So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

君の世界が変わるのは 調子乗って今日かも知れない [音楽]

前にも書いたかも?ですが
青春18きっぷが使える時期は
ついつい遠征に欲が出てしまいます。

この春ももちろん(笑)
1セット購入予定なのですが
現時点で2枚余りそうで
それを譲ってしまうか
自分で使うかで迷い中でして・・。
またしても2週連チャンで京都へ行ってしまおうか
もしくは金沢→京都の大移動をしてしまおうか
目下の悩みです。

さて。
そんな2.17は
A FLOOD OF CIRCUS 2018
@渋谷TSUTAYA O-EAST
Live:a flood of circle/UNISON SQUARE GARDEN/髭/
Large House Satisfaction/CHAI/SIX LOUNGE/The Hosomes
でした。
IMG_4557a.jpg

昨年から始まったafoc主催のイベント
A FLOOD OF CIRCUS。
昨年は自分的にはおぉっ!ってメンツではなかったんですが
今年は髭ちゃんに
亮介くんの新バンド?!(笑)The Hosomes
そしてちょっと気になってたCHAIなど
なかなかいい感じのメンツが揃い
しかもUSGのおかげなのか?!
チケSOLD OUTしてて
2年目にして早くも大盛り上がりのイベントへと成長していました。

昨年はヒサヨさんが一緒にやってる
もう一つのバンドのメンバーのお店が
フードで出店してて
そこ、かなり美味しくて今年も楽しみにしてたのに
その方がそのお店を辞められて
そのせいかどうかは不明ですが
今回出店はなく、、残念。

その代わりナベちゃんの昔からのお友達がやってるという
カフェが出店。(あともう1店)
こちらもかなり美味しくて
大満足でした。
IMG_4560.JPG
これはチリチーズドック。

食べた時間帯が
お腹空いてた&喉乾いてたで
ビールを炭酸飲料かってくらいの勢いで
一緒に飲んでガッついてしまい
若干ほろ酔いになってしまいました(笑)
最高!

ライブは16:30スタート。
まずが亮介くんが一人で登場し
軽くご挨拶があってから
トップバッターはSIX LOUNGEから。

ちなみに、タイムテーブルはこんな感じで
IMG_4557.JPG
O-EASTならではの
サイドの小さいステージも使うスタイルで。

この日は出演者発表前にチケ取ってたんで
先にFCの方が200番くらいですかね
その後20番台で入ったので
余裕で最前GET♪
そのミニステージにも近い方で待機。

SIX LOUNGEは3ピースの若いバンドでした。
初めて見たけど
熱い感じがして
フラッドに近いものがあるかなって感じがしました。
後で亮介くんがMCでも言ってましたが
このバンドだけが
巡業って呼んでるA FLOOD OF CIRCUSの
各地のライブハウスを対バン形式で周るツアーにも
出演してもらったバンドだそうです。
※昨年は女王蜂だったっけね。

続いてThe Hosomes
英字で書くと普通のバンド名みたいですが
意味はローマ字読みしたまんまで"細目ズ"(笑)
細目ばっかのメンバーで
この日のために?結成された新バンドです。

そのメンバーは
 Gt/Vo:佐々木亮介
 Gt:キョウスケ(爆弾ジョニー)
 Ba:赤塚ヤスシ(DOES)
 Dr:ジェットセイヤ(go!go!vanillas)
です。
確かに、皆さん細目?!(笑)

登場は革ジャンにサングラスで揃えてて
カッコよかったです。

バンド名以外は真面目なんでって言ってた通り
やった曲はオリジナルも混ぜつつ
各バンドの曲も1曲ずつで
いや、もう、いたってまともで
このまま続けていって欲しいと思ったくらい
よかったです。

久々のDOESのヤスさんが
変わってなくてなんかうれしかったです。
※1年半ぶりのステージだったとか。

あとキョウスケくん
いやぁ、、色白くて細いねぇ・・
チバさんから洋服のお下がりをもらってるって話
聞いてましたが
あの体型、ルックスなら
バッチリに合うだろうなーって。

「俺達細目ズ、見えてないようで見てますよ」って
亮介くんが言ってたのが
大爆笑でした。

オリジナルに『細目が好きな女の子』って歌詞に出てくる曲がありましたが
いや、私、普通に細目の方が好きだったりしますけど・・(*´罒`*)ニヒヒ

最後にフラッドの曲やって
その瞬間、ステージ前
すごいモッシュ(ダイバーもちょこっと)になってました。
亮介くんもダイブしてたし。

オリジナルが思った以上にあったのがビックリでしたが
予想通り楽しかったです。

<セットリスト> ※拾いもの
 01.Theme Of Hosomes(ザ・ホソメズのテーマ)
 02.Ready Steady Go!Go!(go!go!vanillas)
 03.新曲
 04.修羅(DOES)
 05.細目が好きな女の子(新曲)
 06.終わりなき午後の冒険者(爆弾ジョニー)
 07.新曲
 08.The Beautiful Monkeyes(a flood of circle)

そしてお待ちかね!の髭。
須藤さんが1月のクアトロの時
アイゴンのアンプを隠すのに使ってた
布をまとって出てきてて
その後もそれを脱ぎ捨てたりまとったり
その度にスタッフさんが
スゴイ速さで片づけに来たりしてて
ちょっとオモシロかったです。
、、、落ちたサングラス拾ったり
   絡まったマイクのコードを直しに来たり
   須藤さん好き勝手に動きまくるから大変そうでした(笑)

まずは直前の亮介くんの出演バンド紹介じゃないけど
そういうツィートでMVがリンクされてた
『もっとすげーすげー』から
ライブスタート!
ワーイ♪
この曲大好きなので一気にテンションUP!!
拳の上げ具合、ちょっと寂しい感じもしましたが
徐々にフロアもノッてきたのか
たくさん上がってきてホッとしました。

が、、2番の大好きな
気の抜けたコーラでもどう? ズチャンチャッってドラム入った後
須藤さん歌詞飛んじゃって
・・・・あれ?何だっけって
オシイ。。
でもこれも毎度そうなんですが
ああいうとき、とっさにこっちも歌詞出て来なくって
なんででしょうね。。

でもその後すぐ復活してましたが。
 いつも思うけどこういう時Voってスゴイなーって。
 ちゃんと復活できちゃうの。

続いて『ネヴァーランド・クルージング』
この日のセトリは
いわゆるロックな曲と
こういう、なんていうの?ループした感じの曲??とを交互に
組んだセトリだった気がしました。
なので須藤さんが
ギター持ったり、ハンドマイクになったりと
大忙しな感じ(スタッフも)

あと、、『黒にそめろ』から『S.O.D.A』
『DEVIL'S ODD EYE』
そして『ロックンロールと五人の囚人』と
新旧もいい感じに織り交ぜてて
髭ちゃんわりとイベントとかフェスだと
過去のド定番オンパレードで
まとめちゃったりしがちな印象があったのですが
今回割りと新曲も多めに入ってて
なんかよかったです。

『ロックンロールと五人の囚人』はやっぱ名曲。
カッコイイし盛り上がるし
さすがなオーラを感じました。

フラッドについては
「気付いたらいたって感じかな」って
これ、よく使うパターン(笑)
でも、、繋がりあったのかなー
さわおさん繋がりなんだろうか?って思ったり。
でもお客さんあまり被らないかも?ですが
髭とフラッド、いつか対バンやって欲しいなーって
思いました。

「今年はアルバム出そうと思ってて
今たくさん曲作ってるんですけど、
こういう、人のイベントで
まさかの新曲、披露しちゃうってこと
やってみようと思います!」って。

「普通はあまりやらないんだろうけど
俺らクラスになるとできちゃう(笑)
そして、、新曲だから、、
もしかして、だけど、多分間違えると思います!
・・・それでも今、みんなに聞かせたいってことが大事!」
あはは
須藤さん節炸裂!!(≧▽≦)ゞ

「謝謝、、、仮タイトルは・・そんな感じかな」
そんな紹介で披露された新曲
いやぁ、、超よかった!!
これまたなんて言うか、キュンとしちゃう歌詞で
確かに、謝謝って感じの歌でした。
※中国の感じっていうか、
 人にありがとうって言ってる内容の歌詞だったので

でもって斉藤さんのギターがまた
ウットリしちゃうギターでね。
次のアルバム期待しちゃいます。

最後はこれまたお馴染みの
イェーイって言った後2拍待ってイェーイって返すやつ。
あと、テキーラをご馳走するよってトークもあり
『テキーラ!テキーラ!』
ミラーボールも回ってくれて
最高でした。

<セットリスト>
 01.もっとすげーすげー
 02.ネヴァーランド・クルージング
 03.黒にそめろ
 04.S.O.D.A
 05.DEVIL'S ODD EYE
 06.ロックンロールと五人の囚人
 07.謝謝(新曲/仮タイトル)
 08.テキーラ!テキーラ!

ここで、最前を離れまして
フード覗きに行ったんですが
激混みだったんで一旦断念。

というのも、
お次はちょっと楽しみにしてたCHAI
だったもんで。
後ろの方で見たんですが
いやぁ、、よかった!

曲はラジオとかでいくつか聞いたことはあって
その時はそこまで、おっ!って思ったりはしなかったんですが
やっぱライブだとまた違いますね。
なんか演奏うまいし
歌詞と歌声の雰囲気が見事にマッチしてて
とにかく色々かわいくて。

そしてMCもキャピキャピしてるんじゃなくって
ちょっとお笑い的要素を真面目に取り入れてて
クスリとしちゃう感じで
あれは人気でるわな、って。

また機会あったら
ライブ見てみたいなーって思いました。

あ、そうそう。
SHISHAMOちゃんもそうですが
最近、タオルを物販で売ってますって
MCで宣伝するの流行ってるんでしょうかね~(笑)
小芝居がオモシロかったです。

で、このライブ終わりで
フード走っていったら
あまり並ばずして買えました。

フードコーナにあったフラッグ★
IMG_4559.JPG
そう言えば、今年は会場内の装飾が
さらに素敵になってました。
BGMは変わらず運動会ゞ(≧ε≦o)

途中まで食べながら
UNISON SQUARE GARDEN
いやぁ、、人がすごくって
ステージほぼ見えてない状態でした・・
ま。年末にライブ見たし
曲ほぼ知らないしね、ってことで
我慢できました。

田淵くんは相変わらず
ステージ端から端へ動きまくって
すごかったです。
斎藤くんはビシっとカッコよくキメてました。
鈴木くん全く見えず・・

MCで
バンド自体はこれまであまり絡みがない感じたけど
実は10年以上前からの付き合いがあるって言ってて
・・・ってウィキ調べたら
   イギリスの小学校時代の一つ後輩が亮介くんって書いてあった!
   なんと(⦿_⦿)
斎藤くんが「あれは、、それこそお互い大学生くらいのときでしたか
佐々木くんが昔バイトしてたフレッシュネスバーガーに行って
(からかって)おはようございます、泥水コーヒー下さいって
注文してもちゃんと
アイスコーヒーですって優しく対応してくれてましたけど」って。

こういう話聞けるのは
バンド主催のイベントならではで
うれしいです。
てか、フレッシュネスで働いてたのかー
オシャレだなー(笑)

年末の時は
なんとなーく聞いたことあるかも!的な曲が
あったように思ったんですが
この日はほぼ知らない曲、、だったような?
前半食べるのに必死だったから
あまり曲が入ってこなかったのかも?ですが
でもポップでキラキラしてて
素敵でした。

サイドステージトリは
Large House Satisfaction
こちらもトップバッターだったSIX LOUNGE同様
まったくもって知らなかったバンド。
こちらも3ピースでしたかね。
でもフラッドより先輩バンドな感じ。
貫録ありました。
※Vo/GtとBaが兄弟みたい(Baが兄)

こう見えて真面目なので
ライブの前にお酒は飲まないそうで
出番が遅く酒が飲めねーじゃねーかと
言ってました(笑)

骨太ロックで
なかなかかっこよかったです。

ラストー
この時点で21時前。
かなりの長丁場ですが
あまり長かったなーって思わなかったのは
待ち時間がほぼなかったからでしょうかね。

大トリはもちろんa flood of circle
ここではヒサヨさん側へ移動。
端っこでしたが
まぁまぁ前の方へ行けました。

1曲目は『フェルディナン・グリフォン・サーカス』
これはタイトルにサーカス付いてるんで
このイベントのテーマソングみたいな?

続いて『Dancing Zombiez』
この曲の ウッ っていう
雄叫びって言うんでしょうかね
吠える感じの声が
結構好きだったりします。

『泥水のメロディー』
知らない曲あったなーってのがこれだったみたいで
音源持ってない曲でした・・
もしや、先ほどの斉藤くんの"泥水コーヒー"は
この曲からきてたのかな?なんて。

MCは、、本編では少な目だったかな。
ナベちゃんが感想を急に言い出したんですが
ヒサヨさんがその声を自分のモニタに返してなかったため
何て言ってるか聞こえなかったようで
会話のキャッチボールができてなくて
オモシロかったです。

このサーカス、いつかはこの形で
全国周りたいって思ってるって
それはずっと昨年からも言ってる話で
これが完成形とか全く思ってないって
いつも大きな野望を持ってて
その力強さに圧倒されます。

そんな想いを知って聞くと
『New Tribe』は
ジーンときます。


先日亡くなられたギタリスト弥吉淳二さんとも
交流があったみたいで
最初亮介くんが弾語る感じでにブルースっぽいのを歌い始め
その方へ捧げますって始まった『Honey Moon Song』も
またジーンとしました。
フラッドのバラード(ミディアムな曲も)は
とにかくメロディに泣かされます。
あとやっぱ日本語ってかっこいいって思ってる人が書いてるからか
歌詞もいいんですよね。

今回出演したUSGの田淵くんがプロデュースしたという
新曲『ミッドナイト・クローラー』
まだMV見てなかったんで
初聞きでした。
この先もどんどんライブで盛り上がりそうな
疾走感あふれる曲でした。

そして『Black Eye Blues』では
もちろん、亮介くん、フロアに飛び込み。
最後流されるようにステージに戻ってきてて
流石お客さん!って感じでした。

え?もう終わり?!って思っちゃった
ラスト『Flyer's Waltz』

なんかこの日はヒサヨさんにいっぱいニコってされたーって
自己満足なライブでした。
素敵でした~

続いてアンコール。
軽く~な感じで話し始めた
今回出演してくれたバンドについて
SIX LOUNGEは前にも書きましたが
巡業でも対バンで出たバンド
これはとにかく早くみんなにこんなバンドがいるってことを
知ってもらいたかったからって。

そしてThe Hosomesの名付け親はヒサヨさんだったとか、
「これ単に細目をディスってるけだから。
俺の目、ヒモ呼ばわりしてたからね」って
あはは~
でもなかなかいいバンド名だと思います(´m`)

「せっかくオリジナルも作ったし
これで終わらせたくないんで」って
言ってったってことは、、また次回も期待していいんですかね。
「オリンピックのサイクルよりは早めにやりたい」とかって
言ってた?
ぜひフェスとかでもやって欲しいです。

あ、ここでヤスさんは1年半ぶりのステージだったって
話があって
「俺から言わせれば、早くDOSEやれって感じだけど
まぁ、、、止まってしまったものは
いろいろあるとは思うけどね」って。
これは亮介くんならではな一言かなーって。

で、この後いよいよ髭!ってドキドキしてたら
結構時間かかってることに気付いたのか
「もう後はいいか」って言い出しちゃって
(合間にナベちゃんが言葉挟んじゃったせいもある)
でも、えーってフロアが言うと←言ってたよね?私の心の声か??(笑)
「じゃー長くなるけど」って感じで続きを。

「髭は、、、俺、須藤さんに憧れてて
10代の頃は須藤さんになりたかったくらい。
でも熱い想いを伝えても すぐはぐらかされるんだけど
誘ったらあっさりOKもらえて
なんか、、立ち止まらず前に進み続けてる感じが
カッコいいよね。
でも絶対自分では立ち止まらないとか言わなそうだけど。
、、、新曲やる前に多分間違えると思うなんて
普通、言えないよ!」

この時ちょうど須藤さんも
ステージ脇にいたのが見えて
なんか真面目な顔で聞き入ってて
髭、ありがとうって言ったら
自分でも拍手してました。

CHAIについては
会場全体がド肝抜かれてる感じが伝わってきて
すごいうれしかったって。
いや、、ド肝抜かれました。

USGは見た目からだと
田淵くんとは友達にはなれない感じだけどって
言ってるのが可笑しかったです。
いや、確かに。

Large House Satisfactionはやっぱ先輩バンドのようで
まだぜんぜん売れてない時代
下北の251であった自主イベントに呼んでもらって
自分たちのお客さんゼロだったにも関わらず
交通費までくれて
ホントいいバンドでしょって。

あとVoさんも濁声仲間とのことで
亮介くん、師匠のうつみようこさんから
ダミ声世代最後の期待のHOPEと言われてるって話も。

そんな感じで全バンド言い終わってから
自分たちのバンドについて
ギタリストがコロコロ変わって、、って話から
急にテツくんに、一般公募したのいつだっけって
そしたらテツくんが
「2年前くらい?」って。
「そうか、もう2年もやってるんだ、、、」
そこから急に、「入る?」って。
フロア一瞬、??って感じで

テツくんも「軽いよぉーー、、入るよぉっーー!!!」って答えて
え?これって正式加入発表??って
やっと事態が飲み込めて
そしたらジワジワとジーンときて
ちょっとウルっと泣きそうになりました。

ここで改めてメンバー紹介をして
俺達4人でa flood of circle、よろしくどうぞ!!
からの新曲『Blood&Bones』やったんだっけか?

この後、テツくんが
マイク持って話し出して
テツくん「フラッドのギタリストは俺で終わり!」って
そう、今までホントにギタリスト
入れ代わり立ち代わり変わってきて
最終的に撮った手段が一般公募でしたが
いやぁ、、いいメンバーに巡り合えたんだなーって。

「今までフラッドの上手に色んな人立ってきたけど、
今日来てる人も配信見てる人も超ラッキー!
だってこれから先フラッドのギターはずっと俺!!」って
カメラに向かって叫んだりしてて。
あまりのはしゃぎっぷりに
亮介くんとかもビックリしてた感じ?
確か1番テツくんが歌ってなかったっけ??

次の曲の歌詞にかけて
「俺のベストはいつだって今なんだ!」って。
そこから『ベストライド』始まったんだったかな。
もう興奮しすぎてあまり覚えてないんですが
フロア全体がお祝いムードで
イントロのクラップハンズ
フロアみんなの大合唱が素敵過ぎました。

途中、何が起きたかよく見えなかったんですが
亮介くんのマイクがステージ下に落ちちゃって
(テツくんのギターが引っかかったらしい?)
亮介くん一瞬「は?」みたいなアクションをしたんですが
すぐさま、フロアから大合唱がおき←これは私も歌えた♪
亮介くんがヒサヨさんのマイクに来て
「お前ら最高かよ!」って言って歌に復活という
これまた素敵ハプニングもあったりして
この日の『ベストライド』は
いつも以上に最高な『ベストライド』でした。

スゴイ瞬間に立ち会えたなー・・
大感動~な気持ちで会場出ると
階段にはポスターがドドドン!っと。
IMG_4562.JPG

おぉ~ってなって
さらに外に出ると
ここにもでっかいジャケ写。
IMG_4564.JPG
そして新生フラッドのアー写も。
IMG_4565.JPG

そうか、この日の発表があったから
なかなかアルバムジャケ発表されてなかったんだなー
あと、アルバムタイトルがバンド名なのも
そういう意味だったのかって。

いやぁ、、楽しかったです。
4/7にアルバムリリース記念のワンマンが発表されてましたが
こちらが今回のテツくん加入の発表があり
加入式典ライブと名称が変わりました。
チケット取ってなくって(HP先行忘れてた・・)
会場でチケット売ってたんで
買おうと思えば買えたんですが
ライブの日が連チャンになるなー、、って思い
会場で買うの止めたんですよね。
でも、今になってジワリジワリと
あ。。買っとけばよかったかな・・って
後悔し始めてたりもして。

うーん、、まぁ、特に前で見たいとかもあまりないんで
まだチケ買う機会はありそうだし
もう少し考えることにします。

そしてアルバムリリースに伴い
ツアーも発表されまして
うー、、、こちらは
行けそうな横浜が他のライブと被ってしまって
どうしよう・・って。
とりあえずファイナルは予定明けとこうかな。

今年はフラッドもいろいろ活動
ますます活発になりそうです。

<セットリスト>
 01.フェルディナン・グリフォン・サーカス
 02.Dancing Zombiez
 03.泥水のメロディー
 04.New Tribe
 05.Honey Moon Song
 06.ミッドナイト・クローラー
 07.Black Eye Blues
 08.Flyer's Waltz

 EN.
  Blood&Bones 
  ベストライド


nice!(0)  コメント(0) 

心が枯れる日まで歌いたい 僕らしく生きてるって感じながら [the pillows]

先日、ラジオに浅井さんがゲストで出てた時
一緒にやってるメンバーについて
「猫がぶりっぱなし、でもこの先も脱がないかもね」って
言い方をしてて
そうか、猫がぶってて
その本性を出すことは"脱ぐ"って表現するんだって
なんかへぇーって思った瞬間。

他にも
とある話の中で「あさっての方向いとってよ」って
サラッと言った言葉
なんて言うか、詞を書いてる人って
時々フッとした時に出てくる単語が
素敵と言うか
普段そんな表現しないけど
聞くと、あ、そういう言い方あったなって
気付かされるというか
流石だなーって思ってしまいました。

さて。
そんな2.16は
音楽と人 LIVE 2018"恵比寿クロッシング"
@恵比寿 LIQUIDROOM
Live:the pillows/go!go!vanillas
でした。
IMG_4556.JPG

時々開催されてます?
音楽と人のイベント。
過去で言うと一番印象に残ってるのは
ピロウズ・ストレイテナーそしてThe Birthdayの3マン。
ここで初めてThe Birthday聞いたんで
思い出のライブですかね。

そして何かといい思い出のあるリキッドルームでの
2マン。
バニラズは日本語歌詞で
上手い表現できないんですが
ポップなんだけど
カントリーと言うかオールドと言うか←そもそもジャンルに詳しくない・・
私的イメージではアイリッシュな感じ?(笑)
な楽しい曲をやるバンドで
何度かライブをイベントなんかで見たことあり
キライじゃなかったんで
2週連続の平日開催でしたが
張り切って行ってきました♪

番号は300番台後半。。
有江さん側は背の高い男性が多めな感じだったので
(でもこれ、バニラズファンだったかもな・・)
久々Peeちゃん側へ行ったんですが
あぁ、、、これ、失敗でしたかね(×_×;)

バニラズの時はかなりいい感じだったのに
ピロウズになり前後入れ替えが結構あったからか
気付くと周りなんか背高い人に囲まれちゃってて
始まりと同時に押しで前に行ったら
横のすんごい背高い男が
やたら自分と前に入ろうとしてきて。
だってその人、仮に私がその人の前に入ったって
全然問題なく頭突き出るくらいデカいくせに
私の前に行こうとする時点で許せんって感じで。
そういうヤツには絶対負けたくないって←その考え自体アウトだけど・・
頑張って維持しようとしたんですが
左隣だったので、そいつが手上げるとほぼステージが見えなくなる状態に。
仕方ないので悔しいけどそいつにそこを譲り
後ろに下がって、
まぁ、見えるかなって感じにはなりましたが
なんでか、そいつが、終始やたら左右にゆるーく動いてるのか
いい感じで見えてたのに見えなくなったりの繰り返しで
かなりストレスたまる環境でした。。
あー・・・
最近ストレスなく見れることが多かっただけに
かなりイライラさせられたのだけが残念デシタ。。

先攻はバニラズ。
牧くん、黒髪のイメージでしたが
最近は茶髪になったんですか?
ますます美男子っぷり発揮で
キレイなお顔でした(笑)
あと全く印象無かったGtの人も
何気に美男子で
若いっていいねーっゞ(≧ε≦o)
ニコニコ笑顔でこっち見られると
キャッキャしちゃうよ(笑)

フラカンと対バンやったとき
フラカンへの熱い想いを語っていたのも
Baの長谷川くんでしたっけ?
この日もピロウズ愛を熱く語ってくれてて。

自分自身も本番のライブで楽しもうと思って
リハもなるべく聞かないようにして
セトリも見ないようにしてたとか。
ピロウズに出会って10数年、こんな日が来るなんてって
すっごくうれしそうでした。

驚きだったのは、バニラズメンバー皆さん
平成生まれだそうで。
・・・・そうかーって。
でも平成も30年、別に特別な事じゃないですよね。
ピロウズ結成が1989年で
牧くん曰く、まさに自分が生まれた年だそうです。
いやぁ、、そう聞くと
改めて、すごいことだなーって。

持ち時間1時間で
タップリと
知ってる曲もあったりして
楽しかったです。

にしても。
Drのジェットセイヤくん
なんであんなに立ち上がってるのに
バスドラちゃんと叩けてるんだろうって
あのパフォーマンスに
目が釘付けでした。
多少行き過ぎだろーってとこあったりもしましたが・・(笑)

続いてピロウズ。
なんとなく新鮮な感じがした『デブリ』から
ライブスタート。
そして『空中レジスター』終わりでMCでしたか?

