと、、立て続けに見たかったゲストが出てきてくれて
そのあたりでちょうどタイムリミットだったので
帰ることにしました。
最後は増子さんも出てきたみたいですが
それはどっちにしても見れない時間帯だったので
良しとしよう。

バスは思ったほど混雑してなくて
22時過ぎには到着。
お店で時間潰して夜行で帰京。
楽しかった2日間が終わりました。

そういえば、アラバキの磐越方面側には
羊とヤギがいたり
IMG_0307.JPG
IMG_0308.JPG
こんなオブジェもあったり
ちょっとFUJI ROCKみたいな感じでした。
・・・羊とヤギはさすがにいないですが、、(笑)

そして、帰りの山手線
ビックリのこの車両!
IMG_0321.JPG
どうやら、50周年記念で
1日に何便か走ってるみたいです。
前に通ってるのを見たことあったんですが
乗ったのは初めて。
ちょっとラッキー★

おまけ。
来年のために書いておくと(笑)
帽子は必需品。晴れても小雨でも役立ちます。
バス乗り場へは8時までに行く。
乗るまで待つだけじゃなく
乗ってからも渋滞に巻き込まれてしまい
最初のバンドに間に合わない可能性がでてくることも。。
2日目のロッカー、、8時までに行くなら
前日から取っておかなくても大丈夫かな・・
ちょっと心配だけど。

気が早いけど
早くも来年が待ち遠しいです(*´∀`*)

笑ってますか?夢見てますか?未来の俺 未来の君は [音楽]

行ってきました!
4.27~28 
ARABAKI ROCK FEST.13
@エコ キャンプみちのく
IMG_0303.JPG

いやぁ・・・
寒かった( ∀ )。。。
2日目はまだましでしたが
1日目はどうやらアラバキ開催史上
2番目の寒さだったらしいです。
(1番目が気になる所ですが、、笑)
幸い雨がさほど降らなかったのだけが
せめてもの救いでしょうか。

でも。
最高に楽しかったです。
もう終わったすぐそばから
来年に向けて
あれこれ、こうした方がいいとか
ホテルは今度はあそこにしてみようとか
考えちゃってる自分がいます(≧▽≦)ゞ

ってことで
正直、興奮しすぎで頭真っ白ですが
どうにか記憶を蘇らせ
覚えてる範囲で感想書いていこうと思います。

まずは1日目4.27
GW初日ということで
バスの渋滞とか心配してたんですが
難なく予定通り到着。
ホテルに荷物を預け、朝食を済ませて
8:00前にバス乗り場へ。
もちろん、既に結構な行列。
でもあまり待ったーって感なく乗車。
今年は2日間・往復共に補助席は免れました(笑)

ここでも渋滞はなく
9:30頃でしたか?会場に到着。
開場が10時何ですね・・
ここが一番待たされた感じ。
OPENしてるのになかなか列が進まなくて
なんで??って思ってたら
皆さん、入り口付近で立ち止まって写真を撮る方多数。。
(私もその一人でしたが、、)
これで軽い渋滞が起きてたようです。

恒例リポボタチャージをして(笑)
IMG_0316.JPG
タワレコブースとか覗いたりして
・・・今年は目ぼしいものなかった、、
トップバッターを見に磐越へ。
今年から磐越までの道のりが少し変わり
花笠ステージで溢れてるお客さんの間をすり抜けて
移動するってことはなくなりましたが
なんかグル~って遠回りさせられてる感じで
より遠くなった印象です。
相変わらず道は狭いし。
以前は鰰が一番遠いステージでしたが
今思えば鰰なんて近い近い(笑)

さて!
2013アラバキスタートは
百々和宏とテープエコーズ(磐越)
何となく見れれば~、、、でゆっくり向かったので
とっくに始まってましたが。
モーサム百々さんのソロワークなんですかね。
他のメンバーはあまり知らない方々。

でもって元々モーサムの曲もさほど知らないんで
あまり比較はできないんですが
こっちはよりガレージロック的な?
ブルース寄りな?
なかなか渋い感じのロックでした。
でも、いい感じ。
味があってよかったです。

「今日のこの磐越のステージは
この後、不良の先輩たちばっか
出てくるでしょ?
俺なんて一番下ですよ(笑)」って。
。。。確かにーゞ(≧ε≦o)
タイムスケジュール見てみたら
見事にそういう関連(どういう関連?!笑)
そろってて
やっぱりある程度ジャンルって言うか
そういうの考えた流れになってるんですかね。

3曲くらいしか聞けなかったですが
遠いの頑張って見に来てよかったです。
また見たい♪
って思ってたら、どうやら5/6吉祥寺で
無料のフリーライブ(吉祥寺のイベント)に
出るみたい。
いいかもー(*´艸`)

ここで端っこブロックの最前が取れたので
このまま待機。
勝手にしやがれ(津軽)も捨てがたかったですが
DAD MOM GOD(磐越)
スカパラを脱退した冷牟田さんのソロプロジェクト。
ARABAKIでのメンバーは
Dr.池畑潤二、Ba.ウエノコウジ、Gt.竹内朋康他
ホーン隊3名。

噂には聞いていて
一度見てみたい!って思ってたんですが
なかなか機会がなくって
この度、ようやく見れました~
カッコよかったです!!
ホーン隊入るとホントカッコよさ3割増しくらいに
思えてしまうのはナゼでしょう(笑)
ウエノ&池畑のリズム隊も
貫録バッチリです。
途中雨が強くなってきましたが
スウィングノリノリで楽しめました♪

気候のいい時に
野音でビール片手にゆったり見るのも
いいなーなんて
思いました。

続いて。
爆弾ジョニー(HASEKURA)
このステージの場所が分かり辛くて。
方向的には合っていたんですが
あれ?どこだ??って
一瞬迷ってしまいましたが
なんとか見つけられました。
ステージって言うより、、
小屋っていう感じですかね。
IMG_0319.JPG
100%フルソーラー電源ということで
照明とかも節電モード。

以前、映画「赤い季節」のイベントで
VoのりょーめーくんとDrのタイチくん二人での演奏を
見たことがあって
ちゃんとしたバンド形態でのライブが見たくって。
メンバーはKeyが入った5人編成。
みなさん、なかなか曲者揃いで(笑)
かなり個性的でした。
でも思った以上に?!お客さんもいっぱいいて
曲を知ってる人も多かったのか
拳も上がったりして
盛り上がってました。

曲はオリジナルに
ところどころカバーを取り入れたりして
不思議な曲もあったりしつつの
ロックンロールで
普通にいい曲でした。
やりたいことを
やりたいままにやってるっていう
気の抜けた感がいいんですかね。
今後も頑張っていって欲しいです。

<セットリスト>
 01.なあ~んにも
 02.おかしな2人
 03.へんしん
 04.イミナシ!

ここHASEKURAステージは
風の草原入場口のすぐそばなので
帰りは外からメインゲートへ。
断然、この方が道も広いし
行きやすいです。
・・・遠いのは変わりないけどー。。

そしてこの日1本目
2013年初!の玉こん(写メ取り忘れた、、)
150円に値上がったのは悲しいですが
それでも食べたくなる美味しさです♪

続いてはKEMURI(陸奥)へ行く予定でしたが
急きょ、アラバキラヂオの公開録音
ゲスト:フラカンが決まったので
圭介さんの親善大使っぷりを見に行きたくて
アラバキラヂオ公開録音(フラカン)へ。
IMG_0304.JPG

看板には13:40ってなって
爆弾ジョニー終わってダッシュで帰ってきたのに
結局、KEMURIのライブ終わりじゃないと
収録できないからって
14:10まで待ち。
、、、って。
前日の情報公開ではその時間でUPされてたのに
看板が間違ってただけじゃん。

イスには座れませんでしたが
イスのすぐ後ろの位置にいられたので
視界良好で見れました。
待ち時間に聞こえてくるKEMURI聞きながら
ビール1杯★

聞き手役にラジオのパーソナリティの方と
堂島くん、そして圭介さん
ゲストにフラカン3名という形でのスタートでしたが
あろうことか、堂島くん、
隣のタワレコブースでサイン会が入ってて
最初の挨拶だけで
その後はほぼ、ラジオのパーソナリティの方が聞き手役で
ゲスト:フラカンメンバーって形でした。
圭介さん「メンバーにも聞いてみたいことあるんで
しっかり聞き手役も頑張りますよ」って
言ってたのに(笑)

トークは主にアラバキのトリのステージについて。
早い段階で決まってたけど
圭介さんに伝えたのは1か月前くらいで
「どう?」って相談じゃなく
「決まったから」っていう決定事項だったらしいです。
それはいつものことで
早くから相談すると、すぐに「できないよ」「無理だよ」って
言われちゃうから決まってからしか言わないんだとか。

ゲストのメンバーは
みんな面識ある方々ばかりだけど
自分たちから提案した人と
GIP側からどうですか?って提案された方とで
決まったとか。
自分たちの曲を他の人に歌ってもらうなんて
初めてのことだから
うれしいって。

他、出てくるなり竹安さんの顔色悪いって
ツッコむ圭介さん。
竹安さん曰く
「昨日1時間切り上げるのが遅かった、、、」
その後も何かにつけて
「竹安、大丈夫か?」ってツッコんでました。

フラカンといえば、、雨バンドで
つい先週も気候を変えたって話題。
40うん年ぶりの4月の気温だったし
沖縄でも記録的な低温だったらしいし
「気候を変えるバンドですよ」って。
そんな寒い野音で一人半袖のつなぎで臨んだ
ミスター小西の一言は
「こんなに寒くなるとは思わなかった、、」だったそうで
「天気予報で散々言っとっただろうが」っと
グレートさんから言われてました。

そんなミスター小西は
このアラバキにそなえてバッチリ雨対策をしてきたようで
長靴を買った話。
でも、張り切って履いた瞬間、雨止んだそうです(笑)
防水加工の上着も新しいだろー
こんなの初めて見たぞ
ゴアテックって書いてあったのか
「ジョージアで当たったのかと思った」とか
メンバーにツッコまれてて
おもしろかったです。

あとは過去のアラバキで思い出に残ってることとして
雨の日の出番で圭介さん
滑っちゃうからってあえてスライディングを
何回もしてたら足の腱だっけ?を
切ってしまった時の話なども。
竹安さんは「それってアラバキの時だったんだ」って。
結構アチコチでそういうことをしてるから
何処での話だったから
あまり覚えてないそうです。
竹安さんらしいお答え(笑)

