So-net無料ブログ作成

寝落ち・・・(д|||)|||| [THE BACK HORN(2012年~)]

最近多い、寝落ち。
気付いたら窓も開けっ放し
扇風機もつけっ放し
もちろん電気もつけっ放しで寝てて
時計見たらもう起きるまであと数時間、、、みたいな。

で。
昨日の夜は
0728.JPG
これを聞こうと
いや、多分絶対途中で寝ちゃうと思って
予約録音しておこうと
100均でMDまで購入して待機してたっていうのに
案の定寝落ちしまして
気付いたら2:30という。。

予約しておく気満々だったんだから
早々と予約しておけばよかったのに
まだ時間あるって
しないままにしておいたのが悪かった。。。
にしても、いつ寝てしまったのかすら
あまり記憶になくて(笑)

JFN系列なら3時からなので
誰か録音できる人いないかなーっと思うも
さすがにそんな深夜に
誰彼かまわずメールすることもできず。。

ってことですっかり聞きそびれてしまいました。。。
はぁ・・・
超凹んでます。
proxy.jpg

ラジオ風とロック『ベース光舟会 ~YOU DON'T KNOW編~』
どなたか録音された方いないっすかね。
もしくはネット上に上がってたりしないっすかね。
ご存知な方、情報お待ちしております(´;ω;`)ウッ…

今後への教訓として
やろうと思ったことはすぐやったおこう。


悲しい気持ちを癒そうと
こんなの見つけた。

ちょっとうれしい(単純 笑)

アタリ付だったのね♪ [食べ物]

今日から3日間は・・
FUJI ROCK!!
行きたかったなぁ。。。
今年は晴れてるじゃん★
晴れたグリーンでThe Birthdayを聞きたかった。

にしても、、、暑いぜ(ノД`)。。。
こう暑いと
お菓子好きな私でも
甘いものは欲しなくなるね。
むしろ刺激的なこってりしたモノとかが食べたくなる。
(サッパリしたものじゃないところがミソ?!笑)

で。
去年噂になっていた
ガリガリ君の梨味。
これ、ホント美味しくって
でもなんかソーダ味に専念するだかなんだかで
一時的に発売中止になったみたいなんですが
今年は再び販売されてまして
先日3個まとめて買ってきた~

でも、、去年初めて食べた時ほどの感動は
なかったんですけど(笑)
いや、でも、やっぱり美味しかったです。

そしてなんと!
最後の1本を食べた昨日
アタリが出ました~(*´3`*)~♪
120726_010917.jpg
全然アタリのこと考えてなかったんで
ビックリです。

でもうれしい~(笑)

ROKA それしか信じられるのがない世界に生まれたんだ [音楽]

夏は暑くてうんざりですが
唯一うれしいことは
洗濯物がよく乾く(笑)
洗濯大好きなので
ガッツリ干してカラカラに乾いてると
うれしくなります。

さてそんな7.22は
JOIN ALIVE@いわみざわ公園
(野外音楽堂キタオン&北海道グリーンランド遊園地)
へ行ってきました。
120723_214347.jpg
今年で、、3回目の開催かな。

遊園地と音楽堂がある広場とを使っての開催なので
トイレが仮設じゃないとか
コインロッカーがあるとか
ステージの周りが傾斜になってるとか
ちょこちょこいい点があるのが特徴。
ステージの数や配置など
1回目とは変更になったりしてて
進化を続けてるな~って印象でした。

タイムスケジュールはこんな感じ。
120723_214249.jpg
このタイムスケジュールがまたよくってね。(´艸`)+゚*。
ほぼ見たいやつがいい感じで見れて
あまり悩まずにすみました。

まずはトップバッター
11:35 Velvet Circusのフラワーカンパニーズ
からでよかったんですが
どうしてもロッカーを確保しておきたくて
OPENの9時に到着。。

が、、今年はグッズも買うつもりなかったし
OA的なやつも
いいなーって思うのなかったし
若干ロッカーを確保してから
時間潰すの大変でした(笑)
でも遊園地側での待機だったので
設置されてるベンチに腰掛けて
ボーっとしてました。
120722_094643.jpg

時間もあるし、、、ってことで
New Waltzのおおたえみりを見てみることに。
このステージは今年から新しく増えたステージ。
ステージ名にもあるように
これからのアーティストが多く出るステージらしいです。

おおたえみりさん、、、お人形のようなくかわいい女の子で
ピアノを弾きながらの弾き語りなんですが
かーなーり個性的な音楽&歌で
うーん・・・個人的には苦手でした(;^_^A アセアセ
なのでちょこっとだけ見て
すぐVelvet Circusへ移動。

ここのOAは
KNOCK OUT MONKEYという
普通の4ピースバンドでしたが
若さ溢れるというか
「思いっきり踊れーっ!!」を連発してて
正直、最後の方もういいよ・・って感じでした。
なんとなーくですが
9mmっぽいジャカジャカした感じ?
でもVoの人の時折見せる笑顔が
素敵でした。

どうやら最前にいたのは
ほぼ次のフラカン待ちの方ばかりだったみたいで
終わっても人の入れ替わりなかったです。。
でもたまたま私の前の人が抜けたので
めでたく♪最前で見れました。
ってことでやっと待ちに待った
フラワーカンパニーズ@Velvet Circus

今回は竹安さん側です。
サウンドチェックからメンバー出てきての調整。
こういうのが見れるのは
フェスならではで何か得した気分です♪
「じゃー後ほど」って一旦引っ込み
スタッフさんのご挨拶。
「では、日本一のライブバンドです!!」
っとの紹介を受け
いつものSEでメンバー登場。

みなさん、、ちゃんと着替えてて
グレートさんちゃんと裸にオーバーオールでした(笑)
竹安さんは宣言どおり七部袖
ミスター小西は青のつなぎ
圭介さんはよく着てる
フレッドペリーのチェックで
ユニオンジャック柄になってるシャツでした。

「どうもーフラワーカンパニーズでーす!!」
っと軽く挨拶をして
『恋をしましょう』からライブスタート。
いいねぇ~
朝からアガります。
後ろを振り返ってなかったのと
そんなに押し押しでもなかったので
余裕かと思ってましたが
どうやら一時的に入場規制出てたみたいです。
 ※Velvet Circusはサーカス小屋風の
  室内ステージなので、、、

続いて『ラララで続け』に『チェスト』っと
ここら辺の流れは
イベントではお馴染みかなぁ~って感じではありますが
やっぱり楽しいです、フラカン(*´ー`)
途中キュウちゃんが袖に来て
バンザーイってステージにいるメンバーに向かってやってて
ミスター小西とか竹安さんとか
それに気付いて
めっちゃ笑顔になってました。

「フラワーカンパニーズ
JOIN ALIVE3年ぶり2回目の出演です。
ここは初めてですけど、、、蒸すね
だって締め切ってるもんね。
全然野外フェスな感じゼロですけど・・・(笑)
いや、でも俺は室内の方が好きなんで
全然いいんですけどね」っと圭介さん。

そしてここでだったかな。
「我々、今はレコーディングをしてまして
うれしいお知らせです!
アルバムのリリース日が決まりました!!
10/3発売
タイトルは、、、ハッピーエンド!
それにあわせ、ツアーも周ります。
北海道も来るよね?
なんと札幌ペニーレーン24!!」
っとこの日は情報解禁日だったのでしょうか。

「ハッピーエンドって言っても
終わりじゃないよ?
なんでエンドかは、、、また今度。
じゃーそのアルバムにも入ってる
新曲聞いてください」
『ロックンロール』

ちょっと切ないキュンとくる曲。
アルバム発売楽しみです~
でもまだ関東のツアーは発表されてないので
・・・・一応、渋谷公会堂がツアー初日とされてましたが。。
今後の発表に期待です。

そこから『深夜高速』への流れが
よかったです。
スーっとその雰囲気に入っていく感じ。
あとエンディングの
ギターのジャランって入る間とかも
なんかよかったです。

「深夜高速という曲を聞いてもらいました~」
グレート「見た?今日のこのステージのラインナップ。」
圭介「俺らフラカンの後に
真心ブラザーズ、
YOKOLOO BAND(間違えてブラザーズって言っちゃって
言い直してたのが可笑しかった)そしてスネオヘアー」
グレート「見事に40代バンド並べたね~」
圭介「その裏できゃりーぱみゅぱみゅ(噛んで言えてない 笑)が
やってるんでしょ?(笑)」
言えてないことをツッこまれ
グレート「今まで一度も言えたことないな」
圭介「それにしても、、やっぱりあるんだね。。
鬼塚ちひろ枠(笑)」
??
確かに、、そのアイドル風?
いわゆるテレビによく出てる方々の出演
ありますが
それをなぜに鬼塚ちひろ枠って言ったのかは
謎です(´m`)くす

圭介「なんか、、サクサク進みすぎちゃったみたいで。。」っと
意外と時間巻いてるとの情報(笑)
「まぁ、、曲言ってもいいんだけど・・・
あー、、メンバー紹介とかしとく?」っと
なんか一人アタフタしちゃってる圭介さんに
「お前、大丈夫か?」っとグレートさんのツッコミ。
圭介「今日始まる前なんかバタバタしちゃってさ。
俺、余裕でハンバーガーとか食べようって思ってたら
もう行く時間ですとかって、、」

急遽、軽くメンバー紹介。
特に一人ずつのトークはなかったですが
圭介さんの前で
「今日、この後、なんとサイン会!やります!!
みんな来て下さいよ。
CD買わなくてもいいから
さくらで来るように!」
そう、、タワレコブースがあって
アラバキではすっかり恒例の
CD買うとサイン会参加券がもらえるってやつ
今回フラカンがあったのですが
置いてあるCD全部持ってたし
流石に2枚もいらないなー・・・っていうので
泣く泣く断念。
ま、こう言っちゃなんですが
フラカンだったら普通にサインしてもらえそうだしー・・・・・(〃゚(工)゚;A

「4人そろってフラワーカンパニーズ!!」っとの
雄たけびあって『馬鹿の最高』
ワーイ!!
この歌も大好きです。
歌詞がまたいいんですよね~
サビの後の
 オーオーオー
ってところのコーラス
竹安さんもしっかり参加してました~(笑)

「まだまだいけるかー
俺と一緒に踊れるかー」っとくれば
『真冬の盆踊り』
例の、、、途中ロックテイスト?に変わるVer.でした。
ちょっと、んん??って思う変化のしようですが
でも何気にコッチのVer.好きです。

そして ヨサホイ ヨサホイ っと続くところで
袖でザワザワしてた
うつみようこさんとキュウちゃん
さらにはYO-KINGまで飛び入り!!
やっぱりね(*´艸`)ププ

あっという間でしたが
かなりアガるスタートとなりました。
やっぱりフラカンいいわ~

<セットリスト>
 01.恋をしましょう
 02.ラララで続け
 03.チェスト
 04.ロックンロール
 05.深夜高速
 06.馬鹿の最高
 07.真冬の盆踊り


で。
先ほどのMCにありました通り
この後YOKOLOCOまで
ここVelvet Circusです。

続いて、、真心ブラザーズ@Velvet Circus
見れる機会があれば見たいと思いつつ
なかなか見れないでいるので
今回はガッツリ見ることができて
うれしいです。
さらに急遽うつみようこさんがコーラスで数曲参加という
これまたうれしい飛び入りがありました。
ようこさん曰く「祭りですから」って。 
あ、キーボードは奥野さん!

歌はちょこっと知ってたり
あんまり知らなかったりな感じでしたが
楽しかったです。
YO-KINGの声、いい声だなぁ~
あとステージ上もすごく動いてくれて
前の方ギリギリまで出てきて
フロアを見てくれるので
私、、あまり曲を知らなくて
正直申し訳なくなってしまうほどでした。

「ここいいね~
ここからの眺め最高だわ」って言うので
チラっと振り返ってみてみると
すごかったー
傾斜の部分に人がワーっといて
ステージ前のフロアも人で埋ってて
確かに、、いい眺めでした。

1曲「ドカーンっ」って曲では
奥野さんが持って動けるキーボートを下げて
動きながら演奏というスタイルで
もうジャンプはするは
ウネウネ動きまくるはで
かなり大爆笑コーナーでした。

桜井さんもジンワリしたおもしろさがあって
「今日の衣装のテーマは?」
「生肉!北海道だけにラム肉!」とか言って
、、、、そう、オレンジっぽい赤っぽい色に
白でいわゆる肉の脂身が入ってるかのような
筋?線?が入ってるデザインで
「肉」っていう表現は
かなり的確で笑っちゃいました。
でもビミョウ~なウケ具合で
「やはり奥野くんのようにはできません・・」って
言ってたのがまた可笑しかったです。

YO-KINGの奥野さんに対して
「モニターに足かけないでください。
皮パンウザイから止めて」って
イジリたい放題でさらに笑えました。
奥野さん「スピッツのギターの人並に浮いてるでしょ?」
・・・・ウマイッ!ゞ(≧ε≦o)ぶっ!

フラカンももちろんすごい盛り上がりだったんですが
さすが真心、、多少はテレビで名の知れた人?っていうのは
違いますね。
さらにものすごい盛り上がりでした。
でも思った以上に楽しかったです。


続いて、、、
うつみようこ&YOKOLOCO BAND @Velvet Circus
うーん、、、人ゴッソリ減りました。。
YOKOLOCOでも最前いきたくて
真心でも前にいたんですが
そんなことしなくてもよかったのかもー・・って
思ってしまったほど。
あ、でも始まったら
そこそこ人で埋ってましたが。
この日の衣装は
男性陣は黒シャツ
ようこさんはペイズリー柄のワンピでした。
そうそう、バックに深紅のカーテンがかかってるんですが
それと黒シャツとの雰囲気がピッタリで
素敵でした。

曲は、、、Planet kyuでもやった曲が
多かったかな。
津軽海峡はやらなかったですが・・(笑)
アンコールにやった曲を1曲目にしてたと思います。

最後のほうの曲で
ようこさんがキックして歌ったりするのがあって
思わず・・パンツ見えちゃうよーって
ドキっとしてしまったんですが
どうやら何回もキックしてたんで
見えてもいい中身をはいていたようです。
・・・だよね。。

アルバムも3~5年くらい出してないし
ヒット曲もまったくないのに
呼んでいただいてありがとうございますって。
しかも、、ここに住んだ方がいいんじゃないかってくらい
前日からこのステージに結構な回数出てるみたいです。
ようこさんも奥野さんも
いろいろな方との繋がりありますからねぇ・・

いやぁ~楽しかったです。
もうちょっと曲知ってたら
もっと楽しめたかもーって思いました。
CD1枚持ってるんで
次までにはもう少し聞いて行こうかな~
ますます、、パケランまた行きたいです★


ここでお昼タイム。
朝は曇ってて長袖でも暑くない気候でしたが
すっかりお昼も過ぎると
日差しも強くなり暑くなってました。

今日は、、、肉!(笑)
松尾ジンギスカンという丼を。
120722_152314.jpg
肉厚でタップリ入ってて
かなり食べごたえがありました。
あ、ビールももちろんいただきました~

そしてさくらでフラカンサイン会へ(笑)
結構な人集まってました。
さくらも。
4人登場でサイン会。
いいなー・・一瞬心揺らぎましたが。。
ただ待っててもつまらないので少しして
Rose Stageへ移動。


次は、、、MANNISH BOYS
(斉藤和義×中村達也)@Rose Stage

人、、、すごかったー
子連れも多くって・・
最初ステージ向かって右側に何となくいたんですが
ふとステージ見たらドラムセットが右側だったので
あ、斉藤和義は左側か、、、、って思い
左へ移動。
やっぱコッチの方が混んでた。。
でも左側からの方が
出るときにも出やすいので
ここはあえてこっちで。

2人はおそろいのデニムのつなぎ姿で登場。
中村達也さん、、、
斉藤さんのようにフワフワパーマヘアになってました。
私は短髪の方が好きなんだけどー・・

「マママ マニッシュボーイ!」って繰り返す歌からスタート。
全部じゃないですが
最後とぼけたように
カンッって
シンバルを叩いて終わらせる感じが
なんかゆる~くてよかったです。

『バカにすんなよ』では
N総理やK田曜子、H本市長などを散りばめて。。
その市長からめて
「大阪市では刺青してる職員はねぇ。。
この人どうなっちゃうの?」って話で
達也さん「いや、これはお風呂に入れてくれれば
消えるんだってば~」って。
「え?でも銭湯は入れないでしょ」っとツッこむ斉藤さんに
「だから、入れてくれさえすれば、、、」って言う達也さんが
やけにかわいかったです。

あとは『やさしくなりたい』
あのイントロのギターを
アコギで斉藤さんが弾くという
ある意味レア?なVer.

