So-net無料ブログ作成
検索選択

もう、忘れません(笑) [怒髪天(2010年~)]

今日は怒髪天の上原子友康さんこと
王子の誕生日!!
確か、去年はうっかり・すっかり忘れてて・・
でもこれ思い出してる時点で
既にあれから1年経ったのか、、、って思うと
月日の経つ早さが、、なんだか怖い。。(笑)

いやいや、そんなことより、
王子、お誕生日おめでとうございます!!!
増子さんの日記が大爆笑でした。
前に、ちょっと知り合ったバックホーンファンの方に
私が松田さんのトークからファンになって
今は岡峰さんが好きですって話をしてたら
(あ、でも松田さんも好きです♪ 笑)
「怒髪天では誰?」って聞かれて
王子って答えると
「あぁー分かりやすい!(笑)」って言われました。
そうそう、分かりやすいメンクイっす・・・ゞ(≧ε≦o)
まぁ、JIROちゃん・大木さん・コータローさんってくればね。。

さて。。
今日は、イロイロつぶやきます!(笑)

チケ運、、今年は低迷してるみたい。。
いや、以前から決していい方ではなかったけど
悪い方でもなかった。。
ギリギリ自分が行きたいと思った分は
自分で確保できていたのに
なんだか今年はそれすらサッパリ。。

髭ちゃん、、、4月は避けて(対バンのせいじゃないよ 笑)
5月と6月申し込んだら
両方とも落選でした。。。。
こんなのあり?!
今までHPの先着先行
受付〆切まで予定枚数終了なんて
ほとんどなったことなかったのに。
うぅ。。。。(; _ ;)

でも・・昨日発表だった
テナー@JCBは
過去数回の先行であまりに取れなさ過ぎたので
保険かけたら両方取れちゃうし。
思うようにはなりませんなぁ。。
欲しい人はご連絡ください♪
そして髭ちゃん余ってる方もご連絡ください♪♪

あ、そう言えば・・・
HiGEちゃんのロゴ、変わったのねぇ。
hige.JPG
一応、髭でもHiGEでも
その時に応じて変えていくつもり、、、、って
ストーさんの日記には書いてあったけど。
なら髭(HiGE)のままでよかったじゃーん?!
なんて。

ACIDMANの武道館ライブDVDリリースが決定!
ジャケット!
greenchord.jpg beautiful greed.jpg
 ※初武道館のgreen chord     ※2回目の武道館の今回

むふふ♪
こうきたか?!(笑)
今後回を重ねていくたびに
玉ねぎ増やしていくんだろうか・・・
何気に去年の幕張のジャケットは
かなりお気に入りだったので
こういう感じのジャケット期待してたんだけどなぁ。。

ライブDVDで思い出しましたが
フラカンの日比谷野音でのライブDVDは
どうなったんでしょー・・・ヽ(○´3`)ノ
かなり楽しみにしてるんですが
一向にリリースのお知らせ、、、ないんですよね。
思ったほどいいもの撮れなかったのかなぁ。。

でも3,31には久々シングルがリリース。
C/Wには曽我部さんがプロデュースした
「深夜高速」のアコースティックVer.が入るらしい。
曽我部さんプロデュースの1曲が入るのは
ぜんぜんOKですが
もう「深夜高速」じゃなくてもよかったんじゃないの?
って思ってしまうのは私だけ??

先日配布スタートのタワレコbounceに
ちょこっと記事載ってます。
過去のアルバム解説とともに
増子さんとかキュウちゃんのコメントもチラっと。
Image9983.jpg
怒髪天といいフラカンといい
そしてピロウズも
ホント20周年超え・メンバーオール40超えのバンドが
今、熱いですね★☆
いいことだ(。→ˇ艸←)

明日・明後日は
タワレコはトリプルポイント!
でも、コレといってリリースモノなし。。。
うーん・・
でも、ちょっと迷ってたモノを買ってしまおうかな~♪
これ、完璧、タワレコの戦略にやられてますよね。
今更ですけどー(笑)

そんな感じかな。
こんな内容なのに
カテゴリー怒髪天って。。
ま、王子の誕生日ですから。

I'd like to be life-size [the pillows]

本日、ニャンニャンニャンの日です(笑)
それだけじゃなく、22.2.22って
ここまで2が並ぶのはもう、ないんじゃない??
って日でもあります。
細美さんの誕生日でもある・・
そんな昨日は
the pillows OOPARTS TOUR ファイナル
@JCB HALL
へ行ってきました!
Image9980.jpg
あー。。。。とうとうファイナルかぁ・・
なんか、やけに昨日は
そんな想いがこみ上げて来る日でした。
不思議。

JCB HALLは
言ってみれば小さくした武道館みたいな感じで
3階席までの指定席と
フロアのスタンディング席
トータル3000超えってことで
正確なキャパは不明ですが
Zepp Tokyoより多いのは確かです。
で。。
それがこの日はSOLD OUT!!
Image9979.jpg
やはり、ファイナル
日曜日
人気あるよね~(笑)

そう思うと、916のド平日の即完は
やっぱりすごいことだったんだと思いました。
バスターズの916に対する想いの結果
愛されてるんだなぁ~・・

昨日の番号は800番台中盤。
実際スタンディングが
どれくらいか分からないんですが
まぁまぁの番号だった模様。。
だけど、中へ入ると
けっこう前のほうは人でいっぱいでした。
でもやっぱり前に行きたくて
頑張って淳くんとさわおさんの間くらいへ。

始まってものすごーい人の流れで
超デッドゾーンに潜り込んでしまい
慌てて端へよけたので
なんとか、斜めから見る形ではありますが
結構視界良好・スペースタップリの
快適な場所で見れました。
あのデッドゾーンはよくない。。
絶対、二度と行きたくない(笑)
あの押し押しがたまらない!って人もいるんだろうけど
私はある程度人と人との隙間がある方が
いいです。。
それが例え端っこだとしても・・

時間は5分くらい押してスタート。
告知通り撮影が入ってるため
端にはクレーン機材とか
ステージ上にもカメラマンとか。
さわおさんはLIFE SIZE LIFE Tシャツに黒T重ね
PeeちゃんはロデオスターTシャツ
シンちゃんはツアースケジュールTシャツ
淳くんは、ピンクのOOPARTS Tシャツ(だった??)

「アウェイ!」その一言で
一気にフロアの熱気が上がり
1曲目『Dance with God』からスタート。
でも私・・・なぜか1曲目が他の曲に聞こえてきてしまって
勝手にJCB SPだーって
大喜びしてたんですよね・・(笑)
なんか出だしとかがいつもと違って聞こえてしまいました。
なんでだろ。。。

そしていつもは『YOUR ORDER』前の挨拶が
なぜかこの曲まで一気に、、、
終わって挨拶。
「JCBホールすげーな・・・
どこ見ていいか分からない(笑)
上の方の人も、、、楽しめてる感じ?大丈夫?」
そう言われ後ろを振り返って見て
ぶわぁ~っと広がるスタンド席。
・・・確かにすごーく囲まれてる感じにビックリ。
上の方までみんな立ち上がって参加してました。
「楽しめてる?」って聞かれ
手を振ってくる客席に
「ど、どう返していいんだ?」って戸惑ってるさわおさんが
可笑しかったです。
おまけに「4人の(頭の)てっぺん大丈夫?」って
聞いたりして・・(*´m`)ぷっ♪

「あー、、、元気だったか?
OOPARTS TOURファイナル!
今夜も、いい夜にしたい。最後までよろしくねっ」
改めて
“ファイナル”って言われると
そうかーって気持ちが強くなりました。
やっぱりメンバーもファイナルだって気持ちで
やってたんでしょうかねぇ・・
そうそうその振り返ったとき
2階席辺りにいる
関係者の方々を発見しちゃいました。
怒髪天メンバーにnoodlseメンバーなどなど。

ここから数曲は
OOPARTS TOURならではの選曲。
このツアー後はもうしばらくは聞けなくなってしまう曲も
あるんだろうなぁ・・って思うと
ちょっと寂しいです。
『FOXES』なんて、きっと当分聞けなくなりそう
でも『Lemon Drops』は
なんか定番曲になりそうな感じ♪
この曲の最後の方 ~That changed my all
で、胸をトントンって叩く仕草が好きです。

なぜかこのツアー
毎回チェックしてしまった『kim deal』
撮影が入ってるからでしょうか・・
Zeppで~奴等と歌っていた箇所は
~みんなのにちゃんと変更。
でも、“あの”をつけて歌ってくれて満足です♪

「シンちゃん、、そろそろ例のものを・・」
そう言われると
おもむろに立ち上がって
例のアロハを着だすシンちゃん(笑)
で、「へへっ。。」って
・・・・これはモノマネなのか?!ゞ(≧ε≦o)

「どうも。ジャンバ博士です。
なんだよ、今日はレディが多いと思ってたのに
男ばっかりじゃねーかよっ!!
えー、、ちなみに、今のは
あしたののジョーバージョンでやってみました。
あたしのジョーじゃねぇーんだぜっ」
やりたい放題のシンちゃんに
「何てもやりゃーいいってもんじゃ
ねーんだぞ」っとさわおさんのツッ込み。
「えー。。どうせ、、カットしちゃうなら
先日好評だったアレも呼んどきますか?
じゃーみんなで呼んでみよー!!
ミッキー!!(笑)」
あはは~
ダメって言ってたのに。

「やぁ、みんな。JCB HALLへようこそ!
JCBカードもディズニーランドの
オフィシャルカードになってるんだよ。」
シンちゃんのモノマネミッキー登場に
おぉ~ってフロアは大歓声。
さわお「そうそう、リアクション大事だからな(笑)」
「じゃあ、僕の仲間を紹介するよ。」
そう言ってあのスティッチ風船が1匹。
ジャンバ博士(の声)「今日のスティッチは喋ります。」
「スティッチ!」←もはや似てるかどうかすら不明・・
さわお「もう飽きてきるみたいよ・・」
ジャンバ博士(の声)「諸事情により
今日は、一緒に楽しくやれないけれど
心の中にスティッチは入ると思って
盛り上がってください!」
・・ここら辺曖昧ですが。。
そう言って、スティッチ風船は
あっという間に片付けられてしまいました。

さわお「あの、、ここにいる人
みんな思ってると思うけど、、
じゃーなんでやったんだ?って。。。
もちろん、楽しいからだよなぁ~(笑)」
最高!!
一昨日と比べて
さほど改良されてなかったようにも
思えなくもないんですが・・・
にしても
カットされてしまうのが残念です。
裏DVDとか出てくれませんかね(笑)

「じゃーOK?」っと仕切りなおして?!
『Rodeo Star Mate』
この後のアロハの脱ぎ捨て場面。。
見逃しました・・(ノω・、`)
ここからは
懐かしの曲続き・・
どの曲もゴリゴリのロックテイスト満載の曲のため
フロアもなんかすごいことになって
とどめは
さわおさんがモニターに乗って
ギターをかき鳴らし
淳くんを指さし
ってことは、、、
『Sleepy Head』キター!!!って感じ(笑)。

終わるや否や
「疲れたよ。。
スリーピーは中盤にやるもんじゃないな。。」って。
ホントだよー
おかげでフロアもなんか燃え尽きた感少々?!

