So-net無料ブログ作成

あの日君がキレイすぎるわけを僕は何も知らなかった [音楽]

“ここからは気を引き締めて?!
 エンジンかけて行きたいと思います!”
って書いた側から
サボってました。。
だってー・・・
ホント、最近、仕事辛いんだもん。

そう、まさにあの増子さんが言っていた
職場とかでは
下に向けて拳を握ってると思うって言ってたの
まさにドンピシャだったんですよね。
ホント、毎日拳握ってるっつーの。
だからその火を消すなって言われたのが
すごくうれしくて
泣けてきたんだなぁ~って
あー・・
思い出したらまた泣きそうだ(笑)

っと。
今日は仏滅で占い最下位という
朝からテンションがた落ちの日の割りに
ちょこちょこと
タイミングよかったり
良い事あったりと
思えばそう悪い日ではなかったです。
そんな今週始め(強引に繋げた 笑)
1.23は
MINE★ROCK FESTIVAL 2
@新木場STUDIO COAST
に行って来ました~
110123_124848.jpg
ライブ三昧中日です♪

これはマインロックではなく
峰ロックです(*´m`)ぷ♪
ローディーの峰さんという方が主催された
主に自分が担当しているアーティストさん達を
一同にを集めたライブイベント。
出演順はコチラ。
110123_151943.jpg

チケットがそんなに売れてなかったのか
場内非常にゆったりとしてて
ちょっと寂しい感じもありましたが
見やすくてよかったです。

チケット200番台で中へ。
お目当てが最初の方だったので
頑張って端っこながら最前をGET!

まずはトップバッター Haku
大阪のバンドだそうです。
Gt/Voのいわゆる普通の4ピースバンドですが
Baが女性でした。

で、、この人が結構曲者?!
超暴れて弾くんですが
1曲目で意外な赤いパンプスを履いてたんです。
珍しいな~って思ってたら
1曲終わって
いきなりパンプスを脱ぎ散らかしたもんで
私の膝辺りに見事に命中!
そう勢いがなかったので
痛くはなかったですが
超ビックリしたよ。。

サウンド的にはかっこよかったけど
Voの声が高すぎて
イマイチ・・かな。
っというか、
既にあまり記憶に残ってないもんで・・

続いてTHE BACK HORN
今回の本命です。

実は、、THE BACK HORNは
この峰さんが担当しているバンドではないです。
なので今回はゲスト枠としての出演でした。
じゃーなぜ呼んだか、、、
っというと
以前高松だったかな?で
スクービー・サンボ・THE BACK HORNっという
対バンをしたことがあったそうで
その時のライブがものすごくよかったので
ぜひ出演してもらいたい!っと思って
呼んだとのことです。
あー、、そのライブ
今もし、あったら絶対行きたいわ~
ぜひまた熊谷とか水戸とかでやって欲しい(笑)

特にSEとかも鳴らず(鳴ってたっけ?)
いきなりメンバーが登場して
フェスなんかでよくやってる
楽器隊だけで軽くセッションする感じで
音を合わせ
「こんにちは。THE BACK HORNです」っと
山田さんの挨拶があった~っと思ったら
いきなり
 立ち上がれ 死んでも譲れないものがある
 振り向くな
 後ろに道は無い 突き進め
っと、、『刃』からのスタートでした。

ちょっとビックリしました。
でもこれで一気にフロアのテンションUP!
してたのは間違いない。
ただ・・
思った以上に人、少なくて
真ん中くらいしか押しはなかったように思います。
私なんて最前でしたが
端っこだったので
全く人に触れ合わず。。な状態だったくらい。

続いて『戦う君よ』
『刃』からのこの流れ
なかなかいい感じでした。

で、松田さんMC。
「楽しそうな臭いがぷんぷんするので
ぜひとも参加したいと思いまして
今回出させてもらえてうれしいです。」っと。
そして「バックホーンにとって
今年最初のライブだし
長丁場のイベントトップバッターに近い出番なので
場内をいい感じに暖っためていけたらと
思ってますので
最後までよろしくお願いいたします!」
みたいな感じ。

そしてそして
なんと!『セレナーデ』
おぉ~
これ聞けただけでも
行った甲斐あったわ~♪

でもって最初の方の歌詞で
かなりエロい仕草で歌う山田さん。
目が釘付けでした(笑)
そして岡峰さんのベースも
そのエロさをさらに醸し出していて
いや~・・よかった。

続いて、これまたレアな
『ひとり言』
このダブルに
一瞬イベントであることを
忘れそうな勢いでした。

そして『ブラックホールバースデイ』
ちょっと前はこれが1曲目っていうのが
割と続いてましたが
それ以来だとすると
ちょっと久しぶりな1曲。
真ん中2曲が
聞き入る感じだったので
そこからテンション上げるのには
もってこいでした。

「また会いましょう~
THE BACK HORNでした」っと
山田さんの一言が入り
ラストは『コバルトブルー』
これは文句なしに盛り上がりました。

あっと言う間でしたが
今年初バックホーンのライブが見れて
よかったです。
栄純がまたうれしそうに
両手を振って帰っていってました。

<セットリスト>
 01.刃
 02.戦う君よ
 03.セレナーデ
 04.ひとり言
 05.ブラックホールバースデイ
 06.コバルトブルー

ひとまずここでドリンク交換。
グッズの殺し屋バニーTシャツでも
買うかな~っと思いつつも
前日、怒髪天のライブでTシャツ買ったので
ここは我慢。。

この後はゆっくり後ろから、、っと
思ってのんびり会場へ行くと
まだ始まってなくて
セットチェンジはサクサクいくって
最初の挨拶で峰さんが言ってたんですが
意外と時間がかかってました。

3番目はGalileo Galilei
夏の無料イベントで見損ねたので
今回見れてうれしいです。
PVとかはCSでイロイロ見ていたので
だいたいな雰囲気は知ってましたが
ライブ・・なかなかよかったです。

MCもなんか初々しさもありつつ
でも変にガッツ見せる風でもなく
自然体な感じ。
まだタイトルもついてない新曲?を
やってくれたんですが
この曲はDrの人が初めて作った曲なんだとか。

今後に期待のバンドですね。

<セットリスト>たまたま拾えました♪
 01.僕から君へ
 02.桃源郷
 03.曲名未定
 04.夏空
 05.SIREN

次に、、HINTO
なんと!Baがタバサちゃんだった♪
ビックリデス。
っていうか、、色んなバンドのサポート
してるんですね~
っというか、声かかるんですね~
コーラスもできちゃうしね。

で、そうそう、このバンドは
元スパルタローカルズの安部コウセイさんの
バンドでした。
安部コウセイさん、、トークしてるとこしか
見たことなかったんで(笑)
こちらも今回こうやってライブが見られて
よかったです。
歌、おもしろかったです。
でも・・まぁ、それくらい。。かな。

KIMONOS(向井秀徳+LEO今井)
こちらは、、、
うーん。。。。。。。
やっぱり、私は向井秀徳は苦手みたいです。
よく分からなかったし
途中かなり眠くて
ウトウトしながら見てました。

で、たまりかねて
次のセットチェンジ中
壁(正確に言うと柵)にもたれて
座って寝てました。
いや~ホントに眠くて( ̄▽ ̄;)

続いてMONOBRIGHT
ある意味初!(笑)
新生MONOBRIGHT。

せっかく白ポロ脱いで普段着になったのに
今回はこの新生MONOBRIGHTってことでなのか
みんなでお揃いのシャツ着ちゃって
あれ?またお揃いに戻っちゃった??って
思わず思ってしまいました。
そしてヒダカさんが入ったことで
並びがHiGEちゃんみたいに
サイドに桃野くんが立って
Ba・Gt・ヒダカさんの順。
桃野くんはギター弾く時もあるけど
弾かずに歌うこともあったりと
まさに、、、HiGEスタイル。

まぁ・・やってる姿を生で見ても
なんかまだ、何で入ったの?って
ハテナマークが浮かんできちゃうんですが
まぁ・・いっか。。って感じですかね。
もともとMONOBRIGHTに関して
あまり知らないんで
入ったことで
サウンドがー、、って思いは
全く無いです。

あと流石MONOBRIGHT
盛り上げ上手で
さらにMCではヒダカさんのキラリと光る
トークの腕前で
ライブは楽しかったです。
 ・・壁に寄りかかって
   ぼんやり見てたんですけどー(笑)

そしてSCOOBIE DO
こちらは楽しみにしてたバンド!
年末に続いて
またライブが見れてうれしいです。

いや~盛り上がりました。
MONOBRIGHTでまったりしてた分
ここでは思いっ切りはしゃいでしまいました。
スクビー、、いい♪
まだワンマンに行ったことないし
CDも1枚しか聞いたことないんで
今年はもうちょっとCDとか聞いて
ライブに行ってみたいな~っと
思いました。

セトリ・・見つからなかったんですが
多分、年末にロフトで見たときと
そう変わりはなかった気が
しないでもないです。
知ってる曲ばっかりだったので。

最後トリはサンボマスター
こちらも、、
かなり楽しみにしていたバンドです。
最近ちょっとサンボは
私の中では注目株なもので。

『ラブソング』をやる前に
山口さんの今年のお正月
福島に帰って時の話をしてくれたんですが
これが・・泣ける話でねぇ。
その話から曲へ、、っと
思わず涙がツツゥーっと
流れちゃいましたって。

それ以外は
「こんなもんじゃねーだろー新木場!!」って
煽って煽ってくるので
フロアも大盛り上がりでした。
超有名曲ばかりやってくれたので
あまり曲は知らない私でも
ほぼ全部知ってる曲でした。
注目株、、、って言っておきながら
シングルしか聞いたことないもんで。。``r(・_・;)

最後、主催者の峰さんを
ステージに呼んで
キメのジャンプをさせようとしたんですが
突然のフリに
峰さんイマイチ決まらずに終了。。

なので、アンコール出てくるなり
「峰さんのジャンプが低すぎるって
苦情がたくさん。。。」っと
「じゃー、、、最後の盛り上がるところから」って
まさかのやり直しを。
峰さん、ドラムセットの置かれてる台から
ジャンプして
さっきよりはいい感じでキメ。

で、アンコールは
今ドラマの主題歌にもなってる
『青春狂騒曲』
「来年もぜひやってもらいたいんで
このアンコールは来年やるであろうイベントの
前夜祭だということで!!」っと
そんなコメントがあり
来年も・・あるのかな~(笑)

最後の最後
再び峰さん登場。
今度は近藤さんのアンプの上にまで乗って
ジャンプ!
カッコよくキマった?ところで
終了!!
やっぱり、サンボ、いいですね。

<セットリスト>
 01.世界を変えさせておくれよ
 02.そのぬくもりに用がある
 03.ラブソング
 04.希望の道
 05.できっこないをやらなくちゃ
 06.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ

 EN.青春狂騒曲

っと。。
14時スタートで22時くらい終了の
ホントに長丁場のイベントでしたが
ゆったりしていたので
さほど疲れはなかったです。
大赤字なんじゃ・・・って
主催者側のいらぬ心配してしまうそうなくらいの
感じではありますが
でもギューギューよりはいいかなー
なんて。

でも。
帰りに喉が渇いたので
自販機で買おうと思って
思わず買いたかったはずのものの
隣りのボタンを間違えて押してしまったところを見ると
実は疲れてたんでしょうか~(笑)

爪の跡が残るくらい強く握りしめたその拳の中に燃える火を消さずにいてくれ [怒髪天(2010年~)]

最近、ブログを書くの
サボり癖ついちゃってるせいか
書くネタあっても
後回しにしてしまってる自分がいますが・・
ここからは気を引き締めて?!
エンジンかけて行きたいと思います!

