So-net無料ブログ作成

ちゅう訳でせっかくだし悪いけど続くよまだ2人いる [音楽]

あーついに大晦日です・・・
今年のライブ今年の内に♪ってことで(笑)
ちょっぱやで簡単にまとめます。

昨日はTheピーズ ワンマン
@red cloth
へ行ってきました。
Image9847.jpg

紅布のチケットは
すごーく小さくてかわいいです。
今回は結構早い時間に電話が繋がって
20番以内でした(´艸`)ムフフ
Image9812.jpg

でも、最近はあのライブハウス周辺から
苦情が多いらしく
開場前は階段に並んで待たされるようになりました。
順番関係なく並んでいき
時間になったら呼ばれて入ってくという
形をとってます。
・・・が、、、
その呼び出しの声が
全然聞こえないのです。
「これから呼び出します」の一声も
聞こえないので
「え?呼び始めた??」って感じで・・

おかげで20番以内では入れるはずが
入り損ねてしまいました。。
まぁ、そんなに最前でぜひっ!!ってほど
張り切ってたわけじゃないのでいいんですが
そうじゃなかったら
かなり頭にきてたと思います。
あの入場の呼び出しや並べ方は
もう少し改善していって欲しいなーっと
思いました。

セトリは後ほどハルさんがあげてくれることを期待して・・
さすがは2009年締めくくりのライブだけあって
盛りだくさんな内容でした。
アレもコレもって
結構聞きたい曲満載だったし
恒例?!紅布店長イカちゃんとの
セッションでE沢E吉さんのカバーを
やったりとかもあったし。

そうそう、で、その店長さん。
店長「昨日、ココでコレクターズがライブだったんだよ。」
ハル「あ、そう?言ってくれれば、、、」
店長「え?言ったら来てた?」
ハル「あ、いや、、まぁ・・」
店長「そう。じゃあ。言っとくよ。来たかったって言ってたって。
で、コレクターズとピーズの共通点が1つだけあるんだよ」
ハル「何?」
店長「MCがくだらな過ぎるっ!!(笑)
昨日なんて、ソープランドの話してたよ。
俺がライブハウスやってきて、一番くだらないと思ったMC
ハルがアビさんに「あお●ん好きだよね?」って聞いたこと」

一瞬、ソープランドの話??って思ったんですが
、、、ダフ屋の話の中で
   千葉だかのダフ屋の人が
   「あっちはディズニーランドあるけどこっちはソープランドだよ!」
   って言ってた、、、って話
   一緒に行ってた人に聞いて思い出しました。
   そうだー言ってた~(笑)
   それに対し「うまいっ!」って
   大ウケしてました。

MC繋がりでおもしろかったのは
シンちゃん。
昔、欽ちゃんの番組で
多分、、、同姓同名の人からの投稿が読まれたかで
「茨城県にお住まいの佐藤しんいちろうさん」って
言った瞬間に
家の電話がジャンジャン鳴り出したって話。
結構盛り上がった割には
欽ちゃんの評価は「ややウケ」だったって。

ハルさんはここんとこ
風邪引いたり治ったりの繰り返しみたいで
ちょっと体調悪そうでした。。
どこまで喉が持つか、、って。
その体調悪そう、、っていうのとは
恐らく関係ないですが
いきなり始まる前
ベースのストラップがパーンって外れちゃって
楽器が床にドーンって。。
「あーびっくりしたね~(笑)」って。

おまけに
曲の途中、目をつむったまま歌ってて
パッと目を開けたら
マイクに近づきすぎてて
眉間の辺りマイクにゴンって
思いっきりぶつけて、、
流石にそれは痛かったのか
目をパチパチさせてました。
最後の方、それを理由に
「だんだんロレツが回らなくなってきた、、」
なーんて言ってたし・・

そんなハルさんの来年の抱負?は
ウォシュレットだそうです。
でも、アビさんが
あれが日本人の肛門を弱くしたんだ!って
ウォシュレット反対派ごとく
熱弁してましたが
結局は自分も家で使ってるみたいです。。

あまりにハルさんが欲しがるもんだから
「じゃー来年の12/14楽しみにしとけ!!」って
でもハルさん
「そんなに待てるかっー!」
うん。。それはハルさんに一票(笑)
だってー
約1年後だもんね。。

途中、アビさん、シンちゃんと順番に
ソロっぽく派手に演奏する箇所があって
それぞれに
かっこよかったです。
でも、そんなアビさん
アンプの上に置いてあった
誰かからのお土産の残りを
(箱に入ってたのが残り2個だったみたい)
パクって食べちゃってから
「これ、食べていいの?」って。。
紅布の時は
必ず?途中何か食べてるみたい?
前回たい焼き食べてたし。

タップリ2時間半。
アンコールではアビさん2009年歌い納めもあったし。
、、、これって・・もしかして
   その場で急遽決まった1曲だったのかなー
   「道草」やるはずがイントロに過ぎて、、、って。

あ・・
アンコールの時
最前にいたちょっと太めの男子のことを
マジマジと見て
「君、、、絶対田舎モノだろー!(笑)いい顔しとる」って。
その人はそんなにリアクションしませんでしたが
なんとなくそう言いたくなるの
ちょっと頷ける感じの方でした。
後でちゃんと
「なーんて、、、実は港区出身!とか
シロガネーゼだったりするんだよな~
人は見かけによらず、、って」っと
フォローしてましたけど。

なんかこの友達のライブを
フラ~っと覗きに来た感満載の感じ
紅布のボンヤリ薄暗い照明と
ステージの近さ
ならではなんだなーって
思ってしまいました。
「MCがくだらな過ぎる」じゃないけど
ホントに今頭に浮かんできたことを
何も考えずにパッと言っちゃってるような
リラックス加減でした。

始まってしばらくは
少しマッタリとしてて
あまり激しく盛り上がってなかったんですが
何かをきっかけに
ワーって盛り上がって
最後はすごーく盛り上がって
拳も歓声もいっぱい上がってたので
ハルさんがすごくうれしそうに笑ってました。
「来年もよろしくお願いしまーす」で
ライブ終了。

今年のカウントダウンライブ前
最後のライブでした。
2009年いい締めくくりのライブでした。
今年は武道館ライブも
3回(1回はこれから行くんですが。。)もあったけど
結構小さいハコにも足を運んだせいか
やっぱり小さいハコはいいなーって
改めて実感したような
気がします。

見易さとかだけじゃない
アーティストとの近さを感じられるのは
たとえちょっと大変でも
遠征する価値は大いにあるかなーって。

ライブ終わりで
下北沢の行きつけの(かっこいいー笑)おでん屋さんで
〆の打ち上げ。
2009年いろいろお世話になりました。
ありがとうございました。


<追記>セトリUPされてました♪
<セットリスト>
 01.ニューマシン
 02.日本酒を飲んでいる
 03.3連休
 04.実験4号
 05.新曲
 06.君は僕を好きかい
 07.ロンパリンラビン
 08.犬ゾリ
 09.サマー記念日
 10.Good Old Rock'n & Roll(キャロルカバー)
 11.ルイジアナ(キャロルカバー)
 12.ファンキーモンキーベイビー(キャロルカバー)
 13.ギア
 14.絵描き
 15.赤羽ドリーミン
 16.とどめをハデにくれ
 17.クズんなってGO
 18.生きのばし
 19.初夏レゲ
 20.ノロマが走っていく
 21.体にやさしいパンク
 22.焼めし
 23.でいーね
 24.脱線

 EN.
  01.鉄道6号
  02.しげきな日々
  03.デブ・ジャージ
  04.道草
  05.肉のうた
  06.喰えそーもねー
  07.脳ミソ
  08.Yeah

余談アレコレ [たわごと]

ちょこっと前のレポに
付け足しで書こうっと思ってたら
次々出てきてしまったので
独立させて・・(笑)


その1.
 昨日の大阪のフェスで
 怒髪天
 「オトナノススメ」
 初披露しちゃったそうです~
 まぁ・・増子さんらしいっちゃらしい理由ですが
 ちょぴっと
 カナシイデス。。。。゚゚(PД`q゚*)゚。


その2.
 CDJのレポにて
 The Birthdayのチバさん
   それまで眠そうだったのに、
   俺が設定してあるチャイムのシャッター音にウケるチバ。
   意外と下らない事で笑う奴
 よくは知らないけど
 なんかすごーく当たってる感じがして
 妙ウケてしまいました(笑)


その3.
 そのCDJ専属カメラマンの話。
   柴田恵理さん。通称シバエリさん。
 って書いてあって、、、

 この方、いろんな雑誌や
 ライブ会場でお見かけする
 すごく綺麗なカメラマンさん。
 なんで覚えてるかというと
 すごーく自分の名前に似てるから(笑)
 しかも、通称まで・・
 学生時代、私も同じように
 苗字の一文字(最後の一字)を略して
 同じように呼ばれてました。
 たった一字、されど一字。
 これがあるのとないのとでは
 あだ名になる・ならないの
 大きな違い。
 ちょっと笑ってしまいました。


その4.
 なんかCDJ話ばっかりですが
 今日のEARTH STAGEトップバッターは
 フジファブリックだったそうで
 本来なら今日やるはずだったセットリストのまんま
 過去の映像と音源をスクリーンに流したとか。

 その話を読んだだけで
 ウルウルってきちゃって
 仕事中ヤバかったです。

 今年は多くの著名人の方の訃報を聞きましたが
 今回の訃報ほど
 なんか胸につかえるものが多かったことはないです。
 なんでだろ、、、って
 考えてみたんですが
 きっと。。
 検査の結果、病名不詳
 だから。

 何、病名不詳って??
 って
 ずーっとひっかかってしまってます。
 そんな理由で人って死んでしまうものなのか、、

ちょっと悲しい気持ちになってしまったまま
終わりたくないんで
最後!


 その5.
 同じく昨日の大阪でのフェス
   ピロウズのステージ
   さわおさんが
    「ロックは、いつの時代も、
    テレビや雑誌から発信されるんじゃなく
    ラジオから発信されてきた。
    これからも、いい音楽をぶちかまして下さい」と、
    802に最高の賛辞を送ってたのが印象的でした。
 って。
 『kim deal』の歌詞に通じる
 そして過去の例の雑誌の話にも通じる
 さわおさんなりの皮肉にも聞こえました。
 ロックだな~(笑)


明治通りの歩道橋で待ち合わせ ビートバンドの熱いGIGを観に行こう [音楽]

また春に
っというか、5月に
東京でフェスが開催されるそうです。
その名も
ROCKS TOKYO

サマソニやPUNKSPRINGとかを開催している
CREATIVEMANが主催みたいで
現時点で判明しているのは
「東京一のロックフェス、誕生!」という
キャッチコピーと、開催日程、
そして都内某所で行われるという情報のみ。
会場などの詳細や出演アーティストは
1月中旬から順次発表されるとのこと。。

うーん・・
洋楽中心なのかもね。
そして思っていた通り
春フェスも主流になっていくんだろうね。
うれしいようで
そうでもないようで・・(笑)

さて、年の瀬迫る昨日は
red cloth カウントダウンシリーズ2009
-TOP GEAR SHOW!!-
@新宿・紅布(red cloth)
出演:THE COLLECTORS
   片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ
へ行ってきました!
Image9844.jpg

もうカウントダウンなんていう時期に
なってしまったのね~・・
今年は30日まで仕事をするんで
(現時点ではした、、)
個人的にはまだ
年末って感じがあまりしないのですが
まぁ、、通勤電車の車内が
昨日からガクーンッっと
空いているのを
目の当たりにすると
少しだけ、そんな時期なのねって
感じはしたかなぁ。(≧ω≦)ゞ

ってことで、昨日は
通常勤務より1時間早めての出勤にて
会場へ。
紅布はLOFT同様
会社から歩いていけるので
これでも充分開場時間に間に合うのが
うれしいです♪
先行販売などないチケットだったので
一般で取って20番台。
なんとかオリさん側の2列目辺りへ。

最初は
片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティから。
初めてだと思っていたのですが
ステージに登場した姿を見て
あ、、、見たことあった。。って(笑)
今年の年末もそうですが
去年のQue第三部のカウントダウンで
見たことあったようです。
Voさんだけ白いスーツで
他のメンバーはストライプのスーツで決めてる
5ピースです。
京都の方みたいです。
熱くて面白い方々でした。

何曲かいいかもーって
思った曲もありましたが
基本的にあんまり好きな感じでは
なかったです。
若そうに見えるけど
そうでもないようにも見える、、、
でも来年?10周年だそうで
やっぱりそこそこ年齢はいってるのかも
しれないです。

2マンの対バンライブなので
1バンドの持ち時間が約1時間だったので
結構タップリな印象でした。

続いてTHE COLLECTORS。
最初に加藤さん以外のメンバーが登場。
コータローさんは
白いシャツにデニム。
オリさんは白いポイントで花模様がある黒シャツ。
Qちゃんはグレー?っぽいカットソーに
首元にグリーンのチェックの
バンダナというかストールというかを
巻いていました。
髪型が、、、ちょっと変わった?

