So-net無料ブログ作成

どうしても5枚使い切りたいらしい、、、私。 [たわごと]

またまた、青春18切符の話。

北海道まで行けないか?
あくまでも・・ライブに行くのが目的なので
今回は札幌に限定。

・・・大学の頃、男女6人だったけ?で、
盛岡に実家のある友達の家へ
初めて青春18切符を使って行ったことがあります。

昔は大学の生協で普通に青春18切符を売ってました。
当時は今みたいに1枚券じゃなく
バラ券だったから
生協が大量に購入して
学生には1枚から売ってくれてたようです。
お金のない学生にとっては
夏休み・冬休みなどの帰省には
もってこいだったんじゃないかなー
私は自宅生だったから
そういうのはあまり分からなかったんですが。。

で。
その時、友達が言っていた
「ここが、東京から乗って1日で行ける一番遠い場所なんだ」って。
岩手県宮古市
たださっき検索したら・・八戸までは行けそうだけど(笑)
ま、それはおいといて、、
どっちにしても
北海道までは1日では行けないんですよ。

だったら、2日かけてなら行ける?
で、ちょっと考えてみた。

だけど丸2日
ずーっと電車乗ってるのも1日が持ったいないから
とりあえず夜行で行けるとこまで行っといて
そこから電車の乗るとする。

ってことで
22:45 新宿発 
翌9:30 青森着

そこから青春18切符の旅が始まり。。
電車乗って、、、行けるのやっと函館(17時頃)。
正確に言うと、、苫小牧までは行けるんですが(23時頃)
ちょっと観光もしたいじゃない?ってことで
函館止まり。
長万部(20時頃)とかでもいいのかなー
、、、ここら辺の様子はちょっと分からない。。
なのでとりあえず
その日は函館で観光&宿泊

翌日始発で出発し、ようやく16時頃 札幌着。
 ※長万部まで行ってたら10時頃
  苫小牧まで行ってたら8時には着く!
北海道やっぱ遠いよ(笑)

で、、、かかった費用
青春18切符2枚+夜行バス代+宿泊費=約15,000円

が、、、今や飛行機早割り 安いと13,000円くらいで
羽田から千歳空港まで行けちゃう。
札幌まででも15,000円は切る。
仮に飛行機で前のりし、観光するとして
ホテル代差し引いても差額は5,000円くらい。
たかだか5,000円位と思うか
5,000円も安く!っと思うか。。。

が、かかってる時間を考えると
5,000円くらいの差額なら
やっぱり飛行機・・・選んじゃうよなぁ~(笑)

っということで
やっぱり北海道までは行けない結論。
あ、、さっきも書きましたが
今回の目的地は札幌ということで、、

あはは。
なんという暇つぶし。

小学生の頃、どういう経緯か全く覚えてないんですが
新しくできたクラブがあって
その名も何でもクラブ。
何でもやりたいと思うことをやっていいってクラブで
私はその中の旅行部でした。
何するかって、、こういう風に架空の旅行を
時刻表片手に計画するの。
当時まだPCで検索~とか
なかったし。
だからひたすら時刻表でアレコレ追って。

6年生の時に入ってたもんで
そのクラブ名で卒業写真に写ってて
ちょっと笑えますゞ(≧ε≦o)ぶっ!

悩み事多し・・(´-ω-`)ムゥー [たわごと]

DEVILOCK NIGHT THE FINAL
2.25、26の2日間
これでもかーって数のバンドが出演するんで
恐らくこの日は
そうそう他のライブと被るってことはなさそうですが(笑)
・・・ってか、
  ピロウズとかフラカンがあったら
  迷わずそっちに行くよ(☆´3`(★´3`(☆´3`(★´3`(☆´3`)
でも、まぁ、タイムテーブル出て考えよう~って思ってて
そしたら発表されたタイムテーブルが
結構、なかなか、いい感じで♪

1日目は
10-FEET→THE BACK HORN→髭
→(磯部正文BAND)→マキシマム・ザ・ホルモン
→【休憩】→BRAHMAN→HUSKING BEE
唯一・・MAN WITH A MISSIONがオシイくらい

2日目は
The Birthday→ストレイテナー→OKAMOTO'S
→東京スカパラダイスオーケストラ
→【休憩しつつ】(MONGOL800→SPECIAL OTHERS)
→ACIDMAN→怒髪天→the HIATUS
ちょーっと怒髪天がビミョウ~な被りだけど、、
あとNCISは丸被りか。。

でもそんなもんでしょ。
あら(笑)
喜ぶべきか、悲しむべきか。。

いや、行きたいけどさー
チケット代高いしなぁ。
なんとなくだけど
行かないつもりだったしなぁ。

ただ、気になるのが
スカパラとチバさんのコラボ
あるんじゃないかなーってこと。
オオキ&ホリエ&スペアザは間違いなくやると思うけど
ま、これは別にいいかな・・(笑)
でもスカパラとチバさんのは
見たいなーって。

っと思ってたら
なんとスカパーで生中継だって。
しかも全ステージ同時に3チャンネルで生中継。
まさに家でフェス状態?!
移動がない分、時間さえ被らなければ全部見れる?!

あはは。
ちょっとチャンネル契約の面で
ホントに見れるのかまだ半信半疑なんですが
多分、見れるはず。
だったらそれでいいか、、、って気にも
なってきたりもしないでもない。←どっちだって( ̄▽ ̄;)

ま、予定は空いているので(今のところ)
突如チケット半額とかないとは思うけど
出てきたりしたら行こうかなーって
最近そんなんばっかりだ。

不器用なままでノイズでもいいから最後は世界と踊ってみせるから [ACIDMAN(2010年~)]

今日見たツィッター
0129.JPG
こんなこともあるんですね(笑)
確かに、自分も送ってみようとか思ったことないし。
でもきっとこれで
来月分はたくさん送られてくるんじゃないでしょうか~(*´艸`)ププ

で。
春からの青春18切符使用について
アレコレ考えていたら
アレコレ迷いが生じてきて
どーしよー・・・って感じです(笑)
120126_210046.jpg
行く予定のなかった場所まで
5回分使い切るために遠征する
って、、ちょっとどうなの?って気もしてくるし
でもそれで行けるんだったら行きたい気もするし。
あぁ、、、で、また振り出しに戻る。。。の繰り返し。
どうしたもんか。

さて、そんな1.27は
KESEN ROCK TOKYO round7
@新木場STUDIO COAST
ACIDMAN/10-FEET
でした。
120127_175146.jpg

この対バンが発表された時
待ってました~って思いましたよ♪
最近、ちょっと気になってる10-FEET。
ライブに行ってみたいと思っていて
でもワンマンとかチケットなかなか取れないし
あと、いきなりワンマンよりは
できれば2マンとかがいいなーって思ってて
それがACIDMANとだったら
もう、言うことない組み合わせです(´▽`)

チケットは600番台近く。
この日も寒かった、、、新木場ですが
いろいろ用事をこなしていたら
いい感じにピッタリな時間で
あまり寒さを感じないまま中へ入れました。

そして前回のKESEN ROCK TOKYOでの空番の謎はなく(笑)
前回より全然いい番号ながら
3列目位まで埋ってまして
オオキさん側の端の方3列目くらいで待機。
コーストはステージ向かって左側が絶対に空いているので
できればオオキさん側よりサトマ側の方がいいかなーっとは思ったんですが
でもやっぱりね。。

始まる前に鹿野さんからまた今回のイベントの趣旨説明があり
さらにスタッフからのコメント映像も流してくれたんですが
前の方の反対側だと
スピーカーで全く見えず、、、でした。

そして先攻はACIDMAN。
始まった途端すごい押されて2列目に行けました。
視界も良好で
若干隣の腕が視界をさえぎる時がありましたが
でもまずまずな感じでよかったです。

ただ、、、途中まで後ろの女子の歌声が
気になって気になって、、、
何度か睨んでみたりそいつ側の耳を手で塞いで見たり
腕でつついてみたり、、っと
止めてアピールをしたんですが
全く気付かないようで
ずっとサビ以外も歌い続けるんですよね。
ただ途中からはぐれたのか何なのか
聞こえなくなったんでよかったです。
どう見ても勝手っと言われてしまえばそれまでですが
やっぱり他人に迷惑をかけてはいけないと思います。
歌うなら人に聞こえない程度の声にして欲しい。
何度も振り返られたらなら、何かが嫌だからだって
ちょっとは気付いて欲しい。。
そう思うのは間違ってますかね・・

SEは『最後の国(introduction)』
この曲はほんとに映画のオープニングのような曲で
これから始まることにものすごくワクワクした気分になり
とてもいいです。

曲の途中からゆっくりとメンバーが登場。
いっちゃんはオレンジのTシャツ。
確か、、5.1の武道館の時に着てたやつじゃないかな、、
サトマはブラウンっぽいTシャツで
昨日見た音楽解放区の収録のときも着てたみたい(笑)
オオキさんは脱・原発のチャリティTシャツ。
髪がかなり短くなってました。
なんか年々短くなっていってる感じがしないでもない。
いや、別にどっちでもいいんですけどね。
ただちょっと長めの方が
どっちかというと好きだったりもします♪

まだステージ上は暗くても
メンバー登場に湧き上がるフロア。
そしてどこからともなく始まった
曲にあわせたあのクラップハンズ。
まるでワンマンかのように揃っていて
ちょっと感動的でした。
だからか、スタンバイしてる時のサトマが
すごくニコニコしてたのが見えました。