ってわけで。。
1.22は
怒髪天 44"R&E"MAGNUM tour~湾岸ラプソディ~
@Zepp Tokyo
でした。
110122_162051.jpg
110122_162040.jpg

怒髪天、初のZeppワンマン。
AXワンマンのチケットを
一人2枚必ず買って買えるようにと
ライブのMCで言っていた頃を
ちょっと懐かしく思ってしまったよ。
そんなこと言ってる私も
怒髪天結成25周年からしたら
たったの5年ほどしかしらないんですが、、

HP先行のチケットがCのチケットで
後で買えるチケットがAとかBとか出てて
どういうことだ??っと思っていましたが
入場は全アルファベット並列での
入場でした。
いつも思う・・
このアルファベットの振り分けって
何なんだ??
分かりやすく最初がA、次がB、一般がC、当日券Dって
なってるものは別として
そうじゃなくAとかBとか出てくるのって
ホント止めて欲しいわ~
だったら記号なしの全番号通しにするとかね。
転売防止なのかもしれないですが
・・・にしてもね。

まぁ、それはおいといて
番号はCの70番台だったもんで
そこそこ最初の方で中へ。
とは言っても×3なんで
200人近く?は既に中へいるので
当然最前は無理でしたが
王子側端の方の2列目へIN。

今回のツアー4箇所しかないんですが
ツアーのサブタイトルが全部違うんですよね。
ここZepp Tokyoだったら湾岸ラプソディ
福岡DRUM LOGOSは長浜エレジー
名古屋BOTTOM LINEは今池ララバイ
そしてファイナル大阪
なんばHatchは、なにわベイブルース。
だから全公演、内容が違うんではないかって読みで
しかも今回全部土日なので、
全部行くって話してる後ろの人の話し声を聞いて
「すげぇ~」って思う前に
確かに、、「そうかも~」
だったら自分も
もうちょっと行く努力すればよかったかな??って
思ってしまいましたが、、(笑)
仕方ない。。

時間ちょい押しでライブスタート。
確か、、いつものSEではなかったはず。
(既に記憶が・・・)
SE何もなく坂さん、王子、シミさんって
登場してスタンバイ。
坂さんはいつもの黒上下
王子は金の縁取りがしてある
細かいフリルが付いた黒シャツ
シミさんが珍しくTシャツに
チェックのシャツを羽織ってました。

そして王子がギターを弾き始めたら
増子さんが登場。
増子さんは黒地に白い文字のシャツ。
で、なんと!『欠けたパーツの唄』を
弾語り風に。
 
 ~目隠しのままで両腕振り回し
  触るな寄るなよと生きてきた俺だぜ
  男は一人そいつが道なのさ
  優しい歌なんか聞かないフリを続けてきた

  同じ傷を持つお前を見たとき
  めちゃくちゃこの胸が熱くなった

で、ここで、フロアに歌え!って煽ってきたので
みんなで

  狂おしい喧騒の今さなかで俺たち
  偶然じゃないはずさ
  今出会った俺たちさ
  その手をぎゅっと握ってやる
  拳を開いて差し出せよ
  オマエをずっと探してたんだぜ

っと、大合唱。
感動~!!
すごいよかった。
まだ始まったばかりだってのに
ジーンっときちゃったもん。
増子さんも既に泣き顔になってた感じでした。

そしてイントロ始まって
普通に『欠けたパーツの唄』へ。
一気にテンション上がりました。
大好きな歌だったし
これで1年の幕開けってのが
なんと言っても素敵過ぎでした。

ここでもサビは
増子さんが何度もフロアにマイク向けてくるので
みんなで歌って、ホントよかったです。

続いて『ヤケっぱち数え歌』
『オトナノススメ』
っと続いたので
フロアもみクチャ状態です。
セトリの組み方とか
ホント流石だな~って思います。

ここで最初のMC。
「はい~よく来たーっ!
あけましておめでとう!!
こんなに遠くに、こんなにたくさん来てくれて
ホントにありがとう。
今日は初日だよ?もう既にグッときています。
これ、完全にファイナルでしょ。
どーしよう、、、」
っと、顔をくしゃくしゃにしながら
照れ笑い気味の増子さん。
やっぱり、、最初から泣いてのかな。。(笑)

「今日は年越し以外では今年初のライブなんで
今年1年の分全部使い切るぐらいに
騒いで帰っていただければと思っております!」
っと、最初は短めに次の曲へ。

イントロがかっこいい『北風に吠えろ!』
拳を上げてサビを歌うところもまた
燃えます♪
そして楽しく合いの手を入れられる
『夕暮れ男道』
今回、王子に隠れて
坂さんが全く見えなかったのですが
逆に王子は見えすぎなほどバッチリで(笑)
思わずコーラスしてるところとか
ずーっと見てしまいました。
結構、、コーラスしてるんですね。

続いて、、
久々『ビール・オア・ダイ』の
演歌調イントロ(勝手に名付けてる)に乗せて
2010→2011へのカウントダウンの
悲しいエピソードについて。
これについては
カウントダウンのMCに書いたんで
割愛しますが・・
何度聞いても笑えるのは
王子が
もうその状況に我慢できなくなって
「HAPPY NEW YEAR!!」って楽屋の扉を開けたら
誰一人いなかったって話・・・(*´m`)ぷ♪
その話をされたときの
王子の照れ顔がまた
よかったです。

「なので、俺たちの年明けは今日だよ!」
なんて、うれしい話もあり
「男には、飲まずにはいられない夜があるんです」
そんな〆で曲はもちろん『ビール・オア・ダイ』
前は『酒燃料~』とセットで
立て続けにやることが多かった
この曲ですが
最近は『酒燃料~』の方だけってことが多く
久しぶりに聞けてよかったです。

続いて、、
噂の?!CMの曲
『キタカラキタオトコ』
ノリやすい楽しい曲でした。
そして「2011年も働け~!!」っと
『労働CALLING』
最近、、この歌詞がホント身に沁みる。。。(笑)
 ~どんなに働けど さっぱり楽じゃない
ってね。(-ω-`;)

ここで再び、MC・・だったか?
「みなさんのお正月はどうでしたか?
、、、あ、言いたくない?」っと
一人ノリ・ツッコミで
増子さんのお正月話を。
いつもながら、、実家に帰られたそうで
まず。。妹さんに赤ちゃんが生まれ
増子さんにとっては姪っ子さんができた。
これがDNAの刷り込みとは恐ろしいもので
可愛過ぎる。なんでもしてやりたいって思う
そうです。
・・・この気持ちは、、よく分かる(笑)

そして、、高校の同窓会に参加。
なんと!初めての出席だったそうで
今までは“行方不明”みたいな扱いで
一度も呼ばれてなかったみたいです。
「むしろ、、他の人より
見えやすいところにいたわ!」って。
でも誰?って思うおじさん叔母さんがいて
ビックリしたけど楽しかったそうです。

そして最後。
お母さんが増子さんに向かって
「あんた、、アレに似てるね」って
「え?誰?」って聞くと
「ほら、、あれ、、NHKの・・・龍馬!」
って言うから、
まさかと思って「H山M治?」って言うと
「そうそう。」って。

今までマチャアキとかなら言われたことあるけど
よりによってH山って・・っと思い
「どこが?」って聞くと
「目?」って言うので
「目?どこが!数以外似てないだろー」って言うと
「じゃー、、鼻かな、、」とか
いろいろ言い出して
どれをとっても似てないって言い返してると
しまいには母親も逆切れ状態で
「もー。。そういう風になって欲しいの!!」って。。。
どんな願望だよ。
しかも俺、今年45だよ?
って・・いや~笑えた。
やっぱり、増子さんのお母さんも
楽しい方なんですね~(笑)

そんなMCがあって
もうちょっと話そうかな~って気分の増子さん?
でもチラっと王子の方を見て
準備万端の王子に
「あれ?もう曲いく?」って聞くと
「ウン」っと頷く王子に
「もう、曲行くの?行きたいの?」って
小さい子に聞くみたいに受け答えをする
増子さん。
王子も笑いながら「曲行きましょう」的な
素振りをして
増子さんもようやく
「じゃー行ってみよ~」っと次の曲へ。。

ここからのブロックがヤバかった・・
まず『俺達は明日を撃つ!』
まぁ、、これは
何度かライブで聞いたことあるので
珍しい1曲ではないですが、、
増子さんの銃で撃つ仕草が
いいんですよね。

そして『旅路』
初めてかもーライブで聞いたの。
いい曲です。
歌詞が泣ける。
で、『男は胸に...』
マジで泣きそうでした。
ここのサビも確かみんなで合唱しましたっけ?
ちょっと歌詞アヤフヤだったんですが
おかまいなしに歌っておきました。

続いて『オレとオマエ』
これはもうお馴染みです。
でもこの曲やってる時の王子の顔が
いつもうれしそうです。

少しブレイクがあって。。
『つきあかり』
この曲は、、音源は持ってないんですが
何度かライブでやっていて
どれに入ってるんだ?って調べたら
アニメのエンディングだったんですよね。
いつか借りなきゃ、、って思いつつ
未だに持ってないままの1曲。

そして、曲が終わって
とにかくシーンっと沈黙が続いて始まったのは
シミさんのベースの和音から始まる
『夢と現』
ビックリした~
まさかこの曲をライブで聞けるなんて
思ってなかったんで・・
iPodでシャッフルで聞いてる時は
たいてい飛ばしてしまう1曲です。
出だしが悲しい歌詞で
どうしても朝とかはちょっと重いなぁ・・って
思ってしまって。
だけど、この日久しぶりに最後まで聞いて
そうか・・サビの辺りって
こんなにいい曲だったのか、、って
改めて思ってしまいました。
ボトルネックで弾くギターソロがまた
素敵でした。

っと、、泣かせる曲ブロック。
レアな曲満載でした。
怒髪天のワンマンは
とにかくレアな曲をたくさんやってくれるので
うれしいです。
フェスやイベントでは
そういう曲は、、ってよく言ってますが
そろそろ
フェスやイベントでも
持ち時間がそこそこあれば
やってもいいんでは?なんて
思ってしまいますが・・

で、、坂さんMCタイム。
「今晩は、ザ・怒髪天でーす!」っと
未だに「ザ」を付けて言ってらっしゃる。
でも相変わらずカミカミで
しかも、大事な告知内容が書かれた紙を見ながら
話すのですが
「えーっと。。」って見る姿
紙(目)、近すぎ!!(笑)

もうHPなどで発表されてますが、、
ライブでのお馴染みの曲を集めたベスト盤をリリース!
ただベスト盤出すだけじゃぁね・・ってことで
『キタカラキタオトコ』収録!
さらに昨年ライブで勝手にしやがれとコラボした
『喰うために働いて生きるために唄え!』が
思いの外評判だったので
それを再録!

