So-net無料ブログ作成
検索選択

ARABAKIのOAが10時間ぶっちぎり!The Birthdayの磔磔ライブがDVDに!でもでももっとうれしい発表が♪ [たわごと]

今日のめざまし占い
おとめ座 第2位で
  念願が突然かないそう。
  夢は公言するのが正解。
っという内容。
なに?!念願が??
なんだろーなんだろーって
願いはあれやこれやたくさんあって
何か口に出して言ってたものあったけなー。。って。

そしたらなんと!
THE HIATUS ANOMALY TOUR 2010
9/24(金)Zepp Tokyoのゲストは
ACIDMAN!!!
きゃ~っ(*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ
思わず、バンザイして叫んじゃったって。
だって、、2Daysあるうちで
チケット持ってるのこっちだったもんで
余計に。

今年は前回の行かなかったけど
テナーといい
2択の運あるかも?!(笑)
 ↑単純・・
あとはちょっとでもいい番号の
チケット届きますように~
つい先日、ギリギリに行くなんて
やる気ないこと言ってましたが
撤回っす!
半休取って張り切って行ってきます!!(*´m`)むふ♪
いや~。。。
やっぱ占い、当たるよねぇ~(笑)
 ↑ホント単純・・

っと、興奮しきったとこで。
そのテナーのライブを見送ってまで
行きたかったイベントとは。。
タワーレコード移転15周年記念対談
箭内道彦 X 増子直純(怒髪天)
『風とロック芋煮会 参加の手引き』
@タワーレコード渋谷店7F
 TOWER BOOKS
826.JPG

何気にこの日は
フラカンのめざましライブが
またあの新宿のユニカビジョンだっけ?で
生中継されていたり
スペイン坂にTHE BACK HORNの
松田さんと山田さんが生出演していたり
っと、、
半休取って臨んでもいいくらいな
盛りだくさんな1日だったんですが
もろもろ時間を考えたら
どれも全部いい感じに行けそうになかったので
通常勤務でタワレコのトークイベントのみ参加。

フラカンライブは
CSで放送してくれるし
スペイン坂のラジオ観覧は
行った人の話によると
全部フルでは見れなくて
時間制限ありの流れ方式だったみたいだし
よって結果オーライでした(笑)

トークショーは19時からでしたが
18:30ちょい前に行ったら
既に入場待ちの列ができていました。
少しして順番に会場となってるエリアに
入れて行ってくれるんですが
前方5列くらいまでは椅子席でした。
私は当然ながら立見席でしたが
そのエリア内にギリギリは入れた辺り。
もっと後になるとそのエリアすら入れなくて
観覧フリーのイベントなので
店舗内でフラフラしながら
聞いてることはできますが
姿はあまり見えない状態だったと思います。

順番で入った位置はラッキーにも
ちょうど2人が座る位置の真正面で
さらに前が綺麗に左右に分かれて立っててくれて
かなり視界良好でした♪

時間少し押してイベントスタート。
箭内さんはあの怒髪天の法被着用で登場。
増子さんはフジロックとタワレコのコラボT?でした。
そして第一声
あくまでもこの日の内容は
『風とロック芋煮会 参加の手引き』
なので
これに行かない人は
全く面白くないと思いますよって。
ちなみに行く人は?って
聞くと
見事に最前に座ってらした方々は
誰一人として挙手をせず。。(笑)
よくあることですね。

もう今次々とツィッターで
当日の企画決定(一部交渉中)内容が
つぶやかれいますが。。
そういったことを
あれこれ話しながら盛り上がりました。
箭内さん曰く、、公開企画会。

まずはイベント名について。
“風とロックキャンプ”・・いまやフェスが増えすぎて
もうフェスの時代じゃないだろう。。って
これからキャンプだ!って思ってつけた後
オーガスタキャンプの存在に気付き、
全然新しくなかった。。。
そこで、急遽、芋煮会への改名に至ったけど
もう公表した後だったから
“風とロックキャンプ”を完全に消してしまうことはできず
 ~改め、、
って名前にしたとか。

そしてこの芋煮会のコンセプトは、
アーティストの慰安旅行?!
前夜祭はホテルの宴会場で、全員浴衣で参加。
これは出演者もお客さんもって
・・え??
全席自由で
畳の上に好きに座っていいんだって。
でもって
ザ☆ぽてとサーカスとか出ちゃうかも??

翌キャンプ当日は
朝は6時半から坂さんラジオ体操でスタート。
坂さんはもちろん、ランニングと短パンで
グリコみたいな衣装着用(笑)
企画が出てくるたびに
これ、ホント遊びだよね。
仕事として行っていいのかな~って
言ってました。

当日、何をやるか考えるにあたり
去年の思い出話なんかも。
増子さんは、正直・・あまり覚えてないとか?!(笑)
後半、飲みすぎちゃって
ただただ寒かったってことだけは
印象に残ってるんだとか。
「最後毛布被ってたから」って。

その他記憶に残ってるところだと
やっぱり松田さん母の手作りイカにんじん。
それ以後、やったらとイカにんじんが好きになっちゃって
自分で作ったり売ってるのを食べたりするんだそうですが
あの味を超えるもには出会えてないって。
そんな訳で、
「イカにんじん作りたい!」って。
講師はもちろんマツの母!?

途中、福島民報に掲載される
対談記事のために
「ちょっとまじめな話も、、、」っと。
そこで箭内さんから
「人は誰も何かの天才だと思う。
増子さんは何の天才だと思いますか?」
増子「うーん、、幸せを感じる天才かな」
幸せだって思う基準が人よりも低いから
たいていのことを幸せだって
思えることができるとか。
そんな箭内さんは「天才に出会う天才。
参加した人が、
何かの天才だと気付くきっかけに
なって欲しい」

そしてまたまた箭内さんから
ロックの学園では“ヤバイ優先”って
校則を決めていただいてましたが
この芋煮会でも何か
そういう怒号を考えて欲しいっとリクエスト。
さすがの増子さんも
すぐには浮かんでこず、、次回までの宿題に。

ここで発案された新企画
 キャンプファイヤーでハンカチ落とし
 サンボ山口くんの落語
 バックホーン菅波栄純の火おこし大会
 バックホーン松田晋二の線香花火大会
 
っと。
スペイン坂でのラジオ出演を終え
松田さんがゲリラ参加!
いきなりだったので最初マイクもなし
椅子もなしの立ちでトークっという
スタイル。
・・・でも、、ツィッターで行きます!って
   つぶやいていらっしゃいましたけど♪

つい先日対バンしてきた
松山でのライブの話をちょこっと。
増子さんが松田さんのMCいいよねって。
常に前に前に行こうとする勢いがあるって。
さらには山田さんの歌い方
バレリーナか!って。
ガツガツやってたらいいってもんじゃないって
あの後メンバー全員でライブを見てて
すごく勉強になったっと。
一応・・坂さんも
見てる姿勢になってたらしい(笑)

一方、松田さんは
怒髪天の常にライブを楽しんでいる姿勢が
素晴らしいと。
増子さんに褒められて
ちょっと照れ気味な感じがしました(。→ˇ艸←)

今後の予定として、、
20時には増子さんが
ラジオの生出演があるから退場しないといけないので
その後マツ歌うんでしょ?っていう
またしても箭内さんのムチャ振り?!に
「え?聞いてないっす、、」っと
若干焦る松田さん。
この素直な感情表現がいいんでしょうかね(笑)

さらなる決まった新企画
 渡辺俊美と増子直純、同年齢デュエット
  ※歌本ナイトという王子がギターでカラオケ歌本を頭から
   延々弾き語る企画とか??
 夜の森で、高橋優の公開PV撮影。箭内道彦の生ディレクションを公開。
 音速ラインはカレー担当?

お客さんからも意見を募ると・・
 肝試し→そこで、、高橋優の公開PVの設定は肝試しに?
     坂さんはフランケンで登場?こなき爺??
 沼での魚釣り
 坂さんの朝のラジオ体操バスで参加組は間に合わないから
 ライブの合間もやって欲しい、、ってことで
 1部と2部の間、さらには夜っと3回やることに決定

松田さん意見
芋煮にすいとんを入れたい
みんなで踊る、何でしたっけ?「ヤクシー?」
 ・・・それ、ジェンカでしょ??って。。
多分、フォークダンスの何かを
間違えた名称で覚えてると思われますが
ツィッターもツイスターなこの風とロックなんで
フォークダンスもヤクシーってことで(笑)

増子さんのタイムリミットが近づき、、
福島の印象を。。
ほのぼのとして、北海道に似ているところ。
寒さがあるから、暖かさの有難さが分かる。
お菓子は300円以内!
まだライブのタイムスケジュールは決まってないけど
怒髪天はトップバッター!
これは今、決めた!!って箭内さん。
あとは飲みまくる増子さん
いつまで起きてられるか?!
そんなこんなで増子さん、退場。

続いて、松田さんとのトークタイム。
あと写真集を買った人の
大抽選会。
追加で松田さんのポッケに入っていた
お財布から福島観光大使の名刺を
サイン入りでプレゼントに。
名刺はいつも持ち歩いてるんだとか。
ポッケのお財布から出てきたってのが
ポイント高いですよね♪いいなー。

そうそう、さっきのお菓子300円までの話で
箭内さんの実家は駄菓子屋さんだったそうですが
遠足でお父さんにお菓子300円分だってって
用意してもらったら
普通じゃこんなに買えないだろう~ってくらい
大量だったそうで
先生に注意されると父曰く
「うちではこれが300円です」って。
どうやら仕入値での300円だったみたいです。
基本、仕入れ値より安く売るがモットーの
お店だったようで、、当然潰れてしまったとのこと(笑)

大抽選会も終わり、、
おもむろに心理テストしていいですか?っと
松田さん。
写真撮影でどこに立つか?によって
グループ内での
どういう役回りの立場のタイプかが
分かるんだとか。
その図解を書いている間
箭内さんも口頭で簡単に心理テスト。

奇数と偶数どっちが好き?
 松田さん、、奇数
 箭内さんも、、奇数(だったかな?)
結果は・・
 偶数好きはきれいに割り切れることを好む
 奇数は曖昧なものが好き、
 どっちかって決められずフワフワしてたい
 これまでの結果では、8割は偶数好き、、ってことから
 偶数好きはメジャー志向とか。

そんなこんなで松田さんの心理テスト図解完成
  ABCD
   EFG
これで、どこに立つか?
 松田さんはE
 箭内さんはD
結果は・・
 E・Gは陰で支えるタイプ
 A・Dは、、何だったっけ。。
 B・Cはその場の空気(やり方)にすぐに馴染んでいけるタイプ

これはバックホーンメンバーでやったらしく
箭内さんが他のメンバーの結果を
やたらと聞きたがっていたんですが
(特に栄純のを 笑)
ちょっとそれは教えられない、、って。
本当は自分のも言っちゃダメだったらしいですが
マツのだけ話したのは
ちょっとサービスしてくれたらしい。
きっと何かの企画なんでしょうね。
もしやFCの電波の企画??(笑)

その他、バスツアーの説明も
バス会社の方自ら来てあったり
まだ交渉中のシークレットアーティストも
あるって話もあったり
季節的にはまだまだ暑い時期かも?ですが
福島の標高がちょっと高いところなので
朝晩は寒いかも?
ってことで、「カイロとかみんなに配れないですかね」
なーんて提案をした松田さんですが
そんな予算、どこにあるの?って言われてしまい
「分かりました、、じゃー俺が持ってる分は
みんなに差し上げます!」っと話になったり。

あとキャンプとは関係ないけど
いいともに出た箭内さんへの
ゆべしスからのお花代
あれは松田さんの自腹だったようで
でもまだ支払ってなくて
事務所からいい加減払えって催促がきてるって
話なんかも。

さらに、最後5分、何か歌う?って
話になり、ギターを準備中に
Ustreamでは歌っちゃダメって話に。
著作権上ですか??
そう、この日はなんと
Ustreamでの生中継!されていまして。
すると松田さんから衝撃発言。。
「Ustreamってなんですか?」

実は、なんとなーくでしか理解してないため
イマイチよく分かってなかったとか。
そこで、「何だと思う?」に対し
「録音して、配信されてるの?
だったら編集してもらえればいいんじゃ・・」って。
生中継だと知り
「今まで何のことかちゃんと理解もせず
みだら言葉使いで話してきてしまって
申し訳ございません。。」っとカメラ目線で謝罪(笑)
残念ながら歌はなかったですが
フフフフフ~っと
鼻歌でチョロっとだけ♪

そしてそして、最後〆の言葉
持ち物について
やっぱり「ワクワクする気持ちを忘れないように」
って松田さん。
うまいっ!!(人´∀`o)
そんなこんなで2時間弱にわたる
手引き終了。

いや~楽しかったです。
もともと行く気だったので
だからこそ
このトークショーに行きたかったんですが
この話聞いて
俄然楽しみになりました。
ハンカチ落としに歌本ナイト
何より笑ったのは栄純の火起こしに
松田さんのヤクシー(´艸`)
あと、人数的にも500人以下くらいの規模で
変な話、みんなの名前覚えちゃう勢いですよ?って。
ドキドキしちゃうじゃないか(笑)

