So-net無料ブログ作成

ARABAKI ROCK FEST.11 ~2日目 [音楽]

台風きてるって。。
しかも9/3の天気予報
久々に見た 暴風雨 だって(笑)
93.JPG
The Birthdayのツアー初日だってのに。
晴れバンドらしいので
きっと明日には
台風の進路、変更してると信じてますゞ(≧ε≦o)

さて。
今日は8.28アラバキ2日目について。

この日は前日のバスの待ち時間があったので
少し早めに出発。
これが大正解?!で(笑)
30分くらいの待ち時間でバスに乗れました。
10時前に会場へ。
お天気は1日目よりもよくて
雨具は置いていったんですが
足元は泥濘が所々あったりしたので
譲っていただいた長靴で行きました。
これが1日目も2日目も
大活躍でして♪
いやぁ~よかったです。

この日は陸奥ステージ方面の入り口から入場。
110828_094143.jpg
心なしか
入り口のゲートも
少しシンプルな作りになってる気がしました。

ピースマークは
トトロの森のような感じ★☆
110828_094702.jpg

まずは
 11:00 子供バンド(陸奥)
いや、、正直、全く知らないんです。
でもGWに行ったJAPAN JAMで
奥田民生が
もし子供バンドが復活ライブするなら
絶対に行きたいから
この日の出演は早めでお願いしたって話を聞いていて
そこまでして見たいバンドって
どんなバンドだろう~っと
興味を持ったもんで・・(笑)

Vo/Gtがうじきつよしさんの4ピースバンド。
うじきつよしさんのみ
登場がいきなり
あの陸奥ステージにある
遊具の上からで
かなりのハチャメチャっぷり。
衣装もメンバー全員そろえたり
弾いてる時に
簡単な振りをそろえてつけたりと
少~しユニコーンも
影響受けてるんだろうなーって
感じの雰囲気でした。

でもって
楽しかったー♪
曲もポップなロックで
聞きやすかったです。
民生が曲をプロデュースしてる曲も
ありました。
往年のファンとかも結構来ていたようで
かなり盛り上りました。


いい気分になって次へ移動。
この日見たいライブは
見事なまでに陸奥⇔磐越の往復状態でしたが
それは絶対に無理なので
とりあえず、、
磐越方面でずっといることを選択。
っということで
玉こん&ビールを両手に(笑)
移動。
110828_115002.jpg

 12:10 元ちとせ(磐越)
何年か前に
アラバキの津軽で見た元ちとせが
すごーくよかったので
また機会があれば・・っと思っていました。
今回は昼間の磐越。
これまた昨日と同様
ほんわかした雰囲気で
よかったです。
でも、流石はテレビに出てる人!(笑)
お客さんは多かったです。

時間を10分勘違いしていて
トイレに並んでいたら
いつの間にか始まっていて
聞きたかった『わだつみの歌』は
移動しながらになってしまったのが
ちょっと残念でしたが
非常に素敵なライブでした。

洋楽?か何かのカバーメドレーとかもあったり
新曲も歌ってくれたり
こういう機会じゃないと
絶対に見れないライブを見られるのは
やっぱりフェスの醍醐味です♪

最初は端っこのブロック2列目にいたんですが
途中で最前の人が抜けたため
そこへすかさずIN!
この後ずっと磐越で見る予定だったので
(おまけにこの日の私的メイン!)
うれしい最前ゲットです。


 13:30 髭(磐越)
時間帯的に暑くなってきました。
今回、雨もそうですが
気温もいろいろ予想が付かなくて
どんな服装でいればいいか、、とか悩みましたが
そんな心配全く必要ないくらい
いいお天気&暑い気温で
フェス日よりでした。
またしても・・・日焼けしてしまった。。

髭ちゃんは
リハからメンバー続々と登場し
恒例の曲もほぼフルで演奏してくれました。
しかも、、
リハやってる時って
まだ始まってないのよ的な
知らんぷりした顔でやるバンドが多いです
髭ちゃんの場合は
手振ったら振り替えしてくれるし
ニコニコこっち向いて笑ってくれるし
かなりフレンドリーな雰囲気。

この日のリハは『B級プロパガンダ』と
『せってん』あと新曲でした。
確か新曲やる前
「じゃーちょっと新曲やっていい?」とか
お客さんに話しかけたり
してたかも♪
ストーさんの衣装が
何とも中性的で
それがまたお似合いで
素敵でした。

リハが終わり
一旦引っ込んでジングル待ち。
そしてジングル鳴ると
待ってました~かの
大歓声。
メンバーはそれぞれいろんな国の国旗を
肩にかけて登場。
そして後ろを向いて
その国旗を披露してスタンバイ。
ストーさんは日本でした。

1曲目は
『ブラッディ・マリー、気をつけろ! 』から。
そして繋ぎのアレンジ入り
『ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク』
この曲のイントロがジワジワ鳴って
 フフッフーッ!!
っと爆発するかのように歌が始まるとき
実にゾクゾクします。
どんなに疲れてても
ジャンプしたくなっちゃいます。
この日はまだ2曲目だったので
元気モリモリでした♪

続いてはタワレコ限定CDの曲
『ロックナンバー』
今回、髭ちゃんタワレコブースでのサイン会対象商品は
コレのみでした。
シングルなので500円!
でも、、、恐らくサイン欲しい~って思うファンは
とっくに買ってるんじゃないかな?
なーんてね。
私は買ったなかったし
サインがもらえるなら買ってもいいかなーとも思ったんですが
サイン会の時間にうまくそこに行けるかどうか分からなかったし
それで時間を拘束されてしまうのも嫌だったので
今回はやめました。
髭ちゃんのサインは
全員分持ってるし。

「アラバキ!
僕たち、夏の仙台は初めてなんだよね。
もちろん、仙台には何回も来た事あるけど
夏の仙台は初めて。
言うなら夏の東北は初めてなんだけど
いいじゃない!
さっきまで曇ってたのに
見て!今じゃすごく青空が!!」
そんな感じで次の曲
『青空』へ。
青空の下で『青空』
何とも言えず素敵です。

そして待ってました~『テキーラ!テキーラ!』
ストーさんもおかしなくらいなテンションでしたが
斉藤さんもかなりテンション高かったなぁ(*´艸`)ププ
「最高だよ。
今日来てるお客さん、みんな大好き。
今までの人生で会って来た人たちの中で
一番好き。
結構長いよ、、僕の人生。
だからもし、僕が死んだら
お墓にお線香くらいあげに来てよね。
みんなにはそれくらいの義務があるんだから」
こういうMCは
ほんとストーさんらしいっす。

『ロックンロールと六人の囚人』は
文句なしに盛り上がって
最後は『虹』

最高でした。
盛り上がりも最高だったし
セトリも
キュンっとさせられる感じだったし
何しろ、ストーさんが楽しそうに踊っていて
かわいかったです。

<セットリスト>
 リハ
  B級プロパガンダ
  新曲(旅のやつ)

 01.ブラッディ・マリー、気をつけろ!
 02.ハリキリ坊やのブリティッシュ・ジョーク
 03.ロックナンバー
 04.青空
 05.テキーラ!テキーラ!
 06.ロックンロールと六人の囚人
 07.虹


終わった瞬間にものすごい押しが。。
当然、髭ちゃんで抜ける人もいますが
たいていはそのまま引き続きって人が多かったし
私の後ろにいた人なんかは
完全、髭は前陣取るためだけにいたって人でした。
・・・だって、、髭の時全く動いてなかったもん。。
そういう人が最前取っちゃうの
ちょっとイラっときます。
ってことで次は
 14:40 The Birthday(磐越)
私としては非常にうれしい連続の2組。

始まる前には
すごーい人でした。
もう後ろ振り返るのも大変ってなくらい
ずっと押されてました。

ジングル鳴るともちろん大歓声。
SEと共にメンバー登場。
キュウちゃんは夏の野外だからか
白いシャツ。
フジイさんは黒い半袖シャツ。
この日は胸元少し開襟してました(笑)
ハルキとチバさんは
いつもの感じ。
ハルキ、このシーズンは
つなぎなのね♪

チバさん第一声
「よく来たね。ぶっ飛んで帰れよ!」って。
きゃぁ~(*´ー`*人)。
なんか、、よかった。
普段は「ハッロー」とか
「アウゥッ!」とか
雄たけびだけから始まることが多いのに
この一言、いや二言か、、は
なんかチバさんなりの
ここ東北地方の人へのメッセージのように感じました。

そこから1曲目は『ホロスコープ』
もうだいぶお馴染みな曲になってきました。
みんなが拳をあげたりするタイミングも
同じになってきたし。 

続いて『SとR』
前回、、Zeppでやった時
最後の
 そんで踊れ 俺と踊れ
って掛け合いっぽくなるところ
キュウちゃん、歌ってなくて
 俺と踊れ
って部分がなかったんですが
今回は1回だけ・・歌ってました。

何やら雄たけびあげてたっけ?
そして『Buddy』
これはマジ盛り上がります。
何てったって
 夢のような時間がきたのさ
 2時間ばかしの永遠に続く
って。
まーさーにー!!!って
聞くたびに毎回思うのは
私だけしょうか。
それだけでテンション上がるっつーの。

フロアの盛り上がり具合を見て
少しうれしそうなチバさん。
そしてもろうれしそうなキュウちゃん。
この日のキュウちゃんは
すごく楽しそうな顔してたなぁ~
フジイさんは
ギターソロで
これでもかーって
バリバリ前に出てきて弾いてるし
ハルキも
よく歌詞を口ずさんでました。

あの太陽の下で聞く
『カレンダーガール』は
最高!
以前、、、真昼間のThe Birthdayって
想像付かない
なーんて言ってたことありましたが
ぜんぜん有りでした(笑)
カラっとした気候が
すごく合う気がしました。

「天気が良くて何よりですね」っと
キュウちゃん。
するとチバさんが
「虫が口の中に入ったんだけど、、、
あんまし美味しくなかった。。」っとボソっと。
あはは・・
不味かったって言わないところが
チバさんらしいというか。。(笑)

そしてフジイさんがギターを弾き始め
それに合わせてチバさんが自分のギターを
高く掲げて
始まったイントロは『なぜか今日は』
そこでまた歓声があがります。
その気持ち、分かるよー♪
わぁ~って言いたくなる始まりだもん。

で、今日は日曜日だけど(笑)
『Saturday Night Killer kiss』
いや、ま、
土曜にしかやらない曲
じゃーないですからね。

『涙がこぼれそう』
恒例のイントロ弾き語り部分。
始める前に「カモーン!」って言ったもんで
早くから歌い始める人がチラホラいたら
正しい入りの時に
チバさん「ここから!」って。
 俺さ 今どこ?
に対し
「今はアラバキだーっ!」

最後は『Ready Steady Go』
かっこいい~
「グラシアス!」
「またね~」
最高でした。

<セットリスト>
 01.ホロスコープ
 02.SとR
 03.Buddy
 04.カレンダーガール
 05.なぜか今日は
 06.Saturday Night Killer kiss
 07.涙がこぼれそう
 08.Ready Steady Go


フゥ。。
とりえず、、ご飯、ご飯。
トイレ、トイレっと
ひとまず磐越を離れました。
が・・
この後、
 16:25 マキシマムザホルモン(鰰)
 16:50 ARABAKI BLUES(磐越)
 17:30 怒髪天(荒吐)
っとあって
さて、どうする??

結局、ホルモンはあきらめ
花笠ステージ横のフードコートで
パエリアを。
110828_155437.jpg
これ、ちゃんと本場イタリア~ンな方々が
でっかい鍋でグツグツ作っていたので
思わず買ってしまいました。
ちょっと焦げが固くって
予想よりイマイチでしたが(笑)
風の草原キャンプサイトのあるエリアは
のんびりとしていて
休憩にはもってこいな場所でした。
知らなかった~
そんな場所があったなんて。

しばしその辺りウロウロしたり
ベンチで休んだりして
 16:50 ARABAKI BLUES(磐越)へ。
これは
池畑潤二さんプロデュースの
セッションライブです。
メンバーは
 花田裕之(ROCK‘N’ROLL GYPSIES)
 浅井健一(PONTIACS、SHERBETS)
 チバユウスケ(The Birthday)
 百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)
 ヤマジカズヒデ(dip)
 井上富雄
 渡辺圭一(HEATWAVE)
 クハラカズユキ(The Birthday)
 ヤノ(POLYSICS)
っと、、これまたいい感じのメンツ。
時間があったら
ずーっと見ていたいところでしたが
なんせこの後に怒髪天があるため
どうやっても途中退散です。

なんとかチバさん
もしくはキュウちゃん
最初に出てきてくれないかなぁ~っと
期待してたんですが
トップバッターはベンジーでした。
いや、でも
そんな気はしてました。。
そして1曲か2曲だけの演奏かと思ったら
意外にも1つのセッションで
5曲くらいやるという。。
こりゃー無理だな・・
とりあえず次のメンバー次第で
荒吐ステージへ移動しようと決めたところ
次は花田さんグループ
。。。っとういういことで
ここで退散。

とりあえず、、拾っていたセトリ。
ちょっとホッとしたのは
花田さんグループの後も
チバさんは出てこなかった、、っということ。
キュウちゃんは出てきたけど。。

【池畑潤二、渡辺圭一、浅井健一(JUDE)】
1.カリブの海賊の宴会
2.Brand New Cadillac (Vince Taylor カヴァー)
3.サニーのチョコレート
4.Joney in my pocket
5.DEVIL

【池畑潤二、井上富雄、花田裕之(リトル・ルースターズ)】
6.Fool For You
7.Leather Boots
8.Dissatisfaction
9.どうしようもない恋の唄

【池畑潤二、井上富雄、花田裕之、クハラカズユキ、ヤノ(トリプルドラム)】
10.Wipe Out
11.Around And Around
12.We wanna get everything
13.I'm a king bee

【池畑潤二、渡辺圭一、ヤマジカズヒデ、チバユウスケ、百々和宏(ツインボーカル)】
14.What goes On
15.新型セドリック
16.T.V Eye←百々こっから
17.MONEY

【ARABAKI BLUES ALL STARS】
18.Sweet Home Cicago
19.ロージー(Vo:花田→ベンジー→百々→チバ→ベンジー→花田)