最後の方、やっと堂島くんが戻ってきて
記念撮影をしたんですが、、
なぜかホスト役の圭介さん・堂島くんが椅子に座り
後ろにゲストのメンバー3人が立つという
撮り終わって圭介さん
「普通、これ、逆だよね?
あの3人だから別にいいけど
他のゲストだったら失礼じゃないか?」って
大笑いしてました。
その後はどうなったか、、、
他のゲストの回も見てみたかったんですが
残念ながらこれしか見れませんでした。
でも楽しいトーク満載で満足♪

次にKen Yokoyama(陸奥)
途中で抜けるかも、、ってことで
後ろの方で見たので
ステージあまり見えませんでしたが
陸奥はスクリーンがあるので
所々はそれで見てました。
あ、そう言えば、、どこかで南ちゃんと
すれ違いました。
今年のアラバキで見た唯一の出演者(笑)

Kenさん、よかったな~
英語で歌ってるから何歌ってるか分からないだろうけど
CD買ったら和訳ってものがついてきて
それ見たらきっといいと思うよって
ちゃっかりCDの宣伝とかもして(笑)
でも曲やる前に
ちゃんとこういう気持ちを書いた歌とか
こういう想いがあって書いた曲とか
説明してくれるのが
よかったです。

知ってる曲で
大好きな曲もやってくれたし
つい、最後まで見てしまいました。
今度クアトロでちゃんとライブ見れるのが
うれしいです♪

kenさんのMCで、一つ思い出したやつ。
何かやったらやったで言われるし、
やらなかったらやらないで言われる。
だったら俺は自分が正しいと思ったことを
これからもずっとやり続けていくよ、って。
そういう姿勢が支持される理由なんだろうなーって思いました。

さてさて。
朝ごはん以降、玉こん&ビールだけだったので
お腹が空いてきたんですが
いつ行ってもフードコートは人がいっぱいで
時間との闘い(大げさ 笑)で動いてる身としては
並んでまでは食べたいとは
思えなくって・・
そんなにバタバタ動いてた感ないんですが
ゆっくりした時間は少なかったかも。

そしてKenさん終わりで
OAU(津軽)を見つつ磐越へ移動しようと思ったんですが
フードコートで食事調達ができなかったので
川崎町ブースで揚げ餅を購入したく
外回りで磐越へ行くことにしたため
OAU(津軽)断念。。

今年から新メニューの揚げ餅。
IMG_0306.JPG
ちょこっと油っぽさありましたが
こういうの大好き☆

早めに着いたので
磐越ではthe dayがまだやってました。
仲井戸麗市、中村達也、蔦谷好位置、KenKenからなる
バンドです。

RSRで1回見たっけ、、
その時のことはあまり覚えてないんですが
今回見て
すごくよかったです。
歌をチャボさんだけじゃなく
KenKenも歌うんですよね。
それがかなりよかった。

そして何と言っても中村達也!
髪の毛さらに金髪っていうか
薄い金髪になってて、栄純みたいに結わいてて
それが妙にセクシーっていうか
カッコよかったです。

もともと人がいっぱいで
ジワジワ前に攻めてはいたんですが
そういう考えの人たくさんで
the day終わりでもあまり人は動かず
ハルキ側、端っこブロックのサイドライン
2列目辺りで待機。
前の人がそんなに背が高くなかったので
視界は良好でしたが
若干、ハルキにキュウちゃんが被る位置デシタ・・
これは毎回悩まされることなんですが
The Birthdayのセッティングは
どうも見にくい。。

ってことで
The Birthday(磐越)
MWAM(陸奥)はキッパリあきらめましたよ。
またいつかの機会に見れることを祈りつつ。。
(武道館も結局チケットないし)

ジングル鳴ると歓声上がるフロア。
いつものSEでさらにテンションUP!
メンバーはフジイさんは黒の皮ジャン
キュウちゃんはグレーのシャツ
、、、かなり大人っぽい雰囲気で素敵でした♪
ハルキはキャメルのコーデュロイっぽいウエスタンのシャツ
そしてビックリなのが
無精髭?伸ばしてました。
どうした??(笑)
チバさんは黒の皮ジャン(丸首)にサングラス

「オーライッ!」みたいな一言を発して
まずは1曲目『カレンダーガール』からスタート。
1曲目『カレンダーガール』って
アガりますね。
そういえば、、ここでチバさんタンバリン叩いてたっけ?
セッティングの時に
タンバリンがあったのは覚えてるんですが
結局使わなかったなーって思ったけど
ここで使ってたっけ??
興奮してて記憶にないです(笑)

フロアも拳あげて
歌ってる人たくさんいたので
それを見てキュウちゃんがすんごい笑顔だったのが
ホントよかったです。
終始うれしそう、楽しそうに叩いてました。
そしてハルキも
なんかいつも以上にご機嫌な感じだったように
感じました。

続いて『Buddy』
これはすっかり定番。
もうこれがこないと幕が開かないくらい。
そして
 ロックンロールに溺れようぜ
 朝から晩まで寝てる時でさえ
って歌詞を
 朝から晩まで風が強い時でさえ
って替え歌Ver.で歌ってくれて
イェーイ!ってなりました。
そう、この日は寒い上に風が強くって
さらのこの時間帯(場所にもよるのか?)
風がハンパなく強くって、ステージに向かって
ビュービュー吹いてたんですよね。
きっと切実な心の叫び
だったんではないかと思います(笑)

なので パーティーがまた始まる!
ってところはいつも以上にテンション上がりました。

ここでサングラス外すのが
いつもですが、、、
この日は外さなかったので
あれ?このままいくのかなーって思ったら
次の『ROKA』終わりで
外してました。

キューちゃんMC「The Birthdayです。
風当たりすごいライブになってますが、、
追風にしていきたいと思います」って。
いや、ホント、ステージ上の方が
風辛かったと思います。
磐越の飾りつけが
いつ吹っ飛ぶかってハラハラしてましたから。

『なぜか今日は』では
もちろん、ハルキステージ前へ。
無精髭生やすと
一気にオッサンに見えてしまう・・
シミさんといい
Ba界では髭面ブームなのか?!(笑)

何て言ってたか忘れましたが
フロアからテンション高い声が聞こえてきて
それに応えてフロアもワーってなると
チバさん「元気じゃん」
さらにワーって盛り上がると
「すっごい元気じゃん(笑)」
「チバさんは?」って聞かれたら
「2秒だけ元気!」
そう言って『2秒』へ。
ウマイね~(笑)

土曜日のお決まり?!
『SATURDAY NIGHT KILLER KISS』
なぜか、土曜日に聞くと
特別な曲に思えてしまうのが
不思議です。

そしてチバさんがギターを爪弾きまして
フロアにカモンってやるのかなって
思ってたら
なんと、ハルキを指さす仕草。
え?まさか??って思ってたら
なんと!ハルキが照れ笑いして
 電話 探した あの娘に聞かなくちゃ
 俺さ 今 どこ
って歌いました~
ビックリー!!
でも感動~*:.。☆..。.(´∀`人)

そしてチバさん
「ここは。みちのく、みちのく、何とかキャンプ!」
相変わらず
チョイスがおもしろい。
アラバキでもいいし、磐越ステージでもいいのに
なぜか、この会場の正式名称を
言おうとするところが
チバさんらしいです。

この曲の途中だったか
キュウちゃんがスティックを1本投げたんですよ。
それが私の側の柵外に落ちまして
でも当然柵の外だから
取れる訳もなく
他の人も「あ、、」って感じで狙ってたと思うんですが
取ってくれそうなスタッフもいなかったし
曲終わりでもう一度覗いてみたら
もうなくって
誰かダイバーが取って行ってしまったようです。
オシイ。。

ラストは『BABY YOU CAN』
野外の、しかもいい感じに日が暮れ始めた時にきくと
雰囲気出ます。
ギターソロとか最高。
 俺たちはまだ 何もしてねぇよ
の部分、フロアに歌わせた後
チバさん「、、俺もそう思う」そう言って
 何もしてねぇよ
って改めて歌いました。
いやぁ、、カッコよかった。

「サンキュ、またね!」
セトリ的には定番そろいでしたが
いろんなお楽しみがあって
よかったです。

<セットリスト>
 01.カレンダーガール
 02.Buddy
 03.ROKA
 04.なぜか今日は
 05.2秒
 06.SATURDAY NIGHT KILLER KISS
 07.涙がこぼれそう
 08.BABY YOU CAN

続いて、、
〇ウツミ音楽教室(東北ライブハウス大作戦)
〇須藤寿ARABAKI SESSIONS(花笠)
っと、候補があったのですが
時間的に移動もキツキツだったし
前の人が抜けてサイドの最前取れたしで
ここで待機しちゃいました。
どっちもかなり行きたかったんですがね。。
だってーようこさんの音楽教室
生徒にTOSHI-LOWだよ。
須藤さんのソロワークも
そうそうは見れないライブだし。

でも
BIG BEAT CARNIVAL A GO GO
produced by JUNZI IKEHATA(磐越)

こちらもそうそうは見れないステージなので
仕方ないっす。
一応、、磐越のメイン扱いなんですかね。
ステージ脇にこんなフラッグが。
IMG_0305.JPG

おととし?に1回目があって
Zepp仙台のラストで2回目があって
今回3回目のステージだそうです。
<MEMBER>
池畑潤二(THE ROOSTERS,ROCK'N'ROLL GYPSIES)
大江慎也(THE ROOSTERS)
花田裕之(THE ROOSTERS,ROCK'N'ROLL GYPSIES)
下山淳(THE ROOSTERZ,ROCK'N'ROLL GYPSIES)
市川勝也(ROCK'N'ROLL GYPSIES)
浅井健一
チバユウスケ(The Birthday)
クハラカズユキ(The Birthday)
ウエノコウジ
渡辺圭一(HEATWAVE)
百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)
ヤマジカズヒデ(dip)
Keicot(DeeDeeFever)
イノクチタカヒロ(hotspring)
<MC>スマイリー原島

1回目の時は
ベンジーVoと花田さんVoを見たんだっけな。
チバさんVoとキュウちゃんDrとか
見れなかった記憶が。
今回も最後までは見れないタイムテーブルだったので
(フラカンに向けて移動のため)
どうなるかなーってドキドキだったんですが
今年はかなりミラクル!
それは後ほど。