そしてもうほとんど出来上がりつつある
アルバムとツアーの告知があって
「じゃーその新曲を」ってやってくれたきょくが
なんていうか、、、かわいくて楽しい曲でした。
勢いで取ったMANNISH BOYSのライブ
ちょっと楽しみになりました~


続いて、、このままクロマニヨンズまで待つ予定だったのですが
今回のタイムテーブルで唯一
悩んだのかここ。。
クロマニヨンズ見て、FUTURE FLOWERSに移動して
MAN WITH A MISSION→The Birthdayっと考えてたんですが
移動に若干時間がかかりそうなのと
マンウィズも侮れないほどの人気っぷりなのとで
ギリギリに行ったら前にいけなさそう。。。っと
ふと思ってしまいまして。

うーん、、、、っとかなり迷った挙句
クロマニヨンズを諦めました。。。
うぅっ・・・(つω;`)

なので急いで、、FUTURE FLOWERSに移動。
すると前のTHE BAND HAS NO NAMEがやっていて
見るまで全く知らなかったんですが
これ、、民生さんのバンドでした。
おぉ~
7年ぶりの復活だそうで
しかもこの後も特に予定が入ってないという
かなり貴重なライブだった模様。

それはそれでうれしいかもー(*´3`*)~♪
しかも、、、かなりよかった。
やっぱり民生さんもいいねぇ~
そう思うと、、この日は結構年齢層高めバンドが
多かった??(笑)

THE BAND HAS NO NAME
お声がかかればやるとのことですが
ぜひ、また見てみたいです~


で。
MAN WITH A MISSION@FUTURE FLOWERS
入れ替わりが壮絶でした・・・
でもグイグイ前に攻めていたおかげで
2列目、3列目辺りまでいけました。
マンウィズも実は楽しみにしてたので
うれしいです。

サウンドチェックを自分達でやってるみたいなんですが
例の狼は付けてなくて
白い仮面と黒マントという姿で

時間になり登場。
今回初めて前で見て気付いたんですが
前3人は歌ったりするため
狼の口の部分がものすごーく開いてるタイプで
いわゆるアー写で映ってるタイプとは
別のものみたいでした。
で、開いてると顔が見えちゃうからって
顔は黒いタイツっていうか
マスクっていうか、、、を着けてました。

ちょうど新しいアルバムを出したばかりということもあって
その中からの曲もやってくれました。
なかなかいい曲で
今そのアルバムリリースキャンペーンで
応募すると当たるかもしれないとい
うThe Birthdayとマンウィズとの2マンライブ行きたくなってしまい
思わずCD買おうかなーなんて
思っちゃいました。
でも・・・・やめときます。

だって曲も振りも楽しいんですが
なんせ、、押しがすごい。。。
oioiもすごい。。。
これは、、、、ライブ疲れます。
狼なんでそう、前で顔見たいとかないし
自分のスペースあるところで楽しめばいいんだと思いますが。
でもねぇ・・・


さていよいよ
The Birthday@FUTURE FLOWERS
ここでも入れ替え壮絶でした。
でも前の方が抜けてくれたので
晴れて最前GET!ですヾ(*´∀`*)ノ
しかも、、、ハルキ寄りチバさんとの間くらいの位置。
最高っす!!

サウンドチェックかなり時間かかってました。
どうやらベース関連がトラぶってたみたい・・
徐々に日も暮れかけてて
人と人で密着してたんでよかったですが
そうじゃなかったら
寒かったんじゃないかなーって思うほど。
さらに、、小さな虫もいっぱい。
光りに集まって来ちゃうからね・・

ようやくスタンバイ完了し
いつものSEが鳴ってメンバー登場。
キュウちゃんは白シャツ
ハルキは、、つなぎだった??(あれ?笑)
フジイさんは黒上下にハット
チバさんはやっぱりテロンとした柄のシャツでした。

大歓声の中、ギターを高く掲げて
始まったのは、、『泥棒 サンタ 天国』
この曲、、あんまり聞いてなかったので
また新曲からやってくれたーって
思ってしまってました(笑)
サビに来て
あ、、違った・・って気付くという。

続いて、、この日はここでチバさん
サングラスを取ってくれたっけな。
そして『Buddy』
 パーティがまた始まる
これは何度聞いてもアガります。
しかも、、客席煽って歌わせてたので
余計に。

そして、最近この曲の前は
必ず何が始まるんだろ~っていう
アレンジから始まります。
『なぜか今日は』
この日はハルキ前に出てきました~
ちょっと残念だったのが、なんかベースの音が変な感じでした。
なんて言うか、、音の質?みたいなのが他と合ってない感じ。

曲が終わり
「The Birthdayです。よろしくお願いしま~す」っと
キュウちゃんの一言。
そこから『Riot Night Serenade』だったかな。
ちょっと順番アヤフヤです・・
新曲はやっぱり
そうそうアレもコレもは披露しないってね。。
『なぜか今日は』で気になってたベースも
この時には直ってました。
最後のほうのベースラインが素敵です♪
The Birthdayのちょっと切ない系のミディアムな曲
いろんな光景が想像できていいんですよね~

続いて、なんと!
『BABY YOU CAN』
この北海道の野外で聞くこの曲は
雰囲気がピッタリで
最高でした。

例の 俺たちはまだ 何もしてねぇよ
の部分、、ワンマンじゃないのに
フッとブレイク入って
客席に歌わせ
続いてチバさんが歌うというスタイル。

たくさん名前呼ぶ声がありましたが
それには応えず・・
『ROKA』
突き抜けた音の感じが
とにかくカッコいいです。

そして『さよなら最終兵器』
最後のほうかな
 さよなら さよなら 最終兵器
ってさよならを掛け合うところ
ここを客席にカモンって感じで煽ってました。
キュウちゃんのコーラスだとばかり思ってたところ
(もちろん、キュウちゃんも歌ってましたけど)
不意に煽ってきたので
慌てちゃいました(笑)

これで終わりかな~っと思ったら
「あともう1曲やらせてもらうわ」っとチバさん。
イェーイ!
ギターを弾き始め
 電話探した あの娘に聞かなくちゃ
 俺さ 今 どこ
っと『涙がこぼれそう』
もちろん、、、イントロは客席大合唱で
 ここはどこだー?
 石見・・沢ッ!
って、なぜか「沢」だけ「ザワッ!」って感じで
言ってて
キュウちゃんが笑ってました。

はぁ~
ずーーっと押されっぱなしで
最前の柵に胸を押し付けられた状態で
結構、、キツかったんですが
それ以上に
とにかくうっとりしちゃうような眺めで
最高でした。

このステージではトリだったので
アンコールを求める拍手が続いたんですが
時間的に絶対NGだったみたいで
ソッコースタッフが片づけを始めて
「これで終了です!!」っと冷たく何度も伝えられてしまい
泣く泣く移動。。
あのセッティングで押さなかったら
あったかなーとか
一旦引っ込んでアンコールしてる時間ないから
「もう1曲やらせてもらうわ」って言って
最後の曲やってくれたのかなーとか
ちょっとイロイロ考えてしまいましたが・・
でもいいライブだったから
満足です。

<セットリスト>
 01.泥棒 サンタ 天国
 02.Buddy
 03.なぜか今日は
 04.Riot Night Serenade
 05.BABY YOU CAN
 06.ROKA
 07.さよなら最終兵器
 08.涙がこぼれそう


ここでロッカーに置いていた荷物を取りに行き
最後は吉井和哉@Rose Stage
もう数曲始まっていたのと
The Birthdayの余韻が残ってたのとで
もう見ないで帰っちゃってもいいかなーとか思ったりもして
なので下には下りていかないで
傾斜あるサイドの方から覗く感じで見てました。
なのであんまりよくは見えなかったんですが
吉井さん、、赤?っぽいロングコートを羽織っていて
かっこよかったです。

JOIN ALIVEは初めての出演だそうで
それでこんな大トリのステージを任されて
恐縮です、、、って言ってました。
あとこの日は4時くらいに会場入りして
いろんなアーティストのライブを見て
楽しんだそうで
こんなに1日中音楽が鳴り響いてる環境があるのは
本当に素敵なことだとも。

あんまり知ってる曲はなかったんですが
最後は『ビルマニア』だったので盛り上がれました。
吉井さんとかあとトータスとかもそうですが
大きな会場でやり慣れてる人って
とにかくステージを右に左にと動き回ってやってくれるのが
いいですよね。
あ、、もちろんVoオンリーだからってのもありますが・・

大トリなのでもちろんアンコール。
少し待って吉井さん登場。
「アンコールありがとうございます!
まだ帰らない方がいいよ~」っと言った後
始まったイントロ、、、ん?ん?
そう、なんと『やさしくなりたい』だったんです。
えー・・・(笑)
最初は1番くらいだけ歌って終わるのかと思ったら
全然終わる気配なく
なんと、、2番でホンモノ登場!!

そう、斉藤和義がギター持って登場し
歌い始めました。
ワー(*´ー`)
でも、、何気にそういうサプラズちょこっと予想はしてました。

途中、吉井さんが入りを間違えて
早く歌い始めちゃって
斉藤さん「違う、違う(笑)」って。
吉井さん慌ててストップし
正しいところで斉藤さんが歌い始め
後からついて歌ったり。

終わるとなぜか斉藤さん「鬼塚ちひろでーす」って
挨拶したりして。
どうも去年出た鬼塚ちひろが何やら強烈だった模様・・
圭介さんも言ってたしね。
気になるけど、、何となく予想はつく(笑)
特に長いトークはなく
「ありがとうございまーす」っと
帰って行きました。
麦藁帽子にチェックのシャツの斉藤さん、かわいかったです。

さらにサプライズは続く!?
次の曲は『LOVE LOVE SHOW』で
なんと奥田民生登場!
今度は最初から出てきて歌ってました。
すごいねぇ~
残っててよかった(´艸`)+゚*。

「最後にもう1曲」っと
やっぱり最後は吉井さんお一人で。
まさか『JAM』とか歌ってくれないよねぇ・・って
チラリと期待したりもしたんですが
さすがにそれはなかったので、、、
途中で帰りました。

決して大きなフェスではないですが
北海道ならではの
ゆったりとした雰囲気があって
過ごししやすいのがいいです。
お天気にも恵まれよかったです(´▽`)

ほっとんど写真撮ってないことに気付き
帰り際慌ててパチリしました(笑)
120722_204758.jpg
120722_213315.jpg

まさに、移動日(笑) [たわごと]

東京に戻って来ました。。
(日付変わってしまいましたが・・)本日札幌より直で会社です(´-ω-`)ムゥー
もう、、、楽しかったあの日々が終わってしまったのかというのと
とにかく最高な日だった余韻とで
正直今日は変な気分で仕事してました。
脳裏に焼きついてる瞬間瞬間を
ちびちび思い出しながら過ごすとします。

さて。
明けて7.21は移動日!
北見→千歳まで青春18切符で移動です。
120723_215624.jpg

北海道はでっかいどう( ̄- ̄;;;;
いや、だって・・
北見から札幌まで普通にバスやら電車やらで移動するのに
6000円くらいかかり
時間も約5、6時間くらいかかるんだよ。。
それって東京→名古屋くらいの距離ってことでしょ??

北見→岩見沢までの電車の本数が少なく
9時台の電車を乗り過ごしたら
次は夜になってしまうという恐ろしさ(笑)
しかも旭川で1時間以上の待ち時間あり。

なので結局北見の街散策は一切できず
そのまま電車へ。。
ホテル出て駅に向かうとき
グレートさんに遭遇。
お一人でお散歩だったんでしょうか・・
ちょうど横断歩道渡って向こう側だったもので
声かけられませんでしたが
走って行って声かければよかったかなー、、

この日の電車は1両編成でした。
だけど達人が出るほどの人は乗ってこず。。
いやぁ、、ある意味カルチャーショックですね。
草むらの中を走る電車の窓から顔を出してるところを
写真撮って欲しい感じ(笑)

ちょうど旭川の待ち時間がお昼タイムだったので
デパ地下で食料調達。
以前来た時より
旭川駅がきれいになっていてビックリ!