「今回のツアーで
珍しく、メンバー全員でカラオケに行ったんだよ。
しかも、俺コレ歌う~みたいに
選曲するんじゃなくて
はいコレ歌ってください!みたいに
スタッフがドンドン曲入れてってさ。
ピロウズなのに、ピロウズの曲いっぱい歌わされたわ(笑)
Peeちゃんのスケアクロウも
初めて聞いたしね~

でさ、まぁ、そのカラオケだと当然、
画面に歌詞がでるじゃないか。
それで、気付いたって言うか、分かったっていうか、、
意外とメンバーみんな、歌詞、覚えてないのな。。
その程度のことなんだってこと、、思い知らされましたよ・・
あのーライブの時も
みんなアーとかワーとか(口パクで)
結構、歌ってたりするじゃないか。
それも結構間違って歌われたりして
すっげー不安になるんだよな。
あれ?俺が間違えた??って
だってよー絶対俺なんかよりも
(キミ達の方が)曲聞いてそうだろ?
歌うんだったら、間違えて歌うな。

でも、次の曲は、、
そんな歌詞を知らなくても一緒に歌える。。
素敵な、歌です。
歌ってくれるか?」
そういう感じのフリから
 ~Yeah yeah like a love son!!
うーん♪
なんて素敵な曲フリなの(´∀`人)
感動的でした。
いつも以上に張り切って歌っちゃいました。

 キミの欲しいモノ 僕が持っていたとして
 放り投げるから うまく 受け止めて

って歌詞が大好きです。

毎回、ここからの3曲は
ジーンと感動させられる流れですね。
気のせいかもしれませんが
心なしか『ジョニーストロボ』も
『Beyond the moon』も
すごく力が込められて歌ってたように
感じました。

メンバー紹介。
まずは淳くん。
「鈴木淳です!
OOPARTS TOUR ファイナル!
これが終わると、僕の手帳も真っ白です・・
なので、余力を残さないよう
頑張りたいと思います!
ちなみに、、俺の歌わされたカラオケは
パフュームのポリリズムでしたよ。 
完璧に歌ってやりました。
自分でディレイかけちゃってね。
ポリリズム リズム リズム、、、って」
さわお「そこ、著作権関係でカットだから。。。」
淳「だと思った」
さわお「だったら、歌うな!(笑)」

続いてPeeちゃん。
前からだったのか、、ここ最近は
Peeちゃんとは呼ばず真鍋くんって呼んでますね。
「ギターの真鍋吉明です。
淳のパフューム、、なかなかよかったよなぁ。。
今日は、こんなにもたくさん集まってくれて
本当にどうもありがとう!
ここへ来て、初めて父を連れて
東京ドームに来たことを思い出しました。
そんな父は今、北海道で雪かきしてます。」
Peeちゃんのお父さんネタ、、味があっていいですよね~

「じゃー、、、今日、初めて喋ることになる、、のかな?
シンちゃん!」
そうか、、、今までは
ジャンバ博士に、スティッチにミッキーだったから(笑)
なのに「へへっ」って
誰かさんを髣髴される一言から・・
「今日、バスターくんに会った人?」
パラパラと手が上がるフロア。
「意外と少ない?」
「あのーこんなこと言うと、うちの三浦ってMgが
バスターくんはバスターくんなんだから
人なんて入ってないの!って
半分涙目になって訴えてきそうですが
でも、ハッキリ言います。
バスターくんの中には人が入ってますっ!!
で。
本日、中に入っていたのは、、、
私でした~!!」

えぇーっっ?!
まーじーでー(笑)
あのーさわおさんの甥っ子さんの友達の伯父さんが
上ケンさんだったってノンフィクション話に引き続き
マジでビックリしたよー
残念ながら、このツアー中は
全くバスターくんに会ってないのです。。
会おうと頑張りもしなかったし・・

「中にカメラが仕込まれていたんで
今日、バシバシ叩いたやつの顔
しっかり判明できますから!!
さらに、2/11の長野、、、
このときのバスターくんに入ってたのは、、、」
「はい!俺です」っと淳くん挙手。
えぇーっっ?!
まーじーでー(再び)・・・(笑)

さらに話は続いて
「先日の名古屋、、ここに入ってたのは?」
「はい。私です」ってPeeちゃん。
「ってことは、一昨日のZeppで入ってたのは?」
「はい。私です」ってさわおさん
もぉーっ・・・・
ここまでくるとビックリ通り越して
、、、なんだろ。。言葉がないっす。。。(笑)

なんでも
言い出したはいいけど、、
けっこう、疲れるんだよねとか
Zeppの時はかなりワイルドなバスターくんを演じたみたいで
手を思いっきりバタバタさせてたので
楽屋戻って脱いでみたら
左手から血が出てた・・・とか
淳くんは目のところから覗かれたらしく
「あ、おっさん入ってる!」って言われたとか
「いや、、確かにおっさんだけどさー」って。
さわおさんはそれを聞いていたから
わざわざ普段かけないようなメガネをかけ
覗かれそうになったら
顔をプゥーっと膨らませて
絶対にバレないように気をつけたとか。

いやはや。芸が細かい。。
こうなった経緯は
チャットモンチーのDVDを見たときに
特典DVDがすごーく凝ってて
それで、俺らももっと
頑張んないとダメなんじゃない?ってなったとか。
あはは~
21年目を迎えている彼らでも
まだまだ頑張んないとって思えるところが
ほんとに素晴らしいです!

シンちゃん「全部カメラにて撮影して
1本にまとめられ
バスターくんGo to OOPARTS TOURっとして
リリースされますから。
そのおまけ特典で今日のライブ映像が入ります」
さわお「逆!逆っ!!」

「そんなのも含め、OOPARTS TOUR楽しんでました!!
今回の、この長いツアー周ってきて
その各地で、たくさん曲を作ってきた。
で、やっぱり感じたのは、、
ライブのしめる割合が大きいなーって。
音楽的にはもっと、もっとって気持ちはあるけど
商業的な面では、、、、
もう、いいかな。
ピロウズの音楽性とか
俺の人間性とかひっくるめて考えると・・・
もう充分だろ?
これだけの理解者がいてくれて。

LIFE SEZE LIFE(Tシャツの文字指しながら)
等身大の(って意味)
自分に似合った服を着て
自分に似合った音楽をやって
そして似合ったキミ達に出会った!
ありがとう。幸せだったよ、このツアー。」
そう言って『LIFE SEZE LIFE』のイントロへ。。
泣かせるじゃないかー
っていうか、
きっと、この話を取っておきたくて
一昨日のZepp Tokyoでは
特に話をしなかったんではないか、、って
思ったりもしました。

あんなにファンに感謝しないって言っていたのに
ここまで我々バスターズのことを
理解者だと認めてくれただけじゃなく
もうこれ以上はいらない
充分だなんて
ホントにうれしい言葉でした。
この曲を今後聞くたびに
この話を思い出すんだろうな~
なんて素敵な思い出なんだろう。。

最後はいつも通り。
いつも通りだけど
いつも以上に熱く盛り上がって終了。
そしてアンコール。
このアンコールの拍手が
すごーく大きくて揃ってて素敵でした。

「the pillowsの21年目が始まります!」
そんな一言と共に『雨上がりに見た幻』
なんか、すごく想いが込められてました。
いつもよりも
力強い歌声だった気がします。
だから最後も
長い雄たけびがあったし。

そして『LAST DINASOUR』
しばらく、東京公演では封印されてた??
初日のO-EASTぶりのこの曲。
(12月のZeppは行ってないので・・)

 悲しみを全部引き受けたって大丈夫
 手加減なんて入らない
 どこでだって誰の前でだって
 だた自分でいたい

なんてさー
ホント、21年目のスタートへ向けた
決意みたいじゃない。
今に始まったことじゃないにしても、、
なんかそういう意味でも
この曲にジーンときてしまいました。

「楽しかったか?
あー、、作った新曲、早く聞かせたいなぁ。
何て言っても
もう絶対の安心感があるからな!
(キミ達は俺らに)絶対良い曲作ってくれる
(俺らはキミ達が)絶対に好きなるって。。
レコーディングして
アルバム作ったら、また会いにくるよ!」

そう。
21年目にして、
ピロウズも世の中に認められる存在になったし
バスターズもピロウズに認められる存在になった、、
そういうことを再認識した
このOOPARTS TOURだったのかも。
そんなこと言われちゃったから
なんか余計に
あーもーツアー終わっちゃったんだ・・って
改めてしみじみ感じてしまったのかも。
うれしいことをいっぱい言ってもらった
このツアーだったから。

もちろん、Wアンコールです。
追い出しの曲だって
ホントに大合唱で
なんか聞いてるだけで泣きそうになりました。
先日、ピロウズのライブが故郷みたいな存在でって
チラっと書きましたが
それはフロアにいるお客さんの雰囲気も
同じように
なんか安心でききる存在でもあるんですよね。
・・・もちろん、、稀にイラっとくる人とかいますが、、
でも総じて
なんか、この盛り上がり方に
妙に慣れてしまっていて
これを基準に他も見ているような気がします。

しばらくしてメンバー登場。
シンちゃんがLIFE SIZE LIFE Tシャツの
ピンクVer.を着てました。
あれは特注?!かわいかったです。
さわおさんは恒例の左側でグータッチ。
昨日は遠くて全然でしたが
遠くの方までしっかり見て
ありがとう!ってたくさん言ってました。

しかも遠くの客席に向かって
手とか振ったりして・・
「なんか、ロックスターみたいなことしちゃった(笑)」って
照れながら(笑)
「じゃーもうちょっとだけ、、遊んでやるよ!」
そう言ってラストは
『No Substahce』
もー最後なので思いっきり暴れときました。。
疲れた・・

行く度に思いますが
ホントにいいツアーでした。
1曲が短いので
ライブの総時間としては短くてアッと言う間なんですが
でも物足りなさは全くなくて
とっても満足した気分になれます。

次はまた夏前かなぁ~
待ち遠しいです。

とりあえず撮ったので。。。(笑)
Image9978.jpgImage9982.jpg


<セットリスト>
 01.Dance with God
 02.ビスケットハンマー
 03.空中レジスター
 04.YOUR ORDER
 05.FOXES
 06.Lemon Drops
 07.メロディー
 08.kim deal
 09.Rodeo Star Mate
 10.ターミナル・ヘブンズ・ロック
 11.Culry Rudy
 12.Sleepy Head
 13.like a love song
 14.ジョニーストロボ
 15.Beyond the moon
 16.LIFE SIZE LIFE
 17.Primer Beat
 18.この世の果てまで
 19.No Surrender

 EN1.
  雨上がりに見た幻
  LAST DINASOUR

 EN2.
  No Substahce

一瞬で燃え尽きる流れ星でも何かを照らしたんだストロボのように [the pillows]

キュウちゃんのブログの写真・・
2009051018160000.jpg
さ、猿?!
これって、飼ってるものなんでしょうか。。
何とも不思議な
でも何とも素敵な(笑)
写真です。

さて、昨日は
the pillows OOPARTS TOUR
@Zepp Tokyo
へ行ってきました。
Image9977.jpg
 ※JCBでの演出のため
  ネタバラシ禁止令が出てますが・・
  しっかりネタバレしてますので。。あしからず。

ちょうど1ヶ月ぶりのピロウズライブです。
昨年、チケットのFC先行エントリーで
初めて落選通知をもらって
ちょっと軽くショックに陥り
その時普段よりも少し欲張って
エントリーしていたこともあり
次は欲張らないって
ビビって取ったんで(完璧トラウマ 笑)
後半戦は珍しく東京3本のみの
参加になったんですよね。。``r(・_・;) ポリポリ
なので、すごーく久々な感じでした。

人と会う約束があったので
15:30前に東京テレポートに降り立った時
スッと私の前を横切る
大きなリュックを背負った男性。
そしてコンビニの中を覗いて
お目当てのものがなかったのか
何なのかは不明ですが
そのままエスカレーターの方へテクテク。。
、、って!
シンちゃんだ!!(笑)

声かけるか迷いながらも
なんかそのままエスカレーターに乗り
私の後ろに続くシンちゃん。
いや~ドキドキした・・
普段持ってるカバンには
バスターくんがくっついていて
見えてたら、私がこれからライブに行くってこと
分かってもらえるから
声かけやすくなるなぁ・・・って
思ったんですが
運悪いことに
バスターくんは
カバンの中の方へ入っちゃってて
見えてませんデシタ。。あちゃ・・

ってことで、降りた後は
今度はシンちゃんが前を歩いて
私が後ろに続く状態になり
結局声かけるタイミングを逃し
後姿を見送りました。
一人男性が前から握手してもらってましたが
それ以外は
誰にも特に騒がれることなく
行ってしまわれました。
ホント、シンちゃんとの遭遇率
高いなぁ・・(笑)

あ、そういえば
昨日は珍しく当日券出てました。
Image9976.jpg
やっぱり金曜日だし
すぐにJCBのファイナルあるし
だからですかね・・

さて、そんなことありつつ
開場時間。
この2010年にある東京でのライブ3本のうち
一番番号がよかった
今回のZepp Tokyo。
っつっても、100番台前半ですけどー・・・
これでもホントヤッターって思ってしまうって
も~どんだけ~。。。って感じですが。