そして、そのリリースを記念して
全国22公演ライブツアー決定!
「上は北から、下は南まで」っと
お決まりのコメントで
ツアーの先行のお知らせも。

「ホント、、休んでらんないなぁ~」っと
増子さん。
「あんなに一生懸命いろいろ
言うこと考えてたじゃん」
「いや、、なんか、頭真っ白になって
言えませんでしたねぇ。。」
「頭真っ白なんじゃなくて
バカなんじゃないの?」っと
坂さんには厳しい増子さん。
「金八先生もスペシャルでは定年なんでしょ?
バンドも定年があればなぁ・・・」って。

「でもね、、まさかZepp Tokyoなんてね、
こんなとこでやれるなんて思わなかったから
感無量なんだよな。
よく『お前らに会うために俺は生まれてきたぜ』
みたいなこと歌ってるやついるけど、、
ちょっとはその気持ち、、今なら分かる(笑)

先輩たちにもいろいろ言われるんだけど
『このCD売れない時代に動員伸びてきて。
あの頃だったら億稼げたよ?』って。
そんなわけないと思うんですけどね(笑)。
でも俺らね、金もらったことほとんどなかったから、
今のままで十分ですけどね。

あとほら最近、『音楽業界不況で、
食えなくなってバンドをやめる中堅が続々』
みたいなニュースあったでしょ?
アホかっちゅうの。
俺らは言ってもハードコアパンク出身なんで
音楽でメシ食おうなんて最初から思ってなかったから。
音楽をメシ食う道具にするな!
、、、っとは言っても
お金は大事ですけどね?」

そんな笑いあり
ジーンと来ちゃう話ありのMCの後は
会場限定シングルにも収録されている
『男達のメロディー』
これは1979年リリースされた
SHOGUNのデビューシングルをカバーしたもの。
確か、、去年の東京3Daysの時の
追い出しの曲かなんかでもかかってましたっけ。
英語詞が入ってて
怒髪天にしては珍しい1曲。

そして『武蔵野流星号』
こちらも何気に久々。
ラブソングは恥ずかしいからと
あまりやってくれる率は低いですが
キュンってきちゃう1曲です。
続いて「全国のダメ男に捧ぐ!」っと
『宿六小唄』
この曲もサビはみんなで大合唱です。

で、『何かイイな』
この曲だったっけ、、
ギターソロで王子が前に出てきてて
サビ直前で、コーラスに慌てて戻って
増子さんと顔見合わせて笑ってたのは。
なんかの曲でも
王子と増子さんが前に出てきたのが
クロスしちゃって(コードが)
戻る時に
増子さんが王子の前を
しゃがんで戻ってる姿があったりして
ちょっとにんまりしてしまいました。

ラストスパート
『喰うために働いて生きるために唄え!』は
最後の方のサビは
楽器の音なしで
みんなで大合唱。
そのときメンバーもそれぞれステージの
モニター前までグーンっと出てきてくれるので
かなりドキドキ♪

最後は、、
『そのともしびをてがかりに』
これは新曲で
しかもこの日から発売の会場限定リリースのCD。
なのでホントに初めて聞く人ばかりの1曲で
それでラストを締めくくるとは
それだけ自信作であることの現れだと思うのですが
ホントにいい曲でした。
とにかく感動的な本編終了に大拍手!

それに対し
歌い終わった増子さんが
大泣きしてしまっていて
これでまた拍手鳴り止まず。。。って感じ。
「ありがとう!!」なんとかそう言い切って
退場。

続いて、、アンコール。
まずは坂さんだけが登場して
「アンコールありがとうございます!」っと
軽く挨拶を。
「感動的な言葉は他のメンバーから、、」っと
すぐに他メンバーも続くかと思っていたようですが
なかなか出てこなくて
しまいには坂さんコールまで始まってしまって
「早く~」っと助け舟求めてました(笑)

続いてシミさん、王子も登場。
そうそう、坂さんは44のTシャツ
シミさんはともしびのTシャツに着替えてましたが
王子はそのままでした。
「アンコールありがとう。
このTシャツにある拳のように
キラキラした顔がたくさん見えて
ホントうれしかったです」っとシミさん。

王子は「いやぁ・・Zeppでワンマンやってますね」
なんて人事のように(笑)
「お台場なんて、北海道出身の俺らからして見たら
ニューヨークみたいで
、、って行ったことないんですけど・・
いつも機材車乗ってここ通る時に
増子さんがほら、ニューヨークだよ~って言うから
それがお決まりになっていて(笑)
今年は44で兎年らしく
ぶっ飛ばして行きたいと思いますので
これからもよろしくお願いします」
ぴょんぴょん発言出るかな~って
ちょぴっと期待したんですが・・

そしてよろよろと増子さん。
これが珍しく44のTシャツに着替えてました。
「もーーっ、、、
うれし過ぎるってんだよ、バカヤロー!!
お前らのせいだからな
ちゃんとしろってったって、無理だって
だって、ここに敵いないじゃん
みんな味方だろ
みんないい顔してこっち見てるんだもん。
俺、今日の日は絶対に忘れないよ。」
最大限の増子さんの照れ隠しのMC。
本気で無理って顔しながら
一生懸命楽しいMCしようとしてる
そんな想いが伝わってきました。

「でもな、俺たちが今、手渡したい!と思うものは、
一生懸命手渡した!
想いをちゃんと届けてる気がしてる。
ラブレターみたいなもんなんだ。
書くときは一生懸命に書く。
でも渡す時はカッコなんてつけらんないから
そのままストレートに
読んで下さい!って
その場で捨てられるかもしれないし
読まれないかもしれないけど
書いてるほうは一生懸命だから
俺らができることって、これしかないからさ。
食えなくなったらまたバイトしてやるし。
解散なんてしないよ?」
っとうれしいお言葉。
ファンにはこの一言が
何よりもうれしいです。

すると王子に向かっていきなり
「いきなり脱退とかしないでよ?
友康いないと何も出来ないんだから・・」
もちろん王子も
「しないよ」って顔で笑ってましたけど
あーその想い切実かもー、、って
誰もが思ったのも間違いない??(笑)
他の2人に対しては
シミさんが自ら
「この2人は、、突然死があるから、、」って
自爆発言?!
増子さんも「あぁ、、その手があったか。。
いや、元気でいてください」って
若干、笑い話にしてるし。

「ビーナスフォートとか俺ら一番壁磨いたから。
ゆりかもめとか通る前の時代
友康は真面目でちゃんと時間通りに行くんだよ。
俺はいつもお腹痛いとか頭痛いとか言って
ズルしてお昼過ぎに、、、はんこだけくださいって」
そんな話も挟みつつ
「もう、首も痛くて立ってるのがやっとで
1曲しか歌わないはずだったけど
2曲やろう!」

そう言ってアンコール1曲目は
『酒燃料爆進曲』
 ~朝焼けの空 を
 ~お台場の空 っと
一番は替え歌で。

坂さん雄たけびは「Zepp~」っと
言うなら、、、「お台場~」の方が
よかったんじゃ?って
思ってしまったのは私だけ?(笑)

それが終わると
間髪入れずに
 ~ラーララーラーラーラララー
っと、、『サスパズレ』
やった!
やっぱり今日は特別な日だったんですね。
なんかうれしいです。

寸止め1発目は
「もう、、ダメだ。
俺ワンマンやりたくない。
ちゃんとイロイロ言おうって思ってたこと
あったけど、、もう言えないよ・・」そう言って
「もう何もいえないギター!!」
だったっけな。

続いて、、
「さっきやった、新曲
『そのともしびをてがかりに』って
普段ライブに来るとこうやってみんな拳を
上げてるわな。
でも、そうじゃない時
学校や仕事場で悔しいことがあると
グッと下に向けて拳を握ってると思う。
その中についた火、、勝手に消すなよ
見つけらんなくなるから。
その火を手がかりに探してるんだから。
だから勝手に消すな。
ちゃんと言えたぜ、これで一安心ギター!!」

いや~、、、
泣いたよー。。。
マジで。
今、思い出しながら書いてても
ジーンっときて
泣けてくる。
何度読んでも、見ても、聞いても
泣けちゃう歌とか映画とか話とかあるじゃないですか
まさにそれですよ、これ。
一生、思い出すたびに
泣きそうな気がします。
そういう想いが詰まった曲なんだって
思って聞くと
さらにこの新曲がいい曲だなーって
思えます。

そして、泣きながら歌った最後は
「お前らに、仲間はいるか?
いるだろ?俺にもいるんだ。」
そういってメンバーを示す増子さん。
「もう何年もずっと一緒にやってきてる
仲間、、、ナマカじゃないよな、間違いなく。
最高の仲間がいるんで
みんなにも分けてやろうかと思って。
これで俺たちは仲間なんだからな。
最後は仲間なんだから
一つになって盛り上がろうぜギター!!」
増子さんの日記にも書いてあった

 “また今日からはそれぞれの生活に戻るけど、
  昨夜から怒髪天に加入した事を忘れちゃならんぞ!”

そう、仲間にしてもらえたのです♪
そんなこんなで
大盛り上がりで終了!!

最後は本当に増子さんは
力尽きたようで
ステージ床に崩れ落ちたまま
しばらく立ち上がれませんでした。
シミさんが肩を貸し
4人並んでご挨拶。

何とか力を振り絞って
増子さん、、最後左端・右端・センターと
オフマイクで「ありがとう!!」っと
叫んで帰って行きました。

あー、、
ホント、いいライブでした。
3連チャンの初日がこれで。。
私自身もう少し余韻に浸りたかった・・って
またしても贅沢なぼやきですけど。
早速も、春からのツアーも決まり
今年も楽しくなりそうです。

あ、、
何気に筋肉痛が。。(笑)
やっぱり見る側も久しぶりだと
(って言っても2週間ぶりだけどー)
筋肉痛になるみたい(≧∇≦)


<セットリスト>
 01.欠けたパーツの唄
 02.ヤケっぱち数え歌
 03.オトナノススメ
 04.北風に吠えろ!
 05.夕暮れ男道
 06.ビール・オア・ダイ
 07.キタカラキタオトコ(新曲)
 08.労働CALLING
 09.俺達は明日を撃つ!
 10.旅路
 11.男は胸に...
 12.オレとオマエ
 13.つきあかり
 14.夢と現
 15.男達のメロディー(カバー)
 16.武蔵野流星号
 17.宿六小唄~ダメ男に捧ぐ~
 18.何かイイな
 19.喰うために働いて生きるために唄え!
 20.そのともしびをてがかりに(新曲)

 EN.
  酒燃料爆進曲  
  サスパズレ  

今回のツアー、、
全公演内容違うんじゃない?ってますます思ったのは
RO69のレポ
ここまで曲タイトル書くのって、、
やっぱり。・・

いよいよ♪ [たわごと]

やっと、冬休み気分満載な日々が始まりますよ(笑)
もうすぐ2月ですけどー・・

今日から3連休で
ライブ(イベント含)三昧♪
そして2日行ったら
ウェンズデーJ-POP(誘ってもらえた!)に
タワレコインストアライブ(この日は半休)
翌日、引越しでまたまた3連休(笑)
っと、、、来週は仕事気分ゼロっす。

まぁ、大晦日も三箇日も
休みを取らず仕事してたんで
それくら許してもらえるでしょう~
ワーイワーイヾ(*´∀`*)ノ

そんなうれしさに輪をかけて?!
ライブ中継(生ではないけど)決まってました。
dohatsu.JPG

pillows.JPG

たまたまテレビ見てたら
告知をしてて
まず怒髪天が流れて
「おぉ~、、でもハッチか。。」
そしたら続いてピロウズで
「えーほんとに??」
っと、ダブルでビックリって。
うれしい限りです。

ピロウズ後半のライブチケットも無事取れたし
これでACIDMAN武道館も取れれば
言うことなしだったのですが
これは取れませんなぁ・・・
2次先行だったし。
行けないってことはないって
思ってても(笑)
こうも取れないとちょっと不安になります。

一般発売、、ロッピーに走るか
PCで頑張るか。。
うーん・・悩むとこですが。

にしても。
1.24っていろんなことが重なる日だなぁ~
圭介さんのタワレコイベント出演(Ustあり)に
さわおさんのラジオ生出演
でもって、行くのは阿佐ヶ谷ロフト。
タワレコUstは100%時間的に無理ですが
ラジオは、、、ギリ間に合うかも??
あーでも阿佐ヶ谷ロフトのイベントって
結構お尻ありそうでなさそうなイメージ(笑)
どうだろー??

