So-net無料ブログ作成

怒涛のライブ月間終了~パフパフ☆☆☆ [音楽]

今日はGLAYの日♪
そう、まさにちょうど
10年前の今日
幕張であの史上最大(?)の20万人ライブが
行われたんだった。。
そうかぁ、、、10年かぁ。。
当時はまだ、携帯で写真なんて
撮れなかったよなぁ。。
カメラもって行ったもん(笑)
それに折りたたみ式携帯なんてものも
そう流行してなかったはず。
(って・・なんでか携帯の話題ばかり。。)

あのライブは、本当に楽しかったんです。
私がいたのはLブロックで
(最後はNブロックとかじゃなかったけなー)
実際のところ
当然、肉眼では本人達は見えないし
双眼鏡で見たって
1㎝くらいにしか見えない
それでも
なんかライブそのものの一体感みたいなのがあって
すごーく楽しかった思い出しかないんですよね。
翌日からしばらくは
腑抜け状態に陥ったっけなぁ。
もちろん、
思い出は美化されていくものなので・・(笑)

そして、このライブの後に
FCに入ったんだったなぁ。
ってことは・・
FCに入会して10年ですか?!
おぉ~(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」

でも、実は来年度の更新、、、
まだしていません。
10年目にして退会しようかなぁ~なんて
気持もあったり。
去年も迷って、
最後の最後で結局、更新したんですが
その後の1年
会報もまともに読まなくなっちゃったし
ライブも結局1回も行かなかったし。

あと1ヶ月猶予があるので
もうしばらくは考えようかな。
なんか、こんな日がくるなんてね。
未だにうちの両親は
娘はGLAYに夢中・・って思ってますよ。。
ホントに明けても暮れても
GLAY、GLAYって言って
姉妹二人で追っかけてましたから(笑)
そう思うと、10年って長いな~

さて、そんな昨日は
(ちょっと接続詞間違ってる気もするけど。。)
フラワーカンパニーズ
フォークの爆発
~座って演奏するスタイルです。~
@渋谷duo MUSIC EXCHANGE
へ行ってきました~
Image9431.jpg

まさにタイトルに書かれているように
フラカンのライブ
アコースティックVer.で
メンバーもお客さんも着席してのライブでした。
会場はO-EASTの下の階の隣にある
渋谷duo。
ここはジャミロクアイがプロデュースした
ハコみたい。
イスは可動式で
スタンディングでもライブができるようですが
昨日はフロア中ぎっしりとイスが並べてありました。
場内は自由席で
入場順に好きな場所に座ることが出来ます。
ただ、そんな訳で
全員分のイスがあるという訳ではないみたいでした。
私は150番近くの番号でしたが
余裕で座れました。

時間になり、場内が暗くなると
メンバー登場。
で、、、全員が横一列に着席。
え?って思ってたら
最初の2曲くらいは
全員がGtを弾きながらの演奏でした。
まさにフォークの世界♪って感じです。
20年やってきて
こういうスタイルでやるのは初めてとのこと。

なので、ミスター小西さんが
リハからぎちぎちに緊張していたようで
「音くれますか?」ってPAさんに言われ
マイクテストと勘違いして「アーアアー」って
(しかも、若干裏返ってたって 笑)
声出しちゃったようです。
欲しかった音はGtの音だったのに(笑)
そんな暴露話があり
「小西を注目するように」って
お言葉から1曲目スタートです。

曲終わりで
「いきなり左から
すんごい低い声で~♪ってコーラスが、、」
っと圭介さん。
「リハや練習でやってないことを
本番でやっちゃダメでしょうー」とグレートさん。
竹安さんがついつい本番で
普段やらないコーラス歌っちゃったみたいです。
こんな感じで
歌ってはMC、歌ってはMC
しかも超~笑えるおもしろ話の連続。
多分、時間計ったら
歌ってる時間と同じくらい
喋ってたんじゃないかってくらいの勢いでした・・(笑)

「じゃぁ、おふざけはここまで」っと
小西さんが低位置に戻り再開。
ここでも「じゃー小西が楽屋へ戻りまーす!
お疲れ~」なーんて冗談も飛び出したりして。
ホントに圭介さんって面白いです。

今回の選曲は
普段のライブではあまりやらない
でもいい曲ばっかりの曲をやるとのこと。
どこのバンドでも
どうしても
セットリストから漏れ続けてしまう
名曲ってあるんですね~(笑)
確かに、、
あまり聞いたことのない曲が多かったです。
まだCD全部持ってないせいもありますが・・

そんなわけで
タイトル一致しない曲だらけのため
レポ書けません。。
しかも、MCもあり過ぎで
笑いすぎで
すっかり抜けてるし・・
ってことで、
覚えてる範囲でのメモスタイルで。
時系列グチャグチャです。
あしからず、、、


圭介さんのソロライブでは
ずーーーっっと喋ってるらしい。
普段はグレートさんが合いの手を入れてくれますが
ソロのときは誰もいないから
お客さんと会話してるみたい。
しかも、全員、圭介LOVEの人ばかりが来てるから
やってる間中ずっと自分を見てくれてて
こんなに気持ちいいことはない。
普段は、自分の目の前にいる人が
自分ではなく、グレートさんや竹安さんを見てるときもあり
俺の前にいるラインの人は
俺以外見ちゃダメ。。。だって。

その圭介さんソロライブ。
グレートさんにも竹安さんにもスパイがいて
例えばMCでグレートさんの話が出たときとかは
「こんな話してましたよー」って教えてくれたり
竹安さんのスパイは
「時間が3時間越えしそうです!」などの情報が
随時メールでくるらしい。

最初の全員Gtでやったとき
緊張していたというミスター小西さんですが。。
実は、竹安さんを除く3人の中では
一番Gtが上手いそう。
弾く種類が違っていて
中学生の頃から早弾きとかがバリバリ練習していたので
そういったものを弾かせると上手いとのこと。
今回はあまり見せ場がなかったので
今度やる機会があったら
小西が目立てる曲にしよう、、と。

で、その小西さんですが
中2?か高1?くらいのとき、
家でギターの練習をノリノリでやっていたら
お母さんが本人に「友達がきたよー」って伝える前に
友達を部屋にあげてしまい
友達が部屋の扉を開いた瞬間
イェーイ!って人差し指を突き出した片手を挙げて
弾ききったノリノリの姿が飛び込んできて
驚いた友達はそのまま扉を閉めて帰ったと言う
伝説?があるとのこと。
しかも、その弾いていたのは
本物のギターではなく
小学校の修学旅行で行った奈良で買った
木刀をギターに見立ててやっていたと。
そのノリノリポーズ再現してくれました(笑)

笑っちゃったのが
この話、少し前にカミングアウトされたらしいですが
竹安さんは、この日が初聞きだったって・・

先日、ちょっと高級なお店で
とある偉い人と食事をする機会があって、、っと
圭介さん。
そこにはグレートさんも一緒だったようですが。
緊張したグレートさん
思わず名乗るとき「グレート前川と申します」って
言っちゃったって。
その反面、圭介さんはちゃんと挨拶できていたので
ちょっと負けた、、と思ったらしい。

そのとき、そのとある偉い人が
圭介さんを「20代かと思いました~」って。
お世辞とかではなく、本気でそう思ってた風だったので
すごーくうれしかったという圭介さん。
「だって、30うん才とからまだしも
20代ってことは10才以上も若く見られたってことだろ?」
あの場にいたグレートさんが言うには
そのときの圭介さんの顔は
かなりうれしそうな顔だったらしい。
圭介さんも、今日、これだけは絶対(MCで)言うって
思っていて、メモに“20代”って書いてきたって。
グレートさんも自分は何歳に見えるか
一瞬聞こうかとも思ったけど
45歳くらいに見えるって言われても悲しくなるだけなので
やめといたって。