それでも100番台前半だと
番号を呼ばれ始めて割りとすぐに中に入れ
しかも、先頭の人が体験する
牛歩の余波みたいなのがまだあり
入り口までは
その牛歩状態で連れて行かれました。
そして、めでたく
淳くん側の端の方2列目へIN!
周り前も後ろも横も
みーんな女子!!
超~快適でした。
背もそんなに高くないから視界良好だし
始まった後も
激しい押しとか変なジャイアンもいなかったし
。。。っていうと
そういうのしてるのみんな男性なのか?!って
話ですが、、、(ノω・、`)
なんか、女性専用ゾーンとかできればいいのにー
なーんてチラっと思っちゃいました(笑)

5分くらい押してライブスタート。
さわおさん、、新しく出た第2弾のバスターTシャツ
もちろん七部袖。
PeeちゃんニョロのPLOW Tシャツ
シンちゃんLIFE SIZE LIFE Tシャツ
淳くんジョニーストロボTシャツ。

最近はあまり自分の行ってない
他のライブレポを読んでなくて
セトリがどういう感じかってのを
把握してなかったんですが、、、
やっぱり○パターンって
何種類かあったんでしょうかね。。
今AXのと比べて見たら
数曲被りはあるものの
違うパターンになってました。

ってことで、久々『ノンフィクション』
あのブレイクで
ダダダダダっとドラミングするドラムに合わせ
回転するさわおさん
1周半も頑張るもんだから
シンちゃんが笑ってました。
「あのーお笑い番組とか見てると
まだ若い、、若手の芸人っていうの?が
先輩芸人とかにツッ込まれて
いやいやいやいや、、、ちょっと待ってくださいよーって
言ったりしてるシーンあるじゃないか。
先日、、まさにあれを言ってしまうようなシーンが
僕にもありまして。。。」と

どうやら、タクシーに乗った際の運転手さんが
またしても厄介な人だったようで
変な間で「はいっ?」って聞いてくる人で
自分が降りたかった場所じゃないところで
車を停められてしまい
(新宿はややこしいですから・・)
まぁ、でもその距離だったら歩けるから
いいか、、っと思って
もうそのまま降りることにしお会計でのこと
「「800円です」って言われたので
1000円をあのお金置くところに置いたところ
しばらくその運転手さん何もしないんだよ。
あのー、、、お釣は・・?って聞くと
「・・はいっ、、、これは、前のお客さんのね。。」って
お札取ってしまおうとするから
いやいやいやいや、、、ちょっと待ってくださいよーって(笑)
。。。。これは、ノンフィクションです!」

あはは~
かなり笑える!!
まさにすべらない話でも話せそうなネタでした。
そして「久しぶりじゃないか!」っと
挨拶。
「なんか、、東京は、他のZeppよりも
やっぱり大きいんだな。。
なんか、迫力が、違う!
今夜もいい夜にしたい!最後までよろしく!!」
ちょっと褒められたみたいで
うれしい瞬間でした♪

『YOUR ORDER』でのイントロ
さわおさんのギターの弾き方が
オーバーリアクションな感じで
可笑しかったです。
、、、って言ったらちょっと失礼ですけど。。
なんか止めと切れがスパッ!スパッてしてて、、
『FOXES』はチョコチョコと入る音が
シンちゃんだったり淳くんだったり
Peeちゃんだったりと
小技を効かせてる箇所があり
思わずキョロキョロ。
そして『Lemon Drops』のイントロ
アカペラっぽい感じでのスタートは
定着してきたんでしょうか。
でもキライじゃないですよ♪

毎回注目して聞いてしまう『Kim deal』
歌詞・・・ちょっと間違えた??
わざとか(いや、間違えた感じでしたが)
  ~やつらの好きな あの 下らない歌じゃない
って歌ってたような?
でも私の好きな“あの”は
すごく自然な感じでいい感じでした(笑)

チューニング中
メンバーを呼ぶ声がチラホラ聞こえますが
「シンちゃーん」に続いて
「佐藤先生!!」って声まで。
すると「佐藤先生、、次の曲での
例の準備はいいんですか?」っとさわおさん。
ふふふ♪
噂に聞いていたあの曲での
あの衣装を着ることだな・・って思って待ってると
「やぁ、みんな。今日は来てくれてありがとう。」
だったか忘れましたが
シンちゃんがいきなり、ミッキーのモノマネでMC。
Peeちゃん、大ウケ(笑)

「今日は、僕の仲間を紹介するよ!
まずは、、、グーフィー!
そんな~いきなり言われても無理だよ~
(↑これもグーフィーのモノマネで 笑)
じゃー続いてはミニー!
無理だわ~(もちろんミニーっぽく 笑)
そうだよねぇ。。
じゃぁ、最後はこの人に。」
するとシンちゃん、アロハを着込んで
「えーデブでアロハ着てドラム叩いてます
ジャンバ博士です」っと
これは普通のシンちゃんの声で。
「紹介します。スティッチです!」
するとスティッチのポワーンと浮かぶ風船が登場。
さらにもう1匹、、、しかもアロハ付き。

いや~。。。
素晴らし過ぎるっ!!シンちゃんの一人芝居。
思わず見入っちゃった
、、、っというか、聞き入った?!(笑)
2匹も浮かぶスティッチにを見て
(1匹は名古屋で登場済だったらしい)
「どこで用意したの?」っていうさわおさん。
シンちゃん「いただきものです。。」
さわお「あのー、、この曲の後の流れは
ササっといってしまっていいのか
ちょっとモタモタっとした方がいいのか、、」
シンちゃん「それは・・・舞台監督さん次第ってことで。。」
さわお「あぁ、、そう。
じゃー、、、踊る準備はできてるのか?」っと
『Rodeo star mate』

だいぶ、この速いテンポにも
のれるようになってきた、、感じ。
アロハ姿でドラム叩くシンちゃん
素敵でした♪
で・・
曲が終わるや否や
舞台監督さん(スタッフさんね 笑)が
ソッコー出てきて
スティッチの風船バッと片付け
シンちゃんもアイドルの早着替え張りに
アロハを脱ぎ捨て
何事もなかったように
スタンバイ。
特にモタモタすることもなく
次の曲へ。。

『I think I can』!!
タイトルコールもバッチリでした。
この『I think I can』と
1曲はさんでの『Winning Come Back!』
これは両方アルバム「smile」の曲ですが
どうも私は「smile」の中の曲を聞くと
懐かし~い不思議な気持ちになってしまいます。
やっぱりこのアルバムで
タワレコのインストアライブの入場券をもらうために
朝早くから並んだ記憶が
未だに鮮明に残ってるのと
その初めて行ったインストアライブで
延々『この世の果てまで』が流れていたのとが
ホントにものすごく印象的だったんですよね。
しかもこのライブのMCでさわおさんが
「さっき、渋谷駅から歩いてきたんだけど、、」って
えー駅から歩いてくるんだ!ってビックリしたし。
三つ子の魂百まで、、、じゃないけど
そういう思い出って
いつまでも忘れられないんだなぁ~・・って
ぼんやり思い出しながら
(そんなノスタルジックな曲じゃないのに。)
聞いていました。

「今日、昼過ぎに起きて
ほら、今、オリンピックやってるだろ?
スポーツ観戦とかって普段は全然しないんだが
今日はたまたまTV付けたら
スケートの、、高橋・・?がちょうど滑るときでさ。
滑り出してすぐに、、転んじゃったんだよね。
あのー出だしですぐ転ぶってさ
俺らからしてみれば
1曲目始まってジャンプして
転んで客に土下座(状態)、、ってことじゃない。
まぁ、実際、そういうことあったけどさ・・

そこから立て直すのって
結構大変だったりすると思うんだけど
それでもなんとか滑りきって
銅メダルだっけ?無事、とって。
そしたら、ああいうスポーツ選手っていうのはさ
俺らの見えないところでの
もー地道なものすごい練習とかを
いっぱいやってるんだろうね
だから、すげー泣いちゃってて。
あの織田、、って人もものすごい泣くじゃない。
やつは若干、泣き過ぎのようにも・・

あのー音楽の世界っていうのは
こう勝ち負けがあまりハッキリしてないっていうか
そりゃ、セールスの数字では
ハッキリしてて
そんな、俺らなんて惨敗惨敗、、って感じだけど
それでもこんなにマニアックな変わり者が
こんなにいてくれたりして。
でもスポーツの世界って
成績イマイチなのに、でも好き。。って
あんまりいないじゃない?
やっぱり結果出してないと注目されないというか。。

だから。。
あー音楽やっててよかった~(笑)みたいな。
こんなにマニアックな人がいてよかったよ」
ちょっとイロイロ曖昧ですが
ここからの『like a lovesong』への流れ
よかったです~
歌いだしがさわおさんのアカペラってのも
ジーンときちゃうし。
そんなマニアックな変わり者のために
この歌を歌うよって
メッセージも込められた感じがしたし。

続く『ジョニーストロボ』で
ちょっと泣きそうになってしまいました。
なんていうか・・・
最近、いろんなライブに行きます。
行く度にもちろん
あーよかった~とか、カッコいいーとか
もちろん感動して
だからまた行くんですが
でも、原点というか
そういうきっかけを作ってくれたのは
ピロウズなんですよね。
ピロウズのライブに行くようになって
たくさんのロックを知ったっていうか。。
だから、なんかピロウズのライブは
故郷っていうか
うーん。。。ちょっと上手く言えませんが
「帰ってきたなー」って
そんな気持ちになるんですよ。
だからジーンってきちゃいました。

メンバー紹介。
最近は、呼ばれて自分でも名乗るようになりましたね。
「ベースの鈴木淳です。
俺の知ってるミッキーは、、、下ネタしか
言わないんですけどねぇ~
だから、今日は、ヒヤヒヤして聞いてました(笑)」
さわお「これ、別に、フリじゃないからな」
って言ってるのに後ろから「オッパイ見せて!」
「・・まだまだ。。甘いほうですよ、こんなの。」

続いてPeeちゃん
「シンちゃんのやるミッキーは
とてもとても、
皆さんの前ではお見せすることはできません。。」
すると、ちょっとだけーみたいな
声がかかったんですが
すかさずさわおさん
顔を真横にダメダメって振る仕草。
(その時の顔かかわいかった♪)
・・・相当ヒドイらしいです(笑)

「それは置いといて。。
今日はこんな平日の夜にこんなに集まっていただき
本当にありがとうございます!
オリンピックで、私は個人的に
リュージュの越という選手を応援しています。」
「それって、おじさんってことででしょ?」
「一度、サウナでお会いしたことがあるんですよ。
とっても紳士な方でした」
越さん、、日本のオリンピック選手団の中で
最年長の方なんですよね。。確か・・

そしてシンちゃん
さっきのスティッチの演出について
JCBではさらなる改良を加えてやる予定だから
それまではネタバラシをしないように
今日来た人も、さっき見たことは忘れて
明後日はいかにも初めて見ました!って風に
やるように、、とのことを
なんだか切に仰ってました。
「みなさん、分かりましたかー?
(言わないでいることを)約束できますかー?」って
先生風に。
なので、フロアも「はーいっ!!」って
手まであげちゃって(笑)
「めちゃめちゃいい子じゃないか」って
さわおさんもビックリ?!