ジャジャーンって演奏が始まってから
加藤さん登場。
パープルのタイル柄みたいなスーツ
上下でした。
加藤さんも髪の毛、、
ちょっと短くなった感じ。
1曲目『恋の3Dメガネ』から。
コレクターズのライブは12月の頭に行った
熊谷のワンマンぶりなんですが
つい先日、
クアトロマンスリーのDVDを見たせいか
数日前にライブに行った感覚があり
なんか不思議な感じでした。

この前2009年に行ったライブを総括したんですが
コレクターズ、、今年は
ピロウズに次ぐ
行った回数が多いバンドでした。
まだ曲を全部は覚え切れてないので
行く度に新しい発見があるというか
行く度に毎回楽しみが増して行きます。

そんなコレクターズのライブは
曲が素晴らしいことはもちろん
MCも楽しみの一つで・・

「この年末随分押し迫ってる時期に、、、
今、レコーディングも一緒にやっていて
来年、コロンビアからアルバム
出すことに決まったんで
、、、全く曜日の感覚が・・ないんだよ。
今日、何曜日か分かる?コータローくん」っと
加藤さん。

コータロー「今日?・・・」
加藤「分からないでしょ。
南極観測隊は毎週金曜日は
カレーって決めてるらしいよ。
そしたら、カレーが出てきたら
あぁ!今日は金曜日なのか!!って
分かるから。
俺達も、何か決めようよ」
コータロー「、、、別にいつも一緒にいる訳じゃ
ないからねぇ。。」
加藤「そんな、冷たいこと、、」
コータロー「いいよ。じゃあ、メール送ってあげるよ。
何もないのに。
メールが来たら、金曜日!って。」
加藤「なんか、分かり辛いなぁ・・」
コータロー「あっ、じゃあ、金曜日のメールは
絵文字を入れるよ。」

そんな話題から
加藤「今日もSOLD OUT?
素晴らしい、、、行くとこ行くとこ。
武道館はどうなんだろうね?」
そう、大晦日にテレビ番組の収録もかねた
ライブが武道館であり
それにコレクターズも出演するんですよね♪

コータロー「残ってるんじゃないの?」
加藤「えー残ってるのかぁ。。
じゃぁ・・ダフ屋困っちゃうんね。。
そう言えば、最近いなくなったよね~ダフ屋。
コータロー「永ちゃんクラスならいるよ」
加藤「MIKAはいなかったよ」
コータロー「MIKAくらいじゃ、、」
加藤「MIKAも頑張ってるよー高い声だして」
コータロー「永ちゃんなんて、60(才)だよ」
加藤「昔は、日進パワーステーションとかでも
ダフ屋いたりしたのに。」
コータロー「あれはー
本当は仕事の日じゃないのに
たまたま前通りかかって
血が騒いじゃって、、」
加藤「非番のダフ屋なの??」

っと、、、ここからダフ屋話に火がつき(笑)
昔、コレクターズのライブの時にいた
ダフ屋さんからチケットを買った人が
「誰が好きなの?」って聞かれたから
「ギターの人」って答えたら
「あれは、良いっ!」って褒めてた話や
コータローさんが以前マドンナのチケットを
1枚余らせたから、会場周辺でダフ屋に売ったところ
かなり良い金額で買い取ってくれたらしく
気分がよくなり
そのダフ屋にビールとかおごっちゃったって話、
加藤さんはロンドンレコーディングに行ったとき
THE WHOのライブ行くのを
3ヶ月も前から楽しみにしていて
チケットをちゃんと手配していたのに
当日暇だから、、ってフラっときたQちゃんの方が
全然良い席で見ていた話などなど。

挙句の果てには
婚活だって、前から決めたらかって
いいことあるとは限らない
ダフ屋に紹介してもらえばいいんだ
なんてとこまで飛躍?!(笑)
コータローさんは
あのダフ屋の独特のテンポある言い回しが
結構お好きなようで
「ない人あるよ、ある人買うよ、、って
あれ・・どっちなのー?!ってね(笑)
あれ好きなんだよな~」と。
確かに、、あの声は
独特の声のトーンがありますね。。

そんなオモシロトークですが
「もう来年は封印するから」って・・
えー。。そんな。(*´-ェ-)
そう言いつつも
ポッドキャストが2009年の年間25位以内
(実質は4位?!)にランクインして
非常に好評で
なんと、このライブの前にも
1本分?だか収録してきたとのこと。
「売れっ子で忙しいから、、
で、、すっかり、芸能人ついちゃって。。。
明けてもないの
明けましておめでとう、、って言ってたら
そこコータローくんに突っ込まれちゃって。。」
来年もオモシロトーク
期待してます♪

これだけのオモシロトークを
繰り広げておきながら
次の曲はびしーっと
『愛まで20マイル』ですから。
その曲やる前の
MCの内容ではなかったなぁ、、って
この時ばかりはチラっと
思ってしまいました(笑)

そして
実は・・・
去年もこの時期にこの紅布で
ライブをやったんですよね。
その時は、ちょうど
ウェルカム・トゥ・フラワーフィールズ・ライブ・ショウ(DVD付)

ウェルカム・トゥ・フラワーフィールズ・ライブ・ショウ(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2008/08/20
  • メディア: CD
  メジャー・デビュー前年、
  1986年11月3日に新宿JAMで行われた
  初のワンマン・ライヴ
  「ウェルカム・トゥ・フラワーフィールズ 
     &マッシュルーム・キングドム」の
  ライヴ音源と映像が初公式作品化!
っという
「ウエルカム・トウ・
フラワーフィールズ・ライブ・ショウ」
がリリースされたこともあり
そのライブと同じセットリストで
やってくれました。

ってことで
前置き長くなりましたが・・
ここ紅布は
明治通り挟んで向かいに
新宿JAMがあることから
絶対にやってくれそうな1曲
『明治通りをよこぎって』
やってくれました~
そこから、明治通りにまつわる?
思い出話。

「もう明治通りに歩道橋なくなっちゃったからねぇ・・
向かいの、、新宿JAMの前に
歩道橋があったんだよ。
昔は、よくそこで待ち合わせたね。
あの頃は俺達も仲良かったよね・・」
なーんて加藤さん。
歌詞に出てくる
ペットショップも
ストロベリーファームも
なくなってしまって、、
今では四季の道だけしか
残ってないとか。
(って言ってたら、
 ペットショップはまだあるよって声も)

「あの頃は、、加藤君って
呼んでくれてたのに」
「それさ、、前も行ったと思うけど
もう無理があるから・・・
それにしても、
あの頃とすっかり変わっちゃったよね」
って言うので
てっきり加藤さんが、、って思い
コータローさんってば
思い切った発言するなーって
ビックリしてたら
「あっ、リーダーが、、じゃないよ!
明治通りもって話だよ」って
慌ててフォロー。
加藤さんも「あービックリした~
すっかり変わったって、、すげーショックだった」って。
いや、加藤さんのお気持ちは
よーく分かります(笑)

そんな風に
昔の曲に出てくる歌詞は
今の時代には
合わないことも多いわけで
「TOO MUCH ROMANTICで
今の時代、ダイヤルは回せないですよって
いつも終わった後馬鹿にされるんだよ。
だから新曲をどんどん書いていこうと思う」っと。
うれしいお言葉(笑)
でもその流れでやってくれた
新曲『エコロジー』
すごーく音楽はかっこいいの
どうも歌詞を聴くと
プッっと噴出したくなってしまうのは
私だけでしょうか。。。
ロックっぽくないんだよなぁ・・

「武道館に来てくれる人には
今から言っておくけど
申し訳ないくらいアッという間に
すぐ終わるから、、
だからその時やる曲を
今からやろうと思う!」
「えーっ・・・」

すぐ終わるって話にも
えーっ・・・なんですが
なんでその時にやる曲を今もやるのか
にもえーっ・・・でして。。
すると「いやいや。。
もう今日とそこでやったら
この先は二度とやらないような曲だよなー?
それを2回も聞けるんだから!」
ってなんか上手く丸め込まれたような
気もしないでもないんですが
『JOIN TOGETHER』を。
この曲は、フミヤさんに提供した曲です。
なるほど~
確かに。。。レアかも。

最後は
ちょっと久しぶりの
『Million Cross Roads Rock』で
終了。

続いてすぐにアンコール。
「今年はすごく良い年だった
だから忘年会はしない、、」って
加藤さん。
そうかー
忘れたくない年には
忘年会は必要ないのか・・
なら、私も今年はすごく素敵な1年だったので
忘年会は必要ないです♪

最後の最後は『世界を止めて』で
ウットリと締め。
何度聞いても素敵です。

1時間くらいはやってくれていたと思いますが
アッという間に終わってしまった印象です。
では。
本日も紅布
行って来ます~


<セットリスト>多分・・です
 01.恋の3Dメガネ
 02.?
 03.Tough

 04.愛まで20マイル
 05.明治通りをよこぎって

 06.エコロジー
 07.JOIN TOGETHER(セルフカバー)
 08.たよれる男
 09.?
 10.Million Cross Roads Rock

 EN.
  Biff Bang Pow
  世界を止めて



余談。。
うろ覚えのMCで
今年49歳になられた加藤さん。
でも、そんなお歳には見えないことから
保険の勧誘などの訪問販売が自宅に来て
玄関に出ると
「お父さんいる?」って言われる
(のを目指してるだか、冗談だか、、、笑)
・・・いや、それは流石に
無理があると思いますが。。。

あ、昨日は
コータローさん、コーラー飲んでました。
ってことは、
この前の熊谷での茶色い飲み物も
きっとコーラーだったんでしょう。


アレレ。。結局〆は・・・(笑) [GLAY]

久々にGLAYネタ♪

去年の年末もM-ONで生中継してくれたんですが
今年の年末も
  GLAY 15th Anniversary Yearを締めくくるアリーナツアー
  “GLAY ARENA TOUR 2009 THE GREAT VACATION”より
  最終日、12/31(木)幕張メッセで行われる
  カウントダウンライブの模様を完全生中継でお届けします。
とのこと。

この番組プロモーションの一環として
今日から1/3までの1週間
東急田園都市線渋谷駅ハチ公改札付近を
GLAYとエムオン!がジャックします!

