So-net無料ブログ作成

口笛吹いて歩こう肩落としてる僕よ 遠くで誰かのギターゆっくり空へ行く [音楽]

Tポイントでお世話になってるTカード(クレジット機能付き)。
年会費の請求が来たので
あれ?年会費なんて取られたっけ?って
調べてみたら
どうやら年1回でもそのカードでクレジット支払していれば
年会費無料らしいのですが
1回もないと500円(税込540円)取られるんだと。
知らなかったー(-ω-`)
なら1回使う方がいいじゃんね。
くそー・・
今後気をつけよう。

さて。
そんな5.21は
斉藤和義 弾き語りツアー2017"雨に歌えば"
@静岡市民文化会館 大ホール
でした。
IMG_3671.JPG

せっちゃんの弾き語りツアー
東京・神奈川でももちろんやってくれますが
平日だし、倍率も高いしということで
近場の土日を探して行くことに。

なかなか土日開催少なく
かつ近場、、、っとなると
ここ静岡のみだったので
今回のツアーはここ1本のみの参加です。
ちょっと寂しい。
でも弾き語りツアーだから、ま。いっか。

静岡は、、ここ最近行く機会多くって。
そして土日だと開演時間が早いおかげで
普通に鈍行で帰って来れるんですよね。
何気に水戸に行くのと変わらないくらいな感じ?
なんか不思議な感じですけど。

そしていつも静岡や浜松に行くとき
チャレンジする、お昼をさわやかで食べること!
今回、駅近ビルに入ってることを知り
楽しみに行ったのですが
・・・・激混みデシタ。。。チ―( ∀ )―ン
毎回そうなんですけど
なんであんな混むんスか??
地元民にも愛されてるってこと?
いや、別に時間あったんで待っても良かったんですが
なんか雰囲気的に一人で並んで待ってまで、、って感じじゃないんで
今回も泣く泣くあきらめました。
いつか、いつか行ってみたい。

で。
こんなオシャレ~なカフェに(笑)
IMG_3670.JPG
 ※サンドウィッチが隠れてる
マスタード効いてると思ってなく
迂闊でした。。
何とか食べられましたが
無い方が好きです。

その後は行くつもりなかったけど
時間持て余し
IMG_3673.JPG
グッズ先行販売を覗いてみるも
うーん。。。買うもの無し( ̄▽ ̄;)
過去の売れ残った(言い方悪いが 笑)グッズを
クリアランスしてくれるコーナーに
以前、何を血迷ったか
奮発して買ったパーカーが売りに出されてて
若干ションボリ。。
ま、それまでにも結構使ったからいいんですけど。

その後は暑い中、2往復もして
やっと開場。
この日の席は
悪くもなく良くもなくな
でもまたまたいっちゃん端という席。
ステージまでの距離としては
全く文句なかったんですが
前の2人連れの男性陣が、、、
そう、弾き語りということはスタンディングにはならないんですよね。
なので前の人が背が高かったら
避けて立つってことができず。
いやぁ、、それがちょっとストレスたまりました。

ステージセットのイメージは
自宅リビングってとこでしょうか。
かなりしっかりとしたセットが組まれてて
ビックリしました。

時間になりせっちゃん登場。
衣装は、、黒上下だったかな。
パンツがくるぶしまでの短めなやつでした。
髪型、、最近はワイルドな感じがお好みなんでしょうか。
あまりはっきりとは見えませんでしたが
なんか今までのイメージとちょっと違った感じがしました。

まずは、イントロをアコギならではの表現で
徐々にあの曲の印象的なギターソロに持って行って始まった
『やさしくなりたい』
しっとり始まるかな~って思ってたんですが
1曲目から盛り上げな感じでスタートしました。

ってことで2曲目ももちろん
アゲアゲな曲です♪
『ARE YOU READY?』
確かこれは、、、ドンドンって
足でドラムっぽい音入れてたかも。
あとで話してましたが
マイクを置いた段ボールを踏んでるんだとか?
(それが一番音がよかったって 笑)

続いては『歩いて帰ろう』
これもドラムのハイハットに付けるタンバリンを
蹴って鳴らしてるって。
そんな風に一人だけど一人には聞こえない
いろんな音を鳴らしつつの演奏
結構あってさらに楽しめました。