(若く見られたのは)最近、ちょっと太ったので
それもよかったのかも・・
痩せてると、シワとか目立つし、、
なので、俺はちょい小太りキャラでいこうと思うっと。
ベスト体重は46㎏で(高校から変わってないそう)
最高は53㎏で
多分、今は51㎏くらいあるかも、、って。
うーん・・いくら背が低いとはいえ
やっぱ痩せてるのね~。。

この日のために1曲作ってきた!っと
3コードくらいの簡単な曲に
オモシロ歌詞の曲を披露。
それはサビが“フラカンいざ行かん”で
メンバーの好きなものとかを歌った歌。
竹安さんはお酒も煙草も大好きだけど
弁当とお風呂が大嫌い
小西さんは唐揚げ、ハンバーグ、とんかつ、
、、、あと何だっけ??
とにかくお子様が好きな食べ物が大好きみたい。
グレートさんは好きなものではなく
オーバーオール履いてて
根っからの名古屋人で
A型でしっかりしてて遅刻は許さないみたいな内容。
圭介さんは、、、、なかったなぁ。

この歌の歌詞で・・
小西の面白かった、、っとグレートさん。
小西さんの好きなものだったら
どんどん思いつくから
歌詞もすぐ書けたとのこと。
小西トリビュートやる?って。
きっと賛同してくれるミュージシャン
たくさんいるよ
YO-KINGにハルさんに、、、増子さんも。
最近、増子さんが「小西、、あいつはヤバイねぇ」って
小西さんの凄さ(っていうか、オモシロさ?)に
気づき始めたらしい。
 →確か、、この話が出て
  ギターの話になったのかも。(笑)

座ってやるライブなので
そんなに汗もかかないだろう、、って思ってたメンバー
「予想以上に暑い。。。」っと。
グレートさんもこの日は裸にオーバーオールではなく
いたって普通のTシャツにジーンズだったし・・
竹安さんなんて、襟付きシャツでしたから。
みんなには、「何、そのおじいさんの
パジャマみたいなシャツは?!」って
つっこまれてました。
確かに、、ちょっと微妙~な感じの
デザインでしたけど。。

あと、グレートさんは
普段はノリノリで動きまくって弾いています。
20年やってきて初めて言うけど
あれはけっこううっとうしいんだよ!って圭介さん。
Gtソロのときとかならいいけど
歌のサビでくるから歌いづらいそう。

南こうせつのライブで・・
始まる前、30分くらいから「こうせつ!こうせつ!」の
こうせつコール。
あの一体感はすごかったー。。。
あと、坂崎さんが来てたようで
突然、客席からステージに上がってもらい
1曲セッション。
あれで弾けちゃうんだよ、、坂崎さんって。
っと盛り上ってるグレートさんと圭介さん。
ここで「演出じゃないの?」って
冷たい一言の竹安さんでした。

そんな竹安さん。。
メガネを取って汗を拭いていると
「お前、メガネ取った方がいいんなじゃい?
メガネしてると優しそうに見えて騙される」
グレートさん曰く
「困ったときの笑い」が竹安さんの中で
一番好きな顔とのこと。
的を得ていて笑えました。

グレートさんが5歳?頃に作った歌、、、
「愛のきらめき」
しかもお兄さんがそのうたを覚えていて
実家に帰ったときに一緒に歌ったって・・
どうやら、グレートさん同様に
前川家は記憶力が素晴らしいらしい。
ちなみに、圭介さんが初めて?作った歌は
「スーパーゴリラ」だって。
今度のシングルには順番にその2曲をC/Wに入れようか?
って盛り上る2人。

外人枠。。。
他の人からも「フラカンは外人枠があっていいよなー」って
言われるそう。
外人とは、、、もちろんグレートさん。
そして小西さんは中国
竹安さんは「俺、モンゴル!」、、って自分で言ってた(笑)
純・日本人は圭介さんだけ?!

剥げた先生に、「土星」ってあだ名つけてた
今となっては、本当の名前を思い出せない。。
あと、近所のおじさんにも
なんかあだ名つけて呼んでたみたいで
「絶対、俺らも近所の子供とかに
すっごい変なあだ名つけられてるぜ、、」って。

ステージの向かって左後ろ(竹安さんの後ろ辺り)に
なぜか、大きなちょっと豪華に見えるソファが。。
そこへジャンピングする圭介さん。
、、、40歳のオトナがやることではないですから・・
かなり気に入ったようで
家に欲しいよーって。
でも(モノが多すぎて)入らねーよ~、、っとのこと。
他の人にも、やってごらんって
再三勧めてましたけど・・(笑)
一瞬やろうとした竹安さん
ジャンピングを強要させられたので
やめてしまいました。

カバーのとき。。
(この日は何曲かカバーもやってくれました)
金八先生大好きな圭介さん
いつか、生徒役で出たいって・・
裏話として・・
最後(送別会で)、生徒一人一人に声をかけるシーン
あそこは台本はなく
全て武田鉄也のアドリブなんだって。
だからみんな泣いちゃうんだよ・・
あの一言をかけてもらいたいらしい。

ラジオ体操の歌
これはグレートさんがどうしてもやりたかった曲。
エレキバージョンでもやりたい、、って。
全歌詞・・初めて聞いたよ。
ちょっと懐かしかった~

グレートさんは、過去に2回
動物園でチンパンジーとゴリラに
それぞれウンチを投げられたことがあるそう。
圭介さん曰く、
それはきっと、グレートさんがどっちかに似てるからだろう
「お前、どうしてそっち(人間側)にいんだよ?」って
怒ってるんだよ、、だって。

高校の頃、グレーとさんは
お昼ごはんを食べるとすぐに
トイレに大をしに行っていたようで
そのとき、必ず圭介さんに見張り役をお願いしていたとのこと。
っというのも、不良全盛期で
男が個室に入ってたら
間違いなくその不良連中に
水かけられたり掃除用具を投げ入れられたりされるから、、って。
スクールウォーズの世界っすか??(笑)

などなどなど・・・・

もちろん、MCだけじゃなく
ライブ自体もすごーく素晴らしかったです。
こんなダラダラモードで話してても
曲へ行くときの切り替えとかは
流石!!って感じで
全く飽きることなく、あっという間に終わってしまいました。

最後、アンコールの『さよならBABY』では
「ラーラララーラーララ~」
何回しした??ってくらいエンドレス。。
みんなで合唱は当たり前で
メンバー一人一人でやったり
お客さんだけでやったり。
「最後くらいは笑顔で!」って圭介さん。
いや、ずーっと笑顔でしたから大丈夫です。
フラカンのメンバーの仲良しさに
心があったかくなりました。
あのホワ~ってした雰囲気と
ジーンってくる歌と曲
すべてひっくるめた
フワラーカンパニーズって存在が
とにかくいいです。

年に1回くらいはやっていきたいって
フォークの爆発シリーズ。
ぜひぜひ、やって欲しいです。
そして、
次は野音で会おう!っとのこと、、、
Image9432.jpg
一人5人連れてくるように。
(連れてきた人の)顔に泥を塗るようなことには
絶対にならないからって。。
いや~、、、
絶対来た方ががいいって。野音。

ライブ終了は22時過ぎ・・・
みっちり3時間強のライブでした。
凄すぎー(笑)
でも楽しかった~(*´∀`ノノ〃

念願の!
マグカップを買いました~
Image9435.jpg
Tシャツも買おうかと思ったんですが・・
ちょっと今回はやめときました。
このデザインがかわいい♪


拾ってきたもの。。でも曖昧らしい。
順番は全く分からず、、なので
あえて番号ふってません・・
<セットリスト>
 インドアライダー
 波の下  
 自己満足からはじめよう
 夕焼け
 波打ち際のバラード 
 変わらないもの 
 なんとかなりそう
 初恋 
 宙ぶらりんの君と僕 
 フラカンいざ行かん
 涙より早く走れ(ボサノバver.)
 夏に生きる 
 ブランニュー・エアコン 
 ユレテミヨウカ
 人として(海援隊)
 こんなんなっちゃった(RCサクセション)
 ラジオ体操の歌
 40
 いい事ありそう

