So-net無料ブログ作成

自然現象だけは逆らえない。。 [たわごと]

台風17号 日本縦断中?
そんな中、名古屋→富山→東京と移動して帰ってくる
今、富山でバス待ち中ですが
さっきまでの豪雨がウソのように
雨止んでます。

これはどういうこと?
もう通過してったってこと??
東京は午前3時ごろピークのようだし
うまいこと台風一過の道のりを
追ってく感じで帰れるのかしら。。
でも道路状況がどうなってるのか
バスは時間通りに富山に来るのか
まだまだ不安材料いっぱいではありますが・・

何気に名古屋も
台風が直撃する前に脱出してたわけで
ある意味ついてるのかな。
うーん・・・( ̄- ̄;;;;

何はともあれ、夜まで開いてる店が
そうない状況で
駅の待合席で時間潰せる状況でよかったです。
それだけでもついてたと思わないと
・・・っとあくまでもポジティブシンキングで(笑)

気づけば、、すっかり秋です。。 [たわごと]

大好きな9月が終わってしまう・・・(´;ω;`)
そして秋の夜長の10月に突入すると
もう2012年も残すところあと3ヶ月?!
あーー、、、早いなぁ。。。

さて。
いつもお昼は〇円って、
まぁ、自分なりの上限を決めて
その範囲内でいろいろ買って食べているのですが
なんせ圭介さんじゃないけど(笑)
暗算苦手なもんで
大雑把に切り上げ計算して
 例えば、、、138円だったら140円って感じで
上限超えないように買っているから
絶対に大丈夫なはずないのに
なぜかここ数日いつも思ってた金額より高くて
上限を超えてしまう日々。。

うーん。。
まぁ、値段よく見てなかったっていうのは置いといて
そもそもあといくらねって
引き算が間違ってたら
いくら切り上げ計算でも
大丈夫なはずないよなぁ・・・って
お会計した後は決まってちょい凹みモード。

そんな今日、
やっぱり上限をわずかですが3円超えてまして
あぁ。。。ってがっかりしてたら
レジのお兄さん
お会計した金額を見て
「ポイントで3ポイントお使いになりませんか?」っと
何も言ってないのにいきなり提案。
そんなこと言われたの初めてで
しかもかなりタイムリーな内容でして
思わず即答で「お願いしますっ!!」っと。

これで無事?!
上限超えずに買うことができました。
お兄さん、グッジョブ!!です(≧▽≦)ゞ
ポイント貯めててよかった~

さてさて。
今や音楽DVDは映画館で見る時代?!
例えば、、リリース前の先行視聴会とか
売られてるものとはまた違うVer.をおまけで見れるよとか
アーティストが参加しますとか
まぁ付加価値ついての形が多いですが
何より大音量・大画面で
よりライブ感を味わえるので
それはそれでいいことだとは思います。

で、このたび
映画『赤い季節』の公開記念して
「The Birthday Quattro×Quattro Tour '12 Bootleg 」
劇場初イベント上映が決定
とのこと。

上映内容はどうもアルバムの特典で付いてたDVDと
同じみたいですが
値段が700円で
さらにライブチケット半券提示で200円引き!
ってことは、、500円!!

でもって
ご来場のお客様の中から抽選で
The Birthdayメンバー直筆サイン入りステッカーを
プレゼント★

っとくれば、、
そりゃーちょっと行ってみようかなって
なるってね(笑)
うれしいレイトショーなので
仕事帰りに行けるし。

仕事といえば・・
最近、会社の(仕事内容が)一緒のグループの男子に
非常にイライラさせられてまして・・
ストレスたまる毎日です。
もともと大嫌いでしたが
ホント限界。。ってくらい
嫌い度上がってます。

そして限界で思い出しました(。・∀・。)ゝ
9/25で終了してしまった
THE BACK HORNのラジオコーナー
"限界コミュニケーション"で話が出た
山田さんが日常持ち歩いてまで使用している
アマニ油
ちょっと調べてみたら
効能などなど、かなりいい感じの油で
実際に試してみたくなりました。
どこかで見つけたら買ってみよう♪

っと。
繋がりあるようでない(ってか、、ないけど 笑)内容を
ツラツラと書いてしまいました。
明日は名古屋!そして次の日は富山!!っと
遠征2連チャン♪
楽しみです~
台風来ないでぇーーー
帰れなくなったらどーしよー・・

答えはどこにも落ちてないしそれでも俺達はまだ何かあるって思ってる [The Birthday(2012年~)]

昨日は秋分の日だったんですね。
私の頭の中のイメージでは
秋分の日=9.23で
いつだったかのこの日に
家族でディズニーランドに行って
秋だというのにビックリするくらいの暑さで
ヒーヒー言っていた日のことを
なぜか毎年思い出します(笑)

さてそんな9.22は
The Birthday TOUR 2012 VISION
@横浜Bay Hall
でした。
120922_223439.jpg
待ちに待ってたThe Birthdayのツアー初日。
恒例ツアー初日のベイホール。
今回のチケット確保は苦労しました・・
お友達の協力などなど含め10口エントリーして
取れたのたったの1口。。
いやぁ、、、取れたから今は笑って言えますが
マジ、もうキツイっす。。
そろそろ楽にチケット取りたいよ(-_-)

で。
そのライブの前に
スペイン坂で斉藤和義♪
120922_141149.jpg
ご招待制になるかな・・ってちょっと心配してたんですが
普通に当日整理券配っての観覧でした。
いろいろ時間を考え
最初のグループに入ってすぐに出ればいいかなっという予定で
朝一で整理券GET。
そこから集合時間の13:50までが長かった~
いったん家に帰ればいいんですが
ケチな私はどうも交通費かけて帰るのができなくて。。
結局お茶したりお昼食べたりで
お金それ以上かかってるんですが
どうもね。

ってことで、PARCOやら最近リニューアルしたLOFTやら
あとはお決まりタワレコをブラブラ。
実はまだヒカリエに行ったことないんで
ホントはそこをブラつきたかったんですが
行ってみた時間にはまだOPENしてなくて
やめちゃいました。
もう少し待っててもよかったんだけど・・

そしてお昼は最近PARCOへ移転した
JSバーガー。
120922_120146.jpg
ここ、お値段少々張りますが
なかなかボリュームもあり
全体的な雰囲気も結構好きなお店だったりします。
アイスのドリンクがこんなグラスに★
120922_120158.jpg

そしてラジオ観覧!
もちろん予定通り最初のグループで観覧。
流しの1回の人数がかなり少なくてゆるゆるで見れました。
あんなに間近で見れる機会なんて
そうそうないのに
まさかの金髪期間で
それだけが悔やまれます。。(>_<)
0922.jpgkinpatsu.jpg
やっぱ黒髪がいい・・
あんまり好評じゃないのか
メッセボードに「金髪慣れて!」って書いてて
笑っちゃいまいた。

あと、1曲目が「やさしくなりたい」だったんですが
最後の方克也さんから「みんなで歌って!」って指令がきて
歌ってるところへ「斉藤さんも一緒に!」って言ってたみたいで
最後の最後ボソボソっと1フレーズだけ歌ってくれて
それはそれで楽しかったです。
克也さんってギャラリーに対してそういうサービス
結構してくれますよね。
優しい人です。

見てる時間は短くて
やっと本格的なお話が、、、ってとこで時間切れ。
全然トークを楽しむ余裕はなかったですが
ま、貴重な体験できました。
でもやっぱ黒髪せっちゃんを見たいので
次回また機会があればリベンジ?!(笑)したいです。

そして横浜へ。
この日はロッカーのことを考えて
初めて石川町経由で行きました。
が、、まさかの(笑)
横浜チャーミングセール初日で
石川町っていうか、、元町激混み!!
そう、チャーミングセールって
結構有名な元町のセール期間で
私も昔まだ横浜に住んでた頃、行った覚えあります。
まだ続いてたんだ、、って思ってたら
どうやら51年の歴史らしいです。
さすが!!
(土曜日のアド街でも特集されてた)

そんなこんなで何とかロッカー確保し
会場へ。
グッズ購入できる時間帯でしたが
荷物を先に預けてしまってるので
近くのショッピングセンターで休憩。

今回は700番台での入場。
ベイホールのキャパ1100くらいらしいので
ほぼケツの方ですね・・
案の定、中へ入ると柱後ろまで人がいて
ギリ、ハルキ側スピーカー前の端っこへIN。

時間10分くらい押してライブスタート。
暗転した勢いでもう少し中よりの方へ入り
そこそこ視界良好な位置へ行けました。
でも終始押しも強く
前の人もいきなり向きかえてきたりと
いろいろ大変でしたが
でも思ったよりも見えたし快適でした。

いつものSEが鳴り
まずはキュウちゃん登場。
出てすぐドラムセットへ直行で
まったく姿見えず・・
途中チラリと見えて分かった、、黒いTシャツでした。
そしてハルキにフジイさん登場。
ハルキは前回同様、デニムのつなぎ。
フジイさんは白い半袖シャツでした。
最後にチバさん。
髪が短くなってました~
、、って。
金光さんのツィートで髪切ったってことは知ってましたが
チバさんって髪切ると途端に若返る気がします(笑)
服装は黒地に花柄のテロンとしたシャツに
サングラス。

出てくるなり「横浜ベイホール!!」っと雄たけびをあげ
1曲目『SPACIA』へ
そうか、、今回このインストが入ってましたね。
すっかり頭になくて
アレンジなのかと思ってました。

そしてそのまま『LOVE SICK BABY LOVE SICK』
 NA NA NA NA NA NA NA NA NA NA NA
って歌うところ
今まではあんまり一緒に歌ったりできなかったんですが
この日はものすごい盛り上がりで
とにかくフロア歌う、歌う(笑)
それ見てチバさんとかニヤってしてるし
ハルキもいつも以上に動きが激しかったです。

続いて『ROKA』
初っ端からのこの曲はアガります。
さっきも書きましたが
とにかくフロアの盛り上がりハンパなくて
いつもはどこで拳を上げようか、、って
ちょっと様子見つつなとこもあったりするのに
この日はどこでもOK!状態で
とにかく盛り上がってました。
おかげで勢いにつられ
いろんなところで拳あげてました(笑)