  GLAYの写真を使用したタテ約2m、ヨコ14mにもわたる
  特大ポスターが出現!
  柱周りは、メンバーそれぞれの写真でデザインされます。
  さらに!3箇所に貼られたタテ2m×ヨコ3mの特大ポスターには、
  名刺サイズの番組告知カードを約2,500枚貼り付け。

って。
このニュース、
土曜日くらいからM-ONのHPにUPされていて
月曜日だし、仕事行く前に行けば
カードもらえるんじゃない??
なーんて、、、思ってたのに
私が出勤前に通った時には
まだ、ポスターは出現してなくて・・
まさかそのために遅刻していくわけには行かず
仕方ない、、帰りにするか
って思ってたら
どうやらカードはものの数分?!数秒?!
分からないですが
アッと言う間になくなってしまったそうです。
くぅ・・・((ノω<〃)

まぁね、朝、通った時
かなりの人が
ポスター出現を今か今かと待ってらっしゃいましたし
2500枚ってすごい数に思えて
実はZeppのキャパより少ないわけで
よくよく考えたら
そりゃそうですよね。。

ま、ポスターはなくならないんで
仕事帰りにしっかりパチリしてきました♪
Image9835.jpgImage9836.jpg

渋谷駅をジャック!って言うわりには
そこまですごーくはなかったですが
でも一応、
両壁面にドドーンっとこれでもか~って
掲示されていました。
GLAYファンならうれしいだろうなぁ(笑)

さて、そんな今日は、
仕事納めならぬ(仕事は30日まで)
買い物納めでした。
明日からライブ3連発ですから。

そしたら、かわいいお買い得品を
見つけてしまい
買い物納めとかこつけて(←なんだ?それ・・笑)
思わず買ってしまったよ・・・( ̄(エ) ̄*)
Image9837.jpg

フレーバーコーヒーと
カップがセットになってるもの。
このカップのイラストが
クマ
だったんだもん。
Image9838.jpg

他にもうさぎとかペンギンとか
あったみたいですが
お店に売られてるのは
クマのみでした。
Image9839.jpg
超・私好見!って思ったら
suicaとかのイラストを描いてる人の
デザインだったみたいです。
どうりで♪
私はあのsuicaのペンギンちゃんに惹かれて
昔はJR使わないくせに
suica買ってましたから(笑)

そうそう。
キュウちゃんのブログで

 “昨日は山中さんと福岡さんとクハラさんで
  一曲プリプロをした後一緒に飲んだのですが”

って書いてありましたが・・
これはさわおさんとあっこちゃんでしょうか??
担当楽器的に3ピースになるもんねぇ。
ソロアルバム?のお話
本格的に進んでるんでしょうか~(*´m`)むふ♪

今年も残すところあと3日!
来年の情報欲しいです~

好きな音を鳴らして音楽と呼べば良い [年間ライブ記録一覧]

2009年最後の日曜日。
まるちゃんもサザエさんも
大晦日のお話でした。
年越し蕎麦は
来年、細く長く達者に暮らせるように
食べるんだそうですが
ここ何年も
年越し蕎麦、、、食べてないなぁ~って
思ってしまいました。

さて、今日は
今年1年間で行ったライブの
総括をしたいと思います。
とりあえず・・
the pillowsとその他でカウントしてみました。


◆the pillows
 01/13(火)KOENJI HIGH 1st anniversary special!!@高円寺 HIGH
 01/24(土)ウンガラガッタtour'09 "新春 接近戦10連発"
        ~トーキョーブラッサム VOL.24~ @恵比寿LIQUIDROOM  VS. 怒髪天
 02/21(土) LATE BLOOMER SERIES 02~BLUE SONG WITH BLUE POPPIES~
        @恵比寿 ザ・ガーデンホール
 04/18(土)CAPITAL RADIO '09 ~DAY1@大阪BIGCAT with:怒髪天/monobright
 05/28(木)MTV LIVE JAPAN TOUR ’09 SPRING ~Road to VMAJ~
        @Zepp Tokyo with:THE BACK HORN and more
 06/08(月)ジャイアンナイトfeat.FUNNY BUNNY@川崎CLUB CITTA'
        with GOING UNDER GROUND and more
 07/14(火)-WAVE PLATOn LIVE@ Zepp Tokyo  with くるり/サカナクション
 20th Anniversary
   LATE BLOOMER SERIES 04 “SYNCHRONIZED TOUR”

   06/13(土)Zepp Tokyo  vs GLAY
   06/24(水)下北沢CLUB Que  vs Theピーズ
   08/01(土)Zepp Zendai  vs The Birthday
   08/07(金)広島CLUB QUATTRO  vs THE COLLECTORS
   09/07(月)渋谷CLUB QUATTRO vs noodles/monokuro/POP CHOCOLAT 
          ※デリシャスバンプショウ 
 09/16(水)the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 06
        "LOSTMAN GO TO BUDOKAN"@日本武道館
 10/24(土)TOWER RECORDS 30th Anniversary SPECIAL FACE THE MUSIC!
        @新木場STUDIO COAST with:怒髪天/TRICERATOPS and more
 "OOPARTS TOUR"
   12/02(水)東京 Shibuya O-EAST
   12/06(日)高崎 club FLEEZ
   12/19(土)新潟 LOTS
 12/31(木)VINTAGE×DI:GA 2010@渋谷CLUB QUATTRO


◆その他
 01/09(金)怒髪天 ウンガラガッタ tour '09"新春 接近戦10連発"@千葉LOOK
 01/17(土)THE COLLECTORS ファンタスティッQue-2009@下北沢CLUB Que
 01/18(日)THE COLLECTORS ファンタスティッQue-2009@下北沢CLUB Que
 02/02(月)DRF4 DAY2@CLUB CITTA'
        ストレイテナー/MO'SOME TONEBENDER/LUNKHEAD and more
 02/08(日)MIXUP~TUWEEN the RADIO~Vol.2@恵比寿LIQUIDROOM
        THE COLLECTORS/椿屋四重奏/アンダーグラフ/シュノーケル
 02/09(月)DRF4 DAY9@Shibuya CLUB QUATTRO
        斉藤和義/TORICERATOPS/アナログフィッシュ
 02/13(金)DRF4 LAST DAY@CLUB CITTA' 怒髪天/THE COLLECTORS and more
 02/24(火)MTV LIVE JAPAN TOUR'09@Zepp Tokyo
        ACIDMAN/DOPING PANDA/髭/SOIL&"PIMP"SESSIONS
 03/06(金)ストレイテナーNexus Tour@横浜BLITZ
 03/13(金)HiGE2009『CLUB JASON』@SHIBUYA CLUB QUATTRO
 04/01(水)髭(HiGE) @三軒茶屋Heaven's Door
 04/05(日)THE COLLECTORS Beatful Sunday Live@渋谷CLUB QUATTRO
 04/06(月)マキシマムザホルモン 爪爪爪裏FINAL TOUR@横浜BLITZ
 04/12(日)怒髪天 4.12春の陣"スプリング・ファイト労働戦士決起集会"@渋谷AX
 04/17(金)チャットモンチー Hall In Love Tour 2009@NHKホール
 04/19(日)CAPITAL RADIO '09 ~DAY2@大阪BIGCAT
        フラワーカンパニーズ/Theピーズ/TOMOVSKY
 04/29(水・祝)フラワーカンパニーズ@恵比寿LIQUID ROOM
 05/01(金)怒髪天 プロレタリアン・ラリアット tour 09
        ~ダイナマイトフィーバー・スターティング・マッチ~@新代田FEVER
 05/08(金)ストレイテナーNexus Tour@日本武道館
 05/10(日)THE COLLECTORS Beatful Sunday Live@渋谷CLUB QUATTRO
 05/24(日)HiGE2009 『D.I.Y.H.i.G.E.』TOUR@新木場STUDIO COAST
 05/26(火)DELICIOUS LABEL presents DELICIOUS FAMILY LIFE
        @下北沢 CLUB Que  
        noodles/monokuro/POP CHOCOLAT/山中さわお(弾き語り)
 05/30(土)rockin'on presents JAPAN CIRCUIT -vol.46-@SHIBUYA AX
        BEAT CRUSADERS/the HIATUS/Yacht
 06/07(日)THE COLLECTORS Beatful Sunday Live@渋谷CLUB QUATTRO
 06/19(金)バンドトモフワンマン2009 Vol.2@SHIBUYA O-West
 06/20(土)CLUB Que 15th ANNIVERSARY SEASON2
        ~APOLLO15 PROJECT vol.20~ THE COLLECTORS/フーバーオーバー
 06/27(土)UNDER THE COUNTER
        CLUB Que 15th ANNIVERSARY SEASON 2 @下北沢CLUB Que
 06/28(日)怒髪天「プロレタリアン・ラリアット tour 09」
        ~チャンピオン・カーニバル~ @赤坂BLITZ
 07/05(日)THE COLLECTORS Beatful Sunday Live@渋谷CLUB QUATTRO
 07/06(月)LOW IQ & THE BEAT BREAKER×ACIDMAN@Zepp Tokyo
 07/12(日)怒髪天 トーキョーブラッサムVOL.25
        独占男の60分 VS 60分 "ヒゲとオジン" @渋谷CLUB QUATTRO
 07/15(水) Nothing’s Carved In Stone POLYPOID TOUR@恵比寿LIQUIDROOM
 07/16(木)GG09 @渋谷AX  ACIDMAN vs The Birthday
 07/22(水)the HIATUS Trash we'd Love Tour 2009@新木場STUDIO COAST
 07/24(金)MIXUP+~TUWEEN the RADIO~vol.3@恵比寿LIQUID ROOM
        怒髪天/monobright/セカイイチ and more
 07/30(木)フラワーカンパニーズ フォークの爆発@渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
 08/23(日)THE COLLECTORS Beatful Sunday Live@渋谷CLUB QUATTRO
 08/28(金)shinjuku red cloth The 6th anniversary@新宿・レッドクロス
        THE COLLECTORS/FURS
 08/31(月)TRICERATOPS WILD SUMMER TOUR 2009@SHIBUYA O-EAST
 09/11(金)myQroczuqay presentsマイクロ集会0005@高円寺SHOW BOAT
        ホスト:阿部耕作 ゲスト:ケイタイモ/クハラカズユキ/うつみようこ and more
 09/21(月・祝)SONIC FESTIVAL '09@SONIC The ELEMENTZ  ACIDMAN/二千花
 09/27(日)"APOLLO15 PROJECT vol.41"@下北沢CLUB Que
        フラワーカンパニーズ/THE NEATBEATS
 09/29(火)髭(HiGE) “We are HiGE!” TOUR@川崎CLUB CITTA'
 10/04(日)Theピーズ ONE MAN LIVE2009@赤坂BLITZ
 10/07(水)the HIATUS Ghost In The Rain Tour 2009 @新木場STUDIO COAST
 10/08(木)the HIATUS Ghost In The Rain Tour 2009 @新木場STUDIO COAST
 10/10(土)LOW IQ 01 presents MASTER OF MUSIC!!@JCBホール
        with BRAHMAN/KEN YOKOYAMA/ACIDMAN
 10/12(月・祝)~CLUB Que 15th Anniversary SEASON3~
          ファンタスティッQUE 秋スペシャル THE COLLECTORS -oneman-
 10/15(木)"Que15周年記念「特追最前線」 ~OVERFLOW 2L~"
        THE BACK HORN/SxOxU(松本素生) 
 10/16(金)ACIDMAN LIVE TOUR"A beautiful greed"@Zepp Tokyo
 10/17(土)フラワーカンパニーズ結成20周年記念
        日比谷野音ワンマンライブ 「20年だョ!全員集合」
 10/18(日)The Birthday TOUR 愛でぬりつぶせ'09@横浜ベイホール
 10/29(木)怒髪天 結成25周年特別企画
        オールスター男呼唄 秋の大感謝祭 -愛されたくて・・・四半世紀- @SHIBUYA AX
 10/31(土)ACIDMAN LIVE TOUR"A beautiful greed"@広島・CLUB QUATTRO
 11/13(金)髭(HiGE) CLUB JASON@品川ステラボール
 11/14(土)'09←'94 高畠俊太郎 debut 15th annivarsary LIVE!@下北沢GARDEN
        guest:杉本恭一(LÄ-PPISCH)/山中さわお(the pillows) and more
 11/15(日)shimokita roundup 山中さわお/noodles/monokuro and more
 11/18(水)the HIATUS×STRAIGHTENER BRAIN ECLIPSE TOUR@横浜BLITZ
 11/21(土)ACIDMAN LIVE TOUR"A beautiful greed"@NIIGATA LOTS
 11/22(日)BABY! 国道17号を飛ばして来たぜ! @下北沢・GARDEN
        THE COLLECTORS/GOING UNDER GROUND
 11/23(月・祝)The Birthday TOUR 愛でぬりつぶせ'09@郡山Hip Shot Japan
 11/24(火)千葉LOOK 20th ANNIVERSARY ~ 6x9=53days ~
        @千葉LOOK 怒髪天/THE BACK HORN/ ハネノベンツ
 11/28(土)ACIDMAN LIVE TOUR"A beautiful greed"@Zepp Nagoya
 11/29(日)ACIDMAN LIVE TOUR"A beautiful greed"@Zepp Nagoya
 12/01(火) Rooftop 33rd years Histric wheel a track"ROOFTOP PROOF 09" 
        @新宿LOFT The Birthday VS THE GROOVERS
 12/05(土)THE COLLECTORS Sweet Home Kumagaya
        @HEVEANS' ROCK Kumagaya VJ-1
 12/12(土)フラワーカンパニーズ シリーズ・人間の爆発2009末 @Shibuya O-EAST
        with:Spitz/2人ピーズ(大木温之・安孫子義一)
 12/14(月)大木兄弟生誕44周年記念@下北沢CLUB Que
        TOMOVSKY/2人ピーズ(大木温之,安孫子義一)
 12/22(火)ACIDMAN LIVE TOUR "A beautiful greed"@日本武道館
 12/24(木)TOKYO FM×SHINJUKU LOFT presents「90×90」@新宿LOFT
        The Birthday/こだま和文 from DUB STATION
 12/29(火)red cloth カウントダウンシリーズ2009 -TOP GEAR SHOW!!-
        THE COLLECTORS/片山ブレイカーズ&ザ★ロケンローパーティ
 12/30(水)Theピーズ ワンマン@red cloth
 12/31(木)BSフジ10周年記念 BS☆フジイSPECIAL LIVE@日本武道館
        藤井フミヤ/THE COLLECTORS and more