あとは雨、、降りませんように。。

余談ですが・・
キャンプ当日、一部がライブで
二部がキャンプファイヤーなのですが
なぜか二部のみのチケットが完売してるそうです。
(一部は余裕あり、通し券は若干余裕あり)
で、増子さん「どういうこと?
メインはライブでしょ。
我々キャンプの人じゃありませんから」って。
確かに、、二部だけ行こうって人は
何を求めてる人なんだろうか・・(笑)

ただ少し笑ってただ少し叫んで [音楽]

8.25は
the HIATUS
ANOMALY TOUR 2010
@新木場STUDIO COAST
with:9mm Parabellum Bullet
へ行ってきました~
Image10458.jpg

もともと自分で取っていたチケットは
翌日8.26の方で
そっちは対バンがストレイテナーで
ワーイ♪って喜んでいたんですが
その日にどうしても行きたいイベントが出てきてしまい
チラっと覗いたチケット交換に
タイムリーにも
25と26を交換して欲しいってカキコミが出ていて
悩みに悩んだ挙句
メッセを出してみると
アッと言う間に交渉成立。
っと言うわけで
8.25に行って来ることになりました。
。。。今年は
テナー運ないみたいです(笑)

ホント申し訳ないけど
遅れて行く気満々で当日までいたんですが
こういう日に限って
特に残業もなく定時退社。
そのまま会場へ向かい
開演には充分間に合いました。

で、ビックリしたっていうか
さすがだな~って思ったのは
ロッカーがほぼ全部埋まってる!
外のロッカーは多分空きナシ状態だったので
久しぶりに中のロッカーを
使用する羽目になったくらい。
その中のロッカーももう残りわずかで
ギリギリで
危うく入れられないかと思ってしまいました。
次のZeppもギリギリに行く予定なんですが
・・・Zeppはロッカー大丈夫だよねぇ。。
ちょっと心配になりました。(+ω+;`)

そして中へ入ってさらにビックリ!は
もう~フロア人で一杯!!
絶対公表されてるキャパ以上の
キャパ最大限の人数を
入れてたと思います。
奥へ入っていくのが
結構大変でした。

客電が消えて
ドァッっと前へ押されるのを利用して
なんとかいつも行く
ステージ向かって左側の端の方前方へ
たどり着けました。

まずは
9mm Parabellum Bulletから。

苦手苦手と言いつつ
時間が経つと
月日が経つと
意外とイケるじゃん?ってことも
あったりするので
今回もそうなるかな~って
思ったりもしましたが
・・・うーん。。やっぱダメみたいです。

何ででしょう。
日本語歌詞のバンドなんで
好きなる要素は大いにあるのに
なんかダメみたいです。

かみじょうさん、、2バスなんですねぇ・・
そういえばそんな話を聞いたことあったかも。。
ですが、覚えてなくって
なんだあのバスドラは!って思って
ビックリして見たら
あ、、2バスだった。。って(笑)

MCはほとんどなく
「話すこと、、何も浮かんでこないや~
だから歌いまーす!」
みたいな感じでした。
前半あまり知ってる曲がなかったので
このまま全部知らない曲で終わったらどうしよー
ってちょっと不安になっていたんですが
後半、知ってる曲が
ちょいちょい出てきたので
まぁ、ちょこっと楽しめました。

あ、、そういえば
ものすごい集団がいました。
なんかの曲で
地面をみんなで土下座ポーズみたいな格好で
ドンドンドンって叩いて
また立ち上がってoioioiみたいにしたり
他の曲でも
モッシュするでもなく
なんかの宗教団体みたいに
みんなで向かい合って輪になって
曲に合わせて踊るっていうか
動き回るっていうか。。
フェスとかの後ろの方とかなら
楽しんでるなぁ~って感じでいいけど
ライブハウスでは
ちょい迷惑な集団だなーって思いました。

<セットリスト>
 01.Psychopolis
 02.Invitation
 03.We are Innocent
 04.Wandarland
 05.Black Market Blues
 06.Battle March
 07.キャンドルの灯を
 08.The Revolutionary
 09.Living Dying Message
 10.Cold Edge
 11.Discommunication


続いて・・the HIAUS。
この日のKeyは一葉さん、
Drは柏倉さんでした。

端っこの方だったの
はじまってからも
そんなにキツイ押しはなかったんですが
たまたまいた位置が
ダイバーの戻り道だったみたいで
その度に前通られたり
ぶつかられたりっと
気が散ってしまう場所だったので
頑張ってその通り道より前に行くように
前進を心がけ
なんとか脱出でき
そこからは視界もそこそこ良好で
楽しく見られました。

「もー今日が楽しみでしょうがなくて
昨日寝れなかったんだよ~」って
小学生の遠足か運動会かってくらいの
無邪気な笑顔で言う細美さん。
ホントにライブが好きなんだなーって
つくづく思います。

曲は新しいアルバムの曲はもちろんですが
前回のアルバムからも
結構な曲数をやってくれて
その曲は俄然盛り上がります。
そんなにハイエイタスのライブに
行ってたわけではないのに
なんかものすごーく
体に染み付いてるっていうのか
無意識に反応してしまうのは
ナゼでしょう。

途中からmasasucksは
Tシャツを脱ぎ捨て
上半身裸でした。
ウエノさんのクラッシュジーンズからのぞく
膝小僧がなんかセクシーです。
もちろん、ベースを抱きしめるポーズも
ふんだんに(笑)
細美さんも
最初の方、シンセを弾いてる途中で
身に着けていた
ブレスレットだとか時計だとかを
全部外しちゃって
その仕草が
なんかライブに
全神経を注ぎ込んでる感じがしました。

ちょっとまだ曲とタイトルが一致しないのと
どの曲でどうだったって
正直覚えてないもんで
個々の感想は書けないんですが
全体的に
なんか、、、すごかったです。
って・・
ザックリ過ぎるってね。。( ̄▽ ̄;)

なんていうか
別に全く引きずってはないけれど
もうELLEGARDENの
面影もカケラもないんだなーっていうか
全く別物なんですね。
敢えてそうしてるのか
無意識だけどそうなってるのか
その答えを聞きたいわけではないし
それが良いとか悪いとか
特に深い意味はないんですが
なんかそんな気がしてしまいました。

終わりの方になって
「毎日考えてるんだよ!
毎日考えてるんだよ!
どうしたら、みんなが
本当に楽しんでくれるのか。」
途中からマイクを外れて声を張り上げながら。
そういう姿勢は変わらないなぁ~
常にその自問自答に
戦ってる感じです。

「全てを出し切って届けるから
少しでも何かを感じて
受け取ってもらえたらうれしいです」
って言ってたかどうかは
かなり怪しいですが
そんな感じのことを
言ってたように思います。

そしてアンコール。
フロアからの煽りに対し
「あのー教えて欲しいんだけど、、
もっと来いやーって
どういう意味で言ってるんだろう。
もう~これ以上ないってくらい
頑張ってやってるつもりなんだけど
もしそうは見えないっていうなら仕方ないけど、、」
ステージに向かって
ガンバレ~的なコールは
よくないっすよね。。ヾ(;→㉨←)ノ

それでもアンコールは
ダブルでした。

終わった後のドリンク交換が
これまた死にそうなくらい人多過ぎで
ビックリしました。
あんなにあそこに人がいる状態
初めて見ました。
帰る間際に
雄一さん見ました。


<セットリスト>
 01.The Ivy
 02.Talking Reptiles
 03.Storm Racers
 04.My Own Worst Enemy
 05.Monkey
 06.紺碧の夜に
 07.Walking like A Man
 08.Lone Train Running
 09.Centipede
 10.Doom
 11.Siver Birch
 12.Antibiotic
 13.The Flare
 14.ベテルギウスの灯
 15.Insomnia

 EN1.
  Notes Of Remembrance
  西門の眛爽

 EN2.
  Twisted Maple Trees
 

帰り、、月が綺麗でした♪
満月??
Image10459.jpg
9月に行く時には
もう少し曲を覚えていかないと・・(笑)

さあその感覚共鳴しているミュージック2012繋ぐアトランティスへ [ACIDMAN(2010年~)]

行きは20時間
帰りは2時間?!(笑)

本当は松山からの帰りも
青春18切符で帰る予定でしたが
何分翌日8.24は
逗子海岸で昼過ぎからライブでして、、
ってことで
早割りチケットで比較的安く買えた飛行機にて
帰ってきました。
飛行機早いっ!!(当たり前だって・・)
逆だったら、帰り途中で嫌になってかも(笑)

松山空港は松山駅からバスで15分くらいでした。
やっぱ空港と市街地が近いっていいよね。。
松山とくれば!な一品。
Image10448.jpg
確か、このいよかんブレンドは
東京では売ってなくない??

朝9時には東京へ。
一旦帰ろうと思えば帰れたんですが
ゆっくりしてる時間もないんで
そのまま横浜で時間を潰して
逗子へGO!

この日は
レアーアコースティックLIVE ON THEビーチ!2010
@音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2010
 ACIDMAN/SPECIAL OTHERS/euphoria  
 DJ:DJ KUREI/藤田琢巳/片平実/DJ Boo
でした~♪
Image10451.jpg
OPEN 14時/START 15時
終演時間、、、21時過ぎ?
なんせDJタイムがあるので
長い長い。。
正直DJタイムは転換中だけでいいから
サッサと終わらして欲しかった。。
、、、て言ってしまうと
このライブハウスの趣旨と違ってくるんでしょうけど
正直ね。。。。。┐(´д`)┌

HP先行でチケットを取ったんですが
保険をかけて2枚取ってしまいました。
でも、保険をかけた方のチケットが
ありえないくらいいい番号でして・・
しかも完売しないかと思ってたのに
後々「譲ってください」のカキコミが
たくさん出てて
結果その1枚の譲り手もすぐ見つかって
万事上手く行きました(笑)

そんな訳で
最前のいい場所をGET。
が、、そんな訳で
その場所抜けられないし。
ずーっと立ちっ放し。
持ち込み禁止でしたが
ドリンク交換にも行けず
結局ぶっ倒れるよりが
注意受ける方がいいだろう、、ってことで
コソッと持っていたお茶飲んでしのぎました。

Image10454.jpg
入り口で配られた
うちわが何とも言えず
ありがたかった(゜ーÅ)ホロリ

タイムスケジュールは
 DJ(DJ Boo)
 euphoria
 DJ×2(藤田琢巳/片平実)
 SPECIAL OTHERS
 DJ(DJ KUREI)
 ACIDMAN
でして、
入るとBooさんが回してました。
Booさん「デブだと暑いの辛い」って(笑)
でも恐らくこのときが一番みんな元気だったのか
とある曲で盛り上ったりして
うれしそうでした。
途中、オオキさんが出てきて
Booさんとおしゃべりしてました。
それだけで場内大歓声。

15時過ぎ?
ようやくライブスタート。
まずはeuphoria。
全くのノー知識だったんですが
これが3ピースのインストバンドだった・・・(*´-ェ-)
何曲かは歌ったかも?ですが
基本インストでした。

大人しそうな雰囲気で
そういう曲をやっていたのに
いきなり最後の1曲で
ちょい壊れたように激しく動き回るGtさんに
ビックリでした。

このイベントに呼んでもらえたことが
すごくうれしかったとのことです。
途中少しウトウトしながら
聞いてしまいました。

続いて、、再びDJタイム。
まずはTOKYO REAL-EYES DJ藤田琢巳さん。
よくブログにDJやってきたって書かれていて
やるのは知ってましたが
DJを見たのは初めてです。

1曲はビールを5杯
飲んで飲んでって歌に合わせて
飲んでいく芸?フリ?付で。
一応、ノンアルコールのビールだそうですが
美味しそうでした(笑)
そしてTOKYO REAL-EYESのステッカーとかも
ふんだんに配ったりしてました。
下向いてたんでもらい損ねたけど。。
もうどんな曲かけてたか
記憶にないっす・・
ただ最後にかけたのは
FIRE BALLの「Dreamer」
拳とかあげちゃって
一番藤田さんがノリノリでした。

次はこれぞ本職のDJ片平実さん。
今時はCDプレイヤーで
曲をかけていくだけって形のDJが多いですが
この方はちゃんと卓を使ってのDJ。
なのでミキシングとかもやっちゃって
流石な腕前でした。
見た目シンペイくんっぽくて
シンペイくんが回してるように見えてなりませんでした。

多分ですが、、、ノリが悪かったんだと思います。
ふだんよく開催されているDJイベントに比べると。
なのでビールを持ってきてくれて
みんなで飲めよってフロアに投げてくれたり
一瞬座って休みますか?って言ってくれたり
イロイロ気を遣ってくれてましたが、、、
まぁ、さほど状況は変わらず・・な感じでした。

ライブ2組目は
SPECIAL OTHERS。
そういえば、、
会場に来た時
併設されている海の家のバー?みたいなところで
スペアザメンバーみなさんで
仲良く砂浜方向向いて
並んで休憩されてました。

この日はこの日のために作ってきたっという
アコースティックな曲をたくさん披露。
すごくいろいろやってるイメージでしたが
純粋なアコースティックライブって
初めてだったそうです。
このライブはサイドの関係者席で
ACIDMANメンバーも見に来てました。