北の大地ですから
海の幸でしょう~♪
120721_125501.jpg

北海道キオスク限定というコーヒー。
限定モノに弱いです。。
120721_131811.jpg

六花亭のチョコが
食べ切りサイズにリニューアル。
しかもカステラとかもあるんだ。
120721_201509.jpg

順調に進み、、、17時くらい千歳のホテル着。
荷物を置いて
新しくなったという新千歳空港へ行ってきたのですが
そんなに物珍しいものはなかった。。
1時間くらいで帰ってきちゃったもん。

あ、RACCOさんとかがやたら美味しいとつぶやいていた
おかきも買ってみた★
120723_214138.jpg

夕食は近所のスーパーで購入。
でもやっぱりご当地っぽいものを。

一応、、、ざんぎ。
120721_195335.jpg
そして道産真いかのサラダ。
120721_195459.jpg
これ、美味しかった!
関東でイカが入ったサラダとか
ないもんね。

さらにTAKUMAがつぶやいていた
北海道限定モノ(笑)
120723_045030.jpg

さて。次の日はJOIN ALIVE2日目。
この日はアベさんの命日なんだそうで。
そうか、、、
ちょっと感慨深い。

Planet"Kyu"2012 in KITAMI [The Birthday(2012年~)]

いよいよ!夏が始まりました~(笑)
今年も青春18切符にお世話になります(´m`)くす

まずは第一弾
7.20は夏休み1日目を取って
Planet"Kyu"2012 in KITAMI
The Birthday/うつみようこ & YOKOLOCO BAND/M.J.Q/qyb
@北見市・端野町公民館
へ行ってきました。
120720_164606.jpg

まさかねー・・・
北見まで行っちゃうとは。
でもなんかこれをやるって発表になったときに
何が何でも行きたいっ!って思ってしまって。
北海道に弱いんです、、私。
なんせ高校生の頃
将来は北海道に住むって言ってたくらいで
大学の時も
北海道方面で就職活動チラっとしてたし。
一つ内定もらったけど
結局行かなかったんですが
ふとあの時北海道で就職してたら
今はどうなってたかなー。。。って
思ったりすることもあります。
何か北海道って魅力的です♪

で。
この日は11時過ぎの羽田発女満別空港行きの飛行機で
家を9:30に出れば余裕かなっという予定でいたんですが
なんと、朝目覚めたの、、、9時!!!
普段の朝よりゆっくり起きられるからって
夜更かししたのがマズかったのか
目覚まし鳴ったのまるで気付いてなかったみたいで。
昔は絶対にそんなことなかったのに
年々耳が遠くなってるのか?!(笑)
時々あるんですよねぇ・・
マジであの瞬間は焦りました。
だって、、遅れたからって他の便に乗り換えられるわけじゃなく
乗り遅れた=行けないってことなわけで。

でもどうにかまだ30分あるってことが分かり
どうしよーどうしよーっと
バタバタ準備し
いつもは朝、お風呂に入るんですが
この日はそのまま服着替えて
ソッコー出発。
幸い?!朝涼しくて汗だくじゃなかったのが
よかった。。
いや、でも前の日ガッツリ汗かいてたのにそのままなんで
かなり気分的には凹んでましたけど。

そんなこんなで
何とか9:30までに出発できまして
無事、飛行機にも乗れたのですが
いやぁ、、、、しばらく動揺おさまらなかったです。
ホント間に合う時間に起きれてよかった。。
そうじゃなかったらどうしてただろ、、、、って
今思い返しても怖いです(笑)

品川でご飯買って空港で食べてたら
奥野さん見ました♪
Planet"Kyu"参加組は前日北見入りしてたようなんで
誰にも会えないだろうな~って思ってただけに
ちょっとうれしい(*´3`*)~♪
奥野さん、飛行機の席も近くって
チラ見してたところ
どうやらドリンクサービスももらわず寝てた模様。。
お疲れ様です。

ドリンクのコップ
120720_151222.jpg
AIR DOのクマさん
ホントかわいい♪


さて。
女満別空港は初めてです。
北海道の空港
 新千歳・函館・旭川
は降り立ったり乗ったりしたことはあるんですが
女満別なんて、、位置的にも今回で初めて知ったくらい(笑)
そして東京も涼しかったですが
北見は正直、、寒かったです。
ソッコー長袖パーカー着て
ちょうどいいくらい。
この日は汗1滴もかかなかったほどです。
そういえば、、羽田で金光さんも見かけまして
奥野さんを迎えに来ていたスタッフさんと
お話されてました。

そこから北見駅行きのバスに乗って北見へ。
北見に着いたら
ホテルにチェックインして
まずはお風呂(笑)
15時のチェックインなのに30分も前に入れてくれて
助かりました~

生き返る!(笑)
そして16時からリストバンド交換が始まってるので
とりあえず会場へ。。
開場17:30/開演18:30なんですが
リストバンド交換が16時って、、、、
そんなに大混雑するほどの人でもないのに
そこら辺の時間設定が謎ですが・・

北見から会場最寄り駅の端野までは20分くらい。
120720_155123.jpg
 ※駅の券売機1つしかないのに調整中って・・
  なので窓口で買わざるを得なかったっという。。(笑)
そこから会場まで徒歩15分。
車社会なので
こういった公共機関を使うと
どこからでも徒歩20分前後かかるというのが
何ていうか、、、土地が有り余ってる証拠なのでしょうか。

電車も単線2両編成のワンマン。
120720_160814.jpg
それでも電車ガラガラ。
駅降りてからも
ほっとんど人に会わないほどの
淋しい~感じ。。
要所要所に案内が出てて
よかったです。
120720_160854.jpg120720_162102.jpg

会場に着くと
既に人結構いまして、、
どうやらグッズの先行販売は15時だったらしい。
ちゃんと用意して来ていたら
多分、、空港から北見駅行く途中にこの最寄駅があったので
途中下車して行ってただろうな~、、、なんて。
120720_164706.jpg

リストバンドに引き換えると
120720_165848.jpg
チケットにこんなスタンプまで押してくれました★
すごい!
120723_215659.jpg

お目当てのお土産セットは
希望のTシャツサイズが売り切れてたのでやめました。。
それ買うとくじを引かせてくれて
アタリが出るとその日展示してある
キュウちゃんの写真パネルもらえたんですよ。。
ま、引いたからって当たる保証はないですが
でもチャレンジはしたかった・・(つω;`)
120723_213857.jpg

そしてエコカップで
オススメのコーヒー酎牛乳割りを。
120720_164531.jpg
その後コーヒー酎水割りも飲みましたが
オススメだけあって
なかなか美味しかったです。
特に牛乳割りは普通にコーヒー牛乳やね(笑)

そこから入場列に並びました。
この時点で、、、、17時前かな。
風もあって普通に長袖着てても寒いくらい。
でもこの気候
ちょっと異常みたいです。
いくら涼しい土地柄でも
ここまで寒くないって。
目印の旗。
120720_164504.jpg120720_170252.jpg
なびいてなかなか上手く撮れませんでしたが
お馴染みのキュウちゃんの顔のと
今回のイベントのロゴ?と
昨年のプラキュウの時
チバさんが描いたというイラスト
この3枚の旗がなびいてました。

待ってる間、、中では当然リハーサルをしてるんですが
普通にトイレに入ったり
クロークに荷物預けたりするのに入ってよくって
ガンガンリハーサル聞き放題でした(笑)
たまたま時間的に
トップバッターのThe Birthdayがやってて
しばし用が済んだのに聞き入ってました。
そしたら竹安さん出てきてたのに
しばらく普通にいるんで
気付かなかった。。・・・(〃゚(工)゚;A

いよいよ17:30過ぎ
会場OPEN。
ざっと数えた限りだいたい60~70番目くらいで中へ。。
思ったより会場小さくて
ステージも小さいし
最前との距離近いし
なんていうか、、、いい意味でのご当地感ありありな感じで
よかったです。
端っこですがハルキ側の2列目で待機。
ステージの奥行きがそうないため
普段はドラムセットの前にベースアンプが置かれ
キュウちゃん見えないこと多いんですが
この日はドラムセット横辺りのセッティングだったので
かなりよく見えました♪
まキュウちゃん祭りですから
見えないと(笑)

最初開場して30分くらいは
前5列くらいまで埋ってる程度で
後ろガラガラ~な感じでしたが
始まる直前になると
全然ギューギューではないですが
結構人で埋ってました。
何人くらい入る会場だったんでしょうかね。。

ちょい押しでライブスタート。
そう押されはしないと思ってたんですが
結構押しありました。
でもって、、何かやたらと前に入り込もうとする
嫌な女のせいで
せっかく視界良好な位置だったのに
結局後ろに押し出されてしまう結果に・・
ま。周り小さい人が多かったので
それでもよく見えましたけど
何なんだ、、あの女。
最終的にかなりセンターの方まで
押入ってましたよ。。
ホント、ああいう人大っ嫌い。
久々本気でエルボしてやりましたって。
お前なんか絶対に入れてやんないって。

っと、、愚痴ってしまいましたが・・・
ライブですね。
タイムテーブル♪
120720_165424.jpg

いつものSEが鳴って
ハルキはつなぎ、フジイさん黒いシャツかTシャツ
キュウちゃんも黒のTシャツだったかな
、、、、あんまり覚えてない(笑)
チバさんはテロンっとした花柄っぽいシャツでした。
いつものようにサングラスしたスタイル。

大歓声の中チバさん「ハッロー!!」と叫んで
なんと!ギターを弾き始めたのは
『涙がこぼれそう』
これ、1曲目?!かなりビックリです。
そしてもちろん「カモーン!」っと
みんなで大合唱。
 俺さ 今 どこ?
に対してチバさん
「ここはどこだー?北見だーっ!!」
で、一気に盛り上がり。

続いて、、、早くもアルバムからの新曲
『ゲリラ』
ワーイ!
絶対にアルバムからの曲やるだろうと思って
今回は早めに何回か聞いておいたので
うれしいです。
でもまだ盛り上がり方が掴めず・・

次もアルバムから『Riot Night Serenade』
これはかなりうれしかったです。
初聞きから
いい曲だな~って思った曲だったので。
最後の方のメロディアスなラインは
ハルキのベースだったとは・・

ブレイク入り
あちこちからキュウちゃーんって名前がかかると
チバさんがキュウちゃんに「一言どうぞ」的な感じで
振り返り
キュウちゃん「The Birthdayです。
寒い中ありがとうございます!」っと一言。
毎回こうやってバンド名言っていくのかなーって思ったんですが
The Birthdayの時だけでした。

ここからチバさんサングラスを取って、、、
そう、普段は1曲だけですぐ取るのに
この日はなかなか取らないもんで
このまま最後までサングラスだったりしてー・・・って
思ってただけに
うれしいです。
簡単なつなぎのアレンジをみんなで演奏して
『なぜか今日は』

ステージ奥行きがないせいもあって
特にハルキやフジイさんが前に出てくることは
なかったです。
常にハルキ目の前って感じでしたし。
あ、、、フジイさんは何かの曲の間奏で
前に1回だけ出てきてましたけど★

続いて『ROKA』
この曲の前だったかなー、、、、
次だったかな
とにかく後半の3曲のどれかの前に
ウォーって歓声の中
チバさんがギターを高く掲げてたのが
なんか印象的でした。

そしてキュウちゃんがとにかくずっと笑顔で
歌も歌いまくってて
楽しそうでした。
叩く姿もよく見えてカッコよかった~(´艸`)+゚*。

最後は『さよなら最終兵器』
やっぱ、この曲カッコいいです。
最後の盛り上がりとか
ライブならではで
すごいよかったです。
最後のサビの
 さよなら さよなら
 最終兵器
ってとこのコーラスはキュウちゃんでした♪

「サンキュウ~!」っと
ライブ終了。
タイムテーブル発表された時に
持ち時間少なっ、、って思ったんですが
意外と6曲もやってくれたので
大満足です。

<セットリスト>
 01.涙がこぼれそう
 02.ゲリラ
 03.Riot Night Serenade
 04.なぜか今日は
 05.ROKA
 06.さよなら最終兵器

あ、、キュウちゃんのブログに
セットリストの紙の画像がありましたが、、
20120720222006451.jpg
それには1曲目『Buddy』って書いてありまして・・
直前で変えたんですかね。
みんなに歌ってもらいたかったのかな??
そうだとしたら
ちょっとうれしい(*´ー`)


次は、、qyb。
やっぱりThe Birthdayでゴソっと人が減り
、、、帰ってはいないと思いますが
前から離脱する人が多かったです。
で、いっちゃん端っこ最前があいたので
そこへIN。
横幅もそうないので
そこからでも全然よく見えました。

qybは去年のプラキュウで初めて見て以来
また機会があれば見に行きたいと思っていたバンド。
でもなかなかライブないし
話してる人の話を聞く限り
音源も出してないとか??
えー・・もったいない。。
もっとライブやって欲しいなぁ~

念願叶って2回目のライブ。
やっぱりカッコよかった~
前回聞いていたこともあり
あ、聞いたことある曲?って思ったのもあったし。
(気のせいかもしれませんが・・)

歌はそう歌詞がなかったり
英詩だったりするんですが
とにかく音楽がかっこいい。
インストでも聞き惚れてしまうバンドです。

あ、この時のキュウちゃんは
紺?のちょっとダブっとした感じの
Vネックの七部袖でした。

MCは全くなし。
ま、ヤマジさんがベラベラ話すの
想像つかないんで・・(笑)
いいんですが。
でもヤマジさんのツィートおもしろいんですけどね。
 ベンジーが俺のギター褒めてくれたらしいんで
 明日から俺もヤマジーになろう
とか(≧m≦)ぷっ!

途中ヤマジさん、ピックを落としてしまって
でも歌わなくちゃいけないし
ギターもバリバリ弾く感じのところだったし
なのにピックの予備付けてないし
しばらく指?で弾いてて
見ててハラハラしてしまったんですが
一瞬屈めるところでサッと拾ってました。
、、、やっぱピック予備は必要ですね(笑)

あーホント、次何かやってくれたら
絶対見に行きたいです。
ライブやってくださいって
お便り?!出し続けるか(笑)


ここで、、少し休憩。
さっきチラっと書きましたが
この日はいつもThe Birthdayの写真を撮り続けている
新保さんの写真の中で
キュウちゃんをピックアップした写真を何点か展示してくれていました。
これがねぇ、、、、超カッコいいのなんの。
写真撮ってもいいっていうので
反射してしまいつつも
パチリしてきました~
120720_200417.jpg120720_200442.jpg120720_200506.jpg
120720_200548.jpg120720_200637.jpg
あー。。。やっぱりクジ引いて当てたかったなぁ・・


さてさて早くも後半戦。
次はMJQ。
何気にミチロウさんファン多いんで
既に始まってる中入ると
前のほうに行くのちょっと大変でした。

MJQはちと苦手部分もありまして
でもミチロウさんMCけっこうしてくれるので
そこはうれしいです。

何度も「ドラム キュウちゃん!!」って紹介してくれて
そのたびにキュウちゃん敬礼ポーズしてました。
MJQの時のキュウちゃんは
必ずつなぎですよね。

「初めて北見に来て
キュウちゃんに連れてってもらったところは
ツルツル温泉でした~」って。
あとミチロウさん水族館が大好きらしく
北見にも有名な水族館があり
でも行けなくて悔しいからって
金魚の歌歌ってました(笑)

いつもテンション高い久土さんは
キュウちゃんに向かって
「死ぬまで叩いてろーっ」って叫んでました。
それに触発されてか「ウォーッッ!!!」って叫んで
激しく叩きまくってました。


最後はうつみようこ & YOKOLOCO BAND
この日の男性陣の衣装は
黒ギンガムチェックシャツ、、、かな。
ようこさんは青っぽい夏の感じのワンピでした。

ヨコロコも思った以上に盛り上がってました。
やっぱりようこさんの歌声はパワフルで
人を元気にさせてくれますね。
それが会場中に伝わったからか
ホントビックリするくらいの盛り上がりでした。
、、、若干酔っ払いもいたせいもあり?!(笑)

数曲歌って「スミマセン、、、ここから学芸会みたいなのが続きます。
こんなんが最後で申し訳ない。。」とか言って
恒例『津軽海峡冬景色』歌ってくれました。
この演奏がロックな演歌でいいんですよね。
竹安さんの唸るようなギターが最高です。

MCでは「キュウちゃんに連れてこられました~」って。
そして「何か一言ないの?」ってキュウちゃんを煽るようこさん。
キュウちゃん「あー、、ホント、ありがとうございます。
こんなにたくさん来ていただいて
うれしい限りです」
すると「次は50歳の時ですかね」って。
その前にようこさんの50歳ライブで
パケランですよね♪

楽しい踊れる曲多めだったのか
最高に楽しかったです。

もちろん、アンコールも!
「キュウちゃんのリクエストに応えて、、、」という
多分洋楽カバー??
これまた激しく盛り上がりました。
ドラムが超カッコよくって
ドコドコドコドコってスネアを叩きまくるのが
すっごいよかった。

21:30前。
予定通りライブ終了~
あーっという間でしたが
でもキュウちゃんにしてみれば
約3時間叩きっぱなしな訳で
コレくらいが限界なのかな・・・

あ、そう言えば
もしやキュウちゃんのお母様??って方を
お見かけしました。
違ってるかもしれませんが
そうだったとしたら
キュウちゃんと同じく
小柄なかたでした(*´艸`)ププ

帰りは既に公共機関全て終了してるということで(笑)
北見駅までバスを出してくれまして
ササっと帰れました。

次のプラキュウは
ぜひ、RSRで!!