◆FES
 03/20(金・祝)、21(土)、22(日) ロックの学園@三崎ロック学園
 04/25(土)、26(日) ARABAKI ROCK FES'09@エコキャンプみちのく
 08/14(金)、15(土) RISING SUN ROCK FES’09@石狩湾新港樽川ふ頭横
 08/29(土) SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2009@山中湖交流プラザきらら


  the pillows   18本(うち1本はこれから)
  その他       73本(うち3本はこれから)
  FES        4本(計8Days)
--------------------------------------------------------------
  合計       95本


昨年も同じこと書きましたが・・
ピロウズの本数は毎年ほぼこの本数なんですよね。
今年はアニバーサリーだったので
グーンと本数増えるかと思ってたんですが
意外と、横ばいでした(笑)
まぁ、あきらかに
他のに行き過ぎた結果なのかも
しれないのですが、、、(・∀゚)!

で、その他のうち
目立ったアーティスト別本数ですが。(重複あり/フェスは含まず)
  THE COLLECTORS・・・17本
  怒髪天・・・12本 
  ACIDMAN・・・11本  
  髭・・・7本
  フラワーカンパニーズ・・・6本
  The Birthday・・・6本
  the HIATUS・・・5本
  Theピーズ・・・5本


今年の感想。
とにかく、ライブに行きまくった!(笑)
その一言に尽きます。
後半、、スケジュール帳を見て
月8本以上が当たり前って
感覚がちょっと麻痺してました。
数年前は2Daysとか連チャンになるのでさえ
ちょっと躊躇ってたくせに
3Daysとか4Daysとか
やっちゃったしなぁ。。
でも、やっぱりあまり連チャンになるのは
好きではないです。(ホントに)

遠征も、、ちょっと頑張ったかも・・
第二の故郷 広島に
まさか2回も行くことができるとは。
思い出の味も味わってきたし。

あと、、、その行きたいライブが
増えたから仕方ないですが
とにかく、被りまくったなぁ・・
泣く泣く行くのをあきらめたライブも
結構ありました。
なので、もし、仮に
行きたいライブが1つも被ってなかったら
もっと本数増えてたってことなんですけどね(笑)


思い出に残るライブ
 ・怒髪天で2009年のライブ生活スタート 千葉LOOK最高!
 ・Queでコレクターズ2Days 全てがキラキラしてて素晴らしかった。
 ・怒髪天vsピロウズ、、またこの対バンが見れるとは。
 ・ピロウズライブで席あり?!もう二度とないかもね。
 ・2年越しの念願の曲が聞けたロックの学園(しかもTVでもOA!永久保存版です♪)
 ・クアトロマンスリー皆勤賞!12ヶ月マンスリーでも行きたいくらい。ずっと続けて欲しい。
 ・さわおさんの20年間の色んな想いがこもった涙をチラリと見れた下北沢Que。
 ・ACIDMANとThe Birthdayの対バン チバさんを最前で見た!
 ・ピロウズvsコレクターズ、、きっと一番うれしかったのはさわおさんだったはず。
 ・大トリは予想以上に過酷だった?!RSR。
 ・最高のラインナップ山中湖2日目。来年もぜひっ!
 ・あんなに泣いたライブはない、、916の武道館ライブ。
 ・QueでTHE BACK HORN あの熱さはたまらんです。
 ・初日から感動ACIDMANツアー もう二度とあんな最前続きはないだろうなぁ・・
 ・11年ぶりのフラカン野音、、まさかの開演直前の雨!でもホントにフラカン好きだなーって実感。
 ・The Birthdayの魅力に気づかされた横浜ベイホール。
 ・増子さんの男泣き、怒髪天への愛情を感じた秋の大感謝祭。
 ・郡山に行けちゃう距離だった分かった郡山Hip Shot Japan。
 ・千葉LOOKで最前!あの2バンド対バン企画ありがとう!やっぱり千葉LOOK最高!!(笑)
 ・オリさんのピックキャッチ!の熊谷。
 ・とにかく全てに感動したOOPARTSツアー@新潟LOTS。
 ・チバさんの赤鼻のトナカイ。

挙げだすとキリがないので
パッと直感的に浮かんできたものを
羅列してみました。

でも、思い出しながら思い出したんですが
今年は本当に素敵なアニバーサリーライブが
多かったです。
ピロウズも20周年、フラカンも20周年
そして怒髪天も25周年。
全てが、色んなバンドに
そして多くのお客さんに愛されてるバンドなんだなーって
すごーく感じたし
自分がその場でその素敵なライブを見れてる
その素敵なバンドの存在に気づけてる
そんな自分をちょっと誇らしく思えた1年でした。

来年も素敵なライブ生活を送りたいです。

リリースラッシュなんだけど・・(→㉨←?) [音楽]

会社の人がインフルエンザにかかってから
1週間が経過しましたが
未だに発症してないところを見ると・・
どうやら大丈夫だった模様です。
まだ2,3日は完全に安心はできないけどー
ひとまず、その人を恨まなくて済んで
ホッとしてます(笑)

今週末は久々に土日に大きな予定なし・・・(´・(エ)・`)。。
年末らしく
年賀状書きや
大掃除とは到底呼べない小掃除
実家へのお土産購入
DVDレコーダーのハードの整理
などなどなど、、、やって過ごしました。

さて。
来年の話ですが
1月のリリースラッシュがすごいんです。

1.13
4988005587633.jpg
タワレコ限定CD
The Birthday『マディ・キャット・ブルース』

1.20
Rodeo star mate(DVD付)【初回生産限定盤】

Rodeo star mate(DVD付)【初回生産限定盤】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: avex trax
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: CD


LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回生産限定盤】 [DVD]

LOSTMAN GO TO BUDOUKAN【初回生産限定盤】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • メディア: DVD


1.27
ド真ん中節(初回限定盤(DVD付)

ド真ん中節(初回限定盤(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD

↓↓↓↓↓↓通常盤のジャケットはコレ!↓↓↓↓↓↓
ド真ん中節

ド真ん中節

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD


4547403009170.jpg

フラカン入門(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD


さらにコンピアルバムまで!
NO MUSIC,NO LIFE.SONGS【初回限定フラッシュプライス盤】

NO MUSIC,NO LIFE.SONGS【初回限定フラッシュプライス盤】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: rhythm zone
  • 発売日: 2010/01/27
  • メディア: CD

タワレコ限定のジャケットはもちろんタワレコカラー(笑)
news_large_NOMUSICNOLIFESONGS_tower.jpg

なのに、、、、
2枚残って使い道に困っている
タワレコインの使用期限は
1.11って・・・(-ω-`;)

2枚だと10%OFFになり
明日までウインターセールでWポイントだから
何かに使うなら明日かも?!っと思ってますが
コレといって特別欲しいものが見つからず。。
今のところ候補は

2009.07.21 Trash We’d Love Tour Final at Studio Coast [DVD]

2009.07.21 Trash We’d Love Tour Final at Studio Coast [DVD]

  • 出版社/メーカー: フォーライフミュージックエンタテインメント
  • メディア: DVD


創造のパルス(初回限定盤) [DVD]

創造のパルス(初回限定盤) [DVD]

  • 出版社/メーカー: Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
  • メディア: DVD


うーん。。。
意外と10%OFFされても
そう安くなった!感は少ないのよね・・


今日はアマゾンのリンク
無駄に多用してみました(笑)

なぁ奇跡ってやつをもう一回信じてみよう真夏に咲いたポインセチアみたいに [音楽]

ちょっと気を取り直して・・

Merry Christmas!!
Image9833.jpgImage9834.jpg

まぁ、言うほどクリスマスが好きって訳では
全くないです。
でもそうは言っても
クリスマスやイブの日にライブって
そういう名目のライブじゃなくても
ちょっと特別なことを期待してしまいます。。(人´∀`o)

そんな昨日は
TOKYO FM×SHINJUKU LOFT presents『90×90』
@新宿LOFT
出演:こだま和文 from DUB SATATION
   The Birthday
へ行って来ました。
Image9831.jpg

1ヶ月に2回も
同じライブハウスで
The Birthdayのライブを見るとは。。
ツアーとかじゃなく。
いかにいろんなイベントに出演してるかって
ことですよね。。
今まであまり頑張ってチェックしてなかったんですが・・
来年はアチコチ行くことになりそうです♪