それにしてもよかった~
普段の楽器だけじゃなく
いろんな打楽器を使っていて
思わずキョロキョロ見てしまうほど。

Gtの方が
「今日は電車に乗って歩いてきたんだけど
歩き出して5分くらいで
カラス?に糞されました。
(そうそうないことだから)
だからきっと何か(運)がついてるはずだよ」って。

さらに、ある曲では
Keyの人が入りが分からなくなって
それを必死で伝えようとしてるんだけど
他のメンバーは「?」って感じで
察して上げられなくて
結局、一旦曲をストップして
「ゴメン、、入りが分からなくなった・・」っと
正直に暴露、、なシーンもあり。

あ、あと、、
ツィッターで「みんな水着着てきてね」って
つぶやいたのに
「そんなにいないっすね。。」って(笑)

音を楽しむってこういうことを言うんだな
ってそんな気持ちになったライブでした。

そろそろ日も暮れてきて、、
疲れもたまってきて、、
DJタイムでのラストはKUREIさん。
この音霊 OTODAMA SEA STUDIOの発起人?
キマグレンのお1人です。
開場前から何回か見かけていて
さすが、発起人さんは
出演者じゃなくても
こうやってイベントの様子見にくるんだ~って
思ってたんですが・・
出演者だったんですね。。(笑)

この方、めちゃめちゃ笑顔で
ステージの端から端まで動いてくれて
すごく盛り上げようとしてて
なんだか、、いい人でした。
ただ、目の前では
ACIDMANチームのセッティングが始まっていて
結構セッティングしてるのを見るのって
好きな方だったりするので
そっちが気になってしまって。。。
DJそっちのけでした。
アコースティックVer.だからか
サトマの足元が
やたらと機材だらけなのにビックリしました。

そしてやっとこ最後~(笑)
ACIDMANです。
結構、、限界に近かった・・
おまけに「もうちょっとずつ、前に詰めてください~」って
声かかるし。
私は最前でバーがあったので
それに寄りかかってられたけど
そうじゃなくて真ん中辺りで立ってた人は
ホント辛かったと思います。

この日はさすがにSEはなかった、、かな。
まずはいっちゃんが出てきて
続いてサトマ。
いっちゃんのドラムソロ鳴り響く中
最後はオオキさん。
いっちゃんはアコースティックライブの時は
ハットを被ってきますね。
サトマはいつもの感じ。
紫のスニーカーが映えてます♪
大木さんはVネックの白Tシャツに
細いストライプのシャツを羽織って
流石にブーツじゃなく
赤い革靴でした。

そのまま途切れることなく
ドラムロール入って始まったのは
『REMIND』
いわみざわで聞いた
ゆっくりしたイントロから始まるVer.
全く違和感なく
もともとそういう曲だったみたいに
聞こえてくるのが不思議です。

そして『SWAYED』
これもアコースティックVer.になってしまうなんて。
ただギターをアコギに変えたっていうだけじゃない
アレンジが素敵で流石だなぁ・・って
思ってしまいます。
完成度が高すぎる。

ここで最初の挨拶。
普段はエレキギターで激しめな曲をやってますっと。
これ、必ず言いますね(笑)
そして今日、こういう環境で
音楽をやれることが
うれしい・・とか言ってったかな。

で、汗だくだったので
タオルで顔拭いたら
「あ、なんかタオル臭い・・」って
ボソリと。
すると側にいたローディーさん
「タオル!臭くないの持ってきて~」って(笑)
一応、次の曲やってる間に
持ってきてましたが
あまりに嫌だったのか
それ以降、その持ってきてもらった
タオルは使わず
側にあった小さい方のやつで
頑張って拭いてました。
オオキさんって
結構臭いに敏感ですよね。

っと。。
話、反れましたが
「もう今は日が暮れかけてるけど
俺らの曲にも
今日みたいな夕焼けに似合う曲が
あるんで、、それを」っと言って
『OLD SUNSET』
この曲で、、
サトマが途中までピックをくわえてるって
話を聞いていて
キターッ♪って思ったんですが。。
アコースティックVer.だったからか
終始指弾きデシタ(*´-ェ-)

で、その時注目して
サトマを見たとき
被ってたキャップがなくなってたんですが
、、、あれ?座りながら弾いてても
キャップは落下したんでしょうか。
きれいにアンプの上に置かれてました。
思わず、自分で脱いだのかと
思ってしまいましたが
まさかね(笑)

あ、アンプで思い出しましたが
この日はみなさん
いつもとは違うアンプを使用されてました。
もしかしたら、、据え置きのものだったのかも?
オオキさんがorangeじゃないと
ちょっと変な感じがします。

続くは『赤橙』
この曲は
文句なしにどういうアレンジでやっても
いい曲です。

2回目MC。
今回イッチャンのMCタイムはなかったです。
先日、行って来たという
南米チリの話。
9月にリリースされるシングル
『ALMA』そのPV撮影のために
メンバーではオオキさん1人が
行って来たとのこと。

そこは-30度、標高5000mのところだったため
スタッフが高山病にかかったりして
結構大変だったとか。。
GiGSで読んだですが
オオキさんも帰ってくる直前には
食あたりにかかったとか。。

などなど
結構過酷な状況だったりしたんですが
でも、日本とは比にならないくらいの
満天の星空を見ることができ
写真も撮れ
いいPVもできたそうです。

この曲のタイトルにもなってる
『ALMA』とは
スペイン語で魂って意味らしく
っと同時に
その南米チリに作られている
展望台の名前(正確に言うとちょっと違うけど。。)
だそうで、
それが完成すると
130億光年彼方の生まれたての銀河や
太陽系とは別の惑星系が生まれる様子
地球外にある有機分子など、
光では見えない暗黒の宇宙が見えてくるんだとか。

とにかく宇宙に興味のあるオオキさんは
もう、、そのことについて
目をキラキラさせながら語ってました。
ここまで盛り上ったので
やったー!新曲聞ける!!って思ってたら
「って、、言いながら
今日はやらないんですけどね。。」って。
えー・・・(T-T)
っというのも
「アコースティックで最初に聞かせると
どうしてもそのイメージがついちゃうじゃない。
やっぱり、最初は
ちゃんとしたやつで聞いて欲しいんで。。
スイマセン。。
じゃーなんでその話したんだって
。。単に、行ってきたって
自慢がしたかっただけです(笑)」

まぁ、よっぽどその旅?が
楽しかったって事なんでしょうね。。
滅多にUPしない
オフィシャルの日記にも
写真付で上げてたくらいだから(笑)
だけど
新曲の最初はちゃんとした形で聞かせたい
そういうこだわりっていうんでしょうか
新曲聞けなかったのは残念でしたが
なんかいいな~って思いました。

「新曲はできないけど
この海にちなんで・・
俺らの曲に“波に乗れ”って曲があるんですけど。
って言っても、あの波じゃなくって
来たる2012年にいい波動が来るから
それに乗ってよくなっていけたら、、」
みたいな話で『RIDE THE WAVE』

この曲だったかな、、
いっちゃんがボンゴ?叩いてたのは。
何かの曲も
スネアに布をかぶせて
音を押さえ気味に聞こえるようにしたりと
アコースティックVer.ならでな
演奏形態だったりもしました。
にしても、、、
『RIDE THE WAVE』!!
オリジナルで聞きたかったよー。。

そして『FREE STAR』
いつもは
ループされてるあの出だしのギター部分を
ずっと弾きながら歌ってました。
すごーい!!
なんか歌よりもそっちばっかり
気になってしまってました(笑)

そしてそして
『UNDER THE RAIN』
これは結構お馴染みになってきたかな。
もともとバラードなテンポの曲で
作っていただけあって
ロックなVer.で聞いても
アコースティックなVer.で聞いても
すんなり聞き入ってしまう1曲です。
イントロギター終わりの
一瞬の沈黙がやっぱりドキドキしてしまいます。

いよいよ最後。
「いや~暑いよね。。」
って、結構何回も言っていたオオキさん。
イマイチ客のリアクションがよくないのか
「あれ?そうでも、、ない?(笑)」
「楽しいですねぇ・・」
こちらも「あれ?そうでも、、ない?(笑)
いや、全然いいんですよ。
俺は楽しかったから。
そんなリアクションでも
全く何とも思わないし(笑)」
やっぱり、リアクション・・悪かったんですね(+ω+;`)
きっと、みんな
かなり疲れてきてたんだと思います。

あとは「ホント、水着の人
少ないよね。
でも、俺は水着よりも
太腿派なんで、
ホットパンツがいいんですよ。」
これは結構聞きなれた発言(*´m`)ぷ♪

「え~、、次で最後です。」
そう言って
今回南米・チリに行って
満天の星空を見てきて
改めて世界は美しくて
人と人は繋がっているって感じた。
もちろん 汚い世の中が
あることは知ってるし
汚い人間がいるのも知ってる。
でも だからって
汚い歌を歌ってても
世の中は変わっていかない。
せめて自分達は美しい綺麗な歌を作って、
伝えていくことで
もっと世界は綺麗で美しいものになっていくと思うし
今後もそういう思いで音楽をやっていくので
よろしくです、、、って話を。

最後の曲は『季節の灯』
ホント、美しい音楽だよねぇ・・
ってしみじみ思いながら聞いてました。

もう時間もいい時間になってましたが
まぁ、トリですから
アンコール。。
ないかなぁ~っとも思いましたが
あまりに続くので
再び登場。

「じゃー最後にもう1曲やらせてください。」
っと言って『リピート』を。
なぜかイントロからサトマが
クラップハンズを促してきてしまって・・
ちょっとそれは。。って思いつつ
とりあえずしましたけど( ̄(エ) ̄*)
サビに行く前辺りで
自然消滅してくれたんで
よかったです(笑)
最後は歌上げる感じの歌い方でした。

今年はかなりの回数
アコースティックVer.で
ライブをやってるだけあって
レパートリーも増え
意外な曲もやってくれるので
楽しいです。
でも。
本音はやっぱり
普通のライブが早く見たいです。。

そう言えばオオキさん
かなり腕とか頬の辺りとか
日焼けで赤くなってました。
体質上?その後また白く戻ってしまい
黒くはならないという
女子にとっては羨ましい限りですが(笑)
夏の海を満喫したんでしょうかね。

開場前、ローディーの方々は
上半身裸?っていうか水着?で
外ウロウロしてましたし。
あ、ツィッターでロックの学園のPさんが
スイカを差し入れしたって
つぶやいていらっしゃったので
スイカ割りとかしてたりして♪

私は・・・
やっぱ、海はあまり好きにはなれないっす。。
つくづく山派だなーっと
感じた1日でした。

<セットリスト>
 01.REMIND
 02.SWAYED
 03.OLD SUNSET
 04.赤橙
 05.RIDE THE WAVE
 06.FREE STAR
 07.UNDER THE RAIN
 08.季節の灯

 EN.リピート


っとまぁ、、7時間あまり
ずーっと立ちっぱ
トイレも行かず
水分補給ペットボトル500ml以下
よく倒れずにすんだと思います。

いや~。。。
今後はちょっとキャパとか
タイムスケジュールとか
考えてもらいたいなぁ。。
もちろん、ずっと同じところに居座ってる
自分達のせいって言われてしまえば
それまでですが
でもどうしてもそうなっちゃうでしょ。

DJ回して
自由に踊って楽しんで~って
あの人数入ってる状態で
どうやって踊って楽しむのかってね。
自由にって言ってる割に
タオル回せだの
手拍子しろだの
何気に煽ってくるし。

私はどっちかっていうと
DJタイムってあまり好きじゃないんですが
増子さんDJは好きです。
もちろん、増子さんが単純に好きって
こともありますが
それ抜きにしても
やっぱり増子DJは好きです。
なんでかな・・・
多分ですが客に何かを強要しないで
増子さん自身が好き勝手なことやって
楽しんでるからかも、、っと
この日のDJスタイルを見て
ちょっと思いました。

って。。
ちょっと最後愚痴っぽくなりましたが
Image10452.jpg
波の音・潮風
そしてゆったりとした音楽
この三拍子がそろう環境っていうのは
やっぱり夏!ならではで素敵でした。

線路は続くよどこまでも~Part2.☆ [たわごと]

さてさて。
ってことで、行ってきた松山ですが。
行きは書いたように
青春18切符で行ってきました。
もう、前回の広島からの帰りで経験済ですので
なんかアッという間に着いてしまった感覚
(19時台に福山に到着したもんで。。)
でした。
っと言っても、、
朝5時台に自宅最寄り駅を出発しているので
ゆうに14時間は経過しているんですけどね(笑)

でもって、この日何が大変だったかって言うと
電車が異様に混んでる!!
始発じゃない電車もあったせいか
なっかなか座れず。。
結構な割合で立ってました。
おまけにこの日は
荷物が多かったので
(ライブ2連チャンの2泊3日なもんで。。)
久々何ちゃってキャリーバックなんぞを
引っ張り出して持って行ったもんで
身動きがあまり俊敏に取れず、、
Image10449.jpg
ただよかったのは
荷物を全部置いておけるので
立っている時手ぶら状態になれ
それは楽チンでした。