本家?!(笑)の吉祥寺のプラネット Kから
お花きてました(´艸`)+゚*。
120720_200730.jpg


未だ夢はさめず 胸焦がしやがる [怒髪天(2010年~)]

梅雨、、明けちゃったの??
もう日々うんざりするような暑さで
早くも秋の到来が待ち遠しいです(笑)
夏フェスすらまだなのにー。
あ、でも
風が気持ちいい日もあったりもするけど。

さて、そんな7.16は
怒髪天 OK ! Let's Go TOUR 2012 "夢追道中"
@ZEPP DiverCity TOKYO
でした。
120716_151424.jpg

3連休最後の日にお台場に行く羽目になるとは・・
しかもできたばかりの
観光スポット?
いやぁ、、、うんざりするような人ごみと
慣れないハコとで
若干嫌いになりかけました、、、
ZEPP DiverCity TOKYOを。

そう、ZEPP DiverCity TOKYOは
新しくできた第2のZepp Tokyoです。
キャパは、、、どうなんでしょう。
入った感じは
少し小さいようにも感じましたが
同じくらいなんでしょうかね。
でもトータル的に私はZepp Tokyoの方が
好きです。
ロッカーといい、トイレ事情といい
待ちスペースやドリンク交換などなど
全てがスムーズに進むように流れが確立されています。
ま、ZEPP DiverCity TOKYOもこれからだと言われれば
それまでですが。。

あ、一応写メは撮りました(笑)
120716_151244.jpg
やっぱ、、、デカイ!
でも言うほど知らない。。。
120716_151820.jpg

番号は600番後半
どうも怒髪天のFCでチケット取って
いい番号きた試がない。。(つω;`)
中へ入るともう結構な人で埋ってまして
いつもの王子側3、4列目くらいかなーで待機。
でも始まってあちこち移動して
王子前辺りウロウロしてました。
押し押しでしたが
視界はそこそこ良好で
まずまずだったのでよかったです。

いつものSEではなく
BGMに合わせてメンバー登場。
シミさん・・Tシャツ
坂さん・・いつもの黒上下
で、、、王子!今回のツアー
ジレっていうの?あれをほぼ毎回着てるように思うのですが
今回それが豹柄だった・・・・・。。
あはは。
ちょっと微妙~っと思ったのは私だけ??
増子さんは赤いシャツでした。

「よく来たっ!」っとクシを投げ入れ
「じゃー始めようかっ!!」っと1曲目はもちろん
『YO・SHI・I・KU・ZO・!』
始まった途端に大盛り上がりのフロア見て
王子がものすごくニコニコしてたのが
印象的でした。
終始ホントうれしそうでした。
それがいい笑顔でね。
あんまりジーッ。。っと見ると恥ずかしいから
チラチラしながら見てました(笑)

セットリストは、、多分水戸と同じ感じだったはず。
なので曲に関する間奏は
少々省略しますが。。
とにかく全曲すごい盛り上がりでした。
何ていうか、、、
あー時代がやっと怒髪天に追いついたのかな
なーんて。。ふと思ってしまったりして。

『ホトトギス』サビはみんなで大合唱。
今回のアルバムのコンセプトがそうだからか
マイクをフロアに向けて歌わせる箇所
多かったです。

 鳴かぬなら 俺は自分で鳴く

そうして今の怒髪天があるような
そんな曲。
そして自分もそうありたいな、、って思うと
ちょっとウルっときちゃったりして。

「はいっ、よく来たー
もうね、、、Zepp Tokyo行っちゃわないか心配だったんだ。
行った人いるでしょ?
ダメだよ。
今日は、あっち行ったら。
俺たちみたいなのが行ったら迷惑になるから。
あっちは、、ほら、VAMPSだっけ?(笑)

今日は、一応、、ツアーファイナル。
だからゆっくりと最後まで楽しもうぜ!!」

『労働CALLING』のウンガラガッタ
きっと2階席から見てたら
すんごいことになってたんじゃないかと思うほどの
グチャグチャさ。
王子もギター弾きに
前にガンガン出てきてたりして
余計に押しされまくり。。
子どもがいたけど、、、大丈夫でしたかね。

『愚堕落』は何気に間奏部分がカッコよくて
好きなんです。
 フゥッフー
っていうコーラスがまたいいです。

「今朝起きてビックリしたよ。
ものすごい快晴!こんなに晴れなくてもね。
今までほぼ、ずっと雨!付いて周ってるのかってほど
雨だったから。
今日がツアーファイナル。いいこともあるんだね。
46歳、今が絶好調です。

それにしても、あの、、O沢一郎
あれは何だ。
俺がドラマのキャスティングする人だったら
悪代官役に抜擢したいね。
しかも政党の名前、、あれ、ダメでしょう。
名前じゃないよね。
国民の生活が第一って、、文章だから。
小学校の遠足の班の名前決めるときとかでさえ
却下されるでしょ。
そんなこと言われなくても分かってる。
バンド名に水中、それは苦しいっていうのがいるけど
それにインスパイヤされたのか?(笑)

俺が考えてやったのに。
小悪党
大悪党じゃーないよね。
ずるいよね。

秘書がやったことで知りませんって
普通部下がやったこと尻拭いをするのが
上司の役目でしょ?
俺なんて部下どころか
同僚の失敗まで被りまくりですけどね。
痛風なめんな!節制してるの?」

久々、、増子さんの時事ネタ(笑)
そして矛先は坂さんへ。。。
でも坂さん、ドラムのセッティングでちょっと忙しそうにしつつ
「えぇ、、、昔5食で
今3食です!」っと誇らしげに。
王子も大爆笑でした。

「今回のツアーで驚いたのが
ものすごい年齢層。
小さい子どももいればおじいさんおばあさんくらいの年の方まで。
そんな前に出てきて大丈夫?って。
しかもアニキ!って、、いや、俺よりどう見ても年上でしょ?
好きでやってるわけじゃないだろうけど
逆モヒカンだし・・・

そんな全国いろいろ周ってきて
いろんなもの食べましたが、、
やっぱりこれがナンバーワンのもの!」

そんな前フリあって『ナンバーワン・カレー』
この曲の
 パッパー
っていう合いの手を入れるのが
かわいくていいんですよねぇ
ちょっとほのぼのした気持ちになります。

ここから怒涛の曲連発。
多分、、MCなくずっと続いていったと思います。
まず『ニッポン・ラブ・ファイターズ』で
高らかに宣言
拳を上げて オーオーオーオーオー って。

そして『喰うために働いて 生きるために唄え!』で
またまた大合唱。
もうこの曲での大合唱は
すっかりお馴染みです。
そして電力会社批判の替え歌も。

名前を呼ぶ声がたくさん響く中
『そのともしびをてがかりに』
『歩きつづけるかぎり』と続き
『雪割り桜』
ここでかー、、、って思ってしまうんですが
大合唱は感動的でした。
 オーオーオー
って歌詞がなくなったところの大合唱も
何気に好きです。
増子さんが胸に手を当て
そして指差しながらフロアをグルッと見渡してくれて
なんかそれがうれしかったです。
 
エンディングで増子さん、、舞台袖に。
そして王子がVoの『夢と知らずに』
この歌も、、、もう当分は聞けなくなるのかな~・・
終わって深々とお辞儀する王子が
なんともかわいい♪

一転し、、、「時は平成、世は地獄」っと
『DO RORO DERODERO ON DO RORO』
また琵琶が入ったやつを
聞きたいです。

とどめは『.GREAT NUMBER』っと。
いやぁ、、、熱かった~
ホント、、拳を上げて
歌いまくったな・・

ここからは坂さんコーナー。
増子さんがドラムセットに座り
坂さんの準備待ち。
坂さん、、、三角帽を被り
鼻眼鏡・でっかいラメの蝶ネクタイをつけて
お花がいっぱい入った自転車に乗り。。。
 ンチャ ンチャ ンチャ ンチャ
って王子が軽快なギターを弾き始め

 オモシロおじさんやってきた
 今日はZeppで大ハシャギ
 オモシロおじさんやってきた
 ビックリするほど母ちゃん似

って。。。例の水戸でも聞いた
オモシロおじさんの歌に合わせて
ステージを横切り
歌終わりでストップしてキメ顔。

そこからテクテクテクっとセンターマイクまで戻って
「いぇーい!」っとトークに入るんですが
よく見えなかったけど
どうも不安定な何かの上に乗っかってたようで
何度もヨロヨロしてました。

しかも1回じゃー終わらなくって
何回くらいやったっけね。。
歌も
 オモシロおじさんやってきた
 今日はZeppで大すべり
 オモシロおじさんやってきた
 はるな愛まで守備範囲
とか。
増子さんならではのオモシロ歌詞で繰り広げられてました。

スタッフの女性の方が黒子として
坂さんが乗っかる台を支えていたんですが
坂さん、その人に「忍者さん、、ちょっと、、鼻眼鏡取ってきてください・・」って
途中で落とした鼻眼鏡を取ってきてもらってました。
にしても、、忍者さんって・・

ヨロヨロしながら本題。
増子さんにも「このコーナー長いよ」っと
言われつつ
『押忍讃歌』振り付け解説。
、、、ほっとんど解説してなかったけど・・

ひとまず解説が終わり、、、
増子さんと坂さんの位置を入れ替え
いよいよ本番!『押忍讃歌』
この時の王子が可笑しいんですよ。
オトナノススメのバンバン並に可笑しい(笑)

「オッサン最高か?
ここに来た、お前ら最高!
オトナは最高!!」っと『オトナノススメ』

「ヤバイ、、、楽しすぎる!
このままずっとダラダラやっていたいくらい
楽しすぎる!ホントにありがとうっ!!」
最後は『セバナ・セ・バーナ』
始まった瞬間だったかな、、、
パーン!っと天井から
金テープ&何やら白い紙がたくさんヒラヒラと。。
すんごいきれいでした。
手で掴もうとしてもなかなか掴めなくて。
夢中になりつつ
あーでも歌がー・・・って
結構忙しかったです(笑)

最後しゃがめー、、、は、ちょい無理ありましたが
ギリなんとか屈んで
みんなでジャンプ!!

「どうも、ありがとうございます!最高でした!!」王子が挨拶
続いてシミさんも「ありがとうー最高だー!!」
そして坂さんも「ありがとうございます~」っと
それぞれ挨拶して退場。
その間、、増子さんずっと床に座ったままで
ようやく立ち上がり
「ダメだ、、、どうしていいか分からん。。
全部手渡したぞ!ありがとう!!」
くしゃくしゃの顔で叫んで帰って行きました。

もちろん、、アンコール。
しばらくしてメンバー登場。
王子が珍しく、、Tシャツ(さわおデザインT)に着替えてて
ちょっとビックリでした。
そういえば、、気付いたらジレも
脱いでましたっけ?
アンプの上に置かれてました。

「今日も本当ならとっくに完売してる人数なんだけど、、
でもSOLD OUT!って言うより
入れるならみんな入れてあげた方がいいじゃない。」
・・・そうか、、当日券出てましたが
あれはキャパぎりぎりまで出した結果の
枚数だったんですね。。
すごい!

「俺たちと、俺たち界隈のみんなと
まだ一つやり残したことがある。
祝杯あげてねぇーじゃないか?」
っとくれば、、、『酒燃料爆進曲』
坂さんの雄たけびは 夢の中 でした。
王子が笑ってました。

終わった瞬間、間髪いれずに
 ラーラーラーラーラーラララー
がきて
おぉ~今日はやっぱり特別な日なのねぇ~って。

「今、異常に楽しい!
声も嗄れて来て、、ミュージシャンとしては失格だ。
でももともと声はガラガラだった。
予算は全部、さっきのヒラヒラに費やしたから(笑)
みんなにお礼がしたくても、何もできない、、
だからその代わりに、いいこと教えてやろう!」
そう言って「素敵ボックス?から紙を、、、
まず、、あ、これはみんな知ってることかも。」
っと、、スクービーとのコラボCDについて。
「ここに来てる人は知ってるよな。
あ、じゃーもう一つ。
ツアーファイナルと言っておきながら
追加公演が決まった!」っと
いわきと岩手での9月の追加公演情報。

「じゃーギターの先生
ギターいっちゃってください」
いつもの○○ギターってフリじゃなく
普通にギターへ行って、、、、
途中で寸止め。
でもどうも間違えちゃったみたいで
王子が「増子ちゃん、気付いてないかもしれないけど
入り間違えてたよ、、2番だった」って。
私にはよく分からなかったんですが
増子さんも言われて「そう、間違えた」って
言ってました。

ま、それは置いといて。。。
「またまたいいことを」っと
紙を取り出し、、
今度は京都・磔磔で恒例の
響都の宴 今年は5周年ってことで
なんと!5日連続!!開催決定。
「これ、、ほぼ1週間 京都に住むってことでしょ?」

さらに「久々、東京ブラッサム3Days in 渋谷CLUB QUATTRO!!」
っと、次々と解禁情報飛び出し
「何もお返しできないから
俺が偶然通りかかるタイミングで
不良とかに絡まれててくれないかな。
そしたら後ろから俺の仲間に何するんじゃーって
蹴り入れてやるから。
その隙に逃げろー!!って。
その後俺はボッコボコにされるんだろうけど。。」って。

そんなこんなで『サスパズレ』
最後はみんなでジャンプしてライブ終了!!