で、昨日のイベントは
『90×90』っというだけあり
1バンド90分の持ち時間の対バンライブという
すごーいイベント!
だってーワンマン並みじゃない??
それに気付いたのは
ライブ始まってからなんですけどね。。

LOFTって18:30OPEN/19:30STARTってことが
割とあるので
普段は1時間早めての勤務で行っても
余裕で開場時間に間に合うのですが
昨日は、まぁ、その持ち時間が長いライブのためか
18:00/19:00でした。
・・が、連休明けのため
半休取るわけにも行かず
いつものように1時間早めての勤務で行き
開場時間過ぎてから到着。

でも前回の時は
入場にすごく時間がかかっていたので
もしかしたらギリギリ間に合うかも?って
淡~い期待を抱いて会場へ着くと、、
全くそういった気配なし!
一瞬時間間違えた?!ってドキリとしたくらい。
恐る恐る中へ入ってみると
もうすっかり呼び出しは終わっていて
チケット持っていれば誰でも入れるよ状態でした。
、、、、なんであんなに早かったんだろう。。

だけど中はそんなに人でいっぱいではなく
ロッカーも空いていたんで
無事、荷物も入れることができ
ここんとこ、いつもイマイさん側だったので
今回は久々にハルキさん側に行ってみることにし
ハルキさん側のホントに端
3列目辺りで待機。
一応、、この日はSOLD OUTしていたにも関らず
早い時間での客の入りが悪かったのは
年の瀬だからですかね・・
始まる前にはフロアはいっぱいになってました。

最初はどうやら
こだま和文 from DUB SATATIONさん。
この方は50歳過ぎのトランペット奏者の方で
DJの鳴らす音をバックに
トランペットを演奏したり
MCをしたり、踊ったり、時には歌ったり、、と
パフォーマンスをされてました。

トランペットはさすがソロで活動してるだけあって
ものすごーく上手でした。
・・・が。。
いた場所がスピーカーのまん前だったせいもあり
一緒に合わせているDJの音が
超~でかくて
耳の鼓膜がやられるか、、、って思うほど
時折苦痛になったりしてました。。(笑)

音楽は、、うーん・・
不思議な感じ。
とにかくそのDJの鳴らす音が
そういう不思議な音やリズムだったりするので
全てにおいて不思議な感じでした。
「クリスマスイブというこの日に
ここ、新宿LOFTで
みんなといることが幸せです。」って
何回も言ってました。
90分、、、よりちょっと少なかったかな。。
でも充分、お腹いっぱいになりました(+ω+;`)

続いて
ステージ転換をし
The Birthday。
おそらく、、、9割はThe Birthdayファン?
終わった辺りから
徐々にゆる~い押しがあって
最終的には
2列目辺りの斜めからですが
ステージがよく見える位置に行けました。。
でも・・これまたスピーカーのまん前で
爆音のあまり、音の聞こえはよくなかったです。
今後LOFTに行く時は
場所、、考えないとなぁー(汗)

「オーライッ!」っていうような
チバさんの掛け声と共に、
1曲目『カレンダーガール』からライブスタート。
なんかこれが1曲目って
ちょっと意外。
もちろん、盛り上がる曲なので
フロアのテンションも一気にUP!

『BITCH LOVELY』は初めて聞く曲で
The Birthday初のダブ・リミックス盤。

The Birthday meets Love Grocer at On-U Sound Mixed by Adrian Sherwood

The Birthday meets Love Grocer at On-U Sound Mixed by Adrian Sherwood

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: TRIPPIN’ ELEPHANT RECORDS
  • 発売日: 2009/05/13
  • メディア: CD

UKダブの重鎮、エイドリアン・シャーウッドのプロデュースで、
『NIGHT ON FOOL』からセレクトされた楽曲などを
斬新なアプローチでリミックスしているという
CDの中に収録されている
初のレゲエソングだそうです。
確かにちょっと雰囲気違っていて
誰かのカヴァーかと思いました。

このダブ・リミックスですが
ダブとは、レゲエ楽曲のリズムを
より強調する様にミキシングし、
エコーやリバーブなどの
過剰なエフェクトを施し加工することで
全く別の作品に作り変えてしまう
リミックスの元祖とも言われるものらしいです。

が、、ふとダブ・リミックスと聞いて、、
そうか・・対バンのこだま和文さんって、、
日本初となるダブバンド「MUTE BEAT」を
結成した人なので
それでこの選曲だったんだ!って。
うーん、、流石です(笑)
上にこだま和文さんの音楽が
 ‘DJの鳴らす音が
  そういう不思議な音やリズムだったりする’
って書きましたが、
それもこれもこのダブミュージックだったから
なのかなーって思うと、納得です。

続いて
クリスマスが近いとなれば
『LUCCA』だよね~
CDではシャンシャンって鈴の音も入ってるし。
これは期待してました♪
数曲しかやってなくても
すぐに汗だくになるチバさん。
そう言えば、また髪がスッキリした印象でした。
あとイマイさんはターンしたり
激しく動き回って弾くので
せっかくセットしてきた髪が
すぐにボサボサっぽくなってました。

ついこないだリリースされた新曲
『ピアノ』にそのC/W『いとしのヤンキーガール』
さらにまだリリースされれてない新曲
『ディグゼロ 』に
タワレコ限定CDの『マディキャットブルース』
にそのC/W『狂っちゃいないぜ 』など
いつものことですが
新曲オンパレードも
The Birthdayのライブならでは。

『ディグゼロ 』なんて
すっかり聞き慣れてきたので
まだリリースされてなかったんだ。。って
逆に驚いてしまうくらい。
この曲の出だし、4人が同時に音を出して
ピタっと止めて
また音鳴らして、ピタっと止めての繰り返しが
何回かあるんですが
超緊張感漂う感じでがなんともかっこいい。
さらにそれに続く
ハルキさんのベースソロが
これまたかっこいいです。

『マディキャットブルース』
実はこの前ラジオで初OA?の時
たまたま聞けて
一度だけ聞いたことあったんですが
主人公がネコという歌で
歌詞がストレートで
ちょっと物寂しい雰囲気の曲です。

『stupid』では
恒例の替え歌部分

 ~サンタクロースの腹の中か

おぉ~
きましたっ!(笑)
クリスマスVer.です。

ここまでずーっとMCなしで
ようやく・・
チバさん「もうあと、、あれだね…」っと
私はおそらく
今年も残すところ、、的な話をしたかったのかと
思うのですが
“あれ”の部分がなかなか思い出せずに
「・・・」が続いていたら
フロアから
「メリークリスマス!!」って声が。

で、「あぁ、、そう。
クリスマスか。。。」って(笑)
でも正確なところを言うと
昨日はクリスマス・イブで
それをキューちゃんがすかさず
「明日だけどね」的なつぶやきをしたようで
(よく聞こえなかったんで、、)
「あのー明日なんでしょ?
キリストが生まれたのは。
なんか・・後ろからそういう声が聞こえてきたから(笑)
じゃー今日は、特に
何かのHAPPY BIRTHDAYじゃないんだ」

そこから
「愛でぬりつぶせ!!」のタイトルコール。
そのせいあってか
盛り上りました~
やっぱ、この曲は最高です。
終わりの方の

 ~ねーパンクス

って歌詞でフロアを指さす感じの
ジェスチャー。
あまりそういうことってない印象なんで
ちょっとうれしかったです♪

『涙がこぼれそう』の出だしの歌では
「カモーン!」って
これ言われると
‘キミたちは歌ってもいいよ’って
なんかフロアを認めてもらった気がして
うれしくなります。
チバさんもONマイクで
一緒に歌いました。

最後は『SUPER SUNSHINE』
このイントロも
ハルキさんのベースに注目です。
あの美しい和音♪
途中からテンポが速くなっていく辺りからは
キューちゃんに注目。
相変わらず美しいドラム裁きでした。

この曲も、、、何気に
2月リリースのアルバムに
収録される曲だったりするんですよね・・

「ありがとう!いい酒飲んでね」って
チバさん。
本編終了。
ホントにまるまる90分でした。
すげ~(笑)

そしてアンコール。
曲は『ローリン』
途中、簡単なメンバー紹介風に
「ベース ハルキ
ドラム キュー
ギター イマイ
We are The Birthday!!
We are The Birthday!!」ってあり
そのままフロアとの
コール&レスポンス。

「オーオー!」とか
「イェイイェイイェイ!」とか
ちょっと何て言うか、、
チバさんぽいコール&レスポンス(笑)
が、、途中からなぜか
ジングルベール!
ジングルベール!
って。
最初言った時、
照れ笑いするチバさん。

そしたら、ドラムのリズムに合わせて

 ~真っ赤なお鼻の トナカイさんは
  いつもみんなの 笑いもの

って!?
チバさん、、、
赤鼻のトナカイを歌い始めました。
これにはフロア、大興奮!!(笑)

が・・

 ~この後の歌詞は 全く分からな~い

って。。。
でも一応赤鼻のトナカイのメロディで。

で、鼻歌で ~んんんんん トナカイさんがー
ってごまかして
最後は
 
 ~クリスマスたぜー

っと、上手くまとめて
引き続き曲に戻ってました(笑)

あービックリしたよ。
っていうか、この曲まるまる
あのまんま
特典映像で欲しい・・
いや~期待以上の
クリスマス特別Ver.でした。

でもThe Birthdayがイブにライブって聞いた時
絶対何かある!って思ってたんですよね♪
そういうの関係ないぜ的な雰囲気がありそうで
実は、そういうのすごーく意識してくれる感じ
ありますもん。
超~素敵なクリスマスプレゼントでした。

最後は「ありがとっ。またねー」で
終了。
いや~耳潰れるかと思うくらいの
爆音でしたが
大満足でした。


<セットリスト>
 01.カレンダーガール
 02.BITCH LOVELY
 03.LUCCA
 04.いとしのヤンキーガール
 05.ALRIGHT
 06.ディグゼロ
 07.MEXICO EAGLE MUSTARD
 08.stupid
 09.マディキャットブルース
 10.ピアノ
 11.ハレルヤ
 12.愛でぬりつぶせ
 13.狂っちゃいないぜ
 14.涙がこぼれそう
 15.SUPER SUNSHINE

 EN.ローリン(赤鼻のトナカイVer.)

訃報。 [たわごと]

Merry Christmas!!