1日で行ける限界は
伊予西条(愛媛県西条市)ですが
あまり大きな駅ではないので
翌日昼過ぎに松山市内へ行ける範囲での
途中下車をすることにしました。

ってことで、、福山(広島県福山市)。
岡山駅から四国へ渡るので
若干先へ行き過ぎてしまってますが
とりあえず行ってみたかった福山城がある
福山へ。
Image10431.jpg
Image10437.jpg
夜だったのでとっくに開園時間は終わってましたが
天守閣前広場には入ることが出来ました。

次の日駅からの眺めを撮ろうと思ってたんですが
乗る電車のホームからでは
あまりいい眺めではなかったので断念。。
Image10438.jpg
誰かさんがこの城壁のラインがいいって
熱弁してましたっけ??(笑)

意外とアッサリ終わってしまった
今回の目的(笑)
その後はホテルでダラダラと。。
この日は増子さん出演のUstreamがあったので
それを見たりして。
Image10440.jpg
でも他にすることもなく
テレビも面白いのもなく
翌日も早いので
寝ることに。
って言っても、、まだ23時頃。
散々電車の中で寝まくって来たので
寝れないかなぁ、、って思いましたが
布団に入るとアッという間に夢の中へ。。
つくづく得な性質だと思います(笑)

そして翌日もほぼ始発で
最終目的地松山へ。
岡山から瀬戸大橋を渡ります。
アッという間に着いてしまいましたが
お天気がよくて
いい眺めでした。
普通に通勤・通学で使われてる電車のようで
もしや、岡山から香川の高校とか
会社に通われてる人も
いるんでしょうか、、(その逆とかも)
何か不思議です。

そこからぐるりと
海沿いの電車で松山まで乗り継いでいきます。
sikoku.JPG
これがえらく時間がかかるんだ。。
なんせほぼワンマン。
どっかからなんて1両電車の単線だし。
電車の本数、1時間に2本くらいだし。
移動距離的にはそうないにしても
6時前に出発して到着は12時過ぎっという。。
なんかこっちの方が遠かった・・・(笑)

そんなこんなで
東京⇔松山 940(+120)km 18(+2)時間


余談ですが
よく松山サロンキティと
高松DIMEってセットで組まれることが多いので
私の頭の中のイメージでは
わりと近い感覚でした。
が、、その岡山から四国へ入ってくると
左右全く反対方面なんですね。。
いつかはこの2Days行ってみたい!って
思ってましたが
ちょっとキツいかも?!

解き放て今すぐに制御不能な感情を [音楽]

青春18切符消化強化月間!によって
行ってきました~
8.23 SALONKITTY16th ANNIVERSARY
@松山SALONKITTY
怒髪天/THE BACK HORN
Image10447.jpg

日程は8/22(日)東京出発→広島県福山市着
8/23(月)広島県福山市出発→愛媛県松山市着
8/24(火)飛行機にて帰京
北海道までも1日では行けないんですが
四国松山へも
1日では行けませんでした。。
最高で伊予西条まで行けますが
ここら辺で宿泊するよりは、、、ってことで
ちょっと手前で(若干行きすぎ 笑)途中下車。
その辺りについては
次回、書くとして。。

まずは、ライブについて。

お昼過ぎに松山へ到着。
四国へ降り立ったのは。。。2回目ですかね。
どうしてそういう風になったのか
覚えてないんですが
高校の卒業行旅行で
友達と四国めぐりをしました。
それが確か初・四国で
多分・・それ以来行ってないと思います。

松山駅、、レトロで素敵です。
Image10442.jpg
四国=讃岐うどんってイメージがあって
、、、正解は高松ですが。。(笑)
お友達に「うどんが食べたい!」とリクエストして
連れて行ってもらいました。
松山だと何が有名だったんでしょうか。。あははゞ(≧ε≦o)
でも一応名物“じゃこてん”が乗っかった
おうどんを。
Image10443.jpg
美味しかったです。

そして散歩がてら会場となる
サロンキティへ。。
私がいつかは行って見たいライブハウスの一つ
松山サロンキティ。
  残すは、、京都・磔磔、福岡LOGOS、高松DIME、
  札幌ペニーレーン24・・っと上げだすとキリがないけど。。
そこで大好きなバンドの2マンがあるなんて
願ったり叶ったりです。
おまけにアニバーサリーだなんて♪
発表があったとき、
ソッコーで行くことを決めました。

場所は駅からちょっと離れたところにある
商店街をずーっと突っ切った先にありました。
周りまったくそんな雰囲気がないところに
ポツンっと。
そういう意味では滋賀のU-STONEに
似てるかも。
そして概観は
ロックです~
Image10446.jpg
ちょっと写メには写ってないんですが
右側にドドーンっと
外人さんのお姉さんのイラストが
壁一面に描かれています。
そうそう、着いてチラッと入り口覗くと
入ったすぐの暗がりに
山田さんが1人で立ってました。

その後時間を開場時間まで潰し
再び会場へ。。
今回は張り切ってチケット取ったので
整理番号51番!
10時ジャストにロッピーでINしたんで
もっといい番号が出てくるかと
期待していたんですが
店頭売りがあったんですよね。。
しかも50番まで。。
うぅっ、、それがなければ
1番だったのにー。゚゚(PД`q゚*)゚。

まぁ、いいです。
いらっしゃらない人とかもいたんで
50番よりは早く入れました。
でもキャパ300もないハコのため
入ると既に2列目までいっぱい。
岡峰さん側3列目辺りで待機。
噂に聞いていた通り
小さいハコながら
ステージは高めだしちょい横長
フロアも段差があって
見やすい感じでした。

どっちが先かな~って思ってたんですが
(千葉LOOKのときは怒髪天後だったし)
今回は怒髪天が先でした。
「怒髪天が先?」って驚いてる人も
多かったみたいですが
なんとなくそんな気はしてました。
増子さん、、
サッサと終わらせたいタイプですしね(笑)

時間ちょい押し?でライブスタート。
多分、、完売してなかったと思うんですが
場内そこそこいっぱいでした。
でも暗転しても
いつものような激しい押しはなかったです。

で、ここ松山サロンキティの特徴?!の一つとして
楽屋が2階なので、
メンバーはステージ脇に設置されてる
階段を下りてきます。
もちろん、黒カーテンで目隠しされてて
その姿は見えないんですが
(昔は見えたらしい・・)
前にミッシェルの特番でチバさんが
その階段上の踊り場っていうか
通路?みたいなところで
目隠しにされたカーテンの隙間から
フロアを覗いてるシーンがあって
そうやって人が入っていく様子を
見られてたりすることもあるのか、、って
思った覚えがあります。

ってことで、
階段をゾロゾロ下りてくる足音を聞いて(笑)
怒髪天のSEと共にメンバー登場。
王子は黒いラメラメ入りシャツ
シミさんはこの日から売り出し開始の物販Tシャツ
そして坂さん!黒白チェックのシャツ
最後に登場の増子さんは、、赤字に黒文字のシャツ。

「はい!よく来たぁ~っ!!松山!!!」っと
雄たけびと同時に恒例のクシの投げ入れ。
そして ~チューチューチュチュッ
っとイントロ始まり
1曲目は『夏のお嬢さん』から。
もう一気にフロア大盛り上がり。
あの振り付けしながら
いつも以上に
コテコテのおっさんモード全快で
歌う姿が何とも言えず可笑しいです。

続いて「バンバンしとくかー!!」で
『オトナノススメ』
「分かってると思うが
一応、聞いとく!ロックでないヤツァ??」
「ロクでナシ!!!」の
コール&レスポンスで
『ロクでナシ』
始まって3曲で
もう既に汗だく状態でした。
何気に『ロクでナシ』は久々じゃないか?

最初のMCにて。
「THE BACK HORN、、さっきリハ見たけど
シュッとしてる。
シュッとしてるものが
だんだん熱くなっていくのは
やっぱりかっこいいよね。
我々はもとから煮え湯みたいなもんで
煮えたぎって
後は蒸発していくだけですから」って。

ここからちょっと曲順アヤフヤなんですが、、
レア曲の一つ『明日への扉』に
18日に続いての『俺たちは明日を撃つ』
久々に聞けた♪『武蔵野流星号』に
キュンと来る『オレとオマエ』
最前あたりにいたのは
恐らくはバックホーン目当ての方々だったんでは
ないかと思うのですが
そのため
ちょっと拳の上がり具合が
寂しい感じもありましたが
それでもニッコニコなシミさんが
素敵でした。
『武蔵野流星号』終わりでは
増子さん、、チャリにって走るフリまで
してくれました。

坂さんの挨拶タイム。
「昔、工事現場で働いていた」っていうのを
なぜか遠まわしに表現して言ってしまい
そっこーツッこまれる坂さん。
「せっかくついてるダンディーなイメージが、、」って(笑)
「で、熱中症には
お茶と梅干がいいですよ!」って言った後に
「それ言うなら、水と塩でしょ?
そんな縁側のばあさんみたいな、、
シマッタ、頭悪い人に話させちゃった。。
坂さんは(塩分&水分じゃなく)知恵が足りませんから」って。
増子さんの坂さんイジリ
最高でした。

さらに、(ライブの)前日、
シャツのボタンが取れて
ホテルでソーイングセットを借りて
自分でボタン付けやったそうです。
今、専らボタン付けにハマってる?らしく
「今日、来た時もバクホンメンバーに
何か付けるものありませんか?って聞いてたけど
だれも「ありません」ってね。」
聞いてる姿が浮かんくるから
笑えます(笑)

モンバスでは出順がパフュームの後だったそうで
誰か紹介してくれるんじゃないかって
バックヤードでやったらと待ってたようですが
だーれも紹介してくれなかった模様。
「みんなワンクッション挟んでんだから。
今日はノークッションでいってやる!!」っと
ちょっとヤケクソ気味?!(笑)

そして「男といえば、、の曲を!」っと
『男じゃないか』
おぉ、、、この曲は
確かPIZZA OF DEATHのコンピに収録されてる曲で
前に初めて聞いた時に
今度借りてこよう~って思ったまま
忘れていた曲でした。。
ってことで、ちょっとノリ切れず。。
 ~男じゃないか!
って、演歌風?応援歌風?に
腕をブンブン振って歌うのが楽しい曲です。
次回までにはきっと。。。

そして『情熱のストレート』
ワーイ!
文句なしに盛り上った♪
そして息つく間もなく
『酒燃料爆進曲』
坂さん雄たけび今度は聞き取れました~
“16周年!”

これで終わりかな、、って思ってたら
まだ何やら続く感じ。
めざましライブの時みたいに
王子がギターをポロロンって弾いていて
それをBGMに増子さんのMC。

夏の話題。
中2から30年ずーっと何かあるかも!って期待してたけど
結局何もなかった・・って。
ふとそこから
増子さん「中2の時って何してた?
友康は、、もうギター弾いてたんでしょ?」って聞くと
王子「俺、ハンドボール部!」っと
非常に無邪気な顔で(笑)
さすがは王子ゞ(≧ε≦o)

「シミは?」
「オレは、、普通にバンドやってたよ。」っと言うと
「あれ?これ(バスケのドリブルの仕草)は?」
「バスケは小学生」
そして坂さんを振り返ると
必死にペットボトル片手に
ドラムのチューニング中(笑)
「ちょっと、、人の話聞いててくださいよ。
急に曲行くかもしれないですからね。
スティックは持っててくれないと。
そんなペットボトルで叩くことになりかねないでしょ」
っと言うと
「あり得る!」っと自分で言って
またしても増子さんに睨まれてました。

そんな話題もあり
最後はもちろん『真夏のキリギリス』
なんかキューンとくる終わり方でした。
酒爆でドッカーン!っと終わるだけじゃないのねぇ~

「あーりがとう!!
最後まで楽しんでいってちょうだーい!」
ちょっとコレ聞いて
ニヤっとしてしまいました(笑)
だいたい1時間。
結構タップリやってくれるんだなーっと。

<セットリスト>
 01.夏のお嬢さん
 02.オトナノススメ
 03.ロクでナシ
 04.明日への扉
 05.俺たちは明日を撃つ
 06.武蔵野流星号
 07.オレとオマエ
 08.男じゃないか
 09.情熱のストレート
 10.酒燃料爆進曲
 11.真夏のキリギリス


続いて、THE BACK HORN。
少し前後の入れ替えありましたが
自分の位置はほとんど変わらずな感じで
岡峰さん側端の2、3列辺り。
暗転してSEが鳴り始めても
怒髪天のときよりも押しなし・・
あれ??(笑)
おかげで、いつも
ものすごーく押し押しギューギューの
若干辛い印象のあるバックホーンですが
この日は快適に見ることができました。

SEと共に、
まずは栄純から?だったかな。
あの水色?ターコイズ色?のTシャツ。
松田さんは物販の茶色のTシャツ。
山田さん、黒の物販のTシャツ。
そして岡峰さん。。
どうした?!って感じの
黒地に銀の大柄のドットっぽい柄が入ったVネックに
パンツもデニムじゃなく
ミリタリー風のカーキのパンツ。
ちょっとビックリでした。
でも髪はいい感じに伸びてかっこいい。。
ただこれだと顔が隠れてしまうのが
ちょい残念です。
そうそう、Vネックでは
ほくろがチラッチラッと見えて
ちょいセクシー(笑)
オオキさんもあの首筋辺りに
ほくろあるんだよなぁ~
って。
、、、スミマセン。。変態ではないです。。(≧ω≦)ゞ

