So-net無料ブログ作成
検索選択

なんかイイね なんかイイね 人間てイイもんかもな~ [音楽]

11月も今日で終わりですね。
2009年も残すところあと1ヶ月で終わりですね。。
本日5:15新宿に到着後
ダッシュで家に戻り
8:45に再び出発して
会社へ定時出勤しました。
意外と普段の感じと変わりませんでした。

だって。。
熟睡出来てるか、出来てないかは別として
23:50~5:15までの約5.5時間睡眠って
普段の生活より
はるかに睡眠時間多いですから(笑)
そんな名古屋遠征の話は
また後日。

その名古屋遠征前日
11/27(金)は
IKEBUKURO PARCO 40th ANNIVERSARY
69 ROCK PARCO FESTIVAL ~LIVE編~
箭内道彦と怒髪天の
アコースティックラー油&少し辛いトークSHOW
@池袋P'parco 8F
出演:箭内道彦 / 怒髪天
演奏:ザ☆ぽてとサーカス
へ行ってきました~

この日から
ピロウズのOOPARTSツアー@水戸LITE HOUSEが
始まったんでしたっけ。。
すっかり自分が行かないもんで
うっかりしてました。
今日の時点で既に2本終了でしたっけ。。
でも、やっぱり
自分が行かないもんで
全く実感ありません。
しかも、12/2って月が変わるもんで
未だにまだまだ先って感覚だし・・(笑)
きっと明日になったら
わぁーって興奮しだす気がしてなりません。(≧ω≦)ゞ

で、その
アコースティックラー油&少し辛いトークSHOW
入場整理券を16時から配布し
先着300名ってことで
私はどう頑張っても18:30くらいにしか行けないので
非常にドキドキしていたんですが
結構余裕でした。。
会場もすごーく広いところで
ステージもそこそこ高さもあり
先に入った方々は
きれいに整列して床に座らされていて
私のように後から行った者は
その後ろに立って見ててもよくって
立ち疲れが気にならなければ
非常に快適で見やすくよかったです。

登場はいつもの祭囃子のSE。
だけど登場して「はい!よく来た!」って
恒例の櫛投げ入れとかするわけじゃないし。。
なんか落ち着かない感じ。
増子さん曰く「まさか、今日
あのSEで登場するとは思ってなかった。
あの音楽聞くと
何かしないといけない気分になるから、、、」って。
当初はSE決めてなくて
今日のリハ後に
急遽勝手にそうしてしまったそうです。

今回のイベントは一応2部構成になっていて
まず第1部は
ステージ向かって左から
箭内さん、坂さん、シミさん、
王子、増子さんの順に
横1列に座ってトークショー。
一応、左二人が
道彦&克彦の彦彦コンビ。
そして右二人が
上原子&増子の子子コンビ。
あれ?シミさんだけ仲間はずれ!
ってオチ?!(笑)
しかも増子さん
「シミだけ普通の名前だよな。。」って。
まぁ、、確かに・・?

増子さんは普段
一人でプロモーション活動に行くときの感じの服装。
シミさんはつなぎ
王子はGパンにTシャツという
ちょっと見慣れない感じ。
で、坂さん、、
ちょい前の箭内さんのブログにも載ってましたが
箭内さんからもらったジャージ。。
でも上下じゃなく上だけで、
下はいつもの黒いパンツ。
「なんでそんな中途半端に・・」って増子さんからツッコミが。
すると
「えーっと、、僕と箭内さんの合体・融合ってことで、、」って。
もちろん、増子さんからは冷た~い視線が・・・(笑)

この後も何度か
シーンってなっちゃうような発言多数。。
お客さんもうまく交わす能力ついてきちゃって
流すところは流して
一切触れないということもあったりしました。

そしてこのイベントのタイトル
『アコースティックラー油&少し辛いトークSHOW』とは
もちろん、桃屋の
“辛そうで辛くない少し辛いラー油”から
捩ってるんだそうですが
今、商品が品薄状態なので
あまり宣伝をしてはいけなことになってるとか・・
だから、少し辛いは
‘からい’ではなく‘つらい’って
読むとか読まないとか、、、(笑)

そんなお話があり
話題はそのCMの話へ。。
実は、テレビでOAされているものの他に
音楽と増子さんの最後の一言が
違うものが何種類かあるそうで
、、、実際には増子さんの一言は
   かなりのテイク数撮ったし
   王子の音楽もいろーんなパターンを
   次から次へやってもらったそうです
今回はその別バージョンのCMを見せてもらうことに。

坂さんのナレーションについては
なんと、ビックリすることに
1発OKで録れてしまったので
別バージョンはないそうです。
増子さんは坂さんがナレーション録りに行くとき
本当は行く必要ないのに
もしかしたら、最悪自分がやらないといけないかも?
なんて心配になっちゃって
ついていったとか。
そしたら、その心配をよそに
1発OKだったそうです。

最終的には桃屋さんの方で
どれを採用にするか、、っていうのを
決めてもらったそうですが
流石は桃屋さん、
今OAされているものが
一番しっくりきて、よかったです。

音楽なんて
それが違うだけで
全然雰囲気が変わってしまって
そういう意味では
音楽って大切なんだなーって
思いました。
王子は、箭内さんからの無理な?!
リクエストに次から次へと応えてくれたそうで
あまりに熱中して弾きまくってるから
箭内さん「これ、声かけていいんですか?」って
心配しちゃったほどだそうです。
王子曰く・・「思わず夢中になっちゃって、、」って。
いや~王子らしいです(笑)

で、あまりに素晴らしかったから
箭内さん「もっと王子、、
CM音楽やっていった方がいいですよ」と
太鼓判。
そこで、今度は
過去の箭内さんのCMに
画だけ見て、即興で
音楽とナレーションをつけるというお遊びを。
しかもこの企画、
今日、初めて
そういうのやりますって知らされた上に
画はその場で初見!
なんだか何かの専門学校の試験のようだ、、って。
ホント・・そういう授業とか
普通にやってそうだもんなぁ。。(笑)

CMは3つ。
 UNO(これはかなり昔のCMだった?)
 東京メトロ (これだけ30秒)
 富士フィルム(樹木希林さんのPhoto is ・・・の)
まず画だけを見て、少し考えて
はいじゃーどうぞ!って感じで披露して
最後はオリジナルのものを見るっていう流れで
やっていったんですが
すごかった~
坂さんのナレーションも
もちろん、あの短い間に
きっちり時間にはまるナレーションを
考えられるっていうのもすごいと思うのですが
何と言っても王子の音楽!
あんなにホイホイと作れちゃうもんなんですね~
感動しました。

1本目は割りとサクっと作ったけど
2本目以降は、音作りとかしだしちゃって
(アンプいじったりエフェクターいじったり、、)
「はい、ここから2時間かかりま~す!」なんて
実況中継入っちゃったりしてね。
・・もちろん、2時間なんてかかりませんでしたよ(笑)
箭内さんも、予想以上の出来に
初っ端から90点という高得点つけちゃってました。
その後も90点続き(だったかな)。
面白かったです。
もっと時間があったら
もっとやりたい!って。
増子さんも思いつきでこういう企画を提案したようですが
ライブのMCでこれやりたいなんて
言い出してたし。

そんな感じで
アッという間にトークショー終了。
続いて第2部は
ザ☆ぽてとサーカスによる
アコースティクライブなんですが。。。
登場したのは
衣装が全員オーバーオールという
さっきの5人によーく似た5人組でした。
メンバーは
 Gt.道彦ポテト、Gt.友康ポテト
 Ba.シミポテト、Vo.ズミポテト
 なぜか坂さん似のDr.は
 ポテトポテトとかいろんなネーミングで呼ばれてました。
道彦ポテト以外は
全員帽子も被っていて
友康ポテトのテンガロンハットが
なかなかかっこよかったです♪

札幌出身の方のお話によると、、
ザ☆ぽてとサーカスというのは
こっちで言う和民みたいな
札幌市内あちこちにある
居酒屋のチェーン店だそうです。
ほら、箭内さんとユニットとか組むと
ゆべしスとかままどおるズとか
その土地ならではのユニット名にするじゃないですか。
きっと、そういうことなんだなーって
その話を聞いて納得しましたが
あくまでも、怒髪天と箭内さんとは
別人って態でやってました(笑)

まずは・・『NO MUSIC,NO LIFE.』
もちろん、アコースティックVer.なので
全員が座ってのスタイル。
坂さんが左側に
横向きのスタイルでいて
シミさん、王子、箭内さん。
前に増子さんという立ち位置。
座ってのスタイルなんて
ちょっと新鮮でした。
しかも、私は立って見ていたので
ちょうど増子さんの目線辺りが同じで
歌うときとか目がやたら合う感じで
妙にドキドキしちゃいました(笑)

にしても・・
『NO MUSIC,NO LIFE.』のような
超ロックテイストの曲を
アコースティックVer.に
アレンジしちゃうなんて。。
手拍子とかしちゃって
なんか不思議な感じがしました。

「いや~いいね。
メロディが鳴ってるときに
バッキングが聞こえるって
新鮮だよね」って
ツインギターならではの良さを
改めて実感する増子さんに王子。

すると箭内さんが
「ホント、、、素人一人入っちゃって。。
でもみんな優しいんですよ、、
リハのときとかすごい間違えちゃっても
間違えたくらいの方が
広がりがあっていい!なんて言ってくれて・・」と。
恐縮しまくり。
しかも、箭内さんが手前側にいるため
王子が隠れちゃってるのを気にして
「それに、、ごめんなさいね、、そこの人たち
王子、、見えないんじゃない?」って。
普段から
腰は低い方ですが
そんなところまで気にしてくれる
ホントにいい人だなーって思いました。

せっかく一緒にやるので、、ってことで
箭内さんの曲も何曲か。
箭内さんの曲は
歌詞がすごくストレートで分かりやすく
(詞っていうよりは詩って感じ?)
そしてメロディは馴染みやすい
まるで「みんなのうた」で流れるような曲でした。

フラメンコ調の「ソレ・ソレ」って歌詞が
たくさん入ってる歌は
理髪店協会の歌とか
ぜひ、増子さんに歌って欲しかったっていう
女の人の目線で書かれた『あなた』って歌
これは飲んだら乗るな、、ってメッセージが込められた
交通安全の歌とか。。

ジーンときてしまったのは
箭内さんと王子がVoをした
福島には帰れないって歌。
確かこの歌詞は箭内さんのブログに
載ってたんで
見たことはあったんですが
歌詞もいいし、曲もすごくよかったです。

この歌を歌う前
箭内さんのギターから入るんですが
緊張してちょっと音を外してしまい
「すいません。もう一回いいですか?」っと
一旦曲をストップ。
でも、「実は、、シミさんから
今日始まる前に・・駄目になりそうになったら
止めちゃってくださいって言ってくれてたので
ちょっと1回やってみたかったんですよね、、」って。

間にこれまた
これをアコースティックVer.で?!って1曲
『ドンマイ・ビート』をやり
最後はアコースティックではお馴染みの
『なんかイイな』
斉藤和義にもうあげるって言ってたけど
またやってくれてよかったです(笑)
で、5人並んで手を繋いでご挨拶して
帰っていかれました。
アンコール!も期待したかったんですが
・・下に書く例の曲が流れ出したので
そのまま終了でした。

楽しかったです。
やってる本人達も
楽しかったのか
またやりたいって言っていて
じゃー今、渋谷・池袋ときたので
この際、トークショー全パルコ制覇をめざし
パルコツアーしましょうか?って。。
でも、箭内さんが言ったことって
何らかの形で実現させようとするから
あながち嘘じゃないかも・・(笑)

そうそう。
前回の渋谷のときも
あのトークショーで情報解禁になったことが
あったんですが
 ・・桃屋のラー油CMの話とか
   風とロック表紙の話とか。。
今回も本邦初解禁の話題あるんですよ!って。

なんと!
1月にリリースするシングル
『ド真ん中節』のカップリングの曲に
箭内さんが参加していますっ!!
一緒に歌ってます。
このトークショーの打ち合わせ?だかで
会った時に
たらふく中華をご馳走になり
さて、、ってところで
怒髪天メンバーから
この話を持ち出してきたそうです。

そう、上に書いた
例の曲がコレ。
帰りがけに聞かせてくれました。
なかなかいい感じでした。
ますます箭内さんと怒髪天のタッグは
続きそうですね♪
楽しみです。


<セットリスト>
 01.NO MUSIC,NO LIFE.
 箭内さんの曲
  02.考える
  03.理髪店協会の歌?
 04.ドンマイ・ビート
 箭内さんの曲
  05.交通安全の歌 あなた
  06.福島には帰れない
 07.なんかイイな

旅支度 [たわごと]

風邪ではない(と思いたい。。)んですが
昨日辺りから
喉がイガイガして
今日はちょっと声がガラガラして
そんな時は
のど飴。

別にのど飴じゃなくても
多分、普通の飴でもいいと思うんですが
ホント、こういう状態での飴の威力って
すごいなーって思います。

で、今日買ってみたのど飴
karin.JPG
超~美味しい♪
表面がつるつるしてる感じもいいし
また、ネーミングが
美味しさと高級感を漂わせてて
さらにいい(笑)
おススメです(人´∀`o)

明日から、名古屋です。
ACIDMANのライブでは
初めての2Days参加です。
東京でも2Daysっていうもの自体
やらないからね。
こういう時、タオルが1枚しかないと
困るんですよねぇ・・
何気なく買ったRSRのタオルが
最近では大活躍です。

で、旅支度の必需品(笑)
Image9779.jpg

普段は湯船につからないんですが
ホテルに泊まるときは
お湯使いたい放題ですから
贅沢に湯船につかります。
なので、入浴剤は欠かせません。

何が起こるかわからないから
食料も絶対!
・・・今の時代、コンビニって便利なものがあるんだから
そんなの必要な時に買えばいいじゃん。。って
思うんですが
どうもコンビニの定価価格で購入するのが
ちょっと抵抗ありまして。
だって、近所のドラックストアーだと
超お買い得価格で買えるのにーって
貧乏性です。。。

だから、私が旅支度をすると
アレコレ荷物が増えてしまいます。
時々思い出すのが
子供の頃の家族旅行で、、、
イロイロあまり必要ないものとかまで
持って行ってたくせに
一番肝心な下着のパンツを
忘れて行ってしまって。
小学生なのにお母さんの
ぶかぶかのパンツを履いたこと。

それがトラウマなのか
その後、しばらくは
1日分多めに持っていくようになったりして。
最近ではそういうトラウマも
大分消えてきましたが・・(p´I `;*)

なぜか毎日が金曜日のように感じてしまう、今日この頃・・ [たわごと]

ライブレポ一段落で
ちょっとホッとしています(笑)
その間。。
ピロウズの11月末から(って明日からか!)始まる
OOPARTSツアーのツアーグッズが発表になったり
大晦日のクアトロカウントダウン
無事、チケットが手に入ったり
・・などなどありました。

そしてそして
ついにきた!きた!!
フラワーカンパニーズ
20年だョ!ワンマン2デイズシリーズ
~被り曲なしの2日間~
1/30(土)、1/31(日)
@千葉LOOK

今、まさに
各地方でちょこちょこ開催されている
フラカンの2デイズシリーズ♪
やっと行けるハコでの開催です。
でも・・千葉LOOKかぁ。。
チケット取れるのかな~ヾ(;→㉨←)ノ
フラカンはFCがあるので
侮れません。。

さて、今日は
結構前ですが
ここでもチラッと書いていた
Zepp Tokyo存続問題について。

当初は2010年5月に閉鎖
6月に更地にして一旦都に返還し
その後2013年開業予定の
次なる商業施設建設へ向けて
動き出す予定だったようですが
ここへきて
もろもろ買い取った側の企業の経営状況から
建設を先延ばしすることを都に申請。
近く都もそれを容認すると見られ
、、、よって2012年あたりまでは
現状維持のまま
存続する予定のようです。

あくまでも
私がウィキった結果の話なので
どこまで信憑性があるかは
不明ですが
ひとまず、そんな感じ
らしい。

そして同じくZepp Sendai。
こちらも存続問題が
アレコレ囁かれてましたが
地元の女子大生などの署名運動により
とりあえず2012年5月までは
使用期限が延長されたとか。
こっちは地元新聞社の記事にもなっていたので
恐らく本当のことらしいです。

が。。
今まで私個人としては
あまり知らなかった
Zepp Osaka。
理由は上2つ同様
土地の借用期限により、、なのですが
本来は2008年11月末には
閉鎖する予定だったとか。
でも未だその後についての報道がされていない上
来年の5月?頃までライブの予定は入ってるので
少なくともそこまでは大丈夫なんでしょうが
その後については
もしかしたら
東京や仙台よりも先に
閉鎖になってしまうかもしれないですねぇ。。

うーむ。。
NO LIVE NO LIFEな私としては
ライブハウスが閉鎖されるのか否かの話は
今、さかんにやってる事業仕分けなんかよりも
よっぽど気になる話題でして
もし本当に閉鎖されるんであれば
それに代わるハコを
1日も早く建設してくれるよう
切に願うばかりです。

最後に・・
ジャンケン超~弱いこの私が
勝ち取ってしまいました。
バカラのペアグラス
Image9780.jpgImage9782.jpg

会社に届いたお歳暮なんですが
毎年夏・冬と送られてくるので
最近ではその場にいる社員でジャンケンして
買った人がもらえるようになりまして(*´m`)むふ♪
ただ、私が勝ったことよりも
ビックリしたことがあって
今日は7人でジャンケンしたんですが
 1回戦1人負け
 2回戦1人負け
 3回戦1人勝ち
っという、、、わずか3回のジャンケンで
アイコ全くナシで
決着がついてしまいました。
こんなジャンケン初めてだ(笑)

僕達は出会った日から探してる本当の声を [音楽]

ふぅ~。。
やっと追いついた・・
って。。えーっと、、
更新されている時間について
わずかその数十分の間に
書き上げているわけではないです(笑)
・・・まぁ、そんなことわざわざ言わなくても
  分かるか。。(p´I `;*)
いや、まぁ、一応ね。

3連休+1計画最終日の昨日は
千葉LOOK 20th ANNIVERSARY~6x9=53days~
怒髪天/THE BACK HORN/ハネノベンツ
@千葉LOOK
へ行ってきました。
Image9776.jpg

チケット取ったのは、、、
確か。。9月だったはず。
千葉まで夜な夜な買いに走ったので
そりゃーよく覚えています。
あの時は、まだまだなのにねーって
感じだったのですが
とうとう待ちに待ったこの日が
来ちゃいました。
私的には
よくぞこの対バンを企画してくれました~
って拍手を送りたい2バンドです。

そうそう。
この4連チャンライブ
実はチケット番号
全部2桁台だったんですよね~
ただ、これは
運ではなく
自力で頑張った結果なんですが・・
なかなか恵まれた4日間でした。

、、ってことで。
そう、昨日は70番台後半。
千葉LOOKはステージがすごく低いので
前の方じゃないと
ほんとになーんも見えない感じで
前回来たときは
ほぼケツに近い番号だったため
後ろで頭だけを頑張って見てたって思い出ですが
今回は、ちょっと前方頑張ってみるよーって
張り切りモード臨みました。

何日か前に
新グッズの販売告知がHPにアップされていて
買う気満々だったので
ライブ前に買えないかなーって
16時前に会場周辺へ行ってみたんですが
カケラもそんな感じはなく
やっぱりあそこは
住宅に囲まれていて
そんなことできるスペースはないんで
先行販売みたいなのはないんですね。

が・・
リハをやってる音漏れがハンパない!!
ちょうど怒髪天がやっていたようで
まるで隣の部屋でやってるか?ってくらいの勢いで
聞こえてきました。
チケット取れなくて、、でもどーしても聞きに行きたくて・・
そんな時は
ここだったら間違いなく聞けるでしょう。。
まぁ、周辺住民の迷惑になるので
あまりやらない方がいいんでしょうが。。。

グッズの先行販売をあきらめ
近くのお店で時間を潰し
開場時間近くに再び会場へ。
あまり寒くなかったので
荷物を入れたロッカーのある駅から
半袖で行けました♪
これからの季節・・
半袖で街中を歩いてると
白い眼で見られてしまうので
キツイですね。。(笑)

中へ入ると、、、
フロアスペース3分の1くらいまでは
ひとだかり。
どこら辺でも背の高い人が前にいて
見にくい感じではありましたが
なんとか、シミさん側の
(っていうか・・この日は岡峰さん側 笑)
端っこの方へ。。
ちょうど、ちょっと後ろに柱があるせいか
あまり人がいなかったため
4列目くらいにいけました。

その私のすぐ前にいた女性陣数名
コートも着て
お洒落にハットやベレーなんかもかぶって
・・・
っていう印象だったんですが。
そう、この日は2マンではなく
ハネノベンツというバンドも出る
3マンだったってことを
そこへきて思い出し
予想通り、その方々は
ハネノベンツのファンでした。
あはは・・ヾ(;´▽`)

そのハネノベンツ。
千葉で活動している4ピースバンド。
まだ20代前半?くらいの
若手バンドらしいです。
いわゆる普通のロックバンドって感じで
まぁまぁな感じでしたが
これといって衝撃は・・・なかったかなぁ。
でもファンは結構いて
それなりにすごく盛り上っていました。

千葉LOOKの店長さん 斉藤さんの教えで
とにかくライブをやるときは
自分達のCD(音源)を持ってきて
それをMCで告知して
1枚でも多く買ってもらえるようにしろって
言われてるそうで
それだけは毎回守って実行してるんだとか。
Queの二位さんもそうですが
こういう店長さんがいるライブハウスだからこそ
15年、20年と続いていくんだろうな~って
思いました。

続いて・・
どっちが先だろう~って
ちょっと予想がつかなかった次は
THE BACK HORNでした。
まぁ、、妥当なキャリア順?!

セッティング中
どんどん人が押し寄せてきて
私も端っこよりも
ちょっとセンター寄りに流された感じで
だいたい2,3列目辺りに。。
身動きできないくらいの
ギューギューな状態で待機。。

狙い通りの岡峰さん前で
岡峰さんは非常によく見えそうな感じでしたが
あと、松田さんも。
(低いステージだからか、ドラムセットは台に乗ってました)
でも山田さんは見え辛い
栄純に関しては全く、、、
って状態でした。
始まってからもその状態は変わらず
ただ、山田さんはいっぱい動くので
その時によっては
よく見えたりもしました。

ライブは・・
もー湯気出ちゃうくらい
それはそれは激しかったです。
いや、ホントにモノの例えじゃなくって
本当に湯気出てたし
汗が目に入ったりして
ステージがぼやけて見えたりとかして。
それなのに
岡峰さんも山田さんも
(栄純は見えなかったけど、きっと栄純も!)
アンプの上とかに乗って
乗り出してくるし
あの小さいハコならではの
楽しさが満喫できて
非常によかったです。

やっぱりあれくらいのキャパ
魅力的だよな~って。。
ステージとフロアに境目がない感じ。
どっちも必死で
どっちも精一杯で
なんかこれぞライブ!って感じでした。
いいわ~

MCでは最初は
「20周年おめでとうございます!
お祝いに駆けつけることができて
うれしいです。
20年のうちのホンの一部ですが
お世話になってます」的な挨拶。

また、さっきのハネノベンツじゃないけど
「俺達もCD持ってきてます!
あの、、昔新宿のリキッドルームでライブをやったときに
自分達はOAとして出させてもらって
そこが1000人くらい入るけっこう大きなハコだったので
CD持ってたらたくさん売れんじゃね?って
あの、、デビュー前の『何処へ行く』ってCDですよ。
あれを100枚浮かれて持ってたんですが
蓋を開けてみれば
隣の物販の人が買ってくれた1枚だけで
結局99枚持ち帰ることになって
それで俺達楽屋の隅で
すげー凹んでたところ
なぜか打ち上げで、出てないはずの増子さんがやってきて
そんなこと当たり前のことだろ~って
励ましてくれたんですよ。
なので、増子さんとは対バンはしてないけど
そんな頃からの付き合いです。」って。

ちょこちょこTHE BACK HORNと
増子さんの出会いのエピソードは聞いてましたが、、
そのCDの話を絡めての
具体的な話は初聞きだったんで
へぇ~って感じでした。
そんな辛い時代もあって
今に至ってるんですね~

あと新曲もやってくれました。
これは10.15にQueでやったのやつとは
違う曲で
あっちがわりとポップな
聞きやすい感じとしたら
今回のはもう少しドロっとした
ダークな感じ?

セトリはそれこそインディーのものから
最新のアルバムのものまで
いい感じに
よく知られてる曲と
マニアックな曲を織り交ぜた感じ
だったと思います。
前回、Queに行ったときもそうでしたが
対バンライブでも
マニアックな選曲を
チョコっと入れてくる感じが
いいなーって思いました。

最後は山田さんが
「千葉LOOK20周年おめでとうございます!
THE BACK HORNはこれからも
ずっと続けていくんで
よろしくお願いします!
じゃーもう1曲だけやって帰ります
ありがとうございました!」
・・・微妙に作ってます。。(笑)
いや、山田さんが喋った!ってことが重要?!
まぁ、そんな感じの挨拶をして
『コバルトブルー』で終了。

この曲だったか忘れましたが
岡峰さんと栄純が
ドラムの台に乗って
松田さんと3人で
アイコンタクト取りながら弾いたりしてて
その時チラっと
栄純を見ることが出来ました。
岡峰さんはよく目を瞑ったまま
ゆらゆら揺れながら弾いたり
かと思ったら、激しく動き回ったり
お馴染みモニターに足かけて
遠くを見ながら弾いたり、、
やっぱり、かっこよかったです。
あ・・山田さんは
なんか髪の毛が
ストレートになってたような気が・・
しないでもないけど?