・・って今、ちょっと、そんなのん気なこと言ってられない
衝撃ニュースを目にしてしまい
少々、動揺しています。。

フジファブリックのVo/Gtの志村さんが
昨日、29歳の若さで急逝されたって。
しかも死因は不明って。


確か今年、ロックの学園の
体育館ライブに出演されてましたよね。
髭ちゃんとも対バンしてたし。
そんなには、よくは知らないですが
でもちょこちょこそうやって
見る機会とかあったし
名前はよーく知ってるし。

あぁ、、、ビックリしました。
久しぶりにPCの画面に向かって声上げてしまいました。

ご冥福をお祈りいたします。

2010年度新春!連ドラ事情(省略編) [ドラマ]

クリスマス・イブです!
毎年、特に、それらしいことはしてないです。
それはまったく気にならないのですが
ケーキは食べたいなーって
思うかなぁ。。
普段、いわゆるケーキっていうものを
あまり食べたりしないもんで。
時々無性に
生クリームを食べたくなります。
(チョコクリームだともっと最高! 笑)

さて。
気付けば早いもので
もう10月スタートだったドラマも
最終回を迎え始め
早くも来年からは新たなドラマが
スタートし始めます。

結局ですね、、このクール
月9の「東京DOGS」と
木10の「不毛地帯」
(これは半年間クールなので1月以降も続行)
しか見ていませんでした。。。。。。
火9の「LIAR GAME Season2」も
数回まで見ていたんですが
ハードの録画残り時間の都合で録画できず
結局断念。
まぁ、これはさほど面白いなーって
思い始める前だったので
あまり悔しくはないです。
一番悔しいのは
「仁-JIN-」の初回を見逃してしまい、
その後も見なかったこと。
これ、かなりの高視聴率で
会社でも面白かったって
話題になっていたので・・

月9は久々におもしろかったです。
小栗旬って、、、人気あるだけあって
演技とかやっぱり上手いなーって思うし
なにしろちょい刑事モノってのは
好きなジャンルでもある上
コメディだったし。
かなりドラマだよね~って場面も多々あったんですが
それなりによかったです。
「不毛地帯」これは、、、
なんか見なければって
半ば義務感で見ているような気も
しないでもないですが、
超大作だし
半年クールの作品なので
この先どう展開していくかは
結構気になります。

ってことで、
早速、1月スタートのドラマ
勝手に品評会。
今回はちょっと一覧に上げる作品を
敢えて絞ってます。
もう、こう言ってはなんですが
見るか・見ないか、、って
検討する必要もないもの
(ヒドイ言い方ですが、、、笑)
は、もう書かないことにしました。
単なる手抜きです(≧ω≦)ゞ



【月曜日】
●コード・ブルー 2nd season  21時 フジ
<1/11スタート>
[出]山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介 
 
  ドクターヘリに乗り治療を行う
  フライトドクター候補生たちの活躍。
  08年7月期に放送されたドラマの続編。

映画化されるかなーって思ってたんですが
ドラマで第2弾がきましたか!
もちろん見ますよ~
超・楽しみ(笑)

 
【火曜日】
●泣かないと決めた日  21時 フジ   
<1/26スタート>
[出]榮倉奈々、藤木直人、要潤、杏

  黒い人間関係が渦巻く職場でイジメに立ち向かった
  新人OLの奮闘記。

うーん・・・
学園ドラマよりは断然見やすい内容だと思いますが
見ないかなぁ。
ちょっと惹かれるものがナイ。。



●まっすぐな男  22時 フジ 
<1/12スタート> 
[出]佐藤隆太、深田恭子、貫地谷しほり

  曲がったことが大嫌いな男のヒューマンコメディー。

あらすじを見ただけでは、絶対に見ないって
思ってたんですが
どうも、脚本を手掛けるのが
「結婚できない男」「白い春」など
一癖も二癖もある“男”を描く
ヒットーメーカーである尾崎将也と知り
ちょっと心動かされるモノが・・(笑)
  

【水曜日】
●曲げられない女  22時 日テレ 
<1/13スタート> 
[出]菅野美穂、谷原章介、塚本高史、永作博美

  9回失敗してもなお、司法試験合格を目指しながら、
  自分の生き方を貫いていく女性の物語

これって・・・・
上の「まっすぐな男」の女版?!
出演者のメンツとしては
かなり魅力的なんですが、、、


【木曜日】
●不毛地帯  22時 フジ
※現在放送中


【金曜日】
宿命1969-2010~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京~  21時 テレ朝 
<1/15スタート>
[出]北村一輝、真野響子、上原美佐、小池栄子、松坂慶子、田中健、奥田瑛二

  欲望渦巻く上流社会を舞台に、権力の頂点に魅せられた男と女の欲望を
  壮大なスケールで描くドロドロの愛憎劇

いや~・・・21時に放送する内容っぽくないんですが(笑)
でも出演者的には、すごーく合ってるような気はします。
敢えてあらずじに“ドロドロの愛憎劇”って書かれてる辺り
少し興味あったりもします。
 

●ヤマトナデシコ七変化  22時 TBS 
<1/15スタート> 初回69分
[出]亀梨和也、手越祐也、内博貴

  コンプレックスを抱えた5人が、次々と大騒動を巻き起こしながらも
  自分と向き合って成長していくロマンティックホラーコメディー

ノーコメントで。。 


【土曜日】
●ブラッディ・マンデイ(2)  20時 TBS 
<1/23スタート> 
[出]三浦春馬、佐藤健、吉瀬美智子、松重豊、芦名星、川島海荷

  08年10月期に放送された連ドラの続編。前作から2年後を描く。
 
おぉ~
これも第2弾が!!
前回どういう感じで終わったのか正直記憶がないんですが
面白かったので、見ますっ!!


【日曜日】
●特上カバチ!!  21時 TBS 
<1/17スタート> 
[出]櫻井翔、堀北真希、遠藤憲一、浅野ゆう子、高橋克実、中村雅俊

  行政書士補助者が弱者を救うために法律を駆使して奮闘する
  痛快“法テク”ドラマ。

司法の世界のドラマも、刑事ドラマ同様
好きです。
もっと私の頭がよければ
こういう関連の仕事をしたかったくらい。
ただ、、、主人公がなぁ。。
ま、ま。それは大目に見て(笑)


っとなると・・
必ず見る!は
 ●コードブルー
 ●不毛地帯
 ●ブラッディ・マンデイ
 ●特上カバチ!!


保留中・・は
 ●まっすぐな男
 ●曲げられない女

さらに保留長、、、は
 ●宿命1969-2010


初回を忘れないようにしたいと思います!!(笑) 

時は過ぎ また巡る 星達は輝いて [音楽]

今週の勤務状況
  土日明け1日行って
  2日休み
  2日行って
  再び土日
なんて素敵な勤務スケジュール♪
でも逆に言うと、、
仕事が上の空で
あまりよくないです(笑)

そんな昨日は
ACIDMAN LIVE TOUR
"A beautiful greed"ファイナル
@日本武道館
へ行ってきました~
Image9820.jpg

チケットを取ってから
ついにこの日が来ましたかっ!
ってくらい
ずーっと待っていた武道館公演。
今となっては
もう、終わってしまったのね・・って
寂しい気持ちでいっぱいなんですが。。(ρ_;)

そして・・まさかまさかの
ピロウズ年内ラストのZepp Tokyoと
被ってしまい
苦渋の決断(笑)でした。。
でも、
OOPARTSツアーは年明けも続くしね。
・・ってことで
何の迷いもなく
武道館を選びましたよ。

で、昨日は普通の半休でもよかったんですが
特に他に使う予定もなかったので
12月・1月の間に4日間取れる冬休みを1日使いました。
ラッキーなことに
この日だけの特別グッズ
恒例?!CA4LAとのコラボハットが
販売されることが公演日近くになって決まり
お休みを有効利用して
早々と会場へ行くことができました♪

昨日は気温は低めでしたが
なにしろ快晴でお天気がよく
日が差していれば
ポカポカと気持ちのよいお天気でした。
Image9824.jpg

ツアートラックは
写真を撮ってくれと言わんばかりの
絶好の位置と向きで(笑)
Image9825.jpg

着いた時はまだチラホラしか人はいなくて
なんとなーく武道館の周りで
待ってる程度だったんですが
12時過ぎた辺りから
係りの人にグッズ販売について
質問する人が増えてきたせいか
「じゃぁ、この辺で並んでいてください」って
言われたのか列が出来始めたので
私も並び始めることに。

待ってる間、メンバーの乗った車とか
見えないかなーって
チラっと期待したんですが
見過ごしたのか
別の入り口からだったのか
そういったオイシイ偶然はサッパリ。。
逆にストリングスの楽器を持った方々が
ちょこちょこ入っていくのが見えてしまい
あぁ、、、やっぱりストリングス呼んでるんだ。。って
ネタバレを知ってしまうことに。(-ω-`;)

待つこと3時間くらい?
販売予定時間ちょい過ぎにようやく販売開始。
コラボグッズは数が限られているので
個数制限とかあるのかなーって
思ってたんですが
特にそういった制限はなかった模様。
無事、購入し一安心。
Image9828.jpgImage9830.jpg

この羽とバッチがコラボの証?!
Image9829.jpg

夏にイッチャンとのトリプルネームのハット(麦わら)も
勢いで買ってしまい
結局試着のみで飾ってありますが
今回は素材的にも見た目的にも
少しは使いやすそう~って思ってますが
・・・どうでしょう(笑)
サイズがワンサイズなので
女子には大きめなんですよね。。
サイズ調節紐もついてないし。。
でも、この手のハットは好きなので
いずれ、うまく使えるようお洒落度を磨きます!

 ※余談ですが、、
  販売開始後、1時間くらいで完売したみたい。。
  14:30から並び始めたって人
  直前で終わってしまい買えなかったとか。。
  一体何個販売だったんだろうか。
  一人最高何個買って行った人がいたんだろうか・・


それから開場時間まで一休み。
武道館っていつも時間ギリギリにしか
来ないことが多いので
、、、って言うほど武道館に来る機会ないし。
近くに一休みできるお店があるか
サッパリ分からなかったんですが
来る時にチラって見えた
とあるカフェの看板を頼りに
そこで休憩。
近所に靖国神社があるせいか
年配の方がわりとひっきりなしに
出入りしてるのが
不思議な光景でした(笑)

今回は最初取っていたチケットは
Aの10番台。
でも・・・
武道館のブロック分けではBかEじゃないと
ステージ前ではなく
特にAやCは
前のブロックであるが故に
ほっとんど端っこから見る状態に
なることを知っていたので
慌ててBのチケットを探し
なんとかBの300番台チケットを確保。

ブロック番号共通の入場かなーって思いきや
やはりAから順番の入場。
1ブロック700人近くいるのに
最初の100番までは2人ずつ
そこから5人ずつ
300番台になってようやく10人ずつという
細かい呼び出し。
後列のブロックの人とか
待ってるの辛かっただろうなぁ・・

中へ入ると
思ったより人は埋まってなくて
ブロック内の端の方だったら
3,4列目辺りに行けました。
希望通りの大木さん側のマイク前
少し右端寄りです。
頭をトップにボワンとした大きなお団子にしてる人とか
なぜか大きな円形っぽいベレー風帽子を被ってる人とか
ありえん!ってイラついてしまう人が近くにいて
最初シマッタ、、、って思ってたんですが
始まってみたら
ドッと押された瞬間に
その人たちよりも前に行けたので
視界は時折遮られつつも
良好でした。

15分くらい押してライブスタート。
サウンドチェックの
ローディさんやスタッフさんが
楽器やらマイクやらその他を確認して
最後そのスタッフ同士が
固く握手したり、抱き合ったりして
そのライブの成功を祈ってる様子が
プロっぽくて(いや、プロなんですけどー 笑)
何かとてもかっこよかったです。

SEが鳴り始めると
あの武道館独特のワァ~っと
包まれるような歓声が響き渡ってきて
なんとも素敵。
曲の盛り上がりが来る前に
メンバーも登場し楽器を構えてスタンバイ。
まだ照明は暗いままで
3人向き合い待ってる姿は
こっちにも緊張が伝わってきて
ドキドキします。

SEが終わり
大木さんが右手を高く上げ
いっちゃんのカウントとともに
『±0』へ。
パッとステージ上が明るくなって
フロアも一気にヒートアップした感じ。
大木さんはその±0の黒Tに多分・・茶色のハット。
なーんだ、、、
あのコラボハットは被ってくれてないのね。。
サトマは白地に何かの3人のシルエットが
書かれたTシャツにエンジっぽいいつものキャップ。
いっちゃんが珍しく黒いTシャツでした。

早くも『world symphony』の
イントロ辺り?でサトマのキャップは落ちていて
結局このツアーでも
タイムリーにオフする場面は
見ることができませんでした。
にしても・・
サトマの煽りはいつも以上にすごくて
大木さんもつられてか
かなり最初の辺りから
端の方や
1回だけかな?センターの方にも
煽りに行っていて
なんかそれだけでも
気迫や思い入れの違いを感じました。

『Bright&Right』は
大木さんが楽器をチェンジするので
サトマのベースソロから始まるんですが
楽器をチェンジした後
そのサトマのベースに合わせて
最初ちょこっとだけですが
かわいくリズムとって踊ってたのが
かわいかったです。
その後、そのベースに合わせて
ギターをアドリブ風で入れるのが
毎回言ってますが
かっこいいんです。
でも、この日はちょっと少なめだったかな?