「怒髪天まだまだこの先もあれこれ続きますんで
またお会いしましょう!」っと王子。
シミさんも坂さんも笑顔で退場。

エンディングは『雪割り桜』が流れてて
増子さんがステージをズーッと手を伸ばしてたくさんの人とタッチとかしてくれて
最後サビになり
フロアで大合唱してると
増子さんも一緒に大合唱。
微かだけど、生の声が聞こえました。
「ありがとうっ!!」
何度も手を上げて、頭を下げて
ステージを去っていきました。

いやぁ、、、熱いライブでした。
怒髪天とその界隈
まさにそんな言葉がピッタリな
なんか一つの塊ができたって感じがしました。

例の、、、天井から降ってきた白い紙
これで全種類なのかなー・・・
何かうれしい。
120717_215514.jpg

でもって、、コラボCD
会場限定でポストカード付くってことで
購入。
120718_052957.jpg
タワレコで買ってうちわもらって
鎌倉でやるフリーライブに持って行くと
先着でプレゼントがもらえるらしく
そっちも捨て難かったんですが・・

解禁情報★
120717_215934.jpg


<セットリスト>
 01.YO・SHI・I・KU・ZO・!
 02.男は胸に…
 03.ホトトギス
 04.労働CALLING
 05.もっと…
 06.愚堕落
 07.ナンバーワン・カレー
 08.ニッポン・ラブ・ファイターズ
 09.喰うために働いて 生きるために唄え!
 10.そのともしびをてがかりに
 11.歩きつづけるかぎり
 12.雪割り桜
 13.夢と知らずに
 14.DO RORO DERODERO ON DO RORO
 15.GREAT NUMBER
 16.押忍讃歌
 17.オトナノススメ
 18.セバナ・セ・バーナ

 EN.
  酒燃料爆進曲
  サスパズレ

Hey!みんな元気かい? [the pillows]

RSRのチケット&リストバンドが届きました
いよいよ!
もうリストバンドとして届いたので
あとは当日装着して入り口へGO!ってことでしょ。
むふふ。
出演者がどうのって言ったりもしてましたが
いざ手元にこういったものが届くと
俄然ワクワク感が増してきますな♪
あとは晴れ!を祈るのみです。

さて。
そんな7.13は
CHEMICAL BUMP SHOW!!
山中さわお&鈴木淳/タイムマシーン3号
@渋谷O-WEST
でした。
120713_173855.jpg

一体どういう感じのライブになるのか、、
全く持って予想もつかないこのライブ。
イメージとしては
さわおさんと淳くんが弾き語りやって
合間にタイムマシーン3号が漫才やって
まぁ、、4人でのトークとかあって
もしかしてさわーずとかあったりもして、、
って感じでしたが。

チケットは110番台。
今までの中ではチョコッとだけいい方の番号。
でもハコのキャパ思えば普通かな、、
だだ平日の金曜日ってこともあり
開場時間に間に合わない人が多かった模様。
中へ入ると
3列目くらいまで埋ってる感じ。
いつものステージ向かって左側へ行くと
一人背の高い兄ちゃんがいたので
この日はバンドスタイルじゃないしー、、、っと
右側へ行ってみることに。
結果としてこれが正解で
ツインでの並びは右がさわおさんで
左が淳くんでした。

近くにお友達もいて
待ち時間1時間
クソ長くなかなか時間経たない感じでしたが
なんとか楽しく待つことができました。
あのキャパで1時間もいらんだろー・・

時間チョイ押しでスタート。
初っ端からさわおさんと淳くん登場。
服装は、、さわおさん薄いピンクのポロシャツ
淳くん黒地に白の小さめ水玉?のシャツ。
淳くんのシャツ姿とかって
そうそう見ないので何かちょっとビックリしちゃいました。
最初は、、、何か話したっけ?
ちょっと覚えてないんですが
スタンバイして曲スタート。
さわおさんのギター
キラキラした装飾がついた
新しいギターでしたが、、
デザイン的にはなんかイマイチな感じでした(笑)

まぁ、それは置いといて
1曲目はHipster Image(イギリスのモッズ系バンドらしい)の
『Make Her Mine』
これ、、コレクターズが日本語でカバーしてて
聞いたことあったので
おぉ~って感じで楽しめました♪
やっぱカバーはオリジナルを知ってた方が
断然いいです。

曲が終わり、どうも~みたいな感じで
挨拶。チューニングしつつ
「何か変な感じだな(笑)」って
照れ笑い。
そして「全く予想もつかない今日のライブだろうけど
おそらく想像してたのと全然違うと思うよ。
だけど、きっとオモシロイと思う(笑)
キミもね、、どうしていいか分からないから
首にタオルとか巻いちゃってるけど
汗、1滴もかかないから」って。
・・・私もタオル持って行ってましたが
待ってる様子から
タオルいらなかったかもー。。。っと思い
手で持ってました。
確かに、、、汗ほっとんどかきませんでした。
っつーか、その場から全く動かずでしたしね。

「今日は、カバー曲中心でやろうと思う。
次の曲はThe Birthdayの『BABY YOU CAN』
The Birthdayとはね、、スタジオが一緒で
でも会ってもすれ違ってどうもって挨拶する程度なんだけど

淳と2人で合わせてたら
珍しくチバくんがニヤニヤしながら入ってきて
「ピロウズ、、解散するんだって~」って。
いやいや・・しないしない(笑)
妙に嬉しそうだったよなぁ~
言っちゃおう~ってさ。

そして『BABY YOU CAN』やるって聞いて
ソファに座ろうとするから
いや、(この状態では)やらないよって。
だってなー、目の前に座られて
恥ずかしくて歌えるかって。」

そんなチバさんの笑えるお話ありまして
『BABY YOU CAN』
これ、、実はちょいネタばれで見てしまってて・・
油断してたらThe Birthday側の方に書かれてて。。
なのでそれだけはちょっとガッカリだったんですが
でもさわおさんが歌うThe Birthdayが聞けて
うれしいです。
さわお節になってたな。

2曲だけやって
「じゃーまた」っと袖へ。。。
え?もうおしまい??って
ちょい拍子抜けな感じでしたが
これからどんなことが始まるのか
ワクワク・ドキドキでした。
転換中のBGMがまた何かいい感じで
これから何が始まるのかな~っていう気持ちを
高めてくれる曲だったのがまた
よかったです。

続いては。。。タイムマシーン3号の2人が登場。
2人は今回のこのツアー(一応、、東名阪3ヶ所周ってます)の
グッズTシャツ姿で。
ネタを1発披露。
タイムマシーン3号は
それこそ、さわおさんがゲストで出た
FM-FUJIの番組を聞いて(USTで見て)
知っていたんですが
結構おもしろく好感の持てる芸人さんでした。
でも若干アガってるのか
ちょいちょい大事な箇所で間違えちゃったり
忘れちゃったりが結構あって
あらら・・・って感じでした。
でも普通に面白かったです。
テンポもよかったし。

次に4名そろって登場。
この時は4人ともグッズのTシャツに着替えてたっけ?
今回のイベントのいきさつ説明。
そのFM-FUJIにさわおさんがゲストで出て
初対面だったしそんなビックな人とも思ってなかったから
ガンガン攻めの感じでやってたら
さわおさんが「お前らおもしろいな」って言ってくれたそうで。

次の2回目のゲスト出演の時には
いろいろ調べていった結果
ピロウズのことをすんごく好きになっちゃったみたいで
若干モジモジした切れの悪い対応になってしまったようで
「今日は面白くない」って言われたとか。

そこから、、ピロウズのライブに行かせてもらって
打ち上げにも出させてもらったところ
なんと淳くんは前からタイムマシーン3号のことを知ってて
好き(オモシロイ)だっていうことで
4人で意気投合(笑)
聞くところによると、、、
さわおさんと関くん?、淳くんと山本くん?(逆かも?)
それぞれ家が近いってことも分かり
たまに飲みに行ったりするうちに
芸人さんって、、地方営業とかはあっても
ツアーとして全国を周ったりすることがないって言うのを聞いて
4人で地方でも飲みたいねって話になり
だったら一緒にライブでも・・・っと。

そういう話題が上がった後は
あっという間に「東名阪決めてきたから!」っと
今回のツアーが決まったそうです。

何気に、、、今ピロウズは少し休憩中であり
そのタイミングでこういったイベントをやってるっていうのは
何か、、、、変な感じですが
それはたまたまで
イベント開催事体はもう随分前から決まってたこと
だそうです。

次のコーナーは映像が流れるって前フリがあったんですが
「見る前から言うのもなんだけど。。。
あれ、Zepp Tokyoライブの次の日だから
それ知って見ると、あーって思うと思う」ってさわおさん。
映像?!
これは全くの予想外の展開でした。

タイトルは。。。「山中さわおの舞台衣装を決めよう」
?!(笑)
タイムマシーンの山本がコーディネイトし
それを着たさわおさんを見て
淳くん・関が得点をつけ
見事1位になった衣装を着て
登場するっというもの。

これが、、、もう~ってくらいおもしろくて。
正直さわおさん大丈夫~???って
逆に心配しちゃうほど
結構自分捨てたくらいの勢いの
内容でした。
全6パターンあったんですが
まずは3パターンの紹介。

学ランに買い物カゴ
和製トップガン
スケバン刑事風(セーラー服に顔はマスク)
っと、、、
どれもかっこいいんではなく
笑いに走ってるスタイル。
まぁ、、、芸人さんネタなんで
やっぱそうなりますってね。

この時点でのトップは
和製トップガン。
確かに、、これは普通にカッコよかった。
でも何気に学ラン姿も
全然違和感なく見れて
ビックリ!
にしても、、さわおさんが思った以上に痩せてて
これまたビックリ(笑)

後半戦に行く前に、、、
ツイン入れ替えての漫才。
まずはさわおさんと関くん。
テーマは「はじめてのおつかい」
一瞬、、「はじめてのおつかい」を
さわおさんが好きで録画してまで見てるって言うの
本当かと思ってしまったよ・・
ネタでした。
ちょいちょいさわおさんがアドリブを挟んできてたようで
関くんがちょっと焦ってました(笑)

っときたら今度は
淳くんと山本くんテーマは「結婚」
こっちは、、結構グダグダでした。
山本くんがネタ飛ばしちゃったりして
淳くんに助けられてるという。

そして「山中さわおの舞台衣装を決めよう」
後半2パターン。
さらに笑いの方向への度合いが強くなってて
馬に乗った王様
マリオじゃなくてルイージ←どうしてコッチ??(笑)

馬に乗った王様なんて
下半身馬の着ぐるみなんですが
生足2本むき出しのスタイルで
・・・足がキレイ。。
ふだんあまり足出してる機会がないんで(短パンはかないし)
あのアルバムジャケットで女装した時のもの依頼?!
生足は初めてかもー、、って感じだったので
思わず、おぉ~足!って
そっちにばっか目がいっちゃいましたって(´m`)くす

そして結果は会場で・・
ってことで映像が終わり、、、
「果たしてどの衣装が選ばれたのでしょう!!」っという
タイムマシーン3号の呼び込みあって
さおさん、衣装に着替えての登場。

なんと! ルイージ でした。
映像の時はガムテで付けた髭も
この日はちゃんとした付け髭になって
髪の毛もきちんとセットして帽子被ってて
ちょっと小奇麗になってましたが
・・・・微妙~(笑)
さわおさんも「稲川順二でしょ?」って。
確かにゞ(≧ε≦o)ぶっ!

隣に付いてきた淳くんに「お前もマリオの格好とか
してくればよかったんじゃないの?」とか
言ってたり。。(笑)
話す時に髭がカパカパなって
話しづらいから
サッサと切り上げて帰りたいって言ってるのに
結構、、トーク続きました。

そうそう、エリンギ持っていたんで
客席に投げたら
最初は奪い合っていたのに
最後はそれ、ステージに投げ帰ってきました。
生エリンギもらってもね・・
大阪・名古屋では
えのき・しめじと変更があり
最終日はマツタケか?!って言ってたらしいですが
結局はエリンギになったとか。。

そんなこんなで、、
いやぁ・・おもしろいけど
そこまでやるかぁ・・・って気持ちもなくはない。

続いて。。
タイムマシーン3号の漫才
「ジュゲム」
料理の一言コメントが
なかなか考えられた一言でおもしろかったです。

次は再び映像。
「ギリギリ君とグリグリ君」
これはタイムマシーンのネタで
ギリギリ君っていうのがあって
それに対抗する相手として
さわおさんがグリグリ君として登場するもの。
ただ、、このグリグリ君っていうの
頭がグリグリパーマだからってことで
ネーミング考えたみたいですが
打ち合わせの時は確かにグリグリだったのが
撮影当日はすっかりパーマが落ち着いていて
まったくもってグリグリ君ではなかったってオチ?!が
可笑しかったです。

対戦内容は
低周波の振動を手につけた状態での
絵描き対決。
描くのはぞうさん。

さわおさんの低周波をコントロールするのは
淳さんなんですが、、、
これ正直逆にしないと
対戦としては成り立たないんじゃないの??って
ツッ込み入れたくもなりつつ。。
まぁ、別にいいです。

さわおさん、、この低周波のやつは苦手みたいで
めっちゃ嫌がってました。
でもさすが絵は得意なだけあって
きちんとぞうを描いていました。

続く、、山本扮するギリギリ君。
こっちもなかなか頑張ってましたが
低周波の影響で
線ではなく点でゾウを描く結果となり
勝敗は、、、グリグリ君!
罰ゲームとして
低周波を片方ずつつけた
2人が手を繋ぐってやつ。
振動がお互いに伝わるんですよね。

罰ゲームのはずは
最後じゃー4人でやってみる?とか言って
4人で手を繋いで
ウアァーッッてなってました。
ホント。。これ深夜のお笑い番組並みです。

いよいよイベントも終盤。
待ってました!やっと本格的?!ライブコーナー。

出てきてさっきの映像のお話。
「本当はあのギリギリ君コーナーを撮りに行って
あのお絵かき対決だけじゃなく
口にマシュマロいくつまで入るかとか
やったりしたんだけど、、
結局全部カットで
試しにやってみた衣装の方ばっか使われちゃってな。」って。
どうやら映像の編集は
タムマシーン3号の方にあったんですかね。
正直、、衣装の映像は3つでよかったかもね・・
なーんて(≧m≦)ぷっ!

弾き語りまずは
スピッツの『夏の魔物』
そしてMr.Childrenの『しるし』
しるしは音程が低音から高音へ
結構移動する曲で難しいそうですが
「今日は、喉の調子バッチリ♪」っと言っていて
みんながおぉ~っと拍手すると
「しまった、、歌う前に言うんじゃなかった・・」って
後悔してました。

確かに、、『しるし』はかなり苦しそうで
桜井さんはそれをサラっと歌いのけているので
歌上手いんだなーって
あらためて実感してしまいました。。
いや、さわおさんも充分うまいし
自分の歌にして歌っていました。

「ピロウズもやらないとな」ってことで
まずは『彼女は今日』
そして『パトリシア』
いいね、いいね~
この選曲はこういった弾き語りならではですよね。
ベースが入ることで
さらに音の広がりが出るので
すごくよかったです。
当たり前ですが
やっぱり自分の歌はすごく歌いやすそうでした。

最後はYO-KINGの『Hey!みんな元気かい?』
YO-KING節炸裂なこの曲を
さわおさんが歌うと言うのがなんか新鮮でした。
今回、、カバー曲が知ってる曲ばっかりで
ホント最高でした。

そして4人でのコント
エレベーターでの一幕。。
どんどん「実は私、、、」って
素性を明かしていくってやつ。
さわおさんと淳くんが
お互いにメールを送信して
「送信!」「届いた!」ってやるやつが
かわいかったです。

一旦引っ込んで
再び4人で登場。
「ついに、この出し物も次で最後です。
、、、出し物って呼んでたんだよ(笑)」
ってことで、最後は4人で演奏。
山本くんがギターで
関君がドラムマシーンみたいなのを
叩くやつ。
曲は『スタンドバイミー』

かーなり練習頑張ったらしいです。
2人とも結構緊張してやってました。
ちょい、、ズレたりしてましたが
微笑ましい光景でした(笑)

「言っとくが、アンコールなんてしても無駄だぞ。
もう、ないからな」って釘を刺されまして
えぇー・・・っとフロアから声が上がると
「当たり前だろ?もうないよ。
ってか、もうお腹いっぱいだろ?」って。

ってことで、、これにて終了。
2時間くらいのイベント。
セットチェンジがスムーズで
テンポよくどのコーナーも進んでいったので
アッと言う間に終わってしまった気がします。
ホントに予想してない展開で
ビックリするやら
大笑いするやらで
でもキメるところはビシっとキメた
弾き語りもあり
楽しかったです。

次回は、、、席アリがいいかもね。。
ずっと立ちっぱで
動かないのってちょっと疲れます。

馬鹿は百も承知 [たわごと]

先日、、
まだクーラーも扇風機すらも使ってないと書きましたが。。。
その書いた翌日に早速、扇風機使いました(笑)
ここ数日暑いよ・・
いよいよ夏が来てるって感じがします。
夏はキライじゃないけれど
暑いのは苦手です。

さて。
押し押しになってしまってますが、、
昨日、7.11は
ブログ開設 丸6周年! の日 
でした(*´3`*)~♪

徐々に更新数減ってはきてますが
なんとかまだ頑張っております。
一応、毎年恒例にしているので
自己満足的な記録を。。


 記事数 1,618
 nice   769
 総閲覧数 2,196,555


ちなみに1年前は・・
 記事数 1,409
 nice   730
 総閲覧数 1,653,905


っということは、、
この1年書いた記事数は 209 で
1ヶ月平均 17 か。
もっと少ないかと思ったら
そうでもなかったですねぇ。
でもって1日平均訪問者数 約1490人 って
・・・すごいっ!!
初めて、1日の訪問者数が1000人を超えたとき
すっごいビックリしたのを覚えてます。

これからもどうぞよろしくお願いします(*´ー`)

いつも数字にちなんだ画像を考えるんですが
今年はなーんも思いつかなかった。。
ま、5周年超えたし
次は10周年までいいかな・・(笑)

未来を預けた祈りに少し似ているような気がして [音楽]

遅ればせながら・・・
7.10は
The BirthdayのVo/Gt チバユウスケさんの
誕生日でした~
(☆´3`(★´3`(☆´3`(★´3`(☆´3`)
おめでとうございますっ!!
何気に、、同じ日にちの誕生日で
ちょっとうれしいという(笑)

で。
7.8は
NO NUKES 2012
@幕張メッセ国際展示場4・5 ホール
へ行ってきました。
120708_142942.jpg

全く持って、、脱でも反でも
かといって推進派でもなく
正直よく分からないです。
調べてたりしてないし
調べようともしてないし。
でも危険なものなら止めて欲しいし
それに変わる何かで置き換えられるなら
そっちで進めていけるよう
それには協力したいと思ってるし
そんな感じですかね。

12時からスタートするのに
11時頃会場着。
グッズを見たり脱原発関連の出展をのぞいたり
結局あまり積極的に参加しなかったけど
そんなこんなでステージのあるエリアへ。
ステージは1つ。
バックに大きなスクリーン。
タイムテーブルはこんな感じ。
120708_110724.jpg

まずはトップバッター
BRAHMAN

、、、の前に。
これは毎回各アーティストが始まる前に
脱原発に関する様々な検証というか
学説というか
そういう内容の
大学教授や研究者達のお話VTRが流れました。
なかなか興味深かったです。

2番目のエリアにいたんで
全く押されることなく快適に見れました。
SE鳴るとみんな手を合わせて頭上に持ってくるポーズ。
ちょっと異様な光景でしたけど(笑)
ブラフ&次のKenさんファン
多かったです。

バックに大きなスクリーン
そこに映像が流れるんですが
正直コレ、、邪魔でした。
いや、映像は流れて欲しいんです。
顔の表情とかたまにしっかり見たいときとかあるし
手元とかもアップで映してくれるのもうれしいし。
ただ、、バックにあるとどうしても目がそっちにいっちゃうんですよ。。
でもせっかくその場にいるんだから
生を見たいじゃないですか
たとえ小さくても。
なので野外のフェスとかのように
映像はサイドの方がありがたいと言うことを
ちょっと実感しました。

ブラフ、、1曲は今度リリースされる新曲だった模様。
ちょっとゆっくり目の曲で
フロアも静かに聞いてました。
そしてそれが終わると
TOSHI-LOWの挨拶。
全部は覚えてないんですが
印象的だったのは「何かを変えたいなら
まずは自分が変われ」って。
ちょっとハッとさせられました。
そこから「BRAHMAN始めます!」で
一気に火がついたかのように
ステージ上もフロアも
暴れ始めました。

ちょこちょこ「あ、知ってる!」って曲がでてきて
なんかうれしい(笑)
相変わらずノンストップで次々と曲が進んでいってました。
にしても、、、TOSHI-LOWのところどころやる
手をそろえて前に出したり
上に上げたりの仕草
なんかいいっすね。
でもってKOHKIさんってば
コーラスとか声低いんですね。
あのシュッとした顔から
あの低い声が出てくるのは
少し意外だったりもするんですが・・

何曲がやると
TOSHI-LOWステージを降りて
客席へ突っ込む!
そこでMCだったっけ。。

「電話がかかってきたんだ。あの渋谷っていう
ジジィから。
NO NUKESというメッセージをかかげたフェスをやるから
出ないかと。
この前、ここ幕張で
自分達のツアーファイナルを2980円?っという
バカみたいな金額でやって大赤字だったから
その補填になればいいか、、と思ったら
・・・・チャリティだって。。。ノーギャラ。

でも、そんな祈りを込めたイベントを
7.7の七夕の日にできるなら
それはそれでありかもな、、っと思って受けたのに。
クラフトワークがその日しかできねぇからって
7.8にさせられた。

まぁ、いいや。
その日は1日ゆっくり楽しもうって思ってたのに、、、、
中学1年の頃から夜型!
朝は?なんだよ(ちょっと聞き取れなかった・・)
でもタイムテーブル見せられて
あぁ、、なるほどな・・って。
世の中に一番迷惑かけそうな順番で並んでる。
まぁ、山崎まさよしくん見に来たOLさんたちに
こんなの突っ込んで来たら
それはそれで大変なことになるもんなぁ、、」
などなど
この日も笑わせてもらいました。

でもしっかり届けたいメッセージも。
「俺みたいなやつが脱原発とか言って
確かに俺らは電気をいっぱい使うし必要だけど
でも嫌なんだよ。
毒だって分かってそれを垂れ流すのは。
家族バラバラにして
住む場所奪って
そんなこと言ってる俺も加害者だ。
被害者だけど加害者だ。
だけどもう、加害者にはなりたくねぇんだ。

政府は口をそろえて同じ事を言う。
経済が、、って。
けど人の命と健康に勝る経済なんてあるかよ」
一つ一つが胸に突き刺さる。
そして見てみない振りしてた自分に気付かされる。
TOSHI-LOWの言葉にはいつもそんな力がある気がします。

「今日も雨でゴメン(笑)
変わらない日常、変わらない世界、変わらない自分
本日晴天の(←ちょっと小声だった 笑)」
そして『霹靂』へ。
いいねぇ~この曲はホントいい曲。

これで終わりかと思ったけど
そこから再びステージ戻って何曲かやって
終了。
いつもは深々と拝むように挨拶して帰っていくのに
この日は颯爽と歌いきって
去っていきました。


続いてKen Yokoyama
このままその場で待機。
ブラフと健さん連チャンで見れるなんて♪

登場するなり後ろ向いて、
んん?!このポーズは、、っと思ったけど
そこはそのままやめといて(笑)
曲へ。。。(だったかな)
終わって「ホントはストリップやろうと思ってたのよ。
(どうやら幕張では脱ぐのが恒例らしい。。)
でも、前日のリハでさーベースのJun Grayが
(ウケ顎の話し方で 笑)やっぱさーそれ、やりすぎじゃない?って。
自分達のイベントじゃないのにそれは、、って。」
するとJun Gray「教授に怒られるから」
「教授に怒られたっていいじゃん?(笑)
いや、でも今日はやらないよ。
原発がなくなる前に俺らがいなくなっちゃうかもしれないから
いや、原発がなくなるには
やっぱり長い長い道のりなわけよ。。」

「今日は久々のライブなんだよ。
でもレコーディングやってて
今が一番いいときだったかもしれない。
この後どんどん酷くなっていくから(笑)
今日やる曲は
それなりにメッセージを込めた選曲になってるんで」
そう、曲をやる前にタイトルと
それがどういう想いを込めて作った曲なのかを
簡単に説明してくれて
へぇ~って思うことが多かったです。

次のアルバムは震災を受けて
その影響を受けた1枚にしたかったらしく
曲も以後に作った曲ばかりで
その想いを歌ってる曲らしいんですが。。
そんな前置きがって
「あの、、初めて見た人のために言っておくと
英語で歌ってます(笑)←唐突過ぎて笑えました。
でもさーやっぱ、、、日本語じゃないと
伝わらないんだよねぇ・・・(笑)
分かるんだよ、だから日本語で歌詞書いて見たりしたんだけど
俺、日本語だとものすごくダサくなっちゃってさ、、
次の曲は新曲なんだけど
"You and I Against The World"って
俺とオマエたちで世界に反抗するって内容です。
初めて人前でやるんで、、どうなるか分からないけど
とりあえず聞いてみて」

どんな曲だったかもうあまり覚えてないんですが
その曲のできた経緯とか
作った時の気持ち・想いなんかを話してくれて
曲を聞くと
初めてでもよりその曲を感じやすいなーって思いました。
特に英詩は。
フェスでここまで話してから
初めての曲をやるなんて
きっと健さんも本当にその曲に込めたメッセージを
伝えたかったんだろうなぁ、、って思いました。

さらに。。。
「俺たちの友達にSLANGのKOってヤツがいるんだけど
そいつなんかね、ホント震災以後
いろいろ頑張ってて
今日みたいなイベントにはそいつが出るのがふさわしいって思うんだけど
さすがに、、俺のイベントじゃないからさ
そんなこと言えないけど。。
で、そいつから、手紙預かってきたんだよ。
ちょっと読むわ。」

最初ちょっと照れ笑いしながらだったので
もしかして笑いの方向に走った内容なのかな?って
思ったりもしたんですが
全然そんなことなく
ジーンと来る内容でした。
 → ここで読めます 

「俺もさーこれくらいのこと書ければいいいんだけど
すぐ下の方へいっちゃうからねぇ~」など
ちょっと照れ隠しに言ってる感じ。
「じゃーあと1曲やって帰るわ。
次のアルバム、11月に出るんで
ツアーも決まってるし」
サラっとわりと重大発言?!を言うあたり
健さんらしいです。

最後も「誰もだませないという意味を込めて
『Not Falling Anymore』」

いやぁ~やっぱり、いいなぁ・・
ライブ行って見たいんですけどね。
なかなか機会が合わなくて
っていうか、、チケット取れないし。
最後ピックやら
ポッケに入ってた飴ちゃんやらを
フロアに投げ入れて
バイバイって帰っていきました。


ここで、、、お昼タイム。
一応・・フェス飯を。
自然素材のタコスライス。
120708_140517.jpg
うーん。。。普通かな。
もうちょっと何か食べたくなり
近くローソンまで行って
Lチキ食べました(笑)

戻ってくると、、、
9mm Parabellum Bullet
唯一・・今回のフェスで途中から見たバンド。
あはは。。

滝くんが着ていた ATARI TEENAGE RIOTってバンドのTシャツ
それを見た卓郎くんが思わず
話すところじゃないのに話し始めて
「彼らが来日した時に
つたない日本語で原発反対とかメッセージボード掲げてくれてて
自分達の国でもないのに。
すげぇかっこいいなーって思って」って。
思わずTシャツが目に入って
言わずにはいられなかったらしい(笑)


次に
七尾旅人+大友良英+坂本龍一+ユザーン
ここぞ休憩タイムとしたかったんですが
坂本龍一出るし
次ACIDMANだし
っていうので
頑張ってみました。
なんとか、、サイドの柵部分を確保でき
ちょっと楽チンでした。

七尾さんの曲は、、
うーん・・・いわゆる即興ってやつなんでしょうかね。
歌も歌詞とかじゃなく
あぁ~とかうーとか発してるだけって感じのものが多く
結構、、辛かったです。。


いよいよ!ACIDMAN
SEはいつもの『最後の国』でしたが
なり始めてすぐに出てきたような気がします。
なのでメンバーも出てきて一緒にクラップハンズをしてました。
衣装は、、オオキさんはもちろん(笑)
NO NUKESのTシャツ
サトマはこのイベントから販売始めた
新しいデザインのTシャツ。
これ、、一瞬買おうかな~って思ったりもしたんですが
なんか首周りの色が気に入らなくて、、
だけどサトマが来てるのを見たら
そんなに色気にならなくて
たまたま見本のがそうだっただけなのかな?って
思ってみたりもして。
ま、また次見かけたら(あるかな? 笑)
考えよう~・・
そしてイッチャンは私服Tかな?それともグッズのやつかな
ちょっと不明。