「こんばんは、THE BACK HORNです」
の挨拶の後、
1曲目はお馴染み
『ブラックホールバースデー』
この曲の2番で
ベースを狂ったように弾くのが
かっこいいです。

そしてキターッ!!(笑)
『警鐘』
ロッキンでは『真夜中のライオン』を
やったって書いていて
いいなーって思ってたんですが
この日はこっちを披露♪
先日リリースされた『閉ざされた世界』の
C/Wの1曲です。

どの曲もシングルカットしても
いいくらいの出来って
インタビューで話してましたが
ホントどの曲もいいです。
特に最近のお気に入りは
この『警鐘』だったので
余計にうれしかったです。

続くは『戦う君よ』
怒髪天といい、出だし3曲で
既に熱いです(*´艸`*)
この弾き始め
足をバーっと開いて構えて弾く
岡峰さん素敵でした~
あ、そうそう、山田さんが髪を切ったって
聞いてはいましたが
うーん・・
気付いた時には
既に髪が汗でグチャグチャだったので
あまりサッパリした感は感じなかったですが
アー写を見たら
確かに、短くなってたかも。

「改めましてこんばんは。
THE BACK HORNです!」っと
松田さんの挨拶。
「怒髪天はすげー先輩ですが
自分達のKYO-MEI大会にも出てもらったりして
仲良くしてもらっていて
いつもご指導ご鞭撻をいただいています」
とのこと。

「最後までよろしくお願いします!」
に続いては、、、
なんと!『ひょうひょうと』
あまりやらない曲の割りに
多分私ライブで聞いたのは2回目くらいのはず。
そして『罠』
ベースライン何度も言ってますが
かっこいい。
この曲だったか?
途中ちょっとチューニングが
狂ってしまったようで
ペグをグルンっと弾きながら戻してたりなんかして
すげ~って思ってしまいました。

次に山田さん前に
マイクスタンドが置かれて
岡峰さんが腰をかがめてスタンバイしたので
これは、、っと予想通りの
『美しい名前』
あの特徴的な和音の音は
ものすごーくハイポジションで弾いてるんですねぇ・・
真似してみたくて
必死に手元見てたけど
サッパリ覚えられないっす。。(ノω・、`)
そんなことをしてると
曲に集中できなくなるんで
あまりしないようにしてるんですが、、
バックホーンのベースラインは
真似してみたいのが多くて
ついつい聞き入ってしまいます。

「楽しんでますか~」
再び松田さんMC。
「俺たちも昨日、、一昨日か
モンバスに出まして
今回初のトリをとらせてもらいました!
初めて出たのは、、2003年?2004年?
その時は誰~??って感じの
冷たい視線を感じながらやった
痛烈な思い出があるんですが
それがやっと今年トリを任されまして
それに応えるライブができたんではと思います。」

そうか、、
ちょっとそんな話聞くと
行っておけばよかったかなぁ・・なんて。
話の続きが思い出せないんですが
そのモンバスに
「来てくれた人も来てくれなかった人も、、」って
言っていたのが
松田さんっぽくて
笑っちゃいました。

さらには
「サロンキティ、16周年おめでとうございます!
実はTHE BACK HORNは
15周年のときにも呼んでいただけまして
MY WAY MY LOVEとHAWAIIAN6と一緒に。。
そしてまた、16周年でも呼んでいただけるとは。
ありがとうございます!!
これからもお客さんの反応を見て
サロンキティの店長さんの反応も見て
頑張っていきますので
よろしくお願いします」

だったっけ?
とにかく、、その“店長さんの反応も見て”って
辺りで
メンバーもちょい苦笑気味
フロアもクスクスっと笑い声が起こると
「何、笑ってんの?」って松田さん(笑)
ちょっとムスっとした
口調で言うこの切り返しは松田さんらしいです。

そして「バックホーンごとですが、、
先日待望の(って言ってた?)
シングルをリリースすることが出来まして
そして9月にはアルバムが出ます。
そしたらツアーでまたここにも来ますので
今後もたくさんのライブをここで見て
いい音楽ライフを送ってください」

「じゃーその新曲やります。
『閉ざされた世界』」
もう新曲って言ってなかったかも、、ですが。。
これもベースが目立っていてかっこいいです。
そしてこの曲では
栄純のコーラス
(っていうか、、雄たけびみたいだけど 笑)
が聞けるのもうれしいです。

でもって、後のほうで気付いたんですが
山田さん、靴履いてました!
ロッキンで靴履いて歌ってる写真が載っていて
(地面)熱いからねぇ、、って思ったら
セットストックでは裸足だったって聞いて
で、そのモンバスの話が出たので
そうだ!って思い出して靴を確認してみたら
この日は履いてました。
室内なのに、、
でも、どうやら前に出たラジオで
そろそろ靴履こうかな、、って話してたとか?
うーん。。
それはそれでちょっと寂しい気がします。
あの裸足で身を乗り出して歌う姿
結構好きなので。

続いて『声』
念願の『声』を聞いてから
この夏は何回も聞くことができました。
やっぱり盛り上る♪
そして最後は『コバルトブルー』
最近この曲に入る前
繋ぎのセッションがあることが多いんですが
それを聞くとゾクゾクします。
「イェーイ!」って山田さんの煽りもあり
盛り上って終了。

そしてアンコールは『刃』
そう、セッティングの時に
岡峰マイクの準備してたのに
本編では歌わなかったから
アンコールでは絶対来るっと
思ってたんですよね~(笑)

ステージと最前列すごく近いのに
最前のバーに足かけて
前に乗り出してくる岡峰さん。
超間近でした~

そしてビックリ
ダブルアンコール。
スタッフが片付け始めていたので
ないかなーって思ってたけど
でもなかなか明るくならないし
もしかして?!って思ってたら。

「じゃーもう1曲だけ歌って帰ります!」
だったかな。
そう言ってる裏で
岡峰さんが
何やら「できるかな~」って感じの顔で
イントロを弾き始めてて
その顔が楽しそうでかわいかったです。
イントロ弾ききって
『無限の荒野』

 ~否 まだだ ここでは死ねない
言えたよー
うれしいです。
最後の方、栄純側に行く岡峰さん。
岡峰さんは結構、あっち側にも行ってくれますが
栄純はこっちにはあまり来てくれないですね。。

 我 生きる故 我在り
大合唱で終了。

<セットリスト>
 01.ブラックホールバースデー
 02.警鐘
 03.戦う君よ
 04.ひょうひょうと
 05.罠
 06.美しい名前
 07.閉ざされた世界
 08.声
 09.コバルトブルー

 EN1.刃

 EN2.無限の荒野

いいライブでした。
帰りは今何時?!ってくらい
静まり返った商店街を
興奮気味に歩いて帰りました。
ちんちん電車が走る町並みっての
なんかちょっと懐かしくていいもんです♪
この日は何回も遭遇した
坊ちゃん電車。
Image10444.jpg

そういえば、、
入場で入るとき、
お目当ては?って聞かれるんですが
両方って言ったら
え?両方??って
ちょっと驚かれました。
そういうの少ないのかなぁ・・(笑)

夏の終わりも近いなぁ~って感じた夜 [たわごと]

今日は多摩川の花火大会だったようで。
花火は毎年フェスで見るものってイメージなもんで(笑)
あまり興味はないんですが
音が聞こえてくるもんで
やっぱり気になってしまうじゃないですか。

で、窓から覗いて見たら
見えないと思ってたんですが
所々隠れはするけど
結構見えました♪
Image10430.jpg

見出すと
おぉ~って思わず見続けてしまいますなぁ。。
家から見えると
ちょっと得した気分になれます(´艸`)ムフフ

今日は風が涼しくて
見やすかったんじゃないでしょうか。
猛暑猛暑と言われてる日々ですが
秋もじわりじわりと
近づいてきてる感じもします。

俺達は明日を撃つさすらいのガンマンさ [怒髪天(2010年~)]

めざましライブの前日
坂さん誕生日の8.18は
SDR マンスリー企画
ロック!なめんなよ。Vol.1
SDR VS 怒髪天
@新代田フィーバー
へ行ってきました~
Image10421.jpg
それにしても怒髪天
半端ないライブスケジュールで。。

この日は18:30開場だったので
定時退社で充分間に合うはずだったのに
よりによって
帰る間際に仕事を振られ
ギリギリ開演時間の19時前に到着。
ま、番号かなり悪かったので
べつにいいや~なんですが
フィーバーって
キャパ350くらいじゃなかったでしたっけ??
それをゆうに上回る整理番号でした。

なので中へ入るとそれはそれは人でいっぱい。
ここは入り口がフロアの一番後ろなので
とにかく間を縫って
端から前へ前へ突っ込み
なんとか王子側の5列目圏内にIN♪
ふぅ~
比較的前も視界良好で一安心です(笑)

SDRの企画ライブなので
もちろん最初は怒髪天から。
時間、、押してたかな?
SEが鳴り始め
ドァ~ッッと前へ押し寄せたので
端ながらも2列目くらいに行けました。
ちょっと前の男子が
バーについている手を自分の外側に出すもんで
それがお腹辺りに当たって痛いし邪魔だし。
内側に入れろっ!っての(╬◣д◢)ムキー
それ以外は押し押しながらも
見やすい位置でした。

登場したメンバー
王子、、白シャツだった??
シミさんはグリーンっぽいTシャツ?
坂さんはいつもの黒
で、増子さん!なんと豹柄だよ。
もうこれ見た瞬間、
今日はハードで行くなって
察しましったって(笑)

案の定、1曲目『一番星ブルース』っと
渋い路線の曲からスタート。
かなりレア曲から始まって
ちょっとビックリ。
でもって2曲目は『男と書いて』
もうこうくれば、やっぱりね♪って感じです。
そして『明日をブン殴れ』がきて
なんなのーって(笑)
ふとワンマンに来てる気分になりました。

そしてMC。
「一昨日スピッツ、明日はミヒマルGT
そしてその間にSDRとって
なかなかないよ、こんな組合せ(の連チャン)。
まぁね、先輩の言うことは絶対ですから
増子、空いてる~?って
聞かれたら、ハイッ空いてます
むしろ空けます!ってね。
なので今日はちょっといつもより
男っぽい曲多めでいきますけど」って。
もーそのその心意気は
ビシビシっと伝わってきましたよ(*´m`)ぷ♪

そして増子さんだけが行ってきたという
RSRのお土産話。
「RSRよかったよね」ってシミさんに話しかけるも
笑いながらシミさん
「だって、俺、言ってないもん・・」って。
すると増子さんも「そうか、、
行ったの俺だけか(笑)」って。

ってことで
「じゃあね、メンバー含めて
土産話するけど、、
いや~すごいよかった!!
山下達郎ね。
スクービーが元事務所の先輩だから
挨拶に行くっていうから
よし、じゃー連れてけって一緒に行ってさ。
ベロンベロンに酔っ払って
頭にタオル巻いて行ったら
達郎さんに「君、職安の前にいつもいる人みたいだね。
そういう芸風なの?」って。
なので「はいっ!」って。
まぁ、これも全部人から聞いた話なんですけどね。

そしたら戻る途中に
グループ魂の2人と会って
「増子さん!山下達郎さん紹介してくださいよ!」って
言うから、さっき会ったばっかりで
知り合いじゃないって言いつつ
「じゃー行く?」ってね。
で、楽屋に行って「さっき挨拶した増子です!」って
言ったら達郎さん出てきてくれちゃって。
帰り際グループ魂の?が「力ありますねぇ」だって。」

ちなみに
 ~雨は、、、(って、若干モノマネ)は
流石にやらなかったようで(季節柄?)
「そこは空気よんでるよね。
ちょっとやって欲しかったんだけど。」
とのこと。

続いて『俺達は明日を撃つ』
おぉ~
そして『よりみち』『オレとオマエ』がきて
『ド真ん中節』
もう終わり??ってちょっと淋しく思ってたら
この日はこれで終わりじゃなかった!
でもいつものように全身全霊で歌ってたので
歌い終わってしばし沈黙。。

「(ド真ん中は)必死にやらないと
伝わらない気がして、、
疲れたよ。
これで終わりならいいけど
そうもいかないから、、、」って。

ここでだったか忘れたけど
対バンのSDR(セドロと言うらしい)について。
今回なんと怒髪天メンバーが
全員年下だそうで
そんなことって滅多とないことだって。
SDRのVo茂さんは
何がすごいって
いつも打ち上げは最後までいて
そして最後は1人で電車で帰るそうです。
「カラオケ行く?」って
さっきライブで歌ってたのに、、、って
こともあるそう。

まだその時は
どんな感じの人か分からなかったので
へぇ~って感じで聞いていたんですが
後で登場して
なるほど♪って感じでした(笑)

なんかの振りで
 ないないない~
って王子に向かって
歌わせるような振りをしてたけど
王子は照れ笑いで
「歌わないよ」って顔して交わしたところ
「ないよね?よかった
これで歌いだしたら
ちょっと考えないといけないとこだった。
うちにも1人くらいはまともなやつ
いないと困るから」って増子さん。
なので自分で歌ってました。

で、そんな王子が
準備万端でスタンバイしていたからか
「次ぎ行きますか。
若干、エフェクター踏み気味で待ってるみたいだから」
そういって『俺様バカ一代』へ。
ホントこの日のセトリは
すごいなぁ~
この曲の最後のサビの裏のコーラス
王子やシミさんが 
 ~オーオーオー
って歌ってるんですね。
知らなかったー。

そして『宿六小唄』
定番曲ですが
最近ではちょっと久しぶりな感じ。
最後はもちろん『酒燃料爆進曲』
坂さんの雄たけびは・・
ちょっと聞き取れず。。

ライブ終了!っと思ったら
増子さんが
「今日は、うちのドラムの坂さんの誕生日だから。
みんなでお祝い歌ってあげて」
ってことで
ハッピーバースデーを大合唱!!