で、今まで何回も見てきてるはずなのに
イマイチ記憶になかった
曲終わりで再び楽器をチェンジする前に
次はサトマです!って感じで
サトマソロへ引き継ぐ仕草をするって
聞いていて
今回やっとそれを
意識してみることが出来ました。

で、次に曲繋ぎのアレンジですが
いっちゃんのドラムソロになるんですよね。
うま~く3人がバトンを繋ぐかのように
ソロがリレーしていっていて
流石の構成だと思います。
そして『FREE STAR』
いつもはミラーボールだけですが
ここは武道館特別Ver.??
ホントにプラネタリュウムみたいに
満天の星空みたいになっていて
すごくすごく綺麗でした。

「ACIDMAN LIVE TOUR
"A beautiful greed"ファイナル
日本武道館へようこそ!!
こんな年の瀬も迫る
平日の夜に、、
ようこそお越しくださいました!!」
いっちゃんの挨拶コーナー。
ちょっと噛んでた?!(笑)
すると
「緊張は、、、、してるっ!!」
大木さんもサトマも苦笑気味でした。

「今日、ここで、
奇跡を起こしてみませんか??
今までの武道館史上
最高の盛り上がりを見せてやりましょう!!
もう~最後なんで
泣いても笑っても何でもいいです。
持ってる力全部振り絞って
ウチらも最高のライブを披露しますんで
みなさんも、最高に盛り上がって
最後まで楽しんでいってください!!」
かなり脚色してます・・・(汗)
でも、なんとなく
そんなようなこと言ってたハズ。

『Color of the Wind』の出だしは
やっぱりウットリしちゃいます。
この日はとにかく
素晴らしく声が通っていたと思います。
もちろん、あの武道館の空間の
音作りのおかげなのかもしれないのですが
素晴らしかったです。

そして言い忘れてました・・
映像について。
今回のツアーでは初の映像を使ってのライブ。
もうどの曲に映像があったか
すっかりうろ覚えになってますが
PVみたいにしっかりとした映像と
照明の一環としての映像とがあり
何がすごかったかって
スクリーンの大きさ!
ステージの端から端までそして
ほぼ天井近くまで
一面スクリーン!!
迫力が違いました。

印象的だったのは
『星のひとひら』の宇宙のような映像。
曲のイメージに合っていました。
あと『ファンタジア』の映像。
なんか、自分が
あの『ファンタジアの』PVの映像の中に
入り込んだかのような感じでした。

そして『HUM』
この曲の不思議な世界観をそのまま
表現したような
ホントに不思議な映像だったんですが
・・・動物が降ってくるような部分は
どうなの??
少しチープに見えてしまって
その前の部分が台無しになってしまった
印象を受けました。

あ、あと前後しますが
『Slow View』の不思議な細胞の世界??
結構ああいうの好きです。
画面の中に何やら数字が出てたりすると
余計にリアルに感じてしまい
いい感じでした。
それにこの曲(だと思うんですが・・)
その映像から漏れてくる光だけで
他の照明はほとんど使わず
すごく神秘的な雰囲気が出ていました。

『銀河の街』前
ようやく大木さんMC。
「今回のツアーではどうしてもやりたい1曲があって
少し前に出た『銀河の街』って曲なんですが
この曲ができたとき、、
すごく不思議な気持ちになったって言うか
もう何年もずーっと前に
聞いたことのあるようなメロディのような気がして。
この地球上にあるものは人間もそれ以外のものも
地球が出来るその億年も前には
同じ一つものだったんです。
それが時を経て一つ一つのモノに分裂していって
今の自分達となっていき
こうして今、同じ時間を共有している。。。」
・・・ここから先、、、記憶ないです。。。

ピンスポが当たって
アコギを弾き語る姿は
ここが武道館だってことを忘れてしまうくらい
なんか不思議と距離感を感じなかったです。
2番の途中辺りから
サトマのウッドベースと
いっちゃんのドラム
(名古屋辺りからスティックを
 バチに変えて叩いてました)
が入ってくるのも
ゾクゾクして素敵でした。

今回、MCで必ず
‘どうしてもやりたかった1曲’
って言っていた『銀河の街』
もしかしたら、選曲会議の時に
イメージが合わないとか
ライブ向きじゃないんじゃない?とかで
外されていたのを
大木さんたっての希望で
セットリストに加えられたのかもしれない。

でもさ・・欲を言えば
そういう曲を
もっともっとセットリストに
入れていって欲しいんですよね。
挙げ出すとキリがないですが
ライブで聞きたい曲は山のようにあるんですよ。
それをちょっとずつでもいいから
ワンマンのライブやイベントのライブで
小出しにやってくれると
もっともっとファンは大喜びするんだけどなーって
この曲を何で‘どうしてもやりたかった1曲’って
敢えて説明してしているのか
MCを聞きながら
いつも考えてしまってました。

サトマのピコピコ音が印象的な
『ucess』この時の映像は
PVだったか、
ちょっとそれをアレンジたものだったか。。
この曲はインストでも
かなり好きなほうですが
こうやって映像とともに見せられると
もっと広がりを増して
壮大な曲に聞こえました。
ただ・・何て言うか、、、
前回の幕張の時の
世界最横長スケールを知ってしまっているからか
ちょっと迫力に欠けた印象だったのは
否めません。。

このツアーの
大木さんの喉の調子が一番心配される
『HUM』
・・・まぁ、そんな書き方をされる時点で
どうなの?って感じですが、、
いや、まぁ、やっぱりあの歌い方・歌声が特徴の
『HUM』ですから
それは仕方ないことで、、ってことで。
えーっと。。。
素晴らしかったです。
すごーく素敵でした。
映像については
上に書きましたが
出だしは時々MCでも話していた
バタフライエフェクトを
イメージした感じのもので
映画のイントロダクションを
見てるかのようでした。

で。
いっちゃんのMCタイム。
「えー、、HUMという
ディープで深い曲の後に
俺の、何の深みもない
ペラペラのトークの時間がやってきました~」
・・誰もつっこんでなかったけど、、
  ディープも深いも意味同じだよね??(笑)
「いつも。。記録用のビデオでライブを撮って
それを終わった後に見るんですが
そこでこのMCの時間を見るのがホント
地獄です!
そして、、今日も、それを見るのかと思うと
・・・地獄です!!」

っとここでサトマ
「長いよ、、、もう次行こう、次。」
「え?次?」
「そう、セカンドステージ。
だって、いっつも一悟、ここからが長いんだもん」
相変わらず鋭いサトマのツッコミ。
このツッコミがなかったら・・
またコミュの話とか
してたのかなーなんて(笑)

「話をするのは、、苦手です。
えーっと、、」って
このツアー中ずっとやっていた
いっちゃんの改名話について
「結果は、、、12●●票で
カタカナのウラヤマイチゴに決定しました!!」
おぉ~
まぁ、予想通りでしたけど。
後半必死にテンピュールだけはやめてくれって
お願いしているMCを聞いて
絶対にカタカナ表記に持っていくなって
思ってましたから。
でも、めでたくカタカナ表記になって
ファンとしてもよかったです。

だけど、浦山テンピュールも
結果、11●●で僅差だったみたいです。
一悟「もうね、、最初ずっとテンピュールが1位で
ずっと怖くて怖くて・・」
大木「後半の裏工作が聞いて?」
一悟「何言ってるんですかー
ちゃんと、俺の想いが通じた結果ですよ。」
サトマ「まぁ。ぶっちゃけ、カタカナのウラヤマイチゴも
ふざけた名前ですけどね」
一悟「俺の両親ごとデスってますか?」
大木「ミズミチをデスってますね。
水道と書いてミズミチと読む
俺のことを隠し撮りする
ミズミチごと(笑)」
一悟「それは、、俺からも謝りますが・・・」

大木「まぁ、、一悟がカタカナになるんだったら
一人だけそうだとちょっとバランス悪いから。。
俺らもカタカナに戻しますか?
俺達はね、、カタカナでも漢字でも
どっちでも運勢はいいから」
一悟「え?ホントに??」
大木「バンド愛ですよ」
一悟「惚れてまうやないかぁ~(笑)」
ってことで、、
この12/22を持ちまして
全員、カタカナ表記になるみたいです。
うーん・・・漢字の方が好きだけど。。
あ、、サインも変わるのかしら??

「でさ、、、ちょっと長くなって
ホント申し訳ないんだけど。。
いつもDVDの特典として
一悟のダイエット日記とかみたいなやつを
入れてるじゃない。
今回は、この改名話についての
ドキュメントにしようと思ってたんだけど
あ、、今回もDVDになるんですけどね。
それじゃーちょっと
おもしろくならないかなーって思って。
実は・・このツアー中
一悟には内緒で
ずっとドッキリをしかけてました(笑)」

この話をする時の大木さんのうれしそうな顔ったら。
いや~ホントいたずらっ子だなぁ・・
いっちゃん、、、衝撃の告白を受けたみたいで
キョトンっとしていて
「え?マジで??」って
素で驚いてました。
でも、どういうドッキリかを言ってしまうと
DVDのお楽しみがなくなってしまうので
ネタばらしはしないつもりだったみたいですが
「え?何?何?気になるじゃん!!
気になってドラム叩けないよっ!!」って
本気で訴えるいっちゃんに負けてか
「じゃぁ、、一つだけ。。
インフルエンザ対策で、俺ら、一人一個
専用のアルコール消毒ジェルを使ってたんだけど
あのジェル、、一悟のだけ
ただのローションでした・・・(笑)」

えぇーーーっっ!?
いっちゃんも、、ですが
会場中もビックリです。
っていうか・・・いっちゃんかわいそう。。って
この時ばかりは思ってしまいました。
それちょっと笑い話しに出来ない
軽いイジメだよーって。
だって、1日とかそこいらならともかく
このツアー中ずっとってさ。。

一悟「え?サトマも知ってたの?
えぇ、、なんだよー
どうりで、リハ前にさ、アレつけて
スティック握るとなんかヌルヌルしてきて
仕方ないからトイレで手洗って
キュってさせてからやったりしてたんだよ。」
大木「いつだったかさ、、なんかヌルヌルして
なかなか乾かないとか言ってる時があったんだよね」
一悟「そうそう。だってアルコールってさ
揮発性のもので、普通はすぐに乾くものじゃない。。」
サトマ「一悟のだけ、なんか糸引いてたもんね」
一悟「うん。引いてた。
でも、ジェルって言うくらいだからさ
そういうもんだと思ってて。。」

「あのー自分をかばう訳じゃないけど
俺の案じゃないからね。
スタッフみんなで出し合って・・
まぁ、、、、OK出したのは俺だけど。
だけど、ホントに
インフルエンザにかからなくて
ホントによかったよ。。
だけど、むしろかかっても
それはそれでおもしろいか、、っとも
思ってたんだけど。」って、大木さん・・
いや~
ホント、いっちゃん。。
感染しなくてホントによかったです。
残りのドッキリについては
ライブ後に裏で教えてあげるからって
言われてましたけど、、、