SEがまだ鳴ってる中
スタンバイをして
まずは軽くセッション。
何が始まるのか全く予想が付かなくて
なんだろー、、、ってかなりドキドキしてました。
するとオオキさん
 何を手に入れた
っとアカペラ風な弾き語りで歌い始めました。
 何を手に入れた 何を手に入れた
ただ歌の始まりってだけじゃなく
いつにも増して力が、想いが込められてたように感じました。
それを聞いて
最初はこれ1曲目?!ってちょっと驚いたけど
そうか、やっぱりこのイベントでやる1曲目は
『リピート』しかないよな、、って
妙に納得してしまいました。

割とミディアムな印象の強いこの曲ですが
こういう曲ならではの
力の入った演奏で
サトマ中盤あたりでキャップがブーン。
、、、、ってか、ポロリって感じ?(笑)
この日は3人ともがものすごくよく見えたので
(人に隠れることなくって意味で)
サトマのキャップが落ちる瞬間を
チラリチラリ気にしてまして
結構今までの中では
長い時間被っていたんではないでしょうか?!って
思うほど
なかなか落ちませんでした。
まぁ、、やっぱり曲が曲だからかな。

ちょっと静かになったフロア
そこへ激しくギターを掻き鳴らすオオキさん。
「こんばんは(こんにちはって言ってたっけ??)ACIDMANです!」
そして『world symphony』へ。
キターって感じ。
フロアも待ってました!って感じで
大盛り上がり。
またサトマが超~笑顔で煽ってくるし。
間奏部分では
オオキさんもマイク位置離れて
フロアを見渡す感じ。
この時すごく嬉しそうな顔するのが
いいですよね。
こっちまで嬉しくなります。

「えー、、今日は坂本教授に呼んでいただきました。
ありがとうございます!
NO NUKES 脱原発がテーマで。
あの震災が起きるまで
全然原子力発電というものに無知で
むしろ魅力的なエネルギーだと思っていました。
でもあの事故が起きて
いろいろ調べていくようになり
そしたらとても危険なものなんだって分かって

なのでそれからは
脱原発を訴えたグッズを作って
その売り上げを全部
避難している福島の方々へ寄付しています。
(拍手が起きると)いやいや、全然・・・

脱原発って言うと
みんな口をそろえて経済のことを言います。
それは分かっています。
でもそんなことより
土に住めなくなったら何にもならないんです。
少し考えたら分かることだと思うんです。
すべてがイコールで繋がるような世界になればいいと思ってます。」
、、、、かなり脚色してますが
こんなような内容の話を
切実に話していました。

そんなMCの後は『イコール』
これはピンっときました。
全ては繋がっているんですね。

続いて、、、ちょっと照明が暗くなり
『spaced out』
おぉ~。。
あえてガンガン盛り上がるような曲を持ってこないところが
なんかACIDMANらしいというか。

っと思ったら
次は『ある証明』
でもイントロ行く前の感じがいつもと違ったように聞こえて
何が始まるか分からなかったです。
しかも『ある証明』だって分かってからは
えー、、もうここで?!って
ビックリしてしまったり。

 ドゥーーッッ!!

結構長かったです。
もうありったけの力を振り絞って
叫んでたように見えました。

「えー、、次で最後の曲なんですが。。」
は、早い。。。
「また真面目な話になっちゃうけど、、
いつも俺らふざけてるんで。。
今日みたいなフェスはやっぱり真面目に行かないと。。

NO NUKESなんて名前のフェス
本当はない方がいいに決まってるんです。
そんな世界になればいいと思います。

さっきの繰り返しになっちゃうけど
経済のことよりも
安心して人が土に住める世界を
そうすればもっともっと美しい世の中になっていくと思うし
綺麗ごと言ってるんじゃないって言う人もいると思うんですが
ミュージシャンが綺麗ごと言わないで
誰が言うんだって、、
俺らみんなその綺麗ごとを本気で信じてるから。

最後に、そんな世界や魂を歌った歌
聞いてください『ALMA』」

あっという間でしたが
今想ってることを全部吐き出したかのような
いろんな気持ちが伝わってくるライブだったように感じました。

<セットリスト>
 SE:最後の国
 01.リピート
 02.world symphony
 03.イコール
 04.spaced out
 05.ある証明
 06.ALMA


ここで、一旦休憩に入ろうかなーって
思ってたんですが
思いのほかまだまだいけそうだったし
なんか徐々に混み始めてたりもしたので
せっかくのいい位置だし・・ってことで
斉藤和義までそこにいることに。

次は
NO NUKES 2012 忌野清志郎スペシャルセッション
仲井戸麗市BND+トータス松本+坂本龍一


毎回流れる原発についての話や
インタビューが
ここでは1988年?(くらい)に野音で行われた
清志郎さんのライブ映像が。
曲は『ラブ ミー テンダー』の替え歌。
まさに脱原発を歌った歌で
今作られたかのような歌詞の内容に
ビックリ!
そう、、脱原発はそんな昔から言われていて
清志郎さんはその頃から
活動に参加されてたんだ、、っと改めて知りました。

そして、、、メンバーが次々出てきて
1曲目は「ようこそ」ってやつ。
トータスが「本人の映像の後に歌わないといけない
この辛さ、、、」っと苦笑いしてましたが
演奏する方々もただならぬ大物ぞろいな上
清志郎さんの曲を歌うという
これまたファンの方に対する緊張感とで
なんかちょっとオドオドしてたようにも感じました(笑)

「いけないルージュマジック」とか
「スローバラード」とか
「トランジスタラジオ」とか
知ってる曲ばっかりだったし
なんせ坂本龍一のピアノを
堪能できたし(スローバラード!)
思った以上に楽しかったです。

途中のMCで「何で俺がこんなとこにいるのか、、、」っと
トータスが謙遜して言うと
教授が「俺がメールしたんだよね」って。
もう少しそのオファーの話を続けそうな感じでしたが
チャボさんと教授が何十年ぶり?だかの再会だって話にいってしまい
その話は終わってしまいました・・
チャボさんに対しては「全然変わってない。
むしろ子どもになってる(笑)」って言ってました。

どこかで斉藤和義とか山崎まさよしとか
出てこないかなーって思ってしまったりもしましたが・・
さすがに自分の出番前にそれはないか。。


次は、、山崎まさよし
始まる前の映像はなく
坂本龍一さんと福島県双葉町の町長さんが登場。
双葉町の現状と想いを
語ってくれました。

山崎まさよしはドラム(っていうかコンガとかのパーカッション系)との
ツインのセッティングで。
最初のセッティングでも
自ら出てきて確認とかしてて
一旦引っ込むときに「また後で~」って
手を振って帰って行ったりして
なんか気取らない感じがよかったです。

私にとってはほとんどが知らない曲ばっかりでしたが
何もいわず曲をやった後で
「あ、今の新曲でした」って。
ファンの方はオォ~っとどよめいてました(笑)

にしても、、、歌上手すぎ。
アコギで弾き語りなので
他に飾る音がそうない
ってことは歌声が全面に出てしまう中で
あれだけ歌えるって
相当だと思います。
『セロリ』とか聞くと
毎回、、こんなにいい曲だったのか~って
思ってしまうしね(´m`)くす

ゆったりした流れだったので
フロアも結構マッタリしてて
MCしても反応薄かったりして
「すごい、、やりにくい(笑)」って。。
あはは・・・私もちょっとウトウトしちゃいました。

あ、そういえば・・
NO NUKES これの読み方?が分からなかったのか
パーカッションやってる人に
オフマイクで「ノーニュークスでいいの?」って
確認してて
でもその人もハッキリとは分からなかったみたいで
結局1回もイベント名言うことなく
終わらせてたのが可笑しかったです。


さてさて。
次はお待ちかね斉藤和義
ステージ1つしかないので
あまり時間を気にしてなかったんですが
相当押してたみたいですね・・

セッティングがサポートギター1本だったので
なーんだ・・フジイさん来ないんだ。。って思ってたら
メンバー登場で
最後に出てき思わず「フジイさん!」って
言っちゃったほど(笑)
いつもは辻村さんがいる位置にいました。
セッティングでは
珍しく?!豊夢さんも隅倉さんも
自ら調整に出てきてました。

SE特になく、、メンバー登場。
まずは『ずっと好きだった』から。
そして『月光』
やっぱシングル中心だよねぇ~
でも『月光』はうれしい。

「いぇーい」
ちょっと気の抜けたいつもの声で
手をフリフリ(笑)
そして自分の着てるTシャツを見せて
 NUKE IS OVER
って書いてあるんですが
「いいでしょ。これ。
でも、、ギターで(文字が部分的に)隠れちゃって
きっとNIKEにしか見えないかもしれませんが、、」

「よく分からないけど、、、
あんなものとっとと終わらせちゃった方が
いいですよね。」っと
脱原発に触れたトークをさり気なく。

「そんな想いを歌った歌、聞いてください」って
『ウサギとカメ』

ここからはほっとんどMCなく
まずは『Would you join me? 』
結構激しく煽ってギター弾いてました。
豊夢さんも
いつもにも増してパワフルでした。

続いてそうか、そりゃやるよな・・・
『猿の惑星』に『オオカミ中年』
脱原発 NO NUKES
全てはこの2曲に詰まってるから
とくにMCで語ることはなかったのかも。

さらに『ずっとウソだった』
本家より若干音が質素な感じにアレンジされてたのが
流石~って思いました。
ところどころ、、、歌詞替えてるのか
 ずっとウソだったんだぜ しいたけが食いてぇな
には思わず噴出してしまいました。

歌い終わると「今日は、、
怒られなさそうな雰囲気だったんで、、(笑)」って。

最後は『やさしくなりたい』
フジイさんがイントロのあの部分をやるんですが
思わずおぉ~って妙に感動してしまいました。
普通にできちゃうんですね。
ま、プロですから
でもなんかすごい!って思ってしまったのです。。

あー、、やっぱカッコいい♪
見れないと思ってたフジイさんも見れたので
かなり得した気持ちなりました(*´3`*)~♪

<セットリスト>
 01.ずっと好きだった
 02.月光
 03.ウサギとカメ
 04.Would you join me?
 05.猿の惑星
 06.オオカミ中年
 07.ずっとウソだった
 08.やさしくなりたい


残すはトリの
YMO+小山田圭吾+高田漣+権藤和彦
のみですが
セッティング中
ここでトイレ&ビールタイム。
なのに、、、のきなみお店ではビール売り切れって。。
えー。。。。
いや、何軒か行って
無事買えたのでよかったですが
ビール売り切れなんて想像もしてなかったです。

そしてステージエリアへ。
すっかりセッティング終わっていて
ちょっと待ってすぐに始まりました。

YMOメンバーは
ちょこっとお揃い風の衣装で
黒と白で統一。
赤いバンダナなどちょっとワンポイントを見につけてました。
そして、 NO NUKES などのメッセージが書かれたフラッグを
3人が1本ずつ持って登場。
そのフラッグはサイドに設置されていた
フラッグ立に置かれていました。

MCは一切なく
曲はどんどん続けての演奏。
さらに今までは普通に映像だけを流していた
バックのスクリーン。
流石はテクノポップ?!
その映像にイラストとか独自のアレンジを加えて
よりアーティスティックな感じにしていました。

そして最後の曲だけは知ってました!
『ライディーン』
その途中でステージ脇にはもんじゅくん!
さらに反対側にはダンボールで作られた
ライディーン号
実はこのライディーン号、、舞台袖でTOSHI-LOWとかと
一緒に踊っていて見えてたんですが
どうやらその中身は・・・健さんだったようです。
もんじゅくんいたからか
あまり出しゃばらず
ちょこっとだけ踊ってすぐに帰っちゃいました。

『ライディーン』懐かしいねぇ。。。
っていうほど知らないんですが
そんな機会があるとは思ってなかっただけに
生YMO、生ライディーンを見れたり聞けたりしたのは
うれしいです。

本編終わり、、帰っていくとき
置いてたフラッグを
再び持って帰っていきました。

そしてアンコール。
1曲演奏して、
全メンバーステージ前方に出てきて手を繋いで一礼。
ダブルアンコールの拍手もありましたが
すぐにスクリーンにとある映像が。
割烹着’sとなっていて
曲は清志郎さんも歌っていた
ラブミーテンダーの替え歌Ver.のやつ。

たくさんの割烹着来た女性が
この歌を歌いながら踊っているというつくり。
しかも舞台は奄美大島か沖縄?っという
南国のゆったりした雰囲気。
その女性の中にはUAも!
なかなかおもしろかったです。

はぁ、、、長丁場で
ほぼずっと立ちっぱだったので
かなり疲れましたが
激しい押しとか大混雑とかもなく
そういう点ではなかなか快適な環境でした。

メッセージは脱原発。
でも日本でこういったテーマをかかげたイベント
実は初めてだったらしいです。
さすが坂本龍一。
だけどオオキさんも言ってましたが
こんな名前のフェスはない方がいいに決まってます。
私自身はハッキリと断言はできないですが
少しでもいい世界が
美しい世界が
続く方向へ進んでいって欲しいと思います。

ベースは奥が深いね・・・なーんてね(笑) [THE BACK HORN(2012年~)]

今日は七夕ですが、、、
ガッツリ雨の日でした。
別に天の川期待してたわけではないけど。

ハルキのブログに書かれた内容
私の場合は全くもって個人的記録に過ぎない
ただのブログですが
でも不特定多数の方が自由に見れる場で
時折ライブのMCとして
あたかもその人が話したままを書いてるかのように
書くこともあるだけに
ちょっと胸が痛くなりました。。
気をつけないとね・・

さて。
そんな本日7.7は
岡峰光舟 ベース講習街道 月月火水木金金
@秋葉原クラブグッドマン
へ行ってきました~
120707_135616.jpg

THE BACK HORNのベーシスト
岡峰光舟さんによる
ベースクリニック(セミナー?)です。
むふふ♪
ベースやっててよかった(笑)
いや、別にベースやってなくても全然OKとされてましたが
でもちょっとでもかじってた方が
少しはフムフムって思える部分あるんじゃないかな~って。

チケットの発売が平日の11時から店頭のみだったので
買えないかもー・・って思ってたんですが
その日、たまたまお昼前後に外出する予定が入り
お昼休みを無理やりそこに繋げて(笑)
買いに行ってしまいました。
ってことで、結構いい番号をGET♪

会場は一瞬どこ?って思ってしまう
お店の一角に
別部屋が作られてて
そこが小さなライブハウスのようになっていました。
人数は、、、全員着席で50~70人くらい?
かなりギュウギュウにイスが置かれてました。

そういえば、、会場へ行く道で
たまたま岡峰さん・ローディの大ちゃんって言われてるいつもの人
そしてMgさんの3人が
お昼のバーガーキングを買って帰るところに遭遇してしまいまして。
嬉しいんだけど恥ずかしい・・みたいな。
思わず避けちゃった。
いや、「これから行きます!」とか声かけてもよかったんですが
なんかダメなんですよね。。。。そういうのできないんです。
誰か一緒にいれば結構できちゃったりするんですが
一人だと弱気な私です・・・(ノ(エ)< ;)