ここでチバさんサングラスを取り
ここでだったか、、もうちょっと後の方でだったか
ちょい記憶うろ覚えなんですが
「前にさ、横浜来たときは
日産スタジアムだったから・・
やっぱこっちの方が落ち着くね(笑)」ってチバさん。
最初何かの名称が変わったのかと思って
??って思ってたんですが
少しして、そうか、、
永ちゃんのライブに出た時のことを言ったんだって
気づきました。
そりゃーそうでしょう・・
規模が違いすぎるしお客さんの反応もね(*´艸`)

ウォ~っとなるフロア前に
『Buddy』
いよいよ幕開けって感じで
今まで以上に激しく盛り上がるフロア。
サビのoioiもすごかったです。
 パーティがまたはじまる!
ってところ、来いって煽りはしなかったんですが
言われなくてもみんな叫んでて
いい感じでした。

ふぅ、、、っと一息ついて
『Riot Night Seremade』
そして終わると
即、キュウちゃんのドラムが鳴り始め
『LOOSE MEN』へ。
この曲、所々フッと止まる所があって
それがビシっとキマっててかっこいいです。

そして終わるとまたまた間髪入れずに
 SATURDAY SATURDAY 
 SATURDAY NIGHT KILLER KISS
っと入り
『SATURDAY NIGHT KILLER KISS』
わぁ~ぼんやりしてましたが
土曜日でした♪
この曲は土曜日だけのスペシャル曲にしてくれると
うれしいんですが、、、たまたまですよね(笑)
ライブだけで聞ける
 キチガイ
って歌詞にも注目です。

で。続く『PINK PANTHER』への流れが
もう~ってほど素敵でした。
この曲は一早くライブで聞いてみたかった曲です。
 フーウーウーウー
ってコーラスあんまり姿は見えなかったけど
キュウちゃん歌ってたと思います。
最後CDにも入ってる
笑い声というかの声みたいなの
あれをチバさんやっていて
だからなのか、終わったら「サンキュー」って
言ってたような気がします(・・多分。。)

しばしブレイク。
メンバーの名前をやったらと呼ぶフロア。
もちろん、メンバー一切無視。
ふと思ったのが
チバさんをチバーって呼び捨てにする男多いけど
さわおさんをさわおーって呼び捨てにする人
いないな、、って。
あと増子さんも。
まぁ、増子さんは兄ぃーって愛称あるから
またちょっと違ってきますが。。
そう思うと
ピロウズファンの男子っていかにも男勝りな人
少ないのかもなぁ、、って思ってしまったり。
いや、それがいいとか悪いとか
そういうの一切ないんですけど
ふと思ってしまいました。

でもこう長いブレイクの後は
たいていバラードがきたりするんで
あまり名前呼びすぎるのもなぁ、、、って
時々思ったりもします。
で、予想通り次は『Sheryl』
今回のセトリでの一番のレア曲?!
って、、書きましたが
実はライブで聞いていたときは
前回のツアーでやった『LUST』と勘違いしてまして
えぇ、、、またこの曲?!って
ちょっとがっかりしていたのでした(-"-)

家に帰ってセトリをネットで拾って
改めて見て
あれ??って気づきました。
あはは。。
ってことで、この曲の感想はまた後日。
でも歌詞が素敵。
いろんな絵が頭に浮かんできて
それと同時に
目の前に見えるステージで演奏するメンバーとで
とにかくうっとりしてしまいます。

その雰囲気のまま
『爪痕』へいくのも
またよかったです。
この曲はホント何度聞いてもキュンとする曲で大好き。
ハルキのソロっぽいベースも聞きどころなんですが
なんとこの日
注目し過ぎて聞いていたせいか
おっと、1音加えて弾いたよーって思ったら
どうやらそれ、間違っちゃったみたいで
最後1音入りきらなくなっちゃって
慌ててつじつま合わせて終わらせてて
思わず苦笑いしてるところを目撃してしまいました(笑)
※って見えただけで、真意は分かりませんが、、
いや、でも、あまりに自然な流れだったので
敢えてそう弾いたのかもしれないんですが
なんかちょっと可笑しかったです。

続いて『泥棒サンタ天国』
やっとこの曲
イントロで分かるようになりました(笑)
よくよく歌詞を聞くと
クスリとしてしまう内容で
チバさんの口から
 チューリップの模様
とか
 嫌いだったほうれん草も食えたよ
とか
聞くとどうしてもニヤっとしてしまいます。
最後のアウトロの演奏が素敵です。

そして『KICKING YOU』
ハルキのベースから始まるイントロ!
これがすごくかっこいいです。
この日のハルキは何となくですが
よくフロアを見渡していたように感じました。
普段は結構視線下向きだと思うんですが
上向きでした♪
チバさんのブルースハープも素敵です。
ペロンって一舐めしてから吹き始める仕草が
何とも言えずセクシーです(´∀`人)

続いて『ゲリラ』
こうして中盤あたりに持ってくる
アルバム1曲目の曲っていうのも
なんか新鮮な感じがしました。

次に『黒いレイディー』だったんですが
イントロ、フジイさんのギターが唸って始まるとこ
フジイさんとチバさんが向き合って
ギターを弾き合っていて
さらにフジイさん、弾きながらブツブツって
音に合わせて何か言いながら弾いてました。

そしてこれは久々
『YUYAKE』
照明が夕焼けのようにオレンジ系になってて
いい感じでした。

長いチバさんのギター爪弾き。
でもすぐに次の曲が予想できるメロディ。
これってその日によって
長かったり短かったりしますが
やっぱりチバさんの
その時の気分によるもんなんでしょうかね。
この日は最大に長かった気がします。

『涙がこぼれそう』
いつものあのイントロになると
ウォーッって沸くフロアに
うれしそうにカモン!って手で合図
 電話 さがした あの娘に聞かなくちゃ
 俺さ 今 どこ
なかなかの大合唱でした。
バッチリ聞こえてきました。

チバさんの一言は、、「今は横浜だーっ!!」
いつものに戻りましたね(*^_^*)
ダイバーもゴロゴロ
かなり熱かった~・・

でもまだまだ終わらない!
たいてい『涙がこぼれそう』きたら
もうライブ終わりってイメージですが
今回のセトリはちょっと違ってました。
続いて『BECAUSE』
チバさんのアカペラから入る曲で
これまたかっこいい。

『涙がこぼれそう』からの熱い盛り上がりで
サビも拳がいっぱい上がり
大盛り上がりでした。

アカペラの後のギターを
チバさんが弾いていたかフジイさんだったかを
この日はちゃんと見てこようって思ってて
注目してたら
フジイさんでした。

続いて『STORM』
ここで LALALALALA~ ってところ
カモンって感じでフロアにも。
わーい!歌いたかったんでうれしかったです♪
例の間奏部分
この日はマラカス振ってたっけ?
あれ、、違う曲でだったかな。。

そして『なぜか今日は』
恒例のハルキが前に出てくる曲
でもベイホールのステージ
割と前ギリギリまでセッティングされてた上に
マイクが端っこに置かれてて
非常に出にくい環境だったから
出てこないかもなって思ってたんですが
そこをなんとハルキは
スルっと避けながら端の前に出てきてくれまして
かなり目の前で
テンションアガりました~

戻るとき、マイクにぶつからないか
若干ヒヤヒヤしたんですが
そこも上手に避けながら戻っていきました。
素晴らしい~(笑)

そしてとうとう最後の曲
『さよなら最終兵器』
なるほど~これを最後に持ってくるとは
何かちょっとしたメッセージが
込められてるように思いました。

大いに盛り上がって本編終了。
「サンキュー!」
メンバー退場。

引き続きアンコール。
このアンコール待ちの時
ローディのクマさんが
フジイさんのギターを準備していたんですが
それがあの曲をやる時のギターで
おっ、これはもしや・・っと
予感してました。

そしてメンバー登場。
ハルキは着替えなしでしたが
フジイさんはガールTの
袖と襟ぐりにラインにパイピング?してあるやつ
・・・これがやけにかわいかった(笑)
キュウちゃんはリトルジャンヌT
チバさんはスカルのピンクTに
着替えてました。
リトルジャンヌT、、
デザイン的にはすごくかわいいんですが
色がね・・
密かに今後開場限定で他の色のVer.が出ないか
期待してます(≧▽≦)ゞ

ハルキはタバコ持って来てて
チバさんはもちろん?!ハイネケン片手に
髪の毛オールバックで(ノ∀\*)
・・・すぐに頭振って元に戻ってましたけど。。
イントロっぽいギターが鳴る中
「RED EYEプリーズ」ならぬ
「BEER プリーズ!」って持ってるビールを差し出して
『RED EYE』へ。
あはは、そうきたか。
でもって予感は的中。

アンコールでこれとは
なんかパーティ的な雰囲気があっていいですね。
ソロのところも幾分長めの演奏だった気がします。
(あくまでも勝手にそう感じただけです・・)
ハルキが弾きだすと「ベース ヒライハルキ!!」って
紹介してました。

チバさんとフジイさんの
ギターとブルースハープの弾き・吹き合い
この日はそんなに挑発的な感じはなかったです。
結構スルっと終わりました。

そしてキュウちゃんのドラムソロ
チバさん腰をかがめてキュウちゃんをフューチャー!
が、、最後終わって立ち上がろうとしたら
ちょっと前につんのめっちゃって
おっとっとってなってて
立ち上がった後
少し恥ずかしそうに笑ってました。

気を取り直して(笑)
『OUTLAW II』
いいねぇ~
カーっと明るい照明にフロアの盛り上がりもあって
ものすごーくいい感じに見えました。
とにかくいつも以上に激しかったです。

「サンキュ!またね!」
ここではキュウちゃん
ぐるりと客席側に周って戻っていきました。
でもスティック投げなかったから
これはダブルも期待できるかも?!って。

フロアももちろん、ダブルアンコールの拍手。
そしてほどなくして
まずはキュウちゃんだけ登場。
ヤッター!
そして「昔、横浜に住んでた頃
東横線の初乗りが80円でした
まだ駅員さんがパチパチ鋏で切ってた時代です」って。
おぉ~
そうそう、さすがに私はその80円の頃
まだ横浜に来てなかったと思いますが
初乗り100円で子供50円だった頃は
覚えてます。
今や初乗りいくらだ??
ってか100円なんて今やどこの路線でもないですよね。
そして駅員さんが鋏!
これも経験してます・・って歳バレるか?!
ってか、硬い切符とかもあったよね。
懐かしい時代です(笑)