その流れで
シンちゃんの「盛り上がって行くぞー!」で
曲に入ってしまったので、、、
さわおさんのMCはなかったです。
いつも割りとここで
感動する話(ファンにとって)をしてくれるので
ちょっぴり残念。。
最後の4曲はいつも通り。

「Thank you very much,I like you BUSTERS!!」
ギターを片手に持って
両手を広げた感じで言ってくれる
最後のこの一言が
いつものことでもやっぱりうれしいです。
本当に毎回毎回
心から言ってくれてるのがすごーく伝わってくるし。
あー終わっちゃった・・っていう寂しさと
あーすっごいよかったーっていう興奮とが
入り混じった不思議な瞬間です。

引き続きアンコール・・
『雨上がりに見た幻』の最後
今回は ~フゥーフゥーフゥー はなしで
終わりの方に ~イェーィ イェイェイェーイ
見たいな感じでした。
これは、よかったかも。
ここの最後の雄たけび?は毎回試行錯誤なのか
本当にその場の勢いなのか・・(笑)

そしてそして
久しぶり~な『ハイブリッドレインボウ』
なんか・・
それこそイベント続きとか
夏フェスシーズンだったら
もう、そろそろいいよ・・って思ってしまうこともある
この曲。
すごーく久しぶりに聞くと
やっぱり、オォ~って思ってしまいます。
フロアとの一体感も
やっぱり他の曲ではこうはいかないっていう
なんか力強いものがある気がします。

さわおさん以外のメンバーが帰っていって
一人残ったさわおさん
「あぁ、、楽しかったか?いい夜だったんじゃないか?
なんか、あんなにたくさんあったOOPARTS TOURも、
もう、残すところあと1本か
・・って思うと、ホッとする気持ちと
ちょっと寂しい気持ちもちと。。
あのー前に東京でやったのは、、
1ヶ月前か?
あの時4曲新曲できたって言ってたけど
また、もう1曲できたんだ。
ちゃんと仕上げて早くみんなに聞かせたい。
そしたら、、また、遊ぼうぜ!」

「また、もう1曲できたんだ。」って話をする時の
さわおさんのうれしそうな顔がよかったです。
本当にバンドをピロウズを楽しんでるんだなーって
こうも止まることなく
前へ前へ進んでいってくれるのって
本当にファンとしてはうれしいことだし
だからこそ、こうやって
どんどん右肩上がりにファンが増えていってるんだろうし
それはうれしいけど
でもやっぱり、ちょっと寂しい気持ちもあったりして
なんか複雑な心境でもあります・・

追い出し曲は『LIFE SIZE LIFE』
ここら辺にくると
フルで英詞をちゃんと歌えてる方々も
増えて来てるようで(笑)
ちゃんと大合唱になってました。

少ししてメンバー登場!
念願のグータッチ
できました~(´∀`)人(゜∀゜)
ここ最近は
全然届かな~い、、、とか
ギリギリかすった程度、、、とかが
多かったんですが
今回はバッチリ!
拳と拳をゆっくりとタッチしてもらえました♪
ヒヤリとしたしっとりした感触でした(笑)
うぅっ・・
もー感動。。
この日がファイナルでもよかったくらい。
あ、でも最後のギタータッチは
センターでやっていたので
全然でしたけど。

「アンコールサンキュッ!
あのー昨日、、またパーマをかけたんだが
なんか、、9ミリの拓郎くんみたいに
なっちゃったような・・(笑)」
ってモシャモシャと髪をいじるさわおさん。。
そうか・・いや、モシャモシャ具合もそうですが
ちょっと髪が短くなったかな?って気は
してたんですが。。
「なんだか若手に憧れる
おっさんみたいじゃないか?(笑)」
すると当然フロアから
「かわいいー」とか「かっこいいー」とか、、、
「あー、、まだ、それ、言うんだ?
もういいんじゃないの??
あーでも、一応、言っとくか。。
知ってる!(笑)」
ふふふ。。
いつまでコレ、続くんでしょうかね(*´m`)むふ♪

「あのー普段、ジーンズを買うとき
ダメージジーンズって買わないんだけど、、、
なんか、これ、気付いたら・・」
そうそう!
気になってたんです!!
さわおさんの右足の膝上あたりが
ダメージジーンズみたくなってて
チラチラと生足が見えるんですよ(笑)
滅多と見れない生足部分なので
思わず何回も見続けてしまいました。

「これ、最初は全然小さかったよなー?」と淳くんに。
「ジャンプしたらビリーッ!!みたいな。。
ツアー終わったらFCのプレゼントにします。
足の短い人募集中!!
じゃーもう少しだけ、遊んでやるよ。
カモン、LITTLE BUSTERS!!」
なぬ~(笑)
ハイブリも久々だけど、これも久々じゃないですか~
なんか、ちょっとこのWでやられた久々の2曲が
妙に不思議な感じがしました。
超定番のピロウズといえば?!の曲なのに。

そういえば退場の時
Peeちゃん、、毎回ピースしてました。
ブームなのかな~♪
JCBでは撮影が入るそうで
昨日のようなちょっとゆるゆるのトークには
ならないそうです。
当然、ミッキーの登場もないそうです。。

途中、AXの時の
アンプトラブルのことを思い出してか
「今日はギター大丈夫?」みたいな声が。。
何を今更、、、的な雰囲気ありつつ
「滑るなよー・・・」って言いながら
RainbowのKill The Kingのイントロを弾きだすさわおさん。
そこにドラムが加わり
合いの手ギターも入り?
ベースも入り
おぉ~ってところで
歌は口パクで終わり。。
ちょっとレアなもの見れたけど
声かけ的にはちょっとね・・( ̄(エ) ̄*)

久しぶりだったからか
なんかいろんな想いを感じながら
すごく楽しめました。
環境が素晴らしくよかったせいもあったのかも。
後残すはファイナルのみか・・
その後はどーすんの~??
明日のフライヤーに
新しい情報出てたりするといいなぁ。。


<セットリスト>
 01.Dance with God
 02.ビスケットハンマー
 03.ノンフィクション
 04.YOUR ORDER
 05.FOXES
 06.Lemon Drops
 07.メロディー
 08.Kim deal
 09.Rodeo star mate
 10.I think I can
 11.Blues Drive Monster
 12.Winning Come Back!
 13.like a lovesong (back to back)
 14.ジョニーストロボ
 15.Beyond the moon
 16.LIFE SIZE LIFE
 17.Primer Beat
 18.この世の果てまで
 19.No Surrender

 EN1.
  1.雨上がりに見た幻
  2.ハイブリッドレインボウ

 EN2.
  LITTLE BUSTERS

ひととおり、、個人的メモ・・ [たわごと]

一応・・
Wポイントだったので
フラゲはしたけど。
STAR BLOWS(初回限定盤)(DVD付)

STAR BLOWS(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: The Birthday,Yusuke Chiba
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・シグマ
  • 発売日: 2010/02/17
  • メディア: CD

まだ聞いてもないし
特典DVDを見てもない。。
にしても、この特典DVD
60分ものライブ映像だなんて♪
もはやこっちがメインって言ってもいいくらい。

そして金額が税込み3980円だなんて、、、
ポイントを気にする人にとっては
優しくない値段設定よね。。
だったら、4000円にしてくれていいのにーって(笑)

タワレコ特典でポスターいただきました。
7705.jpg
思いっ切りクルクルに巻かれていて
テープが上手く外せなかったので
端っこが破れてしまった。。。
まぁ、貼ったりするつもりはないんで
別にいいんですが
タワレコで袋にテープを貼ってくれる時
開けやすいようにって
端っこを折って貼ってくれますが
このポスターこそ
そういう配慮して欲しいなぁ。。。って
ふと、思ってしまいました。

そんなThe Birthday
本日TOKYO-REAL-EYES
明日、TBS MIX UPに
ゲスト出演です。
ここ最近、出過ぎです・・・うれしいけど。


さて。
今、気になってるもの★
“クマカロン”
  イタリアからフランスに伝わり浸透したお菓子“マカロン”。
  そんなマカロンに、かわいすぎるクマのマカロン「クマカロン」が登場!
   ◆東海道本線二宮駅近くの「パティスリー サン・マロー」にて。

文章で見るだけでは
いまいちイメージわかなかったんですが
写真を見て一目惚れ!!
クマカロン.jpg
かっ、かわい過ぎる・・・★(/∀\*)
またクマカロンってネーミングも
かわいいよね~
季節の期間限定販売らしいのですが
二宮か。。。ちょっと遠いよ・・

そして。
怒髪天・増子さんとカスタネットちゃん
コラボ!
R&C.JPG
“あなたの労働の汗を、このタオルでぬぐうのだ!!”
ってー(笑)
増子さんのサインもしっかりデザインに入ってるのが
いいですね。
でも巾着袋。。。
トートバックとかだったらよかったのに。

HPを見て知ったんですが
何気にSSTVともコラボしてた。。
C&SSTV.JPG
しかも、今日から販売開始。
へーへー(笑)

最後に、、、
JAPAN JAMの第3弾アーティスト&出演日発表は
今夜24:00!
おぉ~
結局、先行チケットは買ってません。
これは、5/15(土)、16(日)
で、先日第一弾が発表された
ROCKS TOKYOは
5/29(土)、30(日)
なんか頭がゴチャゴチャになりそうです。。

幻に夢で逢えたらそれは幻じゃない [音楽]

今日から配布になった
今月の風とロック
背表紙つきの大量ページ。
これで0円って
ホントこれこそ
募金箱が置いてあったら
絶対いくらかはいれてくるけどなぁ・・。。

っと、、あれ?
え、栄純が切れてるけど・・・??(笑)
1002_600.jpg

メンバーよりも
松田さんのご家族の方がメインになっちゃってる表紙って。。
でも、ちゃんと注意書きしてありました。(*´m`)ぷっ♪
Image9975.jpg

2/10にタワレコ期間限定でリリースした3曲入りのCD
世界の終わりというバンドの『幻の命』
現在在庫切れで、次回入荷1週間後(予定)だってよ?
日曜日に見たときはまだまだ余裕あったように見えたのに、、
Wポイントなんて気にせず買っておけばよかった。。って
今となってはちょっと後悔。
でも、4月にここに収録されていた曲も含めた
アルバムがリリースされるようなので
まっ、いっか。。?

とにかく、一度聞いてみてください。


ドラム・ベースといったリズム隊がいなくて
打込み?で入れていて
それを操作してるのがDJって人で
大鳥居駅で自分達で作ったライブハウスみたいな基地?で
4人で共同生活していて、、、
なんだか映画の中の話みたいなバンドですね。

でも、すごーく胸に響くというか
1回聞いたら忘れられない
そんな1曲です。

いつの日か私も君も終わってゆくから 残された日の全て心を添えておこう [ACIDMAN(2010年~)]

2.14のバレンタインデー
仙台より5:30頃、新宿着
家に着いたのが6;30少し前。
そこから諸々片付けなどをして
ゆっくり横になる間もなく
13時にちょっとヤボ用のため再び新宿。。
意外と寝ない方が元気だったり??(笑)
で、その後16時に目黒の方へ行く予定があり
少し時間があったので
新宿タワレコのインストアイベント
[Champagne] のフリーライブを見てきました。

って書き方をすると
いかにも偶然やってたから
見てきた~って感じですが、、
実を言うと
かなり計画的です(笑)
そのヤボ用の時間を13時@新宿に設定したのも
インストアイベントが
新宿のタワレコで14時~だったからで。。
そうでもしないと
夜行バスで帰ってきた日のお昼過ぎに
わざわざ新宿まで行かないだろうなぁ・・って。
でも、用を入れておくと
どうやったって出てこないといけないし
出て来てたら、せっかくなので、、、って
見ていくだろう♪
っと。

[Champagne] とは・・・
って語るほどあまり詳しくは知らないのですが
一言で言うと
新人バンドです。
Where's My Potato?

Where's My Potato?