SEが終わり、一段と歓声が大きくなって
始まった1曲目がなんと
『CARVE WITH THE SENSE』から。
意外な1曲目でした。
いきなり来たかーって感じ。
なのでフロアも一気にテンション上がって
すごかったです。
サトマのキャップはこの曲中に落下してました。
ちょうど落ちたーってときに見ることができました(笑)

続いてこれまた、えーっ?!って感じの
『Swayed』
いやぁ、、ビックリです。
攻めのセトリでうれしい限り。
 The placid waves havea sense
って叫ぶ感じで歌うところがカッコいい。
あと何となく淡々と進んでいくんだけど
でも実は徐々に高揚していってるって感じも
なんて言うか、ACIDMANならでは感じがします。

そして息つく間もなくイントロが鳴り
oioioioiってサトマの煽り。
っとくれば、、、『アイソトープ』です。
始まって3曲で既に満足なくらい。
オオキさんの ドゥッーッ!!って雄たけびにも
すっかり合わせて拳が上げられるようになりました。
あれ、タイミングがそろうとちょっとうれしいです☆

「KESEN ROCK TOKYO round7
みなさん、、、いらっしゃいまっせ~(笑)←オネエ口調で
・・・ってただ、やりたかっただけです。」っと
いっちゃんのMC。
ちょっと笑えたゞ(≧ε≦o)ぶっ!
「今日はえーっと、、何フィートだっけ?」って
指折り数えて
「ワン、ツー、、、、テンフィートか、、との2マンですので
時間もタップリやって行きたいと思います」

MC明けは『River』
この曲は昨年あたりからちょいちょい聞いてはいたけど
相変わらずきれいなハーモニーに
グッときます。
あと何と言っても
オオキさんのピックくわえがあるしね(笑)
ホント、ドキドキしちゃうんですよね~
※変態ではないです・・

そして『リピート』
この曲はベースを見てしまうなぁ~
この日は3人がいい感じで見渡せることができて
サトマもよく見ることができました。
すごく楽しそうに演奏してました。
オオキさんは結構目を閉じて歌ってることが多いんですが
サトマは表情豊かですね。

 無くして またくり返して

この歌詞が今この時に聞くと
さらに意味深いものに聞こえてしまいます。
最後の演奏部分
CDで聞くよりも長いアレンジで圧巻でした。

で、この日一番ビックリの選曲
『speced out』
この『リピート』からの流れがまたよくって。
決して激しい曲ではないし、
曲の長さも長いんで
どっちかというとこういうイベント向きではない気もしますが
でもこういう曲をバシっとやってくれるのは
すごくカッコいいです。
聞き入ってしまった~

「今の曲は、、10年くらい前の曲で
6,7年ぶりに久しぶりにやりました。
『speced out』って曲でした。
、、、今日が今年初のライブなんで
一生懸命頑張りましたよ(笑)」っとオオキさん。
ワーって拍手が起きて照れたのか
「・・・曲、いきましょうか」って。

アコギに持ち替えて『レガートの森』
サトマはアップライトだったかな。
間奏のギターソロ部分がすごかったー
なんていうか、、
オオキさんってものすごい完璧主義な人だと思うんですが
だからライブだからってそういう演奏部分も疎かにしないっていうか
勢いで弾いちゃえばいいでしょーって感じにはしない
そういうのがビシビシ伝わってくる弾きっぷりでした(笑)

最後のドラムだけになるところ
フロアが合わせてクラップハンズしてて
これまたいい感じでした。
なんとなーくですが、、
だからちょっと長めにしてくれたかのようにも感じましたが
・・・違うか。
2人とも楽器チェンジがあったしね。

その続きで『Final Dance Scene』
いいねーこの流れ大好きです。
イントロのサトマのベース
カッコいいです。
でもって、途中のフッと空白になってジャンっていくところ
         ↑分かります??(笑)
あそこがなんとも言えずゾクゾクします。
この2曲を聞くと、アフリカを頭に思い描いてしまうのですが・・
何でだろ。。。。
だから今度アフリカで撮影してきたという上映会がありますが
それを聞いてなんとなく自然な感じがしました。

いい盛り上がりの中
『飛光』とくれば、、ダイバー続出。。
私の上も数名転がっていきました。
今年になって久々、汗だくになったなー。

そして「まだまだ行けるかー!」って
オオキさんの煽りがあり『Your Song』
ワーイ!
この日はまだまだ体力は残っていましたが
普段は最後の方でこの曲をやってくれることが多く
そうすると、結構疲れ切っていたりして
でもこの曲が始まると
よっしゃーって元気になれる曲です。
なんと言っても
 You are OK!
が、あるからね(´艸`)+゚*。

フゥ~、、、
ちょっと一息。
ホント、タップリ時間があるって言ってただけあって
まだ終わりじゃないのがうれしかったです。
「えーっと、、このまま終わった方がカッコいいんでしょうが
最後にあと1曲やってもいいでしょうか。
体力は次の10-FEETのために取っておいてもらって、、(笑)」
っと、オオキさん。

KESEN ROCKについて触れ
そしてふいに
自分の着ているTシャツについて話し始めました。
「今、脱・原発ということを言いたい。
とても魅力的なエネルギーだと思っていた原子力ですが
やはり人間が使うには大きすぎたんですね。
土に住めなくなったらもうどうしようもない。
それに気付いたので
こうしてTシャツを作って訴えているんですが、、
もしみんなが
そう思っていても
声出すのが嫌だったら言わなくてもいい
胸の中でワーって思うだけでもいい
後は俺が声に出して言うから。
ちょっと、、話が反れてしまいましたが・・
最後はそんな愛と平和を歌った歌
『ALMA』聞いてください」

最後は絶対に『ALMA』だと思っていました。
“原子力は人間が使うには大きすぎた”この表現が
いかにもオオキさんらしいなーって思いました。
、、にしても、この曲はホント素敵な歌です。
PVでアルマ望遠鏡をバックに歌ってる映像があって
夜の景色なんですが
ずっと室内で暗くして望遠鏡を埋め込んでのものかと思っていたんですが
この前DVDを見たら
本当に夜にその望遠鏡バックに撮影したものだと知り
そうか、、この夜空に見えるのは本当の星空なんだーって
今更ながら感動したんですよ(笑)
そんな星空が目の前に浮かんでくる壮大な曲です。

「ありがとう!」
いやぁ~大満足でした。

<セットリスト>
 SE:最後の国(introduction)
 01.CARVE WITH THE SENSE
 02.Swayed
 03.アイソトープ
 04.River
 05.リピート
 06.speced out
 07.レガートの森
 08.Final Dance Scene
 09.飛光
 10.Your Song
 11.ALMA


ここで一旦バック。。
10-FEETは後ろで見ました。
、、、今思えば・・ここでステージ左奥へ移動しとけばよかったって。
でもちょっとTAKUMA側で見たいってのもあったんで
右側にいてしまったんですが
後ろで見るならどっち側でも関係なかったよな・・
っというのも、、ものすごーくギューギューだったもんで。

転換中はグッズを見に行って
そのNO NUKESのグッズを買おうかなーっとも思ったんですが
万札しかなくて、
それで500円のステッカー&バッチ買うのもなんだな・・って思い
やめちゃいました(ノД`)

続いて10-FEET。
そういえば、、待ってる間に、
過去2回行われたKESEN ROCKの様子を流してくれてて
ちょうどACIDMANのところを見れました♪
話でありましたが
一から地元の人が作ってる
手作りのフェスだって
ほんとに、、ステージとか周りの感じとか
いかにも手作り~って感じのものでした。
今年は、、、行けるかな~
前夜祭が発表されましたが
キャンプでの宿泊、車でしか行けない環境
っとなると・・
前夜祭から行くのは厳しそうです。
当日は仙台からもシャトルバスが出るみたいですが。

さて、始まる前の鹿野さんのお話。
物資を届けに東北の各地へ何箇所か行ってきた時
行く先々で必ずこう言われたそうです。
「さっきまでタクマが来てたよ」って。
KESEN ROCK FESは
その名前が大船渡ロックフェスだった時代から
なんと、皆勤賞だそうです。

ステージが暗くなると大歓声があがるフロア。
後ろで見ていたせいもありますが
ハンパなかったです。
そしてメンバー登場。
で、1曲目『4REST』から。
10-FEETの曲、、この前初めてCDを借りましたが
それまででも何かにつけてフェスで聞く機会が多かったのもあり
結構知ってる曲が多いです。

だけど、曲ごとの振りっていうのか
合いの手っていうのか
それがいろいろあって
それはちょっとねぇ、、、まだまだ付いて行けないです。。
何曲かはギリ一緒にできるのもあったので
そこら辺だけ参加しておきました(笑)
あれ覚えて一緒にやれると楽しそうです。
だけどモッシュが激しいのとか
輪になってワイワイやるのとか
正直苦手なので
ちょっと気が引けます・・(つω;`)

MCも楽しくて、、
TAKUMAがこの前京都で
ウーミングBarに行ったら、なぜかユーミンの曲ばかりかかってて
別にユーミン好きだからいいんだけど
単にYが取れて普通にユーミンBarだったって話とか
KOUICHIがACIDMANの話をするのに
オオキくん、サトマくん、イチ、、イチジクくんって言っていたり。
KOUICHIはホント話の間が面白くて
あのホワンってした雰囲気が
何て言うか、いかにも京都の人らしい雰囲気で
いいなーって思います。