とんと、ご無沙汰!(パクり 笑) [たわごと]

1週間、、ご無沙汰でした。。。( ̄(エ) ̄*)
只今、絶賛引越し準備中・・
110117_195942.jpg
家中ダンボール&ゴミ袋で
今、火事になったら
間違いなく逃げ遅れるだろうなぁ~っていう
状況で日々せっせとやっております。
ま、とは言っても
一段落つきましたけど。
ちょーっと取っかかるの
早かったかしらん??(笑)

今年はキテるっ!って予感が
ヒシヒシとあった年始
なのにウェンズデーJ POPは
見事にハズレてしまいました。。。(泣)
何連敗だ??
以前は負けなしだったのに。

だけど、8/50人(6.25倍?)という
超激戦!斉藤和義の風呂ロックチケットは
見事にGET!★★
むふふ(´艸`)

そんな1.15は
ロックの学園×JOYPOLIS SCHOOL ESCAPE! 
@東京ジョイポリス
出演:
 松田晋二・岡峰光舟(THE BACK HORN)
 オオキノブオ(ACIDMAN)
 山中さわお(the pillows)
 LOW IQ 01
 福岡晃子(チャットモンチー)
 カトウタロウ(ex.BEAT CRUSADERS)
 松本素生・中澤寛規(GOING UNDER GROUND)
 小出祐介&堀之内大介(Base Ball Bear)
 高橋宏貴(Scars Borough)
 タブゾンビ(SOIL&”PIMP”SESSIONS)
総合MC:ダイノジ
特別ゲスト:金光裕史(「音楽と人」編集長)
でした~
110115_132757.jpg
110117_195741.jpg

正直、、、なぜにジョイポリスとコラボなのか
その意図が理解できませぬが
内容的にかなり魅力満載のため
大喜びで行ってきました(笑)
時間割はこんな感じ。
110117_195815.jpg

会場がどれくらいで
どの程度の人が来るのか
全く予想がつきませんでしたが
心配してたほどの大混雑はなく
どのコーナーも
視界良好で見ることが出来ました。

さて、内容は・・・
って。。
書けないよ。
オールトークだもん。
なので、ザッと箇条書き感想を
思いつくままに。
多分。。。
行った人にしか分からないかとは思いますが
3月にスペシャでOAされるらしいので
それをお楽しみに♪

1日フリーのジョイポリスパスポートは
結局1回も使わず・・・だって、マジで全く興味なし。
だからこそ、できれば違う場所でやって欲しかった。
例えば、、、うーん。。浮かばないけど。

ダイノジ大谷さんは流石の腕前。
一瞬、すべらない話聞いてるみたいだった。
とにかく話す間とか
声の大きさとか
時折付けるジェスチャーとか
全てが完璧!やっぱプロよね。

で、小出くんの印象UP!
なるほど、BBB人気あるのが分かったよ(笑)
って・・ライブは別だけどー
で、そんな小出ストラップ。
いや、やっぱり松田さんのが欲しかったー
110117_195915.jpg
1/4の確率なんですけど。。(ノω・、`)
交換して欲しい人求む!(笑)

松田さんってば、やっぱりお洒落さんだね。
なのに岡峰さんてば。。
出てくるなり、猫の毛?付いてた。。
おーい、、テレビだぞ~って(笑)
まぁ、いい感じでするするっと
下へ落ちていったのでよかったけど。
オオキさんは言うまでもなく☆

戦艦大和って、、そういう船だったとは
マジで知らなかったっす。
そういう意味では、かなりおもしろい内容でした。
ダークマターは。。。まぁそれもオモシロいけど
ちょいちょい聞いたことある内容だったので~。。

マミさんが、魔女っ子じゃなくなってた!
かわいかったな~
帰りがけに超ニコニコで見つめられた(気がする)ので
ドキドキしてしまったよ。
私もちょこっとだけ見てもらいたいなー・・・
なんて♪

カトウタロウは美形ですな~
トークは相変わらずでしたけどー(笑)
早くバンド活動して欲しいです。
あ、ナカザとユニット組んだって
言ってましたっけ??
ギタリストのユニット?!( ̄▽ ̄;)

山中さわおへの20の質問が
7問くらいで終わりって。。
だったら10の質問ってタイトル名でよかったやん?
でもって、あの生徒は
完全にミスっただろう~
おそらく誰もが、自分が出た方がましだった、、、って
思ってたはず。
この私ですら思ったくらいなので~
ホントにピロウズファンだったのか??
それだけが聞きたい。

だけどー企画内容としては
おもしろかったです。
あっこちゃんの司会っぷりも素晴らしかった~
でも、、、欲を言えば
あっこちゃんも解答者で
司会は大谷さんとかダイノジの2人とかが
よかったなー。。

あのコーナー、第2弾をぜひまた
どっかのロックの学園で!
今度こそ、あの生徒席めざして
本当にクイズ勝ち抜き大会やるとかね。

生・福島大逆襲、、
松田さんと金光さんの2人だけのトークで
よかったじゃん。。
あそこにさわおさん入れちゃー・・・
トークの腕前の差が出ちゃって
かわいそうだって。
松田さんは松田さんのペースで話してるのが
一番おもしろいのに
ちょっと勢いある人が来ちゃうと
それに流されるところがあるから。。。

ってことで、結論。
やっぱりさわおさんはトーク上手い!
でもって素生くんも上手い!
まぁ、たださわおさんと素生くんとの違いは
素生くんは松田さんの昔をよーく知ってる分
話のネタが多いし
松田さんも話しやすいからね。
そういった意味では
素生くんはいてよかったかも。

あ、高橋さん、、
意外とたくさん話すんですね。
もっとアンチテレビなのかと思ってたんですけどー。
そして江戸川区出身だったとは。
みんながみんな千葉出身ではなかったんだ(笑)

そんな感じかな~
15時過ぎから始まって
終了22時頃。
たーっぷり5時間くらい?
トーク三昧でした。
ちょっと残念だったのは
お尻があったため、とにかく押さないように
時間気にしながらのトークだったこと。
ま、仕方ないっちゃー仕方ないですけど
もっとゆっくりやって欲しいよ~って
思うことも多々あり。
でも、それはやっぱり
仕方ないですよね。

気になるプロデューサーさんのつぶやき。
岡峰さんに、次は三崎で!って。
もしや、授業担当しちゃう??
だったら行きたいよ~
でも、おそらく出演は最終日だろうから
その日はどうやっても行けない日なので
見なかったことにしておきますけどー・・

BAD TIMES GONE,GOOD TIMES ROUND [音楽]

2011年ライブ始めは、、
THE COLLECTORS TOUR 2010-2011
BAD TIMES GONE,GOOD TIMES ROUND
@SHIBUYA-AX
でした~♪
110108_164839.jpg

ライブ納め(カウントダウンは除く)も
コレクターズで
ライブ始めもコレクターズ。
なのに、もうこれで
ちょっと距離をおこうとしてる私(笑)
なんか切ない気持ちですなぁ~・・・

ま、それはおいておいて。
先に一言感想を言うなら
いいライブでした(人´∀`o)
ホントすごくカッコよくて
楽しくて
とにかくいいライブでした。

この日は8年ぶり?かのAXワンマンだったそうで
ロックの学園からこんな花輪まで!(笑)
110108_164826.jpg

もちろん、、このバンドからもお花
届いてました。
110108_203717.jpg
ちょっと意外だったこのバンドも★
110108_203729.jpg

整理番号ギリ100番内で会場へ。
呼び込みの早いで有名な(笑)AXですが
ホント自分が入ってアッと言う間に
人で埋まっていっていて
どこに行こうか迷う余裕なし!(汗)
なんとかオリさん側端の方の
2列目辺りへ。
端っこはサイドに置かれてる柵の台があり
ちょこっとだけ高くなってるんですよね。
そこへ乗ると
ちょこっとだけ視界が高くなり
いい感じ。

広いステージのセンターに
セッティングされた楽器以外
当たり前なんですが何の装飾もなく
なんかいつもよりやたら殺風景な感じがして
不思議な気分でした。
やっぱりAXは
クアトロよりも
全然大きな会場なんだなーってことを
改めて実感させられたというか。。

開演時間が過ぎると
なぜかBGMに合わせて
フロアからアンコール並みの拍手が起こってました。
そして、10分過ぎくらいに
曲がコレクターズがカバーしてて聞きなれてる
「タイム・フォー・アクション」の曲終わりで
場内が暗くなりライブスタート!
っと思ったら
出てきたのは一人だけ??
っと思ったら(笑)
なんと!増子さん!!

コレクターズのグッズのTシャツを着て
「どうも~」みたいに
ちょっと緊張してる増子さん。
どうやらいきなりのムチャ振りで
前説をお願いされたらしい。
どうすりゃいいの?!って言いつつも
「昨年はイロイロありました。
突然、漁船がぶつかってきたり、
灰皿で酒飲んでみたり、、、」っと
まずはお決まりの(笑)時事ネタ爆笑編で。。

そして
「ここは場を盛り上げるべく
新年と言うことで
なぞかけでもやりましょうか。
えー、、、コレクターズとかけて
トモフスキー、、しかもバンドトモフスキーね。
ハルさんとかいる。
トモフスキーとかける(←とくだよっ 笑)
その心は!
大きい人が2人います(笑)
今日、楽しんだ人しか
今年はいい年にはならない!!
最後まで思いっきり楽しみましょう~」

いや~ビックリした(笑)
でもホントにサプライズだったので
私としてはかなりうれしかったです。
そうか、これで増子さんが出るんで
お花届いてたのかな~・・
でもって、珍しく?!
増子さん緊張していたようで
謎賭けをかけてかけちゃってました。
あそこは説くでしょ~って。。

それが終わると
特にSEもなくメンバーが登場。
コータローさん、、冠婚葬祭バリのスーツ上下。
  年末に梅が丘の並木で新調したらしい、、
  どおりで細身だった訳だ(笑)
オリさんも初めて見たちょっとサイケな感じの
派手な色使いのシャツ。
もちろん胸元解禁!!(笑)
Qちゃんはタイトな感じのカットソー(だった??)

まずはこの3人で
インストを演奏。
それが鳴る中、最後に登場した加藤さんは
ユニオンジャック・ジャケットに白のパンツ。
なんと靴もユニオン・ジャックのコンバースでした。

さぁ、気になる1曲目は
『愛ある世界』
いいね~
始まる!って雰囲気満載のこの曲。
打ち込みも入って音数も多いから
とってもゴージャスな感じだし。

そして『MILLION CROSSROADS ROCK』
『Tough』っと
ノリのいい曲が続きます。
フロアも一緒に歌える部分があると
それだけでテンションあがります。
ステージ上のメンバーも
特にオリさん
いつも以上にテンション高い感じが
伝わってきました。
加藤さんの動きも(ダンス?笑)
いつもより踊りまくってました。

「いやぁ~最高だ!」
っと、ここらでMCかなーって思ったんですが
特にそれ以上は言わず
加藤さんとコータローさんが近づいて
コータローさんの弾語りで歌い始める
『マイアミビーチ』
いいんだよね~
この歌いだしがホントに素敵です。

そして『恋の3Dメガネ』
この曲自体は
すごく古い曲ですが
何気にここ最近ちょっとライブで聞いていたので
あまりレア感は感じなかったです・・
でも
全くその古さを感じないってのが
すごいです。

ここでやっと最初のMC。
「今日はツアーファイナル!
やっと年が越せる!!
だから、俺の車にはまだ
しめ縄が付いてます(笑)
今日は歌うよ~
もう声枯れるまで歌っちゃう。

あ、さっき、例の、ザーサイの人の前説
昨日、メールで増子から
加藤さん、何が欲しいですか?って聞かれたから
ザーサイ100瓶?って言ったら
重いから無理です!って。
結局、あいつ何も持ってこないで
逆にTシャツ1枚パクられたっていうね。。(笑)
・・・曲、いこうか。。」