曲名とか全然知らない曲ばっかだったのですが
セトリ拾えました♪
けっこうthe roostersの曲だったんだ。。
そう思うと大江慎也ってば、、すごいです。
まずは
01.gloria (patti smith)
02.bye bye my girl (the roosters)
Keicot(vo)/渡辺圭一(g)/ヤマジカズヒデ(g)/池畑潤二(dr)

なぜか渡辺さんGtで、ベースレス。
Keicotさん、、ちょっと強烈なインパクト
かつ、知らない人だったので
なんかお口ポカン状態(笑)

続いて百々さん登場。
ヤマジさんのVoで
03.we wanna get everything (the roosters)
ヤマジカズヒデ(vo,g)/百々和宏(g)/渡辺圭一(b)/池畑潤二(dr)
英詞曲でカッコよかったです。
あ、今思い出しましたが、
DAD MOM GODにもゲストで百々さん
登場してました。
自分のステージの時はTシャツだけだったけど
DAD MOM GOD、そして今回は
周りに合わせて黒のジャケット羽織ってました。
ジャケット着ると一気にビシっとした感じになるの
いいですよね~
嫌いじゃないです(笑)

そしてそんな百々さんVoで
メンバー変わらず
04.どうしようもない恋の唄 (the roosters)
これは同じthe roostersの曲でも
また雰囲気違った曲でも
百々さんの雰囲気に合ったきょくでした。
にしても百々さん、やっぱかっこいい。
歌い方とかそんなに好みじゃないんですが
人柄っていうか、やっぱ自由奔放っぷりが
魅力です。
きっとそういうのに自分が憧れてるんだろうな。

百々さん引っ込み、ベースウエノさんに代わり
ベンジー登場で2曲。
05.ロージー (the roosters)
06.lazy crazy blues (seena & the rokkets)
浅井健一(vo,g)/ヤマジカズヒデ(g)
ウエノコウジ(b)/池畑潤二(dr)

ベンジーのステージは見れなかったけど
ここで聞けてよかったです。
ベンジーも歌い方とか曲とか
そう好きではないのに
なぜかライブは少し見ておきたいって
思ってしまいます。
『ロージー』の時、
コーラスをヤマジさんがやってて
これがまた素敵でした。
今度dipのライブ行ってみようかなーっと思う
今日この頃・・
ベンジー「この後も楽しんでって」って。

そして、そして。
ヤマジさん引っ込み
キュウちゃん出てきてツインドラムで1曲。
07.are you gonna be my girl (jets)
ウエノコウジ(b)/クハラカズユキ(dr)/池畑潤二(dr)
インストでの演奏でしたが
最高にカッコよかった~
池畑さんと叩く姿が(姿勢とか?)似てるせいか
なんかビシっとそろっててさらに素敵。

そこにチバさんが出てきたので
なんと!元ミッシェルのメンバー
解散後初?!そろったステージ!!
っと思ったら、、ウエノさん引っ込んでしまいました。
あらら・・残念。

08.leather boots (the roosters)
チバユウスケ(vo,g)/百々和宏(vo,g)/渡辺圭一(b)
クハラカズユキ(dr)/池畑潤二(dr)
引き続き、ツインドラムで1曲。
black leather boots!って歌詞と
雄たけびが印象的な曲。
知らない曲でもなんかノリノリなれちゃいました。

そしてついに!
ベースがウエノさんに代わり
元ミッシェルのメンバー
解散後初?!そろったステージが
実現しました!!!
この時、ウエノさんがビールを持って来て
チバさんへ。
なのでウエノさんにもビールを!ってなり
ステージ袖から出てくるのを待ってたら
チバさんがそのビールをまたウエノさんにあげるという
いいもの見れた~(笑)
個人的にこの2人は2度とステージ上では
一緒にならないんだろうなって
思ってたので
感動的でした。
もうこれ以上のことはないでしょう。
この日のハイライトかな。

そこに大江慎也も加わり
09.fool for you (the roosters)
大江慎也(vo ,g)/チバユウスケ(vo,g)
ウエノコウジ(b)/クハラカズユキ(dr)/池畑潤二(dr)
大江さんまで登場とは
ホント、この企画じゃないと実現できないだろうなって
組み合わせ。
大満足です。

で。。
次からはrock'n'roll gypsiesのメンバーで
10.trackin' (rock'n'roll gypsies)
花田裕之(vo,g)/下山淳(g)/市川勝也(b)/池畑潤二(dr)
っとなり
時間的にも移動したい時間になったので
離脱。

いやぁ、、、今回順番がミラクルでした。
全部見たいの見れたし
拾ったセトリ見る限り
その後にチバさんとかキュウちゃん登場してないし
素晴らしい!(笑)

※追記
ヤマジさんがセトリを上げてくれてました♪
0427bigagogo.jpg

この時間帯
 18:40 東北ライブハウス大作戦ムービー上映(ZAO View Village)
   →19時からにかわってたけど
 19:25 風とロック荒吐(花笠)松田さんも参加したって
 19:30 GTR祭2013(鰰)フジイさん兄弟でのリードギターがあったみたい
などなど、、
気になってたステージは断念し
陸奥ステージへダッシュ!
GTR祭2013(鰰)フジイさん兄弟ツーショットは
かなり見たかったですが
仕方ない。

陸奥に着くとお友達を発見し
近くに入れてもらったので
視界良好ポジションで見れました。
ありがとうございます~♪

フラワーカンパニーズ トリビュートセッション
F.C.w.F<Flower Companyz with Friends>(陸奥)

始まる前に地元川崎町の
川内太鼓が。
何人かの大人に交じって
5歳くらい?のおチビちゃんがいて
かわいかったです。
この川内太鼓のリーダー?の坊やみたいです。

そしていつものSEでメンバー登場。
衣装は野音の時同様
グレートさんジャケット着用でした(笑)
どうやらみんなに「今日はやめとけ」って
言われたらしいです。
本人としては最後まで着る気満々で
ちゃんと用意はしてあったらしい。。
野音で失敗した?!ミスター小西は
つなぎの下に長袖着用でした(笑)

まずは1曲目『恋をしましょう』から。
いいね~
一気にフラカン節炸裂。
フロアもたくさん手振りしてて
よかったです。
最後はもちろん
 We love you!
 We love ARABAKI!!
って。

続いて『ロックンロール』
圭介さん、いつも以上に
クルクル回ってたし
ステージ上動き回ってました。
あの全力出し切ってるところが
いいんですよね~

「どうも!フラワーカンパニーズです!!」
軽いMC。
陸奥ステージ大トリなんて
もう今後ないんだろうな~なんてボソボソ。
まずは一緒に演奏してくれるゲスト
 Key:Dr.kyOn
 コーラス:うつみようこ
のお二方が登場。

『ビューティフルドリーマー』
ようこさんVer.のコーラス
素敵でした~
そして『エンドロール』
さっきまでのノリノリな雰囲気とは一転
静かに聞き入ります。
あの大きなステージに響き渡る感じ
よかったです。
アウトロの演奏とか感動ものでした。

「ここからは豪華なゲストの方が
続々と」っと。
その前になんか落ち着きのない圭介さん
水筒の入ってた飲み物をこぼしてしまったらしく
「あぁ、、」「あらら、、」っと
さらに落ち着きなくなって
「鈴木、まずはお前が落ち着け」って
グレートさんにツッコまれてました。

ゲストトップバッターは
THE BACK HORNから山田将司さんで
『はぐれ者讃歌』
ワー♪
大好きな曲を山田さんがカバーだなんて
うれしさ倍増!!
これがまたいい感じの熱唱っぷりで
すごいよかったです。

終わって軽くトークがあるんですが
「一緒に並びたくなかった、、」って
圭介さん(笑)

次はAndymoriから小山田壮平くん。
なぜか圭介さんは壮ちゃん!って連発してました。
曲は昔の曲で『元気ですか』
これまたニクイ選曲で。
壮平くんは結構歌い方にクセがあるんで
圭介さんとかようこさんとかとの
ハモりは少し難しそうでした。

トークでは「もっと小柄なイメージだったんだけど
意外と背、高いのね」って。
あはは・・
こちらもカワイイ顔しているので
「こっちも一緒に並びたくなかった、、」って
言ってました。

どんどんいきます。
続いてはジュンスカ宮田和弥さん。
ついさっきまで
荒吐で自分のステージがあった方。
さらにVnで大宮エリーさんも登場。
エリーさん、、Vn弾けるなんて知りませんでした。
曲は『真っ赤な太陽』
これが、、すごかった。
和弥さん歌ウマすぎ。
結構難しいテンポって言うか
メロディラインって言うかの曲なのに
全くそれを感じさせない
完璧に自分の歌にして歌ってました。
流石です♪
最後はもちろん、和弥さんお得意の
走ってジャンプ!で〆。

トークは、、何話してたっけ・・

続いて、、付き合い一番古いという
曽我部恵一さん。
噂には聞いてましたが、、痩せたよね~・・
歌うのはデビューシングルという
『孤高の英雄』
そう発表したときにあまりリアクションがなかったので
「大丈夫?みんな知らないんじゃない??
デビューシングルだよ!」って曽我部さん。
いや、、その曲がデビューシングルだったとは
確かに知りませんでした。。

「孤高の英雄」ってタイトルから
「20代の頃は友達なんていらないって
思ってたけど
40台になった今は一人じゃ寂しいですよね」って
言ってたのが可笑しかったです。

例の語りの部分は圭介さんが。
ちょっと曽我部さんが言うのも
期待してたんですが。。
で、後で話してた話
がんばれ圭介~って部分
がんばれ恵一~ってやりませんか?って提案したら
それは止めてって言われたとか。

そしてゲスト最後は
やっぱり怒髪天 増子直純さん。
出てくるなり、、「俺はにぎやかし係よ?
(前二人)歌ウマすぎで
ハードル上がってない??」って。

やる曲は、以前、深夜高速ばっかり入った
トリビュートで参加してもらった
あの怒髪天Ver.をフラカンがカバーっていう
珍しい?!スタイルで。
この怒髪天Ver.での『深夜高速』を聞くのは
2回目ですが
これがなかなかいいんですよね~
よりロック感満載で
また違った印象で訴えかけてくるものが
あります。

最後はフラカン+2人で
『東京タワー』
Dr.kyOnさんのアコーディオンが
いい味出しててよかったです。
ヘイヘイホー
って夜空に響き渡るのが感動的でした。
「ありがとう!!」って本編終了。

続いてアンコール。
グレートさん、本編途中で
オーバーオールに「着替えようか?」って
宣言してた通り
裸にオーバーオールで登場!
ワァーッ!!って湧きあがると
何と持ってた水を頭からかけてました。
スゴイッ!