で、超~ダッシュで
荒吐ステージへ。
 17:30 怒髪天(荒吐)
時間15分弱しかなくって
もう1曲目は捨ててもいいやとまで思ったくらい。
だけど何とか、間に合いました。
しかもスルスルっと
シミさん側の前の方まで行けちゃったし。
荒吐ステージは
この辺りでも充分良く見えるし
スペースタップリで自由に動けるしで
いい感じでした。
持ってた荷物
下に置いて楽しみました。

いつものSEでメンバー登場。
みんな黒系のシャツでしたっけ。。
 ※訂正。。増子さんは赤いシャツでした(汗)
シミさんはTシャツ。
「よく来た~」っと1曲目は
『はじまりのブーツ』から。
なんと!
それだけでジーンときちゃうじゃないの~。。

そこから『男は胸に…』
これもすごくいい曲。
そして『キタカラキタオトコ』と
曲は続きます

「いいのか?あっちでは
~くだらねぇ・・・・ってやってるのに。」っと
増子さん、いきなり自虐ネタ(笑)
そう、裏では陸奥でエレカシだったんですよねぇ・・
「あんなことがあって
歌なんて歌ってる場合じゃないって
思った時もあったけど
俺らに出来るの、これしかないから。
だけど歌を歌ったって
ツライ思い出や悲しみを
忘れさせることはできないかもしれない。
でも、楽しい思い出を
一つ作ってやることはできんじゃないかって。
だから思いっきり楽しんだらいい。
普段、こういったフェスでは
踊れーっ的なお祭り騒ぎの曲ばかりをやって
それが役目だと思ってるんだけど
今日だけは違う。
どうしても届けたい歌があるんだ。」

そう言って『そのともしびをてがかりに』
感動~。。。((ノω<〃)
磐越にいたとき
もうこのままここにいて聞いててもいいかなーとか
思ったりもしたんですが
いや、やっぱり
怒髪天見にきて良かったです。

そして増子さんも使ってました
花道~!!(笑)
遠くから見ると
まるでこの前のZeppの時みたいに
お客さんの中に入って
歌ってるかのような光景です。
飲んで飲んで飲みまくれ~っと
『酒燃料爆進曲』
坂さん雄たけびは アラバキ!っと
いたってシンプル(笑)

「昨日、前夜祭があって
そこで奥野とキスした話。
あれ、別に奥野が好きだからじゃないですからね。」
っと、、
『いけないルージュマジック』の際の
出来事について弁解?っていうか
説明??(*´艸`)ププ
本家で、教授と清志郎さんがキスをするという
衝撃的なPVがあって
それを再現したとのこと。
「なんで奥野かって言ったら
キーボードなんだもん」っとのこと。
そうか、、、ある意味完コピ?!(笑)

で、その話がアチコチに出回っていたようで
「今日ソウルフラワーユニオンの楽屋前通ったら
?さんがギラギラした目で
増子ちゃん、昨日、奥野とチューしたんやて?
わしにもしてーや!」っと
言われたそうです。

決意表明の曲
『ニッポン・ラブ・ファイターズ』
王子もシミさんも
増子さんに続けとばかりに
花道に来るんですが
時折シールドが足りなくて
途中止まりだったり。。

そして最後は
『喰うために働いて 生きるために唄え!』
おぉ~
終わりかと思ったのに
もう1曲あってうれしかったです。

荒吐ステージのトリだってことを
すっかり忘れてて
アンコールの拍手してる人を横目に
後ろに下がっていったんですが
ワァーっと歓声が上がったんで
慌てて、元いた場所へ・・(笑)
アンコールがありました★

「バンバン行っとくぞー!!」っと
『オトナノススメ』で
大盛り上がり。

ワーイワーイっと喜んでると
続けて
 ラーラララーラーラララ~
っと『サスパズレ』へ。
そうそう。
お祭りなのに
この曲やらないなんてーって
思ってたんですよ。
アンコールにとっておいてくれてたなんて。

寸止めギターでは
まず1発目
「今頃、あっちの(磐越)方では
こんな風にここ(眉間)にしわ寄せて
やってるぞ。
あっち(陸奥)ではね、、
ここにいる人たちは
カッコいいもの好きじゃない人たち
ばっかり集まってるんだな。
今宵は月は出ないっ!(笑)
脇汗ガンガンあっちの方向に飛ばしてやろう。
臭いにおい飛んでけギターっ!!」

続いて、、
ちょっとどういう流れでそういう話になったか
忘れたんですが、、
後ろを振り向くと
居酒屋ずみちゃんが。(代理)
ちゃんとパンチパーマに
髭面でした(笑)
「去年はずっとこの格好で
いろんな人から話を聞いたりしてたけど
今はご覧の通り、、本職があるんでね。
代理にヒダカにやってもらってる」
っとヒダカさんの紹介して
「アラバキに来てるお客さん
全部ここに来いギター!!」

最後は
「このステージに出てる人たちは
みんなヒット曲がない奴らばっかりだ。
なので、ここで、今日
ヒットソングをつくろうじゃないかっ!
って、、歌詞ないパートに来て
そんなこと言ったりして。。」とか
言ってましたが
「ヒットソングを作ろう!ギター」
こんな感じで終了~

もう、、、ないでしょ。
だけど拍手は鳴り止まない。
増子さんは花道にいて
お客さんの方を向いていたんで
気づいてなかったみたいですが
いつの間にか
他のメンバーは捌けてしまってました。
「いやぁ、、そりゃ
もっともっとやっていたいのは山山だけど・・
もうダメでしょ?
終わりでしょ?」っと
スタッフに確認する増子さんの言い方が
すごく優しく感じました。

「うん、はい、ダメね。
え?いいの?
あ・・ダメだよね。
ほらーもうみんな(他のメンバー)帰っちゃってるし。
じゃー楽器演奏は無理だけど
歌だけちょっと・・」っと
再び『サスパズレ』の出だしの部分
 ラーララララーラララー
っとアカペラでみんなで大合唱!!
これはこれで
よかったです。
それでもまだ拍手するお客さんに向かって
「俺にも飲ませろよーっ!」っと(笑)

今度こそ本当に終了~
予定時間より
結構長くやってた、、と思います。
でも最高でした。

<セットリスト> 
 01.はじまりのブーツ
 02.男は胸に・・・
 03.キタカラキタオトコ
 04.そのともしびをてがかりに
 05.酒燃料爆進曲
 06.ニッポン・ラブ・ファイターズ
 07.喰うために働いて 生きるために唄え!

 EN.
  オトナノススメ
  サスパズレ
  サスパズレ・・アカペラでワンフレーズ


さてさて。
そんな訳で、終わって少しだけ見れるかな~っと
思っていた
 17:40 エレファントカシマシ(陸奥)
当然、、、見れず。。
今年は陸奥ステージでやるライブ
ことごとく見れなかったなー
あえて見なかった、、ってのも
あるかも?ですが。
どうも磐越と二分するよう組まれてるようです。

なので、次。
 18:25 MANNISH BOYS(津軽)へ。。
ビール片手に~って思ってたのに
津軽ステージには売店がなかったので
泣く泣く?!何も飲まずに。
運良く奥の方へ入っていけたので
そこそこ見れました。

どんな曲やるのか
さっぱり分からなかったんですが
多くは斉藤和義の曲でした。

にしても、、ドラムとギターのみの
ユニットって・・・って思ってましたが
これがめちゃめちゃかっこいい!
成り立つんですねぇ。
時々入る
コーラスというか
叫びというかの
中村達也さんの声が
よかったです。

『ずっとウソだったんぜ』も
やってくれて
「問題発言多いな~危険人物です」っと
斉藤和義にツッこむ
中村達也さん(笑)
「じゃーその問題発言の流れで、、、」っと
さらに風刺した新曲も披露。
あ、最初にやった『サルの惑星』も
そこそこ風刺してる曲か。

そのほか、、普通の曲だと
『Summer Days』なんかも。
あと、昨晩ホテルでペイチャンネル見て
スッキリして来たから
今日は調子がいいとか
下ネタも連発。

楽しかったです♪
またどこかでやって欲しいです。

見つけたセトリ(順番不明・・)
 01.猿の惑星
 02.僕のかかとはなかなか減らない
 03.ばかにすんなよ
 04.おおかみ中年(新曲)
 05.ずっとうそだった
 06.サマーデイズ


で。
既にこの時点で
 18:50 the HIATUS(磐越)
始まってる時間。。
ここから15分かけて行って
終わっちゃうかなー・・っとも
思ったんですが
これまた磐越ステージのトリなので
アンコールがある!っと気づき
頑張って行ってみることに。

これでこの日何往復目だ?!
ダッシュはせず
絶えず早歩きの
時折小走り状態。
風がそよそよ吹いていて
気持ちい気温でしたが
汗は噴出してきます。

『The Ivy』か『The Flar』辺りで到着。
思ったより早く行けました。
ちょうど最初のMCくらい。
並び順が前と変わっていて
細美さんがステージに向かって一番右端にいました。

「今日のこの日をものすごく楽しみにしてた人がいて
でも今日が来ちゃうと
もう何を楽しみにしていけばいいか分からないから
今日が来てほしくなかったって言ってた人がいたんだけど
GIPの人に確認してきたら
来年もまたやるって。
だからそれを楽しみにまた生きていけばいいじゃん」
みたいな。
さり気なく重大発言!(笑)

さらに、、
「恐らく、今年中にはThe HIATUS
アルバムが出来るはずだから(笑)
そしたら東北にめちゃめちゃたくさん
ツアーで来るからよ」っと。

「あーっっ、、、終わりたくねぇーっ!!」っと
久しぶりに見た細美さんは
相変わらずの細美さんでした(笑)

The HIATUSのライブも
ものすごく久しぶりで
普段もあまり曲を聞いてなかったりして
忘れてる曲とかもありましたが
『紺碧の夜に』とか
『ペテルギウスの灯』とか
好きな曲も聞けて
うれしかったです。

チケット・・取れるかどうか分かりませんが
早くツアー決まらないかなぁ~っと
思いました。
楽しみです!

<セットリスト>
 01.Snowflakes
 02.Bittersweet/Hatching Mayflies
 03.The Ivy
 04.The Flare
 05.Monkeys
 06.紺碧の夜に
 07.ベテルギウスの灯
 08.Twisted Maple Trees
 09.Insomnia

 EN.
  Storm Racers


ひぁ~。。。
疲れた。
でも、今回は初めて
後泊をすることにしていて
初めて帰りのバスの時間を気にせず
ラストまで見られる日だったので
再び陸奥ステージへ。。
 19:30 GTGGTR祭(陸奥)
これは
GRAPEVINE × THEATRE BROOK
   GREAT GUITAR FESTIVALのことで
ギターリフのカッコいい曲を
たくさんやろうよって
セッションみたいです。

なもんで、、、
とにかくどの回も
ギタリストがたくさん(笑)
あ、でも。一組1曲か2曲くらいしか
歌いませんでしたが。

メンバーは
 Vo&Gt 佐藤タイジ(THEATRE BROOK)
 Vo&Gt 田中和将(GRAPEVINE)
 Gt 西川弘剛(GRAPEVINE)
 Gt 長田進
 Ba 中條卓(THEATRE BROOK)
 Ba 金戸覚(GRAPEVINE)
 Dr 亀井亨(GRAPEVINE)
 Dr 沼澤尚(THEATRE BROOK)
 Key エマーソン北村(THEATRE BROOK)
 Key 高野勲(GRAPEVINE)
 Cho うつみようこ
 Cho 真城めぐみ
 Cho Leyona

そしてゲストは
 うじきつよし
 奥田民生
 KUMI&NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)
 斉藤和義
 須藤寿(髭)
 山本恭司(BOWWOW)
 吉井和哉 and more・・

っといった感じ。

私が着いた時は
ちょうどKUMI&NAOKIが終わった辺りでした。
で、次にギタリストで有名山本恭司さんが登場。
っと言われても残念ながら知らない方でした。
でもすごいギターテクニックでした。

うーん。。
知らないとちょっと楽しみも半減だなぁ。。っと
思っていたところへ
次なるゲストは
吉井さんと斉藤さん!!
ワーイ(*´ー`*人)。・
一気にテンション上がって
頑張って前の方へ入り込みました。
意外と・・
後ろより前の方が空いていました。

「え?コード何?」っと
ステージ上でコード確認する斉藤さん。
「あのーステージでコード確認するの
やめてもらえますか(笑)」っと
ツッこまれてました。

その次がうじきつよしと奥田民生

そのまま奥田民生が残って
メンバーと1曲やって
本編終了。

アンコールはもっとすごくて
ギター何本??ってくらいの
ギタリスト。
中には藤井さん(兄の方)や
王子もいました。
あと、ビール片手に増子さんも。
ストーさんはギターは持ってなかったけど
フラフラ踊りながらステージ上へ。

この豪華メンバーで
THEATRE BROOKの曲を演奏して
フィナーレ!!

今年は花火は上がらなかったけど
菅さんの挨拶で
来年、春、4/28、29に開催されることが
発表されました。
あと、、今年のアラバキのロゴを入れて
作ってもらったというギター
これ、実はこのライブでも演奏されてたんですが
それをチャリティーオークションに出して
落札金を全額寄付するんだとか。


そんなこんなで
終わりました~
21:45くらい、、だったかな。
そこから急ぎ足でバス乗り場へ向かい
22:30頃バスへ。
仙台駅へ着いたのは23:30頃でした。
夜行バス・・間に合うじゃん?!(笑)

2日目の感想
やっぱ、遠いよ・・・磐越。
そしてアラバキは最高っす!
でもHPで菅さんが書いてましたが
私も春のアラバキが好きです。
早くも来年の開催が発表されて
また楽しみが出来ました♪
110829_183747.jpg

110829_184024.jpg

ARABAKI ROCK FEST.11 ~1日目 [音楽]

はぁ。。(〃´o`)=3
今日は仕事に戻れるだろうか・・っと
ちょっと不安でしたが
4日も休めば
そりゃー山のように仕事がたまっていて。。
そんなこと思う暇もなく
時間が過ぎていきました(笑)

今日はまず、1日目:8.27の模様を。

8時頃ホテルを出発し
バス乗り場に行くと
もぉーーっ、、、ってほどの長蛇の列。
かろうじて自分達はそうはなりませんでしたが
並んでる人たちで
ビルの1画グルリと1周してしまうほどでしたから。
なんだかんだとまだ
いろいろ大変な状況ではあるから
バスもスタッフも
例年通りとはいかないのかもしれない。

1時間ほど待ち、ようやくバスへ。
そしてだいたい1時間ほどで会場へ。
10:30頃だったかな。
風の草原から入って
陸奥ステージ方面へ。。
やっぱり、、遠いよ。
おまけに道幅狭いし
人は多いし。
こればっかりは
今回結構大変でした。
せめて道を進む方向ごとに区画してくれてたら、、とか
あっちへ行くのはこっちからのみとかの
一方通行にしてくれてたらとか
ちょっと“道”に関しては
今後改良して欲しい1つであります。

とりあえず、、タワレコブースに向かい
怒髪天のCDを購入。
この日はサイン会があるのです。
持ってないCDを事前に確認して行って
買おうと思っていたCDが、、、なかった。。(ノω・、`)
でも頭にはなかったけど
これもいいかも♪っと思えるものが買えたので
よかったです。
サイン会参加権も無事もらえ
さらにはポスターまで!!
110829_184307.jpg
このポスターいい写真でね。
欲しかったのよ~っと
折り目付かずに綺麗に持ち帰ってきたのですが
・・・既に持っていた(笑)
あれ??