汗と人の手とでグチャグチャになりつつ
なんとか最後まで楽しめました~
マジで途中、倒れるかも?って
思いましたよ(笑)


<セットリスト>
 01.サーカス
 02.幾千光年の孤独
 03.フロイデ
 04.新曲
 05.カラス
 06.罠
 07.声
 08.上海狂騒曲
 09.コバルトブルー


ここで、、
人の入れ替わりあり。
前にいた数名がゴソっと抜けたため
なんと!
千葉LOOKで!!
最前行けちゃいました~
ワーイ!!!
シミさん側のホントに端っこですが。
いや~超うれしい。

にしても、、
やっぱりステージ低かったです。
これじゃー後ろは見えないよね・・・
って感じでした。
でも。
最前にいると
超~近く
目線ほぼ一緒なので
それはそれはいい感じです(笑)
セッティングで
危うくセトリが見えちゃいそうでしたが
そこはいろいろ視線をずらしつつ
頑張りました。

いつもの祭囃子が流れ
メンバー登場。
昨日は全員黒で統一したのか
坂さんも王子も黒のシャツで
シミさんも黒系のTシャツ。
増子さんだけ
ピンク地に黒い文字のシャツでした。

恒例クシの投げ入れをし
「ハイ!よく来た~!!
にしても、、近いなぁ(笑)
若手のハネノベンツ、
脂の乗り切った30代THE BACK HORN、
そして平均年齢42歳・脂の抜け切った
おっさんバンド怒髪天。
我々のとり得は
元気だけですから。
最後まで盛り上がって行くぞ~!!」
で1曲目『GREAT NUMBER』

いやいや~
脂抜け切ってても
熱い魂は健在ですから
それだけで充分ですって。
曲が始まった途端
会場中が一つになって
拳挙げて大合唱でした。
シミさんがこれまた
溢れんばかりの大笑顔でして
私、ホントにマジで何回も
微笑みかけられました。(←これは錯覚ではないっ!笑)

続いて『北風に吠えろ!』
イントロから
いきなりシミさん楽器置いて
ステージ中踊りまくっちゃってて
テンション高いの何の(笑)
早いよーぉっ・・
そして「働け~っっ!!!」のコールとともに
『労働CALLING』
もちろん、みんな踊り狂ってました。

「忘れてた。。。
ここのこの暑さを。
せっかく俺、髪整えてきても
すんごい湿気で頭盛り上がっちゃって。。
○○(ド忘れ・・)かと思っちゃったくらい」っと増子さん。
「いや、、でもいいね。千葉LOOK。
たとえ楽屋と客席が
あの黒いカーテン1枚でしか仕切られてないとしても
バンド始まっちゃったら楽屋で話が出来ない、、
たとえトイレがお客さんと一緒でも、、
出番前の一番大事なときに
どうも、、って。
髪型セットした後には会いたくないよなぁ。
でも、おしっこ漏らすわけにはいかないですからね。
そっちの方が恥ずかしいですから。

我々も、CD持ってきてます!!
ね。ここの店長・斉藤さん。
さっきのハネノベンツじゃないけど
俺達の時なんかだーれもそんなこと
教えてくれる人いなかった。
だからここまで来るのに
こんなにかかっちゃってね。
そうやって地元の若手のバンドを
ちゃんと育ててくれるライブハウスがあるっていうのは
やっぱり素晴らしい。

でも20周年なんてね、まだまだですよ。
我々25周年ですから、、
先日やった25周年ライブの模様が
スペシャでね、OAされましたが。
あれ一番映ってたの友康だったっていう。。
友康さん!25周年おめでとう!って書いてあったから」
「ホント?俺、まだ見てないのよ」と
ちょっと照れる王子。
・・・私もまだ見てません。。
ただ、出番的に王子が一番多かったので
自動的にそういう結果になったみたいです。

「あ、愛っていう字・・・
やっぱり間違ってたよ。
撮った後、気づいたんだけど
直すのもねぇ、、なんかいやらしいと思って
そのままにしちゃったんだけど。」
「あの時は分からなくなっちゃったんだよね~」
「愛と言う字なら坂さんに聞けばバッチリですから。
愛と言う字だけ知ってる。愛詰愛彦ですから」
いきなり坂さんの名前が出てきて
ボソボソっと何か言ってたみたいですが
聞き取れず。。

「それにしても、、
楽しかったなぁ~。。。。
キャンパスナイトフジ」
ついさっきまで
25周年記念ライブの話をしていたので
てっきりそのことだと思ってたら
先日放送された
フジテレビの生放送の話に変わってしまい
王子も「え?それ??」って感じで
大笑い。

「全く女子大生とは絡みなかったですけどね。
そして、当て振りでお願いしますっ!!って
やったー!って。
だって、こっちからは
なかなか言えないじゃない。」
そうか、、当て振りだったのかぁ、、、って
この時はこっちの番組もまだ見てなかったので
ちょっとガッカリだったんですが
今日、録画を見たら
完璧当て振りって分かる演奏シーンで
まぁ・・だったら逆にいいか(笑)って
思ってしまいました。
だって、シミさん全然弾かずに
踊りまくってましたもん。

で、そのキャンパスナイトフジの収録
スタジオに、はなわがいて
同じレコード会社だからって
楽屋に挨拶に来てくれたそう。
で、その時暑かったからドアを開けたまま
「どうも、どうも」って感じで挨拶してたら
どっかの偉い芸人さんに
挨拶してるのかと思ったらしく
なぜか、友近まで来ちゃって
初対面なのに「お世話になってます」って。
その後も次々若手芸人が挨拶に来ちゃって
ゆっくり楽屋でくつろいでる暇なかったとのこと。

とは言っても
一番辛かったのは
何と言っても
あの時間まで起きないといけなかった
ことだそうです。
お酒飲めないし・・・って。。
深夜2時か3時でしたっけ??

「11月に新曲リリースしました!!
、、が。
なぜか今日も
そのカップリングの曲
『武蔵野流星号』」
うーん・・
梶さんのブログじゃないけれど
『オトナノススメ』の初披露はいつなの??
でもさすがにこの曲では
増子さんもアンプの上に乗っかって
ウワ~って煽ったりはしないから
間近で聞けて感動しました。

続いては久々!『よりみち』
あーやっぱりこの曲最高!!
ホントに楽しくて
でもなんかキューンってきちゃう歌です。
王子もギターを弾きながら
なんかうれしそうでした。

「やっぱ、ライブ楽しいな~
これくらいの近さいいね。
これくらいなら全部本物に見える。
ほら、俺らちょっと最近調子こいて
少し大きなハコでやったりしてるから
そうすると、お客さんみんな幻なんじゃないかって
坂さんだけがホンモノなんじゃないかって
思っちゃうもんね。」
ホント、やっぱりキャパ250~350くらいって
一番後ろでも
近いですもんね。
最高です。

「千葉LOOK20周年おめでとう!
その20年間、、、辛いこともあったと思う。
ついつい魔法のドリンクの
助けを借りたくなる夜だって
あっただろう。」
この語り口調は・・・
そう、『ビール・オア・ダイ』の
演歌調Ver.です。
BGM的に王子のギターやら
トークに合わせた坂さんの効果音なども入り始めました。

「今、一番怖いのは、、、R舫です。
ああいう女教師タイプに男は弱い。
世界で一番怖いのは、、Mドンナ。
2番目はR舫。
3番目は、、、いません。
今盛んにやってる‘仕分け’
あれ、政治界のことですが
こと、音楽業界での仕分けだったら
こと、バンド内での仕分けだったら、、
たとえ痛風の坂さんでも
飲まずにはいられないでしょう。。。
聞いてください。
『ビール・オア・ダイ』」

あはは~
もう聞き入っちゃいました。
政治ネタに絡めて
うまくオチに持っていくところ
そこらへんの芸人さんより
ウマいんじゃない??
何気に『ビール・オア・ダイ』も
久しぶりだったように思います。

そこから先は
『NO MUSIC,NO LIFE』
『酒燃料爆進曲』っと
これまた鉄板ソング。
どっちかの曲で
王子がこっちまで来てくれました。
ヤッタ!
でもそのとき
王子が増子さんのマイクのコード踏んでいたらしく
後ろで必死にMgさんと
コードを引っ張ってたんですが
王子は全く気づかない上
コードも戻らず、、、みたいな。
坂さんの雄たけびは「20周年!」でした。
ひねりナシ(笑)

あー
もうー
言うことないくらい
楽しかったです。
THE BACK HORNの時は
湯気でるくらい押し押しギューギューでしたが
怒髪天は一人一人が
ワーワー踊ってるって感じで
最前でどれだけ押しつぶされるか・・って
ちょっと不安だったんですが
とっても見やすかったです。
増子さんも何度か私のすぐ横のバーに足をかけて
乗り出してきてくれたし。

もちろん。
すぐにアンコール!
坂さん「アンコールありがとうございまーす
?ピーナッツ!!」
↑プゥーッって笑ったんですが忘れてしまった・・
そしたら出てきた増子さんに
「コラーッ!」って言われてました。

「ホントに今日はありがとう!
ハネノベンツありがとう。
THE BACK HORNありがとう。
じゃー最後は、、、」
俺ららしく?って言ってた??
ちょっと聞き取れませんでしたが・・
『美学』です。

  吹けば飛ぶよな俺の明日に
  一体何が待つというのだろう?
  顔で笑って心で泣いた
  ヤセ我慢こそ男の美学だぜ!!

素敵でした・
最後は増子さん、、客席にダイブ!
また千葉LOOKで
もしくはそれくらいのライブハウスで
見たいです。


<セットリスト>
 01.GREAT NUMBER
 02.北風に吠えろ!
 03.労働CALLING
 04.武蔵野流星号
 05.よりみち
 06.ビール・オア・ダイ
 07.NO MUSIC,NO LIFE
 08.酒燃料爆進曲

 EN.美学


あ。
買う気満々の物販は
無事、ライブ終了後に買えました。
やっぱこれ着るときは
マーチン履きたいなぁ~
・・・持ってないけど。


新幹線って早いんだなぁ~って思い知った日 [音楽]

じゃんじゃん行きます!
どれもこれも
無駄に長いので
適当に斜め読みしてください(+ω+;)

3連休+1計画3日目は
The Birthday TOUR“愛でぬりつぶせ”'09
@郡山Hip Shot Japan
へ行ってきました~
Image9773.jpg

10月のツアー初日に横浜へ行って
どーしてももう1回行きたくて
あれこれ探した結果
この日以外行けそうなものがなく
でも意外と今まで知らなかっただけで
郡山って行けちゃう距離なんだ・・って感じで
新たな発見だった郡山(笑)

チケットは行く!って決めた時点では
まだ完売してなくて
普通に余裕で買えましたが
どうせ行くなら、、と
いい番号のチケット譲ります~が
出てこないかなぁ、、っと待ち続け
なんとか50番近くの番号を入手♪
4連チャンになってしまうので
ちょっと躊躇いましたが・・
張り切って行ってきました。

さて。
その郡山
「意外と行けちゃう距離なんだ・・」とは言え
いくら地理的に関東地方に面してるとは言え
所詮は東北地方の福島県ですよ。。
kooriyama.JPG

鈍行でガタガタ乗り継いで
どんなに頑張っても4時間チョイ・・
しかも宇都宮から先は
電車の本数がグーンと減り
1時間に1,2本状態。
いや~高速バスで乗れば後は着くのを待つだけとは違い
ちょっと途中メゲそうになりました。。(笑)
  ・・ちなみに、、
    新幹線使うと半分以下の2時間弱で行けます♪
    金額は片道・・鈍行:3890円/新幹線:6320円

しかも!
この日は私が乗った時間に人身事故が起きてしまい
宇都宮線に直通している
湘南新宿ラインが一時運転見合わせ
おまけに私、
埼京線で赤羽で降りる予定が
まさかの乗り過ごし!?
その後もちょこちょこ
運転トラブルありつつ
朝9:00前に出発して
郡山到着15:00チョイ前。。。ホッ。
 ※郡山はsuicaの区間が違うらしく
  都内から乗って行くと
  そのままでは自動改札通過できないんですってねー。。
  知らなかった、、

とりあえず着いて腹ごしらえをし
昨日まで展示していた
「207万人の天才。風とロックFES福島」
感動の軌跡・写真と映像の展覧会を見に。。
Image9772.jpg
そんな大々的なものではなく
ちょっとしたスペースに
小さめの写真がズラ~っと展示してあって
普通のテレビでずーっと映像がOAされてるだけの
ものでした。。
人もあまりいなかったし。
まぁ、、そんなもんか・・
Image9768.jpgImage9769.jpgImage9771.jpg

続いて、、
ライブハウスの様子を見に。。
Image9775.jpg
駅からは大通りを歩いていくだけで
わりと近かったし
分かりやすい場所でした。
行くと、グッズ販売の時間が書いてあって
あと30分くらいだったので
そのままそこで待ちました。
今回、チケットを譲ってもらった際に
グッズ500円OFFクーポン券も一緒にもらえたもので。。♪
その後グッズ販売開始時間になった頃には
かなりの長蛇の列が!