そんなこんなで
スタンバイしてると
ドンドンパ ドンドンパっと
ドラムの音がして
なんとなんと
ステージ両端から
ドラムセットが登場。

これは、、、ミスター小西復活の時と
同じシチュエーション。
ってことは、、、
サンコンJr&クハラカズユキ
そしてミスター小西のトリプルドラム再び!です。
すごい、すごい。
で、『裸の大将』が始まるかと思いきや
クイーンの名曲『We Will Rock You』をさわりだけ(笑)
そこから宮内太鼓も加わり
ゲストで登場した皆さんも集合!で
『裸の盆踊り』

山田さんは恥ずかしがってか
ヨサホイは踊ってなかったな・・
なぜか栄純乱入で
GIPの菅さんを肩車しようとして
ズッコケて
山田さんに「何やってんだよ」って
頭軽くペチンってされてたのが
微笑ましかったです(笑)
その後も栄純はヨサホイ踊りまくってました(笑)

あと最後の方ではポリシックスのフミちゃんも
来てたり。
とにかく大盛り上がりで
ヨサホイ終了。

期待以上の楽しいステージでした。
最後圭介さん、
いつものようにかんだティッシュとかを
ゴミ箱に集めて
「ありがとー」ってマイクで言って帰ったんですが
置いてあったマイクほとんどOFFになってたのか
ほぼ声聞こえない状態だったのが
また圭介さんらしくて可笑しかったです。

<セットリスト>
 01.恋をしましょう
 02.ロックンロール
 03.ビューティフルドリーマー
 04.エンドロール
 05.はぐれ者讃歌(with 山田将司)
 06.元気ですか(with 小山田壮平)
 07.真赤な太陽(with 宮田和弥)
 08.孤高の英雄(with 曽我部恵一)
 09.深夜高速 怒髪天version(with 増子直純)
 10.東京タワー
 
 EN.真冬の盆踊り 

帰りのバスは思ったほど並ばず
23時頃仙台駅着。
街中に降りてきても
やっぱり仙台、寒かったです。

行ってきます~♪ [たわごと]

T-FMの携帯サイトっていうんですか
あれに登録すると
アーティストからメルマガが届くってやつ。
(有料 300円/月)

何気なく浅井健一さんからのメルマガも登録してて
毎週金曜日に届いてたんですが
ほっとんど読まずに保存だけしてました(笑)
でもふと、今日届いたやつを見たら
今日で最終回って文字が目に入り
思わず過去のを読み返してみたら
なかなかいいこと書いてて。

何て言うのかな、、、
多くの人へ向けて書いてるのは確かなんですが
でも本当の胸の内っていうか
何気ない日常の感想を
ありのまま書いてるっていうか
なんかそれがすごくよくって
改めてベンジーの魅力を再確認しました。

さて。
今日はアラバキへ向けて出発の日。
午後から突風と雷雨に注意とか
夜は雨が降るとか
心配してましたが
なんとか免れました。(今のところ、、)

これは昨日撮影したものですが
こんなに月がきれい。
IMG_0301.JPG
満月を見ると
なんかすごく得した気分になるのは
私だけ??(笑)

今年は予想通り
RSRすごいことになりそうで
すっかり浮かれ気分です*:.。☆..。.(´∀`人)
っと。
その前に、明日からもお楽しみ三昧でした♪

では、あちらでお会いできる皆さん
どうぞよろしく☆★

アラバキ2013 タイムテーブル(仮) [音楽]

うぎゃー
もう明日、アラバキへ向けて出発だよー
準備全然してないし
まだタイムテーブル計画たててないし
間に合うのか??(´+ω+`)

っということで
駆け足で、、、サラっと。
とりあえず、見たいって思ったものを
ズラ~っとあげていきます。

まずは1日目
27日(土)
 10:50 百々和宏とテープエコーズ(磐越)
 11:40 勝手にしやがれ(津軽)
 12:00 DAD MOM GOD(磐越)
 12:55 爆弾ジョニー(HASEKURA)
 13:25 KEMURI(陸奥)
 14:10 アラバキラヂオ公開録音(フラカン)
 14:20 浅井健一(磐越)
 14:50 Ken Yokoyama(陸奥)
 15:40 OAU(津軽)
 16:15 MWAM(陸奥)
 17:00 The Birthday(磐越)
 17:40 ウツミ音楽教室(東北ライブハウス大作戦)
 17:50 須藤寿(花笠)
 18:30 BIG BEAT CARNIVAL A GO GO(磐越)
 18:40 東北ライブハウス大作戦ムービー上映(ZAO View Village)
 19:25 風とロック荒吐(花笠)
 19:30 GTR祭2013(鰰)
 19:50 フラワーカンパニーズ(陸奥)

今年は、、昨年ほど偏りはないと思いますが
でも1日目の朝は割とゆったりスケジュール。
なにがなんでもーなのは
17時のThe Birthdayから、、くらいだもんな(笑)
ただその後から
立て続けに微妙な被りが・・

GTR祭りは2日間あるみたいで
どっかで斉藤和義出ないかな、、って
期待してたんですが
27日はスペイン坂生出演みたいなんで
・・・今年は出ないのかも。
でもアフターパーティにMANNISH BOYSあるから
2日目なら可能性あるかも?!

そして何と言っても大トリ
フラカンが楽しみです!
これは頑張って前の方に行きたいなー
1日目だから時間も気にしなくていいし。

*追記
東北ライブハウス大作戦のナレーション
キュウちゃんなんだって!
うーむ。。上映会の時間
思いっきりキュウちゃんも出るステージと
時間被ってるじゃん。。(-c_,-` )
でも93分、、あるみたいなんで
どっかでチラッとだけ
見に行きたいです。


続いて2日目
28日(日)
 10:30 WHITE ASH(鰰)
 11:30 怒髪天(陸奥)
 12:55 サンボマスター(陸奥)
 13:20 MJQ(荒吐)
 14:00 奥田民生(磐越)
 14:20 THE BACK HORN(陸奥)
 14:25 THE COLLECTORS(鰰)
 15:00 BEGIN(津軽)
 15:40 山中さわお(鰰)
 16:00 加山雄三(陸奥)
 16:15 HINATABOCCO(東北ライブハウス大作戦)
 16:45 アラバキラヂオ公開録音(THE BACK HORN)
 17:20 Theピーズ(荒吐)
 17:40 緊急バンド(東北ライブハウス大作戦)
 17:45 ザ・クロマニヨンズ(陸奥)
 18:20 the HIATUS(磐越)
 18:30 RESPECT FOR忌野清志郎(荒吐)
 18:40 GTR祭2013(鰰)
 19:30 MONGOL800(陸奥)

この日は朝一から怒髪天!
MJQも民生さんもすっ飛ばせば
そこからTHE BACK HORNまで陸奥、、、か。
まぁ。。どうするか分かりませんけど。

フェスだからいつも見てるバンドはやめて
普段見たことない方たちを見る
っという心境にはまだなれないんですが
でも必ずしも前でガッツリ見なきゃ嫌って気持ちは
だいぶ落ち着いてて
色んなのをチョコチョコ見るのも
フェスならではでいいなって気持ちもあります。
ただね。。
陸奥⇔磐越の移動がしんどいんで
どっかで諦めてしまうと思うんですが、、、┐(´~`;)┌

せっかくなので
加山雄三見たい気もしないでもないんですが
ここがまたアレコレ被ってまして。。
HINATABOCCOに山田さん出るし
そもそもさわおさん鰰だし(陸奥まで遠い。。)
でもさわおさん前コレクターズだから
流れで見てる人きっと多いよねぇ・・
だとするとちょっと頑張ったくらいじゃ
前には行けないだろうから
後ろでサラっと見てダッシュで移動するか。

いや、でもそれならHINATABOCCOに行きたいかも。
うーむ・・
ってか、ピーズと緊急バンド。。
ここが一番痛い被りです。
(1日目のMWAMとThe Birthdayは忘れて、、笑)
なんでここ被せるかな。
緊急ライブにほぼ皆勤賞のハルさんいるのに。
ここは今の時点ではどうするか
決められないです。

大トリはそんなにガッつかなくてもよさそうなんで
体力と相談して
ある程度したら引き上げようと思ってます。

*追記2
アラバキラヂオ公開録音の予定がUP!
1日目フラカン、2日目THE BACK HORN
どっちも結構忙しい時間帯。。(;´д`)
どっちかは行きたいなー
だって圭介さん親善大使だからねぇ(笑)
あまり司会進行役的なのできなさそうなんですけど
そういう役割ではないんですかね(笑)


っと。
そんな感じでしょうか。

今年は雨は降らなそう。(東京は出かけるとき雨っぽいですが、、)
でも気温見る限り、寒そうです。
防寒着的な上着をどうするか、、、
これまた結構悩みます。
ホントは防水加工してあって
だけど雨降ってなくても着れそうな感じのアウターを
購入しようと思ってたんですが
選ぶ時間なかったです(´~`;)
RSRに向けて、また考えようと思います。

情熱が越えてゆく!限界も常識も全部 [怒髪天(2010年~)]

ちょっと遅れてしまいましたが、、
4.23は怒髪天のVo増子直純さんの
誕生日でした!
そしてフラカン24周年!
ここから25周年が始まります。
おめでとうございます♪ヽ(´▽`)/

その翌日4.24は
ドリーム・バイキングス(初回限定盤)(DVD付)

ドリーム・バイキングス(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2013/04/24
  • メディア: CD
リリース!!!
で。
タワレコにて、トーク&ライブイベントがありました。
IMG_0298.JPG
バイキングス・イズ・ノットデッド
~俺達は、まだまだいけちゃう野郎ども~ "LIVE BOOTLEG"
@タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

渋谷のタワレコがリニューアルして
B1にあったイベントスペースも
ライブハウス風に変わり
そこで何回か行きたいインストアイベントもあったんですが
なぜかいつも都合が合わずに。。。(>ω<)
この度やっと行って来れました!!

あまりじっくり見て回ってこなかったけど
ロッカーとかもあるらしい。
そしてドリンクは有料とか。
ステージの位置が変わって
縦長なつくりになってました。
照明がわりと豪華になってたかな(笑)
あとは、、、さほどすごいバージョンアップした!
って感じはしなかったです。

今回渋谷と新宿店のみで整理券発行でしたが
以前のように同じ番号が2人いるって感じでは
なかった模様??
IMG_0297.JPG
渋谷と新宿で偶数奇数みたいに
番号割り振ってたんですかね。。
私は80番台で中へ。
思ったほど混雑はしてなくて
王子側の5列目辺りかな、、に行けました。
そこそこ視界も良くホッとしました。

時間になり、、後ろの方から声が。。
そう、この日は
スペシャルトークゲストに箭内さん
進行役に藤田琢己さんも来ていて
まずはこの二人による前説っていうんですかね。。が
ありました。
しかし・・・
全くもって姿は見えず(・ε・`*)
一応モニターもありましたが
暗くてあんまり見えなかったので
声だけ聞いてました。

箭内さん「みんなはテイチクの
契約社員として
どんどんこのCD売ってかないと。
AK〇だと思って
一人10枚くらい買ってみんなに配っていこう」
などなど
箭内さんらしい楽しいコメント。

若干、、もう前説いいよ。。。って思った頃に
ようやく「じゃー登場してもらいましょうかね」と。

いつものように祭囃子が流れ
メンバー登場。
シミさん髭がかなり伸びてて
山男みたいになってました。
なんで??
増子さんはビシッとリーゼントもキメて
さらにはいつもの櫛の投げ入れもありました。

まずは1曲『独立!俺キングダム』
フラゲをして数回聞いて行ってたので
バッチリ。
途中 オイッ! って合いの手が入る箇所
きっとそのうちライブではみんな拳をあげるんだろうけど
この日はまだまばら。
で、ここは坂さんしか合いの手入れられないみたいで
(って、ニコ生で言ってました)
そうそう、坂さんの小さめの声しか聞こえなくて
あれ?って思ってたんですが
謎が解けました。

続いて『濁声交響曲』
この曲もたくさん一緒に歌える箇所ある
楽しい歌。
あー早くライブで歌いたい★

「はい!よく来たー!!
本日、ニューアルバム『ドリーム・バイキングス』
リリースされました~
そして、47歳、初歌いね(笑)
当たり前だよね。そんな歌う機会なんて
ないからね」
で、フロアから「おめでとう!!」コール。

最初にやった曲たちは
人前で披露するのは初だったということで
緊張したみたいです。
でもやっとみんなに届けることができて
うれしいって。

続いては『男、走る!』
これはさすがに、みんな拳をガンガンあげて
歌ってました。
それ見てなんかうれしそうな王子が素敵でした。
増子さんもいっぱいフロア見て
アイコンタクト的なの
送ってくれてました。

ラストは『ドリーム・バイキング・ロック』
 俺達ゃ まだまだ 嗚呼 いけちゃう野郎ども
ってのがいいですよね。

たった4曲だけだったけど
なんかすっごく満足。
ステージ上のメンバーは
汗だくで
それだけ全力でやってたんだってのが
ものすごく伝わってきて
いいライブでした。

ここから、、先ほどのお二人もステージに上がって
短いトークショー。
BGMでニッポンワッショイがかかってて
王子がチラリ、チラリと踊ったりしてて
思わず箭内さん「この曲における
友康さんは見ずにはいられないですよね」みたいな一言を。
フロア大爆笑(笑)
「あれは、、義務なの?権利なの?」って
難しい質問をしたんで
王子「え?いや、、」ってゴモゴモしてたら
「あの、、楽しんでるの?」って
聞き返すと
「はい。すごく楽しいですよ。
。。。もっと練習します・・(笑)」

っと。。話反れましたが
アルバムについてのお話を。
前回の「Tabbey Road」がすごくいい出来だったけど
それをはるかに超えた良いアルバムができて
「自分で言うのもなんだけど
29年やってきて、初めて、
俺、ちょっと才能あるかも?って思った」って
増子さん。

王子も「出来上がってから
よく聞いてて
聞くたびに、あぁ~いい曲だなーって
思うんですよ」って
いつもの大きな身振り手振りを付けて
ニコニコ話してました。

坂さんはなーんも考えてなかったようで
コメント求められても
「箭内さん、ありがとうございます!」って
まとめに入っちゃってて
増子さん「今日は坂さんに何聞いても
ダメだよ。
いろいろインプットしてくるの
忘れちゃったから(笑)」って。

更には、ドラムマガジンに
アルバムについての記事が載ってるそうですが
ドラムに関しては
「お人柄あふれるドラム」って書かれてるみたいで
「専門誌だよ?お人柄あふれるドラムって
ドラムについて書いてないの」っと
大笑いしてネタ晴らししてくれました。
ウケるゞ(≧ε≦o)

武道館については
ついに今週末、チケットの一般発売が
始まるそうで
「本番まで長いからね~
チケットなくさないようにしないと。
神棚とかに飾ってね。
でも本番間違えて持って来ないようにしないと」
って言うと
シミさん「当日券売ってるから大丈夫!」
いやいや。。sold out目指しましょうよ!!

ここで、自分たちに課したハードルについて
お客さんの数
 5000人以下だと打ち上げなし
 6000人までは予約なし
 8000人まではお店で予約
 それ以上なら宴会場 温泉付きとかね
 SOLD OUT 屋形船
だって。
すごい!!
せめて予約ありで打ち上げして欲しいです。

なぜかシミさん
「夏に向けまだまだ仕掛けていきますんで
よろしくお願いします」を連発してて
今後の発表が気になるところです。

などなど
まだ他にも話してたかも?!ですが
今のところ思い出せるのはこんな感じ。
そしてここから次への30周年の道が始まるということもあり
みんなで盛大に送り出そうっと

 ドリーム・バイキング・ロック
 出航!!!

なんて掛け声を(笑)
この日の模様は、
明日の東京REAL EYESでOAされるそうですが
、、、、聞けないじゃーん?!
ギリ都内にいる時間帯だから
radikoで聞けるかな??

<セットリスト>
 1.独立!俺キングダム
 2.濁声交響曲
 3.男、走る!
 4.ドリーム・バイキング・ロック

IMG_0299.JPG
IMG_0300.JPG

そこから急いで家に帰り、、、
今度はニコ生
『ベストヒットD・H・T』
"アルバム発売日にみんなで試聴会"

移動で増子さん・坂さんは一杯?ひっかけたそうで
若干顔が赤くて
気分もノリノリ(笑)
シミさんはお酒抜いてるみたいで
アンパン食べてました。
(もう2日も禁酒だとか)

1曲1曲途中まで聞いていって
その曲についてのエピソード
結構、今回のアルバムは
詞先の曲が多かったみたいです。
何の曲だっけ、、、曲があってその詞を書いてきたんだけど
なんかシックリこなくて
その詞をもとに、別の曲をつけてみた、、とか
一昨年だっけ6日間連続でやった
ライブ福島の最終日、、雨が降って
神様は俺たちのこと好きだから
こんなイジワルするんじゃいないか?って
その時のことを歌ったという『神様は小学生』とか
まさに、、、昔はこうやって活動してたっていう
『ロックバンド・ア・ゴーゴー』とか
これまた何の曲だったか、、、
歌いながらメンバーの顔見てると
思わず泣きそうになるって話とか
へぇ~っていうお話満載。

あ、あとキーボードは奥野さんが参加してるそうで。
顔は長いけどいい仕事するって
笑っちゃいました(笑)
でも存在感のあるキーボード箇所もあって
これは、、、ツアーでは場所によっては
奥野さんの参加とか
あったりするかな~
楽しみです♪

説明しながら増子さんが
「ホントいい曲なんだよな~」
「あ、ここのギターソロがいいんだよ」って
うれしそうにしみじみ語ってるのが
印象的でした。

早く曲を覚えて、みんなにもライブで協力してもらいたい
今はまだみんな聞き出し始めだから
歌ってる人もそういなくて
その光景を見て
「もう、もどかしい」って。
アラバキではもう少し歌えるようになってるかな♪

っと。
インストにUSTにと
盛りだくさんなリリース日でした。

タワレコで大展開中
IMG_0296.JPG

いつだってバカみたいに十年後も二十年後もロックンロールは続いてく [音楽]

新しい会社に来てから
偶然にも
何かといろいろツイてます(笑)

キュウちゃんの誕生日の日
本来は勤務始まってるはずだったのに
1週間ズレて休みでした。
GWFの日、先日書きましたが
たまたまその日はもういいやって
定時で帰らしてもらえました。
で。
5月にあるWEEKEND LOVERS@岡山
実は、、、帰りがもろもろ間に合わなくて
どうしよう・・と頭を悩ませてたところ
なんと!
先週末休日出勤したおかげで
代休が取れることに♪

なんなのーこのうれしい偶然ってば。
怖いくらい
希望とおりよ*:.。☆..。.(´∀`人)
半休で取るので
あともう半分
どこで使おうかな~
むふふ。

そんな4.21は
フラワーカンパニーズ
ハッピーエンド2012-2013追加公演
@日比谷野外大音楽堂
でした。
IMG_0292.JPG
IMG_0293.JPG

心配していた雨は
午後からはあがり回避されましたが
4月になって都内の最低気温が一桁だったのは
何十年ぶり?とかってニュースになったほど
寒い夜でした。
圭介さんもブログに書いてましたが
真冬に(秋口でも)野外でライブ2時間なんて
やらないですもんねぇ・・
季節感まるでなしの
ダウンで臨みましたから。

席はいつもお願いしている
FCに入ってるお友達に取ってもらったので
B5列目 グレートさん寄り。
前の人も小柄な人で
視界良好。
ステージ上のメンバーの顔も
表情までよく見えました。
強いて言うなら
若干、グレートさんにミスター小西が
被ってたかな・・

時間通りにSEが鳴り
メンバー登場。
まずはジャケット姿の竹安さんが出てきて
青のつなぎのミスター小西(半袖ですっ!笑)
注目の?!グレートさん
あれ、、ジャケットだー・・ゞ(≧ε≦o)
圭介さんはよく着てる水玉刺繍のシャツでした。

「日比谷ー!!」
「寒いぞー!!」とかって
雄たけびあって『なれのはて』から
ライブスタート。
この日はたくさんカメラが回ってて
ステージバックにも無人のカメラが動いてました。
DVDになるのか
WOWOWが来てたからOAされるのか
いずれにしても
たくさんカメラがありました。

続いて『煮込んでロック』
頭から飛ばしていくセットリスト。
ちょっと張り切って動いてると
ダウンだと暑いかも、、って思うほど。
ステージ上も
右へ左へクルクル回ったりと
圭介さん動き回ってました。

グレートさんが手に息を吹きかけて
始まったのは『SO LIFE』
そうか、、この曲はベース結構大変ですもんね。
竹安さんは筋を痛めないようにと
手にサポーターっていうんですかね。。
何かを装着してました。

そして『恋をしましょう』
いやぁ~
これだけで既に楽しい。
なんか私自身この日の野音は
ものすごく心待ちにしてたので
一気にフラカンワールドへ入り込めました。
ホント、最高です。
曲が終わると
「WE LOVE YOU!
野音 LOVES YOU!!」ってグレートさん。
でも言ってから
「ホントは、、YOU LOVE 野音だよね・・
でも野音もみんなのことが好きなんだよ」って。

「こんばんは。フラワーカンパニーズです!
雨、上がったねー
効いただろ?俺のてるてる坊主。」っと
圭介さん、得意げに。
グレートさんも「今からオーバーオールに着替えてこようかな」
とか言い出すと
圭介さん「あれ?なんで着てないの?」
グレート「寒いからだろ」
そして竹安さんの方を見て「こっちもジャケットか。
なんだよ。ジャケットばっか着て」
っと、ちょっとカッコよくキメてる
2人に嫉妬気味?!(笑)

そして「あれ?俺、湯気出てる?」って
「いや、それはスモークだから」
「あぁ、、人工ね。
ビックリしたーそんなに熱出してるかと
思ったよ。」
「発熱の男か(笑)」
「もうね、、なんか舞い上がってるから(笑)
最後まで楽しんでってください!」
相変わらずのやり取り
楽しかったです。

MC明けは『人生GOES ON』から。
何回も同じこと書いてるかもしれないんですが
アルバム「ハッピーエンド」の中の曲は
歌詞が沁みる曲がホント多くて。
それを力いっぱい歌いまくってる
演奏している姿がまた
グッときます。

続いて『切符』
最後は3回しくらいしたっけ。

そしてうれしい『永遠の田舎者』
この曲はアルバム「世田谷夜明け前」に入ってて
このアルバムで初めてフラカンを知って
いやぁ、、好きかも。このバンドって思った
思い出のアルバムなので
どの曲も全部思い出深い感じがします。
久々にやってくれてうれしかったです。

ここで再びMC、、、だったか
そのまま引き続きやったか
ちょっと記憶曖昧ですが。。
鼻をかんだり痰を切ったりと忙しい圭介さん
「いやぁ、、気温差が激しいとさ
痰の切れが悪いんだよねー、、」って。
??そうなの?!(笑)
「今日は絶対に寒いと思って
ヒートテック着てやったら暑いよ。
ヒートテック着てライブやるなんて初めてだよ。
でさー今日は着替えたりでいっぱいいると思って
思わず買いに行っちゃったからね。
そしたらさーこの季節
もうヒートテック売ってないのね。
今は、クール何とかって
着るとより涼しいってやつしかないの。
あれ着たら、寒い寒い(笑)」

『ビューティフルドリーマー』をやってるとき
徐々に陽が沈んで暗くなってきてて
そこに照明がカーっと当たって
なんかいい感じの光景でした。
野外のライブは
この日が暮れかけた時に
いかにそれにピッタリ合う曲をやれるか、、に
かかってるような気がしてて
今回はバッチリでした。
ミスター小西のコーラス
やっぱいいな。
やっぱり4人で演奏してる方が好き。

そしてまたまたレア曲
『トラッシュ』
これは。。また思い切った選曲だなぁ・・(笑)
一瞬何の曲か思い出せなかったけど
徐々に思い出して行って
思わずノリノリになりました。

聞くともう15年(20年だっけ?)くらい前の曲らしいです。
「あと数日で、、俺44歳なんですが
24歳の時に東京に出てきたんで
上京して、、20年ですよ!20年!!
鳴かず飛ばずーっ!!(笑)」
「いや、ちょっとは鳴いてるでしょ。
飛んでないだけで」っと
グレートさん。
「そうか?20年経っても
まだ何にも諦めてないぞ!!
もともと夢なんてなかったし」って言うと
「え?何て言った?」
「夢なんてなかったって」
「あぁ、夢か。家なんてなかったって
聞こえたから」
「家なんて、今もないよ。
いつかは家建てたいね。」

で。
新しいコーナーとして
順番に自分の夢を言っていくっていうの
いいんじゃない?ってなって
「じゃーまずは竹安!」
っといきなり竹安さんにムチャ振り(笑)
「え・・」っと困りつつも
「あの、、そうですね。こうやってずっとライブやって
何年かに1回は野音とかでライブはできたら
いいですね」っと。
おぉ~拍手喝采。
すると圭介さん「なんだよーカッコ良いじゃないか。
そんなん、俺だって同じだよ。
なんか俺は家建てるとかって
自分の事ばっか願ってるみたいになってよー」
ブツブツ言い続けてたので
「ガキか、お前は」って
グレートさん。
ホント、オモシロいですゞ(≧ε≦o)
夢を語って行くのは
ライブごとに、、みたいな感じでしたが
続きはあるんでしょうか??

そして『元少年の歌』
この曲だっけな、、、ステップ踏んだり
クルクル回ったりと
いつも以上に動きが大きい圭介さんでした。
次に『ロックンロール』
なんか全てにおいて
セットリストの流れがよくって
あぁ~いいねーって
ずっと思ってました。

少しシーンとして
歌いだしたのは『吐きたくなるほど愛されたい』
これは、、、感動しました。
野音で聞くこの曲、最高でした。
演奏も熱かったし
何回かライブでは聞いてるけど
聞くたびに泣きそうになります。

「前回の野音は、2年前だったから
ちょうど震災直後。
あれから何回も東北地方の方へライブに行ったけど
まぁ、、何も変わってないと言えば変わってないし
変わったところもあるけど
イロイロあるからこうなんです、って
ハッキリとは言えないけれど
でもこれからも何回でもライブに行くし
もしかしたらね、今日、
そっちの方から来てくれてる人も
いるかもしれないですね。」

そうか、、、2年前の4月とかに
ライブやったんだっけか。
なんかあんまり覚えてなかったけど
言われてみればそうだったかも。
東京にいると
すっかり過去の話になってるけど
でもまだまだ終わってないんだよな、、って
気付かされます。

『246』はまさに
その時間をタイトルにした曲で
そう言えばこの曲は
最近はやってなかった曲
やっぱりなんか思うところがあるんでしょうか。
そこから『また明日』へ続いたのが
ちょっとジーンときました。

「ここで、スペシャルゲスト!
キーボード
常田真太郎!フロムスキマスイッチ!!」
いや、キーボードはずっとセッティングされてたんで
誰か出てくるとは思ってました。
でも奥野さんかなーって思ってたんで
常田さんと聞いて
ビックリしてしまいました。
でも、、、そうか。
『エンドロール』は彼との共作でしたね。
ここで念願かなっての
セッションとなりました。

そして圭介さん、自分でもギター弾きながら
歌い始めたんですが
なんかちょい変??
っと思ったら、ソッコー曲ストップして
「キーボード
常田真太郎!フロムスキマスイッチ!!」から
まさかのやり直し(笑)
いやぁ・・・ウケた。
でもフラカンらしいっちゃ
らしいですかね。
常田さんもちゃんと(笑)
何事もなかったかのように
振る舞ってました(流石!笑)

この日の圭介さん
何気にちょいちょい
歌詞も危なげなところがあったんで
この曲終わるまで
ちょっとヒヤヒヤしちゃいました(笑)

続いては少しアレンジを変えた
『東京タワー』
このキーボードが素晴らしくて。
お洒落な感じになりつつも
この曲の力強さもしっかりあって
素敵でした。
あ。常田さん、、弾くときは裸足でした。
なんか好感もてました♪

改めて、、、常田さん交えてのMC。
せっかくの見せ場だったのに
あんなことになって恥ずかしそうな圭介さん。
言い訳として、、、
圭介さん的には派手に紹介したかったのに
やる曲がやる曲だけに
なるべく控えめに紹介しようってことになったようで
それが逆にプレッシャーで
なのでギター、、押さえる場所を
1つ間違えちゃったみたいです。
「なんか、キー高いなーって」っと。
竹安さんも「ひょうきんな音してたもんね」って。

常田さんは同じ名古屋出身で
しかも隣の中学だったそうです。
歳はかなり違って常田さんにとっては
黒と言われれば黒と言うくらいの
先輩なんだそうですが(笑)
「それにしてもMC長いですね~
俺、まだかなーって
随分前から衣装に着替えて
スタンバってた」とのことです。
えー、、この日は割と短めなMCの日でしたけどね(笑)

「じゃー、、一応、紹介しとく?」っと
メンバー紹介。
まずは竹安さん。
「こんばんは。」っと爽やかな挨拶。
「今日は、ビールの売れ行きが
悪いんじゃないかなーって。
気の毒だよね。
まさかこんな寒い日に野音でやることになるとは、、
でもこんな機会はきっともうないだろうから
逆に思い出に残っていいかなーっと」

次にミスター小西。
「寒いですか?」
すぐさま「寒いだろー」ってツッコむ圭介さん(笑)
「ここで寒いんで、みんなのところはもっと
寒いと思うんですが
みんな集まってくれてどうもありがとうございます」
だっけな。

そしてグレートさん。
「あさってでフラワーカンパニーズ結成24年!
いよいよ25周年イヤーが始まるんだけど
来週はアラバキの1日目大トリ」
、、、ここで大トリ圭介でございますって
圭介さんのモノマネ?!があり、よくやれるなって
呆れられてましたけど、、、割愛(笑)
「今年はこの後、東京で毎月ライブやっていこうかと
思ってて。まず最初に6/9下北沢のガーデンで
対バン、子供バンド!その後もイロイロ決まって来てるんで
楽しみにしてて」とのこと。
おぉ~うれしいね~。
6/9は行けないし、その後発表になってたQueも
対バンがよく分からないので
うーむ。。。って感じではありますが
今後の発表楽しみにしています。

あ、もう一つ発表になったのは
夏にやってたフォークの爆発
今年はお休みで、でもその後少し規模を大きくして
全国周るとかって話もありました。
もともとかなり動いてるフラカンなので
ビックリはしないですが
ライブたくさん行けるといいな~。。

「4人そろってフラワーカンパニーズ!」
っといつもの雄たけびありまして
『脳内百景』
イントロのベース聞くだけで
ウォーって気分がアガります。
ここからラストスパート。
『NUDE CORE ROCK'N'ROLL』
カッコよかったです。

『チェスト』前のジャンプは
野音だからちょこっと真似して飛んでみました♪
思いっきり前の席に膝ぶつけて
痛かったけど
なんかうれしかったです。

そしてラスト
ピースマークをして『YES,FUTURE』
「ありがとう!!」
全然長く感じなかったけど
2時間経ってました。

続いてアンコール。
メンバーそれぞれ、Tシャツに着替えてました。
圭介さんは下に長袖重ねて
竹安さんはジャケット羽織ったまま
グレートさんは半袖のみ。
徐々に脱ぐ戦法か?!(笑)

たくさん声かかってましたが
とくに応えず
『天使』へ。
こういうバラードからアンコール始まるのも
悪くないですね。
時折吹く風が寒かったけど
それがまた雰囲気出しててよかったです。

「ありがとう!」
ここで何か話したっけ?
続く曲は『はぐれ者讃歌』
歌えーって身を乗り出して煽る圭介さん。
ワーって拳があがってみんなが歌う光景は
何とも言えず素敵でした。

「もう1曲いけますかー
俺達と一緒に踊れるか―!!」
っと、くればもちろん
『真冬の盆踊り』
まさに、歌詞の通りの状況。
ちょっと可笑しかったです。

もう終わりかな、、っと思いつつ
あと1曲くらいはやるよねー、、、っと
待ってると
ありました♪ダブルアンコール。
で、グレートさん
なんと裸にオーバーオール姿に!!
場内大歓声(笑)

「NOオーバーオール!NO LIFE!」っと
客にも叫ばせうれしそうなグレートさんに
「なんだよー。今日一番の盛り上がりじゃねぇか?
俺達が今までやってきたことは
なんだったんだよ。」っと
拗ねる圭介さん。
実はこのダブルアンコール前に
「一言しゃべらせて」って言ってたそうで
「このことだったの?」って。

「ずっと歌ってきたけど
これからも歌い続けますよ」っと
『深夜高速』を。
もうこの日はやらないのかと思ってました。
ダブルアンコールに持ってくるとは。
ワンマンで聞く『深夜高速』は
最後の最後まで安心して聞けるのがいいです。
フェスとかイベントとかだと
最後のギターのジャランってところの前で
拍手とか歓声が起きちゃって
いや、まだだから、、、って
少しヒヤヒヤしながら聞くことになるのが
なんか残念なんですよね。

最後は『さよならBABY』
ラーラーラー ララーラーラーって
みんなが手を振って歌ってるのが
感動的でした。
「ありがとう!!」
最後にもう一度メンバーの名前を呼んでいって
「4人そろってフラワーカンパニーズ!!
これからもよろしくお願いします!!」で
ライブ終了。

いやぁ~いいライブでした。
そよ風に吹かれながら
ビール片手に、、なんてのを期待してたりもしましたが
まさかまさかの寒空で
いや、雨が降ってなかっただけで
全然OKです。
最高に楽しかったです。
今からアラバキが楽しみです。

あ、、、いつぞやから
FCの入会案内が
カラーになってました★
IMG_0294.JPG


<セットリスト>
 01.なれのはて
 02.煮込んでロック
 03.SO LIFE
 04.恋をしましょう
 05.人生GOES ON
 06.切符
 07.永遠の田舎者 
 08.ビューティフルドリーマー
 09.トラッシュ 
 10.元少年の歌
 11.ロックンロール
 12.吐きたくなるほど愛されたい 
 13.246
 14.また明日 
 15.エンドロール
 16.東京タワー 
 17.脳内百景
 18.NUDE CORE ROCK'N'ROLL
 19.チェスト
 20.YES,FUTURE

 EN1.
  天使
  はぐれ者讃歌
  真冬の盆踊り

 EN2.
  深夜高速
  サヨナラBABY


うれしいアレコレ(。・∀・。) [たわごと]

春になったので、お布団を春仕様にしようと思いつつも
時間があるときに限って
なぜか肌寒い日だったりして
未だ冬のお布団のまんまです・・(笑)

さて、、先日
とあるツィートかリツィートで見つけた
うれしい新聞記事
IMG_0287.JPG
多くの人に知ってもらいたい気持ちの反面
知る人ぞ知る的な存在で
独り占めしておきたい気持ちもあったりして
でもやっぱこうして注目されるのは
うれしかったりもします。

そんなフラワーカンパニーズの野音
・・・・とりあえず雨は夕方からは止みそうですが
(油断はできない、、、フラカンだけに・・笑)
夜の野外には適さない気温に
ちょっと不安です。
数年前の怒髪天の野音を思い出すね。。
4月に雪降ったやつ(;´д`)
完全防備で出かけよう!

あと1週間でアラバキですが、、、
やっと、アラバキのグッズ先行販売分が
届きました~
IMG_0289.JPG
ホーロー、かわいいー♪
今回Tシャツは一切買わなかった。。
でもお友達の分も一緒に注文したんですが
それ見て買っておけばよかったかなー、、なんて
チラっと思ったりもして。。
画面で見るより
なかなかかわいいです。

そんな春フェスですらまだなのに
一足早く、、、タワレコの夏フェス応援グッズ
IMG_0288.JPG
これ、、欲しいかもー
フェスとかで履く短パン探してたのよね。
年甲斐もなく・・・ジャージなんて?!(笑)

そしてついに買ってしまった!
IMG_0290.JPG
むふふ。
くまちゃん。
IMG_0291.JPG
何回お店に足を運んだことか。。
他にもいろんなグッズが出てて
かーなーり迷ったのですが
携帯なども入るポーチにしました。
イヤホンを一緒に入れられるし
むき出しで鞄に入れるよりは
すこし保護してくれそうだし
見つけやすくなるしね。

っと。
なんかうれしいこと盛りだくさんでした。

あ!あと一つ。
さわおさんソロのライブでの登場SEを
アップしてくれたみたいです♪ Click
しかもイラスト付き。
素敵*:.。☆..。.(´∀`人)

今週末はまた雨??(/ _ ; ) [たわごと]

先日見た、斉藤和義の新曲披露
キーボード、奥野さんだ!
IMG_0275.JPG
ギターはフジイさんだったから、
かなり長身ぞろいの皆さんでした(笑)

そんな和義さん、吉野家の牛丼とコラボみたいで
、、、CMの曲やってるのね。
丼プレゼントだって。
IMG_0278.JPG
なかなかかわいいけど…@(・●・)@

さて。
念願のタレコカフェへ行ってきました!!
IMG_0280.JPG
席がゆったりと取ってあって
ザワザワし過ぎてなくて
落ち着けました。
料理も美味しかったし。
IMG_0279.JPG
今度はスィーツも食べたいなー。。

渋谷のタワレコはリニューアルして
あまり好きではなくなってしまったんですが、
ココはいいかも♪(´ε` )
後は、地下のステージに早く行きたいです。

あ。
やっぱり[Champagne] のCD先行
見事に全滅でした。。。。。
今回、どうかなーってほど
かなりの会場エントリーしたのに。
Zeppダイバーシティも取れないって
ありえないでしょ。
宣言通り、もう、いいや。
深追いはしない。
ちょっと負けた感じで悔しいけど。

世界を撃ち抜いて預言者を騙せ [The Birthday(2012年~)]

やった!
山中さわおのfool on the planet
ポッドキャストで始まるみたいです♪ヽ(´▽`)/
JFN系でのラジオだったため
なんでか東京で聞けないという悲しさから
。。。どれくらいたった??(笑)
待ってました~
PN覚えられるくらいの勢いで?!
張り切ってメール送りたいと思います。

さて。
そんな4.15は
THE GOLDEN WET FINGERS
KILL AFTER KISS TOUR
@恵比寿LIQUIDROOM
でした。

この日は、、、なーんもそれらしい貼紙とか
ポスターとかなかった。。(-ω-‘)
ので、画像なし。

THE GOLDEN WET FINGERS
KILL AFTER KISS TOUR
ついにファイナルです。
最近職場が変わって
まだ月日がそうたってないんで
イマイチ毎日の帰れる時間が読めない日々。。
この日ちゃんと定時で帰れるか
かなりドキドキだったんですが
うれしいことに
「今日は、、もういいよ。」って
ほぼほぼ定時でお許し出まして(笑)
無事、開場時間に間に合いました~
もうこの時ほど
上司が神に見えたことはないね(笑)

っつっても、、、
番号全然よくないんで
開演時間に間に合えば充分ではあったのですが。
600番台で中へ。
相当待たされて入った割には
意外と中は空いてて
普通にイマイさん側2列目に行けてしまった。
見晴らしもよかったし
これもラッキー!