ま、それはいいとして
そのタワレコブースの脇の休憩スペースに
みんなで荷物置き場を作り
一先ず解散(笑)
フェスではホント個人行動になり
会わないと全く会わない状況になります。
ほぼ同じライブを見てるはずなんですけどねぇ・・
あ、そういえば
リポビタンDを無料で配っていました。
しかもフルに2日間!!
もちろん「ファイトー一発!」っと
雄たけび上げて(笑)
いただきました(´艸`)ムフフ

さて、ライブですが
予定では
 11:00 SEKAI NO OWARI(荒吐)
っと思っていたのですが、、
これ、間違ってまして荒吐ステージではなく
鰰ステージだったんですよ・・
それに全く気付かなくて
「あ、もう終わっちゃったんだ」って
勝手に勘違いしてしまい
とりあえずビール!&玉こんタイム
になってしまいました。

ほろ酔い気分で
 12:00 サンボマスター(陸奥)へ。
まだ前のバンドが
終わるか終わらないかくらいの時間帯だったため
サイドのブロックのフェンスのところにいけました。
これがかなり見やすくてよかったです。
始まる直前には
かなりの人で大混雑でした。

さぁ!いよいよ
アラバキでのライブ1発目スタートです。
ジングルを聞くと
ゾクゾクします。
やった曲は
やっぱり、いつもの感じと同じでしたが
何回聞いても
『I love you&I need you ふくしま』を歌う山口くんが
感極まって泣いているかのように見えてしまいます。

「お前らこんなもんじゃねーだろー
アラバキ!!」っと煽る山口くんですが
曲が終わると
「ホントは俺らは普段はもっと優しい
ファミリーコンサートのような
ライブをやってるんですよ。
でもTHE BACK HORNの松田くんから
激しいのやれって脅されて
今日はこんなのやってますけど。。
だからサンボマスターって
どんなライブだった?って聞かれたら
ファミリーコンサートみたいだったよって
言っておいてください」って。

このアラバキで
今年サンボのライブが見れてよかったです。
いつか、、ワンマン行かないとなっと
思いつつ
未だ手が出せてません。。

<セットリスト>
 01.青春狂騒曲
 02.世界を変えさせておくれよ
 03.I love you&I need you ふくしま
 04.あの鐘を鳴らすのはあなた
 05.その温もりに用がある
 06.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
 07.できっこないをやらなくちゃ


次に
 13:20 つじあやの(磐越)
再びあの遠い道のりを・・
お昼の磐越
さらにはお天気もよくなった磐越は
一瞬、今どこに来てるんだろーって
思ってしまいそうなくらい
のんびりとした雰囲気でした。

内容的には
メインのコミュニケーションフィールドで
食べたかったんですが
時間の関係でここでお昼。
110827_132336.jpg
沖縄そばです。
豚肉がトロトロで美味しかったです。
しかも!
柵の前に座れるスペースがあるんですが
そこが空いていたので
座りながら
つじあやのを聞きながら食べました。
なんて素敵な昼下がり?!(笑)

つじあやのさん、、かわいかったです。
ほわーんとしてて
曲もほわーんとしてて
ウトウトしそうになってしまいました。
あの有名な「風になる」が
聞けただけで行った甲斐ありました。


そこから再び
 14:10 ねごと(荒吐)
まだ全員が20になったくらいの
ガールズバンドです。
何気にガールズバンド大好きです♪

編成は4ピースなんですが
VoさんがKeyです。
みんなかわいかったです。
なので男性のオタクっぽいファンもちらほら?!(笑)
でも鳴らす音楽は
結構ロックでした。

Baの人が昨日?誕生日だったようで
抱負を聞かれ
「自分なりに頑張る」って答えていて
「それ、いいね」って
言われてました。

今後が期待されます。
チャットモンチーのように
ものすごく人気出ちゃうのかしら??

<セットリスト>
 01.インストゥルメンタル
 02.透き通る衝動
 03.ループ
 04.七夕
 05.メルシー・ルー
 06.カロン


続いてそのまま居残り
 15:00 noodles(荒吐)
久しぶりのnoodles。
noodlesは晴れバンドで
あの記録的な大雨の年でさえ
noodlesの時だけ太陽見えてましたから。
そしたら今年も
かなりピーカンになってしまい
暑かったです。
やっぱり、、雨女・雨男ってあるように
晴れ女・晴れ男って
あるんですね(笑)

noodlesは今年で結成20周年!
ねごとと立て続けに見たせいもあり
正直、、演奏面は
ねごとの方が断然上手いように
思えてしまうのですが(あくまでも素人目)
でもあの3人の醸し出す
オルタナティブな雰囲気は
他にはない魅力だと思います。

衣装もさり気なく
みんな足元のレギンスをブルーでそろえたりと
お洒落★
新しいグッズのTシャツも
かわいかったです。

この後、、Cocco(陸奥)をチラっと見て
サイン会に行こうかな~っと思ってたんですが
かーなりの人で混雑していたので
ビール買って
荷物置き場で休憩。。
あ、アラバキラヂオ:斉藤和義を
記念にほんの一瞬だけチラ見しました。
110827_161601.jpg
だって、ものすごい人で
一欠けらでさえ見るの大変なくらいだし
声も小さめになってるのか
あまり聞こえてこないし。。

荷物を整理するために
あと数口分残して地面に置いていたビール
さて飲もう!っと思ったら
こおろぎがダイブしていた!!ひえー!(◎0◎)
写メ撮り忘れてしまったけど。。
ビックリしました。

 16:30 タワレコブース:怒髪天サイン会
110827_162038.jpg

その前に、、
16:40~ アラバキラヂオがTHE BACK HORNだったんですが
始まるまで
松田さん&箭内さんが
9/14~6日間連続で行われる
LIVE福島の宣伝とチケット手売をしていて
松田さんのPRを見る事ができました。
110827_161509.jpg
ポスターかわいい♪

怒髪天サイン会
この日は増子さん&友康さんです。
整理番号順に並んで書いてもらいました。
待ってる間
みんな何気にお2人と会話してるので
何て言おう、何て言おうっと
必死に考えた挙句
「昨日、楽しかったです!」

の、前に。
まず握手して「お願いします」ってCD渡すと
増子さんが「これにサイン書いたら
どっちが本物か分からなくなるな~
ダブルマークだよ。」っとあの怒りマークについて
話しかけてくれまして♪
ちょっと話しやすくなりました・
「昨日、楽しかったです!」って言ったら
「楽しかったなぁ~いーっぱい練習したからなぁ」っと
「えーそうなんですか。またやってください!」
「また、やりたいねー」っと。

次に王子。
王子は流れ作業的に
増子さんから渡されたCDにサインを仕上げ
「よしっ」っとペンを置き
握手をしてくれました。
その際に、調子こいて
同じく「昨日、楽しかったです!」って言ったら
「ありがとう!!」っと
笑顔で応えてくれました。

ひゃ~緊張したけど
うれしいよー(。→ˇ艸←)
110829_184218.jpg
どうやらこの後最後まで残ってたら
王子弾語りで『サスパズレ』やってくれたそうですが
でもって
普段なら残っていたと思うのですが
この後、この日の私的メイン
THE COLLECTORSが控えていたので
ダッシュで荒吐ステージへ・・

っということで
 17:00 THE COLLECTORS(荒吐)
会場は思ったより人がたくさんいました。
そうか、、今やDO THE DOWNLOADで
一躍大人気ですもんね(笑)
でもって、、
先に着いていたお友達から聞いたのですが
サウンドチェックで
キュウちゃん&淳くん&アビさんで
1曲やったんだとか。
(加藤さん曰く、、サウンドチェッカーズ 笑)
えーっ・・・聞きたかった。
あ、でもそれ終わりで関係者エリアから出てくる
キュウちゃんオフショットを
目撃できましたけど♪

SEが鳴り加藤さん以外のメンバー登場。
コータローさんは物販のTシャツ
オリさんは黒地に小花の長袖シャツ
Qちゃんは黒っぽい上下
で、最後に登場の加藤さんは
やっぱりド派手なスーツ上下でした。

まずは1曲目『恋はヒートウェーブ』から。
いやぁ~素晴らしかったです。
野外で聞くコレクターズを
どんなに夢見ていたことか。
でもって、かなり盛り上がっていたし。

「俺たち、ちょっと洒落たバンドだから
野外は苦手なんですよ。。
だからフジロックも断ってるし」って
加藤さん。
相変わらずトークも冴えてます(笑)

『TOUGH』に続き
18枚目のオリジナルアルバムが
8月に出たのですが
そこからの曲『GROOVE GLOBE』
これがいい曲でね~
、、、ってまだアルバム
買ってないんですけど。。( ̄▽ ̄;)

そしてそのアルバムの中の曲には
震災後に作った曲もあるそうで
その曲は他でやるっても
ちょっとピンと来ない部分があるけど
今日はこの地だからこそ、やりたいと言って
『英雄と怪物』という曲を。
エコの時もそうでしたが
こういう社会派的な唄を
ロックに歌い上げるのは
コレクターズならではだなーっと
歌詞を聞きながらしみじみ思いました。

「東北は疲れて傷ついた心を
優しく迎えてくれる
おふくろの味噌汁みたいな場所」とのこと。
なので「いいね~みんな味噌汁みたいだ」って
それは、、褒め言葉なんですかね??(笑)

最後は『NICK!NICK!NICK!』に
『僕の時間機械』で盛り上がって終了。
そうそう、今年は荒吐ステージのセンターに
花道ができていました。
「これ、誰か使ってるのかな?
加藤さんだったら絶対に使うよね」っと
始まる前、噂していたんですが
予想通り、加藤さん
バンバン花道にやってきてくれてました。
最後はコータローさんとかも来てました。

最高でした!
次はぜひとも、RSRで見たい♪

<セットリスト>
 01.恋はヒートウェーブ
 02.TOUGH
 03.GROOVE GLOBE
 04.英雄と怪物
 05.NICK!NICK!NICK!
 06.僕の時間機械


次からのタイムテーブルが
かなり悩みモノ。。
この時間になっても
どうやって見るか(移動するか)
決めかねていました。

悩みに悩んだ挙句、、
17:20 斉藤和義(陸奥)は
Coccoと同じ理由で断念。  
次の日にMANNISH BOYSで
斉藤和義見れるしね。
そして
 17:45 SOUL FLOWE UNION(津軽)
 18:20 PONTIACS(鰰)
これは、、すっかりこの予定を忘れてマシタ。。
今思えば
SOUL FLOWE UNION(津軽)をチラッとでも
見に行けばよかったっと
ちょっと後悔です。
 18:00 アラバキラヂオ:怒髪天
こちらは、、
ライブ優先でやめました。
ってことで
今年は1回もアラバキラヂオの公開録音
見に行きませんでした。
110827_104211.jpg

なので、、とりあえず磐越方面へ移動。
本当は
 19:00 Theピーズ(磐越)
を少し見てから
 19:30 THE BACK HORN(花笠)
へ、移動しようと思っていたんですが
花笠ステージが
思った以上に低く
後ろだと恐らく何も見えないんではないか?!
っという予想のもと
早めに花笠ステージへ移動することにしました。

 18:00 KIMONOS(花笠)
時間的にはKIMONOSがやってる時間のはずが
なぜかセッティング中。。
しかも30分くらい遅れてライブスタート。
えーっ・・・
最初はKIMONOSだけが
遅れてたのかと思ったのですが
どうやら機材トラブルで
全般的に押し押しだったようです。
うぅ、、
それを知ってれば
THE BACK HORN後ろで少し聞いて
ピロウズに間に合うように移動したのに。。

っというのも
完全に30分以上の押しで
先に言ってしまうと
ピロウズは終わり4.5曲くらしか
聞けませんでした。
途中抜けようにも
入場規制がかかるほどの
大混雑だったため
出ることも出来ず・・

ただ、、
このとりあえず、、、で聞いていた
KIMONOSが
かなりよかったです。
向井秀徳さんって
ちょっと苦手だったし
打ち込みも多用してて
それもどっちかというと
あまり好きではなかったりもするんですが
でもなぜか、これはすごくよかったです。
かこよかった!