その後も進む方向同じで
しかも他に人もそういなくって
結構キツかった。。
歩くのわりとゆっくりなんだもん。
でも何とかそのまま後ろあるいて
3人がお店へ向かう角を曲がらず無理やり直進して
コンビニへIN。
ドリンク代取られるにもかかわらず
飲み物を買うという( ̄▽ ̄;)
ま。コーヒー飲みたかったんで
いいんです(笑)

さて。話戻しまして・・
ステージ上はイスとマイクが真ん中にドンっと置かれ
後ろにいつものアンプ&機材セット
ベースが3台。
端っこにエフェクターボードがセッティングされ
ローディーさんが待機。
あと手元を映し出してくれるテレビモニターが1台
って感じでした。

司会の方が軽く挨拶して
岡峰さん登場。
首元ちょっとテロンっとした濃いグレーの七部袖に
深緑のパンツでした。
照れ笑いしながら
まずは音源に合わせベース披露。
曲は『シリウス』

これ、、普通にCDに合わせて弾いてるんだと思うんですが
(多少はベース音下げてるんでしょうか?)
ベースのみ生音で
音がすんごく際立って聞こえるんで
ベースライン好きにはたまらんですね。

曲が終わり
「どうも。ありがとうございます!
えーっと、、、ずっと立っててもアレなんで・・
座りますね」っと。

まずは楽器&機材(アンプ関連)紹介。
今現在主にしようしている楽器は3台あって
一つはノーマルチューニング
もう一つ(グリーンの)は
半音下げチューニング
これはライブで使のが主だそうで
THE BACK HORNの曲には結構半音下げチューニングの曲があって
(戦う君よとかそうなんだよね・・)
ライブですぐに次の曲にいけるように
スタンバイしてるんだどか。
そしてもう一つは
あまり使わないけど
フラットレスベース。
、、、っつても・・フラットのラインはあるタイプでしたが。

全部、、Moon製の楽器で
しかもかなり自分好みにカスタマイズしてもらってるようで
そのこだわりを説明してくれました。
まずMoon製のいいところ?は
フレット数が22フレットだそうです。
(通常は21フレット?)
それだけ高音幅が広がるって。

次に、自分用として
ピックアップはプレベタイプのものなんですが
それが普通は4弦側の方がネックよりに付いてるのを
あえてブリッジよりにしてもらってるそうで
これは岡峰さんと言えば指弾き専門で
指弾きするときってたいてい
このピックアップに親指を乗せて弾くことが多く
仮に4弦側の方がネックよりに付いていると
主に弦を弾く位置がそれだけネックよりになります。
でもどちらかと言うと
ブリッジよりで弾く方が
音が柔らかく厚みのある太い音になり
そうするためにも
ブリッジよりにしてもらってるんだとか。

あとはちょっと細身のヘッド
ピックガードも何とかって言ってたけど
ちょっと忘れましたが
随所に自分にいいようにカスタマイズされてるんだとか。
今回、このシグネチャーモデルが発売されましたね。
お値段見ましたが・・
高いっ!!(;^_^A

そしてアンプについて。
昔はAmpegを使ってたそうですが
ふと、スタジオにおいてあった
今使ってるaguilarというアンプを使った時
自分の楽器と相性がよく
自分がやりたい(出したい)音を作りやすいアンプだなっと感じ
そこからそれを使い出したんだとか。

そうそう。
アンプと楽器との相性って
あります~
なんて、、偉そうなこと言えるほどよく分からないですが
マジでスタジオ入ったときに
これはいい!って思うやつと
いやぁ・・・使い辛いって思うときとが
あるんですよ。
私はマイナーですが
Hartkeというアンプが何気に自分の楽器とは
相性がいいと思っています。
でもスタジオにおいてある主流はAmpegなので
あまり出会える機会が少ないんですが・・

そしてちょっと宣伝タイムとして
そのaguilarから
ヘッドのコンパクト版が発売されてるようで
(TONE HAMMER)
それについて
どういうものかって話を少し。
まぁ、用は、アンプは買えないけど
これを持ってれば
仮にアンプがどんなヤツでも
aguilarの音が出せるよって感じですかね。
「俺も欲しいんですけど、、、貰えないっすかね?(笑)」って
何気なくアピールしてました。
スタッフさん「貰えるかもしれないですよ」って言ってましたけど
そんなこと言われたら、そりゃー貰えるでしょ(笑)
それだけで宣伝になるしね。

続いて、、、後ろのエフェクターボードの機材説明。
ここからはローディの大ちゃんも参加。
(大ちゃんが操作してました)
近藤ダイスケさんと仰るようで・・
学生時代の友達と同姓同名なんで
ビックリしました(笑)
しかも激二日酔いらしく
なのにお昼に食べたバーガーキングの
トリプルワッパー食べて
さらに吐きそうになってた
って岡峰情報あり(笑

エフェクターボードには
たくさんのエフェクターがあって
それを直列(横並びに繋げること)させてもいいんだけど
そうすると音が劣化するようで
そうしないためにも並列に繋ぎ
コントローラーって言うんでしょうか
それでカチャカチャスイッチON OFFをさせて
使用してるみたいです。
常時使用してるのはSANSAMPで
これはずーっとかけっ放しなんだとか。

出た!SANSAMP!
よく聞きます。
多分使ってる人もものすごく多いと思われます。
淳くんも使ってるって
スコアの機材紹介に書いてあったと思います。
私も買おうかな~って中古とか見に行ったりもしましたが
結局買わなかった(っつーか、、買えなかった?! 笑)
だって4,5万、安くても3万くらいした記憶が。。
今はもう少し下がってるんでしょうかね。

これは悪く言えば何でもSANSAMPの音になってしまうけど
良く言えば自分の思い通りの音を作りやすい
って言ってましたっけ?
ちょっと定かじゃないです・・

それにオーバードライブやコーラス
ディレイ、などなど
どれもこういう音を出したいっていう飛び道具として使ってるそうで
それを使ってるTHE BACK HORNの曲のフレーズを弾きながら説明してくれて
なかなか分かりやすかったです。
その中の一つは
持ち主不明で
多分、栄純のじゃないかって言ってましたが
ものすごい数あるエフェクターの中から見つけ
ちょっと使ってみようって使ってみて
なかなかよかったから
そのまま使用し続けているらしいです。
しかもそれ、今では廃盤らしく
オークションとかで5万くらいしちゃうみたいで
「みんなが欲しい~って言えば
再発してくれるかもよ。
俺も予備が欲しいから・・・」って言ってました。

そんなこんなで
機材紹介終わり。
あ、そうそう岡峰さんの楽器は
アクティブベースなんだって。
(駆動に電池を使用)
やっぱりアクティブの方が
ライブの時などパワーが違うって。
ただフラットレスはパッシブだそうです。
やっぱり微妙な音のニュアンスっていうか
雰囲気を出しやすいのは
パッシブの方らしい。

さて。次に。
今度は奏法やらベースラインの作り方やらについて。
司会の方が
この日やること(やりたいこと)として
岡峰さん自らメニューを考えてきたというメモをチラっと見せてくれて
「なかなかたくさん考えてきてくださいまして・・」
すると岡峰さんも
「時間迫ってきたら教えてください」っと。

奏法は当たり前ですが、、、指弾きの話でした。
残念ながら私はピック弾き専門なので
(指弾き難しいんだもん。。。)
なるほど~的な感動はなかったんですが
でも聞いていると
指弾きの方がいろいろ音色を出したり
あとは早弾きとかやりやすかったりするのかな?って
思ったりしました。

覚えてる限りザックリ書くと、、、
岡峰さんの指弾きは2フィンガー奏法だそうです。
そして中指と人差し指どっちが先かっていうのは
中指からだそうです。
時々3連弾いたりする時とか
あとはちょっと装飾音的に音を入れたりする時などに
薬指を加えた3フィンガー奏法になるんだとか。
和音でルート音を鳴らしつつ
音を弾く時は
逆に親指をくわえた3フィンガーになるとか。

そしてスラップ。
これは右手だけじゃなく
左手との組み合わせでより効果的に使ってるそうです。
同様にタッピングとかも。
音だけ聞くとすごく複雑なことやってそうな音に聞こえるけど
実はそういう奏法を使って
割とシンプルなことをやってるのに
そう聞こえるようにしてるんだとか。

ここまでくると、、いやぁ~流石プロだなー・・って感じで
ただただ弾いてる手元やらを
見入ってるだけになってました(笑)

こういう話をする前に
「ベース弾いてる人どれくらいるの?」って質問に
私より前にいた人は
ほっとんど手を上げていました。
私の両隣も女性の方だったんですが
手上げてたし。
やっぱ、、、そうじゃないと
こういうイベントは来ないか(笑)
まぁ、かなりいるってことが分かり
よりそっちより(弾く人向け?)で話ができて
話しやすそうでした。

ベースラインの作り方の話では
基本はルート音(和音で一番下の音)があり
そこから3度の音、5度の音をどう使っていくかって感じらしいのですが
自分の好みとして
1番・2番は安定した音で進んでいき
最後は盛り上がりを見せるために
ちょっと安定した音から1音下げた音をあえて弾いて
でもすぐに安定した音に戻って
徐々に音階を上がっていくってパターンを
よく使うそうです。

。。。っと書いても何のこっちゃ?って感じですが
要は、、、『罠』のベースラインを参考にしてもらえれば
実際にそれを弾いて説明してくれました。
これがー
超うれしかったです。
なんせ私、『罠』のベースラインで
岡峰さんに惚れたと言っても過言じゃないくらい
このベースライン好きなんですよね。
これについてはなるほど~って感じでしたし
それが好きだから
岡峰さんのベースライン好きなのかもなって
分かった気もしました。

実は、、私は弾く時はタブ譜を見ないと弾けないんですが
こういった3度とか5度とか
そこから1音下がったとか
マイナーは短3度、メジャーは長3度とか
そういう話を聞いてると
譜面より
実際に楽器で鳴らす方が(押さえ方を見る方が)
分かりやすいなっていうのは感じました。

最後に、、、
簡単に岡峰さんの日々の練習法なんかを紹介。
普段家ではローランドのドラムマシーン搭載のアンプを使って
弾いてるそうで
実際に実物(本人の者かは不明)が置いてあって
それを使って話してくれたんですが
ほんとコンパクトで
簡単なエフェクター機能もついていて
何よりドラムマシーンがいいなーって。

そのドラムマシーンに合わせ
これはライブ前にもやってるそうですが
運指の基礎連として
人差し指・中指・薬指・小指と順に弾いて
次に中指・薬指・小指・人差し指と
順番にスタートさせる指をずらして弾いていく方法。
これを4~1弦まで上がっていき
次に戻る時はその逆
小指・薬指・中指・人差し指で順に弾いて戻ってくるそうです。

これを最初はゆっくりのリズム
徐々にテンポを上げていって
色んなポジションで弾いてみたりするんだとか。
実際にやってくれたんですが
時々指がこんがらがって
「あー間違えたー」とか苦い顔して言いながらやってて
可笑しかったです。

あとはドレミファソラシドを
複雑に音を入れ替えて弾く方法。
これはかなり苦戦してて
途中「あれ?音が分からなくなった」って
混乱してました。
しかも最初にやり始めたリズムが
既に早いリズムだったりして
「早すぎ!」って途中でストップしちゃったり。

「じゃぁ、、早いものでそろそろお時間が・・・」っと
スタッフさん。
岡峰さん、まだもうちょっと話したかったみたいで
「もう時間ギリギリなんですっけ?」って。
「はい。。。」っと残念そうにスタッフ。
「あぁ、、じゃー何か質問とかいいんですかね。
いや、なければ別にいいんですけど・・」
ってことで急遽質問タイム
ただし、時間の都合上、1名様のみ!(笑)
いないかなーっと思ったら一人いまして
「機材紹介でシールドのことが書いてなくって。。
どんなシールド使ってるんですか」っという質問。

ただ、これは完全にローディへお任せしてるようで
お答えは大ちゃんから。
っつっても、、「岡峰さんの音にいいように
マルチなものを・・・」的に
かなりザックリトした答えでした。
フォローかねて岡峰さん
「シールド一つで音全然変わってきますからね。
あと意外にもろくって
踏んずけたりしたら中で断線して
それで音ならなくなっちゃったりね。
ライブで音がでなくなるのは
結構それが理由だったりします(笑)」っと。

「すいませんね、、、駆け足で・・」っと
誤りつつ
質問タイム終わり(笑)
「もっと和音の話とかもしたかったんだけど、、
それはまた・・次の機会があれば(笑)」
っとのこと。
いいですねぇ~ぜひぜひまたやって欲しいっす。

最後は再び、曲に合わせベース披露。
曲は『戦う君よ』
おぉ~♪
カッコよかったー

約1時間30分
なかなか濃い内容で。
特に運指の基礎連はちょっとやってみよう~って
思ってしまいました。
みっちりやると
腕パンパンになって
弦をしっかり押さえられる力がつくんだそうです。

さて。
ここで終わりかと思いきや。
なんとこの後お店の方で
対象商品を買うとサイン会に参加できるとのこと。
商品は楽器屋さんらしく
 ベストのスコア
 リヴスコールのスコア
 実際に岡峰さんが使用してるモデルのベース弦
  ・ロングスケール
  ・スーパーロングスケール
の4種でした。
ちなみに、、使ってる弦はこの種類。
120707_185808.jpg

実は弦が欲しかったので
迷わず購入。
このロングとスーパーロングの違いは
長さの違いで
さっきも書いたようにMoonの楽器は22フレットまであって
少し長さが長いようです。
私のは普通に21フレットなので
ロングスケールを買いました。

商品には何と色紙を付けてくれまして
そこにサインを書いてくれると言う。
すごい!
しかも名前まで入れてくれちゃったよ♪
ワーイワーイヾ(*´∀`*)ノ
お名前は?って横にいたスタッフさんに聞かれ
「えりです」って言うと
「平仮名でいいですか?」っと言われたので
ちょっと迷いましたが
せっかくなので漢字で書いてもらいました。

書くスピードが割りとゆっくりで
一人一人の時間が少しあったので
思わず「さっきの運指のやつ
やってみようと思いました」ってボソっと話しかけちゃいました。
すると「運指?あれ、俺、最後の方指分かんなくなっちゃった(笑)
あれホント、いいよ。」って答えてくれました。
ただ、そうだ・・『罠』のベースラインのみで聞けたのがうれしかったですとか
言っとけばよかったー、、、って
後からちょっと後悔したのでした。
あベースラインが大好きなんですってことを
いつか伝えたいて思ってたりもして
(別に伝えたところで何?って感じですけどー)

サイン会、、ほぼ全員参加してたから
かなりお疲れだったんではないかと思いますが
こうやってやってくれること、うれしい限りです。