ハッピーバースデー ディア坂さ~ん

っと、そこからなんと
『美学』!!!
こんな激しいの初めてかもーってくらい
フロアもステージ上も狂ってました。
私も危うく靴脱げそうになったし。
最後は坂さんも前に出てきて
フロアにダイブ!!
ちょっとよろけて
大丈夫?!って戻され方でしたけど(笑)
でもお祝いできてよかったです。

<セットリスト>
 01.一番星ブルース
 02.男と書いて
 03.明日をブン殴れ
 04.俺達は明日を撃つ
 05.よりみち
 06.オレとオマエ
 07.ド真ん中節
 08.俺様バカ一代
 09.宿六小唄
 10.酒燃料爆進曲
 11.美学


汗だくになったので
ひとまず下がってドリンク交換。
そういう考えの人が多かったのか
かーなーり、、待たされた。。(´へ`;)
でもギリ始まる直前で交換できて
飲みながら楽しめました。

SDR
メンバーは
 Vo.仲野茂(ANARCHY)
 Gt.内藤幸也
 Ba.EBI
 Dr.名越藤丸(CAUCASUS/REGINA)
そう、BaがあのEBIさんなのですよね。
ユニコーンにあまり馴染みのない私ですが
EBIさんは結構好きだったりします♪

SDRのみなさんはお揃いの迷彩柄の衣装でした。
新しく新調したようで
完成系はバックプリントに
SDRと刺繍?が入るそうですが
まだ間に合ってないとのことです。

さて、初めてのSDR。
かなりハードな感じでした。
さっき増子さんがMCで
「リハみたけど、声でかいね~
マイクいらないんじゃないかと思ったよ」って
言ってただけあって
迫力満点でした。

そして増子さんみたいに
大きなペットボトルで水を飲むんですが
大半はプゥーッっと
口からフロアに向かって吹き出すんです。
それがかなりお上手。
綺麗に霧のようにピューっと噴出す感じ。
自ら「しげ汁」って言って
連発して噴出してました。
私、真ん中辺りだったんですが
何回も粒の水でかかりましたもん
、、そのしげ汁。。( ̄(エ) ̄*)

途中途中のMCもおもしろく
楽しかったです。
下の方も多かったし(いや、別にそれは期待してないけど)
途中、上半身脱いで歌ってたし(だから期待してないって 笑)
ロックバンドたるや!な感じがしました。

おまけに、今度出るアルバムのタイトルが
決まりました。
「ビックリデーション!」
え?
っと思ったら「あ、ビックラデーションね。」って。
マジびっくりしたわ(笑)
「ビックリしちゃうようなアルバムなんだよー」って
いいキャラしてますね、茂さん。

あとEBIさんに
何か喋れ!ってムチャ振り(笑)
困った表情のEBIさん
「イェーイ!」
「暑いですね」
って言うと「そうですね!」って
いいとも?!
でもそこまでで
「危うく俺の嫌いなタ●リのやってる
いいともみたいになるとこだったよ。」っと
茂さん。

なんでも、昔テレフォンショッキングに
出たくて、自分の知り合いが出るたびに
「次、俺呼んで」って
根回ししてたのに
1回も呼ばれたことがない!
だから、もう今度呼ばれても
逆に出てやらない!!っとのこと。
「あれはドラマとかに出ないと出れねーんだよー」
だそうです。

アンコールでは
増子さんと坂さんが出てきて
一緒にSDRの曲をセッション。

ステージの後ろの方にいた坂さんを
増子さんが前に呼んだとき
EBIさんの前を通って来ちゃったもんで
「今、EBIちゃんの前通って来たね?
ダメだよ!後ろ通って来ないと。
はい、やり直しっ!!」っと言われ
再び後ろに戻って
「スミマセン、、」って謝りつつ
やり直してました。
お誕生日なのに(*>ε<*)

いや~
楽しかったです。
怒髪天のセトリ
あんなのもう2度とないかもよ。

ついに来たっ!Zepp Tokyoワンマン!! [怒髪天(2010年~)]

まだ先に行ったライブについて
書いてないので
ちょっと前後してしまうのですが
どーしてもこれは今日書いておきたいっっ!!
ってことで。。
行ってきました~
怒髪天のめざましライブ@お台場冒険王

生中継!!(笑)

あはは。
行かないよ。。お台場冒険王にはもう。
フルでCSでOAしてくれるし。
でも、生中継が新宿であるって聞くと
ちょっと行ってみる?!って気になるじゃない。
せっかく新宿で仕事してるのに。

っということで
お昼をその時間にとることにして
会社を抜け出して
行ってきました。
30分以上も立ち止まってみてられるかなぁ・・って
ちょっと心配だったんですが
同じような感じの人がチラホラいたんで
少し強気になって(笑)
特等席で見てきました。

ユニカビジョンの全体はこんな感じに
3つの画面。
Image10424.jpg

Image10423.jpg

Image10422.jpg

心配だった音も
MCは流石に聞こえ辛かったですが
曲はバッチリでした。
でも、唯一聞こえてきたMC。。
もうライブも大詰めで(既に30分過ぎてたかも!)
そろそろ終わり?ってころに
王子の夏の雰囲気満載のギターをBGMに
増子さんがなにやらニヤニヤしながら
読み上げていて
耳を澄ますと
「いきなり来年の告知でスミマセン」
みたいなこと言っていて。

で、聞こえていたのは
「1/22にZepp Tokyoでワンマンやりますっ!!」
まーじーでーっっ(*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ:*:
この時ばかりはさすがに、声出してしまったよ。。(笑)

いや~
ライブより興奮した。

<セットリスト>
 01.渚のシンドバッド
 02.オトナのススメ
 03.労働コーリング
 04.はじまりのブーツ
 05.俺とオマエ
 06.喰うために働いて生きるために唄え!
 07.夏のお嬢さん
 08.ドンマイビート
 09.真夏のキリギリス
 10.酒燃料爆進曲

あ、ちなみに
このユニカビジョンでのめざましライブを生中継は
怒髪天だけではなく
ちょこちょこやってたみたいです。
8.26のフラカンの回も中継される予定になってました。
詳細はユニカビジョンサイトへ♪


そしてオフィシャルでも発表されました。
『2010年秋ショートツアー』スケジュール
11月26日(金)新潟RIVERST
11月27日(土)群馬・高崎club FLEEZ
12月5日(日)岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
12月7日(火)茨城・水戸LIGHT HOUSE
12月9日(木)長野CLUB JUNK BOX

『2011年新春ツアー』スケジュール
1月22日(土)Zepp Tokyo
1月29日(土)福岡DRUM LOGOS
2月6日(日)名古屋BOTTOM LINE
2月12日(土)大阪・なんばHatch

走り続けるねぇ~♪

きっと想像した以上に騒がしい未来が僕を待ってる [音楽]

207万人の天才。
風とロック CAMP IN 箭ROCK沼の
オフィシャルバスツアーが出ることになり
問題だった夜行バスの件がクリアされた!
っと喜んだのも束の間。。
出発が9/20で、前夜祭から行く場合は
使えないことが判明。。。(T-T)ウウゥ
うーん・・やっぱり後泊も必要?

そんな昨日、8/18は
怒髪天 坂さんの誕生日!
でもって、新代田でライブ!!
お祝いしてきました―+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚―ゥ
そのことについては
また後日。

で、そんな一昨日8/17は
Spitz×VINTAGE ROCK presents 新木場サンセット 2010
@新木場STUDIO COAST
Spitz/The Collectors/the Pillows/UNISON SQUEA GARDEN
OLDE WORLDE/sleepy.ab/中山うり
へ行ってきました。
Image10414.jpg
スピッツで結構アレコレイベント開いてますよね~
なかなか行ける機会がなかったんですが
ここへきてようやく♪

多くの出演者が出るため
16:15開場/17:00開演という
平日なのにー。。。なスケジュールでした。
ステージは2つあって
 大きなメイン(室内)が 8823 はやぶさステージ
 小さいサブ?(屋外テント)が 3372 さざなみステージ
どちらもスピッツの曲名から取ってある辺り
なんかいい感じです。
でもって、こういう2ステージ制が取れるのが
キャパが同じくらいのZepp Tokyoと
大きく違うところですかね。

タイムスケジュールはこんな感じ。
Image10416.jpg
コレクターズがまさかのトップバッターで
危うくゆっくり行ってしまって
見逃すところでした(笑)
そしてsleepy.ab見たかったのですが
このタイムスケジュールだと
抜けるわけには行かず
結局ずっと8823ステージにいました。
暑かったし・・(*´-ェ-)

チケットは一般で取ったため
整理番号C400番台。
ほぼケツに近い感じでした。
Aから順に割と細かく呼んでいくため
中へ入ったのは16:45くらい。
端っこ辺りでずっといようと思ってたんですが
意外にも中のほうが空いていたので
ドセンターへIN(笑)
周りも女の子ばっかりで視界も良好でした。

まずはトップバッター
The Collectors。

SE・・鳴ってたっけ??
ちょっと記憶にないのですが
メンバー登場。
コータローさんは白シャツ
オリさん、黒のVネックカットソーにジャケットで
胸大きく開襟されてませんでした(笑)
Qちゃんはいつもの感じで
同じく黒のカットソーに首に長いストール。
そして最後に登場した加藤さんは
黒白ツートンのスーツ上下。
ここ最近のあの派手派手スーツと比べると
随分シックで落ち着いた感じです。

ドンドンドンとバスドラが鳴り
1曲目『TOUGH』からスタート。
こういうイベントでコレクターズを見るのって
あまり機会がないから
ちょっと変な感じです(笑)
続いて『エコロジー』
この曲やっちゃうのかーって(´艸`)ムフフ

最初のMCでは
「THE COLLECTORSです~
一度、オープニングアクトってやつを
やってみたかったんだよ。
年はもう随分とってしまってるんだけど。。(笑)」って。
さすがですね、加藤さん。
そして「ほら、コータローくん、
新人がみんな言うあの台詞
言ってやんなよ」
「え?いいんですか?俺が言っちゃって」

そしてちょっともったいぶって
「えー、、みんな、
最後まで楽しんでいって!」
場内大爆笑!!
「みんな出て行くときに
ステージ暖めてきてって言うんだけど・・
暑すぎて嫌だよね?
冷えピタしてる人もいるってのに。
スタジオコースト、、歌いやすいなぁ。
ちょっと前にここにMIKA見に来たんですよ。
そのときMIKA歌うまいな~って思ったんだけど
、、俺(と同じ)くらいかな。(笑)
やりやすいよね?コータローくん、ここ。」
「思ったより暑いよ。」

そして『たよれる男』に
『未来のカタチ』っと
鉄板ソング続き。
『未来のカタチ』は何度聞いても
うっとりしてしまいます。
みんなで Lalalalala~って
歌うところはいつもコータローさんが
うれしそうにフロアを見るんですよね。
やっぱりみんなが歌ってる光景を見るのって
格別な何かがあるのかなぁ。
特にイベントなんかでは。

加藤さん「今日は、暑いから
迷ったんだけど、、有楽町線で来たんですよ。
えー・・
いつもは車かバイクか
女にしか乗らないんで(笑)
そしたら、、もうダメだね。
ここ、ちゃんと来れた?」
コータローさん「いや、来れたから
ここにいるんだと思うんだけど。」
(*>ε<*)ぷっー♪

「知ってる?お年寄りは明け方に死ぬだよね。
ほら、昼間乗りきると
夕方頃に、よかった、生きてる!!って
思っちゃうんだろうね。」
そんなトークが続きだしてしまったので
コータローさんから
「じゃーぼちぼち行こう」って
強制終了の合図(笑)

『青春ミラー』でかっこよくキメ
『TOO MUCH ROMANTIC!』では
ノリノリで踊って
ラストは『東京虫バグズ』で終了。

どっかの曲で
Qちゃんがポーン!って
スティックを真上に投げて
かっこよくキャッチしてから
再び叩き始めるという技?を披露してくれました。
すごく自然に何食わぬ顔でやっていて
ちょっと驚いちゃいました。
あと、加藤さん「コレクターズって名前だけでも
覚えて帰ってよ」って
言ってたっけな。

オープニングアクトと言いながら
持ち時間わりとタップリで
よかったです。

<セットリスト>
 01.TOUGH
 02.エコロジー
 03.たよれる男
 04.未来のカタチ
 05.青春ミラー
 06.TOO MUCH ROMANTIC!
 07.東京虫バグズ