Tシャツを買ったので
(例のポスターでチバさんが着てるヤツ!)
急いで駅に戻り
着替えて荷物をロッカーに入れ
再び会場へ。。
流石に近かったとは言え、、
半袖ではいられずシャツを羽織っていきました。

会場はキャパ500くらい?
ステージの高さは低くもなく高くもなく
奥行きもあまりない
どちらかというと狭いステージで
最前もバーというよりは
ただの鉄の棒って感じのものが2本張ってあるだけなので
近い!って感覚はすごくしました。
中には割りと高めの段差があり
縦長でも横長でもない
ほんとにただのハコってイメージでした。

入場の手際はすごーく良くて
道に並ばせるときも
大体の番号の目安を道路に記しててくれたり
呼び出しも
いちいち1番ずつ確認して入れてくれたり
が・・・
ドリンクが。。その場でお金と交換なんですよ。
もちろんペットボトルか缶なんですが
えー。。。。

でも、運良くイマイさん側の
端の2列目辺りに行けて
隅に荷物をコソっと置いておけたので
羽織っていたシャツも
その受け取ったドリンクも
置いておきましたが。。

アッという間に場内イッパイになったって感じで
(開場/開演30分だし・・)
すぐに「詰めてくださーい」って
前へ押される感じに。
端、、、この端が曲者で。。
というのも、
スピーカーがドーンっとあって
その柵みたいなのに
最前のバーが括り付けてあるため
最前バー前に出入りするには
その端っこの最前バーのところを
潜り抜けて行くしかないんです。

なので、
ライブ中、、気分が悪くなって
前へ連れ出されたり
逆にダイブしてきたりした人は
みんなそこを抜けて退散するんですよね。。
非常に迷惑。。。
いちいち避けないといけないし
その度に前へーって入ってこようとする人とかいるし。。
そのドリンクと最前バーの点だけを除けば
そこそこいい感じのハコだとは
思うのですが・・

10分押しくらいでライブスタート。
押されて大変だったとは言え
かなりいい感じでずっと見ることができたので
よかったです♪
チバさんの髪、、横浜で短くなった~って
思ったのに
もう、結構伸びてマシタ・・(笑)
伸びるの早いんだ。。

セトリは。。不明です・・
イロイロ探してみたんですが
落ちてなかった。。
  、、、もし、ご存知の方、いましたら教えてくださいっ!!
でも1曲目は『愛でぬりつぶせ』から。
初っ端ちょっと歌詞噛んで?か
照れ笑いしながら歌うチバさん
見逃しませんでしたよ♪(笑)

何曲が終わって
「郡山久しぶりです。The Birthdayといいます」と
キューちゃんの挨拶。
横浜では声が聞けなかったので
うれしいです。
それから
「チバ~」とか「ハルキ~」とか
いろいろ声がかかってたからか、、
チバさんが
「にぎやかシティーロッカーズ?」って。

あと喋ったのは
「今日は勤労感謝の日だけど、、勤労した?」

『あの娘のスーツケース』の前
キューちゃんが「郡山と言えば、、」
で、てっきり何かを言うのかと思って
シーン・・・ってなってたら
「あ、聞いてるんです。
郡山と言えば、、何ですか?」
「ままどおる!」っとフロアから。
「え?」
「ままどおる!」
「浅田飴??」
「ままどおる!!」
「郡山と聞くとドジョウ丸飲みって印象があるんですが、、(笑)」
「ままどおる!」
「おじさん、難聴で聞こえないな。。」

あまりにもフロアが「ままどおる」って言うもんで
チバさん
「何それ?」っと笑いながら・・
「お菓子!」って言っても聞こえないらしく
「何?知ってる?」って感じで
イマイさんに聞く感じ。
で、イマイさんが「お菓子だって」みたいに教えてあげて
「お菓子?旨いの(ソレ)?」
ウン・ウンって頷く前列や
「だったら土産に買ってやる!!」なんて絡む人とかもいて
それにウケたのか笑いながら
「みんな好きなんだ・・」

で、当然、『あの娘のスーツケース』の替え歌部分は
  ~でも、ままどおるは好き
でした(笑)
最高!!
ままどおる こうえんじ
文字数が同じでヨカッタです♪

『LUCCA』の前では
イントロが鳴ってワァーって盛り上がると
「もうすぐクリスマスじゃん!」って。
あの日は結構チバさん、、喋ってたなぁ~
演奏中とかも時々ニヤって笑ってたりして。
イマイさんは
相変わらず、前のほうの人とかに
ニヤって笑いかけたり
アイコンタクト的なことをたくさんやっていて
私も、2回くらい?微笑みかけられた気がします。
・・・あくまでも、自己満足ですけど。。

それにしても、、キューちゃんの叩く姿は
やっぱり素敵でした。
一つ一つの音の粒が見える感じ。
そして、よく叩きながら歌ってる。
そしてジーっと見てると時々目が合う(気がする 笑)
キューちゃんのブログに書いてありましたが
昨日はよっぽど暑かったようで
あのモヒカンの剃ってある部分から
汗が吹き出てました。

最後『SUPER SUNSHINE』では
途中、ギターを高く掲げながら
歌うチバさん。
長い曲ですが、
見所がイロイロあるし
どんどん加速して盛り上っていく
その感じが
たまらなくワクワクする1曲です。

去り際、キューちゃんは客席に
ダイブ!!
したんですが
跳ね返って?失敗しちゃって
バー前に落ちる感じに、、
慌ててスタッフに抱えられてましたが
それでも懲りずに再びダイブ!!
今度は上手くいってました。

アンコール。
チバさん、、髪の毛がちょっとリーゼント風。
キューちゃん、、ツアーT が私が買ったのと同じだった!ワーイ♪
ハルキさん、、水投げてくれた?
そう言えばキューちゃん以外
みんなタバコふかしながら出てきてました~
ちゃんとアンプの上に灰皿が置かれてた(*´m`)
「マクドナルドのCM、、、
あれ、俺たちがずっとやってんだけどー
・・・・ハンバーガーだよ
クォーターパウンダー!!」
これがカッコいいんだよね~

続いて『PARTY PEOPLE』
この曲だったか?
間奏でドラムソロみたいになる部分
ハルキさんが腕グルングルン回して
キューちゃんを煽る感じ。
そしたら一緒にチバさんも
腕というよりは
手をグルグル回す感じで。
激しく叩きまくって
暑くなりすぎたのか、
去り際Tシャツ脱ぎ捨てて帰って行きました。

2回目のアンコール
キューちゃん、、もちろん上半身裸です!
鍛えてるのか?!
なかなかいい体してました(笑)

『ローリン』
ここでは恒例?コール&レスポンスがあるんですが
意外や意外?!
「ままどおる!」ですよ?(笑)
最後は「ままー!!」って
そこだけ聞いたら、別の意味になっちゃうって。。
間違いなく、
次郡山に来たら
ままどおるの差し入れいっぱいだろうね。
、、、って言うか
ライブ帰りに早速買ってもらえたのかしら??

で、ローリンでは最初はギターを持たずに
なんとハンドマイクで歌っちゃうチバさん。
ホントにちょっとしたこと一つ一つが
かっこいいんだから
すごい存在だなぁ、、っと改めて思いました。
 
で、当然。。
ここまでって思うんですが
客がなかなか引かず・・
しばらく待ってると
出てきました!トリプルアンコールです!!
キューちゃんはそのまま裸です!!!
しかも帰るときは
ジーパンのボタンまで開けてたしー

曲は『Nude Rider』
イントロなった瞬間の盛り上り方は
すごかったです~
私も、あーこれまだ聞いてなかったじゃん!って
思っちゃったし。
ライブには欠かせない1曲ですよね~
曲中のイマイさんのセリフは
「サンキュー郡山!
郡山を愛でぬりつぶそうぜ!!」だったかな。
これでハルキさん以外
声が聞けました♪

熱いライブだったよー
超盛り上がったし。
いや~The Birthday熱
上がっていく一方って感じです。
既に来月2回
ワンマンじゃないけど
ライブがあり
チケット入手してるし(笑)

そうそう
イマイさんはピックを投げる、、っというよりは
この人!って決めた人に
直接手渡す感じで
2枚くらいあげてました。
いいなぁ、、、
でもチバさんも2回くらい投げてたかな。
キューちゃんも、ライブの途中で
スティックを何回か投げてたし
最後は3本投げてくれてました。
いつかは取ってみたいけど・・
がんばって前に行ってる時は
難しいよねぇ。

ライブ終了が21:00過ぎだったので
わりと余裕でしたが
帰りは新幹線でビュンっと。
日付が変わる前に家に着きました。
やっぱ新幹線、、、違うわ~(笑)





先日オフィシャルHPにアップされた
次回リリースのシングルジャケット
かなり賛否両論あるみたいですが~・・
PVもこの姿での出演らしいので
チェックしてみて
アリかナシかを決めたいと思います。

私にとっては・・国道16号の方が馴染みが深いんですが。。(笑) [音楽]

今日はもう3連休明けて24日です。。
3連休+1計画最終日です。
前回ライブ4連チャンだったときもそうでしたが
終わっていくときって
ホントに寂しい気持ちになります。
毎日1つずつレポをUPしていかないと
たまっていってしまうのですが
やっぱりライブに行きながら
1日1個は無理デシタ・・
っと書いていて
結局書き終わらず、、本日25日です。

書き終わらないまま次のライブへ行っていたので
中途半端のものが
たまってます。。
・・・ってことで、しばらくは回想記録的
ライブレポ続きます。。
日が経つにつれ
記憶が薄れていくので最後は
順不同の箇条書き形式になるかも?!(笑)
いやいや。。頑張りますっ!

では、3連休+1計画2日目。
この日はコレクターズの加藤さんのお誕生日♪
BABY! 国道17号を飛ばしてきたぜ!
@下北沢GARDEN
出演:GOING UNDER GROUND/THE COLLECTORS
へ行ってきました~
Image9766.jpg

てっきりコレクターズ主導のイベントかと思ったんですが
どうもそういう感じではなく
日本橋を起点に埼玉方面へ走ってる
埼玉県民ならだれても知ってる(らしい)国道17号
その沿線出身アーティストと共に
対バンライブをやっていき
ゆくゆくはフェスを!なんてデッカイ野望を抱いているという
そんなイベントの記念すべき第1回目だったようです。
で、埼玉を代表するバンドと言えば!
の、ゴーイングと(ゴーイングは全員が埼玉出身らしい)
加藤さんが所属するコレクターズが
出演することになったとのこと。
今後はいろんな埼玉出身のバンドを呼んで、、って
言ってましたが・・
それはこの2つにもう一つが加わるのか
ゴーイングvs○○なのか
コレクターズvs○○なのか。。

・・にしても。
最近、こういうご当地イベント(やフェス)って
増えてきたなぁ~
集まるのにきっかけが必要な世の中になってきたのか
世知辛い世の中なので
故郷を大事にする想いが強くなってきたのか。。
いずれにしても、
あまり故郷というのに縁がない私にとっては
○○出身って言える故郷があるっていうのは
うらやましいなぁって思ってしまいます。

番号は10番台だったのですが
各プレイガイドが同番号で発券しているため
同じ番号が3人いるというスタイル。
なので、実質的には30番くらい。
ただそこは横長のGARDEN♪
ほぼドセンターのちょいコータローさん側
2列目あたりに行けました。

そうそう。
先日行った時に
GARDENのスタッフの対応が・・・って話がありましたが
今回は割りとスムーズで
開場時間がかなり押してしまいそうだったため
一旦地下2階にある
駐輪場?みたいなスペースに
番号順に並ばせて
それからの入場になりました。
あんなスペースがあるなら
毎回そうすればいいのに。。

ってことで、30分近く押して開場。
でもライブスタートはあまり押してなかったので
入ってから始まるまでは
わりとすぐでした。
(もちろん。。その前に延々待たされてるんですが、、笑)
ファン層としては
いい感じに半々くらい?
でもゴーイングのライブって
そんなにドゥワーッッて盛り上がらないので
盛り上がり方からしたら
コレクターズの方がすごかったような気がします。

最初はゴーイングから。
(これは予想通り)
私の周りは
ゴーイング目当てで来てる人だったんですが
始まってからも押されることなく
楽に見られました。

夏が終わり冬がやってきた、、ってことで
ゴーイング冬Ver.なセットリストでお届けしますとのこと。
うーん、、、そうだったの?(笑)
割と知ってる曲とかもあったので
そこそこ楽しめました。

で、さっきの
埼玉出身バンドの話で。
「意外といないんだよね、、」って言ってたんだっけ?
「割といるんだよね。」って言ってたんだっけ?
ちょっと忘れましたが
他に誰がいるかというと、、話で
ACIDMAN!
もちろん出ましたよ~
あはは。

ACIDMANもゴーイング同様
3人全員埼玉出身ですからねぇ。
にしても・・コレクターズとACIDMANの対バンって、、、
想像つかないですが
埼玉出身のどうのこうのってイベント企画趣旨を聞いたら
大木さんとかノッてきそうなので
実現しそうで怖いです(笑)
いや、実現したら
そりゃ、私としたら超が付くほどうれしいですが・・
ま、まずはゴーイングと、、って方が
いいかな。

ゴーイングの曲はあまりよく知らないし
あまり好きではないのですが
前に素生くんのソロを聞いて
やっぱりゴーイングで歌ってる
素生くんの方がいいな~って思いました。
あの歌の雰囲気にとても合ってると思います。


<セットリスト>
  ※拾いモノのため正しいかどうかは不明です。。
 01.ランブル
 02.グラフティー
 03.ボンベルタ
 04.ハウドゥユフィール
 05.同じ月
 06.スタンドバイミー
 07.holiday
 08.トワイライト
 09.twincle
 10.オリオン


続いてコレクターズ。
コータローさんは白いシャツ
オリさんは黒地に白い水玉のシャツ
キューちゃんは、、黒のカットソー?
髪の毛が伸びてました。。
そして加藤さん、、、何やらパープルの
派手な柄の上下でした。
シングルの3つボタンで
ちゃんと一番下のボタンは開けていましたが、、
ちょっとお腹周りポコっとしてた感は
否めませんデシタ・・

1曲目は『愛ある世界』
出だしの ~LOVE!って始まった途端に
もううっとりとコレクターズの世界に引き込まれます。
とにかく音がよかった!
あんなに前で聞いて
いい音だぁ~って思えるのって
やっぱりステージに奥行きがあるせいでしょうか。。
いやいや、演奏力もありますよね。
ホントに素敵でした。

続いて『So Sad About Us』
うっとりの後すぐに
ノリノリのナンバーで
もうあちこちで「キャー!!」って
黄色い歓声が。
盛り上がってるのは分かりますが
いやぁ、、、あの黄色い歓声はちょっと苦手です。
若干引いてしまいます。。

「いやぁ、、下北にこんなおしゃれな場所が
あったなんて。。
しかも、無駄に横に長い!!
CTスキャンで横からの俺を見られてる感じで、、
恥ずかしい。。」って加藤さん。
横に長いだけじゃなく
高い段上の真横からの客席がありますからね。