そう言ってドラムを叩き始め
他のメンバーも登場。
チバさんはハンドマイクです。
さぁ、こうきたら曲はもちろん、、、『ローリン』!
「OK~横浜ボーイズ!!」って
言ってたかな。

最後なんでとにかくフロア中もみくちゃ。
コール&レスポンスももちろんありました。
あ、でもご当地単語はなかったな(笑)

 道はひとつで まだ続くから
で、少しブレイクがあって
 ローリン ベイベー イッツオーライ
って入るところで
チバさん「シーっ」ってフロアに指示して
静まり返ったところで
 ローリン ベイベー イッツオーライ
って入る演出。
これまた新しい展開で素敵でした。

が、、どうも最後のサビだと勘違いしたようで
イッツオーライの掛け合いを煽ってきてまして
キュウちゃんが歌わないので
あれ?って気づいたのか
そこからチバさん照れ笑いしっぱなし。

どうまとめるのか、、、って感じでしたが
そこはうまくキュウちゃん他もっていってまして
何事もなかったように
次のパートで
イッツオーライの掛け合いに持っていって
終了~

「サンキュー横浜ボーイズ!!」
ガールも言って~なんて
チラリと思いつつ(笑)
ライブ終了。

キュウちゃんのスティックは
ステージ右手で投げられ
でも来ていたTシャツを左手で投げてくれまして
ラッキーにも初めて!
それを掴めたのですが
他2名粘り強く掴んでる人たちがいて
泣く泣くあきらめました。
「ジャンケンしましょう」って
即、言えばよかったんですが
言い出せなかった自分です(T ^ T)
いいです、、、Tシャツよりスティックが欲しい
っと強がり言っておきます。。

ってことで、ツアー初日終了。
120922_203322.jpg
激熱なライブで
今後がますます楽しみになりました。
グッズも散々悩みましたが
ツアーTの黒を購入。
ウキウキな気分で帰り始めたのですが
止みかけたような雨が
本降りになり
びしょ濡れで駅に着きました。。
うぅっ・・
次の日休みだったし
乾杯したかったのに
テンション下がってそれどころじゃなくなりました。

救われたのは
フジイさんのツィートで
その旨書かれていたのを
まさにリアルタイムで見れたことですかね。

乾杯はまた今度。

<セットリスト>
 01.SPACIA
 02.LOVE SICK BABY LOVE SICK
 03.ROKA
 04.Buddy
 05.Riot Night Seremade
 06.LOOSE MEN
 07.SATURDAY NIGHT KILLER KISS
 08.PINK PANTHER
 09.Sheryl
 10.爪痕
 11.泥棒サンタ天国
 12.KICKING YOU
 13.ゲリラ
 14.黒いレイディー
 15.YUYAKE
 16.涙がこぼれそう
 17.BECAUSE
 18.STORM
 19.なぜか今日は
 20.さよなら最終兵器

 EN1.
  Red Eye
  OUTLAW II

 EN2.
  ローリン

何度も躓いてるうちに羽がなくても飛ぶ気になったのさ [たわごと]

昨日三連休のことをチラッと書いてて
ちょっと思い出したことがあったので改めて書くことに。

9/17の出来事。

住んでるマンションにはCATVが導入されてるんですが、
今回新しいものに変わったので
それの映りを安定させる工事を各部屋ごとにさせてくれと。
自分はCATV加入してないので関係ないんですが
こういうのって賃貸だと従わないといけなくて
渋々日程合わせ工事に立ち会いました。

で、ここに来たCATVの営業さんがかなりイラっとくる人でして。
なんでもテレビだけじゃなくネット環境も整い
今加入してる某NTTの光より速い通信速度で
さらに建物加入になるからお値段も下がると。
だからこれを機会に光から切替ませんか?って話。

何それ、そういうことがあるなら
最初からお知らせの紙とか入れといて欲しかったよ。。
今突然言われて、即結論出さないといけないなんて
考えさせる時間与えない策略としか思えないやり方に頭きたし
その営業の決まり文句は決まって
「皆さん加入されてますよ。」
そう言えばみんなその気になると思ってるその態度に
ホントイライラしました。

うーん、、って考えてたら
何度も「皆さん加入されてますよ。」って自信満々に言ってきて
いや、別にみんながそうしてたって
自分は自分だし
今の環境気に入ってるし
どっちがホントにいいのかじっくり考えたい人だっているわけで
考える時間与えてくれたっていいじゃない?

思わず頭に

 アンケートじゃ常に上位の
 モデルと同じ髪型はしたくない

って歌詞が浮かんできちゃった(笑)

ホントはPC買ってやっと設定とか終わったばかりだったんで
変えたくなかったんですが
値段下がる&速度速いのダブルは魅力的で
切替ることにしましたけど。


いやぁ~にしても
あの営業、もう一つCATVの加入の話でも
「皆さん加入されてますよ。」
って何回も言ってきて
マジ、イライラしました。
さすがにこっちは話聞くだけ聞いて
「どうしますか?
(の後にもちろん加入しますよねって言葉が隠れてて)」
って聞かれ
即答で「入りません!」って言ってやりました。

だけど、工事に来たお兄ちゃん
昨日も書きましたが、
部屋に飾ってあったノンフィクションのポスターに
120923_220034.jpg
「あっ」て反応してて
?って思ってたら
帰り際に「ピロウズお好きなんですか?」って。
「ご存知なんですか?」って聞いたら、
「大好きなんです。待受もほら」って
自作?のバスターくんの待受を見せてくれまして。

彼ならあの営業の決まり文句
笑って聞いてただろうな、って思うと
ちょっと救われた気持ちになりました。

効き目のないアスピリン噛み砕いてハロー [the pillows]

気づけば、、、更新1週間以上あいてました・・
何書こうかな~ってゴロンっと横になると
そのまま眠りの世界へ。。。っという日々が続いてまして(笑)
3連休はのんびり過ごしたにもかかわらず
結局更新せずに終わってしまいました。

915 久々美容院(何も変わってないけど・・)&ラジオ観覧
120915_132318.jpg
やっぱり流しでした・・・
916 祝!23年&ついに!PC購入♪(もちろん狙ってこの日 笑)
917 雑用もろもろ。。。回線工事に来た兄ちゃん
帰り際に言った一言「ピロウズお好きなんですか?」
おぉ~どうりで飾ってあるポスターに反応してた訳だ(笑)

さて。そんな9.20は
THE PREDATORS
TOUR Monster in your head
@渋谷 CLUB QUATTRO
でした。
120920_174008.jpg

今回、アルバムが思った以上に良くて
ツアー楽しみにしてました~
RSRでは見れなかったしね。。

チケットは本当はCチケットだったんですが
開場時間に間に合わないというお友達に
チケットを交換してもらえて
200番台で中へ!!(ありがとう★)
なんとか、さわおさん側
そこそこ見やすそうな位置へいけました。
でも待ってる間から
ジワジワと押し寄せてくる感じがあって
案の定、始まるとものすごい押しがあり
結局もっと端のちょい後ろの方へはじかれてしまいまして。。
でもその方が視界は良好で
時々イラっとくる押しがありつつも
快適に見れました。

時間はちょい押しでスタート。
例の角帽子はもう被ってないんですね。
SEも変わった?
さわおさんのTシャツが
目が★になってるトラのイラストで
かわいかったです。
JIROちゃんは自分デザインの今回のグッズT
高橋くんは、、、自前の黒Vネックでした。

まずは1曲目はアルバム1曲目の
『God Game』から。
なんか幕開け的な感じがしてピッタリだと思います。
アルバムを最初に聞いたときに
あ、いいかもーって
すぐに思ったもん。

続いて、、『BRAIN CALLY』
これの ギルティ! 罪と罰を! って
叫ぶところ
なんかクスってしちゃうんですが
ちょっと一緒に言えるとうれしいです。
 死ぬまでここにいるんだ
ってさわおさんが言うところ
きゃ~って歓声上がってました。
確かに、、ちょっとかっこよかったです(*^_^*)

1曲が短いから(笑)どんどんいきます。
『ROCK'N'ROLL LAY DOWN』
『Desperate Donor』
さわおさん、ギターの手元をちょいちょい見るもんで
歌に入るのにちょっとマイクの方を向いてなくて
歌詞がオフマイクになってるあたり
ツアーの初日感が出てて
ふふふって思ってしまいます。

やっぱ3ピースだと
ギター弾くのも責任感出ちゃうのかな。

挨拶、、どこら辺であったっけ。。
セトリは拾い物なもんで
正直あまり記憶がないんですが
けっこう歌が連続してたように思います。
『TRIP ROCK』
『THIS WORLD』
普段あんまりプレデターズのCD
聞かないから(笑)
忘れてたりする曲もあって
あーあったねぇ~、、、なんて。

「あー久しぶりじゃないか!
みんな元気だった?」っと
さわおさん、いつもの挨拶。
「やっとツアーが始まったよ」とか
言ってた??

「JIROくんが、始まる前に
どうか自分より先に誰かが間違えますように・・
とか言うから、いっぱいまちがえちゃったよ。。」って。
JIROちゃん。。そんなこと言ってたんですね(笑)
子供じゃないんだから(=^・^=)

「俺たちTHE PREDATORS!
じゃー最後までよろしくね!」

で『Monster in my head』
キタ、キター!!(笑)
これの ハロー と 3,2,1! を
一緒に歌うのドキドキしてたんですが
何気に最初、歌いそびれてしまいマシタ。。
でも次からはバッチリ♪
いやぁ~これは楽しいです。

続いて「Crazy Babar!」って
タイトルコールあって
『Crazy Babar』
内容を知ってるだけに
聞くとあのPVの光景が浮かんできて可笑しくなります。
でもきっと私も高橋くんと同じで
グーグー寝てるかもな。

『SHOOT THE MOON』は
アガります~
さわおさん側でしたが
JIROちゃんも対角線上に非常によく見えて
時々こっちの方も向いてくれたので
うれしかったです。

『Risky Revolution』
これとか
今までの感じとはちょっと違う感じがする曲。

この辺りだったか・・
このツアー最大のサプライズ!
「アルバムも4枚も出せ
ようやくレパートリーも増えてきました。
が、しかし。
ここで誰からも望まれてないのに
新曲やります!!」っと。
いやぁ、、アルバム4枚っつっても
1枚の曲数が少ないから
やっとこアンコールで
同じ曲やらなくてもいいほどになったんじゃないの?
って思ってたりもしてました。
全部やったって、そう長いライブにはならないでしょー(笑)
それなのに新曲!