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: RX-RECORDS / UK.PROJECT
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD
スカパーで流れていたのを聞いて
ちょっと耳に残っていた曲を
たまたまタワレコでかかっていたので聞いて
オッ!って思い、
フラフラ店内を物色してCDを試聴し
このインストアイベントのことを知り
行ってみよーかなぁ~って。

いわゆる普通の4人編成のバンドですが
話題になってることといえば
メンバー2人が帰国子女だとか。
その1人がVoだったりするんで
発音がネイティブっぽいっと。
まぁ、別に帰国子女じゃなくったって
最近英詞の歌のみを歌ってるバンドさんは
みなさん、大抵発音いいと思うんですが・・
なので発音云々、、より
外国での生活経験が歌詞に反映されててどうたらとか
音楽に向かう姿勢なんかが
小さい頃から洋楽を聴いて
育ってきただけあってどうたらとか
そういう点で
メンバーに2人も帰国子女がいる!って
話題になるならへぇ~って思うですが
発音が!って言われてもねぇ・・(笑)

ま、それはいいとして
普段は普通のバンドスタイルなのに
アコースティックでやるのって
結構大変だと思うんですが
すごく上手で
全然出たてのバンドって感じはなく
MCとかも初々しさがありつつ(っというか若々しさ?)
でもテンポよく流れよく話してて
なかなか将来有望って感じがしました。
普通に2年前、新宿のタワレコインストアイベントに
会社休んで見に来た思い出があり
そんな自分が、
今ここでこうしてライブをやらせてもらってるのが
すごく不思議だって。
人生、どう転がるか分からないもんだねぇ。。(笑)

その後、お茶して時間を潰し
目黒方面へ。。。


  1月13日(日本時間)に起こったハイチ大地震に対する支援を目的として
  ハイチ震災一ヶ月後となる“2月13日”に
  神戸の震災の激震地長田神社を皮切りに
  翌日2月14日のバレンタインには
  目黒CLASKAにて‘ハイチに愛を’をモットーに
  開催されることになったチャリティーイベント
  「LOVE for HAITI」  

っというのに行ってきました。
題して
「LOVE for HAITI」 2ndSTAGE
@CLASKA
出演者:MINMI、若旦那、CandleJUNE、ACIDMAN
     The NO PROBLEM's (キヨサク/Pすけ)
     JESSE(RIZE) and more
Image9961.jpg

はい。。
きっかけはもちろん
ACIDMAN出演だからです・・・
基本的にチャリティーとか興味ないです。。
だって
2010年一発目のライブだし
この先も全く予定決まってないし
  ・・KYO-MEI大会とかロックの学園とか
   ちょこちょこ入ってはいますが、、、

会場の予想が全くつかず
さらに17時OPEN/STARTで
場合によっては入場規制ありとか
なんかイロイロ分からないことだらけで
とりあえずOPENの30分前くらいに会場に行ってみると
そこそこの人が既に並んでました。

待つこと30分くらい。
スタッフさんとJUNさん、若旦那が登場。
途中からJESSEも。
初めてまともに見た若旦那。
思ってたより気さくな雰囲気の人で
勝手に思い描いていた
嫌なイメージは全くなかったです。(失礼・・)

何やらイベントについての話があって
「今日は会場が狭く、ステージも2ステージ制で
全部のライブが見れるわけじゃないし
みんなに会えないかもしれないから、
これから自分が、みんなの側まで行きます!」っと
募金箱持って並んでいる列の横を
順番に歩いて周ってくれました。
って、、一見
優しい!って感じもしますが・・
これって要するに募金よろしく♪ってことであり
なんだかなぁ。。。って思いつつ
拒否するのもちょっと空気乱しそうだったんで
とりあえず100円だけ、、、

ようやく開場して中へ。
結構狭いスペースでした。
ステージも小さかったし。
Image9953.jpg
でもJUNEさんのキャンドルや
あの独特の雰囲気の飾りつけなどはバッチリされていて
新潟を思い出しました。
なんとか2列目くらいの見やすい位置を取れましたが
果たして、、全員入れたのだろうか。。
チケットはいつ見ても○印が付いていて
全く完売する感じではなかったので
来る人も少ないと思っていたんですが
そんな予想に反して
大混雑でした。

最初は全員立っていたんですが
しばらくして挨拶に来た若旦那から
今日は床に座って
ゆっくり見ていってもらう感じを
イメージしてたんで、、っと、声がかかり
そこでみんなゾロゾロと座りだしました。
  そうだったのか・・
  入った時に床に絨毯がポツポツ敷いてあって
  ?!って思ったんですよね。
  しかも、この絨毯、JUNEさんの家にある
  ありったけのものを持ってきたとか・・
  、、、ってどんだけ広い家なんだ??
ふぅ。。。
実は最前の子がちょっと背が高めだったので
見辛かったんですよね。
これでいい感じに見えるようになり
加えて座れたのでちょっと楽でした。

。。。。っと思ったのは最初だけで
わりとスペースきつきつの場所で
長時間座りっぱなしってのは
それはそれでかなり疲れます。。
体勢変えられないから
ケツが痛いのなんのって。
翌日になっても
若干、お尻いたかったですから・・(´へ`;)

一応、タイムスケジュールは
こんな感じ。
Image9955.jpg
募金した時にステッカーをもらいましたが
Image9968.jpg
それ以外、イベントのフライヤーみたいなのは一切なし。
リストバンドもいたって質素。
Image9963.jpg
集まったお金はチャリティで寄付するから
経費節減!って感じ?(笑)

まずはCandleJUNEさんのトーク。
JUNEさんはキャンドルの灯を灯す方なので
キャンドルの灯りの元だと
お話もスラスラと出てくるのですが
カーっと照明が当たってると
緊張してしまって
上手く話せないそうです。
ってことで、、、
ほぼ会場に飾ってあるキャンドルだけの灯りの元
このイベントを開催するまでの経緯とか
自分がどうしてこういう風に
平和を願いキャンドルを灯すようになっていったのか
などについてのお話がありました。

そもそも、若旦那・MINMI、
そしてCandleJUNEさんが発起人になって
このイベントを立ち上げることになったきっかけは
JUNさんの誕生日会に来ていた若旦那・MINMI夫妻が
「この誕生日のお祝いを被災地のHAITIに贈りたいと思います」って
サラリと自然に言ったJUNさんの一言からだそうです。
若旦那のやってる湘南乃風もMINMIも
ジャンル的にはレゲエで
レゲエの発祥の地はジャマイカで
HAITIというのはジャマイカのすぐ隣の国で
そういったこともあり
何か出来ないかな、、と漠然と思いだけはあって
でも、そのJUNEさんのさりげない一言で
そうか!っと思い立った、、、と。

なので思い立ってから開催まで3週間。。
とにかくバタバタと慌しく
なんとか今日という日を向かえることが出来たって。
今日、こうして来てくれた方は
被災地の方のために
何が出来るかなってことよりも
さらには支援が目的なんてこと頭になく
ただ単にあのアーティストを見たい!
だからここに参加した
そんな動機が不純だったとしても
ここにこうして参加することが
被災地の方への寄付へと繋がってるから
重苦しく考えずに
とにかく楽しんでいって欲しいと。
この挨拶の終わりに
まだ登場していなかったMINMIも登場。
こちらは、ザ・有名人!って感じの
オーラありました(笑)

ライブとしてはトップバッター
RIZEのJESSE。
オファーをしたとき
実は3月にも大きなイベントを企画していて
そっちとこっち、
どっちか出てくれないかって話しだったみたいですが
JESSEは「どっちの方が出演者少ないの?
俺はその少ない方に出るよ」って
言ってくれたんだそうです。
さらには、アコースティックで座りながらやるのは
初めてだったみたい。
曲とかもコレやってコレやって、、、って
細かく決めてなかったみたいで
1曲終わって「じゃー何しようっかなー」って
その場のノリでやってました。

やった曲も、昨日、HAITIのことを想って作った曲
って、出来立てホヤホヤの曲なんかも・・
なんかそのストリートライブ的な
ゆるゆるした雰囲気がRIZEの時とは全然違い
かなり貴重な体験でした。
じゃー最後ってなった時
お客さんから「?やって!」ってリクエストが入り
じゃー、、、って急遽その曲をやってくれたり。
短かったですが
なんていうか、、
ソウルフルなステージが見れた気がします。

続いて・・
The NO PROBLEM's
モンパチのキヨサクさんって人のソロ?
っていうか、、ユニット?
まぁ、不定期的に活動してるんですかね。。。
ちょっと詳細は分からないんですが
そのキヨサクさんとPすけって人
そして沖縄から来たという画家に
横須賀のフラダンス踊るダンサーさん
っという不思議な取り合わせでのライブ。

オリジナルの曲っていうよりは「上を向いて歩こう」とか
モンパチの「小さな恋の歌」とか「あなたに会いたくて~」とかを。
もーキヨサクさんの声とか
Pすけさんはドラム&パーカッション&コーラスって感じなんですが
その演奏とかが
ウクレレに似合いすぎちゃって。
なんなんでしょうか、、
沖縄の人にはきっと
持って生まれた独特の
ゆったりとしたテンポ感があるんだろうな~って
東京の人とが同じスタイルで演奏しても
あんな感じにホワ~っとした雰囲気には
ならないんじゃない?って
ちょっと思ってしまいました。

あと、その画家の人は
その演奏をバックに黒板とかキャンバスに
絵を書いていくんですよね。
ちょっと不思議な雰囲気の絵でした。
最後の曲で出てきた
フラダンスのISさん(だったかな?)が
ものすごくかわいらしくて、素敵でした。

そして。
いよいよ待ちに待ったACIDMAN。
ここで、もーお尻限界!って思ってたら
人が増えすぎて入りきらないので
立ってくださいって声がかかり
しかも、一番前の人がフッと抜けたので
ちょっと端っこでしたが
最前で見ることが出来ちゃいました♪
Image9954.jpg

ACIDMAN、、、多分、オオキさんなんでしょうが
誰よりも最初に
事務所だとかレコード会社だとかMgだとか
そういったものの確認がどうたらとか一切関係なく
一番最初にOKの返事をくれたんだそうです。
自分達ではそういったイベントとかやらないくせに
誘われるのは好きだよな~(笑)なんて・・

登場するなり、オオキさん、メガネスタイルだし
ブーツインじゃないし
普段と違いすぎる感ありあり。
もちろん、ソッコーメガネは外して
アンプの上に置いてましたけど。

準備が整い
挨拶的な何か、、、、言ってたっけ??(笑)
ちょっとあまり覚えてないんですが
1曲目『リピート』から。
アコースティックの時のセットリストは
あまり変わり映えしませんが
それでも滅多に聞くことができないので
充分満足です。
多分・・・ライブとして人前でやるのは
2010年初めてのはずで
そのせいか?!とーっても声が出ていて
素晴らしかったです。

1曲終わって
サトマが手で顔をあおぐ仕草。
どうやら、、、暑いらしいです。
オオキさんも「あのー、、、思った以上に
ここ、暑いです。
後ろの方とか、大丈夫ですか?
キャンドルンもあるし
気をつけてくださいね。」
って言ってる辺り?
ピロリロリン~って写メを撮る音。。。

そう、なんかこのイベントの最中
ずっと写真撮影などに対しての注意とか全くなく
撮り放題の無法地帯でした。
普通は、言われなくても暗黙の了解ってやつで
写真撮影なんかしないんですがね。
誰か一人がやってると
どうしても「あ、いいの?」って感じになって
どんどん広がっていってしまう。
なーんて言いながら、
私も出てきた時に1枚だけ撮影しちゃいましたが
(上手く写らなかったので保存してませんが)
なんかそういった雰囲気が
ちょっと残念でした。

すかさず「ピロリロリン~って。。
写メってんじゃねーよっ!」
っと、オオキさんの一言。
でもその後「いや、いいんですよ。
全然いいんですけどね、、、」
いや~。。。
最初の一言が本心だったんではないかと
思われる口調と表情だったなぁ。
いくら注意されないからって
ライブ中に撮るのはどうかと。

「JUNEさんは平和のために
ろうそくの灯を灯す活動をされてて
前に新潟で一緒に
アコースティックライブをやらせてもらえて
以前、俺が監督したPVの作品でも一緒にやったんですけど
またこうして
一緒に仕事することができてホントにうれしいです。
じゃーあと1曲だけ、、、
あぁ、、いや、まだまだやりますよ。
2曲だけじゃねーよっ(笑)
じゃあ、『赤橙』って曲、聞いてください」

あはは~
ビックリした(笑)
にしても、“○○じゃねーよっ”って、、
さま~ずの真似??
一時の今時バウバウ??と同様
今のオオキさんの中でのブームなのかしら?
まぁ、さま~ずの場合は
今でも普通に言ってるから
今時?!ではないんですけど・・
『赤橙』はバンド編成でも
アコースティックVer.でも
ホントに聞き入ってしまう曲ですね。
未だに『赤橙』のアコースティックVer.を初めて聞いた
幕張の感動が忘れられないです。

そしてドリンクを飲むメンバー。
なぜか、今回用意されていたドリンクが
ペットボトルに
わざわざストローがさしてあるタイプだったんです。
まぁ、、女性アーティストなんかには
よくあるタイプですが。。。
それを男3人で
チューって吸って飲む姿って(笑)
しかも、(ここからはかなり自己満足的な話ですが・・)
オオキさんがたまたま自分の方を向いて
目クリクリさせてチューって飲んでたんで
思わず凝視してしまいましたから。
フロアからは「かわいい~」って声が上がり
「かわいいだろ?」って。
あの姿は、多分、
今後二度と見れないだろうなぁ・・(*´m`)むふ♪