その後もイチジクくんの話題があり
「ナムコの源平討魔伝というゲームに
イチジクくんみたいなキャラがたくさん出てきます」って。
いっちゃんって、、どこへ行っても
イジられキャラだなーって
笑ってしまいました(*´艸`)ププ

そうそう、まだちょっとしかやってないのに
「じゃー最後、、、」って言い始めて
もちろんフロアでは「えーっ?!」って声が上がるんですが
続けて「最後、、この後はずっと
竹内まりやの「家へ帰ろう」を延々歌って終わります!」って
・・・ネタでした。
歌も少し歌ってくれたんですが、、
リアクション薄かったからか
「あれ?もっと最近の方がいいかな
ヘビーローテーションとかにしとく?
でも歌詞、知らないし・・・」って。
で、やっぱり『家へ帰ろう』歌ってて
ホントおもしろい。

10-FEETのメンバーって
もっと若いのかと思ったら
TAKUMAがオオキさんよりも年上ってことを最近知り
ちょっと驚いた覚えがあります。
なんか、、若く見える(笑)
NAOKIだけ年下なんですね・・それもビックリ!
全員同い年かと思ってたし。
ま、それはどうでもいいんですが。

震災後、何度も現地へ足を運んでる10-FEETですが
募金箱設置の話で
現地で募金箱設置ってどうなのかなーって思って
最初は置かなかったそうですが
すると現地の人から
被災地でも被災してない人もいる
被災しても程度が軽い人もいる
だから募金箱を設置して欲しいって言われたって。
現地でそうなんだから
日本全国だと
もっともっとそう思ってくれてる人がいるんじゃないかって。

その話があって
 進む勇気
 退く勇気
 そこに留まる勇気
 誰でもない、みんな自分で決めるんだ
って話
そして始まった『その向こうへ』
これがものすごく感動的でした。
TAKUMAもちょっと感極まってたようにも感じました。

それにしても、、、
お客さん多かったなー
超満とはこういうことか、、ってくらい。
この日は当然、SOLD OUTだったんですが
ほんとにもう無理!ってほど
人がいっぱいでした。
そしてみんながものすごく思い思いに動いて楽しんでて
フロア全体がウワァーって空気に包まれてました。
いつもは前に行ってそういう光景ってあまり見れないんですが
ちょっと感動しますね。。

本編が終わり、、アンコールの拍手。
思いのほかすぐ出てきたんですが
「時間がないからすぐに出てきました~」って
言ってました(笑)
そしてアンコールはやっぱりこの曲
『RIVER』

枯れるまで流れゆく河 の河の部分を
その土地土地にある河の名前に変えて歌ったりするんですが
この日は 隅田川 って歌ってました。

あーいいライブでした~
最後TAKUMAが一人になって帰るとき
シーって静かにさせて
生の声で
 進む勇気、退く勇気、そこに留まる勇気
 みんな自分で決めろよー!!
って叫んでました。

<セットリスト>
 01.4REST
 02.hammer ska
 03.STONE COLD BREAK
 04.super stomper
 05.Freedom
 06.淋しさに火をくべ
 07.1sec.
 08.その向こうへ
 09.VIBES BY VIBES
 10.風
 11.goes on
 12.ライオン

 EN.RIVER


最後は再び鹿野さんのお言葉あったみたいですが
途中で退散し、、ビールへ。
今年になって初めてじゃない?
汗かいてビール飲みたーい!ってライブ後に思ったのは。
ホント、一気にビール飲んで
最高に気分が良くなりました。

真実はきっとすぐそば思い出してごらん [音楽]

寒いので、、
どっかカフェとかファミレスへ行って
長時間滞在背もしようかな~
(なんかそういうのも楽しそうだし?!)って
思ってたんですが
いざ、そうできる日がくると
出かける準備することすら面倒くさく・・
結局家で書いております。。

何か心ときめくことがないと
意外と腰が重いことに
最近気付く(笑)

さて、1.25は
TOWER RECORDS PRESENTS “higefunkgyaban”
@Shibuya O-EAST
モーモールルギャバン/在日ファンク/髭
へ行ってきました。
120125_174241.jpg

当初はthe HIATUS@Zepp Tokyo2日目
へ行く予定だったんですが
直前になって
HiGEちゃんのアルバム買ったら付いてきた
応募ハガキで応募したチケットが当たりまして☆

チケットはご招待と言えど
整理番号が付いていて
普通に購入した人と
同じ扱いでした。
一応SOLD OUTってことでしたが
ギリギリまで普通にチケット買える状態で
多分、、、相当苦戦してた模様です。

で、私の番号はBの200番くらいで
Aは600番くらいまででしたが
なんとなく入っていく人の人数を見ていると
Bは同じ番号が複数いる感じでした。
なので実際には1000番くらいで入った感じ?
でもそこはO-EAST♪
普通にストーさん側2列目くらいに
楽々行けてしまいました。

最初はOAのモーモールルギャバン。
名前しか知らない(メンバー男女混合3人ってことも知ってたけど)
未知のバンド。
最近は対バンだからって
未知のバンドを予習していくことは
なくなったなー・・
昔はちょっとだけでも調べて
音聞いていったりしてたけど。

Dr/VoとBa、そしてKey&銅鑼が女子という
編成。
思った以上に盛り上がってましたが
正直、、理解はできなかったです。。( ̄▽ ̄;)
私にとっては
0.8秒と~とか、かまってちゃんとか
ああいうのと同じように感じてしまって
どこがいいんだか、、って言った感想っす。
ファンの方申し訳ない。

美沙子に捧げるラブソングとか
ユキちゃんかわいいとか
美沙子は安田美沙子だと思われます。
じゃー「ユキちゃんかわいい」の
ユキちゃんって誰?って思ったり(笑)

Keyの女の子が
ある曲で銅鑼をバンバン叩くんですが
その叩く姿が楽しげでよかったです。
自分も叩いてみたいなーって
思ってしまったり♪

もともとDrは上半身裸でずっとやってて
最後の方ズボンまで脱いで
パンツ1丁になって
でもって仕草からそれまでも脱ぐかーって
感じだったんですが
さらにその下にもう1枚パンツをはいてて
「俺がチ○コ出すと思っただろー」って叫んでたのが
大爆笑でした。
ちょっとあの演出は拍手ものでした。

続いて、、在日ファンク。
SAKEROCKのトロンボーンであるハマケンこと浜野謙太を中心とした
7人組のファンクバンド。
ここでは浜野さんはVoです。
スカとかファンクとか
ホーン隊が入るのって
ライブで見てこそだと思うところがあって
ちょっとライブは見てみたかったので
今回こういう機会があってうれしかったです。

ビシっとスーツで決めて登場。
登場後Gtの人が
自分でエコーをつくって
自分達の紹介をしてて
そこからしてこの先のライブが
楽しいものになることを予感させてくれて
気分がアガりました。

今回のこのイベントは
髭と在日ファンクでスプリットシングルを販売したのがきっかけで
そのCDを会場で買うと
全員の直筆サイン色紙が先着30名さま
もらえます!っという告知をしてました。
思ったよりリアクションが薄かったのか
「そういうときはもっとさー、、、
あれ?俺たち結構人気あるの??って
気持ちにさせてくれないと・・」って
ダメ出しして
再挑戦(笑)
今度はオォーって歓声が帰ってきて
「やっぱ、今日のお客さん、あったかい!」って
満足げでした。

終わってから物販見たら
在日ファンクのサイン色紙と
髭のサイン色紙とがそれぞれ用意されてたみたいで
(髭ちゃんのときは告知してなかったのに)
在日ファンクのはもう終わってました。
いや、私はもらうとしたら髭ちゃんのですが
お金持ってなかったので・・・
オシイ。
あ、でも髭のサインはアラバキでCDにしてもらったから
持ってるんだった♪って思い出し
別にいいか、、って思ったのでした(笑)

歌も演奏も最高で
ハマケンはダンスも最高で
マイクパフォーマンスとかもしてくれて
ホント楽しかったです。
やっぱ、ホーン隊が入ると
迫力が違いますね。圧倒されます。
全然知らない曲とかでも
素敵~って思ってしまいます。

最後は髭ちゃん。
ここで、、私の前の最前の方が
どうも在日ファンクのファンの方みたいで
「どうする?」ってお友達と話しながら
最初はそのまま見てようって雰囲気だったのですが
私が必死に「抜けろー」って念を送っていたのが通じたのか?!(笑)
抜けてくれまして♪
晴れて最前GETです~(*´艸`)ププ
ワーイ。

昨年はちょっと髭ちゃんから遠ざかっていた感があったのですが
いや、決してわざとじゃなく
、、何かにつけてスケジュールが合わず・・
後回しにし過ぎていたような感じ?
でもアラバキで見た髭があまりにも楽しくて素敵過ぎて
やっぱりちゃんとライブ行こうって思いなおし
今年は頑張って行く予定の
第一弾★☆
って言いながら、、、
これもご招待で行ってるんですけどー(笑)

ストーさんのマイクにはガーベラが3本。
いつの間にか造花ではなく
生花が飾られるようになってます。
セッティングが、、Zeppやコーストと違い
ドラムセット一から組み直しなんですね。。
台でバーって移動できるタイプじゃない。
なので結構、、時間かかってました。