さらに「そして何かオモシロいことやりたくて」っと言い残し
な、な、なんと
パートシャッフル!!
さわおさんがDr、JIROちゃんGt
で、高橋くんがなぜかBa/Vo
これは縦社会ならではのパート決めだったみたいで
「高橋、歌え」っと言われ
「はい。分かりました・・」って
決まったみたいです。
オモシロ過ぎる。

歌は、、全然上手でした。
バッチリ弾きながら歌ってました。
そしてさわおさんのDrも上手だったし
JIROちゃんのギターも
まぁ、、これは
もともと楽器始めるきっかけギターで
その後ベースになったくらいだから
そんなに驚くほどでもないかな。

でもさわおさん、終わった後
手痛い~って感じで
腕ブンブン振ってました。
やっぱ力いっぱい叩くと
腕痛くなるんですかね・・
ドラム叩いてみたいです。

何事もなかったかのように
元に戻り、、、『Dizzy Life』
『ムスタング ヒッピー』
もはや懐かしい~って思ってしまう曲。

そして『Mission』
裏で延々鳴ってるベースライン
こういうの好きです。
裏方なのに実は何気に目立つってやつね(笑)
にしても
こうやって並べて聞くと
そのアルバムの持ってるイメージっていうか
雰囲気がなんかハッキリしてる気がします。

「あの、、、さっきの
パートチェンジのやつ?
ああいうのさ、
最近はすぐみんなつぶやくから・・
できればつぶやかないでいてくれた方が
きっと楽しめるんじゃないかな」
・・・スミマセン(-"-)
つぶやきはしてないけど書いてしまってます。。

「今年はプレデターズ
夏フェスはRSRに出て、、、楽しかったなぁ。
で、帰りに空港でファンの子に
声をかけられたんだよ。

あーさわおさんですね。
プレデータズよかったです。
ツアーも楽しみにしてますって

そして握手してくださいっていうから
まぁ、握手して別れたんだが
なんかね、その子
どっかで見たことあるなーって
なんか俺の記憶に残ってて
どこで会ったことあったんだっけ、、って
ずっと考えてて
そして、思い出した!
そのRSRのライブで
俺の真ん前にいた子で
俺の真ん前にいたにもかかわらず
俺のこと1回も見なかった子だったんだよ。
もう完全に首がこっち(JIROちゃんの方)向いちゃってるの。

なんで俺の真ん前にいたのか
そしてなんで俺に声をかけたのか、、、
もしかして、
恐らくJIROくんを触ったことあるであろう手で
間接握手?!(笑)

そんなね、モヤモヤした気分になるときも
ありますわ、、、
あの日は部屋で泣いてたなぁ~。。
そんなモヤモヤした気分を吹き飛ばしてくれるのは
やっぱりトムとジェリーだろ。
あの痛快なストーリーを見て
パワーをもらわないと」

っと、、、『Hurry up! Jerry!』
今回これがあるから
さわおさんデザインのTシャツは
もろパクリ?!のあのイラストなんですね。
でもトムとジェリーは私も大好きです。
たまに暇なとき
スカパーでやってるので
見るんですけど
ホントおもしろいです。

ここから先はラストスパート!
『LIVE DRIVE』
『爆音ドロップ』
やっぱ一番最初のこの曲は外せないです。
ここから始まったわけで
なんか思い出深いです。

そして最後は『WILD TIGER』
この曲が始まったとき
もしやこれが最後の曲かもーって
感じがしました。
予想的中。

「ありがとうっっ!!」

メンバー退場。
引き続き、、アンコール。
「短いだろうなぁ~って予想はしてたけど、、
本編1時間だったわ、、、」って。
えぇー・・早過ぎっ(笑)
でも不思議とそんなに短かった感じは
しなかったんですよね。
ビックリサプライズあったし。

そして各メンバーから一言ずつ。。。
あ、そう言えば
本編中、なぜか高橋くんを呼ぶ声が
半ギレ状態で「高橋っ!!」って呼ぶ人がいて
思わずさわおさん
「お金借りてるの?
取り立てが来ちゃったよ、、」って言ってて
笑っちゃいました。
高橋くんはなぜか「スミマセン」って
謝ってましたけど。

で、メンバーからの一言
まずはJIROちゃん。
どうやら、前日はごきぶりと1時間格闘してたみたいで
ちょっとお疲れのようです。
そして「ゴキブリ出たらどうします?」って
メンバーに質問。。
JIROちゃんはあまり虫を殺したくないからって
網を常に置いていて
その日もそれをつかいつつ
なんとか外へ追いやったそうです。

さわおさんは
「そんな、、もちろん
ソッコー側にある使えそうな武器で
退治するよ
何、勝手に俺の部屋に侵入してんだーって。
俺、高橋くんが勝手に入ってきても
殺すもんな。
あ、でもJIROくんだったら捕まえるかも♪」って。
その時の仕草が面白かったです。

さらに以前、とっさに目に入ったカビキラーで
カーテンに止まったゴキブリを退治したら
噴射したその部分だけカーテンも脱色されてしまい
「俺も負けた、、、」って。

高橋くんは「新聞紙や紙などで
捕まえて、バキバキって潰し
さらに外に出て缶などに入れて燃やしますね。
ゴキブリに対して
ただならぬ憎しみがありますんで、、」って。

なぜかゴキブリ話に花が咲いてしまい?!
「あー、、なんかすいません。。」っと
JIROちゃん恐縮。。
「なんかJIROくんがいい人だっていうんで
終わっちゃったよなー
あとはJIROちゃんが入ってきたら
捕まえる★ってことと(笑)」

そんなJIROちゃん
「クアトロ立つの初めてなんですよ。
いつもは兄さんたちを見に来てたけど
やっと憧れのステージに立てました!」とのこと。
このキャパでJIROちゃん見れるのも
そうはないですよねぇ・・

続いて高橋くんの一言でしたが、、、
何言ってたっけー
サラリと終わってしまったようで
ちょっと記憶が・・(-_-)
何か謝ってて「何その謝るMC、、」って
さわおさんにツッ込まれました。

「じゃー少しだけ遊んでやるよ」っと言って
カバー曲『Take Me Home,Country Roads』
おぉ~まさかのカントリーロード!!
でもどうしてもOJが浮かんできてしまって
思わず笑いそうになりました。
さわおさんのカントリーロードも
素敵でした。

次に『Monkeyshine』
これでアルバムの曲は全部やりました。
意外とまだ1曲残ってたなんて・・

そして『Tyrant』
なんかこれ、、サビ、拳を高々と上げて
歌いたくなる曲です。
出だしとかそんなイメージではないんですが
なんかサビだけは拳のイメージがします。

「ありがとうっ!楽しかったよ。
またね!!」
高橋くん、、スティックを思いっきり投げる風で
近くにポイっと投げてあげてました。
優しいなぁ・・
キュウちゃんは放り投げちゃいますけどね。。
だから前の方にいると
絶対にキャッチできないの。

追い出しの曲は
アルバムの曲から。
ピロウズファンなら恒例?!
この曲でやたらと盛り上がる、、
そして曲が終わると
再びアンコールの拍手。
ないんじゃないのー、、って思ってたんですが
うれしいことに
ダブルアンコール!!

やっぱ〆はこれですか、、、
『Breed』

あー楽しかったです~
次はファイナル!?
またさらにパワーアップしたライブを
楽しみにしています。

<セットリスト>
 01.God Game
 02.BRAIN CALLY
 03.ROCK'N'ROLL LAY DOWN
 04.Desperate Donor
 05.TRIP ROCK
 06.THIS WORLD
 07.Monster in my head
 08.Crazy Babar
 09.SHOOT THE MOON
 10.Risky Revolution
 11.Dizzy Life
 12.ムスタング ヒッピー
 13.Mission
 14.Hurry up! Jerry!
 15.LIVE DRIVE
 16.爆音ドロップ
 17.WILD TIGER

 EN1.
  Take Me Home,Country Roads (John Denver)
  Monkeyshine
  Tyrant

 EN2.
  Breed (NIRVANA)


ラブソングは好きさ けどあんたのそれじゃない [The Birthday(2012年~)]

今日は恐らく
あちこちで話題になってるんではないかと思う
iPhone5
未だスマホデビューしてない私にとっては
待ってて良かった~
・・・なんて
別に新機種登場を予測して待ってたわけでもないのに
ちょっと勝ち誇った気分になったりするんですが(笑)
今のところ年末~年始にかけての間に
機種変予定なので
いい感じにピークも過ぎ
すんなり購入できるのではないかと
今からワクワクだったりします(笑)

さて。
そんな9.12は
ENTITY OF RUDE vol.2
@恵比寿リキッドルーム
EOR/The Birthday
でした。
120912_174315.jpg

EOR・・ENTITY OF RUDE
タブゾンビ (trumpet) from SOIL&"PIMP"SESSIONS
蔦谷好位置 (keyboard)
日向秀和 (bass) from STRAIGHTENER
中村達也 (drums) from LOSALIOS
からなるバンド。
その企画イベントの対バンに
The Birthdyaが登場。

最初発表された時、
EORが全くどんなバンドかとも知らないで
とりあえずエントリーしとけーって
チケット取ったので
後々、ひなっちや中村達也さん
そしてタブさんに蔦谷さんっと
メジャー級の人たちの集まったバンドと知って
ビックリしました。

チケットはどうやらそのEORのライブで先行販売されたのが
Aチケットだったらしく
自分が先行で取ったチケットはBチケットでした。
でもBの50番以内で
Aチケットは100番くらいまでしかなかったので
実質、、、150番くらいで中に入れたため
ハルキ側2列目の非常にいい位置をGETすることができました♪