で、どうも使ってるマイクのコードがガタガタしてて
取れそうだったので
「あの、、このマイク、、何か(コードが)取れそうなんで
ここ貼ってもらえます?
じゃぁ、、その間・・コータローくん!
よろしく。」
「え。。いやぁ、、、話せって言われてもねぇ。。
困るんですが・・」っと
いきなりムチャ振りされて焦る苦笑いのコータローさん。。
「えーっと。。夏が終わってしまって
少々凹んでいます。
寒いの駄目なんですよねぇ。。
ここの楽屋も寒くってさぁ。
手がかじかんじゃって。
でも、素生がこうやって(手をさするジェスチャー)
暖めててくれましたけど(笑)」

そんな話をしてたら
「それにしても俺たち、
パーフェクトゾーン見つけるの早かったよね~
あの練炭女の」っと
いきなり話しに入ってくる加藤さん。
しかも、ぜんぜんそのコータローさんの話に関係ない
例の今話題の詐欺疑惑の女の話。
口元から胸元あたりがその人のパーフェクトゾーンで
誰にでも、ここが一番!っていう
パーフェクトゾーンがあり
そこを見せれば
全体が例えダメでも
コロっと騙されちゃうこともある、、とのこと。
危うく加藤さんとコータローさんも
騙されて練炭2嗅ぎくらいしそうだった・・って

「今、練炭売り切れらしいよ。」
まだ引っ張ろうとする加藤さんに
「そろそろ、、歌いませんか?」っと
話を打ち切るコータローさん。
「そう?まぁ、もう練炭の話もそうないしね、、」
こんなくだらない?話をダラダラとした後に
「じゃぁ、ラブソングを」っと言って
『POWER OF LOVE』だもん。
そのギャップというか
切り返しというか、、
そういうのは流石です。

何曲かあまり聴きなれない曲などもあったので
レア曲もやってくれてた感じ。
数曲終わり、、
「今日は、、、誕生日です。。
でも、もう、歳は・・・聞かないで。。」
そんな感じで
ワーッて盛り上がってたんですが
ふと、コータローさん
「リーダー。。。すごくおめでたい話なんだけど、、、
話すところ次だった。。」って。

「やっちゃった・・・」って顔をしつつ
マイクを用意し
何やらコソコソとコータローさんと話しつつ
次の曲『僕は恐竜』へ。。
最近、この曲のアレンジが変わっていて
(って、、これがオリジナルだっけ?)
すごくいいです。

で、その曲が終わり
コータロー「ここで涙ながらで
誕生日の話しするとこだったのにね、、」
加藤「なんだろうね・・この忘れっぽさは。。」
っと照れ笑い。
でも、気を取り直して!
「デビューして23年経とうとしてますが、、
まさか、未だに僕の隣に彼(コータローさん)がいるとは
思ってもいませんでした!!」って。
そこからその当時の流行ってたものの話
・・っていうかほとんど悪口を(笑)
  スタジャンとかウエスタンブーツとか
  日本人がウエスタンブーツなんて似合うわけがない
  レコーディングのとき
  あらゆるスタッフがみんな紺ブレ着てた時代とか
  H.Tさんの「エコー」あんな先の見えない歌を
  みんなが歌ってて、ホントかわいそうだなーって 
  思って聞いてた、、、とか
「これからの世の中、
言いたいことを言っていかないとダメなんだよ!!」って
熱く語っていました。

あと、加藤さんは自分は23年前と
ちっとも変わってないと自負してまして
未だにこんな衣装が着こなせるのは
俺くらいだ!って。
  ヒロトとマーシーは全然変わってない
  蝋人形みたい(って・・言い過ぎでしょ。。笑)
  でもマグミさんは変わり過ぎ。。
  その中間を行くのが自分だって
「これから先はずっと派手に行こう」とのこと。
すると「電車でも飲み会でもこれで来るの?」と
驚くコータローさん。
「行くよ!スナックにコレで行きたいね~
でも、こんなんで行っても、コータローくんの方が
さりげなくモテちゃうんだよね。。
女性は白いシャツに弱いから、、、」

そんなこんなで話しに盛り上った後
叫びたくなったーっていうコータローさん。
加藤さんの「青春と言えば!」の声に
「バカヤローッ!!」
で、『青春ノークレームノーリターン』(笑)
盛り上りすぎたのか
ちょっと歌詞飛んでました・・(笑ってた)

そこから先は
いつもの盛り上るナンバーで。
ステージが横に広いから
一人一人の幅が
広めにセッティングしてあったのか
コータローさんが
やたらと加藤さんの方へ寄ってきて
演奏してました。
やっぱりQueくらいの密集した感じの方が
居心地はいいんでしょうか?!
最後は『スイート・シンディー』で終了。

続いて、、アンコール。
譜面台が出てきて
加藤さんがアコギを構えて・・
『…30…』を。
2番の辺りで?
素生くんがケーキを持って登場!!
「Happy Birthday to you!!」って
みんなで歌ってお祝いしました。
「泣ける演出するんじゃねーよ~」って
ちょっと照れ臭そう(笑)

なかなかろうそくを吹き消さないで
歌に戻ろうとするから
「ほら、消して消して!」って
促されつつ
そして少しずつ消しながら歌っていく
演出?
なんかそういうの流石♪って感じでした。
ろうそく。。ちゃんと
大4本に小9本のってました(笑)

「九州の人が歌う東京の歌は
重苦しい?ものがあるけど
埼玉県民が歌う東京の歌は
かわいいものがあるでしょ?どう、コータローくん?」
「あぁ、、いいんじゃないですか?(笑)」
「なーんで、そんな上から目線!」
そんなやり取りが合って
素生くんと一緒に
ゴーイングの『東京』をセッション。

バンド同士が企画したイベントや
対バンライブの一番の楽しみって
実はこういうのかも・・って思ってしまいますが。。
やっぱりセッションとか
いいですね。

で。。
本来なら、ここで感動して終了!!
なんですが・・
実は、この2バンド
夏のロックの学園サマースクールで
ねるとんみたいな企画を一緒にやる予定だったのが
直前になって台風で中止となってしまった過去があり
その時の盛り上げBGM用に
いろいろ曲を練習したりしていたそうです。
でもお披露目の場がなかったので
この前、ゴーイングのイベントに
シークレットゲストとしてコレクターズが出演し
コソっとそのときの曲を披露したとか?

ただ、それを聞いたコレクターズのファンから
「そんなのシークレットでやるなんて
聞きたい!!」って
ブーイングの連発。
そこで・・
そんなに言うならば。。。と
今日はその曲を1曲披露しますとのこと。

「こんな曲で終わったからって
文句は言うなよ!」って
最後はゴーイングのメンバー全員出てきて
なんと!
『ゴールドフィンガー99』を
振り付きで演奏です!!
えぇー・・・
まぁ、もう二度と聞けないだろうから
ある意味貴重ですけど。。
いや~歌は好き嫌いありますが
演奏などなどはかなり素晴らしかったです♪
加藤さんの「アーチーチーアーチ~」って・・
プププッ。

BABY! 国道17号を飛ばしてきたぜ!
今度は17号をさかのぼったどこかで
埼玉出身のダイヤモンドゆかいさんを呼んで
やる。。。かも?とか??
それでもみんな来てね~だって。
うーん・・・(笑)


<セットリスト>
 ※順番はちょっと不明です・・
 01.愛ある世界
 02.So Sad About Us
 03.恋の3Dメガネ
 04.占い師
 05.POWER OF LOVE
 06.明るい未来を
 07.僕は恐竜
 08.青春ノークレームノーリターン
 09.たよれる男
 10.TOUGH
 11.東京虫バグズ
 12.NICK!NICK!NICK!
 13.スイート・シンディー

 EN. 
  …30…
  東京(GOING UNDER GROUNDカバー)
  ゴールドフィンガー99(GOING UNDER GROUNDとセッション)

美しき星の声追いかけて心を焦がして [音楽]

昨日から3連休♪
2009年最後の3連休じゃない??
ハッピーマンデーという制度?ができてから
すっかり3連休の回数が多くなりましたが・・
私個人としては
連休よりも飛び飛びの単発休みの方が
好きだったりもします。
祝日はある意味記念日なわけで
毎年日付が変わるのもねぇ。。。

っと言いつつ
3連休を大活用し、
さらに3連休+1計画実行中です(笑)
その1日目の昨日は
ACIDMAN LIVE TOUR "A beautiful greed"
@新潟LOTS
へ行ってきました。
Image9760.jpg

すっかり私の中では
仙台、名古屋に続き
遠征候補ポイントの新潟。
(今後は郡山も加わる予定。。笑)
朝8:00発のバスで行けば
13:00過ぎには新潟に到着できるのが
いいです。
往復夜行バスの日帰りは
さすがにキツイですから( ̄(エ) ̄*)
が、、、やはり3連休の影響か?
まさかの2時間遅れでの到着でした。
いや、全然余裕を持った時間だったので
問題はなかったんですが
バスはこういう事態が起こりうるので
ちょっとヒヤヒヤしました。

心配していた雨は
ギリギリ降ってなくて
一先ずホッ。
でも、風が冷たかったです。
さすがは日本海側。。(ってあまり関係ない?)
・・・今日の東京も負けてないけど。。
初めて行くライブハウスだったので
とりあえず場所と様子を確認しに会場へ。
このツアー初!機材トラックを見られました~
フェンスがちょい邪魔でしたが、、
まぁ、満足♪
Image9761.jpg
Image9763.jpg

ロッカーは中にしかないって聞いていて
駅から寒空の下走るか
どこか街中のロッカーを探すか
などアレコレ心配していたんですが
クロークをやってくれると分かり
これまたホッと一安心。
時間まで近くのファミレスで
腹ごしらえ。
・・・またしても新潟らしいモノは
食べられませんでした。。
やっぱり寒さには勝てないね。。

小さい会場なので(って言ってもキャパ7~800)
開場/開演は30分です。
今回もスペシャルな10番台という番号で
大木さん側センター寄りの
最前へ。
ステージの大きさは
今まで見た中では
一番小さかったと思います。
なんせ、サトマと大木さんの間が短いのと
大木さん側左(私達から見て右端)には
全くスペースがなかったので。
そして最前のバーからステージも
超~近い!
高さも低くはないけど高すぎでもないので
すごく近さを感じました。

ドンドン人が入ってきて
ちょっと嫌だなーって思う事態が。。
私の左横、後ろに背の高い男子が、、、
最終的に始まった後、
右横に後ろから入り込んできた男子によって
三方男子に囲まれるという最悪事態。
何するにも上から押さえつけられてる感じで
キツかったぁ。。"(ノ_・、)"
いやぁ、、新潟はロックの街ってよく聞くけど
ホントなのねぇ。。って
そんなところで実感してしまいました。

開場/開演30分とは言え
10~15分くらい押しててスタート。
SEはいつもの『A beautiful greed』
そうそう、ステージ上には
もちろん、あのジャケットと同じデザインの
絨毯。
そう言えば・・いっちゃんのドラムセットは
台には乗ってなかったです。

登場はいっちゃん、サトマ、大木さん。
いっちゃんは淡いイエローのTシャツ。
サトマは白のTシャツ。
いつもサトマは
フロントにどーんっと大きなイラストっていうか
デザインが書かれたTシャツを
着てます。
大木さんはツアーTの赤のやつ。
またしてもモノは違いますが
私も赤を選んできていたので
広島に続き
ちょっとうれしい(笑)

大歓声の中1曲目『±0』から。
最前にいると仕方のないことですが
若干声が聞きにくいです。
でも既に最初からセンターに来て
煽る大木さん。
この日はセンター寄りにいたので
これまたちょっとうれしい♪
2曲目が『Who are you?』だったので
あれ?って思ってたら
3曲目『アイソトープ』!!!
「oioioioi!!」ってそりゃー盛り上がるって。
これはこのツアー初じゃない?
しかもすんごい大好きな曲だったので
うれしかったです~

今後やってくれれば別ですが
なんとなく、新潟のあの車屋さんからの
リクエストだったりしてーって
チラっと思ってしまったり。。
そうだとしたら
新潟まで来た甲斐があったなぁ~
なんて。(*´m`)むふ♪

『Bright&Right』のイントロは
サトマに注目。
でもその間に大木さんは
ギターを持ち替えるので
どうもキョロキョロしてしまいます。
この曲は一瞬終わったと見せかけて
再びサトマのベースが入ってくるところが
なんとも言えずかっこいいです。

続く『FREE STAR』前はイッチャン!
ツアー初日のZeppで聞いたときは
今までとちょっと
アレンジが変わっていたように思ったので
最初何だろ?って感じだったんですが
最近はだいぶ聞きなれて
次、来る来る~ってワクワクしてしまいます。
ドラムソロが終わって
ブレイクが入り
ギターのイントロが鳴る瞬間が
好きです。
去年から何回も聞いてる曲なのに
「待ってました~」って気持ちになります。
やっぱり、この曲の出会いが
ある意味ACIDMANにのめり込む
きっかけだったりもするので
私にとってはちょっと特別なのかも?

ここでようやく最初のMC。
いっちゃんの挨拶タイム(笑)
「新潟の皆さん、楽しんでいただけてますか!
新潟、久しぶりにやってきました。
なんと、本日、SOLD OUTってことで。
ありがとうござます!!」
って・・アコースティックで9月に来たけど??
“久しぶりに来た”って私の空耳か?って
コソっとツッコミ。。
あと、SOLD OUTでも当日券は売るんですね。。

各地で美味しいものを
タラフク食べてしまうため
心配していた
一悟リバウンドですが、、
広島で驚いたとき以上には
なってなかったので安心しました(笑)
「新潟のー豪雪地帯のー
豪雪をも溶かす、
800人の熱いパワーを爆発させて
最後まで盛り上がって
大いに楽しんでいってください!!」
(半ば曖昧・・)
・・昨日は800人入ってたの??