SEと共にメンバー登場。
ストーさんに宮ッTea、アイゴンにコテイスイと
みんなハット被ってました。(おそろいではない)
思わず合わせてきたのかと思ってしまったけど・・
そういう訳ではなかったみたいです。
宮ッTeaが妙にかっこよかったです♪
そして「それではみなさん良い旅を!」っと
ストーさんが言って
1曲目『それではみなさん良い旅を!』から
ライブスタート。
いい言葉だなー「それではみなさん良い旅を!」って。
ライブもある意味旅みたいな感じもするし。

続いて新しいアルバムから『さよならフェンダー』
まさかこの曲がくるとは思ってなくて
(新しいアルバムからシングル以外はやらないかと思ってたんで)
ちょっとビックリしました。
この曲の雰囲気というか
歌い方というか
全体的にストーさん!って感じの
かわいい曲。
早速もライブで聞けてうれしいです。

「ありがと!
今日は最高なライブだよね。
モーモールルギャバンに在日ファンク
そして髭。
この3バンドでずっと対バンやりたいって
思ってたんだよ。ホントだよ」っと
ストーさんらしいMCがあり(笑)
「みんな、張り切ってる?
僕は、もちろん、張り切ってるよ」っとくれば、、
次はそう
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』
このときだったか、、
張り切りってるポーズをしてて
この日は終始このポーズで
可笑しかったです。
あ、あとこのときだったかな。
ストーさんが水を飲んで
そのままそのペットボトルを最前の女子に
ポンって投げてあげちゃってました。
ちょいうらやましい・・

で、その『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』
曲のイントロの感じが
なんか今までとはちょっと違って
おしゃれ~な曲が来そうな感じになってように思います。
でもあの一言があったんで
次は絶対に
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』って
分かってるから
どうあの曲へ繋がるのか、、って気持ちで聞いてましたが
そうじゃなかったら、
何が来るか全く予想できなかったと思います。

でも、やっぱり予想通り(笑)
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』で
フッフッフー!!って始まった時の
盛り上がりッたら。
思わず最前でもジャンプジャンプしちゃいましたって。
 3年経ってもクレイジーな俺とお前たち!
って言ってくれるのがうれしい。

「一昨日はさー雪がものすごく降っだでしょ。
僕は北国の人間じゃないから
、、あ、茨城なんですけどね。
でもまぁ、茨城も関東の北の方だけど、、
だからものすごいはしゃいじゃって(笑)
だけど今日とかどうなっちゃうの?って思って
今朝、カーテンをガラっと開けたら
(↑カーテンじゃないだろーって心でツッコミつつ 笑)
パーっと、、青空でしたよ♪」

そう言って次の曲は『青空』
いやぁ~、、この流れ、すごく素敵でした。
ちょっとワーって歓声上げちゃったくらい。
またこの曲のイントロがアイゴンのギター1本で始まる
何て言うかジーンと来るもんだから
余計にね。
こういうゆっくりした曲を聞くと
ストーさんの声の良さがでて
いい声だなーってしみじみ思ってしまいます。

「みんなは何人?
ネアンデルタール人?ホモサピエンス?」そう言いながら
ウッホ、ウッホって言ってて
でもフロアはイマイチ、ぽかーんってなってて。
始まった曲は
『ネアンデルタール Punks Fuck Off!』
曲の合間にアイゴンがウッホウッホって
言ってたのが可笑しかったです。
この曲、、結構久しぶりじゃない?
ストーさんが「ネアンデルタール人?」って聞いてきた時に
え?まさか、、って思ったんですが。
ちょっとレアな感じがしました。

続いて、、「ロックンロール!!」っと雄たけびあって
『ロックンロールと五人の囚人』
これはもう、ハンパなく盛り上がります。
ここでだったか忘れましたが
何度か宮ッTeaが前に出てきてくれて
しかも端の方!
ってことで、かなり目の前でバリバリ弾く姿が
拝めましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャッ

「モーモールルギャバンも在日ファンクも
ものすごく盛り上がったじゃない。
楽屋(のモニター)で見てたんだけど。
ホントはあっち(袖?2階席?)まで見に来ようって思ったんだけど
そのためには在日ファンクさんの楽屋を通らないといけなくて。
対バンのときって、正直ビミョウ~なのよ。
ワンマンのほうがまだ気が楽。
終わった後は話せるんだけど
始まる前は喧嘩する前みたいで
なんていうの、、(笑)
だから(行く)勇気なくて楽屋で見てたんで
みんなの様子は分からなかったんだけど・・・
それぞれのファンが3分の1、3分の1、3分の1で
結果あまり盛り上がらない、、って日もあるけど
今日、出てみたら、これじゃない?
素晴らしいよ」
この日のストーさんはやけにご機嫌な感じでした。
確かに、盛り上がりすごかったし
ホント楽しかったです。

そしてハンドマイクになって『テキーラ!テキーラ!』
ミラーボールも回ってました。
ハンドマイクになると
ステージ上右へ左へと動き回るので
時々どこへ行った?って状態に。

引き続き、ハンドマイクで
最後は『虹』
イントロがアガるよね~
テキーラ~からの流れのせいか
ものすごく盛り上がって終了。

続いてアンコール。
登場したメンバー
ストーさんはヘルメットに大きなサングラス
ニコちゃんマークのピアス。
そして斉藤さんは普通でしたが
他4名のTシャツに
白いガムテで一人一人アルファベットが貼ってあって
並べると HiGE って(笑)
確か、、H:コテイスイ、i:宮ッTea、G:アイゴン、E:フィリポ
だったかな。

そして「アンコールありがとう」
で、このHiGEって文字を写真におさめようと
カメラマンさんが頑張ってたら
「じゃーこういうときはこうじゃない?」って
客席バックに記念写真を撮るポーズをしてくれて
慌ててカメラマンさんがステージ上へ来るという。
こうなると「みんなも出てくれば?」っと
他の対バン相手を呼び込んでたんですが
なかなか出てこなくて
「あれ?これはもう帰ってしまったポケモン?」って
ストーさん。

ポケモンのくだりはちょっとよく分からないけど(笑)
結局、モーモーは帰ってしまってたみたいですが
在日ファンクの方が普通の格好で(そりゃ、そうだよな)出てきてくれて
「あ、じゃーこういうときは合コン座りいっとく?」って
髭のメンバーと在日ファンクのメンバー交互に並んでの
記念撮影。
ステージ上の真ん中で行われたんで
恐らく私は全くもって写ってないかと思いますが
「みんなもピース!」って言われたので
一応、ピースしときました・・

写真を撮り終わったら
アイゴンとかフィリポは貼ってたアルファベット
ソッコー取ってましたが
なぜか宮ッTeaはずっと貼ったまま演奏してて
ちょっと可笑しかったです(笑)

アンコール1曲目は『We are HiGE!』
こういう曲はまさに髭ちゃんっぽい曲。
歌詞はほぼ繰り返しで
意味もあまりなくて
ちょっと不思議な世界観。
でもなんかカッコいい。

最後は「まだまだ行ける?
じゃー俺たちと言っとく?
ダーティーな世界へ行っちゃう?
簡単だよ、僕が扉を開けておけばいいだけのことなんだから」
っと、何か、、、久しぶりな『ダーティーな世界』
以前はライブの〆と言えば、、、な曲で
正直もういいよ・・・って思ったときもあったんですが
それだけ自分が髭のライブにいってなかったのか
でも、、多分、最近あまりやってなかったんだと
思うんですよね。
いやぁ~なんかうれしかったです。

楽しかった~
そういえば、、斉藤さんが時々ジャンプをするんですが
それが尋常じゃない高さで
ピョーンってジャンプしてて
目を疑ってしまったくらい。
あの細さで、あの跳躍力!(笑)


<セットリスト>
 01.それではみなさん良い旅を!
 02.さよならフェンダー
 03.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 04.青空
 05.ネアンデルタール Punks Fuck Off!
 06.ロックンロールと五人の囚人
 07.テキーラ!テキーラ!
 08.虹

 EN.
  We are HiGE!
  ダーティーな世界 (Put your head)

あの草原で出会った君の言葉を思い出すことさえできれば [音楽]

えーっと、、今月
一人暮らし史上最高に高額な電気代となったので(笑)
最近はまたエアコンを設定温度22度にして付けたり
電気ストーブを最小のワット数で付けたりと
ちょっと変化させてやってみてます。。

だって、、エアコンの方が部屋全体が暖かくなるし
それで電気代かからないんだったら
絶対そっちの方がいいじゃん?
って思ったんですが
設定温度22度だと
1時間かけてようやくちょっと暖かくなる感じ?!( ̄▽ ̄;)
今現在、1時間経過したんですが
さ、寒いっす。。

さて、そんな1.24は
the HIATUS
A World Of Pandemonium Tour 2011-2012
@Zepp Tokyo
でした~
が、
この日は、、何一つそれっぽい張り紙が
なかったので・・
120124_220833.jpg

1ヶ月ぶり、2回目の今回のツアー。
結局密かに期待(って言ったら悪いか、、、)していた
対バンはなく
本当に今回は全部ワンマンなんですね。

そして直前にかなりの譲りますが出ていて
どんだけのガラガラ具合なのか??って
ちょい心配してたりもしたんですが
そこはthe HIATUS、、、全く心配いらないくらい
人人人でした。
SOLD OUTしてる時点での枚数が違うんだろうなぁ~
多分・・。