ってことで一応セトリ。
 01.Miss
 02.Haiya
 03.Yureru
 04.No Modern Animal
 05.Mogura
 06.Soundtrack To Murder
 07.Almost Human
 08.Tokyo Lights


終わるとものすごい勢いで
みんな押し寄せてきて
でもなんとか岡峰さんモニター前辺り
2列目に入り込めました。
みんな、、考えることは一緒なんですね。

もともとここのセッティングに1時間くらい
空きがあったので
何とか押した時間を
巻いてくれないかなーっと願っていたんですが
全然でした(ノヘ;)

 19:30 THE BACK HORN(花笠)
       ×掛川康典+永戸鉄也

いつものSEでメンバー登場。
もう、、すごい押しだったので
何着てたか忘れてしまいました(笑)
山田さんは黒シャツだったっけな。
盛り上がりもハンパなくて
「こんばんは。THE BACK HORNです」っと
山田さんがいつもの挨拶をすると
オォーッッと雄たけびが上がるほど。

そんな盛り上がりの中、
まずは『ブラックホールバースデイ』
そりゃーますます盛り上がるってね。
一応、、今回のこのステージは
映像と音の祭ってことで
後ろに大きなスクリーンがあり
曲によっては映像が映し出されていたのですが
正直・・
そんなの見てる暇もなく
全く記憶にありません(笑)

続いて、ちょっとセッションっぽい
繋ぎのアレンジがあって
『コバルトブルー』とくれば
いやぁ・・すごかった。
いつの間にか
ちょっとずつ端っこの流されていっていて
自分の位置を保つのも大変でした。

次に『雷電』
あ、この時の映像はちょっと印象的で
覚えています。
なにやらお経のようなものが
バラバラっと映し出されてたような気が。

「改めまして、THE BACK HORNです!
今年で11回目のアラバキが
無事開催されて本当によかったです。
我々THE BACK HORNは
11回連続出場で
その記録が途切れることなく
そして今回はこの初・花笠ステージで
今年も出ることができました。
最後まで盛り上がって行きましょー!!」
かなり記憶曖昧ですが・・
そんな感じの松田さんのMC。

MC明けは『アカイヤミ』
これも激しかったです。
山田さんの歌い狂う姿とか
栄純・岡峰さんの弾き狂う姿とか
すごかった~

そして『サニー』!
ワーイ♪
やっぱり『サニー』は大好きです。

「アラバキー!!
続けて行っていいですかー」っと
MCを挟むことなく
連続で演奏。
『光の結晶』
この曲だったか
もしかしたほかの曲だったかも?ですが
目の前辺りに岡峰さんが出てきて
弾きまくってくれて
かっこよかったです★

「ありがとうございました。
THE BACK HORNでした。
また、必ず会いましょう!
最後の曲聞いてください。」
うぅ。。
この“必ず”って言葉を
力強く言ってくれてたのが
ジーンときてしまいました(゜ーÅ)

『世界中に花束を』
この日はみんなでサビを歌いました。
照明がワーっと客席も照らしてくれてて
すごくよかったです。

<セットリスト>
 01.ブラックホールバースデイ
 02.コバルトブルー
 03.雷電
 04.アカイヤミ
 05.サニー
 06.光の結晶
 07.世界中に花束を


時間、、、20:45くらいだったかなー。。
そこから超ダッシュで磐越へ。
 20:15 the pillows(磐越)
同じような人も結構いました。
いやぁ、、疲れた。
途中人にぶつかってしまい
怒鳴られました(-ω-`;)

走ってる途中で聞こえてきたのは
『ONE LIFE』
到着するとすごい人でしたが
なんとかステージが見える位置まで進んでいけました。
だけど顔の表情とか
さわおさんがどんなTシャツ着てるとかまでは
見えないくらい遠い位置でしたけど。。

なんとか、、本編3曲
アンコール1曲
聞けただけでもよかったです。
だって、、
去年もTHE BACK HORNと被ってしまい
ピロウズを数曲聞いただけで
移動したので
今年はピロウズを見るっと思っていて
ピロウズTシャツ着て行っていたのに
これでピロウズ見れなかったら・・

さわおさんも
アンコールで「また必ず会おう!」って
言っていました。

<セットリスト>
 01.Advice
 02.I think I can
 03.Mr.Droopy
 04.インスタントミュージック
 05.Comic Sonic
 06.Funny Bunny
 07.ONE LIFE
 08.カーニバル
 09.LAST DINOSAUR
 10.ハイブリッドレインボウ

 EN.NO SURRENDER


花笠→磐越の移動で
一気に疲れたのと
気分的にテンション下がったので
 21:50 CARAVAN(花笠)
は見ずに帰りました。
磐越からバス乗り場は近いので
ちょっとうれしい(笑)

1日目の感想。。
この日はガールズ日和でしたかね(笑)
そして念願だったフェスで見るコレクターズ
最高でした。
来年こそは
ピロウズ最優先で見ます!

ARABAKI ROCK FEST.11 ~前夜祭 [音楽]

今度こそ本当に
私の夏が終わりました。。
首を長く長くして待っていた
ARABAKI ROCK FEST.11
110826_152709.jpg
終わってしまったよー・・
気付けば
もう8月も終わりなんですね。

っということで、、
行ってきました~
8.26~29 3泊4日で仙台。
往復はもちろん(笑)
青春18切符。
仙台まではあまり遠さを感じないのは
すでに何かが麻痺してるんですかね( ̄(エ) ̄*)

郡山で時間があったので
ちょい駅から出て
買って来ました♪
110829_000419.jpg

朝5時過ぎに出発して
仙台へは13:30頃到着。
まずはホテルへチェックインして
お昼!!
っと行きたかったんですが
(教えてもらった坦々麺の美味しいお店)
実はこの日は
前夜祭である荒吐宵祭へ行くことにしていて
それの開演が16時
会場へは1時間はかかるため
15時にはバスに乗りたいところ
、、、っとなると
14:30にはバス乗り場へ向かわないと・・
ってことで
今回は断念。
もろもろ準備して
コンビニでおにぎりだけ買って
会場へ。。


荒吐宵祭 GO!! ARABAKI11 GO!!
@磐越ステージ
出演:猪苗代湖ズ/ABKサクセション
   曽我部恵一BAND/JUN SKY WALKER(S)
   MONGOL800
   川崎中学校ブラスバンド部
110826_152645.jpg

エコキャンプみちのくへ着くと
薄っすら曇っていて
細かい霧雨が降ってる感じ。
気温も涼しく
半袖では肌寒く
早速持っていたウィンドブレーカーを着ました。
この後帰るまで結局脱がなかったな。。
地面も草が生えてるから
あまり大変ではなかったですが
多少ぬかるんでいました。

既に始まっていた
川崎中学校ブラスバンド部の演奏を聞きながら
入口からステージのあるところまで歩いて行き
やっと着いた、、っと思ったら
もう演奏は終了してました。

転換中に
グッズを購入。
実はこの日行くことを決めた理由の一つに
グッズの先行販売があったこと
・・だったりもします。
HPでも先行販売があったんですが
送料900円にどうしても手が出なくて(笑)
でもフェス当日だと
毎年オフィシャルグッズは
すごい頑張って並ばないと買えないし
うーん。。。
っと思っていたところに
ツィッターでグッズ販売情報が流れ
ならば♪っと思い。
奈良さんのとスヌーピーのTシャツ
もちろん、余裕~で買えました。
ワーイ(人´∀`o)

そう、来ている人の人数
かなり少なかったです。
全員がスタンディングゾーンに来ても
おそらくあの3つに分かれていたブロック
いっぱいにはならないんじゃないかな?ってくらい。
なので非常にゆるゆると
のんびり楽しむことができました。

タイムテーブルはコチラ。
826.JPG

まずは開会の挨拶から。
細かい内容は
すっかり忘れてしまったんですが、、、
今年は延期して夏の開催になりました。
いろんなことがあり
中止してもおかしくない状況で
こうやって開催することができ
だからこそ
どうしても前夜祭をやりたかった
みたいなことを言ってました。

そしてテーマは“忌野清志郎さん”
各出演バンドにお願いして
1曲清志郎さんの曲を歌ってもらうように
してもらったとのこと。
なのであのうさぎさんも
磐越会場にお目見え。
110826_153850.jpg

ライトアップVer.
110826_195455.jpg

まずはトップバッター
曽我部恵一BAND。
なんとこの日、曽我部さん40歳の誕生日だったそうです。
なんかスゴイ!
正直あまり得意ではない
曽我部恵一BANDですが
メンバーみんな
めっちゃ笑顔で
ホントに楽しそうにやっていたのは
なんかジーンとくるものがありました。
あれ?もう終わり??
ってなくらい
あっと言う間に終わった印象ですが
(5曲くらい?)
この日はどのバンドも
わりとそんな感じでした。
カバーは『君が僕を知っている』でした。

続いてはMONGOL800。
こちらはよーく知ってる
有名な人気ソングの連発で
楽しかったです。
カバー曲は
ウクレレ・アコギ・カホンという
アコースティックVer.で
『デイドリームビリーバー』を
披露してくれました。
ウクレレがこの曲の雰囲気にものすごく
あってて素敵でした。

次に猪苗代湖ズ。
猪苗代湖ズに至っては
持ち歌そうないせいもあって?!
カバー曲とちょっとしたセッションと
『I love youふくしま』のみで終了。
えー・・・
もう少し聞きたかった。。
だけど山口くんの歌声は
やっぱりいいなぁ~
『トランジスタラジオ』最高でした。

松田さん、最初眼鏡をかけて
叩いてたんですが
徐々にずり落ちてきしまい
最後、ズルっと下に落ちていく瞬間を
見てしまいました。
ちょっと笑ってしまいました。

そしてJUN SKY WALKER(S)
この日、これだけを楽しみに
来てた人が結構多かったように感じました。
特に小さな子供連れのお母さん。

「みんなカバーやってるけど
俺たちやらなくていいって言われたんだよ。」って。
あれ??(笑)
でもアカペラで『スローバラード』を
さわりだけ歌ってくれました。
途中ちょこっと楽器隊も加わって。。
「来年呼ばれたら完璧に歌う」とのことです。

ジュンスカの曲は
聞きやすい、分かりやすい曲が多くて
知らなくても充分楽しめました。
おまけに帰る前
「どうもS田S助でしたー」って。(笑)

いよいよトリは、、
ABKサクセション。
ツインギターで
しかもキーボードもあるし
並びはどうなるんだ??っと思ってたら
後列にドラムとキーボードが横並び
前列は王子Gt、Ba、Vo、フジイGtという順番でした。

SE、、鳴ってたっけ?
メンバー登場すると
なんと!全員甚平に麦わら、足はビーサンという
何とも夏祭りらしい格好。
x2_7ed8ff8.jpg

皆さん膝下生足状態で(笑)
普段見慣れない姿だったので
ちょっとドキドキしてしまいました。
でもって
フジイさんの足が綺麗なこと!
もうーうっとりです(。→ˇ艸←)

「よく来たー!」っと
増子さん。
「思った以上に人がいてよかった。
前列3列目くらいまでしか
人いないんじゃないか?って思ってたから」っと
嬉しそうでした。

まずは『サマーツアー』からスタート。
増子さんって
自分の曲以外の曲を歌うときって
けっこう歌い方、、変わりますよね。
この日はすっかり
清志郎さんになり切って歌ってました。

次に『い・け・な・いルージュマジック』
間奏の時
いきなり奥野さんにキス!
打ち合わせしてなかったようで
奥野さんがかなり驚いていたのが
おかしかったです。
「いや、一応やっといた方がいいかな?って
思って・・・」っと増子さん。
これは後日、怒髪天ライブのMCで
誤解されないようにと
説明していましたが
PVであるんですよね、、
私は見たことあったので
ぷぷっって感じでしたが
知らない人にとっては
何のことやらって感じだったみたいです。

「せっかくVoが他にもいるんだから・・」っと
今度はハルさんVoで『シュー』
ハルさんは清志郎さんが大好きで
歌ってると泣いちゃうからっと
Voを断ってたらしいです。
でも、やるってなって
最初に言い出した曲がこの『シュー』で
増子さんに「この曲じゃー泣かないでしょ?」っと
ツッこまれてました。
歌ってたら口に虫が入ってきたようです。
そう、夏のキャンプ場
虫がすごかったです。。

さらに!この日はなんと王子までVoを!!
曲は『チャンスは今夜』
歌い始めちょっと照れ気味でしたが
歌っていくうちに
どんどん盛り上がっていく王子が
かわいかったです。
曲が終わった後
「いい!すごくいいね。」っと
増子さんも大絶賛。

そうそう、他の人がVoをとってる時
増子さんはというと・・
コーラス係でした。
アゥーとぁフゥ~とか
合いの手?打ったり。

あとハルさんは
今度こそ泣けちゃう曲っという
『いい事ばかりはありゃしない』もVoを。
すると増子さんが
「ハルさんばかりイイ曲歌わせとくのはね」っと
増子さんも泣ける曲『スローバラード』を。
この2曲は
涼しい夜空の下聞くのには
かなりロマンティックな雰囲気でした。

今回のこの衣装について
「フジイくんのこんな姿は滅多に見れないよ。
かっこいいよね。
帽子も一人、かっこいいの被ってるし。
我々のはピーズの物販ですから。
ビーサンも物販という。
すぐ誰にでも真似できちゃう(笑)」っと。
そうそう、
なぜかフジイさんだけ
ハットが自前のかっこいいやつだったんですよ。

いよいよ最後はもちろん
『雨上がりの夜空に』
これ歌わないと
終われないですよね~
盛り上がったなぁー。

そしてアンコール!
なかなか出てこないので
ないかなぁ・・っと思ったんですが
出てきてくれました。
「じゃー最後だから、、大いに盛り上がるために
斉藤和義!つじあやの!
モンゴル800!曽我部恵一!
もーみんな帰った!!(笑)」
でも、なんとかジュンスカメンバーだけは
残っててくれてたようで
ステージに登場。
そして
「まさに学園祭だよね。
やる曲他にないっていう、、、
なのでまさかのもう一回!
『雨上がりの夜空に』」っと
なんと再びの演奏で
『雨上がりの夜空に』でした(笑)
計算じゃないところがいいじゃないの(*´m`)むふ♪

何回聞いても
いい曲はいい!!
そう言えば着いた頃霧雨が降っていたけど
いつの間にかすっかり止んでました。
20時頃終了。

<セットリスト>
 01.サマーツアー
 02.い・け・な・いルージュマジック
 03.シュー(ハルさん)
 04.チャンスは今夜(王子)
 05.いい事ばかりはありゃしない(ハルさん)
 06.スローバラード
 07.雨上がりの夜空に

 EN.雨上がりの夜空に


素敵なフェスの幕開けでした。
110826_152720.jpg

夏ノ暑サニモマケヌ [音楽]

rogo.JPG

只今、黒磯から郡山へ向かう電車の中です。
もう郡山までは何回か来てるせいか
車窓から見える景色とか
懐かしい~なんて思っちゃったり
すっかり常連さんになりつつあります(笑)

先週久々のライブがあってから
今日の出発までの約1週間
なぜかライブが立て続けにあって
結構大忙しでした。
なもんで今日になってやっと
タイムテーブル大検討会です(*´艸`)ププ

被りの時間とか移動とか全く考えずに
とりあえず見たいものを上げていくと・・


1日目:8.27
 11:00 SEKAI NO OWARI(荒吐)
      OGRE YOU ASSHOLE(花笠)

 12:00 サンボマスター(陸奥)

 12:10 LOVE PSYCHEDELICO(磐越)

 13:20 つじあやの(磐越)

 14:10 ねごと(荒吐)

 14:40 東京スカパラダイスオーケストラ(陸奥)  

 15:00 noodles(荒吐)
 
   15:30 アラバキラヂオ:斉藤和義

 15:40 真心ブラザーズ(磐越)

 16:00 Cocco(陸奥)
 
   16:30 タワレコブース:怒髪天サイン会

   16:40 アラバキラヂオ:THE BACK HORN

 1700 THE COLLECTORS(荒吐)

 17:20 斉藤和義(陸奥)  

 17:45 SOUL FLOWE UNION(津軽)

   18:00 アラバキラヂオ:怒髪天

 18:20 PONTIACS(鰰)

 19:00 Theピーズ(磐越)

 19:30 THE BACK HORN(花笠)

 20:15 the pillows(磐越)

21:50 CARAVAN(花笠)

なんか、、やたらと小刻みに
微妙に被りまくってるスケジュール。
斉藤和義とTHE COLLECTORSが被ったのが
かなり痛いんですが
でもここは絶対にTHE COLLECTORSに行きます。
なんてったって
フェスで見るの、、夢だったから♪

アラバキラヂオとサイン会が
また忙しい合間に決まっちゃって
悩まされます。。(つω;`)

CARAVAN終わりでもバスは動いてるんだろうか??
それによっては
あきらめるかもー・・


2日目:8.28
 11:00 子供バンド(陸奥)

 12:10 元ちとせ(磐越)

 12:15 10-FEET(陸奥)

 13:30 髭(磐越)

 14:40 The Birthday(磐越)

 14:45 ken Yokoyama(陸奥)

   16:00 タワレコブース:髭サイン会

 16:25 マキシマムザホルモン(鰰)

 16:50 ARABAKI BLUES(磐越)

 17:30 怒髪天(荒吐)
 
 17:40 エレファントカシマシ(陸奥)

 18:25 MANNISH BOYS(津軽)

 18:50 the HIATUS(磐越)

 19:30 GTGGTR祭(陸奥)

見事なまでの
陸奥⇔磐梯の交互という・・
これ、一番距離離れてるステージ同士だから
絶対に無理な訳で。。

久々?!
真っ昼間のThe Birthdayが見れますな(´艸`)+゚*。

そして髭のサイン会は
タワレコ限定シングルのみって
500円でサインもらえちゃうなんて
うれしすぎです!
買ってなくてよかった~

ARABAKI BLUES以後
どう動いていくか、、、
結構厳しい。。

っと。
ついに仙台に着く
最後の電車の乗り込みました。
なにもなければ
コレで無事辿り着きます。

では、仙台でお会いできる皆さん
よろしく~

オオカミよ上等だ生き急げ [怒髪天(2010年~)]

キャーキャー
ヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ
明日から夏休みだよー
そして待ちに待ったアラバキです。
只今、絶賛荷物準備中・・
思った以上にスーツケース
中身入らなくて
若干焦ってます。。(笑)

でも★
神の助けか?!
折りたためる長靴を譲ってもらえることになり
超ーラッキー!!
行きは持って行かなくていいんで(笑)
なんとかなりそうです。むふふ♪

さて、そんな心躍る中
8.24は
F.A.D YOKOHAMA 15th Anniversary
MUSIC MAKES ME STRONG!! <特別編>
ヨコハマジェットナイト VS ヨコハマブラッサム
@横浜・F.A.D YOKOHAMA
ギターウルフ VS 怒髪天
でした。
110824_181536.jpg

F.A.D YOKOHAMA、、、めちゃめちゃキャパ小さいハコだと
勝手に思ってて(ま、小さいは小さいんですけど)
そんなところで怒髪天やるなら
行かねばっ!!
っと、張り切って
店頭売りのチケットを買いに行ったんですが。。
思ってたほど小さくはなく
チケットも即完とかでもなく
ちょっと拍子抜けしたのは
事実ですヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ
110824_181603.jpg

平日の横浜
18:30開場ですが
チケット番号10番台だったので
余裕を見て半休取って行ってきました。
明日から夏休み取るっていうのに(笑)
会場は結構のんびりしていて
18:30ギリギリまで
特に番号順に並ばせることもなく
しかも呼び出しも1番~既に10人ずつっという
ちょーっといい番号持ってると
ハラハラさせられました。

中は、、、普通の四角いハコ。
縦長でも横長でもない感じ。
柵あり。
ステージの高さも・・標準的?
センター空いてましたが
そこは外して
王子の真ん前最前をGET♪
怒髪天って
増子さんがかなり動くので
センターよりは
端の方が逆によかったり
するんですよね。
っというか
基本、私は端の方が好きで
パッと見て
全員が一目で入る角度から見るのが好きです。

順番がイマイチ予想がつかなかったんですが
やはりギターウルフは先輩バンドだから?
先攻は怒髪天からでした。
王子の足元、、普段はあまり見れないから
ここぞとばかりに覗き込む♪
エフェクターがいっぱいあって
きれいに整列していました。

時間ちょい押しでライブスタート。
結構押されましたが
動けるだけの余裕はありました。
いつものSEでメンバー登場。
王子は唇柄の黒シャツ
坂さんは珍しく最初から物販のTシャツ
シミさんは青だかの
ラモーンズTシャツ、、だったっけ?
そして最後に登場した増子さんは
黒地に白い文字のシャツでした。

「良く来たーっ!!」っといつもの挨拶から入り
1曲目は『蒼き旅鳥』から。
なんとも・・テンションアガるじゃないの。
最前の柵とステージの距離があまりないので
ステージが近い近い。
セトリの紙を見ないようにするのに
必死でしたが
途中で最後の3曲が見えてしまった・・・

続いて、、『欠けたパーツの唄』っとくれば
もう、フロアの様子
想像つきますよね~
 拳をひらいて差し出せよ
って手を伸ばしたら
増子さんもグッとフロアに身を乗り出して
みんなにタッチしてくれてて
少~しだけ
手に触れました(´艸`)ムフフ
サビの oi!oi!っと言うところが
何とも言えず好きです。

そして『労働CALLING』
もう、増子さん、ずっと高いところに上って
歌いっぱなしで
正直、、あまり顔見てない印象(笑)
あ、でも、時々
最前の人の目の高さで歌ってくれたりしてて
その時はジーっと見とれて聞いてました。
そして王子もバンバン前に出てきて
ギターソロをキメていきます。

「良く来た~!!横浜!!
今日はギターウルフと
(っと若干噛んで言えてない 笑)
対バンで。
もうね、、ハンパないよ。
カッコいい!
そのギターウルフの良さが分からないヤツとは
俺、口聞かないもん。
さっきも楽屋でイロイロ話聞いてましたけど
もう既にガンガン飲んでますから。
すごいよね~
始まる前から飲んじゃったら
俺、今ここにいないよ。
責任感まるでなくなって
もう、いいんじゃね?帰っても、、って(笑)
ガンガン、ガソリン入れてますから。

そして横浜。
シュウマイ弁当食べた!!
数ある駅弁とか、食べるの大好きですけど
俺的ベスト3、もう決まってるんだ。
その一つに入るのがこのシュウマイ弁当ね。
これ話し出すと長くなるけど、、、
あの絶妙なシュウマイの数!
そして竹の子!あと干し杏!!
そして紙でできてる仕切りだから
食べ終わるとクイっと縦にして
折りたたんで捨てれるという。

じゃー、、この曲は
もはやギターウルフと対バンする時くらいしか
歌ってない曲。
もう、ギターウルフに捧げるために
作った歌ですから。
じゃーいってみよ~」
っと、、『オオカミに捧ぐ』
おぉ~そうだったんですねぇ。
まぁ、タイトルからして、そうか(笑)
王子のコーラスが
また冴えてました♪

続いて、
『宿六小唄~ダメ男に捧ぐ~』
なんかこれは久しぶりな感じがしたんですが。
それにしても増子さん
歌詞に合わせて
まるでお芝居をしてるかのように
表情が豊かです。
なのできっと音がなくて
見てるだけでも
歌詞の世界が伝わってくる気がします。

「横浜でー
ギターウルフとー
対バン!
だから恐らく、、、
聞かなくても分かってると思うけど
でも念のため聞いておく!
ロックでないヤツァ?」
 ロクでナシ!!
っと、『ロクでナシ』
そう言えば、、
サビで ロッケンロー!!って
雄たけびみたく入るコーラス
これ、シミさんがやってるのかと思ってたんですが
この日は1番王子、2番シミさんっと
変わりばんこにやってました。
いきなり最初の ロッケンロー!!で
王子が言ったので
ちょっとビックリしてしまいました。

「いやぁ、、、行列できなくてよかった(笑)」
やっぱ来ましたね(*´m`)♪
絶対MCで言うだろうなって
思ってました。
「だけど、関係あったって聞いて
驚いた人いないでしょ?
むしろそっちの人かと思ってたくらいだよ。
あれは逮捕されるね。
出なきゃ・・

そんなろいくーな話ですが
坂さん、、今日はそんな物販のTシャツなんか着て。
ちゃんと立って
どうなってるか見てもらいなさい。
いつもね黒いパンツ持って着てるのに
今日は坂さん、どうしてだか
紺のパンツ持ってきちゃって。」

そう、立ち上がった坂さん。
くろいTシャツに黒いコンバースに挟まれ
パンツは紺!
余計に目立つ!!(笑)

「そこはろいくーにしておいて欲しかった。
坂さん、目が極度に悪いですからね。
以前、めがね買った時も
縁、黒を買ったつもりが
数日後、陽の下で見て「あれ?これ紺だった!」って
それ2回やってますからね。

でもねー俺ら3人(増子・シミ・王子)は
常に全てをお客さんに捧げる気持ちで
やってるんですけど
ねー友康」
急にフラれるも「うんうん」って
笑顔で頷く王子。
「坂さん、何ていったと思う?
・・見えないでしょ?って。
見える部分だけ
どうにかなってればいいみたいです。」

するとフロアから「腹黒い!」って声が。
「それに増子さんが反応し
上手いっ!!パンツは紺だけど腹黒い!
、、、もはやMCじゃなくなってるよね。
大喜利みたい(笑)」
いやぁ~
笑わせてもらいました(≧∇≦)
黒だと思ったら紺だったって
最高です。
若干、、作業服的な感じになっちゃうよね
って言っていたのも可笑しかったです。

そして終盤になり
見えてしまった1曲が始まり
あーもうあと3曲か・・っと
知ってしまった時のガッカリ感ったら。。(T^T)
そう、「バンバンいっとけー」の
『オトナノススメ』
増子さん、2つのモニターに片足ずつ登り
上手に背が高くなっていました。
その足の踏ん張り具合が
ちょっとツボでした(笑)

ここからは盛り上がりソング連発で
『NO MUSIC,NO LIFE.』
はしゃぎすぎの増子さん
最初っから歌詞飛ばしてました。
でも替え歌部分はバッチリ
 音楽のない人生なんて
 お前らのいない横浜みたい
 やる意味ないぜ 
って。

王子もバッセンターの方へ出て行こうとしたら
コケっと何かにつまずいてか
滑ってか
オッとっとってなってて
照れ笑いしてました。
でも懲りずに最後の方でもチャレンジしてて
だけどやっぱりそこでは
コケっていうかツルっていうか
なってしまってて
どうやら、増子さんの歌詞カードが
張られてる紙(の上にビニルが被せてある?)に
滑ってた模様。。

そして最後は『酒燃料爆進曲』
坂さん雄たけびは
シュウマイ弁当ならぬ、、ギョウザ弁当(笑)
増子さんがあきれて
逆に大笑いしてました。

「ありがとーっ!!」
50分くらい?
かなりタップリな感じで
すごく楽しかったです。

<セットリスト>
 01.蒼き旅鳥
 02.欠けたパーツの唄
 03.労働CALLING
 04.オオカミに捧ぐ
 05.宿六小唄~ダメ男に捧ぐ~
 06.ロクでナシ
 07.オトナのススメ
 08.NO MUSIC,NO LIFE.
 09.酒燃料爆進曲


ひとまず、、最前から下がりました。
そしてドリンク交換。
どっかでチラッとみたやつに
この会場のドリンク交換が
恐ろしく遅い、、っと書いてる人がいて
まぁ・・確かに遅かった気も。
人だかりもすごくて
どこに並んでいいか分からない状態だった
ってのもありますが。
でもギリギリ、ギターウルフが始まる前に
交換してもらえ
ビール片手に
真ん中辺りで見ました。

ギターウルフ、、ホントはこの日
初めて見る予定だったんですが。。
先日の赤坂ナイトがあったので
あまり日を置かずして
2回目のライブです。
あの時もやっていた
SEにあわせ
手で狼の形を作って(別名キツネ 笑)
メンバーを迎い入れるやつ。
あれ、カッコいいっす。
この日はちょこっと参加してみました(笑)

曲は、、やっぱり1回聞いていると
ちょこっと覚えてたりするもんですね。
あ、この曲♪って
思ったりしました。

そしてこの日もありました~
お客さんをステージに上げて
ギターを弾かせるやつ。
でもって
やっぱりこの日も言っていた
「ロックで一番大事なのは、、
ジャンプなんだよっ!」って(笑)

にしても、、
これ、やってる間
ずーーーっっとドラム叩きっぱなしで
それがスゴイっ!っと思ってしまいました。
しかもその後も
ぶっ続けで次の曲にいってるし。
そりゃーあれだけ鍛えられたイイ体に
なるわな(。→ˇ艸←)ってな感じです。

ギターウルフの良さが分からないヤツとは
俺、口聞かないもん。。って
増子さんが言ってましたが
好きか嫌いかは別として
立て続けに2回のライブを見て
カッコよさってのは
充分よく分かりました。
訳分かんない具合もブッ飛んでて
逆に気持ちいいっていうか。

唯一知っていた1曲は
やはり?!アンコールに持ってきてました。
あれはCSで一時フューチャーされてて
よく流れてました。
 オールナイトでぶっ飛ばせ!
でしたっけ?

そしてダブルアンコールもありました。
増子さんとか出てくるかなーって
思ったりもしましたが
それはなかった
、、、と思います。
っというのも、2回目のアンコールが終わって
もう終わりかなっと思い
会場を出てしまったので
ホントにそれで終わりだったかは
定かではないもんで・・

濃い2バンド
楽しかったです。
FAD横浜、、BAYSYSよりも
グーンとロック色が濃くて
あそこでTHE BACK HORNとか
見たいなーって
思ってしまいました。

世界は二人のために回り続けているよ [音楽]

暑さ復活、、、っすか?!
はぁ。。(´-ω-`)
東京はこの先、またお天気続きの予報ですが
仙台はどうなんでしょうか??
ちょっと危ない・・前前日
傘マークの曇り続きですけど。。
長靴履いてった方がよかったりするのかな。
雨は降ってなくても
下がぬかるんでる可能性大な予感。
服装&足元など
イロイロ考えてしまいます。
・・・・って言いながら
全く持って準備はしてないんですけどね。
明後日、始発で出発っつーのに(笑)

さて。
ライブな日々が続いております。
日曜日の強打&打撲感覚な
腕や顔の痛みが残りつつ
8.23はこちらに行ってきました!
110823_172334.jpg
LIQUIDROOM 7TH ANNIVERSARY presents
UNDER THE INFLUENCE
@恵比寿LIQUIDROOM
藍坊主/THE BACK HORN

リキッドリームも7周年ですか。
ピロウズがグレイプバインと出たときは
2周年じゃなかったでしたっけ?

この日のチケットは250番台。
まぁ、、さほど良くもないけど
悪くもない感じ。
中へ入ると結構背の高い方々が
前の真ん中辺りを占めてまして
とりあえず、、、岡峰さん側の超ー端(スピーカー前)の
最前が空いていたのでそこで待機。
どうして空いていたのかは
始まって分かったんですが
かなりステージがスピーカーで見えないんですね(つω;`)
っというのも
リキッドルームって時に始まるまで幕が下りていて
始まるまでステージの様子が見えないんですよ。。
なもんで、
どっちが先かも始まるまで分からなかったし。

時間チョイ押しでライブスタート。
先攻は予想通りの藍坊主から。
なのでステージ隠れてても
まぁ・・いいかって思って
そのままその最前で見ました。
Voさんはよく見えたし。

ファクトリーで見た時に感じた
熱過ぎる感じはそうなくて
若さが溢れてて思ってたよりよかったです。
しかも、何曲か知ってる(聞いたことあった)曲も
あったし。
ただあまり聞いたことないバンドによくありがちな
どの曲もほぼ同じに聞こえてしまう。。。
サビがなんかどれもいい感じなんですが
どれも、あれ?これさっき聞かなかったっけ??って
思ってしまう(笑)

VoさんはTHE BACK HORNのファンだったようで
高校生の時に一人旅に出たときに
ずっと聞いていたそうです。
だからこういった形で対バンできるのは
すごくうれしいって言ってました。
そりゃーうれしいだろうなぁー
にしても、、高校生の時に聞いていたってのが
若い証拠ですよね( ̄▽ ̄;)

Gtの人は、この日は久々のライブだったから
すごく気合が入っていて
始まる前、一人精神統一的に
ウォーって準備していたのに
どうやら1時間時間を間違えてしまっていたようで
それを過ぎての今、だったそうです。

1時間弱でライブ終了。
かなり盛り上がってました。
途中、ステージ脇に岡峰さん
終わりごろに栄純も見に来てました。

続いて、、THE BACK HORN。
客の入れ替えはあまりなく
より押し押しになった感じ。
ステージが隠れてしまうのは流石に嫌だったので
最前離れ、、、センターの方へ入っていったんですが
始まったとたん
ものすごい押されっぷりで
結局元いた位置の
ちょっと中寄りの2列目辺りに落ち着きました。
だってー
久しぶりに押し押しな感じだったので
体が対応できなかった・・(笑)
おまけに、片方靴が半分くらい脱げかかって
履くのにモタモタちゃったし。
今までライブ何回も行ってますが
ここまで靴が脱げたの初めてです。

さて。いつものSEでメンバー登場。
松田さん、、髪の毛がモッサリしてたなー。
Tシャツは白。
岡峰さんは金髪が暗闇でもかなり目立ってて
始まる前に袖でスタンバイしてる姿が
一発で分かりました。
そういう点ではいいけどー
でもー。。。前髪が多めなカットなので
なんていうか、、ナルシストなホストみたいなイメージで
ちょっとダメです。
Tシャツはお好きなグレーでした。
栄純はいつものVネックに迷彩パンツ。
栄純も髪が伸びてて
なんか、、教祖様みたい(笑)でもこれはキライじゃない(笑)
そして山田さんは黒シャツでした。
ショートカットもいい感じ♪

「こんばんは。THE BACK HORNです」
いつもの挨拶があると
フロアから大歓声。
そこからの1曲目は『幾千光年の孤独』
わーい!大好き。

続いて『フロイデ』
これも久々。
イントロがかっこいい。
オーオオーって歌えるのも
テンションあがります。

そして『声』!
いやぁ~、、、この3曲の流れ
超よかったです。

「改めまして、THE BACK HORNです!
リキッドルーム楽しんでますかー
7周年おめでとうございます。
これは、、移転してから7年目ってことですね。
我々、マニアックヘブンという企画をやってるんですが
その第1回をやったのが
ここ、リキッドルームでした。
そこでは自分たちで考えたドリンクとかを
ふるまったりするんですが
そのムチャなお願いなんかも
快く引き受けてくれるという
懐の深いライブハウスです。
では、、最後まで盛り上がっていきましょー!!」

MC明け
これまたツアーが終わってからは
久しぶりな印象の『再生』
この曲って結構リズムがコロコロ変わったり
変則的な拍子だったりするんで
久しぶりに聞くと
ノルのが難しかったです(笑)
でもカッコよかったー
岡峰さん、、この曲だったか
次の曲だったか
ステージ脇のスピーカーに上っちゃうんじゃないかってくらい
近寄って弾いたりしてました。

そして初聞きか?『アカイヤミ』
このどす黒いイメージの曲は
THE BACK HORNならではで
大好きです。
暗い照明の下
狂ったように動きまくって弾いたり
歌ったり、
ドラムも激しく
カッコよかったです。
山田さんの体全部を使って表現する姿は
最高です。

その激しさから今度は一転
『幸福な亡骸』
この曲はなんか、、
目の前に歌の世界が浮かんでくるんですよねぇ

そして『美しい名前』
いやぁ~・・ちょっと泣きそうになったくらい
この日のこの曲はすごくよかったです。
ベース側のスピーカー前ってせいもありますが
とにかくベースがよく聞こえてきて
染みました~
やっぱ、ベースっていいですねぇ(笑)

「リキッドルーム!楽しんでますかー!!
あのーリキッドルームの思い出を話すと、、
最初、新宿にあったんですよ。
知ってましたか?歌舞伎町の上の方の、、
そこでゆらゆら帝国とかがでるライブの
オープニングアクトに呼ばれまして。
20分時間やると。
で、その頃、、キャパは1200くらい入ったのかな。
そしたら物販でCDいっぱい売れるんじゃね?っと
張り切って100枚持って行って
そしてライブもうまくいって
よーしきっとじゃんじゃん売れてるぞーって
ライブ終わって物販のところに行ったら
、、、99枚残ってました。。
しかもその1枚は隣の物販の人が
お情けで買ってくれた1枚で
・・・実質1枚も売れてなかったという
そういう苦い思い出のあるハコでもあります。」
あはは~
これ、、何回か聞いたことありますが
リキッドルームだったんですね。
さすがに新宿のリキッドルームには行ったことはないんですが
新宿にあった・・・って話は知ってました。

「対バンの藍坊主は、、
将司がよくフェスなんかで
ぐでんぐでんになるまで一緒に飲むでるとかいう(笑)
フリーペーパーで対談とかもしてましたよね。
まだまだ盛り上がって行けますかー!!」
最後の方は、、かなり曖昧ですが・・
ここからの盛り上がりがすごかったです。

まず、、岡峰さんのチョッパー弾きの
アレンジがあり『涙がこぼれたら』
この曲はCDで聞くより
このアレンジありで聞くほうが
断然盛り上がります。
あのイントロはいる前に
バッ!って手上げたくなるもんね(笑)

そしてまたまた繋ぎのアレンジ。
なんだ??って思ってたら
『コバルトブルー』
ほぼ毎回に近いくらいやってますが
時折こうやって入り方を変えてくるのが
すごいです。
「イェイー!」っと山田さんの雄たけびも入り
ダイバーもゴロゴロ。

続いてこの流れはすっかりお馴染み
『戦う君よ』
もー腕上げ疲れました(笑)
ただ、若干、出だし、
んん??って感じたのは私だけですかね。
なんていうか、、何の曲やってるか分からなかった。

最後のサビはもちろん
マイクをフロアに向けて
大合唱。
あの山田さんのマイクの向け方・・・好きです♪

曲が終わると
栄純がギターをポロン、ポロンっと
弾いていて、、
山田さんが「ありがとうございました。
また会いましょう。THE BACK HORNでした。
最後に聞いてください。
『世界中に花束を』」
っと、曲紹介をして
ラスト『世界中に花束を』

出だしの弾き語り部分が
何とも言えず好きです。
この2人の関係がすごく滲み出てるからですかね。
すごくいいです。
そこからメンバーのコーラス。
バンドサウンドへ
やっぱりサビのフロアからの大合唱はないけれど
聞き入ってしまうのも確かです。

「ありがとうございました!」

本編終了。
引き続き、、アンコール。
出てきたときに栄純が「」ありがとー!!」って
感じで両腕上げてガッツポーズすると
その後ろで岡峰さんが真似っ子(笑)

「最後まで残ってくれてありがとうございます!!
えーっと、、バックホーンごとではありますが・・
10月からツアーがあります。
“魂のマーチ”と言って全国7箇所
東京もAXと赤坂BLITZと2箇所でやるんで
もしよかったら遊びに来てください!
じゃーもう少し盛り上がって行きますかー!!」

オォーッ!!っとなったところへ
始まったのは『刃』
イントロなしのいきなり歌から始まるのは
やっぱりテンションのアガリ具合も違いますね。
山田さんの
 突き進めー
って歌に合わせて前に手を突き出す仕草が
力強くて素敵です。

間奏部分3人の絡みはなかったですが
モニターより前に前進して弾いてくれてました。
そして オーオーオオー の
コーラス。
岡峰さんは体反り気味で
足をモニターにかけて歌うあの姿も
好きです。

これで終わりかと思ってたんですが
なんと!ドラムが鳴り続け
最後に『サイレン』!!
おまけをもらったみたいに
うれしさも倍増♪
超よかったです。
あのホールでのライブで初めて聞いて
慌ててDLして
今ではすっかりラストにお馴染みの1曲になりました。

楽しかったです。
メンバーも帰るときうれしそうな顔してたように
感じました。
そうそう、最初のMCで、だったか
東京でのライブは野音ぶりって言ってました。
そうか、、THE BACK HORNのライブ
約1ヶ月ぶりだったんですね。。
10月からのノーリリースツアーが
楽しみです。

あ、そう言えば
終わって会場出ると、、
エントランスに栄純ママがいらしゃいました。


<セットリスト>
 01.幾千光年の孤独
 02.フロイデ
 03.声
 04.再生
 05.アカイヤミ
 06.幸福な亡骸
 07.美しい名前
 08.涙がこぼれたら
 09.コバルトブルー
 10.戦う君よ
 11.世界中に花束を

 EN.
  刃
  サイレン

善いも悪いもそいつの感性 [音楽]

顔がー首がー腕がー
、、、、激痛です(ノД`)アウアウ。。

行ってきました~
BLACK LIST 015“ROCK FOR JAPAN”
@Zepp Tokyo
The Birthday/BRAHMAN
DJ:坂田かよ
110821_203147.jpg

これは発表された時
かなり心躍らされた2マンライブ。
チケット相当の激戦かと思ったんですが
意外や意外・・
当日券出てました(笑)
しかも私、チケット10番台だったし♪

こういうZeppほどの大きなハコだと
たいてい50番くらいまでは
開場時間になると並ばされて
入り口近くまで牛歩で連れて行かれるんですが
この日はそんなことまったくなく
普通に入場しました。
なもんでみんなチケットもぎられてから
走る走る(笑)
私も一応冷静を装いながら
小走りにて
チバさんとハルキの間
(っつても、ほぼハルキ前)を
無事GET。
ここからの1時間が長かった。。。(つω;`)

でもってできればThe Birthday先で
終わって後ろでゆっくり見たかった
BRAHMAN。
しかし、、先攻はブラフでした。
っということで
ダイバーの嵐と
戦ってきましたよ。。
おかげで
顔はバーに強打するわ
腕・膝小僧はアザだらけ
首・肩はかなりの筋肉痛
っという状況に追いやられてます。。。

待ってる間、DJ坂田かよさんが回す音楽が
かなり良くて
久々、いい!って思いました。
洋楽ほんとにあまり知らないんですが
なんかいい曲ばっか流れてました。

時間はチョイ押しでスタート。
カメラが入ってたのでおそらく後日OAされるんですかね。
それはうれしいんですが、、、
カメラ入ってるのに
最前バーとステージとの間が狭かったため
スタッフが思うようにダイバーを受け止められない状況だったのか
とにかく今までで一番大変でした。
鼻を強打したときは
久々、、痛くて泣いたから。
人って痛いと泣くんだね・・って実感しました。(笑)
おかげで、まだ鼻にアザ残ってます。
クソーッ。。。

ま、愚痴はそれくらいにして。
まずはBRAHMAN。
SE鳴る中、TOSHI-LOW以外のメンバーがまず登場し
さいごにゆっくりTISHI-LOW登場。
1曲目はゆっくりした曲でした。
ブラフの曲は全く知らないし
正直、、どこで1曲終わって
どこから次の曲になってるのかすら分からないんですが
あの全員が全力で歌い・演奏し狂ってる様子は
惹きつけられるものがあります。
だから見入ってしまいます。