ここで、ここ最近セトリに加わった
『colors of the wind』
ライブ初聞きです。
出だしの弾き語りみたいなのって、、
あったっけ??
初聞きだったのに
その後の『スロウレイン』の驚きの方が
衝撃的で
イマイチ印象薄いです・・スミマセン。
っとうのも、
ネタバレトピで
『colors of the wind』をやったっていうのは
聞いていたんですが
『スロウレイン』をやったっていうのは
全く知らなかったもので・・
前日の長野から?ですか??
あーでも・・
この曲ももちろん好きですが
もう1回『プリズムの夜』を聞きたいです。

「今回のツアーで
どうしても1曲やりたいって思った曲があって
古い曲で、、『銀河の街』って曲なんですが
これをどうしてやりたいと思ったかって言うと
なんかちょっと不思議なことで
この曲を作った時
いつものようにいい曲ができたーって
そういうのではなく、もう何十年、何億年も昔に
今の自分になる前の別の何かだったときに
聞いた覚えのあるメロディーのようで
巡り巡って今、この身になって
こうしてここでみんなと同じ時を共有して
そういう偶然って素晴らしいことだと思うし
そういうのを大切に
していけたらいいなーって思います。」
  えーっと・・かなり適当です。
  ニュアンスとしてこんな感じってことで・・(汗)

やっぱり、大木さんの弾き語り部分
多くなったよね。
1番丸々弾き語りになっていて
初めてだったら
あれ?これ弾き語りで終わっちゃうの??て
ハラハラしそうなくらい。
その残り短い部分だけに
サトマはアップライトベースを弾いていて
それがまた、かなりかっこいいです。
基本、ベースの音が好きなので
大木さん見ながら
サトマの音に耳はダンボ、、って感じ(笑)  

そうそう。
今回セトリの曲順が今までと
けっこう違ってるせいか
・・っというより
2曲目に『world symphony』がなかったせいか?
サトマのキャップが未だ落ちてない。。という。
快挙!?
それと
大木さんがものすごく汗だくになっていて
腕とか髪とかから汗がポタポタと。。
弦とか押さえてて
ビリビリ来ないのかなーって
思ってしまいました。

インストが続いて『HUM』
ここで、ノリノリに
いつも以上に頭を振ってる感じがしたサトマ。
ようやくキャップオフ!
瞬間、、っというか
ポロっと落っこちていく様を
見られました。
しかも、曲終わってMCの時に
スタッフが拾いに行こうとしたのを見てか
自分で拾ってアンプの上に置いていたよ。

で、恒例『HUM』終わりのMCタイム。
いつも「HUMの後にスミマセン・・」って
なら他で入れるようにすればいいのに
ある意味それはネタなのか?
「僕、個人的には、
新潟は美味しいものがいっぱいあるので
大好きです。」
そう言って新潟名物の食べ物をズラズラ。
 へぎそば
 ノドグロ
 コシヒカリ♪

 ??笹だんご♪

 天地人♪
 天地人♪
この時のいっちゃんのうれしそうな顔ったら。

「天地人、明日で最終回だそうですよ
俺は1回も見たことないんですけどね。。
あの・・佐藤さん、、
そろそろ助けてくださいよ。
もう・・限界なんですけど」と
サトマに助け舟を求めるいっちゃん。
「もー改名の話しちゃえば?」って
冷たくチューニングしながら流すサトマ。
「え?もう?早くない??」
「だってーお前の(話)流すぎんだよー
あの、、あの人の(って言ってたかは不明)
名前のね、姓名判断が
史上最悪に悪くって、、
みなさんも、一度PCとかで調べてもらったら
分かると思うんですけど・・」
って、やっぱりまだチューニングしつつ
話し出すサトマ。

「おい、、なんで、お前がその改名の話の
主導権握ってんだよ。。
しかも、まだチューニングやってんのかよ。
いつまでもチューニングが
上手くならないヤツだな!」といっちゃん。
で、チューニングが下手といわれた反撃か?
「さっきさぁ、ドラムと息を合わせようって
後ろ振り返って見てたらさぁ
ひどい顔して叩いてて
思わず大爆笑しちゃったっよ。。
サビ前のフィルとかやばいよ。。」とサトマ。
なんだ~
それで笑ってたのか。。
サトマがいっちゃんの方を見て笑っていたのは
見たのですが
てっきり、間違えたのかなーとか思ってました。
この間、大木さんは
何度か話に入るタイミングを伺いつつ
ニヤニヤしながら見てました。

で、なんか一言言った時に
「何だよ、大木、昨日は声の調子悪かったくせに
今日はすごい調子よくて、、」
前に今回のツアーは反撃に出るって言ってたせいか
いっちゃん・・
「それ、言わなくても、、
でも、もう言っちゃったからあれだけど
そう、昨日はね、ちょっと喉の調子が悪くて
君たちがぬくぬくしてるときに
水ガブガブ飲んで4時間おきにタイマーセットして
汗かいてまた水飲んで、、ってやってたんですよ。
そうすると、体が4日寝たのと勘違いして
いい感じに回復するという。。
今日も医者行ってきたら
ちょっと腫れてるって言われて
大丈夫かなーって思ったんですが
今日は自分でもビックリしてるけど
すごい調子よくって。
だから、お前が、そんなこと言わなければ
何てことはなく過ぎたのに、、
言っちゃったら大丈夫ですか、、って顔して
みんな見ちゃうでしょ」って。。

途中から空気読めてなかった発言に
いちゃんもシマッタって顔してましたけど・・
にしても、、
やっぱり医者の世話になった大木さんでした。
私は前日の長野の様子も
今日、あれ?声出てない?ってことも
全然知らなかったし、思わなかったんですが
そんなことがあったとは。。
武道館では去年の幕張の二の舞にだけには
ならないで欲しいです。
もしくは、もし仮にそうなってしまったら
もう武道館のDVDは残さなくて
この各地のツアーのダイジェスト版みたいな形で
編集して欲しいです。

気を取り直して
いっちゃんの改名話。
今の集計結果では
 ・ウラヤマイチゴ
 ・浦山テンピュール
が同率一位だそうです。
いっちゃん曰く、、みんなライブ終わりの高いテンションで
アンケートを書いてると思うから
勢いで、テンピュールでいいじゃん!!って
○つけてしまうと思うんだけど
そこはちょっと心を落ち着かせて
よーく考えて選んで欲しい、、とのこと。
このアンケート結果の名前が
武道館で発表されるそうです。
「MAXときでびゅんと2時間、、
武道館にもぜひ遊びに来てください!
えーっと、、もう、これでいいです。
もう座ります。
俺が座ったら
俺の薄っぺらいトークのことなんて
忘れてしまってください!!」

いつも話のまとめが
グダグダないっちゃんに
「ち○こ触らない!!」っと大木さん。
「お客さんの前でち○こ触らないの!!」
「間接的にですが、、ち○こ触ってしまって
スミマセンでした~」
こんなトークの後に
『I stand free』だもんな~(笑)
今回はこの曲についてのトークは
なかったです・・

『I stand free』が終わって
『Under the rain』のギターのイントロに入る流れが
シーンとしていながらも
結構好きです。
目の前でよーく見えたので
ギターの押さえる指とか
ジーっと見入ってしまいました。

「まだまだ行けるだろ!!
もっと!もっと!!」大木さんが煽って
ラストスパート。
『CARVE WITH THE SENSE』からの3曲は
ホントにヤバイです。
今回『造花が笑う』が入ってるので
さらにテンション上がります。
しかもその曲のベースイントロが終わった後
だったか?サトマが「ドゥァッ!!」って
なんか雄たけび上げてました。
あとどの曲だったか思い出せないんですが
大木さんが右手で拳を作って
頷きながら
しばらく掲げていたのが印象的でした。

最後は『OVER』
「次の曲でラストです。。」
「えーっ、、」
「早いですよね。。相対性理論ですよ。
時間の長さの感じ方っていうのは
全て同じじゃなく、ある状況下においては
短く感じるって。。特殊相対性理論。
どうでもいいですね、、これは(笑)」
思わず「へぇ~」って声が上がりましたが
確かに、あの興奮しきった状態で
説明されてもなぁ、、って話でしたが
そういう話をする時って
いっちゃんの食べ物の話をするときと同じくらい
楽しそうに話すんですよね~
頭の中を覗いてみたい。。

「『OVER』という曲は
アルバムの一番最後に入ってる曲で
「OVER」という意味は
終わりって言う意味と巡る?っていう意味とがあって、、」
うぅ。。今回は
結構覚えていたつもりの大木さんのMC。
やっぱりうまくまとめられないので
断片的に書きますが、、
 世の中いいことばかりじゃないし
 俺もきれいな生き方なんてしてないけど
 その瞬間瞬間を大切に
 一生懸命生きれば
 少しずつだけどきっといい世の中に
 なっていくんじゃないかと思ってて
 そういう歌をこれからも作って
 歌い続けていきたい
そんな、、感じ?

初日のZeppで
いきなり歌えなくなってしまって
でもフロアでもそれをカバーして
一緒に歌ってあげることができなかったから
もし次そういうことがあったら
一緒に歌いたい!って思い
頑張って歌詞を覚えて行っていたんですが
幸い、、そういう事態にはならなくて
でも・・
最後の最後
ちょっと涙ぐむのをこらえてた感じでした。
きっとこの歌には
何か強い想いが込められているんだろうなぁ。。
今後ACIDMANにとって
重要なポジションを占める曲なっていく気がするって
何かのインタビューで言っていたので
このアルバムツアーが終わってからも
ちょくちょく聞けるといいなーって思いますが
なんせ、歌うたびに涙ぐんでたらなぁ、、、(笑)

引き続き、、アンコール
汗だくでTシャツビチョビチョなのに
やっぱり着替えずに登場の大木さん。
「アンコールありがとうございます。
さっき、後ろの髭の人が言っちゃったけど
昨日から声の調子が悪くて
今日も本当は無理かなーって思ったけど
でも、ここに立ってみたら
すごく調子がよくなって
これはホントに
みんなの熱いパワーのおかげです。」
そんな、、うれしいじゃないか・・
長野の人には申し訳ないけど
本当にこの日、喉の調子が回復してくれて
よかったって思いました。

『赤橙』では
いつも以上にサトマが
ジャンプ・ジャンプしていた気が。。
コレクターズじゃないけど
デビューシングルを
今でもアンコールでやれるって
なんかすごいな~って思います。

「ありがとう。きっとまた来ます。
絶対にまた来ます!
ラスト!!ラスト!!
your song!!」
言うまでもなく
盛り上がりました。
最後の方はもうマイク捨てて
センターで煽ってたし。
ああいうの、
特に今回のツアーからって感じがしますが
なんかいいですね。

最後はギターを高く掲げて
終了。
もちろん、フロアとタッチ!
なんとか、ギリギリタッチできました♪
その時にフッとピックが落ちてきて
あっ!っと思ったんですが
その瞬間に隣の割り込み男子に
先を越されてしまいました。。。
くそー・・
でも帰り際にチラっと見せてもらいましたけどー
あー取りたかった。。

サトマもフロアとタッチ!
こちらは残念ながらかすりませんでした。。
ちょっと惜しかったぁ。
いっちゃんは
笑って帰って行ってしまいました。

あーアチコチ痛みが残ってますが
楽しかったです。
新潟、、よかったよ。
そう言えば、、
MCの時、サトマがリストバンドで汗ふいてましたが、、
タオルはないの?
そして、妙に鼻をチューンって
すすってるのが気になりました。
風邪でしょうか・・お大事にどうぞ。

ドリンクチケットが
日付とアーティスト名入り。
Image9765.jpg


<セットリスト>
 SE.A beautiful greed
 01.±0
 02.Who are you?
 03.アイソトープ
 04.Bright&Right
 05.FREE STAR
 06.colors of the wind
 07.スロウレイン
 08.星のひとひら
 09.ファンタジア
 10.銀河の街
 11.ucess(inst)
 12.slow view
 13.HUM
 14.I stand free
 15.Under the rain
 16.CARVE WITH THE SENSE
 17.造花が笑う
 18.飛光
 19.OVER

 EN. 赤橙
   your song

帰りのバス、、
安っい回数券チケットで帰れるバスなんですが
非常に乗り心地が最高でした。
なぜか夢にキューちゃんが。。。(笑)

果てまで行こうあと少しもてばいい [音楽]

さーむーいよぉ~。。。
最高気温9℃だって!
思いっきり洗濯物干して行ったら
雨降り出したし・・
でも、基本、
ジャージャー降りにはならなくて
家に帰ったときにモノが湿ってなければ
雨はかからなかったもの
と、しています(笑)
っということで
明日は晴れていく方向みたいだから
そのまま放置です・・

にしても。
こうもお天気がコロコロ変わるなんて
体調管理も大変ですね。
、、、って。
私は割りと鈍感なのか
そういうのにあまり影響されないんですけど。
だけど昨日が清々しい晴天で
ホント良かったです。
だってその前の日も雨降りだったし
鬼の居ぬ間の、、、じゃないけど
ある意味、昨日はラッキーデイだった気がします。

