So-net無料ブログ作成
検索選択

偶然にすれ違い振り返る街角で懐かしいアダ名でサお互いに呼んだならあの頃の俺達に会えるかな [怒髪天(2010年~)]

遠足とか運動会とかの前
なんかソワソワしちゃう感じの
6.8は
怒髪天 GOLD N'SILVER TOUR 2017
"きんは100歳、ぎんも100歳、俺達あわせて200歳"
@渋谷CLUB QUATTRO
でしたー
IMG_3696.JPG

怒髪天のツアーが発表された時
前日に東京でのライブが入っていて
これはてっきりピーズの武道館に来るのに
前乗りどうぞって気持ちの表れかと勝手に思っていました。

でもよくよく考えたら
2日間休むなり早く帰る帰るなりを続けなきゃいけないのって
結構大変だったりするんですけどね( ̄▽ ̄;)

そんな私は本日6.9は有休をいただきまして
そのあとは土日でまだお休みとなると
もうこの日はまさに上に書いた
ソワソワデーですよ(笑)

さらに、、
怒髪天のワンマンいつぶりだ?
前日にシングルリリース記念のインストが
ラインライブで放送されてたのを思い出して
アーカイブで見直していて
早くライブ行きたい~ってテンション高まっていたので
余計に(*´艸`)

番号はクアトロにしては珍しく100番台キターって
喜んだのも数日
後々見返してみたら「B」って付いてて
・・・・。
いや、でもおかげでゆっくり残業までして行けたので
よかったっすよ。
これ知らないで焦って向かって会場着いて
え??ってなってたら逆にショックですもん。

社会人にうれしい18:45開場/19:30スタート。←平日はこれくらいにして欲しい・・
19時過ぎについたときにはB100番ちょい前くらいまでの呼び出し完了
ってことで、ほぼ待ち時間なく
しかも予想外にも番号通りにすぐ入場できました♪
超うれしい。
中はいると、、まぁ当たり前ですが(って、Aは何番まであったんだ?)
かなりの混雑具合。
でも王子側端っこスルスルっと比較的前の辺りに入り込めました。
その後もあまりヒドイ押しもなく、、
ただ時折ガッカリするような視界遮る男子の山が前に来たりしましたが
ほぼほぼいい感じで見れたと思います。

SEでメンバー登場。
シミさん、髪がすっきりしてて
かなり男前。
王子はさわやかな雰囲気炸裂してて
この日は終始ニコニコしてました。
増子さん、、赤いシャツ似合うなー
そして坂さんはピーズの応援Tシャツ。

今回のツアー言われて気付きましたが
そうか、、アルバムリリースツアーじゃないんですよねぇ。
なので過去の曲多めの
とても素晴らしいセットリストでした。

いきなり『歩きつづけるかぎり』始まりで
2曲目に『欠けたパーツの唄』って
初っ端から泣きそうです。
久しぶりの『欠けたパーツの唄』最高でした。

「よく来た~」って最初のMCで
お客さんが会場入りしてる風景をモニターで見てたそうですが
「会社帰りとかに来てくれたのか
スーツの上だけTシャツに着替えて、、ねぇ。
そんなの見たらグッとくるね」って。

そして今回、アルバムではなく
シングルリリースでのツアーだったことについて
「やりたいことがいろいろあって
今回はシングルで出したんだけど」って。
"やりたいこといろいろあって"の部分が気になりましたが
これは姫キュンとコラボとかって事の話ですかね??
それともまた今後何か新しいことが発表されるんでしょうか。

でもアルバムツアーだとアルバム以外の曲は少ししかやれないけど
シングルだと過去の曲も多めにやれるから
その分リハでイロイロ思い出し作業になったそうですが
「坂さん銃社会だったら2回頭撃ち抜かれれますよ」って。
そんなこと言うと
「増子さんは坂さんに厳しいって思う人もいるかもしれないですけど
1ヶ月やってもらえば、きっとすぐ分かる
坂さんっ!ってみんな1回は言うはずだから」って(笑)
その後ろでオドケたポーズとっちゃう坂さんって
「小学生かっ」って言われてましたけど
まさに、そんな感じでしたゞ(≧ε≦o)

ここからの懐かしい曲シリーズが
ホント最高で。
『ゆきてかへらず』はやっぱ名曲だわ~
からの『ひともしごろ』も
何気にここ最近はやってなかったなー、、って。
でもって『ド真ん中節』はこれでもかーって熱い演奏。

そしてアップテンポに戻り、、
『己DANCE』から『ラ・セゾン』で照明キラキラ。

そしてこの流れは、えー・・どうなの?って思ってしまった
『トーキョー・ロンリー・サムライマン』
いや、この曲聞けたのはホントうれしかったんですが
『ラ・セゾン』からすぐって
気持ちの整理がー(笑)
でも聞き入っちゃいました。

増子さん歌い終わるとヘロヘロ。
しばらくトークで時間繋いでて
オモシロかったです。

そのトークも面白さ爆発で
この日急にスクープされた例の役者の話もありました。
チョイ出くん(笑)

モテてモテて仕方ないって人は大変だと思うよ
俺らもねぇ、まぁ、それなりにモテますけど
そうだね、みんなが思ってる5倍くらいはモテてるかな?

そこから役者の話になって
舞台やっていろいろ学んだ
ホント役者は大変だよ
だって幕が上がって終わるまで
自分の欲望に任せてできることってオナラくらいしかないんだから
水も飲めないしねぇ
今はホントいいよ。
歌いながら水飲めるし汗も拭けるし、、
なんなら喋ってられるんだから

その後も結構映画にドラマにって
オファーきたりしてるそうですが
お断りしてるそうです。

新曲については
その日がいい日だった思える基準は
「ビールが美味しいか美味しくないか」
ただ、、この曲を出してふと、思ったのが
夏になると各地で開催されるフェス
ロッキンとかね、そういうのに来る子たちはだいたい10代なんだよな
ビールが美味けりゃーって、、それ大問題でしょ。
危うく俺もこう(逮捕)でしたよ。
ただ、幸いなことに
10代の子たちは俺らに興味がありません!って(≧▽≦)

昔からジャージ着てた
古着屋で探して買ったりして
これくらいギリギリなとこ(お尻の)まで下げて履いて
髪も長髪でねぇ、変な剃り込みとか入れてさ
、、だけどちーっとも相手にされなかった

今の若い子たちの聞く音楽
すんごい早いの
ワーって言って終わるの、、、これは俺個人的な感想ですよ(笑)
あとは坂さん絶対に叩けない変拍子

などなど。
確かに、、とても世の中知ってらっしゃる。

「どうよ?」って王子に突然振ると
「え?どうって、、」って王子いきなり来てオロオロ。
「あのークアトロでライブやるの、、、久しぶりなのかな?
やっぱりここでライブやると思いだすのが
活動再開した時にイースタンのイベント(極東~)に呼んでもらった時で
スゴイ満員のお客さんを見て
初めて見る光景だったから
その時のことをを思い出しますね」って。
へぇーってお話。
そうか、そんなこと思い出してたから
すっごくいい顔して演奏されてたんですね。

そこから増子さんそんなイースタン吉野さんの話。
アラバキの帰りにイースタンのメンバーと一緒になったそうで
吉野さんに「増子君、髪染めてるの?」って聞かれたって
増子さんが「染めてないよ」って言うと「そうか、、」って
「でも吉野は染める以前に染める髪がないからねー」って。
てか、増子さん、染めてなくてあんな髪真っ黒なんだ
うらやましいー

シミさんにも「どうよ?そんな早く曲行けって顔してるけど」って言うと
「あそこでスゴイ怖い顔して睨んでる人いるから」
「睨むのが仕事の人もいるんだよ」
どうやらMgさんがいたようです。

最後には「ホントに怒られないうちに
やりますか。。。」って

どこだっけー
増子さんがホントに自分たちの曲を愛してて
「いやぁ、、ホント、いい曲だよなー」って
しみじみ言いながら
「いい曲、これ誰が作ったんだ?」って王子に言うと
王子も照れながらモゴモゴと「、、これ誰が詞書いたんだ?」って返してて
キャーって(*´艸`)
増子さん「もう痴呆症だな」って笑いに持って行ってましたが
いいシーンでした。

あと、もちろん、この話も出ました。
Theピーズの武道館!
「チケット売り切れて、よかったねー
もうハルさん死んじゃうんじゃないかって心配したよ。
当券も出るみたいだし、絶対行った方がいいと思うよ。
もう次はないからね」って。

『なんかイイな』は
怒髪天25周年のときだっけ?
AXでいろんな人たちゲストにやったの
あれでせっちゃんとやってのが印象的。
(記憶違ってるかも?)

最後に「とってもイイね!」ってフロアにマイク向けてくれて
言えたのがよかったです。
で、"イイね"ってくれば、、某ケンさんのモノマネ(笑)

「歌おうぜー」の『濁声交響曲』
照明がガンガンフロアにもあたるので
すごい眩しいのと熱いのと。
そう思うとやっぱステージ上って暑いんだろうな。。って。

『セイノワ』の辺りで、視界がパーっと開けて
何か増子さんがめちゃめちゃよく見えて
熱唱してる姿を一緒になって歌詞口ずさみながら
ジーッ見入っちゃいました。
なんかグッときた~。

あ、歌詞口ずさみながら、、で思い出しましたが
最近の怒髪天のローディさん
昔髭ちゃんとかでもやってたし
あと、、何だっけ決こう見たことある方なんですが
その人が袖で見ながら結構な頻度で歌詞を口ずさんでて。
なんかそういうのいいなーって思います。

ラストはリリースされた曲
『愛のおとしまえ』と『赤ら月』で終了。
『愛のおとしまえ』舞台で聞いたときは
増子さんが女装()すごいドレス着て歌うもんで
なんかそのギャップに変な感じでしたが
こうしてライブで熱く演されると
名曲だなーと。

そして『赤ら月』は懐かしい感じがするメロディと
元気が出る歌詞で
いい気分で終わりました♪

続いてアンコール。
皆さんTシャツに着替えての登場。
で、、増子さんが白いグッズのTシャツになってて
うーん、、増子さん、白T似合わないなーって思ってたら
本人も違和感感じてたらしく
しかも王子からの冷たい視線も気になったのか
「何だよそんな冷たい目で、、」って
そしたら王子が「いやいや、そんなことないよ。大丈夫」って
苦笑いしてたのが可笑しかったです。
「Tシャツに合わないって相当だよね」って
いや、Tシャツがってより白Tが、、なんでしょうか。
デザインが、、でしょうかね。

そんな王子はハルさん写真がフロントにドーンってある
Tシャツだったんですが
袖を肩まで捲し上げてたのか
袖を切ってたのか
たくましい腕がむき出しでして
それはそれで、えぇーって感じでした(笑)

アンコールは『酒燃料爆進曲』
シミさんのところで「明日は武道館で会おうぜー」だったかな?を
叫んでて ワー!!ってなったところで
坂さん雄たけび「飲むぞー」?が
え?って感じでした。

そしてそしてラストになんと!
『セバ・ナ・セバーナ』
ワーイ♪ヽ(´▽`)/
結構追い出しの曲で流れてくることはあっても
演奏でやってくれるのは何気に久々じゃ?
もうフロア中ワイワイ楽しく盛り上がりました。

エンディングにピーズ武道館応援歌が流れる中
みんなでフレー!フレー!ピーズ!!って応援しました。
「明日も約束できるってうれしいな。
生きて明日武道館で会おうぜ!」って。

いやぁ、、いいライブでしたー
なんか全力出し切ってる感がヒシヒシと伝わってきて
熱くなりました。
トータル2時間弱ですが内容濃すぎてもっと長く感じました。
「上京して26年、もう東京はホームだな」って
そんなことあまり言ってくれるバンドないんで
故郷的なものがない者としてはうれしい限りです。

ドリンク並んでると
なんと!
着替えた坂さんがソロ曲を歌いに。
いや、確かに、BGMでかかってるなーとは思ってましたが
まさか最後ご本人登場とは(笑)
素晴らしい~

<セットリスト>
 01.歩きつづけるかぎり
 02.欠けたパーツの唄
 03.押忍讃歌
 04.N・C・T
 05.労働CALLING
 06.宿六小唄
 07.男は胸に…
 08.ゆきてかへらず
 09.ひともしごろ
 10.ド真ん中節
 11.己DANCE
 12.ラ・セゾン
 13.トーキョー・ロンリー・サムライマン
 14.なんかイイな
 15.濁声交響曲
 16.セイノワ
 17.愛のおとしまえ
 18.赤ら月

 EN.
  酒燃料爆進曲
  セバ・ナ・セバーナ


で。
帰りに見つけた。
このポスターこんなところに貼ってあったんだ。
カッコ良すぎる。
IMG_3697.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0