ただ、番号700番近くで入ったんですが
中の込み具合はそうでもなかったです。
端っこですが
ウエノさん側2、3列目辺りに行けました。
そして始まってからも押しもあまりなかったし
汗もやっぱり、ほとんどかかなかったし。
そして横浜とセトリも全く変わらずだった。
だけど、正直そんなに曲とかセトリとか覚えてないんで
充分楽しめましたけどー(*´艸`)ププ

横浜となんか違うなーって感じたのは
ステージ上がわりとキュっと真ん中に寄ったセッティングに
なってたように感じました。
あと待ってるときに鳴ってるBGM
これも横浜の時はクリスマス近いってことで
クリスマスっぽいBG<でした。

時間ちょい押しでライブスタート。
始まる直前に下から上がってくる
大きなCDジャケットのバックドロップ。
あれは何か気分がワーってなります。
今回ステージ上がこれのおかげで
ものすごく素敵に演出されてました。
照明もすごく奇麗で
ある意味、あのアルバムの雰囲気にピッタリな感じ。

演奏してる姿では
なんと言っても目を引くのは
マサさんですな。
コーラスといい、ギターといい
すごく大活躍!っていう印象です。
彼がいてこそのthe HIATUSって思ってしまいます。
そして堀江さんが妙にチャーミング。
曲によって足をピョンって上げてジャンプしたり
すごく素敵です。

柏倉さんは、、機材の影になって
ほっとんど見えなかったけど
すごくパワフルに叩いてました。
で、ウエノさん。
脚がー細過ぎだぁー・・
なまじダメージジーンズの穴の部分から
生脚見えちゃってるんで
余計にその何ていうか、、細さを感じてしまうというか。。
そして胸元もセクスィ~よね。
アンコールとかで楽器をスタッフから受け取る時
両手を広げて誰かを抱きしめるかのように
受け取るのがかわいかったです♪

細美さんは終始ご機嫌で
ものすごくいい状態だったみたいです。
「今日は誰よりも俺が一番
楽しんで帰ると思う、、って
何宣言してんだ(笑)」って
言ってました。

そしてライブというのは
自分達だけで作ってるものではなく
お客さんの雰囲気もあって
どうなるか、、ってところがあって
「今日の雰囲気は、すごく好きですよ」って。
だから
「おかしなこと言っても笑わない
いい演奏して笑うんだろ、お前ら」
そう言わしめたのが
なんかうれしかったです。

あと、ラーメン次郎はその日によって
味が全然違うんだとか。
「店主曰く、お馴染みな味になるのが嫌で
だからラーメン次郎はロックなんです!って
言ってたけど
ライブだって同じだろ?
同じ曲、同じメンツ
でも来てるお客さん、その日の演奏で
全然違うものになるじゃん?」っと・・
まぁ、、そうですが。
でもだからって
セトリ1曲も変わらないってのもなー
なんて、、言っちゃダメなのかしらん?!

その他MC、、
最近、腰を痛めまして・・・
って表現すると親父くさいんだけど、、
毎日ジョギングをしてるんだけど
寒い日が続いたんで
家でずっと同じ場所で走る真似?してたら
違う筋肉使うみたいで、、、

ウエノさん、、インフルエンザにかかってたみたいです。
「もう治ったの?」って声がかかると
「治ってなかったらここにいる訳ねぇーだろー
バッカじゃねぇーの」っと
細美節健在(笑)

などなど、MCもいい感じで
笑っちゃったのが
RO69の山崎さんのブログに書かれてたこと
  何より、細美が
  ナーヴァスにも天の邪鬼にもならずに
  (それはいつも真剣さと誠実さの裏返しなのだが)
  オープン・マインドだったのが、
  今日のライブの大成功を呼んだのだと思う
そうそう、いやぁ、まさに!って
思ってしまいました。

っというのも
「今まではお客さんのことを気にしすぎてて
ちゃんと楽しめてるかなー
この曲でいいんだろうか、、、とか。
でも最近はもう気にしなくなった。
って言っても、ほっといてるわけじゃなくて
信頼しきってる、、って言うのかな
だってさぁーお金払ってここに来てるんだから
そんな楽しんでるに決まってるでしょ。
大丈夫かな?なんて失礼よなぁ~
そう思うようになって
ものすごく楽になって、、、」って。

だからこそ、山崎さんが書いていたような
そういう状態になれたんだと思います。
でもって、
「あんまりこういうこと言うの好きじゃないんだけど
だからすぐにおめぇーらって
逆の方向で喋っちゃうんだけど
でもたまにはいいよな。
ほんっとに、お前らが大好きだー」って。
あはは、、、ちょっと笑っちゃいましたけど
こういうこと言えるのは
細美さんならではのように思います。

でも根底には
「去年はあの大変なことがあって、、、
やっぱずっと続くものってないじゃん
ここにいる俺らも100年後には
1人残らず死んでるだろうし。
だから今を全力で楽しもうと思います」
年末のラコストークショーでの話を聞いてるせいもあって
この言葉は胸に響くものがありました。

アンコールも3回。
それでも1時間ちょいの短いライブでしたが
楽しかったです。
本編は本編として
一つの作品を見てるかの感じで
そしてあのアンコール3曲で
何もかもが帳消しになるというか
あそこでパワー出し切って帰るというか(笑)
そういうライブもありかな、、っと。

そういえば、横浜で
「みんなに歌えーって煽るのもどうかと思うようになって、、」って
言ってて
確かに横浜ではあおってなかったんですが
この日は言葉に出しては言ってなかったけど
手で思いっきり「来い来い」って
煽ってたなー、、、なんて(笑)
でもそれでみんなが思いっきり歌ってた
『ペテルギウスの灯』は
なんかすごくよかったです。

これは私の勝手な想像ですが
今回のアルバムは
ものすごく震災の影響が強い作品だったと思います。
一人、アコギで演奏する機会もあって
生の音にすごく触れる機会があったから
こういう音作りになってるって
これは何かで読んだか聞いたかなんですが、、
いろんなことに敏感で
影響される細美さんだからこその
結果に感じます。

で、気が早いですが
次なる作品がいつになるかは全く分からないし
その頃日本がどういう状態になってるかも
分からないですが
次はものすごーくガツンっとした曲が
満載になるんじゃないかなーって。
やっぱ、そうきたかって
思わしてくれるアルバムができるじゃないかと
ま、半分以上は期待を込めて、、、ですが
そんな気がしてます。

っつっても、、まだまだこのツアーは続くわけで
ファイナルかと思っていた
3.1のコーストの後
4月に沖縄での追加公演がい決まってましたけど。
とにかくライブで聞く曲たちは
ホントに素晴らしくて
音に圧倒されるというか
演奏している姿に圧倒されるというのか
そういうのをthe HIATUSからは
毎回感じるものがあり
また1ヵ月後
さらなる音の進化を楽しみにしています。


<セットリスト>
 01.Deerhounds
 02.Superblock
 03.The Tower and The Snakes
 04.Bittersweet/Hatching Mayflies
 05.The Flare
 06.Monkeys
 07.Broccoli
 08.My Own Worst Enemy
 09.The Ivy
 10.Twisted Maple Trees
 11.Insomnia
 12.Souls
 13.Flyleaf
 14.Snowflakes
 15.Shimmer
 16.On Your Way Home

 EN1.紺碧の夜に

 EN2.ベテルギウスの灯

 EN3.Storm Racers


なんか、、レポにはならなかったな・・

雑多 [たわごと]

東京、雪です!
120123_222023.jpg
見えにくいけど、、積もってる!!
すご~いヾ(*´∀`*)ノキャッキャッ

やっぱり、雪への憧れは、、あるみたい(笑)
ほら、海のない県の人が
海見るとはしゃぐって・・・
汚い荒れた三浦の海見て
群馬出身の人が大喜びして言っていたけど。。
私は、海は、物心付いた時からずっと
瀬戸内海の穏やかな海を見てたせいか
あの海を見てはしゃぐ気持ちがよく分からなかったりして(笑)

だけど雪はやっぱり滅多と降らなかったから
ちょっとでも降ると
わぁーって思ってしまうねぇ。
それって、きっと、北国や雪が多く降る地域の人からしてみれば
そう思うのが不思議でしょうがないんだろうなぁ。。。っとは
思いますが。

えーっと、、楽しみにしていた
お年玉付き年賀ハガキは
枚数が少ないせいもあり
全滅デシタ・・・((ノω<〃)
切手シートくらい当たっててもよかったのに。
ここ数年、、ホント当たらなくなった。
ちぇっ。

そして〆切り本日の18時だって
昨日、考えずに寝てしまってて
今日帰ってからゆっくり送れば、、、っと思ってたら
危うく過ぎてしまうところでした。
ピロウズのトライアルキャンペーン
・・・・って言うと、お試しキャンペーンみたいですが(笑)
120122_131929.jpg
しっかり送っておきました♪
これは、タワレコ2階の展開模様ですが
送った感想に添付したのは1階の展開模様。
どっちもさほど差はなかったんですが
なんとなーく1階のほうが
見栄えが良かった気がして。
普段はほっとんど1階なんて見ないんですけどね( ̄▽ ̄;)

で。
噂のふりかけ、買ってみました。
120122_174019.jpg
美味過ぎて箱買いしたいって
コータローさんがポッドキャストで言っていたとか?
名前がまたいいよね☆

中身はいたって普通のふりかけなんですけど。
120123_201053.jpg
でも、匂いと見た目で感じました。
コレ絶対に美味しいって!!って。
で、ほんとに、美味しかったです。
まぁ。。私は白いご飯を家で炊かないんで
いわゆるふりかけとして使ったわけではないんですが
でも、美味しかった!

