So-net無料ブログ作成
検索選択

ARABAKI ROCK FEST.16 Day1. [音楽]

2016年GWの最初の目玉
アラバキが終わってしまいました。。
参加を始めて9年目。
今年は連休の関係から
土日ではなく金土開催だったので
明けて翌日がお休みで助かります。

既に発表されていますが、来年は1日ずれるので
日にちは同じですが土日開催です。
29日の祝日が土曜にかぶり
何とも社会人的には損した気分の祝日。
いっそのこと、日曜だけじゃなく土曜に祝日被った日も
振替休日があればいいのに。。

早くも帰りをどうするか、、悩みの種です。
1年かけて考えます(笑)

さて。
っということで
サクサクっと2日間のレポ(というか備忘録)まとめたいと思います。

まずは Day1. 4/29
IMG_2981.JPG

今年は初の前日入り。
しかも移動手段新幹線!!
オトナになったよのぉ~(´m`)
いや、これはホント
イロイロ迷いに迷った結果出した結論です。

夜行バス(週末は特に)が高くなったってのもありますが
仕事終わりで急いで帰って支度して夜行で移動→そのままフェス参加って
結構疲れるんですよね。。
当日新幹線入りでもいいか、、とも思いましたが
昨年のバスの混雑状況考えたら
ちょっとそれはなぁ、、って。
っとなったら前日入りしかない訳で。
新幹線の早割でチョコっと安く買えたこともあり
今回はそういう手段で行ってきました。

で。ホテルですが、、、いいホテルでした~
前も泊まったことあったところで
駅から近いし、きれいだし、ホテルの方いい方だし
ぜひ、また来年も利用したいっす。
イロイロ買い込んで軽く乾杯♪
IMG_2980.JPG

お天気心配されましたが
前日降り切ったのか
当日朝はいい感じに晴れていました。
でも下はぬかるんでいるだろうし
また途中降る可能性もあるので
服装は雨仕様。

ただ、思ったほど下はぬかるんでいなかった。。
っと言うのは自分がいた位置がたまたまだったのかもしれないです。
結構歩いている人の足元見てみると
すっごい泥だらけになってしまってる人とかいたので・・
いずれにしても、長靴最高!ってことで。
もう何も恐れるものなく歩けるってのは
それだけで快適です。

そして7:30お友達と待ち合わせしてバス乗り場へ。
今年から待機場所が1か所に集約されていました。
なので見るからにすっごい列に見えてしまうのですが
並んでた時間は1時間30分~2時間くらいでしょうか。
9時台にバスへ。
記憶力のいいお友達曰く、、昨年とバスの経路が違ってたそうです。
高速を一部利用してた?
でもやっぱりあの1本道は渋滞してました。
到着は10:45くらいでしたかね。
11時のトップバッターに
ギリギリ間に合うかどうか、、くらいなタイミングだったかと。

で。私はシンリズムくんを見に行きたいなーって思ってて
風の草原側入場口(磐越ステージ側)から入ろうとしたんですが
ここの入場口が非常に分かり辛くなってて
もともとここはキャンプの人の入場受付もあり
毎年キャンプだけはすっごい長蛇の列になってるんですが
キャンプじゃない人はスムーズに入れてくれてました。
でもなぜか今年はキャンプもキャンプじゃない人も一緒に並べって言われて
見るからに大行列、全く動いてる気配もなく
えーなんで??って感じで
聞いてみても、待機場所はみんな一緒ですって言われるし
納得いかず、でもウロウロしてても時間もったいないんで
そのまま普通の正面入場口へ行くことにし、、、
シンリズムくんは諦めました。。(-ω-‘)

なんだよー。。
どうやっても間に合わなかった状況ならまだしも
間に合いそうな感じだったのを
理解できない理由で間に合わなくなったのは
なんとも言えない憤り・・・
フジイさんのGt、見たかった。

来年への注意事項として、、
7:30集合では、11時スタートにはギリギリ。

シンリズムくん行けなかったら
その後磐越であった
 11:30 アルカラ
 12:40 SHISYAMO
も行くの面倒になり、、、
さほど急ぐ必要もなくなったので
玉こん食べたり
タワレコブース寄ったり
カラーゲ屋さん見たりでブラブラ。
桜の季節は過ぎてましたが
まだ遅咲きの八重さくらですかね、、は
キレイに咲いていました。
IMG_2982.JPG

そして私的アラバキ2016トップバッター!
12:20 堂島孝平楽団(陸奥)
ゲスト:片平里菜、土岐麻子、バカリズム、PUFFY

大使としての堂島くんしか知らない(笑)私ですが
ま、れっきとしたミュージシャンなんですよね。
初めてライブ見ましたが、、
なかなかよかったです。
堂島孝平楽団メンツ
Drに黒猫チェルシーの啓佑くんだったのが
ビックリでした。
若いのに!(笑)カッコよかったです♪