1曲終わると
TOSHI-LOWが
「俺たちは、、音楽の力に日々助けられてる。
ロックという名の元で、何か少しでも貢献できるなら
喜んでこの身を捧げます。
・・ブラフマン始めます。」
そう言ってそこからは怒涛の曲の連続でした。

まことさん、弾きながら
足をめっちゃ高く蹴り上げていました。
すごいわ~
そしてステージのギリギリの前まで出てきて
歌うTOSHI-LOW。
ダイバーの嵐と戦いつつも
ステージが目の前で
その迫力ある演奏シーンが見れるのは
やっぱりうれしいです。

最後から2曲目、、、
歌い終わると「歌詞、、間違えた(笑)」っと。
そして長いMC。
「あの、、バーチー、、チバね。
結構、あの人、目標にしてるんだわ。
ああいうオトナにはなりたくないな・・ってね。
酒飲んだらひどい よ。
フジロックで黒人相手に
ワーワー騒いでた。
ああいう人に、送電線繋いで発電したら
きっと電量不足になんかならないんじゃないか、、ってね。

でも、そんなバーチーもさ
普段は優しいとこもあって
今日なんてちょっと肌寒いじゃない。
でさ、俺が、会場来て
喉ガラガラで声出ないって楽屋に言いに行ったら
「ハチミツなめな」、、、って。
マヌカのはちみついただきました(笑)
あの人の前の机にはさ、
ハチミツ、タバコ、ビール、ユンケルって
何この予想つかない
ロックとはかけ離れた不思議な4つの組み合わせは。
ウコンハイウコン多めで、、っていう注文の仕方みたいな。

肌寒いとイロイロ考えちゃうわけ。
あの瓦礫の上に雪が積もって、
避難してる人も寒いんじゃねえかな、
ひもじい思いしてねえかな、って
心配してる。
会うたびにモヒカンの髪の毛が少なくなってきてるじゃないかと思う
キュウちゃんを心配するように
心配してる。

何が出来るかわからないけど
これからもずっと心配し続けて
それを行動に移して現地に届けたいと思うし
街が元通りになおるまで
ずっと心配し続ける。
あの日以来、
いつ訪れるかもしれない、、霹靂」

TOSHI-LOWがよくしゃべることは
何度かイベントやらラジオやらで見ていて
知っていたので
驚きはしなかったですが
やっぱり語ってくれるのはうれしいし
TOSHI-LOWの言葉って
なんていうか、、嘘がないって言うか
それがすごく伝わってくるから
聞いていてジワ~っとくるものがあります。

笑いも入れつつ
すごく素敵なMCをした後に聞いた『霹靂』という曲が
ものすごく良くて
ちょっと泣いちゃったって。。

終わると頭を深々とセンター、左右と3回も下げて
退場。
息つく間もなく・・じゃないけど
すごい時間でした。
髪の毛ぐちゃぐちゃで
汗だくで
ものすごく大変だったけど
それを我慢して見るだけのものは
あったと思いました。

いやぁ、、でも痛かった。。(泣)

<セットリスト>
 01.Far From...
 02.THE ONLY WAY
 03.SEE OFF
 04.NO LIGHT THEOLY
 05.Speculation
 06.THE VOID
 07.最終章
 08.CHERRIES WERE MADE FOR EATING
 09.Epigrum
 10.BEYOND THE MOUNTAIN
 11.時の鐘
 12.ANSWER FOR...
 13.BASIS
 14.Placebo
 15.霹靂


転換中・・
少しは押しが引くかな。。っと思いきや
全く動かず・・
どうやら最前占めていたのは
The Birtdayのファンだったらしい。
おかげで始まる前から既に汗だく状態でした。

いつものSEでメンバー登場。
キュウちゃんはこの日は黒いシャツ。
フジイさんは白シャツで半袖を少しまくったスタイル
ハルキは同じデニムのつなぎで
チバさん、、派手な柄シャツにサングラス!
なんか、、黒以外を見たのって
結構久々な感じで
新鮮でした。

ワーワー歓声が上がる中
「アゥッ!」みたいな雄たけび上げて
この日は1曲目『Buddy』からスタート。
確か、、 最後
 パーティがまた始まる
って2回繰り返すところを
みんなに歌わせてくれたような記憶が・・・(違ったっけ?)
いやぁ~
何度でも言うけど(笑)
ホント、一気に盛り上がりました。

ここで、サングラスを取り
次は『ホロスコープ』
このイントロ、、何が始まるんだ??っていう
アレンジで繋いでいたと思います。
かなりかっこいい。

そして『2秒』
ちょっと存在を忘れていて
一瞬、サビがくるまで
何の曲か思い出せませんでした(笑)

一息ついて『BABY YOU CAN』
イントロはフジイさんから始まるんですね。
でもってハルキが間奏の部分で
自分のベースラインに合わせて
口で歌いながら弾いていました。

この日は間でほとんどMCを挟まず
メンバーの名前を呼んだり
話しかけたりするフロアの声も一切拾わず
進んで行ってました。

ドラムが鳴り響き
来るぞーっと思ったら
チバさんが楽器を下ろして
なんと!ハンドマイクで
 レッドアイ プリーズ!!っと
『Red Eye』へ。
しかも
各キメポイントを
手でポーズ付けるみたいに踊っていて
素敵でした~

涼しくなる季節にピッタリな
『爪痕』
キュウちゃんのドラムに釘付けです。
この日はよく見えたので
思う存分見てきました♪

次に初聞き!
『SとR』
、、、ただ。
これは始まる前のセッティングで
スタッフさんが歌詞カードをモニターに貼る時
実は見えてしまっていたんですよね。。
あはは。
チバさんでも
新曲披露となると
歌詞貼るんだなーなんて。。

いや、それはいいとして
これもベースかっこいいなぁ。
最後の方の
 自由ってもんは そんな甘くは無いんだって
で、弾いてるイントロのメロディとの
絡み具合が最高!

そしてそして
アルバム以外の曲が鳴ると
何か新鮮(笑)
『シャチ』
もちろん、 カモーン!
歌ってきました。
フジイさんもギターソロでは
モニター超えて
前に出てきてくれるのが
うれしいです。

ここで少し一息ついて
チバさんのギターだけの弾き語りで始まる
『I'M JUST A DOG』
フジロックの時もそうでしたが
このライブVer.のアレンジが
最高です。

続いて READY STEADY GO~!
っと始まった『READY STEADY GO』
昨日はアンコールにピッタリ
とか書きましたが
どこでやっても
いいですね。(笑)

「今日は日曜日?」っとチバさん。
フロアが「日曜日!」って答えると
「そういうこと!」
??
どういうことだ?って思ってる間に
フジイさんがギターを弾き始めて
次は『なぜか今日は』
おぉ~
なるほど(*´艸`)

・・・なんて。
若干良く分からないけど
とにかく
なぜか今日は 殺人なんて
起こらない気がする
ってこと、、、なのかな。。なんて。

で、で。
そのフジイさんのギターイントロに続いて
ハルキが珍しく前面に出てきて弾いていた!!
キャァヾ(≧∇≦*)〃

そしてイントロ短めで曲に入った
『涙がこぼれそう』
この日ももちろん カモーン!っと
みんなで合唱。
 俺さ 今 どこ?
「今日はお台場に来てみた!」
だって。
この曲ならでは
ダイバーを見ながら
なぜかキュウちゃんがうれしそうでした。

「グラシアス!」(って言ってたかは不明・・笑)
そう言って
やっぱりチバさんはピックを
左サイドのほうへ投げてくれました。
この日はセンター寄りだったので
全く持って届く位置ではなかったんですけど。

続いてアンコール。
ハルキ以外
皆さんグッズのTシャツに着替えて登場。
キュウちゃんとフジイさんが白で
チバさんが黒。
多分ですが・・
売れ行き悪いのかな??(笑)
だってー。。。( ̄▽ ̄;)

チバさん「サンキュー!」って言ってスタンバイ中
キュウちゃんが「Tシャツは涼しくていいですね」っと一言。
するとチバさん
「こういうの何て言うんだっけ?」
昨日からこういう質問が多いなぁ(笑)
この日はキュウちゃんが「え?クールビズ?」って
答えてあげてて「クールビズ(笑)」って
笑ってました。
チバさんおもしろいです。

そして「踊れーっ!!」っと叫んで
『Nude Rider』
イェーイッ!!
そりゃーもう、、、すごかったです。
途中のフジイさんの一言
「東京ーっっ!!」
思わずメンバーも大爆笑(特にキュウちゃん 笑)
フジイさんの叫んだ後の
照れ具合がかわいいです。
「。。みんな汗でびちょびちょになった?
そのまま帰ると風邪引くから帰りにTシャツ買って帰ってよ」
っと、、、
何気に宣伝部長(笑)
あ、もちろん、あのキメ台詞ありましたよ。

「サンキューまたね」
最後はピック、フロアには投げずに
床に捨てて帰ってました。
キュウちゃんのスティックは中央へ・・

あー
楽しかった~
最高な2Daysでした。
アルバムの曲、、あと聞いてないの2曲だけだよ?
『シルエット』は絶対にツアーでしかやらなさそうですが
残す『OUTLAWⅡ』は、、、アラバキで聞けないかな~♪

<セットリスト>
 01.Buddy
 02.ホロスコープ
 03.2秒
 04.BABY YOU CAN
 05.Red Eye
 06.爪痕
 07.SとR
 08.シャチ
 09.I'M JUST A DOG
 10.READY STEADY GO
 11.なぜか今日は
 12.涙がこぼれそう

 EN.Nude Rider

変わらないでいるために変わる当たり前じゃんかそんな事 [音楽]

日大三校優勝!
気になってリアルタイムで試合見ちゃったよ~(笑)
2回目の予想とは言え
とりあえず1校
的中してくれてちょっとうれしいです♪

そしてうれしいと言えば!
いよいよライブな日々が戻ってきましたよ(´▽`)
ふぅ~長かった。。10日間。
スタンディングのいつものライブとしては20日間!?以上。。
毎週なにかしらのライブに行っていた身としては
このブランクは長すぎました。。
また忙しくなるね?(笑)

って、ことで行ってきました!
8.20 TOKYO NIGHT SHOW 赤坂編
@赤坂BLITZ
LIVE:The Birthday/ギターウルフ/KING BROTHERS
    SHERBETS/occupy(池畑潤二/井上富雄+α)
DJ:イマイアキノブ
VJ:VJ AUX!!!
110820_151016.jpg

occupyという洋服のブランド?さんが主催している
音楽イベントで
今回で4回目とのこと。
過去ちょっと調べてみたんですが
新宿ロフト(これはオールナイトイベントだったみたい)や
恵比寿リキッドルームなどでやっていました。
(あと1回が見つからなかった・・)

っと、書きましたが
本当はもともとは行くつもりではなかったんです。
なぜなら、本日8.21にもThe Birthdayのライブあるし
この日のライブはあまりよく知らないバンドが多く出るし
(名前くらいは知ってるけど・・)
チケット代も高いし。。
ただ、、DJにイマイさんが出るってことで
とりあえず先行でエントリーして
取れたら行こうかな・・くらいな感じだったんですが
最初に感想言っちゃうと
いやぁ~行ってよかったです。
かなり楽しかった☆
何て言うか、
いつもとは違ったロックな夜を味わえました。

チケットはBの40番台。
この先行で取ってBって整理番号
ホントやめて欲しいです。
なんかチケットを受け取った時に
Bって見ると
それだけで一気にテンション下がってしまいます。
どんなに番号悪くてもいいから
Aにして欲しい。
1000番以上の番号は記載されにくいんですかね?
とにかく、Aは900番台くらいまでで
その後Bの入場。

ま、5バンドも出演で
どう見てもトリ辺りに出演が予想される
The Birthdayお目当てだと
別に最初から前へ前へっという気持ちも
特にはなかったんですが
中へ入ると結構ガラガラで
適当に待っていて
始まると普通に押されて2,3列目辺りに行けました。
しかも見事に背の低い女性の集団地帯で
かーなり視界良好★★
これも楽しめた理由の一つかも。

開演前はイマイさんのDJではなく
普通にBGMがかかってるだけで
ステージにあるスクリーンに
VJさんの映像が映し出されてるだけでした。

まずはトップバッター occupy
バンド名なのかと思っていたんですが
洋服のブランド屋さんと聞いて
このイベントのための限定ユニットですかね。
Dr.池畑潤二さんにBa.井上富雄さん
そして今回αとチケットには記載されていました
Gt.はdipやqybのヤマジカズヒデさんの
3ピース。

基本インストでしたが
時折ヤマジさんがちょこちょこ叫ぶというか歌うというか。
でもってこれが超~かっこよかったです。
一人一人の音が際立って聞こえてくるのに
バンドとしてのグルーブっていうんですか
1つの音楽としてカチっと成り立っていて。
ドラムとベースの絡みがすごく綺麗に寄り添ってて
そこに自由に鳴らすギターの音が合わさって・・
音楽的表現のセンスがないんで
なんか上手く書けないんですが
とにかくどの曲も素晴らしくて
ただただ聞き入ってしまいました。

3.4曲くらい?
切れ目なく演奏されていて
MCも全く挟まず
あっという間に終わってしまいましたが
ホント1バンド目から
テンション上がりました。
ぜひ、また聞きたいです。

セットチェンジ中になり
ステージ向かって左端にDJ卓が出てきて
イマイさんが登場!
キャスケット被ってお茶目な雰囲気でした。
ビール飲みながらご機嫌で回してました。
時折置いてあった拡声器で
ワーワー叫んだり
曲にあわせて踊ったり
お客さんに向かって手を振ったりと
そんなイマイさんを見ることができて
よかったです。

この後、毎回、転換中に登場するんですが
最後の回では
キャスケットは脱いでいて
きれいなロマンスグレーのサラサラ髪でした。
あとどこかで、、
「あれ?CD入ってなかったー!」っと
曲が鳴らなくて驚いていたり
CDの同じ音が連続して鳴り続けると
「壊れたーっっ」っと騒いでる姿が
ホント楽しそうでした。
※すぐ直りましたけど(笑)

続いて、、ギターウルフ
お名前はよーく聞いていますが
ライブをちゃんと見るのは初めてです。
こちらも3ピーズバンド。
カテゴリー分けするつもりはないですが
なんて言うか
パンクロックとはこういうものか・・って
印象です。