そんな昨日は
ストレイテナー/the HIATUS
BRAIN ECLIPSE TOUR
@横浜BLITZ
へ行ってきました!
Image9759.jpg

テナーにthe HIATUS!!
以前、ラジオで細美さんが言っていたのは
the HIATUSとして形になる前?
なってすぐ?辺りから
一緒にツアー周りたいねって話はしていて
それがちゃんと実現できてうれしいって。
いや~ファンとしても
とてもうれしいこの2組。
当然、チケットは超激戦でしたが、、
奇跡的に
自分でチケット取れました!
(正確に言うと、取ってもらいました)
整理番号1000番台でしたが
わりとスルスルと
端っこながら
ホリエくん側(masasucks側)の3列目辺りへIN。

入るまで結構時間かかって
寒空の下待たされたせいか
始まるまでは
わりとすぐだったかなぁ・・
だけど入ってからもしばらくは
なかなか暖かくならなくて
ブルブルしてましたけどー
そうそう、友達がライブパワーで働いているのですが
入り口のドリンクチケットもらう所で
初めて巡り合いました。
ビックリした~(笑)

まずは、、、
ストレイテナーからでした。
まぁ、スプリットツアーなので
今後変わる可能性はあると思いますが・・
客電消えて少~し押しはあったけど
端だったからか
ギューギューにはならず
視界良好で見られました。

テナーはライブ2ヵ月半くらいぶりだそうで
ホリエくん・・
始まるまで自信はあったけど
すごく緊張していたそうです。
でも、やっていくうちに
いい感じに楽しくなってきたと
うれしそうでした。

今年アルバムの『Nexus』が
思ってた以上に良かったので
持ってなかった他のアルバムとか借りまくって
今年は結構聞きまくっていた
ストレイテナーなので
昨日のセトリも
ほぼ、知ってる・知ってる♪って感じで
すごく楽しかったです。
やっぱ、いいかも。

シンペイくんが
曲によって
バッと立ち上がり
腕を高々と上げてポーズを取るのが
かっこよかったです。
あれはアガルね。

「2バンドの対バンツアーって
すごく久しぶりで、、
お互い、馴れ合わず
ケンカしながら楽しんで行きたいと思います」
とのこと。
退場前に4人が肩組んで客に一礼して
帰って行きました。
なんかちょっと不思議・・

キーボードが入るミディアムものから
『KILLER TUNE』『Little Miss Weekend』などの
定番?アゲアゲソングまで
いい感じの1時間でした。
来年はもうちょっと積極的に
ライブ行こうかな~
なーんて・・思ってしまいました♪


<セットリスト>
 01.CLONE
 02.クラッシュ
 03.BIRTHDAY
 04.The Novemberist
 05.泳ぐ鳥
 06.新曲(Toneless Twilight?)
 07.イノセント
 08.DONKEY BOOGIE DODO
 09.KILLER TUNE
 10.Little Miss Weekend
 11.SIX DAY WONDER
 12.ETERNAL
 13.Melodic Storm


続いて、、、the HIATUS。
私の中では
テナーのファンもthe HIATUSのファンも
ほぼ被ってて
人の入れ替わりとかないんだろうなーって
思ってたんですが・・
意外と前にいた人が下がっていったり
後ろからドドっと押し寄せてきたり
してました。
特に始まった瞬間の押しったら・・
凄かった。。。

昨日のメンバーは
ちょっと前にやっていたワンマンと同じく
Dr.一瀬さん、Gt.masasucks、Ba.ウエノさん
Key.堀江さんでした。
ちなみにセットリストも同じ(笑)

まぁ、これは
アンコールの時に細美さんが
「どうせネットでゴチャゴチャ書くんだろうから
言っとくけど、、、」って
暴露したんですけど。
っというのも、
イロイロ他のパターンとか試してみたけど
どうしてもこれが一番よかったからとか。
だって・・
あの時から曲増えてないからね。。
次ライブをやる時は
やりたい曲たくさんあって
全部は無理!ってくらいになってるから
・・・って。
期待してます~(笑)

そんなライブですが。。
the HIATUSはライブのたびに
同じ曲(昨日は同じセトリ)しかやってないのに
なんか、どんどんパワーが
増していく感じがします。
だから全然飽きない。
同じでも同じじゃなく聞こえてしまう
これがライブなんでしょうか。。

その前回のライブが終わって1ヶ月ほど。
「ずーっと今まで景色がグレーだった。。
やっと今日、カラーの景色が見えるよ」って
こちらもまた久しぶりのライブだったようで
それはそれは、うれしそう。
私はやる側ではないですが
見に行く側としても
もー2週間近くライブの予定が入ってないと
ホントに毎日がつまらなくて
同じだなーって思ってしまいました。

今までthe HIATUSのライブは
ほぼ、毎回ウエノさん側で見ていて
昨日はどうしても
1回masasucks側で見たかったので
そっちに行ったんですが、、
彼もめちゃめちゃ楽しそうに・うれしそうに
やるんですよね~
元気出ます。

前回、なんかの曲でウエノさんが
踊ってたって聞いて
それはチェックしなければ!っと思って
ベース弾いてないような時は
注目していたんですが。。。
分からなかったです。
でもお馴染みの
ベースを抱きかかえるポーズは
よく見れました♪
あれはキュンとしちゃいます~(笑)

ワンマンで聞いた新曲も
昨日がリリースで
あの時よりもさらに深みが増していたというか
『Antibiotic』では
一瀬さんの叩いてる楽器が
多分・・カホンだったような。
masasucksもアコギだったし。
そして最後にやった『Insomnia』
これってこんなにいい曲だったっけーってくらい
よかったです。
細美さんの時々かすれるような声が
いいです。
ヤベ。。。CD買いそう(笑)

でも何と言っても『紺碧の夜に』が
大好きなんですけど。。
サビに行く前に「1,2,3,4!!」って
あの掛け声?と共に
ジャンプするのが
楽しいんですよね~
最高でした。 

MCは若干少なめ?
音楽をやってるのは
もてるためでも
お金稼ぐためでもなくって
少しでもみんなが自分達がやる音楽で
幸せに感じてくれたらいいなーって
それができなきゃダメだし
そう思ってくれるような音楽しか
作っていかないから、、って。
36歳になって
やっとほんの少しだけ
音楽をやっていくことの意味みたいなが
分かってきたそうです。

そんなMCをした後に歌った
『Little Odyssey』は
染みました。

今回、改めて思ったのは
the HIATUSというバンドの凄さと
細美武士という人の凄さ。
テナーより盛り上がってた・・とか
そういう比較ではなく
本当に圧倒されたライブでした。

すごくいいスタートが切れて
これから全国周って
新木場に戻ってきます!って。
あぁー・・
なんかファイナル行きたくなってしまった。。


<セットリスト>
 01.Curse Of Mine
 02.Storm Racers
 03.Ghost In The Rain
 04.Lone Train Running
 05.Antibiotic
 06.The Flare
 07.Silver Birch
 08.ユニコーン
 09.Centipede
 10.紺碧の夜に
 11.Twisted Maple Trees
 12.Insomnia

 EN.
  Little Odyssey
  Storm Racers

出てきた!出てきた!! [音楽]

年末のライブ詳細が
アチコチで発表され始めましたっ!!
で・・
コレ行きたいよ~ヽ(○´3`)ノヽ(○´3`)ノヽ(○´3`)ノ


12/29・30にインテックス大阪で行われる
FM802主催の屋内フェス
RADIO CRAZY

★29日
 「FM802 The Hottest Rock of 2010」
   阿部真央 / andymori / OKAMOTO’S /
   SISTER JET / ザ・ビートモーターズ / lego big morl
 「RADIO CRAZY」
   くるり / サカナクション / 怒髪天 / the HIATUS / the pillows /
   フジファブリック / フラワーカンパニーズ / ユニコーン /
    YO-KING / RIZE / レミオロメン /【帰ってきたナニワ・サリバン・ショー】 and more

★30日
 「FM802 The Hottest Rock of 2010」
   S.R.S / Galileo Galilei / 黒猫チェルシー /
   つしまみれ / DOES / THE BAWDIES
 「RADIO CRAZY」
   浅井健一 / THEイナズマ戦隊 / HY /
   EGO-WRAPPIN’AND THE GOSSIP OF JAXX /
   佐野元春&THE COYOTE BAND / Superfly / Diggy-MO’ /
   NICO Touches the Walls / The Birthday /
   THE BACK HORN / 髭(HiGE) / LOSALIOS and more

現時点で出演バンド36組
全40組くらいって言われているので
まだ追加あり。。。
もしや、これにACIDMAN出るんじゃない??

でもー
もうこれでも充分すぎるくらい
魅力的なんですけどー??

だけど大阪なんだよね~
しかも29・30なんてさぁ。。
31日出勤(もしくは半休)するなら
休めなくはなさそうですが
  、、、っていうか冬休み4日あるので
     別に休みはあるんですが
     個人的に連続休暇は避けたくて
     さらに仕事的に30か31は出勤しないと
     ちょっとマズイ・・って状況なもので、、、

うーん。。。。。
行くなら早くバス取っておかないと
チラっと見てみた感じだと
現時点で既に残数僅かって状況だし。
でも、、
 28日 フルで仕事→夜行で移動
 29日 早朝着→ライブ
 30日 ライブ→夜行で移動
 31日 早朝着→半日仕事→ライブはしご→オールナイト
って。。。。
かなりきつくないっすか??(笑)

それにしても
完全に、CDJ in 大阪がなくなったのに対する
CDJへの対抗だよね(笑)
これが東京近郊なら
絶対に行ってたな。
もう少し考えます・・(;´Д`)


そして。
謎のカードの詳細が
発表になりました~
Image9758.jpg

むふふ♪
せっかくなので、何か送ってみようと思います。
(*´m`)むふ♪

癒えない傷を冷めない愛を消えない光を思い知ったんだ 僕はここにずっといるだろう [音楽]

散歩や散策がピッタリな気候の
穏やかな日曜日
simokita round up 2日目に
行ってきました。
Image9756.jpg

下北沢にあるライブハウス6ヶ所で
同時にライブが次々に行われ
パスを持ったお客さんは
好きなライブを自由に見て周れると言うもの。
会場は
 下北沢Club Que/ Club 251
 440/SHELTER/GARAGE/mona records
去年から開催され
今年で2回目。
そして今年は2Days開催!

ただ・・
今年はあまり私個人としては
パッとしたメンツではなかったので
的を絞って
2日目だけの参加にしました。

見たかったのは
  monokuro
  アンダーザカウンター
  noodles
  山中さわお

が、、、
見事にタイムスケジュール
アンカウとnoodles丸被り。。
1月で暫くは
事実上活動休止状態になってしまうアンカウ、、
最後のワンマンも行かないことにしたので
ぜひ見ておきたかったんですが
noodlesの後がさわおさんソロだったため
どうしてもこれは外せなかったので
泣く泣くあきらめました。。

ってことで
  monokuro
  noodles
  山中さわお
  、、、デリバンじゃん・・(笑)
に、noodles前からQueにいたので
  Any
この4バンドのみ見てきました♪

いいお天気で
すごく暖かいし
下北散策にはもってこい!だったんですが
若干。。前日のお酒が残っていたのか
すこーし頭痛が、、(笑)
なので、15時前頃下北着という
かなりやる気なしモード。

パスに交換して
一応、、バッチカチャガチャをやって
Image9757.jpg
 今年はベアキューブリック!かわいい~
 300円だけと決めて挑んだが、、
 2個はうーん。。。
 ラストでロゴマークGET!わーい♪

とりあえずQueの様子見に行って。。
つばきが終った後だったみたいで
入場規制中、、、入り口にすごい行列!!
ちょっとフラっとして
再びQueに戻ると
中へは入れる感じだったので
中へ入ったんですが、、、
Okamoto's?頭がガンガンしてきたので
すぐ退散。

どうしようかな~ってことで
下北散策。
徐々に頭痛も消えていったし・・
お店にイロイロ入ると
アレコレ欲しいものを見つけてしまい
が、今買うと荷物が大変なことになるので
グッと我慢。。
まぁ・・お金も大変だし(笑)

もう、いいや~って頃
ちょうど15:30前だったので
monokuroを見に251へ。
そうそう。
その前に251を偵察に行ったとき
YOKOちゃんと新井さんを見つけました。
何やらカフェに入って行った?かな。
その後、monokuroにはさわおさんも一緒に来てたから
もしやそこで待ち合わせしてたとか??
今度あの店行ってみよ~かな(笑)

★monokuro@CLUB251
磯谷くんの髪が相変わらずキレイ!
テンションも不思議。
お客さんもいっぱいだったし
わりとノリも良かったし
楽しかったです。
昨日は別に頑張っていかなくてもいいかなーって
実は思ってたんですが
行ってよかったです。

にしても、、
monokuroはビラ配り頑張ってるよね~
前日の14日GARDENでもビラ配りに来てて
渡されたとき思わず
「明日ライブですよね!」って声かけちゃったって。。
昨日もさわおさん終わりでQueを出た時
また配りに来てたので
「お疲れ様でした」って言ったら
ニコって笑って挨拶してくれたし。
頑張ってるな~って思います。
もう無言で受け取るだけじゃあ
なんか申し訳なくって、、
っていうか、
勝手に親近感沸いてしまってるし?(笑)
歌も曲も演奏も
初めて聞いた頃より
格段に良くなってきてる気がするので
このままガンガン
いろんなイベントやライブに出て
人気が出てくれるといいなーって思いました。


monokuro終了後
16時過ぎにひとまず様子を見ようと再びQueへ。
するとブレイク前でお客さんが次から次へ出て行っていて
入る人はここで待っててくださいって並ばされていたので
そのまま並んで待つことに。。
16:30前に中へ入ると
けっこうガラガラ。
そして前から座って次を待つ状態だったので
ならば、、っと私も座って待とうとしたら
奥の最前列端っこにお友達を発見し
なんかスペースに余裕があったので
そのままその列に入れてもらっちゃいました♪
ワーイ!
心配していたQueでしたが
最前列で見れちゃいました。


Any@CLUB Que
全くノー知識(笑)
編成も年齢も全く知らない状態でした。
ははは・・
セッティングしに出てきたのは
3人で
しかも超~若い!!