え?歌うの??ってビックリなゲストは
バカリズム。
黒いサングラスに黒いスーツでバシっとキメて
MCは一切せず歌って帰って行きましたが
歌った歌のタイトルといい、内容といい、、が
実にくだらないというか・・・
いやぁ、、笑わせていただきましたゞ(≧ε≦o)
でもって、歌、上手いんですね~
小ネタも挟みつつのパフォーマンス、流石芸人さん!って感じで
素晴らしかったです。
あの歌は、、、自分で作詞作曲なんでしょうか・・
気になります(笑)

そして目当てのPUFFYちゃん!
アラバキ出演は初だそうです。
そうか、、なんか出てそうなイメージです。
アラバキに気に入ってもらって
来年から単独で読んでもらえるように頑張りますって。

曲は『渚にまつわるエトセトラ』
そしてさすがはPUFFY、他ゲストはみんな1曲だったんですが
2曲歌ってくれましてもちろんこの曲
『アジアの純真』
いやぁ~PUFFYちゃんかわいかったー
そして盛り上がる曲で楽しかったです。

その後堂島くんの曲も1曲あったみたいですが
切り上げて、、カラーゲ屋へ再び。
別にチバさん贔屓ってことじゃなく
普通に飲みたくてレッドアイ。
IMG_2984.JPG
古市クーラーも気になったんですけどね。。

カラーゲ前回食べた時より
明らかに揚げた色が美味しそうな感じになってましたが
お味は、、、うーん。。。
やっぱ薄味なんですよねぇ・・
何かが足りない。オシイッ!(笑)

そのカラーゲつまみつつ
続いては
13:40 怒髪天アコースティックサービス(津軽)

今年の怒髪天、ワンマンの機材運搬上の都合なのか
珍しくアコースティックでの出演。
しかもピロウズと若干時間被りそうな感じ。。
なので、結局、途中退場です(-ω-`)
アラバキはそういう、えぇーここ被せるかーって人達を
平気で被せたタイムテーブル組むので
そこだけが不満です。

ジングルなってアコースティックVer.だからか
いつものSEはなく、無音の中メンバー登場。
王子はハット被って、あのコラボしてるシャツ着てましたかね。
増子さんもいつものシャツじゃなかったと思います。

「よく来たー」って増子さん、手を振ったりして。
それにつられて?王子も恥ずかしそうに手を振ってたり。
アコースティックVer.の時は
なんかいつもの"やったるわい"的な攻めの感じじゃなく
ふんわりやんわりな雰囲気になる気がします(笑)

「今日はアコースティックサービスってことで
自分たちのいつもの曲をガラッと変えて
あれ?なんか聞いたことあるような?ってアレンジで
聞いたいただこうかな、と思います!」みたいな紹介あって
まずは『オトナノススメ』からスタート。

このアコースティックVer.のアルバムを出してること
知らない方もやっぱり多いようで
曲の雰囲気の違いにおぉ~って驚く声とか上がってて
なんか可笑しかったです。
だってこれ、ダバダバダ~って なりますからね。
初見だとそりゃ、えぇー?!ってなりますよねゞ(≧ε≦o)

次にランバダ風な仕上がりの『己DANCE』
でもこのアレンジ、何気に好きなんですよね~
カッコイイ。

アコースティックサービスと言っても
増子さんは何らスタイルは変わらないって
苦笑い。

「今年もアラバキ出られてうれしいよ。
今年はむすび丸に会いたいね
うちのむすび丸(坂さん 笑)
むくんじゃってね、、これじゃむくみ丸だよ」って
のが最高に笑えました。
さすが、増子さん!!

「それにしても、、(怒髪天の)セッティング
し出したとたん雨降ってきたのはビックリしたね~
まぁ、雨はうちとピーズのときだけだから
あとは晴れますから、安心して」
いや、ホント、絶妙なタイミングで雨降ってきました。
でもお天気雨的な感じだったので
すぐ止んでくれてよかったです。
この日はこの後、降ったりやんだりがけっこう続きました・・
ピーズの時がどうだったか、、は
追って書いていこうと思います(笑)

「この間、アルバムを出しまして、
五十乃花っていうね。
この前50の誕生日を迎えまして、、、
いやぁ、、織田信長ならもう明智来てますからね(笑)
じゃーそのアルバムから1曲」
ってことで『せかいをてきに』
これは比較的アコースティックにしやすい1曲ですね。
アレンジも原曲の感じそのままな感じだったように
思います。

で。
ここで何やら王子と増子さんとで
打合せ的に喋ってたんですが
その感じがなんかいい雰囲気で良かったです。
そこからの『歩きつづけるかぎり』
じんわり沁見てくる感じにグッときながら
ここで退散。。
うぅ・・