続いて、UNISON SQUEA GARDEN。
ピロウズの時
どセンターにいるのはちょっと辛いので
ちょっとずつ端っこ方面へ移動しつつ。。
セッティングではメンバー自ら出てきて
ちょこちょこサウンドチェックとか
してました。

UNISON SQUEA GARDENは
何回かイベントとかで見ています。
どうしても
NICO Touches the Wallsと被ってしまうところが
あったんですが
この日、決定的な違いを発見しました。
・・・って、大袈裟ですが(笑)
そう、NICOは4ピースバンドですが
UNISONは3ピースだった!!
今更?!( ̄(エ) ̄*)
スミマセン。。

改めて聞いてみて
キライじゃなかったです。
どっちかというと
NICOの方が好きって印象だったんですが
こちらも悪くなかったです。
ただ、Baの方が
妙に顔の表情豊か過ぎて
若干引き気味、、、かな(笑)
全く本人狙ってる感はないんですけどね。

でもって、Voさん、、
例の台詞
「最後まで、楽しんでいってください!!」
言っちゃったよ~
絶対、言うと思ってました。
あんな前フリあったら
みんな言っちゃいますよね(*´m`)ぷ♪

まだ自分達は若い方だけど
でもそろそろ若手って
言われなくなってくる年代でもあって
そういう自分達を
ずごい先輩バンドから
イベントに呼んでもらえるのって
すごくうれしくて
今日のこの日を
めちゃめちゃ楽しみにしてました、、って。

このVoさんは前にも
ソロでアコースティックの弾語りライブに出ていて
そういうスタイルでやるのって初めてだけど
自分の歌だけでどこまでやれるか試してみたくて
オファーを受けたって言ってましたけど
かなり向上心のある方なんですね。
そんな心意気があれば
もっともっと上にいけそうな感じがしました。
今後の活躍が楽しみです。

<セットリスト>※拾いモノ・・
 01.クローバー
 02.センチメンタルピリオド
 03.等身大の地球
 04.キライキライ
 05.Mr.アンディ
 06.cody beats
 07.23時35


そしてthe Pillows。
当然、UNISONが終わった瞬間に
ものすごーい押し。
スピッツファンの方が
キャーって声上げてました。
荷物持っていたり
気持ちは分かるけど、前へ前へ行こうとしてて
若干、イラっと。
押されることくらい知ってて
その位置にいて欲しいです。

端へ避けるつもりが
あまり行き着かず、
コーストで見たライブ史上
初?くらい結構センター辺りにいました。
でも前が比較的背が小さかったせいもあり
なかなか視界良好で一安心。

いつものSEでライブスタート。
さわおさんはクリームソーダの
Tシャツ生地のポロシャツ。
シンちゃんはPPRの今年版Tシャツ
淳くん・Peeちゃんは私服T。

1曲目は『Dance with God』から。
すっかり1曲目の定番になったこの曲。
でもあの"Dance with God"のところで拳を上げるのは
最高に気持ちいいです。
続いてアカペラ風から入る『YOUR ORDER』が終わり
最初のMC。

「久しぶりじゃないか?」って。
ホントに。
今年はホントにライブに行く度に
前に見たのいつだったっけ?って
しばらく考えないと思い出せないくらい
間隔が空き過ぎてます・・(ρ_;)
「あー、、、言っとく?
コータローさんも宏介くんも言っていた、、あれを・・
えーっと。。最後まで楽しんでってください(笑)

今回、まぁ向こうのステージに出てるバンドはあれですが
このステージでUNISON SQUEA GARDEN次に
ピロウズが若いバンドだからね。
スピッツもコレクターズも先輩バンドで」
でなぜか起こる拍手。
「いや、このコメントにその拍手は
可笑しいだろ(笑)
じゃぁ、まぁ、最後までよろしく!」

ここからは定番のノリノリな曲続きで
『ターミナル・ヘヴンズ・ロック』
『IKnow you』
『バビロン天使の詩』
そして新曲作ってきたよ!っと
『ムーブメント』に
『Funny Bunny』

途中、やけに笑いながら歌ってる
さわおさん。
なんで??って思ってたら
なんか、、キミ、死にそうな顔してるけど?
辛いの?辛いんだ。
あのー辛くても笑顔!でいてくれないと
そんな露骨に嫌そうな顔されたら・・・」って。
なるほど。。( ̄▽ ̄;)

「この暑いのに、加藤さんはビシっとスーツの上下で。
やっぱ、流石だわ~
って。。これで次(スピッツ)出てきたら
上下革!だったらビックリだけど(笑)
いや~、、(暑くて)無理。
踊ったの?ロマンチック
 ・・手をフリフリしながら
   前後に出す踊り付
、、俺もやりたかった。。」

「今日、、久しぶりにマサムネくんに会ったけど
歳取んないよね~
俺の予想じゃ、あれはまだ童貞だな(笑)」
って言って
自分でかなり照れてました(笑)
「あんなことや、こんなことしてるー。。
(ちょっとかわい子ぶった言い方 笑)
って想像出来ないだろ?
、、、スミマセン。頭がおかしい訳ではありません」
これは例の最前の方々への
軽いお礼ですかね(笑)

「ピロウズ、今年で21年やってますが
ここまでくるのに色んなことがあって
当然、それを乗り越えてきてるから
今ここにいるんだけど。
あの。。歳取ると結構図々しくなるっていうか
どんなことでも
割と対したことなくなってくるんだよね。」

そう言いながら
後ろのアンプの上に置いてある
タオルで汗を拭きにいく。
「こいうのが、図々しいんだよな(笑)
でもそれとは逆に
楽しいことはちょっとでも逃したくないっていうか。
今日という夏の日は、もう今しかないんだぞ!」

そう言って『スケアクロウ』
感動したなぁ~
『スケアクロウ』が久しぶりだったってのもあるし
そういう言葉の後が
『スケアクロウ』だったってのもあるし。
この曲を聞くと
初めてやったZeppのワンマンを思い出します。
そしてホント、
さわおさんが言ってることに
100%同感できるもん。

よく職場でやる前から「それは出来ません!」とか
「絶対に無理」って言う人いるんですが
そんなのやってみなきゃ分からないし
割と世の中って
やってくうちに、何となくいい方向へ転がっていくこと多いし
とりあえずあーだこーだ文句言ってる間に
やり始めればいいのにって思ってしまうんですが
それはやっぱり自分が歳を取ったからなのかなぁーって
思ったりもするし。

でもって怒髪天の『よりみち』じゃないけど
楽しいことは1ミリも逃したくないし
どうにかして逃さずにいられる方法考えるし
これもある意味
図々しくいられるようになったからなのかも
しれないんですが。
なんか、そんなことを考えながら聞いてました。

カウントが響いて
『No Surrender』
 ~生き延びて また会おう!!
最後は『ハイブリッドレインボウ』

まぁ、定番なセトリではありましたが
出演者多いイベントにしては
1バンドの持ち時間が長めに設定してあって
うれしかったです。

<セットリスト>
 01.Dance with God
 02.YOUR ORDER
 03.ターミナル・ヘヴンズ・ロック
 04.IKnow you
 05.バビロン天使の詩
 06.ムーブメント(新曲)
 07.Funny Bunny
 08.スケアクロウ
 09.No Surrender
 10.ハイブリッドレインボウ


最後はもちろん、、Spitz。
その前に、トイレに行って
ドリンク交換に行って
外でウダウダ。
始まる直前に中に入ったんで
一瞬、入れるかな?って心配しちゃうくらい
人がいっぱいだったんですが
なんとか奥まで突っ走って
そこそこな位置で見れました。

上下皮?!な訳はなく
普通にシャツだったような。。
でも、やっぱりいつ見ても何歳か分からない
ホント昔から歳取ってないなぁ~ってのが
第一声なマサムネさんです。

スピッツは昔よく聞いてました。
でも最近はサッパリ。。
去年、フラカンのライブに
ゲストで出たときは
あまり知ってる曲がなくて
ちょっと残念だったので
この日は聞けるといいなーって。。

そしたら2曲目に『チェリー』キタ~(人´∀`o)
もうこれ聞けただけで充分です(笑)
ホント名曲だ♪
欲を言えば『ロビンソン』とか
『遥か』とか『空も飛べるはず』とか。。。
シングル曲は言い出すとキリがないくらい
好きな曲多いです。

「もう、、さっきの中山うりさんのライブで
終わっても良かったんじゃないの?ってくらい
濃い内容になってますが、、
我々が最後でいいんですかねぇ。
コレクターズもピロウズも
太っとい芯みたいなのがあって
もう凄すぎた。
いつもこういったイベントの時は
軽く聞いてって言ってるんだけど、
今日はそれじゃーダメだなぁ・・って思わせるくらい。
ちょっとしっかりやらないとって。
、、えーっと、、なので
分厚いステーキをもう1枚
食べていっていただけますか??」

なんか、そういうMCって
すごくロック魂を感じて
よかったです。
やっぱりスピッツもロックバンドなんだなぁ~って。
なんてったって、LOFT出身ですから?!(笑)

スタジオコースとは初めてだったようで
「楽屋にハート型のジャグジーがあったり
ちょっとしたプールとかもあるんですよ。」って
本気で驚いてのが可笑しかったです。
たいてい、初めて来たバンドさんのMCでは
その話しますよね。
何回も聞いてるけど
実際写真でも見たことないんで
1回どんなんか見て見たい(笑)

CHARAのカバー曲もやってくれました。
終わると「あのー、、今の新曲じゃなくて
カバーなんですけどね。
ハクショ~~~ン大魔王っ!っていうのも
やって欲しいって言われればやりますけど
なんか今年はスワロウテイルな気分なんですよね~」

他、MCは
「あのー、、こないだまでレコーディングをしてて
マスタリング?でN.Yに行かせてもらったんですけど。。
2泊?3泊?
で、海外に行く度に思うんだけど
会話をね、聞いてる分には
なんとな~く分かるようになってくるんだけど
いざ、自分に話しかけられると
もー何言ってんのか
さっぱり分からなくなるんですよね。
昔ね、テレビで「○○○!」(←外人が話す日本語風に)って
言って通じてたから
そういう風に言えば通じるもんだって
ずっと思ってたんですよ。
だからそれで通じればいいのになーって。

そしたらホテルのルームサービスとか
もっと気軽に頼めるのに。
でも、今回、いろいろ注文して
最後「以上です」って何て言えばいいか分からなくなって。
思わず「The END!」って言っちゃったんですよ。
後から英語できる人に聞いたら
そういう言い方もあるって。
だから、、何でも恐がらずに
まず言ってみることだなって。
、、、おじさんは思うぜ!」

MC楽しい(笑)
あの顔立ちでこういう話されると
そのギャップって言うかなんていうか
不思議な感覚です。
でもマサムネさんって面白い人なんだなーって
思いました。

そのレコーディングしたアルバムは
10月に発売だそうです。
またツアーとかあるんですかね~
ちょっと行ってみたい気もしますが
チケットが取れないだろうなぁ。。

本編終了後、アンコール。
今度は全員スピッツのTシャツで登場。
するといきなり曲が始まって
どう聞いてもスピッツの曲じゃない曲!
?!っと思ってたら、1番辺りで終了。

「いつもTシャツのデザインをやってもらってる方から
こんなん作ったんですけど、、ってね。
METAL THIS SUMMERだっけ?
テツヤちょっと後ろ向いて見せてあげて」
っと、フロントデザインは犬のスピッツがドーン。
後ろにちょっとメタルチックな文字が書かれてる
Tシャツを披露。
「今年どっちかって言うと
CHARAなんですけどーって感じなんですが(笑)」
でも、着るからにはやらないとって
感じで触りだけやってくれたみたいです。

「日本を代表する、、メタルバンド
44マグナム。
でも今日はちょっと上手くいかなかったなぁ・・
難しいんだよね。」ってちょっと残念そう。
テツヤさんも「だからスピッツやってんだよ!
メタルできないから(笑)」って。

「あのーメタルやった後に
スピッツに戻るの戻りにくいんですが・・
もうちょっと聞いていただけますか?」っと
アンコールは2曲。
Wアンコールは?って思ったんですが
みなさん、アンコールは1回だけって感覚なのか
終わるとソッコー帰り支度でした(笑)

今回は知ってる曲がチラホラあって
よかったです。
にしても、、マサムネさんの声
好きです。
もともと男性にしては高いねって言われる声に
ハスキーな声が大好きなので
もーそれ両方じゃん?って感じです。
いや~楽しかったです。

<セットリスト>もちろん、拾いモノ
01.夏の魔物
02.チェリー
03.放浪カモメはどこまでも
04.ビギナー
05.つぐみ
06.スワロウテイルバタフライ~あいのうた~(カバー)
07.渚
08.トンガリ'95
09.けもの道

EN.
street rock'n roller(44MAGNUM) さわりだけ
マーメイド
青い車


ドリンクメニュー表
Image10417.jpg
左のイラストが今回のイベントのロゴで
ステージバックには
この単色Ver.のフラッグがドーンっと。

そういえば、、帰り、新木場駅に向かう途中で
コースト方面に急ぎ足で向かう
加藤さんと遭遇しました。
もうお客さんわんさかの中逆行していく姿が
ちょっと可笑しかったです♪