The Birthdayは真ん中は絶対に押しが強くて
下手に入ってしまうと
大変なことになるので
いつもはホントにハルキ側端っこで見るんですが
一番いいのは
ハルキとチバさんの間くらいの位置にいけると
キュウちゃんもバッチリ
他の3人もバッチリ見ることができて
いいんですよね。

で。
この日はその一番いい位置に行けてしまったのです!!
それ、何気に、去年の誕生日の磔磔の日もそうで
おもわず2日遅れの誕生日プレゼントだ~って
ちょっとニヤニヤしてしまいました(´艸`)+゚*。

先攻はもちろん、The Birthday。
5分か10分押しくらいでいつものSEが鳴り
メンバー登場。
キュウちゃん黒のVネック?みたいなTシャツにデニム。
ハルキは水色と白の細いストライプのデニムシャツみたいなのに
下は濃い色のデニム
このシャツがキュっと細身なのに
ぜんぜんパツンパツン感なく
とってもスマートに着こなしてて
はぁ~ってため息出るほど見とれてしまいました(笑)
フジイさんはキャメル色?のシャツに下は、、、黒だった?
ちょっと記憶ナシ。。
そしてチバさん
最近にしては珍しく(笑)
黒地に黒の柄のテロンとしたシャツに黒パン。
サングラス有り。
胸元も大きく開けてたし
下のほうのボタンも開けてて
ギターを高く掲げたりした時に
お腹がチラチラっと見えたりしました。

始まる前にチバさんが何やら叫んでいたんですが
何て言ってるかちょっと分からなかった・・
そして1曲目は
『泥棒サンタ天国』
どうもこの曲、、アルバム収録曲じゃないからか
歌が入るまで
何の曲か分からないことが多いです。。

途中、フッと止まって
また始まるところとか
演奏がカッコいいです。
まさか、、タイトルが"泥棒サンタ天国"とは
とても想像できない感じ(´m`)くす
でもその意味不明な感じがいいのか・・?(笑)
最後同じフレーズが長く続くんですが
いつ終わるのかをチバさんとかフジイさんとか
何度もキュウちゃんのほう向いて
合図っていうのか、、それを確認してました。
そういうのが見れるのって
ちょっとうれしいです。

続いて『Buddy』
 パーティがまた始まる!
ここはやっぱ一緒に叫びたいです。
マイクをこっちに向けてくれて(っていうか来い!って合図してくれて)
テンション上がりました~

ここでチバさん、サングラスを外し、、
『LOVE SICK BABY LOVE SICK』
もうツアーが近いので
アルバム「VISION」からもいっぱいやってくれました。
 ナーナナ ナーナー ナナナナ ナーナー
って歌うところ好きです。

パツンっと終わって
ソッコー フジイさんのギターが入り
『なぜか今日は』
この曲のイントロはカラっとしてて
すごく元気になります。
恒例、、ハルキが前に出てくるところ
前はモニターでギリギリだったので
端の方から出てきてました。

ちょっとブレイクタイム。
たくさんの声援が飛び交いますが
まぁ、、相手にせず。。。
キュウちゃん喋るかなーって思ってたんですが
チバさんが「夏ももう、、、終わりだねぇ・・」っと
ボゾリと言って
『爪痕』へ。
この流れがすごくよかった~
その夏の終わりのちょっと淋しいイメージと
この曲のキュンとした感じとが
バッチリあってて
思わずホロっときそうでした。
ハルキのベースがやっぱり素敵。

ここからはシングル続きで
『ROKA』に『さよなら最終兵器』
立て続けにシングルやると
やっぱイベントだからかなーって
思ってしまったり。。。
いや、大好きな曲なんでいいんですが
やっぱりね、、、うーむ・・っと思ってしまうのです。

『ROKA』はハルキもキュウちゃんも
そしてフジイさんも
結構、部分部分で歌ってることが多いです。
でも気持ちは分かります。
思わず口ずさみたくなるフレーズ満載だもん。

続いて、、、チバさんギターを置くと同時に
フジイさんがジャジィーなフレーズを弾き始め
キュウちゃんも合わせてシャカシャカ~って鳴らし始めたってことはー
もしや・・・(*´ー`*人)★
「RED EYE Please~」ってことで
『RED EYE』
おぉ~
これ、、イベントとかでもやる率高いです。
チバさんのちょっとレアな雰囲気満載の曲だから
ワンマン向けなのかと思ってたんですが。

途中の描くパートソロのところでは
瞬時にちゃんとスポットライトがあたるようになってて
この日の照明さん
他の曲でもそうでしたが結構いいセンスしてました。
そしていつもはチバさんがブルースハープ吹いて
フジイさんがギターで真似するっていう競い合い?!
この日はフジイさん先攻で
チバさんが真似する形でした。
最後の方、ちょっと長めのフレーズ弾いてしまっていて
フジイさんがなぜか苦笑いしてました。

あ、で。
そうそう、各パートソロのとき
ハルキが右手を少し楽器から離して
そして弾き始めた時にチラっと見えたのですが
右手の小指に絆創膏貼ってたような気が・・
怪我してたのかな??

最初のイントロは・・チバさんだっけ?
フジイさんが弾いてたかな。。
 ラララーラーラー 
が印象的な『STORM』
途中の間奏、、ベース一人で弾き始めるところがあるんですが
そこではチバさん
ピックを口にくわえ
両手でギターをパンパンってリズム取って叩いてました。

続いて。。。
アカペラから入る『BECAUSE』
 ウィーウィーウ
って部分の歌い方が
なぜかさわおさんとダブって見えました、、
ちょっと口を横に開いて歌う感じ。

そろそろ終わりかな~って思ってたんですが
まだ終わらない(*´3`*)~♪
なんかワンマン見てるような気さえしてくるほど
時間がタップリでした。

チバさんのギターが始まり
おぉ~って感じでフロアが沸くと
ちょっとニヤって感じでチバさん「カモーン!」
っとくれば『涙がとまらない』
 
 電話 さがした あの娘に聞かなくちゃ
 俺さ 今 どこ

歌ってるフロア見てキュウちゃんも超~笑顔。
ってか、、、キュウちゃん
始まってすぐのあたりで
なんかやけに笑ってて
何か可笑しなことあったのかなーって
舞台袖とかキョロキョロしちゃいました。

チバさんの雄たけびは
 今は、新宿じゃなくて、恵比寿のリキッドルームだー!!

。。。いつの話だ。
まぁ、、リキッドルームと言えば
新宿でしたが。
(行ったことないんですが)
昔は新宿とかの方がライブハウス多かったイメージですが
今やあんまり新宿でライブって
なくなったなー・・・って。
大きなライブハウスが新宿にはないからね。

 でもね ほんとは ほんとは
ってところ、、最後の ほんとは ってところは
フロアに言わせ
盛り上がったところで「カモン!」って。
ちょっといつにない煽りっぷりでした。

あの狭い最前柵前に
ダイバーチラホラいて
しかも何度も同じ人転がってきてて
スタッフが受け止めないと危険な感じだったので
若干ヒヤヒヤしちゃいました。
どうやら柵前
機材のハコ?が置いてあった模様。。

そしてそして
これでもかーっと最後は『READY STEADY GO』
キャ~!!!
これはアガりました。
曲も大好きだし
まだやってくれるのーっていう喜びとで。

そのフロアの盛り上がりが伝わったのか
演奏も熱かったです。
で、で。
最後の最後
 GRACIAS AMIGOS
 THANK YOU RADIO
 READY STEADY GO
 READY STEADY GO
って歌うところで
な、な、なんと!
チバさんがピックを投げ捨て
ギターを置いてステージを降り
柵前のその機材が置いてある箱の上に乗っかって
マイクをフロアに向けて歌いだしたのです。

これには大興奮!
だってーすぐ目の前だったんだも~ん♪
みんなちょっとでもチバさんに触れようと
手をいっぱい伸ばしてきてて
それがフロアに向けるマイクに引っかかったりして
払いのけようとしながら
マイクをフロアに向けるチバさんの顔が
ちょっと必死っぽくて笑いそうでしたが
いやぁ、、うれしかったっす。 

生声聞こえてたはずなんですが
興奮しすぎて
あまり記憶残ってません・・

さらに、この箇所、ライブでは2回繰り返すのが恒例ですが
その2回目は
フジイさん側の方へ行って
同じく柵前のところで煽って歌ってました。

「グラシアス!アミーゴ!!
グラシアス!セニョリータ!!

サンキューまたね。」

ライブ終了~
キュウちゃん、久々にハルキ側からスティック投げてくれたんですが
やっぱり受け取れず。。
チバさんは既にピック捨ててたんで
今回はなかった。。。

ってことでタップリの1時間強。
最高でした。

<セットリスト>
 01.泥棒サンタ天国
 02.Buddy
 03.LOVE SICK BABY LOVE SICK
 04.なぜか今日は
 05.爪痕
 06.ROKA
 07.さよなら最終兵器
 08.Red Eye
 09.STORM
 10.BECAUSE
 11.涙がこぼれそう
 12.READY STEADY GO


続いて、、セットチェンジ後はEOR。
このセッティングが変わってって
ステージ向かって左から
達也さん・ひなっち・ギター(ゲスト)・タブさん・蔦谷さん
っという並び。

そう!達也さん近い~!!!
って喜んだのも束の間。
何と残念なことに
シンバルの位置のせいで
顔がほっとんど見えませんでした。。。。(ノ(エ)< ;)
きぃー・・・・
達也さんって叩いてる時
とても表情豊かに叩いてるので
顔見たかったのに。

ひなっちの髪がオレンジっぽくなってて
さらにヤンキーみたいに立ち上げてて
あはは。。って感じでした。
あとやっぱ達也さんとのセッションで
いつもみたいにニコニコ笑顔な感じは
少し少なかったような気もしたんですが
それは最初だけだったみたいで
後半は結構、、ニコニコだったかな。

タブさんのペットが
光沢のないゴールドで
かっこいいんですよねぇ~
音もエコーを結構聞かせて響かせてて
素敵でした。

曲はインストなんですが
全く飽きず
すごくよかったです。
なんて言うか、、、ドラムがただリズムを取ってるだけじゃなく
一つの楽器として成立してるんですよね。
言い方変ですが
ギターとかベースと同じ役割をしてる感じがしました。
だからあの並びなのかーって
妙に納得したりして。