「いや~長くなっちゃった。。
申し訳ない。。曲行こう、曲」っと
気を取り直して、、、『I stand free』へ。
予想外のMCの長さでしたが
DVDにはどこまで入るんでしょうかね~(笑)

そして
『CARVE WITH THE SENSE』が終わったら
フロアもさっきまでの
しっとり聞き入っていた状態から一転
押し押しの盛り上がりで
「武道館!まだまだ行けるだろう!!」って
大木さんの煽りもあってか
場内熱気に満ちたところで
『造花が笑う』のイントロ。
これはアガルよね~

 ~おぼろげ月夜 覚えているか
で、拳を突き上げる大木さん。
今回、結構、こうして
弾いてる右手を高々と上げることが
多かったなーって思います。
それだけ熱が入ってたってことなのかなー。

『飛光』が終わって
盛り上がりが冷めないせいか
なぜか
「テンピュール!テンピュール!」って
テンピュールコール。。
それ、いらんだろう・・( ̄Д ̄;;

「えー次で。。最後です。」
この言葉で、そのイラついた
テンピュールコールは消え
「えーっ!」って声。
「スミマセンね。。
テンピュールコール遮っちゃって、、」って
いや、いや、
遮ってくれてよかったです。

「アッと言う間ですね。
最後は、『OVER』って曲をやりたいんですが、、」
途中ちょっと記憶曖昧のため割愛・・

、、、物事には必ず終わりがあって
それはこの3次元のルールで
でもそれだと時々
何がいいのか分からなくなってしまうけど
でも、最終的には
今をしっかり生きる
これに限るって。

人は綺麗なものに憧れるのは当たり前だし
でも人間は汚いもので
俺も普段は全然綺麗じゃないし嘘だらけだし
だけどほんのちょっとでも
そういう心を持っていれば
世界は美しく素敵なものになっていくと思う
1秒でも1瞬でもちょっとでも
それが集まればもう未来の話になるし
「OVER」とは
終わりというだけじゃなく
その先の向こうへって意味もあって
終わってその先へ向かうそんな想いを込めた歌

とあるレポでは
これを‘ACIDMANの音楽の根底をなす死生観’って
書いてあったけど
さらに‘とても言葉にしにくいことを
言葉にしようとしているので
上手な喋りではなかったが’ってあって。
死生観とかそういった難しい話はよく分かりませんが
私が何回か行ったライブで
この曲前のMC
もちろん、この曲への想いなどを話してるわけだから
同じことを伝えようとしているんだろうけど
でも毎回ちょっとずつモノの例え方とかが変わっていて
きっとライブのたびに
満足のいく話しの内容にならなくて
いかにうまく伝えるのはどう話したらいいかって
すごく試行錯誤してるんだろうなぁって
思ってました。

でも、言葉よりも何よりも
この曲を聞くことで
そのMCで言っていたことをほんの少しでも
理解できるというか
そういうことなのか、、って
思いなおせるというか
単にいい曲だなーだけで終わらない
そんな力を持ってる曲だと思います。

そんな感動的な歌なのに
イントロ終わりでサトマがいつも
手拍子を煽るもんで・・
だけどいつものライブなら
曲が終わると手拍子も徐々におさまるんですが
そこは武道館。。。
し続ける人がいるんですよ、、仕方ないですが。
あぁ・・あれがDVDで残ると思うと
それが残念でなりません。

で、ネタバレ通り
最後の方になって
ストリングスが舞台後方に登場!
思ってたより
場面が少なかったのと
思ってたほど音が聞こえなかったのが
ちょっと残念でしたが
DVDではうまく音バランス
調整してくれるんでしょうかね・・(笑)

この日はもしかしたらラストだから
初日のように
歌えなくなってしまうかもしれない?!って
若干ハラハラしつつ
そうなったらバッチリ歌えるように・・っと
歌詞かんばって覚えていっていたんですが
そんな必要はなく
しっかり歌いきってました。
2番辺りですこーし
危うい雰囲気にはなってましたけど、、

2時間弱。
本編終了。
アッと言う間だったし
いつものライブ以上に曲が増えてなかったので
時間的には短いかと思ってたんですが
意外とかかってました。
やっぱりあのMC、、長かったんですかね(笑)

そしてアンコール。
「アンコールありがとうございます。
俺らのスタッフは、、
ずっとデビューした当初から変わらず
同じTEAM ACIDMANとしてやってきて
最高のプロフェッショナルで
新しい発見があったり
いつも助けられてます。
彼らのおかげでこうして
ツアーを続けていくことができてます。

今回のツアーは
今まで以上に
すごく体調管理をしっかりケアしていて
実はちょっと体調崩した時もあったりしたんですが
それでもライブには影響ないように
スタッフがばっちり体勢整えてくれて
ホントにありがとうございます。」
そう言ってステージ上、
ステージの外のPAさん?などに
手を振ったり頭を下げたりして
感謝の意を述べてました。
でも、本当に
あのライブ前に見た
スタッフ同士がガッチリ握手を交わしたり
抱き合ったりする姿を見ていると
素敵な仲間なんだなーって思います。

「そして、、もちろん、
今日、こうして
ここに来てくれてるみんながいなければ
ライブは成り立たないんで
みんなにもすごく感謝しています。
ホントにどうもありがとうございます」
この時はサトマやいっちゃんも
頭を下げてくれてました。

アンコール1曲目は『赤橙』
こういうMCの後に聞くこの曲は
なんかジーンとくるものがあります。
なんせ、デビュー曲ですから。
ずーっと一緒にやってきた想いが
込められてるように感じました。

「武道館!まだまだ盛り上がって行くぞ!!」
そんな煽りとともに一転して今度は
『ある証明』へ。
この切り替えしってなんかすごいなーって
思いました。
あの一言があるのとないのとでは
こっちのテンションの上がり方も
違うと思います。
 ~雨曝しの水芭蕉が
  伝えていたのは 一つの証明
ってところの一つを手で表現するところが
大好きです。

で、武道館SPはこのアンコール。
「もう1曲、やらせてください!」
この日はいつもは2曲ですが
3曲でした♪
最後はもちろん、、『Your song』
すっかりラストの曲として定着しつつありますが
何度聞いても
いいものはいいもんなぁ~
盛り上がるしなぁ~

 ~You are OK!!
って最後の方
マイク位置から離れることはありませんでしたが
ギターのネックでフロア内を差す感じで
頷きながら歌っていて
うれしかったです。

あー・・・終わっちゃったぁ。。
って思ってたら
なんだかまだ客電が着かなくて
ステージ上もまだ少しバタバタしてる感じ。
ってことは、、、
Wアンコールですか♪

しばらくして、メンバー登場。
しかも!
全員、黒のツアーTに着替えてました。
大木さんが鹿、サトマが±0、
いっちゃんがA beautiful greedの。
サトマが黒いTシャツ着てるのが
すごーく違和感があって
何気に初めてじゃない?!って
思ってしまいました。
でも、後々思ったんですが
多分これはやる曲のイメージか
映像の支障にならないようにか
考えてのことなんでは、、と。

「アンコールありがとうござます。
あ~名残惜しいな~。。。
何か、、言い残したことありませんか?」と大木さん。
もう充分、力を出し切って
達成感のある少し穏やかな顔でした。
こんなこと言うのも珍しいしね。

で、サトマ
「すっげー最高な時間でした。ありがとう!」
いっちゃん
「あ、、ないです。」
「え?ないの?」
「いや、、楽しかったです。ありがとうございます。」
だったっけ。。
「ないです」って言った時には
それはないだろーって
思いましたけど
大木さんがつっこんでくれて
よかったです。

最後に大木さん
「これからも曲をいっぱい作って、
詩もいっぱい書いて
ライブもどんどんやっていくから
これからも来てください。よろしくです。」
当たり前のことでも
本人の口からこの言葉を聞けるのは
ファンとしては最高にうれしい一言です。

「じゃあ、、最後にもう1曲。
せっかく映像使えるし、、、
今の音楽とは間逆を行く曲かもしれないんですが
そういう音楽をやるロックバンドがいてもいいと思うし」
っと『廻る、巡る、その核へ』
キタッーーー!!(笑)
スクリーンが開いた時に
少しだけ拍手が起きてたんで
心待ちにしてた人も多かったんでしょうか。

私個人としては
正直・・あまり好きな曲ではないんで
ラストこれか、、って思ってしまったんですが。
、、ってことで上に書いた
“キタッーーー!!”は
逆の意味でキタッーーー!!です。(笑)
初めてACIDMANのライブを生で見た
2007年のRSRの最後の曲もこれで
あの寒空の中シーンっとなりながら
なんて暗い曲を持ってくるんだって
思ったことを今でも覚えてます。

でも、あの映像とともに
すごく曲に入り込んで演奏している
メンバーを見ながら聞く曲は
CDなんかで聞くのとは数倍数十倍素晴らしくて
圧倒されました。
だって、、
最後の方サトマ雄たけび上げてたように
聞こえたんですが、、、
11分にもわたる
長い曲を飽きもせず
ジーッと聞き入ってしまうのは
まさにACIDMANの力だと思います。

帰り際。。大木さんは
目頭を押さえていたようにも見えましたけど
、、泣いていたのでしょうか?
演奏し終わった辺りでは
そういう風には見えませんでしたが。

ラスト
『A beautiful greed』の曲に合わせ
頭上にある小さなスクリーンに
映画のエンドロールのように
メンバーはじめ
スッタフの方々の名前が映し出され
Finの文字で終了。

あーぁ。。
ってことで終わってしまいました・・
10月から始まって約2ヶ月。
初めて東京以外のライブも行きました。
何処もホントに楽しくて
いい思い出でいっぱいで
もっともっとライブに行きたくなりました。

ただ。。
とある雑誌で
この武道館公演は
特別なものにしたいから
懐かしい曲なんかもやっていきたいって
書いてあったのを立ち読みして
かなり期待してこの日を待っていました。
が、、、
結局セトリ的には
今までのツアーのセトリと変わらず
アンコールが1曲増えたのと
最後の『廻る、巡る~』が増えたくらいでした。
期待しすぎていたせいか
ちょーっと燃焼不足だったのは
否めません。
正直、去年のLIFEツアーの方が
終わった後の感激は大きかったし。。。

武道館でやることを
特別なことと思っていないって
言ってるだけあっての
この内容だったっと思えばそれまでだし
東京は初日のZeppとこの武道館だけなんで
初日にやってない曲を含めたセトリだったから
それはそれなりに考えててくれてるんだなーって
思ったし。
でもね、、、、

もう一歩踏み出して欲しいんだよな~
なんて言うか・・
CDはいいんだけどね。。
なんて言われるようになっちゃったら
ロックバンドとしては最低だと思うんですよね。
そうなって欲しくないからこそ
もっともっと
ライブでチャレンジしていって欲しいなーっと
思ってしまいました。
愛あってこその毒舌と
大目に見てください。

マジで、いつか
培養を生で聞ける日がくることを
信じてます♪


<セットリスト>
 SE:A beautiful greed
 01.±0
 02.world symphony
 03.who are you?
 04.Bright&Right
 05.FREE STAR
 06.Color of the Wind
 07.スロウレイン
 08.星のひとひら
 09.ファンタジア
 10.銀河の街
 11.ucess
 12.Slow View
 13.HUM
 14.I stand free
 15.Under the rain
 16.CARVE WITH THE SENSE
 17.造花が笑う
 18.飛光
 19.over

 EN1.
  赤燈
  ある証明
  Your song

 EN2.
  廻る、巡る、その核へ