この日はクマさんいなくて
例の田中くん
勝手なあだ名 ぽっちゃりくん(´m`)
でした。
連日会ってしまいましたね★

ちょい押しくらいでライブスタート。
暗転してすぐにセンターはすごいことになってました。
端っこはほとんど押しなく快適でしたが
センターはでっかい兄ちゃんとかが
ウネウネ踊りまくってました。

衣装は、、チバさんは変わりなしの
赤黒大き目チェックのガウンに
中は黒のカットソー、黒パンツ
黒のつばの大きな帽子
顔にはもちろん、、アイライン。
イマイさんは豹柄?コートに黒パンツ
達也さんは白シャツにデニムだっけ?
ベージュのハット被ってましたが
数曲やってハットもシャツも脱ぎ
タンクトップになってました。

セトリは不明なので
とりあえずわかる曲について簡単に。。
まず1曲目、、タイトル分からないけど
聞き覚えのある曲でした。
なんとなくちょっと妖しい雰囲気の曲で
照明も暗っぽくて
いかにも1曲目、この先どうなるの??っていう
ドキドキ感が高まる曲。

あ。
そう言えば、、チバさんの譜面台が
なくなってました。
やっぱり回を重ねたからこその
結果ですかね。

次がインストっぽい曲だったはず。
これがかっこいいんですよね~
一気にドーンってくる感じ。
ゴリゴリのロックンロール。
あれ?
これが『GWF愛のテーマ』だったっけな・・
うーむ。。

ここで最初のMC
チバさん「GWFです。恵比寿に来ました」っと。
そしたらフロアから
たくさん歓声上がったので
「素直でいいんじゃない?」って
うれしそう。
さらに歓声っていうか叫ぶ人が出てきて
「最高のロックを楽しみに来たぜぃ!」
みたいなことを叫んだ人に
「お前の方がMCうまいんじゃねぇーの?(笑)」って。
この人、、その後も結構叫んでました。。

ここら先は順不同。。
『世界中』
この曲も疾走感あふれてかっこいい。
イマイさんがよくやってた
缶使ってウネウネ弾くのも健在(笑)

『トリオ・デ・ハラペーニョ』の前だっけな
「ツィストは踊れるか?」ってチバさん。
そう、この曲は踊りたくなる曲です。
オッオッオッ オッオッオオオ~
ってみんなで歌ってるのも
なんか楽しい気分になります。

『しまっとけ』
達也さんのドラムがとにかくすごい。
そして歌が不思議。
途中、イマイさんの雄たけびっていうのか
文章読んでる風なのもあったりして
でもなんか病みつきなっちゃう1曲です。

『はどめがきかない』も
そういう意味では
不思議な曲です。
出だし、チバさんの低い声でカウントするのも
また何とも言えず珍しいし素敵です。
で、しばらくチバさん、イマイさん、達也さんの順で
 アーアーアーアー~
って言ってるだけで
ちょっと洗脳されそうな感じです(笑)

「イマイアキノブが歌います!」っと
紹介を受けて歌った曲は
カバー曲らしく56年?前の曲とか言ってたっけ??
で、歌いながら
自分でマイクの高さを徐々に低くしていって
最後は床に座り込んで弾き語るという
パフォーマンス付。
流石、イマイさんです。
この日もイマイさん
何回かマイク側離れて
ステージ前まで出てきてくれました。

歌の終わりで
「テディボーイ!」
「どこへ行く!」とかって叫んでて
意味もなく叫んでるのかと思ったら
続く曲が『Teddy Boy』で
なるほど~って感じでした。
この曲はCDに入ってるものとは
ちょっと違った感じにアレンジされてて
途中まではチバさんがマラカス振りながら歌うVer.でした。
続く『砂の時間』までの流れが
すごくよかったです。

イマイさんの紹介は
達也さんが「皆さんに、不吉なお知らせがあります。
イマイアキノブがステージに戻ってきました~」って。
そしたらイマイさん自ら
「キチ●イなおばちゃん」とか言ってて
ちょうど髪型がボブっぽいから
ステージ上も爆笑でした。

この日はチバさんがホントよく喋ってて
チバさーん!って名前を呼ばれると
「呼んだ?」
シーンとしたフロア
「・・・用もないのに呼ぶんじゃねぇ―」
するとその後、呼ぶ声が続くと
「シカト!」って(笑)

達也さんは結構フロアの声に応えてくれるというか
ただヒャッフーみたいな叫び声だけ
だったりもするんですが
「まだまだ踊りたいないんだよ」って叫ぶフロアに
「任せとけ!」
「(この曲を)お見舞いします!」って言って
曲にいったりしてました。

前にも書いたと思うんですが
歌の中に捨て台詞みたいに
歌う歌詞があるんですが
それがカッコよくて。
でもそれに対し、達也さんが
「はい!」とか「知りません」とか
相槌打ってて
可笑しかったです。

会場限定CDのお知らせとして
イマイさんから
「今日はCDを会場で売ってます。
とてもいいCDになってると思います。
俺は、、3枚買います!」って。
えー・・自腹??
すると達也さん「1枚くださいー」
「喜んで」
チバさん「あ、じゃー俺も。。」
「喜んで。まだ1枚残ってるから大丈夫」と
どこまでホントだか・・(笑)

本編は『KILL AFTER KISS』で終了。
CDよりもかなり長いVer.だったような気が
しないでもない。
延々繰り返される KILL AFTER KISS って歌ってるのが
分かってなかったら
きっと、なんて歌ってるのか分からなくて
ストレスたまりそうな勢いでした(笑)

続いてアンコール。
チバさん、中のシャツをグッズのTシャツに。
盛岡の時には売ってなかったTシャツで
かわいいかも、、って思い
帰りに物販見てみたら
売切れてました。。

「サンキュー!」とチバさん。
そして「5月の、、いつだっけ?、、に(笑)」って言うと
イマイさんから「1日!」ってフォロー入り
「あぁ、、1日に、今ここで売ってるのはKISS盤で
それには入ってない曲いっぱい入った
KILL盤が出ます」
っと、告知。
ただ、この後、もう一言ありそうで
シーンとするフロアに
チバさん「、、あれ??
もうちょっと褒めてくれてもいいんじゃないのー」と
苦笑い。
そこでワーっと歓声あがるフロア。
達也さんも「この3人だぜ?」
チバさん「そう、1枚のみならず2枚もねー」

アンコールは2曲で
1曲は『Oh Yeah ! あのねぇ』で
達也さんがメインVoの曲。
大きなスケッチブックみたいなノートを
ぱらぱらとめくり
何書いてあるのーって聞かれると
「これは俺の日記。今の世の中に対して
いろいろ書いてあるだけだけど、、」って
それを見ながら。
あれだけのドラムを叩きながら
あれだけ歌いまくる(叫びまくる)なんて
すご過ぎです。
ところどころ、Oh Yeah! って
合いの手みたいにチバさんが歌うんですが
それがカッコよかったです。

ガッツリ盛り上がった後は
『Oh Yeah!それが答だ』
タイトル似てますが、、曲の感じは全然ちがって
これがいい曲なんだよね~
フロアもいっぱい手があがり
Oh Yeah!Oh Yeah!~
って一緒になって歌ってました。

「サンキューまたね!」
これで終わりかと、ゾロゾロ後ろを向き
引き上げ始めたところ、、
なんと!またまたメンバー登場!!
これにはビックリ。
粘って拍手してたわけではないので
逆になんか申し訳なかった・・というか。。(>ω<)

それでも出てきて「サンキュー!」って
チバさん。
チューニングをはじめ、
思いのほかイマイさんが時間かかっていたからか
終わったチバさん、なぜかステージ端っことかを
覗いて見たりして
急に「じゃー、、端から順番に
1、2、3、、って番号言ってけ!」って。
へ??
キョトンとするフロアでしたが
一番端っこの人が元気よく「1!」って言いだしたから
続いて2、3、4、5、・・・・っとしばらく続き
大笑いしながらチバさん「もういいよ(笑)」って。
「暇だったから・・」とボソリ。。
イマイさん「俺が悪かった。。」

っと、そんな楽しい不思議な雰囲気の中
ダブルアンコールも2曲だっけ。
でもほとんど歌詞はできてない感じの曲だった
気がします。

最後は達也さんが使ってたスティックを
フロアに投げ入れて帰って行ったんですが
1本を蹴りいれようとして
何度も失敗し、最後は手でエイっと投げ込んで
退散してました(笑)

っと、、2時間くらい?
最後の2曲は
もしや新曲か?っと
今後も続いて行きそうな余韻を残して
終わったライブでした。

楽しかったです~
自由奔放な3人による
ご機嫌なロックンロールで
形なんてなんでもいいじゃん?みたいな
そんな感じがある意味カッコよすぎて
何ていうか、、、
こういうガツガツしない雰囲気
いいなーと思いました。
またRSRで聞きたいです♪

4.14続き。 [The Birthday(2012年~)]

えーっと、、4.14
長くなったので2つに分けました。

ベース講習の後、、秋葉原→原宿へ移動。
この時山手線をを使ったんですが
だいたい東京前後から渋谷へ行くとき
どっち周りに乗るか
意外と迷ったりするんですが
今回は外周りに乗りました。
すると、、渋谷を過ぎて原宿になるんで
当然、乗ってる時間は渋谷で降りるよりも長い
なのに電車賃は渋谷で降りるよりも安くって
ちょっとビックリしました。

って、、、そりゃ逆で行けば
別に驚くこともなかっただろうに?ってことなんですが
乗換え案内なんかで調べてみたら
実際、外周りで行く方が駅数も少ないし
時間も早いんですよ。
っとなると、、やっぱり不思議でしょ。

が、、代々木で乗り換えて総武線を使う方法を取ると
これは明らかで
確かに、原宿からの方が秋葉原までは近いみたいです。

っと、、、どうでもいい話ですが(笑)
そう、原宿へ行って
『DONUT』写真展へ行ってきました。
IMG_0270.JPG
DONUT vol.3の完成と
コラボキャップ第2弾の発売を記念しての開催らしいです。

DONUT vol.1、vol.2、vol.3の誌面から、
20点以上の写真をパネル展示や
表紙の別バージョンの展示のほか
DONUT×CA4LAコラボレーションキャップ第2弾の販売
DONUT vol.1、vol.2、vol.3の販売(vol.1は若干数のみ)もありましたが
あれ?DONUT vol.1、vol.2、vol.3は
どこで売ってんだろう・・
vol.3だけ持ってないので
あれば買おうかなーって思ってたんですが・・
ま、立ち読みしてこれた(パラパラと、ですが・・)んで
良しとしよう。。

表紙の別バージョン、、vol.2のチバさんが歌ってるやつ
あれはあれで、すごくよかったです。
誌面からの写真では
オオキさんとか加藤さん&コータローさんとかもありました。
展示写真は撮影禁止なのが
残念です。。
The Birthdayの武道館からいの写真とか
いい写真ばっかでした。

入口にはお花が。
IMG_0271.JPG
まだ昨日からの開催だったので2つだけ。
この先~5/13までやってるので
まだまだ増えていくんでしょうかね。

表紙オールラインナップのフライヤー
IMG_0274.JPG
裏にそのDONUTについての紹介が書いてあるんですが
DONUTって、、年4回の季刊誌だったのか!
私、勝手に不定期に発売されるものだと思ってて
Vol.1が発売されたのち
かなりすぐの感じで続々と続きが発売されてて
すごく不思議だったんですが(笑)
だとしたら、まぁ、納得。

vol.3、、まだ迷ってるので
再度見に行くためにも
入場無料なので
また時間があったら見に行ってこようかな~