最後に・・・
超~ショッキングなことが。
今月の電気代、今まで一人暮らしをして
史上最高の金額になってました..(д|||)||||
えぇーーーっ。。
エアコン使ってないのに。
やっぱり電気ストーブでも電気代高いんですね。
いや、そんな予想はしつつも
無制限に付けまくってた結果なんで
仕方ないですが
はぁ、、軽く(いや、かなり)凹みました。。

早速、節電モードです。
でも、今晩は雪で・・・寒いっす。。

最果ての星に紛れたギターを探しに行く [the pillows]

昨日は、東京での乾燥注意報連続発令記録
歴代3位の35日をストップさせ
2012年の初雪が降りました。
あぁー寒かった。。
朝方だけ雪で
午後からは雨って言われていたんですが
結構、、ボタっとした大きな雪が降り続いていて
ほんとに雪が降ったなぁーって
感じることができました。

寒い日にはホットコーヒー♪
120119_201102.jpg
最近はコーヒーにチョコを入れて
モカチョコもどきを作るのにハマってるんですが、、
これがなかなか思い通りの味にならない
試行錯誤中です・・

コーヒーの量と
ミルクの量
そしてチョコの量
早くコレだ!っていう分量に
巡りあいたい(笑)

そして、今日も、寒かった~(多分 笑)
っというのも、、
今日は家から1歩も出ていない・・

スペイン坂へラジオの観覧に行こうかと思っていたのですが
雨だし
フルで見れるか分からないし
ちょっと寝坊したし
っていうので
家でラジコ三昧っすよ(ρд-)zZZ

便利な世の中です(笑)
いや、でもT-FMもBay FMも
公開中の静止画を1分おき位に更新して流してくれたり
0121b.JPG0121c.JPG0121d.JPG
USTをやってくれたりで
なかなか楽しいラジオタイムでした。
120121guest02.jpg
 私が行かなかった日に限って、、お客さんバックに写真撮ってる(つω;`)

そしてそして、ピロウズHPで
キャンペーン企画を実施!!
  
  あなたの街のお店で”トライアル”を探して、
  お店の展開写真を撮って、アルバムを聴いた感想とともに送って下さい!
  抜粋したものをHPにアップします!

  とてもナイスなレビューをお送りいただいた方にはプレゼントをお送りします。
  プレゼントは、中野ポレポレ座の上映会にて使用した
  WE ARE FRIENDSのポスター(非売品)に
  山中さわおのサインをつけてプレゼントします!
  あとはオリジナルトライアルTシャツ(非売品)にもサインをつけてプレゼント!
  そのほかにもプレゼントが多数あります。

  〆切は、23日18時です。どしどしご応募ください。
っとのこと。

これはー、、、頑張りたい!ヾ(≧∇≦*)〃
〆切りが思いのほか早いんで
文章の神様・・降りて来いぃーっ。。。って
願うばかりですが(笑)
ちょっと明日、ナイスな写真を撮りに
CD屋めぐりをしたいと思います。
、、、写真は、関係ないか?!

あ、全然関係ないですけど。。
レアパンダらしいっす(*´艸`)ププ
120119_192935.jpg

カバヤのさくさくぱんだ。
チョコとビスケットでできた
かわいいパンダスナック。
調べてみると、他にもあと3種
レアパンダがいるみたい
、、、って。。
何度も出てきてるのとか
画像UPされてたけどー??
でもって、これ、もう
発売15年なんだってー
へぇ~、、、知らなかった。

7年前って、、何してた?? [たわごと]

えーっと、、なぜかこの季節になると
足の指にしもやけができてしまいます。。。
こんな時代に、
っつーか、こんな年にもなってしもやけって、、って
感じなんですが
なんででしょうかねぇ。
毎日スニーカーで
別段足をキュって締め付けてるわけでもないのに。

さて。
こんなダイレクトメールが届きました♪
120118_213026.jpg

そうか、、もう7年にもなりますか。
忘れもしない
初めてアンテナを設置した日のこと。
確かよくやってるアンテナ無料キャンペーンで
タダで設置できるよってやつを
申し込んだんですよ。
GLAYのライブか何かがOAされるっていうんで。

が、しかし。
CSのアンテナにはその衛星が受信できる角度ってのいうのがあって
当時住んでいた家のベランダは
正直、その角度が悪い条件の方角でして。
どうにかこうにか受信できるのは
音楽番組では2チャンネルほど
 →M-ONとVMC
その見たかった番組は
確かSSTVで
その見たかった番組は見れなかった、、、、
っという悲しいオチ..(д|||)||||

いやぁ。。。
でも、せっかく設置しに来てくれたし
そのまま2チャンネルでも契約しましたけどね。
だけど
寒い冬の日で「何のために申し込んだんだー」って
悔し泣き。。じゃないけど(笑)
ソッコー引越したいよぉーって
思ったの、覚えてます。

当時はM-ONでロッキン系フェスのOAをやっていて
それはちょっとうれしかったなぁ。
120119_215306.jpg
120119_220014.jpg
あと、ピロウズのライブ生中継っていやつも
M-ONでやってくれたから
録画できたし。
 ※2005.12.15@AX
ただ、、、それ、今見返してみよう~って思って
再生してみたんですが
あの頃はまだビデオテープの時代で
デッキが悪いのか
映像が映らなかった。。
音はキレイに聞こえてくるんですけどね。
うぅっ、、悲しい。

でもやっぱり、どうしてもSSTVが見たい!
っていうのがあって
次に引っ越す時は
希望条件の3位くらいに
家の方角:南南西向きにベランダがあること
っていうのを
ものすごーく気にして見つけた記憶があります。(笑)

っと、、そんなこんなで見続けて7年とは。
で、そのスペシャルなプレゼントとは
ジャン!
とあるチャンネルを1ヶ月無料で見れるってやつでした。
・・・・え?
そんな勿体ぶって言うほどのことでも
ないと思うんですけどー
WOWOWとかが無料になるなら
すげぇ~って思うけど。
だって、私、
ほぼ全チャンネルが見れるコースで契約してるんで
あんまり有難みなく
残念ながら
そんな魅力的なチャンネルは、、、なかったっす。

でも、ま、せっかくなんで
そのプレゼントいただいておきますけど。
「わさお」が見れるよ(笑)

今日のあれこれ。 [たわごと]

今日は18時からUSTあるって言うんで
慌てて帰ってきて見ました。
120118_182552.jpg
テレビと違って
リアルタイムで見ないと見れないのに
18時からなんて、、、社会人にはキツイ設定。
ま、スマートフォン持ってたら
帰りがけとかにでも見れるんだろうけど。。(´-ω-`)ムゥー

2人で対談なのかと思いきや、、
司会者がいて
なんか不思議な進行の内容でしたが。。。
120118_182746.jpg
でも、まぁ、なんかさわおさん楽しそうだったし
そこそこおもしろかったんで
よしとしよう(笑)

まさかの、イラスト対決。
そして視聴者プレゼント(*´艸`)ププ

で、今日はUST日和か?!
THE BACK HORNも緊急配信!!
120118_230250.jpg

しかしこちらは21~23時の間の30分くらいって
いやぁ、、、待たされたー(ρд-)zZZ
途中からオフィシャルのHPが見れなくなって
ちょい焦りましたが、、
どうやら山田さんの歌入れに時間がかかってしまって
思った以上に押して始まった模様です。

120118_231828.jpg
こちらは仲良く
4人でワイワイ進行。
にしても、松田さんって
ホント喋るの好きなんですね。
合宿話が最高に可笑しかったです。
想像できるもん(笑)

PVも初公開ってことで
フルで2回も流してくれました。
曲は既に昨日
ラジオで初OAされてましたが、、
120117_220819.jpg
ライブで聞くのとはまた違って
完成された音源を聞くと
より曲のいろんな部分が聞こえてくるというか。
リリース楽しみです。

で。
今頃になって当たってしまいました。
120118_191002.jpg
ははは。。
もう2Days行こうって思ってたのに。
でもせっかくなんでこっちに行きたいのですが
なぜかチケット“譲ります”の嵐?!
やっぱり、、、アルバムの感じのせいですかね。

ってことで、1/25 the HIATUS@Zepp Tokyo
チケット1枚余ってます。
引き取っていただける方、直接ご連絡お待ちしてます~

負けてたまるか東京地獄 [怒髪天(2010年~)]

ハッピーマンデーなんていうものがなかった時代は
毎年成人の日が
お年玉付き年賀ハガキの当選発表の日
じゃ、なかったっけっか?
で。
思わず、、ネットで調べてしまった。
だけど今年は22日なのね・・..(д|||)||||

でも。
1等の商品が
ものすごーくいいっ★☆
テレビもいいし
PCもいい。
たいてい、いやぁ、、、当たってもなぁ・・って
感じの賞品が多かった印象なんですが
今年はすこぶる欲しいっす。
当ーたーれ~