「おじさん(Peeちゃん)とおじさん(さわおさん)と
おじさん(有江さん)とおじいさん(シンちゃん)とで
やってます、the pillowsです~」って
何度聞いても笑ってしまうご挨拶。
しかも、何かそれ言ってる時のシンちゃん
汗拭いたりしてる仕草が
背中ちょっと猫背気味で
おじいちゃんみたいな佇まいだったりするから
なお更で(´m`)

「あんなキラキラした若者の後で
大丈夫なんでしょうか?
今日は、長谷川くんの言葉に感動しながら
今ステージに立ててるから
きっといいライブになるな。
最後までよろしくね!」

って。
ふふふ。なんかこのMCよかったです。
フワっと優しい気持ちになれました。
おそらく、、まだそんなに仲良しな後輩ではないんだと思うんです。
だからこそ、ありがとうって言う気持ちを
さり気なくMCで言ってくれるなんて
言われた側としてはこの上なくうれしいと思うんですよね。
さわおさんのそういうとこ
素敵だなーって思います。

イントロのギター
カッコよくキメて
おぉ~って歓声ゆる~く煽り、、『Abaut A Rock'n'Roll Band』
Peeちゃん側にたまに行くと
Peeちゃんのギターソロを弾いてる
素敵な姿が拝めるので
むふふ♪って気分になれます。

ここからはイベントならでは
定番の盛り上がり曲続きます。
まずは『バビロン天使の詩』
そして『I know you』
そしてそして『Funny Bunny』
もちろん、もうすっかり定番な1曲になったので
イベントでも歌詞を歌わせるようになりました。
歌い終わると生声で「ありがとっ!」って。

リキッドは照明が暑いんでしょうか。
(天井が低いのか?)
さわおさん尋常じゃない汗の量で
タオル2枚使って
お風呂上り並みに汗拭いてました。

そしてそのさっき熱い想いを語っていた
バニラズの長谷川くんに
ピロウズの曲を1曲リクエストしてもらったそうですが
なんと『レッサーハムスターの憂鬱』で、
「もちろんレッサーハムスターなんてものはいなくて
レッサーっていうのは小さいって意味で(レッサーパンダとか、逆がジャイアント)
もともと小さいハムスターのさらに小さなハムスター
それの憂鬱、、って。。」

「今から暗い地味な曲を聞いてもらうことになるけど
それは長谷川くんのリクエストに応えだけで
俺たちのせいじゃない!」

「(長谷川くん)あんなに元気そうで楽しい感じにやってるのに
実は心の闇を抱えてるんだろうか、、」

って言ってて
可笑しかったです。
確かに、私もタイトル聞いて
タイトルはインパクトあるんで覚えてましたが
どんな曲だったか浮かんでこなくって・・

最後に「でも、、いい歌です(笑)」って。
いや、聞いて、そうだ、この曲!って
やっと曲とタイトルが一致しました。
いい曲でした。

そこから『どこにもない世界』の流れがまた
よかったです。

「レッサーハムスターの憂鬱、よかった?」って
こんなこと聞くなんて珍しいなー・・
で、やっとリラックスした気持ちになれたのか(笑)
着てたカーディガン脱ぐと
「なんだ、涼しいじゃないか」って。
いや、ホントすごい汗かいてたようで
白いTシャツ
透けて肌の色(墨も)が透けてました。

「じゃー、、、ここからラストスパートに入る前に・・
ちょっとメンバーにアイウエオ作文をやってもらおうと思う」と。
メンバー紹介じゃないけど
一人づつ順番につなげていく形で。

「お題は、、バニラズ でお願いします。
まずは真鍋くん!」

「、、、バ?
じゃーバンドマンは」
確か言い出し噛んじゃって
笑いながら言い直してたっけ?

「お、いいスタートだね。
次はニ!」で有江さん。

有江さん、苦戦してまして
思わず出た言葉「煮物が得意な」
、、、後で"得意で"にしてたかな?

「え?煮物が得意で??」
意外な展開にさわおさんも感想なく・・
次さわおさんで
「ら、、ラッケンロール」
ラを無理やり巻き舌風にして
ロッケンロールって(笑)
これもかなり無理あったゞ(≧ε≦o)

そして最後はシンちゃん「ズ」
「、、、ずっこけた!」

まとめ
 バ・・バンドマンは
 ニ・・煮物が得意な
 ラ・・ラ(ロ)ッケンロールで
 ズ・・ズッコケた

、、、、って、作文になってない。。チ―( ∀ )―ン

不作に終わりましたが
気を取り直して。。『Blues Drive Monster』
コチラはタイトルコールから
バッチリ!キマって
熱かったー

からの「連れてってやる!この世の果てまで!」って
そりゃ、拳、おぉーーっ!!って
なりますよね。『この世の果てまで』

そして『ハイブリッドレインボウ』
なんていうか
この日のハイブリ、なんかよかったです。
何度も聞いてると
あー今日のよかったーって
なんでか分からないけど思う瞬間があって
この日はそんな感じでした。

ラストは盛り上がって
『Locomotion,more!more!』
なんかこれは挑戦モードな時にやる曲って
かって思ってるんですが
そうの気迫みたいなのが感じられて
大盛り上がりでした。

「ありがとー!!」
本編終了。
全然取れる位置じゃないけど
Peeちゃんのピック
ぽーんって投げてもらえると
わーってうれしくなります。

続いてアンコール。
お酒片手にみなさん。
「アンコール、サンキュッ!」
そう言ってから全く楽器持つ気配なし(笑)
「おじさんにはな、休憩が必要なんだよ!」って
これ、この時間2回くらい言ってました。

で、さっきのアイウエオ作文の話題。
「お題は何でやるか、は言ってないけど
アイウエオ作文を本番でやるからって話は
事前にメンバーには言っておいたんだが
そもそもアイウエオ作文自体分からない人がいてさー」
で、Peeちゃん爆笑(顔隠してた)

「最初、しりとり しようとして
一人で"ン"って単語使って、あ、終わっちゃったって
焦っててさ(笑)
・・・ピロウズ大変です!」って。
Peeちゃん、最高です!!(笑)

あと、シンちゃんの"ずっこけた"って単語についても
「ずっこけたって最近言わなくない?
久しぶりに聞いたわ。
、、、最近だとなんて言うの?
ずっこけるって、、ちょっと、おいおいおい、って感じ?(笑)」
その説明も、ん?って感じでしたが
てか、ずっこけるって言わないっけ??
そう思う時点で、もう若者じゃない証拠か??(゚_゚i)タラー

いや、確かに、なんて言うの?って
私もハテナ・・でしたが
フロアから「スベル!」って声。
「あー、、スベルねぇ」
なるほど~。。

「でもそしたら、、バニラスになっちゃうもんね」って。

バニラズについて
「俺たち、1989年からバンドやって
今年で結成28年経ち、それも長いって思うけど
でも1989年に生まれたって言われたらなー
やっぱ長いんだなーって。」
みたいな感じの感想を。

「彼らはジャンプがジャストで飛べるからな。
それがだんだんと、半拍、、今じゃ1拍くらいかな
こう、遅れてね・・
俺だって昔はジャストで飛べてたんですよ。

前にライブ見に来てた後輩にさ、
さわおさん裏でジャンプ飛ぶの難しくないですかって
言われたんだけど・・
いや、俺だってジャストで飛んでるつもりですよ!
ただ、脳からの指令がー来るのが遅れて、、、
そいつ、ぶん殴ってやろうかと思ったけど」
いやぁ、、このMCがこの日一番オモシロかった(≧▽≦)

そして「バニラズのメンバーは
お酒は飲むのかな??
とりあえず、長谷川くんは帰すまい」って
ふふふ。
どうだったんでしょうか。
イベントへの意気込みにも
打上げ長いぞーって書いてたし。
とりあえずジェットセイヤくんは
長くてもガッツリ付き合ってくれそうな感じですが?

「音楽と人、バニラズ
そして集まってくれたキミたち
俺達は楽しかったぞ
ありがとう!」って言ってから

あー今日は新しい僕の誕生日なんだ
記念写真を撮り直すからおいでよ

って弾語り。
いやぁ、、ジーンとしちゃいましたー

アンコールで『アナザーモーニング』って
珍しいなー。
誰かの何かの記念日だったんでしょうか。
金光さんが「こういう出会いがあるイベント」って
書いてたんで
もしかしたら、そう意味もあったのかな、って。

ラストもう1曲『Ready Steady Go!』

絡みのセッションとかあるのかなって
思ったりもしたんですが
そちらは特になく
これで終了。

後輩リクエストに
どんな曲でも応えてくれるピロウズ
最高です。
『レッサーハムスターの憂鬱』聞けたのが
この日は何よりでした♪


<セットリスト>
 01.デブリ
 02.空中レジスター
 03.Abaut A Rock'n'Roll Band
 04.バビロン天使の詩
 05.I know you
 06.Funny Bunny
 07.レッサーハムスターの憂鬱
 08.どこにもない世界
 09.Blues Drive Monster
 10.この世の果てまで
 11.ハイブリッドレインボウ
 12.Locomotion,more!more!

 EN.
  アナザーモーニング
  Ready Steady Go!


nice!(0)  コメント(0) 

ぼくは歌うよ宛名の無い手紙のような歌 [音楽]

いつからでしょう・・
カレンダーは会社でもらってくるものとなり
自分では買わなくなったのは(笑)
ほら、だって、年末になると
お得意さんだかが周ってきてきて
社名の入ったカレンダー置いて行ってくれるじゃないですか。
で、それが段ボールに入れられてて
お好きにどうぞって。

いつもあれで2つ、3ついただき
会社用と家用と使わせていただいていたのですが
今年はそれがなく。。。
会社用はなんとか会社で出してるやつをもらえたんですが
さすがに家用までもらえず(当たり前)
でもカレンダー買う気にもなれず・・

が、ラッキーにも
アルバム買った特典で付いてきたこちら
かなり重宝しております(笑)
IMG_4545.JPG

3ヶ月分掲載ってのもなかなかGood♪
ただ、3ヶ月目になった時、どうするか、、(・-・`*

さて。
そんな2.10は
ヤマジカズヒデ VS 百々和宏
@代々木Zher the ZOO
でした。
IMG_4544.JPG

ヤマジさんVSシリーズ
確かVol.1がうつみようこさんで
Vol.2百々さんだったよね?
で、それが楽しくって
百々ヤマ穴キュウが結成されたんじゃなかったっけ?
(この時Dr.&Ba.が両者共に穴キュウコンビだった、、はず)

で、その百々ヤマ穴キュウライブでの
百々ヤマコンビでのセッションが楽しくって
よし、今度ヤマジさんとセッションライブやろうって
それで今回のツアーが実現!されたと、
私の記憶が間違ってなければ。

ある意味百々さんが言うことって
かなりの確率で実現されてるなーって。
百々ヤマ穴キュウつあーだってそうだし。
いろいろフットワーク軽いんだろうね。
素晴らしい♪

ツアーといっても、
名古屋・大阪そしてこの東京と3か所で
その後福岡も追加されたようで
この日は3か所目のライブでした。

席有かスタンディングか、、
どっちかなーって思いながら行ったんですが
半分席有なスタイルで
番号割りと良かったんで1列目に座れちゃいました(*´艸`)
かなりいい感じに見える席で
終始ドキドキしっぱなしデシタ。。

会場によって先攻・後攻交代してるようで
この日はヤマジさん先攻。

ヤマジさんと言えば、私の中ではキュウちゃんとやってる
qybで名前を知り
そのライブがすっごく良くって
また見たいってずっと思ってるのに
そちらはあまり実現されず
なので他でちょこちょこヤマジさん絡みがあると
(だいたい百々さん絡みだけど)
行ってみよっか、、って感じで
何度かライブ見てきてました。
てか、逆に?dipは、、、見た事ないかも。

なのでギターがスゴイとか
歌声がなかなか素敵とか
知ってはいたはずですが
この日のヤマジさんは
それをはるかに上回るくらい
とにかく素晴らしかったです。

まずギター。
一人なのに一人じゃないみたいに
とにかくいろんな音がたくさん鳴ってて
しかもそれをいとも簡単に
サササってその場で作り上げて行ってて。
あと、1曲1曲やってる曲の雰囲気が違って
でもどれもすっごく良くって。
どれがオリジナルでどれがカバーか、、
私に洋楽の知識が全くないのでほぼ分からず、、でしたが
とにかく全部いい曲でした。
あのまんまパッケージされたCD欲しいくらい。

そしてMCとかあまりしないイメージ
、、、だって、百々ヤマ穴キュウの
 ヤマジさん一人Ver.では
 ほぼMCなしで曲の切れ目もないまま
 次々進んで行く感じだったし
でしたが
この日は喋る、喋る(笑)
ほぼ1曲終わるごとに喋ってたんじゃないかな?ってくらい。

あとこれはMCでも言ってたし
その前に百々さんのツィッターでも呟かれてたんですが
お酒を飲みながらライブをやるっていうの
この日は人生で2度目のこと
だったようです。

ってことで、ここからはMC中心に覚書。

「大阪で革命的なことがおき、
革命は続いた方がいいと思うので
今日はステージにお酒を持って、、
あと、コンバースを履いてきました。
コンバースを履くと何がいいかって、、
エフェクター踏みやすい!(笑)
だから、みんなもエフェクター踏むことがあるときは
コンバース履くといいよ」って
この、○○する人はっていう言い方お好きなようで
てか、それに当てはまる人、ここに来てるお客さんの中には
ほぼいないと思うけど?ってパターンで言うので
オモシロかったです。

そう、その革命的な事ってのが
お酒を飲みながらライブをやるってことで。
でもそんなにガブガブは飲んでなくて
たまに思い出したように飲むってくらいでした。
それよりタバコの方がよく吸ってた、、かも。

あと、普段はスニーカーじゃなくって
ブーツ?なんでしょうかね。
コンバース、似合ってました。

ヤマジさんと言えば。
なんとなく、黒のシャカシャカした素材でてきたパーカーを
きっちり上までジッパーあげて着てるってイメージですが
この日もそのイメージ通りの衣装でした。
・・・ちょこっと中の白地のTシャツが見えてた。

何曲かやった後
少しもごもごしながら
「あのー。。。種類の違うエフェクターを2つ重ねると
どうもお互いが影響し合うのか
不具合を起こしがちなので、、
途中で一つを取り外さないといけないんだけど・・
今からそれをやります。
ちょっとすごい音鳴るかもしれないけど、、、」って
言ったすぐにシールド抜いたらバチッって
すんごい音鳴って
でも慣れた手つきで繋ぎ終わり
「なんでも面倒なことは先にやった方がいいよ」って。

なんでしょ、ヤマジさんのこの淡々とした感じで
ボソって言う
その一言が結構オモシロくって。
口数少ないだけに、その一言に魅力が詰まってるって
いいなーって。
ああいう感じの人、憧れます。

「今日、来るときタクシーで来たんだけど
その運転手がよく喋る人で・・
知ってた?
タクシーってバックだと料金かからないんだって」
えー知らなかったー
そしたら、まぁ、そう思うよねって一言。
「今度、代々木までバックでって
言ってみたいと思います(笑)」

でも、ライブ終了後のツィートに
帰りもタクシー乗ったそうで(しかも同じタクシー会社)
その話を聞いてみたら
そんなことはないって言われたってゞ(≧ε≦o)
え?そうなの??残念。

ある曲でループを作るのに
ワンテイク目上手くいかなかったようで
「あ、もう1回やらせて」って
そしたらその後も2、3回やり直ししちゃってて
「これ、レコーディングあるあるだけど
だいたい何でも、ワンテイク目が一番いいんだよね
何回かやり直していくと
どれがいいんだか分からなくなっちゃうから。
だからみんなも、レコーディングするときは
絶対ワンテイク目は録音しておいた方がいいっすよ」
って、、いや、レコーディングする機会なんて・・って
きっとみんな思ってたはず(笑)

ただ、確かに、
レコーディングに限らずですが
やり直しは、実はやり直す前の、つまり1回目が
何気に一番よかったってんじゃないかって思うことは
よくあることかも・・って。

で、そのループがうまくいかないって言ってたときに
「ダメだ」って言うと
客席から「えー!」って声がして
「いや、聞かせるよ・聞かせるけどー・・」って
言いながらやり直してて
なんかその、「聞かせるよ」って言う言い方
いいなってキュンとしちゃいました(*´艸`)

何かの曲で後ろから百々さんがそっと出てきて
急にサビでコーラスに参加して
キャーキャーって感じで。
 ↑百々さんがヤマジさんの肩に手まわして
  顔寄せあって一つのマイクで歌ってて♪
終わると軽く「百々~」って紹介された後
帰って行ったんですが
「すんごいビックリした。ビクッーってなった」って
苦笑いしてました。

この曲は2人が好きなミュージシャンらしく。
いい曲だったなー

○○みたいな弾き方が出来る方法って
その手順を見せてくれたり
 Dだとしたら、ナインス加えて
 歪みのエフェクターかける、、だっけ?
最初やろうとして、ま、これはいっか。。に対し
えーって言われると
じゃー・・ってやってくれました。

waiting for manって曲だっけ?をやった後
「まぁ、俺は人を待ったことないんだけど、、
お前が歌うなって感じだけどね(笑)」って言ってて
そうなの???って思ってたら
後でその答えを百々さんがMCで話してて
なるほどーって。

それくらいでしたかねー
その後の百々さんのセッティングで思ったんですが
イスはドラム椅子みたいな
丸椅子がいいみたいで
・・百々さんは背もたれ付いたちょっと背の高めの椅子でした
それを腰かけるって感じじゃなく
ガバってまたいで後ろから座ってたのが印象的でした。

ギターの音色がキラキラしてたり
透明感があって美しかったり
かと思えばオールドなロックンロールだったり
とにかく一つのギターなのにいろんな音作れて
色んな音色を奏でられて
後で百々さんも言ってましたが
あれが世界の49位なのか、、って改めて思いました。
いやぁ、、とにかく素敵過ぎました。

続いて百々さん。
すでに1時間経過(笑)
そうか、ちょい押しで始まったとはいえ
そんな時間経ってたなんて思わなかったです。
はい、先に書いておきますが
この日もなかなかな長丁場でした。

百々さんいつもは白Tで
アーティスト写真がバーンって印刷されてるデザイン
ってイメージですが
この日は無地の紺の長Tでした。
足元はマーチンじゃなく
ベージュっぽいスウェードのブーツ。
何気に靴、結構変わってるかも。

にしても、、スタイル抜群ですよねー←言い方、古っ・・(゚_゚i)タラー
理想体型です。
顔小さくて目鼻立ちハッキリしてて
細身でお尻小っちゃくてキュってしてて。
でも腕辺りはわりとムキってしてて
いやぁ、、見ててウットリしちゃいますわ。

百々さんはソロの曲中心のセトリ。
ソロの曲はなんとか覚えて来られた!
あと何曲かカバーやってた?かな。

そのカバー曲でヤマジさんもコーラスに突如参加。
やっぱ後ろから来られるとビックリするねって、百々さん。
自分がヤマジさんのステージに飛び入りした時に
ヤマジさんが、百々さんが思ってた以上に
ビクーってしてたみたいで
「だってヤマジさん、後ろ向いてたもんね」って。

でもヤマジさん登場の仕方は
百々さんみたいにソロ~って感じじゃなく
すーって一直線に入ってきてたのが
なんかオモシロかったです。

百々さんお喋りはいつもですが
この日もいろいろ
特にヤマジさんとの思い出話を多めに話してました。

ヤマジさん、2日目の大阪で初めてステージに
お酒持って出たことで
「さっきも言ったけど、いい感じで揺らぎが出て
で、楽屋で、後で出てくるかなーどうするかな。
もしかしたら出さないかもしれないけど、、←えぇー!?
Dr.のコテイスイとヤマジさんスゲー
流石ギターマガジンが選んだ世界の49位でしたっけ?だねって
話してたんだけど(笑)」って。
さらに「あとヤマジカズヒデ、思った以上によく喋る!!(笑)
(お酒飲むことで)ちょっとこっちによって来たな」って
うれしそうでした。

ただ、一緒にツアー周るうえで気を付けないといけないのは
「集合時間を30分前で言っておかないといけないんですよね、、」
なるほど、これがさっきヤマジさんも自分で言ってた
"人を待ったことない"って意味なんですね(´m`)
「一番危なかったのが名古屋に向かう新幹線かな。
なかなか来なくて。
でもギリいい感じに現れて
改札通ってすぐ乗るって感じでしたかね」

「その次の日のチェックアウトも
・・チェックアウトは11時だったんだですけど、、
あ、でもあの日は先にメールもらってたんだ
(11時前に)今、起きたって(笑)
なので、じゃー遅れてもいいですよ、適当な時間になったら降りますって
(下で待ってると)でも受付のガールがちゃんと仕事する人で
まだですかって何度も電話してて
あ、あれヤマジさんにかけてるなって
でも30分以上過ぎると延長料金かかりますって聞こえてきて
多分じゃーすぐ出ますって言ったんだろうね
ちょうど30分で出てきたから」

好きな音楽が近いそうで
でもヤマジさんの方がその幅が広くて
「俺よりも年上でそれってすごいなって」
そう、確かに、演奏する曲も
いろんな感じの曲だったのが
この日は一番驚きでした。

「出会ったのは、、1999年位かな(2000年にはなってなかったはずって)
下北の屋根裏でdipとモーサムの対バンで、
当時俺は青のギター弾いてたんだけど
ヤマジさんはその頃から赤のなんとか(ブロンコ?)っていうギターで
それにはアームが付いてて
俺のには付いてなくって
その頃まだ福岡に住んでたんだけど
ライブ終わって福岡帰ってすぐに近所の楽器屋行って
そしたら、たまたまムスタングだけど
赤のアーム付いたやつ売ってて
すぐ買ったくらい。
でもヤマジさんみたいには弾けなかったけど・・」って。

「でもその頃、2マンの対バンで
楽屋一つしかなかったんだけど、楽屋の鍵閉められたからね」って
これは前も聞いたことありますが・・(笑)

1曲目『ポテトフォーピープル』から始まり
途中の『すきにして』から『箱船』の流れ
百々さんの色っぽい雰囲気満載でした。

ヤマジさんがあんなにループとか使いまくってたんで
百々さんもそういうのやるのかな?でもやらないよなって
思ってたら、やっぱりいつもの感じの弾き語りでした。
でもちょこっとなんかしてたかな??

そうそうって、次のライブのお知らせ。
(桃山準急の話はなかったけど)
3/31にこちらザーザーズーの店長さんだった
マティさんが退職されるってことで
はなむけライブを百々ヤマ穴キュウでやるって話。
・・・行きたかったよー。゚・(PД`q )・゚。

そのマティさんは百々さんにとっては
福岡時代からの先輩なんだそうで。
なんでマティって言うか知ってる?って
「スポーツしてていつも地黒で黒いから
クロマティから来てんだよ」って。
あはは。
地黒でって辺りでもしやって思ってしまいマシタが、、
「これ完全昭和の話だよね」って
分かる自分はバリバリ昭和世代っす( ̄▽ ̄;)

ステージに出てもらうかどうかは全く未定だそうですが
マティさんはベーシストだそうです。
濁声なのにグラムロックとかやってたって。

「ツアー一緒に周ってると
当然、お互いのリハしてるのとか見たりするんですけど
この曲やってたら、今のなんかエンケンさんみたいだねって
言われたのがあって、、」まで言いかけて
「あ、これ先に言わん方がよかったな・・
ハードル上げたか。。
ま。優しい目で見てください」
そんな前フリから
ラストの曲は『高架下の幽霊』
そうなんですねぇ~
いつもよりちょっと男前に歌ってた感じがしました。

ヤマジさんに比べたらちょっと短め、、だった?
百々さんソロ
いい角度から堪能させていただきましたー♪

<セットリスト>
 01.ポテトフォーピープル
 02.ピンチヒッター
 03.スーパッパ
 04.すきにして
 05.箱船
 06.カバー?
 07.高架下の幽霊
 ※カバーのやった位置・曲数は不明

最後は出さないかもなんて言われてましたが
ちゃんとコテ加わり、3人でセッション。
並びは横並びで
ステージ向かって左からコテ、百々さん、ヤマジさん。
百々さん、定番の白T
安定のアーティスト写真バーンとあるデザインでした♪
後で話してたけど、ルースターズらしい。
へぇーなかなかカッコよかったです。

コテの紹介で
「俺やヤマジさんの年収の倍稼いでるバンドの人」って
言われて
いやいやそんなって感じで手振っときながら
「あ、はいっ」って否定してなくって
え?そうなの?って思ってしまったんですが・・
そうなんですか??(笑)

オモシロかったのが、やる曲はだいたい決まってるけど
曲順が決まってなくって
曲名を書いた紙をヤマジさんから百々さんが引いて
書かれた曲をやっていくってスタイル。
しかも、コテはその何の曲を引いたかは
事前に教えてもらえず
ヤマジさんが簡単に言うリズムとコード
あとは百々さんの譜面台を覗き込んで
あーこれねって察してやるって感じで
完全コテ、いじられ役でした(笑)

いきなり1曲目に引いたやつが
「あれ、これリハでもやってなかったかも、、」って曲で
しかもコテ、原曲知らないってやつだったようで
なんとなくな感じで叩いてなんとか乗りきってましたが
「音頭になってたね」とか
「こんなゆっくりカンペ見れてやれたことはない」とか
ゆる~くダメ出しされてました。

というのも、ルースターズの『どうしようもない恋の唄』で
池畑さんはどっちかって言うと
前へ前へ行く感じで叩く方だそうです。
百々「めんたいロックとかってあまり聞かないんだ?」
コテ「あーないですね、、」
福岡の辺りだと
先輩に家に行くと有無を言わさずこれを聞け的に
めんたいロックを聞かされるそうですが
それを聞いてコテ「あーそれ、モトリークルーだった」ってゞ(≧ε≦o)
そう、コテはメタル好き。
ただ、初めて行ったライブは佐野元春だったとかで
佐野元春とメタルを聞いて育ったそうです。
※コテと百々さんは同い年

コテ参加は今回この東京が初で
急きょ決まったって感じだったんですが
前の名古屋・大阪では
スタッフさんとか店長さんとかに
ドラムやってる人がいて
現地調達だったそうです。
それがあまりに楽しくて、
東京ではコテに声がかかったということで。

そうそう、前々からヤマジさのツィートに
コテの名前が出てきてて
えーコテと繋がりあるの??って
ちょっとビックリしてたんですが
ここで一緒にステージ出るのを見れて
うれしかったです。

「じゃー次」って
最終的に最後までこのくじ引き形式は続いたんですが
ただ、ヤマジさんは何を引かれるか見えてるから
百々さんが選んだ曲名が次にはふさわしくないとか
これは最後にやりたいとかの想いがあるやつを引こうとしたら
「あ、それは、、」って言いながら引かせなかったり
「あ、それいく?」って言って他のを引かせたり
あとナイスな曲を引いたときは「おっ、いいね!」って言ったりして
そのやりとりがまた楽しかったです。

Voは2人で交互の時もありましたが
基本百々さんが歌ってることが多かった、、ですかね。

ここでもライブ中のお酒の話が出てきてましたが
「dipのメンバーに
いい加減ライブ前に酒飲むの止めろって言おうと思ってたけど
、、、ほどほどに(って言うことに)します(笑)」って。

ちょいちょい合間にルーツとなる曲の話とか出てきてて
なかでもコテのメタル好き話から出てきたバンドの曲を
ヤマジさんがさわりだけギターで弾いてくれてたみたいで←普段じゃありえない曲だそうで
「何でもすぐにギターで弾けちゃうの、すごいよね」って
でも1曲はそれに合わせて百々さんも歌い始めてて(しかも英詩)
やっぱプロはスゲーって思いました。
、、、途中アヤフヤになってましたけど。

コテは曲に対し細かい雑学がすごくて。
この曲のこういうところが、いいんだよねって。
でもそれ言っても意外と共感を得られてなかったりしてて
それでも話し続けちゃうところが
コテらしくってオモシロかったです。
あ、でも、一つ、途中に咳ばらいが入ってるって曲で
「さっき、俺やったんだけど、、誰も気づいてない・・ですよね」って
それは百々さんが
そういうのが完成した音源に入ってるってのは
その時代ならではでいいよねって共感してくれてましたっけ。

ほぼ洋楽カバーでしたが
中に最初にやった1曲と
もう1曲ルースターズの『Good Dreams』が入ってて
こちらももちろん、コテ、知らない曲だったようで
でもこれはリハでやったので
何とかそれっぽく仕上げてましたが
曲が終わると百々さんに
「分かった、コテちゃん、一度池畑さん紹介するよ。
ドラム論議聞いた方がいい」って(笑)

コテは一方的に合ったことあるって言ってましたけど(苗場とかで)
そのドラム論議(リズム論?)厳しいみたい。
あと、人としてもやっぱきっちりしてる方のようで
「迂闊に、あーそうっすねとかって返事してると
あ?ってなるからね」って。
なのに打上げとかで声小さいから
一言も?!(笑)聞き漏らさないように
ヤマジさん、めっちゃ口に耳近づけて
「俺、打ち上げではこうだもん」って。
その反面、花田さんはやさしいそう。ただし、声小さいとか(笑)

福岡といえば
この東京の後に追加で福岡のライブが入りましたが
百々さん「今回(名古屋・大阪・東京)3か所周って
チケット売れ行き結構よかったから福岡ブッキングしたんだけど
ただ、(売れ行き)イマイチなのよねー」って。
ヤマジさん「地元ー」
百々さん「あー、、俺、来年あたり
広島辺りに変えようかな、、本籍(笑)
あのねーやっぱ福岡はなんか斜に構えるのよ、、」
ヤマジさん「福岡捨てた男?」
福岡での百々さん
ちょっと見てみたい気がしました。
やっぱ地元だと雰囲気違うもんですかね。
知り合いと書いてるとか思うと
ちょっと違うのかも。

最後は「あんなに名曲揃いの後に
え?最後が俺のソロでいいんですか」って
曲はもちろん『ロックンロールハートイズネバーダイ』でした。
そりゃ、そうくるよね。

ヤマジさんギターの
『ロックンロールハートイズネバーダイ』は初じゃなかったですが
よかったなー
あと、『Good Dreams』のギターも
超よかった。あの印象的な裏の伴奏?っていうんですか?
あれ、確かテープエコーズだと見汐さんがピアニカ弾いてたと思うんですが
あれをギターで弾いてて
すっごいキレイでした。

熱く演奏して終わったので
終わりかなって思いつつも
アンコールの拍手。
もう22時回りそうな時間(開演18時よ)

しばらくして皆さん登場。
「楽屋戻って、拍手とか聞こえてくるけど
コテちゃんが、怖がっちゃって
もう、、やらなくていいんじゃない?って(笑)
・・・そういう訳には行かないのよ」って百々さん。
あはは。

コテ「でも、この興奮をお土産に帰るって言うのも
いいんじゃないかなーって、、、ねぇ、、」って
モゾモゾ言ってましたがスルー(笑)

百々「次の曲はリズムがどうとか言わないから!」って
ヤマジさん立って弾く気満々でセッティング。
しかも「あれ?なに、しれーっとループ作ってくれてるじゃないですか!」って。
そう、いつの間に裏で静かに鳴ってて
素敵♪

なので百々さんも立つスタイルになると
なぜかコテまで、「じゃー立って」って
そうそうこの日はバスドラなかったから。

始まった曲は、、、『悪女』!!
やったー♪ヽ(´▽`)/
これをアラバキで聞いて
初めて百々ソロに出会って
感動したのを思い出しちゃいました。

何度か書いてるかも?ですが
私にとっては『悪女』が歌謡曲との出会いと言ってもいいくらい
昔から馴染みのある曲で
しかも結構好きな曲で(やっぱ中島みゆきすげーって思う)
なので事あることに
色んな自分の好きなアーティストが
この曲をカバーする機会を耳にするとすっごくうれしくなります。

いやぁ、、今まで以上に
炸裂してものすごい熱い曲になってました。

最後百々さんとヤマジさん、抱き合って
(百々がひどく感動してた感じ)
手繋いで帰ってました。

百々さん「分かった!
コテちゃんも福岡に来てもらいましょう!」って
勢いで叫んでましたけど
どうなるでしょう~
・・・次の日渋谷で昔のアルバム曲やるライブだよん

池畑さんに紹介するって言われてただけに
確かにリズムかなり重ためな感じでしたが
知らない曲でも
なんとなくで叩けちゃうのはスゴイなーって
あとタンバリン叩くのはさすがにうまかったな(笑)

ってことで
いやぁ、、いいライブでした。
盛りだくさん。
椅子に座ってられてよかった・・
またやって欲しいです。

セトリはなんとなくですが
福岡終わったら
ヤマジさんがあげてくれそうな気がしてるので
ちょっと待ってみようと思います。
てか、あの3月の福岡の百々祭り
行きたい。。
 3/16(金)百々和宏とテープエコーズ
 3/17(土)ヤマジカズヒデ vs 百々和宏
 3/18(日)百々和宏solo


nice!(0)  コメント(0) 

月に吠えて笑い転げる ツノを出して強がりたい [音楽]

そうそう。
今年はついに年賀状をいただいたのに出さないというのを
実行してしまいまして・・・
まぁ、昨年も来たのにだけ
しかも年明けて数日してから発送したんで
すっかり枚数減ってきてはいたんですが。

なのに、です。
その枚数少ないにもかかわらず
なんと!
ここ数年では一番確率的に多いんでは?ってくらい
お年玉付き年賀ハガキの切手シートが
当たりまして(≧▽≦)←言うても2枚ですが、、
いい年になるぞーって
勝手に思っております。

でもThe Birthdayの渋谷クアトロ
ハズレたけどね(×_×;)

さて。
そんな2.8は
THE PREDATORS Arabian Dance Tour
@東京 Zepp DiverCity
でした。
IMG_4541.JPG

ついこないだ初日だったのに
もうファイナル。
初日は悲しいかな、30分以上も遅刻してしまいましたので
今回はバッチリお休み取って
行ってきましたよ。
番号さほど良くないってのに。

ただ、そこはZepp
余裕で端っこ2、3列目くらいの
視界良好ポイントへ入り込めました♪

で。
高橋くんもこの上なく良く見えたんですが
いやぁ、、かっこよかったなー
というか、もうニコニコ歌ったり
色んな表情しながら叩いてて
しかも映像収録の固定カメラ位置の方向だったのか
やったら目が合ってる気がして
かなりドキドキしてました。
もう、すっかり今まで以上に虜になってしまい
思わず買ってなかったDVD買っちゃおうかって
思ってしまったくらい(笑)
、、、一応、これは思いとどまりましたが・・
今回のツアーのDVDはきっと買うな(笑)

そう、ツアーファイナル、DVDになるそうですね。
でも私今までプレデターズは
シンペイくんがいた頃に出た1枚だけしか持ってなくって。
毎回出してたなんてね。

開演は10分弱押してましたか。
暗転してワッと押されましたが
端っこの方だったおかげで
その後はあまり押されることもなく
嫌な人もそういなく(ちょっとイラッとする人はいた)
よかったです。

もうあの例のツノツノ帽は被らず
普通に登場のさわおさん。
に、続いて高橋くん、JIROちゃんの順。
大歓声の中1曲目は!『爆音ドロップ』
おぉ~
なんか、一番最初の曲を
今になってもまだ1曲目とかに持ってきたりするのって
なんかいいなーって思います。
だってライブ1曲目って結構重要なポジション。
いい意味で変わってないってことじゃないですか。
さらにパワーアップされて
一気にテンション上がりました。

続いて『THIS WORLD』
イントロでoioiコール!
3ピースだから当たり前ですが
さわおさんのギターソロシーンはなんていうか
なんか変な感じしちゃいます(笑)
4ピースGt/Voが3ピースやるとありがちなパターン(´m`)

そして『SHOOT THE MOON』と
のっけからアゲアゲな曲連発です。
コーラスはJIROちゃんもバッチリやってますが
高橋くんも結構歌ってて
そうだ、そのマイクの方向くと
バッチリこっち向きになって
めっちゃ目が合ってる気がしたんだ。
そのたびにキャーってなってました(笑)

ここで最初のMC、、、でしたか?
正直全く覚えてないです。
なので適当です・・違ってたらスミマセン(多分違ってる気がしてきてる)

「久しぶりじゃないか!」って。
あと、最近ピロウズとかのライブでもよく言ってる
「ロックが好き過ぎてなどうのうこうのなヤツが!!」
みたいに煽ってくるのも言ってたっけな。

久しぶりに3人集まって
久しぶりにライブやったら楽しくてって。
最後までよろしくって感じのご挨拶から
『TRIP ROCK』
この時はさわおさん
マイクから離れてステージ端っこの前の方まで来て
リズムに合わせて ジャララララン!「オィッ!!」って
叫んでました。

「2018年もクレイジーババアに気を付けろ~」から
『Crazy Babar』
ふふふ。
この曲聞きながら高橋くん見るの
なんか楽しいです(笑)
あのMVのアニメ映像を思い出しちゃって(*´艸`)
めっちゃコーラスもしてました♪

合間の"HELLO!"なんとか付いて行けた(笑)
『Monster in my head』

そして「今回もカッコいい曲をJIROくんが作って来てくれた。
腰を揺らす準備はできているのか~!」からの
『Arabian dance』
そうか、これはJIROちゃんの曲だったんですね・・
全然どれが誰の曲か把握してないんですが。。
この曲はイントロ、Bassカッコいいです。

さっきの『Monster in my head』もそうですが
プレデターズの曲って
何気に合いの手というか
合間にフロアが参加できる曲
多いですね。
今回結構ライブ前に音源たくさん聞いて行ってたので
あ、これは!って分かってよかったんですが
そうじゃなかったら
なかなか寂しいものがあったかも・・

新曲続いて『TRADE』
そして大好きな『Smoky Surf Shop Boogie』
ワーイ!
この曲の合間に言うやつも楽しくて頑張るんですが
ぼやっとしてたら置いてかれそうになりドキドキでした(笑)

『Spooky trouble』は
結構テンポ難しそうな曲
っと思ったら、高橋くんの曲でした。
確か、前回作ってきた曲も
難しくてどうのこうのって言われてた気が・・(笑)
、、、このツアーでやらないぞって
真っ先に言われてたらしいしゞ(≧ε≦o)

この辺りでMC
、、だったような。
でももっと最初だったかも?ですが、とりあえず。

実は、ツアーの初日(1/18)の前日に
高橋くんが高熱を出し
もしかしたらインフルかも?って状態だったとか。
「ただ、そのインフルかどうかの結果が
(ライブ)前日の23時にならないと分からないって言われて。
もしそこでインフルだってなったら
もちろんツアーは延期になるし
でも前日の23時でしょ。そこからまぁ、SNSとかで流したところで
確実にみんなに伝わるかどうかも分からないし
もしかしたら夜行バスとかで既に出発しちゃってる人も
いるかもしれなしって

なので、仮にツアーは延期になったとしても
その日来てくれた人のために
何かやらないといけないなって思って
JIROくんと2人でミニライブとトークかなとか
でも知っての通り、プレデターズの曲って
弾語りには向かないじゃないか(笑)

じゃーどうしようかって
そこで、最近俺が大好きな
ゆりやんレトリィバァのドラえもんネタっていうのを
プレデターズ版に作ってみて、それをやってみようかとかって
俺お面まで買ってさ(笑)

いろいろ考えてたんだが、、
まぁ、結果はバカがバカみたいに高熱出しただけだったって
話で終わったんだが、、」

「まぁ、当日は高橋くん、まだ熱が下がってなくて
大変だったかもしれないけど
その後は無事、こうして全国周って来れて、、」
へぇーへぇーそんなことがあったんですね。
あのクアトロの日、全くそんな感じしなかった
、、、って言っても遠くて細かい表情まで
全く以て見えなかったんですが。
アンコールでもお酒ガッツリ飲んでたし(笑)

で、この時かな?
なんか受け答えが「まぁ、そうですね」とかって
適当な感じだったのを聞いて
さわおさんが「どうせお前はブログのことしか
考えてねーんだろ」って言われてて
大笑いしてたの。

『ROCK'N'ROLL LAY DOWN』
イントロかっこいい!
そしてさわおさん、サビの雄たけび
熱かったです♪

遅刻して行った日はこの曲の途中からだったんで
、、、ってことは
あの新曲たち、1曲を残して全部やっちゃってた後だったってことで。
いや、確かに、アンコールで1曲そうかな?って
思った曲あったのは覚えてるんですが
タイトル曲にしちゃー
随分ミディアムな感じの曲だなーって
思ってたんですが
そういうことだったんですね。。
あはは。

あ、ってことは、MCタイムはこの後だったか??
ま。いいや。

『God Game』は
壮大な感じがする曲

それに合わせたように
パッと壁みたら照明が当たって
壁に大きなシルエットが照らされてて
おぉ~って思ったのも
この曲だったかなー・・
位置的にさわおさんしか映ってなかったんですが
かっこよかったです。
反対側振り返ったらJIROちゃん映ってたのかなー・・

『Desperate Donor』終わりかな
「じゃーせっかくだから
JIROくんから一言」ってことで
メンバー紹介

「なんか、Zepp、広いですね。
俺、その前はアリーナとかでライブやってたのに(笑)
でも小さいライブハウスとかでもやれて
とても楽しかったです。ありがとうございます」
そう、やっぱZeppはデカいのを
クアトロとかリキッドとか行った後に行くと
感じます。
ステージも横幅長くて
端っこ行くとその反対側の端っこは
ホントに遠くてほぼ見えない、、って感じですもん。
でも見やすいですけどね。

続いて高橋くん
「始まるときにステージ入る時
さわおさんが最初でワーってなって
その後俺が出て、JIROさんが続くんですけど
そのせいか俺が出て行っても
俺の事は誰も見てなくて、視聴率ゼロ!なんですよ。
それを言ったら
じゃー今度は少し後から行くねって言ってくれて
大阪、、だったかな、そうしてくれたんですけど
それでも結局、袖のところでJIROさん待ってるのが見えてるから
結局俺のこと視聴率ゼロは変わらなかったって、、、」

さわおさん「それがプレデターズだから(笑)」

でもその後「高橋-!」って歓声
たくさん上がってたし
どっか、曲の合間でチューニングしてたら
「JIROくんや高橋くんより
俺の呼ぶ声、少ないんじゃないか?
ご覧の通り、撮影入ってるから
あのー、、あとで別録りで「さわおー」って声だけ
録らせてもらうから(笑)」って言ってたくらい
今回、歓声は皆さんに対しタップリだった気がしました。

あ、思い出した!
たくさん名前呼ぶ声飛んでたんですが
チューニングに時間かかってると
だんだんシーン、、、ってなってきちゃって
さわお「飽きんじゃねーよ」って喝!入れたの
オモシロかったです(≧▽≦)

『BRAIN CALLY』は
あの guilty!罪と罰を ってとこが
カッコよくってテンションあがります。
JIROちゃんの低音ボイスが響きますな。

出だし、弾語り風にさわおさん1人で歌い始めた
『Dizzy Life』も
素敵でした。
ラストのアウトロって言うんでしょうか
曲が終わったと見せてまだ続く部分
あれがまたカッコいいんだなー

からの『Risky Revolution』
いい流れだったなー

、、、って完璧セトリは拾いもんなんで
自分ではほぼ覚えてない上
今回MCもどこで入ったか記憶定かじゃないんで
この曲の前に入ってたら、
あはは。。って感じなんですが、、(゚_゚i)タラー

「よし、ラストスパート
よりプレデターズらしさを見せてやる!」だっけ?
急に袖に行って
何やら受け取ったって思ったら
はい!例のあの帽子!!
初日は被ってなくって
もう卒業しちゃったのかなーって思ったんですが
『Nightless City』

ターララッタタ~って効果音鳴って
『Hurry up! Jerry!』
この曲もかわいくて大好きな曲。
アッという間に終わっちゃうのも
かわいくて好きです。

そして、高橋くんドラムソロがあったのは
ここでしたか?
さわおさんとかパッと端へ寄って
センターあけてあげてて
スポットライト浴びて
おぉ~って感じでした。

キュウちゃんのドラムソロとか達也さんのドラムソロは
見慣れてるけど
高橋くんドラムソロほぼ初めてでドキドキしちゃいました。
なんだっけ、なんかシンバルをパシって手で止めて
"ポッ"って感じで無音の状態を作ってるとこが
なんかオモシロいって言うか
新鮮な感じがしました。
また高橋くんのドラムソロ見てみたいです。

そこから『LIVE DRIVE』
この辺りでさわおさん
思いっ切り頭振って
帽子下に落としちゃってたっけか?

そしてラスト!『WILD TIGER』
すっかりこの曲ラスト曲の定番となりつつある感じ。
盛り上がって終了!

続いてアンコール。
「アンコール、サンキュウ!」
ここではあまりMC、、してなかったっけ?
あれ?グレデターズネタはここだっけ?

「1回新曲を出してツアーを周ると
また数年空いてっていう感じになってしまうことが多いけど
これからはこんなにスパンあけずに
もっとフットワーク軽く
ワンマンじゃなくても、もっと小さいハコとかでも
やっていきたいねって言ってたんだ」って。

ワーイって喜んでは見たものの
いやぁ、、小さいハコは
チケット結構大変なことになるんでは??
ましてやイベントとかって・・って
ちょっと心配なったりも。

そんなMCからの『Trinity』
そう、初日これを聞いて
あ、これ新曲なんだなってすぐ分かったけど
なんていうか、っぽくないなって感じもして
不思議だったんですが
4曲の中の1曲だったってことで
スッキリしました(笑)

なんかプレデターズのことを歌ってる感じで
そしてさっきのMCで言ってたことを歌ってる感じもして
いい曲。

ジーンとした気持ちから
今度はまだまだいけるか~的な感じで
『Typhoon Jenny』
この曲もかわいくて大好きな曲!
今回なかなか好きな曲がたくさんセトリに盛り込まれてて
うれしかったです。

「ありがとう!!」

もちろん、ダブルアンコール
今回はしっかり待機(笑)
追い出し曲が終わってしばらくして、、、
メンバー登場。
皆さんビールで乾杯。
、、、黒ラベルの
しかもGLAY缶でしたか?
なんか高橋くんがフロアに向けて見せてたように思ったんですが。。

で、さわおさん。
「あのー。。ちょっとお時間いただいてもいいですか、、」って
またまた袖の方へ何やら受け取りに。
あ!ゞ(≧ε≦o)

はい。さきほどMCでも言っていた
高橋くんがインフルだった時
代わりにやるネタ用の
ドラえもんのお面。

それをかぶり、、
さわおさんの、プレデターズについての愚痴を。
、、、元ネタ知らないんですが
聞いたところによると
ドラえもんが愚痴を言うって感じ?

内容的には
高橋くんってひどいんだよって話でしたっけ。
なんでもブログのネタにされ、
曲だって20点のものをさわおさんとJIROちゃんとで
100点のものに仕上げてるって
だからもうJIROちゃんも高橋くんの曲なんて
採用しなくていいよーって。

あとは、、なんだっけなー。。
SEまでかかってて
ピッタリネタ終わりで曲が終わるの。

ネタ終わってJIROちゃんが
「すげーSEまでピッタリ」って感心してました。
なんでもこれは、「のび太が自慢するときのテーマ」らしいんですが
たまたまHISASHIがこれをヨウツベにあげてたようで
(自作??)奇跡のコラボらしいです。

「いやぁ、、おもしろいわ」って
何度も感心してました。

そしてグレデターズの話。
もともとはJIROちゃんの誕生日会のサプライズとして
JIROちゃんを除くメンバー3人で
プレデターズの曲のMVを撮って流すって形で
やり始めたそうですが
それもすっかり恒例になり
今では、ってか今年は
スケジュールの都合で
こっちの(本家)MV撮影よりも先に撮ることなり
音源も出てないからデモテープ的なのを先にくれって
言われたそうで(笑)

「きっとあれだろ、俺や高橋くんなんて
足踏み入れたことのない、六本木の最上階で
恐らく、、パスタにタバスコなんてかけないで
そうだな、金粉かかってるようなパスタとか出てくるような
パーティなんだろ」って。

そのMVはちゃんとさわおさんたちにも
くれるそうですが
見た感想
「Gt/VoはHISASHIくんで、
これは、普通にカッコいい。
でも、普通にカッコいいのはHISASHIくんだけで
BaはJIROくんに似せてなのか
TAKUROくんが金髪のズラ被って、
普段滅多に着ないであろう、首のつまったTシャツ
そしてDrはTERUくんなんだけど
高橋くんに敬意を表して!?
パンチパーマのズラで、
なんてったて、東京ドームであったX-JAPANのライブに
パンチパーマで行った男だからな。
でもさ、まだTERUくんは、いいんだよ
パンチパーマのズラは笑いにかかってるから、、、
TAKUROくんは、、、どうなのかな~(笑)」

JIROちゃん
「しかもアラビアンダンスで シェイク!ってとこ
こうやって(ズラ持ちあげて足がに股で)シェイク!ってやってたり
ときどきハッ!とか言ってるから(笑)」

さわおさんも
「あれはオマエだろって歌詞のところで
オマエは誰だーって言っててさ
歌っててそこが来るとずっと頭の中で
オマエは誰だーって(突き刺さって)くるんだよ(笑)」

「前回のDVD出す時に
これを特典映像としてくれないかって言ったら
TAKUROくんからはOKもらったんだよ。
でもTERUくんからパンチパーマはちょっと、、って」

「そしたら、この前さいたまアリーナだっけ?
高橋くんと2人でライブ見に行ったら
最後のエンドロールみたいなところで
一瞬だけどあのグレデターズの映像が流れてさ
あれー!って。

でもさ、あきらかに、プレデターズのDVD見る人数と
GLAYのライブ見に行く人の人数から言うと
GLAYの方が多いだろって。
だからTAKUROくんにさ、
何で急にTERUくんOK出したのって聞いたら
TAKUROくん、あぁ、あれ、TERU知らないと思いますって。」
あははー
そのTAKUROの回答の仕方、めっちゃ言ってるとこと想像できました~(´m`)
でもってTERUは知らない、、これも分かる気がします。
でもこの日はライブ見に来てたから
それでバレちゃいましたね(笑)

もらったDVDにはポストカードまでつけてくれるそうで
(そのメンバーに扮した写真の?)
「メルカリで売ってやろうかと思った」って。
サインはちゃんとBass TAKUROってなってるとか。

JIROちゃん「スイマセンっ!!」って言いつつ
「この(トークタイムの)時間が一番楽しいですね」って。

「いやぁ、、なんかさよく
俺が自由気ままにって思われてるみたいですけど・・」
そんな前フリから
「最後、LIVE DRIVEが終わって高橋くんのドラムが入って
WILD TIGERに行くところあるじゃない
あのドラムがどうもDizzy Lifeと似てるらしくって
広島だったかな、、でLIVE DRIVE終わって
次の曲に向かうドラムが鳴り始めて
そしたらあれ?これ。Dizzy Lifeじゃねーかって。
でもさっきやった曲またやる?って
あれ?でも、あれ??って
もうそれだけで俺パニックになってるのに
高橋くん普通の顔して叩いてるし
さらに横見たらJIROくんまで
ふふん~って感じでそのDizzy LifeのBa弾き始めちゃって
え?え?って

で、モヤモヤしたまんま何とか続けてたんだけど
もうダメだって思って一旦曲止めて集まって
今、何が起こってるの?って聞きに行ったら
高橋くんが真顔で、さわおさんが間違えたんだと思いますって。
え?って思いながらもそう言うから
ああ、そうなのって。
ただですよ、こうしてる間も、ライブは刻一刻と過ぎて行ってますから
そこは気を取り直して
じゃーもう1回やるよって
WILD TIGER!って歌ってるけど、気分はWILD TIGER、、、、って感じで
で、終わって楽屋戻ってもう1回聞いたら
いや、高橋くんが間違えてたって。
でもJIROくん、Ba入ってたよねって言ったら
いや、オモシロいかなーって思ってって。」

JIRO「でもさわおさん、ちょっとギター入ってましたよね
チャカって。」
さわお「いや、あれはさ、何て言うの、条件反射と言うか、、」
JIRO「それ聞いて、よっしゃーこっち来いーって(笑)」
高橋「しかもさわおさん、俺が、間違えてる思いますって言ったら
あ、ホント?ゴメンって小さい声で言ってて・・(笑)」

ちなみに、そんな1回やった曲を
もう1回同じライブでやることなんてないだろって言う
さわおさんに対し
JIRO「GLAYではたまにありますよ。
TERUが間違えてタイトルコールしちゃった時とか、、」って
ケロッとした顔で言うと
「それは、相当オカシイ」って。

その流れで、だから意外と自由奔放なのは
JIROちゃんや高橋くんで
イロイロ大変なんですよって訴えたいさわおさんの話。
「かなり長い話を一部ギュッと凝縮して言うと、、」って。
さっきグレデターズでも撮影したって言う
アラビアンダンスのMV、本家の方の撮影で。

これは照明を赤と黒の世界でやろうって話になってたのに
なぜか用意されてたのは赤青黄色で
「なんで信号の色なんだよっ!」って
相当キレて監督さんとバトルしてたというさわおさん。
JIROちゃんは神妙な顔つきでそばにいたのに対し
「高橋くん、他人事のようにドラムセットしててさー」って
その素振りを見せるさわおさん←相当オモシロかった(笑)
「逆にオモシロくなっちゃってさー
ちょっと、高橋くん、なんでそんなことしてるのかなーって」
そしたら高橋くん「いや、違うんですよ。
監督が高橋はドラムセットしててくれって言われたんで、、、」

あーだこうだ揉めて
ダンサーさんとか5時間待ちとかになって
結構迷惑かけたとかって。
「なのに、そんなことがあったのに
仕上がり見て、JIROくん、
これ、モノクロにしたらもっといいかもしれないですね~って
いや、だって、さっき散々あんなに照明の色のことで
揉めたってのに、モノクロにしたら、、なんて
普通言えないだろ?」

さわお「ま、JIROくんにとっては、作品を良くすることが一番だもんね。」
JIRO 「・・・んだっ!!!」
さわお「(笑)」

JIRO「いや、さっきさわおさん
俺が神妙な顔つきでって言ってましたけど
さわおさんがキレ始めた時
心の中でキタキタキターって(笑)
しかもMgがメイキング撮ってたんだけど
その時カメラ下してるから
おい、何でカメラ下してんだよ、撮れ!って(笑)」

この話、最高でした。
さわおさん、増子さんやコレクターズの加藤さん・コータローさんからも
山中は真面目だからってよく言われてるのを聞きますが
こういう話を聞くとさらに
あーホントなんだなって言うのを感じます。

「じゃー、、やるか」って言って
最終チューニングチェックしてると
高橋くん「あ、これ、やるって言ってやらないパターンですね」って
ポロっと言っちゃうと
さわおさんにチラっと睨まれ?
「あ、、と、思います、、、思いました(笑)」って
弱気になっててオモシロかったです。

最後は『Tyrant』
コーラスみんなでやっていい感じ。

「ありがとう!」
最後JIROちゃん、こっち側の端っこにも来てくれました。
高橋くんの退場の歩き方が
ヤンキーチックでぷぷぷって思ってしまった(*´罒`*)ニヒヒ

ってことで、いやぁ、、よかったなー
さわおさんメルマガでも書いてましたが
なんか3人のまとまりっていうか
バンドらしさっていうかが
より深まった感じで
とってもいい感じでした。
3人のスケジュールそろうの、なかなか大変かとは思いますが
またちょいちょいライブやって欲しいです。


<セットリスト>
 01.爆音ドロップ
 02.THIS WORLD
 03.SHOOT THE MOON
 04.TRIP ROCK
 05.Crazy Babar
 06.Monster in my head
 07.Arabian dance
 08.TRADE
 09.Smoky Surf Shop Boogie
 10.Spooky trouble
 11.ROCK'N'ROLL LAY DOWN
 12.God Game
 13.Desperate Donor
 14.BRAIN CALLY
 15.Dizzy Life
 16.Risky Revolution
 17.Nightless City
 18.Hurry up! Jerry!
 19.LIVE DRIVE
 20.WILD TIGER

 EN1.
  Trinity
  Typhoon Jenny

 EN2.
  Tyrant


nice!(1)  コメント(0) 

BLAH BLAH BLAH~♪♪♪ [音楽]

恵方巻、いつからそんなに
みんながこぞって食べるようになった??
しかももはや巻き寿司じゃなくって
なんでも巻いてありゃOKみたいな感じで。
そんなんでご利益あるのか
てか、恵方なんて
みんな北がどっちかとかって分かって生活してるんですか?
・・・あ、これは知らない方がダメか。。??(笑)

ハロウィンの仮装もそうだけど
そういうの、基本、必要と思うことしか
いくら世の中的に大騒ぎされていようと
やりたいと思わない性格です。

さて。
そんな2.3は
武藤昭平withウエノコウジ
BLAH BLAH BLAH オープン記念スペシャルライブ
@西早稲田 BLAH BLAH BLAH
でしたー。
IMG_4538.JPG

西早稲田 BLAH BLAH BLAH
こちらはピロウズでBaサポートもしていた
鈴木淳さんがオーナーのライブハウス。
noodlesのDr.AYUMIちゃんが
突如バンド脱退って、なんで??って思ったけど
その後にこの話が公開されて
そうか、、と。

はい、なのでもちろんAYUMIちゃんも
お店で一生懸命働いていらっしゃいました。

お店は高田馬場から歩いて10分くらい?の
西早稲田商店街からちょっと入った場所にありました。
この西早稲田商店街がなかなか楽しそうな感じで
学生街ってこともあってか
食べ物屋さん通りに途切れることなくたくさんあって
ちょっとブラブラしてみたいなーって
雰囲気ありました。

店内は地下で(入り口は1階)
※ちなみに楽屋は2階
 ↑待ってたら下から淳くんに続いてメンバー出てくるとこ遭遇
 2階ですって案内したら、成功すると違うなー淳、だっけ?
 ウエノさん言うと、まだ成功してませんよって淳くん。
ステージに向かって
縦にテーブルが3列あって向かい席で計6列となり
全員がテーブル有の席の作りで
なかなかゆったりした気分で見れました。
後ろは高めのテーブル&イスになってて見やすいし。
※キャパ50らしい

ドリンク代は500円でしたが
メニュー見る限り今はオープン記念だからみたいで
今後は600円になる感じ?
フードのメニューも豊富で
しかもどれも美味しそうで
私もお腹空いてたんで
1品頼んだんですが
値段に比べると量も多めで
美味しくて大満足でした♪
テーブルあると食べやすいからいいよねー

AYUMIちゃんから運んでもらっちゃって
どうもすみません。。って気分。
IMG_4540.JPG

さて。
ライブは、、19時スタートでしたが
10分弱押してスタート。
登場のお2人
この日の節分にちなんで
小さな鬼の面、頭に付けてきてて
かわいかったです(笑)
みなさん、パチリあちこちでしてて
しかもこの日はライブ中もかなりみんなパチリしてる場面ありましたが
なんかそういうの、気になっちゃうんだな・・
別に武藤ウエノのライブではいいみたいですが
でもなんかね。
、、って言いながらいいね付けて保存しちゃってるんですが。。

席に着くなり
喋り出すのは恒例ですかね(´m`)
この日は後輩の淳くんのお店ってこともあってか
学生時代の思い出話満載で
すっごく笑わせてもらったんですが
話してるウエノさんが一番楽しそうでした。
だって曲やってる間に
「次、何話そうかなって考えてた」って
しかも2曲くらいやった後
「もう今日は歌はいいんじゃないかな、このままトークだけで、、」とかって
言いだしてて(笑)
「俺一人楽しみ過ぎ?」って心配しちゃうくらい
ご機嫌でした。

ってことで、、予想通り、記憶曖昧なので
MC覚えてる限りのメモ書き程度ですませます。。
順不同デス・・

ウエノさん・淳くんは29年来の仲だそうで
「1987年に俺が明治学院大学に入学して
その2年後に淳が入学したんですけど
歳、同い年なんですよ?オカシイでしょ?」って。
一瞬、ん??って頭の中疑問符だらけになったんですが
淳くん後ろから「早生まれだからでしょ!」って
そうだ、、ウエノさんが3月生まれだからでした。
※本当の学年は一つ上
「俺も浪人してるから、、あいつは2浪してんだね」って。

そう、それ、キュウちゃんと学年一緒だったって話を聞いたときに
あれ?キュウちゃん1つ年下で
さらに浪人してるって言ってたのを知ってったんで
え?ってことは、淳くん2浪??って
驚いた記憶が昔あるので
この日はビックリはしなかったんですが
そこまでして大学に行きたかったのに
確か、、卒業はしてないって話も
薄っすら聞いたことがあって(間違ってたらスミマセン!)
・・・。
いろいろありますねって。

一浪は私の周りにもたくさんいて
高校生活満喫して大学は希望校に入れるように浪人するってのは
よく聞く話ですが
2浪はさすがに、東大・京大とかならまだしも・・って
思ってしまうんですけど。
って、まぁ、今となってはどうでもいい話ですが。

明学には音楽サークルが3つあるらしく
チバさんとか淳くんが入ってた「ソングライツ」
そしてキュウちゃんウエノさんが入ってた「世界民族音楽研究会(通称セミ研)」
あとフィッシュマンズの欣ちゃんなんかが入ってた?
フォークソング部(だっけ?)って。
そうか、淳くんとキュウちゃん
サークル違ったんですね・・

ウエノさん「これがさ、キュウちゃんがなんでか分からないんだけど
セミ研出身だって言いたがらないんだよね。」
武藤さん「じゃー今度会った時に
セミ研だったんだってーって言ってみましょうか」
ウエノさん「そうだね、そしたらあいつ、あ、あぁ、、って
苦虫を潰したような顔で返事すると思うよ」って
あれ?でもブログとかでは
公開してませんでしたっけ??
特に隠してる感じしてなかったんですが・・
それはウエノさんからの情報が多かったからでしょうか・・

で、ウエノさん曰く
「淳は出会ったころは大丈夫ってくらいな感じで
髪、ロン毛で(ベースの)ストラップも
すんげー長くてこんな風に(下の方)構えてて
それが年が経つにつれて、若返ってるのか
髪も短くなって
ストラップの長さも普通になって来てさ」

そういうウエノさんも、割りと昔は
長めのストラップだったそうで
「当時はあまりストラップ長めって売ってなくって
探すの大変だったのよ」

淳くんとキュウちゃんが組んでたバンド
クラウン様ってのはよく聞く話ですが
こちら、元はクラウンってバンド名だったそうで
その間2回くらい名前変わって
(その一つがHGM=ハイオクガソリン満タン 笑)
最終的に落ち着いたのがクラウン様だとか。
「なんか変えようって思ったけど
結局落ち着かず、でも戻すわけにもいかなくて
、、、様付けたんだろうね(笑)」って
ウエノさん的解釈がオモシロくって。

曲は川?河?
内容的には、淀んで底も見えないような川がある街で
俺は暮してる的な歌だった?
しかもアマチュアバンド選手権的な番組をTVKでやってて
それにクラウン様が出演したそうで
「だからキュウも淳も
初テレビはTVKですよ」って。
武藤さんが「それYTB上がってないですかね、、見たいなー」って
さすがにビデオテープ時代だから厳しいんじゃ・・

そのクラウン様のVoでしたっけ?
・・その人はキュウちゃんとウエノさんと同じように
ケーキ屋さんでバイトしてたそうで
結構ガタイデカく、いい体してたそうですが
「そいつがさ、ライブで出て行くじゃない
そしたらまず最初に服バーッて脱ぐんだけど
その脱いだ服を丁寧に畳むのよ(笑)
畳み終わって、歌い始めるっていうね。。」
そういうパフォーマンスだったとか。

その3つの音楽サークル合同でライブがあるそうですが
「当時、だんなって呼ばれてた人がいて
(京都出身だからだんな、だったとか 笑)
そいつが自分で一升瓶持って来て
自分で割っときながら
その破片で自分で踵落としちゃって・・」
痛々しい。。

で、自分の体から移植するそうですが
そういう時たいていお尻とかからするそうで
「ケツから移植したらさ
しばらくしたら踵からケツ毛生えてきたって
実話よ」って。

そのだんなってアダ名もオモシロいですが(由来)
他にもBGINの人に似てるからって
ビギンってアダ名の人とか
「若い頃はバカだよねー」って

そのあだ名の話、前半にあって
後半休憩後に
「さっきウエノさんのあだ名は?って
スタッフから聞かれたんだけど」って。
話の感じからして、
特にオモシロあだ名はなかったようですが
「洋名がいいなって思う時期があってさ、、、
Jから始まる名前がいいなって、
ある日後輩に、今日から俺はジョニーだって言ったんだけど
誰も呼んでくれなかったねー・・
それがミッシェル入ってすぐ位の頃で
当時は屋根裏かラママか、いいときはロフトかでライブやってたんだけど
あるライブに2人お客さん来てくれてて
その子はまだその時中学生2年か高校生かくらいだったんだけど
今では2年に1回くらいかな、来てくれる時があって
会ったら、ジョニー!!って呼んでくれるよ。
その子だけかなー呼んでくれるのは(笑)」

で、武藤さんが「じゃー今年はジョニーにしたらどうですか?」って
お客さんから「ジョニー!!」コール入ると
「いいねー」ってニッコリ(笑)
・・てか、なんでジョニーなんだ??ゞ(≧ε≦o)

明学、戸塚キャンパスの時代
軽トラ持ってた友達がいて
何人乗れるかって試したことがある
「11人?(17人だった?)乗れたよ」って。
坂道あるんだけど
帰りは下りだから、、、って。

そうそう、明学、私名前知ったのって
昔戸塚に住んでたことあって
家の近所の道に「明治学院大学コチラ→」的な
看板があったのを見て、、なので
まさか本校が白金台なんていうオシャレ~なとこにある大学だなんて
大きくなるまで知らなかったよ・・って。

てかさ、被ってた時期なかったかな?って
計算したけど
ギリ自分が引っ越した後くらいかな、、入学してきたのはって感じでした。
残念(笑)
って、、別に被ってたからって
何のアレもないですけど・・・( ̄▽ ̄;)

そうそう、出てきたとき鬼のミニ面頭に付けてたやつ
しばらーくそのままで話してて
急に「あっ」って気付いて
取り外し
「武藤さん、鬼見た事ある?」ってウエノさん。
「武藤さん「・・ありますよ、、、今度武道館立つ、、」って。
あはは。
ウエノさん「そう。でもあいつは鬼だけど
世界一やさしい鬼ですよ」って。

曲終わりはたいてい、ジャカジャカーって長く続く部分を
ウエノさんがハイって言って切って終わるんですが
ある曲によっては
スパっとギターで終わるものもあり
・・・カットアウトと言うらしい?
この時は終わってすぐに拍手がないと武藤さんが
ハイって言うそうで
「武藤さんのハイ、俺は好きなんだけど
それ言う前に拍手、、していただけませんか?」って。
2曲くらい
「じゃーアウトロからやり直し」って
やらせたのあって、オモシロかったです。
拍手起きると武藤さんめっちゃ満面の笑みになるんで
こっちまでうれしくなります。

『ワーチングマチルダ』で
最後ラララのところ
やっぱり合格点達してなかったようで
曲の途中でウエノさんが
まさかの(笑)ふて寝。
…ベースのくびれのところに頬付けて寝ちゃう
この顔がかわいくて。
武藤さん「ウエノくんがふてくされて寝ちゃってますので
どうかみなさん、もう1回。。。」って。
「今日はこれで勘弁してやるけど
次はこんなもんじゃ許さねーからな!」って。
でも、西早稲田初上陸ってこともあって
徐々に浸透させていきたいとのことでした(笑)

ライブハウスがある西早稲田は
近くに早稲田大学があるってことで
通りにラーメン屋さんとか中華料理屋さんなど
飲食店多く立ち並んでて
、、、からラーメン屋さんの話題で。

コータローさんと飲むと
〆にグッバイラーメンっていうのがあって、、って
で、仙台でコータローさんに連れて行かれた
そのグッバイラーメンのお店
「俺ら(もう一人いたんで)選択の余地なしですよ。
コータローさん、みそ3つ、味、厳しめでって
厳しめって何だよってね(笑)」
いやぁ、、この話、最高でした。
確かに味は厳しめだったそうで
濃い目で塩分タップリ、、な感じってことでしょうか。

あと池袋で飲んでた時に
コータローさんが「今池袋で一番ヒップなラーメン屋
連れてってやるって」
あの辺りでコータローさんと言えば「フェース」ってくらい
有名ですから
いろいろご存知ってことで期待してたら
行ったの、天下一品だったって。

そんなコータローさん
マズイと思ったら3口以上は食べない
3口まではエチケットってことで食べるそうですが
「たださ、チャーシューとかメンマとか
きれいに麺の下に隠して帰るんだよね」って。
コータローさんネタは尽きないですね(´m`)

そう、その西早稲田
ウエノさんも話してましたが
1軒味噌ラーメンの老舗っぽいのあったよねって
私も、思ったのあり
調べてみたら、、「えぞ菊」ですかね。

武藤さん的にはこの辺りは銭湯もたくさんあって
馴染みが深いそうで
3分あげるからって武藤さんに銭湯話タイム許可(笑)
ただ、許可しときながら
話してる間咳払いしたり
次の曲で使うバズーのチェックで
ブーブー音鳴らしたりして

将来はそっちの方向でやっていけば、、って言うウエノさんに
「銭湯のオーナー的なのは世襲制だから
いきなり俺がやるのは、、無理なんですよねー」って。
へぇーそうなんだ。

でも銭湯の中に書いてある富士山とかの絵
あれを専門の人に習って勉強してみたい気持ちはあるとか。

興味なさそうなウエノさんでしたが
一つ急に思い出したようで
ウエノさん「そういえば、昔は銭湯にアカスリというか
背中流してくれる人いたよね?」って言うと
武藤さん「三助さんでしょ?」
ウエノさん「え?一人なの!?」
・・・三助という名前のお仕事らしいです(笑)
でも実際、後継者がいなく
最後の三助さんと呼ばれていた方が辞めてしまい
今はいないとか?

最後その三助さんに
背中パシッパシッて叩いてもらって仕上げてもらうそうで
それ聞いて
ウエノさん「あーそうそう、そういうイメージだわ」って。
へぇー初めて知りましたー

後半は2/28にリリースされるアルバムの話も
曲披露もたくさん。
手前みそながら、いいアルバムだなって
お2人とも。

ウエノさんが武藤さんが作った曲を褒めてたら
「俺ちょっと今日、武藤さんほめ過ぎ?
もっといじった方がいい?」って言うもんで
武藤さん「今日のいじられ役は
淳くんでいいんじゃないですか」って。
でも「もうオモシロ話なくなってきちゃったんだもーん」って
オモシロ過ぎ。

その中で1曲(凡人讃歌だっけ?)MVを撮ったそうですが
「俺、全く演奏シーンない曲初めてかも」ってウエノさん。
なんでも今度のMVはひたすら
2人で飲んでるシーンだそうで
しかも「俺らすごい住んでるの近所で
なんなら醤油も借りれそうな距離なんですけど、、←これツボった!(*´艸`)
そんな近所の、普通でも来そうなとこにあるお店
3軒くらいみつくろって、、、」って。

で、その演奏シーンがないの初めてかもって話で
武藤さんが、「あれ?(ミッシェルの)○○は、、、」って言うと
「あれはね、、最初演奏シーンあるんですよ。」
「そうなんですね。なんかキュウちゃんが
ひたすらバイクに引きずり回されてるのが印象的だったんで、、」って
「あの時はね、確かまだレコーディング中で
でもビデオも撮らないとって
ささっと演奏シーンだけ撮って
で、レコーディングってドラムが先に音録り終わるから
残りはキュウちゃんに行って来いって行かせた気が・・」って(笑)
で、「これでしょ?」ってチラッと
ベース弾いてくれたけど。。
うーむ、、何の曲でしょ。
検索してみたけど、、『暴かれた世界』??
でもこれ、キュウちゃん
バイクに引きずられてると言うよりは
バイク乗ってる、、ってシーンでしたが。

そこからMV撮影は結構大変だって話
本当に演奏してないけど
してる風にしないといけないし
1曲撮るのに全体で3回くらい
個人で3回くらい
撮るんだとか。
「でもドラムは見切れるから
常に本気で全部やらないといけないんで、、」って
武藤さん。
そうか。
確かに!(笑)

ふと、金管とかって指何押さえてても
誰も分からないだろうから
いいなーって思ったって話。

そこから金管、ウエノさん
トランペットやってみたいってチラッと。
でもトランペットは唇が疲れるから大変だって
あれで音作ってるようなもんですからね・・
、、金管はどれも大変な楽器だと思います。

先月?九州を周った時の打上げでの武藤さんは
グッド武藤だったようで
制服の話で地元の地名とか出てきて
みんな大盛り上がり。
でも、武藤昭平はーって話だしてる時は
バッド武藤だそうで
過去に3人寝っという記録を打ち出した、とか。

なんかの話の流れで
「エ○○エルと着てる物は
あまり変わらないと思うんだけど?」って
黒シャツピラピラって。
・・・そう言われてみると、まぁ、、確かに(・◇・。)
「ただ、顔面は大きく違うけどね」って
うーん、、、そこは好みのもんだいだからなー・・

「俊美さんみたいにシュッとしたいんだけど
俊美さんてなんであんなカッコイイの?」って
やっぱみんな俊美さんカッコいいって言うんだなーと
思った件。

ウエノさん的にはMステ同じ日出演=対バンした
だそうで(笑)
エ○○エルもゆずとも対バンしたことある
お2人(武藤ウエノでの出演ではなく加山さんのバンドで)
しかもエ○○エルの時には
まさかの、画面に見切れてた武藤ウエノ(笑)
あとゆずの2人は
見てる時の席(場所)が同じ段だったとか。

前も言ってましたが
「でもあのハ○の方、すっげーいいやつだったよ。」って
その呼び方!!ゞ(≧ε≦o)

トイレで一緒になって「お疲れ様でしたー」って
言われたとか。
「あの時、今度対バンしましょうとか言っとけば良かったなー
BLAH BLAH BLAHで(笑)」
武藤さん「思いっ切り昼の部/夜の部って感じですけどね」
ウエノさん「誰が夜やねん!!」

あと、、何かで
○○と□□って単語が出てきて
「○○と□□」って曲書けるねって言ってたの
あー、、おもしろかったのに
なんだったっけー?
場面すら思い出せない(×_×;)

ギターを叩くとピックアップとかに影響あるんでしょうかね
最後1曲ドラムソロってギター叩いてたら
その後、武藤さんのギター音鳴らなくなっちゃって・・
最後はシャランシャラン言った感じで
ウエノさんのドラム音目立たせた感じで
終了~

そしてアンコール。
「でも武藤さんのギター音出ないんだよね?」って。
バチン!ってすごい音鳴っちゃったりして
結局、ギターの問題みたいで、、
じゃーってウエノさんのマイクで
直で拾う形に。
※PA淳の腕の見せ所!って、出てない音は無理!だそうですが(笑)

でもそれはそれで
指でリズム取ってギターに当たる音とかも拾ってて
なかなかよかったと、好評♪
ってことでアンコール2曲やってくれましたー

その間、ウエノさん、生声トークでしたが
会場小さいので
全く問題なかったです。

今後とも、このBLAH BLAH BLAH
そして武藤ウエノともども
よろしくお願いしますよ。
俺達がここでライブをやることなんて
簡単なことだけど
皆さんが会社帰りとかに寄ってくれるとか
お時間つくってもらうことになるけど
また楽しい時間を皆さんと一緒に
つくりましょうよ
だっけ?

最後に言ってた言葉、なんかよかったなーって。
ウエノさんのああいうことを
サラッと言ってくれるの
すごく好きです。

ってことで、
終了22:30過ぎ?
23時まではやっていいって言われたそうで、、
ギリギリでしたー
てか、私の終電までにも
22:55までには出たいって思ってたんで
よかったです。

その後「物販やってまーす」
「おじさんと写真撮れるよー」って
お客さんにアピールしてましたが
さすがに、ここに来るような方々は
みなさんCDもグッズも全部持ってらっしゃる方ばかりでは、、って。
恐らく次回、CD発売になったら
みんなこぞって買うんだろなと。


nice!(0)  コメント(0) 

もう一度ぶっ壊さないか若さに寄りかからずに [音楽]

先日、アップルストアに用があって行った時
店員さんがバリバリ外人なのに
めっちゃ流暢に日本語で対応してくれたり
あまり英語とか話しそうにない
野暮ったい(失礼・・笑)青年が
英語と日本語をいとも簡単に切り替えて対応してたり
するのを見て
なんていうか、、
世界で働くとはこういうことなのかと
実感させられました。
英語話せるってスゴイね・・(・-・`*

さて。
そんな1.27は
フラワーカンパニーズ・ワンマンツアー「ROLL ON 48」
@高崎club FLEEZ
でした。
IMG_4527.JPG

昨年9月にリリースされたアルバム「ROLL ON 48」
を引っ提げての全国ツアー
昨年度はタイミング悪く
関東2Daysが他のライブと被ってしまって
行けなかったので
このツアー初参加
そして2018年フラカン始めのライブでした♪

チケット、今回はFCのお友達に取ってもらってなく
一般で買うつもりだったんですが
ラッキーなことに
ちょうどFCで取ったチケット譲りますっていうのを見つけたので
有難く譲り受けたところ、番号10番台!!
ホントにラッキー♪ヽ(´▽`)/

ってことで竹安さん側最前いけましたー
高崎はステージとの距離近くて
逆にメンバー見辛い・・ってね。
あと、チケットも当券でてたこともあり
押しもなく
快適に見れました。

この日のメンバー
紺色+黒にまとめてきた?って色合いで
竹安さん紺のシャツに黒パン
ミスター小西は青のつなぎ
グレートさんはデニムのオーバーオール
そして圭介さんは黒系のシャツに黒パン
でした。

アルバムリリースツアーなんで
もちろん、アルバムからの曲中心のセトリ。
まずは『ピースフル』から。
アルバム1曲目の曲。
まさに圭介さん節な感じの歌詞に
ドキッとさせられます。

続いて『人生Roll On』
サビのメロディが泣けます。
最後のコーラス部分はメンバー全員で歌ってて
もちろん竹安さんも歌ってて
ジーって見ちゃうの悪いかなって思い
チラチラって見てました(笑)

今回あまり間を空けずテンポよく
次の曲次の曲へ行く感じで
『NO YOUNG』へ。
この曲に限らずですが
ギターソロがとにかくすごくって
どちらかというとベースに耳がいくんですが
この日はさすがにギターにばっか
目も耳もいっちゃってました。

そのせいか、、
なんか圭介さんの声がいまいち聞こえ辛くって。
前にいたせいもあるかとは思うんですが
ちょっとそれが残念でした。

ここでアルバム以外の曲
『はぐれ者讃歌』
大好きな曲!

最後 歌えー って圭介さん大声あげて
フロアもそれに応えて 歌えーっっ って
歌いまくるところ
に、来る前の 人なんてそんなに 変われないもんかな って
割りと私的に好きなフレーズのところなんで
バッチリいつも一緒に歌ってたんですが
あれ?歌声ないぞ、、って。
どうやら圭介さん歌い忘れたようで
それに合わせてグレートさんもニヤっとした顔で
歌わずにいた模様。

気付いたフロアから声がちょっと聞こえて来てか
圭介さん苦笑い。

MCタイムになって
「歌えーって
みんなが全員鈴木に向かって歌ってたよな(笑)」って。
あはは。上手い!
そしたら圭介さん「歌ってもらうとこ変えたんだよ」って
こちらもナイス返し!!(≧▽≦)

にしても、ここ数日の関東地方の寒さ
「48年ぶりだって?
ってことは、俺達が生まれた時になって以来
ってことなんだよ。
なんか運命感じるよなー」って。

各地で水道管が破裂してる話を
「俺は札幌に4歳まで住んでたからって
分かってるんだけど、、
あれは水をほんの少ーしだけ
ずーっと出してないとダメなんだよ。
出してたら凍らないの。」って
得意げに語っておりました。

ニュースで見た情報によると
5000件くらい
そういったトラブルが起きてるとか。
テレビばっか見てんだなって
グレートさんにツッコまれましたが(笑)

そんな圭介さんとグレートさん
ちょうど東京大雪に見舞われた日は
九州地方から北海道へ飛行機で移動した日だったそうで
実際に雪に降られてはいないそうです。
「ニュースで渋谷の映像見て
ウソっ!マジ?ってなったもんな」って。
残りの竹安&ミスコニチームは
車で帰京中だったそうですが
結局静岡辺りまでで足止め食らったとか。

続いては『花のようでした』
これ、ホント名曲!!
聞いててジーンときちゃいます。
そしてコーラスは曲によって
グレートさんの時とミスター小西の時とがあるんですね。
コーラス隊多いの素敵です。

からの、あのイントロでジャンプ!とくる
『チェスト』
まさかの展開にちょっとビックリな流れでした。

そしてレア曲『泥棒』
フラカンふり幅広いなーって思う曲の一つ。
こういうちょっとオモシロ?な曲なのに
曲調は激しめで
ばっちりカッコよくキメられるって
すごいなーって。

で、『あなたはだぁれ?』
"だれだー"ってコーラスが楽しい曲。
そしてミスコニのドラムも冴えまくってて
この日はとってもよく見えたので
ジーッとしっかり見てきたんですが
タム1つなんですね。
割りとシンプルなドラムセットに
ちょっとビックリしちゃいました。

ここでもMCタイムあったんですが
何話してたっけ??って
最初のMCとゴッチャになっています。。

また最強寒波の話、、してましたっけ??
「俺達は全国年中ツアーで周ってるから
いつくらいになったらスタッドレスはかないとって
分かってるんだけど
東京の人って分かってないでしょ?
みんな普通のタイヤだったりするから」
そこから雪道の歩き方の話にいった?

またまた「俺は、4歳まで札幌に住んでたから、、」って
歩き方もバッチリだって話(笑)
「ペンギンみたいに歩くんだよ」って。
見せてくれたのが
ホントにヨチヨチ歩きで
かわいいというか、オモシロかったです(*´艸`)

札幌キャンペーンに行った時
実際にそういう風にあるいてたらしいんですが
「鈴木くん一人歩くの遅かったよね?」って
ただ、圭介さん曰く
速さじゃなく、歩幅を小さく
歩くことで安全性を重視してる
そうです。
「だって俺らが怪我したら、、、
(ライブできなくなるから大変)」

でも「高崎の人は(水道管ポタポタしとくのとか)
知ってるかぁ~、、、空っ風がすごいからな
上走ってて、風強いなーって
すぐ感じたからね」
、、、って上=高速道路だそうです(笑)

「昨年、レーベル立ち上げ
そこからこの「ROOL ON 48」というアルバムを
リリースしたんですけど
すごくいいアルバムが出来たと思います
、、、本当にそう思ってます」って
なんかいいですね、堂々と言える感じ。
でも、ホント今回のアルバム
どの曲もいい曲ばっかだと思います!

「もう聞いてくれてますか?」って。
「あ、でもまだ聞いてなくても
今日ここで聞いて、そして買って帰ってくれても
全然いいんですよー
むしろ、そっちも期待してるというか、、、」と。

MC明けは『HAPPY!』
ボトルネック使って弾くギターソロが素敵でしたー
そしてその早業も見惚れてしまいました。

からの『あまくない』への流れ
イントロのブルースハープがよかったです。

そして『てのひら』『ハイエース』
この2曲は圭介さんもギター弾いてましたっけ。
そのとき竹安さんとなんとなくな感じで
アイコンタクトしてる雰囲気が
何かいい感じでした。
基本的に竹安さんはめっちゃ圭介さんを見ながら
演奏してますもんね。

今回2曲目のレア曲!
『あったかいコーヒー』
なんと「俺たちハタチ族」に入ってる曲。
でも作ったのはまだ名古屋にいた頃だって。
曲終わってからのMCで。
「25年くらい前の曲と
最新の曲とを並べて今回のツアーはやってます」って

メンバー紹介
まずは竹安さんから。
「どうもありがとう」だっけ、、第一声出したら
声がちょっとハスキーで
みんなザワザワ(笑)
竹安さんも照れ笑いしてました。

「あの、、今日はいつもよりも出発が早いんで
朝起きて、じゃぁシャワーでも浴びようかなって思ったら
お湯が出なくって・・
さっき話にあったやつじゃないけど
給湯器につながってる水道管が凍っちゃったみたいで
普段はそんなに早くないから
全然大丈夫だったんだけど・・・」って。
東京出てきてだいぶたつけどこんなの初めてだそうで
「改めて48年ぶりの寒波ってやつを
実感しました・・
(圭介さんに)聞いとけばよかったよね」

圭介さんドヤ顔(笑)
「俺は、全水道、やってるから、ポタポタ作戦!」って
勢いよく言ってましたが
水道は普通に台所・お風呂・洗面所の3つデシタゞ(≧ε≦o)

あ、で、竹安さん
結局お湯が出なくて
「昨日プール入った後シャワー浴びたっきりだから
(体が)塩素臭いよ」
そしたら圭介さんが
「え?この寒いのにプールなんて入ってるの?」って
ビックリするもんだから
竹安さん「いや、温水プールだよ」って
グレートさんすかさず「当たり前だよ!
だれが寒中水泳してるって思うか」ってツッコミ。
最高でしたー(笑)

続いてミスター小西。
男前な声で
「もう遅いですかね。。」って言いつつ
「あけましておめでとう。今年もよろしくお願いします」って。

で、さらには「おみくじってみなさん、引いてますか?」と
なんでも、今年引いたおみくじ、中吉で
そこに書かれていた今年を現す漢字一文字っていうのが
"昇"だったそうで
「なんか幸先いいなって。」

実は過去に引いてた時は
大吉を連チャンで引いてて
今回は中吉だからあまり良くないのかなと思いきや
"昇"って書いてあったから
嬉しくなったって話だったんですが
「ちなみに大吉引いてた時期っていつ?」って聞かれ
「えーっと、骨折した頃かな」って
「ダメじゃん!」←(´m`)

「今年は"昇"ってことで
何事も昇り調子で、天まで、宇宙まで行く勢いで
頑張ります」

最後はグレートさん。
昨年は出会いもあり別れもありって話で
群馬と言えば、、のG-FREAK FACTORYと仲良くなったって。
「だから彼らがやってる
でっかいフェスあるじゃん。あれに出してくれって
オファーしといたから!
彼らはすごいよね。」と。
圭介さん「アドレス交換したから
しつこいくらいメール送っておくよ」

あとはまだ発表にはなっていないけど
なんと!ライブ盤のCDをリリースするんだとか。
昨年2Daysやった磔磔でのライブの音源。
2日間とも録ったけど
2日目(だったかな?)がすごくよかったから
それをMC部分までほぼノーカットで
ダラダラと入れたやつだそうです。

いつもの
メンバーチェンジなし!
活動休止なし!
ヒット曲なし!
のジャンジャンジャンが終わり
4人そろってフラワーカンパニーズ!
これからも永遠によろしく~から
『孤高の英雄』は
ちょっと新鮮。
ワーってあまり思いっきり盛り上がり辛いというか・・

この日は「頑張れ圭介」は
言わせずに自分で歌ってました♪

ラストスパートは
『マイ・スウィート・ソウル』
そしてこの季節にピッタリの『冬のにおい』
イントロでマイクスタンド持って
クルクルクルクル回る圭介さん
目回らないのかな・・って心配しちゃうほど。

大盛り上がりで
「ラストー!!」
ライララライララライラララ~って
みんなで。
『最後にゃなんとかなるだろう』

本編1.5時間
フラカンライブ、昔は長いってイメージありましたが
ここ最近は他バンドと変わらず、、、なくらいの
長さになりました。
でももっとタップリやってるように感じるのは
なんで??

アンコール。
前振りあったっけ?
圭介さん、昨年亡くなったエンケンさんのお話。
まだホントに亡くなったって実感がないそうです。
今度お別れ会のライブをやって
みんながエンケンさんの歌を歌ってるのに
そこにエンケンさんがいないって言うのを体感して
やっと体で感じるんだろうなって。

「いつ別れがやってくるか分からないから
1回1回のライブを大切に」みたいな言葉が
沁みました。

そんなMCの後
「聞いてください、深夜高速」って
『深夜高速』
想いが込められ過ぎてて
いつも以上にグッとくるものがありました。

「今日は寒かったけど
帰るときはもっと寒いぞ!
なんなら一人一人抱いてあげたいくらいだ。
ただ、それは時間的に無理だから・・
せめて気持ちだけでも、、抱いてください!」って言った後に
「あれ?なんで受け身なんだ??(笑)」って
圭介さんらしい言い間違い(*´罒`*)ニヒヒ

「まだまだ踊れるかー」って
ラストはもちろん『真冬の盆踊り』

そうそう、昨年いつくらいからですかね
それとも一昨年からだったっけ?
途中にある 聞こえねー 届かねー って言って
もっともっとって煽ってくるやつ
あれを
聞こえてるけどー 届いてるけどー に替えるようになったの。
もうすっかりそっちになったって感じで
この日も
聞こえてるぞー 届いてるぞー って
言ってましたっけ?←ちょっとあんまり聞き取れなかった・・。

ヨサホイヨサホイ
スペースがタップリあったので
人にぶつかる心配なく
思いっ切り出来ました★

ヨサホイやったし
終わりかな、、っと思ったんですが
フロア引き続き拍手。

ってことでWアンコールありました!
圭介さんがアコギ構えたということは、、
はい!『サヨナラBABY』

で、最後1回終わって
もう1回って歌い始める前に
ミスター小西が
「高崎と言えばBOØWY!だろ!」って言い出し
「ライブハウスCLUB FLEEZへようこそ!!」って
まぁ、まんまですけど(笑)叫んで
もう1回と。
あまりに不意過ぎて
若干滑っちゃってたかなー・・・チ―( ∀ )―ン

「ありがとう!!」
いやぁ、、何気にフラカン久しぶりでして
やっぱいいなーって。
昨年の関東でのライブに行けなかったことが
今更になって悔やまれます。
で、ファイナルの前にもう1回行きたい!って思ったんですが
どうも行ける日程と行けそうな場所が合わず・・
我慢せざるを得ない感じです。
あーぁ。。

あ、あと、
『キャンバス』はやってくれないんですかね。
フラカンはいつも何曲か(今回は1曲だけど)
アルバムの曲なのに
アルバムツアーでもやらないって曲、あるんですよねぇ。
わりとバラード曲に多い気がします。
聞きたかったなー・・

そして最初に言ってたんですっけ
高崎は2、3年ぶりって
え?そんなに来てなかったっけ??
フラカンで高崎、めっちゃ来た記憶残ってるんですが
それはフラカンじゃなかったってことでしょうか。
何気に高崎はよく来てる印象ですが
駅前がきれいになっていたのを見て
しばらく来てなかったのかも?って
思ったり。
・・・昨年9月には来てるけど。。


<セットリスト>
 01.ピースフル
 02.人生Roll On
 03.NO YOUNG
 04.はぐれ者讃歌
 05.花のようでした
 06.チェスト
 07.泥棒
 08.あなたはだぁれ?
 09.HAPPY!
 10.あまくない
 11.てのひら
 12.ハイエース
 13.あったかいコーヒー
 14.孤高の英雄
 15.マイ・スウィート・ソウル
 16.冬のにおい
 17.最後にゃなんとかなるだろう

 EN1.
  深夜高速
  真冬の盆踊り

 EN2.
  サヨナラBABY


余談。

そういえば、ローディーが
Q太郎さんじゃなく
ACIDMANとかでやってる(専属かと思ってた!)
コティさんでしたー


nice!(0)  コメント(0) 

粋にイナセに真直ぐにワガママに男樹に咲かせるゼ俺達は男花 [怒髪天(2010年~)]

1月の平日ライブ最終日は
バッチリ、有休取れまして♪
ま。一番開場/開演時間遅い日だったんで
定時ダッシュでも多分、余裕で間に合ったと思うんですが
この日が一番番号的によかったんでね。

ってことで
1.25は
怒髪天 新春独り相撲 初夢場所
@恵比寿LIQUIDROOM
でした。
IMG_4524.JPG

最近多くなってきてる
平日19:30スタートのライブ
怒髪天が真っ先に
社会人仕様の開場/開演時間にしてくれたような
気がしてます。
嬉しい限りです。

この日は怒髪天新年1発目のワンマンってこともあってか
また、その開場/開演時間が遅めの設定ってこともあってか
平日ライブなのにSOLD OUT
追加した分もすぐにSOLD OUTしたみたいで
リキッド消防法ギリギリくらいまでの人数
入ってたみたいです。
が、、いうほどギューギューにならなかったのは
大人な人が多かったって事でしょうかね・・

この日は100番台真ん中あたり。
安定の王子側端っこにて待機。

すっごく視界も良く
最高!って思ってたのに
始まってすぐに真後ろに来た男性が
いきなり1曲目から大声で歌うジャイアンで
一気にテンションん下がったってば(-ω-`)
何度か振り向いて睨んでやったのに
全く気にせずガンガン歌ってて。
このまま歌い続けられたら
何か言うか、もしくは場所移動するかって
本気で考えてたんですが
2、3曲目くらいでパタッと止んで(気付いてくれた??)
そこからは安心して楽しめました~

みんなで歌うところはいいんですよ。
自分も歌ってるから。
でもさ、そうじゃないとこで
めっちゃ目立つ声で歌われるだけは
勘弁して欲しいです。
口パクでお願いします。
マジで、お前の歌聞きに来てんじゃねーって
そういう人って同じような目に遭わされても
何も思わないのかな?って
ちょっと思ってしまうのですが・・

っと。
愚痴はこれくらいにして。
この日は新年1発目ということで(ワンマン)
王子は正装だったらしく
「絶対ネクタイする!」って言ってたようで(笑)
素敵な黒のジャケットに細身の黒ネクタイ姿でした。
昨年の磔磔であった、女性限定ライブの時のように
キャーって言いたくなるくらい
素敵でした♪
でもすぐにネクタイも取って
ジャケットも脱いじゃってたっけ?
ネクタイはしてた??

それとは対照的に、
シミさんはグッズのTシャツに
よく履いてる迷彩柄の半パン
増子さんにもツッコまれてましたが
「でも、これがシミの正装だよな」って。

坂さんの衣装については
増子さん、何も触れませんでしたが(笑)
いつもの黒づくめ
増子さんも黒シャツでした。

そうそう、前日の対バンライブ(トーキョーブラッサム)では
増子さんが髭生やして、髪下ろして、、っていう
レアな姿の写真がUPされてましたが
この日は若干、髪長めではありましたが
いつも通りに
髭もなく、リーゼントのオールバックでした。

よく来た~って
1曲目は『俺様バカ一代』からスタート。
からの『GREAT NUMBER』っていう流れ
ちょっと新鮮でした。

そうそう、『俺様バカ一代』では
間に三々七拍子が入るんですが
王子・・。
手拍子系っていうのか
ああいうの(どういうの?笑)苦手なんですかね
最後の方結構ズレズレになってて
しかもそれ全く気にせず叩いてて
ちょっと可笑しかったです。(*´艸`)

そして『北風に吠えろ!』
新年にはうれしい1曲。
また頑張っていこうって気持ちにさせられます。

ここで、、最初のMCでしたか?
もう全くどこでMCだったか
セトリ眺めても思い出せません。。
なので適当に挟み込みます(順番もアヤフヤ。)

前日に対バンライブがありましたが
ワンマンは2018年初ということで
「いい曲ばっかだけど、今日はさらに
あれ?いいんじゃないの~って曲を
たくさんやるよ」って増子さん。
いや、まさに、レア曲盛りだくさんの
素敵なセットリストでした♪

昨年は12月の頭にあった長野でのワンマン以来
後はライブがなかったようで
「久しぶりに昨日やって
みんなの共通する感想は、、、疲れた
いやぁ、、バンドは肉体労働となりにけり。
でもね、音楽なんて勝手にやってる事なのに
こうやって聞きに来てくれる人がいるだけで
うれしいね」

ライブがなかった期間は
制作活動をしてたとか。
一応、アルバムリリースの予定だそうで
「って、まだ全然できてないけどね。
まぁ、、それは、俺の原因でもあるんだけど
俺にはな、救わないといけない村とかもあるんだよ」って
・・・増子さんゲームやり過ぎで?歌詞書けてない??ゞ(≧ε≦o)
でもこの話してる時
(増子さんが自分が原因だって言うと)
王子がそんなことないよみたいな感じで首振ってて
やさしいなーって。

『男の華』もうれしかったし
『マン・イズ・ヘヴィ』はかなり久々。
『赤ら月』をここでやっちゃうのーって。
この曲歌いながら(って、コレに限らずですが)
歌詞に合わせたお芝居チックなことやる
増子さんが好きです。
目が離せない(笑)

そして!
『NO MUSIC,NO LIFE』
キャーキャー。
この曲はホント大好きで
イントロ鳴っただけで
ワーってテンション上がります。

よく、なんか久々な曲とか
人気なんだけどあまりやらないある曲とか
そういうのをライブで何の前フリもなくやり出すと
ウワァーってみんなが一気に前に詰め寄ってくるっていうの
どのバンドにもあると思うんですが
私にとってはそれ
この曲かな~って。

そしてそして
王子がギターで琵琶の音色を奏で始めて、、
『DO RORO DERODERO ON DO RORO』
これも超うれしかったです。
音源では琵琶奏者の方がコーラスでも入ってくれてて
そこのパートを王子がやるのも好き。
うれしい2曲
これ聞けただけでももう満足って感じでした。

順番入れ替わりますが
『全人類肯定曲』
『WAZAN』も
久々でしたー。
『全人類肯定曲』はシミさんの髪が
モサモサのロングで不思議な色してたのを
思い出します(´m`)
シミさんは短髪が似合うね♪

ここら辺のどっかでMCあったかなかー・・
そうそう、その
『DO RORO DERODERO ON DO RORO』で
グワングワン琵琶の音色奏でてた王子
終わったら右手の中指真ん中辺
指切れてなかった??
その後すぐに曲が続いちゃったんですが
でも合間のMC中とかでも
とくに絆創膏もらったりしてなかったから
光の加減?で
赤くなってただけなんでしょうかね。

前日の対バン相手、人間椅子について
Drの中島さん?がやったら楽屋でライブ前話す人だそうで
(ダムカード??)
増子さん「俺ちょっとね、よくみんなが言う
ライブ前にずっとしゃべってられるの
いやだって思う気持ち
分かった気がする・・」なんて言ってて。

で、その話をチラッと王子に言うと
ちょうどそのタイミングで
王子、扇風機の位置を調節するのに集中してたみたいで
「え?」って。
そして慌てて「あぁ、、中島ね」って
言うところを「あぁ、扇風機・・」って思わず言っちゃって
大爆笑でした。

さらに王子がその人間椅子のメンバー(和嶋さん?)と
ライン交換してるのを見て
「和嶋がラインやってたってのも驚いたけど
友康もラインやってるんじゃん!って
俺にもID教えてよーって
何でメンバーなのに
他の人と交換してるので知るんだよ!」って。

王子「(ラインは)あまりやらないから、、
(増子さんとは)メールしてるし、、
そしたら、さっそく今朝、増子ちゃんからメールあって
ラインID教えて!って」って(笑)

ただ、増子さん
「坂さんがラインやってるのは前から知ってたんだけど
別に坂さんのは知りたくないから
聞かないでいた(笑)
だって普段の会話もおざなりなのに
それが文章になっただけで
絶対おざなりだろうから」って
相変わらず坂さんには厳しい増子さん。

あと、前日は
さっきも書きましたが、増子さんの髭&リーゼントじゃない髪
シミさんはそれをやったら
「いいよ!」「かっこいいよー」って
褒めまくってたとか。
後で話しますけど、、って
結局なんでそうしてたかとかって
詳しい話はなかったんですが・・

でもトーキョーロンリーサムライマンの時だっけ?
増子さんがリーゼントにしてない風の髪で写ってる
アー写。
※みんなが道を歩いてるやつ
あれ、結構好きなんですけどね。

『歩きつづけるかぎり』のサビで
王子が軽く拳を握って手をあげるとこ
毎回グッときちゃいます。

からの『サムライブルー』『旅路』と
グッとくる曲シリーズ。
あーいいわ~って
思ってたとこへ
何やら王子のギターがアコギに。

ん?アコギの曲なんてあったっけ?って。
そしたらなんと、始まったのは
『ありがとな』
おぉ~・・・・
まさかの。
初めて聞いたかも、ライブでは。
超~よかったー
また王子が優しい顔で増子さん見ながら弾いててさ。

ギターソロはスススっと台に固定されたエレキが出てきて
アコギを後ろに構えたまま
弾いてました。
弾き終わると、パーッってピックまで投げちゃってましたが
あれ?アコギは指弾きしてたっけ??って

「(ありうがとな)もう何年もやってないんじゃないの?
ずっとやりたいって言ってたんだよな、
でもいろいろ楽器の準備があるからさー」って。

固定されたギターが出てきて弾くっていうやつも
夢だったようで
「ホントは全部真っ黒にして(ギター)浮いてんじゃね?って
いうのをやりたかったんだよな」って。
そしたら王子が
「まぁ、俺双子だから、札幌とかでやったら
代わりに弾いてもらってもいいんだけど、、」なんて言ってて
まさか王子からその発言が出てくるとは
思いませんでしたが、それ、オモシロ過ぎです(笑)
やって欲しい!!

新年1発目だしってことで
2018年目標とかある?って
最初はシミさんから
シミさんは今年で50歳になるので
「自分でも努力して楽しい1年にしたい」って
いいなー
その"自分でも努力して"っていうの。

そして王子は
「そうですね、、、」って
もうこの歳になるととくに目標とかって
考えないようにしてるそうで
「いつものようにいい音楽作って、ライブやって
各地周って美味しいもの食べて
そう感じですかね」

増子さん「友康は夢をかなえる男だからな」って
何かと思ったら、
昨年、念願の勘太郎さんと仲良くなれて
メールアドレス交換したとか?
「仲良くなり過ぎて夜中に電話来る」って。
そしたら増子さん「俺なんて山本譲二さんから夜中
電話かかってくるぞ。
(酔っぱらって)あ、寝てた?リーダー??って。
寝てましたーって、でも今、目が覚めました!」
あはは。
やはり緊張しちゃうみたいです。

坂さんには最初
じゃー坂さんは?って聞いてなくって
フロアからクスクス笑いがあったりして。

で、一応聞いてみたら
「そうですね、、バンド頑張る!」って言うと
増子さん「それはいつものことだろ」ってツッコミ!
坂さん「あ、、じゃーもっと頑張る!」
あとは尿酸値を下げるだそうです。
昨年は1回再発しちゃったみたいで
痛くてヒーヒー苦しんでたとか。
「でも俺、それ(坂さんが痛がってるの)見てるの
嫌いじゃないけど」って増子さん。
坂さんに対してはドSのようです(*´罒`*)

増子さん的には
ここ最近は更生し過ぎたんで
好きなことなんでもやってやるって。
ただ、望まれないことまでやるって
・・・坂さんのソロCDの話へ。
ただ、この坂さんソロ
坂さんもそこまでノリ気だったわけでもなく、、
みんなから嗾けられて
え、、そう?って、やる気になったとか。

「歌はいい歌だよ」って
坂さん歌詞に王子が曲をつけたそうですが
王子曰く、「独特の世界観」があって
曲を書くことが出来て光栄ですって。

まだまだオモシロいことやって行く予定だからって
この日は何度かその
やりたいこと全部やる的な発言をしてて
今後ドーンっとなにかビックリな発表とか
あるんでしょうかね・・
楽しみです。

最後はみんなで歌おうぜーっと
『酒燃料爆進曲』
『セイノワ』
『雪割り桜』

坂さん、雄たけび、何だった??
聞き取れず・・
でも王子も増子さんも「?!」って顔してました。

ありがとー
本編終了!!
王子、珍しく最初からピック投げてたなー

続いてアンコール。
ちょっと時間かかってるなーって思ったら
登場したのは
なんと!
背広に着替えた坂さん!!

はい。
例のソロ曲披露です。
バッチリ床に貼ってもらったカンペ見つつ。
ザ・歌謡曲!って感じでした。

歌い終わったらメンバー出てくる、、の流れ
の予定だったようですが
なかなかメンバー出て来なくて
坂さんが「怒髪天のみんな―」って
頑張って呼び出してました。

シミさん、王子、増子さんと
一人ずつ呼び込んで
熱く握手して。
王子、、グッズのTシャツ
またまた肩だしスタイルで。
腕ムキムキ(笑)
増子さんも珍しくTシャツに着替えてたー

「さっき坂さんソロやって
1回目の時もそうだったけど
フロアのお客さん、聞いてて
え?3番もあるのって時の顔がね
いいんだよね~」って増子さん。
はい。
私、全く同じように「え?3番もあるんだ」って
思ってしまってました(≧▽≦)

「やっぱね、3番までは長いんだよ」
ただ、今回の曲は
3番が聞かせどころ?みたいで
「CD楽しみにしてて」って。
この日はその3番
カンペ見過ぎでダメダメでしたが・・
「一番いいとこでダメだんだもん」って。

ラストは久しぶりの『サスパズレ』で
じゃー一応、みんなのやって欲しい事
聞いとくって。

最初は紅白!って声が上がり
「紅白か、、」って。
でも「今年の大河、クドカンじゃん!
あさって(1/27)対バンあるから
もしかしたらなんかあるかもしれねーぞ!」って。
え?!
まぁ、、増子さんNHKにはちょいちょい登場してますし
(2月にも放送が!)
特別枠じゃないけど、何かの形で
出演!的なの、あるかも?ですかね・・

でもさ
やっぱ紅白って出たいもんなんですかね。
正直、今の(ここ最近の)紅白
ちーっとも魅力感じないですけど。

続いては、、
怒髪天&JOE-NETSやって欲しい
あれは楽しかったねーって
何がいいって
「坂さんにちゃんとダメ出ししてくれる人がいるから
ずごくよかった!」って。
メンバーが言っても
はいはいって聞き流しちゃう坂さんですが
「さすがに外様から言われるとー」って
・・・ようこさん!(*´艸`)

怒髪天&JOE-NETS、確かに
ホールでドドンっとやって欲しいかも♪

最後は増子さんが
さっきも言ってましたが「今年は好きに生きてやるぞ!」って。

ここでだったか、角界の話とか
達也さんの話とか。

何で訴えられるか分からない
T花田親方は応援し辛い
増子さんが何かで訴えられたときには
分かりやすい表情で表に出るからって

達也さんにはすぐにメールしたって
大丈夫ですかって
心配かけちゃってごめんねーってきたらしけど

、、、いつかやりたいのは
フェスとかで1曲しか演奏しないで
あとはずーっと喋ってるってやつね。
それもめちゃめちゃ売れてる、若手バンドの一つ前で
みんな(それ)待ちで
どうしても聴かなきゃいけない状態でやりたいね。
って。

「今年も無駄に攻撃的に行くぞギター!」
いいですね。

今年は全員50歳を超え
もしかして、ライブの本数減るの?ってとか
心配してる人いるかもしれないけど
「そんな心配らいないぞ
いつも通りガッツリやるぞー」だっけ?
ワーイ!
しっかりついて行きます!!

最後に帰るとき、増子さん
「楽しくない事ばっかりだろうけど
そういう時はここに来れば楽しい事があるから
馬鹿みたいに楽しいよ
だって馬鹿なんだもん、生きてまた会おうぜ!」

っということで
新年1発目の怒髪天ワンマン
最高に楽しかったです。

<セットリスト>
 01.俺様バカ一代
 02.GREAT NUMBER
 03.北風に吠えろ!
 04.男の華
 05.マン・イズ・ヘヴィ
 06.押忍讃歌
 07.赤ら月
 08.全人類肯定曲
 09.NO MUSIC,NO LIFE
 10.DO RORO DERODERO ON DO RORO
 11.WAZAN
 12.歩きつづけるかぎり
 13.サムライブルー
 14.旅路
 15.ありがとな
 16.酒燃料爆進曲
 17.セイノワ
 18.雪割り桜

 EN.
  待っているのよ(坂さんソロ)
  サスパズレ

最後にもらったフライヤー
フラカンとツーマンでツアー!!
IMG_4526.JPG
絶対行きたい!!!って思ったら
なぜに西日本ばっか・・・。


nice!(0)  コメント(0) 

記憶のない神様 相当ご機嫌らしいぜ 空気を揺らして音を鳴らす そんな幸せなことが起きてんのさ [The Birthday(2012年~)]

いやぁ、、キュウちゃんブログに書いてありましたが
あの月曜日の東京の雪は
幻だったの??ってくらい
翌日から晴れ続き。
思いっ切り寒いですけどね。
でも雪の日翌日の昼間の気温が上がってくれたことがよかったのか
道路の雪はすぐにほぼ解けて
ツルツルすってんにならずにホッとしました(´m`)
ちょい坂の薄い膜張ってる氷が怖いのよね・・

さて。
そんな1.23は
LIQUIDROOM presents The Birthday x OLEDICKFOGGY
@恵比寿LIQUIDROOM
でしたー
IMG_4521.JPG

平日だからチケット取れたら行こうって
そんな強い願望ではなくエントリーしたら
あっさりGET♪
当券出てたし。
が、なぜかそういう時でも
番号悪いのよ、私。

ってことでこの日も平日ライブでしたが
定時ダッシュで向かうことに。
プレデターズの遅刻があったので
朝からかなりハラハラしてまして
てか、前日雪で早く帰っていいよとか言われてましたが
いやいや、次の日早く帰りたいからって
頑張って残業までしまして(笑)
・・・でもこれ、それが逆によかったのか
帰りの電車全く混雑なく平和に帰れました★

なのでこの日は前日の頑張りの甲斐あって
無事、予定通り定時ダッシュ決行!
開場後に会場到着でしたが
余裕~で番号通りに入場!!
、、、それだけ番号が遅かったってことだけど・・
なんかうれしい(*´∀`*)

で。
中入って見てビックリ
場内ガラガラ?!
えー、、だって私、600番台後半でしたよ?
ま。おかげさまで
ハルキ側端っこですが3列目辺りまで行けたので
よかったです。
開演間近には場内埋まってましたが
私のいた場所はあまり押しもなく
かなり快適に見られました。
これだからリキッド好きよ。

この日のイベントは特に何か理由があっての
対バンライブっていうよりは
"LIQUIDROOM presents"って言ってるんで
ライブハウスが自らブッキングして開催してるイベント
ってことでしょうか。
昔はこういう風にイベンター主催とか
雑誌が主催とかってイベント
たくさんあったような気がしますが
(それで知らないバンドを知るっていうか、、)
ここ最近がめっきり減って
アーティスト主催
もしくは何かの周年イベントみたいなのが
多くなってる感じがします。

先攻はThe Birthday。
普通に考えたら後攻なイメージですが
でもライブ見て、あ、これは先攻でよかったなって。
OLEDICKFOGGY、かなり熱かったです。

ちょい押しくらいでライブスタート。
いつものようにチバさん最後に出てきたんですが
なんと!オールバックに
喜多方のDJの時にも来てた
ワインレッドのベルベット地のスーツ上下!!
さらにサングラスも黒のじゃなくって
薄い色が付いたメガネのようなサングラス。
おぉ~
随分雰囲気違って見える。
中はいつものようにVネックの長めのシャツに
柄のストール巻いてました。

他メンバーはいつも通り黒づくめ
(ハルキのデニムはブルーだけど)

チバさん、何か雄たけび上げて
ギターを高く掲げたら
フジイさんがカッコよくイントロ弾き始め
始まったのは『Buddy』
ヤッタ!

出だしの 夢のような時間が来たのさ 2時間ばかしの永遠に続く
って歌詞が
まさに、この日のスタートにピッタリで
(1時間づつの対バンライブって聞いてたから)
チバさんもフロア指しながら歌ってて
そうだよねーってジーンときてました。

そしたら
 今ここがどこだかなんてさ しりたくねぇし どうでもいいのさ
ってところを
 今ここがリキッドかどこかなんてさ しりたくねぇし どうでもいいのさ
って歌詞変えてきて
イェーイ!ってなりました。

が、、せっかく素敵に歌詞替えてくれたのに
その後の
 お前にライトの輪がとんでいって 天使みたいに見えるぜ気のせいか
ってとこで
 お前に天使の輪がとんでいって  天使みたいに見えるぜ気のせいか
って、
そりゃそうだろうって内容の歌詞になっちゃって(笑)
ありゃりゃ・・って。

ただいつもみたいにペロリはなく
ん??(なんか変だった?)って感じの顔で
"天使みたいに見えるぜ気のせいか"のとこ
歌ってた感じでした。

「パーティーがまた始まる!」
これ、言えるのが嬉しいんですよね~
1/14のThe Birthday始めでは聞けなかったので
この日1曲目で聞くことが出来て
テンション上がりました!!

歌い終わるとチバさん
「照明が暑いっ!!」って叫んで
ストール取っ払ってスタッフさんへ(´m`)
あはは。
この後、ジャケットも
途中まで肩だけ出したりして脱ぐか脱がないかって
頑張って(笑)ましたが
最終的には脱いじゃってました。
そりゃ、いつもシャツ1枚でやってるのに
ベルベットのジャケットは暑いっすよね。

ただ、ボトムスがダボッとしてるタイプ
あまり履いてる印象無いせいか
若干違和感・・
ジャケットあるとビシッと決まるのですが
ない上に、上のシャツが長めでVネックの
言ってみたらテキヤみたいな感じだから余計に、、(笑)

続いてここからは1/14の感じで
『I KNOW』
出だしのイントロに行くまで~イントロ入って歌行くまでが
ホントにカッコよくって
そこでワーって気分になれるので
歌始まったら、そりゃもうさらにワー!って
なっちゃいます。
ハルキがまた曲に合わせて
歌詞じゃないんですが、パーカッションチックなのを
口ずさんでるのもまたいいんですよね。

ただまだ2曲っきゃ聞いてないけど
チバさん、声ちょっとかれてる??
なんとなーくいつもの感じじゃなく
出にくい感じを感じてました。

そして『MOTHER』
出だしにチバさんアカペラでの
オーオオオーオー~はなかったんですが
(音源通りの)最初のオーオオオーオー~で
フロアもみんな拳上げて歌ってたのが見えたのか
途中、チバさんが歌ってからフロアが続くっていうのがありました。
フロアだけパート、かなりいい感じに歌えてたので
「いいね!」ってニッコリ。
最後上がるか下がるかを手で示してるチバさん
かわいいです(笑)

これでご機嫌になったのか
珍しくキュウちゃん話す前に
チバさん「今日は、1900・・」って言いかけて
あれ?って思い直し
「20、、18年?・・・東京、最初です」
(笑)未だ、1900年代とかって言い間違えるなんて。

そしてキュウちゃん「The Birthdayです。」
、、ここでは、これだけだったっけ?

さらにチバさんが「だいたいさ、、」って
フロアから何やら声上がると「ん?」って←この表情よかった(笑)
「あのーだいたい(こういうのって)周年とかあるけど
、、、今日はないんだわ」って
名古屋でも言ってたやつ。
チバさんにとっては
アーティスト主催は別として
何でもないのにイベント呼ばれるっていうのが
不思議な気分なんでしょうか。

ここでフロアからヤンヤ声がしたので
「黙れ!!」から
『24時』

歌に入る前にササっとサングラス取ってました。
にしてもさ、以前から書いてますが
あのキンキン声の姉ちゃん
止めてくれないかなーって
声がするたびに思います。
なんて言うか、、耳障り(-"-)
なのでこの日「黙れ」ってチバさんが言ってくれたの
その人に向けて、じゃないにしても
よっしゃーって心の中でガッツポーズでした(笑)

『24時』のイントロ、ライブでやるときは
ドラムが長めのような気がします。
キタキタキターってゾクゾクしてきた辺りで
ベースが入って行く感じ。

この曲でも歌詞アヤフヤで
誤魔化して何事もなく歌ってたとこ
あったなー・・

あ、でも。
愛ってさ~のところで
 吹っ飛ばしたいだけなの 目の前のあんたのことを
のところ
 目の前のお前らのことを
に替えて歌ってくれたりもして。
なんでしょ、いい感じにちょいちょいやってくれてる曲に限って
あらら、、って歌詞間違えちゃったりしてて。

って。
今思えば
1曲2曲の歌詞飛ばしとかじゃなく
結構な率で
歌詞飛ばしたり間違えたりしてた気がします。
あまりに続くと、今日はどうしたーって
ちょっと思っちゃったくらい。

でもハンドマイクだと自由に動き回ってくれて
かなりグイっとステージ前まで乗り出してくれたりして
ドキってさせられたのたくさんありました。

まだまだハンドマイク曲続いて
『Red Eye』『LOVE SHOT』と
3曲連続でハンドマイクって、、珍しい?

たまたまなのか、『Red Eye』の間奏である
キュウちゃんドラムソロの前
ここは毎度チバさんがカウントするんですが
それがなんかタイミング合ってなくって
あれれ?って感じで。

あとフジイさんとのギターとブルースハープとのバトル
よく言えばなんかいつもと感じが違って
新しい!って感じでしたが
若干、ズレてるの?って感じがしなくもないというか・・
まぁ、こういうのってどこまでわざとかって
分からないところあるんで
何とも言えないんですが。
チバさんが変化をつけて吹くやつに
フジイさんがちゃんと寄り添って弾いてる感じがしました。
この日はフジイさんがやけに
頼もしくてカッコよかったです♪

『LOVE SHOT』はご機嫌で
演奏に合わせて軽くステップ踏んで踊ったり
コール&レスポンスの オーオオオーオー ってとこでは
何度もフロア見ながらニッって笑ってくれたり
・・・・自分見て笑ってもらえたと思ってるゞ(≧ε≦o)

最後の さらばちどりあし狼よ LOVE SHOT!! って
ためて先にフロアが言うとこと
「ギター フジケン!」って叫んでから
LOVE SHOT!!って。

楽器準備しながら、、
チバさん「初詣、行った?」
えぇー今もう1月も終わりっすけど・・な
質問。
フロア、あまり行ったーって声少なかったので
「行けよ」
キュウちゃん何か言ってたけど
聞き取れず・・
※1月ももう末ですけどって言ってたとか??←どっかで拾った

「あの、、まぁ、季節外れだけど ←これ初詣の話かと思ったけど話変わってたのね(笑)
・・昨日雪も降ったし」

キュウちゃん「(雪で)転んだりしませんでしたか?
私、雪はベテランなんで、いつでも(歩き方)教えてさしあげますよ」って。
ふふふ。

こちらもキュウちゃんブログより
"足全体で地面と接地する感覚で歩くのがポイント"って
天気予報関連のツィートであがってたのも
そういう感じで書かれてたんで
さすが~って思ってました。

で、そんな前フリあって始まったのは
『木枯らし6号』

ツアー以来、、でしたか。
なのに。
だから、か?
でもあんな前フリあったのに
1番始まったすぐの 枯葉の竜巻~
からの丸々1ブロック歌えず・・

ここでフロアが歌って、、ってなりたいんですが
チバさん歌詞飛ばすとこは
こちらも歌詞アヤフヤで、、ってことが多く
なかなか手助けできません。。(>ω<)スミマセン!!

曲終わりちょっと機材いじったりしてて
ローディー田中くん出てこようとしてたんですが
「あ、いいよ」って阻止して
自分でいじって調整してました。←これもあって歌ってなかった、、ってことにしとく
その間、フジイさん、繋ぎのアレンジ始めてて
ジワリジワリと盛り上がってきて
『夢とバッハとカフェインと』

これは文句なしにカッコよかったー
からの
こちらもツアー以来?
『バーテンダー』
いっちゃん最後のウゥッ!っていう雄たけびが好きです、

そしてフジイさんのギターアレンジ
いつものようにチバさん
ユラユラ手を揺らしたりして
そしてズバッと終わって始まる
『なぜか今日は』
フジイさんもハルキもステージの前に飛び出していくの
すっかり恒例
そしてカッコいい!
なのでイントロからoioiコール。
前の男子が急に飛び跳ねてて笑えました。

1番終わって でも の後
そう、1番はないんですよ、例の なんか今日は は
チバさんも一旦、でも の後
マイクから離れたのに
ふと思い出したかのようにマイクに慌てて向かって
なんか今日は って歌いだしちゃって。

実は私もあれ?って思いつつ
最初は気づかなかったんだけど
フジイさんがスゴイ顔して見てるから
あ、これ、違ってる?って。

ここから演奏陣のすごいとこ
ハルキ・フジイさんが向き合って
何やらアイコンタクトで伝えつつ
フジイさんがグイグイギター弾いて着地点見せて
なんとか、
続きは シンデレラに羽根が生えて~ につなげてました。
泣いてるマスカラ~部分まるっと省略(笑)

いやぁ、、ビックリした。
てか、毎度毎度思うのは
こういうとき演奏全くストップする素振りもなく
進んでいくですね。
だから、あまり曲を知らない人が聞いてたら
何事も起こってないって思うと思うくらい
普通に。

気を取り直して?!
ラスト、今年はこれ終わりが増えるんでしょうか
嬉しい『1977』
イントロ鳴った瞬間、キャー!って気分になっちゃう曲。

ただ、、
これまたさっきのを引きずって、、はないと思いますが
1番 漂う気配~ のブロック
ちょっとあやふやになったのか
フロアに煽って歌わせたりして。
いやぁ、、そこは難しいよ・・(笑)
シャツの匂いか?だけかろうじて歌えたー( ̄▽ ̄;)

そしてそして
さっきの『なぜか今日は』のデジャブ?
サビのラスト 心から爪先まで持ってかれて帰れない のあと
大ラスのように 帰れない って歌い始めてしまい
いや、これはさすがに私も まだだよーって
気付いたし
この時のフジイさんの驚きっぷりったら。
目真ん丸にして見てました。

チバさん、何が起こってるか気付いてなかったのか
初めてルージュの味を~ のとこ
始まっても歌いはじめないもんで
フジイさんがギター弾きながらオフマイクでチバさんに
初めてルージュの味を~ ってガイドしてあげると
チバさん続きからではなく1フレーズ遅れで
初めてルージュの味を って歌い始め
なので通常よりも1節(といういいかた正しいか分からないけど)多く演奏して
なんとか何事もなく終わりました・・

フジイさん、カッコよかったー

「次はOLEDICKFOGGY~」

いやぁ、、、
衝撃的でした・・
歌詞飛ばしは1曲、2曲あっても
ここまで大きなミス、しかも連チャンは
私が見てきた中では初めてです。
これもキュウちゃんブログに書いてましたが
正直、酷過ぎたよね。

まぁ、さ。
私を含めThe Birthdayファンはチバさんに甘いし
ライブでハプニング見れると
ちょっとラッキー的な思いがあり
これがライブだーって
思えと言われれば、その通り!って
素直に思えちゃいますけど。

ただ、これ、
酔っぱらってこの結果だったっていうんだと
ちょっとどうなのかなーって
思ってしまうのも確かです。
フェスの余興的な
突然出てきてやり始めたーってのとは
違う訳で。

てか、ホントに酔ってたのかな?
精神的になんかあって、、とかじゃなきゃいいんだけどって
逆に心配になっちゃうというか。
ま、なんとなーく始まってすぐ
照明当たった顔が
ほのかに頬あたりピンクがかってたかなー、、ってのは
ありましたけど。

ただですね。
一つだけ言えるのは
チバさんかなりご機嫌でした(笑)
MCもいつも以上に積極的に話し出してたし。
間違えてもケロっとしてたし。
あ、、ってことはやっぱ
酔ってたのか??( ̄▽ ̄;)

<セットリスト>
 01.Buddy
 02.I KNOW
 03.MOTHER
 04.24時
 05.Red Eye
 06.LOVE SHOT
 07.木枯らし6号
 08.夢とバッハとカフェインと
 09.バーテンダー
 10.なぜか今日は
 11.1977


転換中は珍しく暗幕有で。
お次はチバさんからの紹介もありました、OLEDICKFOGGY。

OLEDICKFOGGY、名前はもちろん知ってたし
ちょっと前に増子さんやらSAのNAOKIさんやらが
MVに出演する曲があったりしたんで
なんとなーく知ってる程度で
ライブは見た事ないって思ってたんですが
チバさんとVoの伊藤さんとの対談で
ロフトのアニバーサリー@チッタに出てたって話してたのを見て
そうか、ライブ見た事あったんだ、、って。

さらに、ライブが始まって
メンバー見た時に
あ!あのバンジョーの人、見覚えある!!って(笑)

そう、OLEDICKFOGGY
メンバーギターにバンジョー
さらにはアコーディオン&キーボードの女性
ベースはウッドベース
そしてドラムにVo/マンドリンの6人編成バンドです。

いやぁ、、カッコよかったー
大編成は音に厚みが出て
それだけでもカッコよく響いてくるのに
ウッドベースにバンジョーにアコーディオンって組み合わせ
そりゃーカッコいいっしょ?って。

しかもメンバーみんないい雰囲気の人たちで
チッタで見た時どう思ったか覚えてないんですが
(見た事も忘れてたくらいだから 笑)
今回改めてライブ見て
一気にファンになりました!
音源借りて来よーっと。

ただ。
結構熱いバンドで(ファンも熱い)
SAとはまた違うんですが
でも熱さとしては通じるものがあるというか
SA初めて見た時の衝撃と
似てるというか。
まだまだ知らないけどいいバンドあるんだなって
そんな感じです。

MCほっとんどなく
曲と曲の切れ間もほっとんどなく
突き進んでく感じ。
でも一応、今年の目標はMCをする
だそうです(笑)

アンコールって形ではなく
最後の2曲に
ツィートでも予告していた
ゲスト登場!
まずは、THA BLUE HERBのILL-BOSSTINO
おぉ~!!
言葉の迫力に聞き入っちゃいました。

そしてラストはもちろん、チバさん
さっきまでのワインレッドのスーツじゃなく
黒のロングジャケットに中はイベントT(黒地に白文字のやつ)
下は黒のデニム?でした。

やった曲が恐らくチバさんが聞いて大好きになったって言ってた
『月になんて』だったようです。
Voを伊藤さんと交互にする感じで。
・・チバさん、思いっ切り貼られた歌詞カード見てましたけど(笑)

最後終わったのに
チバさん ラッタタララ~ って歌い始めて
ドラムもそれに乗っかって
エンディング再び。

素晴らしかったー

<セットリスト>拾い物
 01.IMAGE
 02.地下で
 03.神秘
 04.blow itself away
 05.Lesson2
 06.未完の肖像
 07.マグネティック・ラブ
 08.マネー
 09.シラフのうちに
 10.グッド・バイ
 11.カーテンは閉じたまま 
 12.いなくなったのは俺の方だったんだ
 13.歯車にまどわされて
 14.弾丸さえあれば with:ILL-BOSSTINO
 15.月になんて with:チバユウスケ


OLEDICKFOGGYのライブがよかっただけに
The Birthdayのライブがちょっと残念で
なので、ぜひとも、
もう1回リベンジして欲しいです。
この2組での対バン、待ってます。

そうそう。
今回のイベントTシャツ
えーそんなに?ってくらいのカラーバリエーションが
発表されてて。
なのに、あろうことか、雪のせいで
ライブ終わりでもモノが届かず。。
結局後日郵送のようで
予約販売になってました。

ポスターはすごいいい紙で作られてるのに
500円で
しかもチャリティーだって言うので
購入。
IMG_4523.JPG

というのも、入るときに配られるフライヤーに
このポスターと同じ写真のフライヤーも入ってたようですが
ライブ終了後はもうなくなっててもらえなくって。
・・いや、確かに
入るときになくなると終わりですよって言ってましたけど
でもさーせめてチケット売れた人数分くらいは
用意しといてくれよーって思うのは私だけでしょうか・・
あと、仮に人数分が厳しいのなら
せめてスタンディングライブなんだから
ライブ終わりに渡して欲しい。
フライヤー楽しみにしてる人だっているんだからさー

ライブ盤CDのジャケット
あれ、ハルキの(だよね??違う?)ベースだったんですね!
ポスターカッコいい!!
IMG_4522.JPG


nice!(0)  コメント(0) 

アラビアンナイトかと思ってたー(・∀・(・∀・(・∀・*) [音楽]

平日ライブの日
いつは早退、いつは定時ダッシュ
いつは有休って決めかねてる間に
1つ目のライブがやって来てしまい
ま、チケット番号よくなかったし、渋谷だし
で、定時ダッシュとしたのですが
全くの予定外の残業で
30分も遅刻してしまいました。゚・(PД`q )・゚。

これだから平日にライブは入れないようにしようって
思っていたのに
つい、暇な日が続いちゃうと
大丈夫かなって
余裕こいちゃって。

とりあえず、残る2回
どっちかは有休取るって決めました。

さて。
そんな1.18は
THE PREDATORS Arabian Dance Tour
@渋谷 CLUB QUATTRO
でしたー
IMG_4516.JPG

久しぶりに活動してる
プレデターズさん
ツアー初日です。

しかも今回はピロウズFCでのチケット先行がなく
(前からなかったっけ??)
皆さん共通でHP先行のみ。
そしたらそこはファン比率の関係か
初日クアトロは外れてしまい
まぁ、平日だし、、って諦めてたんですが
チャンスがあればとりあえずエントリーしてみる
で、やってみたら
難なく当選♪
あれれ??

ただ、ホント番号よくなくって
キャパ700と言われてるとこ
あと数人でそれに達するくらい(笑)
・・・おそらく700番以降もいたと思われますがー。。

なので、開演ギリギリでいいやって思ってたがいけなかったのか、
先ほども書いたように
残業でなかなか帰れず
開場到着19:35(遅刻はしたくなかったのにぃー)
当然、ロッカー空きなし。
あ、1個見つけたけど
鍵かけてないのに中入ってた( ̄▽ ̄;)
出して入れてやればよかったかな・・

ってことで、荷物持ったまま中へ。
でも思ったほど後ろギューギューじゃなくって
しかもクアトロ、ステージ高いので
いい感じに見えまして。
荷物持ってなかったら
全然あれでもOK~な感じでした。

あーつくづく
遅刻してしまったことが悔やまれる。

なので。
今回はセトリは調べてません。
次へのお楽しみにします。
ただMCがめっちゃオモシロかったので
備忘録として書くだけにします。
※順不同、思い出した順

いや、ホント、MCが予想外にタップリあって。
それ聞けただけでも行った甲斐あったかなー・・
リリースのCDも会場限定(もしくはオンライン)だし。
ファイナルは休み取ろう。
、、、か、午後半休って言っておくか。
事前に予防戦張っとくの、大事よね。

えーっと、、ちょうど入った時
『ROCK'N'ROLL LAY DOWN』やってました。←果たしてこれが何曲目なのか。
そのあと何曲かあって
さわおさん「俺の汗の量に対して
タオルが小さすぎる!!」って
今回、マフラータオルなんですよね。
ってか、ピロウズのタオルは
他のバンドのグッズにあるタオルよりも
大きいですもんね。

そして「テンポよくいこうと思ったけど
俺には休憩が必要だった!」って
ちょっとMCタイムへ(笑)

「前にピロウズでクアトロでライブだったとき
ジロウくんが前にサインもらって
某サイトで売る人がいるって言ってたじゃない?
あれ、いた!

普通サインくださいって言う人って
CDとか、あとスマホ?とか出してくるのに
その人見るからに普通のおじさんで
色紙出してきたんだよ。
しかも持ってるカバンにたくさん色紙入ってるの見えて
で、ピーンときて
なんで?って言ったら
そのメ○○リおじさん
あ、間違えたって、、間違えてねーよ!
どう見ても合ってるよ!!

今日は一人で入って来ないと行けなかったら
7、8人入り待ちしてくれてた人いたんだけど
すっごい警戒しちゃって
(キョロキョロする仕草)
あのーその7、8人に対する話になっちゃうけど
、、、本当はいい人なんですよ(笑)」ってゞ(≧ε≦o)

「高橋くんのブログ、、読んでる?」って
フロアに。
「知ってると思うけど、、ピックをさー」って
この話題、アンコールでも言ってました(笑)

「しかも本気出して
ちゃんと普段使ってるピックと同じ厚み、材質で
作ってくれちゃって、、
使わざるを得ないよなー」

欲しいーとか売ってーって声に
そこまで枚数はないみたいなこと言ってた?
あと「仮に枚数あったとしても
なんでピロウズでも俺自分のピック売ったことないのに
これ売らないといけねーんだよ」って
でも昔、物販で缶バッジのガチャガチャがあって
アタリにはPeeちゃんとかさわおさんとかの
ピックがもらえたんですけどね。
・・・私は当ててないけど当ててくれた方からもらった♪

で、さっきのメ○○リおじさんからじゃないけど
「メ○○リで300円で売るか」って。
近くにいた人が安いっ!って喜んでたけど
ピックなんて100円でも儲けでるくらいの
原価ですから
300円でバカ売れしたら
かなり儲かるじゃん、、って。
・・・The Birthdayのチバさんピック
あれ、いくらだったんだろ。。
これも武道館でライブやった時に売ってて
物販のバイトしてたお友達からもらった♪

ピックの話は、、、
高橋くんデザインのTシャツが
先行販売したらSOLD OUTしたって話から
出たんでしたっけか?
「お前のTシャツが売れたからって
お前に金は入らねーぞ」って言われちゃってて。
でもあのイラストは
似てる似てないは別として
なかなかかわいいです(´m`)
Tシャツじゃなくって、、ステッカーとかで
欲しい。

メンバー紹介もあって
JIROちゃん、久しぶりのライブハウスだったようで
「クアトロってこんなに狭かったっけ?って
思っちゃって、、
俺、普段、大きい会場でライブやってるから・・」っと
サラッと言ってのけたら
さわおさん「その情報いる?」って
鋭いツッコミ(笑)

「(お客さんと)近いと緊張するんですよね。
だからあの目の前の柱をTAKUROだと思って・・・(笑)
あーやっぱこんなデカかったのかーって」って
これ、大爆笑でした。
でも緊張しつつも
初日にしては落ち着いてやれてるって
満足気でした。

高橋くんは「今回新曲に自分の曲が1曲あるんですけど
イントロがすごくカッコいいっていろんな人から言われて
でもあのアイントロは、さわおさんが付けてくれたイントロで
ただ、あのーさっきさわおさん
自分のことをいい人なんですよって言ってましたけど
あのイントロは実はさわおさんが弾きやすくて
かつ、カッコいいやつに変えただけなんですよ。
初期設定おかしく無いですか??」って。

さわおさん大笑い。
人差し指をタラタラと動かすだけで
「超簡単!!(笑)」
少し動きのあるフレーズは
「ジロウくんにやってもらうことにした!」

あと、過去の曲にも1曲高橋くんの曲がありますが
「まだ最初のリハに入る前に
さわおさんからメールがあって
あの曲はやらないからなって
俺も、ああ、そうっすねって訳分かんない返信しちゃって・・・」

高橋くん、すっごい楽しそうに叩いてて
かつあんなオモシロいブログも書いてて
2人からもいじられまくって
そろそろ人気出てくるんじゃないかなーって
思ってしまうのは私だけでしょうか。

昔エルレで叩いてた当時
高橋くんのドラムを聞いて
今、もしバンド組もう!ってなったら
ドラムやってみたいって言うだろうなーって
その当時思ってたの思い出しました。
エルレのドラムもカッコよかったもんなー

じゃー曲行くか、って
高橋くんからのカウントだったようで
威勢よく「1、2ー、スッ、、、」辺りで
スティックぼきって折れちゃって。
「やっぱゴリラだから力加減も分からねーのかよ。
これが先輩だったら怖ぇーよー
後輩でヨカッタよー」ってさわおさん(´m`)
いやぁーおもしろかったよ。

本編最後にだったか
「久しぶりにん3人集まって新曲作って
そして久しぶりにライブをやったら
こんなにたくさん集まってくれて
、、、喜びを感じてるよ。ありがとう」
だったかな。
ホント最近のさわおさんは
自分でも言ってましたが
いろいろ楽しくて
充実してる毎日を送ってるんだなって感じます。

年を取ることも悪くないって
思わせてくれる先輩がたくさんいて
素晴らしい~

アンコールは2曲くらいだったかな。
ラストの曲の前に
「ツアー始まったばっかだけど
すぐ終わっちゃうなー8本だっけ?」
確かに、2/8がもうファイナルですもんね。

「ファイナル、東京も来る人いる?」って聞くと
結構手が上がるフロア
「おぉ~、いるね。
あー結構な割合でいるな。
・・・成長して帰ってきます(笑)」って言うと
JIROちゃん「そんな、今日がダメだったみたいに(笑)」
確かに、JIROちゃんさっき
"初日にしては落ち着いてやれてるって"言ってましたし
そしたらさわおさん
「俺、個人的には全然ダメだったよ・・」って。
「あとで楽屋戻ったら切腹するから。」って
スバッて腹切る仕草。
「でもすぐ、縫うけど!」
ここでもサササって縫う仕草。
さわおさん、ご機嫌です(*´罒`*)

アンコール終了後
流石にダブルはないだろう、、って思い
ドリンクもらって物販に行ったんですが
下にあるステージが見えるモニター見てる人がいて
そうか、ここで確認できるんだって
ふと見上げたらメンバーでてきまして。

ありました!ダブルアンコール!!
いやぁ、、あのモニター見といてよかった。
危うく逃すとこでした。
しかもめっちゃリラックスモードの
ダラダラトークで。
後であったって知ったら
超凹んでたと思います。

てか、やっぱみんなが帰り始めるまでは
場内に残ってた方がいいんですね。

慌てて戻ったんで
柱後ろの段差のとこへ潜り込んでしまい
(反対側へ潜り込めばよかったのに)
JIROちゃんまったく見えない位置デシター・・(´+ω+`)
ま。ま。
さわおさん、高橋くんよく見えたんでいいけど。
いや、でもちょい、残念。。
こんな機会じゃないとJIROちゃんなんて見れないだけに・・

ここでもさっきも話してたピックの話
書いてあるイラスト見て
「こんなナスみたいな顔してるかね。」って言うと
JIROちゃんも「俺も丸ナスみたいっすよ」って。

そんなJIROちゃんはこのピックについては
今日の今日、知ったそうで
楽屋に来てさわおさんに
「ジロウくん高橋くんのブログ見た?」って言われ
「いや、見てないっす」って言ったら
「すぐ見て!」って言われ・・・

で、リハで下に降りたら
勝手にマイクスタンドのピックホルダーに
刺さってた、、って(笑)

さわおさん「これ、どうすりゃいいんだよなー」
JIROちゃん「こうすればいいんすよ!」って
床にパーンってゞ(≧ε≦o)
もうみんな大爆笑。
・・・さっきも書いたように
   柱の陰だったため、投げたシーンは見えてない、、、くぅー・・

さわお「プレデターズ始めて、、10年?」
フロアから「2006年から!」
さわお「じゃー12年か、、その間にジロウくんもキャラ変わったよね(笑)
あ、ステージ上でのキャラね。
昔はそんなピック床にパーンって投げつけたり
さっきの普段大きいところでやってるから、、とか
言ったりしなかったもん
そういうのは、俺が言ったりやったりする側だったから」
JIRO「あー、、、前はさわおさん、怖い人だと思ってたんで・・」
さわお「そんな、結構仲良くなってからはじめたよー(笑)
そうか、怖いものがなくなったんだね」
JIRO「そう、、ですねー
自由になったのかもしれないっすねー」

出会ったころは
GLAYのJIROってことで
どこで飲んだりしていいか分からず
「壁のうっすい俺の家とかで飲んでたからねー
隣に住んでる大学生の部屋からGLAY聞こえたりしてさー
ここにジロウいるぞーって(笑)」

JIROちゃんもさわおさんと飲める!って張り切って
ワイン3本くらい持って来たりしたそうで
さわお「だってジロウくん、ワイン2本とか飲んでも
全然変わらないの。
俺の方がヘロヘロしだしちゃって
悪いけど、ジロウくん、帰ってくれるかなって」
JIRO「そうそう、リアルに
ジロウくん、もう帰ってくれる?ってよく言われてた(笑)
そんなんだから
結構俺と飲むときは
さわおさん、次の日何も予定入れないでいてくれて・・」

高橋くんもお酒強いけど、ペースが早いとのこと
時間たくさんあるからゆっくり飲んでって言ってるのに
すごいペースで飲んでいくから
「もう限界です!って言ってきて
だからゆっくり飲めって言ったじゃないかーって(笑)」

そんなJIROちゃんも
最近は6時起きの朝型人間で
22時過ぎると眠くなってくるみたいで
逆にさわおさんは朝の7時とかに寝て
午後になって起きる生活だそうで
生活時間が合わないから
あまり飲むこともない、、とか?

JIRO「前に確認事があって朝メールしたら
珍しくすく返信があって
珍しいですねって返したら
あー俺、今から寝るからって言われて」って。
さわお「今日は13時に起きたから
、、、早い方だな」

ツアー中は一緒に飲めるって
楽しみにしてるさわおさんに対し
夜はちょっと、、、って感じのJIROちゃん。
「今日の飲みも付き合ってくれるのかな?」って
聞くさわおさんに対し返事してなかったなー(笑)
高橋くんは「俺は断ったことないんで!」と。

さわおさんがツアー中だけ夜型の時間に寄せてくれ的な事を言うと
JIROちゃん「さわおさんも時間を(こっちよりに)寄せてもらって、、」と
果たして、どうなりますかね(笑)

本編、何の曲だったかで
高橋くんのドラムソロがあって
カッコよかっただろって話で
「でもあれ、やるって話、俺、聞かされたの4日前ですから」
さわおさん「いや、高橋くんなら
4日もあればカッコよくできるって分かってたから!!」
あはは。
いや、でも、カッコよかったですー

「今日は、、20曲もやったのにアンコール終わって戻ったら
1時間30分だったからね(笑)
そこそこ喋りも入ってたはずなんだけどなー・・
ただ、パンクロックのバンドは
1時間30分もやればみんな満足するんだよ。
(ダイブとかモッシュとかで)疲れちゃうから。

まぁ、ここのいるのはジロウくんか俺のファンだと思うんで
普段GLAYやピロウズのやってる曲のようなライブだと
違うかもしれないけど
プレデターズの曲は
どっちかというと、そっちの要素の曲が多いから、、
だってエルレやってた時ライブ時間短かっただろ?」

高橋くん「そうですねー
アンコールまでやっても1時間30分いかない時とかも・・
だって下手すりゃ上乗っかってるヤツの方が多いときとか
ありましたからね」
さわおさん「いや、それはおかしいらだろう!
そんな年金制度のピラミッドで
年寄り支える若者が少なくなってます、みたいな
おかしな構図になってるだろう」
ウマイ!!(笑)
さわおさん「いいツッコミできたから曲やろう!」

いや、でも、ホントそう。
THE BACK HORNのライブがまさにそうで
まぁ、THE BACK HORNはダイバーゴロゴロとか
すごいモッシュとかにはなりませんが
それでも汗だくで
1時間30分もあれば充分やりきったーって感じになるのは
確かです。

JIROちゃん「次にやる曲のコーラス
やっとカンペなしで歌えるようになったんですよ!」って
嬉しそうに言うと
さわおさん「俺は元々カンペはないけど
、、、俺が間違えるから!!」
って、『Tyrant』
確かにコレ、歌詞難しいのかもー

最後帰るとき、
さわおさん、めっちゃJIROちゃんのピック
フロアに投げてました。
てか、さわおさんも何枚かフロアに投げてたし。
ピロウズでは絶対にやらないので
なかなかレアなシーンでした。

っということで、終演。
ダブルまであって2時間弱。

いやぁ、、ダブルアンコールでトークタイムってスタイルは
ピロウズに限らず、すっかり定着してきましたなぁ。
30分遅刻してしまいましたが
満足です。


nice!(1)  コメント(0) 

1977 いつだって俺らは心から爪先まで持ってかれて帰れない [The Birthday(2012年~)]

気付けば1月は平日にライブを3本も入れてしまっていて
でもどのライブも平日を意識してくれてか
開場/開演が少しずつ遅めの設定で
それだけお客さん、社会人が多いってことなんでしょうね。
で。
いつ有休取る??って
迷いに迷う日々です・・

さて。
そんな1.14は
"RUDE GALLERY&Road BLACK RUDE NIGHT IN NAGOYA"
@名古屋BOTTOM LINE
Live:a flood of circle/The Birthday/KENICHI ASAI&INTERCHANGE KILLS
OA:33InsanitysVertebra
でした。
IMG_4505.JPG

こちら、毎度メンツがいいので
東京での開催の際は
まぁまぁな確率で行っているんですが
遠征したのは初めてのルードのイベント。
名古屋での開催は初だそうです。

最初開催されることが決まった時には
afocだけが発表されてて
でも新年1発目遠征もいいかなって思い
その時点でルード店頭までチケット買いに行ってて
その後浅井さんのバンドが追加
ヤッター!ってなり
さらに後日、The Birthdayが追加されて
もう私にしてみたら
何て最高な組み合わせ~って♪

名古屋での開催のため
店頭販売のチケでも東京は100番~だったようで(多分、、、)
私は一応東京では10番以内の番号での購入。
、、、発売日から1日は経ってたと思うんですが
あ、意外と買いにに行く人少ないのね、、って
思った覚えがあります。
でもThe Birthdayが発表後は完売したみたいですが。

最近名古屋へはバスよりも
鈍行電車乗り継ぎで行く事が多いです。
あまり金額変わらないし(電車の方がちょっと高い)
朝少しゆっくりできるのに
到着はバスより早いって点で。

夏休みなど青春18きっぷが使える時期は
西へ向かう鈍行電車は結構混んでるんですが
今の時期はそうでもなく
この日も何回か乗り換えましたが
全て余裕~で座って行けました。

前の日新年会で(念願の西荻「戎」!)
寝たの深夜2時をとっくに過ぎてたもんで
電車でガッツリ寝て行こうって思ってたのに
なんかあまり爆睡できず・・。
前の日の興奮冷めやらぬ、、、状態だったのかな~

ボトムラインは2回目か3回目かくらい
しかもかなり久しぶりで
前回どうだったかあまり覚えてなくって
調べたらロッカーがあまりないって知り
名古屋へ着くなり
駅のロッカー確保しに行きました。
が、、その情報書かれた時期から
駅のロッカーの数増えたんじゃないかな??
思ったほど大変じゃなく
普通に開場前に入れに行っても
残ってました。

その後どこへ行くでもなく
適当にお昼食べて時間潰し
グッズ販売へ。
IMG_4507.JPG
アーティストグッズの方が大人気でしたが
私はイベントグッズのTシャツを購入。

Tシャツのサイズ展開を知らずに
確認してみたらXSもあり、
じゃーそれでって言ったら
最後の1枚だったようで。
ちょっとビックリでした。
XSはあまり需要がないから枚数少な目だったんですかね。
展示されてるやつを畳み出したんで
せめてこれになりますけどいいですか
くらい聞いて欲しかったなー・・
ショップの店員さんならなおさら。
ま、全然きれいだったんで全く問題なかったですけど。
※追記
XSだって確認してたのに、タグ見たらS表記でした
あれれ??(⦿_⦿)
じゃーSがラス1だったってこと?そんなことある??(割りと早めに買った)
まぁ、、XSもしかして小さかったかな・・って心配だったのもあったし
あわせてみたら大きすぎることもなかったんで
良しとします!
でも物販するならしっかりしてよねーって、ちょっと思っちゃいましたー


場内には春夏コレクションの展示と先行予約をやってました。
見てみたかったけど
100%買えないの分かってるんで(高いんだもん)
チラッと遠目に見て終わりにしました。
ルード、レディースの展開もしてるんで
唯一デニムだけ持ってます。
確かにシュッとしてカッコよくなった気分になれます(笑)
もう1枚欲しいなーって思ってるんですが
なかなかね(-ω-`)

開場時間になり100番台で中へ。
2、3列目辺りで待機。
なかなかいい感じ!って思ってたら
最前にいた人、バーにもたれてたせいで
ホントの身長分からず
スクって立ち上がるとデカくって
えぇー・・・って感じでしたが
最終的にはちょっとずれてまずまずな環境で見れました。
ホッ。
あれ、気を付けないと、ですね(笑)

開演までの間ルードの人?がDJして
BGMかけてくれてたんですが
なかなか楽しい曲が多く
よかったです。

まずはOAの33InsanitysVertebra
てっきりゴリゴリの男性バンドが出てくるのかと思ってら
Voは女性
しかもモデルさんみたいに背も高くて細くて
ルードの服がめっちゃ似合いそうな雰囲気の人。
まぁ、、音楽的には
正直、あまり興味は沸かなかったですが
明るくていい感じの方でした。
持ち時間30分くらいかな。

いよいよ本編。
ここからの転換タイムは毎回、ステージに幕が張られ
転換風景見えないようになり
次は誰だ?っと。

20分くらいの転換時間を経て
幕が開くと、、、
トップバッターはKENICHI ASAI&INTERCHANGE KILLS
なるほど~

ボトムライン、横長でステージも高く
とても見やすかったです。
浅井さんもよく見えました♪

2月に新しいアルバムリリースが控えてるせいか
アルバム「METRO」からの曲が少なくって
残念でした。。

『DERRINGER』とか『DEVIL』は
割りとライブでは定番な曲で
サビ辺りに来て
あーって感じで分かる感じ(笑)
イントロでフロアがめっちゃ沸くから
あ、これは、INTERCHANGE KILLSの曲じゃないんだなって
分かるというか・・

『GALAXY HEAD MEETING』は楽しい曲なんで
やってくれてうれしかったです。
そうか、これはPONTIACSの曲なんですね。
( ..)φメモメモ

浅井さん、チューニングしてたら
フロアから「お帰りー」って声がしたんで
手を止めて「ん?あーただいまー」って。
そうそう。
このINTERCHANGE KILLSライブに行って
ビックリしたのが
結構浅井さん、フロアの声に反応してくれるんですよね。
しかもその返事が優しいというか。
この日の「ただいま」も
優しい声でした。

あと、「名古屋は最高だがや」って
言ってたっけ??
あの涼しい顔して
サラッと名古屋弁で話すのが
結構好きだったりします。
めちゃめちゃ訛ってるしね(笑)

で、その後に、「今日は、、
最高な夜になりそうだよね」って
また、何て言うか、たどたどしくというかって感じで
言ってたのがオモシロくって。

MCはそれくらいでしたかね。
途中何の曲だっけ、、かで
「ベース、中尾憲太郎」
「ドラムス、瞳」って紹介して
憲太郎さんが「ギターボーカル、浅井健一!」って
紹介するいつものパターン。

憲太郎さんのベース、カッコよかったです。
有江さんとはまた違う
ゴリゴリの太い音。
そして瞳ちゃんのドラムも素敵でしたー
今まで浅井さんの曲は
正直あまり、おぉっ!って感じにはなれなかったんですが
INTERCHANGE KILLSはすぐにおぉっ!ってなり
大好きになっちゃいました。
今後も続けて行ってくれるとうれしいなーと思います。

<セットリスト>
 01.Watching TV
 02.Beautiful Death
 03.Vinegar
 04.DERRINGER(BLANKEY JET CITY)
 05.見た事もない鳥(ソロ)
 06.Fried Bird
 07.American Blitz Kids
 08.GALAXY HEAD MEETING(PONTIACS)
 09.危険すぎる(ソロ)
 10.DEVIL(JUDE)

持ち時間、40分、転換20分って計算でしょうか。
で。
ふと、思ったのが
18時開演でOAがいたんで
本編が18:50~、浅井さん終わったのが19:30
ここからあと2バンド+アンコールって計算すると
タイムリミットの21:30余裕で過ぎる??
あれれ・・・
ただこの時は、ま、アンコール途中で帰ってもいっか、、って。

もしかしたら次The Birthdayかもしれないし?!
・・・・ってことは
まぁ、なく
お次はa flood of circle。

フラッドはライブもっと行きたいと思いつつも
やっぱ平日多いんで
なかなか行ける機会がなく
なので今回は遠征でもいっかって思って
早々チケット取ったんですけど。

1曲目から『Summertime BluesⅡ』という
なんでしょ、佐々木亮介節炸裂的な曲をブッ込んでくるあたり
気合入れてるなーって。

そして『Blood Red Shoes』で
スコーンっとロックンロールになって
ワーイ!って
テンション上がっちゃいました。

恒例『Black Eye Blues』ではちゃんとフロアに
上がり込んでまして。
なんとか雪崩も起きずに
持ちこたえてました。

にしても、、連日ライブが続いてるせいか
亮介くん、ちょっと声枯れてました。
それでも枯れた声でもいつも通りに
叫んで歌いまくってましたけど。

ミドルな曲は『Honey Moon Song』
フラッドのこういう曲は
美しいメロディが多いので
結構好きです。

2月終わりに新しいアルバムが出るそうで
「世界が引っくり返るようなアルバム」だそうです。
フロアから声がかかると
「まかせといて!」って。

亮介くん、煽り気味にMCで喋るんですが
ちょーっと早口なのかな。
若干聞きとりにくくって。
ちょっと惜しいなーって思います。

「さークライマックスはまだまだだろう?」
だっけ。
からの『Flyer's Waltz』も
熱かったなー
この曲聞くと、ライブ終わった後も
なんかこの曲がグルグル頭の中回るんですよねぇ・・
中毒性がある曲。

そして最後は新曲。
こちらもアッパーな盛り上がりそうな曲でした。

いやぁ、、楽しかったですー
ヒサヨさんのベースも素敵でした~
キリリとしてカッコいいです。

フラッド、今年はもうちょっとライブ
行けるといいなーって思いました。

<セットリスト>
 01.Summertime BluesⅡ
 02.Blood Red Shoes
 03.STARS
 04.Black Eye Blues
 05.Honey Moon Song
 06.Boy
 07.Flyer's Waltz
 08.新曲

で。で。
やっぱり時計見ると20:30。
うぅ、、、どうしよう。
このままいくと確実にアンコール前に帰らないといけなくなる。
ただ、さっきのフラッドのライブが
とにかく楽しくて
これは最後までちゃんといないとダメだーって思いが強まり
急きょ、夜行バスにて帰る決断を。

最近は席が残ってたら
当日予約
しかも出発の何時間前だ?、、まで
予約ができるんですよね。
転換中あれこれやって、アクセスして
なんとか、席確保できてホッと一安心。

ラストはThe Birthday!
心置きなく楽しめました♪

いつものようにSE鳴ると
まずはキュウちゃん、黒上下。
そしてフジイさんは黒ハット有。
ハルキは上は黒シャツでしたが
下はブルージーンズでした。

最後に出てきたチバさん
前に出てSEに合わせて少し指揮する感じで。
黒上下にいつものストール首に巻いてました。
あと、、髪、白髪が目立ってた・・

気になる1曲目は、、、
なんとなーく久しぶりな感じの『MOTHER』
出だしの オーオオオーオー~ から
しっかりフロア歌ってたのを見て
合間には大合唱タイムありまして
バッチリキマリ
チバさん、ニヤリと嬉しそうにしてました(´m`)

続いてキュイーンって感じでギター唸らせてから
フジイさんと向き合ってギターを弾き始め
『I KNOW』

にしても、この組み合わせでやるの
好きですよね~
ただ、今まで「NOMAD」ツアーがあったので
やっぱ久しぶり~な感じがしました。

多分そのまま続けて
チバさん、ハンドマイクになり
『24時』
チバさんのハンドマイクでの動きが
ますますぐかっこよくって。
なんて言うんですかね、、
歌詞に合わせた動きっていうんでしょうか、が
いちいちカッコよくって
つい、マネして一緒の動きしたくなっちゃう感じ(笑)

すっかり1曲目のイメージがあった『24時』ですが
曲の合間でも
いい感じにハマって素敵でした。

ここで最初のMCだったかな?
キュウちゃんから「あけましておめでとうございます!←聞けました!
The Birthdayです。
ここボトムラインは初めてなんですよね、意外にも。」
辺りでチバさんが「ただいま」って言ってましたかね。
え?なんで??って思ったんですが
とある説によると(笑)
浅井さんが言ってたからじゃないかって。
うーん、、そうかなぁ~・・

またまたキュウちゃん「葬式かってくらい真っ黒ですね」
そうそう、ドレスコード:黒ですから
待ってる時のフロアも
結構な暗さで
非常事態とか(滅多にないけどー)あったら危ないじゃん、って
チラッと思ったりしたほどでした。

チバさん「(今日は何かの)周年かと思ったら
違うんだね(笑)」
キュウちゃんも「俺もそうかと思ってた!」って
まぁ、The Birthday、こういうイベントは
そういうときに呼ばれる率高いですもんね。
チバさん「ま、いいんだけど」
あ、この会話の時には既に
してたサングラスは取ってましたー

フジイさん、あとハルキも所々加わってた?
の、繋ぎのアレンジから
『夢とバッハとカフェインと』
ジワリジワリと大きくなっていって
ドドーンってなったところでの
ハルキのイントロのベース
あそこはハルキ自身も熱く弾き倒してるんで
グッと力入っちゃいます。

からの『抱きしめたい』
この2曲の連チャンは
本当にかっこよくて感動モノです。
また照明も、曲に合わせて
壮大な感じがあって
より、グワーッと引き込まれてしまいました。

一息ついて、
ここでだったかな、チバさん
暑くなったのか巻いてたストールを取ろうとしてたんですが
ギターのストラップか何かに絡まっちゃったみたいで
スルっと取ることが出来ず
もーって感じて首元をガイチさんに向けて
ガイチさんに取ってもらってたのが
子供みたいでかわいかったです(´m`)プププ♪

そんなこんなな中
フジイさんのギターが鳴り
それ聞きながら、
フジイさんの方見てちょっとニッて笑みを浮かべるチバさん
軽くそれに合わせて踊ったりして
で、ゆったりした感じから
ザザン!って感じで切り替わった!ってとこで始まる
『なぜか今日は』

フロア、おぉ~って歓声があがったりして。
さらにハルキ、フジイさんが
ステージ前に出てきて
ますます、おぉ~って大盛り上がり。
狙ってなかったんですが
ハルキ飛び出し真ん前辺りで
ワーイ!って。

盛り上がると出てくる、ダイバー。
この曲でもちょこっと
転がってきました。
女子も転がってきてた。
流石名古屋!

そして『情熱のブルーズ』
ど真ん中しかないんだって
フロアに。
これ、言えるのうれしいー!!

ラストは『1977』
サビのところで
フロアも一緒に歌ってたのが見えたのか
チバさん、嬉しそうでした。
フロア見てうれしそうにしてくれるの
うれしいです。

「サンキュウ。ありがとう」
本編終了。
チラッと時計見たら、、21:40!
夜行バスに変更しといてヨカッター。。。
だって、完全アウトでしたから。
あの『1977』見ずに
もしくは途中で下がりながら見るなんて
悲し過ぎるもん。

続いてアンコール。
チバさん、500のキリンラガー持ってて
珍しいなーって。

キュウちゃんだっけ?
「アンコールありがとうございます」
もしくはチバさんが
「アンコール、サンキュウ」って
言ってたっけ??
・・・記憶なし。でもどっちかが言ってたはず。

で、チバさん
急に「名古屋ってさ、、」って。
ウンウン、フロア、静かに話の続き待つ。
チバさん「・・・・・」
あれ?
チバさん「あ、いや、そんな大したこと言わないけど・・
日本のロンドンみたいだよね」
ん??
「頭おかしいヤツばっかいるんだろ?」
フロア「・・・・」
キュウちゃん「、、、だって(笑)」

そしたら、「ありがとう~」って声が聞こえると
「褒めてはいない!」って、オフマイクで(笑)

あー、でも、何となく分かる気がします。
名古屋はブッ飛んだ人が多いっていうのは
結構前々から言われてて
ライブのお客さんの様子に限って、ですが。
実際行ってみて
そう思った瞬間結構あるし。

でもチバさんが言う、
頭おかしいヤツばっかいる、ってのは
とある人たちを指して言ったんではないか、、って
思ってしまったのは私だけでしょうかーゞ(≧ε≦o)
スミマセン。
これは、褒めてますよ?!

「ロード(今回ルード一緒にやった主催者)は
来年10周年なんだっけ?
・・・?
あれ、分かんないよ(笑)
でも、また何か一緒にやるかもね」
おぉ~って沸くフロアに
「・・・まだ1月だけどね」って。
確かに(笑)

でも、10周年って言うのは
間違ってなかったようです。
そうか、今度こそ周年で
何かやるかも?ですかね。

最後はステージ左右に前に出てきて
ギターを弾きながら
カモン!って
『涙がこぼれそう』

俺さ 今 どこ
「今日は、名古屋ボトムラインで
ルードギャラリーとロードと、お前らと一緒だ!!」
さっきよりもたくさん
ダイバーゴロゴロ。

もう1曲って合図で
『Nude Rider』

あの、フジイさんの雄叫び
普段絶対あんな大きな声出したりしないんだろうなー
ってくらい叫んでました。
その後、軽く繋ぐ感じで
チバさんがギター入れてから
曲へ戻ってて
なんていうか、いい感じでした。

最後チバさんが投げたピックも
キュウちゃんが投げてくれたTシャツも
かなり近くを通り
Tシャツは一瞬、掴みかけたくらい。
でもキャッチできませんデシタ・・・

ってことで、終演、22時過ぎ?
ルードのイベントは結構長丁場
覚えておきます(笑)

<セットリスト>
 01.MOTHER
 02.I KNOW
 03.24時
 04.夢とバッハとカフェインと
 05.抱きしめたい
 06.なぜか今日は
 07.情熱のブルーズ
 08.1977

 EN.
  涙がこぼれそう
  Nude Rider

ステッカーもらえた★
春夏はフラミンゴ?!
IMG_4513.JPG


久しぶりに夜行バス。
あ、でも9月末に乗ったんだった。。
名古屋は駅前いっぱいそういうバス待ちの人がいるから
そこら辺で時間潰してても違和感ないのが助かります。

あ、で、ボトムライン
なんと、終演後はドリンク交換してなくって。
いや、ドリンクチケットには書いてありましたが
A9029B70-2C74-42C5-999E-763099866806.jpeg
だったら磔磔とか郡山みたいに
入口でドリンク取らせるみたいにしてさ
もっと分かりやすくしてほしいよね。
ドリンク代500円だったからいいようなものの。

そんな訳で喉カラカラで
どうしてもビール飲みたくって
チバさんのマネして500のラガー買ってしまったよ。
IMG_4510.JPG
寒空の下でもグビグビ飲めるもんですねぇ。
てか、500をいとも簡単に
飲み干せるようになってしまった(笑)

これでバスでは爆睡!を期待してたんですが
寒空の下だったので
ほろ酔いすらならず
爆睡には至りませんでした。

おかげで、、、
この日は使い物にならないくらい
ボケボケでした。。

っということでー
この奇跡の3マン!!
IMG_4514.JPG
またどっかでやって欲しいです。

でもって、連日だったのと
まさかの夜行バス帰りとで疲れましたが
もしや、、って素早い行動に我ながらよくヤッタ!!と(笑)
(行く前から気付けよ、って話ですがね・・。)
いい遠征始め?!になりました(笑)

今年もたくさん遠征したいです。(*´∀`*)


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | -