So-net無料ブログ作成

何の役にも立たないと決めつけられた宝物待っていてくれたキミに見せよう [the pillows]

いや、ほんと。
毎週末出掛けてます。
今週は都内近郊で
移動が楽です。
でも遠征もキライじゃなく
てか、むしろ好きな方です(笑)

さて。
そんな5.15は
the pillows STROLL AND ROLL TOUR
@赤坂 BLITZ
でしたー
IMG_3050.JPG

ツアー東京での1本目!
で。
ふとスケジュール見て思った。
ちゃんと毎月東京でライブあるのね。
さすがです~
こういうスケジュール最高です♪
って、それにもの足りず他も行ったりするんですが
でも私の中でのベストは2週間に1本な間隔かな。
か、10日に1本か。

この日はグッズを買いに行きたくて
早めに赤坂へ。
そしたらACTシアターの方でお芝居もあったみたいで
(そっちは1日2公演らしい)
それが終わったタイミングで会場近辺に行ったら
見慣れないお嬢様ないでたちの方々多数。
すっごい高いヒール履いてたりして(ピンヒールではない)
そっちに目釘づけでした(笑)

駅のロッカーはそんなこんなで
空きが少なく焦りました。
でも会場のロッカーも事前開放してくれるみたいで
この日は16:45までOKでした。
毎回なんですかね、、私の記憶では
以前は開放してくれてましたが
ここ最近では事前開放なかったと思ったんですけど。
開けてくれるにはこしたことないんで
今後もそうして欲しいです。

今回グッズはTシャツ
いいんだけど、オシイ・・って感じが多く( ̄▽ ̄;)
何と言ってもサイズね、、、
なんでレディースサイズ取り入れたかね。しかも全部に。
正直、襟ぐり深めで袖短めは嫌いです。
だからと言ってデカいのも嫌いで
普通にXSを作って欲しいです。

なもんで・・かなり迷いに迷って
、、、買わない選択肢ももちろんありましたが
とりあえず、ピロウズのグッズでは買ったことのない
Vネックを買ってみました。
Vネックもちょい抵抗あったんですけど
デザイン的にはこれが一番おっ!って思ったものだったので。

今回のチケット番号は、、、600番台。。
まぁ、これくらいのキャパなら
大体そんなもんしか来ないよねぇ。。
そして中は、、、思ったほどの混雑はなし。
あの待機の場所のままな感じだなら
けっこういい感じだったのに
暗転してちょっと前に詰めたのにつられて
一緒に前に行っちゃったら
目の前背の高い兄ちゃんだらけになっちゃって・・
うっそー・・って感じ。
その後ほぼほぼ動かなくなっちゃったし。。
でもなんとか少しずつ体勢直していって
最終的にPeeちゃんはあまり見えませんでしたが
他3人はなんとか見えるようになりました。
長野といい、ちょっと最近、環境についてない。。(-ω-`)

セトリは長野と変化なし。
他の会場の様子を見てないので分かりませんが
今回セトリパターンはどうなんですかね。

まずは『デブリ』からライブスタート。
燃えつきたいんだ って熱唱する声がたまらんね。
決してSではないが
声はキツそうに張って歌ってる声、好きです(笑)
喉に浮き出る血管とかね(笑)

そして『ロックンロールと太陽』
この曲、、いつもCDを聞くと
必ず最後この曲だけが頭をぐるぐるして
口ずさんでることが多い曲。
なんででしょ、、

そして、今回はバッチリラストの有江さんの
ベースソロ風な演奏、見れましたー
あ、でも、そうだ
初っ端から有江さん楽器の調子が悪かったのか
ちょっと調整とかしてもらってましたっけね。。
バリバリってすっごい音しちゃって
さわおさんから「何か隠し事してない?」って
言われてました。

で、お馴染み『ROCK'N'ROLL SINNERS』
やっぱこの曲はテンション上がります。

ここで最初のMC。
ちょっと聞こえにくかったんですが
なんか「赤坂ブリッツがよく似合うピロウズです!」とかって
言ってましたか?
その後「久しぶりじゃないか!」って。

「アルバムを作ってる時からライブでやるのを楽しみにしてたよ」

元気ですかーって大声で叫んできたフロアの声には応えず・・
なのに少しして「みんな元気だったかな?」って
聞くもんで、、思わず笑っちゃいました。

で。ここでだったか、、
「そういえば、、登場のSE
だいたい手拍子がどんどん早くなって
最後ドラムが入るところでつじつま合わせるって感じなんだけど
今日はジャストだったな!何てリズム感がいいんだ(笑)」って
言ってくれてましたが、、
いまいち自分ではよく分からず・・
そんなにジャストでしたかね??(笑)

「じゃー最後まで、楽しく、仲良く、よろしくね」

『Wake up! dodo』の始まる前の
あのシャキーンって音
あれどこから鳴ってるんだろうって
思わずステージ上キョロキョロしちゃいます(笑)
ああいう効果音
ピロウズはあまり使わないイメージなので
最初はちょっと驚いたりもしました。

そして『空中レジスター』は何処で拳を上げるかな、、って
周りの様子をついつい伺ってしまい
自分は上げ損ねる、、というパターン。。
この曲、好きなんですが
そういう点では難しい曲です。
でも最近は上げない、、という楽しみ方も覚えました♪

で、『ターミナル・ヘブンズ・ロック』
これはガッツリ上げちゃう。
コーラス部分だろうとさわおさん部分だろうと
全部上げっぱなし(笑)
最初と最後の「ロック!」に合わせて拳上げるのが
気持ちいいです。

少し間をおいて
ザンッ!って感じで楽器を縦に構えるフロント陣。
きましたー『Calvero』
このイントロの有江さんのベースの音が
最高に素敵でした。
太くて柔らかい音。これぞベースって感じ。
でも有江さん、まだ弾き辛いぃーっって顔して
弾いてましたけど(笑)

終わるとやっぱり盛り上がったフロアに
「今日一番の盛り上がりじゃない?」って(笑)
なんでしょうかね、、あの無表情であのスゴ技を
やってのける姿に
わーってなってしまうんでしょうかね(*´艸`)

ここで、、始まってすぐ位に
シンちゃんに対し「レモンティー」って叫んだ人がいて
それについてシンちゃんから。
「あの、、さっきのレモンティーって言うのは
昨日下北沢のCLUB Queって所で
俺が歌ったって話、、メンバーには内緒なんです。
そしてあそこのキャパとここのキャパとでは
全然違うわけで、、一部の人にしかわからないこと言うのは
辞めていただけますかー」って。

そしたらさわおさん「ちょっと聞きたいから歌ってよ」って。
PeeちゃんGtで伴奏弾き出すし。
するとシンちゃん、めっちゃ熱唱してました(笑)
可笑しかったのが、ここ絶対キメるでしょ、、って箇所の前で
歌うの止めちゃって・・
え?おしまい??って感じ。
さわおさんにもツッコまれてましたが
「疲れちゃった、、」ってゞ(≧ε≦o)
それくらいの熱唱ぶりだったってことですけど(笑)
得しちゃいました♪

「シーナ&ロケッツはシンイチロウごときが歌っても
カッコいんだな。
、、、35年前位かな、そんなシーナ&ロケッツを教えてくれたのも
ラジオからだった!」
からの『レディオテレグラフィー』
おぉ~
上手く曲紹介につなげて、、これには拍手!!

この曲の、、合いの手的なコーラス部分って
一緒に歌っていいものか・・
まだみんな遠慮してるのか
あまり一緒になって歌ったりはしてない感じですが、、
どうなんでしょ。
って、私もまだ歌詞とか覚えてないから
歌えず、、でしたけど。
次までには覚えて行こうかなー・・

ここからは「じゃーラブなソングを」と
まずは『Subtropical Fantasy』
いやぁ、、ここからかなり熱唱というか
じっくり聞かせるゾーン突入ですが
ホント聞き入ってました。
照明もまたきれいだったし。

『オレンジ・フィルム・ガーデン』では
なんていうか、、のけぞった感じで
下からジトーって舐めるように(笑)
フロアを見渡しながら歌ってて
ちょっと目が合いそうになるとドキッとしてしまいます。。
今日のラジオの話によると
バッチリ見えてるらしく、、ホントかな・・って
ますますそんなこと言われたら目反らしちゃうなぁ。。

からの『Kim deal』の流れが
改めて、、いい!
前回も思ったんですが
それ以上にこの曲をやってくれたことへの喜び的なものが大きくて
ワーって舞い上がってましたが
今回は、あーこの2曲の流れ、なんかいいわーって
ジーンとしてました。

ここでは特にMCはなく
ちょっと間をおく程度だったと思うんですが、、、
続いて『エリオットの悲劇』
ライブで曲を聞いて改めてじっくり解放の曲紹介を読んだりすると
より書いてあることが飲み込めるというか、、
で、この曲の「目が覚めるとサボテンになってた」って話
なるほど~って(笑)

『ブラゴダルノスト』は寂しげな感じが
沁みる曲。
こういう曲のGtソロはたまりません。

そして『カッコーの巣の下で』
この流れも大好きなところ。

汗拭いたり、お水飲んだりした後に
楽器置くさわおさん。
オォーって歓声上がってました。

で、イントロが始まると
ハンドマイクでモニタ上がったりしながら
「この歌何かわかる?」って
イェーイって拍手のフロアに「優秀だな!」
そしてイントロ一瞬止まって、、、
「14年ぶりのCome On,Ghost!!」
この始まり方はテンション上がります。

続いて、クラップハンズ煽ってきたりして
『I RIOT』
この日はあまり"寝返りたいヤツは手を上げろ"ってところで
手を上げる感じをあまりしてなかったなー・・
2番始まったくらいかな、、には
私のいた端の方まで来てくれて
ワーイ!ってなりました♪ヽ(´▽`)/

歌い終わると
「ハンドマイクって、歌ってない時どうすればいいんだろうね・・」
っとボソリ。
えーでもそんな手持無沙汰な感じは
感じられなかったですけどねぇ・・

「加藤さんだったらまぁ、参考になりそうな返事が返ってきそうだけど
間違っても増子さんとかに聞いたら。。
こんな感じとか(ってすっごい歌舞伎の睨みみたいな顔したり)
あと今だったら絶対こう(って耳に髪かけてやるヤツ←そんなこと増子さんしてたっけ?)
みたいなのやっときゃ間違いないとか教えられそうだよね(笑)」
で、最後は「今度パンダに聞いてみようー」って。
きっと不思議なダンスやハイジャンプとか
教えられるんじゃ?って思ったり・・(´m`)

「それでもカッコいいー」って声に
「みんな俺を甘やかしすぎだろう」って。

ここでメンバー紹介。
まずは有江さん。
赤坂BLITZEにお客さんとしては数回来たことあるそうですが
出演は初めてだったそうで
通用口が分からず、、迷いに迷った結果
ついに新井さんに迎えに来てもらうことに・・
時間的に既にお客さんもチラホラいたから
「あいつ迷って焦ってるよ・・って見られてたんじゃ・・」と。
なので「今後長いツアーそういうこともあるかと思うんで
その時はあっちだと思いますよって一声かけていただけると
うれしいで」とのこと(笑)

続いてシンちゃん。
アラバキの楽屋とステージとの移動についての話
、、なんですが説明しないといけない内容が
あれこれあり過ぎてなのか
なんかたどたどしいって言うか、説明難しくアタフタしちゃったので
とうとうさわおさんに「お前、どうした、話下手か?」
ってツッコまれる始末・・(笑)

で、「えーっと、、ちょっと落ち着いて聞いてください」
って言うと
前3人、ドラム台に座って聞くことに。

まとめると、、
荒吐ステージ裏にある楽屋からステージ脇にある前室まで
普通は車とかで移動するんだけど
ドラムはセッティングとかあるから
他のメンバーよりも先に移動しないといけなくて
で、シンちゃんは歩いて移動したそうで
そしたらお客さんからライブ行きます!って声をかけられるんだけど
何人もの人が、みんな自分の真正面から歩いてくる人ばかりで
改めて確認したら、逆方向に歩いていたと、、(笑)

「あの声かけてくれた人は(自分が反対方向に歩いて行ってるのを見て)
なんて思ってたんだろうね、、」って
そしたら「まさか出る本人が間違えるとは思ってないだろうから
何か事情があってそっちに行ってるのかって思ってたんじゃ?」って。
確かに・・
にしても、、そんな間違いについて「老いだな・・・」っと。

あと、"荒吐"ステージを"アラバキ"って言ってて
それ"アラハバキ"じゃないの?って言われると
シンちゃん曰く、、(フェスの名前が)アラバキだから
アラバキステージかと思ってたって。
それ聞いて「珍しい考え方の人だな、、」みたいなこと言ってましたが
実は私もずーっと長年、アラバキステージだと思ってました・・( ̄▽ ̄;)
そう、フェスはアラバキだけど、ステージ名はアラハバキなんですよね。。
あはは、

そしてPEEちゃんは
「えー、、私クラスになると、BLITZでのライブは
何回もやったことありますが
久しぶりに来たせいか、、今日は迷ってしまって
ついに三浦くんに聞いてしまいました・・(笑)」と。
Peeちゃん!!(笑)
「そういえば来るの遅かったよねー」って言われると
「、、、迷ってました(笑)」と。
こちらに対してもさわおさん、「老いだな」ってゞ(≧ε≦o)

そしたらPeeちゃん
「それすらもロックな話だろう~」って。
上手い!!
で、そこから『About A Rock'n'Roll Band』へ。
もう~なんなの、このうますぎる流れは(笑)
確かそのイントロ弾いてさわおさん
Peeちゃんがライブの最後にやってる
クマさんに楽器を渡す仕草を真似てましたっけ・・(笑)
もう1回改めて弾いて、、曲へ。

ここからは盛り上がる曲の連続なので
ホント楽しい。

『LITTLE BUSTERS』で大合唱!
そして『Strpll and roll』で
イェーオイェーオ と ランランラララン で
楽しく合いの手!
有江さん、ホント、楽しそうに歌ってますね。
もう何度目があったことか。
ありがとうございます。

ラスト!さわおさんの雄たけびがカッコいい
『Locomotion,more!more!』
カモン!54321の間も慣れて
今回はバッチリ!

「サンキュウべりーマッチ!ありがとう!!」

本編終了。

続いてアンコール。
「アンコール、サンキュウッ!」
そしてこれからやる曲についてのお話。

まだ行ったことがない土地があったのか、と
そこへ行くことができた喜びで
テンション上がって1番だけだけどすぐに曲が出来て
それを次の日のライブでやって
でもちゃんと仕上げたいなって思い
というのも、ツアーが楽しくて
いい思い出だったって感じに仕上げたくて。

なんか話し方がしんみりというか
思い出しながらゆっくり話すので
しんみりした雰囲気になってしまってて、、
なのでさわおさん「しんみりした感じになってるけど
曲はすごく楽しくて、、スカなんかが似合う曲なんで」って。

『エターナルトレジャー』
始まるとイントロでクラップハンズ求めてましたっけ?
松本で聞いて、いい曲っていうのだけは
覚えてましたが
今回2回目に聞いて、、また違った印象。
でも楽しかったって思いはすごくヒシヒシと伝わってくる
確かに、ファンにとってもうれしい気持ちになれる曲だなーと思います。

ラストは『Ready Steady Go!』
ワーッと弾けて終了~

「楽しかったかな。
これからまたあちこち周ってきて、、
気分がよくなって、きっとホテルとかでいつものように
新曲作っちゃうんだろうな~(笑)←若干ドヤ顔
みんなの大好物の新曲をまた持って来るから
そしたらまた遊ぼうぜ!」

そして「カーディガン着てるから暑いよ。」
そう、楽器のストラップのあとが
くっきり汗で浮き出るくらい、暑そうでした。
「でもオシャレはやせ我慢だから(笑)」って・・・
あはは。素晴らしい!!(≧▽≦)

久しぶり?でもない?に、、うさ耳して帰ってました。
PEEちゃんは親指立ててGOOD!って感じ
皆さんニコニコで帰って行かれて
こちらもうれしい限りです。

追い出しの曲中も
フロア一致団結じゃないけど、、ガッツリ手拍子。
すっかり恒例ですね。

そしてダブルアンコール。
さわおさん、カーディンガンさすがに脱いできてました(笑)
そして黒ラベル持参。
登場して、集まって、カンパーイって。
そしたらシンちゃん自ら背中の星見せてましたが
今回は特に拾ってくれてなかったな・・(笑)

ここで急にさわおさんがPeeちゃんに
「あのー真鍋くんは女性と男性どっちが好きなの?」って。
何を聞くのかと思ったら(笑)
Peeちゃん「もちろん、女性ですよ」
さわおさん「でもさ、いつもライブ前に
裸の太った男性の写真を眺めてるよねー」
あはは。
やっぱりこの話題でしたか。

Peeちゃん、思わず声ちょっと裏返って(笑)
「スポーツでしょー」って。
さわおさんいわく、、その眺めている方々と言うのが
まだ髷すら結ってないかなりマニアックな若手力士の写真なんだとか。
さらに写真だとバストアップで、上半身は裸だから
下半身も何も履いてないんじゃないかって思わせちゃうんだとか。
なので「長年の経緯で気持ちの変化とかあったのかと、、と思ってさ」って
確認したそうです(笑)
あ、ちなみに、その写真が眺められるのは
とある相撲アプリをDLしたからなんだとか。
ホント、大好きなんですね~

極めつけは「お前、今日のTシャツ何て書いてある?」
「DESIRE!!」 ※意味・・情熱
「ま、そんな俺もEROだけど」

いやぁ、、大笑いさせていただきました。
そして続いては、、、
「シンちゃんはQueではフィーバーしたの?」って聞くと
シンちゃん「まぁ、私だけですけど」って言うので
さわおさん「淋しい・・・」って。
いや、私も、同じこと思った・・
しかもシンちゃん、汗拭いたか何かで
髪の毛逆立っちゃってすごいことになってて
「お前なんて髪してんだよ。ズラずれちゃったみたいな、、」とか
言われてました(笑)

でもそのQueの前の日は宇都宮で
ということは、3連チャンなシンちゃん。
すると「私クラスになると、
もうどこに楽屋があるかなど全て把握しているので
(楽屋は2階らしい)みんなはさっき捌けた時も
上に上がってましたけど、、私はそこにいまして、、
会場入りしたときも(楽屋には行かず)
そのまますぐにサウンドチェックをして
その後に楽屋へ上がると。
そしたら、ライブ後に飲もうとコンビニで買った黒霧島を
そのままステージに忘れちゃって!」っと
横にあったコンビニ袋を見せるシンちゃん。

ただ、、「忘れたのに楽屋で気付いたんですけど
でもMCのネタで使おうってそのままにしてたら
(ローディーの)岡田くんが持ってきちゃってさ。
結局自分でもう1回持って降りる羽目になったんですけどね、、」って
小ネタがネタじゃなく偽装的なものになってしまったって。

Peeちゃん「省エネだね」
シンちゃん「そうですよ」
さわおさん「ロックバンドとは思えない会話だなだー
省エネだね、そうですよって、、
ロックバンドは全力でやってとかないんですか・・
とは言え、まぁ、言い方変えると、、ペース配分をね、、
これからツアーも長いし、、」
さわおさん、何だかんだと言っフォローしてあげてて
優しいです(笑)
あ、でもレモンティーは全力で歌ったそうです(笑)

「さ、客が引いてきたところで、、、曲やるか」
って言った時のPEEちゃんのタオルをサッと取って
準備に取り掛かるまでの素早さったら
ちょっと可笑しかったです。

最後は『No Surrendes』

ライブはきっちり2時間。
本編は90分。
短いようで、でも物足りなさは全く感じず。
いい流れのライブです。
・・・とある遠征。
帰りの時間心配してましたが2時間で終わるなら
大丈夫そう、、ってホッとしました。


<セットリスト>
 01.デブリ
 02.ロックンロールと太陽
 03.ROCK'N'ROLL SINNERS
 04.Wake up! dodo
 05.空中レジスター
 06.ターミナル・ヘブンズ・ロック
 07.Calvero
 08.レディオテレグラフィー
 09.Subtropical Fantasy
 10.オレンジ・フィルム・ガーデン
 11.Kim deal
 12.エリオットの悲劇
 13.ブラゴダルノスト
 14.カッコーの巣の下で
 15.Come On,Ghost
 16.I RIOT
 17.About A Rock'n'Roll Band
 18.LITTLE BUSTERS
 19.Stroll and roll
 20.Locomotion,more!more!

 EN1.
  エターナルトレジャー
  Ready Steady Go!

 EN2.
  No Surrendes


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

もく☆

こんばんは☆
ERIさんも有江さん側だったんですね!
有江さんがすごくニコニコしていたのが印象的でした♪
さわおさんがハンドマイクでこちら側にもきてくれて
ドキドキでしたよね♪
ギターがないと手持ち無沙汰なのかもしれませんが、
それはそれで、カッコイイですよね!
by もく☆ (2016-05-19 23:30) 

しのぶ

お疲れ様でした。
赤坂が一番似合う中年バンドのライブ(笑)、とってーも楽しかったですね!
シンちゃんがモゾモゾ喋ってる時にフロント3人が座り込んでしまったのが、もう可愛くて(^w^)
赤坂では、ワイヤレスマイクで端まで来てくれて嬉しかったですね!
東京限定かもしれませんが、いつも端にいる私達には有り難いです。
二時間だけど、内容濃いライブなので楽しいです。
ファイナルまで楽しんで行きましょう♪
by しのぶ (2016-05-21 16:19) 

ERI+C★S

>もく☆さん
返信遅くなってスミマセン。
そうそう、もく☆さん、最前でしたよね!私も以前からほぼBa側にいることが
多いですねぇ。
有江さんのニコニコ顔はこっちまで幸せな気分にさせてくれて
うれしいです。
さわおさんのハンドマイクでの遠征(笑)まさか端っこまで来てくれると
思ってなくって、ドキドキしちゃいましたー
でもちょっと手をワーって上げるタイミングじゃなかったんで
少しビミョウ~な空気になってしまったんじゃないかと心配してますが、、
大丈夫でしたかね。
まだ東京2本あり、楽しみですね。
by ERI+C★S (2016-05-23 00:40) 

ERI+C★S

>しのぶさん
お疲れ様でした~
さわおさんのハンドマイク、大きな会場だったのでワイヤレスだったんですね。
全然分かりませんでした。
自由に動きたいって申し出たのかもしれないですね。
今後に期待!?(*´艸`)
シンちゃんのアタフタ喋る感じは私も大爆笑でした。
メンバー間の仲良し具合が伝わってくるトークでした。
時間的にすると、今までにないくらい短いんでは?って感じですが
物足りなささを感じさせない充実感がスゴイですね。
新曲もライブでどう成長していくか、、しっかり聞きこんで次は臨みたいです★
by ERI+C★S (2016-05-23 00:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0