ここで最初のMC。
みんなの目が自分を見てるのが
ステージから見た景色で分かる(視線を感じる)そうで
「そんなに見なくても、、、ねぇ」って
ボソボソ言ってました(笑)

そして静岡と言えば、、、黒はんぺん!
「美味しいよねーもっと全国区になっても
いいのに。」って。
静岡出身の吉井さん(そう言えば前も吉井さん話してた)が
実家に帰ると必ずお土産でくれるそうで
その時にフライにするとおいしいと教えてもらってから
フライで食べるのが好きになったとか。
思わず帰りに買って帰りそうになったけど
要冷蔵だったのでやめました。

そうそう。
弾語りと言えば、、
せっちゃん、ステージ上に何本もギターを置いて
それを自分で交換しながら
これはなんというギターかってのを説明(紹介)しながら演奏する
というスタイルを取ってまして。

次のギターは12弦ギターです。
、、、っとくれば『メトロに乗って』
ワーイ♪
この曲大好き(*´∀`*)

シャララララってとってもきれいな音色で
「この心が汚れた俺なんかが弾くと
もう心が洗われる気分に、、、」って言ってました。
ただチューニングは倍やらないといけなくて
大変だそうです。

引き続きその12弦ギターで、、
『それから』なんですが
この曲の出来たエピソードを。

これが偶然なのか吉井さんが絡んでて
というのも、
吉井さんの曲に『ギターを買いに』って曲があるそうで
だから「ギターを売りに」って曲を
作っていい?って聞いてから作ったそうですが
結局作ってくうちに「それから」ってタイトルの方が
しっくりいくなっていうので、そのタイトルになったそうで。

「でも、、正直タイトルなんてどうでもいいっちゃーいいんで
なんなら全く同じ曲だけどタイトルだけ変えて
ジャスラックに登録とかしたらダメなんですかね。
作った本人がいいって言ってるんだから
いいじゃんって思うんですけど、、、(笑)
なので今日はなんか「ギターを売りに」って感じが
合う気がするので、じゃー「ギターを売りに」」って
曲紹介してました。

MCになると結構鼻をかんでいたので
あれ?風邪かな?っとか思ってたんですが
「なんか歌歌うと鼻出ちゃうんですよね~・・」って。
あともともと昔から
年中、鼻声って言われるそうで
「別に風邪引いてる訳じゃないですよー」って。
あはは。
歌うと鼻出るって
熱いもの食べると鼻出るっていうのと似てるんでしょうか。
きっと体が熱するんですかね。

そして続いての曲について、、
「いい子なんだけどちょっと残念な女の子のね、、
両親の体の調子が悪く
水商売で生きていかないといけないっていう
なんとなくイメージしやすかったのが
新宿だったんで
あ、新宿ララバイって曲なんですけどね
静岡にもそういうところ(風俗街)あるんでしょ?」
・・・・
「あれ?ないんですかね(笑)
浜松の方にあるのかな?
あ、静岡で浜松の話したらダメなんだっけ?
別にどっちが(優勢)ってないですから
仲良くして下さい(笑)」

『新宿ララバイ』
この曲、聞くと歌詞をじーっと聞いちゃう曲です。
まさにせっちゃんが言うような
"いい子なんだけどちょっと残念な女の子"ってのが
イメージ出来ちゃう
切ない曲です。

続く『夢の果てまで』があって
ここから新曲シリーズ。
ここでだったか、、、
青い鮮やかなギターを取り
「これは、、クラシックギターなんですよ
ガット弦のね」だったかな?
南佳孝さんと同じメーカーで
お揃いのを買ったって。

そのギターの音色を聞かせるのに
クラシックギターと言えばーの
『禁じられた遊び』を
さわりだけ弾くのかと思いきや
おぉ~って歓声の乗せられて?!(笑)
フルで弾き通す!
あれ、メロディーの裏で鳴る伴奏が
美しくって
すごいなーって聞き入ってました。

そのギターの色合いについて
「きれいでしょ。
でも、、やっぱりこういう色はダメだねぇ・・
その時はいいなって思うんだけど
すぐ飽きちゃうんだよね」と。

から、、自分でギターをリメイク?作成?
してる話になったんだっけか。
ステージに飾ってあったギターを
自分で作ったって。

あとどのタイミングだったか忘れましたが
実はついこの前、初めてぎっくり腰になったとか。
「あれは、、何ていうか自分が凹みますねぇ・・」って。
年齢が年齢なので
なってもおかしくない年だとは分かっていても
これかぁ、、って。
3回くらい整体通って
今は全く痛くないそうですが。