革ジャンで汗だくで演奏する姿は
圧巻でした。
でもって、途中客席にダイブしたり
お客さんをステージに上げて
ギターを弾かせたり
(かなりのスパルタぶりで指示してたのが可笑しかったです 笑)
ハチャメチャな感じもまた
圧巻でした。

で、この日の名言?!
その、ステージに上げたお客さんに
リズムよくジャーンっと弾きながら
ジャンプさせたかったらしいのですが
イマイチ気にらなかったのか
その時に発した一言
「ロックで大事なのはジャンプなんだよ!」
この後、ステージ上では
ジャンプの連続でした。

最後、ギターの弦切れたままで
演奏を続けていたのもまた
圧巻です(笑)
 ↑もはや、使い方間違ってる?
あ、そうそう
ベースの方は1弦をあえてなくしてました。
ロックに高音はいらねー、、ですかね?!
曲はあまり好みではない感じでしたが
これぞライブ!って感じで
楽しかったです。

次は、、、SHERBETS
今回出演のバンドThe Birthday以外で
唯一知ってたバンド。。
なんだかんだと、、SHERBETSのライブは
見てるような気がします。
未だCDで聞いたことはないんですけど。。

ベンジー人気はすごくて
声もたくさんかかってたし
後ろからの押しもすごかったです。
ただ、、そんなに激しく
ワーって盛り上がる曲が少ないのが
浅井さんが関係するバンドやソロの曲の特徴な気がします。
なので汗だくになって、、ってことはなく
わりと落ち着いてゆっくり聞けました。

浅井さんと言えば
花柄のシャツに胸を大きく開けてるスタイルですが、、
この日自分がいた位置が端だったせいで
胸のはだけ具合の角度的に
中がチラチラ見えてしまう位置でして・・
ちょっとドキドキしてしまいました(笑)( ̄(エ) ̄*)

MCはなく
1曲終わって「We are SHERBETS!」っと言っただけ。
あとライブ終わって帰るときに
「最後まで楽しんで帰ってね~」っと
ちょい訛り気味で話したくらいでした。
浅井さんのあの訛り具合
何気にツボです♪

オトナなロックを見た~って
感じでした。
オーラが違うよね。
前はあまり好きではなかったんですが
最近はあまり苦手意識がなくなってきた
気がします。
大人になったのかな?!(*´m`)むふ♪

そうそう、最後の1曲だけ
フェンダー?で弾いていたのが
若干違和感というか
やっぱり浅井さんは(チバさんもだけど)
グレッチって感じです。

続いて、、意外にも?!
トリ前だった・・KING BROTHERS
京都のバンドかと思っていたら、、
西宮って言っていて
、、、兵庫のバンドでした。

このバンドも名前は知ってましたけど
どういう編成なのかとか
どういう感じなのかとか
一番知らなかったバンドです。
セッティングから本人たち登場でした。
しかも、ドラムがドーンっと前面にでるセッティング。
ベースアンプの上にテレビモニター?
さらに電飾まであったり
持ってる楽器の形が
普通じゃなかったり
っと、、不思議な感じ満載。

登場してきた時は
セッティング時の風貌とは打って変わって
ビシっとスーツにて登場。
最初の2曲くらいは
歌っていうより、何やら叫んでて他だけって感じでした。
まぁ、、全体を通しても
歌らしい歌はほとんどなかった気も
しないでもない。。けど?( ̄▽ ̄;)

始まって数曲で
客席にダイブしてたんで
あぁ、、パンクや・・って印象です。
とにかくお客さんと触れ合うの大好きって感じで
最後の曲では
ドラムセット全部客席の中に持って入り
メンバーも全員降りてきて
何が何やら分からない感じでした。

ここでも出ました名言(笑)
その客席でもみくちゃにされながら
演奏するときの一言
「(姿が)見えてないとダメなのか?」
うーん・・まぁ、確かに。
頑張って背伸びして覗き込んでる自分に
我に返りましたけど。
言いたかったことは
目で見て感じるんではなく
音で感じろってことらしいです。
でも、、見たいです。

っと、、
ワンマン行く気は全く起こりませんが
イベントで見る分には
まぁ、いいかな。。
そういえば、今年の怒髪天の京都の宴は
確かKING BROTHERSも一緒だったような・・
って、チケット取れてないんですけど
行く気満々ではあるので
一応。。
そうか、、あの狭い空間で
どういうライブするのかは
ちょっと見ものです。
(暑そう・・・笑)

さて、さて。
いよいよお待ちかね
トリは・・The Birthday。

いやぁ、、長かった・・っと言いたいところですが
わりとそういう感じでもなかったです。
やっぱり転換時に何かしらあるってのは
いいんですかね。
いつものSEでメンバー登場。
キュウちゃんは赤いシャツ。
フジイさんは黒の半袖シャツ
ハルキは黒のつなぎ(チェーン付)
そしてチバさんは黒の襟なしジャケットにサングラスでした。
なんか、、、髪がすっかり長くなった気がします。
チバさんって髪伸びるの早い??

ワーワー歓声が上がる中
何か雄たけびを発し
キュウちゃんのカウントから
『6つ数えて火をつけろ』へ。
最近はこの曲スタートっていうのが
わりと定番化してきてますが
でも1曲目としてはかなりテンション一気に上がる1曲。
で、チバさん
曲が終わるとサングラスを取って
ちょっと丁寧にアンプの上に置いてました。

続いて『ホロスコープ』
キマシタ!アルバムからの選曲。
この日はThe Birthdayファンが多いせいか
 逆に言われたよ 「あんだ誰?」
ってところでみんなが指を指して手を上げていたのが
うれしかったです。
そうそう、ここはそうしたくなるって♪
あとチバさんも結構
右手のジェスチャー付けながら
歌ってのもなんか印象的でした。

そして『Buddy』
これはねぇ~
まさにライブのことを歌ってくれてる歌でもあって
(っと、、勝手に解釈してるんですけどー)
 パーティがまた始まる
は拳を上げて叫びたくなる瞬間です。

ここら辺で一旦ブレイクだったか。。
客席からフジイさんコールがあったので
「ギター フジイケンジ~」っと
紹介がありました。
フジイさん、、前髪がパッツンでタップリあって
なんかかわいかったです。
でも、ギターソロでモニター超えて
前にガンガン出て弾いてくれる姿は
かっこよくて、すごくアガります。
いつかはフジイさん側にも行きたいんですけど。。
やっぱPeeちゃん側もそうですが
ギタリスト側って
背の高い兄ちゃん率高いもんで
どうしても避けてしまいがちです。
・・・あ、王子側はそうでもないのはナゼだ??(笑)

そして「東京、久しぶりなんだよね」っと
ボソッと。
ウォーッっと声が上がる客席に
今まで弾いていたピックを
「はいっ」っと投げてくれました。

続いては『BABY YOU CAN』
これがえらく素敵でした。
照明といい
演奏してるメンバーの表情といい
とにかく最高でした。
大好きな曲ってこともありますが
すごくよかったです。
ラストの方でチバさん自ら
クラップハンズを促していて
何かご機嫌な雰囲気がまたよかったです。

そして「レッドアイ プリーズ!」っと始まったのは
『Red Eye』
やるねぇ~一瞬、アルバムツアーに来てるのかと
思ってしまいがちなこのセトリ。
でもこれでこそThe Birthdayって感じです。
きっとアルバムツアー後半には
何も言わずにバンバン新曲が登場したり
するんじゃないかなーって
期待してます♪

この曲はハルキのベースソロが見所!
時折キュウちゃんとアイコンタクトしたりしながら
弾いてました。
この時だっけ?
アゥッ!とか雄たけび上げてたの。
なかなかノリノリでした。

あと最後の台詞。
「朝飯はレッドアイに限るね。コショーは荒目で多めに入れてくれよ」
かなりドキドキしながら聞いてしまいました。
ふふふ。
でも、レッドアイにコショー入れる??
っていうか、チバさんは入れるのか?
っと・・歌とは関係ない部分で
いつも疑問に思ってますが
一度試してみようと思いつつ
まだ実行したことはないです。。

続いて
 SATURDAY SATURDAY NIGHT KILLER KISS
っと始まった
『SATURDAY NIGHT KILLER KISS』
やった~
だって、この日はまさにSaturdayですから(笑)
うれしいです。
チバさんとフジイさんが向き合って
ギター競演していたのは
この曲だったか?(覚えてないですが・・)
どっかでそうしていて
フジイさんがニコって笑っていました。

そこから『なぜか今日は』
この曲のイントロは盛り上がりますねぇ~
チバさんもギターを高く掲げてましたっけね。
それで余計にフロアも拳が上がる!上がる!
 寡黙な運転手はずっと空を眺めてる
で上を向いてたチバさんがよかったです。

あと私が好きなところ
 シンデレラに羽が生えて 飛び立ってった
の後の ンタッタ っていうドラムのキメ?
ああいうのすごく好きです。

歓声上がる中
チバさんのギターが鳴り出し
『涙がこぼれそう』へ。
もちろん、イントロの歌いだしは
手でカモン!カモン!っとフロアを煽って
一緒に歌いました。
 俺さ 今 どこ?
で、「どこだっけ?」って聞くと
「赤坂!!」っと返事。
そして「赤坂だ!」で曲へ入るという
ちょっと新しい?パターン。

この曲のイントロで
チバさんがギターを弾いてる時に
ハルキがマイクの向きを変える姿も
何気にツボ♪(笑)
しかもこの日は、
マイクの位置があってなかったのか
ピックをくわえ
手でマイクの位置を直していたのが
さらにむふふ♪って感じでした。

「TOKYO NIGHT SHOW!!
またね~」
みたいな一言を発し退場。
いつも2回目とか
帰りぎわに投げてくれるピックは
センターではなく
自分がいることの多いサイドの方に
投げてくれることが多いんですが
取れません。。

引き続き、、アンコール。
少しだけ待ってメンバー登場。
「えっとー、、今日の、こういうのの、、
何て言うんだっけ?・・・ま、、」
っと、唐突にチバさん。
フロアも他のメンバーも??の顔。
キュウちゃんが「何?」って聞くと
「ほら、イベンターとかじゃなくって
今日の人って、、」っと言うと
フロアから「主催者?」っと声が上がると
「あーそうそう、主催者。
occupyの?くん!」
全然「ま」じゃないし(笑)

多分、私の予想では、、マスター?って言おうとして
それは明らかに違うか・・っと思って
言うの止めたのかなーなんて。。
「じゃー1曲だけ。」っと
『READY STEADY GO』
いいね~
これはアンコール向きかも。
始まる前にまたまたギターを高く掲げていたチバさん。
これがイントロの感じとすごくあっていて
よかったです。

そして最後の最後の
 GRACIAS! AMIGOS!
 THANK YOU RADIO!
 READY STEADY GO!
 READY STEADY GO!
気持ちよかったよー
照明もカーっと明るくなって
華々しさがあって
すごくよかったです。
「GRACIAS!セニョリータ!!」って言って
帰って行きました。

<セットリスト>
 01.6つ数えて火をつけろ
 02.ホロスコープ
 03.Buddy
 04.BABY YOU CAN
 05.Red Eye
 06.SATURDAY NIGHT KILLER KISS
 07.なぜか今日は
 08.涙がこぼれそう

 EN.READY STEADY GO


っと、、終了が22:30過ぎ。。
5時間以上っすか。
でもとにかくいい夜でした。
ライブに飢えていて
とにかくウエルカムな気持ちで
いっぱいだったせいかもしれない?!(笑)

フジイさんも珍しく?!
ライブ終わりの感想をツィッターでつぶやいてました。
フォローしてから初めてに近いくらいの
確率(´艸`)ムフフ


一つビックリ、、っていうか
ハラハラして
そして残念だったのは
最後の『READY STEADY GO』の
その最後の合唱みたいなところの前で
ペットボトルがステージ上に投げ込まれたこと。
しかもかなりの量の水が入っていたやつ。
幸いメンバーには当たらず
チバさんとフジイさんの間に落ちましたが
でも若干、オットって感じで
よけていた風にも見えたから
もしかしたら当たっていた可能性もあったのかもしれない。。
水をまく行為自体、あまりいいとは思えないけど
でも汗だくであったりしたら
それは恵みの水って思う人もいるかもしれない。
だけどそれがステージに投げ込まれる(わざとじゃないにせよ)ことは
言語道断であって
罰せられて然るべきと思います。
何事もなく終わりましたが、最後の最後だっただけに
ちょっと残念でした。

怒髪天情報満載(☆´3`(★´3`(☆´3`(★´3`(☆´3`) [怒髪天(2010年~)]

気づけば・・高校野球ネタ連投でした(笑)

すごく美味しいお菓子
最後の1個をいつ食べようか
日々見つめつつ。。
また買えばいいじゃん?って感じですが
それがお土産でもらったものだったりすると
かなり迷ってしまいます(笑)

まったく話は変わって、、
今日は怒髪天情報満載な1日でした♪

まず、朝。
昨日のめざましライブの模様がOA。
王子のシャツが派手(*´艸`)ププ
フルでのOAは8.23です。

そのフジテレビのCSで
7月10日(日)にZEPP TOKYOで行われた
LIVE LIFE LINE TOURの模様がOAされるみたい!
 ☆9.19 22~24時 詳細はコチラ
あの感動よ、再び!!
これって、DVDにはならないんでしたっけ?

で、風とロック改め
元・風とロックが明日から配布スタートとのこと。
gekkan_201108_2.jpg
いい写真~

っと。
最後になりましたが、、
今日8.18はその怒髪天Dr.の坂さんこと
坂詰克彦さんの誕生日です♪
おめでとうございます~

ちょっと過ぎましたが、、
一昨日8.16はthe pillowsDr.シンちゃんこと
佐藤シンイチロウさんの誕生日でした♪♪
おめでとうございました~

この二人の誕生日が近いのは
何か運命のような気がするのは私だけでしょうか?!(笑)

出そろいました♪ [たわごと]

0816.JPG

広島・如水館 すごい!
でも、、めざましの特集を見ていた私としては
能代商には勝って欲しかったけど。。(つω;`)

で。
ベスト8!!
もう翌日すぐに試合なんですね、、

ってことで、
選んだ2校

 ◆東洋大姫路
 ◆日大三

この2校が決勝戦で戦いますっ!(笑)

関東勢としては、日大三 に優勝して欲しいかな♪