するとまたピロリロリン~って。。
「そんな撮っても俺ら価値ないっすよー」って
自虐っぽく交わしてましたが
そんなこと言わせんなよー、、、って感じです。
っていうか、
なんでスタッフは止めないかね。
最初に写真撮影・録音は禁止ですって
言っとけばよかったのに
それとも、本当に今回はOKだったんですかね?
 ・・帰り際に見たんですが
   「場内撮影禁止」って貼紙がありました。

次は「ちょっと悲しい歌なんですけど、、」っと言って
『Under the rain』
このアコースティックVer.のアレンジでは
ちょっとジャスっぽく
テンポがゆっくり目で
多分ですが、最初の思い描いていた曲の感じに
近いのかなぁ~って。
ちょっと残念なのは
イントロのオオキさんのギターソロが
アコギで弾くからか
少し簡略化されてるんですよね・・
音数減らしてるっていうか。
あそこはまんまやって欲しかったなー

ここでだったか、
その前でだったかちょっと定かではないですが
「暑いっす、、、」って
腕まくりするオオキさん。そして
「イチゴくん、、すごい汗ですけど?」って
いっちゃんにツッコム(笑)
「いや~、、、完全に着てく服
間違えました!!
パーカーなんか着ちゃってるから
暑い暑い・・」

「俺らは、普段はゴリゴリのロックをやってるんですが
もしよければそっちの方のライブにも
遊びに来て下さい。」
って言ったらマイクはないけど
サトマが「よろしくです・・」ってボソっと言いながら
頭下げてました。
ステージの広さの関係で
たいていアコースティックの時は
サトマにマイクスタンドが置かれないのが
ちょっと残念です。

「ボランティアにはいろいろ考え方があると思うけど
1円というのは1円の価値しかないと思っていて
だとえキレイ事でもいいから、
こうやって集まって何かできればいいなと、、、
早いもので、次で最後なんですが、、
このキャンドルを灯すのにも関係している曲を、、、」っと
『季節の灯』
あーいいね~
あのキャンドルで飾られてるステージを見ながら
聞くこの曲は
かなり雰囲気出ててよかったです。

やってる最中
結構な頻度でいっちゃんとサトマが
アイコンタクト取ってました。
でも・・リラックスした感じで
アイコンタクトを送ってるサトマに対し
超~真剣!(っていうか緊張?!)モードのいっちゃんとの
ギャップがなんか可笑しかったです。
あと、やっぱりいっちゃん。。
コーラス上手!
普段はステージが遠いので
ホントにコーラスとしてしか聞き取れない歌声ですが
いっちゃんに一番近かったせいか
生声っぽい感じで聞こえてきて
すごく上手でした。

久しぶりのACIDMANのライブ
楽しかったです。
早く今年の活動についての
お知らせが欲しいです・・
でも去年かなり活発に活動したんで
今年はゆっくりとあまり外に出ないのかなぁ、、って
思ってた矢先に
なんと!
TOKYO ROCKSに出演決まってるし。。。
なんだよー
そういうのに限って
他にライブが重なって
えぇーっっ・・・って。。゚(Pд`q。)゚。
あーぁ・・どうしよ。。


<セットリスト>
 01.リピート
 02.赤橙
 03.Under the rain
 04.季節の灯


この時点で21時過ぎ。
すでに4時間近く飲まず食わずのトイレも行かず、、で
ちょっと疲れてきたので
一旦退場。。
残すところMINMIだけだし・・
ってことで、
ライブ会場じゃない場内を少しだけフラフラ。
お花が届いていたり
キャンドルが飾られてたり
フラッグがあったり。。
Image9957.jpg
Image9958.jpg

テレビカメラが入っていて
どこの局?!って思ってたんですが
日テレのZEROからお花届いていたので
あのカメラは日テレでしょうか、、、
っと、思ったら、
早速翌日にZEROで特集がOAされてました。
  見事にACIDMANの部分はカットされてましたが、、、
しかも、なんと「3月にもイベントを予定してて・・」って
言ってたそのイベント・・
日テレZEROとタッグを組んだイベントだった。。
な~んだ。。スポンサーいるんじゃんね。
全て自分達の手だけで作り上げたものでは
なかったのか、、って思うと
なんだかガッカリです。
ACIDMANの映像も映らなくてもよかったや
って感じ。

で、そのフラッグには出演者のメッセージや
サインなどが書かれてて
まだACIDMANが書いてなかったので
もしや、もうすぐ書きに来るとか??って思い
しばらく待ってみることに。
結局延々30分くらい待って
オオキさんといっちゃん登場。
メッセージはなくサインだけして帰っていかれました。
Image9960.jpg
あれ?サトマは??
一人帰ってしまったのか?!って
残念ですが時間も時間だったので
私も帰りましたが
後々見た情報によると
その後、サトマもサインを書きに来たみたいです。
なんだよー(笑)

その待ってる間
若旦那やMINMIのライブ様子も
チラリと聞こえてきましたが
ものすごーくパワフルなライブをされてました。
外で聞いてた小さな子供も
ぴょんぴょんその音楽に合わせて
楽しそうに踊ってたし。

ACIDMANの出演情報に飛びついて
行ってきてしまいましたが
まぁ、もうこういった系のイベントには
・・・行かないかな。
でも、私が楽しんだことで
少しでも救援活動に貢献できたんだとしたら
うれしいです。

ふぅ~
これで、やっと今年から作った
ACIDMANのカテゴリーの記事が書けた(笑)

広い荒野の果て何を思っている? [音楽]

引き続き・・第二部です。

仙台に来たメインの理由
そう、それは
THE BACK HORNのKYO-MEI大会
仙台エリア最終日
@Zepp Sendai
with:GOING UNDER GROUND/OGRE YOU ASSHOLE
です~
Image9948.jpg

17時開場で16:30に整列って、、、、
それくらいに会場前に行ってみましたが
誰も並んでなくて・・(笑)
やっぱり、、、
だって、寒いんだも~ん。。ヾ(;→㉨←)ノ
なので、スッタフさんが
「開場前に並んでないと整理番号が無効になり
一番後ろについて入ってもらうことになります」って
ちょっと脅しにも取れる声かけがあり
ワラワラとみんな列に並び始める、、、って感じ。

券種には3日通し券、2日通し券、そして1日券とあって
それぞれに1~番号があるため
3日→2日→1日の早い番号順での入場。
なーんだ。。。。そうか。
私なんて1日券の200番台なもんで
最初番号を見たときは
Zeppで200番台って★っと
ちょっと浮かれてましたが・・全然でした。
なので、17時ギリギリに来てもよかったんじゃんって感じ。

幸い、お友達に遭遇でき
しかも番号も近くずーっと話していたので
寒さも少しは紛らわすことが出来ました。
あれ、一人だったら
かなり辛かったと思うよ・・ありがとうございました♪
普段はたいてい頑張って半袖Tシャツで臨みますが
さすがに、この日は半袖1枚ではいられず
長袖に半袖を重ねたスタイルで待機です。。

待つこと15分くらい?
中に入ってもしばらくは震えが治まらず、、、、
ブルブル。。(((( ;゚Д゚)))
でも思ったほど混雑はしてなくて
希望通りの岡峰さん側
4列か5列目辺りにて。
見事に背の低い女性ばっかりで
かなり視界良好!!(笑)

へぇー、、バックホーンのファンは女性が多いのか??って
その時は思っていたんですが
始まったとたん(バックホーンが)
ドァーッッ!!っと押しが来て
それはそれはガタイのいい男性陣がわんさか。
そうか、、、男性は待ってるときは後ろでゆっくりしてて
始まると同時に詰め掛けてくるパターンか。
暴れる系のライブには多いですよね
こういうパターン。。
でも、そこそこよく見えました。

ほぼオンタイムでライブスタート。
ステージに掲げられてる
KYO-MEI大会のフラッグがかっこいい♪
   余談・・・あのデザインのTシャツ
   売ってたんですが
   バックプリントがねぇ、、、、、
   で、止めたんでした。オシイっ。。

まずはOGRE YOU ASSHOLE。
2回目?3回目くらい??
とにかく初めて見たときは
おっ!いいかも~ってちょっと思ってました。
アルバム買おうかと思ったくらい。
でも、試聴してみて
うーん・・・って思いとどまったんですよね。
それっきりかも。

決してキライじゃないですが
ちょっと声が、、、
弱弱しすぎる(笑)
曲の感じがそんなにゴリゴリしてるわけではないんで
合っていていいんですが、
でも声の好みで言うなら
ちょっとね。。。って感じです。
『ピンホール』はいい曲だと思います。

演奏も、なんていうか、、、
前に見たときよりもさらに
安定した感じになったように思いました。
そんな偉そうなこ言えるほどではないですが
そんな素人耳にしても分かるくらい
なんていうか、ドッシリしてきたな~っていうか。

最初の挨拶で
自分達のバンド名言うときに
思いっきり噛んでたのが可笑しかったです。
遠巻きに見ると
背が高いホリエくんの弟って感じ(笑)の
Voさん。
2010年初仙台だそうで
頑張りますって。


拾ってきたセトリ。
3マンでも割としっかりやってくれるんですね~
多分、転換含め約1時間ずつの持ち時間。
やっぱりそれくらいは欲しいよね~

<セットリスト>
 01.ステージ
 02.ヘッドライト
 03.ピンホール
 04.コインランドリー
 05.ネクタイ
 06.J.N
 07.アドバンテージ
 08.ひとり乗り


続いて・・
GOING UNDER GROUND。
登場は素生くんとKeyの人の2人だけ。。
いきなり1曲目は素生くんの弾き語りでした。
でも、この弾き語りでも
なんかオウガのときには感じなかった
迫力っていうか
歌声と演奏力の強さみたいのを
ドーンっと突きつけられた感じがして
流石だなぁ~って
ちょっと思ってしまいました。

2曲目を弾いてる間に
他のメンバーも登場して
バンドスタイルへ・・・
正直、ほっとんど知らない曲でした。
3曲目か4曲目あたりで
「今日は、2010年初仙台なんで
ちょっとイロイロ新しいことに挑戦したライブを
やっていきたいと思います」って。。
だから初っ端弾き語りだったのか??

で、せっかくなんで、ゲストを呼びました~っと
bloodthirsty butchersの田淵ひさ子さん登場!
おぉ~すごいっ!!
そうか、、SxOxUで一緒にやってるから。
しかも1曲だけじゃなく
その後ずっと一緒にやってました。
残念ながら私はBa側にいたので
あまりよく見えませんでした。
田淵ひさ子さんは
ホント全くそう見えないのに
すごーくバリバリギターを弾く姿がかっこよくて
かわいい方です。

田淵さんを紹介する前に
「あ、俺、チョコもらったよ」って言う素生くんに対し
「え?俺もらってない。。。」って中澤さん。
「思われ方の違いかな?」って
優越感に浸っていた素生くんでしたが
でも、本当はみんなでどうぞ~って意味で
素生くんに渡したものだったらしい(笑)

最後は、素生くんだけじゃなく
Dr.の丈さんもソロを出したってことで
丈さんのソロで終わり。
これ、確か大晦日の武道館の時もそうでしたが
最後の曲を丈さんソロっていうのは
ゴーイングファンとしてはどうなんでしょうか??
もし自分が大ファンだったら
私はちょっと嫌なんですけど。。。

やった曲は、武道館の時と同様
上尾市立南中学校校歌。
若干、短めVer.だったように思ったのは
気のせいでしょうか~(笑)

MCで面白かったのは
付き合いが長いからか何度も
「今日は、こんなに寒い中
うちのバックホーンのために来てくれて
どうもありがとう!」って。

あと、素生くんは牛タンより何より
マックのN.Yバーガーを楽しみに来たのに
仙台ではN.Yバーガーではなく
ハワイアンバーガーだったらしい。。。
「仙台に物申す!」って。
そしたら中沢さんが「ほら、寒いから
気分だけでも常夏の雰囲気をね、、、、」って。

ゴーイングはなんか短かったように感じましたが
やった曲は少なかったんでしょうか。。
ちょっとセトリ探せず。。


最後は待ちに待った
THE BACK HORN。
始まる直前にものすごーい押しで
そのおかげで?
私もそれなり前にいけたけど
でもそれ以上に
後ろからとか横からとかの押し&男子率の高さが
ちょっとキツかった。。
視界は、、、ギリギリなんとか・・