その後セトリ見たら、、そうか、やっぱやりますよね
『雨上がりの夜空に』
怒髪天アレンジ好きなんで聞きたかったです。

<セットリスト>
 1.オトナノススメ
 2.己DANCE
 3.せかいをてきに
 4.歩きつづけるかぎり
 5.雨上がりの夜空に
 6.酒燃料爆進曲

ダッシュで向かった先は、、、
14:15 The pillows(鰰)

この津軽→鰰への道は道が狭いのですっごく大渋滞になるんですよ。。
他にも花笠の前の道とか
ホントただでさえ移動遠いのに、道細くて大渋滞
これもアラバキの不満点。。
道細いのに友達同士並んでチンタラ歩かれると
キィーッッってなります。

でも頑張ったおかげでなんとか、始まる前に到着。
Ba側比較的前の方に行けました。

いつものSEで登場。
さわおさん、オアシスのTシャツに黄色いカーディガン
あと下は黒のパンツ。
シンちゃん、半袖?!
Peeちゃんはスウェット生地みたいなVネック?
Baは有江さん。ボーダーのカーディガンだったかな~

登場したさわおさん、思わず「寒みぃ~」って
オフマイクで言ってました。
いや、ホント。
この後午後以降、、ぐんぐん気温下がっていったようで
すっごく寒かったです。
最終的に持って行ったものフル装備したの初めてかも(笑)
雨降ってなくてもポンチョ来てましたから。
なのにシンちゃん、半袖って!!って
驚きでした。

まずは『Wake up! dodo』からライブスタート。
この曲もここ最近ちょこちょこやってる気がする1曲。
よく音楽は聞くと
その曲を聞いてた当時のことを思い出すって言いますが、、
まさにその通りで
この曲が入ってるアルバム「Wake up!Wake up!Wake up!」のツアー
多分、ピロウズでいわゆる遠征ってのを始めた最初の年で
でもって取ったチケットが間違ってるんじゃない?ってくらい
どこも良番だらけでして、、、
あとにも先にもその時だけですが
そんなことをこのアルバムの曲、ことさら1曲目だった
この曲を聞くと思いだすのです。

「あー久しぶりじゃないか!
俺達、the pillows。
来てくれてありがとう」

「あの、、今日会場に来てから
堂島くんを見に行ったんだけど、
鹿島さんがBaで出てるし、PUFFYちゃんも出るし、、
そしたらバカリズム、、升野くんが出ててね
あの、、、昔から似てるってよく言われてて。
で、今日はサングラスしてたんだけど
、、、、似てたね~(笑)一緒に写真撮ってもらっちゃったよ」って。
あはは。
曲については一切触れてなくて
よかった(笑)
その2ショット写真、メルマガに載せて欲しいです(´m`)

続いては特にアルバムの告知は、、してなかったと思うんですが
アルバムからの曲『デブリ』
そして『カッコーの巣の下で』
どちらもかなり声を張って力強く歌ってた印象です。

次にさわおさんの弾き語りで歌い始める『アナザーモーニング』
 生まれ変わる朝が来た
って歌われると
そうか、また新しくスタートすればいいんだなって
なんかいろんなモヤモヤとか嫌なこととか
全部忘れて頑張ろうって気持ちになれます。

『Funny Bunny』では
サビをお客さんに歌わせてました。
イベントとかだとしない時もあるんですが、、、
アラバキは信頼されてるんでしょうか。
オフマイクで「ありがとうっ!」って
手を口に当てて聞こえるように叫んでくれるところが
グッときます。

どっかのチューニングのタイミグで
わさおー!って呼ぶ声がしたんですが
それを聞いてさわおさん
「あの、、、これね、勘違いする人もいるから
だから前にアラバキの放送で
俺の紹介、山中わさおってなったりするんだよ」って。
えぇーそうなんですか??
それは記憶になかった・・後で確認してみます。

「今日は、晴れて良かったね
とてもいい気分で、今年もアラバキに出さしてもらってます
ありがとう。」
なんかこの言い方がとっても優しくて
ジーンと来てしまいました。

そこから「カモンリトルバスターズ!」って
『LITTLE BUSTERS』
フェスやイベントでこの曲をやってくれると
何て言うか、、「バスターズ」に向けた
知ってる人だけが分かる合言葉的な
そんな意味合いの曲のように感じて
ニンマリしてしまいます。

ラストは『No Surrender』
生き延びてまた会おう!
また来年もアラバキでライブ見たいです。

あ、そう言えば、、ライブ中に
バッドミュージックの門池さんが見に来てて
なんかスマホでステージやお客さんを
たくさんパチリしてましたけど、、(*´艸`)
ちゃんとイベントやフェスに顔出すところが
いいな~って思います。
何処の事務所もそうなんですかね、、顔を知らないだけで。

<セットリスト>
 1.Wake up! dodo
 2.WAITING AT THE BUSSTOP
 3.デブリ
 4.カッコーの巣の下で
 5.アナザーモーニング
 6.Funny Bunny
 7.LITTLE BUSTERS
 8.No Surrender