これは、、音楽のカテゴリーでいいのか?! [音楽]

EZOIST
やっぱりTERU入りましたか。
ずっとRSRの模様をツィッターでつぶやいてたんで
恐らく。。って思ってました。
今回初はエマーソン北村さん。
北海道なのね。

っていうかツィッター
すごなぁ~
超リアルタイムで情報がUPされてて
なんていうか、、
これで行った気分・・・にはなれないけど
どうだったんだろ~っていう
モヤモヤ感は解消されます。
それがいいんだか悪いんだかはおいといて。。

さて、8.13の金曜日
3時間以上にわたるライブ終了後は
ダッシュで新宿へ。
まさか22時過ぎるとは思ってなかったんで
夕飯食べる間もなく
今度は
新宿6丁目トークセッション
出演:加藤ひさし(THE COLLECTORS)
   古市コータロー(THE COLLECTORS)
   Mr.PAN(THE NEATBEATS)
@新宿紅布
です。
Image10413.jpg

そう、この日は
紅布でコレクターズと
ニートビーツのライブもあったんですよねぇ
これもすごく行きたかったです。。

8月に入って急遽告知された
このトークセッション。
23時OPEN/STARTってことでしたが
結局は機材の搬出などに時間がかかり
中へ入れたのは23時過ぎ。
こんなことなら
どっかで軽く何か食べてくるんだった。。

チケットがSOLD OUTになっていて
まさか立ち見じゃないよねぇ、、っと
若干不安だったんですが
前方に丸椅子がドッと置いてあって
後ろは立ち見ってスタイルでした。
チケット購入の際
ちょっと頑張って並んで買ったので
無事、椅子ありで見れました♪

とりあえずトイレに行って
ドリンク交換!
しに行ったんですが
トイレから出るときに
フロアに通じるドアを開けたら
誰かにぶつかってしまって
「スミマセン。。」っとだけ言って
向こうも「いえいえ」って顔でニコ~ってされて。
後で気付いたんですが
その方、どうやらQちゃんだった模様。
あはは。。
その時は全く気付かなかったんですが
申し訳ないです・・( ̄▽ ̄;)

始まったの、、、何時でしたっけ。
机にはドリンクとマイクと
なぜかめざまし時計。
そして3人が登場。
PANさん細身のシャツにデニムに
ロングブーツだったので
超!細いっ!!
並びは向かって左から
加藤さん・コータローさん・PANさん。

とりあえず、PANさんに
PANさんがやってる
“バンドマン的すべらない話”の
トークショーが
どういう感じのものなのかを聞きがてら
PANさんのとっておき爆笑話で
突破口をつくれという
加藤さん&コータローさんらしい
厳しい振りから。

「えーっ!何がいいかな。」っと
かなり焦りまくりのPANさん。
無難な線?!から
PANさんの父親話。
アメリカに行く前日、実家に寄ったとき
母親がちょっと出かけてる隙に
お父さんに「バイアグラを買って来い」と
言われたそうです。

そんなもんを欲しがる父親よりも
還暦を過ぎた両親が
まだそういう営みをやってるんだって
知ったことの方がショックだったそうですが
まぁ、それはおいておいて
そのバイアグラの話をしてる間に
母親が戻ってきて
ただお父さんはそのことに気付いてなくて
延々バイアグラ話を続けていたところ
話を聞きつけたお母さんが
「そんなん何に使うの?」って聞いてきたとか。

そこで、母親が戻ってきてることに気付き
慌てふためく父親。
思わず言ってしまった一言が
「友達に頼まれた!」って。。
60過ぎた年寄りが友達って、、誰やねん。
しかも後でこそっと
「やっぱ、ええわ。」って
購入を断念したそうです。

そんなお父さん、、
例の和歌山でやったThe Birthdayの
ライブの時の話もありました。
そしてお母さんのフラカン好きの話も。
(両者、すべらない話で披露済)
何度聞いてもオモシロいっす。

そんなこんなで
いい感じに突破口は開かれ?!
3人のフリートーク。
ここから先は順不同です・・

The Birthdayのキュウちゃんの話。
キュウちゃん曰く、
自分にはオシャレセンスってものが
全くもって備わってないって言うそうです。
なんでも、Tシャツって言うのは
無難に卒なく着るもんだってずっと思っていて
サイズは?って聞かれると
必ずMサイズを購入していたとか。
大きくもなく小さくもなくってことで・・

そうそう、この
“自分にはオシャレセンスってものが
全くもって備わってないって言う”って言うと
すかさず「それはピロウズの
シンちゃんでしょ?」って加藤さんのツッコミ(笑)
あ、そんなシンちゃん
本日誕生日ですね♪
おめでとうございますっ!!

有名人に会ったことある?って話で
街中よりも
高速道路のSAとかの方が
よくあったりするよね。。って。
コレクターズ号は
9mm号と遭遇したことあるそうですが
この3人、誰一人として
正確なバンド名言えてませんでした。
なので「じゃ、9mmでいいよね」って(笑)

で、その有名人ですが
寺内Tケシさんのブルージーン号に
遭遇したというPANさん。
追って行ってレストランでも近くの席に座って
様子を伺っていたところ
若いお姉ちゃんに「あーん」って
食べさせてもらってたシーンを
目撃してしまったとか。
もう、そこから何かにつけて
「あーん」とかね、、って
話に持って行っていて
大爆笑でした。

他には、プロレスの新日派?のバスは
時速160kmくらいの速さで進んでいくらしい。
それを必死で追っかけて
バーっと選手が出てきたから
握手してください!っとか言っても
イメージがあるからか
長州Rなんかはブスっとしながら無視。
握手はしてくれないそうです。

でもそんな集団でも
他の家族連れのグループに混じって
食券買い、
長テーブルでラーメンを食べていたそう。
お父さん、子供、選手、選手・・
その向かいにお母さん、選手・・って。
その光景は何とも言えず可笑しかったとか。

加藤さんは原宿で永ちゃんを見たことあるそうですが
普段の永ちゃんがどんな感じか分からないから
それがホンモノか分からない。
で、、永ちゃんマニアの
コータローさんに電話をしたところ
●●は被ってる?
△△は何色?とか
あれこれアイテムを確認してきて
それが全て永ちゃんのアイテムに合っていたため
「それはホンモノだね」って結論に。

あとは、友人の結婚式で
ピンクレディのミィちゃんと一緒になったそうですが
ああいうとき、何喋っていいか
思いつかないよね。。
思わず
「僕たちの曲にもUFOって曲があるんですよ」
そんなこと言われても向こうは
「、、そうですか・・」で
終わっちゃうよ、って。

で、PANさんに「お前だったらどんな会話する?」って。
でもPANさんもこれと言った
気の利いた会話が浮かんでこなくて悩んでいたら
「ミポリンと結婚した辻仁成みたいに
「やっと会えたね」みたいな会話ができないと
ずっとこういう(俺たちみたいな)連中と
付き合っていくことになるぞ」だって。

ムッシュのやるラジオに
加藤さん・コータローさんと2人でゲストで出演したとき
曲かけてる最中に
とある話で盛り上がって
ムッシュが「じゃー曲終わりでこの話しましょう!」って
なっていたのに
曲終わった瞬間、
まーったく違う話を始めちゃうんだそうです。

しかも、当時のプロデューサーの
伊藤銀次さんをムッシュも知っていたから
彼の話をしていたら
最後番組終わって「今日はありがとうございました
加藤さん、伊藤さん」って。
コータローさんは伊藤さんになっていたそうです。

そんなトークをしている加藤さんですが
この日の加藤さんは
全く単語が出てこなくて
「ほら、あれ、何だっけ?」って
コータローさんに聞いて
全部「○○?」って
コータローさんが答えてました。
「コータローくんが俺のハードディスクだから!」って。
うまいっ!!
って褒めてあげたいですが
ホントにこの日は
びっくりするくらい物忘れが激しかったです。

大阪話。
コータローさん曰く、
大阪の弁当はまずくて“全滅天国”
とにかく弁当がマズイって。
そんな中、ついこないだ帰りに買った
じゅうじゅう亭?は
まぁ頑張ってたほう。
案の定、コータローさんが買って
加藤さんが買って、
次、オリさんが買おうとした時には
売り切れだったとか。
でも最近はやっと
美味しいお好み焼き屋さんを見つけたそうです。
「どこですか?」って聞くPANさんに
まだ荒らされたくないから教えない!って(笑)

そんな大阪の話その2.
昔、イベンターさんに連れて行ってもらった
オープン前の中華料理屋?
入るとスタッフがEザエルみたいな人ばっかで
正直、嫌だなぁ・・って思ってたそうです。
すると案の定。
なっかなか料理が出てこなくて
30分待ちぼうけ状態。
あまりにお腹が空いてて
「ご飯が食べたいんですけど、、」って言うと
「ご飯は2合からしかできません!」って。

もうその返しにぶちキレたコータローさん
バン!ってテーブルを叩いて
一人店を飛び出して行ったそうです。
それを追って加藤さんも出て行ったけど、
結局姿を見失い
一人見つけたラーメン屋で食事。
そのラーメンもイマイチだったとか?

さらに大阪話。
今度はお医者さん。
先日、コータローさんが耳が痛くなったから
耳鼻科に行ったそうですが
症状を告げると
「またー膝枕してくれるお姉ちゃんに
耳コチョコチョしてもらい
過ぎたんじゃないのー」って
ニヤけて聞いてくるお医者さん。
「大阪の医者はあれが当たり前なの?」って。

PANさんも昔指をスパっと
ちょこっとだけ切ってしまったとき
その欠けた指持って
大慌てでその場所から一番近くの病院に行ったら
「ここじゃできないから、病院紹介するから!」って。
「え?ここ病院じゃないんですか?」って聞くと
よく分からないけど、
ここではそういう処置ができるところでは
なかったそうです。

で、地図書いてあげるからって言われ
書いてもらったはいいけど
だた一本道を書いて
その上の方に、ココ!って。。
アバウトすぎるわ!!
おまけに行った病院の先生は
「もう、今更どうも出来ないから。
そのまま血が止まるまで待ちましょう。
そのうち指、生えてくるから」って。
・・・まぁ、結果、形はちょっと変わったけど
   一応生えてきた感じだったそうですが。
笑いの尽きない大阪話でした。

後はポツポツ出たネタでは
PANさんはフラカン号買うとき
車屋で2台で100万円割引させたとか。
ああ見えてグレートさんは交渉ベタだから
一緒に行ってまけさせたそうです。
いかにもキャッシュで買ったる!的な勢いだったのに
「俺はローン組んで買ったけどね」って。

車を運転していたら
道端でオリさんを見かけたというPANさん。
「オリさんは普段着でも
胸を大きく開けてるんですね~。
もう声かけないで、ずーっと見てました。
もしかしたら、急にボタン閉めるかも?とか
気になって気になって」って。
そんなオリさんは
とあるサービスエリアで
スープを飲むのを楽しみにしているらしい。

最後に、、
今回のこの企画は
PANさん発信じゃないってことを
やたら力説してました。
PANさんに紅布側から「どうですか?」って言われ
別にいいですよって
OK出したそうです。
でも加藤さんは
「PANがどうしてもやりたいって言うから」って。

昔はライブでもあまり喋る方ではなかったそうで
加藤さんもコータローさんも
変わったよね~って驚いてました。
その点については
もともと話すのが好きだけど
ライブでは話しすぎだとちょっと、、って思って
話さないようにしてたらしいですが
それだとすごくストレスがたまり
それが嫌で
もう何て思われてもいいから
喋ったる!って考えを変え
それ以後、MCをたくさんやるようになったとのこと。

2人がやってるポッドキャストにも
ゲストに出たいっていうPANさんに
「一人でやればいいじゃん」って言うと
「そんなことしたら一人で26時間くらい喋り続けて
メモリが全然動かないってパターンになりそう、、」って。
どんだけ喋るのが好きなんだ(笑)


っと。。
ツラツラ書いてきましたが
きっと文章で読んでも
イマイチおもしろさは伝わらないですよね。。
でもホントおもしろかったです。

そして、24:30にいきなり
ジリリリリリン!っとめざまし時計が鳴り
「じゃ、この辺で終了~!!」って。
PANさんはまだまだやってもいいよーって顔
されてましたが
加藤さんが「俺は変えるよ~」って
もう終わらせる気満々。

また機会があれば・・・ってことで
一旦お開き。
出演はこの3人でしたが
コレクターズのメンバーも
ニートビーツのメンバーも
結構残ってました。
終わってオリさん
楽器抱えて帰っていく姿が見えました。
しばらくして加藤さんもお帰り。
コータローさんはドリンクもらいに外に出てきてて
PANさんは外でタバコ。

でもって私は・・
終電は25時の山手線が最終。
今なら間に合う。
でももしかしてまた始まったりしないかなーって
淡い期待も抱きつつ
だけどここで駅に向かわなかったら
始発まで待つことになるので
迷いに迷った挙句
退散しました。
あの後、どうなったか、、不明です。

そして、渋谷まで乗り
当然私鉄は終わってるので
深夜特急バスというのに乗り
最寄の駅まで。
800円もしたよ、、、(+ω+;`)
ま、帰れないよりはいいか。