そして、どうやらこのEOR
毎回ゲストを迎えて曲をセッションしていくのが恒例らしいのですが
この日のゲストは
ギターでマーティフリードマン!
すげぇ~
この人、、ホントにギタリストだったんですね(笑)
いやぁ・・もう他の仕事してるところを
しかもテレビの中でしか見たことなかったもんで
本物だーとか
ギター弾いてるよーとか
とにかくビックリの連続でした。

チケットがThe Birthdayとの対バンだったおかげで
宣伝する間もなく、完売したそうで
それをタブさんが
「バースデイ先輩のおかげで、、、」って言いかけて
そのThe Birthdayって言うのを
フリードマンに「ホントの発音はどう?」って言わせて
何度もその本場の発音を真似て
「The Birthday先輩が」「The Birthday先輩が」って言ってて
達也さんに「起こられるぞ!」ってツッこまれてました。
さらに「あー今日、あれ。
あれも持ってきてますんで、、、」って
一番大事な"CD"って単語が出てこなかったり
タブさん、、やっぱ腕あるわ~(笑)

1曲がわりと長いんで
曲数的には少なかったのかもしれないのですが
こちらも1時間くらいで
本編終了。

そしてアンコール。
割とすぐに出てきてくれて
最後に1曲。
終わると
ステージ前方に1列に並んで
みんなで肩を組んで(手つないで、、だったっかな)一礼。

楽しかったです~
EORは全然押されもせず
快適に見れたし
最高でした。

来てるだろうな~って思ってた
斉藤和義さん、、やっぱり来てたみたいです。
なぜかリキッドでやるとき
斉藤和義来てたってパターン多い気がします。
近いのかな??
単なる偶然だと思うけど(笑)


うれしい情報解禁♪ [たわごと]

去年は磔磔でThe Birthdayのライブだったなー・・って
思い出しながら
本日、また一つ歳をとりました。。
20120910.jpg

ま。
別にもうめでたくはないんですが
でも生まれてきたことは喜ばしいことだし
自分の先を行くたくさんの先輩方は
とっても楽しそうで(笑)
まだまだいけるねって思えるし(´m`)くす
そう思うとやっぱりうれしいじゃないですか★

でも今年は何もイベントないなー・・・って思ってたら
うれしいお知らせが。
20120910b.JPG

 CHEMICAL BUMP SHOW!!
  ■2012年11月19日(月)
  @下北沢 CLUB Que
  出演:山中さわお (Vo. G. 山中さわお/G. 山倉勇太/B. 鈴木淳/Dr. 楠部真也)
      POP CHOCOLAT / gold sounds

  ■2012年12月5日(水)
  @高円寺 HIGH
  出演:山中さわお (Vo. G. 山中さわお/G. 山倉勇太/B. 鈴木淳/Dr. 楠部真也)
     another sunnyday / Scars Borough

きゃっほーヾ(≧∇≦*)〃
楠部真也がドラムってのが
うれしい限りです。
何気に、、、楠部さんの誕生日は9.9らしく
ちょっとうれしい(笑)

そんなこんなで
また1年
相変わらずな毎日を過ごすことになりそうです。

今夜最高の時を刻むミュージック [THE BACK HORN(2012年~)]

ついに!ツアーシーズン?!始まりました~ヾ(*´∀`*)ノ
ってことで
9.7はTHE BACK HORN 
KYO-MEIツアー ~リヴスコール~
@Zepp DiverCity TOKYO
へ行ってきました。
120907_163939.jpg
120907_163920.jpg

長かった・・・
アルバム出たのが6月だったので
待つこと3ヶ月ですか。
っつっても、、その間フェスやらイベントやらがあったし
他のバンドのアルバムもリリースされたりしていたので
正直あんまり聞きこんでなく
未だタイトルと曲が一致してないってのが
ホントのところなんですけど。。(笑)

グッズ購入もあったし
買うと入れてくれる袋が新しくなってた!
120908_135508.jpg
Zeppだし
っというので、気合入れて半休で会場へ。
16時グッズ先攻販売で
15:30過ぎに着くと
すんごい並んでてちょっとビックリ。。
THE BACK HORNのグッズ購入で
あんまり並ぶイメージなかったので(;^_^A
でも販売が始まると
結構スルスルっと進んでいき
あんまり待たされた感なく無事購入。

今回は岡峰さんデザインのつあーTはやめて
初めてその他のTシャツを買ってみました♪
その代わり、岡峰氏デザインのタオルを購入。
このイラスト
フラッグにもなっていて
待ってる間眺めてましたが
よくよく見ると
一つ一つのキャラクターが何気にかわいい。
ゾウとか猫とかの動物の他
ビール飲んでる男の人とか
子ども連れのお母さん?とか。

その後、、、開場までカフェで時間潰し。
120907_170301.jpg
この開場時間を待つまでの間
カフェで過ごす時間が結構好きだったりもします。
コーヒー飲んで
iPodで曲を聞いて、、って。
が、、ここZepp DiverCity TOKYO
お茶飲むところはたくさんあっていいんですが
会場にあるロッカーが
17:40で一旦閉鎖してしまうというシステムで。
むしろそこから入れたいくらいなのに
だから早々と荷物をロッカーに入れてしまったため
iPodで曲を聞くのは断念。。
あー・・こういう時iPhoneだったら
曲聞けるのか。。
って思うと
早く機種変したいなー、、、って思ってしまいます(つω;`)

時間になり会場へ。
番号は800番台でかなり後の方での入場でしたか
平日だったせいもあり
中はそんなに混んでなくて
いつもの岡峰さん側かなり端のほうですが
2列目辺りにIN。
周りも小柄な方ばかりで視界良好。
その後もあんまり押されたりせず
快適に見れました。

暗転し栄純作のSEが。
激しい感じではなく聞かせる感じのゆっくりしたSE。
結構登場までの時間長かったな。。。
これはこのワンマンライブだからこそですかね。
他イベントでこんなに待たせたら
ちょっとブーイング喰らいそう・・っとか思っちゃったりもして。
後半ちょっとテンポが上がっていって
ワクワク感高まったところで
メンバー登場。

栄純はRSRだったっけ、、、で着てた
目が書いてあって1984って数字の書いてあるTシャツ。
山田さんはグッズのコラボTシャツ
岡峰さんは七部袖の私服Tに黒のデニム。
このデニム所々ダメージが効かせてあって
破れてるんですが
お尻の下のちょっときわどい部分にクラッシュがあって
ちょっとドキドキでした(笑)
松田さんは白いちょっと首元開いた薄手のTシャツに
ハンパ丈のパンツで
髪型きれいにお洒落カットになってました(*´艸`)ププ

落ち着いた感じでSEが終わり、、、
「こんばんは。THE BACK HONRです。」っと
静かに山田さんの挨拶があって
1曲目は予想通りの『トロイメライ』から。
そのSEからの流れで始まるこの曲が
何とも言えずいい感じでした。
きっとそれも考えてSE作ったんだろうなって感じ。

イントロの栄純のギターだけのところも素敵だし
なんと言ってもその後の岡峰さんのベースラインが
綺麗です。
あと、CDではあんまり気にしてかった
コーラス部分・・ライブでは栄純が歌ってました。
そう言えば今回はやけに栄純コーラス頑張ってなー・・
ランランランとかそういうところばっかりですけど。
でも栄純のコーラス好きなんですよね~

序章的な幕開けが終わり
続いては『シリウス』
そして『声』と続きます。
この辺りは、、夏フェスなんかでも披露していた順番。
一気に会場も盛り上がります。
『シリウス』のドラムだけがドンドンドンって鳴って歌うところ
会場からは手拍子が。
コレだけに限らず
そういうシーンになると手拍子が結構おきてました。
うーん・・・どうなんだろ。。。
基本的にあんまり手拍子好きじゃないんで・・・

ここで松田さんのMC。
「改めまして、THE BACK HORNです!
ついに!やってきましたーKYO-MEIツアー リヴスコール
Zepp DiverCity TOKYOに
お集まりいただき、、、」
なんとかギリ言えたか?ってあとで
やっぱり噛んでしまって
「お集まりいただき(だっけ?)ありがとうございます!」って
2回言ってて笑えました。
期待を裏切らない男だね、松田さんは(笑)

「アルバムリリースしたのが6月で
そこから3ヶ月ですか、、」って言うとフロアから
「長かったー」って声が。
「待ちに待ったツアーで
ここ東京から全国各地、、35箇所回り
最後は来年1月に武道館でファイナルを迎えるこのツアー
初日とはいえ、全精力振り絞って
最高な1日にしたいと思っていますので
皆さんも最後まで楽しんでいってください。
濃厚な音に包まれる時間にしましょう!!」
・・・・かなり脚色。。・・・(〃゚(工)゚;A
見たいな感じのMCでした。

MC明けはドロドロっと
『グレイゾーン』から
ウネウネとしたベースラインがカッコいいです。
途中もなんか不思議な弾き方で
弾いてました。
さっき言ってた栄純コーラスはこの曲。

そして『超常現象』
この曲も下でずっと鳴ってるベースラインがカッコいい。

そこから『罠』にいくとは。
ちょっと意外でしたが
久々な感じがする『罠』うれしかったです。

続いて、、『いつものドアを』
聞けば聞くほど
歌詞が胸に響きます。

そしてそのジーンっとした気持ちのまま
『美しい名前』のイントロが鳴ったもんで
思わず「おぉ~」って声上げちゃった。。
そうきたか、、って感じ。
何ていうか今回のセットリストは
考えに考えて作られたように思えました。
あと、今までみたいな勢いで行くんじゃなく
ちょっと大人っぽいイメージっていうのかな。
そんな印象も。

少し繋ぎのアレンジ。
栄純がなんか指にセンサー?みたいなの付けて
弾かなくても手を弦に近づけたり遠ざけたりして
音を共鳴して鳴らしたりして
そしてもしやこれは、、っと思ったら
『フラッシュバック』
でもあまりハマり過ぎてて
「リヴスコール」の中の曲かと思っちゃったくらい。
ライブではあまりやらない曲らしいんで
今回のレア度的には高い1曲。
岡峰さんのフレットレスベースも見所♪

バラード続きます。
次は『風の詩』
あの高音はベースだったんですね。

そして『星降る夜のビート』
確かこの曲で山田さんギター弾いてましたっけ。
あと天井にはミラーボール!
この曲は今までにない?!
ムーディな雰囲気で始まる1曲なので
回るとも思ってました(笑)

「気持ちいいねー!」っと満面の笑顔で栄純。
その後も喋り続けるのかとも思ったら
後ろ向いて水飲みに言ってしまい
「あれ?それだけ?」ってツッこむ松田さん。
あぁ、、って感じで「楽しいー!」っと
また一言だけ(笑)
思わず「あれ?ここ、みんなでトークの時間じゃなかったっけ?」って言うと
岡峰さんオフマイクで(ってか、なかったので)
「マイクないし・・」ってボソっと。
栄純「何か俺、さっきめちゃめちゃ爽やかじゃなかった?(笑)」
山田「1階席!」 イェーイ!
「2階席!」 イェーイ!!
「・・・こんなキャラだったっけ。。(笑)」

スタッフがマイク持ってくると
山田さんもスタンド用意してマイクをセット。
岡峰さん「近藤です(笑)」って
マイクを持ってきたローディさんの名前を。
そして山田さん「ツアーと言えば、、栄純と光舟が
お昼ごはんを一緒に食べに行くっていうねぇ、、」っと言うと
「いや、おれ、弁当食ってたの見たでしょ」っと
岡峰さん。
山田「いや、これ、振りだから(笑)」
岡峰「あぁ、、振り?
いやぁ、、ねぇ・・最近はちょっと倦怠期気味だから、、、」
栄純「えー行っとく??(笑)」

そんな話をしてる裏で
松田さんは大きく咳払いしてて
岡峰「他人には興味ないからね(笑)」っと言うと
松田「いやいや、毎日考えてるよ、みんなのこと」
岡峰「それも気持ち悪いけどね。。。
まぁ、ああ見えて、メールにめっちゃ絵文字使ってくるんだけど」
松田「ウソ、ウソ。1回もないでしょ。
業務連絡、敬語だし。」
岡峰「あぁ、そういうのはね。
滅多にないんだけど、それ以外のメールはね。」
栄純「お疲れーサッカーボール、、みたいなね」
岡峰「それ、お前だろ?」
松田「ムーバだっけ?」
栄純「いや、フォーマだって。」

岡峰「こんなんでいいの??(笑)」
山田「初日だから、、キャラ設定がね。。
アルバムの話しよう」
岡峰「そうだよ」
ってことで〆は松田さん。
「えーっと、、今回のアルバム「リブスコール」について
いろんなインタビューとかでもずっと話してますが
震災が起きてからスタジオに入って
世界中に花束をって曲ができて・・
あの日、たくさんの悲しみが生まれたけど
少しでもその悲しみを癒せるような
そんな想いでつくった13曲で
なのでリヴスコールには
今の俺たちの全てが詰まってます。
気休めでもいいから、
いつまでも皆さんの傍らで鳴っててくれたらいいなーと思います。」
・・・ちょっと記憶曖昧。。
みんなのリヴスコールになってくれたら・・とも
言っていたような気も。。
でもアルバムに込められた想いなどを
今の言葉で話す松田さんのMC
よかったです。

「まだまだ行きますよー」っと軽く煽って
な、な、なんと!『パレード』
ビックリした~(笑)
聞けるとは思ってなかったので
かなりうれしい。
この曲は元気でるんですよねぇ~
フロアも多くがビックリして
でも喜んでる感じが伝わったのか
やけに岡峰さんがニコニコしてたのが
印象的でした。

「イェーイ!」
「イェーイ!」
「イェーイ!」
何回も雄たけび上げてフロアを煽る山田さん。
演奏陣も音を鳴らしてその煽りを盛り上げてる感じ。
そして最高潮に達した時
来ました~『コバルトブルー』
イントロ鳴った瞬間のあの盛り上がりが
何回経験してもウワァ~って気持ちになります。
待ってました、、っとばかりに
ダイバーもチラホラ。
確かに今回あんまり激しい曲がないから
ダイバー好きにとっては
物足りないのかもしれないです(笑)

そして『シンフォニア』
この組み合わせは今後鉄板になっていくかも?
今までのコバルト→戦う君のように。

「ありがとう~」っと山田さん。
「今日はほんとに来てくれてありがとう。
俺らはみんなに、、、生かされてます。。。」
少し沸くフロアに
「いや、、レコーディングとかリハとかって
地味な作業で・・・(笑)
だって陽のあたらない部屋で野郎ばっかでさ
でもこうやってみんなの前でやるときのことを思い浮かべて
あれこれやって
で、練習してるけど
実際やってみて、みんなの顔目の前にすると
いつもの5倍くらいのパワーでやっちゃうんだよなぁ・・」
いつになくスラスラ話す山田さん。
なんかシミさんの言葉もそうなんですが
なんていうか感動しちゃうんですよねぇ・・
なんでだろ。
本当にホントの心の言葉に聞こえるからかな。
いや、他の人がうわべの言葉を喋ってるとは思ってないですが
それ以上に本心を話してる感じがより強く感じてしまうんです。

「じゃー最後に、みんなも一緒に歌ってくれ!
また会いましょう。THE BACK HORNでした」
っと言って『世界中に花束を』
みんなも一緒にって言われたので
遠慮せずに歌ってきました。
でも拳上げて、、、、な雰囲気ではなかったので
歌うだけにしたんですが
せっかくなのでみんなでワーって拳上げて歌いたかったなぁ・・
そんな感じにならないかしら。。

「ありがとう!!」
フロアを嬉しそうに見ながらみなさん退場。

続いてアンコール。
松田さんだけTシャツ着替えてました。
私が買ったドクロのボーダーTシャツ。
これはまさに松田さんのために作られたって感じのデザインで
やっぱりめっちゃ似合ってました(´m`)くす

「アンコールありがとうございまーす!!」だけだったっけ・・
音楽を聞きながら幸せな時間を過ごしていきましょう
みたいなことも言ってたかも。
アンコール1曲目は『ミュージック』
そうか、、本編でアルバムの曲で
まだやってない曲あったのね・・
っていうか、、最終的に
『反撃の世代』と『自由』をやってなかった。。
アルバムツアーで全曲やらないのは
どうなの、、、って思ってしまうのですが。

っと・・話反れましたが
『ミュージック』これはまさにラストっぽい雰囲気の曲で
私は今回のツアーではラストの曲はこれになるのかなーって
思ってたんですが
アンコール1発目に持ってくるとは。。

「まだまだ盛り上がって行けますかー!!」って
軽く煽りがあって(多分。。)
『ラピスラズリ』
おっと、、これもアルバムの曲でした。
確かに「リヴスコール」は全曲13曲で
ちょっと長めなので全曲本編でやると
長いライブになるなーっとは思ってましたが
やらない曲があるのは毎回なんでいいとして
2曲もアンコールに持ってくるっていうは
うーん。。。。なんか淋しいです。
だって、、アンコールやるって決まってるようなもんだから。

にしても、、この曲はピッチが速い曲なんで
oioi盛り上がるのちょっとキツイです(笑)
どうテンポとっていいか
若干迷って変なテンポで拳を上げてしまってたり。。

その勢いのまま
ラストは『戦う君よ』
おぉ~
これは新しい展開。
最後のサビはもちろんフロアへマイクを向けて。
なんか妙に一体感あっていい雰囲気でした。

「ありがとう!!」
栄純の叫んでる声が聞こえました。
この日の栄純
すんごく嬉しそうにギター弾いてて
よかったです。
髪もちょこっとサッパリしてたし。

岡峰さんはラスト終わると
すぐに引っ込んでしまいました。

最後、山田さんが帰るギリギリのところで
ステージからさらに端のほうを覗き込んで手を振ってくれたのが
うれしかったです。
そう、ZeppとZepp DiverCity の違う点の一つとして
ステージ端・・より端っこ感感じてしまうことですかね。
ステージちょっと高めで見やすいんですが。

松田さんはちゃんとステージ袖で
深々と一礼して帰って行きました。
そういうとこ、律儀ですよね(´艸`)+゚*。

で。
ダブルアンコール求めるんじゃないの??って
思ってたのに
意外や意外・・みなさんササ~っと帰り始めてしまいまして。
あれ??
そんなにあっさりだったけ??
それとも割とTHE BACK HORNにしては
長丁場(2時間強)だったので
疲れちゃったんですかね・・
全く拍手されることなく終わってしまいました。
少しだけ「ありがとう」の意味も込めて
拍手が起こってましたけど。

ってことで、、ツアー初日終了~
551824_359068260839143_1238115018_n.jpg
いいライブでした。
やっぱり待ちに待ってたのかな。
ステージ上からもそんな空気が伝わってきたし
自分自身の気持ちがホントそうだったから
すごく楽しかったです。
これから来年のファイナルまで
どう変化していくか楽しみです。

<セットリスト>
 01.トロイメライ
 02.シリウス
 03.声
 04.グレイゾーン
 05.超常現象
 06.罠
 07.いつものドアを
 08.美しい名前
 09.フラッシュバック
 10.風の詩
 11.星降る夜のビート
 12.パレード
 13.コバルトブルー
 14.シンフォニア
 15.世界中に花束を

 EN.
  ミュージック
  ラピスラズリ
  戦う君よ

赤い季節を抜けて 俺達旅に出よう [The Birthday(2012年~)]

とあるツィッターより。
dip.JPG
繋がりあるんだ!
なんかビックリ&うれしい気分(*´ー`)

話変わって・・9月生まれって、、
悲しいかな私の知ってるミュージシャンの方の
お誕生日って少ないんですよね・・
が、しかし
国民的人気者?!
ドラえもんは100年後の昨日
(まだ本当は産まれてないってのが笑える)
そう、9.3生まれなんだとか★
ヘぇ~・・

だから何?って訳ではないんですが
やっぱり同じ月の誕生日って
ちょっと親近感覚えます。
あ、ちなみにカーネルサンダースは
9.9生まれだって(笑)