岡峰さんのベースアンプが
以前のモノとは違うモノに変わっていて
小さいキャビネットを2個重ねてました。
相変わらず例の武将?のイラストは描かれていて
1つ1つ違うデザインでした。
下の段のやつがカッコよかったなぁー
アンプのメーカー
、、、聞いたことのないメーカーでした。
  GIGSで見たらaguilar製だって、、、ますます知らん。。

でもって、岡峰さんの着ていたTシャツが
またしてもシェルターで見たときと同じで
その時も前に見たときと同じだなーって思った
Tシャツでした。
山田さんがツアーTを着ていました。
珍しい~って思ってしまいましたが
ツアーの時は着るんですかね・・
松田さんは大抵ツアーTを着ています。
栄純のTシャツが
薄いイエローになんかリアルな感じのカエルが
描かれたものだったんですが
やけにかわいくて、
グッズで出てるなら欲しい!って思ったんですが
どうも自前のものみたいです。

「こんばんは。THE BACK HORNでーす!」
やっぱり、山田さんが挨拶してました。
  シェルターの時、そうだったっけ?って思ってたんですが
  この日はちゃんとしていたのを確認♪
そしてそして、なんと1曲目が『運命複雑骨折』
私はライブに行き始めてから日が浅いので
どの曲は滅多にやらなくて
どの曲は定番とかって
あまり詳しくはないんですが
どうも、これは、結構レアな部類だったらしい。。。
それはかなりうれしいです。
激しい曲だったので
一気にフロアがグチャグチャ状態でした。

だって、続く2曲目も『フロイデ』だし。
もー既に2曲目で汗だくで
ヒーって思ってたら
軽いMCになると
スーっと人と人の間にスペースができるんですよね。
助かりました。。
これがないとずーっと密着状態で
ホント耐えられなくなりますので。。

そして松田さんの挨拶。
「こんばんは。THE BACK HORNです!
KYO-MEI大会in仙台フィナル
Zepp Sendai楽しんでますか?」
 ※かなりテキトー。。ほとんど記憶ないんで・・(汗)
「もっともっと、盛り上って行けますかっ??」って
煽りながら次の曲へいったっけな~

で、『生命線』
この曲もライブで初めて聞いたんですが
岡峰さんのベースの指弾きが
ハンパなくすごかったです。
CDで聞いてる分には
そんな激しい動きしてるように思わなかったんですが
トレモロのようにジャカジャカしてるの
全部指で一つ一つ弾いてたんですね・・
スゴ過ぎ!!
続いて『罠』
わーい♪これは、毎回聞きたい1曲。
ついついベースの音を聞いてしまって
歌声を聞くのが上の空になってしまいます。。

再びMC。
ここでは、対バン相手についてや
KYO-MEI大会について。
オウガは初めて対バンしたそうですが
松田さんがアルバムの『箱』って曲を聞いて
あーすげぇいい曲って思い
対バンしたいと思ったそうです。
そしてゴーイングとは長い付き合いで
昔一緒にツアーとかも周っていたとのこと。
このKYO-MEI大会では
対バン同士が各地でいろんな共鳴をしていって
刺激し合えれば
そしてこれをきっかけに
新しい音楽に触れていってくれれば
それがこのツアーの醍醐味だからみたいなこと
だったかな。

で、『美しい名前』
おぉ~コレを聞けるなんて・・
感動!!
このイントロを聞いた瞬間
「あー仙台まで来た甲斐あった~」って
ホントに思いました。
そして「新曲やります!」っと
『戦う君よ』を。
これこれ!シェルターで聞いて
ベースラインがかっこいい!!って思ったやつ。
今度リリースされるシングルらしい。

そうそう、どこでだったか・・
松田さんがMC中に
前の方でクスクスって笑いが起きちゃって
気になった松田さん
「何?何で笑ってるの?」って。
でもリアクションなく。。。
続けて喋りだしてるところで
岡峰さんが口パク風に「怒っられた~(笑)」って。
それ見て(聞いて)またしても
クスクス。
そしたらやっぱり松田さん「何?」って。
いやいや・・松田さん、気にしすぎです(笑)

ラスト2曲は『コバルトブルー』
そして山田さんの
「また会いましょうー
THE BACK HORNでした。」と共に『刃』っと
これは結構定番スタイルですか。
かなり熱く盛り上がって
本編終了。

続いてアンコール。
なんとー『サニー』です!!
うっ、う・れ・し・い・よぉ~(笑)
いや、初聞きではないんですよ。
でも『サニー』が聞きたいって本当に願って
聞けたのはこれが初だったもので。
マジ、感動です。

最後はもちろん?『無限の荒野』
始まる前に「ヒャッフーッ!!」って感じで
雄たけびを上げて煽ってるのがステキでした。
そしてそして、
何回かライブで聞いたこの曲
途中フロアにマイクを向けられて
みんなが歌うところがあるんですよね。
それをいつもなんて歌ってるか分からなくて
置いてけぼりを食っていたんですが
今回はちゃんと予習?していっていたので
「否、まだだ、ここでは死ねない」っと
バッチリでした(笑)(人´∀`o)

「KYO-MEIツアー
ここから全国周って来ます!
仙台が最初でよかったです。
あとは、アラバキがありますね!
我々は皆勤賞ですから。
よろしくお願いします!!」
いや~よかった~
すごい、なんか爽快感(笑)

なんといっても
メンバーみんなが
すっごくうれしそうに
楽しそうにやってるんですよね。
栄純なんてこの上ないくらいの
満面の笑みっていうか。。
あれ見ちゃうと、
そりゃーこっちも自然とテンション
アガっちゃうって。
最初は行くのをちょっと躊躇ってましたが
仙台観光含め
最高に楽しかったです。


<セットリスト>
 01.運命複雑骨折
 02.フロイデ
 03.生命線
 04.罠
 05.美しい名前
 06.戦う君よ
 07.コバルトブルー
 08.刃

 EN.
  サニー
  無限の荒野


で、、
なぜかいつも愚痴が出てしまうんですが・・
一つだけムカついたのは
1曲丸々
かなりのデカさで歌うジャイアン!!
なんなんだー・・・・
山田さんの声が聞こえなくなるじゃないか。
ほんとに、そこまでの大きな声で
歌わなくていいじゃん。
歌いたい気持ち抑えて口パクで歌えよ。
しかも、絶対、気付いてる顔してるんですよ
これ、俺の声目立っちゃってるよね?って。
ホント顔面を正面からグーでパンチしたかったよ。。
何度も睨みつけてやったんだけどね。

終了は21時過ぎ。
だいたい約3時間。
でも全然長かった~って気はしませんでした。
むしろ、もう終わり?!って感じ。
これは東京公演が待ち遠しいです。
っというか
早く未定の対バン相手を
発表して~ヽ(○´3`)ノ

帰り支度をして、カフェで時間潰して
24時ちょい前発の夜行で帰路へ・・
帰りは空いていて
2人席に1人でした。ラッキー♪
なので、かなり快適に寝られて
今回もまた
SAでは1回も降りず。
予定通り5:30前に新宿着。
お疲れ様でした~

0泊3日も悪くない?!(。→ˇ艸←) [たわごと]

あぁ・・・・
3日間も更新しなかった。。(;´Д`)
どうしても続けてライブに行くと
最近のものから書いて遡っていくんですが
記事をUPさせるのは
古いものから順にUPさせたくて。
なのでどうしても
間が空いてしまうんですよね・・

、、、そんな言い訳は置いといて。
先週末チラリと書きましたが・・
土曜日は仙台に行ってきました~(人´∀`o)
ザッとイキサツは書いたので
いきなり本題!
仙台満喫旅行記です(笑)


2/12 夜行バスにて仙台へ・・
5:30過ぎ 仙台入り
途中のSAで1回も降りなかったので
道路事情(雪が降ってた等、、)は
全く知らないんですが
仙台市内は
パラパラと雪が降り積もった残り?みたいなのが
道路の端にあるだけでした。
さすがは北国!って感じで
すごーく寒かったんですが
お天気がよくよかったです。

到着後、荷物をロッカーに預けたり
身だしなみを整えたりと
諸々準備をして
とりあえずファストフードで朝食を!
・・・が、
仙台の駅前には
あまり早朝からやってるお店がなくて
ウロウロ。。
頑張ってうろついて時間を稼いで
7時OPENのミスタードーナツで。
ミスタードーナツは
カフェオレ飲み放題ってのが
うれしいです。
ポンデリングのきな粉クランチが
超~美味しかった♪
もう一回食べたい(笑)
(・・って、今日、早速食べた 笑)

そこで、旅の計画練り。
だいたいのことは事前に決めてきていたので
細かい時間計算だとか
場所の確認だとかを。
メインはライブで
その開場時間に遅れないようにしないと
いけないのでね。
こういうとき、ミニPCあってよかった!
ってなるはずですが、、、
重いので持って行ってませんでした・・
ははは。。( ̄▽ ̄;)

★仙台満喫体験その①
   MOVIX仙台にて「ゴールデンスランバー」10:00の回観る!


今や話題の?!「ゴールデンスランバー」
これ、タイムリーなことにオール仙台ロケの映画らしく
ならば仙台で見なくちゃ!ってことで
普段、ほっとんど映画なんて見ない私が
映画館で映画鑑賞っす。。

しかもちょこっと仙台でも
話題になっていて
ゴールデンスランバーロケ地マップとか出来てたり
スタンプラリーなんかもやっていました。
多分、地元民だったら
スタンプラリーとか絶対やったりしないんだろうけど
オノボリサンの私は
制覇するぞ~!っと意欲満々(笑)
Image9936.jpg

ただ、映画が終わった後に
周るとちょっと時間が厳しくなりそうだったので
だったら始まる前にチャチャっと行ってくるか?!っと
思い立ち、
当初の予定より早く店を後にして
スタンプが置いてある場所へ向かったんですが
・・・どこもお店の中に設置されているんです。
(今考えれば当たり前のことなんですが・・)
ってことは、開店時間って10時くらいで
、、、ってことで、
頑張ったのに結局5つあるうち1つしか押せず。。
でも、映画を見る前に
仙台市内をウロウロしていたおかげで
映画で出てくる町並みとかが
「あ、あそこか~」とか
ほんのちょっとだけでも楽しめたので
結果オーライです(笑)

そしてこの映画
すごくよかったです。
もー途中うぅっ、、、って泣いちゃう場面とか
思わず噴出して笑っちゃう場面とか
ドキドキ・ハラハラなシーンとか
とにかく全く飽きずに
ジーッとストーリーに集中しちゃって
確かに・・映画だよな~っていう
ストーリー展開ではありましたが
かなりおもしろかったです。
もう1回見たいくらい。
あとなんと言っても
斉藤和義が音楽担当している点も
ポイント高し♪
主題歌の「ゴールデンスランバー」が
とにかくよかったです。

12:25映画終了。。(結構長編だったのね、、)
続いて
★仙台満喫体験その②
   昼食は・・利休@ACDIMANのサイン写メ(笑)


まぁ、仙台に来たら
バカの一つ覚え、、、じゃーないけれど?
とりあえず牛タン食べるっしょ~
前回も利休だったので
今回は違うお店に・・・っとも思っていたんですが
お友達情報で
仙台市内に数ある牛タン店・利休の
とある店舗に
ACIDMANのサイン色紙があるらしいとのこと。
、、、ってことで
今回も利休へ。。

オーソドックスに牛タン定食にするか
でも牛タンカレーとか牛タン丼とかもいいよなーっと
迷いに迷いつつ
結局、仙台と言えばとろろ!ってこともあったので
牛タンヘルシー定食に。
これは、牛タン定食のちょっと牛タン少なめなものに
とろろがついてくるセット。
美味しかったです♪
でも次は、牛タンカレーかシチューを食べたい。