 EN.
  発熱の男 
  忘れ物
  さよならBABY 


そうそう。
私の2009年ロッキンデビューは
未定に終わりました・・
今日はお仕事休めない日だったことに
後々気づき、
ウーン。。。って悩みつつ
SLSにシフトチェンジ!!(笑)
仕事しながらフェス速報レポをチラ見してました。
写真もあって、
かなり早いペースで更新されるので
素晴しい~ね。

GRSS STAGEからSEASIDE STAGEまで
地図で見るとすごーく遠い印象でしたが
実際は近いらしい・・
ACIDMANと怒髪天を見に行くつもりで
ロッキン行く!!って決めたのに
若干タイムスケジュールが被っていて
行く気をなくした
と言っても過言ではなかったんですが
どうやら、その心配はなかった模様??
ま、いいや~SLSで見れるもん。

もう少し考えよう。。 [たわごと]

実家の近くに三越エレガンスといって
三越デパートの小っこい版?みたいなのが
あったんですが、、
これがいつ行ってもガラガラで。

ジョアンという、
わりと高級なパン屋さんが入っていて
新宿や銀座なんかでは
そのお店の名物
コーンパンやチョコブレッド(って名前だったかは曖昧)求めて
焼き上がりの時間に合わせ
長蛇の列が出来
一人何個までって制限つきで売られるのに
その地元のお店では
いつ行っても、何個でも買えちゃう
ま、それくらいガラガラのデパート。

当然、閉店しまして(笑)
そんなこともすっかり忘れていたら
このたび、秋に
『ブックオフ スーパーバザー 鎌倉●●店』
堂々オープン!
  本・ファッション・キッズ&ベビー用品・
  スポーツ用品・腕時計・貴金属を扱う
  5つのリユースブランド+カフェ。
  県内最大級!ご期待下さい!
だって!!

県内最大級ってのが
すごい。
一応、神奈川県ですよ?
そこの最大級クラスの店舗が
鎌倉の端っこの街にできていいのでしょうか。。
実家に帰る楽しみができたな(*´m`)むふ♪

8月から9月にかけて
もろもろリリースラッシュです♪

まず、、
買おうかどうしようか迷ってます・・
NEXUS TOUR FINAL [DVD]

NEXUS TOUR FINAL [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMI MUSIC JAPAN
  • メディア: DVD

今日、久々に新曲のPVを見たら
なかなかよくって。
せっかく武道館行ったしなぁ~って
気持ちがフツフツと。

そしてなぜか9/2は
髭ちゃんのライブDVDに
ACIDMANのPV集
あとピロウズのシングル2作同時発売。
重なってますねぇ~(・´ω`・)
これ全部買ったら1万円越すよ。。
なのでちょっとビビってしまい(笑)
ACIDMANのPV集は迷ってます。
基本的にPV集はいらないんですよ、、、シングル同様。
ただドキュメント部分がね。

にしても。。
最近はライブDVDに
ライブCDをセットにするのが
流行ってきてるんでしょうか??
ライブCDも正直・・・あまり好きではないです。
映像なくって音だけで盛り上がってるの聞くのって
ちょっと切なくないですか。
しかも、不思議なことに
映像ありで聞くと全くそう感じないのに
音だけで聞くと
すごーくいまいちに聞こえる、、、、(時もある・・)

これは、目を瞑って聞くと
目を開いて聞いていたときには
聞こえなかったような細かい部分まで
聞こえてくるというか
気づけるというか
そういうのと同じなんでしょうかね。

輝く星から届いたひとひら重ねて集めれば心に変わるのかな? [音楽]

今日はフラゲの日♪
A beautiful greed

A beautiful greed

  • アーティスト: ACIDMAN
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/07/29
  • メディア: CD

今回の初回限定盤は
BOXケース入りです。
Image9423.jpg
ACIDMAN×TOWER RECORDSで
タワーバイヤーが語る
今までのリリースしたアルバム7枚の軌跡が
書かれた冊子が置いてありました。

その中に7つの質問状ってコーナーがあって
“タワーレコードと何かおもしろいことしませんか?”
 → Ans.もちろん
だって。
ちょっと期待しちゃいます(´艸`)ムフフ
店内のポップにも書かれてましたが、、、
Image9425.jpg

アルバムの簡単な感想は。。
最初、イントロダクションで重い扉が開いて
一気に駆け出して行き
欲望・迷い・悲しみなどを味わって
美しいファンタジーな雰囲気の世界に
入り込んだと思ったら
混沌としたドロドロした世界に迷い込んで
最後は出口を見つけ
次なる未知の世界へ羽ばたいていく
そんなストーリー展開が浮かんでくる1枚だなーって
思いました。
3枚もあるシングルの入ってる場所が完璧で
特に最後の『I stand free』→『OVER』の流れが最高♪
この『OVER』って曲をライブで聞くのが楽しみです。

さて・・
そんなタワレコ。
何回か、このブログでも書いてきましたが
今年、日本上陸30周年だそうで
いろんな企画が盛りだくさんですが
なんと!
nmnl1.JPG
これは、もう絶対に行くでしょ??(笑)

8/1 夏ノ大ジャンボ宝くじも忘れずに☆☆☆ [音楽]

もうすぐ7月も終わろうとしていますが
まだ、今年はクーラーを1回しかつけてないっ!
(掃除をして試し運転をした時だけ)
今年も猛暑?とか言われてましたが
もしかして、冷夏かも??
それとも私の暑さに耐える力が
鍛えられたのかしら??(笑)
っと言っても・・
別に我慢大会してるわけでも
記録更新を狙ってるわけでもないのですが
なぜか、つけなくても
そこそこいける毎日です。

今年は下北沢のCLUB Queが
15周年で
それを祝う、アニバーサリー企画が
目白押しですが、、、
第三弾のスケジュールが
ぼちぼち発表になってきています。

9月15日~10月12日
 CLUB Que 15th Anniversary
  ~APOLLO15 PROJECT 「SEASON3」~

で、現段階で
気になるものをいくつか。

その1.
  9/27(日)APOLLO15 PROJECT vol.41
   フラワーカンパニーズ/THE NEATBEATS
   OPEN / START 18:30 / 19:00
   チケット発売日:8/1 店頭:8/27

その2.
  10/12(月・祝)
   CLUB Que 15TH ANNIVERSARY SEASONS3
   THE COLLECTORS
     ファンタスティッQUE 秋スペシャル   
   OPEN / START 16:30 / 17:00
   チケット発売日:8/1 店頭:9/12

その3.
  10/15(木)Que15周年記念 特追最前線
   THE BACK HORN / GOING UNDER GROUND
   OPEN / START 18:00 / 19:00
   チケット発売日:9/15 店頭:9/15

素晴らしい~キャハo(≧∇≦o)(o≧∇≦)oキャハ
見事に、見たいバンドが
いい感じでブッキングされてるじゃないですかっ♪
私の予想では、どこかにPのつくバンドも
入るような気がしてなりません。
ピがつくバンドの方かもしれませんけど・・

しばらく、QueのHPはチェックを怠ってしましたが
これからはマメにチェックしようと思います。

ちなみにQuipとの共同?アニバーサリー企画の
QUEIPの方には
Vol.8 10/8(木)にnoodlesが入ってました。
でも対バンが、またPOP CHOCOLAT、
あとザ・ガールハントなんですよね。。
うーん。。(´Д`|||) ちょっと悩みます。
残すはVol.9 10/9(金)の発表だけなんですが
こっちにくるかなー??
あーでも翌日京都→岡山で
ワンマン2Days入ってるけど。。

なんか、10月も7月並に
大忙しになりそうな予感・・( ̄(エ) ̄*)

ビール片手に夏期講習・・・これがロック?! [音楽]