そんな9.3は
「赤い季節」完成記念
"Stained Crimson Night" - Image,talk & live
@渋谷WWW
へ行ってきました~
120903_172710.jpg

その名の通り、、映画「赤い季節」の
完成記念イベントで
「赤い季節」とは
The Birthday所属事務所の代表を務める能野さんが
チバさんのソロプロジェクト 
SNAKE ON THE BEACHの楽曲にインスパイアされて
制作した初監督&脚本作品。
イベントは出演者によるトークセッションと
映画にちなんだアーティストによるライブパフォーマンスの
2部構成で進行されました。

会場の
渋谷WWWは行ったの2回目で
元映画館だったところなので
フロアが何段にも段々になっていて
まぁ、見やすいのか見やすくないのか
賛否両論分かれる会場だと思いますが
あまりガンガン暴れる感じじゃないイベントだと
そこそこ見やすいんではないかと思います。
ステージも高いし。

で。キャパは多分350くらい?
私は200~220くらいの番号だったんですが
思ったほど中は混雑してなくて
端っこの2列目に行けちゃいました♪

ステージには所狭しと
ドラムセット2つにアンプ
そしてその前にイスが4つ並べられてました。

まずはマスコミ向けの宣伝も兼ねて
映画監督の能野さんと
出演者 新井浩文さん、村上淳さん、新居延遼明くん
司会 ちわきまゆみさんでの
トークショー。
その前に、、この日のためのスペシャル映像として
映画のダイジェスト版?みたいなのが流れました。
バックに流れる曲は
さすがインスパイアされてるだけあって
かなり素敵なものでした。

そしてトークショー。
全然知らなかったんですが・・新居延遼明くんって
爆弾ジョニーのVoさんだったんですね。
ミュージシャンだったとは。
パッと見、新人の役者さんかと思ってました。
それくらい何ていうか、、雰囲気が役者っぽくて
黒猫の大知くんといい
個性的なVoさんってそういう才能も備わってるんですかね・・

あと新井浩文さん、村上淳さんも
演じてる役とは違って
なかなかオモシロイ方で
トークショーおもしろかったです。

一番ペーペーで
本来なら一番下の扱われ方をされるはずの遼明くん
なのに、寒い山奥でのロケ地で
上着着てポッケに手突っ込んで口笛吹いて待ってたりして
主演の新井さんとかは上着も着せてもらえず
ブルブル震えて待ってたというのに。
なので役者の世界とミュージシャンの世界とで
ゆるいのはミュージシャンの世界だって(笑)

この映画、わりとドンパチシーンがあるんですが
リハでは口で自分で「バン!」とか言いながらやるそうで
かなりマヌケなんだとか。
だから当然テンションも上がらないそうですが
本番では血が吹き出る小道具を使ったりして
それなりに演じることができるんだそうです。
なんかこういう裏話的なのって
聞いてて楽しいです。

映画監督初の能野さん
最初は「スタート」「カット」を言うタイミングがなかなかつかめなくて
すぐにカットって言ってしまっていて
編集してみて画が足りない~・・・って状況に陥ったり
かと思えば
スタート言い出せなくて
始めようとスタンバイしてるのに
「あれ?何待ち?いやいや、監督待ちですって」って
こともあったり。

さらに、能野さん、かなりロマンチストな方らしく
新井さん曰く「こんな臭い台詞
歌とかならまだしも、普通に生活してて言わないでしょう・・・
っていうのがたくさんあって。
でもこだわりがあるからなかなか折れてくれなくて
かなり大変だった」とのこと。

チバさんとの出会いの話では
新井さん、、今回の映画の前に出ていた作品では
ミッシェルの『ドロップ』が使われていてちょっと運命感じるそうですが
とあるバーで飲んでたらものすごいガン飛ばしてくる人がいて
怖~ケンカ売られる。。。って思ったらチバさんで
慌てて「役者やってる新井です」って挨拶に行ったところ
「知ってる」って一言言われたそうです。

でもその後、朝の10時くらいまで
ずーっと一緒に飲んでて
帰りがけにチバさんが被ってたハットを
「やるよ」って言ってくれたんだとか。
そのハットは今でも大事に飾ってあるそうです。

さらに村上淳さんも
ちょっといいハットを被ってたら
チバさんのキャップと交換させられ
なのにチバさん、そのハットを今度甲本ヒロトさんにあげちゃってたとか。
チバさんから交換させられたキャップは
やっぱり大事に取ってあるそうです。
どっちもチバさんらしいエピソードで笑えました(´m`)くす

えー最後に、、、新井さん
この前に主役張った映画がどうやらコケたらしく
コレにかかってるんだって。。
やっぱ連続コケると「あの俳優はダメだ」ってレッテル貼られちゃうわけで
だから映画見に来てね!っと言ってました。
そうなのか・・

そしてマスコミ用写真撮影をして
トークショー終了。
40分くらいかな。
思った以上に楽しかったです。

続いて。。ライブ。
チバさん・イマイさん・中村達也さんの
THE GOLDEN WET FINGERSという
劇中で出てくるバンドのみなのかと思ってたら
その前にその映画にも出演していた遼明くんのバンドから
Drのタイチくん(だっけ?)とのツインユニット
パンジーって言うらしいですが
それのアコースティックライブがありました。

このパンジー、、、大阪で初ライブで
ここ東京で解散だそうです。
爆弾ジョニー、、北海道のバンドらしく
「本当はバンドで来たかったんだけど
コレ(money)が・・・」って
予算の都合でこの2人でのユニットライブになった模様。。

やった曲はその爆弾ジョニーの曲なのかちょっと分からないんですが
かなり熱い曲でした。
ところどころギターの調子が悪くて音が出なかったりして
ちょっとかわいそうでした。
今度はバンドで聞いてみたいです。

そしていよいよお待ちかね!
THE GOLDEN WET FINGERS。
最初はスクリーンにバイクに乗ってる風景がずーっと映し出され
その終わりと共に
メンバー登場。
中村達也さん白シャツにデニム
髪の毛パーマを両サイド留めた感じになってました。
イマイさんはRSRでも見た
ベージュのコート
でもちょっとお洒落に襟元にバッチたくさんつけたりしてました。
そしてチバさんはちょっとフワっとテロンとした素材の
柄シャツに黒のつばの大きめハット
やっぱり目元は黒くメイクしてました。

RSR聞いてあ、覚えてる!って曲もあったり
でも順番とかはサッパリ・・
歌詞のないインストの曲もあったり。
結構、かっこよかったです。

ベースレスなのにそれをあまり感じさせないアレンジで
流石!です。
それに達也さんのドラムの迫力も満点で
そうそう、達也さんって
結構立ち上がって叩いちゃったりするんですよね
それがまたいい感じでした。

コレといったMCはなかったんですが
お客さんからのコールには
達也さんが「イェーイ」って応えたりしてくれてました。

そして「THE GOLDEN WET FINGERSです。」っと
なぜかボソボソっと言うチバさん。
「今日、解散しますが、、、
中村達也は永遠に不滅です!!」だって。
よく分からないけど
それ受けて達也さんが「イマイアキノブは永遠に不滅です!
チバユウスケも永遠に不滅です!!」って
言ったりしてました。

最後にやったこの映画の主題歌
この曲、いい曲です。
チバさんならではのキュンと来るミドルテンポの曲。
そしてバックにまた映画の映像を流しながらの演奏だったので
余計になんかいい雰囲気でした。
ハーモニカがどうのっていう歌詞で
バッチリ、ハーモニカが空を舞う映像が流れてたのが
すごく印象的でした。
偶然合ったのかな・・

「ありがとう!」
っとメンバー退場。

ひとまず、、、アンコール!
え?あるの??って思いつつ
明かり付かないしちょっと期待してたら
ありました!アンコール!!

準備しながらチバさん
「あーさっき言い忘れたけどー、、、再結成も決まってます!」
だって(笑)
わーヾ(*´∀`*)ノキャッキャッ
達也さん聞かされてなかったのか?!
「えー言ってよー!!」って。

ここで披露された曲は
まだ歌詞がないのか
もともとこういう曲なのか、、、
チバさん・イマイさん・達也さんの順に
「アーアーアー」って歌っていく歌。
歌詞それしかないのに
かなりカッコよかったです。

「ありがとう。じゃーまた、いつか!」
笑顔で帰って行きました。

あーすんごいよかった!
チバさんマラカス振るところでは
腕グルグル回したりして
軽くダンス踊ってたり
イマイさんと向き合って楽しそうにギター弾きあったり
あ、ブルースハープ吹きまくる曲とかもあったり
見所・聞き所満載なライブでした。

イマイさんもソロになると
ガンガン前に出てきて弾いてたし
最後だっけ?
ジャーン!ジャーン!って始まる曲で
足高くキックしながら弾いたりしてて
あーなんか懐かしい!って思っちゃったりして。

いやぁ、、、、また見たいです。
ぜひぜひ何かのイベントの対バンで
出てきて欲しいです。

ナタリーの記事に曲名が載ってました~♪

<セットリスト>
 01.BABY HONEY BEE
 02.GWFのテーマ
 03.砂の時間
 04.世界中
 05.Cibilaters
 06.夜明けの超特急 SAGAWA
 07.しまっとけ~NO BRAIN
 08.Teddy Boy

 EN.新曲


会場にはグッズも売っていて
Tシャツ数種類にバッチ、ステッカーなどなど。
Tシャツのデザインにもなってるステッカだけ購入。
120904_202527.jpg
120904_202544.jpg
チバさんが、、、描いたのかな??


いつのまに・・ [the pillows]

9月だー
でも何かまだ夏が残ってて
9月になった感じがしないのですが
これから徐々に秋めいてくるのを
楽しみにしています(´艸`)+゚*。

で。
とあるツィッターから知った・・
manabeyosiaki.JPG
 the pillowsの真鍋吉明が放つ
 待望のファースト・ギターソロアルバム!
 全てのギタリストに捧げる2012年ギター・サウンドの新境地!

そうなのか。。
ギターソロアルバムって言うんだから
やっぱインストなんですかね。

サイトもオープンしていて コチラ
いやぁ、、ホント、いつの間に・・(笑)