っと。
そんな1.15は
怒髪天 
謹賀新年 新春ドラゴン・ツイスト "俺達の琵琶ビリーナイト"
@中野サンプラザ
でした。
120115_172424.jpg

120115_172500.jpg

怒髪天が中野サンプラザでねぇ・・・
いや、まじで。
AXチケット一人2枚ずつ強制購入!なんて
増子さんがMCで言っていた時代が
ホント懐かしいよ。。
もう6,7年も前の話ですけどね(笑)
それが私の初・怒髪天体験の日でしたけど。
その時のAXは行ってないんだよなぁ。
その2年後のAXには行ったけど
端っこ柵でくくられてて
すごーくガランとしてたのを覚えてます。
ま、、、大雪だったし(*´艸`)ププ

っと、昔話はおいといて。
昨年の渋谷公会堂に続き
怒髪天新春ライブのホールライブ。
この日は完売御礼で
当日券も出てないくらいの大盛況ぶりでした。

中野サンプラザ、、名前はよく聞きますが
実際に入ったのは初めてです。
120115_174050.jpg
結構、、大きなホールだったのね。
天井も高くて
いかにもホールって感じのところでした。
場所は14列目で
ちょうど真ん中の通路後ろ2列目。
王子側。
比較的前の人も大きな方じゃなく
視界は良好でした。

開場・開演が30分しかなくて
開場時間前にものすごーい長蛇の列で
中に入れたの、、15分くらいしてやっとだった感じです。
なので当然、開演はちょい押し。
あれなんで30分しか取らなかったんだろう。
ホールとかの席ありこそ
開場・開演時間を多めに取って
入場する人の混雑を分散させればいいのに
っていつも思ってしまいます。

客電が消え
ワーっという歓声と共にみんなが席を立つと
新春ならではの音楽(琴に尺八みたいな 笑)に
それっぽい歌声。
そして、増子さん?による開演のご挨拶が。
聞いていると「みんなに楽しんでいただけるよう
余興?をやるから席に座ってください」とのこと。
え?何?何?っと
みんなわらわら座りだし
しばらくするとちょうどその通路を通るらしく
横の扉が開いて
獅子舞4頭(匹?)ご登場!!(笑)

カッポカッポ口をさせたり
頭を振ったり
ちょっと飛び跳ねてみたりで
練り歩きステージへ。
せっかく近くを通ってくれたのに
照明がまぶしかったのと
割とアッと言う間だったのとで
中がメンバーだったっていうのを
全く認識できなかったのが
残念です。

で、異様に前から2番目の獅子舞が
元気に飛び跳ねたりしてて
誰だろーっと思ってたら
意外にも(笑)王子でした。
先頭は増子さん。
その後は、、、確認できず。

4人の衣装、、坂さんはいつも通り
白シャツに黒パンツ、ハット
王子が白シャツに珍しく濃い色のデニムでした。
バックのポッケにも白でデザインがあった!
シミさんは髪の毛を鮮やかなブルーして(新しいアー写参照)
薄い黄色っぽいTシャツの上に白シャツを羽織り
半端丈のチノパンみたいなの。
増子さんは白地に赤い文字のシャツでした。

「よく来たーっ!!」っとクシで髪を整え
「新年明けましておめでとーっ!
今年もガンガン行くぜーっっ!!」っと
雄たけびを上げて
まずは1曲目『俺様バカ一代』からライブスタート。
途中の三三七拍子といい
最後の オォオォォーっていう
コーラスといい
なんか新春っぽいめでたさがある曲♪
いや、それより何より
 立派な俺様になる
これですよね。

そして「分かってると思うけど
一応、聞いておく!」っとくれば、、
「ロックでないヤツァ?」「ロクでナシ!!」
いいねぇ。
この言葉でどれだけ楽しい毎日を送ってこれたか。
 どちらにしようか迷ったら
 どっちがロックだ?
 それで決めるゼ
座右の銘です(笑)

続いて『宿六小唄』
この曲はいきなりの歌いだしから
一気に元気になれる曲です。

「いやぁーホント、よく来た!
こんなにもたくさんね。
今年はいい年になるよ、絶対。
コレクターズじゃなくこっちを選ぶなんてね。
加藤さんに、おいおいよしてくれよ、、って言われちゃたけど。
でもさっきあっちの方見たら
加藤さん見えたよ。こんな頭した(マッシュルームカット)のと
コータローさんね。
あーあそこが赤坂かって(笑)」
そう、この日はコレクターズが赤坂BLITZで
新春ライブだったらしい。

「さぁー2012年も思いっきり生きてやるぞー」っと
 こんな俺でも生きててイイですかー
の歌いだしから始まる
『生きててイイですか?』
ホント、元気出る選曲続きです。
最初ちょっと寒いかな・・って思って
半袖にならずにいたんですが
この辺りですっかり半袖に。

続いて『N・C・T』
久しぶりなぁ~
感想で N・C・T ってやるためだけに
マイクスタンドを用意する増子さんが素敵です♪

で、ここでもう
『喰うために働いて生きるために唄え!』
なんて豪華な。
会場中の歌声がホント素晴らしかったです。
2番の歌詞を某電力会社批判に替えて歌うのは
すっかり定番になりました。
いい具合に歌詞がハマっててて。
いや、でもホント
 いわゆる勝ち組にいる奴らは
 どうして嫌な野郎に見えちゃうのかね
って。
ホント、、負け犬の遠吠えって言われちゃうかもしれませんが
日々この歌詞をつぶやいてる気がします。
会社に腐るほどいる・・

「新年1発目だからね、何かお目出度いこと、、って
で、獅子舞呼ぼうって話になって。
あれ、ほら、縁起いいし。
そしたらえ?えぇ?!ってな。
中の人はって言ったら、いや、それは、、、って。
そんなやったことないし
それに俺、髪の毛セットしてるのにって言ったら
あ、でもすっぽりかぶるタイプじゃないですし、、って。
そうだけどさー。。。
しかもなんで4頭も。
仕方ないから、俺らリハやった後練習よ。
友康なんてな、前の日にYOUTUBEで
見てきたって。」

王子「そうそう。そしたら、結構、こんな風に
飛んだりしてて、、」
増子「これ結構重いんだよ。
もう手パンパンでさ。
だけどほら、こうカポカポさせたほうが
縁起がいいとか言うしさ。
飛び跳ねてみたりしたけど
できないって、、」
王子「リハでね頑張ってみたんだけど
もう疲れちゃって、、
本番ではちょっとあまりできませんでした」
増子「最初4方向から出てこようかとも言ってんだけど
収拾つかなくなるから、、って
結局1列でね。
(坂さんに)祭り組の坂さんでも
初めてでしたか?」
坂さん「そうですね、、獅子舞は。。
正月と祭りはちょっと違うもんで、、、」

っと。
そうか、、王子がやけに跳ねてたのは
予習の成果だったのか(笑)
かぶってた獅子舞を取った後
自分の頭(髪)がどんな状態か分からないまま
ライブを始めるのは
結構勇気いったそうです。
「楽しんでもらえるんなら、、って頑張ったけど」って。
いやぁー最高でしたヾ(*´∀`*)ノキャッキャッ
最初の音楽も自分達で演奏して
歌入れしたそうです。

「で、せっかくだからね。
イスあるからゆっくりできるし。
疲れたら座ってもらってもかまわないんで
なので、久しぶりの曲とかもやっていこうと思う!」ってことで
アゥーーーッッっと叫んで始まる『オオカミに捧ぐ』
これはギターウルフに捧げた歌。
横浜で対バンしたときに
そういう時しかやらないって
言ってた曲です。
もう当分聞けないだろうな。

続いて『俺達は明日を撃つ!』
シミさんもベース弾きながら
ちょいちょいピストルの形を作ってたのが
印象的。
にしても、、、この日のシミさん
照明のせいか
顔がすごーく真っ白でした。

「久々に、聞いとく?
滅多に聞かないよ。
お前何流?俺流!!」
増子さんの一人ツッコミ?!の『俺流』
これはかなりレア曲。
ライブでは初めて聞きました。
だって、、「(怒)」に入ってるんだもんね・・
そりゃー古いわ。

そして『旅路』
この歌は泣けるねぇ・・
王子とのコーラスもホントいい感じで。
ジーンと聞き入ってました。
そこからの『ド真ん中節』
この流れ、、最高によかったです。
しかも、照明がステージのみが明るくなる感じになってて
余計に感動的でした。

『ド真ん中節』はいつも全力を出し切って歌う増子さんに
全力で演奏する王子にシミさんに坂さん
曲が終わってどうなるの?って心配してたんですが
ちょっと間をおいて
インストの曲でした。
何でもギターマガジン40周年?かの特集号で
制作したという『ギター・マガジンの歌』
あまり覚えてないんですが
かっこいい曲でした。

そして『吠-HOEROU-郎』
まさかこの曲聞けるとは。
ちょっとビックリしました。
なんて言うか、、
CD聞いてて
これはライブではやらないだろうなーって
勝手に思ったりしてる曲がいくつかあって
そのうちの1曲だったんで。
別に理由はないんですが
なんかそう思ってたんですよね。

で、『GREAT NUMBER』
やっぱりこの曲は最高です。
まさにGREAT NUMBER!!
また大きな会場が似合うんですよ、この曲。
合いの手とか拳上げたりとか
すごくカッコよかったです。

「まさか中野サンプラザでライブやるとはね。
俺の中では野音までだったから。
友康、BIGINのライブ見に来たんでしょ?」っと
つい先日、ここに見に来たという話を。
しかもドリンクカウンター見つけて
お酒買って中に入ろうとしたら
持って入っちゃダメって言われ、まさかの入り口で一気飲み。
しかもビールなかったからって
ハイボール2杯を買っていて
それを一気飲みすることになったとか。
なのでいい感じで酔いが回り
ライブが見れた、、とか(笑)

時事ネタ?!ももちろんあって
年末に出頭してきたH容疑者についての話で
あの写真見たときコレクターズの4人の
パーツパーツを合わせた顔だって思ったという増子さん。
いやぁ、、、、それは流石に( ̄▽ ̄;)

話に火がつき(笑)
「正月は何してたの?」っとシミさんに
「三が日は、、ずっとお酒飲んでた」っと言うと
「毎日でしょ?」っとツッ込む増子さん。
すると「昨日は抜いたもん」って言い返すも
「それ、別に褒めることじゃないですけど」って
バッサリ。。

坂さんは1/2 新宿ロフトの先輩のライブに参加し、
歌声を披露して会場を引かせたとか。
で、増子さん、坂さんの年末話を暴露。
部屋が全然片付いてなくて
でも正月らしく鏡餅とお正月飾りとを買いに行ったのに
まさかの鏡餅を買い忘れてしまったらしく
「で、どうしたと思う?
仕方ないからってサトウの切り餅2つ重ねて
神棚にの上にドン!って。
それはないでしょー
俺が神様だったら絶対に怒るね。
そんなご利益を無駄にするヤツには
ご利益は来ねぇーっつーの。」って。
あはは~坂さんらしいです(笑)

「友康は?」
「えーっと、、俺は、ちょっと北海道に帰ってました。」
続きがあるかと思い待ってたけど
これで終わりだったみたいで
しばし沈黙・・・(笑)
思わず増子さん「ちょっと?」ってツッ込むと
それでもやっぱり
「あ、ちょっと北海道に帰ってのんびりして、
そしてこっち戻ってきて練習したりして、、、」って
相変わらずの王子。
でも増子さんは王子イジリはあまりしないですよね。
「あーやっぱ、この年になると
正月はのんびりしたいよなー」って。

そんな増子さんは
実家に帰って、ガッツリ風邪引いて寝込んでたそうです。
今日も間に合うか厳しかったくらいだったとか。

「なんか、、、俺、しゃべり過ぎか?」と気にする増子さん。
それに対しすかさず王子が
いいやって仕草をしてたのが
なんかグッときちゃいました。
「一人で楽しくなっちゃってるけど、、大丈夫?
でも、曲やっちゃうとなー
(ライブが)終わっちゃうんだよなー、、、」って寂しそうに
名残惜しそうに言う増子さん。
高校でパンクバンド始めた頃に
獅子舞かぶって中野サンプラザでライブやるようになるとは
思ってもいなかっただろうなーって。
あの頃の自分に教えてやりたい。
きっとガッカリするよ。
でもそういう(ドリフ的な要素)部分が大半を占めていた結果が
これだから、しょうがないな、、って。

「いや、でもホント
今年はいい年になるよ。
じゃー今年も、、
やっぱりこれがないと生きていけないでしょー」
そう言って始まったのは
『NO MUSIC NO LIFE』

 音楽のない人生なんて
 お前らのいない 中野サンプラザみたい
 寂しすぎるゼ やる意味ないゼ

そう、誰になんと言われようと NO MUSIC NO LIFE です。

「正月が来たということは
みんな一つ大人になったということだ!」ってことで
『オトナノススメ』
そして『ニッポン ラブ ファイターズ』
もう、、息つく間もなく・・です。
増子さんが広いステージアチコチ動きまくって
歌ってました。

そしていよいよラスト
やっぱりこれですね♪『酒燃料爆進曲』
エア乾杯しました。
坂さん雄たけびは ドラゴンロック!
でしたっけ?
あっという間に感じましたが
2時間弱はあったみたいです。

そしてアンコール。
ステージに照明が付かないままでメンバーが登場。
何で?って思ってたら
バックの幕が開いて
なんと!琵琶を奏でる琵琶法師の方が!!
すげぇ~
もちろん、琵琶とくれば『祇園精舎』です。
初めてかも、、琵琶の音色をちゃんと聞いたのは。
すごくいい音でした。

そこから新曲『DO RORO DERODERO ON DO RORO』を
その琵琶と一緒にセッションで披露。
ロカビリーな感じで
カッコいい曲でした。
ちょっと、、歌詞とかまともに聞くと
ププってくるところもあったように思いますが、、、(笑)

で、何もMCとかもなく
そのままアンコール終了。。

引き続き、、ダブルアンコール。
「ありがとう!さっきの、(琵琶法師)すごかっただろ?
あれ、、大先生ですからね。
そうそうは呼べないよ。

最後に、『歩きつづけるかぎり』という
新曲をやりたいと思う。
この曲は、、俺たちと今日ここに集まってくれたみんなの
今年の指針になるであろう曲で
詞書いてて、本気で泣いた。
それくらい分かりやすくなってる
ほんとにいい曲ができたと思ってる。
そういう曲しか出さないから。

いやぁ、、でもね、ホント今年はいい年になるよ。
いいライブやったって
こないだのマリーズみたいに
終わっちゃったらさ、、
でも、俺たちはこれからもずっと続けていくから。
いや、でも分かんないよ。
明日急にね。

やっぱ、バンドっていいな。
もちろんメンバー4人全員大切だけど
それだけじゃない、メンバーには、ここにいるお前らだって
入ってんだから。
いろいろ今年もあると思うが、誰かがおまえらの手を離したとしても、
俺たちからは絶対に離さないから。」

かなり記憶がグチャグチャで
確かそんなこと言っていた、、って薄っすらとした記憶を
書いていますんで
嘘だったらスミマセン(ノД`)アウアウ…

でも、そんな泣きそうなことを連発しながら
説明をして
披露してくれた新曲
かなりグッと来る曲でした。

曲が終わると寅さんのテーマが流れ始め
メンバーが一列に並んで
今年の抱負を順番に。
まずはシミさん「辛いこととか嫌なこととかもたくさんあると思うけど
今年も笑顔で笑い続けていたい。
それをみんなに届けられたらいいなーって思います」

王子は「新曲2曲だけじゃなく
いい曲がどんどんできていてそれを早くみんなに聞かせたい。
今年はドラゴンパワーでドンドン行きます!」って
何やら増子さんが作ったという
ちょっと奇妙なダルマ(遠くてよく見えなかったけど
多分坂さんダルマ?!)を片手に
いつもの身振り手振りで語ってました。
にしても、王子
ドラゴンパワーだの
ドラゴンロックだの
今年はかなり攻めの姿勢なのかしらん?!(笑)

そして坂さんは「地道にコツコツ
大人の階段を昇って、、とにかく頑張ります」
、、、若干スベった??ゞ(≧ε≦o)

最後、増子さん「両A面のシングルが出て、同時にDVDも出る。
そして、4月にはオリジナルアルバムが出ます!
それを引っ提げてのツアーも決まってる!
これは、、おもしろい企画をまた考えて・・・
ホールではホールの良さを
だけど俺たち、ライブハウスでのライブのよさも
もちろん知ってるから、いい気になってこれからホールで、、なんてことは
全く思ってないから。
なんてね、大きな目標たてても
どうせみんなあれでしょ?宿題は最後の日ギリギリになってから
やってたタイプの人でしょ?
俺たちもみんなそうだから。
だから目の前の小さな目標からちょっとずつね。

そして、最後に。
俺たちとここに来た人と、みんなの大切だと思う人“だけ”が
幸せになるように!
一本締めをしたいと思う!」

ヨォーッ! ポン!!

「ありがとう~!!!」
天井からはヒラヒラ金銀の紙吹雪が落ちてきて
なんとも言えず感動的な終わり方でした。

「何度もぶっ倒れそうになったし
まさかの、『旅路』でギア入っちゃって、、、どうしようかとも思った」って
そんな増子さん、最後の最後まで
袖で深々と頭を下げ
手を振って帰っていった姿が
またしても感動でした。

いいライブだっただけじゃなく
次のお楽しみまでもいただいちゃって
ホント最高の1日でした。
120115_230956.jpg

<セットリスト>
 01.俺様バカ一代
 02.ロクでナシ
 03.宿六小唄
 04.生きててイイですか?
 05.N・C・T
 06.喰うために働いて生きるために唄え!
 07.オオカミに捧ぐ
 08.俺達は明日を撃つ!
 09.俺流
 10.旅路
 11.ド真ん中節
 12.ギター・マガジンの歌
 13.吠-HOEROU-郎
 14.GREAT NUMBER
 15.NO MUSIC NO LIFE
 16.オトナノススメ
 17.ニッポン ラブ ファイターズ
 18.酒燃料爆進曲

 EN1.
  祇園精舎(※琵琶ソロ)
  DO RORO DERODERO ON DO RORO

 EN2.
  歩きつづけるかぎり

またしても、、セットリスト撮り損ねました。。
次は必ず!
1142695762_249.jpg