福岡・海の中道海浜公園野外劇場で開催予定だった
HIGHER GROUND 2009が
昨日も今日も豪雨のため
中止だったようで。。。
東京は若干、風が強いですが
かーなーりの真夏日で
いいお天気だったのに。
こんなに狭い日本でも
それでも大きい国なんだなーって
自然の大きさを
こういう時、実感します。

そんな真夏日だった昨日は
ロックの学園サマースクール
“ロックの夏期講習@三浦海岸”へ
行ってきました。
Image9413.jpg

時間割は次のとおり

 1時限目 講師:ROLLY教諭
  OPEN/12:30 START 13:00

 2時限目 講師:増子直純(怒髪天)教諭
  OPEN/14:30 START 15:00

 3時限目 講師:加藤ひさし(ザ・コレクターズ)教諭
      日直:松本素生(GOING UNDER GROUND)
  OPEN/16:30 START 17:00

今回はサマースクール=臨海学校ということで
いつもの三崎高校ではなく
三浦海岸のビーチに
仮設で建てられた木造の校舎にて。
Image9415.jpg
収容人数は、
旧三崎高校の「大講堂」と比べても約3倍!!
ってことで、余裕かな~っと思い
開場時間ぎりぎりに会場となる三浦海岸へ・・

もうすっかり、赤い電車に延々乗って
三浦方面へ行くのは慣れましたが
それでもやっぱり遠いなぁ。。
っというのが本音・・・(ノω・、`)
そして程よく曇ってるくらいが
いいなーって思っていたのに
天気予報を裏切る太陽の活躍により
超~っっ海日和でした。
暑過ぎ&日差し強過ぎ。
夏は嫌いだし、
海なんて全く魅力を感じない
どっちかっつーと山派のタイプなので
砂浜の砂がブワーっと飛んでくるだけで
かなりブルーに。。テンション下がります。
それでも太陽・海・砂浜の風景を見ると
うわぁ~♪♪って気分になるんですけどね(笑)

Image9414.jpg
浮かれて写真とか撮っちゃうし♪

まず、1時間目は
今回が教壇デビューとなるROLLY。
開場時間30分前から
各授業の整理券を配布してくれました。
そこそこ前へも行けそうでしたが
そこは控えめに(笑)
2つ目のブロックの1番前へ。
それでも充分よく見えたし
簡易ステージが高いので
視線的にはかなりココラ辺で
いい位置でした。

そして恒例の日直を生徒(お客さん)の中から決めて
教諭をみんなで呼び出し。
なぜか全授業共通して「3年B組!」でした。
なんで??
ROLLY、、超~細っいー!!!
あれで40うん歳、、、見えない見えない。
髪の毛もパツ金サラサラで
メイクもバッチリ。
全く歳を感じませんでした。

授業内容は、ROLLYがロックに目覚めていったいきさつから
ギターコードを使って
音楽がきたす人間の心理状況への役割
、、って言うとなんだか難しいですが
要は・・
ギターコードによって
イメージする気持ち・感じ・雰囲気っていうのは決まっていて
そのコードを使うことで
楽しい歌、明るい歌、悲しい歌、暗い歌
、、、などなどが作れるよって話でした。

歌を歌ったり、
クイズを出したり
(正解者にはピックをプレゼント♪)
話もとっても分かりやすくて
面白かったです。

最後は教諭&日直さん
そしてバックにお客さんとで
記念撮影。
WEB上にアップされるみたいです。
あと、カメラもしっかり入っていたので
おそらく、後々、OAされるでしょう。
45分きっかりの
内容盛りだくさんな1時限目でした。

続いて。。
外へ出ると、すでに2時限目
ロックの学園・名物教諭ツートップの一人
増子さんの授業の整理券を配布し始めてました。
番号は、ROLLYの時よりも悪かったですが
ま、それはあまり気になりませんでした。
とりあえず整理券をもらって
腹ごしらえへ。。。

日差しがガンガンだったので
耐え切れずに真昼間っからビール!
いただきましたって(。→∀←。)
あと、お好み焼き。
学校にあった机といすで座って食べてたら
カメラマンさんに写してもいいですか?って。。
もらったうちわで日差しを除けていて
全く、夏&海を満喫してない風だったのになぁ・・
ま、暑さで何やら分からず
笑顔でビール片手に写っときました。
WEBで見つけてみてください(笑)

ちょっとの休憩後
2時限目授業への入場。
今度は、前のブロックの
でも比較的後ろのほうで。
この日の3つの授業の中では
増子さんの授業が一番賑わってたかなぁ~
同じく、日直を決めて
増子さんを呼び出し。
夏らしく、黒の和柄のアロハに
ハット、足は雪駄でした。
ホント、こういう格好、似合いますね~
そして、既に顔から首の辺りまで
真っ赤(笑)
ま、予想通りでしたし
こんなに暑かったら、飲まなきゃね。。って気持ち
よーく分かります。

授業内容は、前回、前々回に引き続き
“ロックでないやつぁロクでナシ!!”をテーマに
どっちがロックか選ぶ問題。
1問ずつ挙手制で解きながら
増子さんなりの見解を聞いていきます。
問題は夏期講習らしく
夏休みにまつわるもの。

たくさんあり過ぎて覚えきれないけど
とにかく、あるわあるわの
2択問題。
そして増子さんのご解答。
今回もどれも納得(一部、疑問 笑)
させられる教えで
大爆笑の連続でした。

例えば・・・
 ●バーベキュー or カレー
  A:カレー・・・みんなで作る共同作業がバンドの曲作りみたいでロック

 ●絵日記 or 自由研究
  A:自由研究・・・自由に研究なんてまさにロック!

 ●海水浴 or キャンプ
  A:キャンプ・・・なんと言っても宿泊を伴うキャンプでしょー!!
           All night long~(でしたっけ??)

 ●ビール or 焼酎
  A:焼酎・・・ロック!
        でも、今飲みたいのはビールだそうです。

 ●夏バテ or 夏ヤセ
  A:夏ヤセ・・・バンドマン、大抵痩せてるから必要ないけど、、
          痩せてないと。。

 ●色黒 or 蒼白
  A:蒼白・・・これも上と同じような感じで
        バンドマンは色白が普通

 ●クーラー or 扇風機
  A:扇風機・・・ローリング!!そして首を横に振る=NO!NO!


などなどなど。。
解説で分かった増子さん像、、、、
ワンピースに憧れてる。
これは一枚ペロっと着て
外にも出れちゃう、そのまま寝れちゃう
そんな便利なもの、ないでしょー?って。
あと、オバケとか幽霊とかは大嫌い。
怒髪天で上下繋がった
シマシマの水着を着たい。 ←似合いそう~(笑)
水着はやっぱりビキニ。etc.

この日の増子さんは
何やら自分の昔の夏の思い出を
思い出しながら
体験談を話すかのような
一人演技みたいな雰囲気で
時折照れたりして、かわいかったです。

ロックな夏休みを過ごしたいなら
終業式と同時に告白&
宿題は最後の日に泣きながらやる
、、、が、いいみたいですよ。
勇気あるチャレンジャーはぜひ!
これまた1時間くらい?
「早くしないと、大きい人来ちゃいますから」って
時間を気にしてましたけど。
でもあっという間に終わってしまいました。
また、記念撮影をして終了。

っと、ここで、8.23(日)の
怒髪天ライブが決まったとのお知らせが♪
きゃー!!!って喜んだもの束の間。
この日はコレクターズの
クアトロマンスリーファイナルの日デシタ。。
チラっとフライングで見たときには
8.22になっていたので
行ける!!って密かに喜んでいたのに。
これなら未定のまま終わっててくれた方がよかった。

続いて3時限目。
こちらもまたロックの学園・名物教諭ツートップの一人
加藤さん。
またしもて、出ると整理券を配布していて
またしても、さっきよりも遅い番号。
でも、中へ入ると
そんなでもなく、
増子さんの時と同じくらいの場所にて。
この授業だけは日直はお客さんではなく
ゴーイングの松本素生くんです。

プロジェクターが用意されてて
何やら大掛かりな感じ。
まず、素生くんが入ってきて挨拶し
素生くんの掛け声で加藤さん登場。
暑いのに、ちゃんと白衣にスーツ姿でした。
今回のテーマは
『ロック歴史~家庭科~
 80's風ニューウェーブスイーツ誕生!』
(by コレクターズの日記より)

昼前にROLLYからすごく不安そうな声で
一緒に歌わない?って電話(メールだっけ?)が
きたそうですが
起きたばっかりだったのでお断りしたそうです。
えーっ。。歌ってくれたら
もっと盛り上がったのに!
いやいや。。。ROLLYだけもで充分楽しかったし
盛り上がったんですけど、
もっとね♪

で、授業の内容ですが・・
80年代のロックが
どのように変化してきたか
いろんなものを取り込んで(加藤さんいわく融合)
今のようなロックに至った経緯を
ジャケットを見ながら・曲を聞きながらの説明。
そこから、食べ物の融合を少し見て
  牛丼+うな丼
  IMO(焼き芋ジュース)など
実際に新スイーツを作ろう!ってことで
フラッペとシーフードを融合させて
『80’sニューウェーブ風
 シーフード・フラッペ』を制作へ。
   ※加藤さんは、フラッペがお好きなようです。

素生くんには、なんの打ち合わせもなしで
「胃薬だけ持ってきて」って言って
来てもらった、、って・・
どうやら日直と言う名の
毒見係だったみたいです(笑)

さて、そのシーフードプラッペ
海の幸=刺身をカキ氷をつくる機械で
ガリガリやってフラッペの上に乗せ
しょう油やらポン酢やらをかけて
食べるというもの。
今回のチョイスはマグロ。
でもトッピングで海老やらいくらも
乗っかってたみたいですが。

あと、かきこうしゅうにかけ
牡蠣をやりたかったとのことですが
それは、季節柄危ない・・ってことで
柿(干してあった 笑)で。

気になるお味は・・・
柿は美味いそうです。
。。。。って!?( ̄▽ ̄;)
シーフードじゃないじゃん!!
しかも、可笑しかったのが
素生くん毒見のはずなのに、
必ず「どれ?」って加藤さんも食べてるってこと。
きっと、言われた感想がホントかどうか
気になるんでしょうね。
加藤さんのお茶目っぷりが
おもしろかったです。

そして最後は本業?!
アニメ『いなかっぺ大将』の替え歌
『フラッペ大将~素生ちゃんのかぞえ歌』を
大熱唱して終了。
 歌詞はコレクターズのHP・daiaryに掲載されてますので
 気になる方は、どうぞ♪
もちろん、記念撮影もありました。

いや~おもしろかった~。
3時間、なんか結構ミッチリ
って感じのスケジュールで
最後の方はウトウトしちゃったり
お尻が痛くなってきたりしましたが
ほんとに夏期講習みたいな雰囲気で
楽しかったです。
こんな機会がないと
海なんて来ないしね~(笑)

OAではタップリと放送してくれると
いいんですが・・

校章のポストカードもらえた!
Image9418.jpg


最後に・・
7.25のフジロックにて
チバさん
「今日のライブは、俺たちの大親友だったアベフトシに捧げます」
と言ったそうです。
(RO69 山崎さんのブログより)
一緒に掲載されてる空の写真もあってか
ぜんぜんリアルタイムでは聞いてなかった私でも
ジーン、、、と涙が出てきました。
一つの音楽シーンが終わりを告げるのって
やっぱり寂しいですね。。

明日を生きる言い訳こじつけて明日を夢見る人間様バンザイ [音楽]

私の2週間にわたる
怒涛のライブ週間が終わろうとしています。。
2週間で6本(出たのも入れると7本!)
その6本目の昨日は、、、
TBSラジオ主催スペシャルLIVE
MIXUP+~TUWEEN the RADIO~vol.3
@恵比寿LIQUIDROOM
怒髪天/黒沢健一/monobright/セカイイチ
ですっ。

何気にパーフェクトで行ってる
このイベント。
でも、実は、
昨日は行くのをやめようか
最後まで迷い続けてまして。。
っというのも、
もともと出演予定だった
GO!GO!7188がノマアキコさんの体調不良により
出演がキャンセルになってしまっていて
怒髪天とGOGOを見に行くつもりで
チケットを取っていたので
うーん・・・って感じになってしまいまして。
しかもチケットの払い戻しもやってくれてたし。
でもチケット番号がすごーくよかったのもあって
最後の最後まで決断が出ず、、、、
結局、当日になってしまいました。
って感じでした(笑)

なもんで、メンツから見て
怒髪天はトリだろうという予想の元
普通に19時まで勤務して
遅刻組て行ってきました。
チケット番号20番台を
棒に振ってしまったよ・・(-ω-`;)

だけど、そのチケット払い戻しがあったからなのか
それとも平日のライブだったからなのか
チケットの売れ行き悪く
中はガラガラでした。
なので19:30過ぎに到着して
1バンド目まるまる見れなかったんですが
4列目くらいには楽々行けちゃう感じ。
クアトロでシミさん側に行ったので
今回は王子側にて。

気になる出順ですが、、、
トップバッターはそのGO!GO!7188の
代役として出演が決まった
黒沢健一さん(L→Rだった人?)
だったようです。
とにかく、着くともう次のバンドの
セッティング中だったため
前がなんだったか分からず
まさかまさかの怒髪天だったら
申し訳ないけど
ビール飲んで帰ろうかと思っていて
思わず近くにいた方に聞いちゃいましたから。
ひとまずホッ(笑)

続く2バンド目は、、、
セカイイチ。
名前を知ってるくらいで
全くどんな曲をやってるとか
どんな感じなのかの予備知識ゼロ。
大阪のバンドらしいです。
メンバーは普通の4ピース。
もっと若いのかと思ってましたが
意外と歳いってそうな感じ・・(違う?? 笑)

曲はいたって普通って印象です。
ロックバンド!!っていう雰囲気は少ないかな~
かといって、フォークでもないし
なんでしょう。。ニューミュージック??
古~っっ(笑)
歳がバレますね。
昔はそういう言い方してたんですよ。
いつの頃からかJ-POPって名前に
変わっていった気がしますが。
ま、そんな昭和な香りのする印象でした。

そして次はmonobright。
こちらは、メンバーも若ければ
ファンも若ーい!
なんか後ろの方で
「年配の人、けっこういるよね。
30代とか40代とか、、」って
聞き捨てならない会話が聞こえてきましたけど?
あぁ、、すみません。。年配の方で。
10代・20代の方から見れば
30うん歳はすっかり年配の方なんですかね。
否定はできませぬが
ちょっと悲しい一言でした。

それはさておき、monobright。
ライブ自体は2回目かな。
3回目だったかな??
曲はCSで聴く程度で
CDは一切聞いたことないですが
そこそこ知ってる曲をやってくれたし
桃野くんのMCはおもしろいし
楽しかったです。

脱・ポロシャツ&メガネ宣言をしてから
だいぶ垢抜けてきて
とくにGtの人は
メンバーもラジオに出演の際に
言ってたみたいですが
松山ケンイチに似てて。
もう少しなんか手を加えれば
きっと若い女の子が
キャーキャー言う存在になるんでは??って
思ってしまいました。

あと、Drさんは
やけに若返っちゃって
一人だけ少年のようでした。
Gtの松ケンくんと似てて(って私にはそう見えて)
まるで兄弟のようでした。
(もちろん、弟はDr)
桃野くんは髪の毛にパーマをかけたからか
若干ぽっちゃりになりました??
Baさんは変化なし、、かな。

全く歌のことにふれてませんが、、
ライブは盛り上がってました。
歌も演奏も上手いですよね~
1曲バラードをやってましたが
ああいう聞かせる曲も
しっかりサマになってたので
流石だなーって思いました。
ま、好き・嫌いはありますから。。

で、トリは予想通り怒髪天!!
この時点で21:30。
18:00に入場してた人にとっては
3.5時間経過ですよ。お疲れ様です・・
monobright終わりで前が結構入れ替わり
私も2列目あたりに。
押しもなく
自分のスペースを広々と取れ
非常に快適でした。

いつもの祭囃子でメンバー入場。
昨日はシミさん黄色のTシャツ(キャピタルレディオワン)
王子パープルっぽいシャツ
坂さん白いTシャツ(珍しい!)
そして増子さん鮮やかな水色
っと、
何やらとってもカラフルな4名でした。

そして増子さんのMCが冴えてたこと!
大爆笑続きでした。
登場するなり
「もう21:30ですよ?
普通の会社員なら
お風呂に入って寝る時間でしょ?
モノブライトまでで終わっておけば
すばらしいイベントだったのに・・
ラジオの収録だから、見えませんけど
今、われわれ全員のTBSの円盤?の上に
逆さづりにされた状態でやってますから
非常に危険が伴う形でのライブです。」って・・

「お風呂じゃないけど、脇汗かいていこう!!」っと
1曲目は『情熱のストレート』から。
1曲目がこの曲なんて
一気にアガります。
王子の「タラッタッタッタター」が
やっぱりniceでした♪

「平日のこんな時間に
ここにいる人たちは、
多分、分かってると思いますが
一応、聞いておこうと思う。
答えられたら、歌が始まるし
答えられなかったら、始まらない、、
そして、今日、初めて我々を見て
なんか合わないな。。ってここから帰ろうとした人
全出入り口、溶接されてますから!(笑)
ハイ!ロックでないヤツぁ?」
「ロクでナシ!!」
きれいに決まりました。

昨日は、早い時間から会場入りしていて
各バンドのリハを見たり
本番を見たり、、と
随分長い時間待たされていたようですが
(トリですからね 笑)
悲しいかな、、楽屋の冷蔵庫を開けたら
お酒(ビール)が入ってなかった・・っという。
まるで、宝箱前にして、
開けたら何も入ってなかった、、っていうのと
同じくらいだって。

そんな愚痴をこぼしつつ
最強に男らしいナンバー
『GREAT NUMBER』
最近、この歌の合いの手が
会場中でバッチリ決まるので
とってもいい一体感を味わえます。

恒例『NO MUSIC,NO LIFE.』の替歌部分は
 ~音楽のない人生なんて
  君たちのいないリキッドルームみたい
  ?だぜ やる意味ないぜ~
ちょこっとずつ歌詞を変えてくるので
いつもここは耳を澄まして
聞き入ってしまいます。
何度聞いてもにんまりしてしまう♪

そして
「楽しい時間はすぐに過ぎてしまう。
次で最後です、、、、」
「えぇー。。。。。」っとフロア。
するとBLITZでもトライした
例の“パン!パンパンパン!!”
ただ、非常にまばらだったので、
再び「次で最後です!」「えぇー。。。」
“パン!パンパンパン!!”
それでもちょっと決まらなかったので
「もう1回?」って3回目のチャレンジ。
次はうまく決まりました。

「こんな時間まで飲んでないことなんて初めてだよ。
そのおかげでエア飲みできる。
エア飲みで乾杯するか?『酒燃料爆進曲』!!」
スペースにゆとりがあるので
踊りまくりで聞くことができ
すごーく楽しかったです。
ステージに近いのに踊れる!なんて
最高でした。
坂さんの雄たけびは「HBC!」
、、、北海道のTBSラジオ局ですね。
なぜか王子が大笑いしてました。

そしてアンコール。
「(遅い時間だけど)大丈夫?
あ、待ってる人いないか。。」
多分、この時点で22時過ぎだったかなぁ・・
今度こそは、冷蔵庫開けたら
効果音が鳴っちゃうくらい満杯に
お酒が入っていて欲しい。
「ビールじゃなくていいんです。
我々、発泡酒で充分ですから。
そんな、違いなんて分かりません、1杯目しか」
最後は『人間バンザイ』
昨日は、イベントだったけど
珍しい?!って曲が2曲もあって
なんか得した気分でした。

「明日からも生きていこう!!」
そんな一言を最後に
ライブ終了。

他、覚えてるMCでは、、

最近はというと、、
モンハンばっかりやってるみたいで
「もう、ここにいるみんなが全員、怪獣に見える。
今すぐ、皮を剥ぎ取りに行きたいくらいですから」

増子さんが着ていた
目にも鮮やかな水色のシャツ
「みんなに微妙、、って言われてますけど。
空は曇ってるけど、、ここにはあるぞ、青空が!!
アメリカなら間違いなく撃ち殺されてますけどね」

シミさん、髪の毛も
白に近い金髪で
Tシャツも黄色で
「遠めに見たら上半身裸に見えるでしょ」

他にももっと大爆笑MCあったかと思いますが
とにかくあり過ぎて
大笑いし過ぎですっかり記憶がとんでます・・
この日の模様は8.1にOAされるようです。


<セットリスト>
 01.情熱のストレート
 02.N.C.T
 03.ロックでナシ
 04.GREAT NUMBER
 05.労働CALLING
 06.NO MUSIC,NO LIFE.
 07.酒燃料爆進曲

 EN.人間バンザイ

戻り梅雨??(タイトルと本題は一切関係ありません、、) [たわごと]

2010年5月
Zepp Tokyoが入っているパレットタウンは
閉鎖されるようです。

これは10年の期間限定で
東京都から廉価で借りている土地のためで
その10年間の期限が
2010年の5月ということだそうです。
ただ、もうその後の土地の売却先は決まっていて
その事業計画によると
地上23階・地下2階の建物が建設され、
オフィスや商業施設、
コンベンション・ホテル一体型施設のほか、
自動車をテーマとした参加体験型の展示施設や
観覧車などが設置され、
2013年(平成25年)に開業することが予定されている
とのこと。

うーん。。。
ライブハウスは??
いや、まぁ、仮に
ライブハウスも設置してくれると
期待しておくことにしよう。
だけど確実に2010~2013年の3年間は
閉鎖だよね・・
仮開業なんて、そんなことできる土地があるなら
そっちに移転して
開業しちゃえばいい訳だし。。
そんな噂、全然聞かないし。。

それって、音楽業界的に
ダメージ大きいんではないでしょうか。
だって、ライブハウスとしては
最大級クラスのZepp Tokyoですよ?
ちょっとでも集客が期待される
イベントのたびに使用される
Zepp Tokyoがたとえ3年間でも
利用できなくなったら
・・・どこでライブをやるのか。

JCBホール?
あそこは、言ってもホールだし、、
じゃースタジオコースト??
うーん。。。きっとあそこは
使用料高いんだと思うんですよね。
周りになーんもないし。
Zeppとそう離れてない交通の便の割りに
すごーく不便なイメージだし(笑)

他に3000人規模のハコって
あったっけ?!
その3年間は東京では
あまりライブが開催されないとか。
それはイヤですーっっ・・・

まだ約1年弱あるといえばありますけど
そろそろ2010年のスケジュールとか
アーティストによっては
発表され始めてる時期な訳で。
どうなるのかなーって
ちょいと心配になっております。

私としては
渋谷・新宿から徒歩圏内に
大きめなハコが出来てくれたら
何も言うことないんだけどなぁ。。。なんて(*´艸`*)

We're aiming to undercover all the stars [音楽]

今週も早いこと。。
今週は連チャンはないけれど
1日おきにライブです(自分が出たのも含め)

ってことで、昨日は
the HIATUS Trash We'd Love Tour 2009
ファイナル
@新木場Studio Coast
 with:OGRE YOU ASSHOLE
へ行ってきました~
Image9411.jpg

ファイナルって言っても・・
追加公演なんですよね。
正直、最初に21日のチケットを取っていた人は
どう思うんだろう、、
こういうパターンの追加公演のときって
・・って、思ってしまいます。
私はラッキーにも、追加公演があったから
チケットを何とか取ることができたもんで
ありがとうございます!!って
感じなんですけど。

ただ、連日のライブ続きで
あまり休みも取れないし(連休明けってこともあり。。)
チケットも1400番台だし
昨日も1時間早めての勤務で
開場時間とっくに過ぎての到着。
SOLD OUTはしてた思うのですが
ロッカーは余裕だったし
中もそんなに大混雑ではなかったです。
あれは、コーストのチケットの売り方なのだろうか、、
なんかZeppだと、
すごーく詰め込まれるイメージがあるんですけど?
そういう点では、コースト、好きかも!(笑)

最初は2階にて。
絶対1階はギューギューで
何も見えないよ・・って思ってたんですが
どうも、上から見てる限り
けっこうゆとりがあるように見え
逆に2階だと
動きがない分前に背の高い人がいると
完全OUT!って感じでした。

最初は
OGRE YOU ASSHOLE
・・・オウガユーアスホールって読みます。
このバンドの読み方はしっかりと覚えた!(笑)
レゴの方はどうもね・・(≧ω≦)ゞ

ダイノジロックフェスに続く
2回目。
キライじゃないのよ。
ドラムの手さばきが不思議で
悪く言うと美しくない
良く言うと両手を自由に使いこなす
そんな感じで、ついついドラムを見てしまう(笑)
ただ、声がねぇ。。
高すぎる・・
だからどうしても
パンチに欠けるというか。

今回このツアーでは
4箇所で対バンしたみたいです。
バンドは人間から出てくるもんだなーって
思ったって言ってたのが
なんか印象的でした。
5曲くらい・30分くらいで
対バンというか、
オープニングアクト的な感じでした。
でも場所によっては
ホルモンとかも対バンだったみたいで
またそうなると時間配分とかも違ったのかなー・・
 <追記>
   カンチガイしてました・・
   ホルモンと対バンがあったのはNCISの方でした。。(笑)

これ終わりで
下へ降りました。
人がワラワラと増えるかなーって
チラっと心配したんですが
そうでもなかったです。
で、左側(ウエノさん側)へ行くと
超端のスピーカー前ですが
2列目くらいにスルスルと行けてしまいました。
おまけに真横向きで見れば
すごーく視界良好でした。
コーストは完全に入り口が右側にしかないから
左側は穴場なのかも。(´艸`)ムフフ

セッティングを見てると
楽器スタンドがズラ~っと出てきて
ビックリするくらいのGtやBaがステージ上に。
そういえば、細美さん、
わりとこまめに楽器変えてたもんなー
そういうのしない人かと思ってたので
意外でした。

20時ちょい前くらいに客電が消え
メンバー登場。
多分、、、SEとかはなかったはず。
(あったかな、、記憶にないデス・・)
昨日のメンバーは
Vo/Gt細美さんの他
Gt.masasucks、Ba.ウエノコウジ
Dr.柏倉隆史、Key.伊澤一葉
ウエノさん、、超~細いー&脚長ーい(笑)

1曲目は『Ghost In The Rain』
この曲はKeyがすごく印象的な曲なんですが
伊澤さんのKey、、っていうか
エレピですかね。。これが素敵で素敵で。
シンセみたいな機械的な音ではなく
ピアノの音だから
曲に深みが増すというか。
とにかくあのイントロ始まった瞬間に
一気に引き込まれた感じでした。

セトリはほぼアルバム通り。
確か、5月に見たJAPAN CIRCUITの時も
そうだったと思います。
アルバムが発売される前にラジオで、
このアルバムは最初から最後まで
通して聞いて欲しいって言ってたから
あの曲順にこだわりがあるのかなーなんて。

挨拶は「Trash We'd Love Tour 2009に来てくれて
ありがとうございます!the HIATUSと言います」くらいの
簡単な感じで。
masaさんがとにかくすんごく楽しそうで
とってもよかったです。
今度機会があれば、masaさん側に行ってみたいかも。
ウエノさんも時々オォーって感じで
煽ってくれて
それはそれはドキドキしてしまう感じでしたけど♪

「ここにいるみんなにこの曲を捧げます。」
そう言ってやったのは『Silver Birch』
英詞の日本語訳はほとんど見てないから
その歌にこめられた想いとかって
その時はあまり分からなかったのですが
家に帰って歌詞カード見てみたら
なんか細美さんが
常に心に抱いているんだろうな~って想いの歌で
ちょっと感動しました。

曲が曲だけに
激しいゴリゴリのロックって雰囲気はないんですが
それでも全身を奮い立たせるように
全精神を歌うこと、演奏することに
集中させようとしている仕草を時々していて
それは見ていてなんか壮絶でした。

「ありがとうございました!
いやー、、アルバム1枚でツアーを周るのって
限界があるんだよね。。
次のときは、、もっと曲増えてる・・かな(笑)」
まぁ、、それは確かに。。
“ありがとうございました”って言われた時
「え?ました??もう、終わり?!」って
思ってしまいましたって。
しかも1曲1曲がわりと短めですしねぇ。

「旅立ちのスタートを切る
一歩を踏み出した・・・
今日は忘れられない夜になると思います。
ありがとございました。」
一語、一語を探しながら
ゆっくりと。
確か、JAPAN CIRCUITのときは
「今日がthe HIATUSの誕生日だと思う」って言っていて
昨日は、旅立ちの一歩を踏み出した
記念すべき日で
偶然にもそういう瞬間に
2回も立ち会えたんだなーって
なんかジーンときてしまいました。

最後は
『Twisted Maple Trees』
ゆっくりした曲ですが
みんなが一心不乱に演奏している姿が
とにかくかっこよかったです。

そしてアンコール。
細美さんと伊澤さんだけが登場。
ここで、
あ、あの曲だけやってなかなったなー。。と。
その前に、
「えーっと、、愛情と不安って真逆にあるもので
今、いい本を読んでいて
100%愛情になるためには
仮に、目の前で自分を刺し殺そうとしている人がいたとしても
その人を愛しなさい、、って。
でも、、俺にはそれは無理だなー
憎むべきものは絶対にあるわけで。
相変わらず俺はそういう人間だけど
頑張って成長するから
そしたら歌もうまくなるんじゃねぇかな~って。
俺はまだまだ修行中で、
他のメンバーは2歩も3歩も先へ行ってるけど
みんなに追いつけるように頑張るから
・・・the HIATUSやって良かったなぁって思います」

そして伊澤さんのKeyだけの演奏で
『Little Odyssey』
そう、この歌は
ジャパンサーキットでも歌われなかった曲。
演奏はKeyだけだからね。
細美さんがギターも持たず
スタンドマイクを握り締めて歌ってる姿は
初めてかも。
、、、ライブ乱入などのシーンは別として・・
バンドではない
ソロプロジェクトなんだから
こういうのも有なのかぁ、、
なんか不思議な感じでした。
だけど熱いものが
ヒシヒシと伝わってきた1曲でした。

歌い終わって
しばらくシーンとして
「?(聞き取れなかったけど何か言ってた)
キーボード 伊澤一葉くん!」
ここからメンバー紹介かねて
一人一人呼び出し。
「ドラム 柏倉隆史くん」
大きく万歳してたっけ?
「ギター masasucks!」
そしたら一輪のひまわりを持って
細美さんに。
やっぱりこの人のこういう雰囲気
いいな~
「ベース ウエノコウジさん!」
背が高いのに深々とお辞儀をする姿が
印象的。
で、最後に
「ボーカル・ギター 細美武士!!」
っと、masaさんが。

「やっと始まりの旅が終わって、
次はどこに行こうかなぁ・・・。
・・・みんなが「え~こんな所に着いたの?」って
言うような所に
みんなで行けたらいいなぁ~って思います。」
最後の1曲は再び『The Flare』
この曲も大好き。

PVがまたカッコいいんですよ。
普通PVって当て振りなのに
リアルな感じを出したいからって
本気で演奏して撮ったそうです。
(実際の音は、もちろん、別録りの音ですが、、)
そういう小さなことかもしれないけど
こだわりっていいですよね。

1時間弱のあっと言う間のライブでしたが
絶対次のZeppも行きたいって
思いました。
チケット・・一次では取れなかったんだよなぁ。。
二次では取れますように!!

もうやる曲ないのを分かってて
Wアンコールの拍手が鳴り止まなかったんですが
しばらくして
アナウンスでも終演の案内が流れ出したし
スタッフさんが、もうなしって合図をしてたので
フロアを出てドリンクに並んでたら
何やら中でパーァっと明かりがついて
ワーってなって
でもやっと次自分の番になろうしてたので
もらってから中に入ったけど
そのときはもう全てが終わってました。。

どうやら、細美さんが一人で出てきて
「今日の俺たちは、
掛け値無しに全力を出しきったからもう曲はやれない。
でも、また絶対会おう。今日は本当にありがとう」って
挨拶して帰って行ったみたい。
くぅ、、、すぐに中に入ってればよかったなぁ。。と
ちょっと悔しい。。ヾ(;→㉨←)ノ


<セットリスト>
 01.Ghost In The Rain
 02.Lone Train Running
 03.Centipede
 04.Silver Birch
 05.堕天
 06.The Flare
 07.Storm Racers
 08.紺碧の夜に
 09.ユニコーン
 10.Twisted Maple Trees

 EN.
  1.Little Odyssey
  2.The Flare

今日はナッツの日らしい。。言われてみると確かに?!(笑) [音楽]

どどど~んっっと、大人買いっ!!!
Image9412.jpg

シングルを集めるつもりはなかったんですが
アルバムは後々買っていこうと思ってた矢先
ぜーんぶセットで
某オークションに売りに出されてまして
計算すると
1枚あたり約500円(送料込み)
おまけに即決価格
ならば超~お得じゃん?
しかも、アルバム、初回限定盤もあるし
、、、、あ、別に何か特別に
   特典がある訳ではないです。
   単にパッケージがね。
Image9392.jpg

ってことで、買ってしまいました。
あと持ってないのは
『REMIND』からのシングル5枚だけ。
でも、シングルはね・・
なーんて言いながら
それだけなら買うか?!って気持ちも
沸々と沸き起こってるのも
確かデス。。(笑)

怒髪天の廃盤CD再リリースの噂
あれは噂で終わってしまったのかな~・・

いつまでもあきらめの悪い挑戦者のように走れ [バンド]

梅雨が舞い戻ってきたような天気です・・
今週はずっとこんなお天気続きらしいです。。
そんな昨日、3連休の最終日
海の日!は
the pillows cover night 
BUSTERS TRIBUTE SHOW!!!
@新宿red cloth
 ThE Tera'S / Ferris Wheel /
 Chelsea Lounge / Men's Pallows
 DJ : StandUp!!BUSTERS!!!
でした。
Image9400.jpg

そう、見てきたんじゃないんです。
な、な、なんと!
あのred clothで演奏してきちゃいました~
(*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ*´∀`)ノノ

普段は撮影できないハコの中の写真
Image9398.jpg
バスターズタオルで飾りつけしてあります。
加えて楽屋♪
すごーく狭かったデス・・(笑)
Image9397.jpg

主催者の方が
どうしてもピロウズの縁のあるライブハウスで
このコピーバンドライブをやりたいという熱意の元
あちこちのライブハウスを回ってくださった努力と
その熱意を汲み取って
貸してもいいよって言ってくださった
ライブハウスの方のご好意とで
実現したイベントです。
そんな素敵なイベントに
出演させてもらうことができ
いや。。。。何とも言えません。

そして今回はチケットノルマ制ではないため
取り置き等一切なし。
お客さんは全員チケットを購入しての参加。
なのに、、、トータル的に90名近くが
来てくださったとの話。
す、すごいです・・バスターズ。。

なので盛り上がりも半端なかったです。
私達の拙い演奏にも
拳を上げてくれたり
声援を送ってくれたりして
盛り上げてくれました。
おかげでかなり気持ちよく演奏することができました。
ありがとうございました。
Image9407.jpg

で、何と言っても
red clothのハコの素晴らしさ!!
真空管のアンプ初めて使いましたが
超~っっ音がいいっす!!
今までやってきたライブハウスの音は
何だったの??ってくらい
もう、最高に気持ちよく弾けました。
、、、、いや、出来がよかったって言ってるのではなくて
気持ちの問題です(笑)
さすがだなーって思ってしまいました。
できることなら、
もう1回あそこでやりたです。

あとバンドの出順がパーフェクトでした。
なんていうのか、
いい流れでした。
あの順番はどこかが一つでも違ってたら
きっとあんな盛り上がりには
ならなかったんではないかなってくらい。

まず最初に、『Fool on the planet』からスタートして
お客さんの心をグッと惹きつけ
その後もマニアックな選曲続きだったけど
なんかその世界に引き込まれてしまう
素敵なバンド ThE Tera'S

そしてその温まったフロアを引き継がせてもらったのが
我々 Ferris Wheel
2バンド目だったからこそ
その勢いで突っ走ることができました。
これが1番目だったら
きっとあんな素敵なスタートを
切ることできなかったと思います。
助けられました。

続くはDJ TIME♪
これがねーすごかった~
DJ BUMP SHOWか?!ってくらいの
盛り上がりでした。
ここできっとフロアに来ていたお客さんの
一体感みたいなものが
生まれたんではないかと思います。

なので3バンド目のChelsea Loungeは
とてもとても
見ず知らずのバンドがやってるライブとは
思えないくらいの盛り上がりでした。
その盛り上がりに負けないくらいの
熱い・安心して聞いてられる演奏に
さらに客席ヒートアップ!!

で、トリは主催者のバンド Men's Pallows
このVoさんがすごい!
さわおさんの口調を真似をしてMCをするんですが
全く嫌味ナシ。
あそこまで貫かれると拍手を贈りたくなります。
演奏は言うまでもなく
選曲なんて涙モノでした。

最後は各出演バンドから集まって
セッションでアンコール。
なんかみんなのイベントって感じがして
よかったです。
ステージ上がとっても楽しそうでした。

そして、そして。
イベントの途中、すごーくうれしいお知らせが!!
なんと、red clothの店長さんのところに
シンちゃんからメールが来たそうです。
内容は、ちょっと覚えてないのですが
 今日は、ラジオの収録で残念ながら行けませんでしたが
 最後まで楽しんで盛り上がってください
みたいな感じでしたっけ。。

いや~うれしかったです。
もともと、red clothの店長さんは
このイベントをやるにあたって
ピロウズもきっと喜ぶよって言ってくれたらしく
どうやら昨日のイベントのことを
知らせててくれてたみたいです。
それだけでもスゴイことなのに
シンちゃんがそのことを思い出して
メールをくれるとは!!

その後の聞いた話によると
さらに深夜、またシンちゃんからメールが来て
昨日のライブの映像があったら見たいって
言ってきたそうですよ。
なので、次回のワンマンで、
店長さんのほうから
ライブのDVDを渡してくれるそうです。
えぇーーっ?!
何か、済んだこととは言え、、緊張するんですけどー(笑)
ま、ま、もらったDVD見ましたが
姿は暗くてあまり映ってないから
いいか・・
、、って。。。姿より
演奏面ですよね、、、、、(→㉨←?)

やっぱり2009年は
忘れられない年になりそうです。
Image9404.jpg
トリビュートのCD
こっちの方は、そこそこいい感じに録れてました。
ただ・・CDの一番最後に収められてるってのが
変な責任感を感じてしまうじゃないか。。


<セットリスト>
 01.MY FOOT
 02.この世の果てまで
 03.Across the metropolis
 04.空中レジスター
 05.サードアイ
 06.Swanky Street