「運動した方がいいみたいですけどね
自分と同じくらいの年で歌ってる人は
みんなお酒やめたりタバコやめたりししてるけどね。
。。。絶対ヤダー(笑)
ライブの体力はライブでしか付かないって思ってるから
鍛えるって言っても
ここ(手とか腕とか)何やって鍛えるのかってね。
あと食後に一本吸うのが楽しみで
ごはん食べてるって言ってもいいくらいなのにさー
人の楽しみ奪うなって感じですよね。
止めようと思ったら自分からやめるわ。
、、、って、言っててやめたりしてね(笑)」って。

そんなクラシックギターでは
新曲の『遺伝』
そして『はるかぜ』
で、、私、もう最近はシングルも
もちろん配信シングルも買ってないので
この『はるかぜ』は
誰かのカバーかと思ってしまったくらい(笑)
出してたことも知らなかった曲デシタ・・
鏡月のCMソングだったとは。

ここで、、今度は席を移して
キーボードの前へ。
で。「さっきのギターの話じゃないけどさ、、
って、ギターの話なんだけど」って
話し始めたギターのDIY話が長い長い。
途中で気付いたのか
「これ、もういいか。。」って話を止めようとしたんですが
さすがにその時点では結末気になるじゃんって感じだったので
えぇー・・って声があちこちから聞こえ
「言っとくけど長いよ」って最後まで話してくれたんですが
ホントに長かったし
かつ、特にオチも何もなかったという(笑)

感じたのは、せっちゃん、相当DIY凝ってますな。
ザックリまとめると
塗装の話だったんですが
なんとかってタイプのやつじゃないと
使い込んで行ったときに
味がある色合いにならないそうで
でもそのタイプのペンキ?は日本ではなかなか売ってないし
海外から買い付けるのもダメだそうで
(含まれてる成分の問題?)
何とか見つけて取り寄せたものの
塗装するにはそれを吹き付けるためのものも必要で
これもまた個人で使うようなタイプが
なかなか売られていなくて
あれこれ試した結果
最後はもう刷毛とかで塗る始末。

さらに塗った後は
やすりでちょっと使い込んだ雰囲気を出す工程があり
これもまた大変で
遠くから見る分にはいいけど
近くで見られると粗が目立ってどうのこうの
←ここら辺、、既に記憶が・・・(笑)

何とか塗装についてのトークは終了。
「じゃーやりますか」って
『映画監督』
あーこの曲はキーボード定番の曲のイメージ。
前もやっていた気がします。
改めて、、ギターに鍵盤にと
なんでもできるんだなーっと。

そして次の曲は初めてちゃんんじする曲で
いつかキーボードで弾き語りたいって思ってたそうで。
でもいざ練習してみると
ギターでは何てことないコード進行なのに
鍵盤だと難しくて
「あの、、正直完成度低いです」って
やる前から言い訳(笑)

何の曲かなーっと思ったら
『歌うたいのバラッド』
おぉ~
これは予想外でした。
でもバンド編成とかでやるとき
キーボード入ると素敵になるもんねぇ。

完成度低いって言ってましたが
全然そんなことなく、
でも自分でも「今までで1番うまくいった」って
終わった後嬉しそうにしてました。

ここでキーボードコーナー終了。
再び元の位置に戻り、、、
手にしたのはツインギターで
ギター2つではなく、ベースとギターのツイン楽器。
またまたせっちゃんお手製だとかで
作成話を(笑)

これは『いたいけな秋』という
スチャダラパーのBoseさんとコラボした曲を
Boseさんいなくてもできるようにしたくて
ベースとギターのツイン楽器を探したんだけど
売ってないから自分で作ったとか。

一つひとつの楽器を接続出来るように割り
接合するそうですが
楽器の構造上、ベースの方が厚みがあるため
板を削ってたら
削り過ぎちゃって
ギターの厚みまで削っちゃったから
今度はネックの方が重くなり
非常に弾きにくい楽器に仕上がってしまったとか。

途中でヒロトさんにメール?送ったら
「バカだねー」って返事が返ってきて
「ホントそうなんです。
こんなことしてるなら練習しろって感じなんですけどね」って
弾きにくいけど出来上がりは満足してるそうで
うれしそうに話してました。