後で調べたんですが
2006年結成
2007年RADWIMPSが優勝したことで
全国的に知られることになったYHMFで優勝
初音源となる1曲入りシングル「ガールズシネマエンド」を
インディーズ通販最大手サイト「indiesmusic.com」で
限定配信したところ、
ウィークリー・チャート初登場2位、2週目に1位
パンクバンド中心の同チャートのラインナップのなかで、
試聴のみで注文が増加した注目株らしい。
しかもVoはそのYHMFで
前身バンドとAnyで2年連続優勝経験を持つとのこと。
歳。。20歳前後みたい?!

で、なんでそんなに
詳しく調べてしまったかというと
このバンド、、予想以上によかったんですよ。
セッティング後
ちょっとサウンドチェックで音出しするんですが
それ聞いてて
いいなーって思ってしまって
ライブ自体を聞いたら
ホントによくって。
物販で売ってたCD買おうかって
思ってしまったくらい。

ノリノリの激しいロックバンドって感じでは
ないんですが
声とかメロディーとかがすごくきれいで
イメージ的には
チャットモンチーの男性版って感じ?
ちょっと今後、要チェック♪です。

あ、MCでチラって言ってた
はらドーナッツ。
神戸が本店で
おからとか豆腐とかを使った
ヘルシーなドーナツ屋さん。
下北にあるのは知ってたんですが
先日、広島に行った時に見つけて
ビックリしたのを覚えています。
っていうか、、、全国にいっぱいお店あるんだ。。
 → click♪ 
食べたことはないですが
MCで「あの、、僕、ちょっと油モノ弱くって、、」って
言っていたので
そんな彼でも食べられちゃう
ドーナッツなのかも。

ブログに書いてあったので、、
<セットリスト>
 01.夢虫
 02.ガールズシネマエンド
 03.アイデンティティ
 04.キャッチボール
 05.ハリネズミ
 06.カナリア


★noodles@CLUB Que
引き続き、、Queで。
多分、前3列くらいは
全く人の移動なかったんじゃなかってほど
押されもせず・・って感じでした。
徐々に人が増えていって
「詰めてください~」って声はしてましたが。。
入場規制とかしてたんでしょうか?

ローディーくまさんじゃなかった、、、
っと思ったら、
そうか、15日はThe Birthday@福岡でした。
AYUMIちゃんはいつものように
自分でセッティング。
IKUNOちゃんも自分で音作りしてました。
SANS AMPをやたらといじって
セッティングしてたのに
あれ、、使ってた??(笑)
最後YOKOちゃんも出てきて
イロイロ確認。
後、、、、一旦引っ込むのかと思ったら
そのまま「noodlesで~す!」って
始まってしまいました。

こういう、たくさんのライブハウスで
同時開催ってスタイルのイベントの時
他にもいろいろやってる中
自分達を見に来てくれたって思うと
すごくうれしいそうで
数年前のミナミホイールでは
最初10分前くらいに
チラって見たら5人くらいしかお客さんが見えなくて
「えーっ、、、マジ~。。。」って
で、5分前くらいにもう1回チラって
今度はAYUMIちゃんに見に行ってもらって
そしたら「うーん、、10人くらいかな~」って。

なので、すごくテンション低くステージに上がって
バッって幕が上がったら
なんと!お客さんがすごーくいっぱいいて
「えーっっ!マジ~?!」って今度はうれしい方の(笑)
で、すごくテンション上がっちゃって
もう8曲くらい興奮しすぎて全然覚えてなくって
あまりいい演奏ができなかったかも、、って。
でもあの日のことは
人生の中で
きっとずっと忘れられないライブになると思うくらい
うれしかったそうです。

で、昨日は・・
「まぁ、、この後・・いい感じの出演者が
続くじゃない?
だから、多分、それなりに
たくさん来てくれるんだろうな~って思ってたけど
でも、やっぱり、、うれしいです。」って。
YOKOちゃん楽しそうで
ギターソロとかノリノリで弾いてました。

巻くことで有名なnoodlesですが・・
やっぱり10分くらい?(そこまでいってない?)
巻きで終わってしまいました。。
しかも、、、
実はセトリが丸見えで、
予定より1曲多くしたのか
手書きで書いてある曲があって
なのに巻くなんて。。

セトリ・・
ずっと演奏中とか見てたんですが
忘れてしまった。

01.スローコースター
02.Bond
なのは確か。
あとは
Electric The Sun
Traditional case
全部で8~9曲はやってたはず。


★山中さわお@CLUB Que
noodlesが巻いて終わってしまったのと
次がさわおさんだけの弾き語りで
セッティングに時間がかからないのとで
ちょっと待ち時間。。
「スペースがあったら詰めてくださ~い」って
スタッフさんの声。
でも、ギューギューって感じにはなりませんでした。
やっぱ弾き語りだからですかね。
なのですごく快適に見えました。

SEも何もなく
いきなりフラっと
ウエストポーチ付けたまんま
片手にビール
片手にギターケース提げて登場。
服装はSNAP Tシャツに赤いカーディガンでした。
そしてギターケースから楽器やら何やら取り出し
自分でセッティング。

、、、って言っても
昨日は恐らくチューナーだけで
エフェクター関連はなかった感じです。
繋ごうとしたシールドが
絡まってて若干クソーって顔。
慌ててスタッフさんがお手伝いしてました。
その間、BGMは一応は鳴ってたんですが
フロア・・シーン。。ってしていて
「何だよー」ってブツブツ言いながら。
曲が終わってしまって
ますますシーンってなったら
「あの、、その半笑いの雰囲気
やめてくれます?」って。

準備が終わり
ウエストポーチも外し
演奏スタート。
弾き語りなので?譜面台の歌詞を見ながら。
・・・結構、目を閉じていたので
気休めだとは思いますが。。
でも昨日はメトロノームはなかった!

1曲目『Texan Daily Life』
おぉ~
これは弾き語りならではって感じです。
ボーナストラックでいいから
CDに入れて欲しいです。
ただ、、せっかくの口笛
途中恥ずかしかったのか?
プッって噴出してしまって
その後は上手くできず、、、(笑)
自慢の口笛なのに。

「真剣に他のバンドはやってる時に
こんな余興みたいなのに(来てもらって)・・
あー、、次のユニゾン
早く出て来いって思ってる人、、、いる??
そいつをターゲットに歌ってやる(笑)」
そんな挨拶の後
『天使みたいにキミは立ってた』に続き
『Lemon Drops』
まさかこの曲の弾き語りを聞けるとは!
アコースティックな感じも
似合っていて素敵でした。

時間配分とかあまり考えてきてなかったようで
終わるたびに時計を見て
時間をチェックしてました。
あと、1曲ごとにチューニングするですが
「全然、狂ってない!」って。
そりゃ、、ねぇ。

「あのー、最近、すごく
疑問に思ってることがあって、、、」と
MCタイム。
20年もやってると、ミュージシャンの中でも
ピロウズ大ファンです!って言ってくれる人も結構いて
CDとかもらったりするそうですが
なぜか、ピロウズみたいなバンドが
全くいない!とのこと。
ミッシェルが出てきて人気がバーンって出たら
ミッシェルっぽいバンドがアレコレ出てきたし
エルレみたいなバンドも山ほどいるし
なのに、ピロウズみたいなバンドは
全然いない。

「あ、あれか、、大好きだけど
ああはなりたくない、、か?
もっとパクれ、パクれ!!
次の、ユニゾンの○○くん、
大ファンですって言ってるけど
(ユニゾンの音楽は)ぜんぜん
やってるの違うじゃない?
だって、ヤツ、AXのチケット買いました!!
CD先行でやってたんでって。
え?そんなーいや、いいけどさ。
だったら楽屋入れないよ?!(笑)」

するとフロアから
「さわおさんのセンスは誰にも真似できないよ!」っと。。
すかさず「知ってるっ!!
あぁ、言っちゃった?本当のこと」
・・まぁ。。ギリギリ許せる範囲かな(笑)
この話
ラジオでも言ってましたが
やっぱり自分たちっぽい後輩バンドって
出てきて欲しいもんなんですかねぇ。。
そのギリギリ許せる範囲の声かけじゃないけど
やっぱり真似できない
独特の雰囲気なんじゃないかなーって
思います。

続いて『僕らのハレー彗星』
ちょっと感激♪
って思った瞬間
「あ、、歌詞、間違えた。。
今、作詞しちゃった(笑)」と歌いながら。
あぁ。。。。
でもいい曲です。

「今のは、、15年位前は
それこそ、よく友達の結婚式なんかで
歌ってたりしたんだが、、
たいてい別れてます!
呪いのハレー彗星(笑)
あのー。。。きっと
結婚なんてキッって思って歌ってるからだろうな」
そう言いながら
次のイントロは『パトリシア』!

少~しだけ
ヒュ~って歓声が沸いたんですが
盛り上がりがイマイチだったので
演奏をやめて「その中途半端なノリはやめろ・・
こんな感じになっちゃうよー」って
やる気ナシモードの歌い方で。。
「まぁ、あんなダラっと出てきてやってるから
どうやってノッテいいかわからないよなぁ」
ってことで
気を取り直してみんなで手拍子と共に。
手拍子が盛り上がってる証拠か、、ってのは
ちょっと疑問ですが。。
素敵なセトリに感激しまくりで
聞き入っていたんですよ、、みんな(笑)

やっぱり終わると
チューニング。
「全然、狂ってない!」
そして時計を見て「全然、時間経ってない!」
コントか?!(笑)
「いや~、、ヤバイ。。
時間余るな、、これ。
どうしよっかなぁ・・」っとちょっと考え
「あの、、、この前、俺のいとこが結婚したんだよ
・・・・って(笑)
どうでもいいよな~この情報。
いや、そういうことを言いたいんじゃなくって」
っと、いとこ話。

11歳ほど歳の離れたいとこがいて
その子は自分が東京に出てくるときは
(20歳で上京してるから)当時は9歳、、、
当然ロックがどうのって話をする歳ではなかった。
でも、今、どうもあるきっかけで
ロックを好きになって
ピロウズの大ファンって言ってて
結婚するお嫁さんも大ファンの人らしく
2人して「ストレンジカメレオン」大好き!!
って言ってるらしく
なので、結婚式で何か歌って欲しいって言われ
ただ、「僕らのハレー彗星」は不吉なので
最近は「この世の果てまで」をやることが多く
この世の果てまでをあの世の果てまでに替えて
歌ってるとのこと
で、、時間が余りそうなので
急遽、この曲をやろうと思う・・と
そう繋げたかったみたいです。

「いきなりだと、
どうしてもレア感のない曲になっちゃうけど。。
じゃー。。『あの世の果てまで』」
って曲紹介で
『この世の果てまで(あの世の果てまでVer.)』
だってーちゃんと
「あの世の果てまで~」って歌ってたよー
充分、レアですって。
声張って歌ったせいか
汗噴出したようで
タオルタオル、、って
目の前の譜面台にかけてあるのを
見落としてて
キョロキョロ探してました。

途中ビールのおかわりまでして
結構飲んでいたので
「いや、、こんなに酔っ払った状態で
ちゃんと弾けるか不安だけど、、」っと
『傷跡の囁き 誰もいないパラダイス』
この曲は指弾きで弾いてました。
これって、、、
ライブではなかなか聞けない曲ですよね~
酔ってても
バッチリでした。

再び、時計を見て
「あれ?これ、もしかして
押すかも?(笑)
まぁ、、1分くらい?
1分くらいなら大丈夫ですか?」っと。
こういうのをきちっとやろうとする
そういう心持、、好きです。
だって、、
さっきのnoodlesの巻きに比べれば・・(笑)

最後は一瞬何の曲?って
分からないアレンジになってた
『Good Dreams』
すごーいよかったです。
他にやった曲たちは
だいたい想像の範囲というか
オリジナルの曲の雰囲気
そのままの演奏って感じでしたが
これに関しては
もちろん、イメージがガラっと変わるってほど
違ってはいないけど
なんか、新しいアレンジだったように思います。

「サンキュ!」そう言って
帰って行ったっけ?
時計見たら
ほぼON TIMEでした。
流石です♪
にしても・・・
いや~
ホント、よかったです。
またチョコチョコっとやって欲しいです。

<セットリスト>
 01.Texan Daily Life
 02.天使みたいにキミは立ってた
 03.Lemon Drops
 04.僕らのハレー彗星
 05.パトリシア
 06.この世の果てまで(あの世の果てまでVer.)
 07.傷跡の囁き 誰もいないパラダイス
 08.Good Dreams


トリは・・・
さわお弾き語りの余韻に浸って
いい気分で終わりたかったので
見ずに帰りました。
そしてドリンクは
この日だけのスペシャルメニュー
山中サワーとやらを。
赤ワインベースにソーダ、レモンが入った
考案に20年要したらしい
本人公認のドリンクとのこと。
美味しかったけど、、、
お酒じゃないみたいでした。