珍しく話は短めで(*´m`)むふ♪
「じゃー新しいアルバムから」っと
『孤独な素数たち』
このブロックはその昨年4月に出した
最新アルバムからの曲続き。

『今が最高!』は
ライブで歌ってくれるたびに
まさに!今が最高!!って思えて
いい曲だなぁ~って
つくづく思います。
最後に加藤さんも「最高だーっ!!」って
叫んでたのも
またなんかうれしいです。

そして紅布で恥ずかしい(笑)間違いをした
『ラブ・アタック』
今回はゆっくり気をつけて
歌ってる感じがしました。
で『東京虫バグズ』
ほぼライブでは毎回やってるこの曲ですが
イントロ聞くとテンション上がる1曲。

2回目のMC。
ここでこの話だったか、、
それともその後でだったか、、
ここら辺から記憶が曖昧ですが
とりあえず・・
コータローさんのスーツ姿について
「どうしちゃったの?
ブラピかと思ったよ」っと加藤さん。
それを聞いて思わず
「ブッ(笑)」っと噴出すコータローさん。

でも、、
加藤「なんかさ、、ちょっとずつ古いよね。
ブラピってさぁ・・」
コータロー「いや、でも、仕方ないでしょう。
もうそれが染み付いちゃってるんだから。
俺の「ブッ」てのも古いよね。。
何ていうの。。
?を包んでる昔の新聞紙、、みたいな」
加藤「えー、、随分色あせちゃってるねぇ~
あー。。。あのさーもう誕生日に
俺が生まれた年の新聞送ってきたりするの
やめてくれる??(笑)
そこに載ってる記事見てさ、、
時代が違いすぎてる。
インスタントラーメン開発!って
そんな時代に生きてたのー。。。
せめてラ王誕生!ってときとかに生まれたかったね。
あ、ラ王といえば、、
例の偽りのラ王ファイナル」
コータロー「やったね~ラ王を偲ぶ、、、」
加藤「そうだよーコータローくんからさぁ
リーダー!ラ王が終わっちゃうみたいですよって
メールもらって。
でもさ、、俺が、焼きたらこが好きって言ったら
リーダー、、マニアじゃないね
それスパ王だよ・・・って。
それ以来あまり仲良くしてくれないんだよ」

今回AXでコータローさん正装してるし
あまりMCはしないのかなーって思ったんですが
2回目からはいつも通りの
加藤さんとコータローさんのやりとりがあり
やっぱり最高(笑)

そして加藤さんがアコギを持って
『GIFT』
続いて「新曲出来ちゃったよ!」っと
紹介があり
まだタイトルは付いてない新曲を披露。
これが何て言うか、、
初々しくてちょっと青臭い感じの
素敵な曲でした。

今度は天井から
大小のミラーボールが4つくらい降りてきて
『青春ミラー(キミを想う長い午後)』
大きな会場ならではの
照明とセットで
よりそのミラーのキラキラ感を出していて
よかったです。
終わりの方で
ドンドン盛り上がっていくところの
Qちゃんのドコドコ叩くドラムが
カッコいいです。
それ終わりの加藤さんの雄たけびも
いつになくかなり熱かったし。

そして『ライ麦畑の迷路の中で』に続き
『未来のカタチ』
この流れが最高でした。
最高にウットリモード突入でしょう~(。→ˇ艸←)
『ライ麦畑の迷路の中で』は久々に聞けて
うれしかったです。
長い曲ですが聞き入ってしまいます。
『未来のカタチ』の Lalala~のコーラスも
フロアからよく聞こえてきて
その様子を見るメンバーがすごくうれしそうで
ジーンとしちゃいました。

「最高だ~!みんなはどう?」
イェーイ!
「どう??」イェーイ!!
「どうーっ???」イェーイ!!!って(笑)
「今日、、こんなに必要以上に
ここ渋谷AXまで来てくれたのは、、
ポッドキャストを聞いて、
今日初めてライブに来てみたって人が
恐らく、、100人はいる。

でも、恐らく、、その人たちは今、
あれ?何か違うぞ・・って思ってて
帰りの高崎線でワンカップ開けて
やっとホッとするんではないかと。。
なので、そろそろ
コータローくん、あの話してよ~って
俺が言い出さないといけないんじゃないかって、、」

コータロー「ワンカップタイムってこと?」
加藤「え?」
コータロー「ワンカップタイム、、」
加藤「何?もーねー最近、耳がさぁ・・」っと
コータローさんの方へ行き
コータローさんも加藤さんに耳打ちするかのように
近づいて二人でゴニョゴニョ話(笑)

加藤「あーそうそう(笑)」
コータロー「もう、嫌だね~
リーダー通った後、髪の毛いっぱい落ちてるし。」
加藤「えー?マジで??」
コータロー「そうだよ~
俺いつもコロコロ持ち歩いてるもん。
レコーディングの時とか」
加藤「、、、ショック。
なくなったら、歌うの辞めるから。。
C春みたいには歌えないよー
やつの方が声がいいもん。。」
コータロー「いや、リーダーも負けてないよ~」

加藤「前にさ、俺の親父が
俺の顔をマジマジと見て
熊谷弁で「ズラだんべぇ?」って言ってきたときは
ホントに。。
しかもその前にジーっと生え際見てて。。
あー、、あの話しようかなぁ」
コータロー「何?倉庫の話?」
加藤「そうそう」
コータロー「聞きたいねぇ~(笑)」

加藤「普段、自分は常々まだまだ若いって
思っていたんだけど
あのーこういう、、大きな会場でライブをやるときは
変圧器っていうのが必要なんですよ。
まぁ、他、諸々ね。
そしてそういうのって、普段は
スタッフの人が運んでくれたりするんですが
なぜか今回、俺が運ぶことなりまして。
コータローくんの一声で。。
で、最近入った若い20歳過ぎの?っていう子と
俺とでそのそういった機材を置いている倉庫へ行ったら
大屋さんのブンヤさんっていう人と会って
どうも~明けましておめでとうございます~とか
挨拶してたら
そのブンヤさん、、
「あれ?息子さん?」だって。。。」

コータロー「いやぁ、、気持ちは分かるよ」
加藤「どっちの?ブンヤさんの?俺の?」
コータロー「どっちも。。。」
加藤「そんなことがあったと思ったら、、」
コータロー「あれ?まだあるの?」
加藤「当たり前じゃない!
そんな、俺の敗北宣言では終わらせないよ。
実家の熊谷の家の近くに
もうずっと小さい頃から行っていた
文房具屋さんがあるんだけど
そこの奥さんがもう?歳なんだけど
髪とかちゃんと染めて
まだちゃんと綺麗にしてるもんだから
前に行った時に「変わらないねぇ~」って言ったら
その奥さん、「えー加藤くんも変わらないよー
幼稚園の頃から。。」って。。」

あはは~
ホント、大爆笑です(≧∇≦)!!
その話聞いて「まぁ、、年取ってくと
昔に戻っていくって言うからねぇ・・
きっとちゃっちゃんって呼ばれてた頃も
きっと、今みたいな髪型だったんじゃないの?」って
結論に。。

あとは
最近の歌姫達のMCについて
わりとなよっとした
歌を歌ってる割に
MCになると
「お前らーまだまだ行けんだろー!!」って
かなり攻めの姿勢になるって話で。。
加藤「H崎Aゆみとか、ブリグリとかさ、、、」
コータロー「え?Aゆ??」
加藤「前に、コータローくん言ってたじゃない」
コータロー「あー、、ELT?」
加藤「そうそう、ELT!それが言いたかった。
ELTで思い出したけど
福島のSAのETC丼。あれ何の略だっけ?」
コータロー「E=エッグ T=豚 E?」
加藤「いや、E、Tの次はCだろ?
それじゃー西条秀樹のYMCA歌えないよ。
で、Mはどうやんの?」
コータロー「Mはこう(ジェスチャー)でしょ」
加藤「そんなMじゃーマックも泣くでしょう~」
コータロー「いや、今、アームホールの関係で。。。」

コータロー「なんか、、おかしな方向に言ってるよね。。」
加藤「そうね・・ちょっと人が多くて
興奮しちゃった(笑)
まぁ、その、何が言いたいかって
ちゃんとロック歌ってソフトに話す
これが普通なんですよ。
だから餅は餅屋にまかせとけ、、って」
コータロー「それ、、そういう時に使うんじゃないよね?」
加藤「ちょっと例え違ったか。。
いい先生にはなれないな、、俺」

ETC丼とは・・福島のサービスエリアに
ETCが出来た記念に作られたものらしい。。
詳しくはポッドキャスト「#037:福島松川ETC丼の巻」参照。
そして加藤さん
「人が多くて興奮しちゃて」なんて
マジで素で言ってるところが
かわい過ぎです(笑)
あの戦場カメラマンのモノマネして
喋ったりもしてたし
ホントに興奮してる様子が
伝わってきたんで
余計に可笑しかったです(´艸`)ムフフ

そんな感じで
ちょっと話が反れていったので
「じゃーコータロー!!」っと
コータローさんがVoの歌へ。
曲はもちろん『twitter』
そして曲が終わると
「コータロー!!」っと叫んで
加藤さんは一旦袖へ。。
お着替えタイムです。
その間、インストは『ストレンジブルー』

着替え終わって出てきた加藤さん
今度もユニオン・ジャック柄の
トレーナーっぽい感じのもの。
靴はいつも履いてる白い革靴にチェンジ。
曲は『たよれる男』。
この曲もイントロ聞くと
テンションあがります。
この日はフロアも大興奮のせいか
すぐに手拍子が始まり
大盛り上がり。
かつて、、Queのアンコールだったか?で
この曲のイントロがなったとき
あまりに盛り上がりに欠けていたので
加藤さんに「ここは普通イェーイって手拍子だろ?」って
言われたのを思い出します(笑)

「踊れるかい??」っと
『5・4・3・2ワンダフル』に続いて
『NICK! NICK! NICK!』
この時はコータローさんが
こっち側に来てくれました~♪
思わず、最前バーに
足かけるかと思ったほど
ノリノリだったんですが
それはなかったです・・。。

そしてラスト~
『スィート・シンディ』
もう周りはみんな「きゃ~」って
黄色い声援飛び交ってましたヾ(´▽`;)ゝ
ははは。

「ありがとー」っと皆さんうれしそうに退場。
Qちゃんがちょっとゆっくりしてたら
アッと言う間にみんなが捌けてしまってたんで
ちょっと慌てて走って帰ってました。

そしてアンコール。
コータローさんはジャケット脱いで
白シャツを外に出して登場。
オリさんはよく見る黒に白い花柄が入ったシャツで
ビール片手に。
Qちゃんはグッズの新しいイラストのTシャツのオレンジを。
加藤さんはそのまま変わらず。
登場後すぐに始まった
アンコール1曲目は『Biff Bang Pow』

そして「いや~、、、素晴らしい。
こんなAXみたいに大きなところで
毎回ライブやりたいよ。
、、って。。
クアトロ店長が帰ったから言ってるんだけど、、」
っと言ってる加藤さんに
「ちょっと、、」ってコータローさんが
またしても(笑)耳打ちでお話。
「なんだよーこんなところで業務連絡を・・」

そして随分と長い間
ゴニョゴニョやっていたんで
何かと思ったら
「なんと!9月25日
日比谷野外音楽堂でライブやります!!
今年はコレクターズ25周年
後ろのオリくんとQちゃんが加入して20周年
そして俺の還暦まであと10年という
トリプルミーニングの記念ライブ(笑)」
だって♪
ワーヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ
これは行きたいっ!!

しかも「前回、俺たちが野音でやったときに
ガムが大量に床に落ちて
へばりついてしまったみたいで
お掃除のおじさんが「もうコレクターズはライブ禁止!」って
言ってたようなんだけど
そのおじさんが亡くなったってことで、、、(笑)」
いや、、、
それは無いと思いますが・・( ̄▽ ̄;)
横で聞いてたコータローさんも
若干苦笑い気味だった??

「じゃー俺たちの
一番のヒットナンバー」っと言って
『世界を止めて』
コータローさんのギターのイントロが流れると
ウァ~っと歓声があがり

 ~神様時間止めて 

っと加藤さんのアカペラ。
歓声が大きくなると
加藤さんも「もっともっと」って感じで
手で煽ってきて

 ~このままキスさせて

まで歌って
ちょっとちょっと・・・って感じで
曲ストップ。
「ここがオアシスだったら、
今のところ、(みんなで)歌うでしょ~?
今日はDVDの撮影が入ってるんだから
今のところ一番盛り上がってくれないと」
・・・(笑)
いや、、私は歌おうと思ったんですが
あまりに周りが歓声しか上げなかったもんで。。
なーんていい訳ですけど( ̄(エ) ̄*)

ってことで
まさかのTake2。
 神様時間止めて このままキスさせて
今度は素敵に大合唱(笑)
何度聞いてもいい歌。
ホントに素晴らしかったです。
ひとまずこれでアンコールは終了。

そして再びアンコールを求める拍手が鳴り止まず
ダブルアンコール。
今度はコータローさん
グッズのイラストTシャツの白にデニム
靴は今流行のムートンブーツで
さらにデニムをイン!
かっこいい~(笑)
加藤さんは3色使いくらいのストライプのスーツ上下。
Qちゃん・オリさんは変わらず。

曲は、、、例の傘が登場し
『Chewing Gum』
なのに1番終わりくらいで
加藤さんが傘を捨てて
正面でガムを受ける体制に!
途中素手でガムを取ったり
途中からはペットボトルを顔に近づけて
一応顔だけ避けてみたり、、
ガムの飛ぶ量もハンパなかったんですが
それを傘なしで受けようとする
加藤さん、流石です!
このAXのライブへの意気込みを
改めて感じました。

続いて『TOO MUCH ROMANTIC!』
多分、2階からの眺め、、よかったんではないか?って
思うほど
あの ~シャララララ♪
の、ところの手振りをみんながやっていました。
いいよねーそういうの。

そして最後はやっぱり
『僕はコレクター』
コール&レスポンスもバッチリ。
終わりにはオリさんもコータローさんも
ステージの前方へ出てきてくれました。
「ありがとう~!!」
4人揃って手を繋いで一礼して退場。

終わったの20:30近く。
2時間30分にも渡るライブでした。
大満足(人´∀`o)


<セットリスト>
 01.愛ある世界
 02.MILLION CROSSROADS ROCK
 03.Tough
 04.マイアミビーチ
 05.恋の3Dメガネ
 06.孤独な素数たち
 07.今が最高!
 08.ラブ・アタック
 09.東京虫バグズ
 10.GIFT
 11.新曲 
 12.青春ミラー(キミを想う長い午後)
 13.ライ麦畑の迷路の中で
 14.未来のカタチ
 15.twitter
  ~着替えタイム~ インスト:ストレンジブルー
 16.たよれる男
 17.5・4・3・2ワンダフル
 18.NICK! NICK! NICK!
 19.スィート・シンディ

 EN1.
  Biff Bang Pow
  世界を止めて

 EN2.
  Chewing Gum
  TOO MUCH ROMANTIC!
  僕はコレクター

季節モノ [食べ物]

今日は七草粥の日。

普段あまりそういった季節モノって
やらないんですが・・
何となく今年は食べてみたくなった
・・・っていうか、、正確に言うと
事前に気付いたので
ちょっと買ってみた(笑)

まぁ、レンジでチン♪ものですがー( ̄(エ) ̄*)
110107_224119.jpg

今日・そして来週の音流は
新春SP!!
ゲストに箭内さん、フラカン圭介さん、
元ビークルのカトウタロウにゴーイング素生くんで 
ちゃぶ台を囲んでトーク★
だそうです。
おもしろそう~(笑)
しかも!いつの間にか音流HP(てかブログ??)できてるしー

そして明日のラジオ「風とロック」は
元日の夜にスペイン坂スタジオにて行われた
特番『新春開店!ロックンロール食堂』
の終了後に行われた
Ustreamの模様をオンエア。
出演は箭内さんと
渡辺俊美さん、増子さん、高橋優くん
だそうです。

そうそう、これ。
増子さんは急遽登場だったんですよ。
実はこの本チャン放送前にも
Ustをやっていて
箭内さんが特別に自分のところに来たメールを
公開してくれちゃって。
そこに、増子さんに「来てー」ってメールしたら
「行きます~」って返事が来たっていうのが
ありまして。

それ聞いて
思わずスペイン坂に行こうかと思ったんですが
その日あまりに寒くてヤメマシタ。。

増子さん、、カウントダウンライブ後
当然、打ち上げで
(Queカウントダウンにも乱入されたようですし 笑)
しこたまお酒を飲み
その後家に帰って一旦寝て
ちゃんと起きられたら行くってことだったらしく
しかもMgさんは関与してなくて
全くの個人行動だったようで。

19時~って伝えてあったけど
その時間にはまだ到着してなくて
で。
箭内さんの読みは
番組放送中には間に合わないだろう・・・
ってことだったんですが
なんと!
予想以上に早くに到着して
(当然、既に飲んでいる 笑)
本チャンラジオにも登場!
でした。

にしても、、、
1月の週末は
箭内さんと増子さんづくしだな(*´m`)むふ♪

ライブがないと、こうもネタがないものか?! [たわごと]

新年明けてもう5日。
今年は普通に土日しか休んでないので
正月気分まるでゼロ(笑)
実家にも帰ってないしー。。

でもって今頃
年賀状を書いてる。。なう(笑)
決してサボっていた訳ではない!
っというのも・・新居が決まったのです~(´艸`)ムフフ
引っ越します♪のお知らせと同時に
やってしまいたかったもんで
審査結果待ってる間に年が明けてました。

そして、DVDへのダビング
惜しいところでストップ中。。
年内に終わらなかった・・
何をダビングしたかのインディックスカード作りに
手間取ってます。
なぜなら、、ダビングしながら
当初の予定をかなりコロコロ変えてしまって
その変えた結果をメモってなかったもんで・・
あー。。。。(+ω+;`)
一気にやる気モードガタ落ち。
ぼちぼちやります。

で、で。
ピロウズのラジオが始まりました~
その名も
“ピロウズのその辺のおじさんではありません”
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!
PPRはなぜか東京では聞けなくて
なんだよーって思ってたんで
かなりうれしいです。
しかも3人でのトーク。
ちょうどその前3ヶ月間はACIDMANが担当してコーナー。
が、、、、その間2回ほどしか聞かなかった。。
だって・・
録音してまで聞きたい内容では
正直なかったので~(笑)
だけどこれは頑張って聞きたい!
シンちゃん最高。

そうそう、1月アルバムリリースに向け
メディアへの出演も増えますかね。
とりあえず。
1/29はM-ONのGGTVが
決まってました。
スペシャのモンスターロックも出るかな~
ラジオもちょこちょこ
 1/24 FM-FUJI NEVER MIND
 1/29 FM-FUJI STADIUM ROCK!!

毎年ですが
1,2月って結構ライブの本数が
ぐぅ~んっと少ない月なので
こういうメディア出演は楽しみが増えてうれしいです。

A HAPPY NEW YEAR!!! [the pillows]

新年あけました~!!!
ヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ
今年も変わらず
ダラダラと
好き勝手に書いていくと思いますが
どうぞよろしくお願いいたします。
元旦なのでちょっと奮発して(笑)
110101_213353.jpg

2011年1月1日に日付変わった辺り
あれやこれやと情報解禁されることが多いですが、、
なんと言ってもうれしかったのは
201111.JPG

でしょう~♪♪
そして早速ライブも決まりました。
チケット即購入です。
来年は新しい報告があるといいなー、、って
言ってましたが
こんなにも早くにそのお知らせがくるとは。
うれしい限りです。

今年は、なんか、、
自分的にすごく
きてる気がする(笑)
いい1年になりそうな予感が
既にしています。

さて、そんな2011年の幕開けですが
2010年のライブ納めは
the pillows presents
COUNTDOWN BUMP SHOW!! 2010→2011
@Shibuya O-EAST
with:怒髪天/noodles/BUGY CRAXONE/POP CHOCOLAT/monokuro
でした。
101231_185007.jpg

ホントに。
このライブをどれだけ待っていたか。
クアトロカウントダウン
いろいろ大変でしたから。
Zoo→クアトロ→Queっと
ハシゴするのも
それはそれで年末ライブっぽくて
嫌いではなかったですがー。。

チケットは30番台後半。
MOVEMENT TOUR@Zeppの
100番台のチケットに引き続き
今回もうふふ♪なチケット番号。
ここからして
今年はいい歳になる予感ヒシヒシと(´艸`)ムフフ
最前はギリ無理かな~って思ってたんですが
なんとか、端の方でしたが
淳くん側の最前GET!
やったー★☆
チケットSOLD OUTしてなかったみたいで
キツイ押しもなく
周りもいい人ばかりで
非常に快適でした。

時間ちょい押しくらいに
紙コップ持ったさわおさんが登場。
うわぁ~って拍手がおこると
自分の着てるトレーナー?の
寅の刺繍のイラストを指差して
バイバイって手を振ってました。
そうそう、さようなら寅 こんにちは兎
ですもんね(笑)

「いやぁ、、こんなに始めのmonokuroから
こんなにたくさんの人がきてるとは
思わなかったよ・・
あ、いや、その。。普通、徐々に人が増えていく
みたいなもんじゃないの?(笑)
なんだよ、みんな楽しむ気満々だな。

俺さ、、さっき・・
15分くらい前にここに着いたんだけど
(えー?のリアクション)
え?何で?何で??
いや、だって、リハないんだよ、今日。
(またまた、えー?のリアクション)
いや、、去年までのクアトロカウントダウンとかだって
リハないぜ。素人だな(笑)
まぁ、いいや。
で、会場着いてどうしよう~って思って
そこから普通に入って行ったら
確か、、、あ、ちょっと照明
(フロアを)明るくしてもらえます?
あ、彼!そのこ彼に思いっきり止められました!!
今日のキミのバイト代、僕が出してます(笑)

今年は、毎年出ていた
クアトロのカウントダウンを卒業し
こういう形でやることになったんだが
まぁ、来年からも、そうやって先輩とかを
次々とっかえひっかえ
呼んでいきたいなーって思ってるんで・・
久しぶりに紅白のオープニング見ちゃったよ
これ(ってEザエルの縦に並んで
みんなでグルグル回るやつのフリを披露)
じゃー、、次、みんなに会うときは
もっと酔っ払ってますっ!
それでは最初は、、monokuro~」

ってことで、トップバッターは
monokuro。
磯谷くん、、髪が短くなってました。
で、相変わらずのサラサラ。
ドラムの人が何か違う!って思ったら
こっちはパーマかかってました。
そうか、だからか。
ベースの人はちょっとムチってなってた(笑)
ってのが第一印象。

つい先日磯谷くんが楽器が盗まれたって
つぶやいていただけに
ちょっと心配していたんですが
楽しそうにライブやっていました。

以前、特に一番最初に聞いた時は
もう絶対無理・・って思ったほど
苦手でしたが
最近はポップな曲が多くなったし
聞き慣れてきたってせいも
あるかもしれないですが
楽しかったです。

来年はワンマンが東名阪仙?で決まってるらしく
そのチケットの売れ行きが気になっていて
「今日来てくれた方々で
そっちは大阪、そこは名古屋
そして仙台、東京っと分担して買ってください。
ライブ終わったら
東京のチケット手売りしますんで・・
そっちの東京担当の人、よろしくお願いします。
それだけは今日どうしても言っておきたくて
これで満足です」って。

時間は30分くらい
これくらいがサクサクっと終わる感じで
いいよね(笑)

続いてPOP CHOCOLAT
見てると、、今回ドラムセットは
チェンジなしの転換だった感じ。
なので待ち時間もそんなに長く感じませんでした。

POP CHOCOLATは、、相変わらずですなぁ。。
でもあのVoさんは
私的には憎めないキャラで
頑張って欲しいなーって思ってしまうのですが・・
うーん。。
なんせ曲が。
BGMっぽ過ぎるんですよね。
ハモリとかすごくきれいなのに。

2010年は初めてのアメリカツアーに
行ってきた(デリシャスでね)そうですが
アメリカ人のノリの良さにビックリしたとか。
でもって大晦日のライブって
それに近いものがあって
毎日が大晦日だったらなーって思います
とのこと。

ベースさんは妊娠を機に
脱退されてしまうそうですが
POP CHOCOLATはみんながそれぞれ
コーラスだのVoだのをやっていたんで
やっぱりサポートは女性ですかね。
もしや、まさかの淳くん?!って
思ったりもしたんですけど。。
元中の森バンドの人とか
合いそうな感じしますが・・

いつもは長く感じるPOP CHOCOLATですが
カウントダウンライブってこともあり
時間押せないので
意外とサクサク終わりました。

そして3番目はBUGY CRAXONE。
名前だけは聞いてましたけど
初めて見るバンドです。
女性Voの4ピースバンド。
このVoのユキちゃんは
タワレコのイベントライブで
怒髪天がシークレットで
アコースティックライブをした時に
コーラスで参加していたんで
ちょこっとだけ知ってました。

が、思ってた以上にロックでした。
っていうか、、よかった。
若干、演奏の音が大きくて
歌声が聞き辛いところもありましたが
でもすごくかっこいいのにかわいいという
女性Voバンドならではの
いい面を上手に出していたと思います。

2010年はリリースもそんなになく
自分達の企画
したライブもそんなになく
怒髪天のライブに出させてもらったり
noodlesのツアーで一緒に周ったり、、っと
先輩達におんぶに抱っこ状態だったみたいで
「来年はいろいろやっていきたいと思います」
とのことです。
またライブ行って見たいです。
CD聞いてみようかな。

そしてそして、、noodles。
2010年は・・・行かなかったなぁ~
Queのワンマンも行かなかったし
イベントのライブも
何だかんだと都合が合わなかったり
メンツがうーん。。。って感じだったりで
行かなかったので
久々のnoodlesライブです。

YOKOちゃんが
いつもホットパンツみたいな
短めのパンツか
わりと細身のジーンズを履いてることが
多かったのに
今回は珍しくボーイッシュなダボっとした
デニムでした。何着てもかわい♪
IKUNOちゃんの髪、、パーマスタイルに
変わってました。
でも・・・ストレートの方が好きだよー。。

大晦日マニアのYOKOちゃん
今年はあちこち移動したりせずに
ここにずっといてカウントダウンできるから
うれしいそうです。
とにかく大晦日の
すべてが特別!って感じが大好きみたいで
「大人になったら、毎日が大晦日みたいに
過ごそうって思ってたんだけど
実際は、、2月とか、4月とか9月、、
結構ボンヤリ過ごしてしまってることが
多いです・・」って。

イベントなんかで出演すると
いつも持ち時間よりも
巻き目で終わってしまうnoodels
この日はカウントダウンが控えてるってこともあってか
確かになんかソワソワしてる感はあって
やっぱりめっちゃ巻いて終わってました。
なんかアッと言う間に終わっちゃった感じ。
でもライブ、、
やっぱりよかったです。
今年はまたあの自主企画
OFF THE WALL(だっけ?)が開催されるみたいなので
行ってみたいと思います。

さぁ、いよいよラスト2つ!
そしてカウントダウン!!
最初はピロウズが当然トリだと思ってましたが・・
カウントダウンをやるとなると
時間配分的にあれれ?って感じで
どうやらクアトロカウントダウン方式で
カウントダウン後に
もう1バンドやるスタイルでした。
ってことで
次はthe pillows。
トリは怒髪天。

が・・
予定時間よりもかなり早かったらしく
いきなり転換中
会場の両サイドスクリーンに
各バンドのPVが流れだしました(笑)
6バンド、、つまり6曲分流れて
さらにもう一回り??ってあたりで
フラ~っとさわおさんが
やっぱり紙コップ持って登場。
 あ。。その2回目のPV流れた時に
 ピロウズはHORN AGAINからの1曲が流れました♪

「なんか、、すごい巻き過ぎちゃって・・
35分くらいに俺らが出てきて
ちょうど良いって感じなんだけど
ちょっと待ち過ぎでしょ?(その時23:20位)
だから・・ちょっと弾語りでもしようかなって
思って出てきたんだけど、、」っと。
ワーイ♪
こういうお客さん想いの感じ
いいよね~
増子さんにも通じるものがありますが
アンコールとかで1曲突然増やしてやってくれるとか
予定していなかったことを
その時の雰囲気でやってくれる感じ
ほんとにうれしいです。

じゃぁ、、っと
楽器構えるのかと思ったら
再び紙コップのお酒飲んで
ただ、、えー?って感じのリアクションの
フロアに向かって
「いや、いいだろ~ゆっくりで(笑)」っと。
あはは~
読み取られてしまいました( ̄▽ ̄;)
私も「あ、まずは飲むのか・・」って顔
しちゃったかも(笑)

そして今度こそ楽器を持って
何しようかなぁ~って感じで
チューニングしつつ
フロアに外人を見つけると
「そこの、、外人さんは、、
あーえーっと、、どこから、、だから
・・Where are you from?」
「カリフォルニア!!」
「あーじゃーあの、、デシリャスinカリフォルニアに?」
「Oh yes!!」
とか会話があって
『Ride on shooting star』のイントロを
弾こうとしたんですが
イマイチ音が分からず「あれ?」って。
「だってーここPeeちゃんのパートなんだよ。」って
言いながらもなんとか音を見つけ
1番くらいまで弾語り。

「こんなんでいいのかな?
まぁ、、ただ待ってるだけよりはいいだろ」っと。
いや~全然いいです(人´∀`o)
続いて『この世の果てまで』
途中のサビあたり
みんなに歌わせてくれたりして
うれしい♪
弾語りっていうと
フォークなイメージで
手拍子してゆったりした印象がありますが
この日の弾語りは
やけにロックで激しい感じでした。
さわおさんも「なんか、、もう疲れちゃったよ・・」
なーんて。。

で、またその外人さん
「ドイツにも来て!」みたいに叫ぶと
「え?ドイツ。。ドイツかぁ。。
俺たち人気あるの?
あー、、えーっと、、、(英語が出てこず)
Are~じゃないよなdo?うーん。。
ポピュラー??」って単語で勝負(笑)
でもあまり通じてなかった模様。。

そして「Tiny Boatやって!!」って
どこからか声が。
「Tiny Boat?!いや~無理!無理!(笑)」って
言いつつも
コードと歌詞を一人口パクで思い出し中。。
そして「じゃ、、」っと
『Tiny Boat』を弾語り。
感動~(*´∀`ノノ〃
だけど1番の終わり辺りで歌詞を忘れてしまって
んんん~っと鼻歌風にフェードアウト・・・
でもすごくよかったです。

「あー、、、こんなはずじゃなかった。
時間埋めるはずが、時間使いすぎてるよ。
まぁ、、でもいいか。
じゃー俺一じゃ時間が持たないからって
特別に。。」っとPeeちゃんが助っ人で登場。
「俺一人じゃ何も出来ないっすよ」っと
2人で弾語り。
でもPeeちゃんには
「ちょっと音小さめで・・」っと。
曲は『ONE LIFE 』
さわおさんの一人Ver.の弾語りも
好きですが
Peeちゃんのギターが入ると
当たり前ですがさらによくなります。

で、本当は1番で終わらせるはずが
途中からシンちゃん、淳くんがやってきて
2番から加わる形に。
この流れもよかったな~
ライブ前のライブから
既にテンションあがっちゃいましったって。
そしてそのまま
「こんばんは。the pillowsです!」っと
本ちゃんライブへ~

1曲目は『空中レジスター』
ここ最近の『空中レジスター』は
イントロがついていてカッコいいです。
『ONE LIFE』いつもより
若干アウトロ短めVer.でしたが
またそこからの『空中レジスター』が
なかなかよくて
もとからそう決まってたかのような
感じでした。
そして『ROCK'N'ROLL SINNERS』
もちろん、、あそこはフロアが叫びます。

「先日、、高円寺でDJ BUMP SHOWってのを
俺が踊り狂いたいってだけで
企画したんだけど
でも前にやり過ぎちゃって大変なことになったから
今回はちょっと控えめにしておこうかな・・って
7割くらいの力加減で、、
そしたら家に帰って風呂入ったとき
目には見えない無数の傷が
あちこちにあったらしく
しみるしみる(笑)
来た人入る?
あぁ、そう。あれは僕の7割です!(笑)」

『I know you』
『Funny Bunny』
お馴染みではあるけれど
何回聞いてもいい曲。
『Funny Bunny』のサビは再びフロアで
大合唱です。
最後に「サンキュッ!」っと
マイクなしで叫ぶさわおさんの姿勢も
好きです。

 キミの夢が叶うのは 誰かのおかげじゃないぜ
 風の強い日を選んで 走ってきた

 飛べなくても不安じゃない 地面は続いているんだ
 好きな場所へ行こう キミならそれが出来る

この歌詞に何度励まされたことか
まだ曲とタイトルが一致してなかった頃
ライブで聞いたこの歌詞を頼りに
CDの歌詞カードでタイトルを探したのを
思い出します。

「まだ、、大丈夫だな」って
時間を気にするさわおさん。
「本当は、あんな感じを予定してなかったんだよ。
やってる途中で
やめろやめろ、そんな茶番!とか言って
2人(シンちゃん&淳くん)が
入ってくるはずだったのに」
「あのね、、はっきり言って
時間の使い方、下手!」
シンちゃんのツッコミ(笑)
「オマエがタイニーボートとか言うからだろっ!
まぁ、、そんなこと言ってる間に
やっちゃおうぜ。
ここからは時間分からないから
1曲ずつ切ってやってこう。
さすがに、自分達の企画で
ゴメン・・時間過ぎちゃって、、、って。。なぁ。」

『スケアクロウ』
心なしか、、焦って感じがしたけど(笑)
でもって
若干、、定番曲オンパレード??(笑)
ほら、いつもは
クアトロカウントダウンはそういう感じが多かったけど
その前に出てるZooのカウントダウンで
マニアックな選曲をやっててくれての
クアトロだったんで
それでもアリでしたが
今回は1回だけのライブだから
もうちょっとマニアックな曲を
入れ込んでくれててもなぁ~っと
チラッと思ってしまったりもして。。

「あ、、あと3分○秒?
うーん。。。危険かな?」って言いつつ
シンちゃんカウント。
入りかけて「あーストップ!ストップ!
やるの?あーでも、やっちゃうか!」っと
『WINNING COME BACK !』
終わったの23:58:53くらい
ふぅ~(笑)

さーいよいよです。
フロアへはピロウズ始まる前に
クラッカーが配られてました。
ステージ上のメンバーは
ゴールドのかなり大きなクラッカーを持ってました。
シンちゃんはなぜかそれをフロアに
投げ入れてましたけど・・

「50秒になったら
10,9・・って
カウントし始めればいいんだよな。よし。」
っと確認するさわおさん。
10、9、8、7、6、5、4、3、2、1
「HAPPY NEW YEAR!
HAPPY NEW YEAR!!
HAPPY NEW YEAR!!!」
明けました~(*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ
今年もまた
ピロウズと共に年越しが出来ました。
今年は自分にとって
ピロウズ10周年という
ちょっと記念すべき年でもあるので
うれしさも倍増です。