で、その『いたいけな秋』
そのベースを使って
さらにはループしてくれる機材を使って、、ってことなのですが
「これがまた結構大変でね・・
なんか若い奴は簡単に使うんだよねー」って
確かにここ最近よくライブで使ってるの
見る機会多い気がします。

いろんな音が重なって
とても一人の弾き語りとは思えない
演奏でした。

『傷口』は足元のドラム風
使ってましたっけ?
私のいた位置から
ちょうど片方の足がよく見えまして。
リズム取ってる感じがなんともいい感じで
萌えました(笑)

ここからせっちゃんが「静岡~!!」って
煽り出すもんで
なぜかフロア
ワーって立ち上がって行って
スタンディング状態に。
初回の辺りで立ってもいいんですよ的なこと
言ってくれたりしたんですかね♪

で、その曲は、、『カーラジオ』
これはまさに
え?こんな曲弾語りで?!って思ってしまう1曲で
ギターガシガシ弾きまくってました。

からの『ベリーベリーストロング』
『I Love Me』と盛り上がる曲が続き
最後は「行先は過去か?未来か?」って感じの
雄叫びがあって
『行先は未来』
これも、、新曲のC/Wのようです・・

いやぁ、、盛りだくさんな本編。
もちろん予想通りですが
本編だけでとっくに2時間過ぎてるというね。
なのに全然長さを感じないんですよね。
でも確かに、あれだけ1曲1曲の合間に喋ってて
1曲もそこそこ長いし、、だと
時間経つってね。

あ、あと。
どこでだっけ・・
タモさん風にチャン・チャッチャッチャって
拍手するやつ
あれがどうしたらそうできるのか
長年ずっと謎だったみたいで。
何回もこちらもやってみせて(笑)
晴れてこの日、その謎が解けたみたいで
あぁ~って(´m`)
ヨカッタ、ヨカッタ(笑)

続いてアンコール。
すっきりグッズのTシャツに着替えて登場。
静岡での弾き語りは初めてだったようで
「出来てよかったです~」って。
フロアに聞いたときに
シーン・・・としちゃって
「あ、(以前は)誰も来てないってね?(笑)」って
ボソって言ってたのが可笑しかったです。

バンド編成でもアンコールには恒例?!
『ずっと好きだった』
フロアにサビを煽れて盛り上がるからでしょうか。

そしてうれしい1曲!
『空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~』
まさにこれ聞くと
吉祥寺の元銭湯?を使ってライブをやってた
風呂ロックだっけ(名前忘れた)に
せっちゃん出た時のことを思い出します。
久しぶりに聞けた気がします。

で、これは何気によくやる(笑)
『やわらかな日』
でもこれアンコールってのが
なんか不思議な感じです。

最後はウクレレなのにギターみたいに弾いて
『ギター』
、、、ウクレレみたいなギターで
ギタレレって言ってたっけ??
ああいうミニギターみたいなの、欲しいなー・・なんて。
ラストにはピッタリな選曲!

っということで
楽しかったです~
相変わらず、ファンのノリ的なのには
いつもついていけないというか
なんか違うんだよなー・・って
何か分からない違和感を感じつつのライブなのですが
ライブは楽しいです。
そこはやっぱCDとは違う何かを感じ取れるからなんだろうね。


フライヤーにこれが入ってて
テンション上がった!!(*´∀`*)
IMG_3676.JPG

さわおさんが美味しいって
かなり前にどっかで言ってたのって
これじゃなかったっけ??
IMG_3677.JPG
ってことで買ってみた♪
うん、確かに美味しいかも。

あとやっぱ静岡に来たら
お茶もね♪
IMG_3675.JPG
って、多分これは邪道なお土産用なんだろうけど
かわいかったから、つい(笑)

<セットリスト>
 01.やさしくなりたい
 02.ARE YOU READY?
 03.歩いて帰ろう
 04.メトロに乗って
 05.それから
 06.新宿ララバイ
 07.夢の果てまで
 08.遺伝
 09.はるかぜ
 10.映画監督
 11.歌うたいのバラッド
 12.いたいけな秋
 13.傷口
 14.カーラジオ
 15.ベリーベリーストロング
 16.I Love Me
 17.行先は未来

 EN.
  ずっと好きだった
  空に星が綺麗~悲しい吉祥寺~
  やわらかな日
  ギター

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0