トイレ並びつつ聞いてた荒吐ステージのライブ
ガッツリロックで誰だろう、、って思って調べたら
LAUGHIN' NOSEで(出てること知らなかった・・)
なるほど~って。
そしたら最後『GET THE GLORY』が聞こえてきて
ちょっと得した気分でした。
あそこのトイレは
ガッツリ音が聞こえてくるので
並んでても苦にはならないのですが
それにしても今年はどこもかしこも人人人で
こんなに人多かったっけ?って思うほどで
トイレも常時行列で
なんかアレレレ、、、、って感じでした。

15:30 SA(荒吐)
えーっと、、さっきのピロウズで
晴れてよかったねって言われたのに
この辺りから急に雲行き怪しくなり、、
ポツポツ降り始めた雨、、ここがピークでしたかね
結構な降りっぷりになったしまいました。
しかも私、肌寒くなったからって
シャツを追加しに荷物を置いている場所に行って
取ってきてたにも関わらず、、ポンチョは置いたまま来てしまい
あの時既にポツリポツリきてたから
なんでポンチョ取ってこなかったんだろう、、って。

なもんで、一応防水機能のあるウィンドブレーカーだったので
まぁ、ずぶ濡れって事にはなりませんでしたが
ちょっと悔しい思いをしてました。

ってことでSA
そんな雨の中、タイセイさんは「目立ちたがり屋だからよー
前ばっか行ってしまう!」って
荒吐のステージにしかない花道を存分に使ってのライブでした。

登場でタイセイさんは赤いジャケット
ナオキさんは紫のジャケットを着てて
それがまた似合ってて素敵でした。

雨でもガンガン前に出てくるタイセイさん
なかなか前に出てこないナオキさんやKENさんに
「お前らちっとも前に来ない」的なこと言うと
ナオキさん「まぁ、いろいろ(足元機材回り)あるんでね、、
にしても、、髪型、雨風に一番弱いバンドなのにねー」って。
なんでも7年前にアラバキに出た時も
雨だったそうで、今年こそは晴れでって想いも
あったみたいですが、、叶わずでした。

あと「俺らの前がLAUGHIN' NOSEでね、、
何かそれも変な感じだよね(笑)」って言ってました。

恒例 隣のやつと肩組めや~ ってのもあって
ちょっとこれはこの雨の中避けたい、、って
思ったのですが
気付いたらなんかお姉さんににこやかに肩組んでもらってました。。
あはは。。

途中から袖にずみちゃんが見に来てて
最後の方のぼりをスタッフから渡されていたので
あれ、もしやステージに登場したりする?って
思ってたんですが、、それはなかったです。
でも最後まで見てました。

<セットリスト>
※拾って来れず、、、多分ここら辺の曲だったかな、、と。

 KIDZ IGNITE
 START ALL OVER AGAIN!
 さらば夜明けのSKYLINE
 GO BARMY KIDS
 RALLY-HO!

で。
雨、比較的おさまってきましたが、、この先のことも考え
ポンチョを取りに。
取りに行って正解!でした。
まぁ、、ピーズですからね(笑)
SAの時ほどではなかったですが
結構ここでも降ってました。

16:30 Theピーズ(荒吐)
ピーズは恒例、セッティング→リハ→本番と
ステージ袖に引っ込むことなく、
そのままずるずるっと始まります。

この日も私が戻ってきたときには既にメンバーステージ上にいました。
そしてなんと!うれしい『日が暮れても彼女と歩いてた』を
やってくれたのです~
きゃー♪

サウンドチェックも終わり
ここからダラダラトーク。
本番のMCタイムあまりなかった分
ここでたくさん喋ってくれてた感じです。

アビさんがステージ袖で着替えてたようで
「えーアビさん、脱ぐのー??」って
アビさん元気に半袖。

そしてシンちゃんは、、、ピロウズの時とは違い
黄色のTシャツの上に何か羽織ってたんですが
相当寒かったようで
ハルさんに「佐藤先輩、大丈夫ですか?
なんかプルプルしてるよー?
これが寒いからなのか、年寄りだからなのか分かりませんけど、、
プルプルしてる(笑)」って言ってて
もうその"プルプルしてる"って表現が可笑しくって。
シンちゃん曰く、「寒いんだよ」って
なぜかベイスターズ?のポンチョ羽織だし
それをわざわざドラムセットの位置から立ってステージ中央まで来て
バックの文字を見せて戻ってました。
シンちゃんはベイスターズファン??

なのに、本番始まったらシンちゃん
半袖(その黄色のTシャツ)に
なってました(笑)

あとは、「ピロウズはどうだったの?」って聞かれ
何て答えてたんだっけな、、
なんかオモシロいこと言ってたような記憶があるんですが
思い出せない・・。

そうこうしてるうちに本番始まり、、
『底なし』からライブスタート。

『焼めし』終わった後かな
「毎年ありがとうございます。
もう今年で最後って思いながらアラバキ出てて
でもやめられずに今もやってるけど
次の曲はそんな俺たちに捧げます」って『生きのばし』
一瞬、俺たちに捧げる曲?!って思ったけど
タイトル聞いて、そうか、、って。
なんかじんわり沁みました。

ハルさんは寒かったらしく
半袖2人とは対照的に革ジャン着てました。
様子見て脱ぐって言ってたんですが
結局終わるまで着てて。
でもカッコいいからずっと見れて
私的には嬉しかった♪
ザ・ロック!って風貌じゃないのに
妙に似合ってて、、なんなんでしょうね。
ああいう感じにやられますわ。

で。
SAの後だったからか
「俺たちからみんなに
こういうの(SA!チャチャチャみたいな手拍子しながら)とか
oioiとかみたいに暖ったまってもらえるようなことは
やらないですよ?(笑)
いつかはそんなバンドなりたいって思ってたけど、、、
いつかはねぇ、、って思ってたんだけどな~
無理だったなぁ・・・」

「にしてもこのステージも
なんかおっさん率高くなってますけど、、、」
確かに!
っと言ってもここの3つだけですけどね。ラフィン→SA→ピーズ

あとどこでだったか忘れましたが、、
雨降ってることに対し、、「最近はなんか野外でやっても
雨降ってなくて、、でもそれ続いてると
なんか俺たちも勢い落ちたとなーとか言われたりすると困るから
雨降らせとかないとね(笑)
ここは晴れてると逆光でみんなの顔が見えないだけども
今日はよく見えていいね」
そうか、、そういうことですか・・
ってことは、勢い再び、、ってことですかね。
まだまだ頑張って欲しいので、そう言うことなこの雨も
快く受け止めます。。(*´ω`)

ここからは新曲2曲。
続けてやったことに対し
「新曲続けちゃって、、
知ってる曲やらなきゃいけないのに、、」って
『実験4号』
この曲大好き。

アビさん、花道で暴れまくった
『真空管』
寝っころがって、起き上ったらTシャツ背中びっしょりデシタ。。

ラストは『グライダー』
この辺りでは雨も止んで
薄っすら晴れ間も見えて
その夕暮れ時の感じとが相まって
沁みました~
野外のライブってそういう風景との調和っていうのか
それがより曲の印象を高めてくれるんで
いつも以上に感動的になるんでしょうね。
素敵です。

そう言えば、、途中一瞬だけ
TAKUMAが見に来てたのが見えました。
多分、毎回顔出してるような気がします。
相当好きなのかな、、10-FEETと対バンとか、、うーん無理か。

<セットリスト>
 1.底なし
 2.焼めし
 3.生きのばし
 4.異国の扉
 5.ブラボー
 6.実験4号
 7.真空管
 8.グライダー

荷物を引き上げ、、物販もチラ見し、、
磐越ステージ経由で鰰へ。
そしたら花笠ステージのコレクターズがちょこっと聞こえてきて
加藤さん、コータローさんの姿も見え
ちょっとうれしい(*´艸`)
スコーンって音が響いててかなりよかったです。
思わずそのまま聞いて行こうかって気になるくらい。
しかも聞こえてきた曲が『TOUGH』と『MILLION CROSSROADS ROCK』で
結構好きな曲だっただけになお更
おぉ~って感じでした。

18:10 THE BACK HORN(鰰)
磐越周りでちょこちょこ立ち寄りしてたから
到着結構ギリギリで。。
そしたらそうだ、THE BACK HORNもリハで音出ししてくれるんだった、、っと。
忘れてた・・
私が到着した時は既に終了した位な感じで
「じゃー後で~」って帰って行くときでした。
残念。。(´+ω+`)

そしてこの時点で服装フル装備、、だったので
前には行かず。
何だかんだとTHE BACK HORNは前の方へ行くと
押し押しになってしまうので・・
でも全然よく見えたし
自由に動けるしでそれはそれでいいもんだな、と。

久しぶりに聞いた、リリースツアー以外で流れる
いわゆるいつものSE。
やっぱ聞き慣れてるだけあって聞くとグッとアガります。

1曲目がなんと!『サニー』で
一気にテンションUP!!
久しぶりに聞いたけど、やっぱいいわ~
皆勤賞のアラバキで聞くとなお更なんかくるものがあります。

が、、、出だしから
あれ?って
将司の声がガラガラデカなり辛そうでした。
あとでツィートしてましたが
やっぱ本人的にも残念なコンディションだったみたいですね。
将司が声の調子悪いのあまりないので
余計にビックリでした。

続いて『声』と
大好きな曲が続きます。

『魂のアリバイ』
そう、あとで知りましたが、、
この日から新しくグッズが加わったみたいで
"魂のアリバイTシャツ"なるものが。
じゃーこの曲、やりますよね。
しかもそのTシャツ、今周ってるツアーでは販売しないって。
実物見てないので分かりませんが
なんとなーくいい感じのデザインだったので
さっき物販チラ見した時にちゃんと見てくればよかったー、、っと
軽く後悔。。
最近イベント関連でTHE BACK HORNはあまり行かなくなったので
次はいつお目見えできるか、、