「2011年カモン!LITTLE BUSTERS!!」
これもお決まりの台詞から
『LITTLE BUSTERS』
ここはみんなで大合唱でしょ。
歌ってるときに
ウンウンって頷きながら見てもらえて
指差された気がします。
うれしい~

「じゃぁ、、サラッと一言言っておく?」っと
一人ずつコメント。
まずは淳くん「えーっと、、来年は・・
あ、今年か」
「お約束の?(笑)」
「今年も、、サポートで頑張るぜっ!」

続いてPeeちゃん。
「昨年は大変お世話になりました。
今年もこうやって
年越しが出来て本当にうれしいです。
これからもいい曲作って
たくさんライブをやっていくんで
よろしくです。まずは、、アルバムですね。
最高に素敵なアルバムが出来たんで
楽しみにしててください。」

そしてシンちゃん。
「えーっと、、今年はうさぎ年なんで
このTシャツを(例のハルさんデザインの)
押していこうと思ってます」

「ホント、楽しいなぁ~
増子さんも楽屋で
また来年もやろうって言ってたよ。
じゃー怒髪天に引き継ぐ前にもう1曲!」
っと、最後は『Movement』

カウントダウンっていう大役?!があるため
ちょっとバタバタ感満載のライブでしたが
その前に弾語りという
サプライズもあり
文句なしの最高のカウントダウンでした。

<弾語り>
 Ride on shooting star
 この世の果てまで
 Tiny Boat
 ONE LIFE

<セットリスト>
 01.空中レジスター
 02.ROCK'N'ROLL SINNERS
 03.I know you
 04.Funny Bunny
 05.スケアクロウ
 06.WINNING COME BACK !
  ~カウントダウン
 07.LITTLE BUSTERS
 08.Movement

最後は、、怒髪天。
さわおさんが飲んで出てきたんで
増子さんも顔真っ赤だっただら
どうしよーって思いましたが
話によると、
朝から1滴も飲まずの状態だった模様。
そういうところ
やっぱり増子さんってA型だよな~って
思います。

SEが鳴ってメンバー登場。
王子は黒いシャツのキラキララメ入りでした。
で、最後に登場の増子さん
シャツの柄が、、、獅子舞?
っていうか唐草模様ね(笑)
そしてイントロ鳴った~って思ったら
 ~ラーラララーラーラララー
っと、『サスパズレ』です。
そうか、今日はお祭りですもんね。
っと思ったら
 ラーラララーラーラララー
 明けまして
 ラーラララーラーラララー
 おめでとう
っと、新年VER.の『サスパズレ』でした。
最高!!(笑)

「よく来た~っ!!」っと
クシの投げ入れ。
この日は2本投入してました。
「新年めでたい!飲んどけーっっ!!」っと
1曲目は『酒燃料爆進曲 』
しかも
 おめでとう 俺!
っと、こちらも新年VER.の替え歌。
“おめでとう 俺!”の後に続く歌詞
“就職決まるよ”とか“今年はいい年”とか
全部変えてあって
・・ほんっと、最高っす!!

王子・シミさん・坂さん雄たけびっと
ソロパートが続くところ
王子も「今年はうさぎ年なんで
ぴょんっといい年にしていきたいです」みたいな
こと言っていたし。
シミさんは歌詞通りだったっけ。
坂さんの雄たけびは・・「飛べーっ」

で、「正月だって働け~」っと
『労働CALLING』に続き
「バンバンいっとくかー」で
『オトナノススメ』
この流れは完全フェス仕様。
息つく間もなくアゲアゲです(笑)

「2010年、、いろいろありました。
突然、漁船がぶつかってきたり
灰皿で、、、酒を飲んでみたり
黒人風の人がいきなり殴ってきたり、、」
っと、まずは時事ネタで一笑い。

「今日の順番、、
山中がワインガンガン飲んでる中
朝から水しか飲んでませんから。
そしてみんな盛り上がってカウントダウンしてるのに
俺ら次だからって
当然、この格好でスタンバイでしょ。
ふら~って出て行くわけにも行かず
楽屋で4人だけで迎えましたよ。
時間になって
非常に大人らしく
「はい、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします」ってね。

もう友康なんて我慢できなくなって
「ハッピーニューイヤー!」って
思わず楽屋のドア開けたら
誰もいないのな。
あの時のガッカリした顔、、なかったなぁ~(笑)」
そう話してる横で
王子我慢できなくなった顔とか
ガッカリした顔とか
その時の気持ちを表した顔を
再現してたのが可笑しかったです。

「人間の考えたこの一つの区切りっという
素晴らしい仕来り。
言ってみれば、今日が普通の1/15とか16とかと
なんら変わりはないはずなのに
新年というだけで
なんか特別な日に感じる。
素晴らしいよね。
そんなこと考えてるイヌ・ネコはいませんから。
新しい年を迎えて
新しく生まれ変わる
じゃーいってみよ~
『ハッピー バースデイ マン』」

王子やシミさんのボイパ的な
コーラスが素敵です。
ライブで聞くの、、2回目?
4人だけVer.は初じゃなかったですっけ。
なのでちょっとノリ方が
掴みきれなかったのが
心残りでした。。

そして
『NO MUSIC,NO LIFE.』
この時、王子がこっち側にも
来てくれました~
そう、いつも怒髪天のライブでは
王子側に行くのですが
ピロウズの時は淳くん側で
ついそのままこの日はそっち側に行ってまして
あ、、王子側にしとけばよかったかな
後々思ってしまったりもしてまして。
なのでこっち側に来てくれたのは
ホントうれしかったです~♪

恒例替え歌は
 音楽のない 人生なんて
 お前らのいない カウントダウンみたい(←だっけ?)
 やる意味ないぜ 
そう歌うの分かってても
うれしいもんです。
歌うときにフロアにグッと近づいて
歌ってくれるのもうれしいです。

で、『喰うために働いて 生きるために唄え!』
これはまさに・・な1曲。
途中、いきなりシミさんが楽器をスタッフに渡して
前に出てくるから
ダイブするのかと思って
思わず手を上に上げて
支える体制になってしまいました(笑)
そしたらフロアに歌を投げてくれたみたいで
みんなで大合唱。
シミさんももちろん
マイクなしで大声で歌ってました。

最後はもちろん『サスパズレ』
 ラーラララーラーラララー
 明けまして
 ラーラララーラーラララー
 おめでとう

寸止めギター1回目
「まだ終われない。明日もどうせ休みなんだろ。
明日仕事の人?」
パラパラ手が挙がると「帰れっ!!(笑)
明日どうなるか知らんぞ」

そして「じゃー軽く一言ずついきますか。」っと
まずは王子から。
さっきの「酒爆」でも言ってましたけど
「今年はうさぎ年なんで
ぴょんっと曲作って
ぴょんっとライブやって、、」っと
ぴょんぴょんやたらと言っていて
思わず王子大丈夫か??って思ってしまいましたが
増子さんも「大丈夫か?」って顔をして
王子を見ていたのも可笑しかったです。

シミさんは「去年よりも
ほんのちょっとだけ(ベースが)うまくなって
ほんのちょっとだけ幸せになれば
いいなーって思ってます」っと
何ともシミさんらしい発言。
シミさんってホント言うことが
ロマンチストだよな~
またあの照れ具合と笑顔で言われちゃうから
キュンときてしまいます。

坂さんは
「小さな殻を破って、、」的なことを言って
若干、増子さんに呆れ顔?されてました。

増子さんはというと、、
「今年こそは、、って毎年言ってますけど
ギターをね弾けるようになりたい。
そう言ったら、優しいPeeちゃんが
ギターをハードケースごと
これ、半永久的に貸すからって
言ってくれたんだけど、、
これがまたシャイなヤツでね。
コンコンってノックして
いるのは分かってるんだけど
なかなか出てこないんだなぁ・・
今年こそは
外に連れ出してやろうと思ってますけど」

するとフロアから「弾いてみて~」っと声が。
そこで王子が自分のギターを増子さんに渡すと
「いや、できないよー」って
躊躇してましたが
とりあえず構えて
弾いてみるも音が出ず・・
ボリュームがゼロになってたらしく
「あぁ、、」って。
すると王子が慌てて
ボリュームのつまみを上げてくれて
再びジャラン~♪
3回くらい音出して終わり。
「今年はいいことしたね。
出来ないことにチャレンジしたっていうね」

あと、ここでだったか忘れましたが
増子さんが着ていた唐草模様のシャツ。
これは新年ってことで
やっと着ることができた新作デザイン。
「一応、獅子舞ね。
やってくうちにどんどん顔が赤くなって
もっとそれっぽく見えますから。
あとは泥棒風呂敷?(笑)
俺、何も盗んでないっすよーってね」
って言うと
シミさんが
「いや、お前は盗んだ。
みんなの心を盗んだんだー」っと
何かのモノマネ??
増子さんに「ホント、バカじゃない」っと
ツッこまれてましたけど(*´m`)ぷ♪

途中、フロアに気分が悪くて
SOSを出してる人がいたらしく
それに気付いた王子が
「何かー、、もうダメって人が。。」っと
珍しく増子さんが話してる最中に
入ってきた~っと思ったら
そういうことだったとようで。。

そんなこんなで
これ曲の途中だった、、ってことを
忘れてしまうくらいの長い寸止めがあり
再び歌へ~

そして寸止め2回目。
「俺たちだけじゃー終われないんだな~。。」
ってことで
「今日の出演者全員出て来い~!!」っと
ステージへみんなを呼び込み。
さわおさんが紙でできたギターを持っていたはいいけど
いつ鳴らせばいいのかとかっていう
段取りを聞かされてないらしく
若干オロオロしてました。
しかも片手に紙コップ持ってて
それをどこに置くかでも
フラフラしてて・・

「まだね、、これ曲の途中ですから。
後で鳴らすとき合図出しますから。
まずはみんなで記念写真撮ろう」
そう言って
フロアをバックに記念撮影。
新井さんが頑張って脚立に乗っかって
撮ってました。

そして ラーラララーラーラララーが終わると
「そこ開けろ!真ん中開けろ!!」って叫んで
増子さんが後ろの方へ行き
ギター型のクラッカーなど
出演者の方が持っていたクラッカーを鳴らして
終了。
でも最後「俺が戻るまで終わらせるなよー」っと
再びステージに戻ろうとする増子さんですが
お客さんがここぞとばかりに触っていたようで
なかなか戻って来れず・・
さわおさんも「触りすぎだろっ」って
言ってましたけど
増子さんも帰ってくるなり「痛い、、」って
泣き顔になってました。

この辺りは
私のいた位置からはサッパリ見えず・・
でしたけど。

「最後、手繋いで挨拶しようぜ。
外タレみたいにさ」っという増子さんの提案で
みんなで前に出てきて
手を繋いで
バンザーイ!バンザーイ!
みたいに挨拶。

みんな退場し
一人残ったさわおさん「去年はいい年でした。
今年も新しい、いろんな音楽を吸収して、
また新曲作るよ。
これも、今年もまた、やるから!」
アンコールはなかったけど
アンコールだったみたいなくらい
盛り上がりました。

<セットリスト>
 サスパズレ(イントロ)
 01.酒燃料爆進曲
 02.労働CALLING
 03.オトナノススメ
 04.ハッピー バースデイ マン
 05.NO MUSIC,NO LIFE.
 06.喰うために働いて 生きるために唄え!
 07.サスパズレ

最高の新年を迎えられました。
早くも2011⇒2012のカウントダウンの約束もしてくれたし
今年は、いい年になりそうです。

あ、今回のクラッカーはこれ
110101_021851.jpg
中から"Happy!"って出てくるの。
やっぱりHappy!ですよ(´艸`)ムフフ