そして、期待していたサイン色紙
・・・・・ありませんでした。。。(ノヘ;)
とにかく店員さんの目を盗んで(笑)
かなり店内キョロキョロしちゃったから。
私が通されたのは入り口入ってすぐの
カウンターだったんですが
もしや、奥のテーブル席とかの壁に
貼ってあるんじゃないか?
じゃーどうやってそこへ入り込むか・・
トイレに行くとか??
とか、とにかく食べながらアレコレ。。
でも、ちょっと店内も混んでいたので
たとえ奥の方へ行って見つけたとしても
それをパシャリはさすがにできないな、、って思い
あきらめて帰りました。

後から聞いた話では
前に見たときは、
入り口のレジの側の壁ににあったらしく
それが今回は他のサインに変わっていたので
どうやらACIDMANがライブでくるからって
目立つところに飾っていてくれてたんではないか?っと。
まぁ、これはあくまでも予想ですけどね。
うぅ。。
ならば、このリベンジは次なるツアーで?!(笑)

お腹もいっぱいになったところで
★仙台満喫体験その③
      るーぷる仙台で市内巡り♪


仙台市内に在住?の方から教えてもらった
楽チン市内巡りのバス。
Image9939.jpg
何を隠そう!(いや、隠してはない。。)
青葉城すら行ったことがない。。
くらい
実は仙台観光ってしたことなかったんですよね・・
結構な回数仙台には訪れてるのに。

ルートを周遊しているバスで
どこから乗ってもどこで降りても
1回250円
乗り降り自由な1日券は600円。
2回途中下車するなら1日券の方がお得って計算。
・・・迷わず1日券を購入。
Image9967.jpg

バスは普通の路線バスよりも
レトロでお洒落なバス。
ちょっと狭いんですが
味わいがあってよかったです。
Image9947.jpg

、、、っと
その市内巡りの前
牛タンの利休から仙台駅に戻る途中
そのスタンプラリーの一部を実行しつつ
戻ってきました。
この時点であと2つ(5個で制覇)
そのうち1つは仙台駅のすぐ側なので
これはもうもらったも同然(笑)
残す1つも
ちょうどその市内巡りのルートで通る場所
ってことで
これはゴールは目の前?!

話は戻って
バスの車内アナウンスも
市内観光巡りでバスガイドさんが
話してくれるような内容のアナウンスで
あれは観光客にはうれしいですね。
とりあえず仙台城跡で下車。

仙台城(せんだいじょう)は、
青葉山にある平山城で雅称は「青葉城」。
山城なので、石垣だとか天守閣とかはないそうです。
これ↓↓↓が唯一の石垣だって。 
Image9946.jpg
この雪景色がなんか風情があってよかったんですが
晴れ予報の天気だったのに
ハラハラと雪が舞っていました。寒い・・・

あまりゆっくりしている時間がなかったので
とりあえず伊達政宗だけ見て
終わり(笑)
Image9941.jpg
だって、、ここ、
城の跡形もないんですよね?確か・・
山城というだけあって
眺めはすごかったです。
そんなに上がってきてたのか、、、って感じ。
Image9944.jpg

映画でちょくちょく出てきてた
広瀬川を3回くらい渡ったのが
ちょっとうれしかったり・・(笑)
街中に戻ってきて
メディアテーク前で再び下車。
ここでスタンプを押せば
残すは後1つ!!
ここから仙台駅までは歩いてでも帰れますが
とりあえずグルリと1周周りたかったので
再びバスに乗って
仙台駅へ~

いや~楽しかった♪
どっこにも降りずにずーっと乗ってるのも
それはそれで楽しそうだし
1駅ずつ全部降りて
ぶらぶらするのもよさそうだし。
ちょっともう1回乗ってみたいかも。

で、この時点で時間は16時少し前。
ライブの開場時間は17時なので
最後のスタンプを押しがてら
会場を偵察に。。
ってことで、スタンプラリー制覇しましたっ!!
Image9966.jpg

会場ではグッズの先行販売してました。
そうか・・・全然頭になかったよ。。。
チラっと覗いてみたら
仙台限定Tシャツが売ってました。
フロントのデザイン、、、、
仙台だけに伊達政宗像(笑)
ちょっと一瞬迷いましたが
結局何も買わずに。
Tシャツでよさそうなのあったら
買いたかったんですがね。
あとタオルも買おうかなーって思ったんですがね。。
まぁ、今度にしようかな。

そんなこんなで16時過ぎ。
★仙台満喫体験その④
   仙台駅1階 ずんだ茶寮でお茶~


これも同上・・
仙台の方のブログ情報より。。
ホントはもっとイロイロ美味しそうなお店を
紹介されていたんですが
一番分かりやすそうだったので
とりあえず、ここにて。。

ずんだ茶寮っていうだけあって
もちろん、ずんだ○○のスィーツがメインです。
ロールケーキセットと
ずんだ餅セットと悩みに悩んで
オーソドックスにずんだ餅セットで。
ここのセットはお茶付です。
Image9949.jpg

思ったよりずんだあんが甘かったです。
牛タンでお腹イッパイでしたが
ペロリと完食。
今度はロールケーキもチャレンジしたい(笑)

そして、なんと!
行く前から決めていたお土産っ!!
★仙台満喫体験その⑤
   お土産・・ずんだプリッツ!


Image9964.jpg

普段は遠征することをだーれにも言ってこないので
お土産は買いません。
自分がどーしても食べたい
現地ならではのモノがあったりすると
自分用にちょこっと買って帰ったりとかしますが・・
でも今回は満喫旅行なんで(笑)
お土産も買って〆でしょう~?!

これは、以前仙台に行って来たお友達からもらって
食べた時に「美味しいっ!」って感激したシロモノ。
加えてお値段もお財布に優しいし
なにしろ重くないし。
それに、、、
これ、今回の月刊・少年ピロウズで
シンちゃんとかPeeちゃんとかが
片手に持ってパチリされますよね。
まぁ、それはあまり関係ないですが・・・
で、早速食べましたが
やっぱり美味しいです~おススメ。

っとまぁ、、駆け足に。
いや~もうね、ここで帰っても満足なくらい
充実した楽しい仙台観光でした。
サインを見れなかったこと以外
全て計画通り!!(*´m`)むふ♪
朝一で来てあちこち動き回ってライブっていうのも
悪くないなぁ~っと
若干、病み付きになりそうな勢いです。
今回は大半を映画に費やしてしまったんですが
次回は、もう少しあちこち散策したいですね♪

ってことで、
ちょっと長くなりそうなので
一旦ここで第一部終了。。

おっ!今日で1111だ~☆★☆ [たわごと]

ARABAKIの先行チケットが
無事確保できました~♪
ホッ(〃´o`)=3
だってーこの先行価格で買うのと
一般で買うのとでは
2000円くらい違うんですよ・・
まぁ、手数料の問題とかで
もうちょっと差は縮まるのかもしれないんですが
それでも確実に1000円は違う。
1000円あれば
シングル1枚買えるよ?(笑)

ここ最近、いろんなプレイガイドで
チケットの先行エントリーを
いろんな期間開催するので
もー頭の中コンガラガッテ・・
日々、見つけては
付箋にメモメモ(。・ω・)ノ゛
Image9934.jpg
ホント、便利です。
大き過ぎず小さ過ぎずのこのサイズが
お気に入りです♪

さて、、、
昨日もチラリと書きましたが・・
今週末はそのARABAKI開催地でもあります
in仙台です~(人´∀`o)
ちょっくら、下見に行ってきます~
・・・・っていうのは嘘で。
THE BACK HORNのKYO-MEI大会@仙台会場ファイナル?!
のZepp Sendaiです。

news_large_TBH_art.jpg
いや~。。。
どんだけTHE BACK HORNにお熱を上げているの??って感じですが
決してそういう訳ではないんです。
  失礼・・
  いや、もちろん
  最近はお熱をあげてるんですよ。
今回は対バンツアーだし
もしかしたら東京会場チケット取れないかもしれないし
など、諸々考えた末に
日程的にもよさそうなこの日の
この会場をエントリーしたんですが
・・・・。。。(笑)

大阪や名古屋、北海道、そして福岡!
もちろん東京。
どこのZeppもなかなかいいんじゃないの~っていう
対バン相手なのに
なぜか仙台のみ、うぅっ。。。って(*´-ェ-)
なので、申し訳ないですが
譲ります!に出してみたりしましたが
同じような考えの人が多かったのか?!(笑)
結局譲り手決まらず。

ならば、
とことん仙台満喫してきてやろう!!って方向転換しまして(笑)
夜行バスで早朝からの仙台入りに相成りました。
ってことで、、
もうすぐ出発です。

仙台は結構行ってますが
何気に、まともに観光したこと
ないんですよね・・
仙台満喫レポ、、、お楽しみに~(。→ˇ艸←)

そうそう
サンデーバレンタイン話しの続き、、、
じゃないですが…
そのバレンタインが日曜日に重なると、
義理チョコの売れ行きが下がるとか。
それに輪をかけて
今は不況だし?
でも、うちの会社では
しっかり義理チョコ協力要請ありました…
予算は昨年より下がりましたけど。

あと会社のかわいい女子から
どうぞ☆って一ついただきました。
Image9937.jpg

近頃は義理チョコよりも
自分に、、、とか
友チョコ、、、とかが
流行ってるらしいです。
もうここまできたら完全に
お菓子屋さんシテヤッタリ!ですよね。

基本的に義理チョコとかって
100%反対派ですが、
こうやって戴いたりすると
やっぱりうれしいし
それに一人一人に「どうぞ☆」って配ってる女子を
かわいいなぁ~と思ってしまいますねぇ(笑)

人と人の間そこにある何かが僕らを明日へと繋ぐの? [たわごと]

さっ、寒い・・・・(((( ;゚Д゚)))
今年2度目の雪は降るんでしょうか。。

そんな今日は
コレを見ました!
創造のパルス(初回限定盤) [DVD]

創造のパルス(初回限定盤) [DVD]

  • 出版社/メーカー: Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
  • メディア: DVD
今週末に行く
KYO-MEI大会の予習?!(笑)

っというか、、、
コレ買ったのは
タワレコインで10%OFFになるので
何か買うものないかな~っと
使用期限ギリギリに
しかももともとフェアーかなんかで
10%OFFになっていたものを
さらに10%OFFにしてもらい
あわせてポイントも使って
、、、っと、とにかく
かなりのお買い得価格で購入したんですよ。
しかも、初回限定盤!

ただ、まぁ、私のいつもの癖で
買ってもなかなか見ない・・
で。ようやく(多分1ヶ月後)本日
封を切りました!!
ここ最近はTHE BACK HORNばかりを聞いているので
ほぼ全曲分かり
楽しかったです。
JCBホール、、、、やっぱりデカイなぁ~
なんて。。こともぼんやり思いながら。

あとライブ映像とは別にもう1枚
全ツアーのドキュメント映像が付いているんですが
やっぱり、ツアードキュメントは楽しいです。
各地のライブハウスの感じも見られるし
オモシロMCとか
リハーサル風景とか
楽屋裏とか、、、
やっぱり、京都・磔磔は
いつかは行ってみたいなぁ~
あの不思議な雰囲気の空間を
生で見てみたいです。

さて。
お買い得価格と言えば・・(笑)
ついに!プリンターを購入!!
某オークションで落としました。
Image9935.jpg

何年ぶりだ??プリンターを買ったの。。
っというか・・
なら、年賀状書く時期に買えって話ですが
あはは。。
その頃は忙しくて
リサーチ不足だったもんで。。
初めて、CDなどの盤面にプリントできるやつです。
まだ試してないんですが
ちょっと楽しみ♪

そうそう
今年はサンデーバレンタインだそうです。
、、、だそうですって
言い方も変ですが
バレンタインデーが日曜日だと
そういう言い方をするってことを
今日のニュースで知りました。
まぁ・・・まんま、、ですけど( 'ェ') ・・・・。

ってことで
(強引に)チョコ繋がりで
先日、飲んだフレーバーティー
これが、超~美味しくって♪
もう一回飲みに行きたいって思いつつ
多分、もう、期間終わってそうな予感。。

季節のアレンジティー
「ミルクショコラティー」
milkchocola.jpg
アールグレイを煮出した香り高いミルクティーに、
チョコレートを合わせたショコラティー。
スプーン型のクッキーで、
温州みかん&オレンジのソース、クリームを
溶かしてお愉しみください。

@アフタヌーンティールームです。
なので、こちら1つで
800円前後。。
ちょいお高い。
でも、3~4杯分くらいはあった、、かな。