ここでマツの挨拶あったっけ。
そのマツ、かなりテンション高かったです。
すっごい勢いよく「THE BACK HORNはです!!」って
言ってたように思います。
アラバキ皆勤賞でさらに今回は鰰ステージののトリってことで
うれしいって。
それ聞いて、そうか、そうだったんだ、って。
どうもフェスはメインステージ以外
あまりトリって感覚が沸かないです。

光舟が腰をかがめて楽器を構えたので
すぐ次の曲が分かりました『美しい名前』
将司の声が掠れて必死に声を振り絞ってたのが
余計にこの曲の世界観を現してたように感じ
変な言い方ですがとてもよかったです。

「ヘイヘイヘイ!
ちょっとここでコール&レスポンスやってみない?」って
栄純。
もうベタベタの東北弁で
「コール&レスポンスな」って言ってるのが
可笑しくって(笑)

「歌詞の中にある 神様だらけのスナック ってのがあるんだけど
神様だらけのー って言ったら みんなが スナックー って
スナック、、あのーオトナがお酒飲みに行くところ
じゃー練習な。神様だらけのー」「スナックー」
「1回目から上手いっ!!神様だらけのー」「スナックー」
「神様だらけのー」「スナックー」
「いいね、いいね。じゃー本番!!」
「神様だらけのー」「スナックー」
「神様だらけのー」「スナックー」
「神様だらけのー」「スナックー」
「ありがとう!!」
からの『コワレモノ』

もちろん、歌詞に出てくる「神様だらけの」の部分も
将司がマイクをお客さんに向けて「スナックー!」って。
上手くいって栄純嬉しそうでした(笑)

「THE BACK HORNはただ今全国ツアー中で
仙台には5月にまた来ますので
よろしくお願いします!!」
そんな告知も挟みつつ
アレンジの繋ぎから『コバルトブルー』
ラストは『刃』 
いやぁ、、楽しかったー

で。帰ろうとしたら
拍手を続ける方たちが。
そうか、、、このステージトリって言ってましたっけ。。
少し待って見たら
出てきてくれました。

その時栄純が真っ白の何も書いてないタオルを
以下にもバンドタオルだよ風に
両手で広げて掲げて出てきてて
後ろから将司に「何やってんだよ」って感じで
頭ポン!って叩かれててかわいかったです(笑)

「アンコールありがとうございます!!」
アンコールは『シンフォニア』
『刃』からのテンション下がらぬままで
盛り上がる曲続きだったので
これまた大盛り上がりで終了。

あの寒さの中、薄っすら汗かく感じで
ビール飲みたいっ!って気分になりましたから。
最高でした。

<セットリスト>
 1.サニー
 2.声
 3.魂のアリバイ
 4.美しい名前
 5.コワレモノ
 6.コバルトブルー
 7.刃

 EN.シンフォニア

そこからダッシュで向かうは
Extra Stageっていう喫煙コーナー横にある成人限定のステージ。
でも頑張ったら花笠でテナーをやっていたので
しばし観覧。

19:00 ストレイテナー(花笠)
時計見た限り19時ちょっと過ぎだったので
多分、、1曲終わったくらいだったのかな~っと。
セトリ探してみてみたところ
なんと!1曲目の途中から聞けた感じでした。

でも最近、テナー再び急上昇中です。
やっぱその人の事が分かってくると
気になる存在になってくるんだなって
改めて感じる今日この頃。

その着いたときにやってた曲(『The World Record』でした)
今までのテナーっぽい感じがしない
でもなんかめちゃくちゃカッコいい曲って
思ったんですが、、
別に最近の曲とかって訳でもなかったというね・・。

「アラバキ2000、、、じゃない
アラバキは2年ぶり(笑)です」
多分、アラバキ2016ってのとごっちゃになったんですかね。
ホリエくん、2000年ぶりって言いそうになったのが恥ずかしかったのか
かなり照れ笑いしてました。

「昨年は、アラバキの日に東京でワンマンやってました。
、、、淋しかったー(笑)
来てくれた人います?(パラパラ手が上がる)
あぁ、ありがとうございます。
でも、淋しかったです(笑)」

あと何だっけ、、何か行った後に
え?ってビックリするシンペイくん。
「そう言うのは、楽屋で打合せておいてくれないと、、」って
言ってた内容が何だったのか、、
外で聞いててちょうどそのタイミングで警備の人が
もっと前に詰めて道を空けろ的な注意をメガホンでするもんで。。
聞こえませんでした。クソー。。

その後2、3曲くらいかな、、聞いて
移動。
少しでも聞けてよかったです。

<セットリスト>
 1.The World Record
 2.DAY TO DAY
 3.DSCGRPHY
 4.PLAY THE STAR GUITAR
 5.THE Place Has No Name
 6.シーグラス
 7.Meldic Storm
 8.From Noon Till Dawn

19:30 武藤昭平withウエノ工コウジ(Extra Stage)
人はそんなに集まってなかったですが
ステージ自体も大きくないし
弾き語りだから座りだし、、で
人の間からなんとか見える程度の感じ。
途中から来た男が邪魔で
武藤さん後半ほぼ見えず、、でしたが。

登場するなり、「今日持ち時間30分だって。
無理だよいつも3時間くらいやってるのに」ってウエノさん。
「寒いとチューニングすぐ狂うんだよね~」って
さらに「あと電池がすぐなくなる!
あの、、武藤さん、俺の楽器の電池がなくなってきてるんで
早速なんですが、交換してもいいですか?」って
まだ始まってもないのに、、(笑)
そんなこんなでやっとこ1曲目スタート。
武藤ウエノの曲は、、曲は分かるんですが
タイトルが分からないし
セトリも上がってないのでカット。

隣の花笠でまだテナーが続いてるせいで
音もガンガン聞こえてきてると
ウエノ「それよりテナーうるさいよ。
知ってる?ホリエってさ、1日に1回オシャレしないと
死んじゃうんだってよ?
だからよくノッポさんみたいな帽子被ってるじゃん」
武藤「ノッポさんていうか、、スナフキン?」
ウエノ「俺が被ったら、ノッポさんになるでしょ、あれ。」
武藤「ひなっちがゴン太くん?」
ウエノ「そう言えばひなっち痩せたよね~」

そんな会話をしてる最中、ウエノさが装着した楽器を見て
「それより、次その曲でしたっけ?」って
珍しく武藤さんにツッコまれるウエノさん(笑)
ウエノさん「、、、あ、違う(笑)
なんででしょう、、きっと早く終わりにしたかったんでしょうか
(それ必要なのは最後の曲でした 笑)
いや、、、これは間違えたんじゃなくて
オシャレですよ?(笑)」ウマイ!!ゞ(≧ε≦o)

そして2曲目終わり
ウエノ「マズイよ、武藤さん、15分経ってまだ2曲しかやってない!
だから無理だって言ったんですよねぇ。。
この後歌う?喋ってる?」
武藤「まぁ、一応、音楽やりに来てますからね、、歌っときますか。」

そんな武藤さんに
ウエノ「武藤さん、こっちから見たら
武藤さんブロンズ像みたいな色になってますけど、、
大丈夫ですか?」
どうやら照明の加減のせいだったみたいですが
ブロンズ像って、、、(笑)

ウエノ「ここで宣伝させてください!
武藤ウエノ、次のライブは、、明日です!
2日連続でやらしてもらいます。
裏にブラフ!、、、俺たちだってブラフマンの20周年祝いたいよ?
でも明日はその後ないから、3時間位やるか?(笑)
えーっと、、顔すぐ覚えられるますから
あーあの人 今日はいないんだ、って
俺たちに思わせないように明日も来てください!」

いや、、行きたかったですけど・・。
なんか武藤ウエノは結構な割合で
なかなかタイミングが合わないことが多く
残念です。

30分の持ち時間と言えど、、
結構トークありました。
結局曲は、、4曲くらいだったですかね・・

武藤さんの映画準主役の宣伝もありました。
「何と武藤さん、あの有森也実さんとキスシーンありました。
俺もチューしてぇー。。。
皆さん、準主役級の演技、見たくありませんか?」って
映画の役 アキラ になり切っての一言
、、、何だっけ?

ウエノ「設定年齢、37歳
でも無理があるって察したのか武藤さん
ビゲンで染めたんですよね?
思った以上にビゲンでしたけど、、」
武藤「黒すぎたのかな、、、」
ウエノ「黒すぎるっていうか、、
でもなんでビゲン買ったの?」
武藤「若返るって書いてあったんですよね、、」とボソリ。
その一言に大爆笑のウエノさんでした。

ここは喫煙コーナーってことで
途中タバコ吸い始めたりもして
、、、吸ってる場合じゃないって言いながらも(笑)

「(花笠の)次誰?え?THE BAWDIES?
じゃーいいか、だって俺らの方が先輩だろ?
顔じゃ負けてるけど、さらに歌ってる人(ROY)いいい男だし、、
裏で会ったけど、、肌の艶が違うよね。
決して、(武藤さんみたいな)ブロンズ像みたいではない
あー若くなりてぇー!!」ってウエノさん。

前にやった時は、強風で
予定していたステージのテントが飛んで行ってしまい
急きょ作った仮設のステージで
あまりにも寒いからストーブ囲みながらのライブだったとか。
で、寒いからってお湯割りにしてもらうんだそうですが
「寒いから、一曲終わるごとに水割りになってるんだよね、、」って。

あと去年はアラバキ後に
リリースしたアルバムのツアーが控えていたため
先輩風吹かし、ウエノさんは武藤さんに
打ち上げ出るなって言ったそうで
武藤さんは打上げに出なかったところ
TOSHI-LOWが武藤さんがいないことに気付き
なぜいないかをウエノさんから聞いたところ
TOSHI-LOW「誰がまともな武藤見たいんだよ」って。

それ聞いてウエノさん「まぁ、確かにそうかもな、、」
思ったらしく
「明日もありますけど、ほどほどにして、、」って
言ってました(笑)

あーもう、最高です。
また機会があったらライブ行きたいです。
そしたら物販でアルバム買ってサインもらうんだ(ノ∀\*)

ここで終わりにしてもよかったんですが、、、
一応、この日は10-FEET見れなかったんで
(怒髪天・ピロウズと丸被り、、この日一番の悲しい被り、、でした)
TAKUMA出るし、あとなんと言っても
和田アキ子ちょっと見てみたかったし、、で
頑張って陸奥ステージへ。

20:10 サンボマスター(陸奥)
大渋滞でかなり移動、イライラしましたが
ゲスト枠最初の出演辺りで到着。

当たり前ですが、すっごい人で
なかなか奥へ入って行く隙間すらない感じで
仕方なく、その入り口辺りで見ることに。
でもほぼ、ステージは見えず
かろうじてスクリーンがチラリチラリと見える程度。

"I love you & I need you TOHOKU SPECIAL!!!"
出順と曲は次の通り。

『ミラクルをキミとおこしたいんです』with:キュウソネコカミ
『できっこないをやらなくちゃ』with:Tokyo Tanaka(MWAM)
『世界はそれを愛と呼ぶんだぜwith:TAKUMA(10-FEET)
『そのぬくもりに用がある』with:東京スカパラダイスオーケストラ
『あの鐘を鳴らすのはあなた』with:和田アキ子 +スカパラ

どの曲も知ってる曲だったし
曲に行く前にサンボならではの
山口くんの熱い雄叫びと言うかMCと言うかが聞けて
楽しかったです。
ちゃんと次の曲へつながってるあの雄たけびは
流石です。

TAKUMAは右に左のステージ駆け回って歌ってました。
スカパラの登場は、山口くんがギターを弾いてないのに
「あれ?どこからか素敵なギターの音が、、」みたいな
ちょっとした小芝居?!的な感じで加藤さん登場って感じでした。
スカパラの楽器が加わると一気にスカな雰囲気になり
素敵でした。

そしてゲスト登場最後はもちろん、アッコさんで
スカパラも演奏陣として参加。
アッコさん、デニムに白いジャケットという
ラフなスタイルで登場。
遠かったせいもありますが
思ったほどデカッ!って感じはしなかったです。

一曲入魂!って言って歌った『あの鐘を鳴らすのはあなた』
演奏陣にスカパラ入ってたおかげで
まさに歌謡ショーな雰囲気満載で
すごい迫力でした。

ここで、、帰ってしまったんですが
この後のアンコールで猪苗代湖ズ出たと知り
あぁ、、誰が出るのか見てから帰っても
よかったのかもな、、って。
ちょっと後悔。。(´;ω;`)

帰りのバスは、、、乗るまで少し時間かかりましたが
乗ってからはさほど渋滞もなく到着。
1日目終了です。

にしても、、寒かった・・・・・
なんでも、アラバキ史上一番寒い日だったとか。
何年か前の大雨の時も寒かったですが
それ以上の寒さだったってことですね。
春のアラバキ、侮れないです。

それは置いといて、、1日目の感想。
今回じっくり何見るか決めて行ってなかったわりに
あれこれ悩むことなくいろいろスムーズに行けて
よかったです。
さらに、フェスは後ろでのんびりもいいもんだって境地にも
少ーしだけ思えるようにもなってきて
そうすると見れる数も増えるので
より楽しみも増えた気がします。
唯一出だしのシンリズムくん行けなかったのだけが
悔しいです。リベンジ、、夏フェスでしたいなー

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

もく☆

こんばんは☆
アルバムの曲を演奏したんですね!
(そりゃ、そうだろう~)
CDできくのも楽しいですけれど、
やっぱりライブでききたいですよね♪
こちらも寒暖の差が激しく、寒い時は寒いです。
アラバキも寒かったんですね><


by もく☆ (2016-05-01 23:54) 

ERI+C★S

>もく☆さん
まぁ、、やるかな、って思ってましたけど
そうは言ってもツアー前に先行で聞けるとうれしいですね(*´艸`)
ホントに寒かったー
アラバキ16周年だそうですが、、過去一番くらいの寒さだったらしいです。
雨は思ったほど降らなかったんでそれだけはよかったなーって
思いました。
by ERI+C